←戻る
【雛1078】やる夫たちの超闇鍋村 [1321番地]
~ひるなべ 少人数覚悟してね~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[奇術師]
(死亡)
icon 龍田
 (紅夢Iris◆
SeleneRDO.)
[人狼]
(死亡)
icon ヒータ
 (あうるべあ◆
WokonZwxw2)
[雛狐]
(死亡)
icon ダブルエックス魔王
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[水妖姫]
(死亡)
icon エトワール
 (澪音◆
DdK7OoCzh.)
[村人]
[感染者]
(死亡)
icon 萃香
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[人狼]
[恋人]
[共鳴者]
[感染者]
(生存中)
icon 敵兵
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[蝕巫女]
(死亡)
icon 太陽
 (シャーキン◆
mJvunVpsFs)
[百々爺]
(死亡)
icon 大統領
 (悶々◆
Frost/adA6)
[印狼]
[感染者]
(死亡)
icon 火山高夫
 (南へ◆
KorindoZLs)
[冥狐]
(死亡)
icon 提督
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[潜毒者]
[感染者]
(死亡)
icon オルタ
 (ddd◆
CkK42HJiBJ9Z)
[銀狐]
(死亡)
icon 今泉影狼
 (すてら)
[薬師]
[感染者]
(死亡)
icon メイ
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[死化粧師]
(死亡)
icon ウィン
 (空澄姫黒曜◆
z1XhdJ.lxM)
[弁財天]
(死亡)
icon ガブリエ・セレスタ
 (nnm◆
Lt.nnmDL3AV3)
[金狼]
[感染者]
(死亡)
icon 汚い忍者
 (闇灰人◆
GBxcsWGkcg)
[老兵]
(死亡)
icon 霧雨魔理沙
 (とき◆
Times.LJKs)
[山彦]
[死の宣告]
(死亡)
icon インパルスサム
 (ぼっち◆
quaAwStKFA)
[占い師]
[恋人]
[共鳴者]
(生存中)
icon シン・アスカ
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[村人]
[感染者]
(死亡)
icon アウス
 (purannt◆
F4HHt9k4m6)
[百々爺]
(死亡)
萃香 「んー、結構残ってしまったかな
それでは私もログ見て落ちようかなー

村建てしてくれたGM、一緒に遊んだ皆、鯖菅さんに感謝!
お疲れ様だぞー!


それじゃあまたね♪ >GM」
GM 「はーい (なでられこくり>萃香」
萃香 「むむぅ・・・
そう言われると結構困っちゃうなぁ・・・(思案
でも・・・うん、次の機会にしよう?ねっ?(撫で撫で >GM」
ガブリエ・セレスタ 「私もそろそろ落ちようか。村建てと同村、助けてくれた仲間の皆に感謝する

……わりと初手からロックオンされていたので、反省するとしよう
しかし無難な発言、ばかりだとそれはそれでロックオンされるので悩むな、これは」
GM 「…ここで満月さんとあうのは村でしかないからね
本音をもっと甘えたいなって (じー>萃香」
萃香 「んー・・・
今回はここらへんでねー
また次の機会にいっぱい見ようねー♪ >GM」
萃香 「下手すると古蝙蝠が騙ってる老兵とかあるから・・・
見抜くの大変(ふぅ・・・)
狼からしたらどうするかー?って感じだよほんと・・・」
大統領 「なるほど>恋人情報で汚い忍者真」
GM 「ひゃふ♪ 色々と萃香と眺めたいなー (にこ>萃香」
ガブリエ・セレスタ 「初期陣営が4しかいなかったからな>狼
……ふむ、やはり人狼は奥が深いな」
萃香 「というか
今回早めに汚い忍者真って私知ってたし・・・
噛んでも良かったなー・・・死体なし1無駄にした感が・・・くっ!」
アウス 「老兵でも古狐でも、上手く鉄板位置抜ければ吊れるからな
リスクに見合うリターンはある」
大統領 「古狐見て護衛先噛むのはあるよ
俺も死の宣告つかなかったら割と噛むつもりではあったし」
ダブルエックス魔王 「裏を突いて防御か
普通の防御の2つだからね勘になるけど使い分けたいね」
萃香 「私は乗り物じゃないぞー?
もふもふしながらどこか連れて行っちゃうぞー? >萃香」
アウス 「っと古狐だったか、まあ変わらん」
アウス 「(実は結構いる、老狐の可能性と老兵の可能性が等価とした場合、噛める確率は5割超える)」
萃香 「まぁ・・・護衛先わかっててそこ噛む狼なんていないからねー >ガブリエ」
ガブリエ・セレスタ 「いや、老兵は実に見事な仕事をしてくれたよ、村としては
私は狼だったから涙目だったがね」
汚い忍者 「そもそも老兵は牽制レベルでしか無いんだよ。

ただ今回の村だと老兵狼の場合確定護衛位置作るとそこは噛まない可能性の
方が強いなって印象。 」
ダブルエックス魔王 「鉄板ブラフもありっちゃありだけどね」
アウス 「まあ、状況次第だな
初日霧雨しか護衛先がいないのに他護衛しろっていうのは護衛ぶらしに見られても仕方ないかなあ
3日目以降ならいいんだがね」
GM 「このまま萃香にどこかに連れて
いってもらたいなって… (ちょこん>萃香」
ガブリエ・セレスタ 「暇をもてあました神々の……と続けるのだとばかり思っていた>オルタ

そう考えると確かに、GJがでなくてもいずれ吊る
結果論だがこの村に占いがいない以上、占われもしないためいずれは吊る、
となると護衛は固定しない方がいいのか……なるほど」
萃香 「ん~?
どうしたの~?(後ろを見る) >GM」
オルタ 「ではお疲れ様だ
次は勝つ」
萃香 「あー・・・
敵兵蝕巫女かぁ・・・蝕可能性見てそこ生かしておけば良かったかなぁ・・・」
ダブルエックス魔王 「どのみち人外目で見られやすい性別逃亡だから色々するのもありかなって思うよもう」
GM 「…すいかぁ (後ろから>萃香」
敵兵 「お疲れー
村建て同村ありがとなー
オルタと繋がってたらガクブルだったぜ……」
ガブリエ・セレスタ 「特にあの場面では、
マリサが即死の宣告にかかった以上護衛指示を出せる状況でもなかったからな
……ふむ。なるほど>オルタ」
大統領 「自分の意志をもって護衛してるし忍者はいい老兵だったと思うよ
やられたわ」
オルタ 「初手で吊られたがな>ガブリエ」
アウス 「・・・グレー護衛でGJ出されても反応困るんだよねえ・・・
他に護衛先がいないなら結局固定するしかない」
大統領 「シンはスイカ投票だから信用してないわけではないんじゃね>龍田」
ガブリエ・セレスタ 「おまえだったのか>オルタ」
龍田 「それじゃ、私は一足お先に失礼しちゃうかなあ?
また機会があったら宜しくね~ お疲れ様だよう

いやあ~ 負けちゃった負けちゃったー。
エトワールちゃんには信じてもらえないかなって思ってたけど
まさかシンちゃんの信頼も得られなかったとはねえ
強敵だったよう。ふふふっ」
オルタ 「確定村位置を鉄板し続ける、というのは灰を抜き放題ということに他ならない
そんな状況で『護衛先抜かれたら吊る』はそもそも状況に則していない」
霧雨魔理沙 「んじゃこの辺りで失礼するかー
村建て感謝、同村お疲れ様 次は自由に生きたいぜ…!」
ウィン 「老兵?怖くねぇなぁ……」
萃香 「んー、微妙
というか2死体出た場合遺言書けないから人外見られる
逆にデメリットかな >ダブルエックス」
GM 「ふにゃぅ~
んーとね… ごそごそ>萃香」
アウス 「いっそこう、潜伏してもいいんじゃないかと
むしろ潜伏しろと思うんですよ、鬼いるならとにかく」
オルタ 「私だ>ガブリエ」
敵兵 「雛狐で性別逃亡騙りなんかもあるしな」
ガブリエ・セレスタ 「護衛先を明らかにする老兵など怖くはない、と言ったのは誰だったか……」
ダブルエックス魔王 「狐狼らしくない目立ち方で狩人日記指定された時出して
死体なし出た時信用されるかな?暗殺居ない場合」
萃香 「ごろーん、もふもふー >GM」
大統領 「こう、もし性別騙り見ぬいたとしても信用が取れるとはまた別ですよって話のつもりだったんだが」
萃香 「ほむほむ

結構な理由だった・・・
まぁ、確かにあの結果だと真八卦だと思うし噛んでも良かったと思うけど・・・
理由ありがとね~ >龍田」
オルタ 「暗殺いてすら証明できるか怪しいがな
【証明したところで勝手に死ぬ可能性あるなら暗殺が一手勿体ない】」
ガブリエ・セレスタ 「確定村かつ死の宣告場所を噛むか噛まないかは私からは何とも
ただ、確かにあの意見は狼視点で言ったことだな。>忍者」
敵兵 「麒麟で確定村人量産やめろァ!!!」
ウィン 「出来るよ>大統領
死ぬこと(きりり」
GM 「くてーん、ごろーん>萃香」
提督 「麒麟は【村視点】で最強だと思うよw」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様それじゃあ
村建てありがとう」
ウィン 「空軍としては、財務大臣の意見に賛成である!」
大統領 「ぶっちゃけ暗殺居ないと真証明なんてできねーんだからアレ>逃亡系」
エトワール 「じゃあ、お疲れ様」
提督 「そんじゃま、お疲れ桟橋!!」
GM 「うーん、そうだね…
しかし以後はもう名乗るよ ふつうに>提督」
大統領 「極端な話だよ」
ウィン 「麒麟抜いたら最強は迷いとハーピィですよ。逃亡者は」
霧雨魔理沙 「財務大臣としては海軍の軍縮を行うべきと>提督」
龍田 「>萃香
ガブリエちゃん金狼が当たってたからが1つ
魂結果を出されると灰が減るのが2つ

何より、潜毒者吊らないか吊るかわかんないのに
これ以上進行が偶数か奇数かわかんなくなる要素に生きていてほしくなかったんだよね~」
ダブルエックス魔王 「発言では言いくるめられる方が多いからね私は」
シン・アスカ 「じゃあ俺も落ちるかお疲れ様だ」
提督 「空軍いねぇーから!!>ウィン・ウィン」
萃香 「その話題はやめたげてよぉ~!w >敵兵」
敵兵 「性別騙り見抜けってそれ性別逃亡者に死ねって言ってるじゃん」
オルタ 「今回などは大統領、ガブリエ辺りに逃げ続ければまず死なない
その『死なないことでできた時間』でひたすら村に益のある推理をする
・・・まあ、迷い人などでも割と動きとしては同様になるな」
ウィン 「空軍としては、海軍と陸軍の意見には賛同出来ない>提督」
ダブルエックス魔王 「あーそうかだったらGJ発生したと思ったら
狩人COして噛み狙いさせるとかかなあとは」
敵兵 「謎のGM……一体何処の鳥取のスタ番長なんだ……」
提督 「海軍としてはその意見に反対である>ウィン」
萃香 「そういえば何で龍田はヒータ噛みしたの?
私が今泉噛むって言ったから? >龍田」
シン・アスカ 「性別騙り見抜けって言われても
難しいような気がするけどな。そもそもぶっちゃけ運のところもあるし。
ヘタしたら即死だから俺はしたくないぞ。怖いし」
提督 「ただまー、その旨は村で言っておいてもよかったかもね>GM
身元を明らかにするっていうのはGM業に置いて大事よ

・・・まあ、俺もよく謎のGMとかでやってるけどな!」
龍田 「そもそもアウスちゃんがももきじゃなかったら
提督ちゃんが生きているだけで恋人陣営負けだもんね~
萃香ちゃん吊らなかったのは 提督ちゃん生きてるからだと思ってたし。
それは本当に恋人陣営にとっての幸運だったと思うかな~?」
敵兵 「…………>提督
左遷な」
大統領 「ぶっちゃけ逃げ方で真アピするよりは発言で村アピした方が
ローリスクローリターンじゃねって思う
性別騙り見ぬいたって結局狐とかの話せる人外の可能性がつきまとう だるびっしゅ」
汚い忍者 「ガブリエはなんかよくわからんかったわ
魔理沙噛むかもしれない半々でーとか どうも俺を無理矢理にでも偽に持って行きたいような心象を感じた。 」
エトワール 「これは酷い>提督」
太陽 「あ、寒いの維持するなら僕は帰りますかね
お疲れー」
ウィン 「せんせー、提督が潜伏毒騙りの吸血鬼か毒狼か毒狐だと思うので
吊りを提案しますけどよろしいですね!>提督」
シン・アスカ 「さて、なんか急に冷えてきたしクーラーの電源消すか(棒読み」
GM 「うーん…
ただ潜毒が飛ぶのは運がよくなかった としか言えないんだよね」
提督 「(キラッ」
霧雨魔理沙 「oh...」
萃香 「・・・20点かなぁ・・・ >提督」
シン・アスカ 「……>提督」
龍田 「……後ガブリエちゃん金狼当たっててあせったのだけは
ホントヒータちゃんに色々と祝辞を送りたいんだけど~?」
敵兵 「提督吊り→龍田に行けるか
提督吊り→インパルスに行けるかかなあ、勝ち筋
百々爺勝利の危機だけど」
GM 「正直伏せたい理由があったよ
…しかしもう隠す必要もなくなった>提督/オルタ/シン」
霧雨魔理沙 「冷やすこと前提なんだな…」
シン・アスカ 「……30点>インパルス」
提督 「メイちゃん姪が冥狐だった!」
萃香 「やめて!
提督のHPはもう0だよ~! >シン」
ダブルエックス魔王 「証明抜きだったらシン 提督 大統領は硬かったし」
インパルスサム 「俺のシン占い師とお前のシン村人
二人合わせてスーパーシンだってことだよな<シン
まさに協力プレイ」
ウィン 「まぁ、逃亡者はもう、引いた時点で
発言で信用とるって事覚悟しないといけないから、いつも以上に推理は必要なんじゃないかな?>魔王」
太陽 「酷いムチャ振りをしよるw>シン」
エトワール 「アウス吊りで提督飛んだ事に朝になるまで
一切気づいてなかった(震え」
ガブリエ・セレスタ 「まあ、しかしあれだな
人外っぽさが出過ぎていたようで、少し発言を見直さねばならないか……

ふむ」
シン・アスカ 「得意だろ!
……得意だろ!」
火山高夫 「……なんだかなぁ。
理由が何かは知らないけど。
突っ込まないで置く。」
シン・アスカ 「よし、面倒くさいから提督!
一発ギャグで場を冷やさせろ!」
萃香 「あの流れでは特にねー >ウィン」
提督 「そう、俺が俺たちが・・・ガンダムだ!!」
オルタ 「薬師が投票しなかったのが悪い、とするのではなく
そこで考えるのであれば、提督が自分吊りかアウス吊りかで指定を入れる局面だったかもしれないな
結果論だけどそこの責任を今泉に押し付けるべきではない」
大統領 「要するにアドバイスと上から目線のどうのこうのが受けてと送り手の間でごちゃごちゃになってるっつーだけ。」
メイ 「それじゃ落ちるね、お疲れ様」
今泉影狼 「毒探していうかエトワールで限定毒できれば村認定できるしなーという投票だったけど
闇鍋って運がいいか悪いかも重要なファクターだから、それをできるだけ腕でカバーしたい気持ちはわからなくもないけど、結果論でああしろこうしろ、てのは違うんじゃないの、と思うけどね。

おつー」
ウィン 「つーか、指定あった訳でもねーのに
あそこでアウス投票なんでしてねぇの?ってのは無理しかねぇよ」
ダブルエックス魔王 「周りがいうから面倒なんだよね>敵兵」
龍田 「改善案の提案っていうのは その人が凹みやすい人だと
十分刃になるからね~?灰人ちゃんお堅いんだから そのあたり龍田ちゃんと一緒に気をつけようね~」
敵兵 「戦犯ってなんだ?
一人の失敗くらいで勝ち負け決まらないってばよ!」
GM 「GM担当は氷月だよ>火山さん
ある理由の元で隠してたよ
この理由だけは言いたくはないよ」
汚い忍者 「よくわかんねぇ 誰も何もどこが悪いとか言ってねぇのに」
ウィン 「しょうじき、アウス吊りだったのか提督吊りだったのか、それともグレランだったのかも指定とか全く無かったんだし
しゃーないと思うけど?実際」
シン・アスカ 「そういえばGM名乗ってないな
あれか、伏せたいのかもしかして」
大統領 「誰かが使ったからってスルーしろよ…>戦●云々
病気みたいに伝染するからそういう単語は嫌いだ」
提督 「多分、GMは氷月さんだろうけど
名乗っておいたほうがいいよ

だれだって、知らない人がGMだと不安になるもの」
オルタ 「氷月さん、だろう
1日目夜までに自分で名乗れ。ルールなのでな」
敵兵 「魔王が生き残っててくれたらもうちょっと楽だった鴨?
……別に性別不明に逃亡しなくても信用するからァ!!大丈夫だからァ!!!」
GM 「いや、聞いてるよ
…次から名乗るよ>大統領」
アウス 「シンにも飛ぶねえ
あの時点で萃香、提督、シンだったかな?
大あたり、外れ、大外れの内大外れ引いただけ」
霧雨魔理沙 「んー、なんだべ
運だけのせいにはしたくないが星の運びが悪かった雰囲気も少なからず
ただ4日目かねー… 若干日和ってたのは」
今泉影狼 「アウス吊って提督が飛んだのが1つのターニングポイントではあるけど
そこに「薬師は後半、他に投票する理由なんてない」とか申し上げるのって
あーそうですか、鍋たくさんやってる人はえらいですねー、てそういう気分」
太陽 「吸血鬼はそもそも単独陣営だろw
まあ、自分の敗北は自分が戦犯にしかならんけども」
火山高夫 「GM誰だ?」
ウィン 「ぱっと見、忍者が「なんでテメェ毒探しなんかやってんの?」って言ってるように
私には見えるけどね>忍者
まぁ、興味無いからどうでもいいんだけどさ……」
シン・アスカ 「村が気持ちよく終わってるのに最後の方を嫌な感じにするのはやめろよ!?
最後が気持ちよくないとすごくこう……ダメなんだよ俺は!」
龍田 「どっちかというと、メイ噛みのところで魔理沙噛みかなあ?
あっち先噛んでれば、アウスのももき(運)を考えなくても
安定偶数進行だったし~」
敵兵 「吊りはしっかり人外だしなあ」
萃香 「提督即吊り派だったけどね、こっちは~
何で残ってるのか不思議だった >龍田」
大統領 「まぁ人の話聞いてないようなのでもういい
GMは開始前か初日夜には名乗って欲しい、それだけ」
提督 「(「・ω・)「ガオー>アウス」
エトワール 「うーん、もう恋人生存確定の時点で
引き分け狙いの方が良かったかなー
どっちにしろサム投票で負けた感あるけど」
ダブルエックス魔王 「騙りなら軽い気持ちだけどねぇ」
敵兵 「んー……」
汚い忍者 「そもそも毒飛んだのだって2分の1じゃねぇか運悪いだけだろ
あれ萃香にも飛ぶ毒だったろ感染毒」
アウス 「じゃあ潜毒飛ばした私が戦犯でいいんじゃね?」
提督 「そもそも、ディスティニープランという発想がまずでてこねぇよ!!>ウィン」
オルタ 「さて。大統領の印を生かす前提なら噛み候補にはあったかもしれないな、ぐらいで考えているが>メイ」
ウィン 「ディステニープランケア……

ふ、美しい言葉……」
汚い忍者 「なんか戦犯云々の話になってる? なんでかよく分からんけどさ
潜毒もう見つけてるんだから別に毒探しに行かなくてもいいんじゃねぇの?って話なんだけども」
龍田 「個人的には恋人狼対策で 提督は最後までずーっと残すんだと
思ってたよ~」
今泉影狼 「ログ見直したけど、別にアウス吊りの指定が飛んでるわけでもないし。」
提督 「うん?戦犯なんぞおらんだろ?
鍋なんて特にだ・・・いや、まあ、探偵とかは・・・ゴニョゴニョ」
ダブルエックス魔王 「安易に男性逃亡でも疑われるし
微妙な所逃亡は難しい やってみるとホント面倒」
シン・アスカ 「そして結局マニア初日だったのか」
GM 「最初からわかっていたの~♪
(もふられふにゃにゃふにふに>萃香」
メイ 「そこは露出してないから今泉噛めたか、ってのは無理じゃないかなとは>オルタ」
火山高夫 「それではお疲れ様だ。」
ウィン 「私がQPじゃなかったら!
「ホモCPという希望が村にあふれていると思うから、ディステニープランケアでシンとサムと提督ランしようよ!」って言ったわ!間違いない!>提督」
シン・アスカ 「なんで戦犯がどうのこうのって話になっているんだ……」
龍田 「百々爺の毒には頼りたくないなあ……」
萃香 「最初からわかってたけどねー♪
ありがと~(もふもふ >GM」
大統領 「それとGMは名乗り忘れたと思っていただけだったが
故意に言っていないのならちゃんと名乗れ」
敵兵 「だよなぁ>シン
いや龍田はなぁんか初日に胡散臭いって思ったんだけどな」
汚い忍者 「しかしこう……老兵が超めんどくせぇ」
龍田 「知ってるよ~ >シンちゃん>盲信
正直それだけを願ってあの手に走ったのだもの~ 怖かったわあ」
萃香 「というか、PC重い
暑くて把握ミス連発
初手指定

ほんとよく勝ったよ・・・無理だからこれ・・・」
今泉影狼 「というか提督にとんだ結果論から
「薬師が毒探しに行く理由がない」て言われてもなぁ、て感じ
まあ、人を戦犯にしたいんですね、ていうのならはいはいだけど。」
オルタ 「メイ噛み時点で今泉噛みなら、太陽の毒が飛んで狼有利にはなっていたか
それぐらいだな>龍田」
提督 「そこなんだよなー>シン
インパ吊っても村勝ちがぶっちゃけ見えないってのがある」
メイ 「アウス吊りよりかは先に提督つって良かったんじゃないのかなーとは」
敵兵 「俺が女神だったら多分シンとインパ繋げてたかもしれない
本命はオルタと魔王」
提督 「CP探しでシン×提督とか「ディスティニープランだ!」の一言で死ぬやん

ならねぇよwwwwww」
シン・アスカ 「ただインパルス吊ったら龍田盲信しそうではある

だからどうしようもない」
GM 「えへへ~ おめでとー
(なでなで もうGMの正体わかったよね♪>萃香」
ウィン 「こう、なんだろ

初日死ぬやん?この二人CPだと
CP探しでシン×提督とか「ディスティニープランだ!」の一言で死ぬやん」
汚い忍者 「後薬師は別に毒探しに動く必要はない終盤。 後半は
自分毒隠す人外も少なくないからな。」
メイ 「正直あそこまで噛まないならインパ偽か真なら○内部に狼入ってるかってところだよね」
龍田 「うーん……私たちの反省点は、もう少し今泉ちゃんを生かすことだったかなあ?
そうすれば毒飛び萃香ちゃんとびからのワンチャンはあったかもね~」
GM 「やっぱりアウス吊りの日に、薬師投票をしてなかった
ここかなやはり」
萃香 「まぁ、勝てたら楽しいからねー
今回恋人勝利だったからなおさら♪
GMはかまってあげられなくてごめんねー(撫で撫で >GM」
オルタ 「さて、な>火山」
シン・アスカ 「そうだやめろ、提督と恋人勝利とかしたくないんだぞ>大統領」
提督 「ロマンだと思うwww>ヒータ
いや、嫌いじゃないけどねwww」
エトワール 「となるとやっぱ狼占CPで見ないとだったわね」
ウィン 「提督×シンで
「ディスティニープランを実行する」「あんたって人はァ!」CPも考えたんだけどさ」
火山高夫 「なんで狐二人してちょうどよく投票してるのやら >オルタ」
シン・アスカ 「なんだかんだで占い恋人はきつかった」
提督 「いまはそれは関係ないだろ!!矢の被害!>大統領」
太陽 「大統領が印狼あり得るんだからそこの●を吊るのは大統領非印狼確定してから、って主張すべきだったかなーという
まあ吸血鬼CO嫌いじゃないんだけど」
霧雨魔理沙 「あとはアウス吊りの日だろうか
そこはもう私は死んでるがFOとして聞けるな」
ヒータ 「狼2W、銀狐生存と見て
ガブ吊って提督の毒が狼に中れば早いなーと>提督」
オルタ 「真面目にメイ投票してしまったのが私の運の尽きだが・・・
なんでピンポイントに投票先死化粧なんだ」
龍田 「そりゃまあねえ。百々だっていったら
インパルスちゃん吊れないじゃない だから妖狐にするしかなかったのよ~?」
ダブルエックス魔王 「噛まれない占いの時点でおかしいし」
大統領 「まあ提督とシンは恋人臭というか、矢の被害に何度も遭ってる臭がすごすぎた」
GM 「満月さんがとても楽しそうでなにより…>萃香さん」
汚い忍者 「あとそう マニア出ない時点で初日の結果は●・銃殺でも無い限り使えない。

そこがマニアコピってるという保証がないから。」
メイ 「真面目にどう頑張っても露出するんなら切り捨てるよ>敵兵
紅とか印とか活用は潜り続けてたらともかく一回分かっちゃったらもう関係ないんで」
ガブリエ・セレスタ 「たいした騙りもできずすまないな。
ちょっと占い日記の捏造が間に合わなかったぞ……」
龍田 「そういってもらえるとうれしいわあ。
恋人と心中してあげるって言ったのに ひどい女でごめんねえ
おめでとう 萃香♪」
エトワール 「よく考えるとそれだと
シンさんに●出す意味は無いという」
シン・アスカ 「正直恋人から●もらうとか
面倒くさいから死んでもやってほしくない」
霧雨魔理沙 「どーだろーなー
4日目、4日目に太陽を無視して萃香のCOを強制できたか
聞けるタイミングがあったとしたらここしかないんだよなー」
敵兵 「龍田とインパルスどっちも胡散臭くて困ったよァ!!」
ウィン 「素晴らしいわ、希望力がどんどん上昇している

ああ、これが恋の力なのね!


自刺ししかたっかよぉ……ぐすん」
火山高夫 「まぁ、指定食らったこっちも騙り用意してなかったのも悪いしな。
時間稼げたらサムに暗殺撃ててたかもしれないし。 >ヒータ」
シン・アスカ 「ねえよ帰れ>エトワール」
GM 「萃香とサムに祝福しよー」
提督 「ヒータはなんで露出したんだwwwww」
今泉影狼 「というか、スイカって明らかに変なCOストップしたんだから
そこにCO聞かない理由がないんだけど、聞くタイミングがないうちに忘れたという感じか。
アウスのとこでインパルス吊ってよかったみたいな感じかなぁ」
萃香 「いいよ別に~
というか、龍田のあの対決逆にwkwkしたもん >龍田」
エトワール 「正直、インパルスサム恋人な気したけど
もうシンと恋人であってと祈りながらシンさん吊りました
ごめんね☆>シンさん」
汚い忍者 「んー 懸念すべき点ね
・シン・敵兵狼の場合インパルスが噛まれてないと殴り合いが行えない。
・なのでそこ以外噛まれてる場合シン・敵兵が狼である可能性は薄い
・インパルスは萃香のCOを止めてる。正直CO止める必要がない。」
敵兵 「えー>メイ」
オルタ 「初手○は捨てろ、という所以だな>メイ」
メイ 「それ非狼アピならない>敵兵
露出してるんだから関係ない」
太陽 「薬師ェ!」
ヒータ 「仲間は飛び出し本当ごめん。
潜ってても勝てるかは微妙だったけど」
敵兵 「提督が先に吊られてろァ!!!>提督」
提督 「おめでとうだちくしょう!!
自分のパイロットを吊るしやがって・・・これ愛に狂ったってことか」
萃香 「というか、よく死ななかったわ私レベルだった

うん、勝てたのに驚き・・・ってウィンかー!!QPw」
ウィン 「◇萃香 「そんなCP作るQPは
ゼッタイ人間じゃない・・・ >シン」

ふふ、君たちなら、きっと密やかな恋も、完全なる勝利という希望へつなげてくれると信じていたわ!」
ダブルエックス魔王 「あー逃亡者は面倒だ」
火山高夫 「まぁ一応そこの占いどうだ?と言っといたからな、うん。」
ガブリエ・セレスタ 「   ご結婚おめでとうございます

というわけで元仲間を含む恋人陣営よ、おめでとう
そしてお疲れ様だ……!」
シン・アスカ 「エトワール毒だったら引き分けだったな
とかちょっとだけ思った」
メイ 「おつかれ
というか別にインパ真でも萃香がマニア狼否定はできないよねーと」
アウス 「正直提督に当たって楽しかったので満足(キリッ」
GM 「なでなで (もふもふしたかったなぁ>萃香」
龍田 「唐突に決戦挑んでごめんねえ?
あそこで決着付けないと 霊能者結果がかみ合わなくなるから~>恋人ズ」
今泉影狼 「アウス吊りは結果論であって、薬師がそこ投票してなかったから、てのは違う気がするしねぇ。
指定あったっけ?」
霧雨魔理沙 「超久々の進行役だったんだお許し下さい…orz」
敵兵 「用意してた俺の非狼アピ
俺が狼陣営なら『印狼発覚時』に印狼の居場所を大声で言わねえ
無視するのが普通だろ、もしくは普通声で気付かれなきゃ良いなあって思いながら指摘」
太陽 「お疲れさーん」
エトワール 「お疲れ様」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
提督 「お疲れ様ー」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
インパルスサム 「申し訳ない<最後の投票」
エトワール 「やらかした!ごめんね!」
汚い忍者 「おっちゃ」
萃香 「お疲れ様ー」
シン・アスカ 「お疲れ様だ」
大統領 「お疲れ様だ」
霧雨魔理沙 「お疲れ様ー
萃香処刑断行できなくてすまぬ… すまぬ…!」
ウィン 「おつかれさまー」
アウス 「お疲れ様」
オルタ 「お疲れ様だ」
敵兵 「お疲れー」
GM 「お疲れ様ー」
ヒータ 「おつかれさまでしたー」
龍田 「お疲れ様。」
メイ 「インパが投票忘れてショック死の可能性」
ゲーム終了:2013/08/11 (Sun) 15:53:38
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
エトワールさんの遺言 村人表記なんだけど、村人表記(大切な事だから2回r
シン・アスカさんの遺言 そろそろグレーが俺くらいになってきた気がする
エトワール は無残な負け犬の姿で発見されました
(エトワール は人狼の餌食になったようです)
インパルスサム は エトワール を占います
インパルスサムの独り言 「あ」
提督 「でも、インパ吊ると今度は龍田がつれなくなるんだよwww
やめてwww」
「◆GM サムは能力発動してね」
敵兵 「提督なんで百々爺の毒で飛んでんだよァ!!!>提督
吸血鬼なんて吊ってる暇無いって言っただろうァ!!」
インパルスサムの独り言 「ああ、ありがとう
ちっぱいも・・・悪くないな!」
提督 「多分、俺!敵兵吊ってた気がするけどな!!」
ウィン 「完全な進行なんて、出来る訳ないんだから
今回はこうだったと、そういう事なんじゃないかな?」
オルタ 「村吊り自体は最後のシンだけなんだがな」
龍田 「それかなあ 恋人にとっては~
龍田ちゃんにとっては あそこで信頼勝ち取れれば
後はいくらでもやりようあったんだけど」
萃香 は エトワール に狙いをつけました
汚い忍者 「シン・お前の主張は自分が狼だった場合敵兵を残して
インパルス噛む。 というかこれじゃないとまずお前が吊られるんだよ。」
インパルスサムの独り言 「本当に薄氷だったな、色んな意味で」
萃香(人狼) 「じゃあ噛むねー

大好きだよー >インパルスサム」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
ヒータ 「アウス吊で提督飛んだのがターニングポイントですねー」
萃香(人狼) 「私たちの勝利に乾杯ー
いやー、インパいなきゃ負けてた
ありがとう >インパルスサム」
提督 「ぐぬぬ!悔しい!でも、おめでとうビクンビクン」
火山高夫 「今更だな。」
エトワールの独り言 「やらかしたぁ!」
ガブリエ・セレスタ 「ふむ、恋人ラストスタンディング勝利」
龍田 「だからあんな割方したんですよう>シン」
インパルスサムの独り言 「ああ、頼むぜ。くれぐれも俺をやらないようにな」
敵兵 「お疲れ様」
汚い忍者 「終わったっと」
オルタ 「お疲れ様だ」
インパルスサムの独り言 「乾杯っと。」
霧雨魔理沙 「お疲れ様だぞー」
シン・アスカ 「やっぱりそこ恋人じゃねーか!」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
ヒータ 「おつかれさまー」
萃香(人狼) 「コングラッチュレーショーン
だっけ?」
敵兵 「百々爺多過ぎァ!!」
ウィン 「あ、勝った」
「◆GM 早噛み許可」
提督 「狼がカツカツで噛むと思ってるのか吸血鬼!
・・・まー、どうだろうね?狼次第と言えるけども」
オルタ 「吊ったら狼が喜ぶが、残したところで村勝ちにはつながらんな」
火山高夫 「噛まれてなければそうなってたね >敵兵」
大統領 「吸血鬼噛みとか4しか居ない狼陣営に押し付けたって無駄な気しかしない」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
シン・アスカ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
9 日目 (1 回目)
エトワール0 票投票先 1 票 →シン・アスカ
萃香1 票投票先 1 票 →シン・アスカ
インパルスサム0 票投票先 1 票 →シン・アスカ
シン・アスカ3 票投票先 1 票 →萃香
エトワール は シン・アスカ に処刑投票しました
龍田 「百々いるのにかみませんよう」
汚い忍者 「別に薬師はさ 潜毒見つけた時点でもう普通にしてもいいよ
わざわざ鑑定してくださいとか言わない所動かなくていい」
ウィン 「噛むわけねーよ>吸血鬼」
敵兵 「どういう事だってばよァ!?>メイ
蝕巫女ァ!!引き分けで負けァ!!」
龍田 「ぶっちゃけ潜毒者吊ってくれればよかったんだけどなあ」
大統領 「恋人の可能性考えるなら吸血鬼も潜毒もどっちもどっちなのよなー」
メイ 「後吸血鬼ってかませるところだったんじゃねえのとは」
提督 「潜毒吊ってる暇もじつはそこまでないぞ!!コル何とかァ!」
ガブリエ・セレスタ 「エトワール次第となったか」
ダブルエックス魔王 「遊戯王は特にそう」
火山高夫 「吊りには十分関わってる気がする >今泉」
メイ 「蝕巫女=引き分けショック死=恋人PP期待>敵兵」
大統領 「流れを作っておいてなんだが酷い」
敵兵 「吸血鬼なんざ吊ってる暇ねえから潜毒吊ろうぜって提案したじゃん!!
じゃん!!」
ダブルエックス魔王 「アイコンじゃ女か男かわかりづらい」
今泉影狼 「今回は薬師なので吊りには関われませんでした。さーせん」
萃香 は シン・アスカ に処刑投票しました
ウィン 「コル何とかァ!コル何とかァ!コル何とかァ!
ハァ!」
汚い忍者 「あの日記で噛まれないのは見えてたしなー」
提督 「コル何とかァ!」
シン・アスカ は 萃香 に処刑投票しました
火山高夫 「さぁ?」
オルタ 「まあ、吊るなら火山吊りの時点で切るぐらいだろう」
インパルスサム は シン・アスカ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
萃香 「そんなCP作るQPは
ゼッタイ人間じゃない・・・ >シン」
シン・アスカ 「アウスに蝙蝠結果>吸血鬼CO!>え?真なの?

って流れだったじゃん!」
敵兵 「っていうかなんだよ霊界のコル何とかコールァ!!
俺が何をしたァ!!?」
インパルスサム 「俺は吸血鬼とのラインだな
その上でシン●が出ている。」
ガブリエ・セレスタ 「ダルクは男だったという事実に衝撃が隠せない……
あのシリーズは全員女性だと思っていた」
汚い忍者 「ここでシンが正解にたどり着いたが引き分けなるか」
提督 「インパルスサム 「よしノろう。<シン」
ごらんください、これがブラフです」
メイ 「あの日記の時点でつっても良かったかもね
胡散臭すぎたけど」
シン・アスカ 「アウスと繋げてたじゃん!
だから真見てたんだろ皆!

実際はなんか偉いことになってるが!>エトワール」
龍田 「しかるべきだけど それを私が言うと私芋づるなんだよねえ
だから結果壊すしかなかったのよう」
インパルスサム 「よしノろう。<シン」
エトワール 「インパルスってなんかライン繋げてたっけ」
萃香 「あー・・・インパルスの反応もなぁ・・・
でも結果は合ってたんだよねぇ・・・お腹痛い・・」
シン・アスカ 「エトワールとインパルスで恋ってのと
すいかとインパルスで恋なら後者の方がありえる

気がする

実際は知らん」
ダブルエックス魔王 「ある程度挑戦しないと吊りが出るもん」
メイ 「霊使いはダルク以外は女だよ」
今泉影狼 「というかインパが真ぽいのに噛まれないなら恋人で結果騙ったとかそういうことを考えてしかるべきだったなぁ
吊る間がなくつれなかったのはあるけど」
敵兵 「ヒータに行っちゃったっていうかヒータどう見ても女ァ!!>魔王」
提督 「さすが、スバルン!モゲロ!」
シン・アスカ 「えっとじゃあ俺すいか投票するぞそう言われるなら>インパルス

俺視点……と言うか村視点でかばったように見えるしなんだかんだで」
龍田 「それは仕方ないかなあ」
インパルスサム 「主張しないなら俺はシンを処刑するしか出来ない」
エトワール 「つまり狼が恋人じゃない時点で
村勝ちは無い訳であって」
提督 「◇シン・アスカ 「せいぜいすいかインパルスで恋人で占いー狼CPでエトワール村とか
それっぽい気はする」」
汚い忍者 「女逃げたんだって」
ダブルエックス魔王 「ヒータ逃亡信頼ポイント稼ぎ」
龍田 「……はい」
オルタ 「結果はまあ、見ての通りな訳だが」
汚い忍者 「したらシン狼は消えるな。 じゃあそこ●
萃香くらいしか候補いなくね?って話になるしインパルス狼じゃね?
って話も浮上する」
GM 「ヒーターが女性だと知らずに逃亡したよ>龍田さん」
オルタ 「ヒータが男の娘である可能性に賭けた>龍田」
萃香 「死んでない。多分
何だっけ?ショック死するアレでもない限り
というか、恋人遺言ないし >エトワール」
インパルスサム 「仮にシンが疑うならエトワールかすいかだ。
もしシンが白狼主張なら、俺は乗ろう!」
エトワール 「もうサムが狼じゃない限り
村が私いかいない予感!」
シン・アスカ 「せいぜいすいかインパルスで恋人で占いー狼CPでエトワール村とか
それっぽい気はする」
敵兵 「インパ噛まない時点で白狼が居るかインパ偽かのどっちかだってばよ」
龍田 「というか魔王は何故死んだの?」
ウィン 「コル何とかァ!」
ダブルエックス魔王 「私生き残ってここに参加したかった」
エトワール 「恋人って死んでたっけ。いや、死んでないはず」
萃香 「んー・・・
この中でCPありそうなのってシン×インパなんだけど・・・
対立しすぎてお腹痛い・・・」
シン・アスカ 「ぶっちゃけすいかエトワール恋人でインパルスQPで見てたんだけど
違うっぽい」
今泉影狼 「シン、どっちにしてもその想定だと結果は一緒じゃね?」
インパルスサム 「仮に後者の場合俺はQPで既にPPなんだが<シン」
敵兵 「なんだよァ!?>提督、大統領」
シン・アスカ 「うん、恋人いるっぽいし俺恋LW見たいなら……それでいいんじゃね
終わるけどな村が!>エトワール」
ヒータ 「シン●だしてやっぱ狼だった、とか白狼、は・・・」
龍田 「「させられなくて」だから「阻止するしかなくて」って意味よう?」
GM 「コル何とかァ!」
汚い忍者 「要はこのタイミングシン・敵兵狼ならインパルスしか噛む場所ない。
だから消える。」
提督 「コル何とかァ!」
大統領 「コル何とかァ!」
シン・アスカ 「んーちょっと待て。
俺って想定的におまえ真、俺不審者、白狼LWと
おまえ偽、俺村人、恋人なりLWがおまえの○にいると

どっち主張するべきなんだこれ」
インパルスサム 「今いるグレーは全員占ってる。
シンだけ●だった」
オルタ 「というかまあ、エトワールがシン投票したら負ける」
エトワール 「というかQP遺言残ってる時点で
恋人残ってる訳でというかあれ?」
インパルスサム 「だから俺としたらシン投票するしかできねんだ。」
敵兵 「だよな萃香だよなあ」
萃香 「あーっと・・・
インパってエトワール占ってたっけ?
ごめん結果なくした >インパ」
GM 「でもマニアが出てこないから
どっちみち引き分けかな?」
メイ 「シンは投票先宣言しないと負ける」
オルタ 「村人二人が票合わせなければ恋人勝ちだな」
敵兵 「あ、死んでた
お疲れ」
GM 「下界で初日QPと思わせたら恋人勝ちだよね」
インパルスサム 「白狼でもいるのか?俺はそうは思えない。」
提督 「狼との相性じゃないですかー!やだー!!>アウス」
汚い忍者 「敵兵噛む意味が無い。シン狼だったらインパ噛んでわからなくする
敵兵狼でも同様。」
ウィン 「おつかれ~」
シン・アスカ 「あ、ごめん敵兵だった名前」
シン・アスカ 「俺LWで敵役噛みするわけねえだろ……」
汚い忍者 「敵兵過みよった」
エトワール 「あそこQPか…」
アウス 「あ、お疲れ様」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様引き分けタイムだ」
大統領 「引き分けか否か、だな」
ガブリエ・セレスタ 「お疲れ様。」
メイ 「お疲れ」
ウィン 「中身探してたら自刺しとかしたけどねぇ>龍田
読みきれませんでした……」
シン・アスカ 「……」
萃香 「おっはよー・・・

この噛みわかんないよ!?」
アウス 「吸血鬼吊りとか超無駄吊り(キリッ
せっかく毒あるんだから噛ませろ(キリリッ>提督」
インパルスサム 「やっぱシン狼じゃねえかよ!!」
提督 「しゃあああ!引き分け!」
霧雨魔理沙 「お疲れ様ァ!」
ヒータ 「おつかれさまー」
火山高夫 「ふむ、まぁお疲れ様だ。(少し残念」
ダブルエックス魔王 「提督で無駄吊りだよ」
シン・アスカ 「恋人がなんで飛んでないんだよ……
どうするんだよ……初日恋人か
恋LW見るしかないだろこれ……」
オルタ 「お疲れ様だ」
ヒータ 「あ、これならまだ」
大統領 「そういえば敵兵噛むらしい」
インパルスサム 「占いCO 敵兵○だ」
オルタ 「その実、占い1COで真占い初日はかなり多いのだがな」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
龍田さんの遺言 恋人勝利はさせられなくて。ごめんねえ……
というか、今日の霊能者結果に都合がつかないから
勝てないのよ、私も 貴方も。
敵兵さんの遺言 巫女ァ!!!
魔理沙村人陣営ァ!!
敵兵 は無残な負け犬の姿で発見されました
(敵兵 は人狼の餌食になったようです)
萃香 は 敵兵 に狙いをつけました
アウス 「ラインつないだのもあるしなー・・・」
提督 「あれ?村って無駄釣りしてなくね?
なんでこんなに苦しいの!」
霧雨魔理沙 「印狼騒ぎがなければ聞きたかったけどまぁ
あの状況だと太陽に行かないといかないんだよなぁ…>萃香のCO」
龍田 「だって、私のウィンですから~
どんなツッコミまちかくらい読めますよー」
ダブルエックス魔王 「逃亡者的にも有りだ引き分けは」
ガブリエ・セレスタ 「貴様だ!>ウィン
いや楽しいとは思うが! 楽しいとは思うが!」
大統領 「なんだかんだで1COの占いには甘いのさ、村は」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
インパルスサムの独り言 「さあ、いこうか!」
ウィン 「ありがとう。その反応を待っていました>龍田様」
GM 「…>ウィン」
太陽 「まあ吸血的には引き分けおっけーよ」
敵兵の独り言 「正直白狼とかが怖い」
萃香(人狼) 「じゃあ恋人勝利できたら乾杯ーってことで
最後まで頑張ろうねー >インパルスサム」
インパルスサムの独り言 「狼知らせてくれたからな・・・なんとかってもんで」
龍田 「きみですよう?」
大統領 「またメイトゥーが愉悦してしまう……>コル何とかさん最終日引き分け投票でショック死からの恋人PPで負け」
提督 「インパがアウスを占う前にという注釈がつくけども」
インパルスサムの独り言 「お遊びみたいなモンでな」
火山高夫 「狐的には引き分けがいいんだけど蝕巫女が呆然とするのも見たいのもあって悩む」
ウィン 「占い師と相談し合う狼とか反則だと思いませんか!
誰だこんな鬼畜CPにしたのは!」
萃香(人狼) 「逆に凄いよね、それ・・・w」
インパルスサム は 萃香 を占います
太陽 「敵兵噛みとか言ってるけどな」
提督 「やっぱり、萃香のCOは聞いてもよかったんだよ!!
くそう!!」
汚い忍者 「んな偶然知らんしサム恋人か-になって終わると思う。」
インパルスサムの独り言 「残りグレーは全部占ってある。全員○だ」
メイ 「下界でも蝕巫女の可能性考えるだろうから敵兵は噛まないだろうけれど」
インパルスサムの独り言 「最後の占いぐらいはな」
ダブルエックス魔王 「引き分けで頼むホント」
萃香(人狼) 「あ、ないない
素ー
というか、心配ならシン占えば?」
萃香(人狼) 「まぁ、シンがCOしたらでいいと思う
しなかったら普通にシン吊りで」
インパルスサムの独り言 「あとすいか呪狼とかないよな?一応だが」
提督 「引き分けができないよ!ぐああああああ」
ウィン 「ここでエトワール噛みをして
敵兵●なら
不審者とLWかよぉおおおおおおお!!!!!で敵兵吊れる」
汚い忍者 「敵兵噛むとか言い出しましたぜ奥サム」
アウス 「敵兵噛み・・・行けっ・・・引き分けっ・・・!」
敵兵の独り言 「引き分けかなあ
恋人残ってんだろ?」
ガブリエ・セレスタ 「狼陣営が全滅か……」
インパルスサムの独り言 「ッぽいなぁとは思う。
明日恋人PPできるかねぇ」
オルタ 「霊界視点な<敵兵噛まなければ勝ち
下界視点は見えん」
敵兵の独り言 「この吠え数」
敵兵の独り言 「シンLWで大丈夫?」
萃香(人狼) 「敵兵噛んで・・・
シンが実はQP臭くない?これ」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
GM 「敵兵噛みなら引き分けかな?」
龍田 「知ってるわよう。貴方が真占いだってことくらい」
大統領 「恋人が、の話だが」
敵兵の独り言 「大丈夫?」
インパルスサムの独り言 「ここまでこれたな。ちなみにシン○」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
敵兵の独り言 「あれ?」
霧雨魔理沙 「お疲れ様だぞー」
メイ 「敵兵かまない限りは恋人勝ちか」
敵兵の独り言 「無理じゃね?」
龍田 「お疲れ様ぁ 賭けにでたけどだめだったねぇ」
大統領 「敵兵噛まなければ勝てる」
ガブリエ・セレスタ 「お疲れ様。」
アウス 「お疲れさま」
敵兵の独り言 「は?」
提督 「なぜ!?そっち!?
シン」
GM 「お疲れ様ー」
ウィン 「負ける時は負ける
さぁ、どうなるかな?」
インパルスサムの独り言 「すまんな<龍田」
エトワールの独り言 「やらかした感が凄くある訳だけども」
萃香(人狼) 「テヘペロッ☆」
敵兵の独り言 「は?」
メイ 「お疲れ」
ヒータ 「おつかれさまー」
シン・アスカの独り言 「恋人しなねえ……」
GM 「これは…」
太陽 「お疲れさん」
オルタ 「お疲れ様だ」
汚い忍者 「サムに関して? 死なない占いに用はない少なくともメイ噛みのタイミングで
サム噛みがあれ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
龍田 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
8 日目 (1 回目)
龍田3 票投票先 1 票 →インパルスサム
エトワール0 票投票先 1 票 →龍田
萃香1 票投票先 1 票 →龍田
敵兵0 票投票先 1 票 →インパルスサム
インパルスサム2 票投票先 1 票 →龍田
シン・アスカ0 票投票先 1 票 →萃香
エトワール は 龍田 に処刑投票しました
ウィン 「さぁて、3日目占い露出でも
勝てる時は勝てる」
GM 「引き分けすらできず、ショック死したら
シンにPP入ると…」
敵兵 は インパルスサム に処刑投票しました
オルタ 「・・・で、龍田吊ってどうやって勝つんだ恋人?」
大統領 「まだ村の勝ちはあるがな。」
シン・アスカ は 萃香 に処刑投票しました
火山高夫 「ふむ、狼か恋人か。」
GM 「なるほど…」
GM 「再投票になるとショック死する劣化巫女 …>蝕巫女」
大統領 「引き分けだと村の勝利が消えることになるな」
メイ 「まあ恋人狼ならかめないよね>インパ」
萃香 は 龍田 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
龍田 は インパルスサム に処刑投票しました
萃香 「あ、そういえばそうだった >敵兵」
今泉影狼 「そういえばウィンが偽くせーと思ったのにすっかり忘れてた。
そこがQPかー」
インパルスサム は 龍田 に処刑投票しました
シン・アスカ 「ぶっちゃけすいか恋人インパルスサムQPはあると思うんだけどな
仮にそうなら相方エトワールあたりかもしれんけどどうだろう(適当」
霧雨魔理沙 「あー、引分けできないんだなそういや
敵兵ェ…w」
龍田 「初日じゃなあい?」
インパルスサム 「狼は俺を噛めねえ。だから龍田処刑しかできねえんだ!」
提督 「こうなっちゃうのすげーわかるんだよなーこれ」
敵兵 「百々爺じゃなくて吸血公COだったぞ>萃香」
ウィン 「引き分けで敵兵死んで龍田吊りはよ!」
インパルスサム 「俺が偽ならアウスとのラインはどうなる?
シン占いはどこだ?」
提督 「龍田真ここ注目である」
オルタ 「正直この局面まで来たら真でも偽でも占い噛まんだろ」
萃香 「んー・・・
結果という点ではインパに分があるって感じかな
なので龍田にレッツゴーする
というか、ここまできて割るのがアレかなと」
エトワール 「正直真でも噛んだら狼詰むと思うの
でもしれ抜きにしてもサム恋人は十分ありえるから困る>敵兵さん」
龍田 「狂人いっぱいの人狼陣営、きっと大変だったんだろうなあ。
でも、追い詰めて追い詰めて、泣かせてあげるからね……?うふふっ」
シン・アスカ 「ちなみにインパルスサム人狼とかは見てない
というか皆あってQPとかいってただろ確か」
大統領 「ここで引き分けで敵兵死んでサム吊りはよ!」
火山高夫 「噛まれてないそれだけで吊るのは正直短絡な気がするんだが」
インパルスサム 「ここが決め打つ場面だ。
龍田を処刑するか、敵兵を処刑するか・・・選んでもらおうか!」
汚い忍者 「ただ、ここでサム吊りで3人最終日か」
シン・アスカ 「まぁぶっちゃけ俺不審者、龍田騙りとか見るのと
俺村人インパルスサムQPで龍田真見るのどっちがいいんだって話だよ……>すいか」
龍田 「デキてるならいいやあ。その場合萃香ちゃん人狼だろうし
きっとLWになってくれるよね……」
汚い忍者 「エトワール噛まれるのはいいけどね これ引き分けしか見えない」
敵兵 「正直インパ吊りたい
噛まれてないってだけで胡散臭い」
ウィン 「面白いじゃん
「騙りなら出さないだろう結果だから真」なんてのは、騙りにとって一番面白い所だからね
私みたいなクズだけかな?こんな事思うのは?うん」
龍田 「ってことはこれ、サムちゃん偽かあ。
そっかあ もしかして萃香ちゃんとデキてたりするのかなあ?」
敵兵 「アウスの遺言は無し」
大統領 「やだ、コ何かさんが萌えキャラアピール」
エトワール 「ああ、不審者の可能性もあったね」
オルタ 「管狐が蝙蝠結果出されて吸血鬼COするか?
という部分から考えることになるがな」
萃香 「んー・・・?
でも的確に人外は発見してたよね?
蝙蝠結果出してたしー >シン」
インパルスサム 「俺とお前で龍田を処刑するんだよ!」
今泉影狼 「生きてたら龍田指定してた気がするけど」
敵兵 「提督吊ってアウスに飛んだと思ったんだけど」
シン・アスカ 「インパルスサム吊りたいけど
QP考えると吊れねえんだけど」
エトワール 「これサム真なら龍田狐でシン狼という感じしかしないんだけど」
インパルスサム 「シン!お前は村人表記だ!不審者がある!
だが龍田には無い!だから今だけでいい!俺を信じてくれ!」
龍田 「提督じゃないよう。 金色が吊りで、それ以外の死体が
紅だったり水色だったり>敵兵」
提督 「うあー!どっちころでもこれ村無理じゃねーって思うw」
シン・アスカ 「違う違う吊ったのアウス。
アウス吊りで毒飛びしたの。>敵兵」
メイ 「管狐以外できないけどなんだろう、よく分からない」
火山高夫 「まぁ村が吊れても噛み闘争をしなければならないか?」
敵兵 「吊ったの提督じゃなかったの>」
龍田 「じゃ、サムさん偽だってことだね~?」
エトワール 「いや、アウス霧系なら割れてないんじゃないって
思ったけどそういえば夢主張だったねあそこ」
アウス 「あー、あったな、それか」
敵兵 「あれ?」
シン・アスカ 「んー、と。インパルスサム騙りな以上
俺視点龍田を信じるしかない。
両偽ならどうしようもない。」
大統領 「どこが吊れても最終日orそれに準ずる結果となる
面白い」
インパルスサム 「ライン割れならタツタ処刑するぞ」
オルタ 「というか龍田視点アウス●ってどういう結果だ」
ウィン 「毒狐主張って所か」
龍田 「あれ……?蝙蝠じゃないんだあ。」
アウス 「・・・私は何なんだ」
萃香 「えー?
正直敵兵が胡散臭いからそっち吊りたいー!!」
龍田 「えっと、●になる、つまり白がでる、毒もち、は……
村人系と…… 管狐?」
提督 「シンやん、そうだけども
あれだ!不審者あるからなお前視点でw」
敵兵 「強毒に関しては狼孤にしか中んねえぞ
錬金術で強毒にしたのは『村人陣営意外』に中るから狂人とかにも飛ぶ」
アウス 「えーっと、龍田の主張は私毒狼、インパルス偽?
や、ちゃうな、夢主張だし」
火山高夫 「2Wだから飽和狙いなのだろうか」
シン・アスカ 「……というか龍田とインパルスサムもライン割れてるよなこれ」
インパルスサム 「えー?<龍田」
大統領 「ふむ、アウス非吸血鬼主張か…」
今泉影狼 「インパルス真で結果騙りか、やっぱー」
萃香 「影狼噛まれてるわ・・・ >敵兵」
メイ 「ここで霊能結果わるって良く分からない進行」
汚い忍者 「龍田吊ればいいと思うけどもこれ引き分け路線しか見えねぇ」
龍田 「あっれ……?」
ウィン 「さて、割りに来た訳だが」
シン・アスカ 「おまえ偽……だと……?>インパルスサム」
インパルスサム 「よっしゃ、シン処刑するぞ!」
アウス 「あ、あれ?」
エトワール 「今気づいたけど狐陣営3もいて
狐死んでる位置がダブルエックスしかいないと思う」
萃香 「もんもん2ってことなのかな?」
敵兵 「もう影狼しか信じられねえ」
火山高夫 「まぁ飛んだ先があれだからやっちまったなぁ」
ヒータ 「おつかれさまー」
ガブリエ・セレスタ 「まあ、お疲れ様。」
シン・アスカ 「……」
大統領 「お疲れ様だ」
敵兵 「んん?アウス霧系だったん?
そこじゃなくて灰に中るのか○に中るのか見てみたかったんだけど……
つうかインパ真で良いんだよな?良いんだよね?
ヒータ吊り推してきたりヒータ占いしたり噛まれなかったりで怖いんだけど俺」
ウィン 「お疲れ様」
龍田 「……●?」
ガブリエ・セレスタ 「となるとこれは
明日PP宣言をしたら勝て……ないな、これは」
ヒータ 「凄い賭けだったね<私逃亡」
インパルスサム 「占いCO シン●だ」
龍田 「7日目:アウス:●」
アウス 「お疲れ様」
エトワール 「というか提督ぅ」
シン・アスカ 「なんというか予想外過ぎて吹いた
……うん、どうしようもねえぞこれ。
2Wのうちどっちか恋人であることを祈って
どうにか吊りをするしかないってことか?」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
萃香 「おはよー・・・
何で提督死んだの?」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
メイ 「お疲れ」
大統領 「だろうなw>結果張り忘れ」
オルタ 「お疲れ様だ」
ウィン 「どーだろね
インパルス噛みはありえるよ。白狼いたら灰3で吊り3だから」
エトワール 「おはよう~
まぁ、強毒の毒が吸血鬼当たらないってのなら
それはそれでいいんだけどこう恋人がネック
サムのグレーってあとはシンと敵兵と龍田だっけ」
霧雨魔理沙 「村はきっついんじゃないかなーって思うけれどな
龍田よりか灰面子のほうが疑われそうだ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
提督さんの遺言
                    ______
             /    |      |
               '       |      |
           /     __   | \   / !
           .'   〃 l|   | rェェ rェェ|       【4日目昼】
          |   {   |   |   li   |
          l   ヽ.  j  |   .」  |          あづい!AAが無いのでこれで代理
             ‘.     `¨   ! マニア |
           ‘ .      |      |            【潜毒】だってさ、まあ、5日目まで死なないようにがんばろう
            `ー┐   |      |      nn
                    |   |      |    /) { {Y     インパルスが非常にあれなので萃香にCOは聞いてもいいかもね
                    |   |      |    { { { { {
               , く ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄マ入   ∩ ⌒ }
              , くニニ\___∧_∧/入  { ヽ.  }
          ∠二\ニニ\   /  ∨/ニニ\`ト  イ
今泉影狼さんの遺言 竹林のルーガルーの薬師日記

これって、永遠亭の女医さんの仕事だわー
私の仕事じゃないわー。

3日目昼:龍田/毒なし
4日目昼:シン・アスカ/毒なし
5日目昼:太陽/解毒成功
6日目昼:提督/強い毒
7日目昼:敵兵/毒なし
8日目昼:エトワール/

龍田
とりあえず、毒がいるかどうかなんてわからないけど、結果を残したいから
吊れそうな位置に投票はしないで吊れなさそうな位置投票しとこう。

シン・アスカ
目立ってもいいから指定あった時は違うところ投票しとこう。
でもこの情報は最終的に出していいのかね。

太陽
私死ぬの嫌だから解毒します(キリッ

提督
薬師に投票しろとかあんまり投票したくないんだけど
村視点で私、真薬師というわけでもないだろうから何かしらのラインができればいいなというあれ。

敵兵
灰の未CO者の毒ありなしを見るわけで。
ラインができればいいな、と思いつつ、狼に毒のありなし教えちゃっていいんかな、という疑惑も。

エトワール
村表記ならラインできるかもね…て、なんでアウス吊って提督死んでるの!?
アウス毒吸血??
今泉影狼 は無残な負け犬の姿で発見されました
(今泉影狼 は人狼の餌食になったようです)
萃香 は 今泉影狼 に狙いをつけました
大統領 「おそらく敵兵●と予想するが…」
オルタ 「毒COしなかったら毒じゃないという保証はない」
アウス 「引き分け・・・無い?よね」
ヒータ 「ごめん、下で抜けてたから訂正

太陽男性>ダブルエックス男性>忍者失敗>ガブリエセレスタ蝙蝠>魔理沙失敗」」
火山高夫 「わからなくなってきたな。」
提督 「敵兵が村でTさん悲しかったのです」
ウィン 「アウスが毒COしてたら投票したかもしれないけど
そうじゃないなら?趣味でしょ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メイ 「というか正直結果でても噛み先今泉しかないからさ>大統領」
ヒータ 「魂じゃない性別占いで蝙蝠ね。」
大統領 「そんなもの結局は可能性として五分五分でしかない
ベストはないだろう、まるでセオリーのように言うべきではない」
ヒータ 「ああ、ガブリエセレスタで性別占いで魂引いてるのさ>提督

だからこちら視点金狼確定だった」
提督 「雛狐って魂だったんだね・・・」
龍田(人狼) 「まあ、今泉ちゃん噛みよろしく~
今日はお互いに意見一致してると思うし~」
メイ 「分かるけど太陽で解毒できてたし>大統領」
ガブリエ・セレスタ 「まあ、薬師がいるとわかっていたら隠したくなるなw
気持ちはよくわかる>アウス」
萃香(人狼) 「龍田ちゃん、ドンマイ!」
インパルスサムの独り言 「て・・・提督ゥゥゥ!!」
龍田(人狼) 「知らなーい……」
龍田(人狼) 「それは捨てるとして……」
オルタ 「薬師は基本処刑先投票するべきだと思うのだが
毒で人外飛ばし狙う時以外な」
萃香(人狼) 「・・・あれ?
何で提督死んでるの?(今更)」
龍田(人狼) 「今泉>シンと噛んで 私を釣らせて破綻させるのが1。
でもそれは萃香ちゃんが見方じゃないとだめだし」
霧雨魔理沙 「いや、普通百百爺2人とか想像できぬよなぁ…」
提督 「ガブリエセレスタ 金狼(魂結果)

なにこれ怖い!!」
メイ 「でもわざわざグレーやるよりはそっち安定だと思ったんだよねー>アウス」
インパルスサム は シン・アスカ を占います
大統領 「村人表記がアレだけあれば連毒が混じっている可能性がある
薬師視点連毒は鑑定できれば確定○
これ以上の説明はいるか?>メイ」
ダブルエックス魔王 「今回は賭けに負けてヒータ逃亡だったし」
インパルスサムの独り言 「このプランで行こう(白目)」
萃香(人狼) 「とりあえず影狼噛まない?
というかそれしかない」
アウス 「毒がある事は隠さないとねえ
薬師に消されるとか詰まんない結末はお断りします」
龍田(人狼) 「でも、今噛むのは今泉ちゃんしかないから……」
提督 「・・・うん?」
インパルスサムの独り言 「毒吊りで3人」
龍田(人狼) 「どっちにしろ、正しくない結果を出してるサムちゃんは殺さなくっちゃ。」
火山高夫 「薬師が外したから飛んだな。正直どうなのか」
ダブルエックス魔王 「全く分かりにくいとこ逃亡は他人から見てだからな」
インパルスサムの独り言 「銃殺で5人」
ウィン 「いや、毒吸血COしてないし>メイ」
龍田(人狼) 「えーっと……その場合 萃香ちゃんが恋人の場合、相方はアスカちゃんなのかなあ?
汚い忍者 「だから票は統一しとけと」
ウィン 「はっはっはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
腹いてぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
萃香(人狼) 「狐生きてるかなぁ・・」
メイ 「って今泉はなんで解毒しないのさ!!」
太陽 「いやあ、楽しいな
これが愉悦か」
龍田(人狼) 「そうすれば恋人吊った後偶数とか奇数とか考えなくていいんだもんね」
汚い忍者 「あーあ」
敵兵の独り言 「霧系なの?」
ガブリエ・セレスタ 「ぶっ
お疲れ様だ……!」
オルタ 「今泉ィ!w」
インパルスサムの独り言 「敵兵○」
GM 「明日で半PPできるから…
引き分けかな」
提督 「・・・それは予想外だ!!」
龍田(人狼) 「……っちょっともっと面倒くさいことに いやいいのか~」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
オルタ 「お疲れ様だ」
敵兵の独り言 「アウスに中んのかあ」
ガブリエ・セレスタ 「ふむ
性別逃亡には当たったことがないからな……
一度やってみたいとは思っているのだが、死を持って性別騙りを証明したくはないな」
大統領 「ファーwwwwwwwwwwwwww」
ウィン 「おつかれw
ヒデェwwwwwwww」
メイ 「お疲れ」
今泉影狼の独り言 「え!?」
龍田(人狼) 「あっれ?」
霧雨魔理沙 「てーとくー!?」
龍田(人狼) 「え?」
アウス 「お疲れさん」
火山高夫 「なんかすごい場所飛んだな」
GM 「これどうするの」
大統領 「お、おう>勘で金狼当て」
龍田(人狼) 「うーん……萃香ちゃんが恋人で……」
汚い忍者 「別に麒麟潜っててもいいと思うけどな 2票持ちなったらわかるし
ステルス入ってて噛み入ってもお得感がある」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アウス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
提督 は無残な負け犬の姿で発見されました
(提督 は毒に冒され死亡したようです)
7 日目 (1 回目)
龍田0 票投票先 1 票 →アウス
エトワール1 票投票先 1 票 →アウス
萃香0 票投票先 1 票 →アウス
敵兵0 票投票先 1 票 →提督
提督2 票投票先 1 票 →アウス
今泉影狼0 票投票先 1 票 →エトワール
インパルスサム0 票投票先 1 票 →アウス
シン・アスカ0 票投票先 1 票 →アウス
アウス6 票投票先 1 票 →提督
今泉影狼 は エトワール に処刑投票しました
ウィン 「麒麟?
あんなんもう出た瞬間狼視点ダリィ……」
エトワール は アウス に処刑投票しました
ヒータ 「ああ、あとからログ読む人のために
本当の能力の結果張っておこう。
太陽男性>ダブルエックス男性>忍者失敗>魔理沙失敗」
シン・アスカ は アウス に処刑投票しました
オルタ 「ぶっちゃけ【喋れ】以上の解決策がないからな>GM」
提督 は アウス に処刑投票しました
汚い忍者 「そもそも狂人に当たる毒は確か錬金毒と素毒・狙毒くらいだったかと」
大統領 「逃亡系は麒麟以外すべて潜る選択肢がある
麒麟は初日か2日目にCO必須だがな」
ヒータ 「性別騙り多いからねー」
ウィン 「逃亡者は潜るべきだと私は思っているんだけど
趣味領域があるから、あんまり他人の出方っは気にしない事にしてる>魔王」
敵兵 は 提督 に処刑投票しました
萃香 は アウス に処刑投票しました
龍田 は アウス に処刑投票しました
ダブルエックス魔王 「性別の場合」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「GMも初手グレランには悩みがあってね
とにかく発言数を増やせばと>オルタ」
提督 「ちなみに、Tさん敵兵まじめに狼だと思ってるから
違ったらな泣きはらす」
萃香 「いやそうでしょう?
何を急に言い出してるの? >提督」
今泉影狼 「確定○が私以外に提督しかいないから
提督には指示してもらおう(キリッ」
アウス は 提督 に処刑投票しました
ダブルエックス魔王 「逃亡者は研究が必要だなすぐ出るべきではないか」
龍田 「あっれ、そうだっけ~?よく狂人にあたってるのは
毒蝙蝠だったかしら……?」
敵兵 「吊り縄ちゃんと足りんの?吸血鬼吊りなんて挟んでさ」
インパルスサム は アウス に処刑投票しました
エトワール 「えっ!>提督」
インパルスサム 「強毒は狼狐にしかあたらんから」
ガブリエ・セレスタ 「私がQPなら?
無論忍者関係のCPにしたさ」
提督 「錬金毒はまた違うけども」
提督 「強毒って君等、狼と狐にしかあたらんよ?」
敵兵 「吸血鬼吊るくらいなら提督吊った方良いと思うんだがなあ」
シン・アスカ 「強毒吊りするなら皆の言うとおり吸血鬼吊りしたあとで、だろ」
オルタ 「最近初手のグレランを抜けられなくなってきて、どうしたものか」
大統領 「実際私がQPなら敵兵-提督で矢をさしていたしな」
龍田 「まあ、提督ちゃん吊りはその減ったつりで人外殺すようなものだから~」
エトワール 「強毒だとしてもそれ吸血鬼に当たると
勿体ないにも程あるからね」
今泉影狼 「微妙に龍田とメイを両方真と考えた時に「??」と思ってしまうわけなんだけど
メイ護衛GJから汚い忍者が噛まれる流れとして
狼がメイ噛んだ理由ってなんだろ」
霧雨魔理沙 「そして今気づくマニア初日ェ」
敵兵 「火山が冥狐と仮定すると狐陣営全滅な」
アウス 「強毒と表示することで噛まれないし、違っても効果ある
恋人死ぬと吊り数減るだろ、な!」
インパルスサム 「だとしても先にアウス処刑してから提督だろ」
萃香 「いやまぁ
潜毒だろうから明日には吊るけど・・・

というか、占い結果蝙蝠になる狼いなかったっけ?
それ警戒でアウス吊ってもいい気がしないでもない」
龍田 「どっちにしろアウスちゃん先に吊れば
後から潜毒者吊ろうって話になっても 
露出人外に当たる確率は減るから~ 悪くないと思うんだ~」
シン・アスカ 「マジで噛まれろ
正直疑えねえよ!」
火山高夫 「そういえばマニアどこかと思ったら初日か。」
提督 「人外は削れるけどな」
メイ 「まあ私も狼よりかはQPとかその辺だと思ったけどね>ヒータ」
大統領 「中身的には十分あり得る話だな…>提督恋人」
オルタ 「やはり薬師は地味に強いな」
シン・アスカ 「ペロッこれはインパルスサム子狐でアウス当てた予感!

だとしたら噛まれろ」
敵兵 「強毒吊りでどこに毒が飛ぶのか確認すんのが良いと思うんだよ」
エトワール 「恋人の存在を忘れた訳だけど
サム真なら初日QPの可能性も一応はある」
提督 「吊り減るよとしかいえん俺吊ると」
提督 「狐3で神話マニア潜ってるんだよなーという」
ウィン 「白狼いない証明、どうぞ>忍者」
アウス 「て、提督恋人かもしれない!
吊ろうぜ!」
シン・アスカ 「まぁ恋人いるってことは忘れるなよな
いや割りとまじめに。」
龍田 「それって 取り敢えずアウスちゃん吊れば解決だよね~?>ライン」
ヒータ 「狼じゃない銀狐」
萃香 「・・・なんだそのライン・・・ >アウス」
敵兵 「吸血鬼に吊り縄なんぞ使ってる暇ねえぞまだ恋人も居るのによ」
エトワール 「もうこうなったらFOでいいんじゃないかなもう」
ヒータ 「っていうか銀狼敵兵だと思ってたんだよね、反応的にorz

他に狐っぽい死体が無くて」
提督 「Tさん影狼さんバリ盲信だから
恋人ないことを祈ってるから」
大統領 「いずれにせよ解毒されるとアウト臭いことは確かだ」
インパルスサム 「狼は噛める場所が相当限られるよ。」
汚い忍者 「インパルス噛まれなさすぎだと思うの真なら。 白狼居るわけでもないしという」
アウス 「・・・その場合でも私死ぬなあ・・・」
敵兵 「吸血鬼吊りなんて意味ねえ>インパ」
アウス 「だが待ってほしい
実はインパルスと私がライン組んだ人外という説はないだろうか」
シン・アスカ 「すんません俺正直インパルスサムのグレーなんで
どっちみちどうでもいいなと思いました(小並感>COについて

伏せる意味があんまりない」
インパルスサム 「もうこれ俺を噛んだら狼詰むから」
エトワール 「シンさんに騙された!シンさんの馬鹿!」
今泉影狼 「あらためて、薬師。
龍田毒なし→シンアスカ毒なし→太陽解毒成功→提督強い毒→敵兵毒なし」
龍田 「いや、もう9人だよ~?(苦笑」
メイ 「私真見ていいし龍田が真狼で夢結果出してるの見えたから
オルタQPか狐で考えても良かったと思うよ>ヒータ
狼ならたいてい真結果出す」
敵兵 「FOで良いと思うもう重要職なんて居ねえだろ
あと提督吊ってみれば良いんじゃねえかな、多分インパルス真だと疑問なんだよな……アウス吸血公当ててるっちゃ当ててんだけど」
GM 「さすがにそれはなさそうかな」
ヒータ 「残り2W臭かったからガブ吊って毒がLWに中ればいいなと>オルタ」
シン・アスカ 「どっちだよ!>提督、インパルスサム
先走った俺が凄い格好悪いだろ!」
龍田 「もう9人だよ~?」
萃香 「ばかっ!!!
シンのバカっ!!何COしてるの!? >シン」
火山高夫 「ああ、銀狐で仲間が誰かわからなかったから…まぁ今更だな。」
エトワール 「あ、村人表記です☆」
GM 「えーと、強毒吊って龍田飛んで
敵兵感染してすいか吊ればアウスの勝ち…」
ウィン 「あー、これ生きてたらなぁ……」
提督 「9人の時点でFOでいいと思うよ」
龍田 「じゃ、アウスちゃん吊ろうかあ。
ヒータちゃんしんでて ガブリエちゃん吊っちゃったから
心配しなくてもいい気がするけど 型落ちの吸血鬼だしね~」
エトワール 「あれ、サムのグレーって他にもいなかったっけ
ヒーター以外に」
シン・アスカ 「FOでいいらしいから言っておくぞ
村人表記(キリッ」
インパルスサム 「アウス処刑してからFOな。」
今泉影狼 「FOでもいいんじゃないかなぁ、て思うわけだけど
どうだろ。提督?」
提督 「FOでいいんじゃないっすかね?」
シン・アスカ 「ぶっちゃけていうとインパルスサムのグレーでCOしてないの俺だけだぞ。」
アウス 「な、何か吊り先!
こうなるなら肯定なんてしなきゃよかった!」
提督 「>インパ
・・・ヒータ占うんか、いや
まあ、俺のなかでお前QPor真目だからいいけども」
エトワール 「全くなんの意味もない巫女結果をありがとう!>敵兵」
インパルスサム 「シン・龍田・敵兵処刑で終了ァ!」
敵兵 「うんないない>影狼」
大統領 「ふむ」
萃香 「そこ占う意味あったのかなー?
的な感じはする >インパルスサム」
ヒータ 「最期の仲間オルタかー

潜っていた方が良かったな。
これは申し訳ない>お仲間」
シン・アスカ 「……おまえそこ占ってんじゃねえよ!
別にどうでもいいだろ!というかそれだと
銃殺あるのか単に噛まれかわからないだろなんか!>インパルスサム」
敵兵 「意味ねぇよそこ占いァ!!>インパ」
龍田 「ごめん、お仕事するの忘れてたぁ……
まあ、この結果ならヒータちゃん死んでるよね」
オルタ 「うん、初手に吊られた私が悪いんだが・・・何故出たんだ?>ヒータ」
ガブリエ・セレスタ 「お疲れ様。
いや、雛狐は読めなかったぞ」
ウィン 「お疲れ様」
インパルスサム 「占い理由
他に占う場所がねーぞ!」
霧雨魔理沙 「お疲れ様だぞー」
敵兵 「つうか灰の数的に狼何処だよァ!!」
大統領 「まぁ狐には宣告を山彦につけてもらった恩があるので
あまり噛みたくないという情の問題だ」
今泉影狼 「毒ないよ。敵兵(笑)」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
汚い忍者 「あっ>観戦者」
エトワール 「ああ、野生の八卦見が!」
アウス 「ヒータ吊ろう・・・なん・・・だと・・・?」
提督
////     //          ヾ    ヽヽ
  //     //          ミ     丶
  //     /    , z__        | l
  /        /´     `>     /
   l        /    ,、_,、  `ヽ
         ム トlヽlノ  `ヘノl  }
          } j  __\|_j_∠ lハ j
         {⌒l | r──-、 l´`l       まじか・・・アウスとなんか変なラインつないでるインパが
.           ヽハ | |___.ノノl.ノ
           l | r─‐一' .|          いや、真であの日記ってまじでどうなのって思うんだけども
              ', l__l     / 
            |`丶、 _, イ
         , </l    //`ヽ
       /  / |l__ / /  | `> ..,_
      /   7 レ:::ハ  /   <     `ヽ
      /   〈  lノ  /    /       }」
インパルスサム 「占いCO ヒータ○だ」
龍田 「6日目:ガブリエちゃん:○
[省略]」
萃香 「・・・あぁ、おはよーっと」
敵兵 「巫女COァ!!!ここでしか仕事出来ねえァ!!
霧雨魔理沙:村人陣営ァ!!」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
シン・アスカ 「ただまじめに言うとインパルスサム真なら
流れ的にグレー狭まりすぎだろ。
もうグレー狭まり過ぎて俺と敵兵くらいだぞ?

どっかしらに騙り役職混ざってるのかな……これ。」
メイ 「お疲れ」
龍田 「おはよー」
エトワール 「おはよう~

今泉影狼(48) 「メイが真死化粧だと結構人外吊ってる感じはするので
提督吊るの?と思うわけだけど
そこ確定村でー、ていう進行でもいいと思うんだけどなぁ。」

というか老兵がそこでGJ出してて、その老兵が
死んでる訳だから真でいいと思うの」
オルタ 「お疲れ様だ」
シン・アスカ 「インパルスサムが猛烈に真っぽい流れになって
ちょっと予想外なのはさておくとしてさ。
いや正直済まなかったようん。」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ガブリエ・セレスタさんの遺言 ◇提督(11)  「ガブリエ・セレスタ(130)  「グレランか……
マニアが出てこないため少し怖いが
狼最大4、狐3、吸血鬼2、マニア1で……ええと」
後は、ここはグレランで死ぬのが怖いみたいなので
重要役職系か人外目のどっちかなので様子見したいってところかね」

この発言に敢えて反応しなかったのは、私を重要役職と誤認してもらって噛まれるためだったのだが……
どうにもいかんな。ただの素村表記だ。
今現在、特殊な表記はでていない。
霧雨魔理沙さんの遺言      ,,,.;:;::;:;:;:;:;:;:;:;.,,,,,,,.:;:;:;:;::,.,.,.,
    ;:;::;'''`'´__,,..,__''''::;:;:;ヽ;:;:;:;:;,,,,
     ';:;_  /   i  `''‐ ,,__;:;ヽ,'''''''  __
      ^7 , ∧〃! , 、  `i ;:;:;:,,    ∠
      /, i /__レi i'__ i ',ヽ ;:;:;:,,  __∠
      i/!//  ┃ ヽi┃ Vヽ ト',,,:;:;:;:
       | i   _ ~ノレヽ! ヽ
       ii ,'ヽ、 └┘ ∪8  i i      指揮役はいやだ… 指揮役はいやだ…
        `' `' `''┬┬‐' 8ノレレ'
         ∩/___,` 8∩         山彦ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!
         i '_/   !∽/.i
         `'´/    i8_.ノ          サムはとことん保留するといいと魔理沙さん思うよ、アウス当ててるし
                           ただし、それはイコール萃香信用ではないからな

                          あとうっかりくらいはわりとあると思うの ヒータは感情じゃなくてロジックで処理しろよ
ヒータさんの遺言 八卦見だ。

ダブルエックス 狡狐 (辻斬り結果)
汚い忍者投票あり (占星術結果)
ガブリエセレスタ 金狼(魂結果)
魔理沙 結果無  騎士or光妖精
インパルスサム

豪華な魔法が使える魔法使いだな。
この村ではどれだけ生き残れるかがカギになりそうだな
気合い入れていかないと。


魔法の効果は、魂の占い師・精神鑑定士・ひよこ鑑定士・占星術師・
騎士・死神・辻斬り・光妖精のいずれか。

初日
魔法使い系は初日能力使えないんだよ・・・


2日目 ダブルエックス 狡狐 (辻斬り結果)
魂、死神、辻斬り期待でダブルエックス行ってみるか。
灰もいまいちここが怪しいってやつもいないしな。


3日目 キタナイ忍者  投票あり (占星術師結果)
ガブリエセレスタが気になる発言を言っていたが
これは人外なのか村なのか判断に困る。
明日質問しての反応町ということにしておこうか。
今日は忍者魔法でいいだろう
どの結果が出てもそこまで悪い事にはならない
やはり、魂、暗殺系が出れば有難い。


4日目 ガブリエセレスタ 金狼  (魂の占い師結果)
インパルス・大総統まではそのまま吊る。でよかろう
やはりガブの昨日の発言が気になる、
昼も完全に無視されてしまったしな
ガブリエセレスタ魔法でいいだろう。

5日目 霧雨魔理沙 表示なし (騎士orz光要請)

ほぼ昼に吐いてしまったがガブリエセレスタまでは人外でいい
残りをケアしていこうか。といってもログ取り忘れ大ピンチなんだけどさ
魔理沙あたりが発言の割に放置されているのが気にかかる
今日は魔理沙魔法で行ってみよう。

6日目  インパルスサム
やはりインパルスサム人外で考えていいよな。
というわけでインパルスサムに魔法をかける。

萃香-サムまで人外で考えたくはあるのだが・・
ヒータ は無残な負け犬の姿で発見されました
(ヒータ は人狼の餌食になったようです)
龍田 は ヒータ に狙いをつけました
大統領 「お 何かよくわからんが謎のひっくり返りを見せた」
汚い忍者 「ヒータはCOすべきでなかった。ないし他狐死んでるんだったら
八卦見結果は消すべきだった。
ガブリエ・セレスタ 「百々爺が素で2いた件について(震え)」
火山高夫 「む?どうなる?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ウィン 「遊んだ方が楽しいだろ?
それだけだよ、狐なんてのは」
萃香(人狼) 「恋人かい!!
やっぱ変更で今泉噛む」
インパルスサムの独り言 「シン●切り替えで延命してもキッツいんだよなぁ、どうしようか。」
ウィン 「まぁ、割りとさ」
龍田(人狼) 「あはははは、もう龍田ちゃんは萃香ちゃんと心中するよう……」
ガブリエ・セレスタ 「む、ああなるほど
私金を当てられたのは、彼女が雛狐だったからか」
GM 「雛狐は…噛めるね」
オルタ 「○庇いとか正直いらんだろう
○結果の人外がどれだけいると思っている」
萃香(人狼) 「ヒータ噛みでいいと思うよー」
今泉影狼の独り言 「オルタQP?」
汚い忍者 「なー、ヒータ噛まれんだよそしたら」
インパルスサムの独り言 「敵兵占ってみてヒータ●投げで行く」
メイ 「ただ狼視点蝙蝠当ててるならインパー萃香で恋人見えるんじゃない?とは」
龍田(人狼) 「……あ、はい」
萃香(人狼) 「・・・もうぶっちゃけ2Wで勝てそうもないんで言うけど・・・
真占い奪い取ったんだよねー・・・」
インパルスサム は 敵兵 を占います
汚い忍者 「しょーじきここで噛むならヒータ・今泉・シンなわけだが」
龍田(人狼) 「あ、噛みはヒータちゃんで大丈夫かなあ?」
ヒータ は インパルスサム を占います
今泉影狼の独り言 「んー?
龍田が真夢だとオルタ非狼だよね。」
霧雨魔理沙 「その時はQPの方かと思ってたん!>オルタ」
敵兵の独り言 「シンじゃね?>恋人」
龍田(人狼) 「えっ、あ、ごめん なあにー?」
ウィン 「最近、○庇いで出る占い多いからなんとも……」
龍田(人狼) 「くすん。」
敵兵の独り言 「恋人何処だよ」
龍田(人狼) 「潜毒者いるから恋人と心中するよ!!」
敵兵の独り言 「シンがどうかだけどよぉ」
提督の独り言 「めんどくせー!」
龍田(人狼) 「うわーん!そうじゃん!そうしたらショック死さけれたじゃなーい!
龍田ちゃんのばかー!ぼけー!したたらずー!!」
大統領 「ここで開き直って今泉噛みできるか否かになりそうだな…w」
萃香(人狼) 「で、だ・・・
龍田あのさ・・・ひとつ告白していい?」
アウス は シン・アスカ に狙いをつけました
オルタ 「いや、萃香庇いに飛び出た時点でそこそこ読めるだろ・・・w>魔理沙」
インパルスサムの独り言 「どうすりゃいいんだこれ・・・
ヒータ真なら狐2死亡済みだぞ・・・」
敵兵の独り言 「まあ提督吊るとして?」
龍田(人狼) 「あー!魔理沙ちゃんをメイちゃんとこで噛まなきゃだめなのかああああ」
ダブルエックス魔王 「ならば噛まれない占い鑑定のほうが良くない?」
ガブリエ・セレスタ 「ふむ……お疲れ様」
敵兵の独り言 「ふーむ」
霧雨魔理沙 「占い恋人は… よめんかった!」
萃香(人狼) 「何かまずいの?」
龍田(人狼) 「えー、どうしろっていうのー?これ
毒死するしかない気がするんだけど……萃香ちゃん生き延びるとか無理だしぃ」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
霧雨魔理沙 「ぐぼああああ!」
萃香(人狼) 「あー・・・龍田ごめん
これ無理だ
むちゃだった」
ウィン 「お疲れ様」
ヒータの独り言 「いやーやってしまったやってしまった。

二重の意味で」
太陽 「お疲れさん」
メイ 「お疲れ様」
龍田(人狼) 「ショック死あるんだったー……」
ウィン 「真でも、騙りでも、ね」
龍田(人狼) 「あ、まっず……」
オルタ 「お疲れ様だ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ガブリエ・セレスタ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
霧雨魔理沙 はショック死しました
(霧雨魔理沙 は死の宣告を受けたようです)
6 日目 (1 回目)
龍田0 票投票先 1 票 →ガブリエ・セレスタ
ヒータ1 票投票先 1 票 →ガブリエ・セレスタ
エトワール0 票投票先 1 票 →ガブリエ・セレスタ
萃香0 票投票先 1 票 →ガブリエ・セレスタ
敵兵1 票投票先 1 票 →ガブリエ・セレスタ
提督0 票投票先 1 票 →ガブリエ・セレスタ
今泉影狼0 票投票先 1 票 →敵兵
ガブリエ・セレスタ8 票投票先 1 票 →ヒータ
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →ガブリエ・セレスタ
インパルスサム0 票投票先 1 票 →アウス
シン・アスカ0 票投票先 1 票 →アウス
アウス2 票投票先 1 票 →ガブリエ・セレスタ
霧雨魔理沙 はショック死しました
ヒータ は ガブリエ・セレスタ に処刑投票しました
ウィン 「正直、いい訳では無いけど、悪くも無いと思うよ>山彦への今夜魔法」
オルタ 「ヒータ真なら大いに語って結構だが」
メイ 「グレーにかけるメリットの方が私は大きいと思うけどね」
オルタ 「まあ、騙りである以上今その是非を霊界で騙っても不毛ではないかね」
提督 は ガブリエ・セレスタ に処刑投票しました
大統領 「灰にかけるメリットも含めると単純計算とはいかん」
ガブリエ・セレスタ は ヒータ に処刑投票しました
アウス は ガブリエ・セレスタ に処刑投票しました
ウィン 「どうせ今日死ぬ。辻斬り出ても困らない
護衛成功でたら万歳
光妖精?真証明でしょ?
占い系列は微妙」
今泉影狼 は 敵兵 に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は ガブリエ・セレスタ に処刑投票しました
エトワール は ガブリエ・セレスタ に処刑投票しました
ダブルエックス魔王 「グレー専門のやつだし」
萃香 は ガブリエ・セレスタ に処刑投票しました
大統領 「魔理沙が既に噛まれる日数でないので微妙だと思うがな…w」
ダブルエックス魔王 「死ぬ可能性があるからアウト」
汚い忍者 「辻斬り・死神くらいじゃねぇの怖いの それでも4分の1だし」
シン・アスカ は アウス に処刑投票しました
敵兵 は ガブリエ・セレスタ に処刑投票しました
龍田 は ガブリエ・セレスタ に処刑投票しました
ウィン 「別に、悪く無いと思うよ>山彦に魔法」
インパルスサム は アウス に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガブリエ・セレスタ 「今のところ反応はない、が
できるなら重要役職と誤認されたかった……」
提督 「おう!」
オルタ 「・・・潜って生き残ってほしかったんだがな」
シン・アスカ 「というかアウスが吸血鬼認めるなら
インパルスサム真臭いよな」
インパルスサム 「山彦に魔法かける八卦見は信じたら駄目だ!
アウス処刑で行くぞ!」
メイ 「ぶっちゃけ魔理沙試す時点でアウトだとは思うけど」
今泉影狼 「日記見たらおもいっくそ魔理沙灰だと思ってるじゃないか!」
提督 「なぁ?魔理沙の役職いってみ?>ヒータ」
提督 「ほぼ昼に吐いてしまったがガブリエセレスタまでは人外でいい
残りをケアしていこうか。といってもログ取り忘れ大ピンチなんだけどさ
魔理沙あたりが発言の割に放置されているのが気にかかる
今日は魔理沙魔法で行ってみよう」
アウス 「ガブリエ吊りたくない(感染者並みの感想」
萃香 「あー・・・
一気に色々出てきて混乱してるんだけど・・・
とりあえすアウス吊りでいいんじゃない?的には思った
それか潜毒?」
敵兵 「あ、違うんだ>ヒータ」
インパルスサム 「ヒータシンの保障はねえよ!
人外確定してるアウス処刑でいい!」
霧雨魔理沙 「よしさらばガブリエ!

みんなあとは任せた!」
龍田 「魔理沙ちゃんに何で試すかは……もう不問にしておこうよう。
いまさらだよ……(苦笑」
大統領 「まぁ、魔理沙に魔法試す時点で実にアレだが
真結果な以上噛まれるだろうな」
シン・アスカ 「やまびこ失念するってありえるのか?」
汚い忍者 「何にせよガブリエ金狼当ててるって時点で狙われる」
エトワール 「うん、魔理沙に能力使ってるの?」
敵兵 「多分死神期待じゃねえかな>シン」
ダブルエックス魔王 「村視点は分からんからいいけどさ
魔理沙にやったってのはNḠ」
ガブリエ・セレスタ 「提督の発言に乗っかって重要役職集を醸し出して失敗した

ただの素村表記!>CO」
霧雨魔理沙 「だが私に魔法かけてどうするんだよあいむやまびこっ!」
ヒータ 「正直な話
ログ取り忘れで山彦失念してた(きっぱり>提督」
オルタ 「日記書いちゃったから出たかったんだろう」
敵兵 「お?インパとライン繋がるのか>アウス
吸血鬼より狼処理しようぜえ」
提督 「初日の辻斬りでたらどうしようとういのはあると思うけども
ガブリエ・セレスタは初日のグレランの反応から重要役か人外あるんで
COは聞きたい」
メイ 「逃亡偽主張>忍者」
ウィン 「狐で騙る可能性あるって主張でしょ?>忍者」
シン・アスカ 「ごめん、魔理沙確定○扱いなのになんで能力使ってるんだ?>ヒータ」
汚い忍者 「あぁ狡狐でなー……無理じゃね? 噛まれるぞコイツ」
大統領 「いやダブルエックス人外主張に決っているだろうが>忍者」
エトワール 「あの逃亡狐結果かー
うん、割と分かる気はする
だってあの逃亡冒険とかするタイプじゃなさそうだったもの」
インパルスサム 「ライン繋がったことだしアウス処刑してヒータ確認させろ。」
オルタ 「だから、騙り主張だろう」
ガブリエ・セレスタ 「おい、なんだその結果は!
何故マリサに魔法を試している!?」
大統領 「よくわからんがLFで死にに来たか」
龍田 「うわあ~ 人外としかかかわってない八卦見だ~
忍者はまあ、証明しようがないから差し置くとしても。
ガブリエが人外ってことだね~ 人狼系ならサクっと撃っちゃいたいなあ」
汚い忍者 「……ねぇ水妖って暗殺不可……」
霧雨魔理沙 「ガブリエ、一応COをしようか」
アウス 「種類?うん、吸血公
対象?ウィン、ヒータあたりじゃないかな、うん」
敵兵 「ほほう>狡狐に辻斬りで金狼発見
ってちょっと待てよ魔理沙に魔法使うなよォ!!虻ねえだろォ!!」
シン・アスカ 「なん……だと……」
今泉影狼 「ただ、龍田の結果見るとオルタ狼じゃないんだよね。
投票見ると確かにそうなんだけど。」
萃香 「なんかすごいの出てきたぞー・・・的な」
提督 「なんで、八卦見で魔理沙に試すのかが果てしなく不思議でしかたがないが>ヒータ」
メイ 「というか狼視点インパー萃香で恋人見えるよねとは」
霧雨魔理沙 「ふむ
ガブリエもともと疑ってたしな…」
霧雨魔理沙 「初日ダブルエックス暗殺は私の仕事だ

ガブリエセレスタ吊から提督吊った方が成功だと思うのだがどうだろうか」
汚い忍者 「割とインパルスの真見たくなかったのは萃香のCOを止めたから。
それ以外に理由無い」
ヒータ 「初日ダブルエックス暗殺は私の仕事だ

ガブリエセレスタ吊から提督吊った方が成功だと思うのだがどうだろうか」
エトワール 「野生の八卦見が飛び出てきた!」
シン・アスカ 「ないから困る。
まじめに困る。初日か恋人かインパルスしか選択肢がない。
割りとアウスが占いCOするかと思ったらそんなこともなかったし>ガブリエ・セレスタ」
龍田 「これってもしかして、もしかして相当ヤバイんだよね?
吸血1 それ以外の人外が2 で 萃香恋人結構濃厚で
インパルスはキレが悪いし」
アウス 「チッ、あわよくばインパルス吊ってから出て愉悦したかったが
まあ普通に吸血鬼、黙ってりゃインパルス噛まれんだろーなーと思ったが」
インパルスサム 「アウス、COをするんだよ!
山彦様の目の前でな!」
エトワール 「提督についてはそこ毒狼とか強毒じゃない
限り吊る必要はないんじゃない?
それでいいんだよね、把握ミスしすぎて自信ないけど」
霧雨魔理沙 「どうぞー?>ひ~~た」
霧雨魔理沙 「メイが真死化粧だと結構人外吊ってる感じはするので
提督吊るの?と思うわけだけど
そこ確定村でー、ていう進行でもいいと思うんだけどなぁ。」
ヒータ 「八卦見だ。

ダブルエックス 狡狐 (辻斬り結果)
汚い忍者投票あり (占星術結果)
ガブリエセレスタ 金狼(魂結果)
魔理沙      騎士or光妖精

豪華な魔法が使える魔法使いだな。
この村ではどれだけ生き残れるかがカギになりそうだな
気合い入れていかないと。


魔法の効果は、魂の占い師・精神鑑定士・ひよこ鑑定士・占星術師・
騎士・死神・辻斬り・光妖精のいずれか。

初日
魔法使い系は初日能力使えないんだよ・・・


2日目 ダブルエックス 狡狐 (辻斬り結果)
魂、死神、辻斬り期待でダブルエックス行ってみるか。
灰もいまいちここが怪しいってやつもいないしな。


3日目 キタナイ忍者  投票あり (占星術師結果)
ガブリエセレスタが気になる発言を言っていたが
これは人外なのか村なのか判断に困る。
明日質問しての反応町ということにしておこうか。
今日は忍者魔法でいいだろう
どの結果が出てもそこまで悪い事にはならない
やはり、魂、暗殺系が出れば有難い。


4日目 ガブリエセレスタ 金狼  (魂の占い師結果)
インパルス・大総統まではそのまま吊る。でよかろう
やはりガブの昨日の発言が気になる、
昼も完全に無視されてしまったしな
ガブリエセレスタ魔法でいいだろう。

5日目 霧雨魔理沙 表示なし (騎士orz光要請)

ほぼ昼に吐いてしまったがガブリエセレスタまでは人外でいい
残りをケアしていこうか。といってもログ取り忘れ大ピンチなんだけどさ
魔理沙あたりが発言の割に放置されているのが気にかかる
今日は魔理沙魔法で行ってみよう。」
敵兵 「一応恋人占い師もあるぞ>魔理沙
昨日シンが言ってたけど」
提督 「恋人自体はそこのシンがいってたとおりあるけどね>魔理沙
占いがだけども」
インパルスサム 「駄目か?<提督」
今泉影狼 「メイが真死化粧だと結構人外吊ってる感じはするので
提督吊るの?と思うわけだけど
そこ確定村でー、ていう進行でもいいと思うんだけどなぁ。」
ヒータ 「提案があるんだがいいか?」
ガブリエ・セレスタ 「……あれ、というか他の占いCOは?
ないの?」
シン・アスカ 「ぶっちゃけそれなら毒と薬師が指示出せばいいんじゃないか。
恋人疑うなら知らないけど」
萃香 「いや、アウスの反応微妙すぎるし
逆にあの反応でインパの真思ったけど? >提督」
ガブリエ・セレスタ 「む……
インパルスの前に潜毒を吊るのは若干怖いが
仮に抗毒などがいた場合は悲惨なことになりかねないからな」
メイ 「龍田は真狼だよねーとは思ったし
毎回人外は吊ってるんだけれど」
ウィン 「まぁ、老兵ガン放置しながら、かなと思わなくはないかな」
霧雨魔理沙 「メイを信じるならば
占いはサムか初日ってことにするぞおらぁ!

アウスCOせいっ」
敵兵 「夢っぺーとは思ってた>龍田
つまり昨日でようやく狼吊れたと」
提督 「ラインつないだ潜毒吊るすの?>インパ」
ヒータ 「影狼が提督に強い毒結果

あってるなら提督はキープで狼への脅しに使えばいいだろう。」
インパルスサム 「他に居ないだろ、占い師<シン」
龍田 「ま、私の結果ならよっぽどの事がない限り人狼減ってないし
潜毒者……吊るのは…… 大丈夫なんだっけー?」
大統領 「潜毒吊りでスイカ当たってくれるとありがたい」
エトワール 「そして霊能夢という現実が叩きつけられた」
アウス 「証明できるなら軽々しく吊るもんかね?
指揮役やらせてもいいと思うけど」
萃香 「提督自覚あるってことは・・・
潜毒? >提督」
提督 「インパの○って灰でいいと思うんだけども?>萃香」
シン・アスカ 「で、まじめに言うとインパルスサムどうするのっていうか
占いなんで噛まれないんだよこれ。
まじめにどうなってんだ?」
大統領 「忍者はかなり古狐見ていたからな。
宣告無ければ山彦を噛もうと思っていたくらいには>ウィン」
ガブリエ・セレスタ 「メイの真偽はあの時点で不明だったが、
マリサは少なくとも確定○だった>ヒータ」
今泉影狼 「もしかして潜毒だった?」
敵兵 「メイちゃん噛まれるならオルタは無視るっていうか結果俺だけど」
アウス 「ふむ
強い毒があるのは村だけだっけ?」
インパルスサム 「よし、提督吊るすぞ!」
龍田 「龍田ちゃん夢じゃないですかー!?」
提督 「おk-!あってる!」
エトワール 「貴方…消えるのか…>魔理沙さん」
提督
                    ______
             /    |      |
               '       |      |
           /     __   | \   / !
           .'   〃 l|   | rェェ rェェ|       【5日目夜】
          |   {   |   |   li   |
          l   ヽ.  j  |   .」  |          あづい!AAが無いのでこれで代理
             ‘.     `¨   ! マニア |
           ‘ .      |      |            【潜毒】だってさ、わーい!Tさん能力発現したよー!
            `ー┐   |      |      nn
                    |   |      |    /) { {Y     影狼ちゃんとラインできるっかなー
                    |   |      |    { { { { {
               , く ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄マ入   ∩ ⌒ }
              , くニニ\___∧_∧/入  { ヽ.  }
          ∠二\ニニ\   /  ∨/ニニ\`ト  イ
萃香 「ちなみに、灰ではないけど・・・
提督は何を見ているのかな?と(ハニャン >提督」
インパルスサム
占い理由
オルタの投票数気にしすぎてるのと敵兵疑い。
敵兵の中身次第だけど多分あれ村だから逆説的にこちらが濃い。」
霧雨魔理沙 「今泉があとはなんとかしてくれる(丸投げ

で、残りの占いいるなら出ろー」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
シン・アスカ 「龍田夢じゃねーか!>霊能結果」
提督 「影狼ちゃん結果ー!」
今泉影狼 「提督、強い毒を持っている。」
龍田 「あっれー、朝はっやあ……」
インパルスサム 「5日目:シンとの二択?おっぱいおっぱい」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
メイ 「お疲れ」
今泉影狼 「老兵噛まれるならどちらかというと、狼がメイを噛みにいった、てことだよね。
その場合、オルタが狼である可能性が高い
メイが真結果でオルタ狼→火山冥狐、と吊れてるんだろうか。」
敵兵 「ここでインパ噛まれねえの?」
エトワール 「あとまぁ、勘違いしてたけど
アウス霊能じゃなくて龍田の方だったから
出方もなにも無い事に気づいた」
アウス 「ふー・・・ん」
霧雨魔理沙 「改めて最初に言っておくぞ
今日の投票終わったら… 私、消えっから!」
インパルスサム 「占いCO エトワールは○だ」
提督 「インパをどうするかだよねというお話」
ガブリエ・セレスタ 「◇ヒータ(3)  「◇ガブリエ・セレスタ 「となると冥狐か
ああ、護衛を動かしたならば吊る、全力で吊る>忍者」
占い主張が出ているのに
宣告が付いている山彦に張り付かせるのか?
人外の護衛誘導の香りがすごくするな
何か見えているのなら素直にそういったらどうだ?」

これのことかね?
ならば先日の朝一発言を見て欲しい」
萃香 「おはよう~っと」
オルタ 「お疲れ様だ」
敵兵 「印狼関係でごたごたしてたから言っておくわ>提督
オルタで占い師吊ってない、って事でほっとしたって事な
何が気になったのかちょっと良くわかんねえけど」
ウィン 「お疲れ様」
シン・アスカ 「で、占いCOまだかな
とか思ったら死化粧しんでやがんの。」
龍田 「5日目:大統領ちゃん:○
もしかしなくても、今日で真夢わかるんだね~」
エトワール 「おはよう~
サム偽かつ占い初日じゃない限り
今日占い師が出てくる予定だよね
オルタ真とか今更追わないしね」
提督 「灰で吊りたいのは

敵兵、萃香というところで」
ウィン 「死化粧ガン放置しといても良かった気はするけどね
老兵だけ噛んで後はガン放置で灰噛みゴーゴーで

どうせ占いじゃねぇんだ」
汚い忍者 「真面目にこれインパルスが何かわかってないから噛まれる可能性が」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
大統領さんの遺言                                ,.-、
                                 __,ィ//ハV^ヽ
                          / /  /'"´"ヽ∧
                          / /_/ rァ'⌒| l∧      _|_   /〉/〉  ヽソ_  \ | /   /〉/〉
                      _/_/__ノィfテリ lィfテラVl ∧.       |  |  〈/〈/  「_|_ | ―┴r─ 〈/〈/
                       /____//|:  〈ーソ    N ∧    ,ノ 亅〈〉〈〉   /|\   /  |__ノ 〈〉〈〉
                     (/⌒リ} //「ハ:  r==、   .:|ハ ∧
                γ⌒ミヽヽ=彡 /,人_l:.  |'⌒ソ   :|_ノ} |∧   ‐┼‐  __l_ _  /〉 __l__ __.┌┐  ヽ ‐┼‐  ,ノニ|ユ
                  人(::::入______/ノ/∧  `こ´  /l } リ  }  二l二l二 / lコ  〈/   \/ .ヒl├┤ 。ヽ ‐┼― ノー|┘
                __`二´ノ__/ //  ヽ-----.' /ヽ /  /   ‐┼‐  /|ヽ|王| 〈〉  __/\__  ,厂」   、/∠-ヘ.  |─|─
                /´r‐v'´r‐= \__     /l\ l   /   /  / __
.             弋 ー'人 ミ彡 ノ  ̄ ̄ | l i `ー―_ , ィ´   /l/,.-.ミヽ    /\    /〉   /l\  ヽ|/ ヽ|
                  ̄/ `一 ´        ̄\l__∠.ニ=-‐ 1 \ヽ:_:;ノ ノ   ./二l二\ 〈/ / |三l \ ┼‐ ヽ|__
               /  i             / f:::) } ̄ ̄\__/    __ヽレ_ 〈〉    .レ<___ ./|ヽ. ̄|
              l ̄ヽ!       ,  '   人_/、        \
             /`ヽ: |  ,    '    __/ //    \        _ヽ    |二二l  _r上ェュ       \      /〉/〉
               /`ヽ: : \           //       丶、     / ̄\  |―┼‐  ,ノィ_ノ  /7ヽ  l | ‐-、 〈/〈/
.              /: : :.∧ / ヽ.__          //            \ /    ∧ .レ' \ノ  /|\_ ∨ ノ ノ |__ノ 〈〉〈〉
            , ': : : / レ' |:`: ̄:  ̄ ̄ ==〈/、          /}    /__ノ
           / :ヽ: / /  ∨: : : i      //`'' ー-ミ、_ ,. ィ: : (__., : <   |
.        /-、 : : ∧ /   ∨: : l  ,   '´// ヽ    `ー一 '^ヽ__/       |
.     ./'⌒>、: : . /   /\} ;ノ /   ,//|    \  ノ  : :::/l:: :i     __l   このわたしがッ!
.     /   / / `ヽ__/ _厂\       //│      \  ノー ' |: : ヽ.  / ̄|    最初のナプキンを
    /: ./ /   / /  / ̄ ̄ ̄ハ  // ___   _ /   │: : : /   l    手にしたぞッ!
     |/: : :/.     l |ヽ |       ∧( ̄ ヽ___  \/_ \_   l:_:/: :i   │
.    \: : i: : : : : :人 l  / l   ト、 ∧  ̄/       ヽ ヽ\ーK:_: : : l  _|
      `ー--‐ ´フヽ ∨ ヽ  ,} ヽーヘ /ヽ__、ノ´   N__ } i  ヽ ̄ヽ へヽ{
          / ヽ \{_  |'´ |(二\_}、/ 、_, -‐ /   / }    \  \\
     ___,. ィ    l  l \l_,. ト、 (__/二二、ノ  /〉'´/ /⌒ヽ.__|   ヽ 〉
   // __   / /|_ / } ハ. \  _/ У ̄ー'―'‐<____/     /
  /  /   ̄ ̄Τ ̄   ヽ_)ー' }\_)‘ー‐一 ´ ー-     |  \      /
    /       レ^ヽ      し'    | lー--  -─   ̄\   ヽ--一 ´
メイさんの遺言 死化粧師CO
割とこう苦悶結果(同陣営)がでたらほぼ村と思っていいんじゃないかな?

2日目 吊り オルタ 投票先 メイ(私=村) 結果 安らか(人外)
ぶっちゃけ私投票はすごい判断しやすい
変に悩むこともないんで

3日目 吊り 火山 投票先 メイ(私=村) 結果 安らか(人外)
指定されて吊られる人は私投票よろしくね!!
後印狼がいるっぽいんだけど候補どこ!?
言う前に私に投票してくれてありがとう!!
メイちゃん頑張る

4日目 吊り 太陽 投票先 メイ(私=村)結果 安らか(人外)
吸血鬼COしてたからどう考えても安らかしか出ないと思うの、私
そんで大統領印狼確定でまったなし

5日目 吊り 大統領(印狼確定) 投票先 メイ(私=村)結果
どう見ても安らかしか出ないだろうし毎回人外は吊ってるんだけれど
これからどうなるのかなーとは
後占いでないならインパか初日か恋人でー
メイ は無残な負け犬の姿で発見されました
(メイ は人狼の餌食になったようです)
龍田 は メイ に狙いをつけました
オルタ 「元の母数が少ない以上
大統領が3票になってもPPできんがな」
ヒータ は 霧雨魔理沙 を占います
インパルスサム は エトワール を占います
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大統領 「いや一番は今泉噛みだったのだろうが」
龍田(人狼) 「だから のーんびりいきましょー」
ウィン 「噛まれるたぁ思わなかったよ>大統領」
龍田(人狼) 「というか、持ってたらそれが萃香ちゃんでない限り ま・け。」
アウス は ガブリエ・セレスタ に狙いをつけました
萃香(人狼) 「とりあえず・・・●持ってる占い出るのが怖い・・・
いやほんと・・・」
アウスの独り言 「明日言うか
昨日黙秘した理由は適当にこじつけて」
提督の独り言 「いや、別に・・・投票で解毒能力ある狼いないし・・・」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「そして今全力で素村表記COに切り替える決意をした」
龍田(人狼) 「そこはガブリエを捕まえてる可能性が十分にあるからね~」
アウスの独り言 「どー・・・しようかなあ」
インパルスサムの独り言 「どーやってこれ飽和までもっていくかなぁしっかし」
提督の独り言 「敵兵(35)  「よし信じた!!>影狼
ここで毒狼に身内するわきゃねえし」」
龍田(人狼) 「噛みはメイちゃんいかないならヒータちゃん1択だよ~」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「安定なのはメイかな、少なくとも情報役職ではある
私としては提督が怖いがね」
萃香(人狼) 「冒険する気はないからメイ噛んでいいんじゃないかなーと」
インパルスサムの独り言 「のも苦しいんだよな。次○位置しか噛めないから」
オルタ 「噛み先がほぼ固定で、大統領の票増やし目的ももはや終わっている
ヒータを噛まないだろう」
大統領 「占いが恋人、それはいい
しかしやはり敵兵噛みの方がマシだったか……ウィン投票は良からぬ風を生んだな」
ヒータの独り言 「そして4日目以降全くログ取ってないよ。」
ウィン 「陣営分け見て高確率で破綻覚悟で老兵騙る狼狐もまずいない。 そういう点で
俺は他から見て村目が高いって主張する。

多分、これは無いと思うな。今気がついたけど」
インパルスサムの独り言 「それで、噛み先に○を合わせていく」
敵兵の独り言 「死化粧なあ、まあ噛まれるらしいし放置だわな」
インパルスサムの独り言 「シン占いで行く。」
ヒータの独り言 「・・・すっげ真結果の八卦見日記書いてるんだけど

魂結果で村認定出すはずの火山が先に死んでしまった件について。」
敵兵の独り言 「やっぱ龍田夢じゃねえ?」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
龍田(人狼) 「冒険しないならメイちゃん噛み1択だね~」
敵兵の独り言 「ふー」
GM 「お疲れ様ー」
ダブルエックス魔王 「ヒーターは噛まれろー」
大統領 「お疲れ様だ」
太陽 「お疲れさん」
萃香(人狼) 「龍田ごめーん
占いかと思って思わず叫んでた・・・てかこれつら」
ウィン 「お疲れ様」
龍田(人狼) 「占いCOがないよう……まーいったなあ」
ウィン 「やっぱりQPは自刺しに限るわね……
でも、こんな私とつながりたい人なんていないだろうから、それもしたくないしね
ああ、どんな希望が生まれていくんだろう?」
オルタ 「お疲れ様だ」
龍田(人狼) 「う~」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大統領 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
龍田0 票投票先 1 票 →大統領
ヒータ0 票投票先 1 票 →大統領
エトワール0 票投票先 1 票 →大統領
萃香0 票投票先 1 票 →大統領
敵兵0 票投票先 1 票 →大統領
大統領12 票投票先 2 票 →メイ
提督1 票投票先 1 票 →大統領
今泉影狼0 票投票先 1 票 →提督
メイ2 票投票先 1 票 →大統領
ガブリエ・セレスタ0 票投票先 1 票 →大統領
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →大統領
インパルスサム0 票投票先 1 票 →大統領
シン・アスカ0 票投票先 1 票 →大統領
アウス0 票投票先 1 票 →大統領
ヒータ は 大統領 に処刑投票しました
メイ は 大統領 に処刑投票しました
ガブリエ・セレスタ は 大統領 に処刑投票しました
萃香 は 大統領 に処刑投票しました
シン・アスカ は 大統領 に処刑投票しました
オルタ 「まあ提督飛んでくれて構わないがな。私たちはヒータに賭けるしかない以上」
エトワール は 大統領 に処刑投票しました
今泉影狼 は 提督 に処刑投票しました
提督 は 大統領 に処刑投票しました
龍田 は 大統領 に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は 大統領 に処刑投票しました
敵兵 は 大統領 に処刑投票しました
GM 「ほむ、さすがにないのね>オルタ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
シン・アスカ 「恋人占いだったら俺はなく」
ガブリエ・セレスタ 「インパルス真は……ありうるのだろうか……?」
提督 「影狼ちゃんよ!マジでお願いね?」
大統領 は メイ に処刑投票しました
インパルスサム 「だから俺が真占いだ。俺とお前で・・・ダブルシンなんだよ!<シン」
シン・アスカ 「少なくとも老兵護衛成功出される=メイ真っぽくなるわけだから
そこまで的外れな意見ではないと思う

ここまで書いて恋人占いの可能性について気づいた」
萃香 「火山冥狐・・・
あぁ、そうだったね。確かに・・・その可能性あったね」
エトワール 「子狐系以外は霊能結果はただの○だった気がするけど」
ガブリエ・セレスタ 「む……アウス蝙蝠結果?
正しいのか?」
提督 「・・・優しく触ってね・・・(*´ω`*)」
シン・アスカ 「(というか死化粧結果的にオルタ偽の流れだし
明日か明後日あたりに占いCOがなければインパルス真or初日なのかな……?)」
霧雨魔理沙 「冥血鬼はない
なぜなら、私が宣告をもらった日は老兵の護衛を受けている」
ウィン 「出た瞬間「霧系あるよね。吊り余裕あるよね。バイバイ」だから」
アウス 「ああ、宣告は無いね
火山か、リスク嫌ってやめたかどっちかじゃない?」
敵兵 「冥狐って特殊霊能結果だっけ?
……違うな村人結果だ」
龍田 「そうなんだよね~
全部狼も怖いけど、全部狼じゃないのが怖いってところ~
だからそこの大統領も残したくないなあ」
エトワール 「ああ、そうか解毒あるなら霧系もないのね」
萃香 「左道遣いで魔理沙にぶっぱするとか、それもう恋人だからねー
冥狐だろうけどさー・・・いないの?
隠れてる?」
提督 「影狼ちゃん・・・あと、俺に投票しておいてくれる?」
インパルスサム は 大統領 に処刑投票しました
ヒータ 「冥血鬼、あるいは冥狐が火山だったということだろう>
敵兵」
今泉影狼 「それって、火山が冥狐?」
オルタ 「連毒以外の毒は連鎖しない」
メイ 「私も宣告ついてないよー
龍田が真かどうかまでは判断分かんないので吊った先が狼か狐か狂人かQPまでは判断付かないけど」
ガブリエ・セレスタ 「私への質問などあったのか?>ヒータ
すまないがきみの発言は見ていなかったのでな、
明日に答える形になっても構わないか?」
インパルスサム 「今泉が解毒しているから霧系もない。」
エトワール 「山彦がまた反響してるw」
霧雨魔理沙 「山彦荒ぶりすぎだと思うの私」
霧雨魔理沙 「アウスは一応、COしたければどうぞ程度なんだが
そもそも反応がないのか… 怖いな」
龍田 「吸血鬼自体は2人いるけど~
ぶっちゃけアウスが吸血鬼って薄いんじゃないかなあ?
ホントだったら誤爆にしろ事実にしろ 既に何らかのリアクションをしていると思うなあ」
GM 「一応今日で強毒になってるし」
提督 「冥系についてね」
シン・アスカ 「火山とかが冥狐なら龍田の結果が恐ろしいことになるけどな
人狼吊れてないってことになるし」
霧雨魔理沙 「アウスは一応、COしたければどうぞ程度なんだが
そもそも反応がないのか… 怖いな」
霧雨魔理沙 「吸血鬼であの出方すると思う?
あるなら霧系だと思うよ>サム」
提督 「えーと、それじゃあ単純に3日目に死んでるつーはなしだと思うんだけども」
エトワール 「吸血鬼であの出方すると思う?
あるなら霧系だと思うよ>サム」
インパルスサム 「だが今泉もメイも村人だ。それだけは忘れるなよ<シン」
ウィン 「蝙蝠がこの村で、蝙蝠結果出されて吸血鬼といいうかというと
疑問に尽きるけどね」
GM 「アウス吊って提督にあたってさらに暴発
はしないのよね?>太陽」
アウス 「いや、発言はしてたと思ったけどなあ・・・>メイ」
汚い忍者 「というか老兵見過ぎじゃね?」
敵兵 「ってそういや冥狐?だか死の宣告付き居ねえな
火山吊りの日から」
萃香 「え?人外でしょ?
というか、宣告魔理沙について以降ついてないの?
今更だけど」
ガブリエ・セレスタ 「ということは、メイの情報は狼視点真であると
そして噛まれたと、ここまでは確定でいいのだな?
万が一銃殺があった場合、明日にでてくれ

無論本日は潜伏しろ、吊り先は決まっている」
ダブルエックス魔王 「逃亡者で生存したいよホント」
メイ 「アウスー、生きてる?
いや純粋に発言0だけど」
太陽 「アウス吊りで恋人飛ばないかなー(チラッチラッ」
インパルスサム 「アウス蝙蝠結果でてるぞ?吸血鬼じゃないか?」
シン・アスカ 「まぁ……ぶっちゃけインパルスサム真見てるつもりもあんまりないが
アウスの蝙蝠結果は気になるといえば気になるな。
仮につながるなら面白すぎるというか予想外すぎるし」
ヒータ 「ここで解毒成功か
傍目で結果がわからないのが難点ではあるが


個人的には大総統。の次はインパルスかガブリエセレスタを吊りたい。
昨日の質面への返答が思わしくないのでな。
正直人外確定だで良いと私は見ている。」
龍田 「あれは吸血鬼以外の何者でもないよ~
ただ、本当に毒もってたかまでは私にはわかんないんだけどね」
アウス 「ん?ああ、別に信用してないから意図的に無視してた
どうせ今日の吊り大統領でしょ>インパルス」
エトワール 「まぁ、吸血鬼については確実に人外だし
それ以外の人外であのCOもないだろうから
割と信用出来る位置になる訳で」
今泉影狼 「とゆーか、3日目の投票見たらだいたい私って投票系のなにかですよね。」
敵兵 「ん?>萃香
ああ、占いと間違えたのかほいほい」
提督 「ところで、アウスがインパの結果をガン無視してるんだけども
そこところどう思ってるの?」
汚い忍者 「百々爺2体かよ」
オルタ 「どうでもいいかね?
まあ、いいんだろうさ」
萃香 「占いかと思って思わず叫んでた
いやー、お騒がせしたー >メイ」
インパルスサム 「ところでここまでアウスが反応しないんだが大丈夫か?」
メイ 「霊能だから有ってるよ>スイカ」
敵兵 「毒狼じゃねえ、毒無し狼に身内
狼意外の毒持ちが『百々爺』COする意味も多分ねえ」
龍田 「理由もいってないよくわかんない鬼はしまっちゃおうか~?
きみ、いったい何時COするの~?」
シン・アスカ 「ちなみに薬師に関しては
指定先じゃないところに普通に投票していたし(ぶっちゃけ俺に3昼投票していたし)
真っぽくはあるとは思うぞ」
今泉影狼 「竹林のルーガルーの薬師日記

これって、永遠亭の女医さんの仕事だわー
私の仕事じゃないわー。

3日目昼:龍田/毒なし
4日目昼:シン・アスカ/毒なし
5日目昼:太陽/解毒成功

龍田
とりあえず、毒がいるかどうかなんてわからないけど、結果を残したいから
吊れそうな位置に投票はしないで吊れなさそうな位置投票しとこう。

シン・アスカ
目立ってもいいから指定あった時は違うところ投票しとこう。
でもこの情報は最終的に出していいのかね。

太陽
私死ぬの嫌だから解毒します(キリッ」
エトワール 「解毒…ですって…」
汚い忍者 「俺がGJ出してるのでどうでもいい>オルタ」
提督 「日記でもいいけどね」
アウス 「ふむ、解毒と
汚い忍者は・・・噛まれてるならGJ出したんだろうそうだろう」
ガブリエ・セレスタ 「ああ、どういうことだと首をかしげていたのだが……
解毒か、潜伏は評価する>今泉」
霧雨魔理沙 「いないなら火山冥狐で龍田夢霊能っぽくなるんだが
自重してるならわからんけどよ」
霧雨魔理沙 「よし信じた!!>影狼
ここで毒狼に身内するわきゃねえし」
提督 「投票履歴プリーズ>影狼ちゃん」
汚い忍者 「半々どうもだが 正直俺に気を欠いてる時点でどうでもいいって
書いとくの忘れてた。」
龍田 「忍者はお疲れ様~ 老兵なのに良くがんばったと思うよ~?」
敵兵 「よし信じた!!>影狼
ここで毒狼に身内するわきゃねえし」
シン・アスカ 「まぁ忍者噛まれる=死化粧も相対的に真っぽくなるわけで、と。」
萃香 「って霊能だ
間違えちゃった!ごめんごめん!」
インパルスサム 「今泉ぐっじょおおおおおおおおおぶ!
そしてアウス!バラさねーと噛まれちまうぞぉ!!」
敵兵 「ん……あ>影狼
もしかして解毒か?」
エトワール 「大統領がまぁ、偽確定で
サムが蝙蝠結果を出してる訳だけども」
ガブリエ・セレスタ 「まあ、本日の吊り先は大統領なわけだが
……え、噛むのかそこ」
提督 「宣告付いてないよー>魔理沙」
メイ 「さらば大統領!!そして忍者ありがとう!!」
アウス は 大統領 に処刑投票しました
オルタ 「議題:安らか結果しか出さない死化粧の扱い」
龍田 「わーお、お仕事お疲れ様かな~?
毒自体がうそだった可能性も存在するけど、私にはわかんないから
別にいいや~」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
今泉影狼 「太陽解毒成功したのでほんもののあれっぽいです。」
萃香 「龍田偽だああああああああ!!!」
霧雨魔理沙 「ところで昨日今日宣告ついてる奴隠してないよな?」
霧雨魔理沙 「おはよう。

大総統2票で印狼確定
今日は大総統吊で良いだろう。

昨日行った理由と噛まれてないことから
インパルスまで真切でも構わないと思っている。」
汚い忍者 「噛まれた噛まれた」
ウィン 「お疲れ様」
敵兵 「大統領吊りな」
シン・アスカ 「簡単に言いたいことをいうと真占いは6昼にCOしてくれ。
今出る意味?大統領吊り決まっている以上出ることはないだろ。」
ヒータ 「おはよう。

大総統2票で印狼確定
今日は大総統吊で良いだろう。

昨日行った理由と噛まれてないことから
インパルスまで真切でも構わないと思っている。」
大統領 「試練は『供えもの』だ…立派であるほど良い。」
ガブリエ・セレスタ 「……ふむ。つまりきみは
宣告がついているならば噛まれない、と判断したわけだな?>忍者
わからなくはないが……マリサは確定○、危険な賭だったと思うぞ。
正直、私はきみへの信頼は半々程度だ。」
シン・アスカ 「とりあえず吊り先だけはわかった。
大統領でいいんだな?
ついでにいうと村視点で真占い候補が
インパルスサムとオルタの二択になってしまうのだが。
仮にそうだとすると死化粧も偽で霊能も夢霊能になって
死化粧護衛成功言い出した老兵の存在も疑問視される。」
今泉影狼 「薬師COしておきますね。」
メイ 「吸血鬼COしてたからどう考えても安らかしか出ないと思うの、私
そんで大統領印狼確定でまったなし」
霧雨魔理沙 「大統領ぐっばい」
インパルスサム 「4日目:精霊の中で一番でかいらしいので。
アウス 「大統領吊りでいいかな」
エトワール 「敵兵(118) 「本当なら噛ませたいけどな>エトワール」

この陣営数で吸血鬼COしてるのなんか噛まないと思うの」
提督 「忍者占った占いいるならどうぞ」
メイ 「4日目 吊り 太陽 投票先 メイ(私=村)結果 安らか」
インパルスサム 「占いCO アウスは蝙蝠だ」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
龍田 「4日目:太陽ちゃん:蝙蝠
[省略]」
オルタ 「お疲れ様だ」
エトワール 「おはよう~
これって大統領が古狼って事でいいのよね
それで偽確定で、まぁ。太陽の言ってた毒飛びも
なかった訳だけど」
萃香 「おはよう~
ごめーん!昨日三角投票忘れてた!!
本当にごめんねー!!・・・でも私印狼じゃなかったよね?」
インパルスサム 「アウスウウウウウウウウ!!」
提督 「とりあえず、インパルスよりかははるかに占いっぽく見えたのだけれど
大統領についてはね

ただ、どうやら人外だったようですバニーちゃん

大統領 0 票 投票先 → 敵兵
敵兵 2 票 投票先 → 萃香」
敵兵 「大統領ァ!!!」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
太陽さんの遺言         毒も
,,,   ゙゙;;;;;,出しちゃった!  ,;;;;;゙゙     ,,.;;;;゙゙
;;;;;;    ゙゙゙、-'''"´ ̄ ̄`"''''-、゙゙゙    ,,.;;;;;;゙゙゙   ,;;;゙゙
 ゙゙゙゙;;;;;,, /           \ ,,;;;;;゙゙゙゙    ,;;;;;゙゙
;;;;;,, ゙゙゙/   ○     ○     ヾ゙゙    ,,;;;;;;゙゙゙
゙゙゙;;;;;;;;,,i     \__/      i,,,,,;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙
   ゙゙゙|      \/       |゙゙゙゙゙
从从 ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄丶 ̄~\ ̄从从从从从从从
 /  //    / |  i, 丶  \  \
   / /   /__|  i,  丶 \
 /    _/    ∧_∧   丶  \
     /  i    (^o^  )   やめてください しんでしまいます
从(⌒)ヽ_ノ( ⌒/⌒   ヽ( ⌒( ⌒ ) ( ⌒
へ从( (从从从;/ /    | |从へ 从( 从 从从
从从从从从从と./ゝ_;_;_ノヽつ从从从从从从从从
汚い忍者さんの遺言 老兵CO 2票持ち 護衛制限・狩り能力無しの狩人系である。

2日目
うむ、魔理沙が山彦CO そこ護衛以外する必要も冒険する必要もない。
老兵の役割とかほぼ牽制に近いぞ 騙りでも護衛先固定で噛まれない。
陣営分け見て高確率で破綻覚悟で老兵騙る狼狐もまずいない。 そういう点で
俺は他から見て村目が高いって主張する。
護衛:魔理沙

3日目
冥狐だろうな。 んで、インパルスを護衛する気が全く無い。 真なら噛まれてくださいどうぞって
感じ。 そういうわけで他。 それ行くくらいならこのタイミングで出てきたメイ護衛した方がまだわかるわ。
そういうわけでそっち護衛
護衛:メイ

4日目  メイでGJ結果。
ガブリエは3日目の大統領の発言見返してな。 それが理由だから。
んでまー……そこ印狼だったわけだと じゃあインパルス守ってみようかー GJ出るかどうかは微妙。
メイは一回GJ出した。 死体無し出てるんならそこでGJ出てるって見てええんでねぇの。
今日の結果は割と使い物にならんだろうし ならインパルス守ってみたほうがまだわかる。
ただコイツQPくせぇのは抜けない。
護衛:インパルスサム
汚い忍者 は無残な負け犬の姿で発見されました
(汚い忍者 は人狼の餌食になったようです)
大統領 は 汚い忍者 に狙いをつけました
ウィン 「さぁ、吸血鬼が見つかった
白狼路線を追うかどうか、だね」
汚い忍者 は インパルスサム の護衛に付きました
ヒータ は ガブリエ・セレスタ を占います
オルタ 「噛まれた、というのはあくまで本隊の狼でないというだけだがな
銀狼かもしれんし、狂人かもしれん
狐やQPもあるだろうな、この村なら」
火山高夫 「吸血鬼二人目露出として。さて?」
ウィン 「老兵噛むなら、老兵→メイ噛みは確定
薬師もそのまま噛みするとして、
ほぼ龍田とガブリエルVSヒータの吊り会い路線

ふふ、以外と村に余裕が無いね」
インパルスサム は アウス を占います
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大統領(人狼) 「超過130で汚い忍者噛み」
ダブルエックス魔王 「まぁ吸血gjで狐噛みもないこともないけど」
大統領(人狼) 「PPは不可能だぞ」
龍田(人狼) 「明日真占い師が出てこないなら賭けるしかないんだよね……」
萃香(人狼) 「老兵噛み勝負っと・・・
まぁ、そうだろうけど」
ダブルエックス魔王 「GJ出たから狼目は少なくなったからな」
インパルスサムの独り言 「なるほど、そこ銃殺じゃ厳しいと
アウス占いに切り替えておく」
大統領(人狼) 「3票だ」
霧雨魔理沙の独り言 「竜田は夢って方向で考えるべきだろうな
吠えの数が多すぎる」
龍田(人狼) 「老兵>真占い師>メイの順に噛むしかないんだよー」
大統領(人狼) 「無理に占いCOする必要はないぞ>ガブリエ」
龍田(人狼) 「老兵噛まなきゃだめに決まってるじゃなーい」
霧雨魔理沙の独り言 「明日は大統領」
龍田(人狼) 「既に宣告のついた魔理沙ちゃんに守るだけの価値はないと思ってたんだけど……
こまったなあ。ガブリエちゃんはもう占い師COだめだよー?」
オルタ 「さてな」
萃香(人狼) 「大統領ってヒータとか噛んだら明日何票になるの?」
大統領(人狼) 「私とスイカが恋人なら明日分かる
今日は老兵を噛むか否かだけ考えろ」
汚い忍者の独り言 「大統領印狼っと」
インパルスサムの独り言 「ヒータ呪狼とかだけあったら語尾に!!とでも入れてくれるとありがたい。
出来ればこのまま飽和狙いたいんだけどな」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「そしてもはやこの状況に対応できない……
とりあえず初日を提督○に書き換えて、三日目を作り直すが
ちょっとこれ時間が……足りない……」
アウス は 提督 に狙いをつけました
ウィン 「死化粧なんて、妙に信頼されるよね
実際相当騙りやすい職なんだけど」
萃香(人狼) 「昨日自分がそこ噛みって言っちゃったからね~
ごめんね >龍田」
火山高夫 「む、子狐占いはありがたいな。」
提督の独り言 「あ、やべぇログ取り忘れた」
大統領(人狼) 「スイカの意見を参考にしたまでだ>龍田」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
龍田(人狼) 「其処だけはちょーっとわかんないなあ」
大統領(人狼) 「仕方あるまい、本当ならば村を落とせた方が我々としても美味しかったのだが」
敵兵の独り言 「大統領ァ!!!」
インパルスサムの独り言 「メイ○汚い忍者○影狼○
ヒータ占いで行ってみよう
大統領が印狼か」
龍田(人狼) 「なんでメイちゃん噛んでるのかなあ?」
エトワールの独り言 「あ、はい」
提督の独り言 「どーすっかなー明日COするべきかこれ」
今泉影狼の独り言 「すまん、太陽…すまん…私、薬師なんだ…」
大統領(人狼) 「老兵は真」
ウィン 「お疲れ様」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「……あれっ」
龍田(人狼) 「吸血鬼落としたのはおめでとう、なんだけど~」
萃香(人狼) 「・・・三角投票忘れてた!」
太陽 「薬師・・・だと・・・」
大統領(人狼) 「さてバレたわけだが」
オルタ 「お疲れ様だ」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
ダブルエックス魔王 「感染者に飛ぶ自身のぶっ飛びを防ぐか」
オルタ 「吸血先にしか飛ばない限定毒だからな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
太陽 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
龍田0 票投票先 1 票 →太陽
ヒータ0 票投票先 1 票 →太陽
エトワール0 票投票先 1 票 →太陽
萃香1 票投票先 1 票 →太陽
敵兵2 票投票先 1 票 →萃香
太陽14 票投票先 1 票 →メイ
大統領0 票投票先 2 票 →敵兵
提督0 票投票先 1 票 →太陽
今泉影狼0 票投票先 1 票 →太陽
メイ1 票投票先 1 票 →太陽
ガブリエ・セレスタ0 票投票先 1 票 →太陽
汚い忍者0 票投票先 2 票 →太陽
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →太陽
インパルスサム0 票投票先 1 票 →太陽
シン・アスカ0 票投票先 1 票 →太陽
アウス0 票投票先 1 票 →太陽
今泉影狼 は 太陽 に処刑投票しました
ヒータ は 太陽 に処刑投票しました
ガブリエ・セレスタ は 太陽 に処刑投票しました
メイ は 太陽 に処刑投票しました
エトワール は 太陽 に処刑投票しました
GM 「薬師でキャンセルできる と?」
汚い忍者 は 太陽 に処刑投票しました
オルタ 「ああ、そういえばいたな薬師」
ウィン 「まぁ、メイあたりがぶっ飛ぶと
非常に面白いけど、ね」
大統領 は 敵兵 に処刑投票しました
敵兵 は 萃香 に処刑投票しました
火山高夫 「いや、薬師がいるから飛ばないか」
アウス は 太陽 に処刑投票しました
萃香 は 太陽 に処刑投票しました
龍田 は 太陽 に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は 太陽 に処刑投票しました
シン・アスカ は 太陽 に処刑投票しました
オルタ 「ぶっちゃけ今泉が飛んでもエトワールが飛んでも大統領の票が増えるだけだったりするが」
太陽 は メイ に処刑投票しました
火山高夫 「飛ぶなら狐的にはどっちがいいのか。狼全滅なら龍田かガブリエかな。」
提督 は 太陽 に処刑投票しました
GM 「…雷連続で起きてるわね
なんか怖い」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
萃香 「もんもんじゃないからそれー・・・ >インパ」
エトワール 「かかって来なさいよ!毒!」
敵兵 「本当なら噛ませたいけどな>エトワール」
インパルスサム 「俺のものは俺のもの
お前のものは俺のもの
これで・・・駄目かな!」
提督 「太陽 「ちなみに、俺吊ったらもう1人死ぬからね(ニヤリ」

毒吸血鬼らしい自称」
ガブリエ・セレスタ 「ただ、忍者よ
マリサから護衛を動かした理由があるのなら、あとで日記を見させてもらおう」
太陽 「重要役職飛んでも責任は持たんぞジョジョー!」
今泉影狼 「ちなみに吸血鬼は百なんとか爺とかだったりする?」
汚い忍者 「あぁ後アウスには後で説明するが山彦は騙郎とすること自体が
無駄なんで序盤出たら即真だ。憑依はしらん。」
ヒータ 「◇インパルスサム 「印狼候補に三角投票させておいて吸血鬼を・・・狩りごろセル人がいたら頼む!」

この吸血COを信じるのか?
しかも護衛必要な先がこれだけ多いのに狩り殺し誘導か
占い師の発言とは思えないな」
エトワール 「なん…ですって…>太陽」
アウス 「や、もう片方の吸血鬼が吸血される対策で殺すかなーと考えたが
タイミング同時だし翌日吊るならやる意味ねえの忘れてた>提督」
大統領 「もんもんなんて職あったか?」
インパルスサム 「百々爺 (占い結果:蝙蝠 / 霊能結果:蝙蝠) [Ver. 2.1.0 α7~]
[耐性] 毒:対象外
[毒能力] 処刑:自分の感染者 + 洗脳者 / 襲撃:有り / 薬師判定:有り

毒耐性を持ち、自身も毒を持つ特殊な吸血鬼。
メイ 「私は私のものだー!!>インパ

恋人COなら更に文句なしだと思うの>太陽」
エトワール 「吊り先に困るっていうか
吸血鬼を残す理由ってないと私思うの」
GM 「ほむ、珍しいと思ったからついね」
ガブリエ・セレスタ 「どうにもこういう計算は苦手でな……」
敵兵 「任せろァ!!>魔理沙」
インパルスサム 「まさかお前!もんもん・・・もんもん!<太陽」
太陽 「エトラールと今泉、君らのどっちか死ぬから覚悟しな」
龍田 「あ、やっぱり出るよねー。 ここ龍田ちゃんに任せて~?」
ガブリエ・セレスタ 「まあ人外COだ、ありがたく吊らせてもらうとして
ええと、印狼疑惑のあるものは三名、なのか?」
今泉影狼 「そしてメイ護衛GJなの?
メイ護衛GJで死体無し=噛みがそこにいったのならわりと龍田って真結果で
印狼吊ったらLWみたいなこともあるのかね。

狐噛みで吸血護衛もめちゃくちゃありそうだけど…」
提督 「Tさんぶっちゃけダブルエックス魔王が性別吸血鬼とか思ってるんだけども>アウス」
オルタ 「さて、太陽吊ってどこが飛ぶか」
敵兵 「ただメイ噛みな>老兵情報
位置で言っちまうと大統領なんかなあ……」
霧雨魔理沙 「だからなんで指揮すると反響するんだよww」
霧雨魔理沙 「吸血鬼COで吊り逃れする精神は嫌いではない」
シン・アスカ 「言いたいことを大体の人が言ってくれていた。
まぁ魔理沙次第だが俺も賛成だぞ流れとしてはな」
アウス 「まあ、吊り先に困るなら吊ってもいいがな
放置すりゃ吊れるならリスク変わらんか」
インパルスサム は 太陽 に処刑投票しました
ウィン 「特に無い>コンセプト」
太陽 「ちなみに、俺吊ったらもう1人死ぬからね(ニヤリ」
大統領 「吸血鬼COで吊り逃れする精神は嫌いではない」
ウィン 「んー」
汚い忍者 「吸血鬼は 霊能・占い結果蝙蝠」
霧雨魔理沙 「まあ吸血も村の敵であるしな
敵兵→萃香→大統領→敵兵で三角投票
ほかは太陽吊り、で」
GM 「すいかとサムだけれども」
霧雨魔理沙 「太陽吊りで他の対象者三角投票すれば?」
汚い忍者 「太陽吊りで他の対象者三角投票すれば?」
インパルスサム 「ああ、きっと、だれのものでもないんだ<メイ」
提督 「アウス 「確か2出てたろ?
1日放置してもいいんじゃねえかと」

一日放置してどーするん?」
龍田 「吸血鬼って特殊な霊能者結果でないんだっけ~?
私とメイちゃんに任せてもらうのはだめー?」
ガブリエ・セレスタ 「印狼がどういう仕組みだったか微妙に覚えていないが
周りの人間が二名死んだ場合、票数が1増えるのだったか?」
萃香 「吸血鬼(笑)か~・・・
吊ってよし?」
大統領 「割と忍者自信が古狐で噛まれたように思えるがな
メイ護衛というのは微妙に思える」
GM 「今回のCPコンセプトはなにかな?>ウィン」
エトワール 「そして吸血鬼COが出てきた
それって素の吸血鬼なのかな?」
提督 「自称がつくけどね」
メイ 「私はあんたのおっぱいちゃうわ>インパ」
提督 「それじゃあ、死体なし出てるからどっちにしても
吸血鬼吊りでいいと思うよ」
アウス 「確か2出てたろ?
1日放置してもいいんじゃねえかと」
敵兵 「俺(敵兵)→萃香→大統領→俺(敵兵)の投票でどうだ?
今日は人外COした太陽吊りで」
汚い忍者 「どうもこうもねぇよ インパルス護衛する気が全く見えないなら
出方的に信用に値するメイの方がまだマシだった。 実際GJが出てる。
吸血鬼か狼かしらんが来たんだろうな そこ恋人だったら知んねぇけど」
シン・アスカ 「吸血鬼COするなら吊って印狼候補で相互なり三角なり
投票すれば一番マシだと思ったんだけど
それじゃダメなのかな」
インパルスサム 「印狼候補に三角投票させておいて吸血鬼を・・・狩りごろセル人がいたら頼む!」
ヒータ 「〇ならともかく●撃たれての吸血COなら吊で良いだろう

この期に及んで、正確な役職名も観戦先も言わないのなら菜」
エトワール 「どっちにしろ今日死体なし出てるならいいんじゃないかなって
そこ噛まれるとなると死化粧も信じられるし
昨日の出方から信用高かったから噛まれも分かるし」
アウス 「候補多いなー・・・
意外と増えるもんだ
んで、吸血鬼、吸血鬼なー・・・」
龍田 「そういう考えもあるかなーってところねー。
……もっとも、メイちゃんが真に死化粧だとすると……
人狼を連続で吊っているか、人狼じゃない人外を連続で吊っていることになるなあ
どっちにしろ、悪いことじゃないかな?」
インパルスサム 「プロテインパレスだね、やったね<提督」
大統領 「まず太陽にCOを聞かせるように
今日三角投票するにも、今日の吊りを微妙にするのはダメだ」
今泉影狼 「というか人外がメイちゃん投票して死ぬとはあんまり思えないわけなんだけど
敵兵が印狼ってあるのかな」
ガブリエ・セレスタ 「本当だ、1票多い」
提督 「そうだね、プロテインだね>インパルス」
ウィン 「今回だと、大統領にぶつけてたら……
面白い事になったかも、しれないね……」
霧雨魔理沙 「ああ、吸血鬼か…」
シン・アスカ 「印狼候補については俺から言うなら知らないとしか言えないので
他の人に探すのを頑張ってもらおう(適当

というか4W想定だと霊能結果的に印狼吊ったらLWありえるんじゃなかろうか」
アウス 「太陽・・・でも合うのか、オルタとダブルエックス」
萃香 「いいよ?
乗るけど >三角投票 >敵兵」
霧雨魔理沙 「じゃあ、太陽CO聞くか」
インパルスサム 「メイは俺のおっぱもとい○だ!<提督」
メイ 「候補はたぶん大統領、スイカ、敵兵、太陽でいいはず」
汚い忍者 「あぁ、太陽も候補か。
昨日の死体はGM・オルタ・ダブルエックス・ウィンだぞ
それで周りの死体が2体になるところが候補」
太陽 「吸血鬼だけど質問ある?
●出るはずないんだけどなー」
ガブリエ・セレスタ 「投票……?」
提督 「太陽はCOしたらいいと思うの」
龍田 「うーん、信じているっていうより。
間違っていたら、私と合わせれば齟齬が出るんじゃないかなあ?」
敵兵 「俺、萃香、大統領で三角投票するか?」
大統領 「魔王とオルタ死亡で票が増える位置としておかしくはない」
提督 「メイちゃんをなんで信じているのかという」
アウス 「あ、ほんとだ、投票増えてる」
萃香 「んー?
一応老兵GJが出たと~? >汚忍」
ヒータ 「忍者はGJ主張なら残して良いだろう
良い仕事だ」
汚い忍者 「印狼? 候補は敵兵・萃香・大統領 かね。昨日の時点での死体なら」
龍田 「メイちゃんと一緒なら参考になるかなあって思って
情報役立ててくれれば幸いだよ~」
ガブリエ・セレスタ 「それと私のインパルス投票理由だが
……あの
その占い、信じられるか?」
霧雨魔理沙 「あとGMか」
エトワール 「と思ったら○出たうえに更に占いが出てきました」
シン・アスカ 「死体なしで老兵は死化粧GJ主張か。
ぶっちゃけ真っぽい気はする。なんとなくだが。」
大統領 「おそらく太陽が印狼だろう>敵兵」
メイ 「火山高夫 13 票
12人13票だよね?有ってるよね? 龍田 , ヒータ , エトワール , 萃香 , 敵兵 , 太陽 , 大統領 , 提督 , メイ , 霧雨魔理沙 , インパルスサム , アウス ,」
太陽 「あーうん、大統領偽か」
提督 「メイちゃんGJ主張だとね」
インパルスサム 「まじめな占い理由を出しておこうか。」
敵兵 「じゃあ萃香だと思う
大統領は魔理沙はもう噛まれないだろって意見が良かった」
ウィン 「●一個でも狼にぶつければ
一日以上は生きられる

そうなるなら……十分展開次第でどうにかなるかもしれない
まぁ、戯言だよ、戯言」
今泉影狼 「え?票増えてた?
まじで」
霧雨魔理沙 「昨日の時点で死んでたのは 魔王 オルタ ウィン」
提督 「敵兵(78)  「安らかと苦悶の違いって分かりづらくて困る>メイ
わかった、それじゃあ占い師吊ってないんだな、それなら良いんだ」


私気になるます」
大統領 「初日
外国の軍を率いる者を占わない理由はない。愛国心ゆえだ

2日目
発言は多めだが把握発言が多いところを狙う
インパルスサム(61) 「吸血鬼2もいりゃ出るかもなってモンで真証明がんばってくれや<忍者」
老兵の真証明? 吸血鬼とどういう関係がある

3日目
太陽(55) 「死化粧出てきてオルタ人外主張、と
ま、死化粧本人が偽の場合もあるけどこの出方なら薄い気がするなー」
妙に死化粧への信頼が高い
この時点ではまだなんとも言えんだろうに」
太陽 「あ、マジだ>印狼」
エトワール 「あと、吸血鬼云々で老兵偽ありえるとは
割と意味わからない事で私に誘導してる影狼さん吊りたいです(棒)」
インパルスサム 「占い理由
◇今泉影狼(21) 「オルタに投票が集まるというのを逆に見ると
同数くらいの発言でまったく票が入らなかった位置を見た方がいいかな、てところか。
エトワール・提督・スイカあたり。
その中だとエトワールが目を引くかなぁ。」
気になる場所として複数名挙げながらもスイカ指定を貰った際に無反応
ただ反応して見せただけの感が凄まじくてな。
これは占っておくべきだろう。
萃香 「ふぁっ!?死体なし!?」
龍田 「2日目:オルタちゃん:●
[龍田 , 大統領 , メイ , ウィン , ガブリエ・セレスタ , インパルスサム , シン・アスカ , アウス ,]
オルタちゃん、人狼かなあ? 人狼だったらメイちゃんは村っぽいけど~
人狼じゃなくて、私が夢だったらオルタちゃん妖狐ってことになるなあ?
信じていいのかなあ、メイちゃん。
3日目:火山ちゃん:●
[龍田 , ヒータ , エトワール , 萃香 , 敵兵 , 太陽 , 大統領 , 提督 , メイ , 霧雨魔理沙 , インパルスサム , アウス ,]
ガブリエ・セレスタ 「む、死体なし
GJはでているか?>老兵」
大統領 「ふむ、これなら出ておこう
占いCO 提督○ インパルスサム○ 太陽●」
敵兵 「メイでGJ……占い師に行かなかったって事だな>忍者」
インパルスサム 「占い理由
3日目:狼のおっぱい 略して狼っぱい 転じて狼っぽい」
汚い忍者 「3日目
冥狐だろうな。 んで、インパルスを護衛する気が全く無い。 真なら噛まれてくださいどうぞって
感じ。 そういうわけで他。 それ行くくらいならこのタイミングで出てきたメイ護衛した方がまだわかるわ。
そういうわけでそっち護衛
護衛:メイ」
シン・アスカ 「もちろん噛まれたりしたら俺疑い飛んでくるとは思うけど
まぁ……うん。なぁ?
ただインパルスサムーすいかで恋人ならインパルスサムも
もうちょっとまじめにやりそうなのでせいぜい場を混乱させてきた
QP辺ではないかと見たいのだが。」
オルタ 「ほう?」
メイ 「3日目 吊り 火山 投票先 メイ(私=村) 結果 やすらか
指定されて吊られる人は私投票よろしくね!!
後印狼がいるっぽいんだけど候補どこ!?」
提督 「あ、いいやこれなら老兵吊らん
占いは占っておいてね」
霧雨魔理沙 「インパルスと萃香どーすろよ?
死体は出てないみたいだが」
インパルスサム 「占いCO 今泉影狼は○だ」
アウス 「死体なし
GJはある?」
大統領 「おはよう」
汚い忍者 「老兵CO 今日はメイ護衛 GJ出てる」
今泉影狼 「インパルスとスイカで恋人だったらQPはやめてあげてよう。
そこはインパルスとシンで恋人でしょう。

ただ、「COしかけた!」て言ってるスイカって正直、COさせていいような
気がするんだけど。噛まれてないなら。」
太陽 「いくら日記が酷いからっていっても
仮にも占いCOを村人COより優先で吊りに行くってないと思うんだけどー」
萃香 「おはよ~
さて・・・昨日のインパの日記が不審すぎてアレなんだけどさぁ~・・・
どうするよ?的なー・・・
とりあえず、私視点ではそこは当たってるんだけどさぁ~・・・メイ人外に見えないし・・・(ポソッ」
龍田 「おはようよーう。突然だけど、霊能者COするね~?
オルタちゃん●>火山ちゃん●だよ~」
シン・アスカ 「流石にインパルスの真を見るのは噛まれたりしない限りは
相当きついとは言っておくぞ。
あくまでも俺の中での想定では、だが。」
敵兵 「火山投票者に印狼居るぞォ!!!
位置的に萃香か大統領!!!」
ヒータ 「◇ガブリエ・セレスタ 「となると冥狐か
ああ、護衛を動かしたならば吊る、全力で吊る>忍者」

占い主張が出ているのに
宣告が付いている山彦に張り付かせるのか?
人外の護衛誘導の香りがすごくするな
何か見えているのなら素直にそういったらどうだ?」
提督 「ほぼ、間違いなくインパルスが死んでいないということで

萃香のCO聞いてもいいんじゃないかなって提督は思うの
恋人=人外要素ではあるわけだしね

ガブリエ・セレスタ(101)  「となると冥狐か
ああ、護衛を動かしたならば吊る、全力で吊る>忍者」

宣告ついてるらしいけど魔理沙それでも固定させることに意味有るの?」
エトワール
おはよう~
インパルスサムに日記が酷いのは弁護にしようがない
けど、この陣営数でそこ人外でこの出方するってのも微妙
なんで残しても問題はないと思うの、QPは割とありえるけどね」
ウィン 「無意味では無い、かな」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
火山高夫さんの遺言 村人表記coだ。

いや原作でもかませだけど勘弁してくれないかな。
大統領 は メイ に狙いをつけました
オルタ 「渡したところでほぼインパルスとの恋人が露出している
勝ち目がない以上無意味だ」
ウィン 「スイカは共鳴しているなら、仲間情報上げればいいのに」
インパルスサム は 今泉影狼 を占います
汚い忍者 は メイ の護衛に付きました
ウィン 「というかまーた噛まれてるしなぁ……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
インパルスサムの独り言 「大統領で行ってみようか」
龍田(人狼) 「瞬発力ある日とは落としておいて損がないと思うな~」
大統領(人狼) 「それぞれが上げろ
その上で俺が選ぶ
ああ、既に2票になったぞ」
萃香(人狼) 「んー・・・
メイ噛んでいいと思う」
龍田(人狼) 「そこならシンかなあ?」
大統領(人狼) 「アウスかシンか・・・太陽か敵兵か」
汚い忍者の独り言 「昼言おうと思ったが完璧にシスメタな発言なのでなしなし」
ダブルエックス魔王 「今回は運が悪かったそれだけよ」
霧雨魔理沙の独り言 「萃香はわりと、ってかかなり人外な気はするんだが…
私のカンは基本外れるからな…」
汚い忍者の独り言 「ここらで明確にしておこう>アウス
やってないと分からんがな 自分の発言と同時に出てくるんだよ山彦
ラグも何もない 同時に発言してんだ。 あれを騙るっていうんなら
最新の発言上から3つくらいまでを即コピーして言った後予め用意してあった発言を出す。 それが全く破綻竹刀で出来ると思うかと言う話。

インパルスサムの独り言 「メイ○汚い忍者○
真と見ていい、」
敵兵の独り言 「昨日は17人18票じゃねえと」
龍田(人狼) 「いってらっしゃーいっ」
インパルスサムの独り言 「なんとか銃殺出して信用を取り戻す方向で行きたいがやや苦しいか。
まあなんとかしよう。」
敵兵の独り言 「19?」
萃香(人狼) 「浮いたのはしょうがないよ~ >ガブリエ

で、今日どこ噛む?」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「というわけで今更ながら私は全力で占い日記を作ってくる
一応初日太陽○まではできているが、後は任せた」
龍田(人狼) 「それよりもむしろ、私としてはメイちゃんが怖いかなあ
オルタちゃんが妖狐に賭けちゃっていいの~?」
大統領(人狼) 「別にスイカが恋人なら恋人で構わん
今減らすのはこちらにとっても良くない」
霧雨魔理沙の独り言 「村だったならすまねぇ…!
インパルスは明日考えるから…!」
アウス は 萃香 に狙いをつけました
敵兵の独り言 「ん?」
インパルスサムの独り言 「いや狼だよな。
いずれにせよすまない。」
ダブルエックス魔王 「性別騙りなんて普通にあるんだ同じさね」
龍田(人狼) 「ま、萃香ちゃんが恋人でも長生きできないからまあいいっか~だよ」
インパルスサムの独り言 「ん?狐なのか?」
ヒータ は 汚い忍者 を占います
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「……む
浮いてしまった」
龍田(人狼) 「なんだろね?」
オルタ 「死んだら終わりなんだ
冒険するべきではないな」
インパルスサムの独り言 「すまん。理由が間に合ってなかった。」
エトワールの独り言 「酷い理由を見た(震え」
火山高夫 「お疲れ様だ。」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
太陽 は エトワール に狙いをつけました
萃香(人狼) 「なんだあれ? >インパルスサム」
オルタ 「お疲れ様だ」
ダブルエックス魔王 「信頼ポイント上げるためにヒータ言ったが無茶だったね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
火山高夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
龍田0 票投票先 1 票 →火山高夫
ヒータ0 票投票先 1 票 →火山高夫
エトワール0 票投票先 1 票 →火山高夫
萃香0 票投票先 1 票 →火山高夫
敵兵0 票投票先 1 票 →火山高夫
太陽0 票投票先 1 票 →火山高夫
大統領2 票投票先 2 票 →火山高夫
火山高夫13 票投票先 1 票 →メイ
提督0 票投票先 1 票 →火山高夫
今泉影狼0 票投票先 1 票 →シン・アスカ
メイ1 票投票先 1 票 →火山高夫
ガブリエ・セレスタ0 票投票先 1 票 →インパルスサム
汚い忍者0 票投票先 2 票 →大統領
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →火山高夫
インパルスサム2 票投票先 1 票 →火山高夫
シン・アスカ1 票投票先 1 票 →インパルスサム
アウス0 票投票先 1 票 →火山高夫
今泉影狼 は シン・アスカ に処刑投票しました
ガブリエ・セレスタ は インパルスサム に処刑投票しました
汚い忍者 は 大統領 に処刑投票しました
ヒータ は 火山高夫 に処刑投票しました
敵兵 は 火山高夫 に処刑投票しました
オルタ 「大統領の票が順調に増えていくな」
シン・アスカ は インパルスサム に処刑投票しました
GM 「狼の噛み先ねえ」
メイ は 火山高夫 に処刑投票しました
火山高夫 は メイ に処刑投票しました
ダブルエックス魔王 「性別と噛み合わせだけが死因ですよ>GM」
霧雨魔理沙 は 火山高夫 に処刑投票しました
エトワール は 火山高夫 に処刑投票しました
龍田 は 火山高夫 に処刑投票しました
萃香 は 火山高夫 に処刑投票しました
インパルスサム は 火山高夫 に処刑投票しました
大統領 は 火山高夫 に処刑投票しました
提督 は 火山高夫 に処刑投票しました
GM 「この場合だと
女性に逃げ込んだら死亡するってだけで狼だから狐だからは関係ないよね?>魔王」
アウス は 火山高夫 に処刑投票しました
太陽 は 火山高夫 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
龍田 「お、遅い割にはとんでもなく趣味な……」
シン・アスカ 「なんでそんな占い理由なんだ!あんたは!>インパルスサム」
メイ 「おい、こら>インパ」
火山高夫 「村人表記だが、正直そこの占いどうだ?」
萃香 「もったいぶってないで出しちゃってよ~
GOGO~ >インパルスサム」
アウス 「・・・インパルス吊っていいんじゃないかな(真顔」
大統領 「酷い理由だった」
ダブルエックス魔王 「逃亡者は難しいねうん」
メイ 「インパは日記出して」
太陽 「おい、その理由はなんだ>インパルス」
シン・アスカ 「日記出さないとインパルスサムとすいかで
恋人あるかのように見えなくはない。」
インパルスサム 「占い理由
1日目:ちっぱい
2日目:おっぱい」
エトワール 「あれ?インパルスサム日記出してないの?」
敵兵 「あー、日記はちゃんと出してな?>インパルスサム
信用問題に非常に関わるから」
汚い忍者 「狩人は昨日も言ったが狼の襲撃だけじゃなくて吸血鬼の吸血も
護衛できんの。」
龍田 「問題は日記がないことだけど、出せる~?」
ガブリエ・セレスタ 「む、占いがでている……?
日記はどうしたのだ?」
提督 「日記でないならQP目あるんでそこ」
インパルスサム 「出していいなら出すが、恐らく戦慄するぞ?」
龍田 「占い師COね~…… 2白でかばって出る姿は好印象かな?
メイちゃん占いで 自分を真路線に見るってことはなんとなくわかるし」
萃香 「ん?
インパ日記は?」
大統領 「魔理沙に宣告ついてなお狼が噛むか、自分が考えて動かせ>忍者」
アウス 「占い出るのか・・・庇う形か、まあいいが」
提督 「なに?日記出せない理由でもあるの?>インパルス」
霧雨魔理沙 「指定に山彦するなし!」
霧雨魔理沙 「吊られたオルタが投票してたから、占った。」
インパルスサム 「吊られたオルタが投票してたから、占った。」
今泉影狼 「貫通もありえるか…結局「何もわからない」に等しい…」
火山高夫 「え、ちょ」
太陽 「んで、占い露出でメイが○
メイの信用もこれで上がったっつーか
ほぼ真死化粧でいいかなーとおもう」
エトワール 「山彦が狙われてるって事は
冥血鬼だったらそこ狙う意味なし
なんで狐で断定すればいいと思うよ!」
メイ 「冥血鬼がいたとしてそんなほっといても死にそうなところ
吸うのかなという気配がするけどね
この村じゃ指揮役そこしかないよ」
ウィン 「でないと死ぬからね
はは、いきなり恋人が指定されちゃうなんて、なんて絶望的なんだろう……」
シン・アスカ 「あれ、日記出さないのか?」
インパルスサム 「メイ占いの理由だけ言うとな。」
ガブリエ・セレスタ 「となると冥狐か
ああ、護衛を動かしたならば吊る、全力で吊る>忍者」
汚い忍者 「そこが確定で真山彦だからだ。 後は知らん。」
アウス 「恋人半鳥女・・・もちっとないだろ
忍者狼なら噛まれうるし、リスク高い」
ヒータ 「ここで〇庇いで出るのは信用+とも-ともいえないところだ。
萃香は残して様子見で良いだろう。」
火山高夫 「む?占いcoで…むぅ。」
敵兵 「冥血鬼もあったか
でも噛まれ所に吸血行かねえと思うんだよ、冥血鬼だとしたらさ
灰に吸血行くべ」
ダブルエックス魔王 「どうしようもならないぞ」
大統領 「スイカのCOが遅いのが気になるが、まあ良かろう
指定撤回すべきだ」
霧雨魔理沙 「アイエエエエエエ!

次点指定:火山 そこ重要職ならグレラン」
霧雨魔理沙 「……いや、まず魔理沙に宣告をつける、ということは
冥人外濃厚だろう
老兵は冥血を防げるのだな、それは知らなかった」
シン・アスカ 「だ、そうだけどどうする?
指定先に○投げる占いCOあるなら指定別の方がいいと思う。

と言うか俺初手占いしてない……だと……?>インパルスサム」
提督 「日記は?」
萃香 「うおあぶな!!
COしかけた!!」
GM 「これはどうみるかな?」
インパルスサム 「メイを信じたのはその辺の理由がある。<メイ○」
ガブリエ・セレスタ 「……いや、まず魔理沙に宣告をつける、ということは
冥人外濃厚だろう
老兵は冥血を防げるのだな、それは知らなかった」
汚い忍者 「魔理沙護衛からは動かさんぞ。 先に言っとくが。」
提督 「ふむ、日記どうぞ>インパルスやん」
龍田 「魔理沙ちゃんの位置は、冥血鬼が喜んで初手につける位置でもあるからなあ
でも、気をつけておいてね~? 冥血鬼が「噛めた」ってことは
GJだし損ねてるってことよ~」
オルタ 「・・・普通に出るのかそこ」
今泉影狼 「冥血鬼もありえるわけか。ただその場合、老兵は偽ってことになるということか。」
火山高夫 「暗殺系を防げるのは門番だから老兵にそれを求めるのは無理だろうな。
…ああ、それといやな遺言も見えているが…」
汚い忍者 「なんでまぁ冥狐居るってのが俺の考え。 どうしたもんかねこれ」
太陽 「いきなり山彦狙うあたり狐のほうが濃厚かなあ
吸血鬼2匹いるんだし、冥血だったらまず敵の吸血鬼減らそうとするんじゃない?
山彦って最後まで生き残るとこでもなさそうだし」
アウス 「死化粧師、なるほど
んで、6日目ショック死
冥血鬼なら忍者は貫通されたか偽
冥狐ならまあ」
提督 「どーだろ、人外ならここで真占い生きていますよーっていうか
どうかなんだけども」
敵兵 「安らかと苦悶の違いって分かりづらくて困る>メイ
わかった、それじゃあ占い師吊ってないんだな、それなら良いんだ」
エトワール 「日記が薄いから偽判定ってのは割と無いと思うけどね
だって初日だし、むしろ状況から考えるべきだとは思うけど」
オルタ 「残念ながら他に【真占いは出ない】
さて、どこまで信用を取れるかな?」
インパルスサム 「おっと、そこ吊りなら出るわ。
占いCO 萃香○メイ○」
シン・アスカ 「あと大統領の発言については防げないって言っておくぞ
もう皆答えてるけどな。」
大統領 「ならばまだ忍者は保留する価値がある
恋人ハーピィの可能性も無いわけではないが、いずれにせよこの宣告は人外のもの
そしてダブルエックスはウィンに逃亡したとは思えん
暗殺されたという可能性もあるが村死だろうな」
霧雨魔理沙 「私に魔法かける左道とか首たたっ斬るぞ…」
メイ 「他にいる、もしくはあって初日だね>ガブリエ」
提督 「オルタの占いCOについては
ちょいと悲しいけれど考慮しつつだろうけどね

そんで死に化粧がオルタ偽判定と」
今泉影狼 「6日目ショック死…て、冥狐?
で、死化粧がCOしたわけだけど、オルタが真でない、というのはメイ視点ではそうだけど
メイが真かどうかはわからんわけで。

ただ、結局敵兵がどうか、という話になるだけだけど。」
龍田 「あー 魔王ちゃんったら遺言がなかったんだ。
それで勘違いしちゃったのなら仕方ないなあ~」
汚い忍者 「そんで、いきなり山彦に死の宣告つけてくるような吸血鬼が居るとは到底思えん。」
萃香 「・・・あぁ、オルタ遺言が占い
で、メイ視点でそこは人外と
まぁ、メイが今日出る位置か~?と聞かれたら微妙だから・・・
そこ信用していいかと思う」
霧雨魔理沙 「指定するなら萃香だな」
ガブリエ・セレスタ 「ということは、きみ視点真は他にいる、ということだな?>メイ
死化粧……参考にさせてもらおう」
シン・アスカ 「左道使いがいるとしても魔理沙に能力発動する意味が
特にないからないだろ。
仮にあるとしてもそれは恋左道使いで……くらいだと思うぞ>すいか」
アウス 「んー、山彦の反響と発言の間に発言が挟まったり?
ほぼ盲信だけど全く騙れんわけじゃないよ、あれ>忍者
まあ、できるかといや別だが」
メイ 「安らか=別陣営
今回私=村、つまりオルタは村陣営違う>敵兵」
敵兵 「暗殺系(死の宣告)防げるのは門番だけァ!!>大統領」
龍田 「あ、ごっめーん。吊と今日のしたいが間違ってる……
ちょっともう一回呼んでくるねえ」
ヒータ 「冥狐は防げない

冥血鬼なら防ぐことができる>大統領」
GM 「提督は これだとどっちかは」
火山高夫 「む…宣告?考えると多分冥で…厄介だな。」
エトワール 「で、占い遺言で死化粧がそこを偽判定
とはいえそこ偽でも結果がひとつしか無い訳だけども
そこまで気にしなくてもいい気がしなくともない」
汚い忍者 「冥血なら防げるが 冥狐のものは防げん>大統領」
太陽 「死化粧出てきてオルタ人外主張、と
ま、死化粧本人が偽の場合もあるけどこの出方なら薄い気がするなー」
インパルスサム 「防げない<大統領」
敵兵 「あれ?
……あ、安らかで別陣営か!!!」
GM 「この中で男性といえば
太陽と大統領と火山と忍者とサム、シンくらいかしら?」
ヒータ 「まあ、占い師にしては日記薄いしな
他に真がいると考えて動けばいいだろう。」
インパルスサム 「ふむ、オルタ吊られだからな
メイの発言をある程度入れて指定でどうだ?<魔理沙」
提督 「うん?ショック死?>魔理沙
死の宣告じゃなくて」
大統領 「一応聞くが死の宣告は老兵では防げないんだな?
仮に冥狐のものだとして」
萃香 「ん?
魔理沙のそれってことは・・・左道遣いか冥狐いるってこと?
ちなみに左道いたら出てくれば~?」
シン・アスカ 「逃亡死亡なのは失敗したってことでいいとして
ウィン噛まれもいいとして
オルタ次第……と思ったら死化粧結果見る限り違うのかこれは?」
龍田 「今夜の占い先が書いてない以上、死因がわかんないや~
考える事は捨て置いたほうがいいのかな?」
霧雨魔理沙 「逃亡ェ…!
村が死んだと考えるか」
ガブリエ・セレスタ 「む
吊り遺言の方が占いか……
ふむ、普通に考えればウィンが噛まれているな」
敵兵 「お、おう……>メイ
じゃあ占い師死んだじゃねえかァ!!!」
火山高夫 「ふむ…死体が二つ…?と、思ったら逃亡が死んでいるのか…」
GM 「お疲れ様」
インパルスサム 「死体状況見る限り冥狐っぽいな<魔理沙」
アウス 「まあいいや、どうしようもない
最初から一人少なかったぐらいに考えよう」
今泉影狼 「逃亡即死…で、占い遺言かぁ。」
汚い忍者 「あとはまぁアウスとかか序盤山彦出たら盲信でいいのに
なんか信用高いとか行ってる辺りどうなんかね。
破綻するまでってどういう点で破綻するんだ? すげぇ胡散臭い。

と思ったらこっちも噛まれてやがる。どういうことなの一体」
太陽 「これで奇数、恋人消毒すると吊り減るようになっちゃったなーという
逃亡死してるんならほぼ真逃亡だろうしなー」
メイ 「オルタの遺言考えなくていいよ
私視点そこ偽だから」
提督 「まあ、このあたりはあくまで予想でしかないのでってところだね」
ダブルエックス魔王 「ヒータが女か」
霧雨魔理沙 「多分冥狐だろう
私殺して得するのそこだと思う」
敵兵 「隣っていうか上だな>遺言
まあ隣接してるって意味じゃ合ってる」
大統領 「火山はもう少し票が入る位置だと思ったがな。
そこと敵兵は割と適当な発言が目立つので指定をオススメする」
エトワール 「死体2で逃亡が死んでる訳だけど
どう考えても逃亡失敗ですありがとうございました」
ウィン 「おつかれさま~」
ダブルエックス魔王 「お疲れ様」
汚い忍者 「オルタ吊りと なんか動きを考えろとか行ってるけど
護衛先なんて確定村一択だから。 老兵の動きとかほぼ牽制役だから。
そういう点で吊ってくれて助かるわ 人外ぽかったし

なんか占い遺言してっけど」
インパルスサム 「ふむ、それじゃあ逃亡死に加えてウィン噛まれってものか?」
メイ 「死化粧師CO
割とこう苦悶結果(同陣営)がでたらほぼ村と思っていいんじゃないかな?

2日目 吊りオルタ 投票先 メイ(私=村) 結果 安らか
ぶっちゃけ私投票はすごい判断しやすい
変に悩むこともないんで」
提督 「こー、吸血鬼だったんじゃないかなーって思う
初日に死ぬのなら」
龍田 「占い師が1人死んでるけど、今夜の占い先がないね~」
ヒータ 「ダブルエックスやはり偽物か。」
シン・アスカ 「なん……だと……>オルタが占い遺言

正直予想外ってレベルじゃなかった。」
霧雨魔理沙 「げ
6日目ショック死な」
火山高夫 「…おはよう。
票は確認。票が偏っている印象だが…
狼陣営は少ないので身内は無いと思う。」
今泉影狼 「オルタに投票が集まるというのを逆に見ると
同数くらいの発言でまったく票が入らなかった位置を見た方がいいかな、てところか。
エトワール・提督・スイカあたり。
その中だとエトワールが目を引くかなぁ。」
汚い忍者 「2日目
うむ、魔理沙が山彦CO そこ護衛以外する必要も冒険する必要もない。
老兵の役割とかほぼ牽制に近いぞ 騙りでも護衛先固定で噛まれない。
陣営分け見て高確率で破綻覚悟で老兵騙る狼狐もまずいない。 そういう点で
俺は他から見て村目が高いって主張する。
護衛:魔理沙」
萃香 「はいおはよ~・・・
しょっぱなから逃亡死してるの?
どこ逃げたんだか・・・」
霧雨魔理沙 「へいおはようさん
山彦風に言うならおはよーございます!か?」
敵兵 「ま、魔王ァ!?>魔王死亡」
アウス 「ふむ、ダブルエックス魔王は死んでるか・・・」
ガブリエ・セレスタ 「……あ>逃亡即死」
エトワール 「あとオルタに投票集まり過ぎる気がしなくともないわ
発言自体は確かに集まり安そうではあったけど
位置固定の老兵が噛まれる事無いって発言自体は割と好みだったけど」
太陽 「いきなり逃亡失敗しとる」
汚い忍者 「はようさん 老兵CO 今日は魔理沙護衛だ。」
提督 「ガブリエ・セレスタ(130)  「グレランか……
マニアが出てこないため少し怖いが
狼最大4、狐3、吸血鬼2、マニア1で……ええと」

後は、ここはグレランで死ぬのが怖いみたいなので
重要役職系か人外目のどっちかなので様子見したいってところかね」
オルタ 「お疲れ様だ」
メイ 「ウンディーネの反対は役職で言うならユニコーン
神話でいうなら水の精霊なんで火の精霊のイフリートか
風の精霊シルフィード、土の精霊ノームってところになりそうという
どうでもいい豆知識」
敵兵 「オルタに票集まり過ぎァ!!!」
エトワール 「おはよう~
敵兵(74) 「んー、人外に付いたと見ておく
一番マシなのは吸血鬼かQPコピーだな」

OPについたなら確かにマシだけど
吸血鬼についてそこが性別系とかだったら
割とメンドくさいからマシじゃないんじゃないかしら」
大統領 「おはよう」
提督 「火山高夫(53)  「老兵は放置でいいだろう。
まだ見れる場所だからな。」

個人的には老兵を確定○がいなくて見えるといったこの位置
かなーとは思うんだけども、山彦に対しても意見がちょっとフラットしてるし
その割には票を貰ってない不思議」
龍田 「朝だよ~ 起きて、天龍ちゃん
みんなもおはよう~」
シン・アスカ 「まぁオルタ吊りは半分規定路線だったような
気はする。寡黙だったからとか
ぶっちゃけその程度の理由だったけど。」
太陽 「忍者の分だけ1票多いね
ま、とりあえず遺言の確認ー」
ヒータ 「おはようさん、ヤケに投票がオルタに偏ったな。
今日改めてCOあるなら早めに頼むぞ。」
提督 「おはようさん、COある人はよろしくね

ダブルエックス魔王自体はいい忘れてたけども
性別吸血鬼があるのでこのあたりは注意ねっと
今日あたり死体で転がってると楽だけども」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ウィンさんの遺言 賢者COするよ
私みたいなクズが賢い者を名乗るだなんて……本当、おこがましいよね……
でも、私みたいなのでも賢い者を名乗れるなら、きっと超高校級の皆の希望は凄まじいものに決まってるよ!

投票履歴
オルタ>
オルタさんの遺言
                             _/`/      ` 丶 、
                            l´/            \
                            〈´/    /     /     〉´\
                          /`/∧ //    /      /    ヽ
                          ヽ|/ |/ /    /、      /|      ハ
                          /ヽ/ /  /|∧ ヽ.  /   l       |
                          l_/  | /l´/\!  /     !      l
                          /  /|/  `'、'/|/       |     /
                        /  /:[__         _ `ヽl     /
                   ____/´7 //:::::::/           //\ /    /
                   |:::::::::::::: ̄/イ  }ヽ::::\   、   ' `、'///l/      占い師だ
                   |::::::::::::::::::::::::| /::::ヘ::::::|    ``_,   //'´ /
                 _l::__:::::::::::::::::::|/:::::::::::\l       /:::/   /
      ____, -──<\:::::::` 、::::::::::|:::::/ ̄`、::\_ -‐ ':::::/ /
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::\:::::::::::`ヽ、|/ ̄ ̄ ̄`‐ 、__  / /   _
     |:::::::::::::`:::::::、::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::iヽ_/__/::〉    r─ 、
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::、::::::::::::::`l:::_ / ̄ ̄l__:::::::::::::::::l::::\ /:::::__/::/      L__  〉
        l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::|::|O::::i:::::::::::::::::::` 丶、::∧::::::::\/:::/     /::::::У
       }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::|:::|O::::i::::::::::::::::::::::::::::::::`、|__:::/      /:::::::/
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::|:::L__i__,::::-──-、_i:::::::::::::〈       /:::::::/
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::::\    /:::::::/
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`|\__ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::}、   /:::::::/
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|::::::l:───--:::__::::::::::::::::::::::::::}:::: /:j\ /:::::::/
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|:::::::l::::::::::::::::::::::::::::`丶、:::::::::::::::|://:::::/:::::::/
  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::::|:´::::::::/::::::: /
 \:::__:::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::l__:l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ|:::::::::/∧:: /`l
   〉 / ̄// ̄ ̄ ̄ `丶::::::::::::::::ノ::::::::/:::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/::∨/::::::|
r─‐//⊂、/ / ̄ ̄ ̄``、__/::::::::::l:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/::::::::/:::::::::〉


1日目 敵兵 ○

初日は隣でよかろう
何やら女騎士を恐れているようだしな、この男
ダブルエックス魔王 は無残な負け犬の姿で発見されました
(ダブルエックス魔王 は逃亡に失敗したようです)
ウィン は無残な負け犬の姿で発見されました
(ウィン は人狼の餌食になったようです)
大統領 は ウィン に狙いをつけました
インパルスサム は 汚い忍者 を占います
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヒータ は ダブルエックス魔王 を占います
大統領(人狼) 「ウィンで行く」
大統領(人狼) 「噛みは俺がやろう
130」
龍田(人狼) 「ウィンちゃn嚙みはたのしそう~」
インパルスサムの独り言 「老兵占いで行く。」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「気にするな、
吊られない限りは身内も充分にありだ」
霧雨魔理沙の独り言 「出来れば明日以降も山彦って欲しいところだがな」
汚い忍者 は 霧雨魔理沙 の護衛に付きました
萃香(人狼) 「ん?
その二択ならウィンかなって。 >敵兵orウィン」
龍田(人狼) 「仲間なんてまーったく考えてないから
信じられるお仲間でいてねぇ~? 情けないけど~」
アウス は 大統領 に狙いをつけました
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「まあ、六日目なのか目になっても老兵を残すような進行はしないだろう
そこが占われていない限り」
萃香(人狼) 「というか、仲間忘れててガブリエいれかけたCO・・・
いやー、あっぶなかった・・・」
インパルスサムの独り言 「一方的に話しかける形になるな。
メイ狼なら次の発言の最後に。をつけてくれ」
火山高夫(妖狐) 「真証明したとは言えすぐ噛むような場所でもないしな」
オルタ 「まあ、どうとでもなるだろうさ」
大統領(人狼) 「敵兵かウィンを推す」
龍田(人狼) 「老兵はほおっておくのね~?
噛むなら今くらいしかないと思うけれど」
火山高夫 は 霧雨魔理沙 に狙いをつけました
萃香(人狼) 「さーて、どうするかな~
老兵とか無視して灰噛めばいいのかな?」
ダブルエックス魔王 は ヒータ の周辺に逃亡しました
火山高夫(妖狐) 「素直に指揮系統を奪っておくか」
敵兵の独り言 「票集まり過ぎァ!?>オルタ」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「……生き残れたか」
敵兵の独り言 「オ、オルタァ!?」
火山高夫(妖狐) 「ふむ…」
インパルスサムの独り言 「こちら占い師。メイ○だ。そちら鵺か?」
大統領(人狼) 「さて、灰でも噛むとするか……」
龍田(人狼) 「思ったより偏ってるね~」
太陽 は 今泉影狼 に狙いをつけました
霧雨魔理沙の独り言 「…8票?
すげえ集まってるな」
オルタ 「お疲れ様だ」
龍田(人狼) 「わーお」
GM 「お疲れ様ー」
提督の独り言 「おーう?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
オルタ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
龍田2 票投票先 1 票 →オルタ
ヒータ1 票投票先 1 票 →今泉影狼
ダブルエックス魔王2 票投票先 1 票 →太陽
エトワール0 票投票先 1 票 →敵兵
萃香0 票投票先 1 票 →ヒータ
敵兵1 票投票先 1 票 →龍田
太陽1 票投票先 1 票 →シン・アスカ
大統領0 票投票先 1 票 →オルタ
火山高夫2 票投票先 1 票 →メイ
提督0 票投票先 1 票 →火山高夫
オルタ8 票投票先 1 票 →メイ
今泉影狼1 票投票先 1 票 →龍田
メイ2 票投票先 1 票 →オルタ
ウィン0 票投票先 1 票 →オルタ
ガブリエ・セレスタ0 票投票先 1 票 →オルタ
汚い忍者0 票投票先 2 票 →ダブルエックス魔王
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →火山高夫
インパルスサム0 票投票先 1 票 →オルタ
シン・アスカ1 票投票先 1 票 →オルタ
アウス0 票投票先 1 票 →オルタ
霧雨魔理沙 は 火山高夫 に処刑投票しました
ヒータ は 今泉影狼 に処刑投票しました
ダブルエックス魔王 は 太陽 に処刑投票しました
萃香 は ヒータ に処刑投票しました
エトワール は 敵兵 に処刑投票しました
今泉影狼 は 龍田 に処刑投票しました
火山高夫 は メイ に処刑投票しました
メイ は オルタ に処刑投票しました
ガブリエ・セレスタ は オルタ に処刑投票しました
敵兵 は 龍田 に処刑投票しました
アウス は オルタ に処刑投票しました
オルタ は メイ に処刑投票しました
太陽 は シン・アスカ に処刑投票しました
シン・アスカ は オルタ に処刑投票しました
インパルスサム は オルタ に処刑投票しました
大統領 は オルタ に処刑投票しました
ウィン は オルタ に処刑投票しました
汚い忍者 は ダブルエックス魔王 に処刑投票しました
龍田 は オルタ に処刑投票しました
提督 は 火山高夫 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヒータ 「ローレライってことかw」
龍田 「ウンディーネの逆ってなんだっけ~?
あんまり覚えてないなあ」
敵兵 「みすちーは夜雀だ>龍田」
オルタ 「マニアで人外は増えただろうが、狼自体は少ない
・・・吊り順には気を付けることだ」
火山高夫 「うん?」
アウス 「逃亡者系列は名前で効果分かりにくいのは同意するけど
男性逃亡者だね、水妖姫は」
太陽 「半鳥女なら死神っぽく仕えるから性別よりありがたいんだけどねえ」
シン・アスカ 「まぁこの村は男はそこそこいるから
性別トラップが存在しない限りはそんなに死なないとは思うぞ。

あとハーピーと水妖姫は違うぞうん」
萃香 「ミスティアなんている・・・?え?」
汚い忍者 「半鳥が死の宣告 水妖は男性逃亡だよ」
ガブリエ・セレスタ 「宣告? 何の話だ
エックスは性別逃亡で、ハーピーではないぞ?」
メイ 「ミスティア夜雀だよね!?>龍田」
大統領 「そもそも、死の宣告を付ける役職ならば性別なぞ聞かんだろうに」
ウィン 「ああ、今日の吊りはきっと皆のちからなら希望を生み出す結果になるよ
そうさ、希望は絶望なんかに、絶対負けたりしないんだから!」
インパルスサム 「おうそうかそうか
それじゃ魔理沙指揮の下で進めていきゃいいな」
龍田 「ごっめんごめん。英訳ミス~」
敵兵 「え?死の宣告付ける逃亡者は半鳥女だぞ?>インパルスサム
水妖姫は男意外に逃亡すると死ぬ逃亡者だな」
今泉影狼 「ミスティアはもっと強いだろ!w」
龍田 「あ、ごめん ハーピーはミスティアじゃなかったねー(笑」
アウス 「それは半鳥女だねえ>インパルス」
メイ 「宣告はハーピーそれ違う>インパ」
火山高夫 「マニアが出ない以上。人外が多いから指示は大事だな。
まぁ懸念することはあるが気にしているほど余裕も無い。」
汚い忍者 「というか山彦はシステム的に騙るのがまず無理だ。だから
そこは覆しようの無い真。」
ヒータ 「ダブルエックスは広い範囲に逃げるようにお願いな。

流石に毎日同じ場所逃亡とかされると信用できやしないから。」
大統領 「山彦の発動率は高い。この人数で疑う必要はない。
それほどの役職だということだ」
ダブルエックス魔王 「それは別のハーピーだ」
太陽 「ま、これで忍者も護衛先できたんでそこ噛まれたらってことでいいかなー
マニア不明なんで8人外想定で、今日はもうCOないだろうしグレランかな?」
インパルスサム 「すげぇ山彦ってるな。流石山彦だ。」
ガブリエ・セレスタ 「グレランか……
マニアが出てこないため少し怖いが
狼最大4、狐3、吸血鬼2、マニア1で……ええと」
龍田 「死の宣告付けるのはミスティアちゃんだよ~」
オルタ 「とはいえ、位置固定の狩人など噛まれんがな
・・・お前自身が真証明したいのであれば、考えろ。動きをな」
アウス 「発動率は30%だからねえ
10発言すれば3回は反響する計算」
メイ 「反響がどこでしたのか良く分からない
まあ皆言ってるし問題ないみたいだけど
老兵?そこ護衛一択でしょ、と」
エトワール 「そういや、ダブルエックスって
あれ女性に逃亡すると死ぬ奴だっけ」
萃香 「明日からの指揮はそこに任せるよ~ >魔理沙

抜かれたら忍者は吊る
絶対にだ(真顔」
霧雨魔理沙 「ぶっちゃけ胃が痛いがな…
狼「は」そこまで多くないからみんなの目に期待するぜ」
シン・アスカ 「と言うかよく見たら大統領の発言も反響してることに
今更気づいた>魔理沙の発言」
ウィン 「破綻する所私は見てみたいね>アウスちゃん
私みたいなクズでも、確定職を語れるっていう、そういう希望を見る事が出来るからさ」
インパルスサム 「あ、ウンディーネは死の宣告つけねえのか<ダブルエックス」
龍田 「山彦は出にくいけど、結構な確率で反響するんだよ~>エトワール
指揮役には大変な職だと思うけど 不利な状況だし
できれば考えておいてほしいな~あ」
敵兵 「すげーぞ山彦>シン
確定村と言っても過言ではないというより確定村だ」
汚い忍者 「すげぇ反響してる。 すげぇ山彦」
今泉影狼 「老兵の護衛先できたね。
そして今さら神話マニアが陣営にあったことに気づいてかつCOがなかった罠。
罠だわー」
大統領 「次の日から指定するのであれば問題はない>初手グレラン
最大の懸念である狼の組織票も、狼陣営4ならばそれほど怖がる必要はない」
火山高夫 「ふむ、山彦の証明。ではそこも放置と。
証明ができるのならばましと言った感じかな。」
インパルスサム 「老兵の護衛先が一つ出来たのが僥倖だ」
ダブルエックス魔王 「俺に死ねと?男性アイコンには行くがな」
ヒータ 「グレランか、了解。>魔理沙」
汚い忍者 「うーし、ちょうどいい護衛先どうも。 そこ護衛で確定する」
提督 「人外でできないこともないらしいけど
この大人数でその反応速度は物理的に無理だし」
オルタ 「なら山彦護衛でいいだろう」
シン・アスカ 「やまびこか……。初めてみたなー。
とりあえず真証明できてるらしいので護衛先そこでいいんじゃないか?

(ぶっちゃけ初めて見たので扱いなんともいえないが)」
太陽 「お、山彦かー
共有不在で確定村ってのはやっぱりありがたいよね」
ガブリエ・セレスタ 「……ああ、山彦か
では指揮を執ってくれ、
老兵はそこを護衛するように」
エトワール 「山彦の反響とか初めてみたわ
まぁ、真証明ならいいんじゃない
これで指揮取れる所は出来たわね」
ダブルエックス魔王 「これなら指揮を任せれるだろう」
ウィン 「へぇ、山彦だぁ」
アウス 「霧雨は山彦、か
まあ、意外と騙れないものだ、破綻するまで信用していいよね」
萃香 「確定村いるじゃん!!
これはいい!! >山彦」
龍田 「あ~ら~?確かに太陽ちゃんの発言だね~」
インパルスサム 「そうなのか?<かげろう
それなら噛まれてくれればいいんだけどよ」
大統領 「なるほど、老兵の護衛先も出来たな」
汚い忍者 「吸血鬼の吸血も護衛対象なんだよ。 一応な
ただし俺にしか分からんからあんま意味はない。 護衛成功はデルがってとこ。」
今泉影狼 「反響した?」
提督 「ああ、おk->魔理沙
それじゃあ、提督的にはお前確定○扱いでいいや」
ヒータ 「ああ、魔理沙が真証明したなら忍者は魔理沙護衛鉄板で
抜かれたら吊り。

魔理沙が指揮を執って欲しい」
ダブルエックス魔王 「魔理沙護衛しろ汚い忍者は」
敵兵 「おっしゃああああああああああああ!!!!>魔理沙
老兵は山彦を守れァ!!!!」
太陽 「まあ、ぶっちゃけ異議あり押すよりは
性別分かりにくいとこにいってくれるほうが信頼度高くなるしね>大統領」
霧雨魔理沙 「というわけで老兵は私を守ればいいと思う

まあすまんが、反響出すのに頑張ってたから初日はグレランだ」
龍田 「マニアの空気がないのは面倒くさいなあ。
吸血コピーだったら 5日目までに、吸血元を殺してくれることと思うから~
問題はそれ以外コピーの場合を考えていきましょー?」
萃香 「ダブルエックス狐とか吸血鬼とかもあり得るかな?
とか最初から疑っちゃう~
まぁどっちにしても途中で死んじゃえば意味ないし・・・
信頼取るためには冒険心あふれる逃亡期待するよ~☆」
ガブリエ・セレスタ 「む?>マリサ」
大統領 「マニアは人外コピーを基本的に想定しておけ。
村の重要役職ならばラッキーというだけの話だ」
ウィン 「正直さぁ、老兵に守らせる所が無いから、とか言っている人は

老兵吊りを提案してしまえばいいのさ
守るところがないなら、どうせ噛まれないんだからさぁ!」
インパルスサム 「OK 真証明だな<魔理沙」
今泉影狼 「わりと最近、非古狼の老兵COは噛まれると思う。」
ダブルエックス魔王 「マニアは人外か重要役職のコピーだな」
エトワール 「というかまぁ、逃亡者って偽でも厄介だし
真でも厄介だから生きたらなんらかの処理
っていうか占い処理とか欲しいあたり
序盤は放置だけどね」
提督 「あとは、神話マニアが出てこないということは
まあ、吊り数は10吊りで8人外なんでまったくもって
余裕はないという危機感を持ってね」
シン・アスカ 「もしかしたらマニア陣営が鵺で共鳴に気づいてないパターンとかないよな……
ちなみに俺は共鳴されてないけどさ」
アウス 「マニアは出ないね
重要職だとうれしいけれど、まあ人外憑きと考えておこうか
それでも村陣営は二桁居るんだから役職次第でやりようはあるだろうけど」
ガブリエ・セレスタ 「……これは、マニアは人外つきだろうな
重要役職コピーの可能性はままあるが、それは楽観というものだ」
メイ 「軍隊、だったの?>提督
海軍とは名ばかりの全く別物だと思ったんだけど」
敵兵 「んー、人外に付いたと見ておく
一番マシなのは吸血鬼かQPコピーだな」
汚い忍者 「マニア無しと 人外付いたとすると非常に面倒なんですがそれは。
せめて狼 狐コピーとかはもう手が付けられんから勘弁してくれってとこだわ」
霧雨魔理沙 「あ、反響したか?
山彦COするぜい」
霧雨魔理沙 「吸血鬼2だと護衛成功が割と出るってのもわからないけど>ニンジャ
まあ、老兵はどうにかGJ出してね」
ヒータ 「マニア出ないな・・
重要職コピーならいいが
人外に憑いたと考えるべきか。」
霧雨魔理沙 「非常に不穏なんだがやーだなー

村が10しか居ねえんだからさ、もともと」
霧雨魔理沙 「性別逃亡なんぞ村のために役立てる情報はほぼ吐き出せん
真か偽かわからんそいつに異議ありを押してやる必要はない。わかったろう?」
火山高夫 「…マニアは出ず、か。
きついことだな。」
太陽 「吸血鬼2だと護衛成功が割と出るってのもわからないけど>ニンジャ
まあ、老兵はどうにかGJ出してね」
ウィン 「老兵も逃亡も別に信用はしてないけど
普通に放置しておけばいいんじゃないの?程度の話さ、違う?」
大統領 「性別逃亡なんぞ村のために役立てる情報はほぼ吐き出せん
真か偽かわからんそいつに異議ありを押してやる必要はない。わかったろう?」
龍田 「なぁにそれぇ~ 忍者ってそんな未亡人ポジなの~?
それはそれで面白いけれど そういう問題じゃないと思うんだぁ

……で、いわなくても大丈夫だと思ってたのに マニアないのー?」
今泉影狼 「そのうち、占いなりがCOして護衛先はできると思うけど
問題はそこまで生かしておいて大丈夫か、て話じゃないかな。老兵。」
インパルスサム 「吸血鬼2もいりゃ出るかもなってモンで真証明がんばってくれや<忍者」
シン・アスカ 「まぁ老兵の捨て投票先は皆が言ってるからいいとして
老兵の護衛先がないのは面倒だよな、自由護衛しかないけど老兵じゃ狩殺しも
無理なわけだし……まぁgdgdいっても結局自由護衛しかないけど。」
ヒータ 「老兵と水妖姫は了解。

忍者は護衛先もないしこの配役なら即吊でもいい気はするが
一応噛まれるかどうか残して様子見ようか。」
提督 「まあ、吸血鬼2についてはあれだ
同士討ち期待しつつってところではあるね」
ガブリエ・セレスタ 「こういうとき、共有がいないとつらいところだな。
……ひよこCOもないので、性別逃亡がいるため異議ありを押さないように」
オルタ 「自分自身が露出しやすい狩人であるのならば、だ
その性質を利用してするべきことがあるだろう・・・まあいい」
エトワール 「マニアCOがいまだに出てこないあたり
もう今日は出てこないんだろうなという感じ
これ以降に出てこられても割と困るけどね」
汚い忍者 「ん。 DXに入れときゃいいんだな。」
火山高夫 「老兵は放置でいいだろう。
まだ見れる場所だからな。」
アウス 「っと、老兵と水妖姫ね
忍者はダブルエックス投票でいいんじゃない?」
ダブルエックス魔王 「捨て票は私が構わないな
進行はグレランしかあるまい」
霧雨魔理沙 「まあ捨て票先は逃亡でいいだろってことで

マニアの空気がないぞ」
敵兵 「おーい、マニアー?
マニアの方はいらっしゃいませんァ!?」
メイ 「そしてマニアが出てこないー
人外つきと考えていいでしょ
後忍者はDXにでも捨て票してね」
ウィン 「狐と狼の比率が一緒だたなんて
なんて絶望なんだろうねあはははは


でもすごいよ、皆の希望力がドンドン上がってる
5……5000……53万……すごいよ
これが希望のちからなんだね」
汚い忍者 「共有の声はねぇし守る場所も特には無いね 狩り能力も持ってないから
なんとか護衛成功出すしか無いと。 吸血鬼2なら割と出るか?」
萃香 「マニアじゃないか、逃亡者
マニアについて言おうとしたら繋がってた
ごめんごめん」
インパルスサム 「老兵は逃亡者投票。
そんで性別逃亡は冥狐もあんだっけか?」
提督 「あ、声が大きくなっちゃった・・
まあ、軍隊の基本は声出しから始まるから仕方ないよね!」
太陽 「あ、老兵と逃亡がCOね
まあ、老兵は逃亡にでも捨てしておけばいいんじゃないかな」
龍田 「老兵了解したわよ~ 証明は精々護衛成功くらいだけど
投票先くらいは言わなくてもわかるよね~?」
霧雨魔理沙 「老兵守れる相手いねーのガナー」
ヒータ 「汚い忍者は本人がCPと言うより
相方が恋人でぼっちをかみしめる役割だからな>萃香

つまり忍者は相方がいる役職
狼か狐が濃厚ってことだな!」
敵兵 「老兵と水妖姫なりょうかーい」
大統領 「老兵は逃亡COに捨て票
以後異議ありを禁ず」
霧雨魔理沙 「老兵と逃亡系な

己の職務を果たせってことで、逃亡は頼むから死ぬなよ!」
アウス 「じゃあ、COある人は早めにね
無いならグレランになるだろうけど・・・」
ガブリエ・セレスタ 「ふむ、老兵に性別逃亡
……老兵は、まあ、守る場所は好きにすればいいだろう」
シン・アスカ 「老兵に水妖姫とかなんでそんな微妙なCOしか
出てこないんだ……というかマニアCOがないような……」
萃香 「マニアと老兵ねー・・・
くっ!老兵じゃ即吊れない・・・!w」
提督 「うん、確定○いねーから扱いがすごく困るな>老兵
どっちにしろそこの自称逃亡者に捨て票しておいてね」
今泉影狼 「老兵はGJを狙うんだ!
とりあえず護衛するところないし。
水妖姫は…イキロ」
インパルスサム 「老兵に逃亡と。
暗殺がいればやってくれればいいな。」
オルタ 「守るべき位置もいないというのにただ老兵CO、か
ふん」
火山高夫 「ほう、老兵…そして性別逃亡か。」
エトワール 「老兵COはまぁ、放置で
そこの逃亡者にでも捨て票させれば
いいんじゃない?」
敵兵 「汚い忍者の冥福でも祈っておこう(どうせ忍者だから恋人関係で何かあるとか思ってないよ?)」
太陽 「朝一でCOする役職はなしかー」
龍田 「狼陣営5以下だから狂人なしもありそうだなあ。
その場合、人狼ってあんまり積極的に動けないと思うのよねぇ~
肝はQPがどこへ行くかと、妖狐と吸血を吊以外で潰せるかかなあ」
大統領 「.     / ∧ ∧          \
.    ./ { | ヽ.  \       \  \
    ,'  | ll   \   丶、        丶. ∧       千┼ヽ ┼、ヾ ゝ _  レ  ノ 二 千‐|┐
    ,′ l lト、\ \   \  、     ヽ. ∧    イ 乂   ノ、ノ ノ Lノヽ(_  イ 亅 里,ノ亅に
   ,  | l l| \ \ \   丶、\   ’,ハ 、
   ! l|   l|  \ \_ ≧-zァ__\ \ヽ  ヽ.∧\  一点の曇りなし……!
.  │ l| l  l|     ̄ ̄ fノ,ィf少ノ \ \\  ∧ \.       /_
   ! l| | l|-‐== 二ヽ  i: ´  ̄    i\ ヽ‘, ∧\ \    / /::::
   V l| │ |ーr弋ソノ .:', ::.        l  iヽ i  ∧ \ `≧=-‐一
.     V! │ |、'^ ̄   :.  }ー、       |く∨  ∧
.    V l| l|∧       ::Y´:jフ       j  ∨  ∧\_ _/
.      ‘,l| l| l∧        ̄   -‐ァ    /   ∨   ∧ ̄ ̄ ̄
.      ,  l| |l∧     ,ィニ´イ }  /     ∨   ∧
        i l| l| |l ∧へ、  ヽ-‐ ´  /    /!lVl   ∧
.      | l| l|  \∧ \丶、  __ イ    /  |l | l | l|、_
.      '. | |   \\ \  ̄      /   _jl_| l| | l|'´ ̄`ヽ   全てが『正義』だ
.      V ∧\   \\/ヽ___/L/   / __ l| l l| /:::ヽ. }|
.       ∨∧ \   \\   └ 、  / /::::ヽリ l| j\:::ノ |
         ∨∧   \    \、    \{  {ヽ--く  リ/ ト、___,ノ
        ∨∧ヽ. _\_   ヽ.____}レヘ.___/|{ /r::. ヽ
         __\ \/,二`ヽ三ミ、 ハー-一L( ̄     Vi {:::::) |}
.         / ̄ /\__{::::::}_ノr:::.、 }} } }  / \ヽ     ヽ.___,ノ
       { (::::| (::::::} ̄ i、 ー'ノ/ l/ /  / ヽ\
.        ヽニ´\ ̄___ノ \_//, '   /    ’, ’,
            /   ̄      ̄ /    /     ’, ’,
.           /             /   ̄           ’, ’,」
霧雨魔理沙 「確かに暑いよな…>GM」
アウス 「陣営数は・・・
狼が少し少なくて狐が少し多くて、第三陣営多目
恋人、マニアの動き方次第かな?」
エトワール 「おはよう~
狼陣営に比べて狐多すぎじゃないかな!
吸血鬼は同士討ちでもして滅んでくれないかな
QP?取り敢えず狐同士CPでも作ってればいいんじゃない
という感想しかありません」
インパルスサム 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2013/08/11 (Sun) 14:25:12
狼吊りきりが怖い感じな。
マニアどこだ?」
龍田 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 
キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1

狐が多いなあ。占い師が仕事できるかっていうのは、問題ね~
吸血は、2人ならどうせ勝てないからいいんじゃないかなあ?
吸血死が出てから考えようか~
それじゃ、何かあったらよろしくね~?」
ウィン 「あははははははははは!ごめんねぇ!クズでさぁ!
でも、私みたいなクズでもさ、皆みたいな超高校級の希望を手にする事が出来るかもしれないじゃない……
私はそれを信じているのさ、信じているンだよ
はははははは」
ガブリエ・セレスタ 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1

当然マニアは即COだ。
それはさておき、共有がいない村だ。
QPがいる以上、村と確定しても過信が禁物なのが困りものだが……」
ダブルエックス魔王 「ダブルエックス魔王の水妖姫COだ

4.03秒後に男性宅の家探しを行う
男性宅を荒らしまくるぞ。」
GM 「ほむ」
オルタ 「共有は不在、と
元マニア主張がいるならさっさと出ることだ」
汚い忍者 「で、老兵CO」
霧雨魔理沙 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1

復唱要求!狼すくねえ!村もすくねえ!狐と吸血大杉内!
なんだこのカオスは!とりあえずマニアは出るんだ!
メイ 「村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1
狼よりは狐、QPが割と怖い印象
マニアは1だしまあそれほどでもって感じかな?
吸血鬼?どうしうちすればいいんじゃね?」
提督 「村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1

ほい、おはようさん10吊りで7人外はいいんだけど狐が多めが怖いところではあるね
QP1が村同士に刺さってもキツ目なんでそのあたりは注意しよう

それじゃあ、神話マニアはCOをよろしくね
ああ、【共有】はいなかったよ」
今泉影狼 「バランスいいかー?
半分は非村人陣営だし、狐>>狼って感じで狼陣営で数少ないと必然
狐・恋人・吸血鬼の処理の押し付け合いになるしなぁ。
そのわりに恋人が村-村になったら途端に吊り厳しくなるわけだし。」
萃香 「おはよ~
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1

あー、酷い配役・・・
下手すると狐とQPに持ってかれるね、これ・・・
とりあえずCOできる人は出てきて~

それで、CP狙いなら汚い忍者吊ればいいのかな?w」
汚い忍者 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1

おはようさんっと マー陣営的に見ると・・・狐多っ  マニアCOは早めに頼むってとこで
あとは吸血鬼はガン無視体勢でもいいかなと 9吊り7人外だけで十分だ。 恋人面倒だが。」
シン・アスカ 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1
人狼陣営が少ないのはいいんだが……
問題は妖狐や他の陣営が多すぎるところだな。
鬼2ならまだしも吸血鬼2とかはなぁ……。
まぁマニアはCOしてくれ。」
敵兵 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1
 
十吊り七人外ならまだ良い方かな?
と思ったけど村人十人ァ!!!
おーい、マニア、居るか?」
火山高夫 「…おはよう。
これはまた色々と村に来たようだ。ともかくマニアはcoしろ。
なるべくなら出てほしいと願うばかりだがな。」
太陽 「村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1

9吊りだねー
元が偶数なんで恋人消毒でも吊りは減らないけど
既に人外は7+吸血鬼2匹、共有もいない
マニアは早く出てきて欲しいなー」
ヒータ 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1

おはよーさん、共有者がいないのに人外が多くて厳しいな。
マニアは村コピーなら出て指揮を執って欲しい」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 あつい
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
萃香 は GM に狙いをつけました
「◆GM 発動ね」
「◆GM 2分超えの発言は避けてね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
萃香(人狼) 「1:30で噛む~」
萃香(人狼) 「了解~
覚醒させる手もあるんだけどねー。大統領は」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「ふむ……
明日の超過時間までに、吸血鬼と金狼の関係を調べておく必要がありそうだ」
大統領(人狼) 「グレラン程度で落ちるなよ。以後黙る。
明日から噛みを担当する」
オルタの独り言 「恋人さえ始末すればなんとでもなろう」
龍田(人狼) 「最近の即COする占い師が事故ですらまったくいない環境はきっついね~
占い師は潰して 私たちの手で狐を殺すしかないかなあ」
インパルスサムの独り言 「おいいいいいい!矢刺さるのおせえよ!」
萃香(人狼) 「とりあえず初日は私が噛んでおくよ~
こういう時初日狂人を考えなくていいのは楽」
汚い忍者の独り言 「共有の声も無し となると牽制役には使えん」
ヒータ は 太陽 を占います
エトワールの独り言 「取り敢えず村建てありがとうね>GM」
オルタの独り言 「・・・ふむ」
インパルスサム は メイ を占います
提督の独り言 「まあ、白とか憑きがいたらパワーバランス全然違うんだけどね」
エトワールの独り言 「まぁ、狐多すぎかな!>GM」
ウィン は 萃香 インパルスサム に愛の矢を放ちました
「◆GM な、なにかしら((配置をみて>該当者多数」
敵兵の独り言 「蝕巫女じゃなけりゃ良いんだがなあ」
ウィンの独り言 「さすがに自刺しは出来ないか」
火山高夫(妖狐) 「そして銀狐か?仲間に表示されないという事は。」
大統領(人狼) 「ひたすらに村を潰すぞ」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「占い師に蝙蝠判定されるなら、まだ吸血鬼を騙れたものを……!」
龍田(人狼) 「狐が2でも多いのに、3もいるね~
占い騙りを私たちから出したいくらいだけど……」
萃香(人狼) 「神話こっちについても厳しいかな、これ・・・」
汚い忍者の独り言 「老兵か」
ウィンの独り言 「うーん」
シン・アスカの独り言 「普段は人狼陣営7で妖狐2くらいだからな……
4:3なのは正直予想外ではあるな」
ヒータの独り言 「銀狐まで居るって事かな。うん。」
エトワールの独り言 「GMぅぅぅ!GMぅぅぅ!」
今泉影狼の独り言 「狐おおすぎなんですが、それは>GM」
提督の独り言 「狼がかわいそうな子になるきがする>GM」
敵兵の独り言 「マジでQP出てるァ……」
霧雨魔理沙の独り言 「指揮役はいやだ… 指揮役はいやだ…

山彦おおおおおおおお!」
火山高夫(妖狐) 「RP的にはぴったりだな。」
敵兵の独り言 「http://alicegame.dip.jp/hina/img/role/medium.gif
巫女」
今泉影狼の独り言 「くすしw」
ヒータの独り言 「えーとこれは火山親狐表記だっけ。」
龍田(人狼) 「狂人0はちょっときついんだけどなぁ~」
エトワールの独り言 「最近、村人表記多すぎぃ!」
提督の独り言 「狐がくっそおおいなー」
インパルスサムの独り言 「QP次第。」
「◆GM 出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1
バランスのいい陣営数かな?」
ガブリエ・セレスタ(人狼) 「…………
金狼だ、よろしく頼む」
敵兵の独り言 「お?」
メイの独り言 「死化粧、またなんて微妙な…」
萃香(人狼) 「最近狼陣営多すぎてワロエナイ・・・
素」
火山高夫(妖狐) 「…ほう?」
大統領(人狼) 「フン、印狼だ」
エトワールの独り言 「!?>村人」
霧雨魔理沙の独り言 「ぐあああああああああ!?」
龍田(人狼) 「わ~お、素人狼だぁ」
提督の独り言 「あ、それ来月からなんですよ>シン」
シン・アスカの独り言 「村人……だと……?」
太陽の独り言 「吸血鬼2とは」
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営2 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2013/08/11 (Sun) 14:25:12
インパルスサム 「おい、大変だシン!
ソードが刺さった!」
ヒータ 「シンがインパルスの中に入る展開だね!」
龍田 「それじゃ、いっくよ~」
シン・アスカ 「行くぞ、ソードシルエット!」
汚い忍者 「んなこと言うても俺は今気づいた。」
シン・アスカ 「なんで隣がインパルスなんだ……!?」
インパルスサム 「シン!ソードシルエットで頼む!」
萃香 「って、見ない間にズサ勢が・・・
早めに入ろうよ・・・」
汚い忍者 「そんなQPが出るなんて…… シン!その機体に乗るんだ!え」
龍田 「暁型 駆逐艦、暁ちゃんは一番艦~」
GM 「埋まる(確信」
萃香 「ほいじゃっと
皆よろしくな~」
太陽 「埋まるんじゃね、これ」
ヒータ 「凄い勢いでズサが来てる!?」
火山高夫 「原作がそうなってるんだ >敵兵」
アウス 「やあ、よろしく頼むよ」
ガブリエ・セレスタ 「他撃ち解禁だな。
皆、どこに指すかは決めているか?」
龍田 「暁型 駆逐艦、響ちゃんは二番艦~」
びっち 「びっち さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:びっち → インパルスサム
アイコン:No. 4862 (ぴよらっと) → No. 522 (Impulseサム)」
汚い忍者 「鍋は18人集まってからが本番だぜ」
アウス が幻想入りしました
シン・アスカ 「間に合ったか」
オルタ 「王とは国へ仕える第一の臣下
国の繁栄を第一に考えるものだ」
龍田 「暁型 駆逐艦、雷ちゃんは三番艦」
シン・アスカ が幻想入りしました
提督 「そもそも16人っていうのは大した人数だぞうんw」
汚い忍者 「(適当感」
敵兵 「大丈夫なのかよあんた!?>火山
日記が壊されたくらいでなんだ!?そんなに大事なのかその日記ァ!!」
汚い忍者 「ぴよらっとだ 吊ろう。「適当感」
びっち 「このきぐるみ、びっちびちやねん・・・」
龍田 「暁型 駆逐艦、電ちゃんは四番艦~」
ダブルエックス魔王 「で他刺し解禁」
太陽 「なんだかんだで他撃ちまで集まるあたりさすが」
霧雨魔理沙 「うおおおおおお、駆け込めえええ!」
汚い忍者 「はいそこ、勝手なイメージ作らない。」
びっち が幻想入りしました
火山高夫 「俺は日記を壊されただけで死ぬぞー」
ダブルエックス魔王 「普通人数だな17ならば」
GM 「他撃ちになったら少人数でなくなると
思うよ>ウィンさん」
敵兵 「このまんまで行こうぜ
再投票になるしさ」
霧雨魔理沙 が幻想入りしました
萃香 「あー・・・
恋人注意報だぞー、皆ー(汚い忍者を見つつ)」
ガブリエ・セレスタ 「ゆっくりじっくりとカウントを開始するがいい
そうだな……100から」
エトワール 「なんだかんだで結構集まったね」
ウィン 「17人だと既に少人数じゃあ無い気はするけどどうだろ?」
龍田 「はーいっ」
汚い忍者 「うぃっす なんかゴロゴロ言い始めた」
GM 「カウントすればズサー来ると思…」
萃香 「じゃあ龍田カウントよろしく~」
エトワール 「さっきのギャグ?が恥じゃないと申すか>提督さん」
ウィン 「そんな慰めはいらないから>ヒータちゃん
大丈夫だよ、私は大丈夫
皆の踏み台に慣れたら私は満足なんだ」
提督 「ほい、それじゃあよろしく」
汚い忍者 が幻想入りしました
大統領 「わたしの国はこれから『幸せ』になる」
太陽 「じゃあよろしくー」
ダブルエックス魔王 「まだ、自刺し人数だがカウントでいいだろう」
ヒータ 「通り雨で湿度が上がって辛い・・・」
龍田 「みんな、よろしくね~」
GM 「始めましょう>龍田さん」
ガブリエ・セレスタ 「支援……というわけでもないが
参ったぞ、よろしく頼む」
ヒータ 「なんかネガティブになってる!?
だ・・・大丈夫だよ。
ちゃんと時間内だし、ウィンのことみんな歓迎してるって。」
敵兵 「提督!大丈夫か!?暑さで頭が茹ってんだろあんた!!>提督」
龍田 「バケツがないとぎりぎりまで働かされた挙句
他の子の出番が終わるまで放置されちゃうもん……
あーあ、はだけた姿でごろごろなんてしてたくないなあ」
GM 「カウントはじめてもいいかな」
大統領 「フン、くだらない
そんなものにとらわれるな・・・
貴様も軍の人物ならあるだろう? 『愛国心』が・・・自らの国に忠義を尽くすんだな」
ガブリエ・セレスタ が幻想入りしました
提督 「いや、別に恥をかいてないよ!!?>エトワール」
太陽 「平行世界の別人物になったせいだから>大統領」
GM 「準備できた人から投票してね」
ヒータ 「あ、ウィンやっほー。」
GM 「時間になったよ」
オルタ 「とりあえず、一合で済ませてやろう>提督」
メイ 「大統領って顔というか体型から変わってる気がするんだ>提督」
エトワール 「うん、なんか提督さんに恥かかせてごめんね>提督さん」
提督 「SANSANと輝く太陽でSAN値がやばいね!」
ウィン 「ははは、こんな時間ギリギリに来ちゃうなんて
ダメだよね、こんなクズな私が来ちゃったら

でも、私も皆の希望を支える存在になりたいんだよ」
ヒータ 「太陽ががんばったと言うより
雲と風が頑張らなかったというべきか・・(茹だり」
萃香 「流石のズサ勢すぎる~」
萃香 「オルタじゃない提督だw
ごめんオルタ!文句はそこの可哀想な提督に~」
メイ 「やっほー、よろしくねー」
ウィン が幻想入りしました
太陽 「昨日はちょっと本気出しちゃったね
今日も本気出すけども」
メイ が幻想入りしました
提督 「・・・なんか謝られた!?!?>エトワール」
萃香 「10点 >オルタ」
ヒータ 「よろしくー」
提督 「大統領!あきらかに最初と顔が全然違う大統領じゃないですか!」
エトワール 「あ、なんかごめんなさい…>提督さん」
敵兵 「え?あ、はい>提督」
今泉影狼 「よろしくー」
萃香 「むぅ・・・w
ついてくる分には構わないんだけどなぁ・・・w >GM」
龍田 「潜水艦怖いんだも~ん
小破でも帰らせてほしいなぁ……」
ダブルエックス魔王 「人数少なめだな・・・うん」
敵兵 「おのれ太陽ァ!!!>太陽」
大統領 「ドジャァァアアア~ン」
今泉影狼 が幻想入りしました
提督 「オルタはここにオルタ・・・なんちゃって」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 大統領
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6502 (大統領)」
オルタ 「・・・よろしく頼もう」
オルタ が幻想入りしました
太陽 「はいはいおれのせいおれのせい」
萃香 「やっぱ少人数だな~
この分だと置換いらないな
というか、あっても困るだろうな・・・」
GM 「てくてく>萃香」
エトワール 「暑いなら涼しくなるよう努力すればいいのよ
提督さん、なんか涼しくなるような事言って見てよ>提督さん」
しえん 「しえん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:しえん → 太陽
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1708 (さいたま)」
提督 「そうだなー、今はイベントやってるからなー>龍田
みんなバケツが欲しいだろうからな」
敵兵 「そういや冬は雪の量がめっきり減ってだなあ
十二月に雨が降るんだよ……ありえねえよ……」
ダブルエックス魔王 「クーラーは使わなくても扇風機氷漬けのお茶冷やしで何とか行ける」
提督 「まあ、11人も悪くはないさ
2日目で終わることもないこともないが」
龍田 「遠征かあ バケツもって帰ってくるといいなあ
そうしたら また楽できるから~」
提督 「天龍ちゃんはいまは遠征にいってるよ>龍田」
萃香 「ビックリしたぁー・・・
思わず電波時計とPCの時刻見比べちゃったよぉ~・・・

私が暑いぞ~w >GM」
敵兵 「なー、熱いよなあ>提督
昨日なんて40度だっけ?どうなってんの日本
地球温暖化なのか?」
ダブルエックス魔王 「2時15分だね」
龍田 「あ、提督~ 天龍ちゃんはちゃんと仕事してますか~?」
提督 「というわけで、よろしくな」
提督 「あづい!」
敵兵 「ま、まだ十五分ァ!>龍田」
提督 が幻想入りしました
龍田 「……今確かに24分に見えたんだけどなあ」
萃香 「えっ・・・えっ?
まだ15分じゃないか? >龍田」
龍田 「あれ、時計間違ってたあ ごっめんねー」
龍田 「20分過ぎちゃってるけど、どうする~?
私は、14人はほしいなーあ」
GM 「すずしー>萃香さん」
敵兵 「魔王……だと……?」
萃香 「ん~?
私の後ろにいたって何を楽しくないぞ~
のんびりする分には構わないけどw >GM」
火山高夫 「よろしくだ。」
ダブルエックス魔王 「10月に向けて名前変更」
火山高夫 が幻想入りしました
エトワール 「素村は真証明とか出来ないから
狼にとっては貴重なのよねー」
龍田 「なんだか隣村のクワトロの遺言が不穏~……w」
ダブルエックス 「ダブルエックス さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ダブルエックス → ダブルエックス魔王」
GM 「GMは萃香さんの後ろでのんびりしてるよ…」
ダブルエックス 「うっかりだったわ>しえん」
ヒータ 「ただいまっと。

首領の強いところは、素村シールドが1つしかなくても
狼は2回目以降の噛みチャレが難しくなるところだな
折角自分たちの盾になってくれる素村を減らしたくはないから」
しえん 「山立もいるぞ!>突破」
ダブルエックス 「老兵、夜雀、騎士か」
龍田 「村人は出るときは出るからな~
でも、村人口そのものが少ないときって置換に期待できないから
あんまり不幸な村ではお仕事できないんだよね~」
萃香 「護衛制限突破の狩人だっているんですよ(バン」
GM 「村人3枚ガードの村をみたことがあるのよねえ」
ダブルエックス 「首領は居るかどうか分からん村人で生存が分かれるからな」
龍田 「首領仕事したところ、みるんだけどね~
記憶に残らないよね」
敵兵 「首領ァ……」
かりかり 「よろしく」
エトワール 「仕方ないね、上に立つ者の運命よ>萃香ちゃん GM」
かりかり が幻想入りしました
GM 「昼鍋で少人数ってこともあるし
とりあえず素鍋のままでいこうかな?」
しえん 「うーっす」
しえん が幻想入りしました
GM 「首領のシールドがー(遠目>エトワールさん」
萃香 「首領はもう・・・しょうがないんじゃないかな(目そらし >エトワール」
GM 「は~い (じー>萃香さん」
龍田 「よろしくね~」
敵兵 「よろしく」
龍田 「こういう変換が人狼だけでなく、いーろんな職で発生したら
村人4とか そういうこともおきちゃうかもしれない。
でも、村人には割り振られていい数の上限ってものがないの~
そんなの作ったら、他の職からの変換と村人の上限で
無限ループになっちゃうからね~」
敵兵 が幻想入りしました
エトワール 「確実なのは首領が悲しみを背負う事ね(棒)」
萃香 「くいくいしちゃダメ~
鬼にとって角は命なんだからねっ!w >GM」
萃香 「補足説明として
狩人系の職は上限が3なんだけど、PHPが割り振ってる段階で4出た
なので、1飽和してるでしょ?
だからその1人を変換して村人にするってこと~

意味わからなかったらごめんね~」
GM 「むしろアンテナかな (くいくい>萃香さん」
龍田 「例えば、今6人でしょう?
6人だと 人狼は2匹までなのよね~
だから最初の配役決定の設定で「人狼3」とか「人狼4」とかになったら
そこから村人への変換が行われて
人狼2と村人1とか、人狼2と村人2になっちゃうのよね~」
ダブルエックス 「勘違いすまない>龍田」
GM 「「村人」が出たらその分だけ置換されるからね…」
エトワール 「まぁ、この時間だと集まるかどうかは微妙な気がしなくともないね」
萃香 「んー・・・電波ってどうなんだろうね・・・?w
まぁそう見えなくもないけどさぁーw >GM」
GM 「じー>萃香さんの角が電波みたいになっているのをみて」
龍田 「飽和職っていうのは、最初の役職の配分を決定した際に
その村人人数で出てもいい数を超えちゃった役職のこと~」
萃香 「まぁ、人数来るまで置換は放置でいいんじゃないかな?と」
GM 「いらっしゃーい」
龍田 「ちがうちがう~」
ダブルエックス 「希望でも無い限りあまり飽和はしないでしょう」
龍田 「飽和職から転換される村人には、実質上限がないからね~
其処だけ気をつけてほしいかなって感じかなあ?」
ダブルエックス 「ズサーで来るさ」
萃香 「よろしくー
マニア置換は人数少ない時はオススメできないけど~」
龍田 「村人のマニア置換の事じゃなあい~?
17人未満ではちょーっとオススメし辛いけど」
萃香 が幻想入りしました
GM 「村人置換オプション これか」
ダブルエックス 「置き換えがあるでしょ」
エトワール 「よろしくね」
GM 「マニアオプションあったかしら…」
エトワール が幻想入りしました
ダブルエックス 「マニア村とか」
龍田 「よろしくね~」
ダブルエックス 「よろしく願う」
ダブルエックス が幻想入りしました
龍田 「私は特別希望はないから もし希望をききたいなら
後からくる人達に聞いてあげてー?
無理やりひねり出しても 封憑くらいしか浮かばないし~」
GM 「オプションはなしのままでいいかな?」
龍田 「あ~ら いらっしゃ~い」
ヒータ 「今日も暑いなー、
よろしくお願いするよ。」
ヒータ が幻想入りしました
GM 「開始予定は…14:20ごろにしましょう」
GM 「いらっしゃーい」
龍田 「う~ どうしてかなあ
少し席をはずすねー? 始まる前に調子良くなるといいんだけどな~」
龍田 「お邪魔しまーす。」
龍田 が幻想入りしました
GM 「【ローカルルール】
・AA自由
・身代わり君への能力行使自由
・恋人が全滅した場合のみ早噛み許可
・村騙りは自己責任」
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば。
 占いCOする時はよく考えましょう。

結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。

占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。

占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)
 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます。

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります

”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。
 朝の死因 噛まれ・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺し
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいないときは・・・がんばれ

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/sousei/info/new_role/

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

突然死ダメ!ゼッタイ!
 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
村作成:2013/08/11 (Sun) 13:47:11