←戻る
【雛1313】やる夫達の新顔超鍋村 [1608番地]
~いざ新種をめざして 22:25開始予定~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeA:新顔村)[A]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[和蘭人形]
(死亡)
icon 魂魄妖夢
 (mob)
[共有者]
(死亡)
icon ミスト(カブ)
 (由◆
VyD0jc/qCs)
[白狼]
[感染者]
(生存中)
icon フランドール
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[ブン屋]
(死亡)
icon リリー
 (シルク◆
Jvv0i0XZTs)
[妖狐]
(死亡)
icon 阿賀野
 (SA)
[天狼]
(死亡)
icon ルシフェル
 (Glace◆
TZ.gEvN5.o)
[占い師]
[感染者]
(死亡)
icon 佐倉杏子
 (積み木◆
jQxB9Cpd3g)
[人狼]
(死亡)
icon 打ち止め
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[雛狐]
(死亡)
icon キスメ
 (朝霧夕◆
1oKmZSIAF.)
[屍鬼]
(死亡)
icon レミリア
 (◆
I1iufbf.e.)
[辻斬り]
(死亡)
icon シン
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[毒蝙蝠]
(死亡)
icon 阿良々木暦
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[指導者]
(死亡)
icon 御坂妹
 (梅酒◆
IosCiLtijs)
[蟲狐]
(死亡)
icon 巨大化っていう
 (www)
[火車]
(死亡)
icon パラボラクマー
 (一太刀◆
9x3KLp5alYKM)
[獏]
(生存中)
icon 天魔の墳墓
 (erjsaitama◆
W8pfijOi9Q)
[狂信者]
(死亡)
icon 安堂ロイド
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[寿羊狐]
[元夢語部]
(死亡)
icon 御坂美琴
 (ハックル◆
4HLPxvOCw6)
[探偵]
[感染者]
(死亡)
icon 金糸雀
 (◆
x.KHHTrMns)
[逃亡者]
[感染者]
(死亡)
icon ルーミア
 (ふらい)
[ろくろ首]
[感染者]
[能力喪失]
(死亡)
icon イーノック
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[夢求愛者]
[感染者]
(死亡)
ゲーム開始:2013/11/24 (Sun) 22:31:04
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営2 神話マニア陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
GM 「すたっ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「~♪」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
GM 「お疲れ様ー」
阿良々木暦 「まだ!終わってないさ!」
阿良々木暦 「なんか、変なラインができたよ!」
阿良々木暦 「わぁー!憑狼の身内切りとか・・・
暫定○いねーし、意味が無いか」
阿良々木暦 「萌のタイミングがよすぎるぜベイビー」
阿良々木暦 「これ、あれだよなー
吊り増えないと基本的に無理だよなーという」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿良々木暦 「狩人いたらまた違ったんだけどねー
狼視点で村の役の内訳が見えるのは情報的にうまいし

ただ、当然だけどぶん屋は今日でないといけないしなんというジレンマ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐倉杏子 「おっつー」
佐倉杏子 「あ、蘇生チャレあるんかね」
阿良々木暦 「ぶっちゃけ、無駄噛み期待したい配置だけど
無駄噛みがほぼ起こりえないってのがきっつい」
GM 「おつかれさまでした」
佐倉杏子 「おう。確定○噛み殺せって方針で構わんだろ」
阿良々木暦 「やふやふ
まった、おもしろいタイミングで萌えたね?
わざととかあったりする?」
佐倉杏子 「さーねぇ。女の子は秘密をもつもんだぜー」
阿良々木暦 「でも、狐3だと狼も灰噛まないときつくならね?」
佐倉杏子 「あんた蘇生チャレなければ色々白状してやるよw」
阿良々木暦 「それならしょうがない」
阿良々木暦 「ああ、逃亡をその中にいれたらあかんよw>下界の相方」
阿良々木暦 「ちぇー、まあ狐の配役多めだから
仙狐とかかなりありそうだけどね」
佐倉杏子 「下界の味方がブン屋無視して妖夢かもーとしてやがったw」
佐倉杏子 「あ、気づいたな。よしよし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿良々木暦 「・・・狼で神話増えたじゃないと
それってただの悪手だと思うけどもw」
佐倉杏子 「さーってねーw」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
フランドール 「ま、死ぬよね
お疲れー」
阿良々木暦 「覚醒かー」
GM 「おつかれさま」
GM 「解除されたね」
フランドール 「ルーミアは中の人みて納得だけど
話し合いまくりたいよねー」
佐倉杏子 「つまりこーいうことです>白&天」
阿良々木暦 「・・・辻斬がおる!!」
佐倉杏子 「あ、でも天占われてるな
んじゃまー白LW路線か」
フランドール 「まあ、もし騎士とかがいたら私護衛だろうけど
それ以前にあらららぎは死なないよねえ」
阿良々木暦 「あれ?ここ覚醒村?
白とかいるんですが!」
GM 「一見狐勝ちにも見えるけど
共有が2狐を指定の視野にいれてる なんとかなるかな?」
阿良々木暦 「初期3Wだと・・・?」
佐倉杏子 「おういぇ」
阿良々木暦 「あ、割りと慣れてなさそうな感じの
ペア狼だ(ほっこり

佐倉は除く」
フランドール 「狂人だらけだw
それ私と交換してもよかったのに」
佐倉杏子 「ちなみに狼視点村の役職が殆どあれな役職で潰れているのは見えたからまあ
村はヤバイんじゃね」
GM 「素狼、白狼、天狼
能力は最高だけど…天狼捕まったのが痛いかも>あららぎさん」
阿良々木暦 「・・・天狼が暗殺反射発動しとる(震え声」
佐倉杏子 「だからこう昨日どこかもーか
→妖夢かむ?

って下界の味方が発言しててあれー?ってなったんだよ!
ちなみにあたし鍋まだ50回多分いってねーぞ!」
阿良々木暦 「いや、あれっていうか通常で考えたらめっちゃ強いのよ!>佐倉
問題は、村の数が少ないということ!」
フランドール 「リリーは抵抗したらいいのに」
阿良々木暦 「うるさい!そんな発言強度してるやつが!慣れてないだなんて言わせない>佐倉
僕は言うけどな!!初心者CO」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿良々木暦 「COの準備さぼってたのならしょうがない」
佐倉杏子 「>阿良々木

いやさ。狼視点不審者が2名いるんだよ
で、不審者が両方村陣営だとさ
9人のうち2名が共有で最低埋まってて、7の、ぶん屋で6
逃亡者で5.不審者で3 ろくろ首で2 占い師で1」
フランドール 「ブン屋騙りはやるなら中盤か後半だよね
ここでやるようなことじゃないよー
佐倉杏子 「つまり、残り1しか村枠がない
不審者が両方人外ってのは考えづらいからさ
潜在的な恐怖の村枠って1か2で、阿良々木がかめた点から狩人はいない」
GM 「神話で狐4(+1)とかなにこれ怖いわ」
佐倉杏子 「って考えると、後居て困るのは魂であるとか
あとは結界師とか、狂人狩れる系の狩人か、蘇生、毒」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「+1じゃないか 純粋な4だったわ」
リリー 「余裕ぶっこいてたらこれですよー
ごめんなさいwww」
阿良々木暦 「あー、そういう意味ね>佐倉
ただ、GMが初日の場合、紅蝙蝠か和蘭人形か村表記だから
その推察はとっても正しい」
フランドール 「お疲れー
人外の吊り逃れは基本だよ?」
佐倉杏子 「ってなると、狼視点村ってまー。人外に(白と天)がいることも考えて結構やばいんだよね」
阿良々木暦 「うん!やっぱり、50戦未満の発言じゃねぇ!」
GM 「お疲れ様ー」
リリー 「いやまあ佐倉杏子があんな感じやってたので便乗したいなーとか思ってたのもあってつい」
阿良々木暦 「お疲れ様ー」
佐倉杏子 「役職なんて知らない程度の初心者ですが何か
辻切りってどんな暗殺者よーどんなんよー」
阿良々木暦 「この配役だと狐は釣りのガレすればするだけ有利になるからなー」
フランドール 「辻斬りは魂の占い師だよ?
占った相手が死ぬけど」
阿良々木暦 「覚醒役職:辻斬
簡単に言うと暗殺した人の役職がわかる
ただし、遺言は残せない」
佐倉杏子 「なんでまあ、天がもしかしたら発動出来るかもしれないこと考えると
あたしって正直生き残るメリットってあんまりないよねー
ブン屋だけなら抵抗できるかもしれんけど、なんとなく逃亡者が出てきたらんー?よくわからんけど、多分抵抗できないんじゃないかなーって」
阿良々木暦 「バランスブレイカーのひとつではあるね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「ついに白狼を占ってきたか…」
阿良々木暦 「ちなみに、毒を暗殺でも死ぬ>辻斬」
リリー 「ルシフェルかー」
フランドール 「あ、白狼占った」
佐倉杏子 「あ、天に暗殺いれた」
阿良々木暦 「あ、暗殺反射がぁあああ!
わかるそこいくよね!!」
リリー 「あ<ろいど」
GM 「暗殺反射するよね 確か」
フランドール 「そしてお姉様凄いけど…そこは今はまずい!」
リリー 「ん?反射来るの?」
阿良々木暦 「する」
佐倉杏子 「確定○つぶしてればいいんだよ! よ! まあでも狐だから間違っちゃいないんだけど」
リリー 「狼はあれ、2しかいない!?」
阿良々木暦 「残り2Wで暗殺反射覚醒
LWで全能力開放」
佐倉杏子 「あれ、金糸雀もこれ死にそう?」
リリー 「金糸雀 は 安堂ロイド の周辺に逃亡しました」
リリー 「何人死ぬんですかーwww」
GM 「あ>ロイド」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
フランドール 「狐には逃げても大丈夫だよ」
阿良々木暦 「逃亡は狼に逃亡で死亡」
フランドール 「ってあれ、噛まれたんだw
お疲れー」
レミリア 「やれやれ、お疲れ様。」
GM 「3人死んでる…」
佐倉杏子 「いや、逃亡先狼噛んでるからしにそうだってほら」
阿良々木暦 「と、思ったけど安堂噛みなら死ぬ」
安堂ロイド 「ぐはぁ」
佐倉杏子 「死んだ」
金糸雀 「こいつぁひでぇかしら……。お疲れ様かしら。」
リリー 「金糸雀 は 安堂ロイド の周辺に逃亡しました 襲撃先逃亡
レミリア は 阿賀野 に狙いをつけました 天狼反射死亡」
リリー 「wwwwwwwwww」
GM 「子狐噛みなら通るってことなのね」
阿良々木暦 「・・・うん、まあ運が悪かったんや>レミリア
天狼半ば覚醒暗殺」
フランドール 「そういえば姉妹で遺言残せないんだよね…」
レミリア 「狙いは悪くなかったが。能力までは見通せないからね。」
レミリア 「ふふっ、姉妹だもの。当然でしょう? <フラン」
フランドール 「わーい、お揃い―>お姉様」
安堂ロイド 「しくじったな、遺言を更新していなかっただろ☆」
リリー 「ルシフェル は イーノック を占います
ルシフェル は 阿賀野 を占います
ルシフェル は シン を占います
ルシフェル は ミスト(カブ) を占います」
金糸雀 「まあ私が騙りなら今日の死体がちょっと多すぎるかしらね」
リリー 「ルシフェル:イーノック○阿賀野●シン○ミスト(カブ)○」
阿良々木暦 「・・・村が残り4人・・・ひえぇー」
安堂ロイド 「あっ……>毒蝙蝠CO」
フランドール 「あ、シン運が悪すぎるしw」
レミリア 「やはり狩人は得意だが、その対極である暗殺者では大した事は出来ないわ。」
GM 「蝙蝠COせずに毒つきでCOした…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿良々木暦 「というか、なんで毒蝙蝠COしたんだろうかw」
フランドール 「シンは埋毒表記っていえばよかったよねー」
阿良々木暦 「明日はシン吊りだけど
実はミストさんにあたると終わるという」
GM 「…あれ 毒蝙蝠って夢求愛も飛ばすこともあるの?」
レミリア 「無い。 <GM」
フランドール 「これもしかして吸血鬼ワンチャン?」
安堂ロイド 「毒蝙蝠の毒は狼と狐にしか中らない、優しい毒だ」
阿良々木暦 「ないよー>GM」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「なるほど」
フランドール 「お疲れー」
阿良々木暦 「吸血鬼のワンちゃんはまだまだ遠いと思うw」
安堂ロイド 「そして俺の勝利条件はリリー吊りで半分達成されている」
レミリア 「いや、まてよ。蝙蝠陣営に飛ぶようになったのか。」
レミリア 「お疲れ様。」
阿賀野 「おつかれさまー」
フランドール 「毒蝙蝠は蝙蝠も飛ばすみたいだけど…」
安堂ロイド 「残り半分、打ち止めの生存勝利まであと一歩だ」
GM 「それなら狐にとってはワンチャンあると
お疲れ様」
阿賀野 「ミスト山がんばって!」
阿良々木暦 「このロリコンが!!>安堂」
安堂ロイド 「なん……だと……>蝙蝠も飛ばす
どこまで蝙蝠に厳しい世の中になるんですかヤダー」
GM 「蝙蝠飛ば…すんだ…」
安堂ロイド 「お前さんといっしょにするんじゃねェ!>阿良々木」
阿賀野 「狐増えてるのね
あと2匹やっつけないといけないのはつらい」
リリー 「毒蝙蝠の対象は
ミスト、打ち止め、ミサカ妹、キスメ、イーノック?」
阿良々木暦 「僕はロリコンじゃない!!>安堂」
フランドール 「そういうメタはー>ル-ミア
意味はよくわかるけどー」
安堂ロイド 「ロリコンと童貞はみんなそう言うんだ
ネタは上がっているだろデュララ木」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿良々木暦 「屍鬼CO日記を作っている
なんて酔狂なw」
阿賀野 「ロリコン同士仲良くできないのかって?
男同士の友情は女の趣味が違うことだってえろい人がゆってましたよ」
阿良々木暦 「安堂ロイド 「お前さんといっしょにするんじゃねェ!>阿良々木」
安堂ロイド「ロリコンと童貞はみんなそう言うんだ
ネタは上がっているだろデュララ木」

これはブーメランにならないのだろうか!」
フランドール 「吸血鬼日記を出したら吊られなかったことはある
…次の日に噛まれたけど」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
安堂ロイド 「俺はロリコンじゃない>阿賀野
だがこいつは生粋のロリコンだ、路上で幼女を高い高いして
揉んだり舐めたりキスしてもらったりする犯罪人だ」
レミリア 「結局、対象にとるべきでなかったのはルシフェルとシンと阿賀野か。
3/13に当たるとはね。昨日の反動かな。」
レミリア 「お疲れ様。」
阿良々木暦 「ふっ!僕の好きな女性のタイプはガハラさんだからな!>阿賀野
だからなんだって!それだけだ!」
フランドール 「お疲れー・・ってなんでここ噛んだんだろう?」
リリー 「狂信襲撃…」
阿良々木暦 「ひゅい?」
天魔の墳墓 「アイェェェェェっ!?
襲撃!?襲撃何で!?」
安堂ロイド 「>理由
本物の
狂信者だと
思ったから」
阿賀野 「おつかれさまよ」
リリー 「星狐にみられた?」
安堂ロイド 「あ、狂信者じゃなくて星占い師だな」
レミリア 「はははっ、狂信者が真と思われるとは。頑張り過ぎじゃないか? <墳墓」
阿賀野 「狐探してるんじゃないでしょうか」
阿良々木暦 「よし!誰が飛ぶかベットしようぜ!」
フランドール 「ものすごく怪しまれていたから、ほっといても吊られそうだったけど」
天魔の墳墓 「いや、金糸雀なし判定にして狂アピしたよぉ!?」
安堂ロイド 「◇ミスト(カブ)(人狼) 「となると問題は……占星術師に投票能力がバレることでしょうか」

一応、この発言があるしな」
GM 「打ち止め吊りに2票」
安堂ロイド 「俺は阿良々木暦に全額BETするぜ!>毒飛び」
リリー 「村にとっての最善はキスメ処刑で毒蝙蝠先を減らしてからの毒蝙蝠ですね」
GM 「吊りじゃなくて飛ぶほうね」
阿良々木暦 「俺はせっかくだから
御坂妹が飛ぶのに安堂ロイドのできない夫遺言AAをかけるぜ!」
レミリア 「暗殺を避けるのは好きだが、自分が殺す側に立つのは好かん。他の誰かがやればいい(真顔)」
フランドール 「うん、そこで普通に怪しいけどさ
狼に無し出した方がよかったかも>天魔」
リリー 「呪殺できませんね、なぜでしょう」
阿良々木暦 「・・・僕しんどるだろうが!!!>安堂」
レミリア 「呪殺が出るといつから思っていた?(真顔)」
安堂ロイド 「今から作れってのか>AA
もうできているけど、エロくないから残さなかった説」
阿良々木暦 「・・・君はあのAAをエロいという認識で作っていたのか!?>安堂」
レミリア 「昨日の村で私は思った事だけど、やはり狂人なんて潜っていたままの方が強い。
下手にCOなんてするもんじゃないよ。自信があるなら好きにすればいいけど。」
天魔の墳墓 「出すタイミングが思いつかなかった・・・
杏子に無し判定出そうとしたら行き成り露出するんだもん・・・」
フランドール 「シンは毒蝙蝠じゃなければ放置でもよかったけどね
真占いの○だから吊ってる余裕なんてない」
安堂ロイド 「パンチラがエロくないと申されるか、さすが阿良々木殿はレベルが違いますなぁ」
阿良々木暦 「狂信者は潜伏してもいいし、COしてもいい
そう、とっても自由なんだ!」
レミリア 「妹の胸を揉みしだく変態に何を今更。 <安堂」
阿良々木暦 「顔ができない夫だと!グロ画像にワープ進化だよ!!>安堂」
安堂ロイド 「だがロリコンに自由は許されない>阿良々木
お前は今までに何回、八九寺の胸を揉んだ? 言ってみろ!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
リリー 「それにしても妖狐に与する仲間が
GMさん 打ち止めさん キスメさん 御坂妹さん 安堂ロイドさん
多すぎですよwww」
安堂ロイド 「ミ・ス・ト! ミ・ス・ト!」
阿良々木暦 「お前は今まで食べたご飯粒の数を言えるのかぁああああ!>安堂」
リリー 「ミストヒットでお腹が痛い」
GM 「確率は5分の1…」
レミリア 「それは別に良いじゃない。 <リリー
私なんて銀狐+紅蝙蝠を喰らった事があるのよ…」
阿良々木暦 「妹が体をはって受け止めてくれるはず・・・はず?」
安堂ロイド 「一瞬、親狐が表示されているのかと思っただろ>リリー
そして気付いた、あぁこれは紅系が混じっているのね、と」
阿賀野 「エキサイティーン!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
安堂ロイド 「幼女のおっぱいをご飯に例えやがった
裁判長、今の発言を聞いたでしょうか?」
フランドール 「お疲れー
ダメもとで埋毒表記っていえばよかったのにw」
天魔の墳墓 「セーッフ!!」
安堂ロイド 「ちぃ!」
リリー 「あっー!」
レミリア 「お疲れ様。」
GM 「ミサカ飛んだよ
お疲れ様」
御坂妹 「ふむ、非常に不本意な結果ですねとミサカは嘆息します。」
阿良々木暦 「勝った!!(完
いや、勝負はやばいけど状況的に」
阿賀野 「おつかれさまよ
やったー!狐に超ヒット!」
リリー 「おつかれですよー
シン許すまじ(身勝手)」
リリー 「自分のことを棚上げにしてシンをポカポカ」
御坂妹 「初日は和蘭でしたか。
ミサカは初日紅蝙蝠だと思ってたのですが」
天魔の墳墓 「NO。
打ち止めは打ち止めです<ルーミア」
シン 「俺のせいじゃないしー」
阿良々木暦 「おしい、白狼だ>巨大化」
フランドール 「あ、探偵噛みきそう」
リリー 「探偵襲撃…」
阿良々木暦 「いま、ミストさんの経験値がスポンジで水を吸収するがごとく
吸い込んでる感じ」
リリー 「◇ルーミアの独り言 「これルシフェルの○吊ってキスメを噛んでもらうというアレでどうだろうかなー」
霊界視点だとミスト吊った瞬間終了ですよー」
GM 「占い噛まずに他噛むの?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
安堂ロイド 「え? スポンジボブ?」
フランドール 「○人外は後回しの方が…」
阿良々木暦 「>安堂
太宰治はいいました
「胸をおかずにごはんがうまい」」
阿賀野 「ミスト山の魅力がアップ!」
レミリア 「クククッ…白狼だからといって占い師を放置しても良いという発想っ…
あおいっ…あおいわっ!…」
阿良々木暦 「白なら噛む意味があんまりないしね」
フランドール 「呪殺狙いじゃない?
白狼なら凄くあり」
阿良々木暦 「銃殺を期待してるんじゃないかな?」
安堂ロイド 「その太宰の師匠ポジである芥川はこういった>阿良々木
「やっぱ尻でしょ」」
フランドール 「これだと、『まだ』白狼は占われていないという発想になるかも」
安堂ロイド 「そしてメロスは激怒した」
GM 「占いに銃殺させるのが狙いなのか
その発想はなかった」
阿良々木暦 「◇御坂美御坂美琴(共有者) 「発言見る作業に戻る。疑い先はミストで変わらず。」

これが修羅か・・・」
阿賀野 「1Wで狐全部処理しきるのはきついよね」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
御坂妹 「多分白狼疑いが入ったら全力で最初に吊られそうでうしょねとミサカはミストさんの浅はかさに笑いを堪えます」
レミリア 「お疲れ様。」
阿賀野 「おつかれさまよ」
フランドール 「お疲れー」
安堂ロイド 「ついでにセリヌンティウスも激怒した。王様はとっくにキレている
メロスの妹はもはや阿修羅の如き様相であった」
リリー 「あれ、みょん?」
魂魄妖夢 「げ、本当に白」
阿良々木暦 「>安堂
そして、夏目漱石はこういうのさ
「人類は皆、ふとももへ帰る」

月がきれいですね!」
佐倉杏子 「あ、ミサカ妹しんでら」
フランドール 「最初はないんじゃないかなとは思うけど…>御坂妹
白狼が囲われていて放置するのかと考えるとってやつ?」
リリー 「ただし打ち止めがいるので飼育は正解ですよ、妖夢さんの立場では」
魂魄妖夢 「つ、辻ぎり!!!!
本当に反射だったのかごめんなさいごめんなさい!!!!!」
安堂ロイド 「だが、川端康成の視点は違う
「(スカートという)トンネルを抜けると、そこは雪国であった」」
阿良々木暦 「・・・イーノック死ぬんじゃね?
獏いるし」
御坂妹 「なぜルシフェルに射さないのですかとミサカはイーノックへ理不尽な怒りをぶつけます」
フランドール 「んー、よほどでないとイーノックは殺さないけど
明確に村の味方と言ったら殺す」
阿良々木暦 「そこは、ふともものデルタゾーンだろうが!!>安堂」
安堂ロイド 「イーノックはホモじゃないからな」
安堂ロイド 「あいつはバイだ」
阿良々木暦 「というか・・・僕らはいったい何の話をしているんだ(唐突に我に返り」
安堂ロイド 「ノォッ!」
フランドール 「おお、狐いった!」
天魔の墳墓 「おおっと狐全滅ゥ!」
安堂ロイド 「ダメなのー! 打ち止めが死ぬことは禁じられているのー!」
御坂妹 「おっと、狐陣営全滅ですかとミサカはお姉さまの鬼畜っぷりをジト目で見ます」
魂魄妖夢 「これLWCOでますかね」
阿良々木暦 「きゃー!御坂!御坂!
見てください!あれ、僕の相方ですよ!」
阿賀野 「これで狐全滅、いいかんじです
けど勝てる見込みは・・・」
GM 「吸血鬼勝ちってありえると思う?」
阿良々木暦 「ゼロではない!>GM」
安堂ロイド 「いいから座って打ち止めの身代わりになってろ!>阿良々木
今、変な悪魔を召喚しているからお前を生贄に」
魂魄妖夢 「すいませんちょっと下界が良いところだから静かにしてもらえます?>ロリらぎさん」
フランドール 「天魔信用できるかって言われると…」
シン 「吸い方とつり方次第では>吸血勝ち」
レミリア 「無いだろうさ。」
GM 「打ち止め死んで
今日はルーミアに感染するはず…明日クマー指定されたら」
魂魄妖夢 「あ、これ吸血鬼かつんじゃ」
佐倉杏子 「というか妹を皆殺しにしてるんだよな多分(きゃらくたーぐぐってた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿良々木暦 「・・・というか、さりげなく?
夢求愛COで蝙蝠枠飽和してねって下界で気がついてない?」
安堂ロイド 「おのれ妖夢……ゆ"る"さ"ん"!」
御坂妹 「あそこで私が飛んだのが非常に痛いですね。熱病を使いたかったとミサカはシンさんをジト目で恨みます」
リリー 「う、うちどめーえええ」
リリー 「えええ……がくり」
魂魄妖夢 「そうですよ
夜相談の吊り希望にも妹さん躊躇なく挙げてましたし
レベル5とはこんなにおそろしいものか」
阿良々木暦 「明日、御坂死ぬやろ
薔薇ボラで○でるやる」
御坂妹 「いや、キスメさんは撤回吸血鬼COをしていますとららららららさんの勘違いを訂正します」
レミリア 「そう言えばこの役、あんたにあげるよ。 <妖夢」
GM 「吊り次第にはなるとはいえ・・・
どうなるかなー」
シン 「ならアオォーン・・・しとけよw>御坂妹
そうしたら俺つりより先にそっちつりになったかもだろ」
魂魄妖夢 「えーだってカナさんあそこで死んでるんだから囲い噛み考えますよ」
御坂妹 「狼3はいると思ったので>シンさん」
阿良々木暦 「あした、ミスト一本吊りが起こりえるかどうか
ルシフェルの灰おらんくなるよな?」
佐倉杏子 「というかえーとこれよーみたら
あそこの共有以外は皆同じ陣営かw」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
リリー 「おつかれですよー」
安堂ロイド 「マモレナカッタ・・・!」
レミリア 「お疲れ様。」
阿賀野 「おつかれさまよ」
フランドール 「お疲れー」
リリー 「初日人形でしたよー」
阿良々木暦 「おつかれー」
打ち止め 「お疲れってミサカはいってみたりする」
GM 「おつかれさまー
そうか、吸血COしてたのね」
打ち止め 「まあ白狼しかいないよね」
魂魄妖夢 「ええええええ
暗殺とかウルトラ苦手ですよ
狩人と同じくらいに>レミリアさん」
阿良々木暦 「暗殺とかしたことないです(真顔」
御坂妹 「ミサカは安堂ロイドのおかげで仲間を見分けられましたと打ち止めさんと安堂ロイドさんに告げます」
レミリア 「私は狩人なら好きだし勝つ自信もあるけど暗殺は向かない。
やはり3/13を外すようではまだまだ…」
魂魄妖夢 「私も暗殺引いた事無いです確か」
安堂ロイド 「俺は打ち止めのおかげで就職にも成功して彼女もできてモテモテです!
と嘘体験談告げます」
阿良々木暦 「ミストさんのRPがはげてる!」
レミリア 「やはり外部から殺されると良い気持ちにもならないしね。」
佐倉杏子 「暗殺はまーやってみた感じあんまり積極的にやりたい感じはしないかなー」
打ち止め 「ちなみに人外遺言は残してきたけれど
GMが見えていることまでは言っていない」
フランドール 「暗殺?
ここにきて初めて暗殺したのは占い師だったよ…」
安堂ロイド 「そりゃ暗殺者が村陣営なのがいけないんだ>佐倉杏子」
佐倉杏子 「私はおしらだったから、付与した後でCO聞くっていう心理的予防線があったんで積極的に手を滑らせてたけど」
御坂妹 「ところで今週の土曜に闇鍋クイズでも、と思ってますがどうでしょうとミサカは関係ない話を急に振ります」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿良々木暦 「狐ケアできたよ!!>ルーミア」
フランドール 「暗殺好きだけど、最近引けない」
レミリア 「何?」
安堂ロイド 「逆に考えてみよう
暗殺者が第三陣営だったら、思う存分暗殺ができるじゃないか」
御坂妹 「初心者普通村がありますが、鍋民とそこまで被ってないと思うので多分建てやすい(?)」
佐倉杏子 「暗殺はそろそろじちょうしな  あ、てがすべったー」
レミリア 「あぁ、探偵も暗殺反射か。金糸雀が逃げた場所を優先するほど私も抜けちゃいないよ。」
阿賀野 「ミスト山ファイトー」
フランドール 「暗殺者は灰を殺しまくって灰を狭めるのが仕事
引いたのなら、自分を信じて仕事するのが大事だよね…」
阿良々木暦 「それは、暗殺ではない!
ただの殺戮マシーン斉藤さん(24)だ!」
安堂ロイド 「だけどなぁ、斉藤さんにだって感情はあるんだよ」
阿賀野 「暗殺で村ばっかジェノサイドした思い出という名のトラウマ・・・」
レミリア 「陣営の問題じゃなく、問答無用で退場させるのは個人的に好かんというくらいかな。 <安堂
特に二日目夜はね。最短でも三日目夜から開始。まぁ妙な対立が出てロラでも始まるなら別だけど。」
フランドール 「○人外に気を付けて」
阿良々木暦 「せやかて工藤!」
御坂妹 「おや、獏が忘れてますね」
フランドール 「あ、蝙蝠死ぬw」
阿良々木暦 「そこは吊るところだぞミストさん」
魂魄妖夢 「ていうかルシフェルさんの白全部人外ですよたまげたなあ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
阿賀野 「おつかれさまよ」
レミリア 「お疲れ様。」
レミリア 「キスメめ、耐えたか。」
イーノック 「白のほうだったか」
フランドール 「お疲れー」
安堂ロイド 「探偵みたいなもんだ、自分が主役で残さない場所をとことん削ると考えりゃいいのさ>レミリア
COを聞く代わりに3日目まではアピールの時間を与えると考えりゃいい」
阿良々木暦 「そもそも、確定○4だと人外しか占えねぇほぼ>妖夢ちん」
レミリア 「少しは吸血鬼の端くれとして認めてやろうっ…」
GM 「おつかれさま
これで…ルシフェル視点は全部埋まったのかしら」
魂魄妖夢 「イーノックさん!!!!!
白でかろうじて村に近い位置が!!!」
打ち止め 「お疲れさまって言ってみたり」
御坂妹 「ここでイーノック噛みはLWであることを露骨に告げてますねとミサカは嘆息します。」
阿良々木暦 「いけ!御坂!
ミストさんを一本釣りだ(電波ビビビビビビビ」
安堂ロイド 「待て、御坂! ステイ!」
レミリア 「しかしあまり宜しくないね。」
安堂ロイド 「待て! 待て、よーし……GO!」
レミリア 「巨大化っていう視点が獏に気付いてしまう。」
阿良々木暦 「お前の・・・魂の指定を見せてくれぇぇえええええ
ファイナルフュージョン承認!」
魂魄妖夢 「てか御坂さん疑い先にミストさん挙げてるんですよ!!
私がそこはルシフェルさんの白だーとか言っちゃったんだけども!!」
安堂ロイド 「すみません、承認するには会議を通さないと……」
魂魄妖夢 「あのレベル5の娘さんはなんですかね!!
これがあれですか、村人力の違いですか!!!!!」
イーノック 「そういえばクマーこっちに向けてないのか 私も夢だから
食えるはずだが」
レミリア 「ん?」
レミリア 「なにミストがイーノックを噛んだのか。」
御坂妹 「ルシフェルさんは子狐疑い以外で(ryってところかと」
レミリア 「謎としか言いようが無い(手の平返し)」
安堂ロイド 「半霊とか村人力(ぢから)も半分ですしね!」
魂魄妖夢 「まーLWですしね・・・」
阿良々木暦 「あれが、1000超えパワーってやつさ>妖夢」
イーノック 「確定○先噛まない理由は知らん
後は共有次第でどうとも だからな」
フランドール 「大喜利期待で残すって手もあるけどね…蝙蝠は」
魂魄妖夢 「自分を信じてミストさんを吊って!
お願いします!お願いします!」
阿良々木暦 「まだ、普通村で100戦くらいの僕は
憧れちまうよまったく・・・」
安堂ロイド 「ぼ、亡霊嬢とかあるし」
阿良々木暦 「いいからいいから~!
自分を信じて~!」
佐倉杏子 「あたし鍋50くらいしかやってないけど
ミストさんみてるとなんか自分が汚れてるように見えてきたぜ
阿良々木よりは億倍マシだと思うが」
フランドール 「あらららぎは吊りで」
魂魄妖夢 「くっ、否定できない・・・>安堂さん」
御坂妹 「大喜利は期待するものじゃないですよとミサカはウランちゃんに大喜利村GMとして告げます」
阿賀野 「指定こない、いける?!」
阿良々木暦 「なに!?どういうこと!?>佐倉
まるで僕が夏場の洗ってない男子高校生の体操着みたいだとでも言うのか!」
阿賀野 「やったー!」
阿良々木暦 「ぐあぁああああああああ」
イーノック 「その指定は大丈夫じゃない 大問題だ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
御坂妹 「あ、吸血勝ちましたね」
フランドール 「え、詰めるのでそこ!?」
佐倉杏子 「あれ、吸血鬼吊らないんだね」
レミリア 「まだ勝ってないよ。二人居る。 <妹」
阿良々木暦 「くっ!気持ちはわかる・・・非常にわかるが
これ、吸血鬼勝ちになりそうじゃね?」
打ち止め 「狼か吸血鬼勝ちだね
昨日吊ると思ってたけれど」
イーノック 「まあ吸血噛みすると思うんだが・・・ じゃなきゃそろそろPP」
御坂妹 「おっと、巨大化さんがいましたか」
佐倉杏子 「なんかこう吸血鬼つるもんじゃないのかな―って思ってたんだけど
教えてそこの億倍汚れてる人」
魂魄妖夢 「ギャーミサカサーン!!」
シン 「明日狂人CO多分するからPP入るんじゃね?」
安堂ロイド 「阿良々木
普通村:479
勝利数:196
勝率: 40.92
勝率(引き分けを除く):42.98
揉んだおっぱいの数:23
(^ω^)ペロペロ数:259
今後の死亡回数:130
133 154 0 0 0 0 1」
シン 「俺が狂人なら5人時点で狂人COするから」
イーノック 「蝙蝠結果あてたルシフェルケアは大丈夫じゃない 問題だ」
安堂ロイド 「100戦超えてるじゃないか>阿良々木」
御坂妹 「憑狼が存在しているならルシフェルさんですが。
そもそも憑狼で憑いたなら●出すでしょうということでしょうか」
フランドール 「うーん、ルシフェルはここまでいくと子狐疑い以外で吊る場所じゃないかも」
魂魄妖夢 「ていうかこれは吸血鬼が勝つんじゃないですかねぇ・・・」
阿良々木暦 「村に吊る余裕が無いから噛めって方針だと思う>佐倉
そのあたりは下界に残って進行した人に聞いてちょんまげらいだー

あと、僕は汚れてねぇl!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
レミリア 「お疲れ様。」
フランドール 「お疲れ」
御坂妹 「ですから、子狐疑いでしょう>フランさん」
阿良々木暦 「つっこみどころがたくさんあるよ!!>安堂!!」
ルシフェル 「お疲れ様だ・・・白狼の方だったか」
阿賀野 「おつかれさまよ」
魂魄妖夢 「ていうか人外村で白とか出すのやめましょうよ・・・」
打ち止め 「お疲れ」
安堂ロイド 「言ってみろ!>阿良々木
聞かないけどな!」
イーノック 「根本的に憑狼なら共有かろくろ狙う(共有の最後は探偵だが)
そして自分の7夜遺言 昨日の吠え 考えれば当てはまりはしないのだが」
阿良々木暦 「自分の役職を思いだせ!!>御坂
自分に憑依」
阿賀野 「PPできないかなー」
魂魄妖夢 「ルシフェルさんは悪くないんです・・・御坂さんも悪くないんです・・・
みんなロリらぎさんが悪いんです!(デデーン」
御坂妹 「ミストさんはきっと吸血鬼を噛まないでしょうねとミサカは予想します」
ルシフェル 「一瞬自分が夢だと思ってしまったよ、それくらい不安になったね」
打ち止め 「あなたかんでこない時点で白狼いるのわかったからね>ルシフェル
GM見えてるから占いあなたしかいないし」
フランドール 「狼も余裕がなければ吸血鬼は放置する現実…」
阿良々木暦 「>安堂
まず!プライバシー侵害です!エッチスケッチワンタッチオフロに入ってエッチっち
あと、ペロペロ数ってなんだよ!ペロペロなんて僕は八九寺にしかしたことがないぞ!
さらにいうなら、なんで僕の今後の死亡数が出てるんだよ!
お前はキラかデスノートか!!
ルシフェル 「あぁ、和蘭人形でGMの役職もわかっていたのか
それは私を噛まないね」
レミリア 「逃亡者は何故か決闘陣営に置換されていた。」
阿良々木暦 「なんでや!とりあえず僕のせいにするのやめよーや!!>妖夢ちん」
魂魄妖夢 「私と御坂さんはこんなのと共有やってたのか(ひいいい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
レミリア 「そもそも吠えがあるので憑狼という訳でも無い。」
安堂ロイド 「村「お前ら(狼)がなんとかしろよ」
狼「いやお前ら(村)が何とかしろよ」

第三陣営の扱いってこうだよな」
イーノック 「金糸雀は逃亡だよなあと
狂信者の結果が全然狼へのサポートになってないのだが」
佐倉杏子 「あたしが狼ならそれなりに村にちゃんと歩み寄るぞ!」
安堂ロイド 「ペロペロ数ってなんだよ!ペロペロなんて僕は八九寺にしかしたことがないぞ!

たった1行で破綻した瞬間を目撃してしまった」
レミリア 「少なくとも処理する事にメリットが無いからね。 <安堂
いや、あると言えばあるが、要するにゴミの最終処分場建設と同じだな。」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
レミリア 「必要だが、自分のところには来ないでくれ。というやつさ。」
阿良々木暦 「は、はじょう?はじょうこうげき?(難聴」
レミリア 「お疲れ様。」
フランドール 「キスメ生き返ったw」
天魔の墳墓 「まさかの復☆活」
レミリア 「ほう、狼が譲歩してきた。」
阿賀野 「八九寺さん以外にも幼女がたくさんいますしね」
GM 「生き返った‥」
魂魄妖夢 「キスメさん噛んだ!」
ルシフェル 「ゾンビ嬢だったようだね」
安堂ロイド 「普通村でも狼が狐ケアにかまけりゃ村に負ける確率は高くなるからな>レミリア
その辺のバランスが難しいというか面白いんだが」
イーノック 「ふむ、そこ死ぬ・・・ああ、蘇生ねえ」
阿良々木暦 「忘れてた!あいつ事故蘇生あったな!!」
GM 「キスメ吊って最終日かな」
阿良々木暦 「屍鬼 (占い結果:蝙蝠 / 霊能結果:蝙蝠) [Ver. 1.5.0 β6~]
[耐性] 人狼襲撃:死亡 + 蘇生 (40%) / 蘇生:不可 / 憑依:無効

人狼から無意識に、妖狐陣営から子狐に、人形から人形遣いに見える特殊な吸血鬼。
人狼に襲撃されて死亡した場合、一定確率 (40%) で蘇生する。
レミリア 「まだ普通村は一人だから良いけど…
ここじゃ多すぎるからね。」
魂魄妖夢 「これで吸血鬼勝ちはほぼなくなったのかな?」
フランドール 「さて、これで狼が狂人は噛まないと思いたいってぐらい?
私村だけど」
安堂ロイド 「これでキスメ吊りをしろ、というのが狼からの提示に見えるだろうな」
阿賀野 「吸血キャンセルされるんですね」
イーノック 「襲撃最優先だからな >阿賀野」
阿良々木暦 「いけ!LW一本吊りだ!ベネット!」
魂魄妖夢 「御坂さん!ミストさんを疑った自分を信じて!
あなたならやれる!あなたならやれる!!」
レミリア 「ふぅむ。昨日の村の再来かな。やはり最後まで生きている狂人は強いぞ。」
阿良々木暦 「ぐあぁああああああああああ!!
明日狂人COが乱舞する・・・するのか最終日で?」
御坂妹 「正直、それやるなら今日狼決め打ちして吊っても同じだと思うとミサカはルーミアの吊り筋に感想を漏らします」
イーノック 「吸血吊るならルシフェルより先に吊らない道理がない 問題だ」
ルシフェル 「狂人残りは想定していなかったね、あそこは無理にでもミストかキスメを吊ってもらうべきだったか」
安堂ロイド 「問題は、これが普通村とは違って狂人の数が不定、ってことだ」
レミリア 「そう言えば私は暗殺を避ける逆の立場だったわ。
やはり人狼>暗殺なのは間違い無い(真顔)」
シン 「俺を吊ったから悪いんや
占いの○なんだから残してグレーから吊ればよかったんや」
シン 「巨大化もパラボラもグレーだったのに、あの時点では」
イーノック 「そこでミストに当たってくれればなあ >シン
まあ狐のほうがそりゃ的は広い現状だが」
安堂ロイド 「せやけど、毒蝙蝠COってダチョウ倶楽部のおっさんが「おすなよ!?」っていうのと同義でしょう……?」
打ち止め 「キスメ吊るなら昨日なんだけれど」
シン 「まぁ、俺吊って村負けたなら愉悦しても許されるよね!」
御坂妹 「狂人COはしないでしょうね、とミサカは人数が偶数なのを見て考えます」
イーノック 「まあ私は蝙蝠承知で噛みするというのなら
それ以上言うことは無い」
御坂妹 「あぁいや、狂人COして白投票出来るのでするのでしょうか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿良々木暦 「むしろ、なんで素直に毒蝙蝠COしてるのさw>シンちゃん」
レミリア 「やはりルーミア。RP道は道半ばか。
レミリアがフランドールを信じない村に価値も勝ちもある筈が無いのよ(真顔)」
安堂ロイド 「狂人にとって、最終日に狂人COは安牌だよな
とりあえず確定○投票を明言しておけば、残り4人なら2票は確実に共有に集まる」
シン 「指定来たらCOすると決めていた!
占いの○だったのは知らん!」
佐倉杏子 「確定○が2つ今いるし
最終的に投票できる相手は一人いるでなー」
阿良々木暦 「狼視点でー狐全滅がないから怖くないかなーって>御坂」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
阿良々木暦 「狂人がダブルCO」
フランドール 「まあ、狂人COして…確定○投票安定と」
レミリア 「お疲れ様。」
ルシフェル 「お疲れ様」
阿賀野 「おつかれさまよ」
キスメ 「ぶー」
御坂妹 「なるほど、それはそうですか>狐全滅」
安堂ロイド 「A、B、Cの3人の容疑者がいて
Aが狂人CO、共有投票を名言
こうなると村陣営はBorCのどちらかに2票揃えないと負けるもの」
阿良々木暦 「明日の投票先ね」
フランドール 「ミストが狂人噛んだら知らない」
イーノック 「人外が正直に人外COする流れだからな 途中まで >ロリ○ン
故に私も正直にCOした」
キスメ 「うーわひっでえ」
ルシフェル 「殴り合って確○に投票するだけで終了する予感しかしないね」
阿良々木暦 「ロリコン・・・誰だ!?>イーノック」
イーノック 「つ鏡 >まららぎ」
リリー 「佐倉杏子につられたですよ……そして吊られた……」
安堂ロイド 「そこで共有がBかCを指定して正解したとしても、引き分け
外せば狼の勝ち、指定しなかった場合は結局最高でも引き分け
よくできているよな」
魂魄妖夢 「キスメさん元々吊られてるのに吊りとはこれいかに」
フランドール 「ちなみに、確実に狼が見えていたら
自分が吊られそうな勢いで他の村殴って狼から目をそらさせるのも面白いよね」
阿賀野 「ミスト山さあやってしまってください!」
安堂ロイド 「見ていたらなw>フラン
見えずに狼を全力で殴って吊り殺した恥知らずな狂人がいたとかいなかったとか……」
佐倉杏子 「あっはっは
正直者は救われるもんだぜー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
フランドール 「前に狂人視点でものすごく破綻していた司祭騙り狼がいてね…>ロイド
あれはわかりやすくて助かったの…」
イーノック 「レミリアはそういえば何で・・・ああ、天の反射か」
阿良々木暦 「いあ、仕事はむっちゃしてるよ!>御坂
ただ、問題は・・・残る村が少なすぎたんだ・・・」
レミリア 「3/13で外したよ。10/13は当たりだったんだけどね。 <イーノック」
安堂ロイド 「狼が未亡人CO、初日は狂人です! とアピールするのはどうだろうか」
御坂妹 「というか獏がわざわざ割りに行くのってどうなんでしょうねとミサカはパラボラVS天魔を思い出しながらボソリといいます」
イーノック 「他刺しQとかで未亡人初日占い遺言やったことあるが
あまり効果は無かったなあ」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
レミリア 「お疲れ様。」
阿賀野 「おつかれさまよ」
安堂ロイド 「阿良々木が指導者の時点で村陣営が少なくなるのは必然だったしな
村陣営の数=友達の数とはよくいったものよ」
ルシフェル 「お疲れ様
1:3の茶番の開始だね」
リリー 「おつかれですよー」
ルーミア 「おつかれー
うわぁこれはひどい」
レミリア 「陣営の数なんて重要じゃないよ。」
イーノック 「星狐と見たんじゃないのだろうか >妹
お疲れだ >ルーミア」
フランドール 「お疲れ
さあ、狂人次第かな」
天魔の墳墓 「ていうかもうppなんだよね。
ミラクルが起きない限り狼勝ち確定なんだよね。」
阿賀野 「ファイ!と叫んでも全部御坂さん二票が行くんですよね・・・」
阿良々木暦 「殴り合わない最終日!!」
御坂妹 「いや、星狐なら割れないでしょう>イーノック」
ルシフェル 「狂人が黙って確定○に投票すれば二票確定だからね」
レミリア 「まぁでももしかすると策士を警戒して普通に投票があるかもしれない。」
ルーミア 「まーここまで狂人が残ってったんなら狼勝ちもしゃーないかなぁ?」
フランドール 「最終日に指定はやめてほしいかなってぐらい
最後は村で戦ってほしいとか」
御坂妹 「村いませんけどね」
シン 「俺つらなかったら狂人つれたんちゃう?」
安堂ロイド 「これで御坂美琴が役職:策士だったら喜劇だなw」
ルシフェル 「策士警戒もあるのか、すまない。それは失念していた
・・・ただ探偵をばらしてるから意味はなさそうだね」
リリー 「クマー:つられたがり
巨大化:つられたがり
ミスト:つられたくない
ミコト:つられるとは思ってない」
阿良々木暦 「だって、逃亡とか辻斬とかブン屋とか
最終日まで残らないですもの!役職的に(震え声」
イーノック 「明らかにルシフェル吊りは失敗だったな
白狼狙いかキスメケアにさっさと移行すべきだった」
阿賀野 「計画通り・・・!は最高のエンターテイメントね」
フランドール 「だから本来は共有噛みがと言いたいけど
亡霊嬢警戒もあるからうん」
御坂妹 「エンジョイ!>狂狼ギドラ」
阿良々木暦 「エンジョイライフ!!」
レミリア 「あと子狐もあるか。確定で死んでいる情報は無かったような。
まぁどういう思惑があるかかな。」
安堂ロイド 「命は投げ捨てるものだって先生が」
ルシフェル 「子狐が多すぎて私の仕事がほとんどなかったよ・・・」
阿賀野 「ママ、落ちる~」
御坂妹 「憑狼疑いで、吊って遺言確認では?>ルシフェル吊り」
安堂ロイド 「やべぇ! このクマー、確定○でも吊りてぇよママ!」
レミリア 「闇鍋の占い大して強くないからね。仕方ないさ。 <ルシフェル」
御坂妹 「憑狼の憑タイミングはあの死体多すぎる日の安堂ロイドさんとか」
イーノック 「憑き狼疑いは私の遺言の時点で無いものと思っていいだろう >妹
7夜とちゃんと書いた」
イーノック 「2w見るなら別だが まずLWだろうからな」
ルシフェル 「私が占いをすると偽と見て吊られるか、白がいるか夢か萌えかの4択しかないんだが・・・>レミリア」
フランドール 「あ、狂人CO二人目w」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿賀野 「最高のパーティしましょ!ッてこれは違う人でした」
御坂妹 「ひどいひどい」
阿良々木暦 「さらりと人外COしやがって!
あのでっていうめ!!」
ルーミア 「下界にいなくて良かったなー
嬲り者にされるだけなのかー」
安堂ロイド 「A:狂人COっていうwww
B:狂人COクマー
C:えっ
D:えっ ← 今ここ」
シン 「まぁ、村の失策はイーノックつりかな
キスメつるつもりならイーノック吊ったら駄目だろね」
阿賀野 「まさかのミスト山wwww」
阿良々木暦 「ぐあぁああああああああ」
イーノック 「いや、私は噛まれたんだが >シン」
御坂妹 「ルシフェルの間違いかと>シン」
阿良々木暦 「イーノック吊ってねぇ!」
レミリア 「ルシフェルの勘違いでしょ。」
フランドール 「ミストさんは…策士警戒?」
ルシフェル 「・・・イーノックと私を間違えていないか?>シン
ミカエルと私は似ているけどね」
シン 「そうそう、ルシフェルだ」
ルーミア 「村の勝ちはなしと。残念。」
安堂ロイド 「イーノックが噛まれた後に吊られたのよ、きっと」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
阿良々木暦 「・・・引き分けた!?」
レミリア 「たぶん一回は引き分けるだろうなって思ってたら当たる。」
キスメ 「でっていうを狐で見たかな」
フランドール 「これで引き分けになったら、村でもうん」
阿賀野 「割れちゃったね」
イーノック 「しかしこれは酷いな 狐4もいて銃殺される狐が1しかいないではないか
それはキスメの役目だ >安藤」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
シン 「ルシフェルとキスメ両つりってこー、吊り無駄にしとるよね」
フランドール 「さすがにしないか」
レミリア 「お疲れ様。」
魂魄妖夢 「ファーwwwwwwwwwwブルスコwwwwwwwww」
フランドール 「お疲れー」
ルシフェル 「お疲れ様」
イーノック 「まあだろうな」
阿良々木暦 「おめでとう!おめでとう!おめでとう(血涙」
阿賀野 「あ、おわった」
魂魄妖夢 「ごめんなさい御坂さん
ミストさんであってました!」
打ち止め 「お疲れ」
ルーミア 「策士だったらなぁ」
御坂妹 「残念無念」
阿賀野 「おつかれさまよ」
御坂美琴 「んーむ」
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました