←戻る
【雛2464】やる夫たちの希望超闇鍋村 [2935番地]
~夕飯前に適度な運動(なべ)~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon GM
(生存中)
icon モッフル
(生存中)
icon 霧切響子
(生存中)
icon 淫Qβ
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon インデックス
(生存中)
icon シルバーホーク
(生存中)
icon ねこ
(生存中)
icon 城之内克也
(生存中)
icon 比那名居剣子
(生存中)
icon 龍騎
(生存中)
icon アシカ
(生存中)
icon 七海千秋
(生存中)
icon 狛枝凪斗
(生存中)
icon 相良宗介
(生存中)
icon アーチャー
(生存中)
インデックス 「それじゃお疲れさまなんだよ
村立て同村ありがとう」
アシカ 「ともあれ村立て同村お疲れ様でした」
インデックス 「狐引くの6回目だけど、古くない相方がいたのは1回しかないという
まあ今回仲間いても分からないんだけどね!」
霧切響子 「ではお疲れ様
四回目の共有こそは相方が欲しいわ」
インデックス 「あー、蘇生日記があったか……。
全く準備してなかったけど次から頭にはおいておくんだよ」
霧切響子 「普通村で狐が一手に掛けてギリギリで狩COするようなものね」
アーチャー 「私は落ちる お疲れ様」
霧切響子 「私を蘇生した猫がいるのは間違いない
なら、吊られかけ直前に出せば一吊りまぬがれる可能性は強い」
霧切響子 「状況的に蘇生日記じゃないかしら」
インデックス 「実際脅し以外の何物でもないから>毒CO
とはいえ他に抵抗手段は思いつかなかったね」
ねこ 「村建て、同村有難う御座いましたにゃ
感想会での狼の判断の仕方はとてもためになりましたにゃ」
霧切響子 「>七海
私視点で貴方はほぼ真
それにこの配役なら蝙蝠吊っている余裕がないからね」
インデックス 「どうも演技力足りないな… 序盤の占い吊り回避しきるだけでいっぱいいっぱいなんだよ」
霧切響子 「今回がたまたま成功したからと言って、次の鍋でも正しく取れるかといわれたら
普通村以上に自信が無いわ」
七海千秋 「村立同村ありがとう、お疲れさま!
霧切お姉ちゃんは私残してくれてありがとう!」
城之内克也 「んじゃ、俺もこれで! 村建て同村、ありがとな!」
霧切響子 「私の反応の取り方は普通村のそれだから」
比那名居剣子 「後、あの盤面での毒は吊ったら村飛ぶよって脅しにも見えるから
そのまま続行したわね。飛んだら飛んだで私のミスでいい。」
城之内克也 「そっかー、子狐、白狼はきっついよなー。インチキ効果もいいかげんにしろってやつだな!>霧切」
GM 「では私は離脱するね
お疲れ様」
霧切響子 「>城之内
シルバーホークが鬼といってアシカが子狐・白狼危惧され、アシカ吊りにならない限りはキツイかしらね」
アシカ 「そういった反応の読み取り方に関しては本当に参考になるます」
比那名居剣子 「でしょうねぇ。
狂アピだろうけど残すわけにもいかないのよ。
ワンチャンPPあるからね。>狛枝」
霧切響子 「普通村の狩人が潜伏狂人らしく動いたのは何度も見たことあるから」
ねこ 「狼の判断の仕方はだいぶ参考になるニャア」
狛枝凪斗 「じゃあ、お疲れ様
少し変なこと言ってごめんね」
比那名居剣子 「ねこ噛んだ後のインデックスの反応がちょっとだけ
嬉しそうに見えたと言う邪推もあるわ。>そこ指定。」
比那名居剣子 「城之内は狐じゃないわねぇ。>アーチャー」
城之内克也 「事実を簡潔に書いてこれ3Wじゃね?って意見を押そうと思ってたんだけどよ、グレランで生き残っちまったし、タイミングを逃したんだ」
霧切響子 「配役として狂人吊っている余裕は無い
なら怪しく動いてもらって蘇生役見られて噛まれてもらえればいいかなと」
城之内克也 「実は霊能でもCOしようと思ってたんだが、中盤でやっといたほうが良かったのかねー?」
城之内克也 「蝙蝠と鬼の対応か、そういうのもあんだな」
狛枝凪斗 「ボクが村ならあの日記だと即吊っちゃうよー」
霧切響子 「狛枝は四日目が狂人の動きだったけど、仮に戻っていたとしても逆に放置していたかもね」
アーチャー 「>剣子
十分だ
私なら狐を吊る日に狼を吊っていたからな
いい指定だった」
城之内克也 「でも、このLWはちょっと面白かったぜ。そこはいい経験になったと思う」
相良宗介
          >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>─::‐:::::::::::::{
          ⌒7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<:::::::::::::ノ}/::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐::/:::::::イ::/⌒
        ⌒7:::::::::::::::::::::::::::::::::>:::::::::::::::::::::::::::: ミメ//::|/ rヘ
          イ::::::::::::::::::::::::::::::::⌒〈 ≦::::__:::::::::: イヾ}∧:::::|
           ノrヘ:::::/:::::::::::::::::::::::::∧ 〈       戌 / l:::/   そろそろいくとする、お疲れ様
           ∨: /::::::::::::::::::::::::/ー┐     ´"' ` { |/    次は勝ちたいものだ
              :|::/:::::::::::::::::::∧::{   |         丶
              :|:::::/|:::/l:::/   {   i        , '゙
          / ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ 〕iト   、    `丶_/
            /    _ ___ __ ___   \\     }r′
        /    ̄  ̄ ̄  ̄ ___,>─ ‐一 ¨”〕i ト __
      斗匕    7¨”   ̄               > ⌒ヽ
      ──-‐ ′                       \
      ─ - ‐                       /           \
      ─-‐  .:                   /     ⌒¨¨¨” >┐
      ─‐   .:                  ′       .........:::::::>‐┐
      ‐    .:                         ̄ ⌒¨¨    丶 ___
                        、
                       =-   \  |       ____     -‐─…」
狛枝凪斗 「そりゃ、あれわざとだよ?>剣子さん
狂アピさ」
霧切響子 「開始前の動きや反応から要素を取られるから、開始前から偽装する
そういう狼PLが長期でいたから」
城之内克也 「狼の訳が人狼人狼萌え狼の3W2狂で、マガゴト萌で2W死んで、共有が蘇生されて、もうほんとなあにこれえとしか言えないぜ」
やる夫 「んじゃあお先に失礼だお
お仲間と狂人はすまんおね、ありがとうだおー」
アシカ 「勝負とは開始前から始まっていると……
ともあれ、今日はようやく勝てたよ。あまり役に立ってなかったとはいえ」
比那名居剣子 「狼であんな提案して吊られたら致命的だしね。
しないとは言わないけどあまりにもねぇ?」
龍騎 「戻ってきたらジャスト終了であった。
お疲れ様ー!」
比那名居剣子 「シルバーホークは逆囲い考えたけど
次の日のグレラン提案であぁこれ素で言ってるわと思って
そこ村決め打ち。」
やる夫 「開始前かお・・・
まあ単純にふざけられるところでふざけておこうっていうあれだったんだがそこで人外見られるとは・・・
これからは開始前も調整するかお(吐血」
淫Qβ 「誤爆はあくまで誤爆でしかないさ・・・」
比那名居剣子 「後、狛枝はモッフル飼いがアウト
あの時点で飼う意味ないし。」
淫Qβ 「やめてよ!抜け忍伝説で大顰蹙買ったんだよ僕!」
霧切響子 「狼陣営5と踏まえたら狐は吊り切りよりも飽和を狙いたいでしょうから
人外目よりかは村目に動くでしょうと思ってそれを切った上で投票」
城之内克也 「狼に辛い鍋だったぜ……」
シルバーホーク 「ではgmさんは村建てありがとうございます。
皆さんお疲れ様でした。」
比那名居剣子 「私生きてたら吊る位置かしらね。
QBと迷いはしたけど、あっちはどっちかと言うと狂人も狼もある位置。
城之内は盤面をみてるようでみてない。
だから誰が噛まれたかから推理が出来てない。
だから狼目で見たんだけど遺言治し忘れたわ。>アーチャー」
狛枝凪斗 「城之内君はごめんね
でもさ、アシカさん狐でも放置で妖狐勝利なら笑えていいんじゃないとは思ったからさw」
インデックス 「んー。もう少し城之内殴っていって狼探しアピできればーか
そこがたまたま狼だったという結果論的にも」
アーチャー 「誤爆蘇生は蘇生の足枷とされているが
誤爆で村が蘇生される確率がある以上枷とは思わんな」
霧切響子 「>やる夫
開始前の飛ばしっぷりに対し、二日目昼では却って成りを潜めたがる動き
「当たり障りのないことを言って、二票貰い狙い、占い回避」をしたいように見えた」
GM 「んー 蘇生いなかったら
まだ狼に勝ち目はあったかもな感じかな>城之内
あれで実質確定村を作ってしまったようなものだからね」
淫Qβ 「それじゃお疲れ様
村が始まるとあんまり卑猥な発言できないから反省しよう」
城之内克也 「俺ってば何で挙げられなかったのか不思議だぜそういえば」
アーチャー 「>剣子
ふむ 城之内についてはどうだ」
霧切響子 「狂狐背を序盤で吊る余裕は無いので狼目を比較した場合、
◇狛枝凪斗 「妖精残すんだ? まあ、いいけどね」
という蝙蝠への触れ方が「非狼目」に見えたのが狛枝」
比那名居剣子 「で、アーチャーは余裕があったと言うか
そう言う意味では狐ありそうな位置ではあるけど。
でも、インデックスよりかは狼探してるように見えたから。
あって蘇生かなと。最悪狐」
やる夫 「そういやどこらへん人外目に見えたかお?>霧切響子」
相良宗介 「その辺は経験と直感の問題だからな、仕方ない>上のうち」
ねこ 「鬼COは日記出されたら信じても良かったと個人的には思うけどニャア>アシカ」
城之内克也 「信じられるか、三日目でLWだったんだぜ(白目」
霧切響子 「二日目昼に見て「グレランで吊れにくそうな人外位置」がやる夫と狛枝の二人」
やる夫 「あと誤爆で葛の葉蘇生とかほんとやめてくださいおまじで」
比那名居剣子 「モッフルは結局吊る。
この編成で萌え占い考えてる余裕ないもの。

それにねこが結果書き換えた云々が個人的にはアウト。」
狛枝凪斗 「いや、それならアシカ噛みでホークさん釣り?
でも鬼日記出されたら…うーん
鬼日記用意して何とかか」
やる夫 「まあ人外目に見られた不覚だおね
やっぱ少人数だと隠れて、ってのはできないからしっかりやらないとかお」
城之内克也 「鬼COとかマジで知らん!」
淫Qβ 「シルバー鬼自体は証明手段がないからね
いけるならモッフルが●打ったときだね」
比那名居剣子 「発言あたりかね。インデックスは狼探してないもん
明らかに発言で。
だからどこ吊れてもよさげ。それが狐目に見えた。>アーチャー」
相良宗介 「ともあれ、鬼と恋妖精はおめでとう」
アシカ 「シルバーホークはめっちゃ怪しかったけど、モッフルが逆囲いはちょっと無いと思ったから、どっちみち城之内吊るつもりだったけどねぇ
鬼COで攫い主張されてたら話は別だったかもしれんけど」
霧切響子 「>比那名居
文句なしすぎて、見習いたいわね」
七海千秋 「妖精初勝利!
霧切お姉ちゃんありがとう!」
狛枝凪斗 「うーん、白狼主張?
ちょっときついかな」
シルバーホーク 「偉い!>けんこ」
狛枝凪斗 「…まあ、まともに噛んでいたら獣人噛みで勝ててたというオチだけどね」
アーチャー 「>剣子
どこで狼と狐を判別した?」
GM 「アシカ○の時点で狼は詰んでいた からね
シルバーが鬼COしたらそれこそ」
霧切響子 「普通村ならまだしも、鍋でそれも初めての共有で一人は怖いわね」
城之内克也 「いや、アシカ釣は無理でね? ○だし」
淫Qβ 「くそぅ、シルバーホーク吊らせたかった」
比那名居剣子 「真面目に私ほめてほしいわ。
割と疲れたもの。」
狛枝凪斗 「LWぐらいであきらめてどうするのさ!
ボクなんて雛狼LWで引き分けになったこともあるよ!」
相良宗介
                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `   お疲れ様、あの時点でLWだったのか
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ   インデックス吊りの日に城のうち吊れていたら勝てていたと、残念だ
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉
  /      /  \ \           l | /」
七海千秋 「お疲れさま―」
淫Qβ 「もうちょい真面目に妨害しとけばよかったや」
やる夫 「萌えはこわひ」
比那名居剣子 「インデックスより先に城之内吊ってたらアウトだったかしら?って感じね。
まぁインデックスより先にそっち吊りはないけど。」
ねこ 「蝉蝙蝠は吊っても負けなのかにゃ・・・」
GM 「お疲れ様 村と鬼、それに恋妖精の勝ち」
インデックス 「蝉蝙蝠の死はLW処刑後でも避けられないんだね…」
霧切響子 「そろそろこちらの界隈で共有をやる時に独り身はやめてほしいのだけど」
狛枝凪斗 「アシカ吊って七海さん噛んだら勝ててたよ君>凡骨君」
淫Qβ 「やはり女の子張り付きは悪手だったね!」
やる夫 「あ、蝉は死ぬのかお」
城之内克也 「マガゴトと萌で仲間が早々に退場したんだぜ」
GM 「あ、やっぱりセミは死ぬのね」
ねこ 「蝙蝠と鬼は勝利おめでとうにゃ」
やる夫 「お疲れだおー」
狛枝凪斗 「お疲れ様」
インデックス 「おつかれさまなんだよ」
霧切響子 「>蝉蝙蝠
それでも駄目なのね」
アーチャー 「蝉蝙蝠は死ぬらしい」
アシカ 「お疲れ様でしたー」
比那名居剣子 「お疲れ様ー
いやー何とか勝てたわね。」
淫Qβ 「お疲れ様だよ」
城之内克也 「どうしろってんだ」
シルバーホーク 「お疲れ様でした。」
ねこ 「お疲れ様にゃー」
城之内克也 「おつかれー」
霧切響子 「お疲れ様」
ゲーム終了:2014/10/26 (Sun) 19:24:05
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
城之内克也さんの遺言            _
          │  ̄` ー─--- 、_      -ニ二 ̄\
           |              ̄ ` ー─---、\ `l
   ,;ー─--、_  │                     `  ´ ̄\
   |        ̄|                          ,ヘヽ
   |                                   ー─-、
   l                                       \
  │                                        l
  .|          l                                l
  l   |  │    | │i                       \   ヽ \
 |  │  │   │ | l                        `-、   \ _,二ニ=-
 l  |   │ l  i | l│ l 丶      、               \ `-、 \
 │ | l │  |  | l | l |   \     \  \    ヽ      ヽ  l \│
 │ l│  l  |   |_\l _| l、    ` -、___\__\    \     `-、|.   `
  | |│  |  |  |\  `ー'\ヽ\   |イ `ー'  / \____二ニニ==-ヽ
  l l |   |  |  |   ̄ ̄ ̄ \\ヽ l  ̄ ̄ ̄    i .l)=┘  〉      l
  .| | │  l  |  i 卜        |ヽ 丶l         | l  7 /     r'
   レ| |  │  | lヽ|  K    〈|、 ヽ !       7  v ノ /l     l
    ヽl、  l  |\│  l.\          /  ./   l--'  l     |
      \ |  l  |    ヽ二二二二二フ´   /   || | l  l l  l'
        !\ |  |   i                 l│| |  | |  |
          l、│ ト  │                /|│ |  ,l ! l
           ヽ| \ │              / |l l   ! l !
            !   \ |          /  /∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                 │         /. /<             >
                 .l        /,.'´ < 城之内ファイヤー! >
                  ヽ      /"   <             >
                   ` ---''       ∨∨∨∨∨∨∨∨∨
相良宗介さんの遺言
         /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          /: : : //: : :/: /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : :∧: :: :: :: :: :: :: :: ::
        /: ̄:゙i__/: : : :/: : /: : : /: :/: : : : /7: : : : : : : ィ::/ ∨: : : : : : : : : ::
    / ̄二二二二`ヽ、:::/: : : /: : イ: : : : //: : : : : : : ///  .il: : : : : : : : :: ::
    i: ://二二二ミヽ: :i:/: : : イ: / /: : : ://: : : : : : : ///  __ll∨: : i: :: :: :: ::    蝙蝠?俺は蝙蝠ではない、蝉蝙蝠だ
    l: i::f/r‐──ミミi:i:::l: : : ミ//ミ/://://: : : : : :: ::/ l/-=ニ-ll¨l: : ::l: :: :: :: ::
    l: l::i:::f//////7li :i::l: l: : /7/=tォ≧ミ/: : : : :///彡'≠tォPjヾ l: : イ: : イ::: ::
    l: l::k::∨//////:/l::l::l:::/ ∧ ゞ、ツ__//7: : :///  ´__ゞ_ ツノ l: /l: :/l:: ::/
    l: l::l:ヽヽ、三彡'/: l::l::l/   `  ̄ .///: : ://′       ¨´、. レ'/∠ l:::/
    l: l::l: : `ー─‐'': : l::l::l i // / i  /' /: /i        `ヽヽ /〃 /l::j
    l: l::l: : : :: :: :: :: :: ::l::l::ト,l       /:/ ..l| l          j´,,.イ .l/
    l: l:l: : : :_,.二.,:: :: ::l::l::lト、         l/  i: l| !           l¨l/
    l: l:l: :f´     ヽ:::l:l::l l! ',      /   ヽl! .,         / .l!
    l: l:l: :{   O  }: l:l::l   ト.      ____       ,.イ
    l: l:l: :ゞ、   ,イ: l:l::l   lヘ\    /二二二二ミ、    /ll:l
 ,.-‐┤::l:ゞ、合ニニ金::ノノ::l_     〉l \    ──‐     ,.ィ|//
´ / l: : ゞ、三三三彡': ::ト,ヽー/ .j  \          / jヽ、
r'" ̄ニゝ、_____ ノ  ̄`ヽ l     \       /   /i ヽ
    `ー‐┤:::: ::├─ 、.     / l        ゝ、_ /    .l l   ト、
        l: : : : :l    i___/  l                 ! l  l `ー、_
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
相良宗介 はショック死しました
城之内克也 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
シルバーホーク0 票投票先 →城之内克也
城之内克也4 票投票先 →アシカ
アシカ1 票投票先 →城之内克也
七海千秋0 票投票先 →城之内克也
相良宗介0 票投票先 →城之内克也
相良宗介 はショック死しました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
城之内克也 「一人は辛いんだよー!」
アシカ 「あー……
鬼騙りされなくてよかった」
相良宗介 「俺は今日死ぬのだから」
七海千秋 「あー……罠死?」
相良宗介 「お前が鬼騙りすれば勝っていたぞ、結果論だがな」
シルバーホーク 「狂人だったんじゃね?んで罠死とか
なんか狛枝も罠云々書いてたし」
城之内克也 「どーせホークつられても次の日にゃ俺じゃねえか、無理だ」
アシカ 「場合によっては城之内狂のLWCOも有るんだよね……」
相良宗介 「鬼じゃないというなら狐か狂人の逆銃殺になるんだが」
アシカ 「……じゃあQβの死因なに!?」
シルバーホーク 「なんで城之内吊ってごーしか考えてないよ」
城之内克也 「知らん! 諦めた!」
アシカ 「蝉蝙蝠と恋妖精がある時点で枠埋まってる>城之内」
シルバーホーク 「ああ俺は村人ね」
相良宗介 「そもそもそこが紅蝙蝠なら俺が騙りになる」
七海千秋 「蝉蝙蝠が居るんだけど>じょーのうち」
相良宗介 「ただの無意識だろ>上のうち」
アシカ 「ちなみにシルバーホークのCOは?」
シルバーホーク 「今日相良死ぬとして最終日でいいわけだなじゃあ
なら城之内吊りでしか考えてないよ」
アシカ 「まぁ村人表記だよー」
城之内克也 「アシカは紅蝙蝠だと睨んでるぜ」
七海千秋 「城の内お兄ちゃんLW?」
城之内克也 「だけど、アシカはねこに占われてんだよなー、となるとだ」
相良宗介 「そうなるな>アシカ」
城之内克也 「LWCO! アシカの無意識が見えてるぜ!」
シルバーホーク 「サライか?なら蝙蝠攫っていいと思ったが」
七海千秋 「あ、鬼かぁ」
相良宗介 「違った、狼だった」
七海千秋 「この2死体は何?」
アシカ 「城之内とシルバーホークで鬼と狼?」
城之内克也 「あれ!? 2死体あんじゃん!」
シルバーホーク 「村表記に司教……噛みはけんこでいいとして」
相良宗介 「ならば鬼は確定で詰みか」
アシカ 「そしてここで2死体となると、鬼生存で動いてきたかな?」
城之内克也 「インデックスの毒は語りだったみて~だな」
相良宗介 「ん?ここで鬼が動くのか」
シルバーホーク 「とか思ったんだが何この死体……」
アシカ 「おはようさん」
城之内克也 「おっす、おはよう!」
相良宗介 「おはよう、QBに言っておこう
剣子が噛まれてもアシカがいるんだ、そこ噛みしても引きずり出せんぞ
まあ、そういう発言するなら非狼目だろうとは思っているが」
シルバーホーク 「おはようさんです。
むしろインデックスは急な視点変更と誰吊れてもいいーってので狼に思えてたんだよね、qbは返答送ったりしても読まずにインデックス殴りかかるから2人で同陣営は無いとしても城之内よりは吊りたいかな」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
淫Qβさんの遺言 僕と契約して司教になってよ!
ただ、多分僕がこの結果を出すことはないだろう
危険すぎるからね
インデックスさんの遺言 村人表記COなんだよ!

食材食べれる職をよこすんだよ!
比那名居剣子さんの遺言       _    ____
          r‐く⌒ヽ\/=========`,. … .
          ヽー>≦竺竺竺竺竺竺{ ,   人 / ̄ ノ
         /====-.....::::::::::::::::::::::::::::`:ー=(_ _)__/
         (=-..::::::/::::::{::::::::::::::{:::::::::::\ノ:::::\=\_,>
.         /.:::::::::/{\_j_\::::ヽ}斗ャ≦===ミ:::::\ノ
         /:::::::/:rf㌻⌒`)】 \:( 【(、 __)】:::::::゙,
.        |::::::::{::{`ト==冖'゙ r~ ヘ  `¨¨;¨¨`;::::|:::゙,
.        |::::: 人};  ;   l     ヽ   ,  ,ノ:::::i  / ) \ 剣がおーれーたー
        从::{   ;  ;        }     ゚, ゚。|:::::l/   i   l
       ∧:}, ,  ,    \_,ノ      ;  ’,゚__j |∠.,__     誰か寄越しなさいよー!
    /   ( 〃,  ,             人    ゚。/} } _ノ
     |  r―i l。  。〕ト .,_    __,. 。 〔∨::゚。   ゚。´ ̄
     |  { __.|。゚  ;::::|_//{  i V⌒V  ヽ }::::::::;   ;:゙,
    ヽ   。    。::/::LL{  (/`Y´\ {イ}:::::/;   ゚。::゙,
         ;   。゚::/::::::::/`ー∧__,∧__ノ ∨{::∧:;   ゚。:}
         ;  ;::::{从;从 人_____j8}_____,ノ〕トミ}:;    ゚ 。
       ,  :\}  ,斗f{  `ー        /乂\,     ‘,
    o 。 ゚   ;  /::::乂\   てんこ/乂「:::::‘,     ;    o
O     r'°   【 厂{::::::::::::)ト┐ー――┌「f┘::;…      ゚。,_,ノ
   )ー′    `…ァ\::::::::⌒`宀宀宀宀┘:::::::::ゝ.        (__, ℃
ー…        /⌒[_フヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄__厂;         /
 \,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,. ┏ O / ~ /艾艾艾艾艾艾 \~ |∴,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.;
   ⌒⌒⌒⌒⌒   ー '              ー┘⌒⌒⌒⌒⌒⌒
私は比那名居剣子
オリジナルと違って旅をしてる天人よ。
それはいいのだけど…
剣がどこかに行っちゃったのよ。
誰か持ってないかしら?
いや、剣だったらなんでもいいのよ。

え?役職を教えろって?
【村人】だけど・・・

そりゃ旅行者だもの
役職なんてないわよ。

指定するなら【淫QB】あたりでお願いかしら。
比那名居剣子 は無残な負け犬の姿で発見されました
淫Qβ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
インデックス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
淫Qβ0 票投票先 →シルバーホーク
インデックス6 票投票先 →城之内克也
シルバーホーク1 票投票先 →インデックス
城之内克也1 票投票先 →インデックス
比那名居剣子0 票投票先 →インデックス
アシカ0 票投票先 →インデックス
七海千秋0 票投票先 →インデックス
相良宗介0 票投票先 →インデックス
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アシカ 「続行でいいんじゃないかな
後だとなお吊れない」
比那名居剣子 「知らんそのまま続行」
シルバーホーク 「真の狂人でも最大2wになる
じゃあ自信無いならと進言しておくぞ、んでインデックスよりはqbのほうが狐あるかと思う」
インデックス 「まあ、飛ばすか、どうするかは好きにしてよ」
七海千秋 「毒……?」
城之内克也 「鍋ってすげえよな。最後まで混沌だもん」
淫Qβ 「繰り返すけどインデックスLWっぽいんだよ」
インデックス 「吊られそうなので毒COしとくね」
淫Qβ 「まぁ、明日が来た時点で蝉は終了だね」
比那名居剣子 「まぁインデックス指定かね。」
相良宗介 「明日の昼の投票後にショック死だ>上のうち」
アシカ 「蝉は明日の昼投票直後だったはず」
城之内克也 「あ、明日なのな」
インデックス 「狼数は相当少ないのは同意かな。」
比那名居剣子 「シルバーホーク怪しいのは分かるのだけどねぇ。」
シルバーホーク 「狛枝狂人とは昨日の行動で思えなくなったんで3wは死亡と考えてるんだよ
なら1w?なわけで狐狙いとかでいいと思うけどね」
アシカ 「一応自分も剣子噛まれた時はインデックス指定するつもりだったから賛成かなぁ>インデックス指定」
城之内克也 「相良って何時死ぬんだっけか? 蝉ってそういう職だよな?」
七海千秋 「明日は蝉が死ぬ日ね……」
淫Qβ 「そこ吊るならシルバーホークからのほうがいいと思う」
淫Qβ 「んー、やっぱり蘇生で瀕死になるってのは間違いないと思うんだよね
そこLWでこわいんだけど」
インデックス 「蝙蝠いるからどうにも吊り余裕の計算ができてない…」
比那名居剣子 「指定するならインデックスあたりなんだけど」
シルバーホーク 「このまま行ったら勝てると踏んでるかもしれないけどな
だって蘇生失敗する場合もあるんだし>城之内」
城之内克也 「誰が生き返るかわからないんだろ?」
比那名居剣子 「まぁそろそろFOでいいのだけどね。
明日は絶対しなさいよ。」
相良宗介 「1回吊り逃れれば勝てるからな、狼は」
比那名居剣子 「ないわよ。流石に。
この状況でグレランはまず狼つれない。>シルバーホーク
アシカ 「ここで蘇生狙うとなると、LWとかでそうしないと詰みうるとかかなぁ?
ここで一人蘇生してきたらそれだけで吊り増えるからってことで
しかも、蘇生来るとしたら葛の葉だろうし」
城之内克也 「でも、あの蘇生誤爆ってはなしじゃなかったっけ?」
七海千秋 「ああ、蘇生狙いかー」
シルバーホーク 「一回もできていないと言うのと人外-2なら組織とかも薄いと思ってな>けんこ」
インデックス 「蘇生狙いでも灰狭めるのきついと思うんだけどな」
城之内克也 「あえての蘇生狙い? そういうのもあんのか」
七海千秋 「ありがとー>剣子」
比那名居剣子 「んー…」
淫Qβ 「んーでもここであえて蘇生狙うってやっぱり狼は瀕死かな?
蘇生出ると即積むって状況でもない限り剣子かんで蘇生引っ張り出すって手も使えるんだしさ」
比那名居剣子 「ありえますね。」
シルバーホーク 「んで風祝か……お疲れ様、けんこ、あしかが放置から狼よほど吊り増やしたくないんだろうねっていう」
城之内克也 「相良はセミコウモリだけどよ、アシカ辺り噛まれるんじゃねと思ってた俺って間違ってる?」
インデックス 「蘇生遺言は了解だけど…
剣子とかアシカスルーする理由は一体…?」
七海千秋 「おはよう!
風祝……蘇生役職だね
でも誤爆で霧切りお姉ちゃん蘇生ってありえるの?」
相良宗介 「蘇生狙いだろう、あと狐狙い>シルバーホーク」
アシカ 「正直、剣子かあって俺が噛まれると思ってたんでびっくり」
比那名居剣子 「グレランをする意味がどこにあるのかしら?>シルバーホーク」
城之内克也 「ん? アーチャー噛み? ねこの○じゃなくてか?」
アシカ 「アーチャー風祝ですか」
シルバーホーク 「とか言ってた所が死んでいる……◯位置より怖いんかね蘇生
これだとグレランでいいのでは」
淫Qβ 「うわぁ、ごめんアーチャーが蘇生か」
相良宗介 「ん、お前が蘇生だったのか
狛枝に対する見方が狼よりだと思っていたんだが」
インデックス 「なぜアーチャー死体!?」
城之内克也 「おっす、おはよう!」
比那名居剣子 「うむ。
そこ蘇生は予想済みだ。」
インデックス 「おはようなんだよ。
シルバーホークは吊らなくていいかな。萌狼の逆囲いって感じでもないし、割と村っぽい。
QBもだいぶ発言しっかりしてるし残したい
となると吊りたいとこは城之内とアーチャーかな」
淫Qβ 「LWを考えるならインデックスを最後にしてアーチャー→シルバーホーク辺りでいいんじゃないかなぁ?
城之内はなんか狼っぽくはない気がするんだ
狐目がシルバーホークでインデックスとアーチャで狼あたりじゃない?」
アシカ 「さて、おはようー」
相良宗介 「おはよう、LWでも内限り俺の負けはほぼ確定したと言ってもいいだろう」
シルバーホーク 「おはようさんです。
うーん……古いんかな?
んでアーチャーに返答だが発言見ていないのか?勘違いでは無く萌狼囲い無いと思ったから言ったんだぜ」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アーチャーさんの遺言 風祝だ

2日目夜に龍驤蘇生→霧切誤爆蘇生
4日目以降夜は霧切蘇生

初日
この神器、敵を射ることはできんが支援として扱えば奇跡程の力を持つ
しかし使い誤れば奴らを図に乗らせてしまうやもしれん
それだけは神に祈り避けねばならんな

2日目
蘇生メッセージを出す為に蘇生を実行する
蘇生の確率は所詮25%、成功してしまったら私の運を嘆くだけだ

3日目
葛の葉の誤爆蘇生、私は恵まれているようだな
既に誤爆蘇生を起こした以上、無闇に蘇生を実行する必要は無い
今夜の蘇生はキャンセルする

4日目
読み通りの葛の葉襲撃、ならば私は彼女への蘇生を被せよう

5日目
一度でだめなら二度目はどうだ?
狛枝凪斗さんの遺言 …未亡人CO
初日は罠師だってさ
アーチャー は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狛枝凪斗 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
淫Qβ0 票投票先 →狛枝凪斗
インデックス1 票投票先 →狛枝凪斗
シルバーホーク0 票投票先 →狛枝凪斗
城之内克也0 票投票先 →狛枝凪斗
比那名居剣子1 票投票先 →狛枝凪斗
アシカ0 票投票先 →狛枝凪斗
七海千秋0 票投票先 →狛枝凪斗
狛枝凪斗8 票投票先 →比那名居剣子
相良宗介0 票投票先 →インデックス
アーチャー0 票投票先 →狛枝凪斗
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アーチャー 「>剣子
蝙蝠騙りを考える必要は無くなった
最も○が村であればよかったがな」
比那名居剣子 「萌狼が囲わないって発想が古いわよ。>ホーク」
アシカ 「まぁ相良は蝉蝙蝠だけど」
狛枝凪斗 「ああ、ボク吊っていいよ?
村カウント減るし
蝙蝠はまあ、狼は優しくしてあげてかな?」
淫Qβ 「性っていうじは僕のためにあるのに!こんなの絶対おかしいよ!」
シルバーホーク 「なので薄い位置からーとか思ったんだが正解だったようで……大声出したのに」
アーチャー 「結果を取り違えているならログから再確認しておけ」
アシカ 「現状○位置は剣子と相良と俺になるねー」
インデックス 「蝙蝠も多いし、確定人外は残せない」
比那名居剣子 「信じられると言うけど
所詮は蝙蝠よ」
城之内克也 「相良wwwごめんなwww性じゃないわwww」
シルバーホーク 「うんだから言ってる萌狼が萌える可能性あるのに囲おうとするかい?
だから非狼とか思ったよそこ>けんこ」
淫Qβ 「ここで他を吊るならほぼ失敗ってできないんだよね」
相良宗介 「言っておくが、PPに参加したところで俺は勝てないから乗らんぞ
無論、狛枝吊るすつもりも毛頭ない」
城之内克也 「ねこの○は性良とアシカだな」
アーチャー 「現状信じられる○はねこが掴んだ相良とアシカだけだ
それ以外は信じるな」
淫Qβ 「んー?狂人か
10人で狂人1妖精2のこりプラスα
うん、多分まだ大丈夫だ、凪斗吊りでいいね」
狛枝凪斗 「ま、狐がもう死んでいることは祈っておくかな
あはは…じゃあね」
比那名居剣子 「まだ狐はいる可能性あるわよ?
PPして飽和負けと言う結末が嫌ならそのまま死になさい。以上」
七海千秋 「狂人……狛枝おに……君にぴったりの役職だね!」
シルバーホーク 「萌えた狼は囲うとかはあんまり思えないんとかあると言ったらじんがいじゃねーかぁ!」
城之内克也 「あれ、モッフルのだっけ? ホントだ」
インデックス 「んで狂人COなら吊ろうか」
相良宗介 「まあ、非狼だろうとは思っていた」
比那名居剣子 「悠長すぎるのよ。
蝙蝠いる時点でいつPPあってもおかしくないんだから。」
アーチャー 「やはり狂人か」
狛枝凪斗 「出来なかったらボクは狼の踏み台になるだけだよー」
アシカ 「○出してるのモッフルだよね?」
比那名居剣子 「あなたはモッフルの○を信用してるのかしら?
貴方視点偽のそこの○を>シルバーホーク」
シルバーホーク 「噛み見てからでいいのでは?
もっふるのだけど囲いってのは露骨すぎるかと」
城之内克也 「占い結果より残し発言見かよ、大胆だな」
相良宗介 「モッフルの○だぞ>ホーク」
七海千秋 「モッフルの○でしょ?」
アーチャー 「村狂位置だが」
インデックス 「モッフルの○だからグレーみたいなもんじゃない?>狛枝」
狛枝凪斗 「狂人CO
狼はPPできそう?
無理なら吊って進めてよ」
相良宗介 「そこ指定するのか、朝一の通り、非狼で見ていたんだが」
比那名居剣子 「ねこの○ではないでしょ?」
比那名居剣子 「昨日の残し発言がどうもねぇ…
胡散臭い。」
シルバーホーク 「いやそこ◯」
インデックス 「ねこ真の狩人不在だね。あと狼余裕なさそうなのはそう思うよ」
アシカ 「ねこ以外を噛むと思ってたのか感はあったけど……」
相良宗介 「指定しないといけないからな
萌えてない以上そこ信用するしかない」
シルバーホーク 「◯ではあるんだけどね狛枝
ただ飼うというのはよくわからないあそこで蘇生居るのにグレランしたかったのかい」
比那名居剣子 「狛枝COあるかしら?」
狛枝凪斗 「…ん、君は女将本隊には見えにくいという話かな?>ホークさん
だけど、それを装ったようにも見える
でもさ、逆囲いとか…そういうのには見えるかどうかってね」
淫Qβ 「まぁ、全体的に萌えたの狼臭いからもう狼はそんなに残っていないんだろうね
LWの吠え水増しも十分あり得るレベルだし」
城之内克也 「んー、吠え声から見るとー……3Wはないってことくらいか?」
アーチャー 「占い噛みは想定内だ
ならばモッフルを狼とし、彼の●であるシルバーホークを非狼と認定しよう」
比那名居剣子 「じゃあ指定させてもらうわね。」
相良宗介 「別にいいだろう、萌えないということは鬼か狂人ということになる
狂人なら狼が誰かわからんからな、囁きか狂信者の場合は知らん>QB」
シルバーホーク 「猫したいなら信じるが遺言が途中なのが怖いとかはあるかな
比那名居剣子 「ねこ真なんでしょう。
で、狐生きてるかもなのにそこ噛むんだから
まぁ飽和はしゃあないわね最低限。」
狛枝凪斗 「そんなに不思議なこと?>インデックスさん
彼女に何を見たのかな?」
インデックス 「剣子指定でどうぞどうぞなんだよ」
アシカ 「さて、猫噛まれたってことはねこ真で見ていいだろうね
でもって、吊り>剣子噛まれでしょうね」
七海千秋 「おはよう!
即噛まれたっぽいね……
あと、吠えが一段と減ってたよ」
城之内克也 「ありゃ、占い噛まれてんじゃねーか。共有も行っちまったし、こりゃ狩人居ないか」
淫Qβ 「結局狩人はいなかった、か」
シルバーホーク 「数さー昨日の時点で言ったよな?狂人含めてって
それがそう怪しいとつながるの?>狛枝」
インデックス 「ねこ噛みなんだ・・・」
比那名居剣子 「私を信じてもらえるなら指定するけれど。」
アーチャー 「そして狛枝に問おう
君はモッフルを飼うことを提案したが
ここまで明確に人外が死んだと分かる者はやる夫だけだ
人狼陣営は5人、生存者12人に対し狼陣営4人は
私には「狼が少ない」とは考えられない
そのズレについて確認しておきたい」
淫Qβ 「インデックス、アーチャー、シルバーホークこのあたり吊りきればだいたい行ける気がするんだよね」
狛枝凪斗 「とか言ってたら、普通に猫さん死んでるね
レアケなんてなかったと」
比那名居剣子 「ねこ噛むのなら、アシカは放置でいいわね。
さて、どうしたものかしら。」
アーチャー 「剣子の発言のカウントに3つ程鯖を読んだが問題無い
既に19の発言をしながら萌えていない
私は彼女を信じよう」
城之内克也 「おっす! おはようさん!」
淫Qβ 「昨日も言ったとおり剣子に指揮を任せるのは反対かな
ここで指揮が取れるとしたら蘇生ぐらいだと思うけど?」
インデックス 「おはようなんだよ
灰だと城之内が気になるかな。蝙蝠が露出して噛まれないのは村に都合悪いのに、その辺の危機感が薄い印象。」
シルバーホーク 「おはようさんです。
葛の葉死亡の時点で突破できる狩人居ないだろうね―
んで釣りたいとこはインデックスかな追従しかしていないのが気になる」
アシカ 「さておはようー
なんか吠え数的に1-2wっぽいね
モッフル-やる夫で狼とみていいだろうし」
相良宗介 「おはよう、狛枝とシルバーホークは非狼でいいだろう
シルバーホークは言わずとも、狛枝に関しては無理に人外要素囲うとしてる理由で○出している
そこが人外ならもう少しましな理由がかけると思うからな」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう
モッフルさんを吊ったとたんに大声とか、これ実はモッフルさんが真萌占いとかあるんじゃないのという疑惑が。
で、シルバーホークさんはなんだろうねえ、あそこまで狼の数についていろいろ言ってくるとなると非狼かと思った評価が反転しそうだよ
まぁ、基本は最大2Wでみていい気もするけどね」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ねこさんの遺言 占いCO
占い先:モッフル●>相良宗介○>アシカ○●

占い先:モッフル
占い結果:●
占い理由:そのきぐるみの中身をぜひとも見たいにゃ
だから、占ってみてその中を透視してみるにゃ

占い先:相良宗介
占い結果:○
占い理由:皮が●だったし中身はどうなのかを見てみるにゃ
出来れば発言で決めたかったんだけど
なかなかわからないものだにゃあ

占い先:アシカ
占い結果:○●
占い理由:◇アシカ「そして七海攫われてないってことは鬼は人外っぽいのかな?
ともあれバイバイやる夫」
う~む、蝙蝠を攫わないだけで人外鬼判断は少しアレかにゃあ
と思って占っておくにゃ
鬼は位置鬼・夜叉系とかで蝙蝠を攫えない・攫ってもメリットがない
鬼がいることを考えるとこれだけで人外鬼判断は怪しく感じたにゃ
モッフルさんの遺言 占いCOフモ
シルバーホーク●>アーチャー○>狛枝凪斗○

1日目:シルバーホーク●
↓占いフモ特に理由はないフモ
狐1だから呪殺は難しいフモ

2日目:アーチャー○
行き成り●引いたフモ
でも夢有りそうだからCOは待つフモ

3日目:狛枝凪斗○
村目で蝙蝠?何か怪しいフモ
ねこ は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
モッフル を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (1 回目)
モッフル11 票投票先 →シルバーホーク
淫Qβ0 票投票先 →モッフル
インデックス0 票投票先 →モッフル
シルバーホーク1 票投票先 →モッフル
ねこ0 票投票先 →モッフル
城之内克也0 票投票先 →モッフル
比那名居剣子0 票投票先 →モッフル
アシカ0 票投票先 →モッフル
七海千秋0 票投票先 →モッフル
狛枝凪斗0 票投票先 →モッフル
相良宗介0 票投票先 →モッフル
アーチャー0 票投票先 →モッフル
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アシカ 「人数の関係で、上下するはず>城之内
基本的に人数の段数までしかでない」
シルバーホーク 「蘇生残したいからねなるべくさ
ならグレランよりかは萌えないんだったらけんこが指定でいいと思う」
相良宗介 「蝙蝠2人いるのに飼うのは悪手だ>狛枝」
七海千秋 「ありがとう>ねこさん
狂人には付かないんだね……」
比那名居剣子 「モッフルはねこが初手であなたを占ったと思わずに
結果を変えたと言うのがおかしいのよ、。」
淫Qβ 「少人数だともう少し少なくなるね」
アーチャー 「剣子の発言は16まで確認した
明日萌えなければ村として信じれるだろう」
インデックス 「5Wは22人の上限だから…」
ねこ 「付かないにゃね」
相良宗介 「あと萌え見て変えた理由には見えんぞ」
狛枝凪斗 「そうだよ、『狼』は最大4って話だよ」
比那名居剣子 「やれやれ…
もう20発言以上してると思うんですけど。」
ねこ 「>七海千秋
葛の葉 (占い結果:村人(呪殺) / 霊能結果:村人) [Ver. 1.5.0 β14~]
[耐性] 護衛制限:有り
占い師に占われると呪殺される特殊な共有者。
処刑投票先が人狼系・妖狐・恋人なら魔が言を付加する。」
アシカ 「まぁどうあれモッフル吊っていいんじゃないかと思うけどねー
そもそも、変えたんじゃないかって疑念自体がなんとなく微妙な感じするし」
比那名居剣子 「まぁ蘇生頑張ってねとしか言いようがないわ。」
インデックス 「一応今日はまだ発言頑張ったらいいんじゃないかな>剣子」
城之内克也 「狼って最大5Wじゃなかったっけ? 人数によって変わるのか?」
狛枝凪斗 「蝙蝠は…枠が埋まってるけどね」
モッフル 「と言うか16人村なら狼最大3じゃないフモ?
モッフルの勘違いフモ?」
シルバーホーク 「ああちがうぜ人狼陣営5だろ?狂人合わせてな>狛枝」
比那名居剣子 「まぁ明日死んでそうではあるけれど。」
淫Qβ 「それにこれまでの流れだと狼はそれなりに追い込めてる感じはする
不安定な指揮を立てるより流れに任せる方がいいと思うんだけど」
相良宗介 「それに灰に蘇生がいるんだ、グレランするのは悪手だ」
ねこ 「モッフル吊りでいいと思うニャア」
七海千秋 「あれ、狂人って魔が言憑かないんだっけ?」
比那名居剣子 「なんで変えると思ったの?
普通に真が貴方見つけたとは思わないの?>モッフル」
狛枝凪斗 「…まあ、君はあって狂人だけどさあ>剣子さん
囁きとかじゃなければいいけどってぐらい
狂人でも指揮役なら噛まれるという意味で」
シルバーホーク 「んでねこも出たけど真主張な内容だね
蝉自体に◯だからさうーん蘇生狙うなら放置もあるか?銃殺出してほしいね」
インデックス 「どうにも対応したにおいがするしモッフル切りでいいんじゃないかな」
相良宗介 「お前が指揮取るのは明日からでいい
今日はモッフル吊りになるからな、萌えなければ>剣子」
淫Qβ 「>剣子
残念ながらこの村結構狂人がいるから難しいよ」
七海千秋 「良いと思うよ>剣子」
比那名居剣子 「っと…
私が支持していいならモッフル吊りなんだけど。」
モッフル 「それどう言う理由フモ?
はっきりと確定した事象フモ?>剣子」
アシカ 「12回くらい発言してるし、大丈夫じゃないかな>剣子」
城之内克也 「狼陣営は5だっけか? 狂人混じってるとしてもなー。吊っていいんじゃねーの?」
ねこ 「そんなに早く変えるスキルはないニャよ
と言うか、昨日のやる夫の萌えにも気づいてなかったのに>モッフル」
狛枝凪斗 「メタになるけど、たぶん最大4Wだよ?>シルバーホークさん」
比那名居剣子 「って萌えないなら私指揮でいいと思うんですけど
どう?」
アーチャー 「狼飼い、狐を警戒するには有効だが
現状では蝙蝠と鬼による狼PPを警戒すべきではないか?>狛枝」
淫Qβ 「僕もモッフル切りに賛成する
ここで悠長に萌占いを見る気には到底なれないよ」
相良宗介 「ならお前視点の真占いはどこに消えた?>モッフル」
比那名居剣子 「その言いがかりはないわ。
なんでそう思った?>モッフル」
狛枝凪斗 「モッフルさんは…占い文が…」
インデックス 「蝙蝠鬼だらけの村で飼うという選択肢はないと思うの
萌えか騙りか決め撃つ感じで」
シルバーホーク 「いや少ないとっえそれは何処で判断?>狛枝
これは思ったぞやる夫で-1とは言え最大4居るのに」
比那名居剣子 「って誰か発言回数数えてちょうだいよ。
どれだけしゃべったか分からないんだけど。」
モッフル 「お前今萌え見て変えたフモ?>ねこ」
相良宗介 「難しいなら適当に誰が怪しいとか勘だけどそこが気になるとかでもいいんだぞ>剣子」
比那名居剣子 「・・・私はモッフル切って吊りで良いとは思うけどねぇ。」
アシカ 「狼陣営5有る以上モッフル狼だった場合、LWってことはそう無いと思うんだけどね……」
淫Qβ 「なんか萌えてる場所がずれてるけどw
ちなみに飼うという選択肢はないよ、妖精2で露出はLWに追い込むのが急務
そんな余裕はまるでないよ」
比那名居剣子 「この編成で萌え占いはないわよ。
流石に切っていいわ。>アシカ」
狛枝凪斗 「やる夫君は穂場確実に狼だろうから一匹はいなくなったとして
最大3匹…なのかなあ。うん
どうしようこれ」
ねこ 「萌え占いは●出るのかにゃ」
インデックス 「出るね>ねこ」
アーチャー 「この薄い占い理由を並べた占い日記はとても信じられるものではないな
モッフル吊りを提言する」
城之内克也 「萌え占いは占われると●だったと思うが……ちっと見れねえなあ」
比那名居剣子 「狼5なのに飼う意味はないわよ
なに狛枝死にたいの?」
シルバーホーク 「飼うというか基本けんこ次第だろうね>狛枝」
七海千秋 「萌え占いは●出るよ>ねこ」
モッフル 「萌えた以上萌占い師確定だからCOさっさとしたフモ」
インデックス 「モッフルは萌え主張と… そしてねこがそこに●かあ…」
比那名居剣子 「さて面倒ね。
20回難しいんですが。」
アシカ 「一応猫真のモッフル萌もあり得るかも程度かねぇ
ただ、正直あまりなさそうな気もするけど」
城之内克也 「おいおい、人狼側はどうなってんだあ? 2日連続で萌えてるじゃねえか」
相良宗介 「剣子が萌えなければモッフル吊りでいいだろう」
ねこ 「萌えたけど萌え占いって●出たかにゃあ?」
狛枝凪斗 「うーん、狼少ないとまずいしモッフルさん飼う?」
比那名居剣子 「この内訳で萌え占いとか
切っていいわ。ありえないレベルだもの。」
シルバーホーク 「萌えたところなて出たくないんですけど―」
淫Qβ 「ふむ、ショックか
ある意味村証明ができるチャンスだからあまり悪い状況ではないはずじゃないかな?
天子にとって」
七海千秋 「おはよう!
なんだか吠えが少なかったような……」
インデックス 「葛葉が当然のように噛まれて……
とりあえず、剣子は発言頑張ってね」
比那名居剣子 「とりあえず本気でやるとしますか。
モッフルは萌え占い主張かもだけど
正直切っていいわよそんなの・」
城之内克也 「え、また萌えてんのか!?」
アーチャー 「葛の葉と関係無い者が萌えたな
萌え占いCOのようだが」
モッフル 「1日目:シルバーホーク●
↓占いフモ特に理由はないフモ
狐1だから呪殺は難しいフモ

2日目:アーチャー○
行き成り●引いたフモ
でも夢有りそうだからCOは待つフモ

3日目:狛枝凪斗○
村目で蝙蝠?何か怪しいフモ
狛枝凪斗 「…ん、モッフルさんが萌えるのかい?」
シルバーホーク 「モッフル燃えてるyが
んでけんこしゃべれよ―」
アシカ 「なんかモッフルが萌えてるんだけど」
ねこ 「占い先:モッフル
占い結果:●
占い理由:そのきぐるみの中身をぜひとも見たいにゃ
だから、占ってみてその中を透視してみるにゃ

占い先:相良宗介
占い結果:○
占い理由:皮が●だったし中身はどうなのかを見てみるにゃ
出来れば発言で決めたかったんだけど
なかなかわからないものだにゃあ

占い先:アシカ
占い結果:○
占い理由:◇アシカ「そして七海攫われてないってことは鬼は人外っぽいのかな?
ともあれバイバイやる夫」
う~む、蝙蝠を攫わないだけで人外鬼判断は少しアレかにゃあ
と思って占っておくにゃ
鬼は位置鬼・夜叉系とかで蝙蝠を攫えない・攫ってもメリットがない
鬼がいることを考えるとこれだけで人外鬼判断は怪しく感じたにゃ」
比那名居剣子 「さてどうしたものかしら。20発言っていきなりめんどくさいわね。」
モッフル 「占いCOフモ
シルバーホーク●>アーチャー○>狛枝凪斗○
インデックス 「なんでモッフル萌えてんの?」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう」
比那名居剣子 「っていきなりモッフルが燃えたわね。」
相良宗介 「そこが萌えるのか・・・・・・」
ねこ 「占いCO
占い先:モッフル●>相良宗介○>アシカ○」
城之内克也 「おはよ。今日も頑張ろうぜ!」
比那名居剣子 「おはようよ。」
シルバーホーク 「おはようさんです。
じゃあけんこはいっぱい喋ってね
んで葛の葉放置なら蘇生探しとか思うけど」
淫Qβ 「今晩起こることは大体予想がつくからその後が問題かな
僕としてはやはり初日の反応からアーチャーとかシルバーホークが気になるんだけどな
あとはインデックスが怪しいよ、普通に共有の葛の葉見てやる夫の萌えって判断するまでの間隔が早すぎるよ
これ、事前にやる夫に禍言がついていたって知ってたんじゃない?
その後の反応の鈍さもなんかおかしいんだけど
ま、同じような理由で天子もきになるけどそっちはおいおいわかるね」
比那名居剣子 「あら?私に投票ってちょっとショックだわね。
まぁいいわ。20回発言すればいいのよね?」
相良宗介 「おはよう、剣子に投票するのか
そこは狐目だと思っているから占わせるべきなのだが
まぁいい、俺には関係ないことだ」
インデックス 「おはようなんだよ!
蝙蝠枠は既に七海がいて、蝙蝠主張2人も6人まで生き残ったらよくないと思うんだけど
ただ、相良はどっちかというとあって狂人だと思うけどね」
モッフル 「アオォーン・・・」
アシカ 「さておはようー
剣子さんは発言たくさんよろしくね」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 確率の壁を越えた不審者COだお(震え)
霧切響子さんの遺言 葛の葉、相方はいない
投票先はやる夫と比那名居
比那名居が萌えたらそこ吊り、そうでないのなら5日目以降に比那名居が指揮
霧切響子 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
モッフル0 票投票先 →やる夫
霧切響子0 票投票先 →比那名居剣子
淫Qβ0 票投票先 →やる夫
やる夫12 票投票先 →相良宗介
インデックス0 票投票先 →やる夫
シルバーホーク0 票投票先 →やる夫
ねこ0 票投票先 →やる夫
城之内克也0 票投票先 →やる夫
比那名居剣子1 票投票先 →やる夫
アシカ0 票投票先 →やる夫
七海千秋0 票投票先 →やる夫
狛枝凪斗0 票投票先 →やる夫
相良宗介1 票投票先 →やる夫
アーチャー0 票投票先 →やる夫
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
七海千秋 「7日目にショック死だよ」
シルバーホーク 「余裕というか葛の葉なら先に潰すだろうからな>けんこ」
淫Qβ 「ちなみに常世でも龍騎そせいするからね?」
やる夫 「ちっきしょー!」
モッフル 「あ~うん確定フモ
吊るのに何の躊躇いもないフモ」
霧切響子 「千秋には投票しないというのは間違いない
ただ、相良はそれとこれとでは別」
狛枝凪斗 「君に萌え系は似合わないよ>やる夫君
それぐらいわかってよ、土饅頭」
アシカ 「3回目出てますねぇ
わざ萌だとしても人外ですしおすし」
やる夫 「もしかしたらこんくらいの頻度で萌える不審者がいるかもしれないお!!」
比那名居剣子 「もう確定ね。
これでなお不審者言うつもりかしら?」
相良宗介 「占い探さないんじゃない、葛の葉がいることがわかったからそこ噛んだ
やる夫が萌えているのが証拠だ>剣子」
城之内克也 「蝉って勝手に死ぬのか」
アーチャー 「>モッフル
昨夜は龍驤しか蘇生できない
よってこれは誤爆蘇生だ」
シルバーホーク 「後相良蝉蝙蝠か……これは七日目までで判断でいいかなって
死んでいくと6人でなので見れることは出来る」
やる夫 「アオォーン・・・」
比那名居剣子 「はい萌えた。
不審者ならこんな頻度で萌えないわ。」
インデックス 「まあ、狐ならもう少し抵抗しそうな感じ>やる夫」
やる夫 「2回目・・・だと・・・」
アシカ 「2発目萌えたねうん」
淫Qβ 「>ねこ
まぁ、それまでに終わる可能性は高いけど偽物だとして蝉っていう理由もまた薄いんだよね」
城之内克也 「こっから先さらに蝙蝠COが来たら、考えなきゃいけねえよな。まあ今は放置でいいな」
アーチャー 「蝉蝙蝠が死ぬ日まで4日、それまでに死ぬ者は吊りと噛みで8人
蝉蝙蝠が死ぬ時の人数は6人……PPラインが近いな
狼を減らせば8日目を迎えられるのだろうが」
比那名居剣子 「常世神だとは思うよ。
それなら分かるのよね。」
やる夫 「アオォーン・・・」
狛枝凪斗 「相良君自体は村目で見てたから蝙蝠COはびっくりだけどね!」
モッフル 「空で良いから10発言位してみるフモ>やる夫」
淫Qβ 「>アシカ
反魂だったら僕は最高の賛辞を贈ろう
その胆力と度胸にね」
狛枝凪斗 「蝉蝙蝠は放置でいいよ
ミーンミーン…ああ、希望も何もなくてボクはドキドキしちゃうよ…」
アシカ 「誤爆の場合龍騎蘇生だからあまり蘇生が居たとは思えないんだよねぇ」
比那名居剣子 「そもそも占い探さないのね狼。
余裕のつもりかしら?」
ねこ 「セミは七日目だから残せるか微妙なラインだにゃあ」
七海千秋 「蝉蝙蝠把握だよ」
霧切響子 「>相良
あくまでも発言を見て判断することには変わらない」
シルバーホーク 「狐は無いと思うがねやる夫
占い探さずに共有死亡だもん」
アシカ 「反魂の可能性もあるけどね
まぁそれならそれで今回葛の葉投票先増えてよかったわけだし」
モッフル 「誤爆蘇生なら龍騎蘇生フモ?>アーチャー」
やる夫 「蝙蝠は残したくないけど遺すしかないんだおねー」
相良宗介 「無駄にしたいなら投票すればいい
投票して困るのは村陣営なのだから>霧切」
城之内克也 「おいおい、蝙蝠陣営は2だろ、CO真ならもう出きったってことじゃねえか」
淫Qβ 「まぁ、葛の葉の投票に失敗がなくなるんだけどね
相良は蝉蝙蝠信じていいと思うよ、偽物なら多分蝉ってはいわない」
七海千秋 「噛まれが即復活ってことは、
反魂かな?」
インデックス 「蝉蝙蝠ってこの人数だと残せるのかな…?」
やる夫 「んで蝙蝠全露出と」
狛枝凪斗 「常世神
とこよのかみ…だったかな、やる夫君?」
シルバーホーク 「その先と言ッてるが人外では狐では無いと言ったな
だって個人だから生き残ってなんぼだしね
狼は知らん」
霧切響子 「別に蝙蝠2とはいえ、片方がゲゲゲだって有りえるのだし」
アーチャー 「やる夫は霧切の投票先、ならば禍事がついた人外だろう
葛の葉の蘇生、これは悪くない」
城之内克也 「つか、マガゴトなのか?」
比那名居剣子 「そうだというならもっと発言したらどうかしら?
20発言しても萌えないんでしょ?>やる夫」
やる夫 「んで蘇生チャレしたのがいてたまたま生き返ったと
常世噛みとかいたりするのかおね」
ねこ 「これは吊れらを蘇生ということは常世神かにゃ
蘇生役職は」
相良宗介 「司令官殿はあと頑張って狼狙うといい
そうすればPPの危険性は下がる」
インデックス 「制限付き共有って時点で噛む可能性あるしなんとも
まあどっちかといえば狼で見たいけど」
淫Qβ 「こんなの絶対おかしいよ、さらに蝙蝠露出って結構洒落にならないなぁ」
モッフル 「蘇生役?と言うよりこれ暗殺者じゃないかフモ?」
狛枝凪斗 「一瞬霧切さんが蘇生系かと思ったよ
共有じゃないか、あはははは」
七海千秋 「と、思ったら霧切お姉ちゃんに投票されてたやる夫さんが萌えてたよー」
霧切響子 「>相良
悪いけどそれだけの要素のみで貴方を投票回避はしない」
城之内克也 「すっげー、早速人外かよ」
比那名居剣子 「魔が言は狼、狐、恋人についたら吠えになるのよ。
不審者は絶対萌えない。」
シルバーホーク 「村人表記が指定で出た場合は残せないという印象で言ったよ>qb」
アーチャー 「そして変わった死体状況だな
共有を殺す反魂師はいまい
蘇生誤爆が濃厚だ」
淫Qβ 「ん?葛の葉で即萌が出てるのか
なら今日の吊りは確定、狼ならだいぶ巻き返したことになるね
この抵抗だとやる夫はあんまり狐っぽくはない」
やる夫 「きっとそうだお!」
狛枝凪斗 「やる夫君が狐だと割と狼場なんだけどねえ」
アシカ 「そして七海攫われてないってことは鬼は人外っぽいのかな?
ともあれバイバイやる夫」
霧切響子 「噛まれるだろうと思ったけど直ぐ蘇生されるとは思ってなかったから」
やる夫 「やる夫が偶然不審者で萌えたに違いないお!」
相良宗介 「噛まれ&投票回避させてもらおう、蝉蝙蝠COだ」
比那名居剣子 「蘇生がいるならまぁ何とかって感じかしら。」
モッフル 「お前萌狼フモ?>やる夫」
ねこ 「更に、萌があるにゃ」
インデックス 「じゃあさよなら、饅頭」
七海千秋 「おはよう!」
狛枝凪斗 「これだと、やる夫君は狼目かな」
ねこ 「蘇生が生存みたいだにゃあ」
シルバーホーク 「萌えたということでな
後いきなりブラフもあるのに霧切噛みなら狼だろうなやる夫
だって占いとか居るかもなのに先に噛んでるもん」
モッフル 「やる夫が萌えたフモ」
比那名居剣子 「不審者は魔が言では萌えないのよやる夫」
相良宗介 「ほう、葛の葉噛まれで蘇生と、やる夫は萌えているし狼でいいだろう」
アシカ 「そしてやる夫が萌えたね」
インデックス 「おっと共有噛みの即蘇生か。これはありがたいんだよ!
しかもやる夫もう萌えてるし」
アーチャー 「俺が指定するなら城之内だ
進行の提示が無い
発言稼ぎをしている人外の可能性がある」
城之内克也 「やる夫 「アオォーン・・・」」
狛枝凪斗 「…葛の葉で蘇生?
蘇生訳がいるということでいいおかなこれは」
比那名居剣子 「で、鬼は浚わないわね。
知ってたけど。」
やる夫 「不審者・・・だと・・・」
モッフル 「おはようフモ」
ねこ 「おはようにゃー」
アシカ 「そして蘇生ですか
これはおいしいですねぇ」
やる夫 「お、蘇生がいるのかお」
城之内克也 「おっす!」
比那名居剣子 「そしてやる夫萌えたわね。
即吊りましょう。」
霧切響子 「やる夫吊り」
シルバーホーク 「んでやる夫釣るか」
相良宗介 「おはよう、モッフルは蝙蝠攫いはもったいないといっていたが
蝙蝠を残すのはPPの危険性がある、それに鬼がどこ攫うかわからない以上
共有が指定で人外狙ったほうが安全だ、人外COした位置は攫わせるべきだ
とはいえ、昨日言ったように露出させると噛まれなくなるからなるべく狼攫わせたいところなのだがな」
アシカ 「さておはようー
なんか吠えが思ったよりも少な目感?」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう。
ちょっとログが飛んでろくなことが言えないけどさ
モッフルさんが鬼に対する態度がぶれていたのは引っかかるという程度?
相良君は、そういう意味ではきちんと考えている位置だと思うけど
…まぁ、七海さんがどうなってるかで鬼は何と見ればいいんじゃないかな?」
インデックス 「おはようなんだよ。
村表記は狼薄いかもだけど残せる理由ないよね
恋妖精露出はあんまりうれしくないけど、夢狩か鬼の踏み台になってくれればうれしいかな」
霧切響子 「蘇生生存みたい」
シルバーホーク 「おお!蘇生いいねー」
比那名居剣子 「あら? 蘇生がいるみたいね」
やる夫 「アオォーン・・・」
淫Qβ 「①アーチャーの恋陽性に対する反応がおかしいね。露出した妖精なんていいPP要因にしかならないさ、君のその過剰とも言える恋妖精に対する好感の原因はなんだい?
②シルバーホーク君の村COに対する仕方ないって反応は何かがおかしいよ。
村COならまぁいいや?普通はもっとその先を考える君の安堵はどういうことかな?」
比那名居剣子 「おはよう。」
シルバーホーク 「おはようさんです。
投票総数15から異常なしだね、んで霧切が葛の葉であって欲しいという願望があるね
その場合即霧切噛まれてるなら結構やる夫吊っていいと思うかな、そこ狼なら仲間に伝えるだろうし

吠えが12回ね
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霧切響子さんの遺言 葛の葉、相方はいない
投票先は2日目はやる夫
累計20発言して吠えなかったら、次の指揮委任
ただの空白は見づらいからしっかり発言してくれると助かる
龍騎さんの遺言             _        __     ヽ:::、
            !::、   /: : : : : : : `:丶、. j::::::',
            ',:::丶. /: : : : : :、: : : : :、、{ヽ: '.、:::::',
             ',::::::V: : : : : :\)、: : : : 、, }、: :',::::',
             ',、:::、: : : : : トヽ-、、j!: :、、} レィ!|::::}}!
               ',::r、、: : : :ト、ヽ  {: :c: 〉 ィ /: :/|
               ',{\\: : \ ヽ. _、´ =イ}/: //|
               ',\丶丶.: : `丶:、` ', リ: イ'、ノ!        【村人表記】だよバッキャロー。
                ',\ゝ、、`丶.....=r─r'イ=,/.//|
            ,__ ',\丶ゝ´ー- `ヽ_j_彡'..=/,'        票については特にあんま意味ねえぞと。
       _   /: : : /イ ',\丶ミ、::=::::=:}= !=::=:::'/
     /^i `Y}`\ : /,:'::/://∧ミゝ、ヨ、≧===i==イ,'>、         強いて言えば直感よ。
   r' 、/´`V: : レ'、/∨://  \ヾ、ヽヒ===!=ヲイ: ─‐\r 、
  /ヽ,::'、ヽヽ):!: : ',  |: : : : : !|. _..-`丶_ヒニニ彳  .ィ´ ̄ニ \`: 丶.
  {∨、、)ゝ': : : 、: :', |: : : : :/_j_/  .,..::'  ̄ ,ィ≠/´ ,r=ニニニミヽ.:ヽ
  V\: : : : : : : '}\',j: : :!: :'´: : : : ̄ ̄ ̄: :´ー‐´: :彡'´:::::::::::::::::::、::∨
   X、¨ヽ.: : /ノ: : /\: :i: :,ィ<ニニニニニニ、ニ==イ/:::::::::::,ィ´ ¨,..>--‥・
   、::、 、_〉_ノ─'\:::|::]ヽ.: : : : : : : ,:' ¨ヽヽ.: :/::::::/  . イ : : : : : : : : :
    メ::::::|  ',==、  ヽ(\:\: : : : : . . .  }::|/::::::/.. : :': : : : : : ,ィ、: : : : :
   // \|、\\==、  ヽ \ ',: : : : : : : : : !::|/´: : : : : : : : : : : ト、_/ \:
   7   `、lll} ー、_、j 、  \、: : : : : : ::,::/:ィニニニミヽ.: : : : : : :V!77/⌒、
   /|    、|| 、  ニニュ、 \  ヽ.\: : : //     \\: : : : : |j!j!{ (、
  /: :ゝ、   ノ|  ',ヽ. 二ユ\.\ ', ',ゝ─イ       `フ: : : :/ ̄ ̄
/: : : : :\/ 、  ',C `丶 \、\: : : ',: : |       /: : :/
: : : : : : /    、j| 丶  、_\\\:ノ、:/      /: : : : /
\: : /      、  \_>フ/ヘ_):/     /: : : : : /
 |/        〈 丶  ─‐/´: : : : :/    <: : __,..≠/
霧切響子 は生き返りました
霧切響子 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
龍騎 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
モッフル0 票投票先 →龍騎
霧切響子0 票投票先 →やる夫
淫Qβ0 票投票先 →龍騎
やる夫1 票投票先 →龍騎
インデックス1 票投票先 →龍騎
シルバーホーク0 票投票先 →龍騎
ねこ0 票投票先 →龍騎
城之内克也0 票投票先 →龍騎
比那名居剣子0 票投票先 →龍騎
龍騎13 票投票先 →インデックス
アシカ0 票投票先 →龍騎
七海千秋0 票投票先 →龍騎
狛枝凪斗0 票投票先 →龍騎
相良宗介0 票投票先 →龍騎
アーチャー0 票投票先 →龍騎
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アーチャー 「>淫乱
狼でも狐でも無い位置を探ろうとする行為は村として違和感は無いぞ
無論噛まれれば最良だが」
アシカ 「初日だけだね
QPも初日だけだから>モフ」
シルバーホーク 「村人表記か……では仕方ないが吊りだろうな
狐では無いと思うぐらいしか無いな>龍騎」
城之内克也 「さらう確率が下がっていくっていうのもあるんじゃねーの」
モッフル 「それなら鬼の判断に任せるフモ」
淫Qβ 「妖精自体は吊っても狼も狐も減らないからね
戦略としてはLWに追い込む方が勝ち目はあるのさ」
インデックス 「護衛制限か… 狩人いるかも分からないけど厳しいね…」
七海千秋 「私の悪戯は初日だけだよ」
比那名居剣子 「でも鬼が素直に浚うかは微妙なのよねぇ。
どうなるかしら。」
狛枝凪斗 「これは儀式みたいなものじゃないかなあ>モッフルさん」
アシカ 「蝙蝠は噛まれてくれてればありがたかったけど、露出した以上しょうがないね
ともあれ龍騎吊り把握だよ
モッフル 「え?普通の妖精と違って1回だけフモ?」
やる夫 「鬼なら自分から皿運じゃねーかお?>モッフル」
ねこ 「鬼によっては攫えないのもいるから出来るか微妙じゃないかにゃ
そして、中立・村鬼とも限らないしニャア>比那名居剣子」
城之内克也 「吊り了解! 七海は放置で進めるぜ」
七海千秋 「龍騎お兄ちゃんに指定変更把握したよ」
モッフル 「鬼に攫わせるフモ?
何か勿体無い気がするフモ>相良」
比那名居剣子 「護衛制限もちとはまた…
この状況だときついわねぇ。」
淫Qβ 「まったく嫌な情報が錯綜するね
正直村COは狼の期待度が高くないからあまりおすすめはしないよ?」
狛枝凪斗 「ボクの知ってる七海さんは…なんだろう?>七海さん
インドア系かなあ」
シルバーホーク 「ん?残すのかかなら証明できそうと思ったら狩っていいと思うよいるかわからんが
サライで使わせてもいいね、まぁそこは鬼の中身次第だが」
相良宗介 「いや、蝙蝠指定ということは噛まれないということになる
だから露出させたのは運が悪い部類になる>城のうち」
アーチャー 「だが悪戯相手を選んだ理由をすぐに出せるなら真らしい
期待しておいていいだろう」
龍騎 「おう、まあ人狼妖狐でギリ1余ってるんで仕方ねえ()」
霧切響子 「>モッフル
恋妖精の悪戯は初日だけ」
狛枝凪斗 「そして、鬼が攫える…村に協力的な鬼かどうかは明日にはわかるかな?」
七海千秋 「な、何言ってるの狛枝お兄……狛枝君
なでこ……私は七海千秋だよ
七海千秋以外ありえないよ」
インデックス 「恋妖精って初日だけじゃなかったっけ>モッフル」
霧切響子 「吊り
それと護衛制限もちだからそう言うことで」
アシカ 「おっと、放置ですか
鬼あたりに期待するんですかね?
ともあれ把握です」
やる夫 「まあそこは鬼の新証明なりなんなりで村の犠牲になってくれお」
淫Qβ 「まぁ、指定かけるなら恋妖精=自打ちっていった人がおすすめだよ
その反応は恋妖精の位置を知りたい非村目さ」
シルバーホーク 「いきなり妖精?うーんじゃあ吊っていいだろうな
飽和というか余裕が1もないなら放置ぐらいだけど」
龍騎 「幻視者やら未亡人は否定。
表記されてるもんはナシな。」
狛枝凪斗 「妖精残すんだ?
まあ、いいけどね」
ねこ 「恋妖精はいたずらは他人撃ち固定なのは初めて知ったにゃ」
インデックス 「妖精直撃と」
モッフル 「そして早速恋妖精発見フモ
でも今晩の刺し先を指定した方が良いフモ>霧切」
城之内克也 「指定が蝙蝠を撃ちぬくとは、やるじゃねーか!」
比那名居剣子 「だから鬼に浚わせればいいわ。」
アーチャー 「最初の指定で引くか
対抗がいるか……いても黙るか」
龍騎 「【村人表記】。」
アシカ 「しょっぱなから恋妖精ですか
これなら噛まれないだろうし続行ですかね?」
相良宗介 「そこが恋妖精か、放置だな
鬼に攫わせればいいだろう」
比那名居剣子 「ピンポイントで蝙蝠か・・・
でも残す意味もないのよねぇ。」
城之内克也 「うお、蝙蝠かよ!」
霧切響子 「これなら、放置
龍騎へ変更」
やる夫 「へー恋妖精
対抗出たら出てもいいお」
狛枝凪斗 「そして、気が付いたらボクの隣…七海さん?
七海さんって、こんな子だった?」
七海千秋 「恋妖精だよ!
初日に2人を悲恋にするんだぁ

悪戯先:霧切響子 インデックス
髪の毛が似てるからここを結びます!」
龍騎 「撃ちぬいたのか(真顔)」
龍騎 「指定展開を了解んと。」
七海千秋 「恋妖精だよ!」
シルバーホーク 「悪戯扱いだと思うからね妖精なら」
アシカ 「恋妖精は他刺しって出来るのか?
それによってインデックスの内訳が変わるわけだけど」
比那名居剣子 「まぁ蝙蝠は浚われるか噛まれてどうぞってね。
吊ってる余裕あんまないし。
でも出られたら残しづらいし。」
インデックス 「ああ他刺し固定なのね、しかも相手共有だったと」
相良宗介 「で、指定展開か
指定展開よりはグレランのほうが好みなのだが
司令官がそういうなら従おう」
やる夫 「たしか恋妖精には自打ち制限とかはないはずだお」
モッフル 「妖精の悪戯だから制限無かったフモ」
霧切響子 「七海千秋を指定、coを」
シルバーホーク 「指定か一回グレランでいいとは思ったがそこは共有に任せよう
さじ加減ですぐ死ぬしね」
龍騎 「と、思えばアンサー出たみてえだしいいか。」
アーチャー 「恋妖精に自撃ち制限は無い」
狛枝凪斗 「そのあたりは詳しい人に聞かないとだけどね
ボクはそこはわからないから聞いただけさ
…できるみたいだね、失礼」
淫Qβ 「恋妖精とQPは違うよ
たださ、この状況で蝙蝠が出ても邪魔にしかならないんだよね
早急にLWにしないとかなりまずいことになったし」
龍騎 「さあ?>他打ち
一応気になるんでれあけ脳なり見てくるわ。」
モッフル 「おっと恋妖精って誰でも撃てるんだったフモ」
七海千秋 「出来ると思うよ?>他撃ち」
城之内克也 「共有了解だぜ。指定進行もな」
比那名居剣子 「いたずら自打ち固定だっけ?」
相良宗介 「恋妖精は人数に関わらず他刺しだ>狛枝」
インデックス 「他撃ち感覚で普通に出たけど… 悪いことしたかな?」
シルバーホーク 「16人でも他うち扱いじゃないの?
んで妖精なら夢狩人いたら狩っていいと思うよ」
ねこ 「訂正:恋妖精」
アーチャー 「恋妖精、厄介な蝙蝠では無いだけ良い情報だ
しかし騙りが出ても見分けがつかない点は蝙蝠と同じだな」
狛枝凪斗 「もしできないなら、インデックスさんが妖精になるんじゃないかな?」
やる夫 「んで指定と
まあこの人外数じゃ十二分にありだお」
相良宗介 「そこが共有だな、わかった
そして恋妖精に悪戯されたか
つまり蝙蝠枠1つ確定したな」
ねこ 「共有CO把握にゃ
蝙蝠のひと枠は恋コウモリみたいだにゃ」
比那名居剣子 「蝙蝠一つが恋妖精把握よ。
で、共有も確認。

指定進行なのね。それでもいいとは思うわよ。」
インデックス 「あれ、思わず出ちゃったけど、これいたずらも自撃ちだったりする…?」
シルバーホーク 「蝙蝠なうん恋妖精が居ると」
モッフル 「その場合、霧切が恋妖精フモ?>インデックス」
アシカ 「霧切さん共有?」
淫Qβ 「>相良
残念だけど問題はLWにできるかだ
蝙蝠の数が2だからね」
狛枝凪斗 「恋妖精?
16人でも他刺し出来たっけ?」
七海千秋 「おーけー、恋妖精だね!」
霧切響子 「>インデックス
貴方と別れたのはあっている」
龍騎 「おう、なるほど了解>恋妖精の存在
そして共有も了解だ!」
やる夫 「ほー一個は濃い妖精で確定となるほど
んで共有もいるおね」
シルバーホーク 「最大4w出現ぐらいか確定情報は他に
んで蝙蝠とかは出るなら吊るすぐらいカな」
城之内克也 「共有は誰だ? 出てきてくれよ」
アシカ 「恋妖精把握したよー」
比那名居剣子 「共有以外に他に出れる人がいないなら
グレランでは良いとは思うわよ。」
狛枝凪斗 「で、特に妖精っぽい挙動もなしと
合っても今日出たら吊るけどね」
淫Qβ 「あ、指定かけるなら占いCOでも即吊り殺す勢いでいるほうがいいよ
そのくらい非常事態だしさ」
相良宗介
         /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          /: : : //: : :/: /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : :∧: :: :: :: :: :: :: :: ::
        /: ̄:゙i__/: : : :/: : /: : : /: :/: : : : /7: : : : : : : ィ::/ ∨: : : : : : : : : ::
    / ̄二二二二`ヽ、:::/: : : /: : イ: : : : //: : : : : : : ///  .il: : : : : : : : :: ::
    i: ://二二二ミヽ: :i:/: : : イ: / /: : : ://: : : : : : : ///  __ll∨: : i: :: :: :: ::    おはよう、配役見る限り、早めに2w以下にする必要があるな
    l: i::f/r‐──ミミi:i:::l: : : ミ//ミ/://://: : : : : :: ::/ l/-=ニ-ll¨l: : ::l: :: :: :: ::    司令官がいるようだし、出してグレランだ
    l: l::i:::f//////7li :i::l: l: : /7/=tォ≧ミ/: : : : :///彡'≠tォPjヾ l: : イ: : イ::: ::   お前ら、力を合わせて狼吊るすぞ
    l: l::k::∨//////:/l::l::l:::/ ∧ ゞ、ツ__//7: : :///  ´__ゞ_ ツノ l: /l: :/l:: ::/
    l: l::l:ヽヽ、三彡'/: l::l::l/   `  ̄ .///: : ://′       ¨´、. レ'/∠ l:::/
    l: l::l: : `ー─‐'': : l::l::l i // / i  /' /: /i        `ヽヽ /〃 /l::j
    l: l::l: : : :: :: :: :: :: ::l::l::ト,l       /:/ ..l| l          j´,,.イ .l/
    l: l:l: : : :_,.二.,:: :: ::l::l::lト、         l/  i: l| !           l¨l/
    l: l:l: :f´     ヽ:::l:l::l l! ',      /   ヽl! .,         / .l!
    l: l:l: :{   O  }: l:l::l   ト.      ____       ,.イ
    l: l:l: :ゞ、   ,イ: l:l::l   lヘ\    /二二二二ミ、    /ll:l
 ,.-‐┤::l:ゞ、合ニニ金::ノノ::l_     〉l \    ──‐     ,.ィ|//
´ / l: : ゞ、三三三彡': ::ト,ヽー/ .j  \          / jヽ、
r'" ̄ニゝ、_____ ノ  ̄`ヽ l     \       /   /i ヽ
    `ー‐┤:::: ::├─ 、.     / l        ゝ、_ /    .l l   ト、
        l: : : : :l    i___/  l                 ! l  l `ー、_」
七海千秋 「なーでこーだy……七海千秋だよ!
共有の声は聞こえたよー」
霧切響子 「共有者、指定進行するわ」
ねこ 「共有はCOをお願いにゃー」
アーチャー 「起きろ
吊りは7、敵は6体、余裕は無い
加えて独立陣営が3体、彼らの動きに気を付けろ」
インデックス 「あと蝙蝠の一枠恋妖精だね
昨日一瞬霧切と愛しあってた」
淫Qβ 「少人数って結構こう言う状況になるんだよね
僕から言えるのは共有は生きてるうちにやりたいことはやって後悔は残さないようにするといいよ
誰が共有か知らないけれど、君が希望を抱いて戦い続ける限り僕は君の味方さ」
インデックス 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
おはようなんだよ!
7吊り6人外の第三陣営が3かな、すごくギリギリだね……
共有の声は聞こえたから指示よろしくなんだよ」
城之内克也 「おっす! 今日も1日がんばろーぜ!

出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1 だぜ!

んじゃ、初日出ないとまずい奴がいたらCO頼むぜ!」
モッフル 「おはようフモ

配役はちょっと狼多いフモ
鬼がどっちかきになるところフモ
共有の囁きが有ったから出てきて指揮を執ってほしいフモ
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1」
霧切響子 「おはよう」
やる夫 「おっはようだお!」
ねこ 「7吊り6人外だにゃ
蝙蝠のことを考えると鬼が中立もしくは
村鬼じゃないないとなかなか厳しいと見るにゃあ
村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう…希望は絶望に負けないよ?
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
6吊り5人外で蝙蝠二匹ねえ…鬼はまあ、頑張ってもらうしかないかなあ…村鬼だといいけど
じゃあ、共有の人は指揮頼むね…希望の象徴さん?」
ねこ 「おはようにゃー」
比那名居剣子 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
ふむ…結構シンプルな内訳ね。
蝙蝠2がちょっとうざくはあるけれど。
鬼は中立ならまだましってレベルね。
共有の声があるだけまだいいわ早く出てきなさい。」
シルバーホーク 「おはようさんです。
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1

呟きが7回なので共有が居るね
後吠えが11回と」
アシカ 「出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
7吊り6人外+蝙蝠2と鬼。正直吊り割とギリギリだね
共有のCOも見えてたよー
ともあれCOよろしくねー」
龍騎 「村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1

第4の処理はアキラメロンだな。スタート時点で7吊り6人外。第4はまあ、噛まれてくれよ。
共有ボイスはそこそこあったぜーと。
一個ぐらい大文字あった感じだった。
割りと二人ぐらいいるん? って感じだがまあCO待つよ。」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM 今のうちに食べよー?>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆GM 適度な=5陣営
運動=少人数(16)になってるねー(」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM GM担当はつきつき
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
ノーマル?」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現陣営:村人陣営7 人狼陣営5 妖狐陣営1 蝙蝠陣営2 鬼陣営1
ゲーム開始:2014/10/26 (Sun) 18:18:09
モッフル 「開始」
モッフル 「1」
モッフル 「2」
城之内克也 「お、上級モンスターっぽい兄ちゃんも宜しくな!」
GM 「カウントはじめよー 大丈夫
バランスのいい配役になってるはず(」
淫Qβ 「だから僕と契約してNTRを見せてよ!」
モッフル 「3」
ねこ 「ねこを食べるのはせめて最後にしてほしいにゃあ>インデックス」
モッフル 「それじゃ始めるフモ」
淫Qβ 「こういうQPにとってのうち先が目に見えてる時に人数が17以下ってのも斬新だね」
龍騎 「…捕食すんのかそれらを!?>インデックス」
アーチャー 「人数が中途半端なので支援する」
やる夫 「おいばかやめるお>インデックス」
アシカ 「アイコン変わってないよ?」
七海千秋 「お待たせ、ブラザー」
狛枝凪斗 「あはは、ボクはどこまで本当のことを言ってるんだろうね!>剣子さん
あはははははは!」
GM 「よし、準備はいいかな」
相良宗介 「・・・・・・ふむ、もう少し武装が必要だな>モッフル」
インデックス 「モッフル、猫、アザラシ、饅頭…… うん、当面はしのげるかな」
GM 「(チラッ」
アーチャー が幻想入りしました
モッフル 「NADEKO投票するフモ」
DJ.NADEKO 「DJ.NADEKO さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:DJ.NADEKO → 七海千秋」
比那名居剣子 「・・?そうなの?」
モッフル 「こっちを見るなモフ>相良」
城之内克也 「お、ズサじゃねーか!よろしくな!」
狛枝凪斗 「…ゴマアザラシ?」
ねこ 「時間だにゃあ」
霧切響子 「撫子待ちかしら」
相良宗介 「よろしく頼む、ギリギリですまない」
GM 「では3段目の二人が投票したらーカウントしましょ」
アシカ 「さてよろしく」
相良宗介 が幻想入りしました
城之内克也 「14人か、まあ十分だろ」
霧切響子 「時間ね」
karikari 「karikari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karikari → アシカ
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 694 (アザラシ)」
狛枝凪斗 「ああ、そうそう
そこの剣子さんはねぇ、どこかの天人の希望をかなえた姿らしいよね?
女性の希望の詰まった場所のね」
GM 「時間かしらね」
GM 「いらっしゃーい」
狛枝凪斗 「やぁ、こんばんは
軽く希望を味わうための鍋も悪くないかな?」
ねこ 「でも、どうせ他人撃ちできるぐらいまで集まる気がするニャア」
狛枝凪斗 が幻想入りしました
DJ.NADEKO 「なーでこーだYO!」
モッフル 「自撃ち限定フモ>QB」
DJ.NADEKO が幻想入りしました
karikari 「よろしく」
比那名居剣子 「ないわね。」
インデックス 「軽い鍋って役職ゲーの傾向が強い気がが」
淫Qβ 「少人数ならQPが自打ちしても罪には問われないんだよね?」
karikari が幻想入りしました
モッフル 「一応開始時間は15分だからそれまでは待つフモ
GMが始めて良いというなら始めるフモ」
ねこ 「まあ、軽い鍋なら他の人の発言を見る余裕がある
有るだろうしこの鍋はその辺少し頑張ろうかにゃ(出来るとは言っていない」
GM 「とーりあえず15まで待ってみるけどー
準備できたひとはー投票してね」
淫Qβ 「晩ご飯がコンビニのお弁当の人もいるんだ!
だから僕に愛を分けてよ!」
比那名居剣子 「もう始めていいと思うわよ。
少人数でいいならね。」
モッフル 「モッフル さんが登録情報を変更しました。」
モッフル 「まあ11人でも十分だと思うフモ」
GM 「もっとも、21時に建つGMのほうをやりたいって人が圧倒的なのでね
すーぐに建つと思うよ」
龍騎 「俺の方はもう軽く飯は食ってるんで、これ幸いって感じで来たからなぁ。」
ねこ 「昼飯ならまだしも晩飯は難しくないかにゃあ>淫Qβ」
淫Qβ 「僕といっしょにとれーにんぐ(意味深)してよ!」
淫Qβ 「鍋をしながらごはんが食べれないならごはんを食べながら鍋をすればいいじゃない」
GM 「軽い演習がしたいひとはどんどん入ってね>観戦」
やる夫 「まー今ちょうど飯時だろうからおね
少人数でもさくさくまわせるのでそれはそれでいいお」
GM 「本番は21時ごろに建つ鍋だと思ってもらえたら(ry」
ねこ 「                         /^l
                 ,―-"'"'~"゙´  ゙':
                  ヽ  ・ ω ・   ミ
                  ミ つ旦と   ミ    この鍋が終ったら飯食いに行くかね
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,/\
              /.________/   \
             ,/ ̄        ヽ     /
             /           ヽ   /
.         ___/            \/
.       /__/|
     |r---- | .|
     |=:@::||/l|
     || ̄ ̄ ̄|| . |
   ~||___||/」
淫Qβ 「人間はね体臭の好みで遺伝的な差異がわかるんだ、これは人が本能的に自分と異なる異性を求めてるということさ
だから僕と契約して新たな子孫を残してよ!」
龍騎 「まあ飯時前後、って時間帯かねーってとこだもんなぁ。」
インデックス 「断るんだよ!>饅頭」
GM 「いらっしゃーい
22はちょっとむずかしいかも?」
やる夫 「        / ̄ ̄\  
      / ⌒  ⌒\      ____
      |::::::(⌒)(⌒) |   /      \
     . |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \   
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (⌒) (⌒)   \  変わってくれてもいいのよ?>インデックス 
     .  |::::::::::::::    } |     (__人__)    |
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――」
城之内克也 「酒とゲロの臭いがするオヤジはうちの親父だけで十分だぜ」
城之内克也 「飯の匂いならともかく、体臭は遠慮してーな……」
龍騎 「よし、つーわけでよろしく頼むぜ!」
kaririri 「kaririri さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kaririri → 龍騎
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1598 (龍騎)」
インデックス 「ゲロ以下の何かとの間に入って距離を作ってくれたやる夫に感謝するんだよ」
淫Qβ 「君たちはなんでそんなに匂いというものに否定的なんだい?
体臭は最高の官能に対するスパイスじゃないか、わけがわからないよ」
比那名居剣子 「よろしく頼むわ。」
かりりん 「かりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりん → 比那名居剣子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 8354 (比那名居剣子)」
kaririri が幻想入りしました
やる夫 「         ___ 
      /)/ノ " ヽ、\
     / .イ "(●)  .(●)\   お前あたまおかしいだろ?>QB
  .  /,"才.ミ).  (__人__)   \ 
  .  | ≧シ"   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /」
城之内克也 「アイコンはあって困るもんじゃねえと思うぜ。数とか、今更だろ」
淫Qβ 「そんな!ゲロの匂いとか興奮しちゃうじゃないか!
だから僕に向かって嘔吐してよ!」
モッフル 「fateのOPから私服セイバーの画像抜き出して
アイコンにしたら需要あるモフ?」
やる夫 「       /      \
      /  ─    ─\   決してゲロ以下といおうとして間違えたんではないお
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |     


かりりん が幻想入りしました
城之内克也 「運動といえば、デュエルだろ!」
やる夫 「     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \ このQBからはゲロみたいな匂いがぷんぷんするお
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /  

GM 「いらっしゃーい」
インデックス 「食材がなんかしゃべってるんだよ>淫獣」
城之内克也 「おっす! よろしくな!」
城之内克也 が幻想入りしました
ねこ 「よろしくにゃー」
淫Qβ 「だから僕と一緒に運動しようよ!>インデックス」
シルバーホーク 「よろしく」
ねこ が幻想入りしました
シルバーホーク が幻想入りしました
インデックス 「運動(なべ)と食事(鍋)を兼ねられると聞いて」
インデックス 「よろしくなんだよー」
GM 「いらしゃーい」
インデックス が幻想入りしました
やる夫 「よろしくだおー」
やる夫 が幻想入りしました
淫Qβ 「食前の軽い運動と聞いて」
淫Qβ が幻想入りしました
GM 「ひどい内訳→ひどい内訳→ふつう→ふつう→

次は多分5陣営くらいのシンプルになりそう(フラグ」
霧切響子 「よろしくお願いするわ」
霧切響子 が幻想入りしました
GM 「いらっしゃーい」
モッフル 「よろしくフモ」
GM 「あ、スレと開始時間あわせよう
18:15に訂正」
モッフル が幻想入りしました
GM 「なんてすごいタイトルミスをしたのかしら…
今のは見なかったことに」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
GM 「開始予定はー18:20
入村どうぞー」
GM 「鍋村建て用テンプレ ver2.11 / 2014/10/19

【GMからのお願い】
(1)開始予定時間の前後で仮ズサーは極力避けてください
(2)2分以内に投票してください。あまりに遅い場合、名指しすることがあります。

【ローカルルール】
(1)AAやSSの枚数制限なし(昼も夜も自由)
(2)GMへの能力行使は自由(妖精、狢、マニア、鵺等)
(3)スキマ送りによる突然死の役職情報は、巫女系のみ開示を許可
(4)村騙りは自己責任で

【超闇鍋の重要事項】
(1)役職保証は「人狼1」「占い師1」のみ
(2)COなしは存在しません。全員が役職を持っています
(3)知らない役職や自分の役職を確認したいときはここ
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

【禁止事項】
(1)シスコピ/暴言/利敵行為/放棄/掛け持ち/ゲーム中や開始前の初心者CO
(2)占い理由と占い結果の同時貼り
(3)突然死 (回線トラブルなど止むを得ない場合は除く)
(4)夜の超過前噛み (恋人狼に限り超過後すぐに噛むことは許可)
(5)明らかに詰みな状態で、意図的な完ステをすること
(6)他鯖の宣伝に関して、過度の宣伝をすること」
村作成:2014/10/26 (Sun) 17:51:09