←戻る
【雛2239】やる夫たちの超闇鍋村 [2690番地]
~朝の運試し~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon おっぱい星人
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon 亞北 ネル
(生存中)
icon GUMI
(生存中)
icon 高尾部長
(生存中)
icon 天子
(生存中)
icon インデックス
(生存中)
icon セイバー
(生存中)
icon 十六夜咲夜
(生存中)
icon りりぶら
(生存中)
icon パチュリー
(生存中)
りりぶら 「そういえばサブタイ完遂したわね
私の勝利原因ぶっちゃけ運w」
セイバー 「では、私もこれで。
お疲れ様でした。楽しかったです。」
インデックス 「それじゃあお疲れ様なんだよ
今回悲しみを背負っていたのは間違いなく常世神
村立て同村ありがとうなんだよ」
セイバー 「というのは後からいくらでも言えますね。」
セイバー 「○じゃなかったら吊ってました!>部長」
りりぶら 「ではお疲れ様ー」
高尾部長 「まあネルの○だったとは言え
4日目吊られなかったのはよかったと言えばよかったんだけどね

ともあれお疲れ様ー また次回の村で
・・・RPチョイスもうちょっと考えよう(」
りりぶら 「ま、前の日は自分吊ってエキサイティンとか言ってたのに
死体無しが出て偶数になった途端言わなくなったあたりで狐見て吊る… やっぱ無理だと思うな。」
GM 「ではお疲れ様ー
また次回以降の鍋にてー」
亞北 ネル 「じゃ、お疲れ」
天子 「んじゃおつかれさん」
パチュリー 「それじゃ、私もそろそろ失礼するわ。
みんなお疲れさまよ」
GUMI 「いやまあ、りりぶら指定は誰も考えないと思うからしょうがないと思うよ!>インデックス」
天子 「なんでー、告発するかどうかの判断保留したら駄目っぽいな
どう見ても告発しないとそこ吊れないんだから」
高尾部長 「しかし初日占いの人狼陣営5でこれはなー
管狐噛みの誤爆蘇生とか1000村に1回あるか無いかよねえ」
ジョルジュ 「ふむ、まぁじゃあしょうがないな
ではお疲れ様だ」
GUMI 「狐目はあってたんだけど。んむ、精進が足りないね。
ではお疲れ様ー! 天子と狂人sは力不足でごめんよー! まったねー!」
おっぱい星人 「お、おおう>部長

まぁいいや、みんなお疲れさん」
ジョルジュ 「いいですとも! >星人」
りりぶら 「インデックスに関してとか死体なしに関してとか
やっぱ狐で1だと色々見えるわね。 視点漏れしないように気を使ったわ」
天子 「普通に考えたらそこ指定っていうかそこ人外視は無理なんで
分かってる側からアプローチかけるしかないね」
高尾部長 「ごめん正直ちょっと食傷>おっぱい星人」
GM 「あー 確かにその方法があったね>天子」
ジョルジュ 「蘇生させる村がいない…」
おっぱい星人 「さて、それでは高尾部長のおっぱいを揉むぞ、同胞よ」
天子 「狐探しも8で良かったなって話もあったしなぁ」
インデックス 「りりぶら指定は私には無理なんだよ」
GM 「私もそう思う うん
誰がみても毒表記にしかみえな>りりぶら」
天子 「いや、私が死んでるならりりぶら管狐でしかありえないんで、死んだ日にインデックスに狼COしつつりりぶら狐って言えば良いわけで>GM」
ジョルジュ 「まぁ開始前は楽しかったがな」
亞北 ネル 「蘇生しなければいいじゃん(いいじゃん)>ジョルジュ」
パチュリー 「>ネル
私自身からは、咲夜村判断ついてたくらいなのに、
天子○見てそれが翻ってしまったくらいだわ」
おっぱい星人 「というか噛み筋が
死体なし>狐噛み>狂噛み>死体なし

では常世はどうすればいいんだよ!」
天子 「まあ狼視点ジョルジュor高尾の2択で狂人噛んでるからなぁ」
りりぶら 「ああ、インデックスに言っておくのはありだったわね」
パチュリー 「>おっぱい星人
生きてる頃からよ。悪かったわね?(ばしばし」
GM 「リリブラ管狐に備えて告発用意できたら修羅だわ…>天子」
高尾部長 「もーちょっと別の狂アピ出来てたら
GUMIに噛まれないで済んだんだろうけど・・・難しいわこの特殊すぎる状況」
りりぶら 「まぁ村の状況で私を処分できないのは見えてたからこそ
発言で色々遊んでたわけですが」
亞北 ネル 「露骨に囲えそうな所を占いにいったのは否定しない>パチュリー」
セイバー 「ネル偽部長○違和感ジョルジュ村まではあってたんですが。
そこ狐ならちょっと無理だなあ。」
天子 「なんでインデックスに私餓狼です。りりぶら噛んで私死んでるんでそこ管狐です吊ってくださいお願いします!!しかない」
インデックス 「というか途中まで奉公童女の仕様勘違いしてたんだよ」
パチュリー 「ああ、なるほどね。>インデックスに告発しておく」
高尾部長 「セイバー吊ってジョルジュ噛んで引分処理で痛恨出ず
というしか手が無かったってのがなあ」
パチュリー 「あまりに露骨な囲いで、私、ネル&天子&咲夜で3wまで幻視しちゃったわ」
おっぱい星人 「まぁいいや、なんかあばら浮いてる主張されたけどパッチェさんに心臓マッサージは施したし
あれか?死ぬとやせるのか?」
天子 「インデックスおるやん」
セイバー 「私●は偽言い切れないから村人表記は辛い。」
亞北 ネル 「指定される前に私がりりぶら噛んで
占い初日だから頑張ってルートするにも狩人奉公がいるという」
GM 「ということで私が思ったのは
GUMIがりりぶら噛んで銀に託すとかどうかしら?

…と思ったけど占いCOしてるからいずれ詰む+天子○でほぼ破綻だから無理か」
天子 「告発>GM
ギリギリまで迷ったけどGUMIネル>りりぶらのあとのGUMI吊り回避のビジョンが見えんかった」
りりぶら 「あ、ホントだw>ネル」
高尾部長 「本体ごめんねー
釣瓶落としの痛恨って自覚出来ないの知らなかったわ」
ジョルジュ 「んーりりぶらなぁ無理かな。俺の立場は」
亞北 ネル 「>りりぶら
私銀狼だから知らんかったけどね」
GUMI 「かろうじて私がりりぶら告発してネルにすべてをゆだねることはできたけど。露出した後にそれを任せるのはあまりにきつい。」
インデックス 「指定は間違ってなかったんだよ!」
セイバー 「あー管狐。なるほど。
お疲れ様です。」
りりぶら 「無理だと思います、客観的に見て>GM」
パチュリー 「天子は死んでるから、告発しようがないのよね」
十六夜咲夜 「無理でしょう…。」
天子 「告発するとGUMI死ぬ可能性高いんでできないジレンマ」
亞北 ネル 「セイバー●で吊り殺してからりりぶら噛みかなぁ。
吊れるとも限らんけど」
りりぶら 「やっぱ餓狼か、ネルがこっち占いに来ない当たりそうだと思ったw」
インデックス 「両方真とかやめてほしんだよ!」
おっぱい星人 「というか、無理だよ!
管狐を餓噛みして狐を誤爆蘇生とか想定しろってほうが無理があるよ!」
パチュリー 「狼陣営は足並み揃わなかったわね」
GM 「課題:どうやったら誤爆蘇生のりりぶら処理できたと思う?」
天子 「ちょっとこの蘇生されるとこっち告発するしか手ないんだけど」
高尾部長 「餓狼の管狐噛み+誤爆蘇生なんて誰が想像しえただろうか(」
GM 「ちなみに痛恨発動はしなかったね どちらも」
インデックス 「お疲れ様なんだよ」
GUMI 「お疲れ様ー。ごめんね、天子。りりぶら管狐わかってもあれ釣りに行けないw!」
インデックス 「毒もち狐ファッキュー」
パチュリー 「お疲れさまよ」
ジョルジュ 「おつかれ」
天子 「お疲れ様」
高尾部長 「お疲れ様ー」
GM 「お疲れ様 狐勝ちー」
りりぶら 「ハハッ」
十六夜咲夜 「お疲れ様でした。」
GUMI 「ぐはあ!」
おっぱい星人 「中盤グレラン対策はともかく、蘇生役職としての仕事はしたと思います
だから私は謝らない」
亞北 ネル 「お疲れ様」
ゲーム終了:2014/08/24 (Sun) 10:52:06
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GUMIさんの遺言 むらびとー!
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
GUMI を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →GUMI
GUMI5 票投票先 →セイバー
インデックス0 票投票先 →GUMI
セイバー1 票投票先 →GUMI
十六夜咲夜0 票投票先 →GUMI
りりぶら0 票投票先 →GUMI
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
インデックス 「忘れてた」
インデックス 「あ、セイバーも交えて」
ジョルジュ 「行っとくが奉公は護衛制限だから護衛できんぞ」
りりぶら 「ジョルジュはインデックス護衛として咲夜もインデックス護衛にする?」
インデックス 「吊るんだよ!
間違ってたらごめんなんだよ」
十六夜咲夜 「え、セイバー様村認定ですか?
やだなぁ。」
GUMI 「セイバーはどこにいったセイバーは!>インデックス」
GUMI 「どこからどう見ても村人表記!」
インデックス 「明日咲夜とジョルジュ殴りあってほしいんだよ」
GUMI 「というか、咲夜真でなかったら、なんでもあって。
ジョルジュもこの出方するなら、真もふっつーにあって。
むしろジョルジュ偽だとしたらもう狼狐しか残ってないこれ!」
十六夜咲夜 「ところでセイバー様のCOは?
そことGUMI様が吊り候補だと思うのですが。」
セイバー 「それで露骨に咲夜がGUMI庇うならそこ2Wのゴリ押しまで見えて正直めんどくさい。」
インデックス 「GUMICOある?」
ジョルジュ 「ああ、狩りじゃない >GUMI」
りりぶら 「問題は護衛先指示出しても咲夜が30%歯科成功しないから確定できないことなのよね」
ジョルジュ 「ともかく、死体無しは咲夜吊りの後だから
咲夜狐は無いな他の耐性とかは知らん」
セイバー 「それ思ったからガタッしたのに>りりぶら」
GUMI 「狩成功でないなら、天子狂人・特殊狐ではないね。」
十六夜咲夜 「GUMI様のこの反応は村っぽいなぁ、などと。」
りりぶら 「私が騎士だったら…>セイバー」
GUMI 「咲夜真と断定できたら楽だったのになんでできないんですか!バンバン」
セイバー 「超びっくりしたじゃないですか!>りりぶら」
りりぶら 「うんゴメン混乱した」
ジョルジュ 「天子護衛でそこ死体になってたからそこ素直に狼でよかったが
死体無しがわからんから獣人を捨てられんかった」
インデックス 「めんどくさいんだよ!!!!!!!!!」
りりぶら 「嚙まれ狙いの狩人日記を貼る流れかと思って」
セイバー 「ハハッ」
セイバー 「んー咲夜偽まで持ってきますか」
十六夜咲夜 「他にも居たのですか。
護衛狩…ではないのですね。」
りりぶら 「りりぶら狩人日記

狩人かぁ、真と信じて
私が吊り増やすしか無いじゃない!
初日:無理

んー、パチュリーは嚙まれないだろうしなぁ…
高尾部長あたりなにか持ってそうな感じではある
2日目:高尾部長

咲夜を護衛するかどうかなのよね
いちおう狩人系でもあるけど…
やっぱ灰護衛継続で:
3日目:高尾部長」
ジョルジュ 「奉公の確立辺りがわからんからなぁ」
GUMI 「んー?」
GUMI 「なら、パチュリーが特攻した何かしら(初手吊りミスった自覚はめっちゃある」
りりぶら 「むむ」
セイバー 「GUMI、ジョルジュ、私のランじゃないですか。1人村打ち」
十六夜咲夜 「相変わらずセイバー様が吊りたいのですが、それはネル様真の場合なのですよね。」
りりぶら 「じゃあネルの灰吊って残った方VSGUMIの最終日?」
ジョルジュ 「狩人表記CO

初日:無理 死体:GM、インデックス
おーい…これ護衛で吊り増やしたいが
できるか?夢だったら泣くぞ

二日目:パチュリー 死体:無し(GJではない)
パチュリーが人外で特攻するか?の観点からだな
狼は噛まれない違和感が出る。狂人は特攻で狼に当たる危険がある
狐は狼と同上、となると咲夜と照らし合わせるとサトラレ否定で
役職を言わない当たりが気になるな。村だとそこらは明確にすると思う
たとえ占いだろうとなと、なると非狂人目のパチュリーで行こう

三日目:天子 死体:天子 りりぶら生き返り
うーん?ここで噛まれないなら灰に行ったくさいが
蘇生が咲夜を決め打ちでの蘇生としか思えんな
仙狐だと銃殺される危険があるから長引かせるのは無いだろう
よって村蘇生だな。護衛は奉公は護衛制限あるので灰に行く

四日目:ネル 死体:高尾
天子が噛まれでない、で死体になっていて
他に占い主張がいないならどうなってるんだこれは?
なので獣人で毒噛みも捨てきれないのならネル護衛で行こう
奉公?確立低いし信用できんさ

五日目:インデックス 死体:
くそ、蘇生が…咲夜はもう無理だが
確立がどうなってでGJ表記がどうなるかがわからん…
なにはともあれ天人を護衛する。」
ジョルジュ 「狩人表記CO インデックスGJ」
GUMI 「ここで死体なし要因持っている人が他にいるとは思わないけど、いるなら一応。
出ないなら、咲夜真と見る。」
セイバー 「んー。」
ジョルジュ 「…うーん」
りりぶら 「ナイスね>咲夜」
十六夜咲夜 「30%成功いたしました。(ぜーはー」
セイバー 「素晴らしい。」
りりぶら 「死体無し、GJでた?>咲夜」
セイバー 「咲夜、成功出てます?」
インデックス 「おはようなんだよ」
ジョルジュ 「りりぶらは噛まれ毒だからなぁ放置だ
咲夜はパチュリーがなんなんだろうなぁだがもうあれな位置だ」
GUMI 「ネル真の場合の天子獣人説は可能性としてはあり得る(=死体なし要因が不明な現状における可能性として
ただ、そうだとしても、やはりネルの真を切って初日占いと考える方がたぶん正着と見る」
十六夜咲夜 「護衛成功!」
セイバー 「お早うございます。」
ジョルジュ 「おはよう」
十六夜咲夜 「五日目夜
ここしかないのでインデックス様護衛。
護衛:インデックス
噛み:」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
亞北 ネルさんの遺言 占い表記CO 高尾部長○ 天子○ 十六夜咲夜○ GUMI○●

占い理由
一番ジョルジュに狙われる気がしたから。
大丈夫、狼なら狼で霊界に逃がしてあげるから(笑顔)

占い理由
楽観的かつ客観的すぎる
吊りが危ないって必死感が無いし
天人無い即答っていうのが、妖狐死亡にしたい人外に見える

占い理由
人外かどうかの確認
パチュリーでしなかった理由は狂人特攻が存在する為
対してこっちはさとり否定するのなら狼濃厚。
真で噛まれても身代わり能力があるから問題ない場合があるし
死んでいたとしても私の結果が真である証明になる

占い理由
◇GUMI  「なんで噛ませた、っていうのは、
「占われているとは思わなかった」で割と片づけられる話ではある」

なんか答え知っているように見える。正直。
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
亞北 ネル を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →亞北 ネル
亞北 ネル6 票投票先 →セイバー
GUMI0 票投票先 →亞北 ネル
インデックス0 票投票先 →亞北 ネル
セイバー1 票投票先 →亞北 ネル
十六夜咲夜0 票投票先 →亞北 ネル
りりぶら0 票投票先 →亞北 ネル
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GUMI 「そこの吊り自体は、避けて通れないと思うから。」
りりぶら 「インデックス蘇生でずれたの忘れてたわ」
亞北 ネル 「じゃ、狂人いないといいね。」
ジョルジュ 「速攻占いに疑惑というか、俺の立場だとそうなるだろ >りりぶら」
りりぶら 「あ、本当だ奇数だった>咲夜」
亞北 ネル 「インデックスの指示が無ければ私とセイバーのランでお願い
私を信じる人も信じない人も、それで納得して」
GUMI 「それだからなんか思考の見えないおっぱい星人吊ったんだけど……うわぁああ!」
インデックス 「間違ってたらごめんなさい」
セイバー 「私は私視点村という情報があるので、ネルが真なら白狼いない限りLWだねやったねでネル吊っていいんですが」
十六夜咲夜 「吊り減るからないです。 >りりぶら様」
インデックス 「ネル吊で行きたいんだよ」
GUMI 「私は少なくとも昨日セイバーが吊れるとは思ってなかったよ>セイバー
そこそこ発言してたし、思考も見えてた。私とはちょっと見方が違うかなとは思ってたけど、それくらいだもの。」
十六夜咲夜 「でもこの村、狂人多いでしょうからあんまり村陣営吊りたくないんですよね。
だから占いを吊るかどうかは決め打ちで。
私はわりと信じています。」
亞北 ネル 「もったいなくない?>りりぶら
それに私とかインデックス飛んだら洒落で済まないよ」
亞北 ネル 「それはジョルジュ-セイバーの2Wかつ狂人がいるって話でもあるし
白狼や憑狼警戒するって話でもある」
りりぶら 「私吊ってエキサイティン?」
GUMI 「殺そうとしているからこその2Wじゃないの。
だって、狼としては狐を始末したい、でも飽和がいつ来るかわからない状況において、2WよりLWの方が、単純に安定するでしょコレ」
セイバー 「それなら私囲うでしょう、昨日吊れた可能性高いんですから>GUMI」
十六夜咲夜 「ネルさん吊りしても吊り足りるって、リッチな話ですね…。
蘇生吊ってるのに。」
亞北 ネル 「吊って足りる、と本当に言い切れる理由が無いよ」
りりぶら 「で、ジョルジュが速攻占いに疑惑向けてるあたりは臭く見えるけど
嚙まれてないのは事実なのよね」
GUMI 「すなわち、ネルーセイバーの2W」
亞北 ネル 「>GUMI
単純に私殺そうとしているのはセイバーの方って話」
セイバー 「いやそれもあるかもしれませんが、私視点ネル吊っても足りますから。」
ジョルジュ 「灰の把握をうっかりしていた」
GUMI 「だとしたらネル真か初日真、ネルの真目はインデックス占ってなかったところ。
とりあえずぱっと思いつくところあげてみた。そのうえで、セイバー狼だとする説を唱えてみたい」
りりぶら 「発言をまだ見比べてないけど
今日は占いを決め打つ日>インデックス」
セイバー 「んーネル吊るべきじゃないでしょうか。彼女真だとジョルジュが狼になります」
亞北 ネル 「良いよ、もう噛まれても基本詰んだし>咲夜」
ジョルジュ 「ネルが噛まれないなら初日占いと見て吊っておきたいところではあるな
もし獣人でのあれなら噛まれているとは思うが」
十六夜咲夜 「セイバーさんが一番天子さん狼にすんなり行ってたので吊りたいですが。」
セイバー 「うっわーごめんなさい。」
十六夜咲夜 「で、○噛みですか。
どうしようかなぁ、これ。
あ、一応護衛はこれから天人にしますね。」
亞北 ネル 「インデックスが指定、多分セイバー吊れば終わるけれど」
りりぶら 「ネルの灰はセイバーとジョルジュ?」
GUMI 「ねえ、ほかに占いいないの? 本当にいないの?」
亞北 ネル 「咲夜がいるからか、吊らないと勝ち目が無いからか」
インデックス 「さっそく吊りたいところを挙げてほしいんだよ!」
ジョルジュ 「…兄者 >遺言」
セイバー 「げ>蘇生吊り」
GUMI 「ごめん、ほんとごめん、二重でごめん>おっぱい常世」
りりぶら 「うぁぁ…>蘇生吊り」
セイバー 「ネル噛まれないんですか。」
亞北 ネル 「ウワアアアアアアアアアアアア>常世を吊った」
ジョルジュ 「初日占い臭くなってきたな」
りりぶら 「おかえりなさい>インデックス」
十六夜咲夜 「蘇生吊りしてしまったのですか…。」
亞北 ネル 「占い理由
◇GUMI  「なんで噛ませた、っていうのは、
「占われているとは思わなかった」で割と片づけられる話ではある」

なんか答え知っているように見える。正直。」
セイバー 「お早うございます。
ネル村っぽかったか?という個人的なフィーリングよりも主張に納得かつ、
続きそうな吊りを選ばせてもらいました。ネル真ならどうせ噛まれてますしね。」
GUMI 「んえー!?」
ジョルジュ 「今日インデックス帰ってこないならネル真で
獣人で毒噛みなんだろうという感じだがどうだろう」
インデックス 「ただいまなんだよ
とりあえず私を狐だと思ってた人は正座なんだよ」
亞北 ネル 「占い表記CO 高尾部長○ 天子○ 十六夜咲夜○ GUMI○」
ジョルジュ 「おはよう」
十六夜咲夜 「四日目夜
占い真で進行しているので占いを護衛します。
30%でも泣かない。
護衛:ネル
噛み:」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
おっぱい星人さんの遺言 常世神CO 不可能>十六夜咲夜成功(咲夜蘇生)>パチュリー成功(リリブラ蘇生)

初日 不可能
常世の何が困るといって、
蘇生ログの問題で猫又が騙れない事だと思うのだ。
まぁ、おっぱいを心臓マッサージ出来る権利を得た、と
当座は考えておくか。

二日目 十六夜咲夜
というわけで処刑死体に蘇生を試みる。
噛まれが帰ってくるなら上々、
もし自称天人が帰ってくると少々ややこしいが、
それが狐かどうかの確認は狼が噛みでするべきだと考える。

三日目 パチュリー
昨日朝時点での死体はGM、天人、サクヤのみ。
つまり、天人は真、が確定した。偽ならば蘇生しているのは自称天人のはずだ。
なんにせよ、これは1日時間を稼いだに等しい。情報量でやや劣っているが。
処刑死体に行使し、噛まれの蘇生を試みる。
高尾部長さんの遺言                 / ,rニ三三三三三三ニ∧     \
            /  />一'' ´ ̄ ̄` ‐=ニ∧    ヽ
              _'   ィ'´  / ∧∧  ', \  ヾ  \ ヽ
            / //  ./  :!'~~`|   |  丶. 丶  ∨ 、
        ./  . /.  /  :|   |   |    ',       l
       /  ィ ,'   ,'    |   |   |  , ┐ !.    .l   ,
      冫/ l: |   |   |   }   |,≦ ! !       !    !     いいじゃん、人外場なんだし!
      { /{.   |   {≧‐-{  从/V,x‐=テトア>.   /    ,'
      从 ヽ  |   :yr‐テ=弌    7 弋ツ } ノ /丶.  /
          ヽ |   ト 弋ソ //////////イ/    ヽ /
           ト    ハ ///////////////ノ' ル    〈
           | ヽ ,' |               r'´ !   }   /
           |  \ 、    _      イ、 / 〃 /
            /   __」 `   ´ `     ´   / ュ イ
            / /       ` -  ャ ´  / /〉x ´ ̄ ̄\
            〈 Y       _r≦   Y r‐'´ //        \
          ヾ r―‐/ ̄ X二У } ト、ヽ ∧/ /   /    }
            |;//   / /   レ' \ヽ ヽ´   /    |
       _r―‐≦ /   / /   ▲   >/          |
高尾部長 は無残な負け犬の姿で発見されました
インデックス は生き返りました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
おっぱい星人 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
おっぱい星人3 票投票先 →セイバー
ジョルジュ1 票投票先 →GUMI
亞北 ネル0 票投票先 →おっぱい星人
GUMI2 票投票先 →おっぱい星人
高尾部長0 票投票先 →GUMI
セイバー2 票投票先 →おっぱい星人
十六夜咲夜0 票投票先 →セイバー
りりぶら0 票投票先 →ジョルジュ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GUMI 「なんで噛ませた、っていうのは、
「占われているとは思わなかった」で割と片づけられる話ではある」
亞北 ネル 「りりぶら以外の灰ランでお願い。
指定する時間ないや」
高尾部長 「実は暗殺もいてりりぶら仙狼?
それは流石に無いかー」
GUMI 「ああ、昨日噛まれて今日りりぶら噛んで死亡、のパターン。なくはないか。昨日死体なしだったし。」
セイバー 「噛まれる日に占っていたら○出ますね。」
ジョルジュ 「あー、だが噛み役にするのもあれか」
高尾部長 「あ、りりぶら噛まれ蘇生か」
亞北 ネル 「天子が昨日噛まれた獣人、結果○の後狼になる
んで狼になった天子が毒のりりぶら噛んで死んだんじゃないの?」
ジョルジュ 「そうか獣人か、そういう線もあるか」
おっぱい星人 「ただ、その場合なぜ天子に噛ませた、という問題は残るか。」
セイバー 「獣人噛み→噛み担当→毒HIT!(今ここ)
そういうわけですか。」
十六夜咲夜 「獣人噛まれ…なるほど。」
GUMI 「いちばんわかんないのは、ネルを信用した場合のこの2死体。
どう見ても天子狼にしか見えないのに、天子が○なんでしょ。」
りりぶら 「ああ、昨日天子が嚙まれたってこと?」
りりぶら 「その場合私の死因が何になるの…?」
高尾部長 「なら今日の天子の死因何なのよ・・・>ネル」
おっぱい星人 「…否定できない>ネル」
ジョルジュ 「りりぶらなんなんだそれは >高尾」
亞北 ネル 「天子白狼でLWじゃない、よりは
まだこっちの方が納得するんだけど」
十六夜咲夜 「ともかく、3W1Fはないのですよね、インデックス様が帰ってきていないので。
インデックス様呪殺主張の占い師も出ていませんし。」
セイバー 「勿体ぶらずに早く言う!>ネル」
おっぱい星人 「天子が他の死因で退場した2死体、よりは、
狼が毒を噛んだ、のほうがしっくりくると考える。」
亞北 ネル 「天子が噛まれた獣人ってあると思う?」
ジョルジュ 「3Wなら一応戻ってこない理由にもなるか」
セイバー 「その場合りりぶら何になるんですか?>部長」
高尾部長 「天子が子狐で噛まれたとかもありそうだけどね」
亞北 ネル 「一つそれっぽいのが思い浮かんだ。」
りりぶら 「…? ネルが天子○」
亞北 ネル 「・・・あー、とさ。」
GUMI 「あ、ホントだ>天子○
ほかに占い主張者がいないのならば、初日占いのインデックス天人になるのかなこれ。」
セイバー 「天狗!?って思って出てないやまであったんですけど>ジョルジュ」
高尾部長 「じゃあ現状2W残り? パチュリー狼を見て
ただなんかこう、ネル真占いの天子が狂人で噛まれたようにも見えるんだけど」
十六夜咲夜 「じゃあ初日占いでは?と思うのですがネル様の態度はそこそこ村っぽいのですよね…。」
りりぶら 「私を噛んで天子が死んだっぽくって
インデックスが返ってきてない」
セイバー 「>ネル
割と貴方村ってあんまり見えなかった的なあれそれなんですが現状貴方初日占いとの対決なんですよね。」
亞北 ネル 「天子人外自体は良いと思うよ。
死因までは知らないけれどね。」
ジョルジュ 「おっと、誤爆した」
GUMI 「私の投票理由は説明したから。後で読んどいて>高尾部長」
おっぱい星人 「そしてそうなるとネルの結果が意味不明な状況になるのだが…
これはどう理解したものか。」
十六夜咲夜 「あれ、でも天子○なんですか、ネルさん。」
ジョルジュ 「ならネルが騙り…だとすると他にいないなら初日しかいないがさて >セイバー」
りりぶら 「インデックス占いの占いが別にいたら出ていいと思うわ
でなければ2Wでしょ」
GUMI 「毒噛みでりりぶら誤爆蘇生ってことかなコレ」
亞北 ネル 「>セイバー
流石にこれで夢は無いと思うんだけどね」
高尾部長 「たださー、天子の占い日記途中で止まってるのよね」
十六夜咲夜 「狼見て私を占ったのなら何故私に投票しなかったのやら。」
セイバー 「あれ、りりぶら生きてる!?」
りりぶら 「んーと、天子のインデックス占いしか無い遺言見る感じそれっぽい?」
セイバー 「でもそうするとネルの結果がだいぶおかしいんですが」
高尾部長 「私占いの理由がひっどいんだけど>ネル」
亞北 ネル 「常世でりりぶらが誤爆蘇生とか?」
おっぱい星人 「…毒遺言を残しているほうが帰ってきたぞ
もう片方の占いは結果が整っていないし、これはりりぶら噛みの毒死でよかろうな」
GUMI 「それだから、パチュリーに票かえしたところをどうこういう気はあんまりしないって……なにこの死体状況」
ジョルジュ 「これは天子狼で毒噛みだと思うんだが」
高尾部長 「だと思った<天子のインデックス天人否定」
十六夜咲夜 「いかにも結果の足りないインデックス○の占いって狼っぽいですし。」
りりぶら 「これ私嚙まれて即蘇生?」
セイバー 「天子が狼の毒噛みだったりするんですかね、これ」
亞北 ネル 「んー?なにこれ?」
十六夜咲夜 「ん?毒を狼が噛んだでいいのかしら?」
GUMI 「パチュリー・咲夜に狼狐薄い(パチュリーの狂人特攻)とみて、灰投票
そこに役職保護の観点が抜けてたことは認めるけど、おっぱいならば投票しても損はなさそうという読み」
セイバー 「えーと」
亞北 ネル 「占い理由
一番ジョルジュに狙われる気がしたから。
大丈夫、狼なら狼で霊界に逃がしてあげるから(笑顔)

占い理由
楽観的かつ客観的すぎる
吊りが危ないって必死感が無いし
天人無い即答っていうのが、妖狐死亡にしたい人外に見える

占い理由
人外かどうかの確認
パチュリーでしなかった理由は狂人特攻が存在する為
対してこっちはさとり否定するのなら狼濃厚。
真で噛まれても身代わり能力があるから問題ない場合があるし
死んでいたとしても私の結果が真である証明になる」
ジョルジュ 「蘇生が咲夜を決め打ちでの蘇生としか思えんな
仙狐だと銃殺される危険があるから長引かせるのは無いだろう
よって村蘇生と思い咲夜信用するかという感じだ」
りりぶら 「ほえっ?」
高尾部長 「    -- 、   / : ∠二二二>、 : :\
.  (_(⌒) )  ' : : : : : レヘ : : : : : : : : ,
      \>o|: : :|: 八|  |八ノ: |: : :|│   ログ取り忘れたわー
          |: : :|:Yヽ  Yヽイ: : :_:ノ   咲夜投票には理由があるにはあるんだけど
         Ⅵ小 _ノ    _ノ厶イ乂
         |人  ワ  _ ィ|: :| :丿   私とパチュリー以外に浮いた投票してるGUMIってなんなんだろ?
         | : :|ア_)不У`|: 八)
         レ∨^7〈/∨xヘ|人:人
            ーヘ  ̄|| ノ \_>、)」
ジョルジュ 「おはよう」
亞北 ネル 「占い表記CO 高尾部長○ 天子○ 十六夜咲夜○」
セイバー 「お早うございます。
これで今日の死体がどうなるか……
パチュリーを吊ったのは蘇生保護と彼女の想定がわからなくなったことです。」
おっぱい星人 「今回はパチュリー。
流石に自分とラインを切った対象のCOを追認するごとき行為、
それの意味を一切理解していないらしい様子では
切り捨てるより他になかった。」
十六夜咲夜 「三日目夜
占いも出ない状況で灰投票、というのがいかにも占い師本人であるように見えたのでGUMI様を護衛してみようかと。
私とパチュリー様のランのメリットを理解していてなお他に投票する勇気がまた村にも見えました。
護衛:GUMI
噛み:」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天子さんの遺言                      _ -―‐-  _
.        ト 、  ト 、-=ニ       ニ=-
.       ',  \{   \    ニ=--=ニ二三三三三三三ア
          \  Y⌒Y⌒Y ‐==   -―‐-  _ミ三ニア
           {\廴人 ,ィf´::::::::Nヽ:::::::::}、::::::::::::::::<´
           ゝ / /:::::::::::::/ _  |::::ハ|_ヽ:::::::...ゞ ̄
          // /::::::::::{:::::|'´テヾ |:/ fバ}:::::}::::
.        // x7::::::::: :::::l::从弋ン    じ' |:::/::::}
..        / -=ニ{::::::::::   ∨ ∧xxx   ' xxレ:::ハノ
        -=ニニニl::::: : :   ∨::ヾ. f  7  ハ/            占い表記 インデックス○
              l:::::::::   ∨:::乂. _ , イl.ll
           l:::::::::       ト-ヾ:、/ 川j
       ____从:: :      }  ∧___n_____
     |    /::::::: ::       l.   ∧.     |.|
     |   ./::;::::::         l  _ 斗≧x | `ュゝ
     |  /::;'::::::::         l      ノ./  ニ}
     |  {::;';::::::::        `-=ニニニニ/./  /^   ∬
     |   l;;;;;::::::::       } : ::l | |圭ヌゞ  /     旦
ニニニニニニl;;;;::;';:::::      ハ: :::l | |    /ニニニニニニ
           lハ;;;;::::::    / }: ::l | ト、  /
           {;;:::::::    /  l : :} | | ` ´\
           ∨:::    /   l::::/| |       ゝ
          ∨:::   /    l::/ | |  _x≦´≧zzzzzx
.             ∨:: /    レ′ | |          ヾ:、
             ∨/        | |               ∧
              |           | |            ∧
              |           | |
              |           | |ー-   -‐-
               |ニニニニニニニlニニニニニニニl
               | ||     |:| | | |       | | |
               | ||     |:| | | |       | | |
               | ||     |:| | | |       | | |
パチュリーさんの遺言 さとりCOよ
咲夜の心の中を覗いてみましょ。
クールフェイスの仮面の裏で何を考えてるのか…気にならない?
                          /\ /\
                    _,, -‐=ンヘノ\_.::::\
                     //       _ :::::::`ヽ/
                     ノ /  ..::::;;::::::.... ヽ\:::::..:::∨ ̄ ̄`l
               r‐'::::〈::ノ  _r、:::::::::::l |::::::: l|、 ̄ト、/
              r-‐─〉 ::::::r‐-、__〉 l\゙ー' ノ、: ;: l::::ヽj゙、 〉
             // /|ヽ_〉 / l l |! l l ̄ l (_ ハ/ ∨
            \/∧ノ_ノ! l l,,_|_l |l ! |_,,,_ト l l   |
               _ノノ\_〉、ハ〈こ>リV゙´匕j 〉  !ヽ ヽ、
          , へヽ;;;;;`ヾミ`ヽ、⊥_   l    /_ノ>-─┐、
          〉   l;;;;l;\;;;`ヾ三、ミ`ヽー/ 二三‐二二ニ⊥、\
          ⌒T´::l;;;;l;;;;;;;`'';;ヽ、;;;`ヽ〉//二 -─..''.. ̄ ̄;//  `'' ー-、
         ,,, -─'''>、.l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;ヾニィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//\_  、 \
      /,   /く ィュ|::l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// ノ  `> ヾ ヽ
 __〈∠l _//| `::ノ.::l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;l\〈\;;;;∩;;;;;;;r─-、;;;;//'' ィ、 |  l |、 |
´         ̄ `Y .:::::l;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、ヽ〉 ヽノ |´∨:::::r‐ノ;;//  \r''  | l ∨
       ............... | ::::::l;;;;:ー-.、;;;;;;;;\    l::::_ノl/ 〈;;;;//l >| ̄丿 ノ!/
           :::::\.. :: ̄ >、;;\;;;;;|\    〉! 、  `ヾ、ヽ:ヽ_ 〈
           ::::::::: ̄ ̄へ  `ヽイ:::::_>、ノノヽ ゞ    !:ノ::::::.  \ヽ_ _
..                _::二-‐''/ ̄ハ:::`ーr-、 `´ィ:::.....    〉:::::::::::..   ̄\:::`ヽ
:::.      ,, ‐''´/.. ̄:::::,::-‐:/:::::::ノ:::::ヽ::::::|:::l:::..:::::::::─-ノ .:::|::.::::::::::      ヽ::::
りりぶらさんの遺言 村で何を騙るかまだ決めてないけど(初日夜)
私は毒よ! 基本的には嚙まれ狙い… でいいのかしらねぇ…?
LWっぽくなった時にどうするかは悩んでおきましょう
天子 は無残な負け犬の姿で発見されました
りりぶら は生き返りました
りりぶら は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
パチュリー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
おっぱい星人1 票投票先 →パチュリー
ジョルジュ0 票投票先 →パチュリー
亞北 ネル0 票投票先 →パチュリー
GUMI0 票投票先 →おっぱい星人
高尾部長0 票投票先 →十六夜咲夜
天子0 票投票先 →パチュリー
セイバー0 票投票先 →パチュリー
十六夜咲夜2 票投票先 →パチュリー
りりぶら0 票投票先 →パチュリー
パチュリー7 票投票先 →十六夜咲夜
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GUMI 「咲夜のわずかな護衛成功に期待賭けるより、そこに狼狐があるかどうかの読み、がもはや重要」
高尾部長 「狐が特攻するメリットあるの?」
ジョルジュ 「うーん、パチュリーはさとりCOなのになんで紅系の話題に?」
セイバー 「咲夜さんが紅系ならむしろ見えたパチュリーの特攻のがあるのではという考えに」
十六夜咲夜 「狐なら無難に潜伏するでしょうに。」
高尾部長 「奉公童女ねえ・・・」
亞北 ネル 「>咲夜
パチュリーが妖狐
あるいは特攻先が妖狐である事に賭けたって辺りじゃない?」
りりぶら 「んー? 咲夜が紅系の人外だと思ったってこと?>パチュリー」
亞北 ネル 「そだね、パチュリー視点真奉公童女ならさとられ否定する訳ないという一点を除けば>パチュリー」
天子 「天人蘇生はやらない>高尾部長」
セイバー 「そこじゃない>パチュリー
貴方視点咲夜のCO偽なのに真前提で話を進めていることです」
十六夜咲夜 「しかし、パチュリー様は何がしたいのでしょうね?
この内訳で狐吊りの機会を逃す特攻だなんて。」
高尾部長 「下手するとこれ咲夜狼を見ての仙狐の仕業とか考えるんだけど
・・・いや、無いかなあ
それならインデックス帰還してからの方があり得るか」
GUMI 「ここで再び咲夜ーパチュリーランするメリットっていうのは、
灰にいるであろう蘇生(・占い)保護以上のものはない。」
ジョルジュ 「なので、どうも常世としてもなんだかな」
おっぱい星人 「パチュリー視点サクヤの遺言は何であれ騙り。
ただまぁ、パチュリーの発言はサクヤ紅系と見た可能性があるか?」
天子 「まぁ今日の反応だけでいうならパチュリーさようならかなぁ」
十六夜咲夜 「一応日記も貼っておきますがどうでもいいですね、初日だけの日記なんて。」
パチュリー 「護衛能力のある遣いで合ってると思うのだけど」
高尾部長 「疑問なのは蘇生職がインデックスに試したとして誤爆ってあるの?」
亞北 ネル 「個人的にはパチュリー吊りたいのが変わらないんだけどなー」
セイバー 「人数に限らず何でも出るので少人数で……というのは余り気にしなくて良いとは思うのですが。」
ジョルジュ 「常世ならインデックスに見せるための蘇生なら咲夜にするんじゃないだろうかと」
十六夜咲夜 「~十六夜咲夜の奉公童女日誌~

一日目夜
つまりは30%で護衛できる狩人と。
人狼陣営5で期待したい護衛狩は出来ないと。
あんまり強くないですね…。
とりあえず普通に生存しますか。
噛み:GM」
パチュリー 「奉公童女 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 3.0.0 α4~]
[耐性] 人狼襲撃:身代わり / 護衛制限:有り
[身代わり能力] 上海人形系 (人形遣い系以外)
[狩人能力] 護衛:通常 (特殊) / 護衛制限:有り / 狩り:無し / 罠:有効
人形を犠牲に護衛できる人形遣い。」
十六夜咲夜 「まぁ、特攻したもの勝ちなんですよね、と寂しく思っておりました。
あとインデックス様は天人っぽくふるまっておりましたね。」
GUMI 「死体なしが出なくて、蘇生っぽいのがいなければ、今日の時点で8人。
という辺りから鑑みると、パチュリー・咲夜での決め打ちで、パチュリーを選んだ以上、って展開の進行だったと思うんだけどもさー。」
セイバー 「灰護衛GJは無いとは言いませんが、狐噛みの可能性も十分。
その場合は子狐じゃなくて良かったねになるのですが。」
亞北 ネル 「蘇生がいるなら霊界隠蔽、天人によるものだと思っちゃうだろうしね」
高尾部長 「正直この人数でこの展開はちょっと予想してなかったわ・・・」
天子 「死体なしの要因がはっきりしないのでひとまずは置いておく」
りりぶら 「パチュリー 「奉公童女は護衛能力のある狩人よ。
咲夜の姿見えてる人形とかはいるかしら?」

パチュリーは何を言ってるの…?」
十六夜咲夜 「蘇生ないと思ってました、申し訳なく。」
亞北 ネル 「>りりぶら
可能性は高いと思うね>常世
一応天人アピール(かつ天人蘇生して帰還かわからないからしない)ってのもあるけれど」
パチュリー 「おかえり咲夜。そしてさようならよ!(むきゅー」
パチュリー 「ただ咲夜の反応がないのを見ると、
単純に蘇生無いと思って席放れてるんじゃない」
高尾部長 「狐噛みならそれはそれでインデックスが天人なのが保証されるからいいんだけど
後はまあ占い師の占いチャンスが1回増えたのは幸いではあるわね」
十六夜咲夜 「ではパチュリー様さようなら。」
おっぱい星人 「まぁ、現状の死体なしに関しては狐噛み本線で見ている。
狩人がいたとして、何処を護衛しようと思ったのか、が定かではない。
決め売った以上残ったサトリを、という可能性はないではないが。」
セイバー 「パチュリーは何を言っているんでしょうか。」
りりぶら 「妖狐を噛んでの死体なしなら
インデックスは真天人になるわね」
十六夜咲夜 「あれ、おはようございます。」
GUMI 「咲夜がCO言わずに済ませようとしてたのがこの鉄火場で何やってるん、って気はしたけど。
奉公童女の遺言見て納得しかけていややっぱり納得できなかったわとぐるぐる思考が回転した系GUMI!」
ジョルジュ 「それなら出ているんじゃないか?
この村では情報が大事だと思うからな >ネル」
亞北 ネル 「なので、今回やることは再度咲夜とパチュリーでラン」
セイバー 「狐1ですし村蘇生でしょう。
吊ったところを蘇生したというのは少々不可解ですが。」
高尾部長 「蘇生職がいるってのいうのは確定したとは言え・・・
どうするの? 今日もう1回ランするの?
昨日と同じ結果になりそうなんだけど」
パチュリー 「奉公童女は護衛能力のある狩人よ。
咲夜の姿見えてる人形とかはいるかしら?」
りりぶら 「これってあれかしら? 誤爆しかしない蘇生?」
ジョルジュ 「死体無しに蘇生?蘇生がなんだ?
証明のためのか?わけがわからん」
亞北 ネル 「死体無しは多分妖狐噛み
もしGJ表記の素狩がいるなら一応期待はしていいけれど」
天子 「で、死体なしってなんだろ

狩人いたら衣玖をf@ckしてもいいわ」
パチュリー 「初手からとにかく蘇生を証明していくスタイルなら、とやかくは言えないわね」
おっぱい星人 「…死体なし発生と…サクヤ蘇生?
真っ当な蘇生が蘇生したようには考えづらいが…どう見るか…」
セイバー 「そしてCOがそれと。」
GUMI 「つまり、蘇生役職がいるってことだね!」
りりぶら 「死体無し? で咲夜復活?」
亞北 ネル 「奉公童女って蘇生使いだっけ?」
天子 「んじゃ蘇生いるのか」
高尾部長 「死体無しの咲夜蘇生!?
じゃ、振り出しに戻ってるじゃない!」
パチュリー 「あら。咲夜が帰ってきたわ」
セイバー 「えっ」
ジョルジュ 「うん?なんだこれは」
天子 「咲夜が生き返ったらしい」
りりぶら 「じゃあ昨日の投票理由から言っていきましょうか

パチュリー  「インデックスを呪殺した占い師がいる可能性自体はあるけど、
どちらかというと、狼は狂人割けて噛むだけでいいような状況なのよね」

パチュリーのCOが上記の噛まれを避ける狂人のCOに見えたから
どっちが偽か、で決め打ちするならそちらかと思いました。」
亞北 ネル 「蘇生がいる、と。」
GUMI 「おおー?」
ジョルジュ 「パチュリーが人外で特攻するか?の観点からだな
狼は噛まれない違和感が出る。狂人は特攻で狼に当たる危険がある
狐は狼と同上、となると咲夜と照らし合わせるとサトラレ否定で
役職を言わない当たりが気になるな。村だとそこらは明確にすると思う」
高尾部長 「これでインデックス狐だったらどーにもこーにもってところなんだけど
ぶっちゃけ灰視とかどーにもなんないわね
パチュリー 「おはようよ。
咲夜の発言…は当然だけど見れないわ。
死んでしまっているものね」
セイバー 「あれ」
亞北 ネル 「咲夜さんがインデックス○じゃないといいね。(すっとぼけ)
それはそれで、逆に人外吊りと思おう。
パチュリーはもう吊らないので、心に決めておくように」
セイバー 「お早うございます。
かなり悩みましたが……狼であることを祈りたいと思います」
おっぱい星人 「サクヤを切り捨てた。
狐を過度に気にする傾向からここが狼を見た、のが主な理由。
決め打ち展開だからこそ、さとりに狼であることが固定されるのは避けたかった、
そのような印象をうけるか。」
ジョルジュ 「おはよう」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
十六夜咲夜さんの遺言 この手の特攻はされた方が不利と相場が決まっていますので、吊った方を恨むような事は致しません。
奉公童女CO
十六夜咲夜 は生き返りました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
十六夜咲夜 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
おっぱい星人0 票投票先 →十六夜咲夜
ジョルジュ0 票投票先 →十六夜咲夜
亞北 ネル0 票投票先 →パチュリー
GUMI0 票投票先 →十六夜咲夜
高尾部長0 票投票先 →パチュリー
天子0 票投票先 →十六夜咲夜
セイバー0 票投票先 →十六夜咲夜
十六夜咲夜6 票投票先 →パチュリー
りりぶら0 票投票先 →パチュリー
パチュリー4 票投票先 →十六夜咲夜
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GUMI 「4吊り(インデックス戻ってくれば5吊り)の状況ってこと考えれば、そこは最低でも決め打ち必須。」
亞北 ネル 「様子見する時間は無い。
狂特攻か狼が否定したかって感じだけど」
高尾部長 「決め打ち?」
パチュリー 「素村ワンチャンあるかとは思ったけど。
だったら、私と咲夜、余裕ないから決め打ちよ」
りりぶら 「さとられたほうが人外も
さとりが特攻した人外(狂人っぽい?)も両方あり得る」
ジョルジュ 「うん?サトラレ否定?」
十六夜咲夜 「特攻ですわね、さとり特攻とは初めて見ました。」
高尾部長 「え、ライン割れ?
となるとパチュリーが偽なのか、咲夜が人外で黙ってたか?
でも人外でもサトラレ黙ってる理由って無いわよね?」
セイバー 「あーこの対立はめんどい」
天子 「残せないし、吊り切り不能という事案が発生しましたがいかがお過ごしでしょうか」
ジョルジュ 「村人表記ならそういう話だが
一応なぁ、他のCOの可能性もあるかもしれんけど
噛まれたくないとかそういうので」
亞北 ネル 「んじゃそこ二人でラン。人外吊れる事祈りな。」
おっぱい星人 「待て、否定されるのか」
りりぶら 「ふむ、割れた
これは珍しい」
GUMI 「わー。わっかりやすい対立」
十六夜咲夜 「村人表記でもなく、さとられもしておりません。」
パチュリー 「何も言わないなら撹乱狙いの狂人とかだとは思うけどね
村吊るよりはマシよ、咲夜吊りでいきましょ」
おっぱい星人 「…ほう?ここでサトリラインか。
幻視云々言っている場合ではない、以上COはわからんでもないが。」
セイバー 「インデックス信じるならLWLFは無いって話は前から出ていたでしょうに」
亞北 ネル 「無いのね。」
天子 「なんで、さとられ側が無頓着なのだろうか」
GUMI 「へほー?>さとり」
十六夜咲夜 「ああ、偽ですね。」
GUMI 「逆説的に言えば、2W以上を想定して吊りにかかるんだから、
どんどん狙っていいんだよ! それでやっちゃったらテヘペロってことで笑ってごまかせばいいんだよ(暴論」
亞北 ネル 「咲夜さんから素村表記COがあるに一票」
十六夜咲夜 「ジョルジュさんの天人帰還条件がLWになったら、と言ってるのがちょっと変わってますわね。
私は飽和で帰ってくる方を想像したのですが。」
高尾部長 「ん? ここでさとりCO?」
天子 「LWLFだったら人外勝利目前ではないのだろうか?
この辺の判定よくわかんないけど」
りりぶら 「ふむ、咲夜はさとられてる?」
亞北 ネル 「今ジョルジュが良いこと言った」
ジョルジュ 「おっと、インデックスの真偽はおいといての話だ」
パチュリー 「……さとりCOよ
咲夜の心を覗いているけど反応がない」
セイバー 「インデックス狐だったら殺してるんじゃねーよってあちらが言いたい気分でしょうけどね」
りりぶら 「最大3Wは知らなかったけどもまぁ
インデックス天人を信じてグレランしかやること無いのよねぇ」
亞北 ネル 「まぁ、あくまで目安というか根拠レスだしね>最大3W
狂人はいるだろう、噛まれてくれってだけである」
高尾部長 「もしこれが初日呪殺だとしたら
ここで狼吊れないと厳しい訳で・・・」
おっぱい星人 「少人数だからこそのこの鉄火場、
動き慣れていない人外などがボロを出す可能性は十分にある。
絶対にこれを見逃さず、勝利へと歩んでいこう。」
天子 「狂人避けて噛みってできるとは思えないんですけど>パチュリー

べっつに狂人噛みはむしろやってくださいお願いしますレベルでしかないからなぁ」
GUMI 「初日LWでグレラン事故死はもうどうしようもないレベルだから、正直想定する意味があんまりない>高尾部長」
ジョルジュ 「そもそもLWだったら天人帰ってきてるだろ」
セイバー 「>最大3W
へー
どちらにせよ、今日はグレランするしかないということになりますね」
ジョルジュ 「帰ってこないなら狐でまぁその場合
狼陣営で使うのを使わなくていいでいいんじゃないだろうか」
パチュリー 「ところで咲夜は他に何か、言うことはないのかしら」
十六夜咲夜 「吠えからしても初日LWはなさそうでしたけれどね。」
GUMI 「つまりね。今この場で言えることは。
めずらしく鍋における狐がバランサーの役割を果たそうとしているところで、
インデックス狐だったら死んでるんじゃねえよ!!! ってことかな!」
りりぶら 「まぁ狼陣営5で初日LWは無いんじゃないかしらねぇ…>高尾部長」
天子 「というわけでグレランすっかぁ」
高尾部長 「まあこの数字で初日LWの狂人4とかPHP荒ぶりすぎってレベルじゃないけど・・・」
おっぱい星人 「銃殺の可能性に関しては、まぁ、
死んでくれるな、占い師としか言いようがない。
まぁ、指揮役が存在し得ない以上、各自全力で人外を探り、
これを吊り上げるより他にもはや策はない。」
亞北 ネル 「まぁ、四日目に帰ってきて貰えたら一番楽。
五日目に帰ってきたら手遅れな場合があるし」
パチュリー 「インデックスを呪殺した占い師がいる可能性自体はあるけど、
どちらかというと、狼は狂人割けて噛むだけでいいような状況なのよね」
高尾部長 「天人だとしても最大でこの配役は3Wだから
初日帰還は無いわね
ついでに言うなら初日LWも無いって事になる」
十六夜咲夜 「天人ねぇ…遺言からするとあんま期待できそうにないような。
もしもそうならすぐに帰ってくるでしょうけれど。」
セイバー 「銃殺なら占いがいるってことなので(狼が自重しなくなるということだけど)
いずれ分かるでしょう。」
GUMI 「遺言的に死ぬことがわかっていた系の。
まあ、狐陣営1だから、無駄にどこにもヘイトまき散らさずに死んだ狐の可能性もなくはないけど、それならそれでっていうレベル」
天子 「まぁ明日帰ってくるってのはないわけじゃないだろうけど
明日帰って来なかったら狐ですねわかります」
亞北 ネル 「>ジョルジュ
もしくは人外勝利一歩手前ね。」
ジョルジュ 「なんだ?天人か?
ならあれだ、LWになったら戻ってくるんだが
さてまぁどうだ?」
亞北 ネル 「まぁ、明日帰ってきたら帰ってきたで鉄火場なんだけど。」
セイバー 「即生き返らなくて良かったとかそういうレベルですね>天人」
高尾部長 「天人よね!? そうだと言って!?」
GUMI 「帰ってくるに100ペリカ」
おっぱい星人 「…これで天人とはなんともはや。
帰ってくるのかどうかすら疑わしいが、今気にしても詮無いことではあるか。」
りりぶら 「あ、遺言からすると天人かしら
銃殺もありえるけど考えたくはない」
天子 「天人ねぇだろ」
セイバー 「天人?」
亞北 ネル 「天人・・・指揮役がいるのと、勝利判定になりそうなのはいいかな。
銃殺は二重の意味で無いと思うけど」
パチュリー 「初日から吊り縄が減ってるわ」
十六夜咲夜 「なんか頼みの狐が既に居ない感じなのですが………。」
GUMI 「おっはよー!」
高尾部長 「って、いきなり死んでるー!?」
セイバー 「初日にCOできる情報があるなら早めにするべきです。」
りりぶら 「インデックスが死んでる…?」
パチュリー 「おはようよ
COはあるかしら」
天子 「よし、無理じゃね?」
ジョルジュ 「村一人吊るだけでもPP圏内とかひどいもんだな
初日狂人じゃないと吊りが足りないからどちらにせよ
何かCOあっても決め打ちしなきゃならん」
りりぶら 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営5 妖狐陣営1
これはあれね… 言葉も無いわね…」
高尾部長 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営5 妖狐陣営1
QPが出なくてほっとした反面、この人狼陣営の多さに愕然
これ初日呪殺出てたら逆にPPになるんじゃないかって気もするんだけど」
セイバー 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営5 妖狐陣営1

お早うございます。
シロウ、私の目がおかしいのでしょうか。
5吊り6人外に見えます。共有による指定も望めそうにない。
厳しいですが、頑張りましょう」
亞北 ネル 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営5 妖狐陣営1

5吊り6人外・・・(遠い目)
狂狐が噛まれる事に期待するしか無いね。
共有の囁きも聞こえない以上、指定にも期待出来そうにないけれど。
CO出来るのがいるならお願いね。」
十六夜咲夜 「おはようございます。
狂人噛みは狐噛みがないとどうしようもない吊り数、と。
狐さんには盾になって貰いたいですが、子ぎつねだったりする可能性もありますしね…。」
ジョルジュ 「おはよう」
おっぱい星人 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営5 妖狐陣営1
…何かね、この鉄火場。
囁きはない。COがあるならば、早めにするといい。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 少人数はだいたい配役おかしいよねー(ぁ
インデックスさんの遺言                             . ≦  ̄ ̄ ̄ `ミ ‐  .
                         /              `ヽ.
                       ,ィ _,                  __ \
                         / 〈 , ‐ァ≦ ¨¨て(/ ⌒ヽ,≧ーx、〉 ハ
                      }   /....ノ'⌒j) x / +  /´⌒)) ノ:i  {
                       .′ |/⌒_  , く__ノ  /⌒)) x /_)..:|   ヽ
                       /  |:+ (( /__≦___/´  ..:|   ヽ
                    /    V´ ̄:/ / .:  イ: /  }i |i  ̄ ミく      '.
                      / __.ノ/ / 斗十 :ト/ノノ} : 7丁フ}: ト}:. ヽ `≧‐   i   ちょっと神様のところに行ってくるんだよ
                   ′` 7 :{ : : /,斗≧ミ´ ノイ'´孑≧ミハ: }: ハ.    l
                   {_ノ  /{小 {!ノ〃トr::.f.}`     ト.r::f.l`y| |/ }ノ    '.
                 /  /{.:.:/.:.{.小 ヘ.辷ツ      辷.ツ ノ}/小 ′     ヽ
                . イ  / /.:./:.:.:.V .:. .:::::::.    ,     .::::::. ハ|ハ      l
             /    /  /:.:/:.:.:.:/ .:∧               /l :|!:.:{         !
            /     {  /:./.:.:.: / :/:.:.ヽ    ー__一    .イ/ :ハ:.:.:.        |
        ,..-ァ 7       ∨ /:./.:.:.:./ ノ}:.:.:.:.:}> .     .. イ:.:/:  小:.:.:ヽ     l
       /:/   /       V.:/:.:.:.:/,/:/:.:.:.:./:./7く}` ニ ´⊥ミV.:  /:.|:.l:.:.:.:.ヽ    {、_
     /ノ.:ノ  ノ         〉:.:.:.//..:./:.:.__/:/ {〉、      /}〉.: ∧:.{:.:ヽ:.:.,ハ    ヽ  ̄ミヽ、
    /':/ /         /:.:.//:.:./イヽ))|: :ヽ ミr- ._,..、,ノ//.: /≫ミ、:.:.∨  }     }   \\
   //: /        /   厶イ/:..:./{ |/ { : :V.>‐ミーiトi、}: / \, |ヽ/  ′    丶   丶:\
.  //: : |      彡'   /.: :/:.:.:.(う..イ| }  !: : _と_`ヽ {. {. { /)!    } 人         \   \ \
 / l : : :| ー‐ ´     /7 /:.:/:.:./  ヽ{ /   l (こ}| } じ'ー^^{ { {  { //  \          ー  ヽ: :ヽ.
 | ! : : |       〃 / :/:.:/.:.:.:.:/     ∨   ヽ ̄| |      /i:ヽ ∨′   |\               i: : l '.
 | | : : |    __, イ{{:/ .://.:.:.:.:/}__ 彡 /     ヽ:} |     八: :\}  ` ミ _}:.:.:.`:.:iミ            }: : :l i
 | |: : : 、 , 彡':./:.:.〉 /廴_ノ:./        {        ノ {    ハ. \  ミ 、   `ヽ:.:.:.l:.:.`:.:.―、 .    ノ : : | |
 | |: : :///イ.:.:.:.:/ /|厂/:./       ハ  __, ‐ァ'  人   V⌒ミヽ7ー 、 \`ミ  }.:.:.l:.:.:.:.:\:.:\`ヽ、 { : : : | |
 | 〉イ :/:/´ /: .:.:/{ /八:/:.:i        ,.ィ´// /     /ヽ   `}  ヽ:\ }ト、ヽ ∨:.:.:.|.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.ヽ  \: : ノノ
 ∨ / :/:/ /: .:./:.乂:.:./:.:.:.{       / /: 〃   {   /| 小  ノ  }}: : ハノ  ヽ}  |.:.:.:.|:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.   V /
   , :/{:.{ 〃: .:./i:.:.||:.:.:/:/⌒ヽ  /  / : :l {   | /|V /∧ /   i | : :| ヽ、 ノ  }.:.:. ト:.:.:.:|:.:.:.:. :.:.:.::,   ′
   |.:{ |:.V.:|: .:/' | .:||.:./:ノ  ̄`ブ′   ; : : :l |   V   l / }  ノ    ノノ : :|  \ ーく:.:.: | i:.:.:ト:.:}:.:. |:.ヽi
   从 ∨.:| :i{ | .:{∨.:{  彡'     |: : :l |    ∨  |'{.|/    // : : ′    ヽ.  ヽ:| }:.:.ハ:|:.:. ト:.:.:{
   乂 |!:.i! .:ハ ヽ∨.:.:.}         |: : : :l !    ヽ j|{ノ   / /: : :/      丶 ノ|ノ:./  } :.: |ハ l
      |:.ハ :.ト廴  〉:.:.人         l : : : } }     /| \ //: : :/         /:/: /  i i:.: .′ }:}
     l:.{ ヽ{   /:/:.ノ\    _, 斗、: :j l__ . イ´ 八  / / : : : :/        /:,彡'   ノノ:./  jノ
      ヽ ヽ、/彡:/  }iヽ <-rく.__\l {   //   ヽノ/: 、斗ァ丶      ,イ:./  __/イ:ノ  _ノ′
 /⌒     乂_:/    ,リ:.:.:> .` 千< { 廴 /∧     \: ヽZ__-_\    /ノ:/   __ ノ'´
 廴----z=彡ー ´ ̄   ノ':/   ノ ̄ ¨ ‐┬彡 /  \    |:`ミ ┬――‐ ^く彡'
   ̄ ¨¨¨´     ヽー 彡 '    /      / : : : {    ` 彡 i : : : :|         \
             ̄     /     / : : : :ノ         | : : : :l           ヽ
インデックス は無残な負け犬の姿で発見されました
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM あ、うん 11人になるから吊りは5回になるね(>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM 出現陣営:村人陣営6 人狼陣営5 妖狐陣営1
さすが少人数・・・数がやばい」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM GM担当はつきつきだよ」
出現陣営:村人陣営6 人狼陣営5 妖狐陣営1
ゲーム開始:2014/08/24 (Sun) 09:56:58
おっぱい星人 「開始だ」
ジョルジュ 「ミルクティーで」
セイバー 「きょ……?すみません、何の話か全然(ギリッ>ネル」
おっぱい星人 「1」
おっぱい星人 「2」
十六夜咲夜 「あら、パチュリー様おはようございます。
紅茶をお入れしましょう。」
おっぱい星人 「3」
インデックス 「Wズサ」
亞北 ネル 「巨乳は部長がいるでしょ(憤慨)>セイバー」
ジョルジュ 「おっぱい!おっぱい!」
パチュリー 「むっきゅん
おっぱい星人 「おっぱい!おっぱい!」
りりぶら 「ずさー」
ジョルジュ 「(あれだな、ものまねでご本人登場みたいな気分だった」
セイバー 「私はユーモアのある王として有名ですからね(キリッ)>ジョルジュ」
GM 「共通点を作ってズサーするのもありだよ?(チラッ」
パチュリー が幻想入りしました
りりぶら が幻想入りしました
おっぱい星人 「4」
おっぱい星人 「5」
おっぱい星人 「6」
セイバー 「共通点があるような気もしますが気のせいだったと!」
おっぱい星人 「7」
ジョルジュ 「自分も愉快だと納得するのか… >セイバー」
おっぱい星人 「8」
十六夜咲夜 「ふわぁ…まだ眠いです。」
高尾部長 「まあなるようになれで遊べればいいかしらね」
セイバー 「愉快な女性達。なるほど>ネル」
おっぱい星人 「9」
おっぱい星人 「10」
GM 「いらっしゃーい
2桁になった時点で判断したよ」
ジョルジュ 「承知した」
おっぱい星人 「了解した。それではゆっくりとカウントさせていただく。」
亞北 ネル 「私はどっちでも>開始」
GM 「よし、決めた
ゆっくりカウントして始めよう」
十六夜咲夜 「おはようございます。」
セイバー 「私はズサもズサなので、待っていた方々の希望を優先すべきかと」
十六夜咲夜 が幻想入りしました
亞北 ネル 「ジョルジュと愉快な女性達>セイバー」
高尾部長 「QP出たら間違いなく吊られるので出ないで下さい(懇願」
おっぱい星人 「待ちでも私は構わない
まだ見ぬおっぱいや同胞に出会える可能性もあるしな」
セイバー 「間に合ってよかった。
……ところでこのメンバーは何繋がりなのでしょうか。」
ジョルジュ 「一応投票はしておこう」
GM 「少人数経験したいのならこのまま開始するし
もうちょっと待ってもいいよというのなら・・・」
インデックス 「私はどっちでもいいんだよ」
GM 「とりあえず回すか 10時まで待つか
どうしよう」
亞北 ネル 「出たときの話をしたら出なくなるかなって(とぼけ)>天子」
セイバー が幻想入りしました
おっぱい星人 「1吊1噛みで恋人PP発生とは割りと冗談ではないな>子悪魔」
GM 「いらっしゃーい」
高尾部長 「少人数のQPはいろんな意味でサレンダーするから・・・」
天子 「この少人数で小悪魔出たら大惨事なんだけど>ネル」
インデックス 「胸の大きさ何て気にする必要なんてないんだよ!」
おっぱい星人 「さて、一応予定時間だが、
GMの判断を仰ごうか。」
ジョルジュ 「おっぱいへの知識…流石だな兄者 >おっぱい星人」
亞北 ネル 「小悪魔引いたら負けてもいいからジョルsに刺す(断言)」
おっぱい星人 「うむ、我々はこの現実に喜びすら覚えている」
ジョルジュ 「我々は全く悲しくないぞ? >高尾」
インデックス 「よろしくお願いするんだよ」
インデックス が幻想入りしました
高尾部長 「             /=ニニニニニニ\     \
         /// ̄      ̄ヾ   ヽ  ヽ
.         /  / / ハ  1  ト 、   ,   、
        〃   ト7ナ/ |  ハ=-イV|   ′
       | /   マテx、 |/ ァチ扞豺   1  |
       | | 1 从弋リ    弋.zン   i   !    ものすごく適当にアイコン選んだら
        八|Y 小/// ,    /// j  /   ノ    またしても爆乳キャラだった事を後から知ったという
         \从 u        厶イ / /    悲しいわね現実って・・・
             i ト . ^ ~ ¬   i   /ィイ
             |ノ  〕  _,, s≦乂  |ク´
           ノ / ___」    f    イ
             イ  f ̄/ /__,,.xへ |  |-‐-
          乂___∨ ⌒会丶/从Nノ    ヽ
              |/|___〃}}__// : : /      }
         /: : : : : : : : o:77: : :/      /
.          l: : : : : : : : : : : // : /      /
.          l: : : : : : : : : : : | |/       /
         八: : : : : : : : : : ∠_____  |
         \\: : : : : : : : :\/     〉、|
.          「 \: : : : : : : :/      / ヽ|」
おっぱい星人 「その認識は誤りだ天人の少女よ。
脂肪によってのみ構成された乳房はハリを失い、型崩れを引き起こす。
美しいおっぱいには、コラーゲンが必要不可欠なのだ。」
GM 「これPPされるね 多分」
天子 「変態に餌を与えてはいけないって衣玖がいってた」
ジョルジュ 「今回は俺とおっぱい星人でダブルジョルジュだからな…」
GM 「いらっしゃーい」
亞北 ネル 「やったね、ハーレムだよ>ジョルジュ」
ジョルジュ 「こうなる流れになるよなとは思っていた(」
天子 「胸なんて脂肪の塊だろ」
天子 が幻想入りしました
高尾部長 「流れ? そんなの知りません
でもこれならIAとかLilyで入るべきだったかな・・・」
ジョルジュ 「出遅れた、まだ同胞へは並べないと言うのか…!」
亞北 ネル 「はいはいお客さん、お触りは禁止だよ」
ジョルジュ 「おっぱい!おっぱい!」
ジョルジュ 「おっぱいへの愛があるならできる(断言」
おっぱい星人 「おっぱい!おっぱい!」
GUMI 「ちょいちょい離席してるから、開始時間に居なかったら蹴ってね」
高尾部長 「おはようございます」
亞北 ネル 「呼んでもRP出来そうにないから諦めたけど」
高尾部長 が幻想入りしました
GUMI 「ずさっ」
GUMI が幻想入りしました
亞北 ネル 「正直三人目を呼ぼうか迷った」
ジョルジュ 「あ、それは俺も思う」
おっぱい星人 「…問題はだ、同胞。
我々のこの鉄壁の布陣が、むしろターゲットへの警戒心を引き起こしている気が
しないでもないのだ。」
ジョルジュ 「くっ、勝てるのか俺は…?」
亞北 ネル 「よろしく」
亞北 ネル が幻想入りしました
おっぱい星人 「抵抗は無意味だ。」
おっぱい星人 「お前たちのおっぱいを我々が揉みしだく。」
ジョルジュ 「(このおっぱい力…できる!」
おっぱい星人 「我々はジョルジュだ。」
ジョルジュ 「なん…だと…?」
おっぱい星人 「君は…同胞、か?」
かりうむ 「かりうむ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりうむ → おっぱい星人
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1592 (ジョルジュ)」
GM 「いらっしゃーい」
ジョルジュ 「そんなわけでよろしく頼む」
ジョルジュ 「以下省略」
ジョルジュ 「諸君、私はおっぱいが大好きだ」
ジョルジュ 「諸君、私はおっぱいが好きだ」
ジョルジュ が幻想入りしました
GM 「いらっしゃーい」
かりうむ 「朝一番の鍋入り」
かりうむ が幻想入りしました
GM 「入村自由
開始予定は…9:50かな」
GM 「GMからのお願い
開始時間前後のズサーは「アイコンを決めてから入村」をお願いします。


鍋村建て用テンプレ ver0.05  更新日 2014/08/10
【ローカルルール】
・AAはCO時と同時に使うことは禁止
・AAの枚数制限はありません 昼も夜も遺言にも好きなだけどうぞ
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・昼投票は130~200以内を目安に。230を超えるようなら名指しで注意する場合あり
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨
・GMからの早噛み指示は基本的にしません
・SSはお好きにどうぞ。GMから制限はありません
・沈黙禁止がデフォルトでついてます。

【超闇鍋の注意点】
・発生保証は「人狼1」「占い師1」のみ
・初日夜のみ陣営数の表示が出ます
・COなしは存在しません。全員が役職を持っています
・死体が複数出る可能性があります
・死亡後、配役隠蔽で見れない場合があります。席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を選択すること
・鍋のセオリーは十人十色。熱くなり過ぎないようお願いします。
・知らない役職や自分の役職を確認するために http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/ ここでチェック

【禁止事項】
・シスコピ/暴言/利敵行為/ゲーム放棄/掛け持ちプレイ/開始前や昼の初心者CO
・突然死 (回線トラブルなど止むを得ない場合は除く)
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・占い理由と占い結果の同時貼り
・夜時間において超過前に噛むこと (ただし恋人がいる場合は超過後に噛みのみOK)」
村作成:2014/08/24 (Sun) 09:29:25