←戻る
【雛1080】やる夫たちの妖精封憑超闇鍋村 [1323番地]
~今日のトレンドは恋人~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード固定配役追加モード (TypeR:妖精村)[R]出現率変動モード (TypeE:封憑村)[E]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 悪戯GM
 (dummy_boy)
[罠師]
(死亡)
icon スービエ
 (nnm◆
Lt.nnmDL3AV3)
[夢毒者]
(死亡)
icon きゅうべえ
 (針鼠◆
GRnrYc.UlM)
[巫女]
(死亡)
icon ネコ
 (ぼっち◆
quaAwStKFA)
[夏妖精]
(死亡)
icon ガロード
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[蝕仙狸]
(死亡)
icon
 (ふらい)
[夏妖精]
[悪戯]
[元奇術師]
(死亡)
icon ウルフルン
 (千風(仮)◆
AUfwXHRykU)
[夏妖精]
(死亡)
icon 球磨川禊
 (大嘘憑き◆
rDl01.MEHQ)
[霧狼]
(死亡)
icon イワーク
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[宙狐]
(死亡)
icon 大和田紋土
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[縁切地蔵]
(死亡)
icon プロデューサー
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[村人]
(生存中)
icon ジャミル・ニート
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[野狐禅]
(死亡)
icon キスメ
 ($◆
ZZQhvypOfk)
[逃亡者]
(生存中)
icon 巨大化っていう
 (www)
[占い師]
[悪戯]
(生存中)
icon ギルガメッシュ
 (一太刀◆
9x3KLp5alYKM)
[般若]
(死亡)
icon ゆっくりまりさ
 (カン)
[人狼]
(死亡)
icon ウィン
 (空澄姫黒曜◆
z1XhdJ.lxM)
[萌狼]
[元神話マニア]
(死亡)
icon キングべひんもす
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[村人]
(生存中)
icon 黄瀬涼太
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[巫女]
(死亡)
icon ニャル子
 (入村数の人(53)◆
8U./Lb8Pi6)
[萌狼]
[悪戯]
(死亡)
icon ティファ
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[閻魔]
(死亡)
icon メリー
 (朝霧夕◆
1oKmZSIAF.)
[一角獣]
[元奇術師]
(生存中)
ゲーム開始:2013/08/11 (Sun) 20:26:47
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4 妖狐陣営2 蝙蝠陣営2 鬼陣営1 神話マニア陣営3
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
悪戯GM 「おーつかれさまー
ウサー!配役隠蔽!」
悪戯GM 「おくーちチャックー!!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
悪戯GM 「お疲れ様ー」
ウルフルン 「はっはっはさすがに吊られるか。」
悪戯GM 「どんまいどんまい!
いいことあるウサ! >ウルフルン」
ウルフルン 「まぁ(役職)だから無駄吊りちゃー無駄吊りだよなー。
あ、ニャル子にやったこととか遺言書いときゃよかった。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ウルフルン 「ちょっとアイコン登録してくる。」
悪戯GM 「ん、いってらっしゃーい
あ、すぐ戻るならいいけど結構時間かかるなら遺言辞退した方がいいかもー >ウルフルン」
ウルフルン 「あれ?今でも遺言できるの!?」
悪戯GM 「蘇生辞退だった
間違い間違い!」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
悪戯GM 「お疲れ様ー」
「噛まれてしまったのなら仕方が無い(キリ」
ウルフルン 「ああ、驚いた。アイコン登録したからおk
そして同志乙」
「同志だと・・・つまりお前もちぇんを狙っているんだな!
ダメだダメだ!どこの馬の骨ともわからん狼なぞに私のちぇんを渡すものか!」
悪戯GM 「ちぇん男っぽいけど・・・ >藍」
「ちぇんが男の子だと・・・許せる!」
悪戯GM 「・・・(この村変態さん多いなー)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ウルフルン 「(変態とかやってらんねぇ・・・。)」
「昨日異議あり押したら女性だったろう、むしろノーマルではなかろうか
悪戯GM 「何だろう・・・何とも言いにくいこの感じ・・・w」
「うーむ、しかし霊界非公開なのは意外。
これは普通に占い遺言を残しておくべきだったか?
それとも出てないマニアが覚醒系なのか・・・」
「しっかりもののおねーさんが猫っぽい男の子とちゅっちゅすると考えれば実に美味しい組み合わせだと思うんだ。>GM」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
悪戯GM 「お疲れ様ー」
球磨川禊 「『ぎ ゃ ぁー』」
悪戯GM 「・・・(何だろう・・・合ってるようで合ってないこの感じ・・・) >藍」
ウルフルン 「乙乙」
球磨川禊 「『占いCOきゅうべえ○>べひんもす○>』」
「おやおや。占い師とは痛いね。
6票もらいは結構集中してる感じだし、次からは危険を感じたら自分から出てしまう方がいいかもしれないな。」
ウルフルン 「まぁ復活したら出しとくわ。>くまー」
球磨川禊 「『ごめんね』『反省してるよ』『あんな寡黙では吊られるのは当然だ』
『もっと発言増やしたいなあ』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「まぁ蘇生がいたとしても吊られた者を蘇生する事は無いだろうしなぁ・・・
最短で明日の夜チャレンジじゃないかな?」
「覚醒系がいて霊界非公開なのなら、明日の朝に公開されるはずだが。さて。」
球磨川禊 「『誰か僕の結果を下に伝えてくれないかなあ』」
ウルフルン 「よし、三人寄れば文殊の知恵。推理するか。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
悪戯GM 「お疲れ様ー」
ウルフルン 「とりあえずギルはいらん。」
ウルフルン 「おつー」
ティファ 「お疲れ様……です」
球磨川禊 「『お疲れ様』」
ティファ 「括弧つけるのは……面倒ですからね>寡黙になってしまう」
球磨川禊 「『こんな過負荷が占いなんて最悪だね…』」
悪戯GM 「RP重視だとねー♪」
「今日非公開なので、
・蘇生能力持ちがいる
・伏せているマニア陣営の中に五徳猫
・イタコがいる」
ティファ 「昨日の私の発言で何かしらの狩人系位置にでもみられたのでしょうか」
「まぁ、普通に考えれば般若は引き分けのために村っぽいところを攫うからな。
この村は村有利な内訳だし。」
球磨川禊 「『括弧つけるのめんどうなんだよね』『でもまあ球磨川が好きだから!』」
「だから安定と占い保護のために般若吊りは普通にありうる。
球磨川の遺言が出た今となっては、特にそう思うね。」
ウルフルン 「閻魔蘇生はあると思うなー。」
ティファ 「『まぁでも慣れだよ禊ちゃん』
『気づけば何て事はない波紋法矯正マスクみたいなものさ』
『むしろ着けない事に違和感を覚えるよ』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「ウィンはガンダム系で占い先決めてるのかな」
球磨川禊 「『まあ頑張っていくことにするよティファちゃん』
『でもそもそも僕には発言力が足りないんだ』」
ティファ 「『占い保護なら、昨日吊るべきだね』
『だいたい般若って信用しすぎだぜ皆』」
球磨川禊 「『般若という名の狼か別鬼だねティファちゃん』」
ウルフルン 「とりあえず二行にすりゃーいいって聞いたな。
その方が発言してる風にみられるらしい。」
悪戯GM 「同じ喋り方が2名だとあれだねーw」
「もし蘇生がいるのなら、私が誤爆蘇生されたら命乞いをする準備はできているぞ・・・!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
悪戯GM 「お疲れ様ー」
ネコ 「バカな・・・・」
ティファ 「『そこは僕がどうにかできる範疇じゃないからね』
『とはいえ鍋は回数を重ねれば自然、発言は身に付くさ』
『だから気長にやっていけばいいよ』」
ウルフルン 「ねこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
「普通の意見の前に、「ふーむ、そうだな」で1行稼ぐとかな。
わりと見た目の量が増えるので悪くない。」
球磨川禊 「『お疲れ』『毒かー』」
スービエ 「……猫飛びなら真毒か
お疲れ。」
ティファ 「お疲れ様」
「ちぇぇぇぇぇぇぇぇん!?
球磨川禊 「『了解だよ』」
ネコ 「吾輩ネコであるが名前はまだないのである。
風祝COであるな・・・・」
「ごめんなちぇん、○なんか出して。いつお前が噛まれるかとヒヤヒヤしてたよ。」
ネコ 「もう一人の蘇生か覚醒か
前者に期待するのである・・・・」
スービエ 「蘇生がいるなら、一応言い訳しておく。
異議ありを押さない理由はその日の朝一で言ってるんだが!」
ネコ 「らんしゃまあああああああ!」
「なん・・・だと・・・
私蘇生してくれなかったのかいちぇん。私は悲しいよ・・・」
ティファ 「『人外毒じゃない保証もないけどね』」
スービエ 「◇スービエ(9)  「一角獣が真でも「異議ありを敢えて押さない」ことには意味がある
たとえば、ひよこが潜伏中の場合。
まああの流れになった時点で出てこないひよこなど偽だから、これは捨ててもいい。
もう一つは、ひよこ結果を出す「かもしれない」魔法使いがいる場合だ。
これは真一角獣にも言えることだが、ラインの形勢は非常に重要だぞ。
だから、俺は敢えて異議ありは押さない。……まあ、いかにもガテン系の七英雄に逃亡する一角獣などいないとは思うが。」

これな。」
ウルフルン 「…ん?ネコお前役職なんだ?
死んだのスービエだろ?」
ネコ 「蘇生は一切試みていないのであるよ吾輩。」
ネコ 「え、だって狂人コピーマニアっぽかったし・・・<らんしゃまあ」
ネコ 「明日になれば分かるのであるよ。悲しい悲しいネコの物語が・・・」
「意見は読んだが、性別鑑定結果しか出してない魔法使いなぞ騙り断定で吊って構わないんじゃないかね。
むしろ魔法使い側が空気を読んで素村COするところだよ。」
ティファ 「『こう言ったらあれだけど』
『球磨川アイコンなら無意味な茶々を発言してもいいと思うよ』
『昼間に、女の子は全員パンツ丸出しになれ、とかね』」
スービエ 「一応聞くが、撤回妖精とかはないよな?>猫

ないと信じているぞ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ネコ 「明日になれば分かるさ・・・
悲しいネコの悲しいCOが・・・・」
ネコ 「わからなかったのかい?
どうして3日目悪戯がなかったか・・・」
「まぁ私噛まれるんだからネコは非狼なのは確かだろう。
初手かこえてるんなら、私がどこかに●を出した時点で噛む。」
ウルフルン 「風祝…!ああ合点が行った!
…スービエは毒?いや違うか。」
ネコ 「ふふっ・・・藍様悪戯してたんだ・・・」
スービエ 「性別鑑定結果だけ出す魔法使いなど俺でも吊る。
そうじゃなくて、全員の性別を明らかにするのはおかしいと言いたかった>藍」
ティファ 「『風祝いねぇ』」
ウルフルン 「お 前 が 相 棒 か >ネコ」
「だからいいんだよ、魔法使いなんて気にしなくて。」
スービエ 「一角獣が、俺の性別騙りに賭けて逃亡はしないだろうしな」
スービエ 「おい>猫」
「ちぇんは妖精だったのか・・・かわいい(ブフゥー」
球磨川禊 「『君死んでるぜ?スービエちゃん』」
「おっといかん愛情が溢れてしまった」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
悪戯GM 「お疲れ様ー」
ギルガメッシュ 「あん?俺噛むのか」
ティファ 「『まぁ、夜明け次第かな』」
ギルガメッシュ 「んじゃウィン狼でいいんじゃね」
スービエ 「……なるほど。
まああの流れになった以上は止められないし、
既に性別を出したところで結果をひとつ埋められたりもするだろう>藍」
ティファ 「『やぁ』
『お疲れ様』」
「おや、2占いからダブル●」
スービエ 「ああ、お疲れ。」
ウルフルン 「なんかカオスになってきたなーw」
球磨川禊 「『蘇生失敗』『ということは仙狐否定だね』」
スービエ 「ところで
霊界サービスしたい時に限って蘇生がいるのは」
「あえて言うなら「性別に関わらず蝙蝠をひよこ鑑定すると蝙蝠結果、蝙蝠目を狙えばよろしい」というところか。>スービエ」
ギルガメッシュ 「いやぁ40%意味ねぇなー」
ネコ 「しいていえば」
ネコ 「スービエ夢毒確定この野郎!!」
「ああ、巨大化っていうはあんまり信用しない方がいいな。
結果だけさっと出さないのは村に判断させたくない騙り占い師が多い。」
ギルガメッシュ 「ウィン吊っていいんじゃね?QBが狼かしらんが
噛まれず残ったら攫い宣言してるからな」
球磨川禊 「『ふーん、参考にさせてもらうよ』
『そういう出し方はダメなんだね、藍ちゃん』」
ギルガメッシュ 「んで鬼噛みなら、そらーおめぇそこ狼ですってもんよ」
スービエ 「蝙蝠は2しかおらず、初手で既に死亡していたからな
蝙蝠とラインをつなぐ確率は望み薄、そして俺の吊り死亡ですべては無に帰してしまった……>藍
あとは金系のみだが、まず認めないだろうしな」
「・・・というのは言いがかりだ(キリッ
まぁ占いを殴る際のきっかけの一つにはなるんじゃないかな。」
ネコ 「蝙蝠2しかいないというか二つとも夏妖精だったよ?
ニャル子と藍様で二つ分」
球磨川禊 「『やれやれ、無実な僕に霧系の容疑をかぶせるなんて許せないなぁ』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スービエ 「COと同時に結果張り、俺もよく忘れるからな」
「・・・はっ!?
ウルフルンの「同志」発言、つまりちぇんコピーのマニアだったということなのか!」
「おのれウルフルン、私のちぇんにピッタリくっついてあんなことこんなことしてたのかー!」
ネコ 「いや2朝に悪戯2でてるからそれはないよらんさま」
ティファ 「あれ……そういえば
私蘇生なのですね」
ネコ 「たまたま夏妖精が二つでてただけだよ
ねーうるふるん!」
「あっ、ちぇんがなんかすごく親しげ」
ウルフルン 「…(目をそらす
ってしてもいいがそうだ。>ネコ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「ええとショットガンはどこにしまってあったかな・・・」
悪戯GM 「お疲れ様ー」
スービエ 「ただ、失敗がでたことにより人外蘇生が否定されたのは大きい。
蟲姫がいるかいないかまではわからないが……どうだろう
指定役がいるならでる、か?」
きゅうべえ 「お疲れー」
ギルガメッシュ 「おつー」
ティファ 「なにか……下に伝えたいことは?」
スービエ 「お疲れ。」
ウルフルン 「おつー。
じゃあネコ、逃げるから藍とめといてくれっ!(ダッ」
きゅうべえ 「まあ、巫女じゃ吊り回避も出来ないからね」
球磨川禊 「『大嘘憑き』『ショットガンをなかったことにした』」
ティファ 「お疲れ様です」
ギルガメッシュ 「復活したらウィン吊って、ニャル子攫うわー」
ネコ 「・藍様ご乱心
・4夜に蘇生あり
・ネコとウルフルンはなかよし」
きゅうべえ 「正直あの状況でニートCOしても「じゃあとりあえず吊ってしまうか」で終わるから無意味なんだよ。」
「お疲れ様と。
他に占い師がいるのだから2●だろうが狼とは限らんのだけどな。
ま、ニートなら吊られても何とかなる内訳であると期待しておくしかないだろう。事実そんなに悪くも無さそうな気配だし。」
ギルガメッシュ 「まぁこの復活率からみて、猫又くせーけどなぁ」
きゅうべえ 「なまじウィンが吊れうる状況だけにね。
ウィンが吊れない状況なら、それこそ信頼補強するだけだから素直にCOするけど。」
「霊界視点だが、自分吊りを受容した上で説得した方が後々には良かったかもしれないな。」
ギルガメッシュ 「あ、もし復活したら、ウィン吊りでいいよな?復活したらだけど」
ウルフルン 「だなー。個人的にでっていうも。>ギルガメッシュ」
きゅうべえ 「別に君は村のために奉公しなくてもいいんだが……>ギルガメ」
きゅうべえ 「つたえてくれるならありがたいけどね。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「でもウィンかニャル子が無残になってるかもしれないぞ?>ギルガメッシュ」
ギルガメッシュ 「ないない、絶対残る」
きゅうべえ 「結局返答できてないしね、ウィン。

ニャル狐?都合よく白が死体ばかりの占い信じるのかい?」
「まぁ巨大化無残になる気はするが」
スービエ 「俺が気になるのは大和田紋土かな
殴り方が甘いままこちらを吊りに来ている
特に自分なりの意見もないようだし、ウィンの次にでも」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ギルガメッシュ 「ま、復活したらだしな」
悪戯GM 「お疲れ様ー」
悪戯GM 「って、死体ないやー」
きゅうべえ 「私コピーの覚醒とか無いかな(キラッ」
ギルガメッシュ 「狐噛んだくせぇなぁ・・・
これガロード蘇生だろw」
「死体無しか・・・これは占い吊れないな。」
スービエ 「死体なしと。……ほう」
きゅうべえ 「あからさまに結果合わせてグレー広めようとしてるだろうこれ」
ティファ 「死体無し……ですか」
きゅうべえ 「ないない、GJでてるなら藍噛まれてない」
ウルフルン 「死体なし・・・妖狐2…あっ」
「あんまり自信満々に断定して後で外れると恥ずかしいぞ。>きゅうべぇ
そこは「2回続けて占い先も結果も同じ、2Wありそうじゃないか?」くらいにしておくものさ。」
きゅうべえ 「もう何回も外してるからそのあたりは慣れた>藍」
きゅうべえ 「勝負という物は誰もがどうでも良い場所で自分だけが命をかけて
自己満足を手に入れる物だってやたら名前が多い人が言ってた(棒
負けそうなときはテーブルを立つのがコツとかコツじゃないトカ」
きゅうべえ 「そういや蘇生ログってどんな風になってるん?」
ウルフルン 「4日目と6日目にティファ蘇生だなどっちも失敗>きゅうべえ」
悪戯GM 「それは結局コツなのだろうか・・・ >テーブルに乗る >きゅうべえ」
ネコ 「4日目5日目ティファ蘇生チャレンジ失敗」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「無し>藍>ティファ>ティファ」
ギルガメッシュ 「5日:ティファ→6日:ティファ ぜったいロリコンかガロードが蘇生くさいw」
スービエ 「あー、ガロードならティファ蘇生も納得はするな
一応そこ狂人もないではないし、狼陣営初期4だが」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
悪戯GM 「お疲れ様ー」
「まさかの身代わり占い師-全占い偽者コースも」
きゅうべえ 「ノーゲームになるだけだとかなんとか

なお掛け金がかかっていた場合はとっ捕まる模様>藍

あ、おつかれー」
ニャル子 「お疲れ様ですよ!」
スービエ 「お疲れ。」
ギルガメッシュ 「おう、おっかれさん
神話1しか出てないから後2は人外っぽいけどな」
スービエ 「いや、おまえがそれを言うのか?>藍」
きゅうべえ 「ウィンは結果接続しているニャル子が偽想定なら
自分の信頼もがた落ちになるの理解してなさそうだなー」
ウルフルン 「おつー
ニャル子、初日いたずら俺な(キリッ」
悪戯GM 「あぁ、チェス盤をひっくり返す理論・・・
何というか、ひどいウサね・・・w >きゅうべえ」
ニャル子 「まあはい、そこは別にいいんじゃないでしょうかね>ウルフルン」
きゅうべえ 「僕コピーの覚醒者とかいるかもしれないじゃないですか

いるかもしれないじゃないですか>ギルガメ」
ティファ 「お疲れ様です」
ギルガメッシュ 「せやな>QB」
「私だって自由な発言をする権利くらいある・・・!>スービエ
いつも紫様のお供してるだけではないんだぞ!」
スービエ 「む、少しばかり離席しよう
ラーメン作るだけだからすぐに戻ってくる」
きゅうべえ 「そう、外れたときは反省会に入って直ぐにお疲れ、落ちますと言えば良いだけなのである>悪戯GM

当たったとき?(ドヤァと付ければ」
ネコ 「らんさまは遠くへいってしまわれた・・・」
「そういえばあったなー、覚醒者の巫女コピーで下界丸見え。」
スービエ 「いや、そうじゃなくてだな……
おまえの遺言……>藍」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ティファ 「それにしても…外科医に伝える事が少ない状況ですね」
「・・・お疲れ、落ちますでいいんだっけ!?」
きゅうべえ 「内科の担当と言うことですな」
「>ティファ
お願いです、一生かかってもお金を払いますからちぇんを助けてあげてください!!」
悪戯GM 「ういー
おつかれさま。カップ麺が体に悪よ~? >ヌービエ」
球磨川禊 「『んー』『数分ちょっと離席するよ』
『辞退は必要かな?』」
スービエ 「ふむ、とりあえずは昼になるまで待とうか」
ティファ 「女神に憑依で恋人丸解りなら一度」
きゅうべえ 「数分なら昼の間に戻ってこれるんじゃね、最悪」
スービエ 「大丈夫、袋麺だ>GM」
ティファ 「>藍
それが聞きたかった」
「夜→昼のタイミングで誤爆蘇生が無いことを確認すれば、10分くらいは大丈夫さ」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
悪戯GM 「お疲れ様ー」
きゅうべえ 「お疲れ様。」
ニャル子 「間に合わなかった…!>遺言」
ウルフルン 「おつかれー。」
ニャル子 「お疲れ様ですよ!」
イワーク 「お疲れ様だ
そして蘇生がいるのか…」
ギルガメッシュ 「んー?イワーク噛みかな?」
悪戯GM 「遺言が首チョンパしてる!!」
黄瀬涼太 「あ、お疲れ様ッス」
イワーク 「それにしてもなぜティファ?と思っているのだが」
スービエ 「お疲れ。」
ギルガメッシュ 「ガロードしかいないんすけどwww」
黄瀬涼太 「普通に巫女ッスよー。
……って蘇生でもいるッスかねこれ」
「ううん、今って巨大化真なら噛んだら詰むんだっけ?」
ウルフルン 「もう」
ティファ 「お疲れ様です

毒噛みみたいですね」
スービエ 「では少し行ってこよう。
夕暮れまでには戻ってきたい」
きゅうべえ 「噛まれで変な事も言ってないからじゃね>イワーク」
ウルフルン 「ガロードだなwww」
イワーク 「俺も割とそこだと思う>ガロード
正直重要役職オーラ放ってたよな、そっこ」
黄瀬涼太 「俺が人狼なら巨大化っていう偽ッスけどね。
俺巨大化っていうの○ッスし」
黄瀬涼太 「……俺が白狼とか主張するにしても
2W以上いるなら俺噛み役しないッスよ流石に?
他人に任せるッス」
ティファ 「私が……村だからです(キリッ>イワーク」
きゅうべえ 「そもそも人狼が無残で巫女遺言用意してるってのはあんまり見ない気がする」
イワーク 「まあそうなるな>黄瀬
ただウィンを真見るのは正直無理があると思っているが」
「蝕巫女が自爆で2死体・・・!」
黄瀬涼太 「だから俺視点あんたが狐で巨大化っていうが銃殺を出した

死体なしは狩人が護衛成功を出した、故に狩人探しで巨大化っていうの○の俺を噛んだ」
黄瀬涼太 「そう考えるのがまぁ……妥当なんじゃないッスか?」
きゅうべえ 「毒遺言と巫女遺言のどっちが狐かと言われればはっきりと毒である」
ギルガメッシュ 「ウィン噛まれないなら俺が攫うって言って、俺噛みだから
ウィン狼でいいんだよ、わりと」
ティファ 「憑き系はない
なのでどちらかが嘘を憑いているのでなければ暗殺がいる
そういう状況ではあるんですが……」
「狩人いるならメリーっぽい気はするな。ウィン・ニャル子吊りきりと言ってたし」
球磨川禊 「『ただいまー』」
イワーク 「正直鬼噛みの時点でウィン吊って良かったのではないかなと思っている>ギルガメッシュ」
黄瀬涼太 「そこ一角獣ッスけどね……>藍」
「ってそこマニアラインか」
イワーク 「そこ逃亡>藍」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
きゅうべえ 「メリーがあのタイミングで逃亡者の存在を把握して
神話騙りするような化け物ならって話じゃねそれ>藍」
「・・・つまり狩人の逃亡騙り!?」
イワーク 「というかキングとガロードで蘇生ー狩人だろうなと」
悪戯GM 「おかえりー >球磨川」
ギルガメッシュ 「いや、俺が攫ってるから狩人騙りはねーよ」
黄瀬涼太 「いやまぁ、ウィンの真見たいならそれはそれでいいんじゃないッスか?
仮にこっから巨大化っていう吊るようなことがあったら
ある意味ミラクルC……もとい下界の奴らはどういう思考してるのか
すごく興味が生まれるッス」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
悪戯GM 「お疲れ様ー」
ギルガメッシュ 「メリーが奇術師で門番盗っても
俺がメリー攫いだから死んでるはずだしな」
ニャル子 「お疲れ様ですよ!」
ティファ 「黄瀬さんが白狼なら寧ろでっていう噛みそうですしね>詰みなら尚更
狐処理の為に残してるなら別ですが

ちなみに喜瀬さん白狼で噛むケースがひとつだけあります」
きゅうべえ 「お疲れ様ー」
イワーク 「お疲れ様だ」
ゆっくりまりさ 「◇ジャミル・ニート 「その二択ならまりさかな
そこはネコを藍が噛まれた時にグレー戻しと言ってた位置だから」  
いやラン噛まれの人外COだったじゃんぜと」
黄瀬涼太 「お疲れ様ッスよ」
ゆっくりまりさ 「遺言に加工と思ったら間に合わなかったぜ 
お疲れ様だぜ」
「狩人出ないケースはあるぞ。
逃亡を噛めばいくらでも死体無しは作れるからな。」
ティファ 「お疲れ様です」
黄瀬涼太 「まぁ別に死体なしが逃亡だったとかでもいいッスけど
それでも村の信用的にはラインつないだ巨大化っていうの方が
あるんじゃないッスか?」
きゅうべえ 「この内訳狼が故意に死体なしだしてどーするというアレが>藍」
ゆっくりまりさ 「マニア枠は多分ランとメリキスメで二枠だよな? 
白コピーとかなければ大丈夫なんじゃないかぜ。吠えも減った感あるしぜ」
黄瀬涼太 「確かニャル子が萌えた>巨大化っていう真っぽいわーみたいな流れになってた気がするッスけど。
それとも俺が巫女遺言だからとかで俺が狐でーとかそういう話の流れになるッスかもしかして。」
「狩人GJっぽく見せれば占いは吊られまい→普通に吊られたというオチ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スービエ 「戻ったぞ。」
きゅうべえ 「安心しろ、毒遺言の方が狐っぽい>黄瀬」
悪戯GM 「おかえりウサー >スービエ」
「あ、これ詰んでるっぽい吠え。
せめてゲームが終わる前にネコだけでも蘇生を・・・!」
イワーク 「正直それないというかお前を即噛む狼だぞ>藍」
ティファ 「LWというか騙りで吊られる気だった狼が噛めない系だった場合

まぁ、今夜でハッキリすると思いますが>その辺りは」
「まぁ私の出方は埋毒者の占いCO十分ありえたしなぁ」
スービエ 「今蘇生ログを見ているところなんだが
藍蘇生などあったか?」
黄瀬涼太 「まぁ藍即噛みする人狼ッスからね……
村的には人狼3狂人1で狂人初日の八雲藍が元マニア……
って感じだったと見てるッスが」
きゅうべえ 「それはそれで今日の2死体はなんぞと言うことに>ティファ」
ネコ 「そろそろ蘇生される出番ですかね。
吾輩が蘇生されたらウィン処刑してきますね」
「とりあえず噛み、つまり鋭狼でもいたんじゃないかって気はする。」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ニャル子 「お疲れ様ですよ!」
悪戯GM 「おつかれさまー」
「ちぇぇぇぇぇぇん!!」
イワーク 「お疲れ様だ
まあガロード重要役職にしか見えなかった」
黄瀬涼太 「が、ガロードー!」
ウルフルン 「フルオープンきたあああああああああああ
…えっ?」
スービエ 「公開だな、お疲れ。」
きゅうべえ 「おつかれー」
ギルガメッシュ 「ですよねー」
悪戯GM 「あ、やっと公開
GM肩こったー」
イワーク 「って狩人いないだと…?」
ガロード 「ごめん蘇生できなくてティファ」
きゅうべえ 「あかん>狐生存」
黄瀬涼太 「お疲れ様ッスわ」
ゆっくりまりさ 「お疲れ様なんだぜ。らん妖精かよぜ・・・」
スービエ 「夏妖精……3……!?」
イワーク 「なんでメリーなんか噛んでるんだ、狼は!!」
ギルガメッシュ 「ゲラw」
ティファ 「だから、それで黄瀬が噛むしかなかったパターンがありえるかどうかが今日の死体の数で図れるという話ですよ>きゅうべぇ」
「身代わり君が狂人だったとはこの八雲藍の目を持ってしても見抜けなんだわ・・・」
ウルフルン 「夏妖精3ってなんだよwwwwwwwwwwwwwwwww
藍wwwwwwwwwwwwwwwww」
ネコ 「あれ?奇術なのに奪われてない?」
ギルガメッシュ 「あー・・・これさー
誰も勝利しない狐勝ちか?ああイワークだけ勝ちか」
悪戯GM 「いや、当ててたじゃないですかー
正直ビックリしたウサw >藍」
ニャル子 「藍さん…殉教者じゃなかったんですね…」
黄瀬涼太 「あぁ、これウィンLWじゃないッスか」
きゅうべえ 「奇術師は初日投票した役職は奪わんよ

結果が変わっちまうことがあるからかね」
スービエ 「てっきり初日コピー狂人だと思ってたんだが
俺のこの純情にどう報いてくれるんだ>藍」
ティファ 「お疲れ様、ガロード
ううん。気持ちだけで嬉しいわ」
黄瀬涼太 「そしてなぜかいる緋色さん」
「奇術師は「1夜投票しない役職は奪う」という効果なんだよ。>ネコ」
ネコ 「あ、そうか
初日夜に投票したからそのままマニアになるんだ」
イワーク 「でっていう噛んでのまりさLWにかけて方が生きてたんじゃないのかなとは思ってる」
ガロード 「呪殺出た場合飼えたんだがなウィン」
ガロード 「蘇生ね」
「いやー怪しい占いCOしたら、私-ネコでずっと残らないかなと期待したんだが。」
イワーク 「ふ、ここでジャミルが噛まれなければ俺は勝つ
だがジャミルは勝てないという悲劇」
きゅうべえ 「下界でも言われてたけど、
正直2w割いて吊りに行く場所じゃないよ、僕は」
ゆっくりまりさ 「巨大化抜きの残りグレーで勝負になるとは思わなかったんだぜ 
信頼に勝負を賭けた。その結果負けたぜ」
ギルガメッシュ 「まぁ偶数展開ならさ、逃亡同士にげときゃいいんだよな
奇数なら狼つっときゃPPねぇし」
ガロード 「噛まれ閻魔だし蘇生にはありだろ普通に」
黄瀬涼太 「2Wで●投げた結果が巫女……
物悲しいものがあるッスよね、せめてバラバラに投げれば更に混乱したのに」
ガロード 「1回目失敗でで嫌な予感してたし」
ニャル子 「どうもこう伝達が不十分だった可能性がですね!」
ゆっくりまりさ 「というか私LWに残って逃亡同士をどう処理すればいいのかとぜ」
悪戯GM 「おーっと
これはまさかのー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
イワーク 「というよりもこの人数でニャル子真って巨大化がマニア狼くらいしか無かったと思ってるんだよな
QB非狼で残してよかった位置じゃね?とは」
「噛まれない巨大化を真認定できなかったか。」
きゅうべえ 「人狼の騙り枠が4枚しかないのに
信頼勝負挑んでどうするんだというアレのような」
黄瀬涼太 「どう見ても逆ッス本当にありがとうございました」
ギルガメッシュ 「逆だよなぁ・・・」
ガロード 「40%はあてにならないな」
「でもジャミルは勝てないんだよなぁ」
きゅうべえ 「野狐禅は犠牲になったのだ……」
悪戯GM 「この、最後の最後で狐がかっさらっていく感・・・
GM結構好きウサ」
スービエ 「……これは狐が逃げ切ったか
そして俺が作ったラーメンの意味とは!」
ウルフルン 「狐か?」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
イワーク 「メリーがジャミルに来てくれればジャミルは勝てた…
だが来てくれなかったのだ」
スービエ 「……あ>ニート野狐禅」
黄瀬涼太 「再投票ッス」
悪戯GM 「やや」
イワーク 「引き分け、かろうじてと言ったところか」
ウルフルン 「おお再投票!」
ガロード 「どうなるかな?」
ギルガメッシュ 「このまま引き分けがいいのう」
きゅうべえ 「しかしニートの多い村陣営だなおい」
ゆっくりまりさ 「このまま引き分けになーれだぜー 五回きめろーぜー」
ギルガメッシュ 「あ、メリーが変えた」
ティファ 「でも……言えない
ガロード見かけたら本当はもっと別のネタしようと思ってたなんて……」
ウルフルン 「お!メリーが変えた!」
黄瀬涼太 「Pも変えたッスね」
ギルガメッシュ 「よし、寝る」
ガロード 「俺も結果はニートだし」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
きゅうべえ 「勝ったな(フラグ」
スービエ 「他がぶれなければニート処刑になるはずだ」
黄瀬涼太 「ぶっちゃけ巫女2って時点でニートじゃないッスか……」
ニャル子 「お疲れ様ですよ!」
悪戯GM 「お疲れ様ー
後一歩ー」
ゆっくりまりさ 「お疲れ様なんだぜ」
ガロード 「よしいける」
きゅうべえ 「おつかれー

あとは逃亡者達が勝つかどうかか」
スービエ 「お疲れ。」
ウルフルン 「これは村勝ち?」
黄瀬涼太 「お疲れ様ッスよ!」
「素村2と比べてどっちが嬉しい?>黄瀬」
イワーク 「お疲れ様だ」
ジャミル・ニート 「無理だ、無理」
ウルフルン 「あー逃亡者いたか。」
黄瀬涼太 「どっちも物悲しいッスわ>藍」
きゅうべえ 「一番物悲しいのは村人表記にも
ショック死役職にも期待できない縁切りじゃないだろうか」
ガロード 「蘇生場所は正解だったんだ蘇生さえ出来れば」
ギルガメッシュ 「3日目に絶望味わった般若よりましやろ」
ジャミル・ニート 「あそこでウィン吊っても私は勝てないという悲しさ」
スービエ 「俺は夢毒だが一応仕事はしたぞ
仕事は……別にしなくてもよかった仕事だが」
イワーク 「占い噛んでから逃亡噛みならまだしも
先に逃亡噛みは狼全残りじゃないと無理だろう」
きゅうべえ 「まあこの村蝙蝠・鬼枠埋まってる異常
騙り=ほぼ狼or狐=吊るなんで本気で順番の問題なんですがね>ウィン」
「おのれちぇんの仇!>スービエ」
きゅうべえ 「メリー事故死の可能性はゼロじゃなかったじゃろ!>般若」
黄瀬涼太 「占い両方吊ったら銃殺出ないわ魔理沙吊れないわ
さんざんの気がするッスが」
ウルフルン 「ねこのかたきゃああああああああああ>スービエ」
ゆっくりまりさ 「占いが即噛みできてのグレランで生き残れればだぜ 
村の役職的には証明できないのが多い分狼は戦いやすかったんだが…」
ティファ 「お疲れ様ですジャミル……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
黄瀬涼太 「噛めないって辛いッスね」
ジャミル・ニート 「ティファ・・・サボテンの花が見えたよ」
ガロード 「ジャミルいい艦長だったぜ」
ギルガメッシュ 「相互投票とか言われたら無理っすわ
つーか攫い失敗した時点で諦めるわ>QB」
スービエ 「妖精とは共存したいがこればかりはな!
役職のせいだ!>藍ウルフ」
ガロード 「じゃ、行こうかティファ」
黄瀬涼太 「メリーはウィン逃亡が安牌じゃないッスかね」
黄瀬涼太 「ウィン女性……だった気がしたッスけど(気のせいだっけか」
「巨大化が露出して即噛めなかったのが、というところだろうかね。
私自身はまぁ自業自得な噛まれ。
ただ狼がネコ噛みする可能性もあったんでネコには申し訳ない動きしたな。」
ジャミル・ニート 「キュウべえ釣りのところでさっさとウィン吊れてればまだ勝ち目はあったかもしれんのだが」
きゅうべえ 「相互投票はあれ実は楽に噛めるんだけどな、狼からすると>ギルガメ

なぜか誰もやろうとしないが」
悪戯GM 「合ってるよ?
というか、般若噛んだ理由女性攫いだから・・・」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
ティファ 「……死体の並び的に

ガロード若気攻め、ジャミル大人の余裕受け?」
大和田紋土 「おう、お疲れ」
悪戯GM 「お疲れ様ー」
大和田紋土 「っぶねえ!>ジャミル野狐禅」
ニャル子 「お疲れ様ですよ!」
きゅうべえ 「おつかれー」
「ウィン・まりさ・ニャル子か。
球磨川は吊れてしまったしたしかに噛むところだな。」
黄瀬涼太 「お疲れ様ッスわ」
イワーク 「お疲れ様だ
というかなんでそこ噛みなん?」
ゆっくりまりさ 「お疲れ様なんだぜ」
スービエ 「お疲れ。」
ガロード 「よく分からないぜティファ」
きゅうべえ 「ティ腐ァ……?」
悪戯GM 「逃亡されてたからじゃないー? >イワーク」
ティファ 「ええ、ガロード

その花は綺麗でしたかジャミル?」
イワーク 「逃亡されてたか?俺が死ぬまではメモっていたのだが>GM
それからならメモっていなかったな」
ガロード 「俺はティファだけ見てるんだぜ」
悪戯GM 「というか、よく動く逃亡って狼視点辛いものがあるよねぇー・・・」
ウルフルン 「もえたあああああああw」
悪戯GM 「・・・ブワッ」
きゅうべえ 「最終日前は狼を吊る日ですからね(ニコッ」
イワーク 「昨日萌えていれば勢いに任せてウィン吊りになったものを…」
ガロード 「やっぱ信じてよかったマニア逃亡者」
スービエ 「ついに萌えてしまったか……」
きゅうべえ 「信頼を得た逃亡者は強いからなー

麒麟とか。」
ジャミル・ニート 「アレ疑うのまず無理だぞ」
きゅうべえ 「今更嘘付いたとことで、
巨大化のグレーが存在しない以上吊り動かせないんだがねえ」
「せめて別の狼コピーなら・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ガロード 「魔法使いとか信じ難いし
ひよこは最初でなきゃ吊るレベルだ意義出していいマニアならば」
「◇メリー 「Pとでっていう2Wがなー」
それLWCOのウィンあわせて絶望村じゃないですかやだー」
ゆっくりまりさ 「確定○で噛めない。これがどれだけ狼にとって恐ろしいかだぜ 
逃亡先一発読み噛みできるなら占い初日に噛めるんだぜ(泣」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました