←戻る
【雛88】やる夫達は超闇鍋村 [100番地]
~希望神話。~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する神話マニア村超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon きれいなGM
 (dummy_boy)
[出題者]
(死亡)
icon 魂魄妖夢
 (mob)
[銀狼]
(死亡)
icon 蒼星石
 (すがめ◆
t8uJD51WpY)
[預言者]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon 消化スイッチ
 (crein◆
Gu14fY0Wq.)
[人形遣い]
(死亡)
icon 天子
 ($◆
ZZQhvypOfk)
[さとり]
(死亡)
icon 右代宮戦人
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[猫又]
(生存中)
icon トレーズ
 (敗北請負人◆
FO4/E/P5Hc)
[星狐]
(死亡)
icon ネリネ
 (IFV_◆
dP9jsyueYI)
[夢守人]
(死亡)
icon ELS
 (リリーの人◆
LilyWteZlw)
[猫又]
[元神話マニア]
(死亡)
icon こぁ
 (シルク◆
Jvv0i0XZTs)
[座敷童子]
[サトラレ]
(死亡)
icon アリス
 (翡翠◆
z1XhdJ.lxM)
[賢狼]
(死亡)
icon トゥモゥヨ?
 (スープ◆
WAANRrg.TQ)
[老兵]
(死亡)
icon デモニカ
 (purannt◆
F4HHt9k4m6)
[草妖精]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon 牧瀬紅莉栖
 (すみか)
[人狼]
(死亡)
icon 球磨川禊
 (埋めチル@逃亡者希望)
[紅狼]
(死亡)
icon ロックオン
 (満足ライダー◆
gXfl/IfVlM)
[狩人]
(生存中)
icon ドロシー・カタロニア
 (ジョー)
[比丘尼]
(死亡)
icon
 (げるたん)
[人狼]
(死亡)
icon たけのこ
 (負け犬◆
vaxPIb7J4c)
[獣人]
(死亡)
icon 霧雨魔理沙
 (因果◆
JDywND9bbo)
[猫又]
[熱病]
(死亡)
icon 通行人A
 (ネイティ◆
BJAcJCjECwEe)
[百合天使]
(死亡)
icon 博麗霊夢
 (web)
[占い師]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧雨魔理沙 はショック死しました
球磨川禊 「『最初から諦めたら勝てるものも失うとは思うけれど』
『全員が普通に動いたらほぼ勝敗が確定する配置はあるよね』」
天子 「お疲れ様ー」
天子 「初日とか希望無しって希望より優先されるの?
っていうか希望と同レベルで優先されるの?」
博麗霊夢 「さて、何処に付いたのかしらね」
ELS 「おつ対話
そろそろ毒かんでもいいんじゃよ」
通行人A 「お疲れさまだ。突然死申し訳ない。」
トゥモゥヨ? 「御疲れさまだトゥモゥヨwwwwwwwwwww」
アリス 「それだったら鵺である意味が無いわよねって感じ」
たけのこ 「それもそだな>霊夢」
朝日が昇り、12 日目の朝がやってきました
博麗霊夢 「少なくとも付いた先告発されるのは免れないんじゃないかしら>たけのこ」
通行人A 「そうか、鵺で人外つけば告発できる。
後援者とか復讐者系統ならありなのかな・・・。」
天子 「犠牲になったのよ・・・初日出題の犠牲にね・・・」
デモニカ 「お疲れ様」
球磨川禊 「『おや。熱病か』
『これ可能性だけなら出題者の勝てる条件が揃うんだけどなぁ』」
こぁ 「わたし生き返る必要は…魔理沙の証明ですかね」
天子 「お疲れ様ー」
トレーズ 「ところで私の出題者希望はどうなったのだ・・・」
「鬼を防げると考えれば」
消化スイッチ 「GMやってると分かるだけど最近、次村いこうぜの空気酷いだよな」
魂魄妖夢 「まずみゅんはやめましょう
あと私が囁き狂人を引けないバグも修正お願いします>球磨川さん」
たけのこ 「会話できないで対象の陣営がわかるくらいでいいかもと思う
それやるなら>対象陣営の敗北が勝利条件の鵺」
こぁ 「さーて不運な人はだれかなー」
トレーズ 「>アリス
それとはまた別だな」
通行人A 「お疲れさまです。」
蒼星石 「今日は狂人やりたかったんだけどね・・・
希望とおらなかったよ」
球磨川禊 「『まずは扇動者、舟幽霊あたりの能力発動を狙ってみようか』」
博麗霊夢 「付いた先が人外なら告発安定だし
復讐系か後援系かで悩むところね」
こぁ 「おつかれw」
こぁ 「さよーならーw」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ELS 「それはなんとも…>デモニカ
狼とかなら身内ばらしてアウトじゃね」
デモニカ 「あー・・・そりゃそうだ>霊夢
後援者系の亜種になるか」
トレーズ 「罠師は村陣営ときいた」
きれいなGM 「ですね。>スイッチ
ちょっとメタ気味があるので。
早投票は積んだと思ったら好きにしろよ はテンプレに入れようかな」
アリス 「それ、狂信者って言わないかしら…?トレーズ」
球磨川禊 「『みゅんちゃん、特殊狂人のスペックは相当高いものがいっぱい揃っていると思うよ』」
たけのこ 「それは普通の鵺がめんどくなりそうだなぁ>付いた先の敗北が勝利条件の鵺」
博麗霊夢 「それ狼に付いたら仲間全員ぶちまけておわりじゃないかしら」
トレーズ 「狂人ならば、銃殺のない占い能力を持つ狂人とかなら活躍できそうだが」
きれいなGM 「GMとしては勝利条件がブレる可能性がある以上投票出す意味ないと思ってますし
心折れて動きが変わらないならやる意味が」
通行人A 「うん。ごめん、球磨川だから言ってみたかったんだ。>ALL
だからごめんなさい。総ツッコミ来るとは思わなくて」
蒼星石 「ああ・・・それでも一応狩人噛みにいったんだね」
消化スイッチ 「間延びといっても今回みてわかるけど、下界がGMの早回し求めてるようだと
メタになってゲームに影響でる場合あるしなってのがあるぜ」
デモニカ 「・・・付いた先の陣営の敗北が勝利条件の鵺」
「恋人や宿敵になったら全力で自殺しにいく狂人?>通行人A」
魂魄妖夢 「能力で物凄く村を荒らせる狂人をください!
ただし狼も手を焼くくらいの!」
球磨川禊 「『それごく普通に村人だと思うんだ』」
通行人A 「そうだな。鵺っぽい>たけのこ」
アリス 「それ、村って言わない?>通行人」
博麗霊夢 「それは所属陣営としてどうなのw?>通行人」
たけのこ 「それ狂人である意味なくね>通行人」
蒼星石 「これは自殺かな・・・」
トレーズ 「>ょん
チルノなのか?」
消化スイッチ 「まぁー下界視点でも狼自殺してもこれ怒らないさ」
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました
魂魄妖夢 「心が折れたって言うか・・・
無駄に間延びするだけなんじゃないですかね!」
天子 「つまりガクランを着たチルノね、わかるわ>みょ」
通行人A 「所属陣営が負けになれば勝利の狂人?」
博麗霊夢 「私中身見破るの苦手だから…
人外とかも全然わからないし」
球磨川禊 「『なんだって!』
『じゃあ僕が活躍できる役職を作ってもらおう!』」
ELS 「乙対話ー

トレーズか戦人で迷ったけど
対話となるとやっぱねぇ」
魂魄妖夢 「どう見ても球磨川さんの皮をかぶった氷妖精ですよ・・・」
消化スイッチ 「埋めちるさんいるのか」
博麗霊夢 「あらそうなの?>開発者がいる」
蒼星石 「QPの刺し先も予言=草妖精だしね」
消化スイッチ 「まぁー下界はみえないよなお疲れ様だ」
アリス 「お疲れ様」
トレーズ 「おお、そういえば開発者がいるのだな?今ここに」
博麗霊夢 「お疲れ様」
通行人A 「お疲れさまだ。突然死失礼しました。」
天子 「お疲れ様ー」
アリス 「狩人は別にどうでも」
トレーズ 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
魂魄妖夢 「少しばかり村ゲーすぎましたね・・・」
天子 「まあ狼で蘇生辞退して会話見えなくなる訳でもないだろうし。」
球磨川禊 「『見えないよ』
『あれは生存フラグを弄るだけだからね』」
博麗霊夢 「本気で緩むし下手したらひっくり返るしで」
トレーズ 「星狐で1Fは正直勘弁してほしいものだ」
天子 「そっかー。」
アリス 「まぁ、蘇生辞退と配役隠蔽は別だし」
蒼星石 「だから鍋は狩人の有無で決まっちゃうんだよね」
博麗霊夢 「正直こういう展開が一番嫌い
推理とか関係なくただケアに入る展開が」
たけのこ 「霊夢即噛んでも魔理沙の位置がわりとめんどいのが」
デモニカ 「蘇生辞退しても会話はできるから無理っしょ」
トレーズ 「チャット自体が可能だからな。」
トレーズ 「いや、見えない。」
天子 「蘇生辞退したら見えるようになるかしら。
まあしないけど。」
アリス 「お疲れ様」
ドロシー・カタロニア 「おつかれさまー」
ELS 「乙対話ー

ネリネはおあすみたいわー」
アリス 「一発目でぶち抜くか、いっそ噛まないか。
噛まない方が面白い、かな」
博麗霊夢 「お疲れ様」
たけのこ 「見えなかったと思うよ
夜の会話は生前を引き継ぐはず……たしか」
トレーズ 「お疲れ様だ」
きれいなGM 「お疲れ様です」
トレーズ 「恵まれた役職なだけに、初日吊りくらったのは仕方がなかった。
見事だ。」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
「護衛をうまくすり抜けても猫又がな…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「『ネリネちゃん、おやすみ』」
ネリネ 「はい・・・では 失礼させて頂きます
皆様お疲れさまでした。 GMは村建て感謝です」
ドロシー・カタロニア 「!出題者」
通行人A 「ネリネお疲れさまでした。」
天子 「まあ、そこまで目くじらたてることでもないでしょ。
お疲れ様ー>ネリネ」
たけのこ 「それはしょうがない
んじゃおつかれー>ネリネ」
通行人A 「あ、さとりなら配役隠蔽ならまだ夜の囁きとか見えないんだっけ。」
蒼星石 「霊夢護衛でGJが出た段階で終わってるよ」
球磨川禊 「『僕だけは堂々と言えるのさ。下界の仲間の苦戦が見えているってね』」
アリス 「やれやれ。占い噛まない方がやりやすいわね。個人的にはこの内訳だと」
ネリネ 「いや、割と眠いし明日も早いので・・・
お先に失礼させて貰って良いですかね・・・すいません・・・」
天子 「吠えが見えないって結構ストレス。」
「構築の段階で勝敗決まっているよなぁ これ」
きれいなGM 「まぁいいか」
蒼星石 「本人が言ってるからもうどうしようもないか」
トレーズ 「ちなみに、元々の日記はデモニカに求愛者だ。」
ドロシー・カタロニア 「狼陣営でもない?>たけのこ」
きれいなGM 「んー…」
たけのこ 「俺狼じゃないけどね」
ネリネ 「狐筆頭はトレーズさんですが」
ELS 「乙対話ー」
ドロシー・カタロニア 「狼はクリス、アリス、たけのこ、球磨川
そして鍋?」
たけのこ 「蘇生自体って、離れなきゃいけない人が使うものなんだけどね」
ネリネ 「まぁ、村は勝てるでしょう 流石に」
蒼星石 「おつかれさま
誰が狐だか当ててみないか」
トレーズ 「お疲れ様だ」
球磨川禊 「『トレーズ君は狼の組織票の被害にあったのさ。ついてなかったね』」
ネリネ 「システム:ネリネさんは蘇生を辞退しました。」
トレーズ 「元々魂の占い師は騙るつもりではいたよ。
私の役職がら、それはできる形は作れたはずなのだから」
デモニカ 「お疲れ様」
ドロシー・カタロニア 「これは信じてもよさそうですわね
天子様は蘇生されたらぜひ」
天子 「お疲れ様ー」
通行人A 「お疲れさま。くどいようだけど突然死失礼しました。」
アリス 「お疲れ様」
天子 「デモニカは以前「蒼に付いててもいいように」女だって言ってた。
つまり百合は良くても薔薇はダメって事ね。」
魂魄妖夢 「私は銀狼です!(ドヤ顔」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
たけのこ 「まあ、アレただのスーツだし
別に中身が女でもおかしいことはない」
アリス 「まぁ、魂なんてそういるもんじゃないしね」
ドロシー・カタロニア 「あら」
トレーズ 「なので、下界に狐はいない。
後はGMの判断にまかせるとしよう。」
デモニカ 「原作でも中の人が女性のデモニカ居たじゃないか、確か」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
たけのこ 「あれはPPなったら噛まれて証明出来る狂と考えたほうがいい
それ以外の時は噛まれてはいけないってのが難しいが>尸解仙」
トレーズ 「ふむ、蘇生役職の誤爆もそろそろ期待は持てんな。
諸君の目論見通り、私が狐だ。」
蒼星石 「デモニカがついてないなんて冒涜だと思うんだ・・・」
魂魄妖夢 「しかいせん難しいです
その割に狂人を希望するとむっちゃ引くんですけど!」
アリス 「蘇生3は、まぁいいか。
初日辺りで吊ればただの毒だったのだし
暗殺がいないだけマシね」
通行人A 「んー、デモニカって性別女性で入ってること多かったからむしろそこしか
確信持って繋げられそうなの思いつかなかったです・・・はい。>アリス」
ELS 「それの方が面白そうだね>誤爆率
蛇神みたいに場に干渉するタイプにすれば
いい感じに人外も希望が持てる」
デモニカ 「ちゃんと百合天使で共鳴付いたぞ?」
球磨川禊 「『ああ、尸解仙の強化か。悪くない』
『メモしておこう』」
たけのこ 「初日っぽいねー>出題者」
トレーズ 「出題者か・・・」
魂魄妖夢 「ていうか初日しかないですよね、出題者」
天子 「蘇生率なんて元もとそこまで高いわけでも無いしね>球磨川」
通行人A 「狂人系か蛇神の劣化役職で。それかしかいせんに能力追加とかですか?>球磨川」
たけのこ 「でもデモニカって前は性別女の場合がかなり多かった気がするが
最近は知らんけど」
ELS 「そういえば出題はどこに…
まさか初日か?」
ドロシー・カタロニア 「     ,.へ __ ,.へ
   / o'l   lヽoヽ
    i l i  ゙ー‐'  ! l | では真占いならば
   | | i、`匸)_(フノ | |
   | | ! く)。H。)、! | | くま川の役職を恨むことね。おじさま
   ノ.ノ | /__jニj」_)| | i、
   ヽ_ノ. 〈_ハ_j  Llノ」
球磨川禊 「『どうせなら蘇生率を下げるんじゃなくて誤爆率を上げるほうが面白いかなぁ』
『そういう特殊能力者が要るって思ってわざと変な場所を蘇生しようとして成功しちゃうとかありそうだし』」
魂魄妖夢 「初夜はですね、私が噛んだんですよ
1分25くらいで」
アリス 「女の子で繋げなさいよ…>百合天使」
たけのこ 「やめろ!ぶつけるなんて野蛮なことに使うのはきのこだけにするんだ!>天子」
天子 「たけのこぶつけるわよ>A」
アリス 「私が噛んだ時はロックオン噛んだけどねー」
通行人A 「百合天子・・・それはちょっとおいs いやいや。違う違う!
百合天使っすよ!>アリス」
トレーズ 「これでどうだい?
>ドロシー」
トレーズ 「魂の占い師だ
エレガントな役職だ
球磨川→紅狼

彼は敗者でありつづけるらしい。
私にとって、理想の男といえるだろう。
興味があるな。」
球磨川禊 「『なんてこった!』
『僕が開発者かもしれないCOしていたってばらされる!』」
通行人A 「復活だ。聞けなかった・・・。」
ELS 「復活!
こぁ復活!!こぁ復活!!」
たけのこ 「GJ3つより、どこ噛んでるのかのが問題のよーに見えるが
いや、ロックオンのトゥモゥヨ護衛自体もかなり個人的にゃ疑問じゃあるけど」
魂魄妖夢 「まさかアリスさんも銀・・・狼?

二人もはぐれたというのですか・・・」
蒼星石 「そして村が+1に」
球磨川禊 「『蘇生妨害が得する陣営って中々難しいんだよね』
『せいぜい座敷童子ちっくな特殊狼か、蘇生が邪魔な恋人陣営かなぁ』」
ドロシー・カタロニア 「     ,.へ __ ,.へ
   / o'l   lヽoヽ
    i l i  ゙ー‐'  ! l | 占いなら
   | | i、`匸)_(フノ | |
   | | ! く)。H。)、! | | 初日にクマガワを占った理由が不明なのですわ
   ノ.ノ | /__jニj」_)| | i、
   ヽ_ノ. 〈_ハ_j  Llノ」
天子 「あっ>こあ復活」
トレーズ 「おや、こぁが蘇生されたようだ」
通行人A 「人外サイドの蘇生ログを下界で読める役職ってこと?>こぁ」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
アリス 「ふむ、百合天子……
百合天子?>通行人」
魂魄妖夢 「いい加減、その み っていうのやめませんか!」
蒼星石 「狩人がいるだけで村の勝率は上がるよね
それがよくわかる村だった」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こぁ 「というか球磨川さんのさっきの発言は
ほとんど開発者COですよねえ」
ELS 「蘇生妨害は死体投票で出来ないとかだと面白そう
生存役職ピンポは難しいだろうし」
天子 「いやー、最近お父様の監視が厳しくてねー>み」
通行人A 「私は百合天使ですよ>アリス」
アリス 「死体無し3あるとねぇ」
きれいなGM 「ハハハ」
魂魄妖夢 「自分で作ってないとか言ってるじゃないですかァー!>球磨川さん」
トレーズ 「君まで私を疑うと言うのかね」
こぁ 「でもそれは蘇生役職を察知できる+人外役職、ではありませんよね」
通行人A 「蛇神とは逆で蘇生成功率ダウンもしくは誤爆成功率を上げるって役職は面白そう。」
ドロシー・カタロニア 「     ,.へ __ ,.へ
   / o'l   lヽoヽ
    i l i  ゙ー‐'  ! l |  そうねおじさま
   | | i、`匸)_(フノ | |
   | | ! く)。H。)、! | | 魂占いだとか、八卦とか
   ノ.ノ | /__jニj」_)| | i、  大層なことを言ってる人の中にいると思うわ
   ヽ_ノ. 〈_ハ_j  Llノ   紅狼がみえた狐というのが大本命ね」
デモニカ 「そうそう、蒼星石が狐だよ、天狐」
ELS 「乙対話ー」
球磨川禊 「『おや、みゅんは鋭いね』
『その通り、最適化に飽きてふらっと実戦に参加しに来たのさ』」
魂魄妖夢 「たまにはウサギのとこの竹林にくらい下りてみたらいいじゃないですか・・・
あそこの姫様もニートニート言われててますけど、天子さんも大概ですね」
トレーズ 「通行人はQPだそうだ」
こぁ 「さて午前1時で近所のコンビニしまっちゃうんですが
24時間営業の遠場に出かけないと朝まで飯抜きですねえ」
たけのこ 「あとは消化スイッチが子狐だと面白いくらい」
アリス 「狐がいるかどうかーだけど
通行人かトレーズ辺りで死んでた気しかしないけどね」
蒼星石 「ボクが実は狐なんだ」
たけのこ 「あってネリネくらいじゃないかね>狐」
天子 「そうはいっても私雲のうえに住んでるし>み」
魂魄妖夢 「球磨川さんではありませんね!正体をあらわしなさい!」
通行人A 「蘇生感知は虫姫ができるはず>こぁ」
トレーズ 「ドロシー、君はどこが狐であると思うかね?」
球磨川禊 「『やぁ、お疲れ様』」
蒼星石 「おつかれさま」
通行人A 「お疲れさま。突然死失礼しました。」
ドロシー・カタロニア 「ううん、狐いるのかな」
こぁ 「蘇生妨害…なかなか面白そうですね
あるいは蘇生感知というのも考えられそうです」
魂魄妖夢 「・・・この人、開発者の臭いがします!>球磨川さん」
天子 「お疲れ様ー」
デモニカ 「お疲れ様」
球磨川禊 「『見ての通り、真の蘇生能力者であっても蘇生成功率はこんなものだし』
『誤爆というリスクが設定されているからね』
『わざわざ蘇生妨害狂人なんて要らないのさ』」
通行人A 「何度も蘇生系の蘇生を選んで失敗しているけどさすがにその騙りはないだろう。
猫又確定で読んで何度も蘇生失敗ログを残すなんて芸当はさすがにできないと思うんだが・・・。>こぁ」
アリス 「お疲れ様」
「あの遺言でELSを蘇生と決め打って動いたのなら実は…」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
こぁ 「ああ失敗不可能でしたか
それはそれで微妙ですね」
球磨川禊 「『状況から考えてまずありえないね』
『蘇生妨害能力者なんて作っていない』」
こぁ 「ELS=右代宮さんは毒+蘇生で蘇生狐の可能性はゼロですが」
たけのこ 「ない、仙狐は失敗位置以外100%成功するから
そして魔理沙仙狐であそこを蘇生させようとする理由がない」
蒼星石 「失敗してるから、ないね」
トレーズ 「仙狐は100%成功、一度きりだ」
魂魄妖夢 「竹の子なんて、どこぞの竹林から黙って刈り取ってくればいいじゃないですか
ウサギはおマヌケだから、少しくらいならばれませんよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
トレーズ 「ない」
こぁ 「魔理沙さんに蘇生狐あるんでしょうか?」
こぁ 「ああ自粛したの魔理沙さんでしたか」
球磨川禊 「『まぁ、蘇生の詳細を知っているのは僕くらいじゃないかな』」
天子 「このあいだ食べたモウソウ竹のタケノコが美味しかったのよねー。
土地柄そうそう食べられないけどあれは好きな食べ物になったわ」
こぁ 「右代宮さん自粛で魔理沙さんが蘇生かテストしたんでしょうか?」
魂魄妖夢 「まぁ本当のことを言うと私は暗黒面に飲まれて前が見えなくなって
ちょっと仲間からはぐれたりしたおちゃめなわんわんおですよ!」
通行人A 「蘇生した人の結果が出るってことなんだな。・・・蘇生系のこと全然知らなかったな俺。」
こぁ 「つまり片方は自重されましたね」
トレーズ 「これは勝負あり・・・と見るべきだろうな」
こぁ 「…いえ、かぶった場合でもふたりぶんでます」
天子 「9本でいい>こあ」
こぁ 「ふふっ
まあ夜にちょっとね>たけのこさん」
天子 「アリス・ネリネ・スイッチ・クリス。
吊りたいわー。」
たけのこ 「ん?何が?>こぁ」
「COがらみで決め打つならスイッチやネリネのケアいけるかな」
蒼星石 「蘇生かぶった場合ってログ1こだけなのかい?」
こぁ 「おつかれです天子さん
たけのこさんはいかがですか?」
天子 「どうかしたかしら>み」
球磨川禊 「『さとりお疲れ様』」
ELS 「オツカレサマダー
蘇生被ったいわ?」
デモニカ 「お疲れ様」
たけのこ 「さとり死亡と」
魂魄妖夢 「みって・・・みってそれ・・・もうやだこの霊界・・・」
蒼星石 「おつかれさま
誤爆を警戒したみたいだね」
通行人A 「お疲れさまです。突然死失礼しました。」
天子 「お疲れ様ー」
トレーズ 「お疲れ様だ」
トレーズ 「>み
それは仕方がないことだ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
「狐… まあ問題ない気もするけどね
魂魄妖夢 「だからみゅんってやめてくださいよ!
なんか力抜けるじゃないですか!」
デモニカ 「だよねえ、だから護衛をぶらせるのは強いけど>蒼星石」
球磨川禊 「『いや、どうかな。僕の持っている情報から考えるとみゅん狐はおかしい』」
ドロシー・カタロニア 「そこそこ性別や投票当てれば信用されるかとは思ったんですけどね」
魂魄妖夢 「そうなんですか?
私もなんですよ>デモニカさん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
通行人A 「蘇生役が自分だけって考えならグレランに自信あればFOで猫又騙れば噛まれ回避にになるし
蘇生を増やせるほうが得かな、って思うかもしれないけど。」
蒼星石 「「狩人がいるかどうか」
闇鍋の勝敗を左右してるのはこれが大きすぎるんじゃないかな>デモニカ」
デモニカ 「実は蒼星石が狐なんだぜ」
ドロシー・カタロニア 「黒狐・・・?」
たけのこ 「というかドロシーはまああのタイミングで比丘尼COして噛まれるわけないし」
こぁ 「信用鉄板でいいのは
天子さん、右代宮さん、魔理沙さんと…
霊夢さん、ネリネさん、トゥモゥヨ?さん、ロックオンさんはどうなんでしょう」
ELS 「自殺の可能性ある?」
魂魄妖夢 「私が暗黒面に落ちた闇の狐です」
球磨川禊 「『こういう配役にこそ吸血鬼がいればいいのにね』
『きっともっとしびれる展開になったはずさ』」
ドロシー・カタロニア 「噛まれないのはアリスも一緒だと思うんですけどね
あとネチネも子狐ありますか。あまり吊られない方がよかったですね」
デモニカ 「本当、最近は極端な村ばかりだな・・・w」
球磨川禊 「『やぁ、お疲れ様』」
デモニカ 「お疲れ様」
こぁ 「おつかれです」
ELS 「乙対話」
トレーズ 「>通行人
いや、それはそれで問題はないだろう」
ドロシー・カタロニア 「おお、律儀な
お疲れ様です>通行人さん」
こぁ 「ドロシー処刑しちゃうのか」
「構築の段階で終わっている勝っているレベルの戦いだった…」
魂魄妖夢 「じゃあ魔理沙さんも猫又ですか」
通行人A 「お疲れさま。突然死失礼しました。」
蒼星石 「お疲れさま
消化試合に入りそうだね」
ドロシー・カタロニア 「お疲れさまでした」
たけのこ 「あ、アリスよりドロシー先なんだ」
通行人A 「万が一蘇生成功した場合、まっさきに巫女COが噛み先候補になるからでは?>トレーズ」
トレーズ 「ドロシー、お疲れ様だ」
ドロシー・カタロニア 「ああ、蘇生」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
トレーズ 「いや、それはないだろう
突然死したときに風祝ならCOしてよかったはずだ。
巫女として」
たけのこ 「猫*3の時点で(まあ魔理沙風祝かもわからんが)かなり無理ゲー臭はするが」
球磨川禊 「>>身代わり君・蘇生能力者・恋人・探偵は蘇生できない。
『君たちせっかくまとめを作ったんだから見ておくれよ』
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ELS 「対話によるケアを始めよう」
たけのこ 「まあ、うん
なんであのタイミングでトゥモゥヨとか噛んでるんやねんとか
結局それに尽きるのだと思う」
こぁ 「ああELSさんは戦人さんコピーでしたかね」
蒼星石 「ここまで詰んでるなら猫又噛んで自殺はありえるね
もうたぶん狐死んでる気がするけど」
「蘇生2 狩人1 老兵1… すごいな この村 ついでマニアが猫つき」
たけのこ 「仙人とかの自己蘇生系も無理だったキガス」
ELS 「そもそも毒なら基本役職なんて言わないよ!
君真だったよ!表記系だよね! とか対話するよ」
球磨川禊 「『狼は詰んでいるけど、狐と出題者はまだまだ不明だよ』
『何せ毒がいる』」
たけのこ 「星狐考慮でアリス吊りってところかねえ」
通行人A 「でも・・・戦人も成功してないんだよな。いままで・・・。」
蒼星石 「ぜんぜん成功してない猫又とか気の毒だね」
デモニカ 「蘇生職は蘇生できない、これは大原則
仙人なんかだとどうだったかな」
こぁ 「魔理沙さんは猫好きですか」
通行人A 「猫又3連星・・・。」
球磨川禊 「『もう相方の苦戦を見てていたたまれないよ。GMが悪いよね。きっと』」
魂魄妖夢 「あ、すいません勘違いです>たけのこさん」
ELS 「猫又三連星確定したな」
トレーズ 「いや、できない」
蒼星石 「蘇生役職って蘇生できたかな?
よく知らないけど」
たけのこ 「ん?なにが?>妖夢」
球磨川禊 「『やれやれ。まあいいか。僕は紅狼さ』
『で、僕が紅狼って見えるのは普通は狐だと思うよ』」
魂魄妖夢 「・・・私だってわかってました?>たけのこさん」
たけのこ 「ほぼ確定○蘇生なんだからいいでしょ
まあ狂とかQPもなくはないけど>こぁ蘇生」
トレーズ 「確定村枠、ということだろう
私に疑心感を抱くのであれば、それが今打てる最善の手とも言えよう」
ELS 「…普通に猫又COすべきだったかなぁ」
蒼星石 「これはロックオン噛みにいったみたいだね
30%に賭けたと思う」
こぁ 「えーとちょっとまって
座敷童子蘇生って意味どのくらいあるんでしょうか」
たけのこ 「なんつーか消化試合としか思えないからさっさとやってくれんかなあとか思う」
デモニカ 「ふむ」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
通行人A 「すまない、女神なら共鳴つけられたんだが・・・。>デモニカ」
トレーズ 「>球磨川
私が蘇生されれば、村が有利になる。
それ以上でもそれ以下でもないだろう。」
蒼星石 「そろそろ蘇生が成功してほしいものだね」
デモニカ 「あー・・・蒼星石狐って教えるのも面白かったか・・・?」
球磨川禊 「『君が蘇生されたときの価値の問題だよ、トレーズ君』
『即答しないあたり、きっとそうなのだろうね』」
通行人A 「GM・・・か?出題者。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
たけのこ 「飼い狼でしょ。まあ狩人CO追加がない以上どうしよーもないのさ>牧瀬を何で見る」
デモニカ 「まあ、でも猫又なら勝つんじゃねーの?村
ところで、出題者って・・・」
トレーズ 「>球磨川
君が何を言うと、君が紅狼なことには変わりがないのだよ」
デモニカ 「クリスを村は何で見てるんだろーね
まあいいけど、俺恋人だし
蒼星石の元陣営であるって程度しか愛着ないし」
魂魄妖夢 「全然記憶できてませんよ!
因みにみょんでもありません!妖夢ですよよ・う・む!>トレーズさん」
こぁ 「3日目 トレーズ単独失敗
4~6日目 トレーズ&ELS失敗」
蒼星石 「おつかれさま
クリス飼い狼確定で
トゥモウヨ噛み>ロックオン噛み>霊夢噛み
これもう詰みそうだな」
たけのこ 「いやまあいいや」
たけのこ 「まあなんつーかさあ。うん」
魂魄妖夢 「真占いつれてるじゃないですか・・・
何してんですか・・・」
球磨川禊 「『ところでトレーズ君』
『僕が紅狼だ、という前提に立ってあげるとして』
『魂の占い師よりも遥かに出現率が高くて』
『簡単に僕を紅狼と告発できる存在は何か、分かるかな?』」
トレーズ 「>みん
すまない、私は記憶力はいい方なのだが」
こぁ 「おつかれです」
魂魄妖夢 「今度は猫みたいになってますよーΣ>トレーズさん」
ELS 「おつかれ対話」
通行人A 「お疲れさま。突然死失礼しました。」
たけのこ 「蘇生二人いるんだ」
デモニカ 「お疲れ様」
たけのこ 「なんだろーねーこれ」
デモニカ 「そりゃそうだよな
球磨川がCOしてなけりゃまだしも、傀儡師に即投票は目立つ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
トレーズ 「>みゃん
それはすまなかった、気をつけよう」
こぁ 「ELSさんが猫又なら球磨川さんが食べて服毒という説に合致しますね」
トレーズ 「あと、私が球磨川投票しなかったのは紅狼だったからだ。
投票すれば、変に疑われて噛まれる恐れがあった。」
球磨川禊 「『いやぁ、可愛いね。これをリアルタイムで見ただけでこの村は満足しちゃいそうだよ』」
通行人A 「みゅんみゅん ってなんか電波が出てそうだ。」
こぁ 「なるほど…」
トレーズ 「今のところ見新しい情報はこれぐらいだろうか。
あともう一人、蘇生役職がいる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
魂魄妖夢 「みゅ、みゅん・・・?
なんか余計にへにゃっとした感じになるのでその呼び方はよくないです!」
蒼星石 「でも噛みは霊夢のようだな
狩人信じるなら」
トレーズ 「突然死した通行人はQP」
トレーズ 「デモニカは草妖精
蒼星石は預言者だそうだ」
トレーズ 「猫又」
デモニカ 「恋人なんて信用しねーってことなんだろうか」
トレーズ 「ELSは蘇生役職、蘇生できない」
トレーズ 「みゅん以外は全人外で見ていい」
魂魄妖夢 「私視点たけのこさんしかほぼ真ないんですけど
あの狩人は何なんだろう、わけがわからないです」
通行人A 「トゥモゥヨ モのあとの小っちゃいゥが」
こぁ 「まとめおねがいしますね」
デモニカ 「クリスなんで見てるんだろーね」
こぁ 「魔理沙さん>つか地味に撃ち辛いんだよお前の名前w
そうそう、それそれw」
トレーズ 「確率的にそろそろ蘇生されるころだろう
もう一度、まとめを作っておくとしよう」
蒼星石 「これでクリス切らない村は勇気があるね」
通行人A 「」」
ELS 「こぁはお疲れさまだ
簡単にいえば蘇生が二人
戦人ともう一人いる」
「無理だよ 毒と座敷童子じゃ毒優先 誰かが蘇生だってバラさないと」
通行人A 「それでもまだ蘇生は片方成功しないんだな・・・。」
球磨川禊 「『久しぶりの夜の死体だね。お疲れ様』」
ELS 「よし!サトラレが死んだ!
蘇生を回すんだ!」
こぁ 「処刑されて重職に熱病飛ばすことだけをひたすら恐れていました
ヒャッハー」
通行人A 「お疲れさまです。突然死失礼しました。」
デモニカ 「お疲れ様」
こぁ 「さて座敷童子だったので死亡はありがたいことです」
トレーズ 「こぁ、お疲れ様だ…」
球磨川禊 「『きっとGMが狂人二つくらい奪っているんじゃないかな』」
魂魄妖夢 「私も狂人希望で霊能ですよ
どういうことですかもう>蒼星石さん」
こぁ 「恋人消毒はおめでたいことですが
ひとつ困ったことが起きましたね

草妖精テストが吹っ飛んで牧瀬紅莉栖さんの真偽を
計る大チャンスが吹っ飛びました」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『預言者が発動した瞬間のログは面白いよ』
『突然テンションが上がっているのが分かるからね』」
蒼星石 「ちなみに狂人を希望していたんだ
はじかれたならたぶん狼だらけだと思うよ」
蒼星石 「そうらしいよ
預言者になったのははじめてだけど」
通行人A 「村人表記の司祭系」
蒼星石 「預言者ね、ありがとう
・・・村がんばってるなら活躍する間もなかったなあ」
魂魄妖夢 「あ、そういえば預言者って村人表記でしたっけ?」
デモニカ 「ああ、預言者だったよ>蒼星石」
デモニカ 「エ・・・>蒼星石」
蒼星石 「あ、デモニカの役職はどうせ遺言に残したし
ボクの役職おしえてくれないかな?
村表記しかわからないんだ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
通行人A 「デモニカと蒼星石はフォローするまえに突然死してしまって本当に申し訳ない。」
蒼星石 「・・・デモニカと百合だった・・・
・・・別れたい・・・」
球磨川禊 「『僕は傀儡師COしているんだけど誰も気にしてくれないね』
『ひどい話だよ』」
ELS 「蘇生が蘇生できるなら俺がCOする意味はないからな
うそをつき続ければいい」
通行人A 「そうか、蘇生が蘇生できないってことか。忘れてた・・・。」
「百合天使… まあデモニカだし共感はある意味納得」
デモニカ 「あ、俺の役職は言った通り
蒼星石の役職は・・・言っていいかい?>蒼星石」
ELS 「ここまで来て俺以外に蘇生先がいないのもな
面倒な理由の一つだ
占いとかもっといい場所が死ねば蘇生もそっぽむくかもしれないんだが」
球磨川禊 「『蘇生能力者全般が蘇生不可能、と覚えておけばいいよ』
『蘇生ループはもうできないのさ』」
通行人A 「百合天使CO
矢はもちろんそこの二人だ。」
きれいなGM 「GMとして楽しい村です」
デモニカ 「いや、しかし君がQPか
種類はなんだろう?天使系だとは分かったが」
ELS 「お疲れ対話」
球磨川禊 「『おやおや』
『お疲れ様だよ』」
魂魄妖夢 「猫又は蘇生不可のはずです」
デモニカ 「お疲れ様」
蒼星石 「いや、最後露骨だったね、ごめん」
トレーズ 「おや、通行人は問題なくQPだったのですか」
デモニカ 「あー・・・いや、これはすまねえ
蒼星石は恋人である以外村なのにな」
魂魄妖夢 「・・・デモニカさん・・・」
「真相は闇の中じゃねえかこれ…」
蒼星石 「おつかれさま
証明なんかさせないさ」
通行人A 「・・・・。すまん、デモ蒼。ほんっとにすまん。」
トレーズ 「お疲れ様だ、恋人がどうやら死んだようだ」
通行人A 「元マニアは蘇生不可?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
通行人A 「あり、ELSが戦人コピーなら戦人がELS蘇生させるんダメなのか・・・。」
魂魄妖夢 「うっかり戦人さんがELSさんを蘇生しようとしている可能性も微レ存・・・」
ELS 「まさかこうなるとはな…
戦人の存在がばれるが三人目をニートにするよりかはましだろう」
トレーズ 「成功するとなると、私だろうな」
ELS 「つまりトレーズ蘇生はおそらく戦人だろう 恋人でもない限り
そしてもう一人蘇生失敗の可能性がある奴が俺を蘇生している
もし蘇生成功したらだれか伝えておいてくれ」
通行人A 「つまりは戦人コピーで片方は蘇生役確定。
トレーズ蘇生しようとしてるのは。」
魂魄妖夢 「つまり・・・他の蘇生職が遺言を信じてELSさんを蘇生しようとしていて・・・
そして戦人さんが、トレーズさん蘇生なのですかね?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ELS 「他の蘇生の可能性を忘れていた
正直そうそう出るものじゃないと思っていたからな」
球磨川禊 「『へぇ。』
『また残念な死に方をしたものだね』」
通行人A 「デモニカ草妖精だったのか・・・。」
ELS 「うん 言うべきだな

俺は 猫又だ」
球磨川禊 「『ああそうか。恋人蘇生能力者の可能性を忘れていたよ』
『どちらにしても成功率から考えて上級職ではなさそうだね』」
トレーズ 「…いや、見るべきものは猫又の方だろう。
狸だと、この成功率は少し気になるものがある。」
ELS 「しかし…いや これは言うべきなのか」
魂魄妖夢 「アリスさんがこれ、蘇生職じゃないですかね
たけのこさん真ですし」
球磨川禊 「『ああ、いい指摘だね』
『出るべき場面だ。巫女系はいないと見ていいね』」
ELS 「あぁそれと風祝はあるな
でも通行人ショック死のときに出てたか?巫女」
ELS 「蘇生先が一致してる以上 まず夜神はない
つまりは猫又、狸2種のどれかは確定とみていいだろう」
球磨川禊 「『常世と風祝あたりかなぁ』
『この成功率はたぶん25%くらいだよね』」
魂魄妖夢 「あれ、これって実は神話の毒蘇生って成功すればかなりでかいんじゃ・・・」
ELS 「一体何が起きている…はともかくだ
また俺蘇生か 面白いな」
トレーズ 「蘇生役職が継続して蘇生をしている
これは真であると見ていいだろう。
頻繁に蘇生が行えるのは、蘇生役職のみだ。」
通行人A 「死体無またかいな。そしれ蘇生対象はそれぞれ別。」
球磨川禊 「『また死体無し。蘇生ログは続行、と』
『引きの悪い蘇生能力者みたいだね』」
「待たしたいなしだと…」
魂魄妖夢 「しかし蘇生が通りませんね
片方が一貫してトレーズさん蘇生なのも気になる」
トレーズ 「死体なしが頻繁に起こっているようだ」
通行人A 「GMがそんな頭を下げないでください。こちらの現場監督責任です。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ELS 「そういうことだな
GMとして村立してくれるだけでありがたいレベルだ
サポート体制に関しては個人の問題だ」
魂魄妖夢 「よーやく霊能結果が割れて『さあ推理詰めるか』というところで黒とは
ついてないっていうかなんていうかー」
球磨川禊 「『GM のお仕事として義務化されているわけでもないんだから』
『気に病まなくていいんじゃないかな』
『事故は起きるものさ』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
きれいなGM 「そこらへんはすまないな。
投票延長完全にスルーしちまった」
通行人A 「申し訳ないです。正直にすみません。>妖夢」
トレーズ 「彼を責めることはない。
回線エラーは仕方がないことなのだ。」
魂魄妖夢 「凸はだめですよー、ほんとにー>通行人さん」
ELS 「蘇生候補がおれだけってのが辛いところだな(ドヤァ」
「お疲れ様」
通行人A 「お疲れさま・・・というよりいらっしゃい。かな。」
球磨川禊 「『やぁ、お疲れ様』」
魂魄妖夢 「蘇生連打でーすかー
トレーズさん狐っぽいのですけども」
ELS 「おつかれの対話による変革」
トレーズ 「諸君、お疲れ様だ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
球磨川禊 「『通行人Aちゃん、ここの闇鍋は全てを把握している人なんて誰もいないから』
『気にしなくてもいいよ』」
ELS 「そうか…>禊
そういえば老兵は制限も解除されてるし
可能性的には何もないなら失敗なんだな」
球磨川禊 「『どちらにしてもこの蘇生ログの出方で仙狐はありえないから』
『村の蘇生能力者なのは確定だね』
『問題はそれが恋人かどうかくらいかな』」
通行人A 「あり、そうでしたか。すみません一介の通行人に対して>球磨川」
通行人A 「成功はしていないし少なくとも失敗するタイプの蘇生役職。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「>>護衛に失敗した場合は襲撃先を選択していた場合でも何も表示されない。
『こうあるから、GJが出て貫通にはならないと思うよ』
『本当にそうだとしたら護衛制限役職じゃないかな』」
トレーズ 「占いじゃない、蘇生固定」
トレーズ 「いや、その場合私に占い固定できているのが少し不自然ともいえる」
「猫2とか夢持ちすぎだろ…
初日からあったから常世神じゃね?」
通行人A 「夢狩人のように老兵も貫通はGJ噛まれになっちゃうのか。それは知らなんだ。」
ELS 「蘇生×2 猫又二匹だとするなら
神話ライン含めて毒4発分か
対話しなくても勝てるレベル」
通行人A 「蘇生×2ならほんとに大判ブルマだな。」
ELS 「貫通してもGJ表記はでる対話」
球磨川禊 「『へぇ。八卦見の次は比丘尼だってさ』
『このGMが蘇生x2に魔法使いx2なんて大盤振る舞いしてくれるものなのかな?』」
「蘇生2?そして死体なしか」
通行人A 「む?蘇生2つ?」
球磨川禊 「『おや。蘇生能力者が二人いるようだね』」
ELS 「…んだと
対話すべき蘇生がもう一人いるってのか!?」
トレーズ 「おや、蘇生ログが二つもあるね」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ELS 「ここで戦人まで連続噛みしてくるかどうかだな」
「お前にかける意味ねえよ… というか辻斬り出たら村同士で相打ちになるぞ
状況生理すると…」
ELS 「でも辻斬りは毒誘発だったな
対話の必要はなかった」
球磨川禊 「『知ってるかい?辻斬りは毒を切ると死ぬんだよ』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
通行人A 「こっち視点ではトゥモゥエは真老兵。蝙蝠は妖精で埋まっている。少し誘導的かけたんだけど。
あちゃぁ・・・。日記残らないなら余計やっちまったよ・・・。」
ELS 「ここで俺に辻斬りとかだったら
球磨川とも対話の余地がまだあったんだけどな(キリッ」
トレーズ 「八卦だったか。
球磨川は紅狼だったものだからつい投票を外してしまってな。」
「場所はデモニカだけで騎士か光妖精が出て何もなしっす」
きれいなGM 「突然死で遺言は残りません」
球磨川禊 「『お疲れ様だよ』
『残念ながらスキマしたら日記は残らないよ』」
ELS 「八卦か…
昨日はどんな対話の結果なんだ?」
通行人A 「日記更新のときに回線エラー起きたから更新されてるかどうかわからない。
結果としては デモニカ○>トゥモゥェ○です。」
ELS 「お疲れ対話
早くCOする対話べき対話」
「八卦CO… 最悪ですまなければいいが…」
ELS 「対話による蘇生がある以上COするのは確定的に明らか

魔法使いの暗殺?
そんなの信じるわけないじゃないか やだなぁ」
トレーズ 「お疲れ様だ」
通行人A 「ほんっとうにごめんなさい・・・。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
きれいなGM 「ごめん 見逃してた」
通行人A 「・・・。占い師だよ。
デモニカ○>トゥモゥヨ?○」
トレーズ 「ところで、君の役職はなんだい?」
トレーズ 「仕方がないことだ
お疲れ様だ」
球磨川禊 「『おやおや。ちゃんと発言していた印象があったのに』」
通行人A 「申しわけない。回線がエラー起こしていた」
球磨川禊 「『マニアなだけで確定村になれるなんて幻想さ』
『君は騙されたことがないのかい?』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
<投票がリセットされました 再度投票してください>
通行人A さんは紫に連れ去られました
トレーズ 「おや、突然死しそうだが」
ELS 「それこそ対話に値しないとは思わないのかい?
なぜ魔法をほぼ確定村の場所に使う必要がある」
球磨川禊 「『君は魔法と呼ばれるものを知っているかな?君の世界ではメジャーだと思うけど』
『こっちの世界にもごくまれにそういう能力を持つものが現れるのさ』」
球磨川禊 「『占いCOが僕を含めて4つめだね。愉快愉快』」
ELS 「もちろん 毒を持っているし
なら暗殺でも起こったと思うのか?対話に値しない>球磨川」
球磨川禊 「『君は本当に自分が噛み殺されたと思っているのかい?』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ELS 「トゥモゥヨ真で見るなら遺言対話しとくべきだったかな…」
ELS 「いきなり噛んでくる人を対話できるとは言えないよ
対話できるなら噛まないよ>球磨川」
球磨川禊 「『また面白いことを言うね?』
『僕はちゃんと話を聞く人だよ?』」
ELS 「球磨川は対話できない人だったんだね…
まぁ蘇生が対話してトレーズ蘇生してくれるよ」
ELS 「毒にあって毒にあらず…」
球磨川禊 「『お疲れ様だよ』
『きっと僕の役目は果たせたのだろうさ』」
ELS 「まぁ…毒じゃねえけどな」
きれいなGM 「おつかれさまんさ」
球磨川禊 「『おやおや』」
トレーズ 「お疲れ様だ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
トレーズ 「ふむ、私が吊られるか」
きれいなGM 「おつかれさまんさ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
きれいなGM 「この村で対話なんて…」
きれいなGM 「ロックオンwwwwwwwwwwwwww」
きれいなGM 「愉悦」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営6 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 出題者陣営1 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2012/05/20 (Sun) 23:27:06