←戻る
【雛2257】やる夫たちの封蘇超闇鍋村 [2709番地]
~こんな時間に鍋なんて・・・このジャンキーめっ!!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 殺人少女
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[鋭狼]
(死亡)
icon ロリコン
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[蜜狼]
(死亡)
icon やる夫
 (マル◆
B9YB7cae4w)
[猟師]
(死亡)
icon 小五ロり
 (犬◆
vaxPIb7J4c)
[村人]
(生存中)
icon 伊19
 (紅まりも◆
Dd4MVft17I)
[精神鑑定士]
[元奇術師]
(死亡)
icon できない子
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[暗殺者]
(死亡)
icon 忍者A
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[雛狐]
(死亡)
icon やらない夫
 (Friend◆
Friend9Sig)
[人狼]
(生存中)
icon テオ
 (めぇ!◆
Xsy9eK4Q0E)
[死化粧師]
(死亡)
icon キル夫
 (@柿◆
FvYY08u0eY)
[霊能者]
(死亡)
icon 金剛
 (センクオン◆
TvSxql5VxA)
[精神鑑定士]
(死亡)
icon
 (Mt-B◆
tyenGM1uBY)
[滝夜叉姫]
(死亡)
icon ロリっていう
 (みこみこ◆
y58Dzoiy7E)
[占い師]
(死亡)
icon アル夫
 (修行僧◆
HAKAisoUco)
[潜毒者]
(死亡)
icon シロエ
 (浅見野)
[死化粧師]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ロリっていう 「だから滝夜叉騙りが意味ねーっていうwwwwwwwwww」
殺人少女 「滝夜叉だったら精神鑑定士残したかもしれないね!」
忍者A 「ただその場合それもう滝夜叉は騙りやんな。」
金剛 「滝夜叉じゃないことも考えたよw」
ロリっていう 「滝夜叉姫騙っても吊られるだけだからなwwwwwwwwww」
「そもそも攫えないわね>占い以外攫い不可」
ロリっていう 「それは暁が滝夜叉姫を騙るメリットが無いなっていうwwwwwwwwww」
アル夫 「チート技:サードアイを使うんだ!」
シロエ 「滝夜叉が出てる占い系無視して他浚うって斬新だな」
できない子 「雛狐は吊って他で暗殺で処理処理すればいいし」
GM 「小5ロリの純真無垢な瞳が人外を暴くかどうか」
伊19 「暁吊ったあとはー?って話っぽいのー >金剛」
ロリっていう 「吊り場所を手っ取り早く皆殺しにする都合のいい暗殺なんてwwwwwwww
早死がオチだろっていうwwwwww」
金剛 「暁が出していた可能性。」
できない子 「役職保護で占いも吊らないから普通に釣るけど」
伊19 「あ。(察し) >アル夫
なんかそれで全てに納得がいくからよくないなの。」
ロリっていう 「暗殺で吊り場所を吊るのはwwwwww
自分が吊られない為だからなっていうwwwwwwww」
GM 「まぁ暁が鬼COしてそこから鬼出なかったのなら暁真でいいと思うよ
で、なら二日目の3死体はなにかってことになる」
アル夫 「殺人少女やロリコンが正常と判断される村がまともなわけないんじゃないかな(HAHAHA」
できない子 「出方悪かったのは認めるけど
ギリギリCO提出できたんだがな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
金剛 「公開できない何者か。
それに、自分が暗殺できるのに、忍者釣ろうとしてたでしょ。
あれがとても暗殺者の言動には見えなかった。」
殺人少女 「いや殺人少女でしたてへぺろ」
忍者A 「殺人少女ならやりかねない……!(違)」
殺人少女 「まさか暗殺少女が殺されるなんて……」
伊19 「マニアついたのにあんまがっちりお話できなかったイクもよくないなー、なの。」
忍者A 「攫い黙りの可能性ぐらいだけど暁ならないと判断しても?」
テオ 「なんかすげー的外れなこと言ってら そーりー。」
アル夫 「安西先生・・・キャラが・・・欲しいです・・・>GM」
ロリっていう 「まあ逃げる場所も分からねーからなwwww>忍者」
シロエ 「殺人少女蜜噛みか……(違う)」
できない子 「どうなるかなー」
ロリっていう 「暗殺が偽ならやる夫の死因は何だよwwwwwwwwwwwwww」
「一応敵陣営だしわたしはこの辺でかな。」
殺人少女 「うおー! キル夫吊れろっ!」
GM 「そんなもの競わないでいい!ww>アル夫」
テオ 「少人数だからこそ即効性のある騙りに警戒すんのはわかっけどな。
今回だと騙り枠自体が少ないワケで。 >暗殺に関して」
「暗殺居ること自体はほぼ間違いないと断定できるって思うけどね。」
金剛 「鬼がいるし、今回みたいに蜜蝋だっている。

信用に足りないなら死因が他にあると見て吊るよ。」
忍者A 「むしろ今回だと金剛憑依説で吊り?」
ロリっていう 「3日目と4日目の死体を考えろっていうwwwwww
死体が多過ぎたらまず暗殺いるぞっていうwwwwwww」
アル夫 「むしろね 逮捕されてから脱獄するくらいのね エネルギーが必要だと思うんだ みつを」
できない子 「後素村は潜るために言うよ普通に」
忍者A 「憑発動ならマニアいくんじゃね、みたいなんはある。」
できない子 「連続で死体が2つ以上あるんだそれ考えてくれ」
伊19 「ちなみに、それならなんでやらない夫○って断定したの? >金剛
殺人少女が真って限らないって、自分で言ってるならそれは多分言えないのー。」
ロリっていう 「俺も殺人少女も真確定してねーよwwwwwwwwww」
ロリっていう 「まあ俺真でロリコンが憑狼ならwwwww俺吊ると憑狼が分からなくなるけどなっていうwwwww」
できない子 「少なくとも全部占いと●処理できない」
金剛 「暗殺なんで殺人少女真とは限らないことを自分から言わないならそりゃ釣ります。」
アル夫 「逮捕くらいでひるんでたらこの鯖の住人と変態度で競えないのは過去ログを見て勉強済みです(えっへん>GM」
できない子 「狼に火種が飛ぶんだしやっこさんからすれば噛まなきゃいけない場所」
ロリっていう 「灰を吊っておけばいいんだよっていうwwwwwwwww
もしくは俺なwwwwwwww
俺人外全員見つけて仕事無くなったからwwwwww」
「まあ、一応陣営的には私敵なのだし?
あんまり吊る相手に謝る必要はないかなって思うわ。」
できない子 「暗殺先で証明できるんだし即吊る必要は無いぜ>金剛」
忍者A 「仲良く喧嘩しろよ!(ヤケ)」
GM 「逮捕だー!!>アル夫」
忍者A 「多すぎィ!」
ロリっていう 「金剛なwwwwww
俺吊りはいいがwwwww
暗殺吊りの動きはまずいぞっていうwwwwwww」
できない子 「お疲れ様」
金剛 「暗殺真か・・・ごめんね・・・」
テオ 「お疲れさん。」
アル夫 「パワポケにちなんで初手吊られ1000本ノックとかいいんじゃないかな(すっとぼけ>忍者A」
やる夫 「お疲れ様だお」
ロリっていう 「お疲れっていうwwwwwww」
伊19 「おつかれさまなの。」
殺人少女 「お疲れ様ー!」
忍者A 「お疲れ様でござる。」
GM 「お疲れ様」
忍者A 「延長と能力発動。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
GM 「おい、金剛どうした」
忍者A 「今日狼で初日吊りだよ。(憤怒)>アル夫」
ロリっていう 「うはwwwwロリつよいっていうwwwwwwww>忍者」
アル夫 「昔の中国にそんな法律はぬえ!
ひゃっはー! 新鮮な幼女だぁー!(ルパンダイブ>GM」
「記録上鍋戦歴は38かな。」
できない子 「おかしかった?」
忍者A 「許されないっていうwwwwwwwwww>ロリっていう」
GM 「貴様ぁ!!>アル夫
イエスロリータ!ノータッチ!はどうした!」
殺人少女 「ロリ噛みでも金剛噛みでもお好きにどうぞー!」
ロリっていう 「抑えろwwww抑えろっていうwwwwwww
初心者騙りをwwwwwしたいがwwwwwwwだめだっていうwwwww」
できない子 「出来るなら暗殺しまくっておきたかったし」
アル夫 「幼気な初心者を苛める忍者Aとか・・・
初心者には優しくすべきなので故に普通村であったときは大人しく初手吊られて下さい(土下座 >忍者A」
忍者A 「そだったっけか。(こなみ)」
「暫く離れていたせいで年月は立ってるけど、経験数は少ないわよ?>忍者さん」
伊19 「奇術師ひいてあの反応する時点でイクが初心者なのはお察しなのと言ってみるの。」
ロリコン 「・・・なるほど、その手があったか」
できない子 「金剛は決定権を持ってる人だ
後暗殺者ででなくてすまない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ロリっていう 「OHANASHIだなっていうwwwwwww
いや冗談じゃなく終わった後に教えとくぞっていうwwwww」
アル夫 「病気じゃないよ ただちょっと薬をいれるだけだよ ちゅうごくじん うそつかない>GM」
忍者A 「最近調子悪いです。(こなみ)」
GM 「噛まれたマニアついた先が狼CO」
できない子 「私も下手くそです人狼は」
忍者A 「はーん?>暁」
「狼COはマニアついた時点で…」
伊19 「ここであなたの狼COは多分ホントに無意味なの?!」
やる夫 「ちなみにやる夫も初心者だお」
ロリっていう 「狼がwww」
ロリっていう 「噛むのかwwwww金剛残す方が勝てるがなっていうwwwwww」
「ちなみにわたしも初心者です」
アル夫 「パワポケ5の裏は戦国時代だからホテルPAWAなんてないだろ! 
ここは中華三千年の歴史を持つミーに任せるアル >忍者A」
伊19 「金剛?!」
できない子 「お疲れ様」
ロリっていう 「金剛初心者かよっていうwwwwwwwww
なら仕方ないなっていうwwwwwww」
できない子 「金剛は残されると思うから
キル夫とやらない夫勝負じゃない?」
GM 「病気を仕込むんじゃありません!!>アル夫」
忍者A 「アンタじゃ無理だ、俺が代わる。(バキ並の感想)>アル夫」
テオ 「お疲れさん。」
アル夫 「おっつおっつ」
忍者A 「お疲れ様でござる。」
「おつかれさまよ」
殺人少女 「お疲れ様ー」
アル夫 「ちょっと小五ロリの家に行って私の毒(意味深)を体内に仕込んでくるアル(きりっ☆」
ロリっていう 「暗殺を吊るとか知らねwwwwwお疲れっていうwwwwwww」
GM 「ああ、お疲れ様」
伊19 「おつかれさまなのー」
やる夫 「お疲れ様だお」
GM 「ん?どうした?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
伊19 「キル夫は噛めないと思うのー、吊り先候補にしてるんだから。
んで、金剛はあれなら噛む必要がない、として。さとり噛みでキル夫吊って狼は勝つのー?」
忍者A 「やる夫噛みじゃないと俺が死ぬんです!!!!!」
できない子 「やる夫暗殺はすまなかったけどな」
GM 「3人最終日でどうなるか」
できない子 「●と占い師全部処理でいいじゃん暗殺居るんだし」
シロエ 「>殺人少女
不特定に発症して怪物化する殺人病って考えたら割とKeterじゃないかなぁ。
発症頻度によるけど」
「私もまあ、希望するかは迷ったけど。
鬼判定出たなら役職断定させられちゃうわよね。」
GM 「まぁ2人いたらそんなに苦でもないしキル夫の主張は普通」
できない子 「そもそもやらない夫なんで吊らないの」
伊19 「逃げ・・・ああ、ブン屋だから、なの。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
テオ 「一体何を望んでるのだろうか >正直に〜」
伊19 「夢あるかないかなのねそんなの >金剛
霊能なら特に、なの。」
「夢か真か確かめるためでしょ?>鑑定希望

人数が少ないほど見極めるの難しいし」
アル夫 「分かりにくいから漢文でお願いします(真顔>殺人少女」
忍者A 「横文字は苦手なの!やめてよね!(キリッ)」
「まあ、そこしかないわよね…>暗殺疑惑
でも、暗殺は昨日出たのよね。」
殺人少女 「人狼ってSCP認定して良いと思うの
人数少ないからEuclidかな?」
できない子 「だけどやらない夫の暗殺主張ならロリっていう死なね?」
ロリコン 「だが、狼陣営3でそれは余りにも都合が良すぎてだな・・・」
「暗殺候補が他にいないからね…」
伊19 「説得させられるか、なのねー問題は。
・・・さとりとキル夫を動かせればあるいは、なの。」
忍者A 「暗殺は吊った。」
忍者A 「主張は出た。>蜜」
GM 「ただそれだと暗殺どこだよとなる」
アル夫 「4日目夜に噛まれたから発動はしてないって
アンサイクロウィキペディアに書いてたアル(キリッ」
忍者A 「ついでに俺が親狐ならパーフェクトでござるwwwwwwwwww」
伊19 「蜜狼は・・・結構なレアケだと思うのねー。思いつくかな?」
GM 「だから暗殺が生き残ってると錯覚させれる?」
ロリコン 「昨日時点では毒がない
つまり毒による死亡ではない」
GM 「潜毒は今日発現なんだよね」
できない子 「潜ってロラ出来るならしたいよ
なんで出すのかが分からん」
殺人少女 「行けるかな? 行けるかな?
蜜狼って良いね! 良いね!」
アル夫 「ライン吊ってくれた方が助かったので(覚醒前のブロリー並みの感想)>シロエ」
「4日目夜までは毒無、
5日目以降は自覚できる強毒、が潜毒よね?」
忍者A 「まあ、出方渋ったのがあれやったんかね。」
シロエ 「まあ指示無視して潜るのも割とどうかって感じはするけど、
無視して即吊りも割となあ」
伊19 「そしてロリっていうの占い結果がわけわかんないことになってるの。」
アル夫 「乙様あるよっと」
「おつかれさまよ」
GM 「蜜狼で噛んだから面白いことになりそうかな」
殺人少女 「あははははは!」
できない子 「何でわざわざ噛まれないといけないんだ?ロリっていう狼の場合もあるのに」
忍者A 「お疲れ様でござる。」
テオ 「お疲れさん。」
やる夫 「お疲れ様だお」
殺人少女 「お疲れ様」
GM 「お疲れ様」
伊19 「おつかれさまなのー」
「暗殺先宣言できていれば、かしら?
さすがにPP圏内だと証明が難しいわね…」
伊19 「あー・・・それなら、ぎりぎり納得しないでもない、なの。金剛の投票は。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
やる夫 「言ってたおね」
できない子 「潜れるなら潜って暗殺する
暗殺場所あるし」
GM 「◇金剛 「暗殺がいても今日出なさい。」
出ていいって言ってるね」
伊19 「え、あー本当だ。でろっていってるか、なの。」
忍者A 「言ってた気がする。」
「◇金剛 「暗殺がいても今日出なさい。」」
殺人少女 「暗殺も今日出て、って言ってなかったっけ?>金剛」
できない子 「そこに固定していいでしょ普通に」
「暗殺も出ていい、って言ってなかった?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
忍者A 「いやまあ、行為がこう……控えめに言ってド迷走なのは事実ですがねwwwwwwwwww」
できない子 「●か占いのどれか」
できない子 「まぁ思い切りいいからいいけどね」
伊19 「(暗殺は出るなって言っておいての、指定先から暗殺COが出たら吊る、の理屈・・・?)」
殺人少女 「ところで明日はどこ暗殺してた……?>できない子」
シロエ 「いやまあ
いや、いいや」
忍者A 「しかしカオスだなぁwwwwwwwwww」
伊19 「だーよーねー・・・? >GM」
GM 「そういうのはやめよう>シロエ」
殺人少女 「まだ潜毒発動してないから毒死には見えないって!」
GM 「出来ないかな・・・>19」
殺人少女 「いや潜毒噛みで良いよ!>ロリコン」
伊19 「狩人と暗殺って噛まれ見るものと思ってたけども、なの。」
できない子 「いやさ普通素村COでもやるよ」
殺人少女 「明日五人になるでしょ? ロリっていう吊るでしょ? その後でキル夫吊りだもん」
忍者A 「それはあかん、そら話が別や。>シロエ」
忍者A 「無意味どころか何だっけ、マイナス?」
やる夫 「暗殺CO吊るかお…?」
シロエ 「金剛の中の人に期待しちゃ駄目だよ」
伊19 「うわっ おつかれさまなの」
殺人少女 「アル夫を潜毒で噛み、かな」
伊19 「暗殺日記って、吊り逃れで準備できるようなものなの?」
「おつかれさまよ」
GM 「凄いことになったなぁ」
やる夫 「お疲れ様だお」
テオ 「お疲れさん。」
殺人少女 「お疲れ様」
忍者A 「お疲れ様でござる。」
GM 「お疲れ様」
殺人少女 「ひゃはあ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
殺人少女 「暗殺次第ではあるんだけど……」
GM 「吊逃れとみられた?」
「暗殺はこのままだとやらない夫さんくらいしか候補いなくなる気がするけど。」
伊19 「・・・なんでできない子に票が集まってるなの。」
殺人少女 「あれ? できない子吊れるかなこれ?」
忍者A 「が、暗殺を蜜噛みだとバレる。」
忍者A 「暗殺がない夫に向きそうな感ある。」
殺人少女 「蜜狼で潜毒噛みかな?」
伊19 「これじゃ、占い噛んでる余裕ってなさそーなのね。」
殺人少女 「暗殺者にするかアル夫にするか
だからそうだなあ」
やる夫 「酷いことになったお」
GM 「これで村が自分で動けるかどうかかな?」
伊19 「深夜ならではのカオスなの。」
殺人少女 「ちぃ!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
テオ 「しなかった!けどそこ暗殺ゥ!」
殺人少女 「ヒャハァ!>できない子吊り」
伊19 「あああ、暗殺が」
テオ 「あー凄い指定続行しそう」
殺人少女 「アル夫を蜜狼で噛みでも良いのよ!?」
GM 「狼でも正常なんだけどなぁ」
伊19 「あ、潜毒が」
忍者A 「でっていうを鑑定DA!」
GM 「うわぁ、なんだかすごいことになっちゃったぞお」
殺人少女 「キル夫吊っての金剛を蜜狼噛みかなあ?」
伊19 「・・・あう >GM
って、なんかやらない夫確定○?ああ自分で正常鑑定してるからなの。」
忍者A 「凄いことになっちゃったぞ!」
GM 「初日占い疑いが出るね・・・>19」
伊19 「ロリっていうが夢なら・・・」
忍者A 「猟師本人の死因わかんなくね?」
殺人少女 「潜毒者ておま……おま……」
殺人少女 「猟師だと思ったねん>忍者A」
忍者A 「滝夜叉攫ってない三死体ならおるやろ。(こなみ)」
GM 「でっていうの●吊れば終わりだね」
伊19 「・・・占いがすごい勢いでお仕事していったの。」
殺人少女 「暗殺者かよぉ……」
「おつかれさまよ」
テオ 「お疲れさん。」
忍者A 「お疲れ様でござる。」
GM 「お疲れ様」
殺人少女 「あ?
……お疲れ様」
やる夫 「お疲れ様だお」
伊19 「ぴゃっ、おつかれさまなのー」
忍者A 「ロリ蜥蜴、有能。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
シロエ 「あ、これ終わった」
テオ 「その霊能系が今日こっちに来るみたいだぜ?」
忍者A 「ちょっと人外の面子にマニア来そうなのがいない。(真顔)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
テオ 「占い系も3つになったぜ!」
GM 「デザートには潜毒もございますよ」
「これ攫った方が面白かったじゃない!」
GM 「霊能3つ占い実質3つ暗殺一つ猟師1つでございます」
「暗殺+狩殺し+噛み、なるほどね…」
「霊能系3つ…」
忍者A 「あっ……。(察し)>暗殺」
テオ 「お疲れさん。」
「おつかれさまよ」
「やっぱいたわよね…
そして、死体はっと。」
忍者A 「お疲れ様でござる。」
やる夫 「お疲れ様だお」
GM 「お疲れ様」
GM 「いやまぁ面倒ですしおすし、覚えるの」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
忍者A 「(ずぼらはこうやったら隠せるよな……。)」
GM 「ステキッ!!>忍者」
忍者A 「どっかにゃいるんだろうが俺は覚えないほうが楽しいから覚えていない。(キリッ)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
忍者A 「噛みだと大体キャンセルって大まかに覚えている。」
GM 「それ覚えてるひといないでしょうきっと・・・」
テオ 「暗殺ってけっこう判定遅いからな。」
忍者A 「処理順の表がどっかにあるんが俺は保有していない、面倒で。(真顔)」
GM 「猟師が暗殺されても猟師の狩り効果ってあるんだね
知らんかった、てっきりキャンセルされるもんだと」
忍者A 「ロリっていう占い師は見えんかったな、できない子はノータイム即噛みクラス。」
テオ 「マジか。 >指定したかった
いやー狼にも共有にも目つけられるとかアタシ人気者だわー超人気者だわー ・・・噛まれて良かった(涙目)」
忍者A 「まあ、ひよこ鑑定初手露出だと遺言は残さなかったこと請け合いだけど。」
忍者A 「俺は素直なタイプだからな!」
やる夫 「雛狐有り得ると思ったらやっぱ雛狐だったお>忍者A」
忍者A 「お疲れ様でござる。」
忍者A 「どうして対抗役がいるんですかねぇ……。」
やる夫 「お疲れ様だお」
GM 「狩られっぽい」
テオ 「お疲れさん。」
GM 「お疲れ様」
忍者A 「攫われたっぽい。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
GM 「ありゃ>暗殺先」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
シロエ 「お疲れ」
GM 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営3 妖狐陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2014/08/29 (Fri) 01:44:53