←戻る
【雛2544】やる夫たちの超闇鍋村 [3027番地]
~昼の鍋に沈む~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM自動で霊界の配役を公開する超・闇鍋モード配役を通知する:陣営通知サブ役職をつけない
1 2 3 4 5 6  [] [] [] [] [] [] [] [] []
icon 夜の底GM
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon コルク
(生存中)
icon 大妖精
(生存中)
icon モラン
(生存中)
icon 今泉影狼
(生存中)
icon 緑のヒゲ
(生存中)
icon リリーブラック
(生存中)
icon 魔理沙
(生存中)
icon 秋 穣子
(生存中)
icon アトラの蟲惑魔
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon ヴェーラー
(生存中)
icon オーズ
(生存中)
icon ヤーマンダ
(生存中)
icon KAITO
(生存中)
icon ルイン
(生存中)
icon 坂田銀時
(生存中)
icon 古明地こいし
(生存中)
大妖精 「えへへ、村立て同村、お疲れ様でした」
やる夫 「そーんじゃやる夫も落ちるお
同村村立て感謝だおー」
リリーブラック 「はぁ。お疲れ」
アトラの蟲惑魔
                        、‐-、
               /′________.  ‘, ト、
               / ./     ̄\ \ :}  }  \
             /  ′,..イ    ヽ :}/ / __ ‘,   
            ./   {/ :{   -―}/-斗- _ ヾ}
           /   /    {≦≠=≠―――― 、}-、
           :{   :{      |: : >./: : :/: : : : \ : : `ヾ
          ‘, .>―‐ 、 レ./:/: : :/ : : : : : : ‘, : : : \
             V′    Y : /: : :/{: : : : : : : : :‘,:_: : :、 \
             ‘,    ノ: : !____i :{: : : : : : : : : :И : : : :,⌒   んじゃ、私も落ちるわね
              `ー― <: : : | : : 「弋 : 、: : : :/Иヘ : : :}
                {(   ): : lr芋芋圷、|\: : x芹「∧: :,′    皆様お疲れ様。  やる夫はドンマイ
                { l`¨´ : : :|: L   「`   ヾ レ :{ {} /
                ‘,: :\ トゝ乂__ソ      乂ソ {イ      勝たせてあげたかったけど、続けたら青髭とかあると
               ‘,: : \、""         "" 八ゝ
                    ‘,{: : : ト   マ ー‐ フ  / N      結構きつくなるのよねー。
                  Ⅵト、:{ ≧s。_  ̄_,. si〔 }:/
                    >、<    { ∧`ヽ,/        GMも村建て感謝。 お疲れさまーん。」
KAITO 「んじゃおっつーん」
KAITO 「まぁ、狐いないなら占い残す理由はないわな
アトラ犠牲にしても占い噛んだほうがベネ」
ルイン 「まー、盲信危険ってことかの
そういう訳でお疲れ様じゃ」
ヤーマンダ 「…あれ?狂信者って凄く密偵騙りやすい気がしてきましたぞ
ふむ、占い騙りばかり考えておりましたが、特殊霊能騙りに挑戦するのも楽しそうですなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
ヴェーラー 「ま、そういうものよねw>ヤーマンダ
それではお疲れ様でした、ログ見てきます
本体お仲間に感謝を」
緑のヒゲ 「それではお疲れ様です」
ルイン 「狐死んでる時点で信頼勝負にゃ振りすぎるし、で
で、そのラインだとやる夫噛むし、で」
アトラの蟲惑魔
                       \
                       、\ ./
                        )  ∨ /
                   ___‘, 、 ∨
           /      . . -‐  ̄ ̄ ̄:}∧  __}!_
        / {   ∠ -‐_/_____}!_:Y´   `ヽ/L
          { Ⅵ /-‐ ア´ ̄_. .-――― {      }┐ }
          ∨ ∨i{ ∠ ‐ ¨: : : : : : : : : : : 乂Y⌒ Yi_/ /   まー、鋭狼なんでこっちはすっごい吊り逃れはするわ。
         ∨7 /: : : : : : : : : : : : : 、: : : : 乂_,ノ |__,∧ /
         { :|/: : : : : : : : : : : : : : : :,\/ ̄、: : : |∧: :∨
        ∧j: : : : : : : : : : : : : : : : :.∨斗―‐┐: |i:∧≧=― 、
           ,(| : : : : : :_∧、 : : : : : |:「 f芋㍉∧: ||: :}!ー┘: : : :\   丁度死体無し出しちゃったから
        /.∧ : : : : : ∨ `_ \: : : Ν .夊,夕 |:|: }「 ー―テ― ヽ
        i{ :{ ∧ : : : : ィf´f芋ヽ ヽ;/      | / : }r― <}
        ヽ_/∧|、: : :^ヽ夊夕     _ ィ j∧: /: :\} : }―. .、 ./  そのまま狩人系COである
           ./ }j }、: : : : `、    /´ .ノ  ,: V{: : : : `: :} : : : ∨
          .i{ / } )k、(\(\  く__´       八__ : }: : : : :i
       _  Ⅳ .ノ: : :ノ\)k≧=-  .,_   /     ‘}ト : _ :}: : : : :「: \ ./^∧
       ー‐⌒  { : ∠. .イ:/         ̄\- 、   斗‐   ̄`ヽ: : : : :∨ /^} !/  }!   暗殺の遺言出た状態じゃー
            {/^{: : :八          \     }!      i : : : : }! ⌒∨  /
                 〉: : : :`、   _ (.    \   }!       |: : : : 人__ ノ-=彡┐
              ∧ : : : : `、 Y , -―㍉、__、__)∨∨(    _ :|___ ィ(彡^: : : : : : :ア    即吊りは難しいと思うわよ
               {: :\: : :⌒、 く/}≧ェ ヽ }N} o o{=- 」^}!| /: : : : : : : : : :、:\
               {: : : : /: : :`、、「 _   寸 }.o o{ ̄ ∨(_」 :{: : : : : : : : : : : \__
               ∧: /: : : :/^ 、{ /´ __   } 「`ヘ㍉Vハ ∨ノ⌒∨!: : :|: : : ト、( ̄   ただ、やらない子死んだ時は
             i{: :i{: : : : 彡^!. 〈.{」 「 r― 、/ 〉} :|^〉‐f\/    { 、: :∧: : :/ \
           「\j___∨ : : : : /   寸_j_ノア /^} く斗┬ヘ弌 、ヽ   j  ヽ{ V:/
         「 ̄Y   Y: : :_/    { し^// ィ }  ', Vハ j ㍉<{      ′      こいしよか私吊りだったとは思うけど。
          _」 i_,人_,.ノ≧f      └f⌒  / j { }  }斗 「、^}! マー)」
秋 穣子 「じゃー、私は帰るね
お疲れ様」
リリーブラック 「だから共有嫌いなのよ・・・」
ヤーマンダ 「ぶっちゃけると、ヴェーラー殿の発言見てませんでしたな(キリッ>ヴェーラー」
KAITO 「狼で騙ると夜が計算でで一杯一杯になるので難しい>密偵騙り」
ヤーマンダ 「ま、お疲れ様ですなwwwwwwww
いやあ、狂信者って強いですなあwwwwwwww
囁き狂人には劣りますが、十分今日役職だと痛感しましたぞwwwwwwwwwwww」
ルイン 「というよりも、今回
KAITO真ならこいしアトラで狼狼なんだから
KAITO=やる夫のラインに対抗するくらいならふつーにやる夫抜かな狼勝てないと思うのよ」
KAITO 「密偵はやはり狂人で騙るとおもしれーなーw」
ヴェーラー 「3日目あたり狂アピしたつもりだったよー>ヤーマンダ
占い日記でも言われてたが密偵真の流れ主張してたし」
アトラの蟲惑魔 「そもそも毒いないわー」
大妖精 「このRP、思ったよりも楽しいですね!
癖になっちゃいそう……(ジュルリ」
リリーブラック 「ぶっちゃけ秋もこいしもアトラも胡散臭かったからKAITO真でいいやってなってたし
それでアトラ吊らないのが方針として手落ちって以上のなんでも」
アトラの蟲惑魔 「ルインは仲間が2夜触れた時に確認して、これは普通に噛んで良い位置だなーと思ったので
3夜にそのままGO」
ルイン 「たーだ、まー
あそこでアトラ噛みしないのってアトラ真でも無いし
ぶっちゃけアトラ真ならKAITO偽でその場合アトラ噛むし
アトラ偽でKAITO真ならやる夫噛むし、で

あそこで灰のやらない子死んでるのってわりーとお察し>KAITO
霊界視点じゃがの」
大妖精 「えへへ、実は毎日アトラさんとコルクさんとやる夫さんに弄ばれてました♡
途中からはKAITOさんも加わって、大変だったんですからね!
その姿、ヤーマンダさんにも見られてたわけですし……恥ずかしい///」
やらない子 「まぁIFVさんが毒を避ける狼を勝ち取っている時点で狼陣営に隙は無かったのじゃ(確信」
秋 穣子 「あと、KAITOは文武王全く考慮してない時点でどうなのというのもあった」
KAITO 「オーズ投票者全部狼とかねーだろうから吊らせてしまえという狂人理論」
ヤーマンダ 「というか狂信者結構楽しいですなwwwwwww
狼とはまた違う視点で村を眺めれて凄かったですぞwwwwww
狂人はできない子か稔子辺りで落ちてるかなと思っていたらヴェーラー殿は予想外でしたがwwwww
あ、ヒゲ殿は村で見ていましたのでwwwwwwwwwww」
夜の底GM 「では、ご来村感謝
私は還ります」
夜の底GM 「そこで手を離す。そのままの日から」
アトラの蟲惑魔 「KAITOは狂人じゃないなら面倒だけど狂人ありそうだから、私がいる内に噛みたかったのよね
そして、獣人に気付かず、何が起こってたのかさっぱりわからんかった」
ヴェーラー 「私も心の中では「死んでないのによく信じられるなぁ」とは思ってた
でもダシに使うなら面白そうだったから特に何も言わなかった」
秋 穣子 「まあ、それはそうなんだけどね―>リリブラ」
KAITO 「まぁ、俺噛むかどうかは狼の方針次第なので真でも噛まれないことはあるんじゃね?
やる夫は多分噛まれてると思うけど」
ルイン 「ただの密偵COでしか無いんじゃから
それ含めて見とけばいいじゃろうに……な

指定するっていうなら別に指定で構わんかったからどーでも良かったが」
アトラの蟲惑魔
                 ィ                 :}\
           ト、   /,{  _,. .-―――-―-. . ._  } /∧
           |∧ ∠ 斗< : -‐- 、: : /  ̄ \ : }\} //∧
           |,/ォ : : : : //⌒ヾ∨/: ⌒:\ヽ{  ヽ///}
           /// : : : ∠斗 ニ二二二ニ _ : : :} ト\ }///≧=一
       ー=≦/∠( / : : : /-‐ァ/: : : : : :}: : :}: : : ≧ト、 \ :>―‐ ミ\
         :{(xァ/ : : : /: ∨ {: : : : : : :}: : :} : : : ∨: :} ^Y     Y :\
        x∨(,′: : ∧:∨: :{ i: : : : : :}: : :}\ : : ∨:}: : {     }≧x ヽ
     ー=≦/(/{ {: : :.:{ : /.//И : : : : 八:/  \: :Ⅵ: : ト、___ ノ\\\   まぁ、ごめん
          〈∨:i {: : : :{: :{/斗十Ⅵ ./}: / ̄二ニ )、.}}: : :(___) } ト、ー≧ 〉
         _,/>| {, : : :{:芹芋芯ミ } / / z芋芋芋苅}: : /:八:} } } :` ー<_
    x≠=彡: : :| 圦: : Ⅵ ヒ:///} /      ヒ////} /: :/:/ー } } }≧= r―一   普通に勝利目指すならやっぱ帝狼の事は
  〃´   ./レ⌒Ⅵ_:>、: 丶 V__,ソ        V___,ソ/: /:/:「 //} }: : : : }
  i{  __{: : : : < /∧:ト: :≧//   ,     ////彡イ彡: [:/∧:} } : : : ム 、
  l{ /: : : {< : : : //: }圦: \    --ー  フ   //: :/:///、:/.∧: : /: : ∧    考慮してられないよね。
  ___{: :/: : \_≧//⌒Ⅵ{: : 个 ,r ァ`ー  ´  / ./: 彡_,/ム斗-(: : : : : : : }
 /: : : 厶___ノ //   〕ト、N./∠>r--‐<  ///7/ /  乂: : {: : : })
__{:/: : : : : )  .//    ./ :} }".///∧      ././/∠/     }>-: : :⌒   不意の死因が鍋には色々とあるから・・・
: : : : ー<   :{ {    { / '"´,∠ ./ }     _,/./ {    ト、  八: : : : : : :
: : /: : : : : )   { {r- 、 }/     ,r ヘ/⌒    ´   / {__{    ) \{  >、: : : : /
x≠ミ__:/   :{_{ L._ V      / {     /_/    )=ミx  ヽ: / /: : : : :  ̄
   )く     \{ ∨/     /し>ー ^ー r<: : `丶、{ (  ノ   :}′{: : /) /    殉教者みたいなものよね・・・
ー- 彡: :\. ー=ミx\V    ./: :/人    人 ∨: : : : 〉 ^\_/ r┴x‐<_彡
:{ : : : : : : : \⌒ `ト、 ー‐=彡: :/ 个ト、___x个ト\}\: :/     ヽ{__> (    )
:ト、: : : : :\: : :≧=- ヘ`ト--彡 / / /: : : ∧{ {  } : \}___  彡 : : 个--く
Ⅵ\: : : : : ヽ 「 ̄/ ‘, \( / /{/ : : : : ∧ \ :} : />---ァ <: : : : :}: :} ト、
 \、\: : : : : :) /   `トイ:{,/: : : : : : : : :.∧{\.∨/}/}/: : : : : : : :/ /} }∧」
リリーブラック 「吠えは減ったら気にするけど

吠え増しがある以上「減ってないから吊れてない」は言えない」
やる夫 「ルイン見っけたの仲間だお
灰から役職見る目は本気でやしないたいお」
ヤーマンダ 「狂人位置予測はあんまりしていませんでしたなwwwwwwww
ただまあ、村が滅んでいく様は見てて楽しかったですぞwwwwww>ヴェーラー」
古明地こいし 「銀さんはそれやるタイプじゃないっしょー」
ルイン 「いや、こっち視点でも
「なんでそんな皆KAITO信じてるん?」が感想の3昼じゃったが」
緑のヒゲ 「思ってないけど私村の味方でもないですし>秋
単純にこいしさん偽だと思ってたのはマジですからねー」
秋 穣子 「それはちょっと期待してた!!>大妖精
銀さん特攻で爆死」
大妖精 「帝狼勝利を目指してる所を即飽和で帝狼負けという」
ヤーマンダ 「というかブン屋よく死にませんでしたなwwwwwwwwwwwwwww」
やらない子 「密偵が偽でも良いと言うか、人狼側は密偵真で噛まないのはかなりリスクリターンの振れが大きいからぬぇ。
狼側があんまり残したがらない傾向。」
秋 穣子 「狼多いんだからヒゲは村の味方してくれなくちゃ…
というか吠え数ほぼ減ってないよね?
なのに狼吊れてると思ってたの?と…」
ルイン 「予定だと大妖精→コルク→やる夫暗殺ロラかます予定じゃったし
かめてよかったの>やる夫」
ヴェーラー 「ヤーマンダ視点は相当面白かったんだろうなぁw>ヤーマンダ
狂人位置とか予測してた?」
大妖精 「銀時さんが特攻……///」
大妖精 「ただ、場合によっては銀時さんがあえて狼に特攻することで一矢報いられる可能性があるんですよね」
KAITO 「俺視点ではアトラつりでもええねんで」
アトラの蟲惑魔 「噛まれた後に密偵COしてるのよねw KAITO。
狼が仲間になったのに気付いたのは夜の段階という」
ヤーマンダ 「KAITO獣人が見えているこっちとしてはwwwwwwww
盲信する村がなんでそーなるんだろーなーでしたなwwwwwwwww
都合が良いので無視してましたがwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
古明地こいし 「死んでない密偵とか全部偽でいいよキリッ」
緑のヒゲ 「とりあえず村滅んでくれれば私も嬉しいですし乗りました(適当)
なお滅ぼしすぎた模様」
やらない子 「噛まれない密偵はどうでもいいんじゃないかなと思いますけどっ。
あ、厳密には騙りだけど噛まれてました。ややこしい。」
やる夫 「暗殺が狂人殺してくれてればよかったんだお」
ルイン 「その主張してる時点で、アトラ視点でKAITO偽だから
あの日はやっぱりアトラーKAITOランかの」
リリーブラック 「指揮こっちが取るべきだったなぁ。アトラ吊りたがってたんだから」
大妖精 「ちなみに、一日早く噛み回避が出てたらその段階からアトラGJで出るつもりでしたね
結果的にはやらない子噛めたのでそのままでしたけど」
秋 穣子 「いやー、むしろやる夫は帝本人だから残して考えさせようよ
他の狼CO吊るべきだったと思うよ>狼s」
KAITO 「まぁ、なんで盲信されたかは知らん!
割りと引っ掻き回すためのCOだったし」
古明地こいし 「>穣子
村の票がバラければそれでもおっけー」
リリーブラック 「私がそこで大声続行言うべきだったわ>アトラ」
ヤーマンダ 「実際、吸血鬼が心配でしたからなwwwwwww
そこで勝負決めたかったのはそれもあったんですぞwwwwwwwwwww>アトラ」
ルイン 「2連続で灰噛んでる時点で
こー……KAITO真ってなくねー?」
古明地こいし 「吸血鬼が邪魔になりそうだけどー」
KAITO 「それ4-4-1の引き分けになるねん>穣子」
モラン 「では、村建て同村ありがとうございました」
古明地こいし 「まあアトラのそれで合ってるねー」
アトラの蟲惑魔 「KAITO真の割には私吊らなかったのは中途半端だったかね?
まぁ、GJ持ってる狩人主張は吊れないけどさ」
ヴェーラー 「私もやる夫吊って考えようと思ったら本人がとどめ刺したというね
帝狼は劣化狼だからってばっさりいうこともできるけど、ドンマイと言っておくわ・・・」
コルク 「やる夫吊り → 噛み回避 → 村4狼4狂2で10人
狂人に5票PPで狂人吊り → 狂人噛みで 4-4-0飽和

やる夫の勝ち筋あったわ、計算面倒だから考えてなかったけど」
古明地こいし 「昼にPP進行で狂人を全滅するなら偶数じゃないとだめだから
まずは偶数に戻さないとだねー」
やらない子 「KAITOが盲信されていたと聞いて。」
秋 穣子 「5-4で吊られる狂人が捨て票すれば吊れると思うけど?>狂人」
アトラの蟲惑魔 「だぬ >吸血鬼」
KAITO 「ただ、吸血の吸血死が入るんで割りと危険っぽいか」
大妖精 「それにしても、とっさに思いついた淫r……もとい、耳年増大ちゃんはなかなか楽しいですね!
またヤッてみたいです♡」
アトラの蟲惑魔 「ただこれ、青髭が動いたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ヤーマンダ 「ぶっちゃけ影狼殿呪殺、魔理沙暗殺が見え透いていましたのでwwwwwww
いつPP持ちかけるかでしたなwwwwwwwww
帝狼がいるのは流石に予想外でしたぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
緑のヒゲ 「(吸ってましたよだった)」
やる夫 「まぁ最後に釣ったのやる夫だから・・・」
緑のヒゲ 「(青髭は続いてたらKAITOさん吊ってましたよ)」
ヴェーラー 「久しぶりに弾けたな・・・」
ルイン 「問題があるとするならば
KAITOとアトラは実質対立。オーズ吸血鬼を見ない限り
そしてオーズ吸血鬼を見る限り、こいし吊る理由は
呪殺出てると考えるのなら必要が無い

問題あるならこの当たりじゃねーかの?」
アトラの蟲惑魔 「とりあえず、やる夫吊ってから考える をしようとしたらヴェーラー吊れちゃったの巻」
モラン 「秋吊れてしまったんで、KAITO真で行こうと思ってしまったのです。その時点で村の行く末は決まっていましたか」
やる夫 「まぁシステムはどうあれ気分的に勝ってるからいいんだお>ヤーマ
もうなんか狼陣営総出でだったけど真占い釣り殺せるのは気持ちいいんだお」
アトラの蟲惑魔
昼 11人 5W2K4村からやる夫吊り
夜 10人 4W2K4村から回避
昼 10人 4W2K4村から5票狂人にいれて吊られる狂人は捨て票
夜  9人 4W1K4村から狂人普通に噛んで飽和」
オーズ 「GM同村お疲れ様」
コルク 「あ、狂人噛んだら死体なしで10人昼の狼5票にできたわ
ただし引き分けになる」
KAITO 「偶数にしたら狂人吊り→狂人噛み出来た」
古明地こいし 「KAITO盲信されてるあたりでもう無理かなって」
モラン 「強力な職が軒並み落ちるとは、グレラン時点で恐ろしいことになっていましたねこれ」
リリーブラック 「だからアトラをそのまま吊っておくべきではあった」
やらない子 「お兄ちゃんを食べた大妖精には後で感想を聞いておかなきゃ…(使命感」
緑のヒゲ 「コルクさんとKAITOさんは男性
・・・やる夫女性・・だと・・・!?」
KAITO 「あ、狂人噛めばよかったやんけ!>やる夫勝ち筋」
秋 穣子 「KAITOもアトラもCOしてから噛まれてない時点で…お察し」
ヤーマンダ 「…申し訳ありませんなwwwwwwwwwwやる夫殿wwwwwwww
いや真面目に」
コルク 「昼が奇数の時点で、できなかったんだよな・・・」
リリーブラック 「オーズ自体は文部王の騙り? んなわけねーだろだったんで
KAITO信じすぎたかなぁ」
大妖精 「それから、ルイン噛みを推すことができて本当によかったです!
お、オスなんて自分の口からイッちゃうなんて……///」
ルイン 「どっちかというと
KAITO信じてる割に、秋そのまま吊って
アトラ放置したってトコじゃろ」
ヴェーラー 「・・・狂人回避なら帝狼勝てた?
いや無理か、いずれにせよ狂人1は最終日に残さないとダメだ」
KAITO 「密偵COしたら噛まれるんじゃね?と思ったらCOする前に噛まれていたの巻」
アトラの蟲惑魔 「いけたじゃん(じゃん)」
コルク 「ヴェーラー狂人っぽかったからな
まぁそれが分かってもどうしようもないんだが」
魔理沙 「んじゃ特に何かあるわけでも無いし帰るとすっかね……
同村した奴らはお疲れさん

二連続素村はマジ勘弁しろって……」
アトラの蟲惑魔 「*死体無し」
ヤーマンダ 「魔理沙と影狼殿2死体の日に、KAITO殿が増えていて
アッ(察し)でしたなwwwwwwwww>KAITO」
秋 穣子 「うん、いけないことはない>アトラ」
アトラの蟲惑魔 「ヴェーラー噛み >」
ルイン 「噛みで妾噛まれてないならまー
大妖精コルクやる夫当たりはそのままぶっ殺したが

まー……本線的には呪殺自体はそこまでどうこうするほどの事でも無い
オーズ吊り自体もまた別に。吊られる奴が悪いっちゃ悪い」
大妖精 「その後はこうイってますからね!>やる夫さん」
やらない子 「何か出来たかと考えると何にも出来ぬぇな(←自分のミスは既に記憶から消去している奴)」
アトラの蟲惑魔 「あれ、狂人回避で噛んだら 10人 4W2狂人
狂人自殺して、狂人噛み」
坂田銀時 「さて、それじゃ俺はこれで失礼。
村建て感謝、お疲れさま。」
ヴェーラー 「こいし●で何で朝一で出ないんだろうとは思ってた
だから灰吊った」
秋 穣子 「やる夫吊り6>回避>狂人吊り5~4>狂人噛みで」
ヤーマンダ 「そして最後の死体無しは鋭狼が我かヴェーラーを噛んだという事だったんですなwwwwwwwwwwwwwwwwww」
コルク 「秘策(やる夫の勝利を諦める)」
KAITO 「ヤーマンダーは俺増えたのいつ気付いた?w」
大妖精 「コルク(人狼)「やる夫の勝ちを、諦める」 」
今泉影狼 「絶望してたわ初日…
じゃ、またねー」
坂田銀時 「ヴェーラー尾行の時にルイン尾行できてりゃあまだ違ったか。
後は結構俺もミスってるからなぁ。」
古明地こいし 「吊り噛み暗殺で村しか死んでないし狂人噛みは獣人で帳消しだしそもそも鋭狼だし」
リリーブラック 「やらない子噛まれた時点でアトラ切ってればだなー」
夜の底GM 「村はすみませんね、私が初日の噛みに耐えられていればこんな事には」
やる夫 「コルクうあああああああああああああああ」
緑のヒゲ 「(まぁ私がKAITO吸っても依然PPなんで無理ですねこれ)」
ヤーマンダ 「うん、まあPP行けるぜやったぜ
…と思ったらなんか狼陣営がためらってるのはそういうことだったんですな…」
大妖精 「結構内訳が危なかったですね……」
やる夫 「◇コルク(人狼) 「>やる夫
任せておけ、俺に秘策がある」」
秋 穣子 「狼7-それ以外4だから…
やる夫吊って回避して狂人吊って狂人噛むでよかったんじゃないの?とは…」
アトラの蟲惑魔 「結構こえぇ! >山立、ブン屋、狩人、共有2」
ルイン 「まだ立て直し聞いたけども>リリブラ」
できない子 「じゃーね」
コルク 「すまんな、やる夫・・・
お前の勝ちは1夜で捨てた(ゲス顔」
ヴェーラー 「頑張って書いてた

精神感応者COよ
墓地は私の管轄外だったと思うけどね

1日目
微妙ねぇ、狂人が確定でいるから特殊結果は期待できるけど

2日目:オーズの前世村人
全然見てなかったところが吊られたわね
発言見ると薄いから納得できる場所、生存欲が見えないから狐吸血ではなさそう

3日目:秋 穣子の前世村人
リリブラの最後の発言が指定と見られたからあそこまで票集まったのだろうか
私としては、オーズが吸血鬼にしては生存意欲が見えなかった、ならそこ投票者吊りがありだとも思っていた
それが投票した理由なんだけど

4日目:できない子の前世村人
やる夫はこいしの結果を何で言わなかったの?って思ったからこいし即吊る気にはならなかった
完グレランの流れに見えたけどこいしは当然吊り逃れしたわね

5日目:古明地こいしの前世村人
ここで前世人狼が出るなら、因幡兎じゃないとコルク破綻
やる夫も同じく、だからほぼ人外位置だけど情報は重要ね」
KAITO 「密偵で出たあとに仲間蘭が増えてて(・3・)アルェーだった」
坂田銀時 「うーん、こいし●っての違和感あっただけにあそこで止められていればってところかなぁ。」
大妖精 「やる夫さんはごめんなさいね
その分、たっぷり慰めてあげますから許してください
頑張れ♡頑張れ♡」
ルイン 「帝狼はまー、そもそもLW状態で本体のみ最終狼陣営での勝利の時だけ勝てる狼というコンセプトじゃから
別段……まー」
やらない子 「涙ぐましい話だけど、一票差で最後にヴェーラーへ投票したのはやる夫本人であった。
―――――外交文書第八節、十二行目」
リリーブラック 「割と初手オーズ吊りから銃殺した時点でなぁと」
夜の底GM 「狼陣営はおめでとうございます、なお帝狼は(r」
今泉影狼 「おつかれさまー」
KAITO 「いやー、久々に密偵騙ったら計算面倒だったわ!」
ヴェーラー 「狼陣営私だけ死んだが満足です」
やる夫 「やる夫が頑張りすぎたんだお・・・
仕方ないお・・・」
アトラの蟲惑魔 「亡霊嬢噛みワンチャンを考えてみたけど、ダメだった!」
オーズ 「お疲れさま―。狼、無慈悲のやる夫斬り捨て」
コルク 「おつかれさま」
KAITO 「ごめんな、やる夫」
夜の底GM 「お疲れ様でした」
古明地こいし 「お疲れー」
リリーブラック 「お疲れ」
ヤーマンダ 「すいませんなやる夫殿wwwwwww
本当に申し訳ありませんなwwwwwwwwwwwwwwwww」
モラン 「お疲れ様でした」
コルク 「やる夫・・・お前の勝ち筋なかったわwwww」
坂田銀時 「お疲れさま。」
大妖精 「えへへ、お疲れ様でした♡」
夜の底GM 「行き着く果てには、人外の底にいた」
ルイン 「お疲れ様」
KAITO 「計算した結果無理でした」
緑のヒゲ 「ちぃ、吊れませんか
お疲れ様です」
やる夫 「おっつさんだおおおおおおおおおおおおおお」
魔理沙 「お疲れさんだぜ」
できない子 「おつかれ」
ヴェーラー 「お疲れ様でした」
秋 穣子 「お疲れ様」
やらない子 「おっつーん。」
ゲーム終了:2014/11/24 (Mon) 16:07:03
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ヴェーラーさんの遺言 煙々羅です^^
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヴェーラー を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
6 日目 (1 回目)
やる夫4 票投票先 →ヴェーラー
コルク0 票投票先 →ヴェーラー
大妖精0 票投票先 →ヴェーラー
モラン0 票投票先 →KAITO
緑のヒゲ0 票投票先 →やる夫
リリーブラック0 票投票先 →ヤーマンダ
アトラの蟲惑魔0 票投票先 →やる夫
ヴェーラー5 票投票先 →やる夫
ヤーマンダ1 票投票先 →ヴェーラー
KAITO1 票投票先 →ヴェーラー
坂田銀時0 票投票先 →やる夫
「◆夜の底GM 君が遠くに行く、その時は過ぎた」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やる夫 「仕方ないおwww
頑張りすぎたおwwww」
緑のヒゲ 「やる夫さん吊ってから考えれば よいのでは」
ヴェーラー 「私は一応狼COのどこかに投票しとく
天火着く前に終わりそうだが」
KAITO 「5Wなら吊ったら終わらんか」
ヤーマンダ 「やる夫殿、すいませんなwwwwwwwwwwwww
これは無理ですなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
大妖精 「ヴェーラー吊ったら勝ちなんですよね
まぁ策士警戒はあるからそこ投票は無しですね」
コルク 「5Wだからそれこの昼で終わるんだよwwww」
坂田銀時 「ちなみに狂人飽和してんので、村はどこ投票するか票集めておけばワンチャンあるぞー。」
緑のヒゲ 「ヴェーラー吊ったらゲーム終わりますよね(真顔)>ヤーマンダ」
アトラの蟲惑魔 「5Wだから、ヴェーラー吊った段階で飽和じゃー」
モラン 「……モランは機能を停止しました」
ヴェーラー 「了解、今日終わるならそれで構わん」
KAITO 「よし、とりあえずやる夫吊ってから考えよう」
アトラの蟲惑魔 「蝙蝠陣営いたら良かったんだけどね・・・・・・・・・・・・・・・」
ヤーマンダ 「じゃあ策士警戒でヴェーラー殿を吊りますかなwwwwwwwwww
そしてヤーマンダ噛めばなんとかなりませんかなwwwwwwwwwwwww」
やる夫 「んああああああああああ
やる夫は買ったんだお!気持ち的には勝ったんだおおおおおおおおおおおお」
ヴェーラー 「とりあえず投票まとめる、マンダが指揮して」
大妖精 「……狂人多すぎて間に合わないですね(震え声)」
やる夫 「やる夫削って、共有噛んで
えーと」
緑のヒゲ 「あー大妖精さんも狼と>アトラが狼CO
ひどい試合ですね・・・」
ヤーマンダ 「うはwwwwwwwwこれどうしますかなwwwwwwwwwwwwwwww>帝狼」
アトラの蟲惑魔 「・・・どうやっても無理じゃね?」
ヴェーラー 「奇数だから悪いが無理じゃね?3人になったら引き分け持ち込まれるぞ」
大妖精 「あ、狼COです!」
やる夫 「無理ならやる夫は切り捨ててくれお!
おっおー」
大妖精 「実はですね、帝狼に勝たせてあげたいなって思ってたんですよね……」
ヤーマンダ 「5-5-1
狐いるなら…飽和しているからいませんなwwwwwwwwwwwwwwwww」
アトラの蟲惑魔 「狼CO
帝狼のやる夫の勝ち筋考えてるんだけど」
やる夫 「じゃあやる夫から削って欲しいお
そんでうまいこと計算しながら狂人殲滅して欲しいお」
ヴェーラー 「私もKAITO信じてたよ」
コルク 「やる夫が帝狼なんだよ、どうすんだこれwwww」
モラン 「……終わりですか」
KAITO 「狂人ズーどこに投票する?
狂信のヤーマンダーが決めよう!」
コルク 「あー、もう・・・言うぞ」
緑のヒゲ 「(狼5人いるなら狐噛みとかないじゃん(ないじゃん))」
坂田銀時 「あちゃー、KAITO信じての吊りがあかんかった感じかね。」
ヴェーラー 「よしマンダ、投票指示は任せた」
アトラの蟲惑魔 「う、うん。」
ヴェーラー 「何もなければやる夫に票集める
狐今泉だよね?」
ヤーマンダ 「証明の為に言いますぞwwwwww今狼は5人いますぞwwwwwwwwwwwwwww」
大妖精 「ふ、ふえぇ!?
ど、どどどどういうことなんですか!?」
緑のヒゲ 「しかも巫女の騙りですって!?>アトラ
・・・え、じゃあこれどういう内訳です!?」
コルク 「えっと、どうするよ」
KAITO 「ヤーマンダーとヴェーラー狂人CO入ったら覆せないもんね☆」
ヤーマンダ 「それはマンダが狂信者COですからですぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww>モラン」
やる夫 「狂信者って狼の数わかるおね
出た時点で詰んでるおね」
アトラの蟲惑魔 「ごめんなさい!
巫女の騙りCOです!!!」
モラン 「……」
ヴェーラー 「ちなみに煙々羅だから今日証明できます」
KAITO 「あら、だったら狂人COしときますわ☆」
緑のヒゲ 「うわああああああああ>狂人CO」
坂田銀時 「狂人多いなぁ、おい。」
ヤーマンダ 「狼本体の数は把握していますぞwwwwwwwww
今日が狐噛みなら、そこにPP指示が欲しいですなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
コルク 「モラン投票は論外なので
ヒゲに捨て票したぞ 結果は同じだからいいだろう?」
KAITO 「ヤーマンダー人外のヴェーラー村じゃー!」
やる夫 「んー?
ここまでに思ったより死んでるかそもそも狼そこまで多くないかかお?」
ヴェーラー 「○もらったので狂人COしますね^^」
アトラの蟲惑魔 「あー」
KAITO 「密偵CO、こいしと同陣営2人」
モラン 「いえ、貴方下半分ですよね。何故投票逃げてるんでしょうか>ヤーマンダ」
大妖精 「大ちゃんの夜を楽しむ狩人日記
【1日目】 護衛:不可 死体:初日
えへへ、私が夜の狩人さんですね♡
夜は一晩中一緒にいて守ってあげますからね
ずーっと一緒ですよ?

【2日目】 護衛:モラン 死体:魔理沙 今泉
とりあえず他に護衛しなきゃというところもないですし、共有護衛に回りますね
流石に狩占探しの噛みだとは思いますが、灰護衛に行く勇気は有りませんし……
というわけで、今日はこちらを護衛しますね! 先に露出してた方なので……
露出とか……きゃ///

【3日目】 護衛:モラン 死体:ルイン
さて、今日もここを護衛させてもらいますね
狂人が多い以上、ある程度はこっちを抜く目もあると思います
なので、ここを護衛していればGJは出ると思うんです
なのでここを護衛しますね

【4日目】 護衛:アトラ 死体:やらない子
とりあえず、ラインと出方的にはやる夫さんが一番信頼できそうな気がしますね
なので、アトラはやる夫を護衛すると考えて、私はこちらを護衛させてもらいます!
ただ、こうなるとアトラは真侍とみて、おそらくオーズは文武王だったということでしょうか?
まぁこいしさんは前から投票してた通り人外見してましたからね
ここでGJ欲しいところですね
あぁ、もしかして私、捕食されちゃうんでしょうか(ドキドキ)

【5日目】 護衛:アトラ 死体:
うぅん……正直すっごく悩ましいんですけどね
ただ、ブレないようにしましょう。
今日もここを護衛します!
決して、アトラさんの捕食の癖になったわけじゃないんです!
ええ、本当です! アトラさんにとらわれてからめ捕られて、
隅々まであられもない姿を観察されながら(以下略」
ヤーマンダ 「んんwwwwww今11人ならもうCOしますぞwwwwwwwww
狂信者COですなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
坂田銀時 「狐死んでるんでGJ濃厚なわけだが。
結果は?」
ヴェーラー 「死体なし?アトラ偽っぽいと思ってたけどGJ主張はあるのか」
アトラの蟲惑魔 「GJーーー!!」
緑のヒゲ 「え?死体なし?」
大妖精 「狩人COです!
不可>モラン>モラン>アトラ>アトラGJ>>>>>>>」
コルク 「5夜:KAITO
やる夫真が確定、俺らを噛めばほぼコンベア状態
そうなると普通の噛み筋はもう無理だろうと想定
・・・さて、そうなるとKAITOの真贋チェックかな
ここが狼だったら推理が根っこから吹っ飛ぶわけでな
真狂なら、まだ考える余地はあるだろう」
リリーブラック 「はぁーん?」
緑のヒゲ 「あなたに誘導されてるあの状況で、あなた視点の狼のこいしさんが私に身内票
随分お粗末な身内票ですよね。実際1票差で私ラン対象になってましたし>コルクさん
あ、今日はやる夫、KAITOライン信じて引き続きいけばよろしいかと。アトラ狼には見てますが
やる夫さん噛まないのであれば個人的には視点偽のコルクさん吊りが私には一番ですがね」
コルク 「夢占いCO
リリブラ●>緑のヒゲ○>アトラ●>こいし○>KAITO●」
坂田銀時 「おはようさん。」
やる夫 「五日目 ヴェーラー
かわいこちゃんがどんどん減っていくお
リリーは共有だしもうこっちだおねー
あの急な状況でやる夫とこいしをしっかり見てたのは評価高いお
が、冷静すぎるってのは、時に人外要素になるお?
人外場ならばなおさら、お」
アトラの蟲惑魔 「5日目:リリーブラック
いいぜ、てめぇがGJさせれないと思ってるなら
その幻想をぶちこわす共有護衛!」
モラン 「昨日は特に良く考えず票を割ってしまいましたが、結果はどうなっているのでしょうか。やらかしたような気がしなくもないです」
やる夫 「占いCO ヴェーラー○」
ヤーマンダ 「共有が共有吊指示とか正気ですかなwwwwwwwwwwww
ぶっちゃけわけがわかりませんでしたのでwwwww
確定破綻のやる夫に入れましたぞwwwwwwwwwwww
というかこの状況ですと影狼の死因持ちがいないんですがどういうことですかなwwwwwwwwwwwwww」
ヴェーラー 「いくらモランが自分投票って言ってても共有投票はだめだと思うんだけどね」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
古明地こいしさんの遺言 頑張ってねー
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
古明地こいし を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
5 日目 (1 回目)
やる夫1 票投票先 →モラン
コルク0 票投票先 →緑のヒゲ
大妖精0 票投票先 →モラン
モラン2 票投票先 →古明地こいし
緑のヒゲ1 票投票先 →古明地こいし
リリーブラック0 票投票先 →古明地こいし
アトラの蟲惑魔0 票投票先 →古明地こいし
ヴェーラー0 票投票先 →古明地こいし
ヤーマンダ0 票投票先 →やる夫
KAITO1 票投票先 →古明地こいし
坂田銀時0 票投票先 →古明地こいし
古明地こいし7 票投票先 →KAITO
「◆夜の底GM 投票、それが朝の終わりの合図」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
坂田銀時 「共有投票はあかん。」
KAITO 「んでこいしが人外だから
のこった3人が自動的にそうなるはず」
モラン 「あ、共有もこいしです」
古明地こいし 「やる夫にヒゲを占わせて2人のラインをはっきりさせれば?
あとアトラは共有を守らせてgj出させるようにして」
大妖精 「正直、狩り殺しが見えてる人が居ればCOはされてると思いますよ?」
コルク 「>こいし
あれ? 俺が偽だとは言わないんだな」
KAITO 「村確定というか非狼陣営確定、だな
狐いないからほぼ村で換算してるけど」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwww因幡ですかなwwwwwww
それがいるとややこしくて困りますなwwww狩れませんしなwwwwww>アトラ」
モラン 「ではヒゲと下半分でこいし投票でいいでしょうか。後は私投票で」
緑のヒゲ 「>こいしさん
やる夫さん真でこいしさん萌とかなら割れてないのでは?
結果割れてましたっけ・・・?」
アトラの蟲惑魔 「この段階で別の死因持ってるのいたらCOしてるでしょー」
やる夫 「こいしが萌えならやる夫が真になるんじゃないのかお?
なんでやる夫が偽前提になってるんだお?>こいし」
KAITO 「穣子投票から外してたのが5人
ここが4狼陣営以外+1狼陣営
うちモランが確定」
ヤーマンダ 「まあとなるとコルクがあまりよく分からないのですがなwwwwwwwww
んんwwwwwwwwちょっと密偵もややこしいのでここは夜整理するとしますかなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
コルク 「>リリブラ
正直、それは分からん・・・が
ヒゲは吊れる状況ではなかったとするなら
俺の誘導を見て身内票は十分ありえる」
ヴェーラー 「KAITOは出方から真目強く見てるので、私かボーマンダになるなら当然ボーマンダ一択になるけど」
坂田銀時 「>アトラ
正直、猟師が今泉狩って初日占いってどのぐらいあるよ? って悩んでました。」
古明地こいし 「んー 私萌のコルク夢の初日真くらいか 勝ち筋」
大妖精 「でもって、遺言的に魔理沙は掃除屋で死亡。
なので、あの日はなにがしかの原因で死体無しが出てるのは間違いないはずですね」
坂田銀時 「で、KAITO信じる前提の吊りだけども、票わけとかしないので?」
KAITO 「んで昨日計算したんだけどさ
コルク、大妖精、緑のヒゲ村確定じゃねぇかな、多分」
緑のヒゲ 「ちなみにこいしさん●結果自体はそこのエセ夢占いも言っているので
・・・ふむ?そこ●ぶつけるんですか・・・?」
コルク 「>アトラ
昨日の時点で、俺はお前が非狼見えて
真かと思ってたんだよ」
アトラの蟲惑魔 「あぁ、こいし因幡想定? >銀時」
ヤーマンダ 「まあこいしはぶっちゃけこのマンダも信じていませんぞwwwwwwwww
やる夫の方が真ありそうですからなwwwww密偵的に考えてwwwwwwwwwwwwwwwww」
古明地こいし 「 」
リリーブラック 「あとはまあ結果出すならコルクはこいしのヒゲ投票を一応説明してほしいなとは」
アトラの蟲惑魔 「こいし狂人だと、
今泉影狼の狐遺言って何よ。 何なのよ」
大妖精 「正直、密偵の結果が処理しきれてなくて厳しいんですが、コルクとやる夫でこいし狼っぽく感じますかね?
いずれにせよ今泉呪殺はほぼ確定と見ていいでしょう」
坂田銀時 「一応アトラがGJ騙りをして噛み回避云々を読んだってのがあれそれ。」
やる夫 「ふむ、アトラがGJを表明したところで噛まれた死体がGJなし、かお
まぁアトラより先にやる夫が死ぬようならわかりやすいお
狂人で狩人系COはまぁあんま見ないお」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwそう言う事ならwwwwwヴェーラー殿人外ではありませんかなwwwwww
こいしが今日○出した先ですしなwwwwwww>KAITO」
ヴェーラー 「やる夫とこいしが影狼○出してるんだから、呪殺じゃないの>銀時
こいし吊り了解した、アトラも吊り予約入れていいと思うがね
偶数でコルク夢を見るならどうするか悩みものだけど」
KAITO 「無論ひょっとしたらで狂人がつれた可能性はある
その場合アトラーこいしで2狼陣営+ヴェーラーとヤーマンダーが非狼陣営」
コルク 「>ヴェーラー
アトラGJ主張で狂人見えてて
こいし狼、つまり灰を噛むしかなかったということだな」
アトラの蟲惑魔 「同じ護衛先で、GJについて割れてる狩人を護衛しようとする真狩人というのは
どう見てもおかしいです まる

あと、コルクは
◇コルク 「KAITO真決め撃つならまだしも
0結果でロラは少し危ないと思うぞ」
◇コルク 「緑のヒゲでも吊っておくといいかなって思うけどなぁ」
これ言うなら、私吊りたくない&ヒゲ吊りたかった系のそれっぽさは凄い」
坂田銀時 「こいしが偽臭いってのは同意なんだが、こいしの動向が狼ってより狂臭いのが引っかかってる銀さん。」
緑のヒゲ 「というかやはり狩人いましたか>遺言
・・・と思いきやGJなし主張?いるとは思ってましたけど護衛成功してない
主張と」
KAITO 「となるとヴェーラーorヤーマンダーに一人村、一人人外」
コルク 「やらない子がGJなし遺言か・・・
アトラ狂人まで確定したっぽいか?」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwよく見たら遺言が狩人ですなwwwwwwwwwwwwwww
侍との対立が気になりますぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
坂田銀時 「一応影狼を狩り殺した猟師とかが居るか聞いてって感じかねー。」
緑のヒゲ 「あぁなるほど、それで私誘導と>コルクさん
実にお粗末なCOではありますね。吊り自体はこいしさんでよろしいですよ
少なくともここでグレー噛みって違和感バリバリですし」
ヴェーラー 「コルク視点緑も狼だがアトラとやらない子の割れは何で見る>コルク
どっち真かって話だよ
噛まれてないアトラ偽くさいがな」
KAITO 「えー、ちょっと待て
できない子まず村だ(こいしとアトラが投票してる)」
リリーブラック 「アトラも吊り予約入れるけど」
アトラの蟲惑魔 「それなら、私護衛って凄い変な遺言だと思うんだけどな!」
コルク 「こいし狼は確定したので
萌占いとかそういうのを見ないなら、ヒゲとこいしで2W
やる夫が真かなってところだな」
リリーブラック 「まあこいし吊りで」
やる夫 「特に何もないなら四日目で出る予定だったお
出ずに殺せればよし、のつもりで殴ってはいたお
アトラを信用できるかどうか、即判断できればそっちのCO待ってからなら出てもいいとは思ったお>ヴェーラー」
坂田銀時 「俺視点、俺・共有二人が残ってる中で村確定。
後は占いどっちかって感じだけども。」
大妖精 「でもってここで狩人遺言の、結果が割れてますね……」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwww今度は夢占いCOまで出てきましたなwwwwwwww
何がどうなっているのやらよく分かりませんぞwwwwwwwwwwwwwwwwww」
古明地こいし 「侍と狩人で対立してる」
アトラの蟲惑魔 「ガンスルーだと!?」
KAITO 「密偵CO、できない子と同陣営2人」
モラン 「既に呪殺がなされた以上、あの状況下でこいしの真は著しく低いです。
朝の暫定指定:こいし」
ヴェーラー 「あれ、リリブラGJじゃないってあるんだけど>遺言
アトラ視点やらない子何?狂人か吸血鬼くらいしかないよね」
アトラの蟲惑魔 「4日目:やる夫
普通に結果見る限りは、やる夫の方が信用できるというか
得票も考えたらやる夫噛みなんじゃないだろうかという思いなんですがどうでしょう。
まぁ、今日は私噛まれて死んでそうだけどね!!」
コルク 「1夜:リリブラ
リリーブラックってくらいだから
●出たりしないかな、というネタ占い
もし銃殺起きたら大妖精が銃殺したって感じの
何か妖精繋がり占いじゃね?とかで
大妖精が噛まれてくれそうだしな


2夜:緑のヒゲ
いきなり夢占い確定とかマジかよ
銃殺出せないってのが辛いが他に真占い居るならいいか
この配役なら狼限定でも悪くない感じだ
緑のヒゲの占いに対する発言が微妙だった
目に見える形がほしいといいつつ、狼見つけてくれと言う
銃殺こそ目に見える結果なんじゃないのか?ってなるわな


3夜:アトラ
KAITOが偽かどうかだが、オーズ村の場合に
残り3人で同陣営=狼陣営3ってケースはありえる
つまり対象者を占えばオーズの中身も想像できる
アトラ・こいしの二択なら、アトラを占ってみるとしようかな


4夜:こいし
んー・・・これKAITO真あるかどうかだな
やる夫が出したこいし●が真だとしたら
アトラ狂人もなくはないが・・・
ひとまず、やる夫真狂でこいし真狼っぽいなら
こいしを占って色を見るのがいいだろう」
古明地こいし 「信頼勝負にされるなら狼を見つければいいんだよねー
じゃー密偵真な流れを引っ張ってるヴェーラーを占うねー」
坂田銀時 「おはようさん。」
コルク 「夢占いCO
リリブラ●>緑のヒゲ○>アトラ●>こいし○」
大妖精 「おはようございます!
昨日はこいしさんに投票させてもらいました
前の段階から、密偵結果を意図的に無視してる感じがしてましたからね
でもって、占いの出方的にもやる夫さん信用できそうでしたからね
なので、どうにも疑わしい位置なので、灰よりもこちらに投票しました」
やる夫 「四日目 大妖精
グレラン発言の中表もらってなく、なおかつすぐこいしにいったとこだお
やる夫を信用してくれたって言うんなら嬉しいけどお?
昨日のあの状況
グレラン指示も出てる中投票するのは違和感だお
敵対してるKAITOと共有はまだしも、お」
アトラの蟲惑魔 「やる夫護衛 GJ無し」
緑のヒゲ 「凄まじく違和感のある吊れ方したのですがそれは・・・>できない子さん吊り
狩人なら、まぁ残してもいいとは判断しましたがね。やる夫さん視点でもグレー挟める意味はありますし
・・・ただGJ主張と考えると狩人が本当にいる可能性も結構ありますかね?そうなると
普通にこいしさん吊っておけばよかったと小一時間。でもコルクさんの誘導が非常に気に入りません故」
古明地こいし 「占いだよー ヴェーラー○」
やる夫 「占いCO 大妖精○」
ヤーマンダ 「んんwwwwww占いCO乱舞でよく分かりませんなwwwww
まあオーズ吸血鬼だと思いますぞwwwwww
それを差し引いてもこいしは偽っぽいと思いますがなwwwwwwwwwwwwwwww」
ヴェーラー 「やる夫はなぜ昨日朝一で出なかった
と思ったからこいし即吊る気にはならなかった」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない子さんの遺言 【狩人】(not夢守人)

※一日目夜護衛:不可
どっちでしょうね。

※二日目夜護衛:リリーブラック
『リリーブラックさんは、指定をしていなら、はようせい。』…というギャグを後で言う機会があるかもしれないので此方護衛。
まぁグレランするって言ってますけどねリリーさん。

※三日目夜護衛:リリーブラック
真 で し た 。

※四日目夜護衛:アトラの蟲惑魔
まー最大のサクセスストーリーがあるなら、やっぱり此処なんじゃないでしょーかとゆー。
できない子さんの遺言 村人表記
そろそろさぁ、未亡人とか引いてみたいと思う
やらない子 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
4 日目 (2 回目)
やる夫0 票投票先 →古明地こいし
コルク1 票投票先 →緑のヒゲ
大妖精0 票投票先 →古明地こいし
モラン0 票投票先 →できない子
緑のヒゲ2 票投票先 →コルク
リリーブラック0 票投票先 →古明地こいし
アトラの蟲惑魔0 票投票先 →できない子
できない子6 票投票先 →緑のヒゲ
やらない子0 票投票先 →ヤーマンダ
ヴェーラー0 票投票先 →できない子
ヤーマンダ1 票投票先 →できない子
KAITO0 票投票先 →古明地こいし
坂田銀時0 票投票先 →できない子
古明地こいし4 票投票先 →できない子
4 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →古明地こいし
コルク1 票投票先 →緑のヒゲ
大妖精0 票投票先 →古明地こいし
モラン0 票投票先 →できない子
緑のヒゲ3 票投票先 →コルク
リリーブラック0 票投票先 →古明地こいし
アトラの蟲惑魔0 票投票先 →ヴェーラー
できない子4 票投票先 →緑のヒゲ
やらない子0 票投票先 →ヤーマンダ
ヴェーラー1 票投票先 →できない子
ヤーマンダ1 票投票先 →できない子
KAITO0 票投票先 →古明地こいし
坂田銀時0 票投票先 →できない子
古明地こいし4 票投票先 →緑のヒゲ
「◆夜の底GM 再度、投票を。時は唯、流れていくだけです」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
「◆夜の底GM 投票の時間です、貴方の想いを伝えましょう」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
やらない子 「まーそれならルイン噛みなら分からなくないですけど。狼視点で狩人居る!って探してるのなら。」
アトラの蟲惑魔 「蘇生希望の文武王が、山立日誌残すぐらい
考えても良いのに
だからまぁ、KAITO確定で偽ともいえないのよね」
やる夫 「初日 やらない子 ○
まー最初は知り合いからだお
呪殺が出たらメタられる?知ったこっちゃないお
できない子を選ばなかった理由はシンプル
やらない夫はよく知ってるけどできない夫ぶっちゃけそこまで親しくないお

二日目 影狼 ○
おっおー!今夜は巨乳ちゃんの家に潜入するお!
まぁまじめにいうと発言数の割に中身があんまり見えないお
その割に票数は1票
票数が一番少ないとこよりこういうところを釣りに行きたくなるんだおね
にもかかわらずこれ、仲間からよけられてるんじゃないかお?
狼狙いだお

三日目 こいし
今日はロリっ子のところに侵入だお
初日こそまぁ発言の少なさの割に考えてるところあるんじゃないかお?と思ってたけどお
なんか敵対しすぎじゃないかお?
なんかとげとげしいお、物言いが
聞かなくていいや、はまぁ相手を人外と決め打つならありかもはしんないけどお
勢いで誰かを殺しつつ、最悪自分は死んでもいい
なら狼だお
KAITO 「んじゃそこ残せばいいよ
俺視点で狼の騙りだから共有なり占いなりは噛まれなくなる(ゲス顔」
緑のヒゲ 「・・・うん?奇怪なCOが>GJ主張
あの二死体は一体何になるのかと」
やる夫 「占いCO
やらない子○ 影狼○ こいし●」
古明地こいし 「初めは隣の銀さん占ったよー 村だったよー
2日目は空気っぽい影狼を占ったよー 狐だったよー
3日目も空気っぽくて吸血吊りを考えるのが遅かったルインを占ったよー 村だったよー」
モラン 「時間がないです。グレランに変更」
ヴェーラー 「そうなると魔理沙暗殺+今泉呪殺が一番ありえる線>アトラ真の場合」
坂田銀時 「ん、つまり暗殺+銃殺+噛み(失敗)だったと?」
コルク 「KAITO真決め撃つならまだしも
0結果でロラは少し危ないと思うぞ」
古明地こいし 「吊られそうだから出る
占いだよ 銀さん○影狼○ルイン○」
できない子 「ふーん」
やらない子 「すーごいCOでござるな。」
KAITO 「遺言的にねーんじゃね?的なね>アトラ」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwアトラのCOは侍ですなwwwwww
これは少し吊るのは止めておいたほうが良いですぞwwwwwwwwwwwwwww」
大妖精 「あっと、勘違いしてました!
アトラさんもオーズ投票者でしたね!」
モラン 「……」
アトラの蟲惑魔 「侍日誌
2夜:リリーブラックGJ

初日:不可
まー、きついこの配役じゃ悪くはない >侍
共有いるみたいだから護衛できるなら基本はそこ護衛かな
狼は狂人噛みたくないから共有護衛とかしそーだし。

2日目:リリーブラック  >GJ
んー、まぁ二人出ちゃったか >共有
特段違いも分からないので後から出た方護衛しとこ。
前に出た方が首領とか亡霊嬢とかの可能性高いしね

3日目:モラン
まー、どーせ密偵真かどーか知らない護衛制限だし。
狐死んだならPPにやるんじゃないの? って事で共有護衛継続しか無いわね
呪殺した占いって言われても見あたらなかったし。」
やる夫 「だからきのうは呪殺だと思ってるお?
だからこそ掃除屋遺言と合わせてしたいのかずがおかしくね?って話だお
無論掃除や遺言が嘘な可能性も噛みかぶった可能性もあるけどお>ヴェーラー」
KAITO 「俺噛まれない理由はまぁ、知らんけど」
ヴェーラー 「アトラ指定来てんぞ
オーズ投票者に聞くのは納得できる」
坂田銀時 「まあKAITO真であれ噛んだら狼詰むから噛まんってのはあるしー、
まあ今はオーズ投票者削りってのは間違ってねーか。」
アトラの蟲惑魔 「侍COー
2夜 リリーブラックGJ」
やらない子 「もしそうであるならばという仮定上ですが、少なくとも狼視点では呪殺が出ていると考えていても不思議では無い訳ですね。」
できない子 「? >大妖精」
緑のヒゲ 「理由をお聞きしたいところですがね?>コルク」
アトラの蟲惑魔 「本気文武王考えてないのかしらね。 KAITO
こっち吊らせる しか考えてない。
吊りは慎重にやらないといけないのに」
古明地こいし 「>やる夫
オーズを村決め打ってるのがよく分からない」
KAITO 「多分これであってるはず(結果考察)」
大妖精 「ふむ、オーズ投票者じゃなくてそっちに聞く形ですか」
緑のヒゲ 「なので引き続きオーズさん投票ランを続ければよいかと
現状KAITOさんは疑ってませんので」
コルク 「緑のヒゲでも吊っておくといいかなって思うけどなぁ」
古明地こいし 「まあそれはいいとしてー
吸血を考えるのが遅かったヤーマンダが気になるかなー」
やる夫 「ああ、KAITOに関してかお
決め打った理由はなんだお?
現状だとKAITOが真の場合狼陣営があぶり出されて、それを恐れて偽にするしかない
そう見ることもできるわけだお?>こいし」
KAITO 「モランは村確定してるからー
そこ以外で3村+1狼陣営」
ヴェーラー 「それするメリットがよくわかんないけどね>やる夫
指定希望多いけど呪殺起こってるなら占いでないんだなぁ、と」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwwwwwwww確かに人外場になっていそうな感じはしますなwwwwww
指定はいりそうですぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
モラン 「ふむ。ではアトラに暫定指定。COを要求します」
やらない子 「ルインが襲撃で死亡しているなら、グレー噛みな訳ですね。
グレーを好き好んで噛む狼は居ないので、噛むには目的が必要です。
では何を目的にするかと言えば何かを探す以外に無い訳ですが、現状で探すって占い師候補以外に無いですよね。」
リリーブラック 「このままだとオーズ投票者ランにしかならないと思うんで自主的にCOあればどうぞ」
アトラの蟲惑魔 「共有ー、指揮権統一してるー?
どっち指揮官ー?」
大妖精 「確かに噛み被りとか暗殺被りも有りそうですね」
KAITO 「つまり、だ
外した5人のうち4人村+1狼陣営」
コルク 「指定でいいと思うかな
明日のCOがどうなってるか次第で考える感じ」
できない子 「そこ偽だと思ってるなら、なんだけどな」
ヤーマンダ 「ああ、魔理沙噛みと暗殺被りは確かにありえますなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
んんwwwwwwwwまあ密偵信じるならオーズ投票者からグレランで良さそうですかなwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
ヴェーラー 「というか穣子狼陣営ならオーズが足音吸血鬼だと密偵結果関係なくなるのか」
やる夫 「でも昨日も言ったけど狐以外があの遺言を残す意味がマジでわからんのだお
暗殺されたのが影狼なら狼陣営が村側を誤認させるために、とか考えられるけど」
KAITO 「狼陣営が釣れている+5人が投票してる」
緑のヒゲ 「ただまぁ噛み被りとかも十分考慮できるので
依然呪殺はありえそうかなぁという感じです。狐遺言というのがやはり大きい」
坂田銀時 「ま、そろそろ組織票怖い時期だし指定すりゃあ良いよ。」
大妖精 「半々ですか……
普通にオーズ吸血鬼の同陣営無し、でもって人外と村人の半々票位になったというのもあり得るんでしょうか?

でもって、そうなると今泉噛みの魔理沙暗殺ということですが、その場合今泉が狐遺言なのが気になるんですよね」
コルク 「噛み失敗+銃殺+暗殺もあるかもしれないが
その場合は、まぁ普通に考えて共有GJだろう」
古明地こいし 「>やる夫
たぶんKAITOは偽だから」
KAITO 「つまり最大6人外」
アトラの蟲惑魔 「そうね、どこかで死体無し出てるというか狩人がいる可能性はあるかもね
と言う訳で指定ルート希望。」
やらない子 「やっぱり攻撃力2300では無理だったのかな…」
KAITO 「えーと、となると
狼陣営7+1
で吊れた穣子で1マイナス」
ヤーマンダ 「稔子殿は橋姫遺言ですなwwwwwwww
んんwwwwwwニート過ぎてよく分かりませんなwwwwwwwwwwwww」
ヴェーラー 「人数から考えるなら、狼陣営吊ったんやろって思うが>密偵結果
それならオーズ投票者ロラルート入るべきになる」
緑のヒゲ 「・・・そして暗殺で魔理沙暗殺?>遺言
ううん?普通に呪殺を見てはいたのですがね」
坂田銀時 「んー、掃除屋の暗殺と噛みが被った。
あるいいは今泉が噛める系狐だった。
どっちかね?」
できない子 「遺言がまためんどくさい、考え変えるのが」
やる夫 「ルイン掃除屋?
じゃあ昨日の死体は噛みと呪殺じゃないのかお?
かみとどっちかがかぶった?」
やらない子 「掃除屋遺言ぬぇ…でもルインさんって確か二回攻撃出来る筈なんですけど。」
古明地こいし 「掃除屋ー?昨日のって呪殺じゃなかったのかな
でも影狼は狐遺言だったし 狼が噛めなかったのかな」
モラン 「5、ですか。未だ見れませんね」
アトラの蟲惑魔 「まー 噛まれて無い段階で
私が非狼とは見えるんじゃないかしら?
あそこが文武王かどうかはともかく。」
リリーブラック 「半々なぁ」
ヴェーラー 「掃除屋で魔理沙暗殺したなら今泉呪殺じゃないのか?
噛みと被ったか吸血先とかいろいろあるが、KAITOは生きてると」
大妖精 「なんとなく遅めでしたかね?
でもって、遺言掃除屋はかなり痛いですね……」
坂田銀時 「また判断に難しい数字を>5人」
コルク 「む? 魔理沙暗殺ってことは
昨日のは子狐噛み殺したとかそういうパターンか?」
緑のヒゲ 「灰噛みっぽいですかね?KAITOさんも共有も噛まれない
となれば占い探しの噛みと見るべきでしょう」
KAITO 「えーと、ちょっと計算中
穣子、アトラ、こいしが人外確定
穣子投票者で確定村が俺とリリブラ
それ以外で何人出るかか」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwwwwそして掃除屋遺言ですぞwwwwwwwwww
んんwwwwwwwwwwwwwwwwこれだと今泉呪殺だとして噛み死体がおかしくなりませんかなwwwwwwwwwwwwwwwww」
やる夫 「おっはおーう
こいしの聞かなくていいやって誰に対してだお?
喧嘩売る気マンマンにしか聞こえないけど
相手人外と決め映にしろ刺々しいと思ったお」
できない子 「投票者に2死体の要因いたらCOしてるだろうなって思う
そんな感じ」
古明地こいし 「KAITOは3人を同時に攻撃したい狂人かな
噛まれて欲しいけどこれじゃ噛まれないかもー」
KAITO 「密偵CO
穣子と同陣営5人」
できない子 「◇やる夫 「組成狙いとかいくらでもあると思うお?>できない子」

蘇生してもすぐ死ぬよね、山立遺言とか噛まれで
蘇生狙いなら生き返っても即噛まれないような遺言じゃないと意味無くないかな
吸血しなきゃならない吸血鬼って」
モラン 「今日も灰噛みですね」
やらない子 「今日は特にギャグとかは無いです…」
坂田銀時 「おはようさん。」
できない子 「おはよう」
アトラの蟲惑魔 「                   ___
               ,. . : : : : : : : : : : : ≧s。.,
            ,. : : : : :____: : : : : : : : : :__> 、
         ./{/,. .ァ.厂: : :_: : : :≧=― =≦: :_: \\  .∧
        ///{/ :// x≦ : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧xヽ //:}
        {//∧ ィ ア ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \V/}
       /:∨/ / // : : : : : : : /: : : : /: : : : : : : : : : : : : :∧V
      ./ : : >斗-く: : : : : : : :∧: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : {(
      i: : :,′   ‘, : : : : : / ∨_ : : : : : : : : ∧: : : : : : : :}.‘,
      |: :圦   ___ノ : : : :7 ̄ ∨ : : : : : : : /__∨: : : : : : }: 八
      |: : : :7t(___) : : : : /.    ∨ : : : : : /   }: : : : : : :}く
      |: : : /: : : :∧: r 芋芋芯ミx ∨ヽ: : :/    :}: : : : : : {ノ    KAITOはどうしたい
     .八: :/: : /: : :∧Ⅵヒ'|.:」 ヾ   }/ ,x≠ミト、: : : :/i
      .V//: : : : :∧: 乂__ソ       ハ「:.} }/: : : /: |
         ∨:{: : : : : {:∧{   ̄          乂ソ }: : /: : |     まずはそれを聞こうか?
          >{: : : : : 圦           、  ̄ .}イ: : :/: |
        /: {: : : : : :V 、             イ: : : ∧: |
      ./: : 圦: : : ト: :\ \    , 、     /: |: : :/ }:/     私吊りたい?
      _,i,.斗―\: |/ 「 ̄  〕is。.,    _,.。< : :_/: :}∧ ./
   //     \{ {       7iト   「: // : :∧
  /: :/        \、_      ./ :}!   ` ー-く: :|: :/ : \
/: : :/              \ ̄     -‐}!      ∨/: : : : ∧
: : : :/        /     _>ァ  r<,/       ∨:{ : : : : }
://} x≠ ミ.、  / ,。s≦: : : :/__∧〉: : :>。,. {:     }__: : :_:_∧
V/ { f{': : : : :} ∨く: : : : : : : /> <∨: : : : :ヽ ___   ! 「: :_: 斗、」
リリーブラック 「投票遅い」
やらない子 「おはようございました。」
大妖精 「おはようございます!
昨日はこいしさんに投票させてもらいました
一応ヒゲさんに狂人のCOの可能性も言われましたけど、その上でこいしさんが、
古明地こいし 「考えないらしいから言うこと聞かなくていいや」 と、意図的に
KAITOさんの発言を無視しようとしていた印象ですので、こちらに投票しました
ところで、こいしさんの能力で覗きって出来るんでしょうか……?」
コルク 「おはよう

密偵結果の中心の1人、穣子が吊れたってことで
KAITOの結果が気になるところかな」
緑のヒゲ 「何事もなければKAITOさん噛まれてそうかなというあれそれ
狂人にしては少々怖いCOとは思ってますし、密偵COって」
ヴェーラー 「オーズの発言が生き残りたいようにあまり見えなかったからそこ投票者吊りはありだと思った
それにしても急に吠え増えたよね、何か起こったのか?
今泉の死因が呪殺なら、占いそろそろ出るのだろうか」
ヤーマンダ 「ヴェーラー殿の誘導で吊れた感じですなwwwwww
まあ個人的にもそこは割と文〆ではありましたがなwwwwwwwww」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルインさんの遺言 掃除屋じゃな

破滅の女神たる妾に相応しい……‥のかのぅ?


二日目:魔理沙
発言内容と1票が全く比例してない気しかしない

三日目:大妖精
初日に気になって投票した所なので、という位で
KAITOの真偽わからん以上、KAITOに従っても仕様もあるまい
秋 穣子さんの遺言              _,,.. -- 、..,,__
          y'"´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         r'o8o。、:::::::::::::::::::::::::::::::::':,
   )、__人 r‐'-‐'-、88o-‐~^ヽ、:::::::::ヽ、人___ /       3日目
  ノ    ( ヽヽ、.,__二二二、ヽ   ̄ ノ.  (
     /)' / ハ  ハ  ハ  ̄ハ ̄ (\! Y^
   / ,.くイ i i/,!ゝ、.! | / |,.!ィ'-、| / _\,\
  /  、ヽノつi ノ| ト |`レ'' ´ト `| レ': ヽ`7 /`ヽ.       はぁあああああー
 /|  イ 'i´レヘハ. ,, ゝ' .   ゝ-',,, / ) `ゝ'、/_ハ、
 | ヽ,ノ  |、 ノ ノ |   rァ─-、   ノ| | ハ| ヽ、_ノ  |        橋姫CO
 |     | く / |へ、 |'    | ,.イ、 ト、!ン|      |',
 |     |ヽ.,.!>  `|>r-<ニ>ァ ´/  |       〉
 ',    rハ ヽ.   / |'|:| ∞ |:i  !  ハ_>     /'    初日朝一からパルってたしょ
  ヽ.  / |  ! _/ 7 |:|^^^^^|:|`ヽY、   ! ,.ヘ  ノ
   ヽー‐'─''"´   | |:|__//  ハ/`''ー-'---‐'"  わざわざ『みんなー死ねばいいのに―』と
             ヽ.,――-´、__,イ                強調までして!!
             /       ´`ヽ 
            / .          \    ぱるーぱるぱるりらー、みんな死ねばいいのに―から引用
           /             ヽ.
         /                ヽ
ルイン は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
秋 穣子 を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
3 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →秋 穣子
コルク0 票投票先 →緑のヒゲ
大妖精1 票投票先 →古明地こいし
モラン0 票投票先 →できない子
緑のヒゲ1 票投票先 →アトラの蟲惑魔
リリーブラック0 票投票先 →秋 穣子
秋 穣子10 票投票先 →古明地こいし
アトラの蟲惑魔1 票投票先 →秋 穣子
できない子1 票投票先 →秋 穣子
やらない子0 票投票先 →秋 穣子
ヴェーラー0 票投票先 →秋 穣子
ヤーマンダ0 票投票先 →秋 穣子
KAITO0 票投票先 →秋 穣子
ルイン0 票投票先 →秋 穣子
坂田銀時0 票投票先 →秋 穣子
古明地こいし2 票投票先 →大妖精
「◆夜の底GM 投票の確認をどうぞ」
「◆夜の底GM 君が決断する その時が来たら 決意を票に乗せ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
コルク 「状況的にさ、もしオーズが村か狼陣営なら
オーズ吊った4人はほぼ同陣営って主張になるよな?
大半が村・狼に分かれてるんだから」
古明地こいし 「考えないらしいから言うこと聞かなくていいや」
ルイン 「指定あるならそれでも良いが
最低でもそれで1人外は死ぬしの」
大妖精 「カイトもオーズも村だった場合は、狐影狼として、アトラこいし秋に狼陣営+吸血鬼となりますね」
緑のヒゲ 「>こいし
おや、そうでしたか。少々性急でしたかね」
ヴェーラー 「誰でも言えるようなことしか言ってないし、そこ吊り推すがね」
やらない子 「まぁ密偵なんてのは噛まれるのを見ても良いんじゃないですかね。
密偵の能力は実のところ占い師と霊能者の良いとこどりって感じの強力なものですから。」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwまあこういう結果持ってくるなら、カイト人外はあまりないと思いますなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
まあグレランですなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
坂田銀時 「KAITOが人外ならここでの密偵COはしねーさ。
占い生存してる状況で、二人と対立生むってかなりギャンブルだし。」
やる夫 「あーなるほど音吸血鬼だとしたら同陣営いるはずがないおね・・・
まぁそこを確定するすべは霊能でもいない限りないわけだけども
組成狙いとかいくらでもあると思うお?>できない子」
秋 穣子 「狂人とかならまとめて吊れるのならばで出てくることはある>大妖精」
古明地こいし 「>ヒゲ
それも考えてるけど
今のはKAITOを揺さぶってる発言」
ルイン 「今のところは共有が指定する気ないのなら
グレランでも構わんじゃなろう、という程度の話じゃがな」
緑のヒゲ 「オーズさん吸血鬼の可能性もなくはないですけどね
ただそれよりはKAITOさん人外を投票者は少しくらい主張するとは思いましたがね
そういうの、通るんですかね。私はあまりそうは思いませんが」
アトラの蟲惑魔 「まぁ、影狼は狐なんでそこはともかく
文武王以外の主張はこっちからはできないわよ」
リリーブラック 「まあ穣子吊るかー」
ヤーマンダ 「そうですなwwwwww陣営数判定ですぞwwwwwww>やる夫」
大妖精 「カイトさんが人外って可能性も有りますけど、現状ここで人外が露出してくるのかなという気はしますね」
秋 穣子 「密偵は吊った所と同陣営が何人かという判定>やる夫」
ヴェーラー 「吊られと、投票した人の同じ陣営数がわかる>やる夫」
モラン 「つまり秋、アトラ、こいしが人外陣営であるという主張ですか」
KAITO 「無論オーズ人外もある
が、俺はそれを考えない(真顔)」
できない子 「足音吸血鬼で山立遺言残す意味とは」
やる夫 「密偵って占い結果とかではなく陣営判定だったおね?」
ルイン 「いや、オーズが吸血鬼自体も残る、か
まだなんとも言えんな」
ヴェーラー 「足音出してない山立遺言なんてどうとでも読めるけど
穣子は結構吊りたい」
やらない子 「あっ、KAITOの密偵CO見て何かギャグが閃きそうだったけど意外と何も出てこなかった。」
KAITO 「わりとオーズ人外を消した
その上で銃殺考えると出ないと死ぬ」
ヤーマンダ 「オーズ吸血鬼も確かにありましたなwwwwwwwww
それなら同陣営0も納得ですぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
緑のヒゲ 「オーズさん文武王ではなくKAITOさん人外を主張しないのですか?>こいし」
コルク 「>KAITO
その結果で村打ちって無理じゃね?
どっちかというと、吸血鬼吊ったとかそういう系に見えるが」
坂田銀時 「んー、村→人外は0じゃねーが。
人外が山立遺言残すかってーと微妙だしなぁ。」
秋 穣子 「KAITOが密偵で0?
KAITO信じるならオーズ村じゃない
足音出せるなら文武王とか?」
できない子 「投票してた今泉の遺言があれだから信憑性はそれなりには」
アトラの蟲惑魔 「・・・足音吸血鬼じゃない? KAITO信用するなら」
モラン 「これは……」
大妖精 「密偵把握です
オーズと影狼は割れてますけど……吸血鬼の可能性も有りますよね?」
やる夫 「仮に狂人なら狼に狐死を誤認させるだけ
狼だとすれば・・・まぁ夜に人を殺せる何かがいるってことになると思うお
狐として決めていいと思うけども、KAITOがなかなか興味深い結果COしてるおね」
ルイン 「少なくても影狼は村では無いじゃろう。遺言的に
KAITOからすれば、オーズは……村か狼、か」
坂田銀時 「ふむ、KAITO視点、人外→オーズ投票だと言いたいってことね。」
古明地こいし 「それならオーズが文部王なんでしょ」
緑のヒゲ 「そして山立ち遺言
真と見ればまだ半分人外。非常にまずい・・・と思いきや密偵COです?
そして・・・結果は0ですと!?」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwwwwwwwwwww凄まじい結果持ってきた密偵が出てきましたなwwwwwwwww
これつまり、オーズ投票者に狼だらけと言う事ですかなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
できない子 「ふーん >密偵CO」
KAITO 「オーズ吊ったとこ全部吊ろうぜ(真顔)」
ヴェーラー 「密偵でオーズ0なら投票者吊っていけばいい理論だよねそれ>KAITO
山立遺言で狐死亡見るなら割と出方には納得」
やらない子 「まぁ今のところは死因を知ってる人が知ってるだけで良いんじゃないでしょーか。
様々なケースが生まれようとも、実際の無残死体を作れる能力者は限られていますからね。」
秋 穣子 「ああ、今日はまだないか…>銀時」
古明地こいし 「狼陣営が7人なんだよねー
明日には過半数が狼かもしれないんだよねー
まずいなー」
ルイン 「ああ、確かに吸血鬼がおるから
影狼子狐で魔理沙吸血死亡も無しでは無い。」
KAITO 「村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1
密偵日記
初日:吊りなし
ほっほう、密偵ね
割りと面白いのもらったな
陣営数的にも割りと計算しやすそうなのもよし
共有もいるし

2日目:吊りオーズと同陣営0人(今泉、穣子、アトラ、こいし)
うむ、この人数だとさっぱりわからん!
同陣営4人とか3人くらいなら村吊りで村が投票してんだろうなぁ、と予想はするが(身内投票)
2人だと・・・人外だとしたらおそらく狂人混じり込み(吊られたオーズ含む)
0~1人だとどうともとれる、そんな感じ」
やる夫 「複数死体を確定はさせれないけど狐以外がこの遺言残す意味がわからんお>やらない子」
モラン 「ともあれ、今日もグレランの他ありません。狼を吊りたいものです」
コルク 「銃殺にしろ狩り殺しにしろ
影狼の遺言で村役職ってことはないだろう」
坂田銀時 「もしかしたら暗殺で無双してくれるかもしれない。
ああ、ごめん、ちょっと夢見過ぎだわ。」
KAITO 「よし、これオーズ村決め打ちしてみよう
密偵CO オーズと同陣営0人」
できない子 「人外が残す遺言じゃないなら
それで、吊れてるからどうしようとかあるならいいけど」
アトラの蟲惑魔 「まぁ、嫌な状況な気はしてるけど
やる事は変わらない。 グレーを吊ってくだけ」
秋 穣子 「基本その想定だと思う>こいし
毒なら毒COあるはずだし…
狂人が狐遺言っぽいもの残すとは思えない」
ルイン 「PPはあっても明日以降じゃな」
ヴェーラー 「実際、穣子は昨日の発言が共有に対して単発気味って印象だった
初日だから話題がないってだけかもしれないが」
やらない子 「呪殺臭いで良いんですかね。一応は吸血鬼が居る村ですんで、複数死体って常に確定出来ない感じではあるんですけど。」
坂田銀時 「狼最大7だからPPはまださ>穣子
明日以降は知らんが。」
ヤーマンダ 「そしてこれはどう見ても呪殺ですなwwwwwwwwwww
んんwwwwwwww狐死んだのは嬉しいですがwwwwww
狼見つけて殺さないとPPが危険ですぞwwwwwwww不味いですぞwwwwwwwwwwwwwwwww」
アトラの蟲惑魔 「で、凄く呪殺に見えます。
嬉しくない事に。」
緑のヒゲ 「まぁ間違いなく呪殺、というか狐死亡でしょうね
・・・人外減りはいいのですが、狼のストッパーがなくなるので好ましい展開とは
言えないと思います」
大妖精 「でもって、吊られたオーズが山立COの、魔理沙が村人表記で噛まれた位置ですかね」
ルイン 「まー、後にわかるじゃろうしそれで構わんじゃろってくらいで
山立……のぅ
面倒な死体」
古明地こいし 「影狼のこれって狐なのかなー
なら魔理沙が噛まれて影狼が呪殺されたのかなー」
ヴェーラー 「いや事実なんだろうけど遺言的に・・・」
KAITO 「オーズは遺言的に・・・
狼はねぇなぁ、多分村もしくは文武王があるかどうか」
やる夫 「ものっそい呪殺臭いおね
そんでもって割と見たくない遺言があるお
マジやめてほしいお」
コルク 「山立遺言か・・・

というか銃殺か? これ
影狼の遺言が狐っぽい感じなんだが」
秋 穣子 「どう見ても銃殺にしか見えない…
下手すると既にPPが来る可能性がががが」
モラン 「かげろうのこの遺言、狐と言っているようなものなのですが……」
アトラの蟲惑魔 「ヤーマンダ0票ってどうなのよとは思ったけど
まー、「何も無いのは寂しい」って平穏を望んでないなら、まぁ悪くは無いのかしら
後回しでいいやという。

・・・何か山立遺言残ってるけど人外吊ったと思いたいけど、しかしながらその辺はどうなのかという後悔」
ヴェーラー 「というか、この段階で狐落ちとか信じたくない
いやいや、いくら村多くても狼陣営多かったやん!」
できない子 「遺言?あっそって」
やらない子 「二死体でー、まぁ何か変な遺言一個と。」
坂田銀時 「魔理沙噛みで、影狼のそれは狐遺言にしか見えない。」
古明地こいし 「占いのことあまり考えて無さそうなオーズ吊ったー
死体が2つだー」
大妖精 「2死体ですね
今泉さんはこれ、狐遺言の呪殺と見ていいんでしょうか……?」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwwwこいしどの投票はwwwwwwwwww寡黙というか発言見える気がしないのでいれましたなwwwwwwww
そして山立遺言ですかなwwwwwwwwwwwwwこれはまずいですなwwwwwwwwwwwww」
やる夫 「おっはおーう
だーいぶ割れたおね
こいしは発言回数こそ少ないけど共有の動きだのに対する意見だとかは出してるからもうちょい見てもいいと思うんだお
けっしてロリ可愛いとかではないお
人にも触ってて生存したい感じも見えるお」
ヴェーラー 「今泉が狐遺言みたいなものを残している
吸血死でもなければ呪殺発生かしら」
KAITO 「その遺言やめーや・・・>今泉」
ルイン 「呪殺でもでたんか?これ>遺言」
緑のヒゲ 「(どうみても呪殺です、本当にありがとうございました)>遺言」
リリーブラック 「あ、はい」
できない子 「下手したらPPとか後ろ向きで
どうかな、銃殺出さなくていいんだよとか
そういう銃殺怖がってるように見えるでいこうか
真占い証明とかそういうのでさ」
やらない子 「『リリブラさんは、指定をしていなら、はようせい。』
というギャグを共有者CO見た時に思いついたんですけど、グレランするって言ったので昨日はギャグをお蔵入りさせました。」
坂田銀時 「山立ち吊りの、これ影狼狐か?」
秋 穣子 「2死体だ―!?」
KAITO 「おいっす」
モラン 「む、2死体ですね」
アトラの蟲惑魔 「おはようさん
結局はどうすべきかを言わなかったオーズという吊りたい位置が吊れたのは良いわね
吊られかけは、村ならどうすべきか 何らかの態度を示して欲しいわ。」
コルク 「おはよう

順当にって感じだな
4票の次が3票3人ってなもんで、大体感想は近いのかなってところ
オーズはもう少し残してみたかったけどな」
やらない子 「おはようございました。」
坂田銀時 「おはようさん。」
秋 穣子 「春の使者を手に入れたりりーが妬ましい
私も眷族が欲しいです!!

で2票持ちは無し
吸血鬼の結果あったらーとか吸血鬼が認めるとは限らないし
霧系もあり得る場合があるのにーとおもった
後、この村に蝙蝠はいない!!」
できない子 「おはよう」
リリーブラック 「ま、言いたいことがあるなら自主的にどうぞ」
緑のヒゲ 「初日は奇数進行故、呪殺が出る場合タイミングは重要だとは思ってますがね
なので呪殺で人外減りというのはもちろん悪くはないんですが、安直には考えれません
その点ではルインさんが気になりますかね。あとはヴェーラーさんはPPに対して
少し悠長という印象を受けました」
大妖精 「おはようございます!
昨日は影狼さんに投票させてもらいました!
今泉影狼 「村の中心の集会所にいるから騒ぐとわかるとかかしらん」
って発言がこう、割とどうでもいい話題を後半まで引きずっていて生存よく高そうに感じちゃったんです
所で、今泉さんって毛も濃いんでしょうか?」
ヴェーラー 「発言見たところ、できない子が応じてるだけに見えた
中身ないわけじゃないから投票しようとは思わなかったけど
薄いと思った位置は魔理沙、オーズは見てなかったところだけど振り返ったら薄かった
生存欲があまり見えなかったから狼吊れたって感じはしてない」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
今泉影狼さんの遺言 こおぉーん
オーズさんの遺言 山立ちCO!

サゴーゾによる護衛日記
初日:
やっぱ村役職は助けあいでしょ!
サゴーゾのコンボで守っていこう!
アンク「さわがしいお前にピッタリだな」
魔理沙さんの遺言 私は一番普通の役職だぜ!
そう……村人(表記)だ!

とりあえず今のところ自覚できそうなものは何もない =幻視者・未亡人は否定
それ以外はどうだろうな……私絡みの引き分けが起これば多少は分かり易いか
魔理沙 は無残な負け犬の姿で発見されました
今泉影狼 は無残な負け犬の姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
オーズ を弾幕ごっこ (投票) の結果ぴちゅーん (処刑) しました
2 日目 (1 回目)
やる夫0 票投票先 →大妖精
コルク0 票投票先 →緑のヒゲ
大妖精3 票投票先 →今泉影狼
モラン0 票投票先 →KAITO
今泉影狼1 票投票先 →オーズ
緑のヒゲ1 票投票先 →ヴェーラー
リリーブラック0 票投票先 →古明地こいし
魔理沙1 票投票先 →大妖精
秋 穣子3 票投票先 →オーズ
アトラの蟲惑魔0 票投票先 →オーズ
できない子0 票投票先 →秋 穣子
やらない子0 票投票先 →KAITO
ヴェーラー1 票投票先 →秋 穣子
オーズ4 票投票先 →古明地こいし
ヤーマンダ0 票投票先 →古明地こいし
KAITO2 票投票先 →魔理沙
ルイン0 票投票先 →大妖精
坂田銀時0 票投票先 →秋 穣子
古明地こいし3 票投票先 →オーズ
「◆夜の底GM 君が手を汚さない時間は過ぎた、投票の時です」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
アトラの蟲惑魔 「やりたかないけどねー
人外のミス期待ってのは。」
坂田銀時 「ま、狼が序盤で自爆してくれるって意味なら正しく人外を噛んで欲しいところだがね。」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwwwwwwww草三つ制限は別にありませんぞwwwwwwwww>おーず」
KAITO 「有無をいわさぬ指定
CO?遺言でしな!
暗殺ならCOしてもいいよ(即証明可能だから)って指定展開ならいーけど」
今泉影狼 「村の中心の集会所にいるから騒ぐとわかるとかかしらん」
できない子 「共有を吊りたくないなら、そっちのがいいでしょ >ヴェーラー」
ルイン 「といってもPPに必要なのは13人以下になってから、じゃ狂人狼全生存でも
そこまで気にしても仕方は無いし
それよりも確実に人外減らせるなら、呪殺でてもそこまで悪くは無い、と見るわね。私だと>KAITO」
コルク 「>影狼
吸血鬼は確定で村の敵だからね
鬼はまだ村鬼ありえるからラインできやすい
噛めよ吊れよの押し付け合いで吸血鬼勝利することあるけどな」
やる夫 「そもそも釣り逃れは噛まれるCOだお
指定で序盤から露出させることに意義があるお
まぁ余裕がないときに強権発動する勇気もいるからきついおね」
やらない子 「もしや、かつての秘密警察をイメージして作られている可能性が?……」
坂田銀時 「狼が狐探すってのは甘えだと思う。
狼はまず占いとか消して行って、勝ちが充分近づいてから狐探すもんだ。
つまりまずは徹底的に狼を追い詰めて、村で狐を潰すってのが正しいというか村が楽な進行ではある。」
アトラの蟲惑魔 「ぶっちゃけ、特攻抑制 というものそのものが
あんまり意味ないというか、狙うもんじゃないと思うんだけどね」
緑のヒゲ 「結局は呪殺よりは狼を見つけろというのが望まれることではないですかね?
狂人の数がそれなりにいます故、目にわかる結果の方がいいでしょう」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwサッカーするならタックルしかありえないwwwwwwwwwwwwww>ヒゲ」
オーズ 「あと、一応論者は草三つが決まりじゃなかったですかなwww >ヤーマンダ」
大妖精 「妖狐1呪殺起きると狼場ですし、出来れば狐探しのまま、狂噛み、狐噛みや吸血噛みを期待したいところですね」
ヴェーラー 「別に蝙蝠結果だとしても霧人外の騙り先に吸血鬼が増えるだけってことじゃない?>影狼」
魔理沙 「え、あのゴール時の花火ってそんな判定だったのか >ヒゲ
知らなかったぜ……」
やらない子 「騒霊系は分かるんですよ。テレパシーみたいなものを持っている設定でしょうから。
でも共有者系って別にそういう能力の設定じゃない筈なのに、何で小声が聞こえるのか背景が気になりません?」
今泉影狼 「確定村吊るのはどうしても怖いから
そういう意見が出るのはしょーがないわね」
できない子 「吸血が吸い殺せるとかで人外殺してくれるとかなら歓迎だけど」
KAITO 「どーでもええわ>初手指定するかどうか
どーせ初手指定したとこが占いCOしたら吊らないんでしょ?
だったら初手指定してもあんま意味ない」
秋 穣子 「指定は強権発動もあるから人外が吊り逃れCOしても吊れないとは一概に言えないけどね>ルイン」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwwwwwwwwww初日に勘違いして霊能COとかいう花火は笑えませんかなwwwwwwwwwwwww>やらない子」
コルク 「狼をさっさと吊っていかないとってところか」
今泉影狼 「鬼ならともかく蝙蝠は結果出たから信用にはあんまり…?
鬼は寅系あるにしても二死体作り出せるところが強みであって」
やる夫 「狐死んだのわかったところでPPなんてよっぽど終盤まで行かないとないお?
今から心配してどうのこうのなる部分でもないし、精一杯生き抜いて精一杯人外殺すお>KAITO

狐と狼なんざ初日時点で見分けられるわけもないお」
緑のヒゲ 「ゴールをするときに下1桁のカウントに注意しましょう>ヤーマンダ
運がよければ5発くらい上がります」
ヴェーラー 「そんなにPP警戒ばかりしてもね>いろいろいるけど
てか、相方伏せ=指定って即決めるのもどうなの、あなた方」
古明地こいし 「共有を潜らせるのって狩人の護衛をぶらしたくないからでしょ
もう出ちゃったからどうでもいいや」
リリーブラック 「指定とかはしないんで
灰から探しなさい」
魔理沙 「大声にしても尚小さいとか言う小声の鑑」
オーズ 「蝙蝠ってそんなにアテにならんか。まあこの配役じゃ露出したら吊られるしそりゃそうか」
ルイン 「ま、言いたい事はわかるぞよ>KAITO」
アトラの蟲惑魔 「あ、相方出てたわ
グレランしたいなら一応は止めはしないけど
指揮権の優先とかはとりあえず統一しといてね。 gdgdなのが一番やだ
何をするにしても、方針は決めてって話」
できない子 「別に、吊られたらそれなりには言うだけ」
やらない子 「そういう花火は大抵迷惑なので止めてくださいしんでしまいます。 <ヤーマンダ」
坂田銀時 「>影狼
まー、確かに単純に共有片方伏せる意味って護衛集中とかそのぐらいかねー。
トラップはあまり期待できないし。」
大妖精 「ともあれ、他にCOも無いみたいですしこのままグレランということですね!」
KAITO 「狼が狐探してくれりゃ狂人噛みや吸血噛みと言った村にとっての希望的展開が入ってくるんで」
ルイン 「初手指定しても狼狐は吊れん。この内訳なら狐は指定されたら諦めるかもしれんがな>アトラ
どっちにしても狼は吊れん
ならグレランするほうがまだ情報に鳴るじゃろう」
魔理沙 「まあ念のため確認しといてくれ

狼の吠えよりは小さい声だろ! >ない子」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwwwwwwしかしwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
こうも大人しいと何か物足りませぬなwwwwwwwwwwwww
盛大な花火を打ち上げる人がいてもいいのですぞwwwwwwwwwwwwwwww」
秋 穣子 「共有出たならグレランでいいと思うよー」
コルク 「共有FOしたなら心置きなくって感じだな」
やらない子 「まぁそんな話はどうでもいいんですけど。共有は出ているようなので後はうんたらかんたら。」
できない子 「蝙蝠結果って人外結果って話だから
蝙蝠結果あるからにはならないとは思うけど」
古明地こいし 「>オーズ
吸血鬼が結果を認めたらって感じだねー
でも結果を認めないかもしれないし人外も蝙蝠結果で特攻するかもしれないよー」
今泉影狼 「鍋に関しては○結果の共有が潜ってたからって抑制になるとはあんまりだけどね…
夢反転させたりどうとでもとれるようにしたりはあるんだから」
緑のヒゲ 「と思いきや出てきましたね
指定でも構いませんが、出てくるのであればグレランでもよろしいでしょう」
KAITO 「この陣営数だと狐死んだのわかったら狼がPP狙い一直線になりますがな>ルイン
だから出来れば狐死んだのが明確にわかる銃殺はやめてね☆という希望」
やる夫 「妖精どうのこうのいってたら妖精との共有かおー
共有CO把握だお
でたなら素直にぐれらんかね」
オーズ 「じゃあ共有でてきたし他にCOなさげだしいつも通りグレランだ」
ヴェーラー 「リリブラが共有相方ね、FOに悪手なしともいうので悪くはない
んで、指定って意見あるようだけどするなら指示早めにしてよ
別に急ぐ必要はないと思うけどね」
秋 穣子 「モランも春の使者だったのか!?
まあ、夏でも冬でもないから私は大丈夫ですb」
大妖精 「共有2CO把握しましたぁ!
となると、リリブラ×モランだったってことですね!」
やらない子 「共有者の小声っていう表記を変えましょう(提案」
コルク 「リリブラが共有だったのか
黒同士で共有ってことか」
魔理沙 「それ以外に告発とかそういうのが無いようなんでもう締め切るか

っと、相方出たのか」
モラン 「む、でましたか。ではグレランでいいですね」
ルイン 「ほう、リリー殿も共有だったと
複数の確定の村がいる、というのは
それだけで嬉しいものじゃな」
ヤーマンダ 「と、普通に出てきましたなwwwwwwwwwwwwww
他にCOも無いようですし、グレランしかありえないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
リリーブラック 「正直潜伏してグレランでもいいんだけど
相方の存在を言った以上グレランするとうるさいし」
坂田銀時 「うぃうぃ。
んじゃ出るもの出たんでグレランすっか。」
アトラの蟲惑魔 「とにかく、狼陣営を何とかして削らないとって話だからねこの配役
共有2はいるの?
んじゃ片方伏せて指定ルートで良いんじゃない?
グレランしたいなら、相方の位置とか考えてられないんで」
やる夫 「潜らせんなら指定して欲しいおーってくらいだけどお
釣られない自信があるなら別にいいお」
緑のヒゲ 「(全員が全員共有の囁きに関して思うことがあるようでなによりです)
相方に関しては出させないのであれば指定展開がよろしいかと
9人外なら半分近くは人外ですからね。鉄砲を撃てば当たることもあります」
今泉影狼 「吊られないならそれでいいと思うわ―」
オーズ 「あ、相方出てきた」
秋 穣子 「銃殺出たら下手するとPPだからねー>KAITO
狐は調整役だよ、今回
狼滅殺して言ってから殺すべし」
古明地こいし 「>やらない子
グレネードランチャーってかっこいいよー」
モラン 「了解、指定について考慮します」
大妖精 「共有CO把握ですよ!
つまりモランさんが夜にごにょごにょ……」
オーズ 「占いは吸血鬼の結果あったら信用うんぬん」
ルイン 「どちらかというと危惧するっは呪殺の生むでは無いとは見るがな>KAITO
考えても仕方は無いがの」
リリーブラック 「まあ共有CO。相方モラン」
魔理沙 「ん、相方いんのか
なら指定展開でいいんじゃねーの、と 自信あるならグレランでもい言っちゃ医院だろうが」
ヤーマンダ 「んんwwwwwwwwwwwwモラン殿が共有把握ですぞwwwwwwwwww
相方もいるのですなwwwwwwwwwww
相方伏せるなら、指定進行で頼みますぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
KAITO 「ほっほう>共有相方隠し
悪くない、その方が占い騙り抑制になる(ただし狩人が居なくてモラン速噛まれだと意味が無い)」
ヴェーラー 「相方潜らせるなら吊られないように考慮すべきね>モラン
こっちもそんな配慮しながらグレランできるとは思えない」
コルク 「このままグレランかな?」
古明地こいし 「共有出たねー 相方がいるなら指定するのかなー」
やらない子 「GURERAN、という発音が何となくダサげなんですよね。」
できない子 「グレランなら素直に出してで
指定なら別に」
坂田銀時 「ほー、共有複数たぁ、ありがたいね。」
オーズ 「共有確認と。まあ声多かったからそら相方いるわな」
今泉影狼 「特になしと
動きも無ければぐられんねぇ」
アトラの蟲惑魔 「ぶっちゃけ吸血鬼とか性別系じゃない限りすっげーどうでも良い
なんでまぁ、それなりに吸血鬼として信用できそうなら割と放置したいとは」
やらない子 「最近はグレランという言葉の響きが微妙な気がしていて、新たなネーミングが無いかと模索中です。」
やる夫 「そんでもって内容は全くわからないっておっかない話だおね
まぁギシアンではないお
ひそひそだお>やらない子」
大妖精 「そりゃあもう……って、何言わせるんですかばかぁ!///>やらない子」
リリーブラック 「これと言って飛び出るCOはなし、と」
魔理沙 「そりゃお前アレだよ…… >ない子
自己アピール的な何か」
KAITO 「ま、かなり厳しい
この狼陣営数に対して狐1がかなり厳しい
出来れば銃殺が出ないほうがいいと個人的に思う」
ヴェーラー 「吸血鬼なんて噛まれろってくらいよ>できない子
COしてきたらその場次第だと思うわ」
坂田銀時 「>やらない子
何ってそりゃナニを……あかん、今昼間だった。」
緑のヒゲ 「凄い叫んでるですよ、きっと>やらない子
何とは言いません」
ルイン 「存在の誇示ではないかな?>やらない子」
モラン 「私、セバスチャン・モランが共有COです。相方については出るかどうかは任せます」
コルク 「共有待ちだなぁ」
秋 穣子 「とりあえず朝一COは無いと」
ヤーマンダ 「村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1
んんwwwwwwwwwww見事な合戦位置ですなwwwwwwww
まあ吊数足りてるからなんとかなりますぞwwwwww多分qwwwwwwwwwwwwww」
オーズ 「朝一COはないのかー?」
今泉影狼 「取りあえずCO待ちなのだわ―」
やらない子 「ところで、夜中にほぼ全員に聞こえるほど声を出している共有者って、実際は何しているんでしょうね。」
できない子 「共有は出てきたら
陣営は吸血鬼ぐらいしか思うことないし」
オーズ 「少しの鍋と明日のパンツがあれば生きていける…!
村11 狼7 妖狐1 吸血鬼1
鍋とは思えないシンプルさ。そして共有もいたな」
ルイン 「シンプル、単純と訳せるがそれだけでは無い
ま、関係の無い事ではあるが、な。
共有はおったのは知っておる。でると良かろう」
アトラの蟲惑魔
                     ァ    ―-
                   /./       \ `丶、
                 ./ ./   ___   \  丶
           \  /  ./  / ,。≦: : : : : : : : >、\  ‘, }∨{ / _,.イ
            ‘,: :V { /   {x≠==≧≦_ ̄ ̄∧\  ∨: }: レ/: : : /
        < ̄〕ト、:{ :∨  ///: :>"´ : : : :i: : :〕ト。∧ \ }: /_」 : /彡__   5の倍数の人数的には村有利かと思ったら
       { \ヽ {: r‐ 、{ ./ :{レ": : :i: : :| : : |: :i:|: i ∧  〉 ∠: :/: : : : : /
       ∨: :\乂\∧〈   { : :|:| : | : : |: :|:|: |: : :Y  ̄ Y≧==x ≦z    別にそんな事のない配役だった
        >、: : : : : :Y  ̄ Y.: : : | !:」: : :| : : |: :|斗: :|: : }{     :}ト\: :ヾ\≧=-
       /: /≦三>{    }:{: : :И l ヽ:| : : k:1从圦 : }ゞ- r‐1ハ∨≧=彡
        7/∠//ゞ==Y⌒Y: :|笊圷、ト、: :| ィ笊芹「: :}〉 _.ノ__:} {ハ V>
         ー彡 く//{ >-ゞ-イ : | 乂_ソ  V .乂_ソ八/_. . 斗1ヾ} }       まぁ、共有はかもーん
          }「/rテ{r――‐ }ハ圦         ノ: /ト、 : : : : { } ! ̄
          }_/: ://: :/: : :_:{ ∧:> ⌒ヽ`___´r个}:/:/: :\ : : N |
           /: // ∨: : / ∨/   ニユ  }トV:/}L_: : :ヾ: :/∧         
          :{ //: :/: : :N\rく  ,.。r¬ :}  :}| }′ _∨: ∨/: :}
          ,//: :/: : : :} V \ く斗ト≧≦rく{_    ´ _ヾ: :{ {: : :ト、  _
          /{ {: :/: : :Nハ.  \ \: /く__>{: : :\ f^__,)V:} }: :/: :}V/\」
やる夫 「出現陣営:村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1
おっはおーう
マーなんか随分とシンプルな内約おね
共有の声は聞こえたからまぁ楽させてもらいたいってかんじおねー
COあるやつはさくっと頼むお」
やらない子 「おはようございました。
共有者の小声は聞こえました。六回ほど。」
できない子 「おはよう」
KAITO 「おいっす」
コルク 「おはよう

相変わらずの合戦村
とりあえず共有のCO待ちってことで
村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1」
大妖精 「出現陣営:村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1
おはようございます!
9吊り8人外+吸血鬼と吊りはギリギリですね
共有の発言は聞こえてるので、COの方、よろしくお願いしますね」
リリーブラック 「吸血鬼・・・は割と無視していい範疇ではあるけど
狼陣営やや多めなのは嫌なところね

COがあればどうぞかしら?」
今泉影狼 「出現陣営:村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1
9吊り9人外だわだわ…まぁ、1人吸血鬼だし何とか?」
ヴェーラー 「村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1

普通ね、狼陣営が多めだけど
共有の囁きがあったのでCOお願い、朝一COある人は早くしてね
この配置ならグレランでいいと思うよ」
モラン 「おはようございます。ヴァイスハウプト式機関人間、セバスチャン・モランです。

出現陣営:村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1

吸血鬼が1。青髭のような厄介な位置でなければ特に考慮せずともよろしいかと。
確実に人狼陣営を狙って行きたいところです。では、COを始めましょう。」
緑のヒゲ 「出現陣営:村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1
・・・うーむこの人狼陣営の多さ。最大人狼4なので3狂人以上確定。厄介なことです
共有者の囁きを確認しました。9人外と倒すべき相手が多いので頑張っていきましょうか」
坂田銀時 「うーす。
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1
シンプルだなぁ。吸血鬼以外。そして吊り数がきついのは相変わらず。
ま、共有は出ればいいさ。」
秋 穣子 「冬の使者なんて、『みんなー死ねばいいのに―』な秋 穣子です。
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1
9吊り8人外+吸血鬼
吊り余裕がない…
共有いるみたいだからでて指揮お願いするよー!!」
魔理沙 「ギリッギリ何とかなるって所か?

そんじゃ共有とか出るところはとっとと出ればいいと思うぜ
あと棒について何か言ってた奴ちょっと屋上まで来い(」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
夜の底GMさんの遺言 覚えていますか? 初めてあの鍋に触れた時のこと。

過ぎ去った日々、すれ違う季節を思い出すかのように。最後の一目惚れを思い出すかのように。

それはまるで不思議の国への旅。魔法に満ちた、鮮やかな、魅惑の瞬間。
夜の底GM は無残な負け犬の姿で発見されました
「◆夜の底GM ここからもう一つの旅が始まります。

さあ、一緒に旅に出ましょう。

貴方達に幸あれ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆夜の底GM いえ、こちらこそ来村感謝します」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
「◆夜の底GM GMは夢遊病が担当させて頂いています」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
共有者の小声 「あーうー・・・あーうー・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆夜の底GM 灯りが灯った、出口の無い部屋へようこそ」
出現陣営:村人陣営11 人狼陣営7 妖狐陣営1 吸血鬼陣営1
ゲーム開始:2014/11/24 (Mon) 15:05:16
やる夫 「いっくおー」
大妖精 「魔理沙さんの棒……ゴクリ」
秋 穣子 「なんでこんな深夜のノリ…」
やらない子 「つよそう。 <コルクさん」
できない子 「なにか変な気配するんだけど」
オーズ 「なんだこの流れェ!」
古明地こいし 「キラッ」
ヤーマンダ 「結局20集まるんですなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
コルク 「ゴールを持ち運び可能(相手のも」
やらない子 「やだ魔理沙さん棒とか言っちゃって。」
やる夫 「1」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
モラン 「……なんと、これは」
大妖精 「わ、わぁ、そんなにたくさん来ちゃうと、溢れちゃいますよぅ///」
魔理沙 「でもレーザー使っちゃいけないなんてルールはないから問題ないな!」
やる夫 「2」
やらない子 「とても疲れそうですね。 <大妖精さん」
古明地こいし が幻想入りしました
オーズ 「東方サッカー! GKが一人しか思い浮かばない」
ヤーマンダ 「ズサだらけですなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
坂田銀時 「ズザっと。」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
魔理沙 「……なんてこった
手は使っちゃいけなかったのか(棒」
秋 穣子 「この大妖精…早く何とかしなくちゃ」
坂田銀時 が幻想入りしました
やる夫 「3」
リリーブラック 「東方サッカーでもやってなさい」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
コルク 「他打ちになったか」
やる夫 「4」
モラン 「では、各々良き青空を。健闘を期待します」
夜の底GM 「神の手、所謂ゴッドハンド」
ルイン 「よしなに」
大妖精 「手を使わない……つまり、口だけってことですか!?」
アトラの蟲惑魔
              /{
             /:/ :{ -―- _  -   :}ト、
             ./:.:{ ,{ィ /≧=―‐=≦ヽ\} ハ
            {:.:.:{ / :{: : : : : _: : : : : : :\ト、 }ハ
            ∧:.:{′/ : : :.:/ ∨: : : : :ト、 ヽ∨:}
           .{ : 〉  ̄ ヽ: :7  ̄∨: : : :「 ト、:} }_.}、
          /{: :{_   }:/ __∨: :./ ヽ:}⌒ヽ   お待たせしちゃったわねー
         ./: {,f   ヽノ ィf芋芋ミ V/≠x '{_ ノl}
        /: /圦__ノ: : {  ゞ- '    以 〉{:「 个
         }: :{: : : :\{: : : \      `    (V-个ト _
         }N{: : : : : :{: : : 「 ̄  ー- ァ   八 : ト、: : ≧=-
        /}: : |: : ∧、: ト。.  ` ´   イ.: : :|: \)\
        ./: :∧: :!:イ __\(___〕トー‐r<}: /!: : /:|: : : : ヽ 、
       /: : : /: : :/    }ト、    L_/:/ :} :/、___: : : : :‘,             )|
      ./ : : : {: : /     {   \   )へ^}/ヽ  \ : : : : : 〉_         -― :ノ
    ___,/: : : : : :∨  __   {r― 、  ./  _).  ‘,  `ト-: : : : :ヽx≠ ミ/: : : : :斗――
  /    ヽ: : : :/{ /: : : ) /: : : : :}- ()- (: : :∧  ‘,   乂__{   ./: : : : : : : : : : : : :
,斗≧x、   } 7: /: : : : :/ /: : : : : :Иノ:∧ノ : : ∧._ ‘,       /:乂 /: : : :ー‐: : :--――
/⌒\ヽ\ r ト、 : : : : /、ソ: : : : : : :,} : : : :{: : : : :ソ∧ }, /  斗  ^k_}: \: : : : : : : : : : :
≦    ∨ .斗  \:/ {: : : : : : : / : /:.{ : : /、: : U:/ /       ヽ∧: : :`ト: :__
     ∨     ト、  .〉: : : : : /: : : :/:∧: :(  \: : :{7  ./   ィ  ̄〕ト、ヽ: : : : :∨: : :
    /⌒\   ∧ ∨: : : :/ : : : /\:∧: :\  \{′ /   ∠,ノ    ∧}: : : : : :∨: :」
やらない子 「(あっ、そういう話じゃなかった…って顔)」
ルイン が幻想入りしました
やる夫 「5」
やる夫 「美女に囲まれるのは嬉しいけど緊張して下が回らなくなるんだおっおっ>やらない子」
やらない子 「手を使ってはいけない、って結構高度なお話ですよね。」
魔理沙 「シュートのためならマスタースパークも辞さないぜ!」
KAITO 「セーフ」
大妖精 「デキない子さんにヤラない子さん……あぁ、なんて素敵な名前……」
オーズ 「草はやしてるからヒゲの相棒かと思ったら論者だった」
秋 穣子 「コートが正方形でゴールが4か所かしら?>真サッカー」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
やらない子 「そも兄さん達が来たって華も何も無いじゃないですか。 <やる夫」
やる夫 「カウントいっくおー」
KAITO が幻想入りしました
魔理沙 「サッカーってあれだろ?
ありとあらゆる技で何が何でもゴールにボールをぶち込めば勝利って奴」
オーズ 「W…? 噂に聞く仮面ライダーWか!(違)」
ヤーマンダ 「んんwwwwwww少なめなので支援に来ましたぞwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
ヤーマンダ が幻想入りしました
やらない子 「GKは四人います。フィールド上に。」
やる夫 「Wない子が来たけど男どもはひきこもりかお」
モラン 「良いズサです。十分ですね」
コルク 「サッカーは参加人数無制限になるんだぜ」
オーズ 「ニチアサならぬゲツヒルでもよろしく!」
大妖精 「ズザで人が増えちゃいましたね
えへへ、こんなにたくさんの人に囲まれるなんて、落ち着かないよう……」
リリーブラック 「人の姿をしているから人、というわけでもないのだし
今更驚くこともないでしょ」
夜の底GM 「ええ、構いませんよ>やる夫さん」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → アトラの蟲惑魔
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 7450 (アトラの蟲惑魔)」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
コルク 「くっ、このままではケアされてしまう」
ヴェーラー 「よろしくね」
やらない子 「今日からサッカーは35人制になります。」
やる夫 「時間にはなったし特に希望ないなら全員の投票確認し次第カウントするお?」
オーズ が幻想入りしました
ヴェーラー が幻想入りしました
大妖精 「流石に名前が紛らわしいので私に変わりますよ。えへへ」
魔理沙 「案外世界規模で呪いとかかかