←戻る
【雛1356】やる夫達の超闇鍋村 [1663番地]
~20分開始予定~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 黒の剣士GM
(生存中)
icon 鏡音レン
(生存中)
icon KAITO
(生存中)
icon 鏡音リン
(生存中)
icon 艦娘イク
(生存中)
icon 鏡音ラン
(生存中)
icon 水霊使いエリア51
(生存中)
icon IAさん
(生存中)
icon 鏡音ロン
(生存中)
icon 初音ネギ
(生存中)
icon 初音メル
(生存中)
icon 鏡音サザ
(生存中)
icon 鏡音ミョン
(生存中)
icon 弱音儚い
(生存中)
icon 汚い忍者
(生存中)
icon ネコカオス
(生存中)
icon 鏡音フラン
(生存中)
icon 綺麗な忍者
(生存中)
icon 鏡音ツモ
(生存中)
icon 阿久女イク
(生存中)
icon 鏡音サム
(生存中)
鏡音サム 「( 凸)ノシ というわけで自分もサラダバー!皆さんお疲れ様っした! 
     お仲間並びに狂人の皆ありがとう!」
鏡音サム 「( 凸)今更背徳の仕様を読み返す自分。そっか後追いすると全滅確定かー恐ろしいねこりは」
鏡音リン 「じゃ、あたしもこれにてさらば!
おつかれさま、また遊ぼうね!」
KAITO 「だが断る!>ラン
それじゃ失礼するよ、村立て同村おつかれさま!」
鏡音サザ 「じゃあ俺もデインに帰る。ミカヤが待ってる(はずだ)からな
お疲れ様だ」
鏡音リン 「レンはヘタレても攻めのイメージが作れないのでウケセン
KAITOニーサンは・・・そうね、ハイテンション変態攻めかな」
IAさん 「という訳で皆様お疲れ様でした。
GMは村建て感謝ー」
初音ネギ 「それじゃ失礼するんダヨー
というか喋り辛いんダヨー」
鏡音ラン

                          /   ./
      /\      ______     /    ./
      |   \.  /\\      `>'´     ./
      |    `く.   \\_.       / /
      |∨     \  /::.::.::.:\    / /
      |. ∨     `Y´::.::.::.::.::.::.::}  O.__/
      | |∨     .{::.::.::.::.::.::.::./ //::.::|
      | |. ∨      `ー┬┬'´ .//::.::.::|
      | |  ∨  x===┴く. ./ .|::.::.::/
      | |   \//\ \/ `ー-人/   だから……一緒に、地獄に落ちよう? >兄弟
      〈__ム-─‐ {.l   \/ー-、__/ /
\_r─‐┴-、   \   /`ー-、_/ /
.  \  ̄ ̄\\   `ー-、_  ./∨
    \___/ \      /¨´
     }\/    `ー-、_/
 /¨¨¨´  } ̄ ̄`ー-、_  `ー-、」
KAITO 「落ちにするのはやめよう!?
今回は一切関係してないから!>IAさん」
ネコカオス 「それじゃお疲れ様だ。
仲間はおんぶにだっこですまなかったな。
やはり天狼なんておらんかったんや」
弱音儚い 「では、私もこのあたりで失礼します。
ちょっと弱気じゃなくなったかも・・・」
鏡音ミョン 「それではおちますね
お疲れ様ですか
そろそろ帰らないと本当に幽々子様が怖い…!」
鏡音レン 「ということで僕も帰るよー。
リンもご飯冷めない内に帰ってきてね」
KAITO 「そこまでは考えてなかったね、どう見ても人外村な上に、
狐全滅が見えて「早い段階でPPあるな」とわかったので騙りはやめたよ>レン」
IAさん
                     /⌒
                    . -({ー 、
             ___/        \      |  、 十_/   /
                 >'゙  /|: ∧、  \___  L   ! く[ノ`〉 o
           <___, i |\|: //}  、  ノ
             ∠人{芯}/ 芯ア i| :|i\(      |  、 十_/   /
   (\           /{ {\,/。 厶イ| :||          L   ! く[ノ`〉 o
   \ `ヽ___   //{ {: /≧z≦ ̄ヽ八
.      \__..__    ̄ ̄ ̄}_}     }: . \
            ̄厂厂} ̄|寸冖、__,厶: / \    
         _[>イ,ノ/./. .| マX<_彡     ヽ   こうして村は変態によって滅ぼされたのでした・・・
         >ノ[〉 |/. . .|/ V/: .\: . |     |
       / ̄     | . . . . . . . {\: . \| |  |   だが、またいつか第二第三の変態が現れるでしょう・・・
       {(       _ | . . . . . . . ]<⌒i}: . | |  |
           〈「「「]i| . . . . . /. .}\{\: . |  /   負けるな人狼、負けるな狂人! 変態を滅ぼすその日まで!
                ̄/ . . . . . . . . /. . }\l/|: /
鏡音レン 「変態こわ、ちかよらんどこ」
汚い忍者 「それじゃあサラダバー」
鏡音サム 「( 凸)また変態道に堕ちる者がここに一人・・・」
KAITO 「表へちょっと出ようか、君たち・・・>弱音 初音 ロン」
汚い忍者 「はははw」
鏡音レン 「○○を吸ってある、私を吊るとそこが死ぬぞ。と」
ネコカオス 「色が無いとどっちかわからんな >ラン」
KAITO 「大型AA使ってまで言うことかい!?
それならこんな村にしたのは君がそんな名前とアイコンにしたからだよ!w>鏡音ラン」
初音ネギ 「存在が変態なんダヨー>KAITO」
弱音儚い 「もうHN見るだけで「変態」って言葉が浮かぶんですね・・・>KAITOさん」
IAさん 「Nooo!」
鏡音レン 「KAITO兄さんはいっそのこと百々爺騙るとかね」
鏡音ロン 「俺たち姉妹を狙っていたというわけか・・・変態め!!

KAITO
 (プースカ◇
Jiq7qCHs.A)
[吸血鬼]
(死亡)」
鏡音ラン
                                      ィ
                                  //
                                 /;;;/
                               , イ;;;;;;;;/
          /\                    イ;;;;;;;;;;;;;;/
       /|;;;;;;;\     _ ___ -‐─ ' ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
        |;;|;;;;;;;;;;;;;>、 ィ ´;;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
        |;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> 、;;;;;;;;;;;レ!─ 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/
        |;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'´     ゚ヽ;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/
        |;;;;;;V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        };;;;;;;;;;;/;;;_;/
        |;;;;;;/V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{       ノ|;;;;;O/゚ヽ
        |;;/  ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ __ , ィ´,ノ;;;/;/  l
        |;|   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 「 ̄;;;;/;;;l    |
       |;|    \;;;;;;;;;;;;===‐┘、;;;;/;;;/{  /
.         l;|__ -‐  ̄ .// ヽ \/ヽ  `' 、//ヽノ     存在そのものがお前の罪だ!>KAITO
.        |/ ── 、//、  ヘ /、 ヽ_ 7;/
      .__└ ´ ̄ ̄.ヽ/ \  V  ヽ_ /_//
ヽ、__/_ ` '  、   ヽ、  ヽ、    ∠//
  `ヽ、   ィ= 、_` 、  ` 、 `' 、._/ //
  ィ ─ヽ´ヽヽ ̄/  ̄`' 、  `/ ̄ .ヽ//
/     |   \/、        ` ' 、   `」
水霊使いエリア51 「私は自分の立場上、19さんを吊る事は出来ませんでした。
19さんが居なくなると、下界でレン君の魚雷について話す事が出来なくなってしまうので。
昼にも言いましたが、19さんが居る事でこの村はR指定を外れる事が出来ていますから。」
汚い忍者 「一応人外の可能性も見てたが
その場合出たのが悪いと思って吊り誘導する
周りの流れ見て発言変えたりするがな(キリッ>綺麗な忍者」
KAITO 「ちょっと待ちなさい。今回は、今回だけは一切変態発言してないからね!>IAさん」
鏡音リン 「もはや一つの陣営なのだ・・・」
阿久女イク 「ま、これは無理としか言いようがないでしょこれ
やっぱ指示役大事ですね お疲れ様でした」
鏡音サム 「( 凸)フフフ怖いか?(俺以外の狼s >KAITO 
   下手しなくても吊られたよ!w」
初音ネギ 「毒陣営か…>リンちゃん」
KAITO 「いやいや!?今回は変態なことはなにひとつ言っていないよ!?>初音ネギ」
弱音儚い 「とゆーかそういうややこしい事はアウトだと思うんですよ!>開始直前にアイコン変更
それで影妖精CO!も考えるだけは考えたけども!」
鏡音リン 「IAさん 寄毒 ←」
IAさん 「あぁ、多分この村はKAITOさんが変態だったのが大体悪い」
鏡音サザ 「俺2日目豊穣と勘違いしてたわ・・・>イク、ツモ、カオス
紅葉の方なら確かに話違うわ」
IAさん 「まぁ3は別枠かw」
鏡音レン 「僕の何が悪いんだ!!」
初音ネギ 「一人だけ吸血鬼とかやっぱ変態ダヨー>KAITO」
鏡音リン 「吸血鬼は難しいよね・・・
人外村ならいっそCOした方が勝てる気もする(ぇ>ニーサン」
綺麗な忍者 「イク吊りは仕方ないよ。でもイク人外で見てた人って絶対少ないと思うの」
IAさん 「私はー? >リンちゃん」
鏡音サム 「( 凸)仮に余裕がある村でも吊ったろうし、初日紅葉でないってことは 
   やって覚えるorそういうログたまたま見て知るくらいしかないと思う」
KAITO 「座敷系は潜伏しておいたほうがいい、かな。まとめると」
鏡音レン 「似てる役職COで言うと長老COかな?」
ネコカオス 「それは豊穣の方だな >サザ」
阿久女イク 「それは豊穣神 >サザ」
水霊使いエリア51 「まぁ私が生きていれば良かったのでそこは申し訳無かったですね。 <忍者」
鏡音ツモ 「それは豊穣」
汚い忍者 「やっぱ紅葉は出るべきじゃねぇな
2人以上共有いるなら出て凍傷爆弾してもいいと思うが」
鏡音リン 「ミクねーちゃん 村
あたし 狼
レン 狐
ニーサン 血」
KAITO 「私は吸血鬼の時点で「あー無理だねw」となっていました>リン」
弱音儚い 「まぁ意見が割れてるとなると、人外は「これ幸い」とばかりに票を外しますよね。
「やっぱり吊らない流れなのかなって」って言っておけばいいですし。」
鏡音レン 「共有いても微妙だけどねー、吊られないとほぼ証明出来ないCOみたいなものだから>IAさん」
鏡音サザ 「・・・会心付加じゃないのか。今更だけど>紅葉神」
IAさん 「祟り神なら、2~3人で投票して宣告付かないなら という感じ」
綺麗な忍者 「吊れるかもしれないけど、吊っちゃダメだったのよ>エリア
出来る出来るできないじゃなくて。回避しなきゃ勝てないのよ……」
鏡音リン 「いや悪いのはレンだと思う
そして本物ボカロが全員別陣営」
鏡音ツモ 「背徳者に関しては何にも思うところ無いよ?吊られたこっちが悪いんだしね」
艦娘イク 「村建て同村ありがとうございましたなの
ほんっと余計なことしかしなかったの ごめんなの」
ネコカオス 「地味に狩人二人か…」
KAITO 「あなたは下手すると吊られそうになってましたがww>サム」
鏡音ミョン 「背徳者は狂人と一緒で狐とは別枠。
だからまあ、子狐のほうがとかじゃなくて、単純にいればそれだけ妖狐陣営の底上げになる存在なんですよね」
阿久女イク 「吊るは吊るで理解はできますね 紅葉神とか大迷惑COされても
祟り神ならまだわかりますが」
鏡音ツモ 「ん?ああいや、背徳でなくてさ
逃亡者系列における迷い人とか座敷童子系列における祟り神とか紅葉神とか<あくめイク」
鏡音レン 「えっ!?なんで!!僕は何もやってないよ!!?>ラン」
KAITO 「狩人即抜きと占いに●、はては狐全滅といい、すべてが狼の追い風となっていたね。これはすごい」
IAさん 「だから、初日に出る理由は分かる。
私は出たもの。

でも、今はその辺のCOは熟成してきて、騙りやすいってのが分かったからね
鬼いないのに初日逃亡CO、共有いないのに初日紅葉神CO は、微妙に思えてしまう 例え真でも」
鏡音サザ 「吊る意味はないと感じたがグレランする意味もないと感じてしまったしな
だが結局痛恨ついたなら投票した俺はまずかったということだ。すまない」
綺麗な忍者 「俺もイクに投票しなかったとはいえイク吊りに大声で反対してたわけじゃないし
吊り余裕無い村なんだからもっと思い切って主張すればよかったよ」
鏡音サム 「( 凸)私という初心者以外皆修羅ですねおんぶだっこで勝てちゃう修羅まじすごつよい>ネコカオス」
水霊使いエリア51 「イク人外でも真でも関係無く吊れますよ。 <忍者」
鏡音ラン 「そうよ、リンが悪いのよ!>レン
そしてリンの罪は双子であるレンの罪でもある、そうだな?」
弱音儚い 「あ、吊られても痛恨は付くんですね・・・」
鏡音リン 「あ、確かに狼陣営の役職が凄く豪華・・・」
阿久女イク 「狐陣営がいろいろ騙りやすいように追加されたのが背徳
私はそう思ってますね >ツモ
狐、子狐はどうしても生存優先気味な分前に出づらいですから」
初音ネギ 「背徳者飛んだのに狐全滅気づいて無かったネギがこちらになります」
綺麗な忍者 「なんていうかなー。イク吊り!って大声で言ってる人にみんなして乗っかっちゃっただけだと思うよ今回は
イクが人外かどうか?って考えてイク吊るわ。って決めた人が居るんなら悪いけど」
鏡音サム 「( 凸)以前俺が紅葉で初日出た時は放っておかれたけど中盤のグレランで吊られた 
   役職説明的にでて皆に教えないと吊られたらマズイ!ってなるよね紅葉」
鏡音ツモ 「派生系列が荷物になりやすい役職は多いから気をつけないといけないかな
村側役職ならだけど。」
鏡音レン 「KAITO兄さんは悪くないよ、多分リンが悪いんだよ……!」
鏡音サザ 「座敷童子の亜種で、自分に処刑投票してきた人が村人陣営だった場合は一定確率 (30%) で痛恨を付加し、
処刑された場合は投票者全員にさらに一定確率 (30%) で凍傷を付加する。

あ、ほんまや・・・>イク」
鏡音ラン 「あ、IAじゃねぇや。伊19の方だった」
ネコカオス 「いや、処刑投票してきた。だから投票だけでも痛恨つくようなんだなこれ >サザ」
KAITO 「実はこちらでも閻魔騙りを考えていたのですが、先にでられて「あちゃー」と>ハク」
IAさん 「Oh 事故●Deathか >リン」
弱音儚い 「でもああいううっかりCOは9割くらい真なんですよねぇ・・・
ほぼ決め打ちで残しつつ、保険で「気になる占い思案は占って」くらいでいいんじゃないかなって。」
鏡音ツモ 「劣化とか言うつもりはないけどさ」
鏡音ラン 「ドンマイ>IA
初めてなんだもの、仕方ないだろ

潜伏したところでグレランで死んだら悲惨かもしれないから、動きを考えてみるのも面白いぜ
理想は……IAがそうしたように、票をもらわずに噛まれること、かね?」
阿久女イク 「処刑で付くのが凍傷で 痛恨は関係ないと思いますが >サザ」
KAITO 「というか、私が乗ったせいなのだろうかこれw>レン」
IAさん 「いやぁ、でも昔、私普通に初日にCOして3回ぐらいそれなりに信用されたんだよねぇ >艦娘イク
でも今は、流行り的に人外がやる感じが結構する時代・・・なのかな」
ネコカオス 「というか狼陣営の中身豪華じゃないですかねこれ」
鏡音ミョン 「んー、どこかで破綻して吊られるとか思ってましたけど>イクさん
猟師騙りで狐囲いをしていました」
弱音儚い 「機転というか、今回はそんな感じで行ってみようかなと。>KAITOさん
私は元々とっさの騙りは苦手な方ですしね。
狂人引いたら占い日記を書きつつ、占いCOできない場合にもう1個騙りを準備。それくらいが関の山です。」
鏡音サザ 「いや、むしろ処刑されたから痛恨ついたんだと思うぞ>ネコカオス」
鏡音リン 「狼一同は紅葉非投票に占いいると思ってたので
占いだとは全く思ってなかった!>IAさん
ラッキーパンチでごめんね!」
鏡音サム 「( 凸)ドンマイ知らない役職渡されたらとりあえず初日COは俺もやるから分かる 
   村ならもっと擁護したけど狼でごめんね吊りにいかせてもらったよ>イク伊」
鏡音レン 「というかやる夫村には変態多いよ怖いよ助けてマスター」
初音ネギ 「紅葉神は全員で吊れないなら放置しかないと思ってんダヨー
反対がなんか割と多く見かけたからグレランしかないじゃない!とか
思ってたんダヨー」
KAITO 「昨日の村でもあったけど豊穣神と紅葉神は指定から占いで●出されん限りは、
潜伏しておいたほうがいいと思うね、初日から露出は共有いないと扱いに困るので」
鏡音ラン 「閻魔と狂人がそなわり狼とラインがつながることで最強に見える
もしも真結果でも噛まれる→パワーアッポだしな

