←戻る
【雛865】やる夫達の希望妖精新顔超闇村村 [1047番地]
~いくぞ妖精王!悪戯の貯蔵は充分か~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード固定配役追加モード (TypeR:妖精村)[R]出現率変動モード (TypeA:新顔村)[A]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 妖精GM
 (dummy_boy)
[紅葉神]
(死亡)
icon 玖渚友
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[欺狼]
(生存中)
icon リシア・アヴァール
 (nnm)
[探知師]
(死亡)
icon 魔法使い
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[古狐]
(生存中)
icon こいし
 (abcdefg)
[光妖精]
[仇敵]
[サトラレ]
(死亡)
icon 安心院なじみ
 (UG◆
mFF3UdG4E6)
[土蜘蛛]
(死亡)
icon やる夫
 (ベン◆
l0inEB.9TE)
[封印師]
(死亡)
icon 汚い忍者
 (あたろう◆
kBmL/BcezU)
[猫又]
(生存中)
icon 契約妖精
 (シャーキン◆
mJvunVpsFs)
[占い師]
(死亡)
icon ゾンビ
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[夜刀神]
(生存中)
icon 阿良々木
 (鬼のニート◆
5DYYU5zxeQ)
[雪狼]
(生存中)
icon チルノ
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[侍]
[仇敵]
[熱病]
[凍傷]
(死亡)
icon ルナチャイルド
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[氷妖精]
[仇敵]
(死亡)
icon イーディ
 (夢遊病◆
irbIWP2.pU)
[村人]
(死亡)
icon 赤のリピカ
 (kai774◆
WBvUnaSXHw)
[雲外鏡]
(死亡)
icon 戦場ヶ原
 (web)
[夢守人]
(死亡)
icon 種島ぽぷら
 (udonya◆
rL6ShHotQk)
[鋭狼]
(生存中)
icon シテヤンヨ
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[獏]
(生存中)
icon メルル
 (0w0◆
0RbUzIT0To)
[雪女]
[熱病]
(死亡)
icon レッド
 (そば◆
ouOTrD27LE)
[九尾]
(生存中)
icon カリスマ妖精
 (人形好き)
[人狼]
[仇敵]
(死亡)
icon 古明地さとり
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[さとり]
[仇敵]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
こいし 「魔法使いはす村COの2票持ち、の座敷ラインかな」
赤のリピカ 「そもそも村視点でラインが強い魔法使い-レッドじゃなくて、完全グレーにいた私噛みってのが怪しいのさ>やる夫」
戦場ヶ原 「なんで種島吊らないのかしらねこれ
阿良々木君狐での3Wに見える」
チルノ 「あれ、魔法使いなんだっけ?
ログ飛んだ…」
古明地さとり 「蘇生履歴や他の情報も出さなかったので、チルノちゃんも疑ってますよ…」
契約妖精 「完全に人外場だねえ、ごめん
今日座敷ラインでよかったよ」
こいし 「両真はまずなし
それをみるならどっちか削らないといけないからねー
対抗噛めば痛くもなく蘇生削れる」
リシア・アヴァール 「(指定役が人外なら変なところ吊りにもなるわね>やる夫
村が気づいてくれればいいんだけど)」
カリスマ妖精 「指定の理由がまったくわからないのだけど。。。
え?なんでそこでイーディなのかしら?」
ルナチャイルド 「うん、人外場だし 」
やる夫 「ここでイーディ吊りの理由が皆無すぎるお・・・」
チルノ 「よし、あたいまた蘇生?」
こいし 「アララギが噛んで」
メルル 「ゾンビくんの華麗なる指摘」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「忍者くん普通に死ぬ気がするでよ」
赤のリピカ 「お、ゾンビが昨日のチルノの発言を見つけてくれたから、今日は阿良々木吊りになりそうなのさ」
安心院なじみ 「忍者君ならここで僕を颯爽と誤爆蘇生してくれるさ。」
契約妖精 「ゾンビが気付いたね
復讐なのに」
カリスマ妖精 「忍者真ね、で魔法使いとレッドもあやしいと」
古明地さとり 「玖渚友とありゃりゃぎさん、
揃って偽ってところじゃないでしょうかね
魔法使いラインも怪しいと。」
やる夫 「忍者が本物だおね
阿良々木は偽と」
契約妖精 「ああ、そうだね
あとは誰か蘇生して忍者真が言えたらいいんだけど」
ルナチャイルド 「真猫又…望みが絶たれた!」
リシア・アヴァール 「(あ、人外だなーという空気>魔法使い>FO)」
メルル 「忍者が真と」
チルノ 「んー、じゃあ誰か生き返ったらそれはいうってことで」
赤のリピカ 「あ、忍者が真猫又でいいのさ。」
リシア・アヴァール 「(えーと、とりあえず阿良々木くんが偽、ね。
2票持ちの魔法使いが噛まれない以上まず人外でしょ。次に誰か生き返ったらそこ吊り提案しましょうか)」
赤のリピカ 「でも、小声だから恐らく見落とされているのさ>チルノ」
こいし 「まぁ人外でしょー
猫又の対抗COが出れば儲けモンくらいの」
チルノ 「ごめん、一応やる夫蘇生は言ったけどね>リピカ」
契約妖精 「うーん、最後なんだからやっぱり座敷ラインの確認に使ったほうがよかったかな」
やる夫 「あれ?
阿良々木の蘇生日記ちげぇお?」
カリスマ妖精 「この猫又は偽かな?やる夫蘇生は一回はあyはずだし・・・」
安心院なじみ 「忍者君が蘇生っぽいかな?」
やる夫 「魔法使い、やっぱ吊るべきだと思うお
もしくはレッド先
たぶん契約妖精は狐探し要員に残されてたんじゃないかお?
ここで阿良々木にCO聞く理由はほぼないお。だって呪いの可能性高いし」
赤のリピカ 「んー……蘇生ログを遺言に書いてほしかったのさ>チルノ」
メルル 「蘇生ログ自体無かったからなー」
戦場ヶ原 「無いわね。
全力で結果作った人外に見える。その場合座敷わらしが古ライン」
チルノ 「うん>カリスマ妖精
いきなり凍傷で焦ってあんなことに」
こいし 「蘇生ログはなし→やる夫失敗→チルノ蘇生→がはらさん失敗
だよー」
古明地さとり 「ありゃりゃぎさんは偽ですね」
チルノ 「いや、あたいやる夫蘇生って言ったけど…誤爆?」
赤のリピカ 「ん、阿良々木はこれ偽なのさ。こいし蘇生なんてなかったのさ」
カリスマ妖精 「呪い持ちまだ生きてるのかしら
まぁ噛まれるならチルノは真サムライかしら?」
メルル 「呪殺と呪い返しがカブったりしたらどうなるん?
契約妖精狐でそこに呪いかかってたりしたら」
リシア・アヴァール 「(あらお疲れ様。
蘇生はまだかろうじて生きているようね。噛みはたぶんチルノちゃんでしょうし)」
戦場ヶ原 「種島が呪術師かしらこれ」
ルナチャイルド 「あ、これ偽だわ」
こいし 「あ、嘘つきだ>アララギ」
安心院なじみ 「うん、ここで噛まれるならチルノちゃん真侍で良さそうかな。
本隊に当てたかと思ってヒヤヒヤしてたよ。」
赤のリピカ 「呪殺or逆呪殺または罠じゃないのさ?>チルノ」
契約妖精 「チルノ噛みで僕が呪い喰らっただろうね」
こいし 「呪い返しがまだいるんしょー」
やる夫 「噛みはチルノっぽいかお
ここまで契約妖精を噛む気配はなかった」
戦場ヶ原 「罠。もしくは呪い返し」
チルノ 「あれ、契約妖精護衛したんだけどなにこれ」
戦場ヶ原 「阿良々木君が蘇生かしらこれ」
古明地さとり 「はて…? 占いと狩人で死体二つ?」
妖精GM 「おつかれさまだよー」
リシア・アヴァール 「(チルノちゃんが狼視点で何なのか、よね。
まあまずチルノちゃんがこっちに来るはずだし)」
カリスマ妖精 「シタイ2?おつかれさまよー」
ルナチャイルド 「お疲れ様ー、ふむ?」
赤のリピカ 「ん、2人死亡なのさ? 今度はヶ原さん蘇生ログなのさ」
やる夫 「お疲れ様だお
ってこれはまた呪いかお?」
契約妖精 「あ、これは呪い喰らったかなー」
こいし 「あ、帰ってきた」
チルノ 「ただいまー…」
メルル 「お疲れー」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
やる夫 「契約妖精がどっかと組んでる気配はあんまねぇような気がするお>さとり」
赤のリピカ 「んー、一応霊界情報は纏めておいたのさ。」
リシア・アヴァール 「(第四陣営の方を信じることにしたんでしょうね、魔法使いは
正直私、三日目まで境界師の動きをしてたし……うん……
仕方がないんでしょうね)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カリスマ妖精 「まあ、たしかに第4陣営は他の陣営にあわせる
理由はないしねぇ・・」
やる夫 「3日目 汚い忍者さん メッセージなし
魔法使いさんは素村ってことでいいんだよね?
そうなると祓う理由も少ないし、次の忍者さんかな

これが今日のポプラの朝一発言だお
三日目ってなってるお

全然日数合ってない」
安心院なじみ 「まあ第四陣営のCOが信じるに値するかという話ではあるね。」
古明地さとり 「>やる夫さん
それですと、契約とラインは同一陣営と見ます? 敵対陣営と見ます?
結果をまあり気にしないのは、どちらかといえば同一陣営の要素と見ますが…」
こいし 「二回目蘇生はあっるのかなー」
リシア・アヴァール 「(あと超過後に気づいたのだけど
ゾンビが後援者なら数が合うわ)」
やる夫 「お疲れ様だお」
リシア・アヴァール 「(お疲れ様。
魔法使い、噛まれないあたりが怪しいのよね)」
カリスマ妖精 「おつかれー」
安心院なじみ 「因みに狩り殺しと噛みが重なると護衛成功と狩り殺しが同時に出るよ。
信頼を得すぎた狂人の悲哀だね。」
妖精GM 「おつかれさまー」
古明地さとり 「お疲れさまです」
メルル 「お疲れさん」
妖精GM 「シスメはダブりますよー」
こいし 「おっつかれさーん」
ルナチャイルド 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
メルル 「護衛成功シスメと狩殺しシスメがダブるのか。見てみてーな」
やる夫 「なんか、契約妖精の結果ガン無視してるあたりがきな臭いんだお>さとり」
ルナチャイルド 「まぁチルノちゃんも魔法使いも割りと村ではないわよね」
こいし 「狩り殺しは出たはず
噛まれと合わさるとGJ+狩り殺しとか出た気がするから」
カリスマ妖精 「狩り殺しはでたはずよね?たしか」
こいし 「ぶっちゃけここ村結構多そうだからねー
人外場何じゃないかな」
メルル 「っていうか狩殺しって護衛成功みたいに出るもんなん?
俺そういう風に見えるって知らなかったから、てっきり護衛した所が死んでたから、
チルノが狩殺しっぽいなと思ったって主張だと思ってた。

狩殺し!って出たって言うならチルノ偽やね」
赤のリピカ 「……これ私蘇生あるかもしれないのでちょっと情報纏めてくるのさ
古明地さとり 「>やる夫さん
ただ、チルノさんショック死が出るあたり真っぽいとは思いますが」
カリスマ妖精 「たしかに・・そこのライン村なら死んでないのが違和感よね
なんでのこされてrのかしら?」
安心院なじみ 「サブは一度付いたら消えないね。
チルノは今熱病と凍傷で熱くて寒い謎の状況の筈さ。」
メルル 「ワーイ?>こいし、リピカ」
こいし 「凍傷は一回乗り切ったら解除だねー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「いやいやワイトだよ
どう見てもワイトだよ!」
やる夫 「うーん、そもそも魔法使いレッドラインが放置されてるのがなんかおかしいんだお
がはらさんとかより先に、普通こっち先じゃないかお?」
ルナチャイルド 「凍傷って解除されてるんじゃ…」
赤のリピカ 「スケルトンというよりかはワイトなのさ>メルル」
メルル 「っていうかあのアイコン見る限りゾンビっていうか完全にスケルトンなんだけど」
古明地さとり 「チルノ目線メルルさんは偽確定とのことなので、そこまでは解りますけどね…
ただルナチャさんのことまで隠されてるのは妙ですか…」
安心院なじみ 「蘇生系が居るとなかなか喋れなくて大変だね。 >GM」
メルル 「あー……俺が遺言残してなかったせいかな。
でも潜っててもグレランで吊られたろうしなぁ……」
ルナチャイルド 「誤爆なら私来なさいよブーブー
まぁ、契約妖精の呪いっぽいについて触れないならそうなんでしょう」
こいし 「ゾンビ蘇生とかちょっと見てみたい
生前の姿で蘇るのか死体のままなのか・・・!」
妖精GM 「おもしろいなあ>下界
蘇生ログさえなければー」
赤のリピカ 「うむ、確かにこの態度は微妙なのさ。ルナチャとメルルの占い先を隠す必要は一切ないのさ。」
カリスマ妖精 「これ誤爆でジンガイ蘇生とかありそうよねぇ・・チルノぇ・・」
こいし 「生き返った人はチルノちゃん告発、だけどぶっちゃけ仮に蘇生しても間に合わないヨカーン」
戦場ヶ原 「メルルが他に死ぬ理由がないけど。占い抜かれたら吊ればいいんじゃない?>侍」
カリスマ妖精 「んー契約信じてないってことなのかな?下界は」
やる夫 「特にって・・・やる夫まとめてたのに
これはなんか微妙だお」
戦場ヶ原 「リシアで○でてリシア吊りというのもよくわからないけども
種島じゃなくて?」
こいし 「やっぱりチルノちゃんは人外臭い
情報出すのが遅すぎる・・・」
古明地さとり 「いいえ、私サトリですよ
>がはらさん」
赤のリピカ 「いや、さとりはこいしをサトラれしかけた「さとり」なのさ。でも夢狩人で噛まれはお見事なのさ>戦場ヶ原」
ルナチャイルド 「さとりはこいしサトリCOしてたよ?」
こいし 「おねえちゃんは悟った側だよ
サトラれた側じゃない
幻視はないんだ」
メルル 「偽物が帰った。バイバイチルノ!」
安心院なじみ 「おやおや、僕の仕事は完全に無駄と。
お疲れ様。」
ルナチャイルド 「チルノちゃん帰った!ざんね~ん」
戦場ヶ原 「あと雲外騙りじゃないの?
さとりは幻視者遺言に見えたけど」
やる夫 「夢で噛まれたなら仕事は十分だおね」
古明地さとり 「お疲れさまです。夢でしたか。」
こいし 「おっつかれさまー」
赤のリピカ 「しかし、この状況だと私蘇生がなさそうなのが残念なのさーっておー!チルノ蘇生成功なのさ。」
カリスマ妖精 「お生き返った、おつかれー」
妖精GM 「おつかれさまー>ひたぎたん」
ルナチャイルド 「妖精引いた時点で死亡確定みたいなものだったし、チルノちゃんに狩り殺されるならそれでいっかな」
こいし 「生き返っちゃった」
やる夫 「お疲れ様だおー」
メルル 「お疲れー」
戦場ヶ原 「よし。>噛まれた」
こいし 「なんで狩り殺しされた側とした側で信じあってるん・・・」
カリスマ妖精 「狩りと矛盾してるのかぁ・・ふむ」
メルル 「じゃあチルノ偽じゃない?俺真だし」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
チルノ 「本物だよ>メルル
狩殺しでてたから逆呪殺もなし!」
やる夫 「というか、チルノ真だとお前さん人外だお?>メルル」
安心院なじみ 「だとするなら君は狂人仲間か狩れる狐と言うことになるのさ。 >メルル」
こいし 「メルル借り殺しって言ってたよ>メルル」
チルノ 「そんな予感は凄くした>ルナチャ
狩人表記だったら真っ先に言ってたよ」
こいし 「ルナチャとあってるあたりそこは呪い返し間違いないと思うからねー」
メルル 「ん?偽なん?侍COしてるんでしょ?」
古明地さとり 「こいし死体で真白になんかなってないで、もう少し気合を入れるべきでしたか」
チルノ 「でも狩り殺したんだけど…>メルル
あたいびっくりだよw」
安心院なじみ 「メルル視点はチルノ偽なんじゃないのかい? >メルル」
ルナチャイルド 「ああうん、ごめんねイタズラしちゃって☆>チルノちゃん」
こいし 「おねえちゃん吊っちゃってる時点で割りと村きついと思うからなあ
呪い返しバッシバシっぽいし」
やる夫 「ルナチャイルドのいたずら先は契約妖精
メルルの占い先も契約妖精

三日目朝に蘇生ログはなし
カリスマ妖精のCOは霊能者 さとりは○だった 遺言と相違ない

四日目朝、やる夫蘇生ログあり

今はこんなとこだお」
メルル 「俺が出たのってグレラン弱いから、狩人にいるのに賭けて出ただけだからなー。
だから割とチルノが出てくれたのは嬉しかった。夢とか主張しとったけど侍だったし>こいし」
古明地さとり 「総合すると、あまり狼さん吊れてはいなさそうですか…」
ルナチャイルド 「狐>狼>村>>>>>妖精と」
チルノ 「問題はあたいの信用だけどね

ちょっと出方失敗した自覚はあるから」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
安心院なじみ 「チルノが真侍なら仕事したって言えるんだけどね。」
カリスマ妖精 「んー簿妙なとこ最初に比べてあんま減ってないわね」
こいし 「大声が一個あって普通な感じかな
未だ複数はいる
けどそれが何匹かはわかんない」
やる夫 「今日はさすがにチルノ蘇生入ると思うお
それに期待するお」
ルナチャイルド 「極端に減ってはない、って感じね」
赤のリピカ 「でも、初日の妖精死体とチルノ狩り殺しを見た感じだと私としてはそうとしか思えないのさ>メルル
若干悲壮感を感じるのさ>さとり」
メルル 「なんかすくなそう(小波)>さとり」
こいし 「まあんだよね
共有とかいればともかく、あの状況なら占いは守り位置だし
狩人いないのに賭けることもはできるけどリスク高すぎるかな>メルル」
古明地さとり 「そういえば、狼の吼えはどんな感じです?
私からは吼え見えないので」
チルノ 「なるほど、あたい蘇生なら相互護衛がんばろうっと
少なくても、特殊狂人はないからそこ」
こいし 「死体三の日
ルナチャイルドのいたずら先は契約妖精
メルルの占い先も契約妖精

蘇生ログはない→やる夫→
情報ねー」
安心院なじみ 「ん、蘇生がいるのかい。
これはちょっと間違えたかもね。」
メルル 「俺狩殺される狐なら占いCOしなくね?>リピカ」
チルノ 「ん、護衛能力があるからこそだよ、潜ったのは
無いと思わせておけば、かまれないからだよ?」
赤のリピカ 「いるのさ。3昼にやる夫蘇生が出てきたから常世神は否定なのさ>チルノ」
こいし 「いるお
ログもあるお」
メルル 「お疲れーっ」
カリスマ妖精 「おつかれー」
古明地さとり 「お疲れさま」
妖精GM 「おつかれー 2めいさまー」
やる夫 「お疲れ様だお」
赤のリピカ 「お疲れ様なのさー。」
チルノ 「お疲れー
ん、蘇生いる?」
ルナチャイルド 「お疲れ様ー」
こいし 「おっつかれさーん」
赤のリピカ 「私はメルルを九尾だとみているのさ。九尾は狩れるからチルノ・戦場ヶ原の狩殺しのさ。
泣けばいいと思うのさ。私も折角の雲外鏡だったのにさ・・・>さとり」
古明地さとり 「がはらさんは吊る必要やや弱いでしょうか…
吊るならチルノさんと揃って騙り見るべきかと思います」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ はショック死しました
こいし 「なので私は契約妖精が誰かに呪いをかけられたがわ、かな
それは契約を信じる根拠にはならないけど」
ルナチャイルド 「ん?というかだいぶ霊界にいるの村が多め?
やっぱりこれは誤爆ワンチャン?(ドキドキ」
カリスマ妖精 「んー契約が気になるのは
チルノサムライだっけ?
護衛能力があるといった以上そく出てもいいんでしょうになんで潜ったのか
ちょっと不思議な気も」
メルル 「俺視点、契約妖精は呪い持ちのあれやそれなんじゃねーかなってくらいだな。」
古明地さとり 「>赤のリピカ
せっかくなので、こいしの心を覗こうと思いまして…
……覗けなかった!(だんっ」
こいし 「でも初日呪い返しあたり呪い系がいるよ
九尾なら自分は呪えない
そういう点見ると契約は一概に疑えない」
やる夫 「ポプラ吊らないでがはら吊りはおかしいような
陰陽師残すのかお?
というかヤンヨは土蜘蛛ではねぇお>阿良々木」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
古明地さとり 「ルナチャやメルルの態度を考えると、契約妖精の真偽は怪しいところですね…」
ルナチャイルド 「希望を捨てちゃいけないのね!」
赤のリピカ 「ん、そういえばそうなのさ>こいし
しかし、さとりの結果が「さとり」で色んな意味で驚いたのさ>さとり」
こいし 「即蘇生がなかったってことはきっと仙狸なんだよ
そんで失敗したあたりキット蝕仙狸なんだよ
つまり希望はある!」
ルナチャイルド 「妖精蘇生ワンチャン」
古明地さとり 「最低でも、私からカリスマさんと赤リピカさんは真結果ですね」
赤のリピカ 「で、やる夫蘇生でログが公開されていないことは仙狐じゃないのさ
ってことは私蘇生にも期待するのさ。折角の雲外鏡だからもっと結果見たかったのさー!」
やる夫 「なんかFOに近いまでにCOが飛び交ってるお・・・」
カリスマ妖精 「雲が本当なら私は真霊能ってとこかーふーむ」
こいし 「おねえちゃんはさとりだよ?>リピカ」
メルル 「ヘーイ、ごっばっく!ごっばっく!」
赤のリピカ 「あら、貴方も霊能だったのさ。私視点では貴方は真霊能なのさ>さとり」
こいし 「噛まれ濃厚のやる夫かー
ごっばっく!ごっばっく!」
やる夫 「蘇生ログあり、やる夫なのがちょっとびっくりだおw」
古明地さとり 「お疲れさま。蘇生ログ出てきましたね。」
赤のリピカ 「むー、噛まれたのさ……。今日の結果が楽しみだったのさ……。」
カリスマ妖精 「ログがでてるわねー
おつかれー」
メルル 「お疲れ様ーで、やる夫蘇生とな」
妖精GM 「おつかれさまでしたー」
ルナチャイルド 「お疲れ様、蘇生ログでたわね」
やる夫 「お疲れ様だお」
メルル 「狂人の証明手段……つまり狼に自分が呪術師とアピる意図って事?
飽和早めるに関しては理解したー」
こいし 「おろ蘇生」
古明地さとり 「ぐすっ…世界は今日も私に厳しい…>メルル」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
こいし 「私の心がついに開かれるはずだったんだよ・・・」
メルル 「さとりがこいしをさとれる訳なかったんやな、原作的な意味で」
やる夫 「ある意味狂人の証明手段としてはありかお
後は、下界で誰かが言ってたけど狐なら飽和早める目的では有りだと思うお>メルル」
古明地さとり 「さとりさとられ公開して、きっと楽しかったでしょうに…!(ばんばん」
妖精GM 「はたしてGMのせいだったのか!
しんそうは CMのあとで!」
ルナチャイルド 「初日にかける理由?面白いから」
メルル 「GMのせいか、なら仕方ねぇな」
こいし 「でも本当になったらちょっとおいしいかなって」
こいし 「きっとGMのせい
だって開始前にあんな事言うから・・・!>メル」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カリスマ妖精 「たぶん真結果のはずよ!
まぁもっとも死体にさとりだから語りもあるかもだけどね」
こいし 「公開者だとー!
なんだこれはー!
ってニヨニヨする予定だったのに・・・」
メルル 「初日に呪いかける意味ってあるん?
呪い返しで死ぬのって占いと妖精だけなん?」
カリスマ妖精 「ふむ、となると猫神あたりかもしれないわね」
やる夫 「霊能者でさとり○と
まぁ、さとりCOの死体に○なら真結果っぽいかお?」
古明地さとり 「こいしの心を覗いてによによする予定だったのに…夢も希望も無い…」
こいし 「ただ昨日の蘇生ログはなーいお>おぜう」
カリスマ妖精 「あー了解よー霊能表記ね、
結果は覚り○だけよ」
カリスマ妖精 「というか蘇生がいるのねー」
やる夫 「とりあえず、下界隠蔽なんでCOどうぞだおー」
こいし 「おつかれさまー」
古明地さとり 「お疲れさまです」
カリスマ妖精 「おつかれー」
やる夫 「お疲れ様だお」
メルル 「お疲れ様ー」
こいし 「んだね
誤爆とかもあるかもだし村はみんな容易はしとくべき!」
妖精GM 「おつかれさまー」
ルナチャイルド 「お疲れ様ー」
メルル 「そうだね>やる夫」
ルナチャイルド 「契約妖精イタズラと占い被ってるから
誰か蘇生した場合に復活ワンチャンかもね>メルル」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 「ルナチャイルドのいたずら先は契約妖精
メルルの占い先も契約妖精

本日の組成ログはない
こんなとこかお?」
古明地さとり 「ふむ…でも、死体はこいしと私だけでしたからね。
蘇生挑戦はまだかと思いますよ」
メルル 「私生き返して欲しいんだけどなー」
ルナチャイルド 「単に仙狸とか一発限定蘇生かもしれない、私は絶望だけど」
古明地さとり 「えぇ。蘇生系がいる、ということですね。
猫又か他の何かかは解りませんが…>メルル」
妖精GM 「蘇生関連(身代わり蘇生含む)とイタコがいるとみえないですねー」
こいし 「で、今日はログなし
だから仙狸とか一発限り系とかかなって」
やる夫 「チルノ侍・・・
いや、真占い師が他にいるならまだ希望はあるかお」
メルル 「これ逆呪殺って奴か、噛まれてねーわ。こんだけ狩人いるなら」
こいし 「や、蘇生何回もできる系なら私でログくらいないかなーって思っちゃって
夢狩とかの真証明に使えるし」
こいし 「私はいいんだ
でもおねえちゃんがいるから村には頑張って貰いたいな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メルル 「んー、生き返らされるのは薄いって事は、
これ配役見えてないのは下界誰がいるのが濃厚なん?仙人とか?」
やる夫 「ヤンヨ自身を信じればだお
ヤンヨは正直ここで出る理由があんまねーお」
ルナチャイルド 「妖精なんか暗殺or呪い殺すから…ふふっ」
古明地さとり 「私も蘇生はないでしょうね、さとり先がこいしでニート確定ですし」
こいし 「あ、てかこれ呪殺よりもメルル逆呪殺がありそうで」
やる夫 「メルル真で、呪い食らってるなら村はわりと絶望だお・・・」
メルル 「しくじったなぁ……遺言完全に失念してた」
こいし 「結果はー?
ログ無い時点でここにいる人らが生き返されるのは薄いと思うけど・・・」
ルナチャイルド 「・・・これは>契約妖精」
こいし 「ちなみに一回限りの占い妨害とかも消せるよ!」
メルル 「あ、俺一応契約妖精占ったから。
誰か下界いったら伝えてな」
ルナチャイルド 「まぁ契約妖精イタズラしたからそっち呪いの可能性もあるかもねー」
こいし 「呪術師とか九尾が呪ったところを占うと占い師が死ぬんだ
俗にいう逆呪殺とか
わたしはまんまとやられたのさ・・・!」
古明地さとり 「こいしを呪い返した何者かに天罰が下るといいのに(」
メルル 「あー、それで昨日みんな呪い呪い言ってたんだ。
意味わからんかったわ」
やる夫 「光妖精 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 β7~]
[悪戯能力] タイプ:迷彩 / 占い妨害:有効 / 呪い:有効
悪戯先が人狼に襲撃されたら、次の日を全員公開者 (白夜) にする妖精。

この呪い有効ってところがポイントだお>メルル」
メルル 「呪返し?」
妖精GM 「3日目でもう16にん
はいぺーすですね」
こいし 「呪 い 返 し」
こいし 「悪戯ってね
占いとかと同じ判定なんだ>メル」
メルル 「なーなー、あれこいしなんで死んでたん?
光妖精の項目見てもよくわからないんだけど」
こいし 「蘇生ログがなーいお
寂しいお」
やる夫 「銃殺が入ってるっぽいお、これ
噛まれはやる夫だと、無職としてはうれしいお」
ルナチャイルド 「うん、知ってた」
メルル 「あ、しくじったな。遺言書くの忘れてた」
妖精GM 「おつかれさま
したいまつり!」
ルナチャイルド 「わーい!」
こいし 「いっぱい死んだ
いらっしゃーい」
やる夫 「お疲れ様だおー」
古明地さとり 「死体多過ぎィ!」
メルル 「うおーい噛まれたーい」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
こいし 「悪いのは呪いかけたやつだよ!
奴には心なんてないんだ!」
古明地さとり 「きっと、きっと楽しかったでしょうに…
PHPには慈悲なんかなかったのよ!」
こいし 「私は、自分の中の心に正直に生きたんだ
おねえちゃんにも見せてあげたかった」
妖精GM 「こいしをさとるのは駄目だったんやな・・・
ひげきやな・・・」
こいし 「ごめんねおねえちゃん
魂が叫んだんだ
「公開者をつけろ」
     「やるんだ」
  「楽しいぞ?」」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
古明地さとり 「こいしの心をやっと読めるって思ったのに、
あなたの妖精真を証明もしてあげられたのに!!
あなた死体の時点でもう口から魂が抜けていたわ…」
こいし 「なにそれおもしろい」
妖精GM 「コメイジ姉妹が初日でぜんめつとはこのようせいのめをもってしてもー」
こいし 「ええええええええええええええええええ」
古明地さとり 「うぅっ、ひぐ、ぐすっ、違うのこいし、夢狩人とかじゃないわ。さとりだったのよおぉぉぉ!!」
こいし 「PHPいいいいいいいいいいいいいい!
お前に心はないのか!」
こいし 「姉妹で殺しあう定めなんて・・・
ひどいよ・・・ひどすぎるよ・・・」
こいし 「おねえちゃああああああああああああああん」
古明地さとり 「いいの、おねえちゃん、こいしが死んだ時点でニートだったの(」
こいし 「ごめんね!
おねえちゃんをおいてでも私は蘇りたい!生きたいんだ!」
妖精GM 「おつかれさまでしたー」
古明地さとり 「こいし…」
こいし 「お、おねえちゃあああああああああああああん」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
こいし 「期待しちゃうぜー
超しちゃうぜー」
妖精GM 「猫又とか風祝ならあるかもしれませんがー
おっともう投票時間ですか」
こいし 「でも初日公開者の阿鼻叫喚見たかったお」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「試そうよ!
初日時点ならログ残す意味でも価値はあるよ!」
妖精GM 「蘇生がいても妖精にいくかどうかですねー」
こいし 「私・・・もし生き返ったら全力で村の味方するんだ・・・」
こいし 「蘇生いるなら私生き返そうぜ!
超楽しいぜ!」
こいし 「うん、見えてなーい
クッソガー」
妖精GM 「おつかれさまでしたー
下界はみえてないですよね」
こいし 「ちっくしょおおおおおおおおおおおおおおおおお!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営7 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 決闘者陣営1
ゲーム開始:2013/05/27 (Mon) 23:17:49