←戻る
【雛1004】やる夫たちの超鍋村 [1227番地]
~鍋探偵前に一つ。~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 島風
 (dummy_boy)
[巫女]
(死亡)
icon 長月
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[人狼]
[仇敵]
(生存中)
icon さざびー
 (ごるでぃ◆
nYCqZ1EeUI)
[天狐]
[仇敵]
[痛恨]
(死亡)
icon
 (あたい)
[狂骨]
(死亡)
icon クマー
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[連毒者]
(死亡)
icon シノビ
 (AA)
[隠者]
(死亡)
icon スノーマン
 (プースカ◆
Jiq7qCHs.A)
[大蝙蝠]
(生存中)
icon ルーミア
 (雑穀米◆
Dd4MVft17I)
[村人]
(死亡)
icon 玖渚友
 (鍵付き ◆
keynotFZgnXX)
[占い師]
(死亡)
ゲーム開始:2013/07/19 (Fri) 20:22:16
出現陣営:村人陣営5 人狼陣営1 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 決闘者陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
島風 「しかし中々豪華な役が出ているような」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
島風 「お疲れ様でした」
玖渚友 「そりゃ蝙蝠吊るよ、可能性として一番危険だし」
玖渚友 「んで吊り逃れもなー、しない理由ないからね」
島風 「決闘も含めると人外4ですからね。
その中で流動的な蝙蝠をいっそ放置するのも手だということですね、今回は」
玖渚友 「占い視点あれなんだよね、スノーマン蝙蝠って結果しかないから。
灰に手をかけたくはないってのがありつつ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「スノーマン吊って結果持ってCOしーの狐吊り、のが開幕でLW吊りよりは好み」
島風 「占いCOしてグレランに賭けるのも手だったかなとは思います」
玖渚友 「それも考えたんだけどさー、やるにはスノーマンのCOが早かったね」
玖渚友 「あれ出る前にCOできていたら、だよねえ考える事としては。」
島風 「○結果をあえて出してライン対立路線・・・はちょっと無理そうですが
後出しでも噛まれるだけなので1吊りは節約できますからね」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
「方針は間違ってなかったけど最悪な感じだ」
玖渚友 「仇敵がなんてーかっていう」
「シノビはなんで隠者COしないんだろう」
島風 「ここでダブル隠者である
せめて一文字違えば俺とお前でダブル忍者だったのだが」
「正確にはもっと早く言って奴が騙りであって○出してる奴も偽さあどっち先吊るよ?っていうことを村人に訴えていこうよ、ということだけど」
島風 「要するにさざびー吊って長月シノビランで良い話ではある。」
玖渚友 「めんどいからさざびー吊ろうぜ、で終わりかなー」
「ここで隠者ランするぐらいならさざびー吊りのほうが安全かなあ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「ロラってさざびー真決め打ちかーシノビは」
玖渚友 「さざびー真決め打ちするってもさざびーは長月に○出してるんだけれども」
「ローラーしてさざびー真だと相手が子狐になるんですがそれは」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「よく再投票になる村である」
「ってあたいたちは言ってるけど答え見えてるから霊界番長なんだよなー。
なんせ決めうつにもなんにしても、時間が足りないんだろうね」
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「あたいとしては最投票で痛恨でりゃいいんだけどぐらい」
島風 「3%でしたっけ」
玖渚友 「5%だったかなー」
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
玖渚友 「えーと、釣瓶の時に確認したからうん、5%。なんやかんや結構出る、消費税くらい出る」
島風 「スノーマンが変えないのは意外。勝ちたくないのかな」
玖渚友 「スノーマン視点シノビLWだからそこ吊って勝利狙いーかも」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
島風 「うむむ、引き分けてしまうよ?」
玖渚友 「霞、お前はいいやつだった」
島風 「あっ・・・」
「Yes!!」
さざびー 「ふぁっ!?」
島風 「再投票はこれだから怖い」
玖渚友 「いやータイマンっすよこれで」
「あとはシノビ頑張れ。たぶんきついけど」
さざびー 「えっ、なにがあった、の」
さざびー 「100!?」
玖渚友 「ということで霊界はシノビ応援です、狐は帰れ、地味に占い反射じゃねーか」
「冷静に考えてあたいしか投票してないし、釣瓶はありえないから遺言見て狂骨じゃーん?
長月視点で超ラッキーみたいなことになってるけど」
さざびー 「ぐあああ、ちくしょう、ちくしょう、狼に○当てて確定、ロラまで持っていけてたのに!?」
さざびー 「あのさぁ、反射されてイラつくのはわかるけど帰れとかは暴言なんじゃないかね?」
玖渚友 「村も蝙蝠も狼も笑ってるよ、狐だけ苦しんだよ」
さざびー 「冗談の範囲で流しておくけど、さ」
玖渚友 「反射してないしてない!>さざびー」
玖渚友 「反射死だったらむしろベストまであった」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
島風 「冗談の類だと思うからそこまで神経質にならなくていいと思うよ」
島風 「<さざびぃ」
さざびー 「えっ?噛まれ死? そりゃすまん。
そしたらさらに何でそんなイラついてるのかわからん!」
「噛まれてもいないしただのスラングだから聞き流そう。
くなぎさはいいすぎてごめんね、これで解決さ?」
さざびー 「○を玖さんに撃って銃殺かみあわせor狐噛み主張してた方がよかったのかなぁ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
島風 「あと、くなぎさともは吊られ死です」
クマー 「狂骨…!」
島風 「狼は生きろ豚は○ね!狐モフモフ!みたいなもんだよ
お疲れ熊」
「それしたらおまえ100%しぬぞ…」
さざびー 「あ、玖さんじゃなくて霞さんね、だめだ、テンパッテル」
島風 「それ、破綻ですから」
玖渚友 「んでルーミア次第だけどどうなるかなー」
島風 「落ち着こうぜ、ひっひっふーひっひっふー」
玖渚友 「それラマーズ法や!」
島風 「今日も霊界は情熱ラマーズです」
さざびー 「長月さんか霞さんあたりが占ってくるかな、って思って準備してたんだけどしくじったなー」
玖渚友 「スノーマンがどっちつかずベイベーの以上ルーミア次第だけれども」
島風 「狐どこへ消えた」
玖渚友 「普通に考えて僕様ちゃんorさざびー狐でもって、さざびー真なら
僕様ちゃん偽なんでどうして夢を考えるか」
「どのみち4人の時に狐云々言う奴は吊られても文句いえないんじゃねー?」
さざびー 「長月さん破綻しかけてるよね」
島風 「スノーマンだから大丈夫。
ス・ノーマンだから。」
玖渚友 「んー、いや。長月自身は全然」
島風 「破綻と言うのはね」
「久しぶりに一対一の舌戦最終日を見た」
島風 「占い師が前日死んだ人に○を出すなどの、仕様上ありえないことをさす言葉なんだ」
玖渚友 「だからさざびー狐で霞決闘で僕様ちゃん真で長月orシノビで狼」
さざびー 「とりあえず狂骨って何処にあるんだ役職表ー」
玖渚友 「復讐者」
玖渚友 「検索かけようぜ☆」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
さざびー 「ん、検索フォームがあるのか・・・?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
玖渚友 「早見表でctrl+fでいんじゃない?」
「まあ仇敵ってサブつけるのは復讐者だけだよー」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました