←戻る
【雛1424】やる夫たちの天候超闇鍋村 [1743番地]
~あーしたてんきになぁーれーえー~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する天候あり超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ミハイルGM
 (dummy_boy)
[夢共有者]
(死亡)
icon やる夫
 (はぐりん◆
GrtNRpkuh.)
[騎士]
(死亡)
icon マヨイ
 (由◆
VyD0jc/qCs)
[天人]
[能力喪失]
(死亡)
icon 古明地さとり
 (mob)
[幻視者]
(死亡)
icon
 (シャーキン◆
mJvunVpsFs)
[蒼狼]
(死亡)
icon チルノ
 (草不可避◆
eyndF0VEv.)
[人狼]
[目隠し]
(死亡)
icon 早苗
 (レックー(REK)◆
G88NKN4RMyt1)
[念騒霊]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon サザ
 (Glace◆
TZ.gEvN5.o)
[逃亡者]
[恋人]
[共鳴者]
(死亡)
icon キラキラっていう
 (www)
[共有者]
[恋耳鳴]
(生存中)
icon ソニア
 (あさぎいろ◆
VSyXZuNoWw)
[厄神]
[死の宣告]
[恋耳鳴]
(死亡)
icon 伊吹萃香
 (コマ◆
E7slkNo4FU)
[比丘尼]
[死の宣告]
[恋耳鳴]
(死亡)
icon 紅真九郎
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[狙毒者]
[死の宣告]
(死亡)
icon 九鳳院紫
 (夢遊病◆
5R5iTMIYO.)
[弁財天]
(生存中)
icon 安眠まくら
 (DS◆
IaSoTYoBkw)
[家鳴]
(死亡)
icon ダリアン
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[占い師]
[恋耳鳴]
(生存中)
icon ダルク
 (空澄姫◆
z1XhdJ.lxM)
[件]
(死亡)
icon 大妖精
 (ふらい)
[人狼]
[洗脳者]
(死亡)
icon ハネッコ
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[蛻庵]
(死亡)
icon 紅美鈴
 (観月◆
CewxvXIT3Y)
[夜雀]
(生存中)
icon レミリア
 (祭◆
I1iufbf.e.)
[益荒男]
[受託者]
[死の宣告]
(死亡)
icon 貧乏サム
 (カン)
[冥狐]
(死亡)
icon モモメノ
 (エノク語◆
CkK42HJiBJ9Z)
[雪狐]
[恋耳鳴]
(死亡)
ゲーム開始:2014/01/05 (Sun) 21:44:19
出現陣営:村人陣営14 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
マヨイ 「さーて、どういうこっとかなーっと」
ミハイルGM 「ぬあああああああああああああああああああああ」
ミハイルGM 「やあ、ゆっくりするといい」
マヨイ 「とりあえず質問! 足音ってなに?!」
ミハイルGM 「ふむ・・・足音を鳴らせる能力者がいる、としか答えれないな。
それ以上は役職ページを確認したまえ」
マヨイ 「真ん中の列三人でなってるんだよね……うーん?」
マヨイ 「あ、でもあれかな? 足音情報は下界にも伝わっているんだよね?」
ミハイルGM 「音鳴能力者は村にも人外にもいる。いったいどれかは推理してみることだ」
マヨイ 「あの三人の中に確実に一人か二人は人外がいる、ような気がする、くらいかなあ」
ミハイルGM 「その通り、足音は下界にも霊界にも見える。その辺り、詳しくは検討会で聞いたほうがいいだろう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
マヨイ 「ん~、引き分けかあ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ミハイルGM 「おつかれさまだ」
やる夫 「二日目に吊られる騎士がいるらしいお
乙だお」
マヨイ 「お疲れ様!」
マヨイ 「狐とか恋人とか厄介ー!」
マヨイ 「この内訳だと5日になる前に終わるとかないよね?」
やる夫 「ぶっちゃけやる夫に騎士とか似合わんお吊られて当然だお」
ミハイルGM 「ノーコメントだ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 「やべえお遺言書いてねえお吊られないと思って書いてなかったお
今書いとくお」
マヨイ 「あれ? そういえば遺言って吊られてからでもOKなの?」
ミハイルGM 「いや、霊界にきてからでは無意味だ>遺言」
マヨイ 「ありゃあ」
やる夫 「あっちゃーやる夫の役職不明のまま吊られてしまったかお
書いときゃよかったお」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
マヨイ 「騎士って確か巻き添え作れる系狩人だったよね」
やる夫 「騎士は猫又と狩人がくっついたような役職だお」
マヨイ 「噛めるもんなら噛んでみろー! みたいな?」
やる夫 「お?GJかお?狩人系がまだいるなら頑張ってほしいお」
マヨイ 「GJならいいけど狐だったら困るなー」
やる夫 「まあそういうことだおね
狼が騎士CCOして信用勝負で吊ったりとか方法はあるお」
マヨイ 「えーと……つまりマスラオは噛まれた傷が後から聞いてくる系、と」
やる夫 「狐系はまだ2匹いるから
噛む確率は高いと思うお
子狐なら別だけど」
やる夫 「益荒男は一日襲撃を耐える役職だお
ぶっちゃけそれだけだお」
マヨイ 「……ビミョー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 「そうだお一日耐えるだけだから一日限りの確定○くらいかお?
メリットはそれくらいしか思いつかなかったお」
レミリア はショック死しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ミハイルGM 「お疲れさま」
「うっほ・・・」
マヨイ 「おつかれさまー!」
「飛んでねーなー、毒」
やる夫 「生首お疲れ様だお」
レミリア 「噛まれを狙うのではない。噛まれてしまうのがかりすま。」
レミリア 「お疲れ。」
やる夫 「そしてレミリアも乙だお」
やる夫 「やる夫はまだ人狼のシステムが理解できないお 役職とかはだいたい覚えたけど
複雑だお」
「占星でナシなチルノに2票っても微妙に謎いが」
マヨイ 「グレランだけど、頭さんに疑われる要素があったのかなーとか」
マヨイ 「あたしもルールは覚えたけど戦術とか内訳とかもう全然!」
ミハイルGM 「詳しく尋ねたいときは村が終わってから聞くといい。親切に教えてくれる連中がたくさんいる>やる夫」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 「それはありがたいお 終わったらいろいろ聞いてみるお>GM」
「そうだなー、特に今は天人で配役隠蔽だから話しにくいだろうしな
終わってから存分に聞くといいぞ」
マヨイ 「猫神も蘇生するんだよね?」
やる夫 「グレランは偶然票数が重なった人が死ぬだけだお
やる夫は初日はあんま喋らんからステ吊り筆頭だお」
マヨイ 「あ、ところで質問! ここで聞いたやる夫くんのCOは下界で話しちゃっていいの?」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ミハイルGM 「お疲れさま」
ハネッコ 「お疲れ様」
ハネッコ 「ひでぇ噛みしやがる。」
やる夫 「お疲れ様だお
初日に吊られた騎士ですお」
「蘇生役だな
現状レミリアは真益荒男で問題ないのだが、ニート確定なのでそこ蘇生するかは割りと微妙
灰が村に確定で交換ならそれでいいと思うが、占い蘇生しても即噛まれるだけだし」
レミリア 「問題無い。 <マヨイ」
マヨイ 「おつかれさまー!」
「狩人抜きか
お疲れ様」
ハネッコ 「>マヨイ
やる夫のCOを伝えることは有りだ。
それが真か偽かは別だから、考え次第だがな」
やる夫 「一応一」
やる夫 「すまんお 誤爆ったお」
「ここで宣告が出てきて
何で昨日は宣告COがなかったんだ
レミリアと被って益荒男で上書きされたからか?」
ハネッコ 「もしくは、冥狐か」
マヨイ 「ん? 萃香さんは左道使いってことでいいのかな」
「ああ、違うか
最新の宣告が有効ではなく一番遅い宣告が有効という仕様だから
レミリアと被っても宣告は4日後のが有効」
ハネッコ 「それ無理だぞ>でっていう
狼の吠えは恋耳鳴に変換されない」
ハネッコ 「まぁ恋人吹っ飛ばす為に狙毒とか勿体ない気がするが。
吊り噛みで吹っ飛べばわかるわけで。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
レミリア 「弁財天だと言っているのにかぐや姫も求愛者も出てくる訳が無いだろう。」
「そして飛ぶQP、までお約束」
ハネッコ 「弁財天自刺しはあっても、弁財天騙りは誰もできないよ」
マヨイ 「となると、変な話狙毒に投票しない人を人外候補として見てもいいのかな」
やる夫 「この共有グレラン多いおね
ハネッコ 「そろそろ指定してもいい気がするけど
恋人なら尚更指定しそうだから趣味っぽい>グレラン好き」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ミハイルGM 「おつかれさまだ」
レミリア 「お疲れ。」
「おお、とんだとんだ
お疲れさん」
サザ 「悲しみの毒ぅ!
お疲れさん」
やる夫 「乙だお」
早苗 「ん、終わりですか
お疲れ様でした」
マヨイ 「おつかれさまー。……あー、やっぱり降りなきゃダメかー」
ハネッコ 「お疲れ様」
紅真九郎 「ま、サザ恋人は予想通り」
ハネッコ 「あ、はい>サザ飛び」
マヨイ 「っていうか恋人確定?!」
早苗 「ただ、両方とも村なんですけど
村大丈夫なんでしょうか?」
紅真九郎 「そうでないならやる夫に票が寄り過ぎだからね」
サザ 「早苗ごめんな、逃亡者COはあれだけ駄目って学んだんだが
久しぶりで忘れてたわ」
「そら(狙毒がQPに投票したから)そうよ」
やる夫 「どうも初日に吊られる騎士ですお
氏にたいお
でももう知んでるお」
サザ 「あ、ちなみに真逃亡だぞ
恋人の言うこと信じるかは知らんけど」
早苗 「逃亡はまあ、そうなりますよね…
で、恋人の言うことは信じますよ?
嘘を言ってもしょうがないですから」
サザ 「お前に嘘ついちゃ駄目だろw>早苗
天人さ天人」
レミリア 「恋人は恋人でしかないわ。
元より人外と被っている事を期待などしていないから安心なさい。」
早苗 「ちなみに私は念騒霊…
ラジオして遊んでました!」
サザ 「だからダルクは非狼だ
狐かどうかは知らんけどな」
ハネッコ 「>マヨイ
明日蘇生のはずだから、推理言っておくと
大妖精偽っぽい(子狐かは別)のと、さとりはCO聞いてもいいんじゃないかなって感じ。」
早苗 「まあ、狐有利かなあというぐらいですね>レミリアさん」
マヨイ 「おっけー、他に伝えたいことあったら素早く!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サザ 「独身のお前らどんな気持ち?って言っといて>マヨイ」
やる夫 「念騒霊は前回のやる夫が狐陣営の時にいて欲しかったお」
ハネッコ 「あ、(子狐かは別)って星狐かでたらめ言っている偽かまではわからないって意味。」
マヨイ 「えええ」
早苗 「んー、まあ有故ん通りというぐらいで
後サザさんは神社に持って帰ります」
やる夫 「やる夫は騎士CO頼むお」
早苗 「大妖精さんは子狐であの時に出るかですねえ」
サザ 「早苗と神社に行って来るから後頑張れ(イケメン顔)」
早苗 「QPかと考えたけど違いますし」
レミリア 「やる夫、一つ言っておくと、お前その時は化狐だっただろう?
念騒霊のラジオはどのみち子狐系には届かないから関係が無いわ。」
ハネッコ 「ただまぁ、狼の吠えは相変わらず少ないな
本当に憑狼はタイミングがないけど、静狼とか?」
やる夫 「サザは2軍だから要らないおお持ち帰りしていいお
本人も乗り気だお」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
サザ 「・・・妖狐系に届くってことだからそうだな>子狐には届かない」
ハネッコ 「お疲れ様」
レミリア 「お疲れ。」
早苗 「お疲れ様です」
ミハイルGM 「お疲れさま、そして配役公開だ」
サザ 「お疲れ様」
やる夫 「レミリアちゃんはその時いたのかお 子狐って不便おね」
古明地さとり 「ほぼ幻視者COしてたのに噛むんですか・・・」
ハネッコ 「なかなか>配役」
やる夫 「お疲れ様だお」
「これは酷いと思いますよ>比丘尼・夜雀
あ、お疲れ様」
早苗 「さとりさん幻視者www
自分がさとられる幻想にとらわれるなんてwwwww」
サザ 「宣告は・・・ああ冥狐だったか」
ハネッコ 「狐誤認すればいいのに>比丘尼」
「占いはまだ潜るのか」
やる夫 「なにこれカオスだお
ノーマル人狼2匹居ることに驚きだお」
レミリア 「占い師の結果があまり芳しくは無いわね。」
古明地さとり 「びっくりしましたよ
けど私が幻視者を引くよりは私を悟ってドヤ顔してるさとりがいるなと思ってましたけど」
サザ 「よくあることだ>やる夫
むしろノーマルの方がいいことだってあるしな」
ミハイルGM 「覚醒狩人が2もいるから豪華ではあるな」
「弁財・死んでる・死んでる・宣告
ひでえや>占い先」
ハネッコ 「蒼狼も実質素狼(ゲフンゲフン
仕事した所見たことないし、仕事しなくても良いし」
ハネッコ 「ひっでぇww>占い先」
やる夫 「狩人系もう一人生存かお
良かったお これで終わっても恥ずかしくないお」
サザ 「おおう・・・俺も占ってたのか>占い師
こういうときはほんとに村人でなくてよかったって思うよ」
「れ、レミリア噛みは受託者だったんでまあ(震え声)
この人数で件に告発とか死んでまうやめて」
サザ 「件も先に受託先が噛まれちゃ結局ただの村人か
なかなかかみ合わないな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ハネッコ 「◇大妖精(人狼) 「ハネッコさん噛みです。

美鈴さんはあえて残して、噛まれない私が吊られた時のスケープゴートにしましょう。
そこが真占いとか暗殺とかのすごい役職なら諦める、で!」

(そっとしておこう)」
サザ 「美鈴は凄い役職だったな・・うん・・・」
やる夫 「その美鈴が狩人だお 吊られちゃうんじゃないかお?」
早苗 「でもまあ、騎士が死んでるだけましでしょう…」
サザ 「どうだろうな・・・夜雀ともなれば放置はされると思うが」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
古明地さとり 「占い吊れそう」
レミリア 「お疲れ。」
ミハイルGM 「お疲れさま」
やる夫 「やる夫が死んでいることについてはふれないでほしいお
初日吊りとか笑えないお」
早苗 「お疲れ様です」
ハネッコ 「お疲れ様」
古明地さとり 「おつかれさま」
「お疲れ様」
安眠まくら 「死んでしまったかー」
やる夫 「お疲れ様だお」
ミハイルGM 「なぜか生き残り続ける弁財天」
サザ 「お疲れ様」
早苗 「そうやって、成長していくものですよ>やる夫さん
悔しさを糧にして、強くなるのです…!」
やる夫 「そしてマヨイちゃん復活したお 」
紅真九郎 「お、銃殺」
「モモメノが溶けるか」
やる夫 「言った本人に励まされても嬉しくないお・・・>早苗」
サザ 「おっと銃殺
これで件噛み入ると一気に村に偏りそうだな」
ミハイルGM 「誤認ェ・・・>サム」
ハネッコ 「>やる夫
仕方がないとも、村の気が早いとも言える訳で。
吊り逃れているから、村が一度様子見したら翌日COできたしな。
引き分けたのなら充分だと思うよ。」
早苗 「ああ、すみません
ちょっと人外思考はいってました?>やる夫さん

狩人で吊られるなんて私も何度もやってますし…そういうものですよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 「まあやる夫は大体ステ吊り筆頭だと思うお 喋ることなさすぎて吊られるお」
ハネッコ 「あ、はい>マヨイ
なにかと思ったらそういうことか」
古明地さとり 「これもう占い騙り出ないから、美鈴さんが占いに張り付いて終わりですよ」
サザ 「俺が毒で飛ばなかったら3段目逃げするつもりだったけど狼はいなかったか
ifの話をしてもあれだが恋人じゃなかったら結構生き延びれたか?」
ミハイルGM 「慣れないうちはそこが課題となるな>しゃべることがなさすぎて吊られる
なんでもいいから発言する、ネタに乗っかるなり陣営にたいする推理など」
サザ 「人狼すくねぇなぁ・・・」
早苗 「そればかりは発言頑張るしかないですからねえ>やる夫さん
慣れですよ、結局は…面白ければ何もなくても前半は乗り切れるものです」
レミリア 「「喋る事が無い」という悩みは本を読めば解決する。」
ハネッコ 「>やる夫
喋ることがないなら、探せば良い
例えばこの村で誰が何を話しているか、ログを読みながらな?」
やる夫 「今はいろんな鯖に行って自分に合う鯖を探しているお
 でもどの鯖でも大体ステ吊り食らうおコミュ症だお」
レミリア 「小説でも漫画でもラノベでも純文学でも良いから、本を読みなさい本を。」
ハネッコ 「俺とか大した事言ってないし」
サザ 「何話せばいいかって割と議題に上がるよな、初日の発言とか」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
古明地さとり 「おはようだお!人外を頑張って全滅させるお!
 ↓
陣営内訳の感想
 ↓
共有いるとかいないとか神話が早いとか遅いとか出てないとか
 ↓
でてきたCOに対しての感想」
サザ 「お疲れ様」
ハネッコ 「お疲れ様」
レミリア 「お疲れ。」
早苗 「お疲れ様です」
ミハイルGM 「そんなやる夫に必勝の策を授けよう・・・「カバディ」を連呼していれば、勝てる!>やる夫」
古明地さとり 「これくらいで結構喋れるんじゃないでしょうか」
ミハイルGM 「お疲れさま」
やる夫 「今回はキラキラっていうのグレランに便乗してグレー吊ろうと思ったら自分が吊れたお
何を言っているのか(ry」
ハネッコ 「この狼陣営毒騙り好きだねぇ」
ダルク 「おっつー」
モモメノ 「お疲れ様」
「お疲れ様
天候が仕事しません!」
早苗 「後は今日でしたらとにかくでっていうさんに絡みまくるとか?>やる夫さん
RP的に」
「的確に大妖精が仕事しよる」
ハネッコ 「結果真の狼騙りとかw>大妖精」
ミハイルGM 「あまり天候が意味ないのが残念だな>頭」
サザ 「チルノの結果は嘘ついてるけどな>大妖精」
ミハイルGM 「トラブルか?>美鈴」
やる夫 「カバディワロタお 人狼側でLWの時に吠えの時言って見るかお
後さとりさんやる夫は共有などの確認はできますけど人狼内約が全く思い浮かばないお」
ダルク 「なんつーか、まぁ……」
レミリア 「行数制限というものがある。」
早苗 「うーん、分けて書いてと下界にいたら言えますけど」
ダルク 「騎士に夜雀揃うたぁ剛気なこった」
ハネッコ 「珍しいな>反映されない」
モモメノ 「この村で非狼判定騙っても狐候補なら吊るよね」
サザ 「行数宣言あるのか・・・あんまり長いの書いたことないから知らなかった」
レミリア 「日々の日記を長々と書く者は多いけれど、日記なんて一日最大三行で十分よ。真面目な話。」
「まあ割りとな」
早苗 「それが保護すべき狼>ダリアン」
ダルク 「ああ、ぶっちゃけ大妖精真はあんまり見てなかったよ
単純にチルノ吊りたいからいろいろ言っただけで」
古明地さとり 「最初に
村人陣営14 人狼陣営4 妖狐陣営3 キューピッド陣営1
こういうのが出ていたでしょう?
これに対しての感想
なんだって良いのです、RPでも
恋人がいるお!やる夫にはまだ彼女もいねーのにけしからんお!とかでも」
モモメノ 「・・・やっぱダリアンだよなぁ」
安眠まくら 「>やる夫
発言をする際に一行ではなく2行から3行書くと残る確率も増えてきますね
やる夫の発言の場合 何か付け足すとよくなると思いますよ
やる夫 「お、狩人の信用勝負かお?やる夫には無いけど」
ハネッコ 「最初は三行とか書くけど途中で長さにうんざりして(省略)とかしてしまう。」
ダルク 「まぁ、モモメノ人外かなぁとか思ってその通りなのは良いとして

最近陣営内訳ひどくね?」
レミリア 「そもそも、人狼における長文というものはあまり良いものじゃないからね。」
安眠まくら 「やる夫  「えっでっていう共有かお?」
でっていう共有だから吊れない云々~など」
ダルク 「狩人の信頼勝負か。一度だけあるな
狼狐狐の茶番だったけど>やる夫」
ミハイルGM 「毎度のことだろう>ダルク」
ハネッコ 「まともな陣営とか期待しても叶った憶えがない(真顔)>ダルク」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モモメノ 「この村で一番笑いどころなのは
共鳴ついてるのに念騒霊だから狐向けラジオ流すしかなかった早苗だと思う(ケラケラ」
早苗 「狩人の信頼勝負は前に普通村でなら…
狂狐で私狂でしたけど」
ミハイルGM 「もっと無惨な死に方をしてほしいといつも願っているがな(微笑>ハネッコ」
レミリア 「文章を書く際、私達は伝える事ばかりに集中してしまうけれど、文章を書くという事は「それを読む者が居る」という事。
皆が読み易いと言える文章を書く、それを意識している者は意外と多くないように見えるのよね。」
早苗 「いわないでー!!>モモメノさん」
ハネッコ 「げっすいわぁ・・・>GM」
レミリア 「その最も簡便な方法は「簡潔に短く纏める」事よ。」
早苗 「まあ、前に吠騒霊を恋人にした罰が当たったのかなあ」
ダルク 「大妖精の出方って、単純にあれチルノ庇いだよなぁと思った瞬間kらずっとチルノ叩きつりたかった……
主張すれば良かった……」
やる夫 「他鯖行くと最終日は大体長文大文字出るから嫌でも目につくお
あとサトリさんからの例で思ったことは人外7に恋人いるから8吊りかお
って感じでいいのかお?」
古明地さとり 「参加者の7割くらいは日記なんてちゃんと読んでないですけどね」
ハネッコ 「>モモメノ
狼ならまだしも狐ならいちゃついても問題ない(遺言告発を除く)」
「たまーに日記でミスが見つかって破綻するから楽しいんだけどね」
モモメノ 「だから噛まれたんじゃないかな>ダルク」
早苗 「うん、そして油断するとたまにばれる」
レミリア 「長すぎる日記は私も読まぬ。読ませる気が無いものは読む気になれぬぅ!」
ミハイルGM 「日記よりも結果しか見てないからな>さとり」
サザ 「実際あんまりにも長い日記とか読まないよな・・・
流し読みはするけど」
ダルク 「ていうかレミリア先に死なないでよぉ!
なんれオレより先にしんでしまうん!?」
「LF死亡かな」
ハネッコ 「>やる夫>吊り数
その場合現在の吊り数にも触れれば素晴らしい」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
サザ 「俺のおかげで噛まれたからいいじゃないか(震え声)>ダルク
まぁ普通に噛まれたかもしれんけどな」
レミリア 「私はニートの時ほどよく噛まれる(真顔) <ダルク
ククッ!!運命と思いなさいな!」
古明地さとり 「その調子です>やる夫さん
それと狼陣営が少なめだから吊り切りに注意しようとか
狐3なら銃殺が出そうだから占い師はしっかり狙えよとかでしょうか
パッと私が思いつくのは」
レミリア 「お疲れ。」
やる夫 「両偽狩人信用勝負とか胸熱だお」
ミハイルGM 「お疲れさま」
貧乏サム 「お疲れ様っした!」
ハネッコ 「お疲れ様」
サザ 「お疲れ様」
ダルク 「お疲れ~」
「お疲れ様」
早苗 「お疲れ様です」
やる夫 「お疲れ様だお」
サザ 「村勝ちっぽいか?」
レミリア 「マヨイに魔法をかける理由がイマイチ不明だが、まぁいいか。」
ダルク 「呼ばれてるぜ>真紅郎」
「ああ、チルノつかまった(占いどこ他にねーけどさ)
楽しい闇鍋おわり」
ミハイルGM 「マヨイw」
紅真九郎 「知らないよw>紫」
ハネッコ 「チルノ●が出たら大妖精破綻・・・終了だな」
モモメノ 「お疲れ様」
貧乏サム 「いやーちょっち残されたCO強すぎたわ。ハネッコモモメノすまぬ」
古明地さとり 「ただ細かく読まれなくてもなんか頑張ってる、真ぽいとは思われますよ
そんなものです、重要なのはやはり結果で
占い師の思考とか割とみんな興味ないのです」
早苗 「まあ、魔法使いじゃないだけ…」
ハネッコ 「(というか何故弁財天が生き延びているのか)」
モモメノ 「しょーがない>サム」
やる夫 「ああ更に狐→狼吊りの占い呪殺依頼って感じかお?>さとりさん」
古明地さとり 「よくも私を笑ったな!
火をつけてキャンプファイヤーにしてやる!>サムさん」
「そら弁財天吊る意味ないからよ」
ミハイルGM 「村人日記、意外と効果があるからな」
レミリア 「私など「小さい」と「大きい」だけで二日間の占いを決めた事なら最近ある(ドヤァ…」
早苗 「変なとこ占った真切られるぐらいには結構思考見られる時は見られますよ?>さとりさん」
ダルク 「占い理由の8割って「どこどこ可愛いぺろぺろしたい!」だろ?
それか「凄い……オトコだ……っ!」か」
サザ 「弁財天吊る暇あるか?って言われると割とあった気がする>ハネッコ
まぁ吊る意味ないからかと思うぞ」
モモメノ 「・・・本気でなんでさとり噛んだんだろうなぁ」
ハネッコ 「>サム
無駄に噛まれた俺に謝ることないよ。
最後まで闘ってくれてありがと。」
ミハイルGM 「いいからおまえは腐海からでてくるな、一生ひきこもってろ>ダルク」
ダルク 「後は呪殺なりなんなりだして結果で黙らせれば一発」
サザ 「気にする奴は気にするから
しっかり書いておくことに越したことはないけどな>理由とか」
古明地さとり 「何でもよいのです
陣営内訳は個人的に発言稼ぎの最高の肥料だと思っています
まずはその辺から発言を伸ばす足がかりにしてみると良いでしょう>やる夫さん」
早苗 「占い師吊れますか?
呪殺出てたような」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サザ 「2死体の理由が出ないと占い吊れないと思うんだけどなぁ」
早苗 「ダルクさん狼主張でギリギリ?」
貧乏サム 「さとりがサトラレの村人表記ってさとり以外のCNなら同情できる 
さとりだからこそ腹痛大爆笑にならねw?>さとり」
やる夫 「そんなもんかお
ありがとうだお!さとりさん!」
サザ 「ダルク噛みで死んでる>早苗」
古明地さとり 「まったくですよ
自分でもちょっとおいしい配役だなと思っています>サムさん」
ハネッコ 「ダルク狼主張して、しかないな。
その場合毒噛みで銃殺対応と、ほぼ無い結果で偽主張か。」
早苗 「それを
ダルクさんが毒であるモモメノさん噛み主張
ダリアンさんを呪殺語りの狼だということですね」
サザ 「ダルクとダリアンが間違えられる
まるで俺とフォルカのようだな」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
モモメノ 「それはない>サザ」
ハネッコ 「>サザ
いや、銃殺時にモモメノが毒遺言残したから。
モモメノ噛みダルク毒死主張」
レミリア 「お疲れ。」
モモメノ 「お疲れ様」
ハネッコ 「お疲れ様」
ミハイルGM 「お疲れさま」
「お帰り、お疲れ様」
早苗 「お疲れ様です」
マヨイ 「うう、迷走しかしていないよう……」
サザ 「あ、モモノメ毒遺言残してたのか>ハネッコ」
古明地さとり 「おつかれさまです」
サザ 「お疲れ様」
マヨイ 「っていうか、実はもう狐いなかったんだね」
貧乏サム 「ソニアには宣告したし狩人は吊れないし、星占いライン消しを言うにはなー 
お疲れ様だ」
モモメノ 「まあサムが吊られた今となっては、特に意味はない<遺言」
ハネッコ 「俺が下界の・・・誰の位置にもいられねえな(諦め)」
やる夫 「お疲れ様だお」
古明地さとり 「これは引き分けでしょうかね」
貧乏サム 「ところでさ…俺言わなければならないことがあるんだ 
謝らないといけない」
古明地さとり 「あ、宣告で死体加速するからそれはないのか」
やる夫 「マヨイちゃん天国にUターンかお
笑ったお」
貧乏サム 「ハネッコとモモメノ逆だと思ってました…」
マヨイ 「正直助かった! だってもうメモがぐっちゃぐちゃでわけわかんないことになってたんだもん!>やる夫くん」
ミハイルGM 「だから貧乏なんだよ>サム」
「下界→霊界→下界→霊界だからUじゃないよな
N・・・?」
貧乏サム 「俺が初日から会話していたのはハネッコのつもりで…実はそうでなくてモモメノで… 
モモメノが会話できるのは当然で…ハネッコは噛まれたんで銃殺されたんで…なくて」
やる夫 「まああの場面やる夫が蘇生されてても脳みそパンクしてたと思うお」
早苗 「そういえばマヨイさんは冤罪にかけられませんでしたかー
一応、仙狐との騙り疑惑も…きついかなあ」
古明地さとり 「あぁチルノ囲ってるのですね
これはさすがに大妖精吊るでしょう」
ハネッコ 「>サム
俺も・・・二人に謝らないといけないことがあるんだ

サム達が親狐か子狐仲間か区別がつかなかった。」
貧乏サム 「治ったと思った風邪はまだ治ってなかったらしい>GM 
ちょっと北風に当たってくるぜ…」
ミハイルGM 「ちゃんとシスメ読もうな君ら・・・w>ハネッコ サム」
モモメノ 「なんだろうとずっと思ってた・・・w>サム」
早苗 「というかさとりさんと逆がよかった
夜恋人と語りたかった!」
ミハイルGM 「ついでに寒中水泳してくるといい>サム」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ハネッコ 「>GM
シスメ見てもわからねえの!
メタい話「同胞」ってあって「子狐仲間か!」とまで思った(フンス」
「うっかりダリアンつれないかなー」
古明地さとり 「この幻視者は一人用なんですよ>早苗さん」
貧乏サム 「ハネッコ死んで一人ぼっちだあと思ってたらモモメノがAAで話しかけて… 
天使か?しかしこれ実は天候で公開とかついてる?下手な会話やばい?とか思ってました… 
ハネッコ俺と一緒にマサラタウンをでてハナダの洞窟で反省しよう>ハネッコ」
サザ 「子狐だと妖狐に智するなんとかって出るんだっけか?
深遠なるは親狐同士」
サザ 「あんまり狐になったことないからわからんな」
ミハイルGM 「同胞はそのまま親狐だ!小狐は「仲間」と表示される!覚えておけ!(たぶん>ハネッコ」
ソニア はショック死しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
マヨイ 「出るよー。一度なったことある>サザさん」
早苗 「さすがさとりさん…
言葉をしゃべれないペットしか相手して紅だけのことはある…」
レミリア 「お疲れ。」
モモメノ 「お疲れ様」
サザ 「おっと何故か引き分け
ダリアン残されると思ったけどそうはいかんのか」
早苗 「ちなみに背徳者だと主と表記されますね」
紅真九郎 「ソニアさんなんでダリアン投票?」
貧乏サム 「これが昼狐かあ成程…あれ五日目以降って五日目からなのかーとかふつうに思ってました 
申し訳ないんでモモメノのパンツ洗い一年間続けます」
サザ 「あ、ショック死か
お疲れさん」
レミリア 「投票者の一人は今落ちたから問題は無い。 <サザ」
「引き分け・・・ないんだよなあ、ソニアが死ぬから」
ハネッコ 「わかった!覚えておく!>GM」                           寝るまで」
古明地さとり 「だれがぼっちの女王ですか
恥ずかしい記憶を公開しますよ>早苗さん」
「あ、ソニアはお疲れ様」
ソニア 「これ、私が大妖精投票してればよかったですね・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ハネッコ 「あ、お疲れ様。」
レミリア 「お疲れ。」
「お疲れ様」
貧乏サム 「お疲れ様だ」
サザ 「お疲れさん」
ミハイルGM 「お疲れさま」
モモメノ 「サムもハネッコも結構鍋やってるでしょ・・・w」
早苗 「お疲れ様です」
モモメノ 「お疲れ様」
古明地さとり 「おつかれさまです
まぁ勝てそうなので良いのではないですか?」
やる夫 「お疲れ様だお やる夫だけお疲れ言うの遅い気がするお」
レミリア 「噛む場所が無いわ。」
ミハイルGM 「このカブもどきが!>ハネッコ」
ソニア 「お疲れ様です」
紅真九郎 「美鈴はキラキラ護衛でいいよ
そしたら紫しか噛むところなくなる」
大妖精 「お疲れ様でしたー
狂人は吊りでしたかー
噛んでなかっただけマシかな・・・」
マヨイ 「おつかれさまー」
サザ 「明日チルノとダリアンのランか・・・5人なら引き分けは起きんな」
早苗 「えいやその…私の過去はやめてー!>さとりさん」
ハネッコ 「>モモメノ
いいえ、まだ初級者です(真顔)
子狐経験が少ないから、覚えてない。親狐だと会話できるからわかるんだけど。」
ソニア 「伊吹がショック死しますよ>サザ」
貧乏サム 「実力と回数が比例しないことを証明する悪い例やで俺は!w>モモメノ
というか私今年から始めた初心者です仲良くしてね」
レミリア 「ショック死したところで3~4票が入ってチルノが同時に吊れれば勝ちさ。 <ソニア」
「今年・・・だと・・・?」
やる夫 「ハネッコさんそれで初心者かお?
すげーお・・・それじゃあやる夫は何なんだお?」
サザ 「その前に吊られて終わりさ>ソニア」
レミリア 「よし、うちの門番もやる時はやる。」
貧乏サム 「やる夫&サム&ハネッコの初心者同盟がここに結成されたのである」
ハネッコ 「仲間だが、貴い犠牲だったと記録しておく>サム>初心者CO」
早苗 「いやその人修羅ですから…>やる夫さん」
大妖精 「美鈴さんが真狩人、普通にあるかなって思いますよ。それとダリアンさん騙りは相反しないはずですし。」
ミハイルGM 「やる夫、よく見ろ。初心者ではなく「初級者」と言っている。つまり、吊りだ>やる夫」
貧乏サム 「初心者友達さ!>やる夫」
マヨイ 「去年10月ごろから初めて一向に上達しないヘタレだよ! よろしく」
ハネッコ 「ううっ!やる夫の目が痛い!
初「級」者で察してくれ!」
大妖精 「チルノちゃんがんばって!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サザ 「どうせ最終日でLW吊りだろうしな今日は」
ソニア 「ハネッコさん護衛して噛まれたときのあのむなしさ
やっぱり憑依解除とか幻想に過ぎないですよね」
マヨイ 「身内切りされれば大抵勝てるんだけどなー」
古明地さとり 「美鈴さんいい護衛ですね」
やる夫 「やる夫が修羅かお?
早苗さんやる夫を褒めても何もでねーお!
やる夫は周りいできているように見せかけてできてないんだお!」
ダルク 「お前ガチ初心者の前で騙るとかねーわ……
責めて突っ込み来る体制作っとけよ……>ハネッコ」
早苗 「ええと、そこの『初級者』の事ですよ…ええ>やる夫さん」
古明地さとり 「私は永遠の中堅ですので」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
やる夫 「そして何故かやる夫がGMから吊り宣告貰ったお・・・
サムさんハネッコさん宜しく頼むお!」
ハネッコ 「>ダルク
鍋に慣れてないのは本当だし。」
早苗 「ダルクさんも初心者騙り四天王ですけど
今日は自重と」
サザ 「見事に死体無し」
マヨイ 「せめてギドラCOに混乱しないようになりたい!」
ソニア 「夜雀GJですね」
ダルク 「というわけでオレも初心者みたいなもんだ。よろしくな>やる夫」
大妖精 「死体無しかー」
古明地さとり 「紅さんや大妖精が超が付くレベルの上級者ですね」
ミハイルGM 「いや違う吊りは、そこのハネッコだ>やる夫」
早苗 「言った傍からダルクさんが騙ってる!?」
大妖精 「美鈴さんも吊らせようって欲張ったこと言ったのが悪影響じゃなきゃいいんだけど・・・」
やる夫 「あっやる夫じゃなくて
ハネッコさんのことかお? ははっすごい恥ずかしい勘違いだお
氏にたい」
マヨイ 「ん、あれ? 弁財天って生きてても恋人陣営はやられてるから負けは決定してない?」
レミリア 「今よ美鈴。キラキラっていうRPでチルノに話しかけるのよ!」
紅真九郎 「え?俺初心者だよ?」
サザ 「負けだよ>マヨイ
引き分けなきゃ」
古明地さとり 「萃香さんは占われているし
チルノ吊って終わりですね」
モモメノ 「恋人陣営の勝利条件は恋人が生きてることだから」
ダルク 「お前がそうならオレもだな>真紅郎」
ソニア 「決定してますよ>マヨイさん
だからアレだけ遊んでるんですよ」
レミリア 「夜雀なんだから目隠しが付くの分かっているでしょう!」
ハネッコ 「>マヨイ
負け確定している。
恋人陣営=恋人ではないから、狼がいない狂人相当。」
貧乏サム 「今年から初めたってのは流石に無いが、最近始めたのは本当だよ 
初心者同士やる夫さんよろしくね!」
古明地さとり 「ペロッこの味は嘘をついている味・・・>紅さん」
ミハイルGM 「常識人CO」
モモメノ 「最近(ここ2~3年)」
マヨイ 「初級者CO!」
大妖精 「チルノちゃんとダリアンさん両方吊れちゃう、のかな。うー」
やる夫 「     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |  初心者多すぎだお・・・
\     ` ⌒´   ,/」
マヨイ 「なのにあれこれやってるってことは、これ紫さんは引き分け狙いなのかな」
「1000戦超えて記念探偵村やらなきゃ初心者だよ(真顔)」
大妖精 「チルノちゃーん
目隠しでくじけちゃったのかな」
早苗 「私は…もうおととしの9月だ、わーい…」
サザ 「ダリアン視点だと伊吹が死ぬから子狐ケアもできるんだよな・・・
完璧だな」
ダルク 「たとえ真紅郎が初心者と認められても
テメェが常識人だけはねぇ>GM」
マヨイ 「今年の目標! うっかりメモを消さない!」
ミハイルGM 「シャーキンさんはHN=CN村で騙りが二人もでるほどの修羅だよ(ボソ」
「ダリアンがQP忘れてるので1チャン引き分けあるで!」
やる夫 「やる夫が人狼に触れたのは年越し前だお
暫くいろんな鯖を転々として今に至るお」
「やめろぉ!>GM」
安眠まくら 「この流れなら言える 初心者CO!」
大妖精 「あそこで美鈴さん噛みでも良かったし、たぶん美鈴さんも吊るようにしようって私が言ったから・・・
チルノちゃんごめんねー」
ソニア 「今日伊吹さん吊りなら引き分けできますけどまあ無理でしょう>マヨイさん」
マヨイ 「HN騙り?!」
ミハイルGM 「パァン>まくら」
ダルク 「ここは初心者騙りが多すぎる……なんて時代だ……」
マヨイ 「んじゃ、ただあがいてるだけ?>ソニアさん」
貧乏サム 「今更ノストラダムスの予言が当たるくらいそれだけはないですわ…w>安眠まくら」
「年末のCN=HN村の裏の鍋がな・・・」
大妖精 「あの、私が上級者なのはチルノちゃんに対してだけですから///」
早苗 「HN騙りは楽しいですよ?
自分が騙りたい人を騙ってさんかするのです!
紅真九郎 「あぁ、紫がQP騙りはないからね
俺が証明したからw」
ミハイルGM 「つ鏡>ダルク>あと俺は常識的な配役に定評のあるGM、いいね?」
やる夫 「HN騙りとかありえないお 何がしたいお?」
ソニア 「それに実際に私がショック死しているので宣告騙りはありえませんからね」
モモメノ 「シャーキンさんが何故か二人いた謎の村」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
早苗 「中の人になりきりですね>やる夫さん」
伊吹萃香 はショック死しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました