←戻る
【雛1341】やる夫達の希望平等超鍋村 [1643番地]
~狐「Vやねん!」占い「狐占いっと・・・・・・。」~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeB:平等村)[B]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon まこまこりんGM
 (dummy_boy)
[頭人]
(死亡)
icon シャワーズ
 (たぶん◆
zrby9199Sc)
[海御前]
[宿敵]
(死亡)
icon ピカチュウ
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[蟲狐]
[宿敵]
(死亡)
icon 蒼星石
 (犬◆
vaxPIb7J4c)
[鵺]
[共鳴者]
(生存中)
icon コイキング
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[人馬]
(生存中)
icon 薔薇水晶
 (mob)
[銀狼]
(死亡)
icon ニャース
 (KRO◆
ksrAnkingc)
[厄神]
(生存中)
icon みすちー
 (シルク◆
Jvv0i0XZTs)
[白狼]
(死亡)
icon 佐倉杏子
 (積み木◆
jQxB9Cpd3g)
[逃亡者]
[凍傷]
(死亡)
icon 球磨
 (ラグリス◆
4D5j68U/K6)
[探知師]
(生存中)
icon キョン子
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[人狼]
(死亡)
icon キョン
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[占い師]
[共鳴者]
(死亡)
icon でっていう
 (草不可避◆
eyndF0VEv.)
[冥狼]
[熱病]
(死亡)
icon ヤースター
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[雪女]
(死亡)
icon 夜神月
 (黒糖◆
d4oLn0hqwI)
[村人]
(死亡)
icon 佐々木
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[扇動者]
(死亡)
icon ヤザマ
 (あともすふぃあ◆
WIPbi/qqf2)
[縁切地蔵]
(死亡)
icon 刹那・F・セイエイ
 (スバル◆
.2TxrisQ1I)
[蝕暗殺者]
(死亡)
icon シノン
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[占い師]
(生存中)
icon 音無小鳥
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[蒼狼]
(死亡)
icon 風待将監
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[忍者]
[凍傷]
[能力喪失]
(死亡)
icon 四季映姫
 (花鳥風月◆
j/HMAiRsUc)
[妖狐]
[元昼狐]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐倉杏子 「狼だと思って突撃したんで心理的にゃ間違ってないよって事で笑えたからおっけーw」
四季映姫 「さすがにサブ2つ増加を言い当てれる探知師とか真でいいでしょ」
佐倉杏子 「コイキングはキョン子に投票されていたし
ニャースは人外としたらキョン子破綻させた上でってのは違和感がある
そうなるともうみすちーくらいしかLW要素がないんで」
キョン 「○しかでねぇから俺の仕事ねーわw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
佐々木 「そもそも人馬は死ぬのが仕事…ではあるかな
能力を生かそうとするならば
人外村である場合は死なないことを優先した方が良いとは思うけど」
刹那・F・セイエイ 「みすちー的にはむしろそこ吊りってまずくなかろうか
実際は村だが」
佐倉杏子 「まあうん。灰視というか真贋決め打ちはあんまり間違えてなかったから
気分的にはそんなに負けてないよw
狼いるならもうみすちーだけだったしな」
ヤザマ 「コイキング殿が狂人に見えますぞwwww」
刹那・F・セイエイ 「その辺は人によるかな」
ピカチュウ 「子狐では難しい騙りも背徳なら破綻上等」
刹那・F・セイエイ 「コイキング狂人見るかどうかじゃないか?
俺が村ならコイキング狂人で引き分け狙っているとか
見るかもしれん」
四季映姫 「あーだから蟲狐に票入れても死ななかったのか。なるほど。」
シャワーズ 「いやーもうLW吊りましょうて
コイキングそもそも狂人疑いかかってるし」
ピカチュウ 「背徳は背徳の動きがあるでチュよ
むしろ背徳が積極的に動くことで狐を護らねばならぬでチュ」
四季映姫 「実はそれを知らずに普通にピカチュウに投票してたのですが・・・>佐々木」
シャワーズ 「間接的に狐陣営の弱体化につながってるんですね、背徳者」
佐倉杏子 「おや、狐ケアならてっきりシノンが吊られると思ってたが」
ヤザマ 「おかえりですなwww>佐倉殿」
でっていう 「ああ、引っかかった
コピペミスっていたっていう」
佐々木 「あー…吊っちゃってごめんね?>薔薇水晶」
ヤザマ 「狐が1人足りないのでこの村のキツネ陣営はボツネ陣営だったようですぞwww>キョン殿」
佐倉杏子 「いやー人狼すまんね!
あっはっはw」
風待将監 「御苦労よ>杏子
次は気を付けよ」
四季映姫 「初日はさすがに読めなかったですね。
ずっと銀がいるものだと思ってましたしこっちは。>キョン」
佐々木 「そもそも、狐陣営なら蟲狐指定投票を外す理由はないね
熱病が来ないんだから」
でっていう 「あれ、初日役職を新役職情報で検索しようとしたら引っかからないっていう」
佐倉杏子 「サンドイッチ食べてきたもぐもぐ」
薔薇水晶 「うんまぁ狩人さん本人は普通だと思いますよ?
もうリピートするのしんどいのでお先に落ちます
初手吊りなのに疲れてきた」
ヤザマ 「んんwwwコイキング殿は草が足りませんなwwww

まだ完全には導けてませんなwww」
キョン 「狐後ひとりどこだよと探しまくって初日紫・・・」
ピカチュウ 「背徳がいるのは知ってたでチュがどうもその反応ないなあとは
思ってたでチュ」
風待将監 「見えるぞ>子狐はお互いに」
ピカチュウ 「見えるでチュう >コイキング」
キョン 「初日背徳者かよ!それは読めんわ」
風待将監 「ばらしーを吊ったのは『初日人外』と言ったからだな
ならばお主を吊っても問題あるまいと」
まこまこりんGM 「キョンさんお疲れ様」
シャワーズ 「お疲れ様ー」
キョン 「あー、怖い怖い」
四季映姫 「お疲れ様です」
ヤザマ 「お疲れ様ですぞwww」
ヤースター 「んんwwwお疲れですぞwwwww」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様だ」
でっていう 「そしてキョンもお疲れ様っていう」
風待将監 「お疲れ様だ」
ピカチュウ 「乙でチュ」
刹那・F・セイエイ 「狂人が狩人コピった、って言わなくても俺なら吊るとは思うが
その辺はケースバイケースか……?」
ヤザマ 「お疲れ様ですぞwww>キョン子殿」
でっていう 「お疲れ様っていう>キョン子」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
薔薇水晶 「実際吊られてるんで悪手だったでもいいいですよ」
まこまこりんGM 「お疲れ様>キョン子さん」
佐々木 「あともっと僕は適当に動こう(使命感」
ヤザマ 「そういう時もあるものですなwww>佐々木殿」
ピカチュウ 「つまりそこは吊らねばならぬでチュ >佐々木」
キョン子 「ん…
ごめん、お風呂呼ばれたので入ってくる。先にお疲れ様」
風待将監 「知らぬ>佐々木
儂はそういう者ではない 吸毒者とは違うのだ」
佐々木 「つまり、まあ狂人の騙りと狼の騙りが致命的に噛み合わなかった>初日吊りについては」
刹那・F・セイエイ 「占い2人と忍者いるなら
グレランで占いか忍者が落ちないとどうしようもないな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ピカチュウ 「死体無しはどう考えても風待 GJある狩人は場合によっては
COしていいタイミングと考えるとそりゃ忍者でチュよね グレー狭いし」
風待将監 「いやまさか本当に忍者になれるとは>映姫」
佐々木 「どうして熱病にかかってケアされないんだい?>風待」
キョン子 「噛みと灰視と運が悪かった
そういうことにしておこう、うん(真顔」
刹那・F・セイエイ 「実際はそれは狂人の騙りであったのは事実だし
配役的に余裕があったわけでもないがな」
風待将監 「未亡人は吊ってよいじゃろ」
四季映姫 「忍者RPで常に忍者引けるとも限らないんですよ!>コルクケアさん」
刹那・F・セイエイ 「あとついでにいうと、流石に狩人コピーしたマニアが存在する以上は
未亡人放置して狩人落ちるかもしれないグレラン、というのは
下界視点は好まないだろう。実際それ起きたら地獄だし。」
まこまこりんGM 「ライトさんお疲れ様」
風待将監 「忍者ああああああああ!>みすちー
ぷろふぃーるにも書いておろうが!」
佐々木 「まあ、●出されは必然的に胡散臭く見えるのは否定しない>キョン子」
夜神月 「なんだ初日か」
刹那・F・セイエイ 「と言うかこれはあくまで俺の経験論だから他人とは共通認識として
できるかはわからない

ただ未亡人が真な村をほとんど経験したことがない」
四季映姫 「みすちーがサレンダーした>シャワーズ」
ピカチュウ 「未亡人 初日人外COは そのCO吊れば
『とりあえず人外1落ちる』という意味では安定でチュ」
シャワーズ 「ってああみすちーか」
シャワーズ 「おつですー
・・・んー?なんでキョンに票が」
夜神月 「お疲れ」
ヤザマ 「お疲れ様ですぞwww」
キョン子 「お疲れ様」
キョン子 「私が占いCOしたら普通に吊られた気がするけどね…
囲い見られてみすちー占われないで吊られとかありそうだし >佐々木」
音無小鳥 「お疲れ」
薔薇水晶 「私は私なりにそれなりに考えてはいたんですけどね
ざっくり言うと狼陣営7なら残れると思ったってことです
実際吊られてるんで失敗ってことになりますね>四季さん」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様だ」
でっていう 「お疲れ様っていう」
風待将監 「御苦労じゃった」
四季映姫 「お疲れ様です。」
ピカチュウ 「乙でチュ」
ヤースター 「んんwwwお疲れ様ですぞwwwww」
風待将監 「乗るな!>ばらしー」
ヤースター 「我は狩られ前提ででましたぞwwwww」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヤザマ 「つまり我吊りは村勝利の役割があったという事ですなwwww」
刹那・F・セイエイ 「あぁ、そういえばリプレイでも俺は蝕暗殺だったな」
薔薇水晶 「コルクケアって流行ってるんですか?
私もビッグウェーブに乗って良いですか?」
佐々木 「まあ、僕も霊能しか用意してなかったけど占い出たら狩られるしなあ…」
四季映姫 「薔薇水晶の初日未亡人CO要らなかったんじゃないんですかねえ・・・」
ピカチュウ 「マニアRPはコルクのCOは信用するな 村であっても でチュね >ヤザマ」
でっていう 「そうだこのまま再投票連発で引き分けにならないかなっていう」
風待将監 「お……おのれら……!!」
シャワーズ 「ああ、上条さんじゃなかった
リプレイのイメージが・・・」
キョン子 「ヤザマの代わりにみすちー吊ってたら狐勝ちだったよ >風待」
風待将監 「ケアはやめい!>ヤザマ」
ヤースター 「んんwwwコルクケアするしかないですぞwwwww」
シャワーズ 「暗殺噛みは助かった!超助かった!
上条さんなら普通に反射していた気もするけど!」
ピカチュウ 「銃殺前にみすちー指定だったら割とそれはそれでだったんでチュが惜しい」
佐々木 「本隊の騙りは…巫女 未亡人 星占い 村人 念騒霊
うん…うん…」
ヤザマ 「んんwwwwコルクケアwww」
風待将監 「しかしでっていう、みすちー辺り指定で良かったのは普通に」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
ピカチュウ 「結構グレー狭いなかのアレだったし忍者連続噛みできるかどうか」
薔薇水晶 「引き分ける条件→明日狂人2生存

いやいやいやいや」
風待将監 「ピカチュウは吊る(ニカッ)>ピカチュウ」
キョン子 「無理だろうね… >でっていう」
刹那・F・セイエイ 「こうやって書くと有効な噛みがほぼないんだが」
刹那・F・セイエイ 「暗殺噛み>狂人噛み>忍者噛み(死体なし)>妖狐噛み>逃亡者噛み>忍者噛み」
ピカチュウ 「結構期待したんでチュがね」
でっていう 「村人自滅しねーかなーっていう(諦め)」
四季映姫 「他の狩人がいる可能性もあったというのにその勇気は称えるべきではあるかな。」
佐々木 「4でLW吊りはやめた方が良い>コイキング」
ピカチュウ 「ボザマ指定でみすちー指定(チラ >風侍」
薔薇水晶 「基本ルール [逃亡者]

勝利条件は「自分自身の生存 + 村人陣営の勝利」。」
風待将監 「LW吊り狐勝利が怖くてな……まあすまん>シャワーズ」
ヤースター 「んんwwwwwwww」
キョン子 「まぁ、凄い騙りだと思ったようん
狩り殺し前提で出てくるあたりとか >ヤースター」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
刹那・F・セイエイ 「狂人は噛まれと狩殺しで死んだからな」
佐々木 「ふむ…
いややる夫達の村WIKIにもきっちり死んだら負けって書いてあるんだけど佐倉は一体どのwikiを読んだのだろうか」
ヤザマ 「ボースター殿も必然力が足りてませんなwwww」
ピカチュウ 「罠師とか狡狼とかならまた違ったでチュねー >ヤースター」
四季映姫 「狂人がいないってのとでっていう熱病ってのが相当痛手でしたねこれ。」
シャワーズ 「役職保護する意味もないって言ったじゃないですかやだー>風侍
考慮時間取れるくらいってww」
ヤースター 「我は狩人露出させましたけど
変わりに逃亡真ほぼ確定させてしまいましたぞwwww」
ピカチュウ 「でも折角なら熱病あてたかったでチュ」
ヤザマ 「んんwww食ってらですぞwww>佐倉殿」
刹那・F・セイエイ 「まぁしようがしまいが勝てるから問題はないな」
風待将監 「良い灰視であったぞ>杏子
お疲れ様だ」
キョン子 「みすちー心折れてるなぁ…」
ピカチュウ 「シャワーズ吊ってくれるなら未練ないでチュ チュチュチュ」
ヤザマ 「ボザマはありえないwwww

しかしこの役職ではボザマですなwwww」
薔薇水晶 「賞もらえると何かあるんですか?
私が正規ドールズになれますか?」
佐倉杏子 「よーし飯くってくるわw
覚えとこ。まあ灰見は間違ってないなw」
風待将監 「シャワーズはその……すまんな」
ヤザマ 「白狼を詰める為の役割として吊られた事にしますぞwwww」
薔薇水晶 「や、やはり知らなかったのか!
シノンさん逃亡したあたりからあれーと思ってましたけど!」
佐倉杏子 「いやほんと、村だと思う所だけ狙ってたよw
あっはっはwwwwwwww」
四季映姫 「ボザマだったから仕方ない、でいいでしょそこは>キョン子」
ピカチュウ 「もっとがんばりま賞で」
まこまこりんGM 「【速報】特別賞杏子確定」
ヤースター 「んんwwwwwwwwwww」
でっていう 「残念で賞?>杏子への特別賞」
佐倉杏子 「徹底的に私村っぽい所狙って逃亡したんだがなあw
最後の最後によーっし私が死ねばいいだろーって思ったから突撃したよwwwwwww」
キョン子 「あぁ…もっとこうすれば良かったな、とか考えると辛い…
あと関係ないけど村で唯一吊られたのはヤザマなのが少し物悲しい…」
佐々木 「新役職情報の方が良い…というのは皆言ってるね」
シャワーズ 「役職説明の方には書いてありますゆえ・・・
正確なところはそちらを参照したほうがいいですね」
ヤザマ 「んんwwww良い犠牲ですなwwww」
風待将監 「杏子よ……」
薔薇水晶 「でもニャースはキョン子さんと割ってるんですよね・・・>キョン子さん」
刹那・F・セイエイ 「と言うか気づいてなかったのか」
ヤースター 「基本ルール [逃亡者]

勝利条件は「自分自身の生存 + 村人陣営の勝利」。
2日目の夜以降、生きている誰かの側に逃亡する。
逃亡中は人狼・吸血鬼に直接狙われても無効 (襲撃は失敗扱いで、自覚できない)。
逃亡先の役職などによって死亡することがある (死因は「逃亡失敗」)。
逃亡先が逃亡者など、不在であっても条件を満たせば死亡する。
逃亡先が人狼 (種類不問) に襲撃されたら死亡する (死因は「人狼襲撃」)。
護衛や耐性 (例:妖狐) などで人狼の襲撃が失敗しても死亡する。
罠能力は有効、暗殺能力は無効。
逃亡先が吸血鬼だった場合は吸血される。
逃亡先が吸血鬼に襲撃されたら吸血される。
護衛などで吸血鬼の襲撃が失敗しても吸血される。
遺言を残せない。
ピカチュウ 「基本ルール [逃亡者]

勝利条件は「自分自身の生存 + 村人陣営の勝利」。  ←
2日目の夜以降、生きている誰かの側に逃亡する。
逃亡中は人狼・吸血鬼に直接狙われても無効 (襲撃は失敗扱いで、自覚できない)。
逃亡先の役職などによって死亡することがある (死因は「逃亡失敗」)。
逃亡先が逃亡者など、不在であっても条件を満たせば死亡する。
逃亡先が人狼 (種類不問) に襲撃されたら死亡する (死因は「人狼襲撃」)。
護衛や耐性 (例:妖狐) などで人狼の襲撃が失敗しても死亡する。
罠能力は有効、暗殺能力は無効。
逃亡先が吸血鬼だった場合は吸血される。
逃亡先が吸血鬼に襲撃されたら吸血される。
護衛などで吸血鬼の襲撃が失敗しても吸血される。
遺言を残せない。
佐倉杏子 「わっはっはwwwwwwwwwwwww」
四季映姫 「基本ルール [逃亡者]
勝利条件は「自分自身の生存 + 村人陣営の勝利」。」
佐倉杏子 「>役職に描いてあった」
刹那・F・セイエイ 「wikiじゃなくて新役職情報読めよ」
佐倉杏子 「あっ」
四季映姫 「災難賞とは別の特別賞を佐倉杏子に与えるべき>GM」
ヤザマ 「佐倉殿は村に尽くしてくれましたなwwww
MVPのヤクラヤンコ殿でも良いと思いますぞwwww」
佐倉杏子 「Wikiにヒトコトも描いてないぜ……?」
でっていう 「まあ白狼って考えますよねっていう」
佐々木 「知ってて動いたんならそれはそれで、さ」
キョン子 「にゃ、ニャースも一応あると思います
身内切り見せつける… >薔薇水晶」
薔薇水晶 「なぜそんなに冒険するんですか・・・
死んだら負けなんですよ・・・>杏子さん」
まこまこりんGM 「杏子、逃亡者の勝利条件は「生存」や・・・・・・。」
刹那・F・セイエイ 「だから佐倉杏子は村人陣営勝利であっても
自分だけは敗北だ」
四季映姫 「決め打ってるなら別ですが」
刹那・F・セイエイ 「逃亡者は自分が死ぬとその時点で敗北だぞ」
佐倉杏子 「ん?」
シャワーズ 「お疲れ様です 逃亡無念・・・」
四季映姫 「そもそもシノン真が揺らぎかねないですけどね」
でっていう 「そして村勝利はほぼ決まったかなっていう」
風待将監 「杏子は素晴らしいな……
しかし……負け……か……>杏子」
佐倉杏子 「人外ぽかったんで最後まで残してよかった」
ヤースター 「んんwww我の存在否定されましたぞwwwww>遺言」
ピカチュウ 「よくないでチュ お宅負けでチュ >杏子」
佐倉杏子 「お疲れ様ー」
でっていう 「お疲れ様っていう」
ヤザマ 「お疲れ様ですぞwww」
四季映姫 「お疲れ様です。」
風待将監 「みすちー……か」
薔薇水晶 「というか白狼の位置がほぼ月さんとみすちーしかない!」
ピカチュウ 「死亡確認 でチュ」
佐倉杏子 「よし!」
ヤースター 「んんwwwお疲れですぞwwwww」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様だ」
風待将監 「うむ、御苦労」
キョン子 「お疲れ様」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
キョン子 「これもう村から見るとみすちー白狼濃厚というね…」
ヤースター 「んんwwwwwww」
ヤザマ 「んんwww災難賞の事でしたなwww
そのほうが相応しいですぞwww>GM殿」
四季映姫 「割とでっていうも災難賞でいいかもしれない」
佐々木 「まあ、銃殺対応されても死んだ時点で負けだから村の後先なんて関係無いしね>逃亡」
まこまこりんGM 「災難賞だけどいいよ>ヤザマ」
ピカチュウ 「コルクケア 逃亡死亡確認でチュウ」
キョン子 「単語登録じゃなくて、明日生き残る頑張りを見せようよー!! >みすちー」
ピカチュウ 「逃亡自体は初手出ること自体はそこまで悪いことじゃないと思うでチュ
ピカ的には潜伏して勝手に死なれて遺言なしのほうがややこしい」
ヤザマ 「んんwwwヤースター殿がMVPならば名前を ヤースター(ボースター)にして欲しいところではありますなwww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
刹那・F・セイエイ 「初手俺噛みなんてするもんじゃないな」
四季映姫 「あとはコルクケアするかどうかとみすちーとの一騎打ち。
もしくはコイキングですかね。」
刹那・F・セイエイ 「まぁ何にせよこのままなら勝てるだろう
俺が噛まれてこれなら安心だ」
ヤースター 「んんwww我が災難なのは納得いかないですぞwwwww」
佐々木 「潜伏逃亡は混乱するけど露出してる以上は無理に考えなくて良いと思うんだけどね」
四季映姫 「噛みと逃亡失敗で偶数。」
でっていう 「逃亡が急に心変わりすればまだ可能性があるっていう(震え声)」
シャワーズ 「残されてたら?
ブースターの味方をするに決まっているじゃないですか!>佐々木」
四季映姫 「MVP:風待 災難賞:ヤースター

で。」
キョン子 「逃亡騙りの狩人見たみたいだよ… >ばらしー」
薔薇水晶 「まー狼も噛みが通らないと混乱しますけどね
私も逃亡連続噛みはやったことありますし」
シャワーズ 「くう、続きはまた今度ですか
次は任天堂法務課と一緒ですよ!>ピカチュウ」
佐々木 「逃亡や宿敵だとそういう人は居るね>勝利は捨てて陣営勝ち狙い
僕はあくまで勝ちは目指すけど」
ヤザマ 「コイキング殿を導けたようですなwwww」
薔薇水晶 「ていうかあの逃亡噛みは真面目に何を思ったんでしょうか」
シャワーズ 「おお、みすちー白狼と
ちょっとばかし面白いことに」
まこまこりんGM 「シャワーズさんお疲れ様」
キョン子 「いや、そりゃあ逃亡噛んだら無理だよ… >みすちー」
でっていう 「お疲れ様っていう」
ピカチュウ 「お疲れ 結果は引き分けでチュね >シャワーズ」
音無小鳥 「お疲れ」
ヤザマ 「お疲れ様ですぞwww」
シャワーズ 「お疲れ様ー」
キョン子 「お疲れ様」
ヤースター 「んんwwwお疲れ様ですぞwwwww」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様だ」
佐々木 「決闘系
初日に宿敵を作り その相手を殺し生存で勝利だね」
まこまこりんGM 「あー今のうちにMVP、災難賞、(自由枠)賞。
の該当者推薦募集」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キョン子 「わかってないというか、村のために頑張ってるというか…」
四季映姫 「海御前。対抗に投票すると死ぬ。」
刹那・F・セイエイ 「まぁそれは自己責任だろう……」
ヤザマ 「んんwwwボースター殿がヤースター殿なら違ったかもしれませんなwww」
薔薇水晶 「やっぱり杏子さんこれ死んだら負けなのわかってないのでは・・・」
でっていう 「シャワーズの役職は何だっていう?」
四季映姫 「みすちー飼いつつシノンとかニャースとかがケア吊りされるんでしょうねこれ。」
ヤースター 「といっても圧殺されるので無理ゲーですなwwwww」
ピカチュウ 「忍者噛み逃亡死でコルクケアーと決闘逃亡の敗北確認 上々上々」
薔薇水晶 「信念言われちゃうと何も言えませんね・・・」
刹那・F・セイエイ 「そう考えると吊られたシャワーズが哀れだ」
ヤースター 「逃亡ぇ・・・」
刹那・F・セイエイ 「逃亡者の死によって村は勝つのか」
キョン子 「やばい、終わる
多分終わる(真顔」
でっていう 「みすちー逃亡・・・あっ」
四季映姫 「しゅーりょーっすね。」
音無小鳥 「狩人コピーで出たらまず吊りますよ
村でも狼でも狐でも蝙蝠でもなんでも、これは私の信念>薔薇水晶」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
まこまこりんGM 「あ>杏子「明日みすちー逃亡」」
薔薇水晶 「いやでも実際1票差でしたので
私は割と残れる自信あったんですが」
キョン子 「みすちー…
みすちーそれは駄目だ… >念騒霊」
四季映姫 「さて、ここから狼がどう出てくるか。白狼vs村。
上手く引き分けてくれればいいけれども奇数なんですよね・・・

というか占いがもうひとりいるとか想定外でした。」
佐々木 「厄神は憑依解放は出来ても解呪は出来ないね>ニャース」
薔薇水晶 「まさか誘導してきた小鳥さんが狼と思いませんでしたよ
灰のコピー元狩人(まぁ騙りでしたが)とか占いとか狙えますよ
灰吊り最高です」
キョン子 「流石にあの状況で未亡人は吊られると思うよ
狩人コピーの神話とか出てる状況でグレランとか言われたらね >薔薇水晶」
刹那・F・セイエイ 「というか人狼視点初日に占い候補や狩人候補が落ちない吊りは好みじゃないだろうな」
佐々木 「まあ、単に初日に出るニートが嫌いだからかな>キョン子」
薔薇水晶 「というかですね
狼陣営なら喜々として灰吊りして欲しいです
狼陣営多目と思って未亡人に出たのに(白目」
キョン子 「吊れやすそうだから?(真顔 >佐々木」
佐々木 「そもそも未亡人が真な訳ないよね
いや、真を見てないならなんで僕は吊ったんだろう」
四季映姫 「初日すら騙りですかこれ!」
薔薇水晶 「いやそこまで飛躍しないですよね流石に」
薔薇水晶 「しかしキョンさんが銃殺を出してしまうと
シノンさん偽と見られてみすちー吊られる可能性」
キョン子 「風侍は死ぬかな、これは」
佐々木 「…探知師が凄く吊れない
多分 コイキング みすちー ニャースの吊り切り」
まこまこりんGM 「四季映姫さんお疲れ様

・・・・・・さぁ白狼が暴れるか。」
音無小鳥 「お疲れ様」
でっていう 「よし、みすちー囲われたっていう」
刹那・F・セイエイ 「遺言出たらほぼ勝つだろう流石に
とは思うのだが」
キョン子 「何で妖狐COしてるのさ!!遺言で!!(うわーん」
ピカチュウ 「お疲れでチュ」
四季映姫 「お疲れ様です。」
でっていう 「お疲れ様っていう」
ヤザマ 「お疲れ様ですぞwww」
ヤースター 「んんwwwお疲れ様ですぞwwwww」
キョン子 「お疲れ様」
ヤザマ 「んんwwww白狼ですかなwwww
手強いですなwwww」
刹那・F・セイエイ 「これはひどい」
刹那・F・セイエイ 「隠れるが問題はないな
奇数進行だから」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
薔薇水晶 「LW噛めないんじゃないか演出!」
キョン子 「あ、でも呪殺隠れる?」
まこまこりんGM 「キョン映姫占いっと・・・・・・さぁ後はみすちー次第やな」
薔薇水晶 「狐を噛んだ時に限って忍者に見えて
忍者を噛んだ時に限って狐やGJを見る
狼は難しいです」
佐々木 「逃亡噛む意味は僕には分からないので誰か教えてくれると嬉しい」
刹那・F・セイエイ 「銃殺出て一応1死体だな……」
ヤースター 「逃亡噛むくらいなら風待噛むべきですぞwwwww」
薔薇水晶 「ぼぼぼーぼーぼーぼぼ」
佐々木 「逃亡噛み銃殺で一応1死体にはなる…けれども」
ピカチュウ 「忍者は普通に考えられると思ったんだがそんなことないのかね」
ヤザマ 「つまり狐陣営は2だったのですなwwwボツネ陣営ですなwwww>GM殿」
キョン子 「逃亡噛みはやめようよ
やめようよ真剣に(真顔」
刹那・F・セイエイ 「逃亡食べると更にそうなりそうだが」
刹那・F・セイエイ 「また死体なし……か?」
まこまこりんGM 「・・・・・・みすちー囲われたのがちょっと気になるねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
キョン子 「え?呪殺?」
でっていう 「そこの風なんとかのおっさんは忍者だったのかっていうwww
死体無しはそのせいかっていうwww」
ヤザマ 「んんwwwwヤらない師ですなwwww」
ヤースター 「忍者の可能性みるなら風待噛むべきですぞwwwwww」
まこまこりんGM 「あーっと映姫銃殺!」
薔薇水晶 「ていうか白狼は全力で囲ってくださいお願いします(吐血
灰にいるだけでは無力なんですよあれ」
まこまこりんGM 「劣化背徳者ダヨー>ヤザマさん」
薔薇水晶 「シノンさんが囲ったのは良いんですけど
これもしかして白狼ケア含めても吊りきれませんかね下手したら」
キョン子 「●出された私が占いは厳しいと思った
なので、用心で書いてた占術師日記出した
まさか他が占い日記出さないとはわからなかった(真顔 >佐々木」
ヤザマ 「まこまこりん殿の役職は初めてみましたぞwww」
刹那・F・セイエイ 「これで勝負になるんじゃないか?」
でっていう 「ごめんっていうwww
熱病かかっていたことに途中まで気づかなかったっていうwww」
刹那・F・セイエイ 「ようやく囲われたな……」
佐々木 「あとアレだよ
本隊占い出そう
初日との戦いは厳しい」
薔薇水晶 「もうだめですよぉ・・・」
薔薇水晶 「最近見ない名前のベテラン臭だらけで困惑しています」
ヤザマ 「お疲れ様ですなwwww」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様だ」
でっていう 「お疲れ様っていう」
まこまこりんGM 「でっていうさんヤザマさんお疲れ様」
音無小鳥 「お疲れ様」
ピカチュウ 「乙でチュウ」
ヤースター 「お疲れですぞwwwww」
キョン子 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
でっていう はショック死しました
キョン子 「割と真剣にシノンとキョン噛めなかったのが痛いかな…
ちゃんと考えたら見えたのに…」
刹那・F・セイエイ 「まぁ占いの○吹き飛ばしたからな」
薔薇水晶 「一応首は繋がった感じですね・・・」
佐々木 「でっていうはあまり見ない人だけど初心者さんかな?」
まこまこりんGM 「でっていうLWっていっときゃええのに・・・(オイコラ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
薔薇水晶 「これ遺言で告発でも入れないと厳しいのでは」
佐々木 「探知師の信頼も高いと
うん、無理だね」
ヤースター 「あ、気づいたようですなwwwww」
キョン子 「今気づいたーw」
佐々木 「そしてでっちうは熱病に気付いてないっぽいね
割と真剣にどうしてあれ見落とすか謎なんだけどなあ…w」
薔薇水晶 「あれ杏子さんこれ自分が死んだら負けなのわかってないんじゃ
信用とってるんだから安牌とっていいと思いますけど」
まこまこりんGM 「シノンするどいなー」
佐々木 「いや、そもそも君らの凍傷と能力喪失
まあ、忍者と匂わせたくないのかもしれないけど>風待」
キョン子 「逃亡者が真剣に怖いー!!」
薔薇水晶 「し、しかし死体なしでランするほど村も日和ったりはしないでしょう

指定でみすちー?やめてくださいしんでしまいます!」
ピカチュウ 「熱病で増えて 元昼狐で増えたでチュ」
刹那・F・セイエイ 「宿敵2
共鳴2
凍傷2

あとは元昼狐と熱病か」
佐々木 「元昼狐と熱病と」
キョン子 「ありそうで怖いんだけど >みすちー死亡」
薔薇水晶 「あのこれランになったら割と真剣にみすちー死ぬのでは」
キョン子 「みすちー吊りで、だ…」
キョン子 「今日みすちー噛みで終了するという…
こ、怖い…」
刹那・F・セイエイ 「見事な死体なしだ
感動的だな」
まこまこりんGM 「みすちーラスグレの予感!」
薔薇水晶 「このまま灰圧殺されてみすちー死ぬんじゃ・・・」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
佐々木 「扇動者なんてそんなもの と言えばそうなんだけどね
村役職の発言が弱くないと厳しい」
キョン子 「みすちーが…囲われない…」
キョン子 「…割に合わない… >佐々木」
刹那・F・セイエイ 「だがこれで忍者吊りに動く人もいるかもしれないから
ワンチャンスあるんじゃないか(ギリギリ」
まこまこりんGM 「そして最後の狐も把握・・・・・・Vやねんだったね狐軍(ガックシ」
キョン子 「シノンがえーき占ってくれれば…そうしてくれれば!!」
佐々木 「因みに初日に僕の能力を使うと蒼狼と銀狼を犠牲にして人馬を殺していたらしい」
ヤースター 「んんwww負け試合ですなwwwwwww」
薔薇水晶 「明日も死体なしだよ(吐血」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
刹那・F・セイエイ 「なんだか潰し合いでもしたいのかお前らは
と思い始めてきた>妖狐噛み」
刹那・F・セイエイ 「銃殺も何も出ないな……」
キョン子 「映姫はやめてください…
やめてください(震え声」
ヤースター 「んんwwwwwwwwwww」
薔薇水晶 「みすちーを囲ってくれないと無理ィ!」
ヤースター 「みすちー占ってほしいですぞwwwww」
キョン子 「忍者想定で連続噛みは難しい流石に…」
刹那・F・セイエイ 「みすちー白狼だからワンチャンスあるだろう」
ピカチュウ 「でっていうにつくならみすちーどうか か」
薔薇水晶 「ちょっと追撃するのやめていただいて良いですか(白目」
ヤースター 「白じゃないだけましですが
それでもきついですぞwwwwww」
音無小鳥 「狼に熱病はひどすぎやしませんか」
キョン子 「お疲れ様
…狼陣営悲しすぎないかい?」
刹那・F・セイエイ 「これは、なんだ。ギリギリOK,なのか?」
ヤースター 「なんで冥にいくんですかねぇwww」
佐々木 「め、冥狼-!」
薔薇水晶 「◇でっていう
 (草不可避◇
eyndF0VEv.)
[冥狼]
[熱病]
(生存中)

あっ」
刹那・F・セイエイ 「……冥狼についたな」
ヤースター 「んんwwwお疲れですぞwwww」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
刹那・F・セイエイ 「ところでキョンは四季映姫を占ったのか?
いわば昼狐をだが」
キョン子 「…やめようよ、そう悲しいこと言うの…
確かにそうなんだけどさ… >佐々木」
ヤースター 「んんwww占いどっちかに熱病いってほしいですぞwwwww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
佐々木 「僕と君が居る狼陣営だからなあ…>キョン子」
薔薇水晶 「だ、大丈夫ですよ
白狼ならきっと溢れる白さで熱病なんて・・・」
キョン子 「そんな不幸はきっとない
きっとないはず(震え声 >佐々木」
佐々木 「ふむ…
白狼熱病が見える(震え」
薔薇水晶 「いきなさいピカチュウ!
10まんボルトで占い師を殺すんですよ!」
キョン子 「やばいやばい
逃亡者が凄い面倒で困るんだけど…」
刹那・F・セイエイ 「熱病がどこにつくかだな
ここで白狼についたら笑うんだが」
まこまこりんGM 「あーっと!狐指定!」
ヤースター 「んんwww狐指定ですなwwwww」
刹那・F・セイエイ 「コイキングが見事にツッコミを入れているが……」
刹那・F・セイエイ 「四季映姫のあれは非狼アピか?」
ヤースター 「いや、狩人いるなら7割がた我護衛してますので
他に狩人の線は低いですぞwwww」
佐々木 「しかし…やはり噛まれたいときには噛まれない」
キョン子 「ここで忍者は反則だよなぁ…無理だって…」
刹那・F・セイエイ 「死体なしだな」
キョン子 「うーん…対立させるのは難しいと思うけどね…
両方真でみる可能性高いかと… >刹那」
ヤースター 「あぶり出しには成功したが
逆に逃亡真濃厚になったのが痛すぎたですな」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
まこまこりんGM 「これ表題オチにならないかな・・・w
ピカ・えいき「Vやねん!」キョン・シノン「狐占いっと・・・・・・。」」
刹那・F・セイエイ 「まぁ互いに○だしあって狂とか子狐だが」
刹那・F・セイエイ 「なぜならキョンが蒼星石と共鳴していると
確定してしまうからキョンの立場が相当上向きになる

一応蒼星石噛まれないならギリギリキョンとシノンが対立軸!
的な発想を誰かがするかもしれない」
刹那・F・セイエイ 「蒼星石を噛むとそれはそれでまずい」
キョン子 「蒼星石噛みで良かったかな…
迷ったんだよ、蒼星石か佐々木かで…シノンは絡んでるから難しい
キョンは…役持ち感じてたけど、噛めなかった…」
佐々木 「司教結果 6と
往々にして人外村はこういうことが多いね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
まこまこりんGM 「村強い(確信)」
刹那・F・セイエイ 「まぁ人馬いるから毒いても露出するのだが」
刹那・F・セイエイ 「これ毒がいなくてよかったな
毒いたら白狼が毒で死ぬぞ」
刹那・F・セイエイ 「というかGMも人外だから村人陣営で死んでいるのは俺だけなんだが」
キョン子 「ん…狂人噛んだかぁ…
みすちー狙ってるように見えたのと、単純に役持ち臭感じて… >佐々木」
薔薇水晶 「ここまで狼しか吊ってない」
まこまこりんGM 「キョン子さんお疲れ様

・・・・・・そして人狼陣営じゃないのが刹那さんと僕だけの件に一言>キョン子さん」
佐々木 「お疲れ様
みすちー殴りが駄目だったかな>キョン子」
音無小鳥 「お疲れ様でした」
キョン子 「お疲れ様」
キョン子 「くっ…ニャースで失敗した…」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様だ」
ヤースター 「お疲れですぞ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
刹那・F・セイエイ 「占い2に対して白狼いるからなんとかなっているが
白狼いなかったら勝負詰んでるからな、これは」
ヤースター 「すまないですぞ(土下座」
佐々木 「小鳥さん吊り逃れしよう(真剣
露骨でも何でも良いから、うん」
まこまこりんGM 「人狼陣営がゴリゴリ落ちていくwww」
刹那・F・セイエイ 「しかも狂人も一人噛み、一人狩殺し
むしろ妖狐つぶしをしないとそろそろまずい」
刹那・F・セイエイ 「問題は人狼を連続で吊りきっていることだ
下界視点まさか3W連続グレラン落ちしているとか
考えてもいないんじゃないか?」
薔薇水晶 「もうやめてください!
人狼陣営のHPは0です!!!」
まこまこりんGM 「ニャースがアウトいうたな。
さてさて・・・・・・」
刹那・F・セイエイ 「ニャースがギリギリで否定したな
流石にこれでわかると思いたいのだが」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
佐々木 「というか発言的にどう見てもキョンは僕占いだろうw」
刹那・F・セイエイ 「というか俺占いしていたのか
ある意味一回手損だな。しょうがないことだが」
まこまこりんGM 「狂人志望したら背徳だった解せぬ」
佐々木 「へえ
初日背徳は初めて見たね」
刹那・F・セイエイ 「問題はここからだな。
流石にここで占い吊りをしたら勝ち確定ルートが
五分五分くらいに流れを持って行かれかねない」
まこまこりんGM 「あーっと真占い1人目CO!」
ヤースター 「初日背徳者ですなwww」
佐々木 「占い2の占い付き鵺と
夜の占いもサボらないで書けば良かったね」
刹那・F・セイエイ 「これで状況的にわかりやすくはなったようだな」
薔薇水晶 「狂人はちょっとくらい発言で遊んだ方が良いですよ!
ちょっと腐るだけで噛まれなくなります!」
まこまこりんGM 「佐々木さん、ヤースターさんお疲れ様」
刹那・F・セイエイ 「狂人噛みするあたり人狼は大丈夫か……
敵対陣営だが不安になってきたのだが」
ヤースター 「んんwwwすまないですぞwwwww>音無どの」
音無小鳥 「お疲れ様」
まこまこりんGM 「あ>扇動者OUT」
薔薇水晶 「そして狂人噛み
なにもかもが裏目に・・・」
佐々木 「まーた噛まれたよ」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様だ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
刹那・F・セイエイ 「……ただの狩人ならともかく忍者だからな
俺ならCOをする。博打すぎる、というのもあるが。」
薔薇水晶 「そうですね
ただ指定展開は終わりますので潜ったまま票を引き寄せることができればでしょうか」
刹那・F・セイエイ 「少なからず狩人COでもしない限りは
無視されるだろう」
刹那・F・セイエイ 「つまり忍者は露出する、ということか流れ的に」
薔薇水晶 「確か雪女の罠は盾の効果はなかったはずです」
刹那・F・セイエイ 「雪女が自分に罠をしかけ、かつ忍者がそこを護衛する
どうなるんだろうな」
薔薇水晶 「狩られかつ凍傷と」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
刹那・F・セイエイ 「ふむ、しかしこうなるとどうなるんだ?
狩殺しは有効なのか?」
まこまこりんGM 「あ>ヤースター罠」
薔薇水晶 「狩られますよ
投票能力持ちの狂人はだいたいそうです」
薔薇水晶 「そしてお姉さまは私でなくキョンさんのところへ・・・」
刹那・F・セイエイ 「と言うか雪女って狩られるのか」
まこまこりんGM 「音無さんお疲れ様」
薔薇水晶 「狼のほうから非占狩に誘導かけるのはあまりよろしくないかなと・・・(えぐっ」
まこまこりんGM 「そして真占いに狼捕捉。
狐次第かねーこれは」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様だ
確かに押されているが……白狼がいるからなんとかなる範囲内だとみるが」
薔薇水晶 「まずい、押されてる!」
音無小鳥 「お疲れ様でした」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
刹那・F・セイエイ 「状況的に扇動者と昼狐と白狼がいるのが痛いくらいか
そこをどう潰すか、による
特に後者2人は非常に村をひっくり返す実力を持っているしな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
まこまこりんGM 「うわライト君するどすぎ」
刹那・F・セイエイ 「シャワーズいって佐倉杏子いって
その後はどうしようか、と考えていた。
もっとも生きていてもどうにもならなかったとは思うが」
まこまこりんGM 「ヤースターwwwww」
薔薇水晶 「占い師でみすちーさんを全力で囲わないと・・・」
刹那・F・セイエイ 「抵抗しないのか……」
薔薇水晶 「あの発言数で3票なら察してくださいよwwwwwwwww」
刹那・F・セイエイ 「人狼連続落ち、というところか
といっても抵抗はするだろうがな」
まこまこりんGM 「あーっとここで味方を指定!」
薔薇水晶 「狼指定してるwwwwwwwwwww」
刹那・F・セイエイ 「と思ったらブースターただの雪女だったか
ふむ、面倒だな」
刹那・F・セイエイ 「……村役職強すぎるだろうこれ」
まこまこりんGM 「刹那さんお疲れ様」
刹那・F・セイエイ 「お疲れ様だ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
まこまこりんGM 「いや暗殺は残しておいて村を壊す機械に(ry」
薔薇水晶 「お、暗殺噛み
蝕んでますけどいいところですねー」
まこまこりんGM 「しゃーない。でもまぁ気付いたみたいだからええねん。」
薔薇水晶 「ま、まあ白狼がいるならなんとかなりますええ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
薔薇水晶 「狼が誘導してきました(白目」
薔薇水晶 「初夜は吠え見えないんですよ・・・ええ・・・」
まこまこりんGM 「昨日の夜吠えてたわけだし死んだことは伝わるかと」
まこまこりんGM 「でも」
薔薇水晶 「なんてことだ!本当に吊られた!」
まこまこりんGM 「薔薇水晶さんお疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
まこまこりんGM 「はい到着」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営7 妖狐陣営3 決闘者陣営1 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2013/12/08 (Sun) 16:22:55