やはり獣人は強い
今回の一件でそれがよくわかったよ、>>弱音感謝」
鏡音ミョン 「閻魔騙りが凄くて楽しいですね。
参考にさせていただきますね」
綺麗な忍者 「単純に人外が吊れてない。そういう村だね」
艦娘イク 「ほんっと申し訳なかったの 初めてひくからどうしたらいいか
考えた結果盛大に裏目だったの >IAさん」
IAさん 「豊穣神が村多い時に指示役がさらにいる時に出て、
村人に会心何とか付けてというなら分かるんだけどね 」
鏡音レン 「まぁ、紅葉神は潜ろうってのと。
狐はがんばろう(震え声)かなぁ……」
阿久女イク 「狐もうちょっと頑張ってくれなきゃどうしようもないです
背徳はさっさと吊られに動いたほうがいいんですかねこれ」
ネコカオス 「てっきり処刑された場合は痛恨は無いと思ってたんだが。
ふーむ >サザ」
KAITO 「ふらいさんの騙りがうまかったなあ、とよく機転きかしたよなあ。」
初音メル 「あー私も飯つくるかな
んじゃねー」
汚い忍者 「狐陣営3人とも3日目昼に全滅したのわかってびっくりしたけどなw」
初音メル 「みなさんありがとうございました
夕食前だから忙しい人多いね」
鏡音サザ 「30%と20%を同時に引けばありうるみたいだな>ネコカオス」
艦娘イク 「もー、座敷わらし系ひいたら祟神以外は黙ってるの 覚えたの」
KAITO 「い、隠者ぁー!>阿久女イク」
綺麗な忍者 「おつかれ」
IAさん 「この状況で出られても という思い >紅葉神」
鏡音レン 「あー、それは困るねー>ミョン」
鏡音フラン 「っと用事でヤバいのでいったん落ちるね
ノシ」
ネコカオス 「というか、あれ、痛恨と凍傷って重複するのか」
鏡音ラン 「鏡音ロン は 鏡音サザ の護衛に付きました

やっぱり護衛していたか>ロン
俺が毒狼だし、サザを噛もうと思ったが
危うくGJをだされるところだったな……あぶねぇ」
鏡音リン 「閻魔騙りが素敵すぎてガッツポーズ
狂人のみなさんありがとう!
忍者さんは・・・噛んじゃったけど狐殺してくれてありがとう!」
初音ネギ 「儚は偽ある程度は疑えたけど
正直、リン盲信気味になっちゃったヨー」
水霊使いエリア51 「◇鏡音レン [古狐熱凍]「僕は投票貰ってるから凍傷はありえないよー」
村はまぁここくらいなんですかね。あと私の噛まれ。」
鏡音フラン 「そんなことあるんだ―>ミョン」
KAITO 「リン吊りするにしても票が足りんかったねー」
初音メル 「紅葉神がガチっぽかったのでほっとくべきだったのだ……」
黒の剣士GM 「というわけで報告してこよう
背徳者はあれだ妖狐全滅のメッセージ出る以上きついね」
鏡音サム 「( 凸)狂人がナイスすぎると思ったら流石の千戦修羅だった…恐ろしい… 
   リンも占い騙りありがとー!ニンジャはうん不幸だったんだお互いw」
IAさん 「そうか、背徳者も紅見えるのかーw」
阿久女イク 「◇阿久女イク 「村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
これは酷い どう考えても人外村ですねこれ
『共有に関しても(察し)状態ですし』」

いないとは言ってませんからね・・・はい >カオス、フラン」
鏡音ミョン 「妖狐陣営3なのに妖狐が3人見えていて困った背徳者ならここに」
鏡音ロン 「リンが真占いあるかもと思ってたが間違いだったな・・・」
鏡音サザ 「やっぱり俺はしゅんころだったよ・・・」
鏡音フラン 「隠者…
共有いることにはいたんだ」
鏡音レン 「どうしてこうなったのしかも僕古狐とか絶望的なのだし(白目)」
初音ネギ 「ダヨー」
KAITO 「狼の配役がわりと良いね。」
ネコカオス 「お疲れ様だ。」
IAさん 「まぁ、しょうがない
やはり狼陣営が上手かったにしかならない」
阿久女イク 「お疲れ」
汚い忍者 「村陣営はどんまい
狐陣営たちよ、これが俺の力だ、ははは」
鏡音サム 「( 凸)まあ私も狼なんですけどねお疲れさまでした 
   ネギが仏蘭西なのに無意識でてるから吸血?と思ってたあの非の夜」
鏡音ラン 「いい働きといいアピールだったぜ>狂人ズ」
IAさん 「せめて私が先手CO出来てたらかなぁ」
初音メル 「無理だドンドコドーン」
ネコカオス 「…あ(察し >隠者」
鏡音レン 「お疲れ様ー、こんな流れになってしかもネコカオス以外アレだけど
僕は悪くない(震え声)」
艦娘イク 「おつかれさまだったの、ほんとごめんなさいなの」
鏡音フラン 「これはひどい…」
鏡音ミョン 「お疲れ様でした。
狼陣営はお見事です」
弱音儚い 「蝙蝠そこかぁ」
鏡音サザ 「お疲れ様。狼はおめでとう」
鏡音ツモ 「お疲れ様やね」
鏡音リン 「ギャー本当に騎士!
危ないところだった!」
初音ネギ 「お疲れ様ダヨー」
汚い忍者 「お疲れさん」
KAITO 「おつかれさまー狼はおめでとう」
初音メル 「おつかれ」
IAさん 「             , -‐- 、 ´ ̄ ̄ ̄`   、
            /'⌒ア''´             \
.           ′ /      ,/  ,i    ヽ   ヽ
             /  { ,//  / }    .     '.     お疲れ様。
       _.. '  / { /´/  ,ム‐} ヽ    \   '.
        ̄`^7 { ィァV  / __j/ トr‐- ..二ニ=-    まぁ狼陣営がはまったね。
.          j/レ' }У/ '´ 心}: / }  ,ゝ   '.
          / / , /'´     `^j/  '   / \
.          / /,/'j、` ー   /  /  /ヽ   \  ヽ    おめっとさん
         { .イ/  /介 -‐≦' /  /  \   \ \
.       { {{{ャ彡' | {__{r{∠ ___ノ\    \   \ \
       <Y 〉´  人/三ニニミ、    ヽ       \ \    狐は・・・ドンマイ。
        {y}     ,{:i:i:i:i:i:i:i.\:`::‐-...___\     \ \ \
         {圭}    r:f∨:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽ、     、   `
      /    〃´ V:i:i:i`ー―-`ー-:i:i:i:i:i:i:iー-`ー‐-..    、   ヽ、」
鏡音ミョン 「でも、噛まれない狐は勝てないと>IAさん
痛恨は嫌だー…」
水霊使いエリア51 「お疲れ様でした。」
鏡音ラン 「いあ、いあ!」
鏡音フラン 「お疲れさまー」
黒の剣士GM 「お疲れ様だ」
ゲーム終了:2013/12/15 (Sun) 18:32:55
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鏡音ロンさんの遺言 今、6夜だ

ふっ、来たぜ・・・ぬるりと・・・
騎士CO 倍プッシュだ!!

★護衛結果から、俺死亡時点までのリン憑依は否定する★

2夜:ラン
グレランを宣言した本人がイクに投票を?
グレー グレラン ラン
この3つの記号が意味するものは1つ・・・
狩り殺しもあると考えてランを護衛するぞ


3夜:サザ
錬金か・・・とりあえず守るとするかね
GJよりも狩り殺しが欲しいところだ
人外が多すぎてどうしようもないからな・・・


4夜:リン
占いのどちらかは騙り・・・リンかIAか
票からするとIAが狼と判断、つまりリンが真
狩人死亡からの占い即噛みがあると期待するぞ


5夜:リン
狩人はもう居ない・・・と思っている頃だろう
ところがどっこい、狩人生存!狩人健在!!
これが現実、これが現実なのです!!


6夜:リン
来いよ狼、GJで絶望直行させてやるよ
継続護衛 倍プッシュだ!!
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鏡音ロン を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
鏡音リン2 票投票先 →鏡音ロン
鏡音ロン5 票投票先 →鏡音リン
初音メル0 票投票先 →鏡音リン
弱音儚い0 票投票先 →鏡音ロン
ネコカオス0 票投票先 →鏡音ロン
鏡音フラン0 票投票先 →鏡音ロン
鏡音サム0 票投票先 →鏡音ロン
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音ロン 「まぁ、守る相手を間違えたね」
ネコカオス 「お、おう >騎士」
鏡音リン 「背徳って素晴らしいね
狐全滅をお知らせしてくれるとか・・・
狼に優しすぎる」
鏡音サム 「( 凸)三分待つと言う前に応えられたらムスカちゃんだって困るよ!」
鏡音ロン 「ふっ、来たぜ・・・ぬるりと・・・
騎士CO 倍プッシュだ!!

★護衛結果から、俺死亡時点までのリン憑依は否定する★

2夜:ラン
グレランを宣言した本人がイクに投票を?
グレー グレラン ラン
この3つの記号が意味するものは1つ・・・
狩り殺しもあると考えてランを護衛するぞ


3夜:サザ
錬金か・・・とりあえず守るとするかね
GJよりも狩り殺しが欲しいところだ
人外が多すぎてどうしようもないからな・・・


4夜:リン
占いのどちらかは騙り・・・リンかIAか
票からするとIAが狼と判断、つまりリンが真
狩人死亡からの占い即噛みがあると期待するぞ


5夜:リン
狩人はもう居ない・・・と思っている頃だろう
ところがどっこい、狩人生存!狩人健在!!
これが現実、これが現実なのです!!


6夜:リン
来いよ狼、GJで絶望直行させてやるよ
継続護衛 倍プッシュだ!!」
初音メル 「背徳は狂人1くらい道連れにする仕様にしてくだしあwww」
鏡音ロン 「もう遅いが、騎士COをしておこう」
鏡音フラン 「じゃなきゃ盗まれなんてわざわざ書かないよ」
弱音儚い 「新説:背徳者は狼陣営」
ネコカオス 「早投票いいんだったか?」
鏡音フラン 「察しの通り火車だって」
鏡音フラン 「狂人だって書いたじゃない>サム」
初音メル 「背徳ぅぅぅ」
弱音儚い 「あそこで真占い師に●を当てたリンさんが強かったのでしょう。
私はちょっと押しただけですよ。」
鏡音フラン 「背徳でリーチだったね」
鏡音サム 「それじゃ投票しよう」
鏡音サム 「( 凸)狂人なのか蝙蝠かのだよ… 
( 凸)☞異議あり!ってやりたかったんだよ…>フラン」
ネコカオス 「まぁ、狐が全滅がわかっちまったら、な」
初音メル 「先生、せめて囁やける共有ひとりくだしあwww」
鏡音リン 「憑依主張でもして吊られるか→閻魔騙り→勝った!第三部完!」
鏡音フラン 「まあいいや、投票済みね」
鏡音ロン 「ロンされる側になるとはね、やれやれ・・・」
鏡音フラン 「え?白状って何を?>サム」
弱音儚い 「ではロンさんに投票しておきますね。」
鏡音サム 「( 凸)おいせめて三分待てよ!」
鏡音サム 「( 凸) 三分間まってやるから白状しなさい!>フラン」
鏡音リン 「ハクちゃんの援護最高だった!」
鏡音ロン 「まぁ、リンに入れるかね
噛まれないのは変だとは思っていたが」
弱音儚い 「万が一IAさんが真憑狼でも私噛みが入れば、と思いましたが。
案ずる必要もありませんでしたか。」
鏡音フラン 「…なんかごめんね>村」
ネコカオス 「これはひどい >3W2K」
初音メル 「ま、村と村につく人は、音頭をとったリンへ投票」
鏡音フラン 「狂人COだよ
まあ、察しの通り火車ね」
鏡音リン 「騙りの箇所はわかっている
繰り返す、こちら3W
PPなう!ロンさんを吊ってください!」
鏡音サム 「フラアアアアアアアアアンお前蝙蝠か狂人だろおおお 
でないと合わないんだよおおおおおおお!」
弱音儚い 「弱気な私なんていなかった。狂人・・・獣人COですよ!」
鏡音ロン 「あらら」
初音メル 「\(^o^)/オワタ」
鏡音サム 「蝙蝠いるならでてきてください怒らないから 
そして村についてください」
弱音儚い 「あ、あはははは」
初音メル 「ほーらーきーたー」
鏡音フラン 「ってKAITO村なの!?
凍傷の時の件とかで狼とか見てたんだけど」
鏡音リン 「こちら3W
PPを要請する
我らに賛同するものはロン投票だ!」
初音メル 「それPP宣言だよねどうみても」
ネコカオス 「まぁ、なんだ。」
鏡音サム 「KAITO兄さん吸血かってKAITOに吸われたのやだー!」
鏡音ロン 「で、リンの結果はどうなった?」
初音メル 「リンが憑依かはともかく、こりゃ…」
弱音儚い 「あの、リンさんとイクさんのどっちが憑狼でも、リンさんがイクさんを占い続けていれば問題は無かったはずなんです。
急いで決着をつけるのはおかしいと思うんです・・・けど・・・」
鏡音リン 「ゼンゼンツカメナーイ キーミノーコトー

(処刑用BGM)」
弱音儚い 「KAITOさん噛まれです」
鏡音フラン 「奇数なら狂人残せない、ならサムしか投票は無いよね
というか真封印で憑依あるなら憑依ありそうなところに投票するでしょうが
昨日言えなかったけどさ」
鏡音ロン 「おはよう

イクが憑依だったら理想的なのだが・・・
後は行方不明な吸血鬼も気になってきたな、感染的な意味で」
鏡音フラン 「サムウウウウウウウウウウウウウウ」
鏡音フラン 「霊能CO
阿久女イク 盗まれ」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
KAITOさんの遺言 KAITOお兄ちゃんは吸血鬼でしたー
IAさんとリンちゃんと奇麗な忍者と鏡音サムと弱音儚いを、
チューチューしたよー

六日目よる
阿久女イクさんの遺言 隠者だけいても どう真証明しろって言うんですか
遺言更新5昼
KAITO は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音リン 「で、蝙蝠か狂人がいるならPPは成立」
ネコカオス 「んー、む」
鏡音サム 「だね。蝙蝠はラン遺言の事典で出なかったのが悪いということで」
鏡音リン 「蝙蝠吸血鬼も騙りにいる可能性はあるけどもね
2騙りいるならどっちかがどっちか」
鏡音サム 「確定ではないか確定ではw」
鏡音リン 「じゃKAITO兄さん噛んでーのロンにPPのーでいいかな?」
鏡音サム 「おーナイス押しですぜ。このまま勝てるはずやな。フラン狂人だわそういやw 
俺と対立だし」
鏡音リン 「最低でもフランちゃんとハクちゃんに狂人は確定でいる
PPで勝ち」
ネコカオス 「IAの○だからメルは無し、となると」
鏡音サム 「メルと弱音はない。となるとKAITO ロン フランの中からか」
鏡音リン 「あ、イクさん黒は吸血鬼狙った」
ネコカオス 「まぁ、後は吸血鬼くらいか懸念は」
鏡音サム 「吸血候補潰さないとだな」
鏡音リン 「これは勝ったか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
阿久女イク を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
KAITO0 票投票先 →鏡音リン
鏡音リン3 票投票先 →阿久女イク
鏡音ロン0 票投票先 →阿久女イク
初音メル0 票投票先 →鏡音リン
弱音儚い0 票投票先 →鏡音フラン
ネコカオス0 票投票先 →阿久女イク
鏡音フラン1 票投票先 →鏡音サム
阿久女イク4 票投票先 →鏡音リン
鏡音サム1 票投票先 →阿久女イク
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音ロン 「いや、まて
イクが憑依なら逃げることになるぞ」
弱音儚い 「私はIAさんとうひょうしゃをうらないにいくのがひっかかるんでs」
鏡音サム 「んで現状あるかないかで言うとという」
鏡音フラン 「サムが狂人だよ
鏡音リン 「ここで日和ったらダメ
火車いるんだから憑依LWにさっさとしないとダメ
イクさん吊って」
弱音儚い 「どうせ奇数展開なら狂人は残せない、フランさんを先に吊って起きたいと思います。」
鏡音サム 「憑依がないかあるかあったら困る なかったらイク吊り そういう話だろ?」
KAITO 「封印がでてきたか、どのみち火車いるとしてもそこかフランのどちらか。
もしくはフラン人外の狂言もあるので放置。今日は憑依濃厚のリン吊りかな」
阿久女イク 「というか私狼なら根本的にIAに入れますか」
鏡音フラン 「封印とかwww
真なら憑依解除するところに投票してるでしょ」
弱音儚い 「すみません、リンさんの言動はちょっと微妙ですし。
IAさん投票してたイクさんを占いに行くのも変です。」
鏡音ロン 「それはない、イクが言っても説得力ないがな」
鏡音リン 「だから昨日の時点であたしが憑依されてると思ってんの?
IAさん逃げたら閻魔いなきゃあたしつりだぞ昨日」
鏡音サム 「というか もう FOで よくないか?」
ネコカオス 「え、封印?」
弱音儚い 「いえ、憑狼LWだとは言ってませんから。
憑狼と普通の狼もまだいるんじゃないかと。」
鏡音サム 「凸封印士日記凸 

最初の投票 イク 

理由 まーほぼ真な気がするんだがあって狂人かなあ?グレラン派もいたし 
   回数制限のある狂人…ってそんな数あったけ?の可能性こみで投票 結果吊れた

二回目 レン 

理由 まー二票持ちを割り出すという意味と俺的に吊りたい箇所だっだもんで迷わず投票 
   イクは真っぽいけど吊るしかないよなあ村としてと考えての投票 
   だが率先して吊りにいくやつらはけしからんとみた 

三回目 ネギ 

理由 ◇初音ネギ
   「本当なら●吊るしかないとは思うんだけど
    占いCOしてる分けだし、ここで決めうちもアレ
    多分、一回グレランしてみるしかないのカナー」  

    噛まれを考えてないとこが気になったヨー

四回目 ネギ 

理由 どうせもう封印の機会ないだろうしグレラン参加 
   昨日の理由とネコカオス投票から」
KAITO 「君が憑依されていれば、別段結果はどうもならない>リン」
初音メル 「そういや村人表示COしとこ」
鏡音サム 「イクさんを吊るべきだよと言ってみるんだけど 
あと俺のCOもしておくわ封印!」
鏡音フラン 「何もしてないと思おう>KAITO
他尾の役職騙ってないかって投票者のとこみてたもの」
阿久女イク 「IA→リン >リン」
鏡音ロン 「まぁイクが憑依の可能性はある
いずれにしろ、リンの結果は信じていいと思っている」
鏡音リン 「忍者の遺言更新されてるだろ
そもそも昨日のあたしが憑依されてると思ったんか?
そうなるとあたしとハクちゃんの結果はどうなんの?」
KAITO 「サムは・・・なにかCOしてたっけ?」
阿久女イク 「リン憑狼 それ以外ないでしょこれ」
鏡音サム 「いやというかまじ困ったここで対決してもいいことない 
フラン頑張って吊っても狂人ですよリンちゃん 
そして俺吊られるのはグレーだから仕方ない気もしたけどいやないよ!」
弱音儚い 「こんな時に限って厄神や陰陽師がいないのはどういうことですか・・・」
鏡音フラン 「サムがか火車!!
だけど吊ってる余裕はないから放置しかないよね」
KAITO 「いや、リンはすでに憑依されてると見たほうがいい。
それならば噛まれないほうが理由がつく>ロン」
初音メル 「明日が来るのはどっちだ…」
ネコカオス 「うーん…憑依とか厄介だな。
狩人いないと」
鏡音サム 「だよね!?>みんなー」
鏡音ロン 「いや、リンを噛むとは思えん
この状況で憑依ならリンに憑依しても
対抗噛まれの自滅になるだけだぞ」
鏡音サム 「フラン狂人もといお主が火車で間違いなし!だろ!」
鏡音フラン 「初日の火車候補:鏡音レン , KAITO , 鏡音ラン , IAさん , 鏡音サザ , 鏡音ツモ , 鏡音サム

で昨日の投票者が弱音儚い , ネコカオス , 綺麗な忍者 , 鏡音サムだもの
弱音儚い 「忍者さんはIAさん投票なので。非狼目と見て吊る気は無かったです。
噛まれるのは納得。」
鏡音リン 「めんご
絶対噛まれると思ってたんでちょっと夜ぼーっとしてた」
鏡音リン 「5夜 阿久女イクさんは
ん、憑依がはっきりとしてくれたのは幸いかなって感じ
粛々と灰潰すわ」
阿久女イク 「ならリンが憑狼 ということですね」
鏡音フラン 「ほか消していくとサムしか残んないよ>火車」
KAITO 「でだ、リンを無視して奇麗を噛んでるのが不自然。
すでにそこが憑依されてる可能性があると思うよ」
弱音儚い 「あ、噛まれです>忍者さん」
鏡音サム 「えっ?>フラン」
初音メル 「サムvsフラン カーン」
鏡音ロン 「ネギ吊った中に狂人居るってことでいいのか?」
鏡音サム 「ふむ吊りたいところが吊れたなといった感じ 
でまた盗まれたのかよお」
鏡音リン 「阿久女イクさんは人狼」
KAITO 「フランを信じるならば、ネギ投票に火車がいるということだね。」
阿久女イク 「遺言的には憑狼動いた可能性は低め」
初音メル 「なん…だと…<きれにんむざん」
鏡音フラン 「それとKAITOにしようとして投票ミスった…ごめんorz」
鏡音フラン 「火車候補: 鏡音サムしかいなくなったんだけどさ」
ネコカオス 「おはようさん…
まぁ、狂人を吊るべきじゃないとは思うけど。
それ以上に村も吊りたくも無いだろ。」
鏡音ロン 「おはよう

さて、リンが噛まれているかどうか・・・」
弱音儚い 「お、おはようございます。
IAさん憑狼なら狼は絶対吊るわけにはいかないはずなので。
KAITOさん、鏡音リンさん、綺麗な忍者さん、阿久女イクさんは狼ではないと思います。

ただ、あの、昨日の阿久女さんが発言がいつにも増して薄くなってて・・・
そこが憑依されたということはあるかなと思います。」
初音メル 「ZUN ZUN ZUN ZUN ZUN ZUN DOH KOH
ZUN ZUN ZUN ZUN ZUN ZUN DOH KOH

ネギはつるところだったろうか…?
……いやネギはたしかに怪しいな」
鏡音フラン 「霊能CO
初音ネギ盗まれ」
阿久女イク 「5wは確かに無い というわけですが・・・」
KAITO 「おはよう・・・なにやら妹や弟が増えたけど気にしないでいこうか・・・
グレラン提案したけれどわりと票が集中する形だったのが意外。
むしろそこまで初音ネギに票があつまるような発言あったのかなと、
ともあれ個人的にあやしく見ている位置は票をいれたメルだね。
発言が単純にうすくなってる、それまでは積極的に行を重ねて発言してたのに、だ。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
綺麗な忍者さんの遺言 素村表記 ただいま5日目夜で御座います。ネギに票が集まっているとかいう恐怖の夜を過ごしております
you have been slain...
初音ネギさんの遺言 仏蘭人形ダヨー 遣い見えないヨー 五日目昼ダヨー
綺麗な忍者 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音リン 「あたしが呼びかける」
鏡音サム 「おっけおっけー。狐いないなら吊りさえ逃れれば勝てるハズ」
鏡音リン 「PPで行こうか」
鏡音サム 「フラン狂人っぽいけどね。COタイミング的に」
ネコカオス 「好きにすればいいと思うぞ。」
鏡音リン 「火車無いところに黒うっていい?」
鏡音リン 「狂人がハク・火車・土蜘蛛で3」
鏡音サム 「きれいなニンジャとかメル怪しんでたっぽいからいいかもね」
鏡音サム 「どっちにしろリンが噛まれないのが謎ってことになるからできればPPきめたいな 
できるならだけど」
鏡音リン 「黒出すならどこと思う?」
ネコカオス 「後は吸血鬼とか生き残ってたらってくらいか」
鏡音リン 「狐3だから全滅見るとして」
鏡音サム 「ごめん悩んでIAの○噛みでひよろうとしたらすげえことになった」
ネコカオス 「なんか絶妙なラインを繋がれたような気がする」
鏡音リン 「思わぬ助け舟!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
初音ネギ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
KAITO1 票投票先 →初音メル
鏡音リン1 票投票先 →鏡音ロン
鏡音ロン2 票投票先 →KAITO
初音ネギ4 票投票先 →綺麗な忍者
初音メル1 票投票先 →鏡音ロン
弱音儚い0 票投票先 →初音ネギ
ネコカオス0 票投票先 →初音ネギ
鏡音フラン0 票投票先 →鏡音リン
綺麗な忍者1 票投票先 →初音ネギ
阿久女イク0 票投票先 →鏡音サム
鏡音サム1 票投票先 →初音ネギ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音ロン 「狩人はどっちも騙りだったがな・・・」
弱音儚い 「昨日のIA三とうひょうしゃにおおかみはないとおもいます」
綺麗な忍者 「素直にグレランしたほうが当たるやろこれ
俺に組織票とかないっすよね?」
鏡音フラン 「させないじゃないや、させるだ」
初音メル 「火車が処刑者に投票している必要はあるよー<盗む」
鏡音リン 「可能性はあるけど灰に逃げるとは思えない
あと憑依はLWになるまで追い込んで吊るべき」
阿久女イク 「グレラン続行しかない時点で・・・はい」
KAITO 「いや、狩人死んでるのでその考えは安易だ>ロン」
鏡音サム 「ラン狼確定ってことはラン投票者はほぼ狼ないってことだろ 
ダレカいたと思ったけど誰だっけ?右投票のときだっけ」
鏡音フラン 「特定させない=狼噛まない=PP可能>ネギ」
綺麗な忍者 「つまり犯人は○の中にいるっ!!
まぁ吊らんけど」
KAITO 「占のグレーから吊るしかないな、なのでグレランだ。」
弱音儚い 「IA 初音メル ○   鏡音サザ○  弱音儚い○>無残
結果はこうですけど。
メルさんは昨日のリンさん信じたい発言があるので、あんまり囲いって感じはしないかなぁと思います。
サザさんが囲いだったかもしれないですが100票で吊れてますし。IAさんは囲わず憑依で逃げたんじゃないかなって」
鏡音ロン 「とりあえず、リンは信じてよさそうだ
恐らくそこ憑依ってのもまずないだろう」
鏡音リン 「とりあえずはあたしの灰を詰めてって欲しい
あ、明日以降はあたし憑依もちゃんと考えてね!
遺言更新ない遺言でたら特に!」
ネコカオス 「俺視点は無いが憑依にあまり詳しくないからな >サム」
初音ネギ 「というか狂人なんか吊ってる余裕ないんダヨー
むしろ場所特定させないで噛ませようヨー
他に噛む所ありそうだけどー」
初音メル 「だー、しいたけ文字がない」
鏡音フラン 「おう、人害死んででなーいデ-スくらいにひどいよね」
KAITO 「正直、火車どうこうよりは狼吊らないとまずいからね・・・
実際に痛恨でサザが吊れてしまったのが痛い>イク」
綺麗な忍者 「あ、すまん化車の仕様を勘違いしてた
吊り先に化車が投票している必要があるんだっけ?」
鏡音サム 「今日の結果からネコカオスに乗り移ったってのはないんだよな? 
ネコカオス○でてるってことは」
鏡音リン 「サザ村は確定っぽいから
フランちゃん真か」
初音メル 「☆ヮ☆」
鏡音サム 「霊能結果に盗まれがでてるくらいで他は最悪やな…>フラン」
初音メル 「というか傍観しとるなーって感じするけど>きれにん」
鏡音フラン 「雲外境はろくなのじゃないよー」
阿久女イク 「つーか火車炙り出してもいまさら感すごい」
綺麗な忍者 「居る。っていうか居たってことになるんだろうね>KAITO
……うん?」
鏡音リン 「憑依はあたしの白だろうな
村視点、憑依ならあたしを吊る流れになっただろうから
あたし憑依じゃないだろうってのはちゃんと考えてね?」
ネコカオス 「盗まれ?えーっとイク投票者…」
初音ネギ 「なんでもうこうなった以上少なくともリンちゃんは信じるんダヨー
儚いさん?決め打ちは出来ないけど吊る気にはなれないかなーこれだと」
鏡音ロン 「で、IAが憑依するとしたら
無風なところを狙うように思うので
口調が変わった奴がいたら監視していいな」
弱音儚い 「い、いえ。私も迷走してたかなって。>リンさん」
鏡音サム 「( 凸)遺言の準備をする!は今言われた通りで、移ってる場所としてありうるのって 
    リンの○の可能性が高いと思うんだが…つってもグレーほっとけんだろ」
阿久女イク 「知ってる >例脳結果ろくなのない >フラン」
KAITO 「まて、盗まれということはあれか、狂人いるということだな?>フラン」
ネコカオス 「憑依?まじかよ、それじゃあリンは真占いでのー…
これ○とかにも警戒しなきゃならねえじゃねえか」
鏡音フラン 「火車がいたみたいねー、結果盗まれて見えなかったよ
火車候補:鏡音レン , KAITO , 鏡音ラン , IAさん , 鏡音サザ , 鏡音ツモ , 鏡音サム
綺麗な忍者 「っていうかうーん。人外村ってことは俺以外適当に吊ればほぼ人外吊れるような」
弱音儚い 「以前から「エリアさんは噛まれた」「汚い忍者さんで狂人噛みはラッキー」と言ってましたので。」
鏡音フラン 「まあ、良いか
霊能表記CO
艦娘イク盗まれ>鏡音ツモ○>鏡音サザ○」
初音メル 「おっけーい!
ちょっと日付入れてくる」
初音メル 「IA憑狼…だと…」
鏡音ロン 「遺言に日数をセットしろ、投票始まったらすぐにだ!」
初音ネギ 「儚いはIAさんの○
そんでもってリンちゃんとの一応ライン気味ではあるヨー」
KAITO 「遺言には日付を入れるように>ALL」
鏡音サム 「噛まれたのはIAのように見せかけたIAによる噛みってのかこれ? 
閻魔結果的には」
鏡音リン 「ってそこから閻魔出るんかー!!
ごめんなさい繋がってるとか言ってごめんなさい!!>ハクちゃん」
綺麗な忍者 「割と呆然としちゃってた>IA無残」
KAITO 「おっと閻魔がいたとは心強いね。
そして憑依か・・・ならばリンを信用して動くとしよう>ハク」
鏡音フラン 「憑依狼かー」
弱音儚い 「IAさんは憑依しました
憑狼がいます」
鏡音サム 「ってあぁ!?>憑き」
綺麗な忍者 「あ、すまん。すっかり忘れてた>憑狼」
初音ネギ 「憑狼ダヨー?」
阿久女イク 「・・・ああなるほど >憑狼」
鏡音サム 「で!だ!IA噛まれたってkとだよなこれ?? 
んじゃ俺の理論的にはリン騙りだろほぼ」
鏡音ロン 「で、IAが噛まれて?しまったが
リンの扱いはどうする?」
綺麗な忍者 「あ」
鏡音リン 「くっそ憑依か」
鏡音フラン 「ラン狼COなの!!」
KAITO 「萌占いであった可能性をどう見る?」
ネコカオス 「え、あ?そこ死ぬの?」
綺麗な忍者 「リン吊ってまた明日
明日が来ればの話だけどな」
初音メル 「ランが狼遺言…?」
弱音儚い 「憑狼」
鏡音リン 「4夜 ネコカオスは
うん、なんか遠まわしにIAさん庇ってる気がした
ハクちゃんはほぼ囲いと見るんで相互占いは考えないことにする
ってーかあたし生きてられるのかなこれは」
弱音儚い 「閻魔COです
2死体が出たときなんかは活躍のしどころですね。

2昼 身代わり君:狼に食べられた
3昼 エリア:狼の餌食 レン:凍傷
4昼 汚い忍者:噛み ラン:熱病
5昼 
鏡音サム 「痛恨がでたことで村証明とかなにこれえ?」
初音メル 「うん?」
初音ネギ 「IAが死んでるヨー」
KAITO 「IA死亡・・・?」
鏡音リン 「ネコカオス
村人」
綺麗な忍者 「なんてこった」
ネコカオス 「おはようさん…
◇ネコカオス 「萌占いか?だがそれだと真占いどこに行ったになるからなぁ >サム」

いや、自分でも何言ってるのかわからんがなんか●出してるのが偽とか思ってたが
その場合リンが真でいいんじゃないか。別にライン割れてるわけでもない。
それと、サザは痛恨?紅葉は処刑されてるからつかないから釣瓶落としか?」
鏡音ロン 「おはよう

信用できる錬金と狩人が同時に昇天・・・圧倒的、圧倒的悲劇!!
これで占いまで噛まれていたら、どうすればいいのか・・・」
初音ネギ 「占いCCOとはいえ残す余裕やっぱないのカナーとか思ってたら
サザが吹っ飛んダヨー、そしてよく考えたら背徳者死んでる時点で
狐もいない事に気づいたんダヨー」
弱音儚い 「お、おはようございます。
100票もらい・・・たしか紅葉神はすぐ吊られたので関係ないはず。
釣瓶落としがいる、でいいんですよねこれ?
それと、メルさんはIAさんの○でした。投票してすみません!ごめんなさい!」
鏡音フラン 「みんな、おはようだよー
サザぁ…、痛恨なんてあんまり発動しないと思ったのになんてことだ」
KAITO 「おはよう・・・なにやら妹や弟が増えたけど気にしないでいこうか・・・
占い両方残すことも考えたけど、ちょっとばかりIAさんは発言くさかったので、
そこに投票することにしたよ。ただ、痛恨発動しちゃったので結局占残すことになったけど、
できれば狼は狂人をまちがって噛み続けてほしいね。
で、今日の噛む先を見てから吊りをどうするか決めたい。」
阿久女イク 「はっはっは 痛恨まで出るとかこれもう
無理ゲー突入でしょこれ

痛恨出る=そこ村吊りだし」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
IAさんさんの遺言 初日 : 阿久女イク 0 票 投票先 → 鏡音サザ
てめぇかぁ!

もう、占いCO!


占いCO
初音メル ○   鏡音サザ○  弱音儚い○  フラン

初日:初音メル
よし、もう何が何だか分からないから
とりあえずはっぴーな感じのメルちゃんを娶って
初日からいあいあするしかねぇ。

2日目:鏡音サザ
紅葉神COが村もありえる という話だけど
それってどうやるの? 何をしたら区別が付くの?
だって、貴方イクの発言見てないでしょ? 残せる何かってなんだろほい。

3日目:弱音儚い
何か吊り先に誘導してたかな?
まぁ、面白いところに誘導してたから悪く無いんじゃないかな って感じ
しかし狼場・・・勘弁してくだつぁい

4日目:フラン
\(^0^)/ これはやべぇ。
かくなる上は、リンが何で噛まれないのを言うしかない
吸血鬼目とかしかし分からない!
囲い候補のフランを確認するしかぬぇ
なぜなら、特攻以外にも価値があるからね。
1W吊れないだけでも強力なの この状況の囲いは
鏡音サザさんの遺言 錬金術師だ
2日目:艦娘イク 毒なし
鏡音ランさんの遺言 狼CO
狂人はさっさと居場所を示しなさい
蝙蝠も明日は蝙蝠COしちゃっていいのよ?

                   / ̄ ̄\
                 /  ・   ・ \
                 |  (●)(●)|
                |     |    |
                |     、_|    |
                |   'ー=-'  .|
                  ヽ        ノ
               ,/ `   -‐'
              /  }'"    ` ` 、
           ,!、             ヽ
             /:l l        __,,,.._、、!_
          l  !:!   、   ,,r''": : :_:_:`:'':7_,,.-‐ ¬-、
            l. ::'ヘ   ヽ,,:'': :,:::'": : : :'^: :>≧ッ,,_,ィ^ヒ:、_
              ゝ、 `:、_,,-'':,: ',:.__;','::: ; : : ::イ二ニァ=∠     ゙i
           lハ-‐:'";:;:';:;:;://∧:' ;:::;',: :/とィ彡:-: : :ヽ、 .}
             Vハ三_-::::;シ///ハ:':;::'..;:':7='": : : : : : : : :゙:、ノ
            〕///{/7{/////ハ'::;::': :ハヽ、: : : : : : : : : :il
          ,rvv}///イ//V//////': : : {:::::. :r'ヘ: : : : : : : :lj
          V/////;ノ‐-v'////イ:.:. : : ヾ:::: :ヽ」: : :.::::::::::::||
    ,r-.-.-.‐:‐=V///;:ァ;-;:ト<///{:.:.:.: : : :`:、:. : : : : :';::::::.:.:l|
    `ヾ:;:;:;:;{,、トζ";:;:;:;:}.:.:._:_V/Y/,ハ:.:. : : : : :`:、: : : : :゙:::::::::j|
       ゙ヾ:;:;:rf;:;:;:;:`:.:.ァ-: : .:.:ヾ彡'ハ:.:. : : : : : : : : : : : ゙::::::j|
           ,≧ミ;:;-;:;:.{.:.:.: : : :'':":.:,:.':::ヾ: rヘ/`ァ: : : : : : ゙::::j| 、
          /  ゙毛、、:.:j.:. : : : : : .:.:.:._;:::_;ヘ‐`大'¬、: : : : : ゙:j|  ``丶 、
        ,/    ト ミ_ー--;;;;;:::-‐,..-'゙ λイ ヾー': : : : : : : ヽ      ``丶、
     _r:'"    j、  `¨`冖'''"    / V:`^: : : : : : : : : : :.ヽ-‐ '''冖¬-   ヽ
     / /     ,.-'゛\  _,、      /   ヾ: : : : : : : : : : : : : ハ.           l
    {.r- ,..-'"    `` ー丶、_,ッ'., '⌒`丶,_\: : : : : : : : : : : : j         ,!
    ゙''''"            `` 7;      ...,_..,\: : : : : : : : : : :l.      ,.. '′
                 _ ,.- ''′     ___」ヾ: :_: :.トイ: : :t - ‐ ''"
                    i"7 r'´    ,.-'"      V>`ヾ./¬、ヘ
                ヽ、,__,,.. - '"         Vア゛!ヾ'''": :.ヘ
                                `<ゝ'`: : : : :ヽ
                                   `` 丶 、: :〉
IAさん は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音リン 「あーうーはなくなってるし背徳死んでるしまー任せるわ
潜伏戦したいならIAさん噛んでー
あたし占い日記つけてるわ」
鏡音サム 「えーっと残り5回だから二回逃げるのか。ちょいきついかなあ」
ネコカオス 「イクは処刑されているから痛恨はつかないから誰だ?」
鏡音リン 「護衛は引っ張れてる気はするけどねー」
鏡音リン 「あ、ごめん嘘」
鏡音サム 「あれ痛恨ってどっちだったかなwIA素直に噛んでの俺とカオスで頑張るか 
他噛みしてみるか」
鏡音リン 「あたしかエリアさんが釣瓶の可能性は残されてる」
ネコカオス 「IA、多分今泣いてるわ…」
鏡音リン 「占い吊れそうだったのに
なぁにこれぇ」
鏡音サム 「ってすげえことになってるがロンの村証明かこれ?」
鏡音リン 「なぁにこれぇ」
ネコカオス 「あ、あれ?」
鏡音リン 「鏡音サザ 100 票 投票先 → 鏡音ロン」
鏡音サム 「これはアカンw」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鏡音サザ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
鏡音ラン はショック死しました
4 日目 (1 回目)
KAITO2 票投票先 →IAさん
鏡音リン1 票投票先 →IAさん
鏡音ラン0 票投票先 →鏡音リン
IAさん4 票投票先 →KAITO
鏡音ロン1 票投票先 →鏡音フラン
初音ネギ2 票投票先 →ネコカオス
初音メル1 票投票先 →綺麗な忍者
鏡音サザ100 票投票先 →鏡音ロン
弱音儚い0 票投票先 →初音メル
ネコカオス1 票投票先 →初音ネギ
鏡音フラン1 票投票先 →KAITO
綺麗な忍者1 票投票先 →IAさん
阿久女イク0 票投票先 →IAさん
鏡音サム0 票投票先 →初音ネギ
鏡音ラン はショック死しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音ラン 「狼がもしも5~6匹いたら、最悪明日が来ないのさ>ハク
そうならないことを祈るよ」
弱音儚い 「綺麗な忍者さん、阿久女イクさんは単なる実在キャラですよ。」
ネコカオス 「萌占いか?だがそれだと真占いどこに行ったになるからなぁ >サム」
初音メル 「リン信じたいなー」
初音ネギ 「本当なら●吊るしかないとは思うんだけど
占いCOしてる分けだし、ここで決めうちもアレ
多分、一回グレランしてみるしかないのカナー」
KAITO 「萌え占いだね、ただIAは発言的に人外くさくあった>サム」
鏡音リン 「白がなすすべなく吊られていく占い師の気持を考えたことがありますか」
鏡音サム 「すいませんそれでしたぁー!>夢でなくて萌え」
鏡音フラン 「リン夢は無いでしょ
イク真紅葉神でしょ、凍傷も付いてたし
よってあって人外の騙り」
IAさん 「よし、村無理ゲー把握 >雰囲気
でも、必死に頑張るのでお願いします
全力で戦わせてください」
鏡音サザ 「正直噛まれを見たいのが心情だ
即吊りはしたくない。どっちも信用に値する」
綺麗な忍者 「直球系下ネタなのに艦娘の方にお株を奪われてる感があるよね」
弱音儚い 「一応、狂人噛み発生してるようなのでそこまででは・・・と思いたいですが。>ランさん」
鏡音ラン 「狂人はそう多くないと見るよ
吠え数の多さと、ここまで動いていないところから1~2といったところだろう」
鏡音サム 「あれ?なんか占いなのに●でちゃうのとかいなかった?」
ネコカオス 「なんにせよ、占いの証明である狐がいない以上ラインにしかならないのもきついな。
鏡音リン 「つーかこれ発言的にすっげーハクちゃんまで繋がってそう」
阿久女イク 「鏡音リン 0 票 鏡音ロン

◇鏡音リン(146)  「素直にランのがいいとあたしは思いますけどもねえ
ぜんっぜんイクちゃん吊りたくないわー」
◇鏡音リン(116)  「いやごめんあたしは紅葉神吊りたくないなー」

主張の筋は確かに通っている」
KAITO 「河童がいないので狩人死亡はまぬがれないか、
占いは一旦残すとして噛まれを見るか、それともIA吊りかだな」
鏡音サム 「えーピンポイントで紅葉占ったという結果?>リン 
初日の発言どうだったか見直すか、とりあえず今日占いを吊る選択しはないだろ 
決め打ちないし真なら噛まれたほう…とうん?」
鏡音ロン 「紅葉は真で間違いないのでIAが狼か、リンが騙りかってとこだね」
初音ネギ 「IAさん夢じゃなくて萌えの場合ダヨー>サム」
鏡音サザ 「正直まだ占いに手を付けたくないのが心情
吊り余裕がないのはわかってはいる」
弱音儚い 「発言ではたしかにリンは「艦娘イクは吊りたくない」と言っていますね。」
初音メル 「ああ艦娘と阿久女でどっちかっていうことか」
綺麗な忍者 「(人外吊りの)進捗どうですか?>霊界」
鏡音ラン 「私はこれで死ぬ、しかも狐はおそらく全滅しているのだろう?
背徳者はそういうシステムだったはずだ

狼陣営7、狼の数次第では私は終わりだね」
IAさん 「◇鏡音サム 「占いに関しては●が一人はでてでたほうも占いCO 
一応リン真IA夢なんとかの可能性あるが捨てるしかない」
これで私夢ってどういう事だよう!  あるなら逆でしょう!」
鏡音フラン 「そういえば東方のイクさんもいたんだ…忘れてた」
鏡音リン 「は?あたし真でIAさん夢とかどういうこと>サム」
ネコカオス 「占いが二人でIAがccoの…
あーんー…?」
初音ネギ 「占いCOって言っても片方はCCOに形になってるんダヨー」
綺麗な忍者 「俺は……自分の信じる道を歩んでいきたい……」
IAさん 「◇KAITO 「IA●か、そういえば初日に共有しかいねえとか言ってたのが気になるのだが、
たんに共有いねえをいい間違えたのか、それともなにかしらひそひその聞こえる人外あるのかな」

それ違うねん、  共有とかいねぇ だったのを打ち間違えたやねん」
鏡音フラン 「名前トラップがうっとおしいよねw」
初音メル 「うん?鏡音リンの日記と結果略記は一致しているように見えるけど」
鏡音サザ 「あぁそうか。まだ吸血鬼がいるのか
俺始点紅葉神は真だから欠けてなければほぼ生存確定してるな>吸血鬼」
KAITO 「右隣じゃないかな?たぶん>阿久女イク」
鏡音サム 「占いに関しては●が一人はでてでたほうも占いCO 
一応リン真IA夢なんとかの可能性あるが捨てるしかない」
鏡音リン 「あーごめん紅葉神COしてたほう
艦娘」
綺麗な忍者 「ああ、二人イクっているけど占い文的には艦娘の方でしょ」
鏡音ロン 「フルネームじゃないと識別できんな」
鏡音ラン 「ああ、錬金術師は河童と違って癒やすことはできないからね……>サザ
無念だよ、実に無念だ」
ネコカオス 「名前紛らわしいな」
初音ネギ 「んー、もしそこが狼なんであれば儚いも一緒って辺カナー」
KAITO 「IA●か、そういえば初日に共有しかいねえとか言ってたのが気になるのだが、
たんに共有いねえをいい間違えたのか、それともなにかしらひそひその聞こえる人外あるのかな」
弱音儚い 「ううん、CCOというのはあんまり真っぽくない感じですけど・・・
にっきはIAさんの方がしっかりしてる感じですね。」
綺麗な忍者 「どういうことだイクさん!?」
阿久女イク 「ってああ、吊ったほうですか」
IAさん 「こうなったら吸血鬼見つけて満足するしかねぇ というか
噛まれてないとはいえ狩人CO熱病付いてる臭いのに今日出るってどういう占いだよぉ!」
鏡音フラン 「リンがイク占いかぁ、無駄になっちゃってる
IAの方は無しと」
ネコカオス 「熱病?河童とかいたらいいな…(」
阿久女イク 「リンの初日占い先 どっちですか?」
鏡音ロン 「ううん・・・リン信じれるかどうかってとこか」
鏡音サム 「ラン熱病か…河童いないかいないか河童? 
こういう大事な時にいやしないぜ」
鏡音サザ 「くっそ狐がいないから悩ましいな正直・・・」
鏡音ラン 「どうして出るのさ!>占い師たち」
鏡音リン 「今までのあたしの発言見返しといて
以上、それで理解してもらえないならしゃーない」
初音ネギ 「私が残してもいいかなーとか思ってた所に
人狼判定出てるヨー」
綺麗な忍者 「IA●はものすごく納得できてしまうんだけど!」
初音メル 「>とりあえずはっぴー
wwww」
鏡音ラン 「すまないね、私はここまでだ
騎士ブラフなんかもしたけど、素の狩人だよ」
弱音儚い 「あ、これは良いですね。>土蜘蛛遺言
噛みで狂人が死んでるのはラッキーだと思います。」
鏡音サム 「あああれって背徳だったのか!コイビトいたっけとか 
本気で勘違いしてたわ…」
鏡音サザ 「土蜘蛛が噛みで死んでるのはまぁありがたいといえばありがたい
俺は確かショック死は防げないはずだな?」
KAITO 「ツモは狐と見ていいだろうね>ネコカオス」
IAさん 「非常にやばい
私に●は。 これは すごいまずい」
鏡音フラン 「忍者が吊り雲でランに熱病…
お医者様は~?」
鏡音リン 「ポップでキュートな占い日記!!

1夜 イクちゃんは村人
よし占い師!今回はレンを灰に残して苦しめる作戦だ!
ということで新しく姉妹になったイクちゃんを占うよ!
銃殺出したとしてもあまりあたしが占い師されることはないようにってね

2夜 IAさんは人狼
はーーーーーーーーーーーいきなり白吊られた!最悪だー!
腹立つから紅葉に構いすぎてるところ占おうかなってか話題はそれしかないんだけど
まー蝙蝠占いたくないんでおそらく蝙蝠ではないだろうってことでIAさん占っとく
あと逆に言うと割と凍傷どんとこいな役職なんだろうなっていう感じ

3夜 フランちゃんは
印象薄いところつぶし
なんか古系吊りでまだ潜れると思ったけど、明日でたほうがいいな
占い噛み如何で村も狩人に冠して判断しやすくなるでしょ」
IAさん 「初日:初音メル
よし、もう何が何だか分からないから
とりあえずはっぴーな感じのメルちゃんを娶って
初日からいあいあするしかねぇ。

2日目:鏡音サザ
紅葉神COが村もありえる という話だけど
それってどうやるの? 何をしたら区別が付くの?
だって、貴方イクの発言見てないでしょ? 残せる何かってなんだろほい。

3日目:弱音儚い
何か吊り先に誘導してたかな?
まぁ、面白いところに誘導してたから悪く無いんじゃないかな って感じ
しかし狼場・・・勘弁してくだつぁい」
阿久女イク 「汚い忍者 0 票 鏡音レン
なるほど 死因はこれですか」
IAさん 「くそったれ
占いCO
初音メル ○   鏡音サザ○  弱音儚い○」
綺麗な忍者 「ランねえちゃーん!!!>熱病」
初音ネギ 「遺言的にもレン君が人外って事でいいかなー
そして狂人噛みって事カナー」
鏡音ロン 「熱病あるかもしれんな・・・」
KAITO 「あとレンは古人外だったか」
鏡音サム 「ニンジャのやろうがヨユウの人外COしてるんですがチェック!」
ネコカオス 「ツモ遺言無しってのは、まぁ人外なのかねぇ…」
鏡音ラン 「やられたよ……熱病に……」
鏡音リン 「古系吊りになるかと思ったけどレン死んだんで出る
占いCO

イクちゃん 村人
IAさん 人狼
フランちゃん 村人」
弱音儚い 「お、おはようございます。
あの、
>鏡音ミョン は妖狐の後を追い自殺しました
って、これは・・・
妖狐陣営がもう全滅と言う事であってる・・・んですよね?
まずいですよこれ。」
鏡音フラン 「ああ、背徳って子狐死亡でも後追いするのか!!」
IAさん 「土蜘蛛ぉ~!?
しかも噛まれてるっぽいという」
KAITO 「土蜘蛛遺言!?熱病チェックだ>ラン」
鏡音サザ 「土蜘蛛遺言」
綺麗な忍者 「で、これどういうじょうきょうなの・・…?」
鏡音サム 「おはざっす!やっぱりレンじゃないか(憤怒 
と思っていたら死んでいた何をいっているか(ry」
初音ネギ 「ミョンが背徳者確定でツモかレン君が狐ダヨー
でもレン君ショック死してるけど凍傷付いたとか言って無かったヨー
だからレン君が狐だったのカナー、ツモ?知らないヨー」
ネコカオス 「おはようさん…
まぁ…なんだ。狐全滅って考えでいいんだよな…
ってことはレン古狐ってことか?背徳者的に。
正直意味の無い情報だがな…狐の投票先とか。」
KAITO 「おはよう・・・なにやら妹や弟が増えたけど気にしないでいこうか・・・
なにやら背徳の後追いが発生してしまったけど、つまりは狐は全滅だね。
そうなると噛まれた?エリアが子狐あたりか、初日が背徳であったということだ。

それとレンがショック死してるけど彼、凍傷言ってなかったね。
うっかりさんなのか、黙ってた人外なのかは不明だけど彼も狐候補ではある。」
鏡音ロン 「おはよう

ミョンが背徳で後追い・・・狐全滅
圧倒的 圧倒的早さ・・・!!」
鏡音ラン 「錬金術師のサザ護衛だよ」
初音メル 「背徳者って妖狐陣営で配役配分表示されるんだっけ?
鏡音ミョン は妖狐の後を追い自殺しましたってのが背徳者なら
人狼陣営ストッパーがいなくなった……やべえ」
鏡音フラン 「みんな、おはようだよー
レン2票持ち、でツモかレン狐、みょん背徳だね
レンの方が狐っぽいかな?COしてないしさ」
阿久女イク 「・・・死体的にレン、ツモ、ミョンで3狐しか無さそうなんですけど(白目
PPでも何でも来いやドチクショウー!!!

2票もちは消えたけど村勝ち目ないですよこれ」
鏡音サザ 「狐全滅とは一体・・・
錬金術師CO ミョンは毒なし」
IAさん 「何で投票してるのにショック死・・・?
鏡音サム 1 票 投票先 → 鏡音レン
鏡音レン はショック死しました

なんでやねん。 古狼が、蟲狐噛みましたとか雪女でわっしょい?
狐全滅考えると、蟲狐噛みましたかな?」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
汚い忍者さんの遺言 ういーっす土蜘蛛っす^^
鏡音ミョンさんの遺言 猟師日記
初日夜 護衛不可
…猟師ですか、妖狐と特殊狂人はすべて殲滅して見せましょう!
…明日からですけど、準備ができるのは。

二日目夜 護衛 鏡音ツモ
◇鏡音ツモ 「クク・・・!この勝負・・・・・・運否天賦だ・・・!」
ここは危機感というものが薄いのですよね。
村ならば、そうはならないと思いますが…狐目かなあ。
今日は、ここを護衛しますね!
鏡音レンさんの遺言 2票持ってて仲間のサポートを受けられないボーカロイドは誰ですか?
僕です
汚い忍者 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音ラン 「おや、背徳者か
じゃあ今夜はリンが好きに噛んでいいよ」
鏡音ラン 「ああ、好きにするといいさ>リン
もしも吸血鬼COをされたら、その時は対抗を出すのもいいね」
鏡音リン 「ミョンは死んでる
背徳者」
鏡音ラン 「占い師っぽいのは不明だけど、確実に村陣営を削ろうか
猟師COをしていたのはミョンだったね?」
鏡音サム 「まあ多分に黙ったんだろうなあ>狐」
鏡音リン 「IAさん黒で明日占いで出て良い?」
鏡音ラン 「妖狐が全滅かい!
こりゃいいねぇ、まさかの最高の展開じゃないか」
ネコカオス 「そりゃまぁ、背徳者が後追い=狐全滅ってことだから」
鏡音サム 「猟師とか言ってたのは…死んだな 占いっぽいのいた?」
鏡音リン 「あーうー消えてる」
ネコカオス 「いや背徳者って全滅したらだから…んー?」
鏡音ラン 「サムとカオスもいい噛み先だよ
これで村陣営の残りは限りなく少ない」
鏡音リン 「レン古狐と」
鏡音サム 「とりあえずどうすっかw」
鏡音サム 「おおう一気に死んだ」
ネコカオス 「お、おう?」
鏡音ラン 「妖狐陣営が2人も死んだみたいだね」
鏡音リン 「レンwwwwwwwwwwwww」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鏡音レン はショック死しました
鏡音ミョン は妖狐の後を追い自殺しました
鏡音ツモ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
鏡音レン2 票投票先 →ネコカオス
KAITO0 票投票先 →鏡音ラン
鏡音リン0 票投票先 →IAさん
鏡音ラン2 票投票先 →IAさん
IAさん2 票投票先 →鏡音サザ
鏡音ロン0 票投票先 →阿久女イク
初音ネギ1 票投票先 →綺麗な忍者
初音メル0 票投票先 →弱音儚い
鏡音サザ2 票投票先 →鏡音ミョン
鏡音ミョン1 票投票先 →鏡音サザ
弱音儚い1 票投票先 →鏡音ツモ
汚い忍者0 票投票先 →鏡音ラン
ネコカオス2 票投票先 →鏡音ツモ
鏡音フラン0 票投票先 →鏡音ツモ
綺麗な忍者1 票投票先 →鏡音レン
鏡音ツモ3 票投票先 →鏡音サム
阿久女イク1 票投票先 →初音ネギ
鏡音サム1 票投票先 →鏡音レン
鏡音レン はショック死しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ネコカオス 「というかイク投票者がループしたなら凍傷もそこ投票者しかついてねえなら凍傷の意味無くねぇ」
初音メル 「いやたぶん統一できないこれ」
鏡音ラン 「→投票だね、わかったよ
じゃあIAに投票しようか」
汚い忍者 「ダメだなこりゃ」
鏡音リン 「こうやって昼展開がグダるのがすっごい嫌だったんだよね」
鏡音ツモ 「黙っている凍傷を助ける目的にしか思えない。
私はKAITO処刑をした上で→投票でいいと思っているがね?」
鏡音レン 「え、えっ、僕が間違ってるの!?えっ!?>ツモ」
鏡音サム 「指示もとめてもしゃあないな 
むしろ☞投票で投票が割れるのがいやだな」
初音メル 「あかんわ。相互意見支持たぶん覆らない
各自考えて投票、以外にないな」
鏡音ミョン 「他の人でグレランしてください
私は夜にでも遺言も含めてまとめますので」
綺麗な忍者 「ok、今の俺には投票先の議論についていけてないんだ」
IAさん 「1鏡音レン 2KAITO 3鏡音ラン 4IAさん 5鏡音サザ
6鏡音ミョン 7鏡音フラン 8鏡音ツモ 9鏡音サム

この中で右投票・・・
しょうがないから、そして他の面子だけでグレラン」
鏡音ラン 「実のところ、私は紅葉神が騙りの可能性も考慮していたのだけどね
銀狐や銀狼なんかはありそうだと思ったさ」
鏡音リン 「あーしまった出損ねた
ま、明日にする」
KAITO 「メルの案でいこう、それで2票もち見えたら、そこ吊りで」
阿久女イク 「指揮役いないだけでここまでになるんですか(白目」
初音ネギ 「ダヨー」
鏡音フラン 「それって人外助かることになるんじゃ>メル
いまさらだけどさ」
鏡音ツモ 「◇鏡音レン 「提案したのツモじゃなかったけ!?あれ!?」
コイツ・・・!平気な顔をしてうそを・・・!!」
汚い忍者 「するなら明日でいいだろ
凍傷のメリット消してどうするんねん」
鏡音ロン 「凍傷を宣言したものは少し怪しいかもしれんな
凍傷の意味がなくなるわけだからな」
鏡音サザ 「ミョンと相互する。これは変わらない」
弱音儚い 「私はツモさん吊っていいと思いますけど、ネギさんも確かに発言的にはあんまりがんばろうと言う感じがしないですね。>IAさん」
KAITO 「そうなった場合は狂人が露見するだけ>ツモ
それとも外したときの言い訳でも聞くのかい?」
鏡音レン 「提案したのツモじゃなかったけ!?あれ!?」
初音メル 「1→2→3→4→5→6→7→8→9→1
凍傷対策もできてお得

だめ?」
鏡音サム 「というか錬金術はなんででたんですかねえ(震え声 
普通に凍傷は現時点で完治させるべさ」
鏡音ミョン 「私はサザさんと相互しますよ!
これは明言しますね!!
IAさん 「・・・・・・まぁ、しょうがない
人外だけ助ける状態になるよりはましかな」
鏡音ラン 「◇KAITO 「あと凍傷ついたものはCOを」

兄がそう言うなら断るわけにはいかないじゃないか」
ネコカオス 「あー、くそ。
指示役いないのが煩わしすぎる。投票とかどうするのかもままならねえ」
鏡音ツモ 「猟師自体は護衛制限じゃない
が、猟師は護衛先噛まれると身代わり発生で死ぬ」
汚い忍者 「というか→投票させるべきじゃなくね?
凍傷付いてる可能性あるのになんで右投票させるんだよ」
阿久女イク 「ああ、そこも凍傷COですか?」
初音ネギ 「これってランダヨーとミョンダヨーが狩人でいいノー?」
鏡音サザ 「可能だ>ロン
一応イクは毒持ってないと言った。小声だが」
鏡音レン 「あ、いや、漁師自体護衛制限じゃなかったっけ?と思って。
まぁ、そもそも死体遺言が狩人遺言だからあんまり期待出来ないけど……>ミョン」
綺麗な忍者 「紅葉真を証明しようがないから仕方なく吊った。って態度でもないじゃんそれ」
IAさん 「結局それ、人外も飛ばないって話なんだけどね
それで、今日の吊りどうするの?

私はあんまりネギちゃんが村っぽいとは思ってない感じ」
鏡音フラン 「もうこいつら相互護衛でいいんじゃないかな?」
鏡音サム 「昨日の発言的に最後の大声誘導で若干レンがまいなすぽいんつ 
まあ大事なことではあるがなんかイク吊りもってきたい人外っぽく見えた 
その他のグレラン派はまあそういうことでそうでないならというかんじ?」
鏡音リン 「ま、そうなるんだよね>狩人タケノコ
どうせ毒が紛れてんだろうなってくらい」
鏡音ロン 「錬金は毒持ちの検知も可能だったか・・・?」
鏡音ラン 「運には自信があったのだけどね
まさか3割に負けるとは思わなかったよ、まったくツイてないもんさ」
阿久女イク 「? なんでここで出ました? >ラン」
初音メル 「1→2→3→4→5→6→7→8→9→1
でよかないか?」
鏡音ツモ 「最初からイク真だと私は知っていたよ<汚い忍者
それでも・・・暴走した村人は誰にもとめられなかったんだ!クソッ!」
弱音儚い 「噛まれたエリアさんも含めると、狩人系COが多すぎると思います。
どこかに騙りが混ざってそうな雰囲気ですね。」
鏡音ミョン 「護衛はできますよ>レンさん
まあ、私は狩優先で動きますけど」
綺麗な忍者 「jajajajajajajaja>狩人3」
汚い忍者 「狩人?」
鏡音フラン 「まて、さらに増えただって…>狩人」
阿久女イク 「別に猟師自身は護衛制限はなかったと思うけど >レン」
KAITO 「狩人と猟師、どちらも吊りのがれかつ凍傷のがれにありがちっぽいCOですね、
猟師は真証明できないようならばケアを考えておきましょう」
IAさん 「ミョンとサザ相互
ランは日誌は?」
鏡音サザ 「ランも狩人か!」
ネコカオス 「錬金術師か…特殊毒とかは出てくるのがいいだろう。」
綺麗な忍者 「昨日イク吊りに適当に流されておいて
紅葉真だったの!?って反応はどうなのさ」
汚い忍者 「毒誰もいないならこれ以降、毒COは偽断定するぞ」
初音メル 「1鏡音レン 2KAITO 3鏡音ラン 4IAさん 5鏡音サザ
6鏡音ミョン 7鏡音フラン 8鏡音ツモ 9鏡音サム

右投票させれば凍傷対策にもなるってか?」
初音ネギ 「該当者で右投票ってもっと指揮役がいないと
なんか事故で適当な所吊れる気するよー」
鏡音ミョン 「別に吊る必要ありましたっけ?>奇麗な忍者さん
まあ、怪しそうなら護衛も考えては見ますけど」
鏡音ラン 「鏡音ランの狩人日記

1日目夜 護衛:不可
騎士とはまた大層なものを引いたねぇ

2日目夜 護衛:鏡音レン
可愛い弟がそう言うなら
私が断る訳にはいかないじゃないか!
投票を外した連中をあぶり出せたのならいいのだけど」
鏡音レン 「あ、漁師は狩り殺し発生したら指揮位置……って言いたいけど護衛制限だっけ?
即噛み……は、狼視点でも狐多いからやらないかな?狩り殺し発生したら別だけど」
鏡音リン 「イクちゃん投票者が非投票者飛ばして右投票でいいんちゃうの
それで凍傷も助かるでしょ?」
鏡音ツモ 「却下だ・・・!<KAITO
それやると狂人がずらして狩人死ぬぞ・・・!」
鏡音ロン 「錬金か・・・」
鏡音サム 「わー狩人いっぱーい(某 
というか噛まれたエリア?も狩人遺言だしなにこの狩人祭り」
鏡音フラン 「サザじゃなかったみょんだった
そしてこっちも凍傷かよ」
阿久女イク 「ザザ、ミョンは相互で
正直投票の意思統一がないと凍傷ルレって起こってもロクなことに
ならない気がしたんで私は外しましたが」
弱音儚い 「狩人遺言は真か夢かはともかく、騙りで残す事はほぼ無いでしょうね。
エリアさんは狼の噛みで死んだのだと思います。」
IAさん 「だって、狼だったら多分黙って凍傷の事
何かでやってると思うのよ」
汚い忍者 「錬金術か
毒いるなら出て来い、エキサイトするぞ」
鏡音ミョン 「そして狩人ですか…これは困りましたね
蘇生がいれば以下略としまして」
綺麗な忍者 「レン君吊るか(真顔」
鏡音ツモ 「みょんサザランが凍傷か?
ならみょん→サザ→ランと相互投票だ・・・!」
鏡音リン 「凍傷だって大騒ぎして誰が誰助けるとかで昼グダるのも嫌だし
占い師が占ってたらそれで済む事な気がするし
なんていうか」
KAITO 「あとはー2票もちを見いだすために、
該当者で右投票をしようか。」
鏡音サザ 「イクは毒持ってない。飛んで無いから当然だな」
鏡音サム 「ミョンとサザでミョンが猟師なら絶対に救うこと 
相互投票でいいな」
初音ネギ 「数人付いてるのだったらまぁ、真ダヨー
なんでわりかし昨日残そうとした所はいいのカナー」
IAさん 「まじでー  あの出方で真かー
あと、じゃあ 凍傷COしたのは悪くないと思うの」
鏡音ラン 「ついでに、狩人であることも宣言しておくよ」
鏡音フラン 「うぇーい、狩人COかよ>サザ」
鏡音レン 「!?>票が多い
っていうか凍傷付きCOがいるってことは紅葉神真だったってことかな?」
鏡音ミョン 「そうですね、サザさんと相互投票と行きましょうか?」
鏡音サザ 「COが必要なようだな
錬金術師だ」
綺麗な忍者 「せやね>サザ」
ネコカオス 「あー…なんか嫌な遺言でcoも嫌なものが見えるな」
鏡音サム 「ということだ>に票持ち 
わりだすか否か・あと凍傷もちはきちんとCO」
初音メル 「凍傷って誰かが投票しないとやばいやつだよね」
鏡音サザ 「ミョンと俺で相互でよくないか?」
KAITO 「うえ、狩人遺言とは・・・
これは目のいい狼がいますね・・・」
弱音儚い 「開始前にそこまで見てないですけど・・・
どっちにしても発言的にも吊っていい位置だと思うんですが、どうでしょうか?>ネコカオスさん」
初音ネギ 「凍傷付いてる人はCOダヨー」
鏡音ツモ 「・・・イクは真だったということだ!
お前らの目は実にフシアナだな・・・!」
汚い忍者 「凍傷付いているんだな
ならあれは真でいいだろ、そしてCOしろ>サザ」
鏡音ラン 「私にも凍傷がついたね
レン、助けてもらっていいかな?」
綺麗な忍者 「わりとKAITOの案に乗っときゃ良かったやんとしか思わん
グレラン続行」
鏡音フラン 「サザに凍傷付いたのね」
鏡音ミョン 「猟師日記
初日夜 護衛不可
…猟師ですか、妖狐と特殊狂人はすべて殲滅して見せましょう!
…明日からですけど、準備ができるのは。

二日目夜 護衛 鏡音ツモ
◇鏡音ツモ 「クク・・・!この勝負・・・・・・運否天賦だ・・・!」
ここは危機感というものが薄いのですよね。
村ならば、そうはならないと思いますが…狐目かなあ。
今日は、ここを護衛しますね!」
鏡音ミョン 「…凍傷ですか
猟師COです、狐狩は任せてください」
初音ネギ 「狩人遺言ダヨー」
鏡音リン 「え、あ、マジだ
票数気付かなかった」
阿久女イク 「凍傷自体は出た と」
KAITO 「なにもついてない。
あと凍傷ついたものはCOを」
鏡音サム 「おはざっす!凍傷ないな」
鏡音ツモ 「2票持ちが・・・居るッ・・・!!」
IAさん 「あらまぁ >古系」
汚い忍者 「ああ?2票もちいるのか?
見てなかったわ」
鏡音フラン 「凍傷は無いよ」
鏡音ラン 「可愛い弟がそう言うなら
私が断る訳にはいかないじゃないか!」
初音ネギ 「紅葉神CO狂人見て占い処理する余裕ないヨーとか
割と見てるIAさんはイイヨー
でも指定展開って指定出来る人イナイヨー」
鏡音サザ 「あと凍傷だ!畜生!」
IAさん 「凍傷ついてなーい」
鏡音ツモ 「ククク・・・!誰も凍傷にかからないなんて事があるか・・・!
イクは偽・・・圧倒的騙り・・・!」
鏡音ミョン 「おはようございます
吊るのならば、全員でが鉄則ですが…外しもありと。
共有がいないと、こういうときにグダりますね…。

…さて、問題は凍傷があるかですね。」
鏡音リン 「だっから吊りたくないって言いましたのにさ」
ネコカオス 「おはようさん…
◇弱音儚い(153)  「影妖精だから同じアイコンなんですよね?>ネコカオスさん」

いやそこ開始前から同じアイコンじゃなかったか?俺の勘違いか?」
汚い忍者 「おはよーさん
まぁ、バラバラになるよな
占い以外で人外情報持ってる奴は出て来い
凍傷死あるか確かめるのにもちょうどいい」
IAさん 「◇初音ネギ 「よく考えたら人外に凍傷ついても
明日重要CO出てくるだけな気もしてきたヨー」

それなら、何で噛まれないの? になるんじゃないかな」
鏡音ロン 「おはよう

少し不可解な点がある・・・
超過少し前にグレランを宣言したランがイクに入れていることだ
宣言が通ったならば自分だけ入れているという歪な行動に・・・何故なんだ?
案の定、票は集まらなかったわけで1日おいておくべきだっただろう

それはそうと、凍傷かかったものはいるか?」
KAITO 「おはよう・・・なにやら妹や弟が増えたけど気にしないでいこうか・・・
昨日のイク投票は一応、自分の提案で投票をしたという意味だけど、吊れてしまったね・・・
ま、まあ指揮するところもいないからしょうがないか、うん、ごめんね艦娘イク。
なので初日村ならもう残り7、そうでないにしても8だ。
噛まれたのがさらに村なもう残り6、絶望的だってことわかるよね?」
綺麗な忍者 「あー」
弱音儚い 「お、おはようございます。
あの、ツモさんって蝙蝠濃厚で発言的にも全然村っぽくないですよね?
そこのこしてどうするのかって思うんですけど・・・
艦娘さんの方は占い処分で良かったんじゃないでしょうか・・・」
鏡音フラン 「みんな、おはようだよー
レンの言うとおり変にバラけても艦娘イク吊りにしかならないような気がしたのよね
よって全員でそこ吊った方がいい気がした
ただ痛恨はやっぱり怖いよね、付与30%だしそうそう飛ぶことは無いと願いたいけど
それとイク投票9人10票?
1票多くない?古系人外いるんじゃないの」
鏡音レン 「おはよう、とりあえず凍傷COはしたほうがいいんじゃないかな!
グレランだと黙って凍傷治す人続出しそうだから指定がいいけど……どうして共有がいないの(´;ω;`)ブワッ
凍傷ついてて死ぬとまずいって人はCOしよう、その上でグレランだね。
昨日の最後の主張は単純に紅葉神吊りの流れが出来てた(これを覆すには指定しかないと思ったけど指定位置がいない)

ので、やるなら全員でやるべきってことだと思うんだ」
初音メル 「艦娘イク投票者9人 票数10票

1鏡音レン 2KAITO 3鏡音ラン 4IAさん 5鏡音サザ
6鏡音ミョン 7鏡音フラン 8鏡音ツモ 9鏡音サム」
鏡音サザ 「艦娘イク10 票
鏡音レン,KAITO,鏡音ラン,IAさん,鏡音サザ,鏡音ミョン,鏡音フラン,鏡音ツモ,鏡音サム
9人しかいない!2票持ち人外が紛れてるぞ!」
初音ネギ 「全員で投票になりそうにないからもうそこ放置で
グレランになるんダヨーとか思ってたら吊れタヨー」
阿久女イク 「艦娘イク投票者に2票持ちあり」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水霊使いエリア51さんの遺言 【狩人】

※一日目夜護衛:不可
夢守人だった場合は毎晩レン君の寝室へ行こうと思います。
獏?妖精?吸血鬼?いえ、知らない子ですね。

※二日目夜護衛:鏡音レン
まずはレン君護衛ですね。さすがにまだ襲撃を受けるには早いです。少し焦らせてからですね。
それと、九人で10票見えます。
艦娘イクさんの遺言

      __       ___
      ゝ_ヽ-――|-|./ __∠   
      /_/:::::::::::::::::::::::丶_\ 
       ̄∥::/レヘ::::;ヘ:::::i:::::::|  ̄  
       ノ|::::l ┃`' ┃`-!:::::j  <紅葉神なの!村人陣営はイクに投票したら怖いの!     
      / iヾ〈 "  ヮ  "/::::::| <あと、ツモとロンは始まる前にアイコンおんなじにしてたから、
        ,ノノ`ゥrr-.rュイ入:::ゝ  <それだけで影妖精って断定はできなかったはずなの!
      〃   | (イ 19:) i        
      >< ̄∩ ̄ ̄ i.ノ ̄ ̄):::::)
水霊使いエリア51 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音サム 「発言的に占いはあんまりなさそうだが…あとはエリアかねえ」
鏡音ラン 「ああ、明日私は凍傷がついたと宣言するよ
その場合はリン、助けておくれ」
鏡音リン 「狐は元気に会話してるわねー」
鏡音ラン 「投票を除外した連中から一人、好きに噛んでおくれ>カオス」
ネコカオス 「まぁ、用意だけはしてるが」
鏡音リン 「イクに入れてる連中は割と凍傷来ても怖くないってことで」
鏡音ラン 「じゃあ、占い師を狙って噛むとしよう
カオス、占い騙りの準備はしているね?」
鏡音サム 「この状況でピンポイントに俺にいたらニンジャとロンが怖いな」
ネコカオス 「まぁ、やるだけやるさ」
鏡音リン 「初手イクちゃん白で日記書いてる」
鏡音ラン 「そして投票を外す=自分は重要役職である、という言い訳が成り立つだろう?」
鏡音リン 「外した」
鏡音サム 「最後に大声で誘導したレンにちらほら誘導すれば吊れる予感」
鏡音ラン 「これでいいのさ
投票を外したところを重点的に見ればいい」
鏡音サム 「さてイクにいれる占いがいるかなどうかなといったところ」
ネコカオス 「よくわからない」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
艦娘イク を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
鏡音レン2 票投票先 →艦娘イク
KAITO0 票投票先 →艦娘イク
鏡音リン0 票投票先 →鏡音ロン
艦娘イク10 票投票先 →鏡音レン
鏡音ラン0 票投票先 →艦娘イク
水霊使いエリア510 票投票先 →鏡音ロン
IAさん0 票投票先 →艦娘イク
鏡音ロン2 票投票先 →鏡音サム
初音ネギ0 票投票先 →綺麗な忍者
初音メル0 票投票先 →綺麗な忍者
鏡音サザ1 票投票先 →艦娘イク
鏡音ミョン0 票投票先 →艦娘イク
弱音儚い0 票投票先 →鏡音ツモ
汚い忍者0 票投票先 →鏡音レン
ネコカオス0 票投票先 →鏡音フラン
鏡音フラン1 票投票先 →艦娘イク
綺麗な忍者2 票投票先 →鏡音サム
鏡音ツモ1 票投票先 →艦娘イク
阿久女イク0 票投票先 →鏡音サザ
鏡音サム2 票投票先 →艦娘イク
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ネコカオス 「は? >弱音」
綺麗な忍者 「意見としてまとまってないならグレランしようよ……」
初音メル 「グレランだなあ」
鏡音サム 「レッツエキサイティンなのね?w」
鏡音レン 「いやいや、今の流れだとイクさん吊りにしかならないから全員で投票しか無いんじゃないかな!!」
IAさん 「まぁ、そこ偽なら考える必要ないけどさ」
鏡音フラン 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
蝙蝠1いるよ>鏡音ミョン」
弱音儚い 「影妖精だから同じアイコンなんですよね?>ネコカオスさん」
IAさん 「で、明日は可能なら指定吊りっぽい状態にしたいな
人外だけ凍傷防がせないように
・・・どうやるかはともかく」
鏡音サム 「いちおう狂人とかあるかあ?狩人いたら狩れるかもしれんからいってみたら 
とか言ってからなんか護衛誘導みたいでいやだなあと思った俺」
KAITO 「ランが多すぎてだれがだれだか分かりにくいんだよ!(バンバン」
鏡音ロン 「長女が居るなら仕方ないな・・・」
鏡音ラン 「占い師が紅葉を占うかどうかは自由
ただし優先は狼>>狐>>>>>村だ、それを忘れないでおくれ」
鏡音ツモ 「いいや、処刑すべきだ<伊19の方のイク」
鏡音リン 「素直にランのがいいとあたしは思いますけどもねえ
ぜんっぜんイクちゃん吊りたくないわー」
鏡音レン 「あの、僕なんで出てきたの。
話たどったけどよくわかんなかった……>ラン」
弱音儚い 「◇鏡音ツモ 「クク・・・!この勝負・・・・・・運否天賦だ・・・!」
やっぱり真面目に応える気が無いなら蝙蝠だと思います」
IAさん 「全員で艦娘イク吊り。 外したら駄目 以上」
汚い忍者 「だめだこりゃ、反対派がそれなりにいるせいで
無駄にしかならない、もうそこ占い処理してグレランでいいわ」
水霊使いエリア51 「まぁ吊るか吊らないかで言うと、私は放っておきない側ですね。
19さんが居ないと、私が浮くんですよ。潜水艦だけに。
19さんが居る事によってこの村のR指定は限界突破していますからね。」
初音メル 「開始前にツモ・ロンは同じアイコンになってたよ>弱音儚い」
鏡音ミョン 「え、蝙蝠いました?」
ネコカオス 「最初から同じアイコンと言ってないか? >弱音」
鏡音ラン 「ならば鏡音家の長姉であるランが命じる
村陣営をむざむざ吊るすことはない、グレランにしよう」
鏡音サザ 「偽と見て吊るならわかるがな>IA
村の可能性も見て真証明込みで吊るというなら反対だ。余裕がなさすぎる」
艦娘イク 「痛恨って、30%の確率なのー >ラン
だから、微妙に言い逃れもできちゃうのー。」
IAさん 「蝙蝠はでてないでしょ?
夜から同じアイコンで、影妖精じゃないし。」
鏡音ツモ 「狂気の沙汰ほど・・・面白い・・・!<ロン姉さん」
鏡音ミョン 「証明させると村に害がある
それが厄介なのです」
鏡音サム 「とりあえず占いは残るからってイクを占わないようにとだけ 
正直真っぽいのが嫌なんだよなあ。ここ逃れたらいけると考える人外がいるとおもえない」
綺麗な忍者 「乗った。俺も紅葉残し派だし>KAITO」
阿久女イク 「どこから蝙蝠って話が? >儚い」
鏡音ロン 「残すなら誰も入れるべきではないが
この状況で残すのも厳しいだろう
ならば、凍傷からのCO誘導しか活路はない」
鏡音フラン 「痛恨飛ぶとは限らないんだけどね」
鏡音リン 「村にデメリット能力付加してどーすんだろうという顔>KAITO兄さん」
鏡音ツモ 「クク・・・!この勝負・・・・・・運否天賦だ・・・!」
初音メル 「紅葉神って確かめるの相当むずいからなあ
確かめにもダメージ出るし」
鏡音レン 「え、ーと、結局イクさん全員で処刑でエキサイティンでいいの!?
流れがわかんないんだけど!!」
初音ネギ 「よく考えたら人外に凍傷ついても
明日重要CO出てくるだけな気もしてきたヨー」
鏡音ラン 「しかし、長期的にはリスクでしかない
これが問題なんだよ、なぁレン」
ネコカオス 「俺が言ってるのは痛恨の方の話だ。
凍傷?気は進まんね、仲間のいる人外がそれぞれで治療しちまうだろう」
IAさん 「それよか、真なら潜って●出されて破綻明らかにして欲しいレベルって思ったし」
弱音儚い 「結局、どっちなんですか?
蝙蝠なら吊るべきだと思います」
綺麗な忍者 「今。決めなきゃならないよ。吊るなら徹底的に放置
そうじゃないなら今大爆発させる」
鏡音リン 「いやごめんあたしは紅葉神吊りたくないなー」
KAITO 「素直にグレランで、二人ぐらいは紅葉投票でいいんじゃないかな>きれいな忍者」
鏡音ラン 「ただし、あくまでも確率であることを忘れてちゃあいけない
そもそも村陣営が痛恨で飛ぶことは短期的にはメリットはある」
IAさん 「◇鏡音サザ 「紅葉神吊りの話が出ているのか?
いやそれはないだろう」
ないの? 共有いる指定ルートなら兎も角
この状態で正直証明出来るとは私思えないな」
艦娘イク 「あ、処刑されれば誰かに飛ばすかもしれないってことなの。
正直、村に飛ばすのがいやだからCOしたのに、それで処刑されて
凍傷つけちゃったらとっても忍びないの」
鏡音サザ 「いやいや。そこ真で証明させてどうするんだ?
痛恨付加で飛んだとしたら村二人飛ぶんだぞ?」
水霊使いエリア51 「それで本当にどちらかが影妖精であれば面白い気もします。
そんなに都合良くは無いでしょうけどね。」
鏡音フラン 「吊られたら痛恨付かないのか>紅葉神」
鏡音ミョン 「処刑できれば、痛恨は尽きませんよ>ネコカオスさん
問題は、半端に票を入れて吊られなかった場合ですね」
鏡音サム 「おっとイクさんといっても伊十九のほうのイクな」
鏡音リン 「ていうか村陣営にしか痛恨つかないとかなんなんだ・・・
真証明したら村が一人死ぬってことじゃん!」
初音ネギ 「でも残すなら決め打ち、もしくは占い処理ダヨー>KAITO」
初音メル 「着替えの時、背中を思いっきり平手打ちして
「紅葉!」
という痛恨儀式」
鏡音ツモ 「飛ぶこともある・・・!<イク」
汚い忍者 「これだけいて凍傷付いてなかったら偽と断定すりゃいいし
これでろくろ首いたらなおうれしいところだな」
綺麗な忍者 「じゃあ代案頂戴な>KAITO」
KAITO 「そこは加賀アイコンにするべきだったんじゃないかな・・・>ツモ」
阿久女イク 「熱病と違って 簡単に治せるんですから」
鏡音サム 「吊るには怖いし占うのももったいないしもう噛まれないしで 
ちょっとどうしようか困ったな的な感じなのねでちゃうと>イク」
鏡音レン 「>ツモ
どこが美人なの!?あ、いやいや!!
というかふたりとも女の子だったの!?」
鏡音ラン 「それで痛恨が付与されれば村人、されなければ人外>ロン
もしも●をだされた者が痛恨で飛べば、その占い師は騙りということになるね」
弱音儚い 「どちらかと言うと、初手に飛び出る紅葉神って真のことが多いように思いますし・・・
ここは影妖精?を吊った方がいいのではないかと思います。
でも影妖精だけど影妖精ではないってどういうことでしょう」
阿久女イク 「その場合凍傷かかった人の処置も応相談になりますね >ロン」
鏡音ミョン 「いえ、処刑されれば村に痛恨は尽きません
実際、潜られると投票者が村認定…痛恨だからうれしくないですね」
水霊使いエリア51 「まぁ、そういう形を自ら作り出したのはお二人ですから、何か問題があった時はお二人の責ですけど。」
KAITO 「そこが真紅葉ならそれこそ無駄吊りじゃないか?
だって初日が村ならもうそこ吊りで村7だよ?>ロン ラン」
艦娘イク 「人外には絶対凍傷は飛ばさないんじゃないの?これ」
ネコカオス 「証明とか言ってるのは村を殺したいとしか思えないな。」
鏡音ツモ 「全員で・・・処刑する・・・!」
初音ネギ 「指揮役とか今は諦めるしかないヨー>ミョン」
鏡音リン 「あ、あれ?
もみじーって会心つける奴じゃなかったっけ?
なんかと勘違いしてたか・・・」
汚い忍者 「それでいいと思うぜ>ロン」
鏡音サム 「ってことはツモかロンが影妖精ってことか?w 
なんとなくそうな気がするが」
鏡音レン 「全員で投票ってえーと、処刑で確率凍傷なんだっけ?(メモ確認」
鏡音フラン 「これで実はどっちかが影妖精引いても分からないということに…」
艦娘イク 「なの?そんな変なことだったの?」
鏡音サザ 「紅葉神吊りの話が出ているのか?
いやそれはないだろう」
鏡音ツモ 「最初からこのアイコンだ・・・!
私とロンは・・・双子・・・!圧倒的・・・美人姉妹っ・・・!」
IAさん 「◇初音ネギ 「出た以上残すなら占い処理必要だけども
真だとしても人外凍傷ヒット願って吊るヨー」
狂人とかだと、占い処分できないよー?
この出方するので一番やる人外は狂人が噛まれ避けとして 出るって感じだと思う」
初音メル 「実は片方が影妖精だったらワロス」
汚い忍者 「ぶっちゃけ真と決まったわけじゃないし
全員で吊って凍傷あるなら凍傷で打ち殺そう」
鏡音ラン 「この勝負・・・・・・運否天賦じゃない
愚図が落ちていく・・・・・・勝つのは知略走り他人出し抜ける者・・・・・・!」
水霊使いエリア51 「アイコンは元から一緒ですよ。ツモとロンは。」
綺麗な忍者 「なんていうかすっげー困る」
鏡音ロン 「全員で投票するということでいいか?
外した奴は人外と判断するという前提でだ」
鏡音リン 「んーまあむしろ村一桁くらいの方が燃えるけどねあたしは!」
鏡音サム 「どこどこってロンとツモwwwwがすごいことにwwww」
初音ネギ 「残像ダヨー」
水霊使いエリア51 「悪戯などは無いようですね。」
阿久女イク 「凍傷ルレ・・・してもなんか余計ひどいことになりそうですけどね 真なら」
ネコカオス 「割と、あれだ。証明って村が痛恨で死ぬって事だぞ?
証明させるとか考えられるのか?」
KAITO 「ほんとだ、アイコンいっしょだ>ツモ」
鏡音ミョン 「被りましたか…!
まあ、人外村ならば吊ってしまうのもありですが…やるのなら、指揮役が欲しいところです
票がぶれないようにしませんと」
鏡音サム 「なんというかさんじゅっぱーてのがまたあれよなw」
鏡音フラン 「ああ、アイコン変わってるね>鏡音ツモ」
鏡音レン 「あ、えっ!?あ、アイコン同じ!?紛らわしいよ!?>ツモ」
初音メル 「プロローグ見てたよー>鏡音ツモロン」
鏡音サザ 「残念ながら影妖精ではない・・・その二人は一緒のアイコンだったはずだ」
鏡音リン 「あんまり紅葉神が騙りで飛び出すことは無いと思うんだよね
なんとなくだけどね、なんとなく
本当何となくなんだよ?」
弱音儚い 「あれ?どういうことですか?」
初音ネギ 「ダヨーダヨー」
KAITO 「あまり信用するにも難しいし、
共有がいない状況だと指定もできないから潜伏しておいてほしかったかな>阿久女イク」
初音ネギ 「出た以上残すなら占い処理必要だけども
真だとしても人外凍傷ヒット願って吊るヨー」
鏡音ラン 「(楽しいルーレットの予感)」
水霊使いエリア51 「まぁ、時間が空けば只管にレン君の何かを妄想する時間に充てます。」
艦娘イク 「なの!だから、村に下手に投票される前にさっさとでてきちゃったの!」
汚い忍者 「グレランするよかそっちのほうがいいだろ」
綺麗な忍者 「紅葉神 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.5.0 β16~]
[耐性] 処刑:凍傷 (30%)
座敷童子の亜種で、自分に処刑投票してきた人が村人陣営だった場合は一定確率 (30%) で痛恨を付加し、
処刑された場合は投票者全員にさらに一定確率 (30%) で凍傷を付加する。」
弱音儚い 「あ・・・ど、どうしましょう。>ツモさんが妖精
残したらPPにしかならないので吊るしかない・・・ですよね、やっぱり」
鏡音ツモ 「言っておくが・・・別に影妖精とかじゃないからな・・・!」
鏡音リン 「イクちゃんもみじー神!
何人か投票支持しても良いかもね
でも共有いないみたいだし、ランの時は控えめにした方が良いかも」
鏡音ミョン 「紅葉神 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.5.0 β16~]

[耐性] 処刑:凍傷 (30%)
座敷童子の亜種で、自分に処刑投票してきた人が村人陣営だった場合は一定確率 (30%) で痛恨を付加し、
処刑された場合は投票者全員にさらに一定確率 (30%) で凍傷を付加する。

IAさん 「多分狂人だよ
うん、きっと共有いないのに出てくる紅葉神何て
というか、どーしろっての? いや まじで」
汚い忍者 「よし、紅葉吊って大爆発だ」
鏡音サザ 「じゃあイクは2人くらい選んで自分に投票させればいいんじゃないか?」
鏡音サム 「と書いていたら紅葉がいたでござる 
どうしたらいいの…」
鏡音ロン 「紅葉神が初日にCOか・・・どうする?」
艦娘イク 「紅葉神 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.5.0 β16~]
[耐性] 処刑:凍傷 (30%)
座敷童子の亜種で、自分に処刑投票してきた人が村人陣営だった場合は一定確率 (30%) で痛恨を付加し、
処刑された場合は投票者全員にさらに一定確率 (30%) で凍傷を付加する。
判定は処刑対象が決定された後。
恋人・愛人は恋人陣営と判定する。
自分が処刑対象になった場合でも痛恨付加は有効。
凍傷付加判定は痛恨付加判定とは別に行う。
特殊耐性能力者は能力の対象外。」
阿久女イク 「紅葉神、豊穣神って出ても扱いに困るというか何というか・・・」
水霊使いエリア51 「そんなの幾らでも見てきましたからね。 <陣営の様相
特に驚く事もありません。」
綺麗な忍者 「おはよう」
鏡音レン 「紅葉ってなんだっけ?ええと」
鏡音フラン 「共有いないから指示役職もいない
神話もないからラインも見れないって酷いよね」
鏡音ツモ 「全員で・・・処刑する・・・!<イク」
鏡音ラン 「共有の声は聞こえない、狼の吠えはやたら多い
どうしてこんなことをするんだい!」
初音メル 「9-7-3-1-1
\やべえ/」
KAITO 「はぁーい、そこが紅葉神ねー
ほかにはCOする弟たちはいるかなー?」
鏡音サザ 「紅葉神か
投票した場所が村なら会心を付加する座敷ワラシだったな?」
初音ネギ 「紅葉神COがあるヨー」
鏡音サム 「共有いないのが気にナルガ・・・とりあえずCOある人どぞっす!」
鏡音ミョン 「紅葉神…ですか?
これはまた、対処に困るCOですね…」
汚い忍者 「まぁ、人外噛まれて死ねだな」
ネコカオス 「お、おう? >紅葉神」
IAさん 「何かもう面倒なんで吊りたい > 紅葉神」
鏡音ロン 「ツモが同じ姿に・・・」
艦娘イク 「黙ってても困るから、さっさとCOさせてもらったの!」
鏡音レン 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1

ね、ねぇ……なんで村人<狼狐なの?
おかしいよ!こんなの絶対おかしいよ!!しかも共有もいないよ!!助けてマスター!!」
弱音儚い 「お、おはようございます。
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
横陣営3は多目ですね。人狼陣営7も決して少なくはない。
となると吸血鬼の処理は狼に任せたいところです。
蝙蝠は実質狼陣営でしょうから、COするなら吊りしかないのです・・・ごめんなさい・・・」
鏡音リン 「いえーい!」
鏡音サム 「おはざっす!」
水霊使いエリア51 「おはようございます。共有者の小声は無かったようですね。
それではCOがある方は順次どうぞ。」
IAさん
            -‐=ニ  、
                \}
.            /  ̄`´ ̄ `ヽ
          /  /i   :}   \\
.      ー=/ /, '/ |  / \ :i  >=-   はっはっはー、村人一桁はちょっとどうかと思うなー 私
          {/ i l{ {  li /    `| i} \}
        ー=彡 j小{_ノj/  `ヽムイ'^T7i`ー
.          ム从l ●'   ●  (,yノ' i|
          {_ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃,ノ  i|   共有しかいねぇっぽいですし。
.            j(y)/⌒l __, イ (y)-、 :.,
           /(y/\/     jj{:(y)  V∧
         / 冐{:::::::l::: ̄ ̄:::: 冐 ̄::| ∧」
初音ネギ 「ヒドイヨー」
KAITO 「おはよう・・・なにやら妹や弟が増えたけど気にしないでいこうか・・・
村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
見て分かる通り、人外村だ(震え
蝙蝠や吸血鬼は無視して狼と狐だけをピンポイントで処理していきたいね。
ちなみに蝙蝠とラインがつながった占いなどがいたら出ていいと思うよ。
もしくは銃殺が起きたときなんか、ただ狩人いないと思ったら潜伏でもいい。」
初音メル 「共有もいないのに村人陣営9は洒落にならなないwww」
ネコカオス 「おはようさん…
共有の囁きも無いわ村人より人外が多いとか
人外の同士討ちに期待しながら人外狙うしかねえな。」
艦娘イク 「はぁーい!イク、紅葉神なのー!!」
鏡音ミョン 「おはようございます!
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
さて、9吊り10人外の上に蝙蝠までいますが…絶望に負けるわけにはいきません。
村を破滅させる人外を消し去りましょうか…!」
汚い忍者 「おはようさんっと」
鏡音ラン 「レン。お姉ちゃん、怒らないから
どうしてこんなことになったのか正直に言いなさい」
鏡音ロン 「おはようだ

村より人外が多くなってしまったな・・・
指揮を取れる奴がいるなら出てきて欲しいところだ
村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1」
鏡音ツモ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
ゲーム開始:2013/12/15 (Sun) 17:22:22
人外がツモ・・・!
共有不在・・・!
圧倒的・・・圧倒的不利・・・!」
鏡音フラン
みんな、おはようだよー
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
吊り10の人外10+αかぁ
蝙蝠は現状放置しといてもいいかなと思うよ」
初音ネギ 「ネギダヨー」
鏡音サザ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
おい、飽和してるぞ。この村は早くも終了ですね
狐は是非とも占いに処理させたいな。3なら流石に一人は銃殺できると信じたい」
阿久女イク 「村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
これは酷い どう考えても人外村ですねこれ
共有に関しても(察し)状態ですし」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒の剣士GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
黒の剣士GM は無残な負け犬の姿で発見されました
「◆黒の剣士GM ちなみに俺の脳内BGMはSeparationだ
次はvestigeでいいかな……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
鏡音リン 「おっけー
そこの3人の発言数低いところにしようか!」
鏡音ラン 「それじゃあ、楽しい村にしようじゃないか
今夜は私が90秒で噛もう」
鏡音サム 「組織票いいなやれそうならやろう」
鏡音ラン 「私の見立てではツモが吊れるだろうね
リンはレンに投票するなら構わないよ」
鏡音リン 「一応あたし賢狼だし自分LW想定で潜伏役にまわろっかな
日記はなんか書いておくわねー」
鏡音サム 「とりあえず占い日記だけは用意しておこう」
ネコカオス 「まぁ、そんな身内を切るほどでもないさ >サム」
鏡音ラン 「さて、明日はグレランなら組織票をしようか
そうだね……

ロン、ツモ、フランで吊れそうな場所に集中投票と行こう」
鏡音リン 「あ、共有いないのね
結構な勢いであーうーあるから狐が会話してるっぽい」
鏡音サム 「でどうだろう?wあうあうないな」
鏡音サム 「人狼パワーをネコかオスに!作戦 
(天狼LWみたいなわくわく)」
鏡音ラン 「ネギは紅系の何か、だろうね
告発をするなら一人までにしておいてくれよ」
ネコカオス 「共有はいないようだな」
鏡音リン 「そっちにあーうーある?」
鏡音リン 「なんかあーうーに大声多い」
鏡音ラン 「これはこれは御大層なことで
村陣営を削れば有利に戦えそうだねぇ」
鏡音サム 「狂人三人かーネギは何者でもありえるなあ」
鏡音リン 「スバルさん村立てありがとー」
ネコカオス 「お、おう… >天狼」
鏡音ラン 「村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3」
鏡音リン 「狂人3かなー
銀かなー」
「◆黒の剣士GM GMはスバルがお送りさせてもらう」
鏡音サム 「じんろうだーふつうの」
鏡音ラン 「毒狼……私が独身だからって、あんまりじゃないかな」
鏡音リン 「賢狼!」
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営7 妖狐陣営3 吸血鬼陣営1 蝙蝠陣営1
ゲーム開始:2013/12/15 (Sun) 17:22:22
鏡音ツモ 「ククク・・・倍プッシュだ・・・」
鏡音レン 「開始ー!」
艦娘イク 「まーいいの!イク、いくのー!」
鏡音レン 「と思ったらサムが投票前だったよ(´・ω・`)」
鏡音サム 「乗るしかねえ…この鏡音ウェーブによろしく!」
鏡音フラン 「楽しい鏡音一家…」
初音メル 「名前やべえw」
KAITO 「ナァニコレェ」
艦娘イク 「イクのそっくりさん・・・?なの?」
鏡音レン 「開始だよ!」
初音ネギ 「サムダヨー」
鏡音ロン 「ボーカロイド倍プッシュだ」
阿久女イク 「よろしくお願いします」
弱音儚い 「アウトー!?」
鏡音レン 「どうしてこうなったんだよぉ!!1!!」
鏡音サム が幻想入りしました
鏡音ツモ 「鏡音ツモ さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 3617 (ダメギ) → No. 6497 (空母「アカギ」)」
鏡音リン 「イクねーちゃん!」
弱音儚い 「おらこんな村嫌だー」
IAさん 「                   /⌒>
                -‐…‐/ <
         /          `
         ,                 \
.        / ,  /     :、         ,
      } ./ /   .ハ  [\   ]    ′
      }/ /   // :}  {  \ ]     〈i
     / イi|  {/―}  {  ―ヽ| ト、   \
.    ∠ イ  i|  {==ミ\ { ィ==ki| |: :`'ー-=ゝ
 乂___.ノ}   i|  弋ツ  \ 弋ツ | .ハ   :{
      /ハ /ハ  {     : ヽ   |/ }  .ハ   楽しい鏡音一家でしたね・・・
      {/} iV  :}   :、   _ _ i . イ  }  j |
      { :} i  、}\ ヽ}  -- '{: :/   / /ハ|
      { :} i、\{: :/\j二£二{/  / /:イ :|
      乂ノ、\  { イ     {   //  ノノ
      ///\{   ノー   ‐ゝ 〈(  /ヽ
.     //////{  }≧o。.,   { ヽ }___  ,
    ヽ//////〉-〈//////≧o{ イ | | |__」___
     ///////[二二]////「 ̄ >-〈/LLl////ハ
.    ////ハ////{  :}/////\ [二二]///////}
   //////}////|  |///γ⌒ヽ:{  :{///<>〈
.  ///////}////|  |///.乂__ノ/|  :|///////∧´」
艦娘イク 「・・・知ってる顔な気がするけど気のせいなの・・・? >ロン」
水霊使いエリア51 「そうですよ? <レン
そのラインが良いんじゃないですか。」
阿久女イク が幻想入りしました
IAさん 「いやぁ、しかし酷い村ですね
何がとは言わないけど」
鏡音サザ 「妹になったし万事解決だな(錯乱)」
鏡音レン 「吊らないで!?>リン 2!!」
鏡音ツモ 「鏡音ツモ さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 6263 (マルチ) → No. 3617 (ダメギ)」
鏡音ラン 「それじゃあ、カウントといこうか>鏡音スケキヨ」
KAITO 「もうやだ、こんな村」
鏡音レン 「えーと、3!」
鏡音レン 「あ、はい!!」
鏡音ミョン 「せいぜいきれいな忍者とですよね…>忍者さん」
鏡音ロン 「鏡音ロン さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 813 (赤木しげる) → No. 6497 (空母「アカギ」)」
初音メル 「いいかもしれない」
鏡音リン 「鏡音PPでレンをつるぞ!(ぇ」
艦娘イク 「開始時間なの?イクの魚雷もうずうずしてるの!」
鏡音レン 「>エリア
それ犯罪って言うんじゃないかなぁ!!」
鏡音ロン 「そういえば顔をアップにしすぎていたな
少しカメラを引くとしよう」
鏡音フラン 「殺伐とした村に新鮮な血をぶっかけー」
水霊使いエリア51 「同意の上というシチュは次点くらいですね。」
初音ラン 「初音ラン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:初音ラン → 初音メル」
黒の剣士GM 「それじゃ、カウント頼むぞ」
鏡音レン 「>初音ラン
初音メルとかどうかな(提案)」
水霊使いエリア51 「レン君は無理やり+受けの組み合わせが一番だと個人的には思います。」
汚い忍者 「流石にそれは無理じゃね?>みょん」
初音ネギ 「殺伐とした鏡音村にネギダヨー」
KAITO 「私も現場にいたが・・・今回は、知らないぞ!>ミョン」
鏡音リン 「三(卍^o^)卍>ネギねーちゃん」
鏡音ミョン 「…忍者さんを吊れば、鏡音全滅…?」
鏡音ラン 「さて、そろそろ時間だ
犬神――じゃない、楽しい村を始めようじゃないか」
鏡音レン 「>リン
覚醒フラグって何!?何に覚醒するの!?
僕どうなっちゃうの!?」
鏡音ロン 「あぁ、俺は全て現場に居た・・・
悪乗り倍プッシュだ」
KAITO 「なにがどうなっても殺意満々じゃないか!私を巻き込まないでくれ!>リン」
鏡音レン 「ならないで!?なったとしても僕らに射さないで!!?>汚い忍者」
初音ラン 「シイタケダヨー>初音ネギ」
鏡音ツモ 「妹だよ」
鏡音サザ 「鏡音バトルロワイヤル 開 幕 だ」
鏡音ミョン 「なんでしょうかこれ
オカリン村にリリー村と…これが、異変でしょうか?」
弱音儚い 「さすがにそれは初音ネギさんや鏡音ランさんと混同しそうです・・・>初音ランさん」
鏡音フラン 「ここには私たち鏡音と初音さん家が大半なんだね」
初音ネギ 「ネギダヨー>初音ラン」
鏡音リン 「一緒に着替えてただけ?ん?
本当にそうなのかな?
こちらがわではそれは完全に覚醒フラグなんだけど?」
汚い忍者 「めっちゃ復讐者になりたい」
鏡音ツモ 「鏡音ツモ さんが登録情報を変更しました。」
鏡音ロン 「当たり前だろう、妹なんだから
ちなみにツモも妹だ」
鏡音ラン 「『鏡音家の一族』って書くとまるで金田一でも出てきそうだねぇ
はっはっはっ」
鏡音ツモ 「鏡音ツモ さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 4963 (鷲巣巌) → No. 6263 (マルチ)」
鏡音レン 「いやいやいや僕が何かするの!?してもらう立場だよ僕は!!>リン」
初音ネギ 「┌(┌^o^)┐・・・>リンちゃん」
初音ラン 「これでいいや」
KAITO 「その顔で姉妹ってよく言えたな!?言い切ったなあ!>ロン」
弱音儚い 「なにこのアリスゲーム」
目瑠ラン 「目瑠ラン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:目瑠ラン → 初音ラン」
水霊使いエリア51 「実のところそこまで腐っている訳でも無いんですけどね。」
鏡音レン 「>KAITO
えっ、なんで!?普通のことだよ!!
っていうかなんで喜ぶの!!?」
鏡音リン 「助けを求めるフリをしてGMさんに何をするつもりだ!>レン」
黒の剣士GM 「生き残った奴が真の鏡音一族ってことだろうつまり……」
鏡音ロン 「俺・・・もとい私とツモは双子の姉妹なんだ」
鏡音サザ 「うるさい!こんなところにいられるか!
俺はもう逃げるぞ!>KAITO」
鏡音フラン 「弱音…はいちゃってもいいんだよ>儚い」
IAさん 「                    _
                  ⌒>ヽ___
                   /     `ヽ
              /    _/} }、__:,
               ∠,/ / /`} }´{ r、_
           ー/ーイ   /芯ノ .ノ芯 {`ー-`>-、   ホモかー
                / /从i / // ' ハ{`'ーく_/ム
            /イ  ./ } } /、 ‐ .イノゝ  ∨//∧
               /  〈 / .乂{ニニ7/  {_   ∨//∧
           /   〈 // }|   〈   /  }三ニヽ//ハ
          / / r{、 _}__,从___ { V ノハ_ノ三二ニハ//ノ
          /   / 、<>'三二ニ=-<>'=ニニ二三三/ /´
.       /   / /三三二ニ/}ニγ ヽニハニ=//
    / /  〈/イ=ニ二三イ,/ニ=乂.ノ={ `¨」
鏡音ラン 「さすがレン、女の子が一番喜ぶ言い草を心得ているね」
鏡音レン 「鏡音一家こんなにいないよ!!助けてGMさん!!」
KAITO 「なんで君までのるんだよ!!!w>サザ」
鏡音サザ 「鏡音兄弟多すぎだろう。どういう構成なんだ」
鏡音リン 「ミョンねーちゃん!」
初音ネギ 「ホモダヨー>┌(┌^o^)┐」
KAITO 「だめだ!その言い方はエリアを喜ばせるだけだ!>レン」
鏡音ミョン 「こうすれば、私は大丈夫!
アリバイ確保!!」
弱音儚い 「酷いアイコンに上下挟まれました。帰りたい・・・」
サザ 「サザ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:サザ → 鏡音サザ」
鏡音レン 「男同士なんだから覗いてたとかじゃなくて普通に一緒に着替えてただけだよそれ!!」
共犯者 「共犯者 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:共犯者 → 鏡音ミョン」
IAさん 「あ、それ槍槓です >鏡音ロン」
鏡音ラン 「あれは、まさか…門前清自摸和!?」
鏡音ツモ 「お兄ちゃん!<レン」
汚い忍者 「面倒だし、普通の名前呼ぶことにしよう」
鏡音レン 「>ロン
見に覚えが無さ過ぎるよ!!?
というか誰を覗いてたの!?」
鏡音リン 「おじいちゃん!>ツモ」
KAITO 「ホモォ!?」
サザ 「隣のもギリギリまともだろう・・・多分>KAITO」
艦娘イク 「キンコウでも保ちにきたの?」
共犯者 「…となると、」
鏡音ロン 「KAITOの着替えを覗いている現場を見てしまったんだ」
初音ネギ 「ツモダヨー」
KAITO 「悪ノリは、やめよう(まがお」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 綺麗な忍者
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7076 (shen)」
あかり 「あかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:あかり → 鏡音ツモ
アイコン:No. 4401 (神岸あかり) → No. 4963 (鷲巣巌)」
鏡音レン 「妹!?っていうか誰!!?」
鏡音フラン 「弟と妹ができた、もう怖いものなんてない」
艦娘イク 「妹が増えたの?家族が多いことはあったかいのー! >ロン」
鏡音ロン 「レンが・・・覗きをやっていた」
IAさん 「なるほど、人狼というリンちゃんがKAITOさんとレンちゃんを包丁で刺すゲームかー なるほどなー」
水霊使いエリア51 「レン君がどう受けが似合っているのか話してもいいんですけど、内容如何ではGMに注意を受けてしまいますからね。
深夜村であるならハードルも低いんですが。」
汚い忍者 「だが断る>共犯者」
KAITO 「おまえ・・・おまえその顔で、妹いうのか!?>ロン」
鏡音レン 「!?!!?!??!?!?>ロン」
紅月フラン 「紅月フラン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:紅月フラン → 鏡音フラン」
鏡音レン 「>鏡音ラン
誰だよ!?っていうかハリーポッターの学友(?)の名前なんだけど!!
僕ら全然関係ないんだけど!!

>犯人
そろそろ何が起きたのか教えてください(震え声)」
鏡音ラン 「やぁ、ロン。ホグワーツ以来だね」
KAITO 「・・・まともなのは私だけじゃないか・・・>サザ」
共犯者 「汚いっていうぐらいですから、全ての罪を背負ってくれませんか?>忍者さん
後で家に帰るのが凄く怖いのですよ…」
鏡音リン 「し、シゲルホワイトさん!」
鏡音ロン 「末っ子の妹だ、よろしくな」
サザ 「なんてことだ、ここはVOCALOID村だったのか」
初音ネギ 「レン君が良いツッコミである、将来が楽しみだ」
鏡音リン 「妹ができました!」
犯人 「犯人 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:犯人 → 鏡音ロン
アイコン:No. 2888 (犯人) → No. 813 (赤木しげる)」
艦娘イク 「おねーちゃん! >リン」
水霊使いエリア51 「難しいですね。」
KAITO 「唐突な無茶ぶりだね!果たしてレンはどう答えるのかな!」
汚い忍者 「なんかひでえ状況になってるがスルーすればいいんだな」
紅月フラン 「お姉ちゃん…
良いかも」
鏡音リン 「これで19さんも姉妹よ!」
共犯者 「そうですか…>犯人さん
私はそのころは、幽々子様の御飯の時間を投げ捨てましたから…今頃泣いてそうですね。
ああ、私はなんて罪深いんだろう…」
鏡音レン 「>IA
違うよ!!人狼だよ!!
もしかしたら僕かリンがお互いを殺しあうかもしれないけどそうならないように祈ってるよ!!

>リン
だから何が起きたんだよ!!」
艦娘イク 「色々間とってこれにするの!」
黒の剣士GM 「ドジっ娘なのか」
鏡音リン 「フランねーちゃん!」
黒の剣士GM 「メルラン……」
鏡音ラン 「ところでマルフォイ、ロンはどこに行ったんだい?>レン」
伊19 「伊19 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:伊19 → 艦娘イク」
鏡音リン 「レンあなた自分の刀が貧相だからって(チラッ
妖夢さんの刀を使って犯行に及ぶなんて
なんつってねぷぷぷ」
目瑠ラン 「4時13分なのに暗いと思ったら一時間違ってたwww」
紅月フラン 「ランクルス分んないからキュッとしてドッカーンしちゃった」
IAさん 「スーパーあかりんだよ」
サザ 「今日の17時とは言っていない>弱音
その気になれば16日、17日開始にすることも可能・・・!」
犯人 「そう、その時間はリンと一緒に居たんだ
証言した通りにな」
あかり 「わわ。よろしくお願いします」
初音ネギ 「ネギダヨー>犯人」
鏡音レン 「>リン
ラン姉なんていないから!!目を覚まして!!

>犯人
だから何を目撃したんだ!」
IAさん 「ところで、これ何のゲームだっけ
犯人が犯人である証拠を見つけつつ、リンちゃんがレンちゃんとゴールするゲーム?」
クルス ラン 「クルス ラン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:クルス ラン → 紅月フラン
アイコン:No. 2122 (ランクルス) → No. 4936 (フランドール02)」
KAITO 「いつだよ!それ結局わからないってことだろ!>弱音」
犯人 「俺か? 俺はえーと・・・」
弱音儚い 「17時10分から20分代もしくは30分から40分代だと思います。>KAITOさん」
鏡音レン 「>リン
騙してないから!!微塵も騙してないから!!
というかまず僕は犯人じゃないから!!というかその犯人って何をやったんだ!!

>エリア
ちょ、ちょっと受けとか攻めとかわからないです……(震え声)」
あかり が幻想入りしました
鏡音リン 「犯人さんが目撃しているんだから間違いない!
何せ犯人さんはいつでも現場にいるから全部お見通しなんだよ!>レン」
共犯者 「そうですか…ところで、あなたは何をしたのですか?>犯人さん
介錯ならいつでもしますよ?」
初音ネギ 「20分ダヨー」
KAITO 「サブタイ見てなかった、これは失礼」
かりー 「やあ」
犯人 「アリバイもあるぞ!(フラグ)」
鏡音ラン 「仕方ない、それなら姪っ子で妥協しようじゃないか>レン」
鏡音リン 「タイトルタイトル>ニーサン」
水霊使いエリア51 「あんまり攻めは絵として映えない気がします。なので犯人役は不適合でしょう。」
IAさん 「つ サブタイ  >KAITO」
黒の剣士GM 「サブタイトル通り20分だ>KAITO」
犯人 「レンがやったんだ!
俺は犯行の瞬間を目撃したからな」
かりー が幻想入りしました
KAITO 「そういや開始時刻いつだった?>GM」
鏡音リン 「ランねーちゃん(三人目)!」
鏡音レン 「>鏡音ラン
僕まだ10歳にもなってないよ!!甥っ子とか言われても困るよ!!」
共犯者 「え、レンさんが黒幕ですか?」
水霊使いエリア51 「個人的にレン君は受けだと思うんですよね。」
クルス ラン 「なんだよー、文句でもあるのか―>KAITO」
共犯者 「じゃあ、犯人さんそろそろ行きましょうか
…あの世への片道切符なら、いつでも用意していますよ」
鏡音リン 「レンあなたこんな庭師さんを騙して共犯者に仕立てるなんて」
KAITO 「三人目のラン・・・ってちがうわ!>クルス ラン」
弱音儚い 「こ、今回の私は強気です・・・よ?」
鏡音レン 「>サザ
消さないで!!僕は立派にお仕事してるから!マスターのセクハラにも耐えるから!!」
クルス ラン 「ぬお、ちょっと遅かったかー」
初音ネギ 「気づいてしまったか、貴様には消えてもらう>KAITO」
伊19 「儚いの字面に既に弱気がにじみでてるのー」
クルス ラン が幻想入りしました
ネコカオス 「ようっす。」
汚い忍者 「よろしくよ」
鏡音ラン 「レンも年頃だし、そろそろ甥っ子の顔が見たいなぁ(チラチラ>レン」
KAITO 「吐いてないハクだって!?」
ネコカオス が幻想入りしました
黒の剣士GM 「はかないのか!?」
汚い忍者 が幻想入りしました
弱音儚い 「弱気改善のため、弱音を吐かない事を決意しました」
黒の剣士GM 「そこははけよ!」
鏡音レン 「>鏡音ラン
親しき仲にも礼儀はあるべきじゃないかなぁ!

>犯人
だから何があったの!?」
共犯者 「もう疲れたんです…お世話とかには」
弱音儚い が幻想入りしました
鏡音ラン 「もっとも、リンの言うとおり
イクが私達の妹になってくれたら嬉しいねぇ、そう思わないかレン?」
伊19 「だめなのー?おもしろそーだったのー >ラン」
サザ 「じゃあレンも消して鏡音サザを襲名しよう(提案)」
gdgsgf 「gdgsgf さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:gdgsgf → 共犯者
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5377 (魂魄妖夢(緋想天))」
KAITO 「いまわかった!こいつはミクじゃない!まがい物のミクダヨーだ!>ミク」
伊19 「ふぇ、いーの?ちょっと提督に申請して改名してくるのー! >リン」
鏡音レン 「実にってなんだよ!!身に覚えだよ!!」
IAさん
.          /                   \
       /                 }      \      ) )
      /              /    }\  :、    \______
.      ′      /  ___/_j{     -}―Χ-\     <
      j/     :{: { // /,ハ     ノ 斗ャ=ミ ヽ   \ `'ー――ァ
、__/     /{: {  斗ャ=ミi{   / 斤ーハ⌒ハ∨   \ }、   /
. \____,     / :{: { 芹z‐Vハ{ /   {/{:::}/} { :   ヽ   V⌒ ̄    つまり、うどんにはネギ・・・
  乂__    /  {: {,/ハi/{::::}/}{ :{   乂ーシ { :  :i } }
  \_____/   {  V 乂ーシ 乂  、  ̄  { :   :i } .ハ    
      「  {.   { :从    ̄     ′    ,ハ,} : :} }/ハ       パーフェクトだ、ウォルター
     |  ハ   {    \         _   / i} : :} }   }   
.     i| :|: \  \    ヽ.、    ´  / { /./ :} }   }   
.      j| ;L、 \  \  \≧=‐-‐=チー‐<∨/  / / /
     / !/   \  \  \   ヽ三彑/     〉′./ {,/:}
.    / j{    \____    Y   }     _/ / / / /   ノ
   / /∧________ノ{、⌒′ ノヽ }\___________} /イ乂{ /}」
初音ネギ 「ネギダヨー」
鏡音ラン 「あまりかわいい弟をいじめないでやってくれ>伊19

レンをいじめていいのは兄妹である私達だけだ」
鏡音リン 「大丈夫よ、あなただってイクというカタカナ二文字の名前がある
つまりいつでも鏡音を襲名できる素質があるわ!>19さん」
サザ 「VOCALOID・・・鷺の民とは違うようだな」
鏡音レン 「違うよ!実に覚えがないよ!!っていうか犯罪って何!?」
犯人 「やはりな・・・あいつがやったのか! (にやり」
伊19 「みんな仲良しなの?イクもまざりたいのー!」
KAITO 「・・・!?レン、君だったのか・・・(ザパーン>リン」
初音ネギ 「ネギダヨー>IAさん」
鏡音ラン 「誰かって? それはお前のよーく知ってるヤツよ>KAITO
具体的に言うと左の方向を見てみようか」
サザ 「ミカヤは俺が守・・・ミカヤがいないだと!どういうことだ!?」
鏡音リン 「そう犯人は・・・金髪で・・・若い男で・・・
ポップデキュートなツインボーカルの男の方らしいわ!」
gdgsgf が幻想入りしました
サザ が幻想入りしました
鏡音レン 「ミク姉はネギでも大体あってるからいいけどみんなどうなってるの、こんなのおかしいよ!?」
目瑠ラン 「どこもおかしいところはない(力説)」
初音ネギ 「ネギダヨー>KAITO」
KAITO 「だれだそれは!>鏡音ラン」
IAさん
                   ..ニ=―-
.                / '
.               /  /    -―‐-
              {  { ''´       `⌒ヽ、
                >=-`ニ=            ヽ
           /                 '.
.           , /   /       、        '.
.          / /   '  :{  i{  '.  \       '.
        / /′ /  :{   i|\  \''^´丶       '.
    ー= '^´ /  /  / V i|  /、 \ー `二ニ=‐  '.
          厶イ \__,\|`´,.ィ芹芯 ニ=‐: : } i} \ ヽ、
        , '   / ∧,灯芯     Vzツ| { {: :/ / } '.`^ \
      /  イ !  ∧ Vリ      ""ノイ\V / /  '.
    ー''^´  |i | i{: :八""  r-‐:、   /{ トt ニ´.イ: :  '.      ネギかー
.        |i 人 \:.:}≧=-. ̄ -< /{ У ノ ヽ: :     '.
.         j/l l' `ーz-j/:::::::::y′  `{ {y ィ'´ ̄:ヽ   ヽ ヽ
        / ||| j人_{ )、::::/-―-、 { y/::::::::::::::::〉    \\
.           , , | /r\tj:_{::::::::::::::::y[_7´>:、:::::::::{     '.\\
         // ; /:::|  [_] | ̄ ̄l>:'^´:::::::::::::>=k'      '. `^\
          〃 / {:>‐、 / ,r―:r ´{::::::::::::::: ィ {::::::/     i|  '.   `ヽ、
.         / //{ /⌒∨ ,:  |  ∨:::_/ /. .゙T::{ : : : :   j/  }
         // 八{ ーノゝィ  ∨ ∨   ′. . |__:>: : : : /   ,′
  ―‐===彡   /  ,`¨´ / `¨´`^T’/. . . . . .\} ,   ''´  ,         ____
.       -― ´―/  r''´     j!/. . . . . . ,, ''^´     /ー-   -‐''^´     }`ヽ
.  /  ...-z―‐ {`ー-:{\___ /ノ{. .,, ''^´    ,,. . . .'^´ ̄j __   -‐  ⌒ノ   }
  /  /{  {    `ー--\___,, ''^´   ,,  ''^´. . . . , -‐''´         ‐=ニ´__.ノ
  、/   ヽ.. ニ=‐        / /   ,, ''^´  ̄ ̄`¨¨´
   {                 {/{  {
                     { \.. 二ニ=―''^´」
鏡音リン 「あ、あなたはランねーちゃん(二人目)!」
KAITO 「うっ・・・ミクの体臭がネギくさい・・・またネギ風呂にはいったのか!>ミク」
鏡音ラン 「どうしてこうなったか? ――犯人はこの中にいる!」
初音ネギ 「ネギダヨー>リンちゃん」
鏡音レン 「何これ!?なにこれ!?
あとそんな所凝視しないで!!?」
鏡音リン 「ネギなら仕方ないね・・・>ミクお姉ちゃん」
黒の剣士GM 「流れなんて俺が知るわけないだろう……俺のせいじゃないしな」
KAITO 「ランがまた増えた!?というか君たちだれだよ!」
鏡音レン 「ぼ、僕も仙人になってKAITO兄さんを助けるよ(震え声)」
目瑠ラン 「お呼びと聞いて☆」
鏡音ラン 「ああ違った、レンだったね>コナンくん」
水霊使いエリア51 「レンくんの真下に来たのでレンくんの下○身をジロジロと見る権利を得ました。」
鏡音リン 「犯人さんこんばんわ
レンを殺しましたか?」
目瑠ラン が幻想入りしました
犯人 「犯人はこの中に居る!!」
KAITO 「はい、犯人きたよ!もうぐちゃぐちゃだよ!」
初音ネギ 「ネギダヨー」
初音ネギ が幻想入りしました
犯人 が幻想入りしました
鏡音ラン 「ところでコナンくん?>レン」
鏡音レン 「おかしいよ!なんでこんな流れになってるの!!助けてGM!!」
KAITO 「すまない・・・その場合は私も熱病になってしまうんだが・・・>レn」
IAさん 「                _
                {( - ‐― - .、
             /_ゝ`ー´ ̄ 丶\
            //         ヽ .、    そんなことよりうどん食えよ
            ノ , ','  メ、    ハ ト、', ヾ\
            ´7/ i/‐- ヽ  , '-iナヽj   !「`
           ,'/,ィ |ィ仡ミ、 }/ ,ィ芯メ.} iヘ!i
           {' i  !ゝV_ソ    V_ソイ | }
             i l  i           i  ! ハ
            i ヘ ト 、   o    .イ / ,' {
              ハ ヽ!ノ_,≧=ュ=≦、/イ ,/  ',    , -、
             ,' i、ヽ,〉::`ト::‐--::、__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,ヽ
             i 〈ソノ::}:::::::::::::::::::::::::l  う ど ん  {ニノ
        r―「 ̄〈ソ〉く::::::::::::::::::::::::::::ゝ         ;ノ´
         `Z_ゝ、[ニ] / `メ=- :::::::::::_:ト-`!ニニ二ニニ!
           / )/レヘ、    ̄ __.>、/ )  ノ
          ノ/〈 | i `r ' ´ヽ ノ/,> {
              {八`∟l  i    ヽ , ィルヽ )
               ソl__`T^⌒ー‐ヘ. ヽ  ソ
                 |::::::|      ヽ__ヽ,
                lこソ       lこソ」
鏡音ラン 「兄妹の諍いは長姉である私が収めようじゃないか」
IAさん が幻想入りしました
鏡音レン 「死んじゃう!死んじゃうよそれ!!KAITO兄さん河童になって助けて!!」
伊19 「兄弟たくさんなの?いいことなの!」
KAITO 「バーロー!?wwww」
黒の剣士GM 「それ別のアニメだろう!?」
KAITO 「What!?>ラン」
鏡音リン 「ランねーちゃん!」
黒の剣士GM 「増えた!変なのが増えた!」
鏡音ラン 「おはよう」
水霊使いエリア51 「宜しくお願いします。」
鏡音レン 「!?>ラン」
水霊使いエリア51 が幻想入りしました
鏡音リン 「あたしが風神を引きます

左に向かって二歩進みます」
鏡音ラン が幻想入りしました
鏡音レン 「えっ、悪いプロデューサーじゃないと僕を殺そうとするの!?えっ!?
というかプロデューサーって誰!?」
黒の剣士GM 「なんにせよもっと人は増えろ(身も蓋もない戯言」
KAITO 「!? こっちにロードローラーを向けるのはやめなさい!>リン」
鏡音リン 「そうかKAITO兄さんも悪いプロデューサーに騙されて・・・」
鏡音レン 「周りのみんなが何かおかしいよ!!助けてマスター!!」
KAITO 「風の拳をきわめてくるんだ!(錯乱>レン」
鏡音レン 「えっ、僕は何をやめればいいの!?>KAITO兄さん」
KAITO 「こんなところでコピペネタを見るとは思わなかった!
助けてくれMEIKO!」
伊19 「なの?仲良きことは美しきかなってやつなの?」
KAITO 「リン・・・君をそんな殺意の波動に目覚めさせた覚えはないよ・・・>リン」
鏡音リン 「KAITO兄さんどいて!レン殺せない!」
鏡音リン 「KAITO兄さんだったのか!」
鏡音レン 「え、えっ、僕らそんなしきたりのある家で生まれてないよ?どっちかというと助けあおうねって家だよ?えっ?」
KAITO 「二人ともよさないか!」
カオスの使者 「カオスの使者 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:カオスの使者 → KAITO
アイコン:No. 6486 (ワルター) → No. 4956 (KAITO02)」
伊19 「伊19なの!よろしくなのー!」
鏡音レン 「いやその挨拶はおかしいよ!?」
鏡音リン 「双子は殺しあえって・・・」
伊19 が幻想入りしました
カオスの使者 「むしろロードローラーに乗ってる画像が・・・>レン」
鏡音リン 「レンを殺しに来ました(ガラッ」
鏡音レン 「というか僕の画像を検索したらやたらバナナを食べてる絵が多いんだけど
どうなってるんだろう」
鏡音リン が幻想入りしました
黒の剣士GM 「まぁ基本テンプレ読んでくれ
特にいろいろオプションつける気もないからな」
鏡音レン 「いや、僕も早く来すぎた気がするし大丈夫」
黒の剣士GM 「あぁよろしくな」
カオスの使者 「よろしくな」
黒の剣士GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は狢・妖精系のみ禁止
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り

【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
カオスの使者 が幻想入りしました
黒の剣士GM 「悪い悪い、ちょっと村建てた瞬間ごたついてな」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 黒の剣士GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 6994 (キリト)」
鏡音レン 「あ、GMがまだ来てなかったかな?ごめんごめん」
鏡音レン 「バッ」
鏡音レン が幻想入りしました
村作成:2013/12/15 (Sun) 16:53:01