←戻る
【雛2311】やる夫たちの希望超闇鍋村 [2767番地]
~鍋ならおまかせ超闇鍋~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon すたー@GM
 (dummy_boy)
[陰陽師]
(死亡)
icon アルス
 (幼◆
C0oOi9CF9A)
[妖狐]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon わかな
 (チーズ◆
CheeseVsgg)
[家鳴]
(死亡)
icon 大妖精
 ($◆
ZZQhvypOfk)
[虎狼]
(死亡)
icon ユウリン
 (霧雨 悠鈴◆
1jVUKlu67k)
[猫又]
(死亡)
icon シレン
 (烏の人◆
6b6PfT3lfY)
[人狼]
(死亡)
icon ヴォルフ
 (nnm◆
Lt.nnmDL3AV3)
[舟幽霊]
(死亡)
icon シャンハイ
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[萌狼]
[目隠し]
(死亡)
icon 黒い風
 (雪見大福)
[占い師]
(死亡)
icon KAITO
 (アヤメ◆
iPfbymB6HQ)
[夜雀]
(死亡)
icon セイバー
 (dolittle◆
c/63Uw3tVw)
[狩人]
(死亡)
icon 九鳳院紫
 (れな◆
dgA3NnbC/U)
[人馬]
(生存中)
icon でっていう
 (www)
[堕天使]
(死亡)
icon 桂小太郎
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[人狼]
[目隠し]
(死亡)
icon チルノ
 (とある旅人◆
i1TzBWrqavnn)
[虎狼]
[目隠し]
[元神話マニア]
(死亡)
icon 人参
 (はんなり◆
hannariBX.)
[蛇姫]
(死亡)
icon ロシア
 (プラスアルファ◆
loCN6SxP9c)
[天狼]
(死亡)
icon クリフ
 (kai774◆
Silver/s7.)
[蝕暗殺者]
(死亡)
icon 遠坂時臣
 (センクオン◆
TvSxql5VxA)
[村人]
[恋人]
[共感者]
(死亡)
icon クチート
 (C_T)
[錬金術師]
(死亡)
icon パチュリー
 (夜食食べたい◆
eDcEvn68xQ)
[風祝]
(死亡)
icon やらない子
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[共有者]
(生存中)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
KAITO 「成功したのが運が逆に悪かったんだよw」
アルス 「別に、恋人後追いで減る吊りが元に戻るだけだし。」
パチュリー 「だってセンリとかならともかく一発で成功するなんて思ってないもの
そもそも初日そこ連れも予想外よ>セイバー」
KAITO 「パチュリーはチャレンジ回数増やさないといかんから
初手蘇生は仕方ない」
ヴォルフ 「次見かけたら覚えてろ?(黒焔 →でっていう」
セイバー 「パチュリーはシレンを蘇生したのが例え蘇生役でも悪印象でした」
でっていう 「ヴォルアルが揃ったのが悪いんや・・・っていうwwww
揃ってなかったらKAITOとかもめっちゃ打ち先候補やったんや・・・っていうwwwww」
大妖精 「あのときパチュリー噛みにしたのは攻めすぎたかなっていうのはちょっとある>ロシアン」
パチュリー 「生きるので必死だったから周り見てなかったわ」
クリフ 「やっぱり狼目にしか見えません」
KAITO 「思いつかんのでマニアラインは割と普通に疑ってた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アルス 「QPが素村もっていっていたしね。」
クリフ 「グレランだったらそこを死ぬ気で吊り殺すという心構えの暗殺だったので(めそらし
後は、猫又があれで0票だったのは」
ヴォルフ 「あとオレ、アルとの矢じゃねけとQPぶん殴るんで(まがお →でっていう」
KAITO 「セイバーもしくは黒い風がマニアラインより噛み優先される理由」
ロシア 「アタシのハンセイ?
アレダ、素直にkAITO噛んどけッテハナシダロ」
KAITO 「噛まれないのはCOする前の話なんだよね」
でっていう 「大丈夫だ・・・猫と狩は暗殺された・・・っていうwwww(白目>ヴォルフ」
クチート 「ぶっちゃけどっちか1つでも足りないならたぶん手が足りてない」
クリフ 「猫又と狩人暗殺については要反省ですね」
パチュリー 「いや、ミラクルは今の私ならなんか起こせた気がする」
セイバー 「いや蘇生とGJ無かったらギリギリだったのでは?」
大妖精 「狼の心が何度折れたことか・・・」
アルス 「短期間で2度の暗殺ーニートカップルか。
どっちにしてもヴォルが泣くじゃないか →でっていう」
すたー@GM 「ロシアLWなら面白かったよねー」
ヴォルフ 「蘇生2の時点で人外泣いていい構成だったろこれwww
それに暗殺に狩人2に共有とか……w」
シレン 「初日出てすまなかった特攻は偶にやりたくなる」
黒い風 「結構危なかったようね、この感じだと」
セイバー 「でシャンハイはやっぱり偽と・・・」
クチート 「そして色々と言ってた結果、遠坂時臣が狼じゃないオチという
いやうん、やっぱりじゃないけど恋人遺言遣いすぎちゃだめだね」
ロシア 「天覚醒スリャウラナイモコワクナカッタンダガヨー」
すたー@GM 「…狼勝ちしたらそれはすごいが
村強すぎでしょ」
わかな 「やっぱり死化粧COを出し渋りまくったのが良くなかった(感想)」
でっていう 「クリフ×ヴォルフにするべきだったか・・・っていうwwww」
シレン 「あっちの方が露出してるしな」
アルス 「しかし遠坂くんの中の人とは縁があるなあ。」
クリフ 「確かにここでチルノ狡狼もあるんですよね」
KAITO 「村は割と強いか」
大妖精 「それ!?>霊のアレ」
KAITO 「蘇生2狩人2,暗殺1」
シレン 「噛み役は虎が全面にやった方が良かったんじゃないか?」
アルス 「最後の最後にこれか。お疲れ様。」
でっていう 「んで時臣占いじゃなくて素村かwっていうwwwwww
噛まれ時臣だろうなぁだけどなんかあった違和感そういうことかっていうwww」
クリフ 「34.3%引き続けてたんですか
……キャンセルは正解でしたね、本当に」
ヴォルフ 「クリフ蝕みィwwww
ちょっと笑ったwwww」
KAITO 「噛まれない不自然さが白疑いを超える」
クチート 「ただわかなが狂人かあ、微妙に読み違ってた」
パチュリー 「まあでも紫が村側なら大丈夫でしょ」
セイバー 「蝕じゃないですか!!>クリフ」
大妖精 「茶番っていうか普通にビックリしましたけどねわたし!>KAITO」
すたー@GM 「ふつーにチルノLWで黒い風を真か偽かでみるだけの(ry」
クチート 「そりゃあの神話ライン妄信とか無理」
シレン 「お疲れ様っと」
わかな 「何…だと…」
大妖精 「クリフのおいしさが留まることを知りません!」
KAITO 「やっぱシャンハイ-大妖精の茶番だよなぁ」
ヴォルフ 「おつかれさん!

って、あれ、マジか」
セイバー 「普通にチルノでしたね」
すたー@GM 「はい、開放されたよw」
クリフ 「……ここで蝕でしたか」
ロシア 「オツカレサマダゼー
…オイオイ、パチュリーカンダノカヨ」
でっていう 「蝕wwwwwwwwっていうwwwwwwwwwww」
アルス 「お疲れ様。」
クチート 「素直な方かあ
よかった」
大妖精 「蝕み・・・ですって・・・?」
桂小太郎 「お疲れ―」
黒い風 「お疲れ」
でっていう 「おつっていうwww」
ヴォルフ 「あれで発言固くならねぇほうがおかしいって(吐血 →アル」
パチュリー 「ここで蝕か
もってるなお前」
KAITO 「しかも触w」
クリフ 「……クッ」
大妖精 「お疲れさまです」
KAITO 「だよね」
大妖精 「LWなら吠えなくても普通だと思いますけど・・・
静狼2W? ないですよね?(震え声)」
朝日が昇り、12 日目の朝がやってきました
アルス 「(ぎゅっぎゅ」
KAITO 「蘇生成功こーい」
アルス 「正直、絶対役持ってるだろって話していたくらい発言が固くなっていたからね……ヴォル。」
ロシア 「銀ダッテイッテルンダゼー>セイバー」
クチート 「その場合は初日占いだから仕方ない>KAITO」
ロシア 「マ、狼の私が言うコトハダレモキカネーヨナ」
セイバー 「これ静狼?」
ヴォルフ 「……いい? →アル
(ぎゅっぎゅ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
KAITO 「多分チルノでいいとは思うんだけど・・・
紫狼だったらもう無理」
ヴォルフ 「オレは幸せじゃなかったよ…… →アル
わりとマジで状況が読めなくて一日ずうっと固まってた
発言だけはって思ってたけど……きつかった」
クチート 「うーん、ぶっちゃけ噛み先が本気でわかんないなあ
ボクなら黒い風を噛んだとしたらもっと早くKAITOとクリフ死んでる」
アルス 「……ほら、おいで。駄目なわけがないだろう?」
ロシア 「黒風真ダロー?
なら紫今日はあってもそこ銀はネーシヨ」
ヴォルフ 「(なでられ)
……なぁアル、抱きしめさせてくれよ……だめか?」
クチート 「当たり前>ヴォルフ」
アルス 「……ヴォルを失って幸せになれると思うかい?」
クチート 「お疲れさまー
九鳳院紫がなぜか黒い風狂人とか持ち出してて怖かったんだけど」
大妖精 「最後はチルノちゃんと迎えたい・・・」
シレン 「引き分けに俺蘇生ならないかな」
ヴォルフ 「おつかれさん!
あっれ、おわらねぇの?」
ロシア 「ま、私視点銀カクテイダカラヨー
チルノしかイネーンダワ」
セイバー 「とりあえず・・・斬りますか・・・>ヴォルアル」
わかな 「お疲れ様ー」
わかな 「誤爆蘇生とは何だったのか」
ヴォルフ 「なぁアルぅ……
オレのアルカナ渡したら、オメーは生き残れるのかな
オメーは幸せに、なれんのかなァ……」
大妖精 「お疲れさまです」
でっていう 「私蘇生されないかしらっていうwww」
アルス 「お疲れ様。」
ロシア 「オツカレサマダゼ?」
黒い風 「お疲れ」
クチート 「うーん、大丈夫かなあこれ」
アルス 「(なでなで」
でっていう 「おつっていうwww」
KAITO 「パチェリーが後一回成功するとつりは足りんだけど
誤爆しなきゃ」
アルス 「ほら、そこに腐った百合がいるから見せつけようか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
セイバー 「クリフ噛みは確定ですね・・・」
大妖精 「ヴォルアルって素敵ですねー(ほうっ)」
ヴォルフ 「……わぁってるよ、大人げねぇって →アル
うー……」
KAITO 「クリフ噛まれるだろうから
最後まで霊界非公開だろうなぁ」
アルス 「13日続いた鍋で最終日まで下界に残っていた経験なら。」
ヴォルフ 「わりとなんつーか、こう、胸が苦しくて
アルが目の前にいんのにもう帰っていいかなって真面目に考えてる程度にはせつない(ぐすっ」
黒い風 「クチート吊りいいと思ってるんだけどね」
すたー@GM 「どっかの鍋だと14日続いたらしいけど
どうなるのかしらねえ…>アルスさん」
KAITO 「チルノつりの方がいいかなぁとは思うが
どーだろ」
アルス 「……まったく(ぽんぽん
泣かれてばかりだとその、こっちも困るんだよ……。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
セイバー 「チルノ吊ってクチートか紫吊りでしょ・・・」
アルス 「隠蔽つづきであって、却って楽しんではいるが。」
ヴォルフ 「だってぎゅーさせてくんねぇんだもん →アル
ちょういづらい(ふるえ」
ヴォルフ 「そりゃまあ当然、狼はクリフ噛むだろうし
んー……くちーと吊りで終わると思うけどなァ」
アルス 「……というか、しょっぱなから死んだ僕とかだいぶ退屈せざるを得ないんだよ。」
KAITO 「白がいるならやらない子なんて速攻で噛まれてる」
KAITO 「白入りの噛みじゃないんだよね」
でっていう 「夜くるならクリフ噛みっていうwwwwww
パチュは蘇生行使するかなぁっていうwwwww」
ヴォルフ 「……なんかこの霊界居づらい(ぐすっ」
セイバー 「ああ・・・(-人->KAITO」
わかな 「お疲れ様」
KAITO 「勝ったな(真顔」
シレン 「村勝ちは揺るがないかな」
シレン 「お疲れ様」
黒い風 「お疲れ」
桂小太郎 「暗殺蘇生されたな」
でっていう 「そこが復活かwwwwっていうwwwwwwww」
大妖精 「そして減らない人数。」
ヴォルフ 「おつかれさん!」
セイバー 「暗殺者蘇生成功ですか・・・」
でっていう 「おつっていうwwww」
ロシア 「暗殺蘇生トカヤメロヨwww」
大妖精 「お疲れさまです」
アルス 「お疲れ様。」
ヴォルフ 「本音を言うならアルだけ蘇生して欲しいとこだけど
アルNTRたしなァ……」
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました
ヴォルフ 「まぁ狂人的には
わかな蘇生が入れば幸運ってやつかね? →わかな」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
わかな 「黒い風噛みかなあ、何事も無ければですけど」
でっていう 「いや、この状況なら黒い風噛みじゃね?っていうwww」
ロシア 「・・・マ、ナンデモイーゼ
ワタシはオウエンスルダケダ、誰か知らねーけど」
ヴォルフ 「ゆかり狂人はそこそこ考えてたけどよ。
んー……?」
クリフ 「それだけは事実ですね」
クリフ 「「黒い風」の死体には私は関与していません」
セイバー 「LWですね」
KAITO 「まぁ、パチェ噛み入るだろうから
内訳はわかるだろうけど」
ロシア 「銀インノカコレ?
ホエナカッタゼ?」
ヴォルフ 「区チート狼にしかなんねぇんだけどこれ
黒い風真はほぼ疑いようねぇだろ?」
でっていう 「華麗に俺誤爆こないかなぁっていうwwww」
すたー@GM 「お疲れ様ー
まだまだ続くわよー」
クリフ 「黒い風が真ならばクチートとチルノで狼か、紫が白狼か」
ロシア 「ア?ナンデオワッテネーノ?」
わかな 「【悲報】2吊りある」
ヴォルフ 「お、おつかれさん……?
え、何これ?」
KAITO 「どっちだよ!」
ロシア 「マ、アレダロ
狼の意志の疎通ガデキテネーノガミスダロ
オツカレサマダナ」
大妖精 「そして終わっていないという事実」
でっていう 「おっつっていうwwwww」
クリフ 「終わらず、と」
セイバー 「終わりませんでしたね・・・」
KAITO 「まだいんのかよ!」
ヴォルフ 「……って、あれェ?」
アルス 「お疲れ様。」
大妖精 「お疲れさまです」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クリフ 「暗殺者なので流石に私でGJは無いだろうと思ってましたしね……>カイト」
ヴォルフ 「狐いねぇんじゃねぇかな、パチュリー真なら(まがお」
すたー@GM 「にーしても隠蔽10日目って逆にすごいわね~」
KAITO 「クリフGJはそこそこには狙ったけど
夜雀で良かったわ>クリフ暗殺」
わかな 「狂人すげー残ってる展開なら吊られて申し訳ないけど
あんまりなさそうだしね…」
ヴォルフ 「狩人いっからなぁ
共有も蘇生も噛めねぇのは致し方なしかぁ」
KAITO 「投票的に狂人と思ってわかな釣りに行った」
アルス 「お休み。」
でっていう 「ワカナが家鳴じゃにーの?っていうwww」
大妖精 「出荷よー」
ユウリン 「あ、そっか、隠蔽あるとわかんないんだったね。
ごめんねー。

改めて、お休みです。」
わかな 「ミスではありません(かなしみ)」
わかな 「本音を言うとロシアLWだろうから投票したくなかっただけです」
KAITO 「クリフ連噛みのとこで噛まれると思ってたし」
でっていう 「LWCO入りましたぁっていうwwww」
ユウリン 「いや、一回失敗してるし、いまさら呼んでも意味ないと思います←」
すたー@GM 「猫又かどうかは
他の人にはわからないわよ? 隠蔽してるから念の為ね」
クリフ 「……私噛みってのなら黒い風真だと思いますがね」
シレン 「お疲れ様」
セイバー 「先に村確定してないところを吊ってからでも良いと思うのですが?」
KAITO 「まぁ、4GJもだすとは思わんかったわw」
ヴォルフ 「わりと初日でアウトな気ィすっけどなwwww →アル
まぁけど忠告助かるぜ
おかげさんで泣いて寝込まずにす……む……?」
クリフ 「猫又騙りの人外ありえますので」
ユウリン 「システム:ユウリンさんは蘇生を辞退しました。」
ユウリン 「私猫又だから蘇生できないのw」
KAITO 「後は黒い風偽かどうかよなぁ」
すたー@GM 「あ、寝るなら辞退してね>ユウリンさん」
すたー@GM 「お疲れ様ー」
わかな 「お疲れ様です」
大妖精 「蘇生辞退はしてってくださいねー>ユウリン
お疲れさまです」
アルス 「お疲れ様。」
クリフ 「凄腕狩人お疲れ様です」
ヴォルフ 「おう、おつかれーおやすみー! →ゆうりん

ほんでおつかれさん! →KAITO」
セイバー 「蘇生拒否してから落ちた方が良いですよ?」
ユウリン 「お疲れ様でした。
お休みです。」
でっていう 「おっつっていうwwwww」
アルス 「「QPの眼鏡割り隊」って覚えて初日の会話でブレーキかけるんだ →ヴォル」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
ユウリン 「あ、そろそろ寝なければ…。
お先に失礼しまーす。」
ヴォルフ 「わりかしマジで脳内でしかログ管理してねぇから覚えとかねぇとな
この村のログは読んだらアウトって」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ユウリン 「ふむぅ…。」
わかな 「ロシアに投票したと思ったら1こずれてました」
ヴォルフ 「そりゃあオレだってわかなつり不可避だわ、これ
ロシアも吊っていいって思ってっけどな!」
わかな 「普通に投票ミスなので気にしないでください」
クリフ 「黒い風の○である紫に投票したらそれは当然吊れますよ」
大妖精 「覚えました>きれいな割りたいメガネ」
ユウリン 「お疲れ様ー。」
ユウリン 「わかなさん吊れてる!?」
シレン 「お疲れ様」
大妖精 「お疲れさまです」
クリフ 「お疲れ様です」
すたー@GM 「お疲れ様ー」
わかな 「おつかれさまでした」
セイバー 「あら?吊り逃れしなかった」
でっていう 「おっつっていうwww」
アルス 「お疲れ様。」
ヴォルフ 「吊り逃れっつーか、そもそもなんでゆかりに投票してんのかわかんねぇもん、わかな

おう、お疲れさん!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヴォルフ 「ヴォルアルルートのアルはきれいな眼鏡
他主人公のアルは眼鏡割りたい眼鏡

て覚えとけばいいってマニカが言ってた! →アル」
セイバー 「わかな吊り逃れしますねこれ」
ユウリン 「引き分けって言うね…」
クリフ 「毒橋姫ならば飛びますがね」
アルス 「MP貯めるのに必死で他主どころかヴォルフルートもまだ2話止まりなんだがな……。」
桂小太郎 「謎引き分け」
ヴォルフ 「けどログはぜってぇ読まねぇ
寝込みたくねぇしな!

ロシアは吊っていいと思うんだけどよー?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
アルス 「薬師にどく無し言われるやつは飛ばないよ。」
でっていう 「夢毒は夢の中で毒だと思ってるだけであるっていうwww
実際には毒はにぃっていうwwww」
ユウリン 「妖精やりたかったよー。」
ヴォルフ 「けどなんか今のオメー他主人公ルートっぽい! →アル
なんかちょっとわかってきたぜェ!」
クリフ 「いえ、夢毒も発動しません」
ユウリン 「あ、なんか始まった。」
セイバー 「連毒は発動外らしいですよ?
この記述だと夢毒なら毒が飛びそうですね」
アルス 「……フフ、ようやくいつもの元気が戻っているじゃないか? ――ヴォル。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
セイバー 「錬金術師 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 β22~]
[薬師能力] 毒能力判定:有り / 解毒:特殊 / ショック死抑制:無し
処刑投票先が毒を持っていたら中る範囲を「村人陣営以外」に変更してしまう特殊な薬師。
毒能力判定や対象者変更判定 (薬師が「解毒した」と判定する対象) は薬師と同じ。
判定は処刑者決定後で、自分が処刑されたら無効。
対象者変更能力が発動しても毒能力判定結果は変わらない (処刑した場合でも毒の種類が分かる)。
恋人は判定対象外 (巫女系と同じ)。
薬師・河童が解毒していた場合、毒は不発。
連毒者に投票しても能力は発動しない (毒能力判定は有効)。」
ヴォルフ 「まぁいいや、ログに残しときゃ本人読んでくれっかもしんねぇし

あれよ、紅蓮の子らがあだ名で呼ぶのは対同士だけで
何が言いたいかっつーとアルのことをアルって呼んでいいのはオレだけなんで!」
大妖精 「引用はシスメとかの領域だと思いますからそれは・・・>ロシア」
クリフ 「確かに夜雀ならば私も護衛できますね……」
大妖精 「・・・誘毒とか連毒は強毒になったと思いますけど、夢はどうだったか」
ヴォルフ 「白焔出してアルを解放するにはどうも気合いが足りてねぇ
――ぐああああ燃えろオレェ!!!」
ユウリン 「今まで残ってるのは…恋人にいかなかったからか」
アルス 「持っているなら使おうと思ったが、あの大型AAはどうもピンときてくれない。」
クリフ 「……5日目のGJ私ですか!?」
セイバー 「夢毒でも錬金術と連携したら強毒になるんでしたっけ?」
アルス 「まあ矢が刺さっていつもと違うAA引っ張ってみて
スイッチが思うほど入ってない面はある、かな。」
ヴォルフ 「洗脳解除してぇよ! 白焔大正義だな! →クリフ
……けどなんか、今のオレ……白焔出せっかなぁ……」
クリフ 「と思ったら、人魚ですか……
半角カタカナですと、どうも人形と見間違える」
クリフ 「あ、これロシア吊っていいですね」
ユウリン 「やっぱりLW雛狼か!」
ヴォルフ 「……やだ →アル

ぶっちゃけっと今のアル、なんかちがくてこえぇもん」
でっていう 「暗殺と釣りで噛めないLWになってんじゃねーのか?わりとマジでっていうwwww」
クリフ 「その洗脳を解除する、というのも一つの愛ですよ>ヴォルフ
過去に私もセシュに助けられましたしね」
ヴォルフ 「あと遠さかにはいくつか言っときてぇことがあんだけど
本人見あたらねぇなァ」
でっていう 「って死体なかったっていうwww」
ユウリン 「アルスさぁん?それフラグですよー?
まずいですよー?」
でっていう 「おつっていうwww」
アルス 「遠坂君はもう寝んでいるし、膝枕なら構わないが……。」
大妖精 「そしてまた死体無し。」
でっていう 「グレー減る展開だから若干変わるけどなっていうwwwww>クリフ」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
ヴォルフ 「じゃあ読まねぇ →アル

いつぞやのログ、マジで泣いてたんで」
桂小太郎 「wktk」
ヴォルフ 「なんかよ、いざアルがQPの矢で洗脳されっと
膝枕すら要求しにくくなるっつーか……」
アルス 「(……あとで霊界ログ読んだらヴォル、マジで発狂するんじゃないだろうか)」
クリフ 「普通村で言うと「指定で狩人が生き残れそうか否か」「霊ロラからの狩人保護」
で、後者の方を取ったという事ですね」
でっていう 「(´◔◞⊖◟◔`)」
ヴォルフ 「オレ、オメー以外と刺さったら
やっぱQPぶん殴ってたと思うわ…… →アル

つーかやっと構ってくれた!!(ぐすっ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ユウリン 「うん、どうせ人外coは人外なんだよって話だね。
村陣営がやってもいいことないしw」
クリフ 「無論、私が仕事人でしたら堕天使しか行く気有りませんでしたがね
後は自分の灰視が只管に甘すぎましたのでここは反省」
アルス 「◇ヴォルフ 「出現陣営:村人陣営12 人狼陣営7 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1

いっちょよろしくたのむわ →ALL
人外はオレが潰す! →ALL
ウォ! ちょーっと来てくれ! →共有

ところでQP、話あっから表でてこいや?
一発ぶん殴らせろ、な?」

◇アルス 「さて、ヴォル……QPをぶん殴る用意をしよう、うん。」

お互いに真逆のニュアンス。」
ヴォルフ 「……あれ、なんかちょっと吠え減ったっぽい?」
大妖精 「狂人だって人外じゃないですか、殺しましょう(提案)>ユウリン」
でっていう 「確定で露出しないを選ぶなら俺残し安定だしっていうwwww
自分の眼が信用出来ないと思うなら俺暗殺行使すりゃいいしっていうwww」
ヴォルフ 「おいやめろ
ヴォルアルしかいらねぇからやめろ →大妖精」
ユウリン 「狼とか、狐とかの時は。」
クリフ 「なので、迷った挙句に自分の保身を優先
その代りに「占われなさそう&噛まれそうにもなさそう」な位置に行こうと思いまして>大妖精」
ユウリン 「人外coは狂人かもしれないからねぇ…」
ヴォルフ 「精神削られまくってほんとこう……きつい」
大妖精 「こう、弱ってる人見るとキュンと来ますよね(何)>ヴォルフ」
でっていう 「昼に言ったけどぶっちゃけ自分と共有の怪しいと思う位置のどっちに重き置くかなだけだしなぁっていうwwww>クリフ」
クリフ 「お疲れ様です」
大妖精 「人外COはYOUやっちゃいなよ! ですよ?>クリフ」
シレン 「お疲れ様」
ヴォルフ 「なんかこう……なんつーか……
憔悴した」
ヴォルフ 「おつかれさん!」
ユウリン 「お疲れ様ー。」
桂小太郎 「お疲れ―」
でっていう 「おつっていうwwwww」
大妖精 「お疲れさまです」
アルス 「お疲れ様。」
クリフ 「でっていう暗殺しようかどうかは考えたのですが、個人的にやや指定が入りそうな感覚がしたのでやめたのですよね。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ユウリン 「狐が居るとか、一回だけ耐えられる役職噛み混じってるか、雛狼LW。
他もまだまだあると思うけど。」
シャンハイ 「シャンハイも蘇生して欲しい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
セイバー 「私蘇生でしょそこは・・・」
シレン 「魔法使いでも一応あるし」
ヴォルフ 「……あれ、けどそうなっと
なんで死体なし出してんだ?」
シレン 「忍者警戒とか?」
ヴォルフ 「アルが狐って、やっぱマジなんだな…… →アル
別陣営じゃねぇか……(えぐえぐ」
クリフ 「ただ、逃亡者だとしてもそこを連噛みする必要はないでしょう
狐飽和なんて先ずないのですから」
ユウリン 「噛めない狩人…?
狼の気持ち的には騎士でしょうな。」
クリフ 「アルスがこの村の狐ですから>ヴォルフ
もしかは逃亡者を発見してそこを延々と噛んでいるというのでしょうかね?」
アルス 「狐は僕だよ →ヴォル」
ヴォルフ 「……もしかすっと狩人いねぇのかも? →クリフ
吠えはあんまLWに見えねぇし
狐噛んで飽和防止してるだけかもしんねぇ」
大妖精 「噛めない狩人ってなんですかわたし」
ユウリン 「んー…毒あるから、道ずれは出来るよ。一応。」
セイバー 「これ・・・不味いのでは・・・」
大妖精 「クリフが死んでたから噛めない狩人もなし、3GJ?」
セイバー 「霊界情報特に無し?・・・え?え?・・・」
クリフ 「遠坂が噛まれたというだけかと>ヴォルフ
後は私が行ったように「遠坂狼でユウリン噛み」の可能性です」
すたー@GM 「ごろごろ」
ヴォルフ 「余計悪いわァ!!!!! →でっていう
なんで素直にヴォルアルにならねぇんだ!?」
ユウリン 「…いっつも1/5は初日のグレランで吊れてるからなぁ…。
もっと発言できればいいんだけど、
喋ることがあんまりないもので←」
大妖精 「あ、GJ蘇生?
・・・仙狐は確か1回きりでしたよね」
ヴォルフ 「けどよ、暗殺が遠さか暗殺じゃねぇってこたぁ
どういうこった?」
クリフ 「あの3GJでているんですが、私視点」
クリフ 「……」
でっていう 「おつっていうwwww」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
でっていう 「まぁ、時臣のCNがアルスと似ていたのが悪いっていうwwwwww
そうじゃなかったら開始前のフラグ的にヅラ×アルスだったっていうwwww」
ヴォルフ 「ヴォルアルも同陣営に決まってんだろ!!!! →大妖精」
ヴォルフ 「オレわりとマジでNTRだめなんだわ……
寝込む…… →でっていう」
でっていう 「ハハハワロスっていうwwwwwwww>大妖精」
クリフ 「霊界情報はパチュリー仙狐は絶対にありえない、それだけと」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
大妖精 「流行りませんし流行らせません、大チル同陣営です>でっていう」
シレン 「お疲れ様」
アルス 「フフ、呪殺されたかと思えばまさかの遠坂君が噛みで死んでいてね。
ともに煉獄の炎で浄化されたところさ。」
でっていう 「( ●•́ ਊ •̀●) NTRがはやるっていうwwwwwwwww」
ヴォルフ 「黙れよwwwww →でっていう
次オメー見かけたら覚えとけコラァ!!!!」
大妖精 「ああ、わかった。罠判定>GJ判定>無効判定>身代わり判定、ここで噛んで、
吸血(これに先ほどの各種判定)>暗殺(同じく各種判定)>攫い(同ry)>オシラ>凍傷
こういう事ですか」
クリフ 「それだけです」
クリフ 「「人狼の噛み」「吸血」「暗殺」「鬼の攫い」のそれぞれで罠判定のチェックが行われる」
アルス 「答え合わせとしては、霊界視点でパチュリーは間違いなく真、だよ。」
セイバー 「笑えば良いと思いますよ?>アルス」
でっていう 「m9( ͡◉ ◞౪◟ ͡◉ ) おつっていうwwwwwwww>ヴォル」
ヴォルフ 「お疲れさん。
配役隠蔽なら、パチュリー真なんかなこれ」
黒い風 「お疲れ」
大妖精 「お疲れさまです」
アルス 「――お疲れ様、ヴォル。」
ヴォルフ 「……アルぅ……(ぎゅー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大妖精 「まず罠判定>狩人>無効のたぐい>噛み>デスノ>狩り・・・
ん? 罠がなんでどの行にもあるんですかこれ、どう見れば良いんですか」
アルス 「さて、どういう顔をして迎えればいいと思う? →でっていう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
クリフ 「こちらの方です」
クリフ 「 接触 (罠・逃亡・護衛・身代わり・人狼襲撃・狩り・吸血・暗殺・人攫い)
- 罠 > 逃亡失敗 →
罠 > 狩人護衛 > 難題 > 織姫 > 庇護者 > 襲撃耐性 > 身代わり > 人狼襲撃 →
デスノート → 狩り → 罠能力者の罠死 → 罠 > 狩人護衛 > 吸血 →
罠 > 無効判定 > 反射判定 > 失敗判定 > 暗殺 →
罠 > 無効判定 > 反射判定 > 失敗判定 > 人攫い → オシラ遊び → 凍傷判定」
アルス 「ま、共感ついていたのは事実だから
せいぜい僕達のログを読んでいてくれたまえ。」
セイバー 「いやユウリン暗殺って遺言書いてるじゃないですか・・・>わかな
さっきから発言がおかしいんですよね・・・」
クリフ 「遠坂のユウリン噛みと、遠坂噛まれ&私のユウリン暗殺は」
クリフ 「言っておきますが、処理場両方あるのですよ」
アルス 「フフフ。」
でっていう 「はっはっはっていうwwwww
最高に道化じゃないかっていうwwww>下界のヴォル」
セイバー 「私、狩人ですし・・・」
クリフ 「それを抜きにしても駄目ですね」
アルス 「お疲れ様。」
クリフ 「両方とも人外目に見えたのですが、いやはや猫又と狩人ですか。
……それならば「人外目」らしくみえたのもと言いたいところですが」
大妖精 「お疲れさまです」
シレン 「お疲れ様」
黒い風 「クリフが暗殺と」
でっていう 「まぁ、予想通りっていうwww>暗殺混じり」
セイバー 「居ましたね暗殺者」
クリフ 「死ぬ気で目が悪かったようですね、今回」
でっていう 「おつっていうwww」
黒い風 「お疲れ様」
クリフ 「お疲れ様です」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ユウリン 「共有ってちょっとしたときに噛まれるし。」
アルス 「遠坂君が幽霊の間から離れてしまってね。
できればついていきたいものだが、この下界を眺めていたいもので。」
ユウリン 「やらない子生きてんのね。いやぁ、どうしてだろうか。
狩人2いたらありがたいけど?」
大妖精 「ヴォルフのもとから去ってきたのはあなたじゃないですか>アルス」
アルス 「恋人が去ってしまったものだから、実に寂しい。」
ユウリン 「お疲れ様ー。」
ユウリン 「狩人系が護衛してたらさ、狩り殺しもあるだろうし。」
シレン 「お疲れ様」
シャンハイ 「おつかれさま」
黒い風 「お疲れ様」
大妖精 「お疲れさまです。
わかなじゃなくて紫に投票すれば良かったかなとか」
でっていう 「おっつっていうwwww」
アルス 「お疲れ様。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ユウリン 「ヴォルフさんは一体何を言っているのか。
蘇生場所と本人主張あってるし、対向も無いんだからさ。
疑う理由はないに等しいんだよね。」
アルス 「初期配置で人外が多く、占いも出尽くした状況で自重する道理がないね。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アルス 「ああ、ゆっくり休んでくれ →遠坂」
セイバー 「自重したんじゃないですか?>アルス」
遠坂時臣 「わかなヴォルフで2うぁ硬いと思うんだけどね。

少しだけおやすみ。」
アルス 「序盤の豪快な死体とあまりにも今の静けさが合わない。」
アルス 「しかし、魔法使いでも潜っているのかね?」
ユウリン 「蘇生役職チャレンジじゃ無いでしょうか?」
遠坂時臣 「緑天使>他にいてもなんら問題はないはずだよ。

外界が僕狼で考えてるから・・・この村多分負けるだろうね。」
シレン 「噛み死体とかは無いからなんかあるのかね」
ユウリン 「パチュさんでgjかもです。」
黒い風 「なんでラインが繋がったになるのかしら」
セイバー 「GJが出たみたいですねアルスが狐なら」
アルス 「ヴォルが何もないことはないだろうね。
吊り先が決まっている展開とはいえ、あまりにも見ようとしていない。」
セイバー 「って言うか・・・まだ噛まないのですねパチュリーを」
でっていう 「蘇生関連でパチュしかいなくね?っていうwww>時臣」
黒い風 「平和、狩人いると見るべきね」
セイバー 「そう思うなら・・・暗殺か噛まれた人を初日の○にしてCOしても良かったのでは?>シャンハイ」
遠坂時臣 「灰噛みが入った理由として、
パチュリー狼がある。

ヴォルフが狼や暗殺じゃなければ少し驚くね。」
ユウリン 「隠蔽解除されないでほしいねー」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
アルス 「まあでっていう堕天使を素直に飲み込むのは下界の甘さだろうね。
ただでさえ、僕と遠坂君で遠坂君の役職が一致していないのに。」
遠坂時臣 「遺言で語っていないのは僕だけだね。」
遠坂時臣 「このもどかしさを持つためには彼女に死んでもらっては困る。
なんとも因果だね。」
ユウリン 「私、多分噛み候補から除外されてるんじゃないかなって。
SGにするにはちょうど良いだろうし、
何よりすぐに噛む必要、あんまりない。」
シャンハイ 「うん、でも繰り返し言っておくね
この村、遺言騙りが多いよ

シャンハイが人外で、あの結果を出す意味はないからね
むしろ人外ならあんな結果出さずに潜ってると思うよ?」
アルス 「その点ではパチュリーに死なれると困るね。この共有が解けてしまう。」
セイバー 「まあ正直に出ないほうが良いと言うことも有りますし
真占いならですけど」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
でっていう 「俺に感謝するべきだなっていうwwwキリッ>アルス」
遠坂時臣 「そうだね、秘密を共有しているのは僕達二人だけ。フフ。」
アルス 「現状、この霊界で最も正確な情報を握っているのが僕達――フフ、実にいい。」
遠坂時臣 「アルス素狐なんだよね。

呪殺なら後追いログは流れない。
僕噛みユウリン暗殺が一番可能性としてはある。」
アルス 「遠坂君も言っているがね、僕は溶ける狐なんだよ。」
ユウリン 「お、足音だね。」
シャンハイ 「いや、本当にあの結果だったんだよ
というか堕天使CO占った主張で出る人外なんて居ないよ」
ユウリン 「お疲れ様ー。」
シャンハイ 「おつかれさま」
ユウリン 「今日辺り、パチュさん噛まれそうな…」
でっていう 「おっつっていうwwwwww」
シレン 「お疲れ様」
黒い風 「お疲れ」
アルス 「お疲れ様、破綻占い師さん。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ユウリン 「適当に妨害しても、当たる可能性は一応あるからなぁ…」
人参 「システム:人参さんは蘇生を辞退しました。」
アルス 「誤爆蘇生でも期待しているんじゃないかな。」
ユウリン 「暗殺は…生きてるかな?」
でっていう 「ヴォルフが月系ならアルス行くんじゃね?っていうwwww」
セイバー 「月系が初日に妨害してくるならヴォルフくらいですよ・・・
どういう確率ですか?」
遠坂時臣 「もっと噛まれないことに違和感があるのはパチュリーなんだけどね。
そこどうやって吊る気なんだろうか、狼は。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
遠坂時臣 「ヴォルフ狼が見えてきたかな。」
アルス 「やっぱりクリフは怪しく映るなあ、僕視点。」
ユウリン 「萌えてる。なるほど、占いは萌えもあったなぁ」
黒い風 「ふーん、萌えると」
アルス 「シャンハイは僕○を半端に用意しているあたり、
誤爆避けたい狂人目かな?」
アルス 「ま、普通に呪殺出るけどね。
割りと初日からハラハラしていたが。」
ユウリン 「ぼっち背徳者www」
遠坂時臣 「僕目線、アルス妖狐が見えているんだよ。」
アルス 「あくまで妖狐陣営、だからね。
ぼっち背徳者だってあるかもしれないよ。」
セイバー 「堕天使だと占ったら逆呪殺されるのでは?」
黒い風 「別にアルス銃殺できる狐と決まったわけじゃないから破綻してるわけではないんだけどね」
でっていう 「アルス後追いだから銃殺ありえねーよっていうwww」
でっていう 「月系いて初手でシャンハイ主張になるけどっていうwwwww」
黒い風 「1死体、逆銃殺でいいでしょうね
あとチルノと大妖精で結果が違うわね」
でっていう 「俺で失敗ってどういう要素でだよ・・・っていうwww」
ユウリン 「お疲れ様です」
遠坂時臣 「上海破綻。
呪殺なら後追いログは流れない。」
人参 「おつかれ」
セイバー 「なら直更ユウリン蘇生は無いですよ・・・」
すたー@GM 「お疲れ様ー」
ユウリン 「誤爆蘇生して人外蘇生→一日中話し合い、殴り、考察に費やす。

ってのがあってもいいと思うんだ←」
アルス 「お疲れ様。」
黒い風 「アルス狐といっていたから風祝でしょ」
黒い風 「お疲れ様」
アルス 「2死体の内訳が不明である以上、基本はもう蘇生しないと思うかなあ。」
でっていう 「時臣も噛まれるかと言われると微妙な感じやけど
ユウリン暗殺でryやと思うっていうwwww」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
セイバー 「猫叉COでしたっけ?>パチュリー」
遠坂時臣 「ユウリン>ボク噛まれ君暗殺、が結構本気であるね。」
ユウリン 「下がんない。そうだ、下がんないんだ!」
シレン 「蘇生挑戦してるしな俺蘇生しても」
黒い風 「仙狸でもない限り蘇生の成功率は下がらないわよ」
でっていう 「ある意味では仙狐も下がると言えなくもないがwっていうwwwww」
ユウリン 「暗殺職絶対許さん。死因が暗殺なら。
抗毒狼ならばまだ許す。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
セイバー 「シレン生き返らせてますよね?」
でっていう 「蘇生成功率が下がるのは仙狸だけやなっていうwww」
遠坂時臣 「アルス>ははは、そういうことかい。
素直によろこんでおくよ。
煉獄の炎も僕がすべて打ち払おう。」
セイバー 「成功して既に成功率下がってるのでは?>黒い風」
ユウリン 「お疲れ様です」
アルス 「モノは解釈一つ、だよ。
煉獄であっても君とならどこまでも行けるということさ →遠坂時臣」
でっていう 「ヴォルフ×クリフだったらどうにかなったのかなぁ・・・っていうwwww
アルス×時臣と一瞬悩んだんだよなぁっていうwwww」
アルス 「お疲れ様だ。」
黒い風 「失敗しても成功率は下がらなかったはずよ」
シレン 「お疲れ様っと」
遠坂時臣 「アルス>ふふ、君は「君がいるからどこでも天国だ」とは言ってくれないんだね。
少し寂しい、かな。」
セイバー 「パチェリー蘇生先が微妙すぎます・・・
遺言信じなさいよ、毒持ってる猫叉が死んでるんですから
暗殺疑いなさいよ・・・」
黒い風 「お疲れ様」
でっていう 「でっていうwwwwwwww」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
遠坂時臣 「セイバー>特攻食らった身としてはシレン蘇生を試すしかないのさ。」
ユウリン 「失敗しても下がるの?まじですか。」
アルス 「なあに、今回は君と最後まで、墓場の下まで、さ →遠坂時臣
ここは煉獄か天国か。」
セイバー 「いや吊られた人蘇生するな>パチェリー」
アルス 「それなら問答無用ででっていうが死んでいるだろうよw
そういうお遊びは好きだけどねw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
遠坂時臣 「なんにせよ、僕らは外界を優雅に眺めるだけだ。
アルスには複雑だとは思うけどね。」
遠坂時臣 「魂の占い遺言でも残しておいたほうがよかったかい?
ヴォルフ辻切りってね。」
アルス 「フフ。」
アルス 「思った通り、下界で内訳想定がいくばくか狂ったが、これくらいじゃあ狂気は足りないね。」
黒い風 「明日も2死体出ない限り逆銃殺出る」
セイバー 「パチュリーの蘇生成功率が減ってる場合
あまりオーライとはいえないですね>ユウリン」
アルス 「遠坂時臣は素村だよ。誤情報流したらどうなるかと思って遊んだだけさ。」
アルス 「早くこっちに来るんだ →ヴォル」
遠坂時臣 「黒い風>暗殺は確実にいるよ。
僕も村陣営だ。
狐の遺言を信じるんじゃない。」
セイバー 「狼だと私を噛む理由がほぼ無いですから・・・」
ユウリン 「パチュさんの真証明は出来た、と。
結果オーライ?ちがう?」
黒い風 「クチートで逆銃殺って感じなのよね、暗殺いるとは思わないし」
シレン 「暗殺ならブレーキはしないな普通に」
ユウリン 「お疲れ様でしたー。」
セイバー 「あ・・・これ暗殺されましたね・・・」
アルス 「お疲れ様。こりゃ暗殺だな。」
黒い風 「お疲れ様」
ユウリン 「そですね…。
時間的に再鍋っひゃー出来ないし
諦めよう←」
アルス 「シレンしか今下界に戻りうる人がいないね。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
遠坂時臣 「ユウリン>君が本当の猫なら役には立っているよ。
抗毒狼を能力喪失させているのだから。」
シレン 「蘇生相互出来たら強すぎるからね」
ユウリン 「プスプス…」
ユウリン 「…不完全燃焼……」
ユウリン 「出来ないのか?まじですか。」
アルス 「蘇生職は蘇生できないね。あと探偵も無効だったかな。」
シレン 「さて、どんな感じになるかな
QPでも暴れられるし他人外でも似たような事はできる
狐は少ないからやらないけど」
ユウリン 「しないよね?噛み場所増えるだけだし…うぅ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
遠坂時臣 「猫又蘇生無効じゃなかったっけな。」
ユウリン 「蘇生して貰えるかな…」
アルス 「信ぴょう性としてはでっていうの方がありそうでね。」
アルス 「シレン、君は雛狼とかだったりしないのかい?」
ユウリン 「お疲れ様でしたー。」
すたー@GM 「お疲れ様」
遠坂時臣 「狼のカンがよかったら、ヴォルはすぐここに来るかもね。」
シレン 「まぁQPってことで」
アルス 「やあ、お疲れ様。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アルス 「ああ、もしも置換村だったら君自身がQPになっていたかもしれないよ →遠坂時臣」
ユウリン 「ヤンデレは正義」
アルス 「ヴォルも……おいで?」
ユウリン 「下界に戻りたい。切実に…」
アルス 「ああ、さっくり言っちゃうのかい。
僕らだけが持つ解答として伏せようかと思ったのに。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アルス 「割りと公開が楽しみだよ。」
遠坂時臣 「結論からいって、暗殺が居る、しかないね。」
アルス 「面白いことになってる、としか言えないね? →遠坂時臣」
ユウリン 「狐はたぶん、蘇生役職は騙らないよね…?
そういう役でも無かったら…。」
遠坂時臣 「アルス>これ、本当に死因どうなってるんだろうね?」
アルス 「僕も割りとKAITOがQPと思っていたんだけどね。」
アルス 「クックック、全く、狂いに狂っていきたかったものだが。」
ユウリン 「暗殺とか、浚いとか、ぶっぱされたらもうなんかね…ひどい。」
ユウリン 「パチュさんが蘇生してくれることを祈ろう…。」
アルス 「全くだよ。はっはっは。
初日にQPぶん殴りたいと言ったのはこういうことだ。」
すたー@GM 「お疲れ様ー
まだ隠蔽かかってるわよ」
遠坂時臣 「ひどい目にあったねw」
ユウリン 「ファ!?」
アルス 「……お疲れ様。」
遠坂時臣 「シレンとパチュラインをほったらかしにしようとした所は何を考えているか聞きたい所だね。

ヴォルフ>私と戦いたいならもっとくるといい。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
シレン 「パチュリーがこの手の吊りのがれってのもな
正直告発で証明できなくなってるしよ」
シレン 「お疲れ様」
すたー@GM 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
すたー@GM 「今回は隠蔽ね」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営7 妖狐陣営1 キューピッド陣営1 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2014/09/11 (Thu) 21:24:48