←戻る
【雛850】やる夫たちの普通村 [1031番地]
~動作確認兼用~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon お肉
(生存中)
icon うにゅー
(生存中)
icon モノクマ
(生存中)
icon キル夫
(生存中)
icon パチュリー
(生存中)
icon 薔薇水晶
(生存中)
icon ノンナ
(生存中)
icon 戯言遣い
(生存中)
icon 東京タワー
(生存中)
icon レミリア
(生存中)
icon モヒカン
(生存中)
icon エドモンド
(生存中)
icon イヌ
(生存中)
icon 咲夜
(生存中)
icon 永江衣玖
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
村作成:2013/05/21 (Tue) 22:45:08
お肉 さんが幻想入りしました
お肉 「こんばんわ」
身代わり君 「みじかくまとめ
【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する場合はこの限りでない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】
 ttp://wearwolf.netgamers.jp/wiki/
 ttp://alicegame.dip.jp/suisei/info/rule.php
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (上のURL左端目次の「初心者の心得」を読んで、内容を理解してから参加して下されば大丈夫です)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
お肉 「って早かったですか?」
身代わり君 「いいよいいよー」
お肉 「私…食べられるお肉なんです//」
身代わり君 「システム:村のオプションを変更しました。」
お肉 「やさしく食べてね狼さん…//」
うにゅー さんが幻想入りしました
うにゅー 「よろしくなのよ。」
お肉 「開始予定は何時何分何票ですか?」
モノクマ さんが幻想入りしました
モノクマ 「うぷぷぷぷぷよろしくね」
身代わり君 「20分見て23:10ぐらいにどーするか確認ですかね?」
うにゅー 「ヒャッハー、クマナベじゃーい」
モノクマ 「開始時間了解だよ、それまでのんびりとしてるよ」
キル夫 さんが幻想入りしました
パチュリー さんが幻想入りしました
うにゅー 「了解なのよ。」
パチュリー 「よろしく」
キル夫 「よろしく頼む」
お肉 「りょーうかーい>GM
ちょっと離席します」
薔薇水晶 さんが幻想入りしました
モノクマ 「やだなぁ~それを言ったら君も饅頭じゃないかぁ<うにゅー」
ノンナ さんが幻想入りしました
薔薇水晶 「よろしくおねがいします」
ノンナ 「Очень приятно」
キル夫 「日本語でおk>ノンナ」
うにゅー 「お肉→モノクマ→うにゅー→村人の皆様

食物連鎖の流れなのよ。」
ノンナ 「ルースキィイズィークでおk>キル夫」
キル夫 「古代ギリシャ語か?」
モノクマ 「その流れだと…っは!!キル夫君が口開けてこっち見てるのはそういうことだったのか!!(割と適当に言ってます<うにゅー」
ノンナ 「ニェット。ロシア語です>キル夫」
お肉 「お肉→モノクマ→うにゅー→村人の皆様→狼様→妖狐→占い師→GM
この食物連鎖なんですね(キリッ」
キル夫 「ロシア語は知らんな。
古代ギリシャもだが」
うにゅー 「開始までワンパンマンでも見てるのよ。」
お肉 「ワタシーニホンゴワッカリマセーン」
モノクマ 「ロシア語はねー
物に男性称と女性称があるってなんなんだよ!!って感じだよ
うん、さっぱり分かんない」
キル夫 「俺の口が何の為にあるのか知りたいと言うのか>モノクマ」
パチュリー 「傍から見たら日本語のほうがわけわかんないわよ」
お肉 「男性名詞・女性名詞だね>モノクマ
ところで、中性名詞ってのもあるのを知ってるかな(ジュルリ」
ノンナ 「一番最後がアーやヤーで終わってたら大抵女性系です>モノクマ」
モノクマ 「村田先生版の方かい?それとも原作のONE先生のほう?
個人的には絵柄も含めて原作のONE先生のほうの方が僕は好みだなぁ<ワンパンマン」
ノンナ 「男性のロシア人がルースキー
女性のロシア人がルースカヤ
姓も男女で変わります」
キル夫 「ああ、日本語は世界でも数少ない助詞を持つ言語だからな。
アイヌ語より難しいっていう奴もいる」
モノクマ 「うん、さっぱり分かんない、ていうか英語も怪しいのにロシア語なんて!!<お肉、ノンナさん
いやいや、僕じゃなくてお肉とかうにゅーとかそういうので試してもいいんだよ、何をとは言わないけどさ!!<キル夫君」
お肉 「ブラウザーが勝手に落ちた。なんでや…」
ノンナ 「ドイツ語にも手を出してみたのですが
単語が途中で別れて行く過程で諦めました」
キル夫 「俺の口がこんなに大きい理由はな…」
ノンナ 「単語が……分離するんですよ<ドイツ語」
戯言遣い さんが幻想入りしました
ノンナ 「意外と集まりませんね」
キル夫 「言葉を話す為にあるからだよ!!」
モノクマ 「うん、言ってる意味がわかんない…
単語が分かれていくって何さ…<ノンナさん」
戯言遣い 「まぁ、よろしく。」
お肉 「男性名詞:腹筋
女性名詞:おっぱい
中性名詞:ふたなり
これだね。」
モノクマ 「戯言遣い君はよろしくね
うん、普通だねー(つまらなさそうに<キル夫君」
ノンナ 「私もわからなくなって止めました>モノクマ」
うにゅー 「このお肉…腐ってないか?」
お肉 「腐ってないよ! いたってノーマルだよ!
みんなだって異性が好きだろう? 僕だってそうだよ!
両性だから両性が好きなんだ!」
キル夫 「グーテンナハト>ノンナ」
ノンナ 「スパコィナイ ノーチ>キル夫」
東京タワー さんが幻想入りしました
モノクマ 「このお肉は食べられないお肉だよ!!(色んな意味で)1週間待ってくださいカビたお肉を用意しますから!!それも食べらんないけどね!!」
身代わり君 「さすがに集まらないですかね?」
ノンナ 「いつもならぽんぽん集まるのですが」
東京タワー 「よろん」
身代わり君 「23:10から……17人待たないで始めますか?」
身代わり君 「雛鯖ですが普通村です。念のため」
パチュリー 「初心者鍋も終わったからいるとは思うけれど」
レミリア さんが幻想入りしました
身代わり君 「いらっしゃったかたこんばんは。薔薇GMですの」
お肉 「それでいいと思うけど、GMに任せるよ」
モノクマ 「取り敢えず日本語でおk<キル夫君、ノンナさん
お役御免の東京タワー君こんばんは!」
レミリア 「よろしく」
お肉 「掲示板で薔薇GMが高濃度接待する、って言ったら一発で埋まるんじゃないかな?(ちらっ」
ノンナ 「ええ、普通村ですよね
闇鍋の方が集ま……いえ今やってる最中ですしね」
モヒカン さんが幻想入りしました
レミリア 「どちらかというと動作確認云々とあるから
自由に入っていいのかどうかわからない、という印象ね」
モヒカン 「ヒャッハー! 肉は丸焼きだー!」
お肉 「腐っていたとしても、食べることはできる!
それがいいという人だっているし、腐ったものを食べても人は死なないよ! 耐性が着くからね!>モノクマ」
エドモンド さんが幻想入りしました
エドモンド 「こばーん」
うにゅー 「そんな耐性いらないのよ。」
モノクマ 「えっと、レミリアさんとモヒカン君と豆君よろしくね」
エドモンド 「なんかナマモノが多いなここ…」
黒でっていう さんが幻想入りしました
ノンナ 「Добрый вечер(ドーブリィ ヴェーチェル)>エドモンド
こんばんは」
エドモンド 「誰が豆つぶドちびか―――ッ!!!」
うにゅー 「ドスコイとか百烈張り手とかやってくださいっすよー>本多」
お肉 「慣れれば快感だよ…//>うにゅー」
黒でっていう 「よろしくっていうwwww」
咲夜 さんが幻想入りしました
身代わり君 「普通にプレイするので普通にはいっていいですよー」
エドモンド 「ごめん、フライドチキンの骨が切れてて…>うにゅー」
永江衣玖 さんが幻想入りしました
お肉 「普通のプレイだなんて…//」
永江衣玖 「よろしくお願いします。」
身代わり君 「15超えたので10分開始で」
咲夜 「よろしくお願いします」
モヒカン 「とりあえずやばそうだと思ったものは焼けば大丈夫だ!
俺様の火炎放射をくらえー!」
身代わり君 「じゃぁお肉くん廊下で放置プレイ」
うにゅー 「よろしくなのよ。
咲夜はレミリアのデザートとしてうにゅー出していいのよ。」
モノクマ 「うん、16なら普通にできるね!!
みんなよろしくね!!」
エドモンド 「とりあえず焼き肉だな!」
黒でっていう 「黒でっていう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:黒でっていう → イヌ
アイコン:No. 1397 (黒でっていう(大)) → No. 2474 (子犬)」
薔薇水晶 「ズサーは伝統ですよね」
パチュリー 「16村ね」
お肉 「いや…バケツを持ってGMと一緒に立たされるプレイなのね…
体育教師と駄目な私…ポッ」
蒼星石 さんが幻想入りしました
レミリア 「咲夜は紅茶を淹れてちょうだい」
キル夫 「埋まった。」
蒼星石 「や。」
身代わり君 「はい、カウントお願いしますね」
お肉 「私…早く霊界に逝ってGMに高濃度接待プレイを受けるんだ…」
薔薇水晶 「蒼星石!?」
パチュリー 「早く霊界へいっていい役職になれるといいわね」
お肉 「GMに言われたら…//(ポッ」
エドモンド 「どうして諦めるんだそこで!」
蒼星石 「薔薇水晶!?」
お肉 「じゃ、残り30秒後開始よ。」
お肉 「残り20秒ね。」
薔薇水晶 「3期(ボソッ」
お肉 「残り10秒」
お肉 「残り5秒」
身代わり君 「占いCO」
お肉 「4」
お肉 「3」
お肉 「2」
モノクマ 「ローゼンメイデンもアニメ化するよね
夏が楽しみだよ!!」
薔薇水晶 「やめて>GM」
お肉 「1」
東京タワー 「やめて>GM」
エドモンド 「がんばれがんばれできるできるできる
やれるってどうしてそこであきらめるんだ
やれるきもちのもんだいだって」
ノンナ 「GM……」
お肉 「GMの占いCO、私に愛
じゃ、よろしくねー」
ゲーム開始:2013/05/21 (Tue) 23:12:53
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆身代わり君 そういえば真紅と雛の機能の違いってどうなんですかね?(超過してから聞くGM)」
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
戯言遣い 「おはよう。ところどころいい朝だね。」
永江衣玖 「おはようございます。」
エドモンド 「あーたーらしーあーさがーきーたー!
絶望の朝がな!
薔薇水晶 「おはようございます」
ノンナ 「出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
 
ドーブライ ウートラ(おはようございます)
七吊り五人外です
共有の囁きはありましたね
配役的に二人居るようで嬉しいです」
キル夫 「ズドラーストビチェ
占いは早く出ろ!!」
咲夜 「おはようございます」
薔薇水晶 「占いはCOしてくださいね」
東京タワー 「おはよう」
パチュリー 「おはよう」
蒼星石 「皆おはよう。」
モノクマ 「占いCOキル夫○」
モヒカン 「ヒャッハー!」
イヌ 「おはよう、みな朝の紅茶はどうだい?
イギリスから取り寄せた最高茶葉だ
味は保障するよ、役職COしたものには
ドッグフードも振る舞おう、だからCOを頼むよ
永江衣玖 「意外と鯖間での仕様の差があると思いつつ。」
東京タワー 「出ない 占い初日かな」
薔薇水晶 「おや?占い出ませんね」
戯言遣い 「おせえな。」
モノクマ 「ねぇねぇ?キル夫くんのお口はしゃべるためにあるって言ったたけど本当なのかなぁ?
僕…気になって夜も寝れなかったよ!!
だからね、ちゃんと監視カメラ仕掛けて調査したよ、偉いねぇー僕」
レミリア 「おはよう。朝が早いわ」
咲夜 「あら、占いの方は一人ですか」
永江衣玖 「ふむ、占い師は一人ですか。」
ノンナ 「占い師は一人ですか?」
キル夫 「アッハイ。」
パチュリー 「様子見してた感じで1COみたいね」
うにゅー 「寝坊なのよ。」
咲夜 「では霊能と共有の方々もよろしくお願いします」
薔薇水晶 「許容範囲内ぎりぎりではあるけれど、1COを確認」
キル夫 「1COね」
東京タワー 「GMが持って行ってしまったのかな」
蒼星石 「時は金なりっていうし皆早くね」
レミリア 「>咲夜
日傘を用意しなさい。」
イヌ 「占は1人かい?
他はいないのか?」
モヒカン 「1COだけなんで、共有が指定ゲーする気あるなら霊能まで伏せて指定すればいいんじゃね。
やる気ないなら、霊能共有全部だしてグレラン。」
うにゅー 「1CO確認、霊能はどーなの?」
蒼星石 「はーい共有CO」
東京タワー 「霊能者をCO」
ノンナ 「では他に占い師がいないようなので霊能COです」
戯言遣い 「霊能もおそいとかどうなってんだ・・・」
永江衣玖 「まあ、霊能者と共有者のCOをお聞きしましょう。」
モノクマ 「うーん、思いっきり特攻警戒してたけど…出なかったなぁ
様子見過ぎちゃった、反省反省…
しかし…対抗居ないってどういうことなの?」
イヌ 「ふむ○進行かね、では共有と霊能もCOを頼むよ
無駄占いはごめんだよ
薔薇水晶 「霊能はいるかしら?
いないと完全に欠けがある感じだけど」
お肉 「おはよう。出遅れた」
キル夫 「霊能ローラータイム!!」
レミリア 「あと、イヌのわりには紅茶を用意するなんていい心がけね。
いただくわ。」
パチュリー 「ロラ展開になるかどうかお願いね」
咲夜 「ええ、了解です>レミリア様
ぱちゅりー様もいますしお茶会にしましょう」
ノンナ 「共有なら撤回をお願いしますね」
蒼星石 「もう霊能は認めないから基本モノクマ真想定で」
うにゅー 「1-2とか何コレ。」
お肉 「そして1-2とな」
エドモンド 「共有CO
相方 蒼星石」
薔薇水晶 「・・・霊能に共有がいたらでてほしいかな、
アーマー継続でもいいけど、いないならローラーね」
蒼星石 「じゃあ霊能ローラーね」
永江衣玖 「ローラーをするかという話ですが。共有者の撤回があればどうぞ。」
モヒカン 「1-2だとローラーじゃなくてグレランしない?」
お肉 「1-2での霊能ロラは反対」
東京タワー 「対抗がいるってことに少し安心感をおぼえてしまう」
エドモンド 「共有CO
相方 蒼星石」
イヌ 「ほう、これは騙り?
それとも共有混じりかね?
共有は指示を早めに頼むよ」
戯言遣い 「共有初日って言ってくれたら僕は感激のあまり何もしない」
うにゅー 「まぁ基本モノクマ真想定ってのはあるんだけど、
1-2は珍しいのよ。」
モノクマ 「うん?2-1?共有混じり?そうでないなら狩り保護で霊ロラしたいんだけど僕としては」
モヒカン 「ぶっちゃけ占い偽なら情報何ものこらねーぞ!」
蒼星石 「うん。エドモンドが相方だよ。」
ノンナ 「ではローラーですか>エドモンド」
東京タワー 「すまないけれどローラーは拒否なのです」
キル夫 「豆よ。COは大声でな」
お肉 「占い初日想定もしなきゃいかんのに、霊能ロラなんて意味が無い。」
咲夜 「では私が淹れましょう>イヌ様
お嬢様にお茶を淹れるのは私の役目です」
薔薇水晶 「共有はエドモンドと蒼星石お姉さまと
となると霊能はローラーかなぁ?
ラインを見るのは結構怖いんだけど」
レミリア 「1-2から占いCO者が即真につながるなんてなんて楽観的なのかしら」
エドモンド 「ろらで」
永江衣玖 「共有交じりではない、と。
ならば占い師初日をみて残すのもあり、でしょうか。」
エドモンド 「ローラーで」
パチュリー 「ローラー展開となるみたいだから
後は私もお茶をいただきましょう」
イヌ 「ほう、共有混じりではないと…
…これGMがまさか占いを…」
蒼星石 「まさか!こんなに遅いCOの霊能者を二人も残すなんてボク怖くてできない!」
キル夫 「1-2はローラー安定だろ。
共有いるし」
うにゅー 「ほー、グレランときたか。
んじゃグレランっていってる人はゆっくり計算苦手だから
いつごろローラーするか予定立ててよ。」
エドモンド 「わたわたしてすまん」
うにゅー 「あっ、はい。>ローラー」
咲夜 「となると1-2ですか
ならばロラか放置の道を選びください
真ー真狂ならば楽でいいのですけどね」
モノクマ 「わーお、1-2-2だって!!
うぷぷぷぷぷなんか楽しくなってきたね!!
って、この状況だと銃殺出さないと信用されそうにないけどね…
霊能は…真狂が濃厚かな狼は全潜りの」
レミリア 「占い初日を恐れるなら霊能を残すというのは極めて正しい感性ね。
霊能の真を見極められるか、という前提があるけれど」
パチュリー 「占い初日想定と
霊能の存在どうのこうのとするのは関心しないわ」
お肉 「素直に考えれば、真ー真狂。あるいは狼ー真狂。
霊能ロラに出てきたのは狂人として一つの作戦でもある(2吊り消費)
それを踏まえて考えれば、霊能ロラして、銃殺でなかったらどうすんのって話」
東京タワー 「対抗の色が見れる事を望むしかないね これは」
イヌ 「1-2とは時に2-1よりも厄介になるな
ローラーだから霊能から情報が得られん…」
モヒカン 「ぶっちゃけ占いから霊能出るまでの時間あったし、内訳なんでもある感じだけどさー。
真―??ならロラで良いけど、狂―真狼、あるいは狼―真狂とかなら霊能ロラっちゃうと面倒かなって。」
ノンナ 「開始前の身代わり君のフラグが怖くはありますが
うーん……そうですね
モノクマは真狼で見て良いんじゃないでしょうか?
対抗の色次第ではありますが」
咲夜 「ではこちらをどうぞ>パチュリー様
イヌ様から頂いた英国の紅茶です」
お肉 「いや、ロラはマジでやめようよ。
占い1人で、進行きちんとやれるの?」
うにゅー 「でも基本●がでたら吊って銃殺でたら信じるのよ>モノクマ」
永江衣玖 「霊能者は最悪最終日まで残してもいいのでは、とは思いますね。>うにゅー
狼が占い師騙りを出さないとは考えにくく、占い師初日ならまずモノクマさんは狼になるので。」
キル夫 「銃殺出せず、噛まれない占いはケア対象だろ」
ノンナ 「ですね>うにゅー」
レミリア 「霊能がどちらが真かを見極められないなら結局のところ霊能を両方残すより
占いを見た方がいいのよ」
蒼星石 「それは優秀な村人に御指導いただくということでなんとか」
咲夜 「ロラですね。安定の道を選びましたか
では、その通りに動きましょう」
東京タワー 「>お肉
対抗狼もなくはないんだよ 一応」
うにゅー 「身代わり君がハロワいってたのゆっくり見てたよ!」
永江衣玖 「ただ、判断はローラーのようですが。」
薔薇水晶 「1-2-2だとたしかに初日占いでのリカバリーがきついか
となると残した方がいいのかな
村の全体の流れだとそうなっているみたい
2霊能出たらローラーばっかりだったからちょっと私の方が間違っている気がしてきた・・・」
モノクマ 「うん、ロラ把握だよ
初日狩りでない限りは狩りいるし狐を重点的に探すことにするよ!!
そしてこの状況で無駄占いにならなかったことに編んだ押してる僕がいるよ(ッホ」
ノンナ 「嫌なフラグはやめてください>うにゅー」
戯言遣い 「お肉に任せれば将来設計豊かな生活が送れるらしい」
レミリア 「あと、咲夜は明日から必ず私を起こしに来ること。
いいわね?」
パチュリー 「●が出る→ライン両方切れる、つながるならわかりやすいけど
割とパンダになったりするとそこで面倒だし、

ついでにいうなら限界点まで○連続とかなってそこでどうしていいかわからなくなる
となると多分もっと悪い方向になるから」
お肉 「ロラならロラでいいけど、占いをどこで切るかは明確にして欲しい>共有」
イヌ 「肉真を考えるのは楽観的か?
まあいい、潜伏占いでも肉でも呪殺を出したまえ
それならば真交じりが確定するからな」
うにゅー 「俺は悪くねぇ!」
モヒカン 「まあ、霊能ロラる場合、占い銃殺出ないなら○とか考えず全力で殴り合いして、村が臭かったら仕方ないかねー。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
お肉1 票投票先 →東京タワー
うにゅー0 票投票先 →ノンナ
モノクマ0 票投票先 →東京タワー
キル夫0 票投票先 →東京タワー
パチュリー0 票投票先 →東京タワー
薔薇水晶0 票投票先 →東京タワー
ノンナ4 票投票先 →東京タワー
戯言遣い0 票投票先 →お肉
東京タワー11 票投票先 →ノンナ
レミリア0 票投票先 →東京タワー
モヒカン0 票投票先 →東京タワー
エドモンド0 票投票先 →東京タワー
イヌ0 票投票先 →ノンナ
咲夜0 票投票先 →東京タワー
永江衣玖0 票投票先 →ノンナ
蒼星石0 票投票先 →東京タワー
東京タワー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
お肉 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
お肉さんの遺言 素村CO

◇東京タワー 「対抗がいるってことに少し安心感をおぼえてしまう」
◇東京タワー 「>お肉
対抗狼もなくはないんだよ 一応」
◇東京タワー 「出ない 占い初日かな」
これを考えれば、東京タワー狂人濃厚だと思う。吊られにきた、ね。
もし、モノクマ(占い)から●が出たら霊能ロラを中断してラインを見るのもアリだと思う。
最悪なのが、狼ー真狂(流石に狐ー真狼は想定しない)
霊能ロラと見ての●打ちは素直にあるところ。

狼ー真狂なら、
【狼は●2つを自由に打てる】
メリットがある。
狩人妖狐に●を2つ当てることができたら、上々なのだから。
東京タワーさんの遺言 対抗狂とも言えないのが実情 
占いが真ならローラーは狩人吊れないしね
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
キル夫 「おはよう。
昨夜気付いた。俺は囲い位置であると。」
モノクマ 「占いCOお肉○」
咲夜 「おはようございます
さあ、レミリア様。朝になりましたので起きてください
朝日はきついでしょうが私が傘を持ちますので」
パチュリー 「おはよう」
ノンナ 「霊能COです
東京タワー●」
永江衣玖 「おはようございます。」
イヌ 「おはよう、肉ではなくモノクマが占いだったな
失敬、把握ミスだ、では役職はCOを頼む
うーむ、ログを見返すと肉の言い分がわかる分
ローラーはまずかったかもしれんな、昨日グレラン
で霊能の信用対決のほうがよかったかもしれん…
戯言遣い 「おはよう。」
薔薇水晶 「おはようございます」
うにゅー 「変なところが死んでるんだけど」
モノクマ 「霊ロラ反対してるのでちょっと僕の中では他より目立った感じ
ただ、狐っぽくはないけど、残しといたら面倒な位置ではあるんだよね…
てわけで早めに占っておくよ
ここ村なら相当心強いしね
モヒカン 「ヒャッハー!」
蒼星石 「皆おはよう。」
ノンナ 「ああ、結果狼でした」
レミリア 「うにゅー・イヌ、現状灰で違和感のある発言をしている位置といえばここになるわね。
モノクマについては現状では信頼に+のある発言はないが-と取れる発言もない。
言ってしまえば「真でも騙りでも言えることを言っている」というレベル。」
パチュリー 「イヌ-お肉の2W考慮したけど外した
銃殺GJあるならよろしくねってことで」
キル夫 「なんで狼がローラー飛び込んでんだよ!!」
薔薇水晶 「1-2でノンナの主張は対抗狼ね」
モヒカン 「片方吊った以上ロラ続行。」
うにゅー 「うーん、これは真狼で見たほうがよさそうね。
狩人は遺言残しといて。」
永江衣玖 「ふむ、占い先が死体になっていると。
呪殺GJがあり得るでしょうか。」
蒼星石 「はい分かりました。報告ありがとう。」
イヌ 「ん?呪殺Gjか噛み合わせか?
何にしろ狩人は遺言を頼む」
咲夜 「お肉様が噛まれていますか…
そしてモノクマ様がそこに○ですか
後はノンア様視点霊能対抗が狼ですと」
エドモンド 「おはよう
戯言遣いはなんでお肉に投票したんだ?」
キル夫 「腐った肉体が召されたか」
モノクマ 「ほうほう、なるほど…ノンナさん真なら真狼だったか…割りと狼は博奕打ちますなぁ
ってことはノンナさん真なら初日狂もありえるのか」
うにゅー 「詳細を詳しく>レミリア」
ノンナ 「対抗は挨拶からCOまで二発言してたので
狂人ならさっさとCOしてるのでは? と思ってたのでまあ……」
戯言遣い 「肉が死んでるって僕にとってはいいことだな。○でも吊るす気だったから。」
モヒカン 「銃殺GJあるかどうかだけど、ぶっちゃけGJ出る位置なくね?
1COの占い即突っ込むとかなくね?
というかあんなロラ反対してる肉狐なくね?」
レミリア 「銃殺GJね。霊能ローラーから入る手筋でそれは薄そうに見えるけどあるのかしら。」
イヌ 「肉かあ、狐には見えたかね諸君?>ALL」
永江衣玖 「どちらにしても、霊能ローラーは続行でしょう。
霊能真狼が決まったというわけでは当然ありません。」
パチュリー 「とはいえそこ占う感性は気に入ってるわね
グレラン押しの最後占いを切る前提で発言してるなら」
薔薇水晶 「ノンナが真霊能想定で仮定し、ロジックを組むとしたら昨日ローラー反対していたところかしら、
でもその急先鋒のお肉死んでいるわね」
咲夜 「では狼ー真狼あり得ますか
まあ、どうなるかはまだ断言できませんが
その可能性がちょっと高くなりましたね」
キル夫 「どちらにせよ、今日はローラー続行ってことで」
モヒカン 「だからまー、噛み合わされたんだろう。」
パチュリー 「割とあると思ってたけど>お肉の狐」
蒼星石 「モノクマは霊能の真偽なんか考えずに誰が狐なのか狼なのか考えてね。」
薔薇水晶 「>イヌ
なにかもってそうな感じはしたけど、狐にはあんまり見えなかったわね」
イヌ 「レミリア早期の決めつけは視点漏れのように感じるぞ?>レミリア」
モヒカン 「狂で肉○は狼あんま囲えなさそうな位置なので、モノクマ真狼。」
うにゅー 「だってお肉占いの印象云々じゃなくて
それ無視していつ吊るとか言ってるし、

まぁこれが狼狐に繋がるかはおいといて発言的におかしなこといってたわけで。
ローラー終わったら真っ先に吊る位置だったのよ。」
モノクマ 「んっと、そしておにく君が天に召されてる件について…
銃殺だしたのかな…それとも…狼に噛まれただけのかな…
何にせよGMの方に早くいけてよかったね<お肉君」
ノンナ 「そうですね>モノクマ
あなた視点狂人初日か潜伏か、です
あなたが真であることを願います」
永江衣玖 「>イヌ
狐でもおかしくはない、という感じでしょうか。
あそこまで強硬に占い師を吊りたがるのは狐と言えば狐という気もします。」
イヌ 「うむ、続行把握」
咲夜 「呪殺GJなら狩人がわかるはずなので>レミリア様
それかもしれないという点だけにとどめたほうがいいでしょう」
モヒカン 「まー、真ならさっくり銃殺出してくれヒャッハー!
な感じか。」
うにゅー 「レミリアははやく私への違和感プリーズ」
レミリア 「うにゅーのおかしいところは
なぜか常に霊能をローラーすることを想定している点ね。
つまるところ、占い初日を考え霊能ローラーをしないことを主張する者について「じゃあいつローラーをするのか」という反論は極めて的外れであり、霊能をなんとしても吊りする理由に欠ける。」
イヌ 「そうだな占いを消したがるのは狐だろうな>永江」
咲夜 「それなら狩人が遺言に残しておけばよいだけですから
あえてここで言うべきことでもないです」
モノクマ 「了解だよ、蒼星石さん
んー今日は残したら嫌な場所占ったけどもうちょっと臭い所占いに切り替えるか…」
キル夫 「もし、GJ出たなら、狩人は遺言に遺すべきだな」
エドモンド 「ローラー続行で」
蒼星石 「肉が狐なら銃殺GJより肉噛みと占いが被っただけでしょ。」
永江衣玖 「まあ、狩人の持つ情報とも照らしあわさねばなりませんが。」
薔薇水晶 「可能性は低いと思いますが、仮に呪殺GJだったら狩人が遺言を残すと考えます
ないならそうじゃないということでしょう。」
うにゅー 「ごめん言ってる意味がわからない。
「霊能ローラーしないってことは霊能ローラーをいつするか」
って問題に直結しない?>レミリア」
ノンナ 「そうですね
狩人乗っ取り等も過去にありましたし
死体と占い先が被ってる事がある場合、狩人は遺言を残すのが良いと助言します」
イヌ 「ふむ、確かに村でもあったように見える分判断が付かんな>薔薇」
レミリア 「犬は役職誤認はマイナス要素、としておきましょう。」
うにゅー 「単純に私ローラー派だし霊能のこしの進行とか考えられないし、
ほら中身苺だし。>レミリア」
永江衣玖 「ともあれ、戯言遣いさんの目はある意味では正しいということになるのですかね。」
モヒカン 「ぶっちゃけ、モノクマ真ならうにゅー狼だと思うぞ。
昨日の真想定は答え見えてる発言に近い感じ。

逆にモノクマ狼ならそれが見えているグレー狼は潜っている占いに気をかける。
そういう発言をしていたのはイヌだな。」
イヌ 「ローラで一人外を吊っても霊能の情報がみれなくなるか…」
咲夜 「肉様噛みはちょっとしにくいと思いますけどね>蒼星石様
あそこであえて目立つのは役目に見えても村目に見えることでありませんから
潜伏占い狙いとかなら話が別ですが」
薔薇水晶 「>イヌ
お肉については正直動向を見て行こうと思ったぐらいなので村かどうかはまだわかりかねました。
噛まれたのなら村なのでしょうけれど」
エドモンド 「戯言遣いはなぜ肉に投票したか教えてほしい」
モノクマ 「取り敢えず、ロラは完遂と人外は確定でー1だね僕視点ではだけどね」
エドモンド 「明日」
モヒカン 「と言うわけで両者の今日の発言ピックアップして火炎放射の準備でもするぜ、ヒャッハー!」
イヌ 「昨日の灰視は一言で言うとわからん
方向がローラーで決まっている分
皆深くは喋らんかったしなあ」
永江衣玖 「理由はまあ、それぞれかとは思いますが。」
戯言遣い 「吊りたかったからだよ。そんだけ。」
ノンナ 「あとは村人に任せました
ダスヴィダーニヤ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
うにゅー0 票投票先 →ノンナ
モノクマ0 票投票先 →ノンナ
キル夫0 票投票先 →ノンナ
パチュリー0 票投票先 →ノンナ
薔薇水晶0 票投票先 →ノンナ
ノンナ13 票投票先 →戯言遣い
戯言遣い1 票投票先 →ノンナ
レミリア0 票投票先 →ノンナ
モヒカン0 票投票先 →ノンナ
エドモンド0 票投票先 →ノンナ
イヌ0 票投票先 →ノンナ
咲夜0 票投票先 →ノンナ
永江衣玖0 票投票先 →ノンナ
蒼星石0 票投票先 →ノンナ
ノンナ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
イヌ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ノンナさんの遺言       ..::´    /::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| |\::::::::::::..         http://www.youtube.com/watch?v=FKDXsV54i4A
            /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /  i::|  ヽ:::::::::::.        
  ..:´   .::´ /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::__><    ::ノ   :::::::::: |  .:´      ↑これお勧めです 良かったらお聴きください
          /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::笊卞尤仆、  /  __| :::::::::|
  .:´      / ::::::::::::::::::::::::::::::::ィ::/  V辷ソ /   ´___ | :::::::::|
        / ::::::::::::::::::::::::::i::::/ |::|             f尤癶::::::: リ       .::´Расцветали яблони и груши,
    .:´  /::::::::::::::::::::::::::::::j:/〈八|          ,   /:::::/|/          Поплыли туманы над рекой;
      /::::::::::::::::::::::::::::::::八___、               厶イ      .:´       Выходила на берег Катюша,
    ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::小、      ( 丿   //                На высокий берег,
.  / ::::::::::::::::::::::::::: /::/:::::::::::::::| 丶        ...:::/    :         .:´    на крутой.
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧::┌‐┴=-、 > ,__,.. イ :://    .:´
::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::{      ̄`广¨∨|:::::::|               .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___/::::_人      {.○ }|:::::::|            .:´
:::/:::::::::::::::::::::::__r< ∨::/ ∧ ̄ ̄\_}   广¨¨¨¨トミ_                霊能者をCOします
::::::::::::::::::::::/  \ \く    .:´    〈  .:´     ∨.:´\             東京タワー●
:::::::::::::::::〃      \ \    \    マ) |     ∨|  >ヘ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
永江衣玖 「潜伏占い師CO。
蒼星石○。
お肉○。
戯言遣い●。」
キル夫 「おはよう。
霊界のみなさん。昨夜の誤字の多さを笑ってください…」
エドモンド 「おはよう
さあ、怪しいところは吊っていくぞ!」
戯言遣い 「死んだ者に対してああやこうやといっても、あんまり意味がない気がするんだけどな。

質問されたので答えるよ。
投票するからには吊りたい投票するわけで、
お肉の吊りたかった理由としては霊能ロラ反対がいかにも便乗に見えたこと
霊能ロラ反対といっていれば村アピにつながる、ロラ反対が通っても
グレランでその日のうちには落ちない、そういう意図を持って発言してたように見えたからさ。」
モヒカン 「ヒャッハー!」
モノクマ 「占いCOイヌ○」
蒼星石 「皆おはよう。」
永江衣玖 「潜伏理由:
主に噛まれよけ、ですね。

解除条件:
呪殺、●引き、○が三人生存している。

占い理由:

1d/蒼星石
まずはお隣の蒼星石さんを占っておきましょう。
位置での対応は難しく、繋がりで対応できるのは薔薇水晶さんくらいですので。

2d/お肉
…ついてませんね、潜伏したときに限って共有者を占うとは。
明確に霊能ローラに反対し、占い師初日を強くみていた位置ですね。
◇お肉 「ロラならロラでいいけど、占いをどこで切るかは明確にして欲しい>共有」
ここからもわかる通り、かなり強い意見をお持ちなので村視点色が気になるかと思います。

3d/戯言遣い
もしかしたら、真証明の手段を失ってしまったのかもしれません。
◇戯言遣い 「肉が死んでるって僕にとってはいいことだな。○でも吊るす気だったから。」
◇戯言遣い 「吊りたかったからだよ。そんだけ。」
ただ、死体状況からこの方の色は重要かと思われます。おそらくグレランで吊られる可能性も低いでしょうし。」
咲夜 「おはようございます
さあ、レミリア様。朝になりましたので起きてください
昨日は張り切っておられましたからね。それでは今日も頑張っていきましょう」
キル夫 「潜伏だと」
うにゅー 「またグレ噛みと。」
薔薇水晶 「おはようございます」
パチュリー 「どうしたものだか」
蒼星石 「んーそうかー」
モノクマ 「うーんと、僕センサーではレミリアさんとうにゅーさんはなんて言うかもうちょっと
殴り合いで見ときたい位置、うん、微妙に占いづらいんだよね…この二人
んで、犬くんが無難すぎるんだよ、これ狐じゃね!!って感じたから占っておくよ」
薔薇水晶 「◇レミリア(53) 「うにゅーのおかしいところは
なぜか常に霊能をローラーすることを想定している点ね。
つまるところ、占い初日を考え霊能ローラーをしないことを主張する者について「じゃあいつローラーをするのか」という反論は極めて的外れであり、霊能をなんとしても吊りする理由に欠ける。」
レミリアの言葉を解釈すると霊能をどちらが真であるか決め打ちをするということでしょうか?
占いの決め打ちはそれなりに経験しておりますが、霊能はいずれは吊り切った気がします
霊能片方残したらそこが狼だったというのは私経験しておりますので、その逆はあまりないです」
永江衣玖 「成程、そういう戦略だということで納得できました。」
モヒカン 「ぶっちゃけモノクマが真に見えないとです。
でも犬○で死体なら銃殺あるかもと思ってしまうとです。」
薔薇水晶 「◇モヒカン(31) 「銃殺GJあるかどうかだけど、ぶっちゃけGJ出る位置なくね?
1COの占い即突っ込むとかなくね?
というかあんなロラ反対してる肉狐なくね?」
そうですね、噛みをどう見るかによって違いますが、モヒカンのいうとおりGJはでそうな
雰囲気ではありませんでしたね
噛みから考えるならば」
戯言遣い 「COなしだよ。」
キル夫 「狼は狐でも探しとるのか」
薔薇水晶 「◇パチュリー(40) 「割とあると思ってたけど>お肉の狐」
すみません、どこら辺でそう感じたのか教えてもらえないでしょうか。」
レミリア 「うにゅーに講義してあげましょう。

つまり初日に【霊能を残す】という主張は【占い初日】の場合に
真が残る霊能を残すということ。
初日に霊能をローラーしないということは【霊能を決めうちする】という意味であり
後からローラーをするという意味ではないわ。

強いて後から霊能ローラーをすることがあるならばモノクマが銃殺を出した時だけよ。

初日霊能残しを主張することは後日に霊能ローラーすることではまったくない。

あと、咲夜はよく言いつけを護っているわ。」
咲夜 「ふーむ、潜伏占いが出てきましたか
その上で戯言使い様に●と」
うにゅー 「こ れ は め ん ど く さ い」
エドモンド 「これはどうしたことか」
蒼星石 「じゃあ衣玖さんはきる夫でも占っといてよ」
永江衣玖 「どの視点でも1W目ですので吊ってしまっていただきたいものです。」
薔薇水晶 「タイミングが面倒くさいです・・・」
モヒカン 「モノクマさ、2日目に狐狙うと言いつつ肉は明らかに狐狙いじゃね0じゃん。
1COの占いで銃殺の大事さ、というかグレーの反応見てたら銃殺必須なのわかるじゃん。」
戯言遣い 「朝市の文章も無駄になったな。戯言だけど。」
うにゅー 「いやその理屈はおかしい>霊能真を決め打つ」
パチュリー 「戯言遣い●は寡黙位置だったからあんま判別つかないのよね
問題として戯言遣い狼とするとお肉って噛む気はしないけど」
蒼星石 「戯言遣いにCOを聞こうかな」
キル夫 「モノクマ真切ってええと思うが>共有」
モノクマ 「ふむ、潜伏占いねぇ…それもあるけど僕視点○がキル君しか無いってのはかなり痛い…
なんでこんなに噛まれるんですか!!」
蒼星石 「あ、ごめん言ってたね
まあ吊りで」
モヒカン 「ぶっちゃけ思ったこと言って良い?
狂狼―真狼とか狼狼―真狂とかだったらやばくね?」
咲夜 「レミリア様の希望通りにすることが私の勤めなれば>レミリア様
では今日は戯言使い様を吊って明日どこが噛まれるか見てみましょうか」
永江衣玖 「承知しました、当然重要性はかなり高いですので。>蒼星石」
パチュリー 「多分戯言遣い狼でお肉噛みした狼は別にいる。ってことかな」
戯言遣い 「COアリナシはもう言ってるので>共有」
レミリア 「薔薇水晶の朝一に返答するならば

霊能を残すということはそういうことであり、私は「ではグレラン主張者は霊の見極めができるのか」という疑問を提示した上でローラーに賛成票を投じた。
そういうことよ。」
うにゅー 「いやなんなの?こいつ狼くさいなー村くさいなー
じゃあそれにそって結果だしてるこいつ真な!

そういう推理しろってことか>レミリア」
モヒカン 「モノクマ偽に思ってる分、衣玖さんの見極めるタイミングなくて困るわ。」
キル夫 「確白作らせるか?>共有」
モノクマ 「んで、戯言遣い君がCOなしね
うん、そこ狩りでないならいいや
僕のグレだしね」
薔薇水晶 「>レミリア
なるほど、ありがとうございます」
エドモンド 「戯言吊りでいいか?>相方」
咲夜 「それなら噛まれない違和感のほうが出ますので>モヒカン様
ずっと噛まれないということは変ですからね
なので両偽ならばだいたいはわかるはずなんです」
うにゅー 「はえーなーみんな。」
永江衣玖 「戯言遣いさん●の結果は重畳、全くもって重畳です。
前半に吊れなければそのまま残る位置ですので。」
パチュリー 「あんまりモノクマの真を積極的に切るつもりはおきなかったけどね
ここで潜伏COあると判断悩むという点には同意」
蒼星石 「>エドモンド
いいよー」
モヒカン 「というか、まー、モノクマ偽なら犬も人外だろと思ってた分そこ死体ってのが俺が混乱。
誰に火炎放射すればいいんだよ!」
モノクマ 「確定○って…僕どこ占えばいいの!?って思ったよ…うん、グレ占えばいいのか<キル夫君」
永江衣玖 「狐生存の可能性も十分にありますので、その点は救いでしょうかね。」
エドモンド 「戯言吊りで」
キル夫 「確白作らせるの?
それとも、占い先は自由?>共有」
戯言遣い 「一番厄介なのはこの潜伏が狐。
まぁ、モノクマはそんな期待してなかったからどーでも。」
薔薇水晶 「霊能真がノンナであったばあいは1w1fになりますが、その場合だけ困る感じですかね」
うにゅー 「まずモノクマの真目はモノクマ真の場合ちゃんと理由が出来た点。
逆に潜伏は銃殺のときにでなかった=理由を後がきした、もしくは出るという選択しがあったのにしなかった」
レミリア 「>うにゅー
あなたが本当に残念に人の発言を見ないということはとてもよくわかるのだけれど

それが嫌なら霊能ローラーをしろ、というのが私の初日の発言であり霊能ローラーを推した主張であり、かつ霊能をローラーしないという意識と思考の選択に理解を示しているということよ。」
うにゅー 「これを見ない村ってどーなのよって思う。」
戯言遣い 「モノクマ真じゃなかったら僕吊りで結構切羽詰るんだけどね。」
パチュリー 「私も初日にそこ2Wなんじゃないの
って思ってたところが死んでて
ちょっと灰評価の考えなおしが必要と悩む」
蒼星石 「>キル夫
自由でいいよ。ただいくさん視点では肉が狂人で灰を何回も噛むなら
君で真贋がついたんじゃないかなーっていうおせっかいさ」
レミリア 「潜伏占いを考えるときに普通の2-2とは違うということは
頭の隅におかねばならないでしょうね。」
蒼星石 「むろん君が村人ならどんどんアピールしてね」
咲夜 「割とモノクマ様が狼ならば東京タワー様かノンナ様が狼である
というのは想定できます。なのでまあ、両方視点詰めてみたらどうでしょう?
狐が吊れてしまったということはまだ無いでしょうし」
永江衣玖 「囲いなしの確定○作り方針、というのは村視点でも有難いのではと思います。」
モヒカン 「んーんー。
ぶっちゃけ狩人はこれ遺言頼むわな感じか?
いくさんまで肉○ってことは、銃殺GJマジであってその為に肉○で併せたのかとか思ってしまう。
が、反面これ人外の○調整にも見えるんで、銃殺GJじゃねーなら両偽あるぞって感じだ!
火炎放射を食らいたくなければさっさと二死体だしてくれよ!」
うにゅー 「はぁ、なんか喋ってて疲れるからスルーしとこう。
ここで人の人外目がどーのこーのじゃなくてどちらが優れた選択をしてるかとか、
マジで無意味だから>レミリア」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
うにゅー0 票投票先 →戯言遣い
モノクマ0 票投票先 →戯言遣い
キル夫0 票投票先 →戯言遣い
パチュリー1 票投票先 →戯言遣い
薔薇水晶0 票投票先 →戯言遣い
戯言遣い11 票投票先 →パチュリー
レミリア0 票投票先 →戯言遣い
モヒカン0 票投票先 →戯言遣い
エドモンド0 票投票先 →戯言遣い
咲夜0 票投票先 →戯言遣い
永江衣玖0 票投票先 →戯言遣い
蒼星石0 票投票先 →戯言遣い
戯言遣い を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆身代わり君 投票お願いします」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆身代わり君 投票は早めにお願いします。2分超えたらまずいです」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆身代わり君 あとRPもありますが村中での発言には注意してくださいね
相手下に見るような発言したら不快感与えますので」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キル夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
戯言遣いさんの遺言 僕って結構な吊り位置だと思うんだけどね。
そして○が一個もないってのは詰まないように仕組んでるって感じ。

モノクマー永江衣玖で2wならきついかもね
キル夫さんの遺言 三三三三三 _____.|┃┃
三三三三 /.  ::::::::::::|┃┃
三三三../     :::::::::::|┃┃
三三 /   (●) ::(●)|┃┃
.三三|.  (トェェェェェェェェイ|┃┃
三三 \ . \ェェェェェ/|┃┃
三三 /       :::::::::::::.|┃┃
三三 / i    :::::::(.二つ┃
三三{ ミi    ::::::::::.二⊃┃
三三l ミii   ::::::::::::ト、二)┃
三三| ミソ     . :::::::.`ト-'. ┃
俺を殺ったのは誰だ。
あ、俺、村人ね。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
永江衣玖 「占い師CO。
キル夫○。」
咲夜 「おはようございます
さあ、レミリア様今日も頑張っていきましょう
後ろは私が守ります。レミリア様はお好きに動いてください

占いがどうなのかは噛みでだいたいわかるはずなので」
パチュリー 「潜伏COに反応してばかりで返答遅れたけど
あの展開でロラしたくない。と大声で言い切って
その上で切ること前提に発言してたから
狐位置としてありえるでしょうとは思ったのよね>薔薇水晶」
モノクマ 「占いCOパチュリー○」
薔薇水晶 「おはようございます」
モヒカン 「ヒャッハー!」
永江衣玖 「4d/キル夫
◇蒼星石 「じゃあ衣玖さんはきる夫でも占っといてよ」
共有者の指示に従いましょう、噛み合わせの可能性は重々承知の上です。
信用度が揺らぐ自覚はありますということを示すためにも。」
蒼星石 「皆おはよう。」
モノクマ 「んーなんだろうレミリアさんとうにゅーさんは占いっていうよりは発言で殴らせたい感じ
で、割と目立ってない所占いだよ
ここなら対抗占わないだろうし…って確定○うらないだからそれもないんだろうけどね」
薔薇水晶 「◇モヒカン 「んーんー。
ぶっちゃけ狩人はこれ遺言頼むわな感じか?
いくさんまで肉○ってことは、銃殺GJマジであってその為に肉○で併せたのかとか思ってしまう。
が、反面これ人外の○調整にも見えるんで、銃殺GJじゃねーなら両偽あるぞって感じだ!
火炎放射を食らいたくなければさっさと二死体だしてくれよ!」
2-2-2の状況下ですし、両偽はあんまり考えたくないんですが、
衣玖さんが霊能の●を見て勝負に出た感じでの狐という見解なら少し考えさせられます」
うにゅー 「ふむ。信頼勝負とかそんな感じなのかね。」
パチュリー 「衣玖さんに1つ聞きたいのはなんで初日グレラン>ローラーって判断をしたか」
永江衣玖 「まあ、承知していたことですので。」
エドモンド 「おはよう、
モノクマでGJだした狩人はいるか?」
モヒカン 「モノクマ吊ろうぜ!
銃殺GJ出てるか確認して火炎放射だー!」
うにゅー 「両偽はないだろうけど、」
薔薇水晶 「うにゅーとレミリアの殴り合いが村同士のようにも見えるんですけど、判断に苦しみます」
咲夜 「ふむ、キル夫様噛み、ですか
呪殺はあんまり考えにくいです」
レミリア 「占いについての印象で言えば
なぜ、「どの視点でも1W目」という言葉が永江衣玖から出てきたのかが興味深いわ」
うにゅー 「モノクマでGJ、じゃなくて銃殺GJじゃないのかね。」
モヒカン 「>薔薇水晶
ぶっちゃけ占い二人言ってることとやってることがおかしい。」
パチュリー 「潜伏占いならローラーを押すと思うのよね
なんか様子見してながらグレランのほうを方針としてとったのか」
蒼星石 「はーい皆
真混じりで見ているかいないかだけでも感想を頂戴」
モヒカン 「モノクマは昨日の俺の発言参照。」
モノクマ 「ふむ、なんて言うか○が徹底的に残らない村だなぁ…うーん残り最大で…3W1fか…どこかで狼釣れてるといいんだけど…ねぇ…」
うにゅー 「ぶっちゃけいってレミリアとの論争で終着点が見えない。
これはガチ。」
エドモンド 「すまん、言い方が悪かった」
永江衣玖 「>パチュリー
潜伏を選択する以上、グレランを抜ける発言をしようという意欲はありました。
そして、私視点ではモノクマさんの偽は確定的なので初日想定を装いました。」
咲夜 「私としてはこのまま放置させてほしいですが…>薔薇水晶様
私としてはどうしてもレミリア様に味方をしてしまいますから
なので手を付けるとしたら最終日前、ですね」
エドモンド 「レミリアとうにゅーは落ち着いてな?」
モヒカン 「衣玖さんは何故、霊能を真狂で見ている?
あと戯言遣い占いの理由が潜伏して考えてるそれじゃない感じ。
色が大事とかじゃない! 人外っぽいやつ優先だろ、○一つ噛まれてるのに。」
蒼星石 「囲いがないから灰狼吊り期待でもいいけど」
レミリア 「ノンナが真であるならば2W目であると思うのだけれど。
そしてモノクマについてはモヒカンの指摘が極めて的を射ていると言えるわ。

うにゅーについては霊能が真狂であるならばなんとしてもロラしたいというのは私にとっては非村要素に見える、というところ。」
モヒカン 「○3つコースは無理だから、●狙いコースのはず。
なのに色重要ってそりゃねーぜ!」
薔薇水晶 「◇パチュリー 「潜伏占いならローラーを押すと思うのよね
なんか様子見してながらグレランのほうを方針としてとったのか」
吊られる可能性もあったということですものね、そこは私も違和感を感じていました。
一応蒼星石占いで共有を占ってしまったので自衛さえできればいい状況ではありましたけれど」
うにゅー 「そもそもこういう展開に限って「潜伏してる」とか
そういう路線にしたかっただけじゃないのー?としか見えないのよ。

肉の対応できてたのはモノクマのほうだし。」
永江衣玖 「>レミリア
騙りはともかく、単独●は一人目でしたので。」
咲夜 「安定することはロラですが
最終日前にからでいいと思いますね>蒼星石様
モノクマ様狼目に見ていますから」
モノクマ 「取り敢えず、僕視点ではここまで銃殺出てない&噛まれてない占い&○噛まれまくりな占いをどうやって信用してといっていいのかがわからない
…うん、僕に…どうしろというのだ…狼め…」
モヒカン 「だから俺様は占い両方とも火炎放射したい。
とりわけモノクマの方が印象悪いからそっち先に火炎放射。」
パチュリー 「モノクマの反応のなさが困るわね」
エドモンド 「狩人が出ないならモノクマ吊りで」
咲夜 「なのでモノクマ様を吊るのは最終日前からで
最終日永江様視点のLWとどちらがということでいいと思います」
うにゅー 「もしかして:狐騙り?」
永江衣玖 「>モヒカン
戯言遣いさんが人外だった場合、吊れないでしょうとの考えもあってのことです。」
レミリア 「初日に銃殺を狙うことを強く意識しながら自ら「狐が薄そう」という肉を占ったモノクマには非常にマイナス。

永江衣玖はその●をkpすべきかどうかという思考があったかどうか
昨日の発言の是非を聞きたいところね。」
うにゅー 「えー?それはないと思う>共有
「潜伏」がなぜ出たって考えるとやっぱり銃殺だったからじゃないのかねって感じなのよ。」
永江衣玖 「対抗狼もみると、あまり勧めはできませんね。>モノクマさん吊り」
モノクマ 「いやね、うん、対抗出てきたの困惑してるの差し引いても
○噛まれまくりーの噛まれないーので、どうやったら信用されるのか…
まじめに困ってるよ<パチュリーさん」
咲夜 「ここでモノクマ様を吊るのは
ロラスイッチを入れることになりますが…」
薔薇水晶 「狩人はでないとなると呪殺GJの路線は考えから削った方がよいですね」
蒼星石 「えーじゃあ灰ランにする?」
うにゅー 「うーん、」
モヒカン 「ぶっちゃけ銃殺出ねーなら、俺は両偽にしか見えなくなってるんで。
占い真だと思ってる奴はそのポイント説明よろしく!」
咲夜 「私からは灰を詰めましょう
それが一番だと思います」
永江衣玖 「戯言遣いさんのことでしたらキープする気はありませんね。>パチュリー
まずは狼の頭数を減らさねばと思っていました。」
うにゅー 「だから潜伏は嫌いなのよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
うにゅー1 票投票先 →永江衣玖
モノクマ7 票投票先 →モヒカン
パチュリー0 票投票先 →モノクマ
薔薇水晶0 票投票先 →モノクマ
レミリア0 票投票先 →モノクマ
モヒカン1 票投票先 →モノクマ
エドモンド0 票投票先 →モノクマ
咲夜0 票投票先 →うにゅー
永江衣玖1 票投票先 →モノクマ
蒼星石0 票投票先 →モノクマ
モノクマ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
蒼星石 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蒼星石さんの遺言 モノクマでGJ出している狩人が言ないか聞いていないなら吊り
いないとは思うけど肉護衛で銃殺貫通している狩人がいる場合は残しで
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
咲夜 「おはようございます
永江様視点モノクマ様LWがあり得たのですが…
モノクマ様狼ならば霊能は真狼目濃厚ですよ?

狂人があそこで霊能に出てくることが少ないですから
なぜなら出てしまって占い真目に見られてしまって
狼が占いを噛めないことになってしまったら大変ですから

なのでモノクマ様を実質キープ狼としておきたかったのですけど…
最終日までに永江様が呪殺を出せればそれでいいですし」
薔薇水晶 「おはようございます」
永江衣玖 「占い師CO。
パチュリー○。」
薔薇水晶 「◇咲夜(55) 「私からは灰を詰めましょう
それが一番だと思います」
咲夜 0 票 投票先 → うにゅー
共有の指示を無視してまでの主張とお見受けいたします
となるとどこがきになったのでしょうか」
エドモンド 「おはよう、今日から灰をつめようかとおもう」
モヒカン 「ヒャッハー!」
パチュリー 「おはよう」
永江衣玖 「5d/パチュリー
例え、モノクマさん吊りがローラースイッチだとしても。
禍根を残さない、というのが仕事でしょうかね。
パチュリーさんが狐で、死体が二つ出れば楽ではあります。
占い師への問いかけ、判断をしようという姿勢からあまり人外にはみえませんが。」
薔薇水晶 「◇咲夜(29) 「私としてはこのまま放置させてほしいですが…>薔薇水晶様
私としてはどうしてもレミリア様に味方をしてしまいますから
なので手を付けるとしたら最終日前、ですね」
ちなみにこれはうにゅーとレミリアの殴り合いについて村同士なのか
狼同士のどちらかを残す算段なのかについての発言でしょうか?」
薔薇水晶 「◇レミリア(46) 「初日に銃殺を狙うことを強く意識しながら自ら「狐が薄そう」という肉を占ったモノクマには非常にマイナス。
永江衣玖はその●をkpすべきかどうかという思考があったかどうか
昨日の発言の是非を聞きたいところね。」
投票を見るに1w1f上等の考え方を衣玖がもっていると見えますけどどう思いますか?
衣玖が気を見て出てきた狐に私の目からは見えるのですよね」
レミリア 「昨日の占い理由を見て永江衣玖に真を見る理由はまったくなくなった、と見ているわ。
昨日の自分の状況で恐れるべきことは潜伏占いとして○を1つも持たない位置でCOせざるをえなかったために
噛まれること。
噛みあわせを恐れるというのは真の意識とは考えづらい。」
うにゅー 「えーなのそれ決めうち?>エドモンド」
永江衣玖 「ですね、ようやく生きている○ができました。」
パチュリー 「永江衣玖をそこまで信じきるつもりはないわよ」
永江衣玖 「偏にグレーが広い状況で吊りが足りないのが申し訳なく。」
モヒカン 「衣玖さん吊ってさー、残りノーミス村で良いじゃん。
運良く霊能狂狼とか、戯言と衣玖さん両人外で人外あと一匹とかかもしれんけど。」
うにゅー 「正直ないっていうか確定○とか作ればよかったじゃないかなって

あと潜伏占いを信じる要素ナシで信じる気は毛頭ない。」
咲夜 「レミリア様と対立しているからです>薔薇水晶様
私は判断する時にどうしてもレミリア様の方をと考えてしまいます
最終日にそれをやってしまい間違えてしまうことがあればどうしようもないので
なのでうにゅーさまをどうしても最終日前に吊ってしまいたかったのです…」
パチュリー 「現状としてはモヒカンが人外かどうかかと思う」
レミリア 「>薔薇水晶
霊能が真狂でノンナ狂なら●を吊らないといけない
霊能が真狼なら●は吊るべきではない
そこに逡巡がない者は残り狼を知っているのか?と疑われてやむをえないのじゃないかしら?」
モヒカン 「モヒカン真以外3人外吊りだろ、どこ真でも。
そして俺様はモヒカン真を追う気はもう残っていない!
というか昨日にはすでにほとんどなかったけど。」
薔薇水晶 「>咲夜
朝一の発言で共有に逆らった理由がわかりました
ありがとうございます
たしかにそうですね、2騙りであった可能性を考えるとぞっとします」
永江衣玖 「当然、吊りは拒否させていただきます。
…元は自分の行いですがグレーがまだまだいますので。」
パチュリー 「両偽ならそこ村だし
真混じりなら人外ありえるという感じだった」
モヒカン 「モヒカン真以外ってなんだwww
モノクマ真な!」
レミリア 「自分の真を追う、て何かしら。」
薔薇水晶 「>レミリア
なるほど」
うにゅー 「だいたいさ、潜伏がでてくる理由として一番大きいのがさ
「占い真で進められるのが困るから」でしょ?

モノクマの進行はともかくとして理由がそれなりにできてたからある程度信じれる気がしたんだけど、
信頼勝負にしてもあれは弱めってのも気になったし。」
永江衣玖 「◇うにゅー◇薔薇水晶◇レミリア◇モヒカン◇咲夜
5名、ですからね。ああ、間違っていたらおっしゃってください。」
うにゅー 「モヒカンだけ残せばいいんじゃないって感じ。
村見てると、パチュリーは発言薄いけどなかなかいいこと言ってるから困る。」
咲夜 「なの今日は灰を吊り、永江様視点3灰
決め打ちして呪殺が出なければということでしょうね
ただ一つの懸念は永江様自身が狐、というところだけなのですが…」
モヒカン 「とりあえずさー、うにゅーとレミリア和解する気どの程度あんの?
お前ら微妙に村村あるかもと思えるぐらいに残り、特にばらしーと咲夜が微妙だから聞いておきたい。」
薔薇水晶 「パチュリーとモヒカンは両偽路線ですよね
出てきたほうは狐に見ているなら々思考なのですが、どうなのでしょうか」
レミリア 「薔薇水晶は人に質問を繰り返しながら
その答えをえた貴女が何を思考し、そういう手順を描くのか、その自らの声が出てこないなら

私はまず貴女を吊ることになると言って置くわ」
咲夜 「…あ、詰め切れない」
モヒカン 「と言うかできる余地あるなら今話し合え。
明日じゃ遅い。」
永江衣玖 「灰を詰めていただく、ということで何卒よしなに。」
パチュリー 「普通に狼-狼すらありえる。
と思ってるけれど」
エドモンド 「きょうはグレー、明日衣玖吊りではどうか」
パチュリー 「現状の占い二人はね」
薔薇水晶 「>レミリア
私の声は声で発言に織り交ぜておりますが、
発言を見ろとおっしゃっている貴方がそれをされるのはどうかと」
うにゅー 「レミリアがそういうとは驚きだわー。
適当に殴っといてほったらかしといて流石だわー。」
永江衣玖 「機会は一度、ということですね。」
モヒカン 「というか吊り増えたらもっと楽になるのに!
くっそー、火炎放射の燃料なくなっちまったのか! 狩人は!
狐噛みでもいいから吊り増えろよ!」
うにゅー 「あの論議ホント意味があったのかね。」
レミリア 「会話ができないものとは相互理解ができないなら
うにゅーについてはもはやうにゅーを吊るか、うにゅー意外を見て判断するしかないでしょう。」
咲夜 「ちょっと困りますね…
自分で判断してみたらどうでしょう>モヒカン様
お二方がどう判断するかと」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
うにゅー2 票投票先 →咲夜
パチュリー0 票投票先 →薔薇水晶
薔薇水晶1 票投票先 →レミリア
レミリア1 票投票先 →永江衣玖
モヒカン1 票投票先 →永江衣玖
エドモンド0 票投票先 →うにゅー
咲夜1 票投票先 →うにゅー
永江衣玖2 票投票先 →モヒカン
6 日目 (2 回目)
うにゅー3 票投票先 →咲夜
パチュリー0 票投票先 →永江衣玖
薔薇水晶0 票投票先 →レミリア
レミリア1 票投票先 →永江衣玖
モヒカン0 票投票先 →永江衣玖
エドモンド0 票投票先 →うにゅー
咲夜1 票投票先 →うにゅー
永江衣玖3 票投票先 →うにゅー
6 日目 (3 回目)
うにゅー3 票投票先 →永江衣玖
パチュリー0 票投票先 →永江衣玖
薔薇水晶0 票投票先 →永江衣玖
レミリア0 票投票先 →永江衣玖
モヒカン0 票投票先 →永江衣玖
エドモンド0 票投票先 →うにゅー
咲夜0 票投票先 →うにゅー
永江衣玖5 票投票先 →うにゅー
永江衣玖 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モヒカン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
永江衣玖さんの遺言 占い師CO。
蒼星石○。
お肉○。
戯言遣い●。
キル夫○。
パチュリー○。
モヒカンさんの遺言 村人だぜ!
初日占い60%衣玖真25%モノクマ真5%ぐらいな印象。

モノクマが2日目狐狙うといいつつ、肉占いはあきらかに狐を狙っていない。
貴重な1回分を村なら心強いとか言っちゃうモノクマは偽にしか見えねー!

衣玖は戯言遣い●ってのが●出すのあり気にしか見えん。
占い理由もそこの色が重要と言われても、困るし霊能が真狂確信してる発言も困る。
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
うにゅー 「まぁなんというか展開が気に入らない。
序盤からここまで全部。

一番最初に霊能ロラか霊能のこしかの争い(無意味)に
潜伏占いの信頼勝負に、そして話に「レミリアお嬢様の味方」とか最終日前後に
これが来る現状。なんなのこれ。」
薔薇水晶 「おはようございます」
パチュリー 「おはよう」
咲夜 「おはようございます
例え永江様が偽だとしても今日までは残せたはずなのですが…
2w騙りを想定している人たちは霊能は真狂ということになるのですよ?
というかほんと吊りきってどうするのですか…
真見ないというのか永江様は出てくる必要は本当になかったのです
狐かもで吊るにしてもやっぱり六日目が良かったのですが…」
薔薇水晶 「衣玖については考えを出している通り、狐がある可能性を考慮して
最終的に入れました」
エドモンド 「おはよう、票替えが怪しく見えたのだろうか」
薔薇水晶 「質問の中にも私はこう考えているって織り交ぜているんですけど
いきなり噛み付いてきたのがわからないんですよね
うにゅー吊りたいとか私吊りたいとか言っているにしても
霊能の決め打ちについても」
レミリア 「>薔薇水晶
あなたの発言は見ている。
あなたの発言は感想が多い。
最終的には村は推理で人外を見出さないといけないことに対し
あなたの発言は質問と感想の域を出ていない。」
薔薇水晶 「◇咲夜(18) 「レミリア様と対立しているからです>薔薇水晶様
私は判断する時にどうしてもレミリア様の方をと考えてしまいます
最終日にそれをやってしまい間違えてしまうことがあればどうしようもないので
なのでうにゅーさまをどうしても最終日前に吊ってしまいたかったのです…」
RPに乗りすぎだと思うんですけど」
パチュリー 「私の村アピとして
私が人外として昨日永江衣玖に吊り変える理由がないってことをいいつつ」
うにゅー 「咲夜のレミリア贔屓に、レミリアとかめんどくさいんだけど」
咲夜 「私が私である以上必然だと思いますが?>うにゅー様」
薔薇水晶 「>レミリア
感想といわれてもそれが考えを言葉にしたものでしょう?
状況の感想は推理とまったく違うとでも?」
パチュリー 「うにゅーは投票から最終日に送ったほうがベターでしょう」
レミリア 「現状の灰ではパチュリーとモヒカンを吊る気がなく
咲夜を村と思うならうにゅーを吊る」
うにゅー 「まぁエドモンドは指定していいんじゃない?」
エドモンド 「うにゅー、発言はマイルドに頼む」
薔薇水晶 「咲夜がレミリア擁護しすぎて推論建てにくいんですけど・・・」
うにゅー 「ここで共有から指定くるんだったら村が悪いございましたでよろしい。」
咲夜 「そうしないと面白くないでしょう?>薔薇水晶様
そしてモヒカン様が噛まれていますか…
狩人に関しての言葉から狩人目、もしくはわざとらしい狼狐も想定していたのですが
占いを吊り急いでいましたし」
パチュリー 「私はうにゅーよりは
薔薇水晶か咲夜
ここまでRPでいくというなら咲夜のほうが若干吊りたいのだけどね」
うにゅー 「気に入らないものは気に入らないのでございます。
実りのある展開かどうかといったら違いますでしょう?」
レミリア 「>薔薇水晶
ならば、もう灰吊りの流れなのだから
誰が、こういう理由で、狼ぽいなり狐ぽいなり理由を添えて
その人間を吊りたい理由を挙げなさい。

感想が推理?その姿が貴女の発言が【結論がない】と言っているのだけれど」
エドモンド 「仮指定モヒカン」
薔薇水晶 「>咲夜
いや、面白くないでしょうっていわれましても・・・
それはきらきーとかいたらRPでやったかもしれませんが、序盤だけですよ」
レミリア 「いない」
パチュリー 「レミリアとうにゅーは感情的になりすぎてると思うわ」
薔薇水晶 「>エドモンド
それはギャグで・・・死んでます」
エドモンド 「ってもひかんしんどる」
パチュリー 「消えてるわよ」
咲夜 「それが私ですので>薔薇水晶様
判断したいのなら私の言葉を見返してください
レミリア様、パチュリー様以外に派って」
レミリア 「落ち着いて、深呼吸しなさい。」
咲夜 「いませんよ…」
うにゅー 「咲夜でいいんじゃない?そこでおわりそうな雰囲気があるけど、
狐なぞしらん。」
エドモンド 「仮レミリア」
咲夜 「パニックにならないでください
レミリア様の言葉通りに深呼吸を一度大きくしてみてください」
レミリア 「推理を出さないもの、結論を出さないものは
視点を隠すもの、というのが私の推理よ。」
咲夜 「ちょ」
レミリア 「COなし。」
パチュリー 「え」
レミリア 「…2Wがないことを祈っている、と言いたいけれど
モヒカン噛みならおそらくは村の勝利はないでしょうね。」
薔薇水晶 「狐がいるとしたら衣玖だったろうし、それについては問題ないと考えます」
咲夜 「…変えていただくことは」
パチュリー 「正直COなしと言われても蒼星石無残で狩人不在だろうけど」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
うにゅー1 票投票先 →レミリア
パチュリー0 票投票先 →レミリア
薔薇水晶1 票投票先 →レミリア
レミリア4 票投票先 →薔薇水晶
エドモンド0 票投票先 →レミリア
咲夜0 票投票先 →うにゅー
レミリア を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
パチュリー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
レミリアさんの遺言 パッチェが狼なら私は吊れない。
薔薇水晶-咲夜か。
パチュリーさんの遺言 薔薇水晶か咲夜には見えるけど

そこ二人で狐狼あるかしらね
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
エドモンド 「おはよう
咲夜、RPもいいけど、あまり混乱させないでくれ」
咲夜 「レミリア様…
ではうにゅー様はこちらに来ますか?来ないのなら放置します
うにゅー様もう放置するところになりましたので。私が吊りたかったのは
レミリア様と対立していたこと、その一点だけですし
何より六日目の私投票がうにゅー様狼を除外できると思います」
薔薇水晶 「おはようございます」
薔薇水晶 「レミリアーうにゅーで2wはないという考えに至りました
霊能いないのにさして目立って狼とされるわけでもないのに
身内している可能性は極小だと考えます」
薔薇水晶 「パチュリーと咲夜を考えると前半でRPを最大限に利用していた
咲夜の方がありそう
レミリアが狼で繋がっているなら考え方としてはすっきりするし
ただ、すっきりしすぎて怖い面もあるのよね」
薔薇水晶 「ああ、そこ噛んでくれたのは助かりますね」
うにゅー 「まぁなんだ。だからいってるでしょ。

め ん ど く さ い と >エドモンド」
咲夜 「私が咲夜になったのはレミリア様といることなので>エドモンド様
では薔薇水晶様ですか」
うにゅー 「序盤からこんなだから困る。」
エドモンド 「仮指定、咲夜」
エドモンド 「意見を求める」
咲夜 「うにゅー様を噛むのならパチュリー様
薔薇水晶様を噛んでもやっぱりパチュリー様
私を噛むのならうにゅー様と思っていましたから」
うにゅー 「はやいなおい、とりあえずファイ!」
うにゅー 「◇咲夜 「うにゅー様を噛むのならパチュリー様
薔薇水晶様を噛んでもやっぱりパチュリー様
私を噛むのならうにゅー様と思っていましたから」

咲夜狼だとしたら共有舐められてるな。」
咲夜 「やめてくれませんか?>エドモンド様
レミリア様が狼としてそれなら永江様が狐ということになります
それで万が一永江様が残されるようになったら私たちで2wならば負けるのですよ?」
薔薇水晶 「◇咲夜(18) 「レミリア様と対立しているからです>薔薇水晶様
矛先をレミリアとあわせているのが理解しにくいんですよね
RPでかたづけられましたけれど
繋がっているのであれば素直に見たいところです
繋がっていないならRPを隠れ蓑にして味方にし続けていた可能性というか
私視点ではうにゅーが人外でない限りそのものでしょうけれど」
薔薇水晶 「4人では仮指定の意味はないと思うんですけど・・・>エドモンド」
咲夜 「あそこでレミリア様を吊るのなら噛みませんよ>うにゅー様
残したほうが迷走してくれそうじゃないですか
現に私指定していますし」
うにゅー 「ばらしー狼とかどーなんだろうね。」
エドモンド 「まあ、気分?」
うにゅー 「お、おう。>咲夜
発言から見て余計に舐めてるように聞こえるわ。」
咲夜 「永江様にあって狐ということを考えて
そしてモノクマ様は狼目その上で霊能が真狼と考えていたので
最終日にちゃんと行けると考えてのことですが?>薔薇水晶様」
咲夜 「なので負けたくないのなら
どうぞ薔薇水晶様へ投票を
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
うにゅー0 票投票先 →咲夜
薔薇水晶1 票投票先 →咲夜
エドモンド0 票投票先 →咲夜
咲夜3 票投票先 →薔薇水晶
咲夜 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆身代わり君 いいですとも!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆身代わり君 あ、狩人初日ね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
うにゅー は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
うにゅーさんの遺言 まぁなんというか展開が気に入らない。
序盤からここまで全部。

一番最初に霊能ロラか霊能のこしかの争い(無意味)に
潜伏占いの信頼勝負に、そして話に「レミリアお嬢様の味方」とか最終日前後に
これが来る現状。なんなのこれ。
咲夜さんの遺言                     -< ̄`Y ⌒> ⌒ヽ
                  -f   >=== < /⌒ア
                   _(   > '" ヽ   ヽ <厶⌒、
               {   > 7 |     \   \ \<{\
             r'⌒;У :/ :!    |  ヽ     ヽ  \) ヽ
             {> / /   {   i    }    ハ   ヽ ハ
                 にア    ハ.   |  -ト、─-、 ‘,   ハ ‘,
                  イ l  斗‐‘,‐ L.{  、i \ ヽ } :| :ハ  ‘,
              /:i  {   |  ヽ{ ‘、  ヽr芹示气 | |ハ、 ヽ
                / i { ‘,  |斗芹ミ、 !\ i戈こソ人 |ヽトj \‘、
             / :| | {ハ 代辷ツ ヽj  ヾ     } j人 {: 〉:ヽ \
               / :八ハ ヾ |       ,         j/ / i∧: }ーヘ   では、霊界にてお待ちしています
            厶イ 〈 V |\!             厶 ヽ 〉:ノ
             |从:}> ヾ!: 、_     ャ   ̄ ア   人:/ヽ }:∧
              ヾ ヽ} 〉: ゝ.    `   ´   イ}: :人  Y /-、
               /⌒ヽ〉\: ∧jハ/:>  ..__ < |,jハ// ヾ }ハ/´ ̄ヽ
.            /{   ヽ  Y 〉   r=ト  __,... ノヘ ‘、  Y/ ___}_
          (  }>‐、〈 ヽ ∧__,...厶__≧r!≦‐-、_ハ__/ ヽ:∧´      }
          ヽ/⌒ー- ゝ Y/:./ {: : : : :こ{: :に: : : :`} }>  Y/´ ̄ ̄ ̄ノ
              八     〈 ヽ 〉::   \: : : : : Y: : : : : :/ ,( ヽ∧  <こハ
          /  >ー- 〈 `Y >:{  /ヽ: : /|iiト、: :/> rゞr=-<'"   /  ヽ
            〈 / \   r-ヾrく:.:.!   \:_:_:_:_」iiL:_:_/  ヽ_人_/ー <   ‘、
         r'"   }>ヘ_:公 }o|    に{ {! ii| }こ}    |:.{  iハ   /     ヽ
       /    人  / リ(に)─-、,に{ 」」!L}こ}___ノ:.jハ jノ<ア      〉
       (       \ { r=くr=vヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ノ:.:V´   /  /
       \       r=、}  {  } {:.:.:.:.:.r=ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V__∠ -‐く
            Y´ ̄ ̄ ̄{ r=ミ ,   { ヽ:.:.:, /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}______}
         `「  ̄ ̄`,! {/  ,    i   V /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!       !
            |.     } {  ,     !   V/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./. |      !
            |    _V} {     }   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒\:./ |       |
      /⌒i| r=く´こ}! ‘,    ,′ /-/;: ゙̄`く : : : : : :〈─┴── ヘ. |r=<⌒ヽ
  r─<(こ_/⌒У/人「<こ〈}ハ   /   / (: : : : :ヽ : )、_ノ:_:_:_ノ\   r⌒ヽ \ヘ\こ)> ‐、
  {__ : ̄厂)ア /  ゞ==>ー--─く、   `ー--‐ ´       )   \  \ \(´厂:  __}
  〈  `  ̄ア /       `ー── " >ー────に二二二三三フ くこ )  ヽ「厂: ̄ 〉
.  } ̄ ̄ ´}フ <_____________________________〉フ` ̄ ´ノ
   `r─‐'´ ソ\___________________________________/ノ_ ̄ ̄ア
    `ー <     / /:.:.に/  `ー───────  ア }こ}:.:.\  \    >  ̄
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2013/05/22 (Wed) 00:37:15
永江衣玖 「お疲れ様です。」
薔薇水晶 「御疲れ様でした」
ノンナ 「      ..::´    /::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| |\::::::::::::..
            /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /  i::|  ヽ:::::::::::.
  ..:´   .::´ /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::__><    ::ノ   :::::::::: |  .:´       
          /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::笊卞尤仆、  /  __| :::::::::|           Благодарю вас за хорошую работу
  .:´      / ::::::::::::::::::::::::::::::::ィ::/  V辷ソ /   ´___ | :::::::::|           
        / ::::::::::::::::::::::::::i::::/ |::|             f尤癶::::::: リ       .::´   ブラガダリュー ヴァス ハローシュユ ラボートゥ
    .:´  /::::::::::::::::::::::::::::::j:/〈八|          ,   /:::::/|/          
      /::::::::::::::::::::::::::::::::八___、               厶イ      .:´       お疲れ様でした
    ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::小、      ( 丿   //                
.  / ::::::::::::::::::::::::::: /::/:::::::::::::::| 丶        ...:::/    :         .:´  
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧::┌‐┴=-、 > ,__,.. イ :://    .:´
::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::{      ̄`广¨∨|:::::::|               .  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___/::::_人      {.○ }|:::::::|            .:´
:::/:::::::::::::::::::::::__r< ∨::/ ∧ ̄ ̄\_}   广¨¨¨¨トミ_
::::::::::::::::::::::/  \ \く    .:´    〈  .:´     ∨.:´\
:::::::::::::::::〃      \ \    \    マ) |     ∨|  >ヘ」
戯言遣い 「お疲れ様」
お肉 「お疲れ様でした。」
パチュリー 「レミリア指定とかいらないにもほどがあるわ」
モノクマ 「お疲れ様いやぁ、うん勝ててよかったよ」
うにゅー 「うーん、」
モヒカン 「お疲れさまだ!
村は燃えてしまったぜー!」
蒼星石 「お疲れ様ー狼おめでとう」
薔薇水晶 「遺言供養
         |  j   j/ /7              ,ィvュ、  , --ァ  /ヽ r、   / /   /     /
            フ´_ ,ノ  /         ´ ̄  ー{  ヽY{_/ 「ヽ′イ/ 人彡´  /  /    /
       /´  /´   /       ´ / ̄ ミ 、  ゞr、フ人ア≧ j j  {  〈  ヽ ノ  /    イ -― ´ ̄ ̄
         {      _ノ     ィ´彡´_     \  マヽヽ ̄ 八 ヽ `   ̄`ー 、´  / /        _
         j /   /    /  -  \  `ヽ    、 \! \ _ゝ-、        Y 彡´      ィ´ ̄
         ′         / // 、`ヽ ヾ、  ヽ   ヽ     ヽ、 \ `  ̄ `    \  ィ⌒ヽ´ ィ´ ̄ ̄ ̄
   /!  /    /       j/ / ! ヽ    ヽ>ハ}ト   ハ  ヽー=   ≧ 。_  ⌒   { : : : : : |二ニ ―  ̄
  /: : { /    /`ヽ    リ /  i  rキュ、 },イ{-≠ ヽ!    \  \         \ / 、 ヽ:o: : :人_
  {: : : V    /: : : ハ _r‐ァ! |   | {(个トK{ ハ了_/{ ハ         ミー―    ̄ ア: : rァ\jィ: : : : : : :}__  -
  ハ: : : ヽ  .ノ: : : / 人」k イ7 |  {  メ リ '⌒ヾミ_リヾj、 ヽ   ` 、      ̄ ̄ ゝ、: : r ´; : : :イ: : : : :`ー:、
  ハ: :ァ: :´: ̄: :、: / ̄匚ア  j!  ハ メ|,z、         ヽ `ー   ≧ュー  三ニー `ー」: : /: : :_; : : : : : :ハ ̄ ̄
   Y: : : : : : : : ヽ} /⌒V  ハ   イ,x代リ j、.       j `ミ__ア: ト{_ニ=y_ _   ,ゝ:jr: ̄: : : : : : : : :ヽ   こ、降参・・・
   j: : : : :_:_: : : :Z_ 彡/7 |ヽ ヽ ヘ ´,,, ` r。ア       ヽ_: : : :「/_: : : :ヽ: : : : : : ̄ ̄: : :  ̄: : : : : : : : : :\ー
  _ノ: : : : : : ; -:-ュ{ _ィ /  j 从ハ } ト、     ´  /         了ヽ: : \`ミ: 、\: : : : ィ/: : : : : : : : : : : : : : : j} ̄
  (: : : : : : :/ア:⌒:ー:ー:'⌒: ̄:ヽー:‐:、ノ从_≧=r―厂 ̄ム_     ノ   ̄ `マ_ o: `ヽ.: ´/: : : : : : : : : : : : : : : : ノ
  j: : : j: : :´: : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : ヽ: : `: 、: ̄ミ:ー: : : : トー-         アヽ: : : :Y´: : : : : : : : : :_:_ ィ´
  ゝ: : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : ヽ: : : :≧ュ: :`: : : : : : : : : :ゝ、  ー、{     r7 ハ: : : }_: : =  ̄_ ニー  ̄
    > : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :ゝ:、: : : : ≧ュ、:_: : : : : : : : :ヽ.   ヽ.    ハ!    !: : :i   ̄ ̄ ̄    ̄ ̄`ミ
   /     ̄> : : : : : : : \: : : : : : : : : `ミ: : : : : : : : : : : : : : : : :\    、_ jリ     | o: :ト、
     ´ ̄ ̄    >-、: : : `: : : : : : : : : : : : : :ハ: : : : : : : : : : : : : : :ヽ   ゝ{ !    !: : : j  ミー   ´ ̄  ̄ミ 、
      / ̄ ̄   _二ニ=ー--ヽ: : : : : : : : :ハ: : : : : : : : : : : : : : : ヾミ- イ」    j: : : 八    >:⌒:ヽ  ̄ ̄
          -  ̄    ア   ィ  ̄`ト、 : : : : : '; : : : : : : : : : : : : : : : :j_人ニ= 7: : :人:ヽ_イ: : : : : : ヽ
      彡 ´       彡  イ {   / 个r、: : : ゝ: : : : : : : : : : : : : : ノ \    /: : : : : :ヽ:\: ̄: ̄: : : : `ー、
    /        /  / ノ八  ハ  | ハ: : : : ヽ:_: : : : : : : ;ィ彡´: : : :ヽ、__//: : : : : : : : : :⌒ヽ: : : : : : : :└、
    /           /' 7/  /  ヽ |   {  } トュ: : : :≧: ァ: ´: : ; : : : : : : : : =Oヽ:_:_:_ : : : : : : : : :`: : : : : : : : : :ヽ.
  /        /  /    /    } !    ヽ    ヽ_: : : / /イ: : : : : : : : : : :j/:个 、_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉
         /   /    {     リ            ハ: :j/´: : : : : : : : : : : : : /: : |      ̄ ̄  ヽ : : : : : : : : /
                                   V: : : : : : : : : : : : : : : : : :/            \: : : : : /」
咲夜 「お疲れ様です
あそこでパチュリー様噛むのならそりゃあ薔薇水晶様ですって
私狼なら薔薇水晶様噛みますし」
エドモンド 「うわぁ」
戯言遣い 「ばらしーLW勝利素晴らしかったよ」
身代わり君 「おつかれさまー
「就職に定評のある守矢神社をコンゴトモヨロシクねっ!」」
ノンナ 「ばらしーはお見事です
ハラショー」
お肉 「今回の敗因について、皆さんのご意見をお伺いしたいのですが>ALL
やっぱり占い吊り切りでしょうか?」
レミリア 「正直、衣玖真は追う気になれなかった、ということで
私としては薔薇水晶は明らかに狼だから咲夜先吊り主張だったかしら、というところね。」
パチュリー 「って感想」
エドモンド 「お疲れ様でしたーw」
薔薇水晶 「うわぁ>咲夜(狐)」
イヌ 「お疲れ様だよ
狼陣営はおめでとう
共有は経験が少ない初心者なのによく頑張った」
永江衣玖 「やはりそのAAは素晴らしいですよね。>薔薇水晶」
蒼星石 「>相方
最終日は基本的には指定はいらないかな。
ちゃんと指示出来てて良かったよ」
パチュリー 「別に」
薔薇水晶 「2-2なら残していくのが吉でしょう」
パチュリー 「6>4で咲夜-薔薇水晶吊り切る路線は立てれるもの」
戯言遣い 「僕の発言の薄さが僕狼に直結しなかったんだなわかる」
ノンナ 「エドモンドはモヒカン指定がおもしろかったですね」
モヒカン 「まあ、俺生きてたら、
うにゅー、レミリアが和解する気あるつーなら、咲夜吊って→薔薇水晶かねーってところ。
ないなら薔薇水晶吊ってお前ら殴り合えよだった。」
うにゅー 「2-2でローラーが一番じゃないかね。
潜伏とかホント信じる気がしない。」
東京タワー 「お疲れ様だよ」
レミリア 「潜伏占いが万能ではない、という証左じゃないかしら。」
咲夜 「永江様はあって狐位置ならば
最終日前後まで残しておくことが吉かと
あそこで吊る必要は全くなかったですね」
エドモンド 「衣玖吊りたくなかったのに…」
ノンナ 「グレランなら落ちていた気しかしません……>戯言遣い
逆に●で良かったと思ったくらいです」
うにゅー 「まぁ確かに咲夜吊って考えたほうが一番スッキリはするけど。」
イヌ 「占は最終日まで残すべきだったか?
もしくは霊能残しのライン戦でもよかったと考える>肉」
薔薇水晶 「潜伏占いと言うか潜伏系って奇策のうちにはいりますし、つれてよかったところですね」
永江衣玖 「呪殺が出せない潜伏占いはこうなるのといういい教訓に。
村人陣営の皆さんには申し訳なく、狼陣営の皆さんはおめでとうございます。」
ノンナ 「ならば灰に指定しかないかと>エド」
身代わり君 「占いもひたすら○被るとか悲惨な状況だったからねぇ……」
戯言遣い 「んじゃ、ま、お疲れさんと&村建て感謝。決闘支援してこよう。」
モノクマ 「銃殺でない潜伏占いでしかもグレ情報なしででたからね
僕の信用はともかくあれででられたら…わーって感じだったかな
僕が素村でも」
パチュリー 「占い吊ったから人外は直結しないわよ」
エドモンド 「モヒカンとパチュリーを見間違えた(キリッ」
薔薇水晶 「>モヒカン
私吊っていたらその時点で終わっていますよ」
薔薇水晶 「>エドモンド
ひどい!?」
パチュリー 「うにゅーも吊りたくないし
あの票ならさっさと衣玖さんに変えておくわ」
モヒカン 「まぁ、分岐点あるなら衣玖吊りの日にうにゅー吊れて翌日銃殺あったら? ぐらいか。」
蒼星石 「そうだな。モノクマ吊りのところで真混じりを決め打つか否かきちんと聞くべきだったかな。
一応衣玖さんを残して灰吊りって言ったんだけど」
お肉 「あ、そうそう。
狼ー真狂という形でしたが、その場合、狼騙りは適当に狩人妖狐潜伏占いっぽいところに●を打つと効果的じゃないかなー、と思ってみたり。
実際、●が出たら吊ると思いますし。潜伏占いに●が当たったら…」
咲夜 「その場合永江様狐で霊能真狂になるんですよねー>うにゅー様
それでなんで2wなら私は残す主張をしているのですか?ってことだったのですが…」
イヌ 「すまないが朝が早いので即落ちさせてもらおう
同村と村立てを感謝するよ
レミリア 「>エドモンド
衣玖を吊りたくなかったのに、という後悔が入るなら
指定は【その時からすべきだった】ということね。」
モノクマ 「それじゃァ僕は落ちるね
お疲れ様でした
おまいら、夏のアニメは僕視点で豊作だよ!!
うぷぷぷぷぷ、ぜひ見てね!!」
ノンナ 「お疲れ様ですよ>イヌ」
永江衣玖 「おそらくレミリアさん占いになってしまったと思うとあまり変わりませんかね。>モヒカン」
お肉 「狐占い交じりなら狼噛むかな…やっぱり…?」
薔薇水晶
        rdヽ、_      _ _        ∠}
      /Lミ、:::リ.- ´ ̄   ̄` ‐ 、 rf:::モヲ
       ,ゞ-く::フミ==   、 __ ,==k"=::::::::>
    x==シ≧  /  ,               ト=三=z、
   ∠三=レ//  /  l|   | il  l| i! l!   ヾヘ \`ヽ、
     //./!  {   l ! _ 」 l!  ト L 」 i   } ハ  `≒x、
.    // ,ハ   Ⅶ´「l|≠i! l|  リ ≠ハ l|  l ハ   ヾ ヽ
  /," ./ .:Ⅳ V,x了示Nヽノl|云卞ミNリノ ハ    \ヽ
 / /  / .:  NⅥゝ弋歹    乂汐 /i :.   '.     ヽ\     では、村建てありがとうございました
. { ム   / .::   .: トヘ xxx   '   xxx /z! :.   ヘ     ィ  }
 ヽ \,′.::   .:: i:::::> 、   ‐  r<,:::i  :.   ハ   .' /
   \ヽ、:,r‐ - 、_ l:::く⌒Y>=~ッ'Y⌒>::l __:._    ゙ . / 〃       御疲れ様ですわ
   / イ{ ̄ヽ_ `ヽ7>~rヘ7 /r‐<_r'´ : :  ̄`7フ∨〃
.  〃/ ハ: : : : : :\: : : : 〈`<泌ン'〉: : : : : : く  ̄:/´ ./ /
  〃/  .ヘ : : : : : : ,ゝ: : : :゙iヽ/∠: :ヽ_ ノ ̄: : :イ  / ハ
. 〃/  .:  ゝ: : : :∨`ー冖k' レン ヽノハ : : : : /.   { { '.
〃/  .:    ハ: : : :{: : :_: :rmく_ン: : : : : }: : :∠_:.   ≧ニミ 、
{L{__ .:     ::|: : : :ゞ/.レ' '/l _{ミkヽ」ヽ.ノ: : .:l|\!:.  :.    )メ
`¬7メ、   .::::| : __l|/  ' ムリ、゙、 `ヽV: : : :|:::. :.  :.   //
.:   .: }ハ  .:r彡": :{` ス ̄´く  ̄マ ´|´〒`ゞ、::. :.  :. / ハ」
蒼星石 「エドモンドは灰を吊って翌日衣玖さんを吊るって言ってたよ。
大声でなかったのは落ち度かもしれないけれど」
パチュリー 「噛み筋として気持ち悪かったんで
モノクマ真以外ならそれでノーミス村覚悟で吊りきったほうが
精神的に楽だったからそうしたまで」
エドモンド 「相方ーごめんよー!」
ノンナ 「真でも噛まないのに>お肉
偽ならもっと噛まないですよ」
お肉 「そりゃそうか>ノンナさん」
パチュリー 「それこそ放置するでしょうよ」
うにゅー 「噛み筋は確かに気持ち悪かったって印象はあったかね。
占いの肉占いが特に。あそこ吊る位置だしどちらかというと」
咲夜 「まあ、永江様の真を切った村の落ち度であるとは思うのですけど
少なくとも○が噛まれている状態をどう思うかーですね
2騙りならば○に囲っていないほうがおかしいですから」
蒼星石 「>エドモンド
いや。きちんと指定すべきところで指定出来てたし良いと思うよ。
外したのは仕方ない。」
モヒカン 「ぶっちゃけ占い両偽なら衣玖さん吊りの日ですでにノーミスだしな。
それ想定で動いただけなんだけど、替わりの案が人外目の薔薇水晶吊りだったからどうしようもない。」
パチュリー 「衣玖さんが真なら戯言遣いとモノクマで2人外吊ったからそんでいいや
ってくらいだから」
お肉 「狼視点だと、真・狂人・妖狐が分からないんでしたっけ。真狐ー真狂とかにならない限りは…w」
モヒカン 「さて、それじゃあ俺はこれで失礼するぜ。
村建て感謝、お疲れさまだヒャッハー!」
パチュリー 「そっから勝てない形になったりしてもね」
蒼星石 「共有と村人の意思の疎通は今後の課題にしておこう」
ノンナ 「狼と狐視点で辛いのは
占い両残しですかね
銃殺が出る危険が出ますし、モノクマの方の信用が低いのでどうしても……」
咲夜 「勝てると思ったんですけどねー
モヒカン様噛まれていますしそれなら怪しんでいる
薔薇水晶様が狼目になると思っていたのですが…
レミリア様狼に見えていたっていうのが釈然としませんが」
お肉 「ご意見ありがとうございました。参考にさせていただきます。
それでは、私も落ちます。
最初に占われるのは想定してたけど、まさか噛まれるとは思いませんでしたがw」
エドモンド 「ログ読んで寝るよ…
次はリベンジしちゃるけんのう!」
レミリア 「じゃ、おつかれさま。」
ノンナ 「ええ、経験は活かすべきです>エド
大丈夫、次のエドモンドはきっと完璧で幸福でしょう」
うにゅー 「まぁお疲れ様、と。あと共有は村人の胃袋破壊するぐらいのいきおいでいい。
初日モノクマ指定しちゃっていいのよ?」
蒼星石 「んじゃ翻ってモノクマ吊りの日に僕が真混じり進行を取りますって言えば良かったんだけど、
やっぱり偽の気持ちが強いからモノクマを吊ってしまったんだろうね。」
永江衣玖 「ふむ、占い師ライフを楽しめたので個人的には満足ではあるのですが。
重ね重ね申し訳ないとは。ではお疲れ様でした。」
蒼星石 「じゃあお疲れ様でした。身代り君は村建てをありがとう。
狼はおめでとう。相方はどんどん参戦してね」
ノンナ 「      ..::´    /::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| |\::::::::::::..
            /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /  i::|  ヽ:::::::::::.
  ..:´   .::´ /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::__><    ::ノ   :::::::::: |  .:´       
          /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::笊卞尤仆、  /  __| :::::::::|           Благодарю вас за хорошую работу
  .:´      / ::::::::::::::::::::::::::::::::ィ::/  V辷ソ /   ´___ | :::::::::|           
        / ::::::::::::::::::::::::::i::::/ |::|             f尤癶::::::: リ       .::´   ブラガダリュー ヴァス ハローシュユ ラボートゥ
    .:´  /::::::::::::::::::::::::::::::j:/〈八|          ,   /:::::/|/          
      /::::::::::::::::::::::::::::::::八___、               厶イ      .:´      私も落ちましょう 村建て同村感謝します
    ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::小、      ( 丿   //                
.  / ::::::::::::::::::::::::::: /::/:::::::::::::::| 丶        ...:::/    :         .:´  ダスヴィダーニヤ
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧::┌‐┴=-、 > ,__,.. イ :://    .:´
::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::{      ̄`广¨∨|:::::::|               .  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___/::::_人      {.○ }|:::::::|            .:´
:::/:::::::::::::::::::::::__r< ∨::/ ∧ ̄ ̄\_}   广¨¨¨¨トミ_
::::::::::::::::::::::/  \ \く    .:´    〈  .:´     ∨.:´\
:::::::::::::::::〃      \ \    \    マ) |     ∨|  >ヘ
咲夜 「モノクマ様狼目に見るのなら
まだとっておいても良かったと思うのですけどねー>蒼星石様
永江様が真なら1w吊れていますので8人の時まで残せますし
何より永江様が狐で出ていく意味のほうがないですから」
咲夜 「では私も落ちましょうか
お疲れ様でした」
蒼星石 「>咲夜さん
両偽見る人が多かったから。
でもモノクマ吊りが衣玖さん吊りを誘発したんだろうからやっぱり灰吊りだね」
身代わり君 「報告完了
おつかれさまでしたー

いつもきてくれてありがとう~」