←戻る
やる夫たちの希望超闇鍋村 [1904番地]
~希望という名の妄想する~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM秘密会話あり自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeB:平等村)[B]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ミスト
(生存中)
icon トンファー
(生存中)
icon エラー猫
(生存中)
icon ドヤが夫
(生存中)
icon フェルナンデス
(生存中)
icon スター
(生存中)
icon プラチナ
(生存中)
icon ザ・ワールド
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon キュウべぇ
(生存中)
村作成:2014/02/19 (Wed) 20:52:05
GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は狢・妖精系のみ禁止
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。
・秘密会話が入れてあります。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り

【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。」
GM 「21:30あたりを想定しています」
GM 「では、報告に。」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
博麗霊夢 が幻想入りしました
博麗霊夢 「よろしくー」
エラー猫 が幻想入りしました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ミスト」
エラー猫 「よろしくだにゃん」
ミスト 「ミスト さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 5841 (ミスト(カブ))」
ミスト 「いらっしゃいませ。」
ドヤが夫 が幻想入りしました
ドヤが夫 「少人数になりそうな村こそ、新しいRPを試すチャンス」
ドヤが夫 「・・・だろ?(ドヤァ」
ミスト 「村を立ててから人が来るまではどきどきしますね」
エラー猫 「そうだにゃー>ドヤが夫
少人数こそ色々試すべきなのにゃ
後は決闘」
ドヤが夫 「オレは一番乗りは譲る事にしてるんだ
奥ゆかしいだろっ?(ドヤァ」
フェルナンデス が幻想入りしました
フェルナンデス 「ヨロシクデス!」
ミスト 「あら、丸くてかわいらしい。」
博麗霊夢 「これはあれか、表の鍋と最弱探偵に挟まれて人がほとんど来なさそうね」
フェルナンデス 「お昼のマスコットとは関係ないデス」
エラー猫 「あー、最弱がそう言えばあったかにゃ―>霊夢
元々言って無いから忘れてたにゃ…
まああぶれたらこっち来るかもしれにゃいけど」
ミスト 「鍋にあぶれた人がいないかなと思って建ててみたのですが……」
ドヤが夫 「今の鍋で死んだ人はこっちに入っていいんだぜ?(チラッ」
フェルナンデス 「いつもぼーっとしてたら鍋に乗り遅れるのデス
ありがたいのデス」
エラー猫 「あぶれたというか…風呂入ってたら建ってて埋まってたにゃ…
だからヒャーしたんにゃけどね>ミストさん」
博麗霊夢 「もしかして:蘇生がいる>ドヤが夫」
ミスト 「まあ、一度霊界から鍋をじっくり見て勉強しようかという下心もなくはないのですが」
エラー猫 「というか最近魂が大安売りしてにゃいかにゃぁ?
ここ最近で2回でてて、表の鍋で魂遺言とかあったんにゃけど…」
フェルナンデス 「6日目だけど非公開デスン」
エラー猫 「霊界で談話は…結構するにゃね
鍋立ってるなら特攻することもあるけど」
ドヤが夫 「まっ、魂の8割くらいは仕事できないまま終わるんだけどな。」
エラー猫 「人外占う>総攻撃にゃからね>魂は」
フェルナンデス 「強職を持て余すデス」
エラー猫 「よくあることにゃ>フェルナンデス」
ミスト 「さて、どうしたものでしょう。本当に来ませんが」
博麗霊夢 「普通の占いは狼や狐を占って敵を見つけるもの
魂は村側を占ってラインを繋ぐものだと思っているわね」
博麗霊夢 「博麗霊夢 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:博麗霊夢 → トンファー
アイコン:No. 2402 (博麗霊夢) → No. 3182 (トンファー)」
フェルナンデス 「探偵村埋まってるデス」
トンファー
      ∧_∧  トンファーよろしく!
   三. _(  ´Д`)
  三./      )
∩  / ,イ 、  ノ/
| | / / |    (〈
| | | |  |     }
| | | |  ヽ   ヽ’
| |ニ(!、)   \  \
∪  三  /  ゝ  )
   三 /  / {  |
  三/ _/  |  |_
    ヽ、_ヽ {_ ___ゝ」
エラー猫 「開始は30分だからどうせズサ勢も来ると思うしまだ気にするほどのものじゃにゃいにゃ>ミスト」
ドヤが夫 「最弱の方は全部埋まったみたいだな」
フェルナンデス 「急いではないので如何様にも対処するデス」
トンファー 「トンファー時間まで待機!
まあこの時間ならズサ勢が来てもおかしくはない」
ドヤが夫 「おっと、霊夢がネタ臭いアイコンになっちまった。
これじゃあオレだけ孤立してしまうじゃないか。」
ミスト 「……フェルナンデスさんって、どのくらい転がりやすいのかしら」
トンファー 「トンファー新RP挑戦!>ドヤが夫
まあこのキャラがどこまで持つのかが問題ではある」
エラー猫 「にゃーは初めてのエラー猫だけどにゃ
大丈夫だ、問題にゃい!!」
ドヤが夫 「しかたないな、唯一のシリアス系としてがんばるだろ(ドヤァ」
フェルナンデス 「ワタシの必殺技は転がる攻撃デス
すごく転がるデス>ミスト」
ミスト 「敬語や古めかしい言葉を使う人のRPならそれなりに……」
ミスト 「まあ。なんだかかわいいですね>フェルナンデスさん」
エラー猫 「MUGENにもでてよく転がってるにゃ>フェル」
トンファー 「そいつ見かけはなんだか可愛く見えるけど
実際はビルよりもはるかにでかい大きさだぞ>ミスト」
ミスト 「うーん、小さくなってくれないものでしょうか?」
ドヤが夫 「わくわくセブンか・・・そいつの事はよく知ってるぜ(ドヤァ」
フェルナンデス 「デスデスデスデス
巨大化して戦うのデス!」
ミスト 「あ、でも私もこう見えて一人でダンジョン踏破できるんですよ?」
ドヤが夫 「オレも昔はフェイの最終問題に挑んだんだが。
膝に矢を受けてしまっただろ(ドヤァ」
スター が幻想入りしました
エラー猫 「わたしの特技はエラーで相手を強制脱出させることにゃ」
ミスト 「こんばんは」
エラー猫 「いらっしゃいニャー」
ドヤが夫 「隣の鍋は残り9人、吠えはすごく多いが果たしてどうなるか・・・だろ?」
スター 「秘密会話ってのがあるけど特に何かあるってわけでもないよね?」
kari が幻想入りしました
ミスト 「つけてみただけです。私もよくわかってません<秘密会話」
ドヤが夫 「共有や人狼、鵺と鵺付いた先が昼の間にこっそり会話できるってオプション、だろ?(ドヤァ」
フェルナンデス 「ヨロシクデスン」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → プラチナ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6846 (フェイスレス)」
エラー猫 「昼間に夜会話できる人はお互いに他に知られずに会話できるようにゃるだけにゃ>秘密会話」
プラチナ 「やっほ☆」
フェルナンデス 「村人同士では会話できないのデス
共鳴者なら会話できるのデスン
エラー猫 「スターとプラチナが合わさってさいきょーにみえるにゃwww」
プラチナ 「やだなあ褒めるなよう」
ミスト 「プラチナはいい農具を作るのにも必須ですしね。」
ザ・ワールド が幻想入りしました
ザ・ワールド 「なんか乗っかれっていう電波受信したんだけど」
プラチナ 「これは……いい流れじゃあないかい!?」
フェルナンデス 「混ぜるな最強デスーン」
ドヤが夫 「妙な連携を見た(ドヤッ」
エラー猫 「パピヨンでもこにゃいかにゃー…」
トンファー 「トンファーネタ連携!>下3人
お見事である」
ミスト 「うーん、少人数闇鍋でもいいですか?」
ザ・ワールド 「まぁ人増えなきゃしょうがないんじゃない?」
スター 「まぁ特に使う機会はないわね
狼同志ってのは結構有効っぽいけど」
プラチナ 「ボクはかまわないよーん」
プラチナ 「プラチナ さんが登録情報を変更しました。」
エラー猫 「大丈夫だ問題ににゃい>ミストさん
何なら表終わるくらいに合わせて真村を…」
ドヤが夫 「お隣と同時くらいに終わってもう1村でいいんじゃないかな(ドヤァ」
トンファー 「俺は少人数でも構わない>GM」
スター 「あ、鵺が初日昼から陣営を把握できるようになるのか

あと少数なら平等村が付くとうれしいかな」
エラー猫 「エラー猫 さんが登録情報を変更しました。」
ドヤが夫 「まっ、投票は済ませておくだろ。紳士のたしなみとしてね(ドヤッ」
ミスト 「平等村、ですね? 付けてみます」
ザ・ワールド 「と言うかタイトルもちゃんと
【雛1565】やる夫たちの希望超闇鍋村
とかにした方がいいんじゃない?」
ミスト 「システム:村のオプションを変更しました。」
ミスト 「システム:村のオプションを変更しました。」
フェルナンデス 「マイナーすぎてAAがなかったデスン・・・」
ミスト 「オプションを変更しました。もう一度投票をお願いしますね」
ドヤが夫 「球体紳士のAAでいいんじゃないか?>フェルナンデス」
スター 「スター さんが登録情報を変更しました。」
エラー猫 「●
これで簡易AAでおkにゃw>フェル」
スター 「ー●ー
/ \」
ドヤが夫 「他人撃ちで小悪魔が出たら刺す所は決まってた・・・だろっ?(ドヤッ」
フェルナンデス 「これはなかなかいいデスね>ドヤが夫」
ミスト 「ではみなさん、そろそろ準備をお願いします」
トンファー 「全員の投票を確認した、カウントしてもいいか?>GM」
スター 「8人村なら3釣りね 初日飽和もあり得る人数」
ドヤが夫 「オレが三日とかからず終わらせてやる・・・だろっ」
プラチナ 「いつでもばっちこいだよ」
ミスト 「はい、お願いしますね>トンファーさん」
ザ・ワールド 「まぁマニアとかいれば、だろうけどね
陣営的にひどいことになりそうだけど」
エラー猫 「蝙蝠とか大喚起にゃよね>飽和」
トンファー 「トンファー さんが登録情報を変更しました。」
フェルナンデス 「いつでもどうぞデス」
スター 「少数村のマニアは初日コピーしたいものね」
チルノ が幻想入りしました
トンファー 「トンファーカウント開始!
3!」
フェルナンデス 「フェルナンデス さんが登録情報を変更しました。」
チルノ 「さいきょーのあたいが支援しにやってきてあげたわ!」
ミスト 「ズサも歓迎です」
ザ・ワールド 「まぁ初日コピーしても真証明できなかったら意味ないけどねぇ……
というか、結構疑われるのが世の常だし」
トンファー 「2!」
エラー猫 「いらっにゃーい」
トンファー 「1!」
トンファー 「トンファー闇鍋 開始だ!」
エラー猫 「サ行をしゃとかに変えるのつらいにゃ」
キュウべぇ が幻想入りしました
スター 「まぁ村引けば飽和せず 狐引いて飽和すればうれしい
期待値でいうと普通にコピーよね」
ドヤが夫 「子供がおおいが手加減はできない、だろ?」
ゲーム開始:2014/02/19 (Wed) 21:36:22
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営1 妖狐陣営1 決闘者陣営1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆ミスト 「みなさん、来てくれてありがとうございます。GMは私、由◇VyD0jc/qCsでお送りします。初GM、至らぬ点はご容赦ください」」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミスト は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ミストさんの遺言
       ,. - ''"´  ̄ `'' .、
     , '"        ヽ、  `ヽ.
    /      i、  , 、ヽ.ヽ.   ',
    ,' ./ / i i ヽ. !_-!''ハ  ',.rァ i
   イ .i i. i-!‐!''" ィェァ  !  |´)  |
    i ,ヘ レ'ィェァ :::::::   ,|   |'´ヽ. !                 、 ’、  ′     ’      ;
   ノヘレ'iハ   :::::::  "|   |   ハ             . ’      ’、   ′ ’   . ・
      | !、   ヽフ  ,イ i !ヘ,ヘ,! 〉           、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
     〈! |ア`''=r‐r '´7 ./ ,'`''ーァV                ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
  ,,  ヽ./!`',.ァ「イ_「ノ、,ヘ/|ハ ̄            ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
  ;○;   V i//7oo_>=7  i. ',         ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
   \    /7、r//、_「/`ヽ./i ヽ.            ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
     >'" ̄`ヽ.::::/:::/>r<7ハ、_,ゝ              、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
    iニ ゚プ  i:::/´   /´                 ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,[]
    iヲ、_   r「´ヽ.   ,〈          ′‘: ;゜+° ′、:::::. :::  人狼   ,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ   ヽ/´
    `ー>ー~i、〉  |__,.イ:::ヽ.                  `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ
     ,.く:/::::/`r‐'i"ヘ:::ヽ:::::::>、
    / `'ー' l|    'r--'"  ヽ.

いつからそれが本物の私と錯覚していましたか?
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
エラー猫 「おはようにゃ
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営1 妖狐陣営1 決闘者陣営1…
4吊りで1W,1Fかにゃ…
占いの銃殺に期待ってところだにゃ
うっかり狼吊って狐勝ちにならないように気をつけたいにゃ」
ドヤが夫 「いきなりLWLFの村って事になってしまった・・・
4吊りだから初手はニート職や確定非村を吊るのもアリ、だろっ?

ところで決闘は出てもいいんじゃないかな(チラッ」
フェルナンデス 「おはようデス
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営1 妖狐陣営1 決闘者陣営1
狼一本釣り村はっじまっるデース!」
キュウべぇ 「いつもきゅっぷい女の子の傍に這い寄るインキュベーター、キュウべぇ、だよ♪」
プラチナ 「おっはよーん」
ザ・ワールド 「     /: : : : : : : :/: : : : :  ,'  ,'       :,'         |
 /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ: :.,' : ,|  :i      :./.:. i:.:      |
/ /  ̄匚_'_]  ̄ヽ.∨ :/ i:_i.:..    :_/_:. ト、      i
| |===============| |r7 ̄',:.:.:i.:.:   :.:/ |.::.:`,ヘ、  :.i:   |  陣営数見たけど
| | 宛名:         | | i   ',:.:.i.:.   . ::/ _」.::.:/  !ヽ  .:!: : |
| | 件名:         | ト:!    \:.:..:.i.:./  jr≠≪ |:.:.:.:. ,': :||  初手LW確定とかこれはひどいわね
| |- - - - - - - - --| | __   \ !/  /{i .o0卞|:.:.:.:/: : : ! |
| | ごめん        | |rr≠弌.   `{     う  j } 》:.:./}:.:.: :i!ノ
| | 」            | |            _{L __ノ |:.//|:.:|:.:{
| | 」            | |            ̄¨  j/  jノ: :!
| | 」            | |       '        /__/ :| |
| | 」            | ト、    f' ̄ ̄}      /.:.:.:.:.i i |
| | 」            | |:.:\   ヽ.__ ノ   , r<|.:.:.:.:.::{ :i |
| |===============| 「 ̄i}`  、   ,. イ/.:.|.:.:.:|.:.:.:.:.:.:i : : |
| ー──────‐ ' | /|     `´   /\|:.:.:.|:.:.:.:..:..i : : i」
ドヤが夫 「初手から2死体はなしか・・・
ちょっとだけ期待しちまっただろ(ドヤァ」
トンファー 「トンファーおはよう!
村人陣営7 人狼陣営1 妖狐陣営1 決闘者陣営1
開幕LELF!決闘者?知らない子ですね・・・
占いは●を引いたら出てきてもいいぞ!」
チルノ 「おはよー! これは戦争だ!
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営1 妖狐陣営1 決闘者陣営1
狼1! ちきんれーっすってやつねあたいしってるわ」
プラチナ 「人狼と妖狐のデッドレィスな感じだねえ」
スター 「おはよう 決闘陣営いるなら5人くらいで決着をつけたい感じね」
フェルナンデス 「というわけで狼を吊ってしまう前に狐をがんばって処理するデス」
キュウべぇ 「◇フェルナンデス 「おはようデス
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営1 妖狐陣営1 決闘者陣営1
狼一本釣り村はっじまっるデース!」

よし吊ろうぜ皆ー」
スター 「そして初日から出る職はないかしら?
占いが●引いていればその時点で出ると思うけど」
エラー猫 「そうにゃね、決闘とか蝙蝠相当だからにゃー
さっさと始末したいのが本音にゃ」
プラチナ 「そうそう1/8を引ける天運の持ち主はいないってことだろうさぁドヤが夫くぅん」
フェルナンデス 「決闘者陣営はいるんデス?」
チルノ 「狼一本吊りって狐勝つわよね、あたいさいきょーだから知ってる!>キュゥべえ」
ザ・ワールド 「QBの指摘を見てフェルナンデスの発言見たけど
狐考慮全然してないわねーうん」
キュウべぇ 「こういう村に限って銃殺できない狐とかよくあるけど、まあぶっちゃけ運ゲーだよね」
ドヤが夫 「さすがにそれはただのうっかりだと思うが、ここで誘導できるキュウベェはなかなか村目と見る。だろっ?」
プラチナ 「でもすぐに言い直しているけどねえ
素なんじゃないかなぁ?」
トンファー 「いきなりLFが死んでいるとかそういうことはなかったようだな
朝一COがないのであれば大グレラン大会になる!
くれぐれも狼より先に狐を吊るのを間違えてはいけないぞ!
狐残りで狼吊ったら負けるからな!」
フェルナンデス 「アナタがキツネデスネ!>キュウべぇ」
エラー猫 「初日が持っていって無ければいるはずにゃ>決闘>フェル」
スター 「決闘が出ないってことはまぁ復讐か何とかか」
ドヤが夫 「まぁ子狐系の可能性もあるんだけどな。>プラチナ
1/8という事は妖狐系だとわかってる・・・のかな?」
ザ・ワールド 「決闘者系は出てこないってことは復讐者系か後援者系よね
ノーマル決闘者系なら普通に出てくるわけだし(というか刺さった側がCOするし)」
プラチナ 「んん?
こういう村で出てくる妖狐って子狐出るのかぁい
ボクはてっきり占い/人狼と同じく妖狐も素のものだと思ってたんだけどね」
トンファー 「決闘は出てこないか、ならば復讐or後援だろうな」
キュウべぇ 「まあぶっちゃけ、フェルナンですが何でもこの発言自体にメリットはないから
多分うっかりだろうし僕もそこまで真面目に誘導する気はないよ、この件だけではね」
スター 「朝市発言で用意してたであろう発言がうっかりって相当ねw」
キュウべぇ 「なんでそうなった>フェルナンです」
ザ・ワールド 「ちなみに妖狐陣営が背徳者で
GMが背徳者=妖狐陣営が実質0とかいうパターンもまぁ0じゃないわね
あるなしでいえばほぼ薄いけど」
チルノ 「占いが●引いてれば、かー
真夢判断っていうのはないの?>スター」
エラー猫 「そうだにゃ、自覚できない復讐系か後援、初日が決闘持っていったのどれかに矢よね>決闘に関しては」
フェルナンデス 「うっかりもなにも狼吊ったら終わっちゃうのは
キツネ勝利も村人勝利も同じデスン」
ドヤが夫 「ま、占い師のCO期限は明日だって事は覚えておいてくれよな(ドヤァ
占いCOは今日か明日、明後日に出ても「身代わり君が持ってったな」としか思えない、だろっ?」
プラチナ 「ボクとしてはスターくんとザ・ワールドくんとはできるだけ仲良くしたい所だけど
二人はどうかなぁ」
トンファー 「妖狐が子狐系とか呪殺できない奴とかだったらかなりまずいか
占いで見つけられないからな」
スター 「一応背徳者ってのもあり得るけど まぁそうだったらいいねってくらい
この人数の背徳者は敵じゃないし」
エラー猫 「それってあるのかにゃ?>狐0で背徳1って」
キュウべぇ 「この人数で占い2を考慮する意味って殆どないんじゃない?>チルノ」
ザ・ワールド 「まぁ鍋だから……占い1と人狼1以外は
普通になんでもあるのが世の常だもの>プラチナ」
チルノ 「あるなしっていうよりそれの可能性を見るっていうのはただの楽観だ!
ってあたいはおもう<背徳者」
トンファー 「まあ少人数だ、占いは潜るとしても明日には出てきて欲しい
それ以上待ってもあまり情報が増やせないだろう」
ドヤが夫 「妖狐陣営はフリーダム、だろ?>プラチナ
1しかいないからって素狐とは限らない、だろっ(ドヤァ」
スター 「どうせCOされても証明できずだしね 個人的には明日あたりには占い師には出てきてほしいもん」
プラチナ 「>ザ・ワールドくん

いやねえ。てっきり素狐しか出ないんじゃないかとばかり思ってたんだよ
特殊狐系もでるものなんだねぇ」
フェルナンデス 「占いが銃殺か●出してくれれば少しは安全にすすめるんデスが
占い師がいるかも怪しいデスン」
キュウべぇ 「背徳者がシステム上ありえるかはともかく、それを期待したってしょうがないんで考慮する意味はないかな」
ザ・ワールド 「真夢判断っていってもどうせ人狼1しかいないから
即効で判断つくわよね、●2つひけば夢確定だし

一番面倒なのは○●とか●○ってひいたときだけど」
エラー猫 「まあ、狐は生き残れば良いだけだからね
狼より難易度下がってるしフリーダムに動くかもしれにゃいにゃ
それこそ決闘見たくとか…」
トンファー 「決まっているのは占い1、人狼1だけで
妖狐側は素の妖狐が出るとは限らない
そこは注意が必要だな」
チルノ 「それも確かにそうね
占いからの●位置を避けるってのはできるか>キュゥべえ」
スター 「いやーん 可能性見るだけでいろいろ言われちゃってる」
プラチナ 「なるほどねぇ
ボクはこうしてまた一つ賢くなったよ!」
チルノ 「●位置投票をって意味ね」
キュウべぇ 「普通の鍋もだけど、この人数ならなおさら、夢なんて考慮しなくていいよ占いはさ>ざ・世界ちゃん」
ドヤが夫 「まぁ、そうだな。
この人数で2占いCoが出るならほぼどっちかは偽・・・だろっ(ドヤァ
それがあるだけに人外は占いを騙りにくい、だろ?」
トンファー 「少人数で2占い出ることはありえなくはないが
今はまだ想定しなくてもいいと思うぞ>ワールド」
フェルナンデス 「多分ワタシ吊れると思いますが
ワタシを吊ったとこは割と人外で見ていいと思うデス」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
トンファー0 票投票先 →チルノ
エラー猫0 票投票先 →キュウべぇ
ドヤが夫1 票投票先 →プラチナ
フェルナンデス2 票投票先 →キュウべぇ
スター1 票投票先 →フェルナンデス
プラチナ2 票投票先 →ドヤが夫
ザ・ワールド0 票投票先 →スター
チルノ1 票投票先 →プラチナ
キュウべぇ2 票投票先 →フェルナンデス
2 日目 (2 回目)
トンファー0 票投票先 →プラチナ
エラー猫0 票投票先 →キュウべぇ
ドヤが夫0 票投票先 →プラチナ
フェルナンデス2 票投票先 →キュウべぇ
スター0 票投票先 →フェルナンデス
プラチナ5 票投票先 →フェルナンデス
ザ・ワールド0 票投票先 →プラチナ
チルノ0 票投票先 →プラチナ
キュウべぇ2 票投票先 →プラチナ
プラチナ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ザ・ワールド は無残な負け犬の姿で発見されました
チルノ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ザ・ワールドさんの遺言

                 ,. -‐- 、
                 /     \
              /          ヽ _ ,......, _
                '      _,...ィ:':.:V:.iヽx:.:,、:.:.:.:`ヽ
                  ,.:.:':.:/:.:./:.:.:i:.:.:.:ヽ:.:`ヽ:.:.:.ヽ
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.∧
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:ハ
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:i:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:',
.              /:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.i:.:.:i:.:.:./:./i:._;/L:.:.:.:.i:.:.:.:.ハミ!  ザ・ワールド!スターとプラチナに復讐したい山わろ!
            |:.:.:/:.:./:.:.i了≧x、i:.:.:i;:ィ≦/  V:.:.:i:.:.:ハ:.:|:|
.              |:./.i:.:.i:.:.:.:i:.:.:i  \:.:.{ /:'乍ミぇ!:/i:.:.i:.:i:.i:.!  え?どんな役職か?役職説明読みなさいよそれくらい
                V i:.:.:i:.:.:.V:.i._  ヾ!   ir';;;:リレ i:/、:レ:.:i
                V゙ V:. ト '' ̄`'    弋_ジ  /ノ .}:.:.:∧_
                     \ヘ    ,          / /:.∧: f ヽ
                 i:.:.ヘ   、 --      /~:.:.:.:.:.:∧:| |
                    /:.:.:.:.:.丶. ゝ- '  .ィ.} `<:.:.:.:.:.:/ .{_ ,... -―- 、
                i:./i:.:.:.:.i:.:., >r.< /    ./;;i'Y  ヽ_,..,_  _,,.. -‐'
                i/ V.'"´   i'ク /  .i.   /;;i/.{  f"´  `ヽ
                     ,.ィ::i       |  /   i.   i;;i/ ハ. {` ゙̄`'' /
               /::::::::|.      |. /      i;;i.i  {ハ弋`'ー  /
              /V::::::::::i./ ̄ヽ,z.i/ ̄'ヽ     i;;i ',  ヾ`''ーァ―'
             /  V::::::/.{:.:.:>{ニ}<:.:.:.:}`7t-、,i;;i ヽ  ヾ=‐''´/
           /    V:://:.-:.‐7o.ト、:.-:.‐ゝi .i. i.Vハ - 、     /
           , '       .V{`ヽ--''{o{ Vー‐'´ .{. { .i .}:::ハ.  `ー!´
        /   \     ヽ {   {o.{       |. | |/::::::ハ  ノ!
チルノさんの遺言                           、- o〈、               /i
                             彳ベ  i             / .|       /∨
\ ∧/\     / \                  'イr==く ヽ____,,    * /\  //  ∨
  ∨ / ∨.\ ! .   \                 Yヽ トく ¨¨¨¨~^    //   ./ /    ∨  /
  ∨   ∨ \|     ∨               〉ヘ∨        .//   */  /      ∨ /
   l\ ∨  .\*   ∨    l∨        }'´ヘ∨> 。、  ./ * /   /        ∨
  * l  \ l     \    ∨\  l ∨    ./  {《   __j /     /     /       ∨
    l     l     ∨.   |  \l  *.  /       /  ノ./     /     /           |
     *    l       ∨  *.    \  ∨ ノ⌒!i~´∨,~´/     /  \ /          |
    l    l        ∨ .|        ∨/__.|l~~∨ /    /*   / ̄ ̄  *    |
      l    l    * ∨.| /       ⌒^   jj   jj   `ヽ /     /             |
  *   l    l         ∨((                   __))/     /            |
     l    l       ∨        ニニニニニニニ /    /|              |
       l    l\    /                        /     * .|              |
        l     l. \ ./                    /     /  |              |

この遺言が見える時、勝負はすでについている
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/02/19 (Wed) 21:53:35
ドヤが夫 「・・・オイィ!?」
トンファー 「・・・え?」
エラー猫 「お、おう…
おつかれさまにゃ」
チルノ 「(ばたっ」
スター 「山ワロス」
ミスト 「……あら?」
プラチナ 「おっつかれだよーん」
キュウべぇ 「うわ」
トンファー 「ああ、山わろを噛んだのか!」
フェルナンデス 「お疲れ様デスン」
ザ・ワールド 「お疲れ様ー……ってあら、負けちゃったか」
ミスト 「ええと……何があったのでしょうか?」
チルノ 「山わろ噛み」
エラー猫 「狐吊り毒嚙みのスピード終了だにゃ…」
トンファー 「というかこれ、山わろ噛まなくてもチルノは無理だったかもな
おれがチルノを占っていたから」
ドヤが夫 「せっかくの猩猩なのに1回も結果見ることなく終わってしまった・・・だろ」
フェルナンデス 「わろすわろすデス」
チルノ 「あたいってばお疲れ様ね!」
キュウべぇ 「よりによって唯一の地雷を即噛みかあ
僕働けたのに」
スター 「しかし人外泣かせ」
ミスト 「ああ、なるほど。一人しかいない人狼が毒持ちを噛んでしまったんですね。納得しました」
ザ・ワールド
                 _
               , '´   `ヽ
                 /      ヽ   _ .. .._
                ,'     _,.ィ.:.Vヽ:.、-:、:.:.:.`:.:.、
                 ,.:.:':./:.:/:.:.i:.:.:.ヽ:.`ヽ.:.:.:ヽ
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:\:.:.:.
              ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.ヽ:.:.:ヽ.::.
               /:.:.:.:.:.:.:.:/:./:.:/:.:.:.:.:.i:.:.:.i、:.:.:.:i:.:.:.:ハヘ
             i:.:.:/:.:.:.:/廴_i:.:!:.:.:/:.:,斗zテ:.:.:i:.:.:i:.:.iミ!  ザ・ワールド!人狼は死ぬ!
              i:.:/!:.i:.:.:i:.:.:;' ≧!:.:i:/ /:ィzx.、;:.:.i:.:.ハ:.:リ
                  V i:.:.i:.:.:V:.i   ヾi   ir'心 i/i:.i/:.レ:|  ……いやースター人狼とか甘くはないわよねぇ
                 V V:.:ト ィ≠x     ヒzツ  ,レ .K:.∧_
                    ヾ:ヘ    ,       / /:∧:f ヽ
                   /:.:ヘ.  v--,   ,イ´:.:.:.:.:.:.i.:i |
                    /:./:.:.:>.、ゝ-'  <ノ >‐-、:i/ . {、,,.-‐―‐-、
                  i.:./!:.:;. -‐'.`ハ´ /   /://  ,.ゝ-‐.、,.x-―''
                      V,.V    .| ' ,./  ,'   i::i., ヽ ノー--、 ヽ
                /:::::!     i ./     .i:i.,' ハ弋ー.、  /
               ,イ::::::::::i fテヌx-iィテヌx     .i:i {  ヾ'ーゝ,,..ィ
.               / V:::::/,{以j>{ニ}<以f}゙ゝx、..i:i ヽ  ヾ=''"/
           /   .V:/ノモ少ioi弋モ少i. i i.Vヘ-、   /
           , '       Y{ {   {o{    .i. i i./::ハ  `ーf
.           /   ヽ    ヽ i  .ioi      i. i,i/::::∧ ,.イ」
チルノ 「phpが悪いんだ、泣くんじゃない>ドヤが夫」
ドヤが夫 「そういえば初日から「妖狐勝利目前」ってのは出なかったのか?>キュウベェ」
フェルナンデス 「もう少し狼いてもよかったんデスヨ>PHP」
エラー猫 「きれいな青い帯だにゃー…
ニート勝利ェ…」
キュウべぇ 「トンファーがチルノ占いなら僕かトンファー噛んでないとほぼ終わってたねこれ」
ドヤが夫 「この村だからなー
夜の投票先無し=非狼なのまでは確定するんだけど。」
キュウべぇ 「出てるけど、それ言ってどうやって信じてもらえるのさ?>ドヤが夫」
スター 「キュウベぇ護衛はしてたよ」
チルノ 「トンファー噛んでもまぁ多分ちぬ」
エラー猫 「ワールド噛みってことはまさか1回目得票0から選んだのかにゃ?>チルノ」
ドヤが夫 「なるほど、出てるけど言わなかったのか。そりゃまぁそうだな」
キュウべぇ 「ぶっちゃけフェルナンですの
>>ワタシを吊ったとこは割と人外で見ていいと思う
は100%村じゃないと確信してたのに、あれで村なんだなあ」
ミスト 「報告してきます



終了しました。
1W1Fに決闘者陣営という人外涙目なラインナップ。
2日目の投票で妖狐が吊れたうえ、
最初から一人しかいない人狼がピンポイントで山わろを……
まさかのスピード決着でした。
というか、スピードにもほどがある!」
ザ・ワールド
     /: : : : : : : :/: : : : :  ,'  ,'       :,'         |
 /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ: :.,' : ,|  :i      :./.:. i:.:      |
/ /  ̄匚_'_]  ̄ヽ.∨ :/ i:_i.:..    :_/_:. ト、      i
| |===============| |r7 ̄',:.:.:i.:.:   :.:/ |.::.:`,ヘ、  :.i:   |  さーてそれじゃ私も落ちようかしらー
| | 宛名:         | | i   ',:.:.i.:.   . ::/ _」.::.:/  !ヽ  .:!: : |
| | 件名:         | ト:!    \:.:..:.i.:./  jr≠≪ |:.:.:.:. ,': :|| 皆おつかれー
| |- - - - - - - - --| | __   \ !/  /{i .o0卞|:.:.:.:/: : : ! |
| | ごめん        | |rr≠弌.   `{     う  j } 》:.:./}:.:.: :i!ノ
| | 」            | |            _{L __ノ |:.//|:.:|:.:{
| | 」            | |            ̄¨  j/  jノ: :!
| | 」            | |       '        /__/ :| |
| | 」            | ト、    f' ̄ ̄}      /.:.:.:.:.i i |
| | 」            | |:.:\   ヽ.__ ノ   , r<|.:.:.:.:.::{ :i |
| |===============| 「 ̄i}`  、   ,. イ/.:.|.:.:.:|.:.:.:.:.:.:i : : |
| ー──────‐ ' | /|     `´   /\|:.:.:.|:.:.:.:..:..i : : i」
チルノ 「得票はそれほど関係ないわね!>エラー猫
狐か否かでいうと銃殺が出ても噛みと重なって死体1になりえる所の一つって意味で噛んだわ」
フェルナンデス 「キツネなら初日どこでも吊れるとこ吊るイメージなのデスン」
キュウべぇ 「死んだ村人はGMだけだ!」
スター 「ニートは確信して投票したけど人外って感じではなかったかな」
ミスト 「初日に狐が吊れて良かったですね、本当に」
ドヤが夫 「けっこう諦め気味のキツネぽくは見えたな>自分吊りは村じゃない
なんとなくそんな印象、というだけだけどもな。」
エラー猫 「にゃるほどにゃー>チルノ
銃殺出ちゃうと音は詰めてくゲーににゃっちゃうものにゃ」
フェルナンデス 「そもそも人外なら吊れたら終わりなので別の言い方をすると思うデス」
キュウべぇ 「自分に吊れる要素があるのを自覚していて、俺に入れるとか人外だよ って
どう見ても破綻してる言い草だからねえ>フェルナンです」
トンファー 「俺の初日投票変更はキュウべえ庇いだから
いくらなんでも○を吊らせるわけには行かなかった」
キュウべぇ 「僕占いだったのかいw」
スター 「釣れる要素自覚してCOしないならニート決め打ち
人外であってもそれはOKだから投票大正義」
ミスト 「今日のMVPは……やっぱりザ・ワールドさんでしょうか」
チルノ 「どの道勝てるルート模索してみてもかなり茨の道すぎるからまぁ、そういうこともあるわ!」
ドヤが夫 「この村だと○をかばってLW吊っちゃうのも怖いんだけどな。
ま、引き分け候補が複数いるならその中から一番狼っぽくないところに票を移すのは正解。だろっ?」
チルノ 「GMには村たて感謝するわ!
お疲れ様!」
ドヤが夫 「本人は負けているんだけどなっ!>MVPザ・ワールド」
トンファー 「いわゆるズサ占いってやつだな>キュウべえ
隣占いも考えていたが・・・そっちのほうが人外に当たると思った(キリッ」
ドヤが夫 「それじゃオレもこれで失礼するよ。ま、俺の手にかかれば狼に毒を食わせるくらい朝飯前だろっ?(ドヤァ」
ミスト 「私もそろそろ失礼しますね。おやすみなさい。」
エラー猫 「とにゃり…つまりわたしだにゃ!!>トンファー
なお得票0だった模様にゃ
↓占いで銃殺だったのにゃー」
フェルナンデス 「世界MVPいいデスネ
負けてるけどMVPはあげたいデスン」
トンファー 「それでは俺もコレで失礼する
・・・あれだ、トンファーは大型AAが多くて扱いづらい!
もうすこし別のRPを試してみるとするか・・・」
フェルナンデス 「お疲れ様デス
またよろしくデスン」
エラー猫 「それじゃあ、おちるにゃ
おつかれさまにゃ」
キュウべぇ
      r‐ .. _
        ',    ¨   .. _
         :.         丶, -‐  ¨  ̄ ¨   ゙ 、 ̄  ¨¨    ─  ‐‐ァ
           :.                         \          /   皆お疲れ様
          :.                   ヽ   、 :.         /    実はミストちゃんは僕と契約した魔法少女だったんだよ、でも死んじゃったねぇ残念
             :.       .:   /             \     _/
.            V、    ′ .:  i       __j   /   ヽ _/
       -‐  ¨V\   /    斗-:{         } `メ、 :   ゚。
    /        V/ヽ ′  ,イ   { j{    ハ   } ハ  }     :、
.   '           ヾ//'    ト、 { ,ハ  / }  x=ミ、 }    }: :.
  /          У{: :   :Ⅳィ=ミ V   }/ んハ Ⅵ   ,: : :. _ -==ミ __
             /: :{: .   i{〃んハ       乂ソ  }:    .: : : :.ニ=-    \⌒ヽ
      -==ミ、    ,: : : .   从 乂ソ    ,    " //  /: : : : :.  ̄ `ヽ   丶  \
 }/      \   .: : : : 、      、 "         ノィ   ': : : : : : :.              :.
..         -=ミ、ー.: : : : : :\    ゝ-     ' `    イ  /: : : : : ‘,:}      r‐ 、
      /    }}.: : :  : : : :> _ ≧=-   _ イ 厶イ- .: : : : : : :V   (/)  乂ノ    }
    ,      ,彡'.: : :   : : : : : :/ヽ ニ=-ゝ- . _/  '/   ヽ:  : :. ゚。(/)_ =ニニニ= _    {
.   /    〃⌒.: : :   : : : /   \  丶 __ / ,′    ::  : :.  Vニ=  ̄  ̄ ニ= _  、
   ′  r‐、  __.: : :    : : :′     ‘,   ̄ ,,  {/      :}   : :  ∨´       ̄ ニニ=}
  {  (/) ゝ'   .: : .     : :{        }  '"´   _{       :、    :.  ‘,         {
  {   _ =ニニニ{: :.      : : :.     :.{    ,  {\ __   /: :\      :.
.. _{ _ ニニ  ̄ /{: :       : : r、 __  _ ノ{   /  :i     ̄ ,´: : : : :.      :.         ,
  {ニニ¨    ,: : :!.:       : :V/  ̄  i:       l       ,: : : : : : .    丶      /
  {      ,: :         : : V /  /ハ       l     ,: : : : : : : : : ___   \    (
  {     .: :'      i   }: : : :∨   /∧     l     /、 _,r、: : : _/   )   ‘,   )
  {      {:.      r‐}    ': : : : : V    :.    l     ,:  \ ⌒}.. _   /     }  /
  {     :       { }   /ヽ  /‘, /  :.   l   .:     ヽ  }   /         {
  {      :.   _八ノ  '   }_/  _ V /  :.  .:   ′}       └ v /    /   }
  :          /Χ  r<    ヽ∨ /  ', .: / /         __{ {         '
  :.              ‘,∨        :.V     ∨  /         }'        〃
   、       }}      {_ー}         `ヽ    i   {       rォ彡'       //
.    \     /       }/           >   l   { __ ___ .ノ l//}\     _彡 /
     ≧==彡    __ ノ \ __   r‐=ミ‐ 'V  / 、  〉} -===- 、i//'、    ̄    '
         ̄⌒ ´  ̄  (  {¨ ´  -‐==-v V/   {        }//       /
                 `Vハ /     ', {   ,:      .:// ≧=- -=彡
                    V∧         :.,人 ___.:      .://
                   V∧      :    {       .: /
                        V/       ノ    八    ノ/」