←戻る
【雛860】やる夫達の超闇鍋村 [1042番地]
~鍋修羅はいないとみて宜しいですね?~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ニーギGM
 (dummy_boy)
[共有者]
(死亡)
icon ラジェンドラ
 (nnm)
[夢毒者]
(死亡)
icon 埼玉銘菓
 (塔ヶ崎)
[占い師]
(死亡)
icon 玖渚友
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[仙狐]
[元紅天女]
(死亡)
icon IA
 (ライカ◆
wIn9/LAIKA)
[抗毒狼]
(死亡)
icon イーディ
 (夢遊病◆
irbIWP2.pU)
[聖女]
(死亡)
icon 燃堂力
 (◆
BPxI0ldYJ.)
[夢見人]
[元夢語部]
(死亡)
icon エンプティ・エンプティ
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[紫狼]
(死亡)
icon 魔理沙
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[薬師]
(死亡)
icon 猫巫女
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[妖狐]
(生存中)
icon キョン子
 (とき◆
Times.LJKs)
[仙狐]
[能力喪失]
(死亡)
icon ハマーン
 (DISP◆
sAXM6US8JU)
[薬師]
(死亡)
icon 奥平貞能
 (修行僧◆
HAKAisoUco)
[人狼]
(生存中)
icon やる夫
 (蒼碧)
[村人]
(死亡)
icon 海藤瞬
 (web)
[獣人]
(生存中)
ゲーム開始:2013/05/26 (Sun) 11:34:01
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営2 神話マニア陣営2
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ニーギGM 「ブw」
ニーギGM 「アハハハw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ニーギGM 「御疲れ!」
玖渚友 「ひでぇやっ!!
お疲れ様ー」
玖渚友 「どう見ても組織票だーい!(ダーイ」
玖渚友 「エンプティとか残す場所じゃないじゃーん!!
何なんだ一体ー!!」
ニーギGM 「GM視点で見てると・・・うん、凄く面白いとだけw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「GMGM。あんまりそういうのは言わない方がいいかもよ?
GM視点はまだ皆見えてないからねー」
ニーギGM 「ま、内訳はいってないから安心してちょーだい!」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ニーギGM 「乙カレー」
玖渚友 「お疲れ様だよ!銘菓ちゃん♪」
埼玉銘菓 「狩人夢じゃないですかー!」
玖渚友 「夢というか、多分これ毒が狩人騙ったとかそんな感じでしょ?」
玖渚友 「んー…これ僕様ちゃんより銘菓ちゃんのが生き返る確率あるよねー
銘菓ちゃんに伝言を頼むよ!」
埼玉銘菓 「伝言とな?」
玖渚友 「うむ。僕様ちゃんさ…初日コピーちゃんの神話なんだよね… >埼玉」
埼玉銘菓 「なん…だと…」
埼玉銘菓 「これでマニアが二人出たことになるが…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
埼玉銘菓 「初日コピーで村人表記だって?」
玖渚友 「で、だよ?ここからが重要
僕様ちゃん「紅天女」…なんだ…多分、吊った中に狼狐いるね!」
玖渚友 「そそ。多分素村かな?
念堂が占い当てられるわけないし、多分そこ真かなーってなると」
玖渚友 「多分素村って言い方おかしいやw
素村だよ、初日ちゃんはw」
埼玉銘菓 「なるほど紅天女で初日コピーで寿村
吊った中に人外いる可能性高いと」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ニーギGM 「おつかれー」
玖渚友 「お疲れ様だよっ!」
埼玉銘菓 「おつかれさまー」
玖渚友 「IA狼か狐でしょー!!
知ってるんだからねー!!」
IA 「あれ、まだ配役隠蔽……?」
ニーギGM 「力が居るからねー」
埼玉銘菓 「あした覚醒者が覚醒するか死ぬと
見えるようになるんじゃないかな…」
玖渚友 「…覚醒者忘れてたよ!(ハッ」
玖渚友 「蘇生いないとか…
銘菓ちゃんに伝えたの無駄情報じゃん!?」
埼玉銘菓 「まあ狩人もう一人いるのにかけるしかないやね…これ…」
IA 「ああ……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「いや?銘菓ちゃん護衛してない時点で多分いないかなーって思うよ?」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ニーギGM 「御疲れー」
玖渚友 「お疲れ様だよっ!
そっち噛むんだ!」
やる夫 「やる夫噛みを優先させてくるのかお」
埼玉銘菓 「なぜ…!?」
埼玉銘菓 「おつかれさまー」
やる夫 「魔理沙・エンプティ吊ろうぜ! 的な発言用意しといたのにお」
埼玉銘菓 「というか…覚醒って今日じゃないのか…?」
玖渚友 「明日だね。覚醒は」
IA 「短い時間じゃ吊りたいと残したくないの微妙なニュアンスの違いは通じないか…いあ……」
玖渚友 「日記出してない占いは流石に信じられないよねー」
やる夫 「確定○位置として見れる埼玉・燃堂に投票されてたやる夫噛む位置といったら、
やる夫の投票先であるエンプティ・魔理沙あたりしか思いつかないんだけどお」
玖渚友 「んー…あれじゃないかな?狐探し >やる夫ちゃん」
埼玉銘菓 「薬師多いなー…」
玖渚友 「これで毒系いないなら僕様ちゃん笑う」
IA 「会話できる状態でちゃんとした日記書ける人ってすごいなあ…っていつも思う……いあー…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 「んむ。狐探しならまだ噛まれた理由がわかるお>友」
玖渚友 「つまり狐探さなきゃいけないほど飽和状態なのか
もしくは引き分けを狙うほど減ってるのかの二択かな?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ニーギGM 「おっつー」
やる夫 「おつかれさんだお」
玖渚友 「お疲れ様だよっ!」
エンプティ・エンプティ 「!?」
エンプティ・エンプティ 「謎のデジャヴ」
埼玉銘菓 「おつかれさまー」
ニーギGM 「日記が薄すぎるかなー>エンプティ」
玖渚友 「今日念堂噛みだよねー、やっぱり…」
やる夫 「さすがに噛まない理由がないおね>燃堂」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
埼玉銘菓 「今日噛まなかったらいつかむのかっていうあれだからなあ」
玖渚友 「んー、ここから先は灰の精査が厳しくなるなー」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
玖渚友 「お疲れ様だよっ!」
やる夫 「おつかれさんだおー」
燃堂力 「お?」
埼玉銘菓 「おつかれさまー
って…?蘇生いるの…?」
玖渚友 「…あれ?蘇生いる?」
やる夫 「仙狐とかあの辺かおねー」
埼玉銘菓 「あ…(察し」
IA 「巫女がタケノコしてる……」
やる夫 「村蘇生なら埼玉蘇生チャレがなければおかしいお」
埼玉銘菓 「猫神か仙狐だなこれ…」
IA 「_人人人人人_
>仙狐の予感<
 ̄Y^Y^Y~Y~Y ̄」
やる夫 「キョン子か、仙狐」
玖渚友 「ちょっとそこのキョン子が仙狐臭いんだけどそれは…?」
埼玉銘菓 「お前か!お前が狐か!>キョン子」
玖渚友 「猫神ならまだ猫又騙ると思うんだけど >銘菓ちゃん」
埼玉銘菓 「まあそもそも猫神なら即蘇生しに来ててもおかしくないからなあ>玖渚友」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ニーギGM 「おっつー」
玖渚友 「お疲れ様だよ!」
やる夫 「おつかれだおー」
埼玉銘菓 「おつかれさまー」
猫巫女 「私吊りなのね・・・」
玖渚友 「というか、薬師吊れないとかうーん…なんだけど」
猫巫女 「あれ?蘇生ログないの?」
玖渚友 「蘇生ないよー
てかキョン子ちゃん、どーせ仙狐!!」
猫巫女 「奥平毒狼とかじゃないの?
ぶっちゃけ怪しいわ」
玖渚友 「誰も蘇生される気がしないんだけどー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「あと、多分だけど明日キョン子ちゃんは蘇生できないんじゃないかなーと」
埼玉銘菓 「キョン子どう考えても仙狐臭いからな…」
猫巫女 「割と謎なのは序盤で私が釣られなかったことね」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
猫巫女 「どうみても釣る位置だと思ってたし」
猫巫女 「失敗ログ」
埼玉銘菓 「おつかれさまー
なん…だと…?」
玖渚友 「…失敗?」
猫巫女 「どういうこと!?」
やる夫 「おつかれさまだおー」
ラジェンドラ 「おや。お疲れ様です。」
玖渚友 「お疲れ様だよー」
やる夫 「キョン子騙り確定はいいけど」
IA 「どういうこと……?」
猫巫女 「蘇生辞退してる?>友」
埼玉銘菓 「失敗ログが出る…?
蘇生辞退してた?」
やる夫 「友狐だとしても100%の蘇生失敗っていうのが割と謎」
玖渚友 「してないよ >猫巫女ちゃん」
埼玉銘菓 「仙狐だったら100%だからなあ…」
ラジェンドラ 「それにしても何故玖渚友なのでしょう。
誤爆ならば蘇生失敗にはならないはずですよね?」
猫巫女 「誰か蘇生自体してる人いる?
誤爆先が辞退してると失敗とかある?」
やる夫 「常世神が別枠で潜ってる?」
埼玉銘菓 「もしかして:キョン子常世神の可能性」
IA 「初日蘇生職? >友」
埼玉銘菓 「あるいは別にいる?」
猫巫女 「もしかしてIA蘇生誤爆とか?」
玖渚友 「初日は素村だよ。そこで騙る意味はないよ >IAちゃん」
やる夫 「ああ、キョン子自身が常世神の可能性もあったっけ」
玖渚友 「…あぁ、キョン子ちゃん常世だから蘇生してなかった…と
それなら素直に言えばいいと思うんだけどね?」
ラジェンドラ 「ふむ。
ハマーンと魔理沙がここまで割れないとなると、両人外もあり得るのでしょうかね?」
玖渚友 「蘇生ミスると狐に見える…新しい!! >魔理沙」
猫巫女 「常世神なら3日目蘇生ログ残してもいいと思うけど
あと昨日出る理由がない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
IA 「キョン子→友は子狐誤認で蘇生、まではいいと思うんだけど……いあー?」
ラジェンドラ 「それに、魔理沙は常にCOを後出ししているようですし
吊るならばそちらが先でしょうか。」
IA 「あ、それは狐が親狐(キョン子)と子狐の場合だけか」
猫巫女 「・・・キョン子仙狐の友がそこコピーじゃないの?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
猫巫女 「おつかれ」
玖渚友 「お疲れ様だよっ♪」
埼玉銘菓 「おつかれさまー」
やる夫 「おつかれだおー」
イーディ 「お疲れ様ですわ、蘇生はいますのね」
猫巫女 「それのほうが可能性高い」
ニーギGM 「おっつー」
玖渚友 「…霊界情報まとめといてね! >猫巫女ちゃん」
ラジェンドラ 「お疲れ様です。」
IA 「そっちかなあ…いあいあ >猫巫女」
猫巫女 「仙狐 (占い結果:村人(呪殺) / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 β2~]
[耐性] 人狼襲撃:無効 / 狩り:有効 / 蘇生:不可 / 封印:有効
[蘇生能力] 成功率:100% (1回限定) / 誤爆:有り

蘇生能力を持った妖狐。
蘇生成功率は 100% で、一度成功すると能力を失う (能力喪失)。
埼玉銘菓 「2W1Fとかではないようだな…」
猫巫女 「蘇生不可だし」
ニーギGM 「ふむ」
ラジェンドラ 「おや、仙狐そのものは蘇生できないのですね。」
イーディ 「身内票とか余り考えてませんでしたわね
それあるなら魔理沙も十分狼ありえましたけど…」
玖渚友 「全く関係ないけど、海藤(蛇神)が残ってるのがすっごい不思議…
あと、薬師系残ってるのも不思議」
猫巫女 「キョン子狐だと思うからLWじゃないかな?」
イーディ 「薬師系あれ吊るタイミング完全に失ってましたわよね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「薬師は吊るべきでしょ
あそこ噛まれないし。残す意味もなし」
猫巫女 「・・・奥平狼ってところね」
イーディ 「もう絶対あの薬師ライン繋がる気しませんしね」
猫巫女 「ぶっちゃけそこ狼にしか見えない」
ラジェンドラ 「吊るタイミングを失いましたね……>薬師
両吊りするにしても、わたしなら魔理沙から先に吊したいですが」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
玖渚友 「あれ?お疲れ様だよー」
ニーギGM 「で、こんな村なわけだけどー」
イーディ 「わたくし聖女だった!第三部完!」
ラジェンドラ 「おや、公開されました。
お疲れ様です。」
やる夫 「やっぱ狐増加か」
埼玉銘菓 「おおう…」
IA 「うんまあそうだよね」
玖渚友 「やー、流石に大変だったねー。紅天女は(テヘペロ」
イーディ 「魔理沙が村で安心しましたわ!」
魔理沙 「ん、お疲れだ。
ってキョン子と霊夢で2Fかよw


そして奥平狼か…あからさまに見えて、そんな気はしていたが」
ラジェンドラ 「しかしこう、なんというか
両真だったとは……>薬師」
玖渚友 「あれー!?そこ素直に言っちゃう!? >猫巫女ちゃん」
魔理沙 「んー、キョン子仙狐か。
やっぱり噛まれ無い蘇生は吊るべきか?」
埼玉銘菓 「これは…引き分けワンチャン!?」
ニーギGM 「ここは銘菓蘇生失敗でいいのにw」
ラジェンドラ 「おや、素直に言ってしまうんですね>猫巫女」
魔理沙 「あれ、霊夢…大丈夫か?」
イーディ 「というか彼処で引き分けてれば
わたくし真証明出来ましたのにwww」
玖渚友 「猫巫女ちゃーん!!!
夜のうちに言っておけばよかった…」
魔理沙 「でもまあ、これキョン子噛まれて引き分け処理かもなあ…
いいけど」
ラジェンドラ 「となるとあなたが何か、という話になりますよw>猫巫女」
玖渚友 「うわーん!!
絶対これキョン子ちゃん混乱してるよね!?」
魔理沙 「って、ラジェンドラ毒だし。
その予感がすごくして、鑑定避けたのは正解だったか」
やる夫 「猫巫女はどういう勝負にするんだろ」
エンプティ・エンプティ 「辞退?し て な い よ ?」
ニーギGM 「んー狐が勝てたけど、他ならぬ狐が勝ちを逃した感じだね」
魔理沙 「うん、私ならキョン子信じただろうなあ。
それでハマーン吊った気がする」
玖渚友 「キョン子ちゃん吊ってー…ハマーンちゃんか海藤ちゃん噛めば勝てるんだけど…」
エンプティ・エンプティ 「今北イーディwwwwwwww」
やる夫 「というか今日海藤噛んだら飽和負けなのね狼」
ラジェンドラ 「やはりばれますよねえ……>わたし毒>魔理沙」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「当たりは猫巫女ちゃんのみだね」
埼玉銘菓 「ここから猫御子吊りだとして
キョン子噛んだら引き分けには行けそうね…」
魔理沙 「だから毒なしとか出さなくてよかったぜ…>ラジェンドラ」
ニーギGM 「残念なのはー
海藤が狂人だという事を忘れてないかという点」
やる夫 「うっかり出ちゃったテヘペロをするには、
ラジェンドラは初日のそれまでの発言がまともすぎたよ」
玖渚友 「ほらー!
狐VS狐になってるじゃーん!!」
魔理沙 「どうだろうなあ
私霊夢狂人かと思ってたし…狐だったけど」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
イーディ 「狐VS狐!」
ラジェンドラ 「ところでですね、わたし噛まれる前日に
「村しかいない気がする」とか言ってたわけなんですが何なんですかこの村は!
わたしの村視とは何だったのか!」
キョン子 「あとはまかせたー、がくっ」
ニーギGM 「海藤-キョン子で、奥平票の設定にすれば
海藤が票変えで狼勝ちと」
イーディ 「お疲れ様ですわ!」
魔理沙 「お疲れ
惜しかったな…」
埼玉銘菓 「おつかれさまー
そっちから釣れるかい」
玖渚友 「お疲れ様ー!!
キョン子ちゃん本当にお疲れ様ー!!
ごめんね、蘇生遺言残しておかなくて!!」
やる夫 「おつかれさんだおー」
ラジェンドラ 「お疲れ様です。」
ニーギGM 「いやぁ、猫巫女噛まれなんだよなぁこれが>猫巫女」
ニーギGM 「あら、ハマーン噛むんだ」
魔理沙 「あ、狐勝ちか…
そして狂人と殴り合い想定…」
キョン子 「ああ、仙狐は蘇生できなかったよ… 忘れてた
エンプティ蘇生も考えてたけど、なんかメタで蘇生辞退が怖かった…」
エンプティ・エンプティ 「獣人!獣人!」
玖渚友 「ハマーン噛んだら一騎討ちだよね」
ニーギGM 「というか狐勝ち>友」
魔理沙 「いや、溢れるぜ」
エンプティ・エンプティ 「はっはっはひどいなー」
ラジェンドラ 「わたしの発言、そこまでまともだったでしょうか?>やる夫
わりと当たり前のことしか言っていない気がするのですが、
あと少し狩人っぽさも出してみようとがんばっていたのですが……」
キョン子 「というか猫噛まないと私ら勝利だ」
玖渚友 「エンプティ蘇生したら、蘇生ログがおかしくなるよ?
まぁ、飽和して狐勝ちだったけど! >キョン子ちゃん」
玖渚友 「猫巫女狐は考えないんだ…奥平ちゃん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニーギGM 「キョン子は11の時に蘇生しても飽和だったかな?」
ラジェンドラ 「毒なしが出ていたら絶望視かありませんでしたね……>魔理沙」
やる夫 「>ラジェンドラ
場にかかわろうとしてる発言があって、自分の意見があれば、
狩人かどうかはともかく、少なくともこの村においては残すべき位置だと私は思う」
玖渚友 「えっ?それ飽和なる…? >GM」
ニーギGM 「3-3-4か、ぎりならないか」
玖渚友 「その前に僕様ちゃん蘇生できない… >GM」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました