←戻る
【雛番外】やる夫達の恋色決闘村 [1258番地]
~安定のシンプル決闘~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君ゲルト君モード自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 身代わり君
(生存中)
icon 東風谷早苗
(生存中)
icon ルル子
(生存中)
icon
(生存中)
icon 西東天
(生存中)
icon クマー
(生存中)
icon
(生存中)
icon
(生存中)
icon タケシ
(生存中)
icon 白井黒子
(生存中)
icon 藤原妹紅
(生存中)
icon カスミ
(生存中)
icon 那珂
(生存中)
icon 巡音ルカ
(生存中)
icon 五十鈴
(生存中)
icon れーせん
(生存中)
村作成:2013/07/27 (Sat) 02:38:36
村建て が幻想入りしました
村建て 「3:00開始予定」
かりーさん が幻想入りしました
かりーさん 「こんばんは
挙手した手前、とりあえず入村を」
村建て 「配役の感想を聞くために真紅で建てるべきか
交互に建てる宣言どおりに雛苺で建てるべきか」
雷 が幻想入りしました
「ふふん!」
かりーさん 「深夜ですし、先ほどまで鍋のあった雛で立てた方が
人目につきやすいから今回はこちらで良かったかと思いますよ」
「ぶっちゃけどっちで立ててもいいんじゃない?
気付く人はどっちでも気にしないでしょうしね。」
村建て 「そういう発想もあるのかー」
「でもアイコンは真紅の方が多いからそれはそれなんじゃないかしら」
西東天 が幻想入りしました
かりーさん 「折角の深夜、ついでに少人数、たまには日頃やらない適当なRPでもしますか」
西東天 「まぁ、よろしく。」
かりーさん 「かりーさん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーさん → ルル子
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 4029 (ルルーシュ2)」
ルル子 「    /     .ィ劣爻xX爻x爻丞z爻xX爻X沁、   〉
  /      ,.イxX丞≫" :.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:`守爻㍉、/
  \__/炸爻㌢ :.:.:.:.:/:/:.:/:.:.:./:./:.:.:.:./`守爻垈、
     斥采x苡'./ :.:./:/.:.:.:.////:.//:.:.:.//!:.:.`守爻垈、
    r匆x爻仍 .:!:.:.:/:.://:.:.:.:////:.://:.:.:.///!:|:.:.:l`守爻垈、  というわけで失礼しようか
 ,r≦劣x爻㌢´ :.:.! :/:.://:.:,∠///:.://:.:.:./// l:.l:.:.:.l:.:.Ⅵ爻戔:
ィ劣x爻x才´ .:.! :.:.|///:/ーァ-/:.://:.:///___l:.l:.:./:.:.:/゙冬x爻
劣x爻㌢´!:.:.l:.:.l:.:.:.l弁≠ミftッ、/:///.,//-‐、ヽ∨:.:./:.{ ゙Ⅵx爻   流石に真紅の大人数で、
爻x才´イ.l:.:.:!:.:.!:.:.:.トイ´ 心クイ≠、/'´ ,'/ィz=≡ミ,/:.:./:.:.l  Ⅵx爻',
爻仍:´/:/:.:.:.{:.:.'.:.:.:.! `¨¨´       { ´ゝひ心〉':.:/:./:.:!  .Ⅵx爻、  このRPをやる気にはならん
㌢./:.:/:.:.:.ト.:.`r、ヽ:.:ヽ         /  `¨´/:.ノ:.:/:.:.:.!  `守x垈、
 /:.:.:.:.:.:./.::!:. |l ヽ丶:.:\      _´   //、:.:./:.:ハ:.{    `守x垈、
./:.:./:.:.:.:.:.:i:|:.:ノ\'\`‐-ヽ   ` ー─´     ./ /:/|:/ ヽ! ,-ヘ ̄ヽ─────
':.:./:.:.:.:.:./:.リ:/i:.:./:.了ヽ             /ノ!/ ̄ ̄ ̄ ̄| ',  ',: : : : : : : : : :
:./:.:.:.:.:./:/:.:/:j:./:.ハ:.`、 丶、        ∠:.:.:イ      /   .l  |  |: : : : : : : : : :
/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:ノイ:./:.j:.:..トヽ  > 、_ イ:.r '´  ____ ノ-‐  |  |  |: : : : : : : : : :
:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.::.:./j/ ノ:.:.:i__r───‐/ノ / ̄  / / ̄ ∨ (_|  |: : : : : : : : : :
:.:.:./:.:.:.:.:/:.:./ :.:.:.:. /, ─| | ̄ ̄/ _/ /  /   /      ̄l│ |: : : : : : : : : :
:.:/:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.: (/∧ :| |: : r/ // /___   /   __/| |  |: : : : : : /: : :
/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.: /.:. |/、Y/:| |:./ // /|└┤ ./-‐´/:.: : : : :.| |  |: : ム≠´: : :
:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:|}}〈〉{:|r┴ ´ ∠.ノ| |: / /: : : / : : : : : :.ヽ!_!/:. : : :/: :
:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.: /:ヽ∨/|`¬'´: : : : :| !/_/: : : /: : : : : : /: : : : : : /: ://: :」
クマー が幻想入りしました
電 が幻想入りしました
「電です。どうか、よろしくお願いいたします」
クマー 「決闘の配役がどうあれ 一つだけ確かなことがある それは
クマーの需要は相変わらず高いってことクマ」
「はわわわ・・・隣が獣さんなのです………
おどろきなのです!」
ルル子
         rf冖冖冖冖¬ミミxn、::::::::::::::}ト、 }トヽ.
         ,              `弌fi厶::fL」.斗ト、
        ′       {   、ヽ、 `ヽ.  >ノ:ト、.:<}_} >  ふふ、流石は週末
       { {    i | |i ||、 \  V/:/ }ト、::::\`丶、
       | |    | | |i ||ト 、 ヽ、}{::∟ノ:} 、\::::.く⌒  不安だったけど人はそれなりに
       ⊥l    | | |i |||   >=イ `T T1 ヽ ヽ:::',
     /.:::|!     | | |i ¦|{ ,イ≦手! ¦ lハ 、\}:::}   集まるようだな
    /.::/:::::! i ヽ   ¦ | |i !|レィ代芝シ}   }/ヽ、ト、 \レ'          _ .ィ
    {:::::{{::::::| ト、 、\ { r外、 ! }  ´^  |i /イ  `7\ト、     _ .x≦彡'
   └‐ヘ:::八{ ヽ\ ト、トfトヘ|ノ      |/ /  rf'.: .: .: .:}ト≦三三≧'
       `≦=キト、ト、}仆、 }  _ _ ノ  厶 rf'.: .: .: .: rタrタ.\三三三三三≧'
. ー==≡ニ二三圭|ノi厶孑'`≧ァ  .. __ . イY≦、.: .: .: .: rタ fタ.: .: .:ヾ三三三≦
          ,≧三三>:´.:|/}/.{::{ }/}::{:.`ヽ\:rタ rfタ.: .: .: .: .:ヽ三三三ニ≧、
       ー=≠≧三/.: .: .: .: .: .: .: >イ:{!:ト=彡rタ rfタ.: .: .: .: .: .: .:ヽ三三三三\
             /.: .: .: .: .: .: .: .:{/ |::| |:::}.: .:rタ ,rfタ.: .: .: .: .: .: .: .: .:`、三三三三
           /.: .: .: .: .: .: .: .: .: ノ  {_j.ノ厶rタ  rfタ.: .: .: .: .: .: .:/.: .: .: .:`、三三三ニ
          {.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:{⌒¬ァ冖、__fタ.: .: .: .: .: .: .: /.: .: .: .: .: .:ヽ三三三
           ヽ.: .: .: .: .: .: .: .: .:|  / / / rfタ.: .: .: .: .: .: /.: .: .: .: .: .: .: .: ヽ三三
             \:. .: .: .: .: .: .:」 rfKく  rfタ.: .: .: .: .: ./.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:}」
「あら、電じゃない!」
村建て 「>クマー
鍋役お疲れ様です
だが鍋にする」
「え?え?何これ?
左がおかまで右が狐ってどういうことなの?」
「えへへへ、来ちゃったのです!>雷お姉ちゃん
びっくりしたです?」
ルル子
                     -‐. :: ̄:¨:.‐- .
                 , '´ ::::: ::::::::: :::::::::::::`丶
.               , ' ::::: ::::  ::::::::::: :::::::::: ::::::::\
              / : :: / ::::::::: :::::::::: ::::::: :::::: ::: ::: ヽ
              .'::: / :/ :: / :::: :::/ :::: ::::/:::'. ::: :: i::: !
              ノ/: l ::|: ::/ ::::/::/:/:/ ,' :::ハ::: ::| | :| ::: ヽ  初手吊り文化というものは
.             //.|:::l ::| :/::///:/:/ / ::/ V:::|: :|: ::}!::::::ト}
            // ||::|:::|/∠_//::/:/_/:∠.._ト、| ::} :/l\┴、   なかなかバカにできないものがあるからな
.           // /l|::l ::Vチ≧z、::/ /::斗≦升ラ:::,'::/::|  \ ヽ.
          /´_</|!::ヽ:::マセッfム、〃ノ,tfヒ込ソ:::/:/:l :| ',   \ `ヽ   大人数の村では特に感謝している
           __レ´ .>ヽ:ヽヽ:: ̄::. }     .::::/:::/:/,イ.::|  、.  \(
           }/ / / ヽ_:::>  ヽ    ∠:ノj:'::{::.l ::{  ヽ  (`ヽ
           し'ノ.  /  リ::::.>、 'ニ ヽ ∠イ:::|::|:::',:人 r‐、_)^
            ヽr廴r-イjノリ l::fr>、_.∠rf^:::!:l :lヽ.ゝ-ィ'ー┬´    >クマー
.                 ! ::ノ从イ.     Vヽ:!::!:: ! i :::!::i::l
            _ 、-‐…ゝ≦ア     }¨ ¬!--!-i -!-i:i」
「ふふーん、びっくりしたわよ!
でもそんなこともおくびにも出さないのがこの雷様ってわけ!>電」
クマー 「ルル子・・・じゃあその弟はナナ夫・・・?
やだ、絵にならない・・・(酷」
「おに……おねえ………
どっち、なんでしょう?」
桶 が幻想入りしました
「あたしクマ吊りも良いけど狐も吊ってみたいわね、初日に
たまには狐吊ってみましょ」
タケシ が幻想入りしました
「(ヒュー ストン
着地成功!」
タケシ 「きれいなお姉さんがいると聞いて!よろしく!」
ルル子
       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
        .|:.:.:.l^l:.:l:.|.:. l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
        |:.:.:.:}}|.:.|:.l.:.:.:l、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
       .|:.:.:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l       美しいものに性別など
      |.:.:.:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ.      ヽ, ,}\       ヽ
      |:.:.:.:.:.:.{=l:.'.:.ヽ ',-\      {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',     愚問だとは思わんか?
      |:.:.:.:.:.:.|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
      |:.:.:.:.:.:.:|{≡}|ヽ-、\  、__ _  ´ .|  | ',
      |:.:.:.:.:.:.:}:|f i:l. \     __ ゚ヽ  {  l ',
      l:.:.:.:.:.:.:.:ハヽヽ  \    ¨   `才:.ハ
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:|\\ \   , ' ´/: : : : |ヽ
      |:.:.:.:.:.:.:.:}二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! : : |  \
      |:.:.:.:.:.:.:/:∧.: :./ /: :  ̄7 / ̄ ̄l : : : : |  _〉___
      |:.:.:.:.:.:/: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/: : : : :.:|.__|____     >雷
____.!_/ 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_: : : |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :」
「おどろかせることができたのです!>雷お姉ちゃん
いつも通りだから失敗したかと思っちゃいました」
西東天 「人見知りだから…仮面つけてんだ……                  まぁ、嘘だけど」
「はわわわ!
と、となりに桶が落ちてきたのです!!
お、驚きました」
西東天 「西東天 さんが登録情報を変更しました。」
「書類描くとき面倒じゃない?>ルル」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!  男同志が良いとか
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|
          |: : :.::._|:. .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|   男女CPが良いとか、そんな狭い範囲で語るものではない
          |: : : :{ |: .:l上レt癶:{:/  ィfj升V.:.:∧リ
          |: : : :,ゝ:从:.',        `¨¨7.l,リト、!
          |: : : i:::| :lハ.!       ′  从ト、!     美しいものは美しい、それだけが真理だ
          |: : : l:::|:   ト、   `.- '  イ::.:.| :|
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|」
「電もやるようになったわね!
でもいいのよ、そうやって司令官もおどろかせちゃいましょう!>電」
「うふふ、びっくりした? >電さん
それならいいんだそれなら。何しろこっちも驚いてもらわないと困るから
どこぞの傘じゃないけど」
「電のお姉ちゃんまみんなきれいなのです!>タケシ」
白井黒子 が幻想入りしました
タケシ 「よろしければ僕と結婚を前提にニビジムへひっこしませんか!?>ルル子」
ルル子 「      ||         ノ.:.:.:ノvFー--、.`Y ノ,:く.  Y.:.:.:.:.:./
      ||.       /.:.:.:.ノ'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ. ヽヽ、.Y.:.:.:/
     ||      ノ:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',ヘ|.:.:',. |.:.:/
.       |.|.   , '´7:__ノ.:.:.:.:.:.:.:,/.,/.:.:.:.:.:|.ハ.:.:.:.:',.:.:.:.', レ'
.      |.|     ',.:`7.:.:ー-、///.:.:.,、:/||_|__.:.:.|.:.:.:.:〉  大丈夫
.     |.|       {.:',.:.:z=ニミフ.:.:/フ/ラ/|.:..:`/:ノ:.:,'
       |.|.       ノ.:.ヘ.:lミヒ叮/.:.イ/イラ艾ハミ/.:/.:.:,'    性別とか○うつの忘れても
      |.|.     ノ'´',.:ハヘヘ”゙/'  !  ”ー゙くノ.:ノ/ノ|i!
      |.|     ノ/|:ト|ヾヽ. ,--、 -=彡く='|/|| ',   面接まで行けるから!(実話
      | |    ノ'´ノ/ |.:.ヘ.、 、 ノ , 彡.:ノi!|' .i! '
.     .| |    '  '  リ.:ハ.:ハ ー ≦イ.:.:./|| ' i! '   >雷
.       | |    ,. ---'y...r〈¨`ry'¨¨:〉从. i! '
     >'フ   ,'    , ヽK゙:::::〉ト:::Y/ー--- 、」
藤原妹紅 が幻想入りしました
タケシ 「ごめん、君らはちょっとストライクゾーンから外れているんだ・・・>雷 電」
「司令官さんにはまだちょっと電はかなわないのです>雷お姉ちゃん
でも、がんばるのです!」
クマー 「タケシっていうと世紀末リーダー伝のほうを真っ先に思い浮かべるくまー」
白井黒子 「            ,. ''"´ ̄`フ三三} /:.:/ : /: : : :.:/V゙l: : : : : : : :.ヽ=ァ
            /: : : :,.-‐ァ゙三=/ /:.:/ : /: /: : /´^`|: : :.:.:.|: : : : ∨
         /: : : :/: : : 厶三=} : j: ∧-A、ハ: :/    |:.:.ノ:.:ノ: : :.:.:.卜、
        .: : : :/ : : :ィ: !: :.`T´: :.:∧!,.ムL_{ヽ!_{,     !:イ/}: : :.: : :|: : ヽ
         { : : : :.://: :|: : :.:j: : :.:.| 〃ん:ハヽ   `フフ⌒メリ:.:.j:.:.:/: : : :.',     よろしくお願いしますの……って
        ∧: :.:l/ /: :.ノ : : イ⌒ヾ!  弋:ツ      だヌ^V/:.:/:.:/:.:.:r 、: |  -,
.      / : ',: :{ {:/: /八 い    ^¨       弋ツ 厶イ/!: : :| |: ! / /   _ な、なんですのあの珍百景は……
        {: : ∧: :ヾ´:.:/|: :| ` ー:、 u        ′ ^¨ ./:): : : j\:.| l:// / / ノ
.        : :.レ} : : Y: :./!:.:j     ト   i^>-       /イハ::_:./  l:j ゞ゜.//./  _
         〉: :く!: : :.ノ: //: /   厂フ \ ヽ、 .ン     イ   八 ヽ//     (_,.'´ ノ
.      { iヽノ: /∠⌒^冖¬{  \   、__,.. <{: : |  /: ∧ V    ヽ、  ,. ´
         〉'´:xく /    \   |   ),  / \_ 八 : l//: : 〉  `ヽ     /
      /:/\: | {:.   ヽ  |  /   ノ^i ヽ  ゙̄V: :/{:.: : /∧
        {:{  ,ノ{  ヽ、     7〔\. ∨   >、}   ∨',.ヽ: :V /〉    ./
        ヾ:.) ヽ 〉   \ .:}/ ヽ. >┴っく/  {: j: |: j  〉: 〈./    /
      /    {     \\|:  / -‐''´ ノ  } /:/V /∧:/    /
          ∧       \|: /       〉__V:  | {:.{ ./    /」
藤原妹紅 「              r、.,____,,..へ.
      ト.、..,,__     !::r--‐‐ァ::/
      i:::::r-‐、\  /:/ [] ;':::/
      ';::::', l:::] |::| ,'::/ /] /:::/
      \\__」ソr'!::L__//`"' 、
        ,>、,_ン-'ー‐'''"      ヽ.
       ,.'´ ,       、  ヽ.     ',
     /  / ,'   ! ハ ハ、_!__,i  '; ';  i
     ;'  ,' .-!イ_」/ !ムァrァーt'、,! i  !   !
     i i ! ,ハ'ア'iノ!  ´ !ノ ,ハi !  !  |
     レL_!_/'!` ゞ' .    `"´,ソ  ハ  |
       ,ノ八'"  rァ-、  く  ,イ. ';   !     ったくお前ら、何時だと思ってんだ
      く_  /`>,、` ┘ ,.イ`>'i__! ',  |
        `,ゞ、ァ=-i`7i"´/レ'7'´ `ヽ!__,! /ヽ.
     }_>/,ン´,'/ ヽ,ゝく__,ム,'      ';__k'___」
       ,'イ /  /o     ,!      ,.へ!   _____
    r-/ヽ,'   ,'       ハ、_,.r'"´  `Y^ヽ、_」
    ソ'´_  !、_  i.o、   _,,.イ/ i ';      ',
    ;'   `ヽ7、____!     ハ、_!ン'"´ ̄`   !<二l
  /i   ,.r'ソ:::::`'ー`''ー-=ニ':,>'、ヽ.    ,.イ
  ,' '、  レ'ヽ.:::::::::::::::::::r-と´   '; i    / .!ヽ.
  i  ヽ、!`/::::::ヽ、_;:::::::ト--`ヽ.__.」.|  ,.イ  |、_」」
ルル子
                       _,..-‐.':: ̄:¨:.""'''‐- ,
                    , -' ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::\
        .          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.: ..:`.
                 /:./.:./ :.:.:./:.:./:.:./:.:. /.:. :./i.:.:.   .    l
                /:.イ:.:.l  :.:.,':.:./:.:./:.:. /:.:.: / ハ .:..|: |:.  :.: : ..|
                //:.|.:.:.| .:.:.,.:./:.:./:.:. /.:.:. //  ', :.l:..|:.|.:.:.:!:.:.i:.l
               ノ |:.|l:.:.l :l.:.|/:.:./_i}. イ:.:. /∠__ヽ.|::.l:.l:.::..}:.l|:.{   …っ!
        .       ´  |.| |:.:i :|.:.{:.:/チ≧zli:. //.斗≦升ラ:.}:i:.:./::/|lト、
        .          {l ヽ:|:.|:.:.',マセッfム}.//ノ .,tfヒ込ソ:.:/:.:/.:.!.:.!ヽ   なかなかにストレートな告白、
                   ,'`:',:.|:ヽ:: ̄::.      .:::: /:::/:/イ.,':.!.:.!.!
                   ,'::|:ヽ}.:ヽ:>   '    ∠:ノ/ノ.:./.:.:!.:.:!    見事な男児だな…
                  ,':.:|:.::|)ノ l.:.:>  - 、  ∠イ:./:./:.|:.:.!. :|
                  /.:.:|:.::|:.|:!}ノリ}l` 、     'V|ソ:/:/l:.:.!:.:.!.:.:|
                   /:.:.:.:|:.:!:.:!:!:.:.:| :.:.:ノ ` ´  V:/:/ヽ;.:.!:.:.!:.: .|  ま、前向きに考えよう
                /__  --‐´´´´r      l   \:::! : :!::l
                /ヽ ゙、 ゙、       l‐_ =-‐- 、 !     ` =ァ‐,、::!   >タケシ
                _/    〉丶丶     L -―- 、`l      / / /
                 `ー-=、/\丶丶     !_ -―-、`l     / / 〈
                 /::::::::\\\   l      ゛!      / / /ハ」
「タケシといえばあれでしょ
歌の壮絶に下手な人」
「すとらいくぞーん?何それ?>タケシ」
「急に来たのでびっくりしたのです・・・>桶さん
傘なのです?」
村建て 「村建て さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:村建て → 東風谷早苗
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 53 (東風谷 早苗)」
「えーと、もうすぐで惨事になる、かな? >妹紅さん」
「夜戦なのです!>妹紅さん」
「そうそう、電の本気を見せてあげちゃいなさい!>電」
「夜戦主義よ!」
「すとらいく・・・ですか?>タケシさん
よくわからないけどごめんなさいなのです」
タケシ 「本当ですか!?
やったぁ!これで弟や妹たちに報告ができます!>ルル子」
白井黒子 「       r‐ 、 /: : : : : : : : : : : : : : : :\__
       >-:ァ'  ̄}: : : : : : :/: ;ハヘ: : : : : ヽ }
.      /: : :.{   /: :.//: : /: /:::::::|: : : : : : Y:ヽ
     .: : : : :ト、__/{: : |:ト: : l: ト!:::::::::!: :|: : : : :|: : l
     |: : : : :!: : :ィヘ: :NニⅥサ::::::`サlル「: :.ハ}: : |     あんな恐ろしいことを考える類人猿がいるなんて……
     l: : : : :ト、: {ぃヽ{::::{り ソ::::::::り ソ}{:V: : : : l
     ; : : : :.|个、ゝ_    ̄      ̄ }: : |: : :      お姉様があんな輩とお近づきになったらと思うと……末恐ろしいですの
      /: : : : :乂: {\:>、 u.   r ァ   八: }: :/
.     /: : : :/ヽ: : Y^ く \ 、 _   <:{  ソ:.ハ
  /; ィ: /   }: : :}:. :. :≧く        }:.V: :/}:|
 .: :/ /:/    ノ: :イ. // ⌒ヽ     /;イ: ; {:{
. {:.〈  {: {  /:/:/::f { /   l     〈:{ {:〈 ノノ
 ヽ:\ ヾV: :,イ: : {: : 爿         }:入:\'
   \:ヽ《: :{ ヽ: :}:. :. :l___ |    /:' ∧: ヽ
    〉:} 入:V: :/:. :. :. |  |      {:.{ {: ハ: : )
   <:ノ(:{ }: Y:. :. :. :. |  |       }:) :{ }:(
      ,}! ル' :. :. :. :..:|  |     ル J;! 八:_ァ」
「ああうん、ちょっとね >電さん
脅かすのが下手な傘の子がいてね。名前なんだっけ まあいいか」
ルル子
               /.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
              /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:,.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  |.:.:.:i!.:.:.:.:/.:.:.:/.:.:.:,.:./.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!
                  |.:.:.||.:.:.:.ハ.:.:/.:.:.:/.:/.:.:.:/.:.:ハ:.:.:.:.:|.:.:.:.:i!
             |.:.:.|.|.:.:.:l.:.:/.:.:.:/.:/.:.:.://〃 ',:.:.:.:|:.:|.:.:|
             |.:.:.|.:|.:.:l.:/|.:.:〃.,'.:.:〃ム'L,,,,,,',:.:.ハ:i.:.:.:',  なかなかに
                 ,'.:.:.:.|.:|.:.レ-i:/ラニl.:/// ム_二ニ、.〉:.:i!.:.|:乂
                ,':イイ:.:|:|.:.レ'ソヒニシミ'./' ./シ辷'ノノ.〉.:/',.:.:|`ヽ   面白い面子が揃ったじゃないか
               ,'ノレ'|:.:ヘ从` ゞ='ーノハ  ” ̄”/:.:/ノ.:.:|
               '´  ヽ.:.:}ヽ乂     !     ./从|'.:.:.:.:|
               ',:.:ハ:ハ:ゝ、   ,_、  ノ'.ノ7:i:.:.:.:.:|    ふふ…やはり決闘は人数よりも
                  |.:7:ハ:|.:|:ヽ、  ー   .イ:|.:|.:|.:.:.:.:|
                レ.ノ.:}:|:|.:.:}.:|≧ ._ '´ .|:.:|.:|.:|.:.:.:.|   面子で決まるな…
                    /:7.:.,'.7:.:.:リヾ、   ノ´|、:|.:|:|.:.:.:.|
                    /:7:.:.:ハ.:.:.r' |  〉-〈   |ヘ:.:|:|.:.:.:|
              /:7:.:ノメ.:.,' .|  ./i:i:i:ヘ   |', ',:リ.|.:.i'、
             _..,, -'゚゚¨´ /メ.:.,' /| /マ:i:i∧ / | |.:.||.:.| `ー ,,.._
             ト、     ,':メ:.:ノ |. ∨ }:i:iム.∨ .| |.:.i!.:.',.      `i
             |     ,'.i!.:.,'  |.    |i:i:i:i:|.   |. |.:.|.:.::|.       /|」
「お役所に提出する書類はちゃんと描かないと突っ返されるわよ>ルル」
「ねえねえ、どうしたの?>黒子」
「電の本気を早く見せれるようにがんばるのです!>雷お姉ちゃん
近代化改修をもっと頑張るのです!」
タケシ 「今日はなんて日だ。まさか僕の告白が受け入れてもらえるなんて!
おもわず歌ってしまいそうだ!」
白井黒子 「                 -―-  ____
           , : : ´: : : : : : : : : : : : : : : : \
        }≧x :_:≦三三{: : : : : : : :/: : : : : ヽ
        |三ヲ{ニ{三三三}: :/: : :/: : : : : : : : :ハ
        >=yニニV三三!:/: : : : l: : /: : : :.}.: : :.|
      /: : ;〃ニニト==': : : : :|: :l :/|-A:_:ハ: : : !    (隣のいかにもどんくさそうな男は気付いてないご様子。)
.    /: : : イ:.|ニニlニ: : : : : |: : : :|: :レ レ |/刈: 从
.   , : : : :/: :l: :lニニl二: : γヽハ;/|:/  ィf示ミ ル
  /: : : :/: : : :|:└ く: : : : : { ヘ r  '   ヽ {ッ {       (であれば、無理に言う必要もありませんわね)
. /: : : :::' }:. : : l: : : : : : : : : ヽ い        丶
 {: : : : :.! : : : :∧: : : :ヽ: : : : : 7ー、        /
 ヽ: : : :乂: : /  : : : : :ト、: : :/         -‐′
.  \: : : :∨   }: : : :!  Y       r‐ ユ、
  /:ヽ: : : :ヽ /: : : : ┌┴―‐- √ /    〈
 /: : : /\: : V: : : :.ノ ノ__     〉f       }
 : : :./   }: : l: : /'::. ::._::. :\   /{ |    /
. {: : :{  __.ノ: :イ//::/' ̄  ヽ::.ヽ/{.{ |  イ
、_ゞ--7: :rイ: :{  ,::/        ::. ト、リ    |
   入: {、>:〉 .::〈       Vト ヽ l
  (  ≧{: :/ l::. ::.       〉::. ::.l    |
      );!ヾ{   !::. ::!        ヽ::. ::.|    |
            |::. ::|        \: |    |」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|  妹がいるだと!?
          |: : :.::._|:. .:.l/rfュ心|::/.:/-‐'´ !l ..::ト..:|
          |: : : :{ |: .:l上レt癶:{:/  ィfj升V.:.:∧リ   …ふむ、よき兄で居るというのは
          |: : : :,ゝ:从:.',        `¨¨7.l,リト、!
          |: : : i:::| :lハ.!    ____ ′  从ト、!     素晴らしいものだな
          |: : : l:::|:   ト、  '--- ’  イ::.:.| :|
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|    >タケシ
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|」
「じゃあ五十鈴ね!
五十鈴を材料にするのよ>電」
藤原妹紅 「                              /` 、
                            /`z\::>- 、
                     />、  __,/  ,. イ´| l::::::::>
                   r-' ィ::>ヘγ´fィ,. '´  |_,.| .}::::/
                   //,ヘ  `゙' Y⌒>─ - __  |:::ト
                     〈:!1:/,.  '´  ̄      ヽノ:/
                   i/ l  ト:\\:ヽ       ヽ
                    / / l  ヽ`ミxヽハ l      ‘,
                /  /  /、\ K´≫ァ卞l       :.
             -=彡イ  И L__ヽ{ーゝY ヒ少'l  .|  ヽ  ::.
                 /   | lrア卞        ;  /|   ハ  :::.
                     '  ./l  N 沙ノ     ./ / .|  ム}  ‘,
                | / l  ll  ヽ     / /  |  ムイ   ‘,     >キスメ
                |/  rl  .lヘ   r‐ 、  ̄   .| /  |  l  ヽ     たしかにもう少ししたら惨事になるな
                   / L _| ニつ ´       И  |  l   \
                  /   厂ヽハ⌒>:.、     . ´   | /   l     \  /7
                _/     / /7 ̄l   ー .イ    / 7    l      ミrj_」
             _/r  ―_/ / ⌒ヽ  r ‐┤  r ´ /    /  ̄ ヽ     \
        /く/   //⌒  ̄   <7::7ヘ _/  ハ_ /    /     \     ヽ
       /    ー-7/       /  i:::l   l /   /    イ /       ハ      ヽ
      \      /ム へ   /  /::/    y   /  /ノノ/        .└、     ハ、
       /\   ,/´      ./  /::/    / //  ./7 .`          \    ‘ \
.      /   \_/     .....{ .....i:::l.    {/ /-´/::/...  |    .......    .... 〉    ‘,_ゝ
       /      l     ...._  ‘,.....i:::l  -=彡  /......../::/...........| ................  ....... /      ‘,
.      /       ノ  ..../  \ ヽ:: j::j  ./  //.........i:::l.............イ................ ............ イ       i
     /     /彡ィ/     /  l:::l  l  l/ ........j::j..... // \_..... ........../ l        |
     ヽ -- ―   /       l  /::/  | ./    /::/......../   |.................|   l    /   |
          /        / /::/  O/∨    ./::/ ... /    |............... |   l   /    |
東風谷早苗 「常識にとらわれていては矢を刺しにくそうですねぇ・・・」
タケシ 「ええ、弟が6人に妹は4人です。
大勢いますけど楽しいですよ!>るる子」
「その傘さんの本気が早く出せるようにお祈りしておくのです>桶さん」
白井黒子 「                   ,,,,,,、___,,,、、_
               , -/´ __:::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::/- :::::::::::::::: :::: \:::ヽ、
            /::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ:::::ヽ
        へ、__/ ̄}:::::::::::::::::::::::::::::::|. ツヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ/Y
        }_{ }<. 〈 ::::::::::::::::::::::::::::: |  |:::::::::::::::::::::::::::::ヘ ノ、
       /:::::::::∧  ノ::::::::::::::::::::::ハ::: ノ  .Y::::::::::::::::::::::::::: ∨:::: ヽ       >雷さん
     ,..::::::::::::::/  Y::::::::::::::::::::::::/ .l__ ,  、l.__ハ:::::::::::::::::::::::::}:::::::::: ヽ
    /::::::::::::::::'{, -ィ::::::::::::::ハ. --─'''∨   ノノ`‐--、::::::::::::::ハ :::::::::: }
   ,':::::::::::::/.:::|,>!.ヽ::::::::.| ∨  -=、     ,--、 ノノ::::ハノ-' ::::::::: }     あ、ああいえいえ。なんでもありませんのよ
   .|:::::::::::/::::::::::ノヽ:::',::::::::|  ,ィ===ミ      ,ィ==ミ ハ.,':::::::::::::.',::::/
  ハ:::::::::::{::::::::/::::::::〉'..ヽ::|ヽ                lイ/::::::::::|、:::∨     おほほほほ……
  .{:::',::::::::.',:::::' ヽ:::::::{ .( <   ヽヽヽ      !    ヽヽ'ノ.ハ :::::|:: 入\
  .|::::ヽ::::::::',::{.  ヽ:::::\ ヽ  ∪           .ノ::::| 〉:::::Y  ヽ:::\
  .',:::{ .\::: ヽ   Y :::} `‐‐、    イ   フ.   , '.|:::人ハ::::::\  ):::: )
   .',:::',  >、:::ヽ .ノ::::::ノ    ヽ   ` -- '  ∠  ヽ:::::ヽ/\:::::ヽ::::: /
   .',. /::::::〉:::::ソ::::ノ      __|> 、 _ '      ヽ:::::Y .\:::::Y
    ,:::::::/ Y::'ィ  r、    丿`ヽ、   |ヽ      ノ::/ //ヽ: }
    l:: (ヽヽ' }:: }  ハヽY_/ヽ   ``.>< ヘ     //',//  ノ:ノ
    \.ヽ_.,ノ..ノY  | l l ∨ハ  \  / ゚ |\|ヽ、_Y.Y  (. (`. >./
     Yr‐ <. ヽィ' ヘヽヽヽ.ヽ.  ヽイ  | | |  `ヘ、  `Y. ./Y)
    人.`ヽ、))/`ヽ ヘ    ヘ   ヽヽ . | | |    |.ハ.  {Y  l !__
      `)ノノ |    ヽ \. ヘ   ヽヽ // r‐  | .}   ̄)).   )
         r‐‐-、  ヽ  Y }    ヽヽ'/ .(..... ) | .|
        /:::::::::::::::`ヽ}   /.      ∨   ー'  Y ヽ
        /_:::::::::::::::/  ./               |  ヽ」
タケシ 「ん?どうしたいんだいお嬢ちゃん。僕の顔になにかついてるかな?>黒子」
「?>黒子」
カスミ が幻想入りしました
「個人的には大がつくと面白いかな? >妹紅さん
とういうことで大文字焼きでも一発どうぞ!」
クマー 「クマー さんが登録情報を変更しました。」
カスミ
                                           ,ィ    __
                                       / レ≦ ;≫''¨´
                              . --=ニ=-- .    /: : : : : : :≧:、
                      . イ : : : : : : : : : : : : : ヽ_/ : : : : : : : : : : \
                         /: : : : : : : : : : : : : : : : : :{{: : : : : : : : : : 、-―`
                     /:_: : : / : : ;ィ: : : : : :ハ_: : : 、ヾ=ト : : : : :_:ヽ
                        ´/: :/ ⌒メ }: : : : /´ヽ`: : ヽ: ハ  ` <ヽ `
                    / : : イ: : :厶 レl:从:/ てト、: : :ヽ: }     `
                  ,.、   /: : : : レvイ'(j:} '  ′ {┤ レxト':;'
              {ヽ{ ハ    ̄ ¨ ー(} り ,     り  f)}/
              V:ハV:ハ ,ィフ    `!   ト-┐    _'ノ' hello!深夜にお邪魔するわね
              ゝ、` Уⅰ     > . ヽ- ′  /          
                ( ヽ ) ノ |           ` ト- ´ |
                 ヽノ     イ        ___ ノ     > - 、
                `V   ∧.     .イ/  ハ、_ . ィ  //`ヽ、
                    V   ∧   /{ツ  /     /  / /   \
                    V   ∧./ イ   ,'    /  / { 、     ヽ
                    V   ∧ ./ l.  ;     ⅰ  '  `| ヽ       \
                    V     .{ l.  l     .|   |   .|  \     ヽ
                    V   λ l.  l ヽ   |   |   .|    ー ´   〉」
那珂 が幻想入りしました
「五十鈴さんは、さっき用事があるってあっちの方に行ってたような・・・?>雷お姉ちゃん
どこに行ったんでしょう」
那珂 「艦隊のアイドル!那珂ちゃんだよー!」
ルル子 「 ヽ、 \ヽ;: '´ __,, -―` ゝ:::::::\
   ≧ァ ,, :'´:::;:::::::i:::::::::::;::::::::::::::ヽ
   ,'::/ /::::/;イ{:::::::ハ:;::::::::ヾヘ:::::::;::ヘ
  ./::::i/;'::i:::;':/i:|}::::::j 心孑爪ト、:::i::i::}
  }j::j::::{::::|:::i:| i:i ';:::::i-'´,z≦マij:::ハ|::i,'   ふ…
  ';!:i::::i';::::';」:i斗≦:::|  久zソ灯} j:::}
  !:|:;::i!';爪ヘ!ィ≠ァ::{.、     /:7〃i:{i   多ければ良いというものではない
  }ハ:';:ヘ:ヾ乂ゞ孑ヘj ヘ   彡イ”zi:j _,. -―
  .{. ヾ;::ヾ、;:`ヾヽ、  `, , /z  ミ    一人一人が愛でるべき対象であり
   j   ヾ;::::ヾマ:::<`_` ,. イ"    ミノ 
       `ヾゞ`ヾz  ””"゙   、ミ′、    兄たる貴様にその自覚があるかが問題だ!
        /´  彡,, ,  ,  zミゞ ` 、ヽ,
         {  ヽ. ”!"彳ィツヾ゙    `Y    >タケシ
           !   ヽノ   i   〉′    ヽ」
東風谷早苗 「ポケモンバトルを強いられているんですか?」
カスミ 「こんな夜遅くにやるのも乙かしらね?
つーわけでよろしく」
巡音ルカ が幻想入りしました
「届くかなあ >電さん
まあ応援してる人がいるって言っておけばいい、のかな」
タケシ 「やあカスミじゃないか!元気だったかい?>カスミ」
カスミ 「>早苗
強いられてないから!自主参加だから!」
白井黒子 「      /: :/: : :,: : 、: : :',: : : : :l: : :ヽ;;;;;;;;;;/‐-:、-、_
     /: /: :l: : :ハ: : :l: : ::.、::.: : |: : : :ヽ_;ノ;;;∧: :.ヽ: ヽ
.    /. :.l: : :|: :/:::::l:l: :|、: : :l 、:.:.|、: : : : l/;;;;;;;;,.l;;',: :∧: ::.
    .: /:.|: : :|: {:::::::リヽ:!/´!::::ヾ!::',: : :.l:|、;;,.イ;;/;;;l: : :l: : ::.
   l: ,': :.!: : :|、+-、:::::`´/⌒ヽ,:::::|,イ:.l:l}::::/:l` ̄´:: : :l: :. ::.
   |/!: :.|: :.:.|/⌒ヽ:::::::::  fj   }:::::::!/:::,....:∧::::::::: : : :l: : : ',
   {゙ l: l',!: :lヘ  fj :::::::::::.ー ':::::::::::/!/,イ ヽl:::::::::: : : :l: : : :l.
     ゙{、 ヾ、ヽ ー ,::::::::::::::::::      } ヽ }:、:::::: : : :.|: : : : !  (なんなんですのここは!?)
       |: : :l.             イ-' /:! ',:: : : :.イ: : : : |
      /:|: :.八  ,..-― 、      /- ':/::::/  }: : : :ハ:: : : :,'  (私の勘が明らかに性別が違うと告げているっ!)
       l: :l: :: : ト、 ∨   ',    / |:イ:::::/  /: : : / l:::.: : l
     l: : ',: : : |',`└-‐-┘ , イ  ,' |::::/  /: : : :{  ',::: :.|  (それに気付く様子が無さ過ぎますの!)
      l: : :ハ: : :、 !: :l l,.`ヾ´、    ,イ-! l:/:! ,': : : : l::', l.: : |
      |: : l _,.- 、―' 、    ` Tl'{  l-、l: :. {: : : : :l::::. !: :.!
     l: /   ̄ヽヽ \,...   / l ',  ヽ  ̄ヽ: : : : ',::::./:l:::l
   _,.../      ',/、´、 ',/  | ヘ/    | |ヘ: : : V: :.!:/-
  /   \    /  、 ヾ 、ム   }  |    .! l lヘ: : : \l/l: :
/      `ヽ_ノ  、 \ ヽつ  o ./    .l/ ∧::. : : :} .!: :」
巡音ルカ 「私が来た所で他刺しには足りないでしょうけど
来てみたわ。皆さんよろしくね」
「あ、那珂さんなのです!」
タケシ 「もちろんですよ!みんな可愛いやつらですし、
俺がずっと面倒みてたんですから!>ルル子」
カスミ 「>タケシ
ええ、もちろん元気よ
……あなたも相変わらずねーまた口説いてんの?」
那珂 「やっほー
よろしくね!>電」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ 
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l  時刻からして
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|   他打ちにはならんだろうと
          |: : :.::._|:. .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
          |: : : :{ |: .:l上レt癶:{:/  ィfj升V.:.:∧リ    踏んではいたが…
          |: : : :,ゝ:从:.',        `¨¨7.l,リト、!
          |: : : i:::| :lハ.!       ′  从ト、!    まさかこんな人数になるとは…
          |: : : l:::|:   ト、   ‐- ‐  イ::.:.| :|
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|」
東風谷早苗 「イワーク違いでしたね」
「なのです!>桶さん」
「提督がさっき電探金剛につけてた気がするわね?>電」
タケシ 「もしかしてお腹すいているのかい?
よかったら僕の料理を食べていったら>黒子」
「なのです! >電さん」
カスミ 「私のふっるーーーーい記憶のなかだと
「ジョーイさーーん!」とかよく叫んでた記憶があるんだけどね」
白井黒子 「          ,..../////ハ: : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : ヽ////}: \
        /: : : :∨イ///}: /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : :,: : : : : : : ∨//l : :、ヽ
       /: : : : : : : }////,イ: : : : : : : : : :,: : : ,..、: : : : l: : : : : : : : : :}//!: : : :.',l
       /: : : : : : : ,..-ハ///: : : : : : ,: : : : :/: : /_,ハ: : : : |: : : : :,: : :,: : :ヽト、: : : :.',
.     /: : : : : : //////: : : : : : :イ: : : : :l: : /  }: : : :.|: : : : :|: : :|: :ヽ,:',ハ,: : : :.}
    /: : : : : : //////イ: : :l: : : : : |: :_:_:_:{: :.{   |: : : イ:ハ,..-: !: : :|: : リ リ: ヽ: : :.|
    ,': : : : : : ////////!: :イ: : : : : !´VI: :{: : |   !: イ |´! ',: : |: :.:.|: : ,' |: : :ハ: :.!    >タケシさん
.   /: : : : : :/: {///////VI:|: : : : /, -=-、、VI   从/l/==-ミl从:./: :/  !: :/ l:イ
  /: : : : : :/l: :.` ̄/ ̄´!, -、: : :,イ んj心         ん心 l/: :/从'  ,: :,'  |:.|    ああ、いえなんでもありませんわ
  ,': : : : : :/ !: : : :/   { (ヽ从{.  弋z(ソ       弋_(ソ イ/:イ}′ ,イ: / /: :!
 イ: : : : :./  l: : : :{     l {ゝ、    ` ¨ ´    ,   ` ¨´ /イ,//  /: :/  {: :.:|
 .|: : : : /  .!: : : |     ヽ、'                     /ン  {: : {   ,: :.!   そのまま楽しい夢を見ていてくださいな
  !: : : /   , : : :!      `¨ハ                 ,イ、ヽ   l: :.|   |: :|
  l: : :/    、: :.|      /:..:ト、     <こV    , ':..:..', ',  ,: :.|   |: :l
  |: : {     ヽ:.!    /:..:..:..:.l ヽ、         ,イ:..:..:..:..} |  l: :{  /: イ
  ',: :.|      }:|   /:..:..:..:..:..:..',   > . _ ,.   ´ /:..:..:..:.,' ,!  /:.イ  {: :.|
  ヽ:',    __/:/ /_:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ    /  ヽ\ ,イ:l.:..:..:..:/  l  l: /   /: /
   ヽ -:―: :/ /:..:..:..`ヽ:..:..:..:..:..:..:..ー '    ',  l:.|:..:.l:./    ヽ/  (: :.{
   {:/´  ̄ ´  / ̄`ヽ、:..:.\:..:..:..:..:..:..',:..',     } /:/:..:.V     \  `ヾ:_、」
東風谷早苗 「5」
クマー 「この人数なら3日目くらいは来そうかなクマ」
「あれ、那珂じゃない
どうしたのこんなところに?」
巡音ルカ 「…あら、カスミちゃんが来たのね
…さて。私も一応水タイプだけど(たこルカ的に)どうしようかしら」
「はわわ、こちらこそよろしくお願いします>那珂さん」
タケシ 「なにいってるんだ、まるで見境なく口説いてるように言うな!
いいか?この人は僕の告白を受け入れてくれたんだぞ?>カスミ ルル子」
東風谷早苗 「4」
ルル子
   //: : : : :∠ /      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
`.//: : : : : :/::::l/       ./:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
:::∨: : : : : : :/:::::/    __  /:.:./:./:.:.:./:.:.:/:.:.:/:.:./:.:.:.:.:./:.:l:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
:::::l: : : : : : :/:::::/     .,'::::i./:.:./:./:.:.:./:.:./:.:.:/:.:./.':.:.:.:.:/:.:/:.:.|:.:.:.i:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
:::::|: : : : : :/:::::/    /:::::/:l:.:.l:.:.,:.:.:./:.:./:.:./:.:./:.:/:..:.:.:./:.:/:.:./:l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
:::::| : : : : /::::::,'     ,':::::,':./l:.:.|:.:.l:.:/:.:.//:.:.:/:.:/:.:.:.:.:./:./:.:./l:.:l.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
:::::l : : : : l:::::::|\  /::::://´ |:.:.l:.:.|/:.:.//:.:./:.:/,:.:.:.:.:.:./:.:/:.:/ l:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:l:.:l
:::::| : : : : |:::::::l  ヽ./::::://  |:.l:|:.:l:.:./ム/ノ/ /:.:.:.:.:.:.イ:.:/:.:/  l:l:.:.:.l/:.:.:.:./:.:.:|:.:l  どうした? 少し落ちつけ
:::::| : : : : }:::::::l  /:::::/\__.l:.|:l:.:|:/升必t、ヽ/:.:.:.:./7:.//-‐'´ l:|:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.l }|
:::::|: : : : :.l:::::::l ./:::::/      l:.ト.l:.:.l`仆乏ニzメ:.:./ /:./厶,-≠¬7/:.:.:.:/:.:.:.:/l| }|  
::::::`ー‐´::::::::{_/::::.:/     }.'|l:.:ト:.',    /:/   //´ヽ≧=≦.'/:.:.:.:/)/:./:.l |}|    何か可笑しいことが合っても 
/::::::::::::::{::::::::/::::::/l       ' ヽ:.トヽ   /´   /        /:.:.///:./:.:.:l| }|__
ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::.ヽ       リ::.:.ヽ     i!         /-‐'´-':.//:.:.:.:l| リ   ここは決闘、何が起きても問題ない
::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::'、      /::/リ\ ヽ-- 、 _     イl:.:./:.:/{l:.:.:.:.:.::.l|リ
ヽ::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::\    /´:.:.:.:.}/\  ̄` ̄ ,  ' ´トリ:./l:./:.:.`:.:.::..:..l|
\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉   /:.:/l ̄| ヽ::、ヽ_ , イ::::://ヽ{ }/:.:.:.:.:.:...:..:.l| .//: :
  `丶、::::::::::::::::::::::::::::::::::}--‐‐ ':::://l  !/ヽー-r‐、::://  /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..l|//: : :   >黒子
  / |\ト:::‐===‐::::/\:::::::::.// ! / /   /  | /   / !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//: : : :
',: : : : :.∨:\::::::::::::::::::::::{ \\::((  / /  ./   l彡  ///::::\___ , イ,  : : : :
.}: : : : : :∨\\::::::::::::::,'\ :\\ハ {  !  / /   1  / //::::::::::::://: : : : : :
.l : : : : : /: : : \\::::::::l:::::::ヽ: :\\ l  | /     |イ   //::::孑' ´イ: : : : : : :」
東風谷早苗 「3」
五十鈴 が幻想入りしました
白井黒子 「というかあれですの!
私がツッコミに周ってるって何かがおかしいんですの!」
「電探をですか?>雷お姉ちゃん
五十鈴さんも持ってたような・・・・・」
カスミ 「>ルカさん
待って、たこルカは水って言っていいの?
あれミュウツーとかそういう分類じゃあ…」
れーせん が幻想入りしました
五十鈴 「ズサー」
東風谷早苗 「2」
巡音ルカ 「いいわ これであと3人…集まらないものかしら」
藤原妹紅 「                   /               |
             / _____        ト.
 .r──────[彡] <   ‐-  ̄¨  、---ァ
 :|   /   /. : : :           `      /
 :|  /.     / . : : : : :      \   \  \
 :| :|:     /. : : : : : : :         ヽ    \   ヽ
  \{\  / . : : : : : : : :          :.    ヽ 
     |  ,′.: :. : i: : {: : :',     ヽ    :.    '.  ∧
     レイ:〃 .:. : |: : : : : :丶    }、  :.   、 ',  ∧         }、           >巡音
      |: : : : : : |: : .:.\: : :\ :l ヽ  }i   |i  :i   ∧           ,' {   
      |: {. : : :.∧: ..{: : .\\ ソ ,x斗=ァ  |li  |ハ卜}\      レj 〉             ……お前、どこかで会わなかったか?
      l:八 : :.:.:.∧: .\ 八\\〃v::リ V.:j川 j! }ノ、  \    r'' {                          ______
       从: \.:.:.:.∧z斗ミ、ヽ    `¨´ |: l:.:.|/ |   \  \〃~   ~~し                ______ / , ----- '
        .| ト、: .\:.:〃 Vzリ        川: : :乂      _.ノ {  _..  -‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        /-- 、
       :|:| \:{ \:{\    `     /! リ:./ ̄三二ニ〃{   ⌒{                 ___、    ,__ ヽ ̄\ヽ
        リ  /.:.:.:/.:.:.:|.:.>-   ´__. ィ リY ¨¨ヽ     :{  j     }           _  -‐          ゝ.__   ( :〉`i :}
          /.:.:.:/.:.:.:. |.:.:.:.|:.:.:/「_}  / /     ',   j ∧    〉.____  -<                ヽ \ノノ
         ./.:.:.:/.:.:.:. : |.:.:r イ   | _rく  /{i        { {__}、 ヾく    ζ       `                  \_ヽ
        /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:|〃 .ノ У ∨  j/ ‘,         7: .  ー─==--'  \     \
       ./.:.:.:/.:.:.:./.:.:.:/  / _「 / //{  、      /:.:.:.:.:...\    \    \     \
      /.:.:.:/.:.:.:.//.:./. /   /〃. //    i丶    ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\    \    \     \
     ./.:.:.:/.:.:.:.///八 /    / ′. //     :|  ヽ //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    \    \     \
    /.:.:.:/.:.:.:.////.:.:/    i   : i i       !.   //.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 、     \    丶     \
   ./.:.:.:/.:.:.:./////.:.{    |、   : l l        .//.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      ヽ             \



那珂 「アイドルの那珂ちゃんがこないと始まらないっしょ!>雷」
「あ、五十鈴さんが帰ってきたのです!」
「あ、五十鈴だ」
東風谷早苗 「1」
れーせん 「こんばんはですよ」
ルル子
                       _,..-‐.':: ̄:¨:.""'''‐- ,
                    , -' ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::\
        .          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.: ..:`.
                 /:./.:./ :.:.:./:.:./:.:./:.:. /.:. :./i.:.:.   .    l
                /:.イ:.:.l  :.:.,':.:./:.:./:.:. /:.:.: / ハ .:..|: |:.  :.: : ..|
                //:.|.:.:.| .:.:.,.:./:.:./:.:. /.:.:. //  ', :.l:..|:.|.:.:.:!:.:.i:.l
               ノ |:.|l:.:.l :l.:.|/:.:./_i}. イ:.:. /∠__ヽ.|::.l:.l:.::..}:.l|:.{
        .       ´  |.| |:.:i :|.:.{:.:/チ≧zli:. //.斗≦升ラ:.}:i:.:./::/|lト、   ば、ばか…!
        .          {l ヽ:|:.|:.:.',マセッfム}.//ノ .,tfヒ込ソ:.:/:.:/.:.!.:.!ヽ
                   ,'`:',:.|:ヽ:: ̄::.      .:::: /:::/:/イ.,':.!.:.!.!  考えると言っただけだ
                   ,'::|:ヽ}.:ヽ:>   '    ∠:ノ/ノ.:./.:.:!.:.:!
                  ,':.:|:.::|)ノ l.:.:>  - 、  ∠イ:./:./:.|:.:.!. :|   急くな愚か者…!
                  /.:.:|:.::|:.|:!}ノリ}l` 、     'V|ソ:/:/l:.:.!:.:.!.:.:|
                   /:.:.:.:|:.:!:.:!:!:.:.:| :.:.:ノ ` ´  V:/:/ヽ;.:.!:.:.!:.: .|
                /__  --‐´´´´r      l   \:::! : :!::l
                /ヽ ゙、 ゙、       l‐_ =-‐- 、 !     ` =ァ‐,、::!   >タケシ
                _/    〉丶丶     L -―- 、`l      / / /」
「桶 さんが登録情報を変更しました。」
東風谷早苗 「開始」
藤原妹紅 「藤原妹紅 さんが登録情報を変更しました。」
カスミ 「>タケシ
……いやあんた気がつくと誰か口説いてるイメージが…ね?
って受け入れられたァ!?マジ!?>告白」
巡音ルカ 「あら。エスパータイプに思えるかしら…?まぁ、否定はしないけれど…>カスミちゃん」
白井黒子 「                  _ _
              ,. . :´: : : : :.`丶、
              /:/. : : : : : : : : : :`ヽ、 ノヽ
       , . -‐く`X::/. : : : : : : : : : : : : : : : :\ _」 _
      /. : : : : l:::::/: :.:.:.i : :.{:./´`ヽ: :.i: :i: : : :.ヽ }: .ヽ
     /. : : : : : : .ハ/: : :{: :l: : ハ:|   }:!: }: :}: : : : :|ノ: : : ',
   /. : : : :〃´/レ':i: : ∧仁:メ、{   リイ Tメ、:/: :N: : : : : i
   ,′.:.//: :/: ';: :{: :.| ィ.ハテメ     rテテメV:/l/: ハヽ: : :}     元凶のくせに何をいけしゃあしゃあと……>ルル子
  ,′:/ /: :/l: : :Vハ:| ヽヒソノ     ヒりノ /l/: :.:|: :い: ,′
  i: :,′ {: : :リ: : /ヽ( ゝ `¨    ,     レ':.i: : :ト、:V:/
  |: |  ヽ: : : :/ /:/ `ヽ     _     ハ: :.j: : :.Vヽ:.`ヽ
  |: |    \∧/:/    ヽ、  ´  ,. イ: l: /`ヽ: :ヽj: : : |
  ヽ:\   /ノソ     ト、` ニニ´  |: :l/// \: : : :.:|
    \:\//`ヽ:ヽ  /  ><ヽ |: /: :./    ヽ: :./
      Y´:/i   ノ'´ ̄\/  i ヽ|: :`ヽV    ,.イ: :/
     /: /. : V´ヽヽ: : : : :\  ; /: : : :.l lヽ /: /:/
      /: /`ヽ/   ',:',: : : : : : ヽ j / :rァ: : i/ V, イ:/
    ∧: :\ /.::::::::ヽi l: : : : : : : :V. : : : : : :l  i:.V/
     \: / 」:::::::::i |: : : : : : : : : : : : : : : l  レイ
       /:::::::::::::::::::リ: : : : : : : : : : : : : : : :|  l ノ」
「でも那珂っていつも司令官に「ファンやめる」って言われてない?」
ゲーム開始:2013/07/27 (Sat) 03:01:56
出現役職:村人1 掃除屋6 人狼3 女神6
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
身代わり君 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
クマー 「・・・近頃はクマーに矢を刺すのが
流行ってるのかクマ!?」
「ふにゃぁぁぁ!?」
那珂 「那珂ちゃんは自分を曲げないよ!」
藤原妹紅 「……おはよう」
「おっけー
とりあえずまあ、お約束って奴だよね」
西東天 「アメリカ版艦これ「ワシントン」はよ。」
カスミ 「おはよー。そんじゃ夜遅いしさくっとね」
タケシ 「おはようございます皆さん!
さあ本日はとっておきのクマ鍋ですよ!
もちろん俺の手作りかつ特性スープですよおおおおお」
「じゃ、狐吊り狐吊り」
クマー 「正直 まただよ()なんだけどクマー!?」
白井黒子 「           /ヽ  ,. . .-‐…‐- . .
        {_/)'⌒ヽ: : : : : : : : : 〉`: 、
        {>:´∧;;;;;/. : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : /;;;;;;Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : .___
.   /: : : :/丁⌒: : :∧ : : /: /` }: : : : : :ハ;;;;;;}
   /: : : :/: : :{: : 八: :{:>x/| /   |:i : : :}: : : };;;∧
.  /: : :/} : : :八Y⌒jY´んハ从  从-‐ノ: : :/Y: : :.
 /: : / /: :/: : : V(.  弋ツ    心Yイ : ∧ノ: : ハ
 !: : :!//i: : : : : 个i ''''     , {ツ /彡く: ハ: : : :i     ジャッジメントですの
 }: : :ヽ  / : : : i: :´{入   _     /: : : ∧: i i: : : |
〃. : : : ∨: : : :/l: :/⌒ヽ、  `  イ: : : :/ }: リ: : :ノ     本日はクマ鍋とさせて頂きますのよ
: : :/\: : V : /ノ:/     VT爪_八: : : { 彡. : イ{
: :( /: \:} /: :/{     rv\j  { >‐=ミー=彡ヘ: ヽ
`)' ){: (  ): : :{八   /ヘJ ̄ ̄ {_/ /   \j: : 八: :}
 (  ー=ミ  彡'  ト、 / / 〔o〕     `トしヘ. _ \{ j ノ
   r=彡' ー=ァ |\{.      . -‐、‐=ァ′  ヽ  \(
   `フ   (   |   \_/  x个彳)   ∧   \
             ヽ   | _/  ∨ {\  /、ヽ     ヽ
            ヽ  ー-ヘ.    ∨j   ヽ{__>  . _}
            〉    \   \
               /       \   \
           /           \   \
            〈               j\   \
          / ー--==ニニ=く  \」
「クマーさんを吊りたいけど、命は助けたいって、おかしいですか?」
東風谷早苗 「土蜘蛛とかいないですし
クマ鍋・・・ってなぜ恋人COするんですか!?」
カスミ 「>那珂
失望しました、那珂にゃんのファンやめます」
れーせん 「…おはよう、眠い…」
ルル子
               -‐. :: ̄:¨:.‐- .
           ,  '´ ::::: ::::::::: :::::::::::::: `丶
         , ' ::::: ::::  ::::::::::: :::::::::: :::: ::::\
          / : :: / ::::::::: :::::::::: ::::::: :::::: ::: ::: ヽ
          .'::: / :/ :: ::/ :::: :::/ :::: ::::/:::'. ::: :: i::: !
             l :: | l: :: :/ ::::/::/:/:,.イ :::,':: :::l :: :: :l:: :',
        ノ/: l ::|: ::/ ::::/::/:/:/ ,' :::ハ::: ::| | :| ::: :ヽ  さて…
.       //.|:::l ::| :/::///:/:/ / ::/ V:::|: :|: ::}!::::::ト}
      // ||::|:::|/∠_//::/:/_/:∠.._ト、| ::} :/l\┴、  クマ料理のフルコースだが…
.     // /l|::l ::Vチ≧z、::/ /::斗≦升ラ:::,'::/::|  \ ヽ.
    /´_</|!::ヽ:::マセッfム、〃ノ,tfヒ込ソ:::/:/:l :| ',   \ `ヽ  エスコートは出来るな
     __レ´ .>ヽ:ヽヽ:: ̄::. }     .::::/:::/:/,イ.::|  、.  \(
     }/ / / ヽ_:::>  ヽ    ∠:ノj:'::{::.l ::{  ヽ  (`ヽ  男性諸君?
     し'ノ.  /  リ::::.>、 'ニ ヽ ∠イ:::|::|:::',:人 r‐、_)^
      ヽr廴r-イjノリ l::fr>、_.∠rf^⌒!:l :lヽ.ゝ-ィ'ー┬´
       , -‐- 、´l ::ノ从} `i^Y´:// ! :l∧{:: | : :::|:: :::|____
     /: : : : : :Yi:::| :::rゝ、ヽ.} //// >、: :|:: :: l:/: : : : \
    /: : : : : : :::⊥≠≦-ーr=チー‐< /: : ̄: :¬´: : : : : : : ::\
   / : : : : : : r‐ 'ノ ̄/ ̄ ゝ-f'ヽ   `丶.: : : : /: : : : : : : : : : : ヽ
.  {: : : : : : :( ̄  / ,' /´   | :`、   r‐ヽ: : !: : : : : : : : : : : : : 〉」
那珂 「那珂ちゃんのことを嫌いなっても艦これのことは嫌いにならないで!」
カスミ 「こう言えといま電波が来たわ」
五十鈴 「派手にいきましょう」
「な、那珂さん?」
巡音ルカ

                    _,,..-‐‐''二 ̄''-ニー-..,,_
                  ,-ニ-''"´ __-y一‐''っi冖=;-=_,
                _/   _,,-_xゥメ彳宀っ=ァl/---大ll!弋 、
               ノ"  ''ン'六_..ィl/''"           ヾコlャ
              /’ - _ィl癶l!ン'"             1   ^''' 、
             ./   /l7 ,丿´ /           ! 1    \
             /   /i彳ソ  リ^ _. ,,;iク /_r   _ │  {ll     ヽ
            /   ,,_l廴ノl/  jlソ 彳夕lソ上  //  /  │ l,    ヽ
           丿 '__lョ゙゙゙l!l!   !ソ !l!//│/!」 丿|l ┌ │‐丿  !    │
           /  !文`ーi丿  ,'ll 1l!ノ 丿/l│彳|| ノl´〃〈;/   │   ..│
           l 」!」下!ンこ-_ !∥ 个  │l゙个l_ャ!ul!^ ノ  /1|lヽ  '' │
          丨n!|j〕j广''゙lス 1||| l彡=ー火;||l!_工彡'ンフ _ィl'丿彳l    |||
          ノ/./!)l|サ   什∥〕 !丿  !コ川!´/li/l!/ン仆ンソ./!1    l卜
          !1/!!川|゛__ ./j!ノ’l!l ('弋辷彡 ^1-'"ンll!ニr广 ノ/丿ィ   ノ /|
          l‐/  ^T゙!小聿ア| !ヘ||  ^゙゙┘     彡宀ミ彳ノ│   ./ 丨
         /.//  {々 〔 |│| !  !        ! ∥__土爪l广  ,  ./ll  さぁおはよう皆さん! まずはクマ鍋と行きましょうか
         !/丿_,,ノ‐フ11!い│         亅 ^゙ヘlミニr'_.-_/  /l丿  本当は男性から殲滅したいんだけどね
        _l!!一'二ノr'"゙‐之lミメJ1   々―‐ _''"    ,ノ彡ン''^   l)ノT
       _/  ャニム一゙''三ニ辷介!キ 、 │   ,ノ'    _ノンソ'1-,,/  〃│
     _/    心;彡^ンメミ?彡|仆夕L  ー-'"   __..-メ^ 丿 = \_./ ┌
    /      ニ_ュヽ|lrト、 `ヤマ彡ノヾ_,,,,-ョlコ´,,/.ri; 丿 ''    ゙〈 ュ||l
   /       二下_,,ヽ,,J _.ィlllフ彳''''"゙゙ ゙゙゙゙゙゙̄''''゙宀冖´ /       ゙小┐
  ./      __ィ个''"__-ユl彡癶;:1  !___,,,,,,__ェ-z一二..:ソ’     _.--/ヘム____ 、
! ̄亅    ./"〈大ノ「 __火ン''" _.-‐!亡"=====ニ==一宀´    _ノン‐''" ̄^゛''`/`ーュ_
  {..__  _,,ノ^‐''''^''ァ二メ彡'" ,.-彡:-彡''          `│   /ソ’         `l下l,,
^''ー-_,,- ̄      ゙゙个'´ ノン'''^''"´             癶_ lソ       ヽ    ゙l父:
_ィ'_ノ^        /'´ ,/ノ│                ヽ ゙Y/      _,._┌z::__  .彳/
  ̄        /  .//〉 |                 | 1,'     ,ィン''"    ^ヘ广
7゛        /i^j  ノ│ !                 |  │    l丿       ゙ゝ
 ̄‐       │  ./1¦ !                 l   \   !l!          \
|         リ ヽ! l! ゝ !                /   丿ヽ、_f│          \
          ! │ { ヘハ               丨 ,'   /   ゙゙'^ゝ          \
         │l │  ヽlノi斗               l丿││ │   \_          ヽ
  、        ! l !ュ  │1 1              │丿 !  !     ヽl 、        ヽ
 l!丨       1〈l ゙lヘ ¦ 1 1         ゙-    ヽ  l  || ヽ     l ゙ヘ 、       │
  ^  1''┐..,,,,_  ! ゙ヽ` ゝ ヽハ '、              \、|'  ││ ヽ  ヽ ゙:\ィ      │
` ̄冖^,,,,{_ノ  '、 l\_   \〉ヽ1 ゝ               宀 、│〈1,, ヽl ヽ ヽ ゙ヘl       l!
‐――‐ノソソ  ヽ \\、   ゙゙ヘ上, \                `‐ゝl!l│| 'n ヽ¦'│      │
----ーン! 1  / ゙ 、 \_,^--= ^゙ヘ,,,\,,                 ゙ーl亅 \  ,ヽ|!       !
u,,,,ノ'^│イ   │ ゙ 、  癶ッ-=,,_   "!ッ__`ー...._               `''ッニL 1丿      ./゙\ 」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
東風谷早苗0 票投票先 →クマー
ルル子0 票投票先 →クマー
0 票投票先 →西東天
西東天4 票投票先 →那珂
クマー10 票投票先 →西東天
0 票投票先 →クマー
0 票投票先 →クマー
タケシ0 票投票先 →クマー
白井黒子0 票投票先 →西東天
藤原妹紅0 票投票先 →クマー
カスミ0 票投票先 →クマー
那珂1 票投票先 →クマー
巡音ルカ0 票投票先 →クマー
五十鈴0 票投票先 →クマー
れーせん0 票投票先 →西東天
五十鈴 は恋人の後を追い自殺しました
クマー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルル子 は恋人の後を追い自殺しました
れーせん は無残な負け犬の姿で発見されました
タケシ は無残な負け犬の姿で発見されました
西東天 は無残な負け犬の姿で発見されました
カスミ は無残な負け犬の姿で発見されました
電 は恋人の後を追い自殺しました
雷 は無残な負け犬の姿で発見されました
那珂 は無残な負け犬の姿で発見されました
巡音ルカ は恋人の後を追い自殺しました
白井黒子 は恋人の後を追い自殺しました
藤原妹紅 は恋人の後を追い自殺しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルル子さんの遺言
                      , ' ;:  ;  ̄   ̄    ̄`丶、
                     '.  _r゙ejⅱ,.ヘi^ビ、,,-―、!、   ヽ
                   ' _,{_(Yj、。ソ@ノノトjヾニヽ,-,-=ニヽ    ヽ   愛の前に、全ては霞む…
                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\、./'{_r7`ト、'"ヽ、    `、
                  ◯/.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :`i"ゞヽ_jソ } f /--、    , そうだろう?
                  /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!::::::::::i'"\_て,,...ノ_/`i '~_,,/~    ヽ
                 i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、::\_  入_  ,ノr'"        `、
                  |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:j:∧ 、\゙ (⌒)  7,-、 ,、ィ|' ,       、
                 |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}: ム≠fト、(こ○こ)Oう ゙ヾ、 . ' ,      、
                 |:::::|::::::::::|kl::|:{ }/ ィ代fiツ:::‘ーヘ_ノ::::‘ー’  ',   . ヽ      、
                 l:i{::ト、::ゝ㌘f沁 ′   ̄ |:::/:/ 丿:::::|ヘヽ::、 、_ ',     ヽ     、
                 爪:l::::ヽ::::丶¨´ }       |/l/◯:::::::::::ト!|\_  ',        ` 、
                ノ  ヘ.::.トハヽ ` _ _ ノ/ トヽo:::::::::::ヽ. ''ー':: \         `、
               ´   _ノ \  !.::.>  ̄` イ。0°´ ̄ 、:::::\:::::::::\
                      メ丿!ハノl  ̄o◯ /       ',::::::::\:::::::::\o◯
                      ,.-‐ ニ二二二フ/´  ̄ '          ',::::::::::\:::::::::\
          ,-―、. , イ. 、_/  .ニ二二二フ     │         ',::::::::::::::\:::::::\     ,
        ,-=ニヽ  7'"ヽ Г   _ =======" / ̄`   ',         ',::::::::::::::::::::\:::::\   ,
     l''"/'{_r7`ト、'"ヽ、  / !=ニニ厂"/, -'ア/  / ̄`ヽ l         / ::::::::::::::::::::: \:::::\
   ニ~ ll `i"ゞヽ_jソ } f /--、 ,′.ヘ__〃  "/ /  . ヽト、!ヽト、!ヽト、!ヽトヽ:::::::::::::::::::: \::::
    . ヾ_i'"\_て,,...ノ_/`i '~_,,/ニ_  ,!.ト  /  /     ./'ヽ ヽト、!ヽト、!ヽト〉:、\::::::::::::::::  \
   ,-、  l\_  入_  ,ノr'"r..┤  l./(  /  /    /  У      l 、   \::::::::::::::::::::
  てOう ~7゙ー'"  7`i"ル,、ィ(⌒)   /⌒!、  ,l   /   / !ヽ     l :::::::::\:::\:::::::::::::
   ‘ー(⌒),,-、  |ゝレ(⌒)゙(こ○こ)   .|=ニヽ、  /   /  八l      |\:::::::::::::\:::\::::::
    (こ○こ)う ,-、 こ○ ‘ーヘ_ノゝ  ,ノ   \ ヽ| /    .|/l     |  ‐ - --\::::\
    ‘ーヘ_ノ‘ー’てOう,-、 ヘ_ノ-(⌒)=二 、   丿丿!  /   / |     |´       ,''::::
      /(こ○ ‘ーてOう lメ~(こ○こ)、、"'''‐'´イ 、_j_,/  /   !    |      ,'::`\
    ( (‘ーヘ_ノ| ノ ‘ー’ヽ__ノ‘ーヘ_ノ->, イO     `  ‐ ‐---ト、   |__     ,'!:::::::::::
     ) ) 巛( (彡r'|//⌒ソ! /  /``'ー - _             |   ̄~' ,' \::::::
    ( /(   彡) )巛从彡    !/   /  |   ̄ ` ー-        /     ,'   \
さんの遺言 今度生まれるときは、もっと平和な世界がいいな…
五十鈴さんの遺言 球磨!あなた球磨でしょ!
さあ、一緒に遠征に行きましょう!!!
白井黒子さんの遺言      ,- ,      _,..-――-、-: . _
     ヽ、:.,   / : : : .,..-: : : : : : - `ヽ、
     //   /:/: /:, : : : : : : ヽ: : :`: : ヽ
     l: :/   /イ: :/: /:/!: : : :l: :.l: : :l: : : :.l、
     l: :l,..-‐‐: /:イ:/-、/ /: :/:/: /: : : :l: : : : :l
     `/: :,..-‐l/l/イ-ュ  /: ,イ_/:./: :/: : :l,..、: : :l
      l: /、: : : :l:/ _fソ /-l/`/: :/: :/;;;;;;}: : |     ルカさん、電さん よろしくお願いしますの
     l:.{、  /:.!  ,    ´ト:ヘ/: /: /<;;;;;;;;;l`ヽ、
  _-‐--\:\': ::!      弋ツ}:/: /:/;;;-―! ̄`ヽ、
 /  ̄`ヽ-\:.',:∧ 、    ::::  -'イヽ、: /;;;;;;l: : 、: : :ヽ 共にジャッジメントとしてお姉様に悪い虫が付くのを阻止しましょう
 {      /: ゝ:!  、.. __ ,.. ィ- - '/:./!--:'!): :l、: : : :.
      /イ l/    / ̄`ヽ´ ̄! ,:.: :/:.:.: :ヽ: / l: : : l
        /     l     ヽ:ヽ!: : lヽ、: : : \/: : /__ ,..-、
       ̄       | \、   ',: l:.:. :l/`ヽ、/: /: : / ̄`ヽ
.     /ヘ lヽ     /: 、   `ー \、: :ヘ /:_:,.イ  ̄´
    ,-、ヘソ ,}.ヽ   /: : :.l    ,.-'T`!`-/: /´: : : :`ヽ、       ……>ルル子
    \´  !  l /: : :: : : l   /  ヘ'  !: :{   ̄ ̄`ヾ、
     ヽ    l_ l:. : : : .....:l /_':,    ',  ',: !       i}
        \  /: : : : : : : : : :/、,.   ヽ  \ー:.、    _/      それ以上近づいたら拘束しますのよ
          `ヽ!: : : : : : : : : : /    ,.}    ̄}) 、_}
          l: : : : : : : :./    ./    `´
            l: : : : : :/   ,./
            |: : , '´  , . :´:/
        _/- ´   ,. :´: : : :´ヽ、
      ,、_/   _,. :''´: : :_: : : : : : }
    _,.>    /: : :,..-―――- 、:.\
   `ー_/,..  /-'"´:::::/:::::::::::::::l:::::::`ヾ、_
    とノ/ ,イ./´:::::::::::::l::::::::::::::::::|:::::::',::::::',:::::`ヽ
      /ノ lノ:::::::::::::::::|::::::::::::::::::|::::::::::',::::::',:::::::::::.
      ´/::::/::::::::::::::l::::::::::::::::::|:::::::::: l:::::::l::::::::::::}
      /:::::::/:::::,..-/イ ̄`ヽ:::l::::::::::::|::::::::ヘ::::::/_
      \::/::/      / l/::::::::::::/-―‐,::::/
        |          ,' l ー― '  /::>''´
巡音ルカさんの遺言
                , ィナ⌒               `「''ヘ一‐\
              .ィン'´    ノ       1     ゙ヘ  ゙ヽ ヽ
             /    l!  ||       ¦     ヘヽ  `ハ
            /  丿 ノ│ ||│      ¦ 」   冫ヽ  ハ
           /'   ノ  │l  仆       l│├   ∫ ヽ  ⊥
          ./' /  ∫  ll|¦  ゙ヘ      │亅|!l{|〉  l! 1  ゙│
          丿│  │  /lヘ_1  │ (l   │!ゝ|川|廴 亅 |!   ゙∟
         丿./’  |!  (l-ヘ火‐''''ヘ‐ヘl   仆l!l/'||,'!!‐-│ │ |! 彳
         f| l仆   │ !!  `弋 、 ゝ ヘ'、 ./l !!ノ’ ll/{| │ │ f! l|
         ||〈l!|    ヽ !!.っ=--宀lliゞl_弋 〈!ソ宀宀=-l,,_/| ./  ノト丨
         1|爪l    ヘ上-+! ''''个┘ ゙ヘ上个'l」_''"゙'?;-コ   ./l〉 ,'l|!  やっぱり女性同士が一番よねぇ♪
          ゙ll廴ュ   ヽハ,,."-..-''      ゙ヽ ー-..-X/l゛   /'/lノ'彳
           ゙ヘ|イ‐ぃ,,_ ^゙宀 、            /ノノ   ././彳./'
            || || ゛ン=‐>-            /ン'_.,,::/│''゛丨ン
            ||  ! │ 1ゝ    ''宀―'''/!  -il/ソ丿 丿亅{||〕   :,,n 、
            |1l!l  │ |/心,,    `''‐'"´    ∠ノ彳 / ll ,d!!!! ┌!゙ヘ`┐
            |lヘ1l, 1│Y!ニ1lっ 、    ...-:‐介ノ介    /,'./l!!!!l │ヽ ヽ ヘ_
            |lヽフヘ_ ヽ lハ│l1サ<゛''―''""1l,,l!ン'ン''   小ll 下彳 ││|| !\
            ノl∥×\  llヘ斗11)三宀千i辷介|!l/   ./丿∥ l!ll │ l! イ││l/
           丨彳 l!マ\ ¦ヘ个l‐  ゙゙̄万 ̄  ̄''_,,.._r'个ソ_亅 |!l| 〈ノ' / ‐ヾ丿
           ノ./ー宀 ̄ーこ弋! 彳,,....,,_ リナ _,,二∪  丿/''' ̄'''''''小'´     _¦
           .//      _工‐-ニ''‐三彡;' ̄''''彡l  │ l/    〃     _-
          /l       !〔ンl! /^''‐千~~_.冫''^:ソ  丿ノ!    ./     ,ィ/
    ____ ,-――ー-‐=--,,__」ニ/''_-/‐彡/-'"'"   ノ  ./ノ!ヘ   丨    │
   jl下‐7            ^二-ハ-∟1; `  丿 ./│ l, │ !    ,;i〈│
   ノ!゙小丿            ー...__ ̄ ̄  - 冫 ノ  丿  `丨 {l   个l1 ヘ
  / ヽ ''心、 -,,         /''ー....二二ニ广    /   ノ'    ヽ,,ll   ││ ゙\
  / / `゙^''゛-''ー---‐-'- \     1    /  丿      ¦   マ=ィl\、
  l │             ヽ.._ヽ_   │ ヽ ン   ,'        ゙ぃ   ヽ 1│ \
  | /       ソ        ̄   丨 ! 丿   !         lヽ  1  ゙:\ ゙\
  | |       /            丨 l|/ハ   丨          Yl  1 !个\ `ヽ
  ! !      -            │ |]/丨  │           彳  l│!| ゙\
 │丨      ノ             l  |l 1   │           |   ゙!i│ ぃ\
 ¦│                   │ 々1   |l|!           1   冫│  ヽ`
 卜;       !             !  ¦!    !!           /    ∧│゛-l
 j1|       丿 、            ││   │          /    1l彳  l
 lll!」       丨 / 、           │∥   │       _,-/|       l1lll  l
 ! !       || // !l〈l           ヘ||   ,│      '│l !!      │|l|!  ,'
 !‐        !/|| {l!∫           │  亅!      l./' 冫│      !,'│ 冫
 ヘ        /│ |││          心   !│     './! 彳>゛      ノ/ム'''ン
 /ゝ      -/  !  l1 !        l  i|!!   !│    │丨∥ へ    -'' :ィ"´
 ! 彳:,,_,,../ l   ┐ 〈ノ         ノ │|   !│     ''│ l│  ¬''‐/  ,./!
れーせんさんの遺言                       /l
    fヘ               /  i
    i ハ             / /::l l
    ir 、ハ            ' l::::::i l
     V:::ヘハ           l i:::::::i l
      、::::ヽヽ         l i:::::/j
       ヽ、ハヽ   __ _ i l:::://
        `ゞ ` ´     ` ' く
       /´ , ´l    i、   、 ヽ   姫様の為にも、確保しておくんだから!
      /   /-―-    -―-- l  ハ
     l ,、  ,' ,==、ヽ .ト、  l ,==、 .i ', ハ
     '  ヽj 《  》 ` ヽ《  》.リ  ', l
       , '  `=''     `='' l  ヽ
       .l U    , ´ ̄`ヽ   i   ',
       ,、     、 _ _.ノ   .l    ',
      / /≧ ‐--,、 ,、 , ... -‐ ´.ヘ    ',ヽ、
     ./  i l⊂j二く/ik/、::ゝ:::二iつ  ヽ   ',、ハ
     i  l l   /ヽv-‐:::::f´     _.\  ハ `
     N .l  ヽr´,::-, 、::::::::::l     i`'  ヽiヽl
      ヽl,_ ´_ / / l `, 、i\i`'`ー ┘    `
       、j f   ̄ー i_ l i
      ._ ,..へ>=_`r  ` ト,
     `ー ´    7、 > ´
           r..':/
            `'
西東天さんの遺言 ◇那珂 「那珂ちゃんのことを嫌いなっても艦これのことは嫌いにならないで!」

「に」が抜けてるやり直し。」
カスミさんの遺言     ∑'γ´  ̄`'z
     ! NNNk,Z
     ヽ(!゚ ヮ゚ノ´   よしねる!お疲れ様ー!
      ⊂lHlつ
.      (,_i_}
.         し'ノ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2013/07/27 (Sat) 03:09:54
クマー 「乙クマー」
東風谷早苗 「お疲れ様でした」
「ふにゃぁぁぁ!?」
西東天 「はやすぎぃ!」
巡音ルカ


                  _..__;ェコココ土;-...._
                ,.-'コ斗宀冖宀宀laニヘニー 、
               メ广"          ゙゙弋ゝ\_
             .ノ'''´              `'ヘ_ ヽ
            ‐   /  /ソ      l;  ゝ   ヾ、 ¦
           / │f │ /|!   ||   彳 ヘヽ  ,│ │
           / イ∥ノ|! l|介1 │!l  l廴│冫: 'l上 |
          ,',' |!〔1,'卜lll小l│ |!l|l1」 !゙!l|_l小1  !!l  !
          !| ∥| lリ廴l川 l!l!  l|lllllレll!个|什!` l|!l|' |
          !|l !ll!| |lハ下〈!弋lぃ|!丈)r宀゙゙''マ斗  上` l
          l彳1l!lヽ サニ ̄h\ヘ仆ヤ l廴-ld||l  /l||l!  1
          个!从!!\l宀ォ!コl   ゙"  `ー‐勺!lンlソl|l! │  …これは…
          ll  !六ヘ个y `~~   ,,     ノ小^ィンク| 1ll
         ./l  | 」个lヾ火_..- 、,,____,  ''"ノ{ィ´」  l│1ヽ
        ./彳丿 //ノ!|/弋_..ィ宀-宀 ̄ _,ィl'´ !! ∥  !│1冫
        ィlワl 丿/´_/" ''コ六彡lz__nェ水ヤ‐ ll|l||!--ン l 〈llヽ
       .〃丿./〈/     ....工大公万^./  │l|||  \¦1lハ
      .//ソ .//    _,,...-'^ ._ `''''ll川!  __,,,,.│l斗l   ゙!│1l〉ヽ
     ノソi´ 〈ー-‐ ̄⌒´    ゙''‐'、l!!|| :/´'´  ヘ/弋  │1 1゙l '、
    ノン/ _-rly‐          ゙ |从         `‐,,│ 1 ゙l '、 '、
   /./ン  リ ノ            jl|│          ゙マ==v-..ヽ, ヽ
  /,ノン’  l,'/           _,,彡!ム|ー..            !i l!、
//ノ./  ,彳!         - ̄ l│〕ヽ ゛         │ ! 1ゝ
!''´ /ン''  /彳ヽ  `''''         ││     ''ー--    ! |! !l、
 /./l’ 丿彳/ヽ          , ''11|            丿 | │'、
/ン/  l/ l/'│゙\     _,,..-"   !卜   、        / +l │
丿/  r彳 ( │1、¦''―''''"     1l│   `''ー-........、-'宀r--!--/^ヘ
/丨 ノ l:  ゙lヽ| ゙;ヘl         | |│        !   !     、゙l
’ノ  ! !  ヘ│ │ 〈  -  二/--|!+d_  ''     1  」      、
│ │l1 │¦  |l,,_l!l      /│!¦ "      ノ   │ヽ
│ │!  │ ‐--'"¦  -‐'''  -|!|!ニ   ‐、   |   ││  、
│  !|  ./|!      ‐   ''''''´ ././lヘ-     丨   1 !  ゙ 、
│  l! 丨|!     -     --‐ノソ| ヘヽ      !   │ !  │ 、
│  ││ 彳          "''/〃|!: ゙\)、    亅   1 !  │
 !   ヽ/  llヘ  /        /ノ  "  ヘ\   │   /丿   !
 `   ‐  ー ''         ' '^      -゙   '    '     ' 」
那珂 「早いw
お疲れ様!」
「お疲れ様ー あり」
五十鈴 「お疲れ様でしたwww終わったwwww」
「あら?」
白井黒子 「あら、負けですのね
お疲れ様ですの」
カスミ 「                 . ..-‐::ニ二ニ:::‐-... .  /::i. ....::´::/.....
                 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.::´::::::::::::::::::::::::::<⌒`
                   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヽ` `ヽ:::::::::::::::::::::`ヽ
               i::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::`ヽ!\i`::::::::::::::::::::::::::...\
               ,:´::::::::::::::::::::::::::::/!/}::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::、⌒ヽ`ヽ ̄`ヽ
                 /::::::/i/.:::::::::彡' ,ノ`/:::::::/ト、::::::::::::::::::::::ハ
.               i /i//:::::::/´ ィfr⌒ヾ/:::/i::/ iハ:::::::::::::.`ヽ::i
                 i:::::::_::::::/ 〃i'うハ // ノ′=、∨::::::::::.  リ  __
             ∨`ヽ:::{ー'' 乂::リ´     /ぅ' }! j:::::::::::::i  .x'´、::::`ヽ
              ノ{ .ハ::ミー ´ ̄      Vリ__Kiノi:ハ::::,′ !  ゝ'ノ:::::}    クマーは犠牲になったのだ…
              \ヽ `ヽ :::::::::::  、  ノ::::: i  / !/  乂  i:::ノ    お疲れ様よー
               ー=彡ヽ.ノ  、       `    ノ    /      ̄
               彡イ}_____\    . <´                r !
            _  __「::::::.:.:.:.:.:.`ヽ千‐┐                 r i ! .! ./ 7
         . :´   ∨ilii`>.:´:: ̄::`ヽ:.:.:.!__                 l !i !/ /
        /        !こ}':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Yハ.:.:`::.‐-....    r 、   l !i i ./
          /       iliili{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Vハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.  \丶_l !   i
       /         ililil.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::Vハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!    \       !
.      /      ,  マハ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::Vハ::::::.:.:.:.:.:.:.::;       !     i」
藤原妹紅 「…おお、お疲れさん」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|
          |: : :.::._|:. .:.l/――|::/.:/r―┤l ..::ト..:|  あれ?
          |: : : :{ |: .:ll/ ≡≡:{:/  ≡≡V.:.:∧リ
          |: : : :,ゝ:从:.',            7.l,リト、!
          |: : : i:::| :lハ.! U     ′  从ト、!
          |: : : l:::|:   ト、     ィ   イ::.:.| :|
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|」
タケシ 「工エエェェ(゚д゚)ェェエエ工」
「おつかれさまなのです!」
タケシ 「お疲れさまです」
クマー 「3日目なんてねえよ 自刺し決闘
狼全ボッチの割りには結構死んだクマね」
「狼全員ぼっちとかボッチ暗殺者には荷が重いんだけど;」
カスミ 「まさかこれで終わってしかも勝つとはね…w」
れーせん 「お疲れ様…うん、鈍ったわね、ごめんなさい>妹紅」
巡音ルカ

           _,-'"´       下ー-a_
          ,ノ'´  ,y.      ‐ミl_  ゙̄千lh
         /´ r ィ 彳|││  ゙_ ヽl廴 _゙lヘ丈l
        / ムイ」!_ll||│||..|レ..ュ_│火彳゙l个}万!
        从-亅!|!1|lllll!ll ! l心ヘュ ヽ''lミ土廾!"上
        {卅上l川小川!l¦l聿辷(!rミ上上ヘ爪!彳
        〈丈ll!ユ斗亡丈lム|亡 ̄?キl聿!|1 爪||上
        勺文/゙J!lll!下!` ゙゙〈l_r|]!/│|l|l!!仆|彳  まぁ、仕方のないことね お疲れ様よ
          弋l!l_l公亡ナ  └ー''^万│l│|l}!!||l!   黒子ちゃんと一夜を過ごしたかった所だけど…
          |!卅从l!:  -   ノ公!l/ノl| 上|l!∥
          〈l辷ヘi心_ ‐''  _/!父万|│|!|||l什
           ゙゙癶_三|!l上ゥyz亡_;勺!! |サ│!|l|ll∥
             |卅川上l彡コ+:二亅|ト !!||l!卅
             弋仆ll彡冖''''''ーhニコ│l│|川!|
             l!l!川l´      弋川 ||l|||川!!
            ィl卅彡l’       ll卅ノll川|!l│
          _ノll广" l'         !川彳||ll|仆
     __..-一宀"   _/  ノl']六   l/l!川∥|l斗リ
  __..-'''"        lll! 、└々ノ  . 介 l|!」llll||!爪l
./"           l! ゙''癶 、 ____:/夕 l!川l|从公|
|!           丿    ゙l∨⌒"ア’ ノ{火l|!ll手!l
|!           │    ノ゙      /ll! |l(l!リ|l爪lヘ
 !_        - 爪!、 ヽllソ/     ノ!{l上亡l,l下lユ゙!
 `ヘa..,,       丿 ゙'廴ノ!.ン‐‐   イ彳リ上l从{ll!ヘl!
    ゙゙゙''マ ̄   /   マ广/    l/l!弋从弋心ヘ|l!゙l廴
      ^^'l'、 /    " /     亅 |!lィ巛lll゙l!!弋ヽh {ヘ
        !! l!/    丿    亅 〔l)゙リlヘ |ll!弋ヘヽ リ_
        !゙ld'    丿   ..r彡ナ  ヘl〉゙l父l火 ^キ心 ゙ム
        ∨    〃       ゙ー- ベ+ ゙宀゙゙ヘ  マ癶 ゙「 」
タケシ 「16人で掃除屋が7?おかしいじゃないですか!」
カスミ 「QPだけは引かないぞーと狂人希望したけど
ま、まあ結果オーライ?」
ルル子
               /.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
              /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:,.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  |.:.:.:i!.:.:.:.:/.:.:.:/.:.:.:,.:./.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!
                  |.:.:.||.:.:.:.ハ.:.:/.:.:.:/.:/.:.:.:/.:.:ハ:.:.:.:.:|.:.:.:.:i!
             |.:.:.|.|.:.:.:l.:.:/.:.:.:/.:/.:.:.://〃 ',:.:.:.:|:.:|.:.:|
             |.:.:.|.:|.:.:l.:/|.:.:〃.,'.:.:〃ム'L,,,,,,',:.:.ハ:i.:.:.:',  お疲れさま…
                 ,'.:.:.:.|.:|.:.レ-i:/ラニl.:/// ム_二ニ、.〉:.:i!.:.|:乂
                ,':イイ:.:|:|.:.レ'ソヒニシミ'./' ./シ辷'ノノ.〉.:/',.:.:|`ヽ
               ,'ノレ'|:.:ヘ从` ゞ='ーノハ  ” ̄”/:.:/ノ.:.:|   しょっぱなから
               '´  ヽ.:.:}ヽ乂     !     ./从|'.:.:.:.:|
               ',:.:ハ:ハ:ゝ、   ,_、  ノ'.ノ7:i:.:.:.:.:|  濃い会話してたので
                  |.:7:ハ:|.:|:ヽ、  ー   .イ:|.:|.:|.:.:.:.:|
                レ.ノ.:}:|:|.:.:}.:|≧ ._ '´ .|:.:|.:|.:|.:.:.:.|  不完全燃焼とかはないが…
                    /:7.:.,'.7:.:.:リヾ、   ノ´|、:|.:|:|.:.:.:.|
                    /:7:.:.:ハ.:.:.r' |  〉-〈   |ヘ:.:|:|.:.:.:|   うん、この幕切れは予想外だったw
              /:7:.:ノメ.:.,' .|  ./i:i:i:ヘ   |', ',:リ.|.:.i'、
             _..,, -'゚゚¨´ /メ.:.,' /| /マ:i:i∧ / | |.:.||.:.| `ー ,,.._
             ト、     ,':メ:.:ノ |. ∨ }:i:iム.∨ .| |.:.i!.:.',.      `i
             |     ,'.i!.:.,'  |.    |i:i:i:i:|.   |. |.:.|.:.::|.       /|」
西東天 「初日に俺に4票入っている時点でこの村はオカシイと薄々感じていたが……」
那珂 「那珂ちゃん暗殺されてた!?」
「ぼっちだとどうしても残っちゃうなー
これで勝てたら苦労は無いんだけど」
東風谷早苗 「キリの良い倍数にしようとするとですねぇ・・・」
「なんだかよくわからないのです!」
カスミ 「そーいやおしら様のお姿が皆無になったとか
びみょーに変わってるわねー」
タケシ 「くそ、こんなところで終わりだなんて!」
クマー 「つーか最近なんでクマに矢が刺さるのか
初日吊りですよね?刺しても連鎖だけですよね?」
白井黒子 「>西東天
クマ鍋をするより少人数での勝ちを狙いに行ってしまいましたの
不覚……」
白井黒子 「えっ>おしら無くなる」
「>カスミさん
なんか色々あったらしいのです!
電もさっぱりなのです!」
那珂 「おしら様は正直いる意義が薄かったからこれでいいかなーって」
カスミ 「>白井さん
いや、どこ見渡してもおしらの姿が…w
前はこの人数でも多少出てたし」
東風谷早苗 「シンプルだから暗殺を1種類にしないといけないので
シンプルじゃないほう(真紅)は暗殺3種類なのでおしらいますよ」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l  とはいえ
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!  
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:〃ヽ!:'.:./ .::/ !.:! ..:|.::.:|  久々に退屈しない夜を楽しめたがな!
          |: : :.::._|:. .:.l / ̄ |::/.:/r―┤l ..::ト..:|
          |: : : :{ |:::..:ll/=≠ミ:{:/  r=ミV.:.:∧リ 
          |: : : :,ゝ:从:.',            7.l,リト、!    その気持ち、ありがたく受け取った  >タケシ
          |: : : i:::| :lハ.!    _ ′  从ト、!
          |: : : l:::|:   ト、   `.- '  イ::.:.| :|    ナイスツッコミ それ以上は求めんw  >黒子
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|」
クマー 「雛決闘でいるのは 掃除屋と女神と狼だけクマ
真紅のほうは知らんけど」
「黒子さんは仕方のない矢をありがとうございました!
仕方のない、でも嬉しかったのです……ぐすん」
巡音ルカ 「             ______               ,,..-‐''' ̄ ̄ ̄1
        _..-=f斗工六ニ彡コぃ、_      _,,..-''"         !
       _ィニ彡'土ァ‐广|!フキ!ニニコニ......-‐'''"´          _.-亅
      ./n火―"  〈__/'´.ノ下   _          ___........-‐"  l
     /l巛,〃     ∨,,..イ ` /´    _,,....-一'"^/     丿
     /亡{/      / .ノゝ_/   _..ィ''^l     ノ--、    /
    ll||l|!丿   !│ 1ヽ;i宀''二,,....ィ‐" l丿 |    / ̄ ^'''/\ /
    彳l"|小 !|│|上ユ、 个工,r;_上_ ノ从 lゝ  ノン,,_   冫×,,
   │,iヽ川l│!|!(!之J廴゙ll!弋{ ̄ i!卅 小ll(│ l/''''ヾ个' ヽ 丿丿  …まぁ、さなキスの緑CP残りと考えれば
   亅!l1〈゙ユ ヘll!ノk宀l个ニユ"゙'ニ广│上|!l 丿´    '个-//ソ   そんなに悪い気はしないわ
   │lll! ゙lj!゙l!r弋|ll」..彡 ゙'' 、     彳斗イ/      _イ.....丿
    ` 个!_〈!下ヘ上 ̄    __,,_  ./下 ∫       /
      ゙个ふ \木\  -゛"   个' ./上   /  /
      ¦ 下kj宀`ー....__    /1-|l川|  亅 │
       ! !  ヽ    ヾ゙''''''''"  l ./」仆  1 ,''lム
       ! / ! ゙ll  l 1      〈|l|lllll  1丿 `弋
       !/  !│火  /       l|l川!'、  ゙lュ  ゙ム
       !l ¦ !│ )ィ´        ノ!l ∥ヽ   ヽ.‐ ゙llヘ
       / ゛/ ュ|!l!/ ゙ゝ..-‐''''    ノ'´1|!      ゙'‐宀l!'L\
      ./r/  !j丨   ゙ー.._______,丿 │        ゝ卜ヾ;.\
     //ノ¦/│|       ̄ ̄ ヘ|  丿        ゙丿 ハヽヽ
    ./!」ノ./ !上|! _        │            ゙!」, ∨父ヘ
    //│!/ l|〈l!││        |!            亅|llョ彳〈彳
   〃 l||│ノ彳l \         |〉 _        _ノ'"./1llル イll
   |1  !l|!││゛│         リ  \      ノ´  /¦上i,_`||
   l1  ゙ヘ!│ノヽ !         ∥   ^‐ 、,,___/   ノう〕|,'|ll ゙ヘヽ
   ヽ 、  ゙l!什ワ_ュ上-ュ___     _|辷.ェ二ユぃ=-ッ―ーヘ..,ノlサ l〕 │’
    l│ /〃ノイ‐^'、`ー广 ̄`ー‐ソ´ 1      ./丿   `''「广 〃
    ll  !ン彡│ /ハ   `ー/./''´   !      │l       `ーll!
     ` ノ/ノ ,'|│ヽヽ   |!{    │    ヽ ヘ二l 、     _\
      〃│11 ゙ヘ_ ゝ   l,ヽ    l  ,,..-‐''" 丿 |!!('l 、   t ヘ ヘ-_
     ./l’ l|│1 ノ广 ^/大''ヽ\,,..-‐l!''´ 」    /l」丿 ヘl-〕 l! 1 ヽ'  ゙ヘ
    │ / !亅,ノ'ン〕  〔广   `   │丿    |!彳 、_木廴(_」-''   │
     lュヽ上!' │l  |!キ        ヘ '     ノlllャノ{’l! │  ̄    亅
     │ /   vヽ- ∨k        ゙ヘ_   /l/|l心亅|!_|l!       │
     │丿    ‐\ ゙l个_       ゙゙'っl个小介‐ミノ^´       亅
     │!      `―r..ニ个心=a--ar+l'ワ斗'"彳|¦  `ー 、     ∥
      ゛         ̄`"゙''''''''` "´" ゙゙"     ’       `     ` 」
タケシ 「あークマペア以外はみんなつながっていたのかー」
「……艦隊の人揃って女神持ってってなかったのか;」
カスミ 「>電
なるほど、かくかくしかじか(いろいろあった)なのね
うむ、さっぱりだわ(キリッ」
西東天 「>白黒
3wしかいねーんだから狼ねらいーや。人畜無害な俺に票をぶつけても無駄やで。」
「別に決闘で勝ちなんて目指してないから別に良いけど
カスミとの話が楽しかったからもうちょっとおしゃべりしていたかったわね」
白井黒子 「ああ、そういえばここ雛苺鯖でしたのね
私は好きですのよ、おしら。」
「その発想はなかったよ! >ルカさん
面識無いけど……」
カスミ 「>早苗 クマー
なるほど、雛だからシンプルなのねw>おしらがいない
なら納得」
那珂 「掃除屋のほうが多いから仕方ないと思うんですよw」
東風谷早苗 「最期の夜という演出は好きなんですが
おしらオンリーと掃除屋オンリーなら後者を選んだということです」
「>カスミさん
!すでのな
なんかまた決闘の役職変わったみたいなので、電は本気を出して覚える気はないのです!キリッ」
「おしらは正直
決闘だと冗長になる(キリッ」
カスミ 「>雷
ま、決闘は楽しめれば勝ちだしねw普通村でもそうだけどさw
もう一日位は続くと思ったんだけどなーw」
「>雷お姉ちゃん
勝ち負けは別として、お姉ちゃんも楽しかったなら何よりなのです!」
れーせん 「早苗さんとキスメさんが残る…これは…(ホワワン」
クマー 「まー、おしらは決闘でなったらこう 残念?なのは確かかもしれんけどね
じゃ、お疲れクマー」
白井黒子 「>電さん
お姉様以外への愛の矢なんて……!
とまあ、本音を言えば楽しかったですのよw」
タケシ 「けど初めて告白が受け入れられたから楽しかった!
それじゃあお疲れさま!」
巡音ルカ
           _,..-ェ=コ!宀コ--_____
       ,ノ彡彡 ̄´      ̄   ベヽ 、
     ノン彡'´        ’   ‐  `\
    /゙./个   /       ¦     ヽ\
    / /|ノ   ¦ │1 1   !       .\
   」/lン    /!l丨l!{ンll   1       ヽヽ
   l/工  il │1广亡ツ ll │l|l,'!│|   ' 卜!
   ナリ彳  ! !っ宀''土ハ_1 ./下|!1/  冫 l|||!
   リ |〕(‐:l ├1ヒュェヷ゙   ゙|/宀彡/__,,-./:丿|/ . …まぁ、そうよね 結構あなたたちの二人ともかわいらしいとは思ったけど>キスメちゃん
   {l「!‐1/│|)       ’宀巛ァlン⊂''ニ_ヽ
   │/コ心,ヘ|\   -    //,,二:__゙‐ \
   │ヽ'、 彡エ斗lー 、_ ____..,,/リ/宀‐ 、   \
    l| ヽ川!彳'  ノニ宀|!ヘニア'下ー- 、 `‐,,__  !..,,      _______________
   」|!  ゙彡┴-rr―ー弋d仆ン: 、フ丿一宀宀-..│ ^゙'''''''' ̄" ̄       ̄^''''ー-,,
   ,'│亅'´   l!!!ィ'´〈ス火l!三'´''         ヽ       ‐       '    `ー_
   !|!!l│     l!|彡=ニi弋ク!六          1    -......__             `'、
  ././〉彳  _-っ'"-     弋 、         lハ.._      ̄
  ./│|│1,ノ^ ./         ヽ^        _ノ∪'´ ゙ー二 ̄''''''ー‐-......_   、
 /./l _し:'"'´ ,'           ヽ`     ‐‐ニ^゙' 、    ^゙''ー 、_    ゙゙ー 、个ー..,,_-
./ /│lllヘ   |                 ̄ ̄   ゝ   '' ,,    `ー-_   `'<l  ^ー、
l //j 1゙|lヽ  冫          ___::‐‐ニヽ  ニニl_│^''''っ  `'-._    `ー_   ヽ
  │ l \ユ,/癶^ー--..-- 、   l" ̄______1|;  ‐‐‐|l|!!  '斗   ^宀 、   \  ゝ
ヽ |  ヽ `´  ヽ     l:lj{ノ!三三宀ココニ__----斗冖ー`ー     \ ゙'‐_   ヽ
‐ 」        \__,,,,,,,,|!|二二二ニ-----=―''''''''^''‐.._ -     ヽ  ゙\  1
’ 1              ヽ      丿   ゙''‐ニュ_..._  ゙''ー 、_  、 !    \│
  │             丿   __'ン        `''ー⊂っ-....ニー-._ノ     ヽ|!
  」|             ,/   _ノ'ン´     ヽ       ̄^¬ニコ-- 、   l!
 │'、           /   ./ン'´        ヽ           `ーニ゙^j_ ''
、 l1ヽ     !    ./ _ノ'ニ/‐           ̄         __..-‐彡 ̄^''‐..___
ヽ 1'、     j    /ノンl'´                ____,,..--‐''ニン广       ̄ ̄
 ヽ1 '、   ! │- ./ン´ノ       _,,........-―ー―''""^   ,..-;'"’ ¦ .. -"l
  `ゝ\  〈ィ l\ン ''  |_..-一'''' ̄" _   ......---  __;:―‐"ノ  "フ''   ''ー/
     \, 1゙│ 1   "        ___,,....--‐''ン⌒゙''‐‐-v-‐'彡 」
ルル子
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l  まさかの大連鎖、
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.::.:..::l:.|
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }::.::..:l:.|  というわけか…?
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.:.:.::.:.l:.|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.:.:.:.:.l:.|
   ',{ヽヽ:ヽ∧' /          ///:/ l:.:.l:|:.:.:.:.:.:.l:.|   これだから狭い決闘、
    ヽ\|\ヽリ\ヽ         /´/ r‐フ):.:.:.:.:.l:.|
      |:::::ヾ::::__.>-‐´`   ∠///{:.:.:.:.:.l:.|   何が起こるかわからんな
      |:::::::/  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ:.:..l:.|
      |::::/   \ \´/フ ,'. / .///>、:.|
      |::/   \ \ノ- '   |彡////: : ヽ
      //   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : ヽ」
カスミ 「>電
!どほるほ
私は本気出しても覚えられないぞー(ばりばり」
「~!(ボフン >ルカさん
ま、真顔でなんてことを言いやがりますか!」
白井黒子 「>西東天
貴方が人畜無害などと言われてもお話になりませんの」
「ふふーん、電が合わせてくれたしね!>電
ま、どっちにしろあたしもカスミも暗殺されてたけどね>カスミ」
「>黒子さん
仕方なくなのです!電、覚えました!キリッ
こちらもなのですw」
西東天 「んじゃ、お疲れさんー&村建て感謝。」
那珂 「それじゃー那珂ちゃん!帰投します!
那珂ちゃんのファンは永遠に不滅だよ!よ!」
カスミ 「実はタケシが受け入れられたのは告白じゃなくて告発だったとは…

今のタケシには知る由もなかったのです(ナレーション風に」
白井黒子 「>ルル子
実は直前までナナリーで行くか迷いましたのよw」
れーせん 「妹紅、後で一緒に来てくれない?
…出来たら、だけど」
ルル子
                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ. :.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
               /' / l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|   タケシはお疲れ様
              ´ //:.:.:.|, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
              ノ/:.:.:.ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ    …2日目夜の子供10人へ
               /:.:.:.:.:..从:从::.',         `¨¨7.:.:ハ ハ
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.l{.|l|ド 、     ′  从//   どうリアクションするか悩んでたが 
             /:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.|ト'、 >  `  ´ イ:l{:/
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   ヽ辷 ≧-<リ:.:.:./    下手に反応しなくて良かった気がするなw
.         / , ――‐〈`Y ヘ //   /// {__:.:∧'_
        ノ イ     ナ K //   // {ト、    丶」
「>雷お姉ちゃん
電の本気なのです!キリッ
夜戦は恐ろしいのです・・・・」
巡音ルカ

                      ___---- ,,....._
                  __一'' ̄  ^''ー.._弋__ `^`1,,
                ,ノ'"´ /`      `ーニ゙ーixl廴 ゙l! 、
              /´   丿          \ll_^'ヘli_゙'v
            ,ノ'´  ノ ,'^ィ    │   ヽ  ゙'广‐!lキュ ゙ヽ
           _ノ´   ノ’  !丿   1 !   ! │  ヘ!lli  ]!  ヘ
          _/’ /,; 丿」 ./il彳 /  l| |!! 亅│¦  文l!ll亅  ヽ
         ノ’ _,/ノ´j! ./ l下亅 || 亅│l|l}│ ! |!  l!〈lb上  │
         ! 丿 丿亅彳l!l|下! │ll  !仆彳|||./l! ||! │|l|li个!  │
        │ノ゙ / ||上l|斗斗! |!l!l! ノl亡宀廾l斗|l│ l!ェd!;宀ゥ-l !
         !l! l{! ∥l川 |l-上! !リ ,,d六_|!!l上,,|レリ| ./ll!ソT│卜 !
        亅 イll 彳ノ卅l广!丈心ノi!j广ll斗癶!サa∥ i!エ彳| ll!ll!! !
        !│彳││小'│_│「 `llノ゙'´  个! ..‐介ナィJ{l斗│|!_l|r l
        リ!./!,/li ! ヘ_上ニ-゛  ゙゙    ヘニニd!l!ノノ゙千!斗¦|ll |!
         `l上l! ヽ│ 彡    ュ    ,l!a,,  上!!/  |ヘlニニtl l  ふふ。この決闘では私、黒子さんを口説きにきたのに♪
          ljl!入 弋: 彳        ノ!カハぃ彳フ  ‐丿  ! l'' !   けどお似合いよ、あなたたち>キスメちゃん
         /^万 丨 ヘ !ヘ_   ゙゙―'‐|l「ヘ, ヽ/./   ノ   |i ( │
       _ノン^サ;/ _  '|! 1゙ン_ ^'' │ │ |!丿  ノ゛  彳 !  l
      _ノ'ンl!  !/    亅│l! (个-___..∧ 1丿  ,/´  /∥ !  彳
    __jj/ンア  丿 /  .丿 !丿¦l!lコ从-∥ ソ  _ノ゛  ;lテ宀-1_  ゙廴
  _u夕ン彡’  丿 ./  _ノ’ ./丿  ュム,,丿'´ 〃 ノ´   ,丿    ゙ヘ  ^lム_
-彡彡广´  ノ^ ノ__r'"''.._斗l广~~´'心'´  _/`_ノ'´   ン!’      ヒ  \ヽ
彡广 _  .'':ュl'´ ._lレ゙ニ..r‐'゙ノiヘ_______ノ’  ノ'__ノ"   /亅       |!  \
 -  .__ノ^ _,r'ニィl'"  ヌソナ])宀ャ  ,r'ン!'´    ィ!ニ┘        |l廴
   _ュァ´  _上/l勺   l」l(下j广./l  /ノ广   _i仆|ユll」       l!゙l上,,
__ud~~  ノワ./j!゙ !   ∀从彡彡l1 llニ!^   _/l!リl廴゙l彳       ∥ l巛ァ
l广   _ノ'´上! 大l廴___ll.`.弋エ|!l爪lツ  ._/l父=勺ユ..三  - 、  !゙  巛〉
´  ノ´  」l} l」''゙゙i千 ̄  `''下lノli彳  ノテ./ムl彡l广{!ミァa__,ュ_i___lL¦  ll1
  ノ  .」キ仆 ゙ヘl/       ゙下  ュl"ノ ノ’下"  ./   ̄'冖宀=宀l!l廴 ヽ
丿!  _/ン仆l廴/´         丿 彳 i'│  ヽ  ノ        ノ|ィ下6
/  _ィソノ'ン六!゛         │丿 ヽ !|!   ヽ 亡ェ_,,___..|! /ノl〈ヘ_
  ノ心'彡ン 丿          |l丿  l_l!|!    \丿  ̄^" ̄''|li心lリ从゙i-
 rノil^ノ}ン´ 1           !l!    彳!     ^ゝ      ! ゙癶川!ヽ ゙1
ノソ'‐ノ{!'´  上          弋'、   ゙l!|!      `┐   │   J│ヘ_
ノ^丿l}  |i宀ヘ          !l⊥,   1\      \  ノ   │丿 ヽ
^ ノl丿  l!!-コa_        │!lハ-  ヽ ''‐      \ 亅亡ーvLl
 ││  丿..ィ'' ̄宀ー-..---‐‐ ̄ ̄ ̄^`ー-a         1 l!_ "―ーー之心
 jl^1  丿      .--_---ィ__-...._______ニ_        ゙上a  ヽ__ `彳
 }‐│ l/       /ノ/'''1=彳+ぃ‐r厂 ̄⌒´ヘ_       丿マl   _弋_ノ'
 ! │└       !l│¦゙゙ ゙゙ --^`     ^∟     ┘ l│ ゙ヘ 冫 」
カスミ 「南無南無。これだけ掃除屋いればさもありなん
次回に期待ってとこかしらね>雷」
「ま、勝ったからいいんだけどね!
夜戦はやっぱり勝たないと駆逐艦としてはね!>電」
「タケシさんとルルイエさんがぴっぴぷぷぷぷどぅ~、なのです?」
西東天 「いーちゃんが証人になってくれるさ。渋々な。>人畜無害
まぁ、最後に戯言だけどねはつくんだけども」
れーせん 「それじゃ、私も落ちますね
村建て&同村ありがとうです
妹紅、ありがとう…」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|   …どういう反応されるんだろうな
          |: : :.::._|:. .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
          |: : : :{ |: .:l上レt癶:{:/  ィfj升V.:.:∧リ    ナナリーが入って来てたら
          |: : : :,ゝ:从:.',        `¨¨7.l,リト、!
          |: : : i:::| :lハ.!  u    ′  从ト、!    想像すると怖いやら笑えるやら…w
          |: : : l:::|:   ト、   ‐- ‐  イ::.:.| :|
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|   >黒子
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|」
カスミ 「    ∑'γ´  ̄`'z
     ! NNNk,Z
     ヽ(!゚ ヮ゚ノ´   つーか雷と電がフツーに混ざるww
      ⊂lHlつ   なんという紛らわしさwww
.      (,_i_}
.         し'ノ」
「(チラリ >ルカさん
……まー、相容れない存在だけどね
向こうは退治屋。私は妖怪。」
「掃除屋ってそういえば何?>カスミ」
「>雷お姉ちゃん
やっぱりお姉ちゃんは強いのです!
電ももっと頑張るのです」
東風谷早苗 「QPと狼の数は「真紅鯖と全く同じ」です
違いは暗殺枠の数と質ですね」
「それじゃあお疲れ様ー
地底への直行便だよー 地底に行くの私だけだねこれ

\ボッシュート!/」
カスミ 「暗殺拒否できない暗殺ね>掃除屋
生きてるかぎり殺し続けるやつ>雷」
白井黒子 「>ルル子
ちなみにものすっごい毒舌と言いますか。心を折りに行くつもりでしたの」
「同型艦だからねぇ
あと響と暁がいるわよ>カスミ

ふふーん、がんばりなさい!>電」
東風谷早苗 「掃除屋:キャンセルできない暗殺者
おしら:1日遅れな暗殺者」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!  まぁでもしかしなんだ、
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|
          |: : :.::._|:. .:.l/rfュ心|::/.:/-‐'´ !l ..::ト..:|  見たらさっきの真紅決闘にも
          |: : : :{ |: .:l上レt癶:{:/  ィfj升V.:.:∧リ
          |: : : :,ゝ:从:.',        `¨¨7.l,リト、!   直前の雛鍋にも居なかった面子までいないか?
          |: : : i:::| :lハ.!    ____ ′  从ト、!
          |: : : l:::|:   ト、  '--- ’  イ::.:.| :|
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|   どこから湧いてきたんだありがとう
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|」
「んー・・・村がピンチのときに逆にやばい気がするわそれ>カスミ」
カスミ 「雷、電、響、暁……

村にきたら投票欄が一文字だらけで凄まじいことに!」
巡音ルカ

                  _.-:彡-‐_ニユニィュ_
                 /^"心+千ー--―┴イユ__
                ァ'ン'ン心‐゙゙       1 宀-_
               ./  ,上ノ'ン  ,,;    1¦   ゙ 、
              ノ . _/个’/! /!)彳彳_ィ' / ll'│  '、
              ./.;ul<〃 l! /ソ│lリ.//ノリノ/  l   !
              l 心火癶」|! 彳_|ll个lJlンン /|!!  ' !
             ,':ノリl/ ゙l1l∥l广下火弋ィエィlンl彳  ノl!
             /./弋ニLj斗|l」゙宀l!´゙!''"弋ョ彡リソ  ノ亅
             l// lイ]ユ1| ゙l     l 工三lン   ノ〉
            l彡-;彡ミ川!)|   ...... - ゙゙彡ン'/ ノ丿  大丈夫よ これをきっかけにすればいいじゃない
           / ヽ千宀之!廾l! 、│ _ノ  _ノ彳l!-/ 丿!   妖怪からの信仰も厚いのよ、守矢神社は>キスメちゃん
         /   ゙辷l」ニ宀lミミ>Lニ,,┌''ノン丿/  ゙〈│
        ./    _ィ斗+心lノ宀广 ̄"ニニニ゙"ノ    三1
      ン‐|    /〔+/''フ彡''彡土ニニ癶宀iヒ   ,ノゞ'''宀゙宀ニ 、
      !‐..,,ー--‐ ̄ \彡'ン'/宀゙゙      \ //      `ヘ>
      !..rノ´     / ィ/ソ          1゙/l    __n=‐、_彡'
      ! ァ,,     ノ: ./l!│          | ヽ   丿´   ヽ
      !ノ      〕 /l│||          /  \ ,'l      \
     │''     ││ l入l         │/  ! ^''ヘ      ヽ
    /ソ!  .     「l│ ヽ(ヘ         ll ,'││  ゙\     \
   // ,'l ノ〉     1:ヘ、 l 1 '、     ‐   l/│ !」   ヽ\    │
 ,/''´ ノi''ー--‐_l!/''l l¦ `‐l冫ヽ         ^\ 」|! ,,l゙_ヽゝ介    l
!l´ ン  彳冖―ン介 〉、゙'宀- ゙彡,,ヽ_         `'弋l!ハ.ヽl│    !
¦''  ,,/゙> ̄ノ'ソ/  ll ゙ 、\--',,  ゙ヘミー-..._        `''ッヘ 1l    ノk、
!´ /''丿 丿  l,'  │  ゙!ヽ 、 丨‐..弋宀--二二辷ー---宀"ヽ│   丿 `lュ
| ,/^/ ./l  │ /l  /    │1 ^彳       ̄下〔│ 彳   ノ  _ _゙ヘ_
!'  ノ’  l丿  ! /ノ/ ,/    ./丿  ヽ         "ー、 !   │ 、 'l> ゙ヘ,
 ッ'    ll「  │,'/!/火_  ,,-''ン´   ¦       ,..-''''^""廴 │ \ ヽvハ、 」
「>雷お姉ちゃん
なのです!
装備とかも整えないと、ですね」
「かみなりじゃないわ、いかずちよ!
そこんとこ、気をつけてよね!>カスミ」
東風谷早苗 「おしらの上位互換にならない暗殺・・・
掃除屋以外だと蝕とかでしょうか?」
「酸素魚雷、ほしいわね>電」
カスミ 「>ルル子
前村参加できなかったからこっちも都合良かったわーこっちこそありがとって感じねw

>雷
そうよ、村をサクサク進めるためにいるような存在とも言えるしね>掃除屋」
「電からすると、暗殺キャンセルできないのはちょっとつらいのです・・・・
戦争には勝ちたいけど、命は助けたいって、おかしいですか?」
「んー、どうなのかしらね。普通の暗殺で良い気がするわ>カスミ」
カスミ 「雷…イカヅチ…おお、変換できたわ
カミナリで変換してたわw>雷
ありがとw心の中でカミナリ様って呼んでたわ」
「>雷お姉ちゃん
欲しいのです!
もっと強くなって、司令官さんさんに貰いたいのです!」
巡音ルカ
              =ィ彡癶=ニ二l廴二彡ニ广宀宀+_   "゙ー..,,
            _ノ‐ ̄       ̄宀ム.._ヘ∟   ゙/iン..    ゙゙-..
          _,-^           ノ'´   `^ヘlニコ--辷-上__   ヽ、
         ./  .,,                   `‐!二ュ  ̄''^゙个 、  ヘ
        ィ^  っ'´         ノ           ^''ヘィ:_   川lゝ  \
      丿 ,//    -   ./ ,¦              !广宀=彡ニぃ. 1ヘ
     〃 ‐ ./"   /   ‐./ /丿              |!| ''ヾ│」/''\ハ仆
    /''/ ;/    /  / /./ン            1   ィl   1゙弋 、│!ヘlヘl!
    /./ 丿/  , /'_  ノ _ .///丿丿       │ ノ   │l|  |!  癶ニレ l¦彳
   ./ソ丿ハ  :/,丿/ ブー<丿:''丿/!        ノ /l ェ   ノ/l  │  ゙l11  l  l}
  //,イノ│ ,./// 亅' /^彳\ノ/,'        ./ ,│ノ|  /,'丨  !   l\ { │
  亅ノ∫!丿 //// ll/ ノ /,'!ノ 彳ソ       ./'/./丿l   /│  │   〈j  │ !!
 ./┘│|ノ l./彳 彳:ヘ-',,j!\ │小      /ン-./丿  /./,'  r亅│ │! .冫 l〕
 l!/ │iサ ハj」’ /l!1l^冫|/''!癶「l!|│    ¦)./././/  / ノ  1|! ∥ 」宀"│ ll!
 !!  {|l!!¦lメ│/│!{│iソ  ゙キ||l|{|   ‐ ┌'+ン-ユ,_// ././ ∥l │ 彳  !  !l!
亅   〈仆| !││ l〕 ヘヽヘ......uノ!|∪l  / .-斗ノ´ ノ丿'ヽ丿ノ  !l丨 lT |  _ノ  !|!
ィ     サl〕 l1|!│!│  `ーニ‐"^ │|! ゙‐ _ノ三ゥー-_个/ン ll∫_ /l/  !| ,'_イ./  ./ヘ
+====小l!│1/jll │       ヽ|゙、 ./-'个个T゙ソー..'´ ノ./! ソjソ  |ノ /’ /   l从
     !|│l!彳!亡¦        ‐ ゙''│/`{|彳   ./土丿 /ll/  |!l│ /     〔仆 さて。それでは私もここで失礼するわ
     l!!|〈l〕¦」!ヘ│     /      -\コェフ/丿//! /丿  丿リ  '´ 1ll  1゙lll_  黒子ちゃん、次会った時はもっといろんなお話をしたいわねぇ♪
     〈ll!゙l彳ヽl|iil!彳     !        `'‐ー一/フノ  l丨  ノd,'/ 丿  |│  ll ゙廴
      彳 ^l!. ヘl广ソヘ  ー- 、            ノィ丨 /丿 ノ上゙     !卜  1 彳
      lll  lil !ll!ソ│_  `‐‐ー..         /ン丿 /冫 .:_'リ「/     ゙│   !  ヘ_
       く  |!11゙、 │\_       ____....-‐_'´r丿 /:ソ. !l_/'´∥゙     ヽlヽ  │  ヘ_
       ' ノlヘdい ¦   ̄"゙゙下lkF六ンー^;  "^l丿个ン ./〕  」∥ヽ    ハゝ  ┐  `廴
     r   彳//lヽ'、│    ┌l亠,     〈   {/ノ´ !|| /│ ¦〈l│    ヽl,ゝ   ゝ   モ_
     〈  /l!'__(ユ_ \ l!  +  lサ1/│   "'´  ソ_  !||亅│ | ∪│    1l 1   \  `ミ\
      |!+!个广ー-ニン..ュ  ヘ_│  //_,,   ___,,,,,:ニ上-,,J|││ │ !l│     ゙l1ヽ ''   ゙' 、  `小 、
     〃'/  /''''''‐-、  ヽ>xl彡心lョ廴彡-弋彡宀''''゙''゙゙゙~~Tl|ー=| ∥ 1|│     ヘ.ヽ ヽ   ヽ_  ゝ\_
    f|la│ ,;リ     ''┌,゙''二''''彡''"ン冖´    - 、._ヘ(l-彳  ゙ll_亅 1!|       ヘ, ゙l \    ヽ.._ ゙'ヘヽ 、
    _什 ヽ冫     │!_../'彡‐'" _ ..,1ヽ  ,-,,_ ''彳个l;  |ェユ |l||        ヘ ヘ ゙‐     ゙''-._\ー└ 、
_,,-rェ彡宀lc,,`ー-..........‐ー彡-'´  _ 、'"ヘ1lヽゝ \ `''ーニ'‐マ廾  ノ〉 l彳1l!=ョ┐      ゙、 ゙ 、 ゝヽ     `ー\`ー^ー-,,
'' ̄´    │宀--一'''"´  -イヽゝ1゙、ヽYlヘヽ ヘ, __,,  ..,,ユll|l-广゙l 1セ川ニ 」       '、 ヽ  `ぃ\     ゙`-..`ヽ.."'''-..__
      丿 "゙''ー一‐''ハ ! 弋ソ冫゙l!ベヘ\ヽ彳| ''l^:  ヽコ ゙'-ヽヽサl!彳│        1 ヽ  ゙'ヘ,,` 、      ゙''--"''-..ニ''
      | -''      l彳_!_,,__二--‐彳lベ: ー彡..-;ュノ  ヽl!  ゙゙l_lj从l|〉│        ヽ 丶   \ ヽ        `ー..; ^:
\    │ 」      -ニニニニエコユソ_!|!-‐‐'''"     彳   ヾl!1l!|│          ゙‐ ゙ 、 、  、 \         ゙'':
   、   ! ヽ    ノ           ゙''" -ゝ       彳   〈ll什l!l│          ゙、 ゙! ¦   、 \      ,, │
   .._  亅                     ! 1    ''´l  ¦   ゙l|lハlハ           ヽ ヽ l゙ 、  、  \     ゛ !
a彳彡'_´ノ!                    ││       │   〈廴夕1           ヘ ヽヘヽ  ^ 、  ` 、    」
i"''''"´   ヽ                    !丿         ¦   !サ´''             ヽ ヽl, ''  ヽ    \   │
l!      ヽ                   d/           ヽ  l│               ゙、 冫 1  ヽ    ゝ  │
|ト---‐''^‐ ^-                  ∥          f. ヽ,,ム                 ヽ ヽ '、  ヘ     \ |
|l!      '、 ゙ゝ                ./!           !.ノlJ!l゙ヘュ                '、'、 ゙、  ヽ     ゙宀!
│      1  ゙''l             ..ノ’         _...‐|!i ∨l!│个 、  _          ヽ  ヽ   '、  ヽ  ¦
彳___________│  │             -     ..--''"   l||  !|  lン个(ニ---l、         ヘ  ヽ   '、   ヽ
ー彳宀ー'''―宀''''"´/ ゙‐       ,   ./   '' 、_ ゙'''彳,, │  ! |l  |!│ '/''│-‐- 、 ゙          ヽ  1   ゙ 、   < 、
/コ彳コ‐-.___,,....ノ --ニ.... ,.┌" .-"       ゛''‐ll彳1t  |l !,, ,Jリll 彳 1ィ‐ー-二ェ│         ヽ  1   ヽ   l: 」
「ちなみに電はいなずまよ!>カスミ」
白井黒子 「じゃあ電はなんて読むんですの?」
ルル子
       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
        .|:.:.:.l^l:.:l:.|.:. l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
        |:.:.:.:}}|.:.|:.l.:.:.:l、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
       .|:.:.:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l
      |.:.:.:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ.      ヽ, ,}\       ヽ
      |:.:.:.:.:.:.{=l:.'.:.ヽ ',-\      {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',    こういうRPをしている以上、
      |:.:.:.:.:.:.|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
      |:.:.:.:.:.:.:|{≡}|ヽ-、\  、__ _  ´ .|  | ',       そう簡単には心は折れんと言っておこう!
      |:.:.:.:.:.:.:}:|f i:l. \     __ ゚ヽ  {  l ',
      l:.:.:.:.:.:.:.:ハヽヽ  \    ¨   `才:.ハ
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:|\\ \   , ' ´/: : : : |ヽ      …CNナナリーに言われたら
      |:.:.:.:.:.:.:.:}二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! : : |  \
      |:.:.:.:.:.:.:/:∧.: :./ /: :  ̄7 / ̄ ̄l : : : : |  _〉___   そうはいかんだろうけども
      |:.:.:.:.:.:/: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/: : : : :.:|.__|____
____.!_/ 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_: : : |_____          >黒子
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : : 」
白井黒子 「と、いなずまでしたのね」
「もっと強くなって活躍したらきっと頭も撫でてくれるわよね!>電」
「>カスミさん
じゃあ、電は読めますか?」
カスミ 「>雷
んー暗殺拒否できないこそ確定でサクサク進む面があるからねー
私としてはノーマルの方が好みではある

>電
戦争しないのが一番って話はあるけど、間違ってはないと思うわ」
「はわわわ、黒子さんの呼ばれてました!?」
カスミ 「>電
……………デン子ちゃん(キリリっ」
東風谷早苗 「蝕なんて入れたらぼっち有利になりそうですし
ノーマルでは上位互換ですし」
ルル子
               _,..-‐.':: ̄:¨:.""'''‐- ,
            , -' ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::\
.          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.: ..:`.
         /:./.:./ :.:.:./:.:./:.:./:.:. /.:. :./i.:.:.   .    l
        /:.イ:.:.l  :.:.,':.:./:.:./:.:. /:.:.: / ハ .:..|: |:.  :.: : ..|   いなづま と いかずち
        //:.|.:.:.| .:.:.,.:./:.:./:.:. /.:.:. //  ', :.l:..|:.|.:.:.:!:.:.i:.l
       ノ |:.|l:.:.l :l.:.|/:.:./_i}. イ:.:. /∠__ヽ.|::.l:.l:.::..}:.l|:.{   というのは分かっていても
.       ´  |.| |:.:i :|.:.{:.:/チ≧zli:. //.斗≦升ラ:.}:i:.:./::/|lト、
.          {l ヽ:|:.|:.:.',マセッfム}.//ノ .,tfヒ込ソ:.:/:.:/.:.!.:.!ヽ    どっちがどっちか時々混乱するな…
            ,'`:',:.|:ヽ:: ̄::.      .:::: /:::/:/イ.,':.!.:.!.!
           ,'::|:ヽ}.:ヽ:>  ヽ     ∠:ノ/ノ.:./.:.:!.:.:!     > 雷 電
          ,':.:|:.::|)ノ l.:.:>  - 、  ∠イ:./:./:.|:.:.!. :|
          /.:.:|:.::|:.|:!}ノリ}l` 、     'V|ソ:/:/l:.:.!:.:.!.:.:|
           /:.:.:.:|:.:!:.:!:!:.:.:| :.:.:ノ ` ´  V:/:/ヽ;.:.!:.:.!:.: .|   
.           /:_.:.:.:ノ;/-:┴:::´:::ク   .... ./イ∧::::::::`:ー:..、:|
.         /.:.:|::ヘ::::::::::::::::::::::i:/ ´     ` \l::::::::::::::::::::`>
.       /.:/∨ヘ::::::::::::::::::::l/ ´  ̄ ` \j::::::::::::::::::::/ :/ヽ
.        ,':.: l  ∨ヘ::::::::::::::::::l/ ´   ` \/::::::::::::::::: / :/   l
     ,.:.:.:.:|   ∨ヘ:::::::::::::::::l        /::::::::::::::::: / :/  |」
「敵対陣営でも殺したくないことは・・・あるわ・・・。
そこはあたしや電の美談ってところでもあるんだけどね>カスミ」
「>雷お姉ちゃん
はわわわわ!
あ、頭をだなんて・・・・・ふにゃぁぁぁぁぁ!?」
カスミ 「イカヅチ…イナズマ……

ごめん、いま「あれ、違いは何処?」になったw」
「司令官が言ってたわ
幸子っぽい方が雷だって>ルル
幸子って誰?」
「>カスミさん
電なのです!キリッ
吊ったクマーも、出来れば鍋てあげたいのです」
白井黒子 「}/,: : : : : : : : :, -: : : : : : : :ヽ: : : :,..、: : : :.V/}: : : ヽ
{/:_:_: : : : :/: : : : : : , -: : : : : :´: : :ヽ: : : :',{、: : : : :
////}: : /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :.V':,: : : :
////: :/: : : : : : :/: :,: : : : : /}ハ: : : : : : : : : : l//!: :
//イ: :/: : : : : : :/: : l: : : : :/  }: : : : : l: : :l: :}/イ: :     >ルル子
/}V: イ: ,: : : : :,イ: : :.|: : : :.{    !: l: : l,:.!: : |l,: | |: :
: l: : :.|: l: : : : :/|: : /|: : :l: |    l: l/VI: : :| !:}  !: :     ええ、やるならもっとちゃんと……と思ったら
: |,:. /!:.|: l: : :.{`トー{-VI_|_リ_,  ,ィ心下: :,イ リ'  |: :
: |:V-l:{.',:{、: : l,.-rュtォ、VI    弋(ソ l: :/: |   ,: :    私では実力不足と判断しましたの
: |:.,ヽゝ_'} ',: : ! 弋z(ソ      ¨ ´/イ: : |   /: ,
:/: :} ` ー、从|          '  ,.イ:l,: : | / '     なのでこちらでツッコミにまわるつもりでしたのよ
: : /    {/` 、     、....-ァ  /、、: :',: ´,.- '´
: /    /`ヽ、 > . _   , イ:..:..:.} lヽ:.V: !
/   /:..\   `ヽ、_/-¨、´ l:..:..:..l:..| |:/\: }
 /:..:..:..:..:..\   / ヽ  \j:..:..:..|:.,' ヽ }:.|
/  `ヽ:..:..:..:..:..\,/  ',    |:..:..:.l/   \|」
「漢字!>カスミ

きっと摩擦熱が出たりするわよ!>電」
西東天 「スターリン「命は大切に!」」
カスミ 「>雷
ま、わからないでもないわ>敵対陣営でも殺したくない
ポケモンバトルでも終わったら相手とも仲良くできるもんだしねー」
「>ルル子さん
電なのです!」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    こちらとしても人数が増えて助かった
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!  それはそうとタケシに合わせての
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|
          |: : :.::._|:. .:.l/rfュ心|::/.:/-‐'´ !l ..::ト..:|    CNカスミだったと予測するが
          |: : : :{ |: .:l上レt癶:{:/  ィfj升V.:.:∧リ
          |: : : :,ゝ:从:.',        `¨¨7.l,リト、!   もしそうなら矢を奪って申し訳なかったか…?
          |: : : i:::| :lハ.!    ____ ′  从ト、!
          |: : : l:::|:   ト、  '--- ’  イ::.:.| :|
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|    >カスミ
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|」
カスミ 「おいwww>違いは漢字

間違い探しレベルじゃないのwww
あ、クマーは鍋にするけど」
「http://blogs.yahoo.co.jp/mozugoe/319402.html
こういう話があたしや電にはあるの>カスミ」
カスミ 「>ルル子
いやいや、タケシがいるからRP自体は合わしたけど
恋人になる気は全然なかったわよー(希望は狂人だし)
むしろお幸せにと全力で応援するわ(きりっ」
「電がぶつかった話はしないでいいですからね?」
東風谷早苗 「上位互換にならない暗殺・・・
蝕、掃除屋、仕事人、(土蜘蛛)
仕事人はぼっち有利仕様ですからねぇ」
「だって同型艦だもの。
あんまり違う装備や形してたらそれこそ別型になるでしょ?
あたしは暁型3番艦、電は暁型4番艦よ>カスミ」
カスミ 「>雷
長い、3行でお願い…!!」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  >◇雷  幸子っぽい方が雷だって
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|   …これ以上ない説明だな
          |: : :.::._|:. .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
          |: : : :{ |: .:l上レt癶:{:/  ィfj升V.:.:∧リ    次から間違えないと思う
          |: : : :,ゝ:从:.',        `¨¨7.l,リト、!
          |: : : i:::| :lハ.!       ′  从ト、!    ありがとう
          |: : : l:::|:   ト、   ‐- ‐  イ::.:.| :|
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|    >雷(イカヅチ)
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|」
「・・・(にやり>電」
カスミ 「あー姉妹艦なのね>雷電
というかもう雷電でいいわ、うん
そりゃ名前も似たようなもんよね」
カスミ 「ごめん、性格が幸子っぽいのはいい説明だと思うわ

……けど純粋にパッと見間違えるわwwww」
「>雷お姉ちゃん
な、何なのですかその笑いは!?」
「戦時中に戦闘海域で
漂流していたイギリス兵を
とてつもなく高待遇で救出>カスミ」
白井黒子 「                  . .: : : : : : : : : : : : : :「 ̄` . {_,  }
                 / : : : : : : : : : : : : : : : |    ーヘ}…‐-ミ
         __ .: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:\    / {: : : : : :`.: .
        |   ,/: : : : : : : : l: : : : :| : : : : : : : : }__/|  \ : : : : : : ヽ
.         /|   ′.: : .: .: .:i :|:.: :.: .:| : | : |_}:_: :|.:.}|  、   }ヽ.: : : : : : :.
.      /:.:八__: : : : i: : :l : |: ト、: : : |l :厂:|ハ.:l }| 八   \(.: : :i.: : : : l: :|
     /′: / : |.: : : :|l.: :|.:i:L:| ヽ: :|j/ j从 }ノ八.: .:i\_,}: : :|ヽ : : |: :|    ではおやすみなさいですの
   /: : |: : :i : : |l: : : :|l.:´|:从:{   }ノ   汽芹芋ミ.:i:| ⌒Y.: : : :| i: : :|: :|
    i : : |: : :|.: .:八 : : |{: i:|yテ芋ミ      弋ぅリ j从K |{ : : : | ':.:.:ノ: :|
    | : : |: : :|、: : : \八从 弋ぅリ            ノン 八: : : ∨; ' |: : |     村建て同村感謝しますのよ。みなさん御機嫌よう
   、.: .:|: :八,\: : : : ゝ(_ :       '          ,.-‐く: :| ヽ /:/  | : :|
.     \:\: .:\ ヽ: : :i : 圦     、  ノ    // : /.:.:| ,/:/: i  、: ー-ミ
       ヽ: ヽ: : :Y ゚。.:|: :i  \          イ/ : ∧:.:.| /: {: : |:.、 \ : : : ヽ
         }: : }.: :| |.:.|: :|    `       / |.: : :| i: :|,': .:|.: .:| : ヽ  \ : : :.
       }| : :|: .:| | l|: :|      |≧=    |_.: .:| |: :|: : :|.: .:|.: : :|    ヽ: :
.        八.:.:|.: :| | リ: :|      /{_     _ノ Ⅵ ノ ∧ : 、: 人: : |    } :
        ∨: :ノ |厶r―…‐ r'′   ーyr‐     \/  ヽ: \: \{    ノ :
       /:/  /  { {. . . . .{{       / |ヽ    }}. .`. . . } : : ): : }   ⌒)」
カスミ 「「知っているのか雷電!」
もうこれで覚えよう、そうしよう」
ルル子
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l  謙遜を… と思ったが
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.::.:..::l:.|   確かに貴女は毒舌よりは
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }::.::..:l:.|
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.:.:.::.:.l:.|   ツッコミ入れてる方が
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.:.:.:.:.l:.|
   ',{ヽヽ:ヽ∧' /          ///:/ l:.:.l:|:.:.:.:.:.:.l:.|   生き生きしてると私は思うな
    ヽ\|\ヽリ\ヽ         /´/ r‐フ):.:.:.:.:.l:.|
      |:::::ヾ::::__.>-‐´`   ∠///{:.:.:.:.:.l:.|
      |:::::::/  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ:.:..l:.|     だからこそ、反応を見る為だけの矢を送ったわけだし
      |::::/   \ \´/フ ,'. / .///>、:.|
      |::/   \ \ノ- '   |彡////: : ヽ      >黒子
      //   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : ヽ」
「すごく納得してるってことは司令官が正しかったってことね!>ルル カスミ」
カスミ 「>雷
おっけー感動物語ね」
カスミ 「あ、白井さんもお疲れ様よー」
「言うのも楽しいかなって>電」
「>黒子さん
!すでのないさなみすやお」
「>カスミさん
知らないのです!キリッ」
カスミ 「司令官……指令艦…?
……やばい、いま私の中の艦がゲシュタルト崩壊中」
「>雷お姉ちゃん
はわわわわ!!恥ずかしいよぉ・・・」
「http://livedoor.blogimg.jp/kankore200/imgs/2/c/2c4cbfc7.jpg
こういうコラ画像があるわ>カスミ」
「カスミさんのかは艦隊のかなのです!」
ルル子
                      , ' ;:  ;  ̄   ̄    ̄`丶、
                     '.  _r゙ejⅱ,.ヘi^ビ、,,-―、!、   ヽ
                   ' _,{_(Yj、。ソ@ノノトjヾニヽ,-,-=ニヽ    ヽ
                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\、./'{_r7`ト、'"ヽ、    `、
                  ◯/.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :`i"ゞヽ_jソ } f /--、    ,
                  /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!::::::::::i'"\_て,,...ノ_/`i '~_,,/~    ヽ 祝福の言葉は
                 i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、::\_  入_  ,ノr'"        `、
                  |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:j:∧ 、\゙ (⌒)  7,-、 ,、ィ|' ,       、 素直に受け取らせて貰うよ
                 |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}: ム≠fト、(こ○こ)Oう ゙ヾ、 . ' ,      、
                 |:::::|::::::::::|kl::|:{ }/ ィ代fiツ:::‘ーヘ_ノ::::‘ー’  ',   . ヽ      、
                 l:i{::ト、::ゝ㌘f沁 ′   ̄ |:::/:/ 丿:::::|ヘヽ::、 、_ ',     ヽ     、  しかしニビジムと言ったか、
                 爪:l::::ヽ::::丶¨´ }       |/l/◯:::::::::::ト!|\_  ',        ` 、
                ノ  ヘ.::.トハヽ ` _ _ ノ/ トヽo:::::::::::ヽ. ''ー':: \         `、  あの歳で一国一城の主とは
               ´   _ノ \  !.::.>  ̄` イ。0°´ ̄ 、:::::\:::::::::\
                      メ丿!ハノl  ̄o◯ /       ',::::::::\:::::::::\o◯      大した将来性だな…
                      ,.-‐ ニ二二二フ/´  ̄ '          ',::::::::::\:::::::::\
          ,-―、. , イ. 、_/  .ニ二二二フ     │         ',::::::::::::::\:::::::\     ,
        ,-=ニヽ  7'"ヽ Г   _ =======" / ̄`   ',         ',::::::::::::::::::::\:::::\   ,   >カスミ
     l''"/'{_r7`ト、'"ヽ、  / !=ニニ厂"/, -'ア/  / ̄`ヽ l         / ::::::::::::::::::::: \:::::\」
「?>カスミ」
カスミ 「知っときなさいよそこは!!>電
電子って呼ぶわよ!?決め台詞は電気を大切にね?にしちゃうわよ!」
「電お姉ちゃんを背負うのです!」
「>カスミさん
電気は大切にするのです、でも使わないと宝の持ち腐れなのです!キリッ」
カスミ 「>ルル子
そりゃまージムリーダーだし実力はあるんだけどね……w
一国一城か…あたしのとこはお姉ちゃん達と皆でやってるからなーそこは素直にすごいかしらね

>雷
艦隊だったわねあんたたちーと今再確認してただけよ‥」
「そうよ、すごいんだから!>カスミ」
カスミ 「電気を大切にね、か……

でも水ポケモンには相性最悪なのよね……」
「>カスミさん
電の本気を見るのです!


えい(ぺちん」
カスミ 「電お姉ちゃんを背負う……?

……(駆逐艦 雷を調べ中)」
ルル子
                . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
            ,. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /: : : :.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /: : : : /:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l
          l: : : :.:.l:.| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!  艦これRPも時々やるが
          |: : : :.:.|:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .::/ !.:! ..:|.:.:|
          |: : :.::._|:. .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|   何だかんだで相方と言える者と同村してるかが
          |: : : :{ |: .:l上レt癶:{:/  ィfj升V.:.:∧リ
          |: : : :,ゝ:从:.',        `¨¨7.l,リト、!   結構RPの肝になってくるな
          |: : : i:::| :lハ.!       ′  从ト、!
          |: : : l:::|:   ト、   `.- '  イ::.:.| :|    ゲーム上ではそこまで接点は無かったと聞くが
          }: : : l:::|:. :.:.|  >. __ <:.::|:.:.:| :|
        /: :. :.j::::|:.::::.:ト、 ./`¨7_`ヽ:.ムイ:.:.|    不思議なものだ」
カスミ 「……せ………お……う……?

どう見ても大事故発生中に映像が今私の頭の中で流れたわ」
「く、駆逐艦だって寝ぼけて間違えることぐらいあるのです(震え声」
「>カスミさん
さっき雷お姉ちゃんが貼ったコラ画像なのです!キリッ」
カスミ 「>雷
私寝ぼけてないけど今ルル子と雷電くらいしかいないのに
未だあんたら間違えそうなんだけど…w」
カスミ 「あ、ごめんあと早苗もいるかもしれない」
「RPって「そのキャラならなんていうかを演じる」ことだと思うわ。
だから接点があろうがなかろうがなんとかなるものよ>ルル」
カスミ 「コラ……どの辺をコラージュしたというのか……!」
「字が似てるからね!>カスミ」
「>ルル子さん
そこまで気にせずにやりたい子をRPしつつ愛で愛ですればいいのです!」
カスミ 「>雷
貴方たち自身も自分が呼ばれてると間違えそうにならない?
あまりに似てるわよww>字」
「http://www56.atwiki.jp/kancolle/pages/124.html
こっちがあたし
http://www56.atwiki.jp/kancolle/pages/125.html
こっちが電>カスミ」
「>カスミさん
電も雷お姉ちゃんももともと個人の絵しかないのです!
つまりそういうことなのです!」
「あたしはもう慣れたわよ?
ウチの司令官あたしばっかりレベル上げるから>カスミ」
カスミ 「(雷が貼った画像を拝見中)」
ルル子
                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  >RPって「そのキャラならなんていうかを演じる」こと
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:::..:..:.:.:.:.:.:.:l  やはりこれが基本にして全てなんだろうな
                /.ィ. :.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
               /' / l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|   やはり鉄板CPだったりすると
              ´ //:.:.:.|, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
              ノ/:.:.:.ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ    相手との絡みの台詞が想像付きやすい       >雷
               /:.:.:.:.:..从:从::.',         `¨¨7.:.:ハ ハ
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.l{.|l|ド 、     ′  从//    だからこそ鉄板CPが喜ばれるのだろう
             /:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.|ト'、 >  `  ´ イ:l{:/
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   ヽ辷 ≧-<リ:.:.:./    私は割となりきるタイプなので誰と繋がっても気にしないが
.         / , ――‐〈`Y ヘ //   /// {__:.:∧'_
        ノ イ     ナ K //   // {ト、    丶」
カスミ 「よし、SAN値回復したわ(きりっ
なるほど、わかった気がした!

>雷
お気に入りなんじゃないの?レベル上げるのはそういう子に偏りがちよねー」
「いあ!いあ!くとぅるふ!なのです!」
カスミ 「                               /!   . . .‐--
                 . ..-‐::ニ二ニ:::‐-... .  /::i. ....::´::/.....
                 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.::´::::::::::::::::::::::::::<⌒`
                   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヽ` `ヽ:::::::::::::::::::::`ヽ
               i::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::`ヽ!\i`::::::::::::::::::::::::::...\
               ,:´::::::::::::::::::::::::::::/!/}::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::、⌒ヽ`ヽ ̄`ヽ
                 /::::::/i/.:::::::::彡' ,ノ`/:::::::/ト、::::::::::::::::::::::ハ
.               i /i//:::::::/´ ィfr⌒ヾ/:::/i::/ iハ:::::::::::::.`ヽ::i
                 i:::::::_::::::/ 〃i'うハ // ノ′=、∨::::::::::.  リ  __
             ∨`ヽ:::{ー'' 乂::リ´     /ぅ' }! j:::::::::::::i  .x'´、::::`ヽ
              ノ{ .ハ::ミー ´ ̄      Vリ__Kiノi:ハ::::,′ !  ゝ'ノ:::::}   >ルル子
              \ヽ `ヽ :::::::::::  、  ノ::::: i  / !/  乂  i:::ノ    RP=ロールプレイ、役割を演じるだからねー
               ー=彡ヽ.ノ  、       `    ノ    /      ̄     原作を忠実に再現するって意味じゃないし
               彡イ}_____\    . <´                r !   もうちょっと気楽にやっていいと思うわよー?
            _  __「::::::.:.:.:.:.:.`ヽ千‐┐                 r i ! .! ./ 7
         . :´   ∨ilii`>.:´:: ̄::`ヽ:.:.:.!__                 l !i !/ /  貴方がやりたいルル子をやればいーのよ
        /        !こ}':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Yハ.:.:`::.‐-....    r 、   l !i i ./
          /       iliili{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Vハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.  \丶_l !   i
       /         ililil.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::Vハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!    \       !
.      /      ,  マハ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::Vハ::::::.:.:.:.:.:.:.::;       !     i
      /         /⌒Vマハ:.\:.:.:.:.:::::::::::::::ノ.:.Vハ::::::::.:.:.:/     人    !
.     /        , '  /.:.:.ilili:.:.:.`::.:.:ー.:.:.:.:.>''⌒)人::::::::./       /     /」
「あたしは鉄板とばっかりでもつまんないから変な誰得くっつけるけどね
小悪魔がまだ出た頃はやる夫とやらない夫と土御門をくっつけたりしたわ>ルル」
「不利なところにもつれていかれたからね、疲れたわ>カスミ」
カスミ 「おいやめろ馬鹿、早くもこの終了後雑談は終了ですねww>いあ!いあ!くとぅるふ!」
カスミ 「>雷
愛があれば…それでも愛があればなんとかなる!>不利なところ
具体的にはレベルを上げて物理で殴ればいいのよ(きりっ」
「SAN値と言われたから言わなきゃなって思ったのです!キリッ」
ルル子
   //: : : : :∠ /      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
`.//: : : : : :/::::l/       ./:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
:::∨: : : : : : :/:::::/    __  /:.:./:./:.:.:./:.:.:/:.:.:/:.:./:.:.:.:.:./:.:l:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
:::::l: : : : : : :/:::::/     .,'::::i./:.:./:./:.:.:./:.:./:.:.:/:.:./.':.:.:.:.:/:.:/:.:.|:.:.:.i:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  さて、この辺で失礼しようか
:::::|: : : : : :/:::::/    /:::::/:l:.:.l:.:.,:.:.:./:.:./:.:./:.:./:.:/:..:.:.:./:.:/:.:./:l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
:::::| : : : : /::::::,'     ,':::::,':./l:.:.|:.:.l:.:/:.:.//:.:.:/:.:/:.:.:.:.:./:./:.:./l:.:l.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  こういった深夜決闘はいつも以上に
:::::l : : : : l:::::::|\  /::::://´ |:.:.l:.:.|/:.:.//:.:./:.:/,:.:.:.:.:.:./:.:/:.:/ l:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:l:.:l
:::::| : : : : |:::::::l  ヽ./::::://  |:.l:|:.:l:.:./ム/ノ/ /:.:.:.:.:.:.イ:.:/:.:/  l:l:.:.:.l/:.:.:.:./:.:.:|:.:l   村立と同村に感謝してしまうな…♪
:::::| : : : : }:::::::l  /:::::/\__.l:.|:l:.:|:/升必t、ヽ/:.:.:.:./7:.//-‐'´ l:|:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.l }|
:::::|: : : : :.l:::::::l ./:::::/      l:.ト.l:.:.l`仆乏ニzメ:.:./ /:./厶,-≠¬7/:.:.:.:/:.:.:.:/l| }|
::::::`ー‐´::::::::{_/::::.:/     }.'|l:.:ト:.',    /:/   //´ヽ≧=≦.'/:.:.:.:/)/:./:.l |}|   
/::::::::::::::{::::::::/::::::/l       ' ヽ:.トヽ   /´   /        /:.:.///:./:.:.:l| }|__   RPについては、日頃は割と気楽なのに
ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::.ヽ       リ::.:.ヽ     i!         /-‐'´-':.//:.:.:.:l| リ
::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::'、      /::/リ\ ヽ-- 、 _     イl:.:./:.:/{l:.:.:.:.:.::.l|リ   時々不必要なぐらい考え込んでしまうね
ヽ::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::\    /´:.:.:.:.}/\  ̄` ̄ ,  ' ´トリ:./l:./:.:.`:.:.::..:..l|
\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉   /:.:/l ̄| ヽ::、ヽ_ , イ::::://ヽ{ }/:.:.:.:.:.:...:..:.l| .//: :  それも一種の深夜テンションなんだろうが
  `丶、::::::::::::::::::::::::::::::::::}--‐‐ ':::://l  !/ヽー-r‐、::://  /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..l|//: : :
  / |\ト:::‐===‐::::/\:::::::::.// ! / /   /  | /   / !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//: : : :    気楽に、でも軽んじることなくやっていくとしよう
',: : : : :.∨:\::::::::::::::::::::::{ \\::((  / /  ./   l彡  ///::::\___ , イ,  : : : :
.}: : : : : :∨\\::::::::::::::,'\ :\\ハ {  !  / /   1  / //::::::::::::://: : : : : :     >残った御三方
.l : : : : : /: : : \\::::::::l:::::::ヽ: :\\ l  | /     |イ   //::::孑' ´イ: : : : : : :」
カスミ 「私はいつもこの戦法を実行してるわ

なお戦法じゃねえ!ただの力押しだろ!?って意見は聞き流す予定です」
「あたしらレベル上げても攻撃力上がらないんだけどね>カスミ」
カスミ 「うん、気楽に楽しめるが決闘だしね
お疲れ様よーおやすみなさーいw>ルル子」
「肩の力を抜きつつやるのが電は一番だと思うのです!
お休みなさいなのです!ルル子さん!」
カスミ 「なん……だと……?>レベル上げても攻撃力が上がらない

……くっ!改造か!改造しないと強くなれないとは世知辛い世の中ね!
所詮金なのね!」
「他の艦の部品を使うのよ!」
「お金がなくても大丈夫なのです!」
カスミ 「>他の艦の部品を使う
………………つまり、倒した相手から奪う?
いわゆる一つの、ニコイチ的な?」
カスミ 「あと大丈夫に聞こえない!聞こえないよママン!

そう言ってあとでお金も大事だよ!って言うんでしょう!わかってるんだから!」
「モバマスのレッスンを想像するといいのですよ
あんな感じなのです!」
「え?不要な艦を分解するのよ?」
カスミ 「………(想像中)>モバマスのレッスン

アイドルの安倍菜々さんじゅうななさいが10人のアイドルを踊り食……融ご…レッスン……」
「不要な艦なんかいないのです(震え声」
カスミ 「分解……(今見てきた雷と電の姿を想像、他のキャラにも当てはめ中)

…………………………(言葉にならない)」
「菜々さんが若返るのです(白目」
カスミ 「世の中って広いわ(断言)
私の想像の遥か上を行ってたわ…」
「だぶったら基本・・・されちゃうわよね・・・」
カスミ 「よし!わかったわ!

想像したら負けってことがよおおおおおくわかった!深く考えたら負けねこれ!」
「近代化で、一緒に戦っているのです……
少年漫画のように(震え声」
カスミ 「ほ、ほらダブったら…モバマスなら特訓で……さ…?」
「>カスミさん
つまり可愛いは正義なのです!」
カスミ 「>電
待って、今までの説明に「可愛い」要素がどのへんに!?w
画像くらいしか可愛い要素皆無だったわよ!ww」
カスミ 「むしろ、今私の中で
駆逐艦が「キシャー!!」とか「ぐぉおおおおお!」とか「オレサマオマエマルカジリ」
とか恐ろしいイメージになりかけてるんだけどw」
「>カスミさん
ほら、可愛いければ全ては何とか説明がつくのです(白目
そう、いなくなったフェイフェイとか・・・・」
「キシャー!なのです!」
カスミ 「フェイフェイ?……そんな子いたっけ(白目

っていなくなってないわぁぁぁぁぁ!?wwww>電
勝手に存在すら消しちゃダメェ!」
カスミ 「                          ,i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
              _ ,. - - - - - - 、 ,i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;; - '''゙
            , - ゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゙ ' ' - -;::::::::::::::::::::::ヽ
            , ' ゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、:::::::::::::::::::::ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'_、::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::゙ヽ
       l:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ;::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::ヽ::::::::ヽ
       l:::::::::l::::::::::::ヽ、/  ヽ;::::l、、::::::lヽ!, '゙ヽ;:::::::::iヽ::::::::ヽ
      l:::::::::l:::::::::::::::/ ゙ヽ、   ゙ l ゙ ヽ、!, ',-、 , !ヽ!ヽ!::::::::::;;;_!
        !::::::::l /!/! / 、,イ、 ゙ヽ、/     'lノ ゙' l゙i::::::::;;;、'''゙゙    くっ……!おのれ恐怖の駆逐艦ポケモン「雷電」め!
      ヽ ,-'-!' l/ ゙/ |ノ        ! l  l l- '゙      ,=======、
       ゙! ヽ      l l         l j.  lノ        /    ,i'| |  地割れで沈めてあげる!
        ヽ、 、     ー      〉  ̄ ノ      /     ,i'' | |
            ヽ○、   -―――- 、  , '○     /    ,i' , | ゙ー―--、
            | ヽ、         , ' ゙  ヽ      /   ,i' ,i'   ̄ ブ゙! /
           ○'゙゙i、 ゙ 、 、 _ , ' ゙   ヽ  l    /    ,i' ,i'    , '゙ ,i /
          _,ノ゙   ゙ 、_ ヽ、/_ ノ    ヽ l   /    ,i'' ,i'    , ' , '/ ゙' 、
        , ' ゙     _(_i゙i -,'        ヽ /   ,i' ,i'    , ' ., '   ゙ ヽ、゙'',
       i'゙ ,/ ゙ヽ、  (_,!_i-,゙゙          ゙/    ,i'',i'    , ' ., '     ,. '/ /
         !/     ヽ、  l ゙'           /   ,i' ,i'   , ' ., '    ,. ' / /___
        l        ヽ i           l /   ,i'',i'   , ' , '    ,. '゙ ,. '゙ ゙'-- 、 ゙' 、
          l      l ゙!            / /  ,i'',i'  , ' , '   ,. '゙ ,. '゙   _,.-,'゙ /
        l        l'゙             / /   ,i',i'   , ', '   ,. ' ,. '    ,. ' ゙ //」
「あたしあなたまるかじりー!」
「地面割れても怖くないわ。
だって海の上だし」
「>カスミさん
ほら、そこのレアメダルからふふふふふ」
「いつも水の上にいるので水技も怖くないのです!」
カスミ 「おひwせめてどっちか否定しなさいよww

完全にジョーズかなにかみたいじゃないww>丸かじり」
カスミ 「おーいスターミーおいでー
地割れじゃなくて10万ボルトこの雷電姉妹喰らいたいってさー(スターミーのボール構えつつ)」
「そういえばこの間外国でとれた鮫のお腹を裂いたらバラバラになった人の部品が出てきたらしいわ」
「発電してやるのですキリッ」
「ひぃ」
カスミ 「>雷
いやぁぁぁぁぁぁ!!そういえばジョーズの映画にもそんな場面あったぁぁぁー!!」
カスミ 「電気もダメですって……!?こいつら実は妖怪ポケモンとかじゃないのかしら……!

こうなれば寺生まれのTさんを呼ぶしかないというの…!」
「あ、でも炎はダメよね。爆発しちゃうもの」
「それよりも鍋生まれのKさんを呼ぶのです!キリリッ」
「船の上で火遊びは厳禁なのです!」
カスミ 「(えーと、ジムリーダーで炎ポケモン使いは・・・と)」
「とても人を呑み込めないような大きさだから、力尽きて漂ってたところを食いちぎったのか、それとも賢明に泳いでるところを食いちぎったのかで捜査してるらしいわ」
カスミ 「(・・・カツラ・・・?え・・・あの人だけ?)

>雷
さ、サメは自分より大きいものを襲わないって聞いたし前者で!」
カスミ 「(やっぱりサトシに頼もっと。ガーディとかもってるでしょうし安定でしょ)」
「でも山城とかが沈んだときは生き残った乗員もサメに食べられたりしたらしいけど」
「サトシガーディもってない気がするけど」
カスミ 「そ、そのサメはビッグなサメさんでお腹空かせてたんじゃないかなーって!
やー自然の起きては厳しいなー!(棒読み」
カスミ 「ガーディのひとつも持たずに何がポケモンマスターよ!!!

確かに持ってた記憶ないけどね!!」
カスミ 「だってヒトカゲだとライバルが持ってるイメージが・・・

サトシ持ってるけどさぁ(持ってたよね?)」
「リザードンじゃない?
じゃ、あたしそろそろ司令官と夜戦してくるわね!
おやすみー」
カスミ 「というか海は怖いのよ、うん。
皆もこの季節海に行くなら気を付けてね(宣伝」
カスミ 「リザードンね、進化したし

お疲れ様よーwおやすみなさいー>雷
って司令官って味方じゃないの!?」
カスミ 「               , -   ̄ ``ー-- 、___,
           /               <
          , '                \
         /           、      ヽ|
        l      /ヽ       |ヽ ヽ 、   i
        |     /⌒ ヽ   ,、|⌒ヽト、 |  |
        |     / ンf7 ヽ!V   f7ミ  〉、ト、ハ|
        |  ,-、/ l {:::!      {::! /i  /   うん、というかなぜサメの話に…w
        |  ! Y  ⊥j    、  ┴" .|.ノ |   いやジョーズの単語出したの私だけどねw
           | ヽ ヽ            |  |
           |  ` 丶      -   /  /
         ヾ、、、___`t 、_    , ィ--'‐‐'
                /|   ´ /ヽ
           __, -'" |  /  /``ー-、__
          /´ ̄ ̄ ̄`ヽ   /      ハ
         /         丶 /     /  l
        |           Y o    /    ',
        |            |    /    ',
       / ヽ  , --- 、     / ,-、 i/       ',
       /   ヾ||| ////ヽ、 / ̄ ̄ ̄`!       ',」
カスミ 「    ∑'γ´  ̄`'z
     ! NNNk,Z
     ヽ(!゚ ヮ゚ノ´   
      ⊂lHlつ     ………。
.      (,_i_}
.         し'ノ」
カスミ 「                           ,,/  _---‐っ-
                          /丿r'''''´ ..ェニ _
                         ′ 丶‐' コ‐ ‐'―‐ 、
                        / ´ ' 、          `ゝ
                    __ ___こ..- ′          ....‐'´
              ,,..--‐'' ̄"  ̄    '''' ゙‐っ....     ,..‐′
            ../        _ ,,  ゛  、 ´゙'‐-    ''‐っ
           丿     ′     「' 、   ’ `'<‐‐ ‐'く、
          ./ .    ´         丶   丶  く ̄ ̄´
         ./゛  、  ′  /`‐    、  、  'rヽ ヘ
         ′       >―ー、.. 、 ノl"´ヽ 」   1
         |      - /   _,,,,  ノ `丿  .._:|′ _,,..-‐
         ヘ  、 _  ニ┤ 'tノ'' ̄"′  、" ̄│  彡
          '、  |_ノ'<┘      _...... ......  ソ'´   よし!忘れよう!普通に怖いわよ!>サメ
           ゝ ヘ 丶_      (´    /  ノ
            `''くー∟ 、    ヽ   ./ _/       _,, ,,= 、_
              `''‐ 、コ-..,,_   ゙ー-'ン′       / ノ -‐ _ ゝ、
  /""ノ''''ヽ 、  ノ''" ̄゛'--'′  `^'''''l/ ......,,_      / ゙'f  /´_..-ヘ
 / ..┘  /"\/      \ `‐-" ̄ ゙く- 、 `ヽ、  ノ    l_」 ..l’ _.-|
..1   ../  _..-ヽ        | 、 ヘ     ゙ー ゝ、_ 1 /   ,ー’ `'-L..''' ノ
 ' 、   ../  , }       l 1  ゝ      ゙'t `│ ゝ、      _,,/
  \..、    ..‐" 〉     ./ │  」       │ l ,'  ‐ 、 _ ..‐'´
    `''' 、..-′  ''、   _し'´  」  」       丿 _」′  ` /
      '、    ヘ、  !    〕  |′  ..-ー 、,'  丿    l
       1     ヘ、 イ  ......l   |_..r''´   ¦       l
       {      ゙、 | /  │  │      、 │    丿」
カスミ 「電の霊圧も消えたし……私も寝ましょうか」
カスミ 「ひっさしぶりに締めAAでも、と…」
カスミ 「うし、できた。
25分締めでと」
カスミ 「━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━
この村は終了後の雑談によりログが長くなっているわ
純粋にログを楽しみたい人には【逆順】をお勧めしておくわね
                               /!   . . .‐--
                 . ..-‐::ニ二ニ:::‐-... .  /::i. ....::´::/.....
                 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.::´::::::::::::::::::::::::::<⌒`
                   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヽ` `ヽ:::::::::::::::::::::`ヽ
               i::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::`ヽ!\i`::::::::::::::::::::::::::...\
               ,:´::::::::::::::::::::::::::::/!/}::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::、⌒ヽ`ヽ ̄`ヽ
                 /::::::/i/.:::::::::彡' ,ノ`/:::::::/ト、::::::::::::::::::::::ハ
.               i /i//:::::::/´ ィfr⌒ヾ/:::/i::/ iハ:::::::::::::.`ヽ::i
                 i:::::::_::::::/ 〃i'うハ // ノ′=、∨::::::::::.  リ  __
             ∨`ヽ:::{ー'' 乂::リ´     /ぅ' }! j:::::::::::::i  .x'´、::::`ヽ
              ノ{ .ハ::ミー ´ ̄      Vリ__Kiノi:ハ::::,′ !  ゝ'ノ:::::}   それじゃ皆お疲れ様!
              \ヽ `ヽ :::::::::::  、  ノ::::: i  / !/  乂  i:::ノ    
               ー=彡ヽ.ノ  、       `    ノ    /      ̄     村建て感謝よ!
               彡イ}_____\    . <´                r !   しっかし久しぶりに菜依亜さんと喋った気がするわねー
            _  __「::::::.:.:.:.:.:.`ヽ千‐┐                 r i ! .! ./ 7  まあ喋りたいなら私が四条鯖に乗り込めば早そうなんだけどねw
         . :´   ∨ilii`>.:´:: ̄::`ヽ:.:.:.!__                 l !i !/ /    え?ほわっとさんは?無論いつもほわほわよね(断言)
        /        !こ}':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Yハ.:.:`::.‐-....    r 、   l !i i ./
          /       iliili{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Vハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.  \丶_l !   i   んじゃしーゆーあげいんー♪あーんどグッドナイトー♪
       /         ililil.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::Vハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!    \       !
.      /      ,  マハ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::Vハ::::::.:.:.:.:.:.:.::;       !     i   【04:25】
      /         /⌒Vマハ:.\:.:.:.:.:::::::::::::::ノ.:.Vハ::::::::.:.:.:/     人    !
.     /        , '  /.:.:.ilili:.:.:.`::.:.:ー.:.:.:.:.>''⌒)人::::::::./       /     /
    /       , '   /:.:.:.:.:ilili:./´ ̄`¨¨´     ‘ー‐==ァ:::)      , '     /
.   /      , '     乂`ヽハili{                /´\   , '    /
  /    /          ̄ヾilil!                /    \/     /
. /     `ヽ.           ilil            /             /
  ヽ.       \         ノili!       /  /\  /.        /
    \      \     / ilili.       /  /'  ヽ ′     /
      `   ..      \./   ilili        ,   ,′   \     /
          `  .     ヽ.   ilil!_       j   /         ー‐ ´
━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━━CAUTION━」
「はわ!?
ねねねね寝てなんかないのです(震え声
お、おつかれさまなのです……w」