←戻る
【雛942】やる夫たちの超闇鍋村 [1150番地]
~占いも信号も雲行きも やな感じ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon できない子GM
 (dummy_boy)
[暴君]
(死亡)
icon 大妖精
 (スパーク◆
FjOpeTE2Ts)
[毘沙門天]
(生存中)
icon 早苗
 (紅月◆
jOpolsuZtU)
[復讐者]
(生存中)
icon シルフ
 (Acid◆
dhKwx4VVh2)
[祟神]
(生存中)
icon ギルガメさん
 (一太刀◆
9x3KLp5alYKM)
[厄神]
[仇敵]
[死の宣告]
(死亡)
icon おぬし
 (0w0◆
0RbUzIT0To)
[白澤]
[宿敵]
(死亡)
icon カイム&ドラゴン
 (nnm)
[共有者]
[死の宣告]
(死亡)
icon 玖渚友
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[共有者]
(死亡)
icon ガロード
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[夢枕人]
(生存中)
icon タツマキ
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[冥狼]
(死亡)
icon 音速のソニック
 (あたろう◆
ShinobiUmg)
[化狐]
(死亡)
icon ミスティア
 (空澄姫黒曜◆
z1XhdJ.lxM)
[厄神]
[仇敵]
(死亡)
icon 忍者トットリ
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[占い師]
(死亡)
icon シグ
 (幻◆
ll6J2md5hg)
[人狼]
(死亡)
icon 肝けーね
 (みっこみこ◆
y58Dzoiy7E)
[毒狼]
[仇敵]
(死亡)
icon ブラッキー
 (C_T)
[仙狸]
(死亡)
icon 泉こなた
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[静狼]
(死亡)
icon アリス
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[村人]
(死亡)
icon やる夫
 (ベン◆
l0inEB.9TE)
[海御前]
[宿敵]
[仇敵]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ブラッキー 「最後におぬし指定に変更になったから
アリスのCOが遅かったから」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
肝けーね 「ガロード吊り早苗噛みで最終日祟り神に投票したとして
大妖精に宣告がつかずシグに宣告がつけば大妖精は勝てないか」
忍者トットリ 「自分以外の吊りおk-な人外なら
LW吊れば一番安全に終われるっちゃからね」
ブラッキー 「LWで吊ったら終わるというのを言ってしまってそれをバレたら
早く終わらせたいのは狼吊りに行く」
ミスティア 「島根の方がいいところよ。鳥取よりも」
音速のソニック 「メリット、デメリットを説明し切れば勝ち、なんだよな。
つまり
村 狼 蝙蝠 妖精という4人でPPは成り立たない。
何故なら蝙蝠は狼を吊り殺せばいいのだから。
3人の夜を迎えて死の危険を選ぶ理由は無い、と。」
アリス 「ところでおぬし吊りの日、何で私は吊られなかったのかしら。
ちょっと不思議だったんだけど」
ギルガメさん 「妖怪ロードあるし、多少はね?>鳥取」
肝けーね 「ああ」
忍者トットリ 「おい・・・なんでトットリが涅槃みたいなイメージなってるっちゃ!!」
やる夫 「鳥取は墓場かなんかかおw」
ミスティア 「LWでPP出来る条件としては
最低限毒狼じゃないとダメ」
ブラッキー 「確かにな、吊られてもカウンターする用意があってこそ
やはりPPは有効」
泉こなた 「鳥取がニライカナイ化してるw」
できない子GM 「任せた!>タツマキ>PPについての講義」
やる夫 「よく見ればガロードのハーレムな件
ぐぬぬ」
アリス 「ガロードはギルガメの遺言忘れちゃったのかしら」
できない子GM 「つまり2W以上が人狼がPPを仕掛ける上での基本条件なんだってばよ」
ミスティア 「と言うよりも、そりゃあ
シグ吊れば安全って状況なら、乗らないわよね」
ギルガメさん 「シグよ・・・鳥取に旅立つ時がきたようだな・・・」
タツマキ 「終わったらゆっくり教えていきましょうよ>GM」
音速のソニック 「祟神が決め手、か。
とりあえずガロードには落ち着いて遺言を読むよう勧めるべきだろうか」
できない子GM 「従ってくれなければ噛むぞ! という狼の牙による脅しが存在して、PPは始めて成立する」
おぬし 「宿敵は緑と蒼だったんでござるな……」
アリス 「シルフこわいw」
できない子GM 「PP条件についてよくわかってないのね」
できない子GM 「シグはまだ経験浅いから」
カイム&ドラゴン 「(これは……青vs緑、宿命の戦い!)」
ミスティア 「シルフ噛まないし吊らない状況で
鬼が生きれる未来が無いよ……>シグ」
音速のソニック 「緑化とは一体」
タツマキ 「お疲れ様よ」
アリス 「お疲れさま、シグ吊り指定は強かったわね。>玖渚友」
ブラッキー 「まあ、毘沙門天じゃない鬼の可能性に賭けるのも間違いではない」
おぬし 「お疲れにござる>友殿」
音速のソニック 「祟神をここまで残した弊害、か。
まあ祟神なんぞ早々死ぬ場所でもないが」
忍者トットリ 「お疲れ様っちゃ!いい指定だったちゃよ>友ちゃん」
やる夫 「お疲れ様だおー>友」
泉こなた 「うぃ、お疲れ―」
ギルガメさん 「じゃあシグ吊りでいいじゃん」
音速のソニック 「さて、落ちる奴はお疲れさまだ。」
カイム&ドラゴン 「よくがんばってくれた。おやすみ>相方」
ミスティア 「お疲れ~>友」
ブラッキー 「あ、その路線なら鬼はPP乗らないかも」
音速のソニック 「おいどっちも青いぞ >残る二人」
忍者トットリ 「シグ・・・それはPPにならん」
おぬし 「ゲ、ゲゲゲのアレ……>ギルガメ殿」
できない子GM 「お疲れ様>友」
アリス 「あっ(察し)>緑PP」
ギルガメさん 「おう、砂丘以外に名所案内できるなら考えてやるよ」
忍者トットリ 「知ってる>ミスティア
でも、やめてくださいマジでが占い師視点」
玖渚友 「すみません、先に落ちます…
お疲れ様でした」
アリス 「んばば んば んば めらっさ めらっさ」
ミスティア 「お疲れ様」
音速のソニック 「ガロードはどこへ行くつもりなのか」
できない子GM 「シグ吊れば終わりなんだよね」
ブラッキー 「あとは復讐者の気分次第じゃね?
これ復讐者こそどこ付いてもいいし」
アリス 「お疲れさまよ」
忍者トットリ 「鳥取はいいところだつってんだろうが!>ギルガメ」
アリス 「となるとやっぱり、シグちゃちゃっと吊っちゃうのが、
鬼も復讐者も一番安全なんじゃないの?」
できない子GM 「PPって言われても」
カイム&ドラゴン 「お疲れ様ぞ。相方、よく頑張ってくれた」
泉こなた 「お疲れ様―」
音速のソニック 「お疲れさまだ。」
やる夫 「お疲れ様だおー」
玖渚友 「お疲れ様でした
やっぱり合ってた」
おぬし 「お疲れにござった。」
ミスティア 「祟り神が潜るのは、メリット自体はあるよ
自分占った奴を破綻させられる」
できない子GM 「お疲れ様」
ギルガメさん 「おう、さり気無い鳥取の宣伝やめーや>トットリ」
おぬし 「すまぬ……!すまぬ……!面目のうござる……!」
肝けーね 「潜伏共有は今回に至っては占いには初手で占われているな」
音速のソニック 「まあ好みとどちらが楽かという話だ。
LWなら狼吊った方が早いともいう。」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ブラッキー 「てーことは、ああ
確かにこれPPありえるのか」
カイム&ドラゴン 「すまぬ……!>おぬし宿敵>おぬし」
音速のソニック 「必要はない。必要はないがどっちでもいい。 >アリス」
忍者トットリ 「まあ、それはいえるっちゃね>できない子GM
みんなが鳥取を好きみたいに、全部の戦術を好きってわけにはいかんっちゃからね」
できない子GM 「メリットやデメリットを説明できるのはその戦術を取る上の「前提」であり。
重要なのはその戦術を周囲に「納得」させられるかどうか」
やる夫 「実際におぬし宿敵だから文脈的にもおかしくないというw>おぬし」
ブラッキー 「すっかり忘れてたっつーか宿敵の方で忘れてたが
復讐は別に自分死亡してても勝てるもんな」
音速のソニック 「たまにいるな、潜る祟神」
カイム&ドラゴン 「すまぬ……すまぬ……!>おぬし
(RPなんだ、わかってくれないか!)」
タツマキ 「シルフ吊りよ>シグ
宣告鑑定で凄い面倒な事になってるわ」
アリス 「えーっと…ガロード吊りPPに、毘沙門天と復讐者が乗る必要ってあるのかしら」
ミスティア 「潜伏しているから指定展開なんて
そうしないと吊られるような共有なら出ろよっていう感じだけどね。私としては」
ブラッキー 「ああ、しまった
これ早苗生き残る必要ねえのか」
忍者トットリ 「それよりも、一番の問題は
祟り神が潜ってることっちゃけどね

いや、占いの心情がバリバリある前提でいってけど」
やる夫 「ピンクの似合う男だお(キリッ>カイム」
できない子GM 「メリットだけ押しても、デメリットだけ押してもあまり意味がない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
音速のソニック 「復讐者と鬼はまあどこが勝とうがどうでもいい展開。
祟神を狼が最後に噛む、という保証があれば乗るぐらいだろうかな」
おぬし 「カイム殿がおぬしおぬし言うたびに反応しちゃう拙者!
悔しい!でも!(ビクンビクン」
肝けーね 「最後に祟り神を吊っても死ぬわけではないぞ」
できない子GM 「あらゆる戦術にはメリットとデメリットが存在するので」
ブラッキー 「最後に祟神吊りに毘沙門天が乗ると思えん
だってそこ真なら宣告付く可能性・・あ、自分に付きゃいいか」
カイム&ドラゴン 「しかしやる夫よ、改めて気づいたのだが
おぬし宿敵の上仇敵までついておるのか……
(真ピンクじゃないか……)」
忍者トットリ 「別に指定展開にするんならもぐればいいっちゃね?
悪手とまでは言わんちゃよ、有効な場面もあるっちゃあるし

俺が一番嫌いなのは単独共有であとから囁き出してのやつっちゃけどね」
ブラッキー 「逆に言うと復讐者を噛みでガロード吊りなら
まあ、・・あ、無理だなこれ」
ミスティア 「さぁ?ただ>タツマキ
載せないと終わりだ」
音速のソニック 「尤もこう、LW吊るか村吊るかって話になるが。
復讐者噛みなら何の問題もないしな」
できない子GM 「その場で終わらせるのが一番安定だから」
やる夫 「サブないから攫えんお?」
アリス 「でもこれ、明日の朝5人で、シグしか吊る位置無いわよね?」
できない子GM 「PPできるけどPP乗る理由があんまり」
タツマキ 「けーねに仇敵付いてるし」
ブラッキー 「いや、できんよ
鬼か復讐者どっちか噛む必要が出る」
泉こなた 「つまり狼の勝利か。>宿敵まみれだから」
ギルガメさん 「あ、これガロード攫い成功したら終わりだ」
音速のソニック 「ああ、確かにサブ持ち不在だな。」
タツマキ 「乗るかしら?>復讐者と毘沙門天」
ミスティア 「というか、PP出来るね」
アリス 「お疲れさまよ」
カイム&ドラゴン 「(毒死体そこか!)
お疲れ様ぞ」
アリス 「ん?」
音速のソニック 「ああお疲れさまだ。」
タツマキ 「最悪な所に飛んだわねえ……でもまだ戦えない事もないわ」
やる夫 「お疲れ様だおー」
できない子GM 「お疲れ様」
肝けーね 「よし勝った」
泉こなた 「お疲れ様―」
ギルガメさん 「アリスー!」
おぬし 「お疲れにござった!」
ミスティア 「お疲れ」
やる夫 「潜伏共有は●出されでもしないとメリットないと思うお?」
タツマキ 「あー、お疲れ様よ」
できない子GM 「GMはどうせ最大勝利陣営が変わらないなら一人でも多く勝って欲しいと感じる人です」
ミスティア 「吊られるようなら指定で保護しないでそのまま死んどけと思うタイプだからなー、私は
まぁ、結構歪んでると思うよ>カムイ
んで、あの時点で私指定は問題無いと思うし」
肝けーね 「さて毒死体はと」
音速のソニック 「ガロードェ」
おぬし 「あっさり宿敵が噛まれてて茫然としたのが拙者である」
ギルガメさん 「共有で潜伏とか悪手なんで止めてください」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
カイム&ドラゴン 「指定とは何だったのであろうか……」
音速のソニック 「というかまあ決闘や鬼が上手く村に味方したような印象もあるな。」
ブラッキー 「一方、指定進行だからと露骨に発言を落としたのがオレである」
カイム&ドラゴン 「(というか、相方がいないなら潜伏していたぞ俺は)」
タツマキ 「毘沙門天に飛んだら面白いかもしれないわねえ」
やる夫 「引き分けw」
おぬし 「暗殺低下率50%でござるから、昨日やって失敗だったから今日は暗殺出来る筈にござる!多分!」
忍者トットリ 「まあ、非投票者は人外だからいいっちゃよ」
できない子GM 「wwwwwwwwwww」
ミスティア 「バッラバラw」
タツマキ 「ひーきわーけたー」
カイム&ドラゴン 「すまぬな、おぬしの気持ちはわからぬではない>ミスティア
(密偵が出る可能性もあったし、相方がいなければグレランしていたところだ)」
音速のソニック 「まあ、狼は射程範囲内だし問題あるまい」
ギルガメさん 「シルフの票をシュー!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
泉こなた 「まかさのバラバラである」
音速のソニック 「攫いの方が安全だな。鬼は。知らぬがなんとやらだが >やる夫、おぬし」
ミスティア 「誰も証明したと下界で思ってないと思うよ>カイム」
ギルガメさん 「しかし無慈悲な2票」
できない子GM 「この時間帯から普通村とか真紅鯖は元気っすね」
おぬし 「狼以外ならどこでもっぽいでござるな。」
ミスティア 「正直、初日指定展開になった途端に
「あー、ダリィ」と思った系の私」
カイム&ドラゴン 「祟り神の証明は完了しておるのだが、おぬしは一体何を見て投票するのだ……?>ガロード」
やる夫 「狼以外の誰にでも飛ぶお>毒狼の毒」
おぬし 「毒狼 (占い結果:人狼 / 霊能結果:人狼) [Ver. 1.4.0 α12~]
[毒能力] 処刑:人狼系以外 / 襲撃:無し / 薬師判定:有り

毒能力を持った人狼。
処刑された時に巻き込む対象の決定時に人狼系が除かれるため
投票者ランダム設定の場合は不発となるケースがある。
タツマキ 「狼以外ならどこでも>ソニック」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
音速のソニック 「毒狼の毒は鬼に飛んだか?」
カイム&ドラゴン 「(だが毒狼)」
タツマキ 「最大数だったわねてへぺろ☆(・ω<)」
できない子GM 「狂人がいないのは確かだけどww」
泉こなた 「いや、けーねさんが悲哀になるじゃないかおい。>緑」
音速のソニック 「4Wいて贅沢言うな。
こっちは喋れすらしなかったぞ  >タツマキ」
やる夫 「けーねさんェ>翠陣営勝利」
できない子GM 「狼は最大数ですよww」
ミスティア 「4wいりゃあ十分だろ……>タツマキ」
ブラッキー 「まあ19人だしなあ
あと1人居たら5W上限なる筈」
忍者トットリ 「なんでや!!>できない子」
おぬし 「拙者宿敵ついてるからこのまま村勝っても勝ちにならんのでござるか?もしかして?」
できない子GM 「ロリコンミカタ野郎はしまっちゃいましょうね>トットリ」
おぬし 「あ」
タツマキ 「お、狼が少ないのが悪い!!」
音速のソニック 「割とコレはこう…緑陣営の勝利で良いんじゃあないか?」
タツマキ 「シグ吊り待ったあああああ!?
