←戻る
【雛2475】やる夫たちの封蘇超・闇鍋村 [2947番地]
~お鍋が美味しい季節~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード出現率変動モード (TypeD:封蘇村)[D]配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon ジブリールGM
 (dummy_boy)
[目目連]
(死亡)
icon 鴉木メイゼル
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[流星天狗]
[感染者]
(生存中)
icon 球磨
 (闇灰人◆
GBxcsWGkcg)
[精神鑑定士]
[元奇術師]
(死亡)
icon わたし
 (百合籠◆
ButydSJ6OM)
[精神鑑定士]
(死亡)
icon 謎の覆面
 (DS◆
IaSoTYoBkw)
[人狼]
(死亡)
icon 雷電
 (ほーらい◆
d/IOwLFv9Y)
[狩人]
(死亡)
icon ロック
 (ルカエバ◆
ruKaeBa1O.)
[妖狐]
(死亡)
icon 王大人
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[蒼狼]
(死亡)
icon グローリア
 (Alsiel◆
Ds7rFuqjN2)
[占い師]
(死亡)
icon Y
 (スモチ◆
L4/i/NrLmw)
[連毒者]
(死亡)
icon 艦娘「霞」
 (センクオン◆
TvSxql5VxA)
[鼻高天狗]
(死亡)
icon 姫海棠はたて
 (リース◆
MWb73UOoKc)
[修験者]
[感染者]
(死亡)
icon チルノ
 (@I◆
A5RXZ.QSk.)
[祈祷師]
[感染者]
(生存中)
icon キュウべぇ
 (C_T)
[翠狼]
[感染者]
(生存中)
icon ねこ
 (スイカ◆
il8ZIfufQwHb)
[霧狼]
(死亡)
icon 重音テト
 (エノク語◆
CkK42HJiBJ9Z)
[霊能者]
(死亡)
icon 電気公
 (湯会飯◆
TPO6Yedwsg)
[吸血公]
(生存中)
icon エージェント
 (怒士郎人◆
pjojRlX5pw)
[迷い人]
[感染者]
(死亡)
icon 東風谷早苗
 (観月◆
CewxvXIT3Y)
[騎士]
(死亡)
icon れみりあ
 (弓の人◆
H/UIyHiUAk)
[雛狼]
(死亡)
icon できない子
 (祭◆
I1iufbf.e.)
[念騒霊]
[感染者]
(死亡)
icon マリア
 (畑◆
UaHqC0IzMA)
[占い師]
(死亡)
ゲーム開始:2014/10/30 (Thu) 22:56:10
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営5 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1 天狗陣営2 神話マニア陣営1
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ジブリールGM 「されさて
隠蔽ではございませんね(再度確認)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ジブリールGM 「お疲れ様にございます」
れみりあ 「いったーwwwwwwwwwww」
れみりあ 「……と言うか結構厳しい村じゃないかしらコレw」
ジブリールGM 「騎士吊って占い師も吊るのでございます!」
れみりあ 「というか私吊りでいいって言ったのに吊らなかったわねーw」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
れみりあ 「…あ、ちゃんと王大人入れてるわね。まあコレで占い飛びにくくなったでしょ…めいびー」
ジブリールGM 「できない子様は指導者は観戦ページから判別できる、と言っているのでございましょうか?
埋めチル様はその行為は禁止してございます。
確かに言わなければばれないかもしれませんが、そこは善意を信じる他ないでしょう。
私は信じております故。」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ジブリールGM 「ほう……」
れみりあ 「まあ噛んでおきたいルートだしねえ。神話系」
れみりあ 「多分真でもそれしたわよ>しごとできなかった遺言
れみりあうー☆だし(真顔」
れみりあ 「……しかし、今回村人基本的に仕事ある人間ばかりね。」
ジブリールGM 「恐ろしいものにございますねえ>れみりあ様」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
れみりあ 「うー☆」
れみりあ 「騎士か占い吊れるわね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
れみりあ 「おつかれさまよ」
ジブリールGM 「お疲れ様にございます」
マリア 「お疲れ様です」
れみりあ 「適当に?>逃亡者CO」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジブリールGM 「エージェント様は生き残れますでしょうか?
ジブリールは逃亡者系を応援致しております。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ジブリールGM 「お疲れ様にございます。」
重音テト 「お疲れ様」
れみりあ 「おつかれさまー」
重音テト 「んー、ここで噛まれるかぁ」
ジブリールGM 「惜しい>霞様」
マリア 「お疲れ様です」
れみりあ 「雛引いた瞬間から下手に生存欲引きだしたら不味いと思ったよねー>発言数少ない
というかグローリアがこっち吊りそうな気配したし」
重音テト 「狼の数自体が少ないんだからそこは気にしなくていいと思うよ」
れみりあ 「と言うか下手に残って噛めない日々が怖かった件w」
重音テト 「僕の結果見てるか!?>早苗」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ジブリールGM 「真夢わからないじゃございませんか>テト様」
重音テト 「れみりあ吊って●出るならほぼ真想定するよー」
れみりあ 「夢はあり得るからねー。
それに狂人可能性もあるから何とも言えないのよ」
重音テト 「まあその割に王大人投票継続してるのは・・・
人外っぽさを感じたというのがあるかな」
ジブリールGM 「お見事な推理でございますね!>テト様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ねこ 「お疲れ様にゃー」
ジブリールGM 「お疲れ様にございます」
重音テト 「どこ吊ってもよさそうに見えたからなぁ
(どこ吊りたい、ではなくグレランしかない、という辺りが)」
重音テト 「お疲れ様」
れみりあ 「おつかれさまー
…うん霧ならもっと別なの騙りなさいよw」
マリア 「お疲れ様です」
重音テト 「吸血公いいなー」
ねこ 「ごめんにゃ
吸血鬼のCO用意してたてら何騙りするか
思いつかなかったにゃ>れみりあ」
れみりあ 「雷電が…しらない…ですって!?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
重音テト 「雷電だって分からないことぐらいある」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
れみりあ 「…酷い村ね(遠い目」
重音テト 「GJと」
ジブリールGM 「これはこれはなかなかに」
重音テト 「狐勝ちそうな、アレでソレ」
重音テト 「あんま覆面放置して灰指定する意味が分からないんだけどなぁ」
ジブリールGM 「ロックンローール!」
れみりあ 「あ、狐逝った」
ジブリールGM 「雷電の狩人日記長過ぎでございます(眩暈)」
れみりあ 「……あれ?もしかして吸血鬼勝利あり得る?」
ねこ 「ああ、吸血かにゃ>わたしGJ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
重音テト 「どの道覆面は今夜死ぬ模様(はたてが暗殺するから)」
ジブリールGM
       /                 \!/////////////////l
      _{   , --、/ ̄ ̄}  {´`ヽ- 、   |////////////////∧
   ,..:.:´:.:.:.:.:>、/-、_,ソ: : : 'ー--': :/_ ,\_!/////////////////∧
  ヽ:.:.:.:.,-=、  /: : :l: : :\: :`ヽ、: ',: : : : : : l、/.|//////////////////∧  私と致しましては
   ∨:.{  }/: : : : ,\_:-,.ィミ: ヾ!: : : ,: : : }: :l////////////////////ヽ   カリスマ溢れる
    }:/:>/: : l: : : :/: :ゝ,/,心 lト,: l: : : l: : : l: :!///,.イ/////////////////∧   レミリア様が好きでございますが
    V/:{: : : :ヽ: : :_\イトz(ソ / }: :|: : : |: : :.{、|///,....-――- 、////////////}  
      {iヽ: : : \: _,、:ゝ ¨  , l:イ: : : :|、: :ゝl//´ ̄`,ヽ、|}   `ヽ/////////,l    皆様はどちらのレミリア様が
______\: :.ム、: ソ   / } /:イ: : :イ{/ /l/    ', \    \///////,|     お好みでございましょうか?
´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`/: イ/: : :ゝ、 ー' /:イ: : /ト、、,/ l{      、  \    \//////}
        /:イ /: ,: : : l: :{ ̄/¨´!: :.{ ll `/       __ ,  ヽ     `ヽ////!
           l:.イ: : /!: :l  ` ̄lヾ:jコl| {  {`ヽ /:.:.:.},〉  ',       ヽ//
         / リ |: :/ ヾ:,j    |  ヾソ∧、  }:.:.:r/:.:.:.:.:.l           l/  _
        /    ゞj   !     ,!   ゝ、  >' ー'` ̄、 ̄     l      l/-:.:.:.:.:.:l
       /         i|    {     /__/ l,r- >_\    , ,r--、/:/:.:.:.:.:.:.:.:l
、     /            i|    ヽ_    ー'--r' ` l__,/   _,.\- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
. }  /            i|   , イ`ヽ=''´}V_,!   |',  _,/`\_/_/:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.
/ ,イ             i|  /  ヽ:.:.:l/{--'__|.   !/`|_  /     \:.:.`:.ヽ:.、:.:.:.:.:.ソ
 /  ,.. -――――-、  ./, -―'''' " ̄ ̄ ̄ヽ__二コ、ー-- 、 ̄       ヽ:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
,/ /          ヽ/´    、_     {、 _>-、    `ヽ、-――  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
,/            {        ̄`ヽ、  ` \__> -、   \、_     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                ':,   ヽ       \  ゝ、   /!_             }`ー- 、:.:.:.|
         r=-、 ̄`->、 _         `ヽ、  \/r-'' }_           |    }:/:.!」
ジブリールGM 「申し訳ありません>霊界
誤爆いたしました……」
重音テト 「狐終了
・・・まあこのまま村が勝つか」
れみりあ 「ふ、私のかりちゅま力がGMにもとどいたのね」
ジブリールGM 「明日は覆面様がお死にになる事でございましょう……ああ無情にございます」
ジブリールGM 「えっ>れみりあ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
れみりあ 「おつかれさま」
ロック 「お疲れ様」
ジブリールGM 「お疲れ様にございます」
重音テト 「お疲れ様」
ねこ 「お疲れ様にゃ」
マリア 「お疲れ様です」
重音テト 「ここから吸血鬼は・・・難しいんじゃない?
多分その前に狼が全滅する」
れみりあ 「正解よw>きゅうべえか電気工のどっちか狼」
ねこ 「騎士がいるのが辛いにゃあ
何にしてもこの狼の残り数で」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
重音テト 「どっちも噛めない、という>狼の噛み予定先」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
れみりあ 「GJ多すぎよwwwwwwwwwwwww」
重音テト 「お疲れ様」
ジブリールGM 「お疲れ様にございますってファー」
ロック 「お疲れ様」
ねこ 「お疲れ様にゃ」
姫海棠はたて 「お疲れ様」
エージェント 「む?」
重音テト 「・・・なんだこの、なんだ?」
謎の覆面 「なん・・だと」
れみりあ 「一気に減ったわねwwwwwwwwwwwwwwwww」
姫海棠はたて 「神かくし、ね」
エージェント 「私の死はGJによるものか?」
謎の覆面 「流星天狗ぅううううううううう」
姫海棠はたて 「やれやれ、付いてないものだ」
マリア 「お疲れ様です」
重音テト 「これ早苗がグローリア吊り推しそうだなぁ。すごく」
姫海棠はたて 「メイゼル殺しておくべきだったか」
れみりあ 「変に死に過ぎて村カオスになってるわねwwwwwwwwwwww」
エージェント 「……ああ、狼が霞を噛んでGJは出たが
私が周辺に逃走したが故死んでいるのだな」
れみりあ 「やったグローリア逝ったw」
ねこ 「吸血鬼の吸血のGJのせいで混沌としてるニャア」
エージェント 「私の遺言が無いことから逃走者を想定しないのか?」
重音テト 「指定必須なんだけどなぁ・・・この状況」
姫海棠はたて 「ねーよ」
ジブリールGM 「おお、狼に一筋の光明が見えましてございますよ!」
謎の覆面 「真占い釣らました」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
重音テト 「2占い吊りなぁ」
れみりあ 「破綻してないからこそ意味が分からないことになってるわねw」
姫海棠はたて 「早苗が護衛成功を出した保証が何一つ無いし」
重音テト 「割とここから負けもありそうだと評するか、これは」
姫海棠はたて 「そもそも。普通に考えろ
雷電死んでないのに霞を噛む訳が無いだろう」
れみりあ 「まー、確実に雷電護衛しないでしょうから雷電噛んで早苗吊り方向よねーw」
エージェント 「しかし、逃走位置には失敗したな
まさか狩人を噛まないとは考えもしなかった」
姫海棠はたて 「そしてメイゼルが暴れだす」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
謎の覆面 「両方真みえるからここからどうするのかな
楽しみである」
ジブリールGM 「お疲れ様にございます」
ロック 「お疲れ様」
姫海棠はたて 「やれやれ、オーバースペックな存在を作ったものだ」
ねこ 「お疲れ様にゃ」
重音テト 「お疲れ様」
れみりあ 「多分2狩人想定ができてないんじゃないかしら?」
エージェント 「御苦労だ、グローリア」
れみりあ 「おつかれさま」
グローリア 「えー…」
マリア 「お疲れ様です」
グローリア 「いやほんと意味が分からないんだけど。」
姫海棠はたて 「お疲れ様だ」
重音テト 「狼が誰よりも状況を正しく把握してるっていう状況」
姫海棠はたて 「簡単な事さ>グローリア」
グローリア 「私破綻してないわよね?」
ジブリールGM 「球磨様を説得できたか否か、でございましょうか>グローリア様
吊り理由は……ふむ、れみりあ●を怪しまれたご様子
しかし真結果故いかんともしがたき事で」
重音テト 「えー・・・>れみりあ●が胡散臭い」
エージェント 「しかし誰も私を逃走者と考えないな…」
れみりあ 「村人が誰も破綻してないんだけど、カオスな状況すぎるから偽目なのよねー
まあ2狩人想定してないのが一番大きいところじゃないかしら?」
姫海棠はたて 「ボクが覆面を暗殺し
メイゼルがボクを暗殺し
エージェントが逃亡失敗した」
ジブリールGM 「破綻していないどころか>グローリア様
暗殺結果で覆面様偽に見られ、そこから真に見られるのではないかと思いましたよ」
謎の覆面 「自分が逃亡だとして指示通りならYか王に逃げて死んだくらいかな」
ジブリールGM 「そも、真は破綻いたしませんし」
グローリア 「なんで暗殺主張あるのに吊るのか真剣にわからないんだけど。
えー…あれに信用負けるのだけは悔しいんだけど。」
重音テト 「そもそもメイゼルが覆面暗殺したかもしれない、と下界で言ってるのに
なんで破綻意見がまかり通るのか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
姫海棠はたて 「知らん」
姫海棠はたて 「そもそも雷電指定してる段階から
正直あんまり信用したくない指揮役だったね。ボクとしては」
重音テト 「天狗が暴れてるっていうのはあるけど
・・・役職の割に村がちょっと脆すぎやしないかい?」
ジブリールGM 「球磨様との相性でございますかねえ……>グローリア様」
れみりあ 「というか結構村有利役職ばかりなんだけどw」
エージェント 「私の迷い人は早めにCOすべきだったかな?」
重音テト 「狼に勝ちの目が出た、ということは
吸血鬼にもここからチャンスがあると」
グローリア 「いやこれで負けたら私悪くないわよね?
と言うか未だに納得できないんだけど。」
姫海棠はたて 「普通に強いさ」
れみりあ 「私とか雛よ!?引いたとき吹いたわよwwwwwwwwwwwww」
姫海棠はたて 「ただ、「確立とは言え、即座に殺せる人外」は
決して弱くは無い、という事さ」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ねこ 「騎士とか占い2POPとか暗殺者とか
普通なら人外瞬殺にゃ」
ジブリールGM 「お疲れ様にございます」
重音テト 「お疲れ様」
ねこ 「お疲れ様にゃ」
れみりあ 「おつかれさまー」
マリア 「お疲れ様です」
姫海棠はたて 「お疲れ様」
エージェント 「御苦労だ」
わたし 「あら、噛まれましたね……。」
ジブリールGM 「誰が悪いという話でもございませんよ
色々な要素が絡み合うのが闇鍋でございますから」
ロック 「お疲れ様」
姫海棠はたて 「そして、一番大事な事が
ボクが虫喰暗殺で反射したとする
メイゼルが暗殺を覆面にぶっこんでいる」
姫海棠はたて 「そしてエージェントが死んでいる。理由はわからないけどね

さて、逃亡失敗で見るか暗殺で見るか、という話になる」
重音テト 「吸血鬼がいるのに吸血GJの存在が忘却された村」
エージェント 「しかし私は逃走者の使用を少し誤解していたのが手痛い…
GJが出ても、私は死亡する。
逃走者とはそもそもGJもなく狼でもない位置に逃げるものなのだな」
ねこ 「ああ、ねこの吸血鬼COで余計に混沌となってるのかにゃ」
重音テト 「迷い人なら狼に逃げ続ければ死にはしないけどね」
わたし 「早苗真騎士なのにわたしが噛まれててGJ表記……?
どういうことでしょう」
エージェント 「ん?迷い人でも狼に逃げたら死にせんか?」
謎の覆面 「艦娘「霞」がここでY●ならYで逃亡失敗の可能性が出てくる
指示された2段目なので」
姫海棠はたて 「そして、メイゼルもアウトだというのは、霊界視点かな?」
ねこ 「迷い人 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.5.0 α7~]
[耐性] 人狼襲撃:特殊 / 罠:有効 / 暗殺:無効 / 遺言:不可
逃亡先が「嘘つき」(精神鑑定士) だった場合は死亡する、特殊な逃亡者。」
れみりあ 「迷い人は嘘つきだけだったはずよ」
重音テト 「逃亡者が死ぬ条件は役職によって違うんだよ>エージェント

迷い人なら精神鑑定が「正常」を出すところにさえ逃げれば死なない」
ねこ 「死なないにゃね>エージェント」
わたし 「迷い人は『嘘吐き』と『襲撃された位置』に逃げると死ぬんですよね?」
エージェント 「ああ、そうなのか…
勘違いして狼も避けていた
これは私の大きなミスだな 申し訳ない」
グローリア 「と言うか蝙蝠結果だしてる私の真見ないんですかそうですか
・・・死にたいわね。これ」
重音テト 「むーん・・・?>グローリア吊って霞も吊る」
姫海棠はたて 「メイゼル視点、昨日の複数死体は
「暗殺が出た」可能性の方がはるかに高い
そしてそうであるのならば「メイゼルはグローリアの信用を補強している」のだから
グローリア吊るなら今日はメイゼル吊るべきだ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
姫海棠はたて 「ま、下界でここまで言っても仕方の無い事ではあるけどね
霊界視点が多分に含まれている」
れみりあ 「一回偽に見られると最後まで持ってかれるときはあるわねー
何故か占い3で○2貰った次の日に●投げ込まれたことあるけど、何故か村はその占い信用しちゃったし…」
ジブリールGM 「吊ってしまいましたからねえ>グローリア様
まずグローリア様が真ではないか、という思考を始めなければなりません」
グローリア 「・・・いや、これ怒りとか通り越して
笑えてくるんだけどさ…どうすればいいと思う?

ただ…これ負けても私のせいにはしないでほしいかな。うん。」
姫海棠はたて 「蝙蝠結果自体は、信用にはなりえないよ」
姫海棠はたて 「「誰でも出せる」から」
重音テト 「下界だとYが正解に近い一番思考してるんだけど」
グローリア 「なりえなくても吸血GJの可能性出て蝙蝠結果出してるなら
少しは考えてほしいもんだけどねぇ。

れみりあ●胡散臭い言われたらどうしようもないんだけど。」
ジブリールGM 「例えどこが負けようとも、誰か一人を敗因にするような事は誰も致しませんよ>グロリア様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
れみりあ 「偽でも蝙蝠占いはよくあるわよ?」
謎の覆面 「Yは●出されてるからね 見やすいんだろうね」
れみりあ 「おつかれさまー」
ジブリールGM 「お疲れ様にございます」
重音テト 「お疲れ様」
ねこ 「お疲れ様にゃ」
ロック 「お疲れ様」
姫海棠はたて 「お疲れ様だ」
姫海棠はたて 「だからどっちかと言うと、グローリアが言うべきは
「死体3でメイゼルが覆面暗殺主張なら、暗殺で死ぬ覆面は人外」だと
こういうべきかな?>グローリア」
エージェント 「勝負は必ずしも自分に風がふくわけではない
時には流れが悪い時もあるだろうが、それを糧にして勝利を手にすればいい >グローリア」
わたし 「お疲れさま」
艦娘「霞」 「あーやっぱほぼ正解なのにめんどくさいことになってる。
そして流星天狗、よく謎の覆面に神通力使う気なったな・・・」
れみりあ 「ま、私が貴方に票してるのも偽に見える一因かもしれないわね
早苗とかはそれで貴方を偽としてみてたようだし」
マリア 「お疲れ様です」
重音テト 「まあそこは僕も「?」ではあるけど>れみりあ●について

吊ったところに●出すのは偽だっていう理屈か(夜発言から考えると)」
姫海棠はたて 「◇球磨 「ぽいクマね。 はたて蝕暗殺で自爆、エージェント噛みと見るクマ」

これを想定するのなら、寧ろグローリア信用するべきさ」
グローリア 「初日に投票してないとかなら分かるけど
ちゃんとしてるやん」
れみりあ 「あ、早苗気付いたわね
…となると護衛は雷電いくかしら?」
姫海棠はたて 「安心すると良いよ
殺されたのはボクだから>霞」
姫海棠はたて 「っていうか」
艦娘「霞」 「あ、ほんとだw」
姫海棠はたて 「しょーじき早苗が胡散臭すぎてグローリア真の早苗大天狗に見てた」
重音テト 「真占い疑って殴って吊ってからそこが真だと気付いた時はすごく申し訳ない気分になるよね」
謎の覆面 「はたてがこっち暗殺
はたて神通」
ロック 「狩り殺しされる天狗は大天狗だけだな>下界のメイゼル」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グローリア 「そもそも早苗の殴り可笑しいですもん
私マニアラインに触れてませんよそこまで。
出てきてくれたのありがたい、5日目に出るならいいですとしか言ってないし。
なんであそこまでロックされたのかわからない。」
姫海棠はたて 「っていうか、7割で神通力通ったのボクだけなんだが……」
ジブリールGM 「流星天狗ってほぼ失敗しますよねえ
これは老兵もまずいですねえ」
重音テト 「さあ・・・?>グローリア

なんでグローリア殴ってるんだろうってぐらいだった
まあ僕はずっと霊能結果持ってる視点で喋ってたんだけど」
グローリア 「はぁ…まだ色々と納得できん。
勝てたとしてもこれじゃ消化不良ですよ。」
エージェント 「7割はわりと通る方ではないかな >はたて」
姫海棠はたて 「ぶっちゃけ面倒くせぇから早苗吊ろうぜとしか
騎士COしててもボク生きてたら早苗ぶっこんだわ。多分」
姫海棠はたて 「違うよ」
姫海棠はたて 「ボクまでに3回行使してて
死んだのボクだけなんだ……>エージェント」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
ロック 「お疲れ様」
ねこ 「お疲れ様にゃ」
ジブリールGM 「お疲れ様にございまうわぁぁあぁぁ」
エージェント 「…ああ >はたて」
れみりあ 「まあ迷走することはよくあることだし、おちつきなさいな」
重音テト 「早苗もグローリアもれみりあ吊ってるのに
早苗がれみりあに殴りかかっててどうしようかなーって気分だったぞ」
れみりあ 「おつかれさまー」
姫海棠はたて 「お疲れ様」
重音テト 「お疲れ様」
グローリア 「お疲れ様。真占いです。」
ジブリールGM 「雷電が騎士を噛んだようにしか見えませんねこれは」
重音テト 「あー・・・」
雷電 「ほう、早苗真だったのか・・・」
マリア 「お疲れ様です」
れみりあ 「まさかの両方死wwwwwwwwwwwwwww」
重音テト 「こう

閻魔って強いんだなって再認識するよね!」
謎の覆面 「雷電の騎士噛みにみえる
天狗の神通もこわいねー」
ねこ 「狩人が同時に死んだから下手したら
雷電狼で早苗噛みで見られる可能性あるかにゃあ」
姫海棠はたて 「そりゃ」
姫海棠はたて 「7割も通る「狼陣営の暗殺」だ」
姫海棠はたて 「極論言ってしまえば
共有に全ツッパするだけで十分強いさ」
れみりあ 「…コレどう頑張っても狼吊れなさそうねw」
雷電 「俺がそれをするメリットは薄いんだよなぁ・・・
早苗真ありそうってのは少し思ったが」
東風谷早苗 「完全に吸血鬼に惑わされてしまった」
わたし 「神隠し……?」
艦娘「霞」 「Y吊ってくれたら俺の会心の一撃なんだがなぁ。」
グローリア 「天狗の暗殺は神隠しで表記されます。」
姫海棠はたて 「そもそも、まー」
れみりあ 「なぜか霧狼が吸血鬼COしてるからね…w」
姫海棠はたて 「雷電狼で、吸血GJ見るなら」
エージェント 「ふむ、狼吊りか
あとの懸念は吸血鬼だが…」
姫海棠はたて 「球磨に指定件なんざ無いんだがね」
ジブリールGM 「おー、LWでございますね」
わたし 「ナイス判断ですよ球磨ーちゃん!」
雷電 「俺が狼の場合、そもそも早苗を噛むメリットがない
早苗を噛む=霞が真占い=LWのYに●出ている

これを勝ち筋だと考える奴は・・・居ないだろう」
グローリア 「・・・あぁもう
納得いかない吊りで吊られると無性に腹立ちますね。
我慢しなきゃなのはわかってますが。」
重音テト 「ただ吸血鬼勝利の足音がかなり近い」
グローリア 「吸血鬼勝利したらおめでとうでいいんじゃないですか?
見つけたのに処理しないのなら知りませんよ。」
わたし 「わ、わたしは投票外しましたよ(震え声)」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
れみりあ 「電気公吊った方がいいんだけどねー…
というかクマにはなにが見えてるの…?w」
雷電 「球磨噛んでY吸って・・・で詰み筋か」
エージェント 「吸血鬼に勝たせなくないのならば狼はそこを噛め
鍋とはそういうものだ」
謎の覆面 「このまま進めば吸血勝利
吸血鬼吊れれば狼の勝利かな」
姫海棠はたて 「さぁ……」
姫海棠はたて 「何が見えているんだろうね」
姫海棠はたて 「こればかりは、指定役になってみないとわからない
指定役が見える景色は、他の人とは全く違う形と色をしているのさ」
ジブリールGM 「まあまあ>グローリア
悔しいのは非常に分かりますが
腹が立つ、と怒りを表に出す事は控えませんと」
重音テト 「うーん。僕がまだ生きていられればまた違ったかもしれない」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
雷電 「いや、これ身代わりの無敵吸血鬼だからなぁ
噛んでもダメなんだわ

今、素村5人居る首領状態」
姫海棠はたて 「お疲れ様」
れみりあ 「まあ…ギリギリ一手セーフかしらねー
流石に明日吊るでしょ>電気公」
ロック 「お疲れ様」
王大人 「死亡確認!と」
ジブリールGM 「指定役も精一杯考えた結果なのでしょうし」
重音テト 「お疲れ様」
れみりあ 「おつかれさま」
姫海棠はたて 「簡単な話さ」
ねこ 「感染付いてないのが球磨・Y・QB・王大人で王大人が吊られて
球磨噛みで考えると明日吊らないとかなり厳し目だにゃ」
グローリア 「んー…分かってるんですけど
何を見て吊ったのかわからないんですもん。
やっぱ狐のほうが楽しいです。」
ねこ 「お疲れ様にゃ」
ジブリールGM 「お疲れ様でございます」
マリア 「お疲れ様です」
姫海棠はたて 「今日、いや、明日か
明日、キュウべぇを吊ればいい」
エージェント 「身代わり能力を持つ上位吸血鬼。

身代わりの対象は自分の感染者。」
エージェント 「…確かにな……
強すぎる」
重音テト 「いいなー吸血公」
姫海棠はたて 「狩り殺しをされる以上、ね」
重音テト 「※殺してます>メイゼル」
姫海棠はたて 「ある程度は能力は持つさ
宣告、身代わり、性別暗殺、役職判定」
ねこ 「結構が派手に散ったのになんで死体に入って無いにゃ>チルノ」
エージェント 「これは感染が先か噛みが先かどちらなのだ?
感染が先ならば狼身代わりで村勝利だが…?」
れみりあ 「逃亡者のこと忘れてるわね球磨」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
姫海棠はたて 「感染が先、だ」
王大人 「明日電気公吊れれば勝算はあるかな」
姫海棠はたて 「ああ、あとグローリア」
ねこ 「逃亡者死亡とかなかなか
思いつかないだろうにゃあ」
姫海棠はたて 「落ち着け、とは言わない
ただ、表に出すな」
グローリア 「なんです?」
れみりあ 「吊れなかったら詰みだけどね>電気公」
重音テト 「チルノが指揮執って・・・どう転ぶかな?」
ジブリールGM 「ゲームなので皆で楽しめる事を優先して考えるとよろしいですよ>グローリア様
勝ったら嬉しい、吊られたり負けると悔しくはありますが
どちらにしても、みんなでわいわいやって楽しかった、とそう思えるのが一番でございます」
グローリア 「了解。」
重音テト 「遺言なしの複数死体が出たらブン屋か逃亡だろう、というのは定型句のようなものなんだけどね」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
エージェント 「ん? 明日キュウべぇが吊られても勝てるのではないか?
Yが感染してないのだからな」
ロック 「お疲れ様」
重音テト 「お疲れ様」
王大人 「グローリア吊りはどうだろうな・・・実際天狗噛みも
狼はそれを狙ってはいたからな」
ねこ 「お疲れ様にゃ」
れみりあ 「おつかれさまー」
王大人 「お疲れだ」
球磨 「おつかれクマー」
姫海棠はたて 「お疲れ様だ」
エージェント 「御苦労だ、球磨
私は迷い人で、霞逃走、GJで私脂肪だ」
マリア 「お疲れ様です」
ジブリールGM 「お疲れ様にございます
ふむ……電気公様はQB様吸血ですか」
重音テト 「流石にここからY吊る展開はないと思うけど」
球磨 「できない子は態度的にまぁむらかと思って」
王大人 「QBは電気公吸血鬼は把握してるからな」
球磨 「あー読めたクマ 逃亡失敗してるのかクマ」
艦娘「霞」 「電気工吊るのも「変な展開」なんだよなぁ。」
王大人 「流石にここで吊りは狙うだろう」
ジブリールGM 「しかし今日電気様を吊らなければ吸血鬼勝利待ったなしでございます」
艦娘「霞」 「球磨>逃亡自体は成功で噛み合わせだね。」
わたし 「お疲れさまです」
姫海棠はたて 「変な展開でいうのなら
グローリア吊った後にメイゼル吊ってない時点で「変」さ>霞君」
エージェント 「今日キュウべぇが吊られればいいのだが…まあ、吊られんだろうな」
王大人 「いや、逃亡死はいいが占いCOとかに逃げるなよとうん >エージェント迷い人」
ねこ 「ねこが指示役だったらそこまで回数を重ねてないから
こんな状況になったらわからないだろうけど
覚えておきますにゃ>重音テト」
グローリア 「ここまで来たら吸血鬼勝ちでもいいんじゃない?とは。」
重音テト 「電気公で吸血公

勝てたら盛大な拍手で迎えよう」
姫海棠はたて 「でも、誰もそれをおかしいとは言わないだろう?
つまり、本当に変な吊りなんて存在しないの差」
ジブリールGM 「全てはチルノ様の決断次第にございますれば」
れみりあ 「メイゼルがチルノやって、きゅうべえがY噛めばいけそうかしらね」
姫海棠はたて 「まー」
姫海棠はたて 「ぶっちゃけっとさ」
エージェント 「ああ、仕様を勘違いしていたのだ、すまないな >王大人」
姫海棠はたて 「ここで一番生きてておかしいのって、メイゼルだけどね」
グローリア 「ここでできない子吊るのなら吸血鬼の勝ちでしょ。」
れみりあ 「吸血鬼勝利するわねコレwwwwwwwwwwwwwww」
重音テト 「まあ真証明してるっぽい魔法使いがいつまでも噛まれてないわけでね」
ジブリールGM 「吸血鬼勝利のようでございますね
まあ、まだメイゼル様のRYU! SAY!が残ってございますが」
謎の覆面 「電気公噛み&神通に祈るか」
ロック 「流星は殺せる奴限られてるし」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
グローリア 「電気公噛んでも意味なし。 感染者が身代わりになるから。」
姫海棠はたて 「それにそもそも、メイゼルの証明は、そのままグローリアの真に繋がる(性格には覆面の偽)」
ロック 「そもそもLWあり得る場所には流星は行かないだろう」
姫海棠はたて 「だから、グローリア吊ったなら、メイゼル吊らないといけないのだけどね」
謎の覆面 「ああ、身代わりになるんだっけ 吸血公」
王大人 「キュウべぇ は できない子 に処刑投票しました
おーい」
れみりあ 「きゅうべえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
エージェント 「これは吸血の勝利だな
盛大に祝ってやるとしよう」
重音テト 「というかチルノは本当に一切の進行が頭に入ってない可能性が割と
(ずっと夜時間使って祈祷師の計算してたっぽいし)」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
雷電 「あー、電気工が勝利確定したっぽい」
姫海棠はたて 「お疲れ様」
重音テト 「お疲れ様」
れみりあ 「貴方目線確定吸血鬼でしょうがwwwwwwwwwwwwwww
下手したら終わりかねない吊りするなwwwwwwwwwwwwwww」
ねこ 「吸血鬼勝利にゃね」
できない子 「お疲れ様。」
球磨 「そもそも吸血見えた臭いから 先に狼吊り切る予定だったから
クマ的にはこう吊れ吊れいうのには無視してたクマ?」
マリア 「お疲れ様です」
姫海棠はたて 「ああ、単純な事だろう?
別にキュウべぇ視点、吸血鬼なんて噛めばいい」
れみりあ 「おつかれさま」
ジブリールGM 「お疲れ様でございます」
重音テト 「やっぱり>結果持ってない」
姫海棠はたて 「別に、吊る必要は無い」
ジブリールGM 「まだメイゼル様の流星が残ってございますね」
球磨 「お疲れクマー 別にCOしないのはいいけど人によるクマ
できない子 「ちょっとグローリア信じきれなかったねー。ごめーんね。」
ねこ 「流星の暗殺が電気工に通ればワンチャンかにゃあ
ジブリールGM 「それはいけないのでは……>チルノ様
せめて周りにお聞きになられるのが良いかと」
雷電 「流星は役職限定だから通らないはず」
王大人 「流石に感染者どれだけかわからんのに噛み狙いは悠長なんだがな
序盤はほうっておいていいが」
エージェント 「だが、もはや時はすでに遅し
もはや感染者に満ちているのだよその村は」
れみりあ 「天狗見えてるんだし、電気公吊りまわった方がいいわよ…」
重音テト 「流星は吸血鬼暗殺できないんじゃない?」
グローリア 「信用されなかった私が悪いでいいですよ。
吊った以上謝らないでほしいですね。複雑な気持ちになるので。」
できない子 「ちょっと迷いはしたんだけどなーグローリア。占い師だったかー。」
姫海棠はたて 「仕方ないさ。LWだ」
ロック 「吸血鬼には神通力は通じない」
ねこ 「そうなのかにゃ
ありがとうにゃ>雷電」
ロック 「通じるのは狼、子狐、狩人、暗殺だけだ」
ジブリールGM 「電気公様噛みですと……QB様死亡もありますねこれは」
れみりあ 「まあもう詰んでるんだけどね。」
雷電 「どうやっても勝ち確定してる」
球磨 「問題は吸血公だと噛みキャンされないって話だからなクマー」
エージェント 「仮にY、チルノ死だとしても…まあ、吸血鬼勝利だろうな
下界はもはや詰んでいる」
グローリア 「まぁ覆面暗殺主張の魔法使い(天狗)いるのにつられる時点で
私真みてないんでしょうしいいんじゃないですかね? としか」
できない子 「おにいちゃん何で落ちたん?」
姫海棠はたて 「グローリアが真よりも「偽に見られていて」
そこの人外判定に、指定に逆らってまで入れるかい?LWがという話だ>王大人」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
謎の覆面 「上位吸血鬼であったが故の」
重音テト 「下界にいても多分言うんだけど・・・
普通にグローリアが出た時点で覆面吊ったらいいんじゃないの?
灰指定しないで(少なくとも覆面は狩人ではないので)」
姫海棠はたて 「IFVさんの「お前も毒で死ね」ってされたの>できない子」
姫海棠はたて 「っていうか」
グローリア 「一応霞が○重ねてきたから吊れなかったんでしょうよ
その時点で真見られてないなとは思ってたけど。」
王大人 「グローリアはどうでもいいがメイゼルー電気公両方放置は駄目だろう >はたて」
姫海棠はたて 「覆面吊らないのは個人的には気分だけど
グローリア吊るなら霞より先にどう考えてもメイゼルだろ、吊り」
できない子 「あー流星天狗ってそんな力持ってるのね。あんまり天狗に詳しくなったのがいけないなー。」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました