←戻る
【雛966】やる夫たちの超闇鍋村 [1184番地]
~買ってきたスイカがボケていた~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[暗殺者]
(死亡)
icon 萃香
 (ふらい)
[占い師]
[宿敵]
(死亡)
icon 魔理沙
 (あたろう◆
ShinobiUmg)
[鵺]
[共鳴者]
(生存中)
icon ルーミア
 (シルク◆
Jvv0i0XZTs)
[静狼]
(生存中)
icon カチューシャ
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[陰陽師]
(死亡)
icon 船見結衣
 (Cメイト◆
MateZA.ep.)
[猟師]
(死亡)
icon もみじ
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[五徳猫]
[共鳴者]
(生存中)
icon 夕張
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[人狼]
(生存中)
icon ボル質
 (反省中◆
quaAwStKFA)
[海御前]
[宿敵]
[共鳴者]
(死亡)
icon ナズーリン
 (ddd◆
CkK42HJiBJ9Z)
[老兵]
(死亡)
icon スイカ
 (◆
cnRGIFrKIZ1V)
[村人]
(死亡)
icon
 (minus)
[死化粧師]
(死亡)
icon チルノ
 (鬼喰い天狗◆
1Ry1jMpjGI)
[妖狐]
(死亡)
船見結衣 「正しさや正義がどうこうというくだりはねじ曲がった解釈だったのは認めるよ。
筆が走る過程で感情的になっていたんだと思う。その点についてはごめんなさい」
船見結衣 「私はいつかまたこのログを覗きに来るかもしれない。
でも、ここで何か新しい発言をすることはもうないかな。それじゃ」
船見結衣 「不幸云々という言葉があったけど、
私はむしろあなたに今後不幸になって欲しくないからこう言っているということだけは理解して欲しい。多分無理なんだろうけど」
船見結衣 「実際は、1枚じゃそうはならないかもしれないけど。
イエローカードが積み重なったら、いつか必ずレッドカード相当になる日が来る」
船見結衣 「あと1枚で退場だよ」
船見結衣 「この村で反省していても、根本的な考えが今のままだと、
あなたはいつか同じことを繰り返してしまうかもしれない」
船見結衣 「GMにとっても、参加者の一部にとっても、スレでこの村の報告を見た人にとっても、
今回のあなたの村での暴言はイエローカードだと考えられているから」
船見結衣 「だから、ここから先は主観的な心配じゃなくて客観的な警告になる」
船見結衣 「まあ、私がこれ以上どれだけ言っても、スイカは私の言うことを理解してくれないんだと思う。
私はスイカの言っていることをまったく理解していないんだろう、とスイカが思っていたの同じように」
船見結衣 「もちろん、私も好きで人を結果的に傷付けたり、傷付けられるだろうと予測されるような発言をしたい訳じゃない。
でも、「●もらいだからCOして」でそんな風に思われたら闇鍋どころか人狼なんてできないよ」
船見結衣 「重ねて言うと、何が正しいも間違っているも個々人の価値観次第である以上、”この村”の裁定者はGMなので。
他では違う結論が出るかもしれないけど、少なくともこの村では。
GMがあらかじめ定めているローカルルールをどのように解釈するかもGMが定める。
【禁止事項】
・暴言(礼を失した乱暴な言葉。結果的に傷つく者が出る、または傷付けられるであろう者が予測される発言はここでは含まないこととする)
なんて、わざわざテンプレ段階で断っておかなければならないのかな?」
船見結衣 「あなたの中の暴言の定義は理解したけど、それは私とGMの中の暴言の定義とはまったく異なる。

やる夫村全体についてはどうなのかという形で話を発展させる場合、ログというこれまでの先例を使うのであれば、
少なくとも真紅鯖・雛苺鯖において、スイカの言うような暴言の定義が認められた事例は存在しないよ。
理解はした。理解はしたけど、私はまるで納得できないし、これまでのやる夫民もまた同様であるということ」
船見結衣 「私の中だけじゃなくて、私を含めたスイカ以外のこの村に参加している12人の見解だと思うけどね>私が間違っていない
少なくとも、こういった状況における裁定者はGMであり、GMはそのような判断を下している」
スイカ 「君の中で君は途方も無く間違っていないようなので、どうでもいいことかもしれないけどね」
スイカ 「そも、暴言の辞書的な意味は礼を失した乱暴な言葉 というものだが、暴言の定義として相手を傷付ける意図に関わらず、結果的に傷つく者が出る、または傷付けられるであろう者が予測される場合、というのも暴言あるいは失言とみなされる
これ以上ないほどに主観的な問題だよ。」
スイカ 「ただ君は理解もしないだろうな、というのが今回の返答で分かった
恐らく他人の不幸に対して酷く無関心なのだろうね。
謝罪を手段として用い、客観で責任だけを回避する君は、ようは自分がその場不幸でなければいいと言っているだけだ。それは結局、直接的要因に対して無責任である自覚を持ってくれれば幸いだね」
スイカ 「今回もこうして「自分の主観でこの世と徹底抗戦するのが正義だと思っている」というようにねじ曲がった解釈を周知させようとしているね
そういう無自覚さを責めていたわけだけど。
萃香に言った文章をそのまま引用しようか
◇スイカ 「中途半端も何も、お前は俺が 俺が正義だ と言い張ってるかのように言っているが
俺からすればお前に取って俺は何に見えてんのって感じ>萃香」」
スイカ 「想定の甘さとかメリットデメリットの考察がどこまで出来るかは個人の能力の限界だ。
そんなもの知らんしフォローしきれんしそれ自体は攻めねーよ、無意味だし。
単純に、無自覚に相手を不快にする人間は最終的に相手を不幸にするだけだってこと。それに正義や悪なんぞ関係無い。そもそも客観自体が時代で変化するような普遍性がないものだから」
スイカ 「船見が非常に誤解してるから補足しておくけど
そもそも俺の発言自体は問題であって俺に正義はないし正義を主張していないという点
そして主観が優先されるというのは当時者性に基づく物。客観性による正義というのは事後の責任の追及でしかなく、客観的無罪である行為が相手を不幸にしないということを言っている訳だ」
船見結衣
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : \
       . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        /. : : : : : : : : / / : : : : : : ハ: : : : : : .
.      /. : : : : : :/: :/{:∧ : : : : : : : } : : ヽ: : :.
      ′ : : : : : |: /´「 仄: : :l}: : 川ハ: : : : : :ハ
       ||: :l| : : :|厶=ミ、ヽ\リ: /レ}灯': : :}: :}: |
       |∧: :l| : : i| { r少i}^ /イ/ 云=ミV:/: 八|        改めて、村建て同村感謝、お疲れ様。
      ′',: :{: : 八、、`゙´     r少} }}/}/}  ′
  ,.ィx'⌒ヾ´ ̄ ̄二ニ= 、    ,   `¨´/: :′          次の村でもよろしく。
 彡'^{i           ヾー‐vー``┴'-  _
    {i                }       ` く⌒ミ
       /          \            V
    ∧ rー- 、        ヽ           }
   .′Y⌒⌒ \          }            /
    { 八       /´\           `ヽ  /
   ヽ{  ヽ __{    \    ′  / ̄ ̄`つ
.    人 /^Y  lj     \ / /`ヽ     }┘
.     {   人  \       ヽ/   ハ    ノ」
船見結衣 「みんなが言っていたことについて、
スイカにはもう一度よく考えてもらいたいと私は切実に思ってる」
船見結衣 「誰からも見放されて、ひとりぼっちになって、
そこで初めてスイカは自分のやり方だと周囲に受け入れてもらえないことに気づくのかもしれない。
私はスイカにそうなってほしくない。もっと早く変わって欲しい。やる夫村で一緒に遊んでいたい」
船見結衣 「スイカは、自分が正しいと思っていて、自分の主観でこの世と徹底抗戦するのが正義だと思っているんだろうけど……
このままだと、今のスイカは”居場所”を無くしかねない。
村以外のスイカを私は知らないけど……もしも同じように振る舞っているであれば、
これはやる夫村という”居場所”に限った話ではなくなると思う」
船見結衣 「余計なお世話だと思われるかもしれないけど、本当に」
船見結衣 「率直に言うと、
今の私はスイカをとても心配している。その気持ちしかない」
船見結衣 「こんなところかな」
船見結衣 「2日目昼~3日目昼までの段階での私の視野の狭さというか想定の狭さが、
結果的に萃香・スイカ吊りを招いてしまっている。内訳想定も甘かったからね。
特に、ただの勘違いで吊ってしまった萃香には本当にゴメン」
船見結衣 「私がスイカを吊らないという意志を出したのは最後の最後だったから、
COを聞く段階で「今日スイカを吊るつもりは全くないけど、COだけはしてもらえる?」
と前置きしておいた方がよかったと反省してる」
船見結衣 「「COをさせる≒吊り候補」と結んでしまう人も多いのは分かってるけどね。
だから、あの場でCOを渋りたくなるスイカの気持ちは理解できる。
理解できるからこそ、私は私視点でスイカにそれをして欲しい理由を説明した」
船見結衣 「ついでに補足しておくと、夕張のように、
あの段階でスイカにCOさせるのはどちらかと言えばデメリットの方が多い行為であると思っている人も多いだろうけど、
私はメリットの方が多い行為だと思っている。

また、私の中では「COをさせる≠吊り候補」。
鍋はパズルのゲーム、情報戦だと思っているから。
説明したように、スイカ視点でスイカは何であるのかという主張を
あの日に出させることが私の中の推理軸として必要だった」
船見結衣 「私は、自分が悪くないと思っている時でも、相手から要求されれば相手に頭を下げることが多い。
そうでなくても、私がそうすれば場の空気が改善されると思えばいつでも謝る。
私にはプライドなんて無いからね。私の頭なんていくらでも下げる。

それでも私がここでスイカに謝らないのは、
そうしてしまうと、スイカのためにならないと感じるから」
船見結衣 「断っておくと、普段の私はどうでもいいことでぺこぺこ謝るタイプだから。
スイカを吊ってしまったことは悪かったと思ってるし、ごめんなさいとここに謝罪する。
進行提案についても、スイカの主張する蝙蝠吊りからの引き延ばしを使えば
もっと冷静に判断するだけの時間を作れたかもしれない。この点についてもごめん。

ただし、CO促しとその関連発言について謝るつもりはかけらもない。
仮に私自身が悪くないと思っても、GMなどから要請されれば必ず謝るけど。

自分の価値観が正義であるとは限らないどころか、そうではないことの方がはるかに多いということを私は知っているから。
だから、私は主観ではなく、いつでも客観で物を見る」
船見結衣 「私は、村のみんながスイカに言っていることが全てだと思うから
件の発言についてはこれ以上何か言うつもりはない。

また、スイカの考え方とは違うんだろうけど、
今回の私の村の中での発言に問題があったとは全く思っていないし、
スイカ以外の面々からは、スイカに対して謝罪するように促されてはいないないことを確認した。
だから、私は●もらいからCOを求めた発言についてスイカに対して謝罪をするつもりはない。

スイカは主観が大事って言っているけど、
はっきり言って、このログを見てスイカの発言にモラル的な問題があると判断するプレイヤーは沢山いても、
私の発言に問題があると考えるのはスイカだけだと思うよ。あくまで私の推測で、だけどね」
船見結衣 「えーっと」
スイカ 「言葉尻が悪い方が悪い、なんてなったらいかんのよ
リアルでそれで自殺に追いやられた奴が身近にいっからなー
その関係で過敏になってんのはあるけどさ」
スイカ 「まあ最後に纏めるけど
売り言葉に買い言葉で言いはなったのは悪かったしとそう言ってるさね
とはいえ、周囲が~と思うから本人の意向は関係ない、なんてことにはならないってこと
例えばボルの人だって、よくお許し(ryとかネタにされてるが、知らん人がそういうアイコンで入って知らんネタで言われたら不快になるかもしれんだろ
大事なのは主観だってのが俺の持論だし、周囲が良いと言うなら良いんだ従えというなら徹底抗戦するよ、今回の萃香相手みたいに、ってことだね
んでは失礼。傍観者で不快にさせた人には謝罪する」
スイカ 「ちと所用で見れんかったがその間にいなくなってたかね、すまんね
GM及びPLはお疲れとありがとーさ」
GM 「私個人がそう判断した、と受け取ってください>夕張さん」
夕張 「っと、皆様お疲れ様。
仲間はありがとう。 GMも他の参加者も次は今回よりもっと楽しめるゲームにしましょう?」
夕張 「公開処刑っぽいのは好きじゃないわ。
少なくとも、本人は謝ってる(と私は判断した)
皆が皆、スイカは反省してないから速攻忠告すべきだって言うなら知らないけど

まぁ、私もそろそろ落ちるわ。
リプレイ張ってくる」
萃香 「当人の片方はもう去ってるってのにしつこすぎたよ、ごめんよ。>スイカ
他の人たちも余計な気苦労をかけてごめん。
言いっぱなしですぐ去られたらスイカも嫌な気分だろうしもうちょっとここは見とくけど、あたしからの発言はここまでにしとく。」
夕張 「・・・GM、掲示板に通報したの?
ちょっと早計だったんじゃない?
私が緩すぎんのかしらね」
魔理沙 「ま、時間と経験が解決することもあるさ。
私はこの辺で失礼するぜ。

解決しなきゃそれまでってことだと思うが。


正直こうやって最後に投げ捨てていくのもどうかと思うが、
私視点でもスイカのあの発言は暴言だったので、
勝敗にも関わってこないし、全く何も言われてない人間からしても気になる発言だったってのは覚えておいてくれ。そんだけ。

ゲームなんだ。楽しく平和に真剣にやろうぜ。ってな」
GM 「薔薇GMのコメントが掲示板にありますので、一度確認していただけたら幸いです。

お疲れ様でした。」
夕張 「うーん、だからスイカは「今回の発言は暴言だって思ってる」って言ってる(と私は見えた)から
別にそんな何回も言わなくても・・・ >萃香」
萃香 「あーうん、たしかにちょっと喚きすぎたよ。すまんかった。」
魔理沙 「一旦切り上げた方が幸せな気もするよなー。
多分これ解りあうのすぐには無理くさいし   >>夕張」
萃香 「発言でゲームの内外ははっきり区別する。
嫌な事があってもすぐ爆発させない。
落とし所を探る。
すねない。
つまりはもっと大人になってくれってことさ。同席するプレイヤーとしては、ゲーム内の発言(おいCOしろよ)程度でいちいち爆発されちゃかなわんのよ、わかっておくれ。」
夕張 「まぁ、ヒートアップしてるわね

本当は、2者間で問題が発生した場合は、直後に当事者含めた話し合いさせるってのは
心理的にはやっちゃいかんことなんだけどね。
個別に主張聞き出して 時間おいたあとに、メッセンジャー介したやり方の方がよい」
魔理沙 「ま、ここで気炎上げても誰も何も得しないし何も生まれないってのはなんとなーく感じてくれよ。
空気が悪くなる以外に何も残らないから。」
萃香 「スイカにゃ悪いけど、スイカが「船見も自分も同じくらい悪い」って考えるようならこの先また同種のトラブルが起きると思ってるよ。>夕張」
魔理沙 「ヒートアップしてるな」
夕張 「うーん、私は、スイカは反省していると思ってるし 次の村でも何かなきゃ何も問題ないと思ってるのだけれども

萃香は
>これからずっと何かあるたびにそんな振る舞いで周囲を嫌な気分にさせるのかい?
こう言うなら、スイカは次も今回みたいなことすると 思ってるの?」
萃香 「はっきり言っちまえば「これからずっと周囲にケツ拭かせんのか?」って話。
船見とスイカで扱いにはっきり差があるのはわかってるんだろ?」
魔理沙 「裏鍋は一夜にして村が滅ぶから何の関係もないだろうなwwww
むしろあそこに法則あるのかと思ってるがwwww    >>夕張」
萃香 「何にみえてんのかって言われるとねー
結局、今回はスイカが考え無しに感情を爆発させて叩かれたようにしか見えないのよ。
じゃあどうしたかったんだ、どういうところを落としどころにしたかったんだ。そこが見えてこない。

今回はさ、相手がそんな抗議してないからこれでおさまったけど。
これからずっと何かあるたびにそんな振る舞いで周囲を嫌な気分にさせるのかい?
ちょっとは自分でどういう形にもって行きたいか考えて、そうなるようにもっていくってやってみなよ。」
夕張 「ただ22人では2W保証、5W上限は全てのログ見ても確定だと思う
※裏鍋除く」
スイカ 「中途半端も何も、お前は俺が 俺が正義だ と言い張ってるかのように言っているが
俺からすればお前に取って俺は何に見えてんのって感じ>萃香」
夕張 「今言ったことは無し 無しで」
夕張 「あー やべ、 10%切り捨てだっけ
ともかく公開情報では無いわね
確かデフォルトの設定だった気がしたけど、別にこの鯖もそうとは限らないし
記憶もあやふや

魔理沙 「ふむ、その辺も人によりけりか >システム情報」
萃香 「そこは公開情報ではないからねぇ。根拠にはしたくないかな、個人的には。」
魔理沙 「記載されてなかったっけか・・・?どっかに見たような気もするんだが…」
魔理沙 「あ、その辺初耳。上限は知ってるが下限は知らなかったな  >夕張」
スイカ 「まあ22人5Wくらい広まってる事でも正式に仕様として記述されていない事は昼には言わんほうがいいんじゃねーの>魔理沙」
萃香 「そうじゃなくてきちんとした正義が保証されるべきってのなら、それはそれで自分の不快に感じた事を抗議するとかやればいいのよ。
中途半端なんだよねぇ結局。」
夕張 「11人いたら2W保証かしらね
10%切り上げが下限、20%切り上げが上限」
スイカ 「そりゃ俺じゃ無くて相手方の方だよ<ストロングスタイル
オレは水に流すのはいいとは言った、検討会始まる直前レベルだとは思うが
その上で萃香のように俺だけが悪いは聞き入れないと言っているだけさ>夕張」
魔理沙 「あ。そうだ。
ログ見てて思ったが、この配置狂人はいないと思うんだが。   >>萃香

この人数なら2~3Wが出現保証だったハズ。
それで狼陣営2ならほぼ狂人不在で見ていいと思うのな。
故に2死体で死んでるどっちかは狐で、あの日狐確定不在。
システムメタだけどな。」
萃香 「当事者が感じた事が優先されないならその時の周囲を味方につければ相手に何でもできるな>萃香
これね、これ。>ストロングスタイル」
萃香 「あたしの言いたい事はだねぇ。
なんつーか、周囲を操って自分の意見を正当化させるストロングスタイルが好みならそう振舞えばいいじゃない、ってことさ。」
GM 「その、「クズとか言っちゃう」をしたのはスイカさんだと思うよ。」
GM 「えとね。」
夕張 「「オレは再三、オレも悪いと言っていたと思うが」ってのは
申し訳ないけど、私では検討会より前の部分で スイカが、そういう旨の発言をした部分は見つからなかったので
ちょっとこれ、謝らない人間だと見られちゃってたと思う
本人は謝ってたつもりなのかもしれないけど」
スイカ 「何度も何度も何度も言ったと思うが、オレも悪かったとさ
それでもお前は
でもその場でクズとか言っちゃうのは正しい対処法なのかい?
とか言って来るわけ?
それはつまり、俺だけが悪いです消えて下さいってことだろ?>萃香」
萃香 「そう思うんならなぜ周囲を味方につけないような言動をとるのさ?
周囲を敵に回すのが正しいと考慮した上での判断だろ?
どっかおかしいぞ?」
スイカ 「当事者が感じた事が優先されないならその時の周囲を味方につければ相手に何でもできるな>萃香」
ナズーリン 「それではお疲れ様。また別の村で会おう」
萃香 「イラッとくるのはわかる、すごくわかる。
でもその場でクズとか言っちゃうのは正しい対処法なのかい?
どういう形に落ち着けたいのか自分で考えて、そこに着地するように行動するべきだと私は思うね。
破壊的な形にしたいなんて言う人ならそりゃ合わなかったな、ってだけだが。」
夕張 「言われたのと言ったのだけで暴言と通じてしまったなら、それはよろしくない。」
夕張 「あぁ、私の「誰もが」ってのは、言われた本人も含めるわ」
魔理沙 「ま、悪かったって思ってるんならいいんじゃね?
『次からは気を付ける』『みんな違ってみんないい』『これは対人ゲーム』でFAじゃね」
萃香 「参加してるプレイヤー全員が本人視点で判断するから、そこは間違ってないさ。>本人が思えば暴言
でも自分の意見は他のプレイヤー主観の意見全てよりも優先されるのかい?」
夕張 「うん
スイカは今、「あの発言は暴言だった」と反省していると私は判断している。
なら、やはり次からお互い気を付けましょう で問題ない。

・・・私も気を付けましょう。」
ナズーリン 「そこを理解しているのであれば、あとはお互いの問題だと思うよ>スイカ
今度同村したときにでも、二人で話してほしい
こんなことで共に遊ぶ仲間を失いたくはないのでね、私も」
スイカ 「オレは再三、オレも悪いと言っていたと思うが
GMにも言ったが、事実の一部(俺が暴言を言った)だけ取り出して曲解(僕は悪く無い)させるのはマスゴミの手法だと>萃香」
スイカ 「本人が判ってりゃ暴言だよ
知らなかったが通るならいじめなんて問題にすら挙がらない>夕張」
萃香 「うむ、●で「おいCOしろよ」はイラッとくるからねー
えっなに?COしたら吊らないの?ん?吊り先探してるだけだろ?って気分になる」
萃香 「村の進行とは別に、だ。
暴言に関しては、もう「オレの言うことを聴かなくて村負けしたら村が悪い」で終わればいいじゃん。
『僕は悪くない』ってヤツかね?
逆に手を尽くしたから自分は悪くない、と思えばこれ以上はカッカせずにすむよ。」
スイカ 「まあそれは正論だ、その通り
オレも悪かったさ、それは自覚してるし主張もしてるよ>ナズーリン」
夕張 「「誰もが分からない」なら暴言じゃないと思うわ」
スイカ 「吊られるのはシステム上誰かが起きなきゃいけないことだ、そこに文句言ってもおかしな話だ
でもこれはシステム上の問題じゃないからね」
夕張 「どこ説得すればよかったか、なんてのは結果論とは思うけど
本人なりにやるだけやった結果なら別に 誰も文句は言えないとは思う

無論、後で「こーすりゃよかったー」ってのが検討会で言われたり自分で思ったりするのも また人狼」
ナズーリン 「とりあえず、一つ
そもそもからして【暴言禁止】なのだから「言われたから自分も言った」は理由にならない
暴言を言われたと感じたのであれば終わってからそう言えばよかった
あの発言は不快だった、と」
スイカ 「つまり他人に判らないように言えば相手を不快にさせてよく、そう言う場合相手に我慢を強要するってことかい?
そりゃやっぱり隠れて行ういじめの理論だよ>萃香」
萃香 「そこでイラッと来る気持ちはよくわかるよ、無理矢理初日吊られたあたしが言うんだ間違いない。>スイカ
でもそこをこらえるのは必要だろ?
霊界ログ見てみなよ、あたしも端々に「チクショーこのやろう!」みたいなのにじませてるから。
魔理沙 「ま、疑われなかった狼が上手く流れに乗ったってことでいいんじゃないかね。
混乱は人外の味方だからな」
魔理沙 「だからまあ、結局狼が1人も吊れんかったのと、
萃香即吊しちゃったのが村視点ではきつかったのかねえって感じ? >>夕張」
スイカ 「9人から吊るの蝙蝠という名の鵺やで>夕張」
萃香 「んで暴言に関しては、アンタの発言で関係無い人までヤな気分になった以上はやっぱ良くない発言だったと思う。
船見の発言とは周囲の反応ってところで決定的に違ってるんだよ。
こういうゲームに参加するならもうちょい他人からの視点を持ってほしいと思うよ?」
スイカ 「それは理想論。時間と現実の問題で進行役を説得すれば終わる事象は大量にある。
そもそもの問題として、オレ―ルーミアでのランでルーミア信じたのは説得云々じゃないよ。自分で考えた結果だ
他人は説得というなの意見を言えば順応してくれるメカじゃないんだから>萃香」
魔理沙 「どうでもいいけど初日の役職が初日で良かったぜ。
間違いなくボル質ごと轢きつぶされてた」
夕張 「なお、猟師がチルノ殺さなくても
9人で村が吊れたら、残り7人から狐にPPして終わってました。」
カチューシャ 「そんな事言われると誰だってムッとしちゃうから」
魔理沙 「それもある。
というか決闘者が2COした時点で私たち視点でボル質吊りはないな >スイカ」
カチューシャ 「ただ、熱くなるのはわかるけど
ゴミ……とか、罵詈は抑えましょうね?」
萃香 「何度も言うけど、説得ってのは参加してる全員に対してやるもんだ。
確定○の指定で進行するにしても、その確定○に対して複数人が同意見で「そこは残そう」とか言えば止まる事もある。
可能性がある限りチャレンジはすべきだと思うよ、そういうゲームだからね。」
スイカ 「いや、鵺が入れるのは当たり前だから
だってそもそも鵺は自分の陣営聞かなきゃいけないから>魔理沙」
カチューシャ 「うん……お疲れ様
カチューシャは落ちるは……色々と進行に反省点ね……」
魔理沙 「ボル質に入れなかった理由?
話したいから。寂しいもんだぜ、喋る相手のいなくなった鵺。
というか初日○で狩人いる保証もないのに出てくるルーミアが私視点では割と「?」だったし、
萃香がルーミア○なら更に「?」だったし。
様子見すればいいんじゃねと思って。急いで吊る意味あんまないもん

スイカに入れたのはざーっと発言見てだな。」
スイカ 「いや無理。それ言おうとしたけど無理で断念してたのは4日目昼に言ってる
2Wでほぼ確信してたし、蝙蝠ロラったら4人2Wだ
だから伸ばすなら蝙蝠1吊って明日に伸ばせ、と言ったの。そこまでしか出来ない、そこまでしても進歩もないけど>萃香」
カチューシャ 「そうよね……>夕張」
萃香 「2死体が狂人だったら・・・
って思ったけどそれはそれでLWか、霊界でも指摘されてたなぁ」
夕張 「ボル質を決闘者決め打てるならば、浮動票3票より狼が少ない = PPできない
ので、別にボル質吊らないで良いとは思ったのだけれども
ボル質狼ありえるなら、そりゃ吊るかしらね
でもやるなら「初日に」だったのでしょう。
ボル質が狼って鵺に伝わったら、蝙蝠じゃなくて「狂人になる」から」
カチューシャ 「カチューシャがスイカの立場だったらそうね……
萃香とボル質で1狼陣営(実際は違ったけど)
2死体で狐陣営全滅
残りLW よって仕事を終了した主張のルーミアから吊って良い
……かなあ?」
魔理沙 「あとこう、猟師の狩り殺し信じるかルーミアの銃殺信じるかって話になるじゃん?
それは考えずとも、確定で狐だけ不在な訳で。
だったら噛まれない占いとかそういうより狼臭い所吊ればいいんじゃね的な。

萃香で1W吊れてると見るなら逆にルーミア吊にしかならんのではないか」
萃香 「あたしの好む説得方法でいうなら、翌日は
「ルーミアと自分で最終日対決すればいい。2WいてPPが不安なら蝙蝠を削っていけばいい、2Wなら狐怖さに狼が音をあげるだろ。」
って感じかなー」
夕張 「私少人数で老兵で傾奇者COしたら初日吊られたから
噛まれた貴方が羨ましい >ナズーリン」
スイカ 「それは入れた人に聞いてくれないと。あとどっちにも入れなかった人にも<初日吊り」
カチューシャ 「ごめん……どっちも吊り切るつもりだったから>萃香
ボル質は一日くらい残してあげようかなって……」
夕張 「村視点、スイカ吊りのタイミングがどうかについては私からは分からない と
ボル質は決闘者にしかこっちは見えてなかったけど
他の村は誰もそうでは無かった様だし・・・」
カチューシャ 「まず鵺が付いてるボル質吊り>狼、狐考慮で
次にルーミアスイカランでルーミア吊り>それで確実にLWになるはずなので」
萃香 「そこでなんであたしに票が集中したんだろうかって所は気になるねー
ギリギリで鵺2人ついたCOのボル質よりもあたしだったのかー!」
スイカ 「その上であの日は俺が吊れて無かったんだからそれ自体は充分
あのままさらに蝙蝠削ろうと思ってたらあないなことになったけどな」
魔理沙 「まあこう。
萃香で1Wと見るなら残り1W1F。
ボル質も私たちもどう考えてもPP乗るよりLW処刑の方が楽。
そういう時点でボル質よりも灰削ろうぜ的な。

2Wだったのは結果論ではある訳だが。」
ナズーリン 「少なくともルーミアでGJは出ていない、と私は言ったが
まあ噛み合わせ+狩り殺しで銃殺に見えたであろう以上
私の発言など忘れられたか・・・素直に老兵COしていれば違っただろうかね」
夕張 「うーん、狼視点じゃLW怖いから(静狼いてLWに見えかねない)
3日目スイカ吊りは、それこそスイカ狐って見ない限り ありえないって思ってたのだけれどもね」
「いや別にルーミア-スイカランはどうでもよくて、
ボル質が真決闘でも浮動票3は無理だろって理由で吊るなら初日吊るのでよかった。」
萃香 「まー客観的に見るなら「素村に●を当てた騙り占いが優秀だった」でいいんじゃね。
そこで説得で吊りをひっくり返せるならその素村が優秀だったと。」
スイカ 「そもそも3日目の大声で説明した事が真理だよ
あれで判らないならメリットデメリット説明しても判らない
だってあれがメリットとデメリットの説明になるんだから>萃香」
カチューシャ 「カチューシャも反省……>緑
ルーミアから吊るべきだったのね……」
カチューシャ 「初日、ボル質が海御前COなら海御前吊りだったけど……
萃香も剣闘士COしたらううん……」
スイカ 「動きをミスったというより、夜~翌日の船見結衣の行動が完全に村に裏目ったというか>夕張
そもそもあの場面、俺がCOしたら3日目オレ吊れてるし」
魔理沙 「私は残したかったんだけどなあ・・・。
夜に喋る相手いないのは寂しいぜ。

少なくとも萃香で1w吊れてると見るなら
ボル質処刑要らないもんな。
LWになってるっぽい時点で私たち協力する理由皆無だし        >>ボル質」
「要するに何故私はスイカに投票してしまったのか」
夕張 「狼視点じゃ無いわw >ボル質」
萃香 「あのね、説得ってのは当人だけにするもんじゃないの。
吊りってのは全員の投票で行われるもんだから、船見一人が石頭だろうが他を説得すりゃとおるんだよ。
そこで諦めちまうなら自分が悪かったと思っておきなよ。」
ボル質 「んじゃお疲れさん。」
「いや結局まぁ初日の傾向はスイカとボル質で両吊りにせざるを得ないし、
だったら初日ボル質吊るべきだったね、というところではあった。」
チルノ 「じゃ、お疲れ様」
ボル質 「海御前は相手を吊り殺せばショック死しない・・・!」
夕張 「私の基準では、船見の発言・言い回しは「暴言」とはならないわね
そして私の基準では「ゴミ」というのは暴言には入る
ただ、暴言言ったって分かってるみたいだから、次気を付けてくれるなら別に
船見も、スイカを一度は許せないかしら?

ルーミア●貰った日にCOするしないは、メリットとデメリットはある
ただ個人的にはデメリットの方が多いとは思うけど・・・
メリットを後で引き出せなかったら、まぁ動きミスったって話でやっぱ次気を付けりゃいいんじゃない?

ってのが私の思い」
ボル質 「それでも、一つ分かったことが在るんだ」
ルーミア 「そろそろおなかがすいたのかー
おゆはんおゆはん

それじゃそろそろ帰るのか~
みんなありがと~ ふらふら」
ボル質 「本当だな。もう少し節度を持ってほしい<魔理沙」
萃香 「まぁ人外票がやたら多いし、あたし吊りにならなくっても上手くことが運ぶかはわかんなかったねー(ぐびぐび)
あたしに矢が刺さってなかったらもうちょっとましだったとはいえ。」
ナズーリン 「護衛すべきあてがあれば老兵COしただろうがね・・・」
もみじ 「勝ちたかったね
けど私たち誰か犠牲になるだろうけど>ボル質」
魔理沙 「というか大声多すぎだろみて―な気はするなこの村ww
もっと落ち着けよwwww

と、大声で喋りまくった私が言ってみる」
スイカ 「◇船見結衣 「吊りがどうとかじゃない>スイカ」

と言われてるんでその方向からの説明説得は無理>萃香」
チルノ 「>ルーミア
狐露見してもうまみあんまりないようなぁ
●出しても吊れないだろうし」
カチューシャ 「初日はボル質処刑だったね……鵺を確実に蝙蝠以下にするには……」
ボル質 「まあ、それでもな
おめでとうといわせてくれよ<魔理沙、もみじ
出来れば三人で・・・勝ちたかったけど・・・」
ボル質 「ルーミアから○出てるのに即処刑したからな、村人。
そこからの展開でルーミア信じてるのはねーなあと」
ルーミア 「チルノを襲ってみるべきという夕張のアドバイスはナイスだったのかー」
魔理沙 「そうだな・・・。(遠い目) >ボルガ博士」
チルノ 「萃香吊っといてルーミア信じるのがまず理解不能
スイカは不利ではあるけど村人表記言いつつ、そこいうべき
CO控える理由が全くないと私は思う
船見については狐の恨み節が入るけれど、狐さがしより死ぬべきでないところ
護衛する方がよかったかなって印象
ナズはもう老兵いえし
あとは配置がどうしようもなかったかな」
ボル質 「◇魔理沙 「だな。
まあどの視点でもボルガ博士蘇らす意味皆無なんだが…ww >夕張」
ボルガ視点では・・・アリだよ」
魔理沙 「ま、ゲームはゲーム。
だからこそルールとマナーは守ろうぜ、と。」
カチューシャ 「萃香占い師の可能性かあ……
あって初日占い師だと思って……」
萃香 「>スイカ
他人を説得したいなら
・ルーミアが真でも自分は今日吊ってはいけない(村視点萃香狼でLW吊りがある)
・ルーミアがニセならもちろん吊ってはいけない
ここをちゃんと示すべきだったね。
なんで吊ってはいけないか。そして吊らないのならばCOさせる意味は無い。ここまでキッチリ説明すべきさ。」
魔理沙 「・・・そういえばそうなるな >夕張」
カチューシャ 「ううん……」
スイカ 「船見結衣も暴言だよってだけ
オレも言ったし相手もいった。だからお互い悪いで水に流すのはいいさ
その位の分別はあるからね>ボル博士」
魔理沙 「だな。
まあどの視点でもボルガ博士蘇らす意味皆無なんだが…ww >夕張」
ボル質 「死んだ直後には気づいたよ。
伊吹のが占い師だってね」
GM 「3日目夜のログを見返してください。GMとしてそれだけは言っておきます。」
もみじ 「してたけど、よく考えたら
私噛みされる可能性あったこと気づかなかったb>夕張」
「COしろって言ったからあっちも悪いとか素晴らしいお考えなのはわかりました。
通報します。」
夕張 「それ、もみじ吊りって事w? >魔理沙」
魔理沙 「いやー萃香占い師ってのは予想外というかなんというか。
私もそこで誤認したしな。狼だと。」
ボル質 「曲解も何も暴言は暴言じゃない?
それで排除されたってしょうがないさ。
そう言う狭い狭い村なんだからって思ってさ」
夕張 「もみじは、何か噛んだら復活とか言ってたし それ系の鵺COしてたわよね」
GM 「あなたと煽りあいをしたいわけではないの、残念ながら>スイカ」
カチューシャ 「萃香が剣闘士騙ったでしょ?
決闘者枠飽和したでしょ?
だからそこに狼陣営1つ混じってると……」
「あそこでスイカ吊れても夕張ルーミアボル質魔理沙もみじでPPなので。」
魔理沙 「ちなみにガチ毒でも協力してやるつもりだったぜ、と終わった後に狼に一言。」
夕張 「いや、萃香は占い師でしょー」
ルーミア 「最初から開き直って堂々といったら勝っちゃったのかー
夕張さんありがとー」
スイカ 「事実の一部分だけを抽出して曲解させるのはマスゴミの手法>GM」
チルノ 「五徳猫か」
「要するに。」
スイカ 「お疲れ」
チルノ 「お疲れ様」
ルーミア 「ありゃ<萃香まじ占い師」
魔理沙 「おおすっげ!お疲れ様!」
「ボル質とスイカのランの時点で無理なんですよ」
萃香 「お疲れさんと。
まぁ宿敵にしたボル質が全部悪いって事でいーやこの村!」
スイカ 「言ったよ、大声で
聞かなかったのも向こう>萃香」
カチューシャ 「GMゥゥゥゥ!!!
その暗殺者寄越してえええええ!!」
ナズーリン 「お疲れ様だよ」
夕張 「ってw ルーミアにとられたwww
お疲れ様」
もみじ 「お疲れ!」
ボル質 「なかった・・・・・」
GM 「お疲れ様でした。」
カチューシャ 「……お疲れ様」
ルーミア 「おつかれなのかー」
GM 「「COしろ」と「ゴミ」を同列に扱ってるって考えを曲げないということね。わかった。」
ゲーム終了:2013/07/07 (Sun) 19:01:38
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言
    /  孑―― - 、     \
   ( /        oヽ   \        あう……【死化粧師】……
   \ゝ ´  ̄ ̄ ̄ ` ヽ , \  ヽ
.     /             ヽ ヽ  >
    /       ヽ       ヽ_ゝ       鬼の方のスイカ:安らか
.  /  _|l_.|!    ト   ヽ     \
  / イ V 从|ヽ   fi弋卜 ヽ \ ヽ\      ボル質:安らか
. ム' .ハ Ⅵ卞ヽ、  !r.f- 、ヽ ヽ \ ヽ ゝ
  / Ⅳヘi ゞ' ヽリヽヒ_ソi ヽ i/ヽ |\ヽ     メロンの方のスイカ:
    マ ゝ 丶     i ト i    !
     メ  \ -     ! i リ   !
     |     ゝr ´ .ノ i     !
     ノ    // ̄ ̄/  !i \    !
カチューシャさんの遺言        │:._:._:._:._:._:._:._:._:.|:i:l_:._:._:._:|:i:i:il:._:._:.│|:i:i:l:._:._:.|il:._:|:._:.|i
       |_:._:._:._:._:._:._:._:._:._|:i:l_:._:._:._:|:i:i:il_:._:._:|:._|:i:i:l_:._:._|il.:.|:._:.||
       │:._:._:._:._:._:._:._:._:._:|:i:l_:._:._:._:|:i:i:il___|___|:i:i:l___|il_|:._:.||               ______
       |_:._:._:._:._:._:._:._:._:._:_|:i:l:._:._:._:「_:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:|:._:.||           -=-_-_/∠-_
       |:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:.|:i:l:._:._:._|:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._|:._:.||        -=-_-_-_-/∠-_-_
       ∨>─‐<_:._:._:._:._:|:i:l:._:._:.|_:._:.______:._:._:|:._:.|i\   /_-_-_-_-_/∠-_-_-_     陰陽師よ!
.      〃⌒ヽ_:._/∧_:._:._:._:「「斗恣≧x \|\: : : /x≦=ァi/i:./∧/_-_-_-_-_/∠-_-_-_-_
        i|:._:._:._:._:._:/∧_:._:._:_| 爪 |i|::笊(_``ー  /ィ笊( /ハ:/|_:./_-_-_-_-_/∠-_-_-_-_-_
        |l:._:._:._:._:._:._/∧:._:._:.| Vヾ う以::リ      i:以リ / 〈)/_-_-_-_-_/∠-_-_-_-_-_-_     宿敵同士に1狼陣営
        ||:._:._:._:._:._:._:./∧:._:.i|: :\             ′  i:./_-_-_-_-_/∠-_-_-_-_-_-_-_     昨日の2死体で1狐陣営(全滅)
        ∨:._:._:._:._:._:._:._/i:./∧:\     ∧/ ̄ ̄   八_-_-_-_-/∠-_-_-_-_-_-_-_-_     スイカ、ルーミアで1狼陣営で詰み
       ー=≦_:._:._:._:._〈:._:/∧: :.\    |     /   .:_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_
          廴:._:/∧:._:/∧: :r一   _,ノ ,,.イ_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_      ルーミアで終わらないなら狡狼考慮
           |/l: : 「 ̄\:._:.∧:「--≧=ァ=ヤ「 ̄/_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_
                j/Ⅵ> ∨:._∧\  i| (::/ 厂/_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_
                /  ̄ \∨:r┘=- i| 厂∠/_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_
             /       く:.ノ===== i|:/   7_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_



陰陽師CO
ボル質>スイカ>夕張


【プラウダ高校地吹雪のカチューシャの陰陽師日記】
 
【一日目】ボル質博士
占い師系だけどこれじゃないわね……
ボル質博士、お許しください!
 
【二日目】スイカ
萃香殺しちゃったからスイカに投票
ボル質っっきっさまあああああ!!!
 
【三日目】夕張
夕張メロンうまうま
 
【四日目】緑
ここしかないもん
カチューシャ は無残な負け犬の姿で発見されました
(カチューシャ は人狼の餌食になったようです)
ルーミア は カチューシャ に狙いをつけました
カチューシャの独り言 「萃香占い師だったのかあ……」
夕張(人狼)
                               ⊥
                               |
                -|-                ̄| ̄
              _ll_  /             _||_       うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
                   i||  /           i|||~|r-ュ_
              ┌|| ./     fニiil   _iヨヨ====i==l
              i=i=|| /      |三|  r===ッ^iニ二二ニ====i
            -f:j| | |||rェェェェェェュ.r-ュニl |l ̄ll ̄ll ̄l::l ̄ll ij ij ̄|lニニiァ━    _,,,,、。
  |     ━イニニl'l二iiニiir===ッ==ッ=ッ|ェェェァ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄マ) /"
 l, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                           |
-~~‐~~‐ー~ー-~~‐~~‐ー~ー-~~‐~~‐ー~ー-~~‐~~~~'''''""⌒'''┴‐ー~
^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙        ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙       ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙       ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙
  `'''゙゙゙゙゙゙゙゙   ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙       ^`'''``  `'''゙゙゙゙゙゙゙゙        ^`'''``'''゙゙゙゙゙゙」
ルーミア(人狼) 「んじゃいってくるのかー」
魔理沙の独り言 「仮に本当に毒でも、私は狼に協力してやるさ」
ルーミア(人狼) 「んー」
夕張(人狼) 「okカチューシャ噛み、いくわー!」
もみじの独り言 「グッバイカチューシャ」
カチューシャの独り言 「………………」
夕張(人狼) 「外道に魔理沙噛む?
それとも、私が うおおおおおおおお 吊ってカチューシャ噛む?」
魔理沙の独り言 「まあアレだ。」
カチューシャ は ルーミア の呪いを祓います
ルーミア(人狼) 「んじゃカチューシャ襲うのかー
毒ならさようならw」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
緑 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
魔理沙0 票投票先 1 票 →
ルーミア2 票投票先 1 票 →
カチューシャ0 票投票先 1 票 →ルーミア
もみじ0 票投票先 1 票 →
夕張0 票投票先 1 票 →
4 票投票先 1 票 →ルーミア
魔理沙 は 緑 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夕張 「・・・どこで狼吊れてんのよw」
ルーミア 「きょうはなのかーなのかー」
魔理沙 「ああそれは私も思った。
だからこそのルーミア投票  >カチューシャ」
「それだけ。」
夕張 「私も狼なりに、言うだけ言って警告はしたのだけれどもね・・・」
「ルーミア視点狼にされておかしくない船見がスイカ吊りって言うから」
カチューシャ 「もうLWだと思ったのよねえ……」
魔理沙 「私は蝙蝠なりに真面目に村にいうだけのことは言ったが、
ボル質吊れたんならしょうがない。
警告したもん」
カチューシャ 「あー……昨日ルーミア吊りだったかあ……
ルーミアとスイカで1狼陣営だから……うん……」
魔理沙 「だから私言ったじゃんルーミア吊っとけって」
「そもそもスイカ吊っても昨日終わりですし。」
カチューシャ 「ルーミア吊り! ルーミア吊り!」
魔理沙 「狼に協力してやるのも吝かではない」
「浮動票3とか無理です。」
夕張 「狼陣営は、ボル質吊る気なかったのだけれどもねぇ
村が全力で吊ってたわ。 私ゃしらん」
魔理沙 「まあ、でも狼の勇気はマジでほめたたえたいレベルなんで」
カチューシャ 「私毒だから蝙蝠蝙蝠狼になるわよ! 最終日!」
「陣営が根本的に不幸なんだよ。
ぷすぷす。終わり。」
ルーミア 「かんらかんら」
ルーミア 「最初から厳しい内訳だったから
カチューシャがまじ毒持ちでも笑ってアタックするだけなのか~」
魔理沙 「というか私全力でルーミアに反逆したから怖いんだけど色々」
カチューシャ 「ルーミア吊りましょうよ!」
夕張 「緑投票済」
カチューシャ は ルーミア に処刑投票しました
夕張 「決闘の対象にされたら、死んだらだめだから、
動きが変わるのは分かるけどね。」
カチューシャ 「…………素直に占い師で出て頂戴よ……」
ルーミア 「緑投票~」
魔理沙 「凄い豪気だな >夕張」
カチューシャ 「もしかして……萃香占い師で決闘陣営騙りした?」
夕張 「緑吊って、カチューシャ噛む。
それで私が吹っ飛んだら、ルーミア吊ればいいわ」
ルーミア 「・チルノは食えなかった
・萃香がたぶん謎の動きをした占い師」
緑 は ルーミア に処刑投票しました
魔理沙 「あ、なるほど  >>夕張」
夕張 は 緑 に処刑投票しました
カチューシャ 「埋毒者CO
ルーミア吊ろう!」
魔理沙 「まあ2Wいるなら乗るけどさー。」
夕張 「決闘の対象にされた占い師でしょう? >萃香」
もみじ は 緑 に処刑投票しました
ルーミア は 緑 に処刑投票しました
もみじ 「緑吊りね、把握した」
カチューシャ 「だってボル質と萃香で1狼陣営死んでない? 何これ?」
夕張 「毒いたらこっちが死ぬけど、そこまでやっとられんわー」
魔理沙 「えー?そんじゃ萃香なんだったんさ・・・」
「それじゃお疲れ。」
「まーいいや。」
ルーミア 「魔理沙ともみじは生存させといてあげるのかー
カチューシャ最後に食う」
「ふむ」
もみじ 「わかった」
カチューシャ 「え?」
魔理沙 「だーから言ってんじゃーん」
カチューシャ 「ああ、結衣が死ぬなら大丈夫ね」
ルーミア 「もみじ、魔理沙、協力してもらうのかー
緑に投票して欲しいのかー
PP宣言」
夕張 「人狼CO
ルーミア静狼 で2W
んじゃ、緑にPPして、 カチューシャ噛みで終わらせるわ

私はボル質吊りには反対したんだけどねぇ、ルーミアもスイカ投票だったし」
もみじ 「おはよー、PP宣言なかったらルーミアグッバイになるよ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
スイカさんの遺言 伝説のスーパー村人
船見結衣さんの遺言             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
           ::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::::::::::,
          ':::::::::::::::|::::::/:: イ:∧::::::::::::::::::ハ:::::∧:::::::::::::::::l
.         |::::::::::::::::l:::/ |/ l:| |:∧:::::::|/ |:||  l::::::::::::::::|
.         |:::::::::::::::::l::「 | ̄| ̄|| ∨|/  ̄リ厂 l::::::::|:::|::|
          l:::::::::::::::::l:| ''TlllllllT''  リ'  TlllllllT |::::/|::::l::|      狩れそうなやつはいないかー
          |::l:::::::::l::::::| 弋__丿     弋__丿 |レ:::l::/ l|
.           |:|V::::::l:::: l :::::::     ,    :::::: /:::l/
          !| ∨::|:::::l\             ハ:::/
            l::|∨ヽ、      _    / |/|
            |ノ ∨:::> 、        イ::|  /
            、  ノ_:::イ  `` ー<:し」/
           -―`'´´  〈      |\`` ー- 、
          /\\    ∧        }     }\

猟師日記

一日目 できない

二日目 緑

ルーミア護衛よりは狐狩り殺し狙いの灰護衛で。
どうだろうかな。ボルガ博士が狐の騙りかどうか調べるって手もあったんだけど。
思いついたのが遅かった。明日になったらやってみよう。

三日目 チルノ

スイカ投票者の中に狐がいると思うので。

四日目 ルーミア

狐コピーの増加はないと見てルーミア護衛。
ここが抜かれて私にも狼疑惑が、なんてのが一番面倒だから。
船見結衣 は無残な負け犬の姿で発見されました
(船見結衣 は人狼の餌食になったようです)
カチューシャ は 緑 の呪いを祓います
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
船見結衣 は ルーミア の護衛に付きました
の独り言 「まぁルーミア的に船見狼ならスイカ吊らないとまずいんだけど。」
の独り言 「終わらない場合●打たれる可能性は結構ある訳で。>狩り殺し主張的に」
ルーミア(人狼) 「そーなのかー」
夕張(人狼) 「あ、猟師が使ってない」
夕張 は 船見結衣 に狙いをつけました
の独り言 「船見的にはルーミア吊らせるのが先なんじゃあないだろうか
とは思いつつ。」
夕張(人狼) 「*早噛みは全視点で恋人がいなければ許可」
船見結衣の独り言 「でも今更仕方ない」
ルーミア(人狼) 「はやかみOKだっけ
ならいってらっしゃいなのかー」
もみじの独り言 「ちょいまち、ルーミアはすいか占ってる
3人外死んでるからルーミアLWか2wじゃん」
船見結衣の独り言 「占い師初日の2Wならまずったな」
ルーミア(人狼) 「むらにとっていい提案をしながら隠れるのは
狼の基本なのかー」
夕張(人狼) 「早噛みOKね、 噛むわよー >GM」
カチューシャの独り言 「狡狼でナズーリン死亡とかってある?」
ルーミア(人狼) 「超過すぐ船見襲撃なのかー」
夕張(人狼) 「ボルガ吊ったのは村なのだし
私は反対したし 私は悪くない」
ルーミア(人狼) 「ああそうか」
夕張(人狼) 「そうね そうしましょう」
船見結衣の独り言 「んー」
魔理沙の独り言 「萃香を村騙りと見るのは勝手だけどよー」
ルーミア(人狼) 「船見食ってPPなのか?」
夕張(人狼) 「じゃあ、猟師噛んで緑にPPしてカチューシャ噛みでいっかしら」
カチューシャの独り言 「でも明日ルーミアでジ・エンドよね?」
魔理沙の独り言 「だから言ってんじゃーん」
ルーミア(人狼) 「船見猟師、狐は死亡、鵺を引き込めば勝てる筈だけど…」
カチューシャの独り言 「ふうん?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
スイカ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
魔理沙0 票投票先 1 票 →ルーミア
ルーミア2 票投票先 1 票 →スイカ
カチューシャ0 票投票先 1 票 →スイカ
船見結衣0 票投票先 1 票 →スイカ
もみじ0 票投票先 1 票 →スイカ
夕張0 票投票先 1 票 →スイカ
スイカ6 票投票先 1 票 →ルーミア
0 票投票先 1 票 →スイカ
魔理沙 は ルーミア に処刑投票しました
もみじ は スイカ に処刑投票しました
夕張 は スイカ に処刑投票しました
緑 は スイカ に処刑投票しました
船見結衣 は スイカ に処刑投票しました
カチューシャ は スイカ に処刑投票しました
スイカ は ルーミア に処刑投票しました
ルーミア は スイカ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
船見結衣 「スイカ吊りで行こう」
スイカ 「指示ないならオレルーミアラン」
「鵺考えなきゃな」
カチューシャ 「今日2死体だから
どっちにしろ萃香ボル質で狼陣営一人死亡」
もみじ 「村騙りだったら笑えばいいだろ>スイカ」
夕張 「とにかくLWに出来なかったら負けの村よ
現状」
カチューシャ 「スイカとルーミアで最終日ファイッができるわ」
魔理沙 「つーか吊りきれるぜ?
合計人外3だろ?そして狐いないし。
狼狐が今日で2、消えてるんだからどうあがいてもLWだろ今」
スイカ 「万が一萃香があれ本気でただのやっちゃった村騙りならどーすん>魔理沙

鵺にいってもしゃーねーけど」
ルーミア 「まあ船見がどうかは熟考しないとやばいのか」
もみじ 「私たち吊る意味ないよ?
LWなら私たち狼に乗る理由ないんだから」
カチューシャ 「そうね>夕張」
スイカ 「2Wだとして今日失敗すりゃ2蝙蝠もどき+2W6人で乙るからローラーすればとかないから>夕張」
「鬼の方のスイカがとんちきな占いである可能性をなしにすれば、
そこ吊り切れば人外消滅すると思うが」
船見結衣 「あ、本当だ>カチューシャ・もみじ」
ルーミア 「もみまりで鵺なのか
スイカ放置すると危険なのだ」
もみじ 「あと狼!私噛んだらボル質蘇生ささるからな!」
魔理沙 「決闘者騙りに1。今日で狐が1消えてる。
つまり狼狐の人外2だけは確定で消えてるからな言っとくけど。」
カチューシャ 「2WでもPP出来ないわよ>結衣
8人だから引き分け以下だもの」
船見結衣 「スイカ吊って終わらなければルーミアかな」
スイカ 「引き延ばしなら鵺片方吊って明日オレルーミアで決め打ち
今日決め打ちなら今日
船見結衣 決めれ」
もみじ 「今偶数だぞ>船」
ルーミア 「船見のスイカヘルプなのかこれ?
だとしても船見=スイカでローラーすればいいのか
ただ鵺って誰と誰だったっけ」
夕張 「そうね
ローラーすれば1Wは恐らく落ちるとは思う
ルーミア真でスイカ不審者なんて酷いパターンは思いたくないし」
カチューシャ 「村人は5は確実
GMと今日の死体に村があるとして」
船見結衣 「ここでPP宣言が来ていない=LW」
もみじ 「しらん>ルーミア」
魔理沙 「とりあえずさー。
ルーミアとスイカ吊りきればいいんじゃね的な」
カチューシャ 「残り三吊り」
ルーミア 「割れたと信じる証拠ないのか?>もみじ」
スイカ 「あぁん?<狩り殺し

なに、オレ不審者じゃないかもしれねーの?」
「というところであって、
つまりスイカとルーミア吊ればいいんじゃねこれ。」
カチューシャ 「2Wというか最高で2W」
夕張 「んー、じゃぁ スイカとルーミアでラン」
魔理沙 「狐はいないな。
狼陣営2なら狂人もいないので」
夕張 「まぁ、狐はどっちにしても死んだのでしょう」
カチューシャ 「今は確実に2W」
船見結衣 「でも、ルーミアが銃殺主張するなら出しておくしかない。
私とルーミアが対立した訳じゃないからあしからず」
もみじ 「とりあえずスイカ吊りでいいんじゃない」
スイカ 「鵺吊り。明日FOかつルーミア決め打ち(作業感

と思っていたけれど、どう見ても銃殺なので村表記CO。不審者でほぼ間違いない
が、それだと明日2W2蝙蝠になるので、先に鵺1吊ってから明日オレ吊り・・・いや、そりゃ2W4人で負けるか」
船見結衣 「2W残りで蝙蝠枠使ってPP宣言とかされるといやだから」
ルーミア 「はい?」
「まぁどちらにしろ狐は死んだという形而上の事実は確認された。」
もみじ 「さて、割れたのか?」
夕張 「え」
カチューシャ 「……でもまあ狐居ないって事で良いのよね?」
魔理沙 「ほらー >猟師」
「ふむ。>猟師」
夕張 「こうなったならいいわ
今2Wでも、引き分けにしかならないから・・・
スイカ吊ってLWにして」
船見結衣 「あまり出したくなかったんだけどこれ」
カチューシャ 「え?>船見」
魔理沙 「ま、狐いないと思うんなら粛々と進めればいいんじゃねみたいな」
ルーミア 「スイカ処刑してもOKだろうなー
呪殺だしたから夢でもないでOKだし」
船見結衣 「チルノ狩殺し」
「老兵って何か自爆する要因ってあったっけ。
ないなら銃殺だろうけど」
船見結衣
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
           ::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|::::::::::::::::::,
          ':::::::::::::::|::::::/:: イ:∧::::::::::::::::::ハ:::::∧:::::::::::::::::l
.         |::::::::::::::::l:::/ |/ l:| |:∧:::::::|/ |:||  l::::::::::::::::|
.         |:::::::::::::::::l::「 | ̄| ̄|| ∨|/  ̄リ厂 l::::::::|:::|::|
          l:::::::::::::::::l:| ''TlllllllT''  リ'  TlllllllT |::::/|::::l::|      狩れそうなやつはいないかー
          |::l:::::::::l::::::| 弋__丿     弋__丿 |レ:::l::/ l|
.           |:|V::::::l:::: l :::::::     ,    :::::: /:::l/
          !| ∨::|:::::l\             ハ:::/
            l::|∨ヽ、      _    / |/|
            |ノ ∨:::> 、        イ::|  /
            、  ノ_:::イ  `` ー<:し」/
           -―`'´´  〈      |\`` ー- 、
          /\\    ∧        }     }\

猟師日記

一日目 できない

二日目 緑

ルーミア護衛よりは狐狩り殺し狙いの灰護衛で。
どうだろうかな。ボルガ博士が狐の騙りかどうか調べるって手もあったんだけど。
思いついたのが遅かった。明日になったらやってみよう。

三日目 チルノ

スイカ投票者の中に狐がいると思うので。」
カチューシャ 「じゃあスイカ吊りで行くわよ」
魔理沙 「うーん?」
夕張 「じゃあ、いいわ スイカ吊りで」
もみじ 「だよね>夕張」
夕張 「なんか、ものっそい呪殺っぽい」
魔理沙 「だからさー、私言ってるだろ。
というかカチューシャも言ってたけど。
「ルーミア視点では萃香〇出てる以上そこは真決闘者か子狐にしかならない」。
で、なのに

◇ルーミア(71)  「ボルシチがち決闘でよさそうなのにナズーリン処刑をすすめるのかー?
まあ2票持ちに人外の可能性は高いけど」

って言ってるよな。萃香占い遺言だし。真決闘臭くは無い。
つまり、ルーミア視点では萃香ほぼ子狐になるよな?だったら残るは狼しかいねーんだって。」
「ぷすぷすぷすぷす………………ぶつぶつぶつ……不死……真理……ロゴス……宇宙意思……自然法論……深淵……調和……俺様……お前……丸かじり……ぷしゅー!」
カチューシャ 「ハラショー!!>ルーミア」
もみじ 「なんでボル質吊ってるのかな?」
夕張 「・・・・・・・・・・・・
蝙蝠相当が3いて、狼が2ならば、PPは起きないだろうって話を私はしたのだけれども
ボル質吊ってる暇ってあんの・・・・・?」
船見結衣 「おはよう」
ルーミア 「狩人系COしたところってのはそのままじゃ処刑しづらいのかー
少なくとも色をみておかないとまずいのかー」
もみじ 「おはよー」
カチューシャ 「            .  -. .―. .-  .
         ,. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
       /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
      .: : : : :./. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
     .: /. : : l : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : l : : : : : l
     |/. : : /. : : | : : : : : : : l. : : : : : : : : : :l : : : : : l    ルーミアさあ、萃香○でしょ?
     /. : : : l : : : :l : : : : : : : l : : : : : : : : : :.l : : : : : l   ボル質真決闘主張ってそれ萃香狂人か白系狐主張だからね?
.    /. : : : /. : : l :l ≧z; : : :从: : : : : : : : :./. : : : : :.l
   /. : : : /. : : : l :\|\l≧x, \: : : : : ://l/l: : : l    今日はナズーリン占ってるわよね当然?>ルーミア
   /. : : :./. : : : : ヽ;|㍉Tiぅtミx,'‐-\__∠斗=ァ/. : : :!    占ってないとか信じられないからね?
.  /. : : :./. : : : : : : : !  ヽ弋zン    弋ン 〃. : : : !
  l : : : : l : : : : : : : : |          ,   ムイ : : :l
  | : : : : l/\: : : : ヽ|‐、     r――ァo  /. /: : : :.l   そして今までの死体状況から絶対に村人陣営は6人居るからまだPPは大丈夫
  |/ヽ; : : : : :.\: : |r―.\   o |‐-‐う゜  イ :/ : : : :/
    \|、: : : : \!l\_| .≧  `_ ´ <: : /:/ :/ ̄\
       \|\|\! `'――‐r――´-――/ / ̄__.\
     / ̄:::::l::::::.\.,_     .|ゝ--一' ̄ ̄、`´ゝ'´ __ ヽ‐ 、
    /.::::::::::::::::l:::::::::::.\`'ー‐|  ./.:::::::|:::::::.ヽ, ゝ.'´__   l::::l
.    l:::::::::::::::l::::l::::::::::::::::.\  .!O /.:::╋::l::::::::::::l  l ̄ヽ__/:::::|
.    |:::::::::::::::l::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,\|/,;;;;;;;;;;;;;;l:::::::::::.\l:::::::::::::::::::::::|
.    |:::::::::.\l::/.:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::l::::::::::::::::l\__/:|
.    |:::::::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::!」
ルーミア 「ナズーリン○」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ボル質さんの遺言 海御前CO
2日目昼
・・・投票ミス・・・そういうことも・・・あるんじゃよ・・・げふぅ・・・・・すまんな、鵺二人・・・・
2日目夜
裏切りと思ったが、蝙蝠なら仕方ないじゃろて・・・
3日目昼
スイカの発言は少々駄目じゃのう。
無駄にヘイト稼ぎすぎじゃろうて
3日目夜
こなかった
まあ、鵺は村人につかんことは理解しておけよ<村人ら
ナズーリンさんの遺言           ♪   ,.-、    ,.―-、
           l0,,..=-―‐{::O:::ツ、
            /⌒    ⌒ゝく入   ♪
  ♪        ,ケ        ´  ソ、
.          (ノレ1ノ弋リノイ八   从 ♪
    iヽ、     ,ノ}囗   匸}Yレ) }  ノヘ        老兵はただ死にゆくのみ、と
    |  `゙ー‐--h‐、=、   ,リ     ,'
    !,.・‐´ ̄て乃 )4_ ,.イ(ノ1、_,.イ  ♪     そんなことを言っている暇すらないのさ
         ,/~~7~~~ヽ_二イ⌒`ヽ、
        l   l   ´    |     丿
         几ニ_,ト、__,..-iー'、_,ィ
           ̄|{リ     〈
           /       h            ,n
             〈____,.='ス__,.-―‐--、__,ノノ
          ィ           丶―''´ ̄ ̄て火==、
         /             ヽ、      ||    ||
           / _            ,ネ     「 ̄ ̄ ̄|
        l匸} 匸} 匸} 匸} 匸}ン´     ヽ___ノ
        ゙ーナ―-ナ―弋-―弋'´
            /   /    ',    ',
         /   /      \   \
          /   /.          \   \
.         /__ /            \_ノ\
    r-、__ム___7             _ム_,.ノi       {⌒)ー、丿    {⌒)ー、丿     {⌒)ー、丿      {⌒)ー、丿
    \:::::::::::::;ノ           (:::::::::::::::::;ノ       む___」      む___」       む___」         む___」
      ̄^ ̄              ̄ ̄ ̄


老兵日記

1日目:不可

偶数展開のため吊り増えを狙って傾奇者を騙ることにする

2日目:ルーミア 結果なし(死体なし、非GJ)

共有もいない以上護衛先もないと思っていたが
初手から占いが出るのであればそこへ行こう
さて、狼はどう出る?

3日目:船見結衣

状況的にもうルーミア噛みはない、と見る
灰位置から護衛しておこう
チルノさんの遺言
          ,へ
       r-‐'::::::::\        ,.へ
       |:::::::::::::::::::::\  _,,... :::''"´::::::|
     .r|> ''"´ ̄ ̄`"'' <:::::::::::::::::!、
     /   ,  /         ヽ;::::::::::::':,.
   /   、/|  |    |   |     ', Y::::::::〉
  ./  /|,>-ハ   /|  ./|.     | .|\/
. ∠__/|イ  /l! \/ ァー<| /   ', |::::::\
   / |7   lり     /l!  Y   八!::::::r┘
 /  /xx       lり ノ| /  `Y´         村表記よ
/ ./人          xx./レ|     ハ/!
レ'´∨|/ \  l7 ̄`ヽ   / ,ハ   ,  / /         頭悪いんじゃないの?
   _/´|> 、..,___,,.. イ ,∠、|/|/ /
    \|  .|:::::| ムヽ  |/   \ / /_,,,... -‐ァ      まさにチルノ
     '、 、|:::::|/くハ.〉ヘ. !      ヾ´    /
.    <ヽ._|::::└--‐'´`ヘ.      〉  /
      `|,ハ:::::::::::、:::::::::::::ヽ._,ゝ-‐ヘ-‐'"
ナズーリン は無残な負け犬の姿で発見されました
(ナズーリン は人狼の餌食になったようです)
チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
(チルノ は狩人に狩られたようです)
ルーミア は ナズーリン に狙いをつけました
船見結衣 は チルノ の護衛に付きました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルーミア(人狼) 「お夕飯近いひともいそうなのかー」
ルーミア(人狼) 「スピードアップで残り1分でくうのあー」
ルーミア(人狼) 「夕張も私を追い詰めていいのかー
それで勝てそうなら
やばくても面白いから切っちゃってもいいし」
船見結衣の独り言 「独り言で愚痴るのくらいは許してほしい」
夕張(人狼) 「残り7人になったらPPしましょう
ボル質は死んだ」
ルーミア(人狼) 「ナズーリン襲撃のナズーリン○だしなのかー
あとまあもともと不利だったんで
適当に気楽に暴れるのかー」
船見結衣の独り言 「昼や会話できる役職でやる気がなくなったとか言うのは全体のモチベーションに関わるから絶対に言わないけど」
ナズーリン は 船見結衣 の護衛に付きました
の独り言 「なのでお許しください。」
もみじの独り言 「さて、頭冷やすとするか」
船見結衣の独り言 「やる気なくなるなぁ」
の独り言 「真面目な話鵺が後一人少ないなら残すのも考えたけど、
浮動票3とかそのままにはしておけない。」
ルーミア(人狼) 「了解なのかー」
「◆GM 限度は考えようね>該当者」
夕張(人狼) 「 」
船見結衣の独り言 「具体的に誰の発言がどうだったかとかは私の立場からは言えない。
プレイヤーがプレイヤーへ「それ暴言じゃない?」とか言うのも広義の暴言に入るから」
カチューシャの独り言 「結衣、チルノ、緑、ナズ」
夕張(人狼) 「そこ狐で、ナズーリン老兵でしょう
ナズーリン噛み合わせ○で」
チルノ(妖狐) 「私噛む狼って何なの?」
もみじの独り言 「ボル質しんだら私たち普通に狼の味方になるんだよ?」
ルーミア(人狼) 「まあ
村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営2
狐だろうけど」
カチューシャの独り言 「んー」
ルーミア(人狼) 「ただチルノが食えなかったのは謎なのかー」
カチューシャ は 夕張 の呪いを祓います
の独り言 「GM,通報。」
魔理沙の独り言 「あーあー吊っちゃうのかー」
もみじの独り言 「なにやってんの?」
船見結衣の独り言 「【禁止事項】
・暴言」
の独り言 「◇スイカ 「じゃあ狩人じゃない。それは言っといてやる
わかったらボル吊れ。負けたいのかゴミ>船見結衣」 」
ルーミア(人狼) 「「負けたいのかゴミ>船見結衣」
それは完全に言いすぎなのか……
特段暴言RPキャラというわけでもないし」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ボル質 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
魔理沙0 票投票先 1 票 →スイカ
ルーミア0 票投票先 1 票 →スイカ
カチューシャ1 票投票先 1 票 →ボル質
船見結衣0 票投票先 1 票 →ボル質
もみじ0 票投票先 1 票 →スイカ
夕張0 票投票先 1 票 →カチューシャ
ボル質6 票投票先 1 票 →スイカ
ナズーリン0 票投票先 2 票 →ボル質
スイカ5 票投票先 1 票 →ボル質
0 票投票先 1 票 →ボル質
チルノ0 票投票先 1 票 →スイカ
魔理沙 は スイカ に処刑投票しました
チルノ は スイカ に処刑投票しました
緑 は ボル質 に処刑投票しました
夕張 は カチューシャ に処刑投票しました
船見結衣 は ボル質 に処刑投票しました
ナズーリン は ボル質 に処刑投票しました
ルーミア は スイカ に処刑投票しました
スイカ は ボル質 に処刑投票しました
もみじ は スイカ に処刑投票しました
カチューシャ は ボル質 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カチューシャ 「ボル吊り」
船見結衣 「ボル質吊り」
ボル質 は スイカ に処刑投票しました
ルーミア 「村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営2
だからなースイカキープすべきか難しいな…」
カチューシャ 「ボル質真決闘主張って>ルーミア
それ萃香何で見てる?」
船見結衣 「LW考えるならスイカ吊りはないよ」
夕張 「決闘は3のままにさせなさい
神話は埋まってるのだから」
もみじ 「みんな!スイカ吊ろうぜ!」
「という意味でスイカとボル質両方吊りませんかぷすぷす。」
スイカ 「じゃあ狩人じゃない。それは言っといてやる
わかったらボル吊れ。負けたいのかゴミ>船見結衣」
船見結衣 「それでCOしないなら、意見の相違で片づけるしかない」
もみじ 「スイカ吊りでいい、それいうなら人外でいいだろうし」
ボル質 「伊吹のが偽遺言残している以上ワシは決闘じゃよ!」
魔理沙 「まーアレだ。私たち蝙蝠みたいなもんなんで。

私たち居るのに決闘者吊るかどうかってよく考えとけって感じ」
夕張 「ちがう、2W残り見るなら今 蝙蝠系吊っちゃだめよ!!
同じ数にしちゃだめ!
というかLW見たって、そこ吊っても狐吊れないし 別吊り!」
「ただスイカの態度も気に入らない。」
ボル質 「考えてみろ!●貰いでCOしない理由があるんか!?」
カチューシャ 「ボル質真決闘なら別にそこを吊りきってしまってもかまわないでしょう?>残り5吊り
偽なら吊って問題なし」
もみじ 「私たち吊ろうとするなら反逆にでるよ>緑」
船見結衣 「>スイカ
私にとって、あんたがCOした方がいいと思った理由は説明した」
ルーミア 「ボルシチがち決闘でよさそうなのにナズーリン処刑をすすめるのかー?
まあ2票持ちに人外の可能性は高いけど」
ボル質 「じゃあ、スイカに合わせるんじゃよ!<ナズーリン」
スイカ 「村はさっさとボル投票。しない奴らは全員人外
勝てるわけないだろそこ残して」
ナズーリン 「そんなはずがあるか」
「というのを考えるならば、ボル質もしくは鵺吊りも悪くない」
チルノ 「とりあえず、ルーミアは信じられないけれど、スイカ●でていてCOないなら
吊りたいわ
ボル質か迷うけど
まさにチルノ」
船見結衣 「たとえば、あとからスイカが
「狩人CO! 死体なしがどこどこどこどこで護衛成功」
とか言われても、人外が後出ししたように見える」
ボル質 「しないならナズーリン処刑でいいんじゃよ。」
魔理沙 「ボルガ博士吊るなとは言わない。

ただまあ、乗りかかった船であり、会話できないのが悲しいからなあ。
残しといてやれよ的な。」
「実際あれか、ボル質・鵺二人で浮動票2つ抱えるのはあまり賢くはないか」
夕張 「あー、神話で狼増えてないで2Wっつーなら、
鵺鵺決闘はPPにゃ入らないかしらね」
カチューシャ 「萃香が決闘系じゃないとすると
ルーミアは狂人に○か白系人外に○出した主張になるんだけど」
もみじ 「このまま灰詰めでもスイカ吊りでもどっちでもいい
私たちは生きていて場いい話だし」
スイカ 「吊りがどうとかだよ
COっていうのは吊りをするかどうかを決める為にするもの
お前は例えば吊られ確定の占いの●受けてもCOするの? しない
じゃあ今日吊る場所決まってる日の●がCOするの? しない
するというなら論理的な回答を>船見結衣」
ルーミア 「強く検討してみるのかー>カチューシャ<ナズーリン占うべき」
ナズーリン 「吊りを増やしたかった、と日記でも書いた>夕張」
船見結衣 「(萃香が偽であると考えたら)単独占い師主張の●もらいで、
しかも死体無しが出ているという状況下でスイカがCOしない理由がない。
村視点の情報整理のためにね」
ボル質 「スイカCOするんじゃよ!」
チルノ 「だってチルノだもん>ボル質
まさにチルノ」
魔理沙 「だと思うね。   >>ルーミアGJ無し

私の考えとしては、ルーミアと萃香で2W。
〇撃ちして決闘者の放置位置に入ろうとしたのではないかという考えだ。」
もみじ 「で、老兵が出てGJ主張じゃないと」
「まぁ、んー」
ボル質 「◎つけたところじゃよ。」
夕張 「ぶっちゃけ、老兵なら素直に老兵って初日に言って欲しかった
後々、実は老兵だよ とか13人じゃ出来ない」
カチューシャ 「ルーミアは明日ナズーリン占ってみたら?」
ボル質 「海御前 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 2.2.0 α6~]
[宿敵作成能力] 自分撃ち固定:有り

自分撃ち固定で、宿敵に投票するとショック死する劣化決闘者。

自分の宿敵であれば、宿敵を作った決闘者が誰であっても有効。
自分か宿敵が処刑されていたらショック死は無効。◎
宿敵同士の海御前が相互に投票した場合は相討ち。
ショック死の死因は「宿敵に退治された」でショック死抑制能力者の能力は無効 (→ 判定)。
船見結衣 「吊りがどうとかじゃない>スイカ」
ルーミア 「というか遺言みたら萃香○でる人外でいいのかこれ?
真の占い表示が決闘かたる利点ないのかー」
チルノ 「◇ボル質 「決闘者つき鵺は蝙蝠なんじゃよ・・・・。」
なるほど、そういうことなのね?>魔理沙、もみじ」
ボル質 「じゃから、よく読め!<散る尾」
もみじ 「ボル質処刑する意味ないじゃんなんで吊ろうとしてるの?>蚊ty-社」
カチューシャ 「えー?>護衛成功じゃない」
スイカ 「不要。今日の吊りはボル質で動かないから>船見結衣」
魔理沙 「別にボル質の生存自体は私の勝利とは関係ないけども。」
チルノ 「>ボル質
決闘者の種別騙りなわけ?
死ぬわよね、宣言通りなら、なのでつりたいわ
まさにチルノ」
ナズーリン 「老兵日記

1日目:不可

偶数展開のため吊り増えを狙って傾奇者を騙ることにする

2日目:ルーミア

共有もいない以上護衛先もないと思っていたが
初手から占いが出るのであればそこへ行こう
さて、狼はどう出る?」
ボル質 「決闘者つき鵺は蝙蝠なんじゃよ・・・・。」
「まぁ、そこの鬼が占い遺言とか残してるんでボル質は残して問題ないんではないですかね」
ナズーリン 「・・・この死体なしが出るなら撤回しよう
老兵CO ルーミア護衛 ただし護衛成功ではない」
船見結衣 「スイカはCOしたら? 何にせよ」
カチューシャ 「あー? 剣闘士じゃない遺言>遺言」
夕張 「ルーミアGJってあんのかしら
萃香とルーミアで、二人が2Wならば、それはそれで怖くて吊れない」
ボル質 「それを処刑してしまうとはどういうことなんじゃよ!」
スイカ 「ここで俺とるーみあが繋がっていてるーみあがオレに●打つ動機がわからない>魔理沙」
もみじ 「あと私たちは狼に従う理由ないからね
蝙蝠3だし」
チルノ 「◇ボル質 「魔理沙、もみじ!」
えっと、説明お願いするわ
ちなみに、鵺なら協力者になるんじゃ?」
ボル質 「伊吹のが語りである以上ワシが決闘者であるは分かりきってるじゃろ?!」
カチューシャ 「今日はボル質処刑でよくない?」
「>自分か宿敵が処刑されていたらショック死は無効。」
船見結衣 「どういう遺言なんだこれ」
チルノ 「で、なんで萃香は決闘者COじゃなくて占いCOなの?
なにがしたかったの?バカなの?
まさにチルノ」
ルーミア 「>自分か宿敵が処刑されていたらショック死は無効。
だからボル質が真ウミゴゼンで
萃香が○出る系人外のかのうせいはあるけど…」
もみじ 「ボル質のために動く理由ないからね」
ボル質 「自分か宿敵が処刑されていたらショック死は無効。
この条件でショック死無効にさせてもらったわ、伊吹の鬼よ!!」
魔理沙 「ルーミアと西瓜で2Wでよくね? >遺言」
チルノ 「ボル質 3 票 投票先 → 萃香

海御前 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 2.2.0 α6~]
[宿敵作成能力] 自分撃ち固定:有り

自分撃ち固定で、宿敵に投票するとショック死する劣化決闘者。

自分の宿敵であれば、宿敵を作った決闘者が誰であっても有効。
自分か宿敵が処刑されていたらショック死は無効。
宿敵同士の海御前が相互に投票した場合は相討ち。
ショック死の死因は「宿敵に退治された」でショック死抑制能力者の能力は無効 (→ 判定)。

なんなの?ばかなのあのなのちるの?
まさにチルノ」
夕張 「えー、昨日スイカに投票したけど
ナズーリン処刑したい
今すぐに。 とてもじゃないけど残せる位置に思ってない。
「困ったものだね」とか「頭の痛い展開だね」って言って、結局どうしたいか言わないし」
スイカ 「ボルまでローラーしてカチューシャ・船見結衣・緑を人外で決め打ってローラーで終わり(確信
ボルが決闘でも人外でも鵺は陣営がわかれば人外の勝利目指しにいっちゃうレベルだし、そっち後に回して得するのは人外だけ(正論
鵺のせいで吊れなくなるから2人で終わらせたい(願望」
カチューシャ 「よし! 良いわよ!>スイカ●」
「…………」
チルノ 「おはようよ」
船見結衣 「ボル質に鵺が2つついてるなら萃香破綻じゃない?
って一瞬思って投票したけど、
冷静に考えたら全然そんなんじゃなかった」
ナズーリン 「死体なし?」
カチューシャ 「       │:._:._:._:._:._:._:._:._:.|:i:l_:._:._:._:|:i:i:il:._:._:.│|:i:i:l:._:._:.|il:._:|:._:.|i
       |_:._:._:._:._:._:._:._:._:._|:i:l_:._:._:._:|:i:i:il_:._:._:|:._|:i:i:l_:._:._|il.:.|:._:.||
       │:._:._:._:._:._:._:._:._:._:|:i:l_:._:._:._:|:i:i:il___|___|:i:i:l___|il_|:._:.||               ______
       |_:._:._:._:._:._:._:._:._:._:_|:i:l:._:._:._:「_:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:|:._:.||           -=-_-_/∠-_
       |:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:.|:i:l:._:._:._|:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._:._|:._:.||        -=-_-_-_-/∠-_-_    
       ∨>─‐<_:._:._:._:._:|:i:l:._:._:.|_:._:.______:._:._:|:._:.|i\   /_-_-_-_-_/∠-_-_-_     ボル質きっさまあああああ!!!
.      〃⌒ヽ_:._/∧_:._:._:._:「「斗恣≧x \|\: : : /x≦=ァi/i:./∧/_-_-_-_-_/∠-_-_-_-_
        i|:._:._:._:._:._:/∧_:._:._:_| 爪 |i|::笊(_``ー  /ィ笊( /ハ:/|_:./_-_-_-_-_/∠-_-_-_-_-_      吠えの数からして狐っぽいと思う
        |l:._:._:._:._:._:._/∧:._:._:.| Vヾ う以::リ      i:以リ / 〈)/_-_-_-_-_/∠-_-_-_-_-_-_
        ||:._:._:._:._:._:._:./∧:._:.i|: :\             ′  i:./_-_-_-_-_/∠-_-_-_-_-_-_-_
        ∨:._:._:._:._:._:._:._/i:./∧:\     ∧/ ̄ ̄   八_-_-_-_-/∠-_-_-_-_-_-_-_-_
       ー=≦_:._:._:._:._〈:._:/∧: :.\    |     /   .:_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_        萃香投票理由は
          廴:._:/∧:._:/∧: :r一   _,ノ ,,.イ_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_         ボル質がショック死するならそれで良いかなって
           |/l: : 「 ̄\:._:.∧:「--≧=ァ=ヤ「 ̄/_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_
                j/Ⅵ> ∨:._∧\  i| (::/ 厂/_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_
                /  ̄ \∨:r┘=- i| 厂∠/_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_
             /       く:.ノ===== i|:/   7_-_-_-_-_-/ /-_-_-_-_-_-_-_-_-_」
ボル質 「賭けに・・・勝ったんじゃよ。
自分か宿敵が処刑されていたらショック死は無効。
この条件・・・クリアさせてもらったぞ!
魔理沙 2 票 投票先 → スイカ
もみじ 0 票 投票先 → ナズーリン
・・・。
裏切られておったのは、ワシのほうじゃった・・・。
鵺は、蝙蝠相当じゃしな・・・。」
魔理沙 「鵺COだ!

普通の鵺だな。
ボルガ博士をボル質に取ったぜ!


曰く、ガチで海御前だとさ。
真決闘の場合、考え得るのは、萃香とルーミアで2Wの騙りじゃないかなって。
決闘者なら村視点で放置位置に入りかねないから。」
ルーミア 「もういっこのスイカ占うと見せかけて他のところを占う
とみせかけてやっぱりスイカ占うのかー
これぞ孔明の策略なのかー」
「というお話だったのです」
もみじ 「平和か」
ナズーリン 「おはよう
昨日は票数証明のために捨て票させてもらった

・・・というかボル七死んでいないな?」
ルーミア 「スイカ●」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萃香さんの遺言 もみじ○>
鵺らしいから真だわ

占い日記
1夜
うぇー占い師?こんなんじゃ安心して酔っ払えないよぉ
んー呪殺とかあると面倒だなぁ。初日マニア占いで擬似白狼白狐ってのもね。
あ、宿敵になったわ。ボル質占えば真夢ははっきりするなこれ。やらんけど。
とりあえずもみじでも占っとけばいいんかねぇ~?
ルーミア は チルノ に狙いをつけました
カチューシャ は スイカ の呪いを祓います
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ボル質の独り言 「あ、忘れておったんじゃよ」
ルーミア(人狼) 「ちるのー」
もみじの独り言
初日の夜に「宿敵・仇敵・受援者」などの自分だけの勝利条件対象者を作る特殊陣営です。
勝利条件は系統毎に設定され、基本的に自身の生死は不問です。
蝙蝠陣営同様、他陣営の勝敗と競合しません。
決闘者陣営をコピーした鵺系の勝利条件は「自身の生存のみ」です。
なんらかの理由で自分の宿敵・仇敵・受援者を持っていない場合 (例:神話マニア系のコピー) は、
例外的に勝利条件は「自身の生存のみ」となります。
生存カウントは村人です。
精神鑑定士の判定は「正常」、ひよこ鑑定士の判定は「性別」です。
夕張(人狼) 「●出してもいいけどね。」
ボル質の独り言 「賭けに・・・勝ったんじゃよ。
自分か宿敵が処刑されていたらショック死は無効。
この条件・・・クリアさせてもらったぞ!
魔理沙 2 票 投票先 → スイカ
もみじ 0 票 投票先 → ナズーリン
おまえらあああああああ!」
ルーミア(人狼) 「やけっぱちで黒なげるかー」
魔理沙の独り言 「ま生き残れば勝ちならやるけどな」
船見結衣 は 緑 の護衛に付きました
チルノ(妖狐) 「ボル質 3 票 投票先 → 萃香」
夕張(人狼) 「チルノでも、カチューシャでも好きな所噛んで >ルーミア」
ルーミア(人狼) 「スイカに黒を出すか否か」
チルノ(妖狐) 「にせ?」
魔理沙の独り言 「んー。
このままだとロラされかねないし。

一応その可能性は提示してからで良くね  >>ルーミア吊り」
ボル質の独り言 「勝利条件は決闘者に準拠。
決闘者生存が条件のはずじゃけど<鵺」
もみじの独り言 「ルーミア組織票?
まぁいいけど」
魔理沙の独り言 「9. 鵺 → 決闘者 (決闘者陣営)
勝利条件は基本ルール [決闘者]参照。」
ボル質の独り言 「ルーミア組織票ぶちこむかえ?」
もみじの独り言 「じゃあ私は私で勝手にやらせてもらうよ」
ボル質の独り言 「生き残ってさえいれば、なんじゃけどな」
魔理沙の独り言 「ところで決闘者についた鵺ってどうなるんだろうか」
もみじの独り言 「さて、ボル質は生き残ってれ場いい話なんだな」
魔理沙の独り言 「考え得るのは、萃香とルーミアで2Wの騙りじゃないかなって。

決闘者なら村視点で放置位置に入りかねないから。」
夕張(人狼) 「例え勝利出来ても、蝙蝠系一匹潰さないと駄目ってねぇ 」
ルーミア(人狼) 「勝負をかけるにしてもしょっぱなからはきついかなーって」
もみじの独り言 「ガチなのかwww」
もみじの独り言 「君が死んでも保険は残るよ」
ボル質の独り言 「ガチ海御前じゃよ。」
カチューシャの独り言 「ボル質きっさまああああああああ!!!」
チルノ(妖狐) 「あたい超浮いてる」
もみじの独り言 「私五徳猫ね」
魔理沙の独り言 「マジでかー」
夕張(人狼) 「何で○で出たしw」
魔理沙の独り言 「ところで聞きたいんだけど、ガチ決闘者? >ボルガ博士」
ボル質の独り言 「なんでまあ。」
船見結衣の独り言 「という話」
ボル質の独り言 「マジで海御前じゃよ。
投票はミスって死ぬ覚悟をしたが」
夕張(人狼) 「・・・3Wいたら、PPできんのにねー」
ルーミア(人狼) 「悲報:私信用されてないw」
船見結衣の独り言 「あの合わせを人狼とかでできるかなぁ」
ナズーリン は ルーミア の護衛に付きました
魔理沙の独り言 「あーれ?」
ルーミア(人狼) 「す、すいかー!」
ボル質の独り言 「相手が死ねば、このショック死は発動せんようじゃな。」
もみじの独り言 「で、実際なんの役職なんだ?」
ボル質の独り言 「分かったことが一つ在るんじゃが」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
萃香 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
萃香4 票投票先 1 票 →ボル質
魔理沙2 票投票先 1 票 →スイカ
ルーミア0 票投票先 1 票 →ボル質
カチューシャ1 票投票先 1 票 →萃香
船見結衣0 票投票先 1 票 →萃香
もみじ0 票投票先 1 票 →ナズーリン
夕張0 票投票先 1 票 →スイカ
ボル質3 票投票先 1 票 →萃香
ナズーリン1 票投票先 2 票 →魔理沙
スイカ2 票投票先 1 票 →ボル質
0 票投票先 1 票 →萃香
チルノ0 票投票先 1 票 →カチューシャ
緑 は 萃香 に処刑投票しました
魔理沙 は スイカ に処刑投票しました
船見結衣 は 萃香 に処刑投票しました
チルノ は カチューシャ に処刑投票しました
ルーミア は ボル質 に処刑投票しました
夕張 は スイカ に処刑投票しました
もみじ は ナズーリン に処刑投票しました
萃香 は ボル質 に処刑投票しました
ナズーリン は 魔理沙 に処刑投票しました
スイカ は ボル質 に処刑投票しました
カチューシャ は 萃香 に処刑投票しました
ボル質 は 萃香 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
もみじ 「さて、言われたようだし
蝙蝠総統の鵺になったな」
カチューシャ 「決闘者は村じゃない>ルーミア
で、決闘陣営飽和
どっちかに人外確実」
ルーミア 「鵺2を隠すようなところとか人外でいいだろー」
夕張 「神話が一人も出ていない現状、正直決闘吊ってる暇は無いと思う
私は、今は他吊りで良いと思う
ナズーリン 「なんだこの頭の痛い展開は・・・」
「ボル質に鬼を投票させるのは無理だろ」
魔理沙 「あーあってるよ >鵺」
船見結衣 「2人はすぐ確認」
もみじ 「鵺2人・・・」
ボル質 「魔理沙、もみじ!」
船見結衣 「適当に言っているようにも見えるから、それ」
ボル質 「伊吹んのに投票したらワシ死ぬから!壮絶に死ぬから!!」
萃香 「ヘーイボル質あたし投票してみなよ、ショック死するんだろ?」
船見結衣 「出して>ボル質>鵺」
スイカ 「5%だかの会心で判るとか長老が真証明できますレベル(真顔>ボル博士」
カチューシャ 「鵺が二人wwww>ボル質」
魔理沙 「あー。でもそーいやルーミア信じたら
萃香は人外だとして、あって子狐にしかならないよなあ。
ちょっと様子見たい気はする。

萃香が騙りとは思えんが、ルーミアがどうなるかも見たい。」
船見結衣 「朝一で出てほしかったのはあるね>ナズーリン」
チルノ 「>スイカ
いや、マニアが出てない以上、あんまり余裕があるとは思えないの
なので、決闘者主張は争わせておけばいいと思うのよ
萃香が真ならそっちに軍配上がるでしょうけど
まさにチルノ」
ルーミア 「カチューシャは詳しく」
ボル質 「ワシに鵺が二つついている。
ワシを処刑するなら引き分け陣営が二つ増えるが、それでええのか?」
萃香 「◇チルノ 「ボル質と萃香は相互で萃香が剣闘士能力発揮したらそれはそれってかんじかな?
まさにチルノ」
うむ、これだな」
カチューシャ 「.:´       /::.:.::.::.::.::.\.::.::.:: ]].::.::.::.::.::]] .::.::. ]]::.::.:\           .:´
       んァ===ミ::.:.::.::.::.::.::.::]] :.::. |::.::]]::.::.|::.]]::.::.::/∧    .:´
       |/::.::.:.: /∧.::.:.::.::.::.::.:]]::.::.::|::.::]]::.::.|::.]]::.::.:.: /∧          .:´
   ..:´  /::.::.::.::.::.::.:l|:.::.::.::.:l::.::.]] :.::.:l-=]]::.::.lー]] :.::. l::.: /|
       | .::.::.::.::.::.::. l| ::.::.:: l-=]] :.:: |::.::]]::.::.|::.]] :.::. l::.::.:.|
       |::.::.::.::.::.::.::.: l|:.::.::.: l__..]]::.._」___]]___」:..]] :.::. l::.::.:.|   .:´
       |::.::.::.::.::.::.::.::.:l|::.::.::.:l ::.::.:.::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.:l::.::.::|::.::.:.|
       |/ ::.::.::.::.::.::.:: l|::.::.::.:l ::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.::.::.::l::.::.::|::.::.:.|                .:´
       ∨/::.::.::.::.::.::.::.l|::.::.::.|::.::.::.________::.::.::| :.::.:|::.::.:.|      .:´
        V>く::.::.::.::.::.l|斗妄≧x|/|/ x≦妄えトミ::.::.リ
       /::.:丶::\ .::T爪 __)::j゚|       __):j゚|爪 |:/∧  .:´
      .:´l::.::.::. |::.::.::.::.:li〈  ∨_(ソ    , ∨(ソ |/|/∨::.|        _,, -r┬r、
.:´      |/::.::. |::.::.::|:: レi|     ,v──┐     .┌────────ししし┘───────
    .:´ ∨/::リ::.::.::|:: | iト.     {      |   .ム|
       ∨/::.::.: リ::∧广>、       _丿   イ....|
        >ァ::.::.::/ 八 |∧>   __,.. < -=ニ| 決闘者なんて居なかったんや
         ⌒[___|/∨∨r‐─┴「 ̄ ̄-ァ=ニ二. |
         /::.:/    _,l     | (ア=ニ二.    |
  .:´     《_/ __/ トミ.__レ=ニ二     |」
「ローラーで……1人外死ぬならそれを推奨しておきましょうか
きひひ」
ナズーリン 「それをしたら本人が勝てない以上従うと思うかい?>魔理沙」
ボル質 「そもそも、剣闘士主張なら投票で分かるじゃろて。
様子見をする手はおかんのかい?」
船見結衣 「マニアが出てないからこそ蝙蝠枠を処刑するって考え方もある」
夕張 「※自分撃ち固定で、宿敵に投票するとショック死する劣化決闘者。
・・・・・・やれ と言っても死にはしないわよねぇ」
チルノ 「ボル質と萃香は相互で萃香が剣闘士能力発揮したらそれはそれってかんじかな?
まさにチルノ」
もみじ 「検討しなら会心だせるってことだよな
けどそこより一番面倒なのは
歌舞伎なんだけどね、真証明まで待てないだろ」
ルーミア 「うん?<決闘対立」
萃香 「いや、あたし吊らせようとしてるんだよ、そうしないと負けるし。
ってかさぁ、ここで騙ってまで対抗吊らせようってのは人外じゃね?」
ボル質 「ああ、伊吹じゃよ?」
魔理沙 「ボル質真なら、萃香投票したら死ぬんだよな?
村視点ではそれが楽なんだがどうなんだろう。」
スイカ 「もう決闘COロラでいいと思う(倦怠感」
「っていうかボル質の対象は誰?
そこの鬼?」
ボル質 「わしの真証明=死じゃけど<夕張」
ナズーリン 「私に言われても困るな・・・>船見」
カチューシャ 「そこの決闘者陣営二人とも村じゃありませーん!!」
ルーミア 「マニアが私コピーしてたら証明で即出てるだろうと思うし
出てきてないってことは人外に持って枯れた臭いのかー」
萃香 「おいおい、ボル質が騙ってるんだよコレ
あたしが先に役職までCOしてるだろ」
夕張 「海御前って証明方法なんだっけ
正直、両方とも村じゃないCOしてるけど、特攻風味で対立はあると思うけど
決闘どうしならね。」
チルノ 「◇カチューシャ 「決闘者陣営1なんだけど?」
どっとも不倶戴天になるわけだし、対立もするかな」
魔理沙 「で、マニア出てこないのか。村多い筈なんだが・・・人外に行ったと考えた方がいいかね…。
ボル質 「対立しとるよ。
じゃけん、剣闘士主張処刑でええんじゃろう?」
船見結衣 「少人数鍋では、はっきりいって長老COと変わらない>ナズーリンの傾奇者CO
「ってそうではないのか」
萃香 「おもえ相当余裕物故いてるな」
チルノ 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営2
2が狐か狼に増えたのなら結構厳しいよ」
カチューシャ 「決闘者陣営1なんだけど?」
萃香 「あのさぁ~
5吊り3人外でマニアでない。
「蝙蝠相当だから」とか1吊り無駄にする余裕あるわけぇ?>カチューシャ」
「要するにボル質マニアでコピー?
いや、それなら死ぬとは言わないか」
もみじ 「対立だと・・・」
スイカ 「ナズーリンは置いといてそこの酒飲み吊ろう(正論」
チルノ 「マニアでないってことは人外陣営増えたのかな」
魔理沙 「何だお前ら・・・ >決闘者二人」
ナズーリン 「・・・決闘陣営で対立か
困ったものだね」
ルーミア 「もう一個のすいかはどうなのかー」
もみじ 「なるほどね
そしてボル質も決闘?」
カチューシャ 「剣闘士と海御前で対立してるもしかして?」
夕張 「あ、何神話なの?
剣闘士コピーで、剣闘士同士なの!?」
魔理沙 「あー。ボルガ博士と萃香が決闘ね。で、萃香の方が決闘者か。
まあ様子見ればいいんだが、
ボル質も一応残すんなら占う位置かなあ、な気も」
船見結衣 「>ルーミア>内訳を簡単にする
マニアが出てないから、それだけが占い師の仕事でもないよ」
ボル質 「海御前COじゃ。鬼っ子の剣闘士っちゅーのは騙りじゃから処刑していけばいいんじゃろう?」
カチューシャ 「んん?」
チルノ 「あたいしらべた(キリッ
ボル殺すデュエリストね(ドヤッ
まさにチルノ」
ナズーリン 「私コピーのマニアがいるかを確認した
それ以上の理由はない>もみじ」
萃香 「自撃ち限定の決闘系で会心能力があるんだ、すごいだろー>チルノ」
スイカ 「剣闘士ってボル博士がなんであれ大概蝙蝠と変わらないと思う(こなみかん」
「?>ボル質も決闘」
カチューシャ 「決闘者吊りで良いんじゃない? って思うの
だって蝙蝠だしそこ」
夕張 「すっげぇ取り扱いに困る >ナズーリン」
ボル質 「海御前 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 2.2.0 α6~]
[宿敵作成能力] 自分撃ち固定:有り

自分撃ち固定で、宿敵に投票するとショック死する劣化決闘者。

自分の宿敵であれば、宿敵を作った決闘者が誰であっても有効。
自分か宿敵が処刑されていたらショック死は無効。
宿敵同士の海御前が相互に投票した場合は相討ち。
ショック死の死因は「宿敵に退治された」でショック死抑制能力者の能力は無効 (→ 判定)。
もみじ 「なんで朝一で出なかったんだ?>ナズ」
「決闘は剣闘……要するにボル質がとても死に安いという事か
ならボル質は重要役ならCOしてもいい」
萃香 「おいおいあたし占いとはもったいねーな
まぁ村はがんばりなよ」
ナズーリン 「マニアは出ないようだな、傾奇者CO」
カチューシャ 「と思ったらマニアじゃなくて宿敵だった件」
船見結衣 「萃香が決闘者なら囲いはないってことでいいよ。
マニアが出てないことの方が問題」
ルーミア 「いきなりもう残り12人だからとっととCOしてわかりやすくしとくのも仕事なのかー」
夕張 「え、○で出るんけ
そしてボル質のそれは神話COかもと思ったけど別にそうでも無いらしい」
チルノ 「>萃香
けんとうしってなに?」
ボル質 「ほっほっほ、投票したければするがよいぞ<鬼娘
あ、ワシ真証明できる決闘者じゃから。
真証明したら死ぬけど。」
もみじ 「占い早いな、そしてすいかとぼる質宿敵なのか」
萃香 「そーはいくかい、さくっとボルを吊り上げてやらぁ!」
チルノ 「いくら人数少ないからって初日に出る占いとかないと思うの
まさにチルノ」
カチューシャ 「へー、マニアなのね>ボル質
マニアなら同じロシアのカチューシャをコピーしなさいよ!!」
スイカ 「初日から占い・・・だと・・・」
船見結衣 「いきなり占いが出るのか」
魔理沙 「とりあえず、占いは●引いたら出て、飼い進行でいいんじゃあないか?」
「狐でマニアが増えていたらとても嫌だ……
そんな感じか」
ルーミア 「うまそーだからすいか占うのかー
うん?複数あるのか?
なら順番に占ってくのかー叩いてみるのだーぽこすかぺんぺん」
萃香 「剣闘士CO
ボル質を食ってやるわー」
チルノ 「おはようよ
さいきょうをきめるときがきわようね
まさにチルノ」
「ひ、きひひ……」
魔理沙 「おはようさんだ。

出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営2

まー・・・。なんだろうな。狼狐は初日段階で3。
フツーに吊りは足りてるが、神話次第なのと、決闘者が場合によっちゃ
狂人相当になるって感じかねえ。」
船見結衣 「おはよう。さっそくだけどマニアは出て」
ルーミア 「占い師COなのかー 萃香○」
ナズーリン 「おはよう
5吊り、3人外だ。とはいえマニアで変動する可能性は高い
共有はいない、マニアはすぐに出てくれ
その他のCOに関しては自己責任でお願いする」
カチューシャ 「            .  -. .―. .-  .
         ,. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
       /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
      .: : : : :./. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
     .: /. : : l : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : l : : : : : l
     |/. : : /. : : | : : : : : : : l. : : : : : : : : : :l : : : : : l    出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営2
     /. : : : l : : : :l : : : : : : : l : : : : : : : : : :.l : : : : : l
.    /. : : : /. : : l :l ≧z; : : :从: : : : : : : : :./. : : : : :.l    うーん、これは●引いたら飼い進行で良いんじゃない?
   /. : : : /. : : : l :\|\l≧x, \: : : : : ://l/l: : : l
   /. : : :./. : : : : ヽ;|㍉Tiぅtミx,'‐-\__∠斗=ァ/. : : :!    良くも悪くもマニア次第の村ねえ……
.  /. : : :./. : : : : : : : !  ヽ弋zン    弋ン 〃. : : : !
  l : : : : l : : : : : : : : |          ,   ムイ : : :l    五吊り三人外+マニアが二人に決闘者が一人
  | : : : : l/\: : : : ヽ|‐、     r――ァo  /. /: : : :.l
  |/ヽ; : : : : :.\: : |r―.\   o |‐-‐う゜  イ :/ : : : :/
    \|、: : : : \!l\_| .≧  `_ ´ <: : /:/ :/ ̄\
       \|\|\! `'――‐r――´-――/ / ̄__.\
     / ̄:::::l::::::.\.,_     .|ゝ--一' ̄ ̄、`´ゝ'´ __ ヽ‐ 、
    /.::::::::::::::::l:::::::::::.\`'ー‐|  ./.:::::::|:::::::.ヽ, ゝ.'´__   l::::l
.    l:::::::::::::::l::::l::::::::::::::::.\  .!O /.:::╋::l::::::::::::l  l ̄ヽ__/:::::|
.    |:::::::::::::::l::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,\|/,;;;;;;;;;;;;;;l:::::::::::.\l:::::::::::::::::::::::|
.    |:::::::::.\l::/.:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::l::::::::::::::::l\__/:|
.    |:::::::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::!」
夕張 「おはよう
神話はさっさと出て頂戴
神話2が村ならば、狼を潰すのは難しくないとは思いたいけど
LW先吊りとか怖いわ・・・
占いが●見つけたら、取り扱いは慎重に。」
ボル質 「ほっほ、ワシは萃香のボル質じゃからの
そうそう死ぬわけにはいかんのじゃよ
のう、伊吹の鬼っ子よう」
スイカ 「夕張メロンのお酒というものがあるらしい(豆知識」
もみじ 「おはよー
マニア次第の村だなこりゃ
そして決闘いるなら夕張とスイカで宿敵ありそうだなwww」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
夕張 は GM に狙いをつけました
萃香 は もみじ を占います
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
萃香の独り言 「あ、ダメだ。ここ自撃ちだな」
萃香の独り言 「んじゃ~ボル質占ってやろうか。」
船見結衣の独り言 「マニアが出なかったら2狩をめざそう」
ルーミア(人狼) 「そういえば狐がいたのか」
ルーミア(人狼) 「んじゃ好きなときに食っていいのかー
超過すぐでもいいくらいなのか」
船見結衣の独り言 「……最悪想定ならうかうかはしてられないな」
夕張(人狼) 「●見つけたからCOするよ! って言って貴方が特攻しても
私は文句言わない >ルーミア」
魔理沙の独り言 「どーでもいいけどこの配役なら初日コピーしとけば、
村か決闘者的な存在になるのだけは確定事項なんだよな」
萃香の独り言 「宿敵かよぉ~~~!!」
船見結衣の独り言 「あ、違う。マニア2だ」
船見結衣の独り言 「12>10>8>6>4>
5吊り3~4人外。狩殺し発生しても吊りは減らない」
夕張(人狼) 「まぁ、噛みは・・・私でよいのかしら  1:30」
ルーミア(人狼) 「しょっぱなから占い師COしてもいいような編成なのかー」
GMの独り言 「大人気ですね」
魔理沙の独り言 「ボル質を質に取る・・・お許しできない状況にするのぜ・・・!」
船見結衣の独り言 「超人外村の村人陣営ばかりやってきたから、
やっとまともな配役に巡り合えた気がする」
ボル質 は 萃香 ボル質 に宿命を結び付けました
ボル質の独り言 「劣化過ぎるェ・・・・・・」
魔理沙 は ボル質 の能力を真似ます
もみじ は ボル質 の能力を真似ます
萃香の独り言 「ってか狼すくねぇ?!」
夕張(人狼) 「神話で増えたら? アキラメロン」
船見結衣の独り言
         . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.      / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
     /  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    .ヘ
.    ∥. . .     /{   : : : : : : }、:.}ヘ. . . . . .i: : : : ハ
    , : : : : : : :ハ: :.; l: : : : : : : : : :.lヘ:.l_: :: : : }: : : : : :
.    , : : : : : : :ムヤ⌒:ト: : : : :i、: : :厂l:l ヘ:}`: : l: : : : :.:}
    , :l: : : : ::::; ヘ{  リヘ: : : {.ヘ: ;'  リ  リ.ヘ: j: : : : : :,
    i:.ハ: : : : :l. ,r==ミト\:::l ソ 彡==、x .ソ: : : : : リ        >GM
   ハ:{ '; : : :.ハ〈{ .トイ::::ハ`  ヾ    トイ::::::} }〉: : : : :: l
.    ヾ .∨: fr、 弋 ニ ソ      .弋 ニ ソ /;イ: : ::: ;        珍しいね。村建て感謝。
      l: :,リ .}`,勹,,     ,      ,,,,, /イ j: : /i:l
      l: :il Y イ             ' /イ: :/ リ
      : lバ | .{.      , 、      .イ:./:/
.      リ.',ヘ '  `  、         ィ: : l:/:イ
        ヘ:ト、     `ヽ 、-   ´{ヽl: : lイ{  _
.      , r ´、 ` 、     }    j ' l: :.j` ´   `ヽ
.     /   ヘ   .}`}´   l  / リ: :リ      l ハ
.            j.イ  , イ.} l`i ノ/イ    l.  ,'  l
    l     l イ.斗. ´   ,' j l ´ イ     .l ./  .l
    l     .l.{       j∨ ヘ/  |    レ   .l
    ∧     l.l      l、ヘ         /    ./i
    l      .ヘヘ   斗.´ハ  }       /    ./ .}」
魔理沙の独り言 「2Wは確定っと。」
スイカの独り言 「うおーーーうおうおうおう
うおおおおおおおおうおうおうおおおおううううううう」
夕張(人狼) 「占い師をぶち抜けないと未来が無いわ」
萃香の独り言 「こんなんじゃ安心して酔っ払えないよぉ~」
もみじの独り言 「よっしゃボル質いくぞごるぁwww」
ルーミア(人狼) 「こりゃかなわいのかーw適当に遊ぶのかー」
ナズーリンの独り言 「というか護衛先あるのかい?」
ボル質の独り言 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営2
ゲーム開始:2013/07/07 (Sun) 18:18:28」
スイカの独り言 「いやだあああああああああああああああ
ニートはいやだああああああああああああああ
仕事をくれええええええええええええええええええ!!」
萃香の独り言 「エー占い師ー」
カチューシャ は ボル質 の呪いを祓います
カチューシャの独り言 「ボル質博士、お許しください!!」
夕張(人狼) 「ってきっつい! 超きっつい! >2W」
魔理沙の独り言 「この人数と配役で神話ってなんだよwwwww」
ナズーリンの独り言 「・・・この村で老兵とは、ね」
チルノ(妖狐) 「素かい」
ルーミア(人狼) 「静か狼なのかー」
チルノ(妖狐) 「妖狐なのかー」
船見結衣の独り言 「へえ」
夕張(人狼) 「素狼」
「◆GM GMは蒼碧。ではがんばって。」
もみじの独り言 「鵺www」
魔理沙の独り言 「!?」
カチューシャの独り言 「陰陽師……」
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営2 妖狐陣営1 決闘者陣営1 神話マニア陣営2
ゲーム開始:2013/07/07 (Sun) 18:18:28
チルノ が幻想入りしました
魔理沙 「自撃ちでもやる奴はやるかもしれない・・・>夕張」
萃香 「全部飲んだらまた注ぐっと。開始~」
夕張 「ここ自撃ちなんだけどぉ!?」
もみじ 「初日からPPですねわかります>魔理沙」
萃香 「お酒が1升」
ナズーリン 「それは力を入れすぎだ>もみじ」
ルーミア 「少し酸っぱいスイカは腐ってなければまだ食えると思うのだ
味がないのはきついのか」
萃香 「お酒が2升」
スイカ 「小悪魔ェ・・・>もみじ」
魔理沙 「こういう時に限ってボル質が2票持ちとかなら楽しいよな」
もみじ 「たたいた結果割れるんだろ?>ナズ」
萃香 「お酒が3升」
萃香 「お酒が4升」
もみじ 「ボル質が萌えて夕張がスイカと後追いする流れだな」
ナズーリン 「いいスイカを見分ける時に叩いて音を聞く、というだろう
あれのことじゃあないのかな」
ボル質 「やめるなじょ!」
カチューシャ 「そうねボル質は残しましょう!>結衣」
K 「K さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:K → 緑
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 6084 (セディエルク)」
萃香 「お酒が5升」
魔理沙 「質の意味がないなそれ >もみじ」
魔理沙 「調べてもあんまりいろんな候補出てこないな >ボケる
ただ、そういう使われ方はするのな」
船見結衣 「狐質ならぬボル質進行がとられるかもしれない>カチューシャ」
もみじ 「初日ボル質萌えて初日吊りだろ?」
萃香 「んじゃーカウントダウンはじめるよ~」
夕張 「メロンならしょうがないわね」
スイカ 「漬物にしてもおいしいよ」
K が幻想入りしました
カチューシャ 「初日にボル質博士お許しくださいの未来しか見えない……」
GM 「では開始投票をどうぞー」
萃香 「夕張×スイカカップルか!」
魔理沙 「なんだかんだ開始の時間だな」
GM 「いらっしゃい。11人目が来てくれたので私は下りずに済んでほっとした」
萃香 「ザルはよく言われるけどスポンジって言われたのは初めてだわ~」
カチューシャ 「スイカ……ですって……?」
スイカ 「おいしいよ」
もみじ 「夕張スイカだと・・・」
ボル質 「そんなんで使ってたのぉ」
魔理沙 「あー。スッカスカのスイカって意味?」
ナズーリン 「よろしくお願いするよ」
スイカ が幻想入りしました
萃香 「あれがお酒に合う鍋なのかー?>カチューシャ」
ボル質 「ちょっと古くてシャキシャキ感がなくなってる感じというか」
GM 「あり? 方言かな?」
ナズーリン が幻想入りしました
船見結衣 「そういうことだったのか」
GM 「いらっしゃい」
ルーミア 「甘みも酸味もあんまりない、ただのスポンジのようなスイカのことじゃないのか?」
ボル質 「ぼけるってのは」
魔理沙 「ボル質だ・・・・・・」
萃香 「お願いだ!私はどうなってもいいからボルだけは無事に返してくれ!」
カチューシャ 「ボル……質……?」
ボル質 「ほっほっほ・・・」
魔理沙 「牛車ってすげー遅いんじゃなかったか確か >萃香」
夕張 「スカスカって意味じゃないのかしらね >ぼけてる」
ボル質 が幻想入りしました
魔理沙 「ところで村タイトルのスイカがボケてるってどういう意味だ?
味かなんかの話か?」
萃香 「ボル「もへーんもへーん」」
萃香 「このボルを傷つけられたくなければいちおくまんえんと逃走用の牛車を用意しろー」
魔理沙 「うーん、延長しても何故かあんまり来ないなあ」
魔理沙 「ボル質とは」
カチューシャ 「            .  -. .―. .-  .
         ,. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : . .
       /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
      .: : : : :./. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
     .: /. : : l : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : l : : : : : l
     |/. : : /. : : | : : : : : : : l. : : : : : : : : : :l : : : : : l    それは人質じゃないかしら!?>萃香
     /. : : : l : : : :l : : : : : : : l : : : : : : : : : :.l : : : : : l
.    /. : : : /. : : l :l ≧z; : : :从: : : : : : : : :./. : : : : :.l    
   /. : : : /. : : : l :\|\l≧x, \: : : : : ://l/l: : : l
   /. : : :./. : : : : ヽ;|㍉Tiぅtミx,'‐-\__∠斗=ァ/. : : :!    
.  /. : : :./. : : : : : : : !  ヽ弋zン    弋ン 〃. : : : !
  l : : : : l : : : : : : : : |          ,   ムイ : : :l    
  | : : : : l/\: : : : ヽ|‐、     r――ァo  /. /: : : :.l
  |/ヽ; : : : : :.\: : |r―.\   o |‐-‐う゜  イ :/ : : : :/
    \|、: : : : \!l\_| .≧  `_ ´ <: : /:/ :/ ̄\
       \|\|\! `'――‐r――´-――/ / ̄__.\
     / ̄:::::l::::::.\.,_     .|ゝ--一' ̄ ̄、`´ゝ'´ __ ヽ‐ 、
    /.::::::::::::::::l:::::::::::.\`'ー‐|  ./.:::::::|:::::::.ヽ, ゝ.'´__   l::::l
.    l:::::::::::::::l::::l::::::::::::::::.\  .!O /.:::╋::l::::::::::::l  l ̄ヽ__/:::::|
.    |:::::::::::::::l::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,\|/,;;;;;;;;;;;;;;l:::::::::::.\l:::::::::::::::::::::::|
.    |:::::::::.\l::/.:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::l::::::::::::::::l\__/:|
.    |:::::::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::!」
karis 「karis さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karis → 魔理沙
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 12 (霧雨 魔理沙)」
かりーー 「かりーー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーー → 夕張
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 6326 (夕張)」
GM 「いらっしゃい」
萃香 「ボル質?よくわかんないけど犯人に捕まってそうだなー」
萃香 「いらっさーい。かけつけ3倍(樽)だよぉ~」
カチューシャ 「鍋ならボルシチよ>萃香」
かりーー 「ちっす 支援
あんまり人数多すぎると抜けるかもとは」
かりーー が幻想入りしました
萃香 「鍋には酒だろやっぱさぁ~。こう、熱燗でキューッと」
karis 「なんかお酒飲みたくなってきた」
萃香 「あたしゃ飲まないと体が動かないんだよぉ~」
船見結衣 「お酒飲みすぎるなよ>萃香」
萃香 「ぐ~びぐ~びしゃーわせー」
GM 「いらしゃい。」
GM 「ということで私はちょっと離席します。埋まることがあれば適宜。」
もみじ 「もふってやんよ」
船見結衣 「よろしく」
もみじ が幻想入りしました
萃香 「まぁ酒が切れるまでは待ってやんよ~」
GM 「その時点で10人以下ならry」
船見結衣 が幻想入りしました
karis 「というかヒャッハーした人はどこへ行ったのか。
地上の星か何かか」
GM 「では15分開始予定。」
GM 「まあ、それもありなのですが。
この調子だと5分も15分も大して変わらないかなーと」
GM 「そういうこともあるのです。」
カチューシャ 「15分くらいに開始にしたら?」
GM 「まあ、いいですw」
カチューシャ 「村建てから15分だものねえ……」
GM 「いらしあー」
萃香 「あたしもしてないよー」
karis 「3ヒャッハーはあったんだけどもな・・・ちなみに
自分もヒャッハーしてない」
カチューシャ 「よろしく頼むわよ!」
カチューシャ が幻想入りしました
GM 「いらしあー」
ルーミア 「んじゃ、そこらへんでごろごろしてるのかー」
GM 「5分に10人以下なら私も下界に降りてさくっと終わらせるのもありかな」
ルーミア 「私はヒャッハーしてないのかー」
ルーミア が幻想入りしました
萃香 「きっと村に来るまでに巫女に退治されちまったのさ。おお、こわいこわい」
karis 「時間他意の問題もあるのかなーと思うけども >GM」
GM 「10回に1回くらいはそういうことがあるので、まあ>karis」
karis 「何故かヒャッハーはあったのに人が来ない・・・!
よろしくです。」
萃香 「あたしならボケずにちゃんと働くチビ萃香を1匹1000円で売ってやるよ~」
GM 「いらしあー」
karis が幻想入りしました
萃香 「ボケてたんだって?そりゃあ大変だねーヒック」
萃香 が幻想入りしました
GM 「嘘吐と村タイについていたね? あれは嘘だ」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
GM 「前村のGMのテンプレを流用しつつ。
オプションはアンカーの希望が1つだけ叶うとか叶わないとか

開始予定は18:05に設定。」
GM 「ローカルルール

昼AA:特に制限なし COと同時はNG /霊界では禁止
初日夜のGM投票は鵺以外許可
村人表記騙りは許可(自己責任でどうぞ)
早噛みは全視点で恋人がいなければ許可
(詰んだと思ったときにどうぞ)」
GM 「【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・メタ発言
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り

※噛みより遅い能力発動は意図的に夜を遅くする行動とみなされ、メタ的な部分に抵触する可能性があります。

【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします」
村作成:2013/07/07 (Sun) 17:48:11