←戻る
【雛18】やる夫達の22人毒恋人付き村村 [22番地]
~鍋じゃないよ~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM投票した票数を公表する早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)キューピッド登場 (16人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 初日犠牲者
(生存中)
icon 御坂美琴
(生存中)
icon 銀河美少年
(生存中)
icon 最終日送りっていう
(生存中)
icon やっさん
(生存中)
icon 笹瀬川佐々美
(生存中)
icon 霊夢
(生存中)
icon やる太
(生存中)
icon 砂吹き男
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
(生存中)
icon 一条
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon リリーブラック
(生存中)
icon ベアード様
(生存中)
icon シテヤンヨ
(生存中)
icon 古泉一樹
(生存中)
icon 白レン
(生存中)
icon 瀬笈葉
(生存中)
icon やる実
(生存中)
村作成:2012/04/27 (Fri) 21:53:28
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ、完全ステルス
 人外の村人騙り騙り、利敵行為(初日銃殺以外の妖狐遺言。または妖狐視点勝敗に関係ない騙り遺言など)
 ゲーム中に外部のURLを張る行為
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み
 昼間のAA禁止
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
 GMが夜に下界へ向けて発言することがあります。暖かく見守ってあげてください。
 投票、能力発動の超過時間は遅くても1:30を目安にしてください。
 2分を超えた場合、GM判断で注意が入る場合があります。
 トリップを推奨しています!

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。


【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html


<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください


そんな装備で大丈夫か?→大丈夫だ!問題ない!→神は言っている、ここで死ぬさだめではないと


これができるのはイーノックさんだけです。
というかイーノックでも失敗します。
まずは特定の2~3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます。

それが出来れば大丈夫だ!問題ない」
GM 「開始予定は22:15です」
GM 「注意事項
・AA1日1つ
・恋人ありですので、役職CO数が普通村とは異なります。」
GM 「それでは、報告行ってきます。」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 初日犠牲者
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 431 (やる夫)」
初日犠牲者 「集まるかなー?」
かり さんが幻想入りしました
銀河美少年 さんが幻想入りしました
初手吊りっていう さんが幻想入りしました
銀河美少年 「颯爽登場、銀河美少年!」
やっさん さんが幻想入りしました
かり 「よろしくー」
やっさん 「風が騒いでいますね……」
初手吊りっていう 「この人数ってwwwwwwwwwwww
普段鍋いかんから発言読むのめんどい気がするwwwwwww」
かり 「俺は……この風を、止めてみせる……!>やっさん」
初手吊りっていう 「だがでっていうwwwwwwwwwwwwww」
kari さんが幻想入りしました
初日犠牲者 「おや入ってきた方いらっしゃーい」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 5145 (法月将臣) → No. 1552 (笹瀬川佐々美02)」
やっさん 「初手に滅ぼされる定めの第一の魔には関係のないことですよ>でっていう」
初手吊りっていう 「いつも真面目に読んでないけどwwwwwwwww」
やっさん 「         /:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      , ' /::::::::/::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       /  .:::::::::::::::/{:::::::::::::ト、::ヽ::::::::::::::
         /:::::i::::ト、{八::{:::::i::|ハ:::|::::::}::::i|
        |:::i|::::| {_ッ、 ヽ斗匕」l」:::::;:::::i|
        ∨|::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.弋ッフ |:::/:/::i|
        /´∧:::、 ,、'   u ィi|/:/::::八      >かり
.       / ′ ';::公、ー_ヲ イ_ノ7:/:::::::::::::',
      /  {   Ⅶ  }  / /:∧::::::::::::::::
.     /  ‘,  ,《_  /   /イ  ',:::::::::::i
   ,,-ミ   { 、i{  Υ    斗 ┬1:::::::::::|
.   {     ーvヘ Vしぅ'    /    ∨::::::::::人
  八   〃⌒_f'´ └‐ぅ /  , -‐ }::::::::::::::::::\
    `   {{  {    └v       |::::::::::::::::::::::::\
      `'→、__ア⌒ヽ刈  i{     ∧:::::::::::::::::}\::::ヽ」
初日犠牲者 「やる夫達の村だから…やる夫が初日犠牲者なんだお…」
初手吊りっていう
     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\   それもそうだなっていうwwwww>やっさん
  | ,-)___(-、|
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /
kariri さんが幻想入りしました
kariri 「よっろー」
仮入村 さんが幻想入りしました
かり 「ガイシャが主人公の推理小説とか聞いた事無いです!>主人公が初日犠牲者」
初手吊りっていう
     ./ \Yノヽ
    / (0)(―)ヽ 予想、狐は毒遺言だな(キリッ
  /  ⌒`´⌒ \
  | , -)    (-、.|
  l   ヽ__ ノ  l |
.  \        /」
初日犠牲者 「いらっしゃいませー」
仮入村 「よろしく~」
砂吹き男 さんが幻想入りしました
やっさん 「貴方は邪悪ではない……むしろ被害者>やる夫
そう……アクエリアス・エイジの始まりに捧げられる生け贄の山羊(スケープ・ゴート)」
砂吹き男 「・・・よろしく」
蒼星石 さんが幻想入りしました
蒼星石 「よろしく」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 笹瀬川佐々美」
仮村人 さんが幻想入りしました
初日犠牲者 「いらっしゃいませ>砂吹き男さん、蒼星石さん」
仮村人 「こんばんは」
砂吹き男 「世の中にはね、
自分の思いどおりに
なってくれない相手の
方が多いんだよ。

    ヘ
  \/ \   ○
  /@‰@@\  o
 <_____> )
  从 ゚△゚ノ  (
   /~ィヘ|y─┛
  / 〈/ノ|
  \___〉」
初日犠牲者 「いらしゃいませ>仮村人さん」
かりかりかり さんが幻想入りしました
初日犠牲者 「22人だから…あと11人ですか。」
初日犠牲者 「いらっしゃいませ>かりかりかりさん」
kariri 「kariri さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kariri → 霊夢
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 11 (博麗 霊夢)」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 御坂美琴
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1187 (御坂美琴)」
御坂美琴 「ま、よろしくね」
かりかりかり 「かりかりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかり → 霧雨魔理沙
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 12 (霧雨 魔理沙)」
仮入村 「仮入村 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮入村 → 南鮮石
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 800 (南鮮石)」
初手吊りっていう
        /ニYニヽ
   (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)
  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i))) 22人とかwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \     銃殺対応めんどそうだなっていうwww
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /」
霧雨魔理沙 「霊夢の真下ゲットだぜ」
やっさん 「貴方は……雷使いの少女!>美琴」
笹瀬川佐々美 「どうもしまらないわ…」
霊夢 「初日に魔理沙吊りね。わかるわ」
一条 さんが幻想入りしました
やる夫 さんが幻想入りしました
初日犠牲者 「狼陣営:5人(狼4、狂人1)
狐陣営:1人
QP陣営:1人
村人陣営:15人(占い1・霊能1・共有2・毒1・狩人1・村人9人)
こんな具合でしょうか、数的に。」
やる夫 「ガラッ」
初日犠牲者 「いらっしゃいませ>入ってきた方々」
やる夫 「     |┃三
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)」
やらない夫 さんが幻想入りしました
一条 「優しくしたって何も出ませんよ。よろしくお願いします。」
やらない夫 「ふぅ……」
御坂美琴 「雷は確かに使えるけど、慣れてるのはレールガンね>やっさん」
御坂美琴 「ピシャッ」
初日犠牲者 「…何か、同じ波長の人がっ…」
初日犠牲者 「いらっしゃいませ>やらない夫さん」
やっさん 「二重複生体(ドッペルゲンガー)!?

いや……時空の因果に乱れが出ているの点々?>やる夫」
初手吊りっていう
   /ニYニヽ
   /( ゚ )( ゚ )ヽ
 /::::⌒`´⌒:::: \
 | ,-)___(-、|
 | l   |-┬-|  l |
 \   `ー'´ _/   この人数で真狂の信頼勝負見てみたいなっていうwwwww
. /    ∩ノ ⊃ ヽ  狼はwww高みの見物だなっていうwwwww
(  \ / _ノ |  |
..\ “  /__|  |
  \ /___ /」
やる夫 「ドドドドドドド」
仮村人 「いつの間にか仮が自分一人だけに」
やらない夫 「             / ̄ ̄\
            / _ノ  ヽ、_ \
.           | ( ●)(● ) |
.           |  (__人__)  │
           |   `⌒ ´   |  おおやる夫
.           |           |   お前も来るなんて奇遇だろ
.           ヽ       /
             iヽ      / i
            |  ー-―'  _|
   ,,,,,,,....  _,,. -‐''"´  ゞ   `゛''‐- .,,_ __....,,,,,,,
 /   /""  ー‐---、  /ー‐---  "''ヽ   ~ヽ、
./ ヘ /  ソゞ       Y        ゝヘ  ヾ  ii
i ミ Y   〆ミ       ミ|彡       三ヽ  ソ /i
ヽ  人   入___      水         》  ノヽ/
¦ 丶ヘー ヽ_三    __彡|ゞ,,__      /ゝ'   | |
|ヽ  ||    |ー―┬ーー''""''''''ー┬ー--‐/|   ヽ、 |
|   |   |ミ< ヽ、___::;;::_ ノ  彡 /     |/|」
リリーブラック さんが幻想入りしました
やる夫 「    |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \     いきなり閉めないで欲しいお!
     |┃     /  (●)  (●)  \
     |┃     |    (__人__)  U  |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \」
銀河美少年 「新手のスタンド攻撃だよ!」
初日犠牲者 「いらっしゃいませ>リリーブラックさん」
仮村人 「というか女神じゃなくてQPなんだな」
やる夫 「ピシャッ>やらない夫」
やっさん 「そう……やっと気がついたわ……

あなたたちもまた……「やっさん」なのね>やる夫、やらない夫」
リリーブラック 「・・・・・よろしく」
霊夢 「どうせなら,女神置き換えにした方が面白かったかもね」
やらない夫 「           / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
  r―-- 、  |    ( =)(=)
  |     ` -|     (__人__)--.ゝ--一  ー- 、
  |   \ `   |       ⌒ノ           /
.  !  u  ヽーー |         }- 、__/    /
.   ',.     `、 . ヽ        }    /  U   /  これもお前が愛されていればこそ……さ>やる夫
    '、  ヽ   V  ヽ     ノ  _/  /   /
     `、     `Y|u` ` ー r'__/´′  ′ /
      `、       ヽ   ′/     / /
       ヽ \  ` ー     ′     ' /
.       \         ,     {」
かりかりかりかり・・・ さんが幻想入りしました
ベアード様 さんが幻想入りしました
ベアード様 「このロリコンどもめ!>ALL」
霧雨魔理沙 「おいおいひどいな霊夢
霊夢のドロワが他の奴に見られないようにガードしてるだけだぜ」
やる夫 「やっ……さん?
やらない夫はむしろおっさんだしやる夫はやっくんと呼ばれたこともありますお」
御坂美琴 「そろそろ春も半分終わったわね」
初日犠牲者 「オプションで、QP追加、そしてQP→女神置換という方法もありましたね…いわれるまで気づかなかった…。」
ベアード様 「この変態め!>ない夫」
笹瀬川佐々美 「こんなんじゃ、人狼捕まえるの大変そうね」
やらない夫 「                  ./ ̄ ̄\
                 _ノ  ヽ,_ . \
                (●)(● )   |
                (__人__)     |  いいえ、ヤーさんです>やっさん
                ヽ`⌒ ´  .   |
                 {       .  i
         __       ヽ      ノ
      /   `- 、 __ ,, 、 ,,`>ー,-- ':;\:;;;;;;::; / ̄` = - 、::::::::
    /^/      '~     "' ' i ''"~::::::::::: ::::ヽ、_ ;;;:::::::::  ヽ,:::
   / ::::  ::::;;::          ;;:=''''' ::::::::: :::::::::: ::::::::::::: :::: i::
   .i ::::::::::::::::::::: ::::::::: ::::  ::::::::::::::i  :::::::::::::::::::::::::::::: :: :::::::::: i:
   / `i-、, ,,/   /  '" :::::::::::i ::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,!--''''~`ヽ、
  /:::::::::::i \\ :::''" ::::::::::::::::::::::ハ、::::::::::::::::::::::::::::Y":::::::::ハ :::::::::.
  ( ::::::::::ノ:::_ _i__ i__ __ __ _,, ,, 、、 - == - 、:::::::::::::::::::ノ:::::::::::ヽ.ヽ::::::::
  ヽ  / "     /   ::::::::::::::::::__,,,,、- - -="""""`ヽ、:::::::::::::::
  ) ノ:::::::::::: ::::::  :::::::::::::::::::::: __ノ~::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ヽ::::::::::::」
初日犠牲者 「いらっしゃいませ>入ってきた方々」
ベアード様 「この短小め!>やる夫」
やっさん 「やっくん……か、それもいいわね>やる夫」
やる夫 「うっせぇ帰れお!>やらない夫
なんでよりによってやる夫の隣にいんだお?!」
やらない夫 「           / ̄ ̄\
         / _ノ  ヽ、_ \
          . | ( ●)(● ) |
          . |  (__人__)  │
            |   `⌒ ´   |  そのとおりだがなにか?>変態
          .  |           |
         .  ヽ       /  _ _ ,...,___
           ヽ      /_,. ハ `/ '´   `丶、
              /,...ヽ.._ / ノ/, ′        iヽ
              / ヽ ‐、 / '///           ! ',
           ,.イ  l \   /__ i         ,'   i
          /   !| ., ' ´ ,={          /  亅
     ,. -'ァ‐==ニ_‐-v′   ^ヘ       /    ,′
    /  /-     ._ 〃,     ',    _,.イ    /
    /   ハ`     ミ {/      〉   ´  i  !イ{
   i  ,イ`       _,,.t'      /      亅 ノ ! ',
  ! ,厶ヘ        ヘ.     ,′      .' /  |
    v'  / ヽ     -_込._   {       ' ,   j」
初手吊りっていう
         /ニYニヽ
        /( ゚ )( ゚ )ヽ
       /::::⌒`´⌒::::\
      | ,-)___(-、|
      | l   |-┬-|  l |     やる夫が二人いるっていうwwww
       \   `ー'´   / (⌒)    霊界に送れば間違えないいていうwww
      /           ノ ~.レ-r┐、  初手吊りはやる夫にしようぜっていうwww
      ./          ノ__  | .| | |
     |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
     |          ̄`ー┬--‐‐´」
シテヤンヨ さんが幻想入りしました
やらない夫 「やらない夫 さんが登録情報を変更しました。」
初日犠牲者 「QP他打ちの人数が集まりましたー
ありがとうございますー」
銀河美少年 「          r-ゝ, ┴-:': : : : : :\: : : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : : : : : : : ヽ、 _
          !: : :|: : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : :_:ア
         |: : : :{: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :< _¨
         |: : : : {: : ヽ: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : :': ‐-,ァ
         |: : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : |\: : : : : : : : : : : : : : 、:`: . 、: : : : : : : : : :/
           /! : |: : : : : |:/ヘ: : : : : : : : :|-‐\: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : -ニ_´
        '´l : !: : : : : |/r=ヾ: :ヽ: : : : V 示 ` ト: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : :`:、
.         Ⅵ : : : : : |{ f心 ヽ:ヾ : ト: ト }fテ} j V: : : : : : : : : : ヽ: : : : / ̄ ̄ ̄`
            } : : : : : : | 弋ッ,, \ヽ:} 込ツノ  .V: : : : : : : :ト: :ヽ: : /
         /: :ィ: V:{: : {`¨ ",   ヾ:| ヾ¨´    V: : ト : : : |/:ヽ;V:/        ええっ!?>ベアード
        // |: : V:\:',u 〈       u     V: :| \: :|: : : : く
        ´   |: :/V: |:{ 'ゝ            ι V |ノ: ヽ:|_:_:_:_: : ヽ、
              |:/ .Ⅵ∧  、_            ∧:| : : { リ    ̄ ̄
           ノ'   リ|: :}ヽ ∨7>、       //: N : : :|
                |:八:㌧ ゞ_ ヽ     /  ∧\ヽ : |
               ノ' / ヽ   ¨´ , '    /  ', ヽN
                /   |.ゝ-‐ ´       /   ' ,
              /      !i          l    ヽ
   _ ,,,,,, ---── /      ij         ||      \」
初日犠牲者 「いらっしゃいませ>シテヤンヨさん」
シテヤンヨ
   *``・*。
   |   `*。
 。∩∧__∧ *
 + (・ω・ )*+゚   よろしくなんよ。
 `*。 ヽ つ*゚*
  `・+。*・`゚⊃ +゚
  ☆ ∪~ 。*゚
  `・+。*・ ゚」
やる夫 「たたたたた短小ちゃうお!?>ベアード
ちょっとくらい皮が被ってるだけだお、違うお!」
やっさん 「        ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,         ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
         ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
        '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                       ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;     ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
   ''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                     '''              '     ''';
      '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                       ,,,
       ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,                      ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
       ,,,;;;;'''    ''';;;''            ,,      ̄ ̄ ̄  、    '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
   ,,,,;;;;;;'''''''       ;'           ,,,,,;;;,;''' /       \  \   ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
               '        ,,,,;;;''''''   /                '';;'       ';,    '''';;;;;''
        ''';;;,,,,,        ,,,;;;;'''     ′ il l  li  |  l|    |            ;,     '';,,,;';,,;''
           ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''        |  il |  ll|l  |i_ll_|    |
   '';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''              |  l| _|_l从_|t.:::jフ|  l| l|       ';,       ,;
                             |l   L.」t.:::テ   ´´  |  l| l|         ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                             |l   | ∧´´ 、      |  l| l|         '''';;;;;    ,,,,;'';,
      ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'        八  l 込、  , -  /|  l| l|        ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'   (空気読めよというプレッシャー)>やらない夫
   ,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''                 \l∨ |i≧=┐  | / ̄ ̄〉- 、     ,;''   ;'  ''';;;;,,,
   ;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';           _         ∨l|l彡ク儿__/l /: : ://   ー┐    ,,,;;;    '''''';;,,,,
         ;;;'';             「\ \      },从: : |: :/: : ;厶イ /  /  ^丶    ''''';;;;,,,,,,  ''';;,
                      |   \ ヽ -‐  ニニ!\」/-‐=≦彡' {   /      >--、   ___   --―┐
                      |    匚「 ̄     |/ニニ√ ̄    | / -=≦  -‐    ̄ ̄          | |
                      |    匚|     |ニニ|         /∧                      | |
                   __   -―‐\ /Yi |_     |二ニ|        /  ゚。                   | |
             |            / /{ / },    |\_,,/        ∨ |i ゚。                    _|_|
              |             {   レ / 〉―  ̄              {  |li  l___     ---―‐     ̄    | |
               |               \__,/\ll| _____.        |   |lli l|                    | |
                |  ---―‐    ̄ / {㏍㌢ |lΚ_r――=ミ___   |   |lli l|                     | |
             |               ̄\__トl/: : :/: : /: : : /: : : :.}ブ|l l|lli l|                      | |
            |         _____}川{:_-=ミ:_/:_:_:_/L:_: :l:.∨l|l l|l从リ             ______| |
             |      ,   ̄ ̄}/      }: : : : : : : :.`ヽ: : |: : 〉|l l/-/---――    ̄     |::l::「 ̄
              |__  -/      {   ,   ,  └┬―― : : : : : |: :/ |l /                    |::l::|
                |:::|   /   /  , ト   /   {    {:_: : : : : : : :ノ:.l: :∨j/                     |::l::|
             |:::l_/__    /- |  __,}≧=---へ=-=≦-- `-'---―――――r-   _       |::l::|
   二二二二二二二二 ∨:i:i:i:i:i:i:i∨ ̄:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|--------- - - - - ―――――――┴-  _ il ‐- 」::l::|
    冂三≧=-  __:.:.:.:.:. : /:i:i:i:i:i:i:i:i:/:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /三三三≧=-   ‐-i| ̄ i
   |ll| ̄ ̄  -=≦三}-/:i:i:i:i:i:i:i:i:/---- |:i:i:i:i:i:i:i:i:i|--------------------―――|三「 ̄ ̄  -=≦三} ̄ ̄
   |ll|        |l|/:i:i:i:i:i:i:i:i:/     :l:i:i:i:i:i:i:i:i:i|                   |三|           |三|」
霧雨魔理沙 「そこまでだぜ!>やる夫」
砂吹き男 「あとふたりか・・・

それにしても人数がが多いな」
ベアード様
       (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: 、
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、    :
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,).    :   >ない夫
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ   :
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ <.   :
     l::::::::::::::::::::::く(         )> く, 」
御坂美琴 「どうせなら私達のとこに来てほしいわね>このロリコンどもめ
該当者があいつと一方通行二人いるし」
砂吹き男 「まちがえた三人だ」
初手吊りっていう 「QPはいつもの人数でも出んことは無いけどなっていうwww」
やらない夫 「俺たちに隠して恥ずかしいことなんてない……
そうだろやる夫!」
やる夫 「      ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \      はぁーん!?>でっていう
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |   自分の名前を100万回読みなおすお、アイデンテティどこ行ったお!?
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \」
古泉一樹 さんが幻想入りしました
ベアード様
    /|
   / ::::|::::::::::::::::::::::::::::
 /:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l<  この男版不思議ちゃんめ!>銀河美少年
 |:::::::::::::::|::::::::::,,ヅ彡ニミ;;,,::::::::::::::::::::F
 |:::::::::::::::||::::ィ<"  , ‐ 、 ゙ミ、:::::::::::::::l
 |:::::::::::::::||Fミミ、, ゝ__゚,ノ,, イ〃ノ::::::::::|=-<
 |:::::::::::::::||::::::::゙゙'ヾ三≡彡'":::::::::::::::::,'、
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ト
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ'
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/\_
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ    |
 |:::::::::::::::||::::::::::::::::::::_,, ┐'  ト-
 \:::::::::::||| ̄乃'゙人  ∧
   \ ::::|| ∴    ・  ∵
    \|| 」
古泉一樹 「こんばんは」
kari さんが幻想入りしました
初日犠牲者 「いらっしゃいませ>古泉一樹さん」
やる夫 「ちょっと待てお……やる夫は可愛いおにゃのことイチャイチャするために来たんだお!
やらない夫はすっこんでるお、ゴーホームだお!」
初日犠牲者 「いらっしゃいませー>kariさん。」
かりんとう さんが幻想入りしました
kari 「よろしく」
リリーブラック 「ま、20いれば良いんじゃない? 埋まりそうだけど」
初手吊りっていう 「初手吊りっていう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:初手吊りっていう → 最終日送りっていう」
リリーブラック 「もとい、埋まった」
かりんとう 「滑り込みー。よろしく。」
やらない夫
                    余は産まれたときに裸であった

                    死ぬときもおそらく裸であろう

                    今も裸だ


                    ───── やらない王国 第4代国王
                                    ヴィップ・D・やらない夫」
初日犠牲者 「揃いましたー。満員御礼、ありがとうございます>ALL」
銀河美少年 「僕ってそんなに不思議かなぁ…?」
ベアード様 「       (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: 、
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   い  短 た
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、   い    ま
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,)  よ  小 に  >やる夫
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ  ね   は
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ < ! も
     l::::::::::::::::::::::く(   γ⌒ヽ  )> く,
 ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=;       ,=ニ `/l/!/⌒Y
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ===イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 」
シテヤンヨ 「                 ((  ) z
              ____( )) z
      ∧_∧   /__ o、 |、
     ( ・ω・)   | ・ \ノ    埋まったんよ。みんなリア充の消毒好きねぇ。
     旦  o)    | ・  |     
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
御坂美琴 「いい埋まり方ね 感動的だわ」
やらない夫 「俺のもっとも尊敬する言葉だろjk……」
霧雨魔理沙 「おおっと、やる夫の隣にウサミミのびしょうじょがいるな
矢を撃ってやろう。喜ぶがいいぜ」
最終日送りっていう
         ./ \Yノヽ
         / (0)(―)ヽ これで吊られないっていう(キリッ
       /  ⌒`´⌒ \
       | , -)    (-、.|
       l   ヽ__ ノ  l |
     .  \        /
         >        〈
     r'⌒Vソ /        \
     !  く /         )
     ヽ、  ヽ    /  /
       入  \_,/  /l
      /   \    /  !
      i′     ̄ ̄     !」
やっさん 「くっ……審判の黒き瞳(ベアード)よ!!

このなんかむさ苦しいマッチョに天罰を!」
やる夫 「      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__     だからやる夫のビッグマグナムを不当に貶すんじゃねぇお……!>ベアード
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /」
南鮮石 「南鮮石 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:南鮮石 → やる太
アイコン:No. 800 (南鮮石) → No. 3619 (やる太1)」
御坂美琴 「自分を美少年って言ってる時点で……>銀河美少年>不思議」
霧雨魔理沙 「デリンジャー?>やる夫」
一条 「ああ、QPと女神何が違ったっけと思ってたけど。
会話できるかどーか位でしたか。」
やる太 「みんなが何言ってるのかわからないお…」
やらない夫 「              . -─-、
            /     ヽ
           /        ヽ
           !        ::ト
         ,- !   _.ノ ヽ,_   :i... \  そうか……ついに俺も銃を抜く時が来たか
        / ..:丶(ー) (ー) l ::... `‐、_
     , -'´ ..   .`、 (_人_)  ./     ,、`‐、
    /    `‐、  ヽ::. __ .ノ   .,、-'´   \
    i   .....:::::::...`‐-`:::::::,:、-‐''´  ...:::::::..    `ヽ
    l  ..:::::::::      ~-,:::::::::       ::::::::::::::. .',
    `、:::::::: ト、   ::::::::::::::::::     ,、 7l  :::::: .:ヽ
    | :   .l ::`‐、.____,、:::::::`‐、.__, -'/ 厶   :   .:、
    l :   | ヽ:::::::: : : : : : : :::::::::ノ   l ヽ  :   ヽ
    l     l`、丶:::::::::::::::::::::::::::::::::.ノ  j   \     l
.    l   ..::l  l  ....::::::::::::::::...... '"  j    /   ,l
     l  .::::::::l  l   ::::::...:.....:::::::    l   /  /   / ))
     l -‐ーヽ.  |    :::::: : ::::::    l  /  / /
     ヽ    `、.l   :::::....:.....:::::   |l /   /
    (( ヽ::..   `‐、._ ::::::::::::::: /  ̄``‐'  /
       `‐、    `‐、‐--‐ '´ ノ    /
          |l  、  | >''"]/ / / /
            l:::l > \ヽヽ''"´(_ノ-‐ー''"|    カ
         l:::/ 7ヽ_)'"::::::::::::::::::::::::::::::l    チ
           l::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     ャ
         l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l」
リリーブラック 「そうね、恋人同士が会話できてさらに女神がその会話を見えるわ >女神」
初日犠牲者 「女神は会話を覗ける、でしたっけ?
QPは恋人の会話が分かりませんけど。」
シテヤンヨ
          ∧_∧    パタパタ
     ⊂ヽ( ・ω・)つ        >やる夫
((      (   )    ))    まぁまぁ。男の価値はそれだけで決まらないんだし、落ち着くんよ。
     ⊂ノ( __フ つ
        (_/ 」
かりんとう 「かりんとう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんとう → 瀬笈葉
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4341 (瀬笈葉)」
霧雨魔理沙 「おいばかやめろ
この村ははやくも終了だぜ」
やる太 「           ____
         ; /\ u./\ ;
  ガク ….  / ●   ●  \ .ガクガク.
      ;: |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ | {
        r'⌒) {  }  (´ jイ ;
        | ´   ̄  ヽ  |」
やる夫 「QPと女神はピッコロ大魔王とマジュニアくらい違うお>一条さん
恋人の会話を女神が盗み聞きできる、ってのはかなりデンジャラスな能力だお」
霊夢 「女神が作った恋人は会話ができて、女神はその会話をデバガメできる>一条」
霧雨魔理沙 「女神→まどか
QP→きゅうべえ」
一条 「>ブラックさん
なるほどなるほど。ありがとうございます。」
瀬笈葉 「よっとです。
改めてよろしくおねがいしますね!」
初日犠牲者 「御坂美琴さん以外の方は、準備が出来次第投票してください」
やっさん 「やっくん!落ち着いてください!
あの悪魔人(ルシファーフォーク)たちのペースに巻き込まれちゃダメです!>やる夫

いつもの貴方でいて下さい……下品なネタはスルーして……」
やらない夫 「                       /  /
                       ガチャ /  /  ./
                           /  /  ./ "'' ‐- ,,.._
                          /  /  ./         "'' ‐- ,,.._
                         /  /  ./                "'' ‐- ,,.._
                        /  /  ./     _                "'' ‐- ,,.._
                       /  /  ./   /  O\                    "'' ‐-
                     /  /  ./.   ヽ .O ::....:::ヽ                   /
                    /  /  ./.     ヽ  ー'‐’ \                 /
                   /  /  ./.       \     _,;:}                     /
                        /  /  ./          .ヾ=ィ'´ ̄:|                    /
                       /  /  ./           .|::/:::::Y:::|                   /  やる太ぁ……
                      /  /  ./     .,r/<´ ̄ニ-ヽ  |__iヽ_               /   お前もやる夫派生なら当然脱ぐべきだろjk……
                     /  /  ./     /   ,            ` ヽ、          /  裸が俺らのユニフォーム
                    /  /  ./    ./-‐ /,     ̄`} ´ ̄   ', ,)}        ./
                 _ /  / .,-r-、_/   /:       !      Y |        ./
              /  `/ .,'/_ _,.:}ヽ、 / .`|  `ー'''''  个 、   / |         /
                 ゝ. __/  /.Y--,っ //_/    .}  /´   ;. 、`ーー /  .|        /
               /  / ¨tニノー'´     /-‐'''' ̄   /   ` ./   |.       ./
                    /  /  ./         /‐-'     /     ,イ   |       /」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 白レン
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1039 (白レン2)」
一条 「>やる夫さん、霊夢さん
例えがとんでもなくデンジャラスになっただと・・・。
ありがとうございますw」
やる夫
         ___
       / ⌒  ⌒\        だけどこまけぇこたぁいいんだお!
      / (⌒)  (⌒)\      合コンみたいなもんだお、主人公のやる夫にふさわしいヒロインを募集中ですお!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |」
最終日送りっていう
          / ノ Y ヽヽ
        o゚((●))((●))゚o   うはwwwwwwwこの作戦完璧wwww
        /:::::::⌒`´⌒:\  初日吊りはやる夫っていうwwwwwww
 ミ ミ ミ  .|  ,-)    (-|      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) .| l   ヽ__ノ l|     /⌒)⌒)⌒)
| / / /  \   |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ
| ::::::::::::(⌒)    | | .|  \  ゝ  :::::::::::/      ン
|     .ノ      | | .|   \/  )  /    バ
ヽ    /      `ー'´     /    /     ン
 |     |   l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))」
瀬笈葉 「霊夢さんもこの村に…
お賽銭奮発すると、またお願い聞いてくれたりするのかな(もじもじ」
笹瀬川佐々美 「まったくそんな汚らわしい」
御坂美琴 「さて後は仮の変更を待つだけね。この配役と人数で開始時間に始めれるのは嬉しいことよね」
銀河美少年 「説明しよう!
「銀河美少年」とは、第三フェーズに至ったスタードライバーのことで、
つまり、「ガンダムマイスター」とかそんな感じの意味の言葉なのである!

要約 形容私的なものではなく、名詞」
霧雨魔理沙 「どう見ても女神まどかだよな……>デバガメ女神」
やる夫 「……ところでやらない夫、あのやっさんって子……知り合いかお?(ヒソヒソ」
やる太 「魔理沙ねーちゃん、助けてほしいお…」
シテヤンヨ
|  |
|  |∧_∧
|_|・ω・ )   女神なら、でっていう―クマーみたいなカップルを作って阿鼻叫喚する様を眺めたりできるんよね。
|桃|o旦o.   QPでも概ね、そういう状態になってることは想像つくだろうけど。
| ̄|―u'
""""""""""」
砂吹き男 「スナフキンって名言が多いな・・・」
仮村人 「仮村人 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮村人 → 球磨川禊
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 4541 (球磨川禊02)」
御坂美琴 「QPに祈っておきなさい>やる夫>ヒロイン」
やる夫 「やる夫のことを知ってるみたいだけど、あんな可愛い子の知り合いはいねぇお……
……やらない夫、なにかしらねぇかお?」
やっさん 「銀河……なんて大きい……」
瀬笈葉 「わわわ、魔理沙さんもいた。
これは異変の前触れ…?私にもなにかお手伝いできるでしょうか」
球磨川禊 「『やぁ こんばんは!』『今夜も月が綺麗ですね!』」
やらない夫 「え、知らない人だけど?お前の知り合いじゃねーの?(ヒソヒソ>やる夫」
霧雨魔理沙 「おーよしよし
あんな変態どもみたいになったらダメだぞやる太」
リリーブラック 「              ,.-‐-、
              /:::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::::::::______/\ ,.ヘ
           _/‐'''"" ̄:::::::::::::::〉 -7)-〈
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/」l_〉7
         く::::::::::_;;::-‐''7" ̄ ̄`"'''iヽ、_/
          `y'´ / -i‐‐/ ハ T i  !
           |   i  /.ォt-i、/ !.ィ'ハ/! |
     ,.ヘ     i  ハ/!.ハ.,_,リ   '┘ !ハ|ヘ
    ,.' ,ヘ     i   /!ハ""    _   ".ハ |. ト,    なかなかに、春度の高い村ねぇ
  / /  `ヽ、__,'   !/| !>.、.,,___,,..イ' !|/  ハ
 /  ,'  i    /   /_:レ'::::::::ヽ、」/:::i:Yト、 /  ',
/   !  ハ  /  ,.':::/:::::::::「`>o<'|::::!イ>!    !
    i     ,'  く\/::::::::/:'Y」::::'!」!:::/,ヘ!  |
 i   ',     !  /ヽ、\___!/:::::::::::!::'レi´:::::',  |
 ハ   ',   !/::::::::::::':7ー'!::::::::::::::::::!::::;:イ::::::::::: >,!
/  i   !   く::\:::::::::://:::`7ー=='==-iヽ:::::/:/、!
   !   .トヘ,(\:::::'ー-7:::::::::::/::::::i::::::::::::!:::ハ::/Jノ|
  ノ    |  ヽし>ー-':::::::/:::::::::!::::::::::::!::::::',ハ ハ|
 /  i   |  ,.く::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::|:::::::〉,/ !ノ
ヽiヽ、ハ  /  〈:::::\::::/:::::::::::::::!::::::::::::::::::|:::://
    レ'   >、::::::`'ー─--'-----─'-'/i
         !、__ン'`'''''─------─'''´'ー'」
初日犠牲者 「かりかりかりかり・・・さんは発言も無いようですね。」
最終日送りっていう
      /ニYニヽ  :.+
ワク    /( ゚ )( ゚ )ヽ:.+
 ワク /::::⌒`´⌒:::: \
    | ,-)___(-、|   (ファイって言う準備はできてるっていうwww)
    | l   |-┬-|  l |
    .\   `ー'´   /
   -(___.)─(__)─」
やる夫 「祈るだけじゃあ、……駄目なんだお>美琴ちゃん
優しさだけじゃ、愛は奪い切れないんだお!」
かりかりかりかり・・・ 「すまん・・・」
やる夫 「いや、やる夫もしらねーお(ヒソヒソ>やらない夫
やっさん……何者なんだお? 可愛いけど」
かりかりかりかり・・・ は かりかりかりかり・・・ に KICK 投票しました
かりかりかりかり・・・さんは席をあけわたし、村から去りました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
初日犠牲者 「入村してからも発言がないようですし、かりかりかりかり・・・さんを蹴ります。」
やらない夫 「だがこの時やる太は知らなかったのだ
まさか魔理沙にあんな性癖があるなんて……(ナレーション」
初日犠牲者 「あ。」
やる太 「やる夫燃やすお…
  ..| ̄ ̄ |
      ..|. ノ 、|
     .。/ ゜(◎ミ◎゜。
    ___ゝ. (__人)____
    .|⊂l二       二l⊃|
     ̄ ̄|!=====.|  ̄ ̄
        |し'  J|        .(( ) )
        |    .|       .(( ) )
        |    .|       ノ火.,、
        |    .|     ..γノ)::)
      (二;;;;二二;二;;二)   ゝ人ノ
      ((;;;;;;/;;/;;;;@)       ||
      (二二;;二;;;二二)    -  .、
     .(@);;;;;;;;;;(@      .⑪   ヽ
                 (、_,) ○ノ
                      (  ∪ )
                       `u-u´
一条 「おおぅ。お疲れ様ですよ。」
初日犠牲者 「お疲れ様でした>かりかりかりかり・・・さん」
白レン 「あら、何かあったのかしら」
御坂美琴 「せおいは で変換できないんだけど
なんか背負い投げしながら波動打つの?」
霧雨魔理沙 「かりかりかりかりさんは犠牲になったのぜ
GMの犠牲にな」
ベアード様
      (<、,,> "::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"<γ ,/
   ~〈/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘΣ~
    〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 彳
   ~, そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: そ~   ,,_  おい、発言あったぞ>GM
、_ ,,/::::::::::::::::::::::::::、,ゝ=== く:::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ ,, _/
  `V::::::::::::::::::::::、_γ r,J三;ヾ `ヾ,_::::::::::::::::::::::::::::::V~
   l::::::::::::::::::::::::く(  {三●;= }  )>::::::::::::::::::::::::::::::::l
~v,ん:::::::::::::::::´:::::::=; ゞ三三/,=ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、_y
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l、
、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ノヾ_..r
´ " ~ ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ベ,,_/ \,,」
最終日送りっていう 「あ」
シテヤンヨ
    ∧_∧
     ( ・ω・ )    何というすれ違い。
     (====)    
  ______( ⌒) )
/\   ̄`J ̄ ̄ ̄\
 ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄
        | |
      / \ 」
やっさん 「            /: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::\
              /: : : : : : : : : : : : : :\: : : :::::::::::::::::::::::::::::.
           / /: : : : : :.:|: : : :.:|: : : : : :\: :\::::::::::::::::::::::::.
         ′.:|: : : : :.:.:|:|l: : : :.ト、: : : : : : :\: :\::::::::::::::::::::.
.          : ::|: l:l:.:|: :.:|八: : : { \: : : :_:_:_:\:.从!::::::::::::::::.
        ,′: :.|: l:l斗‐┼!‐\/    ̄〃´    }:::::::::::l::::::.
         l  :.:::|/l儿}/斗==ミ       斗==ミx  |:::::::::::|:::::::.
         | |:.:..|: :∧,〃 爪)ハ`      爪)ハ / |:::::::::::|:::::::::.
         | ∧:..|: : ∧` 乂_,ツ,     乂__ツ'  ∧:::::::::!:::::::::::.
         |/ l: |∨:..∧  ̄ ̄       ̄ ̄~ /ノ∨::::|:::::::::::::.
          l:リ ∨..∧ :':':':'    ′   :':':':' /_/:|::::::|:::::::::::::::.    ……前世で……>やっくん
         /'   ∨::込     、        ..:i :::::::::|::::::|:::::::::::::::::\
                 ∨.: 个:...   `-'´  ..:个:|::::::::∧::: !::::::::::::::::::::::\
                ∨\:::::::`ト . _ .  ´l:::::|:::l :::::::::∧::|::::::::::::::::::::::::::::\
                   ∨:::\:::::\     {\|:::l::::::::::::::::)'::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                _∨´~|⌒ヽ\   ∨ニ二>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           _ -=二二二 |  -―-  /二二二二>ミ__:::::::::::::::::::::::\:::::::::\
         /´ ∨∧二二二|/=ニ二ニ=/二二二二/// ∧:::::::::::::::::::::::::\:::::::::\」
銀河美少年 「あっ」
リリーブラック 「・・・具体的に中の人に何が起きたか気になるけど・・・
無事なら良いんだけどね >自蹴り」
霊夢 「一瞬発言あったけどね
瀬笈葉 「春は植物の皆さんも大好きだって言ってます>リリーブラックさん
やっぱり、縮こまる寒さがなくなって緑の葉を出せるから幸せなんですよね」
一条 「いやまぁ自蹴りですし。」
やる太 「魔理沙も変態さんだったのかお…
      ____
         ; /\ u./\ ;
  ガク ….  / ●   ●  \ .ガクガク.
      ;: |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ | {
        r'⌒) {  }  (´ jイ ;
        | ´   ̄  ヽ  |
やらない夫 「まあアレだ。やる夫。世界にはこんな名言がある
可愛いは正義と(ヒソヒソ」
球磨川禊 「『白饅頭同士仲良くしなよ』『どうせ村が終わる頃には死んでるんだからさ』」
霊夢 「なんかのToLoveるかしら」
球磨川禊 「『自蹴りだしどうでもいいんじゃないかな』」
やる夫 「ちょっと待てお!?>やる太
人を勝手に燃やしたらいけないって学校で先生に教わらなかったのかお!?」
笹瀬川佐々美 「事件ね…」
霧雨魔理沙 「ち、ちがうぜ。ノーマルCO!
やる太……信じてくれ!」
ベアード様 「  rヘハ.    .;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!     rk t -ヵ
  } 〈/`ァ .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,  -=====- 、,::::::::::::::::::::::::::::::::::.i     し〉└ '
  {」-' ┘ ..l::::::::::::::::::::::::::::::-=<<  イ  ● メ  >>=-::::::::::::::::::::::::i     .「`´フ    あ、自蹴りか ならよし
    ノヽ.. .,::::::::::::::::::::::::::::::::::´::::´`‐==ニ==-´ `::::::::::::::::::::::::::::::::::;     〈_ハ}
  rへ \┘  .'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,′   .r¬ノヘ」
御坂美琴 「あそこまで発言がなかったのなら事情があるんじゃない?
21人でも始めれるしね」
蒼星石 「事件だなあ……」
初日犠牲者 「うーん。時間も過ぎましたし、ズサーさんが来なくても25分には開始、でいいですか?>ALL」
一条 「きっとヒロインの胸ぐらに躓いて飛び込んじゃったんですよ。」
霧雨魔理沙 「異議ないのぜ」
霊夢 「いいわよ>25スタート」
最終日送りっていう
      /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\
  | ,-)___(-、|    うはwwwwwファイwwwwwwファイ!wwww準備万端っていうwwwwww
  | l   |-┬-|  l |       ________
   \   `ー'´   /      .| |          |
   ノ       \      | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |」
やる夫 「……今、やっさんから『前世』ってキーワードが聞こえたお(ヒソヒソ>やらない夫
やべぇお、やる夫のセブンセンシズがビンビン警告音をあげているお」
銀河美少年 「了解したよ!」
かりんと さんが幻想入りしました
砂吹き男 「     ,へ
   \/  ヽ    (  )
    _/*+*`、    ( )
  <_______フ    )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    从  ̄ >ノ   ~ < まあ、よくあることさ
     /゙゙゙lll`y─┛    \______________
    ノ. ノノ |
.    `~rrrrー′
.      |_i|_(_
やらない夫 「            . '  ̄  、
          /7 /7    ゙
          //././7_.ノ 、__i
         / ,:'゙´ ,.ム-、(.●)
       ノ゙ '   z-匕ノ、__)  大丈夫、オシシ仮面だって燃やされてる>やる夫
     /  γ⌒ー '、___`.ハ、___ ___
    /  /     ヽ、    .:.ノ´゙´   ヽ
  /   ノ_  ____ ゞ\          ;
 / ...,.:.イ゙´  `゙  ¨ ̄¨`      、、_   ゙ ヽ
 ヽ、    .:.:....,イヘ  .:.'´   :      .:、    ハ
   `¨゙´ー---- 、 `ヽ、   !     ノ \   ヽ、
           `ヽ V  ゞ- ゙ ¨  ー゙ \   ヘ
             V i` _.j-、_.イ   彡  ハ、   ハ
              ヽi!'´ i、__,.:     /  ヽ  `:i
               メ ノ  .::     /   i   |」
かりんと 「よろしくー」
白レン 「ズザー期待なら今からカウントでもいいのだけれどね」
初日犠牲者 「御坂美琴さん以外の方は投票をお願いします。」
やる太 「やる夫は燃やすものだって、やらない夫が言ってたお
          ___
         /⌒  ⌒\
  〃   / ●   ●  \   ミ
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
    人l||l         |l||l 从 バンバン
    ( ⌒ )        ( ⌒ )
リリーブラック 「・・・・・・私が言いたいのは、頭の中が春な奴が多いってことだったけど・・・ >瀬笈葉」
瀬笈葉 「とおもいきやすぐ飛び込んでくるズサ。さすがですね。」
球磨川禊 「『むしろ20人でもいいと思うけどね』
『ま そんな事を言ったら来るのが世の常だ』」
ベアード様
                     l__)         /ノ      __r
                      ヾ{       )::ヽ    f:::r''
               }       _{::L,................./::厶____ /::/    __/r''´
               l,、__ ,.......:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...../::::/
          {L_    x}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
            ヽ_,.x:::::::::x=≠ニニニニ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:/
       )_    /::::::::::/         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\___,....,___/}      別にいいが・・・
        `ヽv'::::::::::::::/  /  ̄ ̄ ̄ \\ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒¨´
          /::::::::::::::::/ /   _,. .-‐-. 、ヽ ヽ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ___ __,/´    ロリコンは消毒してかまわんのだろう?>GM
       _/:::::::::::::::::/ /   〃: : :-:、: : : , _}_}_ヽ::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒´
  /⌒ ー、/:::::::::::::::::::{ !   {: : :弋_.ノ: : ; イ彡'r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      /::::::::::::::::::::::} ヽ  ヽ: : : :_:,..イ //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v‐==ミ
      ,:::::::::::::::::::::::::::ヾ    ̄ ̄ ̄  彡r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
  / ̄ヽ/: :::::::::::::::::::::::::::::::\_    __,彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     {: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.≧==⌒ヽ
     |: : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :.L
    _,.: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : rヾ、___ノ
`ヽ__/⌒!: : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : ;'
     '; : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : :/
      '; : : : : : : .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :/」
霊夢 「恋人有りの21と22は、普通の16と17に近いかもしれない」
やっさん
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      , ' /::::::::/::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       /  .:::::::::::::::/{:::::::::::::ト、::ヽ::::::::::::::
         /:::::i::::ト、{八::{:::::i::|ハ:::|::::::}::::i|
        |:::i|::::| {_ッ、 ヽ斗匕」l」:::::;:::::i|
        ∨|::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.弋ッフ |:::/:/::i|
        /´∧:::、 ,、'   u ィi|/:/::::八   ←(知り合いのいない学区外では全開で行けるからいいよねって言う顔)
.       / ′ ';::公、ー_ヲ イ_ノ7:/:::::::::::::',
      /  {   Ⅶ  }  / /:∧::::::::::::::::
.     /  ‘,  ,《_  /   /イ  ',:::::::::::i
   ,,-ミ   { 、i{  Υ    斗 ┬1:::::::::::|
.   {     ーvヘ Vしぅ'    /    ∨::::::::::人
  八   〃⌒_f'´ └‐ぅ /  , -‐ }::::::::::::::::::\
    `   {{  {    └v       |::::::::::::::::::::::::\
      `'→、__ア⌒ヽ刈  i{     ∧:::::::::::::::::}\::::ヽ」
シテヤンヨ 「+ ;
* ☆_+
: , xヾ:、__,..-‐‐:、、,へ.........._
         く '´::::::::::::::::ヽ
          /0:::::::::::::::::::::::',   
       =  {o:::::::::( ・ω・)::}  燃やされたのがやる夫で助かったんよ。
         ':,:::::::::::つ:::::::つ  ヤンヨだったら大惨事だったんよ。
      =   ヽ、__;;;;::/
           し"~(__)」
やらない夫 「俺は今目を合わせないように必死に顔を背けてるところだ
お前の嫁だろ早く何とかしろよ……(ヒソヒソ>やる夫」
最終日送りっていう 「再投票だなっていうwwwwwwwwwwww」
かりんと 「かりんと さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんと → やる実
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4276 (ジュウシマツ蒼星石)」
やる実 「あれ」
初日犠牲者 「毒落ちと恋人死亡がきっちり入っての1吊り減少を期待します(キリッ」
銀河美少年 「えっ>やる実」
やらない夫 「        _         ,. -‐_フ:´ `丶、
    / 、__.ヽ.    ≠⌒ヽ、 ー-、 `ヽ \
     { ) (●ハ .__r'..,     /⌒´ ノ゙ゝ .   ヽ
     ヽ(●) 、_) マ r<_   ...ノ--‐''´     `ヽ. \ え、なんか言った?>やる太
     \ ー′   r'     ゙iハ         ノ;  i ____ ..._
      / \__ ノ|     iハ         ゝJJィ´ ,. -‐‐‐‐-. ヽ
    ,.{,-、..,r=ー‐へ.    リ⌒ヽ、.     ./´,  /     ノ  .\
   //   ゙:     `ヽ.--'  ;⌒ゝ.゙x=´ ー' ' ー‐=== '´_,ノ'´  ヽ
   〈    リ      ノーミ=<  :'   : ヾー 、  ´ ̄>‐-  /ヘ、     ヽ
   /ゝ、,.-‐ヶ--  <´ __.. `ヽ`: ο; リ   〉--‐- ...__./     ー .   \
   {リ :   ト、.. __   > . ノ  }  ; ノ-‐'''´  ̄`<⌒''''=‐ 、,......_   `ヽ、  \_
   }' . -‐、ィ′ ,.-‐=.- ..__  ー'ィ,/   ∠⌒ヽ、__   _ノ, .ヽ.` ー-‐⌒ヽ _ )`ヽ、_
   {   _.  ̄ ̄  `ウ.    ̄`〈 ヽ⌒ー '´ ̄ ̄ ̄  ´   ___,. -  _.. --=.(____.....__,つ」
やる夫 「あ、あのー……その、……よろしくおねがいします、お?>やっさん」
御坂美琴 「誰そのアイコン>やる実」
やる太 「すげーお、蒼星石が二人もいるお!」
初日犠牲者 「やる実さんはアイコンはそのままでも大丈夫ですか?」
やる実 「やる実 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 4276 (ジュウシマツ蒼星石) → No. 4776 (やる実)」
やる実 「ちょっと似てて間違えたお!」
古泉一樹 「ああアイコンびっくりしましたよ>やる実さん」
一条 「やる実さんが来た・・・・。
つまりこの村には五人のやっさんが揃った事になりますね。」
やっさん 「行きましょう……風が村によくないものを運んできてしまったようです>やっくん」
初日犠牲者 「投票確認しました。
カウントをお願いします>御坂美琴さん」
最終日送りっていう 「初日QPの予感wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
御坂美琴 「それじゃ、カウントを開始しようかしら」
銀河美少年 「似て…うん?」
白レン 「番号は割と似てたわね」
砂吹き男 「     ,へ
   \/  ヽ    (  )
    _/*+*`、    ( )
  <_______フ    ) 
    从  ̄ >ノ   ~      これではじまるな
     /゙゙゙lll`y─┛    
    ノ. ノノ |
.    `~rrrrー′
.      |_i|_(_
シテヤンヨ
 ∧_∧
c(; ・ω・)っ  やる実が、なんか凄いイメチェンしてた夢を見たんよ。
 (_, -ヽ__)」
御坂美琴 「3」
御坂美琴 「2」
白レン 「後は色も」
御坂美琴 「1」
御坂美琴 「開始」
ゲーム開始:2012/04/27 (Fri) 22:21:15
出現役職:村人9 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 埋毒者1 人狼4 狂人1 妖狐1 キューピッド1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆初日犠牲者 注意事項
・AAは1日1つまでとします
・恋人ありですので、2日目の役職CO数が普通村とは異なりますのでご留意ください。
(村人・人狼・妖狐陣営であったとしても、恋人陣営に変わってしまうため)

GMは◇Y1/ZARD/7Uです。
皆様が楽しく人狼ゲームをプレイできるようにお祈りいたします。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆初日犠牲者 申し訳ありません>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆初日犠牲者 希望が通った方も通らなかった方も、自陣営の勝利を目指して頑張ってください。」
初日犠牲者 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
初日犠牲者さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
やる夫 「おはようだお……」
銀河美少年 「豪快・銀河十文字占い!霧雨魔理沙◯!」
やる太 「おはようございますだお。
ちょっと特殊な村だから、なかなか掴みにくいと思うけど
最終日まで頑張っていくお。」
蒼星石 「君達、一つ言っておくことがある。
僕は決してロリコンじゃない」
御坂美琴 「おはよう
占いはCOをお願いね」
霧雨魔理沙 「おはようなのぜ」
最終日送りっていう 「おはよっていうwwwwwwwwwwwwwwww
んじゃwwwww提案wwwww全ロラしようっていうwwwwww
うはwwwwwww俺様吊られないっていうwwwwwwww」
シテヤンヨ 「おはようなんよ。
それじゃさっくりCOよろしくなんよ。」
やらない夫 「おはようマッスル!(挨拶」
やっさん 「おはよう……
人狼(ルゥガルー)たちの吠え声が響いていましたね……

あの風は、村に大変なものを運んできたようです……

では、占い師(フォーチュナー)たちよ!その力を見せて下さい!」
笹瀬川佐々美 「村人9 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2
埋毒者1 人狼4 狂人1 妖狐1 キューピッド1

占い師はCOは自己判断なさい
共有と霊能は出て
QPもでていいのよ、処刑してあげるから」
リリーブラック 「おはようっと
それじゃ、適当にCOお願いね。
○進行ならFO希望よ」
やる実 「お兄・・・・・・・お兄ぃいいいいいいいい!」
霊夢 「おはよう。初日共有っぽいわねこれ。
だとしたら、初日QPじゃないってことでめでたくもないんだけどねこれ」
瀬笈葉 「おはようございます。鍋風に考えれば6人外1QP。
しかしこちらも村人が9人で証明手段がない戦い…と。
役欠けがないことを祈りつつ、初日のCOを聞いて異変解決ですよ!」
一条
|: : : : :/:   : : : :   l:ヽ: : ヽ:   ヽ
|: : : :/:- 」_: :l: : :   l_ :l: :  l:    l
|: : :/|: /!/|: : : '´ハ: :l: :  l:   i
|: :/┬─┬ j: :_┬─┬|: /: /     フリーズ。
|: :{ !;;;;;;;;;l  ̄  l;;;;;;;;;;! イl |:/
|:T` l;;;;;;;;;j    l;;;;;;;;;j {: !´         全員手をあげて頭を伏せろー。
|: ヽ ー‐'     ー '  l: ヽ
|   ヽ            }: ヽ         「jヽ _ll=i=-、_______, -┐
|: : :  !         .ノ: :   i          !  !7iiiii;;;;;(ニニニ);;;;;;;;;;|{二二二二}
|ーz- 、ト ----- ォ'´:, - ― 」       / ,ノム=r-‐-‐、_,ニニ、ア
| ̄ \          ̄           f´    ̄ ̄ ̄`,二)ソ
| , - -\                   /           〉
|'/  ̄ ̄\                  _r‐!           」
|  / ̄ ̄´ヽ            ,r‐ '´ ヽ 入         ノ
|/: : :      |        /       ヽ入--- ‐ '´」
霧雨魔理沙 「おいおい誰だQPは
このやる夫界隈一番の愛されガールである私に矢を撃たないなんて」
砂吹き男 「おはよう」
ベアード様 「このロリコンどもめ!>ALL」
古泉一樹 「おはようございます、すがすがしい朝です
役職の方はCOお願いしますよ」
白レン 「おはよう」
やらない夫 「えっ?>蒼星石」
銀河美少年 「理由 魔理沙さんからは銀河の輝きを感じるよ!
   輝け!僕の銀河占い!」
御坂美琴 「どっちかっていうとシスコンよね>蒼星石」
球磨川禊 「『おはよっ』
『それじゃ皆 COをよろしくするぜ?』」
やる太 「初日呪殺はなしっと、占いは出るのかお?」
やる夫 「……結局、夜通し待ち続けたお
何も……来なかったお……!」
蒼星石 「やっさんと白レンが好きなだけなんだ!ロリコンじゃないんだー!!」
一条 「早朝待機制で朝一で占い出てきたと思ったら、
それしか出てこない恐怖。」
最終日送りっていう 「占い1CO?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
やらない夫 「落ち着けやる実!俺の隣にもスペアは居るだろjk!」
やる実 「うっ・・・・お兄が死んじゃったお・・・
いいお兄だったのにお。うっうっえぐっ」
リリーブラック 「占い・・・・・1COだけ?
なーんかもってったんじゃない? 恋人か初日が」
霊夢 「占いは一人しかいないのね
占い潜伏とかしてんじゃないの?べつに普通に許容するけど」
やる夫 「え、あ……か、風……止まった、お?>やっさん」
笹瀬川佐々美 「…COが占い1だけ?」
球磨川禊 「『占い師は一人かい?』『ま
なら他の役職も出てもらおうかな』」
霧雨魔理沙 「あれ? 占い1?」
白レン 「正直この設定の村で朝一COってどうなのよとしか思えないが
1COであるためどうみても潜伏がいるだろうと」
シテヤンヨ 「占い1で、霊能が遅い。
霊能初日か恋人に持ってかれたかね?」
御坂美琴 「そしてここまでで占い1CO
嫌な予感しかしないわね」
やる太 「霊能COはないのかお?」
最終日送りっていう 「おいwwwwwwwwwwwwwwww
初日なんかもってったなwwwwwwwwwwwwww」
砂吹き男 「ほかに占いってやつはでないのかい?

これはいやなかんじだね」
瀬笈葉 「美少年さんが様子見なしの占い出。
様子見ってどうなんでしょうかね。改めてメリット・デメリット
考え直したいとか思ったりします。」
やっさん 「やっくんの副生体(ダブル)は消滅したようですね……

仕方なかったのです、やっくんは一人しかいないんですよ、この宇宙に」
やらない夫 「うわぁ……>蒼星石」
銀河美少年 「……QPも狂も狐もCOしてこない…だと?」
古泉一樹 「占い1ですか、これは役職恋人か初日ですかね」
ベアード様
                o   r、,ッtノ、_rァ _.ィ f!,ク        _  ,
              r') ,ィ´ ¨'  r‐‐、r、 (`ー'  }iレ'  ..:.    ムテ
            )^ゝ'(__ノ r、_)^ゝ'_ 。(ミヽ.: : : :.:リ、.:: :.::.. :...]リノヒ      _ノ≦、
          __)`ヽ´⌒) r‐‐' `ー‐'. :: :クイッ㌫㍊㍊㍊㍊㍉ソ(^ゝ    ノ≦ニ ̄`ゝ
         /r=、:`:!_  ゝ==ノィ=、.:: '::.,´㌘㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍉、:::::.:、厂<ァ ゝ
         //シ酉//7`´ ̄マハレ'㌶㍊㌣'´㌘ ㍗㌫ミ、㍊㍊㍊㍊㍉、_ノ´.
        ゝ_ヽ.//三、{(^  ,::'::,㌘㍊㌣'´,ィ=‐、:㍊㍉、㍗:㍊㍊㍊㍊㍊㌦::::.. ─厂コ_,、
         (r=='彡'ミム}_.:':::,'㌘㍊㍗'´ {::(● ):.:::}`ヽ::㍉}㍊㍊㍊㍊㍊㍉// ̄ス rー^´   そういう奴ほどロリコンなんだ!>蒼星石
     r‐v、       \r、ニァ'㌘㍊㌦、.. 弋:`¨:::、ァ  ::ヽ㍊㍊㍊㍊㍊㍊㌘.'::..  ゝ' _
    (´,、__)         ,:':::㌘㍊㍊㍉㌦_≧─≦、 ...;::::ノ㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊::::::.   ,クセァ´   さあこっちこい!
     ゝ'   ュ㍉r==、  ::::, ヘ..㍊㍊:ゝ_: : ㌻=====≦、㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊:ト、:ノ三彡'=、リ、
         ゝ===、ミ、、//!㌫-. `丶、㌫=-...........ノ㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊ト/{ (___ \〉  しらべつくしてやる!
  r=、       ,rγ丶 く彡:㍊㍊㍊::丶`丶、:::::::::::≧彡'㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㌣:::: }_レ`¨`
 }r ソ  __   〃ゝ、( ) `丶 、ゝ㍊㍊㍊㍊`丶 `丶、㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊ト::::,' 、_ _,ィ}
 O-' /,r≧=、ゝ'彡'、` 丶、(_) ノ`丶㍊㍊㍊㍊㍊㍊> >㍊㍊㍊㍊㍊㍊::夕、ミ  ノt彡'‐'
   /,' ', '((´)//\  `丶、_ノ、=r、}} }、㍊㍊㍊㍊㌣ /㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㌣==\__彡'⌒}レ='
  ,:':, ':,':,'/::ゝ='/__/f`丶、  ',〈〉、ノノノ  `丶㍊㌣ /㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㌣,:'ミ` 丶、`ミ}
. ,:'::,':;':;'/::::,イク/:ゝ、`-'ャ::::`丶x==、、'     /, 'く㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊㍊クイ=ミヽ==、'ヲ   _r‐‐、
. {:!:!:,:,:'::::,:〉((ヘゝ、、ソ/:::::::::/{ {⌒}} },ィ´´丶、,イ ミ、㍊㍊㍊㍊㍊㍊㌣_ノノ´ゝ人==イ  r='、  ノ、
. |:i:i:i:{::::::{_,ク 〉\丶'/、::::::/ /ゝ=彡'//,:::,..==ヽ. ',㍊㍊㍊㍊㌣イ//´¨   }リ /  r='-   く
八ゝ_',::::::::彡'\ ゝ/`丶fγ7 //::/:://,::'::::::::::::::', ', ̄}ソ´  r'r' /,..====、 `ヽ{、 ( r-'^ヽ__ノ
 (´`ン―‐<  `丶丶..ゝ'=ァイク:/:://;::':::,ィ==、::::::'; ゝ='^====彡/::':':,ィ´¨`ヽ<  ゝ( o )
 (O `ーァ      (´`ノ)ゝ='´!::,'::,':::,;':::/ヽレ'ノ::::::ノ  r─、   /,:':,:':,:':::::::::::::::::', r'^)) `ミ==彡''
 ゝ='彡'       tr=ッノ、  .!:;:::;:::;':::::{レ'ゝ,イ:::::/`丶(ヽ.´ヽ<,:;::;:::::;::::,イレ}!:::::::} ゝ_ ) C^ッ
           (_  ´⌒)八::::!::!:::::::ゝ=':::::,イ  ソ^ゝ  ) ,:::::::::!::::{クスノ:::::ノ `゚」
やる夫 「やる実はいったいどうしたってんだお……?
……構ってる場合じゃないお、まずは占い結果を確認するお」
蒼星石 「だっ、誰の乳がロリだっていうんだい?!
しっかりとした貧乳なんだ!ロリぺたボディとか言うな!」
やる実 「そんな肉まんは知らないお>やらない夫
縁もゆかりもないお!」
霊夢 「こんだけ灰が広くて,狩人が恋人になるかも分らない環境で初日にでる方が」
砂吹き男 「                  ,彡    ,ノへ、
                彡彡  /´   |
               /彡彡 / ⌒   |
              /彡  ./       !
              !!ノ彡/       .!
              i //         |
  、_        .//'          .|
ヽ`    ̄ー__ /             |
 \       ,/               |
   !      !                |
   ヽ        ,              |
    >、      \            i丶、
   /´/ヽ      .\             ヽ、
  ´/ノノ|/|:::ヽ、     `丶---          ヽ、
   ソ  |  i::::丿ヽ、                   `ヽ、
      !  `´、_ 丿`´'!::、_                <_
     .ヽ <_     .i::::::丿- 、,   ___---´ ̄ ̄
       ヽ ``丶___) ヾ´__ノ ̄ ̄ ノ /<-ソ´ 僕は自分の目で見たものしか信じない。
        丶 丶、_       ,.ノ-´´ ̄           けど、この目で見たものはどんなに馬鹿げたものでも信じるよ
         `ソヽ,  __ イ´
        / \ \へヘ'ノ ヽ、
      /    \_| ヽ \ .\
    ./      / !  |ヾ ヽ \
やらない夫 「そしてこの展開で占い1である
まあ、恋人ありだし割と潜伏考慮するけどね」
一条 「そして霊もでやしない。
恋人が少なからずもってったかという雰囲気。」
リリーブラック 「銀河少年は、朝一で飛び出した理由をどうぞ?
様子見は考えてなかったで良いのかしら」
シテヤンヨ 「共有はさっくり出てくれなんよ。
発言数的になんか初日共有臭い感じだけども。」
最終日送りっていう 「霊能COしろっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
銀河美少年 「狼前潜伏ってこの人数でどうなの?>ALL」
ベアード様 「占い①ねーまあ初日か恋人か
大穴で潜伏じゃないの?」
霊夢 「狼が外れているのはなぜ?>銀河美少年」
瀬笈葉 「って、その美少年さんしか占いが出てこない?この人数で?
かけているどころじゃない、イヤーな潜伏の予感もいっぱいです」
球磨川禊 「『占い師が一人なのは不安だ
とても不安だけど』
『だからと言って何かができる訳じゃない』
『僕達にできるのは今を最悪に生きるだけさ』」
やる太 「潜伏してそうだお…>霊能」
やらない夫 「大丈夫大丈夫
額に肉って書いたら同じだ>やる実」
蒼星石 「>やらない夫
同志、やらない夫君。
君のバニー服を貸してくれ。先ずは白レンに着せる。それから僕が着る。いいね?」
最終日送りっていう 「共有も出ろっていうwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
笹瀬川佐々美 「これは困ったわね
もし下手に恋人を飛ばしたらそこに占い師が混ざってて
狐が溶かされてないとか大いにありえるからね

恋人占い師の利点は呪殺だけよ
他はどう嘘つくかわかったものじゃないからね」
霧雨魔理沙 「とりあえず共有がCOしないなら当然グレランなのぜ」
御坂美琴 「なんか風が騒がしいとか言われてたけど
COの風はヤンだわね」
やる実 「とりあえず異常事態が起こってるらしいことは把握したお」
古泉一樹 「これで霊能も出ないってどういうことでしょうか
とりあえず共有は出てきてほしいです」
砂吹き男 「だからこの占いが一人しかいないってやつは信じる」
リリーブラック 「狼だけ抜けてるのはわざとなのかしら・・・
・・・・・・ねぇ、霊能も0とかそんな恐い村なの?」
やっさん 「……占い師(フォーチュナー)が1?

これは……QPのいたづらが決まったのでしょうかね……
潜伏はこの人数ではちょっとやり辛いでしょうし

人外か、真か、何らかの位置が持っていかれましたね」
ベアード様 「おおいにあり>銀河美少年
QPもあるからね」
やる夫 「喜ばしいことじゃないかお>美少年
予想するお、これはつまりこうだお!

狼「どうせQP騙るだろうし潜伏しようぜwwww」
狂人「どうせ狼が騙るからwwwww」
QP「どうせ狂人騙るからwwwww」」
蒼星石 「ああ勿論洗濯しないとも。
洗濯をはさむなんて愚の骨頂さ。バカじゃないの?」
銀河美少年 「ごめんちょっと予想外、
グレー多いのもそれはそれで困る」
霧雨魔理沙 「CO担当に矢が刺さったとか……>狼全潜伏」
笹瀬川佐々美 「鍋じゃないのよ?」
白レン 「                            ___
                             ,. ´ ::::V⌒ヽ 、
                             / :: ::::::::/   ヽ ヽ
                        / / //:/! / i  〉  \.  ___ _
     r 、   r 、                /レ' //::/ //1::///    V´        ̄ ̄ ̄ヽ
   ,.f ヽ \ ヽ. \              VN / メ<./ ///       ',              l
   l \ \ `'    '.              ン ' テV、 X,'//    |     !             .'
   fヽ _`        l           「    ハ/ ヾj/V'/   /` ー─ハ            /
    `ー 、       l.            !    `´   ´ .'/  /、ー── !           /
       ゝ-──-く.          /!ヽ       //  / ゝ\ー イ        〈
      l       |         / 人      //   ハ/ _jノ:   |         〉
      |       ) - ─… '" /  >┐  i/   √ ̄/:::l   │        /
      L      |     ___ .. イ    /:::::: |  /   /. ─v:::   │ 、     く    そこで狼を抜かす心が知りたいわね…
       |      |‐ "  /    ./ . ──'─‐ '     V::::l:  │ \     \   ちなみに矢が刺さる事考えるなら実質初日は3人いることをお忘れなく
       |      |   . ′      レ'           `ヽ:::::   |    \     \
       |      | /   __ _/               V:::  |      \     〉 共有と霊能はさくっと出てきなさい
       |      └─…く     `ー──              V:: |      \ /
      人           \                     l:: |       /
     //!                \                     l:::::|        !
      .'/ .ハ              > - 、               l:::::|_____ _ノ
      /'´ゝ、   _________    \            l:::::|
         l  ̄/ /i /   l  ',: : :ヽ.    \________ノ :: |
         l: /!│レ′    ! / `""|             (:::: /::: |
         レ′!/        レ′   |              )/:::::: |
                        l            ヽ:::::::: l
                        i              \:::i」
やる太 「やる太が共有者を宣言するお!相方初日」
霊夢 「18QPが結構にぎわってた頃は「どうせQPも騙るだろ」ってことで全潜伏はそこそこあった気が」
一条 「霊はここまで出ないんなら出ないんでしょう。
てか共有は素で出ていいので出て下さい。」
シテヤンヨ 「>銀河美少年
まああり得るんじゃないかな。
恋人のせいで仲間疑う必要があるから。全員潜ってってことも十分ある。」
最終日送りっていう 「CO少なくね?wwwwwwwwwww」
砂吹き男 「ぼくたちは本能にしたがって歩くのがいいんだ。
ぼくは占いなんか信用したことがないね。
占いは方角にたいする人間の自然な感覚を、くるわせるだけさ」
瀬笈葉 「狼はどこ行ったんです?>美少年さん
あと、自分の結果を信じさせれば言い立場で対抗気にするのはちょっと…」
やらない夫 「あいにくこれは一張羅だろ……
僕にこの服を汚せというのか>蒼星石」
御坂美琴 「そして霊能と共有もCOしないとか怖いわね」
球磨川禊 「『というか霊能も共有もCOしないんだけど』
『なにこれ
もしかして両方持っていかれてたりするかい?』」
やる夫 「ありえるお>美少年
だけどそんなこと気にしてる必要ねぇお、狼狙って頑張ってくれお
霊夢 「だろうね。全くおいしくない>やる太」
蒼星石 「やっさーん!静かなやっさんも素敵だよー!!
冷たい目で僕を睨んでくれー!!」
一条 「潜る意味がほぼない。はい了解。相方初日はまぁ。」
ベアード様 「というか共有はでてくれないとこまる
恋人あるから初日にでてくれないと
信じられん」
瀬笈葉 「相方初日でこれなんですかい!?」
やる実 「霊能がいないのは
多分矢が刺さったからじゃないかお?
潜伏霊能というよりそっちのほうがしっくりくるお」
リリーブラック 「共有がCOしたってグレランでしょうよ >魔理沙

◇銀河美少年 「狼前潜伏ってこの人数でどうなの?>ALL」
QPが出るとか予想とかしたんなら出ないんじゃない?
4Wいて誰も出さないのは私にはあんまり理解出来ないけど」
霧雨魔理沙 「おうやる太共有か(よしよし)
指示がんばれよ」
銀河美少年 「共有さんCOよろしく!
グレー狭めて!無駄占いしたくない!」
やる太 「今日はグレランに決定だお!」
砂吹き男 「占い自信を信じるかどうかは別だけどね」
やっさん 「ええ……予想外です>神鳴り使いの少女(美琴)

まずまちがいなくQP(ラブピーポー)の仕業でしょう」
シテヤンヨ 「                 ((  ) z
              ____( )) z
      ∧_∧   /__ o、 |、
     ( ・ω・)   | ・ \ノ    やる太が1人ぼっちとはこれ、育児放棄でしょ。
     旦  o)    | ・  |     
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
やる夫 「アドバイスとしては、恋人臭いところを避けるといいお>美少年
おっ、これはいいニュースだお……相方初日、最高じゃないかお!」
やらない夫 「相方初日かよ……
やる太は働き者だなあ
それに比べてやる夫はそろそろハロワ行こう!な!」
最終日送りっていう 「うはwwwwwwwwwwwwグレランっていうwwwwwwwwwwwwwwwww」
白レン 「どう考えても潜伏霊がいる
そして明日か明後日、近いうちに潜伏占いCOが複数出る。」
球磨川禊 「>やる太君
『遅い。』
『ただまあ 素直に出てくれたのは評価する』」
ベアード様 「へーやる太共有で相方初日ね、了解」
笹瀬川佐々美 「…発言が少ないところはQP臭くても吊るしかないわねこれは
まさか役職が沈黙とかはないだろうから
たくさん喋ってるところへの投票者は注意しましょ」
瀬笈葉 「えーちょっと待って下さいちょっと待ってください
まさかの占いー霊能恋人とかありませんよねこれ」
蒼星石 「>やらない夫
別に君男だし裸でもいいじゃん。
何? 羞恥心でも持ってるの? あのレンガ街の露出魔と言われた君が…………!!」
古泉一樹 「共有把握、そして相方初日ですか、これ本当に役職恋人でしょ
そして今日はグレランですね」
銀河美少年 「初日!QPではない、と
了解恋人居るっぽいね」
御坂美琴 「やる太が共有で、初日共有でこれって少し静かすぎないw?」
霊夢 「初日QPじゃないって時点で恋人確定でいるし,そも,占狩霊共毒等の村役職が恋人になり得る時に初日共有なんてなーんもおいしくない」
やっさん 「         /:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      , ' /::::::::/::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       /  .:::::::::::::::/{:::::::::::::ト、::ヽ::::::::::::::
         /:::::i::::ト、{八::{:::::i::|ハ:::|::::::}::::i|
        |:::i|::::| {_ッ、 ヽ斗匕」l」:::::;:::::i|
        ∨|::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.弋ッフ |:::/:/::i|
        /´∧:::、 ,、'   u ィi|/:/::::八   ←(あ、いまのダサい、ラブピーポーはねーよよいう顔)
.       / ′ ';::公、ー_ヲ イ_ノ7:/:::::::::::::',
      /  {   Ⅶ  }  / /:∧::::::::::::::::
.     /  ‘,  ,《_  /   /イ  ',:::::::::::i
   ,,-ミ   { 、i{  Υ    斗 ┬1:::::::::::|
.   {     ーvヘ Vしぅ'    /    ∨::::::::::人
  八   〃⌒_f'´ └‐ぅ /  , -‐ }::::::::::::::::::\
    `   {{  {    └v       |::::::::::::::::::::::::\
      `'→、__ア⌒ヽ刈  i{     ∧:::::::::::::::::}\::::ヽ」
やる太 「霊能が出ないのが悪い、だから遅れた>該当者」
笹瀬川佐々美 「◇やる太 「やる太が共有者を宣言するお!相方初日」
は?」
リリーブラック 「・・・・・・・・・・・・相方初日で1COってなによ・・・・
逆に言えば、これ銀河美少年狼の内訳は無いって言って良いんじゃないかしら」
霧雨魔理沙 「真占い潜伏してるならちゃんと理由いうんだぞー
ぶっちゃけいまCOしろ」
やる夫 「これが4-1とかだったらもったいないけど、占い1COで相方初日は最高のニュースだお
恋人役職でもない限り、占いは真が確定だお
ありがてぇお、マジでありがてぇお」
最終日送りっていう 「んじゃwwwwwww白レン吊ろうぜwwwwwwwwwwwww」
蒼星石 「共有初日了解。
潜伏してないようなら占いさんはきっとはあはあしてるんだね」
ベアード様 「まあ潜伏霊脳は・・・・どうしよ
まあ遺言はのこしてくれよ」
球磨川禊 「◇霧雨魔理沙 「CO担当に矢が刺さったとか……>狼全潜伏」
『正直それはそれでバレバレだし』
『そういう自体もないとは思うけど』」
砂吹き男 「というかグレが多すぎても

どうしようもないのは向こうも一緒だろうね」
シテヤンヨ 「正直、共有初日ってのは驚かないんだけども。
あの発言数を見て、狂やQPまでもが潜りを選んだってどういう事なの!? とは思うんよね。」
やらない夫 「最近気がついたんだ
全裸よりバニー服のほうが興奮する>蒼星石」
白レン 「わかってた事だからどうでもいいわ>相方初日」
霧雨魔理沙 「あと霊能でないなら矢が刺さったとみるぞ」
古泉一樹 「恋人がいるだなんて憎らしいですね、まあそこ吊りあげて見せましょうか」
ベアード様 「COしてもでねーんじゃねえの>魔理沙」
蒼星石 「やっさーん!イマイチセンスが悪いやっさんも素敵だよー!!」
瀬笈葉 「まあグレランしか出来る事無いでしょうけどあまりにも不穏
特に霊能が出ないのが解せない、恋人に持っていかれている可能性高いと見るべきです
とりわけ相方初日という情報もありますし。」
やる実 「ごめん、じゃあCOするお」
笹瀬川佐々美 「狩人が初日の危険性はなくなったわ
恋人の危険性が2枠あるけれど」
やる夫 「潜るなら好きにすればいいと思うお>魔理沙
ちゃんと説得できないのなら、そこまでだお
霊能は……この状況なら、出ないのはナシだお」
一条 「確実にQPいるというのにこのco数というね。少なくとも霊はもってかれたと見ていいんだろう。」
霧雨魔理沙 「だよなー>クマ」
銀河美少年 「……って初日なのに霊能さんでないの?
やばいよグレーが広すぎるよ!?」
霊夢 「◇銀河美少年 「……QPも狂も狐もCOしてこない…だと?」
ちなみに,この発言を視点漏れとするのならば、この子普通に狼よね」
やる実 「占いCOだお!やらない夫は○だったお!」
ベアード様 「どっち?>やる実」
リリーブラック 「霊能恋人でも、霊COあったら吊る気は起きないけどね
噛まれろって話で」
やらない夫 「今日潜るなら出なきゃいいのに>やる実」
蒼星石 「男が興奮しても意味ねえんだよ!!
オンバシラァア自重しとくんだねこのピサの斜塔!!>やらない夫」
砂吹き男 「初日占いってことは全部の職が生きているってことになるが

なぜこんなにCOがないのだろう」
白レン 「だから潜伏占いCOが出てくる事は絶対の想定として
その上でどこに真を置くかCOした時点で複数決め打ちを余儀なくされるから」
球磨川禊 「『相方初日でも恋人に持っていかれている可能性はある』
『ただまあ
先程も言った通り 今からそんな想定をする事に意味は無いからね』」
やる夫 「あ、えーと……>やっさん

か、風の神さまは生きろと言っているお?
やる夫も、生きるの好き……だお」
やる太 「カップルは消毒だお~人外も消毒だお~」
最終日送りっていう 「霊能矢が刺さっても出る意味あるんじゃね?wwwwwww
もしかしたら護衛もらえるかもしれんしwwwwwwwwwww」
やる実 「理由
お兄の友達をみながら
しばし考えて、ぽちっとしてみた
ちなみに潜伏占い予定だおー
対向たくさん出る可能性あるから
あんま初日COしたくないお」
やっさん 「ま、まぁ共有初日ならなおさらって感じでしょうね(キリッ

立て直していきましょう、潜伏占いに関する期限はどこかで明言しておいた方がいいとも思います

真が恋人だとしてもこの形は狼達にも有利な形に」
御坂美琴 「まあそうなると美少年は真狂あたりでしょうね
真なら狂-霊あたりで繋がっていてQPと狼が趣味潜伏で、狂ならその逆」
霊夢 「うん,まあ,仕方が無いと言えば仕方がない」
瀬笈葉 「いちゃいちゃする暇があったらみんなのために
異変解決の手伝いしないと私が怒りますよ!ぷんすかです!」
蒼星石 「んん?」
笹瀬川佐々美 「やる実と銀河美少年ね」
一条 「いや今coしろという理由が素で分からない。」
霧雨魔理沙 「霊能はアレだな。円環の理きりっってやつだな」
ベアード様 「ふーんやる実がおくれてCOと
んじゃ偽見と」
シテヤンヨ 「占い追加とね。
ま、放置放置。
どうせ真ならそのうち噛まれるんよ。」
やる夫 「やる実……(ゴゴゴゴゴゴ
何で潜ってんだおwwwwwww何でwwwwwwww」
一条 「と思ったらでてきた。」
やらない夫 「もっと言ってくれ!>蒼星石」
瀬笈葉 「へ?>今占いCO」
最終日送りっていう 「やる実吊ろうぜwwwwwwwwwwwwwww」
球磨川禊 「『……は?』
『いや
まあグレランするしかないけれど』」
霊夢 「私だったら占い貰ったら潜伏する」
御坂美琴 「恋人いる村で潜伏とかどうなのかしら」
笹瀬川佐々美 「二人が不純なことしてない、とみてよさそうね」
古泉一樹 「占いが出ましたか、潜伏してた理由も欲しいですかね」
蒼星石 「イマイチ、というか凄く微妙。
相方初日見た地点でCOしてもよかったんじゃない?」
最終日送りっていう
             ___,,,,,..... -一ァ
         / ̄ ´    ., -──--、,!
.        /       ./ で    ,!
.         /  _    .i   っ  だ ,!
       / /  ` v ―i   て  が ,!
.      // ..―、 :i;:.  ヽ  い    ,!
.       /:/´ @ ヽ;;ッ― 、.〉 う.__,.,!
     /:::|     :i!  @/,イ~',   ,!
      /:-ヾ、    ハ   "  };; 'i  ,!
.    /: ''"⌒''‐"ヾ rヽ、  ノ;;. `ヽ,!
   /ヽ.         ''゙⌒ ''‐'';  ,!
.   /:::::i:::          .:,.  .: ,:' ,!
  /~.フ、:::         .::/~  ;; ,!
. / : : : i~``―-、_  ..::::i ―.;;ヾ,!
/: : : : f__ _     ~―┬ヾ ;; },!
ヽ、: : :{   `ヾ,._,,..,,.._ !   .;; ,!
   ``ヽ.、_  ,:''    /   .;; ,!
       ``ヽ.、..  ノ   ,:'' ,!
             ``ヾ、  ノ,!
                 ``ヽ,!」
やる実 「流石に1COは予想外だったお」
リリーブラック 「この時間に増えるとか予想外すぎる」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
御坂美琴1 票投票先 1 票 →シテヤンヨ
銀河美少年0 票投票先 1 票 →球磨川禊
最終日送りっていう3 票投票先 1 票 →やる実
やっさん0 票投票先 1 票 →古泉一樹
笹瀬川佐々美0 票投票先 1 票 →白レン
霊夢0 票投票先 1 票 →やる夫
やる太0 票投票先 1 票 →砂吹き男
砂吹き男1 票投票先 1 票 →球磨川禊
蒼星石0 票投票先 1 票 →古泉一樹
球磨川禊2 票投票先 1 票 →シテヤンヨ
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
一条1 票投票先 1 票 →ベアード様
やる夫1 票投票先 1 票 →古泉一樹
やらない夫0 票投票先 1 票 →古泉一樹
リリーブラック0 票投票先 1 票 →御坂美琴
ベアード様1 票投票先 1 票 →一条
シテヤンヨ2 票投票先 1 票 →白レン
古泉一樹6 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
白レン2 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
瀬笈葉0 票投票先 1 票 →古泉一樹
やる実1 票投票先 1 票 →古泉一樹
古泉一樹 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる太 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
古泉一樹さんの遺言 村人ですよ
やる太さんの遺言 共有CO 相方は初日
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
やる実 「占いCOだお!スナフキンは○だったお!」
一条 「おはよーさんです。」
砂吹き男 「おはよう、昨日のCOの連続は大変だったね

それに少し人数が多くて発言を見るのにも一苦労だよ」
銀河美少年 「豪快・銀河十文字占い!リリーブラック◯!」
やる夫 「おはようだお!

占い師についてはコメントしねーお、必要ねぇお
妹だからって……甘く見ることはしねぇお
霊夢は0票だしまだ吊れるところじゃないと思うけど、共有の囁きを気にする辺りアレコレありそうだお
なのでそこを占うかどうかの判断は慎重にした方がいい、かもしれないお」
瀬笈葉 「おはようございます。
把握発言中心の薄いところをとりあえず釣り上げた。
そんな感じの初日吊りになっていますね。あまり意見らしい意見もなかったので…」
球磨川禊 「『おはよっ』
『それじゃ皆 COをよろしくするぜ?』」
やらない夫 「おはようマッスル!(挨拶」
霧雨魔理沙 「おはようだぜ」
やっさん 「おはよう……
やる実さんCOは真狼目、出るはずだった狼が矢をもらって出なかったからあわてて別な狼が出た
というストーリーは構築できそうですね……
対抗一杯出そうでイヤという理由も理解できなくはないですが……
実際1CO霊能無しの状況を見て出たとしてはやや遅いかな、とは

そう言う意味では狼目が濃いめでしょうかね、同じやっさんとしては辛いですね」
最終日送りっていう 「おはよっていうwwwwwwwwww
人大杉っていうwwwwwwwwww
狼は早く毒噛めっていうwwwwwwwQPは片方毒でwwww
んでwwwwww占いは銃殺出せばwwwwwww
一気に減るっていうwwwwwwww」
御坂美琴 「おはよー
恋人疑いされて護衛外されたくないから
この配役では占いは初手CO安定だと思ってたけど違ったのね」
霊夢 「私この村で初日共有をいいニュースってとらえる男の人って吊りたくなっちゃうの

やる実の行動原理は良くわかるよ。潜伏しようとしたけど初日共有を見て、
後からでて信頼されないと思うからでたんでしょ。
で、そこを即吊ろうとかいう最終日送りっていうもろくな事しなさそうだから吊ろう」
笹瀬川佐々美 「やる実への投票である最終日送りっていうは
独自の信念があるだろうから別段どうこうはいわない

霊夢 0 票 投票先 1 票 → やる夫
むしろこっちが気になる
やる夫は投票に値するところか?」
蒼星石 「やっさーん!やっさんのために歌作ったよ歌!」
ベアード様 「おうおはよー」
やっさん 「うわ……最悪かも」
球磨川禊 「『2-0』
『初日にCOしないなら霊能者は恋人と見ていい』『その上で内訳をどう見るか』
『出方的に真狼が本線には見える』『まあ 今日の噛みを見てから方針を決めようか。』」
霧雨魔理沙 「やる太~~~~~~~!」
やる夫 「……やる太ぁぁぁぁあ!?」
一条 「すごいだるい噛みしてきますねって感じ。」
銀河美少年 「理由 まずは得票少ないところから、
   グレー多いし人外だったら困るところからだね!
   後は生存欲も!というわけでここ占い!」
やる実 「理由
言葉遊びが多い気がするお。
RPもあるのかもしれないけど
なんか意見が見えないお
あと占いをやたらきにしてる気がするお」
シテヤンヨ 「おっはようなんよ。
まーた面倒な噛みを>共有即噛み。」
一条


            r---t=、r=、,ヘ< ̄ヽ
            _{三ミヽ-,-}   l 三}
          / | ミ l | }--l   \<
       /./    ̄ ̄ ̄ ´\   \ヽ
      / /   / i       \   ヽ\
     /   !  i  |     l|_i   ヽ.  r―-ヾ
    !.    ',  ヽイハト、  イト、 ト、   \i    \       昨日潜伏する理由がーって言ってた所は、
    ',     \ ⅣF T\ F TⅣ  i ハ     ヽ
    ',     '下. ゙ー'   ゙ー' // {       |      狩人恋人警戒以外何か考えあるんでしょうか。
     i     /  \      / rf¨       ,′
     |   ム´ ̄¨´> -゚ -<i/         .       後銀河美少年の出方や霊潜伏はそこそこ許容するのに、
     |        / ゞ/ハ_/k}          i
     |         /  /i! レ'           |       後から出たという理由だけでやる実偽視するベアード様吊っとけって気しかしない。
     `ヽ_____{  {  {     ハ         |
           | `Yヾ__!__,イト-、         !
           廴_j       /ヽ. \___,イ′
              丁}----- ′ ト、____ノ」
笹瀬川佐々美 「共有がいったか…」
白レン 「潜伏は探さずに共有から入る…と」
瀬笈葉 「ただ6票となると、吊りやすきに流れた人も居るのかなって気もします。
混乱していた部分があったので私がそうでないとは言い切れませんが。」
砂吹き男 「確定○の共有さんを噛みに行ったか」
霊夢 「私の発言とやる夫の発言見たら分ると思うけど>笹瀬川佐々美」
蒼星石 「ごめん実は作ってなかったりするんだ。」
霧雨魔理沙 「ごめん間違えて大文字で挨拶してしまったのぜ」
ベアード様 「やる太噛みねえ、ならやる実偽だな」
リリーブラック 「・・・・・私はやる実は潜るなら潜りきるべきだったと思うのだけれどもね」
やらない夫 「共有噛み……か……
占いには手を付けられない
そして両○、と」
最終日送りっていう 「うはwwwwwwwwやる実吊ろうぜwwwwwwwww
たぶん狐だろwwwwwwwwwwwwwww」
やっさん 「         /:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      , ' /::::::::/::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       /  .:::::::::::::::/{:::::::::::::ト、::ヽ::::::::::::::
         /:::::i::::ト、{八::{:::::i::|ハ:::|::::::}::::i|
        |:::i|::::| {_ッ、 ヽ斗匕」l」:::::;:::::i|
        ∨|::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.弋ッフ |:::/:/::i|
        /´∧:::、 ,、'   u ィi|/:/::::八   えっ>蒼星石
.       / ′ ';::公、ー_ヲ イ_ノ7:/:::::::::::::',
      /  {   Ⅶ  }  / /:∧::::::::::::::::
.     /  ‘,  ,《_  /   /イ  ',:::::::::::i
   ,,-ミ   { 、i{  Υ    斗 ┬1:::::::::::|
.   {     ーvヘ Vしぅ'    /    ∨::::::::::人
  八   〃⌒_f'´ └‐ぅ /  , -‐ }::::::::::::::::::\
    `   {{  {    └v       |::::::::::::::::::::::::\
      `'→、__ア⌒ヽ刈  i{     ∧:::::::::::::::::}\::::ヽ
蒼星石 「んー?」
やる夫 「恋人狙いなら、理解できるお?>笹瀬川
だって……やる夫、主人公だし……(モジモジ」
笹瀬川佐々美 「というわけで私は霊夢に若干の人外要素を見ている」
一条 「でっていうさんもRPじゃないなら吊るけど。
今の発言見るにRPじゃないっぽいですね。」
やらない夫 「おーれーはやらない夫ー
ぜーんらのこーみたいな感じでどうよ>蒼星石、歌」
砂吹き男 「                  ,彡    ,ノへ、
                彡彡  /´   |
               /彡彡 / ⌒   |
              /彡  ./       !
              !!ノ彡/       .!
              i //         |
  、_        .//'          .|
ヽ`    ̄ー__ /             |
 \       ,/               |
   !      !                |
   ヽ        ,              |
    >、      \            i丶、
   /´/ヽ      .\             ヽ、
  ´/ノノ|/|:::ヽ、     `丶---          ヽ、
   ソ  |  i::::丿ヽ、                   `ヽ、
      !  `´、_ 丿`´'!::、_                <_
     .ヽ <_     .i::::::丿- 、,   ___---´ ̄ ̄
       ヽ ``丶___) ヾ´__ノ ̄ ̄ ノ /<-ソ´ これで統率を取る人がいなくなったね
        丶 丶、_       ,.ノ-´´ ̄           
         `ソヽ,  __ イ´
        / \ \へヘ'ノ ヽ、
      /    \_| ヽ \ .\
    ./      / !  |ヾ ヽ \
御坂美琴 「うーんこのわざとらしい共有噛み
占いに真がいるだろうってのに狩人候補も占いも噛まないという」
やる実 「じゃあ灰詰めて欲しいお。
対向の○占いもする予定だお」
球磨川禊 「『共有噛み』『なら真狼が更に強くなったかな』『番外なら狂狼だけど』
『ならグレランを続行しようか』」
やる夫 「だとすれば、なおさら残しておけお>でっていう
今、吊るすべきはなんだお?

恋人かお? 狐かお? 狼かお?」
銀河美少年 「……共有さん噛み、
霊能さん出てきてほしい、無駄占いしたくないしね」
シテヤンヨ 「結局のところ今日まではグレラン継続するしかないので。」
瀬笈葉 「共有から入るとなると、狼は役職に出てるような気がしなくも。
となると、美少年さんの昨日のQP・狐・狂人出てない発言がすっごく気になる」
霧雨魔理沙 「もう指示出せる奴がいなくなってしまった」
やっさん 「……こけおどしの吟遊詩人め!>創世石器

ちょっとよろこんじゃったじゃないのばか!」
蒼星石 「22人村なら割と普通じゃない?というくらい」
リリーブラック 「共有噛みなら占い狼混じり」
霊夢 「◇霊夢(121) 「初日QPじゃないって時点で恋人確定でいるし,そも,占狩霊共毒等の村役職が恋人になり得る時に初日共有なんてなーんもおいしくない」
◇霊夢(96) 「だろうね。全くおいしくない>やる太」

◇やる夫(109) 「アドバイスとしては、恋人臭いところを避けるといいお>美少年
おっ、これはいいニュースだお……相方初日、最高じゃないかお!」


これを見て、なんで投票したのか分らないんだったら、もう延々平行線だろうね>笹瀬川佐々美」
最終日送りっていう 「吊ればいいじゃんwwwwwwwwwww>一条
あれで出る意味なさすぎだろwwwwwwwwwwwwwwww」
ベアード様 「たぶんこれやる実狼でいいだろ

なんかない夫怪しいし」
砂吹き男 「つまり僕達は足並みをそろえるのがひどく難しくなった」
やらない夫 「狐狙い、で吊んの?>最終日送りっていう」
一条 「霊もいないこの時点で、騙り見るにしてもやる実さん即吊りする意味がほぼない。
騙り決め打つなら銀河さんに護衛誘致でもしときゃいい。」
笹瀬川佐々美 「◇霊夢「私だったら占い貰ったら潜伏する」
ただこの発言は若干白い
人外なら言い難いだろうな、ランで票もらいかねない発言だ」
蒼星石 「>やらない夫
うるせえな! おめえの歌なんて作らないよ!!」
リリーブラック 「◇霧雨魔理沙 「もう指示出せる奴がいなくなってしまった」
毒は?」
やる実 「共有噛む以上信用路線でくるか。
潜伏占い追加とかしそうだおね」
瀬笈葉 「まあ今から占いの信頼気にしてもわりとしょうがないかなーって気もしますけど
将来的には考えないといけないわけで。」
一条 「>でっていうさん
ありますよ、普通に。」
白レン 「        〈  /: : : : : : : : : : : ヽ `ヽ、
         〉, イ: : : : : : : : : : : :ヽ彡jヽ  i
          「: : : : i: :ト、,、: : : i : : : ハ/: }   /
        人: :|: :.|: jーヘ: :i |: : |: : :i: /j  〉
      /  !:∧ナ!:|  j|: :从: |: : :|::: ト./
.      /  ィ'_ハ代iぅ   レ'fテミ: :.ト-| }
     ~⌒ヽ/: :.∧ ¨′,   ゞ=''/: :!  \_
     r='7: /: : :/>  、 _,.. イ: ::/ー┬ァ′    ある意味じゃこの村でどうするべきか狼は
    /_/::/: :/{  }  ィ⌒/: : / ヽ: :! ヽ_   分かってるともいえるから嫌ね>指示役潰し
  f⌒  /:イ/  ゝ,, Y′/: :/ ハ }: |  ̄   ̄}
  }    レヘj 」 |  7∧イ: :/ ヽ : :イ:/     {
  j:::..     L | 〃∠: :/  : : |: :」l|       1
  /        Y {{_∧Uj    : :」        {
 /    /  ..::Y´ {,,,{,,,,,}>---イ   ヽ   . : ハ
 !   /   : : :|  ::::Y  :::::::::/        : : :: :i
 V  /   : : : : :{=--=ト=-_ ノ: : :         `ヽ
  ヽ    : : : : : 〉-- +-=.../: : :            |
   }    : : : :〈,,,, r'  人: : : :: :          /
   L    : :/::`'ー'‐ ′:::\        : : :: :Y」
球磨川禊 「『両偽ならこの先の噛みがブレるから』『そこから判断すればいいよ』」
やる夫 「それについては同感だお>リリー・ブラック
だけど狩人じゃないのなら、それ以上言う必要はねぇお
……共有が判断する所だお、……だけど、そこを狙うのかお」
銀河美少年 「んであのタイミングで対抗CO……
正直中身の判断に困るね!」
シテヤンヨ 「明日以降、また惰性で継続するかどうかは考えるべきだけども。
今日はまだ放置でいいでしょ。占いもその○も。」
蒼星石 「ちょっと喜ぶやっさんが可愛いよー!やっさーん!!バニーになってくれー!!」
御坂美琴 「占いつりはあり得ないわ>でっていう
COからして霊が刺さってるのでしょうし、その相方が占いでない限り占いに真はいる」
やらない夫 「そんなひどい……(以降無限ループ>蒼星石」
霊夢 「やる夫は人外と思うから吊りたい枠
でっていうは、中身が何でも吊っておく枠」
砂吹き男 「毒語りも普通にあるよ?>リリーブラック」
霧雨魔理沙 「いまから毒COさせるのか?>リリーブラック」
一条 「その辺りは朝一で霊夢さんが言ってるのでそこ参照ー。」
ベアード様 「毒釣りはねーわ」
やる実 「とりあえずでっていうの最終日を今日にしたいというのが
やる実の感想だお」
やっさん 「やる実狼は同意、でもやらない夫はどうかしら?>ベアード

ちょっと初手で囲う位置とは思えないというのが何とも
残念だけどその淫魔(インクブス)は、すごく目立ってる」
瀬笈葉 「潜伏占いが来たらそれはその時で考えればいいし。
占い先と彼ら自身の発言、結果が信じられるかどうかに過ぎないと思うんです。」
最終日送りっていう 「出るタイミングがありえんくらいの遅さだろ
即吊で十分!」
御坂美琴 「怪しいと思ってたグレーはまだ灰にいるし、まだグレラン続行でいいかなーって私は思うわ」
やる夫 「あと、毒に言っておくお
昨日の票数を見て、今日はグレランになるから吊られるかどうかの判断は厳しめに御願いするお
もちろん、トラップとして機能してくれるのが一番ありがたいお」
ベアード様 「ちげえ、ごっちゃになった
COだCO」
一条 「後リリブラさん、それ今出す意味がないです。」
笹瀬川佐々美 「まあやる太も共有とはいえQPの矢の可能性免れぬところだからな
指示役100%信用できるかといえばそこまではない」
蒼星石 「というかまあ、指示が出せるヤツがいないのは仕方ないし。
考えていこー。と言っても占いの○外してランするしかないわけだけど」
白レン 「初日から占い吊りに動くところは吊っておいて損はないと思う上で」
球磨川禊 「『やる実ちゃんの中身が狐でも』
『狼視点そこは処理するしかない』
『だから即処分するのは反対しておくぜ』」
やらない夫 「別にやる実吊りたいってのはまああっこで出る意味がよく分からんってのはわかるので、考慮しなくもないけど
狐狙いって思うならドなんかなあと思うけどな」
リリーブラック 「無論出すつもりはないけどね
というか、今日なんてどうせグレランしか無いでしょうよ
例え、やる実の出方が胡散臭くて、銀河美少年も朝一飛び出しがよく分からなくても」
霊夢 「うん、やる実はそういうだろうね」
やる実 「むしろこのルールで潜らない方がどうにかしてるお
それにでっていうはやる実を狐(○系の人外)といった
つまりやる実が○系と見えてる可能性高いお」
やる夫 「朝一番で挨拶をするやる夫が人外はねぇお!>霊夢
ついでに言うなら、……残念ながら、恋人も……ねぇんだお……(血の涙」
御坂美琴 「打ち切り?>やる実>最終日を今日」
霧雨魔理沙 「とりあえずセオリー的にグレランでいいよな?
他にすることないけど
異論あれば頼む」
瀬笈葉 「それが人狼の王道ですし。
占い2人をなんと見るか。真は居ると見るか潜っていると見るか恋人と見るか」
最終日送りっていう 「んならwwwwww対抗が出た瞬間に出ろよwwwwwww>やる実」
蒼星石 「>やらない夫
しらねえよ! 勝手にやってろよ!!」
リリーブラック 「毒の騙り何て対抗が出てから考えればいいわ >砂吹き」
白レン 「笹瀬川佐々美が狩人初日の可能性に言及した上で
占い初日、霊能初日という可能性に触れてないのが気になるというくらい」
シテヤンヨ 「正直、白レンの潜伏占い飛び出す発言は人外がそういうCOの用意の為の布石打ちに見えてしかたないんだけども。
そう考えたのはあんまりいなかったって話よね。投票的に考えて。」
砂吹き男 「さて、発言と視点を見ながら推理しないとね」
蒼星石 「んー」
ベアード様 「ま、共有噛みってことは信用勝負選択
で、銀河ほぼ真狂なら
やる実狼、ない夫囲いあり。こんなところっしょ」
やっさん 「1CO霊能無し共有初日見てから、にしても、ちょっと遅かったのがマイナスなんですよ>やる実」
霊夢 「やる実視点、でっていうが狩人でも自分護衛なんかしないだろうしね
正直あんな決めうち早い人(?)を残しててもあんま村が有利になると思わないし吊りに乗っても良いよ」
一条 「遅い、早いの問題ではなく。状況的に理解できる範囲内かどうかです。」
球磨川禊 「>魔理沙ちゃん
『なんで君が仕切っているのかはともかく』
『他にする事はないね』」
やっさん 「貴方は働きなさいよ!>蒼星石」
最終日送りっていう 「あそこで出るなら潜んなよ」
やる夫 「どうして今、恋人を気にするのかがむしろ理解できねぇお

敵は狼だお、数が一番多いんだお
少しでも削らなきゃいけねぇ局面だお、……そこんとこだけはよろしく頼むお

占い師が生きてりゃ勝てるんだお」
やらない夫 「まあ、グレランなのはそれでいいんだが」
笹瀬川佐々美 「やる実が攻められたから抗弁しているんだろうが
やる実も最終日送りも残しておきたい
むしろこいつらで最終決戦させれば途中の日で村陣営勝利になるんじゃないか?」
やっさん 「グレランしかないと思う、賛成」
瀬笈葉 「やること自体はグレランで大丈夫だと思いますよ?
魔理沙さんの言ってることですもん、私は信じてついていくのが弟子の道です(キリッ」
笹瀬川佐々美 「どうしても村同士の喧嘩に見える」
ベアード様 「んー投票したのは古泉かーまずいなー」
白レン 「指示役が欲しいタイミングなったら毒に出てもらえばいいのよ」
御坂美琴 「占い理由を見てみると
あんまり個人特定はしてなさそうねー

どっちとも偽はありそう」
砂吹き男 「だから指示役としては不適切だね>リリー」
霧雨魔理沙 「個人的には共有の相方初日みた瞬間にCOするかいっそ翌日だったと思うのぜ
潜られても信頼的にあれなのででてくれって言ったけど」
やる実 「灰がどれだけ広いと思ってるのかと。
そして人外の種類がどれだけあるとおもってるのかと。
何故初日に出るかって話。
共有初日で対向1COだから渋々でただけだお」
やる夫 「他に選択肢はねぇお>魔理沙

どーーーーーしても吊りたいところがあるのなら、言っておくのもアリだお」
蒼星石 「>ヤンヨ
むしろ白レンは潜伏霊能気味な発言。
共有のアレが出る前に潜伏しているでしょうし、って言ってたし。
まあここで言うもんじゃない気がするけどね」
やっさん 「あとは毒とかのCOタイミングだけね……やっくんがいいこと行ってるからそれ参照で」
霊夢 「笹瀬川佐々美は、私にちょっかい出す割に,私の返答に何も言ってくれないね
独り言つぶやく人なのかな」
球磨川禊 「>最終日っていう
『3-2占い即噛みとか見るなら』『潜ること自体は悪手じゃない』」
銀河美少年 「困ったなぁ、霊能さん本気で出てこない…
恋人になってたりするんだろうか…?」
リリーブラック 「◇最終日送りっていう 「あそこで出るなら潜んなよ」
それには凄い同意なんだけどね」
笹瀬川佐々美 「古泉の発現量は確認してきたが、ありゃ票を集めてもしょうがないところだ
投票者に色は見ない」
蒼星石 「お?」
やっさん 「←(マズい、余裕なくなって素が出てきちゃったという顔)」
瀬笈葉 「占い2人なら結構長い間見極められるんじゃないでしょーかとだけは。」
やる夫 「今の時点じゃ占いにさえ手をツケないのなら、やる夫は文句ねぇお
確実に真がいるんだお、それを疑ってたら勝てるものも勝てねぇお」
御坂美琴 「まあ恋人言うのは狼へのプレッシャーとかも含めてじゃないかしら>やる夫
とりあえず言えることは言っておこうという」
ベアード様 「ああ、あと潜伏占い、いる可能性あるんだから
気をつけろよ
でてる占いに真がいないって可能性は頭にいれとけ」
霊夢 「初日共有見たらでるでしょ普通」
球磨川禊 「>銀河ちゃん
『むしろこのルールで霊能がそれ以外だったら困るね』」
やっさん 「霊恋以外ないでしょ、占い恋かどうかが問題」
砂吹き男 「偽だとしても露出した役職が二つしかいない以上

切るのはむずかしい>御坂」
やる夫 「霊能については考えるなお>銀河
やるべきことをやるんだお、いいかお?」
蒼星石 「>やっさん
働けって、何? 性的な意味で? 任せてよ!」
笹瀬川佐々美 「恋人狙い…か
苦手なのだがな、くそ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
御坂美琴0 票投票先 1 票 →シテヤンヨ
銀河美少年0 票投票先 1 票 →ベアード様
最終日送りっていう8 票投票先 1 票 →シテヤンヨ
やっさん0 票投票先 1 票 →瀬笈葉
笹瀬川佐々美0 票投票先 1 票 →白レン
霊夢0 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
砂吹き男0 票投票先 1 票 →やらない夫
蒼星石0 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
球磨川禊1 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
一条0 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
やる夫1 票投票先 1 票 →球磨川禊
やらない夫1 票投票先 1 票 →ベアード様
リリーブラック0 票投票先 1 票 →白レン
ベアード様2 票投票先 1 票 →やる夫
シテヤンヨ2 票投票先 1 票 →白レン
白レン3 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
瀬笈葉1 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
やる実0 票投票先 1 票 →最終日送りっていう
最終日送りっていう を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
白レン は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
白レンさんの遺言

私噛まれるなら狩人初日に言及してたことと
投票関連を合わせて笹瀬川佐々美を吊ればいいと思う
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
やる実 「占いCO!ベアードは●!」
笹瀬川佐々美 「そういうことね>霊夢
だけどガンガンいきすぎたら序盤から潜伏能力者処刑しかね無いと思うけど?
ま、それ以上にやる夫に人外を感じたというならいいわ
感性はひとそれぞれなところもあるからね」
御坂美琴 「おはよー
シテヤンヨが回りくどくてつりたかったけど投票的にあんまり疑われてないようね」
一条 「おはよーさんです。」
霊夢 「で、佐々美は人外要素感じる人の発言は見ない人なのかな?
私の初日の発言を見たら、初日共有が全くおいしくないと思ってて、
初日共有をおいしい事だと表現したやる夫に投票したって分るとおもうんだけど。」
砂吹き男 「おはよう、指示役の共有が噛まれた以上

おだやかな村なんてあるわけがないね>昨日の投票」
球磨川禊 「『おはよっ』
『それじゃ皆 COをよろしくするぜ?』」
銀河美少年 「豪快・銀河十文字占い!ベアード様●!」
やっさん 「おはよう……
終末の獣(最終日っていう)吊りはちょっといただけない……でしょうか
役目ではないけど同時に人外っぽくもない位置でした、最悪でも占い位置、序盤は放置でいいかなと感じたところなのですが
速攻やる実偽にも言及していたところでもありますし、正直残したかった……最終日(アポカリプスナウ)まで……」
やる夫 「霊夢、やる夫にとって『確実に占い師が生存する』ことが一番嬉しいんだお
1-1や2-1で一番不安になることはなんだお?

QPが確定とか、恋人役職とかんなことどうでもいいんだお
まず第一段階として確実に初日占いがありえない、3CO未満の占いならこれが一番嬉しいんだお

霊夢の主張も理解するお、だけどやる夫の主張もさせてもらうお
……わかってもらえたかお?」
蒼星石 「うあー」
シテヤンヨ 「おはようなんよ。
結局のところ占い無視して怪しい奴から吊って行こうぜコースの大グレラン村か、
面倒だけど共有初日だから占いどっちか信じようコースの信頼村かって感じよね。
なんか占いを噛んでくれた方が視点スッキリして楽ってのも珍しいんよ。」
やらない夫 「おはようマッスル!(挨拶」
リリーブラック 「出てる占い、両偽は結構考え中かしらね」
瀬笈葉 「おはようございます。
でっていうさん誘導されてたんで精査してみたんですけど、
結局出るタイミング以外で物を言って居ない位置ですよね。
初日の白レン誘導も理由無いですし、根本的に理由がタイミング一点での因縁。」
ベアード様
                     l__)         /ノ      __r
                      ヾ{       )::ヽ    f:::r''
               }       _{::L,................./::厶____ /::/    __/r''´
               l,、__ ,.......:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...../::::/
          {L_    x}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
            ヽ_,.x:::::::::x=≠ニニニニ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:/            やらない夫 1 票 投票先 1 票 → ベアード様
       )_    /::::::::::/         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\___,....,___/}
        `ヽv'::::::::::::::/  /  ̄ ̄ ̄ \\ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒¨´     やべ、すっげえ怪しい
          /::::::::::::::::/ /   _,. .-‐-. 、ヽ ヽ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ___ __,/´
       _/:::::::::::::::::/ /   〃: : :-:、: : : , _}_}_ヽ::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒´    なんかヘイトむけたら投票してきたんですけどコイツ
  /⌒ ー、/:::::::::::::::::::{ !   {: : :弋_.ノ: : ; イ彡'r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      /::::::::::::::::::::::} ヽ  ヽ: : : :_:,..イ //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v‐==ミ  あとなんか推理っぽいこと言ってるけど
      ,:::::::::::::::::::::::::::ヾ    ̄ ̄ ̄  彡r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
  / ̄ヽ/: :::::::::::::::::::::::::::::::\_    __,彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    ここ何もいってねえですぜだんなー!
     {: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :.≧==⌒ヽ
     |: : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :.L
    _,.: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : rヾ、___ノ
`ヽ__/⌒!: : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : ;'
     '; : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : :/
      '; : : : : : : .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :/」
一条 「発言見なおしたけど、
ベアード様をやはり吊りましょうという結論にしかならない。

昨日潜伏占いの存在示唆できるって事は、
この村で占いが潜伏する理由を理解してるって事。
それなのに初日にやる実さんが後から出てきたから偽って発言が出てくるのはおかしいでしょう。
と思ったら両●とな。」
球磨川禊 「『共有噛みから考えて狼混じり』『なら基本的には 占い師を名乗る二人は残していけばいい』
『狐対策だけでなく恋人対策にもなるからね』」
やる実 「理由
露骨に信用落とししてるところで
ベアード様(139)  「ああ、あと潜伏占い、いる可能性あるんだから
気をつけろよでてる占いに真がいないって可能性は頭にいれとけ」
共有噛みしてる以上ここが非常に
潜伏占い用意してる人外に見える
笹瀬川佐々美 「ベアードに黒?」
瀬笈葉 「それなら吊ってもいいのかなーと思って投票したわけです。
あとやっぱり、恋人強そうな霊能に向かって呼びかけてる美少年さんが微妙で
その分やる実さんの筋が若干通ってるって言ったところ。」
やらない夫 「すっげぇ>ベアード二重●」
球磨川禊 「『確定●?』」
霧雨魔理沙 「おはようだぜ」
霊夢 「はっは。ワロス>ベアード2重●」
一条 「逆に迷うわ。」
ベアード様 「潜伏占い日記

銀河美少年○>やらない夫●>魔理沙●」
笹瀬川佐々美 「しかもふたりとも?」
御坂美琴 「この露骨な二黒
確か潜伏占いもありえるよとか言ってたところね」
やる夫 「……レンが狙われるのかお
ベアードがダブルで●

もしも毒なら、すげぇありがたいお」
蒼星石 「ベーアドさん…………(ほろり」
やっさん 「確定黒……ですって!?

いや、確定というわけではないけど」
シテヤンヨ 「ありゃ? レン非狼なのか。
なら役持ち臭いし噛まれるよねって話。」
銀河美少年 「理由 COがない、灰が広い
   んで占い両偽を強調して発言したここを占いを早く吊りたい人外目
   と見て占う、銃殺とか出たら嬉しいね!」
ベアード様 「ちげえ魔理沙○」
球磨川禊 「『いや二重だけど』『真狼で?』」
やる実 「じゃそこキープでよろしく」
笹瀬川佐々美 「そして黒投げられたベアードが黒ふたつ…」
ベアード様 「このロリコンどもめ!>ALL

潜伏占い日記

銀河美少年○>やらない夫●>魔理沙●

グレー広いしなんとかなるっしょー
ということで潜伏占いだよー
で、なんか占い先がCOしたから潜伏続行
占い先は○で釣られ回避でよし

占いCO!きさまはロリコンか?
銀河美少年○!

ふふふふ・・・貴様はロリコンか?
銀河美少年!まるでどっかのカブトボーグ少年
みたいな頭しやがって!
粛清してやる!

占いCO!きさまはロリコンか?
やらない夫●!

んー・・・明日COするか
まだ潜伏するか、潜伏続行
で、どっち占いかといえば
噛まれそうにないやる実の○
ということでない夫占い

占いCO!きさまはロリコンか?
魔理沙○●!

んー銀河狂Qで
そこ噛みじゃないってことはー
魔理沙あたりで囲いいれられたかな?
やる実についてはない夫で判断ついたかも
ということでここ占い」
砂吹き男 「                  ,彡    ,ノへ、
                彡彡  /´   |
               /彡彡 / ⌒   |
              /彡  ./       !
              !!ノ彡/       .!
              i //         |
  、_        .//'          .|
ヽ`    ̄ー__ /             |
 \       ,/               |
   !      !                |
   ヽ        ,              |
    >、      \            i丶、
   /´/ヽ      .\             ヽ、
  ´/ノノ|/|:::ヽ、     `丶---          ヽ、
   ソ  |  i::::丿ヽ、                   `ヽ、
      !  `´、_ 丿`´'!::、_                <_
     .ヽ <_     .i::::::丿- 、,   ___---´ ̄ ̄
       ヽ ``丶___) ヾ´__ノ ̄ ̄ ノ /<-ソ´ 両占い同じ対象に●かあ・・・
        丶 丶、_       ,.ノ-´´ ̄           
         `ソヽ,  __ イ´
        / \ \へヘ'ノ ヽ、
      /    \_| ヽ \ .\
    ./      / !  |ヾ ヽ \
やっさん 「信じられるかぁぁぁ!!!!>ベアード」
やらない夫 「いやいやいや、キープとかねえよ>やる実」
御坂美琴 「あー」
球磨川禊 「『は?』?潜伏占い」
リリーブラック 「あぁ、対抗3になるなら出るわ
潜伏占いCOよ
瀬笈葉○  球磨川禊○  霧雨魔理沙○」
瀬笈葉 「なーんか絶妙にSGっぽくもありそれっぽくもあるところに二重●ですか。
まあCOは聞いてみていいかなぁとは思いますが」
蒼星石 「やっさーん!昨日霊能かもーって言ったところが噛まれたよー!!
その挙句ダブル●クロスだよー!!地獄だよー!!」
一条 「ハハッ。」
やる夫 「…………だーかーらー!>ベアード
何でそういう真似をするんだお、何で!?

投票で示せお、少しでも自身の真を示せお!」
銀河美少年 「あーこれやる実さん狼ではないっぽい」
やる実 「なら対向狂人だおね。それかQP」
シテヤンヨ
      _________
     /  ∧_∧ // . ||.||
     |_( ・ω・ )//_||.||    面倒なんで占いをロラりたいと思ったのはヤンヨだけじゃないはずなんよ。
    /_  ̄ ̄_ |    |.||
    ◎====◎   |    |.|| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
    |___     |    |.||    |    |    |    |    |
    ヽ -―ヽ\    |    |.||__|__|__|__|__|   三;;::('⌒;;:⌒
    / / // ヽ_\__|__/―――| |/ /   ヽ
  || し |         |w|│(_|w| | O |   三     ;;::('⌒ ;;:⌒
   ヽヽ___ノ          ヽヽ___ノ ヽヽ___ノ 三≡ (´⌒(´⌒;:」
蒼星石 「は?」
やらない夫 「ええとさー。これベアード信じる理由とか全くないよなと思うんだが」
笹瀬川佐々美 「ふーん、間違いなのね
まあ慌ててて削り間違いというもありえるんでしょうけどね
やらない夫が毒とかならありがたいんだけど」
一条 「何このたけのこ。」
御坂美琴 「んで、魔理沙◯でいいのね?>ベアード」
ベアード様 「以上、ない夫でやる実
非狼でも真贋ついてる」
やる夫 「占いに確実に真がいるのなら、このまま占いは残すお
誰かが噛まれるまでローラーの必要はねぇお」
リリーブラック 「潜伏占いCOよ
潜った理由? 
完全に趣味。 狩人初日恋人に対応とは言っておきましょうか 一応

占い日記
瀬笈葉○  球磨川禊○  霧雨魔理沙○

初日:瀬笈葉
ま、普通に隣り占い・・・というか下占い。
瀬笈葉って調べたらメイベルみたいなもんなのね
まぁ、皆 想像緑が高いこと高いこと

2日目:球磨川禊
対抗の○占おうか迷ったけど、今日は一発狐狙いをするわ
2票持ちだけど、すごく吊られたく無さそうな分量水増しっぽい球磨川
2行目の薄さが行数稼ぎ臭いのよね すっごく。
とにかく死にたくない何かなんでしょうよとは

3日目:霧雨魔理沙
囲い潰しと行きましょうか。
なーんか、指揮とってるのが謎いのよね
強弁人外なら面倒って話だし、占い潜ってるならCOしろっていう初日が謎だったし」
やらない夫 「そしてなぜ出る>リリー・ブラック」
霊夢 「挨拶の位置なんてどうでもいいよ
むしろ挨拶の遅い所なんて,初日銃殺のときしか参考にしない
そも、人外で挨拶が早くて損するのって、占いカウンターができないだけじゃない>やる夫」
一条 「ベアード様 2 票 投票先 1 票 → やる夫

信じられる訳がない。」
御坂美琴 「はいぃ?>リリーブラック」
ベアード様 「うん、ごめん>みこと」
球磨川禊 「『いや うん?』『なんで結果ミスってるんだろうか』>ベアード様
『君はそこで凄く信用を落とした。』」
やる夫 「で、●貰いの中に毒がいるならありがてぇお
COを聞かせてもらうお……やらない夫」
砂吹き男 「おだやかな村なんてあるわけがないって言ったけどこれはひどすぎるなあ」
霧雨魔理沙 「一応ベアード真もあるから即吊りしないでキープでいいんじゃないか?」
瀬笈葉 「そしていろんな人が危惧したとおり潜伏占いさんが出てくると。
3人占いとなったわけですが、魔理沙さんへの対抗占い早いのは指示薬作りでしょうか。」
霊夢 「知るか>ベアードの占いCO」
やらない夫 「え、いやベアード吊るべきだろこれ>やる夫」
笹瀬川佐々美 「瀬笈葉…ああ私の名前を縮めたのかと一瞬勘違いしちゃったわ
左下隅のね」
やる実 「まだ対向出るのかお?
そこがならQPかなんかかお?」
一条 「と思ったら昨日やらない夫さん○だったっけ。」
銀河美少年 「……対抗急に出てきた!?」
やっさん 「んーーー?どういう流れでしょう?

真狂誤爆?にしてはやる実の出方が説明できない……
狂狼特攻、とした場合、ベアードの発言を洗わないと

って増えた!?」
球磨川禊 「『そしてそこからなんで4COになるかな……』」
シテヤンヨ 「あー、一つ提案。
面倒なんで役職も○も吊りたいところ各自投票で良いんじゃね?
○が怪しいならそこ投票すればいいし、CO者が人外にしか見えないなら吊ればいいし。」
ベアード様 「●二つだされて焦った・・・・>球磨川」
砂吹き男 「大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ

つまりは」
一条 「なら別か。」
蒼星石 「というかまあ。
やる実 - ベアードラインが見えてきた感じ。
どっちか吊ればいんじゃない?
占い真交じりは確定してるんだし放置放置」
やる実 「じゃ灰吊りで。」
やる夫 「当然だお>魔理沙
……やらない夫、……たとえやらない夫と言えども聞かなきゃいけないんだお、許せお」
シテヤンヨ 「結局のところ役職COに甘えず村アピ頑張れ村の大合戦でいいじゃないかって気しかない。」
蒼星石 「えーっと」
リリーブラック 「・・・逆になんで潜る必要があんの? >やらない夫」
霊夢 「潜るのは良いけど,昨日●引いて潜るのと,●ぶつけられるのは知らん」
砂吹き男 「占いをローラーすれば人外は三人ほど吊れるってことだ」
瀬笈葉 「おおう、一気に4-0
ベアード様真なら美少年は狂かQP、で魔理沙さんはほぼ○と。」
やらない夫 「そんならベアード吊りでいいよ

で、俺がCOする理由が全くないね>やる夫」
ベアード様 「◇一条 「ベアード様 2 票 投票先 1 票 → やる夫

信じられる訳がない。」

さすがに○のない夫に投票するのも怪しすぎるんでな
役持ちなさそうなところ投票した」
笹瀬川佐々美 「まとめ役がでたところでまとまるわけないわね
むしろ投票みるために自由投票にしたほうがいいわ」
御坂美琴 「ここで4COって想定してなさすぎた

うーんリリーブラックは狼狐だと自殺行為っぽいのよね」
一条 「ベアードの発言傾向自体は非常に潜伏占い、又結果と合致はしているんだけども。」
やっさん 「黒連打は非QP目かな……吊りまくるのがそんなにいい作戦とは思えないし」
蒼星石 「美少年視点リリブラ白出してるし。
狂女神ね、おっけー」
やる夫 「増えた占いについては、……各自で見ておけばいいお
占いが噛まれる可能性だって十分にあるお
焦るんじゃねぇお」
シテヤンヨ 「占い4COで、狂かQPが暴れてるなら真面目に考えても混乱させられるだけなんで。
臭い奴を片っ端から消すぐらいで考えたい。」
銀河美少年 「ベアードさん吊っていい
んでやる実さん狂狐QP目僕からはそんだけ」
球磨川禊 「>ベアード様
『焦ってるとか言う割には』『日記っぽいのも魔理沙●だよね……』
『……正直 潜伏日記持って出る予定だった人外にしか見えないんだけど』」
御坂美琴 「ここで自由投票とか村人が吊れるフラグにしか見えないけどまとめ役もいないというね」
霧雨魔理沙 「毒もってるやつ、いつCOしてまとめるかはかんがえておいてくれ」
やっさん 「そればらけるからダメ!>ヤンヨ

みんなの力を一つに合わせなきゃ!」
砂吹き男 「ここで占いを切らないと残りの灰的に厳しくなる

ここで占いの一人くらいは切るべきだ」
蒼星石 「あ?」
やる実 「本当に潜伏占いなら
あんなにそれっぽくしないお
噛まれるからだお
だからやる実はそこ狼だとおもったお>一条」
一条 「>ベアードさん
ああ、ごめんなさい。
流石にその後確認しました。」
ベアード様 「いっておくけど潜伏占いとして
昨日俺は全部視点を出した

あと潜ったのはCOするタイミングが分からなかったから」
やる夫 「それでも、占い師は確実にいるんだお、この中に>やらない夫
……わかってくれお、やらない夫!
やる夫だって、やらない夫を吊りたくねぇお!」
瀬笈葉 「ただ何で●引いて潜るのかはベアード様に問いただしたいかも。
いい加減にしか発言見てないから占いか否かは見極めづらいし」
リリーブラック 「狐が後半とは言え、初日に出る理由が割と分からないわね
私としては、ベアードの方があるなら狐目に見るけど。
CCO的に」
球磨川禊 「『占いを切るならベアード様』」
やる実 「占い1切りならベアードでいいお?」
笹瀬川佐々美 「占い4+黒1かないまは
QP、狂、恋(ベアードはありそう)、狼、狐、他に高確率で騙りえるところは…」
蒼星石 「ごめん占い一人切るんならやる実ん子になっちゃうんだけど。
それでもいいの?」
御坂美琴 「というかQPならCCOせず吊られると思うの>やっさん>黒連打以前に」
銀河美少年 「まぁ絶対身内切ってないとは言わないけど、
このタイミングかは微妙だと思う」
やらない夫 「占い4COだしな。もっともだと感心するがおかしいことはなにもない
昨日俺が投票されてたことを許してやろうと思える>砂吹き男」
一条 「いやベアードは切らん。」
蒼星石 「ちげえベアード。ベアード」
やる夫 「対抗残しておけお>やる実
何でそこまで焦って吊るすんだお?」
砂吹き男 「くそっ!

霊能がいればと考えてしまう自分がいる・・・」
ベアード様 「ない、というか最後まで潜るつもりだったんだよ>球磨川
俺として鼻」
やっさん 「まだ17人……普通村(ノーマルモード)と同じかそれ以上の状況

グレ潰しでいいはず」
笹瀬川佐々美 「ま、占い1人はきったほうがいいわ
いま17人だから基本書系手数は8」
やる夫 「言っておくけど、もしもベアード吊るすくらいなら
やる夫は容赦なくやる実を吊るすお」
霊夢 「●引いてでるタイミングが分らないっていういのは流石に良くわからないかな
少なくとも、日記に「●引いたけどこれでてよかったの?もぐっちゃったけど」とかそのへんの記述があるんじゃないの?ほんとに分らなかったのなら」
やる実 「いや切るならベアードってだけだお、
灰ランでいいお>やる兄」
シテヤンヨ 「まあ組織票恐いってのはあるけどねー>完全自由投票
なら逆に一番村度高いのに指揮取って貰うのは有りだけど、逆にそれ外したら死ぬしなーっていう。」
やらない夫 「いや、むしろやる夫はなんでそんだけ余裕なのかと」
蒼星石 「>一条
ベアード切っても露出人外陣営が、
●2個と対抗3個でほぼ出るしいいいんじゃない? ベアード吊っても」
ベアード様 「昨日の俺の発言見て、後悔するぜ?それ
グレラン」
御坂美琴 「占いを切るならリリーブラック 銀河美少年以外の二人ね
リリーブラックはCOのし方から 銀河美少年は発言の素直さから」
笹瀬川佐々美 「>やっさん
人外が少なくとも3顕になっている」
瀬笈葉 「なんとも言えない発言だなぁ読み返すと
視点漏れにも占い師店にもどっちにも見えなくもない>ベアード」
球磨川禊 「『というかここで白レン噛みって』『明らかに潜伏した何かを狙った噛みなんで』
『そういう想定もしておいてね』」
やっさん 「では狐?>美琴

まぁ信頼っぽい空気だったけど」
一条 「発言的に非常に疑わしいものの、占いのそれとは合致。
と思ってたんだが。
ベアード様 「ない、というか最後まで潜るつもりだったんだよ>球磨川
俺として鼻」

えっ」
やる夫 「いてもいなくても同じだお>スナフキン
真は1人いるんだお、それを考えるお」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
御坂美琴0 票投票先 1 票 →ベアード様
銀河美少年1 票投票先 1 票 →ベアード様
やっさん0 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
笹瀬川佐々美2 票投票先 1 票 →ベアード様
霊夢1 票投票先 1 票 →ベアード様
砂吹き男1 票投票先 1 票 →やらない夫
蒼星石1 票投票先 1 票 →ベアード様
球磨川禊1 票投票先 1 票 →ベアード様
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →シテヤンヨ
一条0 票投票先 1 票 →やる実
やる夫0 票投票先 1 票 →球磨川禊
やらない夫1 票投票先 1 票 →ベアード様
リリーブラック0 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
ベアード様7 票投票先 1 票 →蒼星石
シテヤンヨ1 票投票先 1 票 →砂吹き男
瀬笈葉0 票投票先 1 票 →銀河美少年
やる実1 票投票先 1 票 →霊夢
ベアード様 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ベアード様さんの遺言 このロリコンどもめ!>ALL

潜伏占い日記

銀河美少年○>やらない夫●>魔理沙○●

グレー広いしなんとかなるっしょー
ということで潜伏占いだよー
で、なんか占い先がCOしたから潜伏続行
占い先は○で釣られ回避でよし

占いCO!きさまはロリコンか?
銀河美少年○!

ふふふふ・・・貴様はロリコンか?
銀河美少年!まるでどっかのカブトボーグ少年
みたいな頭しやがって!
粛清してやる!

占いCO!きさまはロリコンか?
やらない夫●!

んー・・・明日COするか
まだ潜伏するか、潜伏続行
で、どっち占いかといえば
噛まれそうにないやる実の○
ということでない夫占い

占いCO!きさまはロリコンか?
魔理沙○●!

んー銀河狂Qで
そこ噛みじゃないってことはー
魔理沙あたりで囲いいれられたかな?
やる実についてはない夫で判断ついたかも
ということでここ占い
やる夫さんの遺言
               ,  '´ ,. 、
               '      ゙!
                  /,       j}
           ,. --//     〃 ,、、
       _x‐'       ヽ    //イ  ゝ
      (´ゝイ (;;::      l/ //  人「   ⌒i;
      /{ヘ!|      /  / ィ´       !|
       .i  ^⌒ ....::.      _,ノ‐-、、 厂了 ,!リ
     !  ..:::::::::::::::.          `く   ノ //,
      `ー-r-、:::::               i/ イ//
         _/ _,.ゞ           `ヾ//
       `ヽ''´   \          // ┐
             \      //"-‐、|
               ` ー≠ィ彡彡"
          丶、_ ,,..-=_彡'"
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
リリーブラック 「ベアードは割と賭で占いたかったんだけどね・・・
占いCOよ
御坂美琴 ○」
瀬笈葉 「おはようございます。
占い吊るならベアード様よりも単純に真薄そうな美少年のほうが良かったと思ったけど
流石に大きな流れはそうならないのかなぁとも思った吊りでした。」
やる実 「占いCO!球磨川は○だお!」
霊夢 「一応主義主張の違いっていうのは感じなくもないんで言ったん矛はおさめるわ>やる夫」
笹瀬川佐々美 「どうも狼が処刑できた感じがしないわね
ベアード様は狼じゃなかったんじゃないの?」
やらない夫 「おはようマッスル!(挨拶」
蒼星石 「おはよ」
やっさん 「何故吊ったし

もし魔理沙確定○になってたとしたらアンタの最初の仕事は霊夢吊りでお願い
そんじゃなきゃ指揮まかせらんない」
御坂美琴 「おはよー
投票が固まりすぎてなんかしくじった感がするからやる実まで吊る」
銀河美少年 「豪快・銀河十文字占い!一条◯!」
一条 「おはよーさんです。」
球磨川禊 「『おはよっ』
『それじゃ皆 COをよろしくするぜ?』」
霊夢 「と思ったら死んでた」
一条 「>蒼星石さん
昨日の時点で占い吊って、それが切りに繋がらないならいいですけど。
ほぼその占いを切る吊り方なんで、露出人外数とか関係ないんですよね。」
瀬笈葉 「ベアード様、3日目色々視点駄々漏れでなんか吊りが怖かったもの…
狼が潜伏を狙ってるということとあわせて、ですね
やらない夫にちょうど3日目誘導していたこともあわせて、正直吊るのが怖かった。」
笹瀬川佐々美 「あとリリーブラックはなんでグレーに投票してるの?
対抗に投票すれば人外処刑できるのに」
球磨川禊 「『白レンちゃんを潜伏した何かを狙った噛みだとするなら』
『占い両偽で三日目に判明していたというシナリオがしっくり来るんだけどね』」
リリーブラック 「4日目:御坂美琴
◇御坂美琴 「占いを切るならリリーブラック 銀河美少年以外の二人ね
リリーブラックはCOのし方から 銀河美少年は発言の素直さから」
私吊りとか何言ってるのとか思ったら、
御坂美琴 0 票 投票先 1 票 → ベアード様
なんでやねん。  貴方の昼の推理は一体なんなの?」
砂吹き男 「おはよう、さて占いを吊ったしどうしようか?」
やる実 「球磨川禊(66)  「『いや うん?』『なんで結果ミスってるんだろうか』>ベアード様
『君はそこで凄く信用を落とした。』」
対向を切ってるあたり
非狼目ではあるけど。一応身内ケアで」
一条 「球磨川を占ったことだけは評価しておきます。」
やっさん 「なってなかったらやる実吊ろう」
シテヤンヨ 「おはようなんよ。
正直、ヤンヨの中で霊夢、蒼星石、球磨川辺りは村臭いんでそこ残す方策で行けばいいと思ってるんよ。
次点でやっさん、一条辺りが続く。
逆に吊りたい位置がCOしてない位置ではスナフキン一歩引いて場の混乱を眺めてるのが村っぽく見えないんよね。」
銀河美少年 「理由 なんというか、状況に対する発言で数稼いでる印象を受ける
   さらに投票もあんまりもらってない、  
   というわけでここ占い!恋人囲っちゃいそうで怖いけどね…」
やらない夫 「んー?やる実魔理沙占わないのか」
笹瀬川佐々美 「やる実と銀河美少年までは吊り切るわ」
瀬笈葉 「そしてやる実さんは魔理沙さんを確定○にはしない、と。
ここでそれをやらない理由は?」
霊夢 「ん?明日でるかなんて日記に書いておいて、朝一ででてなくて、●貰った占いをどう信用しろと?>やっさん」
一条 「ぶっちゃけやる実さんの占い理由が一切真のそれに見えないんで切るならそこ切りたかった。」
霧雨魔理沙 「おはようだぜ」
やらない夫 「ベアードで人外当ててるのはかなり評価したいんだがなあ」
やる実 「なら対向にもう狼はいないと思うんだけど
狼2枚出してきた可能性ってあるのかお?
それとも銀河狼からの追加かお?」
球磨川禊 「◇やっさん(126) 「まだ17人……普通村(ノーマルモード)と同じかそれ以上の状況
グレ潰しでいいはず」
『後こういう事を言っている場所は削っておきたい』
『狼は吊れていない場合狼は四匹だ』『普通村の比じゃない』」
蒼星石 「やる実真なら気抜きすぎ。
出方からしてきっついけどさー」
御坂美琴 「んー、あそこまで露骨な潜伏ムーブは偽のほうがあり得ると思うのよね>やっさん
だって噛まれないように黒投げられないようにするのが潜伏占いのメリットでしょ」
霊夢 「いらない>占い吊り」
リリーブラック 「◇笹瀬川佐々美 「あとリリーブラックはなんでグレーに投票してるの?
対抗に投票すれば人外処刑できるのに」
既に言った通りね。
初日の共有噛みが狼混じりでベアード非狼っぽいし」
瀬笈葉 「ここであなたがやるべきは怪しいところを占うんじゃなくて
信じるべきものを作る、それができた一難じゃないかって思うんですけど」
一条 「>シテヤンヨさん
少なくとも球磨川さんが村っぽいという評価にちっとも同意できない。」
霧雨魔理沙 「一応きいとくが霊夢吊り根拠は?>やっさん
今日中でいいよ」
砂吹き男 「さて、ここで問題になるのは

グレランかまた占い切か」
御坂美琴 「それリリーブラック+銀河美少年以外って意味ね>リリーブラック」
蒼星石 「つってもまあ、ベアード真切ったということで。
普通に残りの灰を詰めるんだけどね」
やらない夫 「霊夢って吊るところか?
そこより笹瀬川佐々美吊りてえんだけど灰なら」
やっさん 「安定度の問題、信頼できないのは私も同感だったけど>霊夢

17人まだいたのに吊ったなら、まぁそれはちょっと性急に過ぎると言うか人外のものの動きよねって」
霊夢 「ベアード人外だってだけで吊ったから
それより、さささささささとか吊った方が良い」
やる実 「ここで占い切って村勝てるのかお?
4-1で、占い1切っただけだお?」
笹瀬川佐々美 「リリーブラックは少しおいてみましょう
状況から判断すればいい
そして霧雨魔理沙は銀河美少年とやる実をつりきった直後に
COあるか聞いてみましょう」
霧雨魔理沙 「立場上ローラーとも決めうちとも言えないんだぜ……」
銀河美少年 「あとまぁよる考えたけど、ベアードに●出せるなら狂でもなさそうかな?
狐QP目?」
瀬笈葉 「で真薄すぎて仕方ない美少年とこんなことしてるやる実さんの●だからった
ベアード様吊ってるのは何だかなーな気がしてリリーさんしか
生きている人では信じられないのも私です。噛みは何故か灰だし」
やらない夫 「昨日俺毒考慮が非常に早かったり
おととい恋人狙い、を明確に口出したり
けっこー見えてる感じするしあんまり残したい場所じゃない」
やる実 「そう考えればいいんだお
初日共有のメリットを生かすべきだお」
一条 「嫌だなぁ。」
霧雨魔理沙 「ローラしてもおそらく真狂狼Qだから1wしかつれないのぜ……」
やっさん 「恋疑い>魔理沙

それさえなきゃ完全にとは行かなくても信用できるとおもうの
鉄板は潰す、ラブピーポーホロブベしって至高ね」
霊夢 「むしろ、あの時吊らないでいつつると?>やっさん」
笹瀬川佐々美 「…これ狼がリリーブラックでまさかのベアード真あるかしら」
球磨川禊 「『んー』
『個人的には初期CO二人については割と切ってもいい気分』
『白レンちゃんの噛まれから判断すると』」
蒼星石 「>砂吹き
灰詰めでいいんじゃないかな。
残りの占いに真見るって進行でしょ。
もっともやる実はベアードと紙一重だし、既に切ってるケド」
蒼星石 「というか」
霊夢 「ベアード真で困るのは,真で噛まれない事でしょうが」
シテヤンヨ 「>一条
まあ、球磨川は万人から見て白いってよりは、ヤンヨの感性的にこいつ村だろ的な何かなんで。
昨日の白レンについての言及で人外でわざわざ蒸し返さないだろうという考えから村と見たんよ。」
リリーブラック 「・・・霊は恋人よねぇ これ。
まぁ、残り占いに狼は1はいる。
グレランは悠長か? と言われればそうでは無いと思うわ

グレランよりは、吊りたい先を高らかに言って
数カ所から絞り込む吊りをしたいけれどもね」
笹瀬川佐々美 「ま、それは進行と状況からまた判断しましょ」
銀河美少年 「ブラックさんについては微妙、
狼4のむらだし、2騙りないとはいえない、そんな感じ」
砂吹き男 「グレランのデメリットは村を吊りやすいこと

占い切のデメリットは真が混じっていること」
笹瀬川佐々美 「霊夢、あなた狐なの?」
やる実 「あと魔梨沙は占うお」
一条 「その発想が被るのが非常に嫌だ、私は。」
瀬笈葉 「やる実さんは明日一応魔理沙さん占いはさせたい
ベアード様狼と見るならそっちが真強いと私は考えてるから
もともとそんなにベアード様狼と思ってないですけどね」
蒼星石 「割と銀河も発言が変なのでブラックしか真が見えない系のお話。
どうしようもないけどさ。
とりあえず。灰詰めようよ。それ以外いい案ないしね」
笹瀬川佐々美 「真で噛まれなくて困る、狐よね一番当てはまるの」
やらない夫 「昨日ベアード投票しといてほじくり返すのはどーなのさ
やっぱ吊りてえこいつ>笹瀬川」
やっさん 「ただ正直魔理沙-霊夢を本気でやるQPいるかなんだけど……んーーー

まぁ指揮するにはその辺だけはおさえなきゃなぁという意見

でもやる実かぁ……確定○作らせる?」
球磨川禊 「『とはいえ個人的には灰を詰めたい』
『というかやっさんを吊りたい』」
御坂美琴 「まー二黒もらったベアードの霊結果知らせない辺り本格的に」
霊夢 「パンダのやらない夫だってどうせ吊らなかったでしょ?
17で、吊りたくなかった。じゃあいつ吊るの?真決めうてるの?」
やる実 「あんま魔梨沙狼に見えないけど
蒼星石 「◇銀河美少年 「ブラックさんについては微妙、
狼4のむらだし、2騙りないとはいえない、そんな感じ」」
瀬笈葉 「リリブラが狼か否かはともかく、ベアード真はないとは言い切れないと思いますよ?>佐々美さん」
やっさん 「漆黒の瞳(ベアード)視点、美少年狂QP
やる実視点、ベアード狼、のみ
リリブラ視点、特になし
美少年視点、リリブラ狂QP、か

リリブラがなんかよく分かんない」
笹瀬川佐々美 「占いが4もでてきてこの日数
占いを相当きっておくべきよ」
蒼星石 「僕のメモミスじゃなければ銀河ってリリブラに○出してたと思うんだけど」
砂吹き男 「ただ僕はベアードは狂目にみているので

狼がそんなにつれていないと思っている」
シテヤンヨ 「正直、昨日の噛みを見て占いが噛まれる噛みでもなく、占い達は銃殺による一発証明狙いの占いをしてくれるわけでもなく。
また微妙にロラを押していたヤンヨを占うわけでもなく。
こう、正直本当に真いるなら頑張れよでしかない。」
一条 「もうぶっちゃけ占い全然信じれないけど、魔理沙占う猶予だけはあげる。
もうそれだけでいい仕事。」
瀬笈葉 「発言が初日からアウトすぎる美少年サン切りたい、というのが私の意志。」
御坂美琴 「今日グレーを狭める意味がなーという
グレー噛んできてるしすでに囲われてるかもしれないじゃない」
シテヤンヨ 「まー、占いロラった後に絶対こいつ吊るだろう位置吊るつもりだけども。」
銀河美少年 「……自分の占い結果忘れるとか!   orz」
球磨川禊 「『別に魔理沙ちゃん恋でも位置的に噛まれそうな気はするし』
『そんな可能性を追っても』」
やっさん 「はいあうとー>美少年

よし!働いたね!えらい!>そうせいsけい 」
霧雨魔理沙 「明日私が確定○になってなかったら本気で毒さんCO考えてほしいのぜ
●とかかまれとか」
蒼星石 「美少年きりー。残せん」
やらない夫 「ベアード狂ならリリー真だな>スナフキン」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
御坂美琴0 票投票先 1 票 →やる実
銀河美少年8 票投票先 1 票 →霊夢
やっさん1 票投票先 1 票 →銀河美少年
笹瀬川佐々美2 票投票先 1 票 →銀河美少年
霊夢1 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
砂吹き男1 票投票先 1 票 →銀河美少年
蒼星石0 票投票先 1 票 →銀河美少年
球磨川禊0 票投票先 1 票 →やっさん
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →銀河美少年
一条0 票投票先 1 票 →瀬笈葉
やらない夫0 票投票先 1 票 →銀河美少年
リリーブラック0 票投票先 1 票 →銀河美少年
シテヤンヨ0 票投票先 1 票 →砂吹き男
瀬笈葉1 票投票先 1 票 →銀河美少年
やる実1 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
銀河美少年 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
シテヤンヨ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
シテヤンヨさんの遺言
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(((+ω;) 残念、ヤンヨのぼっちは未だ継続していたようだ。
      ̄U      ちなみに素村なんよ。



                ∧_∧
                ( ・ω・)      わりと真面目に、占いロラって大グレラン村化した方が楽だと思うよ。
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|─□( つ┬O      面倒なこと考えず、臭いの吊っていけばおk方針で
~ ≡ ̄◎ ̄ ̄◎ ̄≡ ◎ヽJ┴◎ キコキコ
銀河美少年さんの遺言 銀河美少年の占い日記  ~やれそう、と思ったときはやれる!~

初日
占い 霧雨魔理沙◯
理由 魔理沙さんからは銀河の輝きを感じるよ!
   輝け!僕の銀河占い!
2日目
占い リリー・ブラック◯
理由 まずは得票少ないところから、
   グレー多いし人外だったら困るところからだね!
   後は生存欲も!というわけでここ占い!

3日目
占い ベアード様●
理由 COがない、灰が広い
   んで占い両偽を強調して発言したここを占いを早く吊りたい人外目
   と見て占う、銃殺とか出たら嬉しいね!

4日目
占い 一条◯
理由 なんというか、状況に対する発言で数稼いでる印象を受ける
   さらに投票もあんまりもらってない、  
   というわけでここ占い!恋人囲っちゃいそうで怖いけどね…



…村の皆、ケアレスミスで吊られてほんとにごめんなさい
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
霧雨魔理沙 「おはようなのぜ」
やらない夫 「おはようマッスル!(挨拶」
やる実 「占いCO!魔梨沙は○!」
御坂美琴 「おはよう」
球磨川禊 「『おはよっ』
『それじゃ皆 COをよろしくするぜ?』」
笹瀬川佐々美 「おはよう
やる実も吊りきりたいわ、この状況でチャレンジされてないとか、ない
残り処刑6回…」
蒼星石 「>一条
読んだから一応ベアード即吊りの理由答えておくと。
最初にまず切てたからで、
次に『切ったけど残りの占いが酷すぎるから真ケアしたーい』がしやすい位置だから。納得できる?」
砂吹き男 「おはよう」
やっさん 「落ち着いてまとめましょう……

共有初日より、霊能と何かが恋人になった
騙り枠は狂QP狼狐、で4?2騙り考えるなら5

占い師は4COだから」
霊夢 「あのさー、●貰って,潜伏占いでしたーっていう占いあんた信用できんの?>笹瀬川佐々美
村が真を見ない真って言うのはもう狼役職なんだよ。狼視点,一方的に非狐候補を狼に教えるだけの存在になりさがる
あんた,その状態って怖くないの?ねえ、こわくないの?」
球磨川禊 「『占いを二人切って』『噛みによるけれど 後は二人共残しておけばいいんじゃないかな』
『一昨日も言った通り 真狼なら恋人と狐両方に対策できる』」
やる実 「理由
確定○作り
だお、共有いないし、ここは
確実に一枚村の軸をつくるはず。
ここが●なら多分やる実切られるっぽいお」
リリーブラック 「占いCOよ
蒼星石○」
一条 「おはよーさんですよ。」
砂吹き男 「                  ,彡    ,ノへ、
                彡彡  /´   |
               /彡彡 / ⌒   |
              /彡  ./       !
              !!ノ彡/       .!
              i //         |
  、_        .//'          .|
ヽ`    ̄ー__ /             |
 \       ,/               |
   !      !                |
   ヽ        ,              |
    >、      \            i丶、
   /´/ヽ      .\             ヽ、
  ´/ノノ|/|:::ヽ、     `丶---          ヽ、
   ソ  |  i::::丿ヽ、                   `ヽ、
      !  `´、_ 丿`´'!::、_                <_
     .ヽ <_     .i::::::丿- 、,   ___---´ ̄ ̄
       ヽ ``丶___) ヾ´__ノ ̄ ̄ ノ /<-ソ´ 僕を噛まないってっことはやる実の○を噛みたくないのかな?
        丶 丶、_       ,.ノ-´´ ̄           
         `ソヽ,  __ イ´
        / \ \へヘ'ノ ヽ、
      /    \_| ヽ \ .\
    ./      / !  |ヾ ヽ \」
霧雨魔理沙 「銀河美少年真なら泣いていいのぜ」
やらない夫 「魔理沙が確定○、と」
リリーブラック 「5日目:蒼星石
狐狙いとして・・・・・・・・・・・・。 砂吹きと迷ったけどこちら
美少年吊りは良いんだけどね。
灰詰め灰詰めって言ってるわりにはグレーの吊りたいところ言ってないのよね。
占いの真贋ばかり気にしている位置っぽく見えてるとも言うわ」
瀬笈葉 「おはようございます。
そしてとことんまで灰を噛み続ける、と…>死体」
やる実 「OK,これで確定○一人、
魔梨沙は指揮お願いだお」
笹瀬川佐々美 「そしてチャレンジの形跡がないリリーブラック…か」
御坂美琴 「またグレ噛み そこ誰にも占われてなかったわよね?」
蒼星石 「あーん?」
やっさん 「騙り枠いっぱいまでは出てないと考えられる
狐かQPが不明と考えるのが筋でしょうね」
リリーブラック 「◇霧雨魔理沙 「銀河美少年真なら泣いていいのぜ」
いやいや、投票して吊っておいて真とか今更考えないで頂戴な」
球磨川禊 「『……あれ』『ヤンヨちゃんって完灰だよね……?』」
やらない夫 「わりとスナフキンが困ってる昨日の発言
あんまり狼に見えないから吊る気はしてないんだが
あっこでベアード狂とか言われると」
霊夢 「やる実狂人だけは否定っつーはなしで」
やる実 「恋人は考えてもしかたねーお。」
一条 「>蒼星石さん
大体分かりますけど。
私的にはもう他も結構あれであれであれなので、そっち吊ってもいいんじゃないかな的な。」
霧雨魔理沙 「4人○だから指揮とってもいいのぜ?」
笹瀬川佐々美 「銀河美少年に真はないでしょ、真ならとっくにチャレンジされていい場所だもの」
砂吹き男 「なので僕はやる美は騙りの可能性が高めだと思う」
やらない夫 「そだなあ。昨日のやる夫も完灰だった気がするな>球磨川」
御坂美琴 「美少年は視点間違えてるなら吊られてもしかたがないわよねーと
でもそこ吊るなら全員つり切る勢いのほうが期待値が高いと思うわね」
霊夢 「さささささささ吊りたいなっていう気持ちは変わってません」
蒼星石 「狐狙いで僕かー。
狙うならむしろささみんかなーって気がするなあ」
一条 「ヤンヨ噛みねぇ。」
一条 「いいよ。」
球磨川禊 「>魔理沙ちゃん
『問題は無い』『とりあえず僕のお勧めは占い両方残し』」
やっさん 「……グレ噛み?
なんでしょうね……

昨日の美少年はちょっと柱も頭をよぎったけど狼ならまだまだよね
よってあれがQPだったのかなぁとは」
瀬笈葉 「この噛みが不穏なんですよねー。
完全に信頼挑んでて、狐・恋人候補を洗ってるような噛み。そんな感じ」
一条 「だって相方初日だもん。」
笹瀬川佐々美 「とにかくとっととやる実だけは吊り切っておきましょ
ここ占い師はないわ」
やらない夫 「うん。俺もそこはめっちゃ吊りたい>さささささささ」
霊夢 「とりたきゃどうぞ
なんか、やっさんは、私指定しなきゃとかごねてるけど」
やっさん 「霊夢どうするかだけ考えて>魔理沙

よく考えたらQPまじりなら誰一人囲わないのはおかしいと気づいた」
蒼星石 「>一条
割とあれ。
●潜りが意味わからん過ぎてキツい」
球磨川禊 「>やらない夫ちゃん
『だよねぇ』
『んー?
まだ灰噛んでも詰まない時期だったかな』」
砂吹き男 「何か試してみようって時には どうしたって
危険が伴うんだ
だから占い吊りきりもありだと思う」
やる実 「瀬笈葉とか御坂あたりになるのかお?
やる実視点で狼って、笹瀬川佐々美もかなりのもんだけど」
霧雨魔理沙 「個人的には、
4日目潜伏COで初日囲い位置に○打つのってどうかとおもうんだけど
霊能いないのにそこで●引いて吊れるか?

どうなんだろう?」
リリーブラック 「んー 狐狐言い過ぎで気にしてて、人外なら狼っぽいんだけど そこ >蒼星石」
笹瀬川佐々美 「霊夢占ってみて欲しいんだけど>リリーブラック」
蒼星石 「あ、魔理沙恋人かもしれないは狼よろしくー」
一条 「>蒼星石さん
やらない夫さん○だからじゃね。」
やっさん 「だからすごい迷ったけど、魔理沙にまかせていい気はする
確定白ならいずれ噛まれるし」
霧雨魔理沙 「霊夢吊るより私が噛まれた方が早いと思うのぜ」
球磨川禊 「『いや』『占いチャレされてないならほぼ狼残りなんだから』
『残しておけばいいんだよ?』」
やる実 「そそそ、それでいいお>魔梨沙恋人かもしれないは狼任せ」
瀬笈葉 「占い釣りきって大グレラン大会の流れにするんですかねこれ。
せっかく信用っぽい噛み筋を用意してもらっているのに」
霊夢 「現状,一条さんとやらない夫に狼いたらもうどーしよーも無い系
他の人らと比べてね」
一条 「ささみさん吊りたいのはすげー分かるけど。
なんかベアード様吊りの日にそれしか発言しなかったやらない夫さんとだぶるのがすげー嫌だ。」
砂吹き男 「そしてグレの中ではやっさんと葉っぱかな
僕が怪しいと思うのは」
やらない夫 「狐狙いで蒼星石なあ」
やっさん 「うん、おっけーそれでいい>魔理沙」
御坂美琴 「グレーは多すぎて困るけど
霊夢はスタンスが凄く違うだけで納得がいくからねぇ
ささささを吊る具体的な理由を再掲してくれたらさらに村人に見えるんだけど」
球磨川禊 「『それなら占いどちらか狐か恋人じゃない限り対処できるので』」
蒼星石 「>リリブラ
ブラフはりまくる狐かもしれないし。
というか、一番真見てるから僕より違う人占って情報だしてほしかった」
リリーブラック 「だから、笹瀬川佐々美を吊ろうと思うわ。」
笹瀬川佐々美 「やる実はあのCOのタイミング、予防で出た狼でしょ
そして遠吠えのあの活発な様子、狼ほぼ吊れてないわ
狼3~4ならやる実処刑しておいて票を少しでも減らしておくのよ」
霧雨魔理沙 「とりあえず占いホールドしてグレラン続行」
一条 「葉っぱは昨日純粋に怪しかったから票いれたけど、
よく見たら暫定的に信用あるリリブラの初手○だったんでいいや的思考。」
やらない夫 「なら俺さっさとパンダにするべきだろうにと思うけどね
そっちのが信用取れるだろ真なら。まあ偽だけど>一条」
瀬笈葉 「ベアード様真で吊っちゃったぜ☆がなければ
この2人残しておいて後半までロラは持ち越しでもいいと思うんですけど
真居るならどちらかだと思いますし」
やっさん 「え、ランすんの?」
笹瀬川佐々美 「ないわ、やる実処刑でいい」
リリーブラック 「・・・・・貴方視点はそうかもしれないけどね >蒼星石
村は○出されたら情報にならないというのは」
霧雨魔理沙 「吊った以上ベアードと銀河の真はみないってことでいいのか?
異論あったら頼む

あと毒は吊られそうなら先にCO頼む」
球磨川禊 「『とりあえずやっさんが囲われていないのでやっさん吊るよ。』
『そこを残したいとは思わない』」
やる実 「笹瀬川佐々美が人外にしか見えない不具合」
御坂美琴 「うーん、グレラン?」
蒼星石 「>一条
ログぶっとんだ(二回目)からわかんないけど、
三日目に引いて潜ってるじゃん。それで●もらってから出られてもなあ」
一条 「>やらない夫
その辺りちっと迷うんですよねー。
ぶっちゃけ私パンダで持ってこられたら即切る気がする。趣向かも知れませんが。」
霊夢 「私を疑ってた割に私の発言みてないっぽいところ
妙に狐を気にしている所
ベアードに投票しているのにベアード狼じゃないかもとかいうところ>御坂美琴」
笹瀬川佐々美 「ランとかないわ!やる実処刑しかないでしょこの状況」
やっさん 「ランならさの三重奏(ささみさん)はCOした方がいいと思う、役職なら」
球磨川禊 「>笹瀬川佐々美ちゃん
『狼視してるんだよね?』
『なら残した方がいいと思うけど』」
笹瀬川佐々美 「魔理沙飽和が趣味なわけ?」
砂吹き男 「まあ、○が連続して続けば切ればいいという感じだね」
リリーブラック 「というか、相方初日で 霊恋人でしょう?
霊-占い恋人とか本気見てるの?
で、ベアードと銀河美少年に真みてるの? 占い吊り言ってるの」
やっさん 「身内殴りもしやに」
一条 「とりあえずやっさんはもう。
昨日の吊り思考が本当によくわからないのでどうしたらいいのか教えて。」
笹瀬川佐々美 「なんでおおかみたくさんのこってそうなじょうきょうで」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
御坂美琴0 票投票先 1 票 →球磨川禊
やっさん2 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
笹瀬川佐々美8 票投票先 1 票 →やる実
霊夢0 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
砂吹き男0 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
蒼星石0 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
球磨川禊1 票投票先 1 票 →やっさん
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
一条0 票投票先 1 票 →やっさん
やらない夫0 票投票先 1 票 →瀬笈葉
リリーブラック0 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
瀬笈葉1 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
やる実1 票投票先 1 票 →笹瀬川佐々美
笹瀬川佐々美 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧雨魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
笹瀬川佐々美さんの遺言 霊能 古泉一樹○最終日送りっていう○ベアード様○銀河美少年●○
銀河美少年とやる実は人外確定、ベアードかリリーブラックが真

◇やらない夫 「昨日ベアード投票しといてほじくり返すのはどーなのさ
やっぱ吊りてえこいつ>笹瀬川」
霊能結果見たからね

妖狐と恋人がいるから基本的に
狼処刑しすぎかつ真っぽい占いが生きてる状況のときだけCOするわ
…他の状況は潜伏しっぱなしがよさそうね

白レンに私霊能を嗅ぎつけられた可能性があるわね…
と思ったら食われてる?私を黒く染めに来たか…

…ここでラン指定は魔理沙恋人か…
出れるに出れない、COなんぞしたらかえって処刑される
(人外場だから)
とはいえ、私処刑される危険性非常に高いわね…くそ
霧雨魔理沙さんの遺言 普通の村人だぜ

ちなみに原作のわたしはだぜだぜいってないんだぜ
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
やる実 「占いCO!瀬笈葉は●!」
瀬笈葉 「おはようございます。
佐々美さん吊り=やる実さん・リリーさんは信頼勝負させるルート。
昨日の発言は大方彼女だけが占い吊りで、それ以外が残しという感じ。
だからここまで票が集まった、といったところですね。」
御坂美琴 「おはよう」
砂吹き男 「おはよう、僕は占いが噛まれていないなら

やる実を吊りたい」
やっさん 「……狩人無し、と」
一条 「狩人いねえわこれ。」
やらない夫 「おはようマッスル!(挨拶」
やる実 「対向の初手○占いだお。
昨日から発言落としてたのも含めて
占い位置と判断。」
御坂美琴 「……」
リリーブラック 「やらない夫○」
球磨川禊 「『おはよっ』
『それじゃ皆 COをよろしくするぜ?』
やらない夫 「あと、昨日の投票は、笹の葉笹の葉投票と思ってたら間違えて瀬笈葉に入れちゃった
うん、マジごめん(土下座」
蒼星石 「ささみー吊らずやる実吊ってささみ占わせればよかったなーって超過後思いけり。
やっさーん!!凡ミスしちゃったよー!慰めてー!!」
砂吹き男 「そしてリリーは最終日まで残してグレーと殴り合いをしてもらえばいい」
霊夢 「ふんふん」
球磨川禊 「『どうだろうね』『真狼を見て只管灰を詰めていくのが好みなんだけどね』
『あとさ 御坂ちゃん』『僕はグレーじゃないんだけど』」
瀬笈葉 「あー、そこも偽だったんですかはい。」
瀬笈葉 「で正直占いの発言を中心に追っていたのであまり言及できる部分がないのですが
砂吹きの人も昨日わりかし占い吊りきり主張。
昨日言ったように占い吊りきりさせるよりも残しておいたほうが何かと都合いいので
それをさせたくない位置なのかなーと考えています。」
リリーブラック 「6日目:やらない夫
魔理沙-霊夢恋人ならどーしましょう。 
で、砂の方なんだけど一瞬噛み合わせ警戒
グレー噛みまくってるので。 死体なしでた占う?
◇やらない夫 「狐狙いで蒼星石なあ」
ものっそい、ぼそっと後乗せ臭い。
対抗の初手○とか関係なく 胡散臭い。」
やらない夫 「狩人はほぼ居ない
で、ベアード○ででないとかギャグなんでまあ人外-1でいいよ」
一条 「あれだろ、これ狼も偶数にしようと思って魔理沙噛んだら噛めちゃいましたサムシングだろ。」
霊夢 「おい>霊能」
やる実 「QPかなーそこの遺言」
蒼星石 「ふむーん」
やっさん 「うーん、そこまでリリブラ真目見てる?>蒼星石」
砂吹き男 「                  ,彡    ,ノへ、
                彡彡  /´   |
               /彡彡 / ⌒   |
              /彡  ./       !
              !!ノ彡/       .!
              i //         |
  、_        .//'          .|
ヽ`    ̄ー__ /             |
 \       ,/               |
   !      !                |
   ヽ        ,              |
    >、      \            i丶、
   /´/ヽ      .\             ヽ、
  ´/ノノ|/|:::ヽ、     `丶---          ヽ、
   ソ  |  i::::丿ヽ、                   `ヽ、
      !  `´、_ 丿`´'!::、_                <_
     .ヽ <_     .i::::::丿- 、,   ___---´ ̄ ̄
       ヽ ``丶___) ヾ´__ノ ̄ ̄ ノ /<-ソ´ これはもう狩人いないね
        丶 丶、_       ,.ノ-´´ ̄           
         `ソヽ,  __ イ´
        / \ \へヘ'ノ ヽ、
      /    \_| ヽ \ .\
    ./      / !  |ヾ ヽ \
霊夢 「ベアード○の時点でもでないとはどういうことなんだろうか」
一条 「なんじゃこの遺言。」
球磨川禊 「『……霊能遺言』
『いや 真霊能がやる価値が全く見えないから偽でいいんだろうけど』」
御坂美琴 「球磨川投票はゴメンだけど
魔理沙噛まれで霊能遺言とかもうね」
やる実 「明らかに恋人があれなので。そこのサポートに出たQPかと思うんだけど」
蒼星石 「>やっさん
消去法。
割合周りがひどすぎてという感じだからイマイチね」
やらない夫 「よし、俺の胸に飛び込んでこい!>蒼星石」
瀬笈葉 「COないですし
ヘイト集まってる位置なんで私吊りでも構わないんですけど
占いは絶対にしっかり見極めて下さいとだけ。」
リリーブラック 「・・・・・・・狼割と死んでるんじゃない? これ
でも、やる実は狼だと思うわ。 私が噛まれないなら
後囲い候補・・・スナフキンぐらい」
やっさん 「霊能遺言、と
ならQPっぽいかしらね」
蒼星石 「球磨川ーやらない夫いる?」
霊夢 「人外遺言ってことで甘えたい自分が居るんだけど」
一条 「まぁこれで真霊だったらもうどうでもいいわとちゃぶ台ぶん投げるレベルなので。
人外で考える。QP辺りが濃厚だけどそれだったら普通にでっかなー。」
蒼星石 「私はいらねえ!!」
やらない夫 「スナフキン狼って微妙だと思うんだがなあ……>リリブラ」
一条 「>霊夢
もう私は甘えた。」
蒼星石 「あ。素が出た。僕だよ僕。超僕っ娘だからね?」
やる実 「じゃ、そこはキープで灰吊りで。
確定○また作らないといけないのか」
砂吹き男 「囲い候補と思うならやる実を吊った後に吊ればいい>リリー」
球磨川禊 「>蒼星石ちゃん
『?』」
リリーブラック 「ベアード様○で出ない霊とか人外でいいわ」
霊夢 「さささささささQPだったら、占いなによ」
瀬笈葉 「狩人は魔理沙さん守っていないなら居ないか恋人になってしまったかでしょう。」
御坂美琴 「もう占いロラっていいわ、葉狼はないと思ってるし」
やらない夫 「すごいひどいが全くそのとおりだ!>私はいらねえ!!」
霊夢 「2騙りとか、狐混じりになるけど」
一条 「そーだね。」
リリーブラック 「◇やらない夫 「スナフキン狼って微妙だと思うんだがなあ……>リリブラ」
んー どのへんが?」
やっさん 「ベアードの状況、やる実の出方、美少年の占い先ミス、か>蒼星石
共有初日があるからリリーが真目っていうのはわかるわね

ただ、占い先は好みじゃないかな」
蒼星石 「認めんなよ!がんばれよ!勇気出せよ!!!>やらない夫」
球磨川禊 「『ああ CPか』
『いらねぇ』」
やる実 「対向狂狼狼の形かなーっておもってるけど>霊夢」
瀬笈葉 「2騙りか狐もあるんですかね?>霊夢さん
昨日は決め打ちでもいいとも考えましたが、こうなったらロラでもいいかもしれない。」
砂吹き男 「ただ、もうあと四吊りだじっくり考えないと・・・」
やっさん 「真狂狼狐>霊夢

ってことかな

後から出てきたのは狐目になるね」
一条 「2騙りで、と見るなら。
やる実ーベアードとかで身内うってからのカウンターcoで両残りとか考えましたー。
がそこそこなくはない。」
リリーブラック 「ベアード狐、私真 やる実狼、美少年狂人あたりじゃない? >ささQP」
霊夢 「あ、霊能真だとしたら、占いロラったら負けるんじゃないかな」
やっさん 「あー身内切りカウンターか>一条

なるほど」
蒼星石 「>やっさん
それについては同意。
昨日の僕占いはイマイチなあ。
でもまあ、仕方ないじゃないコレ」
御坂美琴 「霊能の遺言が真っぽくて甘える気にもならないわ」
やらない夫 「ベアード吊った後の反応が微妙に思えるんだよ
あっこ狂想定とかなんか
ぶっちゃけ俺アレ狼だと思ってるし、んで狼でその発言って出るんかなあと
別の人外はありえるかもしれんけど狼……?って>リリブラ」
砂吹き男 「だから大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ

僕はやる実吊りを押す」
一条 「狐混じりならベアード狐でいいんじゃないって心持ち。」
霊夢 「恋人で吊りが減るから後4吊りしかない」
やっさん 「ってそれだと美少年真になっちゃうんだけど……」
リリーブラック 「5吊り瀬笈葉を吊ってしまっても
恐らく明後日までは来るわ」
瀬笈葉 「霊脳だからこそロラを焦った?>霊夢」
球磨川禊 「『灰詰めるか瀬笈葉ちゃん吊りだと思うけど。』
『ただやる実ちゃん残してる以上瀬笈葉ちゃんを吊らない意味が見えない』」
蒼星石 「あ、今気付いた>霊能CO」
蒼星石 「ふむふむ」
一条 「>恋人消滅で吊り減る。
忘れてた泣きそう。」
リリーブラック 「あー 恋人で1吊り減るのね」
御坂美琴 「占いロラせずとも負けそう>霊夢
美少年の結果がわからないけど」
蒼星石 「だがでっていう(ドヤァ」
やる実 「灰詰めでよろしくだお」
リリーブラック 「じゃ、グレー吊り」
霊夢 「占い一人吊って,一人非狼認定しかないかな」
蒼星石 「ベアード○で出ない霊能とか冗談だろー!!って感じ。
もう誰か言ってたけど」
やっさん 「……銀河美少年とは、うっかりの象徴なのか
一番しっくり来る内訳になるけど……」
瀬笈葉 「とりあえず私が言えることは
占いはしっかりロラっておくことと3日目のベアード様の発言を読み返すこと
これベアード様真あると思います」
一条 「いやいやいやいや。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
御坂美琴0 票投票先 1 票 →やる実
やっさん2 票投票先 1 票 →やる実
霊夢1 票投票先 1 票 →やる実
砂吹き男0 票投票先 1 票 →やる実
蒼星石0 票投票先 1 票 →瀬笈葉
球磨川禊0 票投票先 1 票 →瀬笈葉
一条0 票投票先 1 票 →やっさん
やらない夫0 票投票先 1 票 →やる実
リリーブラック0 票投票先 1 票 →やっさん
瀬笈葉2 票投票先 1 票 →やる実
やる実6 票投票先 1 票 →霊夢
やる実 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる実さんの遺言 占いCOだお!
結果は自分で調べるお!
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
やらない夫 「おはようマッスル!(挨拶」
リリーブラック 「占いCOよ
スナフキン●」
御坂美琴 「おはよー」
瀬笈葉 「リリブラさんを信じることが出来るかどうか。
ここまで噛まれないのが狼の作戦なのか噛めないのか噛まれないのか。
そこが問題だと思っています。信じられなければベアード様真。」
球磨川禊 「『おはよっ』
『それじゃ皆 COをよろしくするぜ?』」
蒼星石 「やっさんかわええってぼーっとしてたら、
リリブラの灰詰めようとなんたら葉っぱちゃんに投票してた。
へるぺす!へるぺすみー!!」
一条 「おはよーさんですよ。」
リリーブラック 「7日目:スナフキン
2Wぐらいかしら? 現状。
スナフキンが●なら最終日前に吊るとして
狐ならそれはそれで。 砂吹きは何か違う気がしてきたわ。
やらない夫がそこ狼じゃないって言うなら、狐かもね。」
蒼星石 「やっさんのあほー!!僕をかどわかしたな?!ひどい奴めだがかわええ!!」
球磨川禊 「『やる実ちゃん投票者は何を考えているのか教えて』
『笹瀬川ちゃん真でも見ているの?』『本気で?』『共有初日で出なかったらしい霊能に?』」
霊夢 「占いロラったら負けるかも知んない状況で、ロラいってた美琴は人外臭いっす
で、狐噛みか恋人狩人の恋人護衛しか見えにい」
砂吹き男 「おはよう、リリーはなんで対抗のやる実釣りではなくてグレランをしたかったんだ?」
やらない夫 「死体なし……んー
GJ出るなら、俺か球磨川、というところと思うが……
んー」
やっさん 「おはよう……
霊能遺言人外として、騙り枠が一つ埋まった
これで占いには真まじりだったということになるけど

昨日言った通り二騙り身内切りカウンターなら美少年真になってしまう」
蒼星石 「やっさーん!!僕だー!元気出してー!!」
砂吹き男 「     ,へ
   \/  ヽ    (  )
    _/*+*`、    ( )
  <_______フ    ) 
    从  ̄ >ノ   ~  なんだかグレランで怪しい村を吊りたいように聞こえるのだが?
     /゙゙゙lll`y─┛    
    ノ. ノノ |
.    `~rrrrー′
.      |_i|_(_」
瀬笈葉 「ここで死体なし。
狐なのか、占いにまだ張り付いてた狩人なのかといったところですけど」
一条 「いい死体なしだ感動的だな。」
やっさん 「え、かどわかし???なに言ってるの」
蒼星石 「ふとさ」
一条 「>葉っぱ
んなもんいたら即吊るわ。」
御坂美琴 「ここで死体なしとか恋人の恋人護衛しか」
リリーブラック 「◇砂吹き男 「おはよう、リリーはなんで対抗のやる実釣りではなくてグレランをしたかったんだ?」
何か狼少なさそうだから、飼い要員。」
蒼星石 「霊能ほかにいないなら、あいつ真じゃね?」
霊夢 「柱しまくるのも趣味じゃないしなぁ」
やらない夫 「恋人GJならどこ噛むんだな感じだが>霊夢」
御坂美琴 「だけど無意味>一条」
球磨川禊 「『そして死体無しだ』『悪くない。』
『恋人が死んでも吊りは減らなくなった』」
砂吹き男 「しまった騙りだったのか・・・」
霊夢 「恋人が>蒼星石」
蒼星石 「って思ったんだけどどうなんだろう。
勿論霊能が恋人のアレあるけどさ」
やらない夫 「……そういや出てないな対抗霊」
一条 「>蒼星石
つ恋人の可能性」
瀬笈葉 「リリーさん視点、スナフさんが狼で
灰が霊夢やっさんでしたっけ?」
やっさん 「で、さささ吊りの日に感じたのはさささ-やる実狼での身内殴りの方だったのよね

さささ狼は真剣に考えるべき内容だと思うの、まる」
やらない夫 「けどアレ真ならリリブラ真じゃね?」
球磨川禊 「>蒼星石ちゃん
『恋人は?』」
砂吹き男 「狼が少ないと保証がないのによく飼おうという発想が出てくるな?」
リリーブラック 「・・・・・死体なしねぇ。
グレー噛みで狐噛み。 私が占おうとした位置・・・
砂吹き狐?  って感じでそこ吊らないです進めたいわ」
霊夢 「一応、恋人で吊りが減らなくなった」
蒼星石 「>霊夢
んー。
割と結果持ってたらそれ出したら勝ちきれるんじゃないかな、と思うけど。」
一条 「そしてアレが万が一の真であるならリリブラorベアードが真。」
やらない夫 「Oh……恋人
基本的なところを忘れていた俺としたことが」
御坂美琴 「だからササミ真霊だって。リリーブラックは確かに黒出してなかったけどそれでもここまで噛まれないのはね」
やっさん 「さささ真は考えない方がいいと思う、理由はベアード結果

そしてそれ考えるぐらいなら美少年真の方がまだある感じ」
やらない夫 「で、フキン●、●、●なあ……」
瀬笈葉 「そもそも霊は初日に出てこない+初日相方の時点で
恋人に持っていかれたって発想じゃありませんでしたっけ。」
リリーブラック 「・・・・・・・あんた、どこを狼で見てるの? >砂吹き男
今、私吊ろうとしてるこいつやっぱ狐でしょ?」
一条 「恋人で吊り減らないだけでも救われる心持ちだよわたしゃ。」
蒼星石 「ほむん」
やっさん 「むしろ多いという手応えがあるわね、狼
変に毎日吠え稼ぎしてなきゃ」
一条 「>リリブラ
お前は一体何を言っているんだ。」
霊夢 「◇リリーブラック 「占いCOよ
スナフキン●」

◇リリーブラック 「・・・・・・・あんた、どこを狼で見てるの? >砂吹き男
今、私吊ろうとしてるこいつやっぱ狐でしょ?」」
球磨川禊 「『リリーちゃん真なら灰が』『やっさん霊夢一条なんだけど』
『んー』」
やらない夫 「お前の今日の結果は(ry>リリー・ブラック」
蒼星石 「結構不安入ったけど、
まあいいか。みんなそう言うのなら霊能偽なんだろ。
というかそう言う想定で進む」
砂吹き男 「狐?」
やらない夫 「アカン、マジ頭痛い」
霊夢 「どうしよう。

ここにきてベアード様真説が浮上してきたんですけど」
やっさん 「もうやだこのうっかり村」
蒼星石 「安西先生…………この村の占いなんというかダメだわ…………ダメだわ…………」
リリーブラック 「?? 砂吹き男の想定する狼位置聞いてるんだけど」
霊夢 「これには村人一同苦笑い」
球磨川禊 「『……んー?』」
砂吹き男 「ぼくたちは本能にしたがって歩くのがいいんだ。
ぼくは占いなんか信用したことがないね。
占いは方角にたいする人間の自然な感覚を、くるわせるだけさ」
一条 「まさかのベアード様真ですかそうですか。」
御坂美琴 「思ってた>霊夢」
リリーブラック 「はっはっは QPCOw」
瀬笈葉 「えーっと、この失言は…
占いロラでいいんじゃないかなと思うんだけど。となるとベアード様真になるのかな、私視点」
リリーブラック 「知らないわよ 知らないw」
砂吹き男 「というわけでリリーを吊らないか?」
やらない夫 「人外COってなぁ」
球磨川禊 「『あー』
『もういいや』『それならもう占いとスナフキン両方残せばいいんじゃないかな……』」
蒼星石 「あーあーあーあー!!!!」
霊夢 「ない夫つろーぜー」
球磨川禊 「『はぁ!?』」
一条 「やらない夫吊ろう。」
瀬笈葉 「ココに来ても何も
3日目の発言読み返せば私は4日目から提唱してましたけどね、フハハ!>ベアード様真説」
やっさん 「ならベアード-美少年で真目で見ていくしかにぃ……」
リリーブラック 「砂吹き男とは別に何かスナフキンという想像上の人物考えてたわw」
蒼星石 「ベアード真かよおおおおお!!!!!」
やらない夫 「んじゃリリー吊るわけだけど
やる実か美少年真……ぁー」
やっさん 「うん、そこしかないね……」
蒼星石 「QPここならあの霊能真じゃねえか!!!!
ああああああああ!!!」
御坂美琴 「失言で真消すならベアード真でしょ>やっさん」
やらない夫 「いや、リリー吊って俺と瀬笈葉で考えるべきだろそれなら>一条」
砂吹き男 「どういう勘違いだよ・・・>リリー」
球磨川禊 「『……駄目だこれ』
『どうしようか』」
霊夢 「狐噛みだったらいごんでこくはつしてね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
御坂美琴0 票投票先 1 票 →リリーブラック
やっさん0 票投票先 1 票 →やらない夫
霊夢0 票投票先 1 票 →やらない夫
砂吹き男0 票投票先 1 票 →リリーブラック
蒼星石0 票投票先 1 票 →リリーブラック
球磨川禊0 票投票先 1 票 →やらない夫
一条0 票投票先 1 票 →やらない夫
やらない夫6 票投票先 1 票 →リリーブラック
リリーブラック4 票投票先 1 票 →やらない夫
瀬笈葉0 票投票先 1 票 →やらない夫
やらない夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
瀬笈葉 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
瀬笈葉さんの遺言 何の力もない村人… です。
私にも、何かできる力があればお役に立てたのに…

リリブラさんを信じることが出来るかどうか。
ここまで噛まれないのが狼の作戦なのか噛めないのか噛まれないのか。
そこが問題だと思っています。信じられなければベアード様真。
やらない夫さんの遺言   ヽ _
、_ ノ    ̄ ''        / ̄ ̄\
 | \         /  ヽ、_  \
 |   ヽ       (  )(  )   |
 l            (__人__)     |
 l               (`⌒ ´     |
 !           {           |
 .             {        ノ        素村で何が悪い!!キャホォォォォォィ
                ヽ      > ̄ ̄ ̄ `ヽ、
                ヽ !/      _   \
                   / '´       /┬-、   `ヽ、
                / ,'     ,'   j   \   \
                  { !     /   /`ヽ、,、 `ヽ   \
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
砂吹き男 「おはよう、昨日のやらない夫釣りは少しだけ意外だった

ではリリーを吊った後の推測をしようか」
霊夢 「霊界に居る人がこんなにうらやましく感じたのははじめてです」
一条 「おはよーさん。」
球磨川禊 「『おはよっ』
『それじゃ皆 COをよろしくするぜ?』」
やっさん 「おはよう……
とにかくさささについては真目は見ないでいこう論者だったんだけど
やる実自体はさささ囲わず、そしてさささはやる実吊理論者
やる実狼で出る予定だった狼が恋になって出ずに仕方なく出た説を取ってたけど
それにしては恋が死なない

となると……さささとやる実狼同士の殴り合いだったんじゃないかって想定も崩れて……

わからん!とりあえずリリブラの○に恋あるぐらいしか分からん!」
蒼星石 「おはよう!」
一条 「よかった本当によかった。」
球磨川禊 「『というかちょっと待て』『今残りの狼は何人だ?』
『えー』『やらない夫ちゃんが吊れたなら1W欠けは確定で』」
リリーブラック 「ちなみに、私吊ってる余裕無いのは分かってるわよね?」
球磨川禊 「『というか銀河美少年の色なんだよ!』
『霊能なら吊られた日の結果も残せよ!』」
一条 「そこ噛んでくれるのが本当に良かった。泣きたかった。」
御坂美琴 「狼あり得る方から吊らないこと
リリーQP美少年狼やる実狼ので狐噛みで、やらない夫が残ってる2Wだったらどうするのよ」
蒼星石 「やっさん!今日も良い日だね!」
やっさん 「とか書いてたら美少年ベアードで真まで確定しましたおかあさん……」
霊夢 「占いとやらない夫で2Wで、残りは最大2W>球磨川禊」
砂吹き男 「                  ,彡    ,ノへ、
                彡彡  /´   |
               /彡彡 / ⌒   |
              /彡  ./       !
              !!ノ彡/       .!
              i //         |
  、_        .//'          .|
ヽ`    ̄ー__ /             |
 \       ,/               |
   !      !                |
   ヽ        ,              |
    >、      \            i丶、
   /´/ヽ      .\             ヽ、
  ´/ノノ|/|:::ヽ、     `丶---          ヽ、
   ソ  |  i::::丿ヽ、                   `ヽ、
      !  `´、_ 丿`´'!::、_                <_
     .ヽ <_     .i::::::丿- 、,   ___---´ ̄ ̄
       ヽ ``丶___) ヾ´__ノ ̄ ̄ ノ /<-ソ´ まあ、ベアード投票者にいそうな気配だけどね
        丶 丶、_       ,.ノ-´´ ̄           
         `ソヽ,  __ イ´
        / \ \へヘ'ノ ヽ、
      /    \_| ヽ \ .\
    ./      / !  |ヾ ヽ \
蒼星石 「ってーか」
蒼星石 「球磨川 - 砂吹きで恋人ラインな気がしてきた」
霊夢 「どうしようかな。リリーブラック」
球磨川禊 「『昨日吊らないならリリーちゃんは残す』
『昨日やらない夫ちゃんを吊ったって事は吊り余裕あると見てないんだろう?』」
やっさん 「で、ここで葉っぱさんかんで来るなら

狼は割と余裕ありそう、ですか」
蒼星石 「リリーブラックそういうつなぎ方しそうっていう偏見だけどね」
砂吹き男 「じゃあリリーのQPCOはなんなんだ?>蒼」
一条 「リリブラは吊らぬ・・・吊らぬ・・・。
出方も昨日の発現も非狼のそれ。余裕があるかどうかも分からないのに吊れない。」
リリーブラック 「わたしがなんですなふきんに●ださないとだめなのよー >蒼星石

・・・まぁ、砂吹きとは別にスナフキン○ってメモが私の占い日記に残ってるんだけど」
御坂美琴 「まあ遺言に狐告発書いてないならそういうことね

毒は出て指定すること。真狼狐QPの残り3Wあたりで組織票企んでる可能性があるから」
蒼星石 「というかもうリリーブラックを吊る余裕はないわけで。
放置放置。どうせ何もできないよ」
球磨川禊 「『実際問題』『スナフキン吊ってもいい気はしてるけどね!』」
やっさん 「ですね>球磨川

正直吠えを毎日せっせと偽装してるようには見えないです
あと吊りとか微妙におかしい、人外村の空気を感じます」
蒼星石 「>砂吹き
QPCOはQPCOじゃないの?」
霊夢 「毒に噛まれて欲しいから、グレランのばすってことで、リリーブラック吊るとするとさ
昨日の死体無しが狐噛みだったときに絶望村
恋人狩人の恋人護衛だったら、ワンチャン」
リリーブラック 「というか、野郎なんて恋人にしたってうれしくもなんともないわ」
やっさん 「……これを風が騒いでいるって言えばよかった……」
蒼星石 「えーと、ごめん。
つまり君が何聞いてるかわからない」
御坂美琴 「指定はスナフキンか蒼星石が狙い目
霊夢と一定は村人だと考えているから
一条 「これ何処吊ればいいんですかね奥さん。
球磨川さん超吊りたかったんですけど吊っていいんですかね。」
砂吹き男 「まあ、吊りたいならどうぞって感じだが>クマー

ただ今日の噛みで俺に視線を向かわせたい感じだと思う」
御坂美琴 「毒噛まれて恋人飛ぶと結局1吊り減るじゃん>霊夢」
球磨川禊 「『最初に出た占い師が両偽で』『リリーちゃんが非狼』
『そしてやる実ちゃんが三日目占った位置がスナフキン』
『明らかに狼にしか見えないけれど』」
蒼星石 「>一条
単純にくせえし吊っていいんじゃない?
というかそこ吊るつもりだったし」
リリーブラック 「狐そーいやいんのよね
どこかしら。
私はずーーーーーーっとささささが狐だと思ってたけど」
やっさん 「リリブラに関してはもう放置で

で、吊りどころは……んーーーーー」
霊夢 「リリーブラック狼だったら泣く路線はあんま好きじゃないんだけど、もうどうしようもなくなっている感
ヤバい状況だってのにオラわくわくしてきただ」
やっさん 「その発想はなかった>リリブラ

ふーむ」
砂吹き男 「だからQPが恋人に●を打つか?>蒼」
球磨川禊 「『ああ』
『この流れなら毒COしておくけど。』」
一条 「よし球磨川つろうず。
組織票? 何それ食えるのの容量でいこう。
毒は噛まれろ。」
霊夢 「ああ、そうだね。どうしようもなかったあっはっはー>御坂美琴」
リリーブラック 「ほむ」
砂吹き男 「なんという胡散臭いCOなのだろうか」
一条 「じゃまぁ私毒なんで引きずり出されようか。」
御坂美琴 「つりどころとか言わない、なんか誰が人外かって言うより誰が釣りやすそうかに聞こえるから」
一条 「面倒臭い。」
やっさん 「了解>球磨川」
リリーブラック 「たいこーどくしーおー」
球磨川禊 「『スナフキンちゃん狼だろ?』
『両偽判明する位置が他に無いぜ』」
蒼星石 「>砂吹き
ベアードがすげえ狼くさい死に方したし、撃つんじゃないかな。
そんぐらいアグレッシブにしないと恋人は勝てないと僕思ってるし。
ちょい論がきつい気もするけど」
やっさん 「いいかげんにしろよこのやろー」
霊夢 「一条さんとクマーのどっち信じましょー」
蒼星石 「あー。球磨川から出るんなら嬉しい感じ」
御坂美琴 「そしてこの毒2CO」
一条 「球磨川吊りな。」
やっさん 「どこまで!どこまで苦しめるんだ!」
球磨川禊 「『対抗出るとか露骨だなぁ』」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
9 日目 (1 回目)
御坂美琴0 票投票先 1 票 →球磨川禊
やっさん0 票投票先 1 票 →球磨川禊
霊夢0 票投票先 1 票 →球磨川禊
砂吹き男1 票投票先 1 票 →球磨川禊
蒼星石0 票投票先 1 票 →球磨川禊
球磨川禊6 票投票先 1 票 →砂吹き男
一条1 票投票先 1 票 →球磨川禊
リリーブラック0 票投票先 1 票 →一条
リリーブラック は恋人の後を追い自殺しました
球磨川禊 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
球磨川禊さんの遺言
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、     『――あーあ』
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li      『また女の子を好きになっちゃったぜ』
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、     
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_          『よろしくね?リリーちゃん』
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、        『きっと二人でも 地獄は見られると思うから。』
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、   『死ぬ時くらいは本当の事を言う事にしようかな』
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{   『実はね 僕は妖狐なんだ』
リリーブラックさんの遺言 QPじゃなくて。狼だったけどね
蒼星石噛みで死体なし。

あと、球磨川はごめんなさいね・・・ ローラー止めれなかったし失言したし
いっつおーるふぃくしょん・・・ って事で

多分、銀河美少年がQPでしょうね。
まぁ、お仲間頑張って。   そこまでの義理は果たしておくわ。

蒼星石吊らないならもう知らない。
あ、でもその方が嬉しいかしら? 引き分けになってくれるなら ね
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
やっさん 「おはよう……昨日3Wだったんじゃないかな……
で、球磨川が毒CO強いられた……そしてやっちゃった
毒残ってるの確定だったよね!? なぜCOしたし!

てかえー?えー?えー?何が起こっているっていうの……?」
一条 「とんでもない事が起こったんだ村人達よ。」
一条 「ログが、消えた。」
御坂美琴 「おはよう 1/2当たっててよかったわ」
やっさん 「一応自称狩人いるなら出ればー」
砂吹き男 「おはよう」
蒼星石 「やっさーん!スナフキン違ったけど球磨川恋人あたってたよー!!
褒めて褒めてー!!!」
霊夢 「私以外に素村ははいるんだろうか?」
御坂美琴 「ログが消えるとか日常茶飯事
別タブに保存しておくぐらいでなきゃね」
一条 「>球磨川
狐なら本当に良いんだけど。切実に。」
やっさん 「えらいえらいー>蒼星石」
砂吹き男 「僕はベアードを吊った人の中に人外がいると思う」
一条 「でも多分違うんだろう。」
やっさん 「もう感情が消えそう」
蒼星石 「もっとラブラブしてよ!!もっとラブラブがほしいよ!!>やっさん」
霊夢 「今狩人とか信用しないんで、狐告発よろしくお願いします」
一条 「狩人出ないんなら狐って事ですよねわかります。」
霊夢 「引き分けにしたいんだったら、誰か狼が一人でて、明日引き分け」
砂吹き男 「     ,へ
   \/  ヽ    (  )
    _/*+*`、    ( )
  <_______フ    ) 
    从  ̄ >ノ   ~  つまり御坂美琴、霊夢にいるのでないんじゃないかと思うけど
     /゙゙゙lll`y─┛    
    ノ. ノノ |
.    `~rrrrー′
.      |_i|_(_」
やっさん 「とりあえず死体無しなんだから、蒼星石吊りなんだよねー」
一条 「狼2wいるなら告発でていいのよ。」
蒼星石 「>一条
なんというかこう……恋人同士の遺言が凄いカオスです…………」
御坂美琴 「んで、遺言に蒼星石噛みで死体なし

それなら蒼星石吊るならスナフキン村決め打ちね
身内に黒投げる狼には見えないから」
霊夢 「どっちにしろでろやこら(バンッ」
蒼星石 「んお?」
蒼星石 「うお僕狐にされとる!!!
なんでや!!」
やっさん 「ゴメンね蒼星石……私と貴方はもう結ばれぬ運命(さだめ)なのよ……」
砂吹き男 「あっ、蒼も忘れていた」
蒼星石 「えーと、」
やっさん 「つか狩人でないならもうね」
霊夢 「遺言がカオスいね」
蒼星石 「あー。」
一条 「いやここで死体なし出すなら2wいるんだろうから。」
蒼星石 「わかった」
御坂美琴 「うん、ベアードつりは駄目だった(´・ω・`)
ごめんね>スナフキン」
一条 「例え蒼狐でも他吊るよ。」
霊夢 「リリー狼で蒼狐で、狐遺言し込んで6にするのは正直狼が悪いと思います
蒼星石 「これあれだ。御坂狼で勝てないと見たから狐残して引き分け模索ルート」
砂吹き男 「けど具体的に殴る材料を見つけるには時間が短すぎたなー」
やっさん 「ん、2W見るの?
今日蒼以外吊れたら1Wでも詰むんじゃないかな」
蒼星石 「それしか考えれないのと」
蒼星石 「一条さんが今すげえ尻尾出した」
一条 「LWなら別に死体なし出さないで蒼星石吊りに動けばいいんじゃないでしょうかね。」
御坂美琴 「で、彼女をQPとみてその他を吊るなら霊夢か蒼星石かやっさん
噛まれる狐位置はそこ 2W1Fとか絶望すぎて考えたくないから」
霊夢 「ベアード吊りは一切後悔していないわたしガイル」
一条 「>蒼星石
私毒なんだけども。」
蒼星石 「もち2Wで僕吊ってひゃっふルートもある」
蒼星石 「>一条
ごめん。割とマジで混乱してる」
やっさん 「あーあーあー」
砂吹き男 「あー、とちょっとまってよ・・・」
一条 「よし御坂狼なら出てこい。」
蒼星石 「というか僕狐でここで吊る必要ないよ。
もっかい噛ませればいいじゃん」
砂吹き男 「だけど証明するすべがない>一条」
霊夢 「ギリギリでダブル狐告発とかがあったら、上の方の狼に会わせる感じで」
御坂美琴 「?村人だから意味がわからないんだけど>出てこい」
蒼星石 「だからスナフキンか御坂吊って明日。
もっかい狐噛めよ狼」
やっさん 「そっか、それでいいか」
一条 「えっ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
10 日目 (1 回目)
御坂美琴3 票投票先 1 票 →やっさん
やっさん1 票投票先 1 票 →砂吹き男
霊夢0 票投票先 1 票 →砂吹き男
砂吹き男2 票投票先 1 票 →御坂美琴
蒼星石0 票投票先 1 票 →御坂美琴
一条0 票投票先 1 票 →御坂美琴
御坂美琴 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
御坂美琴さんの遺言 村人よ
ベアードつりごめん
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
ゲーム終了:2012/04/28 (Sat) 00:10:11
白レン 「んー村に責任ある吊りは霊吊りくらいだし」
リリーブラック 「2騙り潰してベアードの●潰して最終日前にLW吊れちゃった村 って感じかしらね」
蒼星石 「よっしゃ」
やらない夫 「おつかれー」
最終日送りっていう 「お疲れっていう」
リリーブラック 「お疲れさまよ」
蒼星石 「お疲れ様」
やる実 「ん、狐おめでとう。」
初日犠牲者 「お疲れ様でした。」
古泉一樹 「お疲れ様でした」
やっさん 「うぉぉぉぉん!!そっちだよねー!!!」
球磨川禊 「『はいお疲れ様』」
ベアード様
          _,, - ─ - 、.,_  .∧∧∧
       ,r '":::::::::::::::::::::::::::::<な僕本>
     ,.'::::π::::::::::;:::'::::::':::::::.<んも.当>
    ,':∂::::::::::::::::γ:::::::;:::::::::<でロは>
    ;:::::γ ◎`ヽ::::::::::::::;:::::::<すリ  >  露骨すぎてごめん~
    i":;;;::|    |::r:ン::::::::::::::< .コ  >
     '!:;;;;:| ,__ノ:::::::::::::::::::::'< .ン  > おつかれさまー
    癶:::::||::::::::::::λ::::::::::;:::::::.∨∨∨
      、.(__)::::::::::ン::::::::::::::::::::;:::::::, '
      ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,.-'´
         ` ' ー - - ー ''」
最終日送りっていう 「ひどい村だったっていうwwwwwwwwww」
霊夢 「わう」
初日犠牲者 「【雛18】やる夫達の22人毒恋人付き村村 [22番地]
~鍋じゃないよ~

初日犠牲者が共有でありながらの、残り30秒で2-0-1(占いQP狼)となってスタート。
最初の噛みが共有者ということで確定村が不在、村は3日目からバトルロワイヤル状況になります。
(ちなみに狂人・人狼が恋人、真占い&真霊能&埋毒者が潜伏でした)

バトルロワイヤルから最終的に4-0-1になりましたが、
うっかりさん増殖でバトルロワイヤルからカオス展開に。


     /: : : : : : : : : : : :_: : : : : :',
   /: : : : : l,: --: : : :イ、: :´:ヽ:! :|
   /: : : : :/i: :∧: : : : :lォ‐ - 、: |: :j!
   l : : : : : lヘ/'´゙ゝ- 、| l_   ノメ : \
    \: : ヽト,ハ.__ノ ,    ´´,/: : : : :ヽ
     \: : ) ,,,,       ""/: : : : : :_:」   ◇一条の独り言 「私毒じゃねえか。」
      /: : (      t:っ  /: :_:/
      /: : : : : >―- 、 __ tイ:イ       (7日目夜の出来事です)
      l/´ 丶/    ,:-!    |\!
            ,ィ ´/ヘ   /  \



    , ':::::::::::::::::::::::::::::、::::::、:::::::::', ヽ、!
    ,':::::::,'::::::::ハ:::ハ:::::ハ__!__ヽ::::::::',  _ゝ、
   ノ_ニ/=γ-レ'  !:」,.rr--!、::::',::::i /γ
    i:::,'::::::ハ「i゙ヽ  ´ ト  _!〉ゝ:l::」ン:::i
    レl::::::|:::l ヒ_}    ゙'-'',,, [__]::|::::::|    ◇霊夢 「霊界に居る人がこんなにうらやましく感じたのははじめてです」
    ヽハ|从"   ´     u /::::i::l::::::::|
       [ |ゝ、 ヽつ   ,.イ:::ハil::::::::::|
       ,'|::ノ::::!::`:'r-,-=rニ'"レ>ヽ!::::l::::|
      /.'Vヽハ ,.-i i / ,.イ/^ヽ、;;;;::ン


あ、空気だった妖狐勝ちです。」
シテヤンヨ
      且且~
      且且~
 ∧_∧ 且且~
. ( ・ω・)且且~    お疲れなんよ。
`/丶O=O且且~
/  ∥_∥且且~
し ̄◎ ̄◎ ̄」
やらない夫 「まあしょうがないかな」
リリーブラック 「霊は出ないで吊られたのが悪くて、正直吊った村人は悪くないと思うわ」
砂吹き男 「     ,へ
   \/  ヽ    (  )
    _/*+*`、    ( )
  <_______フ    ) 
    从  ̄ >ノ   ~  おつかれー
     /゙゙゙lll`y─┛    
    ノ. ノノ |
.    `~rrrrー′
.      |_i|_(_」
霧雨魔理沙 「おつかれさまーだぜ
鉄火場から狼吊りきりって怖い」
やる実 「実に面白かったと。」
銀河美少年 「えっ
闇鍋でいっかい毒優先を見たんだが…」
一条 「いやLWでああいう死体なし出るとは思ってなかった。御免。」
瀬笈葉 「おつかれさまでした~。
狐おめでとうございます。そして中の方々が… ガクガクブルブル」
笹瀬川佐々美 「おつかれ
潜伏が悪い方向にいったようでごめんなさい

で、詳しい解説はやる夫が全部解説したっぽいから
それ読めばいいんじゃない?」
御坂美琴 「お疲れ様」
銀河美少年 「お疲れ様!」
蒼星石 「>GM
空気とか言うなー!」
白レン 「2W1FもLWLFも見て指定するなら非狼非狐狙いがオススメよ村ってくらい」
霊夢 「何か色々ぼろぼろやったわぁ」
やる実 「村も非狼位置釣りに行かない以上この結果はしょうがない」
やる夫
           ,, -──- 、._
         -"´         \
        /              ヽ.     負けたお……!
         /             ヽ 
       |      _ノ    ヽ、_  .|
        l     o゚⌒   ⌒゚o  l
       ` 、      (__人__)   /
         `ー 、_.   ` ⌒´   /
            /`''ー─‐┬''´
            /  丶. i  |
           ./ 丶、_)|_ノ|_
           .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
           ヽ、 _/´`ヽ   /」
ベアード様 「狐かまないと毒のこりで1o1になるんよ>一条さん
だから狼噛みしたんよ」
やる実 「そこは狙いとか、そういうところのごちゃごちゃした話なので」
砂吹き男 「     ,へ
   \/  ヽ    (  )
    _/*+*`、    ( )
  <_______フ    ) 
    从  ̄ >ノ   ~  正直狐とか頭になかったよ
     /゙゙゙lll`y─┛    
    ノ. ノノ |
.    `~rrrrー′
.      |_i|_(_」
霧雨魔理沙 「まぁカオスで楽しかったと思うんだぜ
みんなお疲れ様なのぜ」
やっさん 「砂ふきから吊ろう……そこのほうがまだ村反応だった……という者の私もまよいに迷った結果なのでなんともいえずぅ」
蒼星石 「>瀬笈葉
ただの雑魚ですゆえ
ほらこの村やばい人もっとたくさんいますし」
白レン 「でも6人で2W1F見ると今日狐吊りはないわけで」
球磨川禊 「『まあ正直どうでもいいけどね』『うん』」
シテヤンヨ
|  |
|  |∧_∧
|_|・ω・ )   大混戦だったけど、やっぱり大人数村は慣れてない人多いからか乱戦になるよね。
|桃|o旦o.
| ̄|―u'
""""""""""」
御坂美琴 「共有は噛めるからいいのよ
埋毒者は噛めないんだから灰3にするには狐噛みしかないのよね」
霊夢 「最終日2択とか嫌なのはまあ分るんだけど
6にされるとやっぱ狐は吊りにくい」
銀河美少年 「…とりあえずアレだ!ごめん!」
やる夫 「狼に負けない、ってだけでも大したもんだお>スナフキン
だけど実際、狐を噛んでなかったら吊り数は足りてなかった……かお?」
霧雨魔理沙 「2w警戒はやむを得ないと思うのぜ」
リリーブラック 「きちんと、遺言に 現状LW って書いておけばよかったかしらね・・・

まぁ、私恋人だからそこまでしなくてもって話ではあるけど」
瀬笈葉 「なんか美琴さんとか霊夢さんとかやる実さんとか
別次元の闘いをしてるなーとか思ってたらこういう事で納得する私は名前負けするタイプ…!」
やる実 「6人でLWLFなら狼が悪い理論なら村吊るべきだけど。そうもいかないのなら
リスクがうんちゃら」
一条 「でも何というか。
私にあっこで狐告発即吊りはちょっと勇気がなかった。」
やっさん 「[SPLIT]
.        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ     \ 川 l | l | 川 /
       ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.     ニ 泣   で  ニ
.       /:::::::::::::::::::::::::::l:::::ヽ:::::、:::::::::::.     二 い   も  二
     .:::::::::::i:::{:::::::::}i:::トk::::}\}i:::::::::::.    Ξ て   少 Ξ
      i:::{:::i:::|:::::、::_}八:{ r七フV::::::::::::.   三 い  し  三
      {/{:::{:∧;r七コ       :::::::::::::::.   Ξ ま  :  ニ
       八::、:::::ヽ  丶      i::::::::::::::::.  ニ す   こ  二
       ヽ>‐ヘ、   , -  , {::::::::::::::::::.、 二    の -
        /  ,々_}ト .. __,,  ';::::::::::::::::::::\ニ    村  ニ
     /⌒ヽイイ::::::::;: -=}    ゝ=ミ:::::::::::::::\    :   二
    / ̄`ヽ}|斗匕{  /    /    `ヽ;::::::::::::\ 川 l | l \
.   {/    〉ヘ\    |‐==ァ'    //ヽ::::::::、::\
    /    /  }\\ l|  /   //   }:::::::::l\::::\」
笹瀬川佐々美 「いろいろ語られたからもう私からは謝罪しか言うことないわ」
最終日送りっていう 「ベアード吊りがいまいちわからんかったね。
そのときいなかったからかもしれんけど」
白レン 「割とボロボロな村なのに最終的にいい勝負っぽくなってるのはこの設定のためなのだろう」
初日犠牲者 「5人だったら2W1F想定はできませんからね。
6人だったら2W1Fだと…うーん、ですし。」
蒼星石 「あー」
一条 「>ベアード様
多分その方向も考えるべきだったんだろうけど。うん、御免なさい。」
やる実 「だから、まあ妥当かなって」
やる夫 「それでも、やる夫は見てたお>瀬笈葉
ちゃんとベアード様の発言を見てたお? あと佐々美ちゃんの発言も
それだけでも、十分だお」
ベアード様 「まあしょうがないの、ごめんねー>一条」
霧雨魔理沙 「最善手段は蒼星石飼って村から人柱募ることかなぁ
2wならやせいの狼が飛び出してくるだろうし」
一条 「只2wで狼狙うならこっちだろと思ったらLWだった。」
リリーブラック 「狂狼恋人じゃなかったら確実に吊り足りてないわねw >白レン」
やる実 「私はベアード投票してないとかあれでそれ」
砂吹き男 「                  ,彡    ,ノへ、
                彡彡  /´   |
               /彡彡 / ⌒   |
              /彡  ./       !
              !!ノ彡/       .!
              i //         |
  、_        .//'          .|
ヽ`    ̄ー__ /             |
 \       ,/               |
   !      !                |
   ヽ        ,              |
    >、      \            i丶、
   /´/ヽ      .\             ヽ、
  ´/ノノ|/|:::ヽ、     `丶---          ヽ、
   ソ  |  i::::丿ヽ、                   `ヽ、
      !  `´、_ 丿`´'!::、_                <_
     .ヽ <_     .i::::::丿- 、,   ___---´ ̄ ̄
       ヽ ``丶___) ヾ´__ノ ̄ ̄ ノ /<-ソ´ まあ、一回もぼろを出さなかった狐に完敗だね
        丶 丶、_       ,.ノ-´´ ̄           
         `ソヽ,  __ イ´
        / \ \へヘ'ノ ヽ、
      /    \_| ヽ \ .\
    ./      / !  |ヾ ヽ \
瀬笈葉 「そういえばゲフンゲフンなむら以外では久々に同村ですね>蒼星石さん
お久しぶりです!最近普通に来ていなかったものでw」
最終日送りっていう 「QP&毒22人村は流行る(*´ω`*)」
やる夫 「ドンマイだお>佐々美
チャレンジしたのなら、ミスはつきもんじゃないかお
やる夫なんて潜伏やって何遍ミスったんだか数えきれねぇおwwwwww」
やる実 「シテヤンヨ噛みの日に蒼噛みだったかなー」
やらない夫 「笹瀬川はまあ……なんか持ってる気しかせんかったな
霊とは思わんかったが」
銀河美少年 「下界視点●出されでの対抗占いCOはとてつもなくうさん臭い
ましてや二人から同時に出されればなおさら>でって」
古泉一樹 「眠いのでここで落ちます。お疲れ様でした」
霊夢 「柱は、狼のやる気をなくさせて引き分けルートに入る」
御坂美琴 「4COで、そのCOの中に狐がいなくて、黒が灰から見つかってるってので
ほぼ占い2騙り、やらない夫狼、これで尚灰2W見る人いたのかなー」
白レン 「だから非狼狙い指定して狼COないならLWLF吊りでというほうが正しいのだろう」
蒼星石 「>瀬笈葉
どもどもーw
ゲフンゲフンはまあおいといて。普通村楽しいよ!超楽しいよ!」
リリーブラック 「さささささからの吊られたくないオーラは半端無かったわ」
霧雨魔理沙 「やる実信じてたのわたしだけだったのぜ……」
球磨川禊 「『まあ正直狼混じりな噛みして』『占い師両方から●が出るっていうのもおかしな話だけどね』」
やる実 「潜伏占いなんて対抗策いくらでも練れるしね。」
シテヤンヨ
             _________
            (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;( )
             |:::::| ̄ ̄8 ̄ ̄8 ̄ ̄|:::::|
             |:::::|   /   /゙    |:::::|
             |:::::| ∧_∧ /゙    .|:::::|
                .|:::::|(・ω・ )/     .|:::::|  ベアードは結果は真臭いけど、本当に真占いならあんな露骨にしないでしょ。
.                |:::::|O_   O      |:::::|  噛まれないからこそ潜ってるわけで。真ならもうちょっと抑えつつ動くかすでにCOしている!
            _|:::::(_,,(_,,.)/_.     |:::::|  と、思ったら本当に真だったんよ。
           (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;( )))  .|:::::|
            ̄|:::::| ̄ ̄ ̄ ̄      |:::::|
         .....,,,.,. |:::::|,,,.,.,.....,,,.,.,.. .,,,.,.,..., .|;;;::|,,,.,.,.....,,,.,.,.」
蒼星石 「っづあー。なんであそこで噛まれたのか」
初日犠牲者 「QPだけじゃなくて、女神置換オプションも忘れちゃ駄目だよ!」
最終日送りっていう 「俺生きてたらやる実と銀河の●だから信じなかったけどなっていうwww>銀河」
一条 「スナフキンはまぁ村なんだろうと思ってて、
やっさんは私出た時の反応が村であーだーこだ。うぼぁ。」
笹瀬川佐々美 「この配役はそう珍しいという程でもないわね
人が多くて一番標準な村に飽きてきたらわりとおすすめ」
白レン 「リリー・ブラックが恋騙りだったから」
御坂美琴 「真狂QP狼ならあり得るか」
やる実 「むしろリリー狼を想定させてないことはできたわけで」
初日犠牲者 「ということで、お疲れ様でした、皆さん。」
瀬笈葉 「鍋楽しいよ!超楽しいよ!(カウンター>蒼星石さん」
リリーブラック 「潜伏占いはやっぱり潜伏占い臭出さないで素村として残るべきよね」
やっさん 「吊れないからだと思う……正直もういいやって思ってたしそこ>蒼星石」
白レン 「恋騙り見てリリーブラック-球磨川禊両方村想定はありえるのよ」
ベアード様 「むうぎゅう・・・CO場所考えないとなー
毎回占いCOするのは面白くないから潜伏したんだけど」
やる実 「一条さん噛めなかったことかなー。
あと反省点」
蒼星石 「>瀬笈葉
鍋はわけわからんくなんねん…………マジでわけがわからんねん…………」
笹瀬川佐々美 「リリー狼は想定外だったわ…
どこで推理が狂ったんだろう」
最終日送りっていう 「俺は入る気減ったけどwww>22人普通村
カオスというか数の暴力で何とかなるしなwww」
やる実 「私が生きてる間に毒噛めるのが理想」
一条 「んー。そうか。毒で私が死なない事を考慮すると、
あの場面でも狼狐噛むんだね。その想定が足りてなかった。
村はごめんね。素直に吊っとくべきだった。」
砂吹き男 「     ,へ
   \/  ヽ    (  )
    _/*+*`、    ( )
  <_______フ    ) 
    从  ̄ >ノ   ~  結果的に負けたけどけっこう旅人らしく好き勝手に動けたのはよかったかな
     /゙゙゙lll`y─┛    
    ノ. ノノ |
.    `~rrrrー′
.      |_i|_(_」
リリーブラック 「私のQPCO、割と信用されたわよねぇ >やる実」
笹瀬川佐々美 「じゃ、みなさんおつかれ」
ベアード様 「じゃーお疲れさまー
COタイミング間違えてごめんねー」
白レン 「潜伏占いは狩人とかと似てるよなーと」
やる実 「●ぶつけただけじゃベアードは吊れないから
リリーに追加頼んだ」
一条 「やる実さんなんとなく早く吊りたかった感があったのは、
やる実さん生きてる間になんか噛まれそうで怖かった。すごい怖かった。」
やらない夫 「アレはすごい不思議だった>QPCO信じられる」
やる夫
       ____
     /      \
    /  ─    ─\      どっちもやればいいじゃないかお>瀬笈葉&蒼星石
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/」
御坂美琴 「リリーブラックが黒貰ってるなら村人想定はしていいけどね>白レン」
白レン 「いや吊れない吊れない>6人で狐」
やる実 「あれは吊り余裕がないと
有効だよね>QPCO>リリー」
初日犠牲者 「今回はうっかりさん増殖でカオスになったけど、普通の22人村はもっと普通だと思いますよ…>最終日送りっていうさん」
シテヤンヨ
                ∧_∧
                ( ・ω・)      さてと、それじゃお先に失礼するんよ。
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|─□( つ┬O      村建てありがとう。お疲れ様なんよ。
~ ≡ ̄◎ ̄ ̄◎ ̄≡ ◎ヽJ┴◎ キコキコ
白レン 「そこは狼狙い指定じゃなくて
村狙い指定が正解というだけ」
やっさん 「うん、間に合わなかったけど村っぽい方吊ればいいって気づいた

ただし微差だったかな……毒への絡みが素ボケに見えたからスナフキン投票したけど
本当はウッカリ考慮する村はやりたくないのよーーーーー!!」
やる夫 「さて、それじゃお疲れ様だお!
楽しませてもらったお、ありがとうだおー!

バーボンハウス鯖でちょうど22人村が建ってるじゃないかお、今度こそ恋人になってリベンジだおwwwwww」
白レン 「この設定の村がもっと見たいならバーボンのログ見るといいわ」
やる実 「真っぽくは全然なかったとはおもう、
リリーを引き立たせる用に動いてたからw>一条さん」
霧雨魔理沙 「うっかりしすぎだったんだぜ……」
蒼星石 「>やっさん
んなあー。噛まれない動きマジでむずい。
大分そういう位置入れたかなーって思ってたのにあっさり噛まれたし」
球磨川禊 「『毒COのタイミングずらしておけばあの日は生き残れただろうけど』『次の日生き残れる気がしないね』
『狐とかいるし引き分けルートかなー』」
リリーブラック 「ベアード吊りで私QPが信用されたのは、その辺りやる実の狙いがばっちりだった とは思うわ」
砂吹き男 「     ,へ
   \/  ヽ    (  )
    _/*+*`、    ( )
  <_______フ    ) 
    从  ̄ >ノ   ~  それでは旅人はまた旅にでるぜ
     /゙゙゙lll`y─┛    お疲れ様でした
    ノ. ノノ |
.    `~rrrrー′
.      |_i|_(_」
一条 「よねー。早々に村狙いで指定しとくべきなのよねー。」
やらない夫 「やる夫……現実を見よう、な!>今度こそ恋人になってリベンジだおwwwwww」
御坂美琴 「2W1Fを考えて6人の日狐を残すなら
狼位置吊らないと駄目でしょ」
リリーブラック 「恋人じゃなかったらねー
球磨川なんて○出さないんだけど。」
やる実 「さえ、落ちます、おもしろかったよー!
またねー」
最終日送りっていう
   /ニYニヽ
   /( ゚ )( ゚ )ヽ
 /::::⌒`´⌒:::: \
 | ,-)___(-、|
 | l   |-┬-|  l |
 \   `ー'´ _/     22人普通村で毒もQPもいるんなら
. /    ∩ノ ⊃ ヽ    鍋行った方が面白そうではあるっていうwww
(  \ / _ノ |  |   素村はなんもできんし
..\ “  /__|  |   まw今回は楽しかったよっていうwww
  \ /___ /
一条 「>やる実さん
その効果すごいありましたねぇw
あのミスがなかったらリリブラさん盲信してたかも知れないw」
やっさん 「つか柱もあったか……でもなー、んーー……私がそれを好まないなぁ」
瀬笈葉 「それでは私もこのあたりで失礼しますー。
●もらったタイミングで吊られ覚悟してたんですが、やる実さんのほうが吊れてよかった…

皆さんお疲れ様でした。村建て感謝です。」
蒼星石 「まあ、運がよかった感じ。
最終日も吊られかねなかったし。

GMさん村建てありがとうございました
御同村の方々は村をどうも
では失礼します」
一条 「これぜってー2wだわー。超2wだわー。
なら指定ここだわー。と思って指定>結果狐勝ち」
リリーブラック 「まぁ、それじゃぁ 私も落ちましょう
球磨川は愛してるわよ?
皆様お疲れさま。 GMは村建て感謝」
銀河美少年 「それじゃあ皆お疲れ様!
君の銀河は、もう輝いている!」
白レン 「なんでこの設定で様子見0かつ最初対抗狼未考慮なのよ>銀河美少年
いやなんで潜伏してこの中途半端なタイミングでCOなのよ>やる実
潜伏まだいませんかーマジで とこんな評価」
一条 「反省点はそこかなー。
村建て感謝、皆さんもありがとうございました。しーゆーあげいん!」
やらない夫 「んじゃ俺も落ちるか。おつかりー
GMは村建て感謝」
やっさん 「私が2W見てなかったからねー、ちょっと説得できる自信と気力がなかった
もう感情失いそうです……ミス考慮する推理が必要な村は勘弁して下さい……」
白レン 「早期に村狙いで指定で2W1Fなら
狼吊り→狐噛み→狐吊り→指定村噛み→最終日
とはなるし」
最終日送りっていう
        / \Yノヽ  キリッ        r‐ ' _ノ
        / (0)(―)ヽ          _ ) (_
      /  ⌒`´⌒ \      (⊂ニニ⊃)
     | , -)    (-、 |         `二⊃ノ
     l   ヽ__ ノ  l |       ((  ̄
     `r'ニニヽ__    /       ;;
     r':ニニ:_`ー三`:く./           [l、     それじゃ、お疲れ様&村建て感謝
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ  『いつもと違うこと』を楽しめたよっていうww
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/」
やっさん 「では次なるボーイミーツガールを求めて!ぢゅわ!」
御坂美琴 「お疲れ様、村建てありがとう」
白レン 「それじゃお疲れ様」
銀河美少年 「これは個人的な考えだけど、
●出されで対抗CO気味になるのが最悪だから
つまり占いCOは拙速を尊ぶべし、的な、そんなかんじ>白レン」
銀河美少年 「そんでだ、その、狼抜けは…うっかりCO!」
銀河美少年 「そんじゃ二度目だけどお疲れ様!」
白レン 「特攻→それなりの確率
自分ヒット→もっと少ない確率で
22恋あり村とか特攻万歳な設定で朝一のこのこCOして即噛みとか心底嫌だわ」
霧雨魔理沙 「潜伏して心証取れるかは考えたほうがいいと思うんだけど
なんでみんなあんなにリリー盲信してたの?」
霧雨魔理沙 「もうだれもいないか。
お疲れ様なのぜ」