←戻る
【雛918】やる夫たちの深夜超闇鍋村 [1120番地]
~深夜だろうが関係ない!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[陰陽師]
(死亡)
icon 上条当麻
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[白狼]
(生存中)
icon ルツ
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[夢毒者]
(死亡)
icon 鳴上悠
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[白狐]
(死亡)
icon 深井零大尉
 (nnm)
[占い師]
(死亡)
icon ホロ
 (長月◆
ITCiI48twyrs)
[人狼]
[羊皮]
(死亡)
icon こなた
 (◆
z5GhkRAfKk)
[巫女]
[受援者]
[羊]
(生存中)
icon 古明地こいし
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[比丘尼]
(死亡)
icon ウッディ
 (そば◆
ouOTrD27LE)
[老兵]
(死亡)
icon 広川武美
 (ポポカ◆
8ewPbovXwQ)
[山立]
(死亡)
icon やる夫
 (ベン◆
l0inEB.9TE)
[村人]
(生存中)
icon 霧切響子
 (Cメイト◆
Mate.e2zZs)
[月兎]
(死亡)
icon 響子
 (あうるべあ◆
WokonZwxw2)
[人狼]
(生存中)
icon ギルガメッシュ
 (鍵付き ◆
keynotFZgnXX)
[村人]
[受援者]
[羊]
(死亡)
icon セイバー
 (空澄姫)
[羊飼い]
(死亡)
icon パチュリー
 (◆
e596wfOJqI)
[静狼]
(死亡)
icon 西行寺幽々子
 (みっこみこ◆
y58Dzoiy7E)
[管狐]
(死亡)
icon 入巣京子
 (B.A.D.◆
Friend9Sig)
[紅蝙蝠]
(死亡)
icon インデックス
 (らいち◆
yiPAtFBvAw)
[毒橋姫]
[受援者]
[羊]
(死亡)
ゲーム開始:2013/06/19 (Wed) 00:44:43
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
GM 「さて、久々のGM視点だな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「おつかれ」
入巣京子 「●打たれて対抗できるCOは生存とは相反しちゃうから何とも言いがたい
お疲れ様」
GM 「紅蝙蝠だからしょうがないね」
入巣京子 「とりあえず、狐陣営にはこの先3村くらいは不幸になる呪いでもかけておこう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
入巣京子 「明日には全滅しようか(ニッコリ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
GM 「おつかれさま」
入巣京子 「ちっ、狐全滅すればいいのに
お疲れ様」
ギルガメッシュ 「我様の雑種に送るパーフェクト講座だ、心して聞け。

ワン、響子。霧切の方ではない。指揮取れる人~と聞いていることから指揮役に敏感な
性格のはずだがなぜか共有の囁きには触れていない。触れる余裕がない、と考えることができる。

ツー、インデックス。他の村人と意見が違う。そう、村が有利と判断している。
吊り数以外の何かを知っていると考えていいだろう。」
ギルガメッシュ 「書いたものを出させろ」
ギルガメッシュ 「この場合セイバーを羊飼いと認識させることで狼が羊を活用するリスクと。
羊をバラさないことで後でひっかけるメリットがあるが。
今回は言うことで安定化を図る。下手なことを打つよりは、という意味で。」
ギルガメッシュ 「ま、吊るならインデックスか響子といったところだ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギルガメッシュ 「久々にまともに推理すると噛まれる辺りが素晴らしいというか。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「おつかれ」
ギルガメッシュ 「お疲れ様。仕方なし、といった面はあるだろうな。」
インデックス 「おつかれさまー。まぁ、明らかにあかんかったねぇ」
ギルガメッシュ 「ジョーカーは足音の出ない狩人の護衛、か。偶然とはいえ占い護衛。
面倒なことに白がいるよ!ってのはあるけれども。」
ギルガメッシュ 「我様が生きていたら投票を悩んだ位置だよ、貴様はな。霊界に張り付けたが、吊り数が足りていないのにも関わらず有利といえる根拠を出す様子がなかった。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
インデックス 「うんごめん、それに気付いたのが2日目はじまってからだったんだ<吊り足りてない。
その辺でパニクったしなぁ……気軽に入るとほんと大変だったよ」
ギルガメッシュ 「我様も久々でな・・・確か。そこの広川よりは恐らく久々ではないんだが」
インデックス 「元々鍋10戦程度しかしてない上に……2ヶ月ぶりくらい?
やー、吊り数数えるのすら忘れるとは自分でも思ってなかったけどね。」
ギルガメッシュ 「しかし確か2個ほど前の村で言われたことだが意見と行動の不一致はやはり人外要素だな。吊れる位置と考えるが。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
GM 「おつかれ」
ルツ 「うっし噛まれたけど夢毒者だちくしょう!」
ギルガメッシュ 「派手な遺言だな。しっかり素村で噛まれる我に寄越せ。どちらも意味ないが。」
GM 「どっちも飛ばない毒だしね>ギルガメ」
ルツ 「毒ならなあ
俺毒ならなあ!」
ルツ 「インデックスの反応が凄い投票能力系に見えた
すまねえ!」
ギルガメッシュ 「占いが白狐を占った、と。面倒な位置に入ったな。霧切よりマシとも言えるが」
インデックス 「やー、あれでむしろ私吊れないならそっちのが気になるけどまぁ……
ホロ吊りには持って行けたかもなぁ、くらいだけど。」
ルツ 「白狼囲いよりはマシ」
ギルガメッシュ 「インデックス吊らないのならばホロを吊るというライン的発想か。
もしくはその二人は残して単純に怪しい位置を吊るか。
今回の村の傾向としては安定第一なのでインデックス吊りは妥当だろう。」
インデックス 「初日、3日目の発言傾向考えても、私吊りはなんとも妥当すぎるしなぁ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギルガメッシュ 「パチュリー夢ってことで上条さん吊れないかな、という希望」
ルツ 「パチュリーが幽々子噛んでくれねえかなあ
それか響子」
ギルガメッシュ 「その場合こなた狼だからセイバー羊飼いって言う意味がないか。
となるとパチュリー方面からの白狼は厳しいな。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギルガメッシュ 「霧切は噛まれるかといえばかなり怪しい位置だろう。一番噛まれそうなのは鳴上だが。」
GM 「おつかれ」
ギルガメッシュ 「お疲れ様」
ルツ 「お疲れー」
ホロ 「悲しみの毒共じゃな~」
ルツ 「鳴上噛みなら大丈夫大丈夫
そして幽々子噛め! 噛むんだ狼!」
GM 「狼陣営は白狼便りだけど
羊のせいでその効力は低いんだよね」
ギルガメッシュ 「幽々子は面倒だから占われればいいのではないか(こなみ)」
ルツ 「スバルんとミカタ野郎に挟まれた俺を助けてくれ」
ギルガメッシュ 「まあその、うん。セイバーは何かすまんな!受援者散りすぎである」
GM 「しらんがな>ルツ」
入巣京子 「よーし、これで幽々子呪殺が出れば私は気持ちよく寝れる」
ルツ 「げえ>霧切」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
インデックス 「じゅえんしゃCOかつ毒COとかして良いのか迷ったレベルだからなぁ。
吊られないわけがない、と思ったし。」
ギルガメッシュ 「わお>月兎」
GM 「灰妨害怖いです」
インデックス 「妨害すごいんだよ……w」
ギルガメッシュ 「根拠としては十分だ。ああ、十分だ。だがそれを実行に移せるかといえば別」
ルツ 「俺に比丘尼ください」
ルツ 「噛まれたじゃん! 噛まれたじゃん!?」
ギルガメッシュ 「鳴上を2日目に妨害していることが大きいな。狼との決定的な情報量の差だ。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
GM 「おつかれ」
ルツ 「お、良い感じ>人外占いで失敗」
ホロ 「投票遅かったのは占いじゃったか」
ルツ 「お疲れー」
鳴上悠 「うわー、白がいやがる・・」
入巣京子 「比丘尼が発動さえしてくれれば呪殺出るんだけどなー
お疲れ」
ギルガメッシュ 「わお、妨害先はしかし都合悪く狼。そこ吊りが入るな。ここでこいしとかだとかなり上出来だったが」
鳴上悠 「否定した理由はそのほうが面白いからだろ>セイバー」
鳴上悠 「・・・ギルガメッシュが村だと・・!?」
ルツ 「村だよ!>鳴上」
鳴上悠 「・・・明日は槍が降るな・・・おい・・・」
ギルガメッシュ 「ふん、この村で鍋での人外率がなんと42/51になったぞ!」
ルツ 「金ぴかってそんな人外多いのかよ!?」
ギルガメッシュ 「前にもこのようなことを言ってその後人外連続した気はする」
GM 「ひどい確立だ」
鳴上悠 「でも・・・素村なんだね・・・派手な役職じゃないんだね(ホロリ>ギルガメッシュ」
ギルガメッシュ 「我様の輝きは村人陣営だと霞むようでな・・・」
ルツ 「噛まれる素村は良い素村っと」
鳴上悠 「まったく、いい村人だろ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギルガメッシュ 「生き残っていればインデックスと響子に噛み付いていたよ。遅かれ早かれ噛まれていた」
鳴上悠 「つか、インデックスがこっちに来るのはちょいと珍しいかね」
インデックス 「それどころか人狼自体が最近あんまりーだね」
鳴上悠 「まあ、ほぼ間違いなくだけど大尉は噛まないだろうなー」
GM 「俺は久々のGMだな」
ギルガメッシュ 「久々といえばそこの広川もそうだろう。するりするりと生きているが、あれはそういう奴だというのが理由としてある」
鳴上悠 「にゃるにゃるwそのリハビリになんで鍋を選んだのかはわからんけど>インデックス
同村できて嬉しいよ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「おつかれ」
鳴上悠 「GM誰かと思ったら黒紅さんかw」
インデックス 「え、建ってたから。>このミカタ野郎さん
や、けど流石に役職とか陣営数とかの情報量に勝てないねぇ。」
ルツ 「お疲れー」
GM 「今気づいたのかよwww>鳴上」
ギルガメッシュ 「ミカりんはそういう発言を昼にしてくれれば「こいつ夜会話してるぞぜってー!」と我様が言えたのだが」
ルツ 「初日に蝙蝠言ってたじゃん!>スタ番長」
鳴上悠 「まー、10戦くらい連続でやったら見えてくるよー>インデックス
流れとかそのあたり」
パチュリー 「むっきゅん」
鳴上悠 「そういう発言ってなにさw」
ギルガメッシュ 「夜に共有の囁きとか気にしないのに指揮役にはこだわるとか、夜忙しい系のサムシングな台詞>鳴上」
鳴上悠 「広川ちゃんw
まあ、山立はややこしいしなー慣れてないと」
ルツ 「広川さっすが!」
GM 「山立て怖いおー」
鳴上悠 「あれ?おれ指揮役にこだわってたっけ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルツ 「山立(やまだち)な、やまだち」
ギルガメッシュ 「鳴上はそういった様子はなかったよ。ただ、明らかに逃げ腰ではあった。そこが噛まれた理由と推測するが」
ギルガメッシュ 「ぽぽやんが仕事をしているようで羨ましい。いや我も噛まれたけどね?」
鳴上悠 「え、逃げ腰と言うかジャブは入れてたつもりだったんだけども?
ふむ?」
ギルガメッシュ 「・・・物部布都だったか、次回のRP候補として調べておこう。」
GM 「というかなんで俺が立てる鍋って
人外村で狩人2人出るんだろうか」
鳴上悠 「しっかし、こなた護衛はすげーなーと思う」
ルツ 「その方がバランス取れるから良いじゃん?>GM」
ギルガメッシュ 「ジャブだけいれて立ち去って空気パターンの狐はほどほどに多い気はする。
しかし我様も霊界での感想を入れないようにしてもやはり入っている。検討会で、だな。この辺りは。」
入巣京子 「私が狼になると占い系3狩人系2がデフォだったり狐になると猟師が高確率で出るのと
同じ現象みたいなものじゃない?」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ルツ 「お疲れー」
ルツ 「って死体無しだっけ」
ギルガメッシュ 「大尉を護衛しないのならばこなた護衛、というところか。
ウッディ護衛は今までから考えて噛まないとみたか。」
鳴上悠 「そうだね!滅びよ!>入巣」
GM 「200以内っていってるじゃん
占いもっと早くやってよ」
入巣京子 「今回ばかしは狐陣営全員に滅びる呪いをかけさせてもらう
何してくれてんじゃ!>鳴上」
鳴上悠 「大尉の心証がマッハになる瞬間である」
ルツ 「多分日記書いて見て無えんじゃねえかな>GM
夜になると同時に勧告すると良いかもしれねえ」
鳴上悠 「しらんw西行寺に言えw>いりす
俺は示唆したのは告発までだw」
入巣京子 「紅蝙蝠を告発する時点で呪われるべき」
ギルガメッシュ 「あ、GJ出たけどどうしていいかわからず戸惑っているなこれは」
鳴上悠 「狐視点で紅蝙蝠かどうかなんてわからぬぇw>いりす」
鳴上悠 「ウッディが広川護衛でええねこれだと」
ルツ 「このままだと広川吊りとか……ねえよな?
ないと良いなあ」
ギルガメッシュ 「悩んだ末に出て判断を任せるか。占いアテにならないしウッディと広川で相互すればいいんじゃないかな(適当)」
鳴上悠 「広川ちゃんそれでも日記だそうずw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギルガメッシュ 「いやあ、テンパっている雑種を見るのは実に愉悦というものだな!」
ルツ 「広川はかわいいなあ」
入巣京子 「まあ、私はもう夜が遅いし先に落ちるかな。お疲れ様
まあ、狐陣営滅びればいいんじゃないかな(ニコッ」
GM 「まぁ、灰吊りか響子吊りだと思うけどな」
GM 「あ、響子吊りはないか」
ルツ 「お疲れー>京子
多分管狐は噛まれるんじゃね?」
パチュリー 「幽々子の毒が狩人に飛んでくれないかな」
ギルガメッシュ 「灰吊りだと面倒が増える。深井もウッディも噛まないということから
①占い初日であいつら偽だから噛まないんすよぉ!か
②噛めないんすよぉ! なのでまあ、響子吊りだろう。」
鳴上悠 「いや、西行寺吊りは意味わかんねーけどね」
パチュリー 「老兵は一応失敗することもあるから広川武美を延々噛むという方法はある」
GM 「なんで人形吊ろうとしてるか
わかんねぇ、結果そこ人外だけど」
ルツ 「正解に辿り着いてるなら過程なんてどうだっていいんだよ!>鳴上
正解に辿り着いた奴が正義だ!」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギルガメッシュ 「幽々子吊りは・・・ふむ。大尉を信じるわけでもなく偽と見るわけでもなくか。
CO済みの場所を潰していくだけだろうな」
ルツ 「狂人と管狐の決戦いえい!」
ギルガメッシュ 「相互護衛された場合は30%に賭けるゲームになりかねないわけで。・・・面倒だな。」
鳴上悠 「まじか!!吊り逃れ・・・いや、狂人ならありだわこれ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鳴上悠 「おー、ウッディがセイバーに捨て票で⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!」
GM 「おつかれ」
GM 「あ、狩人・・・」
ルツ 「最悪な場所に飛んだー!!?
お疲れ……」
インデックス 「しかも山立飛んだwww」
パチュリー 「わお」
ギルガメッシュ 「幽々子狼と思わないなら別にな。そもそもしないのは人外COに近いだろう。
なんせ、幽々子の真偽は誰にも分からないのだから。」
ギルガメッシュ 「あの狂人の愉悦を止めろ」
西行寺幽々子 「 」
西行寺幽々子 「えっ」
広川武美 「ふぁっ!?」
ルツ 「おのれ響子ぉ!!」
GM 「人外愉悦状態じゃんwww」
鳴上悠 「セイバーは別にいい
霧切も狂人ならいい」
鳴上悠 「こいしが西行寺に変えた理由がよーわからん」
ルツ 「こいしー!
魔法成功するんだこいしー!!」
ギルガメッシュ 「こいしェ(投票間違えた)」
西行寺幽々子 「老兵占い吊りきり路線だったと」
鳴上悠 「古明地こいしの独り言 「ぎゃぼー!ごめーん!」

・・・ただの投票ミスかい!!!」
ルツ 「ちっ、比丘尼じゃ響子は狩り殺せねえ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
西行寺幽々子 「事故死って怖いわねー」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
GM 「おつかれ」
ルツ 「ヒャッハー!
お疲れ」
霧切響子 「お疲れさまってちょっとww」
ギルガメッシュ 「これもある意味事故死、かな」
西行寺幽々子 「ウッディと深井を狼と見て
飽和狙いで敢えて残しに行ったけど
グレランで死ぬのねえ」
鳴上悠 「なんで、そこ噛みなんだろうか・・・」
ギルガメッシュ 「狼の思考は「占いと老兵吊り切り」
貴様の思考は「いい加減に噛めよ占いと老兵」
噛み合わなかったな」
霧切響子 「私噛み…私噛み…」
鳴上悠 「あそこでの人形投票はものすげぇ狂人アピなんだけどもw」
ルツ 「あとは響子と上条吊るすだけだな!」
霧切響子 「まいいわ」
GM 「どんまい>霧切」
広川武美 「x」
霧切響子 「山立をふっ飛ばして仕事はしたから」
ルツ 「良いから響子吊ろうぜ!」
ギルガメッシュ 「上条に投票していたから霧切は噛まれたってことで上条吊りとかどうですかね」
パチュリー 「下界でそんな所を見る人いないよ」
西行寺幽々子 「村負けかしらねー」
ルツ 「正解>こいし」
ルツ 「いや響子吊ろうぜ!!」
パチュリー 「いま、下界は大尉ーウッディラインが偽かどうかとか、どこを信じられるかとかそういうことしか考えないでしょ」
ギルガメッシュ 「大尉視点響子吊りを押さない理由ってあるっけか。」
霧切響子 「狼投票したからというのは仕方ないにしても」
鳴上悠 「大尉視点でただのグレーだし>ギルギル」
霧切響子 「占老ラインを偽にするのは無理があるわ」
霧切響子 「だってそこは3票持ちだもの」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
西行寺幽々子 「占い老兵が狼なら明日PPね」
霧切響子 「2票ならともかく、結託する3票を
他の村の世論までまとめて落とすというのはほとんど無理があるわ」
パチュリー 「響子吊りを推す理由が、占い結果失敗だったということに依存しているから
月系が居ると分ったら、押す理由が無い」
広川武美 「あ、ホロについてのって羊の皮だったのね」
ギルガメッシュ 「ああ、霧切が月兎まで出たのか。」
ルツ 「羊飼いが居るってわかった時点で
何か付いてる=噛みで羊皮付いたって発想ができればなあ……ぐぬぬ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「おつかれ」
ルツ 「お疲れ
まあ……残念だったな」
霧切響子 「お疲れ様」
古明地こいし 「おつかれー
あちゃん>上条を吊れていない」
広川武美 「お疲れ様!」
西行寺幽々子 「>ルツ
それが下界で読めたらエスパーよ」
西行寺幽々子 「お疲れ
私狐だけどね」
広川武美 「吊り数ぎりぎりマスター!」
インデックス 「実は若干気付いてたけど変な言い方しすぎてあれだった系インデックスさん」
古明地こいし 「まあ、ウッディ吊らないのならいいや
上条さんを先に吊れたら村の勝ちー」
西行寺幽々子 「噛む場所がやる夫しかいないから明日が山場 実質最終日」
霧切響子 「初めから素直に西行寺さん投票しておけばよかったのでしょうけど」
ギルガメッシュ 「霊界に言うなよ!>大尉」
ルツ 「大尉ー!!?」
霧切響子 「だから負けました、はちょっと納得できないわねww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルツ 「上条占い以外なら大丈夫問題ない」
霧切響子 「はあ…
やりきれない村ね」
ルツ 「てか素毒くださいお願いします!」
古明地こいし 「ぶっちゃけ私吊りでもやる夫の結果が出てくるのなら別にーだし>セイバー
深井とウッディで2wとかならすっごい後悔していたけどねー」
西行寺幽々子 「狐視点はうっかりのせいー」
広川武美 「大丈夫か大尉」
ギルガメッシュ 「大尉なら、それでも大尉ならやってくれる!」
ルツ 「200超えたら延長すると良いかも>GM」
古明地こいし 「響子先占いで
狐ケアをして噛み吊ってくれるのなら村の勝ちー」
ルツ 「げえ」
霧切響子 「やったーww」
古明地こいし 「あかん」
インデックス 「上条占いw」
ギルガメッシュ 「ギャー」
ルツ 「引き分けかなあ?」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ルツ 「こなたが狼ならセイバー噛みはおかしいになるし」
GM 「おつかれ」
古明地こいし 「おつかれー」
ルツ 「お疲れ」
霧切響子 「お疲れさま」
広川武美 「>ギルガメッシュ
あ、どうでもいいけど私最近はそこそこ鍋で初心者プレイを堪能しているよ。」
セイバー 「お疲れ」
広川武美 「お疲れ様ーっと」
ギルガメッシュ 「そうか・・・我様のはぐメタがバレてしまったな>広川」
GM 「ならさっさと噛めやwww」
古明地こいし 「まあ、響子吊りになるかなー
終わらなければ深井視点白狼を疑うところ―」
鳴上悠 「おめーの噛みがおせーんだろがとちょっと、それはあれだわ>上条さん」
霧切響子 「大尉がなぜかこなた吊りを考えている」
ルツ 「響子吊りで良いから!>大尉
こなたは占っとけ!」
セイバー 「噛むよ、普通に>そこ2wで」
鳴上悠 「GMが2:00以内に能力発動つってるのに
まあ、そのあたりは良心の問題ではあるんだけども」
古明地こいし 「こなた非狼やん
だったら2吊りしかないのにそこ吊ってどうするんだー」
パチュリー 「山立真として狐ケアとして妥当な吊り先だと思うけど」
セイバー 「だって私は、6残りで生きてたら
ウッディ吊り以外提案できないもん」
ルツ 「狐あるなら占っとけってば!」
霧切響子 「白狼混じりなんて想定しないもの」
西行寺幽々子 「月兎で占えなかったのよ」
ルツ 「いや、明日になればできるだろ>霧切
今日響子吊りが前提だけどよ
ギルガメッシュ 「白想定しないなら狐ケアでこなた吊って響子LWと見るのが妥当ではあるが。」
古明地こいし 「これでこなた吊りになるのなら
駄目だなぁってことになるけど」
パチュリー 「普通村なら、○吊り→こなた占い→響子吊りとかあるけど、銃殺できない狐がわんさかいる鍋だと、どうしようか悩みどころ」
西行寺幽々子 「深井視点では灰はこなたと響子
こなた狐・響子LWなら響子を吊ると負け」
ギルガメッシュ 「白を想定する吊りができるかどうか、という問いになる。」
セイバー 「狐ケアって、鍋で灰で考慮するものじゃないよ」
パチュリー 「霧切響子のジャミングがここにきて効いてる」
鳴上悠 「割と白を想定する吊りってかなり難しい」
西行寺幽々子 「>パチュリー
それならこなた子狐でも同じことねえ」
ルツ 「占っとけば……>大尉」
霧切響子 「人外目から吊っていけばいいのよ」
広川武美 「GJ出たところで狐ケアして負けた経験は俺にだってありますよ猿渡さん!」
古明地こいし 「オワタ
私がずっと霧切投票しておけば―…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧切響子 「6ならね」
ルツ 「あー……」
鳴上悠 「つか、まー6人の時点でケアでなくて
狼目吊ろうつーのがあるのは白がいるからなんだけどね」
ルツ 「最終日前日に狐ケアはするもんじゃねえんだけどな……」
セイバー 「鍋で6残りで狐ケアって
割りと無駄よねぇ」
西行寺幽々子 「それで狼目吊って狐勝ちっていうのが狐のテンプレねー」
鳴上悠 「正確には○が出る人外か」
ルツ 「確定で狂人も居ないLWならともかく」
霧切響子 「ちょっとwwww」
古明地こいし 「私吊りの時に上条吊りにできていればーってことでもあるし
あー、投票間違えたのが純粋に痛いー」
鳴上悠 「どっちに比重を置くかは下界の判断だと覆うけどね」
広川武美 「ファッ!?」
霧切響子 「響子はそここなた投票でしょwww」
鳴上悠 「思うだな」
インデックス 「ばらんばらん」
GM 「狂人も考えるべきなんだよな」
ルツ 「ウッディなら響子に入れて……くれねえかな?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
西行寺幽々子 「ウッディ?」
霧切響子 「え!?ww」
ギルガメッシュ 「占い吊りの予感」
古明地こいし 「おふ」
パチュリー 「ウッディ?」
セイバー 「少なくても、狐ケアで
灰から吊ろうは6では無いよ」
ルツ 「おいこれ深井吊れねえか!?」
広川武美 「ウッディ次第!」
GM 「ウッディ!?」
霧切響子 「!?」
ルツ 「……お疲れ」
パチュリー 「わぁ」
西行寺幽々子 「えっ」
ルツ 「ウッディェ……」
深井零大尉 「なにっ!?」
広川武美 「えっ!!?」
古明地こいし 「おつかれー負けたー」
霧切響子 「お、お疲れさま」
セイバー 「わーお
お疲れ様」
GM 「狐ケア以前の問題だったwww」
広川武美 「すごいことになった!」
ルツ 「ここまで捨て票しなくて良いんだよ!!!>ウッディ」
西行寺幽々子 「どういうことなの」
霧切響子 「ウッディこれ捨て票のつもりだったの!?ww」
インデックス 「まぁ響子も当麻も吊る気ないならどこ吊っても同じだよ。」
深井零大尉 「お、お疲れ。
……まさか○出した老兵に吊られることになるとはな」
ギルガメッシュ 「その時不思議なことが起こった」
パチュリー 「深夜だから」
広川武美 「あれか……捨て票か!」
パチュリー 「しゃーないしゃーない」
鳴上悠 「早噛みでええと思うよ」
古明地こいし 「ちゃんと吊りたいところ吊っていいっていう認識が無いんじゃあ
ショウガナイネ」
広川武美 「深夜だから仕方ないね!!」
西行寺幽々子 「捨て票…だと」
深井零大尉 「そして2Wとか……
いかんな、すっかりLWのつもりだった」
セイバー 「捨て票なんて
10人後半残ってる時だけでいいよw」
霧切響子 「深夜だから」
ルツ 「こなた狐見るなら占おうぜ?>深井」
鳴上悠 「あー、ウッディのGJあるけども」
セイバー 「こなた生存うめぇw>上条」
霧切響子 「ああ、セイバーはこれで勝ちなのねww」
ギルガメッシュ 「上条ならやらんさ」
ルツ 「まー、セイバーはおめでとう」
GM 「深夜って怖いな」
入巣京子 「寝る前に見に来たら何かが起こってた」
深井零大尉 「パチュリーを狼と見ていたんでな……
上条より後回しにしようかと>ルツ」
西行寺幽々子 「老兵に引っ掻き回された村」
セイバー 「ただ、私なら
こなた噛むな>下界の狼なら」
古明地こいし 「自分が村なら
勝てるやり方をするしかないのにねー」
セイバー 「羊飼いザマァwwwwwする為に」
GM 「外道だな>セイバー」
ルツ 「うわぁ……それ後援者から相当恨まれるだろ>セイバー」
西行寺幽々子 「ウッディがこなた護衛するかもしれないからこなたは噛まないかしらねー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
古明地こいし 「勝てると思ったこと、なんだけどー」
広川武美 「まあウッディの気持ちは分かるぞ……そういうミスはとても痛い……」
深井零大尉 「白い人外が云々という時に限って
白い人外が出るのはもはやお約束、か」
セイバー 「ま、狩人いないならとか
他の条件ないなら、だけどね」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました