←戻る
【雛2357】やる夫たちの希望封蘇超闇鍋村 [2818番地]
~寝落ちには注意を~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon ジョルジュ
(生存中)
icon 先輩
(生存中)
icon
(生存中)
icon アイルー
(生存中)
icon アチャー
(生存中)
icon ディオ・フランドール
(生存中)
icon 抜刀斎
(生存中)
icon 駆逐艦「暁」flagship
(生存中)
icon
(生存中)
icon レミリアーカード
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon 紅蓮の魔導師
(生存中)
「じゃ、私も帰るわね。みんなお疲れ様、GMもありがとー!
そして改めて、アイルーに敬礼!」
ルーミア 「それじゃ、お疲れ様なのかー。
村陣営と毘沙門天には祝福を。村建て同村感謝感謝」
ディオ・フランドール 「では、御疲れ様だ
狼仲間はすまないな」
ディオ・フランドール 「艦これは2か月ほどやってないな…」
ルーミア 「ああ、2票にしようと思ってた」
ディオ・フランドール 「色々うっかりしているな…
反省せねば」
「3票は5人死亡~よね」
アチャー 「しかしロリコンじゃない私としては
駆逐艦戦わせるのは提督も心苦しいのだろうな、と心中察してやまない

艦コレやってないが

初雪はprprだが」
ディオ・フランドール 「なお姉上死亡の時点で発動してたのには気づいてなかった模様」
ディオ・フランドール 「うむ、ルーミアが目立って、ついでに印も発動するから噛むかーみたいなとこはあった
別にジョルジュでもよかったが、目だったしな」
ルーミア 「ディオまで死なないと印3票にならないのかー……?>アチャー」
アチャー 「まぁ、後は位置も悪かった>ルーミア
ジョルジュとルーミアで印更に発動したから」
紅蓮の魔導師 「ああ、そういう理由なのか →ディオ

ふむ、あとでログを見返すかな
吊りか噛みかの差はおそらくそこにあるだろう」
ルーミア 「心にもない追従が大事!私は心に刻みつけた!>ディオ」
レミリアーカード 「第六駆逐隊にしようか少し迷ったが>フラン
レミリアーカードで行く事に決めた
一日で終わってしまったがな」
「だ、大丈夫!flagshipの名は私が継ぐから…(フラグ)」
駆逐艦「暁」flagship 「なんか、すっごい残念な子みたいになってる気がする…」
アチャー 「フラッグは着かなくなるという事だと思う>もう使わない(フラグ)」
紅蓮の魔導師 「Mt-Bさんはドジッ子、ぐれんおぼえた

では私も失礼しよう、村建てと同村、そして鬼に感謝する
SSはまたの機会にさせてもらおう……これもまた信念
まぁ何もなくとも書けばよいのだがな。村楽しい。」
ディオ・フランドール 「とりあえずこの村のアイドルは暁だな」
先輩 「おい、やめろ>レミリアーカード
やめてくれ」
「あ、暁…うん、あなたはよく頑張ったわ」
ディオ・フランドール 「鵺騙りに何も言わなければ噛んではいなかっただろうな>ルーミア」
先輩 「それじゃ、お疲れさんだ
後輩にビシッと指導をしてくるだろ」
レミリアーカード 「こんなんで攻めてくる>先輩

戦艦ル級flagship
戦艦ル級flagship
重巡リ級flagship
重巡リ級flagship
雷巡チ級flagship
駆逐艦flagship」
ルーミア 「そー言う意味ではヘイトコントロール力が足りぬぇ>即噛まれ」
アイルー 「それじゃあお疲れ様だニャー
またハンターさんに会えるよう頑張るニャー」
アチャー 「暁、もういい休め……
狼陣営皆が疲れてるんだきっと」
先輩 「俺の将棋も王が取られたら飛車が指揮をとるしな、うん何も問題ない」
ディオ・フランドール 「ドンマイ、だな>暁」
紅蓮の魔導師 「(肩ぽん →暁」
駆逐艦「暁」flagship 「flagshipは呪い、いい?」
GM 「ドジっ子のMt-Bさん…と」
紅蓮の魔導師 「誰だ今の →先輩」
アイルー 「今回は運がこっちに向いただけニャ
毘沙門天でどちらに付くかは本人次第を考慮は必要だよニャ」
ディオ・フランドール 「というか姉上は合わせてくれて感謝するぞ」
GM 「GMはお先に寝ますー
お疲れ様でしたー (面白そうな会話を見ながら」
レミリアーカード 「まあ、長いしな>駆逐艦「暁」flagship」
駆逐艦「暁」flagship 「し、深夜だからだしっ!
ぜんぜんドジとかないからっ」
先輩 「艦A「なんてこった! 旗艦がやられちまった!」
艦B「よし、なら俺が旗艦になる!」
艦C「お前1人にいいかっこさせるかよ」
艦B「C、お前……」
艦A「へっ、なら俺もだ」
艦B「A……」
暁 「ちくわ大明神」


この流れで全員がフラグシップになるんだな、きっと」
紅蓮の魔導師 「む、Mt-Bさん=暁のイメージがあるのだが
もう使わないのか、少し寂しいな」
アチャー 「どうして三日目昼に気づけなかったのか

そういう遊び心が大事だというのに」
駆逐艦「暁」flagship 「CN、CNだった…!」
ディオ・フランドール 「4-4-1で」
レミリアーカード
    ト、      ,.  ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`'' ー- 、
   .//::::\  ,. '´  、             ヽ、
   //::::::::::::`7    /´ ̄ ̄ヾ二二>‐く-- 、 }
   | |::::::::::::;>─-< _」'´ ̄ ̄   ` ̄ \_ ̄`ヽ、 まあ、お疲れ様だ
   | |:::::::::/ /,>‐ ァ'´ /    ハ-/-‐ ハ   ∨ヽ、  }  御苦労だったな
  //:::::::::{ {/  /   |    / |/_」ニrァ    |  |  ソ   やはりフリークスはヒューマンに倒されるのが定石だ
  └ r r─:7   |/‐-八   ; ァ'´h ハリl|     、 |/
    | |:::::/     l|ァ=t=r\|   弋z.ソ ;'   /_,,.>、         ト 、
    |_|_/{ 、  八 ∨ハ       x/  /|     \          | r、\
      \ )  ヽ|、 ゝ゚'   .    ∠ イ  |      ':,        | |:::\\
       ∠.,_,,.イ ハxx    _,. ‐'   /l|  ;   |    |        ,' :|:::::::::\\
        //  人          / |  /  /  / /       / , |:::::::::::::::':, ':,
 (   .) /   / | `7==ー-,イ  ,r' !/ァ‐-' 、 / (      , ' , ':| |::::::::::::::::::'; ;
  `(  )  ∨レ' \r'ヘ. |   _,r┴、 /  /r'    \ ノ    //::::| |:::::::::::::::::::| |
    `( )   ____`ア´ ̄}|ム/  /r'       ';   .//::::::::::| |:::::::::::::::::::| |
      ,r‐{======= | i  / ̄|\∵ァ'/       | //::::::::::::::;' ;'::::::::::::::::::::! !
      {ニヘ、_   _ノ /./ / |  ヽ}/        ∨ /::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::'、 '、
      r|  r' ノ ̄/ ;'くr-、'_|  ./          }/:::::::::::::::::; ' ,:'::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ、
      } ヽ--'‐{  r{ 、.|  }|:::|{    { 、r─‐‐- 、  /:::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\
     `r--- r' /ヽr'|  {|:::|}    `7´ ̄ `ヽ }イ:::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':, ':,」
駆逐艦「暁」flagship 「先にルーミアさん噛んでた。
残念…」
ディオ・フランドール 「というかルーミア噛んでなかったら即終わってたな」
紅蓮の魔導師 「いや、だとするとフラグシップは常に一定の数でなければおかしい →先輩
増えているのであれば、つまりフラグシップは量産されている……?」
ディオ・フランドール 「HN変更宣言か…?>暁」
ルーミア 「私噛まれてるから避雷針かんけーねーのかー?>暁」
駆逐艦「暁」flagship 「ちなみに多分このHNは2度と使わないと思う…」
先輩 「…………えーと>レミリアーカード」
紅蓮の魔導師 「完璧に賭だな!?www →ディオ
その度胸、今回の鬼並みにすばらしいぞ、私は好きだ」
駆逐艦「暁」flagship 「フラグは
「折るもの」よ」
レミリアーカード 「全部flagshipだった時もあるんだが……>先輩
フラ戦とかいらないからこっち来るな!」
アチャー 「それではお疲れ様だ
仲間の皆、すまない
頭の回転が鈍っていた様だ

GMは深夜まで付き合ってくれてありがとう」
ディオ・フランドール 「まぁ、すまなかったな仲間よ」
先輩 「つまり……人類がフラグシップを落とし続ける限り、新しいフラグシップがどこかで誕生するんだよ」
駆逐艦「暁」flagship 「あれでしょ。
ルーミアさんって避雷針が…多分…」
紅蓮の魔導師 「しかしまあ、あれだな。
暁……一級フラグ建築士……

今でもフラグ建築力は見事だぞ? →暁」
先輩 「1.旗艦、艦A、艦B、艦C

 ↓

2.旗艦がやられる

 ↓
3.艦A → 新しい旗艦に

 ↓

4.旗艦、艦B、艦C

以下繰り返し」
「あくまでギャンブルに出るのね…!>フラン」
ルーミア 「雷をPP先にすれば良いのかー」
「それじゃおつかれさま」
ディオ・フランドール 「雷公にPP仕掛ければいい>雷」
GM 「雷公勝負・・・(ごくり」
レミリアーカード 「私も以前、表計算をミスってな」
「あーちょっと待った
雷公って「自身が最多得票者じゃないと発動しない」んじゃなかった?」
紅蓮の魔導師 「あっ  雷公
それで印が飛んだら……(ふるえ」
駆逐艦「暁」flagship 「いやね、昔フラグ建築士言われてたからね?

今回ももう勝敗決まってるしやっておこうかなって思ったらこうなったのよ…」
アチャー 「超エキサイティン!できたというのに
私のバカ!ウカツ!グググ」
先輩 「そりゃ当然だろう>レミリア―カード
いいか? つまりこういうことだ
ディオ・フランドール 「こちらが勝つ確率は5/9
面白かったかもしれんな
アイルー 「しかし、雷公と巫女の連携プレーは鮮やかニャ」
紅蓮の魔導師 「旗艦(一隻のみとは言ってない)ではないか? →アーカード」
レミリアーカード 「雷公勝負かwwwww>引き分け」
レミリアーカード 「9人いるな? 狼は4Wだな? 狼は5票持ちだな?
つまり非狼は5人の5票だな?
ほら、引き分ける」
駆逐艦「暁」flagship 「ギャンブルっていいわよね!
大人よね!(錯乱」
「…あっ>3日目PP宣言だと引き分けで雷公発動」
GM 「ふむふむ

今回はそれこそマニア攫ってなかったら負けだったし
抜刀斎吊れたのが大きいと思うよ

本番は22だねー>アイルさん
「暁…見事に旗を立ててたのね……(ホロリ」
ディオ・フランドール 「…あっ>雷公発動
…結局ギャンブルだな!」
レミリアーカード 「いやPPできんぞ>アチャー
そも毘沙門天が確実に引き分けを選ぶ」
紅蓮の魔導師 「毘沙門を胴上げ……というのはつまり

\竜皇!/ \竜皇!/


こうか? →先輩」
アチャー 「雷公発動したじゃないか(真顔」
レミリアーカード 「そもそもどうして深海棲艦共は旗艦を大量に投入してくるんだ何がflagshiだ
多過ぎだろうあいつら!」
アチャー 「すまん、本当にすまん
やっぱり三日目昼にPP宣言すべきだった」
ディオ・フランドール 「うむ、やはり酒はこのDIOには合わんようだ
素直にお茶飲むか、お茶」
アイルー 「勝利目前で噛まれたり勝利条件満たしてなかったり
色々あるニャ
大人数で鬼で勝利したいけどニャ>GM」
紅蓮の魔導師 「ログを読んできたぞ →るみゃ・GM
この勝利は鬼のおかげなのだろう」
アチャー 「あああああうわぁぁぁぁあああああ」
先輩 「\ジョニー・デップ! ジョニー・デップ!/」
ディオ・フランドール 「まぁ、反省ばかりの村であるな
雷かまずに任せるのもアリだったか」
駆逐艦「暁」flagship 「flagshipってフラグを立てる船だったのかなあ…」
ジョルジュ 「ログ読むと噛み候補としてはよく名前上がってるみたいなんだけどな、俺
ただ、あくまで2番手3番手であって、積極的には噛みたくない、という認識を
常にされてる感がある。」
レミリアーカード 「アルコールは駄目だ
気分が悪くなる
両親は、特に父は酒豪なんだがなぁ」
ルーミア 「私が鍋民で知らないことはない!(キリッ>アーカード」
紅蓮の魔導師 「鬼……GJだった……ッ!(ぐっ
お前のおかげでこの村に平穏が訪れた……!」
アチャー 「やはりアチャーではなくアーチャーで入るべきだったな」
GM 「(UGさんがいってたように)
そうか、初鬼勝ちは本当だったのね おめでと>アイルー」
ディオ・フランドール 「あと、季節限定のビールが思ったより苦くて困った」
先輩 「ようしお前ら! 毘沙門天を胴上げだ!」
レミリアーカード 「ほう、それはめでたいな>アイルー
そしてその情報を何故ルーミアが握っていたのか……だが」
ディオ・フランドール 「ま、この村の勝利は毘沙門天に捧げればいい」
GM 「うん(真顔>魔導師
まさかの鬼が村に味方したよ」
アイルー 「しかし、初めて見たニャ鬼の勝利を」
駆逐艦「暁」flagship 「あー、それなら仕方ないかな。」
ルーミア 「そういう感想になるのはとても良く分かるのかー>紅蓮」
先輩 「(未だに使いドコロが少ない手持ちのAAランキング3位をここで惜しげもなく使用)」
アチャー 「いや
三日目昼抜けたら噛む予定だった>ジョルジュ
そのせいで逆に、吊る位置としては認識が抜けてた」
レミリアーカード 「おい自分の名前くらい間違えないでやろうwww>先輩
そこら辺気を付けてできない夫ではなくやらない夫と言ったんだがな」
紅蓮の魔導師 「ただいま。……やはり終了していたか、ぐぬぬ
…………あれ、村勝ち?」
ディオ・フランドール 「PP出しても引き分けにしかならないらしいしな>暁
抜刀斎いたらどうあがいても無理だしな。
まぁ、強引に指定すればよかった、そういう話だな」
先輩

                  -―- 、            激  好   俺
                /     \               似  き   だ
                i 丶  ノ   .ヽ、          な  で    っ
.              | (●)(●)    ヽ._, -、__    訳  ジ    て
  ト、 _人,ノi     __ ヽ  丶    {/ノ‐-ヽ       じ   ョ   :
  j ,ニ=-‐     ̄   ヽ   ◇  ,イ }          ゃ  ニ   :
 `  {-‐      j/:::::: ヽ  .‐ァ′{/ }          ね   l   !
    と二、ヽく´ ̄ ̄ ̄`{{`マ{ |ヽ_{ {          l  デ
  ,     \ \ 、   \  ヽ|  ゝ. ヽ、        よ  ッ
  ´^Y⌒`   \ \\   丶  ヽ   ー-=¬\  !  プ
        \ \ 丶     \ ヽ         /\   に
                     〉-‐i=    /
                        ヽ 〉_,,.
                      ト(           /: |
                      /: : ` ー---――: ´: : : |
                   /: : : : : |: | : : : : : : : : : : : |
                      /: : : : ‐-{:_|ニ=: : : : : : : : :|」
レミリアーカード 「鬼は中身がわからん上に
こちら鵺騙りだからな
毘沙門天なあ」
ルーミア 「くそう!やっぱ鵺ラインなんて人外の時は盲信しとけば良かったのか-!>●持ってそう」
先輩 「なんだと……?>レミリアーカード
もういっぺん言ってみろ、誰がジョニー・デップに激似だって!?」
ジョルジュ 「それ言われて以来AA系を好んで使ってるのは否定できん>死体アイコンに似てる

一応死体アイコンと完全に一致させることもできるらしいが、
それは流石に嗜みとしてさけようか、といったぐらいのあいまいなモラル感覚」
駆逐艦「暁」flagship 「黒2つくらいなら大丈夫だって思っていた時代が私にも…
というか本当にPP宣言が無かったから鵺ライン(マニアライン)は非狼だとばっかり…」
「あとそうだなー、毘沙門天が真ならPPには乗るだろうけど
たとえば夜叉丸だったらまず乗らないよね?蝙蝠と違って鬼はそういう可能性もあった、かも」
アイルー 「それが怖いニャーこっち噛まれたら問答無用で吊りニャし
お互い動けなかったと言うことニャ>GM」
アチャー 「その辺りは二日目昼に言った通りだな

鬼は信用ならん」
ディオ・フランドール 「いや、そこ狂人はねーだろうと。あとなんかこっち怪しんでるのがこのDIO●もってそうだったから>ルーミア
なお途中で銀に気づいた模様」
「蝙蝠でも狼には屈しないって人もいるんだよ。 自分が噛まれるとわかってても


そしてたまに毒蝙蝠だったりする」
レミリアーカード 「白いアイコンは死んでるように見えて面倒なんだよやらない夫とか!」
GM 「初日に出たマニアは攫いにくいよね
村ならうん、敵だと思われてもだし>アイルさん」
ディオ・フランドール 「まぁ、そこは反省だな>響
判断が鈍っていた」
「あーうん、死亡アイコンと似てるってのは思ったことある>フラン」
ジョルジュ 「ま、いいんだけどな、中盤は忘れ去られて気楽に抜けるのが俺流ですし
思い出されて指定でもされると抵抗できない役職だから、忘れられたのはむしろ幸いだった

俺の頓死要因はゼロか、やはり俺の頓死は初手限定のようだな」
ルーミア 「ちな私噛みは吊り逃れでおk?>ディオ」
アチャー 「暁が出たから、は結果論だな
三日目昼で尽くせる全力を尽くさなかった結果だ

印本人の私がもう少し考えるべきだったよ」
「一つだけ人外に言えることは蝙蝠や鬼をアテにした
進行はやめといた方がいいよ。 いつだってどうなるかわからないし
何より鬼・蝙蝠はその人の気質が反映されやすい」
レミリアーカード
       ,.ィ7  _  ,
       }//,ィ///|,ィ |' ´ ̄ ̄ `ヽ
   _   // {///|////|        `丶、
  //\_{//////{////,..===- 、__     \
  \/--- 、////> ,-―-、   ` ̄`,.ィ 、  ヽ
  _{^}/!//⌒ヽ   \_∧    /  } `ヽ、}
  {/{!/\∧  /\__〉: :/:\_/!:\/_,..ィ`ヽ
   \////,イ:/:/: : :_:_: ' /: : : : : :}: : |:ヽ: :ヽ_/
     </: : /: :/: : : : : `/ト: : : : :,ム斗: }: : :从' \
       /:,: ':/: : ': : : /:イ ',: : : : / }:イ|:!: :!: : :\_/
     {/{: :{: : /: :イ下芹圷 \:イィォァ}: |: :|: : 、: :}
      从,: :|:从:/: : :.| 込ソ   ` {ソ j:/: /: /: }:/   誰がLWになるかわからんからなあ>暁
        /: :乂: { : : 八        '   八:':{:.人: {
        {: /: : :\:.イ: : }、   っ   イ: |:从: : :`ゝ    誤爆して自分も吊られて2W共倒れ
        从: { /:/ `|: :/:| > r: :.:´: |: :|': : :\〉     という可能性もある
         \}'从-.、 ̄\  |`ヽ 从:イ\〉`
      /   /^{⌒} 〉、_ \  } ∨_ノヽ        私は銀狼は潜伏派だな
   ,.ィ/  / ,  ヽ!ヽ_〉、 \|  }lイ}  \
 ///   {  /   } ∧ ̄`ヽ ` |!⌒〉   }     \
'////  ,.イ     |  \___\ /辷}   ;`ヽ   l\
// /   {   /  `ヽ   \_{リハ`ヾ /  }    }//\
/ /    \__/_ ,_ィ//}        // ∧ } _,イ/}  |////\
/ {     {////介///〈     //// ∧ |_}///|  ////// ∧
//|     ∧///イ^ヽ、/    {/////// \/_\ /イ/////////}」
アイルー 「抜刀斎を速攻で攫うのも悩んでたニャー
村の可能性もあるしニャ」
ディオ・フランドール 「というか、真面目に死体の色と見分けがつかなくて見落としてた」
駆逐艦「暁」flagship 「よく見たら狼横並びなのね。」
「なお、フラン吊らないならジョルジュ指定だった模様(遺言より)」
ディオ・フランドール 「ジョルジュ?いたの?」
先輩 「べ、別に忘れたわけじゃねーし!>ジョルジュ
アチャーの次に吊るか? いや吊らねーだろ? 吊らねーわ、うん吊らないってちゃんと決めてたし?」
「…うん!ごめん夜に気づいた!>ジョルジュ」
「私は覚えてたよ?>ジョルジュ」
レミリアーカード
              /:.:./         ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/ //
             /:./ ̄ ̄ ̄`"゙/`ヽ/`ー、:.:.:.:.:.:.:/ //
           -:.´/ー,´ ̄`ヽ   /   ヽ、_:.:.:.:/`/゙/-'
       - ´,/ ´ /´`ー - 、|/  \ ヽ、ー`--/:./
__ ,   - ´ - ´\   |  ,    ト、 ヽ   ヽ  ヽ:.:| /:/
, - ' ´ヽ      ヽ  l |ヽ   | ヽ |ヽ   } 、 ヽ_|/
\    |、 _     _/ | | |    |/゙} }  /  ト、ヽ      いや……生きていたら普通に潜るだろ>ジョルジュ
  |    ヽ´ `ー - ´ /_| |_ ',  ,リ/、`,' /   |  ヾ、
  ヽ    ` ¬   /  !/ `', / {::c| / /   /、        遺言や指定された時用のだ、占い師は
--¬、   /´   /_-..=、 |/   ゝ'',/ ',   / 、 ヽ
  \` ̄ ヽ  、-、":::;;;::c| `'       //l/   \`ヽ_-、,
    \   \ `、ゞ:::::::ノ '     `  ゙,' ´     ヽ
  |   \   ヽ  `ー、_      ,、   ノ ヽ \_ _   \
ヽ ヽ    `ー -、 _  ` 、       / ヽ ゝ、`ー、、 \ ヽ,
. ヽ }           ̄\`   /  \   \ `   `ヽノ
 ゝ' ,'`ー -、_       \"´ |   ヾ\    ヽ    `
  /      ヽ ̄`、ヽ`、  ヽヾ==、、///    ヽ
.,/         \ ヾ、 `ヽ ヽ´`ヾ/// ヽ    `ヽ,
´            ヽ   ///ヽ'ゝ o  ̄    }    /
             |、、///         |   /
             /\//    o     ノ __/
            / `ー '         /  ̄´ヽ」
アチャー 「多少票はバラけると踏んでいたのでね
ならば狼が票を合わせれば、と思ったのだが
予想以上に灰が狭まってしまってね>響」
ジョルジュ 「そしてグレー議論してたやつらよ、

また俺のこと忘れてただろ」
駆逐艦「暁」flagship 「(なんか素直に潜っててよかった気しかしない」
ディオ・フランドール
                             ___    __/:.\     }:\
                           ヽ:::::::/::::::::>"   ̄≧=-.、/.:.:.:.:.ヽ
                   ,.:<|        〉-‐= ./         }:.:.:.:.:.:.:.:.:|
               ,r‐=≦:::__:::|       ./  /            ,=-< ̄|:.:.:/
            /:::::::::∠:::::::::|      ∠彡             /  / .|_:/
             /::::::/  ヾ:::::|     r≦          _, ′   ト、\/ `|
           /:::,.ィ    |:::::|     |         _,.    /`丁  | ミ=-    しかし、うむ。やはり強引にでも指定するべきだったか
          /:::/...|    ,.イ:::: |   八      -‐¨~\_ニ=‘    |   |   ヾ
        /::://.... |  /::.ト、八     ,≧=-‐  /    / / ハ   ハ .ノ   ハ
       /:::/ ./ .......|/:.:.:.: | }:::∧  〈_/  .,〃-、__/ /_/ i| .//行}Ⅳ   } i|    ___
     i|::::::ト、 .|..........|:.:.:.:.:.:.:.| |::::::::|    八 ̄   \ i}/:刈 j// l{ツ |i| .ノ./|.八 /::::::::::::::::::::\
     l|::::::| ヽl......... |:.:.:.:.:.:.//|:::::|   ./ _八    \辷ソ /      j八 〈 l   ∨::;r' ̄ ̄ `ヾ::::}
     l|:: /l  ll..........|:.:.:.:. /   .l:::::|  イ{〃 ノ} /\  ミ≧=-   _ , '/  八   ./:::/      .|::::|
      ./::/ l|   l|........ |:.:.:.:/   ト、::\_ _,r=彡≦ ヾ    ≧=‐- ‐ ヽ}:.|)}/_ノ}.//    ,=-=、}:::::〉
     |:::| l|   l|........ |:.:.:/    / .>、::ヾ_>‐Z/  乙 _}ヾ`ヽ{ノ ∨} ./:.:.:.|、:::::{//     /:;r.、:::}:::/__
     |:::| /|  l|........ |:./|   ./__//:≧=-、:::/     乂ト、  j_ |人:.:.:r‐ト、ヽ:/        |:/  }:::::::;r‐、::ヽ
     |:::|':/\ |..........|:' l|   /ノ__/:.:.ヽr__,〈      〈∧.∧: :_ト、 | ∨r<_   |:|        |:ト=':::::/  }:::::}
     |:::|/\. `l|........ | l| ./{ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.ヽ    .人/:.:.:.〉': :ヾ´.人:/:/ /::|        ヾ::::::::::::ゞ-イ:::/
    ./|:::|: :. :.\\......| l|./ .〉 ∨:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.〈  ー  ヽ:.:.:.:./ |: : : \ /::|/〉::|        ∨:::::::::::::::/
   /:::|:::ト、: : : : \\| /  |〉 |:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:¨:テ― {:.:.:;r彡 |: :_人/ /:/ /:::::|       /{  .}::::::r彡"
    |::: ト、:\: : : : : :\    |ヾ l|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:._{   |イ:ノノ  ¨ \/;:′ ∨:: |     ヾ::ー:::::(_ノ}
    |::: | \:\<: : : :\   | 〈 \:.:.::.:.:.:.:..:.:.: .:.}   l|:.//    //    \|       ̄|::::r‐一
    |::/    \:\.‘ <: :\. ‘,\ノ \:.:.:.:.:_:.:ィ:.:|  |イ/   //                 |/
    |::|       \:\._  `\ , `ヾノ_}_}/ヽノ   |.八  /::/
   \\.      \::::::::\    ∨    |   ヾ:/   j  〉':::/
     \\      ̄ ̄     ∨  ‘,   ト、_ /_./::, イ
      \\               ',    .|    `ヾイァ―‘
        \\              l   l       ‘,  l__
         \\          .|  .八       人  / {
           \\        八   ‘,     〈   ̄ヾ八
         /\_八::\        ヽ   ヾ_      \__人
        ー‐―ァ::::::::::::≧=―ァ   ∧_.ノ {       ∨   ヽ
            /:::::::::::>―-'    ヽ  彡〉       }彡=ミ,
           ./::::::::/          `ー、  \     〈 〈  人
          /::::/              }  /ニ\    ∨ ̄  }
           //                  |ー' {  ノ ヽ    \_.ノ
                                \ ¨  .∧
                                \__ノ
ルーミア 「どうして蝕んでなかったのかー(えぐえぐ」
抜刀斎 「●特攻で吊っておけばよかったでござるな」
「(というか、暁があそこで占いCOしなければ勝てたんじゃないだろうか)」
ディオ・フランドール 「うむ、このDIOも明らかな慢心はあったゆえにな。
反省せねばなるまい」
レミリアーカード
                      , - ''"´ ̄ ` ー _ ,//// ///
                   _ , ´          ////// ///
                 lヽー '、            ///////{ l/イ
                 ヽ \_ ヽ=- 、     ///////>イ/ l|ヽ
                 /イ: {_ア- 、ヽ_ ,. -/////>''´///ヽ\',_                   ____
                  /,イ: /: l: : : : : }'_ヽ- 、////////////>\/ヽ          -=ニ=-: : : :  ̄ ̄ ̄
            ,. :ー-: : ':l: :l: : :l/: : : : : :})_  , =-、/////-―、、∧ ̄ ̄       : : : : : : : : : : -=ニ=-
           / ,イ、:/!l:ハ:ヽ: ゝゞ,.zャ、: :.l  ̄l\ /ー--、///∧∨!      -=- : : : : : : : :  _
             ,イ: : : :{':ゞ: : :ヽィ弋ン ): イ: : :.|: : `ーヽ  \ ̄-,ヾ、 -=ニ=-: : : : : : : : : : :   ̄       貴様の覚悟はよぉくわかった>暁
            /,イ: : /: : : : : :、'     レ'´/: : /: : : : : :ヽ_ノ´ ̄'-' -=ニ=-: : : : : : : : -=ニ=-
            l: : :lゞ- _: ノ!:ヽ ー=_' - ': :,イ: : : : :/: : : : : : l:ト、: ヽ: : : : : : : : : : -=ニ=-
            ヽ: :_- '  /:イ/´: :イ: : :/: : : :./: : : :/:/: l:l l:\:',: : : : -=ニ=-
                 ´  /: : /-'/: : /: : : :/: : : :/ --,ン リ l/ -=-_.._,/l_
                    ,{:l: :{_ l:l: {(:.l:.,::/: : : :/从フ ヽ,-_     _从フ、ヽ、
                   /     ` ` /人- _('"´lkァ  ヽ/ 、__ , <`ヾ{!フ-'
                 _ {,、         / ll/ソ   {`ヽ    l /    /
                {  //l___   /,{/イ::::{    、::::::\  /ウ___ /
- 、/ヽ-,  /フ{、___) ー-,///   //:::::/´- '''´,.ヽ:::::::::\
  {   {iー 'l/ ヽ      ヽ__/-!ー' 、-‐' ,/:::::/==.天=-/ ヽ:::::::::::\
  / ̄l|  |{´フ'____ , イー,-`´ /::::::/、__/ -''´ソ   、:::::::::::::\__,、
ーヽ_/ ̄`ヽ´-' -=ニ: :,- 、-/   /:::::::::/  ̄{、 {´    、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        -=ニ=-: : : / /`ー ''´::::::::::::/ ,-、 _/_ --、   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::\
      -=ニ=-: : : : :ニ-{-/:::::::::::::::::::::::::/ ///{/l///////     、::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 _ . : : : : : : :-=ニ=-ヽ./:::::::::::::::::::::::::/ {//,イ¨∨////イ\    ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


             /:.:.:.:.:.:|:./:.:.:_ - ‐ ´  ̄\_ __                            / /
           __ /:.:.:.:.:.:.:., - ´            ̄    \                       / /
;,;,;,;,;,, - , -.,_ ........ヽ:.:.:.:.:.:.:.:./                      ̄`ヽ                  / /
:.:.:..l ,i ゙_l .l i-,;;;;;;;;;;;ヽ:.:.:.:.:、-´                        ヽ               / /
:.:.:::::::::|     i:.:.:.:.:}:.:\:.:.:}                          ゝ             ,/ /
ヽ_ `-゙   Xベlニ、i´:.l`ー 、"                         /_;;;,;,;,;;,;,;,;;,,,,       ′∠    ____
  ゝ_ _{-{   ,ヽ:.|     ヽ                       ∠_ヽ_:.:.:.::::::::::''''''''''''''''''''''}   二二____
   `  ヾ`ー、 l   .| /ヽー `_- 、 _ _              ノ:.:.,/´  /:.:.:.:.:.:.:.:::.::::::.:.:.:.::/   \
          ` 、ヽノ,.:|     ヽ:.:.:.:.:.:`:.:..:.- 、 _ _ ,  /:.:.:ノ     |.,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, ' /   \ \
             ヽ |     `ー - 、 __ , _ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:/  - 、 ソ       / /      \ \
            //ヽ     / `ヽ     ヽ    ̄ ̄ ´   \    ヽ-_´,   / /         \ \
            {" ´/\_ / /l`゙iヽ    ヽ ̄ \\"`ヽ  ヽ、 /´   ̄` 、/            \ \
            _ 人 i l´ ヽ l l 人 ヾ _ /リ_ -ヘ― 'ヽ ヽ  /ヽl ヽ ` , ─                \ \
           , ´- ´ ,ヾlヽ \l人 l lヽ|ヽ_ ヽ´,=行卞', ノ  ノ`´ソ  リヽ ヽ,- ´ `ヽ   __          \ \
          y´   i ヾl \ ヽ、ヾ`::`:::::::ヽヽ  乂沙ノ/ ノ   ノ / l l ̄´     \/:.:.:/
               ヾ´ヽl i `-ヽ::::::::::::、  `     {/  // / ヽ         {:.:./l ─ ─   、
                 ` ヽl lヽ、:::::  、 -v,    /l / 〃/           ∽ー、ー - 、     ` '  、    安らかに眠ると言い>暁
                    ヾ l l` ー _    , イ { / 〃 ゙{             |:./ヽ-゙    \
                      |└ ´ ゝ v ̄ヽヽ  l {、 //              ` ,-´ ソ     ヽ
                       ̄ ´ ((o )) \\  //              __ヽーl      ヽ
                         ヽ  `X´、    \`´/      l`\     /     ヽ      ヘ
                        ヽ  ゙ヾ))     `´      ノ   ` ー- ´       \     '、」
先輩 「俺が本気を出したら(蝕巫女だったら)

――2夜さえ来ることなく終わるぜ?」
アチャー 「深夜の魔力というか
一票足りないと気づけていたら即占い騙ったのだが……慢心は英雄王のスキルな筈なのだがな」
「まぁグレー気にしてる割には自分COしてないしろくなCO持ってないんだろうなと思って。 もうろくなCO持ってないから吊られていいなんて時期は過ぎてるし
そこら辺訝しんで投票したよ>アチャー」
アイルー 「気分は村のノリだったニャ>ルーミア」
ディオ・フランドール 「指定したとして、村かどうかわからん以上な>姉上」
ルーミア 「私私>抜刀斎」
ジョルジュ 「雷公がコルクケアを成し遂げねば
占い騙りに翻弄された可能性は普通にあったな…」
ディオ・フランドール 「やはり慢心はよくない、そういうことだな
うむ、勝てると思ってたのがよくなかったな」
抜刀斎 「・・・奪う価値のある役職が見当たらないでござる・・・
アチャーにしておけば印狼ダブルでござったか」
ルーミア 「鬼はー不確定要素。
私なら乗るけどねー」
GM 「雷公がケアしてくれたね(ぼそっ」
アイルー 「ハンターとしては村は裏切れないニャ」
レミリアーカード
                ,.. -――― -   _
              ,  ´            `    、
              , ´                      `ヽ、
      __  /              ___         }
      |:::||::\{         /  ̄ \ _{ ̄ ̄ \===<__
      |:::||::::::: 、, -- 、  /⌒〈 ̄ \   Y⌒\__,.イ\__/⌒7
      {:::{{:::::::::/   /⌒7-イ: \⌒-\-:{: : : : : : : : :|: : : ヽ /
       \\、:∨⌒': : /-:从: : : :ヽ   ∨\ : /: : : ::|: |: |: :∨
              /: : :|: : :|: /  \: : } 、___,. }:/: :,: : : |: |: |: : |    フランが指定でもしていれば
          {: : : : : : Ⅳ、_,ノ  ∨       |: : /: : : ,: : :.|: : |
           、: : {: : :从    ,        /: :イ: : : /: : : |、:.:|     フランの勝利だったのにな
           \:|\: : >           ムイ/: : :,: : : : :| ∨
       (      /:/ :  ̄人     `      イ|: : /: : : : /
        \     {∧: :|: : : :|:≧: .  _ <― j‐く} : : rく
         \  、  ∨\: :|: : |: / ∨/⌒Y\___〉'´  \
          )  )     ∨/⌒ーイ{ {:::} }   /     ヽ
        _____   /   /∧ ーノ  {         .
      _{         } /    /::::/:::::T::::|   、          }
      { __∧      / {  , /::::〈:::::::: :::::|   _〉、__,..  ノ
      乂__∧、__/ 「乂 { \::::\:::::::::|  {_∧ ==\イ〉」
先輩 「ま、これも先輩の務めだからよ? いや全然たいしたことねーし!
抜刀斎を先に吊ったのだって、べ、別にアイルーのためとかじゃねーし!」
アチャー 「ついウッカリ、最悪PPで勝てるからいいやとなってしまった」
駆逐艦「暁」flagship 「PHP「ケア」」
ディオ・フランドール 「まぁ、鵺騙りはしたかったからしてみたが、すまんな」
「そこはもうなんか…様式美?>抜刀斎」
アイルー 「先輩ハンターありがとうニャー>先輩」
駆逐艦「暁」flagship 「狼?
私が滅ぼした気がするわ…(震え声」
レミリアーカード
::::::::::::::::::::::::: /\__,.へ ::::: :: :: : : :
::::::::::::::::::::: :: i:::::::::::::::::::', :: : : :
::::::::::: :::: :: :: i:::::::::::`ヽ,_」,.. - ''"  ̄ `"' 'ー .、.,_
::::: ::: : r-、 _」:::::::>''"´      ___r-、    `ヽ.
:::  r‐i::::::::ヽ,ァ'´  ヽ,/´ ̄`>く>-ヘ_/ヽコ___  ':,
:::  !::::::::::::::7  `r'"二>'"´        `ヽ_!   ',      それはどういう意味だ>暁
::: : ヽ!::::::::::', _!フ´    !     ;  ハ  ;  ',  `ヽイ_      返答次第では……わかっているな?
:::: :: : ヽ/ヽ7  /  ,'  ト.、!  ハ _」,.ィ' ハ  i__,.ヘ   `ヽ._
::: :: : : r'!   i   ,'  i `_!、::':, ,'7´; ‐;、`ヽ.!  ', `'ー;ヽ、.,__ノ      _,,.. -'"
::: ::  /ヽ ,ハ  i  /7'´;-、::::レ'::: i  r!  ! !  ,ゝ   !  」   ,. -''"´::::::::::
: : : :〈   ノ ', ! ,ハi. | ,リ      'ー‐'- ' レ'´i    |イ´   /:::::::::::::::::::/
: : : : `'' ー`ヽ.レミィ' .!,.,. '´  '   __  '"'",ハ  !.   Y     i:::::::::::::::::/
: : :   !____L_'7 .!    r'" ̄ 'ソ  , '   ,'    ':,    ,'::::::::::::::::::',
ヽ、      ノ ノ  ノ`': 、,   ` -‐'  ,..イ   ./    ハ i.  /:::::::::::::::::::::!
::::::::ヽ.   〈∠,,_,,. ヘ .! / `>;-‐=ニ´,.-!_)ヘ/   /i/ (/:::::::::::::γ⌒ヽ
::::::::i´'ヽ.  )'  )イレ')_,.r'7」_____/  /! `"'ァーi´`ヽ.,ン::::::::::::::::::::::!
)、:::_',.. -、ヽ、   ,.: '"´ i7   |_/   /7  /   ',   ':, :::::::::::::::::'、
,:'´   ノi  Yア    /ヘ!∵/ムヽ∵/]  ,'  _,,.. -''"´ `ヽ.::::::::,.:'⌒ヽ
ヽ,. ''"´`ン  !/    ,' `レ/ ハ ヽ//  !,' (_   _,,.. -‐ i,:::::::」
..ヽ_,.-'"´ソ、ム_ヘ.__「Y   / ,'   ',    i   7 '"     ハr'"
  ヽ、,_/ /_ハ7  !7  rく ,    i>   /':,_r'iヽー,- ''" ̄ i
    `i"´  ':,   i 、 ヽヘ_二ハン  '   /´ヽ.(___,,.. -‐ァ'」
ジョルジュ 「ほいお疲れさん。
…なんというか、しょっぱい役職が揃ってたが
アイルーの生き様は天に届いたな。
ありがとうな、用心棒。」
アチャー 「お疲れ様だ
仲間の皆はすまない、私の慢心だった」
「なるほど 雷公はコルクケアか……」
ルーミア 「まーグレランで生き残ってれば勝てたのかー。
村と鬼はおめでとー」
ディオ・フランドール 「あぁ、そうか一票足らんな>3日目」
「お疲れ。アイルーはありがとう」
先輩
              / ̄ ̄\
            /  「  ヽ \
            |  ( ●)(●)|
            |    |  |
            |   __´_  |      なんか狼がアイルーを狙ったから跳ね除けておいたわ
            |   `ー'´  |
             ヽ        ノ_      素手で
            ∠二ヽ -‐' / >、
.           /二ヽ}う / /  `  .
           /j __ノ  l             ハ
        } ,′ |   l      i |     __j
         / ′  |   l        ヽ|  -‐==〉
.         / ,     |   |        |    |
        /_′   |   |        l_____|
          |!     |   |>―-- ―┴―-  |
         |   |   |//i i r         |
.         、____,ノ   |{_ヒ`ニ7ー'ー-   __,ノ
             |      | |:::::::::|       |
            |     { |:::::::::|        |
           |      }  ̄ ̄        |」
駆逐艦「暁」flagship 「あ、納得したわ>雷公死」
「なるほど、そこかー」
抜刀斎 「酷い話でござる・・・また初日占いでござるよ・・・」
「村のみんな…アイルーに敬礼!!」
アイルー 「お疲れ様だニャー」
GM 「どうしてこうなった
お疲れ様でした 村勝ちー」
レミリアーカード 「ルーミア噛みは見事だったのだがなあ>フラン」
アチャー 「9+1で総数10」
ルーミア 「狼視点『暁が銀なら』4-4-1で狐生存否定なのかー」
「お疲れ様ー」
ディオ・フランドール 「うい、御疲れ様だな
うん、すまんな仲間よ」
レミリアーカード
              ,..   -   ̄ ̄ ̄ ̄   、
          {    ____       ` 、    _____
            〉-≦----、===ミ、   、     \´:::::::::::::::} }:}
      ,  ´ ̄∨ ̄>、/   r 、ミ、 ヽ     \::::::::: ///
      「 ̄ ̄ >': ,: : : : :\__∨_\\、|       ヽ::::///
       {\_/: : /: ,: : : : |: : 、: ヽ : 〈  `{  /     }::///
      \/: ,: : ': :/: : :.|: }_,.-}:、: ∨: \_∧、_____,ノ:///⌒\     いきなり死んだぞあっはっは
      /イ: /: :/:{、: : {,ィ,.ィチ笊: :∨: :、:\_〉'⌒>、/::::::::::::::\   流石だなヒューマン>雷
          /: /{: :Ⅳ-_、:从 ヒ:iり}: : :ト、: }:_|:、: \:\: 、 }´ ̄ ̄ ̄`\
       {:イ从: 从マi〉      /:イ:/: : : : !、:\: }: :}、:}           皆御苦労だった
       |' { {: \:ム `  __,   /: : :イ: :/: \、\リ从           我が妹の勝利だと思っていたのだがな
           〉: : }込、 `   ,{: :イ:/イ}/ }/\          -=≦ ヽ、見事だヒューマン
         /: :イ: :从:≧=-≦ ∨ ̄ ̄}   |//∧          ヽ/\
          {:/ /: ∧:从_,>〈、___,〉、 |///∧             |//∧
           _从'....ィ/´ ̄`ヽ、乂_ノ乂_,.>、|////∧         }///∧
        /:::::/:/      ∨     }  |/////∧          /////∧
       /:::「<::::/           }    :. |//////∧        ///////∧
       \{\:::,: /         |  ,  : |///////∧      //////////\
             /             }  /:  l /////////∧    /////////////\
          {        イ  | ∧、 r、////////// ∧,..イ/////////////// ∧
          、          / {//77'////////////∧///////////////////!
            〉 =====ミ、 ,イ、  \/////////////// ∧//////////////////|
          //_  }  } ∨_} \_,/∨///////////////}//////////////////{
          \{>r、 ̄\j_〉イ /,. /∨//////////////l|//////////////////|
            / l   ̄ }    Ⅹ {  、 //⌒\///////l|////⌒\//////////|
              {  '    |    Ⅹ |   ∨     ∨///// |/イ     ∨////////
               、_l   .::------/ィ^ヽ--:.、    ∨/////!       ∨//////
               {:|   {::::::_/:::/∧:〉、::::::`ヽ、  ∨////|          }//// /
               / |   l ̄/:::::::/:::{ Ⅵ::}::::::、::::::\ }/////        /////イ」
ディオ・フランドール 「あときつねはどこで死んだのかと思ったら…www」
ゲーム終了:2014/09/24 (Wed) 01:14:03
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
駆逐艦「暁」flagshipさんの遺言 占い日記
ふふん、改造した暁の実力見せてやるわ!
い、いつかとは違うんだからっ!

結果のみ:紅蓮の魔導師● > 響○ > ディオ・フランドール

1日目:紅蓮の魔導師●
初日は隣り合ってる妹たちじゃなくって、ズサを占うわ。
だ、だって●とか出て一番罪悪感とかないし!
んと、この村だと3日目~4日目くらいかな。>CO

2日目:響○
◇響「鬼も吸血鬼も いた所で手出しするのが無駄だよ。 占いもどうか
鬼も吸血鬼も発見してほしくないかな。出たら出たで吊り言う人がいるし」

鬼と吸血占うと結果が明らかに足りなくなるので、そこに冷たいこと言ってる=第三陣営無いとみて占うわ。
ついでに言うと発言はかなり好みなので、真夢判定も割とかねてるわ。
まあ、よほどのことが無いと真想定で動くし、そもそも●即吊るけどね。

で、このショック死の方が問題だと思うんだけど…

3日目:ディオ・フランドール?
・・・割と昨日出てよかったんじゃ。
●吊ったから余裕あるって潜った意味が、灰の数的にあんまりないわね。

ジョルジュさんと鵺本体。
それなら鵺本体行くわ。
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
駆逐艦「暁」flagship を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →駆逐艦「暁」flagship
0 票投票先 →駆逐艦「暁」flagship
アイルー1 票投票先 →駆逐艦「暁」flagship
駆逐艦「暁」flagship3 票投票先 →アイルー
アイルー 「投票を完了させるニャ
クエスト終了」
「そうだね。 狐はいるわけない。 昨日の時点で2Wなら終わっているから。
ね?」
駆逐艦「暁」flagship 「2Wなので…ないです…」
アイルー 「村のオトモは頑丈に出来てるニャ」
ジョルジュ 「あと最早どうでもいいんだけど、
たぶんディオの鵺否定は毘沙門天引き込みのための嘘だったんじゃないかな、という感想。」
「これでジョルジュ狐だったら? 笑ってごまかすさ」
駆逐艦「暁」flagship 「それと、正直昨日の段階で銀COする意味が欠片もなかったとは。」
「じゃ、お仕置きの時間だね……」
駆逐艦「暁」flagship 「いや、負けはいいから、昨日の夜発言だけなかったことにして!」
「信念の前にはどんな牙も歯がたたないってことさ。」
「暁、一つだけ覚えておくといい」
駆逐艦「暁」flagship 「まって、昨日の夜の発言全削除して!!」
ジョルジュ 「さて、死体なしである。
響噛みで狐噛んだとでも主張するかい?」
アイルー 「勝ったニャーネコのふんばり術ニャ」
「3割。見事だ。」
駆逐艦「暁」flagship 「フラグじゃないってば!!
絶対フラグじゃないって!!そうだって!!!!」
「DIO 前世村人」
アイルー 「ネコは屈しないニャ
暁攫いニャー
この村の闘志は折れないニャ」
駆逐艦「暁」flagship 「・・・・・・・・・」
駆逐艦「暁」flagship 「・・・・・・」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ディオ・フランドールさんの遺言 鍋は決闘の後に来るもんじゃないな
頭が適当モードになってる
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ディオ・フランドール を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →ディオ・フランドール
2 票投票先 →ディオ・フランドール
アイルー0 票投票先 →ディオ・フランドール
ディオ・フランドール3 票投票先 →
駆逐艦「暁」flagship0 票投票先 →
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アイルー 「村の味方をするつもりだったニャ
これからもそうニャ」
「まぁ、アイルーに任せるとしよう。 そうならそうでいい。
夜が来るなら3割」
ディオ・フランドール 「まぁ、どうあがいても毘沙門天噛みが入るとだけ言っておいてやろう」
ジョルジュ 「ディオに屈辱的PP宣言失敗!させよーぜー

暁化狐は狼にうたがわせりゃいいよ(深夜脳」
アイルー 「ニャー覚悟するニャー」
駆逐艦「暁」flagship 「あのね、どうあがいてもこの先の手筋は決まってるのよ。」
「じゃあ村とアイルーはDIO投票で。」
アイルー 「こちらの都合で村を危険にする訳にもいかないニャ」
ディオ・フランドール 「ついでに、2Wいる以上アイルー、貴様は噛まれるぞ?
もっとも、その選択をするなら止めんがね」
「毘沙門天の噛み耐えは3割か」
ディオ・フランドール 「まぁ、あれだ
狼に協力してくれるというのなら響に入れたまえ」
ジョルジュ 「そしてここで狼が二人COと。
まぁ、そんじゃまず提案したディオに波紋入りの村投票いれましょうか」
駆逐艦「暁」flagship 「それ言っても、今日じゃ鬼は狼を吊りきれないわよ。」
ディオ・フランドール 「昨日だと色々面倒でな…
わざわざ毘沙門天勝たせてやりたいという気持ちがあったのだよ」
「だったら昨日の次点でそもそもDIOに●なんか出さないだろうね。
そもそも占いとして出てこない。と思うけど?」
駆逐艦「暁」flagship 「銀だけど、超銀だけど!」
アイルー 「ハンターは裏切らないニャ」
駆逐艦「暁」flagship 「…いや、なら昨日でいいでしょうが!」
アイルー 「嫌だニャアイルーは村の用心棒ニャ」
「じゃあDIOコピーの狼だね。 ハイ終わり。」
駆逐艦「暁」flagship 「投票がまず。>LWあるのに投票してる(まあ、響もだけど…)
で、
◇先輩 「真も夢もありえるわー……>暁
もうフルオープンしかねぇわ」
この辺とかが凄く好み過ぎて疑えないから消去法。」
ジョルジュ 「一応報告。ディオ・フランドール毒なし確認。

悩んだが、響の動きが暁に囲わせて生き残る人外にしては激しいように思うんだよな。
というわけで当座暁真本線で見た。
まぁ、即座に入れるよりはゆっくり詰めた方がよくね?というのは入れてから気づいたが。」
ディオ・フランドール 「暁、貴様が銀狼で間違いないな?」
駆逐艦「暁」flagship 「占いCOよ
ジョルジュさん○」
「抜刀斎の前世は神話マニアー」
アイルー 「ディオ・フランドール攫い」
ディオ・フランドール 「抜刀斎が鵺だと言ったな、あれは嘘だ
アイルー、私と友達にならないか?
銀がいることも把握している」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
先輩さんの遺言 4夜
巫女CO


               / ̄ ̄\
             /  ヽ   \
.            (●)(●)    |           仲  俺    お
             | |         |            良  が    前
            |,,,,`,,,,,,     |             く  蝕    は
             {`ー'´      /           な  巫   き
            ヽ      /ニ、  _         っ  女     っ
          /7ー个 、 ヽ    ノ\| |\      て  だ   と
.         ,イ ′ \∧ ∧_/   | | \    く   っ
.       / | i       |        ト }    .   れ  た
       ′| |       |        |ノ|    i   た.  と
.    ̄ ̄i  | |       |        | |    |   ん  .し
    ___|   ヽ.|       |      ヽ|    li   だ  て
.    ‐――|     l     ー|-=       |     |:i   ろ  も
.    ___l  -‐┴'⌒ヽr‐-、____   -┴-  l|  う
    ー――l     〈|`Τ「ヽ            |_|   な
    ___ム.___i r|___l::| /  ,___         |::|
       /: : : : : :∧ i|::::::::|' /: /: : ̄: : : ‐--‐': :|
   _____/: : : : : :ヽ: `う二(_/: |_/: : :i: : : : : : : : :i |
    / : : : : : : ヽ} : : : : : : : : i : : :| : : : : : : : |: ,
.   / : : : : : : : : :|ー----――---|: : : : : : : : :|
抜刀斎さんの遺言 鵺でござる!!
ディオのスタンドを利用して
時間停止してニートするでござる!!
先輩 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
抜刀斎 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →ディオ・フランドール
先輩0 票投票先 →抜刀斎
2 票投票先 →ディオ・フランドール
アイルー0 票投票先 →抜刀斎
ディオ・フランドール2 票投票先 →
抜刀斎3 票投票先 →
駆逐艦「暁」flagship0 票投票先 →抜刀斎
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
抜刀斎 「もしくは暁が人外か・・・」
先輩 「俺はここで……待て、ディオ吊ると終わるんじゃね?」
「アチャー入れてるのにかい? 身内切りとしても印狼なら残すよ?」
アイルー 「抜刀斎に投票するよ
こっちも勝ちたいニャ」
抜刀斎 「占い初日かつ暁が夢占いでござるよ? これ・・・」
駆逐艦「暁」flagship 「これで夢だったらすごい道化なんだけど…」
「13人で真夢同時出現なんてずいぶんいい夢を見てるんじゃないかな」
先輩 「実質、明日が最終日だ。で……響、お前さんの役職、何よ?」
ディオ・フランドール 「吊るなら響だろうよ
暁は夢と見る」
「DIO吊り確定
あと精神感応者CO

アチャーも紅蓮の魔導師も前世村人」
抜刀斎 「これ占い初日のように思うでござるが・・・」
先輩 「まず、明日の時点で残り5人だ
PPラインは3票……さすがに攫いは行使する、つーかそれで明日最終日じゃね?」
駆逐艦「暁」flagship 「ああ、これなら真でいいわね。」
アイルー 「最後の狼だと共鳴が残るニャー>響」
「ダメ。 明日4人になるの見えてるから今日はDIO吊り飼う低。」
先輩 「ちょっと考えさせろよ……」
ジョルジュ 「初日夜
6人しかいないってのにまぁこんな役職引いて…
綱数を減らさないように気を付けて動かねぇとな…
あとはまぁ、頓死すると吸血鬼の手助けをすることにもなりかねないってのが
気がかりではあるか。

二日目夜 紅蓮の魔導師投票
別に吊るすとこ投票しかする気せんよ、
どの道村票は数えるほどしかないと想定せざるを得んのだから。
魔導師の気になるところは、無意味に鵺ラインを残す主張をしていたところ。
別に吊りたがってた場所ないと思うんだがね。鵺に触ってた場所を
あえて挙げるのも、あげつらいの感じがある。
むしろ困るのは村役の一つが頓死した気しかしないということだが。

三日目夜 アチャー投票
…先輩切ってもよかったかなぁという印象はあるんだが、
初日である意味一目瞭然とはいえ遺言に日記が皆無のレミリアを信じるのも
辛いところが。少なくとも灰に占いがいるような感じはしないかね、生存欲的に。
というか俺の信頼がやばいんですが、投票先常に処刑されてる的な意味で。
もとよりやばいけど。」
駆逐艦「暁」flagship 「…>投票控えてない」
先輩 「ま、多少はな>響」
ジョルジュ 「人馬CO 紅蓮の魔導師>アチャー」
ジョルジュ 「で、なんとも判断に困るCOが暁からは出ると。
暁本人は真夢微妙、という判断なのね。」
「いいよ、どっちも共鳴者付いてるんだから DIO吊って
抜刀斎攫えばいいんじゃないかな。>アイルー」
アイルー 「ディオはこっちが攫うから任せて欲しいニャ」
先輩 「ちなみに俺は昨日も言ったとおり、巫女だわ
レミリアーカードが吸血鬼だってことをお伝えする役割だわ」
駆逐艦「暁」flagship 「ついでに言っておくと、響に関して昨日ちょっと触れてる。」
ディオ・フランドール 「というかもうFOでいいだろうよ」
「これなら先輩も非狼目で見れる。 印狼だというなら初日に投票する場所じゃない。」
ディオ・フランドール 「というかそうなるならものすごく夢か偽臭いのだが…>暁」
先輩 「真も夢もありえるわー……>暁
もうフルオープンしかねぇわ」
駆逐艦「暁」flagship 「あー、印あるのね。
ちょっと投票見てくるわ。」
抜刀斎 「初日に言ったとおり、ただの鵺でござるよ」
ディオ・フランドール 「村表記COだな」
「アチャー吊りに関してはグレーを把握してる割には
自分のCOはないんだなって所でまず大した役職でもない
という点。

指定云々言っておきながら雷の事全く見てない辺り 素振りだけ見せてる感が
合ったから投票したよ。 」
駆逐艦「暁」flagship 「潜ったのは●吊ってて余裕あるから。
思ったより灰狭くって出た方が妥当だったけど…(震え

これ真夢微妙臭いわね」
アイルー 「鵺吊ってくれだニャ頼むニャそれなら>駆逐艦「暁」flagship」
抜刀斎 「かなり夢っぽいでござるな・・・」
「アチャー印狼確定。 2日目の投票じゃ票増えてないし」
先輩 「あの野郎……! 増えてんじゃねーか、票数が!

「アチャーは繋がってねぇわ、繋がりを感じない辺りやべー気がするわ」
とか考えちまったじゃねーか!」
ジョルジュ 「あ、本当だ、アチャー2票持ってたな。
遺言もないようだし、これはありがたい。」
アイルー 「じゃあ鵺ラインはCO頼むにゃ」
駆逐艦「暁」flagship 「占い日記
ふふん、改造した暁の実力見せてやるわ!
い、いつかとは違うんだからっ!

結果のみ:紅蓮の魔導師● > 響○ > ディオ・フランドール●

1日目:紅蓮の魔導師●
初日は隣り合ってる妹たちじゃなくって、ズサを占うわ。
だ、だって●とか出て一番罪悪感とかないし!
んと、この村だと3日目~4日目くらいかな。>CO

2日目:響○
◇響「鬼も吸血鬼も いた所で手出しするのが無駄だよ。 占いもどうか
鬼も吸血鬼も発見してほしくないかな。出たら出たで吊り言う人がいるし」

鬼と吸血占うと結果が明らかに足りなくなるので、そこに冷たいこと言ってる=第三陣営無いとみて占うわ。
ついでに言うと発言はかなり好みなので、真夢判定も割とかねてるわ。
まあ、よほどのことが無いと真想定で動くし、そもそも●即吊るけどね。

で、このショック死の方が問題だと思うんだけど…

3日目:ディオ・フランドール●
・・・割と昨日出てよかったんじゃ。
●吊ったから余裕あるって潜った意味が、灰の数的にあんまりないわね。

ジョルジュさんと鵺本体。
それなら鵺本体行くわ。」
ディオ・フランドール 「今日占い出ないなら初日とみなす」
「……これ、アチャー印狼だね」
駆逐艦「暁」flagship 「占いよー:結果のみ:紅蓮の魔導師● > 響○ > ディオ・フランドール●」
先輩 「増えてたわ>ディオ
マジで増えてたわ」
「おはよう。 他に占いいないならピンポイントで初日……

あるいは、先輩が嘘付いてる。 のどっちかだろうね。 どっちだと思う?
再投票云々に関しては意味は理解できるけど何がわかるの?って言う
ところに関しては何も言えないから あまり信頼要素はないかな。実質グレー
で見ていいね。」
抜刀斎 「おはようでござる

アーチャーがなんか2票あるようでござるが・・・
傾奇COなどはなかったでござるな?
元から2票だったなら古系が潜伏していたでござるか?」
ジョルジュ 「…先輩切ってもよかったかなぁという印象はあるんだが、
初日である意味一目瞭然とはいえ遺言に日記が皆無のレミリアを信じるのも
辛いところが。少なくとも灰に占いがいるような感じはしないかね、生存欲的に。」
アイルー 「ジョルジュ攫いニャ」
ディオ・フランドール 「…夜に気づいたが、アチャー票増えてないか?
あいつ古系か?」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言            ,. : : :´: / ̄: `: : : . .、
 ー=ニニ二´/: : : : : /: : : : : :.l: : : : :ヽ
         / : : : /: : /: : : : : : : |: : : : : : :\
        /: : : : : / : : |: : : : : : : : |: :l: : : : : : : ヽ、
     /: : : : : : l: : : :|: : : : : : : : |: :l : : : : : : : ー--≧‐
     .′: : : :>x: : ∧: : : : : : : ハ: :l:xイ: : : : :ハ
     |: : : : |: : :|: :l/>ハ: : : : : ィ7\: :/7: : : : :}
     |: l : : |: : :.xテ=i!ハ: : : : ォテトミイ|: : : : :V
     ∨ : : V:イ r',, |   ヽ: : :| | ,, l ヾ: : : :ハ ‘,     この「雷」が「雷公」をCOしちゃうわ!(ドヤァ
     ): l: : :V{ .乂ノ   , \l 乂ノ ' |: : : ハ∧∧
     /: :ト; : :.ヾ :::::.      ..::::::  |: : / V V∧
.     /: :ノl:ヘ: : ∧.   ヽ  ノ    /: :/: : :',  乂l    …ただ、この村においては実用性微妙ねぇ
  //  ∨ヘ: :Vへ、        イ: ∧:∧: ',  ヽ!
 /     ∨: \\: />s。 s< 乂:/l/ヽ ヽ>  リ
          \|__乂-r‐′     Lr-ミ: |
       ,<´::::::::::::::ハ_,. イ>x、 /::::::::::::::`>x      ……いきなりショック死したぁ!?>2日目再投票にて
      /\\:::::::::::::ハ´::::O::::::::/::::::::::::::://ヽ     3日目更新
     ノ  \\:::::::::ハ::::十:::::/:::::::::::://  l
.     〈 __ \\:::::ハ:: ̄:::/>―''''¨¨`` ヽ/     

もし私が鵺ラインより先に噛まれてるなら、占い出させて。
残せるに値するという結果がないなら、フランドール吊りで>遺言指定

もし残せそうorレミリア真見るというなら、ジョルジュ指定。先輩の扱いについては任せるわ
雷 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
アチャー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →アチャー
先輩0 票投票先 →アチャー
3 票投票先 →アチャー
アイルー0 票投票先 →
アチャー5 票投票先 →駆逐艦「暁」flagship
ディオ・フランドール0 票投票先 →
抜刀斎0 票投票先 →
駆逐艦「暁」flagship2 票投票先 →アチャー
0 票投票先 →アチャー
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ディオ・フランドール 「気になるのは響ではあるか
というか灰が」
先輩 「え、いないんじゃね? これ?」
抜刀斎 「・・・レミリアどのが真ってオチはないでござるか?」
「あと、響もかな>アチャー」
先輩 「占い結果が俺や雷○だとしても、あぶねぇぞ?」
アイルー 「今夜は攫わないでおくニャなら」
「吊り逃れした辺りで占いCOを見られた? どうなんだろう。
とにかく、雷が何も指示しないなら 今日もグレラン続行か。」
抜刀斎 「疑うというのなら、止めはせぬよ
どちらにしろ拙者視点では詰めれる可能性高そうでござるしな」
先輩 「もう灰とかすげぇ狭いぞ? お? いいの?」
「というか…占い出ない?」
先輩 「ディオがどっちであっても、明日の昼間で生きててくれるならそれでとんとんよ
それよりもよー」
アイルー 「占いとかでそこ◯なら攫わないニャー」
ディオ・フランドール 「まぁ、浚うのは構わんが…その場合どうなるかはわかっているだろうな?」
アチャー 「そもそも、未COは私と暁だけか?」
「偽見るならまだしもまだ何もわかってない所をさらうって言うなら
容赦はない。」
「それは禁止、雷公として>アイルー」
先輩 「明日の夜にしな>アイルー
それまでにDIOが噛まれるなら、その必要はねぇ」
ジョルジュ 「ルーミアに関しては…
正直なところ、発言量がしっかりしてるから噛まれた、以上のことは考えられん。
噛まれるなら噛まれる、諸々の特殊結果は吊りたがってた場所だったから
噛まれないなら利用されて吊られる、そんな場所だなとしか思わなかった。」
抜刀斎 「もし明日も噛まれて無いならディオを攫えばよかろう
拙者は鵺でござるから、それで村の味方だと証明できるでござる」
ディオ・フランドール 「村攫いは非常に、困る」
駆逐艦「暁」flagship 「妹を信じられるのは凄くいい感じ。
あー、共鳴もサブだっけ?」
アイルー 「ルーミアが先に噛まれてる違和感が有るニャー」
ディオ・フランドール 「割と困るんだが、それ>アイルー」
「鬼が出ると…毘沙門天
でも、毘沙門天真ならちょっと安心ではあるかも。鵺ライン人外だったとしても、そこ残ってたら鬼は勝てないから村に付かざるを得ない」
「それやるって言うなら刺し違えてでも今日君を吊る。>アイルー」
先輩 「って素村かよ!>紅蓮の」
「……それ、抜刀斎殺す宣言だよね いや、吊れないけどさ>アイルー」
先輩 「結果としてルーミアを吊らずに済んだのなら、それは俺の功績ってわけだ
ところで紅蓮のは何よ?」
ディオ・フランドール 「人外疑いがあるのはわかる故にな」
アチャー 「で、どうする
鵺は噛まれていないし指定を任せるのは難しいぞ」
アイルー 「グレー噛まれる危険性があるニャ
ディオと抜刀斎噛まれないなら鵺攫っていいかニャ?」
駆逐艦「暁」flagship 「あー、なるほど鬼なのね。
吊らなくていいわ。」
ディオ・フランドール 「とりあえず、このDIOは指揮を執る気はないぞ?」
抜刀斎 「毘沙門天と聞いた時点で
拙者を殺す気かとドキドキしたでござるよ?」
ジョルジュ 「で。ショック死要因はこうなると雷公でよさそうだな。
巫女が吸血鬼というのも面白い結果である。」
先輩 「俺はもう一度引き分けして票の流れを見る、ってな」
ディオ・フランドール 「ふむ・・・」
「というか…ルーミア無残?」
「うん、雷公の発動条件に雷は該当してるし みんな蝕巫女だと思ってたくらいだ。
雷は信用していいね。今後指揮とるなら雷に任せる。」
アイルー 「ネコのサブ攫い術
サブを持ってるモンスターを攻撃するニャ
そう言えば毘沙門天って言ってたニャー
2日目ニャ
正直出てる役職を攫って反感を喰らいたくないニャ
それなら他の位置に投票してみるニャ
雷攫いニャ」
先輩 「説明は既に済んでいるんだぜ?>響」
アチャー 「なん……だと…>雷が雷公
なんという偶然」
アイルー 「占い師が居るならすまないニャ」
ディオ・フランドール 「どうぞ>アイルー」
先輩 「あいつ吸血鬼だわ、マジで」
駆逐艦「暁」flagship 「じゃ、グレランしましょ。」
ディオ・フランドール 「まぁ、雷が雷公でいいのだろうよ」
アイルー 「出てもいいかニャ?」
抜刀斎 「あぁ、なるほどでござる」
「なん…ですって……>レミリア吸血鬼結果」
「巫女でわざわざ票変えしたの?」
抜刀斎 「初日にショック死する吸血鬼などいたでござるか?」
「あと気になったのは先輩か。なんでルーミアからシフトチェンジしたのか。
割と謎だね。 こういうところ後々のCOでわかってくるのかな?」
駆逐艦「暁」flagship 「あー、なるほど>雷公
てっきり蝕み巫女か何かかと。
遺言で否定されてるし。」
先輩 「かーっ! こんな遺言まで書いたのに! かーっ!」
「確かに、占い遺言だね。……じゃあ雷が雷公って割と正しい?」
ジョルジュ 「…?
ショック死したレミリアーカードは蝕巫女遺言だとばかり思っていたが、
なんだか変なことになってきたぞ?」
先輩 「 巫女CO

2夜
どうやら蝕まれてはいないらしい
レミリア―カードの結果はどうせ「村陣営」だろう? 出す必要性がないので伏せるわ」
抜刀斎 「ん? どういうことでござる?」
ディオ・フランドール 「ほう、雷公か?
うむ、遺言からして真証明でいいだろう」
アチャー 「COがなければグレランだな」
先輩 「巫女CO。レミリア―カードは吸血鬼だわー
まさか村結果じゃないとは思わなかったわー」
「レミリアァァァ!?>占い遺言」
「それでルーミア死ぬのか……占い見て、かな?」
先輩 「吸血鬼だわ、あいつ」
ディオ・フランドール 「…待て、ショック死で占いCOだと?」
駆逐艦「暁」flagship 「響の発言どうなんだろ。
鵺の指定は陣営不明なら村仮定で動くのが普通なのよね。
んー意見の違いかなー。
どっちかっていうと、意見ずれ気にしない村っぽいかな?」
先輩 「あ、町」
アイルー 「おはようニャー
警戒していた響とかは重要な役職を聞けそうだニャー」
先輩 「いいか? レミリア―カードは確実に村陣営だろう、で投票先が「雷」だ

3票 → 2票になる

もしも紅蓮が吊りのがれをするなら、ルーミアに投票するだろう(雷は2票になるからな)

3票 → 4票になる

だが俺がそこでルーミアから票を外せばどうなる?

3票 → 3票のままだ、それでもう一度票の流れを見る……って寸法さ」
「…なんかいきなり発動したっぽいからCOする!
この「雷」が「雷公」CO!(ドヤァ」
抜刀斎 「おはようでござる

ルーミアが吊り逃れしてるでござるな
まずはルーミアのCOを確認しつつといったところでござろう
占い師が居るなら今日か明日に出るのがいいと思う出ござる」
ジョルジュ 「魔導師の気になるところは、無意味に鵺ラインを残す主張をしていたところ。
別に吊りたがってた場所ないと思うんだがね。鵺に触ってた場所を
あえて挙げるのも、あげつらいの感じがある。
むしろ困るのは村役の一つが頓死した気しかしないということだが。」
「おはよう。 レミリアの死因はほぼもうこれ蝕巫女しか
ないと思うね。 まぁ1死体まではギリギリ許容できるかなって
とことして……問題はルーミアか。 余裕もないしさっさとCOして欲しいな。
吊り逃れに変わりないんだし。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
紅蓮の魔導師さんの遺言 素村表記だ、現状特にメッセージはないが
とりあえず私は書きものをする。邪魔をするなよ
レミリアーカードさんの遺言
                           ,イ {::\
                              /:::\ 、::::\
             ,..  -    ̄ ̄   ー-- /::::::::::::∧\_ヽ
            /              /:::::::::/:::::::::::::ヽヽ:}
         /           ;   /::::::/::::::::::::::::::::::| |:|
           { __        / _/:::/::::::::::::::::::::::::::::{ {::、
        _<_  \ /⌒ ̄\- ´  \:/ ̄>、____}
      |ヽ /: :/   }/⌒{/  /:\ i   /  〉-<_
      } ∨: : \_/: |: : : {\__}::∨:\_/: \/  / }、
      \ |:|: : |: :|i: : :∧: : :ト,: : :|:ヽ: |: : : :|: : ;: : : \_// }  占い師だ
         |:{: : |: :|{>、 }!: :|ム斗:} Ⅵ: : :; : /: : : ,: ∧__/
          {八: |: !{て汽 八{ イ芯芹'| : /: /: : : /: |       フラン○
         ∧{:从l弋リ    弋zソ/: イ: /': : :/: : :.
         ,: : : : 叭  '       ムイ:/: |: : {: : : : .
           {:l: : :|, -- 、  -,    /: :/: : |: : |: : :}: :}
           乢: /    >    イl : /: : : |::从: :∧:,
            ∨ ヽ _} } } |` 「  从{彡ー^ー ≧ヽ、リ
         /    /ー'ー'-'イ∧  /      ハ 、ゝ\
           /    / 〈/  {:::::::{∧/ ,       | } 乂}
        /   / 〈/ //:::∨〈/ ´          ; |  ̄ `
       ,:'     / ー ' /:::l:::|/           ,イ |
       /     /  l/::::::/::::{          / |    ____
     ,     /〈∧/:::::::::::':::::::>-==≦-、     | |,.ィ::::_/:::}
      {    '/}/ \::::::::::/{⌒\{/} /^ヽヽ  .イ  \::::::::::::::::/
ルーミアさんの遺言 司祭表記COなのかー!
初日
恋じゃないと良いと思うのかー!


自分が村だから死ぬ訳には行かないから吊り逃れなのかー
死体 G< レミリアーカード グレンの魔術師 
ルーミア は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
レミリアーカード はショック死しました
紅蓮の魔導師 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (2 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →紅蓮の魔導師
先輩1 票投票先 →アチャー
1 票投票先 →先輩
アイルー0 票投票先 →紅蓮の魔導師
アチャー1 票投票先 →ルーミア
ディオ・フランドール0 票投票先 →
抜刀斎0 票投票先 →
駆逐艦「暁」flagship0 票投票先 →紅蓮の魔導師
2 票投票先 →ルーミア
ルーミア3 票投票先 →紅蓮の魔導師
紅蓮の魔導師4 票投票先 →
2 日目 (1 回目)
ジョルジュ0 票投票先 →紅蓮の魔導師
先輩1 票投票先 →ルーミア
1 票投票先 →先輩
アイルー0 票投票先 →紅蓮の魔導師
アチャー1 票投票先 →ルーミア
ディオ・フランドール0 票投票先 →
抜刀斎0 票投票先 →
駆逐艦「暁」flagship0 票投票先 →紅蓮の魔導師
3 票投票先 →ルーミア
レミリアーカード0 票投票先 →
ルーミア3 票投票先 →アチャー
紅蓮の魔導師3 票投票先 →
「◆GM 再投票ー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
レミリアーカード はショック死しました
「◆GM @2」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
紅蓮の魔導師 「だから放置だ →るみゃ」
先輩 「指定なんざ1秒ありゃできんのよ」
抜刀斎 「もとより時間が足りぬは承知
それに指揮を取ると忙しいでござる
働くということでござるよ?」
「鬼は攫えて、占いとラインつながれば言うことないんだけどなぁ」
「鬼も吸血鬼も いた所で手出しするのが無駄だよ。 占いもどうか
鬼も吸血鬼も発見してほしくないかな。出たら出たで吊り言う人がいるし」
アチャー 「指定に関しては真証明可能な役職が出なければ無理だろ」
ディオ・フランドール 「まぁ、貴様には働いてもらうからニート生活の期待など無駄だが」
レミリアーカード 「今から指定なぞCOが間に合わんだろう
今日はグレランで十分だ
鵺が指定するのならば、もっと早くにそう望まなくてはならん」
紅蓮の魔導師 「……私にかかれば、人外一本釣りぐらい容易い」
アイルー 「成る程ニャー>先輩」
先輩 「かーっ! 俺の情報をできることなら今すぐさらけ出したいわー!
かーっ! だけどまだそのタイミングじゃないわー」
駆逐艦「暁」flagship 「吊りたいとは思わないけどね。
役に立つこと結構あるし。」
「別に生存者ー2人じゃない、そんなに早いて突っ込むところ?>レミリア」
アイルー 「何が違うんだニャ?>先輩」
ルーミア 「鵺交換まで視野に入れた場合って結局処理が手損になるのが困るんだよなー>紅蓮」
紅蓮の魔導師 「グレランするしかないと思うが
この時間で指定をする気か?」
ジョルジュ 「精々3秒しか止まらないDIOの時止めでどれだけ見果てぬ夢を…
俺ならおっぱい揉むのに使うかねぇ、接近さえできればいいし」
ディオ・フランドール 「まぁ、このDIOを疑うのは構わんが…
それよりも灰をよく見ておくがいいぞ。」
「というかもう1分切るね。 今から指定じゃ最初からグレランのほうがマシだよ。」
先輩 「勇ましいから、出すんじゃあない
誠意ってやつを示すために、出すのさ」
アチャー 「鬼に関しては信用できん
よって気にしても始まらん」
アイルー 「モンスター警戒してるニャか
用心深いハンターさんニャ
けど頼もしい判断だニャ>響」
「まぁ安心できるのは鵺指揮ね>フラン」
駆逐艦「暁」flagship 「組織票対策って言っても正直微妙じゃない?
狼3つ出てるとして、それが投票合わせてもなー…」
レミリアーカード 「灰の計算が早いな>雷
そんなに灰の数が気になるか?」
抜刀斎 「指揮と言っても・・・時間がないでござるよ
グレランするしかないでござる」
紅蓮の魔導師 「どうだろうな、私やるーみあは
そこそこ鵺を警戒している位置に思えるが →アチャー

……アーチャーではなかったことに今気づいた」
「やるならね。>DIO
だけどもう時間ないよ? ギリギリ指定やるくらいならグレランのほうがいい。」
先輩 「違うんだなぁ、それが」
先輩 「ちっちっちっ>アイルー」
ルーミア 「鬼は攫えないなら吊っても良いって程度なのかー>暁
吸血は……蝙蝠判定だと霧人外と混ざるから厄介!そこが真吸血の保証があれば残しても良いけど結局吊りそうなのかー」
「そこは積極的に排除しなくても良いといえばいい、からね>暁 >鬼と吸血鬼」
「と、言うかあれだね。 この少人数だと本当にDIO人外だった場合
致命的だから普通にそこ占いは十分あり。 誘導とかじゃなくてね。
DIOが○だった場合のメリットが大きいんだよ」
抜刀斎 「他を選んだら働く事になるでござる
絶対に働きたくないでござる」
駆逐艦「暁」flagship 「しゃっくり出た、あんまり笑わせないでほしいわ!(ぷんすか!」
ディオ・フランドール 「あぁ、初日は鵺の指揮でで構わんな?
紅蓮の魔導師 「鵺交換まで視野に入れているぞ、私はな →るーみあ
だが、どちらにせよ今吊るべき箇所でもなかろう」
レミリアーカード 「負債でも背負ってそうな名だ>抜刀債」
ジョルジュ 「とか言ってたら鵺ラインが出てきたか。
まぁそこに関しては当座放置して、今日の展開への皆の反応を見て
慎重に人外を探していこう。一つ一つの吊りが大事な村だからな。」
アチャー 「鵺に触れすぎてる位置はなし、か」
アイルー 「初日から出るとは勇ましいハンターニャ
僕もオトモとして誇らしいニャ」
先輩 「なんだっていいのよ、第三陣営なんざ
票数に関わってこなきゃな」
「で、これ以上動きがないのならグレランかぁ
村6でフラン村と置くと灰10人で村は最大5、結局は半々かぁ」
レミリアーカード 「ああ、私かフランの二人のどちらかがマニアか鵺だったら完璧だったのだがな>フラン」
「まぁ一旦放置でいいとしても4日目にはそこ、COしてもらいたいって感じかな。
DIOが生きてるなら。 指定できるのは鵺が今日だけ。 それ以降は私は
鵺に指揮取らせるのは反対。」
抜刀斎 「拙者視点では接点は大きいでござる
そこにつけば働かないでいいでござるよ」
紅蓮の魔導師 「……ひどい理由だな!? →抜刀債」
ルーミア 「自身の発言でマニアでも良い、と言った後に鵺を出す行為。
少人数村での共鳴COには注意が必要だと私は考えるのかー」
ディオ・フランドール 「…貴様、このDIOのスタンドをそんなことに使う気か」
駆逐艦「暁」flagship 「鬼と、吸血鬼を人外と扱わないかは個人差あるのかな。」
アイルー 「ニャ?ディオさんが抜刀斎と組んでるですかニャ?」
紅蓮の魔導師 「ま、放置しておくべきだ
噛まれなければという程度で」
先輩 「わー……ねぇわー、俺じゃなくて悪のカリスマを選ぶとかマジねぇわー……
1970年代のセンスを感じるわー……」
抜刀斎 「鵺でござる!!
ディオのスタンドを利用して
時間停止してニートするでござる!!」
ディオ・フランドール 「確認が遅れたのはすまないな
わりと接点が見えないと困惑する」
ジョルジュ 「…なんら初日に動きはなし。まぁ、わかり易いい鉄火場村コースターである。
だが諦める村人などここにはいない、いいな。
血反吐吐いてでもこのグレランで人外を吊るす、それだけが我々の存在意義である。」
「と、なるとそこはいったん放置でいいとは思うわ」
レミリアーカード 「と、思ったらフランに鵺が付いたのか」
抜刀斎 「ようやく気付いてくれたでござる」
アチャー 「マニアではなく鵺、と
ならば後はグレランだ」
駆逐艦「暁」flagship 「案外そうでもなかった…
まあ、じゃあ放置しましょ。」
先輩 「そこかよ!」
抜刀斎 「12>10>8>6>4>END
たしかに5吊りでござる」
レミリアーカード 「出ない、という事は人外に回ったか
くくく……それは殺されるという事だ
滅ぼされるという事だ
人外に身を窶す事を選択したのは貴様だ、マニア」
「鵺、鵺ね……ディオに付いた鵺と」
ルーミア 「ちょっと確認が遅れたから若干迷いが見える気がするのかー>ディオ」
紅蓮の魔導師 「ふむ、少し遅いのが気になるが
まぁいい、確認するがいい」
先輩 「いや、別に自分で言ったわけじゃねーよ?>紅蓮の魔導師
でも世間一般的に? カッコいい方に分類されるっていうか?

っていうかおい! マニア! どこだよ!?」
アイルー 「ニャー マニアさんのCOは来てないニャー?
もしかしてモンスターになったニャ?」
「あ、鵺が出てきてくれたのね!?」
「COなし。と まぁ仕方ないか 予想以上に厳しい鍋だね。
とは言えグレランしか現状やることがないわけだけど」
駆逐艦「暁」flagship 「なんか第一発言でマニア透けるんじゃないかって気がしてきた>朝一のマニア触れ」
紅蓮の魔導師 「……出てこない、か。
気を引き締めよう、ただでさえさほど余裕があるとは言いがたいが」
ディオ・フランドール 「…ほう、悪くない
抜刀斎、このDIOの鵺だな?」
ルーミア 「この人数だと3W想定しといて問題は無さそうなのかー?」
「マニアCO、出ないわねぇ…」
「6吊りもないよ。 最終日4人想定だから8/2で4、それに最終日の
1吊りを足して5釣だ>レミリア」
抜刀斎 「マニアはCOあるでござるか?」
先輩 「……あれ?」
ジョルジュ 「で、取り立てて死体が増えたり、足音が出たりはなし。
今後どうなるもんかね、まったく。」
レミリアーカード 「マニアはさっさと出てくるがいい
朝は眠いんだ」
紅蓮の魔導師 「私はマニアではないが、お前は……かっこいい……のか……? →先輩」
先輩 「鵺じゃないなら当然のごとくマニアがCOすることくらい予想できるわー」
ディオ・フランドール 「さて、マニアはさっさとCOしろ
鵺でも構わんがな」
アチャー 「では、COあるならば頼む」
アイルー 「おはようだニャー
ハンターさんは早起きだニャ マニアの支給品は来てるかニャ?

今回のクエストはこれニャ

狼と狐の挟撃!

狼3狐1の討伐 サブ吸血鬼の討伐」
抜刀斎 「おはようでござる

拙者、絶対に働きたくないでござる!!
共有も居ないし半数人外、マニアが出てきてくれたら幸いでござる
村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1」
「さぁいっきますよー!…とはいうものの、やけに陣営多いわねぇ……
一応狼狐だけに絞れば5吊り4人外、だけどマニアの関係もあるし余裕はないわねこれ
共有もいないって意味では、やっぱりそこが重要かな」
駆逐艦「暁」flagship 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
それじゃあまずは神話ね。
相変わらず吊り数と人外数が…」
紅蓮の魔導師 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1

共有は確認していない、さあマニアよ現れるがいい!」
ディオ・フランドール
              _____,,,,,,___へ、_  ,.へ__
          ,. -''''""´      `ヽ「7__  /
       /              `ヽ.  〈
      /   ゝ__,.r´⌒i ̄ ̄7ヽイ__   i 」
      i __r'⌒_ゝ--─´ ̄`ー-'ヽ,_ゝイイ」
      _'ゝ,. '"´            `ヽ! `ヽ.
      L7´  /   /-i─ハ ハ i -ーハ i i   !
   ____、 `i  ハ イ テ!--!、レ´ V,ィ''T!イ ハ ,ゝiノ  出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1鬼陣営1 神話マニア陣営1
   \.」ゝi  イ .レヘi !'!ノ  }    ト、,! i ヘノVi〈    ふむ、なかなかにぎやかだが…マニアがどこにつくかだな
     __.ノ   i  ハ. ゝ-'゙    `´,, lハノ ノi  ...
   ∠__/^i ハヘ イ、〉///  0  ///  i-〈/
     <>ヽi ヽ.γ´ i`>,r,--r=i´、レヘノ`l)
       /iヽ /    ゝ、ゝイン i__ 〉<>
       !/〈/ゝ、___,.-'Y`ム7ヽ7'\
          __r7ハ   !   / /  ̄  _/L/i
         _「/ゝ、ヘ  ト-/ /、     フノゝ
    ,.-、,  rく, .-==='!、_!7__ノ='=ー-ー'´´
  < 8 '==イ'´、         ンi
    `ー^  ....ヽハ_ゝ、___」_____ _,.イン
       ::::::::::`ヘ___,i⌒^「_'7´::::
        ::::::::::::ヽ_,!::::::::し'::::::
「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1

5吊り、4人外が基本。 吸血鬼・鬼はガン無視の姿勢じゃないと辛いかな。
あとはマニアCOよろしく。 他にCOあるんだったらどうぞ。」
ルーミア 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
5吊り4人外なのかー?
吸血は多分間に合わないから無視しつつのマニア待ち!」
レミリアーカード 「                , - 、_,. -────‐- 、
   __,. -─ - 、   /                 \
    |::::::} l::::::::::::::::::\/                   \
    '、:::l |::::::::::::::::::::::{__x≦三三三三三≧x、___     \
   .ィ\l !:::::::::::::::r< ̄fく__r‐ 、_ノ⌒ー‐f⌒}-- ⌒} ̄ ゝ、/
  〈::\ /}|__/ヘ}イ冫´    /|   、 丶 ヘ    Y⌒ハ >ァ
   \:\\::::::::/ /   / !  ハN   ハ斗チ升 ! |  `Lシ
     \:\\/ /イ |/{ | リ「 气   } N Y ハ l  リ   ハ
      \_>′l/1 lハ ム l rfチハ  l  下イ〒 /    |     うっうー☆
             ! Ⅵ }∧ヘ弋ツ \ノ  弋tツ 7     }!    
             `Yリハ \∧   '      7 7     ノリ     六吊り四人外にマニアが一人だ
               / ゝ ヘ\'、   にア _ イ /   // /
             Ⅳ }、 ト   > ァr< ゝ イ ///          さあ人外を見敵必殺
            | ∨ ∨ Y´ ゝ}-|-‐/ 7 ゝ<     r─── ァ‐  サーチ&デストロイしよう
             _,. ノゝ--「 ! 7〈  ハ7 .'   \_ ノ:::::::::::::/
         -== 、:::::::::::fゝ 、 ! Yo´   l    /:::::::::r ‐v ´
                 Y⌒7 々{-}  ]    7ャ= 7 Y⌒
             __/ /}-‐ '=キ===ヘ_⌒{ ´.::::'.
                ー u' ノ}r   [゚     r}::::\ },:」
           「}ー一 ′ ⌒ー'}-ヘ_r‐-'´ \:::}}r ゝ
             f !、                `ーvヘ_)
            L ヘ                 / {
              { ∧                    } 」
            `Y )    , -- 、   , -- 、  / 7
              ⌒ >ァ⌒Y´}_ムイ{⌒T} ー'ノ
                      l__ノ      \_! ⌒´」
ジョルジュ 「出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
マニアが村につかなかった瞬間に、村≦人外が確定する。
ぞっとしねぇな。囁きはない。まぁ、初日がどうなるか、だ。」
先輩 「お前の次のセリフは「かっこいい先輩をコピーしました!」――だろ?>神話マニア」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM やるわねー>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM そうだねー>ヘンテコ 」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM 出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
少人数のほうが陣営数多くなってなーい?(真顔」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM GM担当はつきつきだよ@支援ありがと」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現陣営:村人陣営6 人狼陣営3 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 鬼陣営1 神話マニア陣営1
ゲーム開始:2014/09/24 (Wed) 00:24:42
ディオ・フランドール 「ズサなど無駄無駄無駄無駄ァ!」
ジョルジュ 「よし、開始するか」
紅蓮の魔導師 が幻想入りしました
レミリアーカード 「うおっ、気持ち悪っ>フラン
なんだその……飛び出ているのは」
ルーミア が幻想入りしました
アイルー 「ニャニャオトモするニャー」
アチャー 「バカな、貴様は黒ランサー>レミリア」
「チラッ」
先輩 「微妙に……こう、角度とか……違くね?」
抜刀斎 「ニートだらけでござる
絶対にニートだらけでござる」
ジョルジュ 「お約束のチラッ」
「レミr…吸血鬼が増えたー!?」
「裏」
先輩 「それなんか違くね?」
ジョルジュ 「1」
ジョルジュ 「2」
レミリアーカード
         , --- 、____ r―‐‐ャ
         /     \    7; ; ; ; ; 〉
      /   /      ̄  /; ; ; ;/l
        j>r=~==イ⌒'《_;_;_;_; ;ノヽ
     イァ--/⌒}`ー┬ '>、\ヽヽ 》; ; ;〉
     V { ハ-、{ ヽ l/ヽ j》. } 》 l〈; ; /
      .乂 Vヽィ㍉ヽ}ノィチ刋j レ ノノ  ̄ ャ-、
      7 》ハ.Lリ   ヽニノ! ∧} ハ   〉r、\    よろしく頼むぞヒューマン
      ノ〈 〈ヘ、 r‐y  ノ l! ハ ヽ ヽ // \ヽ
     〈 ハ人ハ≧ァ7.〈ノ{ ヽリ ノ》ハ〉//   ', i
         イl_l/7\// フ=<ム、   | |
        ノ /; ;7l;\/ _そ     リ   | |
          〈  >ー;ll;ー; >ソ=-、  rフく   j .!
       くム{;_;_;;jl; ; ; l    fーくリ_r. '\ //
         7~!    ̄  彡.j/; ; ; }>   〉'/
        /r‐┴===≠≠.┴- 、;/  /V
          〃へハr~~ソ= く .r=ん、 /、; ;\
       /  / |  i    j r=く  ヽム \;/
        /  /  j   l   l/¨く77ヽ ヽ  ヽ」
ジョルジュ 「3」
GM 「(チラッチラッ」
レミリアーカード が幻想入りしました
ジョルジュ 「4」
ジョルジュ 「5」
先輩 「おいおい褒めんなよー!>アイルー
照れんじゃねぇかよ、いや全然大したことねぇから! かーっ! 全然大したことねぇわ!」
GM 「投票揃ったね
それじゃカウントいこうー」
「大丈夫みたいね、よかった!」
ジョルジュ 「んじゃ、カウントはじめっぞ」
ディオ・フランドール


                                    /               /__
           ´                ヽ      __-/: .       /  :/ : : ヽ
        /                     \. ./⌒/: : : .    /   ./ : : : : |      --
      〈                         __/ ̄`:/: : : :    ´    /:Τ\:┴ 、/   : . \
       }  r=‐<´ ̄ ̄ヽ三三>─、_\  ../ /―-:/,. -‐          .:: ̄\-\⌒\:  : : : . \     ____
      〈>rソ_厶ーr-<⌒\ソ \ r<>ヽ _/∨   :〃       j     /ヽ∠二.\-ヽ__\_: : : : . \ /⌒ヽ_:>く>x、 そしてカウントは動き出す
      T 「 { {  ハ |ヽ  ヽ <_乙}⌒ヽ./: {: :|`ー-:′  ,.ィZア   /⌒l:: :| : : :x<:}ーl___〉__)\:.: :/_乂_ノ:/:  ヽ\\
        | i | {  {斗ナ ̄ヽ \:}  }.  //⌒V|、_:l  /¨二>‐┐しく \|.:/―- |ー|―――-`::く//⌒ヽヽL乂_ノ>xヽ\
        | i | ト ヽ\斗孑芹ミ、 |  /.  l/     ヾ:. └r_<¨´ /:.:.:/_>:く`:.<工工工`ノ     . -‐く∠. _ . : :/⌒ヽヽ::{   Y
        | | !孑ミ、 \! r':::::ノ} 》 ,’ /{  ′  : .  ∨¨/>‐;`′厶イ: : :\ ヽ/―‐-.:/       /-ミ_:/¨⌒ヽY/    .:〉ニミ、__ノ>
      .j八 《 r':ハヽノ 乂::ツ/ / { :|..ィ八   :j: : : `八__ノ⌒ヽ:\: : : : : ヽ:/  . : /-‐     {⌒>‐{   //、    . ::/   ヽヽ{
        |ハト}代::r'      / / 人:| { {ヽ.二ニ=―‐― ` \ : : .:{:、  ̄¨ ̄/  ̄ `/::..............::::::人  :乂__彡': \_.:/   /⌒ー=ニ
          ヾ.}  _ -v┐ { /,イ  . l|__>三ア}        \: .ヽ ⌒¨¨` {   : ::{ : : : : : : :/ X>-  : : ::ヽ _::人、_.:/   :/
          八 V´  ノ  ,|/{ |j /.`¨¨¨¨⌒′           ー\   | ̄ ̄¨| : : : : : /::... /     \_ノ {\`:ー―くヽ __/
         .// >. `-‐  / イ|ノ / / : У // /:/イ  ) } /'"´  ......ヽー-∨_彡:、: . .:/ : : /        ...: :::\` ー―-` -イ
         〈 {: :ハ {` =<{ У / V{: :/ // /:/. j/{ j/      .ィ}\__\ . : ::>‐{: : : {       .:: : : : : : :`:ー―‐</
         ヽ从 \ヘハj/-─- V/  { { ./j/        _.../. : :ノ\(⌒ー 、ー―- \: ::.      .:: : : : : : : : : : : : : : : /
                  ヽハ 〃     V{  |:|/            {::::::: : /二ヽ:/\  」_ 二ニ =-\ヽ:..........::: : : : : : : : : : : : : : :.:/
                  /{.       V  ヾヽ          ./. : /: : : : :.:{⌒ヽ>―ミヽ  : :/¨{ : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
                  /         V\ \ヽ        .{ / : : : : : : /\  .::::::::Ⅵ .:/:. : :\ : : : : : : : : : : : : ::/
           ,.=<    `ヽ     V/ \ \\_   /      {::: : :`ー :::::::::ノ :/.:: : : : : \: : : : :__  ´
            〃{|  \     \ r<⌒ヽ_ `ー<   ./:        ::::. : : : : : ̄>r<: : : : : : : :  ̄: /
         .《jj/|!    >‐ 、   く/´ ̄ ⌒ヽ    \...::::..   __   ::. : : : ::: .:/    ̄¨   ―  ´
         〃::┴────‐:ヘ  {       〉    ).{: : :::::::://¨l:|   ::. : : .:/
         {j{:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/ヽ}    }⌒Y´〉≧三( ..、:. : ://  l:|.. . : : : :::/
          |:: :: :: :: :: :: :: :: :/ /`ーrア「ノ厶ヘノ   ヽjソ {\ }:::}
          |:: :: :: :: :: :: :: :/ /r‐、>くrァ_{乙__r<{≧三彡"  |  \:::!
          |:: :: :: :: ::r=、∧ />ヘに}       ノ /:::|     \  }::|
          |:r──‐ゝハr<:: :: :: に}  ..,  <   /::::::|.      /\!::!
          |ノ r-、  に}!:: :: ::>にノ<      {::::::/    /:::| |::::|
          ト-':: /   に><::/rソ⌒)_____V/___/:::::| |::::|
          | :: /    /:: :: :/rソ<⌒:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /}|::::/. !::::!
          | :/ / / /:: :: :/rソ  ノ´ ̄ ̄:: ::<:: :: :: :: :: /:::::::!!:/  |::::|
          {/ / /〃 :: ::/ く  <:: :: :: :: :: :: :: :: :: ̄ ̄7ーr=辷ア  !::::|
          {,/ /イ:: :: :/rソ  ノ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /}:: /んにj!/} |:::::|
          ヾくヘ:: :: /rソ r<:: \:: :: :: :: :: :: :: :: ::/r乙ソ にソ::::| |:::::|
           ヽ:: :\{ソー ':: :: \:: \:: :: :: :: :: :: /rソ   にソ::::/. !:::::!
            ‘;: :: ::\ :: :: :: :: :: :\:: \:: :: :: ::厶イ{   にソ:::/  |:::::|
「暁…そういえば反応がしばらくないわね。大丈夫かしら?」
駆逐艦「暁」flagship 「っと、戻ったわ。」
抜刀斎 「なに、知っているのからいd・・・ジョルジュ」
アイルー 「ハンターの教官みたいだニャーカッコイイニャー>先輩」
先輩 「先輩 さんが登録情報を変更しました。」
抜刀斎 「働きたくないでござる
天人引いて最終日に戻りたいでござる」
アチャー 「インドが紅茶の名産地なのは
イギリスの植民地時代の名残だからな」
先輩 「俺……ギターとか、引けるぜ? 少しだけどな、いやほんの少しだけどな?」
ジョルジュ 「雷と電が肩車すると男塾の解説役になるんだろ、俺は詳しいんだ」
ディオ・フランドール 「暁、投票をするがいい」
先輩 「ない物をねだるよりも、さ
今、ここにあるもので何ができるかを考えるのが大事なんじゃねーのか?」
GM 「未投票の二人はいれてね
アンカーはジョルジュさんだから」
アイルー 「アイルー さんが登録情報を変更しました。」
アチャー 「暁装備か
正直Sよりノーマルの方がスキルは強いんだよな」
「でもその電がいない……」
ジョルジュ 「イギリス人が要求するものがおかしいと考えよう
きっと全員が金剛並に紅茶を飲んでいなければならないとか、そういう感じだ>響」
アイルー 「ニャー準備は出来たニャ
クエストを開始するニャか」
「10人か……あと5人くらいは滑りこんでくると信じて」
「暁、これあげるよつ探照灯
レディにはピッタリの装備だし」
先輩 「後輩に手本を示すのも先輩の務めだしな
おっと静かすぎて気付けないってか?」
「わ、私だって電とかたぐるますれば重巡になれるんだから!(やや古いネタ)」
GM 「時間だよ さ、投票しよう」
ディオ・フランドール 「時間だな、投票をしろ」
「足柄……>ジョルジュ」
アチャー 「沈黙シリーズでも大概乗っ取られるのは一番重要な船だ>暁」
先輩 「さりげなく音もなく投票を済ませる
俺でなきゃ見逃しちゃうね」
先輩 「スッ」
「雷 さんが登録情報を変更しました。」
ジョルジュ 「以前重巡洋艦以上は迎賓機能を要求されるがゆえに
淑女としての作法をみな一通り備えている、という設定を妄想している奴がいた

ここにおいて一人前のレディになるには、重巡洋艦になればいいということが分かるな」
駆逐艦「暁」flagship 「えっ!?>一番狙われる」
GM 「深夜は延長はしないよ
少人数でもさくっと行こうー」
アイルー 「今回の依頼主のハンターさんは城の装備を持ってるニャか?>雷 響 暁」
先輩 「別に俺のバイトが長続きしねーのは関係ないけど? 全然、関係ないけどさー」
アチャー 「つまり一番狙われる訳だ」
駆逐艦「暁」flagship 「そう、秘書艦…!
一人前のレディーとしてふさわしい役職よ!」
「雷か、よろしく」
先輩 「ガキの頃はよー……とにかく大人になりたくて背伸びするけどよー……
……長続きしねーぞ?」
GM 「いらっしゃーい」
「何も問題はないわ!よろしく!」
「じゃあどっちかが試製壱號なのかな 」
ディオ・フランドール 「つまり、そうか…これが奴のスタンド!」
アチャー 「いわゆる旗艦だな>フラグシップ」
駆逐艦「暁」flagship 「あ、じゃあかえよっか。
いつも同じアイコンで悪いしね」
「暁 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:暁 → 雷
アイコン:No. 6473 (駆逐艦「暁」) → No. 6472 (駆逐艦「雷」)」
ディオ・フランドール 「暁は「二人」いた…!」
「(だが面白いからこのままにしておこう)
わー暁が強くなったー」
アイルー 「しかし、オイラも10月にまた出番ニャ
今日はこの村のハンターさんのお手伝いをするけどニャ」
GM 「しかも村勝ちになってる
葛の葉が恋人だった村だった>修験者」
「…あ、ごめん被っちゃった」
駆逐艦「暁」flagship 「えっ…
た、確かに司令官と一緒に食事した記念に持ち帰ってるけど、
それは関係ないわよ!」
暁 が幻想入りしました
先輩 「背伸びしたって長続きしねーぞ?>暁」
アチャー 「なんというか
普通の人材がいない村だな」
ジョルジュ 「俺暗殺はそこそこやってて修験もそれなりにやってるが
あれの耐性が仕事したのなんて見たことないがね」
「(暁、フラッグシップって別にお子様ランチの旗持ってればいいわけじゃないよ……)」
駆逐艦「暁」flagship 「(あんまり変わってない気がするけど気のせいよねっ」
先輩 「……あー。アメリカとか……行きてぇな。自由の国に」
駆逐艦「暁」flagship 「こ、これくらい改造すればきっと…」
先輩 「ふー……」
駆逐艦「暁」flagship が幻想入りしました
先輩 「俺だってできることなら働きたくねぇよ
バイトとか超ダリィし、実際に何回かサボったことあるよ。3回くらいサボったよ

おかげで今、次のバイト探さなきゃいけないんだよ」
GM 「修験者この前みたよw」
抜刀斎
        l/l//                _ ,. --- .. __       / で  ス  ス
         /          /⌒ヽ/ ̄`´7        `ヽ、_人/  ご   パ   ト
 ス  絶  /__    ノ´リ) に\ィー'´ ./         \    ざ  イ   リ
 パ   対   ./   /`ー<´ `ヽtイ\  .′       ヽ、\  \   る  ダ  ン
 イ  に  ∠    ト、_ソ   ||    >y___,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///   |   グ
 ダ   ス  /   ,イ \ ',    ||_∠__ノ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’  ベ  プ
 |   ト く.   / ヽ  ヾ___ノ|レ´  /,イfr㍉i、| | ll |l |,-H‐  i ′      イ   レ
 ベ   リ  \/: : : : :`ー- x-‐‐┼  .///|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///    ビ   イ
 イ  ン   /: : : : : : : : :/ |ヾ 、 .| .//,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  |
 ビ   グ   \: : : : : : :/   | \Y | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  /∨\
 |   プ  < : : : : : /    {   ト、 | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′
 で  レ  / : : : : : |ーィ^ー.|^ー .| \‐く\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//
 ご   イ  \: : : : : ,{      | r‐山-、 .\\\ \_/// / / /  `メ、
 ざ     /: : : :7´|    .| |  ||  |  \.ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
 る    / : : : : : : : l      | |  ||  |    \.ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
.///    \ : : : : : : :/.     | |  ||  |     \! .L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
’’’   /  ̄ ̄∨       | .t__Л__j       \,-‐‐、 ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
 /\  |      |       |                 / に7.  l     l 丶>'  ノ  〇
/   \|    \_|     (て二≧=――――‐‐┼―7  /     ヽ/ ̄/
             ̄`ー- `ヽ  `ヽ           |  {ー-' .. _         ̄l」
アチャー 「道化で魂結果を出した事なら一度だけあったな」
GM 「比丘尼、八卦見、麒麟、ハーピー
このあたりもずいぶんとみてると思う」
ジョルジュ 「おっきい暁、の方にはあるがな、最近改三相当が噂されるかわいいの>響」
先輩 「働けよ>抜刀斎」
ディオ・フランドール
              _____,,,,,,___へ、_  ,.へ__
          ,. -''''""´      `ヽ「7__  /
       /              `ヽ.  〈
      /   ゝ__,.r´⌒i ̄ ̄7ヽイ__   i 」
      i __r'⌒_ゝ--─´ ̄`ー-'ヽ,_ゝイイ」
      _'ゝ,. '"´            `ヽ! `ヽ.
      L7´  /   /-i─ハ ハ i -ーハ i i   !
   ____、 `i  ハ イ テ!--!、レ´ V,ィ''T!イ ハ ,ゝiノ  なにがおかしいというのだ>先輩
   \.」ゝi  イ .レヘi !'!ノ  }    ト、,! i ヘノVi〈
     __.ノ   i  ハ. ゝ-'゙    `´,, lハノ ノi
   ∠__/^i ハヘ イ、〉///  0  ///  i-〈/
     <>ヽi ヽ.γ´ i`>,r,--r=i´、レヘノ`l)
       /iヽ /    ゝ、ゝイン i__ 〉<>
       !/〈/ゝ、___,.-'Y`ム7ヽ7'\
          __r7ハ   !   / /  ̄  _/L/i
         _「/ゝ、ヘ  ト-/ /、     フノゝ
    ,.-、,  rく, .-==='!、_!7__ノ='=ー-ー'´´
  < 8 '==イ'´、         ンi
    `ー^  ....ヽハ_ゝ、___」_____ _,.イン
       ::::::::::`ヘ___,i⌒^「_'7´::::
        ::::::::::::ヽ_,!::::::::し'::::::
抜刀斎
           l/l//   ,. --- .. __        /
  な  絶       / /         `ヽ、_人/  ご  .働
  い  対    //  /         \    ざ  き
  で  に    /_   .′       ヽ、\  \   る  た
  ご  働      / ,,″ / ,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///  く
  ざ  き   ∠ 〃 -/、/ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’   な
  る   た    ///  ,.イfr㍉i、| | ll |l |,-H‐  i ′       い
 ///  く   /  l i  //|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///      で
. ’’’     .′ l|/,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  ∧
  /`Vヽ. /\  | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  / ∨\
∠__  ∨  ヽ.} | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′
 ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//
  \  // / //  丶 \\ \_/// / / /  `メ、
 ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ  〇
.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/
        //´    /  /    '   /ー-' .. _         ̄l
.      〈/           '   /  /              `ヽ」
ディオ・フランドール 「確かに暗殺者系で一番強いのは修験者だろうな
なにしろ噛み耐性をえられるのは優秀だ」
先輩 「普通は気付かないかもしれないけどよー……なんかこう、……違くね?」
アチャー 「単純に数の暴力を振るえるのは確かに強いな>狐」
先輩 「あれ、なんかそれ違くね……?>ディオ」
GM 「いらっしゃーい」
「そもそも暁に胸がないじゃないか HAHAHA>ジョルジュ」
抜刀斎 が幻想入りしました
ジョルジュ 「油断すると負けるよな
俺勝利の暁におっぱい揉ませてほしいと頼んだ時確実に負けてるもん>響」
アイルー 「暗殺で便利なのは修験者だと思うニャ暗殺でガードが固められるのは攻防面で強いニャ」
「それはそうだ。 何しろ普通村と違って1体だけじゃない>ジョルジュ
うえに、銃殺で死なない狐もいる。
うえに、村と同じ動きしてるだけでいい
狐は鍋の中で初心者向けと言っていいほどの人外だよ」
GM 「八卦でそれらしい能力を発動するところはみたけどw」
アチャー 「騎士と魂はあるな
葛の葉はない」
ディオ・フランドール
                         ,.へ
                        /::://::\
            _              |::::| |:::::::::ハ
           / |    _,,,.. -──┴--' 、:;_:::::ト、 _,,.. -‐─ァ
             /   |,. '"´ ____r──- 、  `''<:::::::::::://:/
  __      .|  /  _/´ __r- 、>-─< ̄\__`ヽ;::| |::|
  \   \   .| /  r'´ _/         \_r─-、\ハ: |::|
   \   |> '" | / /´ , --、/     ハ   ,|     ヽ/ -く/
     `/   _,イ / ̄ ヽ/    |  `メ、|   /!  ,   | \-、〉
     //  / / ト、  | `ーr' !  /´ 7ソヾ/ .|  /| /  !イヽ.
/ ̄ ̄/   .| /⌒\ ヽ-'   ヽ-7⌒ヽ!  リ  |/ ,レ'    |   ハ
-- ‐─||   ヽ|\   )   / ,.ゝ、   〉-゚'     |!  / /    |   無駄無駄無駄無駄ァ!
    |ヘ    / \. ´   /  /   / ,. -─- 、`∨|/.!.    ,'   よろしく頼むぞ
  / ̄ハ\/ト、_)         /  /     `ヽ| | | |   /
/  _/ ∨  ,|         , イ |   |      .ソ ,イ | !  〈
 ̄ ̄    レ'/`    -‐ァ''"´.| | .ト、  、_    //  ,' ∨ `ヽ、
       /      / ̄`ヽ.∨\\_r -─<レ'  /   \   )
    ./       ./!     \:::::\_/ 7ヽ| //|/      )/
   /        / |       |:::::::::|/ム∧ Y     ,. '"´)_
   〈       / ,イ      ハ:::::::::|  \|  !    /  /___ソ
    ` ー-- < ̄ン       //:::::::::|   \_〉  // ̄)  _`)
         ヽ.,_____/´::::::::::::|     >イ  /´ \7、_)
            /::::::::::::::::::::::::::::::::\_r‐イ  |  ノ   ノ
GM 「強村役職は・・・・
あとは 辻斬りかしら  確かこれだけ出てない気がする」
「村強くても結局さ。 それで油断しきってたら掬われるんだよね。足元を
だから油断はしちゃいけないんだよ」
ディオ・フランドール が幻想入りしました
ジョルジュ 「手札が増えて考えることが増える分、やっぱり狐は普通村より勝ちやすいよな。
横からのかっさらいがやりやすい」
先輩 「え、まだ300か400しかないの? へー……そんなもんなんだ」
先輩 「ないだろ……うん、マジでないない。ないわ、きっとない」
アチャー が幻想入りしました
アイルー 「よろしく頼むニャ」
「既に鍋役職は300、いや、もう400行ってたかな? それを全部やったことが
あるのか……」
アイルー が幻想入りしました
「暗殺の強みは自分のさじ加減で飛ばしたい所を飛ばせる事だよ」
先輩 「むしろ俺にやったことのない役職って、あるのか……?」
GM 「いらっしゃーい」
先輩 「ふーん。その、強役職っての? 全部やったことあるわ
覚えてないけどやったことある気がするわー」
かりんかりんかりん 「かりんかりんかりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんかりんかりん → 響
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6397 (駆逐艦「響」)」
GM 「ただ、いくら村役職が強くても
狐に持っていかれることもよく見てきたから、役職強い=村強いとは限らないんだよね」
ジョルジュ 「いつか辻斬りでないかなー、と個人的には思うんだけど
辻斬りって強いかというと微妙なのよな、単身で戦場引っ掻き回せる分
即座に排除されやすいし、辻斬りであることを素直に利用して暗殺するとばれやすい、
しかも後に情報は残せない」
かりんかりんかりん 「よろん」
かりんかりんかりん が幻想入りしました
先輩 「ちーっす」
先輩 が幻想入りしました
GM 「で、その逆に
人外に対しては…そこまで強い配役を見ないなあと」
GM 「前2つ鍋があまりにも村ゲーすぎて
なんだろうね…GMやるたびに強すぎる村役職が何かしら2つは出てる気がする…」
ジョルジュ 「そのあたりの役職だと魂だけはやったことあるな」
GM 「騎士とか魂の占い師、葛の葉あたりが異様に出やすいと思う」
GM 「開始まで時間あるから
これまでのGMを振りかえってみると・・・」
GM 「いらっしゃーい」
ジョルジュ 「さぁ、おっぱいと鍋の時間だ(オールタイム」
ジョルジュ が幻想入りしました
GM 「まさか明日が平日なら埋まるわけ…」
GM 「開始予定は 0:20
入村どうぞ」
GM 「鍋村建て用テンプレ ver1.10  更新日 2014/09/23

【GMからのお願い】
・開始時間前後のズサーは「アイコンを決めてから入村」をお願いします。
・昼投票で2:30過ぎが目立ちます。1:30くらいを目指してみましょう。


【ローカルルール】
・AAはCO時と同時に使うことは禁止
・AAやSSの枚数制限はありません
・初日に対する能力発動は自由 (※超重要)
・村人騙りは許可
・昼投票が230を超える場合は名指しする場合があります
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨
・天候で「大声」がでたときは、AAを控えるようにお願いします
・沈黙禁止OPがデフォルトでついてます。
・突然死した人の役職に関しては「情報公開禁止」とします


【超闇鍋の注意点】
・役職保証は「人狼1」「占い師1」のみ
・初日夜のみ陣営数の表示が出ます
・COなしは存在しません。全員が役職を持っています(※超重要)
・死体が複数出る可能性があります
・死亡後、配役隠蔽で見れない場合があります
・席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を選択すること
・鍋のセオリーは十人十色。熱くなり過ぎないようお願いします
・知らない役職や自分の役職を確認したいときはこちらへ (※超重要)
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/


【禁止事項】
・シスコピ/暴言/利敵行為/放棄/掛け持ち/ゲーム中や開始前の初心者CO
・占い理由と占い結果の同時貼り
・突然死 (回線トラブルなど止むを得ない場合は除く)
・夜の超過前噛み (恋人狼に限り超過後すぐに噛むことは許可)
・村内で他鯖の宣伝行為をすること (ゲーム終了後も含む)」
村作成:2014/09/24 (Wed) 00:01:45