←戻る
【雛1456】やる夫たちの希望超闇鍋村 [1779番地]
~何故この時間に鍋ひゃが2人もいるのか~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[蓬莱人形]
(死亡)
icon アリス
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[イタコ]
(死亡)
icon アルス
 (nnm◆
Lt.nnmDL3AV3)
[毘沙門天]
(生存中)
icon リグル
 (しらたき)
[猟師]
[天火]
[元紅天女]
(死亡)
icon コンゴウ
 (プースカ◆
Jiq7qCHs.A)
[イタコ]
[口寄せ]
(死亡)
icon 四季映姫
 (ソラ)
[野狐禅]
(死亡)
icon シェゾ・ウィグィィ
 (闇灰人◆
GBxcsWGkcg)
[結界師]
(死亡)
icon 小野塚小町
 ($◆
ZZQhvypOfk)
[人狼]
(死亡)
icon 結月ゆかり
 (巨乳党◆
WSzqsVcSfluT)
[霧狼]
(死亡)
icon マヤ
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[村人]
[口寄せ]
(死亡)
icon
 (紅まりも◆
av5yOmwPyQ)
[火狼]
(死亡)
icon ガロード
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[猟師]
[天火]
(死亡)
icon パチュリー
 (サリエル)
[常世神]
(死亡)
icon 文々。文
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[狂人]
(生存中)
icon 尾中
 (erjsaitama◆
W8pfijOi9Q)
[夢共有者]
(死亡)
icon ロロナ
 (空澄◆
z1XhdJ.lxM)
[精神鑑定士]
(生存中)
icon サム
 (ベン◆
l0inEB.9TE)
[餓狼]
(死亡)
icon サーナイト
 (C_T)
[さとり]
(死亡)
icon ルーミア
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[人馬]
(死亡)
icon やらない夫
 (ルカエバ◆
eyndF0VEv.)
[策士]
[サトラレ]
(死亡)
icon 紅美鈴
 (ふらい)
[銀狼]
(生存中)
icon まつや
 (カン)
[占い師]
(死亡)
ゲーム開始:2014/01/17 (Fri) 00:26:26
出現陣営:村人陣営13 人狼陣営6 妖狐陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「お疲れ様ですぅ」
尾中 「ま、デスヨネー。
吊られると思ってた。」
尾中 「ちなみに夢共有何で
吊られること自体に抵抗は無い。
やらない夫が出てきて絶望した!」
尾中 「・・・・どう見ても銀狼います。
本当にry」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「あんまり喋れないから困りますねー」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
GM 「おぉぅ」
尾中 「反魂か常世神の誤爆かのどっちかだな。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四季映姫 「お疲れ様でした」
尾中 「お疲れ様ー。」
GM 「お疲れ様です」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
四季映姫 「お疲れ様です」
尾中 「あぁ、これ確実に常世神だわ。」
ルーミア 「おお、噛まれたのかー?
ラッキーラッキー」
ルーミア 「取り敢えずアルス吊れば良いと思うのかー>鬼っぽい発言」
四季映姫 「ここで灰指定は無理でしょう…」
ルーミア 「常夜神は死体が吊り死体一つなら成功すれば必ず噛まれ蘇生になる
これ豆知識なのかー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
結月ゆかり 「あーもう」
結月ゆかり 「噛まれてないから偽っていう理屈はマジでふぁっくだわー」
尾中 「いや、パチュリーが明らかに真常世神だからな・・・
お疲れ様。」
GM 「お疲れ様ですよ」
ルーミア 「●が蘇生COしたならスライド夢主張しないといけないのかー>ゆかり
蘇生が起こってるのは確かなんだから」
結月ゆかり 「ログにはある」
四季映姫 「お疲れ様です」
結月ゆかり 「じゃあ夢ですかね
でもそれって四季まで偽主張していることになるんですけど」
結月ゆかり 「んじゃあ尾中ーシェゾ2Wで私噛む必要がないと推理する」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
結月ゆかり 「このログならそれ以外考えられませんよ」
尾中 「つまり俺視点では確定で偽。
客観視点では夢もあり得るって所か<ゆかり」
結月ゆかり 「おっとお疲れ様です」
ルーミア 「サムが占いCOする気が凄くするのかー」
結月ゆかり 「>尾中
なんですよね
対立していることになるんですよ私達
そもそも私のあなた占いの理由も燃焼系燃焼系アミノ式だし」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ルーミア 「…リグルは死なない!
何度でも蘇るのかー!」
尾中 「おい・・・おい・・・・<リグルトンボ返り」
結月ゆかり 「ん」
結月ゆかり 「偽結果っぽい占いを蝙蝠主張とはいかにも騙りがやりそうなことですね(激おこぷんぷん丸」
GM 「たまげたなぁ…」
結月ゆかり 「ということでまつやが真占いってことでFAじゃね?
他いるなら出なきゃ駄目っしょ」
四季映姫 「またですか!?」
結月ゆかり 「リグルはドレイクゼクターでも常備しているんでしょうよ」
ルーミア 「サム真で良さそうな感じ」
四季映姫 「真夢だとしたら結果も相反してないですね」
ルーミア 「まつやとサムは…真夢で考えるなら逆位相 」
結月ゆかり 「どうみてもまつや真っすわー」
四季映姫 「あ、これ小町偽ですね」
ルーミア 「○●に手を付けるよりはグレランでも良いと思うのかー?」
四季映姫 「確か男性で登録したはず」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「喋りたいのに喋れないのはとてもつらい」
四季映姫 「そう考えたらまつやが真の可能性が高いですね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四季映姫 「お疲れ様でした」
結月ゆかり 「おつー」
小野塚小町 「お疲れさまで映姫様映姫様映姫様うっぅぅぅぅわああああん!」
GM 「お疲れ様です」
ルーミア 「んー
何か不安な進行なのかー?」
四季映姫 「よしよし>小町」
結月ゆかり 「おつー」
小野塚小町 「あぁあああああ! やさしい! 映姫様! かわいい!」
結月ゆかり 「小町とえーきはいちゃらぶしていてほほえましいのですが、
私視点両方人外濃厚なんすよね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小野塚小町 「え、まじで? あたい人外濃厚ってどこ情報よーそれどこ情報よー

あ、情報といえば情報ある?」
結月ゆかり 「んー」
結月ゆかり 「昨日の占いで相対的にまつや真っぽい」
小野塚小町 「あたいうなずけないんだけどそれぇ!>ゆかり」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
結月ゆかり 「私視点サム人外確定
そしてまつや以外に占い対抗いたら出る場面なんで、まつや真濃厚
そしてそこの●が小町さん

さらに私この結果だと夢濃厚なので、えーき様も同様」
小野塚小町 「おろ、死体なし」
四季映姫 「おっと、ここでGJか狐か」
結月ゆかり 「あれ」
結月ゆかり 「えー何これ」
結月ゆかり 「結果騙り?ミステイク?
んじゃ真占いどこよ」
結月ゆかり 「潜らなくてもいいのよ
イタコが憑いている人がいたら、占い出してねっというのよ」
小野塚小町 「占い両方放置で共有噛み。信用対決な流れ?
でも、昨日の指定って両方まつやの●だったよね。うーん」
ルーミア 「サムGJ主張 どーだろ
この内訳で餓噛みとかはあんまりしない気はするのかー?」
結月ゆかり 「餓狼LWなんて悲しすぎるから」
結月ゆかり 「そんなことはないとは思っています(希望」
尾中 「ごめん、ちょっと寝落ちしそう。
ちょっと落ちます。」
尾中 「システム:尾中さんは蘇生を辞退しました。」
四季映姫 「お疲れ様でした」
小野塚小町 「なんかのタイトルみたいね・・・>◇ガロード 「俺はアルスでリグルはマヤで」」
結月ゆかり 「おつー」
小野塚小町 「乙彼ー>おなか」
ルーミア 「アルスはどう見ても鬼主張だったのかー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小野塚小町 「「気分は村のみかた」みたいな感じのこといってたしね」
四季映姫 「アルスさんは夜叉か何かですか?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四季映姫 「お疲れ様です」
小野塚小町 「お疲れさまー」
マヤ 「お疲れ様ー」
マヤ 「何か霊能情報あるー?」
マヤ 「霊界情報ー!」
マヤ 「ねえねえ霊界情報無いのー?」
ルーミア 「パチュリーが真蘇生って位?>霊界情報
映姫は男登録だから小町偽主張」
小野塚小町 「霊界情報なー・・・
霊界的にはまつや真が優勢、くらい?」
結月ゆかり 「ないよー 蘇生とかイタコいるから」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小野塚小町 「映姫様に生えてるなんてみとめな・・・いや、むしろアリ・・・?」
小野塚小町 「まあ映姫様があたいを偽にしようとしてるから別陣営なのはわかる」
四季映姫 「確か男性にしたと思いました、確か」
マヤ 「あれ? 一票多くない?」
結月ゆかり 「ふた●りでいいじゃない」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
小野塚小町 「昼までは16人いたー、っていうんじゃなくって?>マヤ」
結月ゆかり 「ほんとだ>票多い」
四季映姫 「14票で良いのでは?」
小野塚小町 「そしてまた死体なしか」
ルーミア 「16人16票で普通なのかー?」
結月ゆかり 「あれ?見間違えたかな」
小野塚小町 「あたいも前に同じ間違いしたから気持ちはわかる。」
四季映姫 「サーナイト○で何故夢が無いのか?」
ルーミア 「サム夢ならサーナイトが何か不明になるのかー
共有覚ってるさとりが偽はまず無いのかー」
小野塚小町 「あれ、サーナイトって共有つきのサトリじゃありませんでしたっけ>映姫様」
四季映姫 「あ、サーナイトさとりでしたね」
小野塚小町 「ちょっと離れますー」
マヤ 「なんでー!?>まつや吊り」
結月ゆかり 「え」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
結月ゆかり 「駄目だよそっち吊っちゃ!」
結月ゆかり 「吊るならサムでしょおおおおおおおおおお」
結月ゆかり 「まつやは臭いけどさ!サムは確定偽なんだからさ!(自分視点」
結月ゆかり 「だからまつや泳がせておいてサム先に始末したいなって」
小野塚小町 「ん・・・あれ、なんでまつや吊り? バランス?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GM 「お疲れ様です」
結月ゆかり 「お疲れ様です
ところでまつやさん結果騙りとかしてません?」
マヤ 「なんでまつや吊りなんだろー?
お疲れ様……」
まつや 「ごめん信用とれなかったようだ。お疲れ様です」
小野塚小町 「お疲れさまー」
まつや 「してないよー結果はだした通り。サム狂人かあ? 
もとい途中まで真夢結果ってのが面倒だったなあ」
結月ゆかり 「んー?」
ルーミア 「吠えはー減ってるけどどうなのかなー」
結月ゆかり 「なら私視点まつやさん真占いじゃないってことになるのです・・・・・・
シェゾの中身ってなんなのかな?
白狐、黒狐でも占い結果反転するのかな?」
まつや 「死体無しになってることだしバランス吊りみたくなってーの俺先吊り 
小町吊った。マヤ吊った。で石サムライン盲信になるのは信用のせいかね」
マヤ 「サムは狂人じゃないかなー
でも吠えは多いんだよねー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
小野塚小町 「○●が出る役職は反転するよー>ゆかり」
結月ゆかり 「>小町
マジで?」
まつや 「○でたシェゾの俺思いっきりな切りっぷりが怖いわ」
小野塚小町 「夜が明けてまだ霊界にいたら・・・あたい・・・おつまみ作るんだ・・・ きりっ」
結月ゆかり 「んー」
小野塚小町 「するする。黒狐には夢占いは○でる。」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
コンゴウ 「お疲れ様だ」
結月ゆかり 「じゃあマジでなんなんだろ」
小野塚小町 「お疲れさまー。」
マヤ 「蘇生無し! ってコンゴウー!!」
まつや 「お疲れ様だ」
小野塚小町 「ん? コンゴウ遺言なし? ブン屋か何かかい」
マヤ 「あ、これ攫いじゃない?」
ガロード 「お疲れ様」
ルーミア 「コンゴウはイタコCO
毘沙門天の攫いかな」
マヤ 「コンゴウは真証明可能だったのに! のに!」
コンゴウ 「イタコは遺言をのこせん・・・>小町」
小野塚小町 「ああ、イタコだっけ」
小野塚小町 「蘇生すると思えないからログ取りとかろくにやってないCO」
マヤ 「サム偽だってばよ!>やらない夫」
小野塚小町 「っと、それはともかくおつまみ作るよ。離席ー」
四季映姫 「お疲れ様です」
四季映姫 「システム:四季映姫さんは蘇生を辞退しました。」
コンゴウ 「お疲れ様だ>四季」
まつや 「いってらっしゃい>小町 お疲れ様!>映姫」
マヤ 「>護衛に失敗した場合は襲撃先を選択していた場合でも何も表示されない。
……これかな?」
ルーミア 「サムGJは出てない
つまり餓噛み 狐噛み主張なのかー>シェゾ」
マヤ 「お疲れ様ー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
マヤ 「その仕様がわからないんだよねー
でもでも、老兵で護衛失敗でも狩人で護衛成功した事って……無かったっけ?」
まつや 「演出ですってばよあの死体無しはきっと!俺放置して吊らせるための! 
でなければ他に理由がない…はず」
マヤ 「アルスが村意外の陣営っていうのはわかってたけどー」
ガロード 「狐だったらリグル俺に探知されてる」
マヤ 「餓狼LWかもって話が」
コンゴウ 「石が黒狐か狼、餓狼によるGJ演出もあるが・・・狩人を放置している理由がない」
ルーミア 「石が護衛成功 かつ結界師が確率失敗 これは有り得るのかー」
マヤ 「まあ狼が石くらいしか居ないよね、下界」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
サム 「お疲れ様ー」
ガロード 「お疲れ様」
マヤ 「アリスは真イタコでしょ? アルスは鬼でしょ? リグル達は噛まれてる猟師
文は○、シェゾも○、パチュリー真証明、サーナイトとやらない夫は疑う必要無し
ロロナは鬼を当ててる
美鈴は猟師に護衛され済み」
まつや 「お疲れ様だー!綺麗に反転させた結果だすとかやめてください(震え声>サム」
マヤ 「お疲れ様ー」
コンゴウ 「お疲れ様」
コンゴウ 「サーナイトは共有COしてたのか・・・見落としていた」
サム 「いや、だってそう結果でたし・・・>まつや」
マヤ 「ロロナの確認した方良いかな?
投票能力系子狐なら鬼結果出せるよ?」
サム 「いや、サトリだよ
擬似共有みたいなもんだけど>コンゴウ」
まつや 「ガロードの猟師結果だともう狐位置いないかな」
マヤ 「サーナイトはやらない夫に付いたさとりだよー>コンゴウ
もー、コンゴウのうっかりさん♪」
コンゴウ 「そうだったのか・・・>サム」
マヤ 「あ、ロロナ護衛済みなんだー」
小野塚小町 「ただいまー、そんでもってお疲れさまー」
マヤ 「初日のCOはちゃーんと確認しようね♪>コンゴウ」
ガロード 「4日目に投票済ロロナは」
小野塚小町 「あれ、映姫様お帰りになっちゃった?
あたいの手料理食べてもらおうと思ったのになー」
コンゴウ 「ない夫が共有というのしか見ていなかったな>マヤ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
マヤ 「◇やらない夫(23) 「おっと、サトラレCO」
◇やらない夫(78) 「サーナイトがさとりだな、了解した」

ほらほら、ちゃんと言ってるよー」
コンゴウ
コンゴウ 「大声で言っていないと見逃しやすいものだ>マヤ」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
マヤ 「お疲れ様ー」
サム 「お疲れさん」
リグル 「おつかれさまでーす!」
マヤ 「これ石吊りで終わるんじゃない?」
コンゴウ 「お疲れ様だ」
小野塚小町 「お疲れさまー」
まつや 「お疲れ様!」
リグル 「ガロードさんの二の舞っぽいなあ
狐はもういないと思うけど狼どこやー」
マヤ 「餓狼で猟師の護衛先噛み説はどう?>コンゴウ」
マヤ 「だめだめ! シェゾ残しの石吊りだよ!」
サム 「アルスのロロナへの愛が重いなw」
リグル 「やんでれ!」
ガロード 「お疲れ様」
サム 「アルス狂人ってロロナは何を言ってるんだろう?」
マヤ 「えっとね、餓狼や雛狼で猟師の護衛先を噛んでもね
猟師は死んじゃうって下界に流してー>コンゴウ」
ガロード 「ストレートでリグルの護衛先読めるかってっとなー」
まつや 「えーロロナ白狼のサム真俺夢の可能性があったなら 
下界にロロナ、シェゾ、文の3w?ないよなうん」
マヤ 「あー、アルス噛みもあったかー」
ガロード 「雛餓狼噛みでの身代わりはあるけどピンポイント過ぎないか」
まつや 「となっとやっぱサム騙りなんだよなあ。石狼なんだよなあ 
死体無しは演出としか考えられないんだよなあ」
サム 「ロロナ鬼当ててるけど>まつや」
コンゴウ 「正直なところまあそれも薄いがな>ガロード」
マヤ 「口寄せ攫い=アリス真だねそういえば」
まつや 「ロロナは真とサムが言うほど!俺は同意しながら真夢の可能性が無くなるので離れていく不思議」
コンゴウ 「まあ証明されてるのであればアリスはしっかり信じられるだろう・・・」
リグル 「どこかで何かがおかしいと思うんだけど
パチュリー、サーナイト、共有、美鈴は村だろうしアルスは毘沙門天だろうから
んー」
ルーミア 「蜜狼と舌禍を使った毘沙門天騙り(迫真」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
マヤ 「コンゴウが真だからそれはないよー>蜜狼」
コンゴウ 「その頭を冷やしてこい・・・>ルーミア」
サム 「レアケに毒されすぎだろう・・・>ルーミア」
リグル 「美鈴が狼ってことはないのかな
昼でも見えるんじゃ?」
リグル 「手の込んだ毘沙門天wwwwwwwww」
マヤ 「昼は無意識が消えちゃうんだー」
コンゴウ 「美鈴は人外あり得るため、ケア位置なのは間違いないだろう>リグル」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マヤ 「あ、それを勘違いってあるかもね?」
マヤ 「お疲れ様ー」
ルーミア 「美鈴は消えたって言えるなら真狐位置」
「うげぇ・・・だよね おつかれさま」
マヤ 「美鈴かなー?>狼」
サム 「お疲れ様」
コンゴウ 「お疲れ様だ」
まつや 「蜜狼なんているのか…w全然知らなかったw 
お疲れ様!んでLWは流石にないか」
ガロード 「お疲れ様」
小野塚小町 「お疲れさまー」
サム 「これ・・・狼位置はあと美鈴だけじゃね?」
マヤ 「美鈴LWじゃない? って霊界情報
昼に無意識が消える仕様を勘違いしてそのまま告発? とか?」
ルーミア 「だと思うんだけどなー
何か頭が良く回らなくなってきたのかー」
マヤ 「というか狼位置があと美鈴しかないっていうね」
リグル 「昼は消えるの確定してるならまず人形かな
私が銀ちゃんの可能性もあったわけだし」
コンゴウ 「美鈴、シェゾ、文の三人だな」
GM 「蜜狼ってなんだろう(」
サム 「シェゾ白狼はあるけども」
マヤ 「まあそうだなー
真証明位置だけ書き連ねて行けばケアできるからそのまとめにしようかな」
小野塚小町 「蜜狼:自殺できる狼。
    相手と心中してハネムーンへ旅立つ。」
リグル 「美鈴狐は私がミスクリックしてない限りないけど
スズラン人形警戒で噛んでないにしてはなんか変 他に狼っぽいとこが・・・」
結月ゆかり 「眠気がすげえ」
まつや 「檀蜜を最初に思い浮かべた私は毒されてるわ。噛むと死ぬ狼だって>GM」
リグル 「檀蜜wwwwwwwwwwwwwwww」
コンゴウ 「・・・疲れているようだな、貴様も>まつや」
「壇蜜に気付かなかった僕は多分眠い」
サム 「やっぱ深夜は封蘇にしとかなきゃきっついなw>ゆかり」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「リグル2回蘇生は・・・笑うよね・・・www >サム」
コンゴウ 「噛み無駄と平和が出過ぎたからな・・・>サム」
サム 「もう深夜2時だ
頭がいい感じにゆだっても仕方ないw」
マヤ 「【真証明位置】
やらない夫 共有
サーナイト さとり
アルス   鬼陣営
アリス   毘沙門天と繋がるイタコ(口寄せが攫われてる)
パチュリー 常世神
ロロナ   鬼を当ててる(猟師に護衛され済み)
文     ロロナが真なら狼狐を否定」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
リグル 「死体なしもいっぱいありましたしねえ
やらない夫さん脳みそ死んでるんじゃないかなそろそろ」
マヤ 「お疲れ様ー
あ、アリスの隠蔽かー」
小野塚小町 「おつかれー」
サム 「パチュリーはなんかもってるわ、絶対
普通あっこまで上手いこと蘇生成功しない>石」
「はいおつかれさま」
ルーミア 「アリス吊りはしなくて良いと思うのかー?」
リグル 「パチュさんとうとうしんでもうた」
結月ゆかり 「>サム
役職によっては蘇生辞退もできないんですよね 面倒な限り」
GM 「(うっつらうっつら」
サム 「お疲れさん」
マヤ 「私のメッセージ下界に流してー>コンゴウ」
まつや 「お疲れ様ー!イタコいるからまだ公開はなしかあ」
コンゴウ 「すでにながした>マヤ」
マヤ 「ありがとー!>コンゴウ」
「あ、イタコで公開できないってことかこれ」
パチュリー 「お疲れさま」
GM 「知らない役職がわんさか増えててつらい」
マヤ 「アリスを吊る必要ないよー!!」
リグル 「憑狼いるならイタコが暴いてるよね?」
ガロード 「お疲れ様」
マヤ 「アリスは毘沙門天と繋がってるよね?>口寄せのコンゴウが攫われてる」
コンゴウ 「手のかかる奴だ・・・>アリス」
パチュリー 「アリス吊る必要ないのでシェゾか美鈴ってとこかな」
マヤ 「【真証明位置】
やらない夫 共有
サーナイト さとり
アルス   鬼陣営
アリス   毘沙門天と繋がるイタコ(口寄せが攫われてる)
パチュリー 常世神
ロロナ   鬼を当ててる(猟師に護衛され済み)
文     ロロナが真なら狼狐を否定

アリスは毘沙門天と繋がってるよね?>口寄せのコンゴウが攫われてる」
ルーミア 「ロロナと文が胡散臭いなーとは」
マヤ 「ロロナが鬼を当てた狼あるのかなー?」
サム 「いやだからロロナはアルス当ててると(ry>ルーミア」
マヤ 「アリスも吊る必要ないよー
毘沙門天と繋がってるよー」
パチュリー 「アルス鬼はいいとしてロロナはつながらないか」
ルーミア 「アルスの態度とかどう見ても鬼COしてたのかー?」
パチュリー 「ならシェゾか白系みて文?」
サム 「四日目だぜ?
アルスが鬼当てられてるの
発言からそれは絶対」
リグル 「白系かなあ?」
マヤ 「ロロナ怪しいなあ……どうなのかなあ」
サム 「あの発言が偽でできるかって」
コンゴウ 「ここまでだな・・・私の役目は」
ルーミア 「アリス吊りって良く分からないんだけどどうなんだろう」
サム 「あっれ?アリス吊り?
そこは真イタコしかなくね?
アルスのCO的に」
マヤ 「あー、四日目に当ててるんだ」
リグル 「そういえば文の役職なんなんだろ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
コンゴウ 「混乱しているのだろうな>サム」
GM 「イタCO!」
まつや 「二日目三日目のアルスの発言を見て鬼を匂わせるものはないと思う」
サム 「くすっときたw>イタCO」
ルーミア 「…ああ、ロロナの方が早いのかー
うーん」
小野塚小町 「・・・そういえばパチュリー死んだのにまだ隠蔽解けないんだねぇ」
リグル 「イタCOwwwwwwwwww」
コンゴウ 「・・・・>イタCO」
マヤ 「イタコイタコ>小町」
パチュリー 「斬新なCOよね」
まつや 「仮にロロナが白狼なら凄いの一言だわ 
んじゃあめーりんかなあ?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
パチュリー 「こんどやろうかしら」
小野塚小町 「おつかれさまー」
「はいおつかれさまでした」
パチュリー 「お疲れさま」
小野塚小町 「・・・はっ、そういえば>イタコ」
サム 「おつかれー」
コンゴウ 「お疲れ様、ほら見ろ>美鈴」
アリス 「ウボァー」
マヤ 「お疲れ様ー」
結月ゆかり 「あーようやく楽になった」
ルーミア 「めーりんの方なのかー」
まつや 「やっぱそうか。お疲れ様だよ」
マヤ 「だよねー>美鈴」
GM 「GMはイタCOだけでこの村を建てた甲斐があった気がします(眠いけど」
サム 「アルス抱き込んで引き分けワンチャン
だけどアルスの性格的にダメだろうなぁ」
マヤ 「コンゴウは口寄せありがとー
楽しかったよ♪」
パチュリー 「もう人外位置がそこしかいないしなぁ>美鈴狼」
コンゴウ 「ああ、ロロナの中身を見てなぜアリス吊りになったかを理解した・・・」
マヤ 「いや先に美鈴吊りで良いよね?」
アリス 「イタコイタコアンドさとり
なにこのさとり村……こわい……」
コンゴウ 「私がするとしたらおまえしかいないからな・・・>マヤ」
パチュリー 「まつや残しが正解か」
「(パチュリー噛みで猟師が死んだことに混乱していたけどどうやら仕様らしいことに今気づく)」
アリス 「射命丸吊りでもいいと思うのだけど、……まぁ主張するところは主張したさ」
まつや 「なんでや…なんでこっちの自信を無くす結果を出すんや…w 
この世で一番信用ならんのは自分なのよ!私から俺に一人称変わるくらい悩んだのよwww>サム」
マヤ 「まつや真だよーもー」
サム 「ぶっちゃけ、よくここまでもってきたと思う・・・
どうすればええねんと、狼陣営」
アリス 「そもそも、まつや吊りの時点で進行に関しちゃ曲がっていたからな」
まつや 「とはいえ共有や結界からの信用とれなかったのも吊られの原因だから自業自得な反省だけど」
リグル 「うわあああそこ狼か」
コンゴウ 「正直、ゆかり蝙蝠結果はゆかりが霧狼と知ってないと無理だろうな、
と途中から考えてはいた。おそらくは霊能とラインつなげるためだろう」
ルーミア 「毘沙門天的にはー引き分けがベスト」
リグル 「おつかれさまでーす
まつやさん真・・・」
サム 「こっちだって必死なんだよw
囲いつつなんとか●行けそうな位置探したりなw
というか狼当てすぎだよwwww>まつや」
パチュリー 「リグル噛みリグル蘇生なければ私吊れてそうなのよねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
四季映姫 「まぁ、小町は私を女性と言っていた時点で偽でしたから」
アリス 「最終日までにやらない夫が噛まれるさ」
コンゴウ 「それにしても・・・あまりのも不審な発言多くて驚いたぞ>アリス」
サム 「ルーミアとパチェリーの●と噛みが逆なら
もうちょっとゆかり頑張れただけに惜しかった>ぱちぇりー」
マヤ 「それだと引き分けー>やらない夫」
ルーミア 「んー
負けそうな気がするのかー」
GM 「というか狼よく頑張ってますね(ほろり」
コンゴウ 「引き分けだな・・・」
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました
アリス 「こっちだって、そっちがいつ気付くかなーでチラチラしてたらマヤが口寄せCOだろ……>コンゴウ」
リグル 「最終日に共有が残されて
PPからの策士逆転とかないかなー。ないよね」
コンゴウ 「もしくは獣人とでも言い出すかもしれん>マヤ」
「おつかれさま」
サム 「お疲れ様ー」
リグル 「おつかれさまです」
コンゴウ 「お疲れ様だ」
サーナイト 「ああ、そういう事ですか」
まつや 「たったの2wじゃないですか…wマヤ吊られるし明日から真占い怖くてやれないわ! 
ベンGMには賠償責任として今度魂よこしてよね!」
パチュリー 「お疲れさま」
マヤ 「お疲れ様ー」
サム 「まつやよく吊れたよ・・・
小町と石指定された時点でもう涙目だったよw>GM」
サーナイト 「博打の方ですか、そして中身を見たら納得しますね」
まつや 「お疲れ様です」
アリス 「マヤはほら……無職だから……>まつや」
コンゴウ 「私の画面では口寄せ先表示の下に・・・
口寄せされています、と出ていてバグかと思ったくらいだ>アリス」
サーナイト 「ああもう、なんで全員から○もらいの方先に吊りたがるのか」
小野塚小町 「お疲れさまー」
サム 「しょうがないなー
つ吸血姫>まつや」
ルーミア 「自吊りは言い出さない方が良いとは思うのかー」
コンゴウ 「共有が慣れていない、というのが分かるだけにミス吊りが起こってしまったのだろうな」
サーナイト 「そしてシェゾはあれほどいって、私を外しますか
ロロナなんてもういらなかったのに」
四季映姫 「引き分けでしょうか」
まつや 「あんな可愛いマヤが狼のはず…あっ(中身を見て察し >アリス」
パチュリー 「同じ○吊りなら文なんだけどね」
サーナイト 「いや、村負けましたね
PPされます」
サム 「よし、シェゾ吊れるならいける
美鈴と文で引き分けできる」
コンゴウ 「私には、入った時点で中身が察せたぞ・・・マヤをやるのは1人しかいないからな>まつや」
マヤ 「アリス吊りが回避できなかったかなー?」
四季映姫 「PPは策士ですからどうでしょうね」
サム 「アルスが性格的に、たぶんPP乗らんと思う
あって引き分け>サーナイト」
アリス 「アルスが心情的に乗らないのなら、引き分けだよ」
「策士に気付けたらあれなんでしょうが深夜なんでどう転ぶか」
マヤ 「ディーさんもやってたよー?>コンゴウ
普通村だけどね♪
私もコンゴウ使ってる人で中身わかったよ♪」
コンゴウ 「アリスを吊るのはアルスを信用してないのと一緒なのだがな・・・気づかないか」
マヤ 「ん?>策士」
マヤ 「wwwwwwwwwwww>策士」
コンゴウ 「ふふふ・・・いつコンゴウをやろうか考えていたからな>マヤ」
GM 「あーそうですね 共有 鬼 狂人 狼になるので
共有吊りしようとすればアレですね」
マヤ 「PP? どんと来いじゃないかな!」
サーナイト 「アリスはアルスにまったく関わってないですよ」
サム 「アルス、その辺すごくいい人だからなぁ」
リグル 「策士逆転がみたいなー」
マヤ 「それじゃあ引き分けかなー?」
「RP徹底してるねってことでいいんですかねあれ >アルス」
アリス 「「もしも」の可能性に怯えるのが人間ってやつさ>コンゴウ

俺は攫われていないがコンゴウは攫われた>サーナイト
コンゴウはサブ役職を付与されており、俺がその原因ってところさ」
リグル 「PPにはのらなさそうですね」
コンゴウ 「なんというか・・・変わった愛を見たものだ・・・
あとでロロナの中身を見て絶望しないだろうか」
四季映姫 「アルスはロロナを吊る気はなさそうですね」
サーナイト 「シェゾと紅美鈴の2択なら当てられるって思ったんですけどね
この中身だとちょっと難しいですね」
ルーミア 「割りと憑依が見られてるのが謎?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アリス 「そのサブ役職の原因は何でもありえるが、俺の主張は
俺→コンゴウ(口寄せ)→マヤ(口寄せ)、なのでアルス視点では納得してもらっていただろ」
パチュリー 「アリス吊る必要がないのよね」
まつや 「この辺は人によって分かれるけど、RPに準じ切れるっていいなと思うな」
マヤ 「策士発動が見たかったかもー」
サーナイト 「ああ、そういえばそうでしたね
そこの理論が纏まってませんでした」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
コンゴウ 「まず起きないだろうから、過去ログで我慢しておけ・・・>マヤ」
コンゴウ 「お疲れ様だ」
四季映姫 「お疲れ様です」
サーナイト 「コンゴウを攫えたならアリスはほぼ真でしたね
・・ええ、これはミスですね」
まつや 「お疲れ様だよ」
アリス 「一応、パチュリーにも協力してもらったことになるかしら……
お前さんが蘇生先を選んでくれれば、10割だったなw>パチュリー」
サム 「俺は好きだわ、ああいうRP
勝利より信念とかもいいと思う>まつや」
サム 「お疲れさん」
コンゴウ 「文噛みだと・・・?」
リグル 「おつかれさまでーす」
「おつかれさまです」
サム 「文噛んだらアカンw」
四季映姫 「文噛みですか…?」
マヤ 「うんうん、アリスと毘沙門天は繋がってるんだよー
コンゴウが攫えるって事はね、コンゴウに口寄せが付いてるの
だからそこに口寄せを付けたイタコは真だよねー?」
マヤ 「お疲れ様ー」
シェゾ・ウィグィィ 「お疲れだ」
GM 「文噛みすると引き分け不可なんですよねぇ…」
GM 「お疲れ様です」
GM 「わけがわからないよ>文」
コンゴウ 「これはひどい>文」
サム 「アルスどうなろうと乗らないから素直にロロナ噛むんだw」
「なんですかねあのAA」
マヤ 「いやー、文は嘘吐き結果だったからそこからどこかに憑依はできないと思うよー?>美鈴」
リグル 「なにこのUMA」
サーナイト 「うーん、正直護衛欲しかったです>シェゾ」
アリス 「やらない夫を噛んで引き分け狙いか、ロロナを噛んでイチかバチかのやらない夫PP
だが後者が叶わない以上、前者じゃないかしら」
まつや 「はたてのようなほたてと文のような交だなw>AA」
マヤ 「ダブルスポイラーでしょ?>石」
「頑張れ多分正解 >めーりん」
シェゾ・ウィグィィ 「仮に外した場合が怖かった>サーナイト」
パチュリー 「お疲れさま」
サム 「たぶん、ロロナに殉じるぞ>美鈴」
「ぼくのしってるだぶるすぽいらーとちがう >マヤ」
サーナイト 「ロロナは噛まれても私目線では問題ないです
やらない夫が抜かれても同様」
シェゾ・ウィグィィ 「銀狼って人形遣い見えたっけか?」
ルーミア 「銀狼も無意識は見えるのかー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
コンゴウ 「見えたのは紅天女だ>シェゾ」
サム 「無意識はみえるみたい」
サーナイト 「紅系マニアですから狼なら全員見れますよ」
マヤ 「私も今も口寄せメッセージ見えるよー」
マヤ 「http://alicegame.dip.jp/hina/img/role/mind_evoke.gif
口寄せ」
リグル 「昼でもちゃんと見えるみたいですね」
コンゴウ 「村が人形ケアをしないのは・・・いつも悪いところだと思うがな・・・」
シェゾ・ウィグィィ 「似たようなもんだ無意識に見えてて
あれで出たわけか」
サーナイト 「シェゾ噛みとかでももちろん問題ないですし文噛みとかは好都合にしかならないので
正直、私護衛されていればほぼ問題ないとまで思ってましたから・・」
朝日が昇り、12 日目の朝がやってきました
ルーミア 「昼は見えないのかー>無意識」
コンゴウ 「お疲れ様だ」
サム 「わりと、なんで文残してシェゾ吊ったのかわからん」
パチュリー 「アリス吊って美鈴吊らないのは微妙かな」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
サム 「お疲れ様ー」
アリス 「俺もサトラレメッセージが見えるわ、えーと……「あなたは」
「おつかれさまです」
マヤ 「勝ち目って毘沙門天と狂人でのPPじゃないかな!?>美鈴」
パチュリー 「お疲れさま」
サーナイト 「流石に今回は大丈夫だと思いますけどね
ロロナと文のライン考慮は昨日までですし」
四季映姫 「お疲れ様です」
アリス 「ふりむくと しぬ」」
リグル 「夜に出てたから見切ったのかなあ」
まつや 「人形COで飛び出るのは勇気がいる分、見返りも大きかったり?お疲れ様!」
リグル 「おつかれさまでーす」
シェゾ・ウィグィィ 「これ仮にアルスがやらない夫吊りに乗ったとしても策士で終わるんだよな」
マヤ 「お疲れ様ー
あちゃあ」
シェゾ・ウィグィィ 「お疲れ」
マヤ 「引き分けかな?」
コンゴウ 「これは引き分けたとしても、ほぼ負けに等しいな」
アリス 「ドドドドドドドドドドド」
ルーミア 「勝ちを狙うかRPに殉じて引き分けか」
「うわめーりん楽しそういいな」
サーナイト 「ああ、これ文にPPで終わりますね」
サム 「お前らもう結婚しちまえw>ロロナ・アルス」
アリス 「アルス、もう……楽になっても、ええんやで……?」
GM 「さてどーなる」
サーナイト 「狼が引き分けしようで文に合わせる流れで狂人が外して終わり」
アリス 「美鈴とアルスが文に投票、文がロロナに投票
それで2-1-1、かしら……」
まつや 「初日のこいつ恋人↑↓やら 下ネタが嘘のようだ…」
コンゴウ 「これはいやらしい選択を迫るものだな」
サーナイト 「ああ、アルスがロロナに乗ってというのもありますか・・
これ以外と読めませんね」
サム 「文投票は負けるw
文頼む動いてくれw」
シェゾ・ウィグィィ 「こう言っときながら文吊りに誘導する汚いさすが中国汚い」
GM 「文は狂人COしとかんといていいのか」
シェゾ・ウィグィィ 「そして空気を読まない狂人」
GM 「と思ったらしたな」
アリス 「しっかし、リグルとガロードはホント長生きしたな……
雛狼に食い殺されたと本気で信じかけただろw」
サーナイト 「あと正直伝えそびれたのがミスではありますが
基本的に狩人系=GJが出るかもしれない役職はなるべく残すと安定しますよ
偽だとしても>やらない夫」
コンゴウ 「あれはすまないない、マヤの妄想が滾ってしまったようだ。謝罪しよう>アリス」
アリス 「狼からすりゃ文に2票集まってくれりゃいいのさ>サム
その2票は狼と、毘沙門天だ。文が動く必要はない」
サム 「よし、引き分けしよう
というか引き分けバンザイ
引き分けの目すら見えてなかったんやぞ本体はw」
「リグルがですねー、なんで2回も蘇生したのですって話なんですよ >アリス」
サーナイト 「シェゾ吊りはあまりしたくなかったですね、そういう点でも
まあ、それでも護衛は外されてしまいましたが」
やらない夫 「うん、分かった>サーナイト」
リグル 「たぎったのかー」
ルーミア 「アリス吊りかなー
口寄せを何と見て吊ったか?
まあ、私は灰噛まれだから村の進行に口出しは出来ないのか、わはー」
パチュリー 「人体錬成の素材に最適だった。それだけよ>石」
サム 「鬼がね・・・こっちについてくれるような鬼ならいいんだけど・・・>アリス」
コンゴウ 「・・・なぜ、妙に綺麗でさっぱりしたような流れなのだ?」
リグル 「深夜の混沌→賢者モード」
シェゾ・ウィグィィ 「やはりアリス吊りか 毘沙門天の申告を素直に信じるのならばアリスは吊る意味が無い」
アリス 「リグルは2度死ぬ」
「RPGのクライマックス手前の様な・・・青春のような」
コンゴウ 「とでもどうでもいい話をありがとう>アルス」
サーナイト 「今回は吊り切り路線、偽だとしても吊れるはず
なら人形先でも問題はなかったですね」
シェゾ・ウィグィィ 「ところでアルスってあれかDoD関連か」
リグル 「3回死んだ(´・ω・`)」
四季映姫 「引き分けっぽいですね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サーナイト 「アリスに関しては私が考察ミスってしまった結果ですね」
まつや 「やだこの毘沙門天イケメン… 
牛丼もってこのシリアスに乱入したい」
アリス 「3回めは、灰になったので蘇生できませんでした」
シェゾ・ウィグィィ 「これだけ言っといて文とか入れたら草不可避」
リグル 「牛丼wwwwwwwww」
アリス 「しかし、俺の一番の心残りは吊られたことなんかじゃあないさ」
「石投げ込んでやりましょう石」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
サム 「文、頼むぞw」
アリス 「遺言をな……遺せないこと、だろ>心残り」
サーナイト 「ただ、アリスよりは文吊りたかったですが、あの日は・・」
サム 「おっしゃ!」
四季映姫 「引き分けなら私大勝利ですね」
パチュリー 「綺麗に青春してるわね」
リグル 「あっ・・・<イタコだから正体ばらせない」
アリス 「だいたい、俺は出題者を希望したはずなんだ……!
よりによってイタコとか、おかしいですよカテジナさん……!」
マヤ 「アルスは良い人だよねー
マヤだーい好き♪」
小野塚小町 「遺言のないできない夫なんて・・・ただのトッププレイヤーだ(起床の挨拶」
サーナイト 「うーん、まあ今回は詰めが甘かったというか
狼の博打を褒めるべきか・・」
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
マヤ 「あれ? 悩んじゃってる?」
リグル 「おっはよー
毘沙門天に漢を見た」
シェゾ・ウィグィィ 「そうか何か変だと思ったらできない夫特有のネタばらし」
コンゴウ 「アリス吊りではなく美鈴を吊るべきなのが失敗>サーナイト」
サム 「村は十分詰めれたと思うよ>サーナイト」
マヤ 「シェゾはまつやの○だったもーん
美鈴優先しよーよー」
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルーミア 「まあ、別にここで裏切るのも一つの道だとは思うけどね」
アリス 「俺に口寄せしてみろ>イタコ
遺言で遊ぶぞ」
コンゴウ 「あきらかに村有利であったのに対して、あんな騙りなど簡単に見破れた。
いや見破ろうとしなくてもケアできた位置だ」
サーナイト 「アリスを吊りルートに入れてたのは確かですが
私は文の後って言ってます>コンゴウ」
やらない夫 「指定ミスだな、本当に済まないだろ・・・」
パチュリー 「アリスなんで吊ったのか謎」
シェゾ・ウィグィィ 「よし、引き分け」
アリス 「毎日のようにコスプレしたAAを送るぞ」
コンゴウ 「ならばそこでちゃんと説得すべきだったな>サーナイト」
再投票になりました( 4 回目)