←戻る
【雛2420】やる夫の天変地異封蘇超闇鍋村 [2886番地]
~正式版リリース祝いだー!!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMトリップ必須沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する天変地異超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 正式版祝いGM
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
icon 氷室鐘
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[狩人]
[恋人]
(死亡)
icon 阿万音鈴羽
 (はぐりん◆
GrtNRpkuh.)
[夢枕人]
(死亡)
icon できない子
 (畑◆
UaHqC0IzMA)
[閻魔]
(生存中)
icon 衛宮士郎
 (果汁グミ◆
Y4CVlspSIY)
[獏]
(死亡)
icon 浦原喜助
 (センクオン◆
TvSxql5VxA)
[人狼]
[元獣人]
(死亡)
icon セネリオ
 (nnm◆
Lt.nnmDL3AV3)
[人狼]
(生存中)
icon 庚夕子
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[妖狐]
(生存中)
icon イなんとか
 (てるる◆
3NkVoWqmq6)
[寒戸婆]
[恋人]
(死亡)
icon
 (スイカ◆
e0rLfLPKy2)
[響狼]
(死亡)
icon トカ博士
 (湯会飯◆
TPO6Yedwsg)
[薬師]
(死亡)
icon アイク
 (れーちゃん◆
V.RrOCOnM2)
[ブン屋]
(死亡)
icon ルナサ
 (アイザック◆
NEWTON.BdM)
[ひよこ鑑定士]
(生存中)
イなんとか 「おっと、言い忘れるところだったでゲソ!
村立て同村、お疲れ様でしたでゲソ!」
「村建て、同村有難う御座いましたにゃ」
アイク 「村たて感謝、引き分けに感謝するぞ……セネリオ。あと一歩だったな

毒表記はだいたい夢毒って思ってるし
自身が本当に毒だったとしても正直あんま嬉しくないっつーか噛まれるムーヴが難しいというか
そんな印象。毒蝙蝠は一度やってみたいがな……

それじゃ、お疲れ様だ」
「ねこも雪崩れるかにゃ」
できない子 「じゃあ私も落ちようか
お疲れ様」
イなんとか 「さて、それじゃあ私も落ちるでゲソ!
おやすみなさいでゲソー!」
セネリオ 「ええ、僕の世界でもご褒美ですよ?>ルナさ」
ルナサ 「ンジャ解散の流れ何で僕もこの辺で」
アイク 「……5時ねえ

んだな、俺も落ちるか」
「毒蝙蝠と榊鬼でミサイルにされる二人組」
セネリオ 「出題者はボーナスゲームですね。>イなんとか
引いた時点で勝利というものです。」
ルナサ 「出題者は我々の世界ではご褒美だから・・・(ふるえごえ」
セネリオ 「……流石に幻界です、僕も失礼しますね。
村建てと同村、仲間たち、誰よりもアイクに感謝します。

おやすみなさい、アイク。
僕はライトノベルよりはSFや児童書の方をよく購入しますので、そのあたりはなんとも。」
イなんとか 「\出題者/」
ルナサ 「蘇生村で毒狼が毒蝙蝠COして村視点毒ロケット連打と見せかけて実は村削る 
とかそういう奇策思いついたんですけど誰かやってくれませんかね?(人任せ」
イなんとか 「あ、一番大事なのを忘れてたでゲソ!」
イなんとか 「お疲れ様でゲソ! >氷室鐘」
庚夕子 「それじゃ、私も寝ようかな。
お疲れ様。」
アイク 「村人で引いてないのは聖女・連毒・不審者・無意識あたりか……?

ろくろ首もひいたし真執筆も引いたな」
「お休みにゃー>GM」
イなんとか 「あるいは悲しみを背負いそうなところというと……毒蝙蝠とか」
できない子 「落ちる人はおやすみ」
アイク 「お休み、次は共に勝とう >氷室」
ルナサ 「幻視者合わせて5人戦隊か・・・ありっちゃありやな>イなんとか」
庚夕子 「ほどばしる駄目な感じ……。」
イなんとか 「幻視者辺りを加えます?」
正式版祝いGM 「さーてんじゃGMは今度こそ失礼しよー参加してくれた皆と鯖管理人さん、埋めチルさんに感謝を」
できない子 「自分含めて厄神3に遭遇したことはあるなぁ
なんというか・・・うん」
アイク 「そういえば最近は素の遣いってほとんど見なくなったな……」
「つ恋色決闘村>イなんとか」
ルナサ 「おやすみんさーい>氷室」
セネリオ 「おやすみなさい。1000戦おめでとうございます>氷室鐘」
イなんとか 「ラノベは最近は完結したけどニャル子さんと、甲田学人さんの作品と、TRPGのリプレイくらいしか買ってないんじゃなイカ?」
アイク 「一人称から三人称とかヤケクソなことを始めてしまうので一人称は闇である」
ルナサ 「夢守人「夢の中なら最強!」
人形遣い「元覚醒枠の名は伊達じゃないってところを見せてやるよ」
不審者「●だからって人外とは限らないってことを味わうがいい」
人馬「俺が死ぬことで毒が露出する、そういうことに喜びを感じるんだ」

って感じの戦隊物ありませんかね?」
「お休みにゃー>氷室鐘」
できない子 「実際同系統4出るのね>GM
どこで聞いたんだっけ、上限3説」
庚夕子 「一人称視点……何かあったかしら。」
セネリオ 「一人称の場合だと、本人が認識していないことを描写できない制約もありますしね。これは背後霊視点でも同様ですが。
あとで正解を書きたいと思うことはあるのですが、同じことを別の視点で描写するのはまだまだでして。精進します。」
アイク 「吸血鬼同士が吸血してつぶしあうのも日常だな。」
氷室鐘 「そろそろ落ちるか……お疲れ様だ。
村建て同村、そしてイなんとかの矢を感謝する。」
「アレで狼が勝ったのは奇跡だと思うにゃ
潜伏占いさえ吊らなければ勝てたのににゃ・・・orz>イなんとか」
イなんとか 「暗殺者4の村とかみてみたい……(小声)」
アイク 「厄神と夢狩人が乱舞する世界。

やめて差し上げろ(まがお」
正式版祝いGM 「狩人系4も実際みたことあるが……全員役立たずだったから吹いたなああれはw」
庚夕子 「憑狼が厄神を噛んで憑依解除と占い師が天狐を占ったときに厄神が護衛してて厄払い成功は見たわ。」
「憑依村のOPで厄神やって憑狼が噛まずニートだった思い出があるにゃ・・・>アイク」
アイク 「うっとおしいくらいの文体も嫌いじゃないけどハルヒはやりすぎ(やりすぎ」
正式版祝いGM 「説というかあくまどういう仕様になってるか、というシステム分析だからなー
ぶっちゃけやったところで意味がない。ちなみに霊能系4は実際にみたことある>できない子」
イなんとか 「探偵村でPP出来ると楽しかったでゲソねぇ
それやったのはマニア探偵村で、狐だけ4fになった村で、確か猫さんが探偵だったときだったと思うでゲソ」
セネリオ 「一人称は、誰の視点かによっては文体を極端に変える必要があるので、
そういう意味ではとても難しく思います。>氷室鐘

端的に言えば ヴォルフの一人称は むずかしいです(吐血」
氷室鐘 「ハルヒだろ>一人称視点」
アイク 「どうも、其のキャラクター単体の視点だけというのが好きになれないんだよな……

全体を見ての方が好き、という個人的主観もあるわけで」
できない子 「占い系統以外で4がでたの?>GM
それならこの説は間違っているね」
ルナサ 「主人公はアルベルトかな?(すっとぼけ>イなんとか」
正式版祝いGM 「一人称のラノベ?スレイヤーズでもどうぞ」
イなんとか 「せっかくだから一人称をミーにしたラノベを書いてみるでゲソ!」
アイク 「厄神で勝利したい、役に立って。
其れが今の目標かな……

なお狩人希望で人外か騎士などを渡される模様
これじゃねえ(バンッ」
氷室鐘 「ぐわあああああ!>アイク」
正式版祝いGM 「(ケさんの探偵鍋では村4になる呪いを仕込んでおこう)」
庚夕子 「共有PPは探偵吊りだけが禊への道なのよ、うふふふふ……。」
セネリオ 「背後霊視点が一番楽ですね>アイク
ライトノベルは……一人称が基本なのですか?」
氷室鐘 「一人称視点のラノベは割と簡単に思うが。」
アイク 「初日役職持ち(not狂人)の呪いをかけよう >氷室」
ルナサ 「だからそう 夢守人とか厄神とか そういう役職を引いたときにがっかりしてほしくないんだ
自分がこの村の狩人枠を圧迫している メシウマ状態 そう思ってほしいんだ(クズ」
正式版祝いGM 「いや、4でることもある>できない子
というか実際でた」
氷室鐘 「人形村希望でないだけ温情と思えっ!(ダッ)」
「参加してたにゃ
ぶちゃっけノリと勢いがすべてだったにゃ>イなんとか」
セネリオ 「あなたならノーミスできますよ(ぽむ>氷室鐘」
正式版祝いGM 「最上級探偵村で勝った人がぁ 甘えるんですかぁ???」
アイク 「一人称が書けないからラノベ書けない(書けない」
できない子 「村陣営は系統ごとに上限3(発生保障の占いは個別計算)
と聞いたことはあるね」
ルナサ 「私も占い欠けのこの村で指揮とったんだしへーきへーき>氷室」
氷室鐘 「くっ、甘えだとお!?」
庚夕子 「神話マニア置換で良いんじゃないかしら。」
正式版祝いGM 「トウムラハ アマエ キンシ デス」
氷室鐘 「占い師欠けなどやってられん!!!」
イなんとか 「あー、昼1分夜1分で、能力時間即噛みな闇鍋村もやったことあるゲソけど、あれはもう推理なんてできないゲソねー
酷い時には身内鯖で深夜テンションで一日で5回くらい回した覚えがあるでゲソ
確かその時は猫さんも参加してたんじゃなイカ?」
ルナサ 「ゲルトは甘えってお兄さん言ったでしょ!(ばんばん」
セネリオ 「以前書いた話のアルス視点では、ものの細かい描写や相手の表情の描写を一切しないことで裸眼の視力を表現したつもりではありますが。」
正式版祝いGM 「はぁ?>氷室」
氷室鐘 「鍋は探偵がOPを決められたな……ゲ、ゲルトで(震え)」
衛宮士郎 「それじゃあお疲れ様だ
村立て同村ありがとう」
アイク 「その辺はシスメタも絡んでくるからめんどくさいの一言で済ませてしまう系の >役職数

なお、氷室の人を決闘に連れて行くと師弟揃って吹っ飛んで行く模様」
「φ(゚Д゚ )フムフム…
ありがとうございますにゃ>ルナサ」
正式版祝いGM 「昼一分で推理など投げ捨てるもの」
イなんとか 「その関係から、リストの段数が狼の最大登場人数って感じになるんだったゲソかね?
というか、この口調でわざわざゲソかイカを挟み込むのに疲れてきたでゲソ」
ルナサ 「各役職種(占い系とか狩人系)の初期配置の最大数とかも決まってるという話を聞いたことはあるが
ぶっちゃけ詳しい数は知らない >猫」
セネリオ 「昼一分……決闘ですか?(まがお」
氷室鐘 「え? 決闘村も建つのか?(震え声)」
アイク 「ふむ、そういうものか >狼の数

一列につき1Wの計算はそういうことなんだな」
正式版祝いGM 「あいあいさー>氷室」
セネリオ 「ええ、その通りですね>イなんとか
詳細は省きますが、眼鏡を外した際の視力の低下も含め、
そういう描写を怠らないようにしたいものです。」
正式版祝いGM 「おまえデブさんはマミじゃないだろ、いい加減にしろ!>夕子」
アイク 「恋人ケア決闘村を立てる→50人普通村(昼1分)→心が死ぬ」
氷室鐘 「そうか。では時間ができたら連絡してくれ>GM
日曜ならば問題はない。」
「それは初めて知ったにゃ>ルナサ」
正式版祝いGM 「あーそうだなあ、ちょっとネタの仕込みとかあるんで10月の終わりとかかなあ>氷室」
氷室鐘 「死ぬ>アイク」
ルナサ 「だからこの村なら1w~3w が出現数」
庚夕子 「世の中には黄色い魔法少女とかいるからほら、多少はね?」
アイク 「昼1分の探偵村?(難聴 >氷室」
できない子 「狼陣営2は確認したから19-2-1?
実際にこの配分になったという話は聞いたことはないけど>アイク」
セネリオ 「近頃にわかに忙しく、平日の九時村にはたいてい間に合いませんね……。
あ、でも今日はGMできるかもしれません、基本的に作業中なので。」
氷室鐘 「再来週でも構わんがな。」
ルナサ 「鍋の初期狼数は 村民数×0.1(小数部分は切り捨て)が最小値
        村民数×0.2(小数部分は切り上げ)が最大値だったはず>アイク」
氷室鐘 「私のログ集めもあるだろう?
AAでの紹介楽しみにしている。」
アイク 「俺もGMをやることはそれなりにあるんだがなーw

なお今日はオンセしてて決闘は泣く泣く逃した模様
けっひゃ支援だけでいいもん(ふんすふんす」
正式版祝いGM 「あなた明らかに中学生のスタイルじゃないですよね???>夕子」
氷室鐘 「来週でも構わんぞ>GM
一週間前の今から告知して「おい普通村1000戦探偵村じゃなかったのか」
と皆を驚かせるのも面白い。」
正式版祝いGM 「GMしても、いいんやで(ニッコリ>できない子
ぶっちゃけると、初心者のうちこそGMして全体の動きを俯瞰してるとためになる」
できない子 「あっ>5時」
庚夕子 「ちょっと貞一君にあれやこれをするだけです。」
できない子 「ちなみに村建てしてみようかと思ったのは
4ひゃ位あったのに村建てなしで流れたのを3回くらい見たからだね」
アイク 「今まで思いつく限りの村有利陣営って村18狼3狐1だっけか

狼初手1とかはシステム的に無いのかな、22人だと」
正式版祝いGM 「おおう、いまするのか……前にも言ったけど平日は無理なんで>氷室」
氷室鐘 「日曜にするのならば、20時開始を願いたいな。
25人村となると。」
セネリオ 「発言は超過で見れば充分です(ふるえごえ)>アイク
夜は霊界サービスの時間か、あるいはSSを書くための時間ですよ。

※ただし日記を書く役職を除く」
イなんとか 「眼鏡は、眼鏡を掛けているという見た目だけじゃなく、その眼鏡を体の一部としきった動作にもその素晴らしさが出ると思ってるでゲソ」
氷室鐘 「1000戦超えたら私がするよ>GM
ところで鍋の日程はどうするつもりだ?」
「そう言えば、今日正確には昨日だけど10陣営が出た村があったみたいだけど
あんなに陣営が出る村ってどれくらい珍しいんだろうにゃあ」
正式版祝いGM 「ん〜〜聞こえんなあ〜〜〜〜〜〜 ドスケベ>夕子」
セネリオ 「眼鏡をかける性格のキャラクターが好きになりやすい、という傾向にあるのは事実ですが、
眼鏡を押し上げる動作にも様々な発展性があります。

たとえばアルスは挑発的に、作戦がうまくいったときにどや顔しながら、赤くなった顔を隠すために。
ぱっと思いつくだけでもこれだけの表情を秘めているのです。」
アイク 「霊界サービスは……夜AAぐらいしか……しないかな?

お前発言見ろよって気はするけど超過で妖しいところチェックはするから(ふるえ」
イなんとか 「そして、気が付けばもう5時でゲソ!?」
氷室鐘 「まあいつか狐噛みでGJ演出しようと思っていた事が出来て満足ではある。」
ルナサ 「霊界サービス考えてる時に限って蘇生がいると愚痴るスレはここですか?」
正式版祝いGM 「というかね、もっとGMやっていいのよ?
鍋にしろ普通にしろ、GMして村をもりあげてやろう、って人、増えていいのよ?」
庚夕子 「◇正式版祝いGM 「常識人GMCO」
何か言ってなかったかしら。」
正式版祝いGM 「霊界サービスされてもわりと見てないことが多いという顔」
ルナサ 「噛んだ理由の内訳見ると割と普通っていうのが素直な感想かしら>氷室」
庚夕子 「ちょっと思ったから遺言から意識が外れたのよね。>氷室鐘」
正式版祝いGM 「畜生?わるいが外道なんでね>夕子」
セネリオ 「ええ、肝に銘じます……>GM
あなたを煩わせるのは本意ではありません。
霊界サービスとは、ある意味ではGMにこそ向けられるべきものですしね。」
アイク 「希望無しは占い初日という人外天下モードが多い印象。」
衛宮士郎 「別にいいと思うけど初心者GMを言う必要ってあんまりないと思うよ>ない子」
庚夕子 「占い師初日は畜生の所業よね、私は助かっちゃったけど。」
氷室鐘 「二回は目的が狩人COではなかったんだがな。>ルナサ
一度目は灰噛み狐補足。二回目は銃殺噛み合わせ狙いだ。三度目は奇数になどさせるか。」
正式版祝いGM 「GMやってて初心者GMCOは……許されるんじゃないか、な?>できない子」
「ありなんじゃないかにゃあ
もしかしたら、時間延長ミスするかもしれないからいつもより気を付けてね
的な意味で>できない子」
セネリオ 「眼鏡にはある程度の指向性がありますが、その範囲内で無限の可能性がありますね。
とあるヴォルフの眼鏡アバターには特に。」
アイク 「でも両親が眼鏡っ子好きだったら普通遺伝するよな?な?」
正式版祝いGM 「なんでや!QP1しかでない常識的な配役やろ!>アイク」
ルナサ 「後100ちょいはいるからまだ初心者名乗れる>GM」
アイク 「常識とはきっと常識だ(ゲシュタルト」
ルナサ 「ワイ将ならその為だけに吊りを増やすっていう芸当はできないかな・・・w>氷室」
庚夕子 「二回ぐらいにしておきなさい、三回は狐遺言で詰むわ。>氷室鐘」
正式版祝いGM 「叱りたくて叱ってるわけじゃないの!w>セネリオ」
氷室鐘 「1000戦超えて初心者になるのかルナサ……」
できない子 「COで思い出したけど
GMの初心者GMCOはありなのか?」
正式版祝いGM 「近々1000達成するぼーずは吊っちゃおうねー」
衛宮士郎 「あふれる常識人CO」
庚夕子 「皆常識人でこの村は平和だったのね。」
アイク 「GMが常識人であったとしても配役は常識ではない(真顔」
氷室鐘 「狩人が居る気配がないだろ>ルナサ
狐噛みで何度か死体無しを出すだろ。狩人COすれば乗っ取れるな、うん。」
イなんとか 「常識人COだゲソ!」
ルナサ 「なんでや!どっからどう見ても常識溢れるハートフル人狼PLでそ???>氷室&GM」
「常識人COにゃ
少なくとも狐霊能COとかはしないにゃ・・・」
セネリオ 「僕もおそらく常識人でしょうね。」
ルナサ 「考えてる次元が違う、っていう意味ではそちらの思考に追いつくためには私ももう一歩進化しないといけないんだろうけどね>氷室
中々羨ましいアル」
アイク 「眼鏡っ子、という基準で言えば恐らくはかつて地元でコスプレしてた謎の集団が好きになるきっかけではある。

……市の市民プラザで某デジモンのコスプレて。今考えるととっても意味不明。」
正式版祝いGM 「ギルティ>ルナサ 夕子」
庚夕子 「私は普通の方向に行きたいのだけれど、おかしいわよね?>氷室鐘」
正式版祝いGM 「シャワー浴びてもどってきたらまだ起きてやがって!」
氷室鐘 「ルナサも薬を出しておくから病院に戻れ。」
正式版祝いGM 「チッ」
セネリオ 「おはようございます。>GM
あなたは常識人だと思いますよ、何度かお叱りを受けた僕が断言します。」
氷室鐘 「貴様は狂っている!>夕子」
ルナサ 「まて お前ら偽だろ。私が真の常識人CO」
氷室鐘 「ダウト>GM」
庚夕子 「対抗常識人CO。」
衛宮士郎 「僕は彼女が!!」
セネリオ 「銀髪眼鏡、ですか……。

あ、それはそれとして、アルスという、ロードオブヴァーミリオン3のキャラクターなんですが、
彼も眼鏡をかけていますよ。>イなんとか」
氷室鐘 「ああ……なんか自分でもそう思う事がある。>ルナサ
普通とは違う方向に行ってみたい。」
正式版祝いGM 「常識人GMCO」
衛宮士郎 「私は宝くじが当たりました!!」
ルナサ 「アルスは-○○- ←おだんご」
ルナサ 「畜生&畜生&畜生ですね・・・たまげたなぁ・・・>夕子」
庚夕子 「ホモ。>セネリオ」
アイク 「鳥海が97だしそろそろ本腰入れて3人目の指輪を献上すべきかどうかと悩んでいるところだ

けどとりあえず初春。」
衛宮士郎 「人狼してたらブラインドタッチができるようになりました!!」
庚夕子 「不可能ね、断言するわ。>ルナサ」
イなんとか 「男でも眼鏡かけてた方がイケメンじゃなイカ!

でもって、銀髪だとなお良しでゲソ!
翔鶴さんかニャル子が眼鏡を掛けるとまさに好みド真ん中になるでゲソよ!」
アイク 「タッチタイピングよりも思考速度が間に合いません(震え声」
セネリオ 「ええ、その通りですね(意味深)>夕子
ネコや受けなど好きな文字を入れてください。」
ルナサ 「説得するまでが人狼だからね しょうがないね>夕子」
ルナサ 「なんだろう 普通の人が縦に行くか横に行くかの2次元で悩んでるとしたら
貴方はなんか↑にいく とかいって3次元方向に突っ走ってるイメージ>氷室」
イなんとか 「こっちもビスマルクが来ないでゲソ
大鳳も大和も居るし、武蔵はイベントで取ってたから後はビスマルクだけでゲソけどねぇ」
セネリオ 「だいたい察しました>イなんとか
眼鏡は正義ですよね、性別問わず。」
庚夕子 「アルスは○○?(意味深)」
氷室鐘 「私も最初はキーボード見ながら村をしていた気がする。」
「艦娘RPはスネークの島風衣装しかやってないにゃ
艦娘と言っていいか別としてにゃ」
庚夕子 「ほぼ完璧に当ててるのに怪しいって言われて指定されるの……。(ヨヨヨ)」
氷室鐘 「ビスマルクが来ない。」
セネリオ 「これでSSを書いているときに、たとえば
「アルスをまるまる」と打つと
「アルスを○○」に変換して人狼脳になりかねないあたりすごくあれですね。」
衛宮士郎 「今気づいたんだけどいつのまにかブラインドタッチできるようになってた」
アイク 「あぁ、俺の鎮守府では霧島と武蔵は結婚済み >イなんとか」
氷室鐘 「断固拒否する>ルナサ」
アイク 「何で最終日LWが狩人COして生き残るのかコレガワカラナイ >氷室」
氷室鐘 「いやさ厳しいものだったよ>ルナサ
最終日狩人COしか生き残る道が無かった。」
衛宮士郎 「あきつ●だからな、仕方ないな>猫」
イなんとか 「艦娘RPは利根と扶桑だけゲソねー
霧島と武蔵と大淀と8っちゃんと翔鶴と鳥海と巻雲と望月が好きなんでゲソけれど、RPとなるとやったことないんでゲソよねぇ」
アイク 「海外艦追加まーだ時間かかりそうですかね。」
ルナサ 「しよ?(提案」
ルナサ 「コルクケア」
ルナサ 「だからね、」
ルナサ 「あの交流村はお見事だったと思います>氷室
ああいうのがするっと出来るようになるっていうのは中々難しいと思うます」
セネリオ 「そもそも安芸津●がこうとしか変換できない時点で(とおいめ)
……そういえば、最近艦これやってませんね……。」
衛宮士郎 「やっぱり海軍ですよ海軍
戦時中でも英語使ってたし」
氷室鐘 「ほう、羨ましい>ルナサ」
「変換がそうなるってかなりすごい様な気がするんだけどにゃ・・・>衛宮士郎」
アイク 「人狼プレイヤーはまるって打つと○か●が出るからねしょうがないね」
セネリオ 「ええ、普段は零月さんとお呼びしています>アイク

ですので、れーちゃんさんというあだ名のようなもので呼ぶのは、
心が少しくすぐったくなります……。
そして込み上がる感情、きっとこれが恋なのでしょう(深夜並みの発想」
ルナサ 「こっちは内訳が霊共村狩だったからなぁ・・・w
仲良くやってたし最終的に全員生存勝利だったべ>氷室」
氷室鐘 「やっぱ陸軍はダメだな。」
氷室鐘 「今日というか昨夜の交流村でもあきつ●だったぞ。」
アイク 「艦娘は……卯月と時雨ぐらいしかやったことがないな

前者のRPをやる理由は俺の真名知ってるならなんとなく察していただけると思う
時雨は単純にボクっ子が好きなだけです」
氷室鐘 「そういえば真紅でもらきすた四人同陣営があってな>ルナサ
だがらきすた勢は見難い争いを繰り広げていたよ。」
衛宮士郎 「あきつ丸って打とうとしたらあきつ●ってなるぐらいには最高にあきつ●」
「なんか、すごいところというのは分かりましたにゃ・・・」
セネリオ 「早苗鯖の艦娘は闇堕ち済みと……(ごくり」
ルナサ 「来てくれるなら盛大に歓迎するよ>猫さん
まぁ明日の担当は私ではないんだが(」
アイク 「普段から俺をれーちゃん呼ばわりするのは道路さんぐらいである(真顔 >セネリオ」
氷室鐘 「あきつ●かあきつ銃殺がトレンドだ。」
庚夕子 「心はいつも初心者です。(テヘッ)」
ルナサ 「この前金剛型4つ全部村だったことがありましてね・・・?>氷室」
アイク 「結局人外勝利が出来てないのが一番のネックなんだろうなーとは最近思う」
「一回行ってみようかにゃ初心者村空気に慣れるためににゃ>ルナサ」
セネリオ 「ところで零月さんのことをれーちゃんと呼ぶのは、
なんだかくすぐったくて少し背徳感がありますね……////」
氷室鐘 「艦娘は人外>早苗鯖」
ルナサ 「地味に他鯖のステマ入ってるけど深夜の検討会なんで大目にみてくだしあ」
セネリオ 「水銀銃殺(真顔)

もう古い身内ネタかもしれませんが、僕はあの時代の人間なんですよね。
心はれーちゃんさんと同期なんですけど。」
ルナサ 「ま、東方知らなくても普通に村は出来るよ
17時と21時に大体村建ってて明日の21時から初心者村やるんで暇ならどうぞ>猫さん」
氷室鐘 「アーチャーは使っている夫婦剣から真名が分かる。
宝具は『干将(かんしょう)』と『莫耶(ばくや)』の二振りの剣。
真名はこの夫婦剣を作った干将、又はその息子の眉間尺に相違ない。」
できない子 「あきつ●・・・
なんか凄いらしいね」
「なんか、みんな言ってることが違うような・・・」
アイク 「型月だと正直俺はらっきょが一番好きなんだが
あんまりRPしてる人が居ないという

……最後に読んだのが結構前だからなあ」
セネリオ 「fateはネタバレなしで見たかったものですね……。
以前、魔法使いの夜とLoVがコラボした際に、だいたいのネタバレを見てしまっていまして。」
ルナサ 「あきつ●の話はやめて差し上げろ」
アイク 「……Fateもいいけど月姫もな?」
庚夕子 「あきつ丸とスターサファイアとキャス狐は人外らしいわ。>早苗鯖」
できない子 「そうか、ありがと
こっちで使いたいアイコンが紅にあったからね」
庚夕子 「最悪じゃない、それ。>イなんとか」
衛宮士郎 「それは衛宮じゃないEMIYAだ!!>イなんとか」
氷室鐘 「東方RPがメイン、という事くらいだ>猫
正に幻想郷といった雰囲気だな。」
ルナサ 「ガワが可愛くてもなんJ語遣いまくるPLがそこそこいる()>猫」
アイク 「アーチャーの正体どうのこうのの考察見てるとまるで10年前にタイムスリップしたみたいである」
イなんとか 「衛宮士郎の性格は王様ゲームスレで学んだでゲソ!」
アイク 「空気がピリピリしてる(直球 >猫」
氷室鐘 「Fateはそこら中で真名と宝具がネタバレしてるだろう……」
「そう言えば、早苗の普通村逝ったこと無いけど真紅とどう違うのかにゃあ」
セネリオ 「許可はなくて大丈夫ですよ>ない子
自分で使う分を移植するのは何ら問題ありません。」
庚夕子 「知っているのと出来るのは別物だから……ね?」
アイク 「Fateは……まあネタバレが出来ないゲームのひとつでもあるからな

俺?当然アーチャー推しだが葛木先生も好きだ。」
セネリオ 「LoVのAAも様々な方にご協力いただいてだいぶ増えてきましたが。ありがたいことです。
一度やろうとして挫折した身として、ああいうAAを作れる方は尊敬しますね。」
衛宮士郎 「アイコン登録は自分は使うなら全然いいはず>ない子」
氷室鐘 「構わんだろう。同じ系列の鯖だしな。>できない子」
庚夕子 「大丈夫じゃないかしら。>できない子」
イなんとか 「はにょうシリーズはそこそこやってたでゲソねぇ
個人的に一番好きだったのは10だったでゲソねー
最近だと闇市ダンジョンの続きを待ちつつ、同作者のLIGHT TOWERがおすすめでゲソ(ダイマ)」
できない子 「あ、そうそう
真紅鯖から雛鯖にアイコン持ってくるのは許可なしでもいいのかな?」
「そのリプレイ見たことあるにゃー>氷室鐘」
ルナサ 「東方余り知らなくても早苗鯖にいる人結構いるから
多分問題ないんじゃないですかね(すっとぼけ>セネリオ」
衛宮士郎 「普段の学校生活だと優男っぽいイメージ>夕子」
セネリオ 「今日のfateを見ていましたが、士郎はお人好しという感じがしました>士郎
脅威に立ち向かう姿もなかなかかっこよかったですよ。」
氷室鐘 「衛宮はロリコンだ。たった一度の村で衛宮=ロリコンにしたあのロリコン河童は改めて凄いと思う。」
庚夕子 「優男のイメージはあまりないわね。」
アイク 「一応作る側の経験もあるし多少はわかるが最近は知らない >VIPRPG界隈

あれは一応特定コミュニティのキャラクターでもあるからなー
まあ派生キャラ多すぎるけれど。」
セネリオ 「やきうのお兄さんはパワポとのCPでは?>アイク」
衛宮士郎 「士郎のイメージって結構固まりづらいな
優男なのかかっこいいやつなのかロリコンなのか」
セネリオ 「やる夫スレを知らないままでここに居着いた人間、というのは
僕以外に余りいなさそうな感じはしていますね。
ですのでAAがあるかどうかに関係なく、好きなRPをしている結果
リプレイ作家さんを困らせていたことがあるそうです(どげざ)」
アイク 「やきうのお兄ちゃんと同陣営になっても出荷される運命 >らん豚」
イなんとか 「nnkr>アイク
うーむ、せっかくだしそのうちviprpg系列のキャラでもまとめてぶち込もうかなぁでゲソ」
衛宮士郎 「(´・ω・`) そんなー」
「(´・ω・`)出荷よ~」
アイク 「めでてぇ(無属性3・全体) >イなんとか」
イなんとか 「出荷よー>衛宮」
氷室鐘 「出荷よー>衛宮」
衛宮士郎
 \i、"ゞ/( _ 人 ,;从ノ" i、;;::.\メラメラ
)ヾ ノ  从 ,,:;:''  ,; ;, ,;., ’.从
    \          /./_ 
  | \   | ̄ らん豚小屋  ̄| _ ..:| : :.
:. ,: |::: : |  |::::| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|\: :::::::|
,)ノ',|::: : |  | ,;' ,;ノ!、从 ゙' !  |  ..::::::|
ノ;ノヾ;, ., ( _ 人 ,从ノ" i、 i 人 ,从ノ ::::::::| (:
(. ,.( ,;  /     ,、_,、_,_     :::::::|.:从,
人:. ヾ,、 (.     (´・ω・`) )   ,;;'人,,ノ 
 (;. (:,  ,)::.     `u--u'-u';,、   ,;ノノ .:;.(
、 ヽ;,:.;):.从;.,パチパチ       . ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人
从ヾ;. '',人ヾ,´         ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ
;;''')ヽ);;;;;;;,,,,,,)ソ''⌒;;)⌒;ソ.( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、, 从 メラメラ」
アイク 「日記で遊ぶことは嫌いじゃないが遺言更新をミスることが多いのがな……w

速筆でない故にどうしても厳しいところはある。超過時間だけで仕上げるようになりたい。」
氷室鐘 「剣持しえなで駆逐艦「望月」ならばやった」
ルナサ 「アーッ!」
イなんとか 「viprpgは結構いろいろ手を出してるですゲソからねぇ
一応、ゴメスのRPもちょくちょくやってるでゲソよ? >アイク」
セネリオ 「おやすみなさい、お疲れ様です>博士
また来てくださいね。」
「ねこは身内だと
ラインハルト・シュテル・織田信長・アチャ子・毛玉などなど
結構色んなアイコン使ってるにゃ」
セネリオ 「ATOKだと昔からずっと「・」ひとつで「…」が出せるんですよね>アイク
なので三点リーダはずっとそうやって打っています。

打つ数は、こちらの方が少なくてすみますよ。」
トカ博士 「では村立て乙トカ。またなー」
庚夕子 「ポチッ。>ルナサ」
イなんとか 「そして、そろそろアイコンちぐはぐネタが切れてきそうで困ってるでゲソねぇ
後数戦位は大丈夫だと思うでゲソけど」
トカ博士 「経験則、三時間あれば寝た方がいい、睡眠って大事」
アイク 「VIPRPGのRPとかマニアックすぎて誰も知らないんじゃないか……?

ムシャかニンニンが好き。 >イなんとか」
ルナサ 「(´・ω・`)らんらんだって頑張ったんだから ボルガ博士張りのお許しは貰っていいと思うのね >夕子」
トカ博士 「まー、雛苺のあったかいものどうぞ、な雰囲気を通じてあったかいものどうも、なアットホーム感を堪能した故、我輩そろそろ寝まする。午前中は惰眠をむさぼることになりそーだな」
庚夕子 「初日呪殺じゃないなら勝てるのよね、悲しいわ。>猫」
セネリオ 「ある程度即興で書けるようにはなってきては居るんですが、
やはり僕はまだまだですね。
一村で一作完成させられるほどになれればいいのですが。」
トカ博士 「三点リーダーは辞書登録よな」
庚夕子 「豚小屋には火を付けなきゃいけないのよ?>ルナサ」
イなんとか 「逆に、身内鯖の方だと普段はほぼRP固定で、viprpgのドラゴなすーん(おとなすーん)をRPしてるでゲソ」
氷室鐘 「素晴らしい人外視だった。君に暗殺者を渡してはいけない(戒め)>イなんとか」
アイク 「名前やる夫 アイコンセイバー 中身やる夫 ならやった

腹減ってきた……」
庚夕子 「パワポケ……1001……うっ、頭の中に爆弾が……。」
衛宮士郎 「ああ、暗殺されたわ俺>イなんとか」
「うん、なったにゃ
と言うか最終日にすら辿りつけなかったにゃ>庚夕子」
アイク 「お前のやり方での三点リーダの出し方……ああ、文字数同じだな >セネリオ
けど身に染み付いてると流石に変えようが無いなーw」
ルナサ 「私が焼くのは家ではない 村だ(キリッ
なおよく燃えるのは村陣営の時の模様>夕子」
セネリオ 「僕も、いずれはあなたや幻さんのSS騙りをやってみたいものですね>アイク
あまりそういったものを即興で書くのは得意ではないので、書きためてからになりますが。」
庚夕子 「これから毎日家を焼きましょう、ね?」
イなんとか 「自分は逆に雛鍋ではアイコンと名前をちぐはぐでやってるでゲソねぇ
今回はかんなぎのナギのアイコンで、名前はインなんとかさんで、中身はイカ娘でゲソ
最近の初心者村だと、アイコン狼で名前を草食系男子とかやってたでゲソ」
アイク 「……というかある程度自分である、と主張するRPはしているのだが
いざ憑依されると全く誰にも気づかれないのでやっぱり空気なのだろうという(まがお」
セネリオ 「ただ、MSIMEは使ったことがほとんどないので……」
庚夕子 「初日呪殺の真狼狼-真狼……ロラでも最終日ね!>猫」
衛宮士郎 「いつも
・・・
で打ってた」
氷室鐘 「夕子が狂って無い訳ないだろいい加減にしろ。」
セネリオ 「僕はATOKを使っていますので、「・」を変換すれば出てきますよ>士郎
MSIMEなら「・・・」と打つ必要があるかもしれません。」
衛宮士郎 「…
ほんとだ」
ルナサ 「後強くはない いいね?>セネリオ」
ルナサ 「100の時点から貴方は狂っているんだ! って泉君に言われそうなんですがそれは>夕子」
衛宮士郎 「俺は5月後半から始めたからね>イなんとか
戦績も少ないし初心者も初心者だよ」
氷室鐘 「三点リーダー……?>衛宮
ああ、私は『てん』で出してるな。」
庚夕子 「パワポケアイコンに適当な名前を載せるのは楽で良かったわ。」
できない子 「そもそもひよこ騙りか性別逃亡騙りが出てないと意味ないという
そして性別騙りの被害に遭う一角獣と水妖姫・・・>トカ博士」
アイク 「三点リーダ?
てん、で変換すれば一発だな。 >エミヤ」
「少し前に占占霊で全露出したにゃ
初日呪殺で>庚夕子」
トカ博士 「ニャル子だったりエジソンだったりフラットウッズモンスターだったり、這い寄る混沌って素敵!」
アイク 「使いこなしづらい憑依系を使いこなせてナンボなのだろうとは思いつつも
なかなかその機会がないのが現実である。

犬神とか吊り稼ぎにできるかどうかが一番なんだよなあ」
衛宮士郎 「三点リーダってどうやって使ってるんだ?
登録でもしてるのか?」
イなんとか 「そして、ログ見たけれど衛宮さんも自分とほぼ同時期位にはじめてた人だったでゲソかー
もっと前からやってる人かと思ってたでゲソ」
トカ博士 「我輩伊邪那岐では這い寄る混沌プレイしてるから性別もアイコンも遺言AAも気分でしっちゃかめっちゃかにしてるけどね」
庚夕子 「100戦……何か狼全騙りとか共有全潜伏してた記憶しかないわね……。」
アイク 「矢印は使うけど三点リーダはいつもどおりになっちゃうな、どうしても

細かいところでいえばSS騙りは一度やりたいが
……俺の文体、正直わかりやすすぎるからな……w」
セネリオ 「ええ、ヴォルアル村があったと見かけて、覚えがなかったものでログをさかのぼりました>アイク
ヴォルアル村……ええ、とても羨ましい……」
氷室鐘 「みんなそんなものだ>できない子
百戦やってからが本番と言って良い。」
「もうそろそろで30戦行くから初心者鍋は4枠かにゃあ」
トカ博士 「実際性別騙りは功を奏する場がすくねーって言ってたな、誰かが」
イなんとか 「実際、自分も100戦位してようやく"普通村"の流れがおおよそわかった感じでゲソねぇ
それでもいまだに大ポカしたりするでゲソが

鍋? 察するでゲソ」
セネリオ 「修行僧さんでしたか、あの人ならば知っています>ルナさ
修行僧さん=アイザックさん、ですね。覚えておきます。

……やっぱり強い人じゃないですか(ふるえ」
衛宮士郎 「性別騙りってする気が起きないんだよな
イメージに影響出るし」
庚夕子 「今日もケア事案作っちゃってたしね。(ニッコリ)」
トカ博士 「つーか、もう四時半じゃねーか、休日とはいえここまで起きたのは久々だなオイ」
できない子 「100戦やってやっとたまに人並みに動けるようになった程度だね私は
前鍋は酷かった本当に」
セネリオ 「僕ではなかなかかっこかわいいヴォルフができないもので、
あとは単純に二人称の変換が、アルスの方が楽なんですよね。

本来ヴォルフの二人称は「オメェ」なんですよ。これ打つのすごい時間がかかるんです。
辞書登録しようかな……」
アイク 「あれ、保存済みだったのか……(困惑 >セネリオ

迷い人は遺言が残せない時点で精神的なダメージが大きい。今日のブン屋のようにな……」
「ケアしなくて負けると悔しいからニャア>アイク」
ルナサ 「修行僧っていう稀によく来る人でござんす お見知りおきを>セネリオ」
衛宮士郎 「一日一コルクケア」
氷室鐘 「そんな言葉は知らんな>アイク」
ルナサ 「そーいや今回性別騙りしてた人いませんかね・・・?(ふるえごえ
いつもは何人かやってる感じだと思うんですよ はい」
アイク 「1000戦すればほら、この通り
ケアという単語が身体に染み付くぞ。そこの氷室のようにな。」
トカ博士 「まー、神経の図太さだけが取り得故な、リアルでめげてるんだからネットじゃめげない吾輩を貫く」
セネリオ 「タブに保存しています>アイク
僕も……あの場に居たかったです……」
氷室鐘 「ああ、どんどん村に足を運んでくれ>トカ博士
百戦くらいすれば人並みに動けるようにはなる。」
セネリオ 「くっ、これだからHNの多い人は!(ふるえごえ>ルナさ
あなたのHNは何度か見覚えがある気もしますけれども、誰かの別HNですか……」
トカ博士 「お主だったのか、くわっ>アイク」
イなんとか 「紅初心者は前は行ったときは準初心者でギリギリ入れたでゲソけど、今は無理でゲソねぇ
こっちの方は身内鯖も計上に入れざるを得ないでゲソからねぇ」
「それでいいと思うにゃー>トカ博士」
衛宮士郎 「俺だ>純粋な初心者>イなんとか」
アイク 「戦歴を数えなおしてたけど朝鍋でヴォル見た瞬間アルスで入ったなあ……

あの中身はラグリスさんだったが」
トカ博士 「だが迷惑を顧みずあらゆる村に突撃している我輩、やめる気は毛頭ない(キリッ」
セネリオ 「あなたも恋ですし強いですし激しいですよ?>アイク
……その……何とは言いませんが……////」
イなんとか 「そもそも、今この村にいる純粋な初心者って誰なんでゲソ?
恐らく自分と、猫と、トカ博士はそうだと思うでゲソけど」
氷室鐘 「トカ博士はそうだな……。
 
◇トカ博士「ひよこは吊らんぞ?」
 
この発言に理由を添えてみると良いかもしれん。

「ひよこは吊らんぞ。
雛狐ならば噛める。ならば噛ませてしまえばいい。
村が吊りに使う必要はない。」

こんな感じでな。これでいくらか得票も減るだろう。」
ルナサ 「PSPがぶっ壊れてるんで遠慮なく全部見ました(こなみ>夕子」
アイク 「……そのマガコトつけたの俺だなw >トカ博士」
「真紅の初心者村ってこの条件だったから入れなかったにゃ
■初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が50戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

■準初心者枠該当条件■
以下の条件を両方満たしている人が初心者枠に該当します。

①スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバにおいて普通村の戦歴が100戦以下
②真紅鯖定期初心者村での戦歴が15戦以下

なお、スクリプト「人狼式」で稼動しているサーバは
やる夫系、鉄村人狼系、iM@S系、東方ウミガメ系、猫又系などです。
よく分からない人は恐らく該当してるでしょう」
ルナサ 「るるめてだとよく初手●貰った狩人が占い騙りしてたから多分へーき>夕子」
庚夕子 「2はネタバレが怖いから1の前半ぐらいしか見てないのよね。>ルナサ」
トカ博士 「改めて見るとひでーや、初日ヒャッハーと、マガゴトなあにこれえと、今日のこれじゃろ?」
ルナサ 「このHNでは雛鯖は2~3戦しかしてないんで・・・>セネリオ」
アイク 「同期のメンバーみんなが濃いわ強いわ激しいわでわりとこう。こう。 >氷室」
庚夕子 「狩人の占い師騙り騙りすら危ういからどうしようってヤクルト飲みながら考えてたわ。」
ルナサ 「遺言無しとか2w特攻するしかないじゃない・・・っ!>夕子
いがこさんのダンロン人狼でなんかそれっぽいことやってた気がする」
トカ博士 「うがー、まだここじゃ三度とはいえ全て散々だトカ」
氷室鐘 「初心者村で慣れたら普通の村にも来ると良いさ。」
セネリオ 「トカ博士吊りは吊り逃れですのでどうとも。
僕は喜助を吊るつもりしかありませんでしたしね。

ただ、あの死体なしで喜助獣人にまで思い至れたルナさは間違いなく初心者ではないでしょう。断言します。」
イなんとか 「紅ではまだ片手で数えられる位だったと思うでゲソ」
氷室鐘 「アイク初心者じゃないじゃん(ないじゃん)」
庚夕子 「遺言無しだからスライド系の風当たりたぶんあれ以上になりそうよ。>ルナサ」
イなんとか 「トカ博士の場合はこれでログだけ出せるゲソ!
ttp://alicegame.dip.jp/hina/old_log.php?db_no=3?db_no=4&name=TPO6Yedwsg」
アイク 「ああ、そうだ >氷室

今思ったけど変換する手間が無いだけで打つ文字数ほとんど同じなんじゃなかろうか(真顔」
ルナサ 「霊COからの占いスライドとかどうよ>夕子」
「凄く分かるにゃ
あそこ凄くレベルが高いからにゃ・・・>セネリオ」
氷室鐘 「奇策は要らん!>夕子」
氷室鐘 「……あ、零月さんか?>アイク」
セネリオ 「あ、あのあと一戦したんでしたっけ。真紅の戦績は二戦ですね。
初心者枠余裕(ふるえ」
トカ博士 「ほー、カウントされてるトカ。老婆心に効く機能だねえー」
庚夕子 「検討したんだけど、毒ないから極端に戦術幅減るのよね。>氷室鐘
6吊らせはちょっと……、白紙状態なんだけど三日で思い付くかしら。」
できない子 「普通村戦績は1桁だから普通に初心者村行ってるね
今日も行ったし」
アイク 「なお、ズサなのでHNは決闘用だが
本来は別の名前だったりする……深夜帯はコレを使うこともちょいちょいあるのだがな」
セネリオ 「真紅鯖普通村は一戦のみですね。
……本当にこう、なんというか……ええ……」
アイク 「トリップ検索という便利なものが

普通村などだと検索用のツールがあるんだけれどな
雛鯖は永遠のテスト鯖故に実装されていない(っぽい」
ルナサ 「記録によると鍋は173回しかしてないらしい」
浦原喜助 「トカ博士>式神研究所 人狼 戦績
でググるといいものが見られますよ。」
セネリオ 「あまり決闘には行く機会がありませんので……>アイク
たまには決闘でヴォルアルアイセネ大勝利したいのですが、
雛鯖トップに真紅鯖の村が表示されないのが大きいのかもしれません。」
「噛まれるくらい村目に見られてるということじゃないかにゃ
羨ましいにゃ>浦原喜助」
イなんとか 「自分の参加した村のログだけ抽出できるでゲソ!>トカ博士」
氷室鐘 「今度私は1000記念探偵村をするから初心者だ>トカ博士」
庚夕子 「鍋は350辺りから数えてないわね……。」
セネリオ 「僕も真紅初心者村には行けるんですよ、普通村の戦績は70ほどしかありませんので。」
アイク 「決闘はノーカン!ノーカンです!

ヴォルアルもアイセネも決闘じゃ流行ってないからね、しょうがないね(血反吐」
トカ博士 「つーか皆戦績数えてるん? サッパリだぜ」
庚夕子 「噛んだ後にやったら狐COしちゃうからね。(ニッコリ)」
浦原喜助 「猫>頑張れ、としかw
ちなみに私は今日、狂人即噛み2連続食らってますハイ。」
ルナサ 「今はお忍びで雛に来てるっていう体なんで・・・(ふるえごえ
実際はHN入力ミスっただけですが(^q^) >夕子」
セネリオ 「僕も阿万音鈴羽は人外か役職かと思っていました>アイク
阿万音鈴羽に●を出したのは猫の提案によるものですが。

そこからですね……庚夕子に●を出す……」
イなんとか 「うん、確認したけれど、270戦位だったでゲソ!
でもって、紅雛合わせてもまだ20ちょいだから、①の条件でまだ入れるゲソね!」
アイク 「そんな鍋修羅は吊ってしまえ(真顔 >氷室」
「真紅の普通村逝ったら即吊りされましたにゃ
と言うか雛鍋で三連続初日釣りくらいましたにゃ>氷室鐘」
トカ博士 「まあ大抵スレの>>1にURLあります故、どんちゃかやりましょう」
氷室鐘 「行けるな>アイク
最近鍋修羅が「普通村では評価されない項目ですからね」と嘯いて初心者枠に陣取るからな」
ルナサ 「慣れれば共有って気楽なもんっすよ>猫
私も鍋はこのHNでは初心者だけど うん」
庚夕子 「貴女建てるほうでしょう。>ルナサ」
ルナサ 「おうおう 私差し置いて初心者村行こうとはお前許さんぞ・・・?>夕子」
アイク 「某伊邪那岐鯖はテスト鯖の方の存在を知らなくてな……

見つけたし今度顔を出すようにしてみるさ。」
セネリオ 「ない子●は失敗しましたね、それは反省です。
見られていなかった……」
庚夕子 「初心者村……行けるわね!」
浦原喜助 「猫にセネリオ護衛成功で狩人日記書かせておけば良かったのになぁ、
と個人的に思ってみたり・・・w」
トカ博士 「自爆特攻は得意分野故今後も懲りずに来まする」
アイク 「その理論なら普通村30戦未満の俺も真紅鯖の普通村に行けるということだな(錯乱) >氷室」
イなんとか 「だからこそ、ここ最近は毎週初心者鍋に初心者枠で顔を出してるでゲソ!>氷室鐘」
氷室鐘 「・初心者枠での参加資格
 ①【翠・蒼・紅・雛鯖合計戦績30戦未満】
 (別鯖から来てやる夫村に慣れていない方。インターフェース含め、場慣れしましょう。)
 ②【総合戦績50戦未満】
 (長期除く。純粋に経験の少ない方たち。やる夫村でしか普通村やったこと無い人はやる夫村50戦未満だと思うといい。)
 (決闘村・クイズ村などは除く)
 ③【占狂狩霊狼共のどれかでしたことない系統がある】
 (素村・狐は除く。狐なんてそうそう回ってこないはず(フラグ)
 (普通村で、とは一言も言ってないんだぜ・・・?)
 (他鯖での経験も含むので注意。)
 これらの条件のいずれか一つ以上に該当する方。

・初心者鍋の追加条件枠
 ④自分が鍋にあんまり入ったことがないと思う方。
 ⑤最近3ヶ月の間に鍋に入っていない方(リハビリ枠)
 ※④・⑤枠の方はプロフィールに(仮入村でも)④・⑤枠であることを書いといてください。」
セネリオ 「阿万音鈴羽吊りは残念ながら不可避ですよ、アイクがブン屋COした以上は。
残すなら灰吊りになりますが、流石にそこに舵を切るのは勇気がいるでしょう。」
「その状況で指示役は絶対になりたくないにゃ
普通に共有やっても死ねるのに(遠い目>ルナサ」
トカ博士 「まー、二桁程度じゃしょーじきつかめねえなこれって感じはありますわ。目指せ百戦ですかねえ。一々回数数えてないけど」
衛宮士郎 「もう4時か・・・!」
浦原喜助 「おもっくそ個人的には普通村100やってからきたほうがいいと思ってみたり。」
庚夕子 「伊邪那岐鯖行きたいのだけれど、基本的に村にもういるのよね。」
ルナサ 「占い狩人がきちんと村にわたってたら多分勝てたのではないか と供述しており>できない子」
イなんとか 「実際、プレイ中はやめてくれぇってなるけれど、
終わってからログを見るとそれに踊らされてる自分を見てほほえましく思うでゲソ!」
セネリオ 「あなたが初心者? 謙遜しないでください、アイク
あなたは立派なものをお持ちですよ、いろんな意味で>アイク」
氷室鐘 「雛苺での戦績が少なければ初心者鍋に入れたと思うが>イなんとか」
できない子 「本当に初日占いは色々と狂うよね>ルナサ」
トカ博士 「ダチ公に誘われ伊邪那岐へ、そこを拠点にドはまりして早苗へ、そして真紅雛苺へ」
浦原喜助 「トカ博士>昔に100戦って言うのを誤字指定ライの持ちネタよw
けどほんとに100戦ぐらいやらないと流れはつかめなかったな。」
衛宮士郎 「あそこの鈴羽吊は仕方ないだろう
鈴羽吊らないなら喜助盲信の形にせざるを得ない」
アイク 「お前を信じたからこその人外特攻だから多少はね?

というかあの夢霊能完全に狼だと思ってたしなー
あの場面、お前に逃げるかどうかでずっと悩んでたってのもある」
庚夕子 「両偽でも囲われない不遇なのよね、○位置から狐COしたいわ。」
「ごめんなさいにゃ
1000も逝ってないにゃ200~300くらいしか逝ってないにゃ>浦原喜助
イなんとか 「普段は身内鯖をメインにしてるから、初心者鍋の条件には引っかからないんでゲソ」
セネリオ 「ええ、1000戦戦うまでは初級者ですので>トカ博士
鍋は特にレアケースが起こりやすい場でもあります。それも楽しいのですけどね。」
トカ博士 「吾輩節操なしに鯖を渡り歩いておりまする」
氷室鐘 「初心者を見るのはほほえましいな。」
ルナサ 「占い2択どっち信用しますかでどっちも外れとかやめろぉ(建前)やめろぉ(本音)なんだよなぁ・・・>猫」
アイク 「初心者鍋というフィールドもいいが
どうせなら野良で鍋もがっつり頂いてくのが上達へのコツだ

俺?見て分かるだろう、初心者だ」
庚夕子 「もう疑われても気にしないことにしたのよ。(ニッコリ)」
ルナサ 「まぁ尾行してくれたおかげで自分っていう指揮役出来たから・・・ね?>アイク」
「初心者だからあんまり偉そうな事言えないけどぬこも指定多分ルナサの立ち位置だったら阿万音鈴羽吊ってると思うにゃ>ルナサ」
セネリオ 「しかしアイク、いくら言われたからとはいえ
人外特攻する必要はなかったのではないですか?>アイク

それを言ったのが「あなたに○を出した僕の●」の提案ですからなおさら。

……いえ、正直に言いましょう。
あなたと……生存勝利したかった……(ふるえ」
衛宮士郎 「いや、さすがに冗談だと思うぞ>トカ」
アイク 「    //, \  |      ト、   .∧ ヽ
\_,/_//イ  / \!     .| l   (__;) .}`>
/|/ |/゙ー/ァ<__  j./lr:、  / _!-A.ィ   ├′        そもそもブン屋=落ちたらまずい 
 / しヘ    " ,j }}ノ"孑レヽ'1、/} / }          な以上村目位置がさっぱりわからん今回だと
| {::::} |    ノ〃 { ,j{薔}l、.jィ'//} 八       逃げる先がルナサぐらいしか思い浮かばないのですよボクは
弋_゚辷'ン     ´ ゞ、,ト-rァ'' //ノ!レ、
                  <ヽ.{.  ∨        セネリオは初手逃亡したかったけどこの手のパターンではだいたい別陣営なのがもう。(血涙
  :.:.:.:        ′   .:.:.:.:: ! l  ハ
 ////            //// } i   }
                 ノ  !  l
\     ⊂ニ=⊃     イ , ノ  /」
トカ博士 「まあ、セオリーとかコツなんぞねえ、肌で感じろ、ってことですな。それが真理」
氷室鐘 「1000戦やったら初心者を名乗れる>トカ博士」
庚夕子 「何か今日狐四回ぐらいやった気がするわ。
あ、オールスター最終戦②は明日見よう……お眠むだから。」
トカ博士 「まじでか、1000戦かー、まじでか」
ルナサ 「できない子が●打たれてるんで
イなんとかと猫の2択が指定先になるかなぁ・・・>猫

イなんとか吊ったら狐勝ちだけどね」
できない子 「2夜QP
4夜狐ね
そりゃ2回死体無し出るか」
トカ博士 「せ、せん、1000!?」
イなんとか 「かく言う私もまだ3か月半ちょい位でゲソ>トカ博士
村数もまだ300行ってないんじゃなイカ?
まぁそのうちで紅雛の村に参加したのは合計しても30行かないからまだ初心者鍋に参加できるでゲソけどね」
トカ博士 「占い霊能が持っていかれるなんざ当たり前の事象なんだトカ(震え声」
アイク 「氷室の天地もよろしく! >イなんとか」
浦原喜助 「トカ博士>人狼は1000戦やるまでチュートリアル!!」
「あそこで指定がなければ勝てたかにゃー」
ルナサ 「アイクに尾行させなければ違った運命が・・・
って思ったけど鈴羽吊りの時点で既にもう手遅れ臭はするかなぁ>猫」
アイク 「ただ、吊り逃れ位置即噛みで獣人当たりは運が良かっただろうなこれは……w」
庚夕子 「人狼初めて一週間で霊能乗っ取り勝利しちゃう子を初心者とは言わないと思うわ。」
トカ博士 「だがその間身代わりGMが役職をかっさらっていく恐怖はしかと認識した(」
セネリオ 「アイセネだったら大歓喜していましたね(はくしん >喜助」
衛宮士郎 「ああ、なるほど>セネリオ
同作品CP予想は仕方ないな」
氷室鐘 「言ってくれるじゃないか。>イなんとか
悪くないな。」
浦原喜助 「セネリオ>氷室僕生存時噛んでたら狐買ってたと思う。」
できない子 「よりにもよって最悪の予想が当たってたとはね」
氷室鐘 「阿万音は最後の反応で村かと思ったが。
占い初日とはなあ。」
イなんとか 「鐘ちゃんを刺したのは完全に趣味でゲソ!
銀髪眼鏡っ娘はいいものじゃなイカ!」
トカ博士 「我輩人狼歴一、二週間くらいトカ」
セネリオ 「ええ、できない子。あなたの推理は見事でした。
あの短い時間でしっかりと引き分けできたのもGJですよ。」
庚夕子 「まとめると夢霊能は見えるのよね。」
衛宮士郎 「初日の予想は一応当たってたのだがな」
ルナサ 「浦原獣人とか適当ふかしてたらほんとに会ってたとか言う」
浦原喜助 「セネリオ>あの出方は正直そちら二人で恋人にしか見えないし、
やっぱり鈴羽の自分釣りがもっとも戸惑いましたねw」
氷室鐘 「自刺しだからなあ>セネリオ
上手くそうなるとも限らん。」
イなんとか 「しょうがないでゲソ!
そんなところも含めての鐘ちゃんでゲソ!」
できない子 「初日占い+狩恋人とか悪意の塊としか言いようがないこの・・・」
アイク 「俺を噛まなかったり●を投げなかったことについては本当に有情だと思った!
だからこその狼位置特攻

夢霊能?知らん」
「この村でここまで行けたのはすごいと思うにゃ
しかも、狩人恋人で>ルナサ」
セネリオ 「いえ、氷室鐘―士郎CPだと思っていましたので>士郎
それなら氷室鐘噛みを提案すればよかったですね。失礼しました。」
庚夕子 「別に噛まれなければ敵にも味方にもなる気はなかったのよね。」
正式版祝いGM 「こんな時間に集まってくれてサンキュな!GM眠いから報告して落ちるわ!
あとトカが初心者っぽいのでアドバイスとかどうぞ!」
アイク 「それとできない子……畑さんが今日はすごい冴えてると思った(こなみ
いや、ほんと輝いてる」
セネリオ 「僕はあなたを盲信していましたが!!!>アイク」
セネリオ 「すみませんでした……。
狐と恋人が敵に回るので、ルナさ噛みという賭に出るのは難しかったです……」
ルナサ 「一応引き分けに持っていったので許してください!
何でもはしません!」
衛宮士郎 「狂アピできなくてすまなかったな>セネリオ」
庚夕子 「獣人噛みで占い師露出なのね。」
トカ博士 「出来過ぎであろう」
アイク 「というわけで引き分けだ。お疲れ様だぞ

セネリオから感じた人外オーラは正解だったが1ミリも嬉しくない!」
氷室鐘 「矢はありがとう>イなんとか
しかし噛まれてしまうとはな……不徳の致す所だ。」
トカ博士 「吾輩の恐れ、まさかの的中」
「あの場所での指定くらいごめんなさいにゃ」
トカ博士 「初日占い落ち」
できない子 「お疲れ様」
アイク 「    //, \  |      ト、      ヽ
\_,/_//イ  / \!     .| l   /   .}`>
/|/ |/゙ー/ァ<__  j./lr:、  / _!-A.ィ   ├′
 ア≧ミミ:、   " ,j }}ノ"孑レヽ'1、/} / }        nnmさんに騙された!このアルス野郎!アイセネ大正義!
l| {::::} |゙`   ノ〃 { ,j{薔}l、.jィ'//} 八
_弋_゚辷'ン_    ´ ゞ、,ト-rァ'' //ノ!レ、
  と二 う       と二つ <ヽ.{. ∨
  :.:.:.:        ′  .:.:.:.:.: !  l  ハ
 ////           ////   }  i   }
        c っ        ノ  !   l
\               .イ , ノ  /」
浦原喜助 「いやはや申し訳ない。」
正式版祝いGM 「お疲れ様!引き分けと相成った!」
セネリオ 「お疲れ様です。
……士郎でしたか、狂人。」
トカ博士 「どないっせえちゅうねん」
庚夕子 「お疲れ様。」
氷室鐘 「お疲れ様。引き分けだな。」
トカ博士 「お疲れ様ー」
イなんとか 「お疲れ様だゲソ!」
「お疲れ様にゃー」
ルナサ 「あ 狼は充ててたのね(」
衛宮士郎 「お疲れ様」
ゲーム終了:2014/10/12 (Sun) 04:04:33
[引き分け] 引き分けとなりました
今日の天候は濃霧です (洗脳者付加)
6 日目 (4 回目)
できない子0 票投票先 1 票 →庚夕子
セネリオ2 票投票先 1 票 →庚夕子
庚夕子2 票投票先 1 票 →セネリオ
ルナサ0 票投票先 1 票 →セネリオ
6 日目 (3 回目)
できない子0 票投票先 1 票 →庚夕子
セネリオ2 票投票先 1 票 →庚夕子
庚夕子2 票投票先 1 票 →セネリオ
ルナサ0 票投票先 1 票 →セネリオ
6 日目 (2 回目)
できない子0 票投票先 1 票 →庚夕子
セネリオ2 票投票先 1 票 →庚夕子
庚夕子2 票投票先 1 票 →セネリオ
ルナサ0 票投票先 1 票 →セネリオ
6 日目 (1 回目)
できない子0 票投票先 1 票 →庚夕子
セネリオ2 票投票先 1 票 →庚夕子
庚夕子2 票投票先 1 票 →セネリオ
ルナサ0 票投票先 1 票 →セネリオ
再投票になりました( 4 回目)
ルナサ は セネリオ に処刑投票しました
セネリオ は 庚夕子 に処刑投票しました
できない子 は 庚夕子 に処刑投票しました
庚夕子 は セネリオ に処刑投票しました
イなんとか 「こう、この場合はクライマックスってのが見えてるゲソからねぇ
個人的にはこまめに確認するゲソ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
セネリオ は 庚夕子 に処刑投票しました
アイク 「15秒リロードでも間に合うもんだぞ >博士」
できない子 は 庚夕子 に処刑投票しました
ルナサ は セネリオ に処刑投票しました
庚夕子 は セネリオ に処刑投票しました
トカ博士 「よしよし、間違いもないトカ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
ルナサ は セネリオ に処刑投票しました
庚夕子 は セネリオ に処刑投票しました
できない子 は 庚夕子 に処刑投票しました
セネリオ は 庚夕子 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
できない子 は 庚夕子 に処刑投票しました
トカ博士 「我輩、ひょっとして遅すぎ?」
ルナサ は セネリオ に処刑投票しました
トカ博士 「常にF5しとんのか」
セネリオ は 庚夕子 に処刑投票しました
トカ博士 「おめーらはえーよホセ」
「間に合ったみたいだにゃあ」
庚夕子 は セネリオ に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルナサ 「残りの2人は余りに」
トカ博士 「間に合った、トカ?」
イなんとか 「そもそも今回は人数が足りないから自刺ししかできないでゲソからねぇ
とはいえ、大人数でもありといえばありでゲソか?」
アイク 「なお票を合わせないといけない模様」
セネリオ 「ですので、庚夕子と僕は相互投票で構わないでしょう。」
庚夕子 「無理がないかしら。」
できない子 「それ以外で死体なしの説明が付かない
最も私は狐位置不明な以上偽占いに投票するしかないんだけども」
トカ博士 「だが残り20秒」
ルナサ 「私と夕子がセネリオ投票」
氷室鐘 「恋人噛むから……こうなる、うむ。」
アイク 「セネリオの熱い告発」
トカ博士 「お、ようやっと」
庚夕子 「流石に狼狼はないと思うのだけれど。」
セネリオ 「――いえ、こうなった以上はどうしようもありませんね。
……すみません、仲間たち。

庚夕子が狐です。」
ルナサ 「ま そこまで考える頭はないけどさ(HAHAHA」
ルナサ 「3日目の死体無しはどこだ? っていうあれよ
浦原噛みの死体無しなら獣人になるんですかね」
トカ博士 「そして残り一分」
イなんとか 「引き分け! 引き分け来るでゲソ!」
氷室鐘 「寒戸婆で自刺し……確かに恋人には投票しないだろうし理にかなっていると言えるかもしれんな。」
トカ博士 「告発するなら引き分け、それ以外ない」
庚夕子 「そういえば二回出てたわね、死体なし。」
ルナサ 「まぁ最終日なんでよっぽどのことがない限り指定とかするきないですしおすし
吊りたいところに票を投げればいい」
浦原喜助 「畑さん実は夜行性説」
トカ博士 「票の示し合わせがないとどっちが吊られるか分からんぞ」
できない子 「猫狐かQPが噛み耐性
それ以外は狐生存」
「流石に無理だろうにゃあ
指示役の状況的に」
セネリオ 「もしも狐がいると思うのであれば、もっとも順当なのは引き分け投票です。
僕にとっては、庚夕子がまだグレーですので。
氷室鐘呪殺を見ないのであれば、狐がいるとなるとそこしかない。」
衛宮士郎 「ぎりぎりに告発?」
トカ博士 「噛んだんだから知ってんだろが」
ルナサ 「ただ1つ問題があって なんで死体無し2回も出したの? っていうあれよ
恋人死んだあと偶数にしたかった っていうなら納得だが」
アイク 「今日の畑さんすごい冴えてるなー
でもこれ深夜鍋なんだよね」
ルナサ 「無くはないかなぁ 」
トカ博士 「おい、まさか狐釣りを諦めてネーのかコヤツ」
「生き残る事最優先だったからにゃあ
そこら辺は後々出来るようになりたいですにゃ>浦原喜助」
浦原喜助 「畑さん、めっちゃ成長したように見える・・・w」
アイク 「このまま行くと狐勝利不可避なんだがそれは……w」
庚夕子 「素直に見るなら、猫ちゃんか氷室さんになる気はするけれど。>ルナサ」
ルナサ 「夕子に関しては告発ない限り考慮すらしないので
現状私と同じ位置ね」
セネリオ 「……あなたがそう言うのであれば、その可能性も否定しません>ない子」
トカ博士 「セネリオ告発する気なし?」
氷室鐘 「占い師初日とはな。」
ルナサ 「今更君人外決め打つ気はさらさらないけど
死体無しどこで出たと思う?」
庚夕子 「何かしら。>ルナサ」
できない子 「これ狐残ってないか?
狐噛み以外で死体なし2回の説明が付かないんだけど」
ルナサ 「なー 夕子」
セネリオ 「ただ、確かに僕が噛まれていないのは妙な話です。それは同意します。」
トカ博士 「COして票示し合わせて終わりか」
ルナサ 「後イなんとかと猫とできない子の3択を外したことを深くお詫び申し上げマース」
アイク 「このまま行くと狐勝利不可避なんだがな……w」
浦原喜助 「猫>一番人外探ししてるように見えなかった、と狂人目線w」
庚夕子 「最悪のシナリオがこれだったから。」
セネリオ 「ない子の情報は信頼に値しません。
ええ、当然です。僕は3W見つけていますので>庚夕子」
トカ博士 「引き分けルートよな」
庚夕子 「セネリオさん狂、阿万音さん●で判明、閻魔で繋ぎ、誤爆で2W生存。」
イなんとか 「お疲れ様だったでゲソ!」
ルナサ 「大体においてセネリオとできない子の2択なんであれだ
殴りあって、どうぞ」
トカ博士 「恋人カー」
セネリオ 「五日目:氷室鐘
イなんとかと猫を間違えた話をしましょうか(しろめ)
ただ、この状況はおかしい。狼は全員見つけた、間違いないんです。
アイクが嘘をつくとは思えませんし、灰に特攻したのならわかりかねますが、
アイクはそのようなことをする人ではありません。
なのに僕が噛まれない、狩人も出てこない。――とすると、占い初日か恋人に取られた扱いをして、吊したいのか……?
迷いに迷いますが、呪殺を狙うのであれば――氷室鐘。
喜助は「噛め」と言っていました。」
庚夕子 「2Wないのね、良かったわ。」
トカ博士 「おつかれさまー」
「お疲れ様にゃ」
ルナサ 「氷室♀」
できない子 「氷室鐘  餌食」
イなんとか 「あー、噛まれたでゲソ!」
「初心者なりに生き残れるようになってきたにゃあ」
衛宮士郎 「引き分けかな?」
セネリオ 「氷室鐘○」
アイク 「お疲れ様だ」
氷室鐘 「お疲れ様……だな。」
正式版祝いGM 「お疲れ様」
衛宮士郎 「お疲れ様」
庚夕子 「おはよ。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
氷室鐘さんの遺言 残念なお知らせだ。村CPだ。残る村人諸君は……がんばれ。
占い師ではない……そこは安心しろ。
イなんとかを愛している。
さんの遺言 露西亜人形COにゃ
イなんとかさんの遺言 QPCOだゲソ!
刺した先は完全に中の人の趣味によるものだゲソ!
銀髪眼鏡っ娘、いいじゃなイカ!
今日の天候は濃霧です (洗脳者付加)
イなんとか は恋人の後を追い自殺しました
氷室鐘 は無残な負け犬の姿で発見されました
(氷室鐘 は人狼の餌食になったようです)
セネリオ は 氷室鐘 に狙いをつけました
トカ博士 「うむ、そういうのもある、と知った。くわばらくわばら」
浦原喜助 「トカ博士>今回の村の場合、
釣りミス無しで行くか、人外が見が発生しないと負けなのよ。」
アイク 「陣営に余裕がないときにその思考はいかん(いかん >博士」
氷室鐘 は イなんとか の護衛に付きました
トカ博士 「もうなんか疑い残して後々まで生き残って致命的なときに吊られるよりゃ、今吊られる方がいいって思っちゃうのよな、我輩の場合」
衛宮士郎 「勝つならルナサ噛んで夕子吊って恋人噛んでーか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
トカ博士 「吾輩もやったことあるトカ>自分吊り 切羽詰まってひゃーってなるとそうなる」
セネリオ(人狼) 「だが、これが唯一「勝てる」ルートです。
ただし、QP初日でない場合ですが。」
セネリオ(人狼) 「ルナさを噛んだ場合は、おそらく恋人が減らない。」
セネリオ(人狼) 「んー……。」
浦原喜助 「セネリオはほんとナンデ出たってのと、
夢枕日との自釣り・・・あれはだめだよw」
アイク 「セネリオと霊界でいちゃつく計画が台無しなんだよなあ……」
セネリオ(人狼) 「……どう、するか。」
氷室鐘の独り言 「セネリオ噛みの場合は夕子吊り。
また死体無しなら? セネリオGJで通す。」
トカ博士 「さてなー、前日夜できない子咬みたいとか言ってなかったっけ」
ルナサ は 氷室鐘 を占います
ルナサの独り言 「んで、反省会はここまでにして 最後まで一応やろうか
まだ負けが決まったわけじゃない」
イなんとかの独り言 「一番ありがたいのは恋人以外噛み。次点できない子が雛狼……」
「かなりキツイ状況にゃ
吊られたのが本気で痛いにゃ」
セネリオ(人狼) 「すみませんね、猫、喜助。
狐を見つけたということで……勘弁してはもらえませんか。」
アイク 「ここでセネリオを切った場合は猫をLW候補としてやるというのはある

だが猫はちょーっと残すにはきつい位置ではあったか」
氷室鐘の独り言 「まあイなんとかしか護衛せんが!」
衛宮士郎 「ここで恋人噛んで引き分けがいいか」
ルナサの独り言 「灰視がよくないのは反省」
氷室鐘の独り言 「どうするかな。」
庚夕子(妖狐) 「どうあってもセネリオさん噛まないのは異常以外にないのだけれど。」
セネリオ(人狼) 「……おおよそ読めました。ルナさ恋なら讃えましょう。」
ルナサの独り言 「イなんとか 猫 できない子の3択だったんだけどんー・・・」
トカ博士 「おつー」
イなんとかの独り言 「さて、ここまではこれだゲソね……
指先が冷えてきたでゲソ」
正式版祝いGM 「お疲れ様」
庚夕子(妖狐) 「私は別に狐だから良いのだけれど。」
アイク 「お疲れ様だ。
まさかのLW候補吊り」
衛宮士郎 「お疲れ様」
セネリオ(人狼) 「イなんとかと猫を間違えた話をしましょうか(しろめ」
ルナサの独り言 「外したらしい()」
「お疲れ様にゃ」
アイク 「俺はベテランではない(ふるえ >トカ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
今日の天候は満月です (占い妨害・呪術・狩人系 封印)
猫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
氷室鐘0 票投票先 1 票 →
できない子0 票投票先 1 票 →
セネリオ0 票投票先 1 票 →
庚夕子1 票投票先 1 票 →
イなんとか0 票投票先 1 票 →
6 票投票先 1 票 →庚夕子
ルナサ0 票投票先 1 票 →
セネリオ は 猫 に処刑投票しました
トカ博士 「ベテランの方々は脳内が異次元になっとるとしか思えんわ、くわーっ」
できない子 は 猫 に処刑投票しました
アイク 「闇鍋においてそれは格好の的だがな >博士」
トカ博士 「発言が薄いとか、ログ送りが遅い人もいるのよ(憤慨」
トカ博士 「おや、次回に続くトカ?」
猫 は 庚夕子 に処刑投票しました
アイク 「恋人探しの噛みをする場合。」
庚夕子 は 猫 に処刑投票しました
氷室鐘 は 猫 に処刑投票しました
ルナサ は 猫 に処刑投票しました
イなんとか は 猫 に処刑投票しました
アイク 「ファーwwwww >猫吊り」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ルナサ 「猫吊り」
氷室鐘 「私は夕子吊りを推しておく。」
ルナサ 「セネリオ吊った後恋人吊れなくなるんよね っていうあれなんで」
セネリオ 「何故かというと、最悪精神鑑定が出てきて割れかねませんので。」
庚夕子 「不可解が三つもある。」
衛宮士郎 「る、ルナサもいるから(震え声」
トカ博士 「◇庚夕子 「……閻魔●?」
おい、村人陣営をあまつさえ全滅させるつもりか小奴ら」
できない子 「これ死体なしの原因狐噛みしかないよね
あ、初日占い+恋狩人も一応あるのか」
「猫も人の事言えないけけど庚夕子は発言が薄めだから吊っておきたいにゃ」
セネリオ 「失礼、イなんとかは違います。」
セネリオ 「単純に、COだけで言うと。
氷室鐘・イなんとか・庚夕子。」
庚夕子 「セネリオさん吊り提案するけれど。>ルナサ」
イなんとか 「個人的に気になってるのは猫でゲソね
なんていうか、朝の反応やCOに対する反応が気になってるゲソ」
アイク 「正直なCOをしているのが一人しかいないではないか!」
ルナサ 「そうかそうか そんなに趣味で吊らせたいか・・・」
庚夕子 「蜜主張すれば良いのに?」
氷室鐘 「なんか夕子の反応がいちいち遅いのだよな……。」
トカ博士 「おめー、味方もう居ねえぞ?」
トカ博士 「一人残ってる閻魔がタジタジではないか」
アイク 「PHPの加護が足りてないんだ(真顔」
庚夕子 「……閻魔●?」
セネリオ 「僕視点、狐がまだ見つかっていません。
ですのでまだ役目終了していませんが……」
「どうしたのかにゃ?>セネリオ」
ルナサ 「参考にするから 吊りたい先あげんさい
このままだと指定理由:趣味になっても知らんぞ!」
トカ博士 「こやつら、なんというかもー」
氷室鐘 「今日の反応で言うならば夕子だが。
セネリオを噛む理由がない、という表現が引っかかる。」
正式版祝いGM 「ウェヒヒ>トカ」
できない子 「閻魔
セネリオ 「…………。」
ルナサ 「知ってるのでいいです()>セネリオ」
庚夕子 「狼に恋人、というよりセネリオさんが恋人だと思ったのよね。
でも、狼-占恋人は不可能なのよね。」
できない子 「真占い恋人or初日ということだけど
非恋で潜伏は無いよね

セネリオ 「占いです。結果は必要ですか?」
「初日相方かにゃ?>イなんとか」
ルナサ 「ついでに各自吊りたい先も上げろオラァ!
超過直前にしか指定しないからな!反論ショーダウンとかする気ねぇから!」
イなんとか 「相方は初日だったから夢みたいでゲソ」
セネリオ 「喜助が狼なら、どう考えてもアイクを噛むべきだったので。
……とすると、残るはない子なのですが。」
「露西亜人形COにゃ」
イなんとか 「共有表記COでゲソ!」
氷室鐘 「巫女だ」
庚夕子 「人馬CO。
猫ちゃんに毒はないらしいわよ。」
セネリオ 「ええ、少し気になっているんですが>庚夕子
……もしかすると、狼に恋人がいるのかもしれません。」
ルナサ 「死体無しが狐噛みなら 取るべき手法が変わってくるからな」
庚夕子 「でも違うかなぁ。」
ルナサ 「死体無しの原因をまずは見つけないといけない」
「ふむ、どうなってるにゃ
セリオネを噛まない理由がないしにゃこの状況で」
アイク 「畑さんが妙にアグレッシブな発言をしておる
実に新鮮だ」
氷室鐘 「セネリオ噛まない理由はないが、セネリオ真でないとするならばGMとなってしまう。>夕子
セネリオ偽……と言いたいのだろうか?」
ルナサ 「あ FOオナシャス
狩人いるなら それはそれで情報になるんで出て構わないよ」
セネリオ 「ええ、ない子を飼ってください。
喜助・阿万音鈴羽、これにて狼は全露出です。」
トカ博士 「だから、GMの恐怖をもっとだな(」
庚夕子 「あ、わかった。」
イなんとか 「この状況で死体無しとなると、狩人GJや狐噛み系列以外にも、あるいは雛狼の可能性もあるでゲソかねぇ?」
アイク 「満月wwwww」
できない子 「・・・そこも偽かよ!?
真占いどこ行った?」
セネリオ 「……生きて、いますか……。
死ぬとばかり思っていたので、少し驚いています。」
正式版祝いGM 「PHPへの媚びがたりない!>アイク」
庚夕子 「何これ、セネリオさん噛まない理由ないわよね。」
氷室鐘 「ではできない子飼いで進めるか。」
ルナサ 「噛めないLW セネリオ狐 狩人がいる どーれだ」
「平和かにゃ」
氷室鐘 「ほう?>死体無し」
セネリオ 「四日目:できない子
氷室鐘をどう扱うか、悩みますね……。
一手無駄にしていますし、どうせ噛まれるので悩む意味もないのですが。
噛めと言うからには別陣営と見なし、できない子を占いましょう。
あの結果自体は狼でも出せますから。そこ決め撃ちが一番まずい。……どうせ死ぬので意味はないんですが。」
できない子 「これ・・・さ
QP初日orLW付に賭けるしか無くない?
恋目狙いしていい人数じゃないと思うけど

あと3昼死体無しって結局何だったの?
今のところそれっぽいのは出てきてないけど」
トカ博士 「おや、妖狐が露見する?」
アイク 「まーた死体無しである」
ルナサ 「なぜか吊りが増えた 謎い」
庚夕子 「即セネリオさんを噛めば良かったのに何で衛宮君を噛んだのかしらね。」
イなんとか 「さて、おはようでゲソ!」
セネリオ 「できない子●」
氷室鐘 「おはよう。
できない子は真狼という事なので最終日送り。
夕子は投票関係で非狼っぽくはあるが、狐否定まではできんな。
まあルナサの指示で良いとは思うが。」
ルナサ 「イなんとか♀」
「おはようにゃ」
庚夕子 「おはよ。」
トカ博士 「つまり吾輩のせい!?」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
浦原喜助さんの遺言 士郎噛みは失態でしたか。
今日の天候は満月です (占い妨害・呪術・狩人系 封印)
人狼は妖狐を襲撃したようです
セネリオ は 庚夕子 に狙いをつけました
アイク 「初日に裏腹が吊れているかどうかだろうな

ところで面白い天候が全然でないんだが、どうしてくれるんだGM?」
トカ博士 「人外村だねえ、知ってたけど」
トカ博士 「でも結局コレじゃあ恐らく村は間に合わねえトカ」
衛宮士郎 「ああ、なるほどな>喜助
ありがとう」
ルナサ は イなんとか を占います
浦原喜助 「恋人噛むと狐勝ち。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
セネリオ(人狼) 「ない子●を出します。」
トカ博士 「おろ、恋人を回避?」
氷室鐘 は イなんとか の護衛に付きました
セネリオ(人狼) 「お待ち下さい。
あぁ……庚夕子様の残り湯、美味にございます……。」
浦原喜助 「士郎>釣られる予定だし、残った○処理。
新たに来た狼が狐囲ってた、とか最悪でしょう?w」
イなんとかの独り言 「さて、ここにきて噛まれたくはないでゲソけどねぇ……」
ルナサの独り言 「ま GMがQPもありえるんだけどさ()」
ルナサの独り言 「5つの選択肢の中で正解は2つ これは外してはいけない」
(人狼) 「できない子でお願いにゃそこは釣れない位置出しにゃ」
ルナサの独り言 「恋人がいるなら的が2つってことになる」
セネリオ(人狼) 「氷室鐘をかみたい場合は僕が噛みますが。

……初日真となると恋人がいますので、気をつけてください。」
ルナサの独り言 「1人は外した」
衛宮士郎 「ああ、そうだ
俺噛み提案したのなんでだ?>喜助」
トカ博士 「狐が勝ちそうだなー」
アイク 「そらQPだったらノータイム投票でんがな」
セネリオ(人狼) 「あなたが足音を出しながら噛めるのは、現在イなんとかとできない子です。

どちらがいいですか?」
アイク 「このパターンなら猫を身内切りするのは無理だな。」
トカ博士 「恋人が常に噛まれる危険」
氷室鐘の独り言 「明日死体無しならばセネリオGJ主張。」
庚夕子(妖狐) 「何時萌えちゃおうかしら。」
アイク 「盤面としては圧倒的に人外村ではあるが……
どうせなら恋人に勝って貰いたいものではある」
氷室鐘の独り言 「飼い狼を見付けられた方が不味い気がする。
護衛はイなんとか続行。」
浦原喜助 「氷室噛んでくれるかなぁ。」
トカ博士 「さあ絶望せよ(」
(人狼) 「遺言でも紳士に・・・」
衛宮士郎 「お疲れ様」
トカ博士 「お疲れ」
アイク 「お疲れ様。」
正式版祝いGM 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
今日の天候は春一番です (全員 紳士)
浦原喜助 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
氷室鐘0 票投票先 1 票 →浦原喜助
できない子0 票投票先 1 票 →浦原喜助
浦原喜助7 票投票先 1 票 →庚夕子
セネリオ0 票投票先 1 票 →浦原喜助
庚夕子1 票投票先 1 票 →浦原喜助
イなんとか0 票投票先 1 票 →浦原喜助
0 票投票先 1 票 →浦原喜助
ルナサ0 票投票先 1 票 →浦原喜助
猫 は 浦原喜助 に処刑投票しました
セネリオ は 浦原喜助 に処刑投票しました
アイク 「つーかセネリオ逃げても死んでるんじゃないか!
よく初手獣人噛み持って行けたものだ」
トカ博士 「我輩、生き残るには朝イチで叫ばねばならなかったトカ。それでも五分五分って所。つらい」
できない子 は 浦原喜助 に処刑投票しました
イなんとか は 浦原喜助 に処刑投票しました
アイク 「俺だったら初手セネリオ占いは不可避だがな
つまり俺もお前も大五郎」
浦原喜助 は 庚夕子 に処刑投票しました
庚夕子 は 浦原喜助 に処刑投票しました
氷室鐘 は 浦原喜助 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
イなんとか 「LWCOからの翻しでゲソね
これは吊りきってから考える形でいいでゲソね」
ルナサ 「セネリオが恋人には見えないから 明日一本釣りしかねぇわな」
できない子 「とりあえずルナサ非狼非狐は確定
恋人・・・もないな、露出する意味が無い」
「あ、阿万音鈴羽も吊ったんだったにゃ」
アイク 「ただ、騙りであったとしてもセネリオが俺に●を投げなかったのは全力で許す」
セネリオ 「……ブン屋尾行済み(どげざがさね」
セネリオ 「僕の命はここまでですので……
ルナサ、あとは任せます。

そうですね、指揮というのであればあなたの方がよほどふさわしい。
差し出た真似をしてしまいました。」
氷室鐘 「ああ、そうだルナサはブン屋に尾行されていた。
確定村人だな。狂人でひよこCOは……恐らくすまい。」
アイク 「眠い(眠い」
「あってトカ博士しかないかにゃ今までの吊りを見て」
浦原喜助 「私と鈴羽とあなた、ですよ?
明日は氷室噛んでくださいね~。
あ、子狐ケアでルナサでもいいですね。」
トカ博士 「アイクとセネリオはなんかどっちかがRPに便乗して保身を測ってるっぽかったトカ」
ルナサ 「あんたら私のことを真狐目って言ってたんだし
ブン屋が尾行して死ななかった以上指揮取っていいじゃん アゼルバイジャン」
できない子 「ところで恋狐はどこにいるのか・・・
LWCOが本当なら吊りはギリ足りるけど
信用できるか?」
庚夕子 「アイクさんにCOを求めた覚えはないけれど、
COを聞かないことが出来るとも思わないわね。」
イなんとか 「正直、現状で飼う必要性はあまり感じないでゲソけどね……。」
ルナサ 「え? 私じゃダメ? ブン屋に尾行されてるんだべ? 私」
セネリオ 「できないのならばあなたを吊ります。」
セネリオ 「……喜助。LWというのであれば仲間をあげてください。」
アイク 「セネリオからなーんかヤな予感がしたのは事実なんだよなw
事実、あれで0票って結構不思議ではあったし」
氷室鐘 「セネリオが真。故にセネリオが指示を出せば良い。」
ルナサ 「残り3吊り 恋人残りの状況で見えてる人外飼えるとは到底思えないんで」
庚夕子 「灰逃亡かもしれないじゃない。
私も勧めちゃった手前ちょっと何も言えないけどね。」
浦原喜助 「インなんとかさん>それを感gなえるのがあなたの仕事、違いますか?」
セネリオ 「すみません……>氷室鐘
正直、他の箇所は安易にアイクにCOを求めすぎていて信用できなかったんです……」
「どうするかにゃあ
信じて狐ケアするかにゃ?」
氷室鐘 「まあセネリオが決めて良いとは思う。」
イなんとか 「LW主張なら仲間は誰ですかね?
吠え数的にLWっぽくはなかったんですが」
ルナサ 「そうですね 大人しくそのまま死んでください>浦原」
浦原喜助 「・・・天音がめんどくさい事をしてくれましたがねぇ。」
できない子 「セネリオ真だね、これ」
庚夕子 「灰が、氷室さん、イなんとかさん、猫ちゃん、私かしら。」
セネリオ 「……アイク、なぜ特攻などしてしまったのですか……
人外の言葉などに従って……

必要はなかったんです、吊りが足りるかどうかもわからないのに!」
ルナサ は 浦原喜助 に処刑投票しました
トカ博士 「だが、一日目から不信だけで吊れそうだった喜助を文屋枠減らしてわざわざ、とも取れる」
浦原喜助 「LWですが、何か御用はありますか?」
ルナサ 「主張がないのであれば吊るす 簡単な話
恋人処理すれば奇数に戻るからまぁ恋人死んでてほしいな(チラッ とか思いつつ」
「喜助吊りでいいにゃ
逃亡して死んでるしにゃ」
氷室鐘 「というかルナサ占いはいらないような……。
ああ……ひよこと失念していた、という訳か。」
イなんとか 「ふむ、そうなると浦原吊りでゲソね」
トカ博士 「何とか首がつながったトカ」
衛宮士郎 「狂アピ難しいな」
セネリオ 「……さて、喜助。
この状況をどう説明します?」
浦原喜助 「ま、結果としては上々でしょう。
では、真占いサマ。狩人に怯えなさいな。」
庚夕子 「蜜狼、ということもないらしいわね。」
「紳士ェ」
セネリオ 「……すみません、一手無駄にしてしまいました……」
アイク 「やっぱり別陣営じゃないか!」
庚夕子 「一緒にお風呂入る?>できない子」
氷室鐘 「喜助吊り、以上だ。」
「お待ち下さい。
あぁ……浦原喜助様の残り湯、美味にございます……。」
ルナサ 「じゃあ自分指揮取るわ 
まずは浦原の主張聞く」
トカ博士 「こりゃあ喜助吊棚」
セネリオ 「三日目:ルナサ
……吠えが増えている……?
喜助で二人外目ですが、どうしたものでしょうか。
そしてこの場で最も信頼できるのは、みたところルナサですね。
アイクを特攻させるなどという最悪の提案に、唯一反対した場所です。
……投票してからひよこだったことに気づきました(どげざ)」
浦原喜助 「衛宮士郎○→アイク○●→氷室○●


1夜
衛宮士郎○
理由
さっき見ましたよ。お疲れ様っス! 
イチオウフォローはシタけどね。

2夜
路線としては2つ。
士郎投票したところを占うか、(○○なら絶対に恋人は無い)

さっきの村では3人いたが~とかいっちゃったアイクか。
恋人をかませること、がコンセプトである以上、
人外狙って投票したここ。

3夜
サバ落ちしてたのは僕だけか?
ごめん、長い間止まってた。
氷室の発言一切見てないけど、ここ。」
できない子 「閻魔CO
衛宮士郎   餌食
アイク   尾行失敗」
衛宮士郎 「2騙りか」
庚夕子 「お待ち下さい。
あぁ……できない子様の残り湯、美味にございます……。」
アイク 「初日占いだった(真顔)」
イなんとか 「おはようだゲソ」
氷室鐘 「これ喜助偽で良いな。」
正式版祝いGM 「お疲れ様」
トカ博士 「おつかれさまー」
「おはようにゃ」
セネリオ 「ルナサ○」
庚夕子 「おはよ。」
衛宮士郎 「お疲れ様」
浦原喜助 「氷室○」
ルナサ 「ひよこ鑑定士CO 猫♂→できない子♀→士郎♂」
氷室鐘 「おはよう。
好みで言えばセネリオの方が好みだ。
アイクのブン屋については……そうだな。
どうなるのだろうな。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
衛宮士郎さんの遺言             , -‐: :''" ̄ ̄: : .ー-. . _  ____
            ;: : : ヽ: ハ: : : : : : : : : :  ̄: : : : : : ヽ-‐-、
           ;: : : : : :ヽ: ム: : : : : : : : : : : : : : : : : : :}.  /`)
            I: : : : : : : : Ⅵ.: : : : : : : : : : : : : : : :. :./  }-、j
              I.: : : : :. :. :. :.I: :>―--===ミ: : : : ∧   /ヽ{
           i.: : : : : :. :. :. :.};.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/,ィ`ー;'; ; ;ヽ .Y '′
            |.: : : : : : : : : :.リ;.;.;.;.;.;.;.x=ミ;.;.;.;.;ィアrj;ァ; ; ;j_.ノ
            |.: : : : : :. :. :. :.j;.;.;.;.;γ _7/;ィ''"´ ´ ´イフ; ; ;ト
             | : : : : : : : : : イ;.;.;.;.;.{ レ'       `i イ; ;.r!
             |.: : : : : :. :. :. :.|ア'´ ,7         jl j,/;.j/
            |.: : : : : : : : : :.|   {          jl,ィル'  解析完了、素村表記か・・・
           | : : : : : : : : : ∧.            {
           /ト.: : : : : : : : :.j: :}      丶  ,ノ
           ,':.{:.ヽ.: : : :. :. :./: :j ,x.     _, イ
.          i:..:{: : ヽ : : : : /: : :.ヾ, ゝ-ニ´
            ∧: : : : :`: : : : : : : :.∧!
            i  V: : : : : : : : : : :./ ‘.,
.          i   ヽ: : : : : : : : :/    ‘.,
          {ヽ    ヽ: : : : : :/       ‘.,
            Vヽ    \:..:/.       ‘.,
.          V ヽ    `′         ‘,
.           V ヽ                ‘,
              V        j             ,
              V.      /          ;
              V                ;
阿万音鈴羽さんの遺言 霊能者CO

吊り トカ博士

初日 無し 

誰も吊れてないから無理


二日目 トカ博士

グレランで吊れた位置
投票者
できない子 , 浦原喜助 , イなんとか , 猫
浦原は3票持ちで吊り逃れしてる
投票先 浦原喜助
浦原喜助とは同陣営無いと見た
浦原喜助投票者
セネリオ , トカ博士 , アイク
だから結果次第でどっち村見るか変わる
夢霊能だったら泣くけどね
今日の天候は春一番です (全員 紳士)
衛宮士郎 は無残な負け犬の姿で発見されました
(衛宮士郎 は人狼の餌食になったようです)
アイク は無残な負け犬の姿で発見されました
(アイク は人外を尾行してしまい、襲われたようです)
浦原喜助 は 衛宮士郎 に狙いをつけました
トカ博士 「こいつぁやべえ」
阿万音鈴羽 「寝るネー(震え声)」
阿万音鈴羽 「恋人噛まれたら狐勝ちー」
氷室鐘 は イなんとか の護衛に付きました
阿万音鈴羽 「どっか噛まれてー」
正式版祝いGM 「さらばアイク!」
阿万音鈴羽 「アイク死んでー」
阿万音鈴羽 「あっwwwww」
アイク は 浦原喜助 を尾行します
トカ博士 「どうせなら人外の好でそこの猫も特に理由もなく吊ってしまえ(」
正式版祝いGM 「ん?なんかあった?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アイクの独り言 「恐らくセネリオ噛みなのだろうがな。」
セネリオ(人狼) 「最も恋人に思えるのは衛宮士郎、ですが。」
浦原喜助(人狼) 「衛宮かみでいい?」
(人狼) 「噛みは任せるにゃ
猫は響
セリオネは素狼にゃ
狼の内訳はにゃ」
衛宮士郎 は 猫 に狙いをつけました
浦原喜助(人狼) 「サバおちてたよね」
アイクの独り言 「……眠くて頭が働かない。」
氷室鐘の独り言 「占い師を護衛した方が良いのかこれは……?」
トカ博士 「我輩COせずにグレランで吊られる、正に人外アイコンの鑑(白目」
氷室鐘の独り言 「イなんとか鉄板護衛で良いとは思うが……」
阿万音鈴羽 「3Wなんですよ奥さん>士郎」
氷室鐘の独り言 「そうだな……」
庚夕子(妖狐) 「一瞬画面が途切れたような気がしたわ。」
衛宮士郎の独り言 「これ2Wっぽいな」
セネリオ(人狼) 「その場合、アイクを憑きと認定し僕が吊れるでしょう。

そうでないなら、灰噛みを推奨しますよ。」
衛宮士郎の独り言 「いや、鈴羽村ならセネリオなんだよ俺」
阿万音鈴羽 「初日占い村二連吊り 村矢
無理ポ」
ルナサの独り言 「金系探すよりはこっちの方がいい」
セネリオ(人狼) 「おそらく真占いは恋人に取られたものかと。

あなたが生き残るには、「別の箇所を占い」
そしてアイクを噛む必要があります。」
アイクの独り言 「あの段階で噛む意味があるヤツ、か?」
ルナサの独り言 「占い妨害受けるかだけ確認」
ルナサ は 衛宮士郎 を占います
トカ博士 「真占いは居ないんだトカ>喜助」
正式版祝いGM 「結論:どうにもならない(喜悦」
イなんとかの独り言 「このまま噛まれなければ割とありがたい進行なんでゲソけどねぇ……」
阿万音鈴羽 「初日占いだし」
阿万音鈴羽 「こうなると無理ぽ」
セネリオ(人狼) 「――さて。早速ですが、吊られたいですか?」
アイクの独り言 「そして死体が無いということは、狐は確実に捕捉されている。」
阿万音鈴羽 「クソガァー>夢霊能」
トカ博士 「どーすっべ、どーすっべ」
浦原喜助(人狼) 「真占い、探しますか。」
ルナサの独り言 「普通村なら自分吊られてもいい
ただ鍋だとニート吊って様子見する数すら与えてくれないというね?」
トカ博士 「吾輩の懸念、的中トカ」
衛宮士郎の独り言 「アイクは明日死んでそうだ」
アイクの独り言 「――俺は誰を、ということだ。

あの2名で恐らく裏では繋がっている」
正式版祝いGM 「眠気で夢見てたな!」
できない子の独り言 「さて、なんか死因出るかな」
浦原喜助(人狼) 「正直、恋人にすら見えますねぇ・・・・」
セネリオ(人狼) 「ようこそ、喜助。獣人ですね?

僕は素、猫は響です。」
衛宮士郎の独り言 「これなら鈴はは村でいいだろ」
阿万音鈴羽 「ちょっとこれは予想外」
トカ博士 「お疲れ様ー」
(人狼) 「あれにゃ
浦原さん?」
阿万音鈴羽 「お疲れ様ってファーwwwwwww」
ルナサの独り言 「この吊り数で自分吊れって言っちゃだめなんだけどね
正直浦原がニートでも吊り逃れしていいと思ってるし」
正式版祝いGM 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
今日の天候は天気雨です (呪殺無し)
阿万音鈴羽 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
氷室鐘0 票投票先 1 票 →阿万音鈴羽
阿万音鈴羽9 票投票先 1 票 →セネリオ
できない子0 票投票先 1 票 →阿万音鈴羽
衛宮士郎0 票投票先 1 票 →阿万音鈴羽
浦原喜助0 票投票先 1 票 →アイク
セネリオ1 票投票先 1 票 →阿万音鈴羽
庚夕子0 票投票先 1 票 →阿万音鈴羽
イなんとか0 票投票先 1 票 →阿万音鈴羽
0 票投票先 1 票 →阿万音鈴羽
アイク1 票投票先 1 票 →阿万音鈴羽
ルナサ0 票投票先 1 票 →阿万音鈴羽
できない子 は 阿万音鈴羽 に処刑投票しました
イなんとか は 阿万音鈴羽 に処刑投票しました
セネリオ は 阿万音鈴羽 に処刑投票しました
衛宮士郎 は 阿万音鈴羽 に処刑投票しました
阿万音鈴羽 は セネリオ に処刑投票しました
浦原喜助 は アイク に処刑投票しました
猫 は 阿万音鈴羽 に処刑投票しました
ルナサ は 阿万音鈴羽 に処刑投票しました
氷室鐘 は 阿万音鈴羽 に処刑投票しました
庚夕子 は 阿万音鈴羽 に処刑投票しました
アイク は 阿万音鈴羽 に処刑投票しました
トカ博士 「両方人外とおもいきや、一方は文屋か」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
庚夕子 「視点偽に逃亡して死んだら占い師を決め打てる。」
できない子 「うーん」
阿万音鈴羽 「あたし吊り
明日アイクは浦原喜助に行って
死ねば真証明」
「ブン屋COかにゃ」
浦原喜助 「ひよこがいきなりかまれると?」
セネリオ 「……アイク……
COはいらないと言いたいのですが。
このままだと阿万音鈴羽を吊れません……!」
ルナサ 「恋人死んだら自殺も考慮だけどんー」
衛宮士郎 「ブンヤね・・・」
氷室鐘 「発言のみで勝てる自信があるのならば止めはせん。>COしない
それは貴様の自由だ。」
トカ博士 「アイクとセネリオはRPとはいえそこはかとなく怪しい保身ポジを取っていた印象だったトカ」
浦原喜助 「2昼時点でアイクは不明、です。」
「する気がないなら投票させてもらうにゃ」
アイク 「初日:むり
2日目:ルナサ

む、この票貰いはちと面倒だな……眠くて発言が伸びなかったか
さて、本来ならばほぼセネリオを護衛するのが筋ではある、という話で
そもそもブン屋という時点でわりと厳しい話なのだよ。逃亡ミスったら即詰みである
……雛狐考慮、となるならまずはこっちか。最悪死んだらすまない。」
アイク 「……仕方ない、出る気は無かったのだが。ブン屋COをする

初手の尾行先は悩んだが、ルナサだ」
セネリオ 「僕はそもそも喜助の占い態度が気に入りません。
吊りたい箇所に、実際に二票入っていて(不愉快な話ですが)

不愉快ながらアイクは吊れる可能性のある箇所でした。
――そこをわざわざ占うのですか?
誘導すれば、吊れる可能性があったのに?」
浦原喜助 「狼が、占いと霊能、雁首揃ってCOするとお思いですか?」
阿万音鈴羽 「CO無しなら、あたしよりはアイク吊りになるよね?」
庚夕子 「偽占い師、この場合のアイクさんが浦原さんに投票しているからというのは別に真要素ではない気がするけれど。」
衛宮士郎 「ここでアイクがCOしないのなら引き伸ばしとみて吊るぞ俺は」
できない子 「アイクはCO無いのかな?」
トカ博士 「とは言え、死体がなければどーしようもないな。黒2つあれば夢とも取れるが」
阿万音鈴羽 「アイクCO
あたしとしては人外だと思ってるけどね
浦原喜助真なんだろうから」
浦原喜助 「僕目線、アイクとセネリオで2人外、です。
もし恋人なら、斎場の結果、ですよ。
アイクに票を入れてください。
お願いします。」
アイク 「……ああ、なるほど
その●からそう出るなら、正直お前と鈴羽で繋がっているとしか思えないな。」
氷室鐘 「衛宮とハモっただと……?」
「そういやアイクCOしてないのかにゃ
COをお願いにゃ」
イなんとか 「●ランするのであればアイクの役職も聞いておきたいところでゲソねぇ」
ルナサ 「とりまアイクはCOしておいた方がいいっすよ
ぶっちゃけCOがニート役でも霊能との勝負だから不利にはならん」
衛宮士郎 「アイクはCOしておけ」
正式版祝いGM 「いやー難しいだろうw」
氷室鐘 「アイクはCOしておけ。しないならば自己責任だ。」
セネリオ 「僕は最初の最初から、あなたを疑っていますとも。喜助。
アイクに牙を剥くのであれば容赦はしません……!」
「●ランか
それでいいかにゃ」
イなんとか 「一応状況的には鈴羽と浦原は繋がってる形でゲソかね?」
トカ博士 「霊能しょっぱな●とか、夢を疑え」
アイク 「少なくともあの段階で俺に投票をして。
2度目の投票で俺から最多投票対象へと票を変えて、その上で俺を占っているというのは正直気に入らない。

故にセネリオの結果は俺が信じる。俺が信じるセネリオを、信じろ。」
浦原喜助 「甘ねめせん、僕は狼を釣り逃げして殺してる、
こんな事すると思いますか?
アイクにCOさせてください。」
阿万音鈴羽 「セネリオと対立
私夢じゃないなら多分浦原喜助真
偽占いが浦原喜助に投票してるから」
正式版祝いGM 「なお、狐と恋人にはまったくかすってない!」
庚夕子 「阿万音さん吊り自体は可能じゃないかしら。」
ルナサ 「やめてっ!鈴羽●とか打たれるとこのぴゅあっぴゅあな心が揺れちゃうの!」
正式版祝いGM 「人外同士の熱い殴り合い!」
氷室鐘 「●ランを提案する。●のどちらか吊りだ。」
衛宮士郎 「俺は途中から吊らないでいいなと意見変更してるぞ>氷室
むしろ狼に噛めと言ってる
そこが狐だと狼も悲惨だろうからな」
できない子 「まあ、吊り逃れした後に出てくるCOとしては妥当だね」
庚夕子 「嫌ね、私が狂ってるなんて失礼しちゃうわもう。>ルナサ」
「もうどうなってるにゃ・・・」
セネリオ 「アイクが人外なわけがない。
そしてあなたが占いとは思いません!>喜助」
阿万音鈴羽 「霊能者CO

吊り トカ博士 ●

初日 無し 

誰も吊れてないから無理


二日目 トカ博士

グレランで吊れた位置
投票者
できない子 , 浦原喜助 , イなんとか , 猫
浦原は3票持ちで吊り逃れしてる
投票先 浦原喜助
浦原喜助とは同陣営無いと見た
浦原喜助投票者
セネリオ , トカ博士 , アイク
だから結果次第でどっち村見るか変わる
夢霊能だったら泣くけどね」
氷室鐘 「ああ、その結果ならば私はセネリオの方を支持したい。」
阿万音鈴羽 「霊能者CO

吊り トカ博士 ●」
イなんとか 「そしてアイク●でゲソか……
場合によっては狂人がそこに●出してる可能性もあるんでゲソよねぇ」
「占いCCOかにゃ」
浦原喜助 「えーとね。
薬師が真やったら、もう釣りの余裕は無い。
きめうってもらわなあかんよ?」
ルナサ 「この人数で夢まで見る気は余り起きないかな」
セネリオ 「占い表記です。真夢萌えは不明ですが、流石に少人数ですので真を想定します。



初日:アイク○
当然○でしょう。
信じていますとも――ですから、占うのです。
あなたが指揮役になれるよう。



二日目:阿万音鈴羽●
――信じていました、アイク。
まあ、真占いは健在なんですけれどね。
流石に2占いは見ないです。いる可能性もありますけれども(目逸らし)
浦原喜助は吊します。とすると阿万音鈴羽……
無意味な発言が多すぎますので。」
庚夕子 「何事もなければひよこ鑑定士噛みになったんでしょうけれど。
まあ、●のCOを聞くこと自体は吝かでもないわよ。」
アイク 「だが、正直昨日の発言から見てもお前から役職持ちという感じは無かったんだけどな。
吊り逃れするにしてもやや票の動きがな。」
できない子 (♀) が「異議」を申し立てました
セネリオ 「あり得ない。占いCOです」
阿万音鈴羽 「と言っても灰からGJって事になるし・・・
狐噛み濃厚かな・・・」
できない子 「ん、死体なし?
グレーから狐を噛んだのか、それとも吊り逃れ位置で重要職読みGJor狐噛み?」
イなんとか 「そして死体無しでゲソね!
これで吊り余裕ができてありがたいでゲソ」
氷室鐘 「衛宮○……なのか?
まあ今の所唯一の占い師だ。アイクのCOを訊いておこう。」
ルナサ 「灰視ザクッというなら
私に対してこの人数なら狼でもやれる っていった庚夕子は少なくとも狼狐はないんじゃねーの? 狂人はあるかもしれんけど」
衛宮士郎 「アイク●ねぇ」
浦原喜助 「イなんとか>今回は占いやけどな、
ただな、素村であっても釣りのガレはするべき。」
阿万音鈴羽 「って死体無し?
狩人いるのかな?」
「アイクはCOをお願いにゃ」
セネリオ 「そして、もうひとり気になるのは阿万音鈴羽、あなたです。
他に比べて、無意味な発言が多すぎる」
衛宮士郎 「お、死体なしか
いいないいな」
正式版祝いGM 「残念、死体がないんだな!」
トカ博士 「寂しい(」
阿万音鈴羽 「へえ>アイク●」
トカ博士 「あれ、阻まれたか」
アイク 「……俺にそう投げるってか?お前は。」
衛宮士郎 「おはよう
ひよこは怖くないだろうな>喜助
俺が言ってるのはひよこが雛狐だった場合の話だ」
氷室鐘 「ほう>死体無し
何にせよ吊りが増えたのは喜ばしい。」
浦原喜助 「衛宮○、アイク●」
「平和かにゃ」
庚夕子 「浦原さん狐だったりしないかしら。」
セネリオ 「……死体なし、ですか。」
トカ博士 「お疲れ様トカー」
ルナサ 「占い理由:特にないです(^q^)」
浦原喜助 「占い・・・だと・・・
とか言うのはガラじゃないですね。
占いっすーーー!!!

衛宮士郎○→アイク○●


1夜
衛宮士郎○
理由
さっき見ましたよ。お疲れ様っス! 
イチオウフォローはシタけどね。

2夜
路線としては2つ。
士郎投票したところを占うか、(○○なら絶対に恋人は無い)

さっきの村では3人いたが~とかいっちゃったアイクか。
恋人をかませること、がコンセプトである以上、
人外狙って投票したここ。
阿万音鈴羽 「オッハー!
トカ博士吊れるのって感想」
アイク 「俺は発言が伸びなかったなあ、という感想だ
すまん。」
氷室鐘 「同じく阿万音も気に掛かる。
吊り計算をしていないというのは
人外側で、人外場だと胡坐を掻いているのではないか?
と邪推している。」
トカ博士 「まさに絶望」
セネリオ 「浦原喜助、吊り逃れたからには何らかの重要なCOを期待しています。
僕はあなたの発言から見て、あまり村に見ていませんので。」
浦原喜助 「釣り余裕無い村やし、そりゃ釣り逃れするよ。
というわけで、占い。」
ルナサ 「ひよこ鑑定士CO 猫♂→できない子♀」
「おはようにゃー」
できない子 「んー、極端に発言内容少なかったから
言ってはいけないことを知ってるかな?と思って
投票してみたが・・・吊り逃れしてないし外したかな

吊り逃れした位置にはCOを聞いておきたいね」
イなんとか 「おはようだゲソ!
とりあえず浦原は吊り逃れしてるでゲソ
できればCOを聞きたいところゲソね!」
庚夕子 「おはよ。」
氷室鐘 「おはよう。
衛宮投票はひよこ吊りが前提の発言をしているからだ。
ひよこを吊りたいのならば雛狐『かもしれない』からではなく
ルナサ単体で怪しいという証拠を提示して貰おう。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
トカ博士さんの遺言                     _、               ,
                   : 終   _,,ァ     .,,-广
                   「 |  .,//`   .,,/ /_,,,,--ツ
                   ,i´ レ'゛ 丿  ,,-'"  .广` /
                  /  ° / _/`      .,iシニニー'_,,,--ー¬'''''''''''>
                     l゙    ./_/       _,ン'',,,-‐'゙^      .,,/ 薬師COだトカ。どーすっべ、分からん
                  l  .,,-.,ノ′    ._,,,,-‐'" ゙゚̄\、     ._,,-'"
                 l゙ ,,i´/   ,,,,-''"`,、      `-,._,,,-‐'"
                 ,レ'゛s" _,,-‐'^    │      :''l″
                   ,,i´  ゙‐''l″  ,r''ヽ  l゙        │
               /     ‘-,,,_、ヽ,丿 .l゙     .,--、,, }
               ,,ー./ _,,,,,,,_      ` ゙゙゙̄⌒     ネ   ゙'i|
           ,,-彡‐“^   ゙'ヽ                 |    ゙l
            ,/.ュ        ‘'i、                l゙    |
       ,/   ゙l. `       `'-、          ,ノ    .|
     ,,ィ彡,,,_   │         `゙'-、,,,,_   _,,,,―'"     .,l
         `゙'-,、.゙'''"゙゙゙゙゙''ー-,,、       ̄ ̄″    .,.   ,l「
           \      `゙'-、,、    ,r'"''ー、,,_, _,   ,,,rク
               ヽ        `ヘ,,、  |     `゙'―'''" ,/`
             ゙l           `'-,..゙l ''ハニ''''''''"゙゙゙゙''''"
             丿               lぐ゙ .゚h,
            /             `.゙l   .゙l
             ,/`               ゙l    |`
           ,,r―'¬ー、、            ,!    l
        ´      `'-,、         ノ   ,,/
                `'i、          _/゜
                  ヽ      ,,rニ「゚゚'i、
                   ゙i、   -'メ゚^   .|
                   │   .゙ョi、  ‘乂
                    `   .| \.,/ \、
今日の天候は天気雨です (呪殺無し)
人狼は能力に阻まれたようです
セネリオ は 浦原喜助 に狙いをつけました
トカ博士 「最終日まで霊能盲信で、三人残って霊能狼を無視して村二人が殴りあってたトカ」
アイク は ルナサ を尾行します
正式版祝いGM 「あるある>初日霊能のっとり」
トカ博士 「吾輩最近身代わりに霊能ポジ二回持ってかれて騙りにやられたんだトカ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
トカ博士 「だれか、GMという名の身代わり君の脅威を思い出してくれ」
正式版祝いGM 「そして狩人は恋人だ(迫真」
セネリオ(人狼) 「●を出してみましょう」
セネリオ(人狼) 「阿万音鈴羽――わかりました」
衛宮士郎 は 氷室鐘 に狙いをつけました
セネリオ(人狼) 「一応占い日記は作っていますが、あてにはしないでください。
少し占いたり得ない発言をしてしまいました……
ブラ太いって誤魔化しますがね。」
正式版祝いGM 「クカカカカカカカ(喜悦」
衛宮士郎の独り言 「氷室アルクは村目」
トカ博士 「ば、おま」
正式版祝いGM 「ハハッ、どうした初日がどうかしたかな!?」
トカ博士 「占い師GMトカおま」
(人狼) 「まあ、最終的なとこは任せるにゃ」
衛宮士郎の独り言 「で、喜助が人外目」
アイクの独り言 「セネリオ護衛は正直人外だったときのアレがそれで困るという話

……どうするかだな」
トカ博士 「吾輩の懸念的中!?」
セネリオ(人狼) 「異議がないのであれば喜助を噛みますが。
何かしらの日記を作っていますか?」
衛宮士郎の独り言 「噛む余裕ねえな」
(人狼) 「阿万音鈴羽はとにかく発言を増やした感があるから噛みたいんだけどにゃあ」
衛宮士郎の独り言 「で、占いを探さないといけない」
トカ博士 「そんで、おい、おい」
セネリオ(人狼) 「何処でも構いませんよ、僕が気になるのはこの二名、というだけで。
ただ、あの吊り逃れは役職所以のものかと思われます。」
ルナサ は できない子 を占います
衛宮士郎の独り言 「だけどCPで飛んだら噛みが減る」
アイクの独り言 「……というかそこ即票変え?」
トカ博士 「毒も居ねえっぽいし、証明は無理だトカ」
正式版祝いGM 「むしろなぜ出たと問いつめられるw」
ルナサの独り言 「金っぽいところとか分からんめーもん(」
イなんとかの独り言 「人外なら人外でそれはそれでって話でゲソ」
衛宮士郎の独り言 「狼は5回噛める」
セネリオ(人狼) 「狩人がいないことを願いつつ、ですが。
あとは庚夕子が気になりますか……」
ルナサの独り言 「適当でいいよね?( うん 適当に決めよう」
アイクの独り言 「雛狐だったとしても……うん、二択だしなあ。
夜だしなあ。」
トカ博士 「ですよねー」
(人狼) 「そこ噛みかにゃ?」
ルナサの独り言 「占い先どうしよう()」
イなんとかの独り言 「浦原の熱い吊り逃れでゲソ!
これはー、村陣営で上手いこと狼が噛んでくれるとありがたいんじゃなイカ!?」
ルナサの独り言 「アイザック◇NEWTONなんとかだと早苗で使ってるHNになっちゃうという
戦績分けるためにHN分けてるんだからちゃんと確認してはいれやサルゥ!」
正式版祝いGM 「薬師でCOはー……吊りのがれは厳しいかなあ」
アイクの独り言 「……ログを残し忘れたのでわりとどうしようもないという話だが……」
トカ博士 「なんかタイミングを逃したんで、はい」
セネリオ(人狼) 「では、喜助を噛みましょうか。」
衛宮士郎の独り言 「さってとこれCP考えてる余裕ねえな」
氷室鐘 は イなんとか の護衛に付きました
阿万音鈴羽の独り言
                 l:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:ハ
                  j:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ:.:.:.:.:/:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、l
              .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:,ムソ-ハ:.:.:.:.:.:.:./:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト:.:从厶,, Ⅳ:.:.:ィ'ノ 从:.:.ヽ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
               ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{,.ィ⌒Yヘ   }ハ:.:l イィ⌒Yヘ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′
                 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 弋_.ノ ゙   从{ ' 弋_.ノ ゙ツ}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  AA貼るだけの気力はあるよ
                ノ仆、:.:.:.:.:.:.:.:、ゝ ̄           ̄ .ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(
                    乂.ィ:.:.:.:.:.:.:.ハ     │       イ:.:.:.:.:.:.:/:.人:ゝ  タブ閉じちゃって少し焦った
                      {:.`ヽ:.ソ         ′      彡イ:.:./レ′
                     ∨:.:∧       _        ´フイ:.:.リ
                         〉:.:.:.:.\    ´‐-`    . イ:.:.:.:.:.:′
                       ':.:乂:.:イ  .          / .ノ:.:.:.:.イ
                    乂:.:.:.::リ  _i>  _  .イ  {:.:.:.:.:.:.}
                         〉:.: イ  |ZZZZZZZZZZi  乂.:.:.:ノ
                       {:.:.:.:.:}  |777777l]7777:!  .{:.:.:.:.:.:.}
                       乂:.:〈   .|//////|l////:|   乂:.:.:.ィ
                         {:.:.:.:.:.} ,.イ////// ||//// \ {:.:.:.:.:.:.}
                    __ゝ:.:.イ/////////.||/////// ゝ:.:.:ノ、
                x‐=≦//{:.:.:.:.}/////////.||/////// {:.:.:.:.:.}/≧=-、
              ////////ノ:.:.:〈///////// ||/////// 乂:.:.イ//////\
                //////// {:.:.:.:.: i/////////||/////// {:.:.:.:.:.}///////∧」
アイクの独り言 「ひよこ考慮ならルナサ逃亡が一番安定なのだが。
そこが噛まれることはあまりないだろうとは思うので」
正式版祝いGM 「お疲れ様」
トカ博士 「COしとくべきだったトカ?」
(人狼) 「ふう、グレよけで来たにゃ」
アイクの独り言 「ふむ……どうするか、という所か」
ルナサの独り言 「あ やべぇ・・・
鍋用のHNで入ってないかもしれない(^q^)」
トカ博士 「うげえ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
今日の天候は疎雨です (蘇生誤爆率上昇)
トカ博士 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (2 回目)
氷室鐘0 票投票先 1 票 →衛宮士郎
阿万音鈴羽0 票投票先 1 票 →庚夕子
できない子0 票投票先 1 票 →トカ博士
衛宮士郎1 票投票先 1 票 →アイク
浦原喜助3 票投票先 1 票 →トカ博士
セネリオ0 票投票先 1 票 →浦原喜助
庚夕子1 票投票先 1 票 →
イなんとか1 票投票先 1 票 →トカ博士
1 票投票先 1 票 →トカ博士
トカ博士4 票投票先 1 票 →浦原喜助
アイク1 票投票先 1 票 →浦原喜助
ルナサ0 票投票先 1 票 →イなんとか
2 日目 (1 回目)
氷室鐘0 票投票先 1 票 →衛宮士郎
阿万音鈴羽0 票投票先 1 票 →庚夕子
できない子0 票投票先 1 票 →トカ博士
衛宮士郎1 票投票先 1 票 →アイク
浦原喜助3 票投票先 1 票 →アイク
セネリオ0 票投票先 1 票 →浦原喜助
庚夕子1 票投票先 1 票 →
イなんとか1 票投票先 1 票 →トカ博士
1 票投票先 1 票 →トカ博士
トカ博士3 票投票先 1 票 →浦原喜助
アイク2 票投票先 1 票 →浦原喜助
ルナサ0 票投票先 1 票 →イなんとか
セネリオ は 浦原喜助 に処刑投票しました
阿万音鈴羽 は 庚夕子 に処刑投票しました
猫 は トカ博士 に処刑投票しました
できない子 は トカ博士 に処刑投票しました
衛宮士郎 は アイク に処刑投票しました
トカ博士 は 浦原喜助 に処刑投票しました
浦原喜助 は トカ博士 に処刑投票しました
イなんとか は トカ博士 に処刑投票しました
ルナサ は イなんとか に処刑投票しました
氷室鐘 は 衛宮士郎 に処刑投票しました
庚夕子 は 猫 に処刑投票しました
アイク は 浦原喜助 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
セネリオ は 浦原喜助 に処刑投票しました
アイク は 浦原喜助 に処刑投票しました
「◆正式版祝いGM システム:投票制限時間をリセットしました。」
できない子 は トカ博士 に処刑投票しました
阿万音鈴羽 は 庚夕子 に処刑投票しました
ルナサ は イなんとか に処刑投票しました
トカ博士 は 浦原喜助 に処刑投票しました
イなんとか は トカ博士 に処刑投票しました
猫 は トカ博士 に処刑投票しました
浦原喜助 は アイク に処刑投票しました
庚夕子 は 猫 に処刑投票しました
氷室鐘 は 衛宮士郎 に処刑投票しました
衛宮士郎 は アイク に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
氷室鐘 「狼孤で五吊りでCPも考えたら恐らく手が届かんのだが>衛宮」
アイク 「さっきは三姉妹いたのにな…… >ルナサ」
「占い処理もこの数だと難しいしにゃあ」
できない子 「まあ、そうなんだけど
村視点では分からないんだよね刺さり方>浦原喜助」
セネリオ 「ええ、アイク。
僕はあなたを信じています――いえ、この言い方はおこがましい。
あなたは当然村でしょう、それは事実です>アイク」
阿万音鈴羽 「悲しい>ルナサ」
アイク 「だから現状だとルナサは放置、という位置にしかならないわけだ

やることはいつもどおり、変わらない
人外を倒す。それだけだ。」
浦原喜助 「士郎>狼からひよこは全く怖くない。
怖いのはうらないとかそんなもん。
その調子で頑張って推理してね。」
阿万音鈴羽 「吊り計算出来てませんでした☆」
ルナサ 「よく見たらこの村東方系のアイコンが私しかいないですね・・・
悲しみを背負ったルナサは家に帰ったらリリカに対して特に理由のない暴力をふるうことを決めた」
トカ博士 「1COで其奴を吊るとか飛んだ修羅道もあったもんだトカ言ってみる」
氷室鐘 「恋人については人外に刺している事を祈る他あるまい。
本当、祈るより他にないのが歯痒い。」
アイク 「まあぶっちゃけひよこを狐考慮してても吊る余裕がないという、な。」
セネリオ 「むしろ仮にひよこCOが狐だとしても、基本的に置いておくべきですよ>阿万音鈴羽
狐がありうるのであれば、いずれ狼はそこを噛まなければならなくなります。

ひよこを吊る必要はあまりないかと。それは弱気な吊りですよ。」
庚夕子 「噛みは単独狂人であるべきよね。
で、雛狐ケアはどうにもならないけれどどうしようもないと諦めるしかないのかしら。」
できない子 「とにかく雛狐見て吊る余裕はなさそう
見るなら狼騙りの方だけども」
浦原喜助 「できない子>朝にも言うてるけど、恋人が村付きならそれこそ吊るわけにはいかん。
狼側も、恋人噛みした方がいいことはわかってるはず。」
衛宮士郎 「いや、一手ぐらいはあると思うぞ?
むしろ噛まずにほおっておいて負けたら嫌だろうし>喜助」
「ひよこは分かりにくいとこ占いで
あってもルナサは真か狐だろうかにゃあ」
イなんとか 「いや、少なくともこの段階でひよこ吊は無いはずでゲソね
このタイミングで出てくるなら恋人でもなさそうに感じるゲソ」
阿万音鈴羽 「同作品キャラは別陣営の法則」
トカ博士 「ひよこは吊らんぞ?」
アイク 「俺はセネリオのことを信じているからな。
恋人がどうのこうの、というのは……よくわからんが
お前が俺を信頼している以上、俺もお前を信頼している。それは確かだ。」
浦原喜助 「士郎>問題は、狼側もひよこなんか噛んでる暇ない、ことやね。」
できない子 「自刺しだから恋人のうち1人はQPなんだね」
ルナサ 「雛狐見て吊れるほど余裕ねーでそ(ほじーっ」
セネリオ 「僕は……浦原喜助が気になります。
確かに自刺し限定である以上、どこに刺さっていても噛ませる展開にすべきなのですが、
「どこに刺さっていても大丈夫」、というのは、少し妙です。」
阿万音鈴羽 「ぶっちゃけこの配役だと二択当てるだけなんだけどねー>アイク
まあ保留でいいよね
噛まれるか吊るかで」
トカ博士 「占いは潜伏トカー。GM占いとかやめてくれよまじで」
ルナサ 「初手で出ておいてあれだけどこの陣営数で私を吊りで処理する場合
私ー猫で2w見ないと吊れないんじゃないのっていうあれそれ」
「ありがとうにゃ>all」
氷室鐘 「おいなんでひよこ吊りを吊り手に数えている者がこんなにも居るのだ。
今見た所、三人いるように思えるんだが。吊らんからな、ひよこは。」
庚夕子 「狼に繋がってることを祈るのは当然だとして。
それでも噛まれたら吊り数減っちゃうわね。」
浦原喜助 「鈴羽>とはいえ、ひよこってなっかなか噛んでくれへんのよね。」
阿万音鈴羽 「逆に女性から求婚されそうな位置だと思うよアイク>セネリオ」
アイク 「ひよこCOは了解だ
そして、初手で性別の分かりづらい位置を見ているのも俺としては評価が高い。

最終的には噛まれるか何かで判断される位置、と考えていいだろう」
衛宮士郎 「あー真なら勝手に死ぬか
騙りでも狼側が勝手に噛んでくれるか」
イなんとか 「そもそも18人以下は自刺し確定じゃなイカ?」
浦原喜助 「氷室>占いとかやとしても、出るやつはいません。


雛狐でひよこCOしてるとする可能性もあるけど、それなら狼に任せる、でいいと思う。
鑑定されたところがノイズになるけど。」
できない子 「まず、金系が発生していることを祈ります>ルナサ」
「出てきたみたいだにゃあ
後、何日か経ったら票数増える村陣営もいたからそれだったら出るんじゃないかにゃ?>浦原喜助」
阿万音鈴羽 「あー噛ませればいいか
それならそれで」
セネリオ 「何を言いますか、アイセネは大正義ですよ?>阿万音鈴羽
僕に刺さっていないのであれば、すなわちアイクはQPではないのです。

そうですよね、アイク?」
衛宮士郎 「だな>猫
12人だから自刺しだけだ」
イなんとか 「ここで出るとして、あっても雛狐くらいだゲソ
それならケアするにしてもまだ先で大丈夫なはずゲソね!」
ルナサ 「この村猫以外が大体見た目通りの性別してるというあれそれ
金系の人外を見分ける方法誰か教えてつかぁさい^^;」
庚夕子 「そういえばそうね。>猫」
アイク 「それにこの人数だと自刺しだから
俺かセネリオのどちらかがQPでないかぎり恋人にはならん。

QPがどこを持っていっているかどうかというのは重要だな
この数で村を持っていかれたらきびしい。」
トカ博士 「ひよこCOは了解、今日はそれだけなのカ」
氷室鐘 「こんな村で狐ケアなぞできん>衛宮
噛ませろ。吊る気はない。」
できない子 「まあ、放置でいいんじゃない?ひよこは」
衛宮士郎 「とりあえず祈ることはQPが占い持ってってないこと」
阿万音鈴羽 「そうだね>猫
だからどれかの陣営一つは取られてる」
浦原喜助 「優子>それなら少なくとも狼の騙りで、猫との2wも見られるね。」
氷室鐘 「一応、ひよこというCOはあったがな。>浦原」
セネリオ 「おや。ひよこはつながりますか。
では放置しましょう。」
阿万音鈴羽 「占う位なら吊るレベルな位置かなールナサ
ケア対象ではあるね」
「後、一つ聞きたいだけどこの人数だとQPって自分刺しだよにゃあ」
イなんとか 「ひよこ把握だゲソ!
となれば、今しばらくは放置しといてよさそうでゲソね!」
できない子 「この配分で初手狐銃殺もどうなんだか
まあ発生してないから関係ないけどね」
セネリオ 「QPが村を持っていった場合、非常に困りますよ、浦原喜助。
何を言いたいかというと最悪真占いが持って行かれていた場合は、すごく。」
浦原喜助 「猫>あっても出られませんって。」
庚夕子 「少人数だとひよこ鑑定士も騙り切れそうな気がするわよね。」
衛宮士郎 「ひよこがでるか
ならそこは放置
狐ケア考えるなら明後日ぐらいに吊ればいい」
阿万音鈴羽 「まあ、保留で>ひよこ
当てたしグレランから除外ではいいね」
氷室鐘 「ひよこは放置だ。猫を当てているのならばな。」
アイク 「狼陣営4は面倒だな。
3W1Kが普通に考えられて困る……勿論狐も邪魔だけれどな」
ルナサ 「日記? ねぇよ! 深夜村で更にひよこに日記を期待するんじゃねぇ!」
トカ博士 「おはようだトカ」
阿万音鈴羽 「あってもあんたには刺さないと思うよ>セネリオ
朝一のCOはあるのかな?」
「あってるにゃ」
猫 (♂) が「異議」を申し立てました
浦原喜助 「初手呪殺で悲しみを背負う狐さんはいなかったんですねぇ。」
「COは有るかにゃあ?」
ルナサ 「ひよこ鑑定士CO 猫の性別は♂」
氷室鐘 「蘇生誤爆な……封蘇だから意味のない天候だ。」
イなんとか 「村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
共有の発言は確認できなかったでゲソ!
5吊りで5人外+恋人でゲソね! 人外に刺さってないと吊足りないんじゃなイカ?
全部狼じゃないにせよ一応PHP的に3wまではあり得るはずでゲソね
できない子 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1

吊り数が足りない、以上
朝一COあるかな?」
アイク 「おはよう。
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1

さあ、行こうか、セネリオ!」
セネリオ 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1

ひとつだけ言わせてください。
――アイクはQPではないですね?(ちらっ

さて、それよりも共有がいませんので、他に何もなければ発言を見ましょうか。」
庚夕子 「おはよ。」
浦原喜助 「5人外。
QPが何か持って行ってくるとOk.
村持って行くと噛みに期待。
何をイイたいかというと、恋人は全く気にしないでいいです。」
正式版祝いGM 「ぎょえー!」
「おはようにゃ
12>10>8>6>4>2
確かに5釣りだったにゃそして、6人外にゃ
詰んでないかにゃあ(震え声
村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1」
阿万音鈴羽
.         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : \ : :|
        /: : : : : : : /: : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : \: : : : : :|
      ; : : : : : : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : | : : : : : : : ヽ: : : 人
        |: : : : : : : l: : : : : : :│:|: : : : : : : : : : : : : |: : }: : : : : : }: : : : : :\
        |: : : : : : : l: : : :/ / |: |\: : : /: : : : : : :∧:│: : : : : : : : : : : : ;ノ
        |: : : : : : : l: : :/ /:厂「:厂 `i: :{ : : /: :| / ̄「:}ト: : :| : : : : : : :{ :(_,ィ
      ノ: : : : : : : | : :l:/|/___j厶ニ };ィ : :/: : j/ 辷);ノ_ } ;ノ: : : : : : : :\__,ノ
.     /: : |: : : : : :{: : :{レ´ ん'j心 ∨ {: :/j八:{ ノ ん'心x jノ:/ : : : :/ :ノ
.     { : : } : : : : : :ヽ 八 乂)'_ツ   ∨ /    込rツ 》: :/ : : : }:{ :(  出現陣営:村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
      \/: \ : : : |: (⌒         l.        イ:// : : // `ー
.      {: ト、 :\: :| : :\                 彡イ : : /
.      j人: ) : :}: {\)ハ)           ,         7: /: :|    村CPとか見てらんないねー
        {:jト、人トN: :|                     /: : : : : :}
        |: : : : / : }: }        _       イ: : : : : :/    まあ狼削りつつ、恋人消毒して勝利って感じで
.         \: : {: : :i/\         ‘  ’     /: : : : : : /
         人: : : :∧/〕 、          /  〉、: : : :イ
            i: : : : ノ: : |  |  `         イ }! /: :  ̄ ∧
            |: : : {: : : / 「廴 ______ー__h ノ {: ∧: : : : }
.           \ : : // │_____}_/____ノ|  乂: :} : : :/
.           /: ヽ:∧  |      同   │   ノ: /: : :∧
.         {: : : : : :}  |      凵   │  {: : : : : : : }
.           \: : : ノ ノ       {{     ∧  乂: : : /:/
              /: Y∧´          {{       \  }: : {:∧
    _   -一 /: : j/:∧        {          /: : :/ ∧
           {: : : : : リ  \       }         {: : : : : : :}`ー--
.           〉: 、: イ        ー-- |       ヽ: : : : :/       \
         / : : } : }             |          /: : : :∧            ヽ」
氷室鐘 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
 
人外多いだろこれ。
衛宮、正義の味方なんだろう? なんとかしろ。」
衛宮士郎 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
QPェ!!
人外CPだって信じてるぞぉ!!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
正式版祝いGMさんの遺言     (::::::::::::::::::::::::::::::::,. ´ \:::::::`ヽ
     ヽ`'' ー --:::::´::::::::::::::::\:::::::::',
.       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i .}:::::::::}
       /\:::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::'
       .{:::::::ゝ.,:::::::::::::::::::::://:::::::/ ─ ‐- 、.
       '.:::::::rー- ._ー ´.イ::::::::/:::::::::::::::::::::`丶        雛苺の闇鍋は慣れた人もそうでない人もだれでも Welcome
        /ー-==テ'__,,.. -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ,.イ ヽハ }./ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶     ただ勝ち負けにこだわるのだけでなく
      } ,へヽ Y./ノ /::::::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::',
     ノ \/ーツ.,{ i:::::γ⌒ヽ:::::::::::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::!    一度として同じ展開にならない鍋専用の役職たち
     ,'    Yヘノ .!:::::::乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.   _zi.    ノ,イ.  !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     「理不尽」「推理させない」「楽しんだもの勝ち」
   ∧\___ゾ   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
.  〃∧ 丶 {    '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::/     そういったコンセプトのもと作られたこの仕様を
 ////∧  ノ    丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'
〃/////へ/ハ     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       何度も何度も味わっていってほしい、飽きるときまで
/////////\}       丶 ._:::::::::::::::::::::::::::::::::::;::イ
///////////〉          ゞwヽ,..< ̄ ̄} ̄ ̄ー-     では今回も改めてゲームを楽しんでいただこう
/////////,ノ          />介ー<//////////
////////     ___彡'// ̄〉ヽ'´/.:://////////    君たちの想像を超えた内容で
///////     /////////r' {  /.:::::///////////
//////   _,イ////////〃{  {  /.:::::////////////    そしてゲームが終わったあとは「お疲れ様」の一言を忘れずに
今日の天候は疎雨です (蘇生誤爆率上昇)
正式版祝いGM は無残な負け犬の姿で発見されました
(正式版祝いGM は人狼の餌食になったようです)
セネリオ は 正式版祝いGM に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
イなんとかの独り言 「なら眼鏡っ娘相手でゲソ!」
イなんとか は 氷室鐘 イなんとか に愛の矢を放ちました
イなんとかの独り言 「あ、人数的に自打ち固定だったでゲソ!」
セネリオ(人狼) 「それが僕の、たったひとつの頼みです。
当然強制しませんし、どう動いても構いませんが。

せっかくですから。」
アイクの独り言 「……即死だけはしないように頑張らせていただく所存」
(人狼) 「できるだけやってみますにゃ」
できない子の独り言 「で、閻魔だとどういう影響が出るのかな」
庚夕子(妖狐) 「>正式版祝いGM
村建てありがとう。
正直ね……眠いわ、私幽霊だけれど。」
イなんとかの独り言 「第一候補:氷室・鈴羽という中の人の趣味二人
第二候補:トカ博士・猫で、異種同士の愛
第三候補:浦原・夕子で、なんか胡散臭そうな人……
悩むゲソね……」
セネリオ(人狼) 「アイクは――殺さずに勝ちましょう。」
アイクの独り言 「ああ、ありがとうな >GM」
ルナサの独り言 「それほどでもない(謙虚>GM」
できない子の独り言 「天候で騙るのは怖いからね」
阿万音鈴羽の独り言 「いつかのCN=HN村で三時超えたの思い出すね(白目)>GM」
セネリオ(人狼) 「なんとか狂人を噛まずに、勝つしかないのですが……

猫、この際ですから一つ頼みがあります」
(人狼) 「お願いしますにゃ」
セネリオ(人狼) 「噛みは僕が担当しましょう。
一度だけなら、音を出さずにあなたが噛めますが。」
「◆正式版祝いGM こんな時間なのに来てくれた皆はサンキュ!」
できない子の独り言 「吊りが足りない、以上
それよりも狼引かなくてよかったと思う」
衛宮士郎の独り言 「村立てありがとう>GM」
庚夕子(妖狐) 「そろそろガイかヒースクリフって名乗るべきかしら。>狐
真紅鯖に茅場晶彦のアイコンが出来てて使いたいなとは思ったけれど。」
アイクの独り言 「ま、刺さらないならそういうことだな
セネリオが人外だったらどうしよう(しろめ」
セネリオ(人狼) 「アイクがQPなら僕刺し不可避ですよね?(わくわく」
トカ博士の独り言 「ともあれ、毒は居るんだトカ?」
衛宮士郎の独り言 「QPは大丈夫だろきっと」
「◆正式版祝いGM いやー鍋立ての勢いってこわいね>時間見ながら」
(人狼) 「村建てありがとうございますにゃ>GM」
セネリオ(人狼) 「久々のアイセネですが、アイクと同陣営ならばいいのですが……」
イなんとかの独り言 「こーんかいはー……」
トカ博士の独り言 「科学の徒たる我輩にふさわしい役職ではありませんか」
ルナサ は 猫 を占います
イなんとかの独り言 「さて、QPゲソね!」
(人狼) 「どうしようかにゃ
これ」
セネリオ(人狼) 「よろしく頼みます。
村建てにも、感謝を>GM」
ルナサの独り言 「ひよこぉ!」
トカ博士の独り言 「ほえ、薬師トカ」
氷室鐘の独り言 「貴様ァ」
アイクの独り言 「これセネリオがQPだったら100%俺のところに来るぞ……? >QP1」
浦原喜助の独り言 「素狂人。」
(人狼) 「響狼ですにゃ」
氷室鐘の独り言 「待て待て待て>内訳」
セネリオ(人狼) 「素です(ふるえ」
「◆正式版祝いGM 今回のGMはプースカ@台風がくるぞぉ! がおおくりします。
それでは各陣営勝利をめざしつつ最後までお楽しみください。  

【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。
・投票延長も呼びかけもしませんので各人気をつけてください。
・沈黙禁止OPが入ってます。
アイクの独り言 「wwwwwwwwwwwwwww >ブン屋」
氷室鐘の独り言 「おおう?」
衛宮士郎の独り言 「獏か」
阿万音鈴羽の独り言 「アカンて>QP」
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営4 妖狐陣営1 キューピッド陣営1
ゲーム開始:2014/10/12 (Sun) 03:05:12
アイク 「……こんな時間にセネリオがいるか、まあいいだろう!」
氷室鐘 「開始する。」
氷室鐘 「1」
氷室鐘 「2」
セネリオ 「たまにはこういうのも、悪くありませんね。」
氷室鐘 「3」
氷室鐘 「まだ五吊りだな。」
イなんとか 「いや、まだ5吊じゃなイカ?」
アイク 「蒼炎のデザインで俺をパワーキャラにするのは無理があるだろうと思ったので
3DS版のデザインならば……問題は無い……!」
アルス 「アルス さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:アルス → セネリオ
アイコン:No. 7091 (アルス) → No. 4420 (セネリオ)」
トカ博士 「少ない人外枠として率先して吊られていく覚悟、まさに人外の鑑! トカ」
「6釣りかにゃこれで」
ルナサ 「(すっ」
アイク 「最近スマブラで俺を相手にするとだいたいカウンターで完封できるということに気づく」
阿万音鈴羽 「とうひょー」
ルナサ が幻想入りしました
イなんとか 「僕はまだ起きてるよ まだ起きてるよ まだ起きてるんだゲソー!」
阿万音鈴羽 「5吊ー」
衛宮士郎 「5吊だ」
トカ博士 「というわけで私、トカ博士だトカ」
アルス 「おや、アイク」
氷室鐘 「いや、五吊りだ>衛宮」
浦原喜助 「5吊り。」
衛宮士郎 「えっと6吊か?」
ズサ 「ズサ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ズサ → トカ博士
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 354 (トカ)」
アイク 「よし!」
アイク 「アイク さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 11 (博麗 霊夢) → No. 1758 (アイク)」
れーむ 「れーむ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:れーむ → アイク」
「こんばんわーにゃ」
アルス 「……いや、だいじょうぶ。だいじょうぶだよ。
ちゃんと起きていられる(ふるえ」
「間に合ったにゃ」
氷室鐘 「ズサ待ちが多いな。」
衛宮士郎 「ズサ多すぎぃ!」
ズサ 「超ズサー」
れーむ 「ガバッ」
正式版祝いGM 「いらっしゃい!」
アルス 「インデックスと言えば、3.1でたくさん引いたなぁ(とおいめ」
れーむ が幻想入りしました
ズサ が幻想入りしました
イなんとか 「イカと魚を間違えるのはひどいんじゃなイカ!?」
阿万音鈴羽 「SANチェックって奴だね!」
仮りりりり 「仮りりりり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮りりりり → 猫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 6551 (エラー猫2)」
氷室鐘 「アイコンが決まるまで待ってやろう。」
衛宮士郎 「インスマスかな?」
氷室鐘 「3」
仮りりりり が幻想入りしました
氷室鐘 「4」
氷室鐘 「5」
正式版祝いGM 「インタラクティットかな?」
氷室鐘 「ではカウントを始める
ズサは早めに来い」
アルス 「イ……インデックスかな……?」
氷室鐘 「えっ>衛宮」
アルス 「……そういえば、喜助
三木ボイス……アズーラか……」
衛宮士郎 「愛の力・・・かな・・・>氷室」
氷室鐘 「ああ、わかった。>GM」
正式版祝いGM 「時間です(真顔
では投票確認したら氷室はカウントどうぞ!」
氷室鐘 「なんで死んだのに生きてるんだお前……>衛宮」
イなんとか 「きっと何か眠すぎて見間違いしてるゲソ!」
衛宮士郎 「まさか死ぬとは思わなかったな>氷室」
正式版祝いGM 「アイコンと名前がまったくかすってないぞ!>イなんとか」
氷室鐘 「イカだった。」
イなんとか 「アイコンが違う?
気のせいじゃないゲソか?」
阿万音鈴羽 「色々違う気がする!>イなんとか」
氷室鐘 「かんな……イカ娘かもしかして。
それともインデックス……なのか?」
イなんとか 「眠いけど頑張るでゲソよ!」
正式版祝いGM 「いらっしゃい!」
イなんとか が幻想入りしました
アルス 「君のどこがヴォルだ!(ふるえ →GM
だが村建てには感謝しているよ……!」
氷室鐘 「衛宮も来たか。なにやら大変だったらしいな。アニメの話だが。」
できない子 「よろしく」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → できない子
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 4923 (できない子02)」
正式版祝いGM 「おれが……おれたちがヴォルだ!」
アルス 「僕はヴォルを待っているよ……(うつらうつら」
庚夕子 「こんばんは。」
正式版祝いGM 「いらっしゃい!」
阿万音鈴羽 「オッハー(寝言)」
庚夕子 が幻想入りしました
かりりりっり 「かりりりっり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりりっり → 阿万音鈴羽
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3606 (阿万音鈴羽)」
正式版祝いGM 「いらっしゃい!」
アルス 「よろしく頼むよ →ALL」
アルス が幻想入りしました
衛宮士郎 「人狼なんかに負けたりしない!」
かりかりかり 「かりかりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかり → 衛宮士郎
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 775 (衛宮士郎)」
浦原喜助 「なんだいなんだい?
皆様揃って古墳のモノマネなんて。」
かりりりっり 「1吊りは確保(白目)」
かりかりかり 「よろしく!
正式版祝いGM 「いらっしゃい!」
浦原喜助 が幻想入りしました
かりかりかり が幻想入りしました
正式版祝いGM 「クッ、ジャンキーたちの霊圧が……感じられない!」
正式版祝いGM 「だが鍋は立った!それが現実だ!」
かりりりっり 「鍋ヒャはしてないぞGMァ!」
正式版祝いGM 「どうだ、目が覚めただろう>かりりりっり」
かり 「こんばんは」
正式版祝いGM 「いらっしゃい!」
かり が幻想入りしました
かりりりっり 「ふぁー!>天候」
正式版祝いGM 「テンペスト!」
正式版祝いGM 「システム:村のオプションを変更しました。」
正式版祝いGM 「ほう……>天候
そういえば確率設定されてなかったそうで」
氷室鐘 「新リリース記念なら天候を出すと良いのではないかと思うが。
まあ個人的な提案だ。」
氷室鐘 「おい、馬鹿、よせ。>GM」
氷室鐘 「無理はしない事だぞ。来てくれた事は嬉しく思うが。」
正式版祝いGM 「そんなものはこのマーボードリンクをのめばスッキリボンだ!」
正式版祝いGM 「いらっしゃい!」
かりりりっり 「眠気が大変な事になってしまってます」
かりりりっり が幻想入りしました
正式版祝いGM 「ああ、そういう意味ね」
氷室鐘 「まあ、性格には00話の次の01話が視聴可能という話なのだが。
面倒だな。」
正式版祝いGM 「(GMは実は0話も見てない)」
正式版祝いGM 「なん……だと……>2話」
氷室鐘 「ニコニコ動画ではすでに二話も視聴可能だ。
クオリティが高く、満足の行く出来だな。」
正式版祝いGM 「さっそく1話が放送されたばかり!なんというダイレクトマーケティング!」
氷室鐘 「ああ、私も出ているFateをよろしく頼む」
正式版祝いGM 「さっそく現れたか、Fate勢!」
正式版祝いGM 「いらっしゃい!」
氷室鐘 「よろしく頼もう」
氷室鐘 が幻想入りしました
正式版祝いGM 「ついに正式版のリリースとあいなったわけで。
それによって大幅に変わるということもないですが、これまで遊んで来たことへの感謝。
そしてこれからも遊ぶことへの感謝を込めて。祝い!」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 正式版祝いGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2977 (クマ吉03)」
GM 「開始時刻は3:00」
GM 「【ローカルルール】
・AAはCO時以外自由
・初日に対する能力発動は自由
・村人騙りは許可
・早噛みはPP宣言時と下界で許可された時OK
・昼投票は200以内を強く推奨。230を超えるようなら名指しで注意することがあります。
・夜投票は噛みは200以内、それ以外は超過前を推奨。
・沈黙禁止OPが入っています。

【禁止事項】
・昼・開始前の初心者CO
・開始前と昼と遺言のプレイヤーに関する発言(GMについてなら名乗ってる場合はセーフ)
・突然死
・暴言
・利敵行為(割と人それぞれ線引が違いますので、厳粛に、かつ穏やかにお願いします)
・ゲーム放棄
・掛け持ちプレイ
・占い理由と占い結果の同時貼り
・ゲーム途中におけるゲーム放棄発言など著しくゲームの雰囲気を乱す行為


【以下通常の闇鍋テンプレを多少改変したもの】
・発生保証は人狼1占い1のみ。他に何が出るかはランダム。占いCOする際はお気をつけて。
・結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません。
(特殊結果は真夢どちらにせよ同じものが出ます。)
・占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意。
・初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります。
・”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です。
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう。
・出現した役職によっては、死体がいくつも出る可能性があります。閻魔はこれらを判別できます。
・役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
・恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます。
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。
・下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ。
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請しておきましょう。
・夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックでやるのがお勧め。
・鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします。
村作成:2014/10/12 (Sun) 02:32:32