←戻る
【雛番外】薔薇乙女たちのカップル派閥村 [2969番地]
~その想い、解き放て~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 2 分 / 夜: 3 分)[2:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GMゲルト君モード秘密会話あり自動で霊界の配役を公開する白夜村決闘村
1 2 3 4 5 6 7  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 幻想GM
 (dummy_boy)
[女神]
[公開者]
(死亡)
icon ノーマルCPなブラン様可愛いbot
 (プラスアルファ◆
loCN6SxP9c)
[女神]
[恋人]
[公開者]
[受信者]
[共鳴者]
(死亡)
icon ヴォルアル同陣営生存大勝利
 (nnm◆
Lt.nnmDL3AV3)
[おしら様]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ノーマル豊音
 (コルクマリー◆
gBUKEBS0Ok)
[弁財天]
[恋人]
[難題]
[公開者]
[受信者]
(死亡)
icon BL推奨
 (れーちゃん◆
V.RrOCOnM2)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
(死亡)
icon ぼっち
 (入村数の人◆
8U./Lb8Pi6)
[夢求愛者]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ぼっち慎二
 (カラス◆
kOk67gZbD6)
[人狼]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
(死亡)
icon ボッチクマー
 (ディー◆
Yr5YVhO3Zk)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
(死亡)
icon CPL悪魔ほむら
 (百合籠◆
ButydSJ6OM)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
(死亡)
icon ぼっちのとある剣士
 (エンバー◆
Ii6MWzjzRk)
[求愛者]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon やらない子@NCP
 (えんだか)
[恋妖精]
[公開者]
(生存中)
icon 百合告精リリーW
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[求愛者]
[恋人]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ノーマル霖之助
 (でっちゃん◆
oPFPs4BDEQ)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
(生存中)
icon 鹿目まどか(ケモホモ)
 (スープ◆
WAANRrg.TQ)
[女神]
[恋人]
[公開者]
[受信者]
[共鳴者]
(死亡)
icon 狂三(百合趣味個体)
 (狂三◆
PsX35IuMC3GQ)
[小悪魔]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ユーリ
 (IFV◆
dP9jsyueYI)
[女神]
[公開者]
[受信者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 佐倉杏子(TS)
 (蜜柑)
[人狼]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ロリコン・ザ・ハード
 (支柱◆
UtAzS.e2pA)
[女神]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
[恋耳鳴]
(死亡)
icon 百合卯月
 (黒紅◆
LUYrhlcEu2)
[人狼]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ノーマルド・シュワルツェネッガー
 (できない夫◆
5DYYU5zxeQ)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
(死亡)
icon 百合告精リリーB
 (@I◆
A5RXZ.QSk.)
[女神]
[恋人]
[公開者]
[受信者]
(死亡)
icon ぼっちサム
 (いわいた◆
xL6tH0hQsI)
[おしら様]
[公開者]
(死亡)
icon 大正義リンちゃん
 (ぶい◆
Eevee/Vpeo)
[女神]
[公開者]
[受信者]
(死亡)
icon 百合小傘
 (Alsiel◆
Ds7rFuqjN2)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
(死亡)
icon NL派朱鷺子
 (zanshin001◆
3BgQJacC/c)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
(生存中)
icon 非常識的百合巫女
 (ルカエバ◆
ruKaeBa1O.)
[女神]
[恋人]
[公開者]
[受信者]
[共鳴者]
(死亡)
icon ゆる百合京子
 (とき◆
Times.LJKs)
[人狼]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ●画(百合)
 (弓の人◆
H/UIyHiUAk)
[おしら様]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ノーマルでやる夫
 (ちくわ◆
Um.oQtYOoo)
[出題者]
[公開者]
[悲恋]
(生存中)
icon ノーマルセネリオ
 (たまこ◆
0XE01wwuDMFS)
[小悪魔]
[公開者]
[オシラ遊び]
(生存中)
icon ぼっち士郎
 (リース◆
z1XhdJ.lxM)
[人狼]
[恋人]
[公開者]
(死亡)
icon TSサム
 (カン)
[おしら様]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon なんでもあり咲
 (とじとじ)
[魂移使]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon シャロン@狂三姉様愛
 (ケイ◆
Lilyb//tpk)
[人狼]
[公開者]
(死亡)
icon ぼっち狐
 (外道◆
JRyRervnYg)
[小悪魔]
[恋人]
[交換憑依]
[公開者]
[共鳴者]
[共感者]
(死亡)
icon ホモ
 (果汁グミ◆
Y4CVlspSIY)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
(死亡)
icon ロマンサー【NL】
 (平家一門◆
v40Ah.wq0A)
[狢]
[恋人]
[公開者]
(死亡)
icon ウィード(ノーマル)
 (うみゃ◆
UMyaXH2476)
[かぐや姫]
[恋人]
[難題]
[公開者]
[受信者]
(死亡)
icon ノーマルリグル
 (影なし◆
KageStu09k)
[人狼]
[公開者]
(死亡)
icon 希望のカップル厨
 (レックー◆
REKvmuq0Pk)
[女神]
[公開者]
[受信者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 赤犬
 (怒士郎人◆
pjojRlX5pw)
[おしら様]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 極めてノーマルな超高校級の希望
 (湯会飯◆
TPO6Yedwsg)
[おしら様]
[公開者]
(死亡)
icon ぼっちドクオ
 (@柿◆
FvYY08u0eY)
[女神]
[恋人]
[公開者]
[受信者]
[共鳴者]
(死亡)
icon 薔薇姉
 (餡子◆
SF1HfCBzl6)
[女神]
[公開者]
[受信者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon NLインデックス
 (あろー◆
sPxuEe2FrY)
[おしら様]
[公開者]
(生存中)
icon 腐女子
 (はぐりん@超後悔◆
GrtNRpkuh.)
[銀狼]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon 薔薇漢女
 (さりえる)
[天狼]
[公開者]
[オシラ遊び]
(死亡)
icon ぼっち狼
 (つきつき-Mk2)
[人狼]
[恋人]
[交換憑依]
[公開者]
[共鳴者]
[共感者]
(死亡)
icon ぼっちでも何も怖くない
 (粉砂糖◆
sugar/WlNg)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
(死亡)
icon 男×女ン・ステイサム
 (◆
ErTFGREENU)
[おしら様]
[公開者]
[オシラ遊び]
[悲恋]
(死亡)
icon ぼっち妖精
 (すがめ◆
t8uJD51WpY)
[おしら様]
[恋人]
[公開者]
[共鳴者]
(死亡)
icon ぼっち人間兵器
 (ill◆
QKPoD/ZI7E)
[人狼]
[公開者]
[恋耳鳴]
(死亡)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ロリコン・ザ・ハード 「持ちネタ出したんで俺様は」
ぼっち士郎 「ぼっちにSSなどない!」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「あとでさがす!! →リリーホワイト」
「え、えーと……あったかな……?」
ぼっち慎二 「は?ケンタロスの方がつええし」
佐倉杏子(TS) 「一人の変化もいいけど二人変化もいいねー
手探りでお互いが模索してくかんじでさ」
大正義リンちゃん 「>ぼっちサム
そこに気付いてしまったか…残念だが貴様にはリンちゃんになってもらおう」
BL推奨 「ボク以上の手遅れが多い(ごろごろ」
ぼっちのとある剣士 「ノーマルの勝ちだ」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「ヒッキーは同級生やリア充とも皮肉交じりの会話ができる時点で論外だ
お前なんてぼっちじゃねぇ!」
百合小傘 「ログが壊れるから出せません(半ギレ)>リリーB」
ぼっち 「素晴らしいとは思うぜ。
そこに自分が要らないってことを除けばな。」
シャロン@狂三姉様愛 「コピペなら出しましたわね。百合とはいえないですけど。」
腐女子 「最初からない>BL推奨」
ぼっち慎二 「体裁は非ホモって事にしとかないとだもんね>ぼっち
大丈夫、僕はわかってるよ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
赤犬 「なんじゃと…!? >狂三」
TSサム 「TS的にはノーマルな二人が変わっちゃって 
お互いのギャップに戸惑うというシチュでご飯が進むからいいよね」
BL推奨 「はーホモ分が足りん」
百合告精リリーB 「……ところで 結局百合SS出たっけ」
狂三(百合趣味個体) 「何時からノーマルが勝ったと錯覚した!!!」
百合小傘 「くっそ…ぼっちがみんな百合になれば
勝てたじゃないか!(暴論)」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「やっぱりガルーラが一番だってことだな、解るだろ」
希望のカップル厨 「何かかけたけど、どうするかなこれ」
ぼっちサム 「そもそも第一のリンちゃんすら来てませんよね>大正義」
佐倉杏子(TS) 「TS陣営はどういう形になってもTS陣営勝利です」
薔薇漢女 「ノーマル派閥が多いとか間違いじゃないのか?」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「男女しかいねぇwww」
BL推奨 「ってことでこれ投げておいて! >GM
百合は間に合わなかった(絶望」
百合卯月 「ここから男全滅させれば百合陣営も勝利だぴょん!」
男×女ン・ステイサム 「オレらが同じ穴のムジナだってことは2日目に狢が能力発揮した時点でわかりきったことだ」
大正義リンちゃん 「しかし…一桁まで生き残った……
ここで死のうとも第二、第三のリンちゃんが…!」
ぼっちのとある剣士 「ではぼっちを卒業して求婚にでも行こうか」
ノーマル豊音 「わ~い、わ~い」
ぼっち慎二 「ノーマルが……勝ったか」
ぼっち人間兵器 「お疲れ様っと」
佐倉杏子(TS) 「AAとか使えると楽なんだけどねー>TSサム」
ロリコン・ザ・ハード 「(さすがに出題者勝利とかは無いのか……)」
ホモ 「ヒッキーがTSしたらぶっちゃけもこっちみたいになる気が>ノーマルド」
CPL悪魔ほむら 「ああ……百合陣営が……!」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「ノーマル大勝利なブラン様可愛い!」
百合卯月 「まだだ!まだ終わってないぴょん!」
百合小傘 「ノーマルの勝利?え?何それ?
そんな現実なんかないじゃないですかやだなー」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「オレとは……(ふるえ →ぼっち人間」
「おつかれさま。」
腐女子 「ノーマルが勝った!やった!」
ロマンサー【NL】 「勝ちドキじゃああ!」
BL推奨 「お疲れ様。
やる夫にコレを伝えておいてくれー!

「ねぇ、やる夫」
「なんだお」
休日の昼、ソファーに寝そべってテレビを見ていたやる夫は、愛する妻の声に反応した。
「たまには遊びにいきましょうよ」
「えー? この前一緒に遊園地行ったお?」
彼もまた、普通のサラリーマン。平日の忙しさを休日に解消しなくてはならない。
家族サービスがやぶさかではないにせよ、疲れているのは目に見えていた。
「えー、だって」
「だって、なんだお?」
「……忘れちまってるですか?」
「だから、なにを」
そう言って振り向いたやる夫の唇に、翠星石の唇が重なる。
どれだけテレビの音が大きくても
その場に聞こえているのはただ、二人の心音のみ。
「……ぷは」
「……あの、翠星石さん?」
「力づくじゃねーと、思い出しませんよね。ね?やる夫」
「…………結婚記念日、だったかお」
やる夫の顔は、真っ赤に染まっている。
キスをした翠星石よりも赤いのは、翠星石からすれば予想内だったようだ。
「……全く、へんなところでシャイなのは変わりませんねえ」
「うっせーお。あんときはやる夫が告白したんだお?」
「真っ赤な顔して私に【好きです】と言ったのは――誰でしたっけ?」
思い出されるその光景に、やる夫はぷいっとテレビの方を向きながら、笑った。
「……んじゃ、明日一緒に行くかお。けど、寝過ごしたら無しだお」
「わかってますよ。やる夫」

それは、些細なふたりのいちにち。
その手を繋ぐ赤い糸は、きっと切れないのだろう。
いつまでも。そう、いつまでも。」
極めてノーマルな超高校級の希望 「希望大勝利」
シャロン@狂三姉様愛 「お疲れ様ですわよ。お姉様、らぶー。」
佐倉杏子(TS) 「お疲れー」
ユーリ 「お疲れさまー」
男×女ン・ステイサム 「お疲れ様だ」
大正義リンちゃん 「ぐああああああ」
ぼっちでも何も怖くない 「ぼっちーなんかーこわくないー
こわくないったらこわくないー」
CPL悪魔ほむら 「お疲れさま」
ぼっち 「それとこれとは話が別だ、良いね?>ぼっちワカメ」
ぼっちのとある剣士 「ノーマル勝ちだな」
ノーマル豊音 「お疲れ様だよ~」
赤犬 「ノーマルの勝利じゃあ!」
TSサム 「お疲れ様っした!」
腐女子 「お疲れ様」
●画(百合) 「おつかれさま」
百合告精リリーB 「お疲れ様」
非常識的百合巫女 「お疲れ様です」
希望のカップル厨 「お疲れ様」
シャロン@狂三姉様愛 「わたくしの愛は永久不滅ですわよ!たとえ骨に灰にチリになろうとも。
その愛は、お姉様への愛は不滅ですわよ!」
百合卯月 「お疲れぴょん」
ぼっちのとある剣士 「おつかれだ」
ホモ 「お疲れ様です」
ぼっちサム 「お疲れ様」
ぼっち慎二 「それなら知ってるよ、大丈夫。安心して」
ぼっちでも何も怖くない 「お疲れ様ー」
TSサム 「素晴らしい。ぜひ納得のいく出来に仕上げてほしい>杏子」
BL推奨 「おう手遅れしかいないって言い方やめーや」
百合卯月 「リグル!?女の子削っちゃいやー!」
ぼっちでも何も怖くない 「ううぅっ……。
こんなにも辛く苦しいのに! 何か行動を起こすとなると尻込みして「まぁいいか……」って思ってしまうの!」
ぼっちのとある剣士 「百合、ノーマルはいいBLだめだ」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「比企谷兄妹。……は、似てるか
つまり比企谷(兄)がTS(性別転換)した場合……」
百合小傘 「…)ポンッ 堕ちれば楽になりますよ?)ニッコリ>豊音」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
極めてノーマルな超高校級の希望 「大したもんじゃないケドね」
ホモ 「いやあ、怖いですねえこの村」
ぼっち人間兵器 「いやごめん、なんか名前3行行ってたの君だけだったから>希望」
ぼっち慎二 「えっとつまり、入村さんはホモって変わらず事かい?」
幻想GM 「終わってない!はじまってる!」
佐倉杏子(TS) 「この村は隔離所なのでは」
ぼっち 「だから。
――だから俺は変わらない。」
赤犬 「じゃかあし、混沌としとるのお」
極めてノーマルな超高校級の希望 「実はボクも書いてるよ>SS」
ノーマル豊音 「わかってたけどこの村はお終いだ~~!!」
ぼっち 「万物が流転し世界が変わり続けるなら、周囲が、環境が、評価軸そのものが歪み、変わり、俺の在り方は変えられてしまう。」
●画(百合) 「百合とホモがあればいいわ」
ロリコン・ザ・ハード 「なんでSS書ける奴がこんなにいるんだって話」
百合告精リリーB 「筆が……筆がああああああ!」
男×女ン・ステイサム 「姿が似てて両極端ならジャッキーのツイン・ドラゴンがあるな」
百合小傘 「起こさなきゃ変わらないだけだよー
 え い え ん に>ぼっちでも何も怖くない」
ぼっち 「俺自身の心はどうあれ、その見られ方、捉えられ方、評価のされ方はきっと変わる。」
ぼっちのとある剣士 「ぼっちは勝手に生まれ出るならば全滅はせんさ」
BL推奨 「この前見たインデペンデスデイ2014の兄弟は全然似てなかったな! >シュワちゃん」
百合卯月 「百合陣営はすでに勝利してるぴょん!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
極めてノーマルな超高校級の希望 「なんたってボクは人狼に噛まれて死んだんだ。噛まれる希望は良い希望だよ」
ロリコン・ザ・ハード 「そもそもよぉ」
ぼっち 「必ずいつか変わる。変えられてしまう。」
腐女子 「死にたい
アイコン的にも霊界的にも死んでるけど」
ぼっち人間兵器 「リン吊りに見せかけて私吊って「こっちかーい!!!」って言う流れなのは見えてた」
ぼっち 「けれど、俺だって、いつかは変わるのだと思う。」
狂三(百合趣味個体) 「百合は滅びませんはよぉ!!!!」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「BLは!!! えいえん!!!!」
ぼっちのとある剣士 「それは同意しよう>慎二」
ぼっち慎二 「クソっなんて時代だ!!」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「いや、あいつらはある意味クリソツか
似てない兄弟ものって結構あるはずだが、えーと」
ぼっちでも何も怖くない 「ひぃっ! ま、全く反論出来ないけどかといってアクションを起こせる気がしないわ!>小傘さん」
百合小傘 「わちきは卯月とほむらといちゃつけたから勝利でいいや(真顔)」
CPL悪魔ほむら 「私はまどかと結ばれてるし、その時点で勝ったようなものよね」
佐倉杏子(TS) 「今TSSS書いてるけど導入だけですごい長くなってる>TSサム
やはりTSはスピリチュアル」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「なんかこの村流れが速すぎて大量に見逃してる感じがすっから
あとでログ見よう(真顔)」
「……そうだね、あとでログを見よう(はくしん」
BL推奨 「もっかい貼ってログ破壊にならないどうか心配ですが」
ロリコン・ザ・ハード 「恋愛沙汰とかむずかしーむずかしー」
ぼっち慎二 「夢くらい持ったって良いじゃない>剣士
人間だもの      みつを」
なんでもあり咲 「男と女、それぞれの良さを全部理解するというのが理想だからね」
シャロン@狂三姉様愛 「おねえさま、ちゅっちゅー。」
ロリコン・ザ・ハード 「俺様日常物しか無理>書く」
ぼっちのとある剣士 「YES>慎二」
ぼっちでも何も怖くない 「「あいつぼっちだし良いか」、「別にあいつと仲良くもないし」。
なんて恐ろしいのかしら」
シャロン@狂三姉様愛 「お姉様と同じ場所で終わってるからわたくしも勝利ですわよ!」
百合小傘 「ぼっちは自分から変わろうとしないからぼっちなんですよ(嘲笑)」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「そうだな、地獄兄弟とか>ツインズ」
ぼっちサム 「(その理論が通るなら恋勝利じゃない時点でぼっち勝利に・・・いや、俺の想像で皆を混乱させる訳には)」
ぼっち慎二 「……あれ、ひょっとしてぼっち全滅?」
ぼっちのとある剣士 「あきらめたまえ>慎二」
BL推奨 「えーとやる翠もっかい貼っていいのかコレ」
ノーマル豊音 「……私は即興はバトルものしか書けないよ~>SS」
百合小傘 「だ よ ね >狂三」
TSサム 「やる夫がやる実になるようです…いけますな>杏子
ただどこかで見たような…」
極めてノーマルな超高校級の希望 「やっぱり、希望は絶望なんかに負けないんだ>ノーマル勝ち」
CPL悪魔ほむら 「ぼっち陣営がやられたようね……」
ぼっち慎二 「チラッツチラッ>希望」
ぼっちでも何も怖くない 「何時の世もぼっちは迫害されるいきものなのよ」
男×女ン・ステイサム 「似てないのがいいんだろう<ツインズ」
BL推奨
狂三(百合趣味個体) 「そ  れ  だ >小傘さん」
なんでもあり咲 「TSというのはある意味アブノーマルの究極の形なんじゃないかなってはちょっと思ってる」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「それさっき投げたよ>GM」
男×女ン・ステイサム 「お疲れ様だ」
ロマンサー【NL】 「ノーマル大勝利じゃないか>残った陣営」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「おう、おつかれさん!」
「おつかれさま。やはりぼっちが……」
百合小傘 「握手>卯月」
幻想GM 「おつおつ」
非常識的百合巫女 「お疲れ様です」
ぼっち人間兵器 「お疲れ様、と」
ゆる百合京子 「お疲れ様ー
ぼっちの霊圧が・・・ 消えた・・・?」
ぼっちのとある剣士 「ボッチが全滅したか」
百合小傘 「だってホモは…ねぇ?
その怖いじゃん。」
●画(百合) 「おつかれさま」
薔薇姉 「お疲れ様だぞ」
極めてノーマルな超高校級の希望 「喩えるならそう、シャイニング☆十神白夜 ッて感じかな」
百合告精リリーB 「お疲れ様」
ぼっち士郎 「そんなことは許されないはずだ!>できない夫」
ぼっちでも何も怖くない 「お疲れ様ー」
百合卯月 「お疲れぴょん」
腐女子 「お疲れ様」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「御疲れ様!」
希望のカップル厨 「お疲れ様」
ぼっちサム 「お疲れ様」
ぼっちのとある剣士 「お疲れだ」
ホモ 「お疲れ様です」
ぼっち人間兵器 「知ってた!!!」
百合卯月 「握手>小傘」
佐倉杏子(TS) 「我々に不足していたのはSS…次は用意してくるとしようぜ>TSサム
なぁに、この村を見ればTS勢も増えるさ」
シャロン@狂三姉様愛 「よく考えたらお姉様とわたくしは恋人を超えた何かだったから別に良かったんですわね。(ぽむ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ノーマル豊音 「それ以上いけないよ~?>BL推奨
仏滅しちゃおうか~?」
極めてノーマルな超高校級の希望 「霖之助さんはまともなイケメンだから許せる」
TSサム 「どちらでもないがどちらでもアリといえばアリ 
このへんがTS勢の辛いところ。それぞれ派閥がありそう>なんでも」
百合小傘 「逆に考えるんだ…女の子が残れば
百合陣営の勝利でもいいのではないかと?」
なんでもあり咲 「百合と薔薇は対立しあうものではないと思うんだよね
結局ノーマルvsアブノーマルっていうのが本当のところなんじゃないかな」
ぼっちサム 「おしらは暗殺じゃない(断言>希望」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「りんまりかなァオレ、東方あんまよくわかんねぇんだけど」
「わりとれいまりもいけるけれど、ねw」
ぼっちのとある剣士 「私も浮いているな」
非常識的百合巫女 「あ、セネリオも男でしたっけ?」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「つぼみもいずれは花を咲かせるんだよ、衛宮」
非常識的百合巫女 「せめてやる夫と霖之助を滅ぼさなきゃ・・・(使命感)」
腐女子 「リボルケイン不可避>BL推奨」
百合告精リリーB 「その発想は無かったわ >卯月」
狂三(百合趣味個体) 「男ローラーできなかったのだけが心残りですわ」
BL推奨 「ツインズ全然似てなくね? >シュワちゃん」
極めてノーマルな超高校級の希望 「未だおしらが二人残ってるね」
●画(百合) 「そういえば霖之助×朱鷺子ってよく見るCPねえ」
CPL悪魔ほむら 「百合ではない
しかし薔薇でもないわ>なんでも」
百合告精リリーB 「……実は全然筆が進んでなくて
朝の一幕しか書けてないのよ」
TSサム 「先生…ボクたち頑張ったよね…>杏子 
これでTS勢が次回増えるといいな」
ノーマル豊音 「そんな事ないよお兄様~>お兄様
他の人の方がもっと凄いもん」
百合卯月 「女の子だけ残れば問題ない>百合陣営」
百合告精リリーW 「百合と薔薇が敵対しやすいとかそういうことでしょうかねぇ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「俺はキンダーガートン・コップ(映画)とツインズ(映画)が好きだ」
希望のカップル厨 「ちょっと何か書いてくる」
男×女ン・ステイサム 「分かりやすい正義だ」
BL推奨 「弟子×師匠SSを書いてやる >腐女子」
なんでもあり咲 「TSのカップルって百合なの?薔薇なの?」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「リデルかわいいよなリデル!」
「ふふ、彼女は小さくて愛らしくて……すごく好ましいよ。」
百合告精リリーB 「霊圧はここに残ってるわ」
非常識的百合巫女 「下界の残り派閥
ノーマル7、ぼっち1、リンちゃん1」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「いや待て、シュワちゃんは関係ないだろ。ジュニア(映画)がそんなに好きかお前ら」
百合小傘 「とりあえず・・・卯月とほむらとむぎゅむぎゅしてるー。
それが私の幸せである。」
ぼっちのとある剣士 「百合の敗北」
ぼっちサム 「暗殺がいないからイデないじゃん」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「あ、それはわかる>GM」
CPL悪魔ほむら 「百合陣営の霊圧が……消えた……?」
ぼっち士郎 「ばかな……世界の真理は幼女を眺める事だって、聖杯も言っていたのに……」
腐女子 「ぶっちゃけ最後噛み奪って薔薇派噛んだし」
希望のカップル厨 「あはははは!>シュワちゃん
これがボクの希望だからしょうがないよね?」
ぼっちのとある剣士 「ノーマルが残ったなー」
TSサム 「入門書として困らない程度のTS本はふたば君チェンジがいいと思うの 
ストップひばり君と間違えて、思い出せないあまりに大声になってごめんwww」
百合卯月 「いいんだよ、仕方ないことぴょん
でもまた会えたからいいぴょん(ぎゅー>小傘」
極めてノーマルな超高校級の希望 「てかボク人狼噛まれかよ知ってたけど」
腐女子 「これでいい>外界」
ゆる百合京子 「お疲れ様ー
あれだけいたのにもう9人」
幻想GM 「ああ百合ーカップルが」
ぼっちのとある剣士 「パンツは燃やしておかないとな」
ウィード(ノーマル) 「正直俺は浮いていたのではないだろうか」
シャロン@狂三姉様愛 「お疲れ様ですわよ。ぎゅーっ」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「腐ったネタを客に提供するとはいい度胸だな(#^ω^)>狛枝
俺は新鮮なアワビとハマグリを注文しただろ!」
男×女ン・ステイサム 「賛成多数のようだが<シュワ突入」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「ぼっちvs男女の戦いじゃねぇかwwww」
「おつかれさま。」
佐倉杏子(TS) 「よく頑張ったなTSサム、我々の冒険はここで終わってしまったようだ」
極めてノーマルな超高校級の希望 「ふう、ホモを駆逐して女子の中にいれたんだ、満足だよ」
百合告精リリーB 「……ノーマル派ばっかり残ってないかしら」
BL推奨 「おいこれローゼンSS書いてたら一日終わる」
百合卯月 「こがさああああ!(ぎゅー」
百合小傘 「卯月ごめんねぇぇぇ 私を許してぇぇぇ」
赤犬 「お疲れじゃあ」
ぼっち慎二 「残り恋人1つ、と
お疲れ様」
希望のカップル厨 「お疲れ様」
薔薇姉 「お疲れ様だぞ」
ユーリ 「ゆ、百合部隊がー!」
ノーマル豊音 「ネタがないなら自分の好きな派閥で良かったのに~>腐女子さん」
ロリコン・ザ・ハード 「ひっでええwwwww
おつー」
腐女子 「お疲れ様」
TSサム 「あ、終わってたお疲れ様っした」
●画(百合) 「おつかれさまー」
幻想GM 「おつおつ」
百合告精リリーB 「お疲れ様よ」
百合告精リリーW 「お疲れ様ですよー
あとお茶ごちそうさまでした」
BL推奨 「なるほど、つまり奥さんも参加すると >シュワちゃん」
非常識的百合巫女 「お疲れ様です」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「御疲れ様!」
ぼっちでも何も怖くない 「お疲れ様よー。」
ぼっち 「ノーマルド・シュワルツェネッガーだな、間違いない。俺は詳しいんだ。」
ぼっちのとある剣士 「お疲れだ」
TSサム 「ふたば君チェンジだ!」
百合小傘 「は?(威圧) 小傘は愛でる物であってリョナるものじゃないし。>」
ぼっちサム 「お疲れ様」
ホモ 「お疲れ様です」
百合卯月 「お疲れぴょん」
幻想GM 「というかあややが攻めになるのがありえない>ヴォルアル大正義」
ぼっちのとある剣士 「平和になるのはいつになるやら」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
腐女子 「私含む全員をブラックホールに突っ込めば平和」
佐倉杏子(TS) 「シュワルツェネッガーとかいう筆頭人材>ステイサム」
CPL悪魔ほむら 「あ、駄目だわ淫夢しか書けそうにない」
シャロン@狂三姉様愛 「ぎゅー!お姉様ちゅー!」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「おや、シグ攻めなのか、ちょっと意外だった →GM」
「オレフィーバーは1で止まってっからなァ。シグが出てきてねぇ(涙目」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
なんでもあり咲 「こがりょなもいける」
百合小傘 「文才ないから時間かかるけど」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「ネタがないならノーマルでよかったんじゃね?>腐女子」
佐倉杏子(TS) 「ひどい村だ…」
男×女ン・ステイサム 「だが、霊界にいる連中の中にも妄想村に送り込むべき人材がいる。
違うか?」
ノーマル豊音 「ぼっちかノーマルの二択だったよ~>小傘ちゃん」
狂三(百合趣味個体) 「さぁ、いらっしゃい、シャロンさん!!
可愛がって差し上げますわ」
百合小傘 「わちきが本気出すなら
小傘×早苗のヤンデレかくよ!?」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「'`,、('∀`) '`,、

俺の正気度を下げるつもりか、ありえないだろ>薔薇水晶」
ぼっちのとある剣士 「ハッ、ボッチならいきているぞ」
ぼっち 「霊界で良かった、心からそう思った瞬間であった。」
腐女子 「ネタが無いとこうなる!
わかるね?」
希望のカップル厨 「あと、ボクはシュワちゃんと妖精をつないだけど別にホモとかじゃないからね…ネタだよ?」
ロリコン・ザ・ハード 「仕方ないじゃないか

元々俺様はロリコンでは無い
好きになった人がロリだったんだ>サム」
シャロン@狂三姉様愛 「お姉さま……!?小悪魔なのに……!?なんで……!?」
男×女ン・ステイサム 「そうか<元は6000字あるよ」
ぼっちサム 「名案だな、やはり天才か>シュワちゃん」
ぼっち慎二 「ヤメロォォォォォ!>できない夫
僕になんか恨みでもあるのか!」
ノーマル豊音 「私が本気でネタRPに走るならノストラダムスでTSでSS書くけど流石に……ねえ?」
百合小傘 「貴様らぁぁぁぁ!!
百合派を絶滅とかふざけるなぁぁ」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「私はシグ×アミティ派です(半ギレ >GM」
BL推奨 「シュワちゃんがGMやるん? >団地妻」
狂三(百合趣味個体) 「私がふがいないばかりに貴女を苦しめてしまいましたわ、シャロンさん」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「え、これストックストック →ほむら」
「ハロウィンに書いたもので、もとは6000字あるよ」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「下界にいる連中を妄想村か団地妻村に隔離しよう(提案)」
ぼっちサム 「ロリコンは同レベルだと思うの>ロリコン・ザ」
なんでもあり咲 「あたしは自分のことオールジャンルだと思ってるんだけど
同性しかいない作品が多いから必然的にホモ呼ばわりされちゃうんだよね
解せぬ」
シャロン@狂三姉様愛 「もう離しませんわよ!あ、でも嫌がるなら離しますわよ。」
ぼっち 「そもそもだ、見ているだけならぼっちにも出来るんだよ。」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「正直初日で逃亡で来てよかったって思ってるブラン様可愛い♪」
ぼっちのとある剣士 「狂三大歓喜だな」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「助かるぜ! →GM」
「礼を言うよ →GM」
「へへ、やっぱこーゆー祭りはすっげぇ楽しい!」
佐倉杏子(TS) 「妄想村にはまだまだ需要があることが証明されてしまったか」
百合小傘 「師匠がノーマルで兄弟子が腐女子であることに色々と絶望しましたどうも小傘です。
まぁ師匠は百合にそめますけどね。 」
●画(百合) 「おつかれさま」
CPL悪魔ほむら 「お疲れさま」
男×女ン・ステイサム 「今更だな<妄想村」
狂三(百合趣味個体) 「シャロンさーーーーーーーん!!!!!!!!」
ロリコン・ザ・ハード 「同性愛者よりはマシだと思ふ>サム」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「ちなつちゃんが何か言いたそうにこっち見てんぞ>京子」
ノーマル豊音 「最初に考えてたのも酷かったね>ショタコンのブシドー」
ぼっち慎二 「◇やらない子@NCPの独り言 「カップル派閥村という名の妄想村じゃないか(確信)」

これな」
CPL悪魔ほむら 「この短時間でそんなにSSを書けるだなんて……
流石ヴォルアル遣いだわ……。」
佐倉杏子(TS) 「お疲れ様ー」
薔薇姉 「お疲れ様だぞ」
ぼっちでも何も怖くない 「お疲れ様ー」
佐倉杏子(TS) 「古泉×ドクオを書いてるんだけどちょっと終わりが見えない」
男×女ン・ステイサム 「お疲れ様」
ぼっち士郎 「お疲れ様」
ぼっち慎二 「やあお疲れ様」
ホモ 「お疲れ様です」
ぼっちのとある剣士 「お疲れだ」
ぼっち慎二 「これと親友な自分を軽く殺したくなりました、皆様いかがお過ごしでしょうか、ワカメです」
ぼっちサム 「お疲れ様」
希望のカップル厨 「お疲れ様」
鹿目まどか(ケモホモ) 「お疲れ様だよ」
ぼっち 「ぼっちは常識的であることこそが心の最後の支えなんだがな。」
非常識的百合巫女 「お疲れ様です」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「ライダーに「間桐慎二がお前の姉ちゃんがストライクゾーンだって」って伝えておこう
あと遠坂に「間桐と衛宮は好みのタイプが『違法に若いの』と明言していた」、と」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「御疲れ様」
シャロン@狂三姉様愛 「お姉さまああああああア!」
ぼっちサム 「座ってろ>TS杏子」
腐女子 「お疲れ様」
希望のカップル厨 「つまりさ、経験値は自分で詰んではいけない経験値を積んじゃったんだよ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ゆる百合京子 「百合だってゆるな位なら無害だと思うのだよ・・・ と毒電波を」
●画(百合) 「シャロン吊れない可能性がw」
ぼっちサム 「は?(威圧>ロリコン・ザ」
百合小傘 「自分の常識が世界の常識なんですよ(錯乱)」
佐倉杏子(TS) 「いるさ!ここにな!>ぼっちサム」
ぼっちのとある剣士 「士郎×慎二か」
ホモ 「┌(┌^o^)┐?>豊音」
ロリコン・ザ・ハード 「俺様>ぼっちサム」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「 再び本を読み始めたアルスの皿からは、クッキーがいなくなっていた。人より胃袋の小さい彼にとっては、あれが一番食べやすいものだろう。ケーキやパイはあれきり手つかずで、なるほど、おそらく彼はもう満腹に違いない。
「アル、もう腹いっぱい?」
「……食べるかい?」
 つまり、そういうことである。アルスは自分の食べさしを他人にあげるなんて、という顔をしていたが、ヴォルフにしてみれば別に構わない。
 しかしただの冗談だったらしく、ヴォルフが手を伸ばした直後、ぱっと皿を取り上げられた。
「アルのけちー」
「あのな、既に手をつけたものを人にやるわけにもいかないだろう」
「オレ、アルのならいいのになァ」
 ヴォルフがぼやくと、アルスは信じられないものを見る目でこちらを見てきた。
 別に、いいのに。アルスのものならばなんだって。
 そのままずっと、じっと、見つめ続ける。にらめっこに敗北したのはアルスの方で、何も言わず静かに視線を本に戻し、ぱらりとページをめくった。
 一見すると読書をしているように思えるが、ヴォルフにはわかる。意識が、書物ではなくこちらに向いている。集中できていないどころか、あれは本を読んでいるふりだ。
 だいたい、アルスが本気で読書をするならこちらの存在を忘れ去るほどであり、それこそ最初から、お化けたちが押し寄せてくる前から、彼はあの本に目を通してなどいないのだ。
 その心理は、ヴォルフが今まさに、愛しい恋人の様子を眺めているのと何ら変わりない。
「……ヴォル、いい加減こっちを見ないでくれ」
 自身はこちらを伺いつつも、こんなふうに、人の視線で感じてしまったと白状する彼を、抱きしめたくて仕方がない。
 自他共に認めるほど正直なヴォルフは、その欲望に抗いはしない。ちょうど真横から、椅子ごと腕の中に収める。
 いつまでも眺められている居心地の悪さを不機嫌な顔で隠しながらのポーズなんて、長いこと連れ添った相棒に通用するものか。
 ほんのりと染まった頬に口づけを落とし、問いかける。
「ハッピーハロウィン?」
「ばか、それは挨拶だよ……」
 かわいくない指摘をしてくる口を塞ぐ。伸びた影がひとつに交わり、やがて境目が溶けていく。
 互いの存在を交差し合い、嚥下したあと、アルスは荒い息を整えながら、懸命にポケットをまさぐった。
 どうかしたのか、尋ねる前に、ちいさな包みを掌に乗せる。
 アルスのやさしい手に鎮座ましますそれが何なのか、言葉にして問いかけるまでもない。チョコレートだ。
 たぶん、アルスが普段、頭を使いすぎたときに口に放り込んでいるものだろう。
「……こんなものしかないな、君の口には合いそうにない」
 ああ、要するに、トリックオアトリート、だ。
「くれよ、アル。それちょーだい」
「君な、これ、けっこう甘いものだよ?」
 そんなことは、本人に言われるまでもなく知っている。
 アルスは別段そこまで甘党というわけではなく、ただ疲れたときに甘いものを食べて、もう少しがんばるための栄養剤として、チョコレートを持ち運んでいるのだった。
 効率を重視されたそれがとてつもなく甘いと知っているから、今まで一度だって欲しがったことはない。
 だが、今日ぐらいは。だってハロウィンなのだから。トリックオアトリートと唱えれば、お菓子が出てきてしかるべし、なのだ。
「食べた直後にキスすりゃあ、溶けるだろ?」
 だから、そのお菓子がどれだけ甘かろうとも構わない。それならもう一度、混ざり合えばいい。
 人を口直し扱いするな、アルスのか細いつぶやきは、震えるくちびるの内側でただ霧散した。」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「よっしゃ、改行おわり!」
「……たぶん、もうだいじょうぶ、だとおもう。
これにておしまい、だよ。
投下ありがとう、GM。」
なんでもあり咲 「人とのつながりそれ自体が愛なんだよ
日常の中にも愛は隠れているんだよ」
百合小傘 「いぇい!>ほむら」
ノーマル豊音 「ホモなんてホモだよ! どういう事なのかな!?」
腐女子 「常識的でいたい
でもCNとプロフでもう諦めた」
ロリコン・ザ・ハード 「あ、地味に俺様恋耳鳴り付いてる」
腐女子 「きょむにきえた>豊音」
CPL悪魔ほむら 「いぇい!>小傘」
幻想GM 「なら落とすなww
そこまで確認できてないのよっw>水晶」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「やはり周りに傷を残さないノーマルこそ至高…って思考するブラン様可愛い♪」
ぼっちサム 「もうさぁ・・・常識的な人俺以外にいねえの・・・?」
非常識的百合巫女 「一度やった時点で既に手遅れです(ニッコリ>腐女子」
ぼっち士郎 「ふ……照れるぜ親友>慎二」
ノーマル豊音 「びーえるじくう?>腐女子
そしてホモォ……>ホモ」
BL推奨 「やる夫へのお届けものはさっき投げたやる翠のほうですよー!! >GM

いやまあどっちでもいいんだけど……w」
百合小傘 「私と布団で拍手 >ほむら」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ぼっちのとある剣士 「なんだか知らんがご愁傷様だ>豊音」
ぼっち慎二 「そこに気付くとは……やはり天才か>衛宮」
希望のカップル厨 「腐女子は昨日の初心者村から使ってるよねえ」
CPL悪魔ほむら 「幼女同士の百合、勿論いけるわ
女子中学生同士の百合、良いわよね
女子高生同士の百合、メジャーどころよ
女子大生同士の百合、大人でありながら学生であるというところがミソ!
社会人同士の百合、より本気になるから濃厚な百合でグレートよ!」
ホモ 「今気づいたんですかwwwww>豊音」
BL推奨 「ちょー!!それまだ未完成!前半だけだから!」
百合小傘 「兄弟子が婦女子だった時どういう顔すればいいか分からないの(震え)」
BL推奨 「ぶっちゃけ実用性考えると司祭ゲーだし
マージナイト弱いし……」
ぼっちサム 「・・・(ポン>豊音」
ぼっち慎二 「く、駆逐艦による!!>できない夫
吹雪とかならビッグセブン!第六駆逐隊なら……駆逐艦!」
ぼっち士郎 「しかもその2つの特徴に
パンツはいてないってのがあるからな……>慎二
あれ?つまり百合ってノーパン?(真顔」
ぼっち 「ぼっちは内輪という言葉が嫌いだが、内輪揉めだけは例外だ。
……何故なら俺は内輪にはいないからな!」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「カップリング好きとしてアカメが斬る!には期待している
(ここ数話はまだ見ていない模様)」
ロリコン・ザ・ハード 「PP10週ぐらいしてるとどーもブラン様CPは思い浮かばず」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「あなたの弟子は もう腐った>豊音」
腐女子 「いちおういう
にどととやらない>豊音」
●画(百合) 「おつかれさまー」
ノーマル豊音 「…………今気付いたんだけど……えっ?>腐女子の中身
…………えっ? えっ?」
BL推奨 「下界のやる夫にさっきのSSを届けてさしあげたかったので
あとでいつか……」
男×女ン・ステイサム 「オマエか<やらない子」
狂三(百合趣味個体) 「くっ
男ケアを完遂したかった」
ぼっちサム 「お、おう。>ぼっち」
ぼっち士郎 「雷ちゃんに甘えさせてもらいたいんじゃ~>ノーマルド」
ぼっちのとある剣士 「やらせはしないぞ>小傘」
ロリコン・ザ・ハード 「おつかれーい。」
ぼっち慎二 「ストライクウィッチーズとか咲は卑怯だよなあ
あれで百合は結構メジャーになった。シャーゲル最高や」
ぼっちでも何も怖くない 「お疲れ様ー」
男×女ン・ステイサム 「お疲れ様だ」
鹿目まどか(ケモホモ) 「お疲れ様だよ」
薔薇姉 「お疲れ様だぞ」
ぼっちサム 「お疲れ様」
ぼっち 「ドロドロしてからが楽しいんじゃないか。」
BL推奨 「「うるさいのよね」
「どうしたのよ、水銀燈。こんな朝から。生理なんて無いわよ」
「あんたにだって無いでしょうが」
水銀燈はむくれ顔で真紅の座るベッドに腰掛ける。
羽がひらひらと舞い散るが、真紅はそれを気にもせずに紅茶を飲んでいた。
「で、どうしたの」
「雪華綺晶とばらしーよぉ。あの二人と一緒にこの前Nフィーへ遊びに行ったんだけれど」
「うん」
「何でもお父様が「きらきーに何かプレゼントでも買ってあげたいんだけど、私に名案がある」って言ったらしくて。
 ラプラスの魔と結託して、誰があの子に一番いいプレゼントを上げられるかって話になったのよ」
それを聞いた真紅は紅茶のカップをガンッ、とテーブルに叩きつける。
「待ちなさいよ、水銀燈。それ私も翠星石も雛苺もひ と こ と も聞いてなかったんだけど」
「そりゃラプラス経由で聞いていたのは私と金糸雀だけだし。貴方達、とくに真紅を呼ぶ義理も無いし」
「ちょっとお!」
ぶんっ、と真紅は枕を水銀燈に投げつける。
突然のことに驚きつつも、水銀燈は軽々それを受け止め――真紅の方へと投げ返す。
「ひゃん!」
水銀燈の手で真正面に飛んでいったその枕は、真紅の頭へと命中した。
「あぁら、真紅ってば。手が滑っちゃったぁ♪」
「……いいから続きをはよう」
「しょうがないわね、可愛い可愛い妹のためだもの」
「あら、意外」
「……たまには姉らしい態度取ったっていいじゃない。金糸雀ぐらいよ?私を慕ってくれているのは」」
ノーマル豊音 「私はにゃんこいのあの甘酸っぱさが大好きです!」
ぼっちドクオ 「('A`)お疲れ様ー」
ぼっち士郎 「お疲れ様」
ぼっちのとある剣士 「お疲れ」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「御疲れ様」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「落ち着け間桐! 駆逐艦とビッグ7、どっちが好き?(艦これ的な意味で)」
希望のカップル厨 「お疲れ様」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「わりぃ(ふるえ →腐女子はぐりんさん」
ホモ 「お疲れ様です」
非常識的百合巫女 「お疲れ様です」
腐女子 「お疲れ様」
ホモ 「ムチャシヤガッテ・・・>腐女子」
なんでもあり咲 「おつかれーん」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
幻想GM 「まあ愉しめばいいのよ」
ウィード(ノーマル) 「・・・君のような妹も、アリなのではないかとも思ってしまったんだ。
俺らしくは無いが、正直な気持ちでな>豊音」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「小分け小分けにしてっけど、これ……すまねぇ……www
改行がきっついわ」
「ん……ちょっと改行し直そうか。すまないね」
ぼっちのとある剣士 「あきらめて崖から落ちてしまえ>慎二」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「あいこん>トリック」
ぼっち慎二 「おう、お前もやで>できない夫」
ぼっち士郎 「百合は眺めるのは良いだろう
だが、幼女以外の百合などどろどろしてそうで見れたものじゃないな……(真顔

お前ら本当は内心で潰し合ってるんだろ!そうなんだろ!>百合たち」
百合小傘 「百合に染めなきゃ(使命感)ジリッジリッ >豊音」
腐女子 「つらい」
ロマンサー【NL】 「あれ?これもしかして投下しないといけなかったのか(勢いで入った勢」
ぼっち慎二 「く、そんな悪魔のささやきに僕が……この僕がぁ!」
ロリコン・ザ・ハード 「ネプノワ……?
いや百合CP自体なあ。なんかあったっけ……(ゴソゴソ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ぼっちのとある剣士 「百合もいいさ」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「訂正。

駄目だこいつら(全員)早く何とかしないと……」
ノーマル豊音 「ど、どうしたのかな?(ふるふる)>小傘ちゃん」
CPL悪魔ほむら 「ホモの証明終了はKBSだと教わったわ」
ぼっちサム 「推奨」
百合小傘 「そして卯月の中身も予想どうり…
やっぱり百合だよね!」
ぼっちサム 「ホモ書いている時点で汚いだろ>BL」
ノーマル豊音 「わ~い、ありがとうお兄様~>お兄様
えへへ~、なでなでしてもらっちゃった~」
CPL悪魔ほむら 「ああ……小傘ちゃん……何ということ……可哀想に……」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「 アルスはちいさくため息をつき、呆れた声色でつぶやいた。
「……この、考えなし。僕が手伝えるのは、少しだけだからな?」
「おうよ、助かるぜ!」
 多少ならば、この男にも協力を仰いでいいらしい。それがとてつもなく嬉しい。
 アルスはヴォルフほど甘いものが苦手というわけではないが、小食のために量を食べることはできない。そんな彼が、彼自身には何の関係もないにもかかわらず、ヴォルフの自業自得を認めながら、もしもの場合の助っ人を申し出てくれる、そんな些細な言葉に、至上の愛を感じるのだ。
「あ、そうだアル。オメーの分もあんだけど、どうすっよ?」
 アルスは大人である以上お菓子を準備する側ではあるのだが、せっかくなので彼の分も用意しておいたのだ。ケーキにパイが一切れずつと、クッキーが二枚乗っかった皿に目をやったアルスは、
「……まあ、いただくが。たぶん、それ以上は食べられないからな」
 別段断ることもなく、隣の彼の部屋から、私物のティーポットを持ってきた。紅茶を飲みながら、優雅に午後のひとときを、ということらしい。誰に断ることもなく、お湯を沸かして茶葉を入れている。勝手知ったる他人の部屋とはこういうことか。
 ヴォルフはそんな彼の背中をじっと眺めていたが、ややあって、まだ全ての皿にお菓子を盛りつけていないことに思い至った。子供らが大挙してくる前に、これを終わらせなければなるまい。
 とりあえず皿に収まれば文句はないので、見栄えの良さなどは重要視せず、ぽいぽいとしかるべき場所へ着地させていく。ただし、ケーキやパイが崩れないよう、クッキーが割れないよう、気を配ることは忘れない。下手なものを出せば客人に、何よりもアルスに怒られる。それだって大雑把なヴォルフにとっては細かい作業であるため、それなりには集中していた。
 背中に、ほわっとあたたかいものを感じる。常なら尖っているアルスの視線と感情は、ヴォルフの隣にいる今は、とてもやわらかい。すなわち気を遣っていないということで、言い換えれば気を許されている、この時間に価値があると感じてくれている、ということだ。それが、言葉にならないほどに嬉しい。
 そんなこんなで全てを終えたヴォルフが顔を上げたとき、アルスは椅子に座り、何か小難しげな本を読んでいた。
「ああ、ヴォル。椅子、借りているよ」
 ヴォルフが作業を終えたことに気づいたアルスが、本から顔を上げて言った。隣のケーキとパイは、おそらく二口ずつぐらいかじられているだろうか。クッキーは一枚なくなっている。ちゃんと手をつけてくれていたようだ。
 そのまま椅子から立ち上がろうとするアルスを制して、つまるところアルスにはもうしばらくそこに座っていてもらうことにして、ヴォルフは扉を睨みつけた。もうそろそろ、来客という名の仮装団体が来る頃合いだろう。ここから先、ここは戦場だ。」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「やっぱ改行が……すまねぇ……!」
「投下用途のものはなんだかんだ改行に気をつけているからなぁ」
「あ、つづきな!」
BL推奨 「ボクのSSが下界に行かない=ボクのSSは綺麗=ホモ以外も書けるということ

QED 証明完了」
百合小傘 「師匠…まさか貴方がノーマルとは…
百合に染めたほうがいいですかね)ジリッジリッ」
ぼっちのとある剣士 「ハハハ、どうやら
刺されたよう駄々が問題はない」
ぼっち士郎 「いつもどおりに自分の心に素直になれ慎二!」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「(駄目だこいつ早く何とかしないと)>士郎」
ノーマル豊音 「アッハイ>小傘ちゃん」
CPL悪魔ほむら 「お疲れさま」
ウィード(ノーマル) 「まぁ、なんだ・・・正直に言うと、君の存在が俺の癒しだった。有難う豊音(頭撫で)」
BL推奨 「ところで軽いとはいえ男女同士のキスシーなんて書いたの初めてでどうしたらいいのかもうわかんねえな
全部キスシーン入れるのをノルマにしたるか」
ぼっちドクオ 「('A`)(もうどうなろうが)いいよ>TS」
百合小傘 「ゆるさんぞぉぉぉぉぉ
誰だ! 私とぼっち剣士刺したの!」
ぼっち慎二 「ちなみに艦むすめで雷と朝潮は可愛い
可愛い。でも僕はロリコンじゃない」
ぼっち士郎 「俺と藤ねぇがどれだけの付き合いだと思っているんだ?>アーノルド
既に知っているさ!」
腐女子 「ログこわれる」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「おう、おつかれさん!」
ウィード(ノーマル) 「お疲れ様」
ノーマル豊音 「きゃーーーー!!
お疲れ様だよ~」
ロリコン・ザ・ハード 「何だかんだであと1CPと」
ぼっちのとある剣士 「わーお」
薔薇漢女 「おつかれさん」
非常識的百合巫女 「お疲れ様です」
百合小傘 「矢さえ…矢さえささっていなければぁぁぁぁぁぁ」
ぼっちサム 「ぼっちとはなんだったのか。」
BL推奨 「お疲れー!」
非常識的百合巫女 「ブラン様は百合には驚かなかった つまり百合こそ正義・・・?」
薔薇姉 「お疲れ様だぞ」
ぼっちドクオ 「('A`)お疲れ様ー」
BL推奨 「ところでなんで誰もアイク×シノンについて語ろうとしないのか」
腐女子 「お疲れ様」
ぼっち士郎 「お疲れ様」
●画(百合) 「おつかれさまよw」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「ただ、投下するつもりで書いた文章じゃないから、
ちょっと改行が……w」
「まーそこらへんはすまねぇ、で!」
ホモ 「お疲れ様です」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「ああ、それと藤村先生にもこのログをプリントアウトして送っておこう(ガーッ」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「御疲れ様!」
ぼっちサム 「お疲れ様」
ぼっち慎二 「やっぱりできない夫はホモ>1145141919」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ぼっち士郎 「小萌先生はいい先生だと思うぞ?
幼女力が足りないが」
BL推奨 「待て、きらばらSSのつもりが真紅水銀燈SSになってる」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「 ヴォルフはこれまで、ハロウィンという行事にはついぞ縁がなかった。
 盗賊時代は菓子なんぞよりも今日の食事の確保が優先されるべきことだったし、そもそも周囲の貧しい人々に、お菓子をくれなきゃなどという輩は一人もいなかった。ゆえに、ヴォルフがハロウィンという行事を始めて知ったのは、レムギアの牙に入ってからなのである。
 なんだそれ、と首をかしげながら問うと、心優しい数人のメンバーがにこやかに、あるいはにやりと笑みながら解説してくれた。子供たちがお菓子を求め、仮装して街を練り歩く日なのだと。大人はそういう子供たちのために、お菓子を準備して待っているのだそうだ。
 ちなみに、そういう行事があると知らなかったヴォルフは、手持ちにそれらしいものが何もなかったためにしっかりと顔に落書きをされた。右の頬に書かれたそれは、三日ほど落ちなかったのでよく覚えている。

 というわけで、今年こそは入念な準備を怠るまい。ヴォルフは気合いを入れてその日に臨んだ。
 自身は甘いものはさほど得意ではないというのに、苺のショートケーキとチェリーパイ、ちょっとお高めのクッキーをしっかりと人数分用意しておいた。流石に行事ともなると同じ考えを持っていた人は多かったらしく、ヴォルフが購入した分でチェリーパイが売り切れてしまっていた。ともかく、これでどうにか悪戯は免れそうだ。
 そうしていそいそとお菓子を取り分けていると、扉がノックされた。この落ち着いた音ならば、
「アルか、どうしたよ?」
 静かに佇んでいるであろうアルスの姿を思い浮かべながらドアの向こうに声をかけると、思った通り、恋人の姿が見えた。ノブを回し、一歩踏み出して部屋の中に入ってきたアルスは、何も言わないまま眉を寄せる。彼が何を不審に思ったのか、尋ねられなくともわかる。ゆえに、本日のみ通用する合い言葉を投げかけた。
「トリックオアトリート、だってよ」
 もしかするとあの博識なアルスも、ハロウィンのことを知らないのだろうか、その懸念は杞憂だったと、アルスが頷いたことで理解する。ハロウィンを祝ったことがなくとも、とりあえず知識としては持っていたようだ。そういえばそんなものもあったね、と、記憶の奥底から掘り出している様子だ。しかし、難しい表情は変わらない。
「参加するのは勝手だが、君、甘いものは嫌いだろう。こんなにたくさん用意して、余ったらどうするんだい」
 アルスが言いたいことはただひとつ、もし余ってしまった場合、甘い食べ物を嫌うヴォルフには消費できない、ということだった。
「まーそんときゃそんときよ!」」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「よっしゃ、1055字まで削った!」
「とりあえず投下、してみるが……だいじょうぶかな」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「そういえばイリヤスフィールも18歳だったな
ちょっとアイツに士郎の発言を伝えておこうか(めるめるめる」
ぼっち士郎 「この世の中は、幼女力でできている……
全てはその幼女力で説明が付く!」
CPL悪魔ほむら 「あのさぁ……>0.114514番」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「テロって言われてる・・・www」
ぼっち慎二 「お、おう(僕の好みは神裂ちゃんみたいな人なんだが……)
小萌先生も悪くないよね!」
佐倉杏子(TS) 「忘れてたよ」
佐倉杏子(TS) 「今から書くね」
ロマンサー【NL】 「あぁアレだな
先入観って怖いなってことさ>慎二」
佐倉杏子(TS) 「ごめんドクオ」
ロリコン・ザ・ハード 「あいつ小悪魔なのに自刺ししてねーの>●画
ぼっち×ぼっち×ブラン様可愛いbot」
佐倉杏子(TS) 「そんなことが一度や二度ではない。何度も起こるのだ。
しかし次第に彼はこう考えるようになっていく
自分は認められている、自分は男だった時よりも認められ、役に立っているのだ
そう考え始めた彼は、どんどんと大っぴらに行動していくことになる。
その対象は、以前の自分のような自分に自信が持てない男が多かった
自分の身体でそうした男たちに自信を持たせてやる、そういう達成感を得ていたのだ彼は」
腐女子 「もうね
二度とやらない」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「俺は0番だし>間桐
0番の次は0.1番だし。その次は0.114514番まで延々と続いてるぞ」
ぼっち士郎 「俺人外と恋愛する気ないから……>慎二」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「同期が二人も腐っててびっくりしてるブラン様可愛い♪」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「なんでBL派から死んでいくんだろーな(とおいめ」
「……ん、わかった。少しずつ……というよりは
ヴォルアルパートだけ投下しようか、少し待ってくれ →GM」
●画(百合) 「…繋がっていないのねwwwwwwwwwwww>シャロン狂三」
ぼっち士郎 「ふ……愚問!
当然言えるにきまっているだろう!
なぁ、慎二!」
ぼっち慎二 「エヴァンジェリンちゃんの前でも同じこと言えんの?>衛宮」
腐女子 「うん、ちょうこうかい」
ホモ 「おかしいですね、こんなことは許されませんよ>ドクオ」
幻想GM 「分割投下ならアリかね。
ちゃんと小声でね>ヴォルアル大正義」
ロリコン・ザ・ハード 「……おしら18POPならまぁこうなるよなぁ……おつ」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「おつかれさん!」
ぼっちドクオ 「('A`)お疲れ様ー」
薔薇漢女 「お疲れさまだ」
ぼっち慎二 「は?よく見ろそれ整理番号二桁だろうが
僕は1番だ」
CPL悪魔ほむら 「お疲れさま」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「お前さん、それ小萌先生の前でも言えるのか?>士郎」
ホモ 「お疲れ様です」
ぼっちサム 「お疲れ様」
CPL悪魔ほむら 「あっそうだ(唐突)
絶体絶命都市3は、牧村里奈を主人公にして遊ぶと、
好感度次第では羽月彩水との百合が見られるゾ」
非常識的百合巫女 「お疲れ様です」
ゆる百合京子 「やられたー!」
鹿目まどか(ケモホモ) 「お疲れ様だよ」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「御疲れ様!」
腐女子 「ギィヤァー
お疲れ様・・・」
ぼっちドクオ 「('A`)ちょっと近寄らないでいただけますか>ホモ」
薔薇姉 「お疲れ様だぞ」
ぼっち狐 「さてと明日小学校だし落ちますねーノシ」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「あ、そういやGMーGMー
ハロウィンのSSとかがストックあるけどどーよ? →GM」
「……なお六千字」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ぼっち慎二 「何言ってんだ(真顔)>ロマンサー」
ぼっち士郎 「いや、18以上のオバサンの膝とかどこがいいんだよ?>シュワルツネッガー」
幻想GM 「再掲はのーさんくす>ヴォルアル大正義」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「遠坂の膝ならもう俺が予約したし。整理券貰ってるし」
ロマンサー【NL】 「あれ?慎二だと思ったらできない夫さんでできない夫が二人いると思ったら慎二だった」
ホモ 「まて、まて>ドクオ」
ぼっち 「澤永泰介が良い奴なこともあるんだ、どうということはない。」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「ちなみに繰り返すが
俺はゆるゆりもごちうさも好きだが、「未確認で進行形」の2期を待ち望んでいる」
ぼっち慎二 「僕は泣いて良いだろうか>できない夫」                     遠坂の膝枕で」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「ノーマル 百合 ホモ ホモ うん、うん」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「あ、遺言に流してるやつもっかい流す?(はくしん) →GM」
「……流石に二千字あるからなぁ……w」
ロリコン・ザ・ハード 「(同期って自分居るのかな)」
ぼっちドクオ 「('A`)同期がホモだった件について」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「原作ではぼっちなキャラでもカップリングが成り立つ、それがやる夫スレ
(なお、間桐慎二がカップリングに成功した例は未だ確認されていない)」
BL推奨 「くっ……筆が遅すぎる……!」
BL推奨 「SSを完成しないまま下界から去ってしまった(さっき出来たけど)のが心残り」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「お疲れさん!」
「BL派は……あとどれぐらい残っているのかな……」
BL推奨 「おつかれー」
ぼっち慎二 「どうしてそこで諦めるんだ!>腐女子」
幻想GM 「おつおつ」
CPL悪魔ほむら 「お疲れさま」
ぼっちドクオ 「('A`)お疲れ様ー」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「御疲れ様っていうブラン様可愛い!」
鹿目まどか(ケモホモ) 「お疲れ様だよ」
非常識的百合巫女 「お疲れ様です」
CPL悪魔ほむら 「ほむまどしのアリほのカレしのカレ杏ゆま結あかひまさくマナりつ犬猫秋犬秋猫牛杜松森凸パチュアリわたYわた巻きザビ赤王ザビ狐ザビBB……
いっぱいあるわ、好きなのを>BL推奨」
ぼっちでも何も怖くない 「お疲れ様ー」
ボッチクマー 「乙クマ」
ホモ 「お疲れ様です」
ぼっち慎二 「本当のぼっちってのはやる夫スレのボクみたいな扱いだよね
まあ僕は原作がそうなんだけど」
ぼっち 「お疲れ様だ。」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「というか同期ふたりぃ!BLしかいねえ!」
ぼっちサム 「お疲れ様」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ロリコン・ザ・ハード 「というか一部のサブがしっちゃかめっちゃかー!?」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「引き分けwwww」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「つーかはぐりんさん腐女子だったのか(真顔)」
「……知らなかったな……(真顔)」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「リレミト(どうにもならない閉塞とした日常からの脱出)

→ 樹海へ」
BL推奨 「引き分けwwwwww」
ぼっちサム 「よくある>謎引き分け」
ロリコン・ザ・ハード 「引き分けるのか……(困惑)」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「再投票なるんだ・・・ww」
BL推奨 「やる翠かやる蒼かで分かれるというのは
賢者スレを読んでいたかどうかという個人的印象がある

そういやあれ1だとできない夫×あずにゃんのCPが出来てたな」
ぼっちドクオ 「('A`)引き分けんなwwwww」
ぼっち慎二 「謎の引き分け」
ホモ 「なんで引き分けてるんですかねえ?」
ぼっちドクオ 「('A`)パルプンテというロマン」
幻想GM 「2時間かけてCP語りとOP作ってた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「(R-18な)ラナルータも(R-18な)キングクリムゾンも俺には関係ねぇよ! 哀れな目で見るなよ!」
ボッチクマー 「とりあえずバイキルトかベホマで」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「そりゃーだってこういう機会だしな!
とーぜん一時間半かけて書いたぞ! →BL推奨」
「わりと筆が速かったのは何故なんだろう(ふるえ」
ぼっち慎二 「パルプンテ唱えようぜ」
BL推奨 「というか私の創作力なんてこんなもんや!
砂ってなんですか、吐けますか!」
幻想GM 「やる蒼派だなあ」
非常識的百合巫女 「参加者のHNを見ていたら某ホモCP大勝利さんがいないことに気がついた」
ロリコン・ザ・ハード 「というかあいつら刺さってねーのかよ……」
ぼっち慎二 「ルーラはわかる
リレミトって日常生活でいる?」
鹿目まどか(ケモホモ) 「ラナルータがないあたりまだまだだね」
ぼっちサム 「俺こそぼっちオブぼっち。
夢求愛とはぼっちの面汚しよ・・・。」
BL推奨 「そらやる翠は正義だし >プラスちゃん」
ぼっちドクオ 「('A`)くっ殺せと言いたい気分」
ぼっち慎二 「くぅ!先生!僕が間違っていたよ・・・・・・>できない夫」
BL推奨 「ガチりすぎぃ! >ヴォルアルSS」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「白饅頭な彼氏かな?」
BL推奨 「ルーラやリレミトでないあたりに煩悩を感じる >シュワちゃん」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「ぼっちとは何だったのか……(真顔)」
「まーけど、ヴォルアルSS投げられたしな! オレ結構満足してっぞ!」
非常識的百合巫女 「薔薇水晶と雪華綺晶でいいじゃん(いいじゃん)>BL推奨」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ぼっち士郎 「ち、ちがう!俺は幼女を眺めたかっただけなんだ!
信じてくれ!」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「俺が一番使いたいドラクエの呪文1位はモシャスで2位はレムオルだからな」
BL推奨 「ねぇ百合って誰で書けばいいの」
ロリコン・ザ・ハード 「SSとか書けるかァ!愛しか叫べんわ!」
ぼっち狐 「ぼっちがぼっちになってねえ(」
ぼっちドクオ 「('A`)というか何で刺したァ!」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「(がたっ)」
「ほう、楽しみだね →BL推奨」
BL推奨 「さて……次はホモか……」
ボッチクマー 「ボッチとは何だったのか」
CPL悪魔ほむら 「SSは書けなかったわ
ごめんね」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「そしてひと通り堪能した後は髪を指先でクルクルしたりするんだろう?>間桐
黒のストッキングを履いて眺めたりするんだろう? ああ、解ってるさ」
BL推奨 「「ねぇ、やる夫」
「なんだお」
休日の昼、ソファーに寝そべってテレビを見ていたやる夫は、愛する妻の声に反応した。
「たまには遊びにいきましょうよ」
「えー? この前一緒に遊園地行ったお?」
彼もまた、普通のサラリーマン。平日の忙しさを休日に解消しなくてはならない。
家族サービスがやぶさかではないにせよ、疲れているのは目に見えていた。
「えー、だって」
「だって、なんだお?」
「……忘れちまってるですか?」
「だから、なにを」
そう言って振り向いたやる夫の唇に、翠星石の唇が重なる。
どれだけテレビの音が大きくても
その場に聞こえているのはただ、二人の心音のみ。
「……ぷは」
「……あの、翠星石さん?」
「力づくじゃねーと、思い出しませんよね。ね?やる夫」
「…………結婚記念日、だったかお」
やる夫の顔は、真っ赤に染まっている。
キスをした翠星石よりも赤いのは、翠星石からすれば予想内だったようだ。
「……全く、へんなところでシャイなのは変わりませんねえ」
「うっせーお。あんときはやる夫が告白したんだお?」
「真っ赤な顔して私に【好きです】と言ったのは――誰でしたっけ?」
思い出されるその光景に、やる夫はぷいっとテレビの方を向きながら、笑った。
「……んじゃ、明日一緒に行くかお。けど、寝過ごしたら無しだお」
「わかってますよ。やる夫」

それは、些細なふたりのいちにち。
その手を繋ぐ赤い糸は、きっと切れないのだろう。
いつまでも。そう、いつまでも。」
BL推奨 「下界に届けこのラブハート!」
BL推奨 「おk、SSできた」
幻想GM 「んでもっておつおつ」
ぼっちサム 「難題反射とかやめーやwwww」
ボッチクマー 「鹿目まどか(ケモホモ) は ボッチクマー ぼっち狐 に愛の矢を放ちました
ノーマルCPなブラン様可愛いbot は ボッチクマー 鹿目まどか(ケモホモ) に愛の矢を放ちました
狂三(百合趣味個体) は ノーマルCPなブラン様可愛いbot ボッチクマー ぼっちでも何も怖くない に愛の矢を放ちました

ぼっち は ぼっち ボッチクマー に愛の矢を放ちました(夢求愛)」
ヴォルアル同陣営生存大勝利 「おつかれさん!」
「ふふ、ヴォルアルの話が出てきたのは、嬉しかったな…… →GM」
鹿目まどか(ケモホモ) 「お疲れ様だよ」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「御疲れ様っていうブラン様可愛い!」
ぼっちドクオ 「('A`)お疲れ様ー」
ぼっちサム 「お疲れ様」
ぼっちでも何も怖くない 「お疲れ様ー」
ボッチクマー 「一転、死体は静かクマ」
ホモ 「お疲れ様です」
ぼっち慎二 「なななななんの事だ!>できない夫
そんな事は……ありだな」
ロリコン・ザ・ハード 「ロリコンハザードって何だよ天国か!!>ボッチ狐」
ロマンサー【NL】 「恋愛とか騙るつもりだったのに>GM」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「良かったな薔薇水晶。お前さんの望みは叶ってたらしいぞ(相手はホモとロリコンの模様)」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ぼっち狐 「ちなみにBL推奨とホモとロリコンハザードに矢を討ったのは俺だまったく反省はしていない(」
鹿目まどか(ケモホモ) 「とりあえずぼっちクマー×ぼっち狐は確定してた(キリッ」
幻想GM 「やっほーい」
ぼっちドクオ 「('A`)そして神よ、誰かと繋がることを求める哀れな民の魂をその懐に受け入れ給え」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「お前さんだって、遠坂辺りと身体が入れ替わったらまずトイレに行くだろうに>間桐
自分に正直になろうぜ(ニコリ」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「>わたくししはそれぐらい狂三お姉様が好きなんですの。わかってくれださいました?」
CPL悪魔ほむら 「まどか……浮気していたのね……」
ロリコン・ザ・ハード 「なんでネタをブラン様可愛いbotにすべて持ってかれてどうしようもねえ!」
ぼっちでも何も怖くない 「わざわざ屋上とか、人気のない階段の踊り場でお昼を過ごさなくてもいいんだわ!」
ボッチクマー 「あ、あんただけは感謝 >ブランBot」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「初日に恋人が真で後追いするブラン様可愛い♪」
非常識的百合巫女 「とりあえずまどほむという鉄板CP作ったのに
矢が被ってなかったので個人的には満足です!」
ぼっち慎二 「座ってろ>できない夫」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「まどかと刺した私に感謝してくれてもいいのよ?>クマー」
幻想GM 「浪漫こいよ!」
ぼっちでも何も怖くない 「はっ! ぼっち陣営が多い霊界なら、何となく一人でいても「あの子一人でお弁当食べてるー」みたいな目で見られないかもしれない!」
ロリコン・ザ・ハード 「あのな!ぶっちゃけな!
中の人的にはブラン様が可愛ければあとはどうでもいいです!!!」
ぼっちドクオ 「('A`)ああ、ぼっちの同胞の魂よ、天へ召されたまえ」
ボッチクマー 「てめえら俺に矢を刺し過ぎなんだよ」
ロマンサー【NL】 「浪漫はどこにいったんだ!」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「しかも銀ちゃんボディのままだ
よし、ちょっとトイレで確認してくる(ダッ」
ロマンサー【NL】 「それは予想できんよwwww」
ぼっち士郎 「まだ俺は……ロリコンを語り切っていないのに!」
幻想GM 「任せろ>BL推奨」
CPL悪魔ほむら 「イキスギィ!」
ぼっちでも何も怖くない 「お疲れ様。役職が恋人なくらいじゃ、私の悲しみは癒せないわ……。」
ロリコン・ザ・ハード 「大爆発wwwwwwww」
ぼっち狐 「てかぼっち陣営ほぼ壊滅じゃねえかwwwwwww」
ぼっち慎二 「お疲れ様」
BL推奨 「よし、GM
SS外科医に届けてくれ」
ロマンサー【NL】 「いっきにしんでいったwwww」
ノーマルド・シュワルツェネッガー 「俺は下界から脱出したぞJOJOーッ!」
ホモ 「遺言を忘れてましたねえ」
ぼっち狼 「お疲れ様ー
交換憑依とはなんだったのか…」
ぼっちドクオ 「('A`)ああ、神よ、ぼっちから背くか」
鹿目まどか(ケモホモ) 「想定よりちょっと少ない・・・かな?」
ぼっち妖精 「仕方ないね 」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「御疲れ様・・・・wwwww」
ぼっち士郎 「なん……だと!?」
BL推奨 「間に合わないwww」
非常識的百合巫女 「お疲れ様です」
ぼっち狐 「めっちゃ死んだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
ぼっち慎二 「ウボァー」
ホモ 「おつかれさまです」
ぼっち狼 「いやいやいやいあや」
ノーマルCPなブラン様可愛いbot 「wwwwwwwwwwwww」
ボッチクマー 「ちゅど~ん」
幻想GM 「www」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
出現役職:おしら様18 人狼9 天狼1 銀狼1 狢1 求愛者2 かぐや姫1 女神11 弁財天1 小悪魔3 魂移使1 出題者1 夢求愛者1 恋妖精1 (公開者52)
ゲーム開始:2014/11/05 (Wed) 23:32:34