←戻る
【雛866】やる夫達の超闇鍋村 [1050番地]
~夏の匂いがしてきた~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 太子様GM
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
icon コンラッド・L・ローレンツ
 (nnm)
[村人]
(死亡)
icon キル夫
 (Nikolai◆
Xf.oAxnM9k)
[キューピッド]
(死亡)
icon やる夫
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[隠者]
[恋人]
(死亡)
icon ノエル
 (闇灰人◆
GBxcsWGkcg)
[翠狼]
[恋人]
(生存中)
icon こいし
 (もいもい◆
TeReTtELpQ)
[小悪魔]
(死亡)
icon アンパン
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[妖狐]
(死亡)
icon りりちょ
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[舟幽霊]
(生存中)
icon 夜食
 (シャーキン◆
mJvunVpsFs)
[萌占い師]
(生存中)
icon 久慈川りせ
 (そば◆
ouOTrD27LE)
[探知師]
(死亡)
icon 翠星石
 (あうるべあ◆
WokonZwxw2)
[仙狐]
[能力喪失]
(死亡)
icon インパルスサム
 (時報◆
TRqpTAwczg)
[天人]
[恋人]
[能力喪失]
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
 (みっこみこ◆
y58Dzoiy7E)
[毒橋姫]
(死亡)
icon 巽完二
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[門番]
(死亡)
icon ルナチャイルド
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[抗毒狼]
(生存中)
icon 真紅
 (修行僧◆
HAKAisoUco)
[印狼]
(生存中)
icon 物部布都
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[月兎]
[恋人]
(生存中)
icon りりぶら
 (スパーク◆
FjOpeTE2Ts)
[狂人]
(死亡)
icon カブト
 (満足ライダー◆
gXfl/IfVlM)
[老兵]
(死亡)
icon ジャックフロスト
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[毒狼]
(生存中)
icon ななこ
 (ふらい)
[紅蝙蝠]
[恋人]
(死亡)
icon 水銀燈
 (幻◆
ll6J2md5hg)
[人狼]
(死亡)
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
水銀燈 「ごーごー!」
やる夫 「夜食…それは本当に言ってはいけないことだお」
こいし 「ドラムロール!」
コンラッド・L・ローレンツ 「いやぁこれは……wwww
特等席で面白いものが見られたな」
ななこ 「あー、非モテ狼は恋人噛み抜きに正解せぇへんと投票成功してもアウトか」
水銀燈 「ふとちゃん護衛はいっているから、巽かインパルスか」
りりぶら 「まぁフライングに関してペナルティ与えるなら
今夜は真紅噛み禁止とかでは」
ななこ 「夜食www」
久慈川りせ 「お疲れ様だよ」
水銀燈 「お疲れ様。
まあGMから一言だけ入れておいたほうがいいかなって。フェアに勝ちたいし」
アンパン 「お疲れ様だアンパンだ!
すまんな、翠星石に狐を見た天人を演じたかったのがだ
狼には関係なかったようだアンパンだ」
コンラッド・L・ローレンツ 「お疲れ。」
久慈川りせ 「というか、結局共感なんてなかったんだ
小悪魔とインパルスちゃんの能力喪失で4だったのか…」
やる夫 「一応警告入れたほうがいいと思うお>GM
自分の勝ち負けよりそっちが心配だお」
ななこ 「「超過表示が見えてから噛んでください」くらいは言ってもええかもな」
翠星石 「おつかれさまです。」
コンラッド・L・ローレンツ 「私は噛みを奪うときはそうしているね>GM
とはいえ私は恋狼でも奪わない主義だが」
りりぶら 「私は超過時間1秒を見て噛んでるかな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
太子様GM 「自分の時計で見切り発車は、いくら勝ちがかかっているとはいえそれこそフェアじゃないかなって」
霧雨魔理沙 「GMから警告入れてもいいけど」
ななこ 「既にフライングしてる・・・というのは黙っといた方がええやろな。
下界視点では白熱した勝負なんやし。」
やる夫 「フライングないといいけどお…それだけが不安でしょうがないお」
太子様GM 「というか普通はさすがに超過のシスメ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます ←これ
見てから噛むもんかなと思うんですけどどうでしょう」
コンラッド・L・ローレンツ 「◇インパルスサム
 (時報◇
TRqpTAwczg)
[天人]←
[恋人]←
[能力喪失]
(生存中)

……まあ、能力がないと言う意味では蝙蝠でも間違いではないのかな……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「それは言っちゃいけないことだと思うけど」
アンパン 「ここでノエル吊りしたら
ほぼ狐勝ちアンパンだ…?
あっれー?」
水銀燈 「そのばあい、狼2狂人1狐1村2…ああ、引き分けるか」
ななこ 「たぶん3,2,1,0になった瞬間やとあかんのちゃうか。
0から-1のタイミングで超過表示とか。」
やる夫 「ノエル吊ったら村勝てないおw」
水銀燈 「ジャックフロスト吊りエキサイティンしたいかなー」
カブト 「これはひどい」
久慈川りせ 「パソコンによってちょっとタイミング違うんだよね>超過のあれ」
水銀燈 「私のPCの時計ではギリ超過いったと思ってたけど…うむむ…」
コンラッド・L・ローレンツ 「本当だ、超過前だな」
やる夫 「超過前噛み?
それ駄目じゃないかお…?」
水銀燈 「恋人3票、狼3人、非恋狂人1。村票がどうなるかね」
太子様GM 「ノエルさん恋人狼は割りとバレバレでしょうね
噛み先挙げずに黙って噛みまくればよかったでしょうに」
霧雨魔理沙 「狐は村に、恋は狼に流れを合わせてたら勝機を逃した感じかなー」
ななこ 「ログ見るとギリ超過前やねんけどなぁ。
>あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
の文章が出てへんし。」
りりぶら 「まぁ超過前に噛んじゃってるけどね」
アンパン 「あそこで水銀燈吊りではなく
私視点ほぼ偽だとわかっていた物部吊りが一番であったかアンパンだ…
まあ、ここまで村が吊られているのならしょうがないかアンパンだ
というか魔理沙が狼恋人に当たっていればー!」
こいし 「ノエル吊れば狐勝ちなんですよね、この場面」
やる夫 「ノエルは焦りすぎたおね…」
コンラッド・L・ローレンツ 「おや、噛みは奪えなかったと」
水銀燈 「真紅は最高ね!」
やる夫 「あ、噛み奪えなかったお」
水銀燈 「よしっ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
太子様GM 「恋人吊ったら実は狐勝ちでしたので
対立軸を放置するというのはこの配役では少し悠長だったかもしれませんね」
こいし 「いけー」
アンパン 「翠星石狐を把握しつつの
噛まれないのならばと言った天人をしたかったのだが
翠星石は基本疑われていたからな。私と繋がっているのならということなのだアンパンだ」
霧雨魔理沙 「目を離したらPPだった」
水銀燈 「残念!蝙蝠把握してる!>インパルス
りりぶら 「ノエル(人狼) 「夜食か完二噛みでいいでしょうと」
どう見ても恋人です本当に有難うございます」
ななこ 「アンパンは結局、どういう方針で行くかきちんと固められへんかったのが悪かったんちゃうかいなぁ」
アンパン 「うーむ、正解は物部吊りだったかアンパンだ」
こいし 「5-4-1」
カブト 「おつかれさまだ。天人をのっとった狐もまたこの狼村の中では恋人の手のひらの上ということか。」
やる夫 「ノエルは噛み奪えるかおね?」
水銀燈 「まあ恋人混じりは分かるわなwww」
コンラッド・L・ローレンツ 「お疲れ。」
アンパン 「お疲れ様だ負けてしまったかアンパンだ…」
こいし 「お疲れ様」
やる夫 「お疲れだお」
久慈川りせ 「お疲れ様だよー」
太子様GM 「これはひどいw」
コンラッド・L・ローレンツ 「しかし下界はずいぶん混沌としているなぁ
私が下にいたら混乱しまくった自信があるぞw」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 「ま、狐は吊られて恋人どうなるかってぐらいだお?」
りりぶら 「おう、色々間違ってるw」
コンラッド・L・ローレンツ 「彼女は噛まれだ>りりぶら」
りりぶら 「あ、りせが吊れてるから2だった」
ななこ 「とうとう村におらん蒼星石が出てきたで」
こいし 「えー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カブト 「カオスな下界だな・・・まぁ、村人二人しかいないが。」
コンラッド・L・ローレンツ 「PPが来るか。
少なくとも恋人は乗るが……さて、どこ吊りを指定するか」
水銀燈 「どっちに合わせるか言わないと…w」
りりぶら 「だが村は3だ」
やる夫 「ノエルは吊指定するおー」
ななこ 「お、ここでPP宣言」
水銀燈 「フロストの毒でどっかうまく飛ばせたら良かったんだけど」
太子様GM 「ノエルさん吊り3-3-2で狐勝ち」
久慈川りせ 「だよね、銀ちゃんたち視点それしかないものねー>銀ちゃん」
コンラッド・L・ローレンツ 「なんとなくで作ったCPほど強いCPもないからな>こいし」
水銀燈 「たぶん、狼がこのタイミングで夜食噛みするのを狙ってる>ななこせんせー」
ななこ 「このアンパン、何考えとるんやろな・・・」
水銀燈 「まあ翠星石噛めないし、アンパンも噛めないならそれしかないなって。>りせ
ただ、告発しても占い師の真決まっちゃうしぃ」
太子様GM 「あ、妨害してないのですか布都」
こいし 「赤青コンビに布都入れた感じ」
水銀燈 「>インパルス」
こいし 「なんとなく?」
水銀燈 「アンパンと夜食間違えてん。」
久慈川りせ 「お疲れ様ー
あー、仙狐ラインか。なるほど、通りでよく仙狐の能力喪失がすぐぱっと出てくると思った」
カブト 「飽和へのカウントダウンだ・・・」
太子様GM 「結果騙りした」
コンラッド・L・ローレンツ 「おや、お疲れ。」
ななこ 「噛まれないなら夜食吊りというのもあると思うんやけどな。
アンパンがなんか迷走しとるしノエル吊られもあるかもなぁ。」
コンラッド・L・ローレンツ 「しかしQPたちのつなげ方は面白いな
ななこ―やる夫もそうだが
ノエル―サム―ふとは何を思ったのだろう?」
こいし 「お疲れ様」
水銀燈 「お疲れ様」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
太子様GM 「そうですね、布都の攻め方は実にいい切り口だと思います」
コンラッド・L・ローレンツ 「妨害の線も消えた、と
あとは噛まれキャンセルしか残っていないな」
こいし 「りせ噛み夜食吊りならまだ道は」
やる夫 「って、布都…占い師妨害するお?
まあ、あのCOじゃできないかも知れないおけど」
水銀燈 「ふとちゃんナイスプレーなだけに、粘ってほしいなあ」
太子様GM 「萌えているので真占いが夜食しかいないには当てはまらないんですよね
自分が銃殺されてるって視点がモロに出ていて実は物凄く危うい発言」
りりぶら 「あー、占い妨害しないかぁ」
こいし 「うぐっ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ななこ 「おっと恋人狼が。大丈夫か?」
コンラッド・L・ローレンツ 「おや、恋狼が捕まった」
ななこ 「◇久慈川りせの独り言 「仙狐の指摘が鋭かったから銀ちゃんはあまり吊りたくなかったんだけど」
噛めへんかっただけやねん…」
コンラッド・L・ローレンツ 「真結果は出せるが、真占いとは限らないんだ>萌え占い
しかし確かに真扱いしたくなるのはわかるな、彼銃殺もできるはずだから」
太子様GM 「しかし私と同陣営になると言っておきながら
私の役職の天敵じゃないですかあれ
布都はあとでおしおきですね」
水銀燈 「うん、ふとチャン月系は思った!」
こいし 「萌えたよ!>あんぱん」
水銀燈 「んーお疲れ様。こういう配置ってあるもんねえ」
コンラッド・L・ローレンツ 「お疲れ。
君たちの中に裏切り者はいたよ」
太子様GM 「狼が気づいた」
やる夫 「お疲れだお」
こいし 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ななこ 「うっかり夜食が呪殺出したらアンパンも吊られるか呪殺かされるんやけどなぁ」
こいし 「6-4-2、かぁ」
カブト 「この人外村、まだまだ続くみたいだな。」
コンラッド・L・ローレンツ 「萌えた占いは真占いになり得ないんだよ……>あんパン」
ななこ 「アンパン・・・たった今夜食の”真”占いはのうなったで」
りりぶら 「アンパン 「他に真がいないのだアンパンだ!」
夜食萌えてるのにwww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
太子様GM 「いや萌えてる時点で真ないですからw」
コンラッド・L・ローレンツ 「本物の天人として動いているか
恋人がまだ死んでいないから、それを怖がっているか、だな>あんパン」
りりぶら 「ああ、なるほど」
太子様GM 「恋人警戒ですね>狼吊り」
やる夫 「恋人対策じゃないかお?」
ななこ 「恋人が怖いんちゃうか?」
りりぶら 「あれ? アンパン視点夜食真なのに狼削るんだ」
こいし 「ほーわ!ほーわ!」
太子様GM 「ここで恋人が飽和狙いに」
やる夫 「萌占いは忘れたころに来るおw
ま、まじめな話萌えを馬鹿にするとこうなるという村になるかおね?」
カブト 「お前か・・・」
こいし 「私だキリッ」
太子様GM 「私だ>真」
カブト 「萌え占い師が恋人に祝福の遠吠えをならしたか・・・」
コンラッド・L・ローレンツ 「萌え占いがついに萌えたか……」
やる夫 「夜食萌えたおw
吊ってしまうんだお!」
こいし 「夜食を吊り込めー^^」
コンラッド・L・ローレンツ 「しかしノエルの中の人は最近よくラグナのRPをやっているね
おや、結局狐を噛んだのか」
りりぶら 「萌えたwww」
こいし 「あ、夜食萌えた」
太子様GM 「また平和ですね
この村に狼なんていないのではないか」
カブト 「が、ここで天人狙いの狐噛みか。」
ななこ 「おーい物部、狐は恋人の味方やからな!
真占い見つけたら呪殺されんよう妨害しまくっとけばええねんで!」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ななこ 「狼視点では、
・ななこ紅狐-グレーに狐
・天人-猫又がライン騙り狐
の2つでどっちが真か断定でけへん」
こいし 「ぐぬー」
カブト 「5W2Fで飽和か。」
やる夫 「ま、奪ってもごまかせる人数だおけどね」
ななこ 「2Fいるとはわからんしな」
コンラッド・L・ローレンツ 「噛みは奪わない、と。」
太子様GM 「これノエルさん噛み奪っていいんですよね正直」
りりぶら 「あれ、噛み奪わないんだ」
カブト 「構わないさ、役目を果たせぬ老兵に意味は無い。
元より村人の少ない人外村だ。」
こいし 「噛みが通ればおっけー!」
りりぶら 「6-5-2だから飽和寸前なのよね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 「ここでノエルが噛み奪ったら面白いけどお」
コンラッド・L・ローレンツ 「なるほど門番は翠星石を守っていたのだな。
これが真猫又だったらなかなか面白い展開だったのだが」
太子様GM 「これ狼死体出しださないとどこ噛み殺しても負けるんじゃ」
ななこ 「アンパン、そこは完璧にライン繋げてグレーに狩人おるという体で行った方がええんちゃうか・・・
中途半端やと見抜かれんでー」
こいし 「私カブトのこと信じてたから!」
カブト 「ほぅ、仙狐の天人乗っ取りか。面白いことをする。」
コンラッド・L・ローレンツ 「お疲れ。」
やる夫 「普通に夜食噛みそうだおけど門番次第かおね?」
こいし 「お疲れ様」
やる夫 「お疲れだお」
ななこ 「狼はええ感じでウチ狐に見てるようやな。
となると、猫又CO-天人COがペア騙り狐は内訳的にありえへん。必然的にグレーの狩人噛みになるわけやな。
これは飽和狙えるでー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
こいし 「恋狼いるから多分大丈夫だと思うけどー」
りりぶら 「狼5の狐2だから」
やる夫 「あ、恋勝てそうだおか」
りりぶら 「明日噛めたら飽和だしね」
霧雨魔理沙 「恋勝つ?」
太子様GM 「そして狐二人が主導権を握ってしまう
挙句門番は狐でGJ」
コンラッド・L・ローレンツ 「順調にいけば恋勝ちかな。
というかこのままだと純粋な村があと3しか残らない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「6-5-2」
やる夫 「やる夫もいっそ霊能結果を安らかにでもしておけば面白かったおね」
りりぶら 「これ厳しいなぁ」
コンラッド・L・ローレンツ 「あんパン……だいぶ焦っているな」
こいし 「えっ>私猫又」
ななこ 「狼視点でウチが紅狐になってくれてたらありがたいんやけどなぁ。
ちょっとログ読んでくるか~」
やる夫 「アンパン焦ってるおw
気付いて占うといいお!」
コンラッド・L・ローレンツ 「そして本物の占いはGMが持っていった、と
……最近きみは真占いしに就職しすぎじゃないか?>GM」
りりぶら 「やだ私
的確に●出るところに○撃ってる…」
こいし 「さすがに露骨すぎでしょw>アンパン」
霧雨魔理沙 「これはひどいw」
コンラッド・L・ローレンツ 「おまけに本物の天人は恋人になって能力喪失……
とんでもないフラグ回収能力だな……」
こいし 「インパルスごめーんw」
ななこ 「これで夜食が萌えてくれたらなー」
太子様GM 「この天人騙りのケースはじめて見ましたよ
興奮を隠せません」
りりぶら 「そして天人恋人www」
霧雨魔理沙 「毒橋姫で蝙蝠飛ばしてた」
ななこ 「おお、その通りやったとは思わんかった。
んでそこ天人かい!
コンラッド・L・ローレンツ 「……本当に仙狐だった件について」
やる夫 「アンパン狐かおw」
やる夫 「配役公開だお!」
こいし 「だよね>狐」
りりぶら 「まさかのwww」
コンラッド・L・ローレンツ 「しかしとにかく、あの緑のたぬきは真っ先に吊り指定だな。
……あ>千個」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ななこ 「アンパン呪殺-翠星石仙狐で今夜蘇生、なんてびっくりを期待してるでー」
コンラッド・L・ローレンツ 「仮に猫又COが噛まれ逃れのCOだとして
狼が飽和寸前ならむしろ噛むと思うがね。
狐も恋人も消えていないのだし」
りりぶら 「でもQP引きたかったなぁ
絶対に真紅-夜食で撃ったのに」
こいし 「風祝とかが普通に風祝ですよーとか言うと思ってんの?」
やる夫 「ただ、翠星石偽は事実だお
こいし夢として…狐あるかお?」
アンパン 「死体無しだったら翠星石は狐だなアンパンだ」
アンパン 「まあ、こいしはどちらかというと夢っぽいので
カブトが噛まれていなければ夢と見るぞアンパンだ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ななこ 「2QPも占いCOする可能性あるしな。」
りりぶら 「うん、それは失敗したわ
自分の○から占いがきてどうしようか迷っちゃった」
やる夫 「んー、狂人は初日含めて3人だおから。
占いCO自体はたくさん出そうだおねとだけ」
アンパン 「いや、夜食が出ている以上出てきても良かったと思うのだがアンパンだ」
りりぶら 「遺言は直したと思うけど
もし間違ってても全部○だったから>アンパン」
こいし 「どちらにしろ、翠星石偽は明白
そこちゃんと吊ってよね>アンパン」
コンラッド・L・ローレンツ 「というか、「蘇生ログがない」ことをわかっておきながらなお
「素直に」猫又COと言えるんだな、きみは>こいし」
こいし 「あっそ」
ななこ 「狼視点蝙蝠もおるし。
狐はPP成功してからゆっくり探せばええはず。
どっちかと言うと身内恋人警戒ちゃうかな…

つまりや、もう1恋人飛んだ瞬間PP宣言もありうるでこれ。」
りりぶら 「あ、私は占いね
夜食○>ノエル○>こいし○

まだ大丈夫と思ってたわ… 出ておけばよかった」
アンパン 「りりぶらはCOあるか?アンパンだ!」
やる夫 「じゃあ、アンパン帰ったら配役公開だおね」
コンラッド・L・ローレンツ 「さあ。少なくとも、きみの真は限りなく低いというか……
狂人かな、とは思っている。>こいし」
こいし 「ないよ」
コンラッド・L・ローレンツ 「お疲れ。」
やる夫 「疲れだお」
ななこ 「狂人把握しきれんから伏せてる可能性もあるけど。」
りりぶら 「蘇生履歴あったの?」
やる夫 「狐いるから多分しないと思うお>ななこ」
りりぶら 「おっすおっす」
アンパン 「お疲れ様だアンパンだ!」
霧雨魔理沙 「まあ恋人でもそうじゃなくても吊ればいいのだ」
こいし 「じゃあ、私はなんだって言うのよ>コンラッド」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ななこ 「ところで8人狼陣営て、今日1人もへっとらんかったらPPやんな?」
コンラッド・L・ローレンツ 「●を出した相手が猫又COしたのを見て
『「素直に」猫又COした』と言う占いは、私の中ではアウトかな。>あんパン
あとはやる夫の結果を信じていいのかどうかぐらいだ」
アンパン 「ふむ、どこが怪しいか言って欲しいなアンパンだ!
こいしは自分の結果から夢か真かを考えてほしい

私的にカブトは真ならば噛まれると思うのだアンパンだ!」
こいし 「うん、だから噛まれたくないですよーアピールするってことは恋狼ありえるでしょ?
毒警戒で噛まれてないんだって言い訳ができるし」
コンラッド・L・ローレンツ 「……ふむ。
こいし、きみは翠星石を何だと思っているんだ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 「ま、狼だけが人外じゃないお>コンラッド」
ななこ 「いやいやこいし視点まずは翠星石狼やろ、「猫又素直にCOしたという事は」っておかしいやろ」
霧雨魔理沙 「あれが恋人なら死んだら負けなんで死ぬのが分かってる猫又COはしないと思うぜ」
コンラッド・L・ローレンツ 「あれが普通の霊能だっただと……!?>キル夫」
こいし 「猫又素直にCOしたってことは噛まれたくないってことでしょ
恋人もありえるかな、これだと」
やる夫 「そういえば普通に出てたおね>魔理沙
じゃあ、霊能結果だお」
霧雨魔理沙 「あー 交霊術で精神感応結果が出るなら前世は~って結果が出るからやる夫のそれは霊能結果だな」
ななこ 「ああなんか取り違えとったわ。
って事はアレやな、見え透いたCOで吊り回避するくらいPP寸前なんちゃうかこれ。」
やる夫 「でも翠星石偽なのは確かだお」
コンラッド・L・ローレンツ 「……現段階では保留。
この結果なら兜が噛まれるはずだから、兜が噛まれていなければこいし偽の可能性も見る>あんパン」
こいし 「つか、蘇生履歴ないじゃん!」
こいし 「翠星石猫又COしてるじゃん>ななこ」
アンパン 「翠星石は猫又だぞ?アンパンだ!」
ななこ 「こいし真-翠星石萌え占いもあるな」
コンラッド・L・ローレンツ 「いるのなら確かめるだろうね。
ただ正直、恋人のCOを当てにしてもいいのかどうか……>あんパン」
アンパン 「そうなるだろうなアンパンだ
まあ、明日私が帰れば翠星石を吊ることができるぞアンパンだ

こいしは真目だと思うか?アンパンだ」
こいし 「ぶっちゃけあれだよ、翠星石視点私夢もありえるのに
偽断定してるのはおかしいよね?」
やる夫 「まあ、そうだおね、実際これ死化粧でも来ないと微妙だお>ななこ
確かにあまり村っぽい場所ではないおね、QPじゃないかと思うお>コンラッド」
コンラッド・L・ローレンツ 「お疲れ。
……さて、翠星石偽と。きみが銃殺されたのに賭けたかな?>あんパン」
アンパン 「こいしは占いで当たっているのか?アンパンだ」
こいし 「うぎゃー!今日出ようと思ってたのにー!」
コンラッド・L・ローレンツ 「私が指示するのは精神感応かな、
キル夫がまったく村に見えないんだ>やる夫」
ななこ 「でもやる夫は別に役にたたんでもええで、ウチはそういうところで好きになったんちゃうしなダーリン!」
やる夫 「お疲れだお
占い?」
霧雨魔理沙 「妖精なら私夢毒者あるかもなー」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ななこ 「「村人」結果でも村吊ったんか狼吊ったかわからんとか、全然役にたたへんなー」
アンパン 「いるのなら確かめるはずさアンパンだ>コンラッド」
コンラッド・L・ローレンツ 「ほう、きみが妖精枠か。
暗殺に関しては今日の死体を待たないか?
いない気配しかしないが>あんぱん」
やる夫 「ま、多分霊能か精神感応が出たと思うお」
ななこ 「水銀燈がQPやったんちゃうか、初日やたらとウチのこと心配しとったしな」
やる夫 「交霊術師CO
初日夜 
交霊術師がきたお!
よし、明日から姿態を観察するお!!

二日目夜 処刑者 キル夫 村人
まあ、老兵即釣りなんて言ったら吊るしかないお
この手の位置は残してどうなるか見る場所だお。

じゃあとりあえず、結果を見るお。
こういう迂闊なことを言うのは、うっかりな村か確信犯的な人外か気になるのは事実だおけど。
どっちかといえば狂かお?」
太子様GM 「毒とは不運ですね
不運でしょうか、不運かなあ、不運だと思います」
やる夫 「しかし、なんでこことつながったのかわからないお」
アンパン 「交霊術かアンパンだ
ふーむ、情報は無いと。そしてななこは妖精かアンパンだ!

となると暗殺はいないみたいだな」
コンラッド・L・ローレンツ 「今、夜が明ける前に結果を出せるかい?>やる夫」
ななこ 「夜食-翠星石で結んだけどもちろん発動させるつもりなんてあるわけ無いわな。」
やる夫 「恋人じゃなかったら、もう少し活躍できたおね」
ななこ 「むぅ。やる夫がホイホイ吐くならうちもCOしよか。
鏡妖精COやで。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
コンラッド・L・ローレンツ 「きみが素毒で、たまたま逃亡に当たったとかなら
それはそれで楽しいな(フラグ的に)>魔理沙
ただ、私はあまりきみに村を見ていないよ」
やる夫 「交霊術師だおけど、ろくな結果がないお
霧雨魔理沙 「できりゃ恋人は吊るより噛ませたかったけどー
村村恋人なら投げようかー」
ななこ 「埋毒系やともうちょい噛まれようと発言がんばるんちゃうか?
飽和回避兼ねた毒狼っぽく見えるけどなー」
やる夫 「あ、やる夫のCOは遺言にかいてるお」
アンパン 「やる夫はCOがあるのなら言ってほしいなアンパンだ
まあ、恋人だから言わなくてもいいけどな」
やる夫 「魔理沙毒橋姫顔!?
ま、だったらしょうがないおね」
コンラッド・L・ローレンツ 「私は出しゃばらないでおこうか。
各自COをあんパンに伝えておくといい。」
ななこ 「くぅ、逃亡で毒にあたるとか運がなさすぎやろ・・・」
アンパン 「魔理沙は毒表記だったのか?アンパンだ」
霧雨魔理沙 「毒だー 毒橋姫かなこれは」
やる夫 「あれ、何が起こったのかお!?
お疲れだお」
霧雨魔理沙 「お疲れー」
コンラッド・L・ローレンツ 「お疲れ。
…………ええと、1CP消毒完了と。」
アンパン 「お疲れ様だアンパンだ!

恋人が飛んだか」
ななこ 「ギャース!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
コンラッド・L・ローレンツ 「ふむ。面白い票の割れ方をしたな。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
コンラッド・L・ローレンツ 「承知。>あんパン
ではあなたが、五日目前に戻らないことを願うばかりだな」
太子様GM 「布都がなんだかうれしいことを言っていますが
人はそれをフラグと呼びます」
アンパン 「そうだろうなアンパンだ
蘇生ならば私に蘇生がいることをアピールするはずだからなアンパンだ!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
コンラッド・L・ローレンツ 「ところで、蘇生チャレンジはなかった、と思っても構わないのかな?」
コンラッド・L・ローレンツ 「ふむ、しかし老兵は放置で私を噛むのだな。
……流石にまだ三日目だ、老兵人外を見るのは早すぎるか?」
コンラッド・L・ローレンツ 「狂人ならば占いCOなどを残すだろうさ。
重要役職を保護したと思ってくれ。>あんパン」
アンパン 「コンラッドの投票したところは魔理沙かアンパンだ
魔理沙が狼だからというのはあるかアンパンだ?」
アンパン 「うーむ、狂噛みとかなら助かったのだがアンパンだ…
この様子だと普通に素村みたいだしなアンパンだ!」
コンラッド・L・ローレンツ 「ああ、素村表記だ。
実際に素村かどうかまではわかりかねるがね。>あんパン」
コンラッド・L・ローレンツ 「ちなみに私のCOは遺言通り。
少し強弁だったのが効いたのかな。噛まれて何よりだった。」
アンパン 「素村で間違いないなアンパンだ>コンラッド」
コンラッド・L・ローレンツ 「……おや。何か持っていると思われたかな。お疲れ。」
アンパン 「お疲れ様だアンパンだ!」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
アンパン 「まあ、キル夫には恋人目などは聞かないさ
だが恋人目じゃない狼目や人外目がどこかは聞いていいだろうアンパンだ!

そこを吊ることによって恋人が守られるかもしれないアンパンだ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アンパン 「となると狼陣営も狐陣営も減っていないことになるのかアンパンだ…
まずいことになったな」
キル夫 「システム:キル夫さんは蘇生を辞退しました。」
アンパン 「了解アンパンだ!」
キル夫 「QPCOだから」
アンパン 「お疲れ様アンパンだ!」
アンパン 「ちょっと投票はアンパンか?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アンパン 「まあ、恋人は狼同士繋がって
狼はお互いに疑いあってくれればアンパンだ!」
太子様GM 「何やら下は楽しそうですねw」
アンパン 「カブトが真老兵ならば噛まれてしまうだろうなアンパンだ…
まあ、私が帰るまでに噛まれていなかったら考えるべきだなアンパンだ」
アンパン 「ただのちょっとメタルに光ったりするだけの
何も問題ないアンパンだ!>サム」
太子様GM 「さてさて隠蔽ですね」
アンパン 「うむ、ちゃんと下界は見えていないなアンパンだ」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営8 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1
ゲーム開始:2013/05/28 (Tue) 23:25:28