←戻る
【雛972】やる夫たちの希望超闇鍋村 [1192番地]
~深夜鍋につき寝落ち注意~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon Aチルノ@GM
 (dummy_boy)
[門番]
(死亡)
icon カイムとドラゴン
 (nnm)
[占い師]
(死亡)
icon やらない夫
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[紅狼]
(死亡)
icon ザッパ
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[人狼]
(死亡)
icon 松岡修造
 (スープ◆
WAANRrg.TQ)
[指導者]
[悪戯]
(生存中)
icon 鈴仙
 (ddd◆
CkK42HJiBJ9Z)
[傀儡師]
(死亡)
icon 鴉木メイゼル
 (夢遊病◆
irbIWP2.pU)
[村人]
(生存中)
icon ゲンナマゲイズ
 (プースカ◆
7TVBRDFj2.)
[占い師]
(死亡)
icon ルカ
 (0w0◆
0RbUzIT0To)
[翠狼]
(死亡)
icon ブリジット
 (鵲◆
gHYmX8bIRY)
[厄神]
(死亡)
icon 桂小太郎
 (リリ夫◆
LilyWteZlw)
[精神感応者]
(生存中)
icon できない子
 (長月◆
ITCiI48twyrs)
[死化粧師]
(生存中)
icon 毘沙門天代理
 (シルク◆
Jvv0i0XZTs)
[鋭狼]
(死亡)
icon 新城直衛
 (スモチ◆
L4/i/NrLmw)
[九尾]
(死亡)
icon ブラッキー
 (C_T)
[占星術師]
(生存中)
icon 翠星石
 (闇灰人◆
GBxcsWGkcg)
[霊能者]
(死亡)
icon グレイシア
 (巨乳党◆
WSzqsVcSfluT)
[毒狼]
(死亡)
icon 古明地こいし
 (多深香◆
n7IXpmiMx.)
[蟲姫]
(死亡)
icon ブースター
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[上海人形]
(生存中)
icon レティ
 (すがめ◆
t8uJD51WpY)
[夏妖精]
(死亡)
icon 小野塚小町
 (みっこみこ◆
y58Dzoiy7E)
[老兵]
(死亡)
icon 弱音ハク
 (purannt◆
F4HHt9k4m6)
[古狐]
(生存中)
ゲーム開始:2013/07/10 (Wed) 00:06:20
出現陣営:村人陣営14 人狼陣営5 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
Aチルノ@GM 「…ちょっと強くない?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Aチルノ@GM 「ゲンナマゲイズは投票してね」
ゲンナマゲイズ は紫に連れ去られました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
Aチルノ@GM 「おつかれさまー
こうするしかなかった」
ルカ 「お疲れ様っと。まあ吊られるよなー」
ルカ 「……村陣営強すぎじゃない?」
Aチルノ@GM 「…うん、強すぎるくらいにね>ルカ」
ルカ 「ゲイズが占いでラッキー、とは思ったけどカイムも占いだし。
老兵は片方が真、傀儡も1真、占星術、蟲姫……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルカ 「老兵x2か傀儡x2か、どっちかローラーしようってのはおかしいのかなぁ。
吊り余裕あるし真かどうかわかんないんだからゴリゴリしてもいいと思ったんだけどな。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
鈴仙 「お疲れ様でした」
ルカ 「お疲れ様」
鈴仙 「・・・うえー、門番初日」
Aチルノ@GM 「…どうにもね>鈴仙」
Aチルノ@GM 「おつかれさま」
鈴仙 「というか夜に撤回護衛指示あれ必要だったんかなーと思わんでも」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ルカ 「お疲れ様」
鈴仙 「お疲れ様ー」
翠星石 「めんどくせぇですねホント」
鈴仙 「翠星石よりはザッパとかその辺じゃないのかなぁ、指定するなら」
翠星石 「まぁこれならできない子は出てくれるでしょう。」
翠星石 「正直言って 共有の意図が全くわからないんですけど」
鈴仙 「いやない夫護衛継続してどうするの>小町
どう考えたって期待値的に噛まれないでしょそこ」
翠星石 「なんでよりによって妖精を狙ってんですか? ポーズですか?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鈴仙 「そーいうRPなんじゃないかな
というか流石にガチだったらいろいろとアレ」
翠星石 「   」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
鈴仙 「あと、対抗傀儡に対する反応薄いって言われても困る
どう反応してほしいの?」
翠星石 「あ、狐噛みで蟲姫が動く」
鈴仙 「囲い狐噛みでやらない夫破綻までという面白い展開」
翠星石 「そうしたらブラッキーが出て解決ですぅ

噛み回避できる投票能力ありはいませんから」
翠星石 「新城忍者としても微妙でしょう いつまでも残されるはず無いですし」
鈴仙 「覚醒比丘尼主張がワンチャンなかったー」
翠星石 「傀儡2、占い2なんてあるはず無いからそういう時は片方偽って考えたほうが妥当でしょうね」
翠星石 「 」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鈴仙 「この陣営数で潜伏逃亡者主張って通るかしらね?
思考ゲームでしかないけど」
翠星石 「通るっちゃあ通るんじゃないですかねぇ
占われたりすれば。」
翠星石 「狐2って時点で胡散臭いにも程がありますが」
鈴仙 「まあ占い生きてれば狐が騙ったところで死ぬの見えるわねぇ」
翠星石 「ふむふむ 小太郎とできない子の結果が合わされば
村視点翠星石が真霊能とわかりますね。 ちゃんと出ればですが」
鈴仙 「狐陣営がほぼ詰んだところでー
あとは狼どう吊りきるかの問題」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鈴仙 「お疲れ様」
翠星石 「まー大丈夫でしょう」
ルカ 「お疲れ様」
やらない夫 「占い死んでるwww」
ルカ 「占いもう一人いるんだ……>やらない夫」
翠星石 「んーこういう予告COって 人外だとCOする準備与えるから好きじゃないんですよね」
やらない夫 「あ、まじだ
これひどくねぇ」
翠星石 「ハク噛みでこいしが働く」
鈴仙 「狐噛み→狐噛み」
翠星石 「お」
翠星石 「お>占い」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鈴仙 「占い遅いなぁ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
鈴仙 「お疲れ様」
新城直衛 「自分には呪いかけられないんだよね」
やらない夫 「おつかれ」
ルカ 「お疲れ様」
ブリジット 「カイドラだったかー」
新城直衛 「つーかなんで噛まれたんだろうね」
鈴仙 「さあ?
○出して噛む、というのは単純に騙り占いの手ではあるけど」
新城直衛 「ちなみにこいし狼なら出れる」
翠星石 「で、夏妖精バレて ここで先に夏妖精吊るようなら
さすがにありえねぇって言っちゃうですね翠星石は」
ルカ 「レティなのに夏妖精」
翠星石 「あって夢 ブリジット噛みの時点でありえない 破綻と」
ブリジット 「あって夢ならレティが死ぬ」
新城直衛 「まあ多分今日までは様子見るけどね>ザッパは」
新城直衛 「ってかレティ吊る」
鈴仙 「ねえよ<レティ指定」
新城直衛 「だって余裕あるもん今」
やらない夫 「なんで妖精吊るんだよ」
翠星石 「すいませんちょっと何言ってるのかわかんねぇんですけどあの共有
ガチで妖精吊りとか言ってんですか? ほぼ破綻目の占いいて?」
新城直衛 「んー?」
鈴仙 「・・・対抗出ないからじゃないかなぁ」
ブリジット 「ほぼ破綻ですかねえ?」
新城直衛 「別にいいんじゃないの。
レティ狼だとしても 夏妖精が狼に敵対する必要無いから
ザッパ破綻させたいならレティ吊るしかないでしょこれ」
鈴仙 「まあ。明日妖精の悪戯消えたらザッパ吊りにはなるけど
カイドラできない子の結果的に吊れないし」
翠星石 「ブリジット○だして噛まれてる時点でザッパ夢って無いでしょう。
ならザッパ真主張しかないんですよ? ●出したとこ夏妖精CO
両方吊らんにしても夏妖精確かめさせるのが先でしょうに」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
新城直衛 「仮に夏妖精が真ならさ」
ルカ 「どっち吊りでもいいんじゃないの?
夏妖精吊って明日悪戯なければレティ真夏妖精って事だし」
新城直衛 「ザッパ・夏妖精で2人外明日に生かす事になるから
できないよ>翠星石」
鈴仙 「対抗出たらザッパ即吊るだろうけど
対抗出ないとなー・・・なんとも」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ブリジット 「ザッパの結果見てあって夢って悠長なこといってるからじゃないです?」
翠星石 「先にザッパ吊りで構わないと思うんですけどねぇ翠星石は」
鈴仙 「お疲れ様」
やらない夫 「おつかれ」
新城直衛 「んで レティ狼でザッパ吊り目当てに夏妖精COしても真夏妖精が出る訳が無いんで
ザッパの真が切れてるパターンってどこにあるんだい」
翠星石 「お疲れさんですよっと」
新城直衛 「お疲れ様」
ルカ 「お疲れ様ー」
鈴仙 「まあ。妖精に●打って吊ってる時点で狼視点マイナスなんでどうでもいいっちゃいい」
翠星石 「まぁいいや 進行問題ないなら」
レティ 「おつかれさまー
証明できる妖精つる村だし人外応援してもいいじゃない」
ブリジット 「ザッパほぼ破綻の根拠はないですよ。たぶん」
新城直衛 「まあ妖精はそんなもんだ」
鈴仙 「狼に●撃たれて村が吊ってるんだから応援するところが死にかけの狐しかないけどいい?>レティ」
レティ 「初期配置で5Wなんだから別に狼でも応援するかな」
ブリジット 「ザッパ護衛できる狩人がいると老兵どっちか確定偽だけど」
鈴仙 「厄神噛まれてるからねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「あ、真占い噛まれる」
新城直衛 「狩人って上限3だっけ?」
翠星石 「まぁグレー追い詰めでどうにかなるですかねぇ」
やらない夫 「というか占い系4で狩人系3(初日&これじゃない交じり)と
霊能系3とかなにこれ」
翠星石 「3です」
ブリジット 「3」
鈴仙 「上限3だね>新城
4出るのは固定1+3の占いだけのはず」
ルカ 「役職によって上限とかあるんだ」
翠星石 「そういや占い系が出きってますね
霊能もですが」
翠星石 「……ん?」
やらない夫 「あれ?霊能の上限って4だっけ?」
新城直衛 「灰狭いなあ>真の
5吊り4人外だが 碌に吊れる場所がいないぞ」
翠星石 「霊能・精神感応・死化粧・蟲姫

あれ、霊能系4出てません?」
鈴仙 「・・・あれ、霊能系4出てるなぁ」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
新城直衛 「飽和したら素村になる>ルカ
今回、割と飽和してるかもね。メイゼル素村が超浮いてる」
やらない夫 「おつかれ」
鈴仙 「お疲れ様」
ルカ 「お疲れ様」
翠星石 「いや、役職系統がランダムなら固定除き系統ごとに3です。
村役職は」
新城直衛 「あ、お疲れ」
カイムとドラゴン 「(わりとこう、だろうなーと)
お疲れ様ぞ。」
鈴仙 「カイム村位置だったし出て護衛もらったほうがよかったんじゃない?」
新城直衛 「えーと できない子―ブラッキー―小町から2吊らないといけないのか人外」
Aチルノ@GM 「おつかれさま」
ルカ 「系統ごとに3、固定がある占いだけ4。
とすると霊能確かに4出てておかしいですね。」
新城直衛 「霊能系4いるな確かに」
翠星石 「バグっぽいですね」
カイムとドラゴン 「ふむ、そこまで村村しておったか?
(できない子偽まで考えていたんでな。)>れーせん」
鈴仙 「特に変なOPついてるわけでもないしなぁ・・・なんだこれ」
新城直衛 「てへっ ばれた!>ブースター」
翠星石 「ところでゲイズはトラブルなんですかね」
Aチルノ@GM 「3以上は出現しないのね」
新城直衛 「普通に上限4なんじゃないの」
新城直衛 「知らんけども」
鈴仙 「みたいね>翠星石」
Aチルノ@GM 「報告は聞いてないけど…>翠」
新城直衛 「予告無く変わる可能性もあるだろうし」
ルカ 「ゲイズは初日夜には発言してたみたいだね。」
Aチルノ@GM 「鍋初らしいし、期待してた>ゲイナマ」
翠星石 「1夜は喋ってて、2日目は一切喋ってない辺りどうしたんでしょうかね」
ブリジット 「そりゃ投票してなきゃそれまでに死んでる」
鈴仙 「んー
これ霊能系全員COしたら飽和扱いで吊られるんじゃないか」
カイムとドラゴン 「何かしらのトラブルでもあったのであろうか>ゲンナマゲイズ」
ルカ 「トラブルとかかなぁ、大丈夫だといいけど。」
ブリジット 「ハクがちょっと正論すぎる」
新城直衛 「狼以外は上限云々 考えない方が鍋っぽくていいって事なんじゃね」
Aチルノ@GM 「あ、掲示板にログインできなくなった
ってあるよ」
翠星石 「日記はログに残したから見とけばいいって言うのは
ログ取らない人どうすりゃいいんだって話に
まぁ鍋はログとっとかないとアウトですが」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「ありゃ パスワード間違えたんですかね?」
ルカ 「ログインできなくなったか、パスワードとか覚えてない感じなのかな。」
Aチルノ@GM 「本人は生きてるし、次から気をつけるみたい」
新城直衛 「噛まれ死体なら別に日誌無くていいと思うけどねえ個人的には。
カイム吊られるパターンってここまで初日以外無かったし」
鈴仙 「ログ取らない人は遺言に書こうが何しようが見ないと思うよ」
Aチルノ@GM 「一応報告。ユーザー名とトリップ、パスワードも合ってるのにログインできない状態となってしまいました。 って>翠星石」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない夫 「おつかれ」
鈴仙 「お疲れ様」
カイムとドラゴン 「すまぬな、どうしてもこのAAを使いたいと思ったのだ……>翠星石
(この上更に日記をつけると、長くなりすぎて更新できない)」
ルカ 「お疲れ様」
レティ 「お疲れ様ー
●うった先が残念賞と」
カイムとドラゴン 「お疲れ様ぞ。」
新城直衛 「多分 半角/全角とか 英数・かなとかの違いで入れなくなったんじゃないかな」
Aチルノ@GM 「おつかれさま」
翠星石 「例えばCapsLock押してたとかも考えられるんじゃないですかね
たまによくやる」
鈴仙 「そういう場合大体パスワードが間違ってる>GM」
ザッパ 「お疲れ様」
ルカ 「一応GMから返レスしておいた方がいいと思う>GM」
カイムとドラゴン 「(……日記を提出しようか?)>共有」
翠星石 「ブラッキーが投票持ち見つけてくれるので楽」
新城直衛 「パスワードが本人視点であってる場合、それか打ち間違えぐらいだからな。

逆にその辺の変換ミスは1回やって死んだ事ある」
Aチルノ@GM 「今返してくるね>ルカ」
翠星石 「ただこう ブラッキーって老兵行きました?」
鈴仙 「行ってない」
やらない夫 「行ってないようだな」
新城直衛 「いってないね」
鈴仙 「真っ先に行くとこだと思わんでもないけど」
翠星石 「行かないんですかね」
翠星石 「言っといて損はない所で 小町がこいし護衛してる」
鈴仙 「というか占う先占う先死んでるから結果がほとんど残ってない」
ザッパ 「老兵は噛まずに吊らせる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「  」
レティ 「貫通されますように」
新城直衛 「ああ、なんでこいし確定○なんだっけって思ったら
カイムの○か」
翠星石 「狼の連携があんま安定してない感じですね」
やらない夫 「やっぱ囲いとかも考えるべきだったかな」
鈴仙 「ブラッキーの占い先:カイム>ない夫>新城>ザッパ>こいし>グレイシア」
やらない夫 「騙り重視で噛みはお仲間にまかせっきりだったし」
ブリジット 「なんでないおいって老兵いかないんだろ」
新城直衛 「綺麗に死にまくってるな>占い先」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
新城直衛 「あ、貫通喰らってる」
鈴仙 「お疲れ様」
新城直衛 「ってことでお疲れさん」
やらない夫 「おつかれ」
ルカ 「お疲れ様」
新城直衛 「頑張れハク」
カイムとドラゴン 「我らは初手に占われておったのか……>れーせん>分ラッキー」
古明地こいし 「おつかりー」
ザッパ 「お疲れ様」
鈴仙 「あ、ない夫は老兵の護衛だった
翠星石だったー」
カイムとドラゴン 「お疲れ様ぞ。老兵が貫通してしもうたか……」
鈴仙 「老兵が今回とことん結果出せない状態だなぁ」
新城直衛 「まあ忍者とか比丘尼のパターンはあるんじゃない。
確実に存在する狐のパターンの方が多いけど」
翠星石 「なしならこう……助けましょうよ
この村でなしなんてほぼ村か狐じゃねーですかとか言ってみる」
鈴仙 「・・・いや、占星術なら別によくない?
結果少なくても」
カイムとドラゴン 「む、我らが吊られぬと初日夜において把握できるのは何故なのだ?>ブラッキー
(……あとで聞くか)」
古明地こいし 「ザッパ身内してたのかーあれ」
新城直衛 「自称霊能助けるために占星術師が出るかっつーと

微妙じゃないかなー」
新城直衛 「結構強いしアレ」
古明地こいし 「つか、投票間違えたのなら間違えたって言えばいいとおもうのよ?>翠星石」
翠星石 「まぁですよねー つっても無し出てるわけですけどね
まぁ翠星石でもうーん……微妙ですね とことん翠星石は指定に弱いんで」
ザッパ 「逆囲いかどうかは外界はお楽しみ状態>古明地こいし」
翠星石 「いや、間違えてないですよ?
単にブリジットがなんか持ってそうだったんで投票してみただけですし
○○の○じゃんって話には未CO者ランとしか言ってませんよねって返答ですし」
ルカ 「共有が狼を殺しにかかってる……」
新城直衛 「冥狐・憑狐・仙狐・響狐・九尾・翠狐
以上6人かな>狐で投票あり」
やらない夫 「これ露出LF古狐勝つんじゃねぇ?」
カイムとドラゴン 「指定後の反応から真夢がどうであれ霊能だとは思ったのだがな。
(ただ、なんとなく勘だったから……)>翠星石」
鈴仙 「それを言って「こりゃ一本取られた」とか言ってくれる共有はいないと思う>翠星石」
カイムとドラゴン 「(そこで圧倒的毒狼の毒の古狐飛び!)>やらない夫」
ブリジット 「グレランじゃなくてわざわざ未COっていうのが目立ってた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ザッパ 「古処理するタイミングは重要」
古明地こいし 「間違いというか○見てなかったーっていったほうがいかなーと>翠星石
一応占いの○に投票するならそれなりの理由がいると思うのタワシ」
新城直衛 「まあ冥狐ならさっさと宣告つけてるし
憑狐・仙狐なら蘇生させたり憑依してる場所あるんで」
翠星石 「でしょうね。 指定が飛んでくるとは思いませんでしたし
何を持って夏妖精と思われたのがさっぱりというかなんで妖精狙ってんだって方が強くて」
やらない夫 「それで狐が死んだら村無双すぎワロタだろ>カイム」
新城直衛 「実質上 3種しかいないとは思うけど」
ブリジット 「ブースターに狼を見たらさすがに死ぬと思うが」
古明地こいし 「その理由がなんか持ってそうだけだとそりゃー
納得できねぇぜ兎さんというか」
鈴仙 「というかPP怖い怖いいいながら何故この人数まで老兵処分しないのかが果てしなく謎」
古明地こいし 「と、ちょっと気になったのです」
古明地こいし 「多分、ブラフもはいってるとおもうのだわさー>レイセン」
カイムとドラゴン 「何を言う、こちらとて真占いをトラブルで1失っておるのだぞ……!>やらない夫」
ルカ 「8>6>4>の3吊りかー」
新城直衛 「老兵吊りについてはまあ
吊れるタイミングがあんま多くなかったってのはあるかな。
今日が久々に来たタイミングだったけど」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない夫 「それでも占い3人残ってるだろ!
霊能4とかもまじなめてるだろ>カイム」
新城直衛 「お疲れ様」
やらない夫 「おつかれ」
鈴仙 「ブラフっていうか、もうロラもできないし吊るタイミングなくなっちゃうよ」
毘沙門天代理 「んーちょっと無理」
毘沙門天代理 「おつかれー」
鈴仙 「お疲れ様」
Aチルノ@GM 「おつかれさまー」
翠星石 「毒狼LWとして、んー」
古明地こいし 「グレイシアには届くと思うけども
老兵どうするんだろうというのはあるね」
カイムとドラゴン 「うむ、そこ吊りはありがたい。
(新城噛みの日、急に元気がなくなってきていたからな)」
毘沙門天代理 「あれ<狐」
やらない夫 「まだ星占いのこってるし」
ルカ 「お疲れ様」
カイムとドラゴン 「うむ、お疲れ様よ。」
鈴仙 「あれってなんだw」
新城直衛 「まあ初日に老兵吊るほど切羽詰まってる村じゃないだろうから」
翠星石 「橋姫表記は毒橋とかありますけどね」
毘沙門天代理 「どくはしひめー」
やらない夫 「毒橋姫って埋毒表記じゃなかったか?>すいせいせき」
毘沙門天代理 「ゆめはしひめー」
ザッパ 「お疲れ様」
鈴仙 「毒橋姫は毒表記じゃなかったっけ?」
翠星石 「 」
Aチルノ@GM 「毒橋は・・悲しみしかね」
ルカ 「老兵COは切羽詰ってる方が吊るの?
僕は余裕があるから吊れる、と思ったんだけど」
毘沙門天代理 「あ<毒表記」
新城直衛 「初日は無理→3日目→4日目:やらない夫吊り→5日目:レティ吊り→6日目:ザッパ吊り
だったから 3日目と7日目以外で老兵吊るタイミング無いな」
鈴仙 「よくある>毒狼LW」
古明地こいし 「まあ、その気持はすごくわかる
星で潜りすぎ」
翠星石 「あれ?毒橋姫って橋姫表記じゃなかったでしたっけ
って思ったら派生村のこと考えると毒表記ですね」
カイムとドラゴン 「だが安らか>できない子」
新城直衛 「老兵真なら 共有護らせられるべさ」
古明地こいし 「噛まれる隙というかそういう余裕はおいてCOしてほしいなって思うのたわし」
毘沙門天代理 「夢橋なんてなかった…」
新城直衛 「ただ 出なきゃいけないタイミングと結果持ってた事
あったっけ?となると 正直首ひねる」
翠星石 「いや、とりあえず老兵行っときなさいよってのは思う所ですが。」
ブリジット 「どーみても5WでなんでPPをあんな気にしてるんだろう」
ルカ 「ふむ……じゃあもし共有いなかった場合は吊ってた?
それでも残す感じ?<老兵」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鈴仙 「占った翌日に死ぬ、を繰り返してるからないね>新城」
毘沙門天代理 「ま、もともと村陣営が多くて苦労してたからね…
新城襲撃はミスで申し訳なかったけど」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
古明地こいし 「というか、老兵噛まなかったことにあたしゃーびっくりだよ!
両方非狼で」
翠星石 「さぁ? 5W全部残ってる想定なんて誰もしませんよね」
翠星石 「お」
新城直衛 「お、GJしとる」
ルカ 「あ、GJだ」
Aチルノ@GM 「老兵によるGJね」
カイムとドラゴン 「ほう、GJがでたか」
新城直衛 「うん まあ村勝つなこれ」
翠星石 「ハク吊って、グレイシア吊りってとこじゃないですかね」
新城直衛 「毒狼吊りの終了も無くなった」
鈴仙 「一応吊りは増えたから老兵吊りきれるけど、もー」
新城直衛 「っておおう!?」
ルカ 「老兵ひき潰してグレイシア吊り?」
翠星石 「はい?」
鈴仙 「ぶっ」
新城直衛 「それは予想GUYだったかもしれん>LW吊り」
やらない夫 「なんだと・・・」
やらない夫 「狐見ろよwww」
Aチルノ@GM 「こればかりはねー」
翠星石 「うん、両真ないことは誰も分かってますから。」
鈴仙 「いや、吊り増えてるんだから老兵処分しようよ
何混じりだと思ってるんだよ」
新城直衛 「いた事はある>老兵×2」
カイムとドラゴン 「(あ、たぶんこの共有、LWCOを信じていない)」
古明地こいし 「真狐なら片方死体になってる=真真ないし真狼ラインとみたんじゃない?」
新城直衛 「まあそれとこの老兵2を信じるかどうかってのはまた別になっけども」
Aチルノ@GM 「そう、信じてないだけね>カイム」
翠星石 「結果論ですが老兵くらい占っとけよって話です」
翠星石 「星占い」
やらない夫 「たしかにこの時期のLWCOはだけど
それでも老兵ケアっておけよ」
ルカ 「これ毒吊って狐にあたった場合は村勝ちになるの?
それとも狼吊った時点で毒飛ばず狐勝ち?」
古明地こいし 「その思考自体は個人的にはわかるけどもね
灰にどれだけ狼いる想定をしているかにもよるけれど」
やらない夫 「噛む暇ねぇんだよ>松岡」
新城直衛 「実はまあ 狼視点老兵×2マジでも何もおかしくないし
襲撃先考えるとマジで両方真でもおかしくなかったりする」
鈴仙 「まて落ち着け
まだだ、このままLW吊りになってもグレイシアがハク飛ばせばワンチャンある」
翠星石 「2人とも占っとけば片方狼 どっちか投票無しなら狐一択なわけで
長老ならもうとっくに撤回してる次期ですし そもそも撤回しませんし」
Aチルノ@GM 「なるよ>ルカ」
新城直衛 「まあ普通に偽いても やっぱり何もおかしくないんだけどね!」
カイムとドラゴン 「(毒処理はされる。狐に飛べば村勝ちだ)>ルカ」
古明地こいし 「うむ」
新城直衛 「ハクが吸毒者だったら諦めたけど」
鈴仙 「私は真いるから老兵占い処分路線いったけどねー。即噛まれた」
Aチルノ@GM 「当たる確率は 1/8だね…」
ルカ 「なるほど、じゃあ村はエキサイティン期待だね。」
新城直衛 「違うならいけるだろう。8分の1なら避けてくれるさ」
毘沙門天代理 「占星術で占われたらピンチだったわね<ハク」
やらない夫 「古狐勝利おめでとうがいいんだけどな」
古明地こいし 「だよね、傀儡師ならそこ占うよねわかるわー!こいしわかるわー>鈴仙」
ザッパ 「老兵なんぞに噛み割けるか吊ってくれ」
カイムとドラゴン 「おぬしというやつは……!>吸毒>新城直衛」
毘沙門天代理 「それにしてもゲンナマゲイズまで生きていたら真占い師2とかひどいわー」
翠星石 「狼系以外に当たるはずなんでまぁざっと8分の1 12%ですね」
ブリジット 「さすがにここでケア放棄するなら狐がかつだろ」
毘沙門天代理 「>ゲンナマゲイズ は ルカ を占います
最初の投票はしてたのねふむふむ
って緑狼つかまってたの…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
翠星石 「指定役で指示放棄って正直こう……

というかLW宣言したなら詰められますよね?」
ルカ 「まあゲイズとは村開始前に絡んでたからね……」
翠星石 「指示じゃないや思考放棄でした」
ブリジット 「普通9-7-の吊りを使って詰める」
ザッパ 「占い3だからな占星含めると4だし」
やらない夫 「4吊りあるんだからケアしろよ」
翠星石 「十分つめれますよね 老兵ローラーでもいいくらいで」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました