←戻る
【雛2541】やる夫たちの希望超闇鍋村 [3024番地]
~連毒連鎖は鍋のロマン~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM沈黙禁止自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 影狼@GM
(生存中)
icon お燐
(生存中)
icon 狛枝凪斗
(生存中)
icon バーニィ
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
icon とある剣士
(生存中)
icon ジャックフロスト
(生存中)
icon 提督サム
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon 支倉未起隆
(生存中)
icon エコー
(生存中)
icon 古明地こいし
(生存中)
icon ヤムチャ
(生存中)
icon ラティオス
(生存中)
icon 零崎人識
(生存中)
icon ニンフィア
(生存中)
icon 浅井京介
(生存中)
icon ハッサン
(生存中)
icon 銀ちゃん
(生存中)
icon 蓬莱山輝夜
(生存中)
icon 初音ミク
(生存中)
お燐 「老兵主張が居るにゃら護衛貰えるってのも一つにゃね」
お燐 「共有伏せるのはもう片方の共有が居るから灰護衛していいCOの仕方にゃ。
占いがあたらないことと護衛択外しだけは葛の葉単独での露出には意味あると思うにゃ。」
ニンフィア 「まー そろそろ解散かな?
それじゃあみんなお疲れさま」
ニンフィア 「素直にでるのも手だしね
護衛制限共有COは共有複数居たら片方はさせておくといいかも
本当にそうでなくても、護衛先絞るというのは便利」
お燐 「おつかれさまにゃー」
ジャックフロスト 「それじゃお疲れ様だホー!
村建て同村、お仲間には感謝だホー!」
お燐 「それに、葛の葉以外に護衛制限突破狩人が居たらその時点で超強いにゃ」
お燐 「結局共有噛みは狼の性格にゃ。
寧ろ思いっきり葛の葉宣言して亡霊嬢警戒させた方が長生きできることもありそうにゃ。」
ジャックフロスト 「葛の葉+傘化け+夜雀で危うく死にかけたことがあるホー……」
お燐 「賢者は凄く便利そうだけどにゃ…」
ニンフィア 「騙らない、っていうのもひとつの手
夢共有っぽい共有COとかやったけど、そこそこ生きれたよ」
お燐 「結局狼に投票したらその時点で露出するのはわかってるから仕方ないにゃ。
そこは割り切るにゃ。」
お燐 「そこにゃねー。
執筆COだけはしないにゃ。
アレは占うものにゃし」
ジャックフロスト 「オイラは賢者COするホー。
狼に付けない限りは土蜘蛛あるから噛まれない。占い視点狂っぽいところを占いたくもない」
ニンフィア 「それでも共有が居て残すって言えば結局触れれないし吊れないし
噛まれ避けの可能性はそこそこあるよ>お燐」
お燐 「んと、やるにゃら、ってのが今脳内検索したら一個だけあったにゃ」
ジャックフロスト 「それじゃあやっぱり投票職COじゃないかホ?」
お燐 「封印師は何故出たって思うにゃ。
薬師も同じにゃ。
やっぱ騙りを考えるのは難しいにゃ。」
お燐 「豊穣神は自分投票をある程度させるにゃね。
ただ、それすると自分が指定先に合わせない利点が無いにゃ」
影狼@GM 「ではお疲れ様ー」
ニンフィア 「しかしうーん、今回は告発する気がすごく出なかった
結果的に正解だけど告発の見極めって難しい
1回したらそこが逃亡で負けたってあったからかなり神経質になってる」
お燐 「私噛みから蘇生噛みはやっぱテンプレになっちゃうにゃね>ログ見て」
ジャックフロスト 「賢者COかー祟り神COかー豊穣神COかー封印師COかー薬師COかー
辺りが良いんじゃないかホー?」
お燐 「共有潜伏…
葛の葉だとやりたくないにゃ」
ジャックフロスト 「序盤の噛み位置自体は確かにそんなに変わらないホー」
ニンフィア 「ハッサンが生きてたらサムの前に噛んでーって感じだと思う」
狛枝凪斗 「じゃあ、お疲れ様」
ニンフィア 「今回の噛みで変わる可能性があるのは正直蓬莱山輝夜からだね
そこまでは恐らく変わらない」
やる夫 「さて、そろそろやる夫も落ちるかお
お疲れ様だお、村立て同村ありがとうだお

そのログは風呂上がったら読むお>ジャックフロスト」
ニンフィア 「FOしても狂人噛みたくないからお燐噛みは確定
お燐とハッサンならお燐噛みかな」
提督サム 「素村で指揮役になる可能性とか考えてなかったのはマイナス 
もっと目を磨きなさいという反省をしながら、お疲れ様っした! 
提督サム帰還します。歌はNOPLANでお送りしました」
できない子
       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   i  ではお疲れ様でした。GMさんは村立てありがとう
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i( ○)  (○)|ハ|   お仲間、特に支倉さんと狛枝さんには感謝を。またどこかの村で会いましょう
     ゙i|゙i'(1    ヮ  ノ川
       ィ二三三三ニ}l
       / 仁/  A `ト」
初音ミク 「それじゃ御疲れ様ー☆
葱妖精楽しー!」
お燐 「それじゃおつかれさまにゃ。
今回FOしてたら噛み1手遅くなったかにゃ…?
難しそうにゃ。」
ジャックフロスト 「そんなアンタにこのログをプレゼントするホー!>やる夫
http://alicegame.dip.jp/hina/old_log.php?room_no=737&db_no=1&add_role=on&heaven_talk=on&reverse_log=on」
銀ちゃん 「じゃ、私帰るわね
やはり視界外位置ははやめに処理しないと…

ミクのお土産のヤクルト持って帰って自棄飲みよ!!
おつかれさま、またね」
提督サム 「15%と書かれるとあれ結構いけそうじゃね!と思える不思議 
ただまあ30発言ってのはちょっと…ログ汚しにも繋がるからやっぱ20位が妥当かな?>やる夫」
お燐 「今回は3日目からずっとついてるからにゃ…
終了までには絶対萌えるにゃ。」
やる夫 「萌え系は萌え率1%だったと思うお?
ただ100回発言して萌えない確率って…約36.6%しかないんだお…
(0.99)^100*100=30.6032...」
ジャックフロスト 「まー偽目が強いのは否定しないホw>サム」
ラティオス 「それじゃ、失礼するぜ
俺は再びホウエンを飛び回るとするか」
ハッサン 「次は希望指定しとこ。GM皆さんありがとう&お疲れ様でした。」
ジャックフロスト 「永続ってのがやっぱり大きいホー?>魔が言
まぁ、オイラ50発言くらい耐えてるの見たことあるけど」
お燐 「だと思うにゃ>銀ちゃん」
提督サム 「やっぱり噛まれ占いいながら生きてる占いって吊るべきやなw(暴論>ジャック」
零崎人識 「んじゃお疲れ―同村ありがとう。また縁があったらよろしくな!」
ニンフィア 「萌系は思ったよりは萌えないよ
と、言ってたら萌えるのが萌系」
お燐 「1%にゃね>萌え
でも10日生きれば少なくとも80発言くらいはするにゃ。」
やる夫 「この確率を毎日乗り越える必要がある事を考えると…
…三日目なら18発言でも十分っちゃ十分なのかお?」
ラティオス 「終盤まで残ってた俺の感想は「決断するころには絶望しかなかった」だな
4人中3人外で誰吊っても勝ちなかったしな・・・」
ニンフィア 「まー 実際他に占い居ても●引きは支倉未起隆くらいだしね
狼余裕ないとまでは流石に伝えられないけど」
ジャックフロスト 「狂人でも囲えてなかったら噛まれうる結果なんだホー>サム
だから出方は真狂目、翌日生きてた時点で真狼目、若しくは囲い成功」
提督サム 「俺萌え引いたら大体萌えてるのにそんなものなのかw」
できない子 「あ、10%か」
できない子 「魔が言は5%だったっけ?
普通に喋って普通に萌えるくらいにはあるはず」
浅井京介 「ま、次こそは暗殺役になったら生きたいもんだ。村建て同村お疲れ様」
やる夫 「18回発言して萌えない確率が、
(0.9)^18×100=15.009...
およそ15%」
銀ちゃん 「共有の覚醒枠は亡霊嬢、葛の葉は銃殺されるから?>お燐」
提督サム 「ニンフィアは○結果ばかりだったのが逆にそく吊りにいけなかったわ 
真紅噛みで狼なら、あそこで占いCOする意味がないんだもの。あって狂人」
ジャックフロスト 「素の萌え確率は1%だホー。
オイラは萌系引くとほぼ毎回萌えてるけど」
狛枝凪斗 「占いCO
銀ちゃん○/支倉未起隆●/初音ミク○/蓬莱山輝夜○

作っていた占いで出なくてよかったよ、ほとんど背徳者だよね、あはははは」
できない子 「占われたら、ね>占い結果」
お燐 「葛の葉ってこんなに強いのに覚醒枠じゃないにゃね…」
初音ミク 「萌えは1%だっけ?」
ニンフィア 「一応、その日のうちに5日目は普通出る日だとは言ったけどね
恐らく浅井京介付近に関してもっと突かれてたらかなりマズかった>ラティオス」
ラティオス 「まぁ、俺今まで4回くらい萌狼引いてるけど萌えたこと一度もないしな
13日以上続く長い信用勝負にかけられても耐えたからさ・・・w」
真紅 「それじゃ、お疲れ様
GM村建て感謝なのだわ」
エコー 「では、失礼します。
皆さん、お疲れ様でした。」
古明地こいし 「魔が言と萌えは確率全然ちゃうよ」
できない子 「中盤以降の指揮役として生きていたい、もしくは後半の混乱してきた中での(狼としては吊り位置を計算している中での)確定○になる、というならありだなーと思うよ
ただ自身の生存能力にも大きく依存するし、占い結果無駄にもするけども」
銀ちゃん 「真紅占いなら初手私来ると思って遺言頑張って作ってたのに(別ベクトル」
とある剣士 「さて、村立て感謝&お疲れ様だ」
お燐 「90%を18回掛け続ける計算にゃね」
狛枝凪斗 「ボクなんて第一章からほとんど潜伏狂人みたいなものだからねえ、あはは」
古明地こいし 「というかもっと早く吊られると思ってた!
支援に来ただけだったのにw
じゃ、おつかれさまー」
ニンフィア 「いやーうん、みなしたらやらかしてたから焦った
草はえてる中でCOとかしたくなかったし、真紅噛みならでなくてもとも思ったから」
提督サム 「と思ったけどニンフィア萌えてなかったよね 
確立なんて当てにならないのかも」
やる夫 「発動率10%だったかお?…ちょっと計算してみるかお」
零崎人識 「つまり狛枝にしてやられた展開。ここはダンガンロンパ2だったのか」
ジャックフロスト 「証明しようとする態度が重要って感じだホー?
15発言で翌日から4とかなら怪しむって感じの>やる夫」
提督サム 「10パーセントの確立を18回の試行で避ける 
そんな運があったら年末ジャンボ買いに逝ってきます」
ラティオス 「出方についての説明ないなと思ったらそういうことか>フロスト」
真紅 「その場で萌えなくても、残ってればいずれ必ず萌えるから
それくらいでいいのではないかしらね>やる夫」
銀ちゃん 「マジで―www>ジャック」
零崎人識 「10回に1回発動すっからなぁ。20回やれば十分だよ>魔が言」
お燐 「別に初日だったから毎日10発言してくれれば満足にゃ>サム」
ジャックフロスト 「ニンフィア出たのアレ遺言更新ミスらしいホー>銀ちゃん」
お燐 「ちにゃみに。
暗殺然り、蘇生然りで鍋には罠がたくさんあるにゃ。
今回は草妖精もそうにゃ。
だから、トラップ目的の共有潜伏は否定派にゃ。」
銀ちゃん 「未起隆とか露骨にも露骨すぎて逆に無くない?とか思った件」
やる夫 「後葛の葉被投票って18発言で十分なのかお?
個人的には狼狐無いと信用するには30発言位必要な気がするんだけどお」
初音ミク 「暗殺された?知らない☆」
ラティオス 「実際引き分けがベストの形になってしまったからな>10日目>こいし
だから俺吊りって結果的にはよかったと思ってるぜ」
ニンフィア 「まー あと1手残してくれたら告発はするよ
支倉未起隆吊り以外なら>ラティオス
狛枝凪斗 「というかさ、
ボクが来た理由て、ロンパ人狼動画で潜伏狂人のボクを見てという理由だったりね
希望もそれだし」
蓬莱山輝夜 「それじゃお疲れ様
また機会があったらよろしく」
銀ちゃん 「同じく決めに逝ってラティオスに…
まさか囲い0とは…
ジャックフロスト 「素素雛古萌(素初手吊り雛凸死)で勝てるとは思わなかったホー?
狩人が居ないこともあるけど純粋に未起隆すげぇとしかオイラは言えんホー」
お燐 「浅井にゃんは残ってたら指定候補の外にゃね」
初音ミク 「潜伏共有は自信があるならやるべき、ってのがミクさんの意見かな?
罠になるのはいいけど、吊られたら元も子もないしね」
提督サム 「情けない~自分にも~ ○あげよう~(涙」
ラティオス 「ただいつもの俺なら呪殺期待とかいう甘ったるいものでニンフィア残してたので
そこ吊りはよかったんだよな・・・」
零崎人識 「共有潜伏と暗殺が合わさり
此の世の物とは思えないほどデメリットを爆散させてしまっただけだ
誰も悪くない。強いて言うなら巡り合わせが悪かった」
エコー 「常世神は少なくとも二日目は蘇生チャレを迷う事なくしても問題ありませんね。
別にそれ以降も問題ありませんけど、後半は自重した方がいいかも、なのです。」
狛枝凪斗 「共有者は村とは視点が違うからね
灰視るよりは進行考えないといけないからね
そういう意味で狼に似たような感じになるかもしれない」
古明地こいし 「いや、決めにいってラティオス投票なんだよね
あとは読めるから投票変えるかだけどそれで失敗したら私が戦犯近くなるから
どうしても「一手前で決めれなかった」につきる」
銀ちゃん 「修験者に関しては…
うん、人外目と蘇生&暗殺が被るから…(震え声」
初音ミク 「ま、ミクさん的には楽しければ万事オールオッケーなんだけどね☆」
浅井京介 「普段特にそれと言って考えず好き勝手に振る舞ってるんだが、それで最終日まで残ることもあれば早々に吊られることもある」
エコー 「水銀様、狐の可能性が抜けていたので
噛まれた狐であるなら、こいし様かな、と思っていましたが
どちらにせよ水銀様は残りましたかね。」
とある剣士 「誤爆をするらしいからな、それならそれでよかったか」
ラティオス 「任せたらアカン奴やこれーという
強くは言ってるが別に強く責めてるとか非難してるわけでもないからもしそう聞こえたらすまない
>こいし」
お燐 「サムにゃんは村っぽい、吊れないとみての投票だったんだけどにゃー
3票集まったのは予想外にゃね」
古明地こいし 「噛まれるならあそこだろうだから、なあ>銀ちゃん」
ジャックフロスト 「初手指定自体は……まぁ発言数で目を付けられたんでなければしゃーないホ>剣士」
狛枝凪斗 「だから投票したよー>銀ちゃん」
初音ミク 「村人は自分が村だ!っていう確固たる意志を持てばいいのさ!
特に相手がやたら怪しいならね
少しでも疑念があるなら相手に遠慮しちゃダメだよー」
蓬莱山輝夜 「吊られずに噛まれるってだけでも村人としては上等よ>剣士
蘇生なんて所詮運任せ何だし常世だとなおさら」
浅井京介 「どうにも、重要職に就くと早々にグレランでつられてしまう。気をつけないとな」
狛枝凪斗 「噛まれたのが仕事じゃないかな?>剣士さん
吊られるよりはいい」
提督サム 「初日にフラグ建てだめぜったい。葛葉投票うけての死亡とかワロエナイ」
真紅 「狂人にしては、少し妙な動きだったのよね
そこを読み違えたのだわ・・・>水銀燈
できれば私の手で溶かしたかったのだわ」
銀ちゃん 「零崎吊りはないと思ったけど…>こいし
あそこ、モロ村です―って感じだったわけで」
影狼@GM 「そして私は延長しそこねたという…
戻ったら2:55で焦ったけど間に合わなかった…」
ジャックフロスト 「いちおー理由聞いとくかホー>お燐」
ラティオス 「実際それな>狛枝」
とある剣士 「狼の勝ちか、今回ぜんぜん仕事できんだな」
エコー 「狛枝様は狂人っぽいのですが、手をつけられない位置だと思いますね。
ほぼ、獣人も無いですし。」
狛枝凪斗 「ごめんね、最後に狼に投票してさ」
古明地こいし 「完全、凪斗狂人読みで票変えるしかないから
まあ村2個最後吊っちゃったので負けだね。
やっぱ水銀燈さっさと吊るべきだった」
とある剣士 「お疲れだ」
お燐 「CO聞いて次スライドするにゃら、今回の基準だとジャックフロストにゃんになるにゃね
エコーにゃんに言ってたかもしれにゃいけどにゃ」
銀ちゃん 「狛枝以外ならどこでも吊れた>ジャックフロスト」
影狼@GM 「どっちかというと修道者が吊れた3日目
これで一気に人外場になった かな」
ラティオス 「俺の中で4人昼のプランがなかったのも悪いが
狐吊れたからエコー噛んだと思ったというか、狛枝残して思考できるのが今日までとしか思ってなかった」
零崎人識 「うん、うん?」
蓬莱山輝夜 「まぁ狼は噛みがパーフェクトだったのでその辺すごいと思う
狐なんて噛まないで吊り誘導しよ?」
ジャックフロスト 「未起隆投票してたらLW吊りで勝ってたホ-?>銀ちゃん」
できない子
            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    仲間と狂人のみんなに感謝を。
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
    (( ,ヘ, |(○) (○) / / ,/ /    特に支倉さんと狛枝さんには私からの賞賛を!(賞賛の表情
      '、 `|'''' r-‐‐┐''''.「)'/|/ /
         \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/      ありがとう!できないなんてなかった
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \」
ニンフィア 「もうちょっと余裕がある狼なら
○とグレーに1Wずつ、かなあ」
銀ちゃん 「後真紅はホント出なくて良かったのに…としか」
狛枝凪斗 「まぁ、ボクに任せたらだめだったよねえ…狂アピしてたからね」
初音ミク 「まー、共有は潜伏選んだならそれでいいんじゃないかな☆
FOは不慣れなら安定するってだけだし」
エコー 「エコーは村投票ばっかりしてたので
実にアレなのです。(」
真紅 「ニンフィアと輝夜はCOまでに占えた
銀ちゃん初手銃殺は即噛まれあるので良し悪し
バーニィは庇わなくてよかった

バーニィの所が最悪だけれど、狂人妖精占いまくってるから結局五日目に輝夜溶かして出ても微妙というこの」
支倉未起隆 「では、私はお疲れ様でした
んー、銀ちゃん5で吊れませんか」
提督サム 「残り時間少ないのに指定して、しかも外して絶望突入させて 
すんまっせんした!ミキタカが強かったホント」
零崎人識 「お疲れ―」
銀ちゃん 「うーん、やっぱ分岐点はあそこよねぇ…
ぐーやはゴメンね―
選択ミスったわ」
蓬莱山輝夜 「あそこのグレランで吊られてしまうのが弱さかなー
ちと序盤からマークされたしきつひきつひ」
エコー 「狼陣営は見事でした。」
ラティオス 「俺あれだけ狛枝狂人だろ、噛まれないんだから、って何度も言ったんだがな・・・
人外見られてたなら知らんが・・・」
狛枝凪斗 「仕掛けるわけないよー>バーニィさん」
ジャックフロスト 「任せっきりですまんホー……>未起隆」
古明地こいし 「最後のグレランで負けてる時点でなあ
とはいってもあそこで票はかえれないし」
支倉未起隆 「まー、序盤の指定切り抜ければなんとかでしたね >ニンフィア様」
ハッサン 「お疲れ様。潜伏したのが仇となった…ごめん!みんな!
狛枝凪斗 「未起隆君はごめんね、銀ちゃんをLWで見てたんだ」
バーニィ 「狛枝が自分に罠を仕掛けたら衝撃のラストになってた」
できない子 「お疲れ様、お見事!」
銀ちゃん 「お疲れ様―
アールグレイ一昨日吊っておけば―よね」
ジャックフロスト 「バーニィは真紅引っ張り出して占われてただけで充分だホー?」
狛枝凪斗 「お疲れ様、そうボクを踏み台にしていいんだよ!
狂人に毒はないからね!」
提督サム 「お疲れキソー!」
お燐 「おつかれさまにゃね。
色々積み重なったけど共有からは、「ごめん」と遅らせてもらうにゃ」
初音ミク 「結局信じれるのは自分だけってね☆
おっ疲れ様ー☆」
エコー 「お疲れ様でした。」
ニンフィア 「お疲れさまー
うん、支倉未起隆は負担大きくしてごめんね?」
蓬莱山輝夜 「おつかれさまー
この点じゃ狐もどっこいどっこいかな」
影狼@GM 「お疲れ様 狼勝ちー」
浅井京介 「お疲れ様」
やる夫 「お疲れ様だおー」
エコー 「狛枝様は存在からして胡散臭いので仕方ありません。(」
真紅 「お疲れ様」
バーニィ 「おつかれさま」
支倉未起隆 「お疲れ様でした」
影狼@GM 「お疲れ様 早噛み指示だしましょうか」
ラティオス 「お疲れ様でした」
ゲーム終了:2014/11/23 (Sun) 23:56:34
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、12 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
銀ちゃんさんの遺言 10日目
r==-、r==、
{{包川_ L/¨ヽ「¨L__
、二,彡   ̄¨ ‐- ,, `ー、_
..r=、 |_r'¨ヽ` \     ,_ └t
┘ L_」 ̄ ̄し'⌒ヽ  、 \
          (__r─t ヽ
.     i        (__, =、
     l|.  i
   | l|  l|  l|
   | l|  l|  l|   i            私…死んだわ!!
   | l|  l|  l|   .l|
   | ,/! .l|  l|/ ,l|
、   |/..| /斗匕ヽ/ l|
.|\ |-‐' ¨zt≠=㍉、.l!    ,/       じゃあ、そういうことで
'  `    {////} ’|   /        ただの蛇姫よ
      弋//シ ,/  ./`       そこ!!無駄な覚醒枠とかいうんじゃない!!
         ̄   / ./ヽ ヽ      
   ,        厶イ ト、 \
 , ─‐ 、     / ,/|.|、\
  ー一'    .イ/| !/ ̄ ̄ ̄ ̄\
>._ .<////∧/  話  聞   '.
..r=tァ==、  /∨///|   が  い   !
//.| || |.、ヽ´  ∨//|   あ  て  |
〈_,,| || |__〉.〉    ∨/l   る  欲   |
ゝ-l || |‐‐'      「'/|   の  し  |
.┌| || |┐ r'¨ゝ-' Vヘ       い  /
、」 l_||_| `ー'    |/ \____/
狛枝凪斗さんの遺言 未亡人CO
初日は無意識だってさ

…偽物が出るとは思わなかったよ
狛枝凪斗 は無残な負け犬の姿で発見されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
銀ちゃん を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
11 日目 (1 回目)
狛枝凪斗0 票投票先 →銀ちゃん
支倉未起隆1 票投票先 →銀ちゃん
古明地こいし0 票投票先 →銀ちゃん
銀ちゃん3 票投票先 →支倉未起隆
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
銀ちゃん 「ラティオス-未起隆で2Wの噛めない狼残った説しか」
古明地こいし 「凪斗と銀ちゃんでみきたか
私とみきたかで銀ちゃん

凪斗狂人なら知らない」
支倉未起隆 「超過即で銀ちゃん入れますね」
狛枝凪斗 「投票したよ」
支倉未起隆 「ちなみに銀ちゃん噛んだのは妖精の悪戯先的に残ると狐目きつい」
銀ちゃん 「まあ、個々で実はこいしも狛枝も
2人とも狂人でした―とかだったらどう仕様もないからねー…」
狛枝凪斗 「じゃあ、早目に投票してしまおうか
時間も押してきてるだろうからね」
狛枝凪斗 「引き分けかぁ
村も狼も狐も希望的な終わり方だよね」
古明地こいし 「うーん、これ凪斗狂人ない、と信じないとその投票嫌なんだけどなあ
お互いさまだよねえ」
銀ちゃん 「完グレっていうけど私一応ニンフィアから○もらってる
偽もとい狼だと思ってるけど」
狛枝凪斗 「ごめん、素で間違えたよ…>こいしさん」
狛枝凪斗 「いやちがう、ボクと銀ちゃんで宇宙人投票だね」
古明地こいし 「なんでじゃ>凪斗」
銀ちゃん 「私はそこのアールグレイに入れるけど
狛枝とこいしでどうするか話し合って」
支倉未起隆 「そうすれば完全グレー位置が私と銀ちゃんになりますから」
古明地こいし 「じゃあ、銀ちゃんとみきたかが相互で凪斗が銀ちゃん投票でいいんじゃない?」
銀ちゃん 「未起隆が狼COで私狐主張ね―…
信じるかどうかは村に任せるとしか言えない
支倉未起隆 「ということで私は銀ちゃん投票します
言ったじゃないですか 昨日私ー銀ちゃんでランしようって

だからエコー様噛んだんですよ」
狛枝凪斗 「じゃあ、ボクとこいしさんで宇宙人に入れればいいかな?」
古明地こいし 「まあ今日死体なしならそうだと思ったよ…」
狛枝凪斗 「ん、狐噛みでいいのこれ?」
銀ちゃん 「                      r_‐、_
                  _, -ー::L._.」‐-、` 、
              /‐ '´ ̄ ̄ ̄`¨ヽ:::丶ヽ
            /  ,        ,  \:::ヽヽ
          r./  /|/',   /l/ |    i::::||
           L| /   ',/     l/|   !:厶l      お わ ら な い …
         /∨ ○       ○  /  l下、_〕_
             /              /  i !__ト、
             !     ┌┐    'イ  /   l      死体出る?出ない?
            丶、._  ̄ ___/ /     l
                l/!  ̄r::t水ァ::j/     ',    出るなら狐は死んだ、
                 /r――――i::::K   ト、 ヽ  出ないなら告発からの引き分け
                ムf」     「ヽ::i、 |\! \ |
                __j」      ヽ、|」_ヽ_    ヽ  そんな感じの最終日だと思う
          r┐≧:|_____!::::::::::::::::/
          l___!L.-i_i⌒!-」、|\::::::::ヽ _     狐残りでも告発せず勝負に来る?
                   └‐ '´     ̄ ̄
古明地こいし 「完全狼狙いにいってラティオスだったのに
違ったという
これ凪斗がまじ獣人で狼だったらどうしよう
でもなあ
それでもエコー噛む意味がないと思うんだよなあ」
支倉未起隆 「LWCOです
死体なしは1回目が輝夜様噛み
2回目が銀ちゃん噛みです 以上」
朝日が昇り、11 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ラティオスさんの遺言 10日目
                         /l
                      / ::て
                   / : :::r'
                      / : ::..:::l
                  / .: .::.:::::l
       ,、          / .: .::.:::::::::l
      / 7           / .: .::.:.:::::::::::l
   ,∠ ⊥_ ,イ___/,,.. -─-::;;::、l   /!
  /^)::::::`、 / フ ` ̄二ニ=-::::::::::::::::::::`ⅴ:::└‐→            夢共有COだ、初日は大声3
 /ー'_ィァ:: / /  -=二_:::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニそ
  `丶、 ´  ' _____  ̄ - _:::::::::::::'':'::::::'::':-=ニ二´´ ̄ ̄ ` `
      ̄ ̄  メ㏍'´  ⅱ、- ¬、`丶、:::::::::::::::::jー- 、
                ヾ::、_  `)  >:::::::::::j'::::::<
                  `ー>└ァ::::;;:::::::ノ:::::::::<、
                 _/:::::::::::ノ  ̄ \,へ「`ー--'
                └l7ゥ一'
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
支倉未起隆 「狛枝様が察してくれるといいのですが」
支倉未起隆 「なら引き分けか 或いはそこからぶれてワンチャンくらいですね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ラティオス を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
10 日目 (1 回目)
狛枝凪斗0 票投票先 →支倉未起隆
支倉未起隆1 票投票先 →銀ちゃん
古明地こいし1 票投票先 →ラティオス
ラティオス2 票投票先 →古明地こいし
銀ちゃん1 票投票先 →ラティオス
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
古明地こいし 「狐残ってるなら偶数にするんじゃないかなあ

>みきたか
それは考えてたんだけど今日エコー噛みとつながらない」
支倉未起隆 「なんで、私ー銀ちゃんランで詰めるべきじゃないかと」
銀ちゃん 「少なくとも1愛目の死体なしではね>こいし
2回目に付いてはミク良無いから証明はできない」
狛枝凪斗 「うーん…この噛みだと…灰を吊る方がいいのかなあ
期待値的に考えて」
支倉未起隆 「死体なし2で狐2だから 別々に狐が噛まれてたとかどうでしょうか? >こいし様」
ラティオス 「それは同感>支倉
いるなら狼か狐のどっちかだと思う」
古明地こいし 「凪斗狂人の可能性は、否定はしない。」
銀ちゃん 「いたら噛んで残ってるよーアピするとおもうんだけどねー>狛枝」
支倉未起隆 「仮定ですが ○にどっちか狼いた場合は
そのもう片方の○に狐はいない気がするんですよね」
狛枝凪斗 「正直わけわからないんだよねこれ」
古明地こいし 「みきたかと銀ちゃんなら銀ちゃん吊る気になるけど
銀ちゃん狐はないんだよねえ」
狛枝凪斗 「で、これ狐いると思う?」
銀ちゃん 「狐残ってるんなら噛んで引き分け
狐吊れた想定で今日は進めないとダメだと思うんだけど?」
ラティオス 「ここでエコーが噛まれた意味を考える
俺は狛枝を狂人で見ている以上明日を創るつもりはない
支倉よりはこいしか銀を見る」
支倉未起隆 「なんていいますか ニンフィア様の○に狼がいたと仮定しても
どっちもノータッチで疑われ位置のエコー様噛まれるッテの妙です」
古明地こいし 「うーん」
古明地こいし 「ありえるのか。まあそれなら狐噛んでると思うけど」
狛枝凪斗 「狐のこるなら狼は噛むんじゃない?」
古明地こいし 「夜のうちに昼狐、てあったっけと思ったんだけど
狐があんな動きするかなあ

あと、狐吊れたら、てエコー吊れるじゃん、灰で。
噛む意味ないよ」
銀ちゃん 「1W2Fはありえる>こいし 2-1-2で
2W1Fは無いけど」
狛枝凪斗 「じゃあ、灰吊りかな」
ラティオス 「残念ながらありえる>こいし

なぜなら、それでも飽和はしないからだ」
支倉未起隆 「今日は私ー銀ちゃんのランにしませんか?」
狛枝凪斗 「それだったら告発されるんじゃないかな?>こいしさん」
銀ちゃん 「5人な以上狂人いると考えると今日はLW目吊りしか無いわよ
というかエコー死ぬとか想定外もいいところなんだけど…」
狛枝凪斗 「これって、狐吊れたってことかなあ?
そこ死体となるとね」
古明地こいし 「えーっと、1W2Fはないよね」
ラティオス 「てかエコー死ぬの?
狛枝生きてることに違和感しか感じないんだが」
支倉未起隆 「んー、エコー様死ぬなら提案があるのですが」
狛枝凪斗 「おや、早いねこれ」
支倉未起隆 「◇零崎人識  「昨日完灰吊って、今日○、俺はそう決めてた。そしてそう言ってるのだぜ>こいし」

吊り増えたならもう一度完全灰の選択肢は?というところでしょうか >投票」
古明地こいし 「え、エコー死ぬの?」
ラティオス 「俺は明日を考えるつもりはない」
支倉未起隆 「・・・え?もう朝?」
銀ちゃん 「      ,-‐〈{匀}‐‐.、‐、
    /:/    \::ヽ ハ
.   /  , l、 、 ,  {ヒ{}コ} !      
   l ,ィ {7Tハ T寸寸i || |
   |ハ |l┬r ヽ|r‐┬} |  |        零崎吊るの!?マジで!?
   } `ト じ    ヒソノ| |) |
    | |ヽ、_  _   _,ィ| |  | _ノ    個人的にそこ一番村目っぽかった以上吊る気無い位置だったんだけど…
   ',. |.| l 7Eニ::ィ |./|  |/::::<_
    ,|. | 'イ<予>::::`l  |  |:::::\:/ 
     | l   i´V/`.|::::|  |  |\}\    未起隆がマジ視界外すぎて困る…
     | l.  j|:::::::::::|::::|  l  .|
     |∧/:/ ',:::::|::::| ∧ |    
      /::ヽ/X ヘ:::ヒリ ./ |./
    /:./:/:/_ _ _ _〉:\:::\
   //|:t:∧ハハハハ::.::.t::::::l     
     |::./ |::.::|  |::.:ト、::.::/
     ∨  |::.::|  !:::.| ∨
        ,ヘrリ  トー}
        `ー'   `ー'
ラティオス 「おはよう」
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
零崎人識さんの遺言              _\`ヽ、,_
          , イ          `㍉、
.          /         `、     ゝ、
      -‐ '            ゝ、     \
   /,.:'   ゝ、           ㍉    _ニ=ー    /{縁切地蔵だ。殺して解して並べて揃えて晒してやるぜ――恋人を
  /.:'゙      }            〝‐-,  ミ、    丿{
  | {       ハ   ∨       ` "   厂.   / ノ
  ``、リ      ヘ   ヽ       ミ    ン /    ≧s,
   ノノ           \     /⌒丶 ;' /        `"''、
  ノノ{    |         ハ lミ,イ ヘ /、¶   _-=ニ=ー、-=-‐、〉※いません
 _乂 .{    |     /  ハ l:::| l   /㏄ ム¶、厂        }     )
    {    .::|   /::} 丿:::| l::リ   ∥||   \
     {  .::::|  /:::::} 丿::::::i/     ∥ ||      r-=ヤニ=ニ=ー-ー==z=≠ミ*。  あとこいし、これ見ればわかるだろ?
     | /:::::::Ⅳ::::::::}ノ             ////////////////////////}        草妖精 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 β13~]
     |{    `ヽ__,        /ニ=ーy///////////////////////////}        [悪戯能力] タイプ:迷彩 / 占い妨害:有効 / 呪い:有効
            ヽノ.    /    丿,イニ=ー、、//////////////////リ        
              丶、,,/     ノ丿//////ゝ\__////////////∧       悪戯先が人狼に襲撃されたら、次の日の昼を全員草原迷彩にする妖精。
                      く丿/////////∨///∧////////////∧
                       |///////////∨///∧/////////////〉
                        丿.///////////∨///∧////////////∧
                      亅/////////////∨////\///////////ノ
エコーさんの遺言 エコーは玩具姫という奴です、四日目以降に人形系統から
認識される存在ですね。

人形いなければ意味ないですけど。
エコー は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
支倉未起隆 「噛みと進行はだいたい固定」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
零崎人識 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
9 日目 (1 回目)
狛枝凪斗0 票投票先 →零崎人識
支倉未起隆0 票投票先 →零崎人識
エコー1 票投票先 →古明地こいし
古明地こいし1 票投票先 →零崎人識
ラティオス2 票投票先 →エコー
零崎人識3 票投票先 →ラティオス
銀ちゃん0 票投票先 →ラティオス
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
零崎人識 「昨日完灰吊って、今日○、俺はそう決めてた。そしてそう言ってるのだぜ>こいし」
狛枝凪斗 「ま、人外狙うしかないけどね」
ラティオス 「んじゃ、ニンフィアが狼だと俺も思ってるので返すが
お前らLW濃厚ならどこ狙うんだよ・・・完全灰か、ニンフィアの○か」
エコー 「完全灰ってエコーと零崎様と支倉様ですけど
正直、見てないんです。(」
支倉未起隆 「あ?あれありますかね
雛とか飢・・・ミク死んでた」
銀ちゃん 「7>5>3>で残り3吊り…」
支倉未起隆 「んー、ニンフィア様の○はあって狼だと思うのですが 見た感じは」
零崎人識 「エコーに対して面白い意見っつってたが俺同じこと…
…ちょっとわかりづらかったが言ってたので」
古明地こいし 「みきたかは?>人識」
狛枝凪斗 「じゃあ、灰吊る?
色々な意味で、ニンフィアさんの○に手を付けるのも危ないんじゃないかなあ」
ラティオス 「さっき言ってた1W2Fの可能性は割とありえるかもと思えてきたがな」
銀ちゃん 「零崎は村っぽいかな―とは思う
こいしは狼っぽくはないかなという所」
零崎人識 「つまりこいし、ラティオス、銀ちゃんだな。
まぁ銀ちゃんは除外して実質二択。
今のところはラティオス」
支倉未起隆 「狛枝凪斗様が泣いてますよ >銀ちゃん」
古明地こいし 「どっちにしても今日噛まれる位置じゃないでしょ。
ラティオスと私を吊る気がないなら今日ラティオスが噛まれた可能性はあるけど

吊り増やして狐連噛みはしないと思うな」
銀ちゃん 「実質灰というかニンフィア狼に見てるんで>ラティアス
真紅の○は全滅だし」
エコー 「正直、こいし様が人外だとしたら
エコーだと割りとどうしようもないと思うので
他の人が頑張ってくださいといいたいのです。(」
狛枝凪斗 「じゃあさ、狼目の位置吊るのまずくない?
なんか、狼少なそうな割に死体無しとか変なことが怒ってるように見えるんだよねえ」
ラティオス 「ここまで来てFOのメンツなんてたかが知れてる
俺は完全灰を吊ろうという主張を曲げるつもりはない」
零崎人識 「まぁ俺個人の投票先の流れは昨日言ったので、そっから悩む」
支倉未起隆 「まあ見事なまでに私含めロクなCOが・・・」
狛枝凪斗 「そして…当たり前だけどそういう役職ばかりだよねえ」
古明地こいし 「エコーは狼目の方が強く見えるけどな」
狛枝凪斗 「未亡人だよ
初日は無意識だったね」
銀ちゃん 「蛇姫よ」
ラティオス 「俺も実質灰だろう、夢共有CO」
銀ちゃん 「エコーが人外っぽく思った>こいし
狼か狐かは分からないけどね
だからニンフィア狼っぽいと思ったから本当は先にそっちを吊りたかったのよ」
エコー 「玩具姫です。」
狛枝凪斗 「それもう、引き分け宣言でいいんじゃないかな!>こいし」
零崎人識 「俺、縁切地蔵です★」
古明地こいし 「村人表記」
エコー 「了解。」
零崎人識 「FOしようぜ」
支倉未起隆 「んー、FOしましょうよ
河童のスタンドCOです ショック死は治療できても
突然死は治療できません・・・」
エコー 「ただ、ここで狐また噛みだとすると
LWじゃないんですか?って話だと思うんです。
だってLWで狐噛みますか?この人数で。」
零崎人識 「んー、どこかねぇ」
古明地こいし 「1W2Fの予感!」
狛枝凪斗 「しかも輝夜さんは遺言ないし
なにこれ」
ラティオス 「獣人+狐噛みなんて考えたくないので狐探せってことなのかねぇこれ」
銀ちゃん 「また死体なしと…」
狛枝凪斗 「…え、また死体無し?」
銀ちゃん 「  !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い
   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l    昨日も朝一で言ったけど襲撃されること自体がトリガーになってる>草妖精
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l      だから私はミクが私悪戯じゃない所に実際にやった場合を除いて
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ              私は噛まれてない事になるわ>こいし
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l        あなたが獣人と仮定して死体なしがあなた神を考えた場合よ>狛枝
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>     やる夫が非狼人外かなんか分からないわよ、ただの推理の一環だけ
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
 l    l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ
 :ヽ   ヽヽ,.=l〈,-T「´r/V: : : : !  ! !l /:::::::/`ヽ._ ` ` }< ̄
 : : ヽ   ヽレ=-l/@l:l7=y´: : : : :l  !: ;イ ` ‐L_y     l::::::ヽ       あと、もうそろそろFOでいいと思うんだけど?
  : : : :\   ヽ:::::'::==-.:´: : : : : : :! /:´/-、   /      /  ̄」
古明地こいし 「ぶっちゃけ忘れてたんだけどFOする?て言いつつ
自分でCOしない人ってCOしたくないの?
私は忘れてたけど

あと、狐目狙わなきゃで銀ちゃんってエコー吊るの?」
零崎人識 「また死体なし、つまり獣人はない」
エコー 「やっぱり、狐なんじゃないですかね。」
支倉未起隆 「はい? >死体なしアゲイン」
ラティオス 「また死体なしで遺言なしか」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう
LW考えるならかなり怖い場所だったと思うんだけどね、輝夜さんは
吊るとしたら今日あたりの位置かな?」
エコー 「おはようございます。
○に関しても廃してしかるべき頃(ニンフィア様の)だとは思いますが
それでも狛枝様については放置していい、位置かと。
ラティオス様についても余り狼目には。」
零崎人識 「んにゃ?」
支倉未起隆 「輝夜様は何か私が狼かどうかとか 狼目探しに必死になってる印象を
受けましたので投票させていただきましたが・・・結構偏りましたね
死体なしが狐噛み考えると 狼目探して何したい?とも思ってましたので」
ラティオス 「俺の意見:死体なしが狐噛みであろうと獣人噛みであろうと噛み回避であろうとグレー吊り
噛み回避なら○もありえるが回避する役の時点で偶数で吊る意味がない」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
支倉未起隆 「ちなみにミク噛んだ最大の理由は
LWってよりも『グレーを広いままに保つため』ですけどね」
支倉未起隆 「さて、問題は狛枝さまをどう捉えるか ですか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
蓬莱山輝夜 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
8 日目 (1 回目)
狛枝凪斗0 票投票先 →零崎人識
支倉未起隆1 票投票先 →蓬莱山輝夜
エコー1 票投票先 →蓬莱山輝夜
古明地こいし0 票投票先 →蓬莱山輝夜
ラティオス0 票投票先 →蓬莱山輝夜
零崎人識2 票投票先 →支倉未起隆
銀ちゃん0 票投票先 →エコー
蓬莱山輝夜4 票投票先 →零崎人識
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
零崎人識 「まぁ、完灰の誰か吊って、ニンフィアの○吊って、吊りたいところ吊って
でいこうか」
銀ちゃん 「非狼人外の場合狼から不明
そのばあい狛枝噛みは有り得るってだけよ」
狛枝凪斗 「もしかして霊能者か何か?
情報あるなら出してもいいよ」
蓬莱山輝夜 「まぁ噛めない狼で妖精がのろい踏んだ可能性とかもないわけではないだろうけど
その場合は明日以降どうなっているかって感じかしらね」
零崎人識 「そして、それが”あの時点”でわかってるとは俺は思わん」
狛枝凪斗 「やる夫クンが非狼?
なんでわかるのそれ?」
古明地こいし 「>人識
水銀燈が狐で噛まれて死体なしでも草は発動するの?」
零崎人識 「両方灰だったら、の話だ。今のお前は○であって狂人吊る気は皆無だよ
>狛枝」
ラティオス 「仮に獣人だとしたら、どこが噛ま(昨日と同じなので略
ニンフィアが狼ならLWじゃないんだろうから遺言で告発してくれるかもという甘えがあったのは事実」
支倉未起隆 「狛枝さん狂人だとしても・・・今偶数ですしやっぱりそこ考える必要性を
私はあまり感じませんが」
エコー 「獣人噛みで獣人LWなのだとしたら
ニンフィア様が狼だった事にしか
ならないと思いますけど。きっと。」
狛枝凪斗 「妖精を噛みそうな人か
強いというか慎重な噛みではある」
銀ちゃん 「狛枝は真紅の○だった
やる夫と狛枝ともに非狼
狼から真偽付かなかったから噛んだは有り得る…の?」
零崎人識 「草妖精は死じゃなくて襲撃が発動条件だしな」
古明地こいし 「獣人より鋭狼だっけかの狂人回避の可能性の方がありそうだけどね」
狛枝凪斗 「ん、ロラしたいのかい?>零崎さん
あそこで出ないと駄目だと思ったんだけどねえ…情報は渡さないとね」
支倉未起隆 「ジャック様に関しては素で忘れてました >輝夜様」
エコー 「輝夜様が昨日、狛枝様噛みはないと言っていて
本日、そこ獣人疑いというのは少々の違和感、程度。」
蓬莱山輝夜 「あー。そうよね>らティ
世迷言いったわ。そうよね騙りかどうか見えるんだからあえて噛むとかないわよね」
古明地こいし 「ただ、ニンフィア吊ってLWになったぽい雰囲気はするけど
もしそうだとするなら水銀燈は狐候補はずれる」
零崎人識 「あの時点で、こいつは……吊れない、噛もう(キリ
なんて覚悟決められる狼だったら知らん」
支倉未起隆 「獣人・・・?んー、でも噛みはLW宣告なんですよね?」
蓬莱山輝夜 「狼多いならジャックとかヤムチャとかすっとばしてLWないっていってるミッキーどうなのて感じだけど
少ないと決め打つならあんまり狼要素名下げ」
零崎人識 「まぁ、対抗未亡人なんてロラ安定だしな」
ラティオス 「狛枝狂人見えたなら、わざわざ噛む意味はないだろう>輝夜
獣人である可能性など低いに決まっている」
銀ちゃん 「あー…噛みが獣人噛みで狼増えた…
ありそうねぇ」
古明地こいし 「狼目見てなかったんだけどなあ>銀ちゃん」
エコー 「でも、あんなCOしてる狛枝様噛まないと思うんです。」
狛枝凪斗 「となるとまぁ…灰を吊るか○を吊るかという話になる」
支倉未起隆 「告発等は無いようですね・・・ニンフィア様狼ではなかったのか
或いは・・・?」
零崎人識 「んー、あの死体なしが獣人だったってこと?」
蓬莱山輝夜 「まぁ無職しかいないと思うけどFOでいいんじゃない?
無職しかいないと思うけど」
ラティオス 「仮にLWだとして、死体なしがある以上噛める狼なのだから
真紅の○である狛枝は除外、それくらいだろ」
古明地こいし 「昨日噛まれた位置どこ、て考えるのすごいこまる。
獣人でLWっておかしいでしょ…」
銀ちゃん 「というかなぜニンフィアを昨日吊った
そこどう見ても狼目、狼少なそうなら狐捜しはさんでーからだと…
狐残りでうっかりLW吊りとかどーすんのよと…」
エコー 「恐らく1W1Fと見た方がいいんですかね
2Fかも知れませんけど、恐らく2Wはないかと」
零崎人識 「とりあえずLWなら狐さえ生き残ってれば引き分けだからじゃね?>狛枝」
狛枝凪斗 「で、狐告発は無し?
ニンフィアさん狼じゃないとか?」
蓬莱山輝夜 「これなぁ狛枝狂人みえたのかなぁ
獣人の可能性まで見るべき?」
零崎人識 「??」
支倉未起隆 「ああ、LWだからと・・・(ポン」
狛枝凪斗 「…そりゃ、妖精噛まれるよね
協力しないと明言したら、そりゃ吊れない位置が噛まれるよ」
古明地こいし 「うわあ。LW宣言来た感じがする」
支倉未起隆 「え?ミク死ぬのですか?」
蓬莱山輝夜 「ああ、LWなのね・・・南無」
ラティオス 「あ、草妖精死んでる
吠え数から見てもLWなのだろうか」
零崎人識 「おはよーさんってありゃ?妖精が噛まれるのか?」
エコー 「葱は犠牲になったのです。」
古明地こいし 「エコーは「ニンフィア真でも噛まれない」て言ってるわりには
ニンフィア吊りに対して特に反応なく「吊ってもいいや」的な態度見せてるあたりで
そこ人外候補

輝夜はFOにこだわってるんだよね。
ニンフィアどうするかよりもう残った人間同士の殴り合い考えてる
そのわりにはニンフィア吊り、て心も決まってない
人外候補2

ただ、LWぽいとなると昨日の死体なし=狐生存だからすごい悩ましい」
銀ちゃん 「み、ミク―!!」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう
吠えが少なかったね昨日は、LWとみてもし狐告発があったら吊っていいんじゃないってぐらいかな
でこれどこ噛まれるんだろうねえ…それを見て判断じゃないかな、ニンフィアさんの結果を考えるかどうかは」
蓬莱山輝夜 「ものすごーく吊れたっぽいけどニンフィア狼で告発しない理由が解せないお」
支倉未起隆 「おはようございます そろそろFOでしょうか?」
エコー 「おはようございます。
ニンフィア様がなんであれ○三つもあれば
もう、いいや。という結論に達しました。」
銀ちゃん 「                  __,、
        ,.-‐'  -,===〔{〈包}ヘ、
      /  _f〆:::::::::::::::::::弋之ソ:::\
     /     {i7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ::',       草妖精
     /   {i7:::::/ ,' l  l l  l   ,  ',   悪戯先が人狼に襲撃されたら←
     l   {i7:/   l ,斗-+ l  ,l ト-、l, ハ
    ,l    〆 |  l | ハ ハ| l / リ |. l | l|  つまり私は襲撃されてない!!(完
    l   介 l |  l 〒弐オ l/'〒テトr',', l|
    !    !  ! .ハ  l、ト'::ィ;リ   トィリ, l l リ
    ! |  |  | 弋  ゞー'    ゙-'l |,lレ'  後、ニンフィア狼っぽいから狐候補とか先減らしたかったんだけど…
     ! |  |  |   T'´ ゙゙゙゙    ` ゙゙; |リ   吠え少ないから狼少なそうって言ってるでしょ
    |  |  | ,ハ   |',    (_`チ  _,ノ l|
    ! ,l  ,l ,'ハ   | `ニ、r‐、‐ T´ 川    おうどん怖くないの?
   | ,l  ,l /..ヾ   |',=ニ| /::`|  | |
   | | / /:::::`::'、  |〈包}/:::::::|  | |
   l  / ,'::::::::::::::',ヽ、ト ', レ'::::::::|  | |」
ラティオス 「出るタイミングには文句はなかった>ニンフィア
だが自分が死ぬだろうという適当な予測で余計な位置を占ったことが俺の中で信用を落とした
それが投票した理由だ
そろそろFOするか?ニンフィアの○をリセットするかは知らん
俺は情報としては手元に置くつもりだがな」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
初音ミクさんの遺言
            r─‐、          _____
          {二{____}二二二二二二{::::::::::::::::::::::}
          /:.:.:.:.:.:.:.`l        \::::{ ̄ ̄      _   _    __ __
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|__     ⌒ヽ \>         | |/ /   | / | /
         V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ∧>─- .._ ハ         |  /  __   l/ l/
          V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:K<、r-、_ ノメ 、       / /   (O ) o o
          V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: :///⌒ヽ`ヽ: :/>ー- 、    ̄     ̄
         /: V:.:.:.:.:.:.:.: レr‐/メ  __ }: : K`ヽ_: : : 〉
        /: : : : V:.:.:.:.:.:.: l \  ´_`ト: :l::l >´: /
       /: : : : : : ∧:.:.:.:.:.:| ̄   \ ! jリ/: : :/    草妖精改め葱妖精CO!
     /: : : : : : : :/  V:.:.:.,小_{` ーァ  j/:/ : : /
.    /: : : : : : : :/   `-< └Kに二. ィくノ' : : /     GM>銀ちゃん>バーニィ>真紅>狛枝くん>銀ちゃん>狛枝くん
   /: : : : : : : :/      }/l只__/{⌒V : : :{/ハ⌒ヽ
   ,': : : : : : : : '       /: :/ }r-ォハーヘ__//:.:ヘ__ノ この村は葱畑になりました
   i: : : : : : : : {       /: :/ /  ̄: ∧:.:´ 厂:.:.:.:.:.:.ヘ
   |: : : : : : : : l     / : / / : : : /: :l\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
   |: : : : : : : : :ゝr─‐〈ゞ-l/ : : /ト、j: : :  ̄「 ̄ ̄´
   l: : : : : : : : : _{:.-''"∧: :∧: : : : : / ̄}: : : : ',        i
   ',: : : : : : : : :{:./:.:,:.:.:.V:.:.:.\_/:.:ヽ:.:.:}: : : : :\    ノ|
.   ヽハ : : : : : {/:.:.:./:.:.:./:.:.:l:.:.:.i :.i:.:',:.:.:ヽト、: : : : :`  ̄: : ノ
     `ー-- {:.:.:/:.:.:.:/:.:.:.:l:.:.:.l:.:.l:.:.:',:.:./:.:.:) : : : : : : : /
            `く:.:.:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.l:.:.l:.:.:.∨ ̄: : : : : : : /
            ` く____」_l_L/\: : : : : : <__ノl
             ヽ:.:.:.人:.:.:.:ノ     \: : : : : : : :ノ
               ̄    ̄      `  ̄ ̄´
ニンフィアさんの遺言 占い表記CO 真か夢かはその内判断するよっ
浅井京介○ 真紅○ ラティオス○ 古明地こいし○ できない子● 銀ちゃん

理由とか

浅井京介
配役的にはふつー、だから5日目くらいまで潜れるようがんばろー
初日はまあ、適当に近場からでいいよね?
右の浅井京介を占うよー

真紅
うーん、草だらけでちょっと発言みづらすぎる
しょうがないから今日は単純に票が少なかった位置から直感で占うよ
その中でひっかかった真紅、ここ占いで

ラティオス
うーん、○が吊られそう、けど潜りたいというのもある
とりあえず明日の結果で考慮しよう
次の占い先はラティオス、真紅に投票していたし色を見たい感じ

古明地こいし
真紅の中身は不明、だけど真か狂人目だけど偽考慮は早いね
真紅の○占いはせずにグレー占い続行でいくよ
表が少ない古明地こいしで

できない子
たぶん噛まれるだろうからできない子占いにしておこうかな
票が減ってないから古狼か古狐、後者期待で

銀ちゃん
◇銀ちゃん 「ニンフィアは明日どうなってるか見てーよね
今日はできない子吊り」
これ私が残るって確信してる気がする、占って色確認するよ
初音ミク は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
支倉未起隆 「さて、告発ありますかね・・・
今日の噛みどうするって話でもありますが」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ニンフィア を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
7 日目 (1 回目)
狛枝凪斗0 票投票先 →零崎人識
支倉未起隆0 票投票先 →ニンフィア
エコー1 票投票先 →ニンフィア
古明地こいし0 票投票先 →ニンフィア
ラティオス0 票投票先 →ニンフィア
零崎人識2 票投票先 →ニンフィア
ニンフィア6 票投票先 →零崎人識
銀ちゃん0 票投票先 →エコー
蓬莱山輝夜1 票投票先 →ニンフィア
初音ミク0 票投票先 →蓬莱山輝夜
「◆影狼@GM @1」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
銀ちゃん 「よろしくー>ミク」
ラティオス 「狐噛みなら発動しないだろう」
狛枝凪斗 「そういえばFOしなくていいの?
明日でもいいかもだけどさ」
初音ミク 「あと、狐噛まれたら草ってどうなるんだろ
調べてくるね」
古明地こいし 「水銀燈死なないなら発動しないんじゃないの?
発動狙ってgdgdさせようとしたら狐だった、はあると思うけどね」
零崎人識 「あ、草があったか(ぽん」
ニンフィア 「あのー 噛まれてないっていうのは
誰か一人でも言ってたら普通に噛まれない可能性高いんだけど」
初音ミク 「だから、草発動したら狼うらんでね☆」
支倉未起隆 「真紅様の○と、ニンフィア様が死体なしで出した○なんですよねえ >こいし様」
銀ちゃん 「私噛みなら草発動しない?」
零崎人識 「その視点で灰を見るなら支倉未起隆、蓬莱山輝夜、零崎人識だ」
狛枝凪斗 「ま、妖精はそのあたり適当だからねえ
しかも今偶数だし」
初音ミク 「今日は…どうしよっかな。
狛枝くんにもう一回。灰に呪いいたら怖いしね」
古明地こいし 「まあ、今一番噛まれるの誰って凪斗か水銀だとは思うんだけどね…」
ラティオス 「うん、やっぱエコーの発言面白いわ
ここで灰噛み、飽和寸前で狐狙いってならニンフィア吊りでいいと思う」
銀ちゃん 「むしろ吠え的に狼少なくなってきてると私はおもうんだけどねー>狛枝」
エコー 「多分、狛枝様は噛まないと思います。(」
零崎人識 「今生きてる結果はこいしとラティオス、銀ちゃんだけだぜ
んでついでに真紅の結果は狛枝とミクだ」
ニンフィア 「あれは噛まれるだろうからで正直適当でしかないから
残ったのが予想外だっただけで>ラティオス」
初音ミク 「あ、私はかまれようともPPに乗る気はないからよろしく☆」
エコー 「真紅様の○って残ってましたっけ。
ミク様と狛枝様だった。」
狛枝凪斗 「まぁ、飽和寸前なら狼COとかあるんじゃない?」
蓬莱山輝夜 「順当に噛まれコース考えるとしたら狛枝くらいだけどここもないでしょ
狐でやる出方じゃないし○だし。仮にあっても村から手を出す位置じゃないんで
アプローチよろしくってくらい」
銀ちゃん 「ニンフィア視点の灰ってあとどれだけだっけ?」
支倉未起隆 「ニンフィア様狼なら の過程になりますが銀ちゃん噛みはないかと
なら○打たない的に」
古明地こいし 「>凪斗
ニンフィア狼じゃないと思うんだよね
狼なら真紅噛んだ後、出る必要ないから
噛まれよけ吊られ狙いで出た感じの方が強いと思うし」
ニンフィア 「私目線、真紅を偽とする必要がないからそこの○は除いて
支倉未起隆 エコー 零崎人識 蓬莱山輝夜
ここが残りグレー」
狛枝凪斗 「…そうかな>エコーさん
確かに灰にでも追いやった方がいいというのはある」
エコー 「狐噛みだとすれば、ニンフィア様非狼で
そこの○噛み」
ラティオス 「告発あるなら聞くぜ?>ニンフィア
出た日に●出してないから特攻って感じはしない、吊るはずのできない子に●出してるのも
信用落とししたくないようにも見える」
零崎人識 「がち狐狙いの噛みだったそりゃ、飽和寸前で狐噛み、なんじゃねぇの?>ラティオス」
初音ミク 「ちなみに、草原迷彩ログは、一旦テキストエディタに貼って、
置き換えw→ →(何もなし)で消せます」
狛枝凪斗 「んー、となると●はそれなりに詰まっては…あんまりないか」
エコー 「いや、ニンフィア様狼で狐噛みでも●結果投げないと思いますよ。
だって、吊れなくなりますもの。>狛枝様」
銀ちゃん 「まあ、常世も真紅も守らない狩人なんて―…よね」
古明地こいし 「浅倉○
真紅○
ラティオス○
こいし○
できない子●
銀ちゃん○

かな。」
ラティオス 「さて、今日灰狐噛みだろうと仮定した場合
噛まれる位置はどこでしょう、なぜそこを狙うかだ」
狛枝凪斗 「ありがとう>ニンフィアさん」
零崎人識 「ちゃんと草消したのか……豆だな!」
支倉未起隆 「◇浅井京介○◇真紅○◇ラティオス○◇古明地こいし○◇できない子●◇銀ちゃん○

>狛枝凪斗」
銀ちゃん 「浅井京介○>真紅○>ラティオス○>古明地こいし○>できない子●>銀ちゃん○」
初音ミク 「こうだったね>狛枝くん」
狛枝凪斗 「でもさ、これ狐噛みならニンフィアさん●ぐらい投げるんじゃないかなあ
そこが狼という前提だけど、」
ニンフィア 「占い表記CO 真か夢かはその内判断するよっ
浅井京介○ 真紅○ ラティオス○ 古明地こいし○ できない子● 銀ちゃん○
こうなってるよ」
零崎人識 「つまり狐か。狐だったらニンフィアが噛まれるとかではねぇだろ」
初音ミク 「◇ニンフィア「うん、草でみずらいけど占いだよ浅井京介○ 真紅○ ラティオス○ 古明地こいし○ できない子は●」
エコー 「護衛成功はまずみません、
もしGJがあって灰に狩人がいるのなら
むしろ出てくださいと懇願したいのです。でも、みません。」
銀ちゃん 「死体なし…ねぇ…
ニンフィア護衛の狩人とかいる?
いないなら狐噛みだと思うけど」
古明地こいし 「ここでGJだと真紅なんで死んだの、てなるから
狐噛みだと思います」
蓬莱山輝夜 「ニンフィア噛みとか見ないわよ
真紅守らない理由ないし。いたら即出ろってくらいで」
ニンフィア 「うーん・・狼だと思ったんだけど○は予想外」
狛枝凪斗 「ニンフィアさんの占い結果まとめ誰か持ってる?
無くしちゃった…」
初音ミク 「まー、狐噛みにしか見えませんっていうね!」
支倉未起隆 「死体なし・・・ここでですか?
正直狼の噛み的に狩人は不在と思うのですが」
零崎人識 「……はないよなぁ」
零崎人識 「今更GJ?」
ラティオス 「ここで死体なし・・・すごく不穏だ
真紅と剣士が死んでるからGJだとは思えない」
古明地こいし 「狐噛んだなら告発はよ!」
ニンフィア 「銀ちゃん
◇銀ちゃん 「ニンフィアは明日どうなってるか見てーよね
今日はできない子吊り」
これ私が残るって確信してる気がする、占って色確認するよ」
初音ミク 「わーお、死体なしだ」
エコー 「死体なし。」
蓬莱山輝夜 「ほへーここでしたいなしとか果てしなく灰いってしたいなしの予感」
銀ちゃん 「わーい>ミク」
古明地こいし 「まあ、ニンフィアは発言見て偽だと思うよ。
浅倉吊りへの反応が発言にも日記にもないから。自分の○吊ってるのに。
ただ狼が真紅噛んで出てくるとは思わないので狂人より。
その場合だとラティオスがうまく囲えてた可能性はあるんだけど、発言見る限りだと
そこまで疑う位置じゃないかな。

個人的には輝夜とエコー吊りたいね。灰だと。」
零崎人識 「んや?」
ニンフィア 「占い表記CO 銀ちゃんは○だったよ
狛枝凪斗 「…ん、死体無し?」
エコー 「おはようございます。
どうせ、ニンフィア様は生きている筈です。
昨日のできない子様占いが偽要素になる、というのはそこまでみません
ニンフィア様が偽でわざわざそのような事をする意味もないので。」
支倉未起隆 「輝夜様はありといえばありと仰ってましたが・・・
やっぱりそれよりはニンフィア様真なら灰占って欲しかったですね」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう
できない子さんはなんでボクに投票してるのやら…一応真紅さんの○なんだけどねえ
バーニィさんがあれという事実もあるけどさ」
ラティオス 「エコーは発言傾向が独特、零崎は意見があまり見えないがバーニィ吊った日に俺の同じようなこと言ってるんだよな
ニンフィアが生きてるかどうかに注目する」
銀ちゃん 「         ___
      ∠ニ-‐O‐- 、`ヽ、
    ∠ - ┬ ¬- 、::.:\ `、
   _//, / / ,'  ,  `ヽ、:∨ハ          私は狛枝に狐を見ないわ
  〈// l l | ,′/l  / , \} !
  /∧ lTト|¦ / |__/_厶イ/lト、|           村か狂人、狼の3択
 {ハ ヽrメ::ミ、/ 厶=≠} /〈/|lV|
    }\_〉-′  ヘ:_::/ / 〃 l|| __ノ  つまり狛枝は死んで無かったら最後に送れば良いと思うわ
 ー=ハ { >‐、ー-  ∠ィ/ l l| ∨::.:< __
.  / / l^7く>r<`< || l|  ト、::\::.r'⌒
 / /  l|/::./l¥/{:.::.::_:}|l  |  |\} ̄⌒ヽ  気になるのはエコーね
 | l|  , トy┼┴‐'::.:/  /| l  |
 |/| /|(」/:rxーrr'>〈 ,′∧|    支倉未起隆は完全に視界外行ってたけど…どうなのか?
  Lレ'::.::ヽ/Xヘ::∨::`ヽ>∠ }ノ
.  /::./:/::/_ _ _ _〉:\::.::∨::.::`ヽ
 //|X:∧ハハハハ::.::.×::レ'⌒ヽ:〉
   |::./ |::.::|  |::.:ト、::.::/
   ∨  |::./   !::.| ∨
       レ′  L/」
初音ミク
銀ちゃん、はい、ミルミル!」
蓬莱山輝夜 「FOだと思うけど状況次第。
なんか流れ的にニンフィア吊りって流れもありそうだけども」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できない子さんの遺言
         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′   それじゃ後は頑張ってね
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       / Eニ::ィ -、 |
      /::::;/ ヽ:::/:::/'::
     /:::/へ ヘ/::::/:::
     /:::::\ ヾミ::::/|:::
    (;;;;/| \;;;;ノ/:::
       /    〈:::
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニンフィア 「噛みはうん、蓬莱山輝夜いっておこう」
ニンフィア 「支倉未起隆に触れるのは・・危険かな
かといってここで●打ちも・・LWと思わせ路線でもなあ
しょうがない、銀ちゃん○で私と○吊り狙いコースかな」
支倉未起隆 「んー、一応噛みよろしくお願いしますね」
ニンフィア 「いっそ私を疑わせて○ロラ考慮させの方が勝てなくはないかもしれないけど」
支倉未起隆 「やれやれ、どこ噛みますかね
狛枝凪斗は私たち視点無意識が見えないから偽物ですし」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
狛枝凪斗2 票投票先 →できない子
できない子10 票投票先 →狛枝凪斗
支倉未起隆0 票投票先 →できない子
エコー0 票投票先 →できない子
古明地こいし0 票投票先 →できない子
ラティオス0 票投票先 →できない子
零崎人識0 票投票先 →できない子
ニンフィア0 票投票先 →できない子
銀ちゃん0 票投票先 →できない子
蓬莱山輝夜0 票投票先 →できない子
初音ミク0 票投票先 →できない子
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子 「それじゃあねー」
狛枝凪斗 「なにかPP呼びかけとかあるけど、変だよねえ」
ラティオス 「今更ミク吊る気はない、証明がこれ以上起こらなければな」
銀ちゃん 「呪いあるなら呪術師か九尾がいるってことに>私悪戯で草妖精死亡」
古明地こいし 「まあ、今日の感じでエコー吊ろうになったけど」
エコー 「狛枝様は確かに存在からして胡散臭いですけど
今は別にいいじゃないですか。」
ニンフィア 「えーっと、残りのグレーは
支倉未起隆 エコー 零崎人識 銀ちゃん 蓬莱山輝夜
あ、これは適当でできない子占いはミスったね」
ラティオス 「ニンフィア偽目が上がったから俺とこいしがなんかいうべきなのかね明日からは?」
蓬莱山輝夜 「未亡人両方騙りとかないなら真紅かニンフィアで真なんでしょ?
CO内容的に狛枝のほうが狼目濃いけども漂白噛みした狼がするCOでないもんあれ」
零崎人識 「狛枝って真紅っくの○だろ?あって狂人な気もするが……」
初音ミク 「これなら発動しても狼が悪いって言えるからね☆>零崎
呪で死ぬ?それも一興」
エコー 「銀様ってたしか完全灰でしたよね。
じゃあ、葱食べたいんでそこ噛んで下さい。
ミク様がそこに葱植えるそうなので。(」
銀ちゃん 「え、ホント!?>ミク
わーい、ヤクルト―」
零崎人識 「草妖精を発動したい狼は噛むがいい的な感じ出してきたなw」
古明地こいし 「噛まれて死ねとしか言えないんじゃないのー?と思うけど」
銀ちゃん 「狛枝はあるとしたら真か舌、狂人当たりだと思う
真紅信じるなら真か狂、子狐とかは見ないなー」
できない子 「灰に狂人いるなら出て」
狛枝凪斗 「ん、そういえばそうだったね>こいしさん」
初音ミク 「(呪いが怖い)」
ニンフィア 「狛枝凪斗って真紅の○だった気がするけど>ラティオス」
支倉未起隆 「狛枝様一応真紅様の○ではあるんですよね >ラティオス様
それ考えると 狛枝どうするかは・・・人外でもどうしようもないんじゃないのでは?」
狛枝凪斗 「なるほどね、了解だよ>ミク」
古明地こいし 「真紅の○だよね?狛枝」
初音ミク 「あ、今日は銀ちゃんにヤクルトもってくからよろしくね」
零崎人識 「まぁそうだったんだろう。よし、んじゃ覚えなおすか」
蓬莱山輝夜 「気持ちはすっごくわかるけど正直ありといえばありとは私思うわよ>ミキタカ
要は一発で証明できるかできないかに賭けたってことでしょ
この占い方は真狼。真紅噛めててあのタイミング狼が出るとはあんまり思わないから真の可能性はまだそこそこあると思う」
古明地こいし 「ただ、どっちにしても吊るしかないかなあという
さて、たぶんこれニンフィアの○生き残りの私とラティオスが考えられる場面というかラティオスを考えないといけないとこかなあ」
狛枝凪斗 「ラティオスさんが何かひどいこと言ってるね
ボクはみんなの希望が見たいだけなのに
絶望から這い上がる希望の姿をね」
ラティオス 「ただ真紅真なら吊るような場所でもない
てかお前ら、昨日のできない子の票に対してあんまり追及ないんだな」
エコー 「ニンフィア様よりサム様が先に噛まれてる
事に関してはなんでもありえますので
そこは別にいいのです。」
銀ちゃん 「ニンフィアは明日どうなってるか見てーよね
今日はできない子吊り」
零崎人識 「うーんうーん、そうなのか?」
初音ミク 「葱収穫祭したら迷惑じゃん?>狛枝くん
噛まれないと思ったからやったのさー」
ラティオス 「これでニンフィアの信用俺の中でガタ落ちした
とりあえずできない子吊って、そこから狛枝どうするか
俺は初日が無意識という胡散臭い割り方であまり信じていない、確率と言われればそこまでだが」
できない子 「ほむほむ」
狛枝凪斗 「ボクなんてさ、毒がないぐらいしか価値がないよ>ミクさん
こんなゴミクズは噛まれないって」
ニンフィア 「いや、だって次真剣に考えても噛まれたら意味ないから
うん、油断した」
銀ちゃん 「真ならね↓」
できない子 「2票持ちなんてできないよ」
エコー 「できない子様吊りの後でよろしいかと。>輝夜様」
古明地こいし 「できない子を吊るとして古狼、古狐どっちだろう、というのがね」
銀ちゃん 「5日目以降(・・)だから昨日減ってるでしょ?」
初音ミク 「そこ占う意味ないと思うけどミクさんとしては別にどうでもいい!
夢狩人もいないっぽいし!
あとミクさんは面白い方の味方☆」
蓬莱山輝夜 「ああ、そういやいたわね歌舞伎者
そこ吊ったからかな」
ニンフィア 「正直噛まれるとしか思ってなかったから適当に占ったけど
古狼だった」
支倉未起隆 「・・・そんな吊るところ占いするなら明日ニンフィア様吊りでいい感じしかしません」
零崎人識 「あれ、そうだっけか?そんな覚えがあるんだが……>支倉未起隆」
エコー 「もしこれでまた葱生やしてたら
葱伐採する所でした。(>ミク様」
狛枝凪斗 「…そう?>できない子さん
未亡人騙りなんて誰でもできるんじゃないかなあ」
ラティオス 「どうせ吊るのに何で占った>ニンフィア」
支倉未起隆 「いや、それは・・・勘違いしてます >零崎人識」
ニンフィア 「できない子
たぶん噛まれるだろうからできない子占いにしておこうかな
票が減ってないから古狼か古狐、後者期待で」
銀ちゃん 「サム噛みでニンフィア残しと…」
蓬莱山輝夜 「FOでいいんじゃないかなとしか」
狛枝凪斗 「ああ、その噛みだと
なんでもだなぁ」
初音ミク 「ところでみんな、ネギの美味しい食べ方を教えてほしい」
古明地こいし 「これニンフィア偽だろうなあ
ただ真紅噛んで狼が占いCOするかな、と言うと非狼=狂人の方に見えるけど
真結果出してるならそのまま噛まれて死んでてくれると助かる

まあ今日はできない子吊りだろうけどね」
ニンフィア 「占い表記CO できない子は●だったよ」
エコー 「あと、できない子様投票減ってませんね。?」
できない子 「やっほう」
蓬莱山輝夜 「正直言うと狛枝真だったらやる夫吊りって絶対狼心でないのよね
狼視点初日が何であるかは見えないのだから」
零崎人識 「できない子、票が二票なのは五日目までだ。
票が減るのは六日目」
支倉未起隆 「今日はできない子吊りでいいでしょう
そこからLWCO?暗殺やバーニィ吊り考えると無いと思います以上」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう
思わず対抗COしちゃったけど…考えてみると別にFOの時でよかった…のかな?
信用的には昨日出たほうがよかったとは思ったけどね

そしてニンフィアさんは今日噛まれるかどうかで見ておけばいいんじゃないかな?
すぐに噛まれるかどうかだけど」
ラティオス 「初日無意識主張とか狂人くせぇえええと心の底から狛枝を見つつ
できない子を霊界へ送る構え」
初音ミク 「狛枝くんと希望と絶望ごっこしてきたよ☆」
エコー 「おはようございます。
正直、占い師じゃなくてサム様死んでる気がします。
ニンフィア様が真であろうが、偽だとしてもですね。」
銀ちゃん 「                      r_‐、_
                  _, -ー::L._.」‐-、` 、
              /‐ '´ ̄ ̄ ̄`¨ヽ:::丶ヽ
            /  ,        ,  \:::ヽヽ
          r./  /|/',   /l/ |    i::::||
           L| /   ',/     l/|   !:厶l      できない子票減ってない
         /∨ ○       ○  /  l下、_〕_
             /              /  i !__ト、
             !     ┌┐    'イ  /   l       詰まりボッシュート!!
            丶、._  ̄ ___/ /     l
                l/!  ̄r::t水ァ::j/     ',    老兵CO?常世や真紅死んでる時点で認めない
                 /r――――i::::K   ト、 ヽ
                ムf」     「ヽ::i、 |\! \ |
                __j」      ヽ、|」_ヽ_    ヽ
          r┐≧:|_____!::::::::::::::::/
          l___!L.-i_i⌒!-」、|\::::::::ヽ _
                   └‐ '´     ̄ ̄」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やる夫さんの遺言 未w 亡w 人w Cw Ow 、w Gw Mw 厄w 神w
狛w 枝w 偽w だw おw 、w 吊w っw てw くw れw おw
提督サムさんの遺言 村人表記と書かれてはいるが、実際は聖女に違いない 
だから引き分けが起きればきっと証明できると思うぞ  

三日目夜 おい…これ万一に俺が不審者で萌えたらどうすりゃいいんだ(震え声 

四日目夜 京介がハッサン暗殺ならハッサンで噛み被りない限りはお燐噛み濃厚 
     やっぱバーニィが怪しいんだよな。 

五日目夜 狼側から占いでないのは無いと思うだがなー。○以外から選ぶ感じ 
     真紅狂でニンフィア真の可能性を見ないわけではない…んだが 
     とにかくグレーからってかFOしてもいい気がっす
提督サム は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子 「サムいっておこうか?狂人もない位置だよね、確か」
ニンフィア 「噛みはサム安定」
ニンフィア 「3W+妖精 4人5票 11人-4は7
狂人1含めても 5人6票  11-5は6
狂人2いればいけるけど」
支倉未起隆 「まあどの道できない子人外露呈しましたしどこかグレー噛んでください
吊れそうに無いところ 狐噛みなら告発でもいいです」
できない子 「えー明日11人、12票中4票。
2人狂がいて妖精が協力すれば、だけどさすがにPP無理かな」
支倉未起隆 「遺言更新は超過後でいいです」
ニンフィア 「ごめん、遺言更新しようとしたら誤爆った」
支倉未起隆 「狛枝は子狐か狂人と」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やる夫 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
狛枝凪斗1 票投票先 →やる夫
提督サム0 票投票先 →やる夫
やる夫11 票投票先 →狛枝凪斗
できない子0 票投票先 →ニンフィア
支倉未起隆0 票投票先 →やる夫
エコー0 票投票先 →やる夫
古明地こいし0 票投票先 →やる夫
ラティオス0 票投票先 →やる夫
零崎人識0 票投票先 →やる夫
ニンフィア2 票投票先 →やる夫
銀ちゃん0 票投票先 →やる夫
蓬莱山輝夜0 票投票先 →やる夫
初音ミク0 票投票先 →やる夫
「◆影狼@GM ない子ー」
「◆影狼@GM @1」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ラティオス 「でw きw なw いw 子w !w 氷w はw ずw せw 」
狛枝凪斗 「そw こw 偽w !w 」
提督サム 「残w りw 一w 分w あw れw ばw でw きw るw !w そw しw てw そw のw まw まw !w 」
零崎人識 「一w 分w 二w 分w 前w くw らw いw がw 理w 想w だw よw 」
狛枝凪斗 「対w 抗w 未w 亡w 人w
初w 日w はw 無w 意w 識w 」
ニンフィア 「こw こw でw 、w っw てw 今w 日w 5w 日w 目w
普w 通w 出w るw 日w だw よw >w でw きw なw いw 子w 」
初音ミク 「葱w のw 収w 穫w 祭w だw ーw !w ww ww ww 」
零崎人識 「ギw リw ギw リw 指w 定w はw きw をw つw けw てw くw だw しw あw !w 」
やる夫 「未w 亡w 人w Cw Ow だw おw
Gw Mw はw 厄w 神w だw っw たw おw 」
提督サム 「やw るw 夫w Cw Ow -w 」
エコー 「今w 日w 、w 真w 紅w 様w がw 噛w まw れw てw いw るw のw でw あw れw ばw
ニw ンw フw ィw アw 様w がw 真w なw のw でw あw れw ばw
そw こw まw でw グw レw ーw はw 狭w くw なw いw はw ずw 、w だw とw 思w いw まw すw 。w きw っw とw 。w 」
ラティオス 「ちw なw みw にw 夜w にw 発w 言w 見w たw らw エw コw ーw はw 初w 日w あw まw りw 意w 見w がw 見w えw なw かw っw たw がw 3w 日w 目w にw 面w 白w いw こw とw をw 言w っw てw いw たw なw
残w すw 意w 味w はw あw るw とw 思w うw 」
狛枝凪斗 「やw るw 夫w クw ンw はw Cw Ow しw よw うw !w 」
支倉未起隆 「指w 定w すw るw なw らw もw うw 少w しw 早w くw ・w ・w ・w 」
提督サム 「俺w 指w 揮w とw っw てw もw いw いw よw ねw !w 間w 違w っw てw たw らw 後w でw !w 」
できない子 「こw こw でw 占w いw がw 出w るw のw ねw
結w 果w はw すw べw てw ○w かw 、w 結w 果w 的w にw はw あw んw まw りw 残w っw てw いw なw いw っw てw とw こw ろw だw ねw 」
やる夫 「露w 出w しw たw 共w 有w をw いw きw なw りw 占w うw 占w いw はw 流w 石w にw 居w なw いw とw 思w うw おw >w 銀w ちw ゃw んw 」
銀ちゃん 「おw 燐w 占w いw いw なw いw かw らw バw ーw ニw ィw 偽w でw 確w 定w でw しw ょw ?w 」
蓬莱山輝夜 「噛w みw がw 一w 直w 線w だw かw らw 真w なw らw そw のw まw まw ニw ンw フw ィw アw 噛w まw れw るw 可w 能w 性w はw そw れw なw りw にw っw てw 感w じw でw
こw こw まw でw きw てw そw うw いw うw 主w 張w がw 出w なw いw なw らw 吊w っw たw バw ーw ニw ィw はw 素w 直w にw 語w りw だw っw たw っw てw 処w 分w でw よw さw 下w ねw 」
提督サム 「やw るw 夫w 指w 定w ーw 」
ニンフィア 「露w 出w しw てw るw 共w 有w をw 即w 座w にw 占w うw とw かw あw りw えw なw いw よw >w 銀w ちw ゃw んw 」
狛枝凪斗 「いw やw さw 、w そw こw 占w うw 人w はw いw なw いw んw じw ゃw なw いw かw なw 、w さw すw がw にw >w 銀w ちw ゃw んw 」
零崎人識 「まw ぁw ぶw っw ちw ゃw けw 占w いw がw いw るw なw らw 今w 日w 出w てw るw とw 思w …w …w うw しw
銃w 殺w しw たw 残w 念w さw んw はw いw なw いw とw 見w るw ぞw !w いw いw かw !w 明w 日w 出w てw こw らw れw てw もw 困w るw ぞw !w 」
古明地こいし 「だw ーw かw ーw らw ーw
バw ーw ニw ィw がw 真w なw らw バw ーw ニw ィw 真w をw 後w 押w しw すw るw Cw Ow がw あw るw はw ずw だw かw らw
バw ーw ニw ィw 真w はw 絶w 対w なw いw でw いw いw んw だw よw 」
やる夫 「○w しw かw なw いw のw かw おw 、w 了w 解w しw たw おw
とw もw かw くw 噛w まw れw るw かw 見w るw かw おw 」
エコー 「出w 来w れw ばw なw んw かw 村w 多w くw 死w んw でw るw 気w すw るw のw でw
サw ムw 様w のw 指w 定w がw いw いw とw 思w いw まw すw 。w (w
葱w 生w えw てw まw すw けw どw 。w 」
ラティオス 「サw ムw !w おw 前w もw うw 萌w えw てw なw いw かw らw 指w 揮w とw っw てw もw いw いw とw 俺w はw 思w うw ぞw !w
草w 妖w 精w のw せw いw でw 混w 沌w とw しw すw ぎw てw るw かw らw なw 」
初音ミク 「今w 日w はw 狛w 枝w くw んw にw 悪w 戯w (w 意w 味w 深w )w すw るw かw らw よw ろw しw くw ☆w 」
銀ちゃん 「とw いw うw かw 占w いw Cw Ow でw てw もw おw 燐w 占w いw がw いw なw いw
凸w 死w しw たw ジw ャw ッw クw がw おw 燐w 占w っw てw 無w けw れw ばw おw 燐w 噛w みw だw とw 思w うw けw どw ?w 」
ニンフィア 「草w 妖w 精w 発w 動w しw てw るw かw らw みw づw らw いw のw はw 許w しw てw 」
提督サム 「ミw クw 蝙w 蝠w Cw Ow でw 真w 紅w 夢w をw 考w えw るw 必w 要w もw なw いw 」
支倉未起隆 「あw ーw 、w はw いw 了w 解w  w ○w のw 暗w 殺w 吊w っw たw 割w にw はw 反w 応w がw
微w 妙w にw 見w えw なw くw もw なw いw でw すw がw 噛w まw れw るw かw 見w まw しw ょw うw かw 」
狛枝凪斗 「バw ーw ニw ィw ねw 、w じw ゃw あw おw 燐w さw んw 噛w まw れw たw もw 普w 通w にw あw るw かw 」
零崎人識 「○w しw かw なw いw よw うw だw なw !w 別w にw いw いw けw どw 」
提督サム 「ニw ンw フw ィw アw 占w いw Cw Ow だw がw ーw 。w 噛w まw れw たw 真w 紅w がw いw るw かw らw っw てw 真w はw まw だw 切w らw なw いw  w
クw ゙w レw ーw 削w っw たw ほw うw がw いw いw かw 」
古明地こいし 「○w だw っw たw !w 」
やる夫 「見w 難w いw がw ニw ンw フw ィw アw がw 占w いw Cw Ow しw てw るw おw !w こw いw しw のw 結w 果w どw っw ちw だw おw ?w 」
蓬莱山輝夜 「主w 張w がw なw いw なw らw 今w 日w もw ○w なw のw かw しw らw ねw >w 占w いw Cw Ow
出w 方w がw 半w 端w なw のw でw 狼w 目w はw 薄w めw 。w
どw ちw らw にw しw よw うw とw ぐw れw ラw ンw でw しw ょw うw 」
初音ミク 「こw れw ねw 、w 悪w 戯w 先w
だw かw らw 【w おw 燐w がw 噛w まw れw てw るw かw どw うw かw はw マw ジw でw 知w らw なw いw 】w 」
エコー 「もw うw 一w 度w 、w 結w 果w だw けw 貼w りw 直w しw てw もw らw えw まw せw んw かw ねw 。w (w 」
銀ちゃん 「こw のw ww ww ww >w ミw クw
自w 分w でw やw っw たw なw らw 気w がw 付w きw なw さw いw よw !w !w 」
初音ミク
Gw Mw >w 銀w ちw ゃw んw >w バw ーw ニw ィw >w 真w 紅w 」
ラティオス 「てw かw 早w くw こw いw しw のw 結w 果w 言w っw てw くw れw 」
零崎人識 「老w 兵w Cw Ow しw たw らw 吊w るw かw らw なw !w 護w 衛w 先w かw んw じw ぇw んw にw 真w 紅w だw っw たw ろw !w
なw いw とw 思w うw けw どw 」
古明地こいし 「てw いw うw かw 私w へw はw ○w なw のw かw ●w なw のw かw どw っw ちw なw んw だw ww ww ww ww 」
初音ミク 「あw 、w 私w はw 投w 票w 先w はw 宣w 言w しw てw あw げw るw かw らw 、w 発w 動w しw たw らw 狼w をw 恨w んw でw ねw ☆w 」
ニンフィア 「うw んw 、w 草w でw みw ずw らw いw けw どw 占w いw だw よw
浅w 井w 京w 介w ○w  w 真w 紅w ○w  w ラw テw ィw オw スw ○w  w 古w 明w 地w こw いw しw ○w 」
銀ちゃん 「ニw ンw フw ィw アw がw …w こw いw しw どw っw ちw なw のw ?w 」
できない子 「んw ーw >w ミw クw
○w かw らw 出w るw のw はw あw りw がw たw くw はw なw いw よw ねw 」
支倉未起隆 「とw こw ろw でw ニw ンw フw ィw アw 様w のw Cw Ow はw こw いw しw 様w はw どw ちw らw のw 結w 果w でw しw ょw うw ?w 」
狛枝凪斗 「ミw クw さw んw 、w 三w 日w 目w はw 誰w にw 悪w 戯w しw てw たw のw ?w
どw こw 噛w まw れw たw かw 考w えw たw いw んw だw けw どw 」
零崎人識 「つw ーw かw 傾w 奇w はw あw れw かw !w 明w 日w かw !w 」
ラティオス 「2w 日w 目w はw 銀w ちw ゃw んw かw
ニw ンw フw ィw アw がw 占w いw はw わw かw っw たw がw 日w 記w がw 二w 人w とw もw 見w づw らw いw 」
やる夫 「おw kw ,w ミw クw 草w 妖w 精w Cw Ow だw おw ねw !w ?w
人w 外w Cw Ow はw 吊w るw おw 、w 草w 妖w 精w 許w さw んw おw !w 」
エコー 「とw いw うw かw ニw ンw フw ィw アw 様w 、w 占w いw Cw Ow でw すw かw ?w 」
初音ミク 「初w 日w のw 朝w 一w Aw Aw はw 素w でw うw っw かw りw やw っw ちw ゃw っw たw 模w 様w 」
できない子 「そw れw はw そw れw とw しw てw 、w バw ーw ニw ィw 入w れw てw おw いw てw なw んw だw けw どw もw 捨w てw 票w のw つw もw りw だw っw たw んw だw けw どw ねw
とw はw いw えw 真w とw はw 思w っw てw いw なw かw っw たw けw どw さw 」
古明地こいし 「だw めw だw 、w 真w 紅w のw ○w がw 全w 然w 役w にw 立w たw なw いw …w 」
狛枝凪斗 「…w ミw クw さw んw 、w もw うw やw めw てw くw れw るw なw らw 残w すw けw どw さw 」
零崎人識 「頭w かw らw ねw ぎw 生w やw しw てw るw だw ろw ?w そw れw でw 満w 足w すw るw のw だw >w ミw クw 」
銀ちゃん 「おw 前w かw !w !w >w ミw クw >w 草w 妖w 精w 」
エコー 「実w はw 葱w そw んw なw にw 好w きw じw ゃw なw いw でw すw 。w (w 」
蓬莱山輝夜 「ねw ぎw ぃw !w 」
提督サム 「んw でw 占w いw でw なw さw いw 他w にw いw るw なw らw 。w 怒w らw なw いw かw らw (w 震w えw 」
支倉未起隆 「真w 紅w さw んw 死w ぬw んw でw すw かw っw てw こw こw でw ニw ンw フw ィw アw がw Cw Ow ?w
さw れw てw もw 文w がw 読w みw づw らw いw んw でw すw がw 」
ニンフィア 「あw ーw  w やw っw ぱw りw こw れw バw ーw ニw ィw 偽w っw ぽw いw
4w 日w 目w のw 護w 衛w 先w がw なw いw 」
初音ミク 「そw ろw そw ろw 噛w まw れw 怖w いw かw らw 草w 妖w 精w Cw Ow しw とw くw ねw !w

Gw Mw >w 銀w ちw ゃw んw >w バw ーw ニw ィw >w 真w 紅w

なw おw 、w 初w 日w のw 朝w 一w Aw Aw はw 「w 素w でw うw っw かw りw 」w やw っw ちw ゃw っw たw 模w 様w


1w 日w 目w  w Gw Mw

こw のw 村w はw 葱w 畑w にw なw りw まw しw たw 。w

2w 日w 目w  w 呪w 殺w

…w うw っw かw りw Aw Aw 使w っw ちw ゃw っw たw 。w まw ぁw 許w しw てw ☆w
悪w 戯w 先w はw ・w ・w ・w 同w じw Aw Aw 崩w れw のw 犠w 牲w 者w のw 銀w ちw ゃw んw !w

3w 日w 目w  w 嘘w だw とw 言w っw てw よw

まw 、w 門w 番w Cw Ow がw 怪w しw いw けw どw こw こw でw いw いw よw ねw !w
葱w 収w 穫w じw ゃw ーw !w

4w 日w 目w  w 大w 人w 気w

あw 、w ○w とw はw いw えw 吊w れw るw んw だw 。w
信w 用w すw るw 気w なw かw っw たw かw らw 別w にw いw いw けw どw 。w
しw かw しw 修w 験w 者w 死w んw だw なw らw もw うw 隠w れw なw くw てw いw いw よw ねw ?w 夢w 狩w 人w いw なw いw よw ねw ?w 」
狛枝凪斗 「占w いw でw るw のw かw いw ?w 」
ラティオス 「こw れw 、w 真w 紅w でw 成w 功w 狙w っw たw よw なw 草w 妖w 精w
だw とw しw たw らw 、w 3w 日w 目w のw 死w 体w でw 発w 動w しw なw かw っw たw のw はw どw ーw しw てw かw なw 、w 単w 純w にw 外w しw たw だw けw なw のw かw
あw のw 場w 面w 、w 成w 功w さw せw るw なw らw おw 燐w かw 剣w 士w だw よw なw 」
古明地こいし 「草w 妖w 精w まw だw 生w きw てw たw ww ww ww ww ww いw やw うw れw しw くw なw いw けw どw ww ww ww ww 」
やる夫 「そw しw てw 真w 紅w 噛w まw れw てw るw のw かw おw !w ?w 」
銀ちゃん 「朝w 一w 抽w 出w !w !w

なw にw よw 、w 結w 局w バw ーw ニw ィw 吊w るw んw じw ゃw なw いw のw …w
こw れw 真w 紅w 出w たw 意w 味w 無w いw でw しw ょw ?w
バw ーw ニw ィw はw 狂w 、w 蝙w 蝠w 目w 、w 薄w くw 背w 徳w でw 見w てw るw けw どw
真w 紅w 死w んw だw らw ぶw ちw 殺w しw でw よw かw っw たw とw 思w うw んw だw けw どw ねw
こw れw でw 真w 紅w 真w でw 死w んw でw たw らw 何w のw 意w 味w がw ―w っw てw ねw
真w 紅w がw 信w じw るw なw らw バw ーw ニw ィw はw セw ッw トw でw よw かw っw たw とw 思w っw たw んw だw けw どw …w 」
初音ミク 「あw とw 、w こw うw なw るw なw らw 噛w まw れw たw くw なw いw かw らw 出w てw おw くw ねw

こw のw 村w をw 葱w 畑w にw しw たw のw はw 私w だw ☆w 」
提督サム 「木w 曽w だw キw ソw ーw  w
バw ーw ニw ィw 真w がw 通w るw のw はw おw 燐w 占w わw れw のw ハw ッw サw ンw 噛w みw +w 暗w 殺w がw 通w っw たw 場w 合w だw けw なw んw だw よw なw 」
零崎人識 「だw かw らw かw もw んw !w 調w 子w のw っw てw いw いw んw だw ぜw !w 、w サw ムw !w 」
蓬莱山輝夜 「今w 日w ほw かw にw 出w るw かw どw うw かw
出w なw いw なw らw Fw Ow 視w 野w だw けw どw こw のw 状w 況w じw ゃw 無w 理w だw わw 」
ニンフィア 「おw はw よw ーw
っw てw 、w こw こw でw まw だw 草w ?w 」
エコー 「真w 紅w 様w 噛w まw れw たw 上w にw 草w 妖w 精w なw のw でw すw がw …w …w 」
やる夫 「まw たw やw りw やw がw っw たw おw 草w 妖w 精w !w 」
古明地こいし 「まw ーw 、w いw いw けw どw 。w バw ーw ニw ィw 真w なw らw 昨w 日w のw 時w 点w でw バw ーw ニw ィw のw 真w をw 後w 押w しw すw るw
占w いw Cw Ow がw あw るw はw ずw
(w 真w 紅w とw 同w じw よw うw にw 護w 衛w がw 期w 待w でw きw るw かw らw )w
ぶw っw ちw ゃw けw バw ーw ニw ィw 真w なw らw バw ーw ニw ィw はw 絶w 対w 吊w れw なw いw かw らw バw ーw ニw ィw 噛w んw でw
おw 燐w 占w いw まw しw たw 、w てw 占w いw Cw Ow がw 複w 数w 出w てw るw

たw だw バw ーw ニw ィw はw ○w でw 間w 違w いw はw なw いw とw 思w うw
案w 外w あw れw 草w 妖w 精w だw っw たw のw かw もw …w とw いw うw 気w もw しw てw きw たw 」
狛枝凪斗 「…w あw あw 、w 真w 紅w さw んw 死w んw でw るw のw …w ?w 」
ニンフィア 「占w いw 表w 記w Cw Ow  w 真w かw 夢w かw はw そw のw 内w 判w 断w すw るw よw っw
浅w 井w 京w 介w ○w  w 真w 紅w ○w  w ラw テw ィw オw スw ○w  w 古w 明w 地w こw いw しw ○w ●w

理w 由w とw かw

浅w 井w 京w 介w
配w 役w 的w にw はw ふw つw ーw 、w だw かw らw 5w 日w 目w くw らw いw まw でw 潜w れw るw よw うw がw んw ばw ろw ーw
初w 日w はw まw あw 、w 適w 当w にw 近w 場w かw らw でw いw いw よw ねw ?w
右w のw 浅w 井w 京w 介w をw 占w うw よw ーw

真w 紅w
うw ーw んw 、w 草w だw らw けw でw ちw ょw っw とw 発w 言w みw づw らw すw ぎw るw
しw ょw うw がw なw いw かw らw 今w 日w はw 単w 純w にw 票w がw 少w なw かw っw たw 位w 置w かw らw 直w 感w でw 占w うw よw
そw のw 中w でw ひw っw かw かw っw たw 真w 紅w 、w こw こw 占w いw でw

ラw テw ィw オw スw
うw ーw んw 、w ○w がw 吊w らw れw そw うw 、w けw どw 潜w りw たw いw とw いw うw のw もw あw るw
とw りw あw えw ずw 明w 日w のw 結w 果w でw 考w 慮w しw よw うw
次w のw 占w いw 先w はw ラw テw ィw オw スw 、w 真w 紅w にw 投w 票w しw てw いw たw しw 色w をw 見w たw いw 感w じw

古w 明w 地w こw いw しw
真w 紅w のw 中w 身w はw 不w 明w 、w だw けw どw 真w かw 狂w 人w 目w だw けw どw 偽w 考w 慮w はw 早w いw ねw
真w 紅w のw ○w 占w いw はw せw ずw にw グw レw ーw 占w いw 続w 行w でw いw くw よw
表w がw 少w なw いw 古w 明w 地w こw いw しw でw 」
零崎人識 「真w 紅w っw くw 噛w まw れw たw じw ゃw ねw ぇw かw よw ぉw !w !w 」
初音ミク 「おw 前w らw 草w ばw っw かw 生w やw しw てw るw んw じw ゃw ねw ーw !w
葱w をw 生w やw せw 葱w をw !w 」
支倉未起隆 「だw かw らw Aw Aw はw 自w 重w ww ww ww ww ww  w >w 銀w ちw ゃw んw 」
銀ちゃん 「まw たw かw !w !w 」
できない子 「おw はw よw うw
今w 日w かw らw 1w 票w なw のw さw 、w ふw ふw んw 」
蓬莱山輝夜 「妖w 精w ぇw !w 」
狛枝凪斗 「やw ぁw 、w おw はw よw うw 。w
真w 紅w さw んw にw はw 悪w いw けw どw さw 、w あw そw こw でw 常w 世w 神w をw 護w 衛w しw なw いw 門w 番w はw 信w じw らw れw なw いw かw らw ねw えw 、w 吊w らw せw てw もw らw っw たw よw

サw ムw さw んw はw 自w 分w かw らw 狂w 人w とw 蝙w 蝠w のw 可w 能w 性w をw 出w しw てw きw てw るw のw がw 好w 印w 象w かw なw
狂w 信w 者w やw 囁w きw 狂w 人w でw もw なw けw れw ばw 指w 揮w もw なw しw じw ゃw なw いw けw どw ねw 、w そw うw いw わw れw るw とw 」
やる夫 「おw はw よw うw だw おw
…w ジw ャw ッw クw フw ロw スw トw がw スw キw マw 送w りw さw れw たw んw だw けw どw ゲw ーw ムw はw そw のw まw まw 続w 行w かw おw 、w
ジw ャw ッw クw フw ロw スw トw のw 遺w 言w がw 見w えw なw いw のw がw 痛w いw おw
常w 世w 神w 噛w まw れw +w 修w 験w 僧w のw ハw ッw サw ンw 暗w 殺w 遺w 言w をw 考w えw るw とw 、w
流w 石w にw バw ーw ニw ィw はw どw うw 見w てw もw 真w にw はw 思w えw なw かw っw たw のw でw 投w 票w しw たw おw 。w
後w こw れw だw けw 発w 言w しw てw 萌w えw なw いw なw らw 以w 降w はw サw ムw のw 指w 揮w でw いw いw とw 思w うw おw
後w 今w 日w でw 傾w 奇w 者w のw 票w がw 減w るw おw ねw ?w 」
エコー 「おw はw よw うw ごw ざw いw まw すw 。w

やw るw 夫w w 「w 葛w のw 葉w にw 投w 票w さw れw てw るw かw らw 萌w えw なw いw なw らw 村w 位w 置w だw おw >w バw ーw ニw ィw 」w

狼w 狐w でw なw いw 事w はw 萌w えw なw いw のw なw らw 確w かw でw すw 。w
でw すw がw 、w 村w 位w 置w 濃w 厚w でw はw あw っw てw もw 、w 確w 定w 位w 置w とw いw うw 訳w でw はw なw いw のw でw すw 。w
サw ムw 様w 非w 人w 外w でw あw るw 事w をw 知w っw てw いw るw がw ゆw えw のw 発w 言w にw 見w えw まw すw がw 。w 」
初音ミク 「信w 用w すw るw 気w はw 全w くw なw かw っw たw けw どw 、w 吊w るw のw かw …w
まw 、w 狂w 人w とw しw かw 思w っw てw なw いw けw どw さw 。w
でw もw こw れw …w 下w 手w しw たw らw もw うw 無w 理w じw ゃw ねw ?w あw とw スw キw マw ァw !w

◇w ラw テw ィw オw スw w 「w ぶw っw ちw ゃw けw 出w なw くw てw もw バw ーw ニw ィw 吊w るw 気w なw かw っw たw けw どw なw >w 真w 紅w
俺w はw 即w バw ーw ニw ィw 切w るw つw もw りw のw とw こw がw 気w にw なw るw 、w おw 前w らw あw のw 出w 方w 即w 切w りw すw るw っw てw 早w 計w すw ぎw ねw 」w

出w 方w でw 切w っw たw んw じw ゃw なw いw 、w 常w 世w 護w 衛w しw てw なw いw のw がw 私w はw 気w にw 食w わw んw のw だw 。w 」
支倉未起隆 「一w 応w 真w 紅w のw Cw Ow がw どw うw かw とw いw うw のw 見w たw かw っw たw &w Cw Ow がw 真w なw らw でw すw がw
少w なw くw とw もw バw ーw ニw ィw 非w 狼w なw んw でw 私w はw 入w れw なw かw っw たw んw でw すw がw ・w ・w ・w
疑w わw しw いw のw もw 確w かw なw のw でw 投w 票w 者w がw どw うw とw はw 言w えw まw せw んw ねw 」
ラティオス 「昨w 日w のw グw レw ラw ンw 投w 票w 理w 由w もw だw がw 、w 朝w 一w でw 触w れw てw いw るw のw がw
「w 遺w 言w がw 共w 有w 2w 個w 」w よw りw 「w はw ?w どw うw いw うw こw とw ?w 」w っw てw 言w っw てw るw 方w がw 共w 有w 全w 滅w 読w めw なw くw てw 混w 乱w しw たw 狼w っw ぽw いw とw 思w うw んw だw よw なw
自w 己w 弁w 護w がw 入w るw がw なw
そw うw いw うw わw けw でw たw だw 驚w いw てw たw だw けw だw っw たw エw コw ーw 投w 票w 」
零崎人識 「Ow Kw 、w わw りw ぃw 、w サw ムw 。w 俺w のw 言w いw 方w がw 悪w かw っw たw
あw っw てw 狂w 人w 蝙w 蝠w だw かw らw 指w 定w 役w やw っw てw いw いw 、w だw 。w
だw かw らw やw るw なw っw てw 主w 張w しw たw かw っw たw わw けw じw ゃw なw いw 」
銀ちゃん 「 w  w  w  w  w w ,w -w ‐w 〈w {w 匀w }w ‐w ‐w .w 、w ‐w 、w
 w  w  w w /w :w /w  w  w  w  w \w :w :w ヽw w ハw
.w  w  w w /w  w w ,w  w lw 、w  w 、w w ,w w  w {w ヒw {w }w コw }w w !w  w  w  w  w  w  w なw にw よw 、w 結w 局w バw ーw ニw ィw 吊w るw んw じw ゃw なw いw のw …w
 w  w w lw w ,w ィw w {w 7w Tw ハw  w Tw 寸w 寸w iw w |w |w  w |w
 w  w w |w ハw w |w lw ┬w rw  w ヽw |w rw ‐w ┬w }w  w |w w  w |w  w  w  w  w  w  w こw れw 真w 紅w 出w たw 意w 味w 無w いw でw しw ょw ?w
 w  w  w }w w `w トw  w じw  w w  w w ヒw ソw ノw |w  w |w )w  w |w
 w w  w w |w  w |w ヽw 、w _w w  w _w w  w  w _w ,w ィw |w  w |w w  w |w  w _w ノw  w  w バw ーw ニw ィw はw 狂w 、w 蝙w 蝠w 目w 、w 薄w くw 背w 徳w でw 見w てw るw けw どw
 w  w  w &w #w 0w 3w 9w ;w ,w .w w |w .w |w w lw w 7w Ew ニw :w :w ィw  w |w .w /w |w  w w |w /w :w :w :w :w <w _w
 w  w  w  w ,w |w .w w |w  w &w #w 0w 3w 9w ;w イw &w lw tw ;w 予w &w gw tw ;w :w :w :w :w `w lw  w w |w w  w |w :w :w :w :w :w \w :w /w  w 真w 紅w 死w んw だw らw ぶw ちw 殺w しw でw よw かw っw たw とw 思w うw んw だw けw どw ねw
 w  w  w  w w |w w lw w  w w iw ´w Vw /w `w .w |w :w :w :w :w |w w  w |w  w w |w \w }w \w
 w  w  w  w w |w w lw .w w  w jw |w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w |w :w :w :w :w |w w  w lw  w w .w |w
 w  w  w  w w |w ∧w /w :w /w w &w #w 0w 3w 9w ;w ,w :w :w :w :w :w |w :w :w :w :w |w  w ∧w  w |w  w  w  w  w  w こw れw でw 真w 紅w 真w でw 死w んw でw たw らw 何w のw 意w 味w がw ―w っw てw ねw
 w w  w w  w w /w :w :w ヽw /w Xw w ヘw :w :w :w ヒw リw w .w /w  w |w .w /w
 w w  w  w /w :w .w /w :w /w :w /w _w w _w w _w w _w 〉w :w \w :w :w :w \w
 w w  w /w /w |w :w tw :w ∧w ハw ハw ハw ハw :w :w .w :w :w .w tw :w :w :w :w :w :w lw  w  w  w  w  w 真w 紅w がw 信w じw るw なw らw バw ーw ニw ィw はw セw ッw トw でw よw かw っw たw とw 思w っw たw んw だw けw どw …w
 w w  w  w  w |w :w :w .w /w  w |w :w :w .w :w :w |w  w w |w :w :w .w :w トw 、w :w :w .w :w :w /w
 w w  w  w  w ∨w  w w |w :w :w .w :w :w |w w  w !w :w :w :w .w |w  w ∨w
 w w  w  w  w  w w  w ,w ヘw rw リw  w w トw ーw }w
 w w  w  w  w  w  w w `w ーw &w #w 0w 3w 9w ;w w  w w `w ーw &w #w 0w 3w 9w ;w 」
蓬莱山輝夜 「のw っw かw りw っw ぽw いw 発w 言w 多w いw 狛w 枝w がw びw みw ょw いw かw なw とw 思w っw たw けw どw 反w 応w いw いw のw はw 好w 印w 象w
真w 紅w 真w でw あw るw 場w 合w あw そw こw でw ○w 出w るw 何w かw がw 噛w まw れw 狙w えw るw よw うw なw Cw Ow 残w すw とw かw 噛w まw れw 系w 狂w 人w くw らw いw じw ゃw なw いw のw とw はw
かw たw りw がw あw んw なw めw んw どw いw 発w 言w にw 日w 記w 携w えw たw りw しw なw いw とw 思w うw しw 」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
バーニィさんの遺言 門番CO
不可>お燐(GJなし)>できない子


2夜:お燐
まず、常世を守るつもりはないと宣言
とある剣士 「よw っw しw でw きw たw ぞw 、w 」
とある剣士 「何w とw かw なw っw たw ぞw 、w こw のw カw オw スw でw 」
CO待ちの状態で、縦に並べるだけで1分以上かけてる
そしてギリギリになった瞬間、縦CO2連発
この「よし、できた」「何とかなった」が
人外の吊り逃れ成功の安堵にしか見えない
よって護衛する必要性ゼロと判断する
そうなると、当然ながらお燐護衛だ
できない子も古系ありえる状態だからね


3夜:できない子
どうしてこうなった・・・
お燐が護衛制限で貫通したなら納得する
でも露出してる共有が銃殺or暗殺なんてあんまりだよ
「嘘だと言ってよバーニィ」と自分で言いたくなったよ
今日の護衛はできない子orとある剣士の二択だけど
この選択肢なら、できない子護衛だよね
真紅さんの遺言 占い師COなのだわ バーニィ○ 狛枝○ ミク○ 輝夜○●


初日 バーニィ○

ネタとしては、水銀燈を占うべきでしょうけれど
さすがにそれで銃殺が出るのは不味いのだわ
ここは普通におとなりを占っておきましょうか

二日目 狛枝○

ヤムチャが吊れる、と
少し意外ね、てっきり○だけどバーニィあたりは危ないと思っていただけに
少し、組織票の気配も感じるのだわ、そこ投票者を見ておきましょう
水銀燈や浅井、ハッサンはそれほど発言が強くなさそう
消去法で狛枝ね

三日目 ミク○

バーニィに対する反応が早期にあったのは、ミクとニンフィアかしらね
両者の発言の度合いからみて、より発言の強そうなミクのほうを占うのだわ
基本的に、バーニィで○なら真結果のはず・・・なのだわ
バーニィ真ならほかに占い師がいるというのは素直に朗報ね

四日目 輝夜○●

はぁ・・・私がなんのためにCOしたのか全くわからないのだわ>バーニィ吊り
投票し続けても吊れないようだし、輝夜占い
夢って、バーニィ狼であのCOをする理由があまりにないと思うのは私だけなのかしらね?
真紅 は無残な負け犬の姿で発見されました
「◆影狼@GM フロストの生存はこちらで確認したわ
投票時間に気をつけてね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニンフィア 「一応貫通してしまったから出れなかったという手はある」
できない子 「ということで私が真紅噛むね」
ニンフィア 「あーいうタイプは正直狩人以外の村って可能性あるからさっさと吊りたい」
支倉未起隆 「ニンフィアも萌えなければ一応候補になれなくはないですけどね」
できない子 「私も撤回老兵はもう通じないので。
明日の票でばれて明後日に死ぬってところだねぇ」
ニンフィア 「少なくとも支倉未起隆は純粋なLW候補だから積極的なところにいちゃキケン」
できない子 「バーニィ無視で真紅噛みして明日吊りで今日は他吊りがよかったところなんだけども
まあそれはそれでしょうがない。」
支倉未起隆 「真紅噛み 占い日記は破棄ですかね」
ニンフィア 「真紅噛みで狩人居ないことに祈るしかない
老兵COも葛の葉噛みじゃあ・・
一応貫通された+真紅でGJでたらそう出る手はある」
支倉未起隆 「・・・皆さん生きてます?」
できない子 「うーん……色々とどうしよっか
ノータイムで真紅噛みかな」
支倉未起隆 「・・・やれやれです」
「◆影狼@GM ゲームはそのまま続行してね」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
バーニィ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
ジャックフロスト はスキマ送りされました
4 日目 (1 回目)
狛枝凪斗0 票投票先 →バーニィ
バーニィ5 票投票先 →銀ちゃん
真紅0 票投票先 →蓬莱山輝夜
提督サム0 票投票先 →やる夫
やる夫4 票投票先 →バーニィ
できない子1 票投票先 →バーニィ
支倉未起隆0 票投票先 →やる夫
エコー3 票投票先 →やる夫
古明地こいし0 票投票先 →やる夫
ラティオス1 票投票先 →エコー
零崎人識0 票投票先 →できない子
ニンフィア0 票投票先 →バーニィ
銀ちゃん1 票投票先 →エコー
蓬莱山輝夜1 票投票先 →エコー
初音ミク0 票投票先 →ラティオス
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
<投票がリセットされました 再度投票してください>
ジャックフロスト はスキマ送りされました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ニンフィア 「葛の葉偽だと思ってるの?
サム護衛考慮しないって>バーニィ」
提督サム 「だよね?ところで今日俺何発現したっけな…もう平常運転でいいよね」
初音ミク 「常世神守ってない時点で…>ラティオス」
狛枝凪斗 「じゃあ、吊ってみるかい?>輝夜さん
ボクは狼じゃないけど、バーニィさん自体は怪しいといえばそうだし」
ジャックフロスト 「常世神護衛するかどうかっていったらオイラは護衛しないのはあるけども」
真紅 「そうね
けどこの○はかばう価値があるとみてのCoよ>狛枝」
できない子 「いやサムの指定でいいと思うけどね」
零崎人識 「バーニィはしょーじき吊る気はねぇなぁ。占いが出切るまでは待ってみたい
ところだね。ほれ、ライン?とかできっかもしんないじゃん?」
蓬莱山輝夜 「まぁここで求められることはひとつなので
ほかにいるなら吊られるな。バーニィは真だというならば守っておけ
そんな程度」
エコー 「んー。○持った占い師が出る
というのであれば、仕方ないですかね
現状、そこしか占い師がいませんし。(四日目とはいえ)」
やる夫 「葛の葉に投票されてるから萌えないなら村位置だお>バーニィ」
バーニィ 「サムを「護衛」する理由あるのかい? と聞いてるんですね」
初音ミク 「明日真紅が噛まれて死んでるに1ネギ賭ける
それくらい門番信用する気がない」
ラティオス 「ぶっちゃけ出なくてもバーニィ吊る気なかったけどな>真紅
俺は即バーニィ切るつもりのとこが気になる、お前らあの出方即切りするって早計すぎね」
古明地こいし 「バーニィ○は別に不思議じゃないと思うんだけど
そこ人外ならまあ狂人系でしょ。
狼狐でそんな結果もって出ないだろうし」
提督サム 「蝙蝠狂人あるから俺指定とかできないっていう」
銀ちゃん 「真紅ぇ…
あんたバーニィ信じて心中するつもりなの?>真なら
個人的に狂、蝙蝠の方見るんだけど」
ニンフィア 「というか、現状でバーニィ真なら
お燐を2日目夜に占った占い師が居ないといけないの」
できない子 「うーむ>真紅のCO
結果は全○ね」
真紅 「吊りの意見が多い
○が狩人Coをしている以上、それをむざむざ吊らせるのはマイナスよ」
狛枝凪斗 「へー?>真紅さん
バーニィさん○ねえ…あんまり狼っぽくないと思うけど
でもさ、人外じゃないという保証もないよね?」
支倉未起隆 「葛の葉の投票見てなかったんですか貴方 >バーニィ」
やる夫 「占いが出てバーニィ○かお…?」
提督サム 「んならバーニィがどこ護衛するかは決まってるべよ」
初音ミク 「お、おう・・・>バーニィ○
なんだよこれ、めんどくさい!
ま、狂人としか思ってないけど」
古明地こいし 「バーニィの真を見る場合
浅井が人外でバーニィを吊るための遺言を残せたか、てとこが焦点でしょう」
バーニィ 「ん? 何故サム護衛?? >支倉」
支倉未起隆 「バーニィ○?え?本気で?」
ニンフィア 「いや、出られてもどう考えてもバーニィ偽だから
潜っててよかったよ>真紅」
ジャックフロスト 「……バーニィ○?」
蓬莱山輝夜 「○だから村であるかどうかは別であるとは思うけども
わりと夢っぽいとは思う」
エコー 「では、このままバーニィ様を吊ってしまいましょう。
残した所でこれ以上は結果が望めない
かつ信用が低いのであればです。」
零崎人識 「ほへー」
提督サム 「と思ったら占いがでてバーニィ○ですかい!」
真紅 「一日早まったけれど
バーニィが真なら明日の結果は出せるのだわ」
できない子 「私なんて真証明するまでは噛まれてくださいねって位置でいいと思うけどな
蘇生偽に見るにしても、灰のほうがまだ守る価値があるくらい
真をそれなりに見たってならまああるかなーってくらいで。自分のことだからなんともだけども」
ラティオス 「つかバーニィ昨日の朝死体見てあからさまに驚いてる様子あんのよね
だから俺は残してみたい、ただ真なら呪殺した占いがいるってことになるのもまた事実
暗殺?そんな奴いたらはっ倒してる」
銀ちゃん 「バーニィは狂、蝙蝠当たりの噛まれないように逃れた?とか思ったけど…
お燐噛みの場合真ならGJ出るのに出ないという時点で狼から偽見えるから」
狛枝凪斗 「ニンフィアさんは、うんどんまい
絶望の淵から希望になってよ」
零崎人識 「いや、あって蝙蝠狂人だしなー、お前>サム」
初音ミク 「で、ああいう出方を狼がするとは思えない。
あと、お燐占うわけないでしょって、常識的に。
総合してバーニィ狂人じゃないかなーと。
どっちにしても吊る」
真紅 「占い師COなのだわ バーニィ○ 狛枝○ ミク○


初日 バーニィ○

ネタとしては、水銀燈を占うべきでしょうけれど
さすがにそれで銃殺が出るのは不味いのだわ
ここは普通におとなりを占っておきましょうか

二日目 狛枝○

ヤムチャが吊れる、と
少し意外ね、てっきり○だけどバーニィあたりは危ないと思っていただけに
少し、組織票の気配も感じるのだわ、そこ投票者を見ておきましょう
水銀燈や浅井、ハッサンはそれほど発言が強くなさそう
消去法で狛枝ね

三日目 ミク○●

バーニィに対する反応が早期にあったのは、ミクとニンフィアかしらね
両者の発言の度合いからみて、より発言の強そうなミクのほうを占うのだわ
基本的に、バーニィで○なら真結果のはず・・・なのだわ
バーニィ真ならほかに占い師がいるというのは素直に朗報ね」
ジャックフロスト 「だってこの噛みを選んだってことは狼は占いを怖がってないってことだホ?」
支倉未起隆 「せめてサム護衛だったらまだ真考えられたんですが
というのが私の正直な心境です」
真紅 「このまま、というのはあまりよくなさそうね
出るのだわ
占い師COなのだわ バーニィ○ 狛枝○ ミク○」
零崎人識 「まぁサムは萌えてねぇし指揮役お願いしようか」
提督サム 「今日も沢山発言しないといけないのだろうか」
提督サム 「ただまあ今のところ俺の信用に関して誰も言わないのが怖かったり」
やる夫 「ハッサンが暗殺されてるなら…昨日の噛みはどうなってんだお?狐噛みかお?
正直バーニィが常世神守らなかったのがすごく気になるお、正直怪しいお」
ニンフィア 「だーかーらー
占いと暗殺ごっちゃになってまちがっただけだって>蓬莱山輝夜」
バーニィ 「常世が真だとは全く思ってなかったからね
初日の行動からして、吊り逃れ以外に見えなかった」
狛枝凪斗 「だから、そこの門番は正直怪しいかな」
初音ミク 「素直に考えて、バーニィ偽の、お燐噛み、ハッサン暗殺だと思うの。」
狛枝凪斗 「護衛はできるよ、剣士さんはね>できない子さん」
提督サム 「正直むっちゃくちゃバーニィを吊りたい俺がいる」
ジャックフロスト 「修験者吊りに蘇生噛み。
吊りは痛いけど仕方ないとして。ここで蘇生噛みって結構不思議だホ-?」
真紅 「死体なしの場合は、狐噛みが濃厚ね>バーニィ」
蓬莱山輝夜 「吊ってる?>忍ふぃあ
吊ったとことかなくない?舌いて初日だったとか以外じゃなにもわかると来ないと思うけど」
零崎人識 「つーかとある剣士死ぬのな、葛の葉蘇生を嫌がったのかね。
実は猫又でしたー、とか猫神でしたー、っていうのを回避したかった?」
銀ちゃん 「できない子は古系有り得るし護衛する意味無いと思うけど>門番
それより常世守らない理由は?
蘇生したら常世真霊界から見えるわけで」
バーニィ 「噛まれ死体のことね」
初音ミク 「常世神を守らない門番って時点で私は全くもって信用したくない。
常世神は護衛可能だし」
ラティオス 「蘇生に制限はない>提督
バーニィは明日も生きてるなら考える、つっても護衛場所ないよなお前
剣士死んだもんな」
狛枝凪斗 「バーニィさんは正直わけわからなさすぎてねえ
吊り逃れにしてはだけどさ」
エコー 「ただ、実際暗殺がハッサン様を殺してというのであれば
お燐様が噛みでないとすればバーニィー様の
結果が違和感あると思います。」
古明地こいし 「ていうかハッサン暗殺ならどう考えてもバーニィ偽だから
暗殺が暗殺するだろうと思ったらっこれだよ!」
真紅 「ハッサンと噛みが被った、という主張になるのかしらね、バーニィは
怪しい、怪しけれど今すぐ吊りはしないわ
狩人は真だろうと偽だろうと噛みを抑制できるから有用だもの」
バーニィ 「ん? 暗殺遺言ってことは・・・
昨日もしかして「死体なし」だった?
暗殺遺言自体が偽ってこともありえなくはないけど」
支倉未起隆 「別にそんなものはない >提督サム
というか蘇生護衛しないにしてもサムとかさー」
ニンフィア 「暗殺と勘違い
ごっちゃになった>狛枝凪斗」
できない子 「常世神って護衛制限だっけ?
さすがに私護衛はないと思うけど」
ジャックフロスト 「ヒーホー!
オイラ回線が今日全体的にヤバイホ(震え」
初音ミク 「常世神守れよ、と。」
ニンフィア 「で、暗殺によるとハッサン狙い
うーん、グレラン上位位置狙いってことで合ってると思う
ならやっぱりあの死体2はお燐かまれだよね?」
提督サム 「よし前向きに考える。常世神って護衛制限だっけか? 
でないならどこ護衛ってできない子いったのか」
蓬莱山輝夜 「ただその場合噛みがハッサンではないってことで
で、どこかで噛みが行方不明と。まぁバーニィの真偽はそういう主張がでるかでないかってとこで」
狛枝凪斗 「占い遺言なんてあった?>ニンフィアさん」
零崎人識 「おいこれもう……」
ラティオス 「あ?ハッサン結局暗殺なの?>遺言
ならバーニィ曰く謎の死体なしが出てることになる」
支倉未起隆 「? 占いはまだCO全く出てませんが? >ニンフィア」
やる夫 「剣士噛まれは共有蘇生を恐れたんだと見るお…」
古明地こいし 「バーニィは遺言見てどう思うの?」
初音ミク 「あと、出来ない子護衛?ないでしょ、ない
っつーわけでバーニィ吊ればいいと思うの」
零崎人識 「葛の葉(推定銃殺)
共有(暗殺)
暗殺(吊られ)」
狛枝凪斗 「…そこ、暗殺だったんだ
これは困ったね、人外村だと灰をガンガンやってくれてこそなんだけどね、暗殺者は
初回は不幸な結果だったけどさ」
できない子 「あーらら……>遺言
蘇生も普通に噛まれてるし」
ニンフィア 「占いじゃない、暗殺」
バーニィ 「護衛制限が噛まれた場合は
護衛成功出てるけど相手が死んでる
昨日は、そもそも護衛成功が表示されてない」
初音ミク 「んー、その場合色々おかしいことになる気がするんだけど。」
エコー 「……そ、そうですね。(遺言」
ニンフィア 「・・あ、これどう考えても占い吊ってる」
真紅 「ここで蘇生噛まれる、と
暗殺者遺言があるのだけれど・・・
これを信じるとバーニィは何、となるのだわ」
支倉未起隆 「ていうかなんでそこ護衛なんですかバーニィは
一番ありえない位置でしょうぶっちゃけ」
やる夫 「………>剣士噛まれ+修験者遺言」
古明地こいし 「と思ったら暗殺遺言だし…」
零崎人識 「なんだこれ(ドン引き」
銀ちゃん 「と思ったら蘇生死んでた…
暗殺も吊り殺しちゃった…っぽい…」
提督サム 「おおもうどうしよう(震え声>遺言」
ラティオス 「剣士死んだか
なら真だったんだろう、せめて成功くらいしてほしかったが
共有蘇生してほしくなかったのかね」
ニンフィア 「おはよー」
古明地こいし 「ハッサン暗殺した暗殺がいたなら当然バーニィ暗殺してるよね、というところで
個人的には噛まれよけの狂人のCO臭い気もするんだけど
ただ発言が一貫してる、というところは本物っぽいんだよね…。
でもハッサン役職っぽかったとしてもグレラン次点噛まないと思うんだけど

まー、灰だといまのとこフロスト吊ればいいよとしか思わないし」
初音ミク 「…>修験者遺言」
できない子 「おはよう」
エコー 「ニンフィア様もサム様萌えなければ指揮でいい、即言い切るのであれば
吊り対象からは外し、どちらかと言えば占い位置、が妥当かと。」
零崎人識 「……>シュウケン者」
支倉未起隆 「・・・最悪です >遺言見て」
蓬莱山輝夜 「OH・・・>暗殺遺言」
バーニィ 「3夜:できない子
どうしてこうなった・・・
お燐が護衛制限で貫通したなら納得する
でも露出してる共有が銃殺or暗殺なんてあんまりだよ
「嘘だと言ってよバーニィ」と自分で言いたくなったよ
今日の護衛はできない子orとある剣士の二択だけど
この選択肢なら、できない子護衛だよね」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう
そういえばさ、GJありじゃなかったっけ?
護衛貫通されても出るのは

だからお燐さん噛みじゃない可能性自体は普通にあると思うけど、それだと理由は何ってなるんだよねえ…バーニィさんが真という前提になるとさ」
やる夫 「おはようだお
浅井京介はあまり自分の考えが無いような感じがしたので投票したお
それで、バーニィを信じるならハッサン噛まれかつお燐が噛まれ以外の理由で死亡ってことになるけど…
そうなるとやる夫にはお燐呪殺以外の理由が思い浮かばんがお…
後提督サムはもう少し発言して欲しいお」
エコー 「おはようございます。
京介様は初日のヤムチャ様と比べ票数が明らかにおかしいと判断し
発言自体も村として思えるような発言も見受けられない、むしろ
この状況でも余裕がある人外、と思いましたが、予想以上に集中しましたね。」
初音ミク 「さて、『門番が真ならばお燐が噛まれていない』わけだけど…
そうなるとどうにもこーにもよくわからない。
あとサムが萌えてないし、そこ非狼非狐とみて暫定で指揮取ればいいと思うの」
真紅 「バーニィに対する、微妙という反応がやはり変
なので輝夜投票なのだわ
初日からずっと違和感のある発言ね、ここは」
バーニィ 「門番CO
不可>お燐(GJなし)>できない子」
支倉未起隆 「んー、京介さん5票はなんかステ吊りっぽくもありますが
輝夜3票・・・?門番に突っかかってたのを微妙にでも見てたのでしょうか投票者は」
銀ちゃん 「        ___
        /:::::::::::::::\ 
      // ̄ ̄ \:::\
    __r!" /i   ,ィ、 \:ハ
    l/7 l! i |   ハl ヽ| ゙}:ト、
    (_イN◯ ゝノ  ◯| (」ー'     おっはー
    ./ l !    △  ,少イ !\
      | \        ,イi |    そう言えばとある剣士は昨日蘇生させてないの?
     ノィ ≧>ニフヽ≦ | |
    〃 | i ゞ:ヽノ:::ノ  ノ).|    吊り先に掛ければ噛まれが制限じゃないなら成功なら
     !.| /:i::::A:::ヾヽ// `    2死体ないなら噛み先蘇生されるのに
       ゙ `ヲ:/Xヽ:::f〈  ,.- '二つ
      <7:/.><.\:ヽ`{゚x 。 ト、  ぶっちゃけ蘇生COで露出してるなら蘇生先出しても良いと思うわよ
     ⌒ヽfニ!~lニラヽ! ゝ-<^ヽ)  どうせ誤爆蘇生しかしない運ゲーなんだし
         ゝノ .レ′ \,.、)
ラティオス 「軽く発言促した俺が言えたことでもないがバーニィCOしなくてよかったぞ・・・
様子見って残そうと思ってたんだが
剣士は蘇生率30%だからほぼ傾奇と同時がリミットだと思ってる」
蓬莱山輝夜 「単純に厚さかしらね
私死んでないと浅井で吊れてしまったんじゃって予感」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
浅井京介さんの遺言 修験者CO。ハッサン暗殺だ。できるだけさっさと周囲潰したかったから俺の周りのあら捜ししてたんだが、ハッサンは残り一分で次指定とか微妙なこと言ってたからな。
暗殺者が暗殺されるって大分アレだが。まあここは人狼村だ、非力な俺に暗殺されとけよ。
とある剣士さんの遺言 剣士の蘇生日記

初日 不可
まさか蘇生役になるとはな
だがまあ言いがんばっていくとしよう

二日目 ヤムチャ
いきなりこさせられる羽目になるとは
まあヤムチャいったくだそれ以外にある分けなかろう

三日目 指定対象ヤムチャ
フロスのアドバイスどおりにやってみたがさて
これで共有が生き返ればいいのだがそう甘くもなかろう
しかしバーニィが護衛系でこっちを守らないかうかつだったな発言が
とある剣士 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子 「葛の葉蘇生されちゃうとすごくあれだし、とある剣士噛みかなあ
バーニィ狂人とかもまあ一応ありはしたりするし、なんにしても噛まないけど」
支倉未起隆 「そんなところでしょう」
ニンフィア 「ああ、蘇生じゃなくて提督サム噛みでもいいかな
どっちにしろバーニィ吊りを狙うならサムか剣士
占い狙うならグレー」
できない子 「サムか、とある剣士かになるかなー
サムは狂人もないはずだし」
ジャックフロスト 「狛枝はあんま噛みたくねーホ」
ニンフィア 「バーニィは狂人か暗殺だろうね
だからとある剣士噛みで吊りって出来なくはないとは思うけど・・」
できない子 「おりん噛みでいいはず」
ニンフィア 「A 事故防止でとある剣士狙い
B 蘇生発生しないことにかけてグレー」
支倉未起隆 「サム噛みでいいんじゃないですかね」
支倉未起隆 「噛みはお燐のはずですが・・・」
ジャックフロスト 「お燐噛みだホ?
ならまずバーニィ毒だホ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
浅井京介 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
狛枝凪斗0 票投票先 →支倉未起隆
バーニィ2 票投票先 →蓬莱山輝夜
真紅2 票投票先 →蓬莱山輝夜
とある剣士0 票投票先 →蓬莱山輝夜
ジャックフロスト1 票投票先 →真紅
提督サム0 票投票先 →浅井京介
やる夫1 票投票先 →浅井京介
できない子1 票投票先 →バーニィ
支倉未起隆1 票投票先 →やる夫
エコー1 票投票先 →浅井京介
古明地こいし0 票投票先 →ジャックフロスト
ラティオス0 票投票先 →真紅
零崎人識0 票投票先 →できない子
ニンフィア0 票投票先 →銀ちゃん
浅井京介5 票投票先 →エコー
銀ちゃん1 票投票先 →浅井京介
蓬莱山輝夜3 票投票先 →初音ミク
初音ミク1 票投票先 →浅井京介
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
提督サム 「とにかく蘇生は仕事だあ!検死い!」
蓬莱山輝夜 「びみょ
どちらにしろ護衛制限だからかまれ疑わない理由になんないなとしか」
狛枝凪斗 「うーん、バーニィさん真として…何だろう
本当にGJなしなの?」
初音ミク 「…わたしは しょうきにもどった!」
できない子 「噛みならね、つまり噛み以外での死亡主張ってことになるかな」
真紅 「護衛制限じゃないかしらね?
いや、GJも同時にでるのだったかしら。噛みとかぶった場合」
ジャックフロスト 「門番のーGJ表記も無し?」
とある剣士 「ふむ、わかった」
提督サム 「お燐を真夢判断に占いが占ったとかいうみらくるじゃないだろうなこれえ!」
ニンフィア 「うーん?
門番が出てるけどGJなしって、ありえるの?」
銀ちゃん 「護衛制限でも噛まれたらGJ+死体
つまりバーニィ視点銃殺確定と」
初音ミク 「…え?>GJなし
護衛制限だけどGJはでるよね?」
やる夫 「えっ、おりんGJ無し・・・?
護衛制限でもGJ表記は出るはずだと思うのだけど・・・?」
零崎人識 「まじでか!!>そこ護衛
完全に銃殺ボーイじゃねぇか!失踪する青春の銃殺じゃねぇか!
銀ちゃん差し置いて」
古明地こいし 「護衛制限だったらGJ出て死ぬんじゃないの?」
バーニィ 「GJ出てないんだよ
護衛貫通したとかじゃなくて、噛まれてすらない死因なんだよ」
支倉未起隆 「それならそう 素直に遺言残すと思いますよ >ミクさん」
ラティオス 「GJあるってかGJ表記がある」
できない子 「護衛制限ありの役職は、GJありで貫通して死ぬはず」
エコー 「ずっと歌ってて下さい。いい声ですよ(棒>サム様」
蓬莱山輝夜 「潜ってる中でぶっぱするのが悪いのか的の位置に入るのが悪いのかってあれだけどもね>剣士
まぁそうだとしてもなってしまったものは仕方がないわ」
真紅 「噛まれたくないほうが潜る、というのは往々にしてある戦略ね>フロスト
どこもおかしくはないわ」
ラティオス 「だから言ったってか護衛制限だとGJあるから噛まれでもないんだなそれ」
ジャックフロスト 「ああ、とある剣士はハッサン、お燐どっちも蘇生行使じゃなくて今日吊れた所かヤムチャ行使がお薦めだホ-?
よく見たらヤムチャも遺言無いし」
浅井京介 「む、門番か」
狛枝凪斗 「えっと、門番…?
それだと、暗殺もあり得ず…なにこの死体?」
初音ミク 「W葛の葉とか、ないよね?」
とある剣士 「まぁ、今日吊られるとやつのところにも飛ぶかもしれんがな蘇生」
古明地こいし 「えっ?>お燐GJなし」
銀ちゃん 「2日目で共有占ってというのはないでしょ
●連打とかならまだしも1つだけなら分かんないんだし」
できない子 「提督サムは発言見て、にしかならないよ
というかバーニィがちょっと良く分からない」
ニンフィア 「いや、いくら共有遺言2で葛の葉交じりだからって
表にでてる共有占いってないでしょ」
提督サム 「俺いつまで歌えばいいねん!(ダンッ」
支倉未起隆 「ああ、護衛制限・・・の場合GJってどうでしたっけ?」
初音ミク 「あと、ハッサンとお燐の投票違う時点で流石に身代わり、とかはないと思う。
……」
バーニィ 「吊られるのは困るからね
この流れなら出ておくしかないかな・・・」
浅井京介 「まあ指定引き継げる位置もないし、グレランか」
エコー 「いや、サム様については現状萌えなければ放置しますよ
明日以降も発言を多めにして頂ければ幸いですが。」
零崎人識 「うえっ?>視点漏れ」
提督サム 「波乱万丈 十人十色 情けない 自分にも ○あげよう」
やる夫 「お燐銃殺は流石に考えられないからお燐噛まれ+ハッサン暗殺だと思うお」
狛枝凪斗 「サムさんは萌えたら吊るよ
まだ萌えてないなら放置」
ラティオス 「まぁいいわ、独特の視点持ってるってことでバーニィは様子見したいと思うぜ」
バーニィ 「2夜:お燐
まず、常世を守るつもりはないと宣言
とある剣士 「よw っw しw でw きw たw ぞw 、w 」
とある剣士 「何w とw かw なw っw たw ぞw 、w こw のw カw オw スw でw 」
CO待ちの状態で、縦に並べるだけで1分以上かけてる
そしてギリギリになった瞬間、縦CO2連発
この「よし、できた」「何とかなった」が
人外の吊り逃れ成功の安堵にしか見えない
よって護衛する必要性ゼロと判断する
そうなると、当然ながらお燐護衛だ
できない子も古系ありえる状態だからね」
バーニィ 「門番CO
不可>お燐(GJなし)」
古明地こいし 「そういえばヤムチャは遺言ないのか。
常世神はもうやってると思うけどヤムチャ対象で蘇生でいいよね」
浅井京介 「で、初日から指定展開で始まったのに、早くも指定位置が消えたんだが」
バーニィ 「あ、うん・・・
ごめん視点漏れしてた」
零崎人識 「でもお燐即噛みならサムが狼だったっつーんが一番自然なんだが
これで萌えなかったら、まぁ狼狐はないな!!」
真紅 「サムは暫定的に狼狐なしで考えていいのだわ
ここまで発言して萌えていないのなら、だいたい大丈夫よ」
提督サム 「人は 変わってくものだけど 変わらなくても いいものさ」
支倉未起隆 「実はお燐呪殺は少し私も考えてました・・・よく考えるとありえませんね」
狛枝凪斗 「いや、逆だよね?>バーニィ
そういう想定としても」
初音ミク 「2夜でお燐占うとかそんなわけないじゃん?
んでハッサン噛まれって?ちょっとこー、ずれてない色々と?」
提督サム 「いつの間にか 小さくなった だけど 勝てないよね~」
ジャックフロスト 「というか葛の葉の方が露出するって何かおかしいホ?
それならハッサンが露出して指定するべきだと思うんだけど……
まぁ終わったことは仕方ないホ」
できない子 「ごめん、子狐狙いじゃなくて銃殺狙いね
つまり、可能性だけなら0ではないけどもそんなんほぼないだろうから気にする事象じゃないってこと」
ニンフィア 「で、サムは萌えないようだしこれは単純に共有潰しっぽいね」
バーニィ 「そうじゃないなら提督サム狼ってことで吊ればいいよ」
ラティオス 「つかバーニィはなんでお燐噛まれ考えないの?」
提督サム 「子供のころは あんなにでかく 見えたおやじの せ~なかが」
蓬莱山輝夜 「まぁ初手●で真夢判別のつもりで占うのもいないこともないけど>ジャック
その場合ハッサン噛みが濃くなるからほぼないでしょ。よほど役目に見えたとかならともかく」
とある剣士 「共有暗殺はきていがいだな、どっちにしろ」
銀ちゃん 「お燐共有COで暗殺するはずがないと思うけど…>バーニィ」
エコー 「お燐様銃殺は見ないでいいかと思うのです。>バーニィ様」
狛枝凪斗 「で、他に共有はいないんだよね?
そこの常世神は蘇生任せたよ」
提督サム 「今だに宿題山積みで 大人だって大変~」
初音ミク 「何言ってんの?>バーニィ
なんでお燐呪殺とか考えてるの?」
支倉未起隆 「グレランし続けるしかないでしょうこれ
暗殺?気合で吊り避けてくださいで 指示役いないし」
ニンフィア 「そうだね、草のせいでほとんど見きれてないし
草妖精は本当に面倒、まだ日妖精とかのがマシ」
提督サム 「さげたくない頭下げて 頑張ってるんだけどな」
できない子 「葛の葉といっても占う人いないと思うし
(大穴で子狐が万が一の子狐狙いってのはあるかもって程度)
ハサンがなんらかの死因で死んでるってくらいかな。」
ラティオス 「提督サムは萌えなければ明日以降指揮でも構わんと思うぞ」
浅井京介 「まあ共有噛みで、ハッサン暗殺じゃないのか。潜伏しなけりゃ良かったなハッサンよ」
バーニィ 「お燐を暗殺したとかいう非常識が居ない限り
ほぼハッサン噛まれ お燐銃殺っぽいんだけど・・・うん」
古明地こいし 「普段なら提督サム狼で即気付いたから噛んだ…と見たいところだけど
昨日の草妖精から考えると手順として即共有噛みはあるんだよね…」
零崎人識 「まぁ常世はとりま蘇生を1回行うように、蘇生履歴は霊界に見えてるはずだしな
一回蘇生すれば、そこ真ーとか言われる」
エコー 「ふむ、フロスト様のこの噛みであれば
サム様が狼の可能性大という発言は
サム様でなんであれ、フロスト様狼には見えませんね。」
銀ちゃん 「常世は今日の吊り先かヤムチャに掛けて共有戻ってくるようにしなさいで一端放置良いと思うわ」
真紅 「噛みはお燐
ここで共有占う占い師なんて、いないでしょう?
なぜ二回目で真夢判断をするというのか、ということだわ」
初音ミク 「とりあえず暗殺がいるであろう、ということだけ思っておこうか。
割とこう・・・蘇生の重要度が一気に上がった。」
提督サム 「平凡な 毎日に ○あげよう~」
ラティオス 「ここでお燐呪殺ってまずないだろ>バーニィ
相方潜らせて指定するんだから葛の葉の可能性は普通考える」
提督サム 「ないて 笑って それが人生」
ニンフィア 「で、葛の葉らしいからサムは発言大目にで
萌えなかったら指揮任せていいと思うよ」
できない子 「昨日の時点での発言なんて正直全然分からなかった系ではある
ぱっと見では発言数はともかく、濃度は似たようなのは多かったけどもあんまり材料にならない」
狛枝凪斗 「いや、さすがにお燐さんを占う占い師はいないよー
共有COとか真夢確定考えてもまだ占う時期じゃないよねえ」
ジャックフロスト 「寧ろ何でお燐が呪殺何だホ……?>バーニィ
露出した共有を2夜に占ってどーするホ」
やる夫 「……暗殺だと思うお?
流石にお燐を即占う占いは居ないと思うお・・・」
支倉未起隆 「あれ?よく見たら暗殺のほう濃厚ですか・・・」
提督サム 「てててててん かなえるのが夢だけど 
叶わなくても 夢は夢さ」
零崎人識 「へい!、頑張れヘイ!」
ニンフィア 「共有2人、でもこれ共有をいきなり占いとかないでしょ
だからこれ、噛み+暗殺だと思う
今回鬼いないし」
提督サム 「かっこいい くるまに~ のって~」
真紅 「ということで、ハッサンは暗殺などが濃厚じゃないかと考えるのだわ」
銀ちゃん 「まず占いが共有CO占うのは無いでしょ…流石に
暗殺か何かいる路線だと思うわ」
とある剣士 「おいおい、これはどちらかを復活させねば」
ラティオス 「占いならぶんなぐるレベルなので暗殺だろうよ
今後頼むよ暗殺くん?とプレッシャーかけつつ」
古明地こいし 「お燐占った占いはいないでしょ…暗殺いるんだろうな」
狛枝凪斗 「あぁ、ごめんね>サム
草見て笑ってたら遅れたんだよねえ」
浅井京介 「おいおいまじでか>共有2死亡」
蓬莱山輝夜 「んでヤムチャは遺言なしと
そういう役職か遺言残さなかった陣外か」
提督サム 「パイロットになって~」
初音ミク 「常識的に考えて即共有占いはないはず。
だから、お燐燐噛みかつ、共有暗殺…とか?」
ジャックフロスト 「共有2死体……だホ?
この死体ならまずサムが狼っぽい感じだから20発言だホ!」
バーニィ 「誰だよお燐銃殺した奴・・・」
提督サム 「野球選手に なって~」
真紅 「冷静に考えましょう
どちらかというとハッサンが噛まれる理由のほうがない」
古明地こいし 「ぎゃー!?>共有が2人とも死ぬ」
やる夫 「…えっ>2死体共有遺言、片方葛の葉」
零崎人識 「おいこれ……暗殺いるんじゃ
お燐を占ったスーパーデリシャスがいない限り」
エコー 「葛の葉がなくなりました、取り敢えず
サム様は発言を……ってあれ?。」
提督サム 「とりあえず沢山話すか 
普通の 人なんかには なりたくない~」
狛枝凪斗 「え、共有2人死亡?
もしかして、暗殺者…?」
支倉未起隆 「片方葛の葉ってそんな気しかしないんですが」
できない子 「えー……>共有2無残
死因が見えないなー、これ」
とある剣士 「て、共有全員いっただとぉ!?」
古明地こいし 「発言ざーっと見た感じで輝夜につっこんでる真紅が好評価で
気になるのはやる夫とフロストくらい」
ニンフィア 「おはよー
うーん、正直草が多いから単純に発言少ない位置を吊ったのかな?
発言みづらすぎー」
提督サム 「ふぁ!」
銀ちゃん 「ちょ!?>共有遺言掛ける2っておま!?」
浅井京介 「んで、死体が二つあるな」
初音ミク 「いったいどういうことだよ!」
真紅 「これは・・・どういうことなのだわ?」
提督サム 「木曽だキソー(挨拶 
狛枝は単純に挨拶おそめが気になったから投票 
ラティオスが草妖精に対するリアクションとして違うのが気になった。」
バーニィ 「ちょ・・・」
支倉未起隆 「・・・アレですか? >共有遺言2」
狛枝凪斗 「おや、葛の葉遺言
サムさんは発言を増やしてかな」
蓬莱山輝夜 「うわぁ暗殺くさい」
ジャックフロスト 「ヒー!ホー!」
初音ミク 「ファー!?>共有W無残」
ラティオス 「うわ・・・>共有2遺言
提督サムはたくさん話せ」
やる夫 「おはようだお、できない子以外に票増えは無かったお
ハッサンは発言が一行の把握発言しかなかった感じがするので投票したお
零崎人識 「共有が全滅した!!」
できない子 「おはよう
超鍋なんてできない」
エコー 「一応、ヤムチャ様の発現も確認して見ましたけど
薄いと言えば薄いですが、余り狼っぽくはない気がしますね
投票数からしても狼は薄いと思いますし。」
浅井京介 「おはよう。今日は草はないよな?」
真紅 「輝夜への投票理由は、傾奇者への態度が気になった、からよ
常世と態度が明らかに違うのだわ」
バーニィ 「おはよう

さて、とある剣士の昨日のCOが非常に偽っぽいんだけど
・なんで縦COするだけで1分半もかかったのか?
・なんで2回目の縦COはあっという間にできたのか?
・「よし、できたぞ」「何とかなった」とは?

はっきり言って、強制グレランにするためのCO遅延と吊り逃れとしか見てないよ」
初音ミク
     {//: : :./: : : :.|: : : : : :| : : : : : : : :.ヽ: : ://7
    ハ∧ : /:.: : : : |: : : : : :ト、: : : : : : : : : 、:///:ハ
   ,: V∧,': : : : :..∧ : : : : | ヽ: : : : : : : :..:{//: : :.
    i: : V/}: : : : : ;  ヽ:..: :..|, -ヽ‐:-: : : : :.∨: : : i
    |: : :.`,: : : : : :!   ヽ:..:.|   丶: : : : : : i: : : :.|
    |: : : :.i: : : : :..|/   ヾ{   ,.ィ斧ミx:..: :..|:!:..: :.|  昨日はひどい目にあった
    |: : : i:|: : : : : |,.ィ斧ミ、 `  弋r:::ソ i: : :八 : : |
    | : : 从: : : :..:|{弋r:::ソ       ,,,,,,  j/:/: : : : :.|  常世ならいきなり噛まれはないと思うんだよねー
    、: : : :..:ヽ{:..从゛ ,,,,,     '       /i:/{: :..: : :..|  だから蘇生頑張ってね!
.    : : : : : :i`ヾ{ 丶     r=  ラ  // !: : : : : |
     i: : : : : :     >   `     イ:.Yー 、: : : : :|
     |: : : : : :i   /  /: i:.、≧  ´/: :/: : : :`:ーァ 、
     |: : : : : :|  .  i: : |: ヘ   /: :/: : : : :./   ヽ
     : : :..: : :.|   i   ,':..:ム-、:} / : ;′: : : /      :
.    ′: : : :..|   |ヽ i: : : : :.V≠Y`: : : : :..′    ,
    i: : : : : : |   |、 !: : : : :..i  /: :r‐_ュ: :, __  ,′」
支倉未起隆 「2票持ちはできない子以外無し はいいですが
結構票偏った感じもしますね何となく」
とある剣士 「ぽはようだ」
銀ちゃん 「                      r_‐、_
                  _, -ー::L._.」‐-、` 、
              /‐ '´ ̄ ̄ ̄`¨ヽ:::丶ヽ
            /  ,        ,  \:::ヽヽ
          r./  /|/',   /l/ |    i::::||
           L| /   ',/     l/|   !:厶l      昨日は酷い目にあったわぁ…
         /∨ ○       ○  /  l下、_〕_
             /              /  i !__ト、
             !     ┌┐    'イ  /   l    2票持ちはいないみたいね
            丶、._  ̄ ___/ /     l
                l/!  ̄r::t水ァ::j/     ',
                 /r――――i::::K   ト、 ヽ
                ムf」  草  「ヽ::i、 |\! \ |
                __j」 刈れ  ヽ、|」_ヽ_    ヽ
          r┐≧:|_____!::::::::::::::::/
          l___!L.-i_i⌒!-」、|\::::::::ヽ _
                   └‐ '´     ̄ ̄」
エコー 「おはようございます。
正直な所、草のせいでよく分からないので
最後にフラグ立ててたサム様投票しました。(素直」
狛枝凪斗 「やぁ、おはよう
昨日は酷かったねえ

剣士さんは真証明出来たら残すでいいかな、期限とか考えるべきだとは思うけどね
確率はそんなに高くないとはいえさ。」
蓬莱山輝夜 「突っ込まれた理由はだいたい蘇生に関する姿勢だろなと思いつつ
時間ぎりぎりになっても指定を促すハッサンの態度に違和感」
ラティオス 「迷彩だからかもしれないがネタ発言多め、かつ発言が単発
それがこいし投票理由」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ハッサンさんの遺言 共w 有w Cw Ow  w 相w 方w はw おw りw んw りw んw
お燐さんの遺言 葛の葉にゃ。

投票 提督サム>

相方はハッサンにゃ。
サムは最低10発言心掛けるにゃ。
お燐 は無残な負け犬の姿で発見されました
ハッサン は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
できない子 「亡霊?できないよ……」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できない子 「ってことで特に他になければ共有いくよ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ジャックフロスト 「PCがまともに動かないホー......。
噛み遅めだと嬉しいホ」
ニンフィア 「うん、狩人居ると思うけど共有かな
潜伏共有出したいし」
できない子 「灰から一発で占いなりいけるならいいけども、狂噛んだらもうあれだし
共有いっておくのがいいかな。私が」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
支倉未起隆 「噛みは一応できない子さんがお願いします」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ニンフィア 「うーん、ただこれどこ噛むといいかなあ」
できない子 「どうしようか、共有いくか灰勝負するか」
支倉未起隆 「常世はヤムチャ誤爆でも願って共有噛みかグレーいくか」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
支倉未起隆 「割りとこうどうしようもなさそうなのが・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ニンフィア 「支倉未起隆捕まった時点でPP勝負でいいと思う」
できない子 「さすがにちときついねえ・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ジャックフロスト 「うっげぇ。
オイラ何か回線がヤバいホ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
支倉未起隆 「あー、うんそこ落ちるってことは今回ちょっと無理そうですねえ」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆影狼@GM 京介ー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヤムチャ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
お燐2 票投票先 →提督サム
狛枝凪斗1 票投票先 →ヤムチャ
バーニィ1 票投票先 →銀ちゃん
真紅0 票投票先 →蓬莱山輝夜
とある剣士0 票投票先 →ニンフィア
ジャックフロスト0 票投票先 →エコー
提督サム3 票投票先 →狛枝凪斗
やる夫1 票投票先 →ハッサン
できない子0 票投票先 →お燐
支倉未起隆0 票投票先 →やる夫
エコー1 票投票先 →提督サム
古明地こいし1 票投票先 →バーニィ
ヤムチャ4 票投票先 →蓬莱山輝夜
ラティオス0 票投票先 →古明地こいし
零崎人識0 票投票先 →提督サム
ニンフィア1 票投票先 →銀ちゃん
浅井京介0 票投票先 →ヤムチャ
ハッサン3 票投票先 →ヤムチャ
銀ちゃん2 票投票先 →ヤムチャ
蓬莱山輝夜2 票投票先 →ハッサン
初音ミク0 票投票先 →ハッサン
「◆影狼@GM @2」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
提督サム 「グw レw ラw ンw 了w 解w だw  w  w
なw あw にw 生w きw てw 帰w っw てw みw せw るw さw 」
バーニィ 「んw ?w  w 何w がw 出w 来w たw んw だw いw ?w 」
エコー 「残w 念w なw がw らw 指w 定w にw はw 時w 間w がw (w 略w 」
古明地こいし 「共w 有w 相w 方w はw 死w ぬw なw よw !w 絶w 対w 死w ぬw なw よw !w 」
支倉未起隆 「グw レw ラw ンw のw ほw うw がw いw いw んw じw ゃw なw いw でw すw かw  w いw きw なw りw 蘇w 生w Cw Ow っw てw のw アw レw でw すw しw 」
初音ミク 「こw んw なw 時w 間w にw 指w 定w 変w 更w なw んw てw でw きw なw いw っw てw ww ww ww >w ハw ッw サw ンw 」
蓬莱山輝夜 「まw ぁw 真w なw らw さw くw とw 証w 明w でw きw るw よw うw 祈w っw てw おw きw なw さw いw なw
常w 世w だw とw 2w 回w くw らw いw 組w 成w でw 十w 分w 」
ラティオス 「確w 定w 誤w 爆w なw のw でw 初w 期w にw 使w うw とw 成w 功w しw やw すw いw 場w 所w だw なw 」
ヤムチャ 「とw こw よw かw みw でw すw ぞw ww ww ww 」
お燐 「残w りw 1w 分w じw ゃw きw けw んw にw ゃw ーw
常w 世w はw 常w 時w 能w 力w 発w 動w 、w 相w 方w はw 出w るw タw イw ミw ンw グw 任w せw るw にw ゃw
傾w 奇w はw 票w 捨w てw 強w 制w なw しw にw ゃw 」
ジャックフロスト 「蘇w 生w なw らw 何w でw あw れw 残w しw てw 良w いw ホw -w ?w
今w 日w のw 蘇w 生w 成w 功w しw たw らw 噛w みw 位w 置w がw 即w 生w きw 返w るw のw でw 試w すw のw がw おw 薦w めw だw ホw ーw !w 」
古明地こいし 「ぎw りw ぎw りw じw ゃw なw いw とw 思w うw よw ーw >w ばw ーw にw ぃw 」
ハッサン 「問w 題w なw いw
共w 有w 指w 定w よw ろw >w 」
浅井京介 「とw こw よw しw んw だw ろw 」
やる夫 「そw れw はw とw こw よw かw みw っw てw 読w むw んw じw ゃw なw いw かw おw ?w
グw レw ラw ンw はw 把w 握w しw たw おw 」
真紅 「なw るw ほw どw
でw はw グw レw ラw ンw でw いw いw のw だw わw
共w 有w 相w 方w はw 気w 合w でw グw レw ラw ンw 抜w けw なw さw いw
潜w 伏w をw 選w んw だw 以w 上w 、w そw れw はw 義w 務w よw 」
できない子 「【w 悲w 報w 】w 私w はw 今w まw でw ずw っw とw 読w みw 方w をw 間w 違w っw てw いw たw 」
零崎人識 「俺w はw とw こw よw かw みw っw てw 呼w んw でw たw ぜw !w !w 」
エコー 「常w 世w 神w でw あw るw なw らw 少w なw くw とw もw 蘇w 生w 成w 功w すw れw ばw 残w せw まw すw
2w 回w 以w 上w そw れw いw がw あw れw ばw 真w 盲w 信w 可w 能w でw すw 」
とある剣士 「何w とw かw なw っw たw ぞw 、w こw のw カw オw スw でw 」
狛枝凪斗 「とw こw よw のw かw みw 、w だw よw ?w 」
銀ちゃん 「常w 世w (w とw こw よw )w かw ーw !w ?w 」
提督サム 「あw 、w わw りw いw >w ヤw ムw チw ャw  w
んw でw 常w 世w 神w のw こw とw かw いw !w 」
ニンフィア 「漢w 字w じw ゃw なw いw とw 案w 外w わw かw らw なw いw かw もw
一w 発w 変w 換w でw きw なw いw 役w 職w 多w いw のw はw わw かw るw けw どw ーw 」
浅井京介 「んw でw 蘇w 生w かw よw そw こw 」
狛枝凪斗 「じw ょw うw せw いw しw んw ?w
常w 世w 神w のw こw とw ?w 」
バーニィ 「なw んw でw こw んw なw ギw リw ギw リw にw Cw Ow すw るw んw だw いw ?w
引w きw 延w ばw しw だw とw 見w らw れw てw もw 仕w 方w なw いw よw 」
初音ミク 「常w 世w 神w (w とw こw よw がw みw )w だw とw 思w っw てw たw よw !w ?w
とw いw うw かw そw れw はw アw カw ンw 、w 変w 更w しw かw なw いw 」
零崎人識 「共w 有w はw 吊w らw れw んw なw よw !w !w 」
ハッサン 「常w 世w のw 神w ねw !w
>w 剣w 士w 」
蓬莱山輝夜 「新w しw すw ぎw るw ・w ・w ・w >w とw こw よw かw みw をw じw ょw うw せw いw しw んw 」
ジャックフロスト 「あw あw 、w 常w 世w 神w !w
寧w ろw 何w でw みw んw なw 分w かw っw たw んw だw ホw ?w 」
とある剣士 「よw っw しw でw きw たw ぞw 、w 」
ヤムチャ 「そw れw 常w 世w 神w 」
銀ちゃん 「じw ょw うw せw いw しw んw ?w
精w 神w 鑑w 定w ?w 感w 応w ?w ?w ?w ?w 」
ニンフィア 「えw ーw っw とw 、w 蘇w 生w のw だw っw けw ?w 」
浅井京介 「俺w もw 大w 分w 外w 道w だw がw さw すw がw にw 大w 爆w 笑w しw なw がw らw 人w をw 蹴w 落w とw すw 趣w 味w はw …w …w まw あw 神w モw ーw ドw なw らw あw るw かw 」
やる夫 「じw ょw うw せw いw しw んw っw てw 常w 世w 神w かw おw ?w
蘇w 生w なw らw 残w すw べw きw だw おw !w 」
支倉未起隆 「読w みw をw 変w えw るw とw そw うw なw るw のw でw すw がw 」
エコー 「精w 神w 鑑w 定w のw 事w でw すw かw ねw 。w 」
真紅 「豊w 穣w 神w なw どw のw 間w 違w いw でw はw なw くw てw ?w 」
古明地こいし 「とw こw よw がw みw …w てw 蘇w 生w じw ゃw なw いw でw すw かw ーw 」
零崎人識 「常w 世w 神w かw !w 」
お燐 「変w 更w グw レw ラw ンw すw るw しw かw なw いw にw ゃw 」
ラティオス 「とw こw よw がw みw かw 」
できない子 「とw あw るw 剣w 士w のw Cw Ow がw 縦w でw もw わw かw らw なw いw 件w
とw
こw
せw
がw
みw
?w 」
提督サム 「じw ょw うw せw いw しw んw ?w 精w 神w 鑑w 定w のw こw とw かw ?w 」
とある剣士 「常w
世w
神w
Cw
Ow 」
狛枝凪斗 「剣w 士w さw んw はw Cw Ow しw なw いw とw
君w 、w 重w 要w 職w だw とw まw ずw いw よw ねw ?w 」
零崎人識 「じw ょw うw せw いw しw んw ?w 」
ヤムチャ 「提w 督w サw ムw よw
そw れw 勘w 違w いw しw やw すw いw かw らw 今w はw やw めw てw おw けw 」
お燐 「分w かw らw んw にw ゃw ww ww 」
古明地こいし 「じw ょw うw せw いw しw んw 、w てw なw んw だw …w 」
支倉未起隆 「常w 世w 神w  w とw 言w いw たw いw のw でw しw ょw うw かw ?w  w >w Cw Ow 」
真紅 「じw ょw うw せw いw しw んw ?w 」
初音ミク 「じw ょw うw せw いw しw んw ・w ・w ・w ?w 」
蓬莱山輝夜 「情w 勢w 真w ?w 」
ラティオス 「草w 妖w 精w はw 今w 後w もw 成w 功w をw 狙w いw 続w けw るw なw らw 吊w りw たw いw がw なw >w 真w 紅w
そw うw でw なw いw なw らw 信w 用w 位w 置w とw しw てw 残w すw 」
ジャックフロスト 「じw ょw うw せw いw しw んw っw てw 何w だw ホw …w …w ?w 」
エコー 「よw うw じw ょw にw 見w えw まw しw たw 」
銀ちゃん 「相w 方w あw るw とw かw はw 別w にw Pw Hw Pw 先w 生w のw 気w 分w 次w 第w だw かw らw 別w にw …w とw いw うw >w とw あw るw 剣w 士w 」
初音ミク 「傾w 奇w にw 関w しw てw はw …w 5w 日w 目w 待w ちw でw いw いw とw 思w うw よw ?w
どw うw せw 老w 兵w かw なw んw かw のw 撤w 回w あw るw とw 思w うw けw どw 」
バーニィ 「剣w 士w はw Cw Ow 聞w かw れw てw るw ぞw 」
蓬莱山輝夜 「はw んw のw うw がw なw いw ぬw ーw 」
古明地こいし 「環w 境w にw 優w しw くw てw もw 目w にw はw 厳w しw いw !w >w エw コw ーw 」
やる夫 「とw あw るw 剣w 士w 、w Cw Ow 聞w かw れw てw るw おw ?w 」
とある剣士 「じw ょw
うw
せw
いw
しw
んw
Cw
Ow 」
狛枝凪斗 「あw りw がw とw うw >w 支w 倉w 君w クw ンw 」
真紅 「気w にw 入w らw なw いw かw らw 吊w るw 、w とw いw うw のw はw
真w 証w 明w 可w 能w かw もw しw れw なw いw もw のw にw 対w しw てw はw 変w なw 発w 言w だw とw 思w うw のw だw わw 」
できない子 「蝙w 蝠w 陣w 営w がw 確w 定w しw たw っw てw いw うw のw はw 情w 報w とw しw てw あw るw けw どw もw 、w あw るw っw てw だw けw だw ねw
微w 妙w なw 蝙w 蝠w Cw Ow がw 出w てw きw てw ーw っw てw のw はw なw いw けw どw もw
結w 局w のw とw こw ろw Pw Pw 要w 員w にw なw るw しw ねw

指w 定w にw 関w しw てw はw 数w かw らw 見w れw ばw 全w 然w あw りw なw 部w 類w 、w なw のw でw 任w せw るw ねw 」
ハッサン 「わw っw かw りw にw くw いw よw おw おw (w 草w )w 」
零崎人識 「笑w いw なw がw らw 死w をw 宣w 告w すw るw 。w やw べw ぇw 、w 殺w 人w 鬼w もw 真w っw 青w のw 所w 業w だw ぜw 」
ラティオス 「草w 原w 迷w 彩w のw せw いw でw まw とw もw にw 発w 言w がw 追w えw なw いw
剣w 士w 指w 定w かw 、w Cw Ow 聞w こw うw かw 」
ニンフィア 「Cw Ow 聞w くw っw てw こw とw はw 、w こw のw 草w だw らw けw のw まw まw のw Cw Ow をw 読w むw っw てw こw とw だw よw ?w 」
提督サム 「共w 有w  w おw 燐w ーw 潜w 伏w 相w 方w  w
歌w 舞w 伎w もw のw Cw Ow  w  w でw きw なw いw 子w 」
エコー 「いw いw じw ゃw なw いw でw すw かw 、w 草w 。w
環w 境w にw 優w しw いw でw すw よw 。w 雑w 草w はw 知w りw まw せw んw けw どw 。w 」
ジャックフロスト 「あw あw 、w 相w 方w がw 潜w るw なw らw 指w 定w はw 必w 要w だw けw どw もw 」
支倉未起隆 「でw すw ねw  w >w 狛w 枝w 凪w 斗w さw んw 」
狛枝凪斗 「傾w 奇w 者w はw あw れw がw あw るw かw らw 放w 置w でw 共w 有w はw そw うw いw うw こw とw でw とw 」
ヤムチャ 「Cw Ow はw とw あw るw 剣w 士w だw ぞw 」
とある剣士 「相w 方w はw いw たw のw かw 、w 珍w しw いw なw やw みw 鍋w でw 」
古明地こいし 「どw うw せw 初w 日w のw 指w 定w なw んw てw 情w 報w あw んw まw りw なw いw んw だw しw !w
グw レw ラw ンw でw 重w 要w 役w がw 死w ぬw かw どw うw かw とw 人w 外w がw 吊w りw 逃w れw でw きw るw かw でw 天w 秤w でw しw ょw ーw 」
初音ミク 「じw かw んw もw あw れw だw かw らw 、w スw パw っw とw 指w 定w でw いw いw とw 思w うw よw ?w
どw うw せw 初w 日w だw 、w 勘w でw いw いw のw さw !w 」
浅井京介 「潜w 伏w でw 指w 定w かw 。w なw らw 待w とw うw 」
ハッサン 「歌w 舞w 伎w でw きw なw いw 子w 共w 有w おw りw んw さw んw 了w 解w >w 遅w くw てw ごw めw んw 」
銀ちゃん 「トw ラw ッw プw 頑w 張w れw ―w >w 潜w 伏w 相w 方w 」
ニンフィア 「いw やw ーw  w 今w 回w はw 草w がw 面w 倒w すw ぎw るw かw らw
指w 定w 進w 行w っw てw 結w 構w 厳w しw いw んw じw ゃw なw いw かw なw 」
零崎人識 「てw いw うw かw 狼w 、w 狐w 村w だw かw らw 第w 三w 陣w 営w にw 対w すw るw 懸w 念w はw ほw ぼw ねw ぇw 、w 蝙w 蝠w はw 除w くw 」
真紅 「あw らw ?w いw きw なw りw 傾w 奇w 者w 吊w りw がw 選w 択w しw にw 入w るw のw ?w
ずw いw ぶw んw 早w 急w ねw >w 輝w 夜w 」
お燐 「とw あw るw 剣w 士w にw ゃw んw すw まw なw いw けw どw Cw Ow 頼w むw にw ゃw 」
やる夫 「まw あw 朝w 一w Aw Aw しw たw 人w はw 草w 妖w 精w でw はw 無w いw だw ろw うw とw 思w うw おw ww 」
狛枝凪斗 「ちw ょw っw とw まw っw てw ねw
おw 燐w さw んw とw でw きw なw いw 子w さw んw かw なw 、w Cw Ow しw たw のw はw ?w 」
蓬莱山輝夜 「あw らw 潜w っw てw るw のw ねw
んw じw ゃw さw くw っw とw しw てw おw きw なw さw いw 。w 時w 間w ぎw りw ぎw りw にw なw れw ばw なw るw ほw どw 具w ダw ルw かw らw 」
エコー 「あw あw 、w 相w 方w はw いw るw んw でw すw かw 。w なw らw 、w そw れw はw そw れw なw のw でw すw 」
ジャックフロスト 「共w 有w にw 傾w 奇w 者w Cw Ow 。w
確w 定w でw 古w 蝙w 蝠w がw 居w なw いw っw てw のw がw 分w かw りw やw すw いw ホw ねw 」
支倉未起隆 「でw すw がw 出w るw しw かw 無w いw 人w はw そw りw ゃw いw るw わw けw でw  w >w 真w 紅w
指w 定w はw おw 早w めw にw  w >w 共w 有w 」
提督サム 「相w 方w 潜w りw のw 指w 定w かw 。w キw ラw イw じw ゃw なw いw わw !w  w
グw レw ラw ンw でw 投w 票w 見w れw なw くw なw るw っw てw のw もw こw のw 状w 況w じw ゃw あw …w ねw えw ?w 」
ヤムチャ 「おw 燐w さw んw  w そw うw いw うw 時w はw ずw ばw っw とw 言w うw べw きw 」
浅井京介 「なw んw だw こw のw 、w 草w 妖w 精w こw のw 、w あw あw もw うw !w 」
ラティオス 「初w 手w かw らw 指w 定w かw
強w 気w だw なw 、w 相w 方w をw いw つw 出w すw かw はw 好w きw にw しw ろw
何w かw 言w うw 気w はw なw いw 」
とある剣士 「指w 定w すw るw のw かw 、w どw うw なw るw んw だw 」
バーニィ 「むw しw ろw 指w 定w しw なw いw とw やw ばw いw 」
初音ミク 「あw 、w 相w 方w いw るw んw だw ?w
複w 数w いw るw のw はw 心w 強w いw 感w じw だw ねw ーw 」
古明地こいし 「おw 燐w 共w 有w だw 、w 勝w っw たw なw (w キw リw ッw 」
お燐 「銀w ちw ゃw んw とw ミw クw にw ゃw んw のw 草w 妖w 精w 否w 定w はw 見w たw にw ゃw 」
ニンフィア 「共w 有w とw 傾w 奇w 者w ?w
うw ーw んw 、w 5w 日w 目w のw 投w 票w でw 確w 認w だw かw らw 実w 際w わw かw るw のw 6w 日w 目w とw いw えw るw んw だw よw ねw 」
銀ちゃん 「おw 燐w がw 共w 有w とw
でw きw なw いw 子w がw カw ブw キw ねw
カw ブw キw はw 5w 日w 目w にw どw うw かw っw てw やw つw ねw 」
零崎人識 「こw のw 状w 態w でw 指w 定w すw るw のw かw !w ?w なw んw つw ーw 勇w 気w だw 」
やる夫 「っw とw 、w おw りw んw 共w 有w 把w 握w しw たw おw !w 」
真紅 「そw もw そw もw 、w 今w 日w のw Cw Ow 自w 体w 推w 奨w さw れw なw いw けw れw どw ・w ・w ・w >w 支w 倉w 」
蓬莱山輝夜 「歌w 舞w 伎w もw のw とw
まw ぁw まw ぁw 残w しw 照w らw れw るw 数w 。w 気w にw 入w らw んw なw らw 別w にw 吊w るw でw もw
ぐw れw ラw ンw かw しw らw ねw 」
浅井京介 「Cw Ow 了w 解w 」
狛枝凪斗 「そw しw てw 傾w 奇w 者w はw 五w 日w 目w まw でw 放w 置w
共w 有w はw …w まw ぁw 、w 指w 揮w 出w 来w たw らw 頼w むw ねw 」
支倉未起隆 「傾w 奇w はw 5w 日w 目w 減w るw かw どw うw かw でw すw ねw  w 共w 有w はw 了w 解w でw すw 」
バーニィ 「草w 妖w 精w 死w すw べw しw 」
提督サム 「銀w ちw ゃw んw もw ミw クw もw 朝w 一w でw 何w 言w っw てw るw かw さw っw ぱw りw 分w かw らw なw いw でw すw (w 震w えw 声w 」
ラティオス 「おw 燐w 共w 有w かw 、w 了w 解w しw たw
傾w 奇w 者w はw グw レw ラw ンw 参w 加w でw いw いw だw ろw うw 、w 捨w てw 票w をw 下w 手w にw さw せw るw とw 歪w むw とw 思w うw しw なw 」
初音ミク 「おw 燐w がw 共w 有w デw ーw 、w 出w 来w なw いw 子w がw 傾w 奇w 者w だw ねw ーw ?w
うw んw 、w 把w 握w しw たw よw
人w 外w 数w 的w にw もw 指w 定w でw いw いw とw 思w うw のw 」
とある剣士 「こw れw 保w 存w すw るw とw きw もw やw やw こw しw いw いw ぞw 」
できない子 「配w 役w 的w にw はw 、w 村w 1w 2w はw なw かw なw かw だw けw どw 狼w 狐w 9w はw きw つw いw よw ねw
投w 票w にw 関w しw てw はw 共w 有w にw 任w せw るw よw ーw 」
エコー 「傾w 奇w 者w はw 放w 置w でw よw ろw しw いw かw とw 。w
真w 証w 明w 可w 能w Cw Ow とw いw うw 事w でw すw のw でw 。w 」
ハッサン 「共w 有w Gw Jw 」
お燐 「相w 方w 潜w 伏w 中w にw ゃw ーw
指w 定w すw るw つw もw りw なw のw でw ちw ょw っw とw 待w つw にw ゃw !w 」
古明地こいし 「ミw クw がw ひw どw いw !w 」
やる夫 「草w にw まw ぎw れw てw 見w 難w いw こw とw こw のw 上w 無w えw おw !w
でw 傾w 奇w 者w かw おw ?w なw らw 5w 日w 目w まw でw 様w 子w 見w るw かw おw !w 」
ヤムチャ 「出w 来w なw いw 子w がw 傾w 奇w 者w だw なw
草w 妖w 精w のw せw いw でw Cw Ow がw 見w えw にw くw いw ぞw 」
真紅 「傾w 奇w 者w はw 五w 日w 目w まw でw 様w 子w 見w
共w 有w はw そw こw ねw 」
零崎人識 「共w 有w とw 傾w 奇w 者w ねw 、w まw ぁw 五w 日w 目w にw なw っw たw らw 傾w 奇w はw 証w 明w だw ろw うw しw 放w 置w とw しw てw 」
バーニィ 「共w 有w 把w 握w 」
提督サム 「ニw ャw ーw ンw >w おw りw んw >w 共w 有w 」
銀ちゃん 「ミw クw !w !w
あw なw たw もw なw のw ねw !w !w (w Aw Aw 潰w さw れw 勢w 」
エコー 「ww ww ww ww 」
ジャックフロスト 「配w 役w 的w にw はw まw ぁw そw こw そw こw だw ホw -w ?w
何w かw Cw Ow あw るw 人w はw どw うw ぞw だw ホw ーw 。w 後w 草w 妖w 精w はw 殺w すw ホw 」
狛枝凪斗 「あw あw もw うw 、w 草w 妖w 精w はw 残w すw にw しw てw もw …w いw やw 、w 残w しw たw くw なw いw 妖w 精w だw よw ねw 」
とある剣士 「共w 有w はw あw くw !w 」
ニンフィア 「あw ーw  w こw れw 蝙w 蝠w はw 草w 妖w 精w ?w
初w 日w はw 許w すw けw どw 、w 次w 発w 生w とw かw しw たw らw 吊w りw たw いw
まw あw 出w なw いw だw ろw うw けw どw ねw 」
初音ミク 「おw のw れw 草w 妖w 精w …w !w 絶w 対w にw 許w さw んw ぞw …w 」
ラティオス 「草w 原w 迷w 彩w がw 面w 倒w とw しw かw 言w いw よw うw がw なw いw
朝w 一w Cw Ow はw 特w にw なw いw よw うw だw なw 」
支倉未起隆 「Cw
Ow
はw
縦w
推w
奨w 」
古明地こいし 「蝙w 蝠w 枠w がw 草w 妖w 精w 確w 定w だw ねw ーw 」
エコー 「蝙w 蝠w 枠w はw 妖w 精w でw きw まw りw でw すw よw
良w かw っw たw でw すw ねw (w 棒w 」
ハッサン 「なw んw てw こw っw たw いw Ww Ww ww 」
蓬莱山輝夜 「出w るw もw んw 出w さw せw てw
とw りw あw えw ずw 共w 有w かw もw んw !w 」
提督サム 「いw いw かw 俺w かw らw 言w えw るw のw はw こw のw 一w 言w だw けw だw  w
遺w 言w だw けw はw 注w 意w しw ろw !w ww 」
零崎人識 「Aw Aw 使w いw がw 真w っw 先w にw 被w 害w 受w けw たw ぞw !w !w 」
真紅 「まw ぁw 、w 夢w 守w りw 人w のw しw ごw とw がw あw るw のw はw 悪w くw なw いw のw だw わw
今w 日w はw Cw ow 控w えw なw さw いw なw 」
お燐 「共w
有w
Cw
Ow 」
浅井京介 「草w 妖w 精w 許w すw まw じw 」
とある剣士 「やw やw こw しw いw なw 、w まw っw たw くw 、w だw れw だw ぁw 」
支倉未起隆 「Aw Aw はw ・w ・w ・w サw ブw 確w 認w しw てw かw らw にw しw てw くw だw さw いw  w はw いw  w >w ミw クw さw んw 」
できない子 「そw しw てw 傾w 奇w 者w Cw Ow
草w にw 紛w れw るw けw どw もw 」
ヤムチャ 「おw のw れw くw さw よw うw せw めw
こw れw はw 初w 日w かw らw 大w 笑w いw 」
銀ちゃん 「草w 妖w 精w はw 許w さw なw いw !w !w 」
狛枝凪斗 「草w 妖w 精w とw かw 酷w いw 絶w 望w じw ゃw なw いw かw なw !w 」
エコー 「とw くw にw 問w 題w がw 無w けw れw ばw 共w 有w 様w のw 確w 認w 後w
グw レw ラw ンw 展w 開w 、w でw よw ろw しw いw かw とw 。w 」
初音ミク 「っw てw 草w 原w 迷w 彩w ―w !w ?w
ちw ょw っw とw ーw !w ?w Aw Aw がw ーw !w 」
やる夫 「やw ろw うw !w >w 草w 妖w 精w 」
零崎人識 「草w 妖w 精w てw めw ぇw ww ww ww ww ww 」
浅井京介 「おw いw 、w まw たw 草w かw (w 憤w 怒w 」
ラティオス 「草w 妖w 精w かw 、w 証w 明w にw はw 感w 謝w すw るw がw 明w 日w 以w 降w 出w るw なw らw 成w 功w しw なw いw よw うw にw しw てw くw れw 」
古明地こいし 「草w 生w えw たw ww ww ww ww ww 」
とある剣士 「っw てw おw いw なw んw だw こw れw はw 」
ニンフィア 「おw はw よw ーw
配w 役w 的w にw はw わw かw りw やw すw いw 感w じw
でw もw 蝙w 蝠w にw 注w 意w っw てw 感w じw かw なw ーw 」
ジャックフロスト 「草w 妖w 精w だw ホw ーw !w ?w 」
提督サム 「よw しw 草w 妖w 精w かw らw 撲w 滅w すw るw ぞw !w でw てw こw いw やw あw !w 」
エコー 「おw はw よw うw ごw ざw いw まw すw 。w
一w 言w でw 普w 通w 、w なw のw でw はw なw いw でw しw ょw うw かw 。w
余w 裕w がw あw るw 、w とw いw うw 訳w にw はw いw きw まw せw んw がw 。w 」
バーニィ 「やw っw ぱw 居w やw がw っw たw
でw っw てw いw うw どw こw だw 」
ハッサン 「っw てw Ww Ww Ww  w なw んw だw こw れw Ww Ww Ww 」
銀ちゃん 「ギw ャw ーw …w ow rw zw
Aw Aw がw 」
狛枝凪斗 「やw ぁw 、w おw はw よw うw
じw ゃw あw 、w ボw クw にw 希w 望w をw 見w せw てw くw れw るw かw いw !w
村w でw もw 人w 外w でw もw 強w いw 希w 望w をw ねw
!w 」
零崎人識 「殺w しw てw 解w しw てw 並w べw てw 揃w えw てw 晒w しw てw やw るw ぜw 」
エコー 「草w 妖w 精w でw すw ねw  w でw はw 気w をw 取w りw 直w しw てw 」
支倉未起隆 「草w 妖w 精w でw 蝙w 蝠w 枠w はw 確w 定w でw すw ねw 」
お燐 「こw れw はw 許w さw れw なw いw にw ゃw >w 草w 妖w 精w 」
蓬莱山輝夜 「草w 妖w 精w ぇw !w 」
とある剣士 「おw gw はw よw うw だw 」
やる夫 「おw はw よw うw だw おw
出w 現w 陣w 営w :w 村w 人w 陣w 営w 1w 2w  w 人w 狼w 陣w 営w 7w  w 妖w 狐w 陣w 営w 2w  w 蝙w 蝠w 陣w 営w 1w
4w 陣w 営w とw シw ンw プw ルw だw おw ねw ?w
1w 0w 釣w りw 9w 人w 外w +w 蝙w 蝠w とw 吊w りw はw 足w りw るw 配w 役w だw おw 、w 蝙w 蝠w をw 吊w るw 余w 裕w はw あw るw おw ねw
共w 有w のw 囁w きw はw あw っw たw のw でw 出w てw 指w 揮w をw とw っw てw ほw しw いw おw !w 」
真紅 「草w 妖w 精w ・w ・w ・w
めw んw どw うw ねw 」
初音ミク
 w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w w  w w  w w  w _w w  w .w /w /w ∧w -w ‐w …w -w  w w .w
 w  w  w  w w  w w  w w  w w  w w  w w  w w  w w ,w .w w :w w ´w :w w :w `w /w w ´w -w ‐w  w  w ゙w ヽw :w w :w :w w :w :w w :w `w ヽw ┌w w ┐w
 w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w /w w :w w :w w :w w :w /w  w  w  w w  w w  w w :w .w  w  w w ヽw w ミw :w |w .w lw w lw .w |w ⌒w ヽw
 w  w w  w w  w w  w w  w w  w w  w w /w  w  w .w :w w :w w /w  w :w w .w :w w .w w :w ∧w .w w :w w :w w .w w :w ヽw .w  w  w w ∨w :w |w iw lw w lw iw |w :w w :w  w  w &w #w 0w 3w 9w ;w w .w  w  w  w  w w  w w  w w  w w 出w 現w 陣w 営w :w 村w 人w 陣w 営w 1w 2w  w 人w 狼w 陣w 営w 7w  w 妖w 狐w 陣w 営w 2w  w 蝙w 蝠w 陣w 営w 1w
 w  w  w  w  w  w  w  w  w w /w  w  w w .w :w  w :w :w /w w .w :w  w  w :w w :w ,w :w &w #w 0w 3w 9w ;w ^w w ∨w .w  w :w |w :w w ヘw :w w :w  w  w &w #w 0w 3w 9w ;w ;w .w |w lw lw w lw lw |w !w :w w :w  w w  w w :w .w  w  w  w  w  w  w  w  w わw ーw おw 、w シw ンw プw ルw だw けw どw キw ッw ツw いw ねw ―w …w
.w  w  w  w  w  w  w  w w /w  w  w  w .w :w  w w /w ,w &w #w 0w 3w 9w ;w :w ィw  w :w w :w w :w ;w :w 乞w ヽw .w ヘw  w .w :w lw ⌒w ヾw :w w :w  w w lw w  ̄w w iw :w w .w  w  w  w  w :w .w  w  w  w  w  w w  w w .w ミw クw さw んw とw しw てw はw まw ぁw 、w きw ょw うw ゆw うw がw いw るw っw てw わw かw っw てw るw だw けw 救w いw なw んw だw けw どw さw
 w  w  w  w  w  w /w  w  w  w w .w :w  w  w /w w lw iw &w #w 0w 3w 9w ;w w lw :w w :w w :w w :w /w 込w ;w :w :w リw  w ヽw w :w !w ィw ,w 弐w ヾw :w :w w :w .w lw .w イw  w w lw  w w  w w  w w  w w :w .w  w w  w w  w w  w w .w でw てw きw てw 指w 定w でw いw いw とw 思w うw よw ?w
.w  w  w  w  w w .w w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w w  w w .w :w w :w w :w w .w w /w  w iw !w  w iw :w w :w :w /w :w ハw w  w w  w w ,w .w  w ゙w &w #w 0w 3w 9w ;w 弋w :w :w リw ∧w :w :w w :w !w ノw  w  w lw  w  w  w  w  w  w w :w .w
 w  w  w w .w  w  w w  w w  w w :w w .w w :w w .w w /w  w  w :w  w w ∨w ヽw :w :w ヘw w  w tw ーw ‐w ッw w  w  w /w w .w ,w :w &w #w 0w 3w 9w ;w !w /w  w  w  w w lw  w  w  w  w  w  w  w w :w .w
.w  w  w ,w w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w .w :w  w  w  w  w  w w /w  w  w  w  w  w  w  w w ヾw ヘw 、w ¨w _w .w .w  w <w イw ‐w w 、w  w  w  w  w w iw  w  w  w  w  w  w  w  w :w .w
 w w /w  w  w .w .w :w  w  w  w  w  w w /w  w  w  w  w  w  w  w  w /w .w w :w ∨w :w :w :w .w :w w :w w .w w /w !w  w  w  w :w .w  w  w  w  w iw  w w :w w .w w  w w  w w  w w  w w :w .w
.w w /w  w  w .w :w  w  w  w  w  w w .w /w  w  w  w  w  w  w  w /w !w .w w :w ハw ^w ∧w w :w :w :w w :w .w /w w iw w .w  w  w  w :w  w  w  w  w w iw  w :w w .w w .w  w  w  w  w  w  w w :w .w
/w  w  w .w :w  w w .w  w  w  w  w /w  w  w  w  w  w  w  w &w qw uw ow tw ;w  w :w トw ´w /w 7w ¨w :w :w :w &w #w 0w 3w 9w ;w w ,w _w /w  w /w  w 0w 1w .w ,w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w  w  w  w !w  w w :w w :w w .w  w  w  w  w  w w  w w :w .w
 w  w .w :w  w .w :w .w w .w w :w  w :w w .w w /w  w  w  w  w  w  w  w w iw  w /w ,w w &w #w 0w 3w 9w ;w w /w :w  w =w =w  w w ∨w  w  w  w /w  w w  w w  w w  w w &w #w 0w 3w 9w ;w ,w  w w :w w :w w :w w :w  w  w  w :w w .w w .w w  w \w
 w w .w :w  w .w :w :w w .w w :w w .w w :w w .w /w  w  w  w  w  w w  w w  w w |w :w iw :w :w :w ,w :w &w #w 0w 3w 9w ;w w .w /w :w :w .w w .w .w :w :w :w :w :w .w .w .w w .w iw ´w ニw 三w ニw iw  w  w  w  w  w  w w &w #w 0w 3w 9w ;w .w  w w :w w :w w :w w :w w :w w .w  w :w w :w w :w w .w  w  w \w
 w .w :w  w .w :w w :w w .w w :w w .w w :w /w  w  w  w  w  w  w  w w <w ーw /w  w /w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w &w #w 0w 3w 9w ;w :w :w &w gw tw ;w .w .w .w :w :w :w :w :w :w :w :w ァw ┘w  w  w  w  w  w  w w &w #w 0w 3w 9w ;w w .w  w :w .w :w .w w :w .w w :w w :w w .w  w :w w :w w :w w :w w .w  w w \w
.w :w  w .w :w w .w w :w w .w w :w w .w .w /w  w  w w  w w  w w  w w  w w |w :w :w ;w w &w #w 0w 3w 9w ;w  w w /w 〈w :w w .w w :w w .w w :w w .w w .w /w :w :w :w :w :w :w .w .w .w .w .w &w #w 0w 3w 9w ;w &w #w 0w 3w 9w ;w &w #w 0w 3w 9w ;w w :w !w  w  w  w  w  w  w  w  w  w :w .w  w :w .w :w .w :w .w w :w w :w w :w w .w w :w w :w w :w w :w w :w w .w  w w \w
 w .w :w :w w .w w :w w .w w :w .w .w /w  w w  w w  w w  w w  w w  w w .w w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w /w :w :w .w ∧w w .w w :w w .w w :w /w :w :w :w :w .w .w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w /w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w w :w .w  w :w :w .w :w .w w :w w :w w :w w .w w :w w :w w :w w :w w :w w .w
.w :w w :w w .w w :w  w :w .w .w /w  w  w  w  w  w  w  w ,w w .w :w &w #w 0w 3w 9w ;w /w =w =w  w /w :w iw :w w iw  w w 〉w .w w :w .w /w :w :w /w ロw 。w 7w :w :w :w :w :w :w /w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w :w .w w :w .w :w .w :w .w w :w w .w w :w w .w :w w :w w :w w :w w :w w :w w .w
:w :w .w .w w :w w .w w :w w .w ,w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w  w w _w  w w .w :w <w :w :w :w :w /w _w _w _w  w .w /w :w :w :w lw :w w lw :w w /w :w w .w .w /w :w :w /w 品w :w lw :w :w :w :w :w :w /w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w w :w .w w :w .w :w .w :w .w w .w w :w w .w w :w w :w w :w w :w w .w w .w w .w
:w w .w w :w .w  w tw ーw ―w Yw ´w iw :w :w .w .w .w .w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w ;w &w #w 0w 3w 9w ;w w ¨w ¨w w .w .w &w #w 0w 3w 9w ;w :w :w :w :w :w :w jw :w w :w vw :w w :w /w :w :w /w 呂w iw iw [w ]w 」w :w :w :w :w :w {w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w :w .w w :w .w :w .w w .w w .w  w .w w :w w :w w :w w .w
:w .w w .w w :w  w rw ‐w ニw 二w |w  w iw :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w ;w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w  w iw :w /w w ゝw .w w :w /w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w iw .w w \w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w w :w .w .w :w .w :w .w :w .w :w .w  w  w  w :w w :w w .w
:w w :w  w w .w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w w ,w  w |w  w iw :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w ;w &w #w 0w 3w 9w ;w w  w w  w w |w :w w .w  w .w w :w w /w w _w ,w ,w .w .w zw ≦w ≧w ミw  w 、w ∧w .w w :w .w \w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w w :w .w ヽw .w :w .w :w .w :w .w :w .w .w  w :w w :w w :w w .w
:w w .w  w .w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w 〈w /w lw  w w ∨w :w :w :w :w :w ,w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w  w w .w |w :w w .w w .w w :w /w 彳w 7w  w  w w  w w 〈w :w :w :w :w ヽw .w ∧w .w :w w .w w :w w .w :w &w gw tw ;w ーw -w  w  w w _w _w _w  w  w w  w w  w w :w .w :w :w :w :w &w #w 0w 3w 9w ;w w ;w .w :w .w :w .w :w .w :w .w :w .w w :w w :w
:w w .w  w !w  w  w  w  w w ヽw >w _w &w #w 0w 3w 9w ;w ´w 〈w .w  w  w w /w :w w .w :w w .w ∧w w &w #w 0w 3w 9w ;w ,w :w lw  w  w  w  w  w w &w #w 0w 3w 9w ;w .w :w :w :w :w :w :w :w )w w )w .w w :w /w rw `w ∨w ∨w ∨w ∨w Vw ヽw  w  w  w  w &w #w 0w 3w 9w ;w ,w :w :w :w :w :w :w :w .w .w w :w w :w w :w w :w w :w
:w w .w w .w iw  w  w  w  w ∠w .w _w _w _w .w :w :w :w ∧w /w \w w :w w .w /w w .w w ゝw /w  w  w  w  w  w  w ヽw .w /w /w rw `w  w  w w  w w  ̄w  ̄w ¨w マw .w ムw  w  w w  w w iw :w .w :w .w :w .w :w .w :w .w :w .w w :w w :w w :w
.w w .w w lw  w  w  w  w \w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w \w :w w :w w :w :w /w  w w マw &w #w 0w 3w 9w ;w w  w /w .w /w ^w iw  w  w  w w  w w ,w 、w \w rw `w :w :w :w :w `w >w ┐w w  w _w _w _w 〉w ノw |w  w  w w  w w lw :w w .w w :w w .w w :w w .w w :w .w w :w
 w .w lw  w  w  w  w  w  w ヽw :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w \w /w  ̄w w `w ヽw /w `w ´w iw :w :w :w :w :w :w :w :w |w w :w |w ^w \w \w \w \w 〉w ∧w ∧w ∧w ∧w /w Vw Vw Vw Vw Vw  w  w  w  w w |w w .w w .w w .w w .w w .w w  w :w .w
 w lw  w  w  w  w  w  w w └w -w w 、w :w :w :w :w :w :w :w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w  w  w .w }w  w  w iw :w :w :w :w :w :w :w :w |w w |w :w :w :w :w :w :w :w :w :w \w \w \w  w  ̄w  ̄w  ̄w  ̄w  ̄w  ̄w  ̄w  w  w  w  w  w |w  w  w  w  w  w w :w
 w |w  w  w w  w w  w w  w w  w w  w w \w &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w  w  w w .w \w  w ∧w :w :w :w Uw _w  w -w ‐w w ¨w \w 〉w ´w  w _w /w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w  w lw 」
古明地こいし 「陣w 営w 数w はw おw とw なw しw いw けw どw 吊w りw とw しw てw はw あw んw まw 余w 裕w はw なw いw んw だw けw どw なw あw
あw 、w 共w 有w はw いw るw ねw 。w
Cw Ow あw るw 人w はw どw ぞw ーw 」
ヤムチャ 「草w はw えw るw ww ww ww ww ww ww 」
ジャックフロスト 「ヒw ーw !w ホw ーw !w 」
ハッサン 「おw はw よw うw ごw ざw いw まw すw 」
提督サム 「木w 曽w だw キw ソw ーw (w 挨w 拶w  w
狼w 陣w 営w がw やw やw 多w いw がw 第w 三w 陣w 営w がw 少w なw いw っw てw のw はw いw いw 話w だw なw  w
まw ずw はw 共w 有w なw いw しw Cw Ow がw あw るw 人w はw 頼w むw ぜw 」
バーニィ 「おw はw よw うw

共w 有w がw 複w 数w 居w るw のw かw なw ?w
とw りw あw えw ずw 1w 人w だw けw でw もw 出w てw きw てw ほw しw いw ねw
Fw Ow すw るw よw りw 1w 人w 出w しw てw 指w 定w 展w 開w がw ベw スw トw だw とw 思w うw
村w 人w 陣w 営w 1w 2w  w 人w 狼w 陣w 営w 7w  w 妖w 狐w 陣w 営w 2w  w 蝙w 蝠w 陣w 営w 1w 」
浅井京介 「朝w だw 。w よw ろw しw くw 頼w むw ぞw 。w

出w 現w 陣w 営w :w 村w 人w 陣w 営w 1w 2w  w 人w 狼w 陣w 営w 7w  w 妖w 狐w 陣w 営w 2w  w 蝙w 蝠w 陣w 営w 1w

まw あw 確w かw にw 陣w 営w 的w にw はw おw とw なw しw いw もw のw でw はw あw るw 、w がw 。w
まw あw いw つw もw 通w りw 、w どw うw 転w ぶw かw もw わw かw らw なw いw 闇w 鍋w だw 。w 共w 有w のw 声w はw 聞w こw えw てw いw るw 。w Cw Ow 頼w むw ぞw 」
銀ちゃん 「 w  w  w  w  w  w  w  w _w _w _w
 w  w  w w  w w  w w /w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w :w \w
 w  w  w  w  w w /w /w  ̄w  ̄w w \w :w :w :w \w
 w  w  w w _w _w rw !w &w qw uw ow tw ;w w /w iw  w  w w ,w ィw 、w w \w :w ハw
 w  w  w w lw /w 7w w lw !w w iw w |w w  w w ハw lw w ヽw |w  w ゙w }w :w トw 、w
 w w  w w (w _w イw Nw ◯w w ゝw ノw  w w ◯w |w  w (w 」w ーw &w #w 0w 3w 9w ;w  w  w  w  w  w おw っw はw ーw
 w w  w w .w /w w lw w !w  w w  w w △w  w  w ,w 少w イw  w !w \w
 w w  w w  w w |w w \w  w w  w w  w w  w w ,w イw iw  w |w  w  w  w  w 共w 有w いw るw みw たw いw だw しw 出w てw 指w 揮w よw ろw しw くw ―w
 w  w w  w w ノw ィw w ≧w >w ニw フw ヽw ≦w w |w  w |w
 w w  w w 〃w w |w w iw  w ゞw :w ヽw ノw :w :w :w ノw  w w ノw )w .w |w
 w  w  w  w  w !w .w |w w /w :w iw :w :w :w :w Aw :w :w :w ヾw ヽw /w /w  w `w
 w  w w  w w  w w ゙w w `w ヲw :w /w Xw ヽw :w :w :w fw 〈w  w w ,w .w -w w &w #w 0w 3w 9w ;w 二w つw
 w w  w w  w w <w 7w :w /w .w &w gw tw ;w &w lw tw ;w .w \w :w ヽw `w {w ゚w xw w 。w w トw 、w
 w  w  w  w  w ⌒w ヽw fw ニw !w ~w lw ニw ラw ヽw !w w ゝw -w &w lw tw ;w ^w ヽw )w
 w  w  w  w w  w w  w w ゝw ノw w .w レw ′w  w \w ,w .w 、w )w 」
エコー 「ふw むw 」
真紅
ジw ュw ンw 、w 紅w 茶w をw いw れw てw ちw ょw うw だw いw
村w 人w 陣w 営w 1w 2w  w 人w 狼w 陣w 営w 7w  w 妖w 狐w 陣w 営w 2w  w 蝙w 蝠w 陣w 営w 1w
共w 有w あw りw ねw 、w Cw Ow はw 早w めw にw 頼w むw のw だw わw 」
お燐 「出w 現w 陣w 営w :w 村w 人w 陣w 営w 1w 2w  w 人w 狼w 陣w 営w 7w  w 妖w 狐w 陣w 営w 2w  w 蝙w 蝠w 陣w 営w 1w
1w 0w 吊w りw 9w 人w 外w っw てw とw こw ろw にw ゃw 。w
そw れw じw ゃw あw 何w かw あw るw 人w はw 頼w むw よw ーw 」
支倉未起隆 「出w 現w 陣w 営w :w 村w 人w 陣w 営w 1w 2w  w 人w 狼w 陣w 営w 7w  w 妖w 狐w 陣w 営w 2w  w 蝙w 蝠w 陣w 営w 1w
大w 人w しw いw とw Gw Mw はw 言w っw てw まw しw たw がw 人w 外w 数w はw 決w しw てw 少w なw くw はw なw いw でw すw ねw
共w 有w はw 確w 認w しw まw しw たw 」
できない子 「おw はw よw うw
超w 鍋w なw んw てw でw きw なw いw 」
ヤムチャ 「俺w  w 最w 近w 朝w がw 辛w いw んw だw よw
だw かw らw 頼w むw  w プw ーw アw ルw ・w ・w ・w
美w 女w にw 化w けw てw くw れw 」
蓬莱山輝夜 「出w 現w 陣w 営w :w 村w 人w 陣w 営w 1w 2w  w 人w 狼w 陣w 営w 7w  w 妖w 狐w 陣w 営w 2w  w 蝙w 蝠w 陣w 営w 1w

はw ろw ーw もw ーw にw んw ぐw っw どw なw ーw いw とw
数w はw そw こw そw こw でw 悪w くw なw いw 感w じw 。w じw ゃw あw 出w れw るw のw はw どw うw ぞw 」
ラティオス 「村w 人w 陣w 営w 1w 2w  w 人w 狼w 陣w 営w 7w  w 妖w 狐w 陣w 営w 2w  w 蝙w 蝠w 陣w 営w 1w

シw ンw プw ルw だw なw 、w Cw Ow あw るw 人w はw どw うw ぞw
蝙w 蝠w Cw Ow がw 出w るw なw らw 吊w るw つw もw りw だw 、w 妖w 精w なw らw 証w 明w せw よw
Cw Ow はw 速w 度w もw 重w 要w だw とw いw うw だw ろw うw 、w 俺w のw Sw はw 知w らw んw がw 」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
影狼@GMさんの遺言 あおあお(RPのパターン探しに2分だと足りなかったね・・・)
影狼@GM は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆影狼@GM テンプレにそう書いてあるから問題ないよ
>該当者」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ヤムチャ 「雛萌古とは凄いな」
「◆影狼@GM 4陣営は普通22にちらっとおまけ付け足した
だからおとなしいよ>該当者」
できない子 「かぶきCOか老兵COをして適当に粘りつつ死ぬことしかできないという
どっちかCOするよ
傘化け期待で潜るなんてあれだし」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ジャックフロスト 「素素萌雛古ェ……
まぁ、オイラとニンフィアが占いCOしないとどうにもならなそうな」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
支倉未起隆 「おや?蝙蝠は初日系の妖精だったりするんでしょうかね」
ニンフィア 「うーん、流石に占い用意しなくちゃダメだよね」
支倉未起隆 「というかヤムチャ生きてますか?」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ヤムチャ 「ノーマルだなー」
「◆影狼@GM どうぞどうぞ>初日への能力行使」
できない子 「まさに狼なんてできない!」
ジャックフロスト 「ヤムチャは何だホ-?」
支倉未起隆 「・・・狼メンツが壊滅的な件」
「◆影狼@GM GM担当はやっぱりつきつき@いつになったら5陣営以上出るのか
がお送りします」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
ジャックフロスト 「何かひっどいふんいきの」
ニンフィア 「うわー 萌狼」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
できない子 「古狼なんてできない」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
支倉未起隆 「んー、人狼ですか」
ジャックフロスト 「雛だホー!」
「◆影狼@GM ね>おとなしい内訳>出現陣営:村人陣営12 人狼陣営7 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
出現陣営:村人陣営12 人狼陣営7 妖狐陣営2 蝙蝠陣営1
ゲーム開始:2014/11/23 (Sun) 22:00:39
ジャックフロスト 「あ、それわざとじゃなかったんだホ?>ラティアス」
お燐 「はじめるよー」
ラティオス 「名前ミスってたwwww」
お燐 「1ー」
銀ちゃん 「帰ってきた途端また痛恨で飛ぶのね…?輝夜」
蓬莱山輝夜 「だいたいいつものこと>内訳おかしい」
できない子
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \」
とある剣士 「はじめよう――人狼を」
お燐 「にゃー」
ラティアス 「ラティアス さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ラティアス → ラティオス」
ハッサン 「ドクンドクン…」
影狼@GM 「きっとおとなしい内訳になりそう」
浅井京介 「ローゼンはいつの間にか完結していたな」
お燐 「3-」
やる夫 「始まるおー」
お燐 「4-」
蓬莱山輝夜 「銀しってるか
天人コピーは釣っても5日目戻ってくる」
提督サム 「さあ始まるざまきそ」
バーニィ 「>銀ちゃん
現実を見るんだ・・・怪しまれて吊られたという」
お燐 「5-」
支倉未起隆 「いつでもいいですよ」
お燐 「それじゃあ始めるよー」
ハッサン 「カウントどぞー」
真紅 「薔薇乙女自体、あまり最近はみない気がするのだわ・・・
嘆かわしいことね>サム」
お燐 「いつでも開始できるよ」
ハッサン 「はーい」
影狼@GM 「カウント始めてもいいよー」
銀ちゃん 「元マニアの天人コピー
(ただし初手一言に占われて痛恨飛び)とかやめてよね」
提督サム 「そういやCMでローゼンの作者が新作どうのこうのやってたが… 
そもそもローゼンって終わってたのかという」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 影狼@GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 6233 (今泉影狼2)」
やる夫 「居るおー>GM」
蓬莱山輝夜 「銃殺だしても痛恨つくのねあれは>一言」
ジャックフロスト 「ジャックフロスト さんが登録情報を変更しました。」
浅井京介 「ジャックフロスト……アトラスの顔だな。そのマスコット性でどれほどの稼ぎを出しているのか、底は知れない」
GM 「全員揃ってるかな?」
提督サム 「だっいにんき!だっいにんき!も久しく見てないなそういやw>真紅」
GM 「理由はのちほどー(>フロスト」
蓬莱山輝夜 「吊るさないで噛ますわそんなん・・・>戻ってきた点人」
零崎人識 「霊能系はラインはつなげねぇからなぁ。密偵とかならまだなんとななるんだが」
ジャックフロスト 「結構意外な感じのものが来たホ?」
お燐 「雲外で判定されるなんて、凄く業が深いにゃ…」
支倉未起隆 「両方帰ってくれば確定天人ラインです」
やる夫 「一言主の痛恨による爆死…?>雲外鏡天人結果」
エコー 「きっと天人コピー主張のマニアだったんですよ。」
とある剣士 「雲外境はなぜつられるんだ?」
バーニィ 「5日目に戻ってきたから天人だと思っていたが・・・
吊ってみてやはり天人だった」
支倉未起隆 「天人吊り自体は見たことありますよ PP以外で
神話マニアが天人コピーした時の新証明のためにね」
かりらっく 「かりらっく さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりらっく → ジャックフロスト
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2625 (ジャックフロスト_顔)」
真紅 「水銀燈ごときと一緒にしないで欲しいのだわ>サム」
古明地こいし 「なんで天人吊ってるんですかねえ…」
GM 「あ、気づいたら満員御礼だよ」
零崎人識 「あ、じゃあさじゃあさ、俺にもアイコン投げてくんねー?」
狛枝凪斗 「雲外鏡でそれって狐疑いで吊られるんだw
絶望だねぇ…ぐるぐる回っちゃうよ」
銀ちゃん 「雲外境ってそれ吊れてるじゃん!!>バーニィ」
GM 「…相当迷ったけど 今回はそれで>かりらっく」
かりらっく 「りょーかーい」
蓬莱山輝夜 「なにそれPP成立時か恋人?>バーにぃ」
浅井京介 「瞬間移動はヤードラット星人の技能であって覚えようと思えば皆覚えられるって辺りドラゴンボールはぶっ壊れてるよな」
初音ミク 「雲外鏡でわかるのか…」
零崎人識 「なんつーんだっけなぁ、あ、あ、アマゾネス、そうだアマゾネスだ」
提督サム 「真紅と水銀灯が狐と葛葉で初日二人とも溶けてるんですねわかります」
GM 「2625 >かりらっく」
狛枝凪斗 「最近は、どこかの鯖だとこいしさんも溶ける候補になったとかなんとか」
バーニィ 「雲外鏡CO
銀ちゃん 天人」
とある剣士 「満員になったか」
ハッサン 「満員乙です」
零崎人識 「Z戦士を乙女戦士って読み間違えたわ今」
蓬莱山輝夜 「燃える死なない焼き鳥だっているんだから光蜥蜴くらいふつーふつー
私の難問にも似たようなのあるし」
初音ミク 「準備オッケー!」
銀ちゃん 「NOT,私銃殺
YES,真紅銃殺>お燐」
かりりんご 「かりりんご さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりんご → 初音ミク
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1628 (初音ミク02)」
浅井京介 「満員、だな」
提督サム 「Z戦士なら瞬間移動でマゼラン星くらいにいけるはず」
ハッサン 「ちょっと入力確認」
狛枝凪斗 「というわけで、こんばんは
さっきはごめんね、GMさんが自重した希望が何か見たくなっちゃてさ」
真紅 「あら、いらっしゃい水銀燈」
とある剣士 「一気に増えてた!?」
真紅 「直視しなければどうということはないわ>やる夫」
お燐 「銀ちゃん…はとりあえず呪殺だっけ?」
かりりんご が幻想入りしました
蓬莱山輝夜 「やほーいよろしくねっと」
できない子
         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
    ∖ヾ!∖ ∖「ゝ (●) (●)|ハ|    冷静に聞くととても恐ろしい話だよね>回って光るとかげ
      ヾi ∖|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _,ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`」
銀ちゃん 「よろしくね―(ドタフドタ」
蓬莱山輝夜 が幻想入りしました
karrrr 「karrrr さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karrrr → 狛枝凪斗
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5214 (狛枝凪斗(PV))」
ハッサン 「おじゃましますー
銀ちゃん が幻想入りしました
やる夫 「光って回るでっていうは非常に目に悪かったお…>真紅」
支倉未起隆 「おや、私以外にマゼラン星雲からここに来た方がいらっしゃると? >提督サム」
ハッサン が幻想入りしました
お燐 「奥行のあるアイコンが出てくるかもしれないから
不用意に変なこと言うと大変なことになるかもよ?」
真紅 「まぁ、光って回るトカゲがいるくらいだもの
私の回転なんて可愛いものよ」
エコー 「罪深いのです。」
浅井京介 「よろしく」
エコー 「そんな事もあります、ここら辺は時空がいろいろと乱れていますので。>支倉様」
零崎人識 「アイコンって奥が深ェな…・・w」
浅井京介 が幻想入りしました
提督サム 「ミキタカ マイフレンド キソ ユアフレンドキソー>ミキタカ」
ニンフィア 「よろしくねっ」
真紅 「さすがにヘイトが高過ぎると思うのだわ・・・>大回転」
ニンフィア が幻想入りしました
バーニィ 「異色なのが集まりつつあるね」
karrrr 「何かと思って見たら回転アイコンだった
今は反省している」
零崎人識 「はやっ、うざっ、きもっ<くるくる」
ラティアス 「よろしく頼む」
提督サム 「上がげったんするくらいテンションあがってんぞ」
かりらっく 「わくわく」
やる夫 「くるくる回るアイコンはちょっとどうかと思うお…w>karrrr」
karrrr 「karrrr さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 3934 (大回転真紅) → No. 1 (明灰)」
支倉未起隆 「ミキタカとでも呼んでください >提督サム」
お燐 「GMはちょっと落ち着くにゃ」
零崎人識 「あいさー、よろしくー」
零崎人識 が幻想入りしました
提督サム 「末起隆は変換しにくいのでミッキーとよぼう」
ラティアス が幻想入りしました
真紅 「なるほど、薔薇乙女系も久しぶりね」
支倉未起隆 「あれ?少し方角を間違えましたかね・・・計算上はここで良かったはずですが
>エコーさん」
karrrr 「karrrr さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 3934 (大回転真紅)」
ヤムチャ 「Z戦士参上だぜ!」
古明地こいし 「よろしくー」
お燐 「GMはありがとねー」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 真紅」
ヤムチャ が幻想入りしました
GM 「それじゃ次
かりらっくの…アイコンね」
古明地こいし が幻想入りしました
エコー 「いいえ、火星です。>志倉様」
GM 「3934にしようと思ったけど却下したわ…w」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → やる夫
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 4882 (やる夫3)」
支倉未起隆
                      , ィ≦77≧、
                    /川l///////\
                 ∧ |\|//>´|ニニ∧
                   ∧ト、{  `´   }/}ニ∧
               ト、|ニ〉       〈ニニ}  よろしくお願いします
               l ∨ \    / } / } ここは 地球ですか?
               |lト、{ こfオ  イf矛 / fリ/|
               /\ハ         r彡'il|
                ////∧   、_r、    川|lli∧
           ___//, </∧. ミー}}  /|||_||il|∧
       /   /     /  ヘ 二||イ⌒}|| \|l∧
       ,'   /             |}{fi}ヘ、___ノ  /\l}
       }  ,'          >--ト|リ         `> ____
      /          __//´⌒ヽV           /  \
      {   |       (_ム()()()l} }          /     ∧
      |   |     ト、  >ヘ⌒ヽ__)          /         ∧
      ∨  }      マ\ ̄__            /           ',
         ∨ l|      〉r==ュ>'´           /             |
        / }     /--、  {          /           }
         〈  l|      ▽ \|           {           ,'」
エコー 「よろしくお願いします。」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 5622 (真紅06)」
エコー が幻想入りしました
かりかり 「ありがとう!>GM」
支倉未起隆 が幻想入りしました
GM 「よし、5622これでいこう>かりかり」
提督サム 「提督サム さんが登録情報を変更しました。」
GM 「一人2分だから、あと一人まで探せるね」
お燐 「こうしてGMにおねだりする村になったね
わたしは謝らないからー」
できない子 「こんばんは」
提督サム 「しまったこれは仮ではいってアイコン配布してもらう流れだったか」
できない子 が幻想入りしました
「よろしく
なんだろう、この流れ」
GM 「ちょっとまってねー」
仮 が幻想入りしました
提督サム 「よろしくな!ふふっ怖いか?」
かりらっく 「こっちも頼んでみたいんだけど良いかなー>GM」
かりかり 「もし難しかったら無理しなくていいからねw>GM」
バーニィ 「難易度高いのなら色々あるんだけどなぁ」
お燐 「やってみなきゃ始まらないってことでやってみるよー」
提督サム が幻想入りしました
GM 「少人数で回すのもあれなので
22時まで延長するよ それまでにはアイコン決めてね」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → お燐
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7524 (火焔猫 燐4)」
かりらっく 「GMが過労死すると聞いて。
よろしく」
とある剣士 「さて、よろしく頼む」
かりらっく が幻想入りしました
とある剣士 「とある剣士 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 789 (アサシン)」
GM 「少し難易度上がるが、探してみよう」
とある剣士 が幻想入りしました
GM 「OK>かりかり」
かりかり 「GMが手間じゃなければこっちもお願いしていいかな(わくわく>GM」
かりー 「ちょっと考える。」
かりー 「なるほど、GMのしゅ…ゲフン」
GM 「7524 これはどう?>かりー」
GM 「よし」
かりかり 「GMがRPぶん投げる村
あると思います」
バーニィ 「あれは芸能界で言うところの無茶振り」
バーニィ 「知っているのか・・・」
かりー 「いや、元々固定RPとかやってる人多いから今更気にしても」
かりかり 「雷電・・・かりーの中身とは一体・・・>バーニィ」
かりー 「丁重にお断りしよう、うん>バーニィ」
GM 「が、それをするとほぼ特定できるRPという
過去にやったことのあるRPでよかったら紹介できるかもしれないけど
それはどうなんだろうね」
かりかり 「よろしく」
かりかり が幻想入りしました
バーニィ 「>かりー
8330」
GM 「うーん…
思いつくものはあるよ>かりー」
バーニィ 「よろしく」
かりー 「8割方できないだろうけど」
バーニィ が幻想入りしました
かりー 「ところでGM、かりー(の中身)ならこのRPできんじゃね?
みたいなRPを紹介して貰えたりしないだろうか」
GM 「QPにかかった恋人がその相方を占って銃殺
そして天人がいれば完璧だね」
GM 「あー 後追いか>かりー」
かりー 「天人1、呪殺1、後追い1でOK>死体4」
GM 「いらっしゃーい」
GM 「初日4死体あったかなー?」
karrrr 「こんばんは」
karrrr が幻想入りしました
かりー 「初日4死体くらい用意すれば盛り上がるんじゃない?(適当」
かりー 「よーろしゅー」
GM 「が、前鍋のインパクトが強すぎて
今回は落ち着いた鍋と予想してるGMはこちら」
かりー が幻想入りしました
GM 「入村どうぞ
開始予定は 21:50でゴー」
GM 「誘毒と連毒は導火線と火薬
大爆発すればそれはもう大惨事に」
GM 「鍋村建て用テンプレ ver3.00 / 2014/11/08

【GMからのお願い】
(1)開始予定時間の前後で仮ズサーは極力避けてください。
(2)「2分以内」に投票してください。あまりに遅い場合は名指しもあります。

【ローカルルール】
(1)AAやSSの枚数制限なし(昼も夜も自由)
(2)GMへの能力行使は自由(妖精、狢、神話マニア等)
(3)スキマ送りによる突然死の役職情報は、巫女系のみ開示を許可
(4)村騙りは自己責任で

【超闇鍋の重要事項】
(1)役職保証は「人狼1」「占い師1」のみ
(2)COなしは存在しません。全員が役職を持っています
(3)知らない役職や自分の役職を確認したいときはここ
http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/

【禁止事項】
(1)シスコピ/暴言/利敵行為/放棄/掛け持ち/ゲーム中や開始前の初心者CO
(2)占い理由と占い結果の同時貼り
(3)突然死 (回線トラブルなど止むを得ない場合は除く)
(4)夜の超過前噛み (恋人狼に限り超過後すぐに噛むことは許可)
(5)明らかに詰みな状態で、意図的な完ステをすること
(6)他鯖の宣伝に関して、過度の宣伝をすること」
村作成:2014/11/23 (Sun) 21:30:01