←戻る
【雛1322】やる夫たちの天候超闇鍋村 [1618番地]
~天候オプション付き~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する天候あり超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 津田GM
(生存中)
icon 阿賀野
(生存中)
icon 鹿目まどか
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon シノビ
(生存中)
icon ニンフィア
(生存中)
icon 火焔猫 燐
(生存中)
icon ランパン
(生存中)
icon ニャース
(生存中)
icon 上嬢当子
(生存中)
icon キスメ
(生存中)
icon わかささぎ姫
(生存中)
icon 巴マミ
(生存中)
icon イツ花
(生存中)
icon 宮永咲
(生存中)
村作成:2013/11/28 (Thu) 21:10:35
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → へのへのGM」
へのへのGM 「【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り

【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
へのへのGM 「ローカルルール

1日目夜の投票は『自由』
AAは『霊界でのみ禁止』
夜突然死して配役隠蔽の場合『役職CO禁止』
基本的に『投票時間延長はしません』ので各自投票に気を付けてください
『恋人陣営が確定で全滅した場合』『残った人狼系が全員恋人の場合』『銀狼含めLWになった場合』人狼系は超過前投票可
何らかのバグが発生した場合『GMの判断でノーゲーム』にするかもしれません」
へのへのGM 「21:30頃開始予定」
仮ー が幻想入りしました
へのへのGM 「いらっしゃい」
仮ー 「ピャー」
鹿目まどか が幻想入りしました
へのへのGM 「いらっしゃい」
鹿目まどか 「私が入村したことはクラスのみんなには内緒だよ」
かりのす が幻想入りしました
かりのす 「こんばんは」
へのへのGM 「いらっしゃい」
鹿目まどか 「天候って役に立つときはすごいけどほとんど手遅れだったりするよね」
かりのな が幻想入りしました
かりのな 「よろしく」
へのへのGM 「いらっしゃい」
へのへのGM 「まぁ、天候だしね
人間の思うようにはいかないでしょう」
鹿目まどか 「前に梅雨連打で2回も強毒化ルーしたことあるよ
あの時はすごかったなぁ」
鹿目まどか 「ちなみに当たったのは狼と復讐者だったよ」
カリカリ が幻想入りしました
かりさくら が幻想入りしました
へのへのGM 「いらっしゃい」
カリカリ 「KONBANDAY!!」
かりさくら 「よろしくー」
鹿目まどか 「天候でカオスな展開を希望するよ」
鹿目まどか 「何でかりしかいないのここ・・・(困惑)」
かりさくら 「かりさくら さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりさくら → ニンフィア
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 5916 (ニンフィア)」
カリカリ 「現世では仮の姿だからな・・・」
仮ー 「仮だからさ!」
ニンフィア 「いしょっと」
火焔猫 燐 が幻想入りしました
ランパン が幻想入りしました
ランパン 「よろしくでーっす。」
火焔猫 燐 「よろしくだよー」
へのへのGM 「いらっしゃい」
ニンフィア 「世を忍ぶかりの姿(複数)
果たしてその正体とは―――」
鹿目まどか 「アイコン被ったりしたら面白いね」
かりのな 「かりのな さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりのな → やらない夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2459 (やらない夫03)」
ニャース が幻想入りしました
へのへのGM 「いらっしゃい」
ニャース 「よろしくだニャ」
鹿目まどか 「えっと・・・なんだか猫が複数いるね」
火焔猫 燐 「ニャーン」
カリカリ 「カリカリ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:カリカリ → シノビ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5980 (シノビ)」
シノビ 「ドロンッ」
仮ー 「仮ー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮ー → 阿賀野
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7024 (軽巡洋艦「阿賀野」)」
鹿目まどか 「鹿目まどか さんが登録情報を変更しました。」
やらない夫 「大喜利待機か、人が少ないだろ」
ニャース 「そういえば大喜利だったかニャ」
阿賀野 「よろしくねー
でも存外集まり悪いね」
阿賀野 「あぁ、なるほど 大喜利かー」
鹿目まどか 「何で少ないのかと思ったら大喜利待ちか納得」
火焔猫 燐 「大喜利だったんだ。今知ったよ。」
上嬢当子 が幻想入りしました
へのへのGM 「へのへのGM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:へのへのGM → 津田GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 3537 (津田タカトシ)」
上嬢当子 「よろしく頼むわね」
津田GM 「いらっしゃい」
かりのす 「かりのす さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりのす → やる夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4882 (やる夫3)」
津田GM 「さて、時間だ
準備が出来たら各々投票頼むよ」
キスメ が幻想入りしました
やる夫 「こんばんはだおー!」
やらない夫 「22時開始だったはずだしな」
ニンフィア 「おっとと・・・まだ大丈夫でしたね」
阿賀野 「まぁ、阿賀野は開始しても待ってもどっちでも良いよ」
キスメ 「よろしく」
津田GM 「いらっしゃい」
やらない夫 「お、やる夫じゃないか
よくきただろ」
鹿目まどか 「私は始めても大丈夫だよ」
ニャース 「僕もどっちでもいいニャ」
やる夫 「大喜利は強敵かおね?
大斬りならバッサリだおー!」
火焔猫 燐 「まぁ、はじめちゃっていいんじゃないかい?準備できてるみたいだし」
やらない夫 「ま、開始でも構わんだろ
少人数もそれはそれで面白いしな」
やる夫 「やらない夫、よろしくだおー!
同陣営になるといいおね!」
わかささぎ姫 が幻想入りしました
阿賀野 「となりの普通村は・・・ まだ8人かー
終わりそうにはないね
では、ゆっくりとカウントしよっか」
津田GM 「いらっしゃい」
わかささぎ姫 「ピチピチでフレッシュな1ボスでーす」
津田GM 「若さ詐欺ェ・・・」
阿賀野 「わかささぎ?」
やらない夫 「フラグになるからあえて言わなかったのにお前さんはw>やる夫」
ニャース 「(あ、これ別陣営フラグニャ…>やる夫」
鹿目まどか 「無理したらダメだよ>若さ詐欺姫」
ニンフィア 「わ、わかささぎですか・・・」
阿賀野 「あぁ、はい。
なるほど」
阿賀野 「では、カウント」
やる夫 「ネタバレ禁止だおwww>ニャース」
火焔猫 燐 「公魚だったら食べたかったんだけどねw」
阿賀野 「作戦開始まで10」
わかささぎ姫 「東方輝針城のステージ1に出演してるの、よろしくね!>阿賀野」
阿賀野 「9」
シノビ 「ずざーはないでござるかー?」
やらない夫 「無理すんなっていうべきか、これはw」
ニンフィア 「ひどい1ボスもいたものですね」
鹿目まどか 「人魚だっけ若さ詐欺姫ちゃん」
阿賀野 「8」
ニャース 「公魚ってなにかと思ったらわかさぎかニャ」
巴マミ が幻想入りしました
阿賀野 「どう見てもBBA・・・
(7)」
わかささぎ姫 「ほ、本当にピチピチなのよ腰周りとか」
津田GM 「いらっしゃい」
巴マミ 「もう、何も怖くない!」
鹿目まどか 「マミさん!?いつの間にそんな姿に!?」
やらない夫 「赤いぞ、このマミさん」
阿賀野 「随分と立派なヒゲの魔法少女だね
6」
わかささぎ姫 「なにあのアイコン詐欺」
ニャース 「赤いのは杏子のはずニャ!」
シノビ 「ひげが生えているでござるな」
やる夫 「おいヒゲ!
マミってやるお!!」
火焔猫 燐 「紅いっていうかもう全部違う気が」
阿賀野 「5」
鹿目まどか 「若さ詐欺ちゃん、それブーメランって言うんだよ」
阿賀野 「巴マミが赤くても良い。自由とはそういう物だ
4」
ニンフィア 「残機があれば何も怖くない!」
やる夫 「でっていう緊急出動だお!
このヒゲを吊っても許すお!!」
イツ花 が幻想入りしました
津田GM 「性別、色、年齢
共通点がなさすぎる・・・」
津田GM 「いらっしゃい」
上嬢当子 「自由というよりは名前詐欺な気がするわね」
巴マミ 「>やる夫
ティろフィナーレ!」
シノビ 「世を忍ぶ仮の姿でござろう」
ニャース 「なんだかんだで増えてきてるニャ~」
やらない夫 「そんなの絶対おかしいだろ」
イツ花 「おじゃまし……あら、もしかしてお呼びじゃない?」
わかささぎ姫 「私は若いので西城秀樹なんてわからないわ」
阿賀野 「3」
阿賀野 「2」
やらない夫 「性別があってたらそれはそれでやりきれない気分になるから謎のままにしておきたいだろ・・・>GM」
津田GM 「なんだかんだで15人か」
宮永咲 が幻想入りしました
巴マミ 「魔法少女は変身する、つまり変身前の正体が脂ぎった中年でもおかしくないのよ」
シノビ 「大歓迎でござるよ」
阿賀野 「存外はいるねw」
津田GM 「いらっしゃい」
阿賀野 「1」
宮永咲 「よろしく」
ニンフィア 「いらっしゃいいらっしゃいー>イツ花
元ネタ知りませんが」
鹿目まどか 「人数意外と揃ったね」
わかささぎ姫 「大喜利村はしょせん、15枠の狭き門だからね」
やらない夫 「誰得誰望>マミ」
阿賀野 「ローカルルールはOKかな?
それじゃ、開始するよー」
火焔猫 燐 「【驚愕】私の最高の先輩が脂ぎった紅い中年だった【歓喜】」
シノビ 「そんな本もあったでござるな」
阿賀野 「ぽちっとな」
ゲーム開始:2013/11/28 (Thu) 21:37:19
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆津田GM それじゃ各々勝利目指して頑張ってくれ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆津田GM なんつーか、普通?>配役」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
津田GM は無残な負け犬の姿で発見されました
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
わかささぎ姫 「ババーン!」
やる夫 「おはようだおー!
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
7吊り4人外だおー!
でもマニアとQP次第で何が起きてもおかしくない配役だお。
序盤は狼狙いとか言わずに、人外狙いでいってもちょうどいいかもだおね。
じゃあ、共有はいないようだけどCOがあったやるといいおー」
巴マミ 「みんなおはよう
敵の数はそう多くないわ、狼陣営の数が3しかいない以上占いが活躍すれば
比較的安定に進められると思うわね
もっとも神話マニアが出ない場合は結構厳しいわ、QPが村陣営減らす可能性もあるのよ」
やらない夫 「おはようだろ
村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
マニアはCOを頼むだろ」
火焔猫 燐 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
ほい、おはよう。とQPとマニアが少し警戒するべきかってくらいで
後はまぁまぁな内訳だね。共有の囁きはないみたいだし。
マニア関係でCOあるいは気づいたことがあるなら出ておくれ。」
鹿目まどか 「村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1

普通村と大して変わらない気がするんだけど
マニアはCOお願いするね!」
シノビ 「おはようでござるよ
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
割合から見てQPは村についてる可能性が高そうでござるな
マニアの方はCOをお願いするでござるよ」
キスメ 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
7吊りあるから村々CPでも怖く…無いといいな?」
ランパン 「おはよ。共有者の小声は無かったね。
まぁ何かCOしたい人は出てくれば良いんじゃないかな。」
イツ花 「おっはようございまーす! さあさ、COありますか?」
ニンフィア 「おはようございます。吊り数は7と
マニアやQPしだいで変わるでしょうが、ひとまずすぐに鉄火場とはならない配役
狼キープが一つの課題になりそうと。
では、マニア等COある方はお願いします」
わかささぎ姫 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
7吊り3+1人外、と思えるけども・・・
QPがいるので後追い発生と考えると6吊り。そして神話マニアが1。
恋人そのものも村が吊り処分しなければいけないかもしれないし。そう考えると余裕があるとは限らないのよね。」
上嬢当子 「村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
まるで普通村みたいな感覚!
恋人は自撃ちだしマニアがいるけれどね!」
キスメ 「ババァーン?」
阿賀野 「何か普通村っぽいね
狩人と共有と霊能がいるかどーかわかんなくて
恋人死んだら吊りが減る、神話のいる普通村」
宮永咲 「おはよう」
鹿目まどか 「マニアのCO待ちだよ」
わかささぎ姫 「16人は自撃ち人数だから、QPはアイコン的にかわいいところに行きそうな・・・
はっ、私!?」
火焔猫 燐 「つーだー!!」
やる夫 「で、わかささぎがなにかいってるお」
ランパン 「二日目とか基本的に土地並べるだけのゲームだから。」
ニャース 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
狼陣営が3だからあまり早く追い詰めるとキツネや恋人に持ってかれる危険があるニャ
マニアは出てほしいにゃ」
巴マミ 「じゃ神話マニアはでていいわよ」
やらない夫 「吊り数は足りてるようにみえるが
恋人なんかがいるんであまり余裕があるとは思わないようにってところか」
キスメ 「マニアは…いなーい・?」
宮永咲 「ああ、さがいっこ多いんだね」
シノビ 「かわいい・・・?>わかささぎ」
鹿目まどか 「マニア出ないならCOするよ」
やる夫 「冗談抜きで紫って刺さりやすいのかどうかよくわからないおね…」
ランパン 「何も無いなら何も無いなりに行くしか無いわ。」
上嬢当子 「とりあえずはマニアのCO待ちなんでしょうね
そしてそれはないと思うわ>わかささぎ」
火焔猫 燐 「わかささぎ姫にいくくらいならやる夫ーやらない夫あるいは
巴マミじゃないかな。いや、勘だけど。」
キスメ 「(生暖かい笑顔>若詐欺姫」
わかささぎ姫 「◇キスメ 「ババァーン?」
なんかイラッと来たからキスメ吊り上げてやろうかしら?
元々釣り下がってるようなキャラクターだけども。」
イツ花 「マニアさんCOなしとは、人外についたとみていいんでしょうかね?」
鹿目まどか 「橋姫CO、クラスのみんなには内緒だよ!」
ニャース 「ああ、QPは自撃ち把握ニャ
忘れてたにゃぁ」
阿賀野 「マニアが出ないなら、何げに吊りがまずいラインに近づいてる気もしないでもない」
宮永咲 「マニアは出てこないかー。面倒だね。」
やらない夫 「マニアが出ないなら、そういうことだと思っておくしかない
というか真剣に吊りが足りなくなるかもだな・・・」
やる夫 「何のCOだお?>まどか」
ニンフィア 「それもありますね>自撃ち
どこに打つかはともかく、意外な組み合わせでのCPはありそう
まあ、すぐ気にするものではないですが」
シノビ 「マニアでないならって1人しかおらんでござるよ>まどか」
阿賀野 「・・・指定役いないのに出られても >橋姫
どうしろと」
鹿目まどか 「QPいるから出たよ」
キスメ 「橋姫、橋姫…
グレランで出られてもわりと」
巴マミ 「・・・マニアがでないってことはちょっとまずいことになりそうね
これはQP増加でも期待するしかないわ」
やる夫 「自刺しでそれはしなおいwww>お燐」
ランパン 「強い人一人くらい居れば十分なんだけどね。」
上嬢当子 「わかさ(若さ)+さぎ(詐欺)なのよ、放っておきなさい>宮永」
宮永咲 「むしろまどかって橋姫に妬まれるような立場だと思うけど……w」
シノビ 「なぁんだ、別の役職でござったか」
やらない夫 「・・・橋姫は、共有者など指定役がいれ始めて役割がモテる
正直、潜っておいてほしかったな>まどか」
ニャース 「単なる吊り避けにしか見えないにゃ>橘姫
共有いないし指定も無理だから」
イツ花 「うーん、COは橋姫だけですか。微妙ですね」
キスメ 「いっそ全員で橋姫吊ればすっきりするかもしれない(下衆の極み」
鹿目まどか 「恋人全滅の仕事があるから出たよ」
わかささぎ姫 「自撃ちでホモCPというのは勇気がいるような気がするわ。>燐
ま、恋人疑いは狼の吠えが0になってからでもよし。まずは狼目を吊るべきね。」
やる夫 「橋姫だおね…まあ、消毒できなければ吊るのも考慮になるおね…今出られても」
ニンフィア 「んー、橋姫ですか
基本的に少人数の村なので試行回数が少なく、期待値は低くなりがち
共有もいないとあっては意思統一は難しそう。」
火焔猫 燐 「まぁ、自撃ちつっても対象がいるからね。左上に表示されて動揺してるやつを
見つけようか。」
阿賀野 「というか、どうしたいんだろうか
凄く、吊り逃れっぽく見えるというか
阿賀野が橋姫なら、この状況じゃ マニアいないなら尚更COしない」
上嬢当子 「自撃ちだからQPで吊り逃れってこと自体はない?
いや噛まれ回避ならあり?まあその場合でももう片方は残ってるわけだし」
ランパン 「やる夫やらない夫は割とちょっと微妙と言うか…
だってそれ…ホ○じゃん?…(チラッ」
宮永咲 「出ちゃったものはしょうがないんじゃない?
自分で真証明の仕事をするために、自分で投票先を考えるくらいしかやれることがないと思う。」
巴マミ 「>鹿目まどかさん
この状況で投票指揮されても困るし、あなたをどおこまで信じるかって問題が残るのだけど
人数少ないのよね」
シノビ 「もしかしたらQPかなにかかもしらんでござるな」
キスメ 「人外村の時に豊穣神を初日に吊るようなものだよ
大丈夫大丈夫(キリッ」
鹿目まどか 「柱しても恋人死なないから橋姫」
火焔猫 燐 「んで、橋姫だけど、指示役がいない状態で出てもちょっとっていうか。
あー、いや、自分で、こことここは投票して―!っていうなら
ありなのかね。よーわからん。」
やる夫 「まあ、橋姫は吊り先で来たときにでもCOして
票をまとめるぐらいでちょうどいいとは思うけどお」
阿賀野 「うん、初日QP以外なら仕事はあるね
で、どうやって遂行するの?」
やらない夫 「票が集まっても、自身が吊れるといけない
で、現状お前さんが誰と誰は投票って言った所でどれだけの人間が言うことを効くかってことだろ」
イツ花 「じゃあ、暫定的にでもまどかさんが議長ですか?」
わかささぎ姫 「吊り逃れっぽく見える、ほうほう。
じゃあ残せば?
恋人なら今吊るところではないし。
あとで吊るところではあるから狼・狐だとしても問題ではないわけで。」
ランパン 「別にすごーくどうでもいいのでスルー気味なんだけど私。」
宮永咲 「マミさんが普通にマミさんの口調でちょっと吹いちゃった」
上嬢当子 「割と黙って引っかかったなー!ってのをやってほしかった気がするのよ、それ>まどか
両方入れないと意味ないのだったらどうかと思うけど」
ニャース 「まどかはこの状況で出てどうするつもりだったのか聞きたいにゃ
言えないなら吊りたいニャ」
やる夫 「で、疑うのならやらない夫と一緒に橋姫に投票してもいいお!」
ニンフィア 「まあ、阿賀野が一言で言ってくれましたと
橋姫生かすならほぼ吊りが決定している時に限ります
それ以外なら、単なるグレー扱い」
鹿目まどか 「いやそこまで票操作するつもりないよ
やる夫とやらない夫は投票お願いしたいな」
わかささぎ姫 「◇やらない夫 「票が集まっても、自身が吊れるといけない
で、現状お前さんが誰と誰は投票って言った所でどれだけの人間が言うことを効くかってことだろ」

聞かなきゃ恋人疑いされるからねぇ。結構影響力はあるのよ。」
やらない夫 「ただまぁ
俺個人の感想としてはまどかは吊る気はない
信用もさしてしていないが、正直あってQPくらいだと思うだろ」
キスメ 「とまぁ、小粋なジョークを交えつつ
説明書を読んで柱じゃ橋姫発動しないことに絶望するキスメちゃん」
シノビ 「変身前も美人さんでござるな>マミ」
ニンフィア 「まあ、やるやらくらいは入れても構いませんが」
巴マミ 「>シノビ
正直何でもあり得ると思うわよ
狼でも狐でも橋姫なんて騙れるのだし
まぁ、リスクがないとは言えないけえどね」
キスメ 「つまんないの-」
イツ花 「今は吊る理由も特にない、ですかねえ。恋人がいるのは確実ですし」
宮永咲 「まあ、まどかはそのCOをした時点で生き残れるなんて、
(真であったとしても)たぶん思ってないだろうしね」
わかささぎ姫 「むしろ「出てこないマニア目」として考える位置じゃないかしらね。>やる夫&やらない夫」
やらない夫 「半分PPまがいでまどかが吊れる可能性があるんだが>詐欺姫」
火焔猫 燐 「お、まぁ予想通りだね。自撃ち限定だからそこだったら超笑う。」
鹿目まどか 「正直恋人殲滅しか考えてないのでごめんね」
ランパン 「強すぎじゃないですかねぇ… <キスメ」
やる夫 「票操作はまあ、誰か吊るときが来たらぎりぎりまでやってほしいとは注文しておくお?>まどか」
巴マミ 「>シノビ
褒めても紅茶ぐらいしか出ないわよ」
上嬢当子 「だからこの村自撃ちだっての>やらない夫」
阿賀野 「むしろぶっつぶすなら初日じゃない? >わかささぎ姫
あんまり保護する状況じゃないけどさ

・・・・んー、投票集めるのを言わなかったら問答無用で吊ろうと思ったけど」
シノビ 「うーん、まあ1日くらいは様子見で任せてみるでござるか」
やらない夫 「・・・後、個人的にグレランの票が歪むのも好ましくはないんだがなぁ
面倒だろ」
宮永咲 「いや……QP自身だと思うなら、自打ちだから吊っていいんだよ……>やらない夫」
ニンフィア 「◇イツ花 「じゃあ、暫定的にでもまどかさんが議長ですか?」
いや、そこは全くの村証明にならないわけですし・・・
狼らしくはないですが、狐恋はありえる」
やらない夫 「というか腐ってるんじゃねぇだろ!」
火焔猫 燐 「やる夫に超突っ込まれたことを即言う系猫。」
わかささぎ姫 「吊られでも発動するなら強すぎるでしょう、さすがに。>キスメ」
キスメ 「普段のニートっぷりを考えるにそれぐらい強くてもいいと思うの>ランパン
最後に働いたの半年前だっけ」
やる夫 「しょうがないお!>上条
たまにアーッなやる夫がいるんだお…」
ニャース 「初日恋人切ってる理由はなんでかニャ?>イツ花
舌下狼とかの視点漏れか、恋人陣営に見えるニャ」
ランパン 「噛まれた時に狼を追加で一匹道連れにする上位毒とか出たら超強そうだと思わない?」
阿賀野 「というか、やる夫またはやらない夫が
自分からそこに打ちにいくもんかね・・・」
やらない夫 「あ、自うちか」
巴マミ 「>やらない夫さん
まぁ、それも一つの結末でいいと思うのよ
この状況で出る橋姫はそこまで信用する必要はないわ」
シノビ 「拙者緑茶がいいでござるよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
阿賀野0 票投票先 →シノビ
鹿目まどか3 票投票先 →上嬢当子
やる夫0 票投票先 →鹿目まどか
やらない夫1 票投票先 →鹿目まどか
シノビ2 票投票先 →イツ花
ニンフィア1 票投票先 →宮永咲
火焔猫 燐0 票投票先 →巴マミ
ランパン1 票投票先 →ニンフィア
ニャース1 票投票先 →鹿目まどか
上嬢当子1 票投票先 →ランパン
キスメ0 票投票先 →ニャース
わかささぎ姫1 票投票先 →宮永咲
巴マミ1 票投票先 →わかささぎ姫
イツ花1 票投票先 →シノビ
宮永咲2 票投票先 →やらない夫
鹿目まどか を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
今日の天候は曇天です (護衛成功率低下)
キスメ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鹿目まどかさんの遺言 /            /     !                  ヽ
               〉        !  /    /     / ヽ\
               /        ノ/    //    /   ト、 、
           / {/⌒ー―'  ―---∠_/   /}  } ! \、
             ノ /     / /  ――-,′ / /  / ;|  \
       ∠イ /      / / -――zx7 /  ,/ /} ハ|
     /ヽヾノ/     //     ζ/ //  ///  |! {
  / / / /  ///      〈 / /  { /ィ/    |
// / /  // /        `     \ }′   橋姫COだよ
/ / / / /   {               /
/ ´7/ ,r<  {
   ′ ,rく  \     、       `   ,-'  私がこの村を救済へと導くの・・・
_//  \  \/ 丶        ´
   ̄ヽ     \/   />   / 今の意見:恋人全滅という仕事ができて感激だよ
    \     {、   ⌒´

【クラスのみんなには】橋姫日記【内緒だよ】

2日目:やる夫&やらない夫
定番だね、自撃ちだからって無いわけじゃないから頼んだよ
そこまで票操作する気は無いからね?
キスメさんの遺言 神主、いわゆるニート
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ニンフィア 「おはようございます。橋姫吊りと
ニャースは投票理由を昼に行っていたのでそこはいいとして。
橋姫COで飛び出す狼はないでしょうし、真:狐が8:2くらいと予想」
やらない夫 「正直、だから言ったじゃないかとしか言いようがないだろ>まどか吊れる

発言を眺めた結果
イツ花に票が集まってないのがちと不自然
後は宮永と忍がやたら悠長な感じだろ
この当辺りは注意していいんじゃないかと」
ランパン 「おはよう。まぁそういう事もあるんじゃない?
票数はそのまんまみたいね。」
巴マミ 「それなりこの決末は予想してたわ、まず間違ってもこれで占いが吊られる
こともないのよね。
問題はここからね。狼の噛みは幸いグレーにしかいかないでしょうけど
狼が増えてるならかなりグレランでの狼吊り厳しいのよね」
やる夫 「おはようだおー
とりあえずニャースはイツ花疑いつつ橋姫のまどか吊ったのはなんでだお?
それなりの根拠がなければ吊ってしまうお?

まどかはそれなりに理由は言ったから、一日ぐらいは残してもいい位置だったとは思うけどお。

あとはまあ、紫が妙に恋人気にしてるけど実は逆説的に泣きもするけど
恋は今はまだ放置でいいお、明日ぐらいからだお」
わかささぎ姫 「ハイおはよう。
この内訳でニャースは何なのか、ね。

橋姫を殺したいのだからQP?自撃ちなのにそんな目立つ事するはずが無い。
狼、狐でも同じこと。わざわざ目立ってまで吊りにいく価値が橋姫COには無い。
狂人?それならこの内訳では占いCOを用意するだろうし、占い師としてそういう目立つ振る舞いをするとは思えない。」
わかささぎ姫 「つまりニャースは人外っぽくないというのが私の結論。どうかしら?」
ニャース 「は? キスメが死んでるニャ?」
上嬢当子 「とりあえずニャースはまどかを確定人外というか
信用できないとみて吊った、ということでいいのよね?」
宮永咲 「おはよう」
シノビ 「おはようでござるよ」
イツ花 「おはようございますー」
阿賀野 「あえて言おう・・・ まどか吊れてすっきりしたから、ニャースGJ

◇シノビ 「うーん、まあ1日くらいは様子見で任せてみるでござるか」
シノビに聞きたいのは、1日だけ様子見した後どうするの?
初日しくったら即吊り??
どういう想定なんだろ」
ニンフィア 「両方ニート遺言と。単純な多弁噛み」
やらない夫 「ニャースについては、しっかり橋姫吊りたいって明言してたんで、そこはまだおいておいていいと判断するだろ」
やる夫 「どうともいえないお>わかささぎ」
ランパン 「噛みがあるならキスメかなーと思えばキスメが無残だった。」
火焔猫 燐 「おはようだよ。んー、まぁ、橋姫吊りか。別に、なにやってんの!って
ならないから判断に困るね。」
上嬢当子 「やらない夫はまどか偽も考えてたみたいだけど
単純に自撃ちだということを忘れてただけっぽいんで恋人かどうかは知らない
というか違うだろうと思うけれど」
宮永咲 「あえて橋姫に投票してる辺り、ニャースは非恋っぽいね、って程度じゃないのかな。」
ニャース 「イツ花は昨日の質問に答えて欲しいけど
どうせその考えはなかったとか帰ってくると思うニャ」
やる夫 「ニャースはキスメについて何か情報があるのかお?」
わかささぎ姫 「キスメ無残ね。
昼の発言通り入れようかと思ったけど発言で死にたくない感じがしてたから外したわ。
巫女系か。恋人が死ねば情報になったのに。」
ランパン 「まぁどうという事も無いけど。」
シノビ 「1日くらい様子見するつもりが吊ってしまってちょっと拙者も困惑中でござる」
やらない夫 「確定人外?
いや、しっかりビジョンがないなら吊りたいって明言はしてた
行動に矛盾はないだろ>上条」
巴マミ 「噛まれ死亡で神主遺言が死亡ね
>わかさぎ姫
そのあたりの判断はニャースのCOとかも聞かないとわからないわね」
ニンフィア 「まあ、基本この配役なら狼はいのちをだいじにのはずなので
まどかにしろニャースにしろ狼薄いだろうなと>わかささぎ」
わかささぎ姫 「◇やる夫 「どうともいえないお>わかささぎ」
そこを詳しく。「どうともいえない」根拠をききたいわ」
火焔猫 燐 「だから、別に人外だー、とかは思わない。むしろ逆に目立ってるから
潜伏しようとする奴に見えないね。」
ニャース 「ああ、ニャーの投票は昨日言ってたとおりニャ?
共有いないこの状況でどうするかの展望も何も言わなかったから
そのまま投票したニャ」
阿賀野 「イツ花に関しては、ニンフィアの最後の発言もあったからなのかしらね >1票
イツ花が橋姫信じてるのはよく分からないけど
そこよりシノビの発言の方が気にくわなかったからそっち吊りたい」
ニンフィア 「そんなに聞きたい相手でしょうか?>マミ」
やる夫 「ニャースは狂あるか持って思ったからだお>わかささぎ
それなら、ああいう投票は納得いくお?」
やらない夫 「まぁ、神主が噛まれたなら
悪くはないだろ
ほぼニートだしな。恋人の結果くらいしか役に立たん」
ランパン 「ニャースに投票してるからねー、キスメが。」
やる夫 「ま、狼狐なさそうって意味では
今処理する場所じゃないかもだおけどね」
宮永咲 「まあ、橋姫がQPの騙りどころってのは別に否定していないけどね。
ただ、この村が自打ちってことを考えれば、別段っていう話。」
上嬢当子 「目立つことをしない、ことが人外の条件なら目立つんじゃないの?>わかささぎ
この村少人数だから真の時(恋人じゃなかったけれど)
吊り逃れをある程度できれば残った時に強くなるから」
わかささぎ姫 「やる夫の発言は
>とりあえずニャースはイツ花疑いつつ橋姫のまどか吊ったのはなんでだお?
>それなりの根拠がなければ吊ってしまうお?
こう来て「どうともいえない」これは明らかにおかしいわね。

どうとも言えないけど吊ってしまう、ってなぁに?」
火焔猫 燐 「んで、キスメ噛みか。発言的には特に問題的な部分はないけど
噛まれてるね。」
イツ花 「恋人切ってるって意識はあんまりなかったというか……考えが抜けてたのかと>ニャースさん」
シノビ 「ニャースは何者なのか、気になるでござるね」
宮永咲 「神主の仕事は主に鬼退治だし。死んだところの遺言をあれこれ考えてもなあ、という感じ。」
ランパン 「その関連を見て、ニャース投票者のキスメ無残なら昨日の投票含めてニャース怪しいんじゃないの!?って言いたい人が狼っていう可能性は無きにもしも非ず。
勿論ニャース本人がそれの場合も然りだけど。」
わかささぎ姫 「納得いきません。
この内訳で狂人が橋姫道連れに死ぬ意味があるのかしら?」
巴マミ 「>わかさぎ姫
人外が目立つ行動しない理論は危険よ
正直な話、この結果実態は十分にありえるし投票してもたいていの人は責めないでしょ」
やらない夫 「ま、その疑いを持つことは悪いとは思わんだろ
だが、個人的にニャースよりかはシノビやら宮永あたりが気になるだろ
余裕があるようにしか見えない>やる夫」
ニャース 「イツ花投票しなかったのは
ニャーの発言が最後のほうだったので
あれに反応しろっていうのは無茶だと思ったからニャ」
阿賀野 「んー、ニャースはそこまで吊る気には無いけど
ただ、質問はしておくわ
◇ニャース 「は? キスメが死んでるニャ?」
これ言うなら、キスメが死ぬとは思ってなかったみたいだけど
別にキスメには触れてないのよね キスメどう思ってたの?」
宮永咲 「その意味で言えば、ニャースはこの段階で吊りたいところじゃないなあ。」
ニンフィア 「多少吠えメタも入りますが、3Wっぽいですし
狂人狙って吊るような村ではないと思います
狼狐恋人全て生存狙いでしょうし、萎縮するようなところを狙うべき」
火焔猫 燐 「ん?投票?……あー、本当だ。キスメがニャースに投票してるね
いや、これでここ狼だったら露骨って話じゃないね。おかしいね>ランパン」
イツ花 「それをおっしゃるなら、私を舌禍の可能性も考えつつ吊ろうとしなかったのも不思議ですね。」
やる夫 「ふーん、そうやって誘導するのかお?>わかささぎ
COとか態度をみて、吊るか判断したいって話だお。結局は

根拠があれば問題ないということだお?>紫」
わかささぎ姫 「やる夫の言う事を要約すると
「吊りどころが見つかった、吊りたい」
これだけよ。

正直言って、やる夫は吊るべきだと思うわ。その反応ならば。
ニャースのほうがよほどはっきりとした考えを持っていると思う。」
上嬢当子 「信用できないから吊ったに集約されそうだけれど
というかなんであなたたちは人外なら狂人とかそういう形になってるのよ・・・
わからないわよ」
ランパン 「強いて言うなら、死ぬ意味があるかしら?って考える者が居るなら意味があるんじゃないのーっていう結論は生まれると思う。 <わかささぎ姫」
阿賀野 「うん、シノビは返答ないなら やっぱ今日吊りましょう」
シノビ 「拙者は今のところ疑ってるところはないでござるね」
宮永咲 「狂人が橋姫を自分の命と等価だと考えた場合にのみそれは成立するとは思うよ>わかささぎ姫」
巴マミ 「>ニンフィア
重要職で橋姫投票とかならそれなりに評価していいと思うわよ
それいがいならこの行動はあくまでも個人の自由ってことでしょうし」
イツ花 「私もちょっとシノビさんが気になります。極端に目立たない印象があって」
ランパン 「絶対的に意味が無い時っていうのは、意味を考える人が存在しない時だけだからねー。」
やらない夫 「キスメが噛まれてることを不自然に感じる何かがあったってことか
ふむ、詳しく>ニャース」
ニャース 「だって狼3ニャ? マニア考えても
初手から吊りに行く意味は薄いにゃ>イツ花」
ニンフィア 「イツ花については、橋姫想定というか反応が
テンプレより外れている印象」
ランパン 「要するにさー。」
宮永咲 「どこからイツ花は、自分が舌禍の可能性があるって出てきたの? 
単純な疑問として、それがわからないや。」
ニャース 「あー、それについては黙秘するニャ>やらない夫」
やる夫 「なので、ちょっと紫は誘導がおかしくないかお?
吊りどころじゃなくて、人外探ししてるお?

はい、ブーメラんbン」
火焔猫 燐 「狂人の行動原理はそう簡単にわかるものとは思えないけどね……。
特に初日の1COだけでかつ指示役が存在しないあの状況なら
推察するのは難しいよ。」
ランパン 「この情報化社会なのにこの村は隔離地域かってくらい情報少ないよね。」
シノビ 「反応鈍いのはちょっと別の理由が」
阿賀野 「橋姫を1日だけ残す という行為は あまり村っぽくない。
だって、人外って思うなら即吊りだし
様子見するなら「1日で判断できるだけの何か」を見いだせるの? ってね
1日だけ というのが・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
阿賀野1 票投票先 →シノビ
やる夫2 票投票先 →わかささぎ姫
やらない夫1 票投票先 →シノビ
シノビ3 票投票先 →阿賀野
ニンフィア0 票投票先 →イツ花
火焔猫 燐1 票投票先 →イツ花
ランパン0 票投票先 →やる夫
ニャース0 票投票先 →イツ花
上嬢当子0 票投票先 →火焔猫 燐
わかささぎ姫1 票投票先 →やる夫
巴マミ0 票投票先 →イツ花
イツ花4 票投票先 →シノビ
宮永咲0 票投票先 →やらない夫
イツ花 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
火焔猫 燐 は無残な負け犬の姿で発見されました
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
やらない夫 「疑ってる所がないってどうよとしか言えんだろ>シノビ

何か?お前さんは全部村に見えるとかそういうことをいいたいのかと
正直残したくないだろ」
やる夫 「ニャースは、それなりの理由…まどかに対する情報でも持ってればということを言ったまでだお。
あの流れで橋姫投票は村っぽくないと感じたけど、それやるとしたら狼狐はなさそう…あって狂人。
実際どうか、まだ判断しづらいから様子見位置、そういったつもりだお?

で、そのあたりはともかく…今日あたりに占いが出るころだお?
むしろニャースが何かあるのかとか、そういうのを期待はしているところだお?

だから、昨日吊りたい位置ではなかったお。」
シノビ 「おはようでござるよ
拙者の不手際でご迷惑おかけして申し訳ないでござる」
わかささぎ姫 「ハイおはよう。
シノビは阿賀野に疑われて阿賀野投票ね。あんまり村っぽくは無い投票の仕方だと思うわ。
やる夫はニャースを吊りに行ってる時点でおかしいわねぇ。中身への考察もなしに、機械的に「目だったからCO聞いて二ートなら吊り」と行動するのは変よ。
ニャース狂人説は薄すぎると思うしね。
あとはマミもさりげなくニャースにCOさせようとしてるのがねぇ。」
ランパン 「おーっす。」
ニンフィア 「おはようございます。
初日の橋姫投票については占い保護の側面もありますしね>マミ
まあ、マニア不明ならその理由をメインに据えて欲しくはないですが

ぼやかす言い方の燐が気になるな、くらい
占いはそろそろ出てくる時期。」
巴マミ 「おはようよ
それなりに誘導かけてる場所は比較的非狼目じゃないかしら?
この状況で狼が誘導かける必要って薄いと思うのよ
ただ、吠えが減ってないから昨日の吊り失敗っぽいんじゃないかしら?」
阿賀野 「こう、疑い返しな投票なの? >シノビ
そんなに、私変なこと言ったかしら
貴方は 自分を疑うなんて とんでもない とでも?」
ニャース 「おはようニャ」
巴マミ 「あー!」
上嬢当子 「今日占いが出るとは思うけれど遺言なし?」
宮永咲 「おはよう」
やらない夫 「・・・遺言なし噛まれ死体
ということはブン屋かね?」
ランパン 「まぁいっか。」
わかささぎ姫 「闇鍋村ではCOさせる=ほぼ吊る、になってるのがわかってるのかしら?
わかってていってると言うのなら、つまり「ごまかしながら吊りに行ってる」ってことなんだけど。」
ニンフィア 「おー?>両方遺言なし
・・・少なくとも1人外と見るとして」
やる夫 「機械的じゃないお、よく読めお。
初日の流れで投票するのは違和感を感じたから怪しいといったお>紫」
宮永咲 「こー。2人して遺言がないっていろんな意味で不穏なんだけど……。」
ニャース 「遺言がないニャぁ
…どっちもないニャぁ…」
ランパン 「ここ何も無いね。」
巴マミ 「霊能者COよ
まどか 村 いつ花 狼」
やらない夫 「村ならそれくらいしか考えられないだろ
人外ならいいが、それを望めるような状況でもないしな」
巴マミ 「 巴マミの霊能者日記

初日  鹿目まどか 村
ここの結果は村判定、可能性で言うと狼は低め
私は真霊能っぽいわ
2日目  イツ花
ここが狼判定なら出るわよ。多少不確実だけどもこの結果を出す理由が残るもの」
ランパン 「無から有を作り出すのは大変なのよぉ~?」
ニンフィア 「今日占いが出ないなら、結果が溜まっていないか
もしくは初日占いということでしょう」
わかささぎ姫 「燐の遺言が無い・・・?
逃亡系、ブン屋、イタコ、辻斬り。イタコなら口寄せCOがあるし辻斬りなら昨日2死体出ててもおかしくない。」
シノビ 「拙者殴るのあんま得意ではないのでごめんでござる
一生懸命がんばるでござるよ」
やる夫 「あそこで聞くとは言ってないお>わかささぎ
将来的にCOが出たときの判断位置といったお」
阿賀野 「後5手
一応、占いがいても出ないのは分からないでもないけど・・・
不穏な雰囲気はする。」
ニャース 「つまり確定で狼は1落ちてるってことニャ?>マミ」
やらない夫 「一応聞いておこう
真夢どっちだと思ってる?>マミ」
宮永咲 「2人ともが人外っていうのは夢見すぎだから、
少なくともどちらかは遺言を残すことができない役職だった、って考えるべきかな。」
やる夫 「で、霊能結果的に…いつ花狼だお?」
上嬢当子 「ブン屋の特攻失敗か潜った逃亡者
まあ逃亡のほうは微妙よね、初日出るだろうし
あと今日出ないのなら初日か恋人っぽいという事実>やらない夫」
シノビ 「遺言なしって何でござるかね?」
巴マミ 「狼一つ確実に吊れてるわ
それでこれまっどかさんよりはイツ花さん狼だと思うのよ」
宮永咲 「あら? その結果なら、いずれにしても1Wは吊れてるってことかな。>マミさん」
わかささぎ姫 「逃亡系で死んでるなら今日の噛みはどこかで不発、もありうるわね。
ふむ?霊能CO?」
やらない夫 「イタコや辻斬は状況的にほぼないだろ
ブン屋が一番可能性が高いとかんがえる>さぎひめ」
阿賀野 「どっちとして、出てる?
主張は・・・真霊能ね」
やる夫 「まあ、狼で橋姫出るかと言われるととなると。
マミが村なら、そっちが狼に見えるおね」
シノビ 「投票するところ思いつかなかったからとりあえずぶんなげたでござる
他意はないでござるよ」>阿賀野」
巴マミ 「あと、これでマニアが狼付きじゃないなら狼いてあと2よ
吠えの感じから結構銀あるんじゃあないかしら?」
ニンフィア 「この村でも狂人いる可能性は否定できないので
あんまり村のそういう役職と思いたくないです>わかささぎ
どちらかというと孤立しているイツ花狐っぽい」
上嬢当子 「その結果ならイツ花のほうが狼ね
まどかは騙りとしても狼のほうが出るとも思えないから
結構後で吊られる可能性あるし(毒狼ならしらないけれどそれも違ったしね)」
ランパン 「占い出てこないなら死体が○で被ってるっぽいかな。」
宮永咲 「まあ確かにね。
まどかの初日の出方で、狼ーって主張されるよりはイツ花狼でした、って主張の方がより的を射てるかな。」
やらない夫 「ふむ、真よりと
まぁ俺もその結果を信じるとするなら同意見だろ

偽の可能性は十分にあるんだがな」
阿賀野 「・・・・朝一じゃなくて
少し待ったあたり、他の霊能系が出ないのを確認したようにも見えるけど
いいや、今は良い。」
シノビ 「狼が吊れてるでござるな
マミさんは拙者信用してみたいでござる」
やらない夫 「それか、恋人か初日もありえるだろ>ランパン」
やる夫 「ああ、そうだおね…LWは薄目と見れば、狼狙いだおね、まだ>マミ」
わかささぎ姫 「マミはまぁ真狼という位置。
発言と日記からは結構村っぽい雰囲気があるけど。
ニャースにCO聞こう発言は覚えておくわよ?」
巴マミ 「所長としては真霊能として発言させてもらうわ
イツ花さん投票者はいまは放置していいと思うのよ」
宮永咲 「で、まあ占いは出てこないのね。
明日まで潜るつもりなら、今日の吊りは何が何でも回避して、ね。」
ニャース 「で、霊能信じるとして
イツ花狼と仮定するならば、初日にチョット言ってた
舌下狼の視点漏れも考えられるかニャ?」
ニンフィア 「それにしてはこー、仲間から情報をもらっていないような発言でしたが。>マミ
・・・まあ、追ってみるとして」
阿賀野 「◇シノビ 「投票するところ思いつかなかったからとりあえずぶんなげたでござる
他意はないでござるよ」>阿賀野」
他の薄いのにも、色々騒がれてる人よりも、 とりあえず私なの・・・?」
上嬢当子 「何だろう、投票するところ思い浮かばなかったから適当というシノビは気になるけど
イツ花が投票してるという・・・矛盾
マミ信じるならって話だけれどね」
やる夫 「まあ、どのみち今聞く気はないお>わかささぎ」
やらない夫 「で、だ
昨日狼が吊れてるとみるなら
投票者に狼は薄いとなるわけだが
そこまで考慮するべきかどうかが悩みどころだろ」
ランパン 「お燐呪殺だったら面白いんだけどな。狐1だから遺言面倒だわー展開もあるかもだし。

まぁそりゃーこっちからは取り戻しようが無いわね~。 <やらない夫」
巴マミ 「>やる夫
LW警戒はいらないと思うわ
むしろここで非狼目を残したいわ」
シノビ 「拙者どうしても吊りたいんでござろう?>阿賀野」
やらない夫 「マミ自身を信用できる何かがない
それがあればもっと推理は進むんだが」
ニンフィア 「◇イツ花(54)
 「それをおっしゃるなら、私を舌禍の可能性も考えつつ吊ろうとしなかったのも不思議ですね。」
自分からこれを言い出しているのは若干舌禍以外の狼っぽい」
やらない夫 「いや、噛みでいいだろ>ランパン」
宮永咲 「イツ花投票者のなかで、特にキスメの投票と結びつけていたのは燐か。
うん、確かに、ここは投票から外してもいい気がするな。」
わかささぎ姫 「正直やる夫吊りたいとしか思わないけど、発言が多いしグレランでつれる気がしないわね。
マミは霊能CO、日記と結果からの発言で信用はアップしたし今日は吊りたくないわ。
宮永かシノビあたりかしら。」
やる夫 「わかったお、
マミがそれ言うのなら、信じられそうだおね…>マミ」
阿賀野 「そりゃ、ね。
結局納得出来る何かは得られなかったら 吊って次に行きたいじゃない? >シノビ」
巴マミ 「>わかさぎ姫
それCO聞きたいんじゃなくてCOでるまで判断できないってことよ」
ランパン 「いやさすがに占い不在でこの村に良い流れを起こすのは無理って事で。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
阿賀野1 票投票先 →シノビ
やる夫1 票投票先 →わかささぎ姫
やらない夫1 票投票先 →宮永咲
シノビ3 票投票先 →阿賀野
ニンフィア1 票投票先 →シノビ
ランパン2 票投票先 →やる夫
ニャース0 票投票先 →ニンフィア
上嬢当子0 票投票先 →ランパン
わかささぎ姫1 票投票先 →シノビ
巴マミ0 票投票先 →やらない夫
宮永咲1 票投票先 →ランパン
シノビ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない夫さんの遺言 閻魔COだろ

日記を書くほどのことが起こるかどうかだろ、この配役
とりあえず、噛み以外の死因があれば出る方針でいいか

初日 身代わり君 噛みで死亡

三日目 キスメ 噛みで死亡

四日目 お燐 噛みで死亡
シノビさんの遺言 ニンニン占い日記 わかささぎ姫○>巴マミ○>やる夫○>>>>>
【1日目】 占い先:わかささぎ姫
その若さの疑惑、検めさせて頂くでござるよ!
【2日目】 占い先:巴マミ
占いという大役で緊張のあまりポンポンが痛いでござる・・・
と、とりあえず本当に魔法少女か検めるでござる!
もしイケメンだったらどうしようでござる!
【3日目】 占い先:やる夫
反応遅くて吊られそうになったでござる・・・
今日は拙者の○に投票しているやる夫を占うでござるよ!
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
やる夫 「おはようだお…すごく悩んだけど紫投票…。
まあ、やる夫はともかく、マミにもニャースがらみですごく絡んできてたし…二人が恋人だったらビビるお…さすがにあからさますぎだおけど

ちょっとこれでいいのかという気がしてきて発言見てたらニャースが昨日発言薄くなっていたんだおね…まあ、言ってることは悪くなくなってきたので、そこはおいておくお。」
ニンフィア 「おはようございます。
シノビはやけにあっさりと霊能を信じていました
三日目少し気になる発言はありましたが、占いではないとみて投票
シノビ 2 票 投票先 → イツ花
・・・まさかイツ花●持ってたから霊能信用したとかではないでしょうね」
上嬢当子 「気になるのでいうならランパン
◇ランパン(46)
 「占い出てこないなら死体が○で被ってるっぽいかな。」
◇ランパン(73)
 「いやさすがに占い不在でこの村に良い流れを起こすのは無理って事で。」
ってこう占いが生きてますよーっていうアピールが・・・
そこが占いCOしてきても信じたくはない
巴マミ 「>やらない夫さん
私の発言に根拠が薄いのはみとめるわ
でも私が真霊能だとしたらイツ花さん投票者の
ニンフィアさん 燐さん ニャースさん 私
それに 対立してる やる夫さん と わかさぎ姫さん
この形で残してすすめるのが一番安定だと思うのよ
方針転換を考えるとしたら私の霊能結果でもう一つ狼結果が出た時ね
その場合は非狼目を残してすすめるのは危険なのよね」
わかささぎ姫 「ハイおはよう。
で、やる夫の発言だけど。

>とりあえずニャースはイツ花疑いつつ橋姫のまどか吊ったのはなんでだお?
>それなりの根拠がなければ吊ってしまうお?
疑っているのは「根拠」に入るでしょう? 疑い無しで吊りに行ってるなら糾弾すべきだけど。
あなたの言う根拠は「占いCOまどか●」でないと許せない、ということかしら?
裏を返せばそういう結果でもない限りは吊るつもり、と。
結局いいSGを見つけた、程度の考えにしか思えないわ。」
上嬢当子 「もう一人は宮永あたり?
◇宮永咲(55)
 「で、まあ占いは出てこないのね。
明日まで潜るつもりなら、今日の吊りは何が何でも回避して、ね。」
ここも占いが生きてるよねーって言ってるみたいで微妙」
宮永咲 「おはよう」
ランパン 「アオォーン・・・」
わかささぎ姫 「シノビは疑ってきたところに投票し返すのがひどく人外目なので吊ったわ。
まぁアレだけ誘導されてて3票もらいでCOしないのなら占い師は無いと思う。逆に言うと占い遺言があるようなら偽かな。
宮永も前に出ない感じはあんまり村っぽくなく思えるのよね。」
巴マミ 「霊能者COよ
シノビさんは村人ね」
ニンフィア 「・・・いや、占い結果まる残りならでましょうって>忍びの遺言」
やる夫 「シノビ!
それなら出てくるお!

お前が真なら普通に村同士の殴り合いじゃないかお!?」
ニャース 「占い遺言ニャ…
他に占いがいるなら今日出る日ニャよ?」
阿賀野 「◇宮永咲 「あら? その結果なら、いずれにしても1Wは吊れてるってことかな。>マミさん」
んー、マミさん信じられるの?
鍋で1COの霊能ってそんなすぐに使えるものでもないと思うんだけど」
ランパン 「でも割と想像はしてたよこれ。」
阿賀野 「何か萌えてるー!?」
ニンフィア 「はい、COどうぞ>ランパン」
上嬢当子 「・・・なんというか結構ヘイト集めてたでしょうに
ってランパン萌えたわよ」
ニャース 「というか占いならあれだけヘイト向けられたなら出て欲しかったニャ」
宮永咲 「むしろ、ここまで占いが出てないんだから、
初日か潜伏か、しかないと思うのだけれど>上嬢

なんて書いてたら占い遺言、ねえ。」
わかささぎ姫 「ごめん、吊られそうになってるのにCOしない時点でちょっと真には見たくないわ。>シノビの遺言
日記にも「吊られそうだ」と書いてあるというのに・・・」
巴マミ 「あ、アオォーン出てるわ」
ニャース 「ランパンCOするニャ」
ランパン 「いやー村人みたいなんだけどさ。夜の間から無意識か不審者っぽい予感もしてたのは間違い無い。」
阿賀野 「あんだけ殴られてるのに出ない占いとか微塵も信じたくない
まだ、占い初日か恋人占いの方があるわよ」
やる夫 「ただ、霊能を信じるのならあって狂人子狐で狼はないお?>紫
だから今はお前を見るのはやめるお」
宮永咲 「ほかに占い表記が出てこないなら、初日かシノビが真、だね。」
巴マミ 「これ占いCOでても吊ればいいと思うわよ、普通に
そうそう萌占いなんて出ないでしょ
不審者なら決め打つ必要ないし」
ニンフィア 「昨日の発言的に誘導すらも行っていませんでしたし
まあランパンは吊りでいいでしょう」
わかささぎ姫 「見てなかったところから萌えかぁ。
私は私の吊りたいところを吊りたいのに。」
巴マミ 「まぁ、精神鑑定がいたら考えるぐらいでしょうね」
上嬢当子 「でもマミ信じるならそこ村なのよねー>わかささぎ姫
マミ真と思うのは昨日から言ってたから」
ニャース 「村人COかニャ…
残せないニャアねぇ」
ランパン 「このパターンはどうしようもないしね。私も外から見ている立場なら私吊るもんねw」
阿賀野 「ランパンは、何だっけ
◇ランパン「占い出てこないなら死体が○で被ってるっぽいかな。」
これ言うならランパンが占いはあるかな とかは思ったんだけど」
やる夫 「まあ、ランパンはともかく
…マミをいったん信じて明日は灰を視るお」
宮永咲 「阿賀野が、自分が殴ってたシノビに対するコメントをきちんと残すなら別にいっかな。

ついでに言っておくと、マミは割とここ(昨日)までの発言的に信じられるところだと思ってたよ。」
わかささぎ姫 「正直シノビ真は猛烈に見たくないけど、マミの霊能○と他に占いCO無しという事を考えるとシノビなのかしらね・・・」
ニンフィア 「不審者COと。ではそこ吊りで
もともとわかさぎ・やる夫は残したい位置でしたしシノビを真とみます
それ以外の灰から吊るゲーム」
巴マミ 「というか占い出ないわね
嫌な予感しかしないわ。できれば占い結果からの1W確保は欲しかったのだけど・・・」
巴マミ 「・・・遺言に占いでてったのね」
上嬢当子 「まあ萌えた村人CO残す意味が全くないので
私としてはそれも気になったけど露骨すぎて占い用意してなかったけれど
明日占いで出ようかなって言ってるように見えたわ>阿賀野」
わかささぎ姫 「どうやら精神鑑定はいないけど、とりあえず吊ってから結果を見るというのはアリよ。>マミ」
ニャース 「これ明日FOで良さそうかニャ?
もちろん死体無しとかでなければニャ」
ランパン 「個人的にそこまで器用な事はあんまりしないと思うw <阿賀野
あと、やっぱりキューピッド出てると、私は昨日出てると思うかな。」
阿賀野 「今まで信じられる というのは分かるけど
霊能COした瞬間 貴方結果信じた訳じゃない? >宮永咲
マミが霊能COするまで、あなたはマミに触れてなかったと思ったけど」
宮永咲 「なんていうかな。
わかささぎ姫は、初日から私を見ていたはずなのに、
それで村目に見えない理由が「前に出てこない」っていうのは、ちょっと乱暴すぎない? って気がする。」
やる夫 「ま、今日の進行が決まれば、後は明日お琴を考えるだけだお…遺言もセットで」
ニンフィア 「○の中に恋人いるなら噛んでくださいと
残りランパン含め4吊り。ニャースは残せば3/4の形」
ニャース 「問題はマミがものすごく嚙まれポジションニャ>わかささぎ姫
唯一の占いの○ニャ」
わかささぎ姫 「萌えたランパンが不審者はもちろん、萌え狐でもかなりきついのよね・・・
狼でありますようにと祈るしかないわ。」
やる夫 「明日FOだおね、これだと」
ニンフィア 「構いません>ニャース
もし指揮を取るなら○の誰かですが」
宮永咲 「まあ、特に発言してなかったからね、マミについて>阿賀野
私の心証として、ってことで思っといてもらえればそれでいっかな。」
阿賀野 「この場合の今まで というのは
今日までの総合的にマミ信じる というだけなら
(私はマミ信じてないけど)そういう村はいてもよい。
けど、霊COした段階で、マミ村っぽかったの? という意味」
巴マミ 「シノビ真ならそれなりにCOしておいてよかた気もするからなんともいいにくいわね
ただ消去方という可能性・・・
うーん、村判定で私真霊能だと思うからシノビが偽で村判定出るばあいって数えるぐらいなのよね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
阿賀野0 票投票先 →ランパン
やる夫0 票投票先 →ランパン
ニンフィア1 票投票先 →ランパン
ランパン8 票投票先 →ニンフィア
ニャース0 票投票先 →ランパン
上嬢当子0 票投票先 →ランパン
わかささぎ姫0 票投票先 →ランパン
巴マミ0 票投票先 →ランパン
宮永咲0 票投票先 →ランパン
ランパン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
今日の天候は雷雨です (蘇生強化)
ニンフィア は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ニンフィアさんの遺言 相方GMの共有。ほぼ夢共有ですね
→囁きないらしいので確定

初日夜の発言数は3
ランパンさんの遺言 【村人】

※四日目夜:
クライマックス長期熟成オリバーソース
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
やる夫 「おはようだおー
で、今日はシノビ灰をみていくお。
ニンフィアがすごく場を作ろうとしているって空気は感じたお。
ただ、進行自体はかなりまともなので、疑うとかいうのでないお。

ほかは特に急激に引っかかるところもなくだおね
結局、今日を見て判断しかないお」
上嬢当子 「吊りたいのは引き続き宮永
昨日も初日か潜伏してるか入ったけれど恋人の可能性をほとんど考えてない
マミ死んでると思うけれどね」
ニャース 「そこが死体ニャ…?」
わかささぎ姫 「ハイおはよう。
状況的にはシノビ真と。
結果 わかささぎ姫○>巴マミ○>やる夫○
この、なんというか、「喧嘩してたらいいところで仲裁が入った」感がなんとも。」
巴マミ 「霊能者COよ
ランパンさんは村人だったわ」
やる夫 「って、言ってる傍からニンフィアが噛まれたお!?」
わかささぎ姫 「精神感応者ね
吊ったところを鑑定できる精神鑑定士みたいなものよ。

まどか:村人
イツ花:村人
シノビ:村人(真か狼狐の騙りね、夢と狂人は無い)
ランパン:



霊能結果は「~さんの前世は [役職] でした」と表示され、以下の順番で判定
1 元獣人 → 狂人
2 元神話マニア系 → 神話マニア
3 狂人系 → 人狼
4 精神鑑定士の結果が「嘘つき」 → 狂人
5 それ以外 → 村人 」
阿賀野 「FOよね?
夢共有者CO ってニンフィアも?
一応初日朝一に、「共有いるか分からない」的な事を微妙に言ったつもり」
宮永咲 「おはよう。」
わかささぎ姫 「ランパンの結果は「狂人」」
宮永咲 「村人表記だね。」
ニャース 「シノビの○まる無視ニャぁ」
巴マミ 「吠えの数も考えると不審者とか萌狐の可能性かなり高いわ」
阿賀野 「シノビのグレーが噛まれてる気がするけど」
上嬢当子 「って言ってたのにそこじゃなくてニンフィア死亡!?」
ニャース 「夢狩人ニャ
キスメで護衛成功出て失言したニャ」
やる夫 「ん、ランパンは不審者だおね。
これなら」
ニャース 「ニャースの狩人日記

ニャーが狩人だニャ!
明日以降バンバン守っちゃうのニャ!
初日:無理

さて、どこを守るべきかニャ
喋ってるところに行くかニャ、キスメで行くニャ
正直わからんしニャ
2日目:キスメ(護衛成功)

狼との噛みあわせ+銃殺とかでもなければこれ夢ニャ…
ニート役職待ったなしニャ、しかも動揺してやらない夫とかに突っ込まれたし
まぁ明日も護衛成功なら確定だろうニャぁ…
3日目:やらない夫(護衛成功)

…まぁ猩々とかの可能性にかけて護衛先だけは書くニャ…
4日目:阿賀野(護衛成功)

5日目:やる夫」
上嬢当子 「村人表記よー、不幸よー!!」
わかささぎ姫 「4 精神鑑定士の結果が「嘘つき」 → 狂人

これに該当します。
つまりランパンは不審者」
やる夫 「あ、村表記だお」
阿賀野 「つまり、村だったと? >精神感応の主張」
阿賀野 「どんだけ村表記いんのよ!!!」
宮永咲 「ニャースはキスメまわりでもともと信じているところだし、今になってから疑いたいところでもないな。」
わかささぎ姫 「残念な事にね。>阿賀野」
やる夫 「ニャースはそれなら納得だお
となると、2Wあり得るおね…?」
阿賀野 「ランパンあわせて4?」
上嬢当子 「狂人は夢系統だったっけ?>わかささぎ
さすがに獣人は考えないしマミ視点でも○でてる、と」
巴マミ 「ということはまだ2W以上入るっぽいわね
銀LWとかそこまで吠えないはずね」
ニャース 「昨日出てこなかった時点で半分わかってたけど精神鑑定もいないし
やっぱ猩々とかもいないかニャぁ…」
宮永咲 「まあ、割と恋なんて狼が処理してね、くらいにしか思ってないと言えば思ってない。」
やる夫 「まあ、紫は○だし
変なことをする余地もない…となると、」
わかささぎ姫 「狩人か・・・狩人かー
狩人表記(夢かどうか未定)でよく橋姫吊りを強行したわね。」
阿賀野 「んー、で 私としては宮永吊りたいのには変わらない
結局宮永「総合的に信じられるマミさんの部分(霊能CO後)」ないし
あんだけ色々私は昨日言ったのに
今日は「おはよう」だけなのね というのも合わせて」
宮永咲 「シノビの○を撤廃する気には正直あんまり私はなれない。
阿賀野は最終日位置として考えてるんだけど、それとシノビそのものの真贋は別だねえ。」
やる夫 「まあ、今日は結局怪しいと思った場所をいくつか作ってだおね
これだと紫とニャースは一応信用位置にはいるけどお」
巴マミ 「で、やる夫さんとわかさぎ姫さん残したいから
宮永さん 阿賀野さん 上嬢さん から吊ればいいと思うのだけど
私としては阿賀野さんが気になるわ。あの時の村の流れで一番厳しいのは狼
だとしたらなんとしても私を疑う意見をだすはずよ」
宮永咲 「それに関する返答はもう済ませてあったと思ったのだけれど>阿賀野>マミ周りに関して」
上嬢当子 「ニャースはまあ放っておいていいと言っちゃなんだけれど
まあそこのわかささぎが言ってたように目立ちすぎてたってのはあるのよね
それで阿賀野と宮永ね
阿賀野はマミが出たときちょっとそこ疑ってたっけ?」
わかささぎ姫 「さて、身内切りや銀狼なんかを考えないなら、イツ花を吊ったニンフィア、燐、ニャース、マミは非狼よね。
阿賀野・宮永・上条でギリギリ吊りきれるわけだけど。」
やる夫 「阿賀野もまあ、夢共有フラグは立ててるお?」
ニャース 「あの時点でちゃんとどういう進行を望んで出たか言えたなら
残したし護衛も多分行ったニャ?>わかささぎ
でもそこら辺な~んもなかったもんニャア…」
阿賀野 「あぁ、ニャースのキスメ云々は、それね
今更だけど」
上嬢当子 「というか2wの場合恋人が村つきだったら今日狼吊れないと恋人勝ち?」
やる夫 「宮永か上嬢だおね…ちょっと見直すお!」
宮永咲 「やる夫はなんか反応が、というより3日目あたりのあれそれで吊り位置から除外してた
ってことで、私が吊りたいのは上嬢・わかささぎ姫。」
阿賀野 「正直、噛まれたいから夢共有って丸分かりなのは言いたくないけど
それっぽいセリフを考えるのには苦労した >やる夫」
わかささぎ姫 「マミ・ニャース・やる夫はもう手が届かないと見るわ。
まぁ私も含めこの4人は噛まれ位置だから」
ニャース 「まぁそういうことニャア>阿賀野
本当にいまさらだけど」
上嬢当子 「違う、恋人つれたら狼価勝ち」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
阿賀野2 票投票先 →宮永咲
やる夫0 票投票先 →宮永咲
ニャース0 票投票先 →宮永咲
上嬢当子1 票投票先 →宮永咲
わかささぎ姫0 票投票先 →阿賀野
巴マミ0 票投票先 →阿賀野
宮永咲4 票投票先 →上嬢当子
宮永咲 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
巴マミ は恋人の後を追い自殺しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
宮永咲さんの遺言 紅天使だから、
私を吊った人は、私が何者か知っていたはずだよね――?

ごめんね、マミさん。
あなたの希望――私が摘み取っちゃった。
巴マミさんの遺言 巴マミの霊能者日記

初日  鹿目まどか 村
ここの結果は村判定、可能性で言うと狼は低め
私は真霊能っぽいわ
2日目  イツ花
ここが狼判定なら出るわよ。多少不確実だけどもこの結果を出す理由が残るもの
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
ゲーム終了:2013/11/28 (Thu) 22:35:08
ランパン 「お疲れ様。」
やらない夫 「お疲れさんだろ」
ニンフィア 「おう・・・恋人が落ちてしまいますか」
イツ花 「大変申し訳ありませんでした!」
わかささぎ姫 「アチャー」
阿賀野 「っく、そっちか
お疲れ様」
鹿目まどか 「お疲れ様でした」
巴マミ 「お疲れ様よ」
シノビ 「おつかれさまでござるよ」
津田GM 「お疲れさん
妖狐陣営の猫2人はおめでとう」
ランパン 「今気づいたけどニャースに鬼火付いてた(戦慄)」
ニャース 「よっしゃニャ」
ニンフィア 「お疲れ様でしたー」
火焔猫 燐 「お疲れ―」
上嬢当子 「お疲れ」
キスメ 「お疲れ様ー」
ニャース 「燐~! 勝ったニャー!」
やる夫 「ニャース狐かおwww
そして恋人はそっちかお…お疲れだお―…」
鹿目まどか 「狐おめでとう
狼は恋人吊りできたのはよかったと思うよ」
宮永咲 「笑っておこ。お疲れ様。」
わかささぎ姫 「最終的には勝って・・・ないか。まぁ飽和を考えると狼が残りすぎても不味いし。
イツ花が吊られたのはそんなに悪いわけではないと思うわ」
ニャース 「まぁ咲紅天使に賭けて大成功ニャ」
阿賀野 「宮永狐か、狐いなければこれでフィニッシュだと思ったけど
・・・まぁ、ある意味フィニッシュだったわね。
狐はおめでとう」
火焔猫 燐 「うん!おめでとー!そしてありがとー!噛まれ勝利だよ>ニャース」
イツ花 「今日は失礼します。同村・村建ありがとうございました!」
わかささぎ姫 「最後の発言で上条が牽制してる恋人なのかと思ったけどそんな事は無かったわ」
シノビ 「拙者寒さと緊張のあまり腹を下してしまうというお恥ずかしいことになってしまい
村の皆様へは多大なご迷惑をおかけしてしまったでござる
申し訳ないでござる」
ニンフィア 「ほとんどグレランの村でしたね
グレー私以外みんな白いと思ったら全人外でした何事」
ニャース 「あー、狼は咲吊るためのニンフィア噛みかニャ?
狐はいないことにかけたのかニャ」
シノビ 「ニャース殿はおめでとうでござるよー」
やらない夫 「とりあえず、序盤のグレラン抜けたいなら8発言を目安に考えるといいかもだろ
もしくは水増しして一回の発現量を増やすか」
鹿目まどか 「せっかくだからおかわり鍋行きたいなーと思ったり
見てるだけじゃ暇でしたし今回」
阿賀野 「マミが恋人で霊能COはやや驚きかしら
ニャースは夢狩人の伏線っぽいのは、後付?」
上嬢当子 「そうそう、シノビは結果たまりまくってるし出てよかったとは思うわよ
あなた結構ヘイト集めてたし」
巴マミ 「宮永さんの性別が男だったのよね
ブラフにかかったな!」
ランパン 「鬼火付いた妖狐って卑怯くさい強さよね(真顔)」
ニンフィア 「お、お大事に・・・>シノビ
できるだけ体調は万全にして挑みましょう」
やる夫 「上嬢は最後のほうの恋狼関連が怪しく見えて悩んだけど…生き残りたい臭がすごくて宮永に投票したら恋人だったお…」
阿賀野 「一応、狐探し兼ねてるんだけどね >ニンフィア噛み」
わかささぎ姫 「まぁ狐がうまくやったということで。
強い態度に出られると弱いのよ私、1ボスだからね。」
ランパン 「占っても噛んでも死なない人外とか(畏怖)」
ニャース 「ちょうどキスメ夢護衛日記書いてたから
後々の伏線としてわざとニャ>阿賀野」
やる夫 「あとまあ、16人なら四日目で出てもいいおね、占いは」
阿賀野 「あらら、お大事に >シノビ
でも、まずいならCOして噛まれた方が良かったと思うのw」
シノビ 「失敗を糧にしてがんばるでござるよ!」
やらない夫 「うん、それこそ素直にCOしていいと思うだろw
お腹こわして限界ならもうCOするだけして適当に票投げてトイレ走ったって責められはせんだろw>シノビ」
ニャース 「ヒント:鬼火がついた狐は鬼結果で銃殺される>ランパン」
巴マミ 「>阿賀野
あの立ち回りなら噛まれない吊られないの自身あったのよね
私噛むと狼、かなり動きにくくなるし」
やる夫 「シノビはまあ、お大事にだお」
ランパン 「mjd <ニャース
弱かった。」
阿賀野 「丁度合致してたのね。 なるほど
まぁ、やられたわ」
ニンフィア 「いや、ニャースは鬼火ついてても銃殺されますよ>ランパン
鬼結果で銃殺という奇妙な結果になります」
わかささぎ姫 「ま、「このタイミング!」って感じでCOする瞬間をつかめたのだし。シノビはいい経験になったんじゃない?
16人村と22人村ではまた違うところもあるけどもね。
ランパン 「もし狼に鬼火が付いてたら…最強だね!(手のひら返し)」
上嬢当子 「私も性別男で登録してるけれどね>マミ」
シノビ 「怪奇現象でござるなー>ニャース」
やらない夫 「まどかの位置はちょっと不運だったろ
吊り位置ではないが、結果票が入ってしまったしなぁ」
津田GM 「【雛1322】やる夫たちの天候超闇鍋村 [1618番地]
~天候オプション付き~
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1

終了しました
飽和しての猫2匹の勝利でした

報告完了」
シノビ 「温かいお言葉ありがとうでござるよ・・・」
火焔猫 燐 「そういえば矢あるんだったら巴マミに行ってるっていう適当なセリフが
その通りだったにゃ」
ニャース 「ヒント:鵺が出てなくって鬼が出てない=鵺隠した人外>ランパン」
やる夫 「しかしあれだおね
人外がやらない行動はない、それを再認識できたのが収穫だお」
阿賀野 「まぁ、私共有ならまどか指定吊りしてた 多分」
鹿目まどか 「それではお疲れ様でした」
シノビ 「狐だと思っていたら猫陣営の勝利でござった」
わかささぎ姫 「役職能力なんて過信しない方がいいのよ。
「発動すればラッキー、それよりも発言で生き残り&人外吊りをがんばろう」って。

うん、まぁ、やる夫には悪いことしたわ。村なのに殴ってごめんね(テヘペロ」
ニャース 「でもマミ恋人は意外だったニャァ…」
阿賀野 「なお、一番私が怖かった事は
「何で阿賀野噛まれてないの?」でした」
上嬢当子 「私についても正直なにも変わりがないという事実>ランパン
蝙蝠結果が鬼結果に変わった?どうせ人外でしょと言われて吊られる未来が見える」
巴マミ 「それじゃあお疲れ様よ」
わかささぎ姫 「まったくよ。私のほうがよっぽどヒロインとして適当なのに。>ニャース」
ランパン 「発動しない方がラッキー(震え声) <わかささぎ姫」
やる夫 「よくあることとだから気にするなお…>わかささぎ
やる夫もニャース狐は予想外だったお…」
ニンフィア 「なんだかんだでCOタイミングは体で覚える部分多いです
複数死体で自分の能力の結果かな?と思ったら出るほうがいいですが
なかなかすぐにできないですし」
わかささぎ姫 「ネ、ネタとして美味しいならいいのよ。>ランパン」
ニャース 「僕もなんでニャース嚙まれないのが怖かったからおあいこにゃぁw>阿賀野
シノビの結果見て小躍りしてたにゃ」
巴マミ 「>ニャース
まぁ、アイコンこれだからなぁ」
ランパン 「いやーでも鬼火って結構占い師から見ると困るというかどうしようも無いんだけどねー。 <当子
寧ろ露出されてると困りものかも。まだ潜伏されてたら人外って言えるけど。」
やらない夫 「ま、お疲れさんだろ
GM村建て感謝

しかし、やる夫と同陣営だったのはちょっと驚きだろw
フラグも当てにならないもんだ」
阿賀野 「やる夫とわかささぎは、狐ないんだろうなぁ とは思ってたなぁw >殴り合い」
やる夫 「噛みに関しては強そうな位置をあえて残すことなんてよくあるお
それで勝手に村同士で疑い合ったりすることもあるおから」
津田GM 「COタイミングは「相手の言い分に納得する」か「自分の言い分で納得させる」かの2択であって、覚えるものじゃないよ」
火焔猫 燐 「それじゃお疲れ様ー。同村ありがとうね。また縁があったらよろしくー」
ニンフィア 「ではお疲れ様ですー
うまい位置に入り込んだニャースはお見事。」
津田GM 「COタイミングに限らず、役職の動き方についてだけどもね」
阿賀野 「それじゃ、阿賀野も撤収します!
狐陣営はおめでとうございました!
GMも村建て感謝です。 お仲間もありがとうございました!」
ニャース 「ま、ほぼ1ヶ月ぶりに来たら単独の陣営でしょんぼりしてたら
鵺ってくれた燐は本当にありがたかったニャ、じゃあお疲れ様ニャ!」
津田GM 「さて、オレも落ちるよ
お疲れさん」
上嬢当子 「それじゃ私も落ちるわ、お疲れ様」
やる夫 「狐ならもっとおとなしくするか、初っ端から何か騙るおw

やらない夫と同陣営はそういえばそうだったお!」
シノビ 「COしてもしなくてもそのまま吊られる程度の能力を鍛えなおさねばでござるな・・・」
やる夫 「じゃ、お疲れだお―」
シノビ 「それでは拙者もこれにて失礼
村建てと同村に感謝でござる」
わかささぎ姫 「私もこれで。
本当にニャースにはしてやられたわねぇ。
やる夫はわりと、「このままなぁなぁで進むならもう吊らないでもいいかな」みたいな気はしてたけど。」