←戻る
【雛2246】やる夫たちの封蘇超闇鍋村 [2697番地]
~日曜日の次の日は?~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon カービィ
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
icon ガロード
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[村人]
(死亡)
icon ZBRアンプル
 (塔ヶ崎◆
9yLJc6bf9g)
[紅狐]
(死亡)
icon ジョルジュ
 (エルヴィス◆
2OyNc.1YgFmb)
[山彦]
(死亡)
icon メリー
 (朝霧夕◆
1oKmZSIAF.)
[静狼]
(死亡)
icon 天子
 (スパーク◆
FjOpeTE2Ts)
[翠狼]
(死亡)
icon 古明地さとり
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[狙毒者]
(死亡)
icon パチュリー
 (すがめ◆
t8uJD51WpY)
[獏]
(死亡)
icon ニート
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[無意識]
(死亡)
icon マリー
 ($◆
ZZQhvypOfk)
[埋毒者]
(死亡)
icon パワプロ
 (犬◆
vaxPIb7J4c)
[妖狐]
(生存中)
icon シュテル
 (畑◆
UaHqC0IzMA)
[夜雀]
(死亡)
icon 重音テト
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[天使]
(死亡)
icon エレン・イェーガー
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[蜜狼]
(死亡)
icon ネコアルク
 (エノク語◆
CkK42HJiBJ9Z)
[薬師]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon KAITO
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[占い師]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon ニンフィア
 (C_T)
[暴君]
(死亡)
icon ニャース
 (支柱◆
UtAzS.e2pA)
[尸解仙]
(死亡)
icon 間桐慎二
 (空澄姫黒曜◆
z1XhdJ.lxM)
[人狼]
[目隠し]
(死亡)
icon 博麗霊夢
 (ヘーベル◆
1pdxz9ul3.)
[化狐]
(死亡)
icon 一方通行
 (センクオン◆
TvSxql5VxA)
[厄神]
(生存中)
icon 射命丸文
 (ルカエバ◆
ruKaeBa1O.)
[山立]
(死亡)
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました
KAITO 「あ、死んだ」
重音テト 「ん、狐勝ち」
KAITO 「ガロードはニートとマリー疑ったのが目をつけられた原因だと思うよ」
天子 「3分超過?>テト」
博麗霊夢 「まぁ実際私位に奥の位置になると
それだけで銀が把握できるような吠え数になっちゃうってのはあるけどね」
ジョルジュ 「いやだって死んだら吠えなくなるわけですし>霊夢」
重音テト 「一体誰が噛んだんだ……>帰ってきたら紫帯」
ニンフィア 「一応、位置吠えしない銀狼は一定数居るからねー
私もわりとしないほう」
メリー 「いやぁ たぶん狼視されたままの進行だからいっそ入れてしまえ思考だと思う」
天子 「そして帰ってきたら紫帯の予感」
博麗霊夢 「まさか位置も教えなかったのに銀認定されるとが
見抜けなかった、この巫女をもってしても」
ガロード 「発言が悪いからな俺はこうゆうので残れない」
重音テト 「霊界をやきもきさせないPLの鑑>トイレ宣言」
ニンフィア 「化狐が銀狼だと思ってるんじゃ?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョルジュ 「霊夢やったな、銀吠えと認識されてるぞ」
ニャース 「霊夢追加されたニャー……」
博麗霊夢 「米国>ドイツ」
古明地さとり 「メジャー……」
KAITO 「不幸度数的にマリー噛んで終わる予感」
メリー 「今度はドイツかしら」
博麗霊夢 「私ェ……」
天子 「霊夢どっから生えた>慎二」
ガロード 「警戒が変に来てた>ニンフィア」
重音テト 「渡米したらしい>メジャー」
KAITO 「まりー投票者のパワプロと霊夢潰そうかと思ってたから」
カービィ 「お疲れ様ー」
天子 「パチュリー先吊ってたら…
うーん、共有の指定的に村が飛んで結局飽和かなぁ?」
重音テト 「ま、それでも三日目目隠しからここまで来てるのは流石だとボクは思うけどね」
KAITO 「生きとったらパワプロ銃殺は多分しとったけどな>ニンフィア」
ニンフィア 「うーん、流石に○疑いは残したくなくなったよ
ニートとマリーは信用してくれないと」
古明地さとり 「お疲れ様です」
KAITO 「パワプロ噛んだらマリーにしろ一通にしろつるのキツイから無理」
ガロード 「すまない粘れなかった」
重音テト 「さてさて。
ここで灰減らすのは流石にしないから9割方紫帯」
ニンフィア 「生存力もあるけど、狐3はやっぱりきついよね」
KAITO 「パワプロ噛みはない(噛み通ったら吊るところなくなる)」
天子 「◇マリーの独り言 「噛まれると良いなぁ」
◇パワプロ(妖狐) 「よっしよっし
さすがに俺噛まれんやろ」
この落差よ」
ニート 「あらら」
シュテル 「お疲れさまです」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
ニャース 「お疲れ様ニャー。
おうどんかニャー、これは。」
ニンフィア 「狐勝ちだねー
まあ仕方ない」
エレン・イェーガー 「お疲れだ」
メリー 「むー」
天子 「まぁ狐勝ちかな」
博麗霊夢 「よし来た!」
射命丸文 「お疲れ様です」
博麗霊夢 「お疲れ様」
ジョルジュ 「うぅむ…」
天子 「うあ」
重音テト 「ほー」
博麗霊夢 「一方通行次第ね」
射命丸文 「一通さんがどっちに票を動かすかといった所」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
天子 「さ、一通さんがどう考えるか」
ジョルジュ 「凌いだ!」
ニンフィア 「というかうん、これ言い出すくらいにはさとり偽だと思ってたから
流石に1手は様子見るべきだろうで即吊りしなかったけど」
天子 「あの状況でさとりに向かって足音だからね>射命丸」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
ニャース 「どうニャるかニャー。」
ニート 「ガロードよりはパワプロなんだよなぁ・・・」
射命丸文 「ちょっとぐらい足音鳴らしても大丈夫だろうという考え
慢心良くない」
天子 「パワプロ投票してくんないかなぁ」
ニンフィア 「◇ニンフィア 「正直さとり偽の可能性もあるから他に狩人いたらジョルジュでいい気もする
それで貫通したらさとり真がわかるし
まあ、さとりかまれてたらもっとわかりやすいけど」
これ、遠まわしにさとり護衛するなって言ったんだけどねー」
ニャース 「中身……中身かニャー。
……普段のRPじゃ中身バレバレってレベルじゃニャーよな。」
ニンフィア 「もうちょっと思考が早ければパチュリー残しのさとりエレンロラからのFOは可能だったかなあ」
KAITO 「さとりの狩人騙りが山立露出を産んだからな
噛み合っとらん、村が」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
重音テト 「今日は9人しか分かんなかったなあ>中身」
ニンフィア 「でも視点がわかりやすくなったのは事実
ちょっと今回は思考が遅かったのがねー>シュテル」
ニート 「働いたら負けよ」
KAITO 「お前働かせるためにお前初手に占ったからな」
ニート 「私は自分のベストな役職を引いていたわ
そう・・・1夜に期待したとおりだった」
KAITO 「あ、ニート
ちゃんと働いたか?」
シュテル 「そこもミスですかね、
GJ出たからGJ主張見ずに真断定して飛び出してしまいましたから>ニンフィア」
ニンフィア 「ほんとーに狩人系が多い村ってすごく難しい
どこが偽でどこが真かって噛みあわせが」
重音テト 「だね。パワプロが吊れないならパワプロ噛みをしない限り紫帯だ」
ニンフィア 「うーん、死体なしって状況でさとりかエレン切るのが手だったかな
少なくともパチュリー偽だとしてもどっちもGJでそうにない位置」
博麗霊夢 「アイコンの明度って内のパソコンだと見る角度で見分けつかなくなるわね」
パチュリー 「村役がかなり豪華ね、これ」
重音テト 「あ、奇数だから引き分けはパワプロ噛まない限り無いや(今更」
ニャース 「マリー噛まニャくても今日パワプロ吊れニャかったら引き分け以下じゃニャーか。」
重音テト 「ガロード吊ってマリー噛んで狐勝利に334ガバス」
ニート 「パワプロが怪しいと思ってたら狐だったかぁ
というか、さとり真だったのはすまない」
天子 「これパワプロ吊れてもマリー噛むんじゃないかなぁ…」
ニンフィア 「うーん、今回は色々と難しいなあ
さとりとパチュリーはどっちも偽目だと思ったからエレンさっと切ろうとは思えたんだけど
シュテルもう1手伏せさせれたかもなあ・・」
射命丸文 「お疲れ様です」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
ニート 「おつかれさま」
ジョルジュ 「安牌噛んだ!
あとはパワプロ君どうするかだが。」
古明地さとり 「お疲れ様でした」
シュテル 「お疲れさまです」
天子 「お疲れ様」
ニャース 「お疲れ様ニャー。」
エレン・イェーガー 「お疲れ」
博麗霊夢 「お疲れ様」
カービィ 「お疲れ様ー」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
ジョルジュ 「次はたぶん「ー」しかあってないんだな
次があればな」
メリー 「3票で吊られたのはまー 申し訳ないわね」
重音テト 「この村には関西の奪三振王が居たらしい(すっとぼけ」
古明地さとり 「初日に吊られたメリーなんて居なかったんですよ>メリー」
天子 「明日パワプロ吊れるかどうか
噛むのは無理だろうなぁ」
ニャース 「もう原型ないニャー、「メ」合ってる分有難いぐらいだニャ。>メッセンジャー」
メリー 「名前ェ!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジョルジュ 「パンツをいくらこねくり回したところで
おっぱいの高みにはたどり着けんよ」
メリー 「レオタードもいいと思うけどねえ(違う」
博麗霊夢 「つまり、どういうことだってばよ>慎二」
重音テト 「人はパンツのみに生くるにあらず」
ニャース 「……安牌は無意識だニャ。安牌は。」
ニンフィア 「射命丸文を即噛めそうな狼で考慮すると
わりとガロードか間桐慎二の2択付近ではあったかなあ」
重音テト 「夜雀居るのは村視点は見えないからなあw
確かにその場合においてキミが真ブン屋でもあの状況は成立するね>エレン」
カービィ 「お疲れ様ー」
ZBRアンプル 「あ…これは…誰も見えない中に放り出されるLW…」
博麗霊夢 「(狼、そこの毒を噛むのです……)」
ジョルジュ 「というか片方無意識だから見えてるんだよなぁ
安牌として噛むか、狐候補と見て灰へ移るのか」
古明地さとり 「お疲れ様でした」
エレン・イェーガー 「お疲れ」
天子 「内部的には違うから!(キリ>射命丸」
古明地さとり 「ああ、霊夢に対する誘導なんですね」
シュテル 「お疲れさまです」
ニャース 「お疲れ様ニャー。
噛める妖狐はいニャくニャったか。」
ニンフィア 「あと2吊り、これいけるかなあ
というかガロード疑っちゃったから結構きついかも」
エレン・イェーガー 「夜雀でたなら噛めないの当然じゃんと思ったら間違いなのだろうか?>テト
(護衛突破)」
シュテル 「並行といえば、騎士騙り破棄したのは失敗ですかね?
偽誤認+噛み避け狙いで途中まで書いていましたが」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
ジョルジュ 「白を噛む場合、2分の1で狐勝ちだが。」
パチュリー 「お疲れ様。」
博麗霊夢 「しまったなぁ、夜雀云々合ったんだから注意しとかなきゃだった
本気で反省」
射命丸文 「お疲れ様です」
天子 「まず狐1」
射命丸文 「それ全部まとめて村表記っていいますよね>天子」
博麗霊夢 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジョルジュ 「取りあえず化け狐さらば」
重音テト 「生きているブン屋は疑わしい、それだけの話だろうね>エレン」
ニンフィア 「けどうーん、狩人潜らせられた場合だとしても
ここまで狐が残っちゃうと」
ジョルジュ 「破綻はしてなかったな、実際そのことは翌日主張した
破綻してなかっただけだったが、結果的に」
古明地さとり 「いやそれ霊夢が人外か村かどうか見えないって意味では?」
天子 「複数用意なんて簡単簡単
執行者 聖女 無意識 不審者 連毒者 村人のどれかって言えばいい(キリ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
重音テト 「実際目隠しは付いてなく、見間違えただけという>霊夢」
ニンフィア 「ただ、正直狩人COしなければ山立がもっと潜れて安定だったかもっていう気はする」
ニンフィア 「どうだろう、でもアレで遅らせたからアンプルで狐1吊って
グレランでメリーつれてだし」
ニャース 「羅刹怖ぇーニャー……>テト」
エレン・イェーガー 「俺破綻してないんだがな、別に
(実際真でも破綻してない)」
ジョルジュ 「コルクさとりんをもっと早い段階でケアしておけば
勝てたのでしょうか、それが最後の疑問です」
ニンフィア 「やっぱり狩人CO大目だとそれはそれで悩むね」
重音テト 「まあ、慣れないうちは1種類で良いよ>ニャース
複数用意できるのは羅刹だけさ」
ニンフィア 「しかしうーん、ブン屋のみ狼で狂人混じりかあ」
エレン・イェーガー 「一通>ニートってかめば最終日までは行く(狐全滅なら)」
天子 「その発想はなかった>テト」
重音テト 「玩具姫黒曜!?(ガタッ」
ニャース 「平行準備とか(ヾノ・∀・)ムリムリ
つーかなんでそんなこと出来るんだニャ?」
天子 「まぁ無理だから噛もうとは言っておいた>エレン」
ニンフィア 「理論も多少言ったけど、さとり護衛はいらないと思うよ
たとえ真だったとしても」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
エレン・イェーガー 「一通は吊るの無理だよな、とは思ってる」
天子 「E-6は行ったほうがいいのかしら…?」
重音テト 「指定自体は間違ってないだろうさ>ニンフィア
お疲れ様」
カービィ 「お疲れ様ー」
シュテル 「お疲れさまです」
ニャース 「お疲れ様ニャー。」
ニンフィア 「うん、これはちょっと無理そう」
ジョルジュ 「お疲れさん>暴君

そしてまただよ、忘れ去られるジョルジュ」
ニャース 「狂人と言えば、いつか狢引いてみたいニャ……」
ニンフィア 「あー なるほどね」
天子 「あ、お疲れ様」
パチュリー 「お疲れ様」
射命丸文 「お疲れ様です」
天子 「そういえば艦これやってる人いたら聞きたいのだけども」
エレン・イェーガー 「お疲れ」
メリー 「序盤は適当に占い準備しつつ霊能司祭系を並行で準備しつつって感じかしら」
古明地さとり 「お疲れ様です」
パチュリー 「狐多い状態だったしできる限り逃れたかったんだけど
あのまま死んでおいたほうがよかったかしら」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
重音テト 「吊り>噛みなのは間違いは無い>狂人」
メリー 「メルクツァ…」
重音テト 「一言主神は
ニンフィア○>KAITO○>一方通行鬼
で書いてた」
ジョルジュ 「根本的な疑問として、狂人が吊のがれる必要ってなくね?
いや、狐多いから吊り縄使いたくない、というのもあるのかもしれんが」
天子 「メルクツァは強敵だったわね…」
メリー 「占い騙ればいいんじゃないデスカね(名推理」
重音テト 「○を噛む以上はマリー噛みもギリギリ届いてしまう、か」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
古明地さとり 「狂人もあるんですよねえ>ニンフィア
というか獣人の可能性示したじゃないですかー!」
パチュリー 「夢狩人騙りで指定されたから咄嗟に狩人に変えたのよ…
ごめんなさいね」
メリー 「パンツァにすると全然意味が違うように見えるわ」
エレン・イェーガー 「マリーが毒じゃなければ、な」
エレン・イェーガー 「狂人の狩人語りはやめてくれ
噛むしかないんだよ」
天子 「わりとあの人も一人になるとハッスルする系の人だったのか、知らなんだ>慎二」
重音テト 「これ見ると狼勝ち普通にある気がしちゃうんだよなあw>祈り」
ジョルジュ 「お前は何を言っているんだ>ワカメ」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
古明地さとり 「お疲れ様です」
シュテル 「お疲れさまです」
ニャース 「お疲れ様ニャー。」
パチュリー 「お疲れ様」
ジョルジュ 「お疲れさん」
天子 「ニンフィア飛ばなかったかぁ」
射命丸文 「お疲れ様です」
カービィ 「お疲れ様」
エレン・イェーガー 「お疲れ」
天子 「お疲れ様」
ジョルジュ 「そこらへんはまぁ、貰った役職で全力を尽くすゲームですし>シュテル」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ニャース 「実際今回は吊り稼げたしニャ。
……人外ばっか吊ってるとは恐れ入ったがニャ。」
重音テト 「だって東方系は中身判別しづらいし>KAITO」
KAITO 「ネコアルクが恋人ってWHYしか浮かばなかったよw」
シュテル 「今回に限っては素の狩人の方が良い結果がでたかと>天子
KAITO 「なぜそこで霊夢か文にしなかったの!?>テトちゃん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニャース 「そーなるかニャー……>天子
うーむ、自然体で行った方が良い気がしてきたニャ、狂人だと。」
KAITO 「吊られたなら結果出さんけど
村に恨みがあるから」
重音テト 「GJ出してる以上君の仕事は果たしてるさ>シュテル
文を守れと言うのは酷だろう」
エレン・イェーガー 「ほんとそれ>噛みは村に使いたい」
ジョルジュ 「2GJ出してるのに狩人を責める奴などこの世にはいないよ
胸を張りたまえ、おっぱい級になるまで>シュテル」
天子 「というか夜雀山立とかふざけるなっていいたいw>シュテル」
KAITO 「噛まれの遺言は真結果出すよ
狼への恨みで」
重音テト 「男はKAITO ワカメ エレンの3択
女は……ネコアルク 霊夢 文での3択だったかな」
シュテル 「夜雀引いてすみません、という感じ
夜雀が見事なまでに裏目になっていますね・・・」
天子 「やっぱ狼からしたら噛みは村に使いたいしねぇ
吊られてくれれば十分だと思うの」
ジョルジュ 「4吊4人外、ただしLW
噛み対象に埋毒者入ってるんで、割と危険ではある」
天子 「殉教は仕方ないけどそれ以外の狂人は噛まれを狙いに行ってほしくないかなぁ>ニャース
尸解仙とか獣人とかは嚙まれた時の保険とみるべき。
狂信者の狼囲いは… んー」
重音テト 「はっはっは。狩人CPにしなかっただけ慈悲だろうさ
ま、天使である以上刺し先は限られるんだけどね」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
ニャース 「お疲れ様ニャー。
んで、パチュリー破たんで吊られと。」
ジョルジュ 「1w2fか…
そしてまた占い初日だよ。念入りに出た占いまで恋人で持って行くことはないじゃないか。」
シュテル 「お疲れさまです」
天子 「おつかれー」
射命丸文 「お疲れ様です」
古明地さとり 「お疲れ様でした」
カービィ 「お疲れ様ー」
古明地さとり 「何故ブン屋日記が間に合わなかったのか」
ニャース 「噛まれ狙いの狂人は殉教と尸解仙で十分ってかニャ?>天子
……尸解仙も微妙な所ニャ、まあ。」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
重音テト 「まー中身刺しだからしかたにい。
ネコアルクはちっと見誤ったけど結果的にはそう悪くないはず」
エレン・イェーガー 「いいたかないけど吊り逃れした結果俺露出なわけだしな」
KAITO 「しかも占いだしな!<テトちゃん」
天子 「多分全力で止めた>エレン
毒のさとり吊れなくなっちゃう
…結果的に吊れないほうが良かったかもだけども」
重音テト 「吊り4の吊るべき人外が4
どうしてノーミス村をノーミスで渡ってるのにギリギリになるかと思えばボクの矢が村ー村だったからだね(テヘペロ」
天子 「というか狂人で嚙まれ狙いはやめてほしいなぁw>パチュリー
狐だと思って狙毒真でもラッキーとしか思ってなかったw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メリー 「メリクリス…?」
エレン・イェーガー 「あの日俺死んでなかったらパワプロ特攻死の結果出す予定だったのに」
ニャース 「狂人は吊られ基本ニャー……
適当に●ばら撒いて吊られる。それ基本は普通村と変わらないんだニャー。」
古明地さとり 「霊夢吊りはできそうですが
パワプロかあ」
天子 「パチュリー先吊らせるのがベストだったかぁ」
重音テト 「パンツ!パンツァー!パンツェスト!」
天子 「うん、まぁ頑張れ慎二!」
エレン・イェーガー 「俺吊りに関してはしょうがないにしても
スッゲー歪んでるよな」
シュテル 「お疲れさまです」
カービィ 「お疲れ様ァ!」
天子 「毒に当たったの久しぶりねぇw」
KAITO 「絶対目隠しの間切が残ると思ったんだよw」
メリー 「あんまりよろしくないねえ」
古明地さとり 「お疲れ様です」
ニャース 「お疲れ様ニャー。」
KAITO 「あたったぜw」
射命丸文 「お疲れ様」
天子 「うわぁ」
エレン・イェーガー 「お疲れだ」
重音テト 「ワカメ飛びに1票」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
KAITO 「不幸度数的に天子に当たるに100バーツ」
重音テト 「狂人は如何に村に誤情報をばらまき、噛みで死なずに吊られる、若しくは生き残るか、だ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
重音テト 「別に君が村カウントって保証はどこにもないけどなあw>ガロード」
ニャース 「あー、噛まれたら意味ニャーか。>エレン、テト」
重音テト 「一応夢食いできたときに夢狩りや左道遣いCOはありだね。
でも単純に噛まれる位置だぜ?>ニャース
KAITO 「そーね、狼かパチュリーが死ぬ」
シュテル 「夜雀でなければ狩殺しできたんですけどね
ついでに毒噛み狙いも成功してた可能性がありますし」
エレン・イェーガー 「獏の場合はとっとと死んで、とは言いたくないが
情報増えないし結局噛まれるのも考えたら狩人騙り意味ないと思うんだよな」
ZBRアンプル 「エキサイティン・タイム…!」
重音テト 「パチュリー投票しながらの吊りで狐勝ちが近付くんじゃないかな>さとり吊り」
ニャース 「殉教者と尸解仙位なのかニャ、狩り騙り狂人ってニャ。
獏は……あれニャ、夢守人騙りがふと思いついたんニャが。」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
エレン・イェーガー 「俺生きてたら自決してパワプロ特攻するっていって死ぬ予定だったんだが」
重音テト 「下界視点はパチュリー狐なんじゃないかな。
お疲れ様」
ニャース 「お疲れ様ニャー。」
エレン・イェーガー 「お疲れ」
メリー 「エレンのうっかり遺言残しはないか…」
シュテル 「お疲れさまです」
カービィ 「お疲れ様ー」
射命丸文 「お疲れ様です」
ニャース 「封蘇で天人出るのは有名な話ニャー。」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
射命丸文 「尸解仙なら狩人系騙ってもいいと思いますよ
噛まれ狙いだって説明すればいいですし、狼本体から情報得られますからね」
重音テト 「ま、狂人が騙って狼に噛まれても狂人が悪いとしか言えない感は>狩人」
メリー 「さとりが狩人COしてなかったら狩人相互護衛の可能性あったから…」
射命丸文 「山立噛めたからいいじゃないですかヤダー>間桐」
ニャース 「ああー……ニャらやっぱ占い系統にニャるのか。
妖狐と埋毒系かニャーやっぱ狩り騙りは。」
エレン・イェーガー 「自己蘇生はPOPするぞ>マリー
あくまで他者蘇生禁止OPだ」
重音テト 「封蘇で出ないのは他者蘇生能力者>マリー」
射命丸文 「自己蘇生は普通に出ますよ>マリー
出ないのは他者蘇生及び犬神と憑狐ですね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
重音テト 「狩人って場持ちのする騙りだからね」
ニャース 「毒2POPがめんどくせーニャー。」
エレン・イェーガー 「狂人が狩人COは誤認とかもあるんでやめてほしいところ
殉教者なら別にいいんだが」
重音テト 「さっすがリースさん>ワカメ>霊夢狐」
エレン・イェーガー 「パワプロはやっぱり人外だったよなーまあ」
KAITO 「マリー噛みで多分狼1減るからなぁ」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
エレン・イェーガー 「お疲れだ」
ニャース 「お疲れ様ニャー。」
射命丸文 「お疲れ様です」
カービィ 「お疲れ様ー凄いねー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
重音テト 「狐5村3狼2って印象」
ニャース 「見事にノーミス村ニャー。そういう場だけどすげーニャマジで。」
メリー 「狩人居ても占いいなけりゃってことねえ」
ZBRアンプル 「そしてここで結果的には狼釣り……ケオス……」
ニャース 「すげートコブチ当てたニャ>指定」
KAITO 「今のとこ村釣りしてないな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
重音テト 「五日目、というか今日だから確定でパチュリーと割れていることをシュテルは言えるのか」
メリー 「熱い村表記CO」
ニャース 「あー、尸解仙なら狩り騙り有りかニャ。
そっちの方が得意ニャし。」
重音テト 「護った相手が人外だったなんて……と言う真狂のシュテル」
ZBRアンプル 「ここで狂人GJだ!」
ニャース 「護衛成功してるニャー。」
カービィ 「GJ!」
メリー 「なお」
KAITO 「でもそれやるとさとり噛めなくなるんだけど
大丈夫なんかね、狼は」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ニャース 「おおぅ、妖狐告発」
重音テト 「しかし蜜入り4W2狂+化狐ってなかなか酷なことをするじゃない」
ニャース 「あ、マジニャ>射命丸」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
射命丸文 「化狐は子狐ですね>ニャース」
重音テト 「狂人の狩人COってボクにはちょっと分からないなあ」
ニャース 「毒多いニャー、仙人CO無しで良かったニャ。
つか全部親狐か。」
重音テト 「無意識は獏では死なないと。お疲れ様」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
ニャース 「GM投票遅れてスマンニャ。したと思ってたらされてないっていう。」
カービィ 「お疲れ様ー」
射命丸文 「お疲れ様です」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
KAITO 「相おつかれ
だーりんはやめなさい」
ネコアルク 「ちょっと一足先に落ちるわ
噛まれてごめんねダーリン。ばいびー」
重音テト 「定番と言えば定番ではある。
ただ可も無く不可もなくという程度>尸解仙蛇神」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メリー 「ニャースも占い騙りはしないと なにCOするかな」
重音テト 「そもそも狩人系が多すぎるからと言ってCOする必然性はないさ」
重音テト 「夜雀は狩り殺し無し。お疲れ様」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
カービィ 「アッー
お疲れ様ー」
射命丸文 「お疲れ様です、まあバレますか」
ネコアルク 「お疲れー」
メリー 「というかシュテル大丈夫かしら?」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
重音テト 「文山立自体は見える。ま、ニャースとの二択ではあるけども」
ネコアルク 「ここでシュテルが射命丸護衛というスーパープレイが飛び出すか否か」
メリー 「結果として噛まれず山立ちを出しちゃったわけだから毒の狩人騙りって難しい」
KAITO 「やめたまえ」
重音テト 「薔薇だったらワカメとつなげるのも辞さなかったけどね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ネコアルク 「いやいや、いやいや」
重音テト 「まあ、撃ち先としてはそんなに間違ってなかった感」
ZBRアンプル 「あ…ニャース=サン山立誤認からの蘇生発動が…」
重音テト 「夜雀、山立、毒2とはまた豪華なことで」
ネコアルク 「ものすっごい適当喋ってたはずなのになんで噛まれるのか、コレガワカラナイ」
重音テト 「お疲れ様」
KAITO 「おつかれん」
カービィ 「お疲れ様ー」
ネコアルク 「お疲れー」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
メリー 「もう狩人4枠飽和させちゃいなYO」
メリー 「護衛されてると結果出ないと へー」
カービィ 「あーやること終わった・・・」
ZBRアンプル 「間違いなくグダってグレラン突入ぽたーんですよ!これは!」
メリー 「ジョルジュに逃げてるなら結果でてるんや…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メリー 「残り30秒で指定いくかぁ」
ネコアルク 「狩られて死ぬ狂人が狩人COするなって教わらなかったかぁー」
ネコアルク 「解毒する仕事が・・・ガクッ」
メリー 「狂人で狩人騙りはなかなか」
ZBRアンプル 「しかし狩人COがポンポン出てくる」
ZBRアンプル 「うーん…占いがいなくなったし2F残ってるし…」
ネコアルク 「そらそうよ」
KAITO 「ネコアルク、お前メスか!」
カービィ 「お疲れ様ー」
ネコアルク 「知らんがなw>テト」
ネコアルク 「アバー!」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
KAITO 「死んだw」
ネコアルク 「お疲れ様ー」
ZBRアンプル 「獏…猫で埋まったアイコン一覧…」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
メリー 「あと獏発生と」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メリー 「とりあえず占いは死ぬわね 結果が出るかどうかだけど」
ZBRアンプル 「あっ…恋人とついでに最後の占いが…」
ZBRアンプル 「本当にノボリが回収されてしまった…
なんという…」
ZBRアンプル 「オツカレサマドスエ!」
カービィ 「お疲れ様ー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カービィ 「護☆衛」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
カービィ 「占い師に刺さっちゃったからねー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メリー 「狩人2が厄介だけど占いが出なければ積みではないわね」
メリー 「占い初日と恋人ねぇ」
カービィ 「3票は仕方無いねー」
メリー 「3票で吊られるかー」
カービィ 「お疲れ様ー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
カービィ 「ぎゃー」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営6 妖狐陣営3 キューピッド陣営1
ゲーム開始:2014/08/25 (Mon) 00:19:52