←戻る
【雛1269】やる夫達の希望平等超闇鍋村 [1554番地]
~25分開始予定~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeB:平等村)[B]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon キセキのGM
(生存中)
icon 薔薇水晶
(生存中)
icon モヒカン
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon アカデミー
(生存中)
icon 七夜志貴
(生存中)
icon 服部平次
(生存中)
icon シノン
(生存中)
icon 哀川潤
(生存中)
icon QB
(生存中)
icon 佐倉杏子
(生存中)
icon 戯言遣い
(生存中)
icon 零崎人識
(生存中)
icon 美樹さやか
(生存中)
icon 霧切響子
(生存中)
icon ヴィルヘルム
(生存中)
icon リリーホワイト
(生存中)
icon 阿笠博士
(生存中)
服部平次 「ほな改めてお疲れ様や工藤!
そろそろ優しい配置でもええねんで…?」
薔薇水晶 「まあそんなこんなでエラソーに語りましたが
初心者の皮が脱げた程度のPLですのでうん。そろそろおゆはんにしますね。
お疲れ様でしたー」
服部平次 「火曜の21時から初心者鍋があるから時間があったらそっちにも来たらええと思うわ>アカデミー」
アカデミー 「改めてお疲れ様でした
又どこかの村で会いましょう」
薔薇水晶 「狩人系ひいたときに限って即噛みやめてください!
2連続で即死したときは悲しかった」
服部平次 「狂人と狩人は一定数好きな人おるからな
守れる狩人希望全員通すのはマジでやめて欲しいわ…」
薔薇水晶 「狂人と狩人は、出現率は悪くないけども
誰も希望しないこともあれば4人くらい希望しているこっともありますね」
服部平次 「まあ、何でもやりたい役希望するとええで!
レア役職希望すると紅い愉快な仲間達がお迎えしてくれるわ!」
服部平次 「安定して通るのは…村人 占い 埋毒 人狼 妖孤ってとこやろか」
服部平次 「結構占い希望する人固定されてる気もするけどなあ
メタになりそうやからあんま言わへんけど」
薔薇水晶 「例えば、私は霊能希望でしたが、今回はそもそも霊能系が出ていません。
そりゃあ回ってきませんよね、うん。」
服部平次 「ああ、占い希望は割と通りやすいわ
皆特殊役やりたがること多いで」
薔薇水晶 「する人は結構しますけどね。
まあ人気職というほどではなので、希望するとだいたい回ってきます。
必ずどの村でも1人は出るので、相対的にひきやすいです。」
アカデミー 「占い師希望でよく占い師を引くな…
誰も希望しないのだろうか?」
薔薇水晶 「最近はクマー吊り見ないですねえ…というか
私が来た頃にはあんまクマーヘイト、みないのですよ。
でっていうVSヒゲは相変わらずですが」
アカデミー 「クマーが足りてない>>阿笠博士」
薔薇水晶 「ああ、絡みも有効ですね。
初日にカップル談義に乗ろうとして滑っているログが…」
服部平次 「あとは他人と積極的に絡んだり、自分へのアンカーを見逃さないことやな
喋ってる 意見がある って思われると投票されないことも多いと思うわ」
薔薇水晶 「んで、最後にグレラン向け諸々ですが

・1発言目は、夜の陣営数表示を見ての感想が主
・2票持ち、共有などのCOの有無で思うことがあれば2~4発言目でドウゾ
・怪しいコト言っている人が目についたら初日でも誘導しちゃえ!
・ぶっちゃけ内容そのものはみんな大差ないので、RP要素やらで水増し
・人数が多く、グレーの広い序盤は発言数でだいたい決まっちゃうので、思ったことは言いまくれ」
阿笠博士 「22戦ぐらい鬼希望で鬼がこーへんのやけど!」
阿笠博士 「たしかにそれで制限されると、不公平じゃからな
まぁ儂は初日の場合 1発言引っかかった発言しとる所に飛ばすよう心掛け取る
それでもないなら、適当じゃが…」
服部平次 「配役運はいつになったら治るんやろ…」
薔薇水晶 「まあ出来れば避けたいですが、たまにはRPに殉じてやることはありますね>博士」
薔薇水晶 「話題の流れについては、
『こういう死体・COが出たらこういう話題になる』というある程度のパターン
(普通村で3-1なら「真狂狼かな~グレランだね~」みたいな)が
身についてないとややしんどいですが、
シノンさんの場合「共有出ないの?」という流れで共有COできたなら、そこは十分付いて行けているかと。」
服部平次 「俺はアイコン指定ってのはあんまり好きじゃないわな
発言のゲームで別の要素がでてきてる見たいやから>博士」
薔薇水晶 「初日の指定する場合、残り時間3分~3分半時点で、発言をツールに叩きこんで
1分で一番あやしいか発言薄いひとに投げます(まがお

まあ森の人が組織票やるときの技をぱくりましたが。参考程度に。」
阿笠博士 「なんなら初日は でっていう、とか やる夫、でええぞい
多分覚悟はあるじゃろ」
薔薇水晶 「実際、「残り2分で指定するから!」って叫んでからの1分間、
戯言遣いと美樹さやかの2名(哀川潤も入れていたかもしれないけど)で
必死こいて発言みかえしてきて、一番あやしいと思うのを選びましたね。
(リリホワは、元々誘導しっかりしていて何か恋占いありそうだけどおいとこ、と思い
雪華綺晶はたぶんそこが蘇生役だし信じたいから除外)」
服部平次 「どうしても初日指定せなアカン陣営の時は
一番気楽そうな奴を指定するかね
村ならもっと緊迫感持ちぃ!って感じで」
薔薇水晶 「(途切れたけど続き)
で、私が蘇生した日、指定しましたが
・残り人数が少なく(7人)で恋人生存なので、組織ひょ(以下略
・というか吠えもそこそこ多いので人狼も2Wありえる。組織hy(ry
・ほぼ村確定である蘇生役が潜っている

ということで、レアケ除けば確定で非狼非恋人の
不肖、わたくしがオラー!と票を合わせるために指定。
この場合、役保護での指定変更は蘇生系以外なし。
もう怪しいと思ったなら迷わず指定。」
シノン 「なるほど…それなら行けそう >夜に目星つけて~」
服部平次 「俺は初日指定はしない派やな
案外グレランでも人外は落ちる(希望的観測」
薔薇水晶 「まあ初日に関してはエンピツでも文句いいませんよ>シノン
3日目以降の場合、『夜に2,3人目星を付ける』→『翌日の昼、その3人に注目しつつ一番臭いやつを選ぶ』
というやり方をオススメしましょう
というか全員を見るなんて無理無理。」
服部平次 「こんかいのアカデミーの発言なんか指定欲しがってるけど
短文多くて何考えてるかよー分からへんから俺はグレランなら票突っ込んどるわな」
薔薇水晶 「この村の初日の場合
・人狼陣営5で、比較的人狼が多い(≒組織票されやすい)
・QPいるので、闇雲なグレランだと恋人が死なない(上と同様)
・重要職を吊るさない

こうなるので、指定を欲しがっているアカデミーさんに指定をしたのは妥当。
グレランで落とすくらいならば露出させた上でのグレランの方がマシ。
(まだ続く)」
服部平次 「グレランは慣れが重要!って言うとまあ身も蓋もないんやけど
七夜とか哀川辺りの発言見るとあんま吊りたく無いって気せーへん?>アカデミー」
シノン 「迷って迷って、今してる話まで目に入らなくなる感じが、とても」
薔薇水晶 「そもそも何故指定をやるのか?
1,人外に組織票をさせない(普通村での10,8人以下での進行と同様)
2,村重要職を吊るさない(今回、アカデミーはグレラン落ちしないで済みましたね)
3,なんか吊りたい奴がいたら吊る

で、どれに主軸を置くか、村が何日目でどういう状況かが重要(つづく)」
阿笠博士 「共有で指定するときは気に食わないトコ指定でええ
たぶん役職COするじゃろうが、たぶん狼じゃ」
薔薇水晶 「共有で指定やる場合…」
シノン 「私もいい?
指定するときの指針にすればいいことがよくわからないのだけど……」
薔薇水晶 「こうなりますが、どちらかと言うと、グレランを抜ける自信がない、という方に改善点がありそうです」
アカデミー 「ちょっと闇鍋は厳しい」
薔薇水晶 「なんでやねん!>服部平次

まあ鍋で占い師…
1,大体4,5日目に出る(この村の場合は、人数少なめ&恋疑い避けに3,4日目でも可)
2,できればグレランの段階で●を吊るせたら嬉しいから、誘導がんばろう
3,グレランで◯吊られたら悲しいから、吊られない人を占うor「そこ村目~」とやる」
アカデミー 「それは身をもって体験した
ほどほどにしないとダメだな>>服部平次」
服部平次 「まず第一関門初手のグレラン抜けられるか否か やねんけども…
抜けられる?>アカデミー」
服部平次 「俺も占い表記あんまやったことないけどな
指定を欲しがる動き…つーのは『じゃあお前指定な』ってなることが往々にしてあるわな」
アカデミー 「占い師引いたときの動きkwsk>>服部平次」
アカデミー 「鍋初心者COである
5回ぐらいやってるはず」
服部平次 「ばらしーが」
服部平次 「何か鍋での動きの質問とかあれば答えるで>アカデミー」
薔薇水晶 「(アカデミーの方は、鍋だと動きがぎこちない感じですが
他プレイヤーが何言っているかをログで消化して、実際のプレイに活かせるようになれば
伸びると思いますよ!)」
アカデミー 「村たてありがとうございました」
阿笠博士 「狼本隊全員毒飛びじゃからな…」
アカデミー 「ただいまお疲れ様」
薔薇水晶 「                               _
                            ´       `
                                        、   ____
                r- 、 /                     マ´ ̄ ̄ ̄≫
                {乃 〉         .:/           V⌒ー≪
            ≪⌒ーヽ/   /    / :/ :/    ..:.../.:/    :.  _ ≫
               ≫>/   /:.    / :/ :/    ..:.../.:/.:..   . :.≪__≫
           //,イ   /:.  :ー-ミ . :/    ..:..:/.:/...:...  ...:.∨ \
           ///:/  /:.   .:/ :/..:\     ...:..:/..イ . :!:. :!  ...:∨\ \
          /⌒' /ムイ  /:     .:| .:l l .:i! \  ..:, /l! .:l .:| :..|     .:}   ^⌒
.           / .: | . :i : .   . : | .:l l .:i!:.  \//斗:._‐_十‐l:.    i:.
           , .:'  | . :l、   .:斗-i十大:.   //Y´( 从 )Y:.    .:|.:.
.           ,: . /   | . :l ':. ´ ,.斗ャ芹ミ  ヽ// \ YY^メ:..    ..: .:.
          / .: ′  | . :l Λ:. :.`iゞっソ         `¨¨)ノ }:    .:ハ:..:.
.         / .: 廴__,| . :l'/Λ . :从       、    ´ ノ   .:/ :. .:.      恋で村×2もっていかれて、危ないなーと思いつつ。
        〈______廴.:辷_Λ:.  :〕o。     _, 、   /,′  .:/   } .:.!      まあ村人吊りもして良く勝ちましたね、ほんと。
.         { r‐-/⌒ーヘヘハ:.   :Y´ >。. / ノ´ / /   .:  / .:/
.         {_{/_ _ _ _ _,  ヽハ:.  :l /´// /ぅーく   /   .:'  ノ .:/       村立て同村に感謝なのですよ。
          厂: : : : : : : : :.:ヽ/_ .:}:i ノ'  ´   ` rー'-〈   .://..:/
         } : : : : : : : : : : : :》廴川{  rヘ、     ハ⌒ハ   .:イ : /
        V⌒>rヘ: .: : : : : :》:.:厂 ̄ ⌒ヽヽ  / ノ YV :/ ノ /
.        Λ/ /:  \:.: :. :.:/   ゝ   ノ / イ ´ 厂|.:| :i/ :/ `ー―-ミ   ト、
        / イ /:.     >‐く        / / 癶ii癶 |.:| 从:' : : : : : : : :.:.:ヽ } 〉
服部平次 「じゃ、まあお疲れさんや
俺この村何か出来たことあるやろか…
村建て同村感謝やで工藤!」
雪華綺晶
、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
  l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
.  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
. 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥      それではお疲れ様でした。
 f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
 ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
.  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!    お姉様とお揃い、私はとても幸せです。
  \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
   ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
   /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
 / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ     あぁ、世界に愛毒が満ちる……
.   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
 /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
. i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
 i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
 l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
 l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l」
戯言遣い 「そんなこんなで、お疲れ様でした」
七夜志貴 「それでは、お疲れ様だ
なかなか、良い駆け引きだった。
勝敗の行方を左右したのは、刺し違えても殺す……覚悟、だったのかもな」
戯言遣い 「実は僕このRPで勝ったことないんですよ
連敗記録、絶賛更新中

……戯言だけど」
阿笠博士 「んじゃお疲れ様じゃの」
零崎人識 「それじゃあ俺も落ちるぜ
今回意外とはっちゃけた気分

村建てしてくれたGM
一緒に遊んだ皆
鯖菅さんに感謝っと

お疲れ様ってな」
阿笠博士 「うわぁ毒と毒と毒で毒がかぶってしまった… 失敗した」
リリーホワイト 「それじゃあまたねー」
薔薇水晶 「              - ― 、―‐ -
          rt=z /´          ヽ_
 r====ミ _ゞYソ     ,         ゞミ======z
 ヾ;、    >≫7|ミニ /       、     ヽ\      /7
.  `\ /メ∠/::!   /     \  :l}  ヽ   ‘,゙     /7
    }7/ 才//!:/  /   ハ :}\ハr=;、l|:!    }ト   / ′
  //  ̄  イ  レ .八_rt、.l:| -/イ/ヽr≠从   八   〃
. //     /   .: : :///「从==ミ ′ {泌7从イく  〃    _
 {:(    ノ   .: : :〈〈〈 { |  xwx  , ヾメハ: : :l| :ハ  {{  / ⌒ヽ
 ヾ\/   /: : .:人_ \ 、―‐ ,  ィ  トミ:l|: : }  し     }ノ
-‐イX}   .:<:r===くヽ. \ ヽ  ̄ / ′/:}: :V:ノ       /    綺麗な薔薇には刺がある…まさしく!>雪華綺晶
. // .: : : :/~⌒~¨`ヽ∧ミ \}「不八_,ノイ : :ハ      /
// .: : : : :∧: : : : : : : : : : :》-く_;))ス∧: : : |: : : :l      /
!′ .: : : : : : :∧: : : : : : : : :7/: : : : :}薔∧ : :V:. : :| r 一 ´
ゞ;、 : : : : : : : :∧: : : .:x≦Z/: : : : .:ム>く_∧: .:V: : K
: :ヽ\: : : : : : : .:ゞ=く: :〃:{: : : : : :{-く<ノノハ: :.V: :トミ===ミ、
: : : \\: : : : : : : /:|∧: :.:!: : : : : :|: : `¨ヾ\::ノ: :': : :} \  ヾ\
: : : : : \\: : : : /゚∧:_ヽ:(: : : : : : }: : : : : :\\: : : : |   \  \ヽ
: : : : : : : ヽ \ : レ′l/ : \: : : : : :): : : : : : : ) ): : : ノ ノハ }ハ   )′
服部平次 「西尾系になるとふんで友RPに変えるべきやったわ…
どっちにしてもアカンけど」
七夜志貴 「今回は共有に刺したせいで、のんびりまったりしてたがな>零崎」
哀川潤 「んじゃお疲れさん。
村立感謝、いつかまた会おうぜ」
薔薇水晶 「割と囲い疑いで、服部平次は吊る気でしたが危なかったですね…」
戯言遣い 「というかアレですね
自殺しないとなると共有ぐらいしか噛むところがない
服部さんはSGにしないといけないので噛めませんし」
雪華綺晶
          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ    そうですね、お姉様と共に勝てて良かった。
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ     私はお姉様が大好きですから。
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ      __
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽー‐‐ ' ´    `ヽ、 __
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ   \ _, -‐-、 _, -‐ '´    `ー- 、
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ   \__, -‐'´ _, -―、―――-、 `ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ    \ -‐ '´    l      lヽ l
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄ ヽ     `ー――----、_    / /
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \    \      _, -―-、 \ //
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \    `ー― ' ´      ヽ l'´」
零崎人識 「勉強になります・・・
というか、結構な動き方で・・・w >七夜」
七夜志貴 「割りと占い即出る展開だと
難題は仕事しないからな」
リリーホワイト 「1回噛まれた毒と真証明した毒と吊られてもいい毒の3点セット29800円です」
服部平次 「まあ希望しとるし
こんな酷い配役で 恋狼がLWなのもいつものことやから、うん>戯言」
阿笠博士 「上段毒すぎるじゃろ…
ちゅーか毒に矢を刺さんかい!」
七夜志貴 「俺なら俺の恋人以外に●打ち込むがな
後理由の無い誘導を繰り返す>零崎」
哀川潤 「あ、最後まで全部正常だけ引いてる」
モヒカン 「共有者噛まれないなら恋人勝ちかなーって思ってたけど
なんとか勝ったwwこれだから鍋は面白いやww
そんじゃあお疲れ様だぜ!

ノシ」
服部平次 「まあ…アカデミーは結果貼り早くした方がええで>アカデミー」
リリーホワイト 「殉教者って悲しみを帯びるよね・・・>服部」
戯言遣い 「今更だけど
UGさんまた狂人なんですね」
薔薇水晶
           ヽ、::::::\!\  ___
           _ >‐-, <´__   `ヽ __
        <´::_::// /          __`   、
       _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
-― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
―        //   /  / /  /             丶   V´ヽ
       /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
      /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
    /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
\           l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
  >、             >、!∧!   !ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
/  ヽ/     ///l ヽ ー=ミ、 レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l
__ 」〉  / / / i 、!  /////    j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
  二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 |>、:::::::`ヽ、  / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !     開始前の絡みも込みにすると、
::::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /      !     きらばらで仕事できたのは嬉しいですねこれ。
::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r=ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l」
阿笠博士 「いやぁその質問がさらに 毒噛みで恋人死恐れてない
ぼっち狼に見えたんじゃ>戯言」
シノン 「(これGMと役職逆だったら完全に夢共有だったんだなあ……)」
零崎人識 「いや、零崎使ってるプレイヤーで
思い出したもので・・・動き方参考にしてみようかなと >七夜」
QB 「それじゃおつかれ」
服部平次 「ええねん
俺噛まれんと勝てへんから結果真で>リリホワ」
薔薇水晶 「ふむ。確かに非恋の菅狐で蘇生されたら面白かったですね>QB」
服部平次 「銀静混じりは吠えがほとんど無いわけやなw>杏子」
戯言遣い 「まあ噛み提案した先、どっちも毒持ちだったわけですが」
七夜志貴 「なんで俺よ……>零崎」
美樹さやか 「じゃおっつおっつー!」
戯言遣い 「だから聞いたじゃないですか
僕が噛みますかって>アガサ博士」
雪華綺晶 「こんなに幸せなきもちで蘇生するのなんて初めて!
もう何も怖くない!!」
薔薇水晶 「さやか指定に関しては、3日目のアカデミー噛みに関する反応では
非狼みていたものの、最終日の誤字への反応が何か村っぽくなかったので。
(ひらたく言えばカンとも言う。)
戯言遣いもそうでしたが、蘇生役なさげな反応(というかきらきー蘇生にしか見えなかった)だったのも併せて」
リリーホワイト 「なんかこう・・・また・・・キルヒアイス・・・なのです?>服部」
零崎人識 「うーむ
動き方は黒曜さんを参考にしてみたけど
まだまだっと・・・というか、もっと喋るべきだったと」
QB 「薔薇と役職交換してれば面白かったな >雪華綺晶」
七夜志貴 「どこ吊れても良かったからな>戯言」
阿笠博士 「儂に噛みまかせとるから、恋ないんじゃろなー
と思ってたらこの始末じゃよ」
ヴィルヘルム 「んじゃ俺はお疲れ様っと
村建て同村ありがとうございました」
服部平次 「えー…途中までの占い結果は 零崎○ 七夜○ 哀川○ やから結果真やな」
雪華綺晶 「ヴィルヘルムさんはグレランなら吊りにいった位置ですからね>戯言さん」
雪華綺晶 「というかQBさん管狐でしたか、蘇生失敗してよかったです。」
戯言遣い 「僕としてはあの結果でヴィルヘルムさん即吊るのがまず驚きですけど」
QB 「どーせだったら毒にあたって欲しかったね。
具体的に言うとそこの妖精 >モヒカン」
佐倉杏子 「でもあたしほら、もともと静狼だったからさ
多分そもそも存在感がなかったんじゃないかとか」
シノン 「ごめん、さやかちゃんがすごいさやかちゃんだから指定できなかった >戯言遣い」
七夜志貴 「先に狼が死んでいれば、だが
そう簡単に行く訳では無い、という事だな」
美樹さやか 「銀視点で見てQB杏子で1Wは減ってるだろーなーは予想がついたねw」
零崎人識 「読めない・・・
これは読めないって・・・」
零崎人識 「さやかちゃん狼結果出しておけば良かったよ・・・
失敗した >戯言遣い」
モヒカン 「QBの毒がちょうどあんこにあたるとかww」
雪華綺晶 「私、お姉様のためなら何度でも!!蘇生いたします!!(ギュー!!」
リリーホワイト 「最終日わざと萌えて吊られる私の作戦がー・・・」
服部平次 「こらアカンな!>哀川」
美樹さやか 「杏子ー仲間仲間!」
佐倉杏子 「正直霊界でどこまで自分が村人っぽく見られるかゲーやってた自負はあるかなー」
キセキのGM 「おー、終わってたッスね。
お疲れ様ッスよ」
QB 「蘇生されてれば勝ち目はあったがまぁいいや」
佐倉杏子 「ひとりぼっちはさみしーもんな
あたしも人狼になってあげたんだよーさやかー」
雪華綺晶 「というかちょっと!!逃亡系じゃないですか!?>杏子さん」
モヒカン 「つ服部>哀川潤」
阿笠博士 「あーこりゃ儂が薔薇水晶に恋人リークして…
って銀の噛むとこねーじゃん!!!!」
哀川潤 「せやな工藤!>服部」
零崎人識 「最悪だ・・・
恋人視点、詰んでる・・・」
戯言遣い 「正直なところ、さやかちゃんが吊れるのがもう一手早ければ自殺もできたんだけど」
薔薇水晶 「蘇生してくれてありがとぉぉ(ぎゅうぅぅぅぅ」
服部平次 「しかも恋狼LWかいな!」
哀川潤 「まあ管狐が村に入れば可能性はあったと思うんだけどな!」
美樹さやか 「杏子QBで狼減ってるだろーねと」
リリーホワイト 「やめてください!毒3で頑張ってる狼さんだっているんですよ!」
佐倉杏子 「潜毒もいるし。あ、QBの飛び方次第だったねえw」
QB 「ひっでえ恋人に厳しすぎる」
服部平次 「猫又 埋毒 潜毒 管狐 ってなんやねん!」
ヴィルヘルム 「どくどく村だなw」
雪華綺晶 「お姉様ー!(ぎゅぅぅぅう」
阿笠博士 「なんじゃこの毒祭り!!」
七夜志貴 「蘇生2に毒が3
ククク……ひどいもんだ」
哀川潤 「……無理じゃん!誰噛んでも終わってる!」
雪華綺晶 「毒しかいないwwwwwwwww」
薔薇水晶 「あ、猫又噛みでしたか。
きらきー!(ぎゅー」
モヒカン 「なんだこれw
どくどく村やでぇ!」
美樹さやか 「うん、だろーなー」
佐倉杏子 「猫2に毒1かー中々w」
零崎人識 「お疲れ様
何この毒毒しい村・・・」
阿笠博士 「お疲れ様じゃ」
シノン 「お疲れ様
なあにこれえ」
モヒカン 「恋人乙wwwwwwww」
リリーホワイト 「まだ毒いたのか」
哀川潤 「というか毒多いwwwwなんだこれ!」
薔薇水晶 「お疲れ様でした。え、なんで終わったの?」
七夜志貴 「お疲れ様」
服部平次 「…毒多すぎやろ!」
QB 「お疲れ。」
佐倉杏子 「やーやーおつかれおつかれ」
哀川潤 「ウワァー!」
雪華綺晶 「フフフアハハハハハ!」
戯言遣い 「毒が多すぎるんですよ」
ヴィルヘルム 「お疲れ様でした」
哀川潤 「グワァー!」
戯言遣い 「お疲れ様です」
ヴィルヘルム 「おつかれさん>霧切」
ゲーム終了:2013/11/02 (Sat) 18:29:16
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
美樹さやかさんの遺言 リリホワ恋人っぽいんじゃないの?
よーわからんけど
戯言遣いさんの遺言
            \:::`::ヽ
             ヽ::::::::::)
      ィ'´::::::: ̄`>、ノ:::/_
         ̄ ̄`>        ̄` 丶
         < ......:::::::::::  ........::::::  ヽ- 、
       / :::::::::::::   ..........:::::::::  ::::::::::::::丶
      / ...:::::::::::::   ..:::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::ハ
     ,' ::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::ハ
     i ::::::::::::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::i
.     ハ::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  i::::::::::::::!
    /:イ::::::::::::::::::::::::::/`ヽ::::::::::::::::::::::::/、  !::::::::::::::|
      !::::::::::::::::::::::/    !::::::::::::::::::::::,  `ヽ::::::::::::::!
      i:::::::::::::::::::::,'ヽ 〈 |::i|:::::::::::::::/   |:::::::::::::::!
.      i:::::::::::::::::::,  `i _ !リ !::::::::::,:i  ヾ、/|:::::::∧:リ
       / ヘ:::::::::::,'    i   '::::::::ハ!    !::/         人類最強と人類最弱
     '´  i:::::::/    、           ゝ
       ノ::::/      、     _ _/              ……なるほど、いい悪趣味だ
    , -- 、イ:'        へ    , '´
   /    `ヽー- _ /    ー'
ィ' ´ .:.:.:.:.:ィ=―-、__  `ー-、
ヘ .::ィ≦////////////≧、    ノ、
//////////////////////≧//∧
///////////////////////////∧
∨//////////////////////////∧
雪華綺晶さんの遺言
、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
  l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
.  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
. 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥    燃え広がる熱情
 f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
 ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|       そこに愛があるのなら
.  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
  \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
   ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ      私は命を紡ぎましょう
   /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
 / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
.   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
 /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥   >QB蘇生>QB蘇生
. i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
 i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //    >薔薇水晶お姉様蘇生
 l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //      >薔薇水晶お姉様蘇生
 l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l      >佐倉杏子蘇生
           《 猫 又 》
哀川潤さんの遺言     //..:..:..:..:...,./ /‐-、ヽ..:..ヽ
   ,′..:..:.,..:..:.// └‐ァ `ヽ..:..:',
   .i..:../..:./..:..// . . ./  __il..:..:.i
   .|..:.!..:.,′./ L . . / /´ |..:l-'、   村陣営だと思った?
   .|..:l..:..i..:..,'=ト. /   r‐__ ! ,!‐i }
   .l..:|..:..|..:.l  l. ./   /⌒イ!ヽィ   残念!QP引いたら いーたん×零崎で繋ぐつもり
   ヽ|.l..:..:.:| ri=/-`    /イ!|T !}
   / !.!..:..:.l、!/    i     リ,!.ヽ!、  満々だったのになんかそこと刺さってた元村陣営でした!
   !/|.|.:.i..:トヾ、   、‐_フ  ハ..:.',丶
   !! !l..:.|..:.K´.:丶.  __ /`!.:!..:..!..:.\__ ,
   !! {..:..|..:..l..:..:..:..l:/∧_ /}、|..:..トr--―´-r┐  
   !! l..:..ハ..:.!..:l..:..:.{〈: ハ--‐'/: :l..://!:.:.:.:.:.:.:.:,′、
   {! ヽ小ヽ!..:|..;. t! }′! /ri: :l// l:.:.:.:.:.:.:.:.i丶:.:ヽ
   ヽ/ハ:l ヽ.:/:.:.l.l: !i` 7/: !: :/ l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.\:.ヽ
    メ ` r':.:.:.:.:.| !:|.ヽ i : : |:/:| l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:ヽ:.丶
        |\:.:.:.| l.l: : }| : : :′! !:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.丶:.ヽ
        l:.:.:.ヽ:.! N: : }! : : : : l. !:.:.:.:.:.:.:.:.:`i\:.:.:.:.:.:.ヽ:.丶
          !:.:.:.:.i:|  i : l! : : : : l. l、:.:.:.:.:.:.:.:.| \:.:.:.:.:.:丶:丶
雪華綺晶 は無残な負け犬の姿で発見されました
哀川潤 は恋人の後を追い自殺しました
戯言遣い は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
美樹さやか を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
薔薇水晶0 票投票先 →美樹さやか
雪華綺晶0 票投票先 →美樹さやか
服部平次0 票投票先 →美樹さやか
哀川潤0 票投票先 →美樹さやか
戯言遣い0 票投票先 →美樹さやか
美樹さやか6 票投票先 →リリーホワイト
リリーホワイト1 票投票先 →美樹さやか
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
雪華綺晶 「吠えが多かったのはそういうことですか」
リリーホワイト 「今までの私の主張ってQB毒狼あるかも!→じゃあ1回指定はそこ非関係者で行こう!
アガサ毒噛み狼っぽい!→なら零崎はやめよう!」
雪華綺晶 「あと3吊りなので難しいですね>LWCO残し」
美樹さやか 「後悔するなよ!」
服部平次 「銀狼COと」
薔薇水晶 「続行します」
美樹さやか 「恋狼なら頑張れ!」
戯言遣い 「非狼がイコールで非人外ではないからですよ
恋人がいるなら、特にね」
服部平次 「リリホワは…なんか占いっぽいと思ったけど無職なん?」
美樹さやか 「銀狼だから本隊の様子がわからん」
哀川潤 「矢が刺さってる蘇生系ならばらすぃー蘇生しないと思うけど>服部

その場合、アガサ博士とか殺人鬼(零崎)とか
その辺蘇生すると思う。飽和的な意味で」
雪華綺晶 「さやかさんの反応が悪い……?」
薔薇水晶 「蘇生で矢が刺さっているなら、ここで毒蘇生しないと思うのですよね」
美樹さやか 「LWっぽいCO!吊ってもいいよ」
リリーホワイト 「なんで?>戯言」
雪華綺晶 「情報の出る役職がほとんどいなかった、ということなのでしょうね>哀川さん」
戯言遣い 「まあ気になるのはリリーホワイトさんですよね
ヴィルヘルムさん吊りの日、零崎指定に疑問を呈していたんですけど

この村で非狼じゃないから吊らないって通らないですよね」
美樹さやか 「日記即出せたなら信じていいんじゃない?
出せたかどうかは知らないけど>リリホワ」
服部平次 「蘇生系ですら矢が刺さっとる可能性はあるわけで」
薔薇水晶 「COあるならどうぞ」
雪華綺晶 「私としては、服部さんか哀川さんでしょうか。」
哀川潤 「話せってもなー
実質情報無しみたいな状況なんだよ今。
COしてる役職者のうち 真と思われる位置の情報がほぼ残って無い」
薔薇水晶 「指定:美樹さやかさん」
リリーホワイト 「杏子が狩人表記で日記を残さないっていうのが気になるくらいですよー
後まぁ蘇生ログは勝手に(ry って感じですよー>霊界情報見た感想」
服部平次 「ぶっちゃけこの村信用出来るもん何もあらへん」
美樹さやか 「ばらしー管狐とか気にしてる余裕ないと思うんだけどにゃ」
服部平次 「ばらしー管狐…なあ
それはもう追えへんやろ>戯言」
美樹さやか 「じゃべる!?ジャベリン!?」
薔薇水晶 「残り時間2分で指定します!
じゃべってしゃべって」
雪華綺晶 「あら、そうなのですか?
でも、それならお姉様をその恋狼は噛めないのですから。
戦うことは十分出来るのではなくて?」
リリーホワイト 「蘇生で吊りが減らずに済んだのもおいしいですよー」
哀川潤 「無残位置もシノンだしな>服部
その辺の人外蘇生役はあり得ない。
あって仙狐だが ばらすぃー曰く蘇生ログあったらしいんでそれも消滅」
服部平次 「ばらしーは非恋 かつ噛まれ毒やろ?
そこが指揮取る言うんはまあ異議無し」
美樹さやか 「ま、んじゃ指定でいいよ
蘇生居ないならFOさせてたけど」
薔薇水晶 「指定位置きめてないんで…今急ぐ!
FOはまだでいい!」
戯言遣い 「ここで考えることは薔薇水晶さんが管狐あるのかどうか、ぐらいなんですが。さて
それを捨てるならそこが指揮取っていいと思いますよ。確定で恋人ではないわけですし」
雪華綺晶 「あ、指揮どうぞですわ!!わ!!」
服部平次 「無残死体は1やから犬神 憑狐は無いと」
美樹さやか 「蘇生ログあったんだ
蘇生タイミング的に仙狐もあるかとおもったけど」
哀川潤 「んでまあ ばらすぃー偽ってのは流石に考えづらいんで。
非恋人確定ってのも込みで
そこの指示出しでいいよ」
リリーホワイト 「薔薇水晶が下界の情報的に真毒確定だからそこ蘇生はおかしくないと思うですよー?」
薔薇水晶 「ただ、アガサ博士が恋狼いるっぽいことは言っていたのですよね」
雪華綺晶 「キャー薔薇水晶お姉様ー!!」
雪華綺晶 「さようなら、さようなら……というか本当に共有恋だったんですね。」
服部平次 「ななやんーシノンでええとして…ばらしー何で生き返っとるん?」
哀川潤 「てっきり狼×共有で繋がってんのかと思ったんだけど
蘇生いんのか!」
薔薇水晶 「【霊界情報】
佐倉杏子:狩人表記だったらしい
ヴィルヘルム:村表記らしい

蘇生ログあり。蘇生系主張が出てきたら照らしあわせましょう。」
美樹さやか 「あ、なんか生き返ってる>ばらしー」
戯言遣い 「……ここで蘇生?」
雪華綺晶 「朝日、ああ、私は零崎さんはQP系だと見ています。
私はそう思っています」
美樹さやか 「おっはっはー」
薔薇水晶 「ひゃっはー!」
リリーホワイト 「蘇生生きてるならすとーっぷ!カメラ止めて!」
哀川潤 「なんだ違うのか。結構期待してたのに。
腐食的な意味じゃなく、爆笑的な意味で」
戯言遣い 「おはようございます
零崎が渡りやすく破綻して、「ああやっぱりヴィルヘルムさんを即吊るしたのは失敗だったのか」なんて考えたりもしますが
あれで村人遺言だったのなら遅かれ早かれ吊ったんじゃないでしょうか

まあ、FOでいいと思います」
服部平次 「破綻しても良い感じの結果を出してきたことから零崎は狂QP目
矢被りとかそういうんが無いと恋人PPが来そうなんやけど!」
リリーホワイト 「限界まで占い潜ってるとしても今日かなーって思うんですよー(零崎の破綻があったからでなくていいやー的な)だから出なければFOでいいと思うんですよー」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
零崎人識さんの遺言                  ___ _
                    /        `ヽ.
              /            \         /i
            /.:    .://        ヽ.    ノ }
              /У.:.    /.′         ー= ニ 二 ノ
       __  ノ/      /   ′      /}     '.
         ̄ 7  /.:.:.:/  ノ  /  /{:  /.:     } }
            / /.: ム=ミ三≧ /  / /  /.:.:    } }
  (          /{ j八.:.〃入}三≧   ム/匕/{.:.:    V   不運と踊っちまったようだな
  ヽ.     __ .-=ニVヽ._  Ⅳ /  /矛も≦L /.:.:.!| }\__
    >-= ニ´      }/⌒ヽ≦N: /≧z.  Ⅵ∨ / 八.:}` ー ´
.  /         } }.: ./ | : : 八  ){´       ∨./  )}
 /   . z≦    乂 /  }: : : : :\   r........ァ ´人{
./  / `  ̄ ̄ ´    ′: : : : : ::ヽ  `こ´ /  \
{ /      ___ /: : : : : : : : : : ≧o./
/      ≦三三三\: : : : : : : : : : : : :`ヽ_
七夜志貴さんの遺言 吾は面影糸を巣と張る蜘蛛。―――ようこそ、この素晴らしき惨殺空間へ
まぁ、俺が張る糸は恋の糸に他ならないが、な……

捉える事と因われる事は真逆な用で全て等しい
結局は遊戯と正義の間にすぎない
俺かお前か。冥土へ先に行くのはどちらか知らないが……三途の渡し賃は融通してやろう
薔薇水晶 は生き返りました
シノン は無残な負け犬の姿で発見されました
七夜志貴 は恋人の後を追い自殺しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
戯言遣い 「……銀か、化か
前者だった場合だけが問題か」
戯言遣い 「カニバリズム。あるいは人を食ったような」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
戯言遣い 「ただ僕が哀川さんを噛んで恋人勝ちっていうのもなんだが笑えない」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
戯言遣い 「矢かぶりを考えなければ、それこそ自殺でもPPでも問題なかったりするのだけれど」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
戯言遣い 「さて」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
零崎人識 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
雪華綺晶0 票投票先 →零崎人識
七夜志貴0 票投票先 →零崎人識
服部平次0 票投票先 →零崎人識
シノン1 票投票先 →零崎人識
哀川潤0 票投票先 →零崎人識
戯言遣い0 票投票先 →零崎人識
零崎人識8 票投票先 →シノン
美樹さやか0 票投票先 →零崎人識
リリーホワイト0 票投票先 →零崎人識
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
戯言遣い 「まあ、戯言ですが」
美樹さやか 「おい、さやかちゃんバカにしてんのか!
泣くぞ!>シノン」
零崎人識 「まぁ、頑張ってくれよな」
戯言遣い 「さすがに僕は殺人鬼と恋人になるような趣味は持ち合わせていない
殺人鬼を愛せる悪趣味は、持ち合わせていない」
シノン 「その薄幸さは杏子じゃなくてさやかちゃんの役目だから(震え声) >きらきー」
雪華綺晶 「解説させないでください恥ずかしいじゃないですか!?」
リリーホワイト 「そういえば身代わり君・・・あっ(察し)」
雪華綺晶 「いえ、性別を間違えたのでその、屈折した表現しようとしたらこうなったんです……」
哀川潤 「にしては遺言が大人しかったからなあ>きらきー
あんまその可能性は高く見積もって無い」
七夜志貴 「気にしても仕方ない、と言いたいが
気にせざるを得ない状況、だな>リリー
恋人生存、それも2組は確定している」
服部平次 「ああ、博士の○やから囲い云云…って言われてもそれは同作品やから俺にはどうしようも無いわな>シノン」
戯言遣い 「確かに僕と零崎は鏡のこっちと向こうみたいな存在ですけど
恋人になりたいとは思わないですね>哀川さん」
リリーホワイト 「めんどい(迫真
んで零崎非狼目っぽい位置だったしあいかわが零崎の破綻を導いたところで特にあいかわの評価は変えなくていいと思う」
雪華綺晶 「まぁ、もしかしたらQBさん毒恋で自分のCPにあたった可能性も多少ありますけどね。
薄い可能性でしょうか>服部さん」
零崎人識 「ん?
何が言いたいんだ?>きらきー」
美樹さやか 「んー?恋人COにゃの?>きらきーちゃん」
リリーホワイト 「2CPばらばらに生きてると仮定すると明日恋人死ななきゃ村の過半数は恋陣営になる と」
雪華綺晶 「哀川さん男だと思ってた人多くないですかw;」
戯言遣い 「僕もあまり好きじゃないからね。それはよかった>零崎」
哀川潤 「あれ、マジで?やっぱマジで零×いーたん?零×いーたんなの?>いーたん」
服部平次 「魔法使い系騙る時は性別無理に出す必要は無いと思うねんけどな」
七夜志貴 「名前が男だからな>哀川
ほか、KANONの男脇役の名前も潤だろう?」
零崎人識 「俺甘いもの嫌いなんだ
だから喜んでいただくぜ >戯言遣い」
雪華綺晶 「零崎さん、あなたはよくやっていました。
ヴィルヘルムさんはもともと怪しんでいましたが、強いていうなら貴方の愛の方向が悪いのですよ。」
哀川潤 「えっ えっ 何この反応」
美樹さやか 「あぁ、あるのはあるのか>ひよこ」
シノン 「哀川潤って女だったの…?」
服部平次 「まあ零崎吊ってこか
正直恋人がこの段階で落ちとらんのが怖すぎるわけやけど」
戯言遣い 「……なあ零崎。フレンチクルーラーがあるんだが、食べるか?」
零崎人識 「そりゃあもう・・・
行動? >哀川潤」
リリーホワイト 「見た目じゃ男女判断しにくいから・・・>あいかわ」
七夜志貴 「では、零崎吊り、だな
なんだなんだ。銃弾の妖精殿の見る目は、確かだったようだな。これを見るに」
哀川潤 「ある>さやか
あるけど単純に破綻」
哀川潤 「というかテメー!どこであたしが性別騙ってると思いやがった!」
美樹さやか 「っていうか八卦にひよこってあったっけ?」
リリーホワイト 「ヴィルヘルムが重要役じゃなくてよかったと思いつつ(ry」
零崎人識 「おっと
やっぱ傑作だぜ」
雪華綺晶 「(破綻早い……)」
シノン 「お、おう」
七夜志貴 「さっくり割れたな」
服部平次 「何か破綻したで」
美樹さやか 「零崎真かどうかは置いといて
どーせどっかでヴィルヘルムつるだろーということで吊った
さやかちゃんに後悔はない」
戯言遣い 「……ここで零崎が無事な理由。何かあると思います?」
哀川潤 「閉塞に来たぜ、殺人鬼」
零崎人識 「四日目:哀川潤

四日目
まさかの俺指定で驚いちまった
ってことで人類最強、勝負だ
憑狼疑いのあんたは正直見てられねぇ・・・
ってことで、俺はあんたを占うぜ」
雪華綺晶 「あぁ、そこが死ぬなら余計な懸念は必要ありませんね。
ただ、薔薇水晶お姉様か、アカデミーさんを蘇生して欲しかったですが……」
哀川潤 が「異議」を申し立てました
服部平次 「ここでアカデミーの○噛みなあ…」
零崎人識 「おいおい、人類最強・・・
あんた、男なのか・・・

四日目:哀川潤【男(ひよこ鑑定師結果)】」
七夜志貴 「ここで八卦を噛まないで○を噛む、と」
哀川潤 「えー 八卦見無視ってきてる訳だが」
美樹さやか 「おはろーはろー」
雪華綺晶 「薔薇水晶お姉様の意思は私が継ぎます。
この村では全く微塵も絡んでませんが、それでも私は薔薇水晶お姉様が大好きですから。」
七夜志貴 「指定は早めにやっておく事を進めておく
というよりも、速くしないと大体こんな風な事になるのだからな……という訳だ>シノン

18を数えた有象無象も、残るは両手で足りない程に淘汰された
はてさて、今宵の贄は誰が捧げられるのか……
恋を名乗る者が、いい加減クタバッてくれないと困るのだがな」
リリーホワイト 「うん ヴィルヘルムが重要役だと思ってたんだ 初日にそこ残しって言ってたでしょ?>七夜
でもまぁ非狼っぽそうな位置から八卦見COあったしまぁ吊っていいよねの構え(テノヒラクル―
シノン 「真っぽくない○のモヒカンと偽の○の平次が何かよね……
でもまだ恋人1組も落ちてないのが……」
服部平次 「その結果を出してたから誘導してたっつー
零崎のヴィル誘導はまあ納得」
戯言遣い 「おはようございます

正直そこでヴィルヘルムさんをCO聞きもせず吊るすのはどうかと思いましたけど
それよりも、狼結果を持っている状態で指定されるまで出なかった零崎を信用するんですか?

どうせそこは、護衛制限なんですから。狩人がいないとか、今気にすることじゃないじゃないですか」
哀川潤 「CO言ってないからってつもりは無い(その理屈で言うとさやかもCO言ってない)
が、1W飛んでて・最大初期4Wで・あんこ遺言遺してない
って状況下で即吊りってのは結構意外だったな。
恋人2組(まあ被りとかはあるけど)が村陣営って可能性を重視したんだろうか?」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ヴィルヘルムさんの遺言 村人表記だとよ
モヒカンさんの遺言 猫神COだぜヒャッハー!
死んだ奴を身代わりで確実に生き返らせるって柄じゃねーなww
2:蘇生→無し
  恋人後追いとかだったら霊界アピールできるんだけどなww
3:蘇生→無し
  そろそろ恋人がとばねーとやばいんだが?
4:蘇生→なし
  狼っぽい&恋人っぽいから吊ったけど後追いもないww
  本気で共有者&狼カップルあるぞこれwww
5:蘇生→
モヒカン は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
戯言遣い 「でも僕はあいつじゃない」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
戯言遣い 「僕とあいつが狼同士、だなんてまるで。それは鏡に映ったかのようで」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
戯言遣い 「……まあ、今となっては戯言だね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
戯言遣い 「だから僕が噛むか、と聞いたのだけれど」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヴィルヘルム を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
モヒカン0 票投票先 →ヴィルヘルム
雪華綺晶0 票投票先 →ヴィルヘルム
七夜志貴0 票投票先 →ヴィルヘルム
服部平次0 票投票先 →ヴィルヘルム
シノン0 票投票先 →ヴィルヘルム
哀川潤0 票投票先 →美樹さやか
戯言遣い0 票投票先 →零崎人識
零崎人識2 票投票先 →ヴィルヘルム
美樹さやか1 票投票先 →ヴィルヘルム
ヴィルヘルム8 票投票先 →零崎人識
リリーホワイト0 票投票先 →ヴィルヘルム
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
リリーホワイト 「あっそこ」
ヴィルヘルム 「八卦ってなんだ」
美樹さやか 「えっ・・・?>シノン
私ログ持ってないからしらんけどそこって誰かが博士と票が絡んでるとか逝ってなかったっけ」
七夜志貴 「ふ……悲しい話だ
だが、是非聞きたいね。俺かお前か……いつ冥土へ行く事になるとも知れないのだから」
モヒカン 「結果早く貼れwww」
服部平次 「結果頼むわ>八卦見」
零崎人識 「日記だ

二日目:モヒカン【結果なし→光妖精か騎士?】
三日目:ヴィルヘルム【蒼狼(魂結果)】

二日目
うーん・・・
八卦になったけど、こりゃあ厳しいぜ・・・
ってことで、ここはモヒカン占ってみようか
発言ふるってないように見えたし
第一、変な所に食いつきすぎだ

三日目
ヴィルヘルムが現状の把握発言くらいしかしてねー
ってことで、ここ占ってみるかな・・・
怪しすぎて困るぜ」
哀川潤 「うお 重要職。
とりあえず結果出せ結果」
服部平次 「ただ、まあモヒカンは唯一の○と言ってええ感じやから何とも出来へんねんけど」
リリーホワイト 「別に今狼吊ってはいけない状態ではないので別がいいと思うですよー」
シノン 「え、マジで」
哀川潤 「ま、それはよく分かる>なんでそこ逃げるんだよっていう疑念」
ヴィルヘルム 「そこ指定するのか」
雪華綺晶 「そうですね、でもヴィルヘルムさんは偏りすぎだと思いますよ。」
零崎人識 「八卦見COだぜ」
モヒカン 「まあなww
あくまで可能性、阿笠博士がほぼ人外なのは確実だがww>雪華綺晶」
シノン 「えっ…? >さやか」
戯言遣い 「零崎、呼ばれてるよ」
リリーホワイト 「そこアガサの投票先ですよー>共有」
リリーホワイト 「悪いね、私にはリリーブラックがいるので>七夜」
七夜志貴 「そもそも憑依で阿笠に逃げるくらいなら
シノンに逃げるだろうよ」
ヴィルヘルム 「恋人が死ぬとこ見るのおもしれーじゃん>零崎人識」
シノン 「仮指定零崎人識」
美樹さやか 「100%言うな!恋人かもしれないだろ!>シノン」
雪華綺晶 「アカデミーさんが憑だとして、ここで阿笠博士から薔薇水晶お姉様に逃げる理由は特に無い。
そうではなくて?」
零崎人識 「ヴィルがなぁ・・・・
ここ吊りたいんだよなぁ・・・
考えがさっぱり読めない」
服部平次 「仮に憑依としてもそこを憑で噛むメリット無いやろ?」
戯言遣い 「初日が共有相方である以上、ほぼないでしょう>雪華綺晶さん
というか、もう能動職がいないかもしれない。ここでCOがないのだから」
モヒカン 「指定しないとまずいぞ
恋人まだ死んでねーなら」
七夜志貴 「別に構わんが>リリー
お前を見る為の参考にしておきたいだけさ。ただ、其の反応だとどうも振られたかな?俺はお前に」
哀川潤 「気にして困るもんでも無いのになんで考えちゃいけないのか
さっぱり分からないけどな」
美樹さやか 「憑依疑いは分からないでもないけどね>ななやん
アカデミー噛まれるのは予想外だったから、私も」
ヴィルヘルム 「あぁ 憑依できるやつ居るかもって事?
でも仮にそうだったとしても今日死んだって事よな」
モヒカン 「あんまり長く共有者噛まれねーのは狼と繋がってるとかも考えちまうけどなwww」
リリーホワイト 「ただ1つ言えるのはまぁ辺りは付けててそいつは生きてるってことですよー>七夜」
服部平次 「何かモヒカンが可能性の和広げすぎてて無い気ぃするわ…」
シノン 「恋人ありそうな位置ってどこかしらね
さやかちゃんは100%ボッチとして」
七夜志貴 「俺としては哀川が憑依を気にし過ぎている事が気になるな
いくらなんでも気にし過ぎだとしか思えない」
リリーホワイト 「今日言わないと駄目ですよー?>七夜

もう重要職でることねーだろって時になったら行ってもいいですよー
でも今いってそれ人外に参考にされたら怖いなーって思うですよー」
零崎人識 「ん?
人外探しに力を注いでくれよ
何で恋人限定なんだ? >ヴィルヘルム」
雪華綺晶 「確かに、この場で出ないのであればアカデミーさんがおそらくきっと真だったのでしょう。
今から誰かが出て来ますか?」
戯言遣い 「憑だとしてもせめてもうちょっと結果出して死ぬと思いますけどね……
アカデミー憑で即逃げるのはちょっと考えにくい」
哀川潤 「アカデミーが真には見えなかったからだよ>七夜」
ヴィルヘルム 「いや 俺サングラスだからなこれ>さやか」
哀川潤 「……アカデミーっぽくは無いかなあ。
発言内容とか込みで考えると、だが」
服部平次 「元アカデミーってことは憑狼見とるん?>哀川」
美樹さやか 「あ、そーなんだ
サンキューでーす>零崎」
ヴィルヘルム 「恋人探ししか楽しみねーから>零崎人識」
七夜志貴 「哀川はなぜそこまで憑狼を見るのだろうな>哀川
可能性の一つではあるだろうが」
リリーホワイト 「博士狼で仮定するなら零崎を放置すべきなので 暫くスルーって感じでいいですよー」
雪華綺晶 「モヒカン様に投票、ですね>さやかさん」
美樹さやか 「阿笠博士とヴィルヘルムの眼鏡あったら面白かったのにー>ヴィルヘルム」
モヒカン 「まあさらに踏み込んで考えれば
アカデミー憑狼で阿笠博士に行ったそれでばらしー噛んで死んだとかなww」
零崎人識 「初日はモヒカンなんで
結局意味ないぜ >さやか」
服部平次 「博士はまあ恋人を気にしすぎてる感じやったからまあ人外っちゅーんは納得」
ヴィルヘルム 「んじゃ狼は確実に1減ったと見ていいよなぁ

しかし占い表記1人噛んだあとに灰噛んでくるたぁな」
戯言遣い 「今日アカデミーへの対抗がいないのであれば
占いは恋か、アカデミー真かです
守る役職はもういないと考えてFOでいいと思いますよ」
哀川潤 「えーっと博士の発言内容」
雪華綺晶 「あぁ、あとは抗毒狼はおそらくいない、ということでしょうか。
恋警戒でローテーションをしているなら別ですが」
美樹さやか 「そして初日の阿笠博士の投票を見ようとしてログがないことに気付くさやかちゃんでした!」
七夜志貴 「そう、単純な話だ

逆に初日「重要職」に見えたのは誰なのか……お聞かせ願いたい>リリー」
哀川潤 「問題は 博士の方が最初から人外だったのか
それとも元アカデミーだったのかってところの方かな。

どちらを考慮するにせよ、こっから占いが増えないのであれば
モヒカンor工藤 どっちかは○と判断すればよし」
零崎人識 「んー
ヴィルヘルムは恋人吊りばっか言い出してて
なんとも言いづらい状況なんだよなぁ・・・
そんなに恋人吊りたがる理由なんだ?と」
ヴィルヘルム 「ドールズCPか博士軸あんじゃねーのと思ってたのによw」
モヒカン 「占いの結果も少ないしこれは人外だな」
シノン 「まあ毒噛みの狼でいいのかしら
結果足りないし」
服部平次 「明らかに遺言が足りへんから」
雪華綺晶 「とりあえず、今分かることは阿笠さんは結果が足りないということ。
それと合わせて、薔薇水晶お姉様は真毒で見てもいいということ」
美樹さやか 「ばらしーと阿笠博士なら薔薇シーのほうが噛まれっぽい
だから阿笠博士が狼か銃殺とかなんかその辺だと思う」
リリーホワイト 「分からないことがあるなら人に聞く!(橙)>七夜」
戯言遣い 「博士が狼で毒を噛んだ、でしょうか
分かりやすいですね。閻魔はいませんがそんなもの必要ないくらいに」
シノン 「……指定しようと思ってた2人が死んでいた件」
ヴィルヘルム 「えーと 博士が狼で綺麗なバラには毒があったって事かこれは」
七夜志貴 「毒噛み、か
そもそも結果が足りん」
服部平次 「んー…これは博士が毒噛みでええんちゃう?」
モヒカン 「阿笠博士が狼で毒噛みじゃねこれ?」
哀川潤 「とりあえず毒噛みってのは間違いないとみていい」
リリーホワイト 「毒噛み臭い噛みですよー>アガサの遺言的に見て」
七夜志貴 「リリーの言、見させて貰った
なるほど、最初に抱いた感想の通り……面白い意見、だな
だが、逆にそこを見た以上、リリーに問いかけたい答えもまた見えてくる。
冥土の船乗りへのみやげ話に、是非聞かせて貰いたいが………ご了承願えるかね?、春を告げる白百合妖精どの?>リリー」
美樹さやか 「なんか死体2ー」
零崎人識 「おーはよ
これは博士が毒噛みかぁ?」
ヴィルヘルム 「ん?」
哀川潤 「んー」
雪華綺晶 「ば、薔薇水晶お姉様!?」
服部平次 「おはよーさん
ななやんとか哀川辺りは活発で残したい位置やな」
リリーホワイト 「まぁ割とあやふやであることは意識してるですよー 毒人外っていってももしかしたら菅狐あるかもって言われたら反論できないですよー>あいかわ
だから考慮は1回だけでいいかなって思ったですよー」
モヒカン 「ヒャッハー!
そろそろ恋人がとばねーとまずいんだが?」
哀川潤 「毒表記で噛まれを狙う発言するかどうか、
および何を以て噛まれを狙う発言と言うのかは個人差が激しすぎるので、
その根拠だけでQBを毒人外認定するつもりはあたしには無いな。
あんこが遺言遺してない=2分の1で人外ってことも含めてな。

当然QBを村認定するつもりも無いので、リリーをそれで疑うつもりは皆目無いけど」
戯言遣い 「◇ヴィルヘルム「初日共有だとQP2だぜ? さっさと始末しねーとヤバいだろうよ>雪華ちゃん」

まあこれだけ恋人が多いと恋人は噛ませたい、というのが村としての意見だと思いますけど
そういう意味では積極的に始末したい、というのは微妙なところですよね

恋人の存在はある種、抑止力として働くものですから
狐がバランサー、というのと同程度に」
ヴィルヘルム 「おはようさん

アカデミー噛まれたとなると狩人いねーのかもなぁ
共有噛まれてんじゃねーの今日にはよ」
雪華綺晶 「朝日が私におはようと言いました。
私は朝日にごきげんようと言いました。
リリーさんに言うべきこと。
QBさんが毒狼ならば、最初に潰すのはあまりにも”惜しい”でしょうということ。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
阿笠博士さんの遺言 占いCO 服部平次○

ほほう占いかの
ならば知り合いということで平次君でも占っておくかのう
新一と同じ探偵じゃし

占いCO 七夜志貴○●
まぁ強目の所から占っておくかのう

◇七夜志貴(127)  「CO無いならグレランだ」
◇七夜志貴(116)  「この時点で指定とはな
遅いとしか言えないが」

この発言の伸びがグレ回避の発言に見えた
ここ占っておくかの
薔薇水晶さんの遺言
              ,  -‐─‐- 、
           ,. '´,. '"´ ̄~   ``ヽーyrァ
        く⌒ヽy′   .l.:l.l  .:.l:.. .  `V/L_
          _>, イ:|.:. | .|::|:.|:| .:::|:|:::::::! .:!`Lミ>
      / / ノ:l:|:.:.⊥:|┼|:ト、 .::トト、:::| .:l::::く
     ////ハ.:.l:|:.:. |:.ハ/_lノ ト、/ ノ Vハノ.:.:/
        / / Vハい, ィト‐イ1   {(Ⅹミ}:.:./
       ノ / .:.:.:Vハ ヽ弋ニソ    `ーくハ/
          / .:.:.:.:l.:.:.ハ:.ヽ ' ' '   ' ' 'ノ ヽ   毒ですね。
       / .:.:/.:.:l.:./ ノi::. L__  ゚_.. イ:i .:.:.ヽ
        / .:.:/.:.:.:l:/_ノ  ト、 V´フ ``1 .:.:.:.:l
     / .:.:/.:.:.:./ ⌒ヽ、  | {薔}   ノ .:.:.:.:.!
      / .:./.:.:.:.:/    `ト‐‐く(公)-イ ヽ .:.:.:l
      ! .:/.:.:.:.:ハ    |    `Y´ j   ハ .:./
     V.:.:.:.:./::八    {     ハ j  ノ.::l /


というか、村の雰囲気が雰囲気なので投票こそやらなかったですが、
◇アカデミー 「占い師CO」
◇アカデミー 「おそいぞ」

文句言う前に結果貼ってください。
あと30秒あったなら、「結果貼らないで文句が先なら吊るす」って大声で言うところでした。
霧切響子さんの遺言 配役は「村人」のようね。
阿笠博士 は無残な負け犬の姿で発見されました
薔薇水晶 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
戯言遣い 「分かりました」
阿笠博士 「儂が噛むわい」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
戯言遣い 「僕が噛みますか?」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
阿笠博士 「まぁ薔薇でええか」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
阿笠博士 「七夜とかも行きたいところじゃが…」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
阿笠博士 「そっちなら薔薇水晶かのう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
戯言遣い 「灰なら雪華綺晶さんか薔薇水晶さんは噛んでもいいかもしれませんね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
阿笠博士 「ふむ…どこ噛むかのう」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧切響子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
薔薇水晶1 票投票先 →霧切響子
モヒカン0 票投票先 →霧切響子
雪華綺晶0 票投票先 →霧切響子
七夜志貴0 票投票先 →霧切響子
服部平次0 票投票先 →霧切響子
シノン0 票投票先 →霧切響子
哀川潤0 票投票先 →霧切響子
戯言遣い0 票投票先 →霧切響子
零崎人識0 票投票先 →霧切響子
美樹さやか0 票投票先 →霧切響子
霧切響子13 票投票先 →薔薇水晶
ヴィルヘルム0 票投票先 →霧切響子
リリーホワイト0 票投票先 →霧切響子
阿笠博士0 票投票先 →霧切響子
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
哀川潤 「感覚的すぎるんで
それで説得されるつもりはあんま無いかな>リリー
QBの村人外は問わず」
リリーホワイト 「それが見られなかったんで朝一の通り」
七夜志貴 「面白い意見だな
その理由を聞きたいものだ」
阿笠博士 「そこ指定か、探偵CPあるとこじゃ
村なら吊るしかあるまいて、占いはおると見とるからのお」
薔薇水晶 「初日の発言がやや薄めの位置だったので、そこ指定自体はノーコメンツ。」
服部平次 「噛まれを狙う という意味では重要職やね>哀川」
ヴィルヘルム 「QBと誰かが契約してると考えるだろやっぱ>リリー」
雪華綺晶 「ええ、でも、だからといって、最初からそれらを見分ける方法なんて私にはあまり思い浮かびませんもの>ヴィルヘルム」
モヒカン 「村表記かよ・・・うわぁ・・・恋人確定とはいえ
残せねぇなぁ・・・」
戯言遣い 「村人COされてしまうと、ですね
残しておくと言うわけにもいかない」
七夜志貴 「◇リリーホワイト 「QBの投票先って考えると個人的には止めに入りたいと思う場所ですよー」
ほぅ」
零崎人識 「それにしては村COに少し疑問感じるけどな >ヴィルヘルム」
リリーホワイト 「重要職に見せて噛まれ狙う ですね 正確には>あいかわ」
霧切響子 「初日に服部君に投票してるわよ、私。」
シノン 「霧切響子吊りで
村陣営ならごめんなさいね」
服部平次 「毒橋なら恋人飛ぶやろ?
普通に飛ぶ何かやった としか言えへんと思うわ」
零崎人識 「っと・・・
指定入ったか」
リリーホワイト 「QBの投票先って考えると個人的には止めに入りたいと思う場所ですよー」
ヴィルヘルム 「探偵CPあるんじゃね」
七夜志貴 「黙っている事はむしろ噛まれよけの行動に見えるがな>哀川
結果も出していない占い師を即噛むのは、狼としても難しい事だろうと、俺は思う」
雪華綺晶 「恋人か、橋姫か、QPか、女神か、天使か。
どれかが貴方を構成しているかもしれない。」
哀川潤 「……毒って重要職だっけなあ>リリーホワイト」
モヒカン 「止めろってか、七夜は世紀末ってか厨二病だろうwww>ヴィルヘルム」
霧切響子 「占い師が死んでいる以上、あまり良いとは言えないかしらね。」
ヴィルヘルム 「初日共有だとQP2だぜ? さっさと始末しねーとヤバいだろうよ>雪華ちゃん」
哀川潤 「朝一朝一」
阿笠博士 「まぁそこの作品つながりとか、探偵sとかは結構ささっとったら
おいしい所じゃのう」
薔薇水晶 「…一つ思い浮かんだのは、アカデミーがマジで憑狼引いての逃亡ですが…
これも、それならば真占いが村にいるはずであるので、そちらに期待しましょう」
服部平次 「佐倉杏子も遺言があらへんな
毒飛びがあるから常に遺言更新はしっかりしとかなアカンで」
リリーホワイト 「朝一で言った通りなので1回QB投票者以外から指定したらいいかなーっていうざっくりとした進言」
霧切響子 「村人CO。」
哀川潤 「狂人の行動ではあんまり無い(殉教者の場合のみ、噛まれるために黙ってた可能性はある)がね。
それ以上でもそれ以上でも無し。
一応言っとくが、全員遺言に日付は忘れるなよ」
霧切響子 「狼でないのなら、不思議ではないでしょうね。」
シノン 「仮指定霧切響子」
雪華綺晶 「ヴィルヘルムさんは、初日に恋関連のことについてしつこすぎましたから。
その手の役職なのでは、と思っていますよ>ヴィルヘルム」
美樹さやか 「いや、まさか・・・
うん、さやかちゃんの妄想でした!」
七夜志貴 「そもそも毒橋恋ならQBが何か遺言で書いているだろうよ
そんなケースは、今の時点では無用の思考だ」
阿笠博士 「毒橋姫でQP飛ぶっていうのは確率的にないと思うがの」
ヴィルヘルム 「モヒカン基点での七夜との世紀末CPとかも期待してんだけどね」
戯言遣い 「さあ。一つの考え方ですよあくまで>薔薇水晶さん」
零崎人識 「アカデミー即噛みって凄いと思うけどな・・・
結果も出してないのに真偽判定っと」
モヒカン 「小声3回だからシノンは共有者でいい
今日は早めに指定頼むぜ」
美樹さやか 「ハッ、イケメン眼鏡・・・!」
服部平次 「ただモヒカン○は…まあどうやろ
放置で見てけばええと思うわ」
薔薇水晶 「まあモヒカン放置することには特に異論はないですが。
残念真でも、QPの囲いでも、置いておいていいのです」
リリーホワイト 「お・・・おう>モヒカン」
ヴィルヘルム 「おいおい 雪華綺晶ちゃん俺がイケメンだからって気になるのかい」
リリーホワイト 「変なパターンが無ければモヒカン○を知ってたのはアカデミーだけになるんで変なこと考えずに素直にモヒカンを放置プレイ(意味深)しておけばいいかと思うですよー」
戯言遣い 「毒橋姫は恋人に中る毒であって、恋人陣営に中る毒ではないので
毒橋姫でQPが飛んだ、とかはないですよ」
雪華綺晶 「最序盤にわざわざ恋人を噛む理由があまり思い当たりませんが……」
哀川潤 「別に戦術って言ってもいいけど。
○が死ぬ事も危惧しない占い師は あたしは大嫌いだからな>ななやん

そもそもそれで何得するんだっていうアレもあるが。
あたしは王道が好きなんだよ」
七夜志貴 「少なくても、アカデミーの死はひとつの事を物語っているさ
アカデミーは狼で無かった。
その情報だけでも、意味はある」
薔薇水晶 「恋人と見たとしても、それなら昼間に信用を下げさせて吊らせません?狼なら>戯言遣い」
美樹さやか 「まぁ、そうだったらすごいなーw>毒橋姫で相方飛び」
モヒカン 「レアケで恋人が毒橋姫の場合で相方に当たる場合もあってなwww>リリーホワイト」
服部平次 「噛まれる某か
真狂QPやな
正直真は見たくないんやけど」
霧切響子 「モヒカン○を疑う気はあまりないわね。」
阿笠博士 「日記が薄いというか、皆無じゃし
QP系…じゃあないじゃろうなぁ 偽臭いが」
雪華綺晶 「毒橋姫で、まぁ、それはあるかもしれませんね。
でも、私達にはわからないこと」
戯言遣い 「さあ。恋人と見たら噛む可能性はなくもないんじゃないですか?>薔薇水晶さん
そこが噛める恋人なら少なくとも、何かは持って行けるわけですし」
ヴィルヘルム 「んでリリーホワイトちゃんよ 俺はメガネじゃなくてサングラスな
日光によえーから夜でもこれがねーと目がいてーんだよ」
零崎人識 「小声3だから・・・あってるな >シノン」
七夜志貴 「俺としては、露出した以上一日の噛みよけに結果を出さない事も占術だったと思うが
どうも淑女達には不合理に見えるらしいな」
ヴィルヘルム 「佐倉は遺言無しか 遺言残せない系の役職だったのかもな」
モヒカン 「普通にアカデミー噛まれて俺○とかなんだこれww
日記もうっすいなぁ・・・」
リリーホワイト 「QB毒橋姫ならしたい3つないとおかしいですよー?>モヒカン」
霧切響子 「狩人は暫定的にいない、と。
佐倉さんに遺言がないなら、QB村の佐倉さん人外で等価交換であるといいかしら。」
零崎人識 「矢、つながってないから >ヴィルヘルミナ」
哀川潤 「ただ噛まれてるのねえ。んじゃシノンは夜黙っときな。
正直言って あたしはアイツ憑狼も普通に見れる。
あんこの遺言は無し、人外or遺言遺せない役職、どちらなのかは手札をオープンしてのお楽しみだ」
美樹さやか 「杏子の遺言がないのか
なんか遺言たらない気がしたけど」
服部平次 「共有の声は3回やな
青文字って大声やっけ?」
シノン 「あ、私真で問題無さそう
AA3回」
阿笠博士 「って、アカデミー噛まれんのか?
しかも遺言に結果しか出しておらんし…」
薔薇水晶 「……よく噛む気になりましたね。
私、恋人の吊り逃れとか見ていたのですが」
雪華綺晶 「あぁ、フラグを昇華しようとしていたのですね。
貴方はとても素直に見えます」
ヴィルヘルム 「アカデミー噛みか

モヒカン○は信じて良さそうだな
○の出る人外かどうかはしらねぇ」
リリーホワイト 「後は身代わり君が共有で占いが確実に生きてることを喜ぶヴィルヘルムと
身代わり村確定だから悲しむさやかが対照的なのが気になったくらいですよー(だからなんだと言われても特に何もない)」
戯言遣い 「日記も出していなかった占い師を即噛むと
ふうん」
モヒカン 「んーまあレアケでQB毒橋姫のあんこに当たるのもあるけど
まあ放置放置www>さやか」
美樹さやか 「噛まれるんだ?
結果出してない老舗だと思ってたんだけど>アカデミー」
七夜志貴 「そのまま噛んだ、か
ふん、くだらない事だ」
リリーホワイト 「あんまり信用したくない(結果張る前に他人をなじってたから)占いだったんですけど噛まれるんですねっていう感想ですよー」
零崎人識 「おっと?
京子が遺言残してないけど・・・
こりゃあなんだ?」
薔薇水晶 「というか、村の雰囲気が雰囲気なので投票こそやらなかったですが、
◇アカデミー 「占い師CO」
◇アカデミー 「おそいぞ」

文句言う前に結果貼ってください。
あと30秒あったなら、「結果貼らないで文句が先なら吊るす」って大声で言うところでした。

……噛まれていますけど。」
阿笠博士 「おはようじゃ
どうやら毒が飛んだみたいじゃな」
服部平次 「…えー…
噛まれるん?」
戯言遣い 「おはようございます
セールスマンを吊ったら毒が飛んだ、と
なかなかひどい契約ですね」
七夜志貴 「孤高に生きるは黄泉にしかなれない。生きていると言うことは、他者の死を食らっているという事に過ぎない
学院、すなわちアカデミーの死は、そのまま占い師の死亡、と考えても良い、だろう
とは言え、結果を出していない以上、狼としても即噛むかどうかまではわからないが……な」
シノン 「昨日ゴタゴタしてて時間遅くなってたから下手に指定をしてみるべきじゃなかった、ごめんなさい」
雪華綺晶 「朝の訪れ、世界の歩み。
毒を呑む者、毒を与える者。
あぁ、恋人ばかりを気にしてる人を注視するべきかもしれません。
例えば、ヴィルヘルムさん」
ヴィルヘルム 「おはようさん
QBと佐倉が契約してると思ったんだがよぉ
矢が繋がってたのかどうかわかんねーけど
ある意味契約してたっぽい展開だぁな」
モヒカン 「ヒャッハー!いきなり毒とかやべーぞこれ!
村減ってると仮定するときっつい!」
哀川潤 「正直言って 占いCOしといて結果すら出さずに
◇アカデミー(129) 「おそいぞ」
こーんな事言ってるアカデミー信じるつもりはあんま出ないんだけどな。

他にCO出ない限り、(恋人占いでも無けりゃ)
そこ真確定になるから 即吊りするのはやめといたけどさあ。
17人・17票。まあ平等村だから当然ってか」
美樹さやか 「杏子とQBが死んじゃった!
なんかカップルみたい!」
薔薇水晶 「夜中は小声3回ありました。
なんか狼も小声ありましたけどそれは知らない。

そして村毒吊ってしまったなら私は土下座する。」
霧切響子 「おはよう。
QBが毒狼だったりしないかしら。
共有者の囁きは小声で3つ、シノンさんが偽であっても否定するとは思わないけれど。」
服部平次 「アカデミーは正直信じたくないわ
占いCOして結果も貼らん
指定遅いのは確かやけど
それに対して 遅いぞ だけってのは無いわ」
零崎人識 「かはは
毒吊りでQB飛ぶと
京子そんなにQB嫌いなのかよ
傑作だぜ
それじゃアカデミーは結果よろしく頼むぜ」
リリーホワイト 「QBはグレラン押しであんまり自分から重要職っぽい感覚を出そうとしてなかったので毒人外あるかもなーって感じですよー」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アカデミーさんの遺言 占い師CO
モヒカン○
霧切響子○●
QBさんの遺言 ああ、毒表記coだよ。
狩人日記は死体無しが出たら作る(キリッ
アカデミー は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿笠博士 「とりあえずアカデミー儂が噛むぞ」
戯言遣い 「いやまぁ……アカデミーでいいんじゃないですかね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
阿笠博士 「あ、銀おるか」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
阿笠博士 「それとも良い位置があればそこ噛むがの」
戯言遣い 「……銀?」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
阿笠博士 「アカデミー無難に噛みでええじゃろ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
阿笠博士 「んー毒じゃなー」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
戯言遣い 「毒か……アカデミーを噛んでしまうかどうか」
阿笠博士 「ふぇ?」
戯言遣い 「ああ、うん」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐倉杏子 は無残な負け犬の姿で発見されました
QB を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
薔薇水晶0 票投票先 →QB
モヒカン2 票投票先 →戯言遣い
雪華綺晶1 票投票先 →QB
アカデミー0 票投票先 →佐倉杏子
七夜志貴0 票投票先 →哀川潤
服部平次2 票投票先 →QB
シノン0 票投票先 →モヒカン
哀川潤1 票投票先 →霧切響子
QB4 票投票先 →霧切響子
佐倉杏子1 票投票先 →服部平次
戯言遣い2 票投票先 →美樹さやか
零崎人識0 票投票先 →阿笠博士
美樹さやか1 票投票先 →雪華綺晶
霧切響子2 票投票先 →服部平次
ヴィルヘルム0 票投票先 →QB
リリーホワイト0 票投票先 →戯言遣い
阿笠博士1 票投票先 →モヒカン
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
QB 「ああ、うん…」
哀川潤 「指定するにはちょっと遅い。
CO無し、もしくは吊るに値しないCOだったら
あたしはグレランするよ。そのグレランでアカデミーに投票しない保証は無いけど」
アカデミー 「おそいぞ」
佐倉杏子 「占い師の生存は担保されたけど
それはそれでフル人外でQP2名いるってことでもあるぜ?」
七夜志貴 「CO無いならグレランだ」
薔薇水晶 「指定しるならせめて1分半くらいは余裕もたせないと!?」
シノン 「グレラン」
雪華綺晶 「指定があまりにも遅すぎることに驚愕」
服部平次 「俺はグレランでええと思うんやけどな」
アカデミー 「占い師CO」
リリーホワイト 「ちょっと私メガネ男子は・・・>ヴィルヘルム」
霧切響子 「一番指定を欲しがっていた人にいったわね。」
阿笠博士 「時間がないから指定はなんてできんわい
グレランで様子見じゃろ」
モヒカン 「まあ共有者COしたってことは噛まれる可能性大
そして恋人なら死ぬだろうからな!>ヴィルヘルム」
零崎人識 「おいまてやめろ
俺はノーマルだ >哀川潤」
七夜志貴 「この時点で指定とはな
遅いとしか言えないが」
QB 「co間に合うか?」
戯言遣い 「ところで零崎。あそこでGMが死んでしまっているわけだけど……
お前が殺したわけじゃ、ないよな
どうでもいい確認だけど」
ヴィルヘルム 「アカデミーとモヒカンとかに期待してーな」
美樹さやか 「その時間じゃCOあっても時間足りないんじゃ」
雪華綺晶 「憑狼で警戒の囁かない。それはとても寂しいことですね。
でも、必要なことでもあるかもしれません」
佐倉杏子 「2発言しかない以上、基本隠者とか考えなければ単独共有には見えるしね
この場合は噛まれ得る立場ってこともあって、あって人狼ってくらいか」
シノン 「アカデミーCOある?」
リリーホワイト 「あれだ この時間になって指定こないってことは自分の身は自分で守れですよー>モヒカン」
阿笠博士 「まぁ鉄板CPの場所は吊っておけるときに
吊っておきたいのは普通じゃな」
霧切響子 「確かに、GMが村人陣営確定というのは情報として有難いわね。」
零崎人識 「流石にこの時間に指定は難しいだろ・・・ >モヒカン」
服部平次 「指定指定言うだけ言う奴多いけどこの時間の遅い指定は最悪やで?」
七夜志貴 「そもそも、そんな共有など捨て置け、としか言い用が無いと思うがな>服部
出てこない共有者など、灰でしか無い」
薔薇水晶 「ガタッ>哀川>カップル談義」
ヴィルヘルム 「おいおい イケメンの俺とかモテそうに見えるだろ>リリー」
QB 「初日共有ってのは…まぁ正直動きが遅くなってるし
村が初日だしあまり嬉しくはない気がする。」
佐倉杏子 「一応、真共有が矢貰い潜伏と見ての人外が共有COってあるけどな
ちゃんと夜の発言じーっとみて
そのことを含めても遺言で共有遺言が出た時に考えるってくらいか」
ヴィルヘルム 「初日に出たんだし まぁ共有疑うのがしなくていんじゃねーの
狼と繋がってるのが見えてCOしたってんんあらシラネーけど」
薔薇水晶 「……まあ、人外カップルであることを祈りつつ、
最善を目指して参りましょうか。」
零崎人識 「まぁ、占いいるってことわかっただけでも良しとしようぜ
そう悲観的にならずにさ」
モヒカン 「早く指定だ!
恋人勝ちされる可能性があがる&刺さり具合によっては村が勝てなくなるぞ!」
美樹さやか 「真占いいてもそこ恋人だったら意味ないし
あんま喜ぶとこじゃないと思うかなー>初日村」
哀川潤 「ところでいーたん的には 戯×零と零×戯どっちがいいの?」
戯言遣い 「真占い生存、と言っても。恋人かもしれないけど
誠心誠意、戯言だ」
リリーホワイト 「ざっくりと感想述べるとヴィルヘルムは後まわしっぽそうな気がするですよー」
アカデミー 「がちがちの鉄板どころやな>>シノン」
服部平次 「ま、シノン夢共有で真共有は矢刺さり恋人潜りーって可能性もあるかもしれへんけどそれなら夢共有が噛ませられるから問題無いやろ」
七夜志貴 「他の村人が初日であっても大差は無い>薔薇水晶
今の時点では、良い方面を見る事を俺はすすめるがな」
雪華綺晶 「さぁ、歩みだしましょう。輝きを見ましょう。
私に世界を見せて下さい」
霧切響子 「夢共有者が飛び出すことはあっても、
真共有者が夢と思っていたパターンはそう多くないわね。」
阿笠博士 「つまり初日は共有系
占いは確実におるって事じゃな」
哀川潤 「どちらにしても初日村確定か……
QPやら狂人やら、その辺は噛み殺して貰う必要がありそうだ。

ああ、一応恋人共有+共有乗っ取りを考慮するんであれば
夜に囁く回数は宣言しておいた方がいいぞ?」
モヒカン 「相方GMって真占い生存確定&恋人2組かよ・・・」
美樹さやか 「なに小首かしげてるんだよ!この見た目小動物め!>QB」
シノン 「杏さやって鉄板だと思わない?(ニコッ >杏子」
戯言遣い 「ああ、相方GMですか。それなら出ないのもある程度うなずける
……どっちみち村のスタートは9人みたいだけど。まあ仕方ない」
薔薇水晶 「……ただ、これ、占い生存だけでなく、QP狂人も全員生存が確定したのですよねえ…
初日相方が嬉しくない配置ってひどい。」
リリーホワイト 「なにがぼっちだ!じだいはび○ちだぞおらぁ!ってブラックが言ってたですよー」
七夜志貴 「ふむ……ならば共有者は初日
占い師は今の時点で個々にいる事は確定、と」
アカデミー 「じゃあシノン共有やな
指定よろしく>>」
ヴィルヘルム 「あぁ なるほど夢共有と思ってたってか
んで初日共有なら占い師は生存確定なのな

ますます指定展開だろーよ」
QB 「あ、ああ…夢共有だと思ってたのか。
初日GMで。」
雪華綺晶 「あぁ、占う者は生きている。
それがわかったのはとてもよろしいこと。」
阿笠博士 「大声2回は合ってるぞ

わしはおっさんじゃぞ!>さやか」
零崎人識 「わかるな
俺もそれ基準で刺しそうだ >さやか」
モヒカン 「ってなんだと!?」
服部平次 「2回大声かどうかは分からんけど何かそれくらいやった気もする」
美樹さやか 「ボッチボッチー!
やだ、なにか胸が痛い」
モヒカン 「他にCOがねぇ&共有者恋人ならぐれらんだ!」
薔薇水晶 「あ、出たのですか。
合っていますね>声
矢もらいで潜ったのではなかった、と。」
雪華綺晶 「繋がる者(共有者)は目を覚まさない?
それもまた、選択でしょうか。でも、このままグレランをしても、吊られることも受け入れるべきかもしれません。」
佐倉杏子 「やーいぼっちぼっちー>シノン」
シノン 「……GMゥ!」
リリーホワイト 「ちゃんとかぞえたですよー!ほめてほめてー!」
戯言遣い 「なら灰から詰めていきましょうか。出ない者は出ないのだから
……僕としては、よく知っている人間に投票はしたくありませんけどね」
霧切響子 「合ってるわね。」
七夜志貴 「大声かどうかは知らないが
結構発言数はあったように見受けられたな>シノン」
零崎人識 「あぁ、それならあんた真だ
確かにそんな感じだった >シノン」
QB 「?(首をかしげる >さやか」
哀川潤 「……村枠は最大で9とみなして構わないってところか。
まあそれならそれで


っとおう。声がしたのは覚えてるけど 何回かは数えてなかったな」
ヴィルヘルム
んじゃ共有恋人なら狼が勝手にかみ殺してくれるだろ
グレランってか」
リリーホワイト 「あってるですよー>最初大声2回」
美樹さやか 「私QPだったら阿笠博士基準に打つけどなー(キリッ」
アカデミー 「もしかして共有矢貰った?」
佐倉杏子 「作品繋がりを示唆されることはあってもね
殺人鬼繋がりならまだ探偵のほうがしっくりきそうだよ。この村探偵3人いるし」
七夜志貴 「しかし、出てこないならば……
其のことも考えないといけない、か
つまらない事だ。だがそれこそが面白いとも読み返せるが」
零崎人識 「あぁ、普通に矢ぁもらったっぽいな
ったくよぉ・・・」
阿笠博士 「まぁそこの作品繋がりなんじゃがなぁ
しかし、共有が出んということは共有刺さったか?」
シノン 「えっもしかして真共有?
相方GMで最初に2回くらい大声発言したんだけど」
服部平次 「共有恋人で心配せなアカンのは狼ー共有のみやな」
霧切響子 「まあ、恋人以前に狼陣営が5いるのだけれど。」
モヒカン 「・・・っちこれはマジで共有者恋人臭せぇなおい!」
QB 「指定よりはグレランの方が僕はいい感じはするね。
票の動きとかそういうの見たい感じ。 >アカデミー」
リリーホワイト 「複数いそうな雰囲気で誰も出てこないってなると なんかこう・・・
そういうことなのかな?って思ってしまうのですよー」
零崎人識 「ヴィエウヘルムとアガサ博士とか?
傑作だぜ >ヴィルヘルム」
ヴィルヘルム 「共有でねーって事は矢が共有に刺さったんじゃね?」
哀川潤 「指定が必要などーかってのは また話が違う訳だがな>アカデミー
ま、それとは無関係に共有については出てきた方がいいねえ。
うっかり振り切っちゃっても ごめんの一言も言えないぜ?」
美樹さやか 「QB、さすがの目の付け所だね
私が可愛いとか」
佐倉杏子 「あたしと七夜とかその発想はなかった>ヴィルヘルム」
戯言遣い 「現状は狼とか狐とかに矢が刺さっていると嬉しいわけですが
あれ、共有さんは出てこない?」
薔薇水晶 「……この雰囲気だと、矢もらったのでしょうか…(遠い目
つまり村もってかれたってことですやん(ばんっ」
服部平次 「ま、共有とか何かその辺りCOする奴はよろしゅう頼むで!」
モヒカン 「吊りもきついんだからさくさくCOしようぜ?
出てこないなら共有は恋人とみなすぞw」
リリーホワイト 「返事がないただの(ry」
雪華綺晶 「あぁ、最初の犠牲者はGMだけ、天に座す者も、呪いを受ける者もいなかった」
ヴィルヘルム 「七夜と佐倉とかお似合いじゃねーの?」
七夜志貴 「共有恋人など、出てこないなら考えるだけでいい

今の時点で考える必要性は皆無、だと思うがな>零崎」
阿笠博士 「共有はとりあえず出て恋人じゃないことを示して欲しいのう」
佐倉杏子 「QP存在下で他打ちだと作品繋がりが多いのなんの
あたしとさやかとか」
美樹さやか 「QP2の矢の刺さり先次第だねー、これ
まぁ、頑張っていきまっしょー」
零崎人識 「で?
最初から何も出てこねぇと・・・
おい、共有はどうした共有は」
シノン 「というわけでおはよう」
QB 「いや普通に可愛いから何言ってるんだ君は。 >さやか」
服部平次 「まあ基本的には陣営数とその感想とかやな>アカデミー」
シノン 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営1 キューピッド陣営2

                                        
QPがどこに撃ったか、かしらね
最低1本は村に来てる、重要職じゃないことを祈りましょう
あとは人外が壊滅状態になっていることを祈ってみましょうか、私としてはこの手で人外を葬る方が好きなんだけど」
薔薇水晶 「共有の声は大声が妙に多かった感じでした。初日相方の素だったとか?」
リリーホワイト 「適当にCO待ちつつごろごろするですよー」
ヴィルヘルム 「BLに期待するならイケメンから吊れば良いと思うけどなぁ」
戯言遣い 「おはようございます
恋人っていうのはいいものですよね。今のところ村の敵なわけですが」
アカデミー 「共有指定よろしく」
霧切響子 「おはよう。」
美樹さやか 「可愛い女の子だと思った?
さやかちゃんでした!」
服部平次 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営1 キューピッド陣営2
8吊り6人外のー2QP
刺さり方によっては割ときつい感じやな」
零崎人識 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営1 キューピッド陣営2

QP次第でどうとでも転がる村だな
傑作だぜ
共有は早めに出てきたほうが恋人疑い少なくていいと思うぞ」
佐倉杏子 「おっはー」
七夜志貴 「吾は面影糸を巣と張る蜘蛛。―――ようこそ、この素晴らしき惨殺空間へ

最も、惨たらしく死ぬとは限らないが……な。
では、始めるとしよう。夜を鮮血で照らす程に……な 」
哀川潤 「あたしの事は上の名で呼ぶな、下で呼べ。あたしを名字で呼ぶのは、敵だけだ。
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営1 キューピッド陣営2
《村人多し、ただし愛は強し》みたいな?
ベッタベタにありふれた、男が女の為に命をかけて、お約束の展開。
熱血バカに理屈バカ、使い古された正義の味方にありふれた勧善懲悪。
そういうのは大好物さ──ただし、敵であるなら容赦はしない。
殺して解して並べて揃えて晒すつもりっていうのなら 殺して解して並べて揃えて、
首揃えて叩き返してやるよ。なあ、行き詰まりの殺人鬼?」
阿笠博士 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営1 キューピッド陣営2
ゲーム開始:2013/11/02 (Sat) 17:30:08

おはようじゃな、諸君
なかなか普通じゃがQPがきになるの
共有の声があったし、そこ軸でええじゃろ」
モヒカン 「村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営1 キューピッド陣営2
ヒャッハー!QP確定で他撃ちも可能だぜー!
共有者は恋人疑い消すためにCOしろよな!」
アカデミー 「おはよう
闇鍋で朝一で付けるお勧めの一言ってあるの?」
ヴィルヘルム 「おはようさん
共有居るみたいだし指定展開でいんじゃねーの

QP陣営2だしとりあえず男ローラーすればよくね」
QB 「やぁ、おはよう。
えーっと、共有の囁きが見えてたから共有はcoよろしくで。
陣営は…まぁ、うん、人外に刺さりを期待で。」
薔薇水晶 「おはようございます。QPが全部出て、被りなしなら実質7吊りです。
割とQPが吊られに動かれるだけでやべえ人数、という。」
リリーホワイト 「この人数でQP2とかめんどくさいにもほどがあるですよー
共有の数が複数いそうなのが救いっぽそうですよー」
雪華綺晶 「おはようございます。世界が朝を告げました。
きっと、繋がる人も訪れを告げてくれるでしょう。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キセキのGMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
キセキのGM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿笠博士 「まぁわしゃまかせるぞ」
佐倉杏子 「あ、今日の噛み1:30くらいでいーい?
各々吊りのがれ手段は用意しといてってことで」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
戯言遣い 「人数的に言えばね。身内を疑っている暇なんて最初からないんですよ
この村に於いては、疑心暗鬼なんてそれこそ害悪でしかない」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
佐倉杏子 「噛みとかは基本任せてやるよ
まああえての毒噛みとかになったら呼んでくれ」
阿笠博士 「まぁQPがなんとか持ってってくれる事を祈るかの」
佐倉杏子 「QPとかがいいとこもっててくれるといーねー
……けっこ身内身内が多くて中々味方が裏切ってるかもしんないけど」
戯言遣い 「いや、起こしそうな……かな?」
戯言遣い 「それにしてもあれだね。殺人事件でも起きそうな人間が多い」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆キセキのGM というわけでGMはスバルでお送りするッスわ
まぁ延長とかは一応する気ッスが各自気をつけてほしいッス」
阿笠博士 「ふむぅ村有利の陣容じゃなぁ」
佐倉杏子 「まーあたしLWになったら憑疑させれるかもねってくらいかねー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
戯言遣い 「狂人頼み、かな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
戯言遣い 「よろしく。霧狼だけど」
佐倉杏子 「あたし、静狼」
阿笠博士 「素狼じゃな」
佐倉杏子 「あー」
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営5 妖狐陣営1 キューピッド陣営2
ゲーム開始:2013/11/02 (Sat) 17:30:08
薔薇水晶 「開始」
哀川潤 「ありゃ、いーたん。さっきまで妙に大人びてた気がしたけど?
《人を外見で判断してはいけません、ただし指名手配犯》みたいなっ?」
阿笠博士 「なんじゃ平次君がおるのお」
薔薇水晶 「1」
零崎人識 「よう、俺
ノコノコとこの村にやってきて・・・覚悟はできてるのかい?」
リリーホワイト 「よろしくですよー!」
薔薇水晶 「2」
戯言遣い 「まあ、これならこういうこと、かな」
ヴィルヘルム 「なるほど>服部」
リリーホワイト 「リリーホワイト さんが登録情報を変更しました。」
薔薇水晶 「じゃあ参ります。
3」
服部平次 「得票数変化能力者
直接型
暴君・無鉄砲者・ひんな神
入道・雑草魂系・織姫
間接型
痛恨能力者/能動型(痛恨)・彦星(織姫)・ひんな神(ひんな持ち)・黒衣(入道)
賢者(釣瓶落とし)」
キセキのGM 「カウント頼むッスよ>薔薇水晶」
七夜志貴 「無理はしないことだ>薔薇水晶」
服部平次 「投票数変化能力者
直接型
長老・執筆者・傾奇者・老兵・暴君・印狼・古狼・犬神・古狐
古蝙蝠・剣闘士・無鉄砲者
解答者・権力者系・織姫
間接型
座敷童子(村人)・豊穣神(会心)・麒麟(一日村長)・彦星(織姫)
榊鬼(解答者)・黒衣(入道)」
KAITO 「KAITO さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:KAITO → 戯言遣い
アイコン:No. 4956 (KAITO02) → No. 4047 (戯言遣い2)」
雪華綺晶 「くっ……ダメ……笑っては……条件反射で笑っては……!(最後に来た人を見つつ)」
薔薇水晶 「まあ投票済だしやっちゃいます>ななやん」
服部平次 「B:平等村 [Ver. 1.5.0 β7~]
投票数変化能力者・得票数変化能力者に属するメイン役職の出現率が 0 になります。」
佐倉杏子 「いやーそれがなー。あたし今日お昼の柏餅以外何も食べてないんだよー」
零崎人識 「まぁ、俺人殺しだけどな
かはは」
七夜志貴 「そうだ、薔薇水晶大丈夫か?
タウチなら抜けるとか言っていたが」
薔薇水晶 「んじゃまあ、カウントしていいですかね」
アカデミー 「初日吊られはいやだ…初日吊られはいやだ…
そういうときに限って重要役職…」
七夜志貴 「さぁ、殺し合おうか」
美樹さやか 「アレだけお菓子食べてるのにまだお腹へってるの?
杏子食べ過ぎ!」
零崎人識 「こんなのと一緒の村で安心できるかよ
人殺しと一緒にいる方がまだマシだぜ」
阿笠博士 「よろしくじゃよ」
アカデミー 「ありがとう>>服部平次」
koko 「koko さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:koko → 阿笠博士」
雪華綺晶 「つきおおかみではなくて?>アカデミー」
七夜志貴 「ほう、人殺しの鬼がいるのか>哀川
オレも同じ読みをしていてね。

もっとも、俺は貴族だが」
ヴィルヘルム 「平等村の意味って何処に載ってんのかな」
koko が幻想入りしました
薔薇水晶 「たぶん「ひょうろう」だろうけど変換できないなら「つきおおかみ」でやってます」
佐倉杏子 「なんだーさやかー。元気そ―だなー。あたしはお腹へってお腹へって」
服部平次 「ひょうろう やろ?」
アカデミー 「ところでコレなんて読むの?>>憑狼」
七夜志貴 「さて、始めるか……
死の狭間を」
リリーホワイト 「はーるーでーすーよー」
哀川潤 「なんでって?いい質問だ。
お開きに来たのさ、殺人鬼」
リリーホワイト が幻想入りしました
アカデミー 「憑狼オプション決闘村で一回見たぐらいだしな憑狼>>服部平次」
キセキのGM 「じゃ、時間だから投票頼むッス」
零崎人識 「うげっ!
何でアンタがここにいるんだよ・・・ >哀川潤」
モヒカン 「よかったぜ・・・エラー娘なんて居なかったんだ・・・」
哀川潤 「折角だ。あたしでやってやるとすっかね」
服部平次 「時間やな
始めるで工藤!」
シノン 「ごめ、ちょっとトイレ」
エラー娘 「エラー娘 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:エラー娘 → 哀川潤
アイコン:No. 6528 (エラー娘) → No. 4365 (人類最強)」
雪華綺晶 「そうですね、他のお姉様は来ていらっしゃらないようです。」
美樹さやか 「あー、杏子!
やっほー!」
モヒカン 「あまりの恐怖に意識が飛んでいた・・・
E-2ボスでエラー猫連発本気で止めてください・・・」
ヴィルヘルム 「よぉ」
ヴィルヘルム が幻想入りしました
KAITO 「憑狼は嫌かね。ならむしろ……雛狼!」
霧切響子 「こんにちは。」
薔薇水晶 「まあそろそろ時間ですね。早いものです」
霧切響子 が幻想入りしました
服部平次 「憑狼なんて魂と同じくらいに出ーへんからそんなに怖がらんでええってw>アカデミー」
エラー娘 「                     ∧___∧
                    ={= ゚ ω ゚=}=
                 ,  ´ (__)----(__)---  、、
               , ´      ____      \
              /       ,. -艦:[Y]これ、    \
             /  ,...:::ヾ⌒´-:r―――- 、:.:`ヽ、   ヽ
             { /´: :,: : : / |: : : : : : : : : `ヽ、:.\
             ∨: : : :/: : /  {: : : : : : : : : : : : :\:.\  :
             .' : : : : |: :/    、: : : : :|\: : : : : :.|: 、:.}  }
            /: : : : /|:/⌒    \: : :} ⌒:、: : : :.|: : \/   そう、それが『絶望』だ。
            |: : :|: :'    、     \:| 、 \_|: : : ∧
            |: : :l: :l     ┃         ┃   |: : : ,: |\
            {: : : Ⅵ   ┃         ┃    ,: : :/、:}:.:.:_>
      i⌒ヽ   ∧: : /                 |: :/ }'\{
 |⌒ |⌒ | ヽ_ノ|  { 、:人         、- ,      ,: ,__ノ  }.`
 |  |   | ヽ_ノ /\ \:\        `´      /:/、 ヽ__ノ\.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
佐倉杏子 「やーさやかー」
美樹さやか 「さやかちゃんでした!」
エラー娘 「               ∧___∧
              ={= ゚ ω ゚=}=
           ,  ´ (__)----(__)---  、
         , ´      ____      \
        /       ,. -艦:[Y]これ、    \
       /  ,...:::ヾ⌒´-:r―――- 、:.:`ヽ、   ヽ
       { /´: :,: : : / |: : : : : : : : : `ヽ、:.\
       ∨: : : :/: : /  {: : : : : : : : : : : : :\:.\  :
       .' : : : : |: :/    、: : : : :|\: : : : : :.|: 、:.}  }   想像してみたまえ。
      /: : : : /|:/⌒    \: : :} ⌒:、: : : :.|: : \/
      |: : :|: :'    、     \:| 、 \_|: : : ∧     『これまで大丈夫だったから』
      |: : :l: :l     ┃         ┃   |: : : ,: |\    と中破での夜戦に挑んだ時の事を。
      {: : : Ⅵ   ┃         ┃    ,: : :/、:}:.:.:_>
      ∧: : /                 |: :/ }'\{   過去のデータなどは所詮は統計にすぎぬというのに
      { 、:人   ___   、- ,  ___  ,: ,__ノ  }`   それに縋った結末を。
      /\ \:\ /   ヽォ `´ と/   } /:/、 ヽ__ノ\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
美樹さやか が幻想入りしました
薔薇水晶 「……!よくぞ気づいたな!(ででーん」
アカデミー 「憑狼はいやだ…憑狼はいやだ…
ついてもそんなRP出来ない…」
雪華綺晶 「お姉様がVOCALOID内蔵型お姉様に!?」
零崎人識 「よろしく」
零崎人識 が幻想入りしました
シノン 「ただいま
それじゃ改めてよろしく」
薔薇水晶 「天人で初期LW即蘇生は笑えますね。少人数だと稀にみる光景。」
KAITO 「よろしくお願いするよ」
佐倉杏子 「よろしくっと」
KAITO が幻想入りしました
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → シノン
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6973 (シノン(SAO)2)」
佐倉杏子 が幻想入りしました
薔薇水晶 「薔薇水晶 さんが登録情報を変更しました。」
雪華綺晶 「天人や子狐もありますわね>初日死体」
QB 「やぁ、よろしく」
QB が幻想入りしました
服部平次 「初日に死体を出せるってのは呪い系か占い系が主やな>アカデミーのプロフィール」
薔薇水晶 「薔薇水晶 さんが登録情報を変更しました。」
エラー娘 「エラー娘 さんが登録情報を変更しました。」
エラー娘 「                     ¨¨¨¨¨¨
              ´               `
           /         ____           \
         /     。s≦ 艦〔Y〕これ ミ       ヽ
           {   ./   。s≦¨¨¨¨¨¨¨¨¨≧s。
          ∨ . ': :´ : : : {: : : : : : : : : : : : : :\ \     .∧
             〉: : :/: : :/ 、: : : : : : : : : : : : : : :.\ \   .∧
         /: : :/':,_彡   \: : 廴_: : : : : : : : : 寸ム   /∧
           /: : : ; {:./       \{ \: :} : : : : : : : : マム  .//}
        ′: : :{i{' ∩        ∩ i}: : : : : : : : : : マ   /
.         ;: : :.': :{l   |i|          |i|  }: : : : }: : : : : : :}x<
.         {: : : :〉{  ∪        ∪ .}: :. : :.r― 、: : :;i:i:\i:i〕iト
.        _{:. : /                   }:. :. :./   ./:.:./>┐\ ̄   まあでも私はまだ有情さ。
         { {: :〈                  } : : /  /ァyj'///,}^^^
         {/ : 込        V ア      } : /_¨´-マ/∧: 〕iト       君らにはどうしようもない、
       /:八 : ∧ ≧==‐--------‐=≦}:./--  、`´ :}: : : ',    『真に逃れようがない災厄』……
.      /: : : {\:∧     _r‐ '┐.{//{ ノイ/^  ノ_ }ィ: : :.}
     /: :. : :.{  \     {  ̄}::|.><´   ノ'ヽ /i:i〃iノ }:. :.ノ       それはきっと、誰もが
      {:. :. :. :.{      |`¨´|¨{∧}  {_r '^i:i:i:i:∥i:i:i://       『それは回すもんじゃねえから!』
      人: : : : :{   xi≦〈 ____}___  i{:i:i:i:i:i:i:i:i{{i:i:i/}}        と叫んだ、あいつらだからさ
      \{、 :{  /i:i:i:i:i/ ___ マ-----≧}i:i:i:i:i:i:i:i{{i:i:i:i:i:i}}
         \  {i:i:i:i:∧_{ '\}厶斗匕i:i:〕iト:i:i:i:{{i:i:i:i:i:i}}
              八i:i:/__./ト-|´i:`¨´:i:i:i: ======彳i:i:i:i:i:i}}
                └ 'i:i:| :|:i:i:i:i:i:i:〃i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}}
                |彡ゞ i:i:i:i:{{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}}」
アカデミー 「アカデミー さんが登録情報を変更しました。」
雪華綺晶 「あら、いいのではないでしょうか。
薔薇音ミクと名乗っても、それは素敵だと思います>薔薇水晶」
アカデミー 「なお艦コレやってない奴にはダメージ0である」
服部平次 「モヒカンは…逝ってしまったんやな…」
薔薇水晶 「…これは元ネタが別人ですね」
雪華綺晶 「モヒカン様はとっても面白い方ですね。ふふふ」
薔薇水晶 「深刻なエラーが発生しました…深刻なエラーが発生しました…深刻なエラーが発生しました…」
アカデミー 「どうした!?何があった?応答せよ>>モヒカン」
モヒカン 「うわあああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああ>エラー娘」
エラー娘
                     ¨¨¨¨¨¨
              ´               `
           /         ____           \
         /     。s≦ 艦〔Y〕これ ミ       ヽ
           {   ./   。s≦¨¨¨¨¨¨¨¨¨≧s。
          ∨ . ': :´ : : : {: : : : : : : : : : : : : :\ \     .∧
             〉: : :/: : :/ 、: : : : : : : : : : : : : : :.\ \   .∧
         /: : :/':,_彡   \: : 廴_: : : : : : : : : 寸ム   /∧
           /: : : ; {:./       \{ \: :} : : : : : : : : マム  .//}     やあ。
        ′: : :{i{' ∩        ∩ i}: : : : : : : : : : マ   /
.         ;: : :.': :{l   |i|          |i|  }: : : : }: : : : : : :}x<      ようこそ、エラー画面へ。
.         {: : : :〉{  ∪        ∪ .}: :. : :.r― 、: : :;i:i:\i:i〕iト   この猫はサービスだから、
.        _{:. : /                   }:. :. :./   ./:.:./>┐\ ̄   まず腹パンして落ちついて欲しい。
         { {: :〈                  } : : /  /ァyj'///,}^^^
         {/ : 込        V ア      } : /_¨´-マ/∧: 〕iト     うん、「また」なんだ。すまない。
       /:八 : ∧ ≧==‐--------‐=≦}:./--  、`´ :}: : : ',     仏の顔もって言うしね。
.      /: : : {\:∧     _r‐ '┐.{//{ ノイ/^  ノ_ }ィ: : :.}    謝って許してもらおうとも思っていない。
     /: :. : :.{  \     {  ̄}::|.><´   ノ'ヽ /i:i〃iノ }:. :.ノ
      {:. :. :. :.{      |`¨´|¨{∧}  {_r '^i:i:i:i:∥i:i:i://     でもこのエラー画面を見た時、
      人: : : : :{   xi≦〈 ____}___  i{:i:i:i:i:i:i:i:i{{i:i:i/}}      君は、きっと言葉では言い表せない
      \{、 :{  /i:i:i:i:i/ ___ マ-----≧}i:i:i:i:i:i:i:i{{i:i:i:i:i:i}}    「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
         \  {i:i:i:i:∧_{ '\}厶斗匕i:i:〕iト:i:i:i:{{i:i:i:i:i:i}}      殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
              八i:i:/__./ト-|´i:`¨´:i:i:i: ======彳i:i:i:i:i:i}}     そう思って、このエラー画面を作ったんだ。
                └ 'i:i:| :|:i:i:i:i:i:i:〃i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}} 
                |彡ゞ i:i:i:i:{{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}}      じゃあ、TOPページに戻ろうか。」
エラー娘 が幻想入りしました
雪華綺晶 「お気をつけて、世界が閉じたとしても
ここへ来るための鍵を無くしてはいけませんよ。>かりさん」
服部平次 「フラグっちゅーんは建てれば建てるほどその回避フラグも同時に建設されていくもんやで!」
モヒカン 「どんどんフラグが構築されていくのはやめろぅ!>アカデミー」
かり 「アイコン登録してくるんよ」
かり が幻想入りしました
雪華綺晶 「ふふふ、平行世界だなんて、変なお姉様」
アカデミー 「ペロ…
コレはモヒカンが初日銃殺されるにおい…」
服部平次 「よろしく頼むで工藤!」
薔薇水晶 「おねえさま…姉妹のいない筈なのに、平行世界(やる夫スレ的な意味で)だと…

いい響き…」
服部平次 が幻想入りしました
モヒカン 「!?」
雪華綺晶 「流石お姉様、きっと綺麗な薔薇が咲くことでしょう」
雪華綺晶 「はい、お姉様もとってもお元気そうで何よりです」
薔薇水晶 「両手に薔薇…つまりホモ矢…(ぼそ」
七夜志貴 「今日の鮮血の宴はここか……
よろしく頼むよ。ご同輩」
七夜志貴 が幻想入りしました
アカデミー 「よろしくお願いします」
モヒカン 「!?
なんかはさまれた!」
薔薇水晶 「あらきらきー。久しぶり…」
キセキのGM 「おー、支援感謝するッスよ!」
アカデミー が幻想入りしました
雪華綺晶 「ふふふ、よろしくお願いします」
雪華綺晶 が幻想入りしました
モヒカン 「ヒャッハー!
支援&鍋だー!」
モヒカン が幻想入りしました
薔薇水晶 「鍋はズサが凄まじいから分からないわ…」
キセキのGM 「そこまで来るッスかねぇ……」
薔薇水晶 「うん…ああでも、18人(=他撃ち人数)超えたら抜けるんで…」
キセキのGM 「おー、きたッスか。それじゃアンカー頼むッスよ?」
薔薇水晶 「。。。よろしく」
薔薇水晶 が幻想入りしました
キセキのGM 「というわけで25分開始予定……これはサブタイトル通りッス。
お早めの入村どうぞ、ッスわ」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → キセキのGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 5280 (黄瀬)」
GM 「・村人騙り「許可」
・昼AA「許可・制限無し」
・1日目夜の身代わり君への能力行使「自由」
・2日目夜以降の人狼の早噛みは「恋人陣営全滅時のみ許可」」
GM 「闇鍋ではここに気をつけよう

役職表のページは開いておきましょう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

発生保証は人狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。
 初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。

”CO無し”なんて無い! 村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、下界にいる時と同じくあなたはゲーム参加中です。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。

昼夜の各種投票は超過1分30秒以内を目安、超過2分以内を「厳守」。人狼系以外の夜投票は超過前完了を強く推奨。
 また、各種投票を意図的に遅延させないでください。

恋人陣営が発生した時は、恋人陣営の全滅が全視点で確定するまで、人狼系の2日目以降の早噛みは禁止。
 必ず超過を目視で確認してから噛みを実行してください。

システムメッセージはそのまま引用せずに自分の言葉で置き換えてください。さとりやイタコなども同様です。
 役職のフレイバーテキストや個人メタ・希望メタなどの各種メタ推理をゲーム参加中に公開するのもおやめください。

突然死、暴言、人狼系の1日目夜の早噛み、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、完ステ、おはステも禁止行為です。
 ルールとマナーを守って楽しく人狼しましょう。

ズサ入村する際は村人名とアイコンを決めた状態で入村してください。
 仮ネーム・仮アイコンでのズサは開始時間の遅延に繋がります。

開始前には「よろしく」と挨拶を。霊界に来た時やゲーム終了後は「お疲れ様」と周囲を労いましょう。
 人狼はコミュニケーションによって成り立っているゲームです。気持ちよく遊ぶための気配りと心配りを忘れずに。

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなりすぎないようお願いします」
村作成:2013/11/02 (Sat) 16:59:04