←戻る
【雛1649】やる夫たちの希望超闇鍋村 [2000番地]
~大魔王君臨~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 追憶GM
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
icon シノン
 (ドレジィ◆
jVO.2NVEU6)
[牛頭鬼]
(死亡)
icon メロエッタ
 (あさぎいろ◆
VSyXZuNoWw)
[狂信者]
(生存中)
icon ジョルジュ長岡
 (エルヴィス◆
2OyNc.1YgFmb)
[探知師]
(死亡)
icon 七海千秋
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[人狼]
[元獣人]
(死亡)
icon ビスマルク
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[狩人]
[仇敵]
[サトラレ]
(死亡)
icon 殺すニンジャ
 (ラグリス◆
4D5j68U/K6)
[厄神]
(生存中)
icon 紅美鈴
 (満月◆
/GIlqyGEcg)
[人狼]
(生存中)
icon 汚い忍者
 (ルカエバ◆
eyndF0VEv.)
[仙狐]
[能力喪失]
(生存中)
icon 時雨
 (ふらい)
[妖狐]
(生存中)
icon 翠蒼姉妹
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[飛縁魔]
(死亡)
icon パチュリー
 (一太刀◆
9x3KLp5alYKM)
[毒狼]
(生存中)
icon ねらう緒
 (闇灰人◆
GBxcsWGkcg)
[さとり]
(死亡)
icon 大妖精
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[村人]
(死亡)
icon セイバー
 (web)
[夢守人]
(死亡)
icon チルノ
 (つきつき)
[銀狼]
[仇敵]
(死亡)
icon 雪輝
 (Nikolai◆
Xf.oAxnM9k)
[がしゃどくろ]
(死亡)
icon ぷるぷるっていう
 (www)
[霧狼]
[仇敵]
(生存中)
icon 綺麗な忍者
 (ななけん◆
fPUNlTmj.IIH)
[誘毒者]
[仇敵]
(生存中)
icon 銀時
 (ぬぬ◆
xgjqgfP0tAKo)
[薬師]
(死亡)
icon ヴラド三世
 (平家一門◆
v40Ah.wq0A)
[陰陽師]
(死亡)
icon ミスティア
 (修行僧◆
HAKAisoUco)
[縁切地蔵]
[仇敵]
(死亡)
ゲーム開始:2014/03/16 (Sun) 16:13:49
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営6 妖狐陣営2 吸血鬼陣営1 鬼陣営1 決闘者陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
追憶GM 「食べられました……(何の意味で」
追憶GM 「あぶねえ、誤爆しそうだった。
お口は閉じないと……ですね」
追憶GM 「希望統計おわりっと。」
追憶GM 「静かな初動ですね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
追憶GM 「お疲れ様です」
雪輝 「折角のがしゃどくろが…orz」
雪輝 「あれ?蘇生あり?」
追憶GM 「がしゃどくろって割りと葛の葉ほどでないにせよ人外キラーですよね
※この発言は実際の配役とは関係あるかもしれませんしないかもしれません」
追憶GM 「蘇生系の有無はこちらからは言えませんが、霊界隠蔽をもたらす何かはあるようですね。
霊界隠蔽OPは「自動公開」ですから」
雪輝 「葛の葉は萌えがつくんでしたよね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
追憶GM 「それも10%で萌えるモノです。
不審者の1%なんて目ではない確率ですよ、非常に怖い」
追憶GM 「とはいえ、中々反響しなかった山彦や、魔がコトついても数日粘った人外という事例もあるので
盲信はできないのですが」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
追憶GM 「お疲れ様です」
大妖精 「何…ですって…
おつかれさまです」
雪輝 「お疲れ様」
大妖精 「蘇生いるみたいですね
マニア出ていないので覚醒者はありませんので
もしくはイタコでしょうね」
追憶GM 「隠蔽をもたらす職は主にそれらですね>大妖精
※この発言は実際の配役とは関係あるかもしれませんしないかもしれません」
雪輝 「厳密には村サイドじゃないから蘇生は絶望的かな…」
追憶GM 「復讐者系は自身の生存は勝敗にかかわらないので、仇敵が死ねば勝ちますよ
※この発言は実際の配役とは関係あるかもしれませんしないかもしれません」
大妖精 「がしゃ毒ろなら投票先が人外なら死の宣告付けれますのでワンチャンあるんじゃないかと>雪輝さん
自身の生存は関係ありませんが」
追憶GM 「また、猫神以外の蘇生職は誤爆蘇生が一定確率であります。
致命的な場面で人狼蘇生しちゃった!というケースも多々みてきましたし
※この発言は実際の配役とは関係あるかもしれませんしないかもしれません」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
雪輝 「うーん。五人とも死んでくれるかなぁ」
追憶GM 「私たちにできるのは、隠蔽中ならば推理もある程度継続しつつ下界を見下ろすことです」
雪輝 「うん。大事だ。霊界情報も>推理維持」
大妖精 「とりあえず言えるのは蘇生は確立率変動系かなってことですね
風祝や猫又ならアピで蘇生すると思いますので」
追憶GM 「霊界では元々の陣営によらず「下界で自分が生き残るための動き」をする必要がないので
また独特の視点で物事を見れますね」
追憶GM 「霊界で一緒に推理楽しんでいたと思ったら、その相手が終わってみたら人外だったこととか……」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
チルノ 「だよね、あたい吊れられるよね」
雪輝 「お疲れ様」
追憶GM 「お疲れ様です」
チルノ 「失敗した
銀狼COするよ」
大妖精 「お疲れさまー>チルノちゃん」
雪輝 「仇が一人死んだ。」
大妖精 「…チルノちゃん」
チルノ 「ここで吊られるのなら
狼COばらしていいや…」
雪輝 「また別陣営かよ」
チルノ 「せっかくの2000番地なのに…
あっさり終わちゃった…>大ちゃん」
大妖精 「別陣営になってもCPで上書きしようと思ってたのに…
忍者がいるのにCP出無いなんてひどいです」
チルノ 「さとられにCO聞くとか変だものね…
喋ることがおもいつかなかったよ」
大妖精 「ほんとだね>チルノちゃん>キリ番番地で即死亡」
追憶GM 「素敵な狩人がいたとしても誰かは吊られるゲームですからね
そこは仕方がありません>チルノ>あっさりおわる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チルノ 「…一旦離席するね
気分転換に…」
チルノ 「嫌な予感はしていたんだ…
寡黙のままで終わりそうな気配しかなかった>GM」
追憶GM 「あかん……やってしまった……(凹み」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
大妖精 「蘇生いること分かっちゃったんじゃないでしょうか…」
大妖精 「お疲れ様です」
ビスマルク 「・・・折角サトラレ黙っても噛まれるのね」
追憶GM 「お疲れ様です」
ビスマルク 「真狩人だったのに」
雪輝 「お疲れ様」
大妖精 「霊界情報は蘇生がいることと
チルノちゃんが銀狼COしたことくらいですね
今の所>ビスマルクさん
ビスマルク 「あら、サトリ護衛してたのw」
ビスマルク 「蘇生いるの?」
雪輝 「配役隠蔽されてるからね。多分蘇生居る」
大妖精 「配役隠蔽ですので蘇生いるんじゃないかということです
一応いたことかもありますが>ビスマルク」
雪輝 「蘇生ログはまだ無いけど」
ビスマルク 「イタコの可能性もあるから、蘇生チャレンジが無いけど配役隠蔽状態ってだけね」
ビスマルク 「確かに、私は夜に言ったわ
何か大声連打されてるわね って」
追憶GM 「昼間も大声増えましたね(こなみ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ビスマルク 「これで、ねらう緒吊りとかされたら、何狙いなのか総ツッコミする」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
追憶GM 「お疲れ様です」
ビスマルク 「あーあー・・・」
大妖精 「ですよね>ビスマルク
狐ライン見るなら吊りじゃなくて占い処理でしょうし」
大妖精 「あー…
お疲れ様です」
ねらう緒 「馬鹿か」
ビスマルク 「ここまで皆が怪しいから吊る とはね
その怪しさは、人外要素とはほど遠いのに。

結局私人外決め打ちの吊り?」
ねらう緒 「吠えが見えてないフリしてさとり騙りできるんだから
吠えが見えてるフリなんて余裕でできる」
ビスマルク 「泣いて良いし、まぁ周りがドン引きしない程度に叫んでいいわよ >ねらう緒」
ねらう緒 「ビスマルク何で見るんだよ 会話できる狂人か?
だったら美鈴たちと同じ手法取るわ 無駄過ぎる」
雪輝 「ねらう緒投票の中に結構人外居ると見て良さそうだね」
ねらう緒 「殺すニンジャとジョルジュは吊っていい 吠えが見えてるなんて誰にもわかりゃしない」
ビスマルク 「さぁてね、人外ほど正論を とも言うから
この吊りは、ただの集団心理じゃないの?」
大妖精 「みんながいれるなら自分もというやつですね」
ねらう緒 「だから、僕を吊るということはビスマルク真まで切る。
ビスマルクじゃあなんだって話だ。狂人か? 狂人が仕込むか?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大妖精 「あとチルノちゃんが銀狼COしてましたので>ねらう緒さん」
ねらう緒 「これでビスマルク狂人でそういう遺言を仕込んだって言った奴がいるなら
そこ人外でいい そんなもんレアケだ。」
追憶GM 「グレー投票した人もそれなりにいますが……うーん」
大妖精 「蘇生されたらお願いしますね」
ねらう緒 「チルノ銀狼ね 僕よりゃビスマルク蘇生したほうがいいと思うが」
ビスマルク 「あぁ、遺言に、もう少し遺してあげればよかった
ごめんなさいね。
3昼に小声連打してたって 表で言ったから、それはサトラレ故の話だったのよ って
遺言に遺していれば、多少はマシになったかしらね・・・」
ねらう緒 「というか気づいてたのか?僕さとり」
ビスマルク 「正直ね、綺麗な忍者は非狼だと思ってるの
あれ狼ならあんまり私噛まなさそう」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ビスマルク 「ん? ちゃんと色々夜中に貴方向けに言ったけど?」
大妖精 「2死体ですか、お疲れ様です」
セイバー 「鬼でしょうか」
ミスティア 「おいっす」
雪輝 「お疲れ様」
追憶GM 「お疲れ様です」
ミスティア 「COはご覧のとおり縁切地蔵 所謂ニート()」
セイバー 「お疲れ様です
結果はご覧のとおり。」
ねらう緒 「印象も何も出る気がない。あれは僕が噛まれたほうが得だから」
ビスマルク 「ちょっと、私が夜中に言った内容、何点か挙げてみて? >ねらう緒
いや、まぁ他にCO無いから貴方真しか無いのだけれども、一応」
セイバー 「鑑定希望などさっさと吊り上げてしまうのが一番いいのではと想いますが
占いがここまででないなら初日か宿敵になったかですかね」
ビスマルク 「そして出ない占いCOである」
ねらう緒 「えーまず夜は敢えて潜った 狩人表記で真じゃなかったからと

で、2日目の護衛は僕 夢にしろ真にしろ正解した場合朝の発言は2行」
ミスティア 「・・・さて和民いこうか(逃げの姿勢」
ねらう緒 「3行だったので僕は真狩人と判断したが?」
大妖精 「そうですねー
占い初日っぽいです…」
ビスマルク 「ん、当然問題ないわね。 お手数かけたわ」
ミスティア 「①占い師に宿敵がついた
②GMシスベシ慈悲はない 

さぁどっちだ」
ねらう緒 「で、2日目か狼の声が急に大声連打した 逆に小声はないと」
ビスマルク 「そう、真狩人よ」
ビスマルク 「なんでメロエッタが指揮とってんのよ」
ねらう緒 「やっぱり取りに来るだろ?」
セイバー 「もうサトリ切っていいんじゃないですか?
ここで指揮取りたがるとかあり得ないと思うのですが。とれて銀時だと思いますけど」
ミスティア 「すごく嫌な予感がする(こなみ」
雪輝 「GMだと思います(震え)」
追憶GM 「wikiの古めのページ見てみると、薬師系が出れば鑑定希望しましょう、みたいなこと描かれていましたね
真鍋などがメインだった頃のセオリーだったのかもしれませんが」
ミスティア 「銃殺占いいるならYEAAAAAAAAAAAAAAAAAAって言いながらCOすると思うのよね」
ねらう緒 「だから出たくないし微妙と言ったんだよ出ないほうがいいと思っただけ
そこはどう価値感が変わるかなぞ」
セイバー 「あとは初日吊り逃れに対して誰も言及しないことに違和感」
ミスティア 「まぁ結果が全く使えないならまだ潜るっていう判断もあるんだろうけど」
大妖精 「これは酷い混戦状態」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ねらう緒 「指揮役とるなら遅い奴は聞かなくていい。
時間ギリギリでしてくるのは人外で見た方がいいし。」
ねらう緒 「なんか夢狩とか言われてるぞ」
ミスティア 「ジョルジュ狼ならさとりライン狼とかは少し思ったかも」
ミスティア 「ジョルジュが3日目朝一でさとりの存在を匂わせてるから
っていうとなんかこうあれだけど まーなんとなくっつーことで」
ねらう緒 「噛まれたビスマルク何と見てんだ?って話で終わる。
それ考えもしないならもう知らんよ下は」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
雪輝 「お疲れ様」
セイバー 「ログはなし。
狐のほうでしょうか」
ミスティア 「おっつん」
追憶GM 「お疲れ様です」
ビスマルク 「お疲れ様」
大妖精 「お疲れ様です」
ヴラド三世 「おつかれー」
セイバー 「お疲れ様です吸血公」
ビスマルク 「狐ラインなら、それこそまだ吊る意味無いのにね」
ヴラド三世 「露骨過ぎてアレにみえる投票>俺投票」
大妖精 「猫神か仙狐、仙狸のどれかでしょうね―>蘇生役」
ヴラド三世 「いやみか貴様はw>セイバー」
ビスマルク 「イタコだと思うのだけれどもね 私は」
ミスティア 「蘇生履歴は なし と」
ヴラド三世 「霊界情報ある?」
雪輝 「後、綺麗なニンジャさえ死ねば勝ち…!」
ミスティア 「チルノがえーっとなんだっけ?」
大妖精 「銀狼ですね>チルノちゃん」
雪輝 「チルノが銀狼COくらい」
ヴラド三世 「チルノ銀狼か」
ねらう緒 「銀狼だろ」
ミスティア 「ああ そうそう 大チル別陣営濃厚ね(酷」
雪輝 「…でっていうもいた。orz」
セイバー 「あとがしゃの復讐先を聞いておきたいのですが
すでに挙げていますか?」
大妖精 「濃厚というか確定しちゃってます…>みすちー」
ミスティア 「遺言に書いてる通りじゃろ」
ビスマルク 「遺言にあったわね >復讐先」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
セイバー 「そうですか少し見てきましょう」
ミスティア 「仙狸とか猫神にしても」
ヴラド三世 「がしゃどくろ
 雪輝 ビス、でっていう、チルノ、綺麗な忍者、ミスティア」
ミスティア 「ねらう緒を人外で吊ってる以上ビスマルク蘇生ってやりにくいんじゃろうなぁ」
ミスティア 「仙狐なら? しらね(^q^)」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ヴラド三世 「ジョルジュ信じるなら吸血鬼は初日しかない
でもそうそうあるのか?というとジョルジュ怪しいので
今日、オレを吊ったラインは怪しくも見える」
セイバー 「占い初日と見た場合探知師は破綻してるような気がするのですが」
大妖精 「お疲れ様です…
また2死体」
セイバー 「暗殺ですかね」
追憶GM 「お疲れ様です」
銀時 「あ、死んだか
おっつかれーい」
ヴラド三世 「あ、日にち書き直すの忘れてた」
シノン 「お疲れ様
うーん、これは吸血鬼かしら」
ビスマルク 「お疲れ様」
ミスティア 「そういえばそうだね()>吸血鬼」
ミスティア 「昨日どっちか攫ったとかあるべ?>シノン」
シノン 「そして下界が見えないと
蘇生服歴ある?」
ヴラド三世 「女性を吸い殺す吸血鬼じゃないか?これ」
セイバー 「ありませんね」
シノン 「攫ったのなら残すわ>ミスティア」
ミスティア 「ないね>シノン」
大妖精 「蘇生履歴ないですね、今のところは」
銀時 「殺せる吸血鬼って言うと性別系かね
男だけ吸う奴か?死体から考えると」
ミスティア 「じゃあないってことかね」
セイバー 「ああ、成程。>性別吸血鬼」
シノン 「どちらにしろ攫うなら綺麗な忍者か時雨を攫うしね
時雨を攫うかどうか昨日はずっと迷っていたし」
ヴラド三世 「いやミスティアセイバーだからミスティア男でない限りは女性の方だ>銀時」
大妖精 「そのさとりさとられ偽普通にあると思うんですけどね>ジョルジュ長岡
妄信しているのが怖いですよね」
ビスマルク 「ジョルジュが吸血鬼はあるかも」
ミスティア 「失礼な どこからどうみても乙女じゃない(ぷんすこ」
ヴラド三世 「一応、性別については言ってたが吊られてしまったなぁ」
シノン 「あと千秋をどうしようかも
セイバーとミスティアどちらが噛まれるかと考えたら
セイバーの方だろうし。そこの投票先の千秋も気になっていた」
銀時 「女を吸って殺すのって男吸血鬼だろ?
シノンも昨日の死体も女ばっかだからな
俺よりもシノンを優先して噛む意味もあるめえ」
セイバー 「狩人幾つ目ですかこれ」
ミスティア 「3つ目じゃろ?確か」
大妖精 「でっていうが偽っぽいですね
チルノちゃん銀狼COしてますので」
セイバー 「ランは基本村得しないのですがね」
追憶GM 「こう、巫女という清らかな響きに反して男とか怪しい系のCNが」
銀時 「まぁありえなくはないがなー
風祝の巫女騙りとかないかね」
ヴラド三世 「チルノ銀狼で○だから偽か>でっていう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
シノン 「あるのなら誰か噛まれを蘇生していると思うよ」
銀時 「でって信じるなら人外ほとんど死んでねえからな
ランになれば組織票もあるだろうが・・・」
大妖精 「風祝なら蘇生率変わらないので蘇生して履歴出すと思いますけどね」
大妖精 「いえ、チルノちゃんが銀狼COしてましたので>銀時」
ビスマルク 「チルノ銀狼COだし
ぷるぷる人外っぽいわね。 庇って存した」
シノン 「ただねらう緒狼であのサトリCOするかどうかを考える
ビスマルク噛まれがやっぱり納得いかないのよねえ。ねらう緒が偽だとしたら」
セイバー 「そもそも噛まれらしき死体複数で挑戦しない理由が無いです」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
追憶GM 「お疲れ様です」
シノン 「お疲れ様」
銀時 「囁き狂人だとかはありうっからなー
何とも言えねえ、俺は票外しはしたが信じたわけでもなかったし」
大妖精 「お疲れ様です」
七海千秋 「お疲れ様」
銀時 「おっつかれさん」
ヴラド三世 「おつかれー」
ビスマルク 「チルノ銀狼COだし
ぷるぷる人外っぽいわね。 庇って存した」
ねらう緒 「そもそも、ビスマルク憑狼だったとしよう。
あのタイミングで逃げない。もっと早い段階で逃げる」
セイバー 「お疲れ様です」
ミスティア 「おっつん」
ビスマルク 「憑狼なら、憑狼ってそもそも出るし」
七海千秋 「うーん」
銀時 「センリだとか猫神なら早々も出せねえしまぁ
村蘇生だと期待してえなぁ」
七海千秋 「探知師が性別吸血 だったりするのかなあ?」
ミスティア 「このさい性別吸血にひたすら吸い殺してもらったほうがましって気はする」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ヴラド三世 「付き狼なら仕事させてください」
ビスマルク 「村の手数が足りない気がかなりしてるのよね」
七海千秋 「蘇生ログは……無し
仙狐かな?」
ねらう緒 「イタコがいるか仙狐がいるか」
大妖精 「そうですねー、すでに後手に回ってる気にしかなりません>ビスマルク」
ねらう緒 「他に村見せなくする要因はないだろうし」
ねらう緒 「蘇生で雪輝生き返らせない手はないだろ」
シノン 「そもそも占いが初日っぽいからね
これはどうしようもないんじゃないかしら?」
銀時 「つられだからなあ
がしゃ遺言盲信もできねーべ」
大妖精 「がしゃどくろですからねじんがいに宣告付与できますし>蘇生
まあ、決闘なので蝙蝠になると思われて蘇生しないこともありますが」
ミスティア 「まー今から死の宣告つけても間に合わんじゃろ・・・」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
追憶GM 「お疲れ様です」
大妖精 「お疲れ様です
公開ですか」
ミスティア 「配役公開っと」
翠蒼姉妹 「そこ生き返るのですか お疲れですぅ」
ヴラド三世 「どちらにせよでっていうと綺麗は宣告はあるでいいんだよな?
ならそこ急に吊る派考えなくていいのか」
ビスマルク 「お疲れ様・・・」
シノン 「お疲れ様
いや、なんでねらう緒蘇生したんだろう?」
雪輝 「お疲れ様」
七海千秋 「んー
厳しいなあ」
銀時 「仙狐ねえ
飽和狙いで呼び出したかね
おっつかれー」
ヴラド三世 「あぁうんそんな期はした>占い初日」
シノン 「キッサマ>姉妹」
セイバー 「やはり仙狐」
追憶GM 「やっと公開。GM発言誤爆の土下座は終了後に。
なお初日占いは」
翠蒼姉妹 「女アイコンに登録された自分を呪えです >シノン」
大妖精 「狐2生存で狼3に狂信…」
ミスティア 「翠蒼姉妹 は ビスマルク に狙いをつけました
ビスマルク は ねらう緒 の護衛に付きました
ぷるぷるっていう は ねらう緒 に狙いをつけました」
ヴラド三世 「飛閻魔か>姉妹」
雪輝 「この内訳はあかんね」
ミスティア 「3日目の夜吸われながらもさとりを守る狩人の鏡」
セイバー 「んー。指揮奪おうとした日でしょうか吊り上げるなら」
セイバー 「あとビスマルクは訴訟。」
シノン 「飽和かなー
というかやっぱりねらう緒は真だったし
やっぱり怪しいかどうかよりも噛まれ遺言を優先したほうが良かったなぁ
あとメロエッタと紅美鈴のあれがあれだったんだ」
七海千秋 「というか真さとりで吠えの数について言ったら駄目だと思うんだ」
チルノ 「…狐勝ちに1票いれていい?」
チルノ 「吊られてごめんね>七海」
ビスマルク 「私も1票 >狐勝ち」
セイバー 「まぁ基本人外しかいないので>下界」
シノン 「狐が吊れない位置にいるからどうしようもないね」
大妖精 「同じく狐勝ちに…」
ビスマルク 「吠えの数は言ってない
私からは、大声多いってだけ」
七海千秋 「私も噛まれちゃってるし吊られてるしねw>チルノさん」
ヴラド三世 「時雨と美鈴を吸ってくれたらよかったのに>姉妹」
セイバー 「どちらにしろ村は無理でしょう
なんだかよくわからないうちにサトリ偽だみたいなことになってましたけど」
チルノ 「実質狼1増えて銀のかわり位置だよ?>七海」
追憶GM 「いちおー、飛縁魔の射程圏内(女性CN)に人外はそれなりにいるんですけどね……」
ミスティア 「村数4しかいないし・・・(もしゃもしゃ」
ヴラド三世 「鍋で2連陰陽師
仕事ください^q^」
シノン 「せめて指示役がいればねらう緒吊りをさせないこともできたのだろうけど
ねらう緒偽になんでなるかなぁ。人外がラインを作るには弱いし
メロエッタと美鈴は信じるのにねらう緒は信じないのはおかしいと思った」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大妖精 「また市も素村ならせめて占いをください」
ミスティア 「陰陽師はまだ希望があるからいいと思うんです
配役と役職視た時ニートが決まった私よりは(^q^)」
セイバー 「初日誰もでっていうに言及しない
サトリライン放置・真さとり吊り上げ。こんなところですかね」
七海千秋 「因みに隠蔽時の元獣人は初日の狼会話もログで見られることが分かったのが収穫です!」
大妖精 「飽和ですね」
チルノ 「…これで狼勝ったら3昼に吊られで顔あげられるだろうか
>七海」
翠蒼姉妹 「時雨は噛まれなければ吸ったんですけどねえ」
美鈴は吊り上げなよ村で」
ビスマルク 「3昼朝一のぷるぷるに見切りつけれなかったのは私のミスねぇ」
チルノ 「4-4-2?」
ミスティア 「村噛みなら ですけどね>大ちゃん」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
銀時 「ラインを切れたかだなぁ
あとは俺もしっかり指揮取れりゃあよかったか」
七海千秋 「3-3-2だから今日村噛みで飽和だね」
セイバー 「お疲れ様です」
銀時 「おっつかれさん」
追憶GM 「お疲れ様です」
シノン 「お疲れ様
これで村を噛めれば狐勝ち」
ビスマルク 「というか、貴方生きてたら飽和だから むしろ死んでないとまずい >チルノ
私も、銀狼で無駄死にとかしたことあるけど、そのお陰で勝ったことあるし」
ミスティア 「おつさま」
翠蒼姉妹 「お疲れですぅ」
「お疲れさま」
ねらう緒 「正直どうでもいいです」
大妖精 「狐嚙みなら続きますか>みすちー
そしてねらう緒さんお疲れ様です
人外場過ぎました」
ビスマルク 「お疲れ様」
チルノ 「だって狼本体少ないかもしれないじゃない…
3昼であんな形で死ぬのは…<ビスマルク」
ねらう緒 「そもそもビスマルク噛まれて僕疑う時点で割りとおかしいんだよ。
吠えが見えるフリして何が悪い」
銀時 「まぁこんだけ人外場だし説得のしようがないのは仕方あるめえ
誰だって人外で下にいりゃあ釣ろうとするさ仲間じゃないんだし」
シノン 「もっとうまくねらう緒を庇えれば良かったのだろうけど
ちょっと流れを止められなかったなぁ
吠えに付いてなんか言うのは何でアウト何だろう?
情報があるのならそれを使っても別にかまわないと思うのだけど」
銀時 「あんとき信じれんかったのはすまんかったな
下は狐噛みになりそうではあるが」
ミスティア 「◇追憶GM<ここよ!  >メロエッタ」
チルノ 「狐吸血狼陰陽そして縁切
2-1-1-1 さとられに変な形で触れたのがまずいのはわかってた
でも3昼に何喋ったらいいのか迷って詰んだ…>ビスマルク」
ねらう緒 「どう見てもおかしいのは村表記ラインでさとりから露出してきた
悟りラインがいままで生きてることだ。 おかしいだろ」
七海千秋 「吠えが見えるフリしたら…駄目だと思うんだ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ねらう緒 「悟りは狼の吠え聞こえないからだろ
聞こえるフリに決まってるだろうが何を考えてるんだ」
追憶GM 「元々の村数が決して多くない配置でありますからね……
ねらう夫&ビスマルクの動きは、いわば鵺と鵺られみたいなmのだと思うのですが」
翠蒼姉妹 「チルノは結構ガチ狼狙いだったですね」
「大妖精噛まれてないって知ってそうだったし 銀狼だったけどね」
チルノ 「このへんはゲーム終わってから
聞くつもりだけどね>3昼のこと」
ねらう緒 「何位せよビスが噛まれた時点で瓦解してるようなもんだし負けたとしても別にどうでもいい」
七海千秋 「システム的に吠えが見えないって言うのがさとりだから」
シノン 「ビスマルクが真証明できていてちゃんと繋がっていたら別に誰も疑わないでしょう?
結局はするはずないで決めつけちゃったのがあれだったと思うんだ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ビスマルク 「正直あれで吊られるとは全く思わなかったけど
私の遺言+そちらの昼の発言の言い回しを変えたら、
もう少しはさとりっぽくなったかしらね? >ねらう緒
発言コピーは出来ないけど、色々と私が伝えた幻視者として出るかどうかの話
狩人としてGJか否かの話を具体的に
チルノ 「大ちゃん噛まれたのはどうして の発言でかな?
>翠蒼」
ビスマルク 「ま、それでも吊られなかったかどうかは不明」
セイバー 「あれ、サトリって吠え見えないんでしたっけ」
ねらう緒 「見えないよ 囁きしか見えん」
シノン 「そして死体無し
ここで忍者が吊れちゃうと狼勝ちがありそうか」
ミスティア 「見えないアルネ>セイバー」
セイバー 「じゃあ正直吊られても仕方ないのではと思いますが」
翠蒼姉妹 「そういうことですね >チルノ」
「吸血死って知ることができるのは 閻魔と狼と吸血本人だけだから」
銀時 「まぁフリをするってのはなんだってできるわけだからなあ
そこで責めたって仕方あるめぇ
ラインがあって、片方が噛まれで、状況からもっと見ること出来ただろうがってのは否定できんが」
チルノ 「そうか
吸血死を考慮にいれてないのは視点漏れ…>翠蒼」
ビスマルク 「最初期以外は見えない >セイバー」
ねらう緒 「そこでビスマルクなんだったか考えないならもう知らないって話だ。」
セイバー 「ビスマルク噛みらしき死体という結果でその囁き見えたという騙りを相殺しきれていないので」
ビスマルク 「見えたら、サトラレが狼かどうか凄い勢いで分かってしまうから」
雪輝 「今日でっていう吊って、綺麗が噛まれればワンチャンある…」
チルノ 「鬼いるから
一角獣COもできなかったよ…」
セイバー 「他に吊っておいたほうが良さそうな位置はそこそこあったと思いますが
それ聞いたら私もとりあえず票突っ込むかなと」
七海千秋 「というか巫女ランしたなら残った巫女も吊ろう(提案」
ミスティア 「鬼いても多分ワンチャン吊れると思うの>性別逃亡CO」
ねらう緒 「だからまぁどうでもいいし文句も聞く気は無い。
その程度で吊れるんだなとしか思わない」
チルノ 「あと、本当なら大ちゃん噛みをみてブン屋COも考えた
多分0票位置から適当に告発してたと思うけど
それをして銀噛んで吊り増やすのはよくないとおもって破棄しちゃった・・・」
大妖精 「いや…それなら蘇生したのはなんだったんだって話になるんですがね…>下界」
七海千秋 「A.私の元獣人」
追憶GM 「ローラーとは言ってないという>巫女」
翠蒼姉妹 「実際吸血が私達から出たんですから」
「探知師はある程度信用してもいいと思うけどね 感染0を伝えたんだし」
ねらう緒 「個人的にはどうにかしてサトラレにだけさとりを伝える手段が欲しかったところだが」
チルノ 「ぷるぷるが狐告発すればいいのにね」
七海千秋 「巫女COだけで決められちゃったのはちょっと悔しいかなあ>GM」
銀時 「それすんなら狼視点は偽はっきりわかるだろうから問題ないとは思うがなあ>チルノ
ただ即信用は取れずに噛んだところに逃げて自殺証明してみろよ、とか
相手がふっつうに真証明できる役職だとかはあるからリスクはのまなきゃいかんが」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チルノ 「ブン屋COしたほうがよかったと思う人はいる?
>あたいの下の文章をみて」
ビスマルク 「あぁ、こちらからそれも提案すべきだったわね >さとりなら ~って言って」
七海千秋 「狐おめでとう、と」
ねらう緒 「むしろそっちで村人だと思うがって感じで出たほうが都合良かったかもしれん
それだけの話し」
銀時 「サトラレの側から見えてたら朝イチの発言にこれを~、とかやるとかな
なんだったか、QPかなんかの恋に聞こえるやつでそういうのを見た>ねらう緒」
追憶GM 「まとめ役がいないので何となくの流れで毎日の吊り決めている感は少々>七海千秋」
ビスマルク 「いや、幻視者からCOはちょっと無理」
ねらう緒 「なんにせよサトラレからのさとり示唆じゃないと 出る気がしなかっただけだがね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました