←戻る
【雛1259】やる夫たちの裏鍋村 [1542番地]
~ウェルカムトゥ裏鍋パーティ~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する天候あり裏・闇鍋モードサブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 主人公GM
(生存中)
icon 翠星石
(生存中)
icon 解体人形ジェニー
(生存中)
icon ぶらんこ
(生存中)
icon teemo
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon ベア子
(生存中)
icon 巨大化っていう
(生存中)
icon ゴトー
(生存中)
icon メディスン
(生存中)
icon Märchen von Friedhof
(生存中)
icon セイバー
(生存中)
icon ピカ
(生存中)
icon ぽっち
(生存中)
icon 高遠遙一
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon ブロントさん
(生存中)
icon ランチャー
(生存中)
icon エル
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 赤でっていう
(生存中)
icon 八雲藍
(生存中)
村作成:2013/10/27 (Sun) 19:42:58
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 主人公GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 1849 (アサギ)」
主人公GM 「            /      ̄ ̄¨二/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::‘,:::::::::.
           / ィ:::::::::::::::::/::::::: //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::,::::::::::::.
.           // /:/::::::::::::/::::::::/  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::: !::::::::::: _ノ |::::::::::::::.
          /′ /:/:::::/:::::/⌒/\ | /:::::::::::::::::::::/{:::::::::/ ∨:::::::|::::⌒\  |::::::::::::::::.
            /:/:::::/::::::::i::::::/   И:::::::::::::/::::/ _!::::::/  ‘,:::::!::::::::::::::} .!:::::::::::::::::.
 (  ̄ ヽ       /:イ::: / : ::::∧j/ - 、   !::::::::: /:::://| ⌒¨¨ 、 V::::|::::::::::::::} .|:::::::::::::::::::.
  \  ∧     ム !: / :::::::/. 〃 /⌒ヽ ‘,::::/::::/  ∨    \::::!:::::::::::::|/|::::::::::::::::|::::.
    .   .     |:/::::::::∧ 仍/{ ノ)ハ ∨:{:: /          ∨(二二二ニ)::::::::::::: | ::::.
     '.   '. .( ⌒ 、′:::::/:: i .杙_乂ツ:/  ‘,:/           ( ̄ ̄ ̄)::/ :::::::::::::: ト、:::::.
      } /⌒\ ハ::::::::::: : |  V辷汐'   ∨   マニニニ>、    /(二二二ニ)::::::::::::::::::| \}
     /   __)   '.::::::::::::::{゛゛゛゛    ,        ̄⌒¨ミ  .′/}:::::::::: /::::::::::::::::::|/
.    {        )  ハ::::::::::: |                 ゛゛゛゛  /:::/:::::::::::::/ ::::::::::::::: |/   裏鍋村、始まるわよ!
.    {    /⌒) .:| .:::::::八      r─ - 、        ,イ/:/:::::::::::::/:::::::::::::::::::::|
     V     r彡  .| ‘,:::!|::\      |//////!      / /::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::!
    ‘,   ,ノ、    }  V:从;≪\   .乂___ノ   |\  ./::::::::::::::/⌒フ::∧:::::∧|
      .       ′ Ⅵ/////>      __ !  \:::::::::: //////¨ ̄ ̄》イ
      _、    ∧  <_//////<¨  ̄ } < ̄  /:::::::////////////
    ///    /l∧/ ///////彡´  \|/{_> ./:::///////////<⌒\
   ////     .///∧    ̄¨7////¨¨¨7     _ .////////////////>  ヽ
【禁止事項】
突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ

【初心者の方・裏鍋村に慣れてない方へ】
推理?気合で乗り切れ!楽しんだ者勝ちです、目指すはカオス!

【裏・闇鍋とは?】
流石鯖の闇鍋。普通村基本職(+狂信者+暗殺者+埋毒者+出題者)のみ出現し、発生は完全ランダムの上補正なし
なので狼なんていなかった!や狼しかいなかった!などで初日終了の可能性あり」
主人公GM 「AA許可。裏鍋なので出現役職は各自注意。
とりあえず20時目安に待ってみましょ」
うらかり が幻想入りしました
解体人形ジェニー が幻想入りしました
主人公GM 「あ、特に入村許可とかは無いんで。
いやー困っちゃうわー
私主人公だから5分で埋まっちゃうわー 主人公だわー」
うらかり 「ザッ」
ぶらんこ が幻想入りしました
解体人形ジェニー 「宜しくね。」
ぶらんこ 「よろすぐな」
かりー が幻想入りしました
かりー 「ちっす」
雪華綺晶 が幻想入りしました
ベア子 が幻想入りしました
雪華綺晶 「よろしくお願いしますねクスクス」
ベア子 「よろしくお願いします」
主人公GM 「ふふふ、よく来たわね!
静寂村他のサブについては希望・要望あったら随時つける予定。

後必要なのは初日に終わってもめげない心!」
ぶらんこ 「なんたら、娘っ子が多い村だずな。華やかだなァ」
ベア子 「静寂村とかになったらますますカオスですね!」
かり が幻想入りしました
かり 「ちょっと離席するよ」
主人公GM 「昔、共有ラインが2つ出来た裏鍋があってね……
ふふふ>ベア子」
kari が幻想入りしました
ベア子 「なにそれ怖いです>GM」
ベア子 「ベア子 さんが登録情報を変更しました。」
メディスン が幻想入りしました
解体人形ジェニー 「確か探偵村辺りであったような…<初日で消滅<ベア子」
メディスン 「記念村が立つとか聞いたが、鍋で満足するしかねぇ!」
うらかり 「うらかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:うらかり → 翠星石
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6406 (翠星石07)」
翠星石
                          ____
                       . ´‐…¬ミヽ
                        /   _____)ノ
                     /  .xく爻爻爻爻爻:x.
                      ,x勿爻≫=ニ=ミ爻爻沁x、             ∧
                     /劣iア´.::.::::::::)::::::`゙守爻爻ト、        )ー‐一'′\
                    /j爻タ/.::.:::.:.::::〃.:::::::}:::::`守仍{ \   /          \
                        ̄冰7.:/.:/.:::::ハ}:::::::/!:::::::::::Ⅵ价ー一 /
                    /X/.:/.:/.::/ /:::::/ j:::ハ::::::::i爻 |    `ヽ 翠  第  ロ
                     ,:个ー=彡斧ミ/.::x仡ミ刈}::i::::斥j      | 星  三   |
 ____                 /爻爻|.:ハ 辷ソ ̄, ノ辷ソ }リ:ル/亥{       | 石   ド  ゼ
 寸笏爻}≫x.___,ィ        xく爻歹小: ゝ'''  __ ''' ノイj/xi刹|     ノ       |   ン
  守爻爻爻Ⅳ 辷==彡爻才/.::八{ヘ、 { 丿  .イ:::/{爻刹:.    \ !!  ル   メ
   `守≫'"    弋竺爻尨イ:::厶イ::::::::::::j>   イくノ:/: {爻刹::.       )        イ
     )        ̄了 /.:::/: :/ : : {i厂 ≪爪≫ //: : {爻刹:::.      )       デ
     }           {,/.:::/: : : : : :{i}   {i}北{i}  {: : : :{爻刹::::    /        ン
     }     こ      V.:/ : : : : : {i}    {i}从{i}  V : : :寸爻ミx   ⌒)
    ノ      こ     了: : : : : {i}   {i}i:i: i:{i}   }/: : : : 寸爻爻x く
   \    に      {_: : : : : {i}   {i}i:i i:{i}   }: : : : : : : 寸爻爻X)
     ヽ    :       厶イ({i}   {i}i:i i:{i}   {: : : : : : : : :`ヽ刈i会x
      }    :      广⌒ゝ竺竺竺彡i i:ミ竺竺ヽ: : : : : :{{≫≪}}爻爻)        /
     )     :      {{≫≪}}フ.::Ⅵ圭<   >圭个ト: : : : :{i}:爪:{i}寸爻⌒ヽ   /
    /           V 小 V.:::::::Ⅵ圭 ><  圭iリ {::.` ¬{i}.:::::::::{i}:.寸爻函≧x'
    `ヽ     見       冰_うミメ:::ノ圭斧ミメ、ィ劣圭Ⅳヘ::.、  {i}.::ヽ:ヽ{i}::::冰く´
      }     参     {=く    }r斥⌒ヾ圭圭圭彡'": : `ヽ  {i}-=ニ¬⌒ヾ}}、ヽ
     ノ          >(^'^'^'^'フ : : : :Ⅵ天Ⅳ: : : : : : : :} _}ー=ミヽ: : :〃.:::.、\
    /    !!   /: : ゝニ二フ: : : : : : : フフ: : : : : : : : : く r‐v‐vヘ{ : :`ヽ::::::::_,..。r:≦ニ圭
  ⌒ヽ          { : : : {i{}i} : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : jノ} i  i  〉_,..。r:≦圭圭圭圭圭
     }          ゝ: :{i{}i} : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ( | i ノし'ニ圭圭圭圭圭圭圭圭
     }            了:⌒ヽ : : : : : : : : : : : : : : : :_,..。r:≦ゝiし仼圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
    ノ           /: : : : : : : : : : : : : : :_,..。r:≦圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
    .イ            { : : : : : : : : :_,..。r:≦圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
 /: :.\          〉: : : : : : : i刹圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
/: : : : : : :\        / : : : : : : : :i刹圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭j」.芯斗r≦斧
: : : : : : : : : :)      (: : : : : : : : : i刹圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭于j」.芯斗r≦斧圭圭圭圭
: : : : : : : : : ⌒Y⌒Y⌒Y⌒.: : : : : : : :.i刹圭圭圭圭圭圭圭圭j」.芯斗r≦斧圭圭圭圭圭圭圭圭
: : : : : : : : : : : : : :^守㍉: : : : : : : : : : i刹圭圭圭圭j」.芯斗r≦斧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
: : : : : : : : : : : : : : : ^守㍉: : : : : : : : :i刹j」.芯斗r≦斧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭」
主人公GM 「あ 記念村あるの?」
ボーイング33-4 が幻想入りしました
ボーイング33-4 「キィーン」
翠星石 「21時からですね>真紅2000記念」
メディスン 「2000回記念村が日曜日立つと聞いたよ
時間は知らないし、勘違いだったらすまん>GM」
主人公GM 「そりゃまずったかもしれないわね。
裏鍋だからって確認怠るんじゃなかったわ!

まあ裏なら大丈夫でしょう。1時間もあれば終わる!(かどうかはPHPのみぞ知る)」
翠星石 「この村無くてもどうせあぶれる人いるでしょうから人数的には問題ないですよ」
メディスン 「このまま記念村目指して満足するしかねぇぜ!(フラグ)」
ベア子 「あら、記念村あるみたいですね
…裏鍋だから大丈夫でしょう!」
かりかりかーん が幻想入りしました
かりかりかーん 「こんばんは」
メディスン 「案外早く始めて、早めに終わらせてもいいかもしれないな>GM」
翠星石 「過去には22人初期10Wの裏鍋もあったみてーですね」
主人公GM 「25人初期12Wの鍋もあったわ>翠星石」
ぶらんこ 「なんたらおっがねえ・・ >翠星石」
ベア子 「朝なんてなかった村もありますしねぇ…」
メディスン 「なんだそいつは!>翠星石
だがカオスで満足しようぜ」
翠星石 「PHPがゲームさせるきない!>GM>25人12W」
主人公GM 「んじゃ8時人数確認だけして 延長予定は特に無しの方向で>皆
後オプション追加欲しかったらしてもいいのよ!」
ピカ が幻想入りしました
ピカ 「支援にきたピカぁ」
ぽっち が幻想入りしました
ボーイング33-4 「ボーイング33-4 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ボーイング33-4 → Märchen von Friedhof
アイコン:No. 5672 (破城槌) → No. 6965 (Märchen von Friedhof)」
メディスン 「こんなことを言ってばかりいると、1wとかすごいことになるフラグに聞こえてきたぜ・・・」
主人公GM 「初日夜の狼の盛り上がりったら無かったわね!
誰が飽和対策で柱するとか話してたわ!>翠星石」
ぶらんこ 「おぷそん・・・おぷそんなぁ ちとおもせそうなの探してくるすけ」
メディスン 「天候くれ!>GM」
翠星石 「テレビの前のみんな! おめーらですよ!
特に普段鍋に来ないみんな!」
解体人形ジェニー 「裏鍋であったかしら?<メディ」
主人公GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
かりかりかーん 「かりかりかーん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかーん → セイバー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6678 (セイバー04)」
メディスン 「人形遣いなんかに、俺は操れないぜ!>ぽっち」
ぽっち 「よろしゅ」
ピカ 「左からものすごい腹ペッコ臭がするピカぁ」
主人公GM 「あれ?配役通知無しになってるかしら?」
ぶらんこ 「あ、天候はええかも知れねっすな」
セイバー 「静寂は勘弁して欲しいものですね
共有すら信用出来ないというのは些か困ります」
翠星石 「裏鍋の役職は普通村と一緒(少し嘘)だし、
真夢とかめんどくせーのもねーですよ!」
高遠遙一 が幻想入りしました
解体人形ジェニー 「裏鍋はそれがデフォよ<GM」
Märchen von Friedhof 「奇遇だね、黄色い獣。私も右隣から腹の虫が聞こえてきているんだ。」
ぽっち 「お前の胸についているぽっちは、飾りだとでも思ったのか!<メディスン」
高遠遙一 「よろしくお願いしますよ」
メディスン 「無いのか、俺メタいけど超鍋民だから良く分からん>ジェニー」
ぶらんこ 「配役は自動公開でねえのすけ?」
主人公GM 「天候か よし、任せな!」
でっていう が幻想入りしました
主人公GM 「あ、そうなのね>ジェニー
ありがとう」
ピカ 「意外と埋まりそうピカぁ?」
かり 「ただいも」
メディスン 「あるんだな?
だったらそれでもっと満足するしかねえ!」
でっていう 「でっていうwwwwww困ったらまぁ俺様吊れっていうwwwww」
セイバー 「配役公開してしまった裏鍋探偵があったはずなのでそれとOPを比べてみてはどうでしょうか」
主人公GM 「まあ、8時になったらOP変更後
投票を点呼がわりにするのでよろしく!」
ブロントさん が幻想入りしました
メディスン 「自分吊りいうでっていうなんて偽者だ、吊れー」
ランチャー が幻想入りしました
ベア子 「自分吊りを促すでっていうだと…」
翠星石 「Readyですぅ!」
Märchen von Friedhof 「きた!盾きた!」
エル が幻想入りしました
ブロントさん 「よろしくなんだが?」
Märchen von Friedhof 「メイン盾きた!」
ピカ 「裏鍋がおわったら・・・記念村がたつだと・・・ピカァ?」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 巨大化っていう
アイコン:No. 7 (青) → No. 1453 (巨大化っていう)」
Märchen von Friedhof 「これで勝つる!」
エル 「うふふ……よろしくね?」
主人公GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
ランチャー 「真の英雄は眼で殺す!」
ピカ 「これで勝つるピカぁ」
巨大化っていう 「だがでっていうwwww
兄弟といっしょにアイランドっていうwwwww」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → ゴトー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4674 (後藤 喜一)」
やる夫 が幻想入りしました
ぶらんこ 「あ、ついでにジョーカーとかもつけてみるけ?
単純に見たことねえのやってみてぇと思うだけだとも」
解体人形ジェニー 「それじゃあアイコン決めかねている人は早急にアイコン決めてね!
あんまり時間はかけられないから!」
主人公GM 「よっこいしょ。んじゃ準備できたら投票よろしく!
翠星石は投票確認次第カウントしちゃってね!」
やる夫 「うぃーっす。よろしくおねがいするおー」
メディスン 「いいぜ、やろうぜ>ぶらんこ」
でっていう 「おお兄弟がいるっていうwwwww
よろしく頼むっていうwwwww>巨大化っていう」
赤でっていう が幻想入りしました
ぶらんこ 「・・・あ、屍揮者さんだ。なぁにしてらったのじゃこったらとこまで」
Märchen von Friedhof 「…ああ、再度オプションの変更があったのか。」
赤でっていう 「でっていうwwwwwwwwwww」
翠星石 「>GM
わかりづれーんですよね裏鍋のオプション表示。
陣営通知がある時は「陣営」って四角いアイコンが
「裏鍋」と「サブ」の間に入るです。今はそれが無いから陣営非通知設定のはずです」
赤でっていう 「うはwwwww素の兄弟の下wwww
たwwwwっwぎwwwwwwwっwるwwwwwwwwww」
セイバー 「ジョーカーとは…確かかなり理不尽なOPだったように思いますが>ぶらんこ」
メディスン 「ばばぬきやろうぜ?>GM」
巨大化っていう 「でっていうwwww>赤の兄弟」
ブロントさん 「haii!英語のやつの読み方がわからないのでおしえてくだしあ;;」
ピカ 「うざったくなってきたピカぁ」
主人公GM 「ルール再掲

・AA許可(COと同時は禁止)
・裏鍋モード(出現役職は普通村+α程度)
・保障役職無し(占い0とか狼0すらあり得る)
・主人公の座が欲しければ 私を倒していきな!」
Märchen von Friedhof 「ブリアン君に乗せて貰って移動の途中だったのだけど何やら君の姿が見えたものでね>ぶらんこ」
巨大化っていう 「巨大化っていう さんが登録情報を変更しました。」
赤でっていう 「でっていうwwwwwwwww>巨大化の兄弟」
ぶらんこ 「メルヘンってよんでおけば問題なかべー >ブロント」
でっていう 「おおさらに兄弟が増えたっていうwwwww
これは負ける気がしないっていうwwwww>赤でっていう」
ベア子 「カオスの予感しかしないと思いましたが、
裏鍋の時点でカオスでしたね!!」
高遠遙一 「はてさてどうなりますことやら」
翠星石 「裏鍋で参加者の名前を呼ぶ必要があるんですかね?」
巨大化っていう 「一番下に関しては倒す必要すらないなっていうwwwww>GM」
メディスン 「こんなカオスでも満足を忘れるんじゃねえぞ!」
Märchen von Friedhof 「私の名はメルヒェン・フォン・フリートホーフ。
メル、と呼んでくれ給え」
主人公GM 「んー、ごめん 時間過ぎてる+結構投票済みだから
ジョーカーはまた今度でお願いするわ>ジョーカー希望者」
解体人形ジェニー 「かりー、アイコン決まった?」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → teemo
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6816 (teemo)」
赤でっていう 「おうwwwwwwでってアイランド目指して猛進直進っていうwwwwww>素の兄弟」
ぶらんこ 「んだってかやー >めるへん
ほだらば、まー、今回もよろすぐ」
メディスン 「分かった>GM」
仮 が幻想入りしました
翠星石 「ぶらんこと仮が投票したら始めますよ!」
ブロントさん 「ありがとう、英語で言うとサンキュー>えmる」
ぶらんこ 「ん、了解だー >GM」
主人公GM 「埋まるとはな……
ふっ、皆大好きよ!」
ぶらんこ 「ああ、んだったな。もっさげねす」
ベア子 「あ、埋まりましたね!よろしくお願いします!」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 八雲藍
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5636 (八雲藍2)」
でっていう 「おれさまもすきっていうwwwww
GM最高っていうwwww
兄弟の次くらいだけどなwwwww>GM」
やる夫 「一番大事なことは裏の勇気を持つことだお……。(意味は特にない)」
赤でっていう 「出題者はアレか、最終日埋毒吊りかっていう」
ぶらんこ 「おーんでゅーてぃー? >てーも」
翠星石 「行きますよ!
3!」
八雲藍 「待たせて済まないな。」
翠星石 「2!」
主人公GM 「ちなみに出現する可能性のある役職は
雛鯖トップページの【闇鍋モード】【裏・闇鍋モード】に書いてあるわ。
出現しない役職騙るのは……危ないわよ!」
ブロントさん 「まぁこの村が埋まってもGMの主人公のゲームはでないがな!」
翠星石 「1!」
高遠遙一 「出題者PPでも良いんですよ?」
翠星石 「開始ですぅ!」
赤でっていう 「まぁ俺様はそんなもったいないことしないけどなwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
ゲーム開始:2013/10/27 (Sun) 20:04:34
配役隠蔽モードです
ぽっち 「素狼」
セイバー 「3Wと
きついですね」
ベア子 「お、おお…>3W」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「素狼ですね」
ぽっち 「まあそこそこ踏ん張っていきましょう」
セイバー 「全員素狼ですから>ぼっち」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆主人公GM ということでGMは音餅改めスモチ@裏の裏を読む……!
がお送りするわ」
ぽっち 「それでも伝えたい素狼がある<セイバァ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「狂人・狂信者いればーですね
GMは村立て感謝です!」
セイバー 「裏鍋の勝手は分からないのですが…初日に占いはCOするものでしょうか?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ぽっち 「陣形はインペリアルクロスで行きましょう。
セイバーが前衛、ベア子が後衛、私は公園の砂場で遊んでます」
「◆主人公GM よしよし ちゃんと配役隠蔽モードになってるっぽいわね。
ルールは遺言にもしつこく再掲してあるわ!」
ぽっち 「狩人の生存が不明なのであまりしないです<セイバー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「裏鍋初なんで分からないんですが>初手占い
とりあえず、指定か●貰った時の占いCOの準備はしておきます」
ベア子 「共有は、2~3くらいでしょうか」
ぽっち 「3,4日目までに騙りだしておきたいですね気持ち的に」
セイバー 「ふむ…超鍋の感覚でその辺りは良いと
噛みは私が140で」
ぽっち 「では130噛みますよ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ぽっち 「おっとおまかせ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆主人公GM ということで私は用水路に様子を見に行ってくる仕事があるから後よろしく!
ちなみに配役についての文句は華麗にスルー!流石は主人公!」
主人公GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
主人公GMさんの遺言 ルール再掲

・AA許可(COと同時は禁止)
・裏鍋モード(出現役職は普通村+α程度)
・保障役職無し(占い0とか狼0すらあり得る)
・主人公の座が欲しければ 私を倒していきな!
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
高遠遙一 「おはようございます
でっていう君に決めた>吊り」
翠星石 「配役隠蔽モードです

あえて隠蔽表示を貼る勇気! おはよーです!」
ぶらんこ 「・・・なぁんか、よるが賑やかだったなぁ。COあるだら頼むだ」
エル 「ねぇ?お父様?
裏鍋は朝が来ないと聞いたのに
なんで朝が来てるのかしら?」
八雲藍 「おはよう。
配役がわからないのでまずは蜥蜴を駆除しようそうしよう。」
セイバー 「おはようございます
吠えはそれほどでもない感じでしたね」
ブロントさん 「カカッ」
雪華綺晶 「おはようございますわクスクス」
ピカ 「おはようピカァ
村も狼も狐もどれだけいるかわからないけど、
ひとまず共有の囁きは見えたからでてきてほしいピカぁ。
けど占の結果次第では共有は伏せててもいいと思うピカぁ」
メディスン 「さあ、カオスの始まりだな
お前ら満足する準備はできたか?」
ベア子
    ー   _  ┌‐┐ l ! ー┐ 、  ヽ/、、 ニ|ニ   l_」_   | |
   、_ (ノ  ) l__|  丿 .__| _ ノ (_,   し  (乂 ) 。 。

            ,、,.i            ,.i/'i,. i
        i、,!.';'_l,.i ,   _,,......-......,,,_ .li、!'i゙゙'-!'゙,! ., .,
.      , .,.i .i.!/三>:':´:::;:::::::::´:::::::::::::::`゙゙''ー.,_l ヽ',ヽ',ヽ-;
     lヾ_''゙_,!'゙ l,イ:::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\lヾ/、,i、'i'l
     !三三三ヽ'/::;:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ..,,_',,.ヾ
.    !三三三三!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,l三l!
.   ,.ノ三三三三!;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::;:::::::::::::::::::::::::',三'i
 /::/三三三三;'  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!;::、::::::::::l:::;::::::: l=~'l、
 ::::::;!ヾ三l三l三;!:..  ::::!::::::::::::::::::::::::::!::lヾ:;'、:::::::l;::! ...:l'_ヾ:::'、
 :::::'゙::!.,iヾ三三;!l::::::l::::::::! ::::::::::::::::::::::l::;! ,Xヾ从l;イ::::::;!,/:;_:::::',
 :::::::::'゙::l/;l.イ:'、!:!:!::::l::::::::!::.....     :::;'::;' '゙ィニミュ、.l:::::/、;',/::::::'、
 :::::::::::::::iー!三三';:::l:::::::l::::::::::::::::..::::/i::;!  r':i::l .》.l:::;'.,;'三,/:::::::::',
 :::::::::::::::;:>!三!'゙´_,,..';::::::l';::::::::::::::::;:' i/  弋ソ   !;.';'゙;i、'':゙:::::::::::::::,
 :::::::::::;>.、l三,、 '´  ';:::::l.';::::::::::;:'  ' _      !'l_ヾ! '.;::::::::::::::::::,
 :::::::;:' .<゙.l三X≧-...,,,_';::::i.ヾ::; '   /´ `,   ,.:''   .   ';:::::::::::::::::,
 :::; '   `'゙   ,.>‐、l,...'.':::i-- 、   l   / , 'i:;:'       ';:::::::::::::::i
 /       l:::::::::::':,/:ヾ;、_ ヾー- 二.‐''゙ .,''       ';::::::::::::::!
          ';::::::::::::!:::::::::::::!,./、  .,,;<三三>;,、        ;::::::::::::::!
.          l::::::::::::l:::::::::::::l/ノ:::':./三三三>!''',        ;::::::::::::::!
         ,!::::::::::::!::::::::;イ:':::::::::!三l ◎     l        !:::::::::::::!
        ,.:':::ー'::、:::::::::::i::::/ ';:::_::::::::'l三l;,.、   /        l:::::::::::::l
     ,..::'::::;:::::::::::!:::::::::::ヾ、,.:´::::::ヾ:::::ヾl三≧=‐'         l:::::::::::::l
.    /:;::::::::ヾ:::::;ノ';::::::::::::::/::::::::::_:ノ:::::::::::::::::::::::.、       l:::::::::::::l
.  ,:'::::ヾ:::::::::'、:::::::l::::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::::',.         l:::::::::::::l
.  ヾ、:::::ヾ、::::::ノ:'゙:::::::::::::::::; '  .l::::::::::::::::::::::::::::::::::',      l:::::::::::::l
.    ヾ、''゙::::::::::>‐--‐'''゙   .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       .l:::::::::::::l
       `゙ ゙´          .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      .l:::::::::::::l」
ランチャー 「見せてみろ、そのスキルを。」
巨大化っていう 「おはようっていうwwwwwww
出現役職関連的に共有がでてryだろうなぁッて感じっていうwwww
共有はCOどぞっていうwwwww」
翠星石 「朝が来た!」
でっていう 「共有COだっていうwwwww
相方は主人公GMとブロントさんだっていうwwwww」
やる夫 「おはようだおー。とりあえず共有は奇跡的にいるようだおね。
よかったよかった。
それじゃ、COをするならお願いするおー」
解体人形ジェニー 「ジェニーのスクラップ占いCO!!
ぽっち●」
高遠遙一 「共有は多そうな雰囲気でしたが」
teemo 「ちっ。無事朝が来ちゃったか」
Märchen von Friedhof 「【私は占い師だ。】
さぁぶらんこ、君の色を見せて御覧──○●、だね」
ぽっち 「カカカカッ!」
解体人形ジェニー 「解体人形のスクラップ占い
うふふふ・・・私の占いはコピーの人形を作って、
何も出なければ●、出ていれば○と判定するようになるわ…
この占いで人外を殲滅してくれる・・・

初日 ぽっち ○●
理由:私は人形だからね、人形遣いを占うのは至極当然のこと。
というわけで占わせてもらうわよ。

・・・てか名前間際らしいわよ!?何よぽっちって!?
ぼっちじゃなくて!?」
ゴトー 「おはよう」
エル 「狼さんの吠えだけ聞くと
思いっきり多いって訳じゃなさそうね
むしろ共有が二人はいそうな気がするわ」
赤でっていう 「おっはーwwwwwww共有がめっちゃいるっぽくていいねいいねっていうwww
共有多いなら共有1COの指定展開でwwwwwそこの◯持ち占いはCOとかどうよwwwwww」
やる夫 「でっていう共有かおwwwwwww」
八雲藍 「倒されたので主人公は即座に交代と相成った。」
Märchen von Friedhof 「ぶらんこは○、だ。失礼」
高遠遙一 「初日共有でも裏鍋でななんの意味もありません」
メディスン 「●吊ろうか」
ぶらんこ 「あじゃじゃじゃ、唐突に●だってかや?」
ぽっち 「狂人特攻多すぎィ!!」
セイバー 「朝は来たということが素敵に感じられる鍋は初めてかと」
ブロントさん 「あーまーなんていうかもう少し様子見してから出よかったんだが」
でっていう 「つまり役かけはないっていうwwwww
吊りたかったやつらすまんなっていうwwwww」
ピカ 「でっていう共有とか吊れないピカぁ!」
ランチャー 「●は速やかなCOを。初日GMか…大した情報にはならんな。」
雪華綺晶 「ああ、ぼっちではなくぽっち。そこをしっかり突いてくるのはしっかりしていますね」
巨大化っていう 「初日から占いCO乱舞だと・・・っていうwwwwww」
エル 「蜥蜴さんが共有だなんで吊れないね
せめて暴君である事を願いましょうか、うふふふふ」
翠星石 「共有3ですね!
あとなんか占い師も初日から結構出てるみてーです!」
高遠遙一 「ぼっち吊りでしょうか、●であるならば」
ブロントさん 「共有であってる。遺憾ながら」
ぽっち 「霊能者であることをCOする!」
赤でっていう 「お、おう、●の占い即露出ねっていうwwwwww
そこ吊って進行かなーっていうwwwwwwwwwwwww」
ベア子 「えっと、占い2に、共有がでっていうとブロントさん…
でっていう吊れないじゃないですか!(憤怒)
ぶらんこは〇なのか●なのか」
teemo 「●にCO聞けばいいんじゃないの」
巨大化っていう 「流石兄弟っていうwwww
そこにシビれる憧れるっていうwwwww>素の兄弟」
メディスン 「役欠けも何もね・・・>でっていう」
ピカ 「そしてこの●乱舞ピカぁ」
翠星石 「裏鍋で役欠けもくそもねーですよ!>でっていう」
ゴトー 「ぽっちちゃん吊っても構わなそうだねえ」
ブロントさん 「裏鍋は欠けもくそもにい!>でって」
やる夫 「ふむ初日から占い●が現れさらにCOも増える。らしいカオスなスタート」
ランチャー 「役欠けなど存在しない。
ここは裏鍋だ――理解しているか?>共有」
ぶらんこ 「ほー、めるへんさんがおらに○だってか。ありがてっすども、
占い出るのはえぐねえがぇ?そうでもねかったかや。」
ぽっち 「でも処刑するんでしょ?
エロ同人みたいに!」
でっていう 「そして出るの早すぎたっていう・・・・・・。
やっちまったっていう・・・・・・。」
赤でっていう 「役欠けも何もwwwwwこの村じゃ意味ねーっていうwwwwwww>素の兄弟」
雪華綺晶 「役欠け……?
何を以て役欠けとするのか、何を持たざれば役欠けとなるのか」
セイバー 「共有が3人 占い師が2人出ていますね
因みに占い師すら出現保証ではないですよ>共有」
teemo 「んじゃぼっちちゃん吊っちゃおうか」
八雲藍 「●ならそこにCOを聞くとしてだ。
共有者初日だから真占い師がいるとも限らない。」
翠星石 「占い師1も人狼1も保証枠じゃねーですから!!」
メディスン 「霊能COね、吊って満足したいぜ!」
解体人形ジェニー 「まぁ貴女視点ではそういうしかないわよね。
だけどこれは単なる幸運。
貴女に人外と決めつけられる筋合いはないわよ。<ぽっち」
ピカ 「初日でも占1は保証されてないピカぁ!」
巨大化っていう 「んで初日から出てきた占いは○と●にそこは共有と霊能とっていうwwww」
ベア子 「とりあえず、ぼっちさんは霊能と
じゃあ、ぼっちさん吊りでいいんじゃないでしょうか」
ブロントさん 「んでぼっちをつりこめー^^」
高遠遙一 「いえ、裏鍋です>でっていう
占い師0や狼0もあるので役欠け等という情報はありません
占い師は保証枠ではないのです」
ゴトー 「第一声が狂人特攻多すぎというのは
人狼じゃないにしても何やら村陣営じゃない気配がするし」
やる夫 「役欠けとかねぇおwwwwww
何一つとして保障されてないおwwww」
雪華綺晶 「興味は尽きない。興味は尽きない。
嗚呼、それはまるで私自身の存在の世界のように!」
ぽっち 「後私ぼっちじゃねーから!
ぽっちだから!!」
エル 「●乱舞っていうか
ぼっちさん●しか無い気するけど?
メルフェンさんはぶらんこさん○でしょ?」
でっていう 「保障枠ないの忘れてたっていうwwwww
俺様うっかりwwwww」
Märchen von Friedhof 「ふむ、普通村+狂信者程度の配役だと思っていたので普通村の進行を同じく出るべきか、と思ったのだが…」
ぶらんこ 「霊能COだら、まあつってしまうっきゃなかんべなぁ」
赤でっていう 「固定出現枠すらないからねwwwwww素村とか狐いない可能性もあるよwwwwww」
翠星石 「ぽっち!?」
メディスン 「とりあえず占い信用してぽっち吊ろうか」
エル 「なん…ですって…>ぼっちさん」
ピカ 「とりあえず指定はぼっちということみたいピカぁ。
ならそこの結果次第で明日の吊りが決まるピカね。」
ぶらんこ 「んだなー >エル」
巨大化っていう 「裏鍋久々すぎてセオリーわかんないんだけど初手から占いCOって動見るべきなんだろうっていうwwwwwww
現状霊能COなら吊りって感じも普通にあるけどっていうwwwwwwww」
高遠遙一 「しかしでっていうがこの村を率いるとは嘆かわしい」
セイバー 「●出されが霊能COと
特攻であるか真の●であるかは判断が付かないところではありますが」
八雲藍 「何がぽっちなのだろうか。(意味深)」
ベア子 「占いも保証枠じゃないんですかー……
…これ●吊って大丈夫なのかどうかなんですが、
ぼっちさんは霊能ですし、ひとまず吊っても大丈夫だろうという感じでしょう
灰吊って重要職吊ってしまうのが怖いですし」
ランチャー 「己が運命、受け入れたか?」
雪華綺晶 「いるかどうかもわからぬ狩人は、きっとジェニーを護衛するクスクス
いないかもしれない狩人は、きっとfriendhofを護衛するクスクス」
ブロントさん 「あと霊能は明日の朝でること、出ないのは知らん。それ以降死ぬまでCOしなくていいぞ」
赤でっていう 「つーか素の兄弟共有かぁwwwwwww
これはもうでって陣営の勝利だなっていうwwwwwwwwww(キリリリリ」
でっていう 「かまわんぽっち吊りっていうwwwww
やる夫 「まじで?>ぼっち
まじだ!!>ぽっと
なんだおこの罠」
解体人形ジェニー 「間際らしいのよ貴方の名前―!!<ぽっち
占うときもびっくりしたわよ!
なによぽっちって!はっちぽっちすてーしょん!?」
メディスン 「むしろお前らぼっちだと思ってたのかww」
ベア子 「ぽっち…だと…!>ぼっち」
ぽっち 「HNを見れば・・・分かる事だってある<八雲」
ゴトー 「僕裏鍋とかよくわかんないから共有者に全部任せるよ」
ぽっち 「!?<ジェニー」
ピカ 「そんなのこれ「ぽっち」もわからんピカぁ>八雲」
翠星石 「判断つかない以上吊るしかねーんですよ>セイバー」
赤でっていう 「◇高遠遙一 「しかしでっていうがこの村を率いるとは嘆かわしい」

なんでやwwwwwwでって一族優秀やろwwwwwwwwwwww」
teemo 「セオリーも何も、●が霊COするなら普通に吊るだけだと思うけど」
メディスン 「少しは考えようぜ!>ゴトー」
セイバー 「ぼっちではなくぽっちと
ハッチポッチステーションを思い出したのは私だけでしょうか」
八雲藍 「霊界に行かないとわからないじゃないか。>ぽっち」
ランチャー 「「それもあり」そう受け入れるのがいいだろう。
少なくとも俺はそうしてきた。>巨大化」
ぶらんこ 「んまー占いどっちか護衛って感じでねえのかい?狩人さんは。
その辺は個人の好み要素もあるだろーけども。」
ピカ 「なんだか歳のバレるようなこと言ってる気がするピカぁ・・・>ジェニー」
やる夫 「ピカがうまいこと言って普通にやる夫は感心した」
ぽっち 「まあ初手●はとても狂人特攻臭いのめるひえんに期待。
後いれば狩人にも。」
赤でっていう 「ぽっちって何か卑猥に聞こえるよねっていう」
高遠遙一 「何、でっていうはまだ他にも居ます
駆逐するのに事欠きますまい」
エル 「衝撃の事実が発覚したからもう私は満足したわ
ここでぽっちトラップが消えてしまうのは嘆かわしいけど」
巨大化っていう 「超ならぶっちゃけグレランして噛まれ含めて見るかどうかの流れっていうwwww
ただ今回の場合だとすでに霊能COしてるってとこがryっていうwwwwww」
解体人形ジェニー 「私は占うギリギリで見直したわ…!<メディ」
雪華綺晶 「見るべきところを見る。見えざるところを見る。
その意味で、ジェニーのそのCOは非常に価値あるものとなりましょう。
ぽっち自身が、自身の名を呼ぶことに、彼の人の信用を上げることにもつながりますれば」
teemo 「どうやっても信用出来そうにない霊残しても仕方ないんじゃない?」
八雲藍 「●先がどのCOをしようと信用度に影響を及ぼさないというのは素晴らしいと心から思う。」
ぶらんこ 「なつかしいな・・・ >はっちぽっち」
でっていう 「そうだな兄弟>赤でっていう」
メディスン 「●吊りで話すことがあんまりないなぁと少し思う」
ランチャー 「お前らの眼は節穴か?
プロフィールを見ればハッチポッチステーションであることは言うまでもない。」
ゴトー 「やだよぉ
僕みたいな老人よりも若者のほうが頭は回るだろう?>メディスンちゃん」
翠星石 「ここでぽっち○の占い師が5人出てきたりすれば
ぽっち吊りが収まる可能性もあるかもしれねーですけど。
初日に●が出たら吊るのは裏鍋でも同じです」
八雲藍 「なお、審議拒否。>ピカ」
セイバー 「まあ、●吊りで良いと私も思いますが>翠星石」
ピカ 「裏って言っても配役自体は普通とそんな変わりないピカぁ
なので気楽にいくといいピカぁ>ゴトー」
ベア子 「そういえば狩人いるかも保証がないんですよね…(この辺りは超鍋村と一緒ですが)
何でもあり得るという所が怖いです」
赤でっていう 「狂人と言えば狂信者も出るんで、誤爆とかはあんま期待出来ない感じなのかな?っていうwwwww」
エル 「ジャンプ台としては優秀ね>赤でっていう」
赤でっていう 「流石だ兄弟>素の兄弟」
やる夫 「そうだお。とりあえず大量に狩人が存在して死体なしが出まくるという素敵な
展開もあるかもしれないし。それと同じくらい狐が云々もあるけど。
まぁ、明日が保証されてないなんていつものことだお。
眼鏡がないと明日も見えない」
解体人形ジェニー 「流石の裏鍋でもそれは引くわ―<翠星石」
ピカ 「●吊りでいいけど、明日の噛みで判断をいろいろしたいピカぁ」
ぶらんこ 「んだなー >ベア子
ぶっちゃけ、そういう意味では様子見するんでねーかとおもっとったども」
雪華綺晶 「何でもあり得る、そして何もあり得ない>ベア子
それでいいではありませんか。私たちはただあるがままを受け入れる。それもまた世界の選択であるのですから。」
Märchen von Friedhof 「残機代わり、としても優秀だね、でっていうは」
メディスン 「おいw共有任せはまずいよ流石に>ゴトー」
ぽっち 「いやだぁ、しにたくない!しにたくないんだ!」
セイバー 「…おや本当にハッチポッチステーションだったのですか」
八雲藍 「◇teemo 「どうやっても信用出来そうにない霊残しても仕方ないんじゃない?」
なので、このような発言が素直に好みではない。」
赤でっていう 「俺様達いないと行けない場所もあるからなってやかましいわwwwwwwww>エル」
ゴトー 「でっていうだって信用してあげてもイイじゃないか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆主人公GM 投票はお忘れなく。

主役の座?いいぜくれてやる 探せ!主人公の全てをそこに置いてきた!」
2 日目 (1 回目)
翠星石0 票投票先 →ぽっち
解体人形ジェニー1 票投票先 →ぽっち
ぶらんこ0 票投票先 →ぽっち
teemo0 票投票先 →ぽっち
雪華綺晶0 票投票先 →ぽっち
ベア子0 票投票先 →ぽっち
巨大化っていう0 票投票先 →ぽっち
ゴトー0 票投票先 →ぽっち
メディスン0 票投票先 →ぽっち
Märchen von Friedhof0 票投票先 →ぽっち
セイバー0 票投票先 →ぽっち
ピカ0 票投票先 →ぽっち
ぽっち20 票投票先 →解体人形ジェニー
高遠遙一0 票投票先 →ぽっち
でっていう0 票投票先 →ぽっち
ブロントさん0 票投票先 →ぽっち
ランチャー0 票投票先 →ぽっち
エル0 票投票先 →ぽっち
やる夫0 票投票先 →ぽっち
赤でっていう0 票投票先 →ぽっち
八雲藍0 票投票先 →ぽっち
ぽっち を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「んー…」
ベア子 「 」
セイバー 「さて…どうして3Wにピンポイントで●が出るんでしょうね」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「ジェニーさん噛みましょうか
狩人いるかもしれないんですが」
セイバー 「狩人が居るならばジェニーを守ってるとは思いますが」
ベア子 「これもphpの仕業か!!>●」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「明日霊能●乱舞きそうな予感もしますけどねぇ…
霊能とか語る予定あります?私はないですけど」
セイバー 「まあ、占い日記は継続して書きます
初手囲いで」
ベア子 「 」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「私も書いておきます」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「噛みはジェニー140」
ベア子 「指定喰らったら占い出ます」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「はい、お願いします」
セイバー 「 」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
今日の天候は酸性雨です (全員 草刈り)
巨大化っていう は無残な負け犬の姿で発見されました
ピカ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ピカさんの遺言 ただの村人ピカぁ
みんなもポケモンXY買うピカぁ
巨大化っていうさんの遺言 狩人COっていうwwwww

護衛履歴 ☓→ジェニー

巨大化っていう様の巨大化する狩人日記っていうwwww

初日 ☓
狩人とっていうwwwww
夢がないから入らんこと考えなくていいのは楽だなぁっていうwwww
最も逆に変態護衛とかしてみたくもなるんだがっていうwwww

2日目 ジェニー
んー・・・これどうするのが正しかったんかなぁっていうwwww
そして護衛どうすっかなぁ・・・っていうwwww
個人的好みとしては占いほっといて共有護衛してぇ・・・っていうwwwwwww
ただ、通常ならメル護衛なんだよな・・・勝負賭けでジェニー護衛・・っていうwwww・・・・正直占いどっちもryな気がするからいっそ勝負かけしようっていうwwww
ぽっちさんの遺言 霊能者だってことだよ!!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
エル 「まぁ、占い師が二人出てきたとはいえ
●が初日から出ているのであれば
狼視点では大体占いについては判断出来ているのではないかしら?
だから今日占い師が死んでいる可能性は高いと思うけど?」
ゴトー 「霊能CO ぼっちちゃん●」
八雲藍 「おはよう。
●を残しても仕方ない、ならば話はわかるのだがな。」
Märchen von Friedhof 「さぁエル、君の色を見せて御覧──○、だね」
メディスン 「霊能COで満足するしかねぇ!
ぽっち●」
雪華綺晶 「                        , '´ ̄f令y、__
                          /  /rヘミイヽ  `丶、
                    / / //// {{ /    \
                  , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7
                    ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、
              , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ
             /  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ
.           /  /  /f了 /〃ハ         r采/}// /    |
        / , イ //__〉廴几// rヘ  r、 '  〈沙'}彡'´/ /   l |
       / /// / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧   |  |
.      /// // / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / / ¦  l  | 哀れにも海辺に流れ着いた人形≪ドール≫
     |/ // / / |/ 7⌒) //―廴rヘ、└勹  / / /  l|   l  | クスクス
      |,' / l / ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人  厶__ i  ハ  l|  | 私は、誰も恨んでなどいませんよ。
      | ,′|  /、 / j       `ー―く/     }'´ / l  |¦ |  `、
      | ! ル / ∨ /   ,   ,     ┌ ┴‐z__r'⌒フ   |  !| |  }
     ,ハ「 / / / レ′ /  /   _ノ   j ノ / / ¦|  / | |  〈  エルの朝一発言はあらかじめ用意されたもの=狼の数を知っていた
    (   l/ 厶-‐'´     ___ノ     ノ  /  /}   | | ,' l |  |  `、クスクス これは邪推にすぎますれば。嗚呼、哀れにも無力な私に愛の手を?
      〈 {            }     , '´  /  / l|  リ /  | |  l   ヽ、
         ヽ>⌒7  r冖、乂       ,′   /  ,  / ,   }/  l} |  |      \
       /    `ー┘  r┘    l   イ  / / / , /   ,' |  ヽ     ヽ
      /       ,    `⌒)     |  | / / / / /   /  ハ  \      }
    /         /     /`ヽヘ__〉  !  / / / /   /  /  l    }    /
.     i        /       `ヽ  ヽ   |  / / / /  , ′ /  l|   /   (」
やる夫 「霊能CO だお ぽっち●」
ランチャー 「無形の刃に焦がれるよりは形ある現在を使うべきだ。」
解体人形ジェニー 「ジェニーのスクラップ占いCO!!
ぽっち●>雪華綺晶○」
翠星石 「おはよーです!」
セイバー 「おはようございます」
八雲藍 「と、思ったが以下略。」
エル 「昨日●出されで霊能COが云々って話あったけど
残す場合はまぁ、他の占いとのラインとか見る事になると思うの
つっちゃってるから関係ないけどね」
ブロントさん 「うぃ」
ぶらんこ 「んー・・・ どーにも今日の噛まれが気になるすなー
占いかまれだとある意味わかりやすいども・・ん?あー?」
解体人形ジェニー 「2日目 雪華綺晶 ○●
理由:初手●は幸先がいいわね。次に占う場所はここ。
◇雪華綺晶(120) 「見るべきところを見る。見えざるところを見る。
その意味で、ジェニーのそのCOは非常に価値あるものとなりましょう。
ぽっち自身が、自身の名を呼ぶことに、彼の人の信用を上げることにもつながりますれば」

これって「●判定のぽっちが自分の名前を言うたびに私の信用が上がる」っていう意味よね?
さっぱり訳が分からないわ…意味のある村人の言葉なのか人外の虚言なのか判断するべく占い。
○だったらついでにこの言葉の意味の質問をしてみようかしら。」
でっていう 「おはようっていう
今日もよろしくっていう」
赤でっていう 「おっはー霊能いるなら結果よろ」
teemo 「おはよう」
高遠遙一 「おはようございます
おや? 草刈り?
ベア子 「>●吊りでいいけど、明日の噛みで判断をいろいろしたいピカぁ
ピカチュウさんの発言なんですけど、
これ死体無しとかだったらどういう判断するのかなーっていう所が気になりますね
朝の発言チェックしてみましょう」
ゴトー 「呪殺かなあ?」
雪華綺晶 「おや? おや? おや?
これは狐? それとも暗殺? それとも運命のちから?」
Märchen von Friedhof 「地平線の同胞だ。占わないはずがないだろう?」
ブロントさん 「銃殺主張の占いはいるか」
八雲藍 「呪殺主張はなし、暗殺者がいる可能性が高いと。」
ベア子 「草刈…でっていう涙目ですね」
エル 「あら、死体2で霊能が複数でて
占いと繋がってるわね」
高遠遙一 「◇セイバー(88)「●出されが霊能COと
特攻であるか真の●であるかは判断が付かないところではありますが」
 
昨日はセイバーさんがどっちつかずな印象でした」
でっていう 「あーっと草刈っていう
俺様さびしいっていう」
やる夫 「ふむ。全員同じ結果。」
ぶらんこ 「霊能てんこ盛りでぜーんぶ●だってかや。
珍しーこともあるども・・・おおくねえが?!」
ランチャー 「銃殺・暗殺の可能性のある2死体」
メディスン 「銃殺主張はいない、どういうことだ?」
ゴトー 「とおもったら、COしてる占い師で死体占ってる子いないんだね」
赤でっていう 「くろいっしょく
んぅ、騙りで割ってくる奴はいなかったーってことかな?っていう」
翠星石 「死体占ったーって主張はいねーんですね。
そして毒遺言も無しと」
解体人形ジェニー 「というわけで雪華綺晶、
◇雪華綺晶(120) 「見るべきところを見る。見えざるところを見る。
その意味で、ジェニーのそのCOは非常に価値あるものとなりましょう。
ぽっち自身が、自身の名を呼ぶことに、彼の人の信用を上げることにもつながりますれば」

この発言の意図を教えてくれない?」
雪華綺晶 「クスクス
霊能が3もいるのであれば、いるかもしれない暗殺のお仕事の出番でしょうか」
ブロントさん 「あ、霊能結果○の霊能いたら必ず出ること」
セイバー 「えー…狩人遺言 村人遺言 霊能COが3 銃殺主張占いは無しと」
八雲藍 「ぽっち全●は逆に疑いたくなるな。」
高遠遙一 「ふむ……>狩人遺言と霊能遺言
で、霊能二人とラインは繋がるのですね」
ブロントさん 「いにぃな」
ランチャー 「蜥蜴たちは寂しそうだな。
ジェニー真でも灰噛みは普通にあると見てグレランでいいだろ。」
高遠遙一 「普通は出ます>ブロントさん」
ゴトー 「いないでしょー>対抗も皆黒出し」
エル 「死体2ならこの場合呪殺しかないんじゃないのかしら?
少なくとも今出てる占いではないけども」
teemo 「まぁ潜伏占いが呪殺出したで確定でしょ」
セイバー 「全員ぽっち●で霊能はラインが繋がっていると」
翠星石 「これ暗殺なんじゃねーですかね」
Märchen von Friedhof 「草刈りの所為ででっていうの発言が物悲しいね」
メディスン 「占いは特攻ではなかったようだな
だが真妄信するわけではない」
ブロントさん 「まぁ数多ければ身内切りなんかもしやすいから確定で真とは言わんが」
赤でっていう 「見えてるとこ全部偽ってのも変っていうかアレだしね
ぽっち●でジェニーのぽっち●が真結果なのは”ほぼ確定的”っていう」
ランチャー 「ここで潜る霊など茶番以上の何者でもない。」
でっていう 「霊能3か。全員同じ。
少なくても狼は確定ぽいっていう」
ベア子 「霊能3COですか?
そして、2死体…これ灰噛みと暗殺(銃殺)があるのでしょうか」
高遠遙一 「ジェニーさんはある程度信じて良いかと」
ゴトー 「まあ僕もし霊能者で○引いてたら
COせずに潜伏して全ロラ主張してるけどね」
teemo 「あ>暗殺」
やる夫 「でー死体が二つあるおね。まぁ毒噛み、あるいは銃殺。そのどちらか
だから、銃殺主張の占いがいないなら毒噛みとみていいんじゃないかお?」
ブロントさん 「>暗殺
霊能やっていいぞ」
ぶらんこ 「銃殺は今んとこ主張ねぐねえか?ほだらば
暗殺か何かでもいるんだべか。にしては手がはええ気がするども」
八雲藍 「もし、呪殺だとすればピカの可能性が高い。」
ブロントさん 「指示はグレラン」
雪華綺晶 「クスクス
ぽっちは、自ら自分が「ぽっち」であることを言った。
そして、ジェニーはぽっちのことを「ぼっち」ではなく「ぽっち」として結果を出した。
ゆえに、あなたの信用は単なる騙り以上の信頼を得ることになる、ということに御座います>ジェニー」
teemo 「んじゃそっちなのかな」
赤でっていう 「この結果で◯なのに潜る霊能って相当アレじゃね?っていう>ブロントさん」
エル 「もし霊能で○結果持ってるのだったら
●持って出てるのがいる時点で割れてるから
ここで出ない以上はいないと考えた方がいいと思うけど?」
翠星石 「占いの○から霊能が出たってわけでもねーんなら
霊能から選んで指定吊りってのも手です」
ゴトー 「主張内容としてはそうだな
こんなに黒で揃うなんておかしい。絶対狼が1匹程度は混じっている――とか、そんな感じ」
八雲藍 「妥当だな、霊能者の命は紙より軽いのが裏鍋だ。」
高遠遙一 「灰で気になるのはセイバーさん
●への反応が少々引っかかりました」
メディスン 「今日はどこ吊りなんだ?
俺以外の霊能が真という保証はないからな・・・」
セイバー 「確かにこのピカか巨大化が噛まれる位置かと言われると些か疑問ではありますが」
解体人形ジェニー 「騙り3つも出さなくちゃいけない、
狂人の場合真に合わせるリスクがあるので
できるのは狂信狼、
これだけのデメリットがあって一律で合わせるメリットってのは?<藍」
ランチャー 「闇の中に消える者も居たな。
何にせよ、オレ達が進むべき道を誤ってはならんのだ。」
teemo 「まぁ共有も言ってるけど
暗殺は霊始末しておくといいよ。霊二人で結果合致って地味に怖い」
やる夫 「ああ、暗殺か。すっかり忘れてた。それもあったおね。」
赤でっていう 「あぁ、そういや暗殺いるのかっていう
つーか巨大化の兄弟が何したっていうんや……いや噛まれかもしれんけど」
翠星石 「灰吊って暗殺者に霊能を暗殺させるのも
霊能吊って暗殺者に灰や霊能暗殺させるのもかわらねーですよ」
ゴトー 「まあこの場合は、解体屋クンが結構真強めに見られちゃうもんだから
後々響いてくるかもしれないけどね」
ぶらんこ 「というか、占いでもなんでもないとこ噛みだったってどったらことだべな。
護衛入ると踏んで先に狩人優先したんだべか。んでなかったら信用勝負でも
するつもりなのだべか・・・?」
エル 「うふふ、そういえば暗殺者って人もいたのね
どっちにしろ死体2出てるのは確かなんだから
あとで結果持ってる人は出てくるのだろうけど」
ランチャー 「メディスンあたりが気になる位置ではある。
話すことのなさへの言及など発言稼ぎが目立つ。」
ベア子 「もし、暗殺がいるなら指示通り霊能CO潰して行ってくれればいいですね
グレラン了解しました。
霊能で割れている人はいないと。
初手狼吊ったと考えても大丈夫そうですね。」
メディスン 「俺含め霊能3だぞ>teemo」
高遠遙一 「共有の促しで出ないのならば
銃殺ではなく暗殺と云う事なのでしょう
毒遺言でもありませんし」
雪華綺晶 「そして。少なくとも霊3すべてが偽ということはあまり想定すべき想定として不適当で御座いましょう。
なればこそ、ジェニーの信頼はあり、またそれを疑うには足らぬ。それがこの世界線でありますればなおのこと。」
解体人形ジェニー 「あ、いや、3つもというのは訂正ね。
精々多くても2つ程度・・・・


・・・とおもったら一気にハードルが下がったわね・・・
便乗騙りの可能性もあり得そうだわ…<藍」
teemo 「役職保護的な意味で霊暗殺するんなら
そもそも今日霊吊って暗殺させたほうが良くない?>八雲」
翠星石 「その上で霊能吊りなら暗殺が吊りで死なないってメリットがあるです」
赤でっていう 「ん、3人じゃね?>霊能」
ブロントさん 「3人いるぞまぁ個人的には偽1程度だろとは思っているがな」
やる夫 「まぁ、保証できるのはぽっちが狼である、ということであって
対抗が狂信だとか狼だとかで結果合わせてきたとか
そもそもジェニーが身内切りだとかの可能性も普通にあるお。」
ランチャー 「と、まあ今霊能COしていたことに気づいたので一度保留か。」
セイバー 「霊能にどれだけ人外が混じっているか、ですね
全員真霊能と言うことは流石に無いでしょう」
teemo 「ん?あれこれ霊吊って暗殺で霊殺せばいいような」
メディスン 「霊能吊りはどうかと思うぞ
暗殺いるだろうからな>teemo」
ぶらんこ 「2-3-3だなー、今のCO。つられたもの含めると霊能4と。多い。絶対に多い。
吊られが騙り濃厚にしたっても多いべさ」
ランチャー 「確率でモノを話すな。ここは闇鍋だぞ。」
翠星石 「共有が霊能暗殺しても良いっていうことは吊ってもいいってことだと思うから
私は霊能投票してみますよ、今回」
八雲藍 「霊能者が狂人と狼の騙りどころなのは間違いない。>解体人形ジェニー
ちなみに、真混じりなら君が真狼である可能性が高いというぐらいの情報になるな。」
ゴトー 「んー?」
高遠遙一 「やってもいいぞ、であって霊能を暗殺しろではないと思いますが>ベア子
その共有の発言をさも指定のように言って、暗殺先を誘導する動き気になりますね」
teemo 「霊3人ってライン割れしてるんだから2OR1でしょうに」
雪華綺晶 「クスクス
狼の上限数が決まっていないとはいえ、
霊能を宣言するものが生きていることは決して無碍ではない。
その命をただ軽視するのはいささか勿体ないことかと。」
解体人形ジェニー 「そんで雪華綺晶の発言の意図はまぁわかったわ。
把握したわ。」
赤でっていう 「裏鍋の役職保護に意味があるとは思えんのだけどなぁっていう>teemo
いや、暗殺がいるっぽいから、意味あるのかな?」
ベア子 「どっちかというと灰吊っての方がいい気もするんですがね>teemo
霊能処理は暗殺に任せての方が好みです」
やる夫 「だから暗殺がいるなら霊能に行け……というのは正論だおね。
灰にいるのは狩人や暗殺や……目に自信があるなら全然言っていいけどね。」
ゴトー 「吊るなら暗殺する必要はないでしょ
吊るってことは霊能結果見れるってことなのに情報減らしてどうするんだか」
エル 「霊能は3人だからそこ暗殺させるのはいいんだけど
全員結果が一致してる以上は狼紛れてる可能性高いから
そこらへんはアレね」
セイバー 「暗殺保護 と言う観点で進めるならば霊能吊りもありだとは思いますがどうでしょうか>共有」
teemo 「まぁいいや。グレランしよう」
ぶらんこ 「われてらったか? >てーも」
高遠遙一 「灰を暗殺されたくないと言っているようで>ベア子」
翠星石 「本当は霊指定がベストだったんだと思うですけどね」
メディスン 「俺はグレランしたいな
暗殺に霊能殺しの依頼は仕方ないとして」
八雲藍 「役職保護をしようという気がまずもってあまりない。>teemo」
ランチャー 「それを言うのならteemoか翠星石を吊ればいいと思うがな。」
雪華綺晶 「どこがどことライン割れしているのでしょう?
私とは違ったものが見えているのでしょう? それは幻でしょう?」
Märchen von Friedhof 「霊能結果は3人とも●だが…?」
やる夫 「その程度の提案じゃないかお?」
teemo 「え?>八雲」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆主人公GM ・今日の主人公セリフ
「ここは私に任せて先に行きなさい!」」
3 日目 (1 回目)
翠星石3 票投票先 →ゴトー
解体人形ジェニー0 票投票先 →ベア子
ぶらんこ0 票投票先 →teemo
teemo5 票投票先 →翠星石
雪華綺晶0 票投票先 →teemo
ベア子3 票投票先 →teemo
ゴトー1 票投票先 →赤でっていう
メディスン0 票投票先 →翠星石
Märchen von Friedhof0 票投票先 →八雲藍
セイバー3 票投票先 →やる夫
高遠遙一0 票投票先 →ベア子
でっていう0 票投票先 →teemo
ブロントさん0 票投票先 →セイバー
ランチャー0 票投票先 →teemo
エル0 票投票先 →ベア子
やる夫1 票投票先 →セイバー
赤でっていう1 票投票先 →セイバー
八雲藍1 票投票先 →翠星石
teemo を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ベア子 「ジェニー噛みでしょうか?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「巨大化以外に狩人が居るかどうか、ですか>今日のジェニー噛みについては」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「狩人がでっていう一人ならいいんですけど、
そうなのかどうかわからないのが微妙な所
…あれ、暗殺した狩人が死んだら護衛ってどうなりましたっけ」
セイバー 「暗殺されても守れるので巨大化は真狩人です
他に居なければ今日は噛めますが、さて」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「霊能結果もありますしジェニーの信用は高いですからね
噛んでしまっておkだと思います
灰2暗殺もあったみたいですし」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ベア子 「 」
セイバー 「というか私たち両方吊り位置ですね
明日占いで出る狂人とか居ないと死にそうです」
セイバー 「ではジェニー二度噛み140」
ベア子 「占いで出るなら明日出てもいいかもですね…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
解体人形ジェニー は無残な負け犬の姿で発見されました
ベア子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
teemoさんの遺言 村人CO
Oracle飲んでなかったから霊3Coとか見えてなかったわ―
霊2CO+ぽっちのCOで3COだと思ってた
ベア子さんの遺言     ー   _  ┌‐┐ l ! ー┐ 、  ヽ/、、 ニ|ニ   l_」_   | |
   、_ (ノ  ) l__|  丿 .__| _ ノ (_,   し  (乂 ) 。 。

            ,、,.i            ,.i/'i,. i
        i、,!.';'_l,.i ,   _,,......-......,,,_ .li、!'i゙゙'-!'゙,! ., .,
.      , .,.i .i.!/三>:':´:::;:::::::::´:::::::::::::::`゙゙''ー.,_l ヽ',ヽ',ヽ-;
     lヾ_''゙_,!'゙ l,イ:::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\lヾ/、,i、'i'l
     !三三三ヽ'/::;:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ..,,_',,.ヾ
.    !三三三三!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,l三l!
.   ,.ノ三三三三!;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::;:::::::::::::::::::::::::',三'i
 /::/三三三三;'  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!;::、::::::::::l:::;::::::: l=~'l、 素村CO!
 ::::::;!ヾ三l三l三;!:..  ::::!::::::::::::::::::::::::::!::lヾ:;'、:::::::l;::! ...:l'_ヾ:::'、
 :::::'゙::!.,iヾ三三;!l::::::l::::::::! ::::::::::::::::::::::l::;! ,Xヾ从l;イ::::::;!,/:;_:::::',
 :::::::::'゙::l/;l.イ:'、!:!:!::::l::::::::!::.....     :::;'::;' '゙ィニミュ、.l:::::/、;',/::::::'、
 :::::::::::::::iー!三三';:::l:::::::l::::::::::::::::..::::/i::;!  r':i::l .》.l:::;'.,;'三,/:::::::::',
 :::::::::::::::;:>!三!'゙´_,,..';::::::l';::::::::::::::::;:' i/  弋ソ   !;.';'゙;i、'':゙:::::::::::::::,
 :::::::::::;>.、l三,、 '´  ';:::::l.';::::::::::;:'  ' _      !'l_ヾ! '.;::::::::::::::::::,
 :::::::;:' .<゙.l三X≧-...,,,_';::::i.ヾ::; '   /´ `,   ,.:''   .   ';:::::::::::::::::,
 :::; '   `'゙   ,.>‐、l,...'.':::i-- 、   l   / , 'i:;:'       ';:::::::::::::::i
 /       l:::::::::::':,/:ヾ;、_ ヾー- 二.‐''゙ .,''       ';::::::::::::::!
          ';::::::::::::!:::::::::::::!,./、  .,,;<三三>;,、        ;::::::::::::::!
.          l::::::::::::l:::::::::::::l/ノ:::':./三三三>!''',        ;::::::::::::::!
         ,!::::::::::::!::::::::;イ:':::::::::!三l ◎     l        !:::::::::::::!
        ,.:':::ー'::、:::::::::::i::::/ ';:::_::::::::'l三l;,.、   /        l:::::::::::::l
     ,..::'::::;:::::::::::!:::::::::::ヾ、,.:´::::::ヾ:::::ヾl三≧=‐'         l:::::::::::::l
.    /:;::::::::ヾ:::::;ノ';::::::::::::::/::::::::::_:ノ:::::::::::::::::::::::.、       l:::::::::::::l
.  ,:'::::ヾ:::::::::'、:::::::l::::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::::',.         l:::::::::::::l
.  ヾ、:::::ヾ、::::::ノ:'゙:::::::::::::::::; '  .l::::::::::::::::::::::::::::::::::',      l:::::::::::::l
.    ヾ、''゙::::::::::>‐--‐'''゙   .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       .l:::::::::::::l
       `゙ ゙´          .l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      .l:::::::::::::l
解体人形ジェニーさんの遺言 ジェニーのスクラップ占いCO!!
ぽっち●>雪華綺晶○>セイバー○●

解体人形のスクラップ占い
うふふふ・・・私の占いはコピーの人形を作って、
何も出なければ●、出ていれば○と判定するようになるわ…
この占いで人外を殲滅してくれる・・・

初日 ぽっち ●
理由:私は人形だからね、人形遣いを占うのは至極当然のこと。
というわけで占わせてもらうわよ。

・・・てか名前間際らしいわよ!?何よぽっちって!?
ぼっちじゃなくて!?

2日目 雪華綺晶 ○
理由:初手●は幸先がいいわね。次に占う場所はここ。
◇雪華綺晶(120) 「見るべきところを見る。見えざるところを見る。
その意味で、ジェニーのそのCOは非常に価値あるものとなりましょう。
ぽっち自身が、自身の名を呼ぶことに、彼の人の信用を上げることにもつながりますれば」

これって「●判定のぽっちが自分の名前を言うたびに私の信用が上がる」っていう意味よね?
さっぱり訳が分からないわ…意味のある村人の言葉なのか人外の虚言なのか判断するべく占い。
○だったらついでにこの言葉の意味の質問をしてみようかしら。

3日目 セイバー ○●
理由:◇セイバー(76) 「確かにこのピカか巨大化が噛まれる位置かと言われると些か疑問ではありますが」
その発言は正直この時点で行うものじゃないと思うわよ?
初日は情報なんてロクにない、もし巨大化が真狩人だとするなら
あの時点では巨大化自身が狩人であるという情報しかない。
それは狼も同じこと、発言から情報が漏れないなら
カンでグレー狩人を探すしかない。
という訳で視点漏れ人外の線もあると見て占い。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
エル 「霊能3人出て全員●で一致してる以上
全員偽って事は薄いと思うの、全員真ってのも微妙だけどね
だから今日霊能の誰かが死んでいなければ暗殺はいないと判断するしかないと思うわ
なんでそれだとジェニー真想定になるからどこかで噛まれると思う訳だけど
Märchen von Friedhof 「さぁ八雲藍、君の色を見せて御覧──○、だね」
八雲藍 「おはよう。」
メディスン 「霊能COで満足するしかねぇ!
teemo○」
ゴトー 「霊能CO teemoくん○」
やる夫 「霊能COだお teemo○」
Märchen von Friedhof 「「狐は占われたら死ぬ」と聞いたのでね。
前日にも予告投票をしておいただろう?」
ブロントさん 「んー?」
ランチャー 「わかりやすいほどの寡黙とは言えでっていう0票か。
それ以外は納得の行くグレランだった。」
でっていう 「おはようっていうwwwww
今日もよろしくっていうwwwww」
翠星石 「おはよーです!」
エル 「まぁ、暗殺に霊能者任せるといっても昨日の段階だと
呪殺で暗殺いない可能性あるからそれもアレだけどね」
八雲藍 「毒ではないのか。」
高遠遙一 「霊能者三人でしたか
二人だと思いましたよ
ベア子はやけに暗殺先を決めつけたいような印象を受けまして
……んー、そこ吊らないってのはちょっとなんですが」
赤でっていう 「おっはーwwwwww」
雪華綺晶 「                            - 、   ヾz
                      _ ∠-‐==ミ、ソムイ´ ̄ヽ__=ミf
                          ´   > ─ 、 ム Vf ̄`Yrt、V }>
                  /  //   ヽ ヽ ヽミ=| fTt )) ヾイ
                     /  / / / /   ! ヾ 、∨.ゝLニ/ \
                   〃 _/x //| /l ! i |  |   |//ハ、`ヽ '.
                    |イ/ft}゙)|/ T7''tト、l |  |  リ / // l〉ノl  i
                    レYヒリY x云示ミ/゙/ /  |/  / /´ l  !
                    トrィ′ {rfじハ/,/ / | . '  ∧ /  |
                     八    `ー' ノイ  / iリ/   ./ ∨  |
                       ペ      { /l 〃,{ i  l i y′  ,  ライン割れというからには私とはちがうものが見えているのでしょう?
          rr 、      / / `ァェz<,ハノ火二\ \ V   /\ 霊能の命を軽視するからにはきっと重要役職なのでしょう?
      _,. -‐┴ゝ )ヽ_,  /    ィ/ ノ (ニ/‐ ´─>‐-ミーヾヽ.  {ミ、`  .でもでもでも。私はそんなものは信じません。
    f壬ニ二   _ゝ }}tヘ⊥/ i   |{ (  /           }  ∨ハ v  ヾ \ ` 、私は私。ここの私。今の私。そして、未来の私。
      ミ=‐   ノ  }}ハ)》‐∨   ト  リ_        i Y⌒ ノ  ゝ._i__,)__  ヽ 
        ̄ 〒ナ  ソリ}}リミヽ \/  /゙ヾ ヽ      ,' _)   ト _   ニ=- ,   ̄` 、 ベア子はピカの発言をみたいと言った。
            Tフ≦彡く   ハ  ヾ´        '     /( |  ,八    ̄リ l /  \    ヽでもピカは死体だった。
          ´  ⌒∧ }\  i        i_/__ イ‐r'    X⌒i_{  ∨    \   iベア子はそのことに触れなかった。寂しい。嗚呼、さびしい?
            ノ  ソ / \| i    ,. <       ヽ|      `  ヽ .{i      i ヽ  l
           ´ ̄  / /ノ  r| ヽ__ ィ´ヽ   ハ   r‐'     /|⌒廴∧ハ     l ハ  !
       /  __/  /' /八   \ _ 〉,>{   r‐┤  イ ヽ  ノ ( ̄\ ` く    / / .|
     /  /   /   l /     >x __` <  `ー ' ⌒ヽ_.ノ⌒ ̄ __ )  \  ヽ / /  | '
      { /   /{   l′     / r=チヾ〉| γヾ、__   ´    イ イハ   ヽ  ', l   ,'/」
ぶらんこ 「むーん・・・昨日の噛みが気になりすぎるー・・・
狩人探しするにしたら、霊能の結果的に悠長すぎやしねえべか。
なぁんかひっかかるのよなー・・・様子見次第でちょっと考える。
あ、霊能の中で一番信用するならやる夫、吊るならメディスンからでねーかな。」
ゴトー 「あーあ勿体無い
狩人いないみたいだねえ」
セイバー 「おはようございます」
ぶらんこ 「んぁーん?」
でっていう 「げ、占い抜かれてるっていう」
赤でっていう 「ふぁっwwwwwwwwwwwwwww>解体屋死体」
ブロントさん 「暗殺は霊能やる気ねーってことかね」
やる夫 「また死体2……しかもジェニーかお。」
翠星石 「あいかわらず毒遺言でもねーみたいですから」
ランチャー 「狩人は生存していないということだな。」
八雲藍 「霊能者は最低で狂信者までだろうな、というのはわかる。」
高遠遙一 「あー……狩人いないと>ジェニー
あとこれベア子は……暗殺ですか」
赤でっていう 「巨大化の兄弟が単独狩人だったーってことかなこれwwwww」
メディスン 「あれ、暗殺はグレーにいったのか・・・?」
雪華綺晶 「嗚呼、きっと呪殺。霊は割れない。霊は死んでない。でもジェニーは死んだ。
狩人はいない。暗殺もいない。でも潜っている占いはいる、そうでしょう?」
エル 「あらあら?ジェニーさんが死んじゃった
ベア子さんも死んでるけどこの死体は
暗殺なのかしら?霊能暗殺指示だったと思うけど?」
セイバー 「ジェニーの死体と…これはベア子が暗殺でしょうか」
翠星石 「暗殺が占い行くことないと思うんで占い噛みのベア子暗殺ですねこれきっと」
ブロントさん 「まぁ絶対狩人いにぃとはいわんけど気にするとこでは無い」
ゴトー 「霊能が1欠けもないってのはどういうことかなあ。
ベア子を暗殺するところかどうかは知らないけれど
違う所だからってことで潜伏占い師が呪殺してる線とかないかな」
八雲藍 「攻める暗殺者が占い師を暗殺した、ということはないだろうか。」
ランチャー 「と、いうことだろうな。
それもあり、ならば我々も進むべき道を誤ってはならない>ブロントさん」
でっていう 「ん?霊能殺さず他を殺したのかっていうw
ちょっとわからんなっていうwwwww」
赤でっていう 「霊能、割って来ないなら狂信者と狼と真かなぁっていうwwwww
わりとwwwwwwwwww」
高遠遙一 「セイバーか翠星石はどうなのかなあといった印象ですけれど」
やる夫 「よく考えてみたんだけど
もし本当に暗殺がいるようなら霊能ロラした方が利点があることに気付いたお。
暗殺は灰にいる。保護をするなら霊能ロラって、そのうちに灰暗殺。
ロラが終わったら指定でー、って感じで。
昨日の時点だと……ていうか今日の時点でもいるかどうかわからないけどお」
ぶらんこ 「なしてそったら形で死体になってらのじゃ?占いは置いといても
霊能へらさねーのな暗殺。吊れって話なんだべか」
エル 「共有が昨日霊能暗殺といってた以上は
多分狐さんがお亡くなりになったんじゃないかしら、クスクス」
メディスン 「暗殺が何を考えているのか知らないが、霊吊りより灰の人外探したほうがいいと思うぞ」
八雲藍 「狩人確認で噛むにはいささかリスクが高いと思うが。」
ブロントさん 「まぁグレランだべ
明日占い主張いたら全員でろ」
翠星石 「ゼロじゃねーです>藍>占い暗殺
ただ、その場合はベア子が噛まれる理由を考えるのがセットになるですよ」
ゴトー 「>八雲ちゃん
えー
いやーないっしょー。ライン繋がってる占い師暗殺しちゃうなんて
僕ちょっと怖くて理解できないや。それどんな時代の人?」
セイバー 「霊能3人は割れず
真狼狂信という所でしょうか
狂人なら割ってきても良い場面だとは思いますから」
雪華綺晶 「いいですわ、すごくいいですわ!>八雲>霊の狂信混じり
3人とも結果だしがほぼ同時。そこから導き出される結論は狼か否かを知っている存在。
クスクス わかりやすい。非常にわかりやすい。」
赤でっていう 「まぁ共有潜って無いからグレー暗殺躊躇う理由も微妙じゃんね?っていうwwwww>素の兄弟」
ランチャー 「面白い。だが、ならばその刃の対象はMärchenであるべきだとは思わんか?>八雲」
高遠遙一 「霊能とライン繋がった占いを暗殺ってそれアグレッシブ通り過ぎて何考えてんだなんですが……>藍さん」
ぶらんこ 「もっかいグレランするすけ?むー、了解」
ブロントさん 「今日はメルの○も残すんでな」
雪華綺晶 「そして、ランチャー。
でっていうは、共有。あなたは、どこを見つめている? どこを知っている?」
でっていう 「暗殺なしの銃殺路線?
いやーそれ狐結構いることにならんのかっていうwwwww」
エル 「割ってこないなら狼混じりとは思ってたけど
狂信者の可能性もあるのね赤蜥蜴さん、すっかり忘れてたわ>赤でっていうさん」
八雲藍 「仮に、暗殺者がいないなら呪殺の可能性となるが。」
セイバー 「ふむ…それがジェニーを偽で見ている ということでしょうか?>八雲」
翠星石 「3票もらいのそこを噛む理由ってちょっと思いつかねーですよ」
高遠遙一 「いえ、この場合指定か霊能吊りかと思います>ブロントさん
あの……グレランって何をしたいので?」
ランチャー 「現状Märchenに噛まれる理由は存在しない。
ならばいっそ戯れてみるか。」
赤でっていう 「霊能は割れるかどうか、というので見る部分あるしねwwwwww
まぁ、俺様は真混じりで見てるんで、ローラーはどちかといえば大反対派ではあるしwwwwwwww」
メディスン 「グレランだな
役職吊っていくより妥当だと思うぜ」
八雲藍 「ラインの効力そのものが疑問だからな。>高遠遙一」
やる夫 「ていうかやる夫の個人的印象なんだけどこれ毒噛み連続自爆な気ばっかりするお
相じゃなかったら潜伏真占いがいるとしか思えない。」
エル 「まぁ、暗殺だとしても呪殺だとしても
死因出せる役職がいる事自体は確実なのよ」
ゴトー 「あ、個人的に赤でってくんちょっと怪しんでるんだよね
昨日投票したとおり
なーんかね。朝一と2の発言が共に霊能について発言したところがなんかズレてる感じがする」
高遠遙一 「まあ暗殺者は無いだろうなというのは翠星石ではありますけれども」
ブロントさん 「霊能吊りはしねーよ。最低でもロラは吊りではやらん、絶対にな」
八雲藍 「偽でも不思議ではない、というぐらいだ。>セイバー」
雪華綺晶 「霊3と繋がった占いを即暗殺する? この局面で?
極端、とても極端。ひどい。それはひどい。
何故そうまでして占いを目の仇にするのでしょう。嗚呼。なぜ? なぜ?」
翠星石 「霊能吊りのメリットは昨日説明して、
暗殺も共有も灰路線なら今日はそれに従うまでですね」
セイバー 「3票貰いである ということは吊れる位置 と言うことですからね
仮にそこを噛むなら灰暗殺を見たと言うのが濃厚でしょうが」
ランチャー 「む。少しわかりづらい言い方をしたかな。
赤の方の蜥蜴について言及したつもりだ。>雪華綺晶」
赤でっていう 「霊能吊りも暗殺保護以上の意味が無いと思うけどなぁっていうwwwwww>タカハシ」
ぶらんこ 「むーん・・・ 噛みの意味がわがんねっすなー
占い2-で今んとこメルヘンが判別不能とかいうんだべか
それでも初回の死体の意味が・・・ んー?」
エル 「毒噛みー、毒噛みねー」
やる夫 「あ、遺言にないのか。だったら勘違いだったおね。恥ずかしい恥ずかしい。」
翠星石 「私の持つ一票を灰吊りに活かした方が良いので。
ここで灰吊るのもそれはそれで進行のひとつなのは分かってますし」
高遠遙一 「翠星石やセイバーの霊能吊りで暗殺保護も人外候補潰しもできるという意見には賛同しますよ」
メディスン 「霊能吊りといっている奴は後々灰から人外吊る自信あるんだな?」
ランチャー 「毒噛みならそのような遺言があるべきだろう。>やる夫」
ゴトー 「ん。ごめんちょっと八雲くん
疑うのは結構だけど根拠あるよね。
根拠なくラインが3本もぶっとく繋がってる占い師が疑わしいっていうなら
世の中の沢山居る真占いがとっても可愛そうだよ」
雪華綺晶 「嗚呼、それは失敬。それは失礼>ランチャー
でも0票と言っている? 嗚呼、きっとこれ以上言及してはいけない。いけないけど、私の口は止まらない。」
八雲藍 「それだけ占い師の力、というものは強いということだな。
真であっても騙りであっても。>雪華綺晶」
高遠遙一 「毒噛みであるならば遺言に毒があるはずですけれどね」
エル 「ああ、毒遺言とかないのね」
赤でっていう 「んー、それってどういう意味?っていうwwwwwww>ゴトー」
高遠遙一 「埋毒者しか居ませんので、毒持ちは」
やる夫 「はっはっはっ。すっぽ抜けてたお。うんごめんごめん>ランチャー」
メディスン 「正直、霊能吊りはどうかと思うぞ
これは俺が霊能じゃなくても思うぜ」
ぶらんこ 「んだらば増えてる死体は全部暗殺だってかや >高遠」
ゴトー 「例えば疑わしいという疑いに着目するなら
占い師が語であったり
COしている霊能が語であるかどうかの考察って含めないといけないよね?」
雪華綺晶 「霊能吊りは何もなさない。狼の数もわからないのに、
ほとんど狼も狐もいない霊を吊れない。」
セイバー 「今のところ毒遺言は無いので暗殺を除けば夜に狼は死んでいません」
八雲藍 「そもまず三本。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆主人公GM ・今日の主人公っぽいセリフ
「お前それ脇役でも同じこと言えんの?」」
4 日目 (1 回目)
翠星石1 票投票先 →ランチャー
ぶらんこ0 票投票先 →赤でっていう
雪華綺晶0 票投票先 →セイバー
ゴトー0 票投票先 →赤でっていう
メディスン0 票投票先 →翠星石
Märchen von Friedhof0 票投票先 →ランチャー
セイバー4 票投票先 →ランチャー
高遠遙一1 票投票先 →ランチャー
でっていう1 票投票先 →セイバー
ブロントさん0 票投票先 →ランチャー
ランチャー5 票投票先 →セイバー
エル1 票投票先 →でっていう
やる夫0 票投票先 →セイバー
赤でっていう2 票投票先 →高遠遙一
八雲藍0 票投票先 →エル
ランチャー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「えー…これ占い噛んでまだ大丈夫なんでしょうか」
セイバー 「共有 共有 エル 八雲 ぶらんこ きらきー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「吊りは6」
セイバー 「灰が… 翠 メディスン ゴトー やる夫 赤でって 私」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「占い噛んだら詰みますね
暗殺も居ますし」
セイバー 「高遠も居ましたか
いやそれでも無理っぽい」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「共有噛んでいきますか…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
赤でっていう は無残な負け犬の姿で発見されました
ブロントさん は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ランチャーさんの遺言 暗殺者CO ピカ→ベア子
ブロントさんさんの遺言 グレー指定もしくは占い吊り、だな>でって
赤でっていうさんの遺言 赤の真実見極めるwwwwwでって占い師wwwwwwwww

でっていう◯→メディスン◯→高橋遼一●

初日:素の兄弟
うはwwwwwwおkkkkwwwwwwww
兄弟占えってことですねわかりますwwwwwww
わかりますwwwwwwww
吊られ?そんなの兄弟なら、兄弟なら回避出来るはずっていうwwwwww

二日目:メディスン
●吊りで発言の勢い弱いとこうらなひっていうwwwwwww
初日●で元気がなくなるのは人外って法則あるよねっていうwwwww
っていうか素の兄弟共有wwwwww単純に無駄占いかーっていうwwwww
これなら兄弟信じて放置の方がよかったかな(きりりっていうwwwwww

三日目:高遠遙一
早期から殴りに言ってるとこ、まぁどちかと言えば狐目なのかな?っていうwwwww
狼だったらもうちょい広く取ってるほうがいいし
複数いる狐だったらこういう発言傾向もあるかな~って感じで占う感wwwww
まぁ、吊られたがらない空気で役目ってのもあるしね。
っていうかまただよ(苦笑)>占い先が霊能CO

四日目:
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ゴトー 「霊能CO ランチャーくん○」
Märchen von Friedhof 「さぁ雪華綺晶、君の色を見せて御覧──○、だね」
やる夫 「霊能COだお ランチャー○」
メディスン 「霊能COで満足するしかねぇ!
ランチャー○」
エル 「ねぇお父様?この村蜥蜴さんいっぱいね
いろんな色がいて綺麗だわ
だから投票間違っても『私は悪くない』」
八雲藍 「おはよう。」
雪華綺晶 「              __,、xvfヘ、__(( -- ─-- _
            /  くヒベ/Kト、_})/       `丶fYv─‐ 、
            }   弋ミヒヅ^ /               \ヾ〉  i
            /    ((     ′         丶   ヽ} |
              /      ゝ=、 /   〃 i  l |   |  |  l   ハ  |
          ,ィ     /  、__ノ} ′ / ((⌒i |   |  | |  '、 |
         //    '  /  |/   .′ )} | |   |  |  |  l V|
       / /     l  |   |   | r‐'イ | |ハ |  |  | ,| |.,|
         |! |     |  |   |   xy、__L 八|从ノ 十‐ト、′l |
.         ヽ   |  |   |  ノィr‐辷ト、 i! /  ノ / / ,'ハl
              Y  :}  ∧  ∧.  Y;ゞ少くj}  γ=彡/ ィヽ \
           |  | ′|  ∧ ((~込匕シ  ,   / l ト、 \ ヽ
           |  |/.  |  / ヽ ゝ=、    ー   イ{  | | \ ヽ
           ノ  ″  >-、ノ^)ハ   ))> r、_<  人、' |  ハ 〉 , | 私は今は亡き占いの意思をついでセイバーを目指す
          /  /  /     ノ|    Vっ (\ヽ^7ヘ\ \  |. /,/ 占い先の理由についても決して的を外したものではないが故に。
        /  /   |  ,′ _ ノ    } 〈 r、ヽヽ\j  \ \|//
       /   , ′  ノ  /´    _.ノ><} V ^ Y  ハ   Yヽ  そして、ランチャーから占い遺言が出ない限り、きっとそこは人外。きっと、きっと?
     /   (   /  /   / ̄ ( ヽ~^ー'^ー|     l    }   } l ヽ、
.    〈     人 〈    /  /     丶    ∧    !  /  / |   l
    \    丶 \ /  /   ',  ノ     _>、_r=┴、_/  /.  |   l
.       \     \/  /    ∨       i! ヽy     ,}  /   ト 丿
          )    ノ  ∧      V       ノ /    ./ /   |/」
翠星石 「ラインが割れてないからって偽混じりじゃないとは限らねーんですよ、霊能。
特に人狼が騙る時は真結果を出すことが多いです。潜り込んで吊りを逃れるために」
やる夫 「先程の勘違いは水どころが海に放流しつつ。
昨日のセイバー4票 赤でっていう2票 翠星石一票
暗殺のスタンスが得票者の暗殺だったらこのどこかが
死んでそう。そしてそうなら暗殺がいるとみていいお。」
でっていう 「おはようっていうwwwww
今日もよろしくっていうwwwww」
ぶらんこ 「投票は割と消去法だなー。どこもどっこいどっこいに見えたすけ。
んで、だー。メルヘン噛まれねーだら本格的に疑わしくなってくるんだべか?
●だらともかく、○で狩人いるかどうかもわがんねのに
対抗いるからって飛び出してくるのって変なんでねーかなと。
初回で占い飛び出すのも割とアグレッシブだとは思ったどもな。
狩人いねんだから結果貯めてからでもいぐねえのかや。

・・・暗殺遺言?!んで占いまだおったってか?!」
セイバー 「おはようございます」
Märchen von Friedhof 「完灰を占うより対抗の○を追って往くとしようじゃないか。
灰は吊れば良いのだから。」
ゴトー 「あーあー>ランチャーくん暗殺遺言」
八雲藍 「呪殺主張ではない、と。」
でっていう 「って相方ーっ!!!」
翠星石 「なんか妙な遺言でてんですけどね!」
エル 「噛みはブロントさん以外ないのだから
赤でっていうさんは噛み以外に死因でしかないわね」
高遠遙一 「おはようございます
メディスンが急に生き残りたがり臭を出してきたと言いますか
私が暗殺者ならそこ暗殺してますね
灰の人外潰しは良いですけど暗殺者吊りの危険があるのと
灰視してる雰囲気をあなたから感じないのですが」
ゴトー 「で、死体がさらに2つ」
ゴトー 「んー?」
セイバー 「共有の死体と…赤でっての占い遺言ですか」
メディスン 「暗殺CO遺言か、でももう1人いるようだな」
高遠遙一 「ブロントさーん!」
八雲藍 「対抗の暗殺者がいるなら出るべきなのかどうか。」
ゴトー 「暗殺者二人? 実はほんと呪殺してる占い師とか居たりするんじゃない?
あ、高遠くんCOどうぞ」
雪華綺晶 「あら? あら? あら? 暗殺者 暗殺?
そしてそれでも死体は2。やまぬ死体。やまぬ霊能CO3つの影。」
やる夫 「赤でっていう、と。ああ。これで確信だお。暗殺いるお」
でっていう 「すまん高遠遙一。
COあるかっていうw」
翠星石 「ランチャー真で他に暗殺者がいるか、ランチャー偽で他に暗殺者がいるか」
エル 「暗殺の遺言があって更に死体が2
と言う事はまだ他にいる事になるのだけど」
翠星石 「対抗暗殺いたとしても出す必要ねーですよ」
高遠遙一 「あの私COすべきだと思う人ー
私よりさきにMärchen von Friedhof吊るべきですよね
あと●引いてるのに出ない占い師」
ぶらんこ 「噛まれはえーとしてだ、暗殺の思考がわがらん
というかあの暗殺は本物なんだべか。ちげくねえか?」
雪華綺晶 「私を占って何を見た?
ほぼ貴方の対抗であるジョニーは噛まれ。
私を占ってそこに何を見出す?」
八雲藍 「狂人辺りが適当に仕込んだという可能性もあるな。
今日もまだ死体が二つ出ている。」
セイバー 「噛みはまず共有だとは思います
赤でっての死因は謎ではありますが」
ゴトー 「まあ出来れば偽だったって方がいいよね
精神衛生的に」
高遠遙一 「《暗殺履歴》
巨大化っていう>ベア子>赤でっていう」
高遠遙一 「【高遠遙一の華麗なる暗殺者日記】
 
【一日目】
ここに取りい出したるは一振りのナイフ。
この小さなナイフで一突きすれば……そう、生物はかくも簡単に死んでしまうのです。
 
 
【二日目】巨大化っていう
 
奇術師らしく何故か狩人日記も書いている私。
●を貰っても狩人COならば吊られず、上手くすれば噛みも避けられるかもしれません。
という腹積もりでして。
 
華麗に暗殺したるは巨大化っていう。
あなたはこの村に相応しくない、華が無い。
と……ふむ。
狩人日記書いてて思いましたけど。
これ、書く意味ありませんね。死体二つ出してる以上、私に●=破綻=吊りですので。
 
 
【三日目】ベア子
霊能者にはあって狼混じり
と思うので暗殺はしたくありませんね。
してもいい、という指示であって霊能を暗殺しろ、ではありませんので。
でっていうが狩人だった? それはでっていうが悪い。
狩人欠けと同義です。
 
 
【四日目】赤でっていう
でっていう死すべし慈悲は無い
霊能? あって狼位置なので怖い狐候補潰しは続行します」
翠星石 「遙一を吊るなら今吊る。
吊らないなら霊能か占いかなんじゃねーですかね」
Märchen von Friedhof 「狂信者が出る可能性があるのだろう?
ならば意図的に囲った、ということも有り得る」
八雲藍 「COしてから判断する、というのでもいいのではないかと。」
メディスン 「●引いてでない占い信用すんのは確かにアレだけど
噛まれ?遺言だからねぇ>高遠」
高遠遙一 「はあ」
エル 「実際、メルヒェンさんより共有の方が
優先して噛まれるというのはアレだけども」
高遠遙一 「で、どうします?」
ぶらんこ 「あー、んー、まあ結果的にはそれしかねーどもな >暗殺」
セイバー 「ランチャーの暗殺遺言が偽ということはないでしょうが」
エル 「まぁ、そんな気はしたわ」
メディスン 「◇高遠遙一 「おはようございます
メディスンが急に生き残りたがり臭を出してきたと言いますか
私が暗殺者ならそこ暗殺してますね
灰の人外潰しは良いですけど暗殺者吊りの危険があるのと
灰視してる雰囲気をあなたから感じないのですが」

何で俺暗殺してないの?」
翠星石 「この場合も対抗暗殺がいたとしても出す必要なし」
でっていう 「ちょwww兄弟殺しまくってたのお前かっていうwwwww」
ゴトー 「おーけーおーけー
じゃー占い師どうするかは他のお偉い人に任せたよ
これ真なら僕の目もまんざら悪いってこともなさそうだ」
やる夫 「いや、たぶん昨日暗殺した奴と今日暗殺してるやつは同じだお。
根拠はベア子の得票3→そして昨日の票から。
”得票が多く、自分が見ている怪しいところ”を暗殺してる」
雪華綺晶 「メディスンを占っている占い師を信用する……信用する?
でもその段階ではわからないもの。わからない。ならば仕方がない。
そして、それによりしても、高遠は決して吊るべきではない。」
八雲藍 「じゃあ、別を吊るのが妥当だろう。」
エル 「暗殺な以上死因つくれるのだから
残す以外はないわよ、クスクス」
ぶらんこ 「>セイバー
吊られた後も暗殺続いてらった時点で偽物でねーのけ?あれ」
高遠遙一 「●を引いてでない占い師の●にCO訊かないでくださいよ……」
セイバー 「●出されの暗殺COですか
ここは放置で噛みを見るべきでしょう」
ゴトー 「ただ欲を言えば
赤でっていうは高遠くん真だと人外なんだけどさ
そこ吊って霊結果出したかったなあ
もし人狼ならそれだけでほら、僕、真アピになるし」
メディスン 「真ならなんで俺暗殺してないんだ>高遠」
セイバー 「暗殺は何人出てもおかしくはありませんよ>ぶらんこ」
ゴトー 「あれ、メディちゃんそんなに死にたい?
僕全く死にたくないんだけど」
ぶらんこ 「おらとしては、みょーにセイバーの発言が悠長でねーけ?と思うのだども」
雪華綺晶 「でも、でもでも。きっとあなたは真。
それはそれでいい。でも、霊暗殺しておきましょう?
灰暗殺も期待値は高いけど、霊3全真を信じているわけでもないでしょう?
吊りは霊以外。夜に霊が減っていけば、それはそれでいい。」
高遠遙一 「でっていうに慈悲はないので>でっていう」
翠星石 「メルヘンが噛まれない理由もあるっちゃあるんですよね。
共有がいるし最初に噛まれた占い(誰だっけ?)も含めると
仮に真結果出してたとしても灰広いだろうし」
やる夫 「って話題に挙げてたら暗殺COかお……。放置だおね」
Märchen von Friedhof 「暗殺させれば真証明は可能だろう。」
翠星石 「ふっつーに狼とか、狼視点で偽が分かってるとかもありますけど」
高遠遙一 「では今日の2死体の説明をどうぞ>メディスン」
八雲藍 「●引いて出ないのはそこまで責める要素足りえないとは思う。
言うなら、呪殺主張でない占い師の●だからではないかともな。」
エル 「暗殺先指示あるなら出した方がいいよ
それなら噛み合わせとかアレだし
もしそうするのであれば共有暗殺が残ると思うけど?」
でっていう 「高遠遙一吊りで。
すまん俺様暴走するっていう。」
雪華綺晶 「暗殺に喧嘩を売るのは見当違い。
なぜなら、暗殺は狼視点最大の脅威。故に、噛んでしまいたいところ。」
雪華綺晶 「ない>でっていう」
メディスン 「霊能吊り提案するなら、最初から霊能暗殺してほしいと俺から言いたい>高遠」
セイバー 「共有の指示を聞かないで霊能暗殺をしていないのは気になりますね>高遠」
八雲藍 「ここまで噛まれない霊能者が噛まれるとは思わないな。>雪華綺晶」
エル 「クスクス」
高遠遙一 「霊能を暗殺しない理由は日記に書いてますが
狼殺し過ぎて狐勝ちが怖いからです」
ゴトー 「あ、ごめん僕反対するよ」
翠星石 「ジェニー噛まれである以上ここまでの霊能は真「結果」ですよ」
ぶらんこ 「霊能暗殺しねーのは、というかベア子暗殺あたりはまぁ」
セイバー 「暗殺は 真証明可能です」
高遠遙一 「無い>でっていう」
やる夫 「やる夫の場合はメリットとデメリットを図ってる動きだお。
一応言っておくと。ぶれてるとかじゃないからね」
八雲藍 「うむ、反対に一票。」
雪華綺晶 「占いの2◎として言う。グレランの期待値も低いから霊吊り」
ぶらんこ 「いや、まあ、ねーべなそれは」
高遠遙一 「真証明できますというかしてます」
翠星石 「メルヘン吊りですかね。反対して票集めるなら」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆主人公GM ・今日の主人公っぽいセリフ
「私は怒ったぞぉーーー!ラスボスゥーーー!!」」
5 日目 (1 回目)
翠星石0 票投票先 →Märchen von Friedhof
ぶらんこ0 票投票先 →メディスン
雪華綺晶0 票投票先 →メディスン
ゴトー0 票投票先 →メディスン
メディスン7 票投票先 →高遠遙一
Märchen von Friedhof2 票投票先 →メディスン
セイバー1 票投票先 →メディスン
高遠遙一2 票投票先 →Märchen von Friedhof
でっていう0 票投票先 →高遠遙一
エル0 票投票先 →メディスン
やる夫0 票投票先 →メディスン
八雲藍0 票投票先 →セイバー
メディスン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「さて…メルヘンは吊らせるしか無いわけですが」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「まあ、高遠噛みでしょうか
正直灰暗殺されるとどうしようもない」
セイバー 「赤でっては良い仕事をしてくれました」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「(狐だったら知らないけど)」
セイバー 「まあ、初心者ですから好き勝手に動きましょう
狂人が居れば儲けもの」
セイバー 「高遠→共有→きらきーまでは確定」
セイバー 「翠が狂信だったりしません?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
今日の天候は慈雨です (村人 投票数 +1)
高遠遙一 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
メディスンさんの遺言       ,':;ニ;:ヽ.    ,:'";二ニヽ.
      |::| `ヽヽ.____/∠,__ `|::|
       !::ヽ.'"´|::Y //   `"'|::|
     / `ヽゝ、_|,!-!ゝ、____//`ヽ.
     / ,.  7"´ i `´.i ̄`"'´     ',
    イ l  ノ-ノ‐ハ  ハ‐ヽ- `ヽ.  |   裏鍋でも満足するしかねぇ!
    i. イ  ハア;ニヽ V ア;ニ;ヽ!   〉、 ',
    ノ, .i ハ〈 ト }    ト } 〉、(ヘノ  〉霊能CO
    レ')ヘハ! -`′ ,   `''´-' | ハ  〈
     ノ i ,ヘ"   r─ 、  ",ハノ .|  ヽ.   ぽっち●→teemo○→ランチャー○→○●→
    〈、 ハ |`>.、 、__ノ_,. イ |  ハ i  〉
     )Vヽヽ!/,!イ`Tニ7´ `レ'`ヽ(.ノノへ(     |`ヽ、___/|_
       )',く,.---、|_/ァ‐‐-、   >(      ,. "´ ̄ ̄`ヽ_」
       /:::| ニ二|Y |二ニ }´:::::::〉、.    // ハ/ヽ!ヘ! |ハ_>
       ゝ;:} 、-‐!ハ、!‐,-  {ー-rン´    レレ' o   o レ' .|
      ___,!/  r'´十::`ハ   ヽ. !、___    .从" ワ "ハ| |/i
      〉,イ   ノ、::::i:::::;::::',    Y´  `7   レィ.!`7T7´ヽ!/ /
     く._,ゝ、,/ヽ><二,ゝ、__ノ`'ー 〈     `i´)!(`iヽノ、<_
      /// / `T´   ',  `ヽ.___,.ゝ    `/7__T´i  `ヽ'
   r‐'"/,:'               \`"'ー-ァ く/、__!___!_,,..ァ'"
   |/ /   /   |     ',     ヽ. く  └'  └
高遠遙一さんの遺言 《暗殺履歴》
巨大化っていう>ベア子>赤でっていう>メルヘン


【高遠遙一の華麗なる暗殺者日記】
 
【一日目】
ここに取りい出したるは一振りのナイフ。
この小さなナイフで一突きすれば……そう、生物はかくも簡単に死んでしまうのです。
 
 
【二日目】巨大化っていう
 
奇術師らしく何故か狩人日記も書いている私。
●を貰っても狩人COならば吊られず、上手くすれば噛みも避けられるかもしれません。
という腹積もりでして。
 
華麗に暗殺したるは巨大化っていう。
あなたはこの村に相応しくない、華が無い。
と……ふむ。
狩人日記書いてて思いましたけど。
これ、書く意味ありませんね。死体二つ出してる以上、私に●=破綻=吊りですので。
 
 
【三日目】ベア子
霊能者にはあって狼混じり
と思うので暗殺はしたくありませんね。
してもいい、という指示であって霊能を暗殺しろ、ではありませんので。
でっていうが狩人だった? それはでっていうが悪い。
狩人欠けと同義です。
 
 
【四日目】赤でっていう
でっていう死すべし慈悲は無い
霊能? あって狼位置なので怖い狐候補潰しは続行します
 
 
【五日目】メルヘン
こう憑狼まで疑ってしまいそうになりましたが
恋人も憑狼も出ませんね……という
あの占い師暗殺で良いでしょう
といいますか
ブロントさんの遺言に占い吊りって書いてあるでしょ!?
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ゴトー 「霊能CO メディスンちゃん○」
Märchen von Friedhof 「さぁ翠星石、君の色を見せて御覧──○、だね」
エル 「私としてはどうせなら霊能暗殺しといて欲しかったというのはあるけど
ベア子さん暗殺がそこ暗殺としか思えないから凄く信じたい
と言う訳で今日そこが噛まれちゃってる気しかしないし
そしてメディスンさん霊能結果●とか出てる気がしなくて仕方ない」
八雲藍 「おはよう。」
ぶらんこ 「霊能投票させてもらったじゃー・・・おらほとしては
暗殺は信用できると思うのだよな。ベア子暗殺だら、
前日辺りに妙に絡んでらったのもあるすけ。

◇高遠遙一(116)  「灰を暗殺されたくないと言っているようで>ベア子」
◇高遠遙一(104)  「やってもいいぞ、であって霊能を暗殺しろではないと思いますが>ベア子
その共有の発言をさも指定のように言って、暗殺先を誘導する動き気になりますね

この辺りとかからみて、あー割とあるんでねーかなーと。
ほいでまあ、死にたがりってか、序盤から妙につっかかるメディスン投票だずな。
噛まれてても噛まれてねくても、おらはここは信用したいべー。」
やる夫 「霊能COだお メディスン○」
翠星石 「霊吊りならそれはそれで問題ねーですよ。
遙一に投票してるってことはメディスン人外もあるかもですし」
セイバー 「おはようございます」
雪華綺晶 「           ____( ( __  , -- . _  ) ノ__   ( r--、
          / __r-nフノノ          ( ( rf⌒inイ(
           |{γ,マ i}彳           ヘニ辷zシ´´
         ((之ニシ              \( ヘ
         /  ( (    /            |l i|
.      / /  )ノ    | | | | ||| | l |l i|\
.      / //    |i   | | | | | | . | | | |l ハ  ` ー--─
   / //      ハ   | ハ | _|_rノ) | 从十ト、ll i !
  /.//     /  i   |/ fニYr-ヘ'// /,ノ.|//∥λ \
.. //      . "    l   \|ノf う } }/ ィチ仔 八 i  \ 
 ( {     / |   |    廴辷ァ /ノ  弋zソ| \ \   ヽ _
. Y ハ     /   !    }    }=-イ/     '  .:  ト、 i}      咄嗟に合意を得られそうな吊り先を提示したことに後悔はありません。
/ | l   /   }   | /  ノ八     ー ‐' .イ   | } |   ー- ですが、私はあくまで「ほぼ○」にすぎません。
! 人 \ {    < ̄`V  r─z ` .. _   イフノ  / 八 \     ですから、確定○であるでっていうに進言します。占いを吊りましょう。
イ   \ \   |  `} |   \─て.___ __   ( /  / /  ヽ \
ノ    )  )  i / |    ヽ.   ζ″  イ  / /    \ `ー
    /  ハ i/   人_     U⌒ヘ.ィY′l  i  、     ` ー]
)  /  /  i {  /    \  } }≫≪} _}.|___rゝ  \ _
./  /   / λ_      トi  } }≫≪}_厂  j  \   ̄`ー
)  /     /    )_   ソ } i⌒ー' ̄   〈\   ハ
../     . '    /   フ⌒i / /         ノi Y  i
      /     /   /  |У /       r─-イ }  \  丶.
.   /       /   /   /  i         )     ハ   \   ̄
 イ      /    i   (__ル'  厂`ー ′  イ  )    )
. 八    /    i     ̄フ  ζ      {  ri/   /」
Märchen von Friedhof 「◇翠星石 「メルヘン吊りですかね。反対して票集めるなら」
確定○の霊吊り指定があったのにこの発言は脊髄反射で占ってしまいたくなるね…」
ぶらんこ 「おう、まあ、んだべなぁ」
八雲藍
                 ○、,_
         ○、,_     / ヽ.`ヽ.
      ./´ `ヽ)   /    i':,_,ノ
      /    i  /┃     |
     ./    ┌|.,ィ´━┛  ┏ヽ
    /┓  _,-''       ┃ ',
    / ┃  ´___.r‐、_r‐、_  ┗━ヽ
   /━┛_.,,〃| `ヽ|__,,イ´l `へ_r‐ヌ
  ノ  _r´ \|::::::::ヽ`´.ノ|     |
  `イ r'_,ィ´):::::::::::::::::.   |     |     霊能者を決め打つに足る要素があったのだろうか。
    | 〉ゝ-〃:::::::::::     |_ノ    l
    ヽ.l      /_フ  / |\|`'
     | .ゝ、____,, ..イァヽ_|
     ノ ヘ ヘ  ハ  /`.r.<´ l ヽ
      ∨∨∨ /\_つ_イ  `!、
          /  /;:;:;:;:;:\  ヽ
          〉 〈;:;:;-一';:;:l   \」
ゴトー 「それはそれとしてこうなんというかなー」
セイバー 「暗殺噛まれ 赤でっては某かの人外と」
でっていう 「あーもうすまんっていう。
完全迷走中っていう」
ゴトー 「暗殺と投票で考察してるやる夫くん残さない?
対抗の事だけど」
八雲藍 「で、○と。」
雪華綺晶 「村人の投票数が増える。増える。増える。悪くない。悪くない。」
翠星石 「なんか雪華綺省のその発言見て心配することはねーって感じですね」
エル 「あら?霊能結果○なのかしら?
そうだとしたらそこ真想定だと
狼が全く吊れてないで減ってるとしたら暗殺でしかないけど」
八雲藍 「でっていう、指定を続行すべきだな。
狼、吊れていない。」
やる夫 「狼全然吊れてないお……いや、そもそも何wいるだとか暗殺でどれくらい
死んだとかもわらないから詮無きことではあるのだけれどお」
翠星石 「懸念が消えたというか」
セイバー 「霊能結果が○2連続霊能視点では真狂の何かと」
雪華綺晶 「AAでも進言しましたが改めて。
噛まれぬ占いを吊りましょう>でっていう
ほぼそこは人外。ほかの村かもしれないところよりは狂人であっても人外でありそうなところ。」
ゴトー 「いや、結構面白いよね。高遠くんCOした時のやる夫くんの反応
なんかこう語りあったら狼で
殆ど真みたいな感じの」
ぶらんこ 「全部れーのーとかいうことはねーだろーども。信用するだらやる夫な気はするだな」
八雲藍 「噛まれない占い師を吊るのは妥当なので問題なし。
狐対策をするつもりなら○に手をかけるのも良し。」
でっていう 「占い吊り。
異論はあるかっていう。」
ぶらんこ 「ねーよー。 >でっていう」
翠星石 「霊能視点の考察とかあんまする必要ねーですよ。
きっと純粋に発言を見たほうが効率が上がるはず」
八雲藍 「なし。」
Märchen von Friedhof 「…まぁ、後で配役を見て後悔するがいいさ。」
でっていう 「さすがに今日も真なら吊らせてもらうっていう。」
ゴトー 「その辺りはまー任せるよーう
正直死にたがりのメディちゃんは仕方ないけど、僕とやる夫くん轢き潰して村勝つ未来は見えないしね」
雪華綺晶 「メディスンはいずれにしても高遠投票なら人外であったと。
そう考えればよいのです。吊った事実を変えることなどはできない。」
セイバー 「ジェニーが死んで居るのにここまで残って居る占い吊りで良いと私も思いますね」
翠星石 「結果からの考察ですね、正確には」
エル 「今回の占い吊りは異論はないと思うよクスクス
霊能結果からして狼減ってる要素は暗殺でしかないし
そうなると残せるという訳でもないから」
翠星石 「今残ってる対抗が真・狼・狂・狂信のどれなのかは考えてて欲しいです」
ぶらんこ 「決めうつに足る・・・というか。おらとしては
妙につっかかる気がしねぇでもねがったなと >藍」
翠星石 「妖狐もなくはねーですけどね」
やる夫 「暗殺云々考えたらいつの間にか出てて肝が抜けた。
そして死んでいるので、霊能が重要なことになっているわけで>ゴトー」
雪華綺晶 「私たちには手札がない。手札がない。あるべき切り札がない>Friendhof
貴方がどんな情報を持っている人外だとしても、吊り先を変えるわけにはいかない」
ゴトー 「捨て台詞いうよりかは
自分視点の灰広げて色々言及したほうが真なら信用上がるよー?
僕の記憶が正しければ君の○、殆ど死んでないでしょ?」
セイバー 「あまりそういう捨て台詞はしない方が良いですよ
真偽問わず良い印象はありません>メルヘン」
ぶらんこ 「そったらばは、繰り返すべな >メルヘン」
八雲藍 「それ自体は事実だがな、霊能者暗殺についてはそれなりに筋は通っていたからな。>ぶらんこ」
エル 「霊能に狼混じりである事を見るなら
決め打ちは必須
それまでにLWに出来れば決め打ちで勝負する事は出来るけど」
ぶらんこ 「んだべ?んだからどーしても吊りならあそこでねーかと思ったども >藍」
雪華綺晶 「霊は噛まれない。ここから先霊を吊るとしたら、それはもう人外と見て吊る以外ない。」
翠星石 「その意見聞きつつ、仮に互いが互いを村であると言い出すなら
外部からの見直しがいるって感じですね」
翠星石 「互いに人外がありえると思うなら殴り合えです」
ゴトー 「どーだろーね
僕今のところあんまり対抗がこう狼!って気はしないんだよね」
セイバー 「今残ってる霊能は真結果を出せる何かと言うことでしょう
狐狂よりは真狼狂信」
エル 「○が多く残っていて生存しているのであれば
考えられるのはそこ偽で囲い済みしかないけど」
雪華綺晶 「だから、灰より誰より。霊の思考が重要。きわめて重要。対抗についてもまた動揺。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆主人公GM ・今日の主人公っぽいセリフ
「主人公力……5か……脇役め」」
6 日目 (1 回目)
翠星石0 票投票先 →Märchen von Friedhof
ぶらんこ0 票投票先 →Märchen von Friedhof
雪華綺晶0 票投票先 →Märchen von Friedhof
ゴトー0 票投票先 →Märchen von Friedhof
Märchen von Friedhof11 票投票先 →セイバー
セイバー1 票投票先 →Märchen von Friedhof
でっていう0 票投票先 →Märchen von Friedhof
エル0 票投票先 →Märchen von Friedhof
やる夫0 票投票先 →Märchen von Friedhof
八雲藍0 票投票先 →Märchen von Friedhof
Märchen von Friedhof を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「ふむ、真村人は二人」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「まあ、私が指示役ならば今日の投票はある程度ずらしますが」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「翠 ぶらんこ きらきー 八雲 える の中に村人以外が3人」
セイバー 「噛みは共有
きらきー毒とかありそうなんですよね」
セイバー 「あっても噛まないとやってられないんですが!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
セイバー 「出題者CO…はやめときますか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
でっていう は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
でっていうさんの遺言 共有COだっていうwwwww
相方は主人公GMとブロントさんwwwww
役かけはないっていうwwwww
Märchen von Friedhofさんの遺言 第七の地平線、Märchen von Friedhofの占い劇

【私は占い師だ。】
2日目
さぁぶらんこ、君の色を見せて御覧──○、だね

宵闇の風に揺れる、愉快な黒いブランコ…
君は何故、この境界を越えてしまったのか…さぁ、唄ってごらん──


3日目
さぁエル、君の色を見せて御覧──○、だね

地平線の同胞だ。占わないはずがないだろう?

4日目
さぁ八雲藍、君の色を見せて御覧──○●、だね

「狐は占われたら死ぬ」と聞いたのでね。
前日にも予告投票をしておいただろう?

5日目
さぁ雪華綺晶、君の色を見せて御覧──○、だね

完灰を占うより対抗の○を追って往くとしようじゃないか。
狂信者は狼が見えているのだろう?意図的に囲うことだって不可能ではない筈さ。

6日目
さぁ翠星石、君の色を見せて御覧──○、だね


◇翠星石 「メルヘン吊りですかね。反対して票集めるなら」
確定○の霊吊り指定があったのにこの発言は脊髄反射で占ってしまいたくなるね…
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ぶらんこ 「おらとしては、グレーから吊るのだらばセイバーからでねえかなと
いやよ、暗殺に関する発言がちらっとひっかかってらだけなんだども。
というか具体的にはおもに5日目の発言がひっかかってらだけだども。
でてきてらった暗殺を信用してらったんだかしてねがったんだか、
おらにはこれみるかぎりじゃさっぱどわがんねのじゃ。

・・・というか、暗殺先が2回もかぶるってかって話なのだずな。
死体が2つ=暗殺の死体は1つらしいって時点でおかしくねぇべか。」
八雲藍 「おはよう。
灰からならぶらんことエルを残しつつ、という感覚。
一定してブレていないぶらんこ、エルは昨日の反応が狼見えない。」
エル 「霊能の発言見比べて見た感じだと印象的なのが
三日目の死体2の時の反応かしらね?
ゴトーは呪殺気味で見ていた、やる夫は毒噛みか暗殺で見ていた
毒遺言ある訳でもないのに毒噛みを見るという点では毒噛み意識として
やる夫の方が狼さんらしいのかしらね?」
セイバー 「おはようございます」
やる夫 「霊能CO Ma"rchen von Friedhof○」
エル 「ただそれ以外だと特に狼としてみるなにかはないし
そもそも私も毒遺言とか考えて無かったから
なんとも言えない訳だけどね」
ゴトー 「やる夫くん街なう」
ゴトー 「霊能CO メルヘンくん○」
雪華綺晶 「ふむ、ふむ、ふむ。」
翠星石 「霊能考えねー、あるいは真狂決め打つ場合は
ぶらんこ・ゴトー・セイバー・えるから3吊りですね私視点。
雪華綺省人外は昨日の朝一で切りました。

霊能偽交じりを考えるなら今日霊能吊り。
理由は、仮に両偽まで考えるならそうしないと追いきれねーからです」
セイバー 「暗殺は自重可能ですよ?>ぶらんこ」
八雲藍 「霊能者を片方吊るなら本人の弁からゴトー吊りというのが私の意見かな。」
雪華綺晶 「FOしましょう。村人COです」
ゴトー 「いやびっくりだね>メルヘンくん○」
やる夫 「昨日の天候は慈雨(村人得票数+1)
9人で11票ということは
今この村に2人素村がいる、ということだおね。
でっていうとやる夫とゴトー……。
つまり、この中の4人は素村ではないお。」
翠星石 「村人CO以外にねーですよ!」
エル 「と思ったけども霊能狼じゃなくて狂信者混ざりで
メディスンさん狂人と考えるなら
霊能決め打ちで残すのもありかなと思った」
ぶらんこ 「日記書いてらべじゃ二人して >セイバー」
雪華綺晶 「ゆえに、村人は私以外に1人のみ。」
エル 「村人だよ、クスクス」
セイバー 「あと3吊りである以上 霊能ローラーの暇はありません」
八雲藍 「埋毒者CO。」
ゴトー 「え、ごめん
僕別に僕吊り是認してるつもりも何も全くないんだけど>八雲くん」
ぶらんこ 「ん、あー?何?FO?」
翠星石 「藍のその主張は霊能偽交じりで考えるか両真で決め打つかによって
かなり扱いが変わってくるんですよね」
セイバー 「村人COですね」
ぶらんこ 「んだば、毒持ちだー」
やる夫 「半数以上が素村ではない……というわけだおねってわーい毒もちいっぱーい」
八雲藍 「おい。(震え声)>村人CO者」
翠星石 「他に毒がいないなら、藍のCOはほぼ素村COとかわらねーです。
そしてその位置なら村人を騙るんじゃなくて毒COするのも正解です」
ぶらんこ 「ぶっちゃけ噛まれたかったども、しゃーねーべさここまで来てったのならば」
やる夫 「あ、今のは呆れを混ぜた唖然としたセリフだお」
雪華綺晶 「毒で騙っている、という村人は撤回を。そうでなければ村人COから吊り。」
ゴトー 「村人CO多いなあ」
エル 「まぁ、そもそも雪華さんはジェニーさんの○だから
そこ狂人とかであえて噛みとか見無い限りはアレ
そして多分それ考えてる余裕ないという」
翠星石 「他に毒がいないならって前提がソッコーで崩れたですぅ!wwwwww」
セイバー 「えー…毒持ちが2人ですか」
セイバー 「すいません 撤回毒COです」
雪華綺晶 「いいですね。昨日の天候は村人の投票+1
今さら私を疑う人もいないでしょう。ですから、この3人の中に人外が2混じっている。」
翠星石 「いや毒が2人いるから毒吊りまで考えなきゃいけねーんですよこの盤面>雪華綺省」
ぶらんこ 「ぶっちゃけ、初手で○もらった時点でブラフまきまくってみようと思ったどもな」
八雲藍 「個人的には真狼残り、メディスン真狂のどちらか。>翠星石」
翠星石 「オラァ!!!」
ゴトー 「セイバーちゃん吊っちゃわない?」
ぶらんこ 「セイバーつってみねーけ?」
翠星石 「私だけかただの村人!!」
エル 「毒多いわね、アビ・インフェルノ・ジゴク」
やる夫 「素村は2.つまり村人CO4ということは半分騙っているということに
――ならなかった。3分の一が非村になったお」
セイバー 「昨日の天候を忘れていましたね
票が増えることを忘れていて村COしてしまいました」
八雲藍 「灰にもう1W、というぐらい。」
エル 「ここにいるぞ!>翠星石さん」
翠星石 「エルもいたですか」
セイバー 「毒を素直に言うよりは、と言うことだったのですが」
雪華綺晶 「つまり、翠星石とエルのどちらかは確定人外」
ゴトー 「というかほら
そもそもきらきーちゃんがそこで鎮座してるわけだからさ
村人COして噛まれ回避ーって言っても
明日はきらきーちゃん噛まれるでしょ?」
八雲藍 「セイバーの抗弁次第。」
ぶらんこ 「エルと翠星石のどっちかだずな?んー」
翠星石 「じゃあ私とエルでランしてみますか?」
雪華綺晶 「セイバーを吊って毒が飛ぶ可能性……何とも言えませんが。」
セイバー 「毒人外はこの村には出ませんが、毒COを素直にしない方が良いとは染みついていましたので」
エル 「翠さんと私のどっちかで人外確定と言われても
毒に騙りがいるならそういう訳じゃないと思うけど
どうなのかしら?」
翠星石 「エル人外あんま見てねーんですけどね」
雪華綺晶 「セイバー吊りましょう。」
翠星石 「票は集めないと」
やる夫 「まぁ、そっちにベットか。」
ゴトー 「つまり毒が村人を騙るーっていうのは
んー
場面にあってるのかな
きらきーちゃんどーする? 残り時間少ないけど」
ぶらんこ 「セイバー吊りだら反対はしねえべ」
八雲藍 「毒、飛ばして奇数というのもありか。」
雪華綺晶 「翠星石視点、エルが人外でないならば、私が人外です」
セイバー 「狂人が居るならきらきー投票で」
翠星石 「狂人他に残ってたら全員雪華綺省投票で」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
翠星石0 票投票先 →雪華綺晶
ぶらんこ0 票投票先 →セイバー
雪華綺晶3 票投票先 →セイバー
ゴトー0 票投票先 →セイバー
セイバー5 票投票先 →雪華綺晶
エル0 票投票先 →セイバー
やる夫0 票投票先 →セイバー
八雲藍0 票投票先 →雪華綺晶
セイバー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
セイバーさんの遺言 4昼LWは強敵でしたね…
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2013/10/27 (Sun) 21:14:55
翠星石 「お疲れ様です」
teemo 「おつかれー」
雪華綺晶 「ふぅ。お疲れ様でした。」
ベア子 「お疲れ様でした」
ゴトー 「おつかれー
まー八雲ちゃん人外もわかる」
ぶらんこ 「おおう、おおう!おつかれさまじゃなー」
巨大化っていう 「これが自爆であるっていうwww」
セイバー 「すいません
あと1吊り 凌げませんでした」
やる夫 「お疲れ様だお―。おお。割とぎりぎり」
八雲藍 「お疲れ様だ。」
赤でっていう 「あえて言わせてもらおうwwwwwwww
全部天候が悪いwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
翠星石 「天候とかありましたね!」
エル 「お疲れさま、楽しかったわ。クスクス…」
ブロントさん 「いやあ天候は強敵だったべ」
Märchen von Friedhof 「お疲れ様、さ。
狼を見つけられずに済まなかったね。」
メディスン 「お疲れ様です、戻ってきました」
解体人形ジェニー 「お疲れ様ー!」
ランチャー 「お疲れ様だ。」
teemo 「初期3Wとか天候とかわりかしノーチャンス」
赤でっていう 「っていうか藍は村人COか狂COしようよっていうwwwwwww割りとwwwwwwwwwww」
主人公GM 「お疲れ様よ!これが主人公流お疲れ様!」
ぶらんこ 「あじゃ、メルヘンさん真だったってかや。もっさげねえな」
でっていう 「おつかれ様っていうwwwwwwww
ほとんど真とかwwwwwww
みんなマジごめんっていうwwwwwww」
翠星石 「忘れてたてへぺろ」
セイバー 「そうですね
私が最初から毒COするべきだったのでしょう」
ピカ 「おつかれさまでしたピカアz」
ベア子 「セイバーさんはお疲れ様でした。早々に暗殺されたので申し訳ないです…
LWでもここまで持ってこれたの凄かったと思います」
主人公GM 「いやー 天候がよりによって村+1票とか」
ゴトー 「お。僕結構いけてるじゃない。うんうん悪くない
普通村だと結構いけるねやっぱり」
巨大化っていう 「いや、天候関連で狼にも芽はあったぞwwwっていうwwwww
村表記COしなければっていうwwwwwというか八雲は村表記COのがよかったっていうwwwww>赤の兄弟」
メディスン 「高遠投票はねー、別に人外アピじゃなかったんだけど
みんな俺偽で見てたことに絶望した!」
主人公GM 「さて 報告をかいてこよう」
エル 「天候が仕事するだなんて世界の終わりね、クスクス」
ランチャー 「吊られたのはベア子ーセイバーー翠星石の3択に失敗したなという感じ。
全員生かすつもりはなかったのだが。」
八雲藍 「LWだとどうにもなぁ、そもそも毒COで放っておかれるとも思わなかったしな。>赤でっていう」
Märchen von Friedhof 「裏鍋は真役職1とは限らない。
吊られる直前になって漸く気付いたよ」
ベア子 「天候は狼にひどい事しましたよね!」
ピカ 「これ、高遠が4日目夜にセイバー暗殺してたら終わってたピカ」
雪華綺晶 「Friedhofさんは、噛まれた対抗が私に○を出したのですから、
あなた視点、私占いにほとんど意味はないのですよ」
メディスン 「じゃ、感想言ったので失礼します」
やる夫 「霊能は楽チンで最高だお!」
ブロントさん 「霊能に人外だしたくにぃ気持ちはわかるが一人はでんとやっぱつらいべ?
とくに狂人は霊能COしていいとおもうんだがな」
巨大化っていう 「藍が村表記COのセイバー毒表記COしての村表記ランにしてが多分勝ち筋っていうwww
天候関連で村表記に騙り確定にできたからっていうwwwww」
赤でっていう 「狂COなら次の日に指定役無しでグレランまで持ってけたやんっていうwwwwwwww
いや霊界視点なんだけどさぁwwwwwwwwwwwwww>巨大化の兄弟」
やる夫 「というか全員真だったのかおwwww」
セイバー 「やはりあなたは狂信でしたか
ここまで残ってくれて、感謝します>翠」
雪華綺晶 「狐がいなかったのは幸運でしたね。
おかげで吊りミスを重ねていた割に何とかなりました」
翠星石 「あー楽しかった」
ゴトー 「いやー。メディちゃんは確信もてないけどやる夫くんは真だって信じてたよ僕」
ブロントさん 「一切割れず、狼の噛み筋とも合わない霊能とか吊る気にならん」
ピカ 「裏鍋だから役職偽とは限らない!いい勉強になったピカぁ!」
巨大化っていう 「そもそも高遠が俺暗殺してなかったら4日目で全狼補足であるっていうwwwwww>ピカ」
翠星石 「狂アピ伝わってましたか>セイバー
惜しい勝負でしたね、なかなか」
ベア子 「暗殺先誘導するような発言がー、失敗でしたね…
そりゃあ2人に目をつけられる…」
赤でっていう 「◯もらう気配があったらしたけど、◯もらってないなら別に……っていう……>ブロントさん」
雪華綺晶 「ああ、占い1と勘違いされていたと。であるなら納得です。」
エル 「霊能は流石に全員真はないと思ってたから…
とか思ったけどそういえば前霊能5人出てたね(遠い目」
ピカ 「最終日、セイバーが村人COしてから撤回毒COしたの見てどう思いました?>翠」
翠星石 「セイバーは希望の見えないLWからここまでよく頑張ったですよ」
ランチャー 「ベア子の発言は読んでないんだテヘペロ」
セイバー 「でっていう噛みではなくきらきー噛みでしたね
ただ、私視点LWではどうにも噛みにくい」
翠星石 「どう思ったもなにもwww>ピカ
天候とか知らないでござるwwwwwww」
ピカ 「狩人と村暗殺は痛かったピカww>巨大化」
主人公GM 「出ているCOは大体真だったわね!」
teemo 「いやほんとに楽しかった」
ぶらんこ 「占い2、霊能3、共有3、暗殺1、狩人1、埋毒1、村人3 で
狼3、狂人2、狂信者2、だってかー・・・狐がおらねー?!」
雪華綺晶 「私はジェニーがセイバーを占った理由を見たときからセイバーを吊るつもりでしたよ」
赤でっていう 「(そういや俺様だけ兄弟の中で狼陣営っていう、色か、やっぱり色なのかっていう)」
ベア子 「なん…だと…>ランチャー
じゃあ、票とかそういう感じだったのでしょうか…!」
ベア子 「狐…知らない子ですね」
セイバー 「あと1吊り その1吊りが凌げたならば私も修羅を名乗って良いのでしょう」
ゴトー 「>きらきー
僕敵には赤でってと八雲藍ローラーしてからかなあ」
やる夫 「ゴトーは狼だったらどうしようかと思ったけど全然狼に見えなかったおね。
あって狂信かなーっていう。」
巨大化っていう 「狐はね・・きっと方向音痴すぎて村に辿りつけなかったんだよ・・・っていうwww」
ゴトー 「っていうか妖狐警戒してたんだけどいないんだ。なーるなる」
ピカ 「赤でっての遺言で●でてたから高遠にCOせまったのだろうけど、
あの場合は偽である可能性たかめだから余計だったねー>でっていう」
翠星石 「狂人がそれぞれ自分の仕事をこなせているから人数不利は感じねーですね今回」
ランチャー 「霊能一杯出てきたからってポイポイ暗殺も吊りもやっぱダメだよなとは思った。
ベア子は何か人外だと思った。翠星石とセイバーは意見についてはわかるがやっぱそういうの嫌い」
赤でっていう 「狂2の内一人が狼だったらなぁ……っていうwwwww>ぶらんこ」
セイバー 「やはり、あなたを噛まなかったのが痛かったですか>きらきー」
雪華綺晶 「ランチャーは突っついておきながら突っつかない方がいいと思って
投票を避けましたが、やっぱり突っつくべきではありませんでしたね」
八雲藍
                 ○、,_
         ○、,_     / ヽ.`ヽ.
      ./´ `ヽ)   /    i':,_,ノ
      /    i  /┃     |
     ./    ┌|.,ィ´━┛  ┏ヽ
    /┓  _,-''       ┃ ',
    / ┃  ´___.r‐、_r‐、_  ┗━ヽ
   /━┛_.,,〃| `ヽ|__,,イ´l `へ_r‐ヌ
  ノ  _r´ \|::::::::ヽ`´.ノ|     |
  `イ r'_,ィ´):::::::::::::::::.   |     |     今気づいた、狐希望したのに狐がいない。
    | 〉ゝ-〃:::::::::::     |_ノ    l
    ヽ.l      /_フ  / |\|`'
     | .ゝ、____,, ..イァヽ_|
     ノ ヘ ヘ  ハ  /`.r.<´ l ヽ
      ∨∨∨ /\_つ_イ  `!、
          /  /;:;:;:;:;:\  ヽ
          〉 〈;:;:;-一';:;:l   \」
ピカ 「おう、迷いなく俺を暗殺に行った理由詳しくw>ランチャー」
ぶらんこ 「ほだらばは、おつかれさまだべ 村建て同村ありがとがんす」
翠星石 「これが●やら誘導やらで玉突き事故になったらいないのと一緒なのですが」
赤でっていう 「いや、暗殺されたの濃厚だからって占い偽目ってわけじゃなくね?っていうwwww>ピカ」
Märchen von Friedhof 「藍の希望が通っていれば私の真証明も出来たのだが…"笑えぬ喜劇"という奴かな、これは」
雪華綺晶 「>ゴトー
赤でっては覚えていませんが、
八雲よりセイバーの方が狼狐の可能性が高かったとおぼろげに考えていましたね」
ランチャー 「3票もらうんだーってのはあったな。
いやでも、翠星石とセイバーで迷ってたのをベア子に急に吸い寄せられるように暗殺したので
結果的にはGJなのではないだろうか・・・? いや無理があるかもしれんが」
翠星石 「私が村なら>ランチャー
霊能の中で誰が人外に見えるかまできっちり誘導しますね」
巨大化っていう 「きっと変態臭だなっていうww>ピカ」
ランチャー 「かぎかっこが無ければ持ちこたえたかもしれんな>ピカ」
翠星石 「あの段階で偽っぽい霊能が見えないなら普通に灰吊ります。
重要役職保護ばかりに熱心になった結果負ける村なんていくらでも見てきたので」
ベア子 「暗殺先によっては三日目夜に終了の可能性もあったようです(白目)」
ピカ 「●引いててでない占ってのがどうかと思うわw>赤でって」
ゴトー 「>きらきー
こう3日目のスタンスが人狼以外人外勢なんだよねえ
それでもって6日目に霊能の結果を信じてる

つまり、占い師を信じているくせしてのそれを見せてない=噛まれたくない人外という間隔」
セイバー 「最終日に毒COをしていた場合はどうなっていたでしょうか」
ピカ 「ダジャレでころされたのかwwwww」
主人公GM 「狐?知らない子ですね……」
エル 「じゃあお疲れさま、また遊びましょう?」
八雲藍 「そういえば、はっちぽっちが正解だったのか。(迫真)」
翠星石 「メルヘンに占われるのまで計算通りでしたからねー。
今回は自分に90点以上つけられますよ」
雪華綺晶 「でもまあ、雪華綺晶が楽しかったです(まとめ」
ピカ 「ひどい暗殺理由を見た(震え」
赤でっていう 「ジェニーが噛まれた時点で、暗殺保護じゃなきゃ偽打ちで霊能吊りってぐらいだからねっていう>翠星石」
翠星石 「天候まできちんと確認してたらですねwww」
やる夫 「狐は導かれてしまったんだお……天候の理に導かれて……」
ベア子 「うーん、多分霊能暗殺って発言が問題だったんだろうなあと思うんですが…
何に吸い寄せられたんですかねぇ…でも、セイバーさん暗殺されていたら終わっていた可能性ありましたし
その辺りは…いや、まずは暗殺されないようにですが…」
翠星石 「鍋のローラーは悪手ですからね>赤でっていう>霊能吊り
てきとーに吊っても良いことないですよ」
セイバー 「天候は確認しました
それでも村人COした方が良いと思ったんですよね」
八雲藍 「して、移動。失礼、お疲れ様だ。」
巨大化っていう 「3ってとこが難しいかもなっていうwwwwww毒表記も3ってのもあるしっていうwwwwwww
ただ、多分村表記はキラキー決め打ちの流れから翠かエル切ってくんじゃね?っていうwww
もしくは毒表記から胡散臭いのひゃっはーっていうwwww」
雪華綺晶 「ああ、なるほど。>ゴトー
霊能に対する反応の変化までは見ていませんでしたね。
そこは今後の課題にしましょう、ありがとうございます。」
ゴトー 「とまれ、霊能皆で生き残って幸せに慣れてたらいいねえ
暗殺吊りにならなかったならグレラン行けたと思うんだけど
この辺りはメディちゃんを身代わり人形にした、ってところかな
お疲れ様ーだーよー」
ランチャー 「でっていう共有忘れてたのはミスだが吊られの起因としてはもっと別のところかね。
だからまあ、自分の暗殺ではねのけられたであろう吊りである以上は多分オレのミスなわけで」
主人公GM 「ではお疲れ様よ!
満員御礼、いつかまた会いましょう!
この村の主人公は ひょっとしたら私だったのかもしれない……」
ピカ 「霊能暗殺は・・・正直ラインが割れてもいない状況ではしないかな。
それなのに押すってことは役職持ちか人外のどっちかと思う>ベア子」
赤でっていう 「天候きちんと確認されてたら、村人の人は左投票言われて/(^o^)\かな……>翠星石」
ランチャー 「ではお疲れ様だ。」
Märchen von Friedhof 「…ログを読んでいたら「私の名前がログに登録できない」らしい。
今後はこの名前を使わない方が良さそうだ。」
翠星石 「あちゃーww>赤でっていう
天候発動の段階で半分詰んでたんですかww」
やる夫 「それじゃやる夫もお疲れ様だお―。同村ありがとう。
また縁があったらよろしく―」
翠星石 「ま」
翠星石 「それも裏鍋ですよ」
セイバー 「全員吊り先に投票して安堵したのは良かったのですが、いかんせんその後の処遇が駄目でしたね」
赤でっていう 「狂信者引けなかった時点でどうやって効果的に無駄吊りさせるかだけ考えてた赤でってさん」
ベア子 「そうですねー…あの3人の中でラインは割れていませんでしたし、
出方についても特に問題はなかったから暗殺する必要はまずなかった
だから、共有に乗せて霊能暗殺するって言う発言はまずかったですね>ピカ」
ピカ 「増えた票が2、つまり村人COしたもののなかに確定で人外か役職がいる。
ただし役職なら素直にCOするだろうし、なら村人から吊るで詰まりというw>翠」
セイバー 「ああ、確かに登録されてませんでしたね>メルヘン」
赤でっていう 「だってそれやられたら狼と狂人は埋毒COしかできんもんwwwwwwww>翠星石」
雪華綺晶 「潜伏占いがあり得る場面でしたので、ランチャーの発言を追うべきではなかった。そこも反省ですね。

ではお疲れ様でした。私の世界。私の今。またいつか。GMは村建てありがとう。」
巨大化っていう 「では俺様は落ちようかなっていうwwww
お疲れ様だっていうwwwww
GMの中身予想を外してネタ発言をしてしまったが俺は悪くないっていうwww」
ランチャー 「オレは登録できていたが・・・?>メルヘン」
赤でっていう 「素村が急に共有になる恐怖」
翠星石 「詰むことはあります、鍋だもの すいせいせき」
ベア子 「私も登録できていましたね>メルヘン」
翠星石
               , イ `7 ー- 、
            , ィ ´   / ※   `>、_
          , イ     /    , イ: : : :.`ヽ、
          \  i   / .※ /: : : : : : /: : ハ
              /ヽ l  /   /:/: :.:、;.ィ´/: : /.: :.                    
          /: : :ヽ / ※ /:/:/≦、_`/:.:/!_: :.l                   
            /: : : : :〈   /:/:/辷:ノ`// _´l: :/                    r‐=ニフ
           ,': : : :/: :ノ  /人:! `   ´ ,rタ/:/                     リ / 
          ,: : : :/: :{  ※ ト、`  r‐ 、'  /:./                          / /
          ,′: /: : : ヽ    !、へ、ゝ ´ ィ/{;′ _    _ r<ニ}ニフヽ         //   村建て同村感謝ですぅ!
        ,: :/: : : : / }   ヽ`ヽ!`¨´ l:/    ヽr`=´、 ′     ヽ.    //
        ,': : : : : :,ィ'´`ヽ、 ※ } 企、※ l′    /_,ゝ、  l       ゝ- ´/     次のアリスゲームでも
.      /: : : : : :f::::::::::::::::ヽ  l《ijミ}ヽ }      i ー'ニ}_  ト、_ ry     :.. /
      /: : : /: :.l:::::::::::::::::::::ヽl ij }} ヽj ヽ    l   f'´ヽ l rヘl ! rx___z=/       よろしくお願いしますね!
    /: : /: : /: l::::::::::::::::::::::::ヽ__ゝ }  }}::ヽrヘ'   / ゝ、ニ}_∠ニ=-‐'
   /: :.:/: : ://: ∨:::::::::::::::::::::::::::} 〈j _, イ ゝ,ゝ_/__,ィriヘ  ゝク
   !: :/: : :/:/:./∨::::::::::::::::::r:::く、 ̄ /   ゝ'     { i.}-‐ '´
  ,: /: :/:/:./: : /:∨::::::::::::/::::::::ヾx    , ィ´x  , -‐'´
  /:':./:/:./: : /: : ;ゝ==〈:::::::::::::::ヾx.ィ´ノ::::::::ヾ´
 ,: :/ /:./: : /: : /イ三三}}:::::::::::::::::::::ヾく:::::::::::::::ヾ、
.,': /:.´ /: : /: : //:::::`ヾ三}:::::::::::::::::::::::::;イ:::::i::::::::::;;イ」
ピカ 「じゃあピカも失礼するピカ。村建て同村おつかれさまピカぁ」
Märchen von Friedhof 「…他の人は出来ていた、と。
巨大化だけかな?登録出来なかったのは」
赤でっていう 「それじゃおっつおっつwwwwwwww
最近寒くなっていたしwwww隊長にはお気をつけwwwwwwww」
巨大化っていう 「なん・・・だと・・っていうwwww
なんで俺だけ駄目だったんやろっていうwwww>メル」
Märchen von Friedhof 「まぁ良いか。登録されない可能性がある、というのなら控えよう。
幸い復讐者は他にもいるようだからね。」
Märchen von Friedhof 「ニンジャスレイヤーとか」
でっていう 「じゃあまぁお疲れ様っていう・・・・・・wwwww
全員真とか・・・・・・wwwww
さすが裏鍋っていうwwwww」
ベア子 「では私もそろそろ落ちます。
同村してくれた皆さん、村を立ててくれたGMお疲れ様でした!」
Märchen von Friedhof 「それではお疲れ様、だ。
良い宵闇を。」
雪華綺晶 「あの場面では霊ランが一番手っ取り早かったです、と残しておきますね。では。」
セイバー 「では、お疲れ様でした
4昼LWから良くここまで来られたものだとは思いますが、やはりここまで来たなら勝ちたかったですね
村建て同村お仲間 狂人 狂信者には感謝を
では失礼します」
高遠遙一 「皆さんお疲れ様でした
村建て同村感謝致します」