←戻る
【雛1450】やる夫たちの超闇鍋村 [1772番地]
~夜も遅いので封蘇です~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GMルナサ
(生存中)
icon メルラン
(生存中)
icon きつね
(生存中)
icon モクバ
(生存中)
icon 堀川雷鼓
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 魔法少女リリカ
(生存中)
icon ルナサ
(生存中)
icon おぬし
(生存中)
icon 国木田
(生存中)
icon パチュリー
(生存中)
村作成:2014/01/14 (Tue) 00:09:08
GM 「 ****闇鍋ではここに気をつけよう****

・発生保証はノーマル狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば
 占いCOする時はよく考えましょう

・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません

・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意

・占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)
 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます

・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります

・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう

・出現した役職によっては、死体が複数出る可能性があります
 噛み・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺しetc
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいない時は・・・がんばれ

・自分の役職はちゃんと確かめよう!
 [~陣営][~系]
 [役職名][役職説明:あなたは~~]
 という風に役職情報欄は表示されています。陣営、系統名だけ見て早とちりしないように

・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
 特に自分が引いた役職は、必ず初日夜のうちに眼を通すように。どう動けばいいか自分なりに考えておきましょう

・死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請すること

・突然死ダメ!ゼッタイ!
 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックがお勧め

・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします」
GM 「素村表記の騙りは許可
身代わり君への投票は鵺系・噛み先投票発動する類のものは禁止
AA使用はCOと同時でないなら自由
開始予定時間は0:25です」
GM 「では村立て報告に行ってきますね」
GM 「MLBBSにも報告しようと思ったけど、この時間だとやめておいたほうが無難かなー」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → GMルナサ
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 27 (ルナサ)」
GMルナサ 「うーむ。
今日買ったケーキが微妙に期待はずれで残念。(もぐもぐ)」
メルラン が幻想入りしました
メルラン 「姉さんだけケーキ食べてずるいわ!!」
GMルナサ 「スポンジケーキでピスタチオのムースを挟んだはずが、上にかかったジャム・ムース内のアクセント、この2箇所に使われたイチゴでさっぱり目立たなくなってしまって・・・」
きつね が幻想入りしました
GMルナサ 「こうやって食べてみるとイチゴの香りはかなり強いなぁ(もっきゅもっきゅ」
メルラン 「ジー(キラキラ」
きつね 「コォォーン・・・」
きつね 「というわけでよろしく」
GMルナサ 「おや、メルランも来たのね。
大丈夫。あなたの分のプリンはすでに完食してあるから(むぐむぐ)」
メルラン 「ほら、狐さんも私もきれいな瞳で見つめてるでしょ」
GMルナサ 「狐もいらっしゃい。初手呪殺されてもなかないでね?」
メルラン 「ちょっとー!!>プリン」
メルラン 「いいもん、リリカのシュークリームもらうから…」
きつね 「ははっ、俺が初手呪殺なんてされるわけがないだろう>GM」
GMルナサ 「いやぁバニラビーンズの粒々が散見される、実に贅沢な一品だったわ。>プリン
ケーキ屋さんのプリンはやっぱり一味違うわね。」
GMルナサ 「(姉の横暴って酷いわね。リリカ、不憫な子・・・)」
メルラン 「ケーキ屋のシュークリームもクリームにバニラビーンズ入ってるし!!
クリームたっぷりだし!!、シュー生地がサクサクしておいしいもん!!
ムグムグ」
メルラン 「それ、姉さんに一番言われたくないわよ」
GMルナサ 「ううん、スポンジもちょっとざらついてるし残念な感じではあった(げっぷ)
前に買ったチーズケーキは美味しかったんだけどなぁ・・・」
メルラン 「そんなに食べてばかりいうると太るわよ、姉さん
私には関係ないけど、関係ないけど(グスッ」
GMルナサ 「しっとりとしていながらしっかりとした感触
濃厚なチーズの味わいを引き立たせる舌触り
それでいて後味は軽くて重くない」
きつね 「(どうしよう、この姉妹による食べ物争いを見ているとやたらお腹が空くんだけど)」
GMルナサ 「紅茶のお供に最適な一品でした。

え?メルランは太いから気にしてればいいよ。私はスリムだし。」
メルラン 「そんなにチーズが好きならマミられちゃえばいいのに…」
GMルナサ 「赤蛮奇に新しい首をもらうから大丈夫」
乱数 が幻想入りしました
乱数 「支援にー」
メルラン 「私は姉さんより背が高いから体重もちょっとだけ重いだけだし!!
全然太ってないし」
乱数 「乱数 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5468 (警官) → No. 6539 (海馬モクバ)」
GMルナサ 「うるさいこのおっぱいキャラ!
リリカが自分のつま先を見下ろして泣いてるでしょ!」
乱数 「乱数 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:乱数 → モクバ」
GMルナサ 「いらっしゃい、よろしくー」
モクバ 「改めてよろしくたのむぜい!」
メルラン 「胸が大きいのも仕様だからしょうがないよね
リリカも姉さんも…」
GMルナサ 「さすがに明日は平日だから深夜村は厳しいかしらね。

延長か開始かアンケート」
モクバ 「どちらでもいいよ。」
メルラン 「真紅の方の普通村もまだまだ終わりそうにないと…」
きつね 「どちらでも構いませんよ」
メルラン 「そんなに長く待ってもあれなんで開始するならしてもいいし、延長もしても30までかな?」
GMルナサ 「んー、じゃあ30分開始で」
GMルナサ 「人数が少ないようならGMも参加するわ。希望制じゃないから問題ないはず」
きつね 「了解です>30分開始」
堀川雷鼓 が幻想入りしました
堀川雷鼓 「支援よー」
モクバ 「ワンナイト人狼みたいだな、
にーさまはすごく得意なんだ」
堀川雷鼓 「果たして支援と呼んでいいのかというとアレだけど」
GMルナサ 「やっぱりチョコレートムースにカラメルの方を買うべきだったわ」
GMルナサ 「いらっしゃーい」
メルラン 「いらっしゃーい>雷鼓」
やる夫 が幻想入りしました
堀川雷鼓 「ここで3姉妹を揃わせない程度の選択」
やる夫 「ずさー」
メルラン 「いらっしゃーい>やる夫
2段目突入!!」
やる夫 「というわけで、よろしくだお」
GMルナサ 「30分ねー」
堀川雷鼓 「GM降りてもいいと思わないでもないわねー」
魔法少女リリカ が幻想入りしました
ルナサ が幻想入りしました
メルラン 「姉さんが下界に降りてくる…(意味深」
おぬし が幻想入りしました
魔法少女リリカ 「とうじょーう」
堀川雷鼓 「3姉妹が…揃っt……てない!!」
ルナサ 「降りてみたわ」
おぬし 「ズサ……さむゥい!!」
堀川雷鼓 「楽しみましょう >ルナサ」
モクバ 「ルナサメルランルナサで三姉妹揃ったな!
やっぱり兄妹はみんな一緒じゃないとな!」
ルナサ 「リリカ・・・たくましくなっちゃって」
やる夫 「ルナサが二人・・・これが幻術かお!」
メルラン 「姉さんの抜け殻が放置状態にw
そしてハブられるリリカぇ…」
堀川雷鼓 「貴方が言うと説得力あるわね >モクバ」
きつね 「3姉妹のうち2人は双子だったんですね!」
魔法少女リリカ 「実は見たことがないの
私ナースエンジェルりりかSOSを親戚の子供が見てたなあってくらいで」
ルナサ 「じゃあメルランは適当にカウントダウンをよろしくね」
国木田 が幻想入りしました
おぬし 「将来的には胸が大きくなりそうにござる>リリカ殿」
国木田 「よろしくお願いします」
魔法少女リリカ 「せくはら! 逮捕!」
メルラン 「わかったわ、姉さん
とりあえずゆっくりカウント始めるわね
準備はいいかしら?」
おぬし 「あなやー!?」
メルラン 「5」
堀川雷鼓 「なんだかんだで2段。
平日とはなんだったのか」
やる夫 「3吊り・・・いったいどうなるんだお」
メルラン 「4」
堀川雷鼓 「それじゃあ、よろしくね!」
メルラン 「3」
パチュリー が幻想入りしました
メルラン 「2」
国木田 「まあ、せっかくだからね」
メルラン 「1」
ルナサ 「ブラウザ閉じてからアイコンを身代わり君に戻してないのに気がついたけど。
一々変えに戻るのも、ね。」
パチュリー 「七色の人格者とは私の(ry」
メルラン 「パチュリーもいらっしゃーい」
モクバ 「あっというまに4吊だーぁ?」
おぬし 「ではよろしくお願い致す!」
メルラン 「開始するよー!!」
ゲーム開始:2014/01/14 (Tue) 00:33:58
出現陣営:村人陣営5 人狼陣営1 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営2
モクバ 「ちくしょー!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
モクバ 「いやちくしょう!?のほうがいいかな?(変わらない」
モクバ 「ていうかなんぞこれー」
モクバ 「僕正直泣いていいと思うんだ。
何やったらこれ勝てるんだい?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GMルナサ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMルナサさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
おぬし 「おはようござる。

出現陣営:村人陣営5 人狼陣営1 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営2

10>8>6>4>の4吊り2人外、にござるがまあ蝙蝠とか鬼とか神話とかがいて面倒にござるな。
吊り余裕はないものと思ってよいでござろう。
で、共有殿の声が聞こえたでござるのでそこのCO、及び神話マニア殿のCOをお待ちしておる。うむ!」
メルラン 「おはよー
出現陣営:村人陣営5 人狼陣営1 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営2
4吊り2人外+蝙蝠と鬼ね、マニア次第かしら
狼陣営1…LWかつ狂人なし確定ね、泣いていいと思うわ」
パチュリー 「うわぁ、なんだかすごい配役に来ちゃったぞぉ」
魔法少女リリカ 「おっはようー」
国木田 「おはよう
・・・うわぁ。開幕LWか
マニアで増える可能性はあるけど狼見つけたら保護。6で吊りが理想だね」
やる夫 「村人陣営5 人狼陣営1 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営2

4吊りで2人外だけど油断しちゃいけないお
何故ならば神話マニアが2いるからマジでどうなるかわからんからおね
それじゃあ共有はCOを頼むお

多分、逆の意味で指定していったほうがいいかもしんない
堀川雷鼓 「狼涙ふけよ」
ルナサ 「おはよう、素の超闇鍋(封蘇程度)なのにどうしてこんな内訳に・・・
これ、マニアCOの数次第だけど。2人ともCOするなら鬼と蝙蝠出させてグレー狭めた方がいい気がするわ」
きつね 「人数少ないし出ますね
占い表記CO おぬし○」
パチュリー 「さあマニアよ出でよ」
きつね 「1日目 おぬし
この人数でこの陣営数、どういうことなの・・・
初期LWLFとか少人数怖いでしょう・・・
とりあえず季節外れの服を着てるおぬしさんを占いますね」
堀川雷鼓 「とりあえずなぜこの配役でマニアと鬼が出るのか小一時間問い詰めたい

出現陣営:村人陣営5 人狼陣営1 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営2」
魔法少女リリカ 「共有が居たからCOすればいいと思うの!
神話次第だけど確率的にはうーん」
ルナサ 「マニアCOが2つないなら、人外コピー。COできないのなら狼か狐でしょうね。
つまりそういう前提で考えるべき。」
モクバ 「おはよー、しかしこれ狐処理しないと酷いなー
Coあるやつははやめにたのむぞー」
やる夫 「どっちにしてもマニアはさくっとCOだお」
メルラン 「マニア出ずに占い出たの!!」
堀川雷鼓 「これたとえ狼飼っても余裕で事故る可能性があるっていう。
具体的に言うと鬼。
村鬼なら早々攫わないでしょうけど人外&中立で
条件満たせるならガンガン行くでしょうね

そういう訳でとりあえず共有とマニアにCOを求める方針」
やる夫 「対抗いるかお?」
パチュリー 「そこは飼い狼を見付けてから出てきてちょうだい……>きつね」
魔法少女リリカ 「神話が狼コピってたらまだ涙拭く案件じゃないかな!>堀川さん」
ルナサ 「マニアCO0だと・・・」
おぬし 「うおうっと、占いが初手から出ておるか。
拙者占いは灰が狭まらんや否やという意味においてもあまり美味しくない。」
堀川雷鼓 「対抗いる方が不思議だと思う >やる夫」
国木田 「マニア0に占い1か・・・」
モクバ 「この人数なら4吊だから出ないでもよかったんじゃないかと思いつつも
盲信>きつね」
やる夫 「まあ、潜っても明日までってところかおね」
メルラン 「マニアが人外に憑いた可能性大なんだけど」
きつね 「この人数ならさっさと出たほうがいいかと思って>パチュリー」
魔法少女リリカ 「>きつね

初日○でてもおぬしさんがマニアで人外コピった可能性あるから
COしなくてもよかったかなぁって」
おぬし 「マニアCOここまで0、にして共有も出んのでござるかな?」
やる夫 「いやいや、神話マニア出てねーお>雷鼓
あと狐が出る可能性自体は否定できんお」
パチュリー 「えーと……マニアって二人居たわよね?
居たわよね二人? なんで一人も出ないのかしら?」
国木田 「そうだね、マニアが潜伏している以上初日の○は捨てていい」
ルナサ 「まぁ狐真でいいわね。対抗CO無いし。
身代わり君が持ってった、は考えなくていい。」
魔法少女リリカ 「狩人居ないほうが可能性高いしね」
堀川雷鼓 「いや、どの道拭いていいと思うこれ >リリカ

というか村がすでにきついんだけど、主に狐のせいで」
メルラン 「まあ、他にCO無いみたいだし出るわね
指導者COよ」
モクバ 「対抗出たら同じ人占い指示して呪殺出るまで残しつつ最期ローラーでOKっていう>やる夫」
やる夫 「出ないならば多分
人外に付いたと想定スべきで
一気に鉄火場なので指定するべきなんだけどねやっぱり」
おぬし 「まあつまりは人外についておる、と見てよいという事でござろうよ>パチュリー殿」
メルラン 「リリカいないわよ>雷鼓」
ルナサ 「メルランは村人だと信じてたわ(キリッ」
魔法少女リリカ 「まあ、ね>堀川さん

主に狐のせいで。狐の肉って美味しいのかな」
きつね 「あー、○なら元マニアの可能性もありましたか」
魔法少女リリカ 「リリカ! リリカは私だよおねえ……
いも……?

どっち……?」
おぬし 「はい、メルラン殿指導者把握にござる。
拙者としては指定展開でよきかなと思うでござるぞ。
メルラン 「夜に発言見ればわかると思うから出るわよ」
堀川雷鼓 「うん、狐が真はまあ疑う余地も。

で、共有出て、占いの〇と占い除いての4吊り?」
やる夫 「考えたくないじゃなくて、考えなくていいなのかお?>ルナサ」
きつね 「メルランさんが指導者ですね、今日はどうしましょうか?」
魔法少女リリカ 「ねぇ
私どっちなの……おねえちゃんなの! 妹なの!(元ネタよく知らずに手を出した人の末路」
やる夫 「ういっしゅ!ファイトオーだお>メルラン」
パチュリー 「まさかおぬし共有じゃないでしょうねと思ったけど
灰から共有ね、良かったわ」
堀川雷鼓 「リリカはいるわ…いるけどいない… >メルラン」
ルナサ 「指定展開の意味ってどれだけあるのかしら・・・>おぬし
LWがLWCOしてくれるなんて思えないけど。」
おぬし 「末の妹さんにござる>リリカ殿」
メルラン 「なのはがアイコンでリリカだった…
見逃してたわ、リリカが別人になったみたいで…」
やる夫 「お前は一体何を言ってるんだお!?>リリカ」
ルナサ 「考えなくていいのよ。>やる夫」
やる夫 「>ルナサ
いやーいやーいやー
神話潜ってるからー!潜ってるからー!」
国木田 「迷ったけど正直に言おうか
榊鬼CO」
モクバ 「リリカ的な悪魔ならいるっぽいな!>めるぽ」
魔法少女リリカ 「指定する場合は村役職で重要なのを吊らないようにするとか
後は早期に人外を指定できた場合はCCOされても騙り幅を減らして身動きを取りにくくさせるとか」
パチュリー 「リリカで入ろうとしたけどリリカが居るからちょっと紛らわしいと思ってね……
でもリリカよ、魔法少女リリカがそこに居るわよ
そして私も魔法少女よ」
メルラン 「まあ、1回くらいグレランしましょうか
いきなりLW吊り?無いでしょ」
ルナサ 「なにその悩ましいCO」
堀川雷鼓 「しかしながら鬼と蝙蝠いること考えたら、
グレランで狼吊りにかかる可能性ってかなり高いのよね。 >ルナサ

一応の歯止め、の効果はあるかも」
やる夫 「・・・えっ!?
あ、いや、これは即吊りするか悩む」
魔法少女リリカ 「>モクバくん

すこしおはなししようか」
堀川雷鼓 「アカンそれフラグや >メルラン」
国木田 「僕吊ったらLW飛ぶかもしれないよ?(ニコッ」
パチュリー 「それはなに吊ってほし……駄目だ吊れない>LW飛びがやばい」
モクバ 「お客様の中に対抗鬼はいらっしゃいませんかー

と出たら儲け的に言ってみる。」
おぬし 「あーん?と思ったけど占いも露出してるし、そう考えると指定でなくても問題はないのでござるかな?
ただまぁやっぱグレランは怖いなぁという感覚でござるな>ルナサ殿」
やる夫 「国木田 「僕吊ったらLW飛ぶかもしれないよ?(ニコッ」
なんだよなチキショウ」
メルラン 「ちなみに相方増えてないわよ
安心してグレランしましょうね」
おぬし 「ほげっ」
きつね 「榊鬼っていうと出題者陣営or自分生存の鬼ですか
すぐには吊らなくてもいいかと思います」
堀川雷鼓 「強毒だから狼狐の2択よね?榊鬼」
やる夫 「ただまー、神話マニアが2出ないなら
榊鬼吊りってありじゃないかお?」
魔法少女リリカ 「榊鬼って初耳だから誰か教えてくれると嬉しいな!
教えてくれなかったらぐぐる!」
堀川雷鼓 「うわすげえめんどうくさい」
パチュリー 「吊っちゃだめだからね?>榊鬼」
魔法少女リリカ 「後蝙蝠にもあたるんじゃない?>榊鬼」
やる夫 「と、やる夫は申し上げておきます」
国木田 「狼増えたって保障できる?」
おぬし 「エキサイティンにござるなぁ。」
メルラン 「エキサェティーンの予感?」
きつね 「あ、榊鬼って強毒持っていましたか
吊るとLW飛んで即終了もありえますね」
モクバ 「アクマジャナクテメガミノマチガイデシタ(ガクガクブルブル>リリカ」
魔法少女リリカ 「ないかなぁ>榊鬼吊り」
ルナサ 「マニア行方不明を考えると吊りも考慮すべきだとは思うけど・・・
んーんーんー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
メルラン0 票投票先 →モクバ
きつね0 票投票先 →モクバ
モクバ5 票投票先 →国木田
堀川雷鼓0 票投票先 →おぬし
やる夫2 票投票先 →国木田
魔法少女リリカ0 票投票先 →モクバ
ルナサ0 票投票先 →モクバ
おぬし1 票投票先 →モクバ
国木田2 票投票先 →やる夫
パチュリー0 票投票先 →やる夫
モクバ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
堀川雷鼓 「どういうことだってばよ」
堀川雷鼓 「おいこれ初日終了有り得たじゃないか」
メルランの独り言 「モクバー、お疲れ様ー」
メルランの独り言 「榊鬼COについては吊り数減らないし騙りもないだろうから
もう少し様子を見たいのよね」
堀川雷鼓 「どういうことだってばよ…」
メルランの独り言 「毒で吊っても吊り数減らないし攫いでも回答者付与だけだから」
メルランの独り言 「あ、おぬし元マニアの狼、狐コピーもあるから忘れずにそこ考えといてねー」
メルランの独り言 「今夜は私かきつねが死ぬでしょうしね
分かりにくいけど占いCOのね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
きつね は無残な負け犬の姿で発見されました
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言
  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \      蟲姫COだお!
  |   |  /(●)  (● ) \
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \     この村で役に立つかどうかはしらんお
  ヽ   |     |,┬‐ |       |
   \.\   `ー ´     /
     \       __ ヽ
      ヽ      (____/

3日目昼
きつねさんの遺言 占い表記CO!
おぬし○>やる夫

1日目 おぬし
この人数でこの陣営数、どういうことなの・・・
初期LWLFとか少人数怖いでしょう・・・
とりあえず季節外れの服を着てるおぬしさんを占いますね

2日目 やる夫
榊鬼吊りを推していたやる夫さんを占います
LWを飛ばして勝ちたい妖狐だと思ったので
おぬしをもう一度占う案もありますが今はまだ考えなくていいでしょう
モクバさんの遺言 ぼくわるいこうもりじゃないよう
つらないでー
つられだったらみちづれにしたおおかみきつねはごめんー。
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ルナサ 「おはよう。
モクバと雷鼓で迷った感じ、でも狐目なのはモクバかなと。
きつねは真でいいでしょ。マニアが1人行方不明なのだけが問題。」
パチュリー 「◇やる夫(69)「・・・えっ!?
あ、いや、これは即吊りするか悩む」
 
これ言っておいてー
 
◇やる夫(81)「ただまー、神話マニアが2出ないなら
榊鬼吊りってありじゃないかお?」
 
これ言うってなんかねえ?
二択勝負に走った狐っぽく思って投票したわ」
魔法少女リリカ 「思ったんだけど昨日は
もう一度きつねにおぬし占わせるからお願い狼はきつねかまないで!
って言えばよかったかも」
国木田 「おはよう
吊ろうとするなんてひどいじゃないか>モクバ、やる夫
僕は村のためも考えてCOしたんだよ?」
堀川雷鼓 「とりあえず謝ろうか
発言だけ見ていれてしまった
後悔も反省もちょっとしてる」
おぬし 「おはようござる。
強毒が飛ぶのは狼系と狐カウントのみ、とするとまー、そこ吊りは怖いのは把握にござる。
蝙蝠や鬼に飛ぶならワンチャンありかとは思ったでござるが、奇数になるだけで吊りは減らんでござるし。」
メルラン 「おはよー
モクバの遺言なんだろな?
鬼はまあ、生存が勝利条件だし毒飛ばしの吊りは最終手段でいいと思うんだけどね」
ルナサ 「ブン屋CO
2夜:きつね>」
パチュリー 「どうゆうこっちゃねん>死体」
魔法少女リリカ 「あれ死体が2つある」
パチュリー 「堀川雷鼓は占い結果を見ていないのか
それとも狼吊らないという事で○吊りに走ったのか
意見は今日言ってくれるんでしょうけど」
おぬし 「ほーん、2死体でござるか?」
堀川雷鼓 「あ、なにこれ」
ルナサ 「雷鼓が襲撃」
魔法少女リリカ 「ううん?」
国木田 「あれ、やる夫死んでる?
せっかく回答者つけたのに」
ルナサ 「ブン屋CO
2夜:きつね>

ブン屋日記
1夜
うーん、これは。うーん。強力ね。
共有鉄板で飼い狼発見できればそれでいいはず。
問題はマニアで狼増えた時かしらね。

2夜
きつね妄信。そこを尾行するわ。
メルラン先噛みはまず無いでしょう。」
堀川雷鼓 「ああはい」
おぬし 「なら雷鼓殿飼いでよかろうぞ」
パチュリー 「よしきた誰だ誰が噛んだ>ルナサ
いやこれきつね噛みなの?」
メルラン 「きつねが死んでる…
占いどこ行ったー!!
魔法少女リリカ 「では堀川さん飼いでー」
パチュリー 「じゃあ雷鼓飼い」
魔法少女リリカ 「つられだったらみちづれにしたおおかみきつねはごめんー。」
おぬし 「でーまあ狐探す作業でござろう。」
堀川雷鼓 「精神感応CO

モクバ:前世神話マニア」
魔法少女リリカ 「道連れにするってのはどういうことだろう
朝起きたら一緒に死ぬ系のなんとか?」
堀川雷鼓 「精神感応者CO

出現陣営:村人陣営5 人狼陣営1 妖狐陣営1 蝙蝠陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営2

(アカン)
仕事できる気がしないこれ
というかある前に終わりそう

2日目:モクバ

無難に薄い位置と言えばそうなような。
中身が無いというか。
かなり票集まってんで、それでどうこう、ってのは見えづらいかね


************:****************************


精神感応者 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.5.0 α6~]
メルラン 「きつねが狐?
やる夫が狐だとしたらマニアで占い増えてるのよね」
魔法少女リリカ 「誰かそういうことが起こりうる役職がないのか教えておねえちゃん! いもうと!」
パチュリー 「国木田が攫える鬼なんじゃ……?
というわけでもないの?」
国木田 「いや何言ってるのか分かんないよ?>リリカ」
おぬし 「これ国木田攫える鬼なんじゃないのでござる」
堀川雷鼓 「狐はわかるけどやる夫の死体がわからん。

国木田のそれが本当に榊化ってのはかなり怪しいがねこれは
まあそういうことなんじゃないのと思いつつ」
ルナサ 「短期決戦の村だしいくらでも騙れるわね。>前世マニア結果
私が突っ込んで死んでもいいけど、国木田が雷鼓に回答者付けておいてくれると嬉しいかなと。」
国木田 「浚える鬼ならそう言うよ
回答者つけるって意味で攫いは実行したけど」
おぬし 「呪殺っぽくはなし、呪殺した占いがおるなら出ておろう。」
魔法少女リリカ 「ああ国木田さんがさらえる鬼のパターンもあるのかな
完全に全く考えてなかったんだけど」
パチュリー 「ブン屋はそうね
雷鼓かおぬしに特攻取材で良いんじゃない?」
メルラン 「攫える鬼で態々毒持ちの榊鬼COするかなーと思ったんだけどね>パチュリー
実際エキサエティーンの可能性もあったわけだし」
国木田 「そっちに回答者つけるのはいいけど
一回やる夫にやってるから成功するかは知らないよ」
魔法少女リリカ 「堀川さん特攻取材した場合は吊りへっちゃうしなあ>パチュリーさん
百歩譲っておぬしさん特攻じゃないかなって」
ルナサ 「ただこれ国木田、自分の生存に敏感な攫える鬼って気がする。
噛みはきつねなので。」
おぬし 「雷鼓殿狼はブン屋視点わかっておるんでござるから、
雷鼓殿に特攻は意味ないんじゃないでござるか?やるなら拙者でござろ。拙者村でござるが>パチュリー殿」
魔法少女リリカ 「(仮にブン屋真ならだけど)」
メルラン 「姉さんはおぬしに特攻かけてね、元神話、現人外の可能性見て」
パチュリー 「モクバがマニアと
蝙蝠遺言だけれどつまり蝙蝠コピーと?」
ルナサ 「というか今日2死体だから自殺は無いわ。よく考えたら。」
おぬし 「いいよ、こいよ!拙者に特攻して拙者に!!」
国木田 「とりあえず堀川さんに攫い実行すればいいんだよね?
やっておくよ」
堀川雷鼓 「まあそれはいいとしてだ

もし私が狼だとして
明日死体になってる可能性もあるよな
攫える鬼なら」
メルラン 「あー、たんま特攻して人外なら4人になってヤバいか」
ルナサ 「おぬしならいいわよ。雷鼓はちょっと無理。
ってことでパチュリーの雷鼓特攻案出してるところはなんだかなーと見る」
堀川雷鼓 「ここ、狼陣営1だよな?」
パチュリー 「なんかFOでも良いのかしら?」
国木田 「浚えないんだってば・・・w」
パチュリー 「【パチュリーの雷神日記】
 
【一日目】
どんどこどこどこ
どんどこどこどこ
ハァー、ヤーレンソーランソーラン
 
【二日目】ルナサ
ハァー! ドッコイショー! ドッコイショー!
ヤーレンソーランソーランソーランソーラン
ハイ! ハイ!>騒霊
魔法少女リリカ 「あー」
メルラン 「マニアで増えた可能性もあるから!!>雷鼓」
おぬし 「ファッ!?>パチュリー殿」
魔法少女リリカ 「蝉蝙蝠CO!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
メルラン0 票投票先 →魔法少女リリカ
堀川雷鼓0 票投票先 →パチュリー
魔法少女リリカ2 票投票先 →パチュリー
ルナサ0 票投票先 →パチュリー
おぬし1 票投票先 →パチュリー
国木田0 票投票先 →おぬし
パチュリー4 票投票先 →魔法少女リリカ
パチュリー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
堀川雷鼓 「ドッコイショードッコイショー」
堀川雷鼓 「ソーランソーラン」
堀川雷鼓 「ハァ ドッコイショードッコイショー」
メルランの独り言 「えーっと、明日5人が濃厚
狐は1死亡確定、マニアで増えてたら残ってるかもしれないと」
堀川雷鼓 「ィヤァアアアアーーーーーレンソーランソーラン」
堀川雷鼓 「ハイ!!ハイ!!」
堀川雷鼓 「ドンタコスったらドンタコス!!
ドンタコスったらドンタコス!!」
堀川雷鼓 「なんでブン屋がいるんだよ!!!!!!」
メルランの独り言 「まあ、雷鼓吊って終わらなかったら考えることにしましょうか」
堀川雷鼓 「マニアなんていなかったよ!!1」
堀川雷鼓 「生きろ!!」
堀川雷鼓 「命を粗末にしない奴なんか大嫌いだ!!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メルラン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
メルランさんの遺言 指導者CO
死体2且国木田榊鬼かていなら占い腐言えてるはずよね…
FOしときなさい
パチュリーさんの遺言 【パチュリーの雷神日記】
 
【一日目】
どんどこどこどこ
どんどこどこどこ
ハァー、ヤーレンソーランソーラン
 
【二日目】ルナサ
ハァー! ドッコイショー! ドッコイショー!
ヤーレンソーランソーランソーランソーラン
ハイ! ハイ!>騒霊
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ルナサ 「おぬし尾行」
おぬし 「村人表記CO」
国木田 「堀川さんに攫い実行。回答者ついた?」
魔法少女リリカ 「みーんみーん!
7日目には死んじゃうよ!」
堀川雷鼓 「精神感応CO

パチュリー:村人」
ルナサ 「モクバの遺言が毒蝙蝠を匂わせているのに毒が飛んでない以上、そこは騙り目。
なら蝙蝠COは信じられるのでパチュリーから吊り。
今日は雷鼓を吊る日。」
堀川雷鼓 「ついてないですが >国木田」
魔法少女リリカ 「でもこの村7日目まで続かないと思うけどね!」
堀川雷鼓 「でまあ一応言うと私元マニアなんよ」
国木田 「失敗したか・・・確率1/3まで落ちてるし」
ルナサ 「メルラン、姉妹3人で勝てたらよかったんだけどね・・・」
おぬし 「えっ、なにそれは>雷鼓殿」
魔法少女リリカ 「だよねおねえちゃん(いもうと)>ルナサ
堀川雷鼓 「何言っても吊られる気しかしないから一応言うだけは言おうか」
魔法少女リリカ 「でもそれどっちにしろ人外COだよね?>堀川さん」
おぬし 「まあ元神話だろうがなんだろうが狼なら吊ればええでござる。そうでござろうそうでござろうと太郎殿も花子殿も言いましたマルッ」
魔法少女リリカ 「今よ! 姉妹の投票を堀川さんに!>ルナサsister」
国木田 「昨日は雷神COされてから雷神ってなんだろうって思ってたらパチュリーさん吊れてて
え?ってなったよ」
堀川雷鼓 「初日に出てこないマニア、片方は多分初日かな、出てこないなら。
ただしこの蝉蝙蝠COが何か私にはわからない。」
ルナサ 「国木田非鬼はさすがにないから、あって種類騙りの鬼系統と見るよ。
つまり雷鼓吊って終わらなければリリカしかいない。」
魔法少女リリカ 「んー妖狐疑いされる可能性はあるんだろうなーとは思ってるけど
もし私本当に妖狐ならSisterルナサのおねえちゃん特攻止めないよね」
おぬし 「雷神はなんか新役職でござるな。見たけど拙者もようわからなんだ!」
堀川雷鼓 「恐らく、引き分け狙うなりなんなりするならリリカ狐にかけて噛むのも
ありだったんだろうがその辺はようわからん
噛めてもこの形。

というか共有生き残る以上一番どうしようもないな」
魔法少女リリカ 「だって止めなきゃ4人になるから私が妖狐でも私ケア吊りできなくなるもん
でも私蝙蝠!
みーんみーん」
ルナサ 「ごめん、身代わり君はブン屋なんだ。
身代わりコピー元マニアCO

2昼も3昼も身代わりの中身とマニア1人の行方について、そう言ってるでしょ?」
堀川雷鼓 「オーケー把握した >ルナサ」
国木田 「勿体ないなぁ<身代わり君ブン屋」
魔法少女リリカ 「SisterルナサがルナサSisterをコピーしたですって……」
堀川雷鼓 「つまり 蝙蝠はいた。」
国木田 「そういえばそうだね・・・w<自分をコピー」
ルナサ 「大丈夫、ローカルルールでは鵺系と噛み発動系だけ身代わり投票禁止だから。」
おぬし 「ルナサが下界に下りてくる(真実)」
堀川雷鼓 「じゃあやる夫の死体は何か、だな。

とりあえずルナサに入れておこう。
せめてもの恨み言だ。」
おぬし 「そういう事だったんでござるな」
魔法少女リリカ 「ここに、いるよ。
ところでモクバくんのあの騙り遺言だけどリアルにそういうこうもりっているの?
毒蝙蝠とかくらいしか知らないけど」
堀川雷鼓 「攫える鬼しかないと思うんだよ、選択肢」
ルナサ 「毒蝙蝠を騙るつもりの狐、だと思う」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
堀川雷鼓4 票投票先 →ルナサ
魔法少女リリカ0 票投票先 →堀川雷鼓
ルナサ1 票投票先 →堀川雷鼓
おぬし0 票投票先 →堀川雷鼓
国木田0 票投票先 →堀川雷鼓
堀川雷鼓 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
堀川雷鼓さんの遺言 狼陣営は1ですよ(遠い目)
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/01/14 (Tue) 01:07:00
おぬし 「お疲れにござったー!」
魔法少女リリカ 「お疲れ様ー! みーんみーん!」
堀川雷鼓 「お疲れ様。」
ルナサ 「モクバ狐じゃなくて人狼か!」
きつね 「お疲れ様でした」
モクバ 「ぼくわるいおおかみじゃないよう(ぷるぷる」
メルラン 「お疲れさまー」
国木田 「性別騙り誰!?」
やる夫 「君死ぬ可能性あるからリスク高いやんw。パチェさん」
堀川雷鼓 「人外鬼だよね!!だよね!!
でも票が足りないんよ!!! >国木田」
モクバ 「増えてなかったら即終了でした。>ルナサ」
メルラン 「国木田負けたのかwww」
パチュリー 「お疲れー」
やる夫 「おぬしではないだろうか?」
おぬし 「あー攫いはやはり鬼だったでござるか」
ルナサ 「えっと・・・般若=男殲滅だよね。
荼枳尼天=女性殲滅?」
パチュリー 「おぬしじゃない?>国木田」
きつね 「国木田さん・・・負けたんですね」
ルナサ 「あ、逆か?」
堀川雷鼓 「ってああ、荼枳尼か。」
国木田 「おぬし失敗したんだよぉおおおおおおwww」
きつね 「いえ、荼枳尼天が男性の全滅ですよ>ルナサ」
モクバ 「折角コピーしてくれたのに
即吊られでごめん>堀川」
メルラン 「確かコマンドで性別とか見れるはずなんだけどなー>国木田」
やる夫 「じゃあ、卑猥王のルナサがついていても何も不思議ではない」
堀川雷鼓 「ええねん これどうみても絶望や >モクバ」
おぬし 「荼枳尼天 (占い結果:鬼 / 霊能結果:鬼) [Ver. 1.4.0 β19~]
[耐性] 人狼襲撃:無効 (20%) / 暗殺:反射 (20%)
[人攫い能力] タイプ:暗殺 (制限有り) / 成功率低下:1/2

夜叉系の一種で、勝利条件は「自分自身の生存 + 男性の全滅」。
自分自身の性別は勝利条件には影響しない。
人攫いの対象が男性以外だった場合は無条件で失敗する。
パチュリー 「鬼に蝙蝠で枠が圧迫されると死ぬ……死ぬわ……」
パチュリー 「ブン屋さえ居なければ……」
おぬし 「ふむふむ、男性が全滅しておらんと駄目と。
申し訳ない、拙者が生き残ってしもうて。」
堀川雷鼓 「正直これブン屋POPしてる時点でヤバい

且つ、初手LWの狼は動けないから
ムーブするなら私から、なんだよな」
きつね 「あ、おぬしさんが男性でしたか
鬼は惜しかったですね」
パチュリー 「占いCOしてきつね●出して信頼勝負とか>雷鼓」
ルナサ 「やっぱり人外は少人数村だと占い騙るべきだと思うよ。
今回はモクバが1夜のうちに、コピー先○の占い日記を用意しておくと良かった・・・かもしれない。」
おぬし 「うむ、拙者、生えておる!>きつね殿」
魔法少女リリカ 「ブン屋は存在しなかったけどSisterルナサが地獄からひっぱりだしたんだよ」
ルナサ 「男性殲滅・攫いは男性のみ制限か。>荼枳尼天」
国木田 「ガッデムw」
パチュリー 「私? それやってきつね噛まれたらどないするん?」
モクバ 「ブンヤ下界に降りてきてるのもね
というか保証枠おおすぎなんや。

共有 占い 蝙蝠 鬼 マニア マニア
人外が灰いる余地がほとんどないねん。」
堀川雷鼓 「そうなんよね 占いに対抗で出るぐらいじゃないと普通に圧殺だった。
で、それができたのはこちら側のみ。
つまりこちらの準備不足だな偏に  >>パチュリー」
メルラン 「ブンヤが出たのは大きかったですよね」
パチュリー 「対抗占いCOモクバ○とか?>雷鼓」
やる夫 「そんじゃまおつかりー」
ルナサ 「ちがう、雷鼓が元マニアだった」
国木田 「おぬし騙ってそうだったから攫ったのに・・・w
確率に負けた!」
きつね 「それじゃお疲れ様でした
少人数もこれはこれで楽しいものですね」
堀川雷鼓 「共有がいる段階で察するべきだったな。
落ち度だどう考えても」
メルラン 「国木田ドンマイ」
パチュリー 「灰なんて攫うからよ>国木田
○なんて吊れないでしょう?」
堀川雷鼓 「だね。モクバ○で対抗で出る。
ちゅーてこの配役、
語れる人外枠かなり限られてるからどちらかのラインって形になるな >パチュリー」
メルラン 「共有、且誰からもわかる指導者という時点で察しですかね
村としては吊り順さえ間違えなければというところでしたか」
おぬし 「それではお疲れござった。同村村立てありがとうござる。
拙者はこれにて失礼するでござるよ。」
パチュリー 「吊られない位置を攫って、男は吊りなさいな」
魔法少女リリカ 「いやー。7日目前に終わって私も安心したよ! お疲れ様ー
またねー」
メルラン 「蝉蝙蝠勝利は始めてみたなー、お疲れ様」
堀川雷鼓 「占いを騙れる人外数が圧倒的に少ない。
故に占いCOが複数出たら、
ほぼ両真か、ラインかってぐらいだよな」
モクバ 「と言ってもコピー先も狼コピーとはわからないんだし
それを用意するってのは無謀だと思う。」
堀川雷鼓 「いやあ10分の1を引くとはね >モクバ」
国木田 「○攫ったら僕が吊られるじゃないかw>パチュリー」
パチュリー 「私も蝙蝠COって死ぬしねえ……」
ルナサ 「まぁ10人スタートの4吊りって、対抗占いCOして逃げ切り考えるにはちょっときついかもしれないね。
狐は占いCOして狼吊り妖狐陣営勝利を狙う手も無いではないけど。」
堀川雷鼓 「いや、少人数村のマニアなら然るべきと言えばそうなんよね >初手占い騙り

紅天女とかもそれに近い。
人外コピーで人形いて告発されたらどうするかっていうのとかさあ」
モクバ 「さておつかれさまー
良いカオスでした」
国木田 「まあいいや。実験的に騙ってみたけど生き残れるなら悪くないね」
パチュリー 「そうかしら? 余裕ないし大丈夫じゃない?>国木田」
国木田 「あと初手でおぬし性別騙り見抜ける自信はない!」
ルナサ 「終了報告おわりっと。
参加してくれたみんなはありがとう、お疲れ様。
役職強いから勝てたようなものだねこれ・・・
初手COで素村占い○だったきつねはファインプレーだと思う。」
堀川雷鼓 「最終日に性別出させよう!
勝てないけど!!
引き分けにしても票が足りないけど!! >国木田」
パチュリー 「うーんうーん
ブン屋が厳しいわねえ」
メルラン 「そうだね、村人とか人外の騙り候補NO.1なのにそこにCOさせずに済んだきつねの占い先が良かった」
パチュリー 「みんなお疲れ様
マニアで狼が増えてなければ……ぐぬぬ」
メルラン 「ぶっちゃけきつねが元マニアでコピーのおぬしが真の占いとかも考えてたんだけどね
鬼が榊鬼騙る必要性見い出せなくて」
堀川雷鼓 「蝉蝙蝠吊ってパッチェさん噛むのは無理やな 位置的に

やったとしてもそれで6人 ブン屋共有村  狼狐鬼
吊数は足りているが鬼が攫いカウントを残している以上なあ。
乗ってくれるか怪しいな。」
国木田 「昔少人数村でLW濃厚だからって生き残った榊鬼を思い出してね
ふとやってみたくなった」
国木田 「それじゃあお疲れ様だよ」
メルラン 「そうですかー、出題者いなければ毒持ちの蝙蝠相当ですからね>榊鬼について」
堀川雷鼓 「狼視点でも村視点でも吊りにくいね。
こういう1/2で滅びを強いるケースだと >国木田」
メルラン 「では、私もこれで
お疲れ様でした―」
堀川雷鼓 「じゃあ私も失礼しようか。

ちなみにモクバとGMコピーの2択だったので
場合によってはブン屋2という頭のおかしい事態になっていた可能性を付け加えておく

では、村立て同村感謝しよう!」