←戻る
【雛989】やる夫達の超闇鍋 村村 [1210番地]
~深夜でもジャンキーは蠢く~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 常識GM
 (dummy_boy)
[出題者]
(死亡)
icon キョン子
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[村人]
(死亡)
icon ゆっくり
 (闇灰人◆
GBxcsWGkcg)
[厄神]
(生存中)
icon リフ
 (AA)
[夜雀]
(死亡)
icon 大雀蜂
 (コルクマリー)
[星狐]
(生存中)
icon メルセデス
 (nnm)
[人狼]
(生存中)
icon 河城 にとり
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[雛狼]
(生存中)
icon メルクリウス
 (スープ◆
WAANRrg.TQ)
[翠狼]
[目隠し]
(生存中)
icon ニャル子
 (ギコ猫◆
Km6Y/8ps1.)
[司祭]
(死亡)
icon 河城みとり
 (華の環)
[蟲姫]
(生存中)
icon 蒼星石
 (すみか◆
1M7QSUMIKA)
[響狼]
(生存中)
icon プトティラ
 (リリ夫◆
LilyWteZlw)
[妖狐]
(死亡)
icon 球磨
 (スモチ◆
L4/i/NrLmw)
[吠騒霊]
(死亡)
icon 柊シノア
 (夢遊病◆
irbIWP2.pU)
[村人]
(死亡)
icon lolifox
 (C_T)
[天狐]
[元覚醒者]
(生存中)
icon 弱音ハク
 (purannt◆
F4HHt9k4m6)
[響狼]
[元紅天女]
(死亡)
icon 坂田銀時
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[銀狐]
(死亡)
icon シン・アスカ
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[毘沙門天]
(生存中)
icon エル
 (Elysion)
[人狼]
[小心者]
(死亡)
icon チルノ
 (スパーク◆
FjOpeTE2Ts)
[亡霊嬢]
(死亡)
icon 波音リツ
 (◆
dozeuLS02Q)
[恋司祭]
(死亡)
icon 翠星石
 (ハックル◆
4HLPxvOCw6)
[占い師]
(生存中)
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
波音リツ 「狼攫いではある」
波音リツ 「ざーんねん」
弱音ハク 「ありゃ、まあ無理か」
球磨 「あー 飽和クマね」
チルノ 「終わり、と」
チルノ 「まあ星は関係ない」
キョン子 「あ、無理かー」
球磨 「一応候補は狭い筈クマ>占い先」
プトティラ 「狼占いか」
チルノ 「でも翠星石視点天狐占うかなぁ?」
球磨 「その場合 シンちゃんは目隠し狼潰すまでは村の味方クマね>プトティラ」
波音リツ 「遺言更新されてないああいう死体はほぼ狼なんですよ
朝に自分が死体になっていること想定していないので」
キョン子 「貴方はどこ陣営?w >プトティラ」
常識GM 「どこ占うか次第ですよねえ」
プトティラ 「ここで大雀いって天狐銃殺ならなかなか」
波音リツ 「天狐呪殺できちゃいますよ、もし占えれば」
弱音ハク 「占星術師噛みに行って目隠し喰らってるからねえ…」
ニャル子 「ハク浚いって把握ミスでしたね。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨 「厄神の説明に
天狐を銃殺できるようになるって明記してあった筈クマ」
キョン子 「普通リフ噛みだからそんなミラクルないよねーと… >チルノ」
波音リツ 「厄神がもしかしたら仕事できるねーというお話だったのださっきから」
キョン子 「ハッ!…でも呪殺って書いてない以上、呪殺されないのかな?
それはわからない >ハク」
球磨 「んで護衛もちゃんと真占い」
チルノ 「占星術噛みに行って翠星石が天狐溶かすとかいうミラクル無いよね…」
球磨 「ちゃんと厄神が守ったクマよ>キョン子」
常識GM 「ま、ここはリフさん噛むしかですからね…」
波音リツ 「占星術先に噛んで―★」
弱音ハク 「厄神>キョン子」
球磨 「リフ噛み・ロリフォ占い・毘沙門天がメルクリ攫い で
ギリギリ首の皮1枚で繋がる状況クマ」
キョン子 「できない
逆呪殺 >ハク」
プトティラ 「シンがメルクリ攫うかどうかってとこか」
波音リツ 「ええまあロリに行ければ」
チルノ 「リフ噛みなら終わりね」
球磨 「まあ だとしても
リフ噛みなら飽和クマ」
弱音ハク 「これでlolifoxを翠星石が占えば・・・銃殺できるんだっけ?」
キョン子 「あ、終わった」
波音リツ 「きつかったですね
おつかれさまです>ニャルさん」
プトティラ 「おつかれさまぁっと
ここれ翠がロリフォいったならなかなか」
波音リツ 「ゆっくりの判断は◎ですが」
常識GM 「お疲れ様です」
キョン子 「お疲れ様
ナイス司祭」
柊シノア 「お疲れ様です」
球磨 「お疲れ様クマ」
ニャル子 「お疲れ様。と」
坂田銀時 「お疲れさま。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ 「あの指揮役移譲は指揮役決めないと
狼の意志で吊り場所決められちゃうから
とりあえず暫定的に信じられる人に決定権投げただけなんだけどね」
波音リツ 「ふふっ>シン」
常識GM 「シンさんは…うん、ちょっと厳しいですね」
坂田銀時 「あ、騙りミスする俺より仲間大事ね。」
球磨 「村側において何が悪かった?ってなれば
単に村を吊ったのが悪かった、であって
それはそういうゲームな以上発生するのは仕方ない事象クマ」
キョン子 「勝てない(断言」
波音リツ 「シン…勝てないですよね?」
坂田銀時 「ぶっちゃけいつ露見するかわからん仲間より、俺吊れてもいいやだったしね半分。」
プトティラ 「さすがにそれは無理か」
弱音ハク 「まあ、蒼星石なら飽和フラグに気が付くって(根拠のない信用」
プトティラ 「毘沙門天は村に与するなら初日でもよかったんじゃねって感じかな?」
球磨 「銀時が真逃亡であれば間違ってる(指定はちゃんとしないとアカン)けど
そこ狐だから特に問題無く」
波音リツ 「亡霊嬢への対応は間違ったと言えそうなので…
ただあの場合、指揮を執って、そしてそれに村がついてきてくれる人が
いないという」
キョン子 「みとり… >ニャル子投票」
プトティラ 「毘沙門発動しても翠がロリフォにいけば…
あかん 厄神がいる」
チルノ 「実はlolifox吊りでもいいけどね>キョン子」
球磨 「強いて言えば最初から対立軸吊った方がいいんじゃねえの、
ぐらいクマ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨 「『進行が』間違ってないならばとりあえずはそれでいいのクマ。
『進行が間違っている』のは絶対的に矯正すべきではあるけど
今回については進行がどこで間違った、というのは無いので」
チルノ 「【2日目】 護衛:プトティラ 噛み:チルノ
指定から出てきた占いじゃけどもどうせ護衛能力ないし当たればめっけもんくらいの感じで良いんじゃないかのう

日記に護衛能力無いって書いてるけど、これ狩りの間違い?>リフ」
常識GM 「まあGJ出たのなら少なくても狼はないですからね…」
キョン子 「それは思う
占い対立してるなら片方切るか、もしくは蒼星石吊りかと思う >球磨」
坂田銀時 「一応、メルクリウスが攫われれば継続じゃね?」
波音リツ 「ここまで来ちゃったらもう仕方ないっていうか。
やっぱり狼コピーはよくても、ここで狐コピーはいたぁい…」
チルノ 「リフが嚙まれて飽和ね」
キョン子 「あちゃー
噛まれる。夜雀が」
球磨 「まあそれなら 単に間違えたってだけだから>ニャル子吊り」
チルノ 「あ、コレは終わった」
波音リツ 「深夜だなぁ。実に深夜だなぁ。前半の展開。」
球磨 「あの人外多い村で それがすっげえ疑問」
キョン子 「まー、何だい 指定展開持ち込むのには賛成ではあるけど
その場合指定先を少しでも言って共有の助けにならないとさ、ってなわけでどこ連れてもいい人外見て占い

ふむ…いや、初手でどこ吊るべきか、なんて判断できるほど修羅じゃないですし…」
常識GM 「あー、でも私役職的にどこ勝っても関係なさそう」
球磨 「つーかなんで対立してる占いにも
司祭と占星術にも手をつけないクマ?」
プトティラ 「勝ったな」
波音リツ 「ああ、これはダメだね」
球磨 「げえ 夜雀にHIT」
柊シノア 「投票能力無いもんは無いですからねぇ」
常識GM 「初吸血鬼がそれでしたよ>球磨さん
ついでに天子さん使ってる時に鬼がブロントさんだったのはなんというかええ。」
球磨 「んな司祭に何かある?って言われても
どう返しようもないと言うか」
プトティラ 「先にニャル子をツルノデス…」
球磨 「リツ○引いててリツ死んでるなら
おめーさんは真結果の占いクマ>翠星石」
キョン子 「あ、狼が天狐に●
いいことだ…w」
弱音ハク 「まあ、毘沙門天噛みはとりあえずするけどね…
生存が目的ってのは共通してるし…」
プトティラ 「あの雀蜂悪い子じゃないか」
波音リツ 「おや、まあ
まさかの噛まれかい
残念賞だね、狼さんは…しかし…だめだねぇこれはひどい」
柊シノア 「お疲れ様です」
キョン子 「いや、シン祓う理由なによ!? >ゆっくり」
プトティラ 「おつかれさまぁ」
弱音ハク 「あらー…お疲れ様」
常識GM 「お疲れ様です」
球磨 「お、そっちならそっちで悪くない。
お疲れさんクマ」
プトティラ 「りっちゃんがとんだ!」
チルノ 「敵対しにくくなるけど攫われは普通にするわよ?>GM
毘沙門天の攫い対象は自分のサブの数とか関係ないから」
坂田銀時 「お疲れさま。」
キョン子 「お疲れさま」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
弱音ハク 「別に攫える攫えないはサブのあるなしだけで決まるけどねー…
数は勝敗にしかかかわらない」
球磨 「そもそも毘沙門天がいる村で
吸血鬼引いた時点でその不運を恨むべきクマ」
エル 「村カウントされないのは、狐と狼だけでしょう」
プトティラ 「するんか…
飽和に一歩遠ざかったな まぁいいろりふぉに何きたらほぼ勝つ」
球磨 「カウントは村クマ>プトティラ
鬼によって狂人にも暗殺者にもなるけど」
キョン子 「…確か…(急に自信がなくなった)」
常識GM 「ちなみに吸血鬼だったら毘沙門天見たら即吸血ですよね
これで感染者を攫われなくて安心」
キョン子 「一応、する >プトティラ」
プトティラ 「鬼って村カウントしたっけー?」
球磨 「ゆっくり噛みになりそうな雰囲気。
プトティラ吊りだし」
チルノ 「リフが狼から全く見えてないわね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キョン子 「ゆっくり噛みとか、lolifox噛みなら面白いんだけど」
プトティラ 「ってか出題騙りがまさか正解だったとはな…
吊られてそうだけど」
常識GM 「翠星石さん明日出て…まあ1COなら大丈夫でしょうけど」
弱音ハク 「そだねー…私攫われたー…
素夜叉じゃない無差別に攫う夜叉って時点で毘沙門天思い浮かべなきゃなー…
気抜いてた…」
プトティラ 「シンの結果は真でいいんじゃないか…?
毘沙門天の攫いは整合つくし」
球磨 「ぶっちゃけちゃうけども
ンな事してる暇かってーとそうではないと思うクマよ」
チルノ 「翠星石は鬼確認するんだ…」
球磨 「シン鬼ってのを疑ってるクマ?」
キョン子 「あんまり占いの鬼占いって得策じゃない気がするけどなー…」
球磨 「あん?」
プトティラ 「俺の周り球磨以外人外かよ…」
キョン子 「ん?あ、先に攫ってたんだ」
チルノ 「お疲れ様」
プトティラ 「おっつおっつばっちしー☆」
エル 「もう攫った場所に、二回目行くのは相当後になる
先にloliに引っかかるわ 私はそう思うの」
プトティラ 「LFCOしてやろうかとおもった」
柊シノア 「お疲れ様です」
球磨 「狼しか攫えない中立鬼」
常識GM 「お疲れ様です」
坂田銀時 「お疲れさま。」
弱音ハク 「あ、お疲れ様…」
キョン子 「お疲れ様」
球磨 「お疲れ様クマー」
球磨 「おお ほんまや>目隠し」
弱音ハク 「lolifox攫いに挑戦して反射されればいいのに…」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ 「そういえばw>目隠し」
キョン子 「あ、メリクリウス目隠しついてる
シンの働きどころだ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
常識GM 「中立ですよ
人外夜叉の騙りの場でもありますけど」
弱音ハク 「吊っときゃよかったかなあ…」
弱音ハク 「つーかでもあれだよね…
銀時投票しなかったらシンちゃん吊られてたんだよね…」
キョン子 「中立だね
自分よりサブ多いの全滅だから」
球磨 「えーと サブ役職全滅(自分も持ってたら別)クマね。
まあ中立と言えば中立クマ」
柊シノア 「毘沙門天って結局は中立ですからねー
中立ですよね?」
エル 「シンは天狐に引っかっかって死ぬ運命よ
私には分かるわ」
キョン子 「んー…というか不完全燃焼…
今回キョン子RPだったし素村だったから存分に殴り合おうと思ってたら噛まれかー…みたいな」
常識GM 「まあ、中立鬼ですからね
と思ったら出ましたか」
球磨 「お、シンちゃんが村に情報出したクマ」
弱音ハク 「シンはねー…村に付くなら言うべきなんだろうね…
村に付く理由?私には思いつかないな…」
球磨 「翠星石はここで出ないとあかんクマが。
まあ多分出るべきって分かるだろクマ」
球磨 「ぶっちゃけまあ 球磨が何も準備してないなら
あの夜出す予定の発言は出てこなかったと思うクマ>ニャル子」
キョン子 「シンは言っていいんじゃない?
そこ攫ったって」
弱音ハク 「まあいいや…
お疲れ様」
柊シノア 「お疲れ様です」
坂田銀時 「お疲れさま。」
弱音ハク 「あ、やっべ遺言変え忘れた」
球磨 「お疲れ様クマー」
常識GM 「お疲れ様です」
球磨 「まあ、これでもう攫いは発動せんクマがね!
天狐攫うと反射!」
キョン子 「お疲れ様」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
柊シノア 「おー、狼浚い」
柊シノア 「まだキョン子さん噛まれですからマシですよw
私吊られてますからねw>キョン子さん」
チルノ 「あ、攫い入った」
常識GM 「首領がいれば活躍できましたよね…」
球磨 「お、攫い成功」
チルノ 「翠星石は●○●もってるのかぁ」
キョン子 「あ、ハク」
キョン子 「それがさっぱりだ…
お互い慰め合おうか… >シノア」
柊シノア 「というかなんでこの村で
素村二人もいるんですかねぇw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
常識GM 「まあ、配役は偏るときはとことん偏りますよねえ>シノア」
キョン子 「まだ3F残ってるから…反射じゃない気が?」
球磨 「子狐でGJ」
球磨 「事実上の素村相当が とりあえずざっと見た限りで4人いるクマね 村10人中。
夜雀・占い・亡霊嬢が当たり、厄神は微妙、蟲姫は結構信用されてるので有益。
司祭もまあ 発言次第よね」
坂田銀時 「まあ、俺、鬼に無駄攫いさせる為に逃亡COしにいったものだし>下界
あのまま残るよりも混沌とした乱戦場の方が狐向きだろうで。」
チルノ 「あ、これってシンがlolifox攫ったら反射?」
柊シノア 「oh…>GM」
柊シノア 「まぁ、にとりさんは狼でしょうねぇ
というか割りと初めて狼目発見出来た気します」
常識GM 「普通村で3連続狼引いた私よりはきっと!>シノアさん」
柊シノア 「最近私の素村率がヤバイです、事件ですよシンさん」
球磨 「もしくは首領とかね」
キョン子 「この村座敷童でもいれば働けたのにな」
柊シノア 「お疲れ様です☆」
常識GM 「お疲れ様です」
坂田銀時 「お疲れさま。」
球磨 「お疲れ様クマ」
キョン子 「お疲れ様」
球磨 「なんでまあ 指定する限りは
仕方ない展開、とも言えるかもしれんクマ>GM」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ 「まあね…>球磨
ただ人外多めの場合村の働けるところが働かないと辛いから
そういうところをグレランで落としたくはないっていうのがね…」
球磨 「まあ球磨偽なら
わざわざあんな夜出そうと思ってたんですよ!
なんて書くほど暇じゃないクマなあ>キョン子」
常識GM 「だからと言って占いでも即吊とかやったら
そういう時に限って真だったり撤回魂だったりしますから難しいところですよね」
キョン子 「球磨は反応的に真だと思ったけど…あそこで吠騒霊吊らない未来がないからなー…」
球磨 「終盤はともかく 序盤は」
球磨 「つーかまあ 指定→重要職のCO→指定変更
ってやったらそら村しか吊れんクマ>チルノ」
キョン子 「それもそうだな… >エル」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
常識GM 「私のせいでしょうかこれ…?」
チルノ 「指定が村ニートに向いてるのが辛いわね…
私もやっちゃったし」
球磨 「まあいつもの事クマ」
エル 「バランスがとれている闇鍋、なんてもののほうが珍しいのよ」
キョン子 「しかし、村ひどくないか?これ
…ニートいっぱい…かろうじて夜雀が…どうしてこうなった…」
常識GM 「出題者鍋では3回目CO」
キョン子 「いやまぁ、言い過ぎだな
実際村でも楽しかったし」
キョン子 「その役職が欲しかった
まだその役職なら楽しめた! >GM」
球磨 「さあ>常識GM」
チルノ 「毘沙門が元マニアを攫ってくれれば…」
球磨 「夜雀が頑張ればどーにかレベル」
常識GM 「ところで、なんで私はこういう時に限ってこの役職なんでしょうか」
坂田銀時 「ぶっちゃけロリ狐指定ぶち込むところだったからある意味セーフだったな。」
球磨 「しかしまあ 出現役職もなかなかひどいクマ」
チルノ 「狼狐が1ずつ増えてるわねー」
キョン子 「まぁ、村として噛まれるという仕事だけは達成できたかな…(遠い目」
球磨 「妙に指示にやる気無いんで
あれは真逃亡っぽくねえと思ったクマ」
球磨 「まあこー 遺言にも書いたけど。
あの配置で指定→重要職なら変更
だと大抵村しか死なないと思うクマよ。んでまあ銀時やっぱ狐クマな」
常識GM 「で、隠蔽解けましたね!」
坂田銀時 「お疲れさま。」
キョン子 「お疲れ様」
常識GM 「はい、お疲れ様です!」
チルノ 「あ、狐…?」
坂田銀時 「でも俺真逃亡じゃねーんだよ。」
球磨 「お疲れさんクマ。
まあ絶望的状況よねそりゃ」
チルノ 「そういえばエルはCOある? いちおー聞いておくけど」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
坂田銀時 「まあ、あれだ。
正直、グレー死ぬほど見てたけど逃亡バイアスかかってるとどこも臭くてしょうがなくて指定とかしたくなかったのが本音だった。」
球磨 「まあ多分 この隠蔽覚醒者だから
明日の朝にはどんな状態か分かると思うクマけどね」
チルノ 「鬼がいる配置で初日にでれる以上強気で行ってもいいと思うけどね>銀時」
エル 「ねぇ…お父様(パパ) 私、投票先が吊れないのが一番困るから
無難な投票するなら貴方にしか投票できないのよ」
球磨 「んでこの村、とりあえず狼じゃないなら
一応誰が指示役でも構わんクマよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨 「お前さん 初日に出てくる時点で
大体狼無いクマ。仮に狼なら小心者ついてるクマ。噛み役だから」
チルノ 「プトティラ噛んで無いし
舌下とか抗毒は私噛むときは関係ないし」
球磨 「どう考えても小心者ついてる狼がずらさない理由無い以上
全員右投票指示はそりゃー非狼が吊られるクマ」
坂田銀時 「いやまあぶっちゃけ、俺が票外しておいてもよかったんだけど。
逃亡ってデリケートだからさー、真証明できてないのに無茶したくなかったのよ。」
チルノ 「ただプトティラ狼は薄くなったわね」
チルノ 「これで銀時はあって狐になったけど
まぁ真だと思うなぁ」
球磨 「んで ってことはプトティラは
少なくとも狼にとって『残してもいい』位置って事クマね」
球磨 「あそこまでやる気が無い指示だと
ひょっとして出題者とか狐あったんかなーっても思ったけど
まあ栓無き事クマね」
チルノ 「ちゃんと指示かけなくってごめんね>銀時」
エル 「そして…彼女の現実は砕け散る……」
常識GM 「お疲れ様です
こうなりますよねー」
坂田銀時 「お疲れさま。」
チルノ 「まぁこーなる」
球磨 「そりゃそうだクマ>銀時
お疲れさんクマ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
エル はショック死しました
チルノ 「書き方が悪かったかぁ…
指揮役除いて→投票、で指揮役が吊る場所決めろって書けばよかった」
球磨 「この場だとまあ 銀時か、プトティラが非狼ならプトティラにずらすクマね」
常識GM 「私が小心者狼なら絶対ずらしますよねえ…」
チルノ 「私が言いたかったのは下界でシンが言ってることなのよね」
球磨 「スピアーとメルクリウスが正論言ってるけど
もう間にあわんクマね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨 「どう考えても
小心者ついてる狼がずらすクマ>銀時」
チルノ 「出題者が決定能力持ってるし
全員→は絶対ダメよ、どうせ狼が外すし」
球磨 「まあ どっちでも構わない愉快犯・出題者がいる以上
全員右投票って超地雷クマけどね」
常識GM 「まあ、初日からという意味でですけど」
チルノ 「ちゃんと今日の指揮を銀時に投げてるんだけどなぁあたい…」
常識GM 「なるほど。
GMやるとリアルタイムで役職分かっていて発言見れるから面白いと同時に勉強になりますね」
球磨 「お疲れさんクマ。まあ球磨は『村陣営だろうけどニートだから』って意図であれば
処刑する対象として丁度いいとは思うクマ」
常識GM 「お疲れ様です」
チルノ 「あたい嚙まれた」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
球磨 「まあ何があろうと球磨が下界に戻る事はあり得ない筈だけどね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
常識GM 「配役明けたらそのあたりは話し合って遊びましょうねえ」
球磨 「んじゃ 覚醒者クマかね」
球磨 「って 封蘇か」
球磨 「ふむ 配役隠蔽。
蘇生系かイタコクマね」
常識GM 「お疲れ様です、配役隠蔽中ですのでお口にチャック」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
常識GM 「配役隠蔽って書いてる
これは、口を滑らせないようにしないと」
常識GM 「さて、誰かくるまでお口はチャックと」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営3 出題者陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営2
ゲーム開始:2013/07/15 (Mon) 00:25:48