←戻る
【雛1657】やる夫たちの希望天候超闇鍋村 [2009番地]
~明日の天気は……メテオ!~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須秘密会話あり自動で霊界の配役を公開する天候あり超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 元祖厨二病GM
(生存中)
icon ガイア
(生存中)
icon マッシュ
(生存中)
icon 空母ヲ級
(生存中)
icon 古明地こいし
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon フランドール
(生存中)
icon KAITO
(生存中)
icon ジョルジュ長岡
(生存中)
icon 古明地さとり
(生存中)
icon 鹿目 まどか
(生存中)
icon クアディカ
(生存中)
icon 雪代巴
(生存中)
icon カルナ
(生存中)
icon ムスカ大佐
(生存中)
icon
(生存中)
icon 提督
(生存中)
icon ネコカオス
(生存中)
icon オルテガ
(生存中)
icon スター
(生存中)
icon ぼっち
(生存中)
村作成:2014/03/19 (Wed) 21:18:31
GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・おはステ、および完ステは禁止。発覚した場合は吊ること
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。
・秘密会話が入れてあります

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。
GM 「開始時間は21:45」
ガイア が幻想入りしました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 元祖厨二病GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 861 (クラウド)」
ガイア 「このコロニー、地球に落とすにはいいサイズだ」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
ガイア 「もうすぐマッシュとオルテガとマッシュがくる」
元祖厨二病GM 「(汗臭い……バレットみたいな奴だな)」
かり が幻想入りしました
(仮) が幻想入りしました
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。」
古明地こいし が幻想入りしました
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
古明地こいし 「よろしくね~!」
できない子 が幻想入りしました
できない子 「人狼なんてできないよ」
古明地こいし 「古明地こいし さんが登録情報を変更しました。」
フランドール が幻想入りしました
フランドール 「よろしくねー」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
元祖厨二病GM 「(少しは汗臭さが消えたか……)」
KAITO が幻想入りしました
KAITO 「おいーっす」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
ガイア 「黒い三連星ならずか・・・!?」
ジョルジュ長岡 が幻想入りしました
ジョルジュ長岡 「おっぱいおっぱいしたい」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
元祖厨二病GM 「(いかれた奴がきたようだ……)」
ガイア 「横に仮2人・・・まさかな」
古明地さとり が幻想入りしました
古明地さとり 「こんばんは~」
ジョルジュ長岡 「幼馴染の巨乳格闘少女ください>GM」
古明地こいし 「あ、お姉ちゃんも来たー!」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
元祖厨二病GM 「そこを動くなよ……ナイツ・オブ・ラウンド!>ジョルジュ」
元祖厨二病GM 「(あんな逝かれた召還魔法とか、使っててどうかと思った)」
ジョルジュ長岡 「俺は死にませぇん!おっぱいを愛しているから!」
かりい が幻想入りしました
クアディカ が幻想入りしました
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
あかり が幻想入りしました
かりい 「よろしく」
クアディカ 「……よろしく」
元祖厨二病GM 「よしわかった……俺と一緒にエメラルドウェポンと戦え>長岡
それで勝てたら考えてやろう」
ガイア 「あと15分か・・・埋まるといいな」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
(仮) 「(仮) さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:(仮) → 空母ヲ級
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7512 (深海棲艦空母「ヲ級」)」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → マッシュ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2153 (ボブ)」
狩り中に が幻想入りしました
ジョルジュ長岡 「っしゃいくぜ」
空母ヲ級 「ヲッヲッ(よろしくー。)」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
狩り中に 「よろしく」
マッシュ 「HAHAHA!よろしく頼むぜ!」
ムスカ大佐 が幻想入りしました
ムスカ大佐 「ふはははは、よろしく頼むよ、諸君」
かり が幻想入りしました
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
ジョルジュ長岡 「ガイア・マッシュ・ヲルテガ

無事三連星はそろったな」
かり 「よろしく
PCが重いなぁ」
KAITO 「ヲッヲッヲッ(ここではリントの言葉で話せ)>ヲ級」
ガイア 「いくぞ マッシュ!(っぽいもの) ヲルテガ! ムスカ!
ジェットストリームラピュタをかける」
空母ヲ級 「ヲッヲッー!ヲッ!(すいません!リント語が分かりません!)<KAITO」
マッシュ 「ヒャア!我慢できねえ!バルス!」
提督 が幻想入りしました
提督 「よろしく頼む。」
狩り中に 「狩り中に さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:狩り中に → カルナ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6077 (カルナ)」
ムスカ大佐 「君は誰の前にいると思っているのだね?>ガイア」
ジョルジュ長岡 「なんでや!大佐関係ないやろ!>ガイア」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
空母ヲ級 「(ガクガクブルブル)<提督」
KAITO 「ヲッ・・・、ヲッヲッ(そうか・・・、なら仕方ないか)<ヲ級」
カルナ 「ところでGM
「メギド(世界終焉の豪炎)」とはなんだ?」
元祖厨二病GM 「(やはりコントが始まってしまったか……)」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → Ⅴ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1780 (蓬莱山輝夜2)」
ガイア 「ジェットストリームアタックは目潰しから始まる
あとは分かるな? >ムスカ」
カルナ 「お前の前にいるのは私だが?>ムスカ大佐」
「働かない」
かりい 「かりい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりい → 鹿目 まどか
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2583 (鹿目 まどか)」
ネコカオス が幻想入りしました
元祖厨二病GM 「その単語を口にした以上……貴様の魂は輪廻転生を外れた、もはやどうすることもできんと知れ。
そしてメギドについて俺から言えることは……森羅万象の破滅と再生>カルナ」
ネコカオス 「おはよさーん」
フランドール 「つ亡霊嬢>Ⅴ」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
あかり 「あかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:あかり → 雪代巴
アイコン:No. 5 (赤) → No. 7085 (雪代巴)」
元祖厨二病GM 「(よくわからんことを言うやつがいる……適当にかわすか)」
雪代巴 「あなた方は……血の雨を降らすのですね」
「君に譲ろう>フラン」
空母ヲ級 「ヲッ!?(よ、妖怪猫吊るし!?)<ネコカオス」
フランドール 「お断りする―>Ⅴ
葛の葉ならもらうけど」
カルナ 「ラーマヤーナの文献には載っていないものが存在していたとはな>GM
なるほど、そのようなものは確かに秘匿されるべきだろう

だがGM.俺の魂は既に天上にある。それを妨げることは
例え神をもってしても不可能だ」
空母ヲ級 「ヲッ、ヲッ、ヲー(人外に投票して束帯場ですねわかります。)」
20 が幻想入りしました
鹿目 まどか 「天候ついてるんだね」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
「非狼投票しかせずに残されることをお望みか>フラン」
20 「ずさーでもない!」
カルナ 「インドラの神。そうか貴様のところではアレはラピュタと呼ばれているのか>ムスカ大佐」
雪代巴 「日本語わからないようですけれど。異人さんですか。>ヲ級」
元祖厨二病GM 「貴様が神を名乗るか、ならば俺は神すら超越した存在だと名乗ろう。
そうだな次元上位存在……貴様にならこの言葉の意味、わかるだろう?>カルナ」
カルナ 「いや、彼女もまた私と同じ英霊だ>巴」
空母ヲ級 「ヲー・・・(どっちかというと亡霊・・・いや元ネタから言うとアメリカ人?)<巴さん」
ああ が幻想入りしました
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
ああ 「よろよろ」
雪代巴 「英霊…そうですか…
神社に祀られるのですね。>カルナさん」
20 「ドラクエのオルテガっぽいのが無い・・・」
フランドール 「制限無視狩人と無双したいだけ…>Ⅴ」
カルナ 「次元上位存在・・・・すまないが私はその意味を知らない
だが、ジナコのネットでよく聞く言葉ではある
曰く「ジナコさんからしたら痛いだけのことっすねー」とのことだ>GM

最も、「どこか痛むのか?ジナコ?」と聞いたら空気読めないと言われた・・・何故だ」
雪代巴 「ヲー…?
難しいですね、異人さんの言葉は。>ヲ級」
マッシュ 「その発想はなかった>20
それにすればよかった」
ムスカ大佐 「あれは遥か昔我が祖先が住みし天の要塞>カルナ
ならばその遺産を受け継ぐのは彼の地の王族の血筋を引く私がふさわしいとは思わんかね?」
ああ 「ああ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ああ → スター
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 2190 (スター)」
スター 「オラオラですぅ」
ガイア 「ならば、マッシュはFF6だな」
元祖厨二病GM 「そうか……貴様はまだその域にもたどり着けていないのか……
ああ、わかった。なに、こちらの話だ。さきほどまでの戯れ言など忘れるがいい……>カルナ」
20 「20 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:20 → オルテガ
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 1440 (デス・アダー)」
3 が幻想入りしました
フランドール 「私も一応捜した>20
カンダタも無かったよね…
(覆面パンツさん)」
「葛の葉って強すぎると思うんだよね・・・
村でもかわいそうになったりするし、弱体化しないかなぁとか思ったり」
できない子 「マッシュルーム」
カルナ 「あぁ彼女もまた祀られるべき存在>巴
俺たちは兵器でしかない。人が人を殺めることもまた人の運命といえるだろう」
元祖厨二病GM 「いらっしゃい」
ガイア 「ガッシュでもいいぞ」
できない子 「つまり、マッシュの部屋」
「3 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:3 → ぼっち
アイコン:No. 4862 (ぴよらっと) → No. 1784 (しあわせうさぎ)」
元祖厨二病GM 「ガッシュのアニメはいいOPだった」
ジョルジュ長岡 「ヲルテガとオルテガ、○テガの座を賭けた闘いが、今始まる―――」
オルテガ 「適当に裸マントっぽい!
RPは気にするな!」
ぼっち 「よろしくお願いします」
マッシュ 「いやそれやろうと思ったけどアイコン無かった>ガイア」
マッシュ 「┗|┳|┛」
空母ヲ級 「ヲッヲッ・・・(上手くしゃべれないんです・・・)<巴さん」
ガイア 「バキのガイアもなかった・・・考える事は一緒だな」
雪代巴 「甲子園のまもの…」
カルナ 「世界に関わることを戯言か
お前はよほどの存在なのだろうな>GM

あぁ、だが我が神の慈悲を願えたくば我が槍に飲まれるがよい
メギドは知らぬが、日輪の加護を受けしこの槍は全ての神を癒し、壊すものとしれ 」
オルテガ 「そんな戦いらねーから!>長岡」
スター 「スター さんが登録情報を変更しました。」
古明地こいし 「きのこアイコンでマッシュ(ルーム)とかー?」
雪代巴 「人が兵器だなんてことはありません。
ましてや、人が人を危めることに道理など…>カルナ」
オルテガ 「無いならアイコンとRPでカバーすればいい!(カバーするとは言ってない)」
ガイア 「開始まであとわずかだ
カウント中には埋まるだろうな」
フランドール 「葛の葉は…ほら銃殺されるから…>Ⅴ
開始前に死ぬ共有だし」
雪代巴 「きのこでしたら色々ありますね」
ガイア 「葛の葉を銃殺して誇らしげにCOする占い師が居るんだろうなぁ」
ジョルジュ長岡 「足りないアイコンとおっぱいは愛で補え!」
「開始前に死ななかったときの恐ろしさよ・・・」
元祖厨二病GM 「その程度の槍でなにを飲み込むと……?
フェンリルに納められしこの七剣神裂によって貴様の槍はもろくも塵と化すのみ……
命、いや魂すらその原型をとどめることもできない……手加減は無礼と知れ>カルナ」
マッシュ 「葛の葉?ああ初日呪殺食らったよ」
ムスカ大佐 「銃殺されるとはなんたる弱さか
人の上に立つものとしての力が足りないようだな>フランドール」
空母ヲ級 「ヲッ!(まぁ私は機械の亡霊が人の姿を取ってるだけだからね。
余り気に病まない方がいいと思うよ)<巴さん」
カルナ 「人が人を殺めるには理由はある
そして理由があれば道理もある
そも人の歴史は過ちの繰り返し
だが俺はそれを否定はしない。

耕し、奪い、はぐくむは人の摂理なのだから>巴」
フランドール 「かなーしみーのーむこーえとー>マッシュ」
オルテガ 「余裕があるからって
何故か銃殺されてしまう葛の葉!」
フランドール 「わたしにいわれても困るんだけどね…
葛の葉の仕様だし…
そもそも葛の葉やったことないから>ムスカ大佐」
カルナ 「そうか、貴様はよほどの自信家のようだな
ならばくらうがいい我が槍を>GM」
ガイア 「葛の葉『すっごいの引いた、もう何も怖くない!!』」
空母ヲ級 「ヲッ!(愚策中の愚策!)<オルテガ」
元祖厨二病GM 「時間だ……投票を確認したらガイアはカウントを開始しろ……」
古明地さとり 「時は時。世界は世界
人の夢は何処かに
何故に人は夢を見るか」
雪代巴 「初日葛の葉銃殺…」
「ねーむーいー
働きたくないわー」
できない子 「世界が平和でありますように」
ガイア 「いくぞ! マッシュ! オルテガ!
ジェットストリームカウントをかける」
KAITO 「寝たら死ぬぞ!>Ⅴ」
ガイア 「ガイア」
カルナ 「人が夢を視るのはノンレム睡眠というものらしい>さとり
つまりまどろみのなかだからこそのものだ」
雪代巴 「何か、別の役職騙っていた葛の葉が銃殺されているのも、
どこかで見たことがありますね」
提督 「さて、あと一人の枠が埋まらないとちょっとしたもやっと感があるが。
ま、一人居る居ないぐらい、鍋では大差ない。」
ガイア 「マッシュ」
古明地さとり 「儚きも美しきは世界なりか夢鳴りか
ああ、世間支配すべしのはなにゆえか
時は時よ。ああ、とまれと祈る

貴方は何よりも美しいから」
鹿目 まどか 「凄く嫌な予感のセリフー! >ガイア」
オルテガ 「実際にそれをやった村があってだな・・・
まあ狐詰めでLW状態
共有者に相方も居る状態だったが・・・>ヲ級」
ガイア 「踏み台」
フランドール 「ニート強制労働装置、魂の占い師君でも…」
ガイア 「開始」
スター 「ガンダムはいないですぅ?」
マッシュ 「お前誰だよ>ガイア」
ゲーム開始:2014/03/19 (Wed) 21:46:37
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3
「◆元祖厨二病GM 今回のGMはプースカ@人外で騙り信用を得る、最上の喜びだ! がおおくりします。
ところでFF7って本当にリメイクするのだろうか
それでは各陣営勝利をめざしつつ最後までお楽しみください。

【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・おはステ、および完ステは禁止。発覚した場合は吊ること
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。
・秘密会話が入れてあります。
・投票延長も呼びかけもしませんので各人気をつけてください。」
古明地こいし 「呪狼ー」
ジョルジュ長岡 「素ですな」
クアディカ 「……白狼」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
空母ヲ級 「ヲー(静狼。よろしく-。)」
「◆元祖厨二病GM 村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3

マニア置換してないのに3もでるとは」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
古明地こいし 「素白呪静 まあまあいいんじゃない?」
ジョルジュ長岡 「誰が噛むよ?」
クアディカ 「共有をさっさと片付けたい所だけど……」
「◆元祖厨二病GM 貴様にお似合いだ>該当者」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
空母ヲ級 「ヲッ!(それじゃあ基本は素ト呪が占い騙りに出る感じで。
噛みは私が基本的に行うよ。)」
ジョルジュ長岡 「オーライ」
空母ヲ級 「ヲッ(私は基本潜伏で行くから。
●喰らったら流石に出るけど。)」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
古明地こいし 「とりあえず占い日記は作っておこうか
初日に占われる可能性もないわけではないしー」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆元祖厨二病GM 貴様も立派なジャンキー……胸を張るといい>該当者」
クアディカ 「私は……まぁ……考えとこう…」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆元祖厨二病GM そうだな、そこはYESと答えてやろう。変態じゃなくて紳士だからな>該当者」
空母ヲ級 「ヲッ(初日は200で噛むから)」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆元祖厨二病GM ・投票延長も呼びかけもしませんので各人気をつけてください。

ではグッドラック」
元祖厨二病GM は無残な負け犬の姿で発見されました
雪代巴 で足音が聞こえた…
ガイア は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
元祖厨二病GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
ガイアさんの遺言 天人CO
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
提督 「おはよう。
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3
神話置換でもついてたのかと見紛う内訳だな。マニア全村つきでも8人外+蝙蝠。
そして都合よく全部村につくとも思えないので気張っていくしかないな。」
ジョルジュ長岡 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3

多いなマニア…ま、共有はいることだし、初日は随分とにぎやかになるだろうな。」
できない子 「村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3

9吊りで8人外なんで割りと厳し目
神話が村についてくれることを祈りたいかなと思うわけで
密話がある以上、CO状況によっては指定したほうがいいかなと」
鹿目 まどか 「おはようございます・・・
えっと、本当にマニアさん次第だね・・・
どうか、村人が増えていますように・・・!」
ネコカオス 「おはよーさん。
共有とマニアはcoよろしくかね。」
古明地こいし 「おはようー!
村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3
9吊り8人外+蝙蝠1とマニア3
マニアが何処に付くかによってだいぶ難易度が変わってくる感じだねー
共有と村側に付いたマニアは早く出てきてね!」
スター 「おはようですよー」
フランドール 「おっはよー
出現陣営:村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3
吊り9で人外7+蝙蝠、それにマニアが3かぁ
共有いるみたいだし出て指示が欲しいなぁ
マニアも村に憑いたのならさっさと出てほしいなぁ」
オルテガ 「村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3
共有者と神話マニアをまずは出すのが一般的だ!
早く出て来い」
KAITO 「おいーっす!」
古明地さとり 「           _ ,..-.... ̄__.......`..-..、 ))
     ヽ、-─,ニ´_, -'_二二__ `゙ヽ 、....`゙ 、
       フ´..,イ‐''´......................`゙ヽ、  ゝ'"`Yヽ
      ,..'.../.....................................,.......\!   '‐、.ヽ
      //............../.............../.......!.............l_     )─- ..._      共有いますけど……マニア多いですね
   -=チ''rイ..../L_λ............/.....ノ!.........ヽ....`チi!´ ̄..ヽ ̄ヽ\
 -=ニニィ..!!.|...从 !ヽ!....,'...,イ--,'、_!_...........!.......∨!.........lヽヽ  \ヽ
    /.....ヽ∨λL_、∨!/|_/  ヽ`.....,'...........ヾ.........ハ ``ー   } }         とはいえ、マニア次第の内訳は、マニアが村付きならば十分
.   /............_ヽ!l 代i! ヾ チ"≧=ュ!_,ィ'...........,'...}.........ハ    ノノ
   l......,.-ァ'........} ヤノ    l |乂ソノ'`ノ......._ノ! ,'....ヽ.....∧ ,. '/
   |/ ,'....._,.イ''' ′    `ー‐'_/, -''´.....j/......._}シ-_ '/          運も実力の内と申しましょうか
    ´  l..../ ,',ヘ      """-ァ'ニ.............../ -,.=-r ´ヽ/
       ヾ !' ! .>、^ ,r'i   /....,rir'_`<≦'∨|ノ_   ´
         ‘/ヽ>'´ ノ--<!,イ/    ヽ! !;f´.!,ィニニニニニ        故に……楽しむのが吉と
       /゙i / ノ,' /  _ -、ヽ、!      ! l.{ |<,、
      f イ | } ,' j / ,-、 ヾj! , -''_´ヽ  } .}j }'{ .}、_
      ゙、ヽィ |' _.ノ'_./   >i<-''´ ∧ ヾィ / .// ノ >'-、
.         } ´ "´   j  , ,'<{ {    /,!  -' /' ,<‐t'‐<
        l   ヽ-,r‐ {. l ! i7  `、. //λ ., '´ }ヾY ̄
.,r'ニニニ丶、{    }'    ヽ_|.|./_    ソ// `/   ! \
f i    `ヽ!   '__ ,-''ヽ ヽ、 _>-─''''"   {   ,′   \
| |      l ` ̄  {、Y´. \_jf,..--t-‐、   !   ノ、   \ヽ
| |      |    .!. ゝ    ノ-''   `ヽ   ノ   ヾi   ヽ!」
ムスカ大佐 「村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3
人外たちよ、どこへ行こうというのだね?」
クアディカ 「……おはよう
マニア多いね…共有の囁きも割と多めだった気もするけど…
マニアの様子見てから共有は出てくればいいんじゃないかな」
「村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3

共有の囁きがあったし、マニアがいなければ普通の陣営数だと思う
マニアが共有コピーとかだと最高に働かなくてすむわー」
ネコカオス 「というかマニア多いな。
マニアcoが0とか想定したくねえな。」
カルナ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3

マニア3.村人の数でいえば少し危ないな
共有は出てきてくれ」
雪代巴 「おはようございます」
できない子 「閻魔CO ガイア銃殺」
空母ヲ級 「            _  ィ‐= 7  "´´ `´ ̄""
          /  ヽ'/,〈     _ / ̄` ヽ 、
        /      ヽニ=- _ヽ='〉` ヽ、  \ヽ、
        /       /ヽ/>( ̄、ヽ、 > 、 ヽ、ニ-、ゞ\
     /      /、/   ' ,//、`ー' 、  ` ヽ=' "'"´ ヽ'´
    /      / "l  /l >ニヽ'l⌒ヽ`ヽ、 _ /,、  ヽ出現陣営:村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3
     l    , 、lヽl l/l, .//'/、l //  ヽ、 `ヽ、\_、 〉' /
 〈`ーl  r-ヽ-\/l _/,イ//ィヘ\ ´ ヽミヽ  \ `ー'   ヲッ!(10吊り8人外・・・だけど凄いマニア次第だねこれ。
  ,`ーヽィヽ\_>'/´  ,、 '_、ヘ:-;ト;ヽ   ヽ'´ \ ` ヽ        というわけでマニアと共有でてこーい!)
 ヾ、 ̄トー=ニ=l/k ‐X,ヽ'lー' _ ̄lメヽ\ ヽ、   \ // \
    /    ,ヘ \/ニ_くゝ '、´〉、_ミヽ    ̄ヽ‐'、 _ノ
   ,/  / ヽ //l'、ヘ ヽ_〉‐'〆  ゙  ヽ      ヽ 、
   l  /    ヽ、ヽlヘヽ'// ̄;ヽ    ヽ⌒`ヽ、   ヽ
    '  ,'       〉,l 'l /l    ' ヽ     、   \   ヽ
  ,/  〈       ´∧ ヽ'   ,'  ∧     \    ヽ、  \
  i     ̄ `ヽ、  / 、 ,  '   / ヘ       \    \  \
  ヽー――- 、,、_ 7、. -'`´  ,   ヘ//∧        ヽ     ` ー 、 \
       ,ィ//,'〉'"ヽ、,ィ ´    ヽ/ハ           ヽ       `ヽ、 \
       iゝー'、/'/´ ∧   /''イ、_ ヽ ハ         ヽ         \ \
       ヽ /⌒'  /ゝヽ / / \ヽ〉 l         ヽ         `ー‐'
         l、ー'l ,/ 、、 ヽ l ,ヽヽゝl// ,l             ヽ
        l/l/l/    ヾ/  ヽヽ l   l              \
         .l',l/l     '/'    ヽ,/   .l            \」
マッシュ 「出現陣営:村人陣営9 人狼陣営6 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1 神話マニア陣営3
ハッハー!おはよう諸君!人外=村だなキツイぞコレ
マニアが全部村に付けば行けるんだがな!さあマニアと共有者はCOを頼むぞ!」
ネコカオス 「あ、それと共有の囁き多かったから、仲間複数いんなら。
指定するならいいがグレランとかならちゃんと仲間全部出せよ。
共有吊っちまうとかしたくねえからな。」
提督 「天人遺言か。
ま、戻ってきたら真だ。」
古明地さとり 「死体2と足音、ですか」
KAITO 「ガイア!!!!」
スター 「なんと!>閻魔」
古明地こいし 「ガイアがいきなり死んでいる!
天人遺言なら5日目まで待てば分かるね~」
できない子 「         。゚ rx   , ┐  。                  ゛| |"
          。  ,.|{ nY ,ニ}   。                   | |
           。 { Ⅵ/r仁{          _   _,        | |
      _」_ 。‘⌒k..          ___,> Y´'ー-、      | |
      `Y⌒)}'^Y´ノ}ハ.        >z二_ ___`ー≧__  | |
    、_」{  ' ,」,rく。  }.ハ〉. ゜。 >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <. | |
    >'⌒ヽ=ミ、|{  .      /        ヽ `Y′之> |         このAAを見てもらったら私のCOがわかるだろう
   7, r=ミ、   \く,.     ゜゚ /  ,   l、 、 , 、 |  ヽ }<. | |
  .]{ └' ,}j  、___){ィ.      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ | .| |          そう、閻魔COだ、地獄の沙汰も金しだい
   ^'宀'^^   `ニ![,斗宀=ミx |ハ |(●) (●) / / ,/レ|/ | |
         r宀ァ'^く    r_}l.゜゚ `|   ヽ    「)'/|/|/ー-、| |            地獄のミサワ系ガールとはそこのぼっちのことだ
     ,  r┘Y´{り人_    _]ヽ . ヽ、   -    ,.ィT/   Ⅵ
.    {ー-ヽ, `ニ´イ }  ,ノ      ー -- <イ         }`ヽ
     `フ7⌒>、__,r宀'^ `^!.         {`>彡        j`7ハ、
     `′_{(二ニミメ、 r宀ァ'        、              / / lト、
      ,ノrtnrヘ ハ Ⅵ,r'            ヽ         // /   ヽ
.      { 〉 ┘ jノ ,}__}[,               ヽ,       -_.ノ/イ    ハ
      〉'⌒'ーく_r仁フ/              {|:l {:/ー<彡'´ ′      ハ
      `¨フ,冖i{`フrく                   ヽ{ハ ̄            ∧
.        {( _」L{ノY´\,              ヾ }               l
         {   }-ヘ{  ト、               |              l
        r'⌒Yrtn{ }- 、 {           |                  |
          ,} r‐}辷^}′ {  〉             l!              |

閻魔CP

初日
ゲスいGM 」
フランドール 「天人だ―
5日目に判断だね―」
「天人遺言ね
5日目で判断すればいいか」
雪代巴 「マニアさんのCOがあるかどうかでしょうか」
オルテガ 「が、ガイアー!
ガンダムだと一番最後に死ぬはずなのに!」
クアディカ 「なんか天人遺言が出てるけど
まぁ、今は気にしないでおこう
それより足音の方が割ときにはなるけども」
提督 「ほう閻魔視点銃殺だった、と。
ま、それも後々わかる。」
ぼっち 「共有CO 相方ムスカ大佐」
スター 「マニアが全員村コピーしますように……」
雪代巴 「あ」
KAITO 「ほむ>銃殺」
古明地さとり 「閻魔視点では呪殺。なるほど
五日目に期待しましょう。それまでは放置で良いかと」
カルナ 「死体が2ガイアは天人か」
鹿目 まどか 「足音? 鵺もあるけど・・・
COが特段無ければ気にする必要は無いと思うかな」
「フランと発言もろ被ったwww」
マッシュ 「っと?遺言では天人だが閻魔は呪殺と」
できない子 「で、問題はマニアCOが出るかどうかなんだけど」
ムスカ大佐 「ほう、それはまたいい情報だ
朝が来る前に1人外しぼうとはな」
古明地こいし 「って閻魔が出てきたねー
呪殺ってことは真占いは確定でいるってことだから期待したほうがいいね!」
雪代巴 「共鳴ついています。カルナさん」
ジョルジュ長岡 「天人COがあるな。まぁ帰ってくるタイミングがおかしかったりしたら改めて考えればいいだろ。
あとは足音は…鵺かね?わからん。」
フランドール 「って銃殺なのかーwww>できない子」
ネコカオス 「はーん?銃殺主張?
だったら天人coだから5日目まで待てばよかったんじゃねとかあるが」
ムスカ大佐 「共有CO、相方ぼっちだ」
「おいぃ?
マニア出ないのか」
スター 「マニアが全員村コピーしますように……(2回目」
空母ヲ級 「ヲっ(ヲっと初日呪殺判定?<できない子
とりあえず5日目に帰ってきてから判定でいいか。)」
オルテガ 「なん・・・だと・・・アイツ裏切り者か!>できない子」
ムスカ大佐 「共有CO、相方ぼっちだ」
提督 「で、マニア一人目は鵺か。」
KAITO 「共有二人か
囁き数からみたら複数ありそうだったけど」
できない子 「あいつ、帰ってこねぇから>ガイア」
フランドール 「気が合うねwww>Ⅴ」
マッシュ 「共鳴と
鵺は村に付いたか」
鹿目 まどか 「天人遺言がある状態で、それを言えるなら
狐か真の閻魔さんかな?
どちらにしてもまず吊らない位置だね」
古明地さとり 「音マニアって本人に付いたでしょうか?
その当たりは覚えてませんが

まぁ、良いでしょう」
KAITO 「相方ボッチって相方がいない風に聞こえる不思議!」
提督 「共有複数はありがたいな。
まー暗殺複数とかの方が良いんだろうが、そこまで望めないだろうし。」
できない子 「マニア出ない、よって指定必須>共有」
カルナ 「あぁ、共鳴が付いているな>巴」
スター 「足音鵺ですか?>カルナ・巴」
マッシュ 「ぼっちじゃねーじゃん!」
オルテガ 「共有者のCOと共鳴は鵺だな
まあその辺は夜に確認しとけ>鵺」
クアディカ 「あ、閻魔いるんだ、それで呪殺
じゃあ戻ってこなかったらわかるね
まぁ、もし呪殺で仙狐がいるってレアケもあるけど…」
「共鳴COと
鵺で1枠だけど共有の囁きのほうが吠えより多かったよね・・・カオスなんじゃ狼は」
雪代巴 「できない子さんは五日目を待ちましょう。
おのずときちんと判断がつきますし…」
古明地さとり 「一人出てますね>できない子」
KAITO 「ほむ>共鳴
鵺か」
できない子 「密話OPがある以上、最悪想定するべきだし」
フランドール 「マニアが1つは鵺ね
他の神話は…?
共有は了解」
クアディカ 「ぼっち詐欺…」
ジョルジュ長岡 「って閻魔が呪殺結果?
ここで出てくるのは好印象だが、本物かどうかはまだ判断できねぇな。」
オルテガ 「ぼっちなのに相方とはいったい・・・(ウゴゴゴ」
鹿目 まどか 「・・・・・・・・・AAはCO時「以外」自由なんだから、
AAに役職書くのはやめようよ・・・・・・・・・・・」
提督 「>KAITO
俺には相方と組みたくない! あいつはぼっちなんだ! という心の叫びに思えたがな。」
ムスカ大佐 「そこに関してはおそらく足音鵺だろうと思うが一応確認を頼む
違うのならば足音人外がいるということになるのでな」
雪代巴 「みたいですね。>足音鵺」
古明地こいし 「共有が二人、ぼっちさんとムスカさんだねー 指揮よろしくね!
雪代さんとカルナさんが共鳴なんだね!鵺ラインが出てきた!
・・・マニア残り二人出てこない所を見ると、人外に付いたかな?」
古明地さとり 「初日指定はあまり好きではありませんね」
空母ヲ級 「ヲッ(マニアと鵺をそれぞれ確認)
ヲッ(後私たち視点では貴女騙りの真天人とか普通にあり得るから。
メリットは低いから基本真で見るけど。)<できない子」
マッシュ 「他のマニアコピーは出てこないか?
マニア2人外行ったってことだがきついな」
できない子 「それを差し置いても神話が2潜りの状況はしょうじきいただけないよ>さとり」
ぼっち 「吊り指定マッシュ」
ネコカオス 「信じるならもうLFってことなんだが
狼陣営多い中で嬉しい情報かと言うと微妙だがな」
スター 「2マニア人外コピーとか嫌なんで身代わりマニアの1マニア重要職コピーでよろしくですぅ」
フランドール 「ボッチなのにボッチじゃない…
これは早々ムスカ大佐がバルスされる流れ!?」
提督 「そしてマニアが一人しか出ない悲しみ。
残り二人は人外付き確定っぽいな。
初日はあるかもだが、それ考えても致し方なし。」
オルテガ 「3分を切ってもマニアCOが1つしかない?なら
指定しないと駄目だな、人外増えてる可能性だ」
クアディカ 「大体は五日目で判断出来ると思うよ
ガイア戻ってこない=閻魔真でいいだろうし
だいたいそんな想定でいいと思う>長岡」
古明地さとり 「別段、したいと言うなら反対はしませんが」
KAITO 「別に本物かどうかなんざ後で分かるんだから疑うとこじゃないでしょーよ>ジョルジュ
そこ気にするの変よ」
「狐が2だから、仮に帰ってきてもそこの閻魔仙狐だーとかいうんだろうね
まあ5日目に帰ってこなければ真と見れるからそこは今考えなくてもよしと見る」
ジョルジュ長岡 「んで、共有が二人に、マニアラインが一つ。
…あとは人外行か?めんどくさいな。」
スター 「マニア潜ると閻魔真でもそれさえ確定じゃねーですよ>ネコカオス」
できない子 「いや、おい、そこは私の主張から考えると
ちょっと置いて欲しいところなんだけども」
カルナ 「あぁ、マニアじゃなくて鵺なのか・・・>足音鵺」
マッシュ 「いきなり食らうとは思わなかったぜ!
審神者CO

占い先 ガイア ○」
オルテガ 「ま、マッシュー!
お前もか!」
KAITO 「いや、ガイア銃殺ならマッシュはやめとけよ、指定(真顔」
鹿目 まどか 「あ、普通に鵺だったんですか? >足音
それなら鵺交換とかは気にせずに、巴さんだけを気にすれば良いのかな」
雪代巴 「そういえば共有がいない時などは、ぬえに指定させたりもしますが、
よく考えると、密話あるのですから、そういう訳にもいきませんね」
古明地こいし 「足音が立ったのは足音鵺の仕業だろうねー
指定展開で行くんだね、まあマニアが二人人外に付いたと考えると
指定展開でも問題はないね」
マッシュ 「初日 襲撃 吊り 占い先
HAHAHA!すっげえの引いた!
取り敢えず足音出さずに占えるガイアを占うぜ!」
ぼっち 「では吊り指定フランドール」
空母ヲ級 「ヲッヲッ!(まぁ票が見れなくなるからね。<さとり
とはいえマニアが1潜伏な以上指定を取るのは悪くないと思うよ。)」
できない子 「(´・ω・`)」
オルテガ 「なん・・・だと・・・」
フランドール 「初日がマニア持っていったとしても1つは確実に人外についてるってことだよねー」
提督 「>ぼっち
マッシュは置いてきた。
ネタ枠担当はもう一杯だったからな。」
古明地さとり 「別段、好みでは無いだけで
やりたいならご自由に、という具合です>できない子」
スター 「うおう」
KAITO 「だよな、そこ銃殺した占いあるよな、RP的に>マッシュ」
ネコカオス 「信じるってのは閻魔の話だが、なんかかみ合ってない気がする >スター」
できない子 「じゃあ、さとり吊ろうぜ>共有

古明地さとり 「別段、好みでは無いだけで
やりたいならご自由に、という具合です>できない子」」
「審神者COで銃殺の可能性主張
これ足音鳴らしても噛まれそうよね・・・」
古明地さとり 「閻魔視点は真濃厚の占い師が出た、と」
提督 「と、思ったら普通にマッシュも居たな。
気づかなかったぜ。」
ムスカ大佐 「済まないが曲げてくれ>マッシュ
当然護衛突破狩人いるのならばマッシュを護衛してもらって構わない」
できない子 「あ、別指定が入ってた」
オルテガ 「明日曲がった音がでてれば真確定
曲げろよ?音は曲げろよ?
死んでても音はでるから」
マッシュ 「明日足音曲げるからそれで真証明出来るだろ
噛まれるだろうが」
古明地こいし 「審神者!?いきなり露出してしまった・・・
それなら隣占いもわかるし、明日曲がる足音立てれば信用できるね!」
フランドール 「ああ、うんただの件CO
受託先生きてるけど占い吊らないために吊っていいよー」
ぼっち 「マッシュはスター占い。」
クアディカ 「呪殺主張の占いか…
日記も割と急に作ったようには見えないし
ほぼそうなのかな…」
スター 「マニア潜ってると1回銃殺出てもLFとは限らないって話ですよ>ネコカオス」
オルテガ 「指定変更ならCOは早くしろー!」
古明地さとり 「ああ、審神者と
なら他に真いる可能性ですか」
ジョルジュ長岡 「変かね?すでに言われてることで申し訳ないが、どうせ天人候補が帰ってきても閻魔は仙主張してくる。
今から注視しておくに越したことはないと思うが。>KAITO」
空母ヲ級 「ヲッ!(あ、マニア2潜伏だった。ごめんね勘違いしてた。)」
マッシュ 「了解した
スターを占わせてもらう」
鹿目 まどか 「えーっと・・・黙ってたけど三連星の人は呪殺した占いありそうだと思ったのに・・・
まぁ出ちゃったのはしょうがない・・・ それで偽はなかなか無いCOでしょう」
ぼっち 「指定続行<フランドール」
雪代巴 「基本的にさにわさんでしたら、足音を斜めに鳴らせますから、
そちらで真証明いただけますし大丈夫でしょう」
提督 「さにわか。
確実に証明できる占い。
それが露出しちゃうとは狩人居ると良いな(白い目」
フランドール 「審神者が出てるけどまだ普通の占い師どっかに残ってるでしょ」
「件COか
真なら噛まれ狙ってほしかったなぁ・・・まあ失敗したときのリスク考えると役職保護のために素直にCOもありか」
クアディカ 「というか音系の占い師だった」
ネコカオス 「いや、マニア二人不在で吊っていいよはちょっち困るんだがな」
スター 「き、きっと護衛制限突破狩人が!」
鹿目 まどか 「フランさん? いやいやいや
神話COろくに出てないのに、吊って良いよは・・・・・・・」
オルテガ 「スター占いなら曲がってる場所だ」
古明地こいし 「マッシュは足音立てるためにはスター占いが無難だねー
Vやぼっちでも鳴らせるけど、ぼっちは共有だしねー」
カルナ 「審神者がいるということは占いもいることだ」
KAITO 「占い指定は呪術師とかいたらアレでそれだからやめといたほうがいいと思うんだがね」
古明地さとり 「初日じゃないならいるでしょうね>フラン」
提督 「では件にはさようなら。
まあフランが本当に村なら安易に吊られて良いって言わないと思うので、人外ぶち当たったと祈っておこう。」
フランドール 「そうそう、役職保護優先した方がいいと思ってね―」
空母ヲ級 「ヲッ!(とはいってもここまで言ったらどこ吊れと?<まどか)」
ジョルジュ長岡 「フランが件、足音は別か。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
マッシュ0 票投票先 →フランドール
空母ヲ級0 票投票先 →フランドール
古明地こいし0 票投票先 →フランドール
できない子0 票投票先 →フランドール
フランドール18 票投票先 →カルナ
KAITO0 票投票先 →フランドール
ジョルジュ長岡0 票投票先 →フランドール
古明地さとり0 票投票先 →フランドール
鹿目 まどか0 票投票先 →フランドール
クアディカ0 票投票先 →フランドール
雪代巴0 票投票先 →フランドール
カルナ1 票投票先 →フランドール
ムスカ大佐0 票投票先 →フランドール
0 票投票先 →フランドール
提督0 票投票先 →フランドール
ネコカオス0 票投票先 →フランドール
オルテガ0 票投票先 →フランドール
スター0 票投票先 →フランドール
ぼっち0 票投票先 →フランドール
フランドール を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジョルジュ長岡 「ようこそKAITO」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
クアディカ 「KAITOか…誰コピーしたの?」
KAITO 「クアディカから白狼奪ってもうた・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ジョルジュ長岡 「奇術師っすか。OK。」
空母ヲ級 「ヲッ(KAITOさんよろしくー誰コピー?
後占いは即噛みする?それとも共有とかでお茶濁す?)」
クアディカ 「ああ、そうかなんだっけ?まぁいいや」
古明地こいし 「KAITOは奇術師でクアディカコピーだね、了解ー」
クアディカ 「でもそこ放置で共有って違和感がなくもないけども
別にいいといえばいいけどね」
古明地こいし 「審神者はさっさと噛んだほうがいいかなー
あれを偽にするのはかなり難しいし」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
クアディカ 「逆に音系の占いなら他に占いいるって事だしね」
空母ヲ級 「ヲッ(それじゃあ200でマッシュ噛むね。)」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
今日の天候は黄砂です (全員 光学迷彩)
マッシュ は無残な負け犬の姿で発見されました
KAITO 雪代巴 ネコカオス オルテガ で足音が聞こえた…
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
フランドールさんの遺言 件CO
受託先はⅤよ
ここ最後まで残して働かせてあげなさい!!
私死んでるから意味無いかもしれないけどwww
マッシュさんの遺言 審神者CO

占い先 ガイア ○ スター

初日 襲撃GM ガイア 吊りフラン 占い先

HAHAHA!すっげえの引いた!
取り敢えず足音出さずに占えるガイアを占うぜ!

二日目 襲撃 吊り 占い先 スター

共有の指示通りスターを占うぜ!
でも噛まれてるだろうな俺
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
「件 場合、指定さ たときに素  CO べきか噛まれを狙うべきか
考えた結果 人外に受託した可能性  る以上素直にCOでもおかし はないと
脳内 議で結論が まし 」
クアディカ 「……おはよう
KAITOが占い指定で呪術 がいたらとい 事 
すぐに警戒出来 のであれば印 は いかな て  」
スター 「おはよ で ぅ」
ネコカオス 「おはよーさ 。
困 ーよ困るよー  用的にーっと。」
KAITO 「おいー す」
空母ヲ級 「                    -=ニ ニニ ニニニニ ニニニニニ= 
                 イニニニニニニニニニニ ニニニニニニニニニ=- ___
   r- 、            ´  八ニニニ ニニニニニニ ニ ニニニ ニ ニ. |   \
  ∧  \      /    /ニ ニニニ ニニニニニニ ニニ ニニ ニニ 八   \        , 
    、  Ⅴ   /.______/ニニニニニ _ .ニ/ \./  . --tニニニニ \   \.     /./
.    ∧.   .  /ニニニニニニニニニニ/.  ∧  |   /    |ニニニニニ`ー―‐Ⅴ   ′/
_   ∧    /ニニニ.ト、ニニ /   ∧.      |.   .    /   Ⅴ  >/ニ ニⅤ /  /
.  ≧ _ ∧  Ⅳニニニ. ∧ \/.    ∧__ _.|_ /_ __/    〉´  /  ニニ.Ⅴ.  /  _ ≦
≧  .  ≧〈⌒7ニ ニニニ∧  _ ≧      |   |   /  ≦  _/  /ニニニニニ∧/〉_ ≦ ._ ≦
    ≧ .___ ニニニ ニニニト、_」     _ |___|_ _/         /ニニニニニニ |イ _ ≦    ヲッ 把握ミス  くてなんだかな ・・・
      Tニ|ニニ ニニ ニニ|     ≧7 / Ⅴ: : :   | \|⌒\ 、   `7ニニニニニニ ニ|ニ.7        ラインが結構錯綜していてわか  くいん よ・・ )
        i|ニニニニニニニニヽ.ノ.    ――┬ : : :|:.┬――┬Ⅴト、イニ ニニニニニⅥ. /
       ト、\ニニ ニ  ニ/ ,.| / |    | \jN      |. |トⅤニニニ ニニニイ 
.         フ`ー―――|/ レ&   9;  乂___ノ....... ...... 乂_  ノ     Ⅴ`ー――‐<´__
     __. イ:     : ノ| :.:: : :.:|  \|      :::: :::::: : :      // Ⅴ: :   : ≧  _:   : : : :Ⅴ
.   /: : : : ___ ≦  ノ: : : : :八          へ         } ___: : : : : :∧ : : :   Ⅴ__
  /: : :  イ     ≦  :   :/   込、_  ─┬  ┬─‐┬   _ノ    \\: : : : :|.\: : : :     :\
 _ノ: : : : |.     |   : : : :/   ,ィ  ⌒|   : :.:|:.: : :.  |: : : :.::|  : : : : : :`    Ⅴ|: : : : j  \: : : : :  :  
: : : :   : 八   |: :   : :Ⅴ  /:  / . : :.:| : : :.:|:.: : :.: |: : : :.::| .: : : :|  : : :Ⅴ   〉|: : : : \   `¨¨¨\:   :
: : : : イ.       : : : : :.Ⅴ. 〈: :      : :∧: :   | .: : :.: |: : : :.:: :.  :   :|: : : : Ⅴ. /. |: : : : : :  \      ≧」
雪代巴 「おは うござ ます」
オルテガ 「19人 9票で2票は し
マッシ 、結果を頼むぞー!」
ネコカオス 「 スター   マニア ってると1回銃殺出てもLFとは らない て話ですよ>ネ カオ 」

あ、あー。そ  やそうだったな。
そう う想定でだといい 向で  るか。」
提督 「おはよう。
マ シュが生きてれば いんだが。
 ず にせよガ ア 持ってる占いがでてきたし、で ない は真濃厚で良さ  だな。」
古明地さとり 「                  _     ヽ、
           _ ,. -.... ̄__.......`..-..、 ))
     ヽ -─,ニ´ , - #039;_二二   `゙ヽ 、 ...`゙ 、
        ´..,イ‐' ;´ .  ..... .. ...... ..`゙ヽ、  ゝ'"`Y 
       ..'.../ . ........... .............. .. ....,.......\!   & 03 ;‐、 ヽ
      //............../. .. ..  . .. ./ .... .!. .... ... . l_     )─  ..._      
   -=チ''rイ..../L  .. ........./.. .. !.. ......ヽ....`チi!´ ̄. ヽ ̄ヽ\
 - ニ ィ..!!. ...从 !ヽ!. ..,'... イ--,'、_!_.... . .. .!.......∨!. . ..  . ヽヽ   ヽ       あら 閻魔様 目を付け れてしまいま たね
    /.....ヽ∨  _、∨ /| /  ヽ`.. .., ; . ........ヾ... .....ハ ``ー   } }         
.   /   ..... ..._ヽ!l 代i! ヾ チ"≧=ュ _,ィ& 039; .......... ' ..}... .  .      ノノ      怖い怖いと申しましょう 
   l  .. .,. ァ'.. .....  ヤノ    l |乂 ノ'`ノ. ... . ノ! ,'... ヽ . ..∧  . &# 39;/
   |/ ,&# 39;... ._,. & 039;'& 039; ′    `ー‐&  39;_/  -' #0 9;´... .j/.. ...._} -_ '/          
    ´  l..../  ' ヘ      "&qu t "-ァ� 9;ニ.... ... . ..../  ,.=-r ´ヽ/              ま、閻 のあの結果を言 る は  が7、狼が3という当たりでし うか
       ヾ !& 039; ! .& t  ^ , 'i   /....,rir'_`<≦&#  9 ∨|ノ_   ´
         ‘/ヽ&g ;'   ノ--<!,イ/     ! !;f´.!, ニニニニニ             指定に関し   段、   も
       /゙i / ノ,� 9  /  _ - ヽ、!      ! l.{ |&l ;  
      f イ | } , #039; j /  -、 ヾj  , -'' _´ヽ  } .}j }&# 39;{  }、_            噛みは死体ナシな 護衛制限の狩人がい という事で
      ゙、 ィ |' _ ノ'_./   >i&l ;- ;& 039;´ ∧ ヾィ    // ノ &g ;' 、
.             "    j  , ,'<{ {    /,!   &#  9; /'  ,< t&# 39;‐<
        l   ヽ-,r‐  .   ! i   `、. //λ ., &# 39 ´ }ヾY ̄              楽なんです どね
.,r&# 39;ニニニ丶、     }'    ヽ_|. ./_    ソ// `/   ! \
f i    `ヽ!   ' __ ,- ;'ヽ ヽ、 _> -─   39;'& 039; ;"   {   ,′    
| |      l ` ̄   、 ´. \_jf,.  -t- 、       ノ、   \ヽ
  |      |    .!. ゝ    ノ-'      ヽ   ノ   ヾi   ヽ!」
古明地こいし 「おはようー!
フラ は役職保護な 吊っ いいっ 言っ のが  だねー
この配役なら村は頑張 て生存するべき と思うんだー」
ネコカオス 「そういや昨日閻 に五日目ま とか言 たが
よく考えたらこの内訳なら吊られない  にすぐ た方がいいわな。
悪 悪い。」
できない子 「マッシュ噛み」
カルナ 「おはよ 」
ムスカ大佐 「 が、 が~
見 ん、見えんぞ~」
ネコカオス 「め どくせえ 候だな」
KAITO 「見にくい 、 らw」
提督 「光学迷彩とは面 な 」
古明地さとり 「光学 彩?」
雪代巴 「何かお し と思 ましたら、 学迷彩ですか
何かおかしいと思 ましたら 光学迷 ですか」
鹿目 まどか 「カルナさん 、 に何も良い と言わないなら
  感持った方がよい」
ジョルジュ長岡 「お  う
どうやら 神 は真で てよさそうだな。死んでるが。んで迷彩の天候 …」
できない子 「 学迷彩か」
ぼっち 「吊り 定 AITO
吊り指定KAITO
 り指 KAITO」
スター 「曲がっ るですねぇ……」
「発言 切 てるー!
フランは私に受  張かい、働きたくないって  たやん!」
空母ヲ級 「ヲッ!?(うわ!光学迷 だ!
審神者即噛みっ こと 狩人は期待 きない ! 」
古明地さとり 「ああ 天候です 
面倒な です」
雪代巴 「AAは めてください、怖い( るぶる」
オルテガ 「ま マ シュー 
そして蝙蝠系は光妖精 ・・・」
古明地こいし 「天候めえ!ふざけ  よー!」
カルナ 「占い 噛み・狩人はほぼ しとみていいのだろ か」
提督 「  がマヌーサ食らってるな、おい 」
クアディカ 「 と提督はフラン 吊  れ しな から 外っぽいって言 てたけど
フランが狼とかなら逆に吊り逃れする じゃないのとは思 ないの?」
KAITO 「くそ、よ  よってな天 だな 
 O る人は二行にわ ってやるとか少し今日は工夫しろよ」
鹿目 まどか 「 わぁ、面 な妖精がいるね 
この後は仕事し いで欲 い。」
できない子 「どちらにせよ指定続 で
どちらにせよ指  行で
どちら せよ指定続行 」
クアディカ 「見えにくい」
スター 「<占い師 記>
 ター ラチナ ザ・ワ ル !
時が止まってまた動き してその隙をついてスター 占い師に就職する……!

一日目 鹿 まどか 
 日目 K I O 
 日目
  目
五日目

「 日目」
向こうがマジカルなら っちもマ  ル すぅ
ど ちのマジカルがよりマジカルな か ジカル勝負 いくで よ 
えーい ファイヤー ばっよえーん

「二日目」
鵺ライン占うのも考えたで け 、こ は灰にしておくですぅ
 イアの天神遺言にエ スクラメーシ ン ーク四つで反応したのがちょっと不自然です 
ガイアが狐 と っていたって考えら るんじゃないですぅ?

「三日 」

「 日目 

「五日目」
ネコカオス 「共有 指定するとき 3重くらいで な。
 、役職 coもな」
鹿目 まどか 「あぁ、天 だった・・ ?」
オルテガ 「あっつ・・・すまん、すまん    これww
あっつ・・・すまん、すま w 候 これww」
提督 「> ルテガ
  っぽ ぞ、今日のは。
 候っぽいぞ、今日のは。」
古明地さとり 「審 者は護衛制限 の 
護衛制限 衛できない 人は る可能性は0ではありませんけどね>空 」
空母ヲ級 「ヲッ!!(KA TOKAITOK ITO!指定 いったよ ! 」
「 Oは重ねて!
C は重ねて!」
クアディカ 「妖 じゃなくて天候じゃ いの 」
ジョルジュ長岡 「AA酷いことに るなw
 ぁ 噛み死なの 当然か。」
スター 「K ITOとまどかが 
KAIT と  かが○
KAI Oとまどかが○」
雪代巴 「スタ さ KAITOさん○で出られたんで か?」
提督 「COしたってことはKAITO○か?>スター
COし   ことはKAITO○か >  ー」
KAITO 「 人表記COだだだ だ!! !」
ムスカ大佐 「重要COは複数 る と
 衛突破 人がいないのはわかったが の狩人がいる ならば生 ろ」
できない子 「KAI Oが○か 」
カルナ 「 まない、明日また言ってくれ まど 
す ない、明 また言ってくれ>まかど
 まない、 日ま 言 てくれ>まどか」
ぼっち 「指 変更ク ディカ
指定変更ク ディカ
 定変更クアデ カ」
オルテガ 「AA勢 ひどいことにな てる・・・
K ITOはCO頼 だ!」
「も 一度言うー
COは重ねて!
COは重   」
古明地さとり 「占い でて、そ の○が出る と」
ジョルジュ長岡 「 AITO、指定入っ んでCO急げ」
古明地こいし 「マッシ 噛 、まあそこ噛まれ よねー
そしてKAIT 指定、発言薄いとこ だったからまあそこ指定はありだ   よ!」
スター 「 いCO 鹿目まど ○ AITO○
占いCO 鹿目 どか○K ITO○
 いCO 鹿目まどか KAITO○」
空母ヲ級 「ヲ w  w(日記が ww穴ぼこ らけww w< ター
 ・・じゃなくてKAITOに○か。 かにこれはでなきゃだね。)」
クアディカ 「猫又
猫又
猫又」
できない子 「さとりー ろ ぜー
グ ランしよーっ 言った割に今 誘導のゆの もねぇし」
古明地さとり 「すでにして みたいです >長岡」
ぼっち 「指定変更ク ディカ」
「占いCOでK ITO○ 張と」
オルテガ 「スターがKAITOに○主張か
指定 更だな
  ーがK ITO ○主張か
指定変  な」
鹿目 まどか 「うわ、○持  いCO 
ここでどうして KAITO ん で庇  いって理由で人外がCOするかなぁ?」
KAITO 「あら 、 占 ?>スター
 の  なら見捨ててもよかってんで・・・
あ 村人表記COま
村人表記C 」
古明地こいし 「占い 出て たねー!
まど ○> AIT ○か!
一旦放置した方 いいと思う!」
クアディカ 「 又だって……

二日目  生 無し
 る位置がないよ…
 人遺言の 所 閻魔曰く呪殺だし
 から静かにしと  
提督 「正直、スターの出 すごく真っぽいが、この 況なら  捨てても ちょっと潜 て 欲しかっ っ のもち っと思うがな。
正直、スターの 方すごく   いが、こ  況なら 見捨ててもうちょっと ってて欲しかったってのもちょっと思うがな。」
空母ヲ級 「ヲッ・・・ なんか重要職がぽこじゃが  んだけ 、
これはちょっと嫌な れ…)」
鹿目 まどか 「 み  ないね・・・ >KAITOさんも O」
雪代巴 「スター んって、マッ ュ ん   先 したから、
かめなかった場合に なえての O準備してた人外とかあるんでしょうか…
たまたまさ わさんの い先 そうなっていた可能  もちろんあ ますが」
スター 「こんな穴だらけの日   したくなかったですぅ!」
古明地さとり 「はぁ 貴 馬鹿です?
はぁ~貴方馬 です?
はぁ~貴方馬鹿  ? できない子」
ジョルジュ長岡 「あ 、占いが ?
まぁ、真要素を否定する要 ないし、出ざるを得ないか。こ  況じゃ 」
カルナ 「 れはひどい
こ はひどい
これは どい」
オルテガ 「 ん・ ・だと・・・
もう の言 しかでてこねー !
なん・・・だと・・・
も この言葉 かでてこねーよ!」
ムスカ大佐 「  は蝙蝠の仕 ではなく天候  わざ 
要請系がなんなのかは現在では不明>オルテガ」
できない子 「マッシ を頑 って蘇生して吊り増やしてね>クアディ 
マッシ を 張って蘇  て吊 増やし ね>ク ディカ
マッシュを頑張って蘇生して吊り増 してね>クアディ 」
ぼっち 「指 変 Ⅴ
指定変 Ⅴ
指定変更Ⅴ
古明地さとり 「指 展開 誘導しまくってどうするんです?
指定展 で誘導しまくってどうするんで ?
 定 開で誘導しま  てどうす んです?」
「占 CO
提督○>K ITO○

KAITO 定で  かったのは 人いる 置だから」
雪代巴 「>提督
 だっ ら にわさん落ち 状況で ○一個 為に出るだろうか、というの 気になって
真 ったら に さん落ちた状況で、○一個の為に出るだろうか とい のが気になって」
ぼっち 「続行」
「日記

 日目:提督○
隣占い
 隊の司令 な て立派な仕事してるらしい ね

2日目:KA T 
  A T  「いや、ガイア 殺ならマッシュはやめとけよ、指定(真顔」
メタから 理 るの あ まりいい印象ではないかなっ 

 KAITO 「共有二 か
囁き数からみたら 数ありそうだった ど」
そう  のって思って 言わないほうがいい 思うんだよね
人 にアドバイス言ってるよ に 取れてしまうのはっ こと 占い」
提督 「少なくとも狂1蝙蝠1が○出る可能性あ んだし、今日潜 て5 目まで生き残られれば結 一つ    二つ余 に占える計算。」
クアディカ 「だから 日から全 で占い師蘇生させ 
出来れば 回した方が疑いが  て いのだけど」
スター 「Ⅴ 少 くと 囲ってはいないですぅ」
オルテガ 「猫又は全力でマッシュ 蘇生させるんだ!
猫又は全 で ッシュ 蘇 させるんだ!」
KAITO 「お前ら  を んな 疑ってたのか!?wwwww>俺○占 二人目」
古明地さとり 「ただの共有の  三寸な所で、そ     もなく

誘 する事にな が るというのか 
た の共有の 先三寸な所で、そこまで確 もなく

誘導する事になにがあるというのか?
ただの共有の胸先三 な で、そこまで確 もな 

誘導する事になにがあるというのか?」
ジョルジュ長岡 「クアディ は 又 張?

天人 O あった 、 生チャレンジしてもよかったと思うがね」
「なんでや あ ああああああ」
空母ヲ級 「ヲ   (さとり んとできない子さ 落ち着いて!
ここで 味のな 喧嘩しても人外の け入る隙 えるだけだから!)」
できない子 「そうか 君 そういう 間な だね>さとり
そうか、君はそ いう人間 ん  >さとり
そうか、君は ういう 間なんだね>さとり」
提督 「まああれだ。
狩人居 こと祈ろ 、 二弾。
護衛制限突破 きない奴だか 居る可能性 し上がる(白 」
鹿目 まどか 「 定展開 か関係な 、気にな たら誘導はす き しょ ?
何であれ、誘導  が怪しいと わ いな 、 誘導すること 文句って言うことだとは思わないんだけど・・・ >さとりさん」
古明地こいし 「指定したところ らいろん COが出てくる !
 うしようか?占い Oが二人もい  れど・・・
そしてKAITO 2つ目の○ ー」
古明地さとり 「そ 利点を ってき からおねがいします 。宿題ですよ」
スター 「はっきり言って怪し ですよ!> AI O」
ネコカオス 「ま もに喋れないからもう喋 なくてして い か?
まともに喋れないからもう んな て てていいか?
まと に喋れない らもう喋ん く  てていいか?」
クアディカ 「そこ閻魔曰く呪殺 張だよ
もし蘇生できち ったらもっ  な >長岡」
オルテガ 「指定変更入ったけどまた占いCOかぁ?
 定変 入 たけどまた占い Oか  」
雪代巴 「曲げるのを見る にぴ たりの位  方から いCOですか」
空母ヲ級 「 ー・ ・(う、占 合計3露出・ ・全 真 とは思えないけど
これはひどい・・・ )」
「てい か重 るの自分で言ってて面倒 ぎる」
提督 「うん? 即吊 すんの?
少なくと 囲っ る 配 いんだけど。」
クアディカ 「ロリコ だから仕 ない KAITO」
スター 「エーミールがいる! この  はエーミ  が るですぅ!」
できない子 「グレランをしたいと っ の らば君は誘導をするべ なん ゃないのか?>さとり
グレラン したいと言った ならば君は誘導をするべきなんじゃ いの ?> とり
グレラ  したい 言っ のな  君は誘導 するべきなんじゃないのか >さとり」
カルナ 「猫又に占い 露出が痛 な
猫又に占  露 が痛い 
猫又に占いか露出が痛いな」
ジョルジュ長岡 「V指定了解

 々 いが出てるが、な だか、わ らん」
提督 「まー人外は吊り れ Oするから時に勇気は 要か。
共有 目が良い と 願うよ。」
オルテガ 「  でてこないな そのままって感じか?
まあで こないな そ ままって感じか?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
空母ヲ級0 票投票先 →
古明地こいし0 票投票先 →
できない子0 票投票先 →
KAITO0 票投票先 →ジョルジュ長岡
ジョルジュ長岡1 票投票先 →
古明地さとり0 票投票先 →
鹿目 まどか0 票投票先 →
クアディカ1 票投票先 →
雪代巴0 票投票先 →
カルナ0 票投票先 →
ムスカ大佐0 票投票先 →
15 票投票先 →クアディカ
提督0 票投票先 →
ネコカオス0 票投票先 →
オルテガ0 票投票先 →
スター0 票投票先 →
ぼっち0 票投票先 →
Ⅴ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クアディカ 「KAITOが私の奪ってくれて良かったとしか言えない結果だった」
KAITO 「白狼占いすぎぃ!」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ジョルジュ長岡 「首尾よく占われたな、白」
空母ヲ級 「ヲッ(占い日記破棄、以後潜伏モードに移行する。)」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
クアディカ 「このまま共有噛んでしまってもいいのだけども」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
古明地こいし 「いい白狼だ、感動的だな
そして天候ってやっぱクソやわ(テノヒラクルー」
空母ヲ級 「ヲー(んじゃ共有噛みきり言っちゃいましょうか。
どっちかむ?)」
KAITO 「えーと、共有二人と鵺ラインとスターで噛みがあるから俺残っても不思議じゃないか?」
ジョルジュ長岡 「スター噛み…よりは、誰か見つけてもらって真目強めた方がいいのかね。」
古明地こいし 「一応占い日記はまだ書いておこうか
出るかどうかは後で決めようっと」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
クアディカ 「マッシュはあれたしか護衛制限あったから
狩人いる可能性はあるけど噛むならぼっちでもいいんじゃないかな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
空母ヲ級 「ヲッ(噛み計算は苦手だけど・・・たぶん大丈夫だと思うよ)<KAITO」
ジョルジュ長岡 「…魔法使い日記にでもしてみるかね?」
古明地こいし 「共有噛みでいいかなー
どちらかと言うと指揮取っているぼっちの方を噛みたい」
空母ヲ級 「ヲッ(とりあえずぼっち噛みで200で行くよ。)」
クアディカ 「誰かしらに●もらってから占い噛みでも遅くはないからね
むしろそっちの方が違和感無くていいし」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ぼっち は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言              _,,.. - ‐─‐- 、.,_
          ,.::' quo ;  ::: :::::::::::::::::::::: ::::::::::::`ヽ.
       /,>::: ::::::::::: :::: ::  ::: :::::: ::::::: :: ::::::::':,
       ,:&# 39;/:  :::::::: :   ::::::  : ::::::   : :: : ::  :::  : ::::::::::::: 
     /´::::::::!: ::_/_;::::/!::: ::::/|::::: ::::',::::::::|: :::: ::::|
     , ;::::: ::::::  ´/_」_/ !:::::/、_ _: ::: :::i::::::::!:::: :::::: 
     !::::!:: : ::: !'i´/`ヽ  ̄ _」_`ヽ/|::::::::!:::::::::::|
      __ :: ::::;ハ いり    #039;´ ´` k|: ::::::|:: : ::  :::!
      ヽ./!7  `´       い ソ〉!:: :::::|:  ::: :: ::!
       , #  9;:::::ト、         `"’ /─ァ:'|::: :: : :: :!
       /::: ::|::::\  `     /::::: /|:: |::::: ::::::::|
      ,':: :: :    ̄ i'、-r   ::::: :: /:: |:::| ::::::: ::::::!  占いCO
      /            ` / ::::::::::::/` 7´ ̄`ヽ;:::: 
    /          , | |,ハ;' : : ::::::::,' .|       `i::!
   /::/    、_/ !/ム|::::::::: :::  |        !:|
. /::::: /    ,r&  39;7´ ̄ ̄`" ''<::::::! /       〉!
: ::::::/  i   /  |         \|� 9;ゝ、 _}フ' < : :|
:::::    |   !,ハ|          \r #039;´      ∨

日記

1 目:提 ○
隣占い
艦隊 司 官なんて立派な仕事してるら いわね

2日目:KAITO○
◇KAITO  い 、ガ ア 殺ならマッシ は めとけよ、指定( 顔 
メタ ら推 するの あんま いい印象ではないかなって

◇ A TO  共有二人か
囁き数からみ ら複数ありそうだ たけ 」
そういうのって思って 言わないほうが いと思 んだよね
 外 アドバイス言ってるようにも取れてしまうのはっ ことで占い
ぼっちさんの遺言 3
共有者CO 相方 スカ大 
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ネコカオス 「おはよーさん。
猫又が噛まれてる気配しかしねえな。
狩人がいんならそれは無いだろうが。
(護衛制限的意味で」
鹿目 まどか 「カルナさんは、COした人達を信じる理由ってなんだろう?
あと、さとりさんは村に見えません」
クアディカ 「蘇生 マッシュ」
スター 「占いCOですぅ 鹿目まどか○ KAITO○ カルナ○」
オルテガ 「もしも蝙蝠系が光妖精で天候と被ってたらレアケすぎんだろ!とか思ってた!
占いと猫又よろしくな!」
空母ヲ級 「   |[.]|                                     ┌| |┐
   └| |┘ __       _     ____                   |[.]|
   ┌| |┐{i∧   .。s≦: :>:7´: : : : : : : : : : : :` ァ====ミ.       └| |┘
    .x=ミ、| ∨∧  /_>: :´: : :/: : : : : : : : : : : : : : :八: : 寸込\ x=ミ   ┌| |┐
    寸込. ∨ハ/: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : i: : : : :\: :゙寸込:∨∧.  |[.]|
     寸込 ∨: : : : : : : : :i{: : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : :\ x=ミ: ∨∧ 、└| |┘
      寸ト∨ : : : : /\: :{ ̄\: : : : : : : / ̄〉: : / ̄ } : 寸込: ∨∧i┌| |┐
       〉圦: : r‐7   \   V'Υ^∨  .斗/   /^\ 寸込:∨ノ||[.]|
    / ̄圦 \ 、 \     Ⅵ  |_人_,/  //    _/ ./⌒>;寸ソ: : >寸込
   / / ̄Ⅹ≧:{  ̄ \__},/^<\/>^Ⅵ___/7´ ̄≧<_〈__;> ´  _ノ圭ノ、
    ̄{__∠/^寸 \__∧: : ⌒^: ┴:^⌒: : : : : : :i{    _」!> ´    .ィ_,>¨´  \
          / 、__  /斧ーr―r‐┬‐┬┬‐┬l{ ̄ ̄   |    .ィ〔 └‐ァ∧ } }、>
         ./      ∧八 |x=ミ l,x芋ミ!  :l i       |. ィ〔 :!  └ 〈_/_/
        /     /. 〈 ∧!、以∨  以ノ .ノ,/l       「  |  |
       ./     / 丶 Ⅵ }ト 、  __,/ f´  :,     , :|  |   ヲッwww(占い3露出とかマジ勘弁www)
.         /     /|   ∨ }k 「Τ | }i  :|   :,       ′|  |    ヲッww(そしてKAITO占われ過ぎワロタwww)
       ,. \__,/ :|   i ∧込_l_.ィ少|  :|  7^ }____i |  |     ヲーッwwww(そして光学迷彩ウザ過ぎワロタwwww)
.     , \___/i__,|   | ,/ }k_少'/ ∨N .′ :}______|.∧∨
     ′___,/ :| |   /__ Ⅵ_/_ ‘, .′ .∧     ,∧ ∨
      ,、____,/  | | / /    ̄ ̄   | Ⅵ   { ̄ ̄  ∧′
     ,     /   :| | :{  :|        :|  }   .∧__,/  > 、
    ,: ̄ ̄ ̄{   Vハ 、 \_____,/   八   ∧__/ ,/V
    、__/ \  Vハ /)k_. ィ⌒ 、__. ィ{     {圷、__/  ∨」
できない子 「3日目
ぼっち 噛み」
雪代巴 「おはようございます…
……遺言怖い」
提督 「おはようさん。
とりあえず光学迷彩はもうこりごりだ。」
ジョルジュ長岡 「おはようさん
共有抜かれたか。」
ネコカオス 「ほーん? >共有死体」
古明地こいし 「おはようー!
・・・共有抜いてきたか!占いは噛まないんだねー」
カルナ 「おはよう」
できない子
        _」ヽ  /|
          >  ゙V´∠イz‐、_
     /  ,ヘ,_ /__/ ∨マ´
    //  /    ´       `丶、
   _,//   /             \
  _,//  〃   /    {         ヽ
  ,ノイ|  l′ .i  /   ∧   ヽ\      ハ
   小 |   .|   | i ./ \    .}ヽ    |
.   从 .|   .|   | N___ヽ\}´j ハ .i |
   ノハ小   .| 八ト |:::::::::|    「:::「iハ .i |      そうだね、意味のない喧嘩だね>空母ヲ級
.    从 ヾミ.|   |  、:.:.:ノ    、:.ノ {V |
.   ノイ|  .Y|   |            i |        その意味の無いであろう喧嘩を私にぶつけてる以上
    ノハ小 . |   | ""       " j i |        そいつ、村に見えねぇんだわ
        ヾ∧  ト _    _  イ .i リ
       ´  ヽ ∨:::::7ニE7 f゙} jノノ|/         5日目まで私を信じれないつーんならまあ、知らん
            .レヘ{::::/   Y´ )っ           割りと白い位置に感情だけで喧嘩ふっかけて人外探そうとしてないし
         /::::::::::`\ _/>‐rく
           /::::::::::::::://::::::::::::〉:::ヽ            共有の気持ちで決まる?それでも誘導や村アピをしない理由にはならんだろう
          ,′::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::',
.        〈::::::::::::::::\:::::::_,.イ│:::::::::}」
スター 「<占い師日記>
スタープラチナ・ザ・ワールド!
時が止まってまた動き出してその隙をついてスターが占い師に就職する……!

一日目 鹿目まどか○
二日目 KAITO○
三日目 カルナ
四日目
五日目

「一日目」
向こうがマジカルならこっちもマジカルですぅ
どっちのマジカルがよりマジカルなのかマジカル勝負といくですよー
えーい ファイヤー ばっよえーん

「二日目」
鵺ライン占うのも考えたですけど、ここは灰にしておくですぅ
ガイアの天神遺言にエクスクラメーションマーク四つで反応したのがちょっと不自然ですぅ
ガイアが狐だと知っていたって考えられるんじゃないですぅ?

「三日目」
露出しちゃった……KAITOなんて占うんじゃなかったですぅ!
まあ露出して、しかもⅤ吊ったってことは噛まれる気がするですぅ
ほぼ最後の遺言的な気持ちで鵺ラインチェックしておくですぅ。鵺交換が無いのが見えるのは良いですぅ

「四日目」

「五日目」
古明地さとり 「                 __     ヽ、
           _ ,..-.... ̄__.......`..-..、 ))
     ヽ、-─,ニ´_, -'_二二__ `゙ヽ 、....`゙ 、
       フ´..,イ‐''´......................`゙ヽ、  ゝ'"`Yヽ
      ,..'.../.....................................,.......\!   '‐、.ヽ
      //............../.............../.......!.............l_     )─- ..._      
   -=チ''rイ..../L_λ............/.....ノ!.........ヽ....`チi!´ ̄..ヽ ̄ヽ\
 -=ニニィ..!!.|...从 !ヽ!....,'...,イ--,'、_!_...........!.......∨!.........lヽヽ  \ヽ    ま、良いでしょうか。別段 
    /.....ヽ∨λL_、∨!/|_/  ヽ`.....,'...........ヾ.........ハ ``ー   } }         
.   /............_ヽ!l 代i! ヾ チ"≧=ュ!_,ィ'...........,'...}.........ハ    ノノ      ある程度私に対してできない子から突っかかってきたまどかは狼では無いでしょう 
   l......,.-ァ'........} ヤノ    l |乂ソノ'`ノ......._ノ! ,'....ヽ.....∧ ,. '/
   |/ ,'....._,.イ''' ′    `ー‐'_/, -''´.....j/......._}シ-_ '/            狼なら「誘導した方がいい」なんて言いません。その方が生贄の羊を作れます
    ´  l..../ ,',ヘ      """-ァ'ニ.............../ -,.=-r ´ヽ/              
       ヾ !' ! .>、^ ,r'i   /....,rir'_`<≦'∨|ノ_   ´              故に、まどかは狼では無いと判断します
         ‘/ヽ>'´ ノ--<!,イ/    ヽ! !;f´.!,ィニニニニニ             
       /゙i / ノ,' /  _ -、ヽ、!      ! l.{ |<,、
      f イ | } ,' j / ,-、 ヾj! , -''_´ヽ  } .}j }'{ .}、_             三日目は光学迷彩の為にあまりなにも見えませんでしたが
      ゙、ヽィ |' _.ノ'_./   >i<-''´ ∧ ヾィ / .// ノ >'-、
.         } ´ "´   j  , ,'<{ {    /,!  -' /' ,<‐t'‐<
        l   ヽ-,r‐ {. l ! i7  `、. //λ ., '´ }ヾY ̄              初日の感じ、三日目のざっとした観点をみると
.,r'ニニニ丶、{    }'    ヽ_|.|./_    ソ// `/   ! \
f i    `ヽ!   '__ ,-''ヽ ヽ、 _>-─''''"   {   ,′   \            まー……なんでしょうか?こいしとカルナ吊ればいいんじゃないかなって
| |      l ` ̄  {、Y´. \_jf,..--t-‐、   !   ノ、   \ヽ
| |      |    .!. ゝ    ノ-''   `ヽ   ノ   ヾi   ヽ!」
提督 「うん? ここで共有噛むのな。」
ネコカオス 「んー、○に指定はいったからcoねぇ。
Vと比べると好感は持てるがな。
どうだかなぁってところだね。」
ムスカ大佐 「では私が指定を取ることにする」
KAITO 「んー、時間なかったせいかね>指定変更なし
噛み見てみてからでも良かったと思うんだけど」
ネコカオス 「というか昨日はひどかったな。
まったくああいうのは嫌になるな。」
鹿目 まどか 「何でそこ占うかなぁ・・・ >スターさん」
カルナ 「当然だな俺は○だ>スター」
スター 「昨日は虫食いが酷かったんでもう一回日記出しておくですぅ」
できない子 「問題は灰状況的になんでスター噛まなかったかなんだけど」
オルテガ 「蘇生失敗で占いも猫又も噛まれず
共有者噛みか」
雪代巴 「えっと、何故カルナさん占い…?
>スターさん」
できない子 「もちのろんきち>ムスカ」
空母ヲ級 「ヲッ(まー、猫又だからまだ疑いにかかるのは早すぎるかな?
ムスカ大佐、リミットはどれくらいにする予定?<猫又吊り)」
クアディカ 「あれ…共有が死ぬんだ…
噛まれるなら先に私、もしくは占いだと思ったんだけど
私が即噛まれないってのなら狼に毒耐性持ちはいない感じかな」
古明地こいし 「・・・なんでカルナ占い?
そこ鵺でしょー?○以外に何が出ると思ったのかな?」
古明地さとり 「で、カルナ○、ですか」
カルナ 「猫又生存ということは、抗毒がいないかそもそも猫又自体が騙りなのか」
KAITO 「あの日数だと俺見捨てても別に不思議じゃないと思うんだよね
っていうか俺が占いだったら見捨ててるかね」
オルテガ 「それじゃあ頼むぜムスカ大佐!」
スター 「そりゃ鵺ライン信じるためですよ
万が一狼や狐だったりすたら大変ですぅ>巴」
提督 「とりあえず猫又はマッシュでもぼっちでもどっちでも良いから頑張ってくれ、って感じではある。」
できない子 「いや、しょにちのカルナの反応の遅さから・・・
割りと鵺交換自体はありそうな位置なんだけどね!?」
ジョルジュ長岡 「昨日の迷彩はひどかったな…
占いは指定だから吊ったが、スターの真あるのかは初日の発言的に考え中。」
ムスカ大佐 「ジョルジュCOを」
スター 「あれ?」
雪代巴 「鵺交換チェックですか…
でも、ちゃんと私がCOしたとおりだったら、
私人外でも、カルナさん占いで結局○が出ませんか?」
空母ヲ級 「ヲッ(初日にラインが大量に錯綜してたから
間違えたのかと・・・と思ってたら考えがあるみたいだね<さとり)」
スター 「巴が鵺られか!」
クアディカ 「カルナ○…占う位置とは余り思えないけど
人外でもそこ占う意味はない気もするし…」
カルナ 「言っておくが、俺はマニアと違って能力コピーできないぞ
鵺だからな」
ムスカ大佐 「クアディカはマッシュ蘇生継続することで」
KAITO 「いや、多分足音鵺だから鵺交換なさ気>できない子」
スター 「間違えたですぅ……」
古明地こいし 「まあ動き方としてはスターはまだ信用度はある方だから
そこまでは疑わなくてもいいのかなー?
あまり鵺ライン騙りってなさそうな気がするんだけどね」
オルテガ 「居ても居なくても噛んでくる可能性あると思うんだが?
蘇生されたら厄介この上ない>クアディカ」
雪代巴 「(まさかこれうっかり…)」
提督 「>カルナ
猫又即噛みはまああまりないってことも多いぞ。
案外騙り安いのでもあるから、例え真だったとしても狼視点狐とか考えるだろうし。」
古明地さとり 「猫又をどう見るかではあると思いますけどね
噛む時は噛みますし、噛まない時は噛まないですが

逆に言えば、スターとクアディカでスター狼のクアディカ真はこの場合薄いかと」
ネコカオス 「カルナを人外とか考えるとよ。
想定したくねえマニア全部人外になっちまうんだがなー」
ジョルジュ長岡 「鵺交換…ありえなくはないが、
それでもあまり余裕のない状況である以上、他を優先してほしいところなんだがな。」
クアディカ 「共有は今の所まだ残っているし
蘇生するなら占いの方だけども」
古明地こいし 「・・・把握ミスだったのかい!>スター
きちんとCOのメモは取っておこうよー」
ネコカオス 「ちげちげー、鵺ラインだ」
空母ヲ級 「ヲ・・・(と思ったら単なる勘違いか、
安心しろ、私にも覚えがある<スター)」
KAITO 「ジュルジュ指定は悪く無いとこかな
多分俺が指定権もらってもどっかで指定はしてたとこ」
オルテガ 「ああ鵺られ占いしてるのか・・・占い先としては微妙だな」
スター 「がっかり……」
鹿目 まどか 「別に貴方が私非狼に見るのは良いけど・・・
でもさ思うことがあるなら、誘導すべき
指定展開なら、それこそ共有に訴えるために色々言うべきだし・・・
誘導するなというのはちょっと・・・・」
カルナ 「すまない、二日目途中までマニアだと勘違いしていてな>できない子
能力がコピーされてないことに?と思っていたのだ」
できない子 「足音鵺だったけ>KAITO
ガイア銃殺ですっぽりと抜けていたわ」
鹿目 まどか 「>さとりさん」
できない子 「ジョルジュー?」
古明地こいし 「ジョルジュー!指定されているよー!
COはないのかなー?」
提督 「俺視点、Vに囲いはない。スター真での話だが。
だからまーVで狼吊った、とはあんま思ってないんだよなぁ。」
雪代巴 「スターさんうっかりみたいですね…
私のCOが悪かったのかもしれないので、仕方ないです…」
ジョルジュ長岡 「魔法使いCO カルナ○>ネコカオス 結果なし>古明地こいし 結果なし」
カルナ 「(・・・・すまない)>巴」
提督 「ジョルジュ指定食らってるぞー。
CO頼む。」
ムスカ大佐 「遅いのでそのまま吊るす」
KAITO 「巴で初日足音だから多分そーじゃないかなと<できない子」
古明地さとり 「なんとなく、カルナの反応が怪しかったので>まどか
普通に人外鵺見ましたね>まどかさん」
オルテガ 「ああ鵺COした峰を交換疑いで占ったわけでもないのか」
できない子 「日記>ジョルジュ」
クアディカ 「狼の元々の数が少なくて
かつ私の蘇生が成功しないで吊るという事にかけているのなら
という感じではあるけども>オルテガ」
空母ヲ級 「ヲーッ!ヲッ!(ただ間違いは誰にでもあるから
ここで追求しすぎるのはまずいと思うよ。<オルテガ)」
提督 「指定気づかなかった類かと思ったが、日記も即出ないなら吊って良いと思う。」
鹿目 まどか 「・・・あれ、初日使えないよね?」
KAITO 「結果多くね?<魔法使い」
ムスカ大佐 「なぜ初日夜>2日目夜>3日目夜と結果があるのだね?
初日夜は使えないはずだが」
できない子 「これ、初日から能力発動してねぇ?」
スター 「もう一回巴占い直すとか超微妙ですよ……
これが敗因でしたーとかそういうことにならないことを祈るしかないですぅ」
古明地こいし 「足音鵺だから鵺交換はほぼありえないと見ていいんだけどねー
狂人や狐が立てた足音に反応して騙ったとかでもない限り」
ネコカオス 「ででーん」
空母ヲ級 「ヲー?(・・・CO遅すぎ、これ絶対騙りだよね。)」
できない子 「だよね」
KAITO 「先生、騙りです」
オルテガ 「魔法使いCO・・・童貞をこじらせすぎて
賢者にはなれなかったかぁ・・・」
ムスカ大佐 「ということで指定続行」
クアディカ 「魔法使いって初日能力使えないんだ
じゃあ破綻って事だけど」
ジョルジュ長岡 「初日 カルナ
おっぱいがいないからおっぱいにトドメ指す恐れがないのは安心だな。
前日からよくしゃべって目立ってたカルナが下にいるし、まずはここ行ってみるか。

二日目 ネコカオス
閻魔の呪殺主張に突っかかる割には、指定食らった呪殺主張の審神者には無反応。
かと思えば件の占い保護要求には白眼視。なんか他と動きがずれてる感じがあるんだよなー。

三日目 古明地こいし
随分と昨日に比べて発言の元気がなくなってるんだよな。迷彩とはいえ。
暗殺結果が出てもここなら平気なんじゃね?
古明地こいし 「・・・ジョルジュの結果多いからこれ偽だね」
提督 「あと魔法使いって2夜からじゃなかったか?」
カルナ 「どうやらこの村はうっかりに選挙されてるようだな」
雪代巴 「カルナさんは鵺ですから…
私人外か村か不明な段階だと、反応がおかしくなるのは仕方ないでしょうね」
古明地さとり 「初日にどっちが鵺か、はいってなかったですね
私は単純に「巴がカルナ鵺った」としか思ってなかったですが」
提督 「基本ルール [魔法使い]
2 日目以降、夜に「魔法」を使うことができる。
魔法の効果は個々に設定された役職リストからランダムに一つ選ばれる。
選ばれた投票能力の仕様は元の役職と同じで、耐性は適用されない。」
スター 「分かりやすい破綻してくれる人外ばっかりだとありがたいですぅ」
ジョルジュ長岡 「ハハハハハハ

まったく問題はないさ」
できない子 「スターは提督でも占うといいんじゃないだろうか」
古明地こいし 「魔法使いは初日使えないから破綻しているねー!
じゃ、グッバイジョルジュ!」
雪代巴 「そうなんですか?>魔法使い」
空母ヲ級 「ヲッ(何それ怖い、妖怪うっかり誘発?<カルナ)」
オルテガ 「魔法使い系は2日目夜から能力発揮だったか

素人童貞だったのか!」
古明地さとり 「なるほど、確かにそうかもしれません>巴
では、貴方を見て判断するとしましょう」
提督 「ではジョルジュボッシュート。
大佐はさすがに目が良いな。
准将に昇格する日も近そうだ。」
カルナ 「反応に関しては先ほどいった>さとり
それ以上に俺が遅かった理由は・・・ないんだすまない」
クアディカ 「まぁ、あとは閻魔が真であった場合は
さとりは多分村なんだろうなって感じはする
というか閻魔ほぼ真な気しかしないけど」
古明地さとり 「>初日だと挙動が怪しくなる」
鹿目 まどか 「◇古明地さとり 「なんとなく、カルナの反応が怪しかったので>まどか
普通に人外鵺見ましたね>まどかさん」
いや、私もカルナさんは村なら喋ろうよと思うけどね、
まだカルナさんには忠告レベルであるべき。 足音的に巴さん見た方がよいし・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆元祖厨二病GM 
◇カルナ 「どうやらこの村はうっかりに選挙されてるようだな」

誤字してしまうほどうっかりが伝染するのか……おそろしい……」
4 日目 (1 回目)
空母ヲ級0 票投票先 →ジョルジュ長岡
古明地こいし0 票投票先 →ジョルジュ長岡
できない子0 票投票先 →ジョルジュ長岡
KAITO0 票投票先 →ジョルジュ長岡
ジョルジュ長岡14 票投票先 →雪代巴
古明地さとり0 票投票先 →ジョルジュ長岡
鹿目 まどか0 票投票先 →ジョルジュ長岡
クアディカ0 票投票先 →ジョルジュ長岡
雪代巴1 票投票先 →ジョルジュ長岡
カルナ0 票投票先 →ジョルジュ長岡
ムスカ大佐0 票投票先 →ジョルジュ長岡
提督0 票投票先 →ジョルジュ長岡
ネコカオス0 票投票先 →ジョルジュ長岡
オルテガ0 票投票先 →ジョルジュ長岡
スター0 票投票先 →ジョルジュ長岡
ジョルジュ長岡 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
空母ヲ級 「ヲッヲッヲッ!(さとりさんとできない子さんが
上手い具合にケンカしてくれてるね!)」
クアディカ 「占いはどうせなら呪殺出してくれると嬉しいね
というか呪殺主張の占いってまだ出てなかったよね?」
古明地こいし 「どうしようかなー?占いで出たほうがいいー?
それとも出ないほうがいいかなー?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
KAITO 「一応審神者がーいるな」
古明地こいし 「審神者が呪殺主張していたよー>クアディカ」
クアディカ 「まぁ、割とKAITOが生きているのならそれでいい感じもするから
出てしまっても問題は特にはないと思うけど>こいし」
空母ヲ級 「ヲッ!(うん、マッシュしかいなかった<クアディカ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
クアディカ 「ああ、マッシュがそうだったか……」
空母ヲ級 「ヲー(んじゃ共有噛みきりで行く?
駄目だったら急いでお願い。200で)」
クアディカ 「まぁ、噛み切ってしまっていいかな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
スター は無残な負け犬の姿で発見されました
ネコカオス は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ネコカオスさんの遺言 我輩はネコである役職は(村人表記)である
スターさんの遺言 <占い師日記>
スタープラチナ・ザ・ワールド!
時が止まってまた動き出してその隙をついてスターが占い師に就職する……!

一日目 鹿目まどか○
二日目 KAITO○
三日目 カルナ○
四日目 提督
五日目

「一日目」
向こうがマジカルならこっちもマジカルですぅ
どっちのマジカルがよりマジカルなのかマジカル勝負といくですよー
えーい ファイヤー ばっよえーん

「二日目」
鵺ライン占うのも考えたですけど、ここは灰にしておくですぅ
ガイアの天神遺言にエクスクラメーションマーク四つで反応したのがちょっと不自然ですぅ
ガイアが狐だと知っていたって考えられるんじゃないですぅ?

「三日目」
露出しちゃった……KAITOなんて占うんじゃなかったですぅ!
まあ露出して、しかもⅤ吊ったってことは噛まれる気がするですぅ
ほぼ最後の遺言的な気持ちで鵺ラインチェックしておくですぅ。鵺交換が無いのが見えるのは良いですぅ

「四日目」
もう巴が人外なら村負けにするしかない、という気持ちで
Ⅴが騙り見えてるんだったら昨日スター噛んでる気しかしないけど、
村視点というものを大切にするということで提督を占ってあげるですぅ

「五日目」
ジョルジュ長岡さんの遺言 求愛者表記…夢求愛者CO…

もうね、何もかもどうでもよくなっちゃったのよ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
クアディカ 「蘇生先 マッシュ」
空母ヲ級 「              . x<二二二フ´  ̄  ̄`ヾ
           ∠二二二二二 {{       }}ト、
        (ニ三フ´二二二二二二二乂___ノ二 \
        ̄/二二二二二二二二二ニ..(三三三}}二..\
        r=〈二二二二二二二二二二二二二(: ::: :::Ⅴ´
        乂ニヘY Xヘ⌒Yヘ ∧∧ニ7ヘ二ニ..(三三]: :: :: :〉
      / /⌒V ヘ j. V / / 7 ! 7⌒ヽ(\:_::_:::/
     〃//⌒∨^トニニエエ二ム斗((/⌒ヽ\\
     { ! /   /  ! /___|  | :::::__\  ∨\\   ヲ~(う~ん、できない子さんとさとりさんが大喧嘩してるけど)
     乂〈  〈  人| |_| \ j   |_| ハ  ∨「) )     (よく見るとさとりさんの方はできない子さんを意に介してない。)
        \  Y  L     x    __イ j  乂/      (なんとなくだけどできない子さんは真閻魔、さとりさんは・・・狼狐の人外に見える・・・)
         ) リ /{ `T T T T 「 / 人    ̄`ヽ
        / 〈 〈 `==井井井≠< (   ̄ `ヽ  i
        / /  )ルヘ  / !⌒Y⌒マ二..\)      .  |
 .    (  (         / ム__.人斗イハハ二.\     人从
      \ )      /二jトx H _X´j二i二二\      ヽ
               ∠二ム斗H片Ni二j二二二.〉
             ∠二二二| 「 ̄ | |二j二二 フ
          ∠.斗<´ ̄ し  ̄ し' ̄ノ斗 <」
雪代巴 「おはようございます」
オルテガ 「噛まれを見て生きたい感じだな
この噛み筋だと何か微妙におかしい気がする」
KAITO 「おいーっす」
鹿目 まどか 「んー、占いCO
空母ヲ級○  オルテガ○  ネコアルク○  雪代巴●」
古明地こいし 「占いCOー! さとり○>V●>オルテガ○>雪代巴●」
提督 「おはよう。
狼の吠えが7と少ないが意外と吊れてるのか? 静狼残ってるのかもだけどな。」
できない子 「4日目
スター  呪い返し!」
古明地さとり 「逆呪殺か呪殺に見える」
古明地こいし 「1日目 古明地さとり
当然お姉ちゃんを占うよ!
きっと、いや絶対村だと思うから!

2日目 V
◇Ⅴ 「件COか
真なら噛まれ狙ってほしかったなぁ・・・まあ失敗したときのリスク考えると役職保護のために素直にCOもありか」
この人外場で役職保護はないと思うなー
本当に村なら頑張って生き延びてほしいところなんだよ
それが分かっていないのが気になったから占うよー

3日目 オルテガ
○一つに●一つ、●が出たところが吊れたのは嬉しいねー
気になったのはオルテガかな、把握発言が多い気がするよ
意見もあたりまえのことしか言ってないように見えるからー
占ってみようか!

4日目 雪代巴
スターちゃん、そのうっかりは良くないよー・・・
ってなわけで私がかわりに占ってあげるよ!
噛まれない鵺ラインだし、すごく気になっていたからね!
足音が立ったから仕方なく出てきた人外の可能性はあると思うんだー!」
ムスカ大佐 「死因求む」
できない子 「ムスカは首領だね」
KAITO 「閻魔!仕事よー!>複数死体」
オルテガ 「占い師噛まれとなんだ?
閻魔仕事だ!」
カルナ 「なるほど」
鹿目 まどか 「占いCO
空母ヲ級○  オルテガ○  ネコアルク○  雪代巴

初日:空母ヲ級
えーっと、魔女?
いや、そういうのじゃないのかも知れないけど・・・気になる。
もし村人だったら、お友達になれるかなぁ・・・?

2日目:オルテガ
呪殺したのがそこだと言うなら、じゃあオルテガさんが気になるかな
曲げろよって言っても、曲げれないのが審神者COするとは思えないからねぇ・・・。
その辺りはあんまり考えてないのか発言稼ぎなのか。

3日目:ネコアルク
うーん、通じないから放棄して発言諦めます?
三回重ねて伝えたい事が、それなの・・・?
それってどうなんだろ・・・。

4日目:雪代巴
んー、死なないなら鵺ライン占う。
というかこれ、噛み筋的に死ななさそう。
スターさんの事を信じてるのもちょっと分からないし。」
提督 「死体多いな、これ。
閻魔仕事頼むぞ。」
クアディカ 「んー?昨日ではなく今日スターが死ぬの?」
雪代巴 「これ、私CO必要ですか?」
空母ヲ級 「・・・ヲ?(ネコカオスとスターが死亡?
・・・これ・・・どういう死因なんだろう。

・・・というときに役に立つのが真目の閻魔だね!!)」
できない子 「巴2●ワロス」
クアディカ 「と思ったら逆呪殺があったか」
古明地さとり 「巴でかぶるのがなんというか……かんというか……」
できない子 「むしろFOでいい>ムスカ」
KAITO 「えー呪い返しとなると真か子狐でよろしいと!>できない子」
カルナ 「こいしとまどかが夢もあるが」
ムスカ大佐 「まあ隠すことはないので言っておくが首領である
護衛がいたら蘇生の方に行っておけ」
空母ヲ級 「ヲッ(寧ろ提督がCOした方がいいと思われ<巴さん)」
オルテガ 「身代わり死と逆銃殺
つまりは提督が呪い疑いでー・・・
雪代巴に真っ黒占い師が2つかよ!」
古明地こいし 「スターちゃんが死んでいる!?そして呪い返し?
なら提督ー!あなたCOすればいいと思うなー!
あと、巴もねー!」
クアディカ 「というか今日普通に天人戻って来なかったね
別にどうでもいいけど」
できない子 「スターの結果は基本的には信じていいそういうことだ
子狐はあるからね」
KAITO 「提督のCOは聞いていいんじゃね?閻魔が呪い返し言うなら」
提督 「ふむ? 呪術師が居たか、あるいは呪術師本人が呪狼占った? かだが。」
古明地さとり 「あー……まぁ、今が出時かな」
鹿目 まどか 「さとり○が信用出来ないけど、
結果割れてはないね >こいしちゃん
4人目の占い? って思うとちょっと思う所あるけど

こいしちゃんとさとりさんでマニア人外ラインを一瞬疑ったけど、結果的には私は疑えない」
ムスカ大佐 「提督COを」
古明地さとり 「逃亡者日記


二日目:ぼっち
いやっほ~楽だぁ!
めっちゃ楽だぁ!噛み先1つしかねぇぜぇ!
共有逃亡だぁ!

三日目:まどか
死体なしでろよ!(バンバン!
共有二択……ありか?
んー……いいや。まどか行こ、結構好みだし

四日目:まどか
共有逃げたいけど……まどかでも悪くは無い
となるなら……んー……
昨日噛まないって猫何なんだろう?と
ここ見えるなら悪くないかな?生きてればだけどね
いいや、まどか行」
カルナ 「つまりかおすは確定村人か」
古明地こいし 「首領かー、ネコカオスが死んでいるのはそのせいかなー?」
オルテガ 「まどかもオルテガ初日占ってると主張するのか?」
鹿目 まどか 「ネコアルクさん○で、夢も何も無いよ・・・・・・・・・・・?」
提督 「俺視点呪術居るの濃厚だが、CO居るか?」
クアディカ 「閻魔は真が今日確定したんだから
そこが逆呪殺って言ってるならそうなんでしょ」
提督 「狩人だよ。」
できない子 「なんで、このタイミグで逃亡COなんだ?」
提督 「提督の狩人表記日記

1日目:不可
狩人表記を引いたか。
俺の運ではおそらく夢だろうな。
ま、蝙蝠陣営出てるから妖精であることを願おう。

2日目:古明地さとり
審神者は護衛制限有りだから俺には守れん。そも真かどうかわからんしな。
なので今日は狩り殺しを狙わせて貰う。
とりあえずこの陣営数+マニア2が人外つき濃厚でグレランと言ったさとりを人外目と見て狙う。

3日目:スター
まさかの真狩人だった。それじゃスター護衛っと。
出方凄く真っぽいし、狼も即噛んでくるでしょ。狩人の居る居ない確認含めて。
噛んで来ないならスターまさかの偽or白が居る可能性だよなぁ。

4日目:ムスカ大佐 GJ
スター真で噛まれる分には問題あるまい。○二つ。まどかとKAITOが狂や蝙蝠じゃなければ。
どちらかと言えばここで指揮役失うのが一番痛いので、ムスカ大佐を護衛しよう。
ではちょっとグラサンを探してくる。」
古明地さとり 「まどか非狼確定
なので巴にCO聞く価値はあります。騙り準備をさせない為に」
雪代巴 「それではCOしてしまいましょう
逃亡COです」
雪代巴 「【2日目】カルナさん
ここ、絶対に死なない逃亡先でしょう…
狼は私を噛むことはしても、カルナさんを優先して噛むべき理由がないので。
つまり、カルナさんに逃げ続け、この日記が露出しない限り、私は死にません。

【3日目】カルナさん
続行です。

【4日目】カルナさん
カルナさん占いで○とか、私が鵺に見られてたとか、
実は私、凄い危ない綱渡りしてたんじゃないでしょうか…
まあ誤解は溶けたでしょうから、改めまして。
できない子 「・・・大佐GJだと?」
提督 「今日ムスカ噛まれているから、できない子は真確定でいい。」
オルテガ 「って俺がオルテガだ!

なんだこのウッカリ・・・」
カルナ 「ところでこれでムスカが噛まれでKAITOが死ななければ破綻だな>ムスカ噛みで

KAITOは村人COしているのだから」
空母ヲ級 「ヲッ(首領の身代わりで蝙蝠証明したしね<まどか)」
雪代巴 「噛めばいいのではないですか」
KAITO 「えー、閻魔情報を加味すると
Ⅴ騙りの可能性あり(提督が呪い持ちの場合)
スターは真か子狐
今日の噛みはムスカ大佐
俺はムスカの身代わりになれるかもしれない(キリッ」
空母ヲ級 「・・・ヲ?(ちょっと調べてくる、GJと身代わりの判定について。)」
できない子 「いや、村人COにも種類があってだな>カルナ」
クアディカ 「護衛成功出て身代わりって出るんだっけ?」
KAITO 「村人表記でも村人以外あるのん>カルナ」
鹿目 まどか 「えーっと、鵺ライン狼はまずいので、提督も気になるけど
それより鵺ラインに手を付けて貰わないとまずい

スターさんが真占いで噛まれてない = 狼陣営多めに残ってる というのは誰もが納得できる状況でしょう?」
できない子 「ちなみに、GJは出るよ>首領護衛の場合」
オルテガ 「狩人で護衛成功でも身代わり発生するのか?
天狼LWでもないと主張できんぞ?」
カルナ 「・・・なんだと>できない子」
提督 「>カルナ
村表記の別物ってこともあるぞ。」
古明地さとり 「そもそも首領って護衛制限ですよね?」
古明地こいし 「私も真主張だねー、まどかとネコカオスが○で繋がっていて
まどかと私が占い結果、繋がっているんだから
まあおねえちゃん○の時点で真だって思っていたけどね!」
ムスカ大佐 「護衛成功、身代わりは出る」
できない子 「首領は護衛制限だから」
鹿目 まどか 「別に、村人表記の他の村人あるし、そもそもスターの○!!!!!!!!」
空母ヲ級 「ヲッ!(首領が護衛制限だから護衛したけど貫通されて、
身代わり判定が出たみたい!<ALL)」
古明地さとり 「なら、護衛貫通自体はありますよ
その場合、村人が死にます」
オルテガ 「あーただの狩人だから護衛成功でても実際には護衛できてないとか言うあれか!」
クアディカ 「まぁ、あとは逆呪殺されてる訳だからスターの真も確定した訳だけど」
カルナ 「誘毒とか聖女とかか>提督」
提督 「首領 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.5.0 β2~]
[耐性] 人狼襲撃:身代わり / 護衛制限:有り
[身代わり能力] 村人・蝙蝠
人狼に襲撃された時に、役職「村人・蝙蝠」を身代わりにして生き延びる事ができる上位共有者。
身代わりが発生した場合、人狼の襲撃は失敗扱い。
身代わりで死亡した人の死因は「誰かの犠牲となって死亡したようです」。
本人は身代わりが発生しても分からない。
身代わり君か、襲撃者が天狼 (完全覚醒状態) だった場合、身代わり能力は無効。」
雪代巴 「村表記の場合、別のCOが存在する場合があるのですよね?」
提督 「護衛制限有りだから俺の護衛は無視して貫通してる。」
ムスカ大佐 「すまんが今日は巴吊るす」
古明地こいし 「うーん、村人表記とは名ばかりの別のやつって可能性あるしー?>カルナ
まだ破綻って決めつけるには早いんじゃないかなー?」
古明地さとり 「少なくてもまどかは非狼です
真かどうか?知るかんなもん」
クアディカ 「ああ、護衛貫通って奴か」
オルテガ 「スターは逆銃殺疑いで死んでるんだが?>まどか」
雪代巴 「大蝙蝠CO
本当なら蝙蝠判定出ますよ
という訳でそこ二人とも人外です」
KAITO 「後まぁ、地味にマッシュが帰ってきてない」
できない子 「HAHAHA」
提督 「では巴吊ろうか。」
雪代巴 「ジョルジュさんは何か知りません」
鹿目 まどか 「ごめん、提督よりは確実に鵺ライン吊らせて・・・・・・
私は、巴に投票する。」
空母ヲ級 「ヲッ!(そのとーり!不審者や執行者がそれだね。
ちなみにそれらは首領の身代わりになれないよ<巴・・・)」
古明地こいし 「まあ閻魔が呪殺判定出していたし>KAITO」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
空母ヲ級0 票投票先 →雪代巴
古明地こいし1 票投票先 →雪代巴
できない子0 票投票先 →雪代巴
KAITO0 票投票先 →雪代巴
古明地さとり0 票投票先 →雪代巴
鹿目 まどか1 票投票先 →雪代巴
クアディカ0 票投票先 →雪代巴
雪代巴10 票投票先 →古明地こいし
カルナ0 票投票先 →鹿目 まどか
ムスカ大佐0 票投票先 →雪代巴
提督0 票投票先 →雪代巴
オルテガ0 票投票先 →雪代巴
雪代巴 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クアディカ 「じゃあこのまま共有噛んでしまっても問題ないかな?>護衛制限」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
古明地こいし 「破綻しちゃった(テヘペロ
まあいいや、KAITOが生き残れればそれでいいんだよ!」
KAITO 「あー、これCO的に俺が噛まれないのが疑問持たれる」
KAITO 「ムスカ噛みはいいんだけど」
クアディカ 「なに、破綻といっても巴が偽のパターンだってあるんだから
多分大丈夫、きっと」
空母ヲ級 「ヲッ!(良いと思うぞー<クアディカ
噛みは私が200で。)」
古明地こいし 「まどかはなんだろうねー?
狂人が二人いるはずだから・・・そっちかも?
狐があんなふうに出てくるかなー?」
KAITO 「提督を多分狐候補で考えればいいとは思うが」
クアディカ 「んー、でも素村じゃないと身代わりは起きないし
そこまで怪しまれるかな?」
古明地こいし 「村人表記以外の別の何かだよ!っていえばいいんだよ>KAITO
聖女なり、連毒者なり いろいろあるんだから」
空母ヲ級 「ヲッ(素村標記の何かってパターン、意外とよくあるしね<クアディカ)」
クアディカ 「提督が狐でも真でも護衛制限ある限り共有は噛めるよ
それに護衛制限突破出来るならマッシュ死んでないしね」
KAITO 「まぁ、ゴリ押ししよう」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
今日の天候は新月です (占い・魔法・人狼・吸血・悪戯 封印)
鹿目 まどか は無残な負け犬の姿で発見されました
オルテガ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
オルテガさんの遺言 5日目夜
悲しみの素村表記CO
素村人、無意識、不審者、聖女、預言者、執行者、連毒者
鹿目 まどかさんの遺言 占いCO
空母ヲ級○  オルテガ○  ネコアルク○  雪代巴●   クアディカ

初日:空母ヲ級
えーっと、魔女?
いや、そういうのじゃないのかも知れないけど・・・気になる。
もし村人だったら、お友達になれるかなぁ・・・?

2日目:オルテガ
呪殺したのがそこだと言うなら、じゃあオルテガさんが気になるかな
曲げろよって言っても、曲げれないのが審神者COするとは思えないからねぇ・・・。
その辺りはあんまり考えてないのか発言稼ぎなのか。

3日目:ネコアルク
うーん、通じないから放棄して発言諦めます?
三回重ねて伝えたい事が、それなの・・・?
それってどうなんだろ・・・。

4日目:雪代巴
んー、死なないなら鵺ライン占う。
というかこれ、噛み筋的に死ななさそう。
スターさんの事を信じてるのもちょっと分からないし。

5日目:クアディカ
じゃぁ、信用出来ない猫又さんで・・・。
そこ○なら殉教者とか以外は考えなくて済むと思うから・・・
雪代巴さんの遺言 まあ大方狐か何か見てでしょう…

 ○    |:::::::|:::::::::::::::::::::::|、:::::|:::{\::::. :::::::::::::::::○::/:|:::::::/.:::::/.:::::::::!  
       l::o::|:::::::::::i::::::::斗\::「八:「\\ :::::::::o::::/ニ|::::/、:::/.:::::::::::
     (  ):::::|:::::::::::l:::::::::::|≫=‐-=ミヽ \\:::::::::/ノ,二/::::/.:::::|::::::′ 知っていますか?
         :::::::|::::::::::::l::::::::::|^' 、i::::::`゙「`   ヽ\/イ::`゙「゙Y/.:::::::/l:::/
         ';:::::l:::::::::::::';::::::::::.  `¨¨¨´      ;  ¨¨´ ,:::::::::/ /   刀には鞘がいるということを…
        ヽ:l::::::::::::::ヽ::::::::.              !     /.:::::::i|/    >カルナさん
     ( )   l::::::::::○:::i\:::.            、   /.::/::i|  ○
         l::::::::::::::::::l  \            /   //.::::::::|
.  /\   ○ /l:::::o::::::l:::l\         ー- -‐     イ:::::::○ :|
o !   \  ∧ ;:::::::::::::l:::l  丶             / リ.:::::::::::::;
  `   `寸¬ヘ::::::::::::l:::l            / (  ):::::::::/
    ○>‐┴彳:::ヽ::::::::l:::l      >  __/  ○/.::::::::::/
   /.:::::::::::/\:::::.\::l:::l        {::::|\  /.::::::::::/   ( )
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
クアディカ 「蘇生先 マッシュ」
空母ヲ級 「  -、三三ニ,-、`` 、!  ヽ ヽ_,l、_! / リ:}   /
.   !三_,.ヽヽ__ヽ  \.-*ヽト、.,イ´/ //  /
  |、'¨`>.'´三三ニ=ヽ'´ヽ>=ニニ´¨´′<
  ト-'´三三ニ=、三三三三三三_/´  ヽ
  |三/ ,.-- 、 /三三ニ=-、三、ニ}    \
  |ニi /_r'¨ヽノニ/i- ヽノ沁!ヽ`ー、__    \
  |ニゝ}/ `¨´if´  /沁  、 レ'⌒)/_,、ヽ.   \
  /〉三|     | / ./、_.>_ , - ,!ゝ-、'ヽl}`!l、     ` 、    ヲッ!(人外の虚言は真に受けちゃ駄目ってル級が言ってた!
. /_三=Y    !/ ∧  ヽi ̄l´ヽ  ヽiリ /' 丶_     ¨ヽ      とりあえずまずは偽濃厚のクアディカ吊ってお茶濁したほうがいいんじゃないかな?)
 / ヽ三i    i:.| i:.:.〉  /-!、_〉‐-'--、i′‐- 、  ` ー 、  ヽ
    {三l     {:.ト':.:,' /:.:.:.:.:/´ ̄`` 、 l    Y     )  リ
 、  丶-'!     !:.:.//:.:.:.:.:./!     }il!   ノ    /   /
  '  /.  l    ∨/:.:.:.:.:/  ト::...    .`:...   ヽ    /  .i   ヲッ!(そしてジョルジュとネコカオスの遺言がごっちゃになってた!ごめんなさい!)
   /   |    / i:.:.:.:.:.i   !::ヽ::........   ` 、 .i _, -'   l
.  /     !   {  !:.:.:./   l::::::::ヽ  ,'     V      _/
 /    ,ノ     ト、ム:.:j |   !:::::::::::ト        丶_><
    /   ,r'´!:.:.:.:/::.!  .!:::::::::::| i     :.   ヽ__
.  /´   /  /:.:.:/:::::i   l::::::::::::!_|      :.    /=rt
       /   _,i:.:.:.:i::::::::!   ::::::::::::::/      :,  /三:l」.》
     /、_/ /:.:.:.:l:::::::l   ,::::::::::::/  _, --、_   〉_.三=∧:::..、
    /- 、_,-/:.:.:.:.:l::::::::!   ,:::::::::::/_!__ 〉三三=∧__ノ//`ー、 ∧::ヽ`ー、
  /\   /:.:.:.:.:.l:::::::::!   :::::::::::i////}三三三_∧///////`` :::::\:.:ヽ
./  \ \.:.:.:.::.:.:l:::::::::l   ;::::::::::::∨/〈三三三///∧////////ヽ::::::\:.:、
      \ \:.:.:.l::::::::::!  :::::::::::::::::∨/l三三 /////∧.///////∧::::::::ヽ:.ヽ
     /:.:.:\ ` 、:::::r、 i:::::::::::::::::::::\l三三l l/! ///∧///////∧:::::::::::Y.:.
.     /:.:.:.:.:.:.:.`:..、 ` i ヽ¨{::::::::::::::::::::::::::l\=////////∧.///////∧:::::::::::i
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:::::ヽ{//r-`::::::::::::::::::::::::V //¨ ///////∧.///////∧:::::::::i
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!::::::::ゝ、,ゝ `` 、_:::::::::::V/、./////////∧\./////∧:::::::i
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::::::::::::¨:、 r---、 `:、:::::::::::::\////////∧:::r'//////i:::::::|
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::::::::::::::::::i l/ ̄i l   i::::::::::::::::::\///////∧i///////:::::::!
.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:::::::::::::::::::ヘ fー' !  !:::::::::::::::::::::::\ /////∧ /////:::::::::l:
.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧::::::::::::::::::::ゝ.  ̄   ,′:::::::::::::::::::::::::\./////Y ///:::::::::/.:
..!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧::::::::::::::::::::::` ー一':::::::::::::::::::::::::::::::::::::i/////ノ///::::::::::::i:.:.」
提督 「おはよう。
まどか護衛したぞ。狩り殺した。」
古明地さとり 「カルナ逃亡」
KAITO 「おいーっす!」
できない子 「まどか狩り殺し!
オルテガ犠牲!」
古明地こいし 「占いだよー 空母ヲ級○」
古明地こいし 「5日目 空母ヲ級
グレーが狭いなー!何処を占えばいいだろうか・・・
ここは囲い疑いを見て空母を占ってみようか!
蘇生失敗しまくりのクアディカも気になるけれど、確率に阻まれているだけかもしれないし
それならこっちを占ってみたほうがいいかなー?」
提督 「5日目:鹿目 まどか
まどかかこいしの二択だが、まどか護衛でいいだろう。スターの○だからな。
呪術が居て騙りに出た、のならまどかの方だと思うから狩り殺し狙い含めてだ。
ま、俺噛まれるのが先だろうがな。」
カルナ 「GJ>提督・・・え?」
古明地さとり 「五日目:カルナ
ここ噛む事って無くね?普通に無くね?」
空母ヲ級 「ヲッ!?(そしてまた首領が死んでない!?
閻魔―!閻魔―!)」
できない子 「というわけで、提督真確定」
クアディカ 「蘇生確率ってなんだっけ……」
カルナ 「提督真なのか?そこラインだとばかり」
KAITO 「おおう、なにこの2死体
オルテガがこれ身代わりかな?
村人遺言だし」
できない子 「FOでいいよ>ムスカ」
ムスカ大佐 「カルナをどうするか意見求める」
カルナ 「あぁ、巴の名誉の為にもこいしは吊ってくれ」
古明地さとり 「んー」
クアディカ 「それじゃ閻魔とライン繋がってる訳だし
提督も真確定って事だね」
古明地さとり 「あー、真面目な事いっていいですか?」
提督 「俺噛まなかったのはあれだろ、どうせ首領をそのまま噛めるから噛む必要ないと判断したんだろう。」
できない子 「放置>ムスカ
スターが占ってるから」
カルナ 「俺は実質狂人判定とかわらん
俺にどうこうする力はない>大佐」
クアディカ 「なら提督は閻魔護衛でいいんじゃないかな?
共有は護衛制限で守れないし」
古明地こいし 「狩り殺し!?ってことは提督真っていうかラインが繋がったんだね・・・
疑ってごめんなさい!
オルテガはー、これも首領の身代わりってことでいいのかなー?」
KAITO 「カルナはとりあえず○だから
あって鵺っしょ?」
提督 「大佐・俺・できない子。ここまで村確定で良い。
あと誰が人外かという話しだ。」
古明地さとり 「狼、首領噛むな。噛んだら私死んじゃう!
蝙蝠撤回!もう遊ぶの怖い!」
できない子 「占い誘導なんぞするもんじゃないと思った閻魔であった」
クアディカ 「まぁ、どっしにしろカルナについては
占いの○、少なくとも狼ではない」
提督 「蝙蝠削ってどうしようか考えるは有りではあるがな。」
できない子 「じゃあ、サトリ釣り」
空母ヲ級 「ヲー・・・(あ、そうか、巴大蝙蝠と見るなら
カルナも蝙蝠相当なんだったっけ)<大佐
ヲッ!(でもカルナよりは騙りの可能性が高いクアディカ吊りの方がいいと思う。
流石にここまで放置してきたら無視はできない。)」
カルナ 「大蝙蝠は巴だ>さとり」
ムスカ大佐 「まあ今日はすまんが空母COを」
古明地さとり 「とりあえずとっとと狩人ぶち抜け!」
カルナ (♂) が「異議」を申し立てました
古明地こいし 「・・・え?お姉ちゃん蝙蝠!?
夢求愛に大蝙蝠に・・・蝙蝠CO飽和し過ぎだよー!」
提督 「蝙蝠系CO3つめだぞ、おい。」
KAITO 「だから呪術師とかいるかもだからやめとこう言うたんや(震え声>できない子」
カルナ 「人外の数がわからない以上さとりは今吊った方がいい」
クアディカ 「逃亡者CO撤回で蝙蝠CO?
撤回する意味は…身代わりか…」
空母ヲ級 「ヲッ!(却下、さとりが自爆してるからそっちを先に吊るべき!!!<たいさ )」
できない子 「すっげぇ、狂人くせぇけど>逃亡撤回蝙蝠CO」
古明地さとり 「カルナちゃーん!君も同じ蝙蝠だからね~」
提督 「>できない子
さとりよりはカルナ吊る方がいい。
狂or身代わりできない蝙蝠相当だからな。」
カルナ 「どちらにせよ、首領がいる時点で終わっていたがな>クアディカ」
クアディカ 「蝙蝠枠飽和してたっけ?
まどかが狩られてるけど蝙蝠とは決まってなくない?」
できない子 「さとり吊りとは関係なしにCOしろというとるんだよ>空母」
古明地さとり 「ここで私吊る意味無いの?判る?
あ、別段どっちでも良いです」
古明地こいし 「まあジョルジュは破綻した人外濃厚だし、巴も私視点は偽だから
お姉ちゃんの蝙蝠COはうなずけるよー」
カルナ 「構わん。俺は巴と大津へ向かう
そのための梅雨払いをさせてもらおう」
提督 「大佐、とりあえず指定しとけ。
あとオ級は蘇生と狩人が露出してなお伏せる役職ってあるのか?」
空母ヲ級 「ヲッヲッヲッ!!!(ダウト!貴女視点カルナは蝙蝠相当じゃないはず!
別の人外であることは明白なはず!!<さとり)」
できない子 「君がそういうなら、私はほこを収めるが>提督」
古明地さとり 「首領いる時点で勝てん
正直できない子占ってない時点で占い師どっこいどっこいだし信頼度」
古明地こいし 「私としてはカルナ吊って欲しいかなー?
そこ狂人相当だしー、残しておくとまずい気がするよー?」
カルナ 「共有、俺の死体を利用しろ
その代わり巴の供養を頼む」
ムスカ大佐 「空母吊り」
クアディカ 「そもそも巴が蝙蝠とは限らない訳だけども」
空母ヲ級 「ヲー!!(察してよ!あの役職が残ってるでしょうが!!!<提督)」
古明地さとり 「そもそも蝙蝠に妥当な事求めるなよwwwwwwwww>空母」
空母ヲ級 「wo-!?(えー!?<大佐)」
提督 「了解した。指定には従えよ。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
空母ヲ級6 票投票先 →古明地さとり
古明地こいし0 票投票先 →カルナ
できない子0 票投票先 →空母ヲ級
KAITO0 票投票先 →古明地さとり
古明地さとり2 票投票先 →空母ヲ級
クアディカ0 票投票先 →空母ヲ級
カルナ1 票投票先 →空母ヲ級
ムスカ大佐0 票投票先 →空母ヲ級
提督0 票投票先 →空母ヲ級
空母ヲ級 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クアディカ 「おめでとうKAITO、これでキミが死ななくても全く違和感はない」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
KAITO 「うむ、その前に俺以外が証明しまくってる感じしかしないの!」
クアディカ 「今狼が3で蝙蝠が1、蝙蝠相当が1」
古明地こいし 「7>5>3> 残り3吊り」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
KAITO 「っていうか狐生存なしでPP可能ですけどね」
古明地こいし 「なーに、2○貰いだから平気だよ(震え声)>KAITO」
クアディカ 「さとりが本当に蝙蝠かどうか知らないけど
一応、PPは出来る」
クアディカ 「今日は狩人噛みでいいかな?」
古明地こいし 「狐がいたらまずいけど・・・どうするー?
・・・ってか今日の昼時点でPP大丈夫だったかね?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
KAITO 「いや、狐いたら昼で飽和終了してる」
古明地こいし 「いいと思うー>狩人噛み
これ以上狩り殺しとかGJとか出されたくないしー」
クアディカ 「あー、飽和かー」
KAITO 「だから狐はもういないの」
古明地こいし 「うん、今気づいたよそれ>昼の時点で~>KAITO」
クアディカ 「あ、大丈夫か、なら狩人噛みでいこうか」
クアディカ 「じゃあ私が130で噛んどくよ」
古明地こいし 「お姉ちゃんが嘘ついていないし、蝙蝠ならPP行けるよね?
最悪脅してもいいし(ゲス顔)」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
空母ヲ級さんの遺言
        ,,. -― -   .,
       イ:::::::::::::::::::::::::::〈 ` 、
   .__/ノ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.,_ノヽ
  └―┤::::::::::::::: ∧::::、::::::::::::::::::/
    └┤|∨∨∨ ∨ ∨∨<⌒ヽ
    ./7 ,/∨ヽ  「∨`-l  〉 〉ヽ
    /, ム 〈 ● \{ ● |  l /  〉   ・・・ヲッ(埋毒・・・噛まれ誘導って難しすぎるよ、どうやればよかったの)
   ' i  ∧ | | |  。  | | .ノ /..j' ./
    |: l/⌒ヽLLLLLLL,イ. !/⌒i ヾ、     ・・・ヲッ(・・・あの時指定拒否したのは吊られで人数が減るのを避けたかったの・・・)
    ヽ.\  | iーォレ ̄「l:</  ./   `
       \j「 `7l i ,∧:/  ./
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
できない子 「なんもねぇ!わたしかみじゃね?」
ムスカ大佐 「こいし結果を」
KAITO 「おいーっす」
クアディカ 「蘇生先 マッシュ」
提督 「できない子護衛 GJ表記ないぞ。」
カルナ 「吊り数は3か」
できない子 「多分、提督がGJ出しとかだと思うけど」
提督 「6日目:できない子
できない子護衛。守れる確定○に近い位置ここのみだしな。
蘇生が成功してくれれば後はどうにでもなる気がするが。
とりあえず証明した以上は今度こそ俺噛まれるだろう。」
古明地さとり 「別段カルナ視点、私吊る必要無いでしょうに>カルナ
ええ、無いですよ

だって、巴大蝙蝠と仮定します
私狼か狐です

吊る意味ないよね?」
できない子 「あれー?」
古明地こいし 「占いCO クアディカ○」
クアディカ 「ここで死体なし、護衛成功してる?」
できない子 「じゃあ、狐がいるらしいっす」
KAITO 「何この死体なし!?
GJ出た?」
古明地こいし 「6日目 クアディカ
俄然怪しくなってきたよー、ここまで蘇生が成功しないってのはどうなんだろうねー?
きっと人外がとっさに騙ったと思うんだー?
だから占おう!そうすればきっと●が出てくれるはずさ!もしくは呪殺!」
ムスカ大佐 「今日の天候は新月です (占い・魔法・人狼・吸血・悪戯 封印)
封印されているというのにどうやって結果を出すというのかね?」
古明地さとり 「そもそも昨日噛み封印ぇ……>ALL」
提督 「噛めない狼Lwor狐を噛んだのどっちかだと思う。」
クアディカ 「え?護衛成功じゃないの?」
カルナ 「人外が多い村で・・・そうかさとりを吊る必要はあるがな」
古明地こいし 「あっ>天候」
KAITO 「それか>天候」
クアディカ 「噛み封印、そういうのもあるのか」
提督 「天候のこと忘れていたな。」
できない子 「天候なんて忘れてた!」
ムスカ大佐 「ということでこいし吊り
占いも噛みも今日は不発なのだよ」
カルナ 「・・・・・天候見忘れていたCO」
古明地さとり 「おwまwえwらw
光学迷彩の恐怖を忘れるなwwwwwwwwwwwwww」
できない子 「クアディカかさとり吊りだけど」
提督 「ではこいしを吊ろうか。」
古明地こいし 「新月めええええええええ
やっぱ天候ってクソやわ(テノヒラグルングルン」
クアディカ 「占いも封印されるの?」
提督 「どうせ死ぬだろう、と思って特に気にしていなかった。」
古明地さとり 「はー」
できない子 「まあ、吠えからLWないと見るなら了解」
カルナ 「明日、さとりかKAITOかクアディカ吊れば村視点勝てる>大佐

俺視点だとさとりは騙り
KAITOは村表記CO
クアディカは猫又だが成功表記なし」
古明地さとり 「できない子さーん」
できない子 「うん?」
クアディカ 「大丈夫、元々天候なんてそんなものだから>こいし」
古明地さとり 「一個いいすか?」
できない子 「どうぞ?」
古明地さとり 「いや、蝙蝠の戯言なんで気にしないでいいんですけどね」
カルナ 「2Wみるならクアディカ毒狼の可能性もあるとだけ言っておこう」
クアディカ 「あれ?KAITOってグレーだっけ?>カルナ」
提督 「案外、こいしとさとりでコピーしたマニア人外混じってるんじゃないかな、とか思うんで。
今の心境は両方吊りきりである。」
古明地こいし 「予定ではそこの提督が死んでいるはずだったのに・・・
一瞬他に狩人いるものかと思ったわ!」
できない子 「KAITO○だよ、逆呪殺が合った位置の」
古明地さとり 「「昨日さ、狩り殺し出した狩人無視って」「なんで貴方ドストレートに噛まれると思った」んですか?」
ムスカ大佐 「あそこで失敗結果をだすかどうかで偽確定かどうかを調べるという
読みが当たったようだな(吊った後で夜気づいたが)」
カルナ 「村表記COしかしてない>クアディカ

・・・・スターが占っていたなすまない」
古明地さとり 「貴方視点、今日の朝一の発言

蝙蝠視点、ものすっげー胡散臭いんすけど」
できない子 「今日の死体なしが出る以上そこしかないもん
提督吊りに来たってこと」
KAITO 「俺逆銃殺食らったスターの3日目○です(震え声」
クアディカ 「ともかくとしてさとり蝙蝠、カルナは蝙蝠相当って事でいいんだよね?」
できない子 「あ、そうっすか、さすがっすね人外さん>さとり」
カルナ 「なら明日はクアディカさとりのランだな」
古明地さとり 「いや、別に貴方狐でもなんでもいいんですけどね。私は」
提督 「偶数狙いなら無くはないがな。できない子噛み。
ただこの状況で偶数化するメリットがあるとは思わんが。」
クアディカ 「今日の死体なしは天候のせいらしい>できない子」
古明地さとり 「いえいえ。お褒めの言葉ありがとうございます>できない子」
古明地こいし 「>クアディカ
蝙蝠一人だけだからカルナは違うと主うよー」
カルナ 「まぁそうなるといえばそうなるな>クアディカ」
できない子 「私を偽にしたいのなら
初日銃殺を当てて
なおかつ、共有が首領であることを非狼で判断したということを」
できない子 「どうやってやったのか説明してほしいね」
古明地こいし 「カルナ人外だと思うんだけどね 狐か何かの」
カルナ 「どちらにせよ俺は巴が死んだ時点で何もできない」
できない子 「それが、できるなら人外さんすげーって言っう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
古明地こいし6 票投票先 →提督
できない子0 票投票先 →古明地こいし
KAITO0 票投票先 →古明地さとり
古明地さとり1 票投票先 →古明地こいし
クアディカ0 票投票先 →古明地こいし
カルナ0 票投票先 →古明地こいし
ムスカ大佐0 票投票先 →古明地こいし
提督1 票投票先 →古明地こいし
古明地こいし を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クアディカ 「天候殺すべし、慈悲はない」
KAITO 「よし、しゃーない
明日PPしかない」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
クアディカ 「取り敢えず引き分けは一応出来るけど」
KAITO 「いや、サトリ吊れる?」
クアディカ 「ああ、まだPPが出来るか」
KAITO 「とりあえず提督噛んでー」
クアディカ 「明日6人で狼2蝙蝠1蝙蝠相当1」
クアディカ 「まぁ、多分いけると思う」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
クアディカ 「提督噛み130でいく」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
提督 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
提督さんの遺言 追記:クアディカ→さとりと吊れば良いんじゃないかと。
さとり真蝙蝠である。クアディカLw。
さとりが偽である。カルナ蝙蝠相当であり噛まれ回避なら翌日さとり吊りに参加してくれるはず。
ジョルジュが真蝙蝠を考えるなら根性でLw当てろ。あとKAITOで白狼はお手上げ。

提督の狩人表記日記

1日目:不可
狩人表記を引いたか。
俺の運ではおそらく夢だろうな。
ま、蝙蝠陣営出てるから妖精であることを願おう。

2日目:古明地さとり
審神者は護衛制限有りだから俺には守れん。そも真かどうかわからんしな。
なので今日は狩り殺しを狙わせて貰う。
とりあえずこの陣営数+マニア2が人外つき濃厚でグレランと言ったさとりを人外目と見て狙う。

3日目:スター
まさかの真狩人だった。それじゃスター護衛っと。
出方凄く真っぽいし、狼も即噛んでくるでしょ。狩人の居る居ない確認含めて。
噛んで来ないならスターまさかの偽or白が居る可能性だよなぁ。

4日目:ムスカ大佐 GJ
スター真で噛まれる分には問題あるまい。○二つ。まどかとKAITOが狂や蝙蝠じゃなければ。
どちらかと言えばここで指揮役失うのが一番痛いので、ムスカ大佐を護衛しよう。
ではちょっとグラサンを探してくる。

5日目:鹿目 まどか 狩り殺し
まどかかこいしの二択だが、まどか護衛でいいだろう。スターの○だからな。
呪術が居て騙りに出た、のならまどかの方だと思うから狩り殺し狙い含めてだ。
ま、俺噛まれるのが先だろうがな。

6日目:できない子
できない子護衛。守れる確定○に近い位置ここのみだしな。
蘇生が成功してくれれば後はどうにでもなる気がするが。
とりあえず証明した以上は今度こそ俺噛まれるだろう。

7日目:KAITO
天候のことを忘れていた慢心提督CO。
今度こそ俺噛まれるだろ。俺噛まれないケースだとKAITO狂かどうか確認しておくべきかな、と思ったのでチャレンジ。
できない子をここで噛む勇気ある狼なら素直に称賛を送る。
古明地こいしさんの遺言 占いだよー!
さとり○>V●>オルテガ○>雪代巴●>空母ヲ級○>クアディカ

1日目 古明地さとり
当然お姉ちゃんを占うよ!
きっと、いや絶対村だと思うから!

2日目 V
◇Ⅴ 「件COか
真なら噛まれ狙ってほしかったなぁ・・・まあ失敗したときのリスク考えると役職保護のために素直にCOもありか」
この人外場で役職保護はないと思うなー
本当に村なら頑張って生き延びてほしいところなんだよ
それが分かっていないのが気になったから占うよー

3日目 オルテガ
○一つに●一つ、●が出たところが吊れたのは嬉しいねー
気になったのはオルテガかな、把握発言が多い気がするよ
意見もあたりまえのことしか言ってないように見えるからー
占ってみようか!

4日目 雪代巴
スターちゃん、そのうっかりは良くないよー・・・
ってなわけで私がかわりに占ってあげるよ!
噛まれない鵺ラインだし、すごく気になっていたからね!
足音が立ったから仕方なく出てきた人外の可能性はあると思うんだー!

5日目 空母ヲ級
グレーが狭いなー!何処を占えばいいだろうか・・・
ここは囲い疑いを見て空母を占ってみようか!
蘇生失敗しまくりのクアディカも気になるけれど、確率に阻まれているだけかもしれないし
それならこっちを占ってみたほうがいいかなー?

6日目 クアディカ
俄然怪しくなってきたよー、ここまで蘇生が成功しないってのはどうなんだろうねー?
きっと人外がとっさに騙ったと思うんだー?
だから占おう!そうすればきっと●が出てくれるはずさ!もしくは呪殺!
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
クアディカ 「蘇生先 マッシュルーム」
できない子 「Tとく噛み」
KAITO 「おいーっす!」
古明地さとり 「        , -,二ニ-―- 、_ `ヽ、
             ___     __
      、  __,イ ´ー`ミヾr¨ヽ/´   `ヽ、
.      ゞ`´......´`丶、.......`:、 ´ ).、  ,  ヽ
.     //´.......................ヽ.....ヽ,.¨ヾヽ... ̄ノ   `、
    /../.....................i..........ヽ,.....i..l.i..`ハ....ヽ、   i
   ,ノ.....l....|、......l、..゙ィ-t-:、}ヽソ'゙.....ヾ、....ヽ   |
 -=.ソ...l..|....,t-.......ヽ,...ヾヾヽ.|リ..............lミヽ,_..゙i.   .|      いつから貴方が人外の時に
   i..|...l...!イ,..!` 、..`、ヽゝ=ヾ=|.....i..../ト|....|..l.ノ!  .|
.   |.|;..ヽヾ,ィヾ=ミー-ヽ弋匕ア..//..!'ノ..ノ..〈    |
   !lヽ...`゙代.ゞソ      //´!...lヾゝ.lヽゝ  |             「非狼」人外になったのかが凄まじく謎なのですけど
   ゙ゝ}ヾーソ   `      |..l......V..ヽ-ヽ-'  !
    ノ_人....ヽ,   、, - '   .イ/........}....`、   /
       i.l......iヽ、     / !'....ノlノヾ`ー゙ /             それいうと「なんで初日呪殺を当てた?」なんて言うんでしょうね?きっと
       !{ヽ...l.|ヽ|`i -- '  ノゾソ´`ヽイ´`゙メ、
.       ` `ヽゝ ソ/〉    /゙ /' .〃/=ノ-:,
        _ィt--.'´ !' .}  /  /,' .∥/_..)´`ヾi            あ、どうでも良いです。割りと
.       i' `!!    .ヽ ゙ /  // .∥/} ´: : : |-}、
       (__l .ll   f⌒Y⌒) // ∥∥{: : : : : :| ノ
.       ( .ヽヾ,  人   ./゙l {ヽ、゙ .l{-': /: : : : |ー-:..、        狼なら「蜜狼込み」で余裕で出来ますよねってだけで
       i゙(´ヽ´./: : :`i-i´ |.|: : :ヽ:||ソ:/: : : : l:.|    `ヽ、
.       i:`ヾノ´ヾ,、:.廿: : :「」__: : ソ:|/: : : : : l:.|      `ヽ、
        |: : :ヽ: : : ヾ,!.!C´   ヾ'、/: : : : : :.l:|        ヽ
ムスカ大佐 「さらばだ、提督・・・」
クアディカ 「ねぇ、さとりって本当に蝙蝠なの?>さとり」
できない子 「まあ、クアディカ吊りしかないかなーと」
古明地さとり 「んー、ぶっちゃけ、貴方に一任しますよ>大佐」
ムスカ大佐 「ああ、今日はもはやクアディカ吊るす」
できない子 「で、提督死体になってるけど>さとり」
カルナ 「さて、ここまできたら
猫又か蝙蝠COしたさとりかになるが」
古明地さとり 「証明方法ないですからねぇ>クアディか」
できない子 「まあ、信用落とし乙です」
できない子 「おまえもな!!>さとり」
カルナ 「さらばだクアディカ
しいていうなら運がなかった」
古明地さとり 「一応いうなら
偽のこいしに誘導勝つ、人外のカルナ誘導かつ

まどか非狼主張した当たり?」
ムスカ大佐 「そして今まで黙っていたが重要な事を言おう」
できない子 「さとりのあの時点での逃亡CO撤回蝙蝠COって
吊れって言ってるようなもんだからなぁ」
できない子 「狐ならあそこで逆に撤回する意味合いってねーんだよね
だから、狂人っぽいという心象はあるんだけども」
古明地さとり 「正直なぁ、首領出てる時点で勝ち目ないって諦めたんですよ!
だったら……だったら……

私はみんなの思い出に残り続けたかった!」
カルナ 「KAITO共有化?>大佐」
できない子 「HAHAHAHA
KAITOが○出る人外じゃないって私は信じてるよ」
クアディカ 「まぁいいやPP行ってみよう」
ムスカ大佐 「この村共有は2ではなくてGMを含めて3だったのだ」
ムスカ大佐 「クアディカ吊るしで」
クアディカ 「カルナとさとりは大佐に投票して」
古明地さとり 「なら仲間全員言って下さいね>クアディカ」
カルナ 「・・・・そうか>大佐」
古明地さとり 「もう一人いないならクアディカ吊るしまーす」
KAITO 「あ、俺昨日噛まれた獣人です」
できない子 「すげぇ、悲しい情報だなぁ>ムスカ大佐
しかもマニアが2人外付き確定という」
KAITO 「だから2Wです、ハイ」
クアディカ 「こいしとヲ級と長嶋だよ」
古明地さとり 「それで毒が飛ぶならそれでいいじゃないか!」
ムスカ大佐 「村はクアディカ吊るしで、蝙蝠がいるというのならば吊るせば終わる」
クアディカ 「で、KAITO」
できない子 「昨日、KAITOを噛むはずないじゃないか!」
クアディカ 「長嶋って誰だ」
古明地さとり 「クックック……」
カルナ 「いやまて、毒を考慮するならKAITOだ>大佐」
古明地さとり 「あーッはっは!」
できない子 「噛んだとしても提督ぐらいなものだよ」
KAITO 「というわけでカルナとさとりは大佐投票
そこ策士もないんで」
ムスカ大佐 「どこで死体なしが出たというのかね?」
古明地さとり 「票が欲しけりゃ靴なめろオラァ!(真顔」
クアディカ 「まぁいいや、今2W今日蝙蝠二人が協力してくれればいける」
できない子 「はぁ、まあ私がサトリにヘイト稼いでいたからどのみちムリだろう」
カルナ 「三巻王だ>クアディカ」
ムスカ大佐 「KAITO吊りで」
古明地さとり 「KAITOお兄ちゃん、靴舐めて!(てへぺろ」
クアディカ 「うるさい!噛むぞ!>さとり」
カルナ 「俺は、何陣営なんだ?」
KAITO 「お願いします、なんでもしますから!」
できない子 「えー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
できない子0 票投票先 →KAITO
KAITO3 票投票先 →ムスカ大佐
古明地さとり0 票投票先 →ムスカ大佐
クアディカ0 票投票先 →ムスカ大佐
カルナ0 票投票先 →KAITO
ムスカ大佐3 票投票先 →KAITO
8 日目 (2 回目)
できない子0 票投票先 →KAITO
KAITO4 票投票先 →ムスカ大佐
古明地さとり0 票投票先 →KAITO
クアディカ0 票投票先 →ムスカ大佐
カルナ0 票投票先 →KAITO
ムスカ大佐2 票投票先 →KAITO
KAITO を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
今日の天候は極光です (全員 目隠し・公開者)
できない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
KAITOさんの遺言 村人表記CO  だだだ! !!
できない子さんの遺言          。゚ rx   , ┐  。                  ゛| |"
          。  ,.|{ nY ,ニ}   。                   | |
           。 { Ⅵ/r仁{          _   _,        | |
      _」_ 。‘⌒k..          ___,> Y´'ー-、      | |
      `Y⌒)}'^Y´ノ}ハ.        >z二_ ___`ー≧__  | |
    、_」{  ' ,」,rく。  }.ハ〉. ゜。 >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <. | |
    >'⌒ヽ=ミ、|{  .      /        ヽ `Y′之> |         このAAを見てもらったら私のCOがわかるだろう
   7, r=ミ、   \く,.     ゜゚ /  ,   l、 、 , 、 |  ヽ }<. | |
  .]{ └' ,}j  、___){ィ.      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ | .| |          そう、閻魔COだ、地獄の沙汰も金しだい
   ^'宀'^^   `ニ![,斗宀=ミx |ハ |(●) (●) / / ,/レ|/ | |
         r宀ァ'^く    r_}l.゜゚ `|   ヽ    「)'/|/|/ー-、| |            地獄のミサワ系ガールとはそこのぼっちのことだ
     ,  r┘Y´{り人_    _]ヽ . ヽ、   -    ,.ィT/   Ⅵ
.    {ー-ヽ, `ニ´イ }  ,ノ      ー -- <イ         }`ヽ
     `フ7⌒>、__,r宀'^ `^!.         {`>彡        j`7ハ、
     `′_{(二ニミメ、 r宀ァ'        、              / / lト、         
      ,ノrtnrヘ ハ Ⅵ,r'            ヽ         // /   ヽ        
.      { 〉 ┘ jノ ,}__}[,               ヽ,       -_.ノ/イ    ハ
      〉'⌒'ーく_r仁フ/              {|:l {:/ー<彡'´ ′      ハ
      `¨フ,冖i{`フrく                   ヽ{ハ ̄            ∧
.        {( _」L{ノY´\,              ヾ }               l
         {   }-ヘ{  ト、               |              l
        r'⌒Yrtn{ }- 、 {           |                  |
          ,} r‐}辷^}′ {  〉             l!              |

閻魔CO

初日
ゲスいGM 噛み
オルテガ 占い師の銃殺

2日目
マッシュ 噛み

3日目
ぼっち 噛み

4日目
スター  呪い返し!
ネコカオス 誰かの犠牲

5日目
鹿目まどか 狩り殺し
オルテガ 誰かの犠牲

6日目
なし

7日目
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
「目隠しwwwwwwwwwww」
「天候ロクな事しねぇなぁwwwwwwwwwwww」
「目が、目が~」
「これは酷い」
「バルス!」
「                      /i
                  / .l       。r≦  ̄ 7
                    /  |  .。r≦      ≫'’
                    ,   レ'         ∠ _
              ___ i  _              ̄ ≧s。
       。r≦ ____  ゝ      ̄ ≧s。        `ヽ   ≧s。
               /            ≧s。       ≧s。
              /   /i  、            ヽ.        _ ≧s。
              ,    / .|  \     ≧s。       \     `ヽ
           /     ,   :,  :,. >' , .、7 、 ≧s。    ヽ.        \
             /._  i!    、  :, r' t::ツ`'ー `'≪ ヽ.=- ム  _ >=-         鵺CO
               / .イ     〕ト、\       ノ ノ ̄      `ヽ
.              // !    ノ  `  、      ・z=ュ、 ヽ_,ム=一'
                   レi   く            // i! i! 》,  ゙:, . . `ヽ        すまない巴。最後までお前に勝利を導けなかった
         ャー 、ノ!/. | ト、 `:, 、 _ ,       .j! { .i! i! .ム ̄ . ≧s。 \
.        < ̄. .`ヽ ャ:、. .レ' ゙:,∧         /i! {ニ} :{ニi} . . . . . . . . . . ,
     ヽ ̄_,ζ´. . . . :, \. . . . . . ゙:,  _,.z :く,.z*マム. i! i! .i} . . . . . . . . . . .:,
     _,ノ Σ. . . . . . . . :,. . \. . . . . .` ´ r=く: : :゙:,マム.} i! .リ. . . . . . . . . . .. i}
   <. . . . . . . . . . . . . . .`、. . .≧s。 . . . . . } マム : : : ゝ=zz*' . . . . . . . . . . . . }
    > . . . . . . . . . . . . . `、 . . . . . ≧s。. .}! iリ : /  》 . . . . 、 . . . . . . . . .i!
    Σ . . . . . . . . . . . . . . . . .\ . . . . . . . .≧s。{r'’_ノi} . . . . . .\. . . . . . ..i!」
「光学迷彩に引き続き2度も言う事になるとは思っていなかった」
「クアディカ、1つ言っとくけど
多分巴狐なんですよね?」
「聞いとくけど、か」
「ああ、今日はクアディカ吊るすので」
「クアディカ、引き分けには協力するぞ」
「そうだね、引き分けにしようか」
「3分間だけ待ってやる(超過時刻まで)」
「というかそうじゃないと巴の位置不明なので
まともに言わないと引き分けないですよ?>クアディカ」
「俺は巴のミカタだ
ムスカ大佐に入れろ」
「で、ですねぇ」
「カルナよ、貴様してん引き分けなどというものはないということを覚えておけ>カルナ
さとり蝙蝠なら私に入れるだけなのだからな」
「いや違う、さとりだ
悟りに入れる」
「私がいるのに引き分けると
本気で思ってるんです?あなた達……


             ___     __
      、  __,イ ´ー`ミヾr¨ヽ/´   `ヽ、
.      ゞ`´......´`丶、.......`:、 ´ ).、  ,  ヽ
.     //´.......................ヽ.....ヽ,.¨ヾヽ... ̄ノ   `、
    /../.....................i..........ヽ,.....i..l.i..`ハ....ヽ、   i
   ,ノ.....l....|、......l、..゙ィ-t-:、}ヽソ'゙.....ヾ、....ヽ   |
 -=.ソ...l..|....,t-.......ヽ,...ヾヾヽ.|リ..............lミヽ,_..゙i.   .|
   i..|...l...!イ,..!` 、..`、ヽゝ=ヾ=|.....i..../ト|....|..l.ノ!  .|
.   |.|;..ヽヾ,ィヾ=ミー-ヽ弋匕ア..//..!'ノ..ノ..〈    |
   !lヽ...`゙代.ゞソ      //´!...lヾゝ.lヽゝ  |
   ゙ゝ}ヾーソ   `      |..l......V..ヽ-ヽ-'  !
    ノ_人....ヽ,   、, - '   .イ/........}....`、   /
       i.l......iヽ、     / !'....ノlノヾ`ー゙ /
       !{ヽ...l.|ヽ|`i -- '  ノゾソ´`ヽイ´`゙メ、
.       ` `ヽゝ ソ/〉    /゙ /' .〃/=ノ-:,
        _ィt--.'´ !' .}  /  /,' .∥/_..)´`ヾi
.       i' `!!    .ヽ ゙ /  // .∥/} ´: : : |-}、
       (__l .ll   f⌒Y⌒) // ∥∥{: : : : : :| ノ
.       ( .ヽヾ,  人   ./゙l {ヽ、゙ .l{-': /: : : : |ー-:..、
       i゙(´ヽ´./: : :`i-i´ |.|: : :ヽ:||ソ:/: : : : l:.|    `ヽ、
.       i:`ヾノ´ヾ,、:.廿: : :「」__: : ソ:|/: : : : : l:.|      `ヽ、
        |: : :ヽ: : : ヾ,!.!C´   ヾ'、/: : : : : :.l:|        ヽ
.        |: : :ヾ: : : : :||i' _ィ--t-、 i': : : : : : : :.|         `,
        |: : : ヽl: : : ||!〈弋ー'ノ  |: : : : : : : : :|          i
        |: : : : ヽ: : :ヾヽ,` ̄ _ノl: :./: : : : : : :i、         |」
「私とカルナがさとりにいれるから
大佐とさとりは相互、これでいいかな」
「私に入れるなら、私捨て票しますよ~
その方が面白いですしね!」
「君にあるのは鵺先に●打った狼陣営の敵をするかどうか、それだけなのだよ」
「俺自身の勝利は確かにそれが正しいだろう
だが、俺は巴に求められた
だから俺は巴の味方だ>クアディカ

お前が指定しろ
俺はそにれ従う」
「大佐ークアディカいれようぜ~」
「大佐投票でいいや>カルナ」
「私はクアディカに入れよう」
「正直引き分けまで生きれたのは
最早勝利じゃないかな?と思った

        〃      _ > ヽ ___
        {{  ,.  ´      ー-   `ヽ ___
          》、´      `ヽ     \     <
     -=≦          ヾメ、 ,. - v―、=====ト
      〃   /           ヾ{ : : : : : :/  \|
..    /.    /〃  |   \     \: : : /.    \
   / /   ./‐ト1   !    ヽ    ヾ '   l \__
  /  /   /、 | |.   !_     \   V  V  「`ヽ
.     / / ,{{ メ、',   | l _   \  \}   V   V.八
   //{  lヘ {:rjハヽ.  |>=ミx    「   \{ヽ  V \
   /'  ヽ ト ゞ''   \!  ん(__)- ト、{--、  \「 `ヽ「`ヽ
     / ィゝ :::: '      丈ン ヘ  { r' } \ ハ/∨
-、     レ |从   _    ::::::::: V ! ン\  ヾ
\\       レ ゝ  V⌒>     ,.ィ1 |´ ヽ \「
.. \\   r' 7 レ> _,.   <   | レ ヾ⌒ヽ⌒ヽ
__ヽ \ ,′{ r':::/  ∧: : :     ハ
----、   y  / |::/    ∧    /  \
  〈 - 、   {ノ:::j     〈   ./     \
  r' ー-、 j  }:::/     ヽ /           \」
「私とカルナで大佐投票、これでいい」
「さて、と
ちょっと悩みますか」
「いいのか?さとりがステ票すれば勝てるぞ?
それだと貴様勝利になるが」
「さあ、時間だ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
9 日目 (1 回目)
古明地さとり0 票投票先 →クアディカ
クアディカ3 票投票先 →ムスカ大佐
カルナ0 票投票先 →クアディカ
ムスカ大佐1 票投票先 →クアディカ
クアディカ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クアディカさんの遺言 実は風祝だったんだ…

二日目 蘇生 無し
する位置がないよ…
天人遺言の場所は閻魔曰く呪殺だし
だから静かにしとくね

三日目 蘇生 マッシュ
素早く的確に露出してしまった
だからあとは私が蘇生成功出来るか
その勝負、その前に噛まれたら知らない


四日目 蘇生 マッシュ
私を即噛んでこないって事は多分
蘇生成功するまでは噛まれないと思う
なんで全力でいく

五日目 蘇生 マッシュ
こう確率との勝負……
蘇生確率…なんだっけ…

六日目 蘇生 マッシュルーム
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/03/19 (Wed) 23:12:52
ネコカオス 「んー?」
できない子 「っふぁ?」
フランドール 「お疲れさま―」
マッシュ 「お疲れ様」
カルナ 「ほぅ、普通にいれたのか>さとり」
ネコカオス 「ありゃま、お疲れさん」
鹿目 まどか 「わーお・・・」
古明地こいし 「お疲れ様でした」
ムスカ大佐 「お疲れ様だ」
鹿目 まどか 「お疲れ様」
提督 「お疲れさまだ。」
「お疲れ様でした」
スター 「あ、村勝った。お疲れですぅ」
ぼっち 「これが答えか<カルナ」
クアディカ 「お疲れ様」
ジョルジュ長岡 「愉快な狼陣営のうっかり記録

1.思いつきで魔法使い日記に急きょ書き換えた素狼、初日結果がそのままで破綻
2.天候:新月に誰も気づかず、占い騙りが飛び出して破綻
3.なお、夜にはPPの皮算用中、新月のため当然不可能
4.狐つき鵺の勝利条件を誤解したままPP宣言に入り、見事に蝙蝠に見限られる
5.最初に破綻した狼、名前を間違えられ未知なる長嶋誕生」
できない子 「まあ、狐が狼の勝ちを許さなかったということなのだろうさ」
元祖厨二病GM 「お疲れ様!村と蝙蝠は勝利おめでとう!」
「ええー・・・引き分けじゃないのかい」
古明地さとり 「             ___     __
      、  __,イ ´ー`ミヾr¨ヽ/´   `ヽ、
.      ゞ`´......´`丶、.......`:、 ´ ).、  ,  ヽ
.     //´.......................ヽ.....ヽ,.¨ヾヽ... ̄ノ   `、
    /../.....................i..........ヽ,.....i..l.i..`ハ....ヽ、   i
   ,ノ.....l....|、......l、..゙ィ-t-:、}ヽソ'゙.....ヾ、....ヽ   |
 -=.ソ...l..|....,t-.......ヽ,...ヾヾヽ.|リ..............lミヽ,_..゙i.   .|
   i..|...l...!イ,..!` 、..`、ヽゝ=ヾ=|.....i..../ト|....|..l.ノ!  .|        素蝙蝠COしている段階で
.   |.|;..ヽヾ,ィヾ=ミー-ヽ弋匕ア..//..!'ノ..ノ..〈    |
   !lヽ...`゙代.ゞソ      //´!...lヾゝ.lヽゝ  |               続く時点で私を残そうとする狼の慈悲にすがるほど
   ゙ゝ}ヾーソ   `      |..l......V..ヽ-ヽ-'  !
    ノ_人....ヽ,   、, - '   .イ/........}....`、   /
       i.l......iヽ、     / !'....ノlノヾ`ー゙ /              いっちゃなんですが私はあんまり狼の善意を信じませんので
       !{ヽ...l.|ヽ|`i -- '  ノゾソ´`ヽイ´`゙メ、
.       ` `ヽゝ ソ/〉    /゙ /' .〃/=ノ-:,
        _ィt--.'´ !' .}  /  /,' .∥/_..)´`ヾi
.       i' `!!    .ヽ ゙ /  // .∥/} ´: : : |-}、
       (__l .ll   f⌒Y⌒) // ∥∥{: : : : : :| ノ
.       ( .ヽヾ,  人   ./゙l {ヽ、゙ .l{-': /: : : : |ー-:..、
       i゙(´ヽ´./: : :`i-i´ |.|: : :ヽ:||ソ:/: : : : l:.|    `ヽ、
.       i:`ヾノ´ヾ,、:.廿: : :「」__: : ソ:|/: : : : : l:.|      `ヽ、
        |: : :ヽ: : : ヾ,!.!C´   ヾ'、/: : : : : :.l:|        ヽ
.        |: : :ヾ: : : : :||i' _ィ--t-、 i': : : : : : : :.|         `,
        |: : : ヽl: : : ||!〈弋ー'ノ  |: : : : : : : : :|          i
        |: : : : ヽ: : :ヾヽ,` ̄ _ノl: :./: : : : : : :i、         |
        ,|: : : : :ヽ; : : ド-{`゙゙「」: :|: /: : : : : : : : i         !
       / .|: : : : : :ヽ: : {ミミl: : :|.|: :|/: : : : : :/: : :l゙i        ./
       /  |: : : :\: |: : {ミミl: : |.|:/: : : : : : //: : l: :|       /
.      i   |: : : : : ヽi: : ゙il゙l{|: :l !:}: : : : //: : : |: :.l     ./
      l   .|i: : :ヽ: : :ヽ: :ゞ'゙ヽソ_i: : : : :/: : : : :l: : :|   ./

空母ヲ級 「ヲのれ村人ぉぉぉぉ!
あ、ヲ疲れ様ー。」
ぼっち 「お疲れ様だった!」
クアディカ 「大佐にさっさと投票してたの忘れてた」
カルナ 「すまない、さとりが大佐にいれると勘繰ってクアディカに入れた」
古明地さとり 「ってあれえええええええええ?(勝利」
オルテガ 「結局狼吊りか!
お疲れ様だ」
ジョルジュ長岡 「畜生メェェェェェッ!」
雪代巴 「                ___
               , ..:´:::::::::::::::::::::::`ヽ
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,
.         ,'::::::::::::; :、:::::::::::::::从:::::::::::::::::::::::l
            !::::::::::::!-‐ヽ:::::::::/-―-}::::::::::::::::::!  お疲れさまでした
           l:::/i::::イ セ::テ、/ 'セ::テ jィ::::::::::::::リ  _
         !::!/::::::ト , , ノ   , , , ´/:::::::::::::/_ / 」
         `ヽl::::∧         /ィ::::::::::;ムヽ;`=´
            レ' !:::\ ` ´   '!::::::::::ィ::l  {::::\
               |:::::::::l` 、 _/ i::::::::::!j/   ヽ::::::ヽ.
              i:::::::::i   ,}  }::::::::,'ニヽ- 、 |:::::::::::i
             l:::::::::|_ /j _/!:::::/     V::::::::::::|
             ヽ::::::レ´ /'´ _-i:::::レ´ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::|
           / ∧:/  ,''´ ,イ:::/          Y::::ノ
          /  / リレ'´ < .j;.'           l/
           /  / /,  ´        ,.      ├ 、」
「とりあえずさ
偶数でPP宣言するなら確認くらいしてほしい」
スター 「カルナはどっちに入れても引き分けできなかったから仕方ないですぅ>カルナ」
フランドール 「忘れないでよー!!>クアディカ
せめて超過まで待とうよ!!」
鹿目 まどか 「                    r― - 、_」´ ̄7
                  ,.>‐.´ ̄7 : : : : `==ー
              「 ̄ ヽ「 ̄ ̄ヽ: : : : : : : : : ヽ: : :丶
              ヽ ー「]´ー  / / : , : : l : l : ト、 : : :\  まぁ、お疲れ様
          ___ く/: : {   イ: : :l: : :|: :l :} /}: :| Ⅳ、: Ⅳ
        \ ,ィ : : : / \ l : : |: : :|: :}イ/ 从{ ,ィハ{;イ′
         イ:/: : ; :/   }`: : :|: : :|: :|ィ升、   弋l ′  KAITOさんがせっかく逆銃殺された占いの○にいたんだから
           }/: : /:イ    { : : 「}: : :|: :|乂ツ   ` ''〉
           {: : /: ム「ヽ__」ゝ: :`ハ: :l: :| ''''   ー ' /{    カルナさんかさとりさん吊りの為に
         }: /{Ⅳ    、-=ーハ:ヽ:ヽ.__/l/
          lイ/        〉_/ヽ二 Ⅳ ヽ \. ′    最終日勝負で良かったかな・・・・・
             _ , '´/ \ _ 「:ハ }, ヽ
             ∠´ __/ `\ ヽ    ~ r「、} 〉
            ∨´ }    ハ ヾ,rーv「ィ´} ィ、」
古明地こいし 「お姉ちゃんに○出してあげたのにー!お姉ちゃんのバカー!」
提督 「さとりは結構狩れる系の匂いを感じたが、蝙蝠だったとはなぁ。
当たりが他に二つも居て外しちゃうとは俺の嗅覚も衰えたものだ。

元々そんなに性能良くはないが。」
雪代巴 「>カルナさん
いいんですよ、引き分けられないならば、せめて村勝ちでいいんです」
マッシュ 「ガイア踏み台にしただけで俺は満足です!」
ムスカ大佐 「マッシュ以外はあっていたか
こいしも空母も微妙だったが、そしてKAITOは白とは、怪しすぎたのは間違っていなかったか」
KAITO 「まぁ、仕方ないね!」
カルナ 「あの時点で
さとりが素直にクアディカに入れる
さとりが俺のムスカ票をみてムスカに入れるの二択だった>スター

考えると聞いてそれをムスカに入れないだろうと思ったが
それが不味かったか」
ガイア 「おつかれさま」
スター 「マニア3人外は流石にきついですねぇ」
できない子 「KAITOが白狼追えたかどうかなんだけどね>クアディカPP宣言しなかったら」
ネコカオス 「そんじゃあ、お疲れさん。」
オルテガ 「俺は無残に身代わりになったけどな!>マッシュ」
雪代巴 「マッシュさん…」
クアディカ 「なんか普通に投票しちゃってたよ<フラン」
古明地さとり 「お姉ちゃんは妹で遊ぶ権利があるんですよ!>こいし
妹は姉に奉仕する義務があります(真顔」
フランドール 「う―…
即指定とか流石に無理―」
空母ヲ級 「ヲ・・・(改めてみると酷い鬼ウッカリ爆丸である<ショルジュ)」
できない子 「首領って強いなぁってやっぱり思った」
カルナ 「そうか・・・最後まですまなかった
巴との大津への旅。果たせなかった>巴」
できない子 「あとさー>さとり」
雪代巴 「ただどちらにしても、大佐で引き分けたところで、
さとりさんはどうせ大佐を吊ってしまわれますからね…」
スター 「ムスカに入れてクァディカ2ムスカ2で引き分けても
その次でさとりが票変えしちゃうですぅ
引き分けするなら蝙蝠・狼で相互投票が必要だったですぅ>カルナ」
古明地こいし 「遊ぶ権利って何さ!?>お姉ちゃん」
提督 「後はぼっち護衛は……まあ正直無理だ。
なんで役職的反省点あるなら2夜の狩り狙い場面かな。

グレ視はいつものごとくお察し。」
鹿目 まどか 「.       /: : : /: : : .:/ l: : : : :!: : : : : .:i : :/:/::::::::::::::
      /.: :/{: : :..:/   l: : : : l_:_i: : : : ! : |/:::::::::::::::::
.     /.:/i : i : : /   _!,斗'´|Ⅵ : : : |: :,'::::::::::::::::::::
.     ,'.:/  ! : ';.:./|  `´┯‐-、| ヾ : : : !: !:::::::::::::::::::::
    i:/  |.:./∨ |     |:C `ヽ,.\: :|: |::::::::::::::::::::::   ここは間をとってジョルジュ長島さんの勝利にしよう
.    ′  l:/..  j    |Jj   ∨ Ⅵ: !:::::::::::::::::::::
        ′__.ノ   ,  {ノ      ヾ: |::::::::::::::::::::::
         i     '/ /: / ハ     ,: :|/`ヽ::::::::::
                      / :/ : : : :∧`ヽ
         i            / : : : : : :/ .ヾ :
        ,':ヽ 、_っ         / : : : : : :厶-‐…
          i: : : :i          / : : : : :/::::::>'゙´
          | : : : `ヽ      _/.:./  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ」
ジョルジュ長岡 「こんなのって…こんなのって…」
できない子 「あんまり馬鹿という言葉は使ってほしくないかなとは思う
私は小心者だから悲しくなるよ」
フランドール 「早投票許可の早回し以外は早投票しない方がいい!!
これ鉄則だよねー…」
「うっかりっていうか調べておいてよ?今度から>ジョルジュ長嶋」
カルナ 「さとりはおめでとう
よくぞ最後まで生き残った」
できない子 「暴言とまでは言わないけどね」
ムスカ大佐 「引き分けにするためには4回引き分けないといけないからほぼ無理だぞ>カルナ」
雪代巴 「>カルナさん
ガイアさんが初手で溶かされ、私が騙りの集中砲火を受けていたんです、
引き分け一歩手前まで持ち込んだだけでも……ええ」
古明地さとり 「それは失敬>できない子」
元祖厨二病GM 「報告文にはジョルジュ長島さんのうっかりを採用しました」
提督 「さてと、それでは俺はこの辺で失礼しよう。
村建て感謝、お疲れさまだ。」
カルナ 「だからこそ、さとり票もいったのだがな>クアディカに>すた―」
元祖厨二病GM 「ありがとう!長島さん!だれか知らないけど!」
古明地さとり 「基本的には引き分けに持ち込みますけどねぇ」
「あ、そうそうこれ言わないと

空澄姫さんって弟子取る人ですか?>さとり」
クアディカ 「んー、PPしないでさとり吊りでいけたかな……」
スター 「クアディカ即投票してたですからねぇ>カルナ」
ジョルジュ長岡 「ちげぇよ!?俺は長岡!あの架空の狼は長嶋!
どっちも長島ではねぇ!>まどか」
できない子 「失敬とはどういう意味なんだろうか?」
カルナ 「二回まではできても三回目からだな>ムスカ大佐」
古明地さとり 「正直、狼が私を噛まないと思うほど
ええ、私は狼を信頼出来ません


だって私がクアディカであの残りなら私噛みますから」
フランドール 「行けてたと思うよ>クアディカ
大佐の村位置にマッシュ抜けてたし…」
ムスカ大佐 「正直さとりは非狼決め打てれるレベルだったからな
こいしの結果的に味方なら新月教えているに決まっているだろうということで」
雪代巴 「引き分けるには、
クアディカさんとさとりさんが相互投票、
カルナさんが蝙蝠、大佐がクアディカさん固定、
これ以外に引き分けルートが無いですね」
クアディカ 「長嶋って一体誰なんだ」
KAITO 「愉悦姫ー、なんぞ弟子入り志願が来てるぞ」
ネコカオス 「というか俺はアルクでなくてカオスなんだがな」
カルナ 「とりあえずカルナRPを最後までできてよかった
カルナさんマジ施しの英雄!」
スター 「ムスカ噛まずに残して、提督→ない子で噛んで
最終日にさとりムスカKAITOカルナ
もしくは提督→カルナで噛んで
最終日にさとりムスカKAITOできない子」
オルテガ 「じゃあお疲れ様だ!

ノシ」
フランドール 「この村にはうっかりが多すぎたのよー!!」
古明地さとり 「……空澄姫さんに弟子入りはあまりお勧め出来ないと思います>Vさん
教えれる事はいくらでも教えますが」
できない子 「まあ、でも運による部分が多かったけれど
勝ちを拾えたのはよかったね」
スター 「これでけっこういけたんじゃないですかね?」
「何度も言う
せめて1人くらい熱病付けたかった(真顔)」
カルナ 「クアディカにはすまないとだけ言っておこう
あそこで俺が強くさとり投票に持っていけたらよかったのだが>クアディカ」
ムスカ大佐 「ちなみにさとりはもはや吊るさなかった
そしてマッシュ数え忘れていたのでKAITO人外まで見えたな、これは失敗だった」
鹿目 まどか 「                                   _, '7
.           __广ヽ、                 〃ヾ:、  ,,~  }
       〃⌒ヽ  〉  _    ‐‐   ‐-=ニ=ミj{   `Y゙    :}
       {{____ \,,               弌、  } ′  ‘:、
       j{     /                ‘:,  乂__    \
        j{   /              ,     ‘:,  `、 __   __,〉
       j{  ∠                ′       ‘:,  }   ``ヽ、
      j{   /       ,      ト、    ,        `ヽ        `、  個人的には仕事は一応出来たかな?
      '⌒7  ,′     {       | ’, ___},,    i     }:\
     /  /  /     {__,,     |   },卜、`ヽ   |    i{  \
     ,′/   /    ,゜/{       | ィf升=㍉、    |  ,小、  }      「初日夜に言った、占いも狐も潰す」
.     _,厶   ,′     {   ,x=ミ,   |   rし:::゚j》i   i⌒Y  }:  人
   , `⌒ヽ、{:     ‘,,x《 h::::゚}     弋;:::ッ'゙ |   〉 丿 厶イ   \
    {:  /           ’, 弋;り       , ,  |  ,ニィ     八       それが出来たから・・・、まぁ及第点。
     .′   ',   、     \ , ,   '          ;| ./ │ ∧ /  \
         ′ |\  小、     `   ′  イレ゙=ァ八/ ∨゜    )
           \j,  ) 八 `≧=‐- ‐=≦ィ⌒___,{_              ただ、まさか狩り殺されるとは思わなかった。
                     `ヽ  __}ニ㍊ニィ//⌒ ̄``ヽ
                   ,, /7 _jI斗=ミ_/         Y
.                 / //,/   /ヽ,=ァ      !         スターの○とは言え、私真でも噛む余裕無いはずだったからね
                   , ′{{ {     ー /       ‘,
                 / {i⌒i {     .ノ /         ’,」
ジョルジュ長岡 「俺は長岡だ!俺はジョルジュ長岡だ!俺は!」
古明地さとり 「そういえばKAITO!この前祭お嬢にprprしたって聞きましたけど

祭さん可愛い隊に喧嘩売ってるの?そうなの?>KAITO」
できない子 「>大佐
まあ、さとりが非狼はわかるけどね
割りとKAITO吊りにはびっくらこいた」
「それでもいいですよー>さとり
弟子入りさせてください」
ジョルジュ長岡 「ジョルジュ長岡なんだァァァァァッ!」
クアディカ 「急ぎ過ぎちゃったな、こう思いっきり判断間違えてた、ごめんね>仲間達」
スター 「ノーミスでも絶望だった村でよくぞまあやったもんですよ>ムスカ」
KAITO 「ええやないか!可愛い子なら俺にもprprさせろや!>さとり」
空母ヲ級 「ヲーッ!!(この村の名前はウ=ッカリだったんだよ!<フランドール)」
できない子 「やったね、たえちゃん吊り数より人外が多いよ」
「え、何?聞こえない?>ジョルジュ長嶋」
ムスカ大佐 「共有×3 占いとサニワ、身代わり×2、閻魔と狩人で9だ
初日とは言え呪殺したサニワを忘れるとはまだまだだったな」
クアディカ 「いや、私のミスだから気にしなくていいよ
私がちゃんとしてれば引き分けいけた訳だから>カルナ」
雪代巴 「>カルナさん
クアディカさんは、引き分け交渉前に、既に大佐に入れてしまっていたんですよ。
ですから、引き分けの目は実はもうなかったんです」
古明地さとり 「いや、構いませんけど……
よろしくお願いします(深々>V

初心者騙り4人衆、愉悦派筆頭、雛鯖三大邪悪とか言われてますが、それでもよければ……」
空母ヲ級 「ヲッ!(元気だしなよジョルジュ長崎さん!)」
KAITO 「んじゃ俺も愉悦姫に弟子入りしたーい☆」
スター 「さとりも言ってたですけど、できない子はギリギリ狼にできなくもないんですよね」
できない子 「そういえば、なんでKAITO指定だったの?>大佐
クアディかでなくてそこだけが引っかかり」
フランドール 「まさにその通りだね―>空母ヲ級
あとは大佐に神が降りてきたくらいだね
光学迷彩とか目隠しとか新月も」
元祖厨二病GM 「じゃあ俺も俺も!(無意味に便乗」
KAITO 「もしくは俺に弟子入りしろ!」
雪代巴 「             、      / /  ,イ l     l
       l ト  ト、 '、    ,イ /_l__/ l / ,イ  l  !
     l l  ', lヽ l,.、ヽlヽ   / l/,./-/``|!/ !  ,'  |
     l. ',  '、 Kヽ、,.-ヾ ヽ、/   ''"゙゙゙゙'ヾ/ / イ  !  それでは、私は江戸へ帰ります、
     '、'、 ヽ ゙、 ン'"゙゙゙  `       / //!   |   京都の陰鬱な雰囲気には馴染めません…
      ヽ ヽ、ヽゝ      l       ,イ ;'    |   
        l!ヽ、ヽ、    ヽ     / l! ,'    |  カルナさん、ガイアさんもお疲れさまでした
        |! , ` '、ー   - _‐     , !/     ;
         ! ',   l゙丶、       ,. '〃     ,'   今度は、みんなで仲良く行きましょうね、大津へ。
         ゙、 '、   l  ` 、   , '  /     /
         ヽ ` 、 l!、  `i'''ヾ        , '
          ヽ ヽヽ   /  l」
スター 「その辺を吊り候補に入れて、どうにか頑張る……うーん辛そうですぅ」
できない子 「シショー!>KAITO」
「こちらこそよろしくお願いします(ぺこり>さとり」
古明地さとり 「くっそ、なんて時代だ!>KAITO
でもprprし隊としてはその心意気、グッドですよ!」
カルナ 「俺としても巴に引き分けという勝利をもたらしたかったからな
お前とは敵同士だったとはいえ最後は手を結ぶことができた
その手段をお前に任せてしまった
それが私の失態だ>クアディカ」
鹿目 まどか 「しかし、秘密会話って後半になるとやる余裕とか無くなるのかなw」
ジョルジュ長岡 「長嶋でも長島でもましてや長崎でもねぇ!

俺は、おっぱい好きの、ジョルジュ長岡なんだァッ!」
元祖厨二病GM 「シッショー!>KAITO」
古明地さとり 「あ?(怒>KAITO、GM


             ___     __
      、  __,イ ´ー`ミヾr¨ヽ/´   `ヽ、
.      ゞ`´......´`丶、.......`:、 ´ ).、  ,  ヽ
.     //´.......................ヽ.....ヽ,.¨ヾヽ... ̄ノ   `、
    /../.....................i..........ヽ,.....i..l.i..`ハ....ヽ、   i
   ,ノ.....l....|、......l、..゙ィ-t-:、}ヽソ'゙.....ヾ、....ヽ   |
 -=.ソ...l..|....,t-.......ヽ,...ヾヾヽ.|リ..............lミヽ,_..゙i.   .|
   i..|...l...!イ,..!` 、..`、ヽゝ=ヾ=|.....i..../ト|....|..l.ノ!  .|
.   |.|;..ヽヾ,ィヾ=ミー-ヽ弋匕ア..//..!'ノ..ノ..〈    |
   !lヽ...`゙代.ゞソ      //´!...lヾゝ.lヽゝ  |
   ゙ゝ}ヾーソ   `      |..l......V..ヽ-ヽ-'  !
    ノ_人....ヽ,   、, - '   .イ/........}....`、   /
       i.l......iヽ、     / !'....ノlノヾ`ー゙ /
       !{ヽ...l.|ヽ|`i -- '  ノゾソ´`ヽイ´`゙メ、
.       ` `ヽゝ ソ/〉    /゙ /' .〃/=ノ-:,
        _ィt--.'´ !' .}  /  /,' .∥/_..)´`ヾi
.       i' `!!    .ヽ ゙ /  // .∥/} ´: : : |-}、
       (__l .ll   f⌒Y⌒) // ∥∥{: : : : : :| ノ
.       ( .ヽヾ,  人   ./゙l {ヽ、゙ .l{-': /: : : : |ー-:..、
       i゙(´ヽ´./: : :`i-i´ |.|: : :ヽ:||ソ:/: : : : l:.|    `ヽ、
.       i:`ヾノ´ヾ,、:.廿: : :「」__: : ソ:|/: : : : : l:.|      `ヽ、
        |: : :ヽ: : : ヾ,!.!C´   ヾ'、/: : : : : :.l:|        ヽ
.        |: : :ヾ: : : : :||i' _ィ--t-、 i': : : : : : : :.|         `,
        |: : : ヽl: : : ||!〈弋ー'ノ  |: : : : : : : : :|          i
        |: : : : ヽ: : :ヾヽ,` ̄ _ノl: :./: : : : : : :i、         |
        ,|: : : : :ヽ; : : ド-{`゙゙「」: :|: /: : : : : : : : i         !
       / .|: : : : : :ヽ: : {ミミl: : :|.|: :|/: : : : : :/: : :l゙i        ./
       /  |: : : :\: |: : {ミミl: : |.|:/: : : : : : //: : l: :|       /
.      i   |: : : : : ヽi: : ゙il゙l{|: :l !:}: : : : //: : : |: :.l     ./
      l   .|i: : :ヽ: : :ヽ: :ゞ'゙ヽソ_i: : : : :/: : : : :l: : :|   ./」
できない子 「もう、占い誘導しないってできない子決めた」
カルナ 「そうか>巴」
「少し前から弟子入りしたいなぁと思ってたのに
そう、全然会えなかったですよ・・・」
KAITO 「俺の弟子になるともれなく「ツールなんぞ使ってんじゃねぇ!」指令が出ます」
できない子 「でも、ツール使わないと発言精査できません>シッショー」
古明地さとり 「ど、どこにそんなしししししし師匠とかよびたい所があったんや……>Ⅴ」
ガイア 「ツール? 真っ白なメモ帳と電卓だけだ」
スター 「別タブ保存でいくですよー>できない子」
古明地さとり 「ツール?
え?使う必要性あるんです?>KAITO」
できない子 「まーた、愉悦枠が増えるのか(震え声」
フランドール 「発言見なおせないじゃないですか―、ヤダー>KAITO
生ログでやり切れと…」
クアディカ 「うん、ちゃんとしっかり練ってから行動に移そう
そうじゃないと大変な事になるね」
鹿目 まどか 「                                  i`ヽ.
                                   {  li    _
                          __ _  ´  ̄ ̄` i  リ  / }
                    ノ ̄`Yヽ/              ∨ Y´  .ノ
               〈   /    /     、     ∧  ∨⌒>--ァ
                 _. イ フ´     i i    、 \  /  \ノ\  `く
               レ'       l ト、 、 __.\  ∨   ∨ハ   \  ト、
             ___ ノ  / / / / l. li \\ `ヽ`N  ∨ /.l     ∨ 〉  個人攻撃するのに
                 / / / / / / 「「 八  ヽ.ィテくハ!   !彡/    〉.イ
             / / l i l { l iノム     |ir': ハl|   | Y\  /!ハj
.            ん/ lハli lトノ〃ir i      |ト=''ソノ   |ノ  リY´Vリ    ツールは便利で必須だと思います!
             ん´「 「il l ハ.  ト'j! .    """ | il lノ  ノハj  リ
                 从ノ!ハリ ハ"""  r‐‐ ´i  ノ ノイ 7
                  八ノイ从入     ー ' . イリljノ⌒\
                      > == --r | i=''/    }、
                 ri´「\}`ヽ  y/r<.=| |  i   〉   \
                   〈 l ! l    YV/iヘ.∨.>┴─‐ァ/     .〉
                / \     } | ┼ヘ ∨二二.メ/     /〉
                  i‐┼ \   _ノ┼┼‐ヘ `ー/ //     /〈
                 ∧┼┼へ //´\┼┼}    j>化匕ムハ 〉
                  んへ‐┼┼ 〈   >_メ.  _ノ「/´`´`7ムイ」
元祖厨二病GM 「もっと喜べよ!弟子ができたことに!
あさぎいろさん辞めるならいまですよ!>さとり」
古明地こいし 「電卓を使う要素ってあったっけ・・・?」
「鍋を楽しんでいるっていいますか>さとり
やりたいように動けるアグレッシブさといいますか」
ムスカ大佐 「今回残念だったこと
共有だったから推理系でネタにはしれずこのAA使う機会が多かったのに使えなかったこと

          /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ
_,.、-‐'''"´^~ ̄;;リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゙`'‐-、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:,ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐-、.,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi, 'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
できない子 「ひえー>まどか」
クアディカ 「というか今回は私がさっさと投票しちゃってたから…(カルナ」
フランドール 「最終日にやればよかったじゃない>大佐」
KAITO
              /|l「 ̄ ̄/彡/////     / : : .: .: .: : |三三三三三三三/: .
          __/∠|l:|  /彡/////      /,. -:―‐ -.、|三三三三三三/: .: .:
         / //二||:l .〈彡/////      ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ-く三三三/: .: .: .: .
.         / //___∧ ゝ=≧=<二:/|       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V三/: .: .: .: .: .:
        ∨.//:rァ/__,>、:三三三三∨\__ー=彡.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',三\: .: .: .: .: .:
        |//三///rク\_>、三/   / ̄/.:.:.:/.:ーj=≦、i.:.:.:,r≦.:.:.:.:.:.l三三\: .: .: .:
        レ'三〈モ{\>≠'∧---―――/_ /.:.:./.:.:.,イ rモッミ/:.;:イtッチ.:.∧:.:|三三三\: .: .:
         \三ゞ∨三/⌒ヽ\ ̄ ̄ ̄/三ニ`|.:.:/|.:.八l  /イ/  /イ/yノノ 三三三三〉: .:
           ̄〈三三廴__ノ三ニ>=/|三三:.レ′!/!.:∧   __'_   //:::/:::`}、三三ニ/: .: .
               \三三三三=〈 /:::: |三三::/  /ノイ.:.:丶 〈⌒,E=彳/-‐:´:::〉ー-く: .: .: .           ツールじゃなくて生ログからの直感勝負!
      , -、___/ ̄>=三三三:/ :::::::: |三三/  / /,rく三>:三:‐‐':´:::::::::::::/::\: .: .: .: .:           外れても気にするな!
    //'////: ./三三三三三| :::01:::|三ニ/  /  ,ゝー<:::::::::::::::::_...:::-‐::´:::::::::;:イ: .: .: .: .:
   //'////: ./三三三三三三|::::::::::::::Vニ/  /  ∧::`::ー-‐::::´ ̄::::::::::::::::::::__/::::`i: .: ._/::
.  / / ////: ./三三三三三三三|::::::::::::::::∨  /ー〈_/ヽ、::::::::::::::::::::::::_...::-‐_´..-―_'´二´-::―
.  ∨///《.: .:.〈三三三三三三三三|::::::::::: / / ,rく´:::\:::_:::::::-‐::´_,r<::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::
   ∨//∧ : .:.V三三三三三三三∧_:_/ / : ./   ` ー―-rr―- ´   ` ー---,―-r‐‐iく::::
.    ∨//∧,.-'-、三三三三三ニ/    ./.: .: ./   〉    .|l|             /   l   ! ∨
     ∨/// 二 ヽと¨)三三三ニ/   /: .: ./f  、j      |l|             l   ヽ ヽ
      \ 〉- 、ソ /三三三ニ/  /: .: ./ /    |      |l|            l    l  l
       { ー、_ノ、 ト、三三ニ/ ̄ : .: ./ /    .|      |l|                \ \
         ゝ、_   } ノ:、|\::三l.: .: .: / / _     |      |l|                ゝ-、   \
          /\   /::: |\_l.: ./_,r<二_   /|      |l|               /三ニ:\
           {:::::::>‐':::::/  |::i ̄´  `ヽ      /|     |l|            /三三三ニ\」
空母ヲ級 「ヲ!?(ツール使ってないって何それ怖い。<KAITO、さとり)」
古明地さとり 「ここで「個人攻撃」という言葉が出るところが、IFVさんだなぁ(しみじみ

                 、    \ー-  ,_
                >一''" ̄:.:.::...::.:..:::.:.`ヽ、
                ,. ´::.::.:.::._ /.::.::.:.:.:.:..:..:...:.::`ヽ、
               /:.:::..:.:.:.::.:::.:::..::.⌒:.:...::.:.:.:.:.:.::..:.::.:.:.:.'.,
           ノ:.:..:.:.;:: --―――‐-- .:;,::.:.::.:.:.:.:..:.:..:.:.:i
          <´:::..::.:/   _,,.....,,__   `ヽ、:.:.:.:.:.::.:.:ヘ
           7::::.: レ''" ̄::.:..:..:.:::.:.:.:.::.:`"''ヽ、(⌒V´)::.::.:.ヽ.
           /:::/::.:.:..:.:.::.l.:.:.:.:.:...:.:.:.ト;:..:..::.:.:.:.:.:.::ヽ, イ.l::..:.:.:.ハ
            !::/::::::::;::::::::l|:..:.::.:.::.:.:.:.| ヾ::.::..:.::...:.:.:.:.:..:l l::.:}.::::..:.}
         レ'i:::::::::l::::::::八::..:.:.:.:.::::::! ヾ::.:.::.:::i::.::.:::ハ V::.:.:.:lノ
          l:::::::::!:::::ムニュ::::ヘ::::::::L二込::::::l::.::.:.::::.:ヽ\:.::!
             !:::::::!::::::レヤ心、::l\::| ヤにハ\l:..:::.::.:.:.:|):ト、ヽ|
           l::::::l:;:::::ハ ヾtツ ゞ  ` ゞ=‐′/:.:.::.:.:.:.ノ.:.l` ヽ\
              l::::lハ::::::l     ,        ∠:.:::..::/.:.:/   \ヽ
           り/:::::人             ノ:.:./.:.:/{      ) .)
            ⌒7:::::::> 、  `   , イ:イ::.:./ハ::.!    / /
             ⌒/::::::::::`≧1´   |⌒`く.   ソ    / /
               ⌒ ̄ 7" }j   _ ノ   \      / /
                  / ,.ヘレ'"     ,.. く    /,. '
                /しr‐、ヘ    ,. ´   ヽ.//
               /   l ノ `ー''"     /,ィ´
                 /     「!         // j」
ガイア 「電卓にはランダム関数があるからね
運任せにするならお勧めだ」
古明地こいし 「ツールは大文字とか小文字にしてあるのが分からないぐらいだからなー
別タブ保存?大量にタブ増やすのはちょっと・・・」
「それでは今後ともよろしくお願いします師匠さん>さとり」
できない子 「まどかはそんなこと言わない」
できない子 「師弟ができる瞬間を始めてみた(杉田ボイス」
古明地さとり 「鍋は楽しまないと損なので>あさぎさん(HN失礼

なので、最初の指示です
「どんな時でも楽しみましょう」」
ムスカ大佐 「光学迷彩、目隠しと使える機会は多かったんだがな>フラン
説得やらなんやらで忘れていた」
元祖厨二病GM 「まあ、師弟になるなら某所でやりとりできるようになるといいのだけどねえ……
こればかりはなんとも」
スター 「それじゃお疲れ様ですぅ。村立てありがとうですぅ
負の働き(○人外三連続占い+逆呪殺)だけでも勝ったですぅ!」
できない子 「出展はハチクロ」
「私、ツールの使い方知らないから別ページ保存でてけとーに見てたよ」
古明地さとり 「あ、ちなみにできない子はまじめにすいません
惣流・アスカ・ラングレー並みの「あんたバカァ」的なノリで言ってました」
フランドール 「光学迷彩の時目がーの目の字が消えてて笑えたけどねw>大佐」
ジョルジュ長岡 「いい加減次いくか。
んじゃみんなお疲れさん、次はしゃんとやる。

あと、俺はジョルジュ長岡だからな。」
空母ヲ級 「ヲーッ!(それじゃあヲねむの時間だからヲちますね!
ヲ疲れ様でした!)」
「了解しました!>師匠さん

それではお疲れ様でした、念願の師匠ができて嬉しいですね
これからも頑張ります」
できない子 「いや、まあそれでもあまり使ってほしくはないかなぁと>さとり」
KAITO
          __  -‐-ミ
      /::::::⌒´:::::::::::::::`ヽ
     〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::.
. ー=彳::::::::::::::::/ |:i:::::ト、:::::::::::::::::}
    l{:::::::::i{::ア⌒从::├-:::i::::}::::::ト、
   八::r=ミ!i:{=ミ、 ヾ:ムミⅥ::/::}i::|         普通村ならともかく鍋ならツール使わんでもなんとかなるでしょ(真顔
     }:ヽぅ从    ′ 厶イう八{               生ログから読むことを覚えると楽しいぞ
      jハ:八   r ‘ 、  ,ハ:/                 返答やCOまでのタイムラグを推理要素にしたりできる
       j;へ::.、 ` ー ′ト<{ ′
        _リ」 ≧=≦ |:i \_
       _rヽ二i:]_  -‐┴=ニ´:}r 、_
    __√┴:、: : : : : : : : : : : .:__`ー┐}
. /:::::`\: : \‐-: : : : : : : :>―-`ヾ トミ
 ト、:::::::::::::::\: : `: : : : : : : :_:乙ニ、`  |::::::}
 | \:::::::::::::::≫、:_:_:_x≪´:::::::::::ノ   }::::::|
 |   ヽ-‐ ´   |:|   ` ー-{   ∧::::{
 }    :、       |:|        ヽ/:://寸」
カルナ 「そうか
なら俺がいうべきだったな>クアディカ

さとりとクアディカは投票してると聞いていたから
二回目以降さとりにと言えばよかった
それをいうだけの頭は残っていたのだから

あぁ、お互いおしかったな」
古明地さとり 「というか天候が全部ひどかったと思いませんか!?」
鹿目 まどか 「 iヘヽ//.|::| '               ヽ、 .|::|
,┘-ヽ',イ::i   ./    .∧  |、 ヽ  ヽ ヽ」:L__,
   `ヽ!:ノ   .,'     / ヽ, .イヽ  廴  `, ヽ' <  発言間隔とかも推理に使うから生ログも重要だけど・・・
     |   |'  / 孑七 ヽ |: : \ |:ヽ  i ヾヽ`、
      ∨  | /.| ムィ==ミV: : : : ヾx_ヽ .| ヾヽヽ
. ,イ   ト.∨  .V: :/ {. ii } : : : : : {.i }ヽト!.、ヽ:i:|`  生ログからでもツールからでも何かきっかけを見つけたら
/::i    |ヾ!   .|: : : : .┴--┴ : : : : : L`j: :| |:::ヽ!:|:|
:::::|   ト、ヽ  |: : : :_  --‐‐  ̄  、 ‐- .」 .|::::::|トj
::::::l ト レヾ ヽ  .| '                } .l::::::i    そのきっかけを補強して相手を潰すのにツールは便利だと思います。
∧::! ,ハ.| ヽ.ヽ  |             .イ i.i/V
 ヽト  , - ヾヽ >....、    -'--`._ <.i::ヽ.|
   /     \ヽ- 、`≧ェァ== '    .WV      ツールに頼るのは駄目だと思うけど
ムスカ大佐 「あれはこちらも笑った>フラン
見事にそこだけ持っていくのかという意味も含めて笑ったな」
古明地さとり 「なので、すいません>できない子
反省します」
元祖厨二病GM 「◇ムスカ大佐 「 が、 が~
見 ん、見えんぞ~」

本当に目が見えてなくて盛大に吹き出した(三日目 光学迷彩」
古明地こいし 「んじゃ落ちようーっと
お疲れ様だよ、最後に一つ

やっぱ天候ってクソやわ(9800秒ぶり334度目)」
クアディカ 「天候は絶対に許さない」
できない子 「まどか「そのきっかけを補強して相手を”潰す”のにツールは便利だと思います。」

まどかはそんなこと言わない(2回目」
元祖厨二病GM 「そこの師弟もあれだが、平家さんが珍しくいるのがうれしい」
できない子 「その言葉が聞けたのならば私は嬉しいのです>さとりん」
フランドール 「あとさー、私に指定変更した理由はなんだったの?>ぼっち」
鹿目 まどか 「別タブ保存はやりまくってるけど・・・
3段までタブは保持してる。 不安になって同じ日のタブがいつも複数並んでる」
古明地さとり 「というか全部首領の為にあるような天候でしたね……
光学迷彩<目が、目がぁ!
新月<暗い→目が!目がぁ!
極光<目が!目がぁ!」
フランドール 「この村はムスカ大佐のためにあった村だと思いました。」
クアディカ 「うん、ありがとう。そこまで考えてくれて
私も今回の事はちゃんと反省する
お互い次こそは……だね>カルナ」
できない子 「もう、最終日はムスカ大佐が全部持っていったよ」
カルナ 「こっちきたら普通じゃなく最弱しかなかったからな>GM

久しぶりだ。俺もRPを突き進むことができたよかった」
クアディカ 「大佐だからね、仕方ないね」
ムスカ大佐 「見たまえ、これが王の力というものなのだよ>さとり
すべての天候は私の力によって引き起こされるのだ」
KAITO
              ,, - '' """ '' - 、
           ,, -''´          `''::-:..、
         ,. '´                 :\
       ,//.::                 ::. :::ヽ
       ., ' ///  / .:  .::   .::      ヽ ::::',
      / ./ / /  /  / .: /.:/ .:/ .!:: |'; .! i  :::i ::::',
     ./ :/.:/ :;'  /: / .::/ ::/ .:/ ,' |:: ! '; l.:| ; ::l :l:::!
     /.;::/./ .::i  ;':: ./:.::/l ::/ .::/: ;' !:/ :i :::l .l :::l:::l::::!    こう、空気を読むのがツール使うと薄れる気がしてなぁ
    ,/ ' ./:;' :::|  :i:: ,'::::/ .| ::/ .::/: /. //  | ::| :| ::l:l::l::::|       ツール使わんでも鍋は今のとこ何とかなってるし!
   ''゙  ,' ::i ::::l  :|:: i::/ .l ::;' ::/!: /./ _... l :l :! ::!:l:::l:::l
     .l :i.| ::::| .:l: ̄l゙'''‐| :i :/ i: /-‐'''"   |::!:/:/_:::::!:::!
     .| l l :::::::l ,!,‐'i''lirj.|、:/ ;':/  z'r'iil'ラ'.l::/./, ゙i: !|::!
     .l | .l :::i:::!', .!!,:l` ´ l|l ;!. !'    ` ´ .|: /´)././ !゙
      !l. ! ::l;:::!ヽ!ヾ'   |l. i        /./レ//
      ゙!、 ', :ヽ;ヽ=,、    !       ,/,/"/;/
        .ヽ;':/:/::;ヽ     `    ____ //゙/
         .!; .:::;//ヽ、 '' ―― ''゛'‐,ri';"´ !゛
         |;!_;;;/.........| ヽ、 ""  ./ .|゛......... ,,,_
         .i r;::::::i'".!、 .`' - - '.´ _ j゙::i:::::;::- i
         r|:. \:|:::|;;;;;i''''r‐;;r― ''i'';;;;;::::! '   :|,,、
        ノ\:..  `ヽ:::::!_ |;;;;;|_.... -'‐'''   . : :,:/ |」
フランドール 「最終日でなくても首領で身代わりできるのが3人もいたしね>大佐」
古明地さとり 「             ___     __
      、  __,イ ´ー`ミヾr¨ヽ/´   `ヽ、
.      ゞ`´......´`丶、.......`:、 ´ ).、  ,  ヽ
.     //´.......................ヽ.....ヽ,.¨ヾヽ... ̄ノ   `、
    /../.....................i..........ヽ,.....i..l.i..`ハ....ヽ、   i
   ,ノ.....l....|、......l、..゙ィ-t-:、}ヽソ'゙.....ヾ、....ヽ   |
 -=.ソ...l..|....,t-.......ヽ,...ヾヾヽ.|リ..............lミヽ,_..゙i.   .|     ツール使ってもいいと
   i..|...l...!イ,..!` 、..`、ヽゝ=ヾ=|.....i..../ト|....|..l.ノ!  .|      おもうんですが  
.   |.|;..ヽヾ,ィヾ=ミー-ヽ弋匕ア..//..!'ノ..ノ..〈    |
   !lヽ...`゙代.ゞソ      //´!...lヾゝ.lヽゝ  |             やはり生ログからのタイミング、違和感が私の基本ですね  
   ゙ゝ}ヾーソ   `      |..l......V..ヽ-ヽ-'  !
    ノ_人....ヽ,   、, - '   .イ/........}....`、   /           結構この違和感から派生した推理ってのは馬鹿にできないものです
       i.l......iヽ、     / !'....ノlノヾ`ー゙ /              
       !{ヽ...l.|ヽ|`i -- '  ノゾソ´`ヽイ´`゙メ、              KAITOのような変態がこういう方法遣いますけど(ゲス顔
.       ` `ヽゝ ソ/〉    /゙ /' .〃/=ノ-:,
        _ィt--.'´ !' .}  /  /,' .∥/_..)´`ヾi
.       i' `!!    .ヽ ゙ /  // .∥/} ´: : : |-}、
       (__l .ll   f⌒Y⌒) // ∥∥{: : : : : :| ノ
.       ( .ヽヾ,  人   ./゙l {ヽ、゙ .l{-': /: : : : |ー-:..、
       i゙(´ヽ´./: : :`i-i´ |.|: : :ヽ:||ソ:/: : : : l:.|    `ヽ、」
元祖厨二病GM 「一番被害こうむってたのは気のせいかw>大佐」
鹿目 まどか 「        /″       l 、   l         ヽ /||〆
       /      /   人.ヽ  |\丶   、   ゞ'|.|´ `丶、
.     ∠‐,―‐/    l|  少一゙、ヽ  .|、上_ヽ_ i    ゙iノ 、     \
     /  /   /十 ̄/    \゙、 l   \、`ト、 i.  ト、ヽ   ヽ.丶、
   _ イ  ノ./i  .i./ x===     \. |≠==ミヽ|、 l.  lヽ 丶  .ヽ`ー  いや、 ほら私・・・
    / ー-'‐ ´.|  l/.《 ||.、,゙l      ヽ. ||.、,゙.l 下ト |  | ヽ  .  ゙l `、
.   / l   l   | /    - ‐'   ,      ‐ - '  .| ヽ|./.|     l   l、l
   i ./|   |  .l ⅵ                  |  l_// .|     |   l丶l   元ネタのアニメとかゲームとか知らないでRPやるし・・・
.   |/ |  .|  |./|{{          _. ィ       .| .|ィァl}  |.l   ト、  l ゙
   |!   |  .|  | ゝ|{{      ー-=- '       | |), !l   |. l   | \ l
      l .| .| l  |゙.\                | /_ノ l.  |ヽl   |   \   まどまぎもFateもネプテューヌも殆ど知らないし・・・
       l .| | ヽ .i | !゙丶            イ .|/|/ヽlヽ .|  |  |
      ヾ∨  ヾ.リ | .|  `>x _ . <|´   '     ゙,!   l ,|
                ヾ   _.|      ト,           !        RPやる前に口調とかセリフは調べるけどね
                 i ゙==y = = ´´|
               _ ィゝ   |||     '`ー,- _ _
できない子 「ではでは、おつおつ」
元祖厨二病GM 「まどかはこんな顔しない!wwww」
カルナ 「あぁ、だがお互い敵同士の時はまた別だ
その時は鎬を削る間がらだろう

まぁお前が俺を求めるなら俺はお前の味方になる>クアディカ」
クアディカ 「それじゃお疲れ様
仲間達は本当にごめんね?」
古明地さとり 「って?あれ?
ってことはおんなじ風にツール使わない私も変態カテゴリ?

え?そんなバカな!?



 ∧      /|             ノ!   __
/   ∨\/   |           / └''"´     `l⌒)、 、
         |____.      ,  ´ ,.  - ''"´ ̄ ̄` .|___)  \     ____\   ー‐┐   -┼-
ー‐┐  -┼-   /   <   /   /       |   `ヽ. ハ     \      ノ´  ─┼─
 ノ´  ─┼─  /_____.  / /     |.     ',  ハ   ハ  \ |      \    ー‐┐ __l_
ー‐┐  __l_     / /  |  /  /\    | /ー-</   メ、      ,>   ノ´.    | '´
 ノ´    | '´    く ∠、 .   ! ->-'\. /´ i⌒ヽ |  /  !\    く.   ー‐┐ ー‐┐
ー‐┐  ー‐┐   /   ',. ヽ.  | 7´ l⌒ヽ ∨  弋_り ハ/   .|   ヽ.   \   ,ノ´    ノ´
 ノ´    ノ´   \     |.  ', レ| 弋_り  .    ‐ ゚∠ o  ,ハ   ',   /  ー‐┐  ー‐┐
ー‐┐  ー‐┐     \  .|  | ∧`oー   ,. -─ 、 //(`ヽ、  ○ |.    ! /     ,ノ´    ノ´
 ノ´    ノ´     /  八 ○ |//    |/    )  / | ト、'  /   .| \    || ー‐┐
ー‐┐  ー‐┐  ./   .〈r'´\ ゚/`)    `     / / //〉 |   /   \   ・・   ノ´
 ノ´    ノ´    \    .\  .ソ| `ヽ`7ァ=┬‐ イ/    /⌒ヽ   ,'    /      ー‐┐
 | |    ー‐┐    >    /.  \   \/ ./___/|  _/  ̄\ノ  |  ∠.、         ノ´
 ・・    ノ´   /    /   \/||  ノ;ハ|/\八/ ヽ   /ト、  |    /      ー‐┐
      ー‐┐  \    !   ,' || /:::::| |'⌒⌒)/\   〉 '´ !ハ /   /        ノ´
       ノ´       \  |    |  !!::::::::::::! !\/ |  `/    .! |/     ̄ ̄|
      ー‐┐     /  ',  /|  ',',:::::::::// /  !  /      | ./       |/l   /|  ∧  /\
        ノ´     く    \/   \_/| ,'.  └-ト、     ∨             |/   | /   V
                \    〈       / |    八      〉」
フランドール 「ウェヒヒまどかだ―(黒い版」
ムスカ大佐 「そのすべての被害を受けたが最終日まで生き残ったではないか>GM
何の問題もない」
古明地さとり 「正直首領をみた瞬間
「あ、これ遊ばないと駄目だ」と思いました(真顔」
KAITO 「誰が変態やっちゅーねん!>さとり」
元祖厨二病GM 「そんじゃまGMはお先に失礼する。参加に感謝しよう」
古明地さとり 「KAITO?(優しい笑顔」
KAITO
         _.. --一-‐- 、、
      _ '":::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゙ 、
    ノ::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 、
    /::::::::/:::::::::/::::::: /:::::::::::::/:::::::::::ヽ
  ノ::/::/::::::::/:::::::::: /::::::::::: /::::::::::::::::::::!
‐‐'''´|:::::::!:::: :/:::::::::: /::::::::::/ ゙ 、::::::::::|::::::!    俺はともかく愉悦姫が変態じゃなかったら
   |:::::::|::: :′/ /:::::::.. /   \:::::::|:::::.!            人類の9割は変態じゃないと思うの
   |:::::::|::ノ| /─/ ::::::// ,.-─--.i:::::/::::::|
   l:::::. V |' _/:::./l/   ____ |::/::/ヽl
   ノ: 'ン、:::|  レ'´   |.  ` ̄´ |:::/
        ヽ!        '、     _ソ
        `、.   _´__ ,  ,/′
         \         ,rf‐-‐-ー 、_r-..-、
       ..‐'''' ゙!` : .. _....‐´/::::::::::::::_..-:::::::ヽ_
      | ニ ニ ニ二|_,,....「ノ::::::::::::::::_r::.:::::::::/ ̄_`ー-、
     ,..―‐‐''""´:::::..‐′:::::::_..-‐'":::::::/   r'丶    \
     (::::::::::::::::::::::_..''’::::..-‐''´:::::::::::::_..‐   /\ \   \
      Y、:::::::::::''":::::-''´:::::::::::_....-‐"     ノ  .\ \   \
   _..-'、`‐..,,_:::::::::::::;;;;;;.-‐'\       !    .\ \   \
  /  ,/^''ー..、;:___....‐'l .l′   \     入       \ \   \」
フランドール 「流石愉悦なお方だ―!!>さとり
自分の命すらも弄ぶ…(でも実際は惜しいようですw」
カルナ 「それでは俺も失礼しよう
GM村立お疲れ様だ

巴。お前との短い間楽しかったぞ
クアディカ、また闘おうお前が残してくれたことはそれなりの意味があるとおもってるから」
ムスカ大佐 「さて、それでは私も落ちるとしよう
さらばだ」
鹿目 まどか
       r:、   /ハ          {ミ:、
        j:{\、{{ }:}_     _ j} }:} , イ}
      . {:にニン'´. . . .`/´. . . . .`ヽ}//ニ}:}、
    /. . .,ゝ'´. . . /. . . . . . . . . . . . \.// .\
   /. -=彡./. . /. . . . l. . . . . . . . . . . . ヽ. . . . \
 // . . . .//. . . . . . . . . .|. . . |. . . . ヽ. . . . .',ヽ. \ー-
.  / /. /.〃. . /. . / . /_./!{. . .! __ . . . . . i. . .}. . . . .ヽ
 / イ../| .{. . .| ./. '.イ ∧| ' . j \`ヽ| . |.j .ハ.¦ . . ,  狼陣営は色々ミスはあったと思うけど、
 l/ | . .| . . . . l . {. ./ィァミ   V ィァミ:、.| . |、/. . .|. .i .|
   |. . l. .j. . .∧ .Vノ し     )しハ|. ij }、 . .} | . !|.リ
    . . .ハ . ハ|. ヾ ゝ ′     ゝ ' /|. レi ハ. .ハj . |j/  ここで学べたなら次に活かせば良いと思うよ
   ' . / V l. .| 、 ""  ′   "" ,|./ j' V  ∨
    V    ヽ| `  ._ ` ´ _. イ/j′     /
                ┌<}  ̄ {>┐            魔法使いのミスも、PPのタイミングミスも
        ィー…Tl´\ `T´ /lT…‐ 、
       / {  r ''´ ̄二T^Tニ⌒ヽ   ヽ
        { :、 ∨:::::::`¨ソ、_ノ、 ::::::::ノ /   }       今までに何度も見たことあるし・・・
     /   ヽ ヽ:::://__i__l\::::/ /     \
    {        }´/:/ ̄ ̄|::| ` i/      }
      ヽ    `ヽ ノ/ /    |::| :、/ /'     /     ただ、PPは「すれば勝ったのに」も結構多いから、萎縮はしちゃ駄目だよ?」
KAITO
.        /. :/⌒ : : : /: :i : : : : : : : :\
     / . : / : : : : : /: : :|: : : : : : : : : : \
.     /. : : .:/: : .:/: :|:l|: : : :\: : : : : : : : :\\
    /. :/:/: : .:/: : :|l|: : : : : : \: : : : :{: : : :\`、
.   //.: : l: : .:/: : :/|i: : : : l、: : : \:_:_:彡:_:_:_:ハ{
  / /.://: |: .:/: : : l: :|i: : : :|_\: : |: ::、: Y⌒Y.: :|
  /.:/.:| : |.:/.::|: : :|: ::|i :/|.x-}ハ |、:.:\ト、 }: : |
. //i{ ::| : :/.: ┼-∧: :|i: /ィヒりlノ'}}: : :|}/: : :|
 {{ { ::| :/.:/:|V__V:={{  ⌒j{/l: : :i|イ:: : :{         白狼コピったら3日目に占われてて吹いたw
    〉ハ'イ: : /ィiヒリ}}V Vゝー‐'゙  |: ハリ|: : :{              占われるように多少怪しめな動きはしたけどさぁw
  ∠/ :l: |: : :{{___ノ |:        |/ / |ハ: : :{____
    /.: :l: |::.i:├― 、  `   _ノ   /    }: : (  ̄〉   }
   ⌒V∨]从{ ヽt__)_ ー _´   .:′   \[,/   :}
         \     `ヽ   /.::    |  /     :}\__
          __\     }イ.:::::      j/   /⌒---_------  ..____
       /-----_}____{__:::::...   /    // }  ----_------------_
.     /ー‐‐‐‐r┴――――┴‐┐'゙      / :/   |-----_--------/[
      {ー‐‐‐‐‐‐|ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/       / :/  /ー‐‐‐‐‐>--- /ー‐}
.     V------|ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐/\__// .:/  /----_- --- /-----_
      V-----|ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐∧  | { | 「/ .:/  /--_- ー‐‐‐‐/--------_
     く-----/ーー‐‐‐‐‐‐‐‐/ | | {// |  :{  :|--\------/---------[
      V---ハ ---------/|  |    \,|  :{  :|ー‐‐‐〉--- /-----------\
.        V-/ー}ー‐‐‐‐‐//-|  \     |':,    :|ー‐‐/----{ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐}
       }-}----------{-|   }ヽ   || i  :}ー‐/-----∧------------{
       /:/----------/Vー_   | |   | | |  /ー./-------∧\----------_
      {/-----------|-∨ー_ | |   | | | /ー/---------∧ー\---------_
        }------------|--∨ー_ ノ |   | | | /-/---------/  Vー‐\-------}」
鹿目 まどか 「やっぱり鍋って怪しいのって基本占うべきじゃないと思うの
狐狙いなら兎も角。
ただ、噛まれそうな村も占いたくないんだよねぇ」
元祖厨二病GM 「|ω・`)この界隈に変態じゃない真人間は俺だけだと思うの」
鹿目 まどか 「それじゃ、皆様お疲れ様。
GMも村建て感謝ー」
鹿目 まどか 「            ,.           |ヽ  /l|
           / |  _,.. --'´ ̄ ̄ `ー-v'___,.||
       ||\  | ノ ´            \,||\
       ,.||-- Y´                 ヽ、ヽ、
      /  l /       l l、  ヽ  ヽ     r-=-
     /  V       /| | ヽ  |、  ト     ヽ \                 rfh_
    /    |     i  / | / ヽ  |_、  |ヽ    lヽヽ|`ヾ、  ,.-、__ , --―‐ニ二/  ヽ
    /,イ   |     | / ,.|/   ヽ |`ゝ-|-ヽゝ  | ヽ| .|   .レ'´-〃、:::` ̄ ̄ ̄:::::::::!   |
   / / ,i  ヽ    /l,./'´ l'    ヽ!  ヽ!  ヽ|ヽ |  | |  /,. ̄/({_/ ̄>────-〕  く
    / /|   、  | /l/         , ---、  | |ヽ|  |ヽ| _」i:::::::|:::.イ-:〈────‐r',. =、、!     >GM
    | / |   ヽ ,r |/  ,.-‐-          ,| | |  |  〈ハ::::::::::!:ヽ!:::::::!:::::::::::::::::::::| 、、__,.リ !
    |/ |     { Y、 、、、     ,   、、、  |,| ハ |   frヽヽ:::::\_ヽ:::ヽ__二二ヽニニ〃
    |  |  ハ  /r,{ ヽ      __ ,    ,/l | ,.| V  -く:.:リ:!:::宀¬:::::::/r― 厂
      | / ,|/ v| |`゙ - 、__    _ ,.イ_  v V   /-' ̄`ヽ__::::::::::|r' r'/
      |/      V  r-、,r<|__ニ__====|-r--'´ ̄//       / `ー77 L!
            lヽ、/ / `ヽ、] > '/|- '´  |   /|
フランドール 「わ、私も落ちるね
さよならー(ピューン」
元祖厨二病GM 「|)彡 サッ ウェヒヒ」
古明地さとり 「占い騙る予定でKAITO●作ってた悲しみ(真顔」
KAITO 「蝙蝠で占い騙る予定とは恐ろしい子!」
KAITO 「じゃおっつおっつーん」