←戻る
【雛881】やる夫たちの超闇鍋村 [1075番地]
~20分開始予定~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 不幸なGM
 (dummy_boy)
[隠者]
(死亡)
icon ミクダヨー
 (B.A.D.◆
Friend9Sig)
[銀狼]
[共鳴者]
(死亡)
icon 汚い忍者
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[村人]
[仇敵]
(死亡)
icon 羽入
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[封印師]
(死亡)
icon スカウト
 (道路元標◆
qFi/JlgvP6)
[誘毒者]
(死亡)
icon 重音テト
 (Cメイト◆
Mate.e2zZs)
[村人]
(死亡)
icon 銀河美少年
 (真夜中の清純派◆
dozeuLS02Q)
[狢]
[仇敵]
[痛恨]
(生存中)
icon 千本桜
 (yashio◆
mu1d/ujsoE)
[厄神]
(死亡)
icon 深井零大尉と雪風
 (nnm)
[扇動者]
[元神話マニア]
(死亡)
icon スカイハイ
 (shyron◆
g8vrEnp/Sk)
[尸解仙]
[共鳴者]
[能力喪失]
(死亡)
icon ドミニク
 (森のトムさん◆
5DYYU5zxeQ)
[厄神]
(死亡)
icon 朽木白哉
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[人狼]
[仇敵]
[痛恨]
(生存中)
icon みー
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[紫狐]
[死の宣告]
(死亡)
icon チルノ
 (defenestrator)
[紅蝙蝠]
(死亡)
icon 火焔猫燐
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[占い師]
(死亡)
icon エレン
 (闇灰人◆
GBxcsWGkcg)
[ひよこ鑑定士]
[仇敵]
[痛恨]
(死亡)
icon 霧雨魔理沙
 (みっこみこ◆
y58Dzoiy7E)
[日妖精]
(生存中)
icon ドヤが夫
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[人狼]
[仇敵]
(生存中)
icon でっていう
 (シャーキン◆
mJvunVpsFs)
[狂骨]
(死亡)
icon こあくま
 (ふらい)
[翠狼]
(死亡)
icon リグル
 (修行僧◆
HAKAisoUco)
[火狼]
(死亡)
icon スッパダーマン
 (スープ)
[扇動者]
(死亡)
ゲーム開始:2013/06/06 (Thu) 23:25:28
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営8 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 決闘者陣営1 神話マニア陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
不幸なGM 「光学迷彩ェ!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
不幸なGM 「おつかれ」
チルノ 「おっつー」
不幸なGM 「なんというか狼場になってる気がする」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チルノ 「配役がそもそも狼有利だよ
あたい賢いからひと目で分かる」
不幸なGM 「紫狐が死の宣告だから……なぁ?」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
千本桜 「どういうことなの…」
不幸なGM 「お疲れ様」
千本桜 「あー、やっぱりチルノ嫌な位置でしたね…
発言なさすぎてつっちゃいけないところだと見てたんですけど」
千本桜 「蝙蝠はちょっと残したかった」
千本桜 「まあ、エレンがなんか持ってる、までは当たったからいいとしよう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チルノ 「(なんか持ってる、っていっても闇鍋でなにも持ってない人のほうが珍しいんじゃ?
いや予想あたいのかってな予想で皆を混乱させたくない)」
不幸なGM 「まぁこの村素村2人いるけどな」
千本桜 「いや、村側で自分で動く役持ってそうだなっていう意味の「持ってる」」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
不幸なGM 「お疲れ様」
こあくま 「むー、1発言間に合わなかった。」
千本桜 「おっと、これは美味しい」
チルノ 「よく見たら村人にマシな役職ひよこ鑑定とギリギリ尸解仙殺せる封印ぐらいしかいないじゃん
駄目みたいですね…」
こあくま 「ふーむ。村に怖そうな役職はないですね。
チルノさんが紅蝙蝠か~。まぁ蝙蝠だし別に狐騙っても悪いわけではないですが、ちょっと狼陣営に誤算が生じそうな…」
千本桜 「ぶっちゃけ、マジでそれくらいしか希望がない
寧ろ私噛まれでまだ良かった」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こあくま 「怖いのは扇動者による人外一網打尽くらいですかねぇ。
霊界でお茶飲んでのんびりさせてもらいましょ。」
千本桜 「普通の狩人くれよ!!」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
千本桜 「これはひどいwwwwwwww」
不幸なGM 「なんか配役人外有利すぎて困るな
マニア置換とかくらいはやるべきだったか」
火焔猫燐 「妖精w」
こあくま 「闇鍋で発生する狩人系列は、厄神である可能性が実に60%!
・・・くらいある気がします。」
不幸なGM 「お疲れ様」
こあくま 「おつかれさまでしたー
狼ががんばって殴ってたところは狂人でしたよ!ちくしょう!」
千本桜 「魔理沙楽しいでしょうねこれw」
火焔猫燐 「ちくしょう! 狂人かい! やらせとけばよかった!()」
千本桜 「ダーマが暴走してきたぞ」
こあくま 「みんな何喋ってんだかよくわかんないですよー」
こあくま 「ウホッ、いい指定。このままがんばって暴走村を演じて噛まれないようにしてほしいですね」
千本桜 「ところでちょーねむいです。
頑張って起きてたのに初回で噛んだリグルは吊ってください」
チルノ 「この村にマニア置換入れると、配役が村人陣営7の神話3になるね」
火焔猫燐 「リグル辺り吊れると助かるんだけどにゃあ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こあくま 「余計に村の勝ち目なくなりそうですね。
神話マニアが村コピーしたところで、狼は「そこ狂人は無いだろ、噛みで」で村陣営を着実に減らしていけますし。」
千本桜 「初手で私噛みだったのリグル投票だったからですかね?」
火焔猫燐 「こあくま、ベッドに行こう!ね!」
こあくま 「>下界の銀河美少年さん
だって長文打ってたら占いCOで●打たれてたんですもん。私真でも対応できませんでしたよー!」
こあくま 「やめてください!エロエロエッサイムとか言うつもりなんでしょう!
昔のAVみたいに!昔のAVみたいに!!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
不幸なGM 「お疲れ様」
千本桜 「えろいーむえっさいむーえろいーむえっさいむー
お疲れ様ですよー」
羽入 「お疲れ様なのです
狂人指定ですか・・・」
火焔猫燐 「お疲れさまー」
千本桜 「もう昨日の夜からヒャッハーする気120%でしたね<ダーマ」
羽入 「というか見事にニートしか村が居ないのですが・・・」
千本桜 「初日からほぼそんなもんだと思いますけど…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
火焔猫燐 「えろえろえっさいむ!えろえろえっさいむ!
地獄の釜の前で悪魔と契約!」
こあくま 「契約(婚姻届)ですねわかります」
羽入 「スカイハイ継続投票がボクの唯一の仕事の可能性と」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
火焔猫燐 「ひどいアイコン風景(」
でっていう 「おいおい、噛まれるのは止めてくれっていうwwwww」
こあくま 「尸解仙が噛まれて蘇生があった時点で投票してショック死させられるかどうか判定できるんで、生き残りさえすればほぼお仕事はありましたね。」
千本桜 「ムジナ絶好調!」
火焔猫燐 「ダーマッが的確に村狙ってるwくそうくそう!」
こあくま 「あ、これはリグルさん危ないかも。」
でっていう 「朽木あたり痛恨でぶっ飛んでくれねえかな、っていうwwwww」
千本桜 「暴走まとめとしてダーマは生き残れるのか!って感じになって来ましたねえ」
こあくま 「スッパダーマンさん噛みは予定調和ってヤツじゃないでしょうかねぇ
それでも2村吊り上げるのに成功したなら十分だと思いますが。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
でっていう 「宿敵全滅する未来が見えねえんだがっていうwwww」
千本桜 「ここから痛恨連打かもしれないじゃない…
痛恨3回くらいやらかした釣瓶落としはいたよ」
火焔猫燐 「痛恨で狼陣営、飛べ!(」
羽入 「んー狂人指定で吊られたのは村っぽかったからかどうか」
でっていう 「朽木痛恨してくれないと困るっていうwwww」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
不幸なGM 「お疲れ様」
火焔猫燐 「お疲れさまにゃー」
こあくま 「非狼目狙いなのは確実だと思いますよ?
それに狂人アピールするなら村っぽいところ指定のほうがいいでしょうし、そういうことも考えて羽入さん指定だったんじゃないかなと。」
ドミニク 「ウボァー」
こあくま 「やっぱり噛んじゃうんですねぇ・・・」
でっていう 「既に狼陣営だけで8票とかカンベンっていうwww」
火焔猫燐 「おう、噛め噛め! 噛むんだよ!」
千本桜 「やだ、あの銀河美少年黒いわ」
こあくま 「◇ドヤが夫(人狼) 「特に朽木はチルノ>小悪魔だから非狼非狐でみられる位置、だろ?」
だが痛恨である」
ドミニク 「ああ、紅蝙蝠……か、なるほどな」
千本桜 「そして意思の疎通をどこまでも阻害する魔理沙
楽しいだろうなこれほんとw」
羽入 「んーこれにーの宣告延長されてます?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
羽入 「にーじゃないみー」
こあくま 「3連続で人狼陣営当てるなんて~って事言ってたから延長されてるようですね」
ドミニク 「発動するのが投票した日から3日後、らしいな>死の宣告」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
でっていう 「お疲れさんっていう」
不幸なGM 「お疲れ様」
スッパダーマン 「噛まれたッ!許せるッ!
お疲れさん」
スッパダーマン 「よし、村2落としたな」
羽入 「村しか指定しない実に優秀な狂人なのです・・・
お疲れ様でした」
火焔猫燐 「スッパダーマンきさまー!(」
でっていう 「仇敵指定・・・許せる!っていうwwwwwww」
千本桜 「やだ、ダーマ遺言まで完璧…」
スッパダーマン 「げ、まだ狐いるのかw」
こあくま 「もう狼対狐の戦いですね。みーさん捕まえられるかどうか。」
でっていう 「美少年朽木エレンが痛恨で飛んで忍者吊って
あとはドヤが夫どうにかすればいいだろ?っていうwwwww」
羽入 「最近全然勝てませんね・・・」
でっていう 「FOなら迷彩掛かってないときにしとけっていうwwww」
ドミニク 「これはチーム戦だからな>羽入
流れもあるさ、今回みたいな配役だと特にな」
千本桜 「これは狼陣営多い上に、村の陣営が強くないし、妖精が凄い仕事するし…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チルノ 「暗殺でも引かなきゃ一人じゃムリダナ」
ドミニク 「たった一つだけ要因が異なるだけで、結果も変わる
たとえば俺が厄神じゃなくて狩人だったら、とかな」
スッパダーマン 「まぁ、俺の位置が普通に村陣営ならもう少しましだっただろう」
こあくま 「闇鍋だとさらに役職のランダム制なんかも加わりますしね。運の要素がものすごく大きいから、勝ち負けが偏るのは仕方ないですよ。」
でっていう 「そろそろ痛恨出てもいいのよ?っていうwwww」
ドミニク 「それにしても俺達は今回、何と戦うために就職したんだろうな……?>千本桜」
こあくま 「ダーマの褌・・・?」
火焔猫燐 「厄神が死んでいる、だったら狩人が生きていたって、いいじゃない(遠い目」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
不幸なGM 「お疲れ様」
千本桜 「…生きてても仕事ないから、初回で噛まれてホッとしたことは否定しませんよ」
火焔猫燐 「痛恨出ないとな!」
スッパダーマン 「ちょw狢飛んだら飽和するw」
汚い忍者 「お疲れだ
よう、ダーマやっぱり狂人か。
そりゃ俺に指定かけるよなあ。」
でっていう 「んー、もう村も俺様も勝ちはねーだろっていうwwww」
ドミニク 「自分の色がわかるだけマシ、とは思うが>千本桜
さすがに貴重な狩人枠がこれってのはな(苦笑)」
スッパダーマン 「お疲れさん
狂人許してッ!」
こあくま 「うーん、狐が厳しいですね。」
千本桜 「狼が勝ったらMVPはダーマですね、これは間違いなく
狐がどうなるか」
スッパダーマン 「というかPPする気だぞ」
でっていう 「PP仕掛けたとたんに痛恨2連続はよ」
スッパダーマン 「俺何もしなくても普通に狼ペースだったとおもうの、このオタ配役、許せるッ!」
ドミニク 「これで朽木辺りが痛恨で飛んだらお笑い草だな
……そういや、今夜は誰を噛むつもりだ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こあくま 「魔理沙さんがCOしたらリグルさん吊られるんですよね。2陣営という結果を出してるので蝙蝠が絡むと対立しちゃう。
飽和回避でむしろその方がいいかも、ですけど・・・」
スッパダーマン 「朽木飛べば飽和しないからいいんだがw」
こあくま 「狼の噛み・吊り候補が狐にかすりもしないですねー」
火焔猫燐 「エレンだろうねえ
真ひよこだって狼からは判断しやすいし」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
千本桜 「もう完全に妖精がやる気すぎるwwww」
スッパダーマン 「お疲れさん」
火焔猫燐 「お疲れさん~」
不幸なGM 「お疲れ様」
汚い忍者 「お疲れ、」
エレン 「さすがに無理がある」
ドミニク 「これならドヤが夫、だな?
……しかし、ここまで同じ顔が並ぶのは正直……アレだな、現代アート?」
エレン 「やっぱりそこか リグル無視ればよかった」
スッパダーマン 「というか村2かw」
でっていう 「村がテトとスカウトしかいねえじゃねえかっていうwwwww」
ドミニク 「さて、これで吊りと噛みを狐が逃れたら油揚げか」
こあくま 「ドヤ顔ダブルスってどんなテニスなんでしょうか・・・」
スッパダーマン 「これまっとうに狼吊ってPPでいいんだがw」
羽入 「この内訳ならGMは狂人持って行ってください・・・」
スッパダーマン 「ただスカイハイいるから大丈夫な気はするが」
汚い忍者 「ま、俺は言ったけどな
ダーマ狂人だったらまずいって
狂人だって狼分からなくても村っぽい所に指定はできるんだ

村が人外っぽいところに指定するようになあ」
エレン 「まぁいいや、狐勝ちなら」
ドミニク 「せめて俺の役職がガンダムだったらな……」
でっていう 「痛恨が仕事すればな、っていうwwww」
エレン 「そもそも俺この村出ても何も意味ねぇ 蝙蝠見つけた所で何も意味が無い」
千本桜 「これは狐に勝ってほしいなーw」
チルノ 「スカウト噛むのかなぁ
わけわからんねあたいには」
ドミニク 「おいおい、俺達や汚い忍者だっているんだぜ?>エレン」
千本桜 「リグル非狼

酷い誤字を見た」
汚い忍者 「重要役の代わりに狐視られて噛まれるとかか?>エレン
まあ、今日は占い以外ろくにいねえけど…」
スッパダーマン 「スカイハイ噛みが安定だが、噛めるか?」
こあくま 「チルノさんの狐遺言さえなければ~
まぁ蝙蝠ですしね。トホホ。」
千本桜 「占い以外録に居ないじゃない、占いしか居ない」
エレン 「意味無いな。 重要役はどちらにせよ噛まれる。
だったら騙りにくいCOで後半出たほうがマシか。」
千本桜 「尸解仙COして噛めって言ってるから噛むんじゃないかな」
チルノ 「そもそも狂人多すぎィなのでニートが噛まれるより狂人が噛まれないと結局駄目なんじゃないかな?あたいそう思うよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
エレン 「割とこう 日妖精はめんどいというか3回もやられると困る」
火焔猫燐 「あたしは狩人がいる可能性に賭けたんや…
狩人が、狩人がワンチャンいる可能性に……(涙枕」
スッパダーマン 「いや、流石に狐ケアし放題で狐放置はダメだろうw」
ドミニク 「『このあと、狂骨の残した痛恨がとんでもないことに!?』」
エレン 「くっ」
スッパダーマン 「俺噛まれてるw」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
汚い忍者 「ま、雛どうするかってえのは意見人によって変わりまくるなあってことはわかったと」
ドミニク 「……あー、その、なんだ>お燐
すまない」
羽入 「居ましたね・・・
守れない狩人が二人・・・」
千本桜 「狩人…引きたかったですよ私もドミニクさんも…」
汚い忍者 「お疲れだ」
チルノ 「あたいの狐遺言盲信なんてしないでしょ
そうかもしれないと思っても、そうでない可能性だって当然考えると思うよ」
でっていう 「リグル残しの狐ケアなら俺様勝てるやろwwwwっていう」
スッパダーマン 「お疲れさん」
エレン 「この村はとっくに狐は無視する方針で行く。 蝙蝠は残す。
狼削ってけばPPできなくなるからな」
重音テト 「お疲れ様」
エレン 「お疲れ」
こあくま 「だってよく考えたら、狩人系列には厄神・夢狩人・猟師と護衛できないのが3種類もありますからね・・・」
不幸なGM 「お疲れ様」
スッパダーマン 「ああ、理解してるみいたいだし大丈夫だな」
エレン 「しっ狐勝ちで間に合った」
火焔猫燐 「この村陣営の数である!」
重音テト 「私が指定役なら、最初にドヤが夫吊り指定入れてたけどうーん」
千本桜 「蝙蝠吊ってる余裕ないから初日にひよこでても仕方ない」
ドミニク 「むしろ疑うべき、とすら思うが>チルノ
狼がどこまで狐ケアを徹底できるか、という話だ
明日はやるみたいだけどな」
でっていう 「猟師は含めなくていいやろwwww>こあくま」
こあくま 「狼陣営が冷静なようでなによりですね」
汚い忍者 「てか、俺もなあ。
もう少しましなのくれと…いっそCO拒否ればよかったかねえ」
重音テト 「エレンに指定役投げるのもありだったかなぁ」
エレン 「ぶっちゃけチルノは入るからこそ無視で行きたかったてのもあるがな。
面倒くさいし」
こあくま 「いや、護衛もらいを期待っていう状況では猟師はカウントできないなぁと。」
エレン 「厄神2とかめんどくさすぎてやる気置きねぇよ……」
火焔猫燐 「あたしがCOした時点で半分くらい詰んでたのが泣ける(」
重音テト 「チルノ吊りは不可避だろうし、まぁいっか。
普通にやって勝てる内訳じゃない」
ドミニク 「1日長生きさせることはできるし(震え声)」
汚い忍者 「ま、あって狂人よりかはあって狐のがましだったか持ってぐらいか?>テト」
千本桜 「狐は狂人の動作したほうがよかったんじゃないかなとかなんとか」
ドミニク 「おい、めんどくさいとか言うな
俺達だって、できればもっといい役職になりたかったよ、公務員とか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
スッパダーマン 「多分一番指揮役適してたのエレンだよなw」
こあくま 「◇リグル(人狼) 「明日改めて狢COさせるとして・・・
魔理沙たのむから悪戯しないで(涙目」
>霧雨魔理沙 は スカイハイ に悪戯しました
>銀河美少年 は スカイハイ に悪戯しました 」
汚い忍者 「お」
エレン 「あぁ、尸解仙か面倒な」
重音テト 「狐もなー>忍者
あまり引きたくないや」
火焔猫燐 「魔理沙が楽しそうでなによりだね!」
エレン 「みーが死ぬのいつだ?」
千本桜 「消化試合なのと、眠気がもう限界なのでねますねー」
羽入 「まあ妖精の本懐ではありますね
ボクなら悪戯は真証明の1回にとどめますけれども」
火焔猫燐 「ミクおやすみ~」
スッパダーマン 「なんかケア怠って負けそうな気がしてきたw」
千本桜 「おやすみなさいー」
スッパダーマン 「お疲れさん」
重音テト 「ここまで愉快犯的に悪戯する位置って意味で
魔理沙日妖精は見えたかな、見えた所でって感じだけど」
ドミニク 「そういや、チルノ投票者に狼は1匹か
見えている地雷をわざわざ踏みに行く奴もなかなかいない、ってことだな」
エレン 「さすがに何回もやられると村どころじゃなくなるのが日妖精とかの厄介なところ草より鬱陶しい」
汚い忍者 「ま、そういや草妖精が真証明しすぎて村と人外が総出で殺しに来たのを見たこともあるなあ」
千本桜 「ケア怠って狐勝ちになってください(ニコ」
でっていう 「銀河痛恨飛んで狐勝ちとか楽しそうじゃね?っていうwwwww」
エレン 「草はまだいいんだよ 発言まではちゃんと見える
日は発言がわからなくなるからダメだ」
火焔猫燐 「魔理沙には意地でも噛まれを狙って悪戯してほしい(」
千本桜 「それだあああああ!<ムジナ飛び」
汚い忍者 「そしてかみ殺される魔理沙」
チルノ 「紅系なんて確定で重要役職じゃないんだから
そこつるより村人役職つり狙ったほうがいいのよ>人狼視点」
重音テト 「どうせ初日はチルノ吊りになるんだろうなーと思って
てけとーに投票しちゃった。まだ灰視が完全じゃなかったのはあるけど」
エレン 「あー銀河美少年に痛恨飛んで狐勝ちならないかな!!」
羽入 「えっと美少年が飛ぶと4-4-1ですか」
火焔猫燐 「痛恨! 痛恨!(わくわく」
でっていう 「ここで美少年飛んだら俺様MVPやろっていうwwwww」
スッパダーマン 「というかミクダヨー吊らなくていいよなw
そこ故意に死体なし出せるだろw」
ドミニク 「同意だな>チルノ
狐が吊れるってことは占い師も狩人も吊れないってことだ
もっとも、吊れそうなら仲間を吊られないように投票を叩きこむのは間違っちゃいない」
千本桜 「痛恨!痛恨!」
スッパダーマン 「多分本体のほうがいらないw」
エレン 「ぶっちゃけ狼は見えてる奴らには投票しない。
なんでかってそういうところは占い●出しても反論のしようが無い位置ってわかりきってるから残す。」
重音テト 「あんだけ狂人COが灰からぽんぽん出てって環境で、
4Wいるなら昨日の時点で1W削ってよかったね」
ドミニク 「エレンは発言を抑えている感じがしたからな、狐だと思ったぜ……へへ……
チルノは単独陣営、アタイにはわかるのよ」
不幸なGM 「これはひどい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
汚い忍者 「そういやそうだな>ダーマ
ここ噛んでたら狐処理も楽だってのに」
エレン 「発言抑えてるっていうか光学迷彩で殺る気が削がれたんだよ……」
スッパダーマン 「頭重過ぎる状態で進めるのは危ないからなー」
火焔猫燐 「殺る気ってこわい!」
羽入 「あ、どうでもいいですが初日ドミニク投票は吊れなさそうだったからですね >ドミニク」
ドミニク 「やる気を出すんだッ>エレン
貴方はヌクヌクとした内地よりも巨人と全裸で鬼ごっこをする最前線を希望する子でしょう?」
千本桜 「駆逐したい人だから仕方ない<殺る気」
汚い忍者 「で、俺なんて頑張って発言したらダーマが指定してこの野郎って気分だがwww」
こあくま 「いや、まぁ、今回はあまりといえばあんまりな狼場ですからね・・・」
重音テト 「ボクも羽入指定賛成なんて言っちゃったからねー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
エレン 「1回2回ならまだしも3回もやられたらどうでも良くなるだろさすがに
まともに発言も通らない」
ドミニク 「おいこら>羽入&汚い忍者
こら……うっかりそれで死んだら悲しいだろ……!」
不幸なGM 「お疲れ様」
チルノ 「名前隠すのくらいならいいけど光学は一番つらいね」
火焔猫燐 「とことん発動しない痛恨…!!」
でっていう 「1回くらい痛恨見せてくれっていうwwww」
ミクダヨー 「おつかれー」
重音テト 「一番吊りたかったのはドヤが夫だったのは確か。
ただ、あそこで反対してどうこうなる場でもない」
エレン 「明日……発動するかもしれないな!」
千本桜 「チッ<痛恨なし」
スッパダーマン 「がんばって発言する奴が狼ということも有る、うん
まぁ、指定全部スパイダーセンスだ」
ドミニク 「テトの疑い先の3人は7割くらい狼だと思ったさ、ああそりゃそうさ」
汚い忍者 「お疲れ。」
エレン 「というかアレだ」
スッパダーマン 「お疲れさん」
火焔猫燐 「魔理沙! やっちゃえ! やったれやったれ!」
エレン 「割とわかりきってるからこれとっとと投票して欲しい 
流れがもう見えてる」
汚い忍者 「ま、そういう妨害系も鍋の華ってやつかねえ
さすがにやりすぎると鬱陶しくはなるが」
でっていう 「いったっていうwwwwwwwすげえっていうwwwwww」
千本桜 「あれ、スカウト噛んだら飽和しないの?」
エレン 「やったところで噛む暇が無いだろ」
重音テト 「魔理沙は頑張るなー。
私が狼ならその努力を認めて魔理沙を噛む」
スッパダーマン 「いや狢が爆発すればw」
エレン 「ギリギリしない 日妖精がいるから」
チルノ 「尸解仙噛んで偶数なったからしない」
ミクダヨー 「アタイ死んでるから飽和しないんでね」
スッパダーマン 「そういう意味で何か違うゲームだぞw」
千本桜 「あ、今3Wか」
ドミニク 「今は狼が3匹だ>千本桜
つまり飽和のラインは7人、スカイハイ噛みで奇数から偶数になったしな」
エレン 「蝙蝠は村カウントで狼陣営のみって奴には引っかからない」
火焔猫燐 「明日は痛恨で朽木が飛ぶ!(確信」
千本桜 「明日スカウト噛んで、ムジナが飛べばいいと思います。」
スッパダーマン 「それ狼勝ちフラグだからw」
こあくま 「狼飛びなら問題ないんですけど、狂人飛びが大問題なんですよね・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
重音テト 「今回の村が進行として間違ったものだったとは思わないから、
単純に地力負けってことにしておこう」
重音テト 「お疲れ様」
火焔猫燐 「あ、狢は美少年だったw」
でっていう 「wwwww」
スッパダーマン 「お疲れさん」
スカウト 「・・・あ、本当に噛んでくれたんだ
って狐残ってるー!?」
ミクダヨー 「村噛んで押し切れた狂人がつおい(確信)」
火焔猫燐 「お疲れさーん」
重音テト 「燐のCOタイミングはあれがベストだしね」
ドミニク 「役職力(ぢから)が足りないな……>テト
ピクニックに行くんじゃねぇんだ!」
汚い忍者 「あ、魔理沙吊られるかこれ?
面白いけどw」
重音テト 「また、生きながらえた所で
燐本人に吊り数を増やす能力はない。溶かしたらアウトだし」
ドミニク 「実は今、一番勝利に近かったみーが……!」
こあくま 「みーさん吊りで魔理沙さん噛みですね、みんなの思いが一つになる瞬間・・・!」
スカウト 「これなら魔理沙吊って狐勝ちでいいよもう、うん」
重音テト 「まだ狂噛みが入れば何とかなったんだけどね>ドミニク
狼もきっちり噛むべき位置を噛んでいた」
ドミニク 「……そろそろ痛恨爆発しないかな(チラッ」
羽入 「割りと魔理沙吊りでみー勝利もありそうだったんですがw」
でっていう 「今4-3-1なら狢痛恨狐勝ちの目が残ったままなんだがな、っていうwwwww」
スッパダーマン 「折れたみたいだなw
狼も背中にナイフ突きつけられてたんだが、ただワンチャンあるで!」
チルノ 「まぁ、5%が5%2回か3回になるくらいじゃない?」
千本桜 「つーうーこん!つーうーこん!」
こあくま 「狂骨の痛恨効果がすっかり忘れられてるのが怖い」
ドミニク 「2コン! 2コン!」
火焔猫燐 「狢飛び!(バンバン」
汚い忍者 「狼も眠気凄いのか?
狐CO出てるってのに…それ背徳者もいねえのにメリットないだろと」
でっていう 「ま、狼吊るなら痛恨付いてる朽木からやろっていうwwww」
羽入 「むーじな!むーじな!」
こあくま 「スカウトさんが狐COしたところですからね。」
スッパダーマン 「スパイダー念力で朽木と銀河両方に痛恨を発動させてやろう」
ドミニク 「自分吊りを叫ぶ妖狐と、それをスルーして淡々と仲間を吊るす人狼
そして自ら噛まれに行く妖精

なにこれ新しい、敗北者村?」
エレン 「めんどくせぇなw」
汚い忍者 「まあ、狐放置して痛恨で飛んだら笑うが」
千本桜 「あー、敗北者村またやりたいな…
QPで初日に恋人が死んだ時の快感が忘れられない感じ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
エレン 「あー銀河美少年飛ばねぇかな-」
ドミニク 「『敗北を知りたい』は名言
死刑囚編の始まった頃は凄いドキドキしたもの」
スカウト 「お疲れ様ー」
リグル 「お疲れさん」
汚い忍者 「お疲れ
もう吊ってやれよw」
でっていう 「お疲れっていうwww」
火焔猫燐 「明日こそ狢が飛ぶ!」
スッパダーマン 「95%の勝利と5%の勝利だったな、許せるッ!」
不幸なGM 「お疲れ様」
重音テト 「お疲れ様」
千本桜 「みーが可哀想だw」
でっていう 「魔理沙wwwww
すげーなあいつっていうwwww」
エレン 「またかよ」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
深井零大尉と雪風 「うっかり信じてしまった>霊界のスカウト」
スッパダーマン 「明日飛んでも飽和しないw」
ドミニク 「明日こそは……! 明日こそは……!」
火焔猫燐 「>ドヤが夫 は 深井零大尉と雪風 に狙いをつけました
>◇霧雨魔理沙の独り言 「てい」
>霧雨魔理沙 は 深井零大尉と雪風 に悪戯しました
これだよ!」
不幸なGM 「お疲れ様」
リグル 「そういえば痛恨忘れてた」
スッパダーマン 「おまw狐CO噛めw」
深井零大尉と雪風 「おや。お疲れ。」
重音テト 「お疲れ様」
千本桜 「どうしてこうなったwwwwww」
羽入 「よくやりますね、ホントに」
エレン 「 」
こあくま 「◇霧雨魔理沙 「ふんどしー」 」
重音テト 「これで痛恨来たら楽しいね」
エレン 「これで痛恨飛んだら流石に笑えねーな」
ドミニク 「ここからまさかの痛恨2連続が(チラッ」
千本桜 「とべ…飛ぶんだ美少年…
いつ飛ぶの?今でしょ!」
スッパダーマン 「また5%の敗北ワンチャン有るw」
スカウト 「お疲れ様とゆーか、なんか・・・
何もかもがどーでもよくなってきた」
深井零大尉と雪風 「というか、みーを残していれば
圧倒的そこ噛みで狐ケア吊り祭りができたのではないかと思わないではないが」
こあくま 「たしかにここで狐CO噛んで死体無しが出るかどうか確かめるのが正しかった、のかな?」
深井零大尉と雪風 「みー違う、みくだーだ」
ドミニク 「TASさん「クリティカルが出るまでやります」
汚い忍者 「痛恨来たらいい教訓になるんじゃないかってぇぐらいか」
重音テト 「ボクは、自分が村で狼に上回れた時に妖狐勝利を望むような趣味はないけど。
みーの痛恨勝利を見てみたい、というのもある」
スッパダーマン 「これはひっくり返るで!」
スッパダーマン 「たぶん噛まない理由がないと思うんだがw」
エレン 「まさかスカイハイ吊って狢噛みとかするんじゃないだろうな」
火焔猫燐 「だってそのほうが面白いよ!(」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
リグル 「痛恨忘れてたぁ・・・うん もうちょいいいつめかたがあった気がする」
千本桜 「みーのこの絶望からの痛恨勝利が見たい」
リグル 「よし セーフ」
スッパダーマン 「ここで蝙蝠噛むと思う」
不幸なGM 「お疲れ様」
千本桜 「お疲れw」
重音テト 「お疲れ様」
みー 「お疲れ様…
疲れたー!!」
重音テト 「うがーww」
汚い忍者 「ないか、お疲れだ」
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました