←戻る
【雛883】やる夫たちの覚醒超闇鍋村 [1077番地]
~さとりを見たらまずライン騙りと思え~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード固定配役追加モード (TypeK:覚醒村)[K]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ウルガモスGM
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
icon ルシフェル
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[巫女]
(死亡)
icon 因幡てゐ
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[蓬莱人形]
(死亡)
icon 赤蛮奇
 (あたろう◆
kBmL/BcezU)
[閻魔]
(死亡)
icon 真紅
 (yashio◆
mu1d/ujsoE)
[憑狼]
[憑依者]
(生存中)
icon 先代巫女
 (へのへの◆
pRCHPQARpU)
[雛狼]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon こいし
 (abcdefg)
[百合天使]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon シン・アスカ
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[強毒者]
(生存中)
icon やらない子
 (アォ)
[連毒者]
(死亡)
icon リリーレッド
 (スパーク◆
FjOpeTE2Ts)
[翠狼]
(死亡)
icon ブロントさん
 (Friend◆
Friend9Sig)
[野狐禅]
[能力発現]
(死亡)
icon ニド・アヴァール
 (nnm)
[霊能者]
(死亡)
icon 球磨川禊
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[霊能者]
(死亡)
icon 金糸雀
 (lion◆
j/NqGsCTAc)
[埋毒者]
(死亡)
icon 忍足侑士
 (永遠の17歳◆
dozeuLS02Q)
[人狼]
(生存中)
icon 琥珀
 (空澄姫黒曜◆
z1XhdJ.lxM)
[寿羊狐]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon Mr.ブシドー
 (◆
7RZOliBygM)
[古狼]
(死亡)
icon 今泉影狼
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[精神鑑定士]
[憑依]
(死亡)
icon ショニキ
 (0w0◆
0RbUzIT0To)
[蝙蝠]
(生存中)
icon セイバー
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[毘沙門天]
(死亡)
icon エーフィ
 (C_T)
[百合天使]
(死亡)
icon 毛玉
 (カエデ◆
aU/GQqP0Gw)
[不審者]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
先代巫女 「ここでショニキが乗らない」
こいし 「まさかのコウモリ裏切り」
ブロントさん 「覚醒村だし憑依は目を向けるべきだよなーが結論だったな。ある意味」
リリーレッド 「やっぱり憑狼は強いね」
セイバー 「人外目は有ってるんだよねー
結果が伴わないだけで」
ニド・アヴァール 「…………
(連毒での村勝利、はなかなかに憧れるところではあるな。
……本当に、シンが強毒なのが惜しまれる>赤蛮奇)」
エーフィ 「でー 予想があってたわけだけど
なんでブシドーこれで余裕じゃないって思うかなあ・・」
毛玉 「( ゚Д゚)そーいやLWLW言ってたけど全然LWじゃありませんでしたねまる
一番狼つり怖いって言ってたの忍足自身だし…ほむ」
Mr.ブシドー 「>今泉影狼
仲間だからな、狼よ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Mr.ブシドー 「ショニキは乗るだろうな
というか蝙蝠なら乗らんわけがない」
赤蛮奇 「ほらニド、人外はこんな風に抵抗する余地も残さずギリギリで指定するもんだ… >ニド」
今泉影狼 「なんで忍足を除外してるんですかあ!>下界の私いい!!」
赤蛮奇 「連毒でまとめて人外吹っ飛んでくれればと思いつつ。
それはそれでネタになるからね >ニド」
ブロントさん 「ぶっちゃけ、村が噛まれないなーって位置が噛まれないのはおかしいからそこをどうするかを
考えるべきなんだよな。今泉とか憑依あるぞーだけど俺は飽和のほうが早く目指せるので」
毛玉 「( ゚Д゚)つまり蝙蝠敗北フラグですね(キリ>てうぃ」
因幡てゐ 「あ、色々間違えてた(わお」
ニド・アヴァール 「…………
(連毒に全てを賭ける展開……
それはそれで大いに燃えるが!)」
エーフィ 「まー 結果は物凄く妥当な感じ
こっちは刺し先が変わってればかあ、やっぱり難しいね」
セイバー 「正直真紅金糸雀吊るより前に吊りたかったしなー」
赤蛮奇 「攫うなら、憑依されてる可能性ある位置だったんじゃないかなーと村からの恨み言。 >セイバー」
今泉影狼 「憑依が付くから私攫いいいいい!!>セイバー」
エーフィ 「どっちにしろやらない子指定で終わるし」
因幡てゐ 「それ、村2奪ってくフラグウサw >毛玉」
リリーレッド 「まさかの強毒が仇となる展開w>毛玉」
ブロントさん 「あんだけ狐探してるんなら狼なんだろうなーだけど俺の場合噛まれるのと生き残って勝つの
が相反するのが問題」
Mr.ブシドー 「やらない子吊りで最大人数の勝利か」
赤蛮奇 「どの道今日狼吊れないと無理。
そして今泉が未だにつかれてるんでなお無理」
今泉影狼 「みんな序盤にここ覚醒村だから憑狼居るかもって話してたじゃんじゃんじゃん!」
毛玉 「( ゚Д゚)せめて埋毒だったら連毒ヒットで狼2人もってく可能性があったものを…」
セイバー 「見えたがあれどうしようもない>ブロント」
こいし 「コウモリ(ニコッ>赤」
エーフィ 「憑狼は、居る前提で考えないとほぼ無理だよ」
赤蛮奇 「ああ狼が勝ち見えたから適当になってるな」
先代巫女 「PP宣言して終了でいいじゃない」
ブロントさん 「てか、今泉物凄く隠す気なかったよな>発言で狼
狐しか探してねぇし」
リリーレッド 「まぁシン吊っても勝てるんですよね」
赤蛮奇 「私もこれならだれも得しない勝利の方が良かったかな?
勝者のいない狐勝ちさ   >>ブロントさん」
セイバー 「真紅怪しすぎたからな」
エーフィ 「憑依してる狼を攫えるならまだ勝ち目あったかもしれないけどね」
ブロントさん 「(ぶっちゃけた話噛まれずに村を燃やす方が個人的に幸せだった予感)」
今泉影狼 「憑依だよ! 毘沙門天の力で私攫ってくださいよおお!!>セイバー」
こいし 「大丈夫!
どうせサブが生き残ってたよ!>セイバー」
赤蛮奇 「いや、憑依してるからどの道勝ち目薄かったよ >セイバー」
エーフィ 「まあ、これで終了かな
狼は最早PP宣言できるレベルだし」
因幡てゐ 「お疲れ様ウサー」
セイバー 「まあそりゃ憑依か」
Mr.ブシドー 「御疲れ様」
こいし 「おつかれさーん」
因幡てゐ 「(赤なんとかが読めないからコピってたけど、面倒になったCO…)」
赤蛮奇 「あー。お疲れ様。」
ニド・アヴァール 「…………
(耐性は発動しなかった、か。お疲れ。)」
セイバー 「余を噛むなー!!!」
今泉影狼 「セイバアア!!
お疲れ様……
私に攫い使ってくださいお願いします」
毛玉 「( ゚Д゚)お疲れさん」
赤蛮奇 「毒を最後に残して吊る配置? >エーフィ」
球磨川禊 「『おー、噛めたみたいだね』」
金糸雀 「お疲れ様かしら」
先代巫女 「お疲れ様」
ブロントさん 「噛まれないから憑依なんだろうなーだけど、こっちとして指定取れるほどの位置に
いにいのが問題。忍足は普通に狼見えて今泉は決断早すぎて憑依かなーだった」
先代巫女 「てっきり憑依すれば逃げられるものだと思ってたわ」
毛玉 「( ゚Д゚)ほむ。よくわからんが村はだいたい絶望的だということだな」
リリーレッド 「噛み通った」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
因幡てゐ 「といっても、強毒は自覚できないけどね >赤なんとか」
こいし 「ほほう>憑きと攫い」
リリーレッド 「強毒とはわからないから…>赤蛮奇」
エーフィ 「憑依している位置を狙わないとダメだったはず」
赤蛮奇 「うん?
ああ、そういえば、強毒って狼狐限定だから、蝙蝠も鬼も容赦なくPPに乗れるのか」
Mr.ブシドー 「>ショニキ
いらぬっ!」
今泉影狼 「発言数も落ちてるしさあ!>憑依した私」
今泉影狼 「私の朝一CO全然おかしかったよね!
日記も出してないよね!」
こいし 「ある意味一番いい組み合わせかもよ?
勝利条件満たすとほぼ死ぬ親と親が死ぬと勝てる子狐」
球磨川禊 「『ショニキちゃんの脱ぎに期待しようか』」
先代巫女 「12. 対暗殺能力者
憑狼を直接狙うことで憑依中でも殺すことができます。

例12-1) C[暗殺者] → B[村人](A[憑狼]) → D[村人]
死体:B が無残な死体で発見されました (死因:「暗殺された」) (実際に死ぬのは A)
死体:D が無残な死体で発見されました (死因:「人狼に襲撃された」)

例12-2) A[憑狼] → B[村人] ← C[暗殺者]
死体:A が無残な死体で発見されました (死因:「誰かに憑依した」)
憑依:B[村人](A[憑狼])

あれ、憑狼って憑依直前って殺せるんだっけ」
今泉影狼 「こいつ嘘吐き結果だわー>球磨川」
ブロントさん 「んー、今泉憑依なー。引っくり返すギミックを持ってにいんだよな
見えるんだけどなー。それ言い出せてないからなー」
毛玉 「>毛玉さんの遺言
>未亡人原始人は否定だ
( ゚Д゚)今気づいた村人表記に原始人なんてものがあったのか(セルフツッコミ)」
リリーレッド 「逆ならほぼ勝てるけど
攫いが怖いからねぇ」
赤蛮奇 「親狐が勝つには噛まれ必須。
子狐勝つには親狐死亡必須。
覚醒村とは。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「『いったい、誰が嘘をついてると言うんだい?』>赤蛮奇ちゃん」
こいし 「逆を考えるんだー!>狼」
今泉影狼 「おにょれええええ!!」
こいし 「つ >てゐ」
球磨川禊 「『やらない子噛みでPPはできるね』」
赤蛮奇 「なあ今泉、なんでこいつは精神鑑定で正常出てるんだ?大嘘ついてるぞ? >今泉」
因幡てゐ 「つ >こいし」
ブロントさん 「狐陣営悲しみ背負いすぎてませんかねぇ……?」
エーフィ 「どっちにしろ攫いが憑依元じゃないから無効なはず」
今泉影狼 「この場合はね
憑依するとしても私に攫い使わないとダメ」
ウルガモスGM 「噛みが最速判定だから・・・どうなるんでしょうね?」
今泉影狼 「暗殺は憑依されてる所に暗殺で有効だよ
憑依する側を暗殺しても意味ないの
恋色決闘村でわかった」
赤蛮奇 「…ん、そういえば攫いと憑依ってどうなんだ…?」
こいし 「てゐちん握手」
球磨川禊 「『これも初心者騙りをした罰さきっとね』>赤蛮奇
『僕は初心者だけど』」
エーフィ 「憑依遺言が見えても
位置が2択だし」
リリーレッド 「蝙蝠は指定外した恩があるからPP乗ってくれると思うけど」
金糸雀 「ショニキがフラグ構築に余念が無いかしら」
因幡てゐ 「これさ、憑のやらない子噛みの場合って判定どうなるの?」
赤蛮奇 「ああ、攫いも不発。狼と蝙蝠勝ちだな」
エーフィ 「まあ、たぶんやらない子憑依して蝙蝠吊りで終了だろうね」
こいし 「これ憑きがない子噛んだらどうなるん?」
先代巫女 「やらない子襲撃のセイバー処刑でいいわよ」
赤蛮奇 「というか狐陣営悲しみ背負いすぎじゃないかと思うんだよな、私。
配役的にな?」
ニド・アヴァール 「…………
(お疲れ。)」
今泉影狼 「だからなんでそこ狙うのー!>セイバー」
ブロントさん 「うん。やっぱ今泉憑依入ってるよな」
こいし 「おっつかー」
毛玉 「( ゚Д゚)お疲れさん」
因幡てゐ 「お疲れ様ウサ」
今泉影狼 「お疲れ様だわー……」
金糸雀 「お疲れ様かしら」
エーフィ 「LWで狐噛みだって言ったら崩せなくはないかもしれないけどね」
リリーレッド 「セイバー噛んでPPかなぁ?
ここから詰め間違いしないで欲しいけど」
因幡てゐ 「今夜逃げるとかうんたらかんたらだったから…
今夜どっか逃げるのかな?今泉」
ブロントさん 「まあ、そこだよなー
お疲れ」
赤蛮奇 「お疲れ様。惜しかったな」
ウルガモスGM 「ショニキはHNそのままじゃないですかね」
今泉影狼 「憑狼で占い初日とか羨ましいんだよおお!!」
先代巫女 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ニド・アヴァール 「…………
(そのようだ。>赤蛮奇
確かにぎりぎりでは思考がおいつかない。
……次から人外になったなら有効活用するとしよう)」
赤蛮奇 「強誘導食らってる段階で、忍足狼は見えるだろうけどね。
けど抵抗するにはあまりに材料が足りない  >>エーフィ」
先代巫女 「あ、ほんとだ、真紅のところが赤くなってる」
毛玉 「ショニキは楽しそうだな…w
ところでショニキって何の名前なんだ?寅丸のアイコンだろあれ?」
先代巫女 「憑狼は今日逃げればいいんで」
今泉影狼 「気付いてセイバー!
攫ってセイバー! 私を! そこの偽私を!」
赤蛮奇 「絶対噛まれない位置になったからな、シン」
先代巫女 「・・・あー、雛狼だから『これ勝ったなー』とか思ったわ
私恋人だっけ」
リリーレッド 「書いててももう遅いけどね」
エーフィ 「んー・・村の指定だと思ってるなら仕方ないと思ってるのかもね」
ウルガモスGM 「精神から正常を貰ったら毒表記COってしなくて良いんじゃ無いですかね、やっぱり」
因幡てゐ 「遺言で何か書いてるんじゃないかなー?と」
赤蛮奇 「ギリギリ指定は人外の常套手段 >ニド」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
赤蛮奇 「ブロントさん無抵抗か」
ニド・アヴァール 「…………
(本当にぎりぎり指定だな)」
金糸雀 「ですよねー」
毛玉 「( ゚Д゚)まあですわな」
今泉影狼 「なんだこの指定(驚愕)」
ニド・アヴァール 「…………
(確かにな。毒蝙蝠で吊らない理由はない……)」
リリーレッド 「よし言った」
赤蛮奇 「ただし、攫い警戒して今晩セイバー噛む可能性も有るかもしれない。
そこで耐えられる可能性も…あったっけか」
因幡てゐ 「ほらきたー」
エーフィ 「だろうね、ギリギリ指定完全に狙ってるし」
球磨川禊 「『忍足がシンで死ぬ可能性はあるけどね』」
今泉影狼 「毒蝙蝠で吊らない理由ないじゃんないじゃん!」
赤蛮奇 「まあ狐吊れるね」
球磨川禊 「『多分、今泉がギリギリで指定すると思うんで』
『狐吊れてジエンドじゃないかなー?』」
因幡てゐ 「今泉が人外COしてるよ!!皆気づいて気づいて!!」
今泉影狼 「シン吊って今泉飛ばないかなー飛ばないかなー」
エーフィ 「ああ、これ狐指定して終わりそうだね」
先代巫女 「雛2Wとか地獄だわ・・・>シン」
金糸雀 「でも忍足が誘導してるしブロント吊れるんじゃないかしら」
赤蛮奇 「狐どこかなーとしか言ってないんだよな…。 >エーフィ」
先代巫女 「さて、忍足が誘導を始めたわね」
リリーレッド 「忍足がブロント誘導はじめたw」
Mr.ブシドー 「◇忍足侑士 「狐でBETすんなら、シンはない。
やらない子かブロントか言うたら、CO的にはブロント…かなあ」
これを拾えるかどうか」
因幡てゐ 「悔やんでも遅い罠という… >今泉」
エーフィ 「LW目だと思うなら狐狙いは不自然ではない」
ウルガモスGM 「探知師が居たら面白そうな展開」
今泉影狼 「私怪しかったら吊れって言えばヨカター!」
赤蛮奇 「ねえ? >因幡
そのへんおかしいよな。あと昨日の時点で嫌に狐だけ警戒してるのもおかしいんだが」
リリーレッド 「ただ噛んだの忍足だから
忍足が強く言わないとダメ」
こいし 「しかし指定役はどこを噛んだかわからない
絞られてはいるけど」
因幡てゐ 「毒で蝙蝠って言うから毒蝙蝠かと思ったら素蝙蝠COされてたー!

いや、村なら毒蝙蝠吊りじゃん」
エーフィ 「いや、憑依も狐の能力発言も読めないよ」
今泉影狼 「それ吊らん理由ないよねえええ!!>下界の今泉いいい!!」
球磨川禊 「『多分、これ負けるじゃないかなー』」
ニド・アヴァール 「…………
(狐噛み。これで狐には勝ちの可能性が出てきたが
……まあまず吊るだろうな)」
金糸雀 「「能力発現」もサブ?」
毛玉 「お、死体なし 狐噛んだかーまあ指揮役的に吊られるだろうけど」
赤蛮奇 「さて、毘沙門天、もう勝ちは無いな?
引き分けに行ってくれるといいんだがね」
今泉影狼 「発言数ガクッと落ちてるじゃん!
私偽じゃんやばいじゃん!」
Mr.ブシドー 「セイバーの敗北がほぼ決定した瞬間であった」
ウルガモスGM 「ブロントさん噛まれた
けど吊られそう」
因幡てゐ 「って、誰も霊界来てなかったw」
球磨川禊 「『能力発現しよった・・・!』」
金糸雀 「凄い、狐当てたかしら」
こいし 「はっつげーん」
赤蛮奇 「はっは、お見事」
因幡てゐ 「お疲れ様ウサー」
エーフィ 「あ、狐バレたね」
先代巫女 「あらどんぴしゃり」
リリーレッド 「噛んだwww」
赤蛮奇 「ん、今見たけど、憑狼と埋毒のランだったのかな、あの日は。」
因幡てゐ 「まぁ、そこ人外飛んでたら話は違ってたウサね >赤蛮奇」
先代巫女 「ブロントさん以外襲撃でショニキ処刑だと誰も得しない結果なのよね」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『占いとか他の要因が出てくればまた別だけどね』」
赤蛮奇 「グレランで毒からの村2飛びが一番痛かったな。そう考えたらさ」
因幡てゐ 「憑狼警戒ーって言っても結構忘れられるよねーw
あっはっはーw」
赤蛮奇 「というか6人3人外、且つ流動票2だから無理か。」
球磨川禊 「『それは、ブシドーちゃん決め打ちって言ってるようなもんだぜ』」
球磨川禊 「『ちがうよ、グレランで吊るべき位置だったんだよ』>今泉ちゃん」
エーフィ 「指定役が狼だってことに気づかないなら村も狐もほぼどうしようもない」
今泉影狼 「真紅吊りたかったああああ!!」
Mr.ブシドー 「やらない子かセイバーしか噛めない展開だな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニド・アヴァール 「…………
(ただその指定だとおれ自身が反逆した恐れが>今泉)」
赤蛮奇 「わりと村燃える路線だよな」
因幡てゐ 「ブロント噛みでワンチャン…でも吊れる気がしない…
狼が…うん」
今泉影狼 「ニド真決め打ちで残すべきだったあああ!」
球磨川禊 「『忍足ちゃん噛むんちゃうかなーこれ』」
毛玉 「フラグ建てたのにな…まさかなw>不審者」
赤蛮奇 「あ、たしかに >リリー」
今泉影狼 「ブロントさん噛め!」
リリーレッド 「というか完全無言は憑疑われるからまずい」
Mr.ブシドー 「御疲れ様」
球磨川禊 「『知ってるかいw』>毛玉ちゃん
『不審者って結構レアなんだぜ』」
赤蛮奇 「セイバーは正しいルートに進んでるんだけど、
けど毘沙門天だから正直教えてやる義理ないんだよな。

ま、そのままだと勝てないけどな」
ニド・アヴァール 「…………
(お疲れ。まさか自分の役職を把握していたとは……>毛玉)」
先代巫女 「観てなかったわー>金糸雀
明日観てみよう」
エーフィ 「というか3日目朝のあの感覚は以上
両方とも無残になって後追いって何ってレベルだったよ・・」
今泉影狼 「そこじゃないいい!!>セイバー」
こいし 「大コウモリとか占いで言わんて!
コウモリ結果見たらまず霧疑って静かに釣りに行くって!」
ニド・アヴァール 「…………
(すまない、返事が遅れたな。
ルシフェルはブシドー投票だし、霊能結果なしでブシドー非投票者を吊り殺す誘導、はできていなかった。すまん>球磨川)」
赤蛮奇 「なんというか…よかったな、萌えなくて >毛玉」
毛玉 「乙カレー やっぱ不審者じゃねーか!」
赤蛮奇 「お疲れ様。」
因幡てゐ 「お疲れ様ウサウサ」
今泉影狼 「お疲れ様……」
リリーレッド 「そういえばこの村初心者騙り四天王3人いるのね」
赤蛮奇 「覚醒枠が狐だったらどうするつもりだったんだ >球磨川」
エーフィ 「うーん・・こいし噛みになったのは大蝙蝠って言葉で占い目がでたからかなあ・・」
先代巫女 「お疲れ様」
金糸雀 「お疲れ様」
因幡てゐ 「ここで村吊りは痛いんだよねー」
こいし 「おっつかれさーん」
金糸雀 「些細な事だけど投票して赤くなるのは影狼じゃなくて真紅のとこなのね」
ウルガモスGM 「わりとこー
正直○ 嘘つき●という枕詞がないので見える気もするんですけどね >憑依」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
赤蛮奇 「ああ、この流れなら普通に村人が吊られて終わるだろうか……。」
球磨川禊 「『ック、僕が暗殺なら・・・』>赤蛮奇」
リリーレッド 「そか! 真紅への指定を遅らせたという意味で
私のCOにも意味あったのね!」
因幡てゐ 「(と、言いつつ細く微笑むGMだったと…) >GM」
赤蛮奇 「今気づいたのか。
けどあの人引き分けする気ないらしいぞ、且つか、村を燃やすかの2択だとさ >球磨川」
エーフィ 「バレなくて、RPもしっかりできるなら
憑狼は本気で凶悪」
今泉影狼 「そーか!
セイバーには私攫い指示出せば良かったんだ!
毘沙門天だし! 毘沙門天だし!」
因幡てゐ 「まぁ、終盤に変えたのがどう出るかー」
ウルガモスGM 「私だって・・・好きで占いを持って行った訳じゃないっ・・・!」
ニド・アヴァール 「…………
(昨日の時点でローラーしている以上、何ともな。>真紅吊り
どうも楽観的すぎる、とは思っていたが……)」
球磨川禊 「『そういえば、野狐禅じゃん・・・あの初心者騙り・・・』」
因幡てゐ 「…憑の強いところはここだよねー
変更しても問題ない」
赤蛮奇 「まあ指示役狼だからな >指定変更」
エーフィ 「まあ、確かに蝙蝠吊ってる余裕がないのは事実だけど」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「変えた!」
赤蛮奇 「セイバーそれ言わない方が嬉しかったかな! >強毒」
こいし 「全員負けの可能性が増えたな!」
Mr.ブシドー 「ショニキ吊りかえる必要がない状況だが、どうか」
今泉影狼 「うっっらないしいい!!>ウルガモス」
先代巫女 「依頼しただけー>てゐ
一応誰のどの発言を使うかとかは考えてまとめ始めてはいるわ」
赤蛮奇 「あー蝙蝠刺さった。しょうがない」
因幡てゐ 「蝙蝠吊りだー!!
問題ない問題ない!」
球磨川禊 「『だって、ほらブシドーちゃん非投票者に狼いるやん』>ニド
『霊能視点でそこ突っ込まない方が僕にはわからないんだけどねー』」
赤蛮奇 「まあ噛まれないことに違和感が向いてるな。
どうなるかなっていう」
因幡てゐ 「ある程度は進んでる感じなのね! >先代巫女」
球磨川禊 「『ロラしてる時点で止める明確な理由がないと多分むりじゃないかな』>今泉ちゃん
『昨日の時点ではね』」
ニド・アヴァール 「…………
(ルシフェルに関しては、特には。COに違和感はないし残してもよかった、とは思ったが。
球磨川人外を見たのは、それよりも前日の強い誘導かな>球磨川)」
Mr.ブシドー 「>今泉
さすがにそれはどうかな
リリー吊りの日にできたかできなかったかだな」
赤蛮奇 「ロラ止めてまで吊る理由は無いからね。しょうがないんじゃない? >今泉」
先代巫女 「私は処刑されたくない風祝の可能性を観て残したくなったりするかしら
わざわざ遺言に書いてあることをあのタイミングで言うメリット特にないし」
ウルガモスGM 「ここは蝙蝠COでも良い気はするんですけどどうなんでしょうね」
エーフィ 「だから憑依って強い
毘沙門天と強毒で崩せる可能性はあるけど、それ以前に終わる可能性があるし」
赤蛮奇 「毒表記山盛りだな、騙り含めて」
今泉影狼 「真紅昨日吊れば良かったー!!」
因幡てゐ 「これで村が憑依に気づくか、鬼が攫えば凄いワクワクするんだけど!!」
赤蛮奇 「ルシフェルは残したいから吊りたい、じゃない。
あのタイミングで巫女COするってほぼ真狼だから、残すんなら残して後で吊った方がいいかなって私は思ったんだが…」
金糸雀 「さすがカナの妹かしら……って頑張っちゃだめー!?」
先代巫女 「一応立ち絵の依頼はしてあったり>てゐ」
球磨川禊 「『真紅噛みの違和感はあるけど』
『今泉ちゃんに向くのはむずかしいよねーという』」
今泉影狼 「されてたよ!>ウルガモ」
Mr.ブシドー 「だなー>今泉」
ウルガモスGM 「何か前もコルクさん精神鑑定で憑依されてた気がする」
因幡てゐ 「意外と頑張る不人気!」
今泉影狼 「全然違うCOだわわー!!>下界の私」
赤蛮奇 「よくやるねえ >AA準備」
球磨川禊 「『吊りやすしじゃなくて残したくないから吊ったのだけれども』」
ニド・アヴァール 「…………
(お疲れ。)」
リリーレッド 「お疲れ様ー」
Mr.ブシドー 「御疲れ様」
エーフィ 「まあ、やっぱりそうするよね」
金糸雀 「お疲れ様かしら
憑依ねえ」
今泉影狼 「お疲れさ……ああ! 真紅!」
赤蛮奇 「はい、お疲れさま。」
先代巫女 「お疲れ様」
因幡てゐ 「お疲れ様ウサー」
ニド・アヴァール 「…………
(ふむ。となると2W警戒するように言った方がよかったかな。
そこまで思い至らなかったもので、すまん>エーフィ)」
エーフィ 「勝負を捨てる狼に見えない」
因幡てゐ 「進んでないんかーいw >先代巫女」
赤蛮奇 「指定進行だと、ブロントさんなすすべなく吊れそうだけどね」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『うーん、君ルシフェルちゃん残してどーしたかったの?』>ニドちゃん」
因幡てゐ 「そう考えると、結構見える村だよね。覚醒村って」
先代巫女 「ちなみにジューンブライド村の某計画は順調に進んでいるようで進んでいないわ」
赤蛮奇 「まあ指揮役奪って、指定がどう飛ぶかか。
シンに飛んで憑狼飛びが最高」
リリーレッド 「ニド真で球磨川が狼、私がLWで賭けに出た可能性とかは?>エーフィ」
エーフィ 「まあ、ニド真の金糸雀強毒の狼当たりの霊能に狼対抗だけ残りLWになるけど
狼2が霊能COで攻めると思うかって言われるとーね?」
Mr.ブシドー 「毛玉ェ」
エーフィ 「だから、2W確定のLWはないだろう推理
リリーレッドが真でもニドが真でも、ね」
赤蛮奇 「そうだね、覚醒枠が確実にいるから、そいつが何か考えてみるのはアリだったな。
指揮役の今泉が残されて、私が即死してるっていうのもそういうことともいえるかもしれない」
ニド・アヴァール 「…………
(というか、球磨川が真霊能だったことに驚きを隠せない
しかも隣同士で霊能っていう)」
球磨川禊 「『こいしや僕が覚醒狼の可能性はゼロじゃないけどね』」
先代巫女 「ええ、私がGMやってたわ>てゐ」
こいし 「ほあー
すんごいな
なるほど、言われてみれば筋が通ってる>エーフィ」
赤蛮奇 「ん、ここで憑依来るか」
エーフィ 「だから普通の狼と覚醒枠の狼が居るだろう推理だけどー
まあ、説明してる時間が足りなかったね」
ニド・アヴァール 「…………!
(自分の役職を把握している不審者だと……>毛玉)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「『初心者騙りだ殺せ!ブロントちゃんを』」
赤蛮奇 「ブロントさんは噛まれはしてもグレランで落ちるとか無いと思うんだ、私」
エーフィ 「固定枠の人狼と、覚醒枠の狼が抜けてるんだよね
そして囁き狂人だとしたらもうちょっと何か早いタイミングで動く、それこそ占いCOとかで」
因幡てゐ 「確かGMだっけ?詳しくは覚えてないんだけど!!
懐かしいー >先代巫女」
赤蛮奇 「いや、真面目に死にかけた……。私自身と相手のレベル差が大分違ったものでさ… >てゐ」
エーフィ 「あと、下界の2W確定推理は言いそびれたけど
遺言を受けたら古狼 雛狼、ここまではいいよね?
それで金糸雀がもし毒狼だとしたらの話だけど」
球磨川禊 「『まあ、鉄火場であるのはそうだけどね、毛玉ちゃんが萌えたら多分終わり』」
リリーレッド 「毛玉の独り言 「( ゚Д゚)俺どうせアレなんだろ不審者なんだろ
殴り合いはじめたとたんアオォーン・・・とか言っちゃう系なんだろ知ってる!」
wwwww」
先代巫女 「懐かしいわね>てゐ
先取りバレンタインデーだったわねたしか」
赤蛮奇 「さてどうなるかな…。まだ3人外のこってる…。」
球磨川禊 「『君の絶望村は残り3吊りで2W1Fをさすのかい?』>ニドちゃん」
エーフィ 「まあ、2Wは予想できたけど
占い初日までは想定できなかったもんねえ」
こいし 「噛み>攫いよね判定速度」
因幡てゐ 「いいなぁー…
私、魂移使はバグでノーゲームになったから…羨ましい >赤蛮奇」
ニド・アヴァール 「…………
(いや、絶望と言うほどでもないのかな。
2Wに狐もいたとは思いもよらない)」
こいし 「これカミサキだからワンチャンさらえちゃうの?」
先代巫女 「交換憑依は交換する前に死んだわね」
Mr.ブシドー 「御疲れ様」
エーフィ 「狼とロラなら十分な仕事だったと思うよ」
金糸雀 「お疲れ様かしらー」
球磨川禊 「『僕の嫁は・・・どこにいるんだろうか』」
Mr.ブシドー 「白は真確定している占いに占われ済みだったらしいしな・・・>赤蛮奇」
ニド・アヴァール 「…………
(お疲れ。まさかの絶望村とか)」
赤蛮奇 「ああ、お疲れ様」
こいし 「おっつかれー」
因幡てゐ 「お疲れ様ウサー」
リリーレッド 「お疲れ様ー」
赤蛮奇 「憑狼はやったことないけど、魂移使の交換憑依ならやったな。
…大変だった」
球磨川禊 「『・・・嫁!?』」
先代巫女 「お疲れ様」
先代巫女 「ただまぁ、毘沙門天が精神鑑定士浚うかというと憑依読みしかないからどうなのかしら?
この状況下で憑依を観るか」
こいし 「憑依は一回だけやったなー
ついて意味がある先がRPしやすいところじゃないとものすごく苦悶する」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
エーフィ 「精神を攫いはしづらいと思うけどね
指揮役狙いは」
リリーレッド 「憑狼恋人は真面目に勘弁して下さい
あれ胃がマッハです」
赤蛮奇 「酷いボーナスゲームを見た >ブシドー」
ウルガモスGM 「嫁!」
因幡てゐ 「憑狼とか、喋り方とか、もっと明らかな所では・の大きさとかでもバレるからねー
難しい難しい!」
金糸雀 「憑依はこう、やり切ったら超楽しい役職だなーとは思うかしら
カナにはとてもとてもって感じだけど」
Mr.ブシドー 「そういえば、嫁が楽しかったっていっていたな
憑狼
一番最初の憑狼は超ヌルゲーだったらしいが
白白憑とか笑えないか?」
赤蛮奇 「ばれなくても、適当にサブ探しで吹っ飛ばしてる最中に引っかかる可能性は十分にあるさ >エーフィ
鬼の方も、憑狼いるかどうか気にしてるかもしれないしね」
エーフィ 「だからまあ、真紅が憑依しないなら普通にPP路線で
憑依を使うならLWと思わせておいて勝利を狙うべきかな」
リリーレッド 「まぁ憑依は相手を騙るスキルも必要だから
真紅ができるかどうかって問題もあるけど」
先代巫女 「憑狼は引きたくないわね
RPが面倒」
こいし 「憑きを憑依前との違和感から発見して突きつけたい」
エーフィ 「そんなの言わなきゃバレないよ」
Mr.ブシドー 「>エーフィ
憑狼と敵対するぞ」
球磨川禊 「『憑狼なんてやったことないけどね』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ウルガモスGM 「引いてみたいんですけどねえ、憑狼」
球磨川禊 「『憑狼は好きに動いたらいいのさ』」
赤蛮奇 「いや、憑依した時点で「憑依」というサブがね? >エーフィ」
赤蛮奇 「何回か憑狼見たが、あれの動き方はいまだに私にはわからないな」
エーフィ 「毘沙門天はサブがなければいいから別に狼陣営と敵対する必要ないよ」
先代巫女 「毘沙門天なのはわかってるし憑依してからなり処理するでしょ」
赤蛮奇 「うん、今泉が噛まれないってそういうことなんだろうかとふと >憑依先」
因幡てゐ 「百合でも薔薇でも、QP2の時点で十分鬼畜ウサw >GM」
Mr.ブシドー 「強毒残っていて毘沙門天がいるのに???」
赤蛮奇 「強毒と毘沙門天が狼サイドのネックかね >エーフィ」
エーフィ 「だってこれ、真紅が精神憑依して指定していくだけで終わるよ?
強毒で崩れる可能性があるけど」
金糸雀 「ああ、単純に刺し先が被ったのかしら。百合天使だったらある程度絞られるから仕方ないかしらね」
赤蛮奇 「それ狼陣営にもあり得るからな…? >先代」
エーフィ 「占いがいなくて、憑狼までいる
超狼有利でしょ」
ウルガモスGM 「薔薇天使じゃないのはGMの人徳ですね(ニッコリ」
先代巫女 「能力発現して歓喜するブロントさん
しかしそこには毘沙門天が待ち構えていた

っていう展開プリーズ」
エーフィ 「鉄板に刺すか外すかで
ちなみに鉄板だと今回は真紅ー金糸雀」
Mr.ブシドー 「>エーフィ
えっ?余裕ってどこが????」
因幡てゐ 「FとDを押し間違えたのかと >先代巫女」
エーフィ 「QPとかにさした場合を考慮して今回は先手狙いだったんだけど
ちょっと悩んだね」
赤蛮奇 「というかどっちも百合天使か、何だこの村の天使どもは」
赤蛮奇 「わりとしょうがないタイミングだったと >エーフィ」
エーフィ 「うーん、もうちょっと早ければかあ」
先代巫女 「エーフィの方が先に刺してるわね」
こいし 「刺したと思ったら刺さってた」
こいし 「や、絶妙なタイミングだった>エーフィ」
先代巫女 「AGさんって誰だろう>毛玉」
エーフィ 「でー、これもしかして刺したの遅かった?」
赤蛮奇 「やっぱ遺言は徹底させよう(戒め

要らん混乱を招く」
因幡てゐ 「毘沙門都と蝙蝠次第?」
Mr.ブシドー 「御疲れ様」
エーフィ 「思った以上に狼余裕あったかあ」
こいし 「おっつかれさーん」
赤蛮奇 「お疲れ様。」
こいし 「死んで飛んでもそこが人外かってよっぽどじゃなきゃ判断できないし」
エーフィ 「あっちゃあ」
金糸雀 「お疲れ様かしら」
因幡てゐ 「お疲れ様ウサー」
赤蛮奇 「まあ真面目に考えると狼陣営に不利な役が来たなって感じ。
狼狐が恋人になった&覚醒枠が毘沙門天、って時点で随分アレ。

ある意味では、強毒は憑狼に対してかなり有効だしな。
占いで見つける必要なんかない。吊って当たればそれまでだから」
先代巫女 「お疲れ様」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『いや、どっちもが強いとかでなくてどっちも強いだと思うんだけどねー』>強毒と憑狼」
こいし 「強毒は自分も周りも自覚できないからねー
確実に人外に飛ぶっての知ってなきゃ強さは半減
だから割とバランスいいと思うの」
金糸雀 「>てゐ
なるほどねー
こっちは仕様がよくわかってなかったかしらw」
先代巫女 「というか5日目夜なのにもう11人なのね」
ウルガモスGM 「ふむ」
リリーレッド 「そういえばそうだったw>球磨川」
因幡てゐ 「そーだよー >カナリア」
先代巫女 「強毒者とか処刑してもよし襲撃されてもよしのチート役職じゃない」
因幡てゐ 「言った本人が日数更新し忘れる罠!! >先代巫女」
球磨川禊 「『それこそ、占い初日でイーブンじゃないかなーw』>リリレッドちゃん」
金糸雀 「てゐが憑狼警戒してたのって覚醒村だからかしら?」
赤蛮奇 「けど、この村でこのタイミングで強毒吊ってブロントさんに当たるとあんまりおいしくないっていう」
先代巫女 「雛狼取られても痛くない人狼陣営」
球磨川禊 「『強毒と憑狼どっちが汎用性あるっていったら・・・どっちもあるよw』」
リリーレッド 「古雛で相殺されてると思うのは私だけかしら…>赤蛮奇
しかも恋人にも取られてるし」
先代巫女 「◇因幡てゐ 「まぁ、ここで憑狼の警戒も言っておくかなー
遺言には日数入れといた方がいいよ?忘れた頃にくる憑狼!」

まさにこれね」
赤蛮奇 「そっち憑狼いるでしょ >リリー」
赤蛮奇 「エーフィの動きは確かにQPらしくないとおもうのは私だけだろうか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
リリーレッド 「強毒とか勘弁して下さい…」
赤蛮奇 「そうなんだよな、私をさっさと噛む意味に気付いていればよかった。
覚醒村だから十分憑狼あったはずなんだが。

まあ、閻魔で憑狼による死因がよくわかってなかった私が迂闊と言えばそうなんだがね。」
先代巫女 「引分要因が噛まれそうね」
因幡てゐ 「おっとー
シンが私の勘違い日記で憑狼想定したー!」
金糸雀 「か、カナを狼に見せかけようなんてするから罰が当たったのかしら……!(震え声>霊能割れ」
赤蛮奇 「あーあー修羅に火がついたぞ >下界のブロントさん」
こいし 「そんな中凛然と輝くコウモリ勝利の帯」
因幡てゐ 「閻魔を早めに噛むところから憑狼見れたのになー
気づかない私にざーんねん!」
赤蛮奇 「…尤も、今回は占いいないし、憑狼も下手に動かない方がいいかもしれないけどなあ。」
リリーレッド 「占い初日… だと?」
ウルガモスGM 「吊り先が決まってる時は投票を早くして欲しい本音
お疲れ様です」
リリーレッド 「なんでこういう時に霊能がいるのかしらねぇ」
金糸雀 「お疲れ様かしらー」
こいし 「おっつかれさーん」
赤蛮奇 「お疲れ様。」
因幡てゐ 「お疲れ様ウサー」
先代巫女 「お疲れ様」
先代巫女 「狂人の霊能COって火車ぐらいしかイメージないのよね」
赤蛮奇 「つっても、憑狼LWってそれはそれで悲惨なんだけどな >ブシドー」
Mr.ブシドー 「御疲れ様」
因幡てゐ 「けど、憑狼って下手すると鬼にさらわれるけどねー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
赤蛮奇 「私は霊能は高確率で吊り稼げる&狼に狂人アピールできる、ってことで
地味に有用とは思うんだがな、霊能騙り。
占いに比べて護衛来ないから狩られにくいし」
Mr.ブシドー 「なるほど、エース保護か」
因幡てゐ 「あぁー
4人中3人はわかる気がするウサ >赤蛮奇」
こいし 「対抗霊能がいなかったら真に見せれる可能性がある>ブシドー」
先代巫女 「私狂人で霊能者騙ったことないなぁ・・・
というか狂人で何かCOしたことないなぁ・・・
遺言で適当にしたぐらい」
赤蛮奇 「どうだろうな…。
まあ、憑きが吊られるぐらいなら、じゃないかねえ >ブシドー」
球磨川禊 「『な、なんだってー!』>赤蛮奇」
赤蛮奇 「なるほど。
鍋界隈には、「初心者騙り四天王」と呼ばれる4人が存在するんだよ >ブシドー」
Mr.ブシドー 「リリーって出る意味あったのかって状態なんだが」
赤蛮奇 「というか狼陣営5の編成であの吠えであんまり狂人いるようには見えてなかったかな」
ウルガモスGM 「狂人での霊能騙り便利ですけどね >先代巫女さん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Mr.ブシドー 「>赤蛮奇
普通村の方が好きでな、こっちは鍋用」
こいし 「あ、だめだこれ
全員負になるためにはコウモリが死ななきゃいけない・・・!」
先代巫女 「霊能者なんて騙るの狼ぐらいなんだから鑑定したところで正常しか出ないわよ」
赤蛮奇 「まあこれで1Wは轢ける、と。
精神鑑定を残してるのは憑依位置ってことか?」
金糸雀 「キムシジュンでもないかしらー!>ブシドー」
金糸雀 「ああ、ごめんなさいかしら。こっちの勘違いね>赤蛮奇」
赤蛮奇 「…そういえば、ブシドーの人ってあまり見ない人だなあ。」
金糸雀 「カナはキムじゃねーかしら!!!>ショニキ」
球磨川禊 「『なんで僕狼なんだろ?』」
Mr.ブシドー 「キムシジュンだったか」
赤蛮奇 「ああ、それは判ってる。
その直前に私に何か聞いてきてたけど、質問の意図がよくわかってなかった >金糸雀」
Mr.ブシドー 「>赤蛮奇
いや、初心者騙り四天王ってなんだろうなってな」
先代巫女 「金糸雀をキムって呼ぶの初めて観たわ」
赤蛮奇 「ま、この段階になったら占い初日は見えるな。」
金糸雀 「リリーレッドがカナに霊能で●出してるの>赤蛮奇」
因幡てゐ 「占い出ないなーと思ったら初日と…
しかも恋人全死してるのねー」
赤蛮奇 「ん?どういうこと? >ブシドー」
球磨川禊 「『あ、割れた』」
先代巫女 「あー、これはローラーされるわ」
Mr.ブシドー 「御疲れ様」
Mr.ブシドー 「リリーは毒狼主張か」
赤蛮奇 「ニドなんで出ないんだろうか」
金糸雀 「お疲れ様かしら」
赤蛮奇 「お疲れ様。」
こいし 「おっつかれさーん」
因幡てゐ 「お疲れ様ー
日付変える直前で噛まれたー」
金糸雀 「つ「カナのペッのAA」>球磨川」
赤蛮奇 「おかしいな、今泉に精神鑑定で正常を出されていたはずなのに大嘘ついてるぞ >球磨川」
こいし 「あ、そっかGMでも初日だけシスメ見えるのか」
先代巫女 「お疲れ様」
琥珀 「ちらっと見たらそんな事を言っていたので
では、こんどこそ落ちますね~サラダバー~」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
Mr.ブシドー 「>赤蛮奇
だれぞ?」
ウルガモスGM 「こう・・・シスメ集め的にもGMへの文句としても占い師は持って行きたくないんですけどねえ・・・」
球磨川禊 「『僕』>金糸雀」
赤蛮奇 「最近よく見るよな、占い初日 >球磨川」
金糸雀 「この村に初心者っているのかしら……」
赤蛮奇 「うわよく見たらこの村初心者騙り四天王が複数いる怖いわー」
こいし 「堕ちたコハク酸の復活」
球磨川禊 「『占い初日じゃなかったらそんなでもないんだけどねw』
『村の覚醒枠はシンかこれ』」
琥珀 「初心者騙りと聞いて!(ガタッ」
赤蛮奇 「逆にブロント生存で狼飽和すると誰も得しない村になってそれはそれで面白いと思うな」
先代巫女 「・・・まぁ、普通に萌狐見られて終わるんでしょうけどね」
先代巫女 「不審者はどうせ萌えるわ
そして霊能者が村人結果出して混乱を招くのよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
金糸雀 「あっぶな!>連毒
というか毒々しい、毒々しいのかしら!」
ウルガモスGM 「四天王が三人揃ってますからね
仕方ないですね」
球磨川禊 「『ブロントを殺せ!』」
赤蛮奇 「しかしこの村ある意味占いいなくてよかったなっていう >不審者」
金糸雀 「全員負け……?と思ったら野狐禅なのね」
こいし 「狼が3残ってる以上全員負けも・・・!
自分から人外判別できる役職もういないし」
赤蛮奇 「GM、初心者騙りが何か言ってるがどうする? >下界のブロントさん」
先代巫女 「それ前観たんで>GM」
球磨川禊 「『憑狼が毒かんでくれないかなー』」
先代巫女 「個人的には元仲間と蝙蝠応援だけども」
赤蛮奇 「というか連毒で村を吹っ飛ばしまくらなかったあたりまだマシ >金糸雀」
ウルガモスGM 「GMは全員負けに期待しています」
赤蛮奇 「ブロントさん噛まれそうな位置ではあるんだけどなあ。
占い初日なんで、まあ。
けどもう1Fで勝てるかっていうと非常にアレ」
Mr.ブシドー 「それほど悪くもない
よくもないが>金糸雀」
金糸雀 「カナ達毒同士でバチバチしてたのね」
球磨川禊 「『うん、占い死んでるそんな気はしたw』」
こいし 「おっつかれさまー」
Mr.ブシドー 「残念だ」
金糸雀 「投票遅くてごめんなさいかしら……
っていうか毒の当たり先……」
Mr.ブシドー 「御疲れ様」
先代巫女 「どうせなら強毒者に中ってくれればよかったのに」
ウルガモスGM 「上だったら大爆発でしたが
お疲れ様です」
先代巫女 「お疲れ様」
赤蛮奇 「酷い当たり方を見た。
お疲れさまだ」
先代巫女 「私も参加した村で連毒発動って観たことない気がするわね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
Mr.ブシドー 「む、わりとのこるか・・・そして狼のエースが」
こいし 「連毒発動って見たことないのさー」
Mr.ブシドー 「殺さんといかん」
赤蛮奇 「連毒あたりに期待してしまうな」
先代巫女 「古狐が古狼遺言を残すかどうかよ>赤蛮奇
古狐の古狼遺言なんて狼陣営に自分が古狐だって言ってるようなものだし」
赤蛮奇 「どうせもう浚える奴はいないさ。

…強いて言うなら、能力発現した野狐禅か、憑依した憑狼だろ?
村にとっては有益さ   >>GM」
Mr.ブシドー 「>赤
村の流れ的な意味で」
Mr.ブシドー 「憑狼にとってはいい形ではある
セイバーころさんと如何しな」
赤蛮奇 「なんでだ? >ブシドー」
ウルガモスGM 「攫いが通ったのは村と毘沙門天には美味しくないですね
どの道後追いで死んでたんで」
赤蛮奇 「強毒、憑狼、毘沙門天、だな。覚醒枠は。」
Mr.ブシドー 「まぁ、球磨川は吊られるだろこれ確定的に」
赤蛮奇 「古狼も真かわからないからな。
この前紅狐遺言残した紅蝙蝠いたし。 >巫女」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「おっつんこー」
先代巫女 「古狼遺言で霊能者2人は自分真ってわかってたんじゃないかしらね・・・w」
琥珀 「では、お疲れ様でした~
またどこかで遊びましょうね」
赤蛮奇 「というか毘沙門天の攫いに一発で引っかかったってすごいな色々と…」
赤蛮奇 「お、良い出方。
毒と霊能が真だと自覚した」
琥珀 「あ、こいしさんは気にしないで下さいね~
ただの寿羊狐よりやる気でましたし、一日ですけど楽しかったですよ~>こいし」
先代巫女 「私としてはあの遅さは処刑されたくない巫女系覚醒職の風祝を観て残したくなるけどね」
赤蛮奇 「野狐禅と寿羊狐とか狐陣営悲惨だな……」
赤蛮奇 「うわーそれはむしろ潜っていたかったな >GM」
琥珀 「しかし寿羊狐に狙われる野狐禅って……w」
Mr.ブシドー 「お疲れ>琥珀」
ウルガモスGM 「憑狼が居たんで鬼の攫いがなければ潜ってられたんですけどね >閻魔」
赤蛮奇 「お疲れ様だよ >琥珀」
こいし 「わかったよー
なんつーかすまんな!
またなー」
赤蛮奇 「へえ、そんで、他刺しが被りまくってこの始末と…。

…ああ、毒毒村。」
琥珀 「さて、蘇生もいないようですし、私は寝るとします
お疲れ様でした
ブロントさんにもし会うことがあれば
「すいません恋人じゃなくても貴方ぶっ殺す事前提だったんです(てへっ☆)」って伝えておいて上げて下さい」
ウルガモスGM 「『私だって就職するつもりはなかった』」
Mr.ブシドー 「御疲れ様」
こいし 「おっつかれさまー」
赤蛮奇 「……また占い師が初日なんですけども?」
赤蛮奇 「やあお疲れ様。」
先代巫女 「お疲れ様」
先代巫女 「村狼狐の3つで唯一覚醒職が保証されない陣営だからどうしてもね・・・」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ウルガモスGM 「月狐が出れば良いんですけどね >覚醒村」
琥珀 「覚醒だから不幸になると言うよりも
単純に覚醒枠で他の陣営が強化されるだけなんですよね」
先代巫女 「覚醒村は妖狐陣営が総じて不遇になる
今回は極端だけどね」
こいし 「刺したと思ったら私が愛してるとか出てあれ?ミスった?とか焦った初日夜」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルシフェル 「そんな役職で大丈夫か?>ブロントさん」
先代巫女 「私がこいし恋人知ってたらこいし魂の占い師読み襲撃提案なんてしないわよ」
琥珀 「というか、小悪魔と思ったら
両方に共感出てて矢被り確定した初日夜

まさかそうなるとは思わなんだ……」
こいし 「この狐はすごい
もうなんというか色んな意味で」
Mr.ブシドー 「>ブロント
イ㌔」
琥珀 「◇ブロントさん(妖狐) 「おいィ!!! コハクさんなんで裏切ってるんですかねぇ!?
野狐禅LFとかマジ勘弁してほしいんですが;;」


安心して下さい
最初から裏切ってますから、役職的に」
ルシフェル 「やっぱり今回も駄目だったよ」
Mr.ブシドー 「ああ、そっか>先代巫女」
こいし 「おつっかれー」
先代巫女 「お疲れ様」
先代巫女 「憑狼が天敵>ブシドー
あれ憑依のサブつけるから」
琥珀 「お疲れ様です」
Mr.ブシドー 「御疲れ様だ」
こいし 「あ、なーるる
んで狼が憑か」
Mr.ブシドー 「金糸雀が吊られてシンに当たれば絶頂してもいい」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
先代巫女 「ああ、その他枠の覚醒職の話ね>こいし」
Mr.ブシドー 「鬼は生き残りさえすれば勝利か」
こいし 「と強毒もかな?」
先代巫女 「それにしても、妖狐陣営は安定して不遇ね
覚醒枠は毘沙門天?」
琥珀 「毘沙門天だと、これ何があっても勝てなかったですねぇ……
人外狙いで攫われていれば動きとしては最悪なんですが」
ウルガモスGM 「私だって占い師を持って行きたくなんか無かったんです・・・」
こいし 「すごい勢いで人外死んだからなぁ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
先代巫女 「この配役で占い師がいないことがどう響くか」
先代巫女 「雛狼遺言あるのに人狼結果を出す意味とは」
ウルガモスGM 「閻魔的には憑狼が移る前に出てしまったのが美味しくない」
先代巫女 「霊能者系と埋毒者系多すぎでしょこれ」
こいし 「あー
みこちんこっちつながってるのわかんないもんねえ・・・」
琥珀 「で、まぁ、
やっぱり矢被りですよね……これ……」
先代巫女 「後追いは最後だもの」
こいし 「魂だったらもっと空気に徹するよ!
もっと慎重に行くよ!」
先代巫女 「恋人でも魂の占い師は邪魔だもの>琥珀」
琥珀 「ああ、違うのか」
ウルガモスGM 「矢被りで死ぬ前に攫いが通るんですね」
琥珀 「先代視点、こいし噛みさせる意味ないんじゃあ……」
先代巫女 「魂の占い師にしか観えなかったわw>こいし」
こいし 「刺したと思ったらなんでか私もつながってたんよ」
こいし 「あんな、
わたしな、
琥珀ちんと先代巫女にさしたんよ」
こいし 「コウモリっぽく思いなさいや!
もあああああああああ!」
先代巫女 「矢被ってるのね・・・」
琥珀 「お疲れ様です
いきなり浚いますかw」
Mr.ブシドー 「御疲れ様だ」
Mr.ブシドー 「せめて古狼でなければな
私の辞書に古狼で生き残る術が見あたらなんだからなぁ」
先代巫女 「わー
お疲れ様」
こいし 「み、みんなー!」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
Mr.ブシドー 「占いがいないし、勝てなくもなかろうが・・・」
ウルガモスGM 「覚醒枠 強毒 憑狼 毘沙門天と」
Mr.ブシドー 「というか毒多すぎないかこれ?」
Mr.ブシドー 「シン狂毒かよ」
Mr.ブシドー 「恋人・・・さらば・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ウルガモスGM 「あ、恋人消毒ですね >毘沙門天」
Mr.ブシドー 「って、それも違うな
小悪魔状態・・だと・・・」
Mr.ブシドー 「ちがうな
不発か」
ウルガモスGM 「お疲れ様です
いや古狼COって・・・」
Mr.ブシドー 「百合が重なっているな
自己か」
Mr.ブシドー 「で、狼裏切りが一人か
御疲れ様だ」
Mr.ブシドー 「すまんな狼の仲間よ・・・古狼COしてしまっているぞっ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ウルガモスGM 「まあ大丈夫だとは思いますが一応霊界に来た人に聞きましょうか」
ウルガモスGM 「隠蔽されてないのは久し振りですね」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営5 妖狐陣営2 キューピッド陣営2 蝙蝠陣営1 鬼陣営1
ゲーム開始:2013/06/07 (Fri) 23:19:38