←戻る
【雛2259】やる夫たちの希望裏闇鍋村 [2712番地]
~陣営通知ありの希望つき どうなる?~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する裏・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon 林檎
(生存中)
icon 大佐
(生存中)
icon 大悪魔
(生存中)
icon サム
(生存中)
icon 碇シンジ
(生存中)
icon 衣玖
(生存中)
icon コブラ
(生存中)
icon 武蔵
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon スーさん
(生存中)
icon 巡音ルカ
(生存中)
icon バナナ
(生存中)
icon
(生存中)
村作成:2014/08/29 (Fri) 22:15:25
GM 「GMからのお願い
開始時間前後のズサーは「アイコンを決めてから入村」をお願いします。


鍋村建て用テンプレ ver0.05  更新日 2014/08/10
【ローカルルール】
・AAはCO時と同時に使うことは禁止
・AAの枚数制限はありません 昼も夜も遺言にも好きなだけどうぞ
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・昼投票は130~200以内を目安に。230を超えるようなら名指しで注意する場合あり
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨
・GMからの早噛み指示は基本的にしません
・SSはお好きにどうぞ。GMから制限はありません
・沈黙禁止がデフォルトでついてます。

【超闇鍋の注意点】
・発生保証は「人狼1」「占い師1」のみ
・初日夜のみ陣営数の表示が出ます
・COなしは存在しません。全員が役職を持っています
・死体が複数出る可能性があります
・死亡後、配役隠蔽で見れない場合があります。席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を選択すること
・鍋のセオリーは十人十色。熱くなり過ぎないようお願いします。
・知らない役職や自分の役職を確認するために http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/ ここでチェック

【禁止事項】
・シスコピ/暴言/利敵行為/ゲーム放棄/掛け持ちプレイ/開始前や昼の初心者CO
・突然死 (回線トラブルなど止むを得ない場合は除く)
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・占い理由と占い結果の同時貼り
・夜時間において超過前に噛むこと (ただし恋人がいる場合は超過後に噛みのみOK)」
GM 「注意:この鍋は裏鍋です
開始予定は…22:30」
GM 「入村どうぞ」
GM 「裏・闇鍋モード [Ver. 1.5.0 β5~]

固定出現枠が存在しません (初期設定)。
ランダム出現枠の欄に記載されている補正処理が一切行われません。
結果として、ゲーム開始時点で勝敗が決定している可能性が他のモードよりも高くなります。」
仮な、 が幻想入りしました
GM 「出現役職

出現する可能性のある役職は以下です。

村人陣営 人狼陣営 妖狐陣営 出題者陣営
村人陣営

村人系:村人
占い師系:占い師
霊能者系:霊能者
狩人系:狩人
共有者系:共有者
埋毒者系:埋毒者
暗殺者系:暗殺者

人狼陣営

人狼系:人狼
狂人系:狂人・狂信者

妖狐陣営

妖狐系:妖狐

出題者陣営

出題者系:出題者
仮な、 「あ、二番目の村人か。
こんばんわ。」
GM 「いらっしゃーい」
GM 「下手すれば開始したら終わるからね
この裏鍋ってモード」
仮な、 「その時はおかわりすればいい←」
仮ない が幻想入りしました
仮ない 「どうも」
仮な、 「なに希望にしようかな…」
仮な、 「こんばんわ。」
GM 「いらっしゃーい」
GM 「表に22人いるから
あって10人いるかどうかだよね」
仮な、 「少人数でもまた面白いから、それはそれで…」
GM 「3ひゃあったから
それなりに集まるかなと思うけれども」
大悪魔 が幻想入りしました
大悪魔 「どーもどーも!」
仮な、 「どーもこんばんはー」
大悪魔 「3ひゃって言ってもたぶん裏鍋ひゃってあれ「もう一つ超鍋たてようぜ!」みたいな裏ひゃだと思いますけどね!
私はこっちも好きですけどね!」
仮な、 「仮な、 さんが登録情報を変更しました。」
サム が幻想入りしました
サム 「ちょりーす」
サム 「裏が被ってるんですよーもーやだなー」
碇シンジ が幻想入りしました
仮ない 「仮ない さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮ない → 大佐
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 309 (ロンゲーナ大佐)」
碇シンジ 「エヴァ破絶賛TVで放送中!」
GM 「確かに私も最初はそう思ったが
直後に陣営通知の裏 と聞いてこっちに目がいったよ>大悪魔さん」
サム 「そもそも先週見てないんだよなぁ…
存在を忘れていた(白目」
仮な、 「仮な、 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮な、 → 林檎
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 8098 (りんご)」
大悪魔 「なんであれスタッフから「もう勝ったしダミー止めようぜ!」って意見でなかったんですかねー>シンジ」
碇シンジ 「先週はみた!今はみて無い!」
碇シンジ 「来週はQ自体みてないから絶対見る!」
大悪魔 「ちょっと今私あなたもみてる前提で言ったのにヤダー!>シンジ」
GM 「裏探偵村ならまだわかるけどね」
GM 「いらっしゃーい」
林檎 「エヴァって最終的に、制作者の方々の頭がお亡くなりになったんでしたっけ?」
大悪魔 「ところで陣営通知裏ひゃしたのは私です。
村民諸君せめるならわた・・・パチュリー様をせめてください!」
碇シンジ 「ダミープラグの制御が聞かなかったのか、茫然としてたのか粉々にするまでやめる気がなかったのか」
碇シンジ 「どれかだろうねきっと」
GM 「ぱちゅりーいないー」
大佐 「後でオフィスに来るように >大悪魔」
碇シンジ 「きっとQはとても面白いんだろうな!!!!」
林檎 「おぉい!責任擦り付けちゃダメじゃん!>大悪魔」
大悪魔 「オフィスラブですねヒューッ!>大佐」
GM 「30かー」
大佐 「始めるか? >GM」
GM 「どーしようかな
陣営通知の裏ってこの設定であってるはずだよね」
サム 「設定は合ってんじゃない?(こなみ」
大悪魔 「いいんでないですかね!」
GM 「大悪魔さんがこの設定で大丈夫といったら
開始しよう…」
サム 「投票だけしてだらだらするスタイル」
衣玖 が幻想入りしました
衣玖 「こんばんわ。」
碇シンジ 「ダミー拒絶!(TVつけた感」
林檎 「裏ってたぶん、すでに開始している村があった時点でもうひとつ建てようって感じの意味じゃ←」
大悪魔 「Qも気になるんですよねー、「何がQだよ!」」
碇シンジ 「とりあえず投票だけでもしとくよ」
碇シンジ 「ビーストモード発動!!」
林檎 「エヴァならもうとっくに見はじめている←」
GM 「よし、一回回そう(
陣営通知の裏 どんなのかみてみよう」
大悪魔 「そこは我々が3000年前に通り過ぎた場所だ!」
林檎 「オッケーです。>GM」
大佐 「開始即終了したらGMは後でオフィスに来るように」
コブラ が幻想入りしました
サム 「あっ…(察し」
コブラ 「手が必要かい?」
GM 「えーw>大佐」
衣玖 「出現陣営が超鍋とは違うんですねー。」
武蔵 が幻想入りしました
碇シンジ 「ひゅー!」
武蔵 「フッ、随分待たせたようだな……。大和型戦艦二番艦、武蔵。参る!」
やる夫 が幻想入りしました
コブラ 「通りすがりのサンタクロースさ」
サム 「ヘビか何かかな?(すっとぼけ」
GM 「カウントどうぞー」
スーさん が幻想入りしました
巡音ルカ が幻想入りしました
バナナ が幻想入りしました
林檎 「カウントしていいの?まだなの?←」
やる夫 「よろしくだお!」
サム 「お っ ぱ い !」
巡音ルカ 「支援しますね」
武蔵 「コブラ……ああ。子日か」
スーさん 「ひゃほー・・・ふぁ!?」
コブラ 「ついでに、プレゼントを持って来たぜ?

武蔵、やる夫、スーさん、ルカ! 入りな!」
バナナ 「人数少なそうだから支援に参った」
碇シンジ 「綾波ぃぃぃぃいいいいいいいいいいいい!!!!」
サム 「バナナは?」
GM 「いらっしゃーい
まともな内訳がくるといいね(フラグ」
巡音ルカ 「意図的に無視されたバナナ」
大佐 「そういえばQPいないのだな裏鍋は」
GM 「いいよー>林檎さん」
武蔵 「46センチ砲をプレゼントしよう」
バナナ 「オイオイ、俺のことは無視かい?」
林檎 「はい。5ー。」
スーさん 「こんばんは、スーさんがプレゼントです」
サム 「座ってろ!>碇シンジ」
コブラ 「『僕は』『悪くない』」
巡音ルカ 「リンゴとバナナ ミックスジュース」
林檎 「4ー。」
コブラ 「うるせぇ! おやつには含まれないって言っただろうが!>バナナ」
やる夫 「裏闇鍋って」
サム 「何をミックスするんですかねえ…」
大悪魔 「二号機の後頭部が伸びてて草」
林檎 「3ー。大文字にするの忘れたー…」
バナナ 「バナナミルクもあるぞ!」
やる夫 「予言するお!
二日目昼は来ない」
碇シンジ 「綾波を助けるんだ!!」
GM 「狼本体8とかあるからね」
大悪魔 「足して3で割ってリナにしましょう(提案)>ルカ」
林檎 「2ー。」
コブラ 「じゃあ俺は予言しよう。1夜は来る」
暁 が幻想入りしました
武蔵 「…しかし、バナナがおやつに含まれないなら
りんごがおやつに含まれる場合、ミックスしたらどういうことになるのだろうな。
…ただの飲み物か」
コブラ 「そして希望の朝も、来る」
巡音ルカ 「インバースかしら?>大悪魔」
碇シンジ 「まぁ陣営通知だし初日夜は阿鼻叫喚だろうね」
林檎 「1ー。」
コブラ 「将来のレディのために、な?」
スーさん 「3日で終わるにバナナの魂を賭ける」
武蔵 「暁の水平線に勝利を刻もう」
衣玖 「狼本隊8……それすぐ終わるような。」
林檎 「ズサーあるね、開始ー。」
バナナ 「昔は高級品だったから、おやつに入れると他のものが何も買えなくなったんだ」
大悪魔 「世界は私のためにあります!>ルカ」
ゲーム開始:2014/08/29 (Fri) 22:37:25
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆GM GM担当はつきつきだよ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆GM 出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4
※これがまともな裏鍋だよ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM ホントの裏鍋は狼本体が14人でも7とか8とかふつーにありえるしね
むしろ裏でまともはレアだよ>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 わくわく
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
碇シンジ 「出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4

感想、普通!!」
スーさん 「占い勢全員集合!占いCO!ルカ○!」
コブラ 「議題:占い師はCOをするべきか否か

COをするメリット:
吊られない(自分も自分の○も)
暗殺されない(自分も自分の○も)
狩人がいれば護衛される(かも)

COをするデメリット:
噛まれるかもしれない」
大悪魔 「村人陣営
村人系:村人
占い師系:占い師
霊能者系:霊能者
狩人系:狩人
共有者系:共有者
埋毒者系:埋毒者
暗殺者系:暗殺者
人狼陣営
人狼系:人狼
狂人系:狂人・狂信者」
巡音ルカ 「村人陣営10 人狼陣営4
おはよう。比較的ではあるけどまともな配役通知ね?
共有もいるみたいだし、粛々と進めましょうか」
大佐 「村人陣営10 人狼陣営4
共有確認 正直陣営数だけ見ると14普通村か何かと思うなこれ」
サム 「占いCO 武蔵●」
武蔵 「おはよう、諸君
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4
……最近の普通村も14だと狂人1の狼3で似たようなものな気がするな。
共有もいるし…実は普通村なのではないか?吠えも普通だし、1w3狂人とかでもなさそうだ。」
バナナ 「占いCOだ
林檎●」
林檎 「おはようございます!」
スーさん 「ルカ占い理由
これがスーさんの隣占いだ!」
衣玖 「共有者COです 相方はやる夫さんです」
「おはようよ。
普通ね。うん、普通。」
サム 「この村で一番おっぱいが大きいと思ったので占いました
後悔も反省もしていない
注釈を付けるならルカも同率首位になりそうだけどコイン投げて裏出たからちかたないね」
武蔵 「釣れ」
バナナ 「1夜
狐いなくて村と狼だけ?斬新過ぎる内訳だな・・・
まぁ果物つながりで林檎占いでよかろうよ。
○が出たら潜伏かねぇ、●が出たらかまうことは無い、COして吊ればいいさ」
大悪魔 「なるほどなー」
やる夫 「おはようだお!
出現陣営:村人陣営10 人狼陣営4
普通の配役?だおね!」
コブラ 「おわかり頂けただろうか
この村は占い師が初日にCOする方がメリットが多いのである」
碇シンジ 「たけのこ占いぃ!!!!!!!!」
林檎 「占いco!やる夫さん白!」
巡音ルカ 「ふーむ」
やる夫 「共有COだお!相方衣玖さんだお!」
スーさん 「●2つと、よし、吊っていこう」
大佐 「行き成りのCO乱舞か ●が飛び交ってるな」
武蔵 「村人COだ。
…なるほど、サム狂人でいいだろう。」
サム 「残り3Wー」
巡音ルカ 「林檎視点無駄占いと」
碇シンジ 「え、なに?
ここ普通村だっけ?」
大悪魔 「まあ初日からCOするのがいること自体は割と想定通りですが●2つと○1つっていう・・・って増えた!?」
バナナ 「って他に●の占いでてるのか!?
潜れば良かったわコレ。潜るんだよな普通?
裏鍋よくわからんけど・・・」
「ぶっちゃけ狼陣営4しかいないし、
固定もないしで。
出るタイミングとかよくわからなくなるから出るのがいいかもね。」
林檎 「朝イチでco出来なくてすみません!」
サム 「他はわかんないんでテキトーにこー」
コブラ 「占い多すぎィ! などというつもりはない
霊能者や狩人だってタケノコになるのが鍋だからな」
武蔵 「とりあえずまず私を釣れ。
りんごはどうかは知らん。噛みを見ろ」
スーさん 「共有2人だけかよ、やる夫と衣玖さん、危険だな」
大悪魔 「なぜCOしたんですかリンゴさん! べつに結果だす意味無いじゃないですか!」
大佐 「そして割れているのは・・・林檎とバナナだけだな
夢も萌えも 裏にはいない」
巡音ルカ 「武蔵は吊れ、と言ってると」
碇シンジ 「4-?-2だよ!やったね!
普通村じゃねえか!!」
大佐 「●貰ったからだろう >大悪魔」
衣玖 「うーん、リンゴさんはやる夫さんの占い理由はなしですか?」
サム 「実際配役だけ見たら普通村の14人村と変わらんかねー」
バナナ 「CCOとか無いわ、無いわーって言っちゃっていい?
潜伏前提にしては日記も無いしな。」
コブラ 「暗殺されるかもしれないだろうが!>大悪魔
いいんだよ、●貰いなら噛まれたって」
大悪魔 「あれ?>リンゴさん●もらい
マジだ!」
「噛みを見て、ね。
逆に言うと、これだけ黒出てるなら狼から真か否かとか見えるわね。」
武蔵 「いやこの場合、お前は私のCO待って欲しかったな
狼なら構わんが。…いやそれでも2人外露出だし行ける、か?>林檎」
スーさん 「これは相互占いする流れ(キリッ」
巡音ルカ 「別に朝一で占いがCOする意味合いがどこにあるのかはさておき

林檎は●もらいだからCOした? 占い理由は?」
林檎 「だって私に黒出してる人外居るんですもん!>大悪魔」
大悪魔 「やっちゃったZE☆」
コブラ 「村役職と人外が1:1交換なら上等だもの
戦いは数なのだよ兄貴」
スーさん 「まぁ、普通村じゃないし
狐いないからする意味ないけどね(真顔」
サム 「対抗占うとか必要?
ならまあ、それはそれでやるおー?」
巡音ルカ 「狐いないから銃殺で真贋云々って路線もないのよね、この村」
やる夫 「後占い2とか3とか0とか普通にあり得るおね」
衣玖 「2死体要員は暗殺さんだけですね。」
コブラ 「対抗占い? オイオイ、狂信者のいるこの村で?
冗談きついぜBOY」
スーさん 「いや、せんでいいよwwwネタでいっただけだしwww>サム」
サム 「まーねーか、んじゃまあ灰占いなんかね」
大悪魔 「対抗占いとか要らないでしょ?
いや、対抗の○を占いたいっていうんなら別に」
碇シンジ 「対抗占いとかどうでもいいっす
狐いないし」
バナナ 「狩人がいてくれることに期待。超期待。
サムとか無残になってたらたけぞー吊りでいいじゃん?だめ?」
大悪魔 「失敬、別に止めませんが。」
大佐 「正直夢とか何も無い裏鍋って 人外少ないと圧殺の予感しかしないがな色々」
巡音ルカ 「狂信確定でいるの?>コブラ」
碇シンジ 「狂信者確定ででたっけ?>コブラ」
武蔵 「対抗占い?正直いらんと考えるが。
……なぜなら私視点、2人外は確定で出てるからな。サム、そしてバナナか林檎のどちらか」
スーさん 「普通村云々という流れがあったから
ネタで相互占いだな(キリッ といっただけですしw>コブラ」
サム 「ほんざまー灰占いするお(こなみ」
バナナ 「◇コブラ 「対抗占い? オイオイ、狂信者のいるこの村で?
冗談きついぜBOY」

いやいるかどうかわからんじゃろ、そもそも狼の吠え多かったし」
「IMEがちょっとおバカになってる…」
衣玖 「とりあえず武蔵さん先吊りでいきます。」
大佐 「出ないとは限らない以上警戒はしていいだろう >ルカ」
大悪魔 「こっから霊能騙りとかがあったら流れ次第でワンチャン的な?>大佐」
林檎 「やる夫さん占いの理由は、銀狼が居そうな吠えだったので、
考えられるところを占ったまでですが…」
コブラ 「林檎がむざんになってたらバナナ吊りなんじゃないっすかね>サム
暗殺者も●もらいとはいえ占い師をサクッと殺ったりしないだろ」
やる夫 「武蔵吊りで頼むお」
武蔵 「問題ない>衣玖
サム……霊界で待っているぞ。偽物がそう長く生きながらえると思うな?」
巡音ルカ 「警戒って程度の意識ならまぁ、そこまで言うほどのことでもないか・・・>コブラ」
バナナ 「まぁサムは共有の声聞こえてるのに●だしてるしなぁ。
騙りなら怖いだろうし、そこそこ真あるのは認める。」
サム 「俺が人外じゃないんでそう考えるとバナナと林檎ロラで1確定か(こなみ」
大悪魔 「銀とかそもそもいません(なお鍋でも初日はわからない模様)」
林檎 「了解です。」
スーさん 「全視点で確定で2人外出ているというのはいいことだ(真顔」
碇シンジ 「武蔵吊ねあいあい」
コブラ 「お前さんはお前さんの灰を狭めりゃいーんだ>バナナ
対抗の真贋くらい発言と占い先で見極めりゃよかろうに」
「結局村10居るしね。
初日でも9残るし、毒とか暗殺とかいる分普通村よりもっていうね。
狼多いと逆に動きにくくなりそうだし。
まあ、頑張ってって感じね。」
コブラ 「霊能は明日、朝イチで全員COな! 隠すんじゃないぞ!」
林檎 「あ、居ないんだそうだ」
サム 「明日噛まれてるんだと思う(こなみ>武蔵」
コブラ 「遺言も忘れんなよ! 絶対だぞ!」
武蔵 「適当に灰に投票しよう。意味あるかは知らん」
やる夫 「裏闇鍋に銀系は居ないお!」
スーさん 「あとはスーさんが狼見つければ3人外になる」
バナナ 「んー、CCOの怪しさとか見てくれんのか。林檎吊らないと俺護衛ないだろこれ」
衣玖 「6吊り4人外ですので。余裕はあります。頑張っていきましょう。」
碇シンジ 「綾波いいいいいいいいい!!!!!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
林檎0 票投票先 →武蔵
大佐0 票投票先 →武蔵
大悪魔0 票投票先 →武蔵
サム0 票投票先 →武蔵
碇シンジ0 票投票先 →武蔵
衣玖0 票投票先 →武蔵
コブラ0 票投票先 →武蔵
武蔵12 票投票先 →巡音ルカ
やる夫0 票投票先 →武蔵
スーさん0 票投票先 →武蔵
巡音ルカ1 票投票先 →武蔵
バナナ0 票投票先 →武蔵
0 票投票先 →武蔵
武蔵 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
武蔵さんの遺言                  |ト、                / }
                _{  ヽ  .ィf=== ミ、 /  .レi
                    マ   .メ/   . --、 \  ノ
               >-メ_f/ , ⌒V!    }ヘ  く ̄ <
                /   {{__}.リ / .i { Y   .八! i \  ヽ
               / .> ´ `7 .j/ .人! |  ./__ | } i } マ 、 ',
           / /    / ∠ ィ{代iメ| .イf沙 } .ハル: ',  ヽ ',
           //     イ jヘ ヘー‐!/ :, ー.イ /i .从ト{   } ! ,-ォ
              乂___   iハ从 \{ヽ - - .イ/j∧{    /{ /トv ノ ただの村人だな。
              j/      r=┴><ミx        ,::レ::j j.イ}
             //    ><~~ <ニ乂ソリ <__  /::::::':::'::イ   フッ……武蔵といえども、役割には勝てん
             //    :′   ヽ-= zzミ彡、: :.> `<::::::::/
            //     ハ,. -- 、/ /  ` マ i′  / ヽ::/     意味があるかば知らん→意味があ…ルカは知らん→ルカ投票したくなった
         / ./         ∧,..::彡V´ ̄ ≧x  マ}  ..イ /.〉
           { {       .ィ:::::/::/ ._{- ―― -≧只彡 _彡//    言いたいことは昼言った。
            ', :!       V::::/:::{/´人二ニ 彡/_{__ヽ〉..イ:::{_
           ヾ      {::::{:::::ハ'´  ヽ.. _ .ィヘ:::::::::}::::> ヘ:.
                 |::::|::::| .ヘ         _}:o..イi    マ:.、
                 |::::|::::|  ヽ.. _  z≦ニ>.ハ    }:::::乂
                 |::::i:::::! ,..-/ミー=  .._   ノ{ ヽ..__ ノ ̄ヽ::::≧:.、
                 |::::::::::|/{イ `'' :.. _ ,_ ハ、        \::::::::\
やる夫さんの遺言 共有だお!
相方:衣玖さんだお!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
スーさん 「これがスーさんの占いだ!占いCO!暁●!」
コブラ 「コブラ 46歳 夏

裏鍋の役職数の限界を感じ悩みに悩み抜いた結果
彼がたどり着いた結果(さき)は
交換占いであった」
大悪魔 「共有噛みですか」
巡音ルカ 「武蔵は○」
衣玖 「おはようございます。」
サム 「占いCO コブラ○」
「霊能者よ 武蔵さんは○ね。」
大佐 「共有噛まれるのか」
林檎 「おはようございます。」
バナナ 「占いCOだ
林檎●>ルカ○」
コブラ 「狂信者なら手っ取り早くアピールするために囲う→なら囲いを潰せばいいと思います!
○ならそれはそれで美味しい、●なら囲わせないで美味しい」
碇シンジ 「綾波は僕が助けるんだ!!」
スーさん 「暁占い理由
コブラの狂信者発言、林檎のCOにまったく触れなかったからな
こういう浮いた位置に狼いそう(こなみ」
サム 「◇コブラ 「林檎がむざんになってたらバナナ吊りなんじゃないっすかね>サム
暗殺者も●もらいとはいえ占い師をサクッと殺ったりしないだろ」
んーまあ灰でいっちゃん発言してんのコブラっぽいしそこかね?
残り2Wと考えるとまあ無理に狙う必要はないんかなーとかそんなんな感じ」
「占い師は林檎さんが割と非狼かなって感じがあるわね。
狼として相談した感じがまったくないのがちょっとって感じ。

他は武蔵さんがすごくかっこよかった!くらいかしら。
林檎さんが、の部分で相対があるけど。」
バナナ 「2夜
昨日も言ったけどサムが真はそこそこあるわけで。
となると武蔵の投票先が身内漂白っぽく見えてくるなーというアレ。ルカ占ってみるか。
発言もそこまでぱっとしてるわけではないし。」
碇シンジ 「あ、はい>占い噛まれなし」
コブラ 「それは正しい>バナナ」
サム 「スーさんも真っぺーなこれ」
衣玖 「林檎さん占い結果は?」
林檎 「占いco。コブラさん白です。」
コブラ 「そしてバナナ視点。ルカは狂人系であった」
大悪魔 「今対抗の○占いって必要あったんですかねー的な。止めないと昨日言ったけどね!」
スーさん 「暁狼でスーさん視点、サム真ほぼ確定と」
衣玖 「霊能さんが2人出て、そこ両方が○ですか。」
コブラ 「コブラ46歳、夏。真っ白であった」
大佐 「ルカ○は充分納得できるな >バナナ」
スーさん 「握手>サム」
巡音ルカ 「ふぅん<結果○ まぁ、遺言が村人なら、ってとこか」
「んー、吊り余裕的には@1ってところね。
吊るかはお任せっていうのと、共有噛みなのね。」
サム 「んーと、全人外露出っぽい」
大佐 「私は絶賛評価するが? >大悪魔」
バナナ 「すまん、スーさんの占いCOなんか視界から抜けてたわ。
前日のを見るとルカ○なのね。

まぁ初手○は別に真っぽくもないので占いますけど!」
コブラ 「なんで灰を占ってるんですかねぇ(憤慨)
囲わせないのが先決でしょうに!」
大悪魔 「リンゴさん、結果はコピペで「あとは○と●の結果を片方削るだけ」にしておくのがいいと思いますよ!
「占いCO! Aさん○●!」みたいな感じで!」
林檎 「コブラさん狂信かななんて思うんですよ。結果から。」
サム 「武蔵-ルカ-暁-バナナor林檎」
スーさん 「まだ全人外露出してないぞ>サム」
巡音ルカ 「というわけで吊進言はそこ」
バナナ 「ちょっとばかり「●でないかなーワクワク」してたんだぜ>大佐」
林檎 「はーい。>大悪魔」
「これ昨日までの結果結構真だったりするのかな。
噛みが追いつめられてるか、余裕あるのかの2択なんだけど。」
大悪魔 「ぶっちゃけ割れても困るだけでないですかね>コブラ」
大佐 「気持ちはわかる >バナナ」
スーさん 「まて、ルカはスーさんの○だ>サム」
コブラ 「占い師
サム:武蔵●>コブラ○
スー:ルカ○>暁●
バナナ:林檎●>ルカ○
林檎:やる夫○>コブラ○

霊能者
ルカ:○
暁:○

共有者
衣玖
やる夫



はい、まとめな」
サム 「ルカ○なら手損手損アンド手損じゃね?」
衣玖 「霊能2で割れてない辺り、武蔵さん●のサムさんか、
朝一で占いCOを貼っていない林檎さんかという感じでしょうか。」
サム 「となりゃそこ狂だべさ>スーさん」
コブラ 「はぁ!? なんでや! 俺のどこが狂ってるんや、工藤!>林檎」
碇シンジ 「あれ?全人外露出したっけ?」
スーさん 「って、ルカ狂人じゃないですか、やだーw」
巡音ルカ 「暁に関しては今のところ何とも言えない、かな? って感じね」
大悪魔 「>大佐
今コブラにも言いましたけど、私はああ思うんですよ」
スーさん 「小声で気づかなかったンゴ(憤怒」
バナナ 「暁>吊っても吊らなくてもいい
林檎>吊るべき

だな。」
コブラ 「あ。武蔵●出してたのサムの方だったか」
林檎 「朝イチでco出来なかったのは悪かったです。」
大佐 「? スーさん視点別に割れてないと思うがルカとは >スーさん」
大悪魔 「COしていないひとがいる限り全露出とは確定しない(きりっ)>シンジ」
サム 「んーと、俺視点ではたぶん>碇シンジ」
巡音ルカ 「んー?」
「あ、これ私吊りが一番ね。
纏め感謝よ。
さすがに4COで真無は無いわ。狼陣営4しか出てないから、それが全部初日に占いに出てるのはないものね。」
スーさん 「ちなみに、スーさん視点でもルカ狂人よりです(真顔」
衣玖 「林檎さん吊りで。」
サム 「一応霊能投げるけどー、処理は占いからのが村視点ではいーんかね?」
コブラ 「割れる=明確な対立ラインよ>大悪魔

この村の人外の数は6、下手に真結果を出されるよりは対立すりゃいいのよ」
スーさん 「暁が狼だもん
そことサムが割れるならルカも狂人よりになるし>大佐」
巡音ルカ 「サムの●でしょ? 武蔵。私からスーさんって何?」
林檎 「だって狂信確定してるっぽい言い方だったんですもーん>コブラさん。」
スーさん 「人外同士で割る意味ないし」
衣玖 「サムさん視点ですと人外は武蔵さん、霊能のお二方で、あと1はどこです?」
碇シンジ 「林檎吊か
正直占い多すぎて考えるのがが」
大悪魔 「まあ●くらってる占いっていう時点で諦めてくださいね的なあれ」
大佐 「別に狼が結果真出しただけはありえると思うが >スーさん」
林檎 「なんでですか!」
コブラ 「霊能と結果の割れたサムはいかがでしょう>衣玖
ただし霊能が狂狼という可能性は否定しない」
サム 「んーと、明日ルカ吊り?
安全にいくなら」
「んー、林檎さんがっていうのは正直あんまり見えないから様子見の方がいいのだけど、それだと私吊りになって、なのよね。」
大佐 「美味いからだ >林檎」
バナナ 「一般論で言えば、2霊能が騙り騙のケースを見ない限りサム吊りになるんじゃねーの?
いや林檎吊りは俺視点正しいけどさ。」
碇シンジ 「ああ、サム視点か>サム」
巡音ルカ 「暁が狼で正しい結果出してるってパターンも普通にあるわよね、パターンだけでいうなら」
林檎 「いみわからんですよ…ぷんすか」
サム 「おういぇー>碇シンジ」
コブラ 「暁に●が出ている現状では霊能狼混じりもありえるのですよキミィ」
「林檎さんは非狼っぽいけど、真っぽさがっていうのはあんまり。」
衣玖 「ここで2人外が騙りに、という可能性はちょっとうーんと思いますので。
明日次第?ちょっと置かせてください>コブラさん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆GM @1」
3 日目 (1 回目)
林檎9 票投票先 →サム
大佐0 票投票先 →林檎
大悪魔0 票投票先 →林檎
サム2 票投票先 →林檎
碇シンジ0 票投票先 →林檎
衣玖0 票投票先 →林檎
コブラ0 票投票先 →林檎
スーさん0 票投票先 →林檎
巡音ルカ0 票投票先 →サム
バナナ0 票投票先 →林檎
0 票投票先 →林檎
林檎 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大佐 は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
林檎さんの遺言 占いcoです。

1日目、やる夫。役職は共有らしい。
結果は、白。共有でしたかそうですか…。

二日目、コブラさん。狂信把握してるっぽい人外かな、と。
結果は、白。うーん、うまくいかない…。

三日目、吊られるから来ない。私を吊るなら他の占いも吊ることです。
じゃないと負けるかもですよー。真2とかだったら知りませんが。
大佐さんの遺言 ※基本的に●出るか他と割れるまで潜る
占いCO 碇シンジ○巡音ルカ○暁○●

1日目
エヴァンゲリオンに付いて話があるので
後で私のオフィスに来るように

2日目
このCO数とグレー数ならば○に囲いあるかどうか見ればいいか
●出たら明日CO ○なら潜伏続行だな

3日目
流石に明日はCOするか スーさん追っかけ占いしてる以上
そこと繋がるかどうかを見よう ○なら○で私視点はある程度纏まる
私視点完全グレーは大悪魔しかなく コブラは・・・●だった場合
人外数がどうなってる?という話だ ゆえ●を確認する
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
コブラ 「暗殺者が一晩で1ダースの灰を始末すればいいと思うんですよ

あ、もちろん狩人は衣玖護衛な」
「霊能結果は林檎さん○よ。」
スーさん 「ずんどこずんどこ!占いCO!サム○!」
サム 「占いCO バナナ○」
巡音ルカ 「林檎は○」
大悪魔 「大佐ァアー!」
碇シンジ 「綾波!!!」
バナナ 「占いCOだ
林檎●>ルカ○>大悪魔○」
スーさん 「サム占い理由
サム真よりだが、占っておいたほうがいいだろう
●出るなら破綻するだけ、○なら妄信するレベル」
サム 「◇サム 「武蔵-ルカ-暁-バナナor林檎」
んー、俺視点だとこーなんで
暁かバナナ占えばいーんじゃね?(こなみ
暁まー、●やろーからこっちかね?」
衣玖 「おはようございます。」
コブラ 「いつだって噛まれる占い師はいい占い師だ
噛まれる村人はもっといい村人だがな」
バナナ 「3夜
暁まで占いきりたい欲望をグッとこらえてグレー。
スーさん真なら暁占うまでもなくスーさん噛まれるだろ?
◇大悪魔 「まあ●くらってる占いっていう時点で諦めてくださいね的なあれ」
ここが林檎狼わかってきってるものすごい人外目な発言なんで占ってみよう。」
巡音ルカ 「こっちも偽か」
サム 「破綻はねーべよ」
スーさん 「たいさぁ!」
「色々ごめん…
霊結果から吊っていいとこだしてなかt(

で、これなら占いから吊ってもらうわね。」
サム 「んーと?」
バナナ 「うぉぉいい霊能2人にせだよ!?」
碇シンジ 「大佐含めて占い多すぎない!?」
大悪魔 「んで、大佐は占い遺言。ルカ○だしてるしサムバナナ吊りですね」
衣玖 「霊能さん視点ですと、真はスーさんか林檎さんか大佐さんですか?」
サム 「暁吊りがいっちゃん分かりやすいけど?」
大悪魔 「狂人が霊能騙ってる可能性は追ってたらキリないですし」
コブラ 「占い師
サム:武蔵●>コブラ○>バナナ○
スー:ルカ○>暁●>サム○
バナナ:林檎●>ルカ○>大悪魔○
林檎:やる夫○>コブラ○>×
大佐:シンジ○>ルカ○>暁×

霊能者
ルカ:○>○
暁:○>○

共有者
衣玖
やる夫」
「それで、3つ人外見えてるんだけど(震え声」
巡音ルカ 「大佐も占い遺言かぁ……
まぁ、偽物は判明しているからそこから吊っていくけど」
バナナ 「ルカ狂人、暁ニセ・・・スーさん信じるなら狼か?
おいやばいよこの村」
サム 「全視点でルカ狂の公算が大きいのでそっちが安定かね」
コブラ 「何で対抗の占い師を占ってるんですかねぇ(憤慨)」
サム 「大悪魔、そりゃちゃうよ」
碇シンジ 「なんか普通村っぽく感じるのは僕だけかな?」
バナナ 「いや狂人だけじゃなく狂信者も出るんだよ、この村。>大悪魔」
大悪魔 「んや、1Wも連れていない可能性を考えるとサムバナナから1落とすのが安全です>サム」
スーさん 「暁吊りでオナシャス」
サム 「初手●進行の段階で割に来るのがむしろ普通」
スーさん 「詰め将棋みたいな感じンゴ>シンジ」
衣玖 「凄く混乱してきた。」
「これ、潜ってるって見るのが妥当ね。
そして自動的に林檎さんと大佐さん真。」
コブラ 「占い師に手をかけよう(提案)」
大悪魔 「(初日の自分の発言を確認する)
(狂信者POPを確認する)←イマココ」
サム 「んー、霊能結果だけ見てそう言われたらなんも言えんけど」
サム 「呪殺出せねーし」
「単純に、狼陣営4なら見えてる破綻から辿るのが一番早いわ。」
コブラ 「霊能2人バーサス占い師全員でとりあえず考えておけ>衣玖

霊能者2人のうち、ルカはほとんどの占い師が○を出していることもな」
衣玖 「サムさん吊りでお願いします。」
碇シンジ 「詰め将棋苦手ンゴ>スーさん」
巡音ルカ 「そうね。どこがどこっていう判別つきにくいけど噛まれている大佐に関して狂信がシンジに対して囲いを~っていう路線とかはさすがに追うだけの手数がないのだけど>衣玖」
サム 「その場合って単純に何で俺とバナナになるん?」
バナナ 「オレ視点でルカ・暁に2人外
林檎が狼
後1人外

オレ吊ると鉄火場になる、先にルカ暁吊ってオレの結果を増やして体」
コブラ 「なんで【霊能と対立した占い師】【占いと対立した霊能者】

のどちらかが本物と期待して、そのラインを残すのはアリ」
「霊能に狼陣営2居る想定だとアレだし、
狼全騙りじゃないと占いとか霊能とかに出れない。」
サム 「じゃ、暁投げとくんであい」
バナナ 「いやいやいやいやいやいや
サム真の可能性出てきたんだよ、そこ吊りはまずい」
大悪魔 「たぶん時間がいくらでもある時に詰め人狼みたいな感じでできるんなら最善手を選べるんでしょうけどよくわからない現在。」
サム 「7→5、暁→ルカで終わりっ!」
コブラ 「暁視点の人外:スーさん、サム、バナナ
ルカ視点の人外:サム、バナナ

まずこれだ」
「それならなおさら私吊り主張おかしいでしょ」
バナナ 「そもそも初手●とか共有の声が聞こえてた時点で危ないだろ?特攻怖いじゃないか。
共有のCOがある前に●出してるし真考慮していいはずだ。」
サム 「見落としねーよな?」
巡音ルカ 「私は破綻してる占い吊って吊って殺すってつもりでしか現状はないし」
大悪魔 「サムバナナVS霊能2人だったら霊能を信じたいですよ、○●状況とかから」
サム 「バナナ狂で林檎真でもまーだいじょぶなはず?」
「霊能に狼陣営2出るってどういう想定よ…」
コブラ 「で、サム視点の人外:武蔵、ルカ、暁
バナナ視点の人外:林檎、ルカ、暁」
碇シンジ 「暁らへん吊でいいと思うンゴ」
スーさん 「暁吊れば終わると思うンゴ>サム」
コブラ 「こうな?」
大悪魔 「っていうか完全はい噛みだったんですよね。不思議。」
サム 「意味不明っす(まがお>大悪魔」
バナナ 「オレ視点サム真と断定できないけど、まずルカ暁つりきってくれ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
大悪魔0 票投票先 →サム
サム6 票投票先 →
碇シンジ0 票投票先 →サム
衣玖0 票投票先 →サム
コブラ0 票投票先 →サム
スーさん0 票投票先 →
巡音ルカ0 票投票先 →サム
バナナ0 票投票先 →
3 票投票先 →サム
サム を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
サムさんの遺言 占い師だったお
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
コブラ 「俺はふじみ野スーパーマンさ
サムが●ならルカと暁視点でスーさんが破綻するってぇわけだ、さらに人外位置が増えるね!」
スーさん 「ひゃっほい!!占いCO!バナナ●!」
巡音ルカ 「サム○」
大悪魔 「ヒューッ!>死体なし」
コブラ 「はいいたよ! 狩人いたよ!」
「○」
衣玖 「狩人さんいるー!やったー!!」
バナナ 「占いCOだ
林檎●>ルカ○>大悪魔○>シンジ●」
スーさん 「バナナ占い理由
大佐信用するならバナナ占ったほうが早い」
巡音ルカ 「ん、狩人いる。OK」
碇シンジ 「綾波!!!!!!!!!!」
コブラ 「じゃけん、どんどん指定しましょうねー」
バナナ 「4夜
サム吊りとかやばくないこの村?
スーさんは暁●だしもう信じる、シンジ-コブラどっちか占いでOK」
大悪魔 「ああ、んじゃバナナ吊りです」
巡音ルカ 「じゃ、バナナ吊り」
スーさん 「バナナ破綻!」
碇シンジ 「バナナ吊って、どうぞ」
「うん、まあなんとなく。
で、狩人居るわね。」
バナナ 「死体無し、狩人か・・・!
オレGJもありそうな気がする」
コブラ 「占い師
サム:武蔵●>コブラ○>バナナ○
サム視点の人外:武蔵、暁、ルカ

スー:ルカ○>暁●>サム○>バナナ●
スー視点の人外:暁、バナナ

バナナ:林檎●>ルカ○>大悪魔○>シンジ●
バナナ視点の人外:林檎、暁、ルカ(狂)、シンジ

林檎:やる夫○>コブラ○>×
林檎視点の人外:バナナ

大佐:シンジ○>ルカ○>暁×


霊能者
ルカ:○>○>○
暁:○>○>○」
大悪魔 「・・・話すこと無くなりましたね!」
コブラ 「まとめ完了」
「えっと、バナナさん視点人外いくつ?」
衣玖 「バナナさん破綻なんです?」
巡音ルカ 「狂特攻と」
スーさん 「バナナ視点、スーさん、ルカ、暁、林檎、サムor武蔵になる」
コブラ 「バナナ視点でさ。えーと、人外の数が

大佐も狂人になるよね?」
衣玖 「ああそうか」
コブラ 「多すぎるよね?>バナナ」
スーさん 「5になります」
衣玖 「大佐さんも狂人になるから、バナナさん破綻だ!」
「うん、まだ繋がってるわね。
GJもあるし大丈夫かな。」
衣玖 「大佐さんはシンジさん○でしたもんね。」
コブラ 「バナナがシンジ●、大佐がシンジ○
よってバナナ視点の人外に大佐が加わって5になるのさ」
大悪魔 「まあ狂人なら特攻安定でしょうね>ルカ
●吊りと自分吊りで2吊りも稼げるわけですし」
スーさん 「大佐関係ないですよ>衣玖さん」
巡音ルカ 「私からしてみればとっとと吊ろうぜ!だったけど<林檎の結果時点で」
衣玖 「ではバナナさん吊ります。」
碇シンジ 「これ大佐真でいいんじゃね?って思いがふつふつと」
バナナ 「んー、コレはあれよ。村が結果をうっかり見間違えたんじゃね?」
大悪魔 「バナナ視点の話でしょう、たぶん>スーさん」
「大佐:碇シンジ○ / 巡音ルカ○
大佐の結果とも対立してるから、バナナさんはっていう。」
バナナ 「いや、ここはまずルカ-暁吊ろう。
あとスーさんも真なら噛まれないのはおかしい。」
コブラ 「バナナ、お前さんと対立してたっけ?>スーさん」
スーさん 「ああ、見てなかった>大悪魔」
巡音ルカ 「現状狼吊れてないけど確定で狂1吊れてて今日は破綻吊、狩人いるので別に心配はそこまでしてない」
スーさん 「●出してるンゴwwwwwwwwww>コブラ」
大悪魔 「盛大なブーメランに見えますね?>バナナ」
「…あ、うん。
占い頼める場所がいなかったわね。」
バナナ 「めっちゃオレに●出してるから>コブラ」
コブラ 「そして誰の目にも俺が確定○であることが明らかと成りつつある昨今
コブラ46歳、 夏

ハーレムが目前であった」
大悪魔 「(実際にブーメランだとは言っていない)」
巡音ルカ 「そうね>大悪魔
共有にぶち当たった場合のみでも狂人として仕事は果たしてるでしょうしね」
「大佐は真だから。
噛まれてるのも含めてね。」
碇シンジ 「バナナはブーメランが得意なんだなって」
コブラ 「ほんまやwww>スー
無駄占いしおってからに! この子は! 悪い子! 悪い子!」
バナナ 「アー狂人CO
残り3Wならオレ吊りで狼勝ちになるけどいいんだな?」
コブラ 「まぁ、この期に及んでもう無駄占いはしないと思うけどな(チラッチラッチラッチラッ」
碇シンジ 「で、これ霊能どうするかって話なんだけど」
スーさん 「無駄占いしてないやろwwww
スーさん視点、全部露出したわwwwww>コブラ」
碇シンジ 「どうしよう・・・」
バナナ 「考え直すなら今のうちだぞ(チラチラ」
スーさん 「それはないです>3w残り」
大悪魔 「さて、それじゃああとは何をしましょうかねー。
裏の田圃の様子でも見に行きますか、痩せてきた勇者の家族でも街に放流してきますか!」
コブラ 「そっすかー>バナナ」
衣玖 「霊能さんはうーん」
スーさん 「サムと武蔵何になるんだよだし」
衣玖 「ルカさんは吊る気はないです。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
大悪魔0 票投票先 →バナナ
碇シンジ1 票投票先 →バナナ
衣玖0 票投票先 →バナナ
コブラ0 票投票先 →バナナ
スーさん0 票投票先 →バナナ
巡音ルカ0 票投票先 →バナナ
バナナ7 票投票先 →碇シンジ
0 票投票先 →バナナ
バナナ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
碇シンジ は無残な負け犬の姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
碇シンジさんの遺言              /:::::::::::イ::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::/::::/:::l:::::::\\:::::::::::}
          イ:::::::::::::::::::::::::::::/|:|:::::::::::::::::::::::::::|
            イ:::::::::/|:::/|::::/ |! | l|::::ハ:|:::::::::::ト
           イrl:::/_|/__|/|_, | 、__|/_|_|:l::::ハ
            {k〈ャ'´ヒソ` ヘ.  '"ヒソ`'ァ/k)   僕が綾波を守るんだ!
              ヽヘ.            /‐'
              \     , _   /      狩人の力で!
                  rへ、 ‐― /|l \_
               _//::::/:|:`:::-イ  |  |\   なし>バナナ>衣玖>衣玖>衣玖
              /  /  | l    /  |  │ \
          /   /  {__   /_.ノ  |    \
         /   ∠ -┴ヘ‐-、三7 / へ、|      \
        /    |    く \i  / _>   `       ヽ
        |    ||       \|/´/         | l   / |
        |    |:|      「           |/ /   |
ファーストチルドレンの狩人日記
一日目:むり
僕が今度こそ守るんだ
もう取りこぼしたりしない!

二日目:バナナ
占いからランダム
●からCCOが出てるので噛まれやすいかなって

三日目:衣玖
鉄板!
あの占い勢たけのこすぎてやめて!

四日目:衣玖 GJ
鉄板って言ったでしょ!
正直追えてないから!ここ噛んでGJくださいオナシャス

五日目:衣玖
やったよ綾波!!!!!!!!!!
このまま鉄板だよ綾波!!!!!
綾波いいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!
バナナさんの遺言 だ、だって霊能結果で一度も●出てないじゃん?
3Wありうるじゃん?
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
コブラ 「喰らえ! 稲妻十字空烈刃(サンダークロススプリットアタック)!」
大悪魔 「ああ、はい」
巡音ルカ 「バナナ●」
スーさん 「ひゅー!占いCO!コブラ○!」
「●」
衣玖 「おはようございます。
昨日夜気づきましたが、スーさん視点でもサムさんは偽ですかね。
サムさんがバナナさん○出してましたので。」
スーさん 「コブラ占い理由
ダンボール臭い」
「というか噛み遅いわよ。」
コブラ 「お前もまた戦友(とも)だった>シンジ」
巡音ルカ 「お疲れ様>シンジ君」
大悪魔 「んじゃ、暁吊って終わりでいいんでないですかね」
衣玖 「シンジさんが狩人さんでしたか……」
巡音ルカ 「朝遅かったけど」
スーさん 「・・・ほんまや!?>サムがバナナ○」
コブラ 「だから俺はどこからどう見ても確定●だろうが!>スーさん」
「で、スーさんはサム狂主張になるわよね。」
スーさん 「じゃあサムも破綻してるじゃんwwww」
スーさん 「ルカさんごめんなさい(土下座」
「というか、まあ、狂なんだけど」
コブラ 「スー:ルカ○>暁●>サム○>バナナ●
スー視点の人外:暁、バナナ、サム。3
→武蔵●なら。+武蔵、ルカ。合計5
→武蔵○なら。+サム、合計3」
「大悪魔さんはそうするしかないしね。
ほぼ間違いなく大悪魔さん狼だし。」
コブラ 「つまりスー視点、武蔵は○でなければならない」
巡音ルカ 「このスーさんの手のひら返しっぷりどう見ればいいのかな」
「まずはスーさん吊りね。
ここまで噛まれてない占い師信じるの?って話よ」
コブラ 「あ、武蔵○の+サム無しな」
衣玖 「スーさん狂人CO?」
大悪魔 「ちなみに気になったんですけど、これって「どこを」だったんです? 
◇暁 「…あ、うん。
占い頼める場所がいなかったわね。」
衣玖 「違った、暁さんだった。」
スーさん 「噛まれるわけないだろ、詰め将棋状態なのに>暁」
スーさん 「いや、占いですよ>衣玖」
「…っていうかね。
武蔵さん●の時点でそれ信じたらおかしいっていう話。」
コブラ 「サム:武蔵●>コブラ○>バナナ○
サム視点の人外:武蔵、暁、ルカ、スーorバナナ。4」
スーさん 「サム狂人の暁とバナナで2w
そうなるとLW候補大悪魔になるンゴ」
「貴方しかいないでしょうに…>大悪魔さん」
コブラ 「サムとスーは対立している。これは間違いない

そしてサム視点の人外は暁
スー視点でも人外は暁
大悪魔 「んじゃ2狂人だったんですね」
コブラ 「まぁサムは暁に○も●も出しちゃいないがな」
大悪魔 「(きりっ)」
巡音ルカ 「別にかまれる噛まれないはさておいて、暁は結果自体はこっちとあってる

実際のところ真狼見ね。狂信で結果云々~ならぶっちゃけて視点的にいいところで吊られたほうがよかろうだろうし」
スーさん 「大悪魔が村ならスーさん視点そうなるね」
スーさん 「でもサムが人外ならルカ狂人はないだろうし」
衣玖 「暁さん吊ってでいいでしょうか?」
スーさん 「誤爆もない」
巡音ルカ 「なのでまぁ、真を【どこ】において、【どこまで】おくかに結局なるのよね、私からすれば」
「サムさんが対立してるのは大佐もほぼそうよ。
ルカさん狂人想定になるし。」
大悪魔 「むしろ他に吊るべき所がありません」
コブラ 「スーvs暁。外野から削るのもアリですぜ>衣玖」
「ここまで一致してるのは狼以外に無理だし」
大悪魔 「それで2W残りだったら死にます>コブラ」
「スーさんとのランよ」
スーさん 「外野削る意味ない>コブラ」
巡音ルカ 「真保証なくても狼陣営数と占いCO数的に真いるので」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆GM @2」
6 日目 (1 回目)
大悪魔0 票投票先 →
衣玖0 票投票先 →
コブラ0 票投票先 →
スーさん1 票投票先 →
巡音ルカ0 票投票先 →
5 票投票先 →スーさん
暁 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言 霊能者、結果はログでって感じね。
寧ろ私吊りの方が安心できるって言えばそうなのよね。
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2014/08/29 (Fri) 23:36:21
大佐 「お疲れ様だ」
スーさん 「お疲れ様」
コブラ 「や……やったか!?」
サム 「お疲れ様っしたー」
巡音ルカ 「お疲れ様」
武蔵 「                           }   ヽ
                 _--_--__--、/    }
          {\     ///// ̄ ̄` 、///{    ノ
          ∨  ー // ̄ \ __    \〈\  {┐
        ∨ / ̄ {    \\    \ー{ O{_}
       -=彡 /  r{       }: :.ヽ     \ィ ≧=-
.           /   :l:{    ,.斗-:.:.|    ヽ \ ̄  \
          / /  :l:{       / ,: 斗=ァ  }   \    \
.         / /   十、     // 込ソノ   } l 〉 ̄  、__` ー-- 、  お疲れさまだ。
     -=彡イ  / l从r==ミ  l: : : : : : :}l  / } //    \    ̄ ̄\\
.         l /   圦VソY⌒ゝ-‐: :'// 八{         \       \\   ……狼陣営は狩人がいなければ1チャンス……か。厳しいのは変わらんが。
.         |/八 ∨乂 :ノヽ: : : : : /: :{ /l       / ̄       \\
.           /  \ \ヘ: : : : : :_: : : : : :ノ' 从ト、   /l/            ヽ ヽ  
.        / /  \|\ 、:. :.ゝ': : : :/∨: :{---、|/              } ノ
        / /l/ {  / \ \> /≧=-=≦二ニニ}_                  [/]
.       //   八 .{ \{.\{\{/T>、二二二二/....\               ハ
       //     \       人ヘヘ}二二>.................. >-..、         /  ,
.      / {        r≦............}ー‐ <...............................>- ヽ       /  /
     / .{      /´: : / Y{´ {、: :r‐/  >---- <:. : : : : : :.      ./  /」
大悪魔 「5夜の投票遅れごめんなさーい!」
衣玖 「お疲れ様でした。」
碇シンジ 「お疲れ様」
GM 「お疲れ様ー この内訳どう?>占い4」
バナナ 「暁お疲れ様、酷い内訳だったよ。見てくれこれを。
¥」
巡音ルカ 「狩人がいい仕事してくれた」
「無理に決まってるでしょうがーっ!!」
林檎 「お疲れ様でしたー(* ´ ▽ ` *)
でお休みなさいです。
結局見ていたバカがここに」
碇シンジ 「綾波ぃぃぃぃぃいぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!」
大悪魔 「狂人初日か、通りで」
スーさん 「ルカさん狂人扱いしてすみませんでした(土下座」
衣玖 「占いさんが4人……」
コブラ 「情報を出せぇぇぇぇぇぇぇ!>小悪魔」
武蔵 「狐がいなくてよかったな(こなみかん>占い4
きっといたら泣いてる」
巡音ルカ 「まぁまぁ。勝ったんだし>スーさん」
サム 「占い4はまーいいんだわ」
大悪魔 「出せる情報が無かったんですよ・・・!>コブラ」
大佐 「大 悪魔だから出さずに愉悦してるのだよ >コブラ」
衣玖 「林檎さんは真占いさんでしたか。すみませんでした。」
大悪魔 「大悪魔さんの占いにっき
初日:衣玖○>2夜:シンジ○>3夜:大佐○>4夜:コブラ○>5夜:暁●

初日:衣玖○
誰占うのも変わらないですねー、これ。
んじゃ、サイコロでも振りますか! 結果:2・2! 衣玖さん!
 追記:無駄占いじゃないですかぎゃだー!!

2夜:シンジ
リンゴに●を出してるバナナ占い・・・は、無駄っていうかもったいないのかな。狂人の特攻はあり得るし、判断できない。
んじゃあ、あえての灰占いでも良いのか。あえてでも無いのか? まあいいや。
◇碇シンジ 「たけのこ占いぃ!!!!!!!!」
この反応なんか変な気がします。最初に●もちがCOしたっていうんならアリな反応だったかも知れませんが、そうではないし。

3夜:大佐○
えーっと、灰継続したいんですがいますか? いる? いない?
コブラ:サムとリンゴの○ サム:占 スー:占 バナナ:占 大佐:? ルカ:霊能 暁:霊、スー● シンジ:私の○ 衣玖:共有
ああ、どうやら大佐が灰ですね? んじゃ、ここ占いましょう。
で、えーっと私視点の人外は・・・っていうかアレ? そういえばサム吊ってないや。割れてるのに。
 追記:私の結果シンジ君しか無くなってるんですけどぉ!? 狼ェ! ○噛めよや! コブラとか◎でしょぉ!?

4夜:コブラ○
なぜ噛まれなかったのか不思議なコブラを占いますよ! 八つ当たりで!
・・・にしてもアレです、○吊りでもあるんだからスー信じるなら狂人のサムよりバナナでしたね!
なんかもう、昼間の内は結果確保しきれてないですよ! ラインとか考えるの苦手ですし。
まあ、こう、割と私COできない気がしますね。
 追記:これ、私COできませんね・・・! 誰視点でも私かコブラのどっちかが狩人ですよ! あ、違うやシンジもCOしてなかった。

5夜:暁●
えーっと、私の灰が暁とルカとスーさん?
ルカは大佐の○だからいいとして、んじゃ暁? スーさん占いっていうのもナンセンスだと思いますし。
いや、あえて破綻する結果を出しつつ身内●の可能性はありますが。・・・って暁占うんならスーさん占っても同じか?
スーさんを信じるのか否かって意味で。まあ今から対立するのがダルいので暁占います。」
サム 「霊能いらねー」
コブラ 「いいのよ>林檎
全ては情報の積み重ねで行き着くの

貴方を吊ったのも、また情報のためなのよ」
巡音ルカ 「狐がいたら狼陣営が1少ないだけの鍋じゃないのこれ<占い4」
「大悪魔さんはどっちにしろ狼疑いするしかない場所だからいいとして。
というかもう占いとか持ってんじゃないわよっ!!」
バナナ 「もうね、もうこの

\               ¦         /
  \             ¦        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ!  >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
  --   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    - _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)」
GM 「うん、占い同士でロラでもあったらまた違ったとは思うけどw
こうまで決め打ちルートならね」
コブラ 「だいたい! 何で俺ばかり占うんですかねぇ……!?(プンスカ!)」
巡音ルカ 「霊能希望だったわ(真顔」
大佐 「占いする価値無かったんでスルーしたが? >コブラ」
バナナ 「真占いとか狼よりごろごろいるんだからいいんだよ吊っても(シクシク」
碇シンジ 「ロラだと下手したら吊足らないし」
大佐 「暗殺希望だ シンジやバナナを私のオフィスに呼びたかったのだが」
武蔵 「もしかしたらこの村占い師は一人も噛まない方がいい村だったのかもしれんな(遠い目」
「ムリゲー(」
巡音ルカ

遺言供養

            /   __
            !ヽ 'ニ-――-`、'  、
          /> ´  ̄ ` 'ヾ >、 \
         /i/    ヽ    \ \i, ';,
        /i/   /    ',  ヽ ヽ. ヽ, !   li
        / '゙ ,  !     l ,  i ヽi   '-‐ ノ
      /./ /  | i .i  | iヽ   |   ':,´
     ///   | !', l  l   l/ヽ i .l  | l
      !' /! l   :! .| !ヽ |ヽ、 |   | ! | l i |  霊能者。【判別するべき武器】はあっても
      / | .|   .! l==‐ 'ヽ ` ''‐==!/  / |,l  【信頼を得られる武器】はない もっとも狐がいない以上は
    / / ヽ.l',  |ヾ ' '    ,   'ノ'i  ' /! ヽ 銃殺による真贋判定もできない。占いも似たようなものだけれどね
   / /   ヽ\ .ト、   -―-   /!  i ! 、 \
 /./       ヽ | >.、    ,. < | /l./   ヽ ヽ  だから、まぁ【共有】が決めなさい。
' /   /    /|  !i _|_/` ‐ ´//《{ j ト'、ヘ_',    ', ヽ 狩人いれば共有守ってるでしょう? きっとね
 '//    _r'__,|l lN'、:::::`¨゙r'==、'ト-、!ノ\' ,    、  '., 安請け合いも甘く見るつもりもないけど
/. / / ,r''"   |l  | 7゙`ー、::|ト、00i、/ヘ ̄¨ー',', iト、、ヽ、 '、 決断ぐらいはしっかりして
/ / .:/  __   |l lj.j:::::::::::::l゙¨ヘヘヘヘ ヘ::::::',   ' , ' ,ヘ  ヽ
_,,.-'"‐'":::::::::::i |l j.j:::::::::::;;::l;;;'''ヘヘ_ヘヘ,,..\'.,   ' , ', ヘ、丶
7::::::::::::::::::::::::::::::| ノ,' {ノ::::::::::四==-ヘ,◎ヘ-==≧、_,.-''::, ',,ヘ, ',   結果は武蔵○→林檎○→サム○→バナナ●
::::::::::::::::::::::::::::::::》j j jf::::‐'"=T ̄ ̄\ヘ:::::',∨'":::::::::::ヽ、::::、'.,ヘ, '
:::::::::::::::::::::::;:-、∨/ }:::,.'´::::::::{:::::::::::::::::ヘヘ:::ヘヘ:::::::::::::::::::`ヽ;:i ',',ヘ   私の視点として破綻している占いを吊先として優先する
::::::::::::::::::///ノ,ノ:::::::::::::::::{:::::::::::::::::::ヘヘ◎',ヘ::::::::::::::::::::::: }',', ',,ヘ   
:::::::::::://  // i:::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::} }::::::} }:::::::::::::::::::::::j::ヘ', ',ヘ   暁は私と結果が同じ。狂信…の線よりは霊狼かしらね
:::::://  /イ( |:::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::} }:::::} }::::::::::::::::::::::/::::::i', ',ハ   
/ , ',. '/  人、!_:::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::} }:::::} }:::::::::::::::::/:::::::::| i l!ハ
 / /   / i ゝ ¨゙ー、:::::::::::',:::::::::::::::://⌒//:::::::::::/ヘ::::::::::::| l l!ハ
大悪魔 「占いロラとかそんなめんど・・・げふんげふん」
サム 「スーさんが暁占ってないなら暁○
しかしだったのでとりあえずおつまみ感覚でコブラ○」
大佐 「だが私は潜り そして噛まれた >武蔵」
コブラ 「ほう経験が生きたな、ジュースを奢ってやろう>大佐」
バナナ 「噛まないように気をつけたけど潜伏占い師まではねぇ」
衣玖 「内訳を把握するのに大変でした。」
大悪魔 「◇大佐 「暗殺希望だ シンジやバナナを私のオフィスに呼びたかったのだが」(意味深)」
サム 「天然狂人の希望は一個しかねーっす(すっとぼけ
何か人狼診断したらやっぱ狂人だったし(白目」
武蔵 「>大佐
村としてはいい仕事だったな。狼視点は……ギ、ギリギリ?まだなんとかなるレベルだlったか?」
巡音ルカ 「GM狂人ってのも追い風よね」
GM 「衣玖さんは7CO体験してるらしいから
今回はまだ村ゲーだったから運がいいのかも>衣玖さん」
コブラ 「陣営数がでている以上、人外の数は確定しているからね>衣玖
あとはパズルと、そして狼の噛み筋。そこに発言という名のスパイスよ」
スーさん 「にしても灰にいる唯一のLW捕らえるとか流石スーさん(キリッ」
大悪魔 「初日狩人以外ならなんとでもなる内訳でしたね」
碇シンジ 「共有と他が内訳把握頑張ってくれたのでとても楽でした!!」
巡音ルカ 「ズサーだったからかいつもの失敗トリになってる
まぁ、いっか」
コブラ 「そしてこの村は俺のハーレムEDということでよろしいですな!?」
「正直、共有2と占い1、さらに狩人加わったらそれだけで虐殺ゲーなのよ!
なんで毒とか占い師とか追加注文してるのよ!ぷんすか!」
大悪魔 「「裏鍋は陣営通知もしないカオス」みたいな風潮ありますけど、こういう無茶なパズルも私は大好きですよ」
サム 「スーさんがいるんだよなぁ…>コブラ」
武蔵 「噛まれない毒は滅菌消毒処理が必要だと思うがどうだ>コブラ」
コブラ 「これが大人の味さ(苦味)>暁」
巡音ルカ 「いいんじゃないの?>コブラ

コブラといえばあのコブラの原作でもそういうシーンあったし(ジゴバの回」
大佐 「では、お疲れ様だ 裏鍋では人外少ない=圧殺以外の何物でもない」
衣玖 「あの村は本当に厳しかったですね>GMさん

狼陣営4なので、少なくとも3は真がいるで、どこが真かなとか考えながら唸ってました。
もうちょっとテキパキ考えられるようになりたいですね。>コブラさん」
コブラ 「違うんです!>武蔵
毒は毒でも独身の独ですから! 自分、人畜無害っすから!」
GM 「まともな陣営…いやあけてみたら
村有利すぎたけど、いつもは逆だよ うん
こういう裏鍋があるよ ってことは知ってもらいたかったかな?」
「ビターン(ずっこけ」
巡音ルカ 「まともじゃないときは朝すら来ないときもあるから…」
武蔵 「独身……ああ、つまりお前は本当は魔法使いか>コブラ
ならいいだろう。それでいいならな」
コブラ 「ビター→ビターン

山田ァ! 暁の座布団2年分持ってけ!」
サム 「やっぱ嘘は上手くねーな、上手くねーよ
正直者だから俺(キリリッ
んじゃ、お疲れ様っしたー」
「結論:配役時点で詰み

これでいいわね。うん…」
大悪魔 「あ。つきつきさん950踏んだから次すれお願いしますね?(にこっ)」
衣玖 「それでは私も失礼します。
同村村立てありがとうございました。」
「解説はダメだからっ!
ギャグの解説はそれただのいじめだからっ!」
巡音ルカ 「狼3で毒3出てる裏鍋とかもあったわね(暗殺→毒吊であたる→毒噛みで全滅」
武蔵 「まあ無茶な配役であったな。狼陣営は本当にお疲れ様だ。」
GM 「うん…わかってるけどね
立ててあれこれ言われるの嫌だから他の人に譲ろうかなと思ってるCO
※建てることは可能だけど、やりづらくてね>大悪魔さん」
碇シンジ 「面白いっすよレディーさん!!」
コブラ 「お嬢ちゃん。雑巾を一番傷めつける方法を知っているかい?>暁

飾り立てることさ(ニコリ」
コブラ 「さすがレディだぜ! ナイスジョーク!(HAHAHAHAHA)」
武蔵 「さすが大人のレディだな。
私のような無骨な船には真似できん」
スーさん 「なんか初日の形的に
狼と狂人が特攻して占いと狐も露出した感じの普通村に見える」
GM 「それでも建てるべき ならば…
私が次スレ立ててくるけれども>大悪魔さん」
大悪魔 「? なんか言われるようなことありましたっけ?>GM」
碇シンジ 「あんなの気にしなくていいですよ>GM
しょせん匿名でしか騒げないんですから」
巡音ルカ
                       __ __
                      /::::/::::≧;、
                  /::::/::::::::/:::ヘ
                    /::::/::::::;イ:::::::ハ
                 ,'::::,'::::/   V:::::::
               ム'‐ム'      v::::リ
                    ,..、-'"¨`ソヽソ
                /    ヽi i:/∧:il \
                 , '   、   ∨l{:::::} |  ヽ
             /   i . |_ハ     ',|:,Yンi| .! ∧
                  {.i  |!´|_'_i    レ.ヘ';i|.リ   i
                |ハ | 八7i:ィ〉l    |'ヽ‐ !'  i |
                ' ノ  ̄  レ   レ':/   / リ  それじゃあお疲れ様
                ヽ  ノ /  / }i/ノ  /  八   たまにはこういう裏鍋もありよね
                     ヽ  i  /  i/ /.  ノ \  "たまには"だけど。いじめはダメよ?
                 `ーァ ´ ̄`ヽーヽく. `、 ヽ \
                    ,.イ          `ヽ.  .`、. ヽ. ` ー----- ─‐- 、 GMは村ありがとうね?
                   / ;′       i  ヽ. ヽ \. ``ー──-、`ヽ)
              /  l      ,     |.  ト、. ヽ.  `丶、         `ヽ ̄``ヽ
              /    :',     i    l:l  lトトト、. ヽ`ヽ.   `丶、        \`ヽl
            / ;  〃.:/ l.     l    ノ l  | り ';:  r-イ``ヽ   ヽ `ヽ     Vノ
             ./.:::/.::〃:ノ__.」     !       ',   i.  i !    ヽ  l   \   !
            / / //.;′  l    .L_____L__ヽ  l.|. N     l   |     l  |
            | / ,' l | ..:.:.::|    |       _ヽノ.l. lノ〃⌒⌒ヽ. /     l  l
            | l |.l  l ト、.::::::|     |  "´  ̄- 彡,ノ. ノ {{      }}.   / ../
            | | |.l  ヽ! `ー|     !-一' ニニニ子ーフ.:ノ  {{.        }}  ノ ノ
            ヽト、ヽ _,     |   l      `ヽ:::::::∠_  `ミ==== 彡人 ´ ̄
               ̄    |   ト、   , '´. : : : : : : : `ヽ    `,  l:::.ヽ
                     l   l  \ l. : . : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.\    /::.:.:.:.ヽ
                       l   l   ヽl. : .: .:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.:.:.',   / .:.:.:.:.:.:.:;
                  |   l      〉.:.:.:..:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::! ,′.::::.:.:.:.:.:|
                  |    l.    /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::/.ノ:::::::::::.:.:.:.:.:.!
                  l    l   / .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::/´.::::::::::::::::::::.:.:.:!
                  l    !.   / .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.::::::::::::::::::::::::::.;′
                   「 ̄ ̄l1 / .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::,
                    〉_b」」/ .:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::::::::::::::::::::::::::;′
                   了 V .:.:.::::::::::::::::::::::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::::::::::;′
                    l  /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::/    l:::::::::::::::::::::::::::::;」
碇シンジ 「いやなら俺立てましょうか?」
GM 「結局のところ
私でなければ誰が立ててもいいんだよ
単に「私に立てられること」を嫌ってる人がいるんでね>大悪魔さん」
やる夫 「少々離席していたお
遅ればせながらお疲れ様だお」
大悪魔 「ああ、あの人・・・。なんなんですかね。他人事というにはうっとおしい不愉快さです。」
大悪魔 「まあ、そういう事なら他のひと、シンジとかに任せた方がおとなしくなりそうですね。」
コブラ 「いいんでないの?>GM

俺1人がタマネギが嫌いだからって、牛丼はネギ抜きがデフォになるわけじゃないでしょう?

タマネギが嫌いならそっと抜けばいいのよ
わざわざ公言するなんて大人のすることじゃないわ」
武蔵 「スレに関しては私は知らんが
匿名でただ観戦スレで人の悪口を言うのは唯の荒らしでしかない。あまり気にするな>GM」
GM 「それなら958に譲るとスレで流すから
そこで958を踏んでほしいかな?>シンジさん」
碇シンジ 「気にしたら負けですよ>GM」
武蔵 「(牛丼から玉ねぎ抜いたら
肉が2割玉ねぎ8割の牛丼だったとしても、いいのだろうか)」
碇シンジ 「ひゃしないと自然にならないですね・・・」
スーさん 「それじゃあお疲れンゴ」
大悪魔 「もともとタマネギ丼じゃないですかねそれ!>武蔵」
やる夫 「話がよくわからんけど分からんほうがいいのかお…」
大悪魔 「まあ、あまり気持ちのいい話ではないです>やる夫」
「分からなくても問題ないわ‥うん…」
コブラ 「節子、それ牛丼ちゃう! タマネギ丼や!>武蔵

嫌いなものや嫌いな人がいることは仕方ないさ
誰もが全てを愛せるわけじゃないもの

だけどそれを押し付けたり声を大にするのはルール違反というスタンス」
武蔵 「>大悪魔
それでも肉が入っている限り牛丼なのだ…多分!」
大悪魔 「次鍋に行くかどうか迷う悪魔。」
碇シンジ 「踏んでないCO」
コブラ 「好き嫌いはせずに残さず食べよう、な!>やる夫」
GM 「わかってるけどね>きにしたら負け
だからこそ、今はおとなしくGMやって楽しもうとしてる>全員」
GM 「あら、その前に誰か踏んでしまったので
今回は…ごめんね>シンジさん」
武蔵 「いや私が前にとあるチェーン店で牛丼を持ち帰り頼んでな?
……それが牛丼…いや玉ねぎ丼でな>コブラ
…いやまあ、うまかっただがなぁ」
碇シンジ 「いや、別に積極的にやりたいわけじゃないですし
揉めなければいいんですよ>GM」
大悪魔 「では、私はここらで失礼するとしましょう。
お疲れさまでした!」
碇シンジ 「牛丼といったらすき屋!」
コブラ 「俺も大人だ>武蔵
タマネギと肉の相性がいいのは認める、最近はそこまで牛丼のネギも気にならなくなった
よく煮こんであるヤツなら柔らかいし、肉と一緒に食えば悪くないしな

だがほとんど生のままだったり肉より目立つタマネギ、テメーは駄目だ
引き立て役が主役ヅラしやがって……許せん!」
武蔵 「なか卯も悪く「なかった」ぞ(過去形)>シンジ>牛丼」
コブラ 「僕、かつ屋!
(なお、近所にない模様)」
碇シンジ 「しっかり煮込まれてない玉ねぎとかギルティですわ
吉野家、お前だよ」
GM 「現状はこんなところだよ
集まってくれてありがと

それじゃ私は落ちるね お疲れ様」
武蔵 「うむ、確かに>コブラ
名称に偽りあり状態は良くないな、うん。
…………いつか玉ねぎ丼といえはあれが出てきたのだろうか(遠い目)いやもう無理だが」
コブラ 「ま、アレだ。嫌いなものを声を大にしてアピールすることは恥ずかしいこと
好き嫌いを無くすか、あるいは胸のウチに仕舞っておくものよ

どーーーーーしても我慢ならなかったら議論なさい
それがルール」
武蔵 「な、生でもいけないことはな…>玉ねぎ」
コブラ 「じゃあな! 来週もスペース・コブラでまた会おう!」
武蔵 「正しい場所、でな>議論するなら
話し合うにしてもそれ相応の場所でだ。」
武蔵 「                    /{
                 /  {
                  /{ {  {/{
                乂 ヽ   { ___           、
        / ̄ ̄`   \ー ///////////\     ハ
       /       \r=//  ̄ ̄`ヽ  ̄ \\   ノ/  }
      /  /  ̄ ̄ ̄/>     /、}/ ̄ ̄`ヽ Y   /ノ}
    /  /    -=≦ /   //:.:./       /- 、 < ノ
.   ∨/        /  //: : :/      /  / ̄
    / {       -=彡 イ   r==ミ、   >. : ´:.|  八 ̄ ̄`ヽ  では私も失礼しよう。村建て感謝、お疲れ様だ。
   乂 ノ           八l  圦仡ノ / : :--: :./    \    ‘,   普通村に見えてやはり鍋だったな(小波感)
    Y〈            l从 lゝ: :_:.)-r 仡フ>/   ∧ l ̄
.    | ハ          r==ヘ: : : :、_ ':ゝ- イ / /  ノ \   }
.    |  ;       __{ニr': :.\:_: : ィフノイル       \  }
.    / /    ,. : :V〉...... { f ヽ\:_:_:ノノ\               } /
.   / /     /: : : ノフT ヘVソ二二ノ.........>、           //
. / /     r‐<>. :. :.| {: / \__/: : : ヽ       //
 {/        l /: : : : : :.l= く/ ̄: : : : |:i:l: : : : : :;      //
 ゝ- '    /: : : : : : :/V´: : : : : : : : :|i:il : : : :./      {/
      / ̄` 、: : : :{/: : : : : : : : : : :、i:i\: :/      []」
碇シンジ 「それじゃあお疲れ様
来週のエヴァQ楽しみだな!
村立て同村ありがとう」
やる夫 「ではやる夫もそろそろ落ちるお
村立て同村ありがとうだお」