←戻る
【雛992】やる夫達の希望覚派超闇鍋村 [1213番地]
~海の日のメニュー:囁き/天系/夢系/葛の葉/騎士/魂~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード固定配役追加モード (TypeK:覚醒村)[K]出現率変動モード (TypeC:派生村)[C]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon Aチルノ@GM
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
icon 島風
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[執行者]
(死亡)
icon サム艦「黒犬」
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[露西亜人形]
(生存中)
icon ラクーナ
 (あまなつ◆
q0BZjl.9yY)
[守護天使]
(死亡)
icon カイムとドラゴン
 (nnm)
[神主]
[恋人]
[共感者]
[庇護者]
(死亡)
icon ロックマン
 (へのへの◆
pRCHPQARpU)
[隠者]
(死亡)
icon 柊シノア
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[紫狐]
(死亡)
icon ボルガ博士
 (KRO◆
ksrAnkingc)
[誘毒者]
(生存中)
icon シーナ
 (kai774◆
SIlVER.sU2)
[大司祭]
(死亡)
icon ラハール
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[仙狐]
(死亡)
icon 白レン
 (ddd◆
CkK42HJiBJ9Z)
[天人]
[能力喪失]
(死亡)
icon クリスタルボーイ
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[河童]
(死亡)
icon 悪戯兎
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[鏡妖精]
(死亡)
icon ペルクマー
 (プースカ◆
Jiq7qCHs.A)
[不審者]
(死亡)
icon 博麗霊夢
 (AA)
[猫神]
[死の宣告]
(死亡)
icon クチート
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[紅葉神]
(死亡)
icon 霧雨魔理沙
 (みっこみこ◆
y58Dzoiy7E)
[夢守人]
(死亡)
icon 大森カズフサ
 (ロリのニート◆
5DYYU5zxeQ)
[狂信者]
(死亡)
icon 野生のクマー
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[人狼]
(生存中)
icon 坂田銀時
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[ブン屋]
(死亡)
icon 球磨
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[左道使い]
[恋人]
[共感者]
[庇護者]
(死亡)
icon られっか
 (abcdefg)
[舌禍狼]
(生存中)
ゲーム開始:2013/07/15 (Mon) 15:32:22
出現陣営:村人陣営15 人狼陣営3 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 蝙蝠陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
Aチルノ@GM 「ふにゃ?」
白レン 「はい、お疲れ様」
白レン 「吊りで>蝙蝠」
Aチルノ@GM 「蝙蝠CO=吊り
飼う流れにはならないのね」
白レン 「飼う理由がないもの」
Aチルノ@GM 「この陣営数でもねえ…」
白レン 「そこが本当に蝙蝠って保障もないし恋人でない保証もないのよ
・・・妖精ならまだ残すだろうけどね。狩らせるために」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
白レン 「それにしても・・・戻って指定とかするの嫌ねぇ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
悪戯兎 「お疲れ様ー」
白レン 「はい、お疲れ様」
悪戯兎 「うぎゅー >GM」
悪戯兎 「ねね、白レンって真天人?」
白レン 「下界が見えない点から察しなさい」
悪戯兎 「いや、蘇生いる可能性もなきにしもあらずだからー」
悪戯兎 「明日が楽しみ♪」
白レン 「なら貴女が信じるか信じないか。それだけよ
私からどうこうする術は持たないわ」
白レン 「一応聞いておきましょう
貴女は何者?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
悪戯兎 「天人なら言っちゃっていいかなー…
鏡妖精だよ」
白レン 「・・・蘇生狙い、というわけね。あの動きも」
白レン 「というか決選投票見たかっただけでしょう?」
悪戯兎 「どーせこの配役で鏡妖精だとほとんど蝙蝠だからね
COしなきゃいけないくらいだったら即出ておこうかなって
飼ってくれるなら行幸ってことで」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
白レン 「お疲れ様よ」
悪戯兎 「お疲れ様ー」
白レン 「へぇ、蘇生がいると」
ロックマン 「おっと、お疲れ様」
悪戯兎 「やった!蘇生くるかも!!」
悪戯兎 「ゲッ、バレるの早い」
ロックマン 「・・・そう来たかー>鏡妖精」
白レン 「そりゃあバレるわよ」
白レン 「拒否って・・・」
悪戯兎 「正直投票の段階で決選投票ってバレるのを見たかったけど…
そんなうまくいかないかー」
ロックマン 「拒否するのなら処刑すればいいよね」
ロックマン 「うっわぁ」
白レン 「占い師で拒否する理由がないと思うけど
・・・そもそもここで信用が取れないのであれば死ぬのだし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
悪戯兎 「ボルガ博士とクリスタルボーイの方が面白かったかな…?」
ロックマン 「まあ、村人陣営15で覚醒枠をGMが持って行ったってことがなければ大森さん処刑でも覚醒職は死なない・・・と凄くポジティブに考えられ・・・ないよね
人外を観つけるのが至難の業になるよ」
白レン 「クマー人気投票でもいいけど」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ロックマン 「お疲れ様」
クリスタルボーイ 「いいセンスだ >鏡妖精」
白レン 「お疲れ様よ」
悪戯兎 「お疲れ様ー
ありがとー♪ >クリスタルボーイ」
白レン 「クリスタルボーイ蘇生が入りそうな気もするけどね・・・どうだか」
悪戯兎 「私蘇生してくれないかな?
確定妖精だよ?(チラチラ」
白レン 「誤爆にでも期待しておきなさい」
ロックマン 「確定妖精枠蘇生したとしても指定役いないからグレランせずに安全策で処刑するけどね、僕なら>悪戯兎さん」
白レン 「誤爆したところで送り返しが安定だけど」
クリスタルボーイ 「問題は蘇生系が何かだろうが・・・
少なくとも猫又は派生系だから期待はできんな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
悪戯兎 「でもそれだと吊り1無駄にしてない?
私なら蘇生された妖精は放置するけどなー >ロックマン」
白レン 「風祝か仙狸表記でしょうね」
悪戯兎 「仙狸じゃないかな?
猫又はありえない、猫神は白レンが狐だったら危ない
だから、仙狸 >クリスタルボーイ」
白レン 「で、初手銃殺を考えるなら仙狸で蘇生はしない
よって風祝濃厚」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ロックマン 「そういえば鏡妖精確定ならその他覚醒枠は天狐月狐吟遊詩人守護天使なんだよね」
坂田銀時 「ブン屋な。」
ロックマン 「お疲れ様」
白レン 「お疲れ様よ」
坂田銀時 「万事屋銀時のブン屋日記

1日目:不可
ブン屋ねぇ。
この村なら生き残るのはそこまで難しくないかね?
ただ飼狼の為に狼見つける方が優先かね。

2日目:島風
とりあえず島風でいいや。発言村っぽいし。
でもぜかまし尾行して、たぶん俺死ぬんだろうな。
第六感が俺が死ぬって言ってるし。
まあ、天人が居るなら情報届けられて問題ねーべ。

3日目:ラハール
第六感は当てにならない(迫真
まあ、島風は非狼非狐っと。
今日の尾行先はラハールにしておくわ。蘇生に関して言及ってのが村っぽいからな。
噛まれる可能性がある位置だと銀さんは思ってる。。」
悪戯兎 「あれ?蘇生しないや
お疲れ様」
島風 「ふむ」
白レン 「尾行先は」
悪戯兎 「あ、これあれじゃない!?
誤爆神!」
坂田銀時 「ラハールはつっとけ。」
クリスタルボーイ 「ほう?どこいった? >銀時
というかカズフサっぽい気もするが」
白レン 「じゃあカズフサ吊りまで」
島風 「ちょっと長文貼るわね」
ロックマン 「蘇生なし?」
クリスタルボーイ 「ラハールか ではどっちにしろカズフサ偽者だな」
島風 「あっ! 消えた! ごめん
とかく、カズフサは占いの動きじゃない
COする前からCBに勝てるとか言ってるのは って話し」
坂田銀時 「カズフサ本体は行く気にならんかった。
おもいっきり偽ぽかったし。」
白レン 「CB騙りまで考慮したら蘇生しないのも間違いではないけど・・・」
ロックマン 「派生村でも村人の可能性って十分あるんだよね、この村」
坂田銀時 「一応カズフサ真のケースはラハール子狐なら成り立つ。
が、本人見てるとその考慮する必要はあんまりないと思う。」
島風 「で、カズフサ殴ったから私噛みよねー?
そこ狼っぽいから
ラハール吊って、カズフサ飼いって思う」
白レン 「そもそもカズフサ噛みが入らない時点でお察し」
白レン 「カズフサの○がラハールしかない時点で
そこ噛まない理由がないのだから」
島風 「カズフサ偽なら、ラハールすっごい囲いっぽいのよね
あのカズフサが、ラハール即占いとか」
クリスタルボーイ 「カズフサ飼いよりはラハール飼いのほうがいい気もするがな
まあその判断は天人に任せよう」
ロックマン 「LWではなさそうとはいえ黒処刑はないよね」
クリスタルボーイ 「あるいはロラ・・・は狼数が微妙なのよな」
坂田銀時 「ああ、一応俺がラハールで死んだこと即言わず占い結果待ってから見るのもいいかもな。
明日に出すのなら、だが。」
島風 「ここで●吊るなら、クマーを狐決め打ちね」
クリスタルボーイ 「ああ、それもありか >銀時」
ロックマン 「正直共蘇生ない時点でお察しな気もするんだけどね」
ロックマン 「今日、ね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Aチルノ@GM 「ただいまー…
ちとトラブルあって離席してた」
白レン 「割と投票から信用高いクリスタルボーイよりも
「一応占いだから」って理由でカズフサが残る辺りどうなのかしらね・・・
どれだけ胡散臭くても占いなら残すっていうのは間違いではないのだけど」
ロックマン 「ねえ、自分で言うのもなんなんだけど、僕って噛まれるようなところだった?」
Aチルノ@GM 「むぎゅ~ん♪>兎」
悪戯兎 「おかえりー(ムギュムギュ >GM」
島風 「蝙蝠吊りはみーんな言ってるし・・・
あんまり? >ロックマン」
白レン 「私ならボルガか霊夢を噛む、とだけ>ロックマン」
クリスタルボーイ 「蝙蝠処刑を言い出すのが最も早かったからじゃないかな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
悪戯兎 「お疲れさまー」
霧雨魔理沙 「お疲れさん」
ロックマン 「お疲れ様」
霧雨魔理沙 「夢狩だ」
クリスタルボーイ 「お疲れ」
坂田銀時 「お疲れさま。」
白レン 「お疲れ様よ」
悪戯兎 「あぶなー!!
素直に妖精COしなくて良かったー」
Aチルノ@GM 「おつかれさまー」
島風 「私は霊夢吊りたかったんだけどね 割と
カズフサ狼っぽいなら、尚更ー って感じ

ボルガは確かにこの後噛まれてもおかしくなさそう」
白レン 「ほぼ情報はなし、と」
島風 「お疲れ様」
Aチルノ@GM 「明日で5日目と」
島風 「とりあえず、私は無意識では無いですよねー
噛まれたって事は」
白レン 「この状況で帰るのは正直憂鬱だわ・・・」
Aチルノ@GM 「もーふもーふ(耳うさうさ>兎」
クリスタルボーイ 「まあカズフサとラハール切りつつ考えろでいいのではないかな
蘇生ありだが本日ないなら仙狐も考慮だろうか」
島風 「ほぼ飼い狼位置は見つかってるんだし
恋人と初日以外では、占いはまだいそうって話だし・・・

とりあえず、ブン屋優先復活を復活役職には伝えてあげて」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
白レン 「仙狐で初手天人蘇生かけるのは割と捨て鉢気味だと思うけど」
悪戯兎 「むーにむーに(ほっぺたムニムニ) >GM」
白レン 「・・・銀時の死因主張がなければね」
ロックマン 「仙狐なら天人が狐じゃないってわかってるから蘇生見せた・・・って可能性もあるわけだね・・・」
悪戯兎 「んー
風祝だったら連続蘇生しない理由が見当たらないからなー
狸でいいんじゃない?」
島風 「 」
坂田銀時 「と言うか、普通に天人だから隠蔽されてるだけじゃねーの?」
悪戯兎 「いや、蘇生あったって >銀時」
島風 「蘇生チャレンジは1回あったわけで」
ロックマン 「いや、蘇生履歴があったんだよ」
Aチルノ@GM 「ふにゃぅ~♪(はふ>兎」
坂田銀時 「あ、昨日あったのか。」
白レン 「胃が痛い・・・」
坂田銀時 「間違えて2昼ので見てたわ。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
坂田銀時 「わからんかったらとっととFOも有りよ。
真面目な話。」
悪戯兎 「はむはむ(耳ハムハム >GM」
クリスタルボーイ 「ほー? >死体無し」
ロックマン 「・・・死体なし?」
悪戯兎 「あれ?死体なし」
島風 「ほう 死体無し」
島風 「大司祭信じるなら 危険域」
坂田銀時 「狐噛んだ、あるいはカズフサがまさかの噛まれ。」
悪戯兎 「私蘇生してくれないかなー?
村の味方するよー?」
島風 「昨日噛まないなら、カズフサ噛みは無いわ」
Aチルノ@GM 「死体なし ほむ」
Aチルノ@GM 「ひゃわわわ (ぴくっ>兎」
悪戯兎 「大司祭結果信じるなら恋人も落ちてないと…
どこいったんだろ」
島風 「霊界で人外COあったら破綻する可能性のある、あの大司祭のCOは
信用に値すると思う」
坂田銀時 「鋭で猫又噛んだ。
現状見える役職だけで組むならこーなる感じ。」
クリスタルボーイ 「罠としてもラハールの位置は色々おかしくなる
うん、ラハールーカズフサは吊りでいいとして」
悪戯兎 「猫又は派生だから出ないってー >銀時」
坂田銀時 「あ、そっか派生なの忘れてたべ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ロックマン 「そりゃ白レンさん占ってれば夢はないでしょ>ボルガ博士」
悪戯兎 「博士狐とかないかなー?現状そこ噛まれないのは不自然といえば不自然に見える」
悪戯兎 「ふにーふにー♪(フニフニ >GM」
島風 「狐にしちゃ、前に出過ぎって感じはするけどね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ロックマン 「お疲れ様」
クリスタルボーイ 「お疲れ様だ」
悪戯兎 「その分、占われにくいでしょ?ここなら >島風」
悪戯兎 「お疲れ様」
坂田銀時 「お疲れさま。」
悪戯兎 「あ、ラハール狼っぽい?」
島風 「お疲れ様ー」
ラハール 「面倒だ、あまりにも」
悪戯兎 「というか今魔理沙の日記に気づいたけどさー…
妖精お亡くなりになってたら護衛は意味(モニュモニュ」
ロックマン 「覚醒村だから普通にラハールさん白狼ありえて嫌なんだよね
いやまあそれでも大森さんとクマーさん残せばいいんだけども」
Aチルノ@GM 「ひゃふ (えへへ~>兎」
島風 「まだ、2Wで獏の可能性が・・・」
ラハール 「まぁ、蘇生誤爆でもないかなという程度だな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
悪戯兎 「また狼3なのに1狂人という悲しみを味あわせるのですか!? >島風」
ロックマン 「・・・うーん、蘇生あるのかな?」
島風 「あれは、誰からもやめて欲しいわね・・・ >2W-1狂」
クリスタルボーイ 「村蘇生ならばそろそろ動いてもいいはずだが」
悪戯兎 「猫神が勝負に出た?とかはないよねー」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
坂田銀時 「常世だったら天人との兼ね合いでもうCOしても良いしな。」
島風 「今日チャレンジあったら村
そうでないなら仙狐」
悪戯兎 「おかえりー」
ロックマン 「お疲れ様」
坂田銀時 「お疲れさま。」
島風 「あ、無い 仙狐っぽい」
白レン 「お疲れ様」
白レン 「ここで私噛ませるなら狩人いないのでしょうね・・・」
島風 「か、カズフサ吊りは恐いからやめとこーよー」
ロックマン 「ラハールさん人外主張ってことだね」
クリスタルボーイ 「と、すると狐噛みか」
ロックマン 「・・・宣告を受けていた?
日数的に冥狐?」
白レン 「どうせ飼ったところで恋人も狐も見えないのだから
見えてる人外吊ればいいのよ」
島風 「カズフサGJなら、天人噛まないだろうし」
白レン 「銀時の逃亡先は島風な以上、言う意味・・・ないわよね?」
Aチルノ@GM 「くてーん>兎」
ロックマン 「島風さんじゃなくてラハールさんだよ>白レンさん」
島風 「まぁ、書いてないと気になるかもしれないけど >逃亡先」
島風 「ラハールに行く前日の話ー」
白レン 「島風→ラハールでしょ?」
坂田銀時 「島風村の、ラハール人外。
これしかねーからね。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ロックマン 「あ、前日に逃亡してたんだ」
島風 「QP1何だから、QPなら自分が作った恋人以外ならいくらでも投票するでしょうに」
白レン 「カズフサ真でラハール囲った、としても
やっぱり噛まない理由が思いつかない・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ロックマン 「と言っても大司祭の結果信じれば島風さん村はわかってるしなぁ・・・」
ロックマン 「お疲れ様」
大森カズフサ 「ウワァァァーン!」
白レン 「お疲れ様よ」
クリスタルボーイ 「お疲れ様だ まあここまではいいとしてだ」
島風 「お疲れ様
結構カツカツの村よね 現在」
大森カズフサ 「クマーのCOくらい……聞いてもいいじゃないか! ウワワーン!」
ロックマン 「・・・このタイミングで大司祭襲撃かなー」
ラハール 「そういわれてもな、貴様俺様銃殺してないからな」
Aチルノ@GM 「おつかれさま」
悪戯兎 「お疲れ様ー」
島風 「多分大司祭死ぬと思う うん」
クリスタルボーイ 「貴様のCOが最悪だったからな >カズフサ
ぶっちゃけ私とのランで吊られても文句言えないくらいに」
ラハール 「というかあのタイミングで俺様噛むなら貴様狼だろ」
白レン 「初期村数の割に人外村ね・・・占い初日か」
悪戯兎 「くてーん♪ >GM」
大森カズフサ 「占い師が堂々とCOしていいなら初日にCOするっちゅーねん!>クリボー」
島風 「そこラハールとカズフサで2Wじゃないのー?」
白レン 「というか私が生きてたら決選投票で間違いなくカズフサ吊る」
悪戯兎 「狼の吠えがなー…
2Wっぽい吠え。1Wで誤魔化そうとしてる風には見えない」
ロックマン 「QPが確定でいるみたいだからもしかしたら恋人占い師あるかもしれない」
ラハール 「狐、死体なしは噛まれた、以上>島風」
大森カズフサ 「ノー、オレウラナイシ。イゴヨロシク

そういう貴様はアレか、QPかそれとも白狐か
後者なら仲間を言え」
クリスタルボーイ 「少なくともCO拒否は通らん >カズフサ
私は私なりに自らの動きを説明できたし 同意してる人も多かったからな」
島風 「CB何て吊らずに問答無用で吊って良い態度だったと思うんだけどねー
変に余裕があると、やっぱ駄目ねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
悪戯兎 「この数なら飼ってくれるかもー
吊られてもいっかーって思ってた私は今回一番遊んでたウサw」
ラハール 「あそこで俺様噛むならカズフサ狼以外考えられんと思うがな」
大森カズフサ 「だが貴様には狼を見つけることも、狐を溶かすこともできぬのだ>クリボー
オレはクマーを見つけた、なら今日はオレとクマーのランにするべきだったのではないか」
島風 「どーやったら飼うのよ・・・」
白レン 「そもそも恋人がいる時点で、あるいは派生村で占い師が一人しかいない時点で
余裕なんて存在しない。鍋に置いて吊り余裕、というものは夏の夜の夢でしかないわ」
Aチルノ@GM 「なでなでー (じゃれじゃれ>兎」
ロックマン 「護衛制限無視できる狩人がいてくれればーって思うけど厳しいだろうなぁ」
悪戯兎 「えーっと…狼狐外しで?言っててないなー >島風」
白レン 「どっちみち私を護衛しない理由がないわ>ロックマン」
島風 「村の覚醒枠が私で終わりだったら割と泣く」
大森カズフサ 「昨日の死体なしは灰から変態護衛じゃないかな!
恋人狩人辺り」
悪戯兎 「なでなでー♪(ぺたぺたー >GM」
ラハール 「だから狐神だって、俺様神」
ロックマン 「そうなんだよねぇ>白レンさん」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
白レン 「一応大司祭も覚醒枠ではあるけどねぇ」
大森カズフサ 「狐がそんなに正直に諦めるものかよ!」
ロックマン 「お疲れ様」
白レン 「お疲れ様よ」
ロックマン 「ってあれー?」
悪戯兎 「お疲れ様」
クチート 「お疲れ様
私が噛まれるのね」
島風 「お疲れ様」
坂田銀時 「お疲れさま。」
クリスタルボーイ 「ふむ、そこは村だと思ったがなるほど」
白レン 「>【3】
どう見ても悪戯兎、ラハール、カズフサ」
クチート 「あの結果はカズフサ偽って結果ね」
悪戯兎 「猫神?
微妙に思えるなー」
悪戯兎 「噛まれ狙ってる?これ」
クチート 「なんで蘇生挑戦無いのかしら?」
大森カズフサ 「大司祭とか騙り易いことこの上なしですよ! 奥さん!」
坂田銀時 「まあ、それじゃあ明日にでも誤爆なければ俺復活なのかね。」
白レン 「・・・【天人は蘇生できない】」
ロックマン 「猫神は誤爆しないから安心していいよ
真だったら、ね」
島風 「クチートに行ったら、偽決め打つわ・・・」
クリスタルボーイ 「天人は蘇生できんわ >霊夢」
ラハール 「猫神なら誤爆無いぞ」
悪戯兎 「蘇生役が恋人
もしくは仙狐かなー、これだと >クチート」
大森カズフサ 「◇られっか 「ちょっと待ったっす
猫神COナラ蘇生ログが残るのはおかしいと思うんすけど」

あ、言っちゃった」
クチート 「ブン屋が居るじゃない>レン」
白レン 「というかそもそも宣告ついて即ブン屋蘇生しない以上、吊っていい」
坂田銀時 「正直、俺蘇生されてもじゃあどこ尾行するのよって問題があって。
あ、でも俺即噛まれるかね。」
島風 「FO勧める位置は嫌いじゃない」
Aチルノ@GM 「ひゃぁ~♪ (ふにふにー>兎」
大森カズフサ 「クマーを尾行すれば100%死ぬから>坂田
試してみるとイイ」
白レン 「・・・そもそも。なんでわざわざCOして宣言するの?
噛まれるかもしれないのに」
悪戯兎 「これ、噛まれ狙いの毒じゃないのー?って
猫神が白レン即蘇生する?と言われたら微妙」
クチート 「はい村人飽和ー」
クリスタルボーイ 「村表記削ればいい気がしてきた」
白レン 「夜に回すことなく霊夢を吊りたい、とても」
島風 「やだ・・・村人表記多すぎ・・・」
大森カズフサ 「微妙すぎるCOしかねぇ……!」
ラハール 「夢司祭もあるんだがな>結果2」
ロックマン 「白レンさん蘇生履歴しかない以上割とありうると思うんだけども、何ともなんだよねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
島風 「そりゃ白レン死んで占いCO無い段階で ねぇ?」
坂田銀時 「覚醒枠これ村表記の中の誰かか? あるいは恋人に持って行かれてるか。」
島風 「あ、村の覚醒枠 大司祭か」
クチート 「幻視者はさとり系として……」
ロックマン 「球磨さん処刑してラクーナさんがどっちか確認したいかな」
クチート 「宣告付けた魔法使いが居ない件について
冥狐?」
ロックマン 「十中八九冥狐だろうね」
島風 「もしくは、宣告騙り」
白レン 「村が多いときほどニートも多い法則、健在と。はぁ」
悪戯兎 「冥狐にしては途中でやめてるのがなんとも
もっとつけるんじゃない?と」
大森カズフサ 「冥狐がいるならもっと暴れまわっているだろうに
そうしていないということは、そうじゃないということよ」
島風 「なに、ラハール冥狐?」
ラハール 「俺様が冥狐ならもっと派手に宣告ばらまいてるわw」
大森カズフサ 「つまり恋人がいる、恋人魔法使い辺りと見たー」
白レン 「というかシーナ真なら既に村人半分死んでるわけで」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
島風 「お疲れ様」
白レン 「それに比して人外を全然殺せていないわけで」
悪戯兎 「お疲れ様ー」
ロックマン 「お疲れ様」
白レン 「お疲れ様よ」
クリスタルボーイ 「お疲れ様 ふむ」
坂田銀時 「お疲れさま。」
大森カズフサ 「なぜクマーが吊れないのかね!? ちょっと君たち!」
白レン 「なんだろうなぁ、この危機感の薄さ」
ペルクマー 「知ってた。お疲れさまです」
悪戯兎 「あ、狼吊ったかな?これ」
クチート 「お疲れ様」
坂田銀時 「つーか蘇生入ったとしてどこ指定するよ、これ。」
クチート 「そこLWなら最終日位置よそこ>カズフサ」
クリスタルボーイ 「貴様の日頃の行いの賜物だろうよ >カズフサ」
ラハール 「好きなところを指定するといいさ」
クチート 「ああ、そうだ>銀時
ブン屋なら二日目夜の取材先教えてちょうだい」
ペルクマー 「村三人も出たから柱しようかと思ったんだけど遅かったか」
悪戯兎 「シーナが狐、もしくはQP臭い
一応吊り指示出してみるべきでは! >銀時」
島風 「あと恋人いるなら3吊り? うーん、勝てそうな雰囲気感じないですねー」
大森カズフサ 「LWとか、んなわけないない>クチート
少なくとも魔理沙は非狼であるがゆえに」
クチート 「あなたが死んだのって四日目朝だから
三日目朝の結果あるわよね」
ロックマン 「蘇生いるだろうし人外少ないから大丈夫だろう的発想なんじゃない?」
白レン 「そこにいるわ>クチート
島風」
クリスタルボーイ 「博士、黒犬はまだ残しでもいいかなーの
まあ村表記削ればいいんじゃないかなくらい
シノアか球磨?」
クチート 「ぜかましー!!!」
大森カズフサ 「そろそろ恋人を狙わないとまじでやばい>坂田
オレの予感では微妙に吊られにくいCOをしたところがそれと見た」
大森カズフサ 「シーナがものっそい噛まれたくないクサイんだが
そもそもなぜ噛まれないのか」
島風 「博士・黒犬残しには賛同しときましょう」
白レン 「吊りたいのは球磨、ラクーナ
シーナはもういいや」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
坂田銀時 「こー、俺的には恋司祭を言い切ったラクーナなんだけどな。」
大森カズフサ 「結果を騙った大司祭COはありえると見ている
あるいは狼と恋人もナ」
ペルクマー 「そういや派生だと素村いないとか言ってたけどそうだっけ?」
悪戯兎 「シーナ狐あると思うんだけどなー
死体なしの日とか、シーナ噛んだんじゃない?ってレベル」
島風 「シーナ? 真でしょ あれ
何で狼が噛まないかは分からないけど、狐の情報源とか思ってるのかしらね」
クチート 「派生でも一応素村は出るわ」
ロックマン 「猫神COはまあ噛まれないだろうけど、どうなるかな?」
坂田銀時 「限界突破して置換として配置される分には出るんじゃなかったっけ。」
ラハール 「オーバーフローの村人変換はある」
白レン 「正直あれ犬神にしか思えない」
島風 「いや、派生でも素村だけは、
飽和枠として出てくる。
(狼5いる状態で狼をさらに追加しようとした > 村人に変換)」
大森カズフサ 「そんな致命的な真似はするものかよ>島風
情報が増えて狼はメリットよりもデメリットの方が多い
クチートとか毒もありえる灰よりも大司祭を噛むとは思わないのかね?」
悪戯兎 「ん?狼2には思えないけどね? >白レン」
ペルクマー 「それが三人も出るかーあと野生クマーがサトラレCOしたけどサトリいねえな・・・」
クリスタルボーイ 「幻視者ってヤツだろ >ペルクマー」
ラハール 「あれ幻視者COだと思うぞ>ペルクマー」
クチート 「幻視者幻視者>ベルクマー」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
悪戯兎 「というか、ここまでくると大森が真に見えてきた…
なんだろうこの感覚」
Aチルノ@GM 「配役公開されたかな?」
ペルクマー 「ああ、忘れてたwww>幻」
博麗霊夢 「おつかれさま
ちゃんと銀時は起きてるわね、後のことはよろしく頼むわ
即噛まれそうだけど…」
白レン 「お疲れ様よ」
クチート 「お疲れ様」
島風 「まぁ、 何か飽和しそうな役職はこの村にはいなさそうね
強いて言うなら村人」
ロックマン 「そうなってたかー
お疲れ様」
悪戯兎 「あ、本気で猫神だった
おかえり」
ペルクマー 「お疲れさま」
白レン 「ああ、生き返った」
悪戯兎 「おかえりじゃない
お疲れ様」
ラハール 「初日占いは予想はついたが」
シーナ 「お疲れ様。うん……ラクーナ吊り指定は有っていたかな……。」
クリスタルボーイ 「ふむ、なるほど」
クチート 「恋人……カイム?」
大森カズフサ 「(・ω<)テヘペロ」
島風 「まぁ、こうなると
お疲れ様。」
ペルクマー 「ん?2死体?」
白レン 「・・・非常に無理ゲー臭い」
博麗霊夢 「仙狐しんでたかー」
クチート 「おうふ>下界」
シーナ 「……うん、これはきついわね……。ラクーナ以外私は何も見られなかった……」
ロックマン 「予想通り詰んでる状況だったね」
悪戯兎 「というか猫神でよく最初から天人蘇生いけたね…
狐だったらバクチだよ?」
ペルクマー 「あーこれは恋人勝利かなー」
悪戯兎 「あ、ラハールの方か…」
白レン 「というか執行者・・・」
島風 「ボルガと黒犬残しはあってたけど
恋人そこかー。 球磨は吊れるとは思いたい」
島風 「ちくせうw >執行者噛まれ
私も なのかw」
博麗霊夢 「ん?天人蘇生なんかしてないわよ?>てゐ」
白レン 「球磨吊り言ったから、そこを銀時が考慮してくれるかどうか」
シーナ 「球磨は吊るというより噛み位置じゃないかなぁ……>島風さん」
悪戯兎 「うん、間違えてた
ごめんね >霊夢」
クチート 「そこは確かに人外だけどむう……」
白レン 「というかこの内訳で初日占いとか、ね」
ペルクマー 「そこ指定かー」
博麗霊夢 「勘違いは私もよくあるから気にしないで頂戴>てゐ」
島風 「というかさ・・・・・・・
護衛できる狩人も、占い師も、霊能もいないで 村人に推理しろって
PHPは凄いこと言ってくるわよね
強いて言えばブン屋 ぐらいの」
シーナ 「私が遺言師弟と同じ場所とはいえQP吊りか……QP濃厚とみて別の所を指定すべきだった。>ペルクマー」
博麗霊夢 「恋人吊れたらいいのに」
シーナ 「……あの……私の存在……>島風さん」
ロックマン 「というか共有者系引くと2日目に襲撃されるんだけどどういうことなの」
ロックマン 「まさか霊能希望すら弾かれるとは思わなかったよね」
白レン 「強いて言うならカズフサ即吊ってもよかった、ぐらい>島風」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ラハール 「球磨は吊れると思うがな」
大森カズフサ 「遙か古代、グレラン村という風習があった>島風
占い師も、霊能者も、狩人すら存在しない村において村人たちは意気揚々と狼を吊り上げたという――」
クチート 「死ぬううう!!>銀さん」
悪戯兎 「(あっ…) >銀時」
ペルクマー 「あ、銀時死亡確認 で人外勝利くさくもあるけど」
クリスタルボーイ 「博士安定だと思うのだがな まあいいか」
ラハール 「どーせ噛まれるだろw」
大森カズフサ 「死亡フラグを着々と立てよるわァ!」
博麗霊夢 「恋人いる以上銀時を噛めないでいてほしいわ」
白レン 「村勝ちはないとして、狐と恋どっちかなぁ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
悪戯兎 「これは恋人じゃないかなー?」
ロックマン 「恋人ありえない天人を襲撃してる以上坂田さんも襲撃するんだろうなぁ」
悪戯兎 「お疲れ様」
ロックマン 「お疲れ様」
クチート 「お疲れ様」
白レン 「お疲れ様よ」
島風 「いや、人狼というゲームとしての根幹が、この村には無いって言いたい訳でw >シーナ
大司祭は信用してたし、信じれる位置だったと思うよ?」
ラクーナ 「お疲れさま」
ペルクマー 「お疲れさま」
博麗霊夢 「あっ…シノア尾行(察し」
クリスタルボーイ 「乙」
大森カズフサ 「残る村人がー、ひとのふのみーのー、明日には残り二人だな」
博麗霊夢 「おつかれさまよ」
シーナ 「お疲れ様。QPだと見抜けずに遺言で指定したことは私のミスだったね……」
ラクーナ 「…まさかの2W残りである」
ペルクマー 「今更気付いたけど22人で狼2だったのかwwww」
白レン 「よくあることよ。狼陣営3なら」
島風 「博士大正解」
大森カズフサ 「こっち苦労も考えろっちゅーねん!>ペルクマー
おのれ!」
ロックマン 「よくありますよ>ペルクマーさん」
島風 「いつものことだったわねぇ・・・ 2W-1狂人」
悪戯兎 「この村はまだマシなんですよ…(ブワッ
ほかには狼3で1K1銀とか可哀想な村もあるんですよ… >ペルクマー」
シーナ 「司祭系は始めてだったから信用とれるか自信がなかったし、割と信じられてなさげから……。>島風さん
グレラン抜けと噛まれ避けに必死だったからなぁ……」
白レン 「られっかに反魂出ないかしら」
ラハール 「それは逃亡」
島風 「シノア噛んでどーするのんw」
クチート 「クマっ……クマに指定行きなさい!」
ペルクマー 「それはもう泣くしかないじゃないですかー!>兎」
シーナ 「……これシノア噛みなら美味しいけどね。村側は」
クチート 「シノア噛みww」
シーナ 「村側と言うより恋人側になるのかな、うん。」
白レン 「シノア噛むとブン屋が生き残るレアケ」
博麗霊夢 「シノア噛み来ないかしら(チラッチラッ」
ラクーナ 「色々失敗した感ある…
クチート●結果出していたから、クチート噛まれるとは思わなくて
恋司祭とっさに語ったけど…0にすべきだったわ…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Aチルノ@GM 「シノア噛むとブン屋が生き残るレアケ
そうなの?」
島風 「飽和村人枠がでそうな村じゃなかったから、
村CO潰しきりで概ね良かった」
シーナ 「でも結果的に恋人保護になったから良かったんじゃない?
私はうっかり人外だと思い込んでて意気揚々と指定したのは×だったけど……>ラクーナ」
博麗霊夢 「人狼系・妖狐系・子狐系を尾行したら死亡する
とあるけどどうなのよ」
クチート 「あぁら私に●?>ラクーナ」
悪戯兎 「大森が●出したからどーだろーと
大司祭結果で確定人外だしー >クチート」
ラクーナ 「ブン屋狐護衛で狼の狐噛みが起こるとブン屋生き残るのよね
実際にあったわ」
白レン 「狐を噛んだところを尾行すると、ブン屋はスクープ持ち帰るのよ>GM
やったことあるから」
シーナ 「人狼が人外(妖狐・銀狼など)を襲撃して失敗した場合は尾行成功扱いとなる (死亡しない)。
(尾行成功メッセージ&対象が死んでいない=人狼が噛めない人外を噛んだ)」
大森カズフサ 「この村にトゥルー村人などいない。強いて言えばペルクマーがそれに近いというだけよ」
クチート 「んー、そうされるとカズフサ信じてられっかに届かなくなる……か」
シーナ 「だから、この場合シノアさん噛みなら首1枚繋がるね……首1枚だけ……」
ペルクマー 「占死んでたから良かったと言うべきかなんというか・・・複雑クマー>カズフサ」
島風 「クマーは吊れてしまうのかもしれないけれども
一応、唯一の占いだから」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
Aチルノ@GM 「あたい、初めて知ったよ>白レン」
博麗霊夢 「なるほど…これは本当にレアケね>シーナ」
悪戯兎 「おかえりー」
ラクーナ 「お疲れさま」
ロックマン 「お疲れ様」
白レン 「覚醒村で大司祭持ってきて、派生村で村が半端なものばっか掴まされた感じ」
クチート 「お疲れ様よ」
ペルクマー 「お疲れさまー」
博麗霊夢 「おつかれさまよ」
クリスタルボーイ 「乙」
坂田銀時 「お疲れさま。」
白レン 「お疲れ様よ」
シーナ 「お疲れ様。結局ブン屋噛みだったか、うん。」
島風 「お疲れ様」
大森カズフサ 「狼の数が少ない、というのは実に便利なものよ
●を出しても吊れないのだからなァ! あとは毒をクマーが噛めばオレの信頼は揺るぎないものになる予定」
白レン 「共感ついてる以上、恋人ラインにはられっか偽が分かっている
さて」
シーナ 「このままなら恋人応援するかな……元々は二人とも恋人だったしね……」
坂田銀時 「カズフサ狂信か。
これ俺が無理せず狼引っ張れてたらそれが一番だったんだろうか。」
ロックマン 「今日誰が処刑されるかなー」
島風 「恋恋狼狼狐 7人 どの人外が勝つかってだけですねー」
シーナ 「いや村人か……グスグス。
逆囲いって奴ね。人外確定場所からの逆囲いは強い時はかなり強いし……>大森さん」
ロックマン 「人狼処刑恋人襲撃・・・でも勝てないんだよね
うん、どうしようもない」
大森カズフサ 「できれば白レンちゃんを囲いたかわったわ!(血の涙)>シーナ」
島風 「ボルガ博士と黒犬は残したかったんだけどねー
まぁ、人外村だねー どこ吊れるかなー」
白レン 「正直村の勝ち筋が見えない」
シーナ 「わ、私に言っても困るわよ……>大森さん」
大森カズフサ 「むしろ囲うつもりまんまんだったっちゅーねん!」
博麗霊夢 「そのもう一人の蘇生は死んでるのよ」
ラクーナ 「シノア吊り→ボルガ噛みになってくれるといいんだけど…
このままだとボルガ吊りになりそうねえ…」
島風 「CB吊ってる段階で多分無理目
あと、もう少しだけ役職パワーを下さい・・・
ロックマン 「隠者とかいらないから霊能者系ください」
シーナ 「幾ら村側が大司祭をつかめたとしても……ね……>島風さん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大森カズフサ 「狂信者とかいらないんでさとりください」
クチート 「うーん、カズフサ即吊りかあ……」
白レン 「カズフサ信用できないと言いつつもCB吊るのがねぇ・・・とても悲しい
鏡妖精がいけない」
島風 「霊能の変わりは大司祭だったけど
まぁ、信用されると強いけど、護衛は不能でいつでも噛まれるなら ねぇ」
大森カズフサ 「じー……」
ロックマン 「人狼2は妖狐投票」
悪戯兎 「鏡妖精楽しかったけど、欲を言えば蘇生されたかったなー
なんて♪」
クチート 「無理無理>悪戯兎」
博麗霊夢 「それの何処が断言なのよー>カイム」
シーナ 「狐吊りかな」
悪戯兎 「狼か恋人かって感じかなー」
島風 「狐吊りっぽい」
ラハール 「多分カイム噛んで終わる」
白レン 「・・・初手の天人蘇生が自分じゃない、と言い切ってる以上そうなるわよ>霊夢」
ペルクマー 「狐吊れてーんで狼2恋人2村2、で狼が恋人噛めば狼勝利か。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ラクーナ 「恋人に票集まってないのが安心だけど、
逆に噛まれそうな予感…私が生きていればー!」
ロックマン 「お疲れ様」
白レン 「お疲れ様よ」
ラクーナ 「お疲れさま」
悪戯兎 「お疲れ様ー」
クチート 「お疲れ様」
大森カズフサ 「馬鹿んっ!>兎
死んでどうするのよ、もっと自分を大事にしなさいっ!

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン」
島風 「お疲れ様」
ペルクマー 「お疲れさま」
クリスタルボーイ 「乙」
シーナ 「狐落ちると。お疲れ様。恋人勝利を祈ろうか、うん」
博麗霊夢 「おつかれさまよ」
柊シノア 「んー粘れませんでしたか
お疲れさまです」
島風 「吊り増える機会は無くなった、どっち勝つかなー」
クチート 「恋人勝利なら祝福しましょう」
ロックマン 「おっと、恋人は噛まないみたいだね」
悪戯兎 「お、後1日村には残されるウサ
勝目ないけど」
白レン 「最終日ボルガ吊って終わりそうな」
大森カズフサ 「その能力は、生き残るために神から与えられた特性(スキル)――
鏡妖精は数ある蝙蝠の中でも吊りに関しては3~4番目くらいに強いという」
坂田銀時 「お疲れさま。」
博麗霊夢 「これで狐は全駆除ね
あとは狼が恋人噛むかどうか」
ラクーナ 「ここで左動使いの反魂師が発生」
大森カズフサ 「中盤辺りに「鏡妖精CO。私を吊るすと共有者Aと猫又Aの決選投票ウサ!」といえば吊られないもの」
ロックマン 「カイムさん襲撃のられっかさん反魂のクマーさん処刑で勝てないかなぁ・・・」
シーナ 「したら楽しいね>ラクーナ」
島風 「カイム噛んだら飽和で終わる」
柊シノア 「やーられっかさんが吊れない位置に入っちゃってますし恋人は落ちませんしで辛かったですね」
悪戯兎 「お、なるほどー
そういう使い方もあるウサね(メモメモ >カズフサ」
ラクーナ 「ストップ!ストップ!!>下界」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大森カズフサ 「ふぅ。どうやら若い二人の勝利で終わりそうな予感」
ロックマン 「お、ワンチャン!」
クチート 「ストップ!>カイム噛み」
クチート 「は、反魂師ー!
出て反魂師ー!」
島風 「反魂出たら笑っとくわw」
シーナ 「いや……庇護者ついているk……あ守護天使もう死んでいる……」
柊シノア 「まあここまで残れた狼が強かったですよ」
大森カズフサ 「いいかー、蝙蝠はそうでなくても潜伏して>兎
占い師の○になったタイミングでCOしたりすると強い、なぜなら吊るす意味がなくなる

早めに霊能系や密偵系を騙るのもいいだろう、噛まれないために」
ラクーナ 「指定さえもらわなければああ!!」
島風 「2Wで頑張ったわよねぇ」
柊シノア 「私がもう少し粘れたら良かったんですけどね」
坂田銀時 「反魂出る確率は7分の1か。
きびしいな。」
ラクーナ 「いや、そうでなくても吊られたわね…」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました