←戻る
やる夫たちの希望封蘇超闇鍋村 [2734番地]
~OPは立ててから決めよう、このままもあるかもしれない~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
 (dummy_boy)
[殉教者]
(死亡)
icon ライガー
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[共有者]
(生存中)
icon 浅上藤乃
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[狂信者]
[死の宣告]
(死亡)
icon アーチャー
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[人馬]
(死亡)
icon 大悪魔
 ($◆
ZZQhvypOfk)
[夢見人]
(生存中)
icon 離島ちゃん
 (ぬえもえ+◆
NUEmoeSoio)
[閻魔]
(死亡)
icon メルトリリス
 (百合籠◆
ButydSJ6OM)
[占い師]
(死亡)
icon 内藤
 (dolittle◆
c/63Uw3tVw)
[彦星]
[恋人]
[共鳴者]
[死の宣告]
(死亡)
icon ボルガ博士
 (スープ◆
WAANRrg.TQ)
[境界師]
(死亡)
icon 六道聖
 (くー◆
Qoo.O01mwM)
[萌狼]
(死亡)
icon 棗恭介
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[精神鑑定士]
(死亡)
icon
 (Mt-B◆
tyenGM1uBY)
[響狐]
(死亡)
icon 鏡音リン
 (夢見病◆
5R5iTMIYO.)
[毒狼]
(死亡)
icon ウール
 (Alsiel◆
Ds7rFuqjN2)
[村人]
(生存中)
icon 衛宮士郎
 (空澄姫黒曜◆
z1XhdJ.lxM)
[倫敦人形]
(死亡)
icon 紅きヒゲ
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[銀狼]
(死亡)
icon 雪華綺晶
 (zigzag)
[村人]
[恋人]
[織姫]
[共鳴者]
(死亡)
icon キル夫
 (ミカタ◆
n7IXpmiMx.)
[九尾]
(死亡)
icon
 (ベン◆
l0inEB.9TE)
[蒼狼]
[死の宣告]
(死亡)
icon 時雨
 (ふらい)
[共有者]
[元紅天女]
(死亡)
icon 篠ノ之束
 (OOO◆
OOO35nlZKE)
[祟神]
(死亡)
icon 謙虚なナイト
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[人狼]
[死の宣告]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
紅きヒゲ 「ううん・・・だめかぁ」
棗恭介 「おー、さすがライガー
この手の判断は強いな」
衛宮士郎 「まー、なんで、宣告狙いなら俺吊りでいいと思うし
いいやもう面倒クセェなら祟神吊りでいいと思うし
俺吊り自体は妥当な所じゃね?ってところ>アーチャー
灰ランするよりはマシじゃね?最善何かはしらんけど」
「大悪魔に●突っ込めてれば・・・違ったでしょうかね?
無念なのです」
「IFVさんが行ってるならわたしも初日で挑戦してみるべきだったかも。」
離島ちゃん 「おーライガーやるわね!」
時雨 「メルトリリスが大悪魔○を残してたのが非常に大きいね」
内藤 「まあwwwその辺りはwww今回みたいにwww
共有以内と無理だしwww
ケースバイケースじゃね?www>棗」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
メルトリリス 「ウールと悪魔はまずナイトに投票するとして、
ナイトはウール投票。
つまり共有が夢見を信じられるかどうかね」
篠ノ之束 「割と私もそうなると思っていた>士郎
というか運ゲー覚悟で共有と人形以外全員私に投票しろ
外した相手がいたら何をCOしようとも吊るすってくらいの強権使うと思ってたんだけれどね」
「さすがと言わざるを得ないのです>真っ先に宣告飛んだ」
ボルガ博士 「まぁ、ハイランならわしら空気読むけどの」
アーチャー 「私なら多分祟り神エキサイティン優先しただろう くらいか >衛宮士郎
宣告狙いもそれはそれなんで私は強くは否定はしなかったが」
篠ノ之束 「まあ最初に宣告が飛んだのがIFVさんだったあたりがおさっしか」
衛宮士郎 「あそこで灰ランするなら祟り爆弾した方がいいと思うぞ」
ボルガ博士 「やったんじゃけど狼に宣告ついて噛まれて第二の宣告キャンセルされおったw」
離島ちゃん 「紅葉神はせいぜい騙りから●もらって凍傷まいて真なくしてくれれば……」
衛宮士郎 「別に俺即釣りって理由不明じゃないっていうか
祟神進行するなら当然の吊りだろ>俺吊り」
六道聖 「静葉モチーフの役職が劣化職は可哀想だぞ……」
ボルガ博士 「まえやったのぅ、祟橋姫w」
アーチャー 「ああ、それは面白いかもしれんな >棗恭介
恋人いる村なら実際ありだろう まず占われる位置ではない
QPの騙りも多いし」
時雨 「士郎は残してもいいし即吊りしてもいい。
どっちもありな手法ではあると思うよ。
あと僕はロリじゃないし。」
衛宮士郎 「まー、紅葉神はわかりやすい劣化職だから
そんなもんでしょ?」
棗恭介 「この村なら俺祟り神なら橋姫COして票もらって祟り神撤回COするな」
紅きヒゲ 「紅葉神? 共有を痛恨で吹っ飛ばしたことくらいしかないですし」
篠ノ之束 「先刻着いた場所は狂信、彦星、蒼狼か
なら良し、士郎即吊る理由が不明でライガーの中の人も見えたけど」
キル夫 「大悪魔を村と見るかどうかなんだよね」
アーチャー 「票数的には恐らく >ウール白狼」
ボルガ博士 「なに、投票もらわんときゃえーんじゃよ」
衛宮士郎 「大悪魔噛んでウール白狼主張の方が戦えたんじゃないだろうか?」
アーチャー 「紅葉神は・・・ある意味柱していいレベルで酷いな
村陣営なのに村陣営殺すマンな仕様が半端ない」
「おつかれさまよ」
衛宮士郎 「まー、指示必須だね~的な所は>アーチャー」
紅きヒゲ 「大悪魔が白狼って主張なら・・・どうかな?」
ボルガ博士 「豊穣はヒイロにだけ闘将付けなかったから絶対に許さんぞい、絶対にじゃ」
時雨 「下手したら釣瓶落とし疑いなんかも出るしね・・・」
雪華綺晶 「お疲れ様にございます」
アーチャー 「お疲れ」
離島ちゃん 「お疲れ様ー」
鏡音リン 「お疲れ様ー」
ボルガ博士 「お疲れ様じゃよ」
衛宮士郎 「お疲れ様~」
アーチャー 「どうせ出て吊っても凍傷じゃ簡単に治療されるからな」
六道聖 「お疲れ様」
六道聖 「座敷童系は全部動き方が難しそうだぞ」
「お疲れ様なのです」
離島ちゃん 「豊穣神はちょっと運命力すぎる」
篠ノ之束 「お疲れ」
GM 「お疲れ様」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
衛宮士郎 「確率で会心
会心自体が更に確率。
証明する前に村終わるわw」
アーチャー 「豊穣神?あれは潜っていい というか多分潜ったほうが
色々利益が大きいと思う」
ボルガ博士 「どーしても潜りたいなら占われんCOは必須じゃよ」
時雨 「宣告付けられるんなら残して有効活用できるし悪くないよ。」
離島ちゃん 「噛まれて宣告付与にどれだけメリットを見出せるか、かなー>祟神潜伏」
衛宮士郎 「あ、豊穣神は絶対に初手吊ります」
アーチャー 「特に人外村なら割と賭けに出るというのも一つの手段ではあるしな」
ボルガ博士 「祟神視点はともかく、占い師視点からは潜伏祟神激怒プンプン丸じゃからのぅw」
衛宮士郎 「ぶっちゃけ露出したら共有以外全員で吊っちまおうぜ的な意見なんだけど」
時雨 「真を呪い返しで殺すデメリットがねぇ・・・
噛まれ狙いに行くならという感じ」
「共有者がいるなら、今回みたいに確定村が一人増えるからそのメリットはあるんじゃないでしょうか?>士郎」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アーチャー 「祟り神?別に初手全員投票でもいいんじゃないか? >衛宮士郎
私はそういう運ゲー自体は嫌いではないぞ」
ボルガ博士 「潜って占い殺すとやべーんじゃよw」
紅きヒゲ 「それやるなら4日目くらいに全員が異議あり押せばいい
憑依が露呈しても憑依先を絞る事ができるわ」
衛宮士郎 「やっぱ祟神即露出って無意味じゃねぇかなぁ?と
そー思うんだけどどーよ」
衛宮士郎 「噛まれても宣告付くならさぁ」
アーチャー 「まあ出題者の時やるかどうかだな やる本人も面倒なのは確かだし >時雨」
内藤 「何なら引き分けでも良いんじゃよ?www」
内藤 「布束噛んでwww大悪魔が吊れるかどうかだねwww>狼勝利」
ボルガ博士 「クイズはメタ入るからあんまりやらんほうがえーのぅ」
時雨 「それ、有効なんだけど。
やりだすと別ゲーになってつまんないから止めようよってなった記憶がうっすらと。>アーチャー」
六道聖 「お疲れ様だぞ」
離島ちゃん 「お疲れ様ー」
衛宮士郎 「お疲れ様~」
鏡音リン 「お疲れ様ー」
GM 「お疲れ様」
内藤 「さてwww最終日だねwww」
衛宮士郎 「どっちにしても
遺言に7夜って入れときゃ憑依LWじゃないってのはわかるから
どーでもいいっちゃどーでもいい」
雪華綺晶 「お疲れ様にございます」
紅きヒゲ 「おつかれさま」
メルトリリス 「ウールは占った時に噛まれたのよ」
棗恭介 「大悪魔噛まないとナイトに1票確実だけど
噛むと死ぬという」
ボルガ博士 「ほっほっほ、お疲れ様じゃよ」
アーチャー 「毒は飛ばない さてどう解釈するか お疲れ」
「おつかれさまよ」
「お疲れ様なのです」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
衛宮士郎 「閻魔自体が憑依の可能性あるけどね」
アーチャー 「憑依対策?発言の最後に自分だけが知ってるだろうマニアックなクイズ出して
次の朝一に答え乗せる を繰り返すとか?
それだけの知識があればの話だが」
時雨 「無残閻魔がここまで憑依言ってないものね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
時雨 「あ、キル夫視点だとウールか大悪魔。
こうして見ると結構絞れはするんだね。まぁ狼候補2人いる占い視点では明日来ない可能性もあるわけだけど。」
衛宮士郎 「た、ん、じゅ、ん、に、ひ、づ、け、の、こ、せ、よ(真顔>憑依対策」
衛宮士郎 「いやぁ」
離島ちゃん 「憑依は…ここで私先噛みならなくはないけどあんまり見なくていいよね!」
「そう・・・でしたね・・・>博士」
アーチャー 「0だな >博士
それなら黙って素村COのほうが数百倍勝算はある」
時雨 「(やっぱり埋毒COって吊りホイホイ・・・)」
紅きヒゲ 「しまったな・・・うん
六道●は思わずぶち当てたくなったので打ち込んだが」
衛宮士郎 「まぁ、詰めてきゃいいだけだけど」
時雨 「今日六道吊って終わらなければ、
大悪魔視点ではナイトがLWだね。
メルトリリス視点ではナイトかウール。
電視点ではナイトLW
ヒゲ視点ではウールかナイト。」
ボルガ博士 「メルトリリス君偽にするのかなりきついぞい
小悪魔くん狼なら占い出る理由0じゃろ、完全安置じゃのに」
衛宮士郎 「最終日占い師COする狼もいるし
そこはそんなにそうは思わないかなぁ>アーチャー」
離島ちゃん 「毒表記COしたの誰だっけというレベルで見てなかったァ!」
「明日大悪魔を吊れるかどうか、の勝負ですね・・・」
アーチャー 「偶数考えるなら大悪魔はそもそも騙りなら狂人くらいだ COするならな」
内藤 「大悪魔夢主張やで~www>謙虚なナイト」
衛宮士郎 「お疲れ様」
GM 「お疲れ様」
離島ちゃん 「噛まれたァ!?
お疲れ様。」
衛宮士郎 「それ、噛まれ云々の前に真かどうか切ってるだけだから
それでライガーがメルトリリス真と思わなかった、とかなら
別に大悪魔吊り間違いじゃないからねw>アーチャー」
雪華綺晶 「お疲れ様にございます」
鏡音リン 「お疲れ様ー」
「お疲れ様なのです」
ボルガ博士 「お疲れ様じゃよ」
「おつかれさまよ」
アーチャー 「お疲れだ」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
内藤 「それだとwwwアーチャーかヒゲの2択だねwww」
鏡音リン 「銀の吠えとかある事は確認したけど数は数えていない(真顔」
ボルガ博士 「雷くんと星信じると狼がもういないんじゃよなぁ」
衛宮士郎 「で、一番切れるヒゲと繋がってる大悪魔ってなると
メルトリリス真決め打たないなら微妙じゃない?
藤乃だって噛まれてないし」
紅きヒゲ 「その後は生存確認の1吠えだけだな
●吊り偽装の調整があると邪魔になるからな」
キル夫 「それやる人いるけど絶対にわかんないと思うw銀の吠えの応用編」
アーチャー 「キル夫真?噛み見る価値も無し
電?それならまだヒゲのほう見るかどうかのほうが有意義」
「まぁ、3列目までいくと吠えで知らせるには限界がありますよね・・・
サトリサトラレでもいればごまかしはきくのですけれど」
内藤 「あwwwやっぱり混ぜてたんだwww>ヒゲ」
衛宮士郎 「キル夫も噛む暇なく吊ったよね?って話
まぁ、ヒゲ切ってもいいかもしれないけど」
キル夫 「俺を真と見てもいいのよ!!」
紅きヒゲ 「16回だと多いので
小4 並1で縦4横1のつもりだった」
衛宮士郎 「噛まれって潜伏状態だし
電は噛む暇なくぶっ飛んだし」
内藤 「小声混ぜたらよかったんじゃね?www>ヒゲ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
時雨 「やっぱり真主張の占い師が4人もいると、吊りを決めるのが難しくなるね。
占い騙りはこれくらいの数がいるよ。」
「16回の吠えだと多すぎて面倒そうよね…」
メルトリリス 「でも唯一噛まれた占い師よ>衛宮」
ボルガ博士 「ほかに真占いっぽいのがいねーんじゃよ、初日にせん限りのぅ」
紅きヒゲ 「というか大悪魔・・・
2W+銀の仕上げに出てきた人外じゃなかったのかよ」
アーチャー 「少なくとも噛まれた占いCOは他にいない以上
メルト真の保障は無いはただの逃げ(いいわけ)」
衛宮士郎 「非狼保証はされてるけど
電真だって別に否定出来る要素あるわけじゃないし」
ボルガ博士 「唯一の噛まれじゃからのぅw」
「吠えが5だったので、ヒゲ銀とは思わなかったのです・・・>ヒゲ」
内藤 「いや・・・今吊ったヒゲ以外に居ないとwww>銀狼」
衛宮士郎 「別にメルトリリス真って保証無いしなぁ」
時雨 「大悪魔は一体自分を何と見てるんだろう・・・」
紅きヒゲ 「俺だよ・・・ >ナイト」
「大悪魔に狂人みて吊ってもらえませんかね・・・?」
ボルガ博士 「いや、占い○じゃから進行としては間違っとる気もするんじゃけど」
メルトリリス 「悪魔私の○なんだけど……
狂人だと仮定しても村として数えるんだから、
余裕ないんだけど」
紅きヒゲ 「おつかれさまだ」
キル夫 「大悪魔を信じれるかどうか」
アーチャー 「お疲れ様だ」
「おつかれさまよ」
アーチャー 「大悪魔吊り自体は無用だな それよりはウールかナイト見たほうが有意義だ」
GM 「お疲れ様」
「お疲れ様なのです!」
雪華綺晶 「お疲れ様にございます」
ボルガ博士 「お疲れ様じゃよ」
衛宮士郎 「占い吊り自体は間違いじゃないし
大悪魔が真の保証も無いし、で
別にロラ自体は進行的には間違いじゃない
まぁ、メルトリリス真見るなら大悪魔放置して
吊りたい場所というか六道吊りしてからだけど」
鏡音リン 「お疲れ様ー」
キル夫 「3吊りで」
ボルガ博士 「大悪魔君噛まれの○じゃねーかの?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
雪華綺晶 「ペットボトルは強敵でしたね」
棗恭介 「メルトリリス考慮するなら吊らんけどな」
GM 「俺はただペットボトル渡しただけだから!問題ない!>内藤」
時雨 「夢は逆呪殺でないよ・・・」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
内藤 「って言うかwwwマロンチックな夜が台無しwww
謝罪と賠償をwww要求するwww>大悪魔とGM」
「大悪魔まで吊ってくれるのなら万々歳なのです」
衛宮士郎 「真狂狼狼狼狼狼-真なんて
狂った内訳もあったもんだ
真背狐狐よりはマシだとは思うけどね」
時雨 「六道は埋毒COをとっさに素村COに変えたら美味しかったね。
これは対立必死。」
ボルガ博士 「というかグレーに祟神投票させんのかの?」
衛宮士郎 「もともと鍋なんて、ぽこじゃか占いが出るもんだよ」
メルトリリス 「大悪魔いい仕事したわね」
キル夫 「というかFOしようぜ!」
「大悪魔の結果は・・・正直痛いですね」
「占星術師と割れる●
ライガーがどうみるかですね」
雪華綺晶 「お疲れ様にございます」
鏡音リン 「誤爆ぅ!」
「あ、銀が狼に●を」
GM 「大悪魔が遅いね」
「お疲れ様なのです」
鏡音リン 「お疲れ様ー」
「おつかれさまよ」
GM 「お疲れ様」
衛宮士郎 「凄まじく非効率な暗殺だから
それ生かす時点で、こう……占いの結果に頼る進行ってデメリット多いし」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
時雨 「大丈夫なのかな?」
内藤 「いや~1回目切り抜けられたからwww
行けるかと思ったらwww
2回目やれとか鬼ですかwww>ライガー」
衛宮士郎 「祟神って要するにあれよ」
鏡音リン 「祟り神はね……めんどくさいの……」
キル夫 「いや、2日後じゃんだめじゃん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
時雨 「閻魔が過労死しそうな死にっぷりだね」
キル夫 「あー、この日数なら別にいいのか
祟り神放置でも」
衛宮士郎 「あー、六道が祟りカムと面白いか」
「村を飛ばしまくって毒狼大活躍なのです!」
鏡音リン 「芸術的な爆発だよ!ヤッタネ☆」
キル夫 「萌え狼が祟り神噛みかなこれだと」
メルトリリス 「お疲れさま」
メルトリリス 「一気に死にまくったわね……」
「だいばくはつしてるのですw」
雪華綺晶 「死してなお、魂はあなたの側に。
お疲れ様でした」
衛宮士郎 「一気に飛んだなぁw」
内藤 「これは酷いwww」
「こ、この死体の数…」
鏡音リン 「お疲れ様ーそりゃ吊れるよ(震え>完全灰」
アーチャー 「む」
衛宮士郎 「おつかれー」
ボルガ博士 「お疲れ様じゃよ」
時雨 「毒死2人かな」
GM 「お疲れ様
死にすぎぃ!!」
ボルガ博士 「毒・・・じゃとw」
「おつかれさまよ」
「お疲れ様なのです!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
電 はショック死しました
内藤 はショック死しました
衛宮士郎 「でた●吊ってこうってのはあるんじゃない?
ヒゲの信用は棗が担保してるから高めだし
お疲れ様~>藤乃」
時雨 「まぁ、把握してて指定したのならともかく、把握してなかっただけのようだし。
情報不足での指定だったのなら変更できてよかったよ。」
キル夫 「それを言い出すと灰視を信じるならば進行に間違いはないぜというお話になる気がする」
「おつかれさまよ>藤乃さん」
GM 「お疲れ様>浅上」
衛宮士郎 「ヒゲの真路線っていうか」
浅上藤乃 「0:00回ってますか
まぁ明日明後日出張なのでお先に失礼させて頂きましょう
皆様お疲れ様でした。 GMは村建て感謝」
浅上藤乃 「ヒゲ真路線なんですかね ライガー的に」
衛宮士郎 「ただの結果論っしょ>アーチャー指定が間違い
進行としちゃ正しい方だと思うよ」
時雨 「雪華綺晶恋人という時点でアーチャー・内藤・ボルガ博士・棗・ヒゲあたりが彦星な気がしてた。
やっぱり自撃ち限定だとネタには刺しづらいから・・・」
キル夫 「まあ、大悪魔がどーなるかだろう」
「噛まれの○っぽいから指定よくないのはなんとなく。」
キル夫 「村よりの霊界視点からは間違いだな>アーチャー指定」
衛宮士郎 「六道とかナイト指定とアーチャー指定って
そこまで変わんないし
吊りたい場所がそこだった、というだけの話じゃね?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
衛宮士郎 「別に間違っちゃいないと思うけど?>アーチャー指定」
キル夫 「いや、まて、ここでグレランはあかんやろw」
浅上藤乃 「鳥の人はもう少し落ち着きましょうというか
実行する内容のリスクとベネフィットを天秤に掛けて欲しい」
キル夫 「さすがだぜ、篠ノ之束」
キル夫 「ただ、占い日記がちょいと不完全」
メルトリリス 「ええ、気を付けるわ>きるお」
「逆呪殺とか、色々あるからね…」
浅上藤乃 「そこ、噛まれ占いの○ですよ >ライガー」
キル夫 「鍋だと当日の占い先も重要な要素だから>メルトリリス
次からはちゃんと更新しような、お兄ちゃんとの約束だ」
時雨 「ヒゲ外してメルトリリス噛まれるのをどう見るかということかなぁ。」
衛宮士郎 「まー」
浅上藤乃 「貴方彦星考えて特攻したつもりだったんですがね >メルトリリス
まぁ、結果オーライという事で」
メルトリリス 「ええ、更新しきれなかったわ……」
GM 「ああ、今日の占い先がないだけか」
メルトリリス 「というか、うん。
投票持ちで狼じゃないってまず占いか狩人を疑うわよね……」
浅上藤乃 「まぁ、今日の占い先が良く分かりませんという感じではありますが >結果
足りてる足りてないかといったら △?」
キル夫 「ウール占いがないぞ!?」
GM 「結果足りなくね・・・?」
キル夫 「だって、アイコンが・・・>ふじのん」
メルトリリス 「噛まれたわ!
しかも4日目を悩み過ぎた……」
時雨 「おっと、更新しきれてないみたいだね」
浅上藤乃 「まぁ、グレーがやや狭まってますが、この状況で占い噛めたなら良いですね」
「おつかれさまよ」
衛宮士郎 「お疲れ様~」
GM 「お疲れ様」
「…ちょっと士郎さんはタイミング自重してほしいな」
浅上藤乃 「ん? 遅いの誰でしょう」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
「探すまでもなく見つかるイメージがあるわね…」
衛宮士郎 「IFVさんがロリって「おにいたま」って言う画像ください(ください」
時雨 「1POPの共有を引き当てた僕は幸運を自慢してもいいかな?」
衛宮士郎 「別に探さなくてもログ見ればすぐ見つかるんじゃね?>IFVさんの不幸画像」
浅上藤乃 「凶れ―――――!! >キル夫」
衛宮士郎 「占い噛みは通るとはいえ」
浅上藤乃 「あぁメルトリリス噛みならそれはそれで良かった」
キル夫 「IFVさんが不幸になる画像ください」
キル夫 「お、占い噛んだ」
浅上藤乃 「さ、さっきの村じゃ毒で飛んでませんですし!」
キル夫 「狩人?」
浅上藤乃 「祟り神噛みましょうよ・・・w」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
衛宮士郎 「安定だったなぁ……>藤乃の宣告を見て」
衛宮士郎 「しかしまぁ」
浅上藤乃 「まぁ、内藤吹っ飛ぶならいいやで」
時雨 「六道吊れるかなぁというところ」
衛宮士郎 「迷ったら共有占い安定だけどね
●2ならなおさら」
キル夫 「現時点で村しか占ってねぇな」
浅上藤乃 「め、メルトリリス占い師とは・・・」
「うん、ごめんね。
逃亡者日記とか間に合わなかったわ。」
時雨 「狼の間で愉快な勘違いが発生中?」
浅上藤乃 「ヒゲは良い特攻先ですね」
キル夫 「相棒はお疲れさん、今回はお互い運がなかったつーことで>暁」
衛宮士郎 「おつかれー」
「もうちょっと展開優しくならないかしら…
おつか…あっ>IFVさん宣告」
GM 「お疲れ様」
キル夫 「そのセリフはおれが3分前にいった」
浅上藤乃 「うん、無理だった」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
浅上藤乃 はショック死しました
衛宮士郎 「真だったら祟神投票してても
普通に噛まれるから投票させて問題無いよね?って話じゃね?」
時雨 「噛みで1日伸ばすのはやった事ある。
結構有用なんだよね。」
衛宮士郎 「ぶっちゃけ、まぁ」
キル夫 「まあ、電が噛むんじゃね?祟り神を」
衛宮士郎 「真証明して生かすんなら
もう全滅ルートでバラマキ路線って
おかしいというよりもむしろ当然の路線と思うけど
実質遅効性の暗殺だぜ?祟神宣告って」
時雨 「夢占いの結果はウール●電○内藤●、なんとも言えない位置ね。」
キル夫 「死の宣告のそれ」
キル夫 「要は吊りが増えるよやったねタエちゃんだからね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
衛宮士郎 「祟神活かすなら、そりゃ投票ばらまかせるのが当然だろ?と思うけど。真面目に」
キル夫 「真なら噛まれるから死の宣告ついても問題なし
騙りなら残るから死の宣告つけさせる

悪くはないんじゃないかな?」
衛宮士郎 「正直な」
キル夫 「真占いと夢見人がどうなるかってところかなぁ」
衛宮士郎 「狼が狐を潰すのは普通普通」
キル夫 「狐を殺すマシンかよ!!」
衛宮士郎 「まぁ、噛みは遅くても問題無い、という話だねぇ>キル夫
違和感は出るけど、少なくさせるには十分な◯数だよ」
衛宮士郎 「共有共有祟神」
時雨 「お疲れ様。
うん、相方の思い切りが今回は上手く当たってるね。
っと朝上は狂信者の騙りか・・・それはまずいな」
衛宮士郎 「お疲れ様~」
キル夫 「まあ、浅上藤乃を噛むとナイトが死なない理由を用意しないといけないけどね」
GM 「お疲れ様」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
衛宮士郎 「しかし初心者騙りから死んでいく村だねぇ>俺にキル夫に」
衛宮士郎 「どーせ今日死んじゃうのに
なーんでだ?って話になるから
ナイト軸で行かないなら浅上放置の方がやりやすいかもねー
俺こういうひねったの好きだし藤乃噛むけど?」
GM 「なるほど、噛みを宣告ついた浅上に使うからそこに違和感が出ると」
衛宮士郎 「だから、浅上を噛む場合は
「真占いを噛まないといけなくなる」
正確には、キル夫真を主張できなくなる、かな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
衛宮士郎 「キル夫が偽じゃないと、浅上噛まないしね」
キル夫 「いや、まあ、よかったなぁと俺噛みで吊りが増えてって感じだけども」
GM 「なんで?>士郎」
衛宮士郎 「保証枠の占い師を探していない、という情報を
強引に露呈させてしまうからだ」
衛宮士郎 「ただ、朝上を噛むと
ちょっとばかり苦しくなる」
キル夫 「彦星が逝ってしまったわ円環の理に導かれて」
GM 「彦星wwww」
GM 「なるほど>士郎
まだ余裕あるから他に回すと」
衛宮士郎 「彦星に付いたwwww」
キル夫 「ひどい話である噛まれ」
衛宮士郎 「おっつおっつ」
GM 「お疲れ様」
キル夫 「わろち」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
衛宮士郎 「祟神は投票次第で宣告増やせると考えるなら
噛むのはちょい後かなぁ?って感じ
灰噛むか藤乃噛みしちゃうかなぁ。俺だと」
GM 「ああ、仲間を押し上げる噛みとかもあるのか」
GM 「噛み先はよくわからないんだよねまだ
灰視できてないし」
衛宮士郎 「俺なら藤乃噛み提案しちゃうね
ナイトをかなり強い位置に出来るし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
衛宮士郎 「噛みが今日キル夫ってのがポイントだねぇ」
GM 「祟り神が真証明されて指揮位置が多くなったからそこかな?」
衛宮士郎 「どこ噛むだろね?これ
果汁さんならどこ噛む?」
衛宮士郎 「それがただ告発してきた位置ってだけで
まぁ、下手な位置吊れるよりは
村か狐が死んだ、と
確定(では無いけどまぁ濃厚?)するだけいいと思うよ」
衛宮士郎 「初日からの指定展開って、一人まともに職だけでゲーム参加させないみたいなもんだし」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
衛宮士郎 「しょーがねーっつーか」
GM 「しょうがないのかなー」
衛宮士郎 「単純に、「俺がつまんない」だけだけど
指定展開とかそんなもんだし?」
衛宮士郎 「確定で占いでも無いなら、ぶっちゃけ即吊っても別段
進行的には普通よ普通
祟神証明させるのを主軸にするなら、一番無難な位置吊りなのは間違いないし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
GM 「まぁ確かに」
衛宮士郎 「人形かどうか保証がねーし?」
衛宮士郎 「さて、やることなくなっちまったなぁ……
風呂入って寝るかぁ~」
GM 「人形はちゃんと情報出してくれるなら即吊りはしないでもいいと思うけどねー」
衛宮士郎 「間違いじゃないからどっちでもいいんじゃねぇかなぁ?>初手人形吊り
これが嫌だから出たくなかったんだよねー」
GM 「お疲れ様」
衛宮士郎 「おっつー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営2 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2014/09/02 (Tue) 23:14:22