←戻る
【雛1475】やる夫たちの希望超闇鍋村 [1802番地]
~乱暴する気でしょ!裏鍋みたいに!裏鍋みたいに!~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 霧の提督GM
 (dummy_boy)
[殉教者]
(死亡)
icon 古明地さとり
 (mob)
[響狐]
(死亡)
icon ワグナス
 (nnm◆
Lt.nnmDL3AV3)
[霧狼]
(生存中)
icon めぐみん
 ($◆
ZZQhvypOfk)
[人馬]
(生存中)
icon こいし
 (◆
quaAwStKFA)
[人狼]
(死亡)
icon 無残
 (はんなり◆
hannariBX.)
[幻視者]
(生存中)
icon 大神さくら
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[陰陽師]
(死亡)
icon 伊19
 (紅まりも◆
av5yOmwPyQ)
[頭人]
(死亡)
icon 雪華綺晶
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[屍鬼]
(死亡)
icon おぬし
 (0w0◆
0RbUzIT0To)
[厄神]
(死亡)
icon シレン
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[魂の占い師]
(死亡)
icon 十六夜咲夜
 (空澄姫黒曜◆
z1XhdJ.lxM)
[天人]
[恋人]
[共感者]
[能力喪失]
(生存中)
icon 緑のヒゲ
 (Glace◆
TZ.gEvN5.o)
[村人]
[感染者]
(死亡)
icon 早苗
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[封印師]
(死亡)
icon やらない夫
 (ルカエバ◆
eyndF0VEv.)
[占い師]
(死亡)
icon コンゴウ
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[潜毒者]
(死亡)
icon 筒隠月子
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[夜行鬼]
(死亡)
icon ノエル
 (悶々◆
Frost/adA6)
[天使]
(死亡)
icon シロエ
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[餓狼]
[恋人]
[共感者]
(生存中)
icon ブラック羽川
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[冥狼]
(生存中)
icon 霊夢
 (ベン◆
l0inEB.9TE)
[人狼]
(死亡)
icon メディスン
 (B.A.D.◆
Friend9Sig)
[黒狐]
(生存中)
ゲーム開始:2014/01/24 (Fri) 23:42:52
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営6 妖狐陣営3 キューピッド陣営1 吸血鬼陣営1 鬼陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
霧の提督GM 「あばああああああああああああああ」
霧の提督GM 「え、なんで出てるの>魂」
霧の提督GM 「というか、出る意味がまったくない。ラインもできてないのに」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧の提督GM 「お疲れ様」
こいし 「ふむ」
こいし 「お疲れ様」
霧の提督GM 「なんというか検討会でいろいろと物議をかもしそうである」
こいし 「狼と天人の恋人か。真証明位置を取れたと思えば」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「ノイズも上手い事生き残ればそのままやり切れる事は多いから・・・
今回は失敗したけれどね」
こいし 「魂についてはわざとラインをつなげるよう遺言を残しておいたから・・・」
霧の提督GM 「こいし吊る位置かな、と思うぐらいに票があつまった感じである>こいし」
こいし 「恋人3票村4票ですし。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
こいし 「あ”っ」
コンゴウ 「む……噛まれるか
仕方ないな……お疲れ様だ」
コンゴウ 「おいいいい……>占い師露出」
こいし 「それ出したらアカンやつや(震え声)」
霧の提督GM 「お疲れ様」
霧の提督GM 「正直、言って本気で最悪だだなこの魂ww」
こいし 「あまりGMが言うべき言葉ではない…と諌めておこう」
霧の提督GM 「うん、解ってるのだが・・・うん>こいし」
コンゴウ 「最悪などと言ってやるな……口は禍の元とは人間の言葉だろう>GM」
こいし 「私についてはRP優先でお姉ちゃんprprしていたら吊られてたので最悪と言われても仕方ないんだが・・・」
霧の提督GM 「そうだな、理解不能って言うべきだか>コンゴウ」
こいし 「それを言うのは狼仲間であって、GMではないのだよ
シレンについても同様なんだと、思う。」
霧の提督GM 「こいしのRPはあんまり見てなかった(真顔」
コンゴウ 「機転が効かん者もいる」
こいし 「何より闇鍋の役職は多くて慣れてる人でもやったことない役職の動き方が分からず失敗する事は多いんだから
初心者を排除する事につながりかねない発言は避けるべきだよ」
こいし 「と、もうこの村終了までの真面目成分を凝縮した発言をしたので」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「去ろう」
霧の提督GM 「軽卒は発言だったな、謝罪をしよう>こいし」
コンゴウ 「これで咲夜天人結果だと面白いな」
こいし 「私ではないのだ。シレンなのだ。今まさに試練を乗り越えようとしているシレンなのだ。」
こいし 「シレンだけに、試練・・・なのかも、知れん」
霧の提督GM 「(・・・そこは言うのよせよという顔)」
コンゴウ 「こいしへの投票か
感情吊りな部分もあるが……人外探しではなく吊り先探しに見えたのでな
狂人かQPかと思って投票した」
こいし 「ちゃんと反応を見て探していたよ
占い師とか狩人とか。」
コンゴウ 「人外に誘導していないならやはり怪しいだろう>こいし」
こいし 「なぁに、下界じゃ人外も村人も似たようなもんだ」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧の提督GM 「綺麗に割れたなあ」
こいし 「では去るよ
村建てありがとう
さらばだシレン 旅立ちの時 さらばだきらきしょう 名前の変換やりづらいんだよどうにかしろ。」
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
こいし 「生きろ霊夢 その忌まわしい狩人COとともに」
コンゴウ 「おや」
霧の提督GM 「お疲れ様、参加してくれてありがとう>こいし」
コンゴウ 「お疲れ様だ>こいし」
霧の提督GM 「また!?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
こいし 「もっとヘイトアピールをしつつ生き残るようなそういうプレイを目指したい1月の夜」
霧の提督GM 「お疲れ様」
雪華綺晶 「あら、こいし狼」
こいし 「狼だと思った?残念可愛いこいしちゃんでした」
コンゴウ 「狼の噛み先候補に私の名前があるなあ……何がそんなに気に障ったのか……」
こいし 「崇めてもいいよ」
コンゴウ 「御苦労」
雪華綺晶 「正直この配役じゃ飼ってる余裕は無いのでしょうが」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
雪華綺晶 「しかしまぁ、初日殉教者。
ある意味殉教」
雪華綺晶 「きらきしょう ですわ >やらない夫
ローゼンメイデンも昔の話なのですかね」
霧の提督GM 「笑ってくれて、かまわんよ・・・>きらきー」
雪華綺晶 「憑狼警戒ですかね? >陰陽師
占い先になりそうなさとりではなく」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
霧の提督GM 「お疲れ様」
コンゴウ 「ふむ……銃殺されるよりはやらない夫噛みで吊り先を確保するのが良いか
そして能力喪失するのだな、天人」
やらない夫 「お疲れ様だろ・・・
まあそんな予感はしてた」
コンゴウ 「御苦労」
やらない夫 「あー、あれできらきしょうって読むんだな
きらきーっていうのは聞いたことあったんだけど」
雪華綺晶 「恋人になると天人ではなくなりますからね」
コンゴウ 「……どういう事だ?>さくら」
霧の提督GM 「いや、さとり噛む理由がないだろう・・・」
雪華綺晶 「さぁ、何かよろしくない物が見えてるのでは? >呪術師がいる」
雪華綺晶 「あぁ、魂GJ+やらない夫逆銃殺?」
雪華綺晶 「それの想定っぽいですね >呪術師がいる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
雪華綺晶 「まぁ、1W吊ったら普通の内訳の狼でもさとりは多分噛まない。
今回なら、数がまずくなったら餓狼でも使うでしょうし」
霧の提督GM 「リアルに頭痛くなってきた」
雪華綺晶 「いやぁ、その意見は夜の解説見ても賛同は不可能 >空澄姫」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霊夢 「お疲れ様」
コンゴウ 「御苦労」
霧の提督GM 「お疲れ様」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
コンゴウ 「やってみるか>囁き+憑狼のコンボ」
コンゴウ 「……私かな?>ヒゲ」
霧の提督GM 「相当限定された条件となるんだがw>コンゴウ」
霊夢 「狂人噛みの可能性を消せる・・・
うーん、全くわからないではないけれど、正直真狩人けどやりたくはない>十六夜」
雪華綺晶 「いれば、いろいろやりたい放題なんですがね >コンボ」
コンゴウ 「まあ……やらん方が強くはある>囁き+魂
魂の村位置が残り続けるという問題もあるからな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない夫 「そういえばログ見てみたら魂占いって護衛制限ないんだな
強役職だからてっきりあるのかと思ってたんだけど」
霊夢 「噛まれない違和感を消すには狩人騙り2を出しましょう(提案
まぁがっちがちに相談してないと無理でしょうけど」
雪華綺晶 「この配役、吊り足りないんですけど >吸血鬼吊り
まぁ、さとり残すなら知りませんが」
霊夢 「あと、その狂人私によこしなさいよ
というか狼みんな狂人希望で吹いたわよw>GM」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
コンゴウ 「審神者にはあるがな>護衛制限
魂の占い師は……気が付くと自分以外全員が人外だったりする役職だ」
霧の提督GM 「お疲れ様」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
霊夢 「お疲れ様」
雪華綺晶 「グレーの憑狼を魂遺言で動かして、囁きに占い結果
囁きは噛む という形になりますかね。 これなら狩人いても問題なし」
コンゴウ 「御苦労>魂の占い師
……あそこは潜って結果を溜めても良かったぞ?
狩人が居れば強かったが……それと占い師を引いた時は
誰かを明かさない方が良い」
こいし 「言い忘れが一つ」
シレン 「お疲れ様」
雪華綺晶 「私も狂人希望だったんですが・・・・
でも殉教者は・・・・・・ >霊夢」
こいし 「と思ったが既に時お寿司」
コンゴウ 「狩人が居るなら魂と占い師を護衛するだろうさ」
霊夢 「日記が濃すぎて読めないわよw>ノエル」
雪華綺晶 「背徳者は嘘つきが出るので ある意味あっている」
シレン 「言わなかったら吊られそうだったしなぁ」
コンゴウ 「こんな時の一寸法師だな」
霧の提督GM 「ネタまみれwwwww>ノエル」
雪華綺晶 「ですから魂は表でCOせずに、グレーで噛まれたのを装うのです。」
シレン 「狐見つけたし飼って進行でいいと思ったんだ」
やらない夫 「日記が薄すぎるのもあれだけど
そっちの方面で濃くされても逆に読みづらいなw」
こいし 「キツネを飼う進行は残り狼数が明確に分かっているか、恋人鬼など第4陣営がいない場合でナイト成立しないことが多い<シレン
言い残しはそれだけだ」
コンゴウ 「占い師を引いた、となれば皆納得するさ>シレン
名前は伏せるで良いよ」
こいし 「改めてお疲れ様だよ
れいむぅはごめんね」
霊夢 「狐1と魂じゃ吊り合わないわね
狩人がいればお釣りがくるけれど>シレン」
雪華綺晶 「ノロウィルスには気を付けませんといけませんわね >日記」
霧の提督GM 「>ボクオーン「ノエルは虹嫁を選ぶ時、下半身にクるのを選ぶむっつりスケベじゃと」
wwwwwww」
霊夢 「まぁそんな時もあるってことで、仕方ないわよ>こいし」
雪華綺晶 「まぁ飼いというのはままなりませんわ >シレン
ほら、今回は餓狼もいますし」
霧の提督GM 「なんで暴露してんだよwww」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霊夢 「ノエルが完全のおっさんねw」
雪華綺晶 「こいしさんは、大声誘導はいい加減控えた方が良いのかも知れませんね。
筋通って無くて勢いだけに見える場合ありますし」
シレン 「ワグナス吊れば餓狼冥狼で行ける」
コンゴウ 「餓狼がいるんだろう?
狩人相互……ふっ、魂が噛まれている時点で無理か」
霊夢 「とりあえずノエル噛んで羽川を非狼位置にしましょう
冥だけでも残ればまだ希望はあるわ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧の提督GM 「お疲れ様」
コンゴウ 「あのなしは結果無しであって占星術結果ではないだろう
そもそも、嘘吐きで狩人日記が出てくるようなら疑って良い」
雪華綺晶 「非狼位置にはならないかと
○じゃないですし」
伊19 「あい、お疲れ様なのー」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
霊夢 「お疲れ様」
コンゴウ 「お疲れ様だ」
霊夢 「あ、占星術師結果じゃなかったのねw>雪華綺晶・コンゴウ」
霧の提督GM 「なんだか・・・すごく、ネタ村臭が・・・ただよってます」
シレン 「お疲れ様」
伊19 「・・・ん、真占いはもう残ってないっぽいの?
そこはうれしいお知らせなの!恋人だけどうにかできればいいのー。」
シレン 「餓狼はいるけどな」
雪華綺晶 「無残さんがどうも死んでる様に見えてしょうがない」
霧の提督GM 「あの餓狼は狐を噛まないよ、恋人だから」
伊19 「噛みローテに参加できない的な意味でそこは封印出来たようなものっぽいと思うの >シレン」
霊夢 「相方狼なのに飽和狙いしなくていいのかしらね、あの子
ワグナス吊るって」
やらない夫 「ぶっちゃけアイコンはほとんど見ないから無残は気にしない
それより名前が似通っている方が俺は間違いやすいな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
雪華綺晶 「別に相方噛む訳ではないし、
餓狼に任せる状態になって、餓狼が別の所噛んでも死体無しですし・・・
それやるぐらいなら餓狼は普通に狐噛むべき時には狐を噛むのでは?」
シレン 「どちらかと言うと冥切り捨てじゃないかな」
シレン 「やるなら」
霊夢 「冥切り捨てるなら飢でしょ・・・
死体全く出せないわけじゃないわ>シレン」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
霧の提督GM 「お疲れ様」
コンゴウ 「御苦労」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
古明地さとり 「あら」
霊夢 「お疲れ様」
伊19 「おつかれさまなのー」
霧の提督GM 「鬼が動き出したか」
緑のヒゲ 「おっとお疲れ様」
雪華綺晶 「咲夜は他の狼は分からないので
ワグナスを狼と思ってるかどうかは不明ですね」
シレン 「餓狼は狐用だろ」
シレン 「お疲れ様」
雪華綺晶 「あ、攫った」
古明地さとり 「あ、背徳者
なるほど、ありがとうございます>19」
霧の提督GM 「その餓狼が恋人になってるのが見えてないのか?>シレン」
緑のヒゲ 「餓狼マジでいるじゃないか(驚愕)
まぁ真真ラインだと思ったけど一日決め打ち遅らせたのは申し訳ない>魂ライン」
シレン 「噛まれなきゃ怪しいだろ相談して」
伊19 「いえいえ、イクは割と魂出た時点でどーしたらいいかわかんなかったから
ゴリ押しで暴れてみただけなのー >さとり」
霧の提督GM 「ノエル・・・もう日記いいのにwww」
シレン 「お疲れ様」
霊夢 「よく見たらワグナス私に投票してたわね
なるほどちょっと納得」
緑のヒゲ 「そしてめぐみん村陣営・・・あぁこりゃひどい(震え声)」
古明地さとり 「恋人いて狐質はそもそも成立しません
吊り数も足りてますし」
霧の提督GM 「まああとで言われるだろうけどもシレンの動き方はまずかった。」
緑のヒゲ 「さとりどっかで吊るつもりだったけどね
あぁは言ったけど狐質って鍋でできんの?って思ったし」
霊夢 「この遺言ワグナスとノエル間違えてるわねw」
霧の提督GM 「たぶん本人もわからんくなってそうw>霊夢」
シレン 「人外多いから狐盾でいいかなーって思って」
古明地さとり 「できますけど
そもそも狐が噛めたりするんでやめた方がいいと思います」
やらない夫 「正直間違えるのも仕方ないだろ>ノエル、ワグナス
ノエルのRPの中にワグナスが入っているし」
コンゴウ 「狼は6だ>シレン
8等ならば狐質は有効だが……6ではな……」
シレン 「勢いでやってしまった」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霊夢 「もうあれ誰かわからないレベルよねw>やらない夫」
コンゴウ 「狼も恐らく狐を噛む余裕が生まれん」
緑のヒゲ 「狐盾するような配役でもないしね、村不利っぽくはあるけど
狼が極端に有利かといわれるとそうでもなく」
霧の提督GM 「勢いというか、初日のグレラン避けにCOしたと思うのだけど違う?
ここ最近、ずっと初日になにかCOしてグレラン避けしてるの多いと思う>シレン」
古明地さとり 「ていうか人外に自分から出てきてもらうって楽しいです?
私はあんまし・・・」
シレン 「狐じゃなかったら出なかった」
緑のヒゲ 「まぁライン2繋がった時点で霊夢吊るべきではあったんで反省しないとなぁ」
コンゴウ 「ワグナス!」
雪華綺晶 「狐人質上手くいったのって、私が預言者で狐勝利目前見た時と
あと何でしたっけー まぁ残り6人で不自然な死体無しとかですかね
狐人質というよりは、告発待ちレベルですが・・・

不確定要素が多すぎるんですよね 狐人質。」
シレン 「吊りが厳しいし使えるかなーって思って」
霧の提督GM 「狐質なんて、村が狼より有利状況でないと結局は成り立たないし、
そもそも初日でグレーがまったく詰まってない状況で通るわけがない。」
コンゴウ 「組織票で月子が吊れそうか……」
コンゴウ 「延長を」
コンゴウ 「危険だ」
緑のヒゲ 「まぁ響狐まではよかったと思うよ
ただやらない夫の結果を伝える必要性は多分ない」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霊夢 「魂が初日にCoしていいのは
たぶん狩人見つけた時だけ
そんで指揮権奪って指定する」
コンゴウ 「時間が危ないぞ」
霊夢 「ワグナァス!?」
コンゴウ 「ふむ……」
シレン 「そこはうっかりしてしまった>緑のヒゲ」
シレン 「ヒゲ最初に占っておけばよかったな」
雪華綺晶 「よく分からないのに手を出すと、大体暴発しますねぇ >やってみたかった

とりあえず共有で潜ってみましたとか
霊能で初日にCOしてみましたとか そういうレベルに聞こえますけど・・・」
やらない夫 「人外の組織票による鬼吊りVS村陣営による狼吊り
さあどっちが吊れるか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
雪華綺晶 「ワグナス吊れたら面白いことに」
緑のヒゲ 「まー多分僕も次占われるだろうなとは思った>シレン
問題なのは何も能力がない村だったことなんだけど」
霧の提督GM 「お疲れ様」
霊夢 「お疲れ様」
コンゴウ 「天使が月子に入れた」
コンゴウ 「御苦労」
緑のヒゲ 「お疲れ様」
雪華綺晶 「お疲れ様でした」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
霊夢 「首の皮一枚ね・・・これ」
筒隠月子 「あっちゃあ
お疲れ様です」
伊19 「おつかれさまなのー」
シレン 「お疲れ様」
コンゴウ 「いかんなあ……」
古明地さとり 「鬼吊れた」
雪華綺晶 「やる前に、リスクと、そのリスクを背負いながらどこまで利益を引き出せるか
悪い点分かってて、そこを抑えながら良い点ばかり前にでる様に案があるなら構いませんが

やってから考えようは、何がおきても知りませんー という話」
緑のヒゲ 「実質村鬼吊り・・・狼か狐かどっちかの勝負かね
恋人はどうだろうね、咲夜噛まれそうだけど」
コンゴウ 「人狼の組織票らしい>月子」
霊夢 「正直、何もない素村とか占っていったほうが魂は有用よ>ヒゲ
強い役職露出させちゃダメなのはこの村みても分かる通りね」
伊19 「もう一人のご主人がんばれー!なのー!」
筒隠月子 「生きていたらシロエ攫いだったんですけどね
ちょーっとここで私吊りは吃驚です
真面目にめぐみん庇いしたのになんででしょう?」
緑のヒゲ 「まぁ本当に素村って僕くらいだしね>霊夢
そういう意味ではよかった
・・・残った村の役職みると大体価値が変わらないのが泣ける」
筒隠月子 「だいたい無残のせいかにゃん
何狙いで投票したんだろう?」
コンゴウ 「組織票で月子に集めるという人狼の作戦勝ちだ>月子」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
シレン 「めぐみんとか占えばよかったなやらない夫は」
シレン 「やらない夫の時はだ」
古明地さとり 「組織票はこういうときに生かされますね」
霊夢 「無職なんてみんな一緒よ・・・>ヒゲ」
筒隠月子 「組織票かー
それでも3票だからやっぱり無残の票が原因かにゃん
シロエも怪しいって思えていたんだけどにゃん」
シレン 「初日占いで動向探るのは無駄かな?魂って」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
雪華綺晶 「初日占いはもったいなさ過ぎます
精神鑑定とかならともかく」
霧の提督GM 「お疲れ様」
おぬし 「おと、噛まれたでござる」
霊夢 「無駄ね
ラインも何もあったもんじゃないわ」
筒隠月子 「お疲れ様にゃん」
緑のヒゲ 「一応僕も魂やったことあるけど>シレン
まぁグレー占ったほうがいいと思う。死んでる奴占ってもなぁ」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
おぬし 「お疲れにござるー」
霊夢 「お疲れ様」
伊19 「おつかれさまなのー」
コンゴウ 「未亡人にはなれるだろうな>シレン
ただ初日にCOするようなら吊るすが>未亡人CO」
霧の提督GM 「初日占いなんかして信用取れるのかと言いたい」
コンゴウ 「御苦労」
緑のヒゲ 「お疲れ様」
雪華綺晶 「数少ない村人に特攻が」
シレン 「お疲れ様」
コンゴウ 「普通に灰占いで良いように思う>シレン」
霧の提督GM 「ノエルェ・・・」
緑のヒゲ 「・・・あれ?もしかしてワグナスとノエル間違えてたの僕かな?(震え声)」
シレン 「いや潜伏の時だよ」
筒隠月子 「魂は好き勝手動いても村とライン作れるから
好き勝手動けばいいにゃん
…まあ、どうせなら結果を増やしてから出てほしいのだけど」
シレン 「数整理には使えるかなって思って」
霊夢 「魂は村とライン構築してなんぼよ
人外しか占ってないと、信用もらえない時もあるんだから
潜伏してようと一緒>シレン」
緑のヒゲ 「初日を占ってどうしたいのかが問題>シレン」
霧の提督GM 「逆にさ、自分がそれをしてる人見て、信用できるん?>シレン」
雪華綺晶 「ちょっと、人に聞く前に
メリットとデメリットを貴方の口から上げて頂きたいですかね >魂が初日占う」
コンゴウ 「個人の趣味にはなるだろうな>初日確認
聖徳道士、未亡人騙り等が居れば対立となるが……どうせ初日の役職は死んでいる」
筒隠月子 「魂を疑う人はいないにゃん
それはラインを作るのがとても難しいから
だからと言って初日から出たらちょっと難しいかな
だって結果が一つしかないからあてずっぽうなんじゃと言われたらそれまで」
シレン 「初日鬼やら狂人やQPの確認かな」
やらない夫 「初日占いって基本的に悪手だろ
初日がプレイに関わることはまずないんだし」
シレン 「逆にデメリットは結果が一つグレー無くなることだけど」
霊夢 「確認しても、それがいい情報になるかどうかは
未亡人の扱いみてるとわかると思うわ>シレン」
緑のヒゲ 「実際騙りで初日飛び出る魂見たことあるからなぁ
即信用できなかったのはそのせいなんだろうけど」
霧の提督GM 「それをやる意味が無いって言ってるんだよ。
そしてそんなことをやった魂の占師を信用できない>シレン」
筒隠月子 「だから潜っていて欲しかったかな
魂はラインを繋げることができる占いというだけで
占いとは動きが変わらないほうがいい」
霊夢 「ノエルとワグナスのBLですって・・・>ノエル」
緑のヒゲ 「しっかしこのGM。魂出しすぎである
3回目かね?」
シレン 「恋人警戒しないだけでも村とか信用できるが」
シレン 「QP発見の場合」
おぬし 「どっちが攻める方でござろうかな?(興味)」
シレン 「こっちしてんな」
霧の提督GM 「俺に言われても、その困るwww>緑のヒゲ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
シレン 「魂は占い先によるんだから噛み合わん時は噛み合わないし」
緑のヒゲ 「下界で枠制限の話になってるけど
実際枠制限ってあるの?」
コンゴウ 「QP確認というのは……まあ初日であれば情報にはなるか
なるが……いないならいないで恋人を気にせず進行して勝てると言う事だな……
ふむ……初日占い師くらいだな、情報となるのは>初日確認」
筒隠月子 「村にとっては意味ないかな>シレン
魂だけが恋人ないね安心安心していても
村はそれが事実かどうかわからない
逆にそれがQPっぽいと言われかねない情報だね」
霧の提督GM 「占いは最大4、ほかは3枠って話>緑のヒゲ」
霊夢 「その噛み合わせ用すらないのが問題ね
噛み合う可能性があるなら灰占ったほうがましよね?>シレン」
古明地さとり 「同系統役職3人までだったはず」
緑のヒゲ 「最大4か、じゃあまだ繋がってるね>GM
もっともシロエは偽なんだけど」
霧の提督GM 「で、だから?としか言われないし「おまえ恋人だろう」って言われるよ>シレン」
やらない夫 「村陣営の役職は系統ごとに最大3枠
占いは固定1枠含めて最大4枠とか聞いたことがある」
コンゴウ 「占い師系ならば四人……というのが経験則だな
保証枠+3人という意味で
ただ、霊能だけで四人出たという話もあるので話半分にしておいた方が良い」
おぬし 「GM殿は少し口調がキツいように思えるので、少し柔らかくしていただけるとよいと拙者思う。」
雪華綺晶 「霊能4出たことありませんでしたっけ 記憶違いならすいません」
シレン 「ライン繋がったらそれで情報だろ魂なら」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
筒隠月子 「お疲れ様」
早苗 「お疲れ様でした」
霧の提督GM 「あー・・・ごめん>おぬし
なんかそういやあったような気がしなくもない>きらきー」
伊19 「おつかれさまなのー」
霊夢 「だから初日占っても誰とつながるのよw」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
おぬし 「お疲れにござる」
霧の提督GM 「お疲れ様」
緑のヒゲ 「だからこそ初日占う必要がないのさ>シレン
初日とラインが繋がることがないもの」
緑のヒゲ 「お疲れ様」
霊夢 「お疲れ様」
シレン 「未亡人と合わせてやる感じでもいいと思うけど」
筒隠月子 「初日占いはそのラインが繋がらないよってこと>シレン
初日が何だったかだなんてどうやってラインを繋げればいいの?」
コンゴウ 「御苦労」
早苗 「これ人外飽和の恋人勝ち濃厚ですよね」
緑のヒゲ 「未亡人出るとは限らないんですがそれは>シレン」
霧の提督GM 「ですなー>早苗」
早苗 「どう見ても恋人殴ったから天使から●もらったようにしか思えないんですが…」
コンゴウ 「上限枠を超えてるぞ、というのは非公開情報だ
なのでそれで推理するのは……まあ本来ならばやめた方が良いのだろう」
緑のヒゲ 「3w1f 恋人噛みした場合7人2w1f
恋人勝てそうね」
シレン 「いや未亡人の効力と同じような形だな
初日だと+うらないすればいいじゃん」
霧の提督GM 「正直、あんまり意味ないと思うんだよねえ、それ>コンゴウ」
筒隠月子 「恋人が死亡しても2w1fいるからね
厳しいかな」
雪華綺晶 「まぁ、後半に飛び出て他の村と繋がった状態なら 初日QPとかの情報は信用できますが

多分村はこういうでしょう「初日占いなんてもったいない」と。
それこそ村占って信用できる位置増やすなり人外当てるなりしないと
手数が足りなかったというのは発生する」
早苗 「ワグナス2回投票してれば封印できたんですね、残念」
おぬし 「ファッ!?GM殉教者……」
コンゴウ 「魂の後に未亡人が出る事もできる、舌禍狼も初日の役職を知る事は可能だ
無意識に見えていれば和蘭人形と子狐や狐からもわかる
この村では屍鬼も居るが」
霊夢 「魂が未亡人騙りして潜伏・・・
うーん、初日吊られても文句は言えないわねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない夫 「あれ、ワグナスって封印対象だっけ?」
おぬし 「つまりここから狼が勝てばGMも勝ちでござるな(ドヤ顔」
緑のヒゲ 「幻狼・抗毒狼・仙狼・響狼・舌禍狼・犬神・罠師・尸解仙
幻狐・宙狐・翠狐・仙狐・憑狐・狡狐・邪仙・夜刀神」
霧の提督GM 「堕天使じゃないっけ」
霊夢 「ワグナスは特に失う能力ないわよ?」
シレン 「未亡人騙りはさすがにしないよ>霊夢」
コンゴウ 「幻狼だな>封印対象
霧は常時発動だ」
早苗 「あ、霧だから違うか>ワグナス」
筒隠月子 「ぶっちゃけいなくなった人を考えて持ってことですね>初日占いの是非
初日が何であれ脅威には足りえないので
初日占いを確認したところでそれがどうしました結果をもっと増やせ
と言われるに終わりますから」
霧の提督GM 「・・・よく見るといい。能力は、発言して、いない!!!>おぬし」
やらない夫 「この村に封印対象はいないっぽいな」
おぬし 「おお、もう……(絶句)>GM殿」
霊夢 「いや、しないならなおさら未亡人の効力と同じ結果はもったいなくないかしらね?>シレン」
緑のヒゲ 「初日占いであることを警戒するなら出た後の占いから審議を図ったほうが
早い気がしないでもない」
霧の提督GM 「GMのときはどうでもいいんだけどさw>おぬし」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
やらない夫 「お疲れ様だろ」
筒隠月子 「お疲れ様です」
雪華綺晶 「QPいなかったら、あぁいなかったね 良かった で終わるので別にそういう情報は価値が低い
鬼初日いないで鬼の騙りが発生? 騙りを占えば普通に区別つくでしょう

初日の情報のメリットが、生存している村・人外の鑑定結果で得られるメリットより遥かに低いと私は思います」
緑のヒゲ 「お疲れ様」
伊19 「おつかれさまなのー」
大神さくら 「おおう・・・」
霧の提督GM 「お疲れ様」
大神さくら 「おつかれさま」
早苗 「お疲れ様です」
霊夢 「お疲れ様よ」
おぬし 「お疲れにござる」
シレン 「お疲れ様」
コンゴウ 「御苦労」
霧の提督GM 「これは・・・恋人勝利かなぁ」
緑のヒゲ 「ノエル、無残ランになって
恋人勝利かなぁ」
古明地さとり 「魂は生きてる村占う方が強いですよ
結果だけでどんどん仲間できるから」
やらない夫 「ノエル・・・毎回その日記書くの辛くないか?」
コンゴウ 「楽しんでると思うぞ>やらない夫」
大神さくら 「ノエルの日記にはスービエが居ない・・・毎回な」
霧の提督GM 「ありゃあ楽しんでると思うなあw>ない夫」
シレン 「司教と整理とかもできるよ」
緑のヒゲ 「RPと推理の両方を楽しめるのが一番面白そうだね
ノエルさんは楽しんでうらやましい」
霧の提督GM 「たらればで話すのは意味ないからね。そして今回のケースをちゃんと振り返ること>シレン」
霊夢 「きっとノリノリでしょうねw
ノエルみたいなRPできる人は本当に尊敬するわw
見ててすごい楽しいし」
シレン 「考えてみれば」
筒隠月子 「まあ、なんていうか無理に理由を作らないでいいと思いますよもうw>シレン
普通に灰を占って結果を増やしたほうが強い
というのはあんまり変わりませんから」
雪華綺晶 「メリットがある ないの0か1で考えるではなく
「そのメリットの得点ポイント」・・・つまりどれだけメリットがあるかという量での考え方ですかね
定性的ではなく定量的というべきか。
悪い点があるから悪い、良い点があるから素晴らしいのではなく、
良い点が悪い点を上回ってないなら有用ではないという話」
やらない夫 「いや、まあ楽しんでいるならいいんだよw
しかしふたり以上を同時に演じるRPって難しそうだよなーと思ってるから
あの人数でRP出来るのは正直羨ましいわ」
おぬし 「ふたりどころか7英雄でござるからな」
霧の提督GM 「RPっていうか、ある程度文体決まってるからなああれw>ない夫」
筒隠月子 「2人ならできる。3人ならちょっと厳しい
4人以上は確実にこんがらるかな」
シレン 「占いはあんまだし私は」
古明地さとり 「3人しか出てきてないですよね?
あれ7英雄じゃなかったでしたっけ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霊夢 「スービエと誰がいないのかしらね?」
大神さくら 「恋人勝利かな、これだと」
古明地さとり 「あら恋人勝ち」
筒隠月子 「そうやって諦めちゃいけませんよ>シレン
やらないといけないこととできればやったことがいいことを分けて
それを確実にやっていこうというふうにしてみたらどうでしょう?」
おぬし 「七英雄(七人いるとは言ってない)」
大神さくら 「グンダーク辺りか?」
緑のヒゲ 「リア充勝利、くっ」
伊19 「うおー、恋人勝ちなのー?」
早苗 「恋人殴ってたのに―!!
天使に阻まれましたかorz」
雪華綺晶 「狼吊れそうにないですわね」
おぬし 「ノエルマジ天使」
霊夢 「ダンターグっていなかったかしら?」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
緑のヒゲ 「ノエル無残ラン(絶望)」
やらない夫 「どっちが吊れても飽和して恋人勝利になるか」
古明地さとり 「咲夜が強い」
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
コンゴウ 「そうだろうか?>シレン
占い師の痛手を負わされた事は何度もあるぞ」
伊19 「ひっきーわけ!ひっきーわけ!」
早苗 「ひっきーわけ!ひっきーわけ!」
筒隠月子 「シロエを何とかできればよかったのですけど
QPがうまく庇いましたね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました