←戻る
【雛985】やる夫達の希望超闇鍋村 [1206番地]
~希望の昼鍋、絶望の内訳~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon モノクマGM
 (dummy_boy)
[司祭]
(死亡)
icon 真紅
 (幻◆
ll6J2md5hg)
[ひよこ鑑定士]
(死亡)
icon トリシューラ
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[蒼狼]
(死亡)
icon グレイシア
 (あうるべあ◆
WokonZwxw2)
[蝕巫女]
[恋人]
[共感者]
[元神話マニア]
(死亡)
icon 原素子
 (一太刀◆
9x3KLp5alYKM)
[常世神]
(死亡)
icon 凍っていう
 (DS◆
IaSoTYoBkw)
[共有者]
(死亡)
icon 氷妖精
 (リイア◆
KGETsAlPV6)
[傘化け]
(死亡)
icon チルノ
 (氷月)
[呪術師]
(死亡)
icon 流石兄者
 (あたろう◆
ShinobiUmg)
[葛の葉]
(死亡)
icon シロクマ
 (はんなり◆
hannariBX.)
[境界師]
(死亡)
icon 柊シノア
 (夢遊病◆
irbIWP2.pU)
[雛狼]
(死亡)
icon バロウズ
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[子狐]
(生存中)
icon ルルーシュ
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[夜雀]
[サトラレ]
(死亡)
icon ワルキューレ
 (ddd◆
CkK42HJiBJ9Z)
[毒狼]
(死亡)
icon 古明地こいし
 (udonya◆
rL6ShHotQk)
[狙毒者]
(死亡)
icon 玖渚友
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[金狼]
(死亡)
icon シテヤンヨ
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[占い師]
(死亡)
icon シャウタ
 (リリ夫◆
LilyWteZlw)
[夢司祭]
(生存中)
icon ガロウズ
 (erjsaitama◆
W8pfijOi9Q)
[さとり]
(死亡)
icon 大妖精
 (ふらい)
[人狼]
(生存中)
icon 雪ミク
 (アォ)
[蝕巫女]
[恋人]
[共感者]
[魔が言]
(死亡)
icon 球磨
 (スモチ◆
L4/i/NrLmw)
[百合天使]
(生存中)
再投票になりました( 4 回目)
柊シノア 「子狐も吊り逃れできませんからねこれ」
ワルキューレ 「よくこうも辿り着いたな。唯一に」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
凍っていう 「変えたらバロウズ吊れるから」
流石兄者 「ちがうんよ4人最終日なのに村がガチってないのがwwww >真紅」
ルルーシュ 「あ、変えたら終わるか」
グレイシア 「バロウズが票変えたら自分が吊られるよ?>ルル」
雪ミク 「強気な発言が村の時の安心感はやばいですね>凍っていう」
玖渚友 「票変えたら吊られるw >ルルーシュちゃん」
シテヤンヨ 「一番引き分けに都合の良い形になったんよ。」
氷妖精 「ひっきわけー!ひっきわけー!」
ルルーシュ 「って変えないんかい!」
原素子 「バロウズは大妖精に投票しかないから
まぁ引き分けになるわね、シャウタが考えを変えるかどうかだと思うわ」
グレイシア 「おー」
ルルーシュ 「バロウズが票変えて終わるでしょ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
柊シノア 「引き分けましたね」
雪ミク 「おお!?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
真紅 「メンツがメンツだし>兄者」
再投票になりました( 1 回目)
凍っていう 「>雪ミク
で、占い師だとそんな位置を占う
○だと安心できるしな」
玖渚友 「ひっきわけーひっきわけー!」
柊シノア 「三つ巴の戦いが激しいです」
流石兄者 「あ、引き分けいける?」
ルルーシュ 「QP残して殴り合いってこう不毛」
流石兄者 「なんでQPと狼と狐がこんなにガチってるんですかね…」
グレイシア 「あ、これなら引き分けるかな?」
雪ミク 「葛の葉と傘化けってたぶん相性最高ですねー>兄者」
ルルーシュ 「っていうか勝負に行くなら球磨噛んだほうがよかったかなと>大妖精」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
トリシューラ 「3000戦越は伊達じゃねーな」
流石兄者 「指定進行で傘化け利用し続けれりゃあよかったんだろうけど、
まさかあの3日目だけでおもっくそ露出するたぁねえ  >>雪ミク」
雪ミク 「狼が強気な噛みをしてくる→誰だろう
で、発言を見るなら別にメタでもなんでもないと思いますよ」
原素子 「久々にこう、グダグダ展開ねw」
ワルキューレ 「しかし残ってる面子がすごいな」
グレイシア 「あー、LWCOしたら終わる展開に。」
雪ミク 「3日目の吊りが誰かわからなくなっていれば、
私は失意のまま死に。村勝ちが濃厚だったでしょうね…>兄者」
流石兄者 「球磨がスマートすぎる。何一つ間違ってねえし」
玖渚友 「良かった良かった…(ホッ」
真紅 「GJ出たあとの連続噛みとか、そういう強い噛みをしてくる狼は誰?とみるときに
経験豊富そうな発言している人に目をつけたりとか、それはメタに入らないという考えで、
鍋はただ中身が透けやすいのがなあ、推理とメタの差が」
流石兄者 「ああ黙ってても狼と狐の構図になってる感じ」
ワルキューレ 「大妖精紅天女だったら狼以外のなんなんだよw>シャウタ」
流石兄者 「やーだーしにたくなーい

死んだけど。傘化けともうちょっと組み合わさってりゃあな >雪ミク」
原素子 「QPと子狐が大妖精吊りに走るから
引き分けor狐勝ちねぇ」
トリシューラ 「メタいこというと妖孤希望はずれたから子狐かなとは思ってた」
ワルキューレ 「人狼は説得のゲームだからな」
真紅 「中身メタと、「こういう発言するだけの技量があるならこうする」とはまた違うと思うんだけども」
雪ミク 「人外目に入れましょう、そうしましょう(真顔>兄者」
真紅 「玖渚友がうさんくさい→球磨うさんくさい→でも…それで私は何をした?できた?

正解にいけようが、説得できなきゃ意味ないのよ」
玖渚友 「昨日の夜とか慣れないRPで張り切ってない占い師僕様ちゃんいるよ!!w >ルルーシュちゃん」
凍っていう 「どうなるかねぇ」
流石兄者 「俺が村目見て入れちゃったからね☆>雪ミク」
モノクマGM 「お疲れ様です!」
シロクマ 「おつかれ」
雪ミク 「お疲れ様」
古明地こいし 「お疲れ様」
流石兄者 「おつかれさん」
雪ミク 「恋有利の瞬間は……ちくせう」
氷妖精 「お疲れ様ー」
シテヤンヨ 「お疲れさまなんよ。」
原素子 「はいお疲れさま」
流石兄者 「配役だけ見ると村有利なんだけどなんか引き返せないところまで来ちゃった」
玖渚友 「お疲れ様ー」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
ガロウズ 「◇シロクマの独り言 「なぁ。ヤンヨ吊ってから真に見えちゃった」
こうしてみると球磨のかき乱しっぷりが相当だったな…」
シテヤンヨ 「と言うより、たぶん球磨真に見てたんじゃないかね。下界は。
だから球磨が吊ろうとしてるヤンヨは偽だー、ででも球磨が人外COしたからヤンヨ真が復活してきた感じ。」
柊シノア 「お疲れ様です」
ワルキューレ 「鍋において絶対にない、って言いきれることはないからな。システム的なことを除けば」
ルルーシュ 「まぁ、メタだな
昼にゃいわんけどw>友」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
グレイシア 「無意識を覚るさとりっていつ出てくるんだろう
地味に楽しみなのに。」
流石兄者 「村有利>狼有利>狐有利 の変遷かなって」
真紅 「友真は切っても、指揮棒振り回せないわたしが…ごめんなさい>ルル」
玖渚友 「んー?何それ中身メタな感じ? >ルルーシュちゃん」
真紅 「子狐でも特攻する人はする。普通でも狐の霊能や占いCOあるのに。
鍋の人外がしない通りがない」
チルノ 「PCが熱暴走してフリーズした…」
トリシューラ 「夜雀ー葛の葉ー傘化けとかこわっ」
流石兄者 「その喩えは大変正しい感じの >原」
柊シノア 「下ネタに全力出してますね☆」
玖渚友 「笑いすぎて腹筋痛いw」
ルルーシュ 「こう、友真があるって村が見てるのが不思議で
友占いならもっと張り切りタイプだろーと思ってたんで」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ワルキューレ 「だって大妖精だから」
原素子 「うん、野球でいうならコールド寸前まで行って
7回裏で逆転されて、8回裏で同点でグダグダしてる感じかしらね?」
流石兄者 「大妖精読みは良いのに発言が色んな意味で台無しである」
柊シノア 「大妖精さんの腹痛がピンチ☆」
雪ミク 「ブレないですねホント(真顔>大妖精」
真紅 「私は…指揮棒握れる位置になるといつも日和る…ずずずず」
玖渚友 「大妖精ちゃん…大妖精ちゃんすげー!」
流石兄者 「バロウズを噛むか、バロウズを吊りの候補に置かないと引き分けは無理」
ワルキューレ 「狂人噛んだのが痛いな」
グレイシア 「一応大妖精COして引き分け狙いの
票のあわせ先がバロウズなら引き分け可能。」
トリシューラ 「途中で気付いたけど夢司祭って確か無意識分かるんだよな」
流石兄者 「いや、バロウズはほぼ吊れれば勝つから引き分け厳しい >ガロウズ」
真紅 「引き分けしたくても、球磨がピンポイントで狼ー狐の投票を呼びかけないと」
グレイシア 「◇大妖精(人狼) 「噛みはシロクマさん」

うん、もう引き分けは無理かなー。」
ワルキューレ 「既に変な方向にダッシュしてるけどな。ムーンウォークで>兄者」
トリシューラ 「いやあ狂人2連噛みか
んで子狐残り
目悪いなー」
原素子 「狐が生存(村視点不明)、狐が票変えで勝てる、現状こんな感じ>ガロウズ」
ガロウズ 「いや、噛み先と投票先の誘導によっては
子狐の一人勝ちも有り得るか。」
玖渚友 「シロクマ噛みだからどうだろー?
厳しいかもしれない」
モノクマGM 「お疲れ様」
流石兄者 「あとは村が変な方向に行くかどうかっていう」
シテヤンヨ 「お疲れさまなんよ。」
ガロウズ 「これで引き分けほぼ確定か…?」
グレイシア 「おつかれさまー」
真紅 「お疲れ様」
流石兄者 「バロウズだよマジで問題は」
氷妖精 「お疲れ様ー」
古明地こいし 「お疲れ様」
雪ミク 「お疲れ様ー」
流石兄者 「へいおつかれさん」
柊シノア 「お疲れ様です」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
玖渚友 「お疲れ様ー」
流石兄者 「で、トリシューつれーのー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
グレイシア 「かえってくんなー!!>トリシュ」
ワルキューレ 「というか遣いライン全部狼だからなw」
玖渚友 「しょ、初日占い、もしくは僕様ちゃん真でいけばいけなくも…! >ワルキューレちゃん」
柊シノア 「私と大妖精さん両方狼なんですよねぇこれが」
ルルーシュ 「司祭は発言稼ぎで結果見てなかったからなぁ、俺」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガロウズ 「そういう問題化ヨォォォォww<シャウタ」
ワルキューレ 「内訳どうなるんだそれw>友」
柊シノア 「それです!>友さん」
原素子 「大妖精は割合吊ってもいいと思うのだけどね?
信じるならシノアは値するけども」
雪ミク 「性別騙っておけばよかったのかな(ゲス顔」
流石兄者 「概ね全部QPに良いようにされたなーっつー印象」
玖渚友 「球磨がQPじゃなくて狼説 ←New!」
グレイシア 「そのつもりで書かなかったけど
いざ引き分け調整の段階で混乱が>久渚友」
流石兄者 「シャウタ噛んだらアウト。バロウズ噛んでよーやっと引き分け…」
雪ミク 「出ている役職がわかっていれば、残しやすいんだけども。そればっかりは時の運だね」
真紅 「やっちまったなあ(頭抱え」
流石兄者 「まあ明日狼がどこ噛むかよ」
グレイシア 「あってるよ!!
ボクは非人外なら女も男もランダムで決めるから偶然だけど・・>球磨」
流石兄者 「引き分けしてもらうには情報を落とさないとだけど、
場合によっちゃうまく利用されるだけされるしなあ。
困ったもんだ」
玖渚友 「恋人だし
そこまでサービスしなくても良かったんじゃない? >グレイシアちゃん」
柊シノア 「役割が少し違ってたらーですけど
まぁ、仕方無いないですねw」
グレイシア 「あー。マニアってはっきり書いておいたら良かったかな?」
ワルキューレ 「まあ、告発先シノアにして割に出る遣い役を大妖精がやってれば、というのは結果論だが」
真紅 「また大胆な…>シノア大妖精ワルキューレぜんぶ狼」
流石兄者 「子狐を明日に持ってったら無理だな。
バロウズを吊る形に持ち込めない限りは」
原素子 「んー・・・これでバロウズが票変えて終わりか」
柊シノア 「まぁ、確かに雛で残っても仕方ないんですよねw」
シテヤンヨ 「でも初日にシノア●持ってなかったら大ちゃん占ってたかなぁ。
そこ○か●かで結構状況が変わるイメージなので。」
グレイシア 「ぎゃー<シャウタ集め」
流石兄者 「そして無風の狐」
ワルキューレ 「占いがヤンヨだったから、としか言えないな>シノア」
原素子 「はいお疲れ様と」
凍っていう 「雛で残されるよりはマシかなっていうww>柊シノア」
モノクマGM 「お疲れ様」
柊シノア 「お疲れ様です☆」
古明地こいし 「お疲れ様」
真紅 「お疲れ様。」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
シテヤンヨ 「お疲れさまなんよ。」
氷妖精 「お疲れ様ー」
流石兄者 「おつかれー」
雪ミク 「おつかれさまー」
玖渚友 「お疲れ様ー」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
柊シノア 「しかしなんでこういう時に限って初日に占われるんですかねぇ」
流石兄者 「QPが一番内訳見えてるのが怖い >ワルキューレ、原」
凍っていう 「真紅噛まれてバロウズに票が集まるなら引分け」
流石兄者 「シロクマはあって狂、QPなんで全て丸投げするのも怖いけどね。
今日でそれも否定されたろうし」
玖渚友 「真紅噛みとー…」
原素子 「内訳見えてないから仕方ないんじゃない?>流石」
ワルキューレ 「シロクマが動かないからじゃないか?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
流石兄者 「俺が投票したシロクマでなく、QPCOの方針に従ってるのは
なんとなーく見ててもんなりする系兄者」
シテヤンヨ 「でまあバロウズ噛まれないなら狐勝利かなー。これ。
トリシェーラ・大妖精・球磨・バロウズの4票で真紅吊れて終わるんじゃない?」
柊シノア 「んー、問題は子狐ですねこれ」
ルルーシュ 「兄者護衛できてればだなぁ、これは」
雪ミク 「往々にして人外の方が内訳は見えてるので、こうなったら村陣営は従うしかないですね」
原素子 「まぁ3Wは露出してるから
後はどう動くかよね」
流石兄者 「絶望村であることに間違いはないので。」
チルノ 「球磨を信じてる流れだよこれ
シロクマに指示させなきゃ>友」
氷妖精 「毒COのほうがよかったわね、今更だけど」
流石兄者 「で、あとは村がどーすっかだろ。
狼は露出。
子狐を村と誤認して天使放置で狼吊りにかかったら負け、と」
玖渚友 「いや、球磨の内訳を否定できれば大丈夫
ただ村がこの流れに乗っかるとほぼ否定できない >チルノちゃん」
柊シノア 「まぁ、一応引き分けは狙えますし
大丈夫でしょうかね」
原素子 「で、狂人がこれで氷妖精判明と狼視点で」
グレイシア 「氷妖精傘化けでしたっていう。

おつかれさまー」
シテヤンヨ 「お疲れさまなんよ。」
流石兄者 「おつかれ。
傘化け不在も見えたな」
古明地こいし 「お疲れ様」
氷妖精 「お疲れ様ー」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
柊シノア 「お疲れ様です」
流石兄者 「噛むかなーって感じではある。
シロクマ非狐非狂人=村
ひよこ鑑定士=雛狐候補

狐噛むタイミングがなあ  >>友」
原素子 「まぁQPは引っ掻き回すものだし
恋人が吊られないなら自分が吊られてもいいからね」
モノクマGM 「お疲れ様ー」
チルノ 「おつかれさま」
雪ミク 「おつかれさまー」
玖渚友 「お疲れ様」
凍っていう 「バロウズシャウタシロクマ真紅
から噛むんだろうけど
真紅噛むだろうし」
チルノ 「狼勝ちはほぼ消えた…といっても
いいのかな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
玖渚友 「やだ、この球磨鬼畜w」
ワルキューレ 「QPがここまでかき乱すか、しかし」
玖渚友 「噛むしか… >流石兄者」
流石兄者 「生きてる狐をどーすんのって感じよ」
グレイシア 「バロウズ狼吊りに行ったー!!」
原素子 「んー狂人が居た場合
噛まれ対象になるかもだから、村投票はないんじゃないの?」
玖渚友 「狼は票バラついてるなー」
流石兄者 「そ、だから狼もこれで勝てないと察する。
あとはその辺のバランスがな   >>ルル」
ルルーシュ 「とりあえず村についたか>バロウズ」
凍っていう 「バロウズは真紅吊るすべきだが」
チルノ 「そうなると噛みはシロクマになりそうだね>兄者」
ルルーシュ 「バロウズが3W察してるなら村つり加担するはずだけど」
ワルキューレ 「相手の思考リソースをパンクさせるのがこの手の騙りだからな
相手にクールダウンさせると途端に崩れるから、攻め続ける必要がある」
玖渚友 「だろうねw
というか僕様ちゃんもこの博打がここまでハマるとか思ってなかったしw >グレイシア」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
流石兄者 「今日で狼吊れたら、狼は狂人非生存を察するからな。
無効としても引き分けにしたがるから
球磨は噛まねえ筈」
雪ミク 「がんばれーがんばれー球磨ークマー」
グレイシア 「このタイプの3ラインは正直想像だにしてなかったよーw>久渚友」
玖渚友 「まー、それでもバロウズちゃん噛まれてなければ勝ちなかったわけで
いいんじゃないかなー?と >氷妖精ちゃん」
チルノ 「球磨噛みになる可能性ある?>ルルーシュ」
流石兄者 「客観的な立ち位置と周りの情報を早期に伝えるべきなんだよな、引き分けするときって。
考える時間を与えるのが引き分けする上では大事…かね」
ルルーシュ 「これでシノアがつれて
明日引き分けになるんじゃね」
原素子 「で、シノアが吊られてっと、真紅噛みになるかしらね、狐と見られて」
玖渚友 「しかし実は毒狼(あっはっは」
氷妖精 「あーうー…あたいが噛まれたのがほんと痛いわ…ごめんなさい…」
凍っていう 「明確な投票先がないと
村吊れて狐勝ちになるかなっていう」
ルルーシュ 「とりあえず村は票集めろよ」
玖渚友 「バロウズが吊れない…
しかも球磨が内訳完璧に理解してるのが厳しいw」
雪ミク 「シノア●を信じれば大妖精●は割と」
原素子 「じゃあ村はトリシューラかな」
グレイシア 「よくみてるなあ・・>球磨」
ワルキューレ 「残念、傘化けはさっき死んだ」
玖渚友 「球磨wはっちゃけたw」
雪ミク 「ただ、無情にもいる子狐」
流石兄者 「素晴らしいわ球磨wwwwwwwwww読みがすげえwwwwwwwwwww」
雪ミク 「おー」
玖渚友 「そういう思考も悪くないよー
狼が占い騙る可能性も少なくないし!まぁ、その時その時に合わせてだねー♪ >チルノちゃん」
氷妖精 「うーん…もうちょっと怪しまれるような発言するべきだったわ!
あとバロウズ子狐ェ…!!」
ルルーシュ 「これでヤンヨ真の可能性は浮上」
モノクマGM 「お疲れ様ー」
流石兄者 「球磨のタイミングが恐ろしく良いな」
氷妖精 「げっ
お疲れ様」
チルノ 「うん、それならあたい納得したよ>ワルキューレ」
シテヤンヨ 「お疲れさまなんよ。」
流石兄者 「まあ傘化け噛みならいい。良いんだけど3W生存がな」
玖渚友 「お疲れ様ー」
雪ミク 「おつかれさまー」
ワルキューレ 「さて。バロウズ吊れないと終了だが」
グレイシア 「おつかれさまー」
流石兄者 「おつかれー」
古明地こいし 「お疲れ様」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
チルノ 「ほむほむ
今回は呪い系だったし、陰陽師騙ってみようと
思ったー>友」
ワルキューレ 「狂人が陰陽師騙っても狼有利にならないからな・・・というのが一点>チルノ

基本は占い霊能騙るか、後半になってニートCOするのが多い」
流石兄者 「あって狂人子狐の類になるな >ヤンヨ」
原素子 「うん、バロウズが無風過ぎるわね
噛まれは真紅になるんじゃない?これ」
流石兄者 「グレー開拓するのとどっちがいいかなーって思ったんだよなあ。
狩人いると思ってなかったからヤンヨ噛まれんだろーと思ってたってのがあった」
玖渚友 「そうだねー。あんまり陰陽師って残さないかなー
噛まれ真見せるために占い遺言残す方が多いかも >チルノちゃん」
シテヤンヨ 「いや今回のケースだと投票能力保持者がヤンヨだけだからさ。
少なくともヤンヨ狼否定されるじゃん。」
チルノ 「みぃ~>友」
チルノ 「とっさに思いついたのこれなんだけど」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原素子 「後は最後にヤンヨに投票かな?って感じよね>ルルーシュ」
雪ミク 「30%のハードラック…>バロウズ」
チルノ 「狂人が陰陽師遺言残すケースって少ないし。
そうなの?」
流石兄者 「ヤンヨか、●かどっちかに入れた方が良かったよなってのはあったな。迷ったし >ルル」
玖渚友 「やだ、この大妖精鬼畜…w」
ガロウズ 「温泉と聞いて<ワルキューレ」
ルルーシュ 「シノアが萌えるかどうでヤンヨの評価変わるんだし」
チルノ 「この噛みであたいが子狐に間違いられそうなんだけどね」
ワルキューレ 「境界師って潜伏中にライン繋がらないと基本意味ないからな>ヤンヨ」
ルルーシュ 「っつか兄者は●もらってるシノアに投票して欲しかった」
原素子 「初手毒が当たってなかったら、大妖精は吊り行ったけどねぇ」
グレイシア 「ぜったい子狐って成功率五分五分だよね。」
流石兄者 「割と運悪い方じゃねwww >下界のバロウズ」
玖渚友 「結構失敗するよね、子狐」
雪ミク 「がんばれー>球磨の目標」
シテヤンヨ 「まあ、正直、境界師なんだから占えって言ってくれてもよかったのに。」
流石兄者 「傘化けいたから票がかぶさってりゃあ俺も隠れられたんだけどなあ」
雪ミク 「ルル吊り回避までは村ゲーだったね」
玖渚友 「あっても毒狼誤認される可能性あるんだよねぇー… >ルルーシュちゃん」
流石兄者 「まーあれよ。
シロクマは俺が居れてる以上、村か狂かQP。
そんなとこ噛んでも狐は死なねえぞ、ってな」
チルノ 「おつかれさま」
チルノ 「うん、あたい
素でした遺言ミスね>ヤンヨ」
グレイシア 「超強いよー<傘化け
狼自身も票が見れなくて困るくらい。」
古明地こいし 「遺言残ってれば占い真だったはずなのに
ごめんね」
玖渚友 「お疲れ様ー」
ワルキューレ 「温泉にでも入ってろw<湯越」
原素子 「お疲れさま」
玖渚友 「(撫で撫で) >チルノちゃん」
雪ミク 「おつかれさまー」
ルルーシュ 「こいしの遺言があればな、せめて」
原素子 「でもQPも噛まれ位置なのよね」
モノクマGM 「おつかれさまー」
流石兄者 「お疲れ様ー」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
グレイシア 「8人3W1狂人
半PP入るかな?

狼が球磨何で見るかだけど。」
チルノ 「傘化けってここまで強いとは…」
シテヤンヨ 「お疲れさまなんよ。」
古明地こいし 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
玖渚友 「村表記先吊りだろうから、バロウズは吊れると信じたいけど…
難しい所なんだよねぇー…」
原素子 「3回ぐらい村勝ち方向に舵切れたと思うけど
面舵に回そうとして取り舵目一杯回してる感じよねぇ・・・」
ワルキューレ 「バロウズが吊り位置にも噛み位置にもいない
こうなると捕捉が遅れる」
流石兄者 「ヤンヨ入れて共有飛んだ=ヤンヨ村、だからな。
これが見えないのはものすっげ痛い」
玖渚友 「まぁ、シロクマ噛みだよねーこれだと」
流石兄者 「うん、村の勝ちはねえな。
あとは狐どうすっかと、QPがどうねばるかって感じ」
古明地こいし 「ヤンヨさんには悪いことしたなぁ」
ワルキューレ 「あとはバロウズどうやって処分するかだよなぁ」
玖渚友 「まさかの人形遣い/無意識 騙りがどっちも残るとは…
すごいなぁーとw」
流石兄者 「あっちゃー」
チルノ 「わーい>友」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルルーシュ 「遺言修正してから投票終わらせるといいよ」
雪ミク 「全力で引き分けのためにがんばってくれている球磨…!」
ワルキューレ 「一回遺言クリアしちゃって
修正が間に合わなくてそのまま吊られたとかじゃないか?」
古明地こいし 「2回とも遺言ミス……エラーと信じたいけど」
ガロウズ 「とりあえず遺言はページの一番↓で確認できるから確認しておけよ!
ガロウズお兄さんとのお約束だぞっ!!」
流石兄者 「良く考えたらトリシューと氷妖精とバロウズ以外CO済みな件」
原素子 「FOが遅いかなぁ」
古明地こいし 「ちなみに2回目は
狙毒CO
票移したのはみんながシテヤンヨ偽に見てたから、ね」
玖渚友 「でもでも、今回のチルノちゃんは本当に良かったよ!
人外だとは思わなかったし!そういう位置の狂人が強いからね!
吊られない噛まれない狂人は最強だから! >チルノちゃん」
古明地こいし 「あ、そうなの?
役職表見た限りでは書けるよね

ちなみに、初日に1回、再投票中に更新したからゼロはないはずだけど……」
チルノ 「ほむ、ただのミスなのかー」
流石兄者 「実は綺麗に飽和してるんだよな。初日が司祭だから。 >司祭系」
ワルキューレ 「先に言ったらライン繋がっても人外ラインかもしれないだろw>ヤンヨ」
グレイシア 「残せるよ?

こいしがのこし忘れただけだと思う。」
ガロウズ 「そんなことは無いからね!?<チルノォ
ルルーシュは落ち着けェ―!!色々と!?」
流石兄者 「残せるよ。
操作ミスかエラーじゃねえかね >遺言」
原素子 「うん、村陣営が何か自分で歯車外してる感じよねこれw」
雪ミク 「私が、ね」
チルノ 「そうかー
ただこの失敗は今回限りだね…>友」
雪ミク 「兄者が葛の葉、って明言しないあたりバファリン並みの優しさだよねキリッ」
ワルキューレ 「いやそんなことはない<狙毒遺言残せない」
グレイシア 「3人までならまだなくもないかな・・」
チルノ 「狙毒者って遺言残せないの…」
流石兄者 「ああなんだろう。村強いんだけど噛み合ってないなあ」
ガロウズ 「やっべーよこの村!脱線してるよ!
脱線事故だよ!
もう脱線事故で宙を舞っちゃってるよ!?」
古明地こいし 「あれ、遺言残したはずなのに
なんで?」
流石兄者 「いや、言わんかった俺にも責任があったよ。スマン >ルル」
玖渚友 「あとこいし遺言は?」
原素子 「お疲れさまと、まぁ村が夜雀の護衛先を絞った感じかしらね」
ルルーシュ 「すまん、兄者!
そっちは読めなかった」
流石兄者 「まあお疲れさんだぜ」
ワルキューレ 「なんで夜雀隠したw>ルルーシュ」
玖渚友 「お疲れ様ー
ルルーシュ!?」
モノクマGM 「お疲れ様」
流石兄者 「遺言ェ!? >ルルーシュ」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
玖渚友 「ふむーん…そうだねー…
チルノちゃんは今回破綻が逆に働いた感じになっちゃったから…ヤバイなんとも言えないぞ!?」
チルノ 「なるほど、白かった
それが収穫かなぁ>グレイシア」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ワルキューレ 「サトリがなければルルーシュ辺り呪うが、私なら」
流石兄者 「まーた村にばっか票入れてるしなあ。
狼の噛み的に子狐と狂人が入らない」
原素子 「葛の葉が投票して、魔が言が発動しない実績は何者にも勝るけどね>流石」
チルノ 「終わってから色々と下界に質問したいことがー」
凍っていう 「トリシューラ●のタイミングがなぁ
シノアだけなら吊ったんだがww」
ワルキューレ 「占いが占いそうなところ、で狙って呪うしかないからな基本
この村なら・・・難しいな」
グレイシア 「噛まれてるんだから
白かったってだけだと思うけど・・・>チルノ
一応仕事はあったわけだし」
流石兄者 「まあアレだね。ちゃんと言っとけよな感じだったね」
ガロウズ 「わりぃ、俺発言見るの苦手だから
アドバイスも難しいんだよねー!<チルノ」
流石兄者 「いや、一人しかいないんならヤンヨ真占いで良いよなあって俺は思ってたんだよね。
友はあんまり信じてなかったから >原」
チルノ 「みゅんー
でね、さっき聞き忘れたんだけどね
あたいになにかできたと思う? この村で
他の人に聞いても答えてくれなかった>友」
流石兄者 「◇シテヤンヨの独り言 「友真のヤンヨ夢が0ではない。
0ではないんだけど。」

イコールシャウタ騙りになるぜ」
原素子 「うん、あそこはヤンヨ投票が正解だったわね
村視点での真偽をつけるにはそれが一番だった、シャウタ信じるなら
真占いはそこしかないわけだし」
玖渚友 「シテヤンヨも自分夢誤認しかけてるww
何これ球磨凄いw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガロウズ 「あ、これルルーシュに特大級の死亡フラグ立ってる!?<兄者」
ワルキューレ 「そのままだったら狼壊滅してたな」
雪ミク 「ヤンヨ信用:狼吊り切りで狐勝ち
ヤンヨ吊り:狼飽和で狐勝ち でしょうかね」
玖渚友 「ゆっくり観戦しようねー♪(撫で撫で) >チルノちゃん」
グレイシア 「◇大妖精(人狼) 「・・・狙撃COだと厄介ですね、こいしさん」
やっぱり侮れないなぁ、この人。」
流石兄者 「あ、シロクマ噛むならまだ」
古明地こいし 「でもやっぱりトリシューラ投票のままにしておけば……」
流石兄者 「いやあ俺も酷い位置に票入れちゃったよね」
チルノ 「うー 流れはやい・・>友」
ワルキューレ 「ルルーシュが・・・w」
ガロウズ 「がっ・・・・呪殺でないっ!?<大妖精
やっべーよこれ狼狐場じゃねえか!?」
玖渚友 「引き分け投票見えてるんだから大丈夫じゃない? >ガロウズ」
原素子 「ああ、投票が見れないのか
これは・・・狐勝ちねぇw」
流石兄者 「いや、狙毒って毒狼も騙るから村とはわからんしなコレ」
グレイシア 「今日は葛の葉投票受けた
ルルーシュかクマ噛むだろうし
なんとかなりそうかな?」
チルノ 「内訳見えてるよね
一応」
古明地こいし 「でもこれでヤンヨ真と見てくれるなら!」
雪ミク 「ただの埋毒でも十分村陣営は飛びますが……」
原素子 「というか、ルルーシュがこれ護衛しぼれな・・・ああ噛まれるわねこれ」
玖渚友 「けどこれ狐が掻っ攫いそー」
ガロウズ 「やっべーよ!傘化けのせいで
ヤンヨ=凍るっていうのラインが見えねぇ!!!」
雪ミク 「お疲れ様でした。」
流石兄者 「まあアレだな、指定しとこうぜな感じだったんだろうか」
古明地こいし 「やんよのほうが真だったのか
最悪だよー」
原素子 「明日の日記でわかるでしょ、なら●吊りになるわね」
モノクマGM 「オマエラ!これが絶望って奴です!ターンエンド」
ワルキューレ 「うん、最高だなw」
凍っていう 「おー」
雪ミク 「狼の博打が当たると、という見本ですね。」
チルノ 「あ、共有飛んだ」
流石兄者 「おつかれさんよ」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
グレイシア 「共有ww」
原素子 「ああ、飛んだわね」
玖渚友 「共有飛んだww」
ガロウズ 「共有すっ飛んだ―!?」
玖渚友 「お疲れ様ー」
流石兄者 「これはひどい」
グレイシア 「バロウズがこいしに言ったからこいし吊りかな?」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
チルノ 「こいし吊りで村投票者が死ぬだけ?
でいいんだっけ?>グレイシア/兄者/ワルキューレ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ワルキューレ 「やっぱり正常な思考を奪うと村はガタガタだなw」
玖渚友 「ヒートアップしてきましたw
これでシテヤンヨ飛ぶのが一番いいw」
流石兄者 「意味不明な引き分け!」
流石兄者 「いや、一回目はこいしトリシューラに入れてたから >友」
ガロウズ 「なんでこうなった!?
なんでこうなった!?
そんなことより温泉入るぞ!!!」
グレイシア 「超デッドヒート」
原素子 「これで共有飛んだら・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
流石兄者 「あーらら」
玖渚友 「けど、狙毒だから村にしかいかないよ? >兄者」
ワルキューレ 「あ
>古明地こいし は シテヤンヨ に処刑投票しました」
ガロウズ 「\(^o^)/オワタ<こいしシテヤンヨ投票」
チルノ 「そうか、こいし吊りで村投票者が死ぬだけ?」
玖渚友 「村村ランw」
流石兄者 「だから多分狙毒吊りが一番いいんだがなこれ…」
チルノ 「処刑投票先と同陣営の人のみに中る特殊な埋毒者。
えーと…毒系は…」
ガロウズ 「ルルーシュ―!トリシュの票がおかしい事に気が付け―!!」
グレイシア 「こいし吊られると狼に毒が・・・」
雪ミク 「この村は人外が露出しているラインを形成しているから」
ワルキューレ 「なんだこの引き分けw」
玖渚友 「トリシューラ!?貴方視点シテヤンヨ投票ー!!」
流石兄者 「狙毒吊れればワンチャン…!?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
原素子 「破綻してないんだけどねぇ?
QPが上手いかな、やっぱり」
玖渚友 「何このQP、本当に凄いww」
ガロウズ 「おいバカルルーシュぅぅぅ!?」
玖渚友 「狩人が占い吊りに走ったw」
玖渚友 「でも狩人が気づいてない以上…って感じかなー
こっちがわかってることが、あっちではわかってない、それを伝えなきゃね
…僕様ちゃんもこんな偉そうなこと言えないけどさ!! >兄者ちゃん」
流石兄者 「だが狩人は察してくれんかったでござる
言えばよかったね       >>原」
ワルキューレ 「まあ少なくとも本当に陰陽師ならそんな勘違いしようがないからな」
雪ミク 「誤認してないしてない>兄者」
グレイシア 「2夜投票みえなかったからねー>兄者
一応最後に気が付いたけど」
雪ミク 「元村人陣営としての良心の呵責がうずいたのニコッ>ガロウズ」
チルノ 「だって2日目から発動できる
そう考え込んでいたんだもん…
初日にできるわけが…ってね >友/ガロウズ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原素子 「魔が言発動したのが昨日、それで雪ミク投票者は誰?
うん、人外なら即座に判断するんじゃない?>流石」
流石兄者 「ぶっちゃけ8割以上ばれてたと思うんだー。
恋人たちは誤認してたけど球磨が思いっきりばらしにかかってたから >友」
雪ミク 「狼吊り切ってバロウズが勝つかな。」
ガロウズ 「中庸人外は吊りこめー^^<雪ミク」
チルノ 「うー、
てっきり2日目すぎないと何も使えないと思ってたよ
占い表記以外は ね>ガロウズ」
玖渚友 「あ、初日チルノちゃんだったの…
確かに狂人系とか忘れがちだよねー… >チルノちゃん」
雪ミク 「私は中庸に動いたものニコッ」
ガロウズ 「あっぶねぇ!?<チルノ」
玖渚友 「兄者の仕事したい!!って気持ちわかるよ!!すっごいわかる!!
でもさ…でもさ…出る勇気だって必要なんだよ!! >兄者」
チルノ 「そういえば呪術師も初日に発動できることを知らなくて
2:50まで考えこんだ」
ガロウズ 「占い師系は全部可能。
できないのは魔法使いと狩人、蘇生系<チルノ」
ワルキューレ 「陰陽師は占い系だから初日から動けるぞ
できないのは魔法使い系」
流石兄者 「まあねえ。いやあ、あの状況察してる人とそうでない人がいたからさあ。
狼が察しない方にかけたんだけど。駄目だったか。
そして狩人には察してもらえなかったでござる   >ガロウズ」
チルノ 「うん、完全に人外遺言になってる
あたい知らなかった」
玖渚友 「できたできた
二日目からは魔法使い系! >チルノ」
ワルキューレ 「あ、破綻してるな」
チルノ 「あれ、陰陽師って初日に発動できたの?」
玖渚友 「あぁ、陰陽師は初日できたねそういえば」
ガロウズ 「そりゃー、狼や投票系狂人が用意できる
簡単な騙り先だからそうなっても仕方ねーなー<チルノ」
雪ミク 「そんなことはないと思うけど?」
チルノ 「陰陽師遺言って人外遺言になるの?」
ガロウズ 「素直に葛の葉COしておけよぉ・・・
投票浮いちまったんだからかくせねぇだろぉ・・・?<兄者」
玖渚友 「即賢者噛みだったなー
弁天/土蜘蛛可能性あるから噛み逃してたうわぁーい」
原素子 「というか流石はシテヤンヨ投票しておけば?
噛まれる可能性が高いんだから、占いの真偽判断できたのに」
チルノ 「流されてる
結局、この村であたいはなにかできたかな?>全員」
流石兄者 「ルルーシュェ……察してくれなかったか…」
雪ミク 「お疲れ様。」
玖渚友 「お疲れ様ー」
グレイシア 「何この奇策・・狼博打好きすぎるでしょう(把握遅」
原素子 「もう恋人に半分バラされてるからねぇ・・・
まぁ霊界視点入ってるから、護衛制限突破できるのが居るってのは知らないだろうから
なんともだけどね、お疲れさま」
流石兄者 「まーそらこうなるな」
モノクマGM 「お疲れ様ー」
玖渚友 「お疲れ様ー」
玖渚友 「ルル狼目にするつもりだからねー
狩人が人外目で生き残ると本当に厳しい!」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
ガロウズ 「だがトリシューラが占いに捕まったから±0ってところか?」
チルノ 「さすがに無理…かな」
グレイシア 「って人形ライン全部狼だって!?」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
グレイシア 「しかしこれルルーシュ吊れてないのが厳しそうだねぇ。」
原素子 「バロウズが問題よねぇ、そこ吊りでも噛み位置でもないから」
チルノ 「んー
呪術師は占いにしか呪いかけられないし、球磨を1発で当てるのはその」
玖渚友 「もっと仕事しようとしたツケかな?」
原素子 「まぁ占い護衛できるから問題ないかしら?
流石はルルーシュに票入れてるし」
ワルキューレ 「トリシューラが捕まった・・・(頭を抱える」
グレイシア 「ああ、これは狼美味しい。」
原素子 「これは流石兄弟がCOしなかったツケね」
玖渚友 「兄者噛み抜ける!」
原素子 「シテヤンヨが人外はあるかもだけど
流石兄弟は共有目だから、そこ村で見れるしね」
雪ミク 「あ、大丈夫そうですね」
ガロウズ 「ルルーシュ は 凍っていう の護衛に付きました

あ”やっべぇルル投票見てねぇ!!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「きたー!!!」
雪ミク 「ルルが葛の葉護衛すると村ゲーですね……まさに」
原素子 「いえ、ここは葛の葉噛みでしょ
そっち護衛制限有なんだから、そこから噛むはずよ>ガロウズ」
玖渚友 「ダメだなぁー…
僕様ちゃん吊られの日が本当に痛い…あそこ通り抜けられれば…本当にダメだなぁ…」
雪ミク 「や、夜雀……」
グレイシア 「昨日傘化け入ってるから把握が遅れたけど
そうだね、流石兄弟葛の葉の方があり得たねー

最期気が付いたけど大声できなかった。」
チルノ 「あとで聞くって
シテヤンヨが忘れないかな?>友/原素子」
原素子 「ルルーシュ気がつくかしら?
ああ恋人は引き分けも出来ないしきつかったわね
お疲れさま」
ガロウズ 「こりゃーwルルーシュは胃を痛めるだろーなーwww」
ワルキューレ 「これルルーシュ兄者護衛するだろうなぁ」
玖渚友 「お疲れ様ー」
グレイシア 「おつかれさまー

いや災難だったなぁ。」
モノクマGM 「お疲れ様です」
雪ミク 「ごめんね、相方……お疲れ様。」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
雪ミク 「しょ、蝕巫女……。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
玖渚友 「うん、後で聞いてみるといいよ!」
チルノ 「遺言なんでも信じるタイプだからルルーシュ非狼までは誰でもいうよ」
原素子 「後で聞いてみれば?」
チルノ 「…鋭い発言なんてできるの? 経験まだないのに」
原素子 「この場合は葛の葉噛みかしらね、護衛制限有だから
私でもそっち噛むかしら?しかし夜雀がいるのよねぇ」
チルノ 「んー、チルノはさ、さとりの遺言見て、すぐにルルーシュ非狼って言えちゃうのなら。
発言もっと鋭くて良いはずなんだけど、現状の発言見てると。わりといい加減に言った役持ちにしか見えないのよね。
だから占うんよ。」」
原素子 「さて、ルルーシュが2択」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「ぐはぁー!通り雨…
ひどい…リアル天候ひどい…!!」
チルノ 「そっかー>ガロウズ/友」
ガロウズ 「そんなの下界の狼に聞かないと分かんねえよwww<チルノ」
玖渚友 「狼が僕様ちゃんを外した結果かなー >チルノちゃん」
原素子 「流石兄弟はCOしていいレベルなんだけどね?」
チルノ 「あたい噛みって何の狙い?」
玖渚友 「というかこの村青アイコン多くて目隠し起こったらひどいことに…!(汗」
チルノ 「なんかこいしに票集まってるから
不思議だったよ>友」
原素子 「で、葛の葉を露骨にアピールと」
玖渚友 「何これ怖いw」
玖渚友 「しょうがないよ!
あそこまで喋らないんだったら誰でも投票する。僕様ちゃんでも投票する >チルノちゃん」
ガロウズ 「魔が言 キタ――――!!」
原素子 「そして恋人が萌えた」
チルノ 「やっぱり友狼だった
ちょっと投票するのこわかった」
玖渚友 「お疲れ様ー
ごめんよチルノちゃーん!!僕様ちゃん、不甲斐ない狼で!!」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
原素子 「お疲れさま」
モノクマGM 「おつかれさまです」
チルノ 「ほへ」
ワルキューレ 「・・・しかも占いを視点真確定させてしまった」
玖渚友 「狂人がー!」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ガロウズ 「*おおっと*」
原素子 「あ、狂人噛み」
ガロウズ 「ヘイヘイ狼悩んでルーww」
玖渚友 「あ、そっか…」
ガロウズ 「まぁさとりはほぼ村人として見れるが
サトラレはワンチャン吊りあげ有り得るからなぁ。
ワンチャンにかけるのもありだと思うぜぇ?<ワル」
玖渚友 「んー、ルルを狼目に見せるのが目的と言えば目的だったから…
これでも良かったかなーと」
ワルキューレ 「ガロウズ噛みの時点でルルーシュ吊れないなら、もう吊れない」
ワルキューレ 「ガロウズ噛みをルルーシュ噛みならよかったんだがなぁ」
ガロウズ 「はっ↑はっ↓はー→!
ルルーシュはやってくれるよあいつはー!!」
原素子 「あ、恋人噛み来るかしら?」
モノクマGM 「あ、この村兄者がCOしたら護衛制限の葛と護衛制限突破の
夜雀で人外が涙目になる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ワルキューレ 「正直シノアが捕まってるのと、葛の葉がいるのが痛い
夜雀までいる」
原素子 「というか人形位置と使いCO位置ちがくない?なんで雛狼にやらせなかったの?w」
玖渚友 「すみません!良い調子だったのに!!
ごめんなさーい! >ワルキューレ」
ガロウズ 「まさにジェットストリームアチャー(AAry)<友」
ワルキューレ 「そこはまあしょうがないが・・・」
玖渚友 「言い訳になるけど雨降ってきたので急いで洗濯物取り込んでました!!
狼仲間ごめんなさい!!」
ガロウズ 「そして魔が言憑いた―っ!!」
原素子 「お疲れ様っと、バロウズを処理できれば楽かしらね」
ワルキューレ 「こうなるとトリシューラがどこまで残れるかだな」
ガロウズ 「ルルーシュ投票者は見事に人外。
そのことに気が付けばローラーできるぜ。」
モノクマGM 「お疲れ様です」
玖渚友 「本当にごめんなさい!!
お疲れ様!!」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ワルキューレ 「投票バラバラだな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原素子 「まぁ大妖精つるけどね?人形で告発したなら紅天女ありえるし
というか紅天女って狼につかないとケアされやすい役職よねぇ
狼陣営に」
ワルキューレ 「発案がふらいさんだからなw」
ガロウズ 「狼三連騙り!?なんという大胆な騙りやりやがったなぁ!?」
原素子 「お疲れさまっと」
モノクマGM 「おつかれさま!」
ガロウズ 「まぁ開幕潰されるわけで。」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ワルキューレ 「ヤンヨがシノア●を抱えてるのがな・・・」
原素子 「流石兄弟がCOしたら夜雀護衛できたかしら?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
原素子 「うん、まぁ吊るなら大妖精だし
ああ、シノアはそうなるとつれなくなるかな」
ワルキューレ 「愉快だな」
原素子 「・・・引き分けで恋人が消えるというね」
ワルキューレ 「面白半分に乗ったが、さてどうなるかね」
モノクマGM 「おつかれさまー!いやー、隠蔽されてたから
喋れなかったけどやっと喋れるや~」
原素子 「あら毒と」
ワルキューレ 「お疲れ様だ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営7 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2013/07/14 (Sun) 14:09:27