←戻る
【雛1338】やる夫達の希望新顔超鍋村 [1640番地]
~シングルベールシングルベール。すっずがなるぅー~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeA:新顔村)[A]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon レッドウルフGM
(生存中)
icon ケーキ
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon 西澤桃華
(生存中)
icon マリア
(生存中)
icon 熊野
(生存中)
icon トンベリ
(生存中)
icon 石丸清多夏
(生存中)
icon 薔薇水晶
(生存中)
icon 黒こなた
(生存中)
icon 夜雀
(生存中)
icon タブンネボム
(生存中)
icon 阿万音鈴羽
(生存中)
icon 汚い忍者
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon ダディ
(生存中)
icon できない夫
(生存中)
村作成:2013/12/07 (Sat) 18:17:31
GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は狢・妖精系のみ禁止
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り

【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
GM 「開始時刻は18:40」
GM 「ダカラロンリロンリー」
ケーキ が幻想入りしました
GM 「いらっしゃーい」
チルノ が幻想入りしました
チルノ 「冬といえばあたいだよ!」
ケーキ 「クリスマスの出番と聞いて」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → レッドウルフGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 7007 (ハンター(男))」
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
レッドウルフGM 「こないだのクリスマス村?にいたら完璧だったな>ケーキ」
レッドウルフGM 「キャーチルノチャーン」
ケーキ 「その時はまだ私は材料の段階だったからな、参加できなくて残念だ >GM」
西澤桃華 が幻想入りしました
レッドウルフGM 「とんでもないカオスが起きた村だったからな、むしろいなくて幸運でもあった>ケーキ」
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
西澤桃華 「えっと、よろしくお願いしますね」
レッドウルフGM 「夕飯時でもあるし、さすがに少人数となるか。」
チルノ 「⑨にんでいい」
西澤桃華 「それなら、それで構いませんよ >少人数」
マリア が幻想入りしました
熊野 が幻想入りしました
ケーキ 「集まった段階の人数でよいと思う」
熊野 「ジングルベル♪ジングルベル♪鈴谷が鳴る♪

鈴谷と思いまして!? 残念!熊野ですわ!」
レッドウルフGM 「いらしゃーい」
マリア 「クリスマス→キリストの生誕祝い→キリスト生まれたことを祝う
→キリスト生んでありがとう!→マリア感謝祭!?

はっ、私感謝されてるのか…?」
西澤桃華 「延長はしてもしなくても構いません」
レッドウルフGM 「基本は開始時刻の人数で開始だな。なのでそのときにならねば分からない」
熊野 「宜しくお願い致しますわね。」
マリア 「私に感謝してプレゼントをいっぱいくれたらいいと思うぞ!」
レッドウルフGM 「ちょっと落ち着こうかそこの少女(ジャキ>マリア」
トンベリ が幻想入りしました
マリア 「ななな、なんだ!?
はっ!お前悪魔だな!
悪魔だから私のことが邪魔なんだろ!そんな悪い悪魔の言う事なんか聞けるかー! >GM」
トンベリ 「トコトコ、よろしく」
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
レッドウルフGM 「オーケーわかった。
わかったからこの手に持って向けてるものをよく見てくれ(AK47を構える>マリア」
マリア 「はっ!おもちゃの銃!
私の欲しいものだ…サンタさんなの?
ありがたくいただきます! >GM」
レッドウルフGM 「パァン>マリア」
マリア 「うひゃあっ!?」
レッドウルフGM 「おっとうっかりトリガーを引いてしまった」
レッドウルフGM 「怪我はないか少女、当てる気はないから安心しろ>マリア」
トンベリ 「トコトコほうちょう>GM」
マリア 「ず、ずるいぞ!
私武器なんて持ってないのに戦争ごっこなんて…!
反則だと思います! >GM」
レッドウルフGM 「ぐっ!?なんだきさま、その包丁は!
ククリナイフを携帯していなければやられていたぞ!>トンベリ」
ケーキ 「クラッカーがもうなったのか? もうパーティの時間になったのか」
レッドウルフGM 「販促・・・?ああそうだな、メーカーのハイエナどもは売りたいから、
こうやって販促行為もオーケーなのだろうな>マリア」
トンベリ 「歩数ダメージの方がいいか?みんなの恨みでもいいぞ?>GM」
レッドウルフGM 「パァン!パァン!>ケーキ」
石丸清多夏 が幻想入りしました
チルノ 「ふふふ、あたいなんて氷で包丁作っちゃうよ」
トンベリ 「ちなみに歩数はカンストしています」
レッドウルフGM 「なんだ・・・こいつの背後からとてつもないオーラを感じる・・・!
具体的に言えば、いままで戦場で殺して来たやつらの!>トンベリ」
マリア 「ケーキだ!
食べていいのか? >ケーキ」
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
石丸清多夏 「よろしく頼もう!」
チルノ 「し、下が暑苦しい!
あたいの氷がとけちゃう!」
レッドウルフGM 「下がサイヤ人化してチルノが蒸発しそうだな」
ケーキ 「パーティが始まっているのならばいいのではないだろうか? >マリア」
トンベリ 「しかしGINZAが使いにくくてかなわん」
石丸清多夏 「>チルノ
溶けるのは鍛え方が足りないからだ!
さぁチルノ君、僕と一緒に乾布摩擦でもどうかな!?」
マリア 「わーいわーい!
いただきますー!
ちゃんと挨拶できるんだぞー! >ケーキ」
レッドウルフGM 「そのケーキはファットケーキだが、食べる度胸はあるか?>マリア」
マリア 「(もぐもぐ)
ふぁ?ふぁっとけーき?
…ふぁっ!とするほど美味しいのか? >GM」
レッドウルフGM 「ふ 
と る >マリア」
薔薇水晶 が幻想入りしました
石丸清多夏 「>GM
サイヤ人化・・・それは努力を続ければなれるものなのかね?
つまり僕がいまだにサイヤ人とやらになれていないのは努力不足か!
ぐおおおおおお、なんたる失態!ありがとうGM、僕の努力不足にきずかせてくれて
僕は今まで以上の努力をすると誓おう!」
チルノ 「あついあつい!ちかよらないでよね!
氷玉ぶつけ・・・と、とけてる!>石丸」
薔薇水晶 「ばらしーちゃんだよ~」
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
ケーキ 「おいしくいただいてくれ、クリスマス特製らしいからな >マリア」
黒こなた が幻想入りしました
マリア 「ひぐぅぅううう!?
…わ、私太るほど食べないし!
ちょっとお腹いっぱいだから他の人に分けてあげようって思ってた所だったのだ! >GM」
黒こなた 「よろしく」
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
夜雀 が幻想入りしました
夜雀 「や!」
レッドウルフGM 「肉と呼ばれたくなければそうするといい>マリア」
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
石丸清多夏 「>チルノ
む、氷玉・・・そうか雪合戦かね!たしかに寒い季節になった丁度いいだろう。
そして!寒さに負けず外で遊ぶというのが日本男児の姿だ!
うむ、僕は今、日本男児のあるべき姿を見て感動している!!」
ケーキ 「ファットケーキ画像検索してみたのだがなかなかにアメリケンな雰囲気がするな・・・」
タブンネボム が幻想入りしました
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
西澤桃華 「っと目を離していましたら、そろそろ時間ですね」
マリア 「お肉…?
お肉は好きなので食べたいと思います! >GM」
夜雀 「はぐれメタルが、現れた!」
チルノ 「みすちんやっほー」
ケーキ 「カウントは少々長めにとったほうがよさそうか?」
タブンネボム 「タブンネボムの時代はもう終わったんだ」
阿万音鈴羽 が幻想入りしました
レッドウルフGM 「この少女飢え過ぎだろう・・・なぜか保護欲に駆られる>マリア」
薔薇水晶 「はぐれメタルにはまじん斬りですね」
汚い忍者 が幻想入りしました
チルノ 「あたいは妖精だよ!男児ってなんだ!
凍らすぞ!>石丸」
石丸清多夏 「女性はいささかふくよかの方がいいだろう。しかし余分な肉が付きすぎるのは良くない!だらけている証拠だ!
まずは朝のラジオ体操から始めたまえ!」
汚い忍者 「うっす」
阿万音鈴羽 「やっほー」
レッドウルフGM 「そのあたりは御任せしよう>ケーキ」
チルノ 「チルノ さんが登録情報を変更しました。」
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
ケーキ 「了解した では10から一応カウントをとらせてもらおう >GM」
やる夫 が幻想入りしました
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
やる夫 「おっお
よろしくだお」
石丸清多夏 「>チルノ
そ、そうかそれは失礼した。
しかし妖精か・・・妖精とはどのような風紀を重んじるのかね?」
マリア 「飢えてなんかいないぞ!
毎日ご飯いっぱい食べてるし、おやつもポテチちゃんと食べてるのだ! >GM」
薔薇水晶 「コタツの中でのんびりしたいな~」
ケーキ 「現在の来客の準備ができたことを確認した カウントはじめてもよいか? >GM」
タブンネボム 「君達、少しは経験値以外のことを考えたまえ」
レッドウルフGM 「というわけで時間だ。
投票確認次第カウントを始めてくれ>ケーキ」
マリア 「大福が喋ってる!?
凄い!凄いのだ! >やる夫」
石丸清多夏 「右下に風紀の乱れを感じる・・・!」
チルノ 「知りたいの?ふふん、知りたいのね?
妖精はね、とにかくさいきょーなのよ!
あたいはその中でも特にさいきょーよ!>石丸」
西澤桃華 「失礼、投票を失念していましたわ」
薔薇水晶 「経験値は考えてないよ~
けどケーキ食べたい>タブンネ」
汚い忍者 「コタツは一回入ると出られなくなる罠だからな・・・>薔薇水晶」
ケーキ 「了解。はじめ・・・と思ったらお穣さまがまだだったか >GM」
チルノ 「さいきょーのなかのさいきょーつまりちょーさいきょーってことね!」
ケーキ 「OK 確認して では始めようか」
ダディ が幻想入りしました
ケーキ 「クリスマスまであと10日」
レッドウルフGM 「いらっしゃーい」
ケーキ 「9日」
ダディ 「よろー」
薔薇水晶 「罠でいいから入っていたい♪>忍者」
ケーキ 「8日」
ケーキ 「7日」
ケーキ 「6日」
阿万音鈴羽 「まあ、この人数ならカウントはゆっくりじゃなくても良いと思うけどね」
ケーキ 「5日」
石丸清多夏 「>チルノ
さいきょー。つまり1番ということか、それは素晴らしいな!
ようせいのなかのさいきょーであるチルノ君はどのような努力をしているのだ?
参考にさせてもらいたい!」
ケーキ 「4日」
ケーキ 「3日」
阿万音鈴羽 「阿万音鈴羽 さんが登録情報を変更しました。」
ケーキ 「2日」
トンベリ 「他刺しじゃない人数だがまぁ大丈夫だろう」
ケーキ 「1日」
ダディ 「クリスマスって年ごとにどんどんどうでも良くなっていくよな」
ケーキ 「メリークリスマース!!」
できない夫 が幻想入りしました
チルノ 「さいきょーがさいきょーなのは当たり前
努力なんて必要無いのよ・・・(決め顔>石丸」
マリア 「わははー!
クリスマスは私に感謝するのだ!」
ゲーム開始:2013/12/07 (Sat) 18:43:28
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 鬼陣営1
「◆レッドウルフGM 今回のGMはプースカ@夕飯はうどんでいいかな。 でございます。
ゲームに熱くなるのはいいが終わったあとは笑って話そうぜ!(自戒
感情がたかぶったときは打ち込む前に、まずPCから離れましょう。
それでは各陣営勝利をめざしつつ最後までお楽しみください。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆レッドウルフGM 村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 鬼陣営1

ほう・・・これは面白いことになりそうだ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆レッドウルフGM 新顔は「一寸法師」「風神」「雷神」の三種だ。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
レッドウルフGM は無残な負け犬の姿で発見されました
ケーキ は織姫に選ばれました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
レッドウルフGMさんの遺言 メタルマックス4〜月光のデーヴァ〜もよろしくぅ!
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
西澤桃華
      /                    \ ヽ
     /      /       l      ヽ⊥  -┐
   ト 7      _l_     _|        l  _.フ
   ヽj    , ィ / `    ´  j|`ヽ、 |  } ィ ´
    {  l  l  l/__|   l  /!/_l    ノ / ノ ┴-- j
  、‐ヘ ト!,、⊥Lレ:´ハー┴ー'/ィ:´ハヽ-くノ/イ   _ フ
   `<`__l l ,イ lノい_|    lノい._| ト l  j--ァ‐ ´   おはようございます!
     { | |j_{ lヽ´rj      lヽ´r:l }V  l  }
      ヽl | ^ ー '      ー ' ^1  レ/
         !ヽ / /  丶   / /   l  ,' /       吊り7でこれなら
       l ト、    vーi     ,l / !l
          ヽ|  >、 .._ヽノ_ .. イ |/ ハ|
           _ヽィノ  _   !ィ/ V          何とかなると思いたいですね。
        / /二 Yl/_ ` く /`┬―‐ 、
       /  l ´, -、}lj'- `、 }  !    ヽ
        !   |  ― 、l{- 、  l  l  /    |     COある方はどうぞ……!
         l   ハ  T_ 人ァ   !  l /    l
       j   ト、l   リ {   |_ノ /    j
       |  jr_く_  ハ ハ  {ゝ-,、!     l」
タブンネボム 「村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 鬼陣営1

何でこの人数で恋人いるんだよ!
共有いればいいなとか思ったけど幻想に過ぎなかったようだ」
黒こなた 「おはよ。」
ダディ 「おはようさんです。
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 鬼陣営1
呟きは0回なので居ても隠者かな?
後吠えが16回あったぞ」
やる夫 「村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 鬼陣営1

7吊りで5人外ここまではいいんだけど
問題はQPがこれどう作用するかってところだおね
人外同士に刺さってくれてることを祈りたいところだけど

それじゃあCOあるやつはいるかお」
汚い忍者 「うっす」
熊野 「重巡熊野、出撃致しますわ!
この人数でキューピッドとは…先が思いやられますわね。
共有者の小声は無かったようですわ。それでは報告がある方は鎮守府までいらっしゃるといいですわよ。」
マリア 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 鬼陣営1

わはは!狼が少ないぞ!
これは狼全滅でのおうどんが怖いと思います!
共有の声も聞こえないし、QPもいるしで怖いぞ!」
できない夫 「グッドモーニング娘。」
阿万音鈴羽 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 鬼陣営1
おっはー
7吊り5人外QP入り
この人数だとQPは自撃ちだから人外CPに期待は出来ないかな
吠え的には3Wフルで居そうな感じ」
夜雀 「TINTIN!」
西澤桃華 「って、織姫……!?」
チルノ 「あたいだあああああうおおおおおおお」
薔薇水晶 「傾奇者COですよ♪」
熊野 「おっ・・・織姫ですってぇ!」
ケーキ 「ほほう?」
ダディ 「んで基本の吊り回数が7回だが鍋なので増減があるかもって所
吊り回数が増えてくれると嬉しいぞ」
石丸清多夏 「おはよう!早起きはやはり気持ちがいいな。
陣営だが・・・鬼が気になるというぐらいか、それ以外のバランスは比較的よさそうだ。
まぁQPが村に矢をうつとつらいかもしれんが・・・」
黒こなた 「お、おう… >織姫」
マリア 「彦星がいる!?」
汚い忍者 「おー、織姫か
わりとめずらし」
トンベリ 「おはようだ恋人は自刺しの人数だし
狼は吠えからすると3辺りだろう1飼えれば後は狐を呪殺しながら進行したいな
鬼は味方であってくれでなければ恨み晴らすからな」
タブンネボム 「なんか織姫出てるよ」
やる夫 「えーと、これはQP陣営は彦星でいいのかお?」
チルノ 「お、織姫!!
そんなバカな!」
薔薇水晶 「あら、ケーキ恋人なんですね」
熊野 「全くの季節外れですわ!
これは殲滅しなくては…」
夜雀 「織姫!彦星を殺さなきゃ!(使命感)」
汚い忍者 「おだまり!<夜雀」
できない夫 「さすがに1W、ってことはなさそうだが
それでも気は抜けねぇな」
石丸清多夏 「そうか、織姫か・・・」
ダディ 「んで織姫が居ると……初日qでは無いんだろうな」
阿万音鈴羽 「ケーキが織姫ー
彦星と」
タブンネボム 「ケーキ恋人なら吊っていいよね」
ケーキ 「と、いうことだ。頑張ってくれたまえ。」
チルノ 「このケーキを食べたのは誰だあ!
せいてきないみで!」
トンベリ 「歌舞伎かなるほど」
やる夫 「非村表記
サトラレCOだお」
阿万音鈴羽 「まー狼と狐の数がほとんど変わらないってのは面倒だよね」
できない夫 「ケーキに自撃ちするQPがいる……だと……」
薔薇水晶 「QPがいること確定ですね」
汚い忍者 「傾き者かー
捨て票は居るならケーキにしてりゃいいけど」
タブンネボム 「織姫とか出てるなら吊ろうよっていう」
黒こなた 「ああ、織姫吊る事できないから >タブンネボム」
夜雀 「なんでや!>汚い忍者
……はっ、恋人陣営が出ているってことはつまり……。」
ケーキ 「私は吊られてもしなんぞ? >タブンネボム
というか、票が無効となるはずだな」
西澤桃華 「誰でしょう、ケーキさんを恋人に選びそうな人って
……素直に考えるとマリアさんとかトンベリさんですが
まぁ良いです、本日は恋人狙いはすべきでないと思いますね」
やる夫 「いや、織姫だから確かそいつ吊れないんだお>タブンネ」
石丸清多夏 「票変わり職はこの人数だとそこまでみれるかが若干不安にはなるな・・・
しかし様子見でいいだろう」
ダディ 「それは嫌な情報だがまぁ最終日までに彦星倒せればいいって所
そこ人外だとさらにありがたいかな」
トンベリ 「織姫は無視して吊るなり噛まれるなりされないとな」
薔薇水晶 「じゃあ捨て票しますね」
汚い忍者 「ほう、んじゃサトリも出りゃいいだろ」
熊野 「まだ見えただけマシというものですわ。でもケーキと結ばれる事を望む方が居るなんて…
わたくしには理解出来ませんわぁぁ!?」
タブンネボム 「え、織姫吊れないってどういうこと>黒こなた」
阿万音鈴羽 「ケーキはまあ元の役職を言いたければ言えば良いんじゃ無いかな
で傾とサトラレと」
できない夫 「つまり、お前さんが幻視者じゃないと主張するわけだな>やる夫
どこだ……?
どこにいる、サトリはどこだ?」
チルノ 「つまりやる夫を悟っている奴がいるわ!
出てきなさいよ!」
やる夫 「・・・?あれ?出ないのかお?」
マリア 「出た!
わはは!喋る大福を調べるのは私だぞ!(サトリCO)」
夜雀 「貴方が、彦星ね!>汚い忍者」
西澤桃華 「ケーキさんは、役職を表上でもCOして頂けると嬉しいですけど」
薔薇水晶 「あとサトラレですか
サトリいたら出てくださいよ~」
できない夫 「俺じゃないことだけは明言しておこう
当たり前だ、お前の私生活なんぞどうして見なきゃいけない」
汚い忍者 「ま、ステ評したけりゃケーキでいいよ>ばらしー
そこ投票したら0票になるから」
石丸清多夏 「そうか、QPはケーキが食べたくて仕方なかったのだろうはっはっは」
黒こなた 「織姫 [Ver. 2.3.0 α2~]
[配役制限] 役職付加専用
[耐性] 人狼襲撃:無効 / 毒:対象外 / 暗殺:反射

様々な特殊耐性を持つが、2 日目昼に存在を告知される。
耐性発動は 2 日目昼以降。

耐性一覧

難題の耐性全て
氷妖精の悪戯反射
呪殺・陰陽師の呪返し無効
狩り無効 (夢守人を含む)
獏の夢食い能力無効
身代わり能力無効 (伊呂具秦公を含む)
神主・封印師・雪狼・雪狐・寒戸婆の能力無効
狙毒者の毒能力無効 (処刑時に織姫に投票していた場合)
蝕巫女・堕天使・蝉蝙蝠のショック死能力無効
半鳥女・冥血鬼の死の宣告能力無効
処刑投票数・得票数ゼロ
処刑者決定能力 (優先順位低め)
チルノ 「つまりケーキは飾っておけってことね
あたいわかる>吊れない」
トンベリ 「さてどこら辺に恋人がいるか」
ダディ 「なら上げなくて良いと思うぞ?狙いがあるように思える>西澤」
やる夫 「や、やる夫は大福じゃねぇお!!!」
ケーキ 「耐性一覧
難題の耐性全て
氷妖精の悪戯反射
呪殺・陰陽師の呪返し無効
狩り無効 (夢守人を含む)
獏の夢食い能力無効
身代わり能力無効 (伊呂具秦公を含む)
神主・封印師・雪狼・雪狐・寒戸婆の能力無効
狙毒者の毒能力無効 (処刑時に織姫に投票していた場合)
蝕巫女・堕天使・蝉蝙蝠のショック死能力無効
半鳥女・冥血鬼の死の宣告能力無効
処刑投票数・得票数ゼロ
処刑者決定能力 (優先順位低め)
Ver. 2.3.0 α4~」
薔薇水晶 「おまんじゅうをさとるなんて
珍しい人ですね」
夜雀 「狼-狼でさとり騙りをするだろうか、いやない!
狐-狐?知らない子だね……。」
タブンネボム 「マリアがさとりCOね、やる夫人外だったとしてもマリア偽とは分からないんだよね」
汚い忍者 「この少人数でQP希望するか!俺がw>夜雀」
石丸清多夏 「(ちょっとマリア君がQPあると思ってたなんて言えない)」
できない夫 「COしたところで真実とは限らないからな>西澤
期待はしないことだろ」
マリア 「出たならいいぞ!
明日は何回喋ったのか調べるんだぞ!」
熊野 「サトラレに傾奇者にさとりですわね。意外に露出も多いですこと。
これはカオスの予感っ…いえ、そもそも鍋とはカオスなものですわね。」
やる夫 「やる夫もお前には見られたくねぇお>できないお」
ケーキ 「ほっほっほ、お楽しみは最後に取っておくがよいぞぉーみなのものぉー」
西澤桃華 「と思いましたら、マリアさんがさとりですか
了解しました。
やる夫さんは適当に夜の吠えで調整されてください」
阿万音鈴羽 「えー…一応傾きはこの人数でも残せないことはないかな
さとりラインは非狼証明したとしてもライン騙りは見といた方が良いよって感じ」
トンベリ 「私ならタブンネを選ぶな皆の恨み的な意味で>西澤桃華」
夜雀 「饅頭だよね、知ってる!>やる夫」
ダディ 「さとりがマリアな、やる夫は吠えとは違う感じで吊っ振やいて欲しい所」
できない夫 「あれだ、つまりやる夫は今夜は小声で面白いAAを50発言な」
黒こなた 「言ったとおりだよ、そもそも。
そんなあっさり露出する恋人が簡単に死ぬと? >タブンネ」
マリア 「美味しそうなんだぞ! >やる夫」
チルノ 「そんなにお腹が減っているのか!>マリア
あたいが雪見大福にしてやろうか?」
タブンネボム 「さとりラインは噛まれなければ疑うってことで放置で」
汚い忍者 「少人数だとライン騙りの方を疑うほうがいいんじゃね?>タブンネボム
現時点では」
石丸清多夏 「ふむ・・・マリア君は和菓子派だったか
僕としたことが、なんたる失態。そこにきずけないとは!」
できない夫 「期待しているぜ(キラッ」
熊野 「要するに織姫には何も効かない、という雑な認識で宜しいですわよ。」
やる夫 「いあ、露出してる人外に意見を求める意味が薄いと思うんだけどおね」
トンベリ 「ソッチの方がネタになるからな」
ケーキ 「・・・あ、元の役職ってこればらしてもいいのか?」
薔薇水晶 「やる夫さんが真証明できる人なら2人確定村になるんですけどね」
チルノ 「すごいな織姫さいきょーじゃん
どうやったら死ぬんだ」
タブンネボム 「そんな難易度無理ゲーだよ>できない夫」
黒こなた 「さとりラインねぇ。
まぁ、把握。」
ダディ 「で声やら行っておけばいいかなと初日時点ではそこらは放置でいいんじゃねって感じ
証明できてないが今吊るす団自戒じゃないしな」
やる夫 「提案
傾奇者は織姫に投票できるなら投票
できないのなら、やる夫に投票」
阿万音鈴羽 「まー大声小声混ぜるよりはどっちか連打した方が分かりやすいんだよね、サトリ」
トンベリ 「さとりねぇどうなるか見るべきだな」
西澤桃華 「◇できない夫 「COしたところで真実とは限らないからな>西澤
期待はしないことだろ」
それでも、もしも占いなどでしたら、呪殺とかそういうのから
何かが分かるかもしれないと思いまして。
その場合は、真でも真偽真贋必要ですけど」
やる夫 「これで、どうだお?」
夜雀 「織姫と傾奇者とさとりまではわかった!グレランの時間だ!」
タブンネボム 「マジでどうやったら織姫死ぬんだよ>チルノ」
できない夫 「ライン騙りだとしても、妖狐は……あー、2匹いたな
十分可能なラインか

だが、俺はそこは占う必要は今ひとつだろ
露出している以上、他を狙うのが先じゃないかと」
石丸清多夏 「まぁ皆も言ってる通りサトリらいんも放置でよかろう。
ふむ、他にCO無ければ残りでグレランだな」
ダディ 「なんで普通にグレランでいいんじゃないかと思うぞ
というか指定役居ない時点でそれしか無いか」
チルノ 「発言でのなんだっけ?なんかあるじゃん
小声とか大声とかがどうのってやつ
あれあれ、あれやっとけばいいよ>大福」
マリア 「ケーキは太っちゃうから、駄目なのだ!
なので私は大福を美味しくいただくんのだ! >石丸」
黒こなた 「色々と説明がめんどうだなぁ」
やる夫 「ああ、夜の大声連打とかはわかってるお」
熊野 「出来る限り手早く敵を撃墜しなくては…
残せば残すほどに被弾が増えてしまいますわ。あぁっ…燃料と鋼材が!…」
汚い忍者 「だから最初からそーいってんだけどよー
お前大声で言うなら発言よモーゼ」
薔薇水晶 「織姫に投票済みです♪」
できない夫 「特に占い師は鬼を占えば鬼結果が出せる
精神鑑定もだな、その辺りは上手いこと鬼を見つければ信用はうなぎアップだろ」
タブンネボム 「さっき無効って誰か言ってたような>織姫に捨て票」
夜雀 「織姫に投票しちゃうと票数わからなくなるからさとりラインのどっちかでいいんじゃない?」
チルノ 「さいきょーのあたいでも時々わからないことはある>タブンネ」
やる夫 「あー、しっかしめんどくせぇお」
ダディ 「それはいいだろうな>やる夫
2票持ちはグレラン参加すると色眼鏡で見てしまうし」
トンベリ 「さとりはラインでどうなるかはまだ分からん
しかし見させてもらいたい」
汚い忍者 「無効って0票になるってだけ」
石丸清多夏 「あぁなるほど、織姫に投票させるというのは納得だ。
やる夫君はすばらしいな、流石と言わせてもらおう!」
阿万音鈴羽 「ああ、織り姫に投票してればずっと捨て票になるんだっけ?
2票持ちの証明は出来ないけど2票持ち以外がそんなCOはしないもんね」
トンベリ 「十分情報が欲しいのでな」
チルノ 「そもそも票数0にされるんでしょ
意味ないじゃん」
タブンネボム 「さとりラインならやる夫でいいと思う>夜雀」
黒こなた 「ああ、わからなくなるよりはわかったほうが確かにいいか。 >かぶき票」
西澤桃華 「傾奇者は・・・最大の陣営が3ならば、そこまで焦らなくて良いと思います
PP等は難しいはず。
捨て票そのものは、悪くないですがね」
マリア 「無効は0票なんだぞ!
だから投票したら票見れないんだぞ! >汚い忍者」
できない夫 「奴が占い師だとする>西澤
呪殺よりは飽和を狙う……には、ちょいと狼の数が不安か
吊りきりを狙うだろうな……」
夜雀 「じゃ、それでいこう!」
ケーキ 「んじゃ まあ 他にいるなら色々と頑張るがよいぞぉ」
石丸清多夏 「流石に今の段階でばれるようなCOはしないとおもうぞ・・・?
>わからないうんぬん」
阿万音鈴羽 「狐よりは狼の方かな>騙りラインを見るなら>できない夫」
ダディ 「自分から言ってるのは好印象>薔薇
五日目で判断でいいだろうなカブキは」
チルノ 「全員織姫に投票したらどうなるんだ」
熊野 「このような少数精鋭戦においてラインの見極めは重要ですわ。
索敵を最大限に利用しつつ、各個撃破へ移行ですわよ!」
できない夫 「その場合、灰を占って呪殺は大いに有り得るか
ところでこの村、人形がいねぇな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆レッドウルフGM あとふたりー」
「◆レッドウルフGM できない夫とうひょうだー」
2 日目 (1 回目)
ケーキ0 票投票先 →チルノ
チルノ1 票投票先 →トンベリ
西澤桃華3 票投票先 →汚い忍者
マリア0 票投票先 →西澤桃華
熊野0 票投票先 →トンベリ
トンベリ4 票投票先 →西澤桃華
石丸清多夏0 票投票先 →西澤桃華
薔薇水晶0 票投票先 →ケーキ
黒こなた0 票投票先 →チルノ
夜雀1 票投票先 →できない夫
タブンネボム0 票投票先 →汚い忍者
阿万音鈴羽1 票投票先 →夜雀
汚い忍者2 票投票先 →できない夫
やる夫0 票投票先 →トンベリ
ダディ0 票投票先 →阿万音鈴羽
できない夫2 票投票先 →トンベリ
トンベリ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
ケーキ は恋人の後を追い自殺しました
タブンネボム は無残な負け犬の姿で発見されました
阿万音鈴羽 で足音が聞こえた…
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
トンベリさんの遺言 トンベリの雷神COだ
足音は俺の恨みの音心して聞け
どうなるかな?
初日行動はできない
できない夫さんの遺言 傀儡師CO
やる夫●>熊野○●

1日目夜
特に理由はないが俺の知っているやる夫は初手で吊られるようなタマじゃない
呪殺しちまったらすまんな、その時は俺が主役を引き受けるだろ
なお、実際には【傀儡師】だ。ちゃんと人形が朝イチで告発するかどうか見とけ

困ったことに狼だ、マリアと狼ラインもあり得るが
いずれにせよ即吊りってわけにはいかねぇのが悩ましいな

2日目夜
トンベリが非狼はほぼ確定、投票者4人から俺とやる夫を除けばチルノと熊野
チルノは黒こなたに任せて、俺はノーマークの熊野を見るとしよう
さりげなくやる夫とつながりがありそうな位置というのが理由だ



              / ̄ ̄\
             /  「  ヽ \
             |  (●)(●) |
             |     |     |
.     ↓磁界    |   __´_  |
        r、     |   `ー'´  |
      ,... \\r、  ヽ      ノ
 電流→\\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
        ↑  ヽ、._   ヽ、_,r'   |
   電脳コイル  `ヽ、   /'  |
ケーキさんの遺言 この私が「おみくじケーキ」だ。毎晩だれかの夕食のデザートに紛れ込んで
そのものの本性を「占わせて」もらおうか。人間でいう「占い師」のようなものだな

タブンネボム●○

1日目 タブンネボム
名前に「ボム」なぞ物騒でしかたがないな・・・
ものは見かけによらぬものか。どれ、危険がないかどうか
チェックの種に食べられてこようか。
タブンネボムさんの遺言 連毒COだよ
毒いなかったらニートじゃないか

嘘だよ彦星だよ、ケーキなんてリア充が独り占めしてやるからな
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
石丸清多夏 「おはよう。うむ、0票になっているな。
票がどうなるかは5日目別投票で見てみればいいだろう」
夜雀 「TINTIN!」
熊野 「重巡熊野、再度出撃致しますわ!」
黒こなた 「おはよ。
◇できない夫(146)  「その場合、灰を占って呪殺は大いに有り得るか
ところでこの村、人形がいねぇな」

あからさまに人形に意識で判断に困る紅天使とかは無いしわかんないから
まだ様子見かな。」
汚い忍者 「うーっす」
チルノ 「あたい吠えの数と種類確認した

大中中大小小小中大大小小小小小中
小中中中小小中大中中中中小小小」
阿万音鈴羽 「おっはー
随分騒がしい夜だったね
吠えは小14大5中11」
薔薇水晶 「大→普→普→大→小→小→小→普→大→大→小→小→小→小→小→普
小→普→普→普→小→小→普→大→普→普→普→普→小→小→小

見た感じこんなところですね
さとりラインはよろしくお願いしますよ♪」
マリア 「やる夫は5回ほど小声で発言してたぞ!
大福じゃないっていっぱい言ってたぞ!
わはは!」
ダディ 「おはようさんです。
投票総数14から普通にカブキ以外に多数票持ちは居ないと見ていいだろう

発言で気になったのはチルノ「そもそも票数0にされるんでしょ
意味ないじゃん」 参加させないことに意味があると思うんだが、この発言だとカブキ信じてるように思えるぞ

後鈴羽の狐よりは狼がさとりライン騙りそう発言が気になる、狼最大3でやるほうがリスキーなような

後吠えが大声5回 小声14回 普通11回あったぞ」
汚い忍者 「ほうほう」
石丸清多夏 「恋人早いな!!!」
やる夫 「おはようだお」
西澤桃華 「                /:フ _
          _ ┌ヒ―': : ̄: : : : :ヽ.、 _. ィ
           _l |└‐┘: へ: : : : : :へ く: : /
        ├―': : :r‐コ: \\//: : ::ヽ'
       __/r二 7: :|_|: : : : : : : ヽ : : : : : : l__   何で私吊られかけてんだよぉ おらぁ!?
      \:::/:: :凵 : : :l: : : : : : : : l: :/: :、ノ::/
      __l: : : : :、: : ト、: : : : _r_レヽ^ヾ.|:/、
      \: l: : : : :/> 、`/ しf  。   }ゝレ    つーか、トンベリ恋人っぽいっつーから(違ったけど)
.          `ヽ_ヽ'j^  。 ヽ^ ...    ノ|: : l
          | |: :ゝ,   ..:::::::、:::.     j:: :l
         ヽl: ::l ¨     _/ヽ /ヽ:j     吊らなくて良いって言ったじゃねぇか!
            l: :ト、   「テ'¨..°r'
           ∨  ' ーレ...............|
                |...o._....j 。       あと、やる夫は狼くせぇぞ!
               。 ー'
黒こなた 「あー? >遺言」
夜雀 「恋人消毒!」
西澤桃華
~--_ _ _-~~_ _ _ _ _-_---__-~----_ _ _
大が~、普通の声が- 小声が_ です」
石丸清多夏 「そして足音か・・・ふむ」
やる夫 「うん、あってるお>小声で5回」
阿万音鈴羽 「傀儡遺言 彦星死亡」
汚い忍者 「傀儡遺言でやる夫●ねぇ・・・
どーすっかね、これ」
薔薇水晶 「恋人死んでやる夫さん狼結果?」
熊野 「あら、やはりクリスマスシーズンともなれば、ケーキは出荷が早いのですわね。
そして無残は二つ、ですわね。」
ダディ 「閻魔co できない夫噛まれ タブンネ暗殺」
やる夫 「巫女CO ケーキは狼陣営」
夜雀 「小声で5回じゃ疑いは晴れないなぁ。(ゲス顔)」
薔薇水晶 「連毒だから毒死はないですね」
マリア 「恋人が消えてるんだぞ!
わはは!」
チルノ 「へー傀儡COでてるんだね
熊野とかやる夫とか怪しいけど
ケーキの遺言は結果足りないし恋人だしむっしんぐで」
石丸清多夏 「一応やる夫君にCOきくでいいのではないだろうかね」
西澤桃華 「え、死因なんです?
呪殺? 熊野呪い返し?」
汚い忍者 「おめーら、やる夫が言ってから出せよ>夜のやる夫発言云々」
阿万音鈴羽 「んー…これやる夫狼で良いと思う」
熊野 「おまけに足音…やれやれ、解析すべきデータが多くて困ってしまいますわ。
夕張さん!夕張さんはいらっしゃらなくて!?」
黒こなた 「ん?暗殺いるのね、そんで狼陣営かぁ」
石丸清多夏 「ふむ、暗殺がいるのか」
汚い忍者 「ほむ>できない夫噛まれ」
夜雀 「はっ、縦一列が綺麗に死んでる!」
やる夫 「多分小声で5発言も出せば十分じゃろという判断」
チルノ 「あたいの朝一発言見ればわかると思うけど小声凄く多かった>マリア」
阿万音鈴羽 「ケーキ狼陣営ってことは…ってやる夫が出してるのかそれ」
薔薇水晶 「やる夫さん飼いでいいんじゃないですか?」
黒こなた 「あ?やる夫が巫女?んー。」
ダディ 「できない噛まれでやる夫●なんで夢ではあると思うってのはあるがそこ真が最悪
後暗殺居るのでそこ吊らずに行きたいが指定出来る位置がなぁ」
マリア 「…あ
私もっと早めに言わなきゃ駄目だったのか?
ごめんなさいなのか? >汚い忍者」
汚い忍者 「おせーわ!気付くのw>夜雀」
熊野 「巫女に閻魔…逐一解析致しましょう。」
薔薇水晶 「狼陣営死んでるんですから
LW吊りしたら危ないです」
夜雀 「ケーキ狼陣営は……あり得ると言えばあり得るのか。」
西澤桃華 「というか、狼の夜の声見えるならそれに対抗すれば良いのに、
しないなら知りませんね

まぁ、やる夫さんは残り3~2手で吊れば良いと思います」
阿万音鈴羽 「暗殺が居るならまあ、閻魔はそれなりに信頼できるかな
閻魔が暗殺ってこともありそうだけど」
チルノ 「暗殺いるんだ
タブンネボムは発言薄いし暗殺箇所として妥当だ確かに」
汚い忍者 「ま、本来はマリアが言ってから周りがいうくらいのほうがいいかなーと思うんだがね>マリア
オメーが遅れたのは別にいーよ」
薔薇水晶 「LWなのか謎ですけど」
黒こなた 「暗殺が吊れるとかも嫌だしなぁ」
やる夫 「それじゃあ、できない夫噛まれと仮定するなら
忍者とか夜雀があやしいと思うお」
薔薇水晶 「あったら怖いので」
ダディ 「とおもったら傀儡か!ならやる夫基本狼でいいと思うぞ」
夜雀 「閻魔自体は割と信用できそうだけど、閻魔だしね。(迫真)」
熊野 「暗殺という事は鬼が動いている…
積極的な鬼ですわね。友軍であれば嬉しいのですが、油断は全く出来ませんわ。」
石丸清多夏 「QPであるのはタブンネ君であるのはまちがいない
ならばやはりできない夫君を信じるべきか・・・」
汚い忍者 「まぁ、鬼が居る状況で暗殺で出てくるなら信用はできっだろ」
薔薇水晶 「やる夫吊りはないない」
西澤桃華 「つーか、私投票者は理由とかないんですねぇ」
阿万音鈴羽 「やる夫吊り自体は8か6でしたいね
今吊るべき位置ではない」
やる夫 「やる夫視点では狂人だけどもね>できないお」
チルノ 「みのけっぱくを証明するやる気が感じられないから
やる夫吊りたいんだけどどうかなー」
マリア 「やる夫大福なのに狼なのか?
私、騙されていたのか!?」
汚い忍者 「おやおや、できない夫に●出されてるやる夫から怪しいと言われちまったよ(棒読み」
ダディ 「なんでやる夫残しの他から吊りでいいかと
さとりに対してあの吠えするんだし狼ピンチではあるんだろう」
夜雀 「やる夫吊りはまあ予約でいいんじゃない。」
やる夫 「そして、ナチュラルに閻魔COを信じるやる夫・・・!
いや、きっと真だって信じてるお」
薔薇水晶 「やる夫吊りたいと言ってる位置吊るすべきでは?狐ありえるので」
阿万音鈴羽 「やる夫が狼陣営結果出してるってことはあれだよね
残り2Wしか居ないぞって示唆してることになるよね」
夜雀 「恋人じゃない汚い忍者なんてただの忍者じゃない!」
やる夫 「やる夫は狼じゃねぇつってんだろうが!!」
黒こなた 「暗殺されてもいやだし真証明のために。
そんで他の役職保護の為にろくろ首co」
石丸清多夏 「狼は3だったかね?
なるほど確かに早く吊りすぎるのも危険か
しかしぎりぎりというわけにもいかないので10か8だとは思う」
チルノ 「あー飼い狼として進めるかんじ?
確かに狼少なめだからそれもありなのかなー」
ダディ 「できない夫はトンベリ投票で2票貰いと
そこ噛むんだから占いに見えたんだろうな」
熊野 「うぅむ…やる夫さんが●という遺言ですわね…
つまり完全にお二方は対立という形で宜しくて?
両立する可能性は…無い筈ですわ。」
汚い忍者 「ただの忍者の何が悪い!
役職忍者だったら一回噛まれてもいいんだぞ!w>夜雀」
薔薇水晶 「けど吊られるわけにもいかないのは確かじゃないんですか?やる夫さん視点」
チルノ 「誰でもそう言うよ>やる夫」
石丸清多夏 「ろくろ首は一度死なないとかであったか?」
夜雀 「じゃあ、アレだ。やる夫は暗殺処理しよう。(真顔)」
マリア 「ろくろ首が出たんだぞ!?
そこ投票でいいのか?」
黒こなた 「今日は私処刑(無効になるけど)でいいよ」
チルノ 「ろ、ろくろ首!
首が長くて縄がかけれない奴だ!」
薔薇水晶 「じゃあこなたさん吊りで
暗殺いるなら灰暗殺でお願いします」
阿万音鈴羽 「できない夫の噛まれが何かってお話
紅天使も彦星いるから無いしさ」
チルノ 「じゃあんさつほごでろくろ吊り」
夜雀 「おお、良い出方!>ろくろ首」
西澤桃華 「吊ると、狼の手が言って進むので
あまり吊りたくないですが、あぁ 暗殺いるなら大丈夫ですかね
それは帳消しできる」
石丸清多夏 「暗殺使うくらいなら吊りでいいのでは・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →黒こなた
西澤桃華0 票投票先 →黒こなた
マリア0 票投票先 →黒こなた
熊野1 票投票先 →黒こなた
石丸清多夏0 票投票先 →黒こなた
薔薇水晶0 票投票先 →黒こなた
黒こなた11 票投票先 →熊野
夜雀0 票投票先 →黒こなた
阿万音鈴羽0 票投票先 →黒こなた
汚い忍者0 票投票先 →黒こなた
やる夫0 票投票先 →黒こなた
ダディ0 票投票先 →黒こなた
黒こなた を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
黒こなた の処刑は無かったことにされました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
薔薇水晶 で足音が聞こえた…
ダディ は無残な負け犬の姿で発見されました
西澤桃華 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒こなたさんの遺言 ろくろ首co
ダディさんの遺言 閻魔co
西澤桃華さんの遺言 多分夢狩人日誌
初日:不可
えっと、狩人ですよね……
が、頑張って護衛します。 共有がいないっぽいですが
きっと夢じゃないって思いたいです

2日目:マリア > 護衛成功
吠えが変です。やる夫狼の可能性は高いと思います
ここまでやるならば、マリアさん護衛でやる夫さん吊りと思います。

3日目:熊野  > 
あぁ、夢ですね。 分かります……
いや、これ獏いないでしょう?
といっても一応は仕事があるのを祈って適当に進みます
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
黒こなた 「おはよ。」
チルノ 「中×18 大 中
今日はこんな感じね」
阿万音鈴羽 「吠えは中19大1と」
汚い忍者 「へー、ダディ死ぬんだ」
夜雀 「TINTIN!」
薔薇水晶 「あらら、熱病食らっちゃいましたか」
石丸清多夏 「おはよう。ふむ、暗殺か?」
マリア 「わははー!
やる夫は昨日普通発言で5回言ってたぞ!
狼じゃないって言ってました!大福食べたかったです!」
やる夫 「や、やる夫は狼じゃねぇお!」
熊野 「重巡熊野、再度出撃致しますわ!」
チルノ 「だ、ダディー!」
汚い忍者 「ところで薔薇水晶傾奇者じゃねーけどなんぞ」
薔薇水晶 「しょうがありませんね
奇策した罰ですし」
夜雀 「よくわかんない。(真顔)」
チルノ 「じゃあやる夫飼いつつ暗殺保護で巫女とか吊ればいいと思う」
やる夫 「ダディ暗殺あるかと思ったけど違う系かおこれ?」
石丸清多夏 「よりによって昨日小声無しか、やる夫君は」
汚い忍者 「あぁ、なんかそんな暗殺いたっけ?>熱病」
阿万音鈴羽 「んー熱病?
投票的に土蜘蛛は無いけど」
熊野 「ふむ、再度二死体ですわね。」
マリア 「んーと…
雷神ですか? >熱病」
黒こなた 「巫女ならそこの饅頭だったはずだけど >チルノ」
石丸清多夏 「なに?」
薔薇水晶 「私後鬼なので、今日は攫い使ってませんよ」
チルノ 「暗殺ない箇所吊っていけばやる夫が勝手に灰噛んでくれるよ」
阿万音鈴羽 「ああ、風神か虫狐噛みかな?」
やる夫 「どちらにせよ、黒こなたの指定展開でいいお」
熊野 「熱病??」
石丸清多夏 「11票しかないではないかああああああああ」
チルノ 「あれそうだっけ?>こなたん」
夜雀 「熱病は……はっ、まさか風神!」
マリア 「風神だったのか!わはは!」
汚い忍者 「ダディ噛みより暗殺以外でダディが偽だったで殺されたの方がありそうな気もするが
阿万音鈴羽 「…なんで後鬼が歌舞伎COしてるんだろ」
薔薇水晶 「暗殺反射仕事してくれませんでした、起訴」
石丸清多夏 「忍者君よく気がついた。君のことは先生と呼ばせてもらおう!」
夜雀 「そういえば他が濃くて忘れてたけど、薔薇水晶傾奇者COしてたね。」
汚い忍者 「お前鬼かよ!なんか証明可能な位置だろうとは思ったけど>薔薇水晶」
チルノ 「お、鬼だって!防御力高くて必殺技も使えるさいきょーのやつじゃん!>ばらしー」
熊野 「なるほど、騙りだったという訳ですわね。
この熊野、偽装を見抜けないとは、失態ですわ…」
薔薇水晶 「織姫いたんでノリで騙りましたb>鈴羽」
やる夫 「というか織姫いなかったら次の日即効で露出してた気がするんだけどね?」
薔薇水晶 「まぁ、死にますけど」
阿万音鈴羽 「いや、何でシステム的に語れないものを騙ろうとしてるか謎なんだけど…まあ死ぬみたいだしどうでもいいや」
マリア 「あれは複数暗殺できるから
確率の問題だと思いました! >薔薇水晶」
汚い忍者 「ケーキのあれが見えたからやったんじゃね?織姫>鈴羽」
黒こなた 「熱病だそうだから鬼はほっといてもいいけど。
それじゃどうするかな」
チルノ 「確定白のこなたが暗殺出さないように気をつけながら指定かなあ」
汚い忍者 「だろーな、見えてからCOしたくせーと思った
偽と思ってみたら」
石丸清多夏 「しかし鬼か・・・熱病は本当なのかね?僕にはそれすらうたがわしくなってきたぞ・・・」
薔薇水晶 「ノリがよければすべてよしなんですよ(チェケラ」
熊野 「相当に頭がキレる鬼である事は間違い無さそうですわね。
あれを見て即座に思いつけるとは。」
夜雀 「狐全滅なら割と好意的な鬼かな、なら割と残念!どんまい!」
マリア 「うん、黒こなたが指定でいいんだと思うんだぞ!」
薔薇水晶 「大丈夫、まじまじ>熱病>いしまる」
チルノ 「っておおー、ばらしー熱病なん?」
阿万音鈴羽 「で、この村暗殺2人居るってことで良いんだろうか
死体を出せる奴と風神と」
熊野 「もしや熱病というもの自体が偽…
いえ、今はどうでも宜しい事ですわね。」
夜雀 「相当精神もキレる鬼だよね!」
やる夫 「まー、この発言傾向なら忍者はおいておくべきだお>こなた」
汚い忍者 「まぁ、死ななきゃでいいよ、死ななきゃで>石丸」
黒こなた 「というかさとりラインどうしよっかな」
チルノ 「あたいの氷で冷やしてあげたいが・・・
病気だけはどうにもならぬ・・・」
夜雀 「お客様の中に河童の方はいらっしゃいませんか!」
石丸清多夏 「>ばらしー
信じたい・・・信じたいが・・・!
僕は何を信じれいいんだ忍者先生!」
やる夫 「え?わりかし指定しない意味がまったくもってわからんのだけど」
阿万音鈴羽 「雷神も居たみたいだし新顔村が凄く仕事しているのを見て凄く意外な気分」
やる夫 「グレランする気なら占いでろ!」
熊野 「今のところ他に占い師は居ないようですけれど…できない夫の情報のみが頼りになってしまいますわね。」
汚い忍者 「知るか!自分で考えーやw」
黒こなた 「んー?じゃあチルノ指定で」
石丸清多夏 「河童いても治療はやめてほしいのが本音だが・・・」
夜雀 「灰だった。」
チルノ 「やる夫の大声はスルーしよう
飼い狼扱いでここまで残してんでしょ?」
やる夫 「いや、つかギリギリすぎるんだけど!?」
阿万音鈴羽 「さとりラインは狼あると思うかな、私は
処理はして欲しいけど」
マリア 「指定なんだぞ!
けど、ギリギリは微妙だと思うんだぞ!
わはは!」
夜雀 「うんまあ、そうだよね。>チルノ」
石丸清多夏 「ぐぅ、忍者先生!すまない、僕が甘えてしまった!」
薔薇水晶 「河童いたら証明するために今日出てますよ>いしまる」
黒こなた 「暗殺ならグレランで」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆レッドウルフGM あといちめい」
「◆レッドウルフGM チルノは投票を」
薔薇水晶 はショック死しました
4 日目 (1 回目)
チルノ4 票投票先 →やる夫
マリア1 票投票先 →石丸清多夏
熊野0 票投票先 →チルノ
石丸清多夏1 票投票先 →チルノ
薔薇水晶1 票投票先 →やる夫
黒こなた0 票投票先 →チルノ
夜雀0 票投票先 →やる夫
阿万音鈴羽0 票投票先 →薔薇水晶
汚い忍者0 票投票先 →マリア
やる夫3 票投票先 →チルノ
薔薇水晶 はショック死しました
チルノ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆レッドウルフGM システム:投票制限時間をリセットしました。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
マリア で足音が聞こえた…
汚い忍者 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
薔薇水晶さんの遺言 無理wwwサポシwwwww
汚い忍者さんの遺言 一寸法師日記
初日:護衛なし
ほう?一寸法師か
確か新職の狩人だっけか
まぁ、本来なら隠した方がいいのかもしれんが
日記2つ書くのめんどいからこっちだけつけとこ

2日目:護衛熊野
ほーほー>得票
トンベリはよーわからんな、見てなかったんで
ま、とりあえず噛まれそうなところっつーと熊野あたりかね
西澤に票が集まるのもよーわからんけど
とりあえず熊野護衛っと

3日目:護衛黒こな
んじゃ真証明したところ護衛ーっと
・・・薔薇水晶傾奇者じゃねーぞ!?
あれ騙る意味がわからんが・・・
どーなってんだ、これ

4日目:護衛黒こな
多分これ占い出ねーだろなという予想(ケーキか初日)
ダディ噛みなら占い探してねーんだよね、これ
なら黒こな噛みしてくるんじゃねと思うしここ護衛
やる夫さんの遺言                    _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ    巫女COだお
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨
チルノさんの遺言 さいきょーうらないにっき

1夜 やる夫は人狼
お腹が減ったので雪見大福を作ろう

2夜 阿万音鈴羽は村人
傍観してる印象だったので
しかし初手黒出るとこわい

3夜 石丸は村人
あつくるしいから調べておく
やる夫飼いになるのかなまあいいや暗殺いるみたいだしなんとかなる

4夜 みすちーは
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜雀 「TINTIN!」
マリア 「わははー!
3発言してたのだー!!
内容は結構真面目に見えました!」
石丸清多夏 「司教CO死んだ人外6だ!」
夜雀 「チルノ暗殺、あると思いました。(真顔)
実際は占い師でした、あると思います。」
黒こなた 「なんだろうな」
熊野 「重巡熊野、進撃致しますわ!」
阿万音鈴羽 「おっはー
いや、暗殺吊ったら割とあれだから遅い指定は駄目だって」
石丸清多夏 「 死んでしまったか・・・司教COだ

初期:7人外+-1(QPのため)

3日目:非村人3(ダブンネ、ケーキが確定)【残り人外4又は5】
初日、トンベリ、できない夫に人外1混じり
(個人的にはできない夫君は違うと思っているが…)

5日目非村人6
チルノ、ばらしー、忍者、やる夫」
マリア 「あとあと!熱病かかりました!
わはは!死んじゃうのだ!」
夜雀 「一寸法師が死んだ!何故だ!」
黒こなた 「やる夫●はわかったけどやる夫死んでるんだけど」
石丸清多夏 「つまり残り人外は最大2つだ!まぁぎりぎりだな」
阿万音鈴羽 「一寸法師
やる夫暗殺されーので良いのかな?これ」
熊野 「やる夫と忍者…ですわね。
忍者は一寸法師CO。うーん、足音はどうだったかしら…」
夜雀 「チルノ真なら熊野と私だけじゃないか。(震え声)」
阿万音鈴羽 「暗殺2人出てそこ以外のランかな」
石丸清多夏 「僕視点やる夫は暗殺と見てチルノは人外だと思うぞ」
マリア 「あれ?
私の熱病CO結構重要だと思ったんだけど…
そこまで重要に見られないのか!?」
夜雀 「やる夫は暗殺じゃない、たぶん。」
熊野 「ふむ、確かに、ですわね。 <チルノの結果」
阿万音鈴羽 「石丸と私のランじゃない?今日は」
夜雀 「重要だとは思うよ!>マリア」
石丸清多夏 「ん?暗殺じゃないと?やる夫君をかむものかね?」
阿万音鈴羽 「熊野と夜雀が暗殺っぽいから」
夜雀 「ふむ、○系人外ケア?>阿万音鈴羽」
阿万音鈴羽 「マリアが熱病な以上今日は吊る必要なくて」
マリア 「そろそろFOすればいいと思います!」
黒こなた 「暗殺二人いるなら出てると思うけどね。片方死んでももう片方がやるし」
石丸清多夏 「というか熱病をつけれるのは暗殺確定か?」
阿万音鈴羽 「で、風神と死体を出せる暗殺が居るんでしょ?」
熊野 「なるほど、つまり今夜マリアが帰投し、残るは私と夜雀さん、チルノ○の阿万音さんに司祭COの石丸さん残り。
これが現実ですわね。」
夜雀 「まあ私のほうは出てもいいか、風神CO!」
石丸清多夏 「確定なら両方COさせれば僕含め吊り切れる」
夜雀 「2日目 暗殺:阿万音鈴羽。
何となくダディにしようかと思ったけど投票されたしこっちにする!
ダディの投票先だったからダディの評価点も上がるかもしれない。

3日目 暗殺:薔薇水晶。
◇薔薇水晶 「じゃあこなたさん吊りで
暗殺いるなら灰暗殺でお願いします」
灰暗殺の理屈がよくわからなかったから。(すっとぼけ)

4日目 暗殺:マリア。
面倒だからさとりラインはやる夫ごとポイだ!
でも風神って失敗することもあるんだね、仕方ないね。」
阿万音鈴羽 「だから今日は司教の石丸と橋姫の私ラン」
マリア 「だと思うんだぞ!
連続で熱病発生してる理由がそれしかないんだぞ! >石丸」
熊野 「ならば私も掃除屋CO」
熊野 「【掃除屋】

※一日目夜暗殺:不可
優雅にお洒落に。敵を殲滅してまいりましょう。

※二日目夜暗殺:タブンネボム
◇タブンネボム 「さとりラインは噛まれなければ疑うってことで放置で」
わたくし、この発言をなさる方に少なくとも占い師は見えませんの。

※三日目夜暗殺:西澤桃華
迷うところですけど、わたくしは自身の索敵結果を信じますわ!
とぉぉ↑おぉ↓
ところでわたくし、明日指定展開なら指定されそうではなくって?

※四日目夜暗殺:やる夫
うーん…ここはもう…スッキリするしかないですわね。」
石丸清多夏 「では僕と鈴羽君吊りきりで終わるんじゃないかね?」
夜雀 「さとりラインを滅ぼして満足するしかない!」
黒こなた 「じゃあそこ二人とマリア除いてランで。
暗殺先?残ったところでいいんじゃない」
石丸清多夏 「マリア君は熱病だろう?」
熊野 「残念ながら止まれませんの。私は突き進むのみでしてよ!」
マリア 「石丸よりは鈴羽が怪しいと思いました!
わはは!」
夜雀 「自重しなきゃ。(使命感)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
マリア はショック死しました
5 日目 (1 回目)
マリア0 票投票先 →阿万音鈴羽
熊野0 票投票先 →石丸清多夏
石丸清多夏2 票投票先 →阿万音鈴羽
黒こなた0 票投票先 →阿万音鈴羽
夜雀0 票投票先 →阿万音鈴羽
阿万音鈴羽4 票投票先 →石丸清多夏
阿万音鈴羽 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
マリア はショック死しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
マリアさんの遺言                      -=ニ: : : : : :ニ=-
                   -=≦: : : : : : : : : : : : : : : : :≧=-
                  〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : :  ─=≦¨ ̄ ̄ ¨   -< : : : : : : : \
                 ' : : :/                 >-、 : : : : : \
               |: : :/                    (    Y⌒Y : : : 、  Y⌒ヽ
               |: : {斗 七 ¨  ̄ ̄ ̄ ¨ニ=- _  、    ノ: : : : |   ノ   }
               /: :/  斗 ⌒ヽ             ≧\  /: : : : :|  '   'ハ
              ./: :/  /}/            ⌒ヽ  | |`´: : : : : : : | 〃  / |
              |: : {/ / ,≠=ミ、             }ノ| |: : : : : : : : : |/   /」」_ノ  喋る大福なのだ!
              | : / /}i〃,_ ノ刈       r≦竿 ミ、|ノ|: : : : : : : : : |   /
              |イ  {ム  乂_少         ,_ )刈  》 |: : : : : : : : : ト─-
           八{\川 : : : :   ,     乂_少    }|: : : : : : : : : |: : : : : : : \          Y⌒ヽ
            /: : : |个i{               : : : : ィシ|: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : :、         ノ    ,
           〃: : : :||人     、 _ ノ         廴八: : : : : : : : :∨: : : : : : : : : :∨     /   ノ {
          γ/´/⌒Y |斗少 、           . :个γ/∧ : : : : : : : ∨: : : : : : : : : :∨  '    / |
          ((_(__(_と⌒ヽ 川|八≧z    _   z≦と(_(_(_(__ ノ:: : : : : : : : :∨: : : : : : : : : :}/     /」」_ノ
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

二日目
5回小声で喋ってたぞ!

三日目
5回普通声で喋ってました!

四日目
3回普通声で喋ってました!

大福食べたいと思いました!
阿万音鈴羽さんの遺言 新顔役職全部出てるなんてここは本当に新顔村なんだろうか
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2013/12/07 (Sat) 19:28:08
薔薇水晶 「お疲れ様です」
黒こなた 「お疲れ様。」
汚い忍者 「石丸が鈴羽投票確定だから勝ち」
レッドウルフGM 「皆さんおつかれさま!」
石丸清多夏 「お疲れ様だ。暗殺無双だな」
ケーキ 「おつかれさまだな」
タブンネボム 「お疲れ様でした」
熊野 「お、お疲れ様でしたわ…」
西澤桃華 「おお、子狐吊り
お見事でした お疲れ様です」
チルノ 「そらCO弱い方吊りになる」
できない夫 「>やる夫
答え:この村に生まれてきた事自体が絶望」
マリア 「お疲れ様なんだぞ!
わはは!」
阿万音鈴羽 「ちぇっ
言ってることは間違ってなかったんだけど」
やる夫 「>西沢
自分への投票気にしてた=吊られたくない何か」
夜雀 「勝った!第三部完!」
黒こなた 「ギリギリか。」
タブンネボム 「村強すぎんよ~」
トンベリ 「お疲れ様」
熊野 「あ、石丸投票は殆ど阿万音が吊れると思ってのダディに対する鎮魂歌ですわ…(震え声」
レッドウルフGM 「いい仕事したね(笑顔>風神」
西澤桃華 「特に、マリアに熱病はGJ >夜雀」
汚い忍者 「まー、噛まれてよかった
黒こなた以外護衛できねぇよ、てめぇら!w」
夜雀 「違います、正しいことを言っているほうが怪しいのです。(真顔)」
やる夫 「やる夫はそれでも・・・それでも生きたいんだお!!>できない夫」
タブンネボム 「これは人外涙目じゃないのか?」
マリア 「ケーキが占いだったけど無理でした!」
熊野 「申し訳ありませんわダディ。
わたくし、このような不手際を働いたのは生まれて初めてですわ…」
トンベリ 「んじゃお疲れ様
次からはすぐCOするよ」
チルノ 「まーこれ仕方ない
夢狩り以外みんなさいきょーだし」
黒こなた 「私護衛制限だよ >汚い忍者」
夜雀 「占い師より楽しい。(恍惚)」
できない夫 「こんな村に迷い込んだ己の身の不運を嘆くしか無いだろ>やる夫

攻め込んだ村の村人全員が北斗神拳伝承者だったモヒカンみたいなもんだ」
ダディ 「お疲れ様でした。」
阿万音鈴羽 「こー…証明職三人居るとどうしようもない」
石丸清多夏 「正直僕吊りでケアした方がいいのではと思ったが
マリア君熱病で即死だからできなかったな!はっはっは。」
ケーキ 「めずらしい役職をもらえてちょっとわくわくしていたが、掃除屋がいて少人数では仕方があるまいな」
マリア 「ごめんなさい
頑張れなかったです! >やる夫」
汚い忍者 「4日目出てこなかったから初日かケーキ占いだろなと」
タブンネボム 「彦星来るってちょっと信じられないよね色々と」
西澤桃華 「◇やる夫 「>西沢
自分への投票気にしてた=吊られたくない何か」
あぁ、確かに それは正解ですね。  ……夢狩人判明するまでは、その通りでした
ですので3日目の朝一までは、重要役職でしたね
閻魔出てからしぼんでましたけど……」
やる夫 「これはしかたないお、狐が勝つか村が勝つかのチキンレースだったお・・・>マリア」
レッドウルフGM 「雷神の動き方ってどうなんだろうねー
家鳴と響狐とかでも同じことができるから、すぐCOしたからって信用はされにくいよ。
しかも共鳴者いないと真証明できないからね。」
タブンネボム 「俺暗殺の理由聞きたいな>熊野」
熊野 「な、何とか結果に変えてご勘弁くださいませ…」
西澤桃華 「何という護衛制限祭り……」
阿万音鈴羽 「司教が三日目に出なかったことを言えてたら、かな」
やる夫 「やる夫達の噛みももあれだったってのはあるんだけどおね>マリア
修正できて西沢噛みの時にくらいだお」
チルノ 「んーあたいさっさと占いで出るべきだったのか
狩人日記しかなかった」
できない夫
               / ̄ ̄\
             /     「 \
             |      ( ●)
             |        |
             |      __´ノ   (熊野さんのうっかり伝説はここから始まる)
        r、     |      `ーソ
      ,... \\r、   ヽ      ノ     (その時、彼女自身ですら気づかなかっただろう……まさかあんなことになろうとは)
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
           ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
           `ヽ、   /'   |」
夜雀 「暗殺成功の計算式がよくわからなかった。(小並感)」
西澤桃華 「非狼証明 止まりですかね >雷神」
黒こなた 「指定が遅れたのは、まぁごめん。」
チルノ 「ていうかあの時間で指定されるとどうにもならん!」
薔薇水晶 「歌舞伎乗っ取りにいったけど
『私は悪くない』」
トンベリ 「どう見られるかが問題ではなく
効果が見たいんだ>GM」
マリア 「あれ?
というか、ダディ暗殺結果当ててるのに暗殺されてるのか?
何故なんだ?」
汚い忍者 「熊野は俺が狼なら噛むだろーなーと踏んだんだが・・・
噛まれてても護衛できねぇなw」
チルノ 「暗殺指定しろ!ちくしょう!」
やる夫 「うおおおおおお!それでもやる夫はぁああああああ!>できない夫」
熊野 「昼に投稿した日記の通りですわね。 <タブンネボム

◇タブンネボム 「さとりラインは噛まれなければ疑うってことで放置で」
わたくし、この発言をなさる方に少なくとも占い師は見えませんの。

必ずどなたかお一人を暗殺せねばならないのなら、わたくしはまず目に付いたところから雷撃開始、ですわ。」
ケーキ 「村建て同村おつかれさまだ ちょっとはやいが失礼する」
レッドウルフGM 「それも共鳴者、共有がいての話だからねー>西澤」
タブンネボム 「チルノ吊られたら引き分け無理になっちゃうから困った>チルノ」
西澤桃華 「ちょっと石丸さんとダディさんが似てた故の事故です >ダディ暗殺」
やる夫 「うっかり伝説・・・やる夫興味あります」
阿万音鈴羽 「あと黒こなの指定は村的に結果オーライだけどさ
されが熊野や夜雀していだと危なかったから気を付けてね」
熊野 「わ、わたくしの勘違いですから!
それ以上っ…それ以上言わないでっ… <マリア」
できない夫 「うん、この村の新顔面子や出現した役職が強力すぎるだろ>マリア
ダイアグラムで言うならお前さんたちがAC北斗のジャギで村陣営がトキ・ユダ・ラオウみたいなもんだ」
薔薇水晶 「蝉蝙蝠ほしかったです(ぷんぷん」
タブンネボム 「なるほど>熊野
役職保護って感じなら納得、少なくとも恋人疑いは無いだろと思ってたよ」
阿万音鈴羽 「狼とか親狐なら役立つんじゃないの?>雷神」
できない夫 「俺も希望したキューピッドになりたかっただろ(ぷんぷん」
タブンネボム 「あ?(威圧)>薔薇水晶」
レッドウルフGM 「KIレイをそこにいれておいてくれ、もしくはQMZジャギ>できない夫」
夜雀 「遺言供養。

風神 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 2.3.0 α7~]
[耐性] 罠:有効 / 護衛制限:有り
夜の投票時に自分の投票先で足音が鳴る特殊な暗殺者。
暗殺成立時には熱病を付加する。
足音システムの基本は審神者参照。

               /|
              」 |    |`Y
              } \ / {
           ,...:´.:. ̄.:⌒ヽノ
        (ー:.´~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           7⌒⌒ヽ二、.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       /__\ニ<心=`ヽ二、~:L     村人陣営暗殺者系「風神」CO!もう新顔()なんて言わせない!
       `Tニ=一´  ̄  __,ノ`⌒Y´
        彡ニ7    V二彡  人      二日目:阿万音鈴羽(失敗)。三日目:薔薇水晶。四日目:マリア。
        / マ{    ⌒ ̄  ノ ノ\
        _7   `7         ノ    、ノ\
       _7      `7z         \  、ノ\
       _} {                \  、ノヾー┬‐┬┬ 、
      ハ、             ノ  ミー―‐=7´  ̄ ̄ ̄ ̄
        ハ、            ノ  ミ    {´
          ハ、 }                    ノ
          ハ、ヽ               }  ノ
          ハ、          __ノ7´
     ___,.ィ≦ <⌒ヾーーー=二_フ´ L.,
    ⌒/フ⌒}ア´⌒ヾ)      〈ァ‐ァノ⌒ヽ)」
西澤桃華 「狩人希望通ったけどコレジャナイ!
って思ったけど護衛できる場所が無い!」
やる夫 「てめぇ初手に占いやがって・・・ガッデム!!>できない夫」
チルノ 「じゃおつかれさまー」
薔薇水晶 「QPになってたら誰に刺してたんですか?>できない夫」
マリア 「勘違いなのか!
ちょっとビックリしたんだぞ!
それで暗殺されるダディもちょっと可哀想だと思ったんだぞ… >熊野」
ダディ 「子狐吊れて良かった良かった村が強かったな」
熊野 「保護、ではありませんわね。狙いましたわよ? <タブンネボム
少なくとも確定で出現している占いを避ける、くらいしか情報が無いので「占いは無いだろう」という表現になっているだけでして。」
タブンネボム 「蝉蝙蝠なんてもらってもいいこと無いからやめとけ(忠告)>薔薇水晶」
できない夫 「やる夫を憑狼にしてやってくれ、話はそれからだ>GM」
汚い忍者 「まぁ、ダディ暗殺かやっぱ
噛むところじゃねーからな
勘違い暗殺とはしらんけどw」
薔薇水晶 「・・・なんで私怒られてるんでしょうか」
黒こなた 「指定役が苦手故に。
ちゃんと暗殺じゃなさそうと考えた上で指定したけど。 >阿万音鈴羽」
阿万音鈴羽 「まーアレだよね
ラインは見たけど吊りにいけなかった
あそこで石丸吊る理由を考え出せなかった私が弱いよ」
夜雀 「蝉蝙蝠なんてもらってもいいこと無いからやめときなよ。(忠告)>薔薇水晶」
やる夫 「これ、やる夫たちの噛みが失敗の時点で
掃除屋→風神にいくことを祈るべきだったかお?」
マリア 「とりあえず何か強そうだと思いました! >できない夫」
トンベリ 「4票も入れられたのがよく分からん」
ダディ 「まぁ稀によくあるしどんまい>熊野」
レッドウルフGM 「そいつはできない相談だ、なぜならそこのやる夫はロリコンだからな>できない夫」
タブンネボム 「蝉蝙蝠なんてな、所詮は7日しか生きられないんだぞ・・・」
ダディ 「では皆さんお疲れ様でした。」
西澤桃華 「遠くに使ったら、確率減る で良いのですよね? >風神
普通に成功させてる気がしますが」
汚い忍者 「熊野と夜雀は多分村だろーなーまでは予想ついたけど」
熊野 「そう言ってもらえると有り難いですわ。 <ダディ」
できない夫
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |    森 高 千 里 ! >薔薇水晶
   |     __´_ノ
   |     `ー'´}
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
薔薇水晶 「それでも私は蝉蝙蝠になりたいのです
蝙蝠全部体験したいのです>タブンネ」
黒こなた 「さぁ?蝉蝙蝠にいい思い出でもないんじゃない >薔薇水晶」
熊野 「最も…」
阿万音鈴羽 「まー私も苦手だしね>指定役」
レッドウルフGM 「こないだ8日目まで生きていたぞ、翌日噛まれたがな!>タブンネボム」
できない夫 「お前こそ、俺を初手で噛みやがって……道連れにしてやるだろ!>やる夫」
熊野 「実は候補の石丸と忍者も村でしたから…
結局は村暗殺だったのですけれど…」
マリア 「噛みがことごとく残念になっちゃったんだぞ…
早めに掃除屋と風神噛めれば良かったんだぞ…
でも、占いいないから怖かったんだぞ…」
阿万音鈴羽 「複数使うと減る じゃないかな?>風神」
タブンネボム 「そんな君に つ12/3の初心者鍋>薔薇水晶」
タブンネボム 「おうそれ俺だよ>GM」
汚い忍者 「やる夫狼はまぁ、やる夫の態度でソーダロナーとしか思わんかった(小並感)」
阿万音鈴羽 「新顔村で新顔がきっちり全部出てるのってあたしはじめて見たなー」
やる夫 「はぁあああ、初志者CO」
レッドウルフGM 「おっとこれは失礼、では思い残すことはないな(パァン>タブンネ」
夜雀 「初手阿万音鈴羽失敗以外は成功してるんだよね。」
薔薇水晶 「初志者?>やる夫」
やる夫 「だって、身内切り路線だったしー>忍者」
西澤桃華 「あぁ、別に道作らなくて良かったのですね」
できない夫 「え、初物好き?(難聴)>やる夫」
夜雀 「風神 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 2.3.0 α7~]
[耐性] 罠:有効 / 護衛制限:有り
夜の投票時に自分の投票先で足音が鳴る特殊な暗殺者。
暗殺成立時には熱病を付加する。
足音システムの基本は審神者参照。
足音能力
投票インターフェイスは家鳴と同じ。
自分にも投票可能。
対象が全員死者であっても投票は成立する (暗殺は成立しない)。
足音発生判定は接触レイヤーの前で行う。
暗殺能力
暗殺成立確率は 100 - (投票人数 × 15) % (最小は 1%)。
暗殺成立・罠・暗殺反射判定は個別に行う。
暗殺成立確率 > 通常の暗殺者の判定の順に処理される。
投票先のいずれかで死亡判定 (罠など) が発生しても全ての投票先の処理は有効。
自分自身への投票も通常通り処理される。」
レッドウルフGM 「全部人外狙ってるから目がいい>夜雀」
汚い忍者 「雷神がでてないな」
トンベリ 「占いが恋人の時点で人外には有利だと思うんだけどな
傀儡子もすぐ噛んだし」
やる夫 「やる夫が胡散臭くなればそれはれでいいからおね
今回のケースの場合」
西澤桃華 「運が良ければ、複数熱病できる……と?」
熊野 「マリア熱病は良かったですわね。
やる夫が狼なら、また狼-狼のさとりライン騙りかとまでは思いましたけれど…
上手く役割分担が出来て安堵ですわ(震え声」
西澤桃華 「そこにいますが >トンベリ >忍者」
タブンネボム 「それじゃ失礼するよ、お疲れ様でした
お前ら蝉蝙蝠になったら期待なんてしちゃいけない(戒め)」
阿万音鈴羽 「15%を潜り抜けても駄目と
占いには強い2狐だったんだけどね
暗殺はどうしようもないや」
夜雀 「この暗殺成功確率の部分の解読を修羅に任せて私は逃げるのさ、お疲れ様!」
やる夫 「またって言うな!!またって!!>くまのん!!」
トンベリ 「雷神出たけどすぐつられて>汚い忍者」
レッドウルフGM 「風神は・・・自滅ができるのかw」
マリア 「別段私熱病じゃなくても勝てない気がしました!
わはは! >熊野」
汚い忍者 「足音立てれば立てるほど暗殺成功率低下ってことか」
できない夫 「どうしよう、俺の知らない役職がどんどん増えていく……」
汚い忍者 「あ、雷神居たな>トンベリ」
できない夫 「……ま、別にいいよね(・ω<)」
やる夫 「大丈夫、やる夫も今回の新役職全然わかんねぇ」
西澤桃華 「一人なら85%
二人なら70%
三人なら55%

投票は、別に点々としても出来るのですよね? >夜雀
って落ちてますか」
レッドウルフGM 「さてGMは飯をくうから失礼する、参加してくれた皆に感謝だ」
薔薇水晶 「それではお疲れ様です」
トンベリ 「やってみたいのにぃ」
熊野 「さすがのわたくしと言えども、もう見慣れてしまいましたわね… <やる夫
また狼は新たな騙りの境地を探しに行かなくては…」
阿万音鈴羽 「3WっぽくてさとりCOがあれば私はライン騙りを警戒する 誰だってそーする」
やる夫 「とりあえず、マリアを持ち帰りしながら
涙をながすお・・・」
できない夫 「待て、マリアは俺がエスコートしよう>やる夫」
黒こなた 「ダメコンみたいで心臓に悪いこの役職」
やる夫 「>くまのん
いや、だから今回はやる夫が狼っぽいから
ほら、マリアが非狼っぽいじゃん!じゃん!」
レッドウルフGM 「パァン!パァン!パァン!パァン!パァン!パァン!パァン!パァン!パァン!パァン!パァン!>やる夫」
マリア 「私をお持ち帰り!?
わ、私も大福にされちゃうのか!?
それはいやんなんだぞ! >やる夫」
やる夫 「お前はロリコンだったのか!?>できない夫」
夜雀 「ほむ、点々って何ぞや。(震え声)>西澤桃華」
やる夫 「(´・ω・`)」
西澤桃華 「複数暗殺できましたか? という意味です >夜雀」
やる夫 「ほら、3Wしかいないのにやる夫の身内切るわけじゃん・・・(´・ω:;.:...」
マリア 「…何だかいっぱい誘われてるんだぞ?
私はどうすればいいんのだ?」
阿万音鈴羽 「狐的には…西澤が噛まれたのが痛かったかな
発言で勝てるとは思わないけど最終日のラン対象が狭い時点で厳しい」
汚い忍者 「今回の村においては非暗殺でライン騙りはありえるんで多分ロラるな>やる夫」
夜雀 「何か普通の暗殺者と感覚は同じだった。(真顔)
……しか、言うことがないよJOJO!」
阿万音鈴羽 「3Wしか居ないからこそ身内を切るって発想はあると思う」
やる夫 「・・・それが、否定できないのが悲しみを背負う>忍者
ぶっちゃけ、あいつら一人でなんとかなるもんな・・・」
黒こなた 「んでまぁ、暗殺多すぎで初日からでときゃよかった感じはある。」
夜雀 「試してない、というか出来ないと思い込んでたから発想すら出てない。(震え声)>西澤桃華」
汚い忍者 「わりと数少ないんでギャンブルに出るライン騙りはあるだろなーはな>鈴羽」
やる夫 「やる夫と一緒に遊びにいくおー!>まりあ」
阿万音鈴羽 「確率で失敗するから逃亡系が生きててももう一回入れてチャレンジしても良いかもねってくらい?>風神」
できない夫 「じゃあ、俺たち2人でマリアをお持ち帰りすればいいんじゃね……?


   / ̄ ̄\
  /   /  \                  ____
  |    ( ●)(●)                //   \\
  |       、_! )              /(●)  (●) \
  |     'ー=-'ノ           /:::⌒  、_!  ⌒::::: \
.  ヽ       }               |    'ー三-'      |
   ヽ     ノ            \            /
    /    く  \             /           \
    |     \   \        | i           .|  |」
やる夫 「や、やる夫はそんなギャンブルみたいな騙りとかしたことねーし!
ねーし!ねーし!」
マリア 「暗殺は探しにくいです!
黒こなたろくろ首で真証明してるのも辛いです!
どうにもならなかった気がするのだ!わはは!」
できない夫
   / ̄ ̄\
  / /  \\                  ____
  |  ( ●)(●)|                //   \\
  |    、_!   )               / (●)  (●) \
  |    'ー=-'  ノ           /:::::⌒  、_!  ⌒::::: \
.  ヽ       }               |     'ー三-'     |
   ヽ     ノ            \            /
    /    く  \             /           \
    |     \   \        | i           .|  |」
黒こなた 「こっちみんな」
レッドウルフGM 「少女よ、そこのロリコン饅頭についていくのはよせ。
この赤い稲妻をした戦車にのせてやろう>マリア」
熊野 「お疲れ様ですわ。あまりにも結果論な暗殺をしてしまった事は反省ですわね。
一応は勝利ですから、提督には失態の事は黙っておく事にしますわ…(シレッ」
西澤桃華 「チルノ鯖見ても、複数試してる風景が見えないので
多分複数人に出来るんじゃないかと 予想 止まりですね >風神」
夜雀 「>対象が全員死者であっても投票は成立する (暗殺は成立しない)。
全員って書いてあるってことは複数暗殺出来るのか……。(驚愕)」
汚い忍者 「まぁ、最後唯一仕事ない俺噛んじまった時点でなw
狩人が仕事ねーんだぞ!w」
マリア 「わーい!
私モテモテなのだ!
…何だかちょっと微妙なのだ?」
レッドウルフGM 「・・・次風神をひいたときは、自分以外全員を狙ってみるか・・・」
阿万音鈴羽 「最終日はどうだろ
私も暗殺日記書いておけば良かったかな
そうすれば暗殺に人外1混じりは分かるけども司教吊りでお茶を濁そうになってたかも」
トンベリ 「これで新役職能力発動してないのは雷神だけだな」
西澤桃華 「7人以上に使うと、1%ですけどね 成功率」
マリア 「全員1%で熱病成功なのだ! >GM」
やる夫 「>マリア
よし!やる夫は帰るお!ちきしょー!
帰ってヤケ焼き肉パーティーだお!!」
夜雀 「複数暗殺できるならできない夫と西澤桃華とやる夫を暗殺してたよ!(迫真)」
マリア 「それでは、お疲れ様でした!
いっぱい遊べて楽しかったんだぞ!
大福をいっぱい食べたくなりました!」
レッドウルフGM 「風神による熱病ロシアンルーレット!」
阿万音鈴羽 「ただ噛まれ避けの非暗殺発言だったから厳しいかな」
西澤桃華 「2~4名が限度かと
4人だと40%×4。」
黒こなた 「それじゃお疲れ様。」
マリア 「甘くなくなっちゃうのだ! >やる夫」
できない夫 「わーい焼き肉ー! あかり焼き肉大好きー!」
汚い忍者 「じゃおっつおっつーん」
レッドウルフGM 「パァン!>できない夫」
トンベリ 「熱病が拡散するか
河童と仙人が活躍する機会が増えるな」
やる夫 「バニシュ → DEATH >できないお」
夜雀 「40%はなぁ……大体失敗するし……。(遠い目)」
西澤桃華 「では、私も失礼させて頂きますね。
皆様お疲れ様でした。 GMは村建て感謝します」
夜雀 「河童(意味深)。」
できない夫 「>GM

\                          /
  \            / ̄ ̄\      /
             /  「  ヽ\
            /  (●)(●) |      /    _/\/\/\/|_
    \    ノ//,  |    |   | ,ミヽ  /     \           /
     \ / く  l|   __´_  | ゝ \      < あたらないよ!>
     / /⌒  リ    `ー'′ ' ⌒\ \    /           \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |  ●         |  
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
  --   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    - _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)
やる夫 「河童=ヌワンギ」
レッドウルフGM 「そうか、その穴はなんだ?あとクリスマスプレゼントだ、とっておけ(パァン>できない夫」
阿万音鈴羽 「コンスタントに2人くらいが良いんじゃ無いかな
継続して2人出来れば相当強いと思うよ」
できない夫
..
:::::::
::::::::::::
 :::::::::::::::::    ウギャァァァァ・・・!
  ::::::::::::
..: ::::: ::: :::    
. .: : : :::: ::::    
. .: : : :::::: :::   
. .: : : :::: ::: ::::」
夜雀 「既に実戦での使い方を検討してる!コワイ!(震え声)
こんな修羅ばかりの村にいられるか!私は仕込みに戻らせてもらう!(キリッ)
お疲れ様!」
阿万音鈴羽 「じゃ、お疲れ様
村建て同村感謝
また別の世界線でよろしく」