←戻る
【雛925】やる夫達の超闇鍋村 [1130番地]
~30分開始~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon キセキのGM
 (dummy_boy)
[夢守人]
(死亡)
icon エレン
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[蝙蝠]
(死亡)
icon 玖渚友
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[共有者]
(死亡)
icon リア獣
 (シャーキン◆
mJvunVpsFs)
[探知師]
(死亡)
icon インデックス
 (crescent)
[一角獣]
(死亡)
icon リア鳥
 (梅酒◆
IosCiLtijs)
[古狼]
(死亡)
icon セイバー
 (みの◆
vZqsJ8oIqo)
[大司祭]
(生存中)
icon 巴マミ
 (あまなつ◆
q0BZjl.9yY)
[蝕暗殺者]
(死亡)
icon ルーミア
 (ddd◆
CkK42HJiBJ9Z)
[夢毒者]
(死亡)
icon イーディ
 (夢遊病◆
irbIWP2.pU)
[人狼]
(死亡)
icon ミカサ
 (Cメイト◆
Mate.e2zZs)
[長老]
(死亡)
icon むらびと
 (闇灰人◆
GBxcsWGkcg)
[餓狼]
(死亡)
icon ダグトリオ
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[百々爺]
(死亡)
icon 霊夢
 (道路元標◆
qFi/JlgvP6)
[占い師]
(生存中)
icon 先代巫女
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[薬師]
(死亡)
icon いぬさくや
 (紅月◆
jOpolsuZtU)
[子狐]
(生存中)
icon Wii Fit トレーナー
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[響狼]
(死亡)
ゲーム開始:2013/06/22 (Sat) 14:33:06
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
キセキのGM 「っと。夜遅かったッスかねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ミカサ 「wwww」
キセキのGM 「お疲れ様ッスわ」
ミカサ 「ピンポイントで共有投票www」
ミカサ 「あーそうか」
ミカサ 「私以外の2票持ちの存在をあぶり出す指示まですれば良かった」
ミカサ 「お疲れ様」
キセキのGM 「まぁどんまいッスねぇ……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミカサ 「マミさんはどんどん暗殺しないと」
ミカサ 「内訳余裕がないんだから」
キセキのGM 「共有潜ってるからじゃないッスか?」
ミカサ 「それでも私はアピールで殺すかな>GM」
キセキのGM 「まぁどうせ明日以降だと一角獣暗殺試すから
まともに暗殺能力発動しないとは思うッスけどね」
ミカサ 「まあ、共有がいないから自重は悪くはない、か」
ミカサ 「いないじゃなくて潜り」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ダグトリオ 「お疲れ様」
ミカサ 「お疲れ様」
ダグトリオ 「くっそ即噛むなよww」
ミカサ 「やったね☆」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
キセキのGM 「お疲れ様ッスわ」
キセキのGM 「いやぁ……これはひどいッスね」
イーディ 「毒ピンポイント噛み!勘弁して下さいwww」
ダグトリオ 「そして薬師か、別になんでもなかった」
ダグトリオ 「勘弁して欲しいのはコッチだwww>イーディ」
キセキのGM 「まぁ座敷わらしを見事に霊夢が占ってるッスけどね」
イーディ 「というか噛みよく決めてませんでしたわw
普通に考えれば古狼に任せるべきなんでしょうけどもww」
ミカサ 「噛まれない座敷ラインを疑えるかどうか。
霊夢が占いに行けるかどうか。そんな勝負」
キセキのGM 「あとイーディはあれッスわ……。
見ないうちに不幸に磨きがかかったみたいッスね?」
イーディ 「ぐぬぬ…>GM」
ダグトリオ 「占いにヒットさせた」
ミカサ 「ん」
キセキのGM 「指定遅い上にピンポイントッスねこれ」
ミカサ 「霊夢がいい結果を持っていた」
イーディ 「いろいろと酷い事になってますわ(震え)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ダグトリオ 「◇巴マミの独り言 「村人の中に人外が混ざってるなら皆死ぬしかないじゃない!!!」

駄目だ笑ったwww蝕なのが良い味出してるわ」
イーディ 「一応、座敷ラインは出来ましたけど
これからどうなるかですわね」
イーディ 「マミさんはフラグ立てるの好きですわね!」
ミカサ 「一角獣が吊れる」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キセキのGM 「一角獣落ちるかなぁこれ」
ダグトリオ 「にしても、仕事あったのに・・・>探知」
ミカサ 「お疲れ様」
ダグトリオ 「お疲れ様。」
キセキのGM 「お疲れ様ッスわ」
インデックス 「お疲れ様だよ。」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
ミカサ 「あ、これ」
ミカサ 「トレーナー即吊りでいい」
キセキのGM 「殺しにいったー!全力で殺しにいったッス!」
ダグトリオ 「俺はいつ狼に・・・>むらびと>ダグトリオがLWCO」
インデックス 「初日COが正解だったかな今更だけど。ミカサのゴタゴタで結局COできずじまいだったけど。」
ミカサ 「座敷童子の効果による投票数増加は生存期間限定だから、
座敷童子を吊って、なおリア鳥の投票が増えていたらライン騙り確定になる」
イーディ 「ああ、座敷童が偽バレたらそのまま連続で補足されますわね」
ダグトリオ 「なるほどなー>生存期間限定」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
インデックス 「座敷暗殺って結構面白いかも。」
ミカサ 「逆に、座敷童子を吊ってリア鳥の投票が減っていれば霊夢を吊る。簡単な話」
キセキのGM 「まぁ座敷わらし暗殺できりゃそれこそ最高ッスよ?
どうなるかはわかんねえッスが」
ミカサ 「私なら殺す>座敷童子暗殺」
イーディ 「もう残ってる狼が種類がアレなんで
どっちにしろ厳しいのですわよねぇ」
ミカサ 「マミはアルミンのように敏い」
インデックス 「問題は3割の確率で自殺するんだけどね…」
ダグトリオ 「でも今三日目なんだよな(蝕的な意味で)」
キセキのGM 「マミが日和る可能性もあるッスし
それ除外しても蝕みッスからね、これ」
ダグトリオ 「古狼餓狼響狼は確かに酷い」
ミカサ 「フラグ…ww」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ミカサ 「お疲れ様」
インデックス 「お、いけた」
インデックス 「お疲れ様ー」
Wii Fit トレーナー 「お疲れ様です……これはまずい」
イーディ 「あくまでも古狼に噛み任せて
ラインなしでも潜伏するべきでしたかねこれは」
玖渚友 「お疲れ様ー
うーわ」
ダグトリオ 「お疲れ様」
キセキのGM 「お疲れ様ッスわ」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
Wii Fit トレーナー 「暗殺者……いえ職安ならまだ……まだいける」
ミカサ 「人狼の勝ちはほぼ潰した。あとは狐との勝負」
キセキのGM 「いぬさくやさん流石にこれはないと思うッスわ!

いぬさくや 「おはよー
霊夢さん真か偽だと思いますけどね」
イーディ 「素狼が毒死してしまって
申し訳ありませんでしたわね>トレーナー」
キセキのGM 「真か偽というか真か偽しかないじゃないッスか!」
インデックス 「むらびとが餓狼だから最悪脅してでも狐を探させる方向でいいんじゃない?」
ダグトリオ 「>GM
き、きっと夢はないって言いたいんだよ(震え」
キセキのGM 「夢ッスか……○●だからそこまで考慮しなきゃなんッスよねそういえば>ダグトリオ」
インデックス 「やっと気づいた」
玖渚友 「というかミカサちゃんごめんねー
真長老かと思ったんだけど、途中の「グレランしたいなら共有出て」ってのが引っかかっちゃって…
吊っちゃってごめんねー!」
Wii Fit トレーナー 「おのれ百々爺ぃぃぃ!!!」
キセキのGM 「噛んでおいて逆恨みとはこれいかに」
ミカサ 「霊夢はこれから子狐占いさえしなければそれでいい。
今日リア鳥を吊らない限りは噛まれるだろうけど」
ミカサ 「吊って問題ないよ>友」
玖渚友 「吸血鬼も勝ちなくなったからそれ、ホント逆恨み…w」
ダグトリオ 「俺噛まなければよかったのに」
ミカサ 「吊られるために初日にCOしたんだから。
投票しちゃってごめんww」
インデックス 「いぬさくや○出てもどうせ噛まれるんじゃない?霊夢真占い確定だもの。」
ミカサ 「マミは危ないかも」
玖渚友 「投票されて夜大笑いしたw
もし会心出たらフラグ回収して逆に美味しかったとか思ってたw >ミカサちゃん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミカサ 「今吊られてもそこまで痛くないけど」
インデックス 「むしろ今吊られたほうが狐勝利を遅らせられるとかいう皮肉」
キセキのGM 「いやまぁ一応指標っていうかヒントはあるッスけどね」
イーディ 「わたくし毒噛み狼確定ほぼ確定というか確定なんですわよね
私の遺言風祝ですし」
Wii Fit トレーナー 「不味い詰んだ」
ダグトリオ 「猫又ならまた違ったかもしれないけどな>イーディ」
キセキのGM 「極論ッスけどいぬさくやの立場でCOしない=いぬさくやは非暗殺だから
いぬさくや吊りすればいいとかッスね」
Wii Fit トレーナー 「白狼でも居ない限り……」
インデックス 「一応イーディ噛みダグトリオ暗殺ってのもあるけどね>イーディ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ダグトリオ 「お疲れ様、ナイス暗殺」
Wii Fit トレーナー 「お、お疲れ様です……」
ミカサ 「お疲れ様」
玖渚友 「お疲れ様ー
最高の暗殺だったよー!」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
インデックス 「おつかれさまだよ」
キセキのGM 「そしてピンポイントで吊るッスか……おつかれッスよ」
ミカサ 「マミはよく頑張ったよ。さっきCOできたらもっと良かった」
巴マミ 「うーん、COすればよかったわね
お疲れ様」
Wii Fit トレーナー 「古狼がダグトリオ噛み……と進言すべきでしたね……」
イーディ 「あと少しでわたし座敷童遺言残す所だったんですわよね(震え」
インデックス 「どうせ遺言見りゃイチコロっちょ。リア鳥が死んでいない理由にもなる。」
巴マミ 「…蝕暗殺者…」
ダグトリオ 「>噛みはエレン
悉く第四陣営を負けさしにきてるんですが」
玖渚友 「ん?あ、一角獣とかいたんだ
あれだね…うん。最近逃亡ってCOしないの多いよね!」
ミカサ 「他に占い師がいない⇒霊夢真目
自分がCOして噛まれても、霊夢があと1日分結果を残せる」
イーディ 「そうですわねぇ、座敷ラインを作るのに古狼必須と思ってたんで
独断でわたくしが噛みましたけど、古狼に任せた方が良かったですわね>トレーナ」
ミカサ 「>マミ
だから、あの状況ではあなたが出て噛まれてもそこまで問題はない」
Wii Fit トレーナー 「死せる餓狼の自由を~……」
インデックス 「COするタイミングを見失っちゃったんだよ…>玖渚友」
ダグトリオ 「餓狼って子狐殺せたっけ・・・確認確認」
Wii Fit トレーナー 「ぬぁぜ暗殺がいるんでぃすか!!!」
ミカサ 「奇数進行だから、ここから先は無理に暗殺しなくても良かったという面まで含めて」
Wii Fit トレーナー 「噛めます>子狐」
キセキのGM 「まぁよく考えてみたらあれッスわ
マミって蝙蝠と古狼の投票で吊られッスからね」
ダグトリオ 「可能か」
ミカサ 「餓狼は狼狐なら何でも殺せる」
インデックス 「初日はまあ潜る以外ないにしても翌日COすりゃよかったかなと。>玖渚友」
玖渚友 「あー、確かに…
初日長老吊りだったし、2日目結構飛ばしてたからね…納得! >インデックスちゃん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キセキのGM 「……古系人外いること鑑みると
グレランって怖いッスねほんと」
巴マミ 「こう吊られそうとは思ってるのに、
まだ残れるという希望もってCO勿体ぶるのはいけないわね…>ミカサ
吊り余裕なさそうと思ってまだ生き残りたかったのはあるけど」
ミカサ 「逃亡者はあの局面だからこそ初日にCOしておくという手もある>インデックス
暗殺者の明確な暗殺先になるから」
玖渚友 「ここまで吠え多くてLWCOいけるかなー?と…」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ミカサ 「吊り余裕は結構あった>マミ」
巴マミ 「ああ、奇数進行だから、っていうのは考えてなかったわ…>ミカサ
人数少ないから2回程度にしておこうとは思ってたけど」
玖渚友 「お疲れ様ー」
インデックス 「でも皮肉なことにこれで狼に狐探しを1手ばかし強制させられることになっちゃったんだよね・・・>マミ」
ミカサ 「エレン…」
ダグトリオ 「お疲れ様」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
インデックス 「おつかれー」
キセキのGM 「お疲れ様ッスわ」
インデックス 「あー占っちゃったか。」
エレン 「・・・暗殺がないと思ったところが暗殺だったぁああああああああ!!」
エレン 「ぐはぁ!!」
ミカサ 「吊り余裕の計算については」
玖渚友 「ケアが難しいかなー、これ本当に…」
インデックス 「ごめん、この遺言のどこを縦読みすればいいかわからない>エレン」
ミカサ 「あ、偶数進行だったてへぺろ。
ならマミが潜る理由はある」
エレン 「いや、特になにも意味は無いんだけども>インデックス」
インデックス 「なぜか下界じゃエレン蝙蝠だったかーって解読結果が出てるんだよ?」
ミカサ 「この村にいた人外は7で。イーディ-ダグトリオがそれぞれ狼血。
霊夢真で考えるならトレーナーも狼。ここまでで3人外が死んでいる」
玖渚友 「遺言に何もCO出してないからじゃないかな? >エレン蝙蝠」
ダグトリオ 「遺言にCO残さない辺りから蝙蝠か1匹の狐陣営と想像つけたんじゃない?」
イーディ 「まぁ、実際エレン蝙蝠ですし別にいいんじゃありません?」
エレン 「遺言残さない→人外→人外でも遺言残さないは死んでも誰にも迷惑かけ無い奴→蝙蝠」
Wii Fit トレーナー 「暗殺さえ居なければ完璧な作戦だった……はずなのに」
キセキのGM 「ダグトリオ噛むあたりで歯車は半分破壊されつつあったけどなぁ」
巴マミ 「最悪を想定して、吊りで村しか死んでないとは考えていて、
でも毒で1wは確定死しているから…そういえば毒吸血噛みで死んだのよね
なら余裕少しあったのね」
エレン 「さきにルーミア噛もうや・・・!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミカサ 「うん、少し余裕はあった>マミ
だから出ても良かったかな、という形」
キセキのGM 「一番ノーマルなイーディがLW担当するべきなはずなのに
なぜかイーディが噛み役やってるからな!
その辺突っ込むべきだったのかそういえば。」
玖渚友 「鳥吊りー!!」
ダグトリオ 「早苗の人がいないので支援してきます、お疲れ様。」
Wii Fit トレーナー 「○なら蝙蝠COしておけばよかったんじゃないでしょうか>エレン
マミさんにマミられますけど」
キセキのGM 「乙ッスわ」
イーディ 「ダグトリオだなんて見た目が良く分からない生物
やっぱ噛むべきじゃありませんでしたわね…クッ!」
玖渚友 「いってらっしゃーい >ダグトリオちゃん」
インデックス 「大司祭なんて普通騙れるような役職じゃないからもう1Wいるって計算でリア鳥吊っちゃってもいいと思うんだよ?」
Wii Fit トレーナー 「お疲れ様です」
ミカサ 「発言で生き残れるならその方がいいけど、危なそうだったら無理せずCO」
インデックス 「いってらっさーい」
エレン 「ちなみに、いぬさくやは暗殺でなかったらあたい指定入れてた
下界にいたらだけどね」
玖渚友 「鳥さえ吊れればー!!うがー!!」
イーディ 「お疲れ様でしたわ>ダグトリオ」
Wii Fit トレーナー 「大司祭騙りありますよ?>インデックス」
ミカサ 「大司祭の情報単独でも、吠え数単独でもちょっと弱い」
ミカサ 「でも、大司祭結果+あれだけの吠えなら、リア鳥を吊ってしまっても構わないとは思う」
Wii Fit トレーナー 「リア鳥はせっかくの二票持ちなんだから積極的に灰を吊り殺しに! に!」
巴マミ 「LW候補が吊れそうね…円環の理に導かれて」
Wii Fit トレーナー 「ぶふうう>むらびと死亡」
玖渚友 「その前に餓狼吊れると…
餓狼LWよりはいいんだろうけどねー」
ミカサ 「狐勝ちになる」
イーディ 「座敷童ライン作りたかったんで
古狼しなす訳にはいかなかったんで
わたくしが噛んじゃったんですわよねぇ>GM」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
巴マミ 「お疲れさま」
ミカサ 「お疲れ様」
Wii Fit トレーナー 「お……お疲れ様です……すいません」
玖渚友 「お疲れ様ー!」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
エレン 「今日この時点でむらびと吊るすなら
明日はどうあってもリア鳥つりだわなーと」
Wii Fit トレーナー 「まさか暗殺が居るとは……」
インデックス 「あるといっても毎日辻褄の合うように結果を出さなきゃなんないじゃん。
明日一体何人の村が生き残ってる計算にするか考えながらとか相当の鍋修羅じゃないと無理なような気がする>トレーナー」
キセキのGM 「イーディってあれッスね。
特殊狼がいたらそれを活かすために全力注いで
他のことが目に見えなくなるタイプッスかねもしかして」
インデックス 「おつかれさまー」
むらびと 「むーりむりと」
キセキのGM 「まぁそういうところが可愛いッスが」
イーディ 「ひ…否定は出来ませんけどッ…>GM」
インデックス 「むらびと生かしておいたほうがよかったと思うけどね……
これで狐勝ち一直線かな。」
ミカサ 「ライン騙りは外的要因で簡単に吹き飛ぶから、
噛み担当は古狼がするのが無難だったかも」
むらびと 「いったいどこにエレン蝙蝠ってわかる要素が」
Wii Fit トレーナー 「暗殺が居なければ玖渚噛みで指揮役潰し
→リア鳥と私とむらびとがどうにかこうにか生き残り
→リア鳥噛み
→私が指揮役となり狐を追い詰めて行く大作戦……ぐふっ」
イーディ 「まぁ、わたくしが可愛いのは当たり前の事ですけどね!>GM」
むらびと 「 」
キセキのGM 「じゃあもう可愛いとか言わなくていいッスかね……>イーディ」
玖渚友 「4人の時に狼吊れればいいんだけど…
問題は狐とか…とかー」
むらびと 「毒多いねん」
ミカサ 「あとは、狂人がいたら6人時点で引き分けされてしまうのが問題>古狼LW主張」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
イーディ 「別にそんな事言ってませんわ(震え)>GM」
エレン 「実際有るの1個やんw」
Wii Fit トレーナー 「暗殺者ー! おのれ暗殺者ー!
蝕まれてマミっといてくださいよー!」
ミカサ 「お疲れ様」
玖渚友 「お疲れ様ー」
インデックス 「ただセイバーの司教結果が暗に「むらびと●」って言ってるようなもんだからさ…もうリア鳥LWでいいと思うの。」
ルーミア 「お疲れ様だぞ」
イーディ 「まぁ、毒吸血鬼だったんですけどね(震え)」
インデックス 「おつかれさまだよ」
Wii Fit トレーナー 「お疲れ様です」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
巴マミ 「お疲れさま」
エレン 「3日目 何もなし
どうやら夢じゃないらしいやったね!

ティンときた!」
ミカサ 「だから、古狼LW主張は残してはいけない。が結論になりそう」
キセキのGM 「お疲れ様ッスわ」
巴マミ 「夢侍…?」
エレン 「気がつくかなーこれ」
むらびと 「てへ」
Wii Fit トレーナー 「あ、吊れる(確信)>いぬさくや」
むらびと 「狩人日記のままだった」
巴マミ 「いぬさくやの村表記は危ないんじゃ…
それなら、座敷童COの時なぜ出なかったなるし」
ルーミア 「どうでもいい話。2票持ちで露出してるんだから鳥が噛もうよ」
インデックス 「一応聞くけど4人って「自分含めて」4人だよね?」
玖渚友 「確信…とまでは言えないけど
吊れそうだよね >WiiFitちゃん」
Wii Fit トレーナー 「そうですよ>インデックス」
エレン 「まあ、リア鳥単体で人外はあるからね」
インデックス 「じゃあぶっちゃけ今日いぬさくや-先代ランしかなくない?
探知師・セイバーはさすがに疑えないし霊夢真占い確定だし」
ミカサ 「加えてセイバーが人外、の可能性もある」
イーディ 「まぁ、その辺りは返す言葉がありませんね!>ルーミア」
ルーミア 「ぶっちゃけたw」
インデックス 「リア鳥がど親切すぎる・・・」
エレン 「霊夢 「「誰か1人」を狂人と見るか狐と見るか
それが今日の全て?」

これだと思うよー」
玖渚友 「いや、最終的に今日リア鳥吊れないし…
ぶっちゃけちゃっても良かったかなーってw」
エレン 「つか、残り2Wの可能性もあるわけでね」
ミカサ 「狂人残りの可能性をわざわざ否定したww」
ミカサ 「もちろん、リア鳥が嘘をついている可能性もあるんだけど」
インデックス 「私狐じゃ「リア鳥以外の人外」がこの中にいない計算だけど・・・>霊夢」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
むらびと 「死せる餓狼に自由くださいよイェーガーさん」
玖渚友 「狐残りなんだよねーねー」
Wii Fit トレーナー 「むらびとさんと……勝利したかった……
おのれ占い師……おのれ暗殺者……
全てに恨みを……」
巴マミ 「リア獣はリア獣に処刑投票しましたに見えて、驚いたわ…!」
エレン 「うるせぇ!俺は獣を屠ってるんだよぉ!>むらびと」
インデックス 「先代かいぬさくが子狐、までは出てくると思うけどね。」
玖渚友 「名前トラップ…! >マミちゃん」
Wii Fit トレーナー 「死せる餓狼の自由~を~♪」
インデックス 「まあ探知師子狐はあるか普通に。」
巴マミ 「いいえ、私は暗殺者(Meuchelmörder)よ>トレーナー
それも蝕まれる運命にある悲しき暗殺者…」
玖渚友 「あ、あって引き分け」
インデックス 「まあこのままだと村負けか。」
ルーミア 「マミさん吊りかなー。敗着は
避けられた部分ではあるし。ただ霊夢に指示やらせるのもあの時点でどうなのってのもある」
Wii Fit トレーナー 「蝕まれておいてくださいよ>マミさん」
キセキのGM 「まぁ、しょうがないんじゃないッスかね?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
Wii Fit トレーナー 「マミさん残したらリア鳥暗殺→むらびと吊りになりません?」
ミカサ 「LWCOを信じずにリア鳥吊りしても良かった>ルーミア
マミ吊り回避は人外票が入っているから、少し難しい」
インデックス 「むしろリア鳥残しだと思う。>ルーミア」
Wii Fit トレーナー 「お疲れ様です」
玖渚友 「お疲れ様ー」
ルーミア 「お疲れ様ー」
インデックス 「おつかれさまー」
リア獣 「いぬさくやかー
想定の外です、無念」
巴マミ 「お疲れ様」
ミカサ 「お疲れ様」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
キセキのGM 「灰吊りッスか」
エレン 「まー、あって俺の指定だけども
悪いけどマミさん非暗殺と思って俺投票したからなw」
リア獣 「マミさん・・・蝕とは・・・」
玖渚友 「リア鳥ー!!!
わかってて霊夢噛みかー!だろうねー!!」
Wii Fit トレーナー 「こんな酷い村には居られないのさ」
ルーミア 「古系LWCOは面倒だからそのまま吊り、だよなー
そこが間違い」
エレン 「え、ここで鳥吊らなくていやどーすんのyo?」
インデックス 「これじゃ引き分け処理不可能だから狐いないこと信じてリア鳥吊りしかできないんだよね・・・」
Wii Fit トレーナー 「職安! 職安!」
Wii Fit トレーナー 「良い目をしていますね>リア鳥」
巴マミ 「そもそも、共有いなくなって指定展開が消えたから、
トレーナー殺すことに成功した時点でCOするべきだったわね…
生存してどうにかやろうと思ってたのに、結局吊られちゃって…ごめんなさい」
インデックス 「うん、敗着はリア鳥残ししか見えないねやっぱり。」
玖渚友 「いぬさくや噛まないかなぁ…噛んでぇ…(懇願」
Wii Fit トレーナー 「リア鳥吊りでも負けですけどね>インデ」
リア獣 「だねえ>鳥残し」
ミカサ 「マミはそこまで落ち込まなくてもいいよ>マミ
あなたは冷静に仕事を全うしている」
インデックス 「リア鳥じゃなくてむらびとがLWだったら勝てたと思うけど?>トレーナー」
キセキのGM 「でも餓狼LWにすればってことじゃないッスか?」
ルーミア 「マミさん生きてたらむらびとがLWになって目があった(むらびと吊ったら知らん)
リア鳥吊ってたらむらびとLWで以下略」
むらびと 「まさかこんな結果になるなんて誰も思わなかったのである」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キセキのGM 「多分言いたいことってそういうことだと思うッスが」
Wii Fit トレーナー 「むらびと占いと死体無しがあったら違うかもしれませんが」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ミカサ 「それに、さっきトレーナーが言った通り、
あそこで生き延びてマミ暗殺だと餓狼LWがそのまま吊られる可能性もあった」
ミカサ 「お疲れ様」
インデックス 「おつかれさまー」
玖渚友 「お疲れ様ー」
Wii Fit トレーナー 「霊界に来てえっ? ってなりました(愕然)」
キセキのGM 「お疲れさまッスわ」
リア獣 「お疲れさん」
イーディ 「お疲れ様ですわ」
ミカサ 「これは結果論になるけど。
だから、一概になにがどうとは言えない」
Wii Fit トレーナー 「お疲れ様です」
先代巫女 「お疲れ」
むらびと 「そりゃあれよマミ投票幾分か狙ったもん 巫女に暗殺見たいな発言なかったし」
Wii Fit トレーナー 「セイバーの結果はどーなんでしょうね」
ルーミア 「まー。○もらって噛まれなかったいぬさくやが頑張った・・・のかー?」
むらびと 「狂人いたらっていうか狐いるんだけどねぇ」
先代巫女 「リア鳥あの場面で吊らない意味ないんだけどねー
LW?ないでしょ」
巴マミ 「でも、前にも暗殺やって吊られたって事があったからちょっと…ね>メイト
あの時は●貰いで状況は違ってたけど、
それでもCOするべき点でCOできなかったのが前回も今回も反省」
ミカサ 「うん、COは機敏さが大事>マミ」
インデックス 「マミ吊りに関しては特に悪いとは思わないけどね。まあ不運だった的な。」
ミカサ 「これは人外でも同じ」
キセキのGM 「マミさんは3昼グレラン0投票だから
非暗殺狙いの吊りしようって言われる以上死なないだろうって判断しても
しょうがなくないッスかね?」
むらびと 「この状況で引分けしようと思ったら誰か1人とリア鳥の苛烈な読み合いになる」
巴マミ 「トレーナー暗殺はリスクあったし迷ったわ
村だったら、確定〇は残るけど村が最悪5人になってしまうし」
キセキのGM 「ああ言われると村の流れ的にいぬさくや投票=非暗殺狙いの吊りって
判断するかなーって思ったッスが。」
玖渚友 「それほとんど無理に近いw >むらびと」
インデックス 「あーそれか。でも胃が痛くならない?>むらびと」
ミカサ 「4昼はほぼステルスだった>GM>マミ」
先代巫女 「マミ吊りに関してはしょうがない
非暗殺狙いでセイバー吊り言ったけど」
巴マミ 「ここでいぬさくや狂人COしてたらリア鳥に希望→絶望が」
インデックス 「というかもう勝敗決しちゃったし・・・」
ミカサ 「パッと霊界視点で眺めて吊られるのが予見できる程度には」
玖渚友 「狼4だから埋まってるんだって >マミちゃん」
先代巫女 「個人的にはGJだと思うわよ>マミ
少なくとも確定村位置作るのはありなんで」
巴マミ 「4日目本当に、発言乗らなかったわ…
暗殺っぽい発言にならないようにって心がけていたら…
察されていただと…」
Wii Fit トレーナー 「おのれ暗殺者……」
ルーミア 「ミカサ吊りはどうしようもないしなー
その後からどうできた、かだな」
むらびと 「楽しくね!?>引き分け読み合い」
インデックス 「うん、グレラン自体に問題はなかったんだよね。」
ミカサ 「トレーナー即吊りかリア鳥吊りだと思う」
むらびと 「正直ああいう出方するならミカサは残したい所ーって感じで
占わないで残す」
Wii Fit トレーナー 「引き分けの読み会い……良いですね燃えます>むらびと」
リア獣 「だがもういなくなった>引き分け」
玖渚友 「やっぱり座敷童とかそのまま吊っておくべきだったかなー…
いや、あそこで真偽わからないからなー…」
ミカサ 「霊夢が偽なら霊夢以外に真占い師がいるんだから、トレーナーをあの段階で吊っても特に問題ない」
むらびと 「危険だって言われても残すかなぁというそれ」
インデックス 「それだとセイバー人外になって色々おかしい>いぬさくや」
Wii Fit トレーナー 「私真でリア鳥古狐とかもありますよ>玖渚」
ミカサ 「真偽が分からなくても、吊っても対して傷まない。
マミの票が減っていたら霊夢偽が決め打てる」
先代巫女 「ミカサ吊りに関してはしょうがない
+リア鳥がすげー胡散臭かったけど出るのならほっとくしかなくて」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルーミア 「元々吊り余裕ないんだから決め打ち必要なんだよな
難しいけど」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました