←戻る
【雛1256】やる夫たちの闇鍋村 [1539番地]
~土曜日のおやつ鍋~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeB:平等村)[B]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ベベンベンGM
(生存中)
icon 満潮
(生存中)
icon アサシン
(生存中)
icon 桃でってサム
(生存中)
icon ワトソン
(生存中)
icon 群れネズミ
(生存中)
icon 上級チルノ
(生存中)
icon エリー
(生存中)
icon メリー
(生存中)
icon 佐々木
(生存中)
icon シロマ
(生存中)
icon 社長
(生存中)
icon スターミー
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon 赤座あかり
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
村作成:2013/10/26 (Sat) 15:49:37
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を厳守。人狼系以外の夜投票は超過前完了を推奨します。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、人狼系同士で噛み競争が起こることがあります。
 恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。超過を確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職ごとのフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

突然死、暴言(開始前終了後・昼夜・霊界下界を問わず)、人狼系の1日目夜の早噛み、ゲーム放棄、掛け持ちプレイも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようお願いします」
GM 「AA自由
身代わり投票制限なし
村表記の騙りは自己責任」
GM 「報告行ってきます
開始時刻は16:20」
かりーー が幻想入りしました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ベベンベンGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 551 (サムガイガー)」
かりーー 「よろー」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
ベベンベンGM 「後、この場をこの場を借りて昨日のお詫びを
村建てを阻害してしまって申し訳ありませんでした」
かりーー 「大丈夫だ、問題ない >GM
結局普通に鍋探偵村が建っただけだ」
ベベンベンGM 「ありがとうございます>かりーー
年に数回あるかないかの出来事がまさか昨日あるとはという感じでしたよ・・・」
アサシン が幻想入りしました
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
アサシン 「おかあさん……」
アサシン 「……何かあったの?(きょとん)」
ベベンベンGM 「子供のアサシンとか、聖杯戦争って狂ってますねぇ・・・
大人には、色々あるんです>アサシン」
桃でってサム が幻想入りしました
桃でってサム 「おはざーすっていうwww」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
アサシン 「えへへへへ>GM」
ベベンベンGM 「守りたい、この笑顔>アサシン」
アサシン 「おとうさん?>GM」
ベベンベンGM 「子供ができた!?」
ワトソン が幻想入りしました
かりーー 「まぁ、まったりアイコン選んでる」
ワトソン 「やあやあ」
群れネズミ が幻想入りしました
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
群れネズミ 「やぁ宜しく。」
上級チルノ が幻想入りしました
ベベンベンGM 「おっと、忘れる所でした
スレでは平等希望が出てましたが、それでもいいでしょうかね?>ALL」
上級チルノ 「よろ」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
上級チルノ 「おk>GM」
アサシン 「うん、いいよー>おとうさん」
アサシン 「15人以下だったら合戦村の方がいいかな?」
群れネズミ 「特に問題は無い。」
ベベンベンGM 「ではとりあえず変更してきますねー
何かあればまたその時ということで」
上級チルノ 「それでいい>GM」
ベベンベンGM 「システム:村のオプションを変更しました。」
ベベンベンGM 「希望制が追加されました
デフォのままだと希望なしですのでご注意ください」
エリー が幻想入りしました
エリー 「よろしく」
エリー 「エリー さんが登録情報を変更しました。」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
メリー が幻想入りしました
メリー 「よろしくー」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
アサシン 「アサシン さんが登録情報を変更しました。」
ワトソン 「ワトソン さんが登録情報を変更しました。」
佐々木 が幻想入りしました
上級チルノ 「上級チルノ さんが登録情報を変更しました。」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
佐々木 「や
よろしく頼むよ」
シロマ が幻想入りしました
シロマ 「よろしくお願いします」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
かりーー 「かりーー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーー → 満潮
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 6959 (満潮)」
満潮 「私なんでこんな部隊に配属されたのかしら。
はいはい、よろしくね。」
社長 が幻想入りしました
社長 「ぷいにゃ(よろしく~)」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
群れネズミ 「群れネズミ さんが登録情報を変更しました。」
スターミー が幻想入りしました
スターミー 「ヨロシク」
アサシン 「もうちょっと人こないかなー」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
社長 「ぷいにゃっ(時間だね)」
桃でってサム 「桃でってサム さんが登録情報を変更しました。」
ベベンベンGM 「えー、そろそろ時間です
微妙な人数ですが延長希望はありますか?」
満潮 「別に、延長しようがしまいが、どうでも良いわね」
やらない子 が幻想入りしました
佐々木 「僕は別にこのままで良いかな>GM」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
社長 「ぷぷいにゃ~。ぷいにゃ!
(二列あるので別段。GMにお任せするー) >延長」
アサシン 「この人数で始めるなら合戦村が欲しいよおとうさん>おとうさん」
やらない子 「よろしくでしょ」
メリー 「私は平等のほうがいいわね この人数だと」
やらない子 「時間帯が微妙だし
あんまり長引かせないほうがいいんじゃないかな」
佐々木 「少人数で古系が出ない、と言う方が良いと僕は思うね>アサシン」
ベベンベンGM 「合戦希望がありますが
どうしましょう?
このまま平等がいい、合戦がいいなど意見どうぞ>ALL」
赤座あかり が幻想入りしました
赤座あかり 「\アッカリーン/」
満潮 「平等+合戦は、あっても良いと思うけどね
それなりに種類減るけど」
スターミー 「俺も平等のままがいいかな。」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
やらない子 「わりとどっちでも」
社長 「ぷぷいにゃー
(平等でいいと思うー)」
メリー 「やはり合戦平等独身混合モードが・・・」
上級チルノ 「あたいは上級だから全状況に対応できる」
佐々木 「平等と合戦は両立出来ないんだよね>満潮」
アサシン 「そーう?>佐々木
第四陣営がたくさん出て村がこまった事があったんだよね……」
ベベンベンGM 「平等と合戦は両立できないので・・・>満潮」
赤座あかり 「よろしくね~
あ、オプションはおまかせしますっ」
アサシン 「この人数ならこのままでも良いよ……?」
社長 「社長 さんが登録情報を変更しました。」
満潮 「だから、平等と合戦兼用オプションが欲しいって話よ」
ベベンベンGM 「えー、平等の意見が多数ですので
このまま開始したいと思います
満潮さんはカウントどうぞ」
佐々木 「確率変動と固定配役が両立可能
確率変動同士 固定配役同士は無理というのは案外知られていない」
スターミー 「>アサシン
初日に2票持ちCOも困ると思うんだよね
傾奇者COとか判断する時間無いし」
満潮 「まぁ、吊り6でしょ? どのオプションでも一応楽しめるわよ」
メリー 「最大3W 狼にとってつらい人数かしら」
シロマ 「よし、15人なんで 人数 5 ホーリー・・・え?
人数は算術の中には無い?」
ベベンベンGM 「なるほど
モードの組み合わせですか、発想としては面白いですね>満潮」
霧雨魔理沙 が幻想入りしました
満潮 「それじゃ、全滅までのカウント・・・5」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
霧雨魔理沙 「ずさー
吊りが増えたぜやったな!」
満潮 「4」
ベベンベンGM 「何が全滅するんでしょうかね(震え声」
アサシン 「やったね!>まりさ」
霧雨魔理沙 「今鍋やってたことに気がついたんだZE」
赤座あかり 「全滅って何!?」
メリー 「最大狼も増えたぜやったな!」
満潮 「3」
スターミー 「(イデエンドが既に確定しているだと・・・)」
シロマ 「じゃあ文字数 4 ホーリー・・・え?これも駄目?」
満潮 「2」
できない子 が幻想入りしました
社長 「ぷぷいにゃ
(イデエンドに見せかけた出題者勝利が・・・)」
霧雨魔理沙 「ハニワ原人 全滅だ!」
できない子 「よろよろ」
ベベンベンGM 「いらしゃいませー」
満潮 「1」
やる夫 が幻想入りしました
満潮 「それじゃ、作戦開始」
スターミー 「ギリ自刺しか。」                         QP出ないかな」
満潮 「おっと」
社長 「ぷいにゃ~
(他打ちだ~)」
メリー 「メリー さんが登録情報を変更しました。」
やる夫 「よろしくだお!」
スターミー 「おおっと」
ベベンベンGM 「いらっしゃいませー」
満潮 「今度こそ開始」
ゲーム開始:2013/10/26 (Sat) 16:26:54
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
メリー 「あら他打ち人数になった」
スターミー 「素狼だな」
やる夫 「呪狼だお!」
スターミー 「妖狐3かぁ・・・面倒な」
ワトソン 「火狼ですな。」
メリー 「鋭い狼と書いて 鋭狼」
ワトソン 「妖狐3は嫌ですのう」
「◆ベベンベンGM ではみなさんがんばってください」
スターミー 「どうする?
占い騙り出すか、噛みにいくか」
やる夫 「妖狐3は笑えねえお……」
スターミー 「素呪鋭火、強いな
噛みは基本鋭に任せるか?」
やる夫 「騙り出しつつ噛みにいくスタンスじゃねーかお?
まぁ一応やる夫は日記用意しとくけど」
メリー 「襲撃は私がするでいいとしてまぁ占い日記でも書いていましょうか」
やる夫 「噛みは基本鋭でいいと思うお!」
やる夫 「QPいないし問題はないお」
ワトソン 「では私は狩人日記でも書いていましょうか」
スターミー 「まぁ俺も一応占いだけは書いておこう」
「◆ベベンベンGM 初期配置で村より人外が多いとかよくあることです>該当者」
スターミー 「 」
ワトソン 「指揮役を噛む時だけは私が噛みに行く感じになりますかね」
スターミー 「噛み時間教えてくれ」
スターミー 「共有いないからなー位の」
メリー 「130でいいんじゃない?」
「◆ベベンベンGM 可愛さでカバーです!>該当者」
やる夫 「しかしこの配役だと確定○かみたい感じかおー?
グレー噛んで狐や鬼噛んでどうたらってのは好きじゃないし
どうするべきやら」
やる夫 「1分半か2分のどっちかで頼むお」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ベベンベンGM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ベベンベンGMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
シロマ 「村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 鬼陣営1

狼陣営と狐陣営を合計しただけで 既に村陣営より多いって
何ですか(白目  共有すらいませんしこれ」
やらない子 「おはようでしょ」
アサシン 「\アッサシーン/」
社長 「ぷいにゃー!
ぷいにゃっ!ぷぷいにゃー!

(出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
狐多めで辛い。共有の声もないようだし・・・厳しいかも)」
上級チルノ 「よろ」
満潮 「で、何この配役?
どうせ、艦隊全滅のルートしか無いわね
狐によるPPだって起こりえる配役ねぇ・・・
正直、どうにかなる物では無いわ」
エリー 「色々とあれね、ひどい(確信
共有の囁きも見えなかったし山彦とかいないかしらね(願望」
できない子 「村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 鬼陣営1

8吊りで8人外とはまた鉄火場村だな~という
人外が人噛みなんかをしてくれることを切に願うよ
後は、鬼陣営が村鬼であることかな

共有はない、それを踏まえてCOしてくれ
あと、蝙蝠COしたら私はそこに投票するんでそれは宣言しておく」
佐々木 「秋ですよー出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
8吊り8人外 2蝙蝠 1鬼

…いやはや人外魔境と言う言葉が実に相応しいね」
「◆ベベンベンGM 投票は2分くらいまでに終えるとGMうれしいです」
スターミー 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 鬼陣営1

8吊り8人外に2蝙蝠は酷くないかな・・・
余裕無いし蝙蝠は出てもいいんだが(チラチラッ」
メリー 「おはようさんっと」
やらない子 「既に過半数が村陣営じゃないけど
気にしないから(震え声)」
やる夫 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
配役がひどいお……。
とりあえず共有いないみたいだしちゃっちゃかCOしてほしいお。」
アサシン 「お……おとうさああああああん!!!>GM」
赤座あかり 「\アッカリーン/」
霧雨魔理沙 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 鬼陣営1

おうどうするよこれ、どうするよ
8吊り8人外+蝙蝠鬼 蝙蝠吊るす暇もないってやつだ
…8吊りで計算あってるよな、7吊りなら泣くぞ(なお攫いがあれば7吊りの模様)」
桃でってサム 「おはざーすっていうwww」
やらない子 「鬼が村側で的確に人外殺しまくってくれるか
狼が狐噛みまくりでないとわりとどうにもならない村でもあるし
しかも共有見えなかったし」
上級チルノ 「内訳程度でぐちゃぐちゃ嘆くやつは場をマイナス方向に持ち込みたい人外 それくらいわかれ」
霧雨魔理沙 「ベベンベンベンベベーン!?」
群れネズミ 「おはよう。
共有者の小声等は残念ながら聞こえなかったようだね。
それではCO有りと思える者は出てくれば良いんじゃないかな。」
ワトソン 「おはようございます
いやはや、人外の合計数が軽く村人を上回っておりますなあ」
メリー 「この人外数に共有なし 相当まずいわね 初日に出る職はあるかしら?」
アサシン 「おとうさんが死んだ……うっ……うっ……
おおかみ……許さない……」
赤座あかり 「人外魔境もいいとこだね!
村側の役が強かったらいいんだけど」
アサシン 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営3 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
八吊り八人外……ぎりぎりだよ……
ノーミス村……おかあさん……」
社長 「ぷいにゃー
(秋妖精がいるようだね) >佐々木」
満潮 「鬼は吊る気にはなれないわね
吊りを増やすかそれに相当する暗殺等が無いと手が足りないのだから」
佐々木 「秋ですよーまあ特にCO出来る役や共有等は居ないようだね
天人や銃殺も無し、と」
シロマ 「初手出るCOも無し みたいですねこれ
このままグレランしかありませんか」
やる夫 「とりあえず2昼からCOしたいと思う奴は
誰もいない感じみたいだお。
それならグレランするしかねえお……」
「◆ベベンベンGM 誤爆申し訳ないです・・・」
できない子 「そんじゃ、朝一のCOはない感じだね
諸君、気合を入れようすでに今日から鉄火場だ」
やらない子 「意外なことに蝙蝠が出てこない」
スターミー 「鬼出して指定させるとか面白そうだと思ったけど
占いと噛み先与えることになるか」
桃でってサム 「夢と希望をのせたサムが今動き出すっていうwww
ぐおーんぐおーんっていうwww」
ワトソン 「正直、村人の村に、人外が紛れ込んだというよりも
村人が人外の村に紛れ込んだ、というのがしっくり来る感じで」
エリー 「しょうがないじゃない。
あなたはプラス方向に持っていけるの? >チルノ」
霧雨魔理沙 「まああれだ
こういう内訳で、共有も居ないならやるべきことはひとつ
怪しいやつを片っ端から吊るせ、だな」
上級チルノ 「村が村らしく役職が強ければ勝てるのが鍋
役職が弱くても村が村であるということの強みを活かせば勝てるのが人狼というゲーム」
桃でってサム 「妖精がいるかっていうwww
妖精の指揮のもとで動く村……ねえなっていうwww」
赤座あかり 「んっんー」
やらない子 「まあ、この村だと早期の銃殺はあんまり嬉しくないけどね>佐々木」
スターミー 「んで佐々木のは秋妖精か大妖精?」
アサシン 「鬼に攫ってもらいたいよそんなこうもりなんて>やらない子」
メリー 「そして逃亡系その他もろもろも一切なしの完全グレラン開始である」
佐々木 「秋ですよー秋妖精で蝙蝠枠は1埋まりと
ま、大した情報ではない」
赤座あかり 「蝙蝠しーおー」
上級チルノ 「持っていけるに決まってるだろ>エリー」
群れネズミ 「別に気にする事も無い。出来る事をやって、勝利出来たなら喜び、敗北したのなら納得すれば良い話さ。」
赤座あかり 「秋妖精じゃないよー」
できない子 「まあ、何が言いたいかというと
村人はそれなりに発言を厚くというのが
初日でも村アピになるのかね」
桃でってサム 「とりあえず、で吊るされるからだろ、っていうwww>蝙蝠が出てこない>やらない子」
できない子 「そうか、死んでくれ>あかり」
満潮 「狼潰しても狐が
狐を潰しても狼が、第三陣営と一緒にPP出来るっていう
素敵な配役

一番最初にやりたかったのは、蝙蝠を潰しきることだったけど
鬼もいるし、出るものではないのかしら」
アサシン 「ふうん……妖精が居るんだ>秋ですよー」
社長 「ぷいにゃ!
ぷぷいにゃー!
(それで、流石に最初から情報持ちいないかー
告発とか、何かしら情報欲しかったけどねー)」
佐々木 「秋ですよー…あ、これ僕についてたのか
気付かなかったよwww」
スターミー 「>やらない子
妖狐3だし、銃殺の一つは欲しいけどな」
エリー 「蝙蝠の片方が秋妖精、ねぇ。」
霧雨魔理沙 「村の役職かもしれない?
それは疑われるような奴が悪いくらいの心意気でごーごー
まだノーミスなら全部吊るせるだけマシじゃないか(震え声)」
シロマ 「蝙蝠の1は秋妖精と 丁度今の季節に相応しい妖精ですね
・・・冬みたいに寒い気もしますが 多分気のせい」
アサシン 「あ……うん……>あかり」
ワトソン 「誰もが自分は怪しくないと主張するがために発言に厚みが増し
そしてそれによって吊りの精度が上がる
つまり、死んでいい村人なぞいないということですな>魔理沙」
赤座あかり 「5W3F1鬼で、蝙蝠吊るして勝てるつもりなら吊ったらいいよ!」
桃でってサム 「と思ったら出てきたわっていうwww
でも放置んぐっていうwww狼はぱっくり噛んでしまってもいいのよっていうwww」
満潮 「じゃあ、蝙蝠さようなら
PP防止、引き分け狙い、 どっちにしてもそこ吊りね」
やる夫 「あれ、妖精いんのかお?
って思ったらいるみたいかお。夢守いるなら狩殺しでも狙えばいいお。」
できない子 「秋妖精COならともかく

蝙蝠COは吊るす」
メリー 「あら蝙蝠出ちゃうんだ いや釣るわよ 吊りが足りないからこそ」
やらない子 「秋じゃあないと」
エリー 「はいはい、すごい自信なこと >チルノ」
群れネズミ 「基本的には狼らしき場所を吊るのが最優先の課題となる。
蝙蝠陣営2だ。LWになれば蝙蝠は狼側に与しない構図になり易いからね。それだけでも随分と違う。」
社長 「・・・ぷいにゃー
(蝙蝠枠2なんだよね・・・) >あかり」
スターミー 「吊る余裕無いし放置だな>あかり

さて鬼か暗殺に期待するか」
アサシン 「はあ……」
佐々木 「秋ですよー僕はね、人外場と見てのうのうとCOする蝙蝠が一番嫌いなんだ」
上級チルノ 「PP防止はわかる 引き分け狙いは拒否」
シロマ 「・・・それ、死にますよすごく >あかり
妖精みたいに真証明じゃないですし 蝙蝠CO=吊ろうは
テンプレみたいなものですから」
やる夫 「蝙蝠COが出てきた件について。
なんというか吊りあげた方がいいんじゃないかおこれ。」
霧雨魔理沙 「うっわー
すっげードヤ顔の蝙蝠がいやがる
鬼までいるのに堂々と出てくるとかすっげー胆力」
ワトソン 「>満潮
潜伏村役職保護という視点はござらんので?」
満潮 「どこをどう吊っても勝てないから、蝙蝠吊るのよ >あかり」
メリー 「素直に出ずに噛まれてくれるのが理想だけど出てくるなら仕方ない 慈悲はない」
群れネズミ 「はて、どうにも私には不思議な話だね。」
やる夫 「ペロッ……これはアッカリーンが鏡妖精あたりのフラグ!」
やらない子 「狐様には噛まれるという大事なお仕事がある
ただでさえ吊り足んないんだから
少しでも噛まれてくれる可能性は高い方がいい>スターミー」
満潮 「何も無いわ >ワトソン
村保護を目指した吊り何て、余裕がある配役でやりなさいよ」
スターミー 「んー、余裕無いから吊るってあんま好きでもないんだけど」
赤座あかり 「うん、知ってる>人外場
潜伏してたら噛まれそうだもん」
アサシン 「でっていうサムの発言が本気なのか冗談なのか……かなあ
狼が蝙蝠噛むと思うの?」
佐々木 「秋ですよーどっちにせよ証明出来ない蝙蝠
ならば村を吊らないことを考慮してそこを吊るよ」
桃でってサム 「あ、はいっていうwww
俺様はあかり吊り嫌なんで別のところ投票しますっていうwww
んなところ吊っても期待値が非常に低いんでわざわざ吊る気がしませんっていうwww」
できない子 「鬼のさらいにお願いするというのもひとつの手ではあるんだが
それは基本的に吊り余裕がある場合での状況ではあるからね」
シロマ 「PP防止 村役職吊り阻止
蝙蝠吊りのメリットは充分ありますから」
やる夫 「ぶっちゃけそれ以外だったら
なんでCOしたんだろうって割りと思えるくらいではあるお。
いやマジで。」
社長 「ぷいにゃー?
ぷぷいにゃー
(人外鬼とか考えたら、吊るのは安全だと思うけどね?
うーん?) >スターミー」
ワトソン 「吊りが足りなくなりがちであるからこそ
PP防止であるとか、引き分け狙いについて言及するより
村役職を確実に吊らないため、という方が理由としてはしっくりくるかと」
上級チルノ 「上級鏡妖精であれば自分が吊られた後も問題なく人狼ランになる>やる夫」
群れネズミ 「素直に蝙蝠COをした者は決まってこう言う。
【私を吊って勝てると思うのなら吊れば良い】とね。
似たような構図の村で、初手蝙蝠COを吊った村の敗北率が高いというデータ、何処かにあったかな…」
スターミー 「>やらない子
おー、なるほろ
噛まれて貰うっていう発想はあんま無かったな」
霧雨魔理沙 「さてこれはPP防止・ブラフ抑制のために吊し上げるべきか
狼候補狙って無視するかだが… どっちがメリット大きいんだ?この状況」
シロマ 「だったら面白いですね >やる夫さん
一度それ見ましたけど 楽しかったですホント」
桃でってサム 「蝙蝠吊りのメリットは知ってるけど、で? っていうwww」
ワトソン 「ふむ? ふーむふむ??」
アサシン 「蝙蝠吊りって狐噛みや狂人噛みが無いと人外吊り切れないんだよね
鬼の攫いで人外が減る可能性はあるんだけどさ……」
赤座あかり 「村があかりをめぐって険悪に対立している!
さすが人外場!」
群れネズミ 「まぁ、つまりだ。
私としては聞き飽きた台詞、というところかな。」
エリー 「蝙蝠吊りーねぇ、私はあんまりいいように思えないから他のところ投票するわね。
正直そこ吊ってもあんましだし。」
佐々木 「秋ですよーそもそも鬼の攫いに期待 と言っても彼らが村の味方である論拠は何処にもない
所詮鬼は第四陣営なんだ 蝙蝠攫いには期待出来ないよ」
メリー 「鬼は村なら気合で人外にシューッ くらいね
あと特にありそうなパターンあったかしら 狩人はいたら頑張れ 狐以外からgjをだな」
やる夫 「まぁ決め打つ要素ねえし普通にお別れするしかねえお。
という訳でマサラタウンにさよならバイバイ……じゃなくて
アッカリーン吊りでいいと思うお。」
ワトソン 「>満潮さん

どうやら私の意図が上手く伝わらなかったようですな?」
霧雨魔理沙 「あかり自身に狼目がゼロってわけじゃねえ以上は
吊るすメリットのほうが大きいようには感じるが
切羽詰まってる村で鬼もいるのに出てくるって割と自殺行為げふんげふん」
スターミー 「>社長
結局蝙蝠吊った後にどうこうってのが無いからなっていう
蝙蝠吊ったら明日人外吊れるの?」
社長 「ぷぷいにゃ!
ぷいにゃー!
(人外場で人外狙って吊りあげられるかって言われたら・・・
難しいものがあると思うかな・・・) >魔理沙」
やる夫 「蝙蝠吊りのメリットは皆説明しまくってる以上
今更いう意味が無いので」
満潮 「だって狂人吊っても勝てないもの ここ >ワトソン
蝙蝠は「狐もPP使える」のよ?
狼吊っても狐吊っても、無理な配役だと思うけど?
違うかしら」
ワトソン 「私が申し上げたいのは、そういう視点はそっくりないのか、という疑問でしたがはて」
できない子 「ま、そもそもが狐3という抑止力がある以上
私はどちらにせよそこの自称蝙蝠に入れるよ

これは私の意地であるとは言っておく」
スターミー 「それなのに人外鬼ならってのは早いと思う」
桃でってサム 「お前ずいぶん余裕だなっていうwww>あかり」
アサシン 「私は鬼に攫って貰いたいなあって>蝙蝠
灰ではでっていうが気になる」
赤座あかり 「なんかこー。
吊るよ→終了ってのを最悪想定してたけど
イヤミの嵐がすごいので 吊られてもいいやな気分に」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
満潮1 票投票先 →赤座あかり
アサシン0 票投票先 →桃でってサム
桃でってサム1 票投票先 →満潮
ワトソン1 票投票先 →赤座あかり
群れネズミ1 票投票先 →赤座あかり
上級チルノ0 票投票先 →エリー
エリー1 票投票先 →メリー
メリー1 票投票先 →赤座あかり
佐々木0 票投票先 →赤座あかり
シロマ0 票投票先 →赤座あかり
社長0 票投票先 →赤座あかり
スターミー0 票投票先 →ワトソン
やらない子0 票投票先 →赤座あかり
赤座あかり11 票投票先 →群れネズミ
霧雨魔理沙0 票投票先 →赤座あかり
できない子0 票投票先 →赤座あかり
やる夫0 票投票先 →赤座あかり
赤座あかり を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
メリー 「さてどこを噛むか」
ワトソン 「スターミー殿の身内がよくわからない……とはいえさて」
スターミー 「できない子か佐々木かな?俺は」
ワトソン 「個人的には佐々木殿とかいかがでしょうかと思います
基本としてはお任せいたしますが」
やる夫 「エリーあたりはちがうんじゃねーかお(多分」
スターミー 「>ワトソン>身内
いや票つっこんでも絶対に吊れないってわかってたから」
やる夫 「じゃあ佐々木でいいんじゃね?」
メリー 「佐々木待ったなしね 3千点」
やる夫 「アサシンあたりが超発言数的に目立ってるけど
目立ちすぎて占いなさそうかなぁ的な」
スターミー 「社長は違うだろうな。
あんま噛む必要無さそう」
やる夫 「一人だけ発言数が天元突破グレンラガンしてるから」
ワトソン 「逆に目立つような気持ちも……まあよろしいかな。
ではそういうことで」
スターミー 「>ワトソン
大丈夫だ、一応投票理由はある」
ワトソン 「護衛先佐々木で日記でも書いてましょう。もう一つはどういたしますかな」
やる夫 「満潮とか占いで率先して蝙蝠吊りに動いたとかあるかお?」
やる夫 「ないかお?」
やる夫 「多分ないかお……」
やる夫 「あいつが占いだとして吊り誘導に動くのは理解できるけど大文字まで使うのはどうたらこうたら」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
赤座あかりさんの遺言 鵺希望が通らないよー
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
社長 「ぷいにゃ~
ぷぷいにゃ!ぷぷいにゃ~
(昨日の話なんだけどさ
じゃあ逆にスターミーは蝙蝠残して暗殺されない場合どう考えてたのかなって
何だか言い方が「暗殺されるのは確定」みたいなのが何とも言えない感じだったけど)」
満潮 「吊りが足りなくなりがち じゃない  もう足りないの。 >ワトソン
3吊りでLWに頑張って速攻でしても、呪殺3連とか同時に起きないと、
余程が無いなら無理。
完全に普通の村じゃないわ

ほとんど引き分けしたいから、蝙蝠だけは吊る
蝙蝠がいたら、どちらかの人外が勝つ。
村保護より、狼吊りより、狐吊りより、 私が初日したかったのは「蝙蝠潰し」。

とにかく蝙蝠だけは潰す。
そしてそれは昨日蝙蝠がCOする当たりに既に私は言ってる >ワトソン」
やらない子 「おはようでしょ」
エリー 「おはよう。」
アサシン 「おはよう」
シロマ 「まあ誰だって蝙蝠COとか吊りますよねという話で
鬼? 何鬼かとか浚えるのとかいう問題もありますし」
メリー 「おはようさんっと」
上級チルノ 「よろ」
やる夫 「んじゃ鏡妖精あるかどうかだけ
確認しておくかお。」
群れネズミ 「不利なのは私も認めるが、満潮の言うような「どこを吊っても勝てないから」と投げてしまうのは不本意だね。
いや、本人がどういうつもりで言っているのかは知らないが。」
やらない子 「やったー>死体なし」
佐々木 「蝙蝠を吊りたく無い層が一定居ることに驚きを感じつつも
大差で蝙蝠吊りと
桃でって スターミー辺りが吊りたく無い意見が目立っていたかな」
ワトソン 「おはようございます」
エリー 「死体無しねぇ。」
スターミー 「秋ですよーわかっていたとしか言いようの無い感じ」
やる夫 「あと蝙蝠吊りに関しては村役職保護と
確定非村人吊りって意味でいいと思うんだけど
違うのかなという気がするんだけど。

と言うかグレランしてもグレーの他の人間吊れないからね
どう考えても。」
できない子
    /||ミ
   / ::::||_
 /:::::::::::|| <,___
 |:::::::::::::::||  _二z<_
 |:::::::::::::::|| ´ ̄`'┴< ガチャ
 |:::::::::::::::||       \
 |:::::::::::::::|| , ,.  ,.l  ,  ゙i
 |:::::::::::::::|| 寸T ハT7} ィ,l   まー、単純にあかりつったのに人外多いだろなーと思いつつ
 |:::::::::::::::||(●) (●)| ハ|   村の重要役職もいるんだろうなーという顔をしつつ
 |:::::::::::::::||    ,   }"     
 |:::::::::::::::||、_―   ,.ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||      それじゃあ、何かあるものはいるかね?
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||」
上級チルノ 「狐噛みの方がありそうだな」
社長 「ぷいにゃ?
(死体なしと、狐噛んだのかな?)」
アサシン 「へえ?>死体無し
狐噛みならもっと噛んで吊り増やしてね」
桃でってサム 「おはざーすっていうwww」
群れネズミ 「ほう。」
満潮 「狐噛みでしか無いでしょうね これは 恐らく。」
佐々木 「おや、死体無しと
これは良い傾向かな」
メリー 「いきなり死体なしね この場合狐噛みとみてよさそう」
霧雨魔理沙 「おはようさん
あかりへの態度で割といろいろ見えるんじゃねえ?
即吊るすやつ、逡巡する奴、保留する奴 理由も合わせてさ」
シロマ 「鏡は無いですね 普通に投票画面です >やる夫
で、死体無しですか」
やる夫 「ちなみに鏡妖精とかそういうオチは特になかったようだお。
で死体なしかお?
出てくれるのはありがたい限りだお。」
できない子 「よしよし、死体なしをこの調子でたくさん出してくれたまえ
きっと、これなら狼からもリアクションがあるだろうさ」
スターミー 「秋ですよー死体無しと、狐噛みだろうなぁとしか
GJ出る場所が無いし

あぁ後鬼噛み」
アサシン 「灰を見た感じ、やる夫が気になったかな
あかり吊りに対してやけに積極的だと思った
というかふざけてる発言であかり吊りに参加してる印象
この発言ね
 
◇やる夫(110)「まぁ決め打つ要素ねえし普通にお別れするしかねえお。
という訳でマサラタウンにさよならバイバイ……じゃなくて
アッカリーン吊りでいいと思うお。」」
やらない子 「どっちにもメリットは有ると思うんだけどね>蝙蝠即吊りも残しも」
霧雨魔理沙 「おお、死体がない死体がない
GJ出る位置もねえしお狐さま捕捉かいこれ」
群れネズミ 「君は何か運が良い連中か何かかい? <アサシン」
佐々木 「特に鏡要請などは無し
まあ狐噛みなんじゃ無いかな」
桃でってサム 「まあ狐噛みだろーなっていうwww
イケメン狩人がいることはあんまり想定しねえわっていうwww」
シロマ 「狐か鬼噛み でしょうね 狐陣営3ですし前者濃厚かも」
メリー 「つまるところ今狼を釣れば狐告発までついてくるおまけつき! 」
やらない子 「んで追加情報はとくにないと
ならグレランの流れ」
アサシン 「鏡妖精なんかはないみたい」
ワトソン 「>満潮

蝙蝠を吊るす。その意識はよくわかるのですが
私が申したいのは、その理由がPP防止や引き分け防止だけでなく、普通は、
例えば佐々木さんが仰るとおり、「村を吊らないために確実に村じゃない蝙蝠を吊るす」という考え方もあるはずです」
上級チルノ 「即吊り派に関しては人外だろうと村だろうとどんな状況だろうと吊る者が混じっているであろう以上は
その反応によって人外を探そうという試みが成功するとは思えない>魔理沙」
できない子 「朝一での挨拶でもいったが
あかり投票者を噛んだっぽい可能性自体は多いので
その辺りは様子見をしたいといったところ、かなりの人数になるがね」
エリー 「死体が出ないところ噛みだろうなとしか。
というかGJ出るような場所も見当たらないし」
霧雨魔理沙 「蝙蝠釣りのメリットは昨日散々言われてる
デメリットは、この村に関して言えば吊りが足りなくなるの1点につきる」
満潮 「引き分けを目指しつつ、吊りが2ぐらい増える相当の現象が起きたら
そこから勝ちを目指す という形ね >群れネズミ

基本は引き分け狙い。」
桃でってサム 「で、それを言う魔理沙はそっからどういう結論を出したの? っていうwww」
群れネズミ 「ま、いいか。今は平和を祝うとしよう。
例え一時のものだったとしてもね。願わくば永遠に続いてほしいものだけど。」
やる夫 「ぶっちゃけ狩人GJよりかはどう見ても狐噛みに見える気がしつつ
グレランしておけばいいと思うお。
鬼噛みでもまぁうん知らないお。どうせ死体なし出たところに
人狼が組織投票でもしてくるんじゃねって気はするけど」
社長 「ぷいにゃ
(流石にこの村で灰GJ出たと考えるのは難しすぎるね) >桃でってサム」
スターミー 「秋ですよー>社長
暗殺されれば良し
されなくても吊りが勿体ない位の感じ
蝙蝠吊る時に人外吊れれば良いのだし」
やらない子 「告発ってやんのかなあこの展開で
村も告発されても吊らんでしょ>メリー」
スターミー 「秋ですよーって今度は俺か>秋妖精」
上級チルノ 「あかりが真蝙蝠であるということをやたらと確信しているようだった連中については別だ」
佐々木 「鬼噛みや耐性持ち噛み 狩人灰GJ等の可能性は考えられるけども
まあそれについて考えても大した意味は無いだろうさ」
メリー 「結局遺言も出てこないからやっぱり情報が一切出ないのよね」
シロマ 「むしろ吊らない人のほうが こう扱いが煮え切らない人のほうが
多かった感じがしましたけどね >アサシン
でってサムくらいはっきりしてくれる人はいいんですけど」
やる夫 「あかり投票者噛みっていっても
それ実質絞れてなくね?感が半端ねえお……>佐々木」
ワトソン 「>満潮さん

そういう観点の理由はつかないのか? という疑問です
つまり目的としてそういった目的をそもそも”ない”とおっしゃるなら
非常に片手落ちではないかと、そういう事ですね」
霧雨魔理沙 「ふむ。
確かにどの立場でも言えるといえば言えるか… 進行論だし>チルノ」
群れネズミ 「ハハハッ、君たちは表向き、吊りについてメリットとデメリットを話し合っているようだけれど。
実際はわかっているんだろう?本音ではあの吊りには別の意味があるという事をね。だから無意味だよ、そんな話は。」
スターミー 「秋ですよー告発すれば待ったなしで狐質ルート入りそうだな>やらない子」
できない子 「さて、それを踏まえて
適当に誰かとお話をしようか

エリー(108)  「蝙蝠吊りーねぇ、私はあんまりいいように思えないから他のところ投票するわね。
正直そこ吊ってもあんましだし。」

この発言からメリーをとても人外だと思ったようだが
そのあたりの考察を聞かせてくれるとうれしいかな」
アサシン 「グレラングレラン言ってるけどさ>やる夫
肝心の灰視が見えないよ?」
エリー 「それ、噛んだ狼じゃないとありえなさそうだなという感想。
もっとも、普通に告発とかあるのあっていうのもあるけど。 >メリー」
メリー 「そういえば鬼も行使してないってことでいいのよね
まぁ鬼がいきなり能力使うかって言われたら微妙なんだけど」
桃でってサム 「満潮の言う進行はわからないでもないってだけで、別にそれ以上でもそれ以下でもねえなっていうwww
俺様は満潮のその思考に人外目を見出したけど、まあ、村でもその思考をするって言われればそれまでっていうwww」
満潮 「グレランで村が吊れてしまうかも というのは考えに無いわ
起きた瞬間終わるから。
そんな現象は勝ちを目指したいなら起こりえない から >ワトソン

もう少し、マシな配役なら、人外COありがとう という吊りをしたのでしょうえkど」
ワトソン 「死体無し。初日で護衛成功、なども望むべきもなく
噛まれたものにはぜひ頑張っていただいて、適切適当なところで
狼がその素っ首を差し出すことを期待しましょう」
アサシン 「朝の発言も昨日の蝙蝠吊りに関する事だけだね>やる夫
グレラン、って言ってる人の思考には見えないなあ」
上級チルノ 「内訳によって敗北を意識しそのフラストレーションをぶつけていた、
といったことは考えない>群れネズミ」
やる夫 「ぶっちゃけいうとあかり非蝙蝠で蝙蝠COしても
意味合い、というかメリット見えないかなぁ、という感じだお。
最悪妖狐3いて、そのうちの1Fが洒落でやってみたらうまく行くかも?
的なこと狙いでCOしたとかそれくらいじゃねーかおあっても。>上級チルノ」
霧雨魔理沙 「狼からすれば、あかりが狼でないならものすごく都合のいい釣りだろうなあ>ネズミ」
シロマ 「告発・・・無いでしょ?
占いの銃殺待ちだグレランで吊ろうだの いくらでも
狼に選べるルートはあるはずですから」
佐々木 「何か僕に対するアンカーじゃない気もするけど、蝙蝠吊り派に要職を見た可能性はあるのかもしれないね>やる夫」
やらない子 「なんでどっちかというと組織票かけてくるほうを警戒したほうがいいんじゃないかなあとか
今日の投票は見ものということだねスターミー君(何故か上から目線」
社長 「ぷいにゃ?ぷぷいにゃー
ぷいにゃー
(んー?
蝙蝠吊るのに勿体ないもないと思うけどねー
見えてる狂人吊るのためらう理由があるの?
あと、最後の意見は「確実に人外吊れれば」って1文がつくね) >スターミー」
エリー 「初日に証明できる役職じゃなく"出る"役職ってのが気になったしだい >できない子」
メリー 「◇霧雨魔理沙 「おはようさん
あかりへの態度で割といろいろ見えるんじゃねえ?
即吊るすやつ、逡巡する奴、保留する奴 理由も合わせてさ」

んで魔理沙は何か見えたー?」
やる夫 「非蝙蝠が蝙蝠COする意味合いは今いった可能性ですら
やる夫個人としてはうーん、あるのか?って感じだから
それ以外のパターン見ると本当にないだろ、って感じだお。」
アサシン 「なんでそんなにもう終わった狐噛みの事を延々と話してるの?>やる夫」
桃でってサム 「吊りが足りなくなるっつーかさっていうwww
それもそうなんだけど、
んなとりあえず全陣営の利害関係を一致させたところを吊ってどうしたいのって話っていうwww」
スターミー 「秋ですよー鬼は使ってないか夜叉か
死んでたら位置鬼か夜叉くらいに発動に意味を持ちそうだし、無くていいんじゃないかな>エリー」
群れネズミ 「まぁいいじゃないか。
とにもかくにも、今ある結果を出来るだけ良い方向へ好転させる事が喫緊の課題だ。」
霧雨魔理沙 「何も見えてねえ!>メリー

適当に意見を言っただけだよ!」
アサシン 「狐噛みじゃない蝙蝠吊りの事>やる夫」
佐々木 「取り敢えず暗殺系は居なさそうかな、という感想
この村なら容赦なく灰にぶっぱするだろうから」
ワトソン 「何かずれておりますなあ。私と貴方の問答は
私は単に蝙蝠吊りに上げた理由が足りないのではないか?という程度のものでしたが
もしこれが私の勘違いで、私がただそちらの意図を受取兼ねてるだけでしたら、それは申し訳ないといったところですが」
できない子 「多分、それは私の発言かな?>あかり投票者が噛まれた>佐々木 やる夫
あくまで可能性を踏まえてだ
何にせよ指針となる思考は必要だよ」
上級チルノ 「あかり自身は残れると希望を持っての蝙蝠COだったらしいから
本来なら狼でも狐でもありえる
そういったことを無視して蝙蝠だからどうこうと言ったやつから吊ればいい」
スターミー 「秋ですよーつーか今気づいたけどエリーとメリーでめんどくさい」
シロマ 「ほら、もう終わった蝙蝠吊り云々のこと
まだ話題に上がりまくってますし・・・CO無いと無いんでしょう 話題
多分  >アサシン」
上級チルノ 「基本昨日までの方針を継続」
メリー 「蝙蝠吊りに関しては役職より個人の意思やらポリシー的物が大きいと思ってるから割と情報にならないと思ってるわ」
群れネズミ 「しかしまぁ、狼らしき場所を吊れば良いとは思うものの、簡単に見つかる訳じゃないね。
ま、簡単に見つかっていれば、占い師などという役はそもそも不要になってしまうが。」
やる夫 「アサシンはなんでそんなにやる夫について喋ってるんだお?
ちなみにいっとくとやる夫はチルノと話してるだけのつもりなんだけど。」
アサシン 「意味は通じてると思う>私の発言」
社長 「ぷぷいにゃー
(ねー。何で最初から引き分け想定なんだろーとは思うね) >桃でっていう」
霧雨魔理沙 「チルノが言ってたけどやっぱ一般的な進行論だったわ!
どちらかと言うと終わってから話しあう部類のさ!」
やらない子 「またない子トラップが炸裂してしまうのか>めんどくさい」
エリー 「つまるところ吊られたくない方で見てる。
村なら指示役欲しがるかなと」
できない子 「ほむ?もうちょっと掘り下げてくれるとうれしいが>えりー」
アサシン 「怪しいなって思って>やる夫
発言もやっぱり怪しいから」
スターミー 「秋ですよー>社長
結局昨日も今日も人外吊れないと話にならないじゃないか。
人外を吊れる前提で動きべきじゃないかな。」
やる夫 「横からちょっかいかけてきてるだけのきがして
印象悪いな、とは。」
満潮 「再度言うけれど、「この配役」では 保護吊り何て甘い考えで、
どうにか出来る配役じゃないわ。
常に最高の手を毎日要する。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
満潮0 票投票先 →群れネズミ
アサシン1 票投票先 →やる夫
桃でってサム2 票投票先 →佐々木
ワトソン1 票投票先 →シロマ
群れネズミ1 票投票先 →ワトソン
上級チルノ0 票投票先 →エリー
エリー3 票投票先 →メリー
メリー1 票投票先 →霧雨魔理沙
佐々木2 票投票先 →桃でってサム
シロマ1 票投票先 →エリー
社長0 票投票先 →やらない子
スターミー0 票投票先 →桃でってサム
やらない子1 票投票先 →霧雨魔理沙
霧雨魔理沙2 票投票先 →佐々木
できない子0 票投票先 →エリー
やる夫1 票投票先 →アサシン
エリー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
スターミー 「秋ですよー惜しかった」
やる夫 「アサシンは占いはねーお、やる夫呪狼だから
●ひいたパターンだけはありえねーお」
スターミー 「秋ですよーえーと・・・鋭ってエリー?」
メリー 「特に何も出てないから狐かしら よね?」
ワトソン 「佐々木は妖狐か狂人かどちらでしょーな」
やる夫 「狂人系と人狼が襲撃して発動する可能性のある毒能力者 (辻斬りと同じ) を
襲撃した場合は回避する (噛み殺さない) 人狼。
回避した場合は襲撃失敗扱いで、本人に専用のメッセージが表示される。」
やる夫 「回避メッセージがないなら妖狐かお」
ワトソン 「確かそのような効果でしたよね?
確認噛みで私が噛みにいくというのもありますが
佐々木が護衛されているものはないでしょう」
メリー 「狂人噛みだったら髪回避みたいなやつでなかったっけ? 」
「◆ベベンベンGM 2分くらいを目安におねがいしますね>該当者」
スターミー 「秋ですよーできない子が●引いた占いではナイヨなぁ」
やる夫 「役職説明はみようか」
スターミー 「秋ですよー表示が無いなら狐だな」
ワトソン 「なるほど。狂人もないと。では妖狐」
メリー 「じゃあ佐々木狐でまぁいいとしよう 占い師がどこか」
ワトソン 「でしたら桃でってと霧雨魔理沙は吊れるかもしれない」
スターミー 「秋ですよーあーとーは・・・群れ鼠が少しかなぁ
後はわからない」
やる夫 「問題は噛み先が決まってないことかお」
ワトソン 「この二人で占い師がないということでしたら、この二人を活かして佐々木を吊るか
佐々木を活かしてこの二人を吊るせると思います」
やる夫 「あと多分やる夫はアサシン殴りシフトすっから占いCOできねえかも、とは」
メリー 「今なら群れ鼠で行くけど」
ワトソン 「当初は桃でってをあげるところでしたがどうしましょう」
やる夫 「じゃあそれでいいんじゃねーかお?
決まってないし>噛み先」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
群れネズミ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
エリーさんの遺言 霊能表記co

赤座あかり○

赤座あかりは○
雑感:蝙蝠で特殊結果出るのが萌えしかいないし。
特殊結果が出ないところを吊ったって証明とか程遠いし。
ま、特殊結果の出る人外の確立低いと見たから投票避け。
案の定である。
群れネズミさんの遺言 【厄神】
二日目夜:アサシン厄祓い成功

※一日目夜護衛:不可
私がどれだけ頑張れるかは神のみぞ知る。まずはご主人の元へ帰る事が最優先かな。

※二日目夜護衛:アサシン(厄祓い成功)
私の仕事は、それらしいと思う場所を護衛する事のみだ。
あえてグレーへ誘導している辺り、アサシンでも護衛してみるとしようか。

※三日目夜護衛:アサシン
アサシンの誘導先へ投票しようかと思ったが、先にワトソンを落とさねばという気持ちになった。何故だろうね。同じ話題を繰り返してるからか。
まぁともかく、アサシンに何やら引っかかっているらしい。私と同じ事を考えた者が人外側に居るのか…あるいは…
あぁ、後でCOした際に「何で三日目に出なかった」等という野暮な質問は止めてほしいね。出る理由が無かった、それだけさ。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
社長 「◇スターミー(104) 「秋ですよー>社長
結局昨日も今日も人外吊れないと話にならないじゃないか。
人外を吊れる前提で動きべきじゃないかな。」

ぷいにゃー?
ぷぷいにゃー
(蝙蝠も人外でしょ?
村に与してない所を村と見るのはいかがなものかと
あと、人外を吊れることを前提でとか、楽観視がすぎると思う) >スターミー

ぷいにゃっ!
(って昨日突っ込もうとして時間切れなったった!)」
上級チルノ 「よろ」
アサシン 「占いCO
あかり○>やる夫●>群れネズミ○」
霧雨魔理沙 「いやこう。自説が浅かっただけでこんなにも殴られる世の中にポイズン
まあ、仕方ないことだがな… 完全に灰吊り展開だったからな…

エリーは発言濃度的には、噛まれたとこって気はしないな。単純に薄くて吊れた感」
メリー 「おはようさんっと」
シロマ 「んー、桃でってさん結構票が入りますねー
蝙蝠吊らない派では 一番そこが印象良かったんですが」
やらない子 「おはようでしょ」
できない子
           \`ヾ:.:.:.:. .:.:  .:レ'´/
         _,. -=≒‐:.:.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ゙̄≧
       x≦_:.:.: ,.  ´ ̄` . ´ ̄ ̄`丶、:.そ
       ≪_:.:.:/: : :.:     :. :.       \:.≧x、
.     ,x≦:./:.: : : :.: .: : :  :. :.:.  :.    ヽ:て¨`
.      ̄`7:.: : : :.: .: : .:  : :.:.  .: :.:   ハ:.:.:.\
       ,':.: : : .:.: :.: : .:  .:.: .:.: .: .: .:.:. :. Ⅵ´ ̄´   やる夫とアサシンの両方残していけばいいんじゃないのとか思いつつ
         i:.: : :  :.: :.: : : :.: :.:.:. .:.: .: .: .:.:.: \:\     アサシンからやる夫に●出そうだなーという感じで
         l :l|.:.: .:.:.:ト、:.ト、:.:.:j:.:.:.:.: /!:.:ハ:.: ハ.: :.:.:トミ≧    
         |.:j|:.:.:.:ト、|弌!弌ノ!:.:.:.:/ T7''T'7 |.: :.: |       灰から気になるのは魔理沙
         Ⅵk:.: :!.ァ^笊ミ¨V:.:/ ァ^笊ミ¨Ⅵ:. .イ:.j       蝙蝠吊りから見えるとかいいつつ発言はそこでストップ
         リハ:.:圦 乂iソ ノ´   ヽ.乂iソ ノ.j:./ Ⅳ
           八\{              /ィ ノ        そこから先の思考が見えないので発言稼ぎの何かには見える
.           ヽハ       ゝ         /ィヘ
           /:.\     __      .イハ:.kヘ        後は、社長かな
.           厶ィ:.:/ミix.        ィ:.:.:.Vハ! `        「蝙蝠吊るのに勿体ないもないと思うけどねー」
            ムハV:.:マ=≧=≦=7:.:.:.:.:.Vハ          蝙蝠吊りを勿体無いとしょうするのは個人的には狼の思考と見えるんだが
              ハV:.:x仆ミ//彡仆x :.:.:/Vハ         このあたりには個人差があるかな
.             /x<///>介<////>xVハ
         ,x<//////〃./ハVハ.V///////>x,」
ワトソン 「おはようございます」
アサシン 「【ジャック・ザ・リッパーの占い日記】
 
【一日目】あかり○
\アッサシーン/
あなたはおかあさん?
 
追記
アサシンの気配遮断繋がりだけど
これだけだと蝙蝠に○出したみたいに言われそうだから理由加えておくね
……ここまでしなくても初日の理由なんて適当にしたいんだけどなあ……
 
【二日目】やる夫●
あかり吊りに対してやけに積極的だと思った
というかふざけてる発言であかり吊りに参加してる印象
この発言ね
 
◇やる夫(110)「まぁ決め打つ要素ねえし普通にお別れするしかねえお。
という訳でマサラタウンにさよならバイバイ……じゃなくて
アッカリーン吊りでいいと思うお。」
 
【三日目】群れネズミ
◇群れネズミ(95)「しかしまぁ、狼らしき場所を吊れば良いとは思うものの、簡単に見つかる訳じゃないね。
ま、簡単に見つかっていれば、占い師などという役はそもそも不要になってしまうが。」
 
狼探してるけどわからないって
それで発言稼ぎしてるのはどうかと思うんだよね
 
やる夫吊りたいんだけど吊れないなら明日出るべき?
狼減らさないといけないよね」
佐々木 「グレラン的には3票
狐噛みなら噛んだところに組織があるかと思ったけど特にそんなことも無さそう」
満潮 「「村も吊らない手としても蝙蝠を吊る」も 蝙蝠の吊りの理由に入ってしかるべきだ
というのがワトソンの意見でしょう?

「この配役では」、村は絶対に吊らないから、村吊り何て起こってはならないから・・・
村はそもそも吊れないのだから保護も何もない。 という考えよ >ワトソン
起こりえない事象を前提に進行を考える必要は無いわ

だから、昨日吊れたエリーは無論人外。 占い遺言あっても無視確定。」
スターミー 「人外を全部吊り上げてギリギリだから
全員吊る想定なら、村が吊れた場合は考える余裕無いだろうという上で
蝙蝠って非狼非狐じゃね?そこ人外騙り考えてたっけという話

やーまぁ格好いい占い師が銃殺出したり鬼や暗殺が以下略ならいいけど」
上級チルノ 「祓い成功?」
霧雨魔理沙 「厄祓い成功なら出てもヨカッタと思うの>ネズミ」
桃でってサム 「秋ですよーおはざーすっていうwww」
シロマ 「・・・へ? >厄払い成功遺言」
アサシン 「ちぇっ>ネズミ死亡」
できない子 「まあ、出るよなーという感じで>アサシンからやる夫●」
メリー 「鼠が噛まれ と思ったけど呪殺もあり得るのかこれ」
やる夫 「質問させてもらうお。
そもそも蝙蝠CO出たら序盤なら吊りって多くないかお?
(終盤なら流れ次第だけど)
現実問題序盤の蝙蝠COは出たらはいはい吊り吊り、というのが
やる夫の中の脳内セオリーなんだけど。」
やらない子 「厄祓い成功……だと……?」
やる夫 「更にいうならやる夫以外でも蝙蝠は吊り、という意見の人はいたお。
まぁ例えば満潮あたりは大文字で誘導していたお。
その位置を全く触れていないのはなんでだお?
少なくとも全く触れてない感じだけど>アサシン」
社長 「・・・ぷいにゃ?
(アサシン厄払い成功?) >遺言」
できない子 「対抗いないしやる夫にCO聞いてだね」
ワトソン 「ほほう?」
上級チルノ 「別陣営確信してたから不思議でもなんでもない>やる夫とアサシン」
桃でってサム 「秋ですよーはあんっていうwww>厄払い成功>ネズミ遺言」
アサシン 「え? へえ……ん?>ネズミ
呪い系占いとかある?」
スターミー 「占いCO、やる夫にCO聞きつつ

祓い成功厄神・・・?」
やらない子 「まあやる夫さんにCO聞いてみよか」
ワトソン 「厄祓い成功というと、つまりアサシンが呪い殺されそうになった、ということでしょうか」
できない子 「18人村の4日めなので占いいるなら出るといいよ」
やる夫 「村人COだお。」
霧雨魔理沙 「一応呪殺もあり得る
その場合はまた狐噛んだっぽいな、GJ出る位置がない
が… あんまりそうは見えない遺言」
メリー 「厄払い成功と 厄払いが出るパターンってどんな状況よ 」
アサシン 「狼を確実に吊りたいからやる夫吊って」
満潮 「そこ死ぬんだ >ネズミ
アサシン祓い成功ねぇ
「繋がってる場合はある」ぐらいね」
スターミー 「タイミング的にやる夫が呪狼って事になるのかな」
佐々木 「厄払い成功遺言
霊能遺言 占いは○2つ●1つで銃殺も有り得ると」
社長 「ぷいにゃー
(まぁ、噛まれだし。出なくて噛まれ狙ったんじゃない?) >魔理沙」
上級チルノ 「騙りの遺言としては妙なんで呪い系なり邪魔系なりの存在をそれなりに考えておくよう」
シロマ 「正直そういう結果あるなら出ても・・・
出てもやっぱ困るから潜ったんでしょうか 扱いに
でも呪い系とか妨害系いるっていう参考には・・・」
やる夫 「ただまぁ他に真占いいることは確定なんで
それだけは問題ねーとやる夫は見ているお。」
ワトソン 「>○●○
しかし2つの表記を見比べて、仮にアサシンが真とすると、その結果がなんとなくも残念にすぎる」
やらない子 「んじゃまあやる夫さんにセトオーンになるな>村人CO」
アサシン 「狼は狐勝ちにしたくなかったら私残して良いよ?」
やらない子 「いや、問題しかないでしょ他に真いてもあなた村なら>やる夫さん」
霧雨魔理沙 「ただ厄神が真だったとして払いでる要素って何よってわけで
まあそれについてはお口チャックするほうが正しいのかもしれないんだけど」
メリー 「まー村人COなら吊り 結構この占い師は信じたい感じね」
スターミー 「>社長
蝙蝠人外だけど、そこ人外なら8吊り10人外で考えないといけないでしょ」
上級チルノ 「占い結果は実質やる夫●しかないな」
桃でってサム 「秋ですよーやる夫から村人COが出るならアサシンは真狼だろうなっていうwww
たまたま村人にヒットしたって考えるよりは昨日噛んだ狐に●投げたとか、
その辺の可能性もそこそこありそうだろっていうwww」
できない子 「うーん、」
佐々木 「厄払い成功と言うことは 月兎 月狐 九尾などがアサシンを妨害した可能性があると言うこと」
やる夫 「と言うかアサシンのあの殴りに普通に返し文章作ってたら
●投げなあたりがちょっとだけ興ざめだおね。
普通に殴り合いしてくるかと思ってたから。」
シロマ 「アサシンさんは 蝙蝠吊り反対派の投票
まあこの占い結果からすれば なるほど と」
満潮 「やる夫は、村なら死ぬ何て、一切起こしてはならないって分かってるのかしら
といっても、この状況でやる夫以外を吊るという事は無理だけど」
ワトソン 「ところで、蝙蝠に出る占い結果とは蝙蝠とかではありませんでしたか?
蝙蝠COが真とするならば」
できない子 「ものすごく厄介なのが
アサシンの結果がまったくないということ
彼女が真の場合においてね」
霧雨魔理沙 「んー…
この村なら、指揮役の位置は欲しいと思うんだけどな>社長
厄神って基本ニートだし、証明って大きいだろ」
佐々木 「そしてアサシンが初日の結果を出せているならば対立はしない」
桃でってサム 「秋ですよー厄払い成功なんて遺言をわざわざ残してる辺りからして、
アサシンが上手い具合にそこを呪殺した可能性は低いっていうwww」
やらない子 「わりと上級がエリー投票はちょい?だったんで
そこらの情報が欲しかったと言うのは贅沢か」
スターミー 「蝙蝠>●>噛み合わせ(銃殺)に関しては
残念と言った後が恐いので言わない」
メリー 「厄払い 呪い系と妨害系か それ以外に何かあるとも思えないからこれのどっちかでいいとして」
社長 「ぷいにゃー
ぷぷいにゃ
(月系人外とか、色々あるでしょ
純粋にやる夫が呪系人外もあるけど
まぁ、運良く厄払いと占い被さってるなーとは思ったけど) >魔理沙」
シロマ 「それ吸血鬼か大蝙蝠か霧系人外 >ワトソン」
やる夫 「ここでやる夫がどんなに頑張ってもやる夫吊り以外の可能性って
ないじゃねえかお。
やる夫が大文字でもべらべら喋って村アピすれば残すのかお?>やらない子」
上級チルノ 「真蝙蝠なら○が出る>ワトソン」
満潮 「噛まれた狐なら、もう少し暴れそう
狼からは完グレーに起きたい位置っぽいものだと思うけれど」
桃でってサム 「秋ですよー大蝙蝠だけだなっていうwww>蝙蝠結果が出るのは」
スターミー 「>ワトソン
結果蝙蝠が出るのは大蝙蝠みたいな一部だよ、基本的に○」
アサシン 「昨日露骨に殴ったから先に占いと見られて●出される前に先手必勝的な>やる夫
もう少し潜って良かったのかな」
霧雨魔理沙 「ああ、これやる夫幻狼とかのすっごいシンプルなパターンか?」
ワトソン 「>上級チルノ
なるほど。私はてっきり蝙蝠には蝙蝠判定が出るものだと思っていました」
シロマ 「ひよことかですね 占い結果蝙蝠が出るのは」
やる夫 「いっちゃなんだけどそれは無理だからこそ
やる夫は吊られるしかない、ってことだお。
残念なことだけど。」
佐々木 「厄払い成功 はその相手が妨害職で無いと言うだけだからね
特に出る意味もないと思うよ>魔理沙」
スターミー 「(あれ、大蝙蝠オンリーか)」
満潮 「普通は○ね >蝙蝠
萌蝙蝠なら●だけど」
メリー 「それで成功してるらなアサシン真路線でいいわね 一応鼠とライン形成と言ってもいいのかわからんけど」
スターミー 「>魔理沙
幻祓うのって別じゃないっけ?一緒?」
桃でってサム 「秋ですよーあかりのあれで蝙蝠でなかったら吹くわ……っていうwww」
やらない子 「いや、村人なら吊られて吊り数がもう致命的にアレなことになる可能性が高いし
吊られても問題ないってのはないだろうってだけなんだけどね>やる夫さん」
できない子 「一緒だよ>スターミー」
満潮 「んー、そうね
メリーあたり明日は吊りたいわね」
社長 「ぷいにゃ
(この村で村有利状況想定しないのであれば、蝙蝠は村につかないと思うけどね) >スターミー」
霧雨魔理沙 「そんなもんかねー…
相手より厄神本人の、印象のほうが大きいと思うんだが…>佐々木」
ワトソン 「ただ、ライン形成しているとして、当の鼠が死んでおりますから
とはいえ、遺言の並びを見るに限り、正直信頼できそうですね。このアサシンは」
アサシン 「なんで私はそういう占い妨害系ばかり占う……の?>厄祓い成功続き
それとも私に月系が連続妨害?」
佐々木 「やる夫が幻狼ならば 二度占うか他に占った人が居ないといけない」
スターミー 「一緒だったのか・・・。」
上級チルノ 「今日のメリーの発言がことごとく、アサシン真路線の時の人外」
桃でってサム 「秋ですよー別に大蝙蝠オンリーってわけじゃねえけどなっていうwww>スターミー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
満潮0 票投票先 →やる夫
アサシン1 票投票先 →やる夫
桃でってサム0 票投票先 →やる夫
ワトソン0 票投票先 →やる夫
上級チルノ0 票投票先 →やる夫
メリー0 票投票先 →やる夫
佐々木0 票投票先 →やる夫
シロマ0 票投票先 →やる夫
社長0 票投票先 →やる夫
スターミー0 票投票先 →やる夫
やらない子0 票投票先 →やる夫
霧雨魔理沙0 票投票先 →やる夫
できない子0 票投票先 →やる夫
やる夫13 票投票先 →アサシン
やる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
スターミー 「んじゃあ噛むか」
メリー 「謎のコンボヤメロォ!」
ワトソン 「今日は私がアサシンを噛みましょう」
スターミー 「しかしそのケースはよめんわ・・・なんで厄神が働いているんですかね」
ワトソン 「天火は自覚出来ます?」
メリー 「まぁ面白いと言えば面白いので」
スターミー 「自覚できる>天火」
ワトソン 「たまにはそういうこともあるでしょうね」
メリー 「天火は自覚できるはずよ」
ワトソン 「では護衛成功が出たら天火ついたと言いましょう」
ワトソン 「噛みは1:30でよろしいでしょうか」
スターミー 「てことは火狼が噛むか、ワトソンが」
メリー 「その場合狩人露出の上に噛まれないって状況になるのだけど大丈夫?」
スターミー 「即COはせんでね>天火着いた」
メリー 「狩人騙りで出るってことよね 天火COって」
ワトソン 「ふむ?」
ワトソン 「ですね。狩人日記は作成しています」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アサシン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アサシンさんの遺言
                      ̄ ̄  ≫x
                  x≪            \
               /                    ヽ ヽ
              /                  ', ',
          ー‐.´/       |        i
                      |l      } .|l } 
                   ハ从      }-从ハ .|   |   ',
               i i   //__∨    // 〃 ∨   l ヽ
.            ,'  ',   {{ 芹笊', 、 /芹f苅ヽ}      ',\i      『占い師』のクラスで現界したよ
          /ハ  ',  ',弋zツ \{∨ .弋zツ./   / i  i
              レ{ハト、 ∧     '   }} ./  .∧ |\}
             レ'{/从 {乂   っ    , 彡イハ从リ          あかりは○>やるお●>群れネズミ○>魔理沙
               ヽ}ヾ从≧ュ  x≦}从  ル'
                  x≪ノ    ≫x                理由は占ってから書く↓
                   ,ィf ´  》(  ',  /__ / `  、
.                 /ノ}  / ∨{{二}}、/ i    /∧
               { ノ  // 〔>ーヽ 〕 } }   l l .}          露骨な誘導?
              |´  //:::::::::::::::,':::::::::::} ', .i 乂__}
             f}_//_:::::┌―‐┐::::::}:::ヽ.|            人外吊らなきゃいけないんだもん
               〔〕ーレ´ }::::::∨__ ノ::::::i⌒ヽハ    }        そりゃ誘導するよ
             | ` ヽ/__ヽ´__',__ノ}}ト--r‐{ 〕
               i    }ー―――― {{二} }} ',ー┴´ }
                 ,    ハ|:::::::::::::|::::::::::::::`::i::/ i_> i
              /i   ,' .》::::::::::::}::::::::::::::::::}::}  .i    ∧ _    気になるのはワトソンだけどどうだろうね?
           イ     .}/ヽ:::::::::::}:::::::::::::::´}::マゝl \ニ<}´〃
             {ム  /{{:::::::::::::ハ:::::::::::::::::У∨{〉、__/ ´i
             〈≠`´/.∨:::::::/  .∨::::,ィ::/  ヽ∨三彡ニ}
             {ー彡 / .∨ 〉′.j  ∨ .У   {∧___彡)
            |  〃  .∨       .∨     {Ⅵム:::::::::::}
            |ー/ \                 人∨ }::::::::::|ヽ
             |、./   \              /  .\ }:::::::::|:::∧
             |.イ{     .ヾ   __, ィノ      ∧::::::}:::::::∧
.            /|/{{      \:::`^´::::::/        / ∧:::|::::::::::∧
           /:::|:::{{       ヽ ::_/        .,' .,'::∧ハ::::::::::::∧
.         /:::::{::::{{          |.{       /{ .,'::,' }} .\::::::::∧
        /::/ Ⅵ{ヽ          |.i        / .{ .{::{ }}::',  \:::::∧

占いCO
あかり○>やる夫●>群れネズミ○>魔理沙

【ジャック・ザ・リッパーの占い日記】
 
【一日目】あかり○
\アッサシーン/
あなたはおかあさん?
 
追記
アサシンの気配遮断繋がりだけど
これだけだと蝙蝠に○出したみたいに言われそうだから理由加えておくね
……ここまでしなくても初日の理由なんて適当にしたいんだけどなあ……
 
【二日目】やる夫●
あかり吊りに対してやけに積極的だと思った
というかふざけてる発言であかり吊りに参加してる印象
この発言ね
 
◇やる夫(110)「まぁ決め打つ要素ねえし普通にお別れするしかねえお。
という訳でマサラタウンにさよならバイバイ……じゃなくて
アッカリーン吊りでいいと思うお。」
 
【三日目】群れネズミ
◇群れネズミ(95)「しかしまぁ、狼らしき場所を吊れば良いとは思うものの、簡単に見つかる訳じゃないね。
ま、簡単に見つかっていれば、占い師などという役はそもそも不要になってしまうが。」
 
狼探してるけどわからないって
それで発言稼ぎしてるのはどうかと思うんだよね
 
やる夫吊りたいんだけど吊れないなら明日出るべき?
狼減らさないといけないよね
 
【四日目】まりさ
◇霧雨魔理沙(15)「厄祓い成功なら出てもヨカッタと思うの>ネズミ」
 
よくわかんないけど
この発言が厄神なんて噛んじゃった
厄神COしてくれれば噛まなかったのに
って言ってるように見えたの
メリーはチルノが注目してるらしいから占わないでおいた
やる夫さんの遺言 吊られても問題がねえお。
最悪鬼がさらいで人外さらいまくる可能性もあるお。
妖狐を人狼がかみまくる可能性もあるお。
何より真占いが潜伏しているなら、普通に問題ないと思うんだお。

不安なのはわかるけど>やらない子

そして村COだお
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
シロマ 「アサシンさん結構真っぽいので 狩人いたらいいんですけどねー
あの死体無しがGJとかで 期待薄ですけど」
やらない子 「おはようでしょ」
できない子 「それじゃあ、アサシンが死んでるかどうか
基本的には死んでいると思うが

後、
上級チルノ(94)  「今日のメリーの発言がことごとく、アサシン真路線の時の人外」

私は上級でなくできない女であるので
もうちょっと具体的にどこそこがと言ってくれるありがたい
納得できるかどうかが問題なので」
スターミー 「さてアサシンが偽の占い初日なら
危険で危ないから死体が見たいという悪い考え

あ、死体無しでもいいけど(チラッ」
メリー 「おはようさんっと」
上級チルノ 「秋ですよーよろ」
霧雨魔理沙 「別段占いが死んでなくても、狼が狐対策に残したとかもあるんで
単純に死んでないから云々とは言いたくないお年ごろ」
できない子 「FOでいいと思うがね?」
佐々木 「おはよう
さて、どうなっているかな」
社長 「ぷいにゃー
(あれ?素直にそこ噛まれるんだ?)」
シロマ 「・・・いませんよねーと」
満潮 「とりあえず、メリー潰してからって感じ
メリーは「呪殺もありえる」というのはどこから来てるの?
ってのと、占い信じる本人視点の根拠が薄い

できない子は、非狼目かしらね。 アサシンが真でも狼でも
アサシン狐で昨日出るか? はやや薄目」
ワトソン 「おはようございます」
やらない子 「アサシンが噛まれると
メリーさんがマッハで吊られる気しかしない」
スターミー 「つまりコレが不謹慎か。1W死亡と」
上級チルノ 「秋ですよー相手を選べ>秋妖精」
霧雨魔理沙 「だが死んでいた!
狼は狐を自ら処理する道を選んだか…」
できない子 「ほぼ、狩人いないでいいだろう
○も無し情報自体がない」
上級チルノ 「秋ですよー蝙蝠吊りに対しあんまりという発言を見せて
正直そこ吊ってもと言ったエリーに対しあたいが投票するのはなんら不思議ではない>やらない子」
メリー 「チルノがなんか言ってきたけどこういうのは説得できる類じゃないと判断して放置」
満潮 「FOで良いと思うわね 巫女CO」
佐々木 「素直に真占いだった
と見て良さそうだね>アサシン無残」
シロマ 「FOしましょうか 狩人いませんし
村表記COです」
やらない子 「なんか、発言がやる夫占うと厄祓い成功が出る、と知っている感じ
月系とかの妨害の場合、厄祓いってライン形成とはつながらないから
そこでアサシン真と判断は難しいんだよね」
スターミー 「まぁそうか、薬師CO」
桃でってサム 「アサシン真だなっていうwww結果が残ってねえなっていうwww」
できない子
             /  /             从        \ゝ
            /    i   |::::  ヽ         ゝ,        ヽ
            .′ '  ハ   ヾ:::  |\  ハ |   ヾ;.  |:::::      ヽ |
             | | │ /-\-  ヾ |ニ| /-i!│  |: i::::::ト.::::       ∨
             | | │ハ┬‐'┬、  │┬‐┬、ヾ|  / i::::/:::∨ヽ:::::: /    だから、できないって言ってるだろ!
            |ハ Vィ .|::::::::!  \|  l::::::::!  // ,/ V:::::::::::::::(::::::!|
                l ゝ \ ̄ ̄       ̄ ̄ イ // ) |:::::::::::::::::::\ |     どーまんせーまん!どーまんせーまん!
              「 `     ヽ      /jイr '_ノ::::::::::::::: ハ::::ノゝ      陰陽師!
                   ハ               rイ:::::::::::::::::::::/
                  ゝ.             イハi!:::::::::::::: //
                     ` .      . '′ | ヾ.::::::::::::ハi
                     >- r_ノヽノ\/|  ∨ゝ::|
                     )::::::::::::::::::::::::::::::{.     `
                     ノ:: - ― … ...-::` …‐- 、
                 _ ..' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ
                ::::::::::::::::: /::ヽ.::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::, :: ,

陰陽師CO
上級チルノ/やらない子/満潮/メリー

初日
だから、せめて占いとかよこせしてください
陰陽師とかできないです、
まあ、適当に上級チルノでなんかできそうな顔してるので

2日目
やらない子(86)  「狐様には噛まれるという大事なお仕事がある
ただでさえ吊り足んないんだから
少しでも噛まれてくれる可能性は高い方がいい>スターミー」

きっと村だろうそうだろう、だからチェックだ

3日目
勘ですよ奥さん!

4日目
やる夫に呪い系の疑いがあってでかなった理由は
昨日の時点で単純に、他の吊り先を用意できなかった言うのが主な理由
仮にアサシンが真でやる夫を残してグレー吊ったとしてそれが村であるのならば
なんら意味がなくなるので

そんで、今日の祓い先、上級のヘイト先のメリーでも見てみようか」
上級チルノ 「秋ですよー上級村表記CO」
スターミー 「ワトソン>桃でってサム>やる夫で全員毒無しだった」
桃でってサム 「村表記だなっていうwww」
できない子 「陰陽師CO
上級チルノ/やらない子/満潮/メリー」
霧雨魔理沙 「残して下さい!なんでもしますから!
騙りも思いつかなかった鬼系CO!」
社長 「ぷぷいにゃー!
(氷妖精に秋ですよー・・・
似合ってるよ!) >上級チルノ」
満潮 「できない子狼なら、恐らくアサシン先に死んでる気がするからね」
ワトソン 「村人表記COです」
メリー 「出るぞー 超出るぞー 超村人CO」
佐々木 「精神感応者CO
赤座あかり 前世 村人 
エリー 前世 村人
やる夫 前世 村人」
やらない子 「毒表記CO。狩人日記は捨てた」
上級チルノ 「秋ですよー攫いはできるか?>魔理沙」
できない子 「灰を攫え!以上>魔理沙」
スターミー 「知ってた>村人COの多さ
俺が言える言葉でもないけどさ・・・」
桃でってサム 「おぅ、毒ねえなっていうwww>スターミー」
霧雨魔理沙 「攫いはまだつかってぬえ!
攫えというなら証明しよう!」
メリー 「まず攫えるかどうかはCO字に言うべき>魔理沙」
シロマ 「・・・せめて村表記で噛まれ狙いとか もう少し・・・ >やらない子」
佐々木 「二日目 吊り 赤座あかり 蝙蝠CO

まあ村人結果だろうさ
狂人がこのCOするメリットはあまりないしね
赤座あかり 前世 村人

三日目 吊り エリー 前世 村人
投票者 上級チルノ , シロマ , できない子
ふむ…3票で吊れるとはなかなかハイレベルな

四日目 吊り やる夫 前世 村人
エリーは狂人 夢霊能ではないね
真狼かな
さて不審者だとここは特殊結果が出るわけだけども」
スターミー 「じゃあやらない子投票していいか?>毒表記」
ワトソン 「精神感応者とはどのような?」
やらない子 「判定してくれてもいいぞ>スターミー
お前が真かどうかは知らんがな!」
社長 「ぷいにゃー
(えーと・・・
毒CO)」
できない子 「とりあえず、私の感覚でいくと
おつまみ感覚でものすげぇ村人CO吊りたい」
上級チルノ 「秋ですよーじゃあ証明しろ 村の役に立つ形でな>魔理沙」
シロマ 「あ、でも薬師COがいるんですか なら鑑定も一つの手
でしょうか・・・?」
社長 「ぷいにゃー
(鑑定してほしいかな) >スターミー」
桃でってサム 「じゃあ薬師とやらない子でラインが成立するかどうか確認しとけっていうwww」
佐々木 「いや…僕が言えた話でもないけど見事にニートCOだらけだね」
やらない子 「いや、スターミーがなんか薬師COしたから
いいかなーって>シロマ」
できない子 「ライン繋がるかもしれんからチェックがんばれ>スターミー」
満潮 「攫える鬼であり、村の仲間である としか正直思いたく無い」
ワトソン 「霊能系ですか」
霧雨魔理沙 「こーなったじてんで
後は河童の川流れに任せるしかないんだぜ…」
スターミー 「>シロマ
逆に考えるんだ!
ひょっとしたらやらない子は噛まれ回避したイケメン蘇生系・・・だったらいいな」
霧雨魔理沙 「んー。
毒のどっちか処理しようかこれ(ニッコリ」
上級チルノ 「秋ですよー村表記と薬師で限定毒ラインは絶対にないわけじゃないことを留意しておけ>薬師」
桃でってサム 「なんか増えたなっていうwww>社長>毒CO
まあ、スターミーはどっちか調べとくといいなっていうwww」
佐々木 「因みに僕の結果では今のところ 狂人 夢役職吊りはなされていない」
シロマ 「・・・だったらいいですけどねえ >スターミー
なら猫又言ったほうが手っ取り早い気もしなくもないです」
霧雨魔理沙 「ああ、薬師いるのか
じゃあ私は別のところに行こう」
メリー 「鬼はいまさら人外鬼ですとかだったらその時点で厳しすぎるので村鬼と盲信しておきたい病」
上級チルノ 「秋ですよー×思いたくない ○思うしかない>満潮」
スターミー 「>魔理沙
ほー・・・自分に飛ぶかも知れない毒を吊ると?」
できない子 「赤座あかり 11 票 満潮 , ワトソン , 群れネズミ , メリー , 佐々木 , シロマ , 社長 , やらない子 , 霧雨魔理沙 , できない子 , やる夫

初日投票者だがこの中の村表記COに私はヒョウ入れたくなる病気にかかりそうだ」
満潮 「まぁ、本当にどうしようもない配役臭いわね
初日村なら、やっぱり手が足りない気しかしないけど」
ワトソン 「ええと陰陽師とはぱっとみ能力がわかりづらい……」
桃でってサム 「逆に言えば村表記を探って毒の有無を確認するのもありだろうけど、
これだけ毒COが出ているんだからそっちを優先させるべきだと思うっていうwww」
やらない子 「呪い持ち、憑依持ちを占ったら殺せる、と覚えておけ>ワトソン」
霧雨魔理沙 「吊るすんじゃねえよ攫うんだよ!>スターミー

だが薬師いたからやめた!」
できない子 「何も起きていないよそれだけだ>ワトソン」
満潮 「そうね、思うしかない >チルノ
失礼したわ

メリーはとりあえず吊る、絶対吊る」
ワトソン 「なるほど>やらない子」
上級チルノ 「秋ですよー呪い系を排除する特殊な占い師と思っておけ>ワトソン」
佐々木 「毒吊りは真の鬼ならば人数が多い内に吊りたい、と思うのは自然だろう>スターミー」
桃でってサム 「それ盲信じゃなくてどっちかっていうと決め打ちじゃねっていうwww>メリー」
スターミー 「毒吊るのなら俺はもう片方投票するけど
吊って解毒しましたって見る意味無いし」
社長 「ぷいにゃー
(門番日記はアサシン噛まれちゃうと無駄だよねー
猟師日記用意しとけば良かった・・・意味ないか)」
スターミー 「>魔理沙
残念だが俺に解毒という発想はない!」
上級チルノ 「秋ですよー発言の一つ一つを押さえつつアサシン真っぽいとばかり言って
死体と○が重なってることに呪殺という言葉を出し厄神気にしまくってたメリーを吊る」
シロマ 「村表記で連毒とか・・・期待はあまりきませんというか
いえ、きっと私は聖女!!」
満潮 「いや、攫いは使うこと。 OK?
鑑定してない毒でも、他のニートでも構わないから
手数を増やす という事は絶対起こしてよね」
メリー 「じゃあ決め打ち路線ね>サム」
霧雨魔理沙 「だからなんでお前ら私が毒を吊るす方向で解釈するんだよ!
攫う位置を考えてたんだから鬼が行く=攫うだろ常識的に考えて!

でも薬師いたからやめた!」
できない子 「ちなみに、村アピを残すのであるならば
私が狼ならアサシンは占いCOすることなく無残になっているよ」
スターミー 「毒有りなら最悪飛ばして真証明の時間だ!」
霧雨魔理沙 「さらいは使うよ!灰に!」
ワトソン 「現時点で死んでいる人外CO者は
蝙蝠のあかり
で、噛まれて死んだ鼠の人と占い師を抜いて5人の村陣営
人狼は5 妖狐3 蝙蝠1消えて鬼1生存 えーと」
佐々木 「鬼は皆言ってるが攫える鬼なら2死体を頼む
最早吊る暇は無いだろうからね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
満潮2 票投票先 →メリー
桃でってサム1 票投票先 →満潮
ワトソン1 票投票先 →シロマ
上級チルノ0 票投票先 →メリー
メリー4 票投票先 →桃でってサム
佐々木0 票投票先 →メリー
シロマ2 票投票先 →ワトソン
社長0 票投票先 →満潮
スターミー1 票投票先 →やらない子
やらない子1 票投票先 →メリー
霧雨魔理沙0 票投票先 →スターミー
できない子0 票投票先 →シロマ
メリー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
スターミー 「毒有り言って、吊り二つ稼ぐのってどう思う?」
ワトソン 「 」
スターミー 「ワトソンが2吊りを避ける作業」
スターミー 「 」
ワトソン 「私鍋まだ多分20未満ですから>スターミー」
スターミー 「>ワトソン
大丈夫だ、俺もそれに少し足しただけである」
ワトソン 「遣れと言われればがんばりますがね
困りました
夢狩人に日記を書き換える作業が間に合わずさて」
スターミー 「噛みはそーさなー」
ワトソン 「メリーが佐々木幼狐と告発していればありがたいのですが
噛みはどうしましょうかね
できない子?」
ワトソン 「正直吊れる気がしませんから」
スターミー 「まぁ変えなくて良かったと思うよ>夢CO
秋妖精を狩らないといけなくなるから」
ワトソン 「なるほど>駆らないと行けない」
ワトソン 「噛みは1分くらいでよいでしょうかね」
スターミー 「で、いいかな>できない子」
ワトソン 「ではそれで」
スターミー 「俺が130でいく>噛み」
ワトソン 「わかりました」
スターミー 「GJ出ないだろうし
佐々木吊りは・・・うん、頑張れ(良い笑顔

最悪の場合引き分けのタネ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ワトソン は無残な負け犬の姿で発見されました
できない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
メリーさんの遺言 大蝙蝠CO 
いやー序盤中盤後半 常に情報出ないとか発言無くなるに決まってんでしょ
あかり蝙蝠? いや知らんよアレ
できない子さんの遺言
             /  /             从        \ゝ
            /    i   |::::  ヽ         ゝ,        ヽ
            .′ '  ハ   ヾ:::  |\  ハ |   ヾ;.  |:::::      ヽ |
             | | │ /-\-  ヾ |ニ| /-i!│  |: i::::::ト.::::       ∨
             | | │ハ┬‐'┬、  │┬‐┬、ヾ|  / i::::/:::∨ヽ:::::: /    だから、できないって言ってるだろ!
            |ハ Vィ .|::::::::!  \|  l::::::::!  // ,/ V:::::::::::::::(::::::!|
                l ゝ \ ̄ ̄       ̄ ̄ イ // ) |:::::::::::::::::::\ |     どーまんせーまん!どーまんせーまん!
              「 `     ヽ      /jイr '_ノ::::::::::::::: ハ::::ノゝ      陰陽師!
                   ハ               rイ:::::::::::::::::::::/
                  ゝ.             イハi!:::::::::::::: //
                     ` .      . '′ | ヾ.::::::::::::ハi
                     >- r_ノヽノ\/|  ∨ゝ::|
                     )::::::::::::::::::::::::::::::{.     `
                     ノ:: - ― … ...-::` …‐- 、
                 _ ..' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ
                ::::::::::::::::: /::ヽ.::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::, :: ,

陰陽師CO
上級チルノ/やらない子/満潮/メリー

初日
だから、せめて占いとかよこせしてください
陰陽師とかできないです、
まあ、適当に上級チルノでなんかできそうな顔してるので

2日目
やらない子(86)  「狐様には噛まれるという大事なお仕事がある
ただでさえ吊り足んないんだから
少しでも噛まれてくれる可能性は高い方がいい>スターミー」

きっと村だろうそうだろう、だからチェックだ

3日目
勘ですよ奥さん!

4日目
やる夫に呪い系の疑いがあってでかなった理由は
昨日の時点で単純に、他の吊り先を用意できなかった言うのが主な理由
仮にアサシンが真でやる夫を残してグレー吊ったとしてそれが村であるのならば
なんら意味がなくなるので

そんで、今日の祓い先、上級のヘイト先のメリーでも見てみようか
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
霧雨魔理沙 「はああああああワトソン誘拐!
昨日票ミスってさーせん!」
シロマ 「なんかここで薬師が真なら噛まれる光景が見えたのは
気のせいでしょうか」
上級チルノ 「秋ですよーよろ」
スターミー 「薬師CO やらない子 毒【有り】」
満潮 「ワトソンは、結局私についてはどう思ったのかしら」
やらない子 「おはようでしょ」
霧雨魔理沙 「5日目
す、捨て票だし(震え声 まとめミスじゃないし
攫えばいいんだよ攫えば!
役職保護とか言ってたのに村人だったワトソンお前だー!」
佐々木 「メリー 前世 村人」
シロマ 「と、思ったらそんなことも無かった」
社長 「・・・えっ?」
桃でってサム 「村表記攫うとはできる鬼だなっていうwww>魔理沙」
上級チルノ 「秋ですよーなんで毎日あたいにつける>秋妖精」
満潮 「あら、そこ死ぬのね・・・・ ま、割と狐臭いとは思っておくわ ワトソン」
やらない子 「ん?ああ、さらいか」
シロマ 「別に鬼ならいいんじゃないですかねというくらいの 
>魔理沙さん」
佐々木 「五日目
吊り メリー 前世 村人
満潮 とメリーは別陣営なんだろうな、という程度
身内殴りはあんまり見ない」
スターミー 「>シロナ
毒狼がいれば噛まれたろうなー、というかない子が毒狼なら」
上級チルノ 「秋ですよー蝙蝠遺言、別に問題なし」
社長 「ぷいにゃー
ぷぷいにゃー
(あぁ、なるほど攫いね
ビックリした)」
やらない子 「社長を攫わなかったのはまあ意外だが……」
桃でってサム 「やらない子の村は別に担保されたわけじゃねえけど、
スターミー・やらない子でラインができるならスターミーは信頼できそうな位置じゃねっていうwww」
シロマ 「ワトソンさんが遺言がありませんね」
霧雨魔理沙 「証明はしたぞー
後は野となれ山となれー

…いや、自身の条件のためには頑張るけどさ」
佐々木 「魔理沙は鬼系は確実と
メリーの大蝙蝠遺言があるけどまあ人外の何かだ
狂人ではない」
スターミー 「大蝙蝠自体は人外COな上で・・・今だと反応に困る」
満潮 「私としては、鑑定前に、社長ふっとばしたいんだけどぉ

◇社長  「ぷいにゃー
(あれ?素直にそこ噛まれるんだ?)
逆にどこ噛まれるのかと 思ったのか」
やらない子 「蝙蝠2枠であることを考えると、秋妖精はまだ生存で
まあ人外1死亡と考えれば良し」
スターミー 「というか昨日灰攫いっていったやん(バンバン」
霧雨魔理沙 「薬師いるから鑑定するかと思った(こなみかん>やらない子」
上級チルノ 「秋ですよースターミーについては破綻しかねないCOと結果であるということは考えの隅の留めておく」
社長 「ぷいにゃー
(んー?
なんでそこから私を吊りたい意思にー?) >満潮」
桃でってサム 「つーかよく考えたらこの中に妖精混じってるわっていうwww
そこ吊ったら非常にしょっぱいんで、出てもいいんだよチラッっていうwww」
佐々木 「ワトソンの遺言が六昼になってもないのはどういうことだろうね
無職で合っても遺しておいて欲しいところ何だけども」
満潮 「どっちにしてもワトソン遺言無いのは人外死んだと見てる
・・・いけるかしら?
残り4吊り」
上級チルノ 「秋ですよー噛みについてとぼけてる風だからだろ>社長」
やらない子 「んんんー」
スターミー 「選択肢1:俺投票しつつない子吊り
毒飛ばしたくないのと、ない子毒で俺偽の場合

2:外してない子吊り
これは俺真かの確認かね」
やらない子 「満潮か。でもあんまそこ吊りたくないなあ」
霧雨魔理沙 「まあ薬師の手間を省く意味で
社長を攫っても良かったのかもしれないな
それについては反省反省」
シロマ 「そういえばいましたね妖精
噛まれ避けのために出ていいんじゃないですかね
妖精なら蝙蝠とは違う存在ですし 吊ることもないと思いますから
鬼も一回 使いましたし」
上級チルノ 「秋ですよー社長投票しつつの社長吊りは?>スターミー」
スターミー 「わかりやすいのだと、ない子吊って俺が社長投票なんだけど」
シロマ 「というか毒なし で 夢毒だったら 死ぬ可能性ありますよね 妖精」
佐々木 「えー…いま9人だからない子を吊ると吊りが減るか」
霧雨魔理沙 「満潮は私的にはあんま人外って思わないが…
強気なところに弱いだけだろうか」
満潮 「4日目にさ、やる夫占いラインに何も触れて無くて

いや、一応あるけど
◇社長(67)  「ぷいにゃー
ぷぷいにゃ
(月系人外とか、色々あるでしょ
純粋にやる夫が呪系人外もあるけど
まぁ、運良く厄払いと占い被さってるなーとは思ったけど) >魔理沙」

これは、どっちが真とか無くて 一般的な話でおわってて」
社長 「ぷいにゃー
(いや、ただ単にアサシン真にあんまり見えなかったからなんだけどねー
そこ言われてビックリビックリ) >上級チルノ」
上級チルノ 「秋ですよー薬師の手間というかお前生存勝利前提だろ
薬師が騙りだったり投票しないで吊ったりして毒お前にとべば負けるぞ>魔理沙」
桃でってサム 「満潮の誘導は割と真剣に村があるのかなーっていうwww
初日とか昨日とか見てたときは割と真剣に謎かったけど、
本人の言うとおり最善の手を打って人外を探している、と考えれば村を考えるべき位置かもしれんっていうwww」
スターミー 「>チルノ
あー、社長が毒で俺真かの確認か。
それでも良いと思う」
やらない子 「オススメはしないねえ
強毒でもないようだし
そもそもンな余裕はない>私吊り」
佐々木 「別に毒なしでもそこが真夢毒とは限らないわけで>シロマ」
満潮 「それ以外にも頑張って人外探してる気配はなくてさ

チルノに似合ってるよとか 正直秋妖精でも無いなら
どこ見てるのよ って話」
シロマ 「まあそうですけど >佐々木」
霧雨魔理沙 「ない子とスターミーを信じるかどうかって問題だろうなあ>吊り」
スターミー 「そういや夢毒の妖精飛びは解毒できんのか>シロマ」
上級チルノ 「秋ですよーあかりとメリーで確定1人外として蝙蝠保障が秋妖精」
桃でってサム 「強気=村ってわけじゃねえけどなっていうwww>魔理沙
昨日メリー吊って、それが2日目夜に噛んだ狐を見つけた狼の誘導じゃなくて、
今日もしっかり社長誘導してるあたりは村目だわっていうwww」
スターミー 「ない子解毒の意見は無さそうなんで
俺は社長投票しておくな。」
シロマ 「夢ですからねえ >スターミー
そういう意味でも 毒は鑑定待ちに1票」
佐々木 「というか秋妖精出ても良いと思うんだ
多分もう吊れないから」
満潮 「やらない子は、非狼だと思う
毒狼なら、アサシン-やる夫周りの会話はかなり変
狼で出来たなら、結構すごい
管狐だけはあるけど、ピンポイントでそれは薄いと見たい。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
満潮3 票投票先 →社長
桃でってサム0 票投票先 →佐々木
上級チルノ0 票投票先 →社長
佐々木1 票投票先 →満潮
シロマ1 票投票先 →満潮
社長4 票投票先 →満潮
スターミー0 票投票先 →社長
やらない子0 票投票先 →社長
霧雨魔理沙0 票投票先 →シロマ
社長 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
スターミー 「ピンポイントに攫わないでくれませんかね(震え声」
スターミー 「よし、毒無しでいこう」
スターミー 「人外か橋姫だな」
スターミー 「ない子毒で他攫いなら1吊りよけだったのに・・・」
スターミー 「えーと、どうするか」
スターミー 「鬼ー、あるいはでってサムー」
スターミー 「いやまぁ、鬼は残せばいいんじゃね?」
スターミー 「桃でってサムいこか。
毒が無いと言うだけで」
スターミー 「佐々木どうするかなぁ・・・マジで」
スターミー 「もうLWCOは視野だけど」
スターミー 「鬼噛んで奇数維持か佐々木攫い頼むか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
上級チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
桃でってサム は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
社長さんの遺言   彡彡彳ィ_        __,,,,,,,_
ィ      彡    「ヲ´ (三ジ ` ヽ 、
彡    こ 彡  _ /   。   ゚ ( i ,..、\
彡    ん  彡'シこにニ)        l//|  ',
シ    な 彡ー´ ,r-         ヾ_リ   l
イ ヤ 世 彳   ヽィ     ,,、、      l
彡. ダ 界  イ、  〃 \_ノ  {| |l    /l  |
イ !    彡,-ヽ、     ニ{ヽ,リ 。 /::.\|
 彡   彡 ヽ__タ`ー 、    r' ニノ   ./´``'''´
  ジ"7/   l '、  / > _「   ノ ゚ ノ
    | ──L__X´く´ `ヾ、 _ノ;;;;/
      ̄ ̄'──''´    ヾ ̄
           .:..    |
上級チルノさんの遺言 秋ですよー扇動者CO
狂人1死んでることは覚えておくよう 後は頼んだ>狼
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
やらない子 「おはようでしょ」
満潮 「 ・・・そもそも薬師信じられるかどうか って問題があったわね
どうしたもんかしら。 CO済みに毒ありって言うのはちょっと容易だし
でも、他に吊りたいのいるからいいわ、放置」
スターミー 「薬師CO 社長 毒【無し】」
シロマ 「結構満潮が社長ガン殴りだったの気にしてはいたんですが
鑑定派としては けど夢毒での飛び気配もなし ですか」
霧雨魔理沙 「ああ、チルノ攫ったZE☆」
やらない子 「そこ狂人だと……
桃でってサムは遺言なしだが」
佐々木 「社長 前世 村人」
シロマ 「つまりスターミー視点 夢毒ですらない でFAですね」
スターミー 「遺言無しと・・・チルノが人外COで

攫いと」
霧雨魔理沙 「やったZE☆>扇動者誘拐」
やらない子 「あれ、秋妖精死んだ?」
佐々木 「ふむ…
チルノが狂人遺言」
スターミー 「てことは桃でって噛みか」
やらない子 「桃秋だったかな」
満潮 「あん? チルノ狂人でメリーなんか誘導したの?
よーやるわ。

で、偶数ね。 これなら秋妖精吊らないから出てきても構わないわよ」
シロマ 「多分遺言なしのでっていうが妖精だったんじゃないですかね」
霧雨魔理沙 「桃でってだろうなあ>秋妖精」
スターミー 「・・・あっ(察し>秋ですよがない

社長かサム・・・噛まれ回避社長?」
シロマ 「無残死とか噛まれあるから出ていい って昨日言ったのに・・・」
満潮 「桃でってサムも、私村に見るのは構わないけど他も見て欲しい
ただ、佐々木投票は悪くないとは多少思ってる

まで書いたけど、そっち妖精? まぁいいわ 次の手を考えましょう
現状は、シロマ吊りを考えてる」
佐々木 「ああ、確かに秋妖精の悪戯がないね
桃でってか社長だったんだろう」
やらない子 「んー、あの状況と発言からの
満潮投票が割とよくわからないのだが
佐々木なー」
スターミー 「社長が毒有りならでってサム確定だが、無しだし」
満潮 「夢毒が死ぬとかは、村の勝ちの為に必要な推理じゃないから
正直、そこ結構秋妖精見てたんだけど・・・・・・
違うのよね?」
霧雨魔理沙 「スターミーーない子を信じるなら シロマ・佐々木・満潮からってコース
信じないなら… そこ2人吊らないと間に合わない

わりと、信じないと手遅れって気がするがな←だいたいこいつのせい」
シロマ 「私としては妖精でていいからの毒鑑定派として
吊り急先鋒をって感じでしたけどね >やらない子」
スターミー 「一番疑問なのがない子毒有りで
俺が残っている辺りなんだけど、なぜだ?」
佐々木 「毒があると言うからには仮にない子を吊るとしても明日
今日は吊れる位置ではない」
やらない子 「満潮とメリーが別陣営、まで言って
蝙蝠飽和で、なんで満潮投票なの?まで言ってくれたらちょい考える>ささーきん」
霧雨魔理沙 「Co的には、佐々木がすっげー真狼くせえってのは
昨日攫いを考えてた時に思ってたことだな」
スターミー 「解毒させたいのか、俺等吊りたいのか
ない子が度胸あった毒狼なのかって話で」
スターミー 「>魔理沙
昨日は知らんが今日は狂人攫いナイス

噛まれる存在だったけど」
シロマ 「毒狼としても明日が来ればエキサイティン・・・微妙? >スターミー」
佐々木 「スターミーーない子のライン騙りをみるかどうかじゃないかな>スターミー死なない」
満潮 「別に、スターミーが勝手に毒ありって事にした偽薬師はあるんだけどさ
その場合は、社長投票が変だから信じてる
社長とラインで毒無いの知ってたら投票はあるけど、
それって身内投票じゃない?」
シロマ 「結構ない子一回叩いてましたけど FO時
でも薬師COからの考えなら 結構いい感じなんですよね」
スターミー 「どれかっていうと
ない子吊って毒飛ばして俺が噛まれるのが最高
毒飛んでも奇数だし

妖狐?きこえんな」
佐々木 「大蝙蝠COした狐を殴った狼に見えたから、かな>道塩投票」
やらない子 「もう私にはスターミーと満潮を少なくとも今日考えるのは不可能なんだよ……!」
満潮 「で、やらない子が毒狼無い ってもう昨日捨てたし
管狐ピンポイントならやっぱり無理だからない子は村」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
満潮0 票投票先 →シロマ
佐々木3 票投票先 →やらない子
シロマ1 票投票先 →スターミー
スターミー1 票投票先 →佐々木
やらない子1 票投票先 →佐々木
霧雨魔理沙0 票投票先 →佐々木
佐々木 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
スターミー 「さて、じゃあ、鬼噛み」
スターミー 「らっきラッキ」
スターミー 「鬼が耐性発動したら・・・?

きっと攫いがあってセーフよセーフ」
スターミー 「さて・・・胃が痛いぜ」
スターミー 「やらない子-佐々木-満潮が妖狐?
知らんがな。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧雨魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霧雨魔理沙さんの遺言 超簡単!茨城県日記

初日:攫えねえ
2日目:攫わねえ
3日目:攫う気がねえ
4日目:攫うの自重
5日目:ワトソン
6日目:チルノ
7日目:シロマ
佐々木さんの遺言 精神感応者CO
赤座あかり 前世 村人 
エリー 前世 村人
やる夫 前世 村人
メリー 前世 村人
社長 前世 村人

二日目 吊り 赤座あかり 蝙蝠CO

まあ村人結果だろうさ
狂人がこのCOするメリットはあまりないしね
赤座あかり 前世 村人

三日目 吊り エリー 前世 村人
投票者 上級チルノ , シロマ , できない子
ふむ…3票で吊れるとはなかなかハイレベルな

四日目 吊り やる夫 前世 村人
エリーは狂人 夢霊能ではないね
真狼かな
さて不審者だとここは特殊結果が出るわけだけども

五日目
吊り メリー 前世 村人
満潮 とメリーは別陣営なんだろうな、という程度
身内殴りはあんまり見ない

六日目
吊り 社長 前世
毒は飛ばず 夢毒か毒橋姫かそれともスターミーの解毒か
村人
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
スターミー 「薬師CO 佐々木 毒【無し】」
やらない子 「おはようでしょ」
スターミー 「いやまぁあるわけもないんだけど」
シロマ 「朝来た・・・んですね
スターミーとやらない子2wはありえない と

・・・って酷いですね >鬼噛み」
やらない子 「んんんんー」
満潮 「昨日言ったけど、
シロマの、毒無しで夢毒吊ったら妖精飛びますよね
ってのは村の勝利の為に考える推理じゃないと思ってるのよね」
スターミー 「やらない子が毒狼の場合に満潮を吊れないってのが
最終日が来ないケースしか思いつかないんで毒狼は無い

んでもう管狐は捨てた上で・・・満潮かなって
やらない子 「社長吊りをキーポイントにするとなあってなるんだが
うーむむむむむむむ」
満潮 「まぁ、大体 佐々木&シロマ か スターミー&やらない子 って感じよね
で、私は佐々木&シロマを人外で見てる

無論、ラインじゃない可能性はあるけど さ」
シロマ 「村カウント減らすほうが問題ですよ 妖精であっても
蝙蝠1なら充分 村に見方させられますし >満潮」
やらない子 「スターミー的には社長何だと思うよ
わりとそこで決まる感なんだよね」
スターミー 「あと六日目の投票誰かくれ
ない子が人外の場合に投票先が死んでるか見ようと思ったら
その日取り損ねていた」
やらない子 「というか、私とスターミーがコンビ人外なら
多分今日着てないと思うんだ>満潮」
シロマ 「だから妖精でも 保護したかったのですし」
スターミー 「>ない子
んー・・・どっちかっつーと妖精よりかなぁって」
満潮 「ねぇ、シロマ
何でスターミーの結果が正しいことが前提なの?
貴方視点、スターミーについて何故信じられる?

私は、スターミーについて信じられる要素は言った」
やらない子 「>6d投票

満潮、チルノ、私、スターミー→社長
佐々木、シロマ、社長→満潮
桃でって→佐々木
魔理沙→シロマ」
シロマ 「妖精ならそうCOしていいと思うんですけどね >社長の位置」
スターミー 「遺言と、吊られた日の発言が吊られると思ってるように見えないんで」
やらない子 「桃でってがなあ」
満潮 「だから、捨ててるって言ってるでしょ >二人ライン
スターミー単品が適当ぶっこいてる薬師 についても昨日捨てた
スターミー狐ならどうせ吊る日じゃないし」
スターミー 「社長とメリーと佐々木か、んー・・・>ない子
社長が入るのか」
シロマ 「妖精あり村なら 破綻するなら結構破綻は見れますから
他より優先する理由があまり無かったので >満潮
昨日は毒ライン2wにちょっと怯えてましたが」
シロマ 「夢毒でも 妖精飛びはありえるんですから」
満潮 「そえrに、 毒無し=夢毒 ってのも変なのよ シロマは
毒無しで夢毒じゃない人外ってのが何故無いの?

シロマは、他人の言うことを「信じすぎてる」と思うわ」
やらない子 「やる夫狼。チルノ狂確定
あと3人」
スターミー 「先に言っておくけどない子毒人外考えて吊ろうぜってのは嫌だからな
管狐想定して吊るする日でも無し」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
満潮1 票投票先 →シロマ
シロマ3 票投票先 →満潮
スターミー0 票投票先 →シロマ
やらない子0 票投票先 →シロマ
シロマ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
スターミー 「セーフ、セーフ」
スターミー 「妖狐もいない」
スターミー 「んじゃ満潮噛みで終了か、噛んでもいいよな」
満潮 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シロマさんの遺言 村表記COです
中身が何か分からないですけど きっと私は聖女です!!(キリ
満潮さんの遺言 巫女CO
・・・・んー、 まぁやっぱ吊り足りなかったかなぁ?
投票ミスなら申し訳ないけど
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2013/10/26 (Sat) 17:47:44
エリー 「お疲れ。」
やる夫 「お疲れ様だおー!」
群れネズミ 「や、お疲れ様。」
上級チルノ 「おつ」
スターミー 「お疲れ様ー」
桃でってサム 「おっつーっていうwww」
シロマ 「お疲れ様でした」
メリー 「お疲れー」
できない子 「お疲れ様」
やらない子 「スターミーかあ。おつかれ」
佐々木 「お疲れ様
惜しかったんだけどね」
社長 「花京院の魂はどっちにしても花京院に帰らないんだなーと思った」
アサシン 「お疲れ様」
ベベンベンGM 「お疲れ様でした」
やる夫 「やべえお……やる夫何もしてねえお……」
赤座あかり 「だろうなーって思ってたけどやりたかったのー
まさか投げ出したくなるくらい気持ちが沈む程とは思わなかったけど>できない子」
上級チルノ 「魔理沙の攫いが的確だったせいで村勝利見えかけたな」
スターミー 「っっっぶねええええええ!!!>シロマ妖狐」
社長 「お疲れ様ー」
赤座あかり 「おつかれさまー」
桃でってサム 「終盤の狼の粘りがよかったなっていうwww」
できない子 「割れやすい薬師COが狼はよかったんだろうね」
霧雨魔理沙 「へっへーい!お疲れ様ー!
なんだ、私は5日目にスターミーをみやぶっていたのか!(棒)」
アサシン 「もうちょっと潜れば良かったかな……
うーん……」
ベベンベンGM 「狼が頑張りましたね
狐超有利かと思いましたが、見事にひっくり返りました」
満潮 「お疲れ様。」
できない子 「だって、そりゃ人外と村が総出で殴るんだからねw>あっかりーん」
桃でってサム 「したらなっていうwwwGMは村建てありがとなっていうwww」
メリー 「蝙蝠は占いCOに合わせて出るのがベストな気はするわね
大体●があるしそこ云々でぐだぐだで放置路線」
スターミー 「>できない子
毒CO×2は予想外でした(真顔)
いやワトソンいるし、毒が飛ぶ形で割れればいいよなって思ってたら・・・」
アサシン 「それか蝙蝠吊りに強く反対して
桃でってが怪しいから吊ろう、かなあ?」
社長 「(毒あり出されたら秋妖精COして吊ってやろうかと・・・) >できない子」
佐々木 「2連続で吊られちゃってるからね
やはり発言に齟齬があったんだろう」
満潮 「やっぱ、吊り足りなかったのか
狐と狼残り・・・と、残念。
スターミーまで手がたりない」
上級チルノ 「ろくに仕事してないどころかマイナス方面で働いていたが、それでも勝つのが上級」
エリー 「それじゃお疲れ。」
ベベンベンGM 「あれだけヘイト喰らうとやっぱりきついですよねw>あかり」
やらない子 「というか、上級チルノは
狂人でメリー殴れるのはすごいなと思いました(こなみかん」
やる夫 「という訳でお疲れ様だおー」
満潮 「社長は、誘導された段階で撤回したら・・・ 吊らなかった・・・かしらねぇ
エリー吊れたら大体無理 と」
上級チルノ 「超狐に見てた>やらない子」
赤座あかり 「おう、吊るわってだけでサヨナラーなら「ダメかーwwwwww」で済ませられるんだけど
見て泣きそうな心地でソロ陣営頑張ることに異議が見いだせないから死んでもいい
ぐらいに感じちゃう発言があったから、うん。もうやんない>できない子」
スターミー 「>社長
いや毒飛んでもいいから、毒無しCO予定だった
佐々木っていう存在がいるし」
メリー 「もうちょっと情報が出てほしいもんだわ」
アサシン 「村中は自分の意見を通そうとみんな熱くなるからね……>あかりん
助けられなくてごめんね……また、一緒に村であそぼ?
次はきっと楽しいよ」
上級チルノ 「気分的には満潮狼だな把握したくらいのつもりだったしな」
佐々木 「社長完全に吊れる流れだったからね
僕が秋妖精ならば出ていたと思うけども」
赤座あかり 「ヘイトが多いのは想定してたんだけどねw>GM」
社長 「最後の最後で誘導されてることに気づいて
慌てて妖精COしおうとしたら超過になってたー >満潮」
やらない子 「発言注視したらマジでメリー-やる夫ラインでやる夫呪狼の両狼にしか見えなかった
→こりゃチルノは村やろうなぁ……
→狂人遺言
→ファッ!?

ってリアルに声上げてしまったw」
満潮 「まぁグレランでネズミ投票したし、無理ね。」
社長 「なるほどー >スターミー」
佐々木 「スターミーに合わせて村人結果を出したというのにっ!>スターミー」
エリー 「別に、どうせ霊能でどうこうもできないし >満潮」
赤座あかり 「むしろ逆バネに「この中に1吊り稼ごうと必死な人外が何人いるかなっ!」
って叫んだらワンチャン……ないね!>アサシン」
できない子 「よしよし(なでなで>あっかりーん」
シロマ 「社長は別に撤回しても良かったんじゃないでしょうかね
私は吊る気ありませんでしたし」
スターミー 「あとエリーが吊れた日を初めとして三回位メリーとエリーを間違えました
エリーが吊れた日「あー狼吊れちゃったー」→「あれ、いるじゃん」だった」
霧雨魔理沙 「しかし3~4日目はまじで死ぬかと思った
3日目は本気で死を覚悟した」
スターミー 「>佐々木
知らんな!」
佐々木 「狼 狼 僕のどの発言が琴線に触れた?>即噛み」
やらない子 「満潮もスターミーもかなり両方村に見えたんで難しいな
勝てる気がしないとはこの事か
つまりいつかスターミーにリベンジすることを強いられているんだ!」
霧雨魔理沙 「果たして私のあの適当な朝一番は何人に殴られたのだろうか」
満潮 「やる夫が幻狼とかあったから
霊能いたらなぁ とは思ってたわ >エリー

私もメリーとやる夫どう見ても2Wから、チルノは狂人無いと思ったわw >やらない子」
シロマ 「スターミーはまあ やる夫吊りに票入れてる時点で
パチモノ臭はしましたけどね」
上級チルノ 「人外臭くはあったんだろう 実際人外だ>魔理沙」
社長 「いつも妖精になるとCOするタイミング見誤るー
一人で気楽すぎるからかなー >佐々木」
できない子 「(チラチラ>やらない子」
スターミー 「>佐々木
◇佐々木(57)  「秋ですよー…あ、これ僕についてたのか
気付かなかったよwww」

俺はこれかな
余裕無いし、なんかプレッシャー感じてるって
自分が吊れたら(村が減る以上に)ヤバイと思ってる何かかなぁって思った」
メリー 「もうちょっと気楽にできる役職が欲しいです QPとか天使とかQPとか」
上級チルノ 「一ついいことを教えてやろう
隣占いは上級のたしなみだ>できない子」
満潮 「というか、やらない子以外どいつもこいつも村に見えなかったのよぉぉ・・・・
メリー最優先、村の為に動いてない社長も吊る、
佐々木とシロマはセット人外で最後2手順不同 > スターミーまで足りないです提督!」
エリー 「どっちみち村から投票されてるし信用されたかなんてしらないけどね >満潮」
スターミー 「>シロマ
あのタイミングで票外したら目立つし・・・(言い訳)」
アサシン 「人外場だと人外の気が緩むから人外は見付けやすいんだよね
数も多いし んー……むー……」
佐々木 「秋妖精?何処何処!?
と思ったら自分に付いてたというお茶目系女子だったのに」
できない子 「な、なんだってぇええ>チルノ」
赤座あかり 「こういう村見るたびに初手蝙蝠吊ったら
風が吹いたら桶屋が儲かるぐらいの因果で村勝てなくなる気がするから
あかりは蝙蝠吊りに積極的になれない、というw」
アサシン 「やる夫に露骨な誘導で、自分に●出されるのを怖がり過ぎたなあ……」
メリー 「18人になったとたんに情報変更って露骨すぎる気もした」
シロマ 「まあそれは言わぬが華 ですよ >メリー」
スターミー 「>メリー
け、決闘者かも知れないし(震え声)」
やらない子 「……(なんでチラ見されてるんだろう)>できない子」
赤座あかり 「でも人外として吊ろうとしてた記憶の方が多げふんげふん」
アサシン 「1吊り余裕があるなら吊っちゃうんだけどね>あかりん
1吊りすら余裕がないもんね……しかも○だし……」
社長 「お茶目だねっ! >佐々木」
できない子 「いやー、そもそも>あかりん
この負けは蝙蝠吊りそこまであんまり関係ないかなと思ふ」
満潮 「引き分け目指してたけど、鬼が頑張って狂人噛みっぽいのも入ったから
いけるか? > やっぱり無理だったよ・・・  >赤座あかり」
佐々木 「呪狼に●ってネズミの灰護衛か
凄いね」
メリー 「蝙蝠は村役職じゃない これ以上に釣る理由があるだろうか!

っていうわけでもなくそういう風潮だから目立たないために釣りに行くだけです ハイ」
上級チルノ 「上級厄神だな>佐々木」
できない子 「ほら、私が超村っぽかったとか言ってもいいのよ?(チラチラ>やらない子」
スターミー 「>佐々木
「アサシンがやる夫●なら逆銃殺だし違うか」→「灰護衛厄神は強敵だったよ・・・」」
上級チルノ 「それでは皆おつ。村立て感謝。上級だった」
佐々木 「ふーむ…
シロマとセット人外 確かにほとんど会話も投票もしていなかったけれど」
メリー 「(みんなが初手蝙蝠吊りを言うのはそれに合うだけの理由があるからなんだろう)コウモリツリデー」
できない子 「それじゃあ、お疲れ様
にんにん」
赤座あかり 「だから「風が吹いたら桶屋が儲かる」>できない子」
アサシン 「それじゃ、みんなお疲れ様
またあそぼうね」
満潮 「というか、そもそも 真蝙蝠かどうかも分からないし」
やらない子 「ああ、うん。満潮がなんかできない子村っぽいとか言ってる
できない子がアサシン&やる夫についてなんか言ってるなー
と思ったら、翌日にはできない子死んでたんや……
だから村っぽかったって印象は実はあんまりないんや……」
シロマ 「人外だから という以上の理由もないでしょう
吊り余裕あろうが無かろうが 妖精じゃないなら同じです」
できない子 「私の個人の感覚で言うならば
どこぞの某ローラーのせいで

初手蝙蝠COには一定の確立で狼か狐が混じっているからというのがある」
メリー 「桶やが狼とは限らないんだなこれが」
赤座あかり 「なんだかんだで占いには悪いことをしたと思っています!
き、希望を通さないPHPがわるいんや>アサシン」
ベベンベンGM 「それではお疲れ様でした
みなさん入村感謝です」
できない子 「(´・ω・`)>やらない子」
佐々木 「今回のあかりは、真に占われていたんだから占いが噛まれたのを見て蝙蝠CO、かな
多分それが一番吊りにくいし噛まれない」
シロマ 「それならまた違いましたね 確かに 噛まれ占いの○から蝙蝠CO
それでも鬼は動くかもしれませんが そこまでは知りません」
赤座あかり 「蝙蝠COして吊られたこと自体は最初っから賭けだったから
繰り返すようだけど、それそのものには文句はないよ?w」
メリー 「そしてPP開始ができるなら毒蝙蝠に変えると」
できない子 「つまり、全部ローラーっていう腰が痛い人が悪いコトにして
今度こそ落ちよう」
スターミー 「それじゃあお疲れ様。村建てと同村に感謝。
お仲間は特にありがとうね。」
満潮 「まぁ結果論的には、あかりの動きはそれが正解だったのでしょう
子狐疑いは残るけど。 > アサシン噛みから蝙蝠CO

では私も落ちましょうかしらね。 皆様お疲れ様。
GMは村建て感謝」
社長 「それではお疲れ様ー
妖精はもうちょっとCOタイミング考えなきゃなー」
やらない子 「ローラーさんは蝙蝠飽和させて、他の蝙蝠吊ってPPまで持ち込むような人やから」
赤座あかり 「それじゃーお疲れ様ー
あかりは鵺になりたい」
佐々木 「流石羅刹…>体腔蝙蝠吊ってPP」
シロマ 「じゃ、お疲れ様でした」
霧雨魔理沙 「昔は初手蝙蝠も結構残ってたから
どこかのタイミングで初手吊りが主流になってるんだよな…

あ、ワタシもこの辺りで 村建て感謝、同村おっつー」
佐々木 「僕が来た頃はまだ遺されてた記憶があるかな>初手蝙蝠CO」
やらない子 「んじゃあ私もそろそろご飯食べてこよう
GMは村建て、村民は同村感謝。おつかれさま」
佐々木 「では、お疲れ様
狼陣営はおめでとう
よくLWから僕等を的確に吊ったものだね
村建て同村に感謝を」