←戻る
【雛2355】やる夫たちの希望天道超闇鍋村 [2815番地]
~その先に天の道が見える~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeM:天道村)[M]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon すたー@GM
 (dummy_boy)
[厄神]
(死亡)
icon マリア・C・イヴ
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[餓狼]
(死亡)
icon できない夫
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[占い師]
[凍傷]
(生存中)
icon 淫夢ちゃん
 (百合籠◆
ButydSJ6OM)
[策士]
(死亡)
icon 結月ゆかり
 (UG◆
UG/LW.2UG6vR)
[妖狐]
(死亡)
icon モノガール
 (狂三◆
PsX35IuMC3GQ)
[尸解仙]
(生存中)
icon オヤツ
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[天人]
[能力喪失]
(生存中)
icon 隼鷹
 ($◆
ZZQhvypOfk)
[仙狸]
(死亡)
icon 魔神
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[麒麟]
(死亡)
icon モノクマ
 (レックー◆
REKvmuq0Pk)
[鋭狼]
[魔が言]
(死亡)
icon できない子
 (はぐりん◆
GrtNRpkuh.)
[豊穣神]
(死亡)
icon 風来人
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[紂王]
(死亡)
icon PHP
 (FEマン◆
w.3iOdjBHM)
[霧狼]
(死亡)
icon 古明地こいし
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[魂の占い師]
(死亡)
icon ルーミア
 (あうるべあ◆
WokonZwxw2)
[人狼]
(死亡)
icon 霧雨魔理沙
 (ふらい)
[葛の葉]
(生存中)
icon 服部全蔵
 (ボコボコ◆
ykF.OnZcIY)
[山立]
(死亡)
icon 女神
 (@柿◆
FvYY08u0eY)
[封印師]
(生存中)
結月ゆかり 「           -‐ _____   ̄了'  、
        /  /  ̄ ⌒   {   \_____
       /  /       \ \   ⌒ヽ´
     , /7 / /  :        \ ____   /,
.     ′ / / /  :i   :i           /,
.    /  / / :i    :|   八 ,    :i :     /,
   /  / ,斗ミVヽ :|  ,:′ V ,  :.ハ :i   |   /,
   {:  / / :/んメ、{  /=‐-__V , :/ :}.ハ   :|    :{
    、/ / V 弋り V  灯/下、:},/  / :}   :   ヽ乂
    { :| :i   ,     弋り  /  /  }  /   /   じゃ、お疲れ様ですよっと。
    乂 :|            /  /  /⌒i イ
   〔匚匚〕          厶イ  ,/__.ノ /    為す術もなく圧殺される配役というのは稀に良くあるんで諦めて受け入れるしかないですね。
    / /, ゝ   マヽ      イi |  丁ゝ- '′
   ,   / /,  \____  '′,〔匚匚]〕      村建て同村感謝です。
.  /  :i   /,       丁  /  人 ⌒\
  i   |   /,      __}__/  /j:  \   \
  |i  |   /,   // / ./ _{斗‐¬冖ア  ` ̄ ̄`ヽ
.  八  乂  _厶イ∨  /  :{/´ゝ.,__  ⌒ヽ       }
⌒'ーー---ゝ'′ノ:|、{  {   :{    {⌒ヽ    ゙'ー---  〉___」
すたー@GM 「よし、一段落ついたところで
離脱するわ

お疲れ様ー
ログ読みにいってこよーと」
結月ゆかり 「指定に気を配るのは大変良いことだとは思いますけども。
灰にも目をやった方が良いとは」
淫夢ちゃん 「ではそろそろ夕飯なので行きますよーイクイク。
お疲れさまでしたー」
淫夢ちゃん 「まあねー>ゆかりん
確定村と遺言は気を抜くと注意が逸れる、はっきりわかんだね
(私は昼は基本的に共有の発言しか見てないけど……)」
すたー@GM 「今度も雛鯖をよろしくね
>モノガール、PHP」
結月ゆかり 「いや、どうにも共有の発言って注意が薄くなっていけませんね」
結月ゆかり 「…ゆかりさん読み間違えました(テヘペロ」
淫夢ちゃん 「ですよね>GM」
淫夢ちゃん 「ん? 普通に「護衛制限はない」って言ったけど……>ゆかりん」
すたー@GM 「今回だとモノガールがいたから発動は起きない
そうなるわね」
結月ゆかり 「策士は『その時点で生きてる全人外』が投票しないといけないので基本的に能力発動はしませんね」
結月ゆかり 「あ、策士って別に護衛制限無いですよ?>淫夢さん」
モノガール 「よく見たら足音無しで山立、魂の占い師を護衛しに行けるしwwww
これ、涙目過ぎるwwww」
すたー@GM 「今回だとルーミアに投票させ…あ、その前に噛まれていたわね
うん、次の機会までお預けかしら>淫夢さん」
結月ゆかり 「あっちの鯖で引いたと言う話であってもですね。
割りとその時点で限定出来てしまうので。アイコンで限定も出来るんですけどまあそれは別の話ですし」
淫夢ちゃん 「ちなみに策士になったのは2度目だけど、
どちらも策士の能力は発動しませんでしたよー」
すたー@GM 「あれ、ネタだと思ってたわ…>ゆかり」
霧雨魔理沙 「私もこれで帰るぜ。みんなお疲れ、とくに人外は、だな。
18人なのによくもまぁこんな強役職が出揃ったもんだぜ。」
モノガール 「あ、はい、了解です! >ゆかり」
霧雨魔理沙 「わかめてで開催してた頃に3回くらいね。続いてるようで何よりだ。
末永く反映するといいな。」
結月ゆかり 「ああ、開始前にも言いましたけど『最近GMで○○を引いた』等と言うのはやめた方が良いと思いますよ>モノガールさん」
モノガール 「じゃ、あたしもバイバーイ!!
他の狂人役職がやりたいです!!」
モノガール 「あ、そうだったん? >魔理沙
どうもお越しいただいていましてありがとうございます」
PHP 「それではここら辺でー
お疲れ様です」
淫夢ちゃん 「というわけで村立同村ありがとナス!
村陣営の役職が強すぎる
お疲れさまでしたー」
霧雨魔理沙 「ってゴールデンテイスト村じゃないか、何回かお邪魔したことあるわw」
PHP 「うす、○○から来ましたー
ぐらいで留めるように注意させて頂きます
…つまり今回はギリセーフでおなしゃす!」
霧雨魔理沙 「気にしなくていいよ、「あまり見ない人だね」「○○で普段は遊んでます」なんてのはしょっちゅうだからな。
露骨な宣伝を何回もやるようならさすがにどうかなってなるだろうけど。」
すたー@GM 「どこから来たの くらいならいいと思うわよ
実際、マヨナカ鯖って初めて聞いたし、時間があればログをみてみるわ>PHP」
結月ゆかり 「マガツイザナギ鯖?でしたっけ?
そこでは鍋が多めっぽいですね」
魔神 「んじゃ、お疲れ様とね」
モノガール 「やっぱりあたし狂人でFEマンが中の人の狼は人外敗北な気がするwwww」
PHP 「すいませんでしたあ!(土下座)>GM
以後注意させていただきます…」
魔神 「まだ鍋系統の役職慣れてないからか普通系列が多いね >マヨナカ
最も22人設定が多いからか 毒やQP出たりするようだが」
すたー@GM 「んー
ここでも人狼やってるよ みんな来てねのような宣伝ね
URLも含むと思うわ>PHP」
結月ゆかり 「雰囲気とアイコン選択からですかねえ。
あくまで何となくの域を出てはいなかったんですが>魔神さん」
PHP 「実はまだアプデされてませんCO」
霧雨魔理沙 「宣伝に関しては知らないなー
スレで聞けば誰かが答えるんじゃないか?」
すたー@GM 「これはまたPHP系統の鯖みたいね
バージョンは沈黙禁止と一言主神が入ったタイミングみたい」
PHP 「あ、それともURLがダメって事?>GM」
魔神 「そうだな >ゆかり
俺自身の特定まではされないと見てたんだがな」
PHP 「え?マジ?真紅ではマナー守ればOKだったけど…え?え?>GM」
結月ゆかり 「しかし合ってるならゆかりさんの目も捨てたもんじゃないってことですね>魔神さん」
モノガール 「あたし、基本マヨナカ鯖の住人 >GM」
PHP 「マヨナカ鯖でググったら出るよ>ゆかり」
すたー@GM 「いや、宣伝はNGのはずよ ここ」
魔神 「>マヨナカ鯖」
PHP 「最近できた鯖なんです>魔理沙」
魔神 「ああ、先日お邪魔したが・・・最近建ったばかりなのか別の意味で新鮮だったな
狼の囲い位置で吊られると思ったら発言強いからで囲い位置で噛まれたよ」
結月ゆかり 「ああ、宣伝オッケーならURL置いた方が良いんじゃ無いですかね>マヨナカ鯖」
モノガール 「ごめん、見てなかったwwwwww」
女神 「やべえ女神RP楽しい(それではお疲れ様です。)」
すたー@GM 「あれ、知り合いなのかしら?>モノガール」
PHP 「え、気づいてなかったの?>モノガール」
古明地こいし 「それじゃおつかれさまー。
みんな同村ありがとう!また縁があったらよろしくね」
結月ゆかり 「全部○はちょっとゆかりさんはしませんかねえ。
囲えて無くて村狐だけ○の狂人って狼視点結構質悪いですよ?>魔理沙さん」
モノガール 「よく見たらFEマンさんじゃんかwwww」
霧雨魔理沙 「初耳だ、色々なサーバーがあるもんだなぁ>マヨナカ鯖」
魔神 「噛まれてもよし、吊られてもよし 護衛狩りされない
そういう意味では動きやすいという面で尸解仙は強いとは思うがね」
すたー@GM 「これはもう配役的に許されそうにないわねー」
モノガール 「あー、なるほど >殉教者の上位互換
狩り殺されないっていうのはなかなかの脅威ではあるのか、うん」
霧雨魔理沙 「誤爆怖ければ全部○でいいのさ。>モノガール
それで狼かこえてなくても、狼視点「あいつはまだ狂人の可能性がある」と見るからCO即噛みはほぼ無い。」
オヤツ 「ゆかりも言ってるけど、獣人や殉教じゃなきゃ噛まれる必要はないよ>モノガール」
結月ゆかり 「吊られても良いんですよ>尸解仙
だって狂人吊りって言うのは狼に利してるんですから」
PHP 「まあお疲れだ
あ、普段はマヨナカ鯖ってところでPHPの中の人はやってるんでよろしく」
魔神 「ちょっと調べたいことあってtwitter関連色々見てたらな >ゆかり
俺自身はやってないけどね」
モノガール 「難しいねぇ、狂人役職って。
あぁ、釣瓶落としとかいろいろやってみたいなぁ」
魔神 「殉教者の上位互換くらいに思えばいいんじゃね? >尸解仙
基本は狂人 狩り殺されない分色々動きようはあると思う氏」
モノガール 「占い騙りすると80%ぐらいで狼にぶつけられる自信があるとです!!

あと騙り占い発覚したら吊られる未来しか見えんとです」
結月ゆかり 「おや、やっぱりそういうことで?
というかあっちもあなた見てるんですか?>魔神さん」
霧雨魔理沙 「蘇生した葛の葉の隣に山立とか、配置がものすごい人外殺しだなー」
隼鷹 「んじゃ、そろそろ落ちるねー。
お疲れさまー」
できない夫 「このぬくもりを忘れないだろ
それじゃ、お疲れさんだ。楽しませてもらったぜ、ありがとな」
すたー@GM 「にこにこ(愉悦顔>風来人」
ルーミア 「さて、霊界を楽しみに見てくるのかー」
ルーミア 「別に噛まれを狙う必要はないのだー
普通に狂人として動けばいいのだー>モノガール」
モノガール 「あー、そっか。封印師いたんだった……ダメじゃん(バンッ」
オヤツ 「それじゃ俺もこれで
お疲れ様

GMは鍋ありがとう」
風来人 「じゃ、お疲れ様でござる。
GMは許されない。」
霧雨魔理沙 「狩り殺されないから、普通に占い騙りでもすればいいんじゃないかね。>尸解仙
下手に能力使おうとして隠れるよりかは普通の狂人として働けばいいさ。」
結月ゆかり 「獣人、尸解仙は『噛まれてもそこまで被害は無い』
というだけで噛まれないに越したことは無いんです」
できない夫 「愛のなせる奇跡>できない子」
魔神 「ああ、あと少し話変わるけど twilogってヤツ見たんだが
よく俺のちょっとしたお遊びわかったもんだな >ゆかり
まさか俺がやってるってことまでわかる人がいるとは思わなんだ」
女神 「人外が勝つ方法?、まあ信仰心が足りなかったんですよ(ニッコリ」
すたー@GM 「魂と紂王を両方出すなんて…何鍋ぶりかしら」
古明地こいし 「魂の占いでめっちゃ生存できたので大変満足。GJてなぁいいもんだよな」
モノガール 「む、難しすぎる >オヤツ

あたし、基本、人を煽って愉しむタイプだからさぁ
噛まれることで能力発生は苦手なんだよぉ!!」
できない子 「それじゃお疲れ様
なんで兄さん最後生きてるの?」
隼鷹 「紂王だね>できない夫>2」
PHP 「我への信仰があれば、魂の占い師も引けるのだ…
貴様ら、感謝を忘れてはいかんぞ…」
結月ゆかり 「尸解仙は別に噛まれなくても良いですよ。
基本的に噛まれるのって村役職噛めませんし今回だと封印師に真証明されます>モノガールさん」
できない夫 「人外の勝ち方


       4           3         2         1
          _         __
    :.. :. ≡=-i'__l,       ,-i,_,l 、                 __
    iコ==ラ`'i ti      //l   l       ,-,_        ,i,_,i_
.      /  /l/      l i,,l   l |      /'-' `i         |  `i
      /  /    ←   `"|iコ=''   ←   | lヽl li,  ←    | lヽi li,
     ./  /          | .i .|       | | // l      .| l-'l |,l
    i' /l .l,           | || |       E三l_l_A      'Fヲ|,H
    l l .ヽ,ヽ,            | || |_                 ,i_| .| |
   -'-'  -'-'         ‐' ' `‐'                  -'‐'

 魔理沙とこいしを   コーヒーを    こいしも(なぜか)  魔理沙を溶かす
   まちがえる。    つくる           溶かす」
魔神 「だから選択肢にはあったんだよな」
ルーミア 「初日風来人指定の時点で引き分け全力で狙って動いても
1手足らない気がするのかー」
マリア・C・イヴ 「夕飯に来いって言われてるので私は落ちますね・・・
酷い村でした・・・・。 皆様お疲れ様でした」
隼鷹 「あたしが猫だったらゆかりは勝ってたしねー」
魔神 「◇魔神 「ふーん?」 ↓への反応
◇できない夫 「あ、そこ駄目な気がする>風来人」

すげえ 風来人○持ってそうだった」
オヤツ 「他村人に対して結論ありきな意見出すとか?>モノガール

ただ、噛んで吊り増えると今回は辛い」
風来人 「ルーミア吊りがミス待ちっぽいのがもう……。」
モノガール 「でも葛葉呪殺で引き分けまで持っていた真占い師とかいるよねー」
淫夢ちゃん 「お疲れさま―
策士だけど策を弄するまでもありませんでした」
モノクマ 「じゃあ、お疲れー!」
霧雨魔理沙 「まさかなー、でももしかしたら?って感じだったな!>モノクマ」
ルーミア 「むー、引き分けに持ち込むルート・・・あったかな?」
結月ゆかり 「そうですね。私の勝ち自体は薄くあります」
マリア・C・イヴ 「・・・まぁPHPを吊る作業に戻ろうか」
服部全蔵 「さて、それじゃ俺はこれで失礼。
村建て感謝、お疲れさま。」
女神 「ふふ、神の力、ですかね?
なかなかよいものでしょう?」
モノガール 「だねー >できない夫」
魔神 「迂闊だったな・・・風来人指定時の反応からできない夫逃亡も
かなり考えたんだがな >魔理沙」
すたー@GM 「狼勝ちルートは最初からなかったになるわよ
それww>マリア」
できない子 「どう頑張ってもこれ狼勝ちが見えない」
モノクマ 「でもさ、魔理沙さん呪殺って言った時のみんなの反応は楽しかったよ!」
結月ゆかり 「ああ、できない子さん指定で凍傷露出祭ですか。それは確かに手としては」
マリア・C・イヴ 「狼? 無理に決まってるでしょう
葛の葉復活して山立ているなら」
風来人 「それだ。>できない夫」
すたー@GM 「うんうん>できない夫」
マリア・C・イヴ 「えーっと、葛の葉噛みます。 モノクマ死にます
魂噛みます。 PHP死にます
ルーミア吊られます。
私吊って狐勝ち!」
隼鷹 「信仰といえばお酒だよね! 宴会しようぜ!(幻想郷的発想)>PHP」
モノクマ 「初手服部噛みで麒麟が自滅するなり噛みあわせるなりして…魂見切って噛んで
蘇生は失敗してくれて…でも占いいるし…それは信用で殺して
…どうしようかこれ」
魔神 「初手山立指定 →多分できない夫か共有逃亡からの圧殺 山立蘇生付
初手魂指定→余裕のよっちゃんの圧殺
初手俺指定→それでも厳しいだろおい」
霧雨魔理沙 「風来人人外か。淫夢の指定はいいところに刺さったな!」
服部全蔵 「>人外が勝つ方法
できない子を露出させて指定吊りして、村全員に凍傷をつける。」
できない夫 「えーと……>GM

1.まず、俺が初手で魔理沙を占います」
ルーミア 「ゆかりが捕捉される前に私がない子の凍傷で死ぬ位じゃないかー?>GM」
モノガール 「急募:噛まれる方法」
結月ゆかり 「策士噛みで山立ちか魂噛みで何とか>人外勝利」
PHP 「だが我は謝らぬ>マリア」
風来人 「試算上無理、魂と山立と麒麟を矛盾せずに処理出来ん。」
女神 「ふふ、力を遣いすぎたようですが、それで皆様が幸福になるのならたやすいことです。」
隼鷹 「・・・現実は非常である?>GM」
服部全蔵 「お疲れさま。」
霧雨魔理沙 「閻魔COのモノクマが狼だとは思わないよなぁ、私も魔神もそう考えた。」
モノクマ 「勝ち目は全くないわけじゃないけど…厳しすぎるね!」
PHP 「お疲れだ
さあ、役職に付いたものよ
我に信仰と感謝をささげるがよい…」
モノガール 「だってさぁ、下手に引き分けさせれば確実に無理だしさー」
すたー@GM 「<急募>どうやったら人外勝てるのかしら?」
古明地こいし 「途中でボケーとして占うの忘れてごめんね?」
ルーミア 「こちらこそ申し訳ないのかー

途中からフリーダムやってたのかー>モノガール」
オヤツ 「お疲れ様」
すたー@GM 「お疲れ様」
できない子 「お疲れ様
酷い人外虐殺村だった」
マリア・C・イヴ
              _.
                l\ヽ., . .,___. _  _ _,../,;:l
               †;:;\-‐-ノ.:.:.:. ̄. ̄.; /;:;:†:l
                 ;/ .:.:.个:.‐:‐:‐.:丶、\.;::/
                 ./:.:.:.:/.:{.:.:.\:.:.:.:.:ヽ:.:.:,.\\
              /:::,''/:::/::::|::ヽ:::ヽ,::::::',:ヽ:::::.ヽ ヽ
            /::/:::(::|l:::::|:::::::::ヽ::ヽ ::|: :::.):::)⌒):}
           l ::(::::(::::|l: ∧ヽ ::`ト-ヘ:|ヽ-|_ノ|,人:|         PHPは本気出し過ぎたね・・・・・・
             '、::::l::::|:::l|-孑ヘ:|\| 三三.Ⅵ:::::|、:.ヽ
               |.::∧:l:小.=彡     |  | l|:::::l::ヽ:.ヽ
               ヽ{ハξヘ| │ x.   |  | リ!:::|:/l:∧:.ヽ  く    人外にごめんなさいしないといけないわね・・・
          く   \マ:个ーtz‐r-r=彳´「∬厂  ̄`\ヽ  す
            す    /::^∬《ヾ┃ /》/´| ∬. . . . .   〉ヽ  ん
             ん  .:/;:/ ∬ .{.ヽ ,./ }. . . _.´∬. . . . ..、:. ハ  :
              : . /;:∧;:∬/⌒ヽ/  ̄`ヽ∬\  .|:.:\∨
               ノ..::.::.::.::∨   /      j〉==ミヾ/:.:.:;. j/=-
             ,.:;⌒つz//レ─-、|     .,/    }斗─-'-`.;\
          ::.:∠.::.::. . :7{」___,,」,___  /    /゙寸_》\.::\:―.::.:._
.        ⌒Z_∠:-=っ/{ ~X ̄ {^ X ̄¨`{-一'´  八___》\-、.::-`
          /:.::.::.:://{__X____.{._X_  ∧     /小、 ̄  \>\
               _/></>< `トイij}___/ノ
              /__/___ ノ ヘー---‐'´
              {__{_____jz=‐┘」
結月ゆかり 「お疲れ様でした。
人外と魔神さんは泣きましょう、はい」
オヤツ 「やっぱいたじゃねーか!>飢」
女神 「お疲れ様です。」
古明地こいし 「おつかれーっす」
モノクマ 「お疲れ様、絶望の終焉だね」
できない夫
                     / ̄ ̄\
                    /  ヽ    \
                   (●)(● )    |
              「l      | |        |
         _n:| |      |_`__        |       .l -十l l
        「|_|」「{!     {`ー'´     /         | rナ、
         l┘ ノ )     .{        /            っ
        } j ノ        \     /         ー十
        , ' ' , '    __ _/|  /   /´',          ⌒}
      ., '  ,.'  _/ , / l!   /  /\          ̄ゃ
    , イ   イ_/   / |  |ー /  /'     \       _⊥、ヾ
    // / !  、    } |  l:::::/  〃 /    ',   | ヽ  | ノ
   l/l /   ヽ    l |  l:::/  /  /  /    ',  ー っ
   {:ノ      ',   :l  |  j/  /  ,::  .:/    l   __
   |       l l  l :l  l /  /  .:  /    , |    〈_
   ` ー-   _」_| l l  |:/  /  .:::  l      l!   ._L
            || :: ./  /   .:::  l    / l|   ´ | こ
           l l  :/  /   .:: :  {     /:|
               |l:  /  /    : : .  |      |    /〉
           トrォ'  :/     : .. |   /  |    rォ′
           7Z′ /       : : .l  ´   .:|」
風来人 「お疲れ様でござる。」
ルーミア 「おつかれさまなのかー。」
モノガール 「オオカミごめんね!!裏切ったよ!!」
隼鷹 「お疲れさまでしたー」
霧雨魔理沙 「早投票しちまったのは良くなかったかなー」
魔神 「おっつおっつ、ま 人外は俺ざまあでもして後は
この村のことなど忘れてしまえばいいさ あまりにも酷すぎる」
隼鷹 「凍傷だからね、しかたないね」
ゲーム終了:2014/09/23 (Tue) 17:52:05
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルーミアさんの遺言 ここまでの死体


初日
無残 GM オヤツ(天人?)
吊り 風来人(素村CO)

2日目 
無残 魔理沙 魔神

吊り モノクマ(確定人外)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ルーミア を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
8 日目 (2 回目)
できない夫1 票投票先 1 票 →ルーミア
モノガール0 票投票先 1 票 →ルーミア
オヤツ0 票投票先 1 票 →ルーミア
ルーミア5 票投票先 1 票 →できない夫
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →ルーミア
女神0 票投票先 1 票 →ルーミア
8 日目 (1 回目)
できない夫3 票投票先 1 票 →ルーミア
モノガール0 票投票先 1 票 →できない夫
オヤツ0 票投票先 1 票 →ルーミア
ルーミア3 票投票先 1 票 →できない夫
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →できない夫
女神0 票投票先 1 票 →ルーミア
オヤツ は ルーミア に処刑投票しました
女神 は ルーミア に処刑投票しました
できない夫 は ルーミア に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は ルーミア に処刑投票しました
モノガール は ルーミア に処刑投票しました
ルーミア は できない夫 に処刑投票しました
「◆すたー@GM モノガールさん投票ー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
モノガール は できない夫 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない夫 「俺が悪かった……! 俺が!」
オヤツ は ルーミア に処刑投票しました
できない夫 「助けてくれっ、できない子……! 助けてくれ……!」
モノガール 「できない夫は凍傷の犠牲になったのだ(敬礼」
オヤツ 「ああ、なんでルーミアは俺を食べなかったのか

ルーミアの口に熱くて固くて大きな肉塊を……」
できない夫
 ______,、 _.、          __         < ̄..>   __
 |,―/./-┐┌─ゝ ヽヽ 、__,__  _  7 フ,、      / /'  、__7 フ,、___,、 <\,,   _
   /./...、| |    ./丿 ..~ヽ- --ノ !、`'゙ _,,,..ゝ_,、   .ノ/    !、 ┌--''___\_) ソ/   \\
  /ノフ >| レ`>  | 〈         ゙7 .l ∠~_,,,,.)  <<      ~7 .|  〈 「   .| |      ヽ |
 ノ\ソ / .| |~~~  .| レノ ,、      ../ /_  ゙     \\    ノ.ノ   | |   |〔      |__〉
   ノ/ | |_ノ| .| .〈 〈ヽ____.. ./ ./ ヾ‐---‐、   \\_ (_.ノ  ,-==、 L__ \ ''V!
  /.. .  L___> ..し′ ヾ____)ヽ_/  `‐- - ‐'    .\__)    〈(__ソ\_,,) `ヽ_)」
できない夫 「……イヤダァァァァァァ! 死にたくな―い!」
ルーミア 「投票してないの誰なのかー?」
できない夫 「…………」
モノガール 「はいはーい」
女神 は ルーミア に処刑投票しました
女神 「それでは、またいつか。」
女神
これを皆様に伝えられたなら私がこの地に来た甲斐があるというものです。」
ルーミア 「・・・そして狂人。やっぱり初日なのかー。」
霧雨魔理沙 「変に票をぶらさなくていいよ、全員でルーミア投票頼むわ」
女神 「『神は、あなたをいつまでも見守っています』とね」
できない夫 「必要ないさ。俺はもう十分生きた>ルーミア
噛まないでくれてありがとよ」
女神 「ただ、これだけは覚えておいてください。」
オヤツ 「まあ共有には従うさ」
ルーミア は できない夫 に処刑投票しました
モノガール 「何であたしこんなに疑われるのか(遠い目」
女神 「人間が作り出した架空の代物だという人もいれば
みんなのこころのなかにいるのですという人もいますし
私が神ですという人間もいます
人によって色々な見方があるでしょう。」
霧雨魔理沙 「できない子と一緒に霊界で幸せに暮らすんだな、できない夫」
ルーミア 「モノガールは狂人ならない夫投票するのかー。
凍傷から救うのかー。

後、一人マジンガー救いたい人が居たらない夫投票するのかー。」
できない夫 「俺は既にルーミアに投票している」
女神 「___あなたは神を信じますか?」
オヤツ 「よっぽとを考えると吊っておきたくはあるがな」
できない夫 「なーにを モーモー 言うのー」
モノガール 「真証明は噛まれないと厳しいので、許してね!」
霧雨魔理沙 は できない夫 に処刑投票しました
できない夫 「こーごえそうーなー きせーつーにー きーみはー」
霧雨魔理沙 「吊っても足りるけど、さすがになぁ?」
モノガール 「ルーミア吊了解」
できない夫 は ルーミア に処刑投票しました
オヤツ 「一応、たりる>モノガール吊っても」
できない夫 「じゃ、投票するぞ。俺は寒さに凍えて死ぬが、躊躇うな」
モノガール 「仙人CO」
霧雨魔理沙 「んじゃ早投票でいこう、ルーミア吊り」
女神 「なるほど、なら心配ないですね。」
モノガール 「あ、じゃあCOしておく」
ルーミア 「CO後ならともかく
CO前に噛んだものを言われても困るのかー>魔理沙」
できない夫 「魔理沙が投票済みだ>モノガール」
モノガール 「だねー。ちなみにあたしは凍傷回避!30%じゃ私に当たらんよ!!」
霧雨魔理沙 「おそらく、ない。>女神
私が投票してるから、子狐なら萌えるだろう。よっぽど運が良くない限り。」
オヤツ 「アッハイ
噛まれたから信用します」
できない夫 「俺と魔理沙、オヤツ、女神。4票だ、十分過ぎる」
霧雨魔理沙 「お前が隼鷹噛まなきゃヤツも蘇生できたんだぜ・・・」
女神 「モノガールさんが子狐ってありましたっけ?」
できない夫 「俺もできない子のところへ帰るのか」
できない夫 「占い師CO。女神○

そしてオン・ザ・凍傷」
ルーミア 「引き分けにするのかー。

マジンガーを敗北から救うのかー。」
霧雨魔理沙 「んじゃルーミア吊りでいいよな」
モノガール 「おっはよー」
女神 「おはようございます。」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
古明地こいしさんの遺言 魂の占い師CO 
魔神 『麒麟』PHP 『霧狼』女神『封印師』
服部全蔵『山立』結月ゆかり『妖狐』できない夫『占い師』おやつ


一日目
理由
PHPの女神パネェ(唖然)
これは感謝を示して別のところ
なんか敵対してそうなところ
占う必要がありますね……

二日目
理由
麒麟とか超つえぇの来たwwwww
はっ、魔神が麒麟ってことがPHP
人外なんじゃねこれ?初日理由的に
なんか吊れそうな気しないし占っちゃうぜ

三日目
理由
キリィィィィイッィィィン!!
一発で死んだぁぁぁぁうわぁぁぁぁぁ!!
お前の意思は私は引き継ぐ!
きっとあれだ、女神ぐへぇぇへへへってそこに
逃亡したんだろ?わかってるって、わかってる。
だからそこ占ってあげるよ!

四日目
理由
発言数がどっかんどっかん下がった服部ちゃん
占おうと思います。
蘇生だったら結果はヒミチュ☆ってCOしよう。
うんうん、それがいい。

五日目
理由
この村……おかしいwwwwおかしいよこの村ww
ファーwwwまぁ、ゆかりん占おうかなぁー
葛の葉さんが隼鷹投票してるなら―そこでしょ
灰って奴はさ?

六日目
理由
ごめん、私……できない夫が
占いたいんだ。ずっとそう思ってたんだ。
だから、見ていてください、私の、占い!!

七日目
理由
おやつ食べたい
できない子さんの遺言 はあああああああああああああ!!!
豊穣神CO!
古明地こいし は無残な負け犬の姿で発見されました
(古明地こいし は人狼の餌食になったようです)
ルーミア は 古明地こいし に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない夫の独り言 「魔神と仲良くな……>ない子」
オヤツの独り言 「こいしちゃんの口に、熱くて大きい肉塊を(猥雑は一切無い」
できない夫の独り言 「チキショウ・・・!」
女神の独り言 「子供は、その場で天に祈りを捧げましたとさ。
おしまい。」
ルーミア(人狼) 「・・・ご愁傷様なのかー
私では引き分けをプレゼントしてあげるのは無理なのかー>マジンガー」
霧雨魔理沙(共有者) 「まー実際何か変な事が起こってる可能性もあるか?」
女神の独り言 「『神様は、いつでもきみを見守っているよ。』」
古明地こいし は オヤツ を占います
女神の独り言 「戸惑う子供に、老人の声が聞こえました。」
霧雨魔理沙(共有者) 「GM、「早投票の提案が出ていましたが従うかどうかは各人に任せます」くらいのアナウンスは・・・
だめかな」
モノガールの独り言 「噛まないよなぁwwww」
ルーミア(人狼) 「蘇生も狸にしか見えなかったけど
猫又遺言残すなら気合いで毒飛ばすのかー!!(無理」
モノガールの独り言 「最後の最後に噛んでくれないかなぁwwww」
古明地こいしの独り言 「憑依ねぇ……憑依かぁ、それがあったらオヤツが言ってるはずだし
ヤッパおやつか」
できない夫の独り言 「チキショウ、チキショウ……!」
女神の独り言 「しかし、顔を上げると、そこに老人はいませんでした。」
できない夫の独り言 「ない子ォー!」
ルーミア(人狼) 「どうせ護衛制限突破狩人なら騎士よこすのかー!!
霧雨魔理沙(共有者) 「夜もサクッと早投票でいいぜー?」
女神の独り言 「子供は、老人にお礼を言おうとしました。」
古明地こいしの独り言 「まぁいいや、オヤツで」
モノガールの独り言 「詰んだな(確信」
霧雨魔理沙(共有者) 「モノガールはここまで萌えないなら大丈夫だと見よう」
古明地こいしの独り言 「葛の葉占いとかいう」
モノガールの独り言 「バレるな(確信」
できない夫 は 女神 を占います
ルーミア(人狼) 「即投票してもいいのかー?>GM」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
できない夫1 票投票先 1 票 →できない子
モノガール0 票投票先 1 票 →できない子
オヤツ0 票投票先 1 票 →古明地こいし
できない子5 票投票先 1 票 →できない夫
古明地こいし2 票投票先 1 票 →できない子
ルーミア0 票投票先 1 票 →できない子
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →古明地こいし
女神0 票投票先 1 票 →できない子
古明地こいし は できない子 に処刑投票しました
モノガール は できない子 に処刑投票しました
オヤツ は 古明地こいし に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は 古明地こいし に処刑投票しました
できない夫 は できない子 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
モノガール 「プルプル 私、悪いモノちゃんじゃないよ!」
女神 は できない子 に処刑投票しました
できない子 は できない夫 に処刑投票しました
できない夫 「ここまで確定しているんだ」
女神 「できない夫さんは占い師、オヤツさんは天人、こいしさんは魂の占い師、魔理沙さんは葛の葉、私は封印師とここまで確定しています」
できない子 「任務了解、自爆する(ポチ」
できない夫 「女神:封印師
モノガール:魔理沙が投票
おやつ:天人
古明地:魂
俺:占い師
魔理沙:葛の葉」
霧雨魔理沙 「もう一度言うぞ、私とオヤツ以外はできない子投票だ
早投票進行、明日はルーミアつり」
モノガール 「女神は封印師だぜ?」
オヤツ 「アイ、アイ」
古明地こいし 「だからー、狂はあるとしてモノちゃんだけです」
できない夫 「女神が狂人は、ない。古明地が結果を出している」
古明地こいし 「女神は封印師だよー>できない子」
できない子 「と思ったら女神封印だったでござる」
古明地こいし 「いや、正直いらないんじゃないかな?とか思ってるけど、気になってしょうが
ないんだ……」
できない夫 「俺も……いいかな?>魔理沙」
できない子 「女神とモノガール狂人だったら引き分けじゃないのこれ」
モノガール 「はいはーい」
霧雨魔理沙 「あんまり外しすぎてできない子以外が吊れても困るしな」
ルーミア は できない子 に処刑投票しました
できない夫 「……すまんな、そうさせてもらうだろ>できない子
自分の○を吊るすのは、1度だけで十分だ。風来人だけで十分だ」
できない子 「・・・あーうん?」
霧雨魔理沙 「私とオヤツだけ投票はずし、他全員でできない子投票」
古明地こいし 「ごめん、ごめんねルーミアちゃん!できない子→ルーミアだから……!
明日で終わりだから。」
モノガール 「酷い外道だなぁ >できない子」
できない子 「あ、ルーミアは私投票してね(ニッコリ」
ルーミア 「いっそ私を吊るのかー!
切腹後に介錯しないって拷問なのかー!!」
できない子 「魔理沙、こいし、兄さんは投票外してルーミアに嫌がらせでもしたらどうっすかね」
古明地こいし 「だからそこは大丈夫だったような気がする」
霧雨魔理沙 「◇古明地こいし 「モノガールに葛の葉投票してなかったっけ?」
そういやそうだ、狂人候補なら放置でいいんだ」
オヤツ 「豊穣って何か吊った際のデメリットあったっけ?」
できない夫 「できない子……!(´;ω;`)」
霧雨魔理沙 「こいしがニセはもうさすがに無理だろ
んでそうなると女神とできない夫が村になる。私とオヤツもな。」
できない夫 「投票している、なので狐狼はほぼ否定だ>古明地」
モノガール 「うん、された。

だからあたしは無実なんだよー!!」
女神 「ふふ、神はいつでもあなたたちを見守っています
怖がることはありません」
古明地こいし 「モノガールに葛の葉投票してなかったっけ?」
霧雨魔理沙 「以降早投票で進行を提案する。
今日はできない子吊りで。」
できない夫 「だがそれも○吊りから始めることで事足りる」
ルーミア 「仲間が霧と鋭って言った時点で言ってるも同然なのかー。

保証枠の素狼なのか!>できない子」
できない夫 「萌占い師かと思ったら真占い師だったでござる
さて、狂人はおそらく2人はいる」
霧雨魔理沙 「できない子・モノガール・ルーミアと3吊りで足りるんだが」
古明地こいし 「唯一残ってるケースはできない子ちゃん子狐だけだよ」
モノガール 「FO?」
古明地こいし 「つまりできない夫ちゃんとモノガールちゃんとオヤツちゃんと
私と魔理沙ちゃんと女神の村は確約されてるわけだね!」
オヤツ 「はーん
まぁ、飢いたとして噛み過ぎか流石にこれだと」
モノガール 「山立か、なるほど。そりゃこいしも結果をヒミツにするね。」
できない夫 「先に服部を占ってたか、すまんな>古明地」
女神 「山立、ですね
あなたもまた神に祈るものの1人、ということでしょう」
できない子 「良し!FOしようぜ
私豊穣神な!
ほら!ルーミアもCO!」
霧雨魔理沙 「おいやめろばか>私占い」
古明地こいし 「六日目
理由
ごめん、私……できない夫が
占いたいんだ。ずっとそう思ってたんだ。
だから、見ていてください、私の、占い!!」
できない子 「おはよう!」
霧雨魔理沙 「うん、まぁ、山立って気はしてたぜ」
できない夫 「6夜
魔理沙を占えば呪殺が出る、が
そんなことはしない。人間だもの」
ルーミア 「・・・・これじゃないのかー。」
女神 「おはようございます。」
モノガール 「おっはよー」
古明地こいし 「魂の占い師CO 
魔神 『麒麟』PHP 『霧狼』女神『封印師』
服部全蔵『山立』結月ゆかり『妖狐』できない夫『占い師』
できない夫 「占い師CO。モノガール○」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
服部全蔵さんの遺言 痔の忍者、山立になるの巻

1日目:不可
ふむ、山立と。
共有とか占いが隣なら楽なんだがなぁ。

2日目:隼鷹
今後のことを考えるとおやつルートの3人を早めに狩れるか試したいところ。
共有複数居るならまだ護衛は不要だろうしな。
と言うわけでルート作りも考えて隼鷹護衛するわ。

3日目:マリア・C・イヴ
できない夫の反応見てるとどうにも真占いっぽくねーんだよなぁ。
ま、ここは露出しないことを優先させて貰うか。
なのでマリアでも護衛しておく。

4日目:古明地こいし 護衛成功
さて、魔理沙とこいしの二択か。
それじゃこいしかね。こちらの方が狂も見つけられる。
かつ魔理沙は蘇生即行動ができるので死んだ場合の痛手が少し少ない。

5日目:霧雨魔理沙
山立は護衛制限がない。
と言うわけでこいし鉄板読みの狼の裏を掻き魔理沙護衛。
なーに、こいし抜かれても何とかなる。

6日目:霧雨魔理沙
こいしと魔理沙の二択。
まー、魔理沙にしておくかー。
結月ゆかりさんの遺言                            __ __ __
                         . : :´ ,. :'´. .: .:/`ヽ`丶、
                        / . : / . : .: .:/.:/ . : .`、 : \
             _ -=ニ}`ヽ、    .:' . : :,:'  . : : : /: :′ : : : :, : . \____
        _ -ニニニノ   i   :′. : :/   . . .  /',. :i    : :}: . : : `、⌒´
        //ニニ>'"     ノ  / . : : :/ . : : :/:/ /、ヽ:|,: : . . .:}: |i:   :,
.     //ニ>'"     ,. '´  /. : .: .:/. : : : /:/|/__\jハ: : : .:/]ノj: : }. .‘,
   ,  /ニア    ,.  ´   ∠イ:/: :/. : ::{: :{ィfアr‐マミメ、} : /厶イ }: / : : i
.  / /ニニ.′ ,. ´       _」ハ: 公:、: {i、:{゙^__Vソ   ノイ/x=ミメノイ: : : :;
  ′.ニニi /     . -=ニニニV[--\{-トゝ ⌒``   ,  {ソ `》/: :/j/
    iニニ|/     /ニニ\(ニニニ}::}=ァ‐-r'′        ⌒` ,厶 '′    ゆかりさんにどうしろって言うんですかね……
. i   |ニニ{    ;ニニニニ\ニニV/:; :: :{ J /`丶  _   u 爪
  ,  Vニニ\_ /{二二二ニニ\ニ/: {: :: :‘k  ` ー- 、 一}  ,:公/
  ′   寸ニニアニ辷ニニ=--=ミニ/. : :, : : : ', \      ̄ ィ(: ::{:{
  `、   `'<にニニア´ニニニニV: ,:   : : : `、 > .,_. イ {: : ::{: :、
    \    ∨ニニ{ニニ\ニコ: {: : . . : : : : `、/ニ\ニく、  :: : ::{: : \    __
     ` ー--=マニニ7\二二\コ: {: : : : : : : : : マニニ]ニニ}\;: : :‘:、: : \__ (O)
             `¨¨iニニ\二二ヾ:, : : : : . .    マニ/ニ/ニニ}゙:、: : :\: : </./
             |ニニニ\ニニ゙:、: :. : :. .. . . .: Vニくニニ{ \: : :   / '`ヽ、
.              Vニニニニ\ニニ\: :. : :: : : : :. Vニニ\ニヽ_ヽ,_//. . .: :‘:,
                Vニニニニニ\ニニヽ:. : :: :. :. : :.Vニニ`'ー┬―‐く:、: \.: :: :.}
                  {\ニニニニニ\ニj人:. :. :. : : :.}ニニニニ{    }:i\:. ':,: .:′
                  {ニニニニニニニ}ニニ}\:. : : : ;ニニニニニハ.    jノ  ヽ:}/
服部全蔵 は無残な負け犬の姿で発見されました
(服部全蔵 は人狼の餌食になったようです)
古明地こいし は できない夫 を占います
ルーミア は 服部全蔵 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルーミア(人狼) 「・・・狂人初日なのかー」
できない子の独り言 「www」
女神の独り言 「『そうおもっているなら充分だ、神はいつでもきみを見守っているよ』」
霧雨魔理沙(共有者) 「狼がモノクマ・PHP・ルーミアの3Wで2狂人か、なるほど」
モノガールの独り言 「いやー、鍋は難しいね!!!」
女神の独り言 「『君は、神がいるとおもうかい?』
『はい、でも神が本当にいるのかわからないのです』」
ルーミア(人狼) 「ただ、騎士以外で毒が居るなら服部なのかー」
モノガールの独り言 「しっかし、これ、もう勝てないんじゃね?」
霧雨魔理沙(共有者) 「6人まで引き伸ばすとアウトかねぇ」
霧雨魔理沙(共有者) 「狂人候補がモノガール・できない子・服部の3人」
ルーミア(人狼) 「狩人?ない子でしょ。」
女神の独り言 「そのとき、ある1人の老人が前に出てこういいました。」
ルーミア(人狼) 「もう本当に狩人が騎士であるほっそいつなをわたるしかないのかー。」
できない夫の独り言 「占わないけど。にしても魔神、お前さん……冒険しすぎただろ」
古明地こいしの独り言 「ていうか魂・麒麟・山立・葛の葉・蘇生ってこの村やばすぎるでしょww」
モノガールの独り言 「※なお自分は狼陣営の模様」
女神の独り言 「大人たちが困りました。
神がいると証明する方法は考えつかないからです」
服部全蔵の独り言 「わりとこの布陣は人外生殺し過ぎるんで。」
霧雨魔理沙(共有者) 「死体無しからして、私の周囲2人のどっちかが山立なんじゃないか?って気がするんだが」
できない夫 は モノガール を占います
できない夫の独り言 「真証明って意味じゃてっとり早いな」
服部全蔵の独り言 「>GM
あ、早噛み許可してあげても良いんじゃよ?」
古明地こいしの独り言 「できない夫を占いたいと、私は言ったぞぉぉ!!ジョジョォォォォ!!」
できない夫の独り言 「……これで魔理沙を占ったら呪殺か」
女神の独り言 「『神様はいるの?』」
モノガールの独り言 「許さねぇ、狼ぃ!!」
女神の独り言 「ある日、子供が聞きました」
ルーミア(人狼) 「毒が居る気配がないのかー!!」
できない夫の独り言 「もしもLW毒噛みなら、ゆかりを占えなかった時点で村が負けていたわけだが
危ないところだったな」
服部全蔵 は 霧雨魔理沙 の護衛に付きました
モノガールの独り言 「←隼鷹ちゃんが嫁の提督」
女神の独り言 「では、少し話をしましょうか」
古明地こいしの独り言 「できない子ちゃんにしてほしかったのだぜ」
服部全蔵の独り言 「どうっすっかな。」
できない夫の独り言 「◇ルーミア 「・・・本当に猫又だったらよかったのになのかー>隼鷹」

猫じゃなかった、ってことか?」
モノガールの独り言 「隼鷹が死んだぁ!?」
ルーミア(人狼) 「投票遅れて申し訳ないのかー。」
霧雨魔理沙(共有者) 「できない夫が騙りだったとしても、狼とはかぎらんしなー
むしろ狂人の方がありそうだろ。だから投票してチェックする必要は薄いぜ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
結月ゆかり を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
できない夫0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
結月ゆかり7 票投票先 1 票 →古明地こいし
モノガール0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
オヤツ0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
できない子0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
古明地こいし2 票投票先 1 票 →結月ゆかり
ルーミア0 票投票先 1 票 →古明地こいし
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →服部全蔵
服部全蔵1 票投票先 1 票 →結月ゆかり
女神0 票投票先 1 票 →結月ゆかり
ルーミア は 古明地こいし に処刑投票しました
「◆すたー@GM @1」
霧雨魔理沙 は 服部全蔵 に処刑投票しました
モノガール は 結月ゆかり に処刑投票しました
オヤツ は 結月ゆかり に処刑投票しました
結月ゆかり は 古明地こいし に処刑投票しました
古明地こいし は 結月ゆかり に処刑投票しました
服部全蔵 は 結月ゆかり に処刑投票しました
できない子 は 結月ゆかり に処刑投票しました
できない夫 は 結月ゆかり に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルーミア 「いっそ騎士でも出ていろ七日ー」
できない夫 「隼鷹は魔理沙が投票している」
女神 「では、さようなら。
神はあなたを救うでしょう。」
モノガール 「まー、村の役職的に狐も可哀想なのかな?」
できない夫 「俺を占わずに○の子狐や狂人を探してもいいぞ>古明地」
[密]できない子 「私の発言で狩人見るって無理があると思うんだ」
ルーミア 「狩人鉄板してる場所噛んでも仕方がないのかー>おやつ」
モノガール 「可愛そうな狼、だねwww」
霧雨魔理沙 「狩人探しだろうな>オヤツ
少なくともこいしは真でいいと思うぜ、こいし-魔神・女神でライン。3人ライン騙りってのは人外が出せるモンじゃない」
できない夫 「そこで狩人がいた以上、こいしはもう噛めないさ
噛んだところで勝ち目もない」
女神 は 結月ゆかり に処刑投票しました
服部全蔵 「まー、COしてないのはあと3人なんだ。>ルーミア
3択がんば。」
結月ゆかり 「ああ、本当にLFなんで●吊って村勝ちじゃないです?」
ルーミア 「村役職がおかし過ぎたのかー>ゆかり」
できない夫 「こいしを噛むチャンスはもう過ぎているだろ>オヤツ
具体的に言うと昨日、で阻まれたと」
モノガール 「指定りょーかい」
古明地こいし 「私ができない夫を占うか、そのほかを占うか、どっちがいい?
前者のつもりだったけど>魔理沙」
ルーミア 「意訳:毒でろなのかー」
できない夫 「占い師CO
風来人○>ルーミア●>隼鷹○>できない子○>服部全蔵○」
霧雨魔理沙 「ゆかりつり」
オヤツ 「こいし噛まないのな」
できない夫 「だいたいモノクマがいけないんだ。あいつ、魔理沙呪殺とか言うから……」
結月ゆかり 「珍しく噛みも占いも来なかったんでやはり狩人が居なければ、というところ」
ルーミア 「…FOしてほしいのかー。」
女神 「ゆかりさんは今日吊るのがよろしいかと
ルーミアさんが殉教を暴かれてなお神に背いている可能性はありますしね」
オヤツ 「ふーむ」
霧雨魔理沙 「じゃあ今日はゆかり吊りだ。
ならできない夫が騙りで身代わり君が真占いとか、今さら言わないよな?」
モノガール 「うん、なんであたし、こんなに疑われるんだろう(遠い目」
できない夫 「さて。これで占い先がなくなったな
強いて言えばモノガールを占うくらいか」
できない子 「ゆかりとルーミア吊らなかったら引き分け来るんで吊っちゃおうねー」
服部全蔵 「一応ゆかりを吊る方が、ルーミアが黒狐とか因幡ケースで、他Lwでも安全に行ける。」
できない夫 「人外は吊るす、それがルールだろ
俺の証明なんざいらねぇよ、やるべきは今だ」
結月ゆかり 「割りと背徳が確定しているのが見えるから天道って良いOPだと思いますよ」
モノガール 「あ、そうか。LWの発言から狂人2か。じゃあ吊ろう」
できない夫 「なので安心して人外を吊っていいんだ
お前さんは俺の○に投票頼むだろ」
モノガール 「人数的には占いで殺すのもありじゃないかな?まだ余裕ある……よね?」
できない子 「今日吊り提案
狂人2紛れてるらしいし」
女神 「ゆかりさん、あなたもまた殉教した者の1人、
最後に私が救いましょう
安らかに天へ上りなさい」
服部全蔵 「正直、どちらでもと言った感じ。」
できない夫 「俺の結果なら、古明地が今夜してくれるってさ>魔理沙」
結月ゆかり 「別に村だろうが人外だろうがあなたは殴ると思いますよ。
スキが大きいので>モノガールさん」
できない夫 「あまりに露骨すぎるから狩人か猫又だとばかり思っただろ
吊り先が欲しい系統の」
古明地こいし 「お次はできない夫ちゃんを見て、んで隠してた結果出してターンエンドだね」
霧雨魔理沙 「・できない夫にゆかりを占わせる
・今日ゆかりを吊る

さぁ選べ」
モノガール 「あ、やっぱりゆかりだったんだ

妙にあたし吊したがるから、怪しいと思ってたんだよねぇ」
結月ゆかり 「いやあ。
狩人居なければ逃げ切れた自信はあるんですけどね」
霧雨魔理沙 「子狐いたらまずいってことで○をチェックしたんだが。
そこが蘇生か・・・スマン」
できない夫 「そっちかー>古明地」
女神 「おはようございます。」
ルーミア 「・・・本当に猫又だったらよかったのになのかー>隼鷹」
できない子 「ゆかりさんを吊り込めー」
結月ゆかり 「あ、抗毒なんです?>猫又」
服部全蔵 「じゃゆかりをボッシュート。」
古明地こいし 「五日目
理由
この村……おかしいwwwwおかしいよこの村ww
ファーwwwまぁ、ゆかりん占おうかなぁー
葛の葉さんが隼鷹投票してるなら―そこでしょ
灰って奴はさ?」
できない夫 「5夜
既に古明地が占っている可能性もあったな。失念してただろ
残る灰は結月と服部だけだしな。せっかくだから俺はこのニンジャを選ぶぜ」
できない子 「猫又ァ!」
モノガール 「おっはよー」
古明地こいし 「ゆかり『妖狐』」
服部全蔵 「おはようさん。」
できない夫 「占い師CO。服部全蔵○」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
マリア・C・イヴさんの遺言
                   |ニ|ニニ=‐ニ/          マムニニ{
                   |ニ|ニ=-ニニ/                マムニニi|
                       r≦ニニニ,/               |  マムニ┤
                   r‐┤ |二⌒´            |   マニニi!
                  廴{   /     、      ノ /    } `ヽリ
                      Y⌒ヽ l   ト、丶ー=≦/-ヘ./ /   丶7
                   |   '.  ト抖彡'^ト、ノイ   /X,イ {  ハ「` ガ    天道OPは私が希望したんですから
                   ト、   }|  |f 斧竿ミ ム イt斧ミメっ / ノ  タ
                   r'   | \ノ从 o \\\\\\\`¨゚∧{/   ガ
                  「´        ̄ }  〉       ′  J∧∨    タ    知ってますが・・・・・・
                  ノ   }   /イ   ( ー~ ァ  ノニヽ〉77
              {「 ̄ ̄ ̄ ̄|  (〈 {:::〕r .._  ^⌒´  イ::.',  く V
                ',\           l:::::::|::.\≧ f爪:::::::/ ′   ', )
                マニヽ   }    |:::::::L::::::.\ }::::/.:::::::::.\  ′)_     銀系でないのは
                /マニ≧=/|   Ⅵ/.::::::::::::::tf }ュ:::::::::::::::::::::::.ヽ    )
              ′ マニニ,.:リ |  'i{::::::::::::::::/ L!⌒´  ̄ ̄ `ヽ}  '.
             /    マニ//      \::::::イ    ヽ  /        '.     知らなかっただけです・・・
            ′    マ〈  /     ヽ ∧__      .'    -=}   iト、
           /        マ Y         〉∧ニ=‐- }::   ,/ニニ/   |i 〉
             {       } i}/      ////\ニニノ::.、 /ニニ/.:}    |/
隼鷹さんの遺言 商船改装猫又ヒャッハー!
初日:不可>2夜:オヤツ>3夜:魔理沙(蘇生成功!)>4夜:魔人>
 5夜:魔人

2夜:オヤツ
よっしゃ、とりあえず天人で蘇生アッピしとくか!
これで蘇生しらさったら・・・うん、ないない! 大丈夫!

3夜:魔理沙(蘇生成功!)
葛の葉! 蘇生せずにはいられない!
この状況で私が噛まれるとかまずなさそうだしな! いけるいける!
そういやあ共有から占い先指示くれー、ってできない夫が言ってたけどモノクマ投票だな?

4夜:魔人
いいねぇ、ツイてるねぇ! んじゃ、せっかくだし魔人蘇生でいっちゃうか!
・・・ところで、できない夫は割と真だよね、あのCO募集で誰も出てこなかったって事は。

5夜:魔人
あとはまあ蘇生できることに期待しつつ魔人に試し続けるだけだね。
考えることも無くて楽楽だねー
隼鷹 は無残な負け犬の姿で発見されました
(隼鷹 は人狼の餌食になったようです)
ルーミア は 隼鷹 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧雨魔理沙(共有者) 「できない夫狼騙り-ルーミア狐だと笑える」
ルーミア(人狼) 「なら狐のためにしてあげられるのは

葛の葉噛み、ではなく毒噛みだけなのかー!!」
霧雨魔理沙(共有者) 「私、こいし、女神、おやつ。ここまでは確定○
できない夫は真か騙り。身代わり君真もあるからな、半々だぜ」
隼鷹の独り言 「めっちゃ吠えてる訳だけど>◇ルーミア 「疑うなら明日から夜黙るのかー。」
モノガールの独り言 「急募:噛まれる方法」
結月ゆかり(妖狐) 「因みにたぶんこんな村で人外を勝たせる方法としてはLWCOしないことだとは思いますが。
まあ、狂人居る以上素直に吊られるのもアレではありますよね」
服部全蔵の独り言 「正直、もう早投票でも良い気はしている。」
モノガールの独り言 「前に尸解仙やったときは真確定占い師からの〇もらいで噛まれたんだよねぇ」
女神の独り言 「神は、あなたをいつまでも見守っています、とね」
ルーミア(人狼) 「 」
ルーミア(人狼) 「既に狐も完全に詰んでるのだ。

狩人がこいし鉄板な以上どうしようもない事実なのだ。」
女神の独り言 「ただ、これだけは覚えておいてください」
できない夫の独り言 「あ。しまった、こいしが既に占っている可能性もあるか……?>服部
占いの路線から結月占いだと思うんだが」
結月ゆかり(妖狐) 「奇跡的に占いも指定も避けられてますからこれ多分普通の状況なら良いとこまでいけたと思うんですが」
女神の独り言 「人間が作り出した架空の代物だという人もいれば
みんなのこころのなかにいるのですという人もいますし
私が神ですという人間もいます」
古明地こいし は 結月ゆかり を占います
モノガールの独り言 「本当に噛まれる方法って難しいね!!
あたし、基本人外ムーブで人を煽って無駄吊させるのがスタイルだから厳しすぎる」
ルーミア(人狼) 「蘇生で見えないだろうけど

ここから私は全力で毒を狙うのだー!!」
できない子の独り言 「あ、オヤツじゃん」
できない子の独り言 「あれ、天人いた気が」
古明地こいしの独り言 「しゃーねー、ゆかりんうらなうにゃー」
霧雨魔理沙(共有者) 「グレーは服部と結月」
隼鷹の独り言 「子狐疑いを晴らすためにも明日はヒャッハーだね」
結月ゆかり(妖狐) 「魂 制限突破狩人 葛の葉 麒麟 蘇生 とかどうしろと」
ルーミア(人狼) 「お疲れ様なのかー
吊られに行ったのは悪くないのかー。>マリア」
できない夫の独り言 「俺がやることは堅実に灰の狼や狐候補を減らすことだけだろ」
女神の独り言 「神、とはいったいなんでしょうね」
できない子の独り言 「これが!村人だ!」
隼鷹 は 魔神 に蘇生処置をします
モノガールの独り言 「狼詰んだ気がするです、せんせーwww」
霧雨魔理沙(共有者) 「こうなると子狐が一番対応できないからなー」
女神の独り言 「___あなたは神を信じますか?」
古明地こいしの独り言 「できない夫占いたいデース」
できない夫 は 服部全蔵 を占います
服部全蔵の独り言 「こいし連噛みとかあるんかね?」
できない夫の独り言 「ま、呪殺出せるとは限らないしな」
服部全蔵 は 霧雨魔理沙 の護衛に付きました
「◆すたー@GM @1」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マリア・C・イヴ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
マリア・C・イヴ9 票投票先 1 票 →ルーミア
できない夫0 票投票先 1 票 →マリア・C・イヴ
結月ゆかり0 票投票先 1 票 →マリア・C・イヴ
モノガール0 票投票先 1 票 →マリア・C・イヴ
オヤツ0 票投票先 1 票 →マリア・C・イヴ
隼鷹1 票投票先 1 票 →マリア・C・イヴ
できない子0 票投票先 1 票 →マリア・C・イヴ
古明地こいし1 票投票先 1 票 →マリア・C・イヴ
ルーミア1 票投票先 1 票 →古明地こいし
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →隼鷹
服部全蔵0 票投票先 1 票 →マリア・C・イヴ
女神0 票投票先 1 票 →マリア・C・イヴ
マリア・C・イヴ は ルーミア に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は 隼鷹 に処刑投票しました
オヤツ は マリア・C・イヴ に処刑投票しました
モノガール は マリア・C・イヴ に処刑投票しました
隼鷹 は マリア・C・イヴ に処刑投票しました
ルーミア は 古明地こいし に処刑投票しました
結月ゆかり は マリア・C・イヴ に処刑投票しました
女神 は マリア・C・イヴ に処刑投票しました
古明地こいし は マリア・C・イヴ に処刑投票しました
「◆すたー@GM オプションはちゃんと見ようね?>ここは天道鍋」
服部全蔵 は マリア・C・イヴ に処刑投票しました
できない子 は マリア・C・イヴ に処刑投票しました
できない夫 は マリア・C・イヴ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
女神 「残念ですが、この村は天道の鎖に縛られています
銀が生まれることはないです」
マリア・C・イヴ 「背徳者です!!!!」
隼鷹 「あ>天道」
結月ゆかり 「まあ、人外COと受け取っておきましょう>銀狐」
古明地こいし 「んにゃ?」
マリア・C・イヴ 「あれだ、引き分け
全軍で明日には引き分けにしましょうよ!!!」
服部全蔵 「>できない夫
残念7割を引くことが確定したな。」
霧雨魔理沙 「銀系は出ないぜ、お前は何だ?」
できない子 「兄貴ァ!」
できない子 「て」
隼鷹 「・・・・・・うーん?」
オヤツ 「いやまぁ、嘘吐いてる可能性あるがな>クマが」
[密]結月ゆかり 「IFVさんと同陣営でした」
できない夫 「マリアを占うことにしよう」
できない子 「できない夫に呪殺させればいいんじゃないっすかね」
女神 「心配することはありません、神の名の下にCOしなさい、」
ルーミア 「天道なのかー!!」
モノガール 「そりゃそーだよ。あたしゃ無実だよ >ゆかり」
できない夫 「よし、服部を占うことにしよう」
マリア・C・イヴ 「銀狐!」
できない夫 「じゃあそうだなー……うーん
といっても気になるところはあらかた露出してるし」
霧雨魔理沙 「なりません>マリア」
服部全蔵 「うん? 狩人なのか?」
古明地こいし 「なりません、大丈夫、狩人いっから好きにCO>マリア」
モノガール 「おりょ?霊界と結果が割れてる?」
結月ゆかり 「モノガールさん吊りたいんですけど萌えてないんですよねえ」
できない子 「(なら)無いです>マリア」
隼鷹 「どこの比丘尼だいw>3割」
女神 「ふふふ、どのようになっているかと下界に降りましたが心配はなさそうです
やる夫村は安泰ですね」
マリア・C・イヴ 「えー、別の所になりませんかね!」
服部全蔵 「子狐だったらめんどくせーってところだが、葛の葉と魂居ればどうとでもなるしな。」
オヤツ 「モノクマ、霊界で銀って言ってたぞ」
できない夫 「いいだろう。やってやるさ>服部
ルーミアを一発で見つけたわけだしな、俺の占いは3割当たる」
ルーミア 「あんたは保証枠なのかー>ない夫」
できない子 「マリア!」
モノガール 「村役職だしー」
マリア・C・イヴ 「一応、一番恐れるべきはルーミア黒狐なんでしょうがね
といっても、魂にルーミア鑑定しろ というのも無駄臭いので」
結月ゆかり 「路線的にはできない夫さんって9割真だとは思いますけどね。
1割身内切りのGM真」
古明地こいし 「私が指定するなら――えっと、マリアさんお願いできる?」
モノガール 「ちなみにあたしは萌えないからね!!」
霧雨魔理沙 「こいしが残り1:30までに指定しなかったら適当に指定するぜ」
モノガール 「あとは狐かぁ」
ルーミア 「鋭狼なのかー>おやつ」
服部全蔵 「>できない夫
お前が銃殺でも出したら入れて貰えるさ。」
女神 「わざわざ露出させることはないかと
かくしておけば神の加護も受けられますし」
隼鷹 「まだ太陽沈んでないよ!?>魔理沙」
ルーミア 「疑うなら明日から夜黙るのかー。

お仲間に不幸を嘆いただけだから。」
できない子 「ごめん今の無し」
マリア・C・イヴ 「じゃ、夜から吠えないでお願いします >ルーミア」
できない夫 「◇ルーミア 「LWCOなのかー。
仲間はモノクマとPHP
魂 麒麟 葛の葉 蘇生 狩人
ってなんなのかー!!」

俺がいない(´;ω;`)>ルーミア」
古明地こいし 「えー?」
隼鷹 「ん、FOしてくのかいい?」
できない子 「あ、蘇生と狩人いるから駄目だ」
オヤツ 「モノクマ何狼?>ルーミア」
霧雨魔理沙 「肉体関係を持った男の数とか?>モノガール」
結月ゆかり 「狩人引いたならこいしさんの指定で良いんじゃないですかね?」
女神 「ルーミアさんは置いておいていいでしょう
信仰心が足りなかった、悲しいことです」
モノガール 「LW wwwwwww」
マリア・C・イヴ 「狩人は露出させるべきではないとは >できない子」
隼鷹 「まあできない夫真だろうしね、ルーミアがラストなのかどうかは別として」
服部全蔵 「じゃルーミア狩って詰めていく感じだな。
さくさく行こう。」
霧雨魔理沙 「私が指定して蘇生か狩人?が露出するのもな」
できない子 「何かLWCO出たんでFOでいいんじゃないっすかね」
モノガール 「で、あたしは何話せばいい?」
できない夫 「で、魔理沙を一発で蘇生できるなら仙狸辺りじゃないかなーって」
結月ゆかり 「まあ、ルーミアさんが何か自白したっぽいので。
6で吊りましょうか」
オヤツ 「死体無し、なぁ」
ルーミア 「LWCOなのかー。
仲間はモノクマとPHP
魂 麒麟 葛の葉 蘇生 狩人
ってなんなのかー!!」
霧雨魔理沙 「こいし、そういうことか。お前が指定しな」
モノガール 「狩人かな?素直に考えれば葛葉噛みだろうし」
隼鷹 「おっけおっけ、言えないなら言わなくていいんだぜ」
マリア・C・イヴ 「蘇生出しちゃって良いと思うんですが・・・
だって、狩人いるなら、グレー詰めるのに」
できない夫 「うん、それでいいそれでいい>古明地
察しただろ」
女神 「ふふふ、この村の皆様はいいようで安心しました」
できない子 「麒麟蘇生しろよ(バンッ」
霧雨魔理沙 「私死なないとはびっくりだな。護衛制限無視できる狩人がいるらしいぜ」
できない夫 「いや、オヤツは天人だと思うんだ」
古明地こいし 「理由 言えねぇわこれ」
服部全蔵 「で、死体なしか。
狩人居たってところか。」
マリア・C・イヴ 「wwwww」
[密]結月ゆかり 「むーりぃー……」
できない夫 「この村、俺いなくてもいいんじゃね……?」
服部全蔵 「>オヤツ復活
蘇生凄腕。
だけで魔神生き返らせてやれよwww」
マリア・C・イヴ 「魂・麒麟・葛の葉・蘇生
油断はしませんが、「詰め方の問題」となるでしょう。」
古明地こいし 「魂の占い師 CO 『結果は秘密』」
結月ゆかり 「村枠が11人の
封印師 麒麟 共有2 占い 魂 蘇生 (帰ってきたら)天人の8人
確定人外がモノクマ PHPの2
つまり5吊りでここの3枠を争うゲームです」
できない子 「兄さん信じる!」
女神 「おはようございます」
隼鷹 「お、死体なし。んで天人帰還だね、よっしゃよっしゃ」
できない夫 「4夜
あ、しまったPHPに投票しちまった
まぁいいかできない子を占う、と
淫夢噛みは白狼がいる可能性もあるが恐れるわけにもいかないだろ」
モノガール 「OK。狼疑いの投票なら話しまくるよ」
ルーミア 「もうどーにでもなるのかー。<狩人いる。」
服部全蔵 「おはようさん。」
できない子 「おはよう!
希望の朝だ!」
できない夫 「占い師CO。できない子○」
霧雨魔理沙 「マジか」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
魔神 の蘇生に失敗したようです
人狼は護衛に阻まれたようです
オヤツ は生き返りました
ルーミア は 古明地こいし に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
マリア・C・イヴ(人狼) 「10秒でも構いませんよ」
モノガールの独り言 「これ、最悪、LWだよねぇ……」
できない夫の独り言 「もしも茶番なら、魔理沙蘇生で顔面ブルーレイだろうしな
……ま、囲い候補も女神だけだし問題ないだろ」
ルーミア(人狼) 「時間かけてもアレなので30秒で噛むのかー。」
霧雨魔理沙(共有者) 「魂はあれで護衛制限無いんだもんなー」
マリア・C・イヴ(人狼)
              _.
                l\ヽ., . .,___. _  _ _,../,;:l
               †;:;\-‐-ノ.:.:.:. ̄. ̄.; /;:;:†:l
                 ;/ .:.:.个:.‐:‐:‐.:丶、\.;::/
                 ./:.:.:.:/.:{.:.:.\:.:.:.:.:ヽ:.:.:,.\\
              /:::,''/:::/::::|::ヽ:::ヽ,::::::',:ヽ:::::.ヽ ヽ
            /::/:::(::|l:::::|:::::::::ヽ::ヽ ::|: :::.):::)⌒):}
           l ::(::::(::::|l: ∧ヽ ::`ト-ヘ:|ヽ-|_ノ|,人:|
             '、::::l::::|:::l|-孑ヘ:|\| 三三.Ⅵ:::::|、:.ヽ
               |.::∧:l:小.=彡     |  | l|:::::l::ヽ:.ヽ
               ヽ{ハξヘ| │ x.   |  | リ!:::|:/l:∧:.ヽ  く
          く   \マ:个ーtz‐r-r=彳´「∬厂  ̄`\ヽ  す
            す    /::^∬《ヾ┃ /》/´| ∬. . . . .   〉ヽ  ん
             ん  .:/;:/ ∬ .{.ヽ ,./ }. . . _.´∬. . . . ..、:. ハ  :
              : . /;:∧;:∬/⌒ヽ/  ̄`ヽ∬\  .|:.:\∨
               ノ..::.::.::.::∨   /      j〉==ミヾ/:.:.:;. j/=-
             ,.:;⌒つz//レ─-、|     .,/    }斗─-'-`.;\
          ::.:∠.::.::. . :7{」___,,」,___  /    /゙寸_》\.::\:―.::.:._
.        ⌒Z_∠:-=っ/{ ~X ̄ {^ X ̄¨`{-一'´  八___》\-、.::-`
          /:.::.::.:://{__X____.{._X_  ∧     /小、 ̄  \>\
               _/></>< `トイij}___/ノ
              /__/___ ノ ヘー---‐'´
              {__{_____jz=‐┘」
できない夫の独り言 「PHPと古明地の茶番は
古明地のテンションの高さからあまり考えない」
霧雨魔理沙(共有者) 「ってことですぐそっち行くわ>相方」
霧雨魔理沙(共有者) 「噛むならさすがに魂よりかは葛の葉優先だと思うぜ、万一の狩人の存在も考えてな。」
結月ゆかり(妖狐) 「これどうしますかねえ。
耐えられる気はしないんですけど」
服部全蔵の独り言 「ま、狂人も見つけられるこっちか。」
ルーミア(人狼) 「私も吊れるだろうし全部ブン投げていいのかー>マリア」
服部全蔵 は 風来人 PHP 古明地こいし の護衛に付きました
マリア・C・イヴ(人狼) 「一応、引き分けは狙いますけどね?」
できない夫の独り言 「白系がいる可能性や、狩人の護衛を恐れた可能性もあるが
まぁその時はその時だ。護衛を期待してCOしたのは事実だしな」
マリア・C・イヴ(人狼) 「行ってらっしゃいませで」
ルーミア(人狼) 「・・・・正直どうしようもないので魂でも噛もうかと思うのだー。」
マリア・C・イヴ(人狼) 「魂噛んで、葛の葉噛み ですかね」
隼鷹の独り言 「ほい、魔人蘇生っと」
モノガールの独り言 「どないせいっちゅーねん!!!」
隼鷹 は 魔神 に蘇生処置をします
できない夫の独り言 「しかしこれ、やっぱり俺が真占い師なのかね?」
霧雨魔理沙(共有者) 「こうなるなら、占いたくならないような薄いところを確かめとくぜ」
できない子の独り言 「そもそも妖狐2だし」
古明地こいし は 服部全蔵 を占います
できない夫の独り言 「んじゃ、ここと。間違って投票を済ませちまった」
モノガールの独り言 「狼が確実に減っている件について」
できない子の独り言 「一瞬騙りの可能性考えたけど蘇生ある時点で別にそんな事は無かった」
マリア・C・イヴ(人狼) 「いえーい、お仲間見てますー!?
とりあえず色々ぶん投げて良いですかー?」
ルーミア(人狼) 「しかも蘇生完備とか酷いにも程があるのかー!!!」
できない夫 は できない子 を占います
女神の独り言 「これが神の力ですよ、ふふふ・・・」
服部全蔵の独り言 「魔理沙とこいしの二択とか。
難しいな、おい。」
マリア・C・イヴ(人狼) 「ふざけんなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
結月ゆかり(妖狐) 「魂 葛の葉 麒麟 蘇生
ふざけてるんじゃねーですよ?」
ルーミア(人狼)


魂 葛の葉 麒麟ってなんなのかー!!




いじめなのかー!!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
PHP を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
マリア・C・イヴ0 票投票先 1 票 →PHP
できない夫0 票投票先 1 票 →PHP
結月ゆかり0 票投票先 1 票 →PHP
モノガール1 票投票先 1 票 →PHP
隼鷹0 票投票先 1 票 →PHP
できない子0 票投票先 1 票 →PHP
PHP10 票投票先 1 票 →霧雨魔理沙
古明地こいし0 票投票先 1 票 →PHP
ルーミア0 票投票先 1 票 →PHP
霧雨魔理沙1 票投票先 1 票 →モノガール
服部全蔵0 票投票先 1 票 →PHP
女神0 票投票先 1 票 →PHP
霧雨魔理沙 は モノガール に処刑投票しました
マリア・C・イヴ は PHP に処刑投票しました
女神 は PHP に処刑投票しました
服部全蔵 は PHP に処刑投票しました
結月ゆかり は PHP に処刑投票しました
モノガール は PHP に処刑投票しました
古明地こいし は PHP に処刑投票しました
隼鷹 は PHP に処刑投票しました
できない夫 は PHP に処刑投票しました
できない子 は PHP に処刑投票しました
PHP は 霧雨魔理沙 に処刑投票しました
ルーミア は PHP に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子 「邪神>ゆかり」
霧雨魔理沙 「よし、占い師は身代わり君かできない夫だな」
女神 「さようなら、PHPよ、あなたはよき仕事をしてくれました
眠りなさい」
結月ゆかり 「PHPって何でしたっけ…」
PHP 「さらばだ、またどこかで相まみえようぞ!貴様ら!」
古明地こいし 「うぃーっす>魔理沙」
できない夫 「じゃ、基本的に魔理沙の投票先を避けつつ、俺は俺の投票先を占うということで」
服部全蔵 「>魔理沙
お前か、こいしの二択だろうな。
どっちが優先度高いかは正直知らんが。」
できない子 「カモンカモン!>兄さん」
霧雨魔理沙 「私の投票先は占うなよ?>こいし」
できない夫 「俺はねー、うーん。できない子にしようカナー」
古明地こいし 「でも魂もらえたからPHPには感謝してる……そのありがたさを胸に讃え
霊界に送還!!」
PHP 「我が滅びても、第二、第三のPHPが貴様たちに立ちはだかる…
フフフ…フハハハ!フハハハハハハハハ!」
結月ゆかり 「噛みは葛の葉→魂と言う順番でしょうのでどちらかの結果はみられますね」
できない夫 「じゃ、古明地。今夜はどこを占うー?」
マリア・C・イヴ 「んー、それは残念ですね >モノクマ逃亡
では、狩人いるの祈りつつ、蘇生をカバーしつつ」
霧雨魔理沙 「あと占い師はもう出ろ
どうせ今夜は私噛みだ」
女神 「モノクマ逃亡と、なるほど」
できない夫 「じゃあルーミアでいいかね。噛まれないし」
隼鷹 「ほほう、そりゃ麒麟の逃亡先からも信じてよさそうだな>魔理沙」
モノガール 「それって普通じゃないですかねぇ >PHP」
できない夫 「なので噛まれそうにない灰に投票するのがオススメだろ
……あ、ルーミアは司祭の方か」
霧雨魔理沙 「魔神はモノクマ逃亡して死亡と言ってた」
女神 「ふふふ、そんなことはさせませんよ>PHP
私がいる限り、祈りは平等です」
結月ゆかり 「あれは能力喪失する系の人外にしか通用しませんね>封印師」
古明地こいし 「希望は絶望に負けないんだ!僕たちには女神がついている!>PHP」
できない子 「元からその呪いにかかってるんですがそれは>PHP」
ルーミア 「むしろ一度滅ぼした方が希望の役職に就ける気がするのかー>PHP」
できない夫 「ルーミアは噛まれるんじゃね?>マリア
魔理沙の次くらいに」
服部全蔵 「ぶっちゃけ真証明可能連中はもうCOして良いと思うがね。
噛み優先がどう考えてもこいし・魔理沙>その他になるんで。
だったら無駄占い避け優先するべきだとは思う。」
霧雨魔理沙 「じゃあ次から不審者希望しとくわ>PHP」
マリア・C・イヴ 「あー、魔神ってどこ逃亡です?」
女神 「蘇生もいると、この村は善行を積んでいる」
結月ゆかり 「葛の葉の投票先は…司教か占いでしょうかね?」
PHP 「だが貴様らよ、覚えておけ…
ここで我を吊るという事は、貴様らは二度と希望の役職に付けぬ呪いをおびるなり…」
できない子 「あ、幻じゃん能力消失するの」
モノガール 「どうだっけ? >霧狼封印」
できない夫 「霧は喪失しないのか。幻と違って結果が違うだけか、惜しいな」
霧雨魔理沙 「もし今夜蘇生するなら魔神蘇生でいいぜ。
モノクマが萌える前に「モノクマ逃亡で死んだ」を言ってたのはポイント高い」
隼鷹 「何度でも(ただし確率論)」
マリア・C・イヴ 「◇できない夫 「ところで封印って霧狼は封印できるっけ? 2ターン必要か?」
能力喪失するものが霧狼には存在しないので」
できない子 「2ターン居る>兄さん」
できない夫 「1ターンで行けるなら今日封印できたらなー、とか思ったんだが」
女神 「霧は能力消失しませんよ>できない夫」
服部全蔵 「モノクマは魔理沙が即死したことを考えれば狼である。
残り3名、特に3昼死亡の魔神と併せての人外ラインはおよそ構築は不可能である。
よってPHP吊りで完了。」
隼鷹 「んじゃ、こいしは・・・まあ噛まれるだろうとしておいて、とりあえず蘇生見つけてもそれは出さない感じで良いとおもうな」
古明地こいし 「フフフ、私は噛まれても蘇るさ!何度でもな!(蘇生がいる限り)」
PHP 「そうだ、我が霧狼なり…
我が与えた役職、もはや逃げも隠れもせん…」
ルーミア 「なら今日はPHP吊るのかー。」
マリア・C・イヴ 「で、葛の葉はルーミアかできない夫に投票でよろしいかと思いますが」
できない夫 「ところで封印って霧狼は封印できるっけ? 2ターン必要か?」
結月ゆかり 「ああ、霊界のCOで麒麟があったというのならばもうそこは確定で見て良いかと」
霧雨魔理沙 「まだ狼いるよな。
吊りきりの心配はせずPHPを吊っておこう。」
女神 「PHP・・・あなたは追放しなければなりません」
モノガール 「ということは霧狼も確定かな?」
できない夫 「じゃけんPHPにCO聞きましょうねー」
マリア・C・イヴ 「あぁ、それでは
それではPHPを吊りましょう」
PHP 「こいしよ…見事な引きなり…我が与えた役職…喜ぶがよい…」
隼鷹 「ひゅーっ! んじゃPHP吊ってゴーゴー!」
結月ゆかり 「魂ですか?
女神さんが封印師かどうかですけども>こいしさん」
女神 「ほう、こいしさん、あなたは祈りが通じたようです
封印しで合っていますよ」
できない夫 「お、女神とラインが繋がるか?>古明地
蘇生を当てたらそれとなくごまかしておけ、占い先を」
できない子 「合ってるのか(震え声)>魔理沙」
霧雨魔理沙 「霊界メモ
3朝 蘇生:おやつ蘇生失敗

魔神は麒麟CO、モノクマ逃亡を萌える前に言ってた」
隼鷹 「麒麟であってる?>魔人のCO」
古明地こいし 「イエス!アイアム!(魂)」
服部全蔵 「女神、CO。」
マリア・C・イヴ 「できない夫残ってるならルーミアは1日おき
そうでないなら、ルーミア吊りと思いましたが
葛の葉帰ってくるんですね。」
ルーミア 「おはようなのかー。

モノクマが萌えてる以上
できない夫夢なら私の1は風来人が濃厚なのかー

魔神は逃亡かなにかなのかー。」
モノガール 「魔理沙が蘇った!?」
霧雨魔理沙 「霊界で魔神が麒麟CO、あってるぜ」
結月ゆかり 「おや、お帰りなさい>魔理沙さん」
隼鷹 「ひゃぁ!>蘇生」
できない夫 「ナイス蘇生」
古明地こいし 「一日目
理由
PHPの女神パネェ(唖然)
これは感謝を示して別のところ
なんか敵対してそうなところ
占う必要がありますね……

二日目
理由
麒麟とか超つえぇの来たwwwww
はっ、魔神が麒麟ってことがPHP
人外なんじゃねこれ?初日理由的に
なんか吊れそうな気しないし占っちゃうぜ

三日目
理由
キリィィィィイッィィィン!!
一発で死んだぁぁぁぁうわぁぁぁぁぁ!!
お前の意思は私は引き継ぐ!
きっとあれだ、女神ぐへぇぇへへへってそこに
逃亡したんだろ?わかってるって、わかってる。
だからそこ占ってあげるよ!」
PHP 「我はPHP…魔理沙よ、よくぞよみがえった…」
服部全蔵 「おはようさん。
魔理沙復活たぁ、良いな、おい。」
できない子 「ファーwwwwwwwwww>魂占い」
女神 「朝です
神の天啓を聞いた結果間人逃亡死が一番ありえるかと」
できない夫 「3夜
なんかマリアが他人事っぽいけど、ルーミアがどっちでも繋がりなさげ
結月も、まぁいいか。噛み先を吟味してたっぽい印象があるので隼鷹
狼なら占い師を探すのは当然だからな」
モノガール 「おっはよー」
結月ゆかり 「ゆかりさん吊りたい位置としてルーミアを挙げてるんでそこ●自体はすんなり来る位置ではあるんですよね。
月並みな言葉ですが死体がどうなっているか」
できない子 「!?>魔理沙蘇生」
古明地こいし 「魂の占い師CO 魔神 『麒麟』  PHP 『霧狼』 女神 『封印師』」
できない夫 「占い師CO。隼鷹○」
できない子 「おはおゆゆううやあ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
モノクマさんの遺言 うぷぷぷぷ
淫夢ちゃんさんの遺言 共有系CO、護衛制限なし。
相方は自分がヤバいと思ったら出るんじゃないかな
相方の判断に任せますよ
……とか思ってたら相方死んだんですがそれは
相方は魔理沙姉貴で合ってますよ

3日目夜更新
淫夢ちゃん は無残な負け犬の姿で発見されました
(淫夢ちゃん は人狼の餌食になったようです)
霧雨魔理沙 は生き返りました
ルーミア は 淫夢ちゃん に狙いをつけました
できない夫 は 隼鷹 を占います
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルーミア(人狼) 「噛みは露出してる私がやるのかー。
亡霊とかもありうるし。」
PHP(人狼) 「とりあえず頑張って用意しますが()」
モノガールの独り言 「仙狼騙りでLWとか面白いかな? >GM」
隼鷹の独り言 「あ、占い先指示とかでてねぇwww」
PHP(人狼) 「ニートCOじゃダメですか(震え声)」
できない夫の独り言 「葛の葉は「魔が言を付与しない」ことが真髄だと思うんだ」
マリア・C・イヴ(人狼) 「PHPさんは、狩人日誌とか準備できますかね」
服部全蔵の独り言 「できない夫の反応見てると噛まれる気はしねーし、露出しないこと優先。」
マリア・C・イヴ(人狼) 「まだ、ルーミアが死ぬには早い
明後日占いCO予定」
できない夫の独り言 「にしても、魔理沙の奴。もっと村目の場所に投票すればいいのに
惜しいなお前さん」
服部全蔵 は 風来人 オヤツ マリア・C・イヴ の護衛に付きました
できない夫の独り言 「◇淫夢ちゃん  「おはよう!
……魔理沙姉貴占われてる!?
相方は魔理沙で合ってますよ」

これで早とちりしちまったのが惜しいな
まぁ潜っても噛まれるとは思うが」
PHP(人狼) 「ふむ、まあ占い師が夢主張も十分可能だな、まだ
淫夢噛むか」
淫夢ちゃん(共有者) 「とりあえずログ読んでいきますよーイクイク」
マリア・C・イヴ(人狼) 「私としては、共有噛んで欲しいんですがね」
PHP(人狼) 「…モノガールがいるし(震え声)」
淫夢ちゃん(共有者) 「初っ端から共有孤軍奮闘とか、で、でますよ(弱音)」
できない夫の独り言 「おのれモノクマ。あと1日早く萌えていれば」
結月ゆかり(妖狐) 「まあ、葛の葉を噛んでくれたのは有り難いですね」
モノガールの独り言 「というか鍋初心者に厳しすぎんだよぉ!
あたし、基本鍋はGMとして参加する系なんだよぉ!!」
古明地こいし は 女神 を占います
ルーミア(人狼) 「お、おう。LW頑張れなのかー>PHP」
できない夫の独り言 「あとは実際に魔理沙噛みかどうかをもう少し待つべきだったかしら」
服部全蔵の独り言 「できない夫は噛まれたら真コースかなぁ。」
PHP(人狼) 「…さて、どうする?もうできない夫噛んでしまうか?」
淫夢ちゃん(共有者) 「置いていかないでよお!」
女神の独り言 「魔人逃亡者やぶんやという可能性が抜け落ちていた」
隼鷹 は 霧雨魔理沙 に蘇生処置をします
ルーミア(人狼) 「マジンガーが逃亡とかの可能性もあるけど。」
モノガールの独り言 「どうしたら噛まれるのか先生、教えてください!!」
できない夫の独り言 「さて。狩人がいるなら護衛を期待するだろ
明日が平和なら勝ちコースだな」
隼鷹の独り言 「ヒャァ! 我慢できねぇ! 蘇生だぁ!」
服部全蔵の独り言 「うーん、魔理沙は守れたな、これ。」
マリア・C・イヴ(人狼) 「大変困りましたね
私は餓狼だと言っているでしょう」
できない子の独り言 「ファファファwwwwwwwwwwwwwwwww」
ルーミア(人狼) 「2真とか勘弁して欲しいのかー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
モノクマ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
マリア・C・イヴ0 票投票先 1 票 →モノクマ
できない夫0 票投票先 1 票 →モノクマ
淫夢ちゃん1 票投票先 1 票 →モノクマ
結月ゆかり0 票投票先 1 票 →モノクマ
モノガール0 票投票先 1 票 →モノクマ
隼鷹0 票投票先 1 票 →モノクマ
モノクマ12 票投票先 1 票 →淫夢ちゃん
できない子0 票投票先 1 票 →モノクマ
PHP0 票投票先 1 票 →モノクマ
古明地こいし0 票投票先 1 票 →モノクマ
ルーミア0 票投票先 1 票 →モノクマ
服部全蔵0 票投票先 1 票 →モノクマ
女神0 票投票先 1 票 →モノクマ
マリア・C・イヴ は モノクマ に処刑投票しました
隼鷹 は モノクマ に処刑投票しました
ルーミア は モノクマ に処刑投票しました
女神 は モノクマ に処刑投票しました
PHP は モノクマ に処刑投票しました
淫夢ちゃん は モノクマ に処刑投票しました
できない夫 は モノクマ に処刑投票しました
できない子 は モノクマ に処刑投票しました
古明地こいし は モノクマ に処刑投票しました
モノガール は モノクマ に処刑投票しました
モノクマ は 淫夢ちゃん に処刑投票しました
結月ゆかり は モノクマ に処刑投票しました
服部全蔵 は モノクマ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
隼鷹 「(何がつくんだったかは忘れてるらしい)」
古明地こいし 「そんな問題で僕たちは絶望なんかしないぞ!(CV緒方」
モノガール 「呪殺だったら爆笑 >モノクマ」
服部全蔵 「できない夫は明日生きてるか死んでるかで考えりゃあいいよって感じかな。」
PHP 「魔神は逃亡失敗の逃亡者系もありえるな…
逃亡失敗とは信仰が足りん」
できない夫 「淫夢は今夜の俺の占い先を投票で示してくれ
超過時間を1分くらい使って探していいぞ」
できない子 「・・・魔理沙噛みの逃亡死
答えてはあげる」
隼鷹 「なんかがついて魔理沙アレが狼にばれたらそりゃあ噛むもんなー>全蔵」
女神 「まあ他に占いがいて銃殺の可能性は一応ありますが
基本まりささん噛みでみましょう」
マリア・C・イヴ 「まぁ、ならばモノクマ吊り。
ルーミアとできない夫は、お互い喋り合えば良いと思いますよ
話し合いは大事です。 殴り合いとも言いますが」
結月ゆかり 「投票外しだけで狼視点葛の葉断定は出来ないと思いますから」
淫夢ちゃん 「本当に呪殺って線もあるんだよなぁ……」
できない夫 「お前さん視点じゃそうだ>ルーミア

精神鑑定がいるなら、俺に投票できる間に鑑定を頼むだろ
明日の昼だと死んでいるかもしれないしな」
できない子 「兄さんの占い結果見たけど風来人○なのね
何か庇ってると思ったら
で、ルーミア○と」
モノクマ 「さて、問題です、
2人の本当の死因は何かなあ?」
モノガール 「指定了解!」
PHP 「と、書いているうちに早速萌えているな…
信仰が足りんぞモノクマよ…」
結月ゆかり 「はい、噛みですね>魔理沙さん
となると魔神は別の死因ですか」
モノガール 「アイエェェエエエ!?なんかあたし、指定されかけてる!?」
女神 「さあモノクマよ、ハイクを読むのです」
マリア・C・イヴ 「あ」
服部全蔵 「と、なると魔理沙噛みの可能性もそこそこあるな。」
モノクマ 「じゃあ、できない夫君を噛むかどうかは任せるねー」
できない夫 「俺は真夢不明だが、鑑定はしない方針で行くだろ
俺が噛まれる分には、確実にいる真占い師が生きるわけだしな」
ルーミア 「って、モノクマ萌えてるのかー。」
淫夢ちゃん 「萌えたのでモノクマ吊り」
マリア・C・イヴ 「まぁ、別パターンはモノクマが萌えたら考えるで良いです
モノガールさんは、発言芳しくないなら
かなり吊りたい位置のまま」
PHP 「いや、屑の葉に投票された人外が呪殺主張をしているという主張だろう、COを見るに>モノガール」
モノクマ 「うぷぷぷぷ
いやぁ、うまくいったよ!
楽しいよねえ!」
モノガール 「OK >投票セット」
古明地こいし 「希望は絶望なんかに負けないんだ!!」
ルーミア 「葛のは呪殺を考えるなら

できない夫夢で風来人が狼なのかー?
それなら納得いくのかー。」
淫夢ちゃん 「たくさん発言してもモノクマが萌えなかったらモノガール指定、
発言が少ないか萌えるかしたらモノクマ吊りで」
結月ゆかり 「うーん?
昨日風来人○は無いって言ってたのに持ってるんですか?>できない夫」
隼鷹 「オタッシャデー!」
できない夫 「よし、モノクマ吊りだな」
古明地こいし 「こいつ偽だ、吊ろう!!」
女神 「モノクマよ 萌えてしまうとは なさけない」
服部全蔵 「>モノクマ
お疲れ。」
できない子 「落ち着いてモノクマに投票をセット
いいね?」
隼鷹 「ああ、なるほど>風来を庇ってた感」
モノクマ 「占い師も出ちゃって絶望的―!!」
できない夫 「COした理由は

1.俺が噛まれるなら占い師は噛まれない
2.占い先を分けることで無駄占いを防げる

以上だ」
服部全蔵 「しっかし噛み死で遺言残せない職ってなるとブン屋ぐらいだろうけど。」
モノガール 「あっぁ、そうか、葛葉に投票されてたのか。ごめん忘れてた」
できない子 「あっ」
モノクマ 「うぷぷぷぷ!
絶望を楽しんでもらえたかな!?」
モノクマ 「アオォーン・・・」
できない夫 「1夜
できない子をいやらしい目で見ているから
こんな危ないヤツをない子の隣に置けるか、許せん

2夜
俺が夢ならいいのにね、あるいはアイツが狂人とかその辺
投票を外す魔理沙は葛の葉ありそうなので保留して、ルーミア魔神辺り
魔神は指定が飛んできそうなので中途半端にイイことを言ってるルーミア」
古明地こいし 「閻魔が偽なら逃亡死は普通にあると思うよ。ちょっと閻魔の主張
の内訳を考えてしまったら苦笑してしまっただけさ>服部」
PHP 「ククク…魔神は遺言が無し…つまり遺言を残せぬタイプの役職だったか
情けない…」
女神 「ほう、魔人は人外では見ないと>できない夫」
できない夫 「俺が「魔理沙占いじゃない占い師CO」をしておくだろ

風来人○>ルーミア●(真夢不明)

今夜は共有の投票先を占う」
結月ゆかり 「灰の中だとモノガールとかルーミア辺りを吊れば良いんじゃ無いかなあってゆかりさんは思います」
隼鷹 「ん? ・・・あ、魔人の遺言無かった」
モノガール 「ん?できない夫はモノクマが萌え系の騙りだと思っている、でOKなん?」
マリア・C・イヴ 「まぁ、一応魔神が人外とてルーミア視点あるのでしょうが
とりあえず1COの司教は別段そこまで信用するものでもありませんからね
ただのグレー扱いかと」
できない子 「モノクマ投票されてるから発言増やして」
できない夫 「よし、情報を増やすわ」
モノクマ 「まあ、ボクは適当に発言するけどね」
服部全蔵 「まー、閻魔が萌えないのならば、魔理沙銃殺した奴が居るってことだ。」
女神 「これが神の思し召しということです
ふむ、魔人は遺言がありませんね 神なのに情けない」
隼鷹 「うーん、魔理沙なんて投票外してるところ占い位置じゃないと思ってたんだがなぁ。」
ルーミア 「流石にそれは辛いのか・・<魔理沙葛の葉で呪殺」
モノクマ 「ん、発言?」
できない夫 「モノクマが萌えるかどうかをちょっと見て見るだろ」
結月ゆかり 「魔神さんは遺言無し。
これで魔理沙さん呪殺というのはちょっとどうにも」
できない子 「ぐわあああああああああああ>相方合ってる
落ち着け、落ち着いてCVのぶ代の数を数えるんだ
1,2」
古明地こいし 「とりあえずモノクマ!発言頑張ってみようか!しょうがねぇし!」
服部全蔵 「と、思ったら閻魔がそう言ってたな。」
できない夫 「情報を増やすべきか否か」
淫夢ちゃん 「モノクマはとにかく発言しまくって、どうぞ」
服部全蔵 「逃亡死と噛みとかは見ないわけ?>銃殺言ってる人達」
PHP 「貴様には信仰が足りなかったのだ…魔理沙よ
ところで魔神は何故遺言が無いのだ?」
モノクマ 「ま、絶望的だよね
ここからがんばらないとさ」
モノガール 「って葛葉かーい!!!絶望的すぎぃwwwwww」
古明地こいし 「魔理沙占いとかwwwwえ?まじでwww?」
できない夫 「人外1、か。お前さん視点だとGMか風来人ってことだな
覚えてはおくだろ」
マリア・C・イヴ 「いやいやいや、狂人かもしれないっぽい投票は結構あったんでしょうが
占う人いちゃんですかね!?」
淫夢ちゃん 「おはよう!
……魔理沙姉貴占われてる!?
相方は魔理沙で合ってますよ」
隼鷹 「し、真占い生存してるし(震え)」
服部全蔵 「まあ、モノクマは喋りまくればいいよ。」
ルーミア 「ここまでの死体


初日
無残 GM オヤツ(天人?)
吊り 風来人(素村CO)

2日目 
無残 朝の死体」
結月ゆかり 「……葛の葉ですか?
いやなんか投票独り浮いてるなあとは思ったんですけど」
モノガール 「呪殺wwwこれでとりあえずGMだけが占い師とかいう感じではないのがわかるね!!」
PHP 「そして魔理沙よ…屑の葉を与えてやったというのに呪殺されるとは情けない…」
できない子 「アアアアアアアアアアアアアアアア>葛の葉呪殺」
古明地こいし 「ほうほうほう」
できない夫 「……いや、さすがに魔理沙を占うのはないだろ?>占い師」
女神 「・・・まりささんは信仰心が足りなかったようです(震え)」
できない子 「アッアッアッ>葛の葉遺言」
モノクマ 「あーあ、占い師は絶望的―」
マリア・C・イヴ 「・・・・っえ >呪殺」
隼鷹 「アイエエエ!?>葛の葉呪殺っぽい」
できない夫 「女神とか魔神とかややこしい上に発言傾向が似ているでござる
村人に優しくない世界なんて……どうなんだ」
古明地こいし 「おはようございまむ!!」
結月ゆかり 「16人16票で古系は無し。
村人表記COで人外っぽいっていう意見割りとゆかりさん初めて見た気がします」
服部全蔵 「おはようさん。」
できない子 「おはよう!」
モノガール 「おっはよー」
ルーミア 「司教なのかー!
現在死亡してる人外は 1
なのかー」
PHP 「くくく…さあ、朝が来たぞ」
女神 「朝です・・・神に祈るのです・・・」
モノクマ 「閻魔CO
魔理沙 呪殺
魔陣 噛み」
マリア・C・イヴ
                   r{丶、              ノr ヽ,
                    {:| i ミー、- 、 ...,... _ -- ‐ァ 7/ }:∨|
                 ゙|  !:  ヽ ヽ〃彡´  -// /  ハ.:.:ノ
                    {!   、  ∨´ . ´ 〃 ′′ ∥;.゙i   正直、村COが出たから
                     ハ 、 丶 //   /  .′   {:Λ:|
                     レ}、\ `′/ /.′ .′/ 〃ハ |v
                  |!゛ }、 {. ′〃   ′/ / ' } {    で人外臭いというのは私は賛同しません
                   }l !  V   ′ .′ .′′イ ′}  '
                ィーリ } / /   i  . /く | {ノノ ; イ
               /⌒{::/'ノ "  ′  |  {イ/.ィ⌒:<ノ リ _  _    何でもあるので。
           .イ: : : :/ ´ / ′ .′   l  {: : : : : : : : -`<ヘ〈「| |ヘ
            〃; ィ´" ´   //    !    l :{ : : /´: : : : : : : :`レ}:'、:. :ヽ
         ///  j   ′     l      l {:/: : : : : : : : : : :/: : : : : :丿  今まで風来人の発言で
        /     ′ ′|   ¦       {: : : : : : : : : : :/: : : : :/
     -‐/      /   ' ¦   |     ゛ {: : :、 : : : : /:_:: -┐´
 /    ′    /  /  .′ |    l      、 {-‐个rー ´ ̄ :i  |   怪しい位置あったなら別ですが >モノガール
〃   /       ′ .′ ノ!  l:|    l゛     ゛、 : : } l       ! |
′/ /      /  / /.:|  l:.|    l: :\     \:.} |     !  |、
/  .′     .′〃: : : : :|   |: l    l: : : :\     ` ̄\  l   |;ハ  あと、魔理沙さんは相応のCOあるものとして
   ,i      l /: : : : : : |   !: :l    l : : : : :\         \:{-‐:彡:.:|
                                          中盤には話聞きたいですね
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霧雨魔理沙さんの遺言 葛の葉COだ
私占いなんていないよな?

投票先メモ
モノクマ(閻魔CO)>
風来人さんの遺言 信じて送り出したできない子が……。(小声)>できない夫
魔神 は無残な負け犬の姿で発見されました
(魔神 は逃亡に失敗したようです)
オヤツ の蘇生に失敗したようです
霧雨魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
(霧雨魔理沙 は人狼の餌食になったようです)
モノクマ は 霧雨魔理沙 に狙いをつけました
できない夫 は ルーミア を占います
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧雨魔理沙(共有者) 「あ、遺言に私の名前は書かなくていいぜ。
「相方は自分がやばいと思えば出るだろう」って書いといてくれ。」
PHP(人狼) 「忘れていたな」
モノクマ(人狼) 「120ぐらいで噛んでみるね」
結月ゆかり(妖狐) 「しかし希望しても素の狐しか渡されませんね」
淫夢ちゃん(共有者) 「分かりました。発言の薄いところ指定していきますよーイクイク」
モノガールの独り言 「あたしは狂人特攻や狐特攻をすると高確率で役職か狼に当てちゃうんだよぉwwww」
PHP(人狼) 「なるほど>ルーミア」
PHP(人狼) 「我は霧狼なり…
吸血鬼いないんで占われたら死にます()」
ルーミア(人狼) 「投票されたら魔が言が付くのかー>PHP」
マリア・C・イヴ(人狼) 「そりゃ、狼とか狐、恋人が葛の葉に投票されたら魔が言付きますし」
結月ゆかり(妖狐) 「基本的に魔法使いで良いでしょうか」
モノクマ(人狼) 「魔が言ついてるんだよ!」
淫夢ちゃん(共有者) 「なるほど」
マリア・C・イヴ(人狼) 「ルーミアは、別にCOしなくても良いとは思いますが
そこまで怪しい位置とは思いません」
モノクマ(人狼) 「ま、下手に村位置を量産されなくてよかったかな」
霧雨魔理沙(共有者) 「発言の多い位置は私が投票で確かめる、葛の葉の特殊能力でな。
だから発言が薄くて怪しい位置を指定していってくれ。」
PHP(人狼) 「しかし…なぜ魔理沙が屑の葉だと分かった?>モノクマ」
ルーミア(人狼) 「鋭が先に堕ちるのはちょっと辛いのかー。
餓はマリアだっけ?」
モノガールの独り言 「←村役職語りが苦手(霊能系を除く)」
できない夫の独り言 「何を狙うべきか、だな
呪殺か、それとも狼か。狂人を占うのは避けたいところだ」
モノクマ(人狼) 「ボクが噛むね
ブン屋とかいたらあれだしね」
女神の独り言 「キャモン仕事」
モノガールの独り言 「狩人か!狩人ぶるのか!!」
女神の独り言 「なので失敗結果とか噛まれ蘇生とかがんがん出てくださいね」
PHP(人狼) 「魔理沙よ…信仰が足りぬな…>葛の葉」
モノガールの独り言 「急募:噛まれる方法」
ルーミア(人狼) 「あー、じゃあ魔理沙即噛みで言っておくのかー。」
マリア・C・イヴ(人狼) 「・・・ぶっ
んじゃ噛みで」
モノクマ(人狼) 「うーん
じゃあ、このネタは次の機会に回そうかな、残念!」
できない夫の独り言 「 |
 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | ( ●)(●)
 |   U| |
 |   __´_ノ
 |   `ー'´}
 |      }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
隼鷹の独り言 「ちょいとトイレへ・・・」
できない子の独り言 「ファイア」
霧雨魔理沙(共有者) 「閻魔COのモノクマを確認したぜ。
狼狐だったらマガゴトがつくわけだな。」
服部全蔵の独り言 「ま、おやつが後々戻ってくること考えればここだろう。」
女神の独り言 「神の力は尊い物・・・故にめったなことでは使わないのですよ
(灰投票しなかった理由)」
結月ゆかり(妖狐) 「葛の葉では無さげですか。
探偵ならまあといったところ」
できない子の独り言 「ンンンンンンンン」
隼鷹 は オヤツ に蘇生処置をします
マリア・C・イヴ(人狼) 「ふむ まぁ構いません」
PHP(人狼) 「閻魔騙りは難しい…が、それに挑戦する気概…嫌いではないぞ…」
服部全蔵 は 風来人 オヤツ 隼鷹 の護衛に付きました
魔神 は モノクマ の周辺に逃亡しました
ルーミア(人狼) 「発言が振るわなかったのかー。
申し訳ないのかー
明日司教あたりで出てみる予定なのかー」
古明地こいし は PHP を占います
モノクマ(人狼) 「魔理沙、葛の葉だ」
隼鷹の独り言 「まあ、とりあえず天人蘇生からだよねー」
モノクマ(人狼) 「フフフ…ちょっと面白いことを思いついちゃってね
失敗したらごめんだけど、少し面白いこと
天人が帰ってこなかったとき用かな?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
風来人 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
マリア・C・イヴ0 票投票先 1 票 →風来人
できない夫0 票投票先 1 票 →風来人
淫夢ちゃん0 票投票先 1 票 →風来人
結月ゆかり0 票投票先 1 票 →風来人
モノガール0 票投票先 1 票 →風来人
隼鷹0 票投票先 1 票 →風来人
魔神0 票投票先 1 票 →風来人
モノクマ1 票投票先 1 票 →風来人
できない子0 票投票先 1 票 →風来人
風来人14 票投票先 1 票 →PHP
PHP1 票投票先 1 票 →風来人
古明地こいし0 票投票先 1 票 →風来人
ルーミア0 票投票先 1 票 →風来人
霧雨魔理沙0 票投票先 1 票 →モノクマ
服部全蔵0 票投票先 1 票 →風来人
女神0 票投票先 1 票 →風来人
女神 は 風来人 に処刑投票しました
ルーミア は 風来人 に処刑投票しました
隼鷹 は 風来人 に処刑投票しました
結月ゆかり は 風来人 に処刑投票しました
モノガール は 風来人 に処刑投票しました
霧雨魔理沙 は モノクマ に処刑投票しました
マリア・C・イヴ は 風来人 に処刑投票しました
淫夢ちゃん は 風来人 に処刑投票しました
魔神 は 風来人 に処刑投票しました
服部全蔵 は 風来人 に処刑投票しました
モノクマ は 風来人 に処刑投票しました
古明地こいし は 風来人 に処刑投票しました
PHP は 風来人 に処刑投票しました
できない子 は 風来人 に処刑投票しました
できない夫 は 風来人 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
霧雨魔理沙 「◇モノガール 「村人表記wwwww
いっちゃぁ、なんだけど、すっげぇいきなり人外臭いwww」
えー」
できない夫 「俺を裏切ったな!?>風来人」
ルーミア 「共有の相方について言及する必要はないと思うのかー
本人たちの考えに任せればいいのかー
うかつに共有に触った発言して人外に位置搾らせる方が
めんどうなのかー」
風来人 「ああうん、おやつ○は持ってない。>できない夫
安心しる。」
PHP 「信仰の足りぬものは吊でよい…死ぬがよい」
霧雨魔理沙 「んじゃ私は他の位置に投票しとくわー」
モノガール 「村人表記wwwww
いっちゃぁ、なんだけど、すっげぇいきなり人外臭いwww」
マリア・C・イヴ 「続行しないなら、何のために指定したんでしょうかね」
古明地こいし 「ならば覚悟はいいかフライさん、風に乗って揚げさせて、君のことは
忘れない」
服部全蔵 「村表記か。
じゃあ語りイタチが居なかったことを悔やな。
こっちは人外であることを祈るわ。」
女神 「村人表記、そうですか
あなたは信仰心が足りないようです」
結月ゆかり 「特に続行しない理由もなく>村表記」
隼鷹 「不審者ではないな(天道感)」
淫夢ちゃん 「村表記……ならしょうがないね
続行でいいすか?」
魔神 「ふーん?」
PHP 「風来人よ、貴様は信仰が足りぬようだな…
出直してこい」
できない子 「村表記ェ!
人外目じゃない気がするけどしゃーない」
風来人 「ネタ吊りは神に回して、どうぞ。」
できない夫 「なん……だと……>風来人」
女神 「完全潜伏共有・・・それは神の与えられた鎖でしょう
でなければ潜伏などするはずがないです この村には関係ありませんが」
モノクマ 「ん、そこ指定ね
ネタが多いところっていうぐらいだよねえ」
モノガール 「ま、指定するなら指示に従うよ、あたしは」
PHP 「共有の指定進行か…指定は早目が望ましいぞ」
できない夫 「あ、そこ駄目な気がする>風来人」
霧雨魔理沙 「残り1分、これでダメならグレランか?」
風来人 「村人表記だよオラァ!」
マリア・C・イヴ 「出ないで勝手に吊られる位置にまでなるというなら
こっちは知りませんし、潜伏共有を考慮した吊りは余程じゃないかぎりしません
臭わすぐらいなら出せという話ですし」
できない子 「酷い指定理由を見た気がします!
まあ仕方ないね」
できない夫 「この程度なら共有がすることに初日からケチをつける必要はねぇさ
潜るってことは覚悟をしているってことだろ、そしてメリットを理解しているってことだ」
結月ゆかり 「吊れないなら何でもよくはあるんですけどね>魔神」
服部全蔵 「狼が何かしらの合図に組織票なんてやった場合、結構な票を叩き混まれることもあるしな。
それで共有吊れたら勿体ない。村吊りでも勿体ないんだが。」
モノガール 「んー、グレランで吊られる共有は潜伏力が弱かった、で済ませていいと思うんだけどなー」
魔神 「んで、指定するなら早目にな
遅いと色々gdる」
古明地こいし 「(ホモクセェ共有だなぁなんて言いたくなったけどこいしちゃんは良い子なので
そんなひどいこと言いません)」
霧雨魔理沙 「確定○もいいけど、こんな内訳だと吊り節約したり噛み防いだりできる役職がほしくなるね。
暗殺とか狩人とか毒とか。」
ルーミア 「なら指定展開してもいいと思うのかー
吊りミス1だから見た目ほど余裕はないのかー」
隼鷹 「完全潜伏は(アカン)」
淫夢ちゃん 「初日は勘頼り。
風来さんCOして、どうぞ」
PHP 「ククク…共有複数とは、その共有は我への信仰が足りていたようだな
以後励むがよい」
結月ゆかり 「基本的に2分切ってからの指定ってグダグダになるんでやめた方が良いと思いますよ」
風来人 「そんなご隠居、トイレの中じゃないんですか!>できない夫」
女神 「潜らせるなら指定が良いかと
神の力をお貸ししましょう、それで指定をするのです」
モノクマ 「共有についてはさ、考え方ってのがあるよ?
だから、そこは疑うとか何か言う場所じゃないよ」
魔神 「最近は完全潜伏で不意打ちする共有も多いから慣れた >ゆかり」
できない子 「神は死んだ
口の中で>兄さん」
隼鷹 「鬼陣営がいればよかったのになー程度には信じてないけどね>全蔵」
風来人 「即吊りに決まってるだろいい加減にしろ!>服部全蔵」
できない夫 「神ならいるさ。梅干しの中にな>うっかり八べえ」
PHP 「淫夢よ…共有の席の気分はどうだ?心地よいだろう…」
服部全蔵 「ま、潜らせるなら指定した方が良いぞ。」
結月ゆかり 「基本的に共有って出るの遅らせてもあんまり良いことはないとは思うんですよね。
相方を出さないなら指定ですけども」
マリア・C・イヴ 「あぁ、出ましたか
相方いるんです? 正直それ言うなら潜らせないで出して良いと思いますが
どうしても気になる位置発見したから指定したいというのならば止めませんがね」
霧雨魔理沙 「相方生存?
おいおい、発言薄い位置が相方で吊れちまったとか勘弁してくれよ。
それともグレランやめて指定にするのかい?私はグレランする気満々だったんだけどなー」
服部全蔵 「共有複数は良いな。
確定村は多いほど強い。」
風来人 「まだよわい。>共有者」
淫夢ちゃん 「んにゃぴ、指定していきますよ」
古明地こいし 「そういう言い方をするってことは潜らせるってことなのかな?>インちゃん」
女神 「共有も了解いたしました
神の導きどおりに村を救うのですよ」
できない夫 「証明のできない役職に撤回したらアレだけどな
初手から騙るってのは、強力な騙りを封じるってことでもあるだろ」
隼鷹 「グレランするなら相方もCOした方がいいと思う(粉ミカン)」
モノクマ 「じゃあ、天人は後で帰ってくるとして…その時にまたあたらしく指導者が出てkるだけさ」
モノガール 「おー、相方がいる共有だったのか、よかったよかった」
できない子 「共有者出てグレランかな?と思ったらこれ7吊りなってない?
っと共有出たけど相方いるならグレランになるんだ」
PHP 「闇鍋とPHPを信ずるのだ…さすればいつか魂の占い師も引けようぞ…」
服部全蔵 「みんな閻魔に寛容だな。
でもこれだダーマCNとアイコンだったらどうなっていたことやら。」
魔神 「相方潜らせるなら指定のほうがいいとだけ >淫夢」
結月ゆかり 「運命を変える!ってどこかの王様も言ってましたしね」
隼鷹 「ま、天人真なら飽和が近くなれば戻ってくるしね」
マリア・C・イヴ 「共有はどうしましたかね
6回ぐらい夜に発言していた記憶がありますが」
風来人 「神を信じたことなんざ一度もねえよ。」
できない夫 「まぁな、その情報はあってもなくてもって感じだし……>閻魔
お前さん自身の信頼に関しちゃ、今のところプラマイがややプラスってくらいか」
女神 「閻魔ですか
あちらのほうの神ですね
まあ様子見でいいでしょう 」
古明地こいし 「というかきょーゆーさん出てこないの?」
淫夢ちゃん 「というわけで共有です(迫真)
相方は生存、私は護衛制限なし」
風来人 「惚けるのとうっかりするのと言い訳は得意だからな。>できない夫」
霧雨魔理沙 「閻魔はんー、どうだろうな。ちょっとCOが遅いような気もするが。
まぁあって狐位置だし急いで吊る位置じゃないな、この村で今怖いのは狼だ。」
モノガール 「あぁ、そういうことね >こいし」
できない子 「で、はい
マリア・C・イヴ 「まぁ、別に言わなくて良かったんじゃないでしょうかねとは思いつつ
現状ではあって狐だろうというCOなので
放置でよろしいかと」
ルーミア 「閻魔が居たのかー。
なら帰ってくるのを待てばいいのかー」
モノクマ 「ごめんごめん、なんかちょっと書いた文章が…きえちゃてさ・>隼鷹」
結月ゆかり 「天人結果で閻魔が出るかどうかについては好みの分かれる域だとゆかりさんは思います。
個人的にはグレランに自信がないなら出ても良いかな、くらい」
隼鷹 「おう自分で言うかおう>他見ていこうか>モノクマ」
魔神 「まあいいんじゃないかな? 出るなら出るで
悪いことじゃないとは思うよ >隼鷹」
PHP 「ククク…希望が通らぬものは、我への信仰が足りぬのだ
未熟者よ」
服部全蔵 「閻魔ねぇ、扱いに困るが。
このCOの仕方って人外でもできるんだが……まあ放置で良いんじゃね?」
モノガール 「閻魔了解。
狐の天人騙りではないのかな?モノクマが騙りじゃなければ」
古明地こいし 「ああいや、第三陣営が出ないオプションで合戦って言うじゃない?
それそれ、狼狐だけだし>モノガール」
風来人 「二発言目であるため、モノクマ君の閻魔COをそれなりに承認する。」
女神 「皆様怒るのはおやめなさい
そう、これは全て神の導きなのです
運命を受け入れるのです・・・」
モノクマ 「じゃ、他視ていこうかあ」
できない子 「オヤツが天人把握
んでモノクマが閻魔と
五日目に考えればいいんだ」
できない夫 「2回もすっとぼけ続けるとは、気に入っただろ>風来人
お前を吊るすのは最後にしてやろう」
隼鷹 「うん、出るならもっと早くして欲しかったっていうかこれだけ経ったら潜って良かったっていうか>モノクマ」
ルーミア 「天人がいるのかー。
呪殺だとしても5日目に考えればいいのかー。」
魔神 「魔神の怒り >PHP」
モノガール 「ん?合戦じゃなくて天道だよ >こいし」
PHP 「天人に共有よ…我が与えてやった役職の気分はどうだ…?」
淫夢ちゃん 「おはようございまーす!」
結月ゆかり 「オヤツさんが天人遺言。
まぁいつも通りに五日目まで待てば良いかと。人数半分帰還は多分無い…ですよね?」
モノクマ 「だからさ、そこ狐はないんじゃないかなあ?」
服部全蔵 「ま、戻ってきたら真でいいよ。
それだけのこと。」
風来人 は PHP に処刑投票しました
霧雨魔理沙 「マリガン>PHP」
できない子 「は?>PHP」
風来人 「風来人はPHPに処刑投票しました。」
古明地こいし 「どーもPHPさん、天人がいるようですね、アリガトウゴザイマス」
モノクマ 「閻魔CO
オヤツ 天に帰ったよ!」
できない夫 「おう、お土産を期待しているだろ>おやつ
帰ってこなかったら、その時は残り1匹ってわけだな」
できない子 「おはよう
行ける行ける
8吊り7人外だけど行けるいける」
隼鷹 「(げしっ)>PHP」
女神 「天人と・・・
ふむ、神の力を体験するのもいいでしょう」
服部全蔵 「アイエー、テンジンナンデーでも言えば良いのか?>遺言」
霧雨魔理沙 「天人遺言?
真なら村の票が1個少なくなるってことじゃないか。」
ルーミア 「おはようなのかー


8吊り7人外であんまりよゆはないのかー」
マリア・C・イヴ 「天人でしょうか
まぁ、今は気にしてもしょうがないでしょうね。 基本的には真には見ますが」
モノガール 「おっはヨ~

そして天人なのかな?」
古明地こいし 「それじゃCOがあったらよろしくおねがいするよー」
隼鷹 「ほむ天人。」
PHP 「さあ、我が手ずから役職を配ってやったぞ…喜ぶがいい」
魔神 「そして天人か 5日目に期待すればいいな」
風来人 「呪殺かな?(すっとぼけ)」
服部全蔵 「おはようさん。
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営5 妖狐陣営2
8吊り7人外と。ま、無理ゲーではないが気合いいれねーとな。
んじゃ、共有はCO頼むぞー。」
結月ゆかり 「出現陣営:村人陣営11 人狼陣営5 妖狐陣営2
はい、おはようございます。
随分シンプルな内訳ですが8吊り7人外。気合い入れていきましょう」
古明地こいし 「おはよーっと、合戦村かな?」
女神 「あなたがたの祈り・・・届きました」
隼鷹 「あさー! 共有の囁きも6回? くらいあったね。ちゃちゃっと出てきて良いんじゃねー?
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営5 妖狐陣営2」
できない夫 「おはようさん。共有者がいるな」
モノクマ 「オマエラ、おはようございます!
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営5 妖狐陣営2
シーンプル・ザ・ベストー!
でも、8吊り7人外で、余裕はあんまりないよねえ。
共有はさっさと出てきて、指揮を執っていけばいいかな
風来人 「合戦村かな?(すっとぼけ)」
霧雨魔理沙 「おはようさんっと。
吠えが15回、3Wか4Wくらいいそうな雰囲気だな。
共有はCOしてくれ、グレランでうっかり吊ってしまうと大変なんだぜ?」
マリア・C・イヴ
/, ´ |: : : : : |-     ̄       /         \
}′ Λ: : : :リ\ ミ    _  -/     {  ノ     〉、
〉´ ̄: : ヽ: :.':===:.、 ミ   _ 〃    /ー= _´   _ ノ´ ハ
: : : : : : :_:.:.:、: : : : : : \ ` ー=/ /    !   Λ ̄ /   ,ハ
 ̄ 、´∨: : :lー-===―、  { /    Λ  /  、/   /  }   おはようございます
   ∨ : : : |_ノ     ′丶‐∨.\  { 丶ー= '"_ _ /'′  ハ
    | : : : /     ! ′  i〃⌒、ヾ 、 \ \、二ミヽ /'′/ }
    ヘ: : /     イ ′.  :{ 、' r' 〉 ノ  ̄ ヽ ゙! |i!>'__ / /} ′  共有はいらっしゃる模様
     ∨゙r-=r彡 l ′. / ヽヽ 、:∨_ <´   丶t! イ' /ノ ′
       }l  l  . ′ : /  \`ヾ' 、`> ヽ   ` <_ ´
.       }!  l .′ '′ .  i`ァ、 ` ー '′     .′
        |   !/ /     . l |' ゛
        |   ! 〃     . |   、      ´,′      まぁ、ミスは基本1とはいえ
       | :/〈       、 {     :  .   i、ヽ
       |  'ゝ、 、___   丶     i ̄lニ  =丿ノ
       | :  /:.:.:.:.:.:.:.> 、 \  :! . !     ̄       マイナスではないなら嘆く意味はありませんね
       | ; ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   \| 、 !
      /,l  }:.:.‐-:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   \ 、
.      // l ′!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.=-:.:_:.:.Λ、   \\          CO有る方は早めにどうぞ。
     // j′ }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽΛ゛.    \\..... _
.    // /   :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ!     \\:.:.ヽ
   // /   .:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Λ ',      ヽ=ミ 、:.」
魔神 「村人陣営11 人狼陣営5 妖狐陣営2
共有確認」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
すたー@GMさんの遺言 すたすた
オヤツさんの遺言 アッハイ
天から下るアマクダリします
ドーモ、村の皆=サン
テンジンです
オヤツ は無残な負け犬の姿で発見されました
(オヤツ は天に帰ったようです)
すたー@GM は無残な負け犬の姿で発見されました
(すたー@GM は人狼の餌食になったようです)
モノクマ は すたー@GM に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
隼鷹の独り言 「そういえばこないだの週末、ウチの提督が炭熾して焼き肉やったんだけどー、そんときに酒を飲み過ぎちゃってさー・・・
ん? もう時間切れ?」
結月ゆかり(妖狐) 「頭人も出ないと言うことは何かしらのサポートをしてくれることを期待しましょう>背徳」
モノガールの独り言 「家鳴りとか煙々羅とか土蜘蛛やらせてよぉ!!!」
できない夫の独り言 「いっそCOをするのも有り……か?」
淫夢ちゃん(共有者) 「ああ、了解です
私が共有COですね」
PHP(人狼) 「真面目に騙りどうしようか(」
できない夫の独り言 「遺言はセット完了、と
あとは何を騙るかだな……うーん」
モノクマ(人狼) 「ん、何か勝手にやってたらごめんね」
「◆すたー@GM えー いーじゃない? …だめ?>該当者」
淫夢ちゃん(共有者) 「了解しました!
COは両方でいいですか?」
風来人の独り言 「何かこいつを上手く使う策ないかね、とまあ右上を見てみるも。」
霧雨魔理沙(共有者) 「私は「薬師CO、指定と違うところに投票する」って言うからな。「OK」って言ってくれ」
マリア・C・イヴ(人狼) 「占い日誌
狩人日誌。 色々と準備して仲間囲って噛むのもあり
飽和しそうなら私が噛みます」
モノガールの独り言 「あたしはもうこの役職は経験済みなんだよぉ!!別の狂人役職やらせてよぉ!!」
PHP(人狼) 「蝙蝠陣営がいないため…我にもキツイガ、さしたる問題ではない…」
霧雨魔理沙(共有者) 「んー、適当に指定していくしかないな。
淫夢はサイコロでも振って指定先決めればいいよ。」
「◆すたー@GM 今回は天道OPがついてるわ
どれが出なくなるかは
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/ability.php#partner ここみてね」
古明地こいしの独り言 「いやー、来てよかった来てよかった。うんうん、やっぱり食わず嫌いは
行けないよね!」
モノクマ(人狼) 「噛みはボクがやるね
140ぐらいで噛むよ」
マリア・C・イヴ(人狼) 「吊り8ですから、まぁ悪くない狼数ですよ」
風来人の独り言 「夢共有にもなれやしない。」
PHP(人狼) 「ククク…たまには村が多いのもよかろうぞ…>GM」
オヤツの独り言 「毒希望で何故天人」
結月ゆかり(妖狐) 「しかし『人外希望しかしていないから噛まれる』
というのが未だ以てゆかりさんは理解出来ません」
古明地こいし は 魔神 を占います
モノガールの独り言 「なんで尸解仙やねん、GM!!!(八つ当たり」
風来人の独り言 「潜って狐センサーと化すしかないんだよなぁこいつ。」
できない夫 は 風来人 を占います
古明地こいしの独り言 「これはいいわぁ、最高だわぁ」
服部全蔵の独り言 「8吊り7人外だから、まあ多少はね。」
隼鷹の独り言 「ねー、眠くなってきたんだけどどうしよっかー」
PHP(人狼) 「共有者も出しておいたぞ、村の皆皆よ…」
古明地こいしの独り言 「PHPの女神wwwwwアハハハwwwwww」
できない夫の独り言 「わかってるんだ。そんなうまい話なんて無いって、わかってるんだ」
魔神の独り言 「つーか暗殺はともかく鬼も駄目なんかい 今回いないけど」
服部全蔵の独り言 「共有が隣とかだと安心できるんだがなぁ。」
「◆すたー@GM 出現陣営:村人陣営11 人狼陣営5 妖狐陣営2
ま、まぁ…ねえ?」
ルーミア(人狼) 「狂人1なのかー。
結構つらいのだー」
モノクマ(人狼) 「ん、餓狼いるのかあ
何か面白いライン出来るかなあ」
隼鷹の独り言 「つきつきさん村建て乙乙ー」
風来人の独り言 「紂王です。」
結月ゆかり(妖狐) 「背徳か銀ですか。
…いや、天道故に背徳確定」
淫夢ちゃん(共有者) 「初心者CO
策士です(迫真)」
できない夫の独り言 「うん……まぁ、どうせ萌占い師とかだろ」
マリア・C・イヴ(人狼) 「まぁ、噛みはモノクマに任せるとして」
古明地こいしの独り言 「ファーーーーーwwwwwwwwww」
服部全蔵の独り言 「しかし山立か。」
モノガールの独り言 「だがひとつ言おう」
PHP(人狼) 「我はPHP…今回は霧狼となってみた…」
モノクマ(人狼) 「鋭狼だね、よろしく!」
服部全蔵の独り言 「>GM
村建て感謝なー。」
女神の独り言 「封印!」
「◆すたー@GM GM担当はつきつきよ」
モノガールの独り言 「ひゃっはー!!!」
できない子の独り言 「いや、確かに希望はしたけどね」
できない夫の独り言 「……ほう。なんというか、うん」
隼鷹の独り言 「ウェイ>仙狸」
魔神の独り言 「麒麟とはまたすげえの出たな」
ルーミア(人狼) 「素狼なのかー」
霧雨魔理沙(共有者) 「葛の葉だってさ」
マリア・C・イヴ(人狼) 「餓狼・・・?」
できない子の独り言 「わお」
できない夫の独り言 「嘘だけどな」
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営5 妖狐陣営2
ゲーム開始:2014/09/23 (Tue) 16:40:06
女神 「神に祈るのです(祈ればあげるとはいってない)」
すたー@GM 「チラッ」
隼鷹 「やめれーw>モノガ」
マリア・C・イヴ 「もう迷わない!一気に駆け抜けるッ!
開始よ!」
できない夫 「物心がついてから初めて見た映画はトータル・リコールでした」
マリア・C・イヴ 「1」
モノガール 「多分できない夫と隼鷹が被害遭いそう」
PHP 「それはGMの物だ、残念だな>魔理沙」
ルーミア 「大天狗ならあげるのかー>魔理沙」
女神 「役職がほしければ神に祈るのです」
マリア・C・イヴ 「2」
PHP 「さあ、貴様らの希望を叶えると進ぜようか…
(叶えるとは言っていない)」
女神 「ふふふ、民の前にスガタを見せるなどいつぶりでしょうか」
マリア・C・イヴ 「3」
霧雨魔理沙 「ちょっと魂の占い師を借りてっていいか?>PHP」
すたー@GM 「なんてキャラなの…(ぁAAをみて>ない夫さん」
オヤツ 「ドーモ、ヂ·ニンジャ=サン>全蔵」
隼鷹 「フォースフィールド(蚊帳)」
モノガール 「カオスの気配しかない >PHPとダイスの女神が縦に並ぶ」
マリア・C・イヴ 「4」
ルーミア 「これが俺のヨンサム顔・・・なのかー?>できない夫」
マリア・C・イヴ 「5」
PHP 「ククク…もはやこの村は我と女神によって支配されたのだ…
おびえるがいい、愚かな民よ…」
結月ゆかり 「仮アイコン村ですかね…?」
魔神 「フォースフィールド」
マリア・C・イヴ 「それではカウントしますよ」
古明地こいし 「こころがなんたらかんたらするんじゃー>できない夫」
淫夢ちゃん 「PHPとダイスの女神が縦に並ぶとかこれもうわかんねぇな」
女神 「しょせんアイコンなど女神にとっては仮の姿・・・これでよいのです」
モノクマ 「ちょっとそのAAwwww
霧雨魔理沙 「アイコン決めかねてただけなんだけどな!」
すたー@GM 「大丈夫そうなら
カウントいっていいわよ>マリアさん」
アンブレラ 「アンブレラ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:アンブレラ → 魔神
アイコン:No. 7117 (アンブレラ社) → No. 7 (青)」
風来人 「チェーンソーでバラバラにしてやる。>女神」
マリア・C・イヴ 「まったく、どこに隠れていたのかしら」
古明地こいし 「煩わしい太陽ね!(おはようございます)>フライさん」
ルーミア 「そーなのかー>女神」
すたー@GM 「女神さんはアイコンはそれでいい?」
淫夢ちゃん 「やっぱり終盤で集まる、はっきりわかんだね」
オヤツ 「なん……だと……>できない子」
できない夫 「中の人……?

                 / ̄ ̄\
.              /  「   ヽ\
       /\__.     |  (●)(●) |.      _/ヽ
      /''''''  |     |    |   |      | '''''':::::::\
     |(●),_|_   |   __´_   |    ___|_、(●)、.:| +
       ̄|_ ,,ノ(、|_   |   `ー'´   |  _|_, )ヽ、,,_ .::::| ̄
        |__,rエ|_ヽ        | _|エェ、__.::::::| ̄     +
         \  ̄ヽr |  ヽ     ノ |-rヲ .:::::/ ̄
           ̄,,二.イ__ /ー-..,ノ,、.゙,i -、 ̄i ̄ ̄
           /:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
           /    |  \/゙(__)\,|  i |
          /    >   ヽ. ハ  |   ||」
風来人 「これ俺が確率論さんになるフラグか何かかな?(すっとぼけ)」
できない子 「ダイスの邪神かな?」
アンブレラ 「一気に他人刺しか」
女神 「私 が 神 で す」
モノガール 「一気に来たなぁwwww」
PHP 「優秀なズサが多く、我は感心しておるぞ…
貴様らには覚醒職を授けるとしようか」
女神 が幻想入りしました
すたー@GM 「ええ、あったわねw>夢共有
実際もうひとり夢共有がいてね」
服部全蔵 「よぉ。」
霧雨魔理沙 「私のスピードなら滑り込みなんて朝飯前さ」
淫夢ちゃん 「そうだよ(便乗)」
服部全蔵 が幻想入りしました
ルーミア 「よろしくなのかー」
できない夫 「にゃんぱすー>古明地」
霧雨魔理沙 が幻想入りしました
風来人 「バカっぽい挨拶は良くない。(戒め)」
すたー@GM 「殉教者が初日に噛まれて能力発現したらいいのに(ぁ>モノクマ」
結月ゆかり 「最近GMで何の職に就いた、という情報は明確に中の人情報ですからね。
ゆかりさんあんまり感心しません」
モノガール 「あったあった >GMも夢共有

表示されているのが間違っていないというねwwww」
ルーミア が幻想入りしました
古明地こいし 「やっはろー」
できない夫 「できない夫 さんが登録情報を変更しました。」
PHP 「時間か…では貴様らに割れ手ずから役職を授けるとしよう…」
できない子 「いったいいつからお前が食べ物だと錯覚していた?>オヤツ」
古明地こいし が幻想入りしました
マリア・C・イヴ
.               ハrr. 、 __ _,. ィハ- .,_ __  ィiハ
.               lヽ|l \: :/^'´:/. : lヽ⌒ヽ\: :/:|l /l
.               ヽ. l丶 /. : : / : : /l : : : : : : .\:ノ|"/
.                |l、〉'. : :/. :l: : :l、V! : :l:. :. : l: : ヽj/|l
               ー=/:/. : l.::/l:. :. lヽヽ、ハ_:.l::. l:. :l: :l、|l
.               l: :/. l .::N 、ヽ: 、\ / lハノl:: l: :l \    さて、時間ね
.               l八: :ヽ:l' ャf弌ヽト=- ァテix_,.l:: l:: l
              _,.ノ: lヽ、::lハ 、尨i     尨i, jノイlノ l
=-  _    _,. -=¬二.ィi7. :::「 lハ     '   /ri'jノ : |:: l      皆は準備できたかしら?
 ̄ ̄¨二二二ニ==--ァ'_..:::/ , ノ_,ノ`ヘ   -..- ヽ :lイl:: : :|、::l
二二二二ニニ=-ァア//⌒/ |i :/ :: `ヽ个   _,. イ:ハYl::: : |: >'´ ̄`ヽ、
      _,. -=彡'゙:/.::::!:: ./ : ヾ=- :: :: ::l:::l     l:l: ノイ::: : :| : : ...::::::::::lハ  付いて来れないものは、置いていくわよ?
-= ''" . : : : .: :::,. -l::::::l:::/. : : / :ヽ :: :: :lノl     トl、: l:: , : :| .:::::::::::::::/.:::!
. : : : : : , ′ -'^  ヽr‐ァ. : : /.::::.l --< ,!,. -ュ 丿__,l:::,'. : :|,. ─ 、::/.:::/
: : : :, ′-'^     /l::/. : : /\ノ:〉_   /'゙  -'┐  !:,'. : :/ :: :: :: :.ヽノ
, ′-'^      l::l/. : : /.: :: :V,.-、}'⌒ヽ、  ,.:〉 l:,'. : :/ .: :: :: :: /l
-'^           l/. : : /.:::::::.. :l::::::/⌒ヽ:::l.::/  ,l,'. : /.: ..:::::::://、
.            /. : : /:\:::::::::l:::/.::::::::::}iノニニ Y l. : /l .::::::/:/:ヽ:\」
モノクマ 「そこのGMには殉教者を上げようかな
やーい、勝ち目がないGM-w」
隼鷹 「最近面白かったのは夢共有がいるときにGMで夢共有だったのかなー」
オヤツ 「食べ物で遊んじゃいけません!>できない子」
結月ゆかり 「はいよろしくお願いしますねっと」
できない子 「ふぁー>時間」
できない夫 「ちぃ、まったくなつかないだろ。このオヤツは駄目だな(ポイッ」
すたー@GM 「時間ね
マリアさん以外は投票してちょうだい」
マリア・C・イヴ 「開始前に中の人についての情報を開示するのは感心しないわよ」
かりきん 「かりきん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりきん → 結月ゆかり
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 4891 (結月ゆかり)」
モノクマ 「君こそが絶望だよ!>モノガールさん
素晴らしいじゃないか!」
モノクマ 「うん、銀とか出ないと、わかりやすいというのは確かだね」
モノガール 「←つい最近GMで囁き狂人になった」
かりんぱ 「かりんぱ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんぱ → アンブレラ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7117 (アンブレラ社)」
風来人 「魂は別になきゃないで良い。」
すたー@GM 「どうも (魂もらってにこにこ>PHP」
モノガール 「いや、それも面白いのはわかるよ >隼鷹
でも、自分がやりたい役職がGMに来たときとかマージ泣けるじゃんwwww絶望的だけどさぁwwww」
オヤツ 「魂の占いかな>GMが持っていった役職」
できない子 「初日霊界行き不可避>PHP」
できない子 「(無言でPHPに投げつける)>オヤツ」
PHP 「GMには魂の占い師に付く名誉を授けよう…
光栄に思え」
すたー@GM 「ちょうどおやつと夕方の境目ね
天道を試したい人は他にいないかしら?(チラッ」
風来人 「占い師は基本過ぎてなぁ。」
淫夢ちゃん 「淫夢ちゃん さんが登録情報を変更しました。」
モノクマ 「今までGMが持っていった中で一番ひどかったのって囁き狂人かな?
出題者も笑えたけどね」
隼鷹 「えー、GMで面白い役職を持っていくのって愉悦じゃねー?>モノガ」
すたー@GM 「葛葉銃殺は最近見てないわねー」
オヤツ 「美味しいよ~>できない子
おあがりよ」
淫夢ちゃん 「今のところ13人村か……あまり集まりませんね」
できない夫 「よーしよしよし、こわくなーいこわくなーい」
モノガール 「葛葉初日呪殺は勘弁してあげてください >PHP」
モノガール 「いつもいつもあたしがGMの時に限って面白そうな役職を付与するPHPはマージで敵だよwwww」
淫夢ちゃん 「PHPそのものが参加……これもうわかんねぇな」
PHP 「我を初日吊など笑止…貴様には葛の葉で初日呪殺してやろうぞ…」
できない子 「わかったよ兄さん、あのオヤツでも食わすか」
オヤツ 「よし、ドラえもん呼ぼうぜ」
モノクマ 「PHPがクロに決まりました!
スペシャルなオシオキを用意しました!!」
できない夫 「ルールルルルー♪>PHP

   ,.、,、,..,、、.,、,、、..,_       /i
  ;'`;、、:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
  '、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐'゙  ̄  ̄ 」
モノガール 「恋色決闘とかだったらまず吊りたい >PHP」
できない子 「望む役職出なかったら吊るんでね」
隼鷹 「PHPとか深海連中より怖いし!」
できない夫 「落ち着けできない子。まずは餌付けから始めるんだ」
すたー@GM 「PHPが出るってことは…その派生も」
PHP 「我を崇めよ…さすれば望む役職に付ける…かもしれん」
風来人 「初日吊り不可避。>PHP」
モノクマ 「ボクはある意味もう一人、中の人いるようなものだけど…それはねえ…」
すたー@GM 「いらっしゃーい」
できない夫 「トホホそりゃないよー(CV:山口勝平)」
できない子 「PHPが出たぞ殺せ!」
オヤツ 「オヤツ さんが登録情報を変更しました。」
PHP 「我が名はPHP…我こそがこの鯖の真の支配者なり…」
できない夫 「何だって? おいらのダンディな声の需要を無視しろと?(CV:山口勝平)>隼鷹」
PHP が幻想入りしました
モノガール 「のぶ代ボイス多すぎでしょ、それはwwww >隼鷹」
モノクマ 「ボクの声?
秘密道具とかあるけど見る?」
できない子 「ゲシ」
淫夢ちゃん 「これもうわかんねぇな>隼」
風来人 「良く考えたら前置きいらないな。」
できない夫 「スッ」
隼鷹 「せっかくだしできない夫とできない子もCV.のぶ代にしようよ(提案)」
風来人 「トルネコならやったこと、あるよ。(CV:田中要次)」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → すたー@GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 170 (スターサファイア)」
風来人 が幻想入りしました
淫夢ちゃん 「そうだよ(便乗)」
できない子 「ガラッ」
できない子 が幻想入りしました
モノクマ 「まあ、いいけどね。
新作でボクのコスプレたーくさん、出てくるんだからね」
GM 「ズサーに期待して埋まったらいいな」
淫夢ちゃん 「淫夢ちゃん さんが登録情報を変更しました。」
淫夢ちゃん 「10人かぁ……」
モノガール 「モノガールはNotモノクマよー

なおCV.のぶ代でお願いします」
できない夫 「簡単な推理だよワトソン君」
モノクマ 「オマエラこんばんは!
モノクマですよーって、おやぁ?
ボクのなんなの君はさあ」
淫夢ちゃん 「モノガールのお父さんかな?>モノクマ」
GM 「い、いらっしゃーい」
GM 「いやぁー>モノガール
笑えないww>淫夢なんとかさん」
モノクマ が幻想入りしました
隼鷹 「隼鷹 さんが登録情報を変更しました。」
モノガール 「くっ。なぜバレたし!! >できない夫」
マリア・C・イヴ 「希望がある様に見えて実は無かったのね」
モノガール 「GMはドジっ子。モノガール、覚えた!!」
マリア・C・イヴ 「マリア・C・イヴ さんが登録情報を変更しました。」
できない夫 「お前さん、まさからんま1/2派か>モノガール」
隼鷹 「マジか、マジで? マジだショウッター☆」
モノガール 「モノガール さんが登録情報を変更しました。」
マリア・C・イヴ 「店員? さぁ、私は知らないわ」
淫夢ちゃん 「草不可避>GM」
モノガール 「一回、あたしも白銀天道村のGMをやったら、なんか天道さんが3~4人ぐらいきて爆笑したことはあったけどさwww」
GM 「肝心の希望つけわすれたw
今つけたわwww」
淫夢ちゃん
かり- 「かり- さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり- → マリア・C・イヴ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6448 (マリア・C・イヴ)」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
GM 「あ」
隼鷹 「ああ、蒼系銀系紅系と傀儡玩具が出ないんだっけ」
モノガール 「あんたじゃないwwww」
できない夫 「↓こういう村だろ」
できない夫 「お祖母ちゃんが言っていた
俺が皆の希望だ、と

    ノル' ノ八 ヘ   ヽ   イ  入  廴
    冫ソ 丿从  乂    {   チ   从
   彳  仆   ノ    {    { 丨 刃
   火  ハ   人    ノ  ト  入 } 乂               ┌¬
   从    〃イ弋  イ{   川  ヽj  个        , --、   ,勹.:::::〕
   州   /  rf伐   〔爪  {ル    ) {     , <._ \ Y.:::;: イ}::j
    }  チ  ヤ了  八七ヱゝ、  イ  ツ     / ー'‐-、\ ヽ」イ └'
   人 イ     \ {  ィヘソ フ } イ { 巛   /  ノ‐z、 ヽj__〕7
  彡少シ     .::: ;≧ー   ノ}  f りシ   /  {ニ/:/',  〉ヘイ
  ゝ三彡厶    .:::::/      rイル 彡{_, -'´    〔:/::/  テ'{し'
   こィチハ   、 ____     り㍉ン'´    , 丶 {|:::{ー ' //┘
    ー/りヘ  ヤニ二フ   ,. -‐'´        /   _,>ゝ、__ノ
z―= 7゙   | ハヽ ̄≦-‐'´       , '  -' ´
 \ /___」  」- '´           /
____\ >-'´                /
   /                    /|\」
隼鷹 「天道村ってどんなんだっけね。てんとうむし追加?」
かりんぱ 「村タイに反して希望のきの字も無い気もするがま、よろしく」
GM 「昔つけた気がするけど、新種がでなくなってから
妖精OPはつけなくなったよね」
オヤツ 「おいしいよ」
かりんぱ が幻想入りしました
隼鷹 「隼鷹、出撃する!」
隼鷹 が幻想入りしました
GM 「いらっしゃーい」
GM 「妖精OPはつけたことないんだよね
そのうちつけてみたいな」
オヤツ が幻想入りしました
モノガール 「んー、じゃ、しゃーなしだねー」
できない夫 「そうか……じゃあ、すみません。煮込み店員ひとつください>かり-」
GM 「妖精OPは固定枠追加だから可能といえば可能だけどね
アンカーに決めてもらうって今回はしてるから
ごめんね>モノガールさん」
かり- 「それは・・・店員に聞いてくれ >できない夫」
モノガール 「妖精村がやりたいです、GM!!」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
淫夢ちゃん 「オッスお願いしまーす
希望性……あれ?
登録欄に希望を募るやつがないんですがそれは」
かりきん 「紅系が出ないのは天道かな。
こっちから固定配役希望は無し」
できない夫 「じゃ……この煮込み雑煮を」
モノガール 「ちゃっす!こんちわー!!」
GM 「えーと、天道ね ちょっとまってね」
できない夫 「(がーんだな……出鼻をくじかれた)」
GM 「いらっしゃーい」
かり- 「それ、来世からなんすよ・・・ >できない夫」
かりう 「かりう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりう → 淫夢ちゃん
アイコン:No. 694 (アザラシ) → No. 6786 (スローロリス)」
かりきん 「よろしく」
かり- 「後のオプションは付けたいなら他の面子にお任せ」
モノガール が幻想入りしました
かりきん が幻想入りしました
できない夫 「すみません。この煮込み雑炊ひとつください」
かり- 「何だっけ、あれ
紅系でない奴を所望してみる」
かりう が幻想入りしました
できない夫 が幻想入りしました
かり- が幻想入りしました
GM 「入村どうぞ」
GM 「他にOPほしい人はアンカーになってね
開始予定は 16:35だよ」
GM 「GMからのお願い
・開始時間前後のズサーは「アイコンを決めてから入村」をお願いします。


鍋村建て用テンプレ ver1.02  更新日 2014/09/20
【ローカルルール】
・AAはCO時と同時に使うことは禁止
・AAの枚数制限はありません
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・昼投票が230を超える場合は名指しする場合があります
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨
・GMからの早噛み指示は基本的にしません
・SSはお好きにどうぞ。GMから制限はありません
・沈黙禁止がデフォルトでついてます。
・天候で「大声」がでたときは、AAを控えるようにお願いします

<重要>
突然死した人の役職に関しては「情報公開禁止」とします


【超闇鍋の注意点】
・役職保証は「人狼1」「占い師1」のみ
・初日夜のみ陣営数の表示が出ます
・COなしは存在しません。全員が役職を持っています
・死体が複数出る可能性があります
・死亡後、配役隠蔽で見れない場合があります。
・席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を選択すること
・鍋のセオリーは十人十色。熱くなり過ぎないようお願いします。
・知らない役職や自分の役職を確認するために
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/ ここでチェック


【禁止事項】
・シスコピ/暴言/利敵行為/ゲーム放棄/掛け持ちプレイ
・開始前や昼の初心者CO
・突然死 (回線トラブルなど止むを得ない場合は除く)
・占い理由と占い結果の同時貼り
・夜時間において超過前に噛むこと
(ただし恋人がいる場合は超過後に噛み のみOK)」
村作成:2014/09/23 (Tue) 16:12:21