ホワイ!?」
忍者トットリ 「ちょっと、あの子をお持ち帰りしてもいいですよね?」
カイム&ドラゴン 「(よし!>相方)
相方よ……おぬしの指定は最高ぞ……!」
ミスティア 「というか、なんだこのサブ村」
タツマキ 「ブフー?!」
音速のソニック 「ああ、何という安全策」
忍者トットリ 「きゃー!友ちゃんマジで正解それ」
音速のソニック 「ところで共有の指定やら占いやらががすごい勢いでサブ持ちに刺さってる件」
タツマキ 「え? だって鳥取なんて大砂漠が好きなのなんて……>トットリ」
できない子GM 「出た! 無慈悲な指定!」
ギルガメさん 「おいやめろ>ガロード」
ブラッキー 「折角1発で成功したのにあそこまで色々言われたら
うん、すまん、ちと怒った」
カイム&ドラゴン 「不要だと言うておるのに……>ガロード」
忍者トットリ 「バカな・・・なぜこの完璧な隠蔽RPが見ぬかれた!」
音速のソニック 「まあけーねについては俺も引っかかったからな。
どこ引っかかったか忘れたが。これだからいかんな俺は」
カイム&ドラゴン 「いや、こちらの進行とかみ合わなかっただけであるからな
おぬしが気にすることではない>ブラッキー」
ミスティア 「なんていうか
満月さんっていっつも泣いてるイメージあるなぁw」
やる夫 「毘沙門天の攫い待ったなし!だおねw>ソニック」
できない子GM 「自動的に慧音に2票入るからなぁww」
タツマキ 「けーね吊りに一糸乱れぬ動きwww」
音速のソニック 「やる夫の無情さ >サブ的な意味で」
ミスティア 「安全かどうかは霊界視点だからなんとも」
忍者トットリ 「鬼がけーねさらってくれねーかなーという」
ギルガメさん 「狂人でも祟神投票はせんやろ」
ブラッキー 「まあ、あの日はすまんな
オレ的には蘇生成功したからタツマキ吊りでFOだろって流れを期待してたのがアレだったんで」
タツマキ 「トットリがスタ番長ったわやっぱり」
やる夫 「おおぅ、なんだかサブ含めてピンクいおw」
音速のソニック 「けーねは吊れる。吊れるが。
攫わせた方が安全なのだがな。攫い確率の問題か。」
カイム&ドラゴン 「ふむ、公開されたか。お疲れ様ぞ」
タツマキ 「お疲れ様よ」
忍者トットリ 「毒狼はとても面倒」
ミスティア 「お疲れ様」
タツマキ 「スタバが敵なら、あなた、スタバに行けないわね>トットリ
他のみんなでスタバで打ち上げしましょうか」
ブラッキー 「ふむ、やはり2W」
音速のソニック 「さてお疲れさまだ。」
カイム&ドラゴン 「(俺だって毒表記で狩人っぽく見られて噛まれたい!!)」
泉こなた 「お疲れ様―っと。」
やる夫 「お疲れ様だおー」
できない子GM 「お疲れ様」
ギルガメさん 「まぁせやね」
できない子GM 「あ、オープンっと」
おぬし 「お疲れにござったー」
できない子GM 「砂丘に埋まれッ!>とっとり」
音速のソニック 「まあ俺は思考の変遷とかを記録するために個人的に日記を書いているが。
COするときは簡潔な履歴だけ作って、
重要なことは口頭で言うな。死ななければだが」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
忍者トットリ 「それでも、伏線を張るのをやめない!!>できない子」
ミスティア 「それか、早苗を真決闘と決め打てば
霊界視点、シグとアリスとけーねを順不同で吊れば終る」
忍者トットリ 「まあ、重要な要素はわかりやすく出しておくべきっちゃよね
見逃される可能性はあるっちゃから」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子GM 「一長一短ですね」
カイム&ドラゴン 「(諦めるな、おまえならできる)>相方」
タツマキ 「ブラッキー噛もう」
音速のソニック 「日記も日がたつと長くなる。
長くなると読まれない。というか読めん」
できない子GM 「伏線は貼りすぎると見破る狼は見破るので」
ギルガメさん 「おめーは八百万の神々を敵にしたな>おぬし」
カイム&ドラゴン 「ふむ……そういったブラフはなかなか苦手でな。
村表記で役職とみられて噛まれるのは夢なのだぞ?>ソニック」
タツマキ 「えーまじでー>カイム
スタバが無いなんて信じらんなーい」
ミスティア 「浚いが出た瞬間、詰み確定だわ、これ」
音速のソニック 「ま、それもそうなんだがな。
正直こう、色々と吊られたのが不服だったもので >こなた」
忍者トットリ 「トットリ 伏線だーいーすきー!ちょーだーいすき」
できない子GM 「というのが私の日記の使い方」
ミスティア 「灰が、シグ、アリス、けーね、早苗
吊りは3」
おぬし 「島根にPCなどある訳ないでござろう!>ギルガメ殿」
できない子GM 「それを一々その場その場で説明するよりも、
「日記のここ見てねー」とか言うとやりやすいんですよ」
ミスティア 「霊界視点だと、大妖精鬼系確定
ガロード夢霊能確定
シルフ祟り神確定
久我友共有者確定
ブラッキ―真蘇生系確定」
音速のソニック 「伏線貼りとかもなかなか楽しいぞ。
騙る時は気をつけんとだがな  >>カイム」
カイム&ドラゴン 「(スタバないんじゃなかったっけ!?)>たつまき」
泉こなた 「そこは後のお楽しみにしとこうよ……蘇生いるし…ww>ソニック」
できない子GM 「たとえば占い師(騙り)をする時に、
自分からどういう理由で占いました! っていうのがあるとセールスポイントになる」
忍者トットリ 「スタバは宿敵っちゃよ!>タツマキ」
タツマキ 「スーターバ
スーターバ」
ギルガメさん 「島根では良くある事」
おぬし 「鳥取って砂漠しかないんでござろう?」
音速のソニック 「○が共有ならうまい、といった具合だろうな。
真実共有○にいたし        >>ミスティア」
カイム&ドラゴン 「(真アピか……どの程度のものなんだろうな)
役職結果に基づいて投票したり、であろうか?」
タツマキ 「スタバ行きましょうか>トットリ」
忍者トットリ 「鳥取嫌いっちゃ!?いいところっちゃよ!?>できない子GM」
タツマキ 「鳥取……あっ(察し>トットリ」
ミスティア 「お疲れ様」
できない子GM 「どちらかと言えば「読ませる」ものかな>カイム>日記
GMの個人的な考えを述べるなら」
ミスティア 「まぁ、単純に共有候補削っただけな気がするけどね」
おぬし 「お疲れにござる」
やる夫 「お疲れ様だおー」
泉こなた 「お疲れ―っと。」
ギルガメさん 「島根?(弱視)」
音速のソニック 「お疲れさまだ。
で、お前は何だ。真面目に >こなた」
カイム&ドラゴン 「うむ、お疲れ様ぞ。」
忍者トットリ 「・・・おめーは俺の○だろーがw>ギルガメ」
やる夫 「日記とか
とりあえず役職と結果だけ見て
後は夜に・・・昼間見てると発言できねぇお」
タツマキ 「お疲れ様ー」
できない子GM 「は?>トットリ」
カイム&ドラゴン 「(読まれないのに……)>GM」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない子GM 「考察とかね。
逆に言えば、真アピが関わらない日記は割とどうでもいい」
忍者トットリ 「やだ、できない子GMと同じ事いっちゃってるっちゃ!
きっとできない子GMも鳥取が好きに違いないっちゃ」
音速のソニック 「今のうちに村陣営カウント数えておいた方がいいぞ。
村が11人で人外の方が少ない。
真証明した位置削って、残りの村位置が何人か考えておけ」
タツマキ 「ハハッ>おぬし」
できない子GM 「真アピしたい時に必要になる>カイム>日記」
音速のソニック 「2W吊れてると見るか1W吊れてると見るかだが。
あの時点でほぼ○結果しかない&結果真の占いが
狩人なしに噛まれない理由ってものすごく薄いぞ  >ミスティア」
ギルガメさん 「噛まれるとはおもわんじゃん?
厄神噛みとかどんだけ暇な狼よ」
ミスティア 「つか、シルフがニートしか出ないまで正解か……」
おぬし 「どうせ噛むなら拙者の方がよかった……」
カイム&ドラゴン 「(村役職は何のために日記を書くのか、考え直さないといけない発言が……)>GM」
忍者トットリ 「もう1回いうけど占い視点でマジで勘弁してくださいっちゃ」
タツマキ 「こりゃあブラッキー噛むしかありませんわぁ」
忍者トットリ 「多分、一番上に書くべきだと思うっちゃ>ギルガメ

重要とか言って」
タツマキ 「まーじでー>祟り神真」
やる夫 「同じ決闘者陣営でどうしてこんな差がついたのか・・・
慢心・環境の違い・・・というか早苗も不幸になるんだお!>早苗」
できない子GM 「遺言で重要な情報は一番上に記載するとかしたら読まれやすくなるよ!
日記とか大体みんな読み飛ばすから!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ギルガメさん 「霊界ですら話しねーとよまれねーからな>日記」
ミスティア 「いや、無いことは無いよ>ガロード真」
カイム&ドラゴン 「遺言を見ればわかることだとは思うが、承知した>ギルガメ」
タツマキ 「やっぱブラッキー噛みかなあ
村蘇生されるときっついわー」
ギルガメさん 「共有があんな暇な日記を書くか!」
音速のソニック 「いやタツマキ○ならお前視点かなり夢濃厚なんだがその辺どう思う >下界のガロード」
タツマキ 「玖渚噛んでー」
忍者トットリ 「5日目:おぬし
憑依系なら嬉しいっすね(棒
あ、宣告貰ったわ7日目にショック死するから、祟神真でよさげね

っふぁ!?」
ギルガメさん 「あー、カイムは戻ったら祟神真だって言っておいてな
夜にショック死ついたからさ」
できない子GM 「ギルガメさん……ww」
忍者トットリ 「指定吊りするなら
祟り神に投票指示すべきなんだけどもっちゃね」
ミスティア 「ぶっちゃけ、ギルガメ指定しないなら共有だろなとしか思ってなかったわ」
音速のソニック 「俺としてはものすごい不都合だぞ。タツマキの結果考慮すると○になるし、
俺嘘吐きならあって狂人になるんだが。
一日おいて様子見てほしかった。俺としてはな         >>カイム」
ギルガメさん 「まぁ遺言みられねーからいいや(ホジホジ」
カイム&ドラゴン 「(むしろガロード本人が狐の方があり得るか)」
ミスティア 「ガロード視点だと、こなた吊らない未来が無いわな
残り10人しかいないんだ」
忍者トットリ 「まぁ、ひどいっちゃ!?>ミスティア
泣くっちゃよ?」
ギルガメさん 「俺が人外でシルフ投票するはずねーじゃん(ねーじゃん」
忍者トットリ 「ガロードはこー多分
自分以外の視点も想定してあげる優しさを覚える必要があるっちゃね」
ミスティア 「まぁ、占い師なんて
ボロクズみたいなもんだろ」
忍者トットリ 「ガロード視点で対立しってかっちゃね」
カイム&ドラゴン 「(こなた真にせよ、おまえ真にせよ、吊って不都合がなかったかなと)
先日が先日であったので、日和ってしもうたのだ……>ソニック」
音速のソニック 「友と俺が混じってる時点でな… >トットリ」
おぬし 「まあ拙者攫いでござろうよ」
ミスティア 「うお、外した」
ギルガメさん 「で、おぬし攫いかなーこれ」
忍者トットリ 「○に意味が無いーるーるーるー」
やる夫 「あ、友共有で正解だったお!」
タツマキ 「あれ? 玖渚だったんだ>共有」
音速のソニック 「お疲れだ。
そしておぬしについてはおかえりというかなんというか」
ギルガメさん 「あ、噛むんだ?」
カイム&ドラゴン 「ふむ、お疲れ様ぞ」
やる夫 「お帰り&お疲れ様だおー」
忍者トットリ 「これで鬼が真証明っちゃね」
できない子GM 「お疲れ様」
音速のソニック 「友とギルガメは○。
村位置は共有とまあブラッキーを入れる。
11人の村人の中にあとどれだけ村人がいるかという。」
おぬし 「ただいまでござる。」
ミスティア 「こなた吊って~、けーね吊って~」
やる夫 「ぷるぷる
やる夫悪い人外じゃないお>ソニック」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
タツマキ 「ごめんねえ>ソニック」
できない子GM 「ついつい真面目に観戦しちゃうよね」
音速のソニック 「ちなみに何を思って俺を吊ったのか聞きたいんだが >カイム」
できない子GM 「GMは要所の確認だけしながら放置しても問題ないんだけど」
音速のソニック 「狼陣営4でどれだけ狂人が居るか俺としてはなかなか疑問だ。
タツマキ、やる夫、こなたまで人外で良いとは思うが。  >トットリ」
カイム&ドラゴン 「我の指定が指定であったからな……
(正直すまないと思っている)>ミスティア」
ミスティア 「まぁ、実際の所
ガロ夢なら狼1も吊ってないし」
タツマキ 「ただ共有が二人くらい居そうな予感(ガクブル」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カイム&ドラゴン 「……これは狼がだいぶ残っておるな……
(大妖精は真毘沙門天だとは思ってないぞ?)」
タツマキ 「あ、良かった灰は多いわね」
やる夫 「カイム蘇生しようとしてやる夫誤爆蘇生
微レ存くらいはあるかおね・・・」
忍者トットリ 「なんで・・・ギルガメサン投票者がいるっちゃろ・・・>ソニック
狂アピっちゃかね?」
タツマキ 「こなた、アリス、シグ、けーね、ガロード、早苗」
タツマキ 「大ちゃんは毘沙門天でー」
音速のソニック 「しかし下界の投票見てみろ。
トットリなんかお前影薄いぞ >トットリ」
忍者トットリ 「いや、霊界視点でブラッキー
仙狐は大分薄れたっちゃけどね?」
タツマキ 「ブラッキー噛んでー」
タツマキ 「玖渚とギルガメ○でー」
ミスティア 「蘇生能力がある以上は、まだ不確定だしね」
タツマキ 「シルフ共有だとしてー」
カイム&ドラゴン 「すまぬな……
(がんばれ)>相方」
忍者トットリ 「いやー、適当に殴ったところが普通に狼だったっちゃw
びびる大木だっちゃw」
タツマキ 「あるぇ?」
音速のソニック 「見えていないし、ブラッキー真でいいだろう。
俺がここにいるからな。 >カイム」
カイム&ドラゴン 「(人外CO、だな)
……ブラッキーを噛んでくれるなよ……」
ミスティア 「一応、下界視点で仙狐の可能性はブラッキー消えてないけどね。実際」
タツマキ 「●出す相手間違えたわ」
カイム&ドラゴン 「ふむ、お疲れ様ぞ。
(霊界は見えないと)」
タツマキ 「ささっとトットリ噛めば良かったわねえ」
忍者トットリ 「おつかれさまっちゃ」
ミスティア 「お疲れ」
音速のソニック 「まあお疲れさまだ。」
やる夫 「お疲れだおー」
できない子GM 「お疲れ様」
音速のソニック 「あって狂人位置だからな…。
まあ難しいところだろうが、じゃああれ何かって気がするぞ。
この配役で狼ポンポン露出する理由あるかという気がしてな  >>鳥取」
タツマキ 「お疲れ様よ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
カイム&ドラゴン はショック死しました
音速のソニック 「いや、共有を冥が噛んだのは真実だろうから、
そっちの方が冥狼だろうな、というだけの話だ。 >ミスティア」
忍者トットリ 「いやー、復讐で精神鑑定は弱いっちゃよ?>ソニック
対象が嘘吐きだと吊れない場合もあるだがないや」
ミスティア 「まぁ、前も何も指定されてるんだけどね>ソニック」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
音速のソニック 「まあタツマキ吊っていいだろうな。
タツマキの方が冥狼だろう。
共有噛めるようだが、噛める狼もいる。
前に出るのは冥狼だろうさ。」
ミスティア 「本当に宣告付いたか
妖しいもんだけどね、実際は。死体ある以上は」
忍者トットリ 「・・・友の動きが狂人に見えてきてつらい!なう!」
音速のソニック 「精神鑑定は占いほど場を保つ力ないからな。
まあこなた人外は良いとして。
狼の騙りにしては弱いので、恐らく後援者か復讐者、狂人だろうと。」
忍者トットリ 「昨日しこたまそこのヘイトをぶつけてた
トットリ噛んでくるじてんで」
忍者トットリ 「いや、タツマキ吊ればいいちゃよ?」
忍者トットリ 「友も俺の○やっちゅうねんw」
ミスティア 「ぶっちゃけ、こなちゃん吊りでいいんじゃないだろうか?
霊界視点ブラッキー真だし」
やる夫 「友じゃねーかなぁと思うお
けどCOからシルフも捨てがたいお」
忍者トットリ 「ギルガメ俺の○」
音速のソニック 「タツマキ狼。トットリ真でいいだろうな。
トットリが妙に抑え目な発言をしていると思ったらそういうことか。
ちなみに俺に嘘吐き出してる段階で精神鑑定の正体もお察し、だろう。」
忍者トットリ 「こー、真面目に祟り神でもぐらんでくださいっちゃ
占い視点だと」
ミスティア 「シルフかギルガメだと思いますwwwwww」
ミスティア 「さて、と
共有当てゲームしようぜーwwwwwww」
やる夫 「おぬしも一緒に仲良く負け組だと思ったのに・・・
ブラッキーひどいお」
音速のソニック 「ま、バレてしまってはどうしようもないな >下界」
やる夫 「っておぬしぃぃぃぃぃぃ!?」
音速のソニック 「ああお疲れだ。 >トットリ」
ミスティア 「お疲れ~
おぬし蘇生?」
忍者トットリ 「それじゃあ、タツマキ狼でいいっちゃろ
俺ここで噛むならっちゃ」
やる夫 「お疲れ様だお」
やる夫 「やる夫も早い方じゃないお
時間はいくらあっても足りんお」
できない子GM 「お疲れ様」
音速のソニック 「まあ、配役隠蔽という時点で蘇生は真実なのだろうな。
仙狸が真実ならばタツマキ人外、になるのかね。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
おぬし 「拙者もでござる<投票遅いの」
音速のソニック 「時間が遅いのだけはいい加減に直さんとな…」
ミスティア 「さぁ?>ソニック
それは探偵さんの心のなか、かな?
聞いてみればいいんじゃない?」
できない子GM 「少なくとも私がGMの村では、テンプレにて「意図的な投票遅延は禁止」がしっかり定められてるからね!」
音速のソニック 「ふむ、そうすると俺が純粋に人外に見えたということだろうかな。
○ではなく。嘘吐きが出るでもなく。
…つまり狼見たということか?    >>ミスティア」
ミスティア 「ちなみに超過で遺言作ってて
あ、投票してねぇと思ったら既に投票してたという不思議!」
できない子GM 「予備電源みたいなものであって、意図的に活用するものじゃない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子GM 「超過時間は遺言を書いたり発言を吟味したりするための時間じゃないので」
できない子GM 「ちなみに、遺言残してたから遅くなった、とかもアウトっすよ」
ミスティア 「信じてないんじゃない?単純にどっちも>ソニック」
音速のソニック 「済まなかった。 >GM」
音速のソニック 「まあそれはあるだろうな。
というか仮に俺が嘘吐き結果だとして、俺を即吊る意味が解らん。
タツマキ信じようと、こなた信じようと俺を吊る意味合いって薄い筈だが >ミスティア」
できない子GM 「いや、そんな日もあるじゃなくてww>ソニック
何があっても超過2分以内で投票するのwww」
音速のソニック 「そんな日もある >GM」
ミスティア 「これ、こなた後援者とかで
嘘つきだして非狼場所に下とか、じゃないかなぁ?」
音速のソニック 「まあろくでもないな。
正直俺を鑑定する暇があったらガロードでも鑑定すればいいだろうに。
その次点であいつを精神鑑定士と見る余地あるか?」
やる夫 「め、冥狼LWなら猶予あるお(震え声)>ミスティア」
できない子GM 「>音速のソニック
音速名乗るなら音速で投票しろよ!!」
おぬし 「お疲れにござーる」
ミスティア 「お疲れ」
ミスティア 「狸噛まれるんじゃないかな?>二人」
できない子GM 「お疲れ様」
やる夫 「お疲れ様だおー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 「いやいやここはやる夫が」
おぬし 「だから拙者を蘇生しよう(提案)」
やる夫 「だから村を応援するんだお!
応援してるだけなら噛まれないはず・・・>GM」
ミスティア 「蝙蝠蘇生とか毒じゃないならしなくていいわー(棒」
できない子GM 「やる夫はCOが真なら現在蝙蝠相当じゃないですKA」
ミスティア 「それ、村カウント増やしてるだけやん……>ミスティア」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
おぬし 「霊界視点っていうか下界視点でござるな。
拙者からしてみると、ガロード偽なのに真と見せかけたい感じに見受けられる。」
ミスティア 「霊界じゃなくて下界w」
やる夫 「やる夫なら蘇生されたら村のために働くお!
具体的には適当にがんばれーって応援」
ミスティア 「霊界視点、どう見ても私とおぬし狼でのLW冥狼です本当に(ry」
やる夫 「いや、おぬしもやる夫と一緒の位置だおw」
ミスティア 「蘇生対象、いなくね?(震え声」
ミスティア 「でもさ」
やる夫 「わーってるおw
誤爆ワンチャンかおねw>ミスティア」
おぬし 「蘇生カモン!」
ミスティア 「やる夫蘇生とか無いわーw」
やる夫 「蘇生カモン!>ブラッキー」
ミスティア 「んー……どうなんだろ
冥LWで以外で冥で噛む理由ってこの時点であるのかな?」
おぬし 「ガロードとライン繋げて、冥狼LWと見せかけたいって感じなんでござろうか。」
ミスティア 「冥狼、ねぇ……」
やる夫 「つまり、カイムに宣告二日後かお?」
ミスティア 「タツマキでGJ……まぁ、あるとは思うんだけど
本当にアレよね、タツマキも能動系COしてるわよね……」
やる夫 「お?
タツマキでGJあるかお?」
やる夫 「もしそうだったら泣くおw>ミスティア」
おぬし 「ぬ、死体無し。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ミスティア 「というか、割りと
これ私が狼でここ噛めって票に見えるわねw>やる夫投票やる夫噛み」
おぬし 「狩人COでもして噛まれ狙えとか言われたでござるが、
どうにも拙者村役職で騙るというのは怖いでござるよ……。
下手こいたら人外確定扱いでござるし、推理のリソースを奪ってしまう事になりそうでござるし。」
ミスティア 「決闘者陣営だと思ってたから、そこはハズレな気もするけどねw>おぬし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
おぬし 「あ、凄い。拙者決闘ついてるの見事に当てられてるでござる。」
やる夫 「配役がもっと際どかったら初日に大声で叫びたかったおw
ハクタクは実際むずいと思うお」
ミスティア 「ただ、割りと遺言いい線行ってる気はするのよねーw」
おぬし 「いや、構わぬでござるよ。拙者初めて宿敵ついたからびっくりしたでござる。
噛まれたかったので露出せずに潜ったでござるがな。」
ミスティア 「決闘系は、出ないのが面白いわよねって、最近思うから
出なかったのは二人真ならGJ!(個人的には」
やる夫 「やる夫は友かシルフと思うお」
やる夫 「ぶっちゃけ
おぬしに決闘を申し込む!
ってやりたかっただけなんで、巻き込んですまんお」
ミスティア 「じゃあ、共有当てゲームでもしよっか
ギルガメかシルフに張るわね。私は」
おぬし 「配役隠蔽でござるか。」
やる夫 「お疲れ様だおー」
おぬし 「お疲れにござった」
ミスティア 「お疲れ様」
できない子GM 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ミスティア 「しかし、配役隠蔽って何だろうね
蘇生くらいしか無いんだけど、今のところ」
やる夫 「なるほど、道理だお>ミスティア」
やる夫 「まぁ、おぬしでもアリスでもいいんじゃねぇのかお?この感じなら」
ミスティア 「結局ハクタクにしたみたいだけど
アリス相方ならアリス相方って言ってグレランすると思う。あの時間だと」
やる夫 「うん?
アリス指定ってことかお」
ミスティア 「アリス指定って事でしょ、あれ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 「アリス共有かおw
ってかここでバラスのかおw」
やる夫 「決闘者だからってところかおねw>反応伺ってた
噛まれる位置だとは思わなかったお」
ミスティア 「決闘持ちは、少なくても決闘者じゃないなら
自分から出る必要って無いと思うのよね」
ミスティア 「反応伺ってる感じだったから、狼じゃないなら多分噛みそう
後、ギルガメ吊るなぁ、私だと今日の反応では」
やる夫 「おかしい・・・やる夫は灰からこそこそ生き残る予定だったんだお・・・>ミスティア」
ミスティア 「あー、そっちが決闘かぁ
まぁ、私狼だった場合でもそこ噛みしそうだけど」
やる夫 「あ。お疲れ様だお
負け確定だおー・・・」
ミスティア 「お疲れ様」
できない子GM 「お疲れ様」
やる夫 「噛まれた・・・泣けるお」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ミスティア 「吊り逃れられないなら出るか吊られて役職保護しとけってね
そう思うのさ」
ミスティア 「潜るのはいいし、出てきて指定するのは別にまだ納得するんだけど
潜ったまま指定するってのが嫌いなのよねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子GM 「私もFOグレランの方が好みかなー個人的には」
できない子GM 「メリットあるし強いんだけども」
できない子GM 「この内訳で無理に指定はする必要は無いっちゃ無いっすね」
ミスティア 「まぁ進行的には悪くないんだけどね
潜らせて指定進行する強さは探偵村とかでもわかってる事だし」
ミスティア 「本当、私指定進行大嫌いだわw」
ミスティア 「しかし、こう、あれねー」
ミスティア 「お疲れ様」
できない子GM 「お疲れ様」
ミスティア 「じゃあ、お風呂入るのはやめとこう
事故もありえるし」
ミスティア 「うお、配役隠蔽」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子GM 「配役隠蔽なう」
できない子GM 「あべし!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営4 妖狐陣営1 鬼陣営1 決闘者陣営2
ゲーム開始:2013/06/29 (Sat) 00:22:13