←戻る
【雛1003】やる夫たちの超鍋村 [1226番地]
~りていく。22:20開始予定~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
icon クマナイト
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[天狼]
(死亡)
icon 球磨川禊
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[星狐]
(死亡)
icon クマセリア
 (あうるべあ◆
WokonZwxw2)
[萌狼]
(死亡)
icon 阿武隈
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[夢守人]
(死亡)
icon こあクマー
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[人狼]
(死亡)
icon クマディア
 (経験値泥棒)
[密偵]
(死亡)
icon くま
 (雑穀米◆
Dd4MVft17I)
[司祭]
(生存中)
icon 初音ミク
 (ベン◆
l0inEB.9TE)
[仙狸]
(死亡)
icon 戦争と平和の剣
 (七紫)
[司祭]
(死亡)
icon ミクマー
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[狂人]
(死亡)
icon ティアナ
 (空澄姫黒曜◆
z1XhdJ.lxM)
[霧狼]
(生存中)
icon 志々尾限
 (nnm)
[連毒者]
(死亡)
icon 日番谷冬獅郎
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[呪術師]
(死亡)
icon キュートバニー
 (スモチ◆
L4/i/NrLmw)
[厄神]
(死亡)
icon ブラックマー
 (鍵付き ◆
keynotFZgnXX)
[占い師]
(死亡)
icon 火と氷の剣
 (シエスタ419◆
I1iufbf.e.)
[紅狼]
(死亡)
icon アーちゃん
 (C_T)
[一角獣]
(死亡)
icon 星熊勇儀
 (あたろう◆
ShinobiUmg)
[山彦]
(死亡)
icon ムックマ
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[誘毒者]
(死亡)
icon ホライゾン
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[蝙蝠]
(死亡)
icon くまP
 (Friend◆
Friend9Sig)
[上海人形]
(死亡)
ゲーム開始:2013/07/18 (Thu) 22:17:28
出現陣営:村人陣営13 人狼陣営7 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
GM 「ログインできなかった理由はただのヒューマンエラーです。申し訳ありませんでした。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「お疲れ様です。」
火と氷の剣 「あまり疲れてもいませんが、ありがとうございます。」
火と氷の剣 「まぁぶっちゃけますと、セイバーRP分からないんですよね(突然のカミングアウト)」
GM 「これぐらいしか、言えることが無いですからね。
気に障ったらすいません」
火と氷の剣 「お、思い付きやったし!」
GM 「腹ペコキャラでいいんじゃないですか?人のRPにケチをつける野暮はいないでしょう、早々。」
GM 「それとも名前的にフレイザードさんRPとか・・・」
火と氷の剣 「今回は私一人なので問題はありませんでしたが、士郎を始めとする関係者達が居ると対応に困っていましたからね…」
GM 「赤セイバーェ・・・」
火と氷の剣 「あぁ…あの半分赤くて半分青いのですか…それも分からないのです…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
火と氷の剣 「あちらの剣は次元の混乱によって登場している方なので問題ありませんっ。」
火と氷の剣 「妖夢の方がまだやり易かったか…」
火と氷の剣 「剣と聞くとどうしてもセイバーしか出ませんでした。まぁ妖夢は刀ですからやっぱり私ですか…」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
GM 「RPも難しいですね。
GMは常にRPをどこかにおいてきてしまうので」
GM 「お疲れ様でした」
火と氷の剣 「お疲れ様です。」
ブラックマー 「クマー!」
くまP 「お疲れー
……俺、何で死んだ?」
ブラックマー 「◇星熊勇儀 「って、死体2?
占い遺言があるけどこれ噛みはくまPの方が濃い目だよね」
◇アーちゃん 「って、死体2?
占い遺言があるけどこれ噛みはくまPの方が濃い目だよね」」
ブラックマー 「なにこれクマ」
火と氷の剣 「山彦ですね。」
火と氷の剣 「珍しいものを見ました。」
くまP 「毒遺言残さない毒持ちそうそういないだろう……w」
ブラックマー 「おーほんとクマー」
くまP 「おお、山彦
アレ30%だからガンガン発言してりゃすぐ発動するとは思うんだけどなぁw」
ブラックマー 「しっかし噛まれっぽいックマねー」
火と氷の剣 「闇鍋で確率をアテにしてはいけないのです… <P」
ブラックマー 「まあ蘇生いるならクマも何とかできるかなーって」
ブラックマー 「まあ何でCOしないのか、という点においてホライゾンはちとおかしいクマ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
くまP 「流石に毎発言で30%のこの確率信用出来ないと証明できる役職いねえっすよ……w>青セイバー」
火と氷の剣 「そう言えばふと疑問なのですが、蘇生辞退をした場合、誤爆蘇生の確率はどうなるんでしたか。」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
火と氷の剣 「記述を見る限りは変わらないようですね。あまり意味が無い、と。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ホライゾン 「お疲れ様です。以上」
くまP 「お疲れー」
ホライゾン 「なぜCOしない?したら死ぬからですよ
素蝙蝠です 以上」
ブラックマー 「お、おう」
火と氷の剣 「お疲れ様です。」
ブラックマー 「(呪蝙蝠と思っておくスタイル)」
ブラックマー 「まあどう転んでも人外ってぐらいクマー」
GM 「240ぐらいで手を滑らせようと思っていたのは秘密」
GM 「お疲れ様でした」
くまP 「んー、俺即噛みとなるなら抗毒でもいるんかな」
ホライゾン 「蘇生誤爆があることを祈ります、以上」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ホライゾン 「まぁ、明日死体が継続して出るなら暗殺
出ないのであれば毒噛み死でしょうね
狐が1で占い日記を書く必要はないので」
火と氷の剣 「申し訳ありませんが、諸事情がありましてお先に失礼致します。
村建てに感謝致します。村の勝利が約束されているものと祈りましょう。」
火と氷の剣 「システム:火と氷の剣さんは蘇生を辞退しました。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
GM 「お疲れ様ですよ<火と氷の県」
ホライゾン 「お疲れ様です、以上」
星熊勇儀 「おつかれさまさね」
GM 「お疲れ様ですよ<☆熊」
くまP 「\もう帰ったのか/
\はやい/ \メイン蘇生きた! これで勝つる!/

おつかれーい」
星熊勇儀 「まあ蝙蝠COしてる時点で蘇生は無いと思うが。
一応正確なCOを聞いてもいいかい? >ホライゾン」
星熊勇儀 「球磨川の誘導をどう見るかねえー。」
ホライゾン 「素蝙蝠ですが、以上>星熊様」
星熊勇儀 「ふむ、逆銃殺が有り得る職ではないとの首長は変わらず、かね。覚えておくさ >ホライゾン」
星熊勇儀 「首長とは」
ホライゾン 「ミク、キュートハニーは非狼と>密偵
まぁ、逆銃殺が出る役職であればそれなりのCOを用意せずに吊られるわけがありませんからね、以上」
GM 「首長とは
そう、ワシのことじゃよ」
GM 「あ、ワシ村長じゃったわ
ほっほっほ・・・」
ホライゾン 「ブラッククマー様を即蘇生させる意味はよくわかりませんが
誤爆あるんじゃないでしょうか 期待しておきましょう」
星熊勇儀 「「しゅちょう」と読むか「くびなが」と読むかによって大分変ってくるんだが >GM」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「GMはキリンさんも好きじゃけど象さんはもっと好きじゃぞ」
星熊勇儀 「少なくとも、蘇生した奴は「ブラックマーを真と思っている奴」だろうねえ。
そういう点では球磨川は蘇生はありえんだろう。
あそこはブラックマー狐を警戒していたところなので。」
星熊勇儀 「アーちゃんが壮絶に気になってきた」
くまP 「んー、まあ噛まれ位置考えると星隈噛まれまでは狩人いた場合でも抜けても可笑しくない位置
ではあるから狩人期待なんじゃね?>ブラックマー蘇生」
ホライゾン 「クマディア様は流れに乗る発言だけでしたし
昨日の投票で今日COしないなら吊っていいんでしょうねと 以上」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ホライゾン 「お疲れ様です、以上」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様だ
毒表記だったが夢のようだな」
星熊勇儀 「お疲れさまさ」
GM 「お疲れ様ですよ」
くまP 「おつかれーい」
日番谷冬獅郎 「まあ蘇生あるなら星熊だろうが誤爆、は期待できそうにないがな」
星熊勇儀 「あーっと。3日目までに蘇生チャレンジは無い、と。
今日が初かねー。」
日番谷冬獅郎 「まあ3日目に蘇生する意味もないしな>星熊」
星熊勇儀 「まあ狩人不在はほぼ確定事項なんで、密偵も噛まれる位置にはなるだろう。
というかびっくりするほど村位置が噛まれてる気しかしないね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星熊勇儀 「今日以降どうなるかという気もするかねえー >日番谷」
日番谷冬獅郎 「占い>密偵となって蘇生が吊られるかどうかだが
これ指示役がいないからなあなあで吊られる可能性も高いな」
星熊勇儀 「密偵信じるなら狼1は吊れてる結果になるが果たしてなあ。」
日番谷冬獅郎 「後夜でも200は超えてほしくない系」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
日番谷冬獅郎 「お疲れ様だ」
くまP 「おう、蘇生すげえなw」
ホライゾン 「お疲れ様です、以上」
くまP 「おつかれーい」
日番谷冬獅郎 「ああ、クマセリア偽か
なんとまあ分かりやすい」
クマディア 「無念です…
というか蘇生仕事しまくってますね」
GM 「お疲れ様ですよ」
クマディア 「クマナイトさんの結果が相反してますね」
ホライゾン 「密偵より優先して噛まれない占いの●とグレーから出た占いの○と」
日番谷冬獅郎 「クマナイトークマセリア狼だろうな
というよりもあれはほぼ真だろうから狼は残すと詰みになる気がするんだが」
クマディア 「生きていれば…生きてさえいればクマナイトが何者か…
あ、その前に噛まれますねこれだと。狩人居ないっぽいので」
日番谷冬獅郎 「あれ=ブラックマーのことだな」
ホライゾン 「蝙蝠は占い結果蝙蝠出ませんけどね…>下界」
くまP 「占い結果で死んでるってなんか笑えてくるんだがw」
日番谷冬獅郎 「俺が大蝙蝠以外じゃないと意味がないの分かってるんだろうか…>下界」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クマディア 「それを言っちゃwwwwww>P」
日番谷冬獅郎 「まあ下界でもほぼクマナイトークマセリアで割れているし今日はクマナイト吊りだろう」
ホライゾン 「下界で呪術師九尾見ない以上知りませんね
パンダ釣りは危険だと思われますが実際」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ホライゾン 「お疲れ様です」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様だ」
クマナイト 「お疲れ様クマ」
GM 「お疲れ様です」
クマディア 「お疲れ様でした」
日番谷冬獅郎 「俺としてはブラックマー真のこあクマーークマセリアで狂狼ってところかな?」
くまP 「おっつー」
日番谷冬獅郎 「後は明日くまの結果を紅セイバーよりは先にださせたいな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クマディア 「確かに、くまさんの結果先出してほしいですね>日番谷さん」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ブラックマー 「あ、やっべ」
ブラックマー 「遺言更新忘れてたクマ☆」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様だ」
クマディア 「お疲れ様です」
ホライゾン 「お疲れ様です 以上」
GM 「お疲れ様です」
ブラックマー 「占い表記クマナベイベー!
ミクマー○→ホライゾン→☓→クマナイト→アーちゃん

1日目:クマ陣営11……既にPP可能クマ。これはほどほどに占い先を
悩む必要が出るクマね……まあダスティン・ミクマー辺りを

2日目:後は任せたと言って残されたらあいつかっこわるくて可哀想クマ。
ホライゾンは「人外であれば傀儡を騙って我が陣営の勝利に貢献するものと推察され~」
って言ってるけど何かおかしくね?いやだって傀儡を人外が騙る、というのはわかるけど。
それが勝利にどう繋がるクマ?

3日目:クマ れいかい たのむ

4日目:下手にクマ以外占うから死んだ気がするクマ……
原点に戻ってクマナイト占いクマ。密偵CO=即指定ってどういうこっちゃねん

5日目:つーかホライゾンのアレは明らか蝙蝠COなんで占う方が馬鹿だったクマー!
まあこあクマーは「拒否はするが対案を出さない」時点でアウトクマ、身内の裏切り者クマ。
灰占っても恐らく変わらないしどうせクマ噛みってのを考えるとなー……
割れたこあクマーが囲っている線でも見るクマかね、一応。クマセリアの○に関しては
ミクとムックマ、あまり興味をそそられない。」
ブラックマー 「アーちゃん占いだけどどうせ噛まれてるクマー」
ブラックマー 「まあ戦争と平和よりくまのが信頼できる感じだけれども」
日番谷冬獅郎 「憑依はないし意味がない、後ティアナは俺視点夢主張になってそれはあっている
まあ昨日クマセリアと割れていたんで出てきてほしかったというのはあるが」
クマディア 「あ、ティアナさん夢霊のようですねこれは」
ブラックマー 「まあねー、クマが噛まれる可能性が九割超えてるとはいえ、出て占い避けのが
ベタークマ。」
日番谷冬獅郎 「ティアナ自体は昨日出なかった時点で真(夢霊能)狼のどちらかだろうけどな」
クマディア 「まあそうなりますね>日番谷さん
私はどちらかと言えば狼よりは夢霊だと思いますけど」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブラックマー 「大丈夫大丈夫、多分クマの占ったアーちゃん狼クマ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「お疲れ様です」
クマディア 「おつかれクマーでした」
ホライゾン 「お疲れ様です 以上」
日番谷冬獅郎 「俺もそう思うし有る程度残して最終日位置だと思う>クマディア」
クマナイト 「お疲れクマ」
日番谷冬獅郎 「と、お疲れ様だ」
こあクマー 「はい、お疲れ様ですよ」
クマディア 「多分明日はクマセリア吊りでFAでしょうね」
ブラックマー 「クマセリアなー」
こあクマー 「んー、狂信者欲しかったですねえ…
ちょっと調子がいまいちでしたよ…」
日番谷冬獅郎 「最悪はクマセリアが狼で蘇生系を噛んでくる場合、だな」
ブラックマー 「あんまし心に響かない」
ブラックマー 「これでミクマーが蘇生ならちと危ないんだけど、狼が☆クマより優先するかどうか」
クマディア 「なるほど、やはり狂人と」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クマディア 「きっとグレーにいる…と信じたいです本気と書いてマジで」
こあクマー 「あ、そうそう
私釣瓶落としですのでー
投票先が楽しいなあと」
クマディア 「つるべ・・・ですって・・・?」
ブラックマー 「シロちゃんが霧狐ならクマセリアと割れてて、霧狼ならってんー」
ブラックマー 「まあ釣瓶先が多分人外なんで気にしてないクマー」
日番谷冬獅郎 「なん、だと…」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ブラックマー 「よーしよしよし」
日番谷冬獅郎 「失敗か、お疲れ様だ」
こあクマー 「村っぽいところに入れられたけどですねえ
お疲れ様です」
ブラックマー 「ナイス噛まれ」
ホライゾン 「お疲れ様でした 以上」
クマディア 「お疲れ様です」
ミクマー 「オーライオーライ
村表記で噛まれはOKです」
クマディア 「よかった…蘇生はまだ居るんですね」
くまP 「おっつー」
ミクマー 「3日目で返答がなかった時の私の虚しさ!」
クマディア 「あ、ティアナ狼の可能性が浮上」
ブラックマー 「いや、あんまり」
GM 「お疲れ様です」
ブラックマー 「ここでこあクマー狼ってのは結構つよいし。まあ村狼確定、ぐらいの気持ち」
こあクマー 「私狼判定?
じゃあ、狼でもいいですよー」
日番谷冬獅郎 「これ痛恨ついたら偽確定するのか?
そこの投票先覚えていないが」
ミクマー 「だからブラックマーさん夢なら死因がいると何度も・・・>志々尾さん
魔法使い暗殺か獏いない限り真の逆銃殺っすよ」
クマディア 「蒼セイバー確定狼なの忘れないでー>星熊さん」
ブラックマー 「火と氷・クマナイト・クマセリア・こあクマー・ホライゾン」
こあクマー 「痛恨の一撃ー」
ブラックマー 「後4人外」
ミクマー 「まー、私蘇生はあっても後回しになるでしょーし
ブラックマーさんがんば!」
ブラックマー 「えー」
ミクマー 「あの人何行ってますのん・・・?」
クマディア 「何かCCOさんがあさっての方向に爆走しまくってるようなイメージが
私の気のせいでしょうか?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブラックマー 「クマー蘇生したらアーちゃん潰して志々尾占ってってだけクマよ」
日番谷冬獅郎 「紅狼は切り捨てあるし今回どう見ても切り捨てる動きだから
殴ってた=村には見ない
投票外した=非狼陣営は見る」
ミクマー 「志々尾狂人でかき回してるんじゃないか説がこうジワジワと」
ブラックマー 「いや、一貫性を持った動きなんで美しいクマよ」
こあクマー 「潜伏狂人?
まあ確かに私以外にもいるはずですから、おかしくないですよね」
ブラックマー 「ぶっちゃけ大好きクマ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
日番谷冬獅郎 「お疲れ様」
くまP 「おつかれーい」
クマナイト 「告発紅系はほぼ確定吊り場所であって
見てなくてもいいからね」
クマディア 「お疲れ様でした」
ホライゾン 「お疲れ様です」
クマナイト 「おつかれクマ」
日番谷冬獅郎 「良くも俺を吊ったな>クマセリア」
こあクマー 「お疲れ様です。」
クマセリア 「お疲れ様クマー。
クマ(セリア)噛んだら狼詰むから噛まれなかったんだとは思うクマが。
流石に吊られは悔しいクマね。」
ミクマー 「とりあえず蘇生したら私霊界にいるんで私憑はないって言っといてください>ブラックマーさん」
ブラックマー 「はいはい」
クマセリア 「ていうか一人称クマが使い辛くて訴訟者クマー。」
クマディア 「ですね、CCOさんに落ち着けと伝えてほしいです」
くまP 「というか俺は蘇生いる状況で飛べねえわw
怖すぎてw」
ブラックマー 「そんな君もまた鍋イベークマ」
日番谷冬獅郎 「いれたのお前だろう>クマセリア」
ブラックマー 「シロちゃんは何か適当に票突っ込んだら吊れてたクマ」
ミクマー 「えーと、クマセリアさん真だと
司祭結果明日何になるんですかね」
こあクマー 「クマセリア様が狂人か狼かでしょうかね
私にとって重要なのは」
日番谷冬獅郎 「ひでえな>ブラックマー
まあ遺言見る感じ星熊からロック(俺吊られたくない役持ち目)って見られてたようだから
いずれ吊られたか噛まれたかもしれんが」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミクマー 「5日目で村9
吊りがこあクマー、クマセリア
噛みが私と今日の噛み」
クマセリア 「何お話クマ?>いれたの>日番谷」
ブラックマー 「阿武隈占って云々とか考えると多分あそこ投票に落ち着くクマ」
ミクマー 「星熊さんあたり多分噛まれるとして
村7だと人外、村6だと真ですかね、多分」
ミクマー 「蘇生入るとまたややこしくなりますが」
日番谷冬獅郎 「俺吊りについて>クマセリア」
クマディア 「でしょうね
まあ、今回噛んだ先が狂人だったとかではない限りですけど」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
クマセリア 「そりゃクマ視点人外に投票淹れて当たり前じゃないかクマー>日番谷
ただの私怨ならやめてほしいクマ。」
初音ミク 「お疲れ様でしたー」
ブラックマー 「わーい」
GM 「隠蔽解除ー」
こあクマー 「お疲れ様です
公開っと」
クマディア 「お疲れ様でした」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様だ」
GM 「お疲れ様です」
初音ミク 「まー私噛まれますよね」
ホライゾン 「お疲れ様」
ブラックマー 「まあ司祭信じない理由はないクマー」
GM 「それじゃいえなかったから言いますが」
ブラックマー 「GMェ」
ミクマー 「狂人噛まれちゃいました!」
クマセリア 「と、下界見えたクマね。
お疲れ様クマー」
日番谷冬獅郎 「あ、ホライゾンはすまんかったな
俺の呪い」
クマディア 「クマー川さん吊れるかどうかですね・・これは」
こあクマー 「あ、狂人に申し訳ない状況ですねこれ」
ブラックマー 「シロちゃんプロいクマー!」
GM 「投票を遅いのをGMに夜に言ってもしょうがないのです。
参加者の皆が駄目だなと思ったら、GMでなくほかの参加者にその気持ちを向けましょう」
くまP 「おつかれー
きつねうどんも見えてきそうなレベル」
ミクマー 「後はまぁ、ティアナさん次第で」
クマナイト 「誘毒連毒コンボだ」
GM 「そして最初っから入れてればよかったんですが
完全にヒューマンエラーでしたごめんなさい。」
クマナイト 「お疲れ様クマ」
ホライゾン 「単独陣営にぶち当てないでいただきたいものです
涙目です」
初音ミク 「球磨川はむっちゃ疑ってたんですけどね
生きてたら吊りたい位置ナンバーワンでしたけども
後は外界にお任せするしか」
クマディア 「こうなったら村を信じましょう」
くまP 「誘毒コンボしたら阿武隈飛んで後誰がとぶかね……」
こあクマー 「ああ、星狐が交霊術師で狂アピとはやりますねえ」
ブラックマー 「毒コンボで阿武隈死亡は確定として」
ミクマー 「日番谷さんは残しましょーよ!
なんか村カウントっぽかったのにー!
狂人仲間とは思いませんでしたが」
クマディア 「阿武隈さんは確定で飛びますよね!
飛ばなかったらバグで」
日番谷冬獅郎 「しかし蘇生いなかったら一番役目はたせたんだが
今回蘇生がいたのが問題か」
日番谷冬獅郎 「アーちゃんは吊られるぞ、たぶん」
クマディア 「アーちゃんェ…何で一角獣隠すんですか・・・
かくす奴じゃないですよね?」
こあクマー 「性別逃亡はもぐってもいいですか
下手するとケア吊とか言われますからねえ…」
ブラックマー 「いやーしっかし厄神がしっかり呪術師の横につけてますね」
初音ミク 「仕事しすぎですよ・・・
速攻真死亡って笑えなさすぎです>日番谷」
日番谷冬獅郎 「っていたとしてもキュートバニーがいるから
俺の仕事はできなかったか」
クマディア 「何と言う偶然>ブラックマー」
ブラックマー 「流石に即死はちと厳しかったクマー、やられた感」
くまP 「むしろその発想が出てこない理由がにい(不幸感)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日番谷冬獅郎 「たぶんここ占うだろうなーと思ったら当たった>ブラックマー
俺の勘も当たるものだ」
初音ミク 「後は初日に占い師もってってるGMが悪いとミクは思うんです
外界のにーとさんにわけたげてくださいよぉ」
ブラックマー 「志々尾と阿武隈とくまと戦争と平和とティアナとバニーと☆クマ以外吊ればいい」
ミクマー 「球磨川さん吊った後ムックマさん吊りしましょう!」
ブラックマー 「人外CO見て占わないクマじゃないぞ☆>シロちゃん」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クマセリア 「お疲れ様クマー」
日番谷冬獅郎 「これ下界にいたら球磨川が俺の呪いで死亡してたかもしれないのか」
アーちゃん 「やっぱねえ」
こあクマー 「お疲れ様です」
ミクマー 「まぁ、司祭連噛みですかね、ここから」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様だ」
初音ミク 「お疲れ様ですよー」
アーちゃん 「・・本気で、何見てるんだろう」
ブラックマー 「球磨川とクマを同時に持って行ってたらスーパー呪術師人Ⅲくらい名乗ってよかったクマ」
クマディア 「お疲れ様です
……普通に言えば良かったんじゃ…」
クマセリア 「大爆発みたいクマw」
アーちゃん 「正直、今回狐疑い以外で吊られる要素ないと思ってたんだけど」
ブラックマー 「二人外で狐見て吊るなら普通だけれども」
ブラックマー 「ムックマの独り言 「シシオが連毒であって欲しい(浪漫的に)」」
ミクマー 「あなた釣られるとつりが一気に減ります>ムックマさん」
アーちゃん 「ああ、これダメだね
さっと次だと思う」
初音ミク 「ヤメテ!>ムックマ」
クマディア 「◇ムックマの独り言 「シシオが連毒であって欲しい(浪漫的に)」
グッ」
ブラックマー 「とりあえずフラグ一本目」
クマセリア 「◇ムックマの独り言 「シシオが連毒であって欲しい(浪漫的に)」

ワロタ」
日番谷冬獅郎 「その通りだ>ムックマ
◇ムックマの独り言 「シシオが連毒であって欲しい(浪漫的に)」」
こあクマー 「村人表記は不審者ありえるのに占い偽って言い切ったのってやつでしょうか?
ただでさえ真証明しにくい逃亡はケアされる時もあって不遇ですよねえ」
日番谷冬獅郎 「霊界は明日ムックマ吊りを応援します」
こあクマー 「当たってるw」
ブラックマー 「体がネタを求めてムックマ吊りを応援します」
アーちゃん 「正直あそこでクマセリア真考慮って本気でバカだって言うよ」
ミクマー 「ブラックマーさんから○もらった時点で動き用がなくなったですねー、今回」
クマディア 「私も応援してみましょうwwwwww
阿武隈さん飛ぶとしてあとはどこ飛ぶか、ですけどwww」
日番谷冬獅郎 「性別逃亡なら初日出てよかった、多分それ>アーちゃん」
アーちゃん 「それ言うくらいならそこの霊能と割れてるから霊能吊れっていう
霧系の結果忘れてるの?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「お疲れ様です」
こあクマー 「ああ気持ちはわかりますけど、ちょっと言いすぎですよとだけ>アーちゃん」
クマディア 「正直逃亡系で伏せる理由ないと思うんですよね」
ブラックマー 「クマセリア真考慮はーんー、する理由はないけど、しないという断定は出来ない。
その点から考えると微妙クマねー」
ミクマー 「真じゃなくても●吊らないには成り得ませんしねー
そこを人外と見たならばつることはありますし」
日番谷冬獅郎 「霧系言ったのクマセリアだけだぞ>アーちゃん
それであれ信じるのは無理だろう」
アーちゃん 「正直、今回うーん、納得行かない
というか不審者前提で考える村人居るの?」
クマセリア 「司祭結果2人外で狼狙うのかい?>アーちゃん」
アーちゃん 「私吊りってそういう事なんだけど」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
日番谷冬獅郎 「少なくとも不審者自体はあり得るという想定はしておくべき>アーチャン」
アーちゃん 「狙うに決まってるでしょ」
ブラックマー 「というか今回狐狙いで吊っているんだから何とも。」
こあクマー 「私が村人表記の時は●出されても偽と断言はしませんね
自分不審者ですと洒落になりませんといいますか
最近初めて不審者を引きましたよ…」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様だ」
初音ミク 「村表記COがそれだけヘイト買いやすいってことじゃないかと」
クマディア 「お疲れ様でした」
初音ミク 「お疲れ様ですよー」
くまP 「おっつー」
キュートバニー 「星狐なあ」
アーちゃん 「まあねえ」
こあクマー 「お疲れ様です」
ホライゾン 「お疲れ様です」
クマセリア 「お疲れ様ー」
GM 「お疲れ様です」
クマナイト 「お疲れ様」
キュートバニー 「いや そりゃまあ
自分●に対して偽やな!って出して
出てくるのが素村表記なら吊るよ俺は」
アーちゃん 「正直さあ、物凄く納得行ってないから解説行って>キュートバニー」
アーちゃん 「じゃあ、クマセリア真考慮しろって言うの?あの展開で」
クマディア 「ムックマ吊り…ですって…(ゴクリ)」
ミクマー 「不審者は私はあんま考えませんかね」
アーちゃん 「少なくとも、司祭を信じるならクマセリア偽
ここ気づいてるよね?当然」
ブラックマー 「フラグ二本目……!」
ミクマー 「エキサイティン!エキサイティン!」
クマナイト 「ムックマの大爆発だ」
ミクマー 「ムックマを志々尾にシュー!」
キュートバニー 「真考慮しないでもいいけど
自分●を理由に偽って言っておいて素村表記なら
俺は吊る」
アーちゃん 「というか、村人でなんで不審者前提で考えるの?
ブラックマーからなら確かに考慮できるけど、あの残った占いからは無理」
クマセリア 「これは・・・勇儀と司祭から2飛べば・・・」
日番谷冬獅郎 「エキサイティン!!」
初音ミク 「ムックマ吊りは取り返しがつかないじゃないですかー!
球磨川吊りましょう!球磨川!」
キュートバニー 「クマセリア偽と アーちゃん村ってどんな因果関係あるんだ」
アーちゃん 「正直、狐目以外で吊る必要性がない」
クマディア 「まずいwww
下手にムックマ吊れたら吊り数減ってまずいことになるのに楽しみな私がいるwwwwww」
ミクマー 「ムックマつると4人飛び、明日最終日ですね」
こあクマー 「これでどうなるかですね…」
アーちゃん 「少なくとも、非狼は確定できるレベルだったんだけどなあ」
ミクマー 「その場合球磨川さん噛みはありえないんで
球磨川さんは巻き込まれなければ勝ちです」
日番谷冬獅郎 「10だから狐目みてもおかしくないと思うぞ>アーちゃん
司祭結果で残り2だろ?」
キュートバニー 「俺は自分が素村表記なら不審者の可能性は追いつつ進むんで
不審者考えるの?って言われたら

考えるって返す事になっちゃうから多分そこで話終わっちゃうんだよ」
アーちゃん 「途中で言っちゃってるけど、私狼混じってたらミクマー噛みとか絶対通さない」
ブラックマー 「あ、でもコルクマリーさんだわ(毒の根拠)」
アーちゃん 「ホライゾンや日番谷冬獅郎で十分狐目は減ってると思ってた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こあクマー 「阿武隈様が飛ぶかを見るのでしたっけ?」
キュートバニー 「ああ、10割連毒に飛ぶのか>誘毒吊り」
初音ミク 「ブラックマー銃殺見てた当たり
わりと球磨川狐目あったと思うんですけどね」
こあクマー 「そういえば、なんでミクマー様を噛んだのでしょうかそういえば」
ブラックマー 「ムックマ吊って志々尾にあたって阿武隈とどこが飛ぶかって話。球磨川にbet」
クマディア 「これは…エキサイティン!!」
クマナイト 「ドカーン」
日番谷冬獅郎 「さあエキサイティンの時間だ」
ミクマー 「誘毒を連毒にシュー!」
クマセリア 「阿武隈飛んだらいつものコピペの時間だよね?」
アーちゃん 「というか、村人で狼目の占いから●って
普通無意識考慮するけどねえ」
キュートバニー 「阿武隈とー 誰だろうなあ」
ブラックマー 「クマー呪殺はあっきらか狐クマねー>ミク」
日番谷冬獅郎 「球磨川に飛ばなければ狐勝ちは堅い、か?」
キュートバニー 「えーと 一気に4人死ぬから」
クマディア 「阿武隈さんが飛ばなかったら…いや、ありえない仮定はやめた方がいいですね」
ミクマー 「狂人で見てるんで噛みませんね、あそこ<日番谷さん」
アーちゃん 「とりあえず狼に当たってさっと終わってほしいかな」
初音ミク 「ロックオンはしてたんですけど
他に吊り先ありすぎたんですよね>ブラックマー」
GM 「トトカルチョはじめるよ
阿武隈:1.0
あ、だめだこれはしょうぶにならないぞ」
くまP 「超! エキサイティング!」
クマディア 「阿武隈さんとどこが飛ぶか!」
ブラックマー 「怪しいけれども吊れない位置は残られるとどうしても辛いやね>ミク」
アーちゃん 「ん~ まあ冷静に考えてみたら
あそこで霊能系ロラはちょっときっついかなあ」
クマディア 「球磨川さん飛んで欲しいです」
クマナイト 「狼にあたって終了」
クマセリア 「結局吊られてるならそれだけ信用取れなかった。で良いんじゃないのかな>アーちゃん

あとこっち人外確定でも狼確定じゃないしね
投票理由では弱い。」
ミクマー 「志々尾さんおそーい」
アーちゃん 「信用取れなかったっていうか指揮役が指定したらそりゃどうしようもない」
くまP 「ん? これ投票大丈夫?」
ブラックマー 「志々尾ォ!」
クマディア 「CCOさん…?」
日番谷冬獅郎 「CCO,お前が入れないとエキサイティン見れないだろ」
ミクマー 「そこが突然死したら意味が無いじゃないですか(真顔」
初音ミク 「ですねー
怪しいのに手が届かないこの感覚>ブラックマー」
ブラックマー 「お前がいないとダメなんだよ!(迫真)」
クマディア 「CCOさ~~ん!」
GM 「手が滑ったのでしょうがないですね(真顔」
日番谷冬獅郎 「というよりこれで真面目に吊り数が大きく変わるのが何とも言えない」
アーちゃん 「村でいったでしょ、密偵的にミクとキュトバニー村だって
だからそことかみ合わなかったらムリ」
初音ミク 「って志々雄さん大丈夫ですかね?」
こあクマー 「もう、ここで投票し損ねたら色々な意味でやばいですよ…!
本当にお願いします」
クマディア 「あなたが!あなたが今一番輝けるときなんです!
今じゃないとダメなんですよ!」
キュートバニー 「とりあえず 気づいてない可能性考えて
名指しで呼びかけてみてはどうだろう」
GM 「まあまじめな話し何かトラブルっぽい感じもあったので延長しましたけど」
ブラックマー 「直前まで発言しているからトラブルだなー」
アーちゃん 「だから、今回私が反省できる点は
そこの兎に全部聞いておくしかないし、その結論なんかでちゃってるっぽいっし」
アーちゃん 「村表記がダメだったってだけだから、COミスっていう感じね」
ミクマー 「せっかくのエキサイティンがー!」
GM 「あ、これ駄目だね」
キュートバニー 「そういやなんで騙ったんだろう」
クマディア 「エキサイティンが…!大丈夫ですよね?」
初音ミク 「うーん、昼発言はあるんですけどね?」
こあクマー 「さすがにこれで突然死はノーゲームとまでは言いませんけど
もやもやしっぱなしでしょうねえ…」
アーちゃん 「あそこまで潜った逃亡系CO、どうする?」
GM 「流石に2度目は出来ないかなー」
クマナイト 「火薬がなかったら駄目でしょうが」
キュートバニー 「超過直後に回線死んだとかのパターンかね」
ブラックマー 「もやもやすんのは一番は志々尾だろうしなー」
日番谷冬獅郎 「これどうなんだろう?
いやエキサイティン期待なわけじゃなくて純粋に吊り数が代わる突然死、
というのはゲームに深く影響するし
本人自覚できてないけど」
ミクマー 「結果次第ですかね>潜った逃亡」
志々尾限 は紫に連れ去られました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
初音ミク 「2度めはいりませんね」
クマディア 「そりゃあ…あそこまで潜って逃亡系だーって言われたら吊りますけど」
クマセリア 「あー、残念。」
日番谷冬獅郎 「初日出ろに集約される>アーちゃん」
キュートバニー 「一角獣って言われたら
とりあえずまあ人外かどうかはともかく
村なら一角獣なんだねって思う」
アーちゃん 「クマセリア逃亡とくま逃亡しかないよ」
くまP 「ありゃりゃ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ミクマー 「安全圏にしか逃げてない性別逃亡だったら多分釣るですかね」
ムックマ 「お疲れ様」
初音ミク 「お疲れ様です」
志々尾限 「…ごめん」
アーちゃん 「まあ、それもあるよねえ」
こあクマー 「ああ、残念
無事だといいのですが」
クマナイト 「お疲れ様」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様、といってもいないんだろうが」
ミクマー 「あうー^」
ブラックマー 「おかしいな」
GM 「回線トラブルっぽい感じ。戻って来次第話を聞きましょう」
クマディア 「大丈夫でしょうか…?
あ、お疲れ様です」
ホライゾン 「お疲れ様です」
ムックマ 「シシオぉ!>連毒」
こあクマー 「え、今復帰ですか?」
志々尾限 「なんど投票してもホワイトアウトした…
IEでもだめだった」
日番谷冬獅郎 「と、戻ってきたか」
ブラックマー 「クマ陣営の数が減り続けているぞ」
キュートバニー 「俺潜るし。一角獣なら。
まあ死体2あるから 俺の場合は3日目に出たかなっては思わんでも無いけど」
ミクマー 「エキサイティンがー!エキサイティンがー!」
クマセリア 「まったくです>ティアナ」
ブラックマー 「お、戻ってきたか。おっつおっつ」
GM 「投票画面ホワイトアウトですか?」
キュートバニー 「投票欄だけ死んだパターンか」
ムックマ 「せっかくの誘毒の唯一の存在意義が!(バンバン」
クマセリア 「本来ここで4人。
噛みで3人・・・」
ムックマ 「ま、しゃあない話ではあるんだけど」
アーちゃん 「うーん、結果的にやっぱり潜りは合わないって事かなあ
納得行く吊りなら諦めも付くけど」
クマディア 「トラブルとはいえ残念です」
こあクマー 「まあまあ、こういうのは本人が一番聞くのですよ…
私からはこれぐらいにしましょうか」
日番谷冬獅郎 「以前別の村でもあったんだがな<投票枠だけが死亡」
志々尾限 「ごめん…ほんとごめん
ああ、投票したら投票欄が白くなる感じ>GM」
初音ミク 「うーん、kっちは特に重かったりはしなかったんで
PCのほうの回線トラブルですかね」
クマセリア 「おつかれさまー>シシオ」
アーちゃん 「今回はちょっと、許せない方だったなあ」
キュートバニー 「狩人系だな>厄神
狩人系きってのニートだ。場合によっちゃ夢守人よりもニート」
GM 「そりゃあトラブルなので謝る必要が無いですよ」
ミクマー 「一回重くなったことは合ったんですがね」
ブラックマー 「あ、クマがWOの理由を解明したクマ」
GM 「GMのと違ってヒューマンエラーじゃないのでしょうがないです。
だから謝る必要がありません」
こあクマー 「え、例のバグ再びですか?
これだとしょうがないですね…」
GM 「お?」
ブラックマー 「IFVさんが毒で当たらない結果が出てしまったので因果律が狂ったクマ」
クマディア 「トラブルなら仕方ないですよ…>CCOさん」
ホライゾン 「うん?」
ムックマ 「そういや一角獣なのか>アーちゃん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クマディア 「そ れ で す>ブラックマーさん」
ブラックマー 「前のWO連発ーとは多分関係ないと思うんだけれども。改善しているだろうし」
志々尾限 「operaで試したらいけたのかもしれない
でも、opera起動間に合わなかった

ごめん、ここで俺死ぬのは駄目だ」
キュートバニー 「あー 阿武隈が当たらずに結果球磨川・ティアナが死んじゃう未来だった為に
WOして回避させちゃったんだな。

なら仕方ない」
初音ミク 「IFVさんは因果律を歪めてまで毒を避けるだなんて・・・
なんて恐ろしい」
アーちゃん 「まー やっぱり潜りは合わないって事で
ものすっごく怒っちゃいそうだから」
GM 「9日目の昼投票で最後の投票者が投票画面にいけずWOする現象がありました
その後は問題なくゲームが進行できていましたっと」
ブラックマー 「だからまあ志々尾はあんまし気にしなくていいクマよ、どうにもならんことだし」
キュートバニー 「素村で不審者を考えるかどうか!ってので
完全に意見が合ってないんだからそりゃまあ」
GM 「ToLOVEるはしょうがないですよ。
故意に遅らせてるわけじゃないですし」
こあクマー 「まあ、バグですし
気にしなくていいですよね…」
アーちゃん 「考えるわけがない」
日番谷冬獅郎 「あ、一応下界にも言っといた方がいいと思うぞ>GM
またwoする可能性もあるから投票早めに頼む、と」
クマナイト 「PC問題はどうにもならないよ」
キュートバニー 「マジで?」
アーちゃん 「クマセリアの信用が高かったなら考えるけど、低い占い師からのなら考慮しない」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
キュートバニー 「俺いつも 俺不審者だったらどーすっかなー
占い結果俺の分当てになんねえんだけどなー
って思ってるんだけど」
ムックマ 「お疲れ様」
ホライゾン 「お疲れ様です」
クマディア 「私が素村表記なら不審者も考えますけど…
あ、お疲れ様です」
初音ミク 「お疲れ様ですよー」
志々尾限 「でも、ムックマ処刑俺飛び、
球磨川ティアナ飛びで一気に勝てたかもしれないから」
日番谷冬獅郎 「ってこれ俺が生きてても球磨川逆銃殺できないのか
俺初日くまにかけて球磨川もくまやってるけど死亡してないし」
アーちゃん 「うーん、じゃあハッキリいっていい?
私占うようなの占いじゃない」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様」
ブラックマー 「あれ、偽っぽい方噛みか。割りと冒険」
志々尾限 「お疲れ…
ごめん」
アーちゃん 「これ、わりと冗談抜きで言いたくなるよ
中身メタレベルだけど」
GM 「C_Tさんはちょいと視野狭窄がちなとこがあるから
怒るだろうけど私と同じでね」
キュートバニー 「そんなに灰狭かったっけ?
クマセリア真主張でーの
俺・ミクが狼陣営否定されてーの」
こあクマー 「占う気分の時は真で占うますよと
私も基本的には真の気分で書いてますので…囲い以外は」
GM 「よし、ししおさん」
ブラックマー 「逆に志々尾が飛んだら一気に狐勝ちだってある。つまり勝敗は今回関係ないクマ」
GM 「この村で謝るの禁止な。」
アーちゃん 「ぶっちゃけていうとこあクマーの私結果はああ、偽だなって確信できるレベル
即結果割れがあったのもあるけど」
キュートバニー 「ムックマ占ってる球磨川占ってる
シシオ・ティアナ・アーちゃんしかいなくて
この3人ってそれほど差あったっけか」
ムックマ 「連毒飛びで阿武隈とティアナが飛んでの狐勝ちが見たかった気も
少なくとも狼狐飛びはなかったろうし(真顔」
GM 「ヒューマンエラーでなら謝るべきだし反省すべきだけどマッスィーンエラーで謝られても反応に困っちまうのだ」
戦争と平和の剣 「球磨川吊りになるんじゃない。
司祭結果信じるなら自分以外全員吊らないといけないんだが」
GM 「んだから流せばいいんだよ
謝って自分の気がすむなら一回だけゲームが終わったあとにやりゃ良いから」
クマディア 「ですね(真顔)
実質飛ぶとこ1は確定も同じですから」
クマセリア 「プレイしてる最中に中身が誰だなんて
余程特徴ある一部の人以外考えたことないしなぁ・・

そもそも中身が分かったからってその役職までわかるわけじゃないし。」
クマディア 「げ、狐勝ちそう」
志々尾限 「…わかった、そうする
ありがとう>GM」
クマナイト 「大多数から中身バレCOだ」
ミクマー 「それは非狼要素なんで逆に吊るきが」
GM 「むしろこの村で謝るべき人物なんぞパスワード間違えて入れなかった阿呆以外いないからねぇ」
初音ミク 「中身とか、固定アイコンの人くらいしか・・・」
GM 「早回しまでさせて本当にごめんなさい<クマナイト&コアクマー」
キュートバニー 「仮に中身分かってても 鍋でメタってもなあ。
希望制無いし」
こあクマー 「うん、特にCOの時が特徴的ですよね
村人表記の時とかとくに>クマナイト様」
クマナイト 「問題ないよー>GM」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ブラックマー 「中身とか、そこのウサギ野郎と吸毒さんとコル何とかさんと……あれ」
アーちゃん 「まー ちょっと心構えが足りなかったかなあ
普通にグレランでとかの吊られならそりゃ納得するけど
ものすっごく変な誘導で吊られだからすっごく納得言ってないし」
GM 「ただ終了後に言い訳だけ・・・」
こあクマー 「いえいえ、いつもGMありがとうございますですので>GM様
それぐらいはいくらでも」
日番谷冬獅郎 「中身はだいたい見えるな>クマナイト」
志々尾限 「でも、せっかくだし見たかったな
誘毒からの連毒」
ミクマー 「球磨川吊れるかな」
キュートバニー 「見たかったなあ……」
初音ミク 「最初ティアナのほうがIFVさんかと思ってたCO」
キュートバニー 「阿武隈が「チクショォー!またかァー!」って叫ぶところ……」
アーちゃん 「でもうーん
霊能ロラはちょっと厳しいというか何でしなかったの?」
クマディア 「球磨川かティアナか…どっちでしょうね」
クマナイト 「正直隠すのも面倒だしいいよ」
志々尾限 「普段中身とか考えないな
クマナイトはわかるけど、
かといってクマナイトの動きがわかるわけじゃないんだ、俺」
クマセリア 「山彦の票次第。」
ミクマー 「星熊の投票先が吊れる」
初音ミク 「割れますねー」
クマディア 「ものすごい割れてますね」
ブラックマー 「すげえ、1-1-1-1だ」
ムックマ 「なんか凄い割れ方」
志々尾限 「山彦次第…」
GM 「私ぐらいGMになるとさ
夜に誰がどの役職についてるか1日目から分かるんだぜ
すげーだろ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ブラックマー 「GMすげえ!」
ムックマ 「相互×2か」
GM 「ちょっといやな予感が」
ブラックマー 「やるじゃないか、あた野郎」
ミクマー 「お、勝ち筋行った」
ムックマ 「お疲れ様」
初音ミク 「よし!
お疲れ様ですよー」
クマディア 「わーすごいですねー(棒読み)」
GM 「せーふ。」
キュートバニー 「おー 狐吊った。お疲れさん」
こあクマー 「お疲れ様です」
戦争と平和の剣 「このあた野郎」
日番谷冬獅郎 「おおすげえ、吊れた」
志々尾限 「…あれ、これ
同じ現象が起きてないか…?

って、よかった、お疲れ」
クマディア 「よっし!
お疲れ様でした」
ホライゾン 「お疲れ様」
クマセリア 「だってGMだものそりゃ・・・>ブラックマー」
球磨川禊 「『ちぇーっ』
『また勝てなかった』」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様だ」
キュートバニー 「あ、ほんまや 星熊あた狼じゃん」
こあクマー 「GM初めてやった時に驚きましたよねそれ」
球磨川禊 「『ティアナちゃんに投票すれば良かったかあ』」
クマセリア 「おおー、狐吊
山彦凄い。」
GM 「GMでも立ち向かえないWO怖いわー。超怖いわー
お疲れ様」
クマナイト 「お疲れ様」
戦争と平和の剣 「なんだろう」
戦争と平和の剣 「途中の球磨のままでいるべきだったという後悔感」
戦争と平和の剣 「パないの」
球磨川禊 「『ここまで残った狼残してあげようかなとか思ったのが間違いだったぜ』」
日番谷冬獅郎 「ちなみに星狐呪い無効でよかったな>球磨川
有効なら俺は初日くまに呪いをかけたためお前は死んでいた」
キュートバニー 「くま球磨コンビで司祭×2だったなそういや」
クマディア 「大丈夫です、問題ありません」
初音ミク 「マニアか何かですかw>赤セイバー」
アーちゃん 「うーん、のこってる人外位置的に仕方ないんだろうとは思うけど
なんだかなー」
球磨川禊 「『子狐じゃなくて良かったぜ>とーしろちゃん』」
クマディア 「そう言えばそうなりますねwww>バニーさん」
くまP 「おっつー」
GM 「しかしアレだな球磨川君」
キュートバニー 「赤セイバー噛まれるとなあ。
流れ的に阿武隈がとっても吊りづらい」
クマセリア 「同じ顔で同じ職・・・
PHPの輝石ですね。」
GM 「その、なんだ。」
志々尾限 「名前が違うから、アイコン同じでもそのままでよかったかもな
そしたら同じアイコンで、同じ役職…熱いな」
GM 「投票が遅かったことについてGMに言われてもそのなんだ
困ってしまうのだ。」
ブラックマー 「素直に信じるなら阿武隈はもう吊れないわよくまちゃん!」
アーちゃん 「そういや交霊真で出る率とか考えたら即吊りレベルかなあ」
ブラックマー 「だからくまPPしろよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「『そうだよね』
『僕はクマ陣営なんだから』
『ティアナちゃん吊りに動けば良かったぜ』」
志々尾限 「ティアナェ…>パンツ」
初音ミク 「というか交霊であそこまで潜る理由あんまりないよねって思うんです」
クマディア 「クマPPで勝てます!悩まなくていいですよ!」
戦争と平和の剣 「思ってたことはなんで交霊でCOして指定先に勇儀に投票させなかったの?ってところかな」
アーちゃん 「ないね、舌狼結果で出るべき」
こあクマー 「クマPPしたら狐勝ちでしたねえ、そういえば」
球磨川禊 「『何故そこに気付かなかったんだ』」
キュートバニー 「えーと 結果見ると」
キュートバニー 「ああ クマナイトの段階で出ていいっぽいなこれ」
キュートバニー 「確かに」
クマディア 「あ、言われてみれば確かにクマナイトの時点で出て良かったですね」
アーちゃん 「うーん、ちょっと殴りが足りなかったって事かなあ
やっぱり初心者ってことで」
ミクマー 「そこはまぁ、蘇生いるから蘇生候補狭めたくなかったで通用すると思いますがね>でなかった理由」
球磨川禊 「『くま陣営に投票した僕が悪い』」
ブラックマー 「非クマ陣営を占った日に死ぬ辺りクマの呪いは強いクマ」
ムックマ 「また・・・じゃないよな>投票」
初音ミク 「とか言いながら
私が噛まれる前日でよっかなーとか球磨川言ってますから
あんまりそのあたりは通用しないかと」
アーちゃん 「それいうならティアナ吊らないとダメって事になるけど>ミクマー」
GM 「夜でもWOあるんですかねえ」
クマディア 「…いや、そんなまさか…>ムックマさん」
アーちゃん 「蘇生潜ってるのになんで出たっていうなら、どうかんがえてもティアナだし」
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました
クマセリア 「狼WOしてる?」
クマセリア 「おつかれさまー」
ブラックマー 「明けたで工藤!」
ミクマー 「お、勝ち筋」
初音ミク 「お疲れ様ですよー」
クマディア 「お疲れ様でした」
ムックマ 「あっぶないあぶない、お疲れ様」
星熊勇儀 「お疲れさまだな」
こあクマー 「お疲れ様です」
ミクマー 「くまが阿武隈行きそうなんで」
日番谷冬獅郎 「お疲れ様」
ホライゾン 「お疲れ様」
くまP 「おっつー」
志々尾限 「あ、よかった
お疲れ」
GM 「お疲れ様でした」
GM 「おのれWO!この村もまた破壊されてしまった!!」
球磨川禊 「『これ多分ティアナちゃん死んじゃうんじゃないかなあ』」
GM 「突然死についてはそんな感じです」
星熊勇儀 「くま吊ってもティアナ吊ってもアカンかったが。
くまはなんとかなるかいなー?」
ミクマー 「くまが発言的にティアナ信じてるふうなんですよね>球磨川さん」
初音ミク 「くまがティアナ信じちゃってるっぽいですね」
星熊勇儀 「ああそうそう、私が投票しようとしたときも超重力にのまれたんだが」
GM 「やっぱ最後の一人が投票飲まれとるね」
球磨川禊 「『あっれくまちゃん司祭だっけ』
『メモミスってたぜ』」
ブラックマー 「やっぱり何かあるクマかねー」
初音ミク 「となると
なんかの不具合っぽいですね>WO」
星熊勇儀 「昨日の話じゃーなくて、一回ものすご私の投票は遅い日があったんだが」
クマディア 「くまさんがどう動くか」
日番谷冬獅郎 「やっぱ呪術師とはいえ早々に占い露出は強い位置だな」
GM 「6日目に最後の投票者だね<星熊」
GM 「後7日目もだ」
クマセリア 「一応下界に注意した方が良いかもね<投票」
星熊勇儀 「阿武隈は票見たら絶対狼見て吊る場所ではない。ではないんだが」
ミクマー 「3日目の投票後にたしか私も重くなったことあったんですよね
この村で」
アーちゃん 「不具合じゃなくて普通に重くなっただけって気しかしないけど
何かあるのかなあ」
日番谷冬獅郎 「ああ、昼なら俺も3日目はすごい遅れたな>星熊
あの場合はwoじゃなくて純粋に投票画面に行けない、ということで
俺のPCが重いせいじゃないかと思ったが」
球磨川禊 「『苦悶結果を出せば良かったかなあ』」
日番谷冬獅郎 「たしか230位にやっと投票画面に入れたはずだ」
こあクマー 「殴り合い凄いですね
私もこの領域になりたいものですよ」
GM 「投票時間で一定以降だと重くなりやすい模様?」
ブラックマー 「ちなみにくまと阿武隈もある意味ラインは割れてないクマねー」
星熊勇儀 「そうそう、投票しようとしたらバーがずっとぐるぐるーってなってな。
突然死するかと思った     >>日番谷」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
球磨川禊 「『僕の非狼アピが効かないとか……>クマナイトから投票されまくってるぜ』」
アーちゃん 「うーん、うん、これ残っててもこのメンバーじゃダメだった」
ブラックマー 「つまり超過前投票が流行る(確信)」
初音ミク 「あんな中に放り込まれたら死んでしまいます
修羅怖い・・・」
クマセリア 「おー」
ミクマー 「あ、勝った」
クマディア 「そう言えば3日目の投票の時、投票のところクリックしても反応がなくて焦りました」
星熊勇儀 「あちゃー >くま」
球磨川禊 「『くま陣営が敗北とか悲しいぜ……』」
志々尾限 「前日までは大丈夫だったな、さくっと投票できた
…超過前投票、しておくべきかな」
初音ミク 「あー・・・残念」
クマセリア 「まだWOの魔物が・・・」
クマディア 「…無念です」
アーちゃん 「ごめんねー たぶんこれ怒るのダメだった
この2人相手にする可能性とか考えてたらちょっと無理だった」
こあクマー 「あ、勝ちましたね…さすが凄いですよ」
くまP 「ほらなやっぱりティアナは修羅だった俺みたいな初心者は怖くて震えます」
日番谷冬獅郎 「俺もそうなったな>星熊
ってことはPCよりはこっちの村の方、というかPHPによる問題か」
星熊勇儀 「いや、それが現れたらノーゲームで良いだろうさ >クマセリア」
球磨川禊 「『どうして僕はティアナに投票しなかったのか』
『狂人の振りをしたせいで狂人になっちまったんだ!』」
戦争と平和の剣 「まーた怒ってたのか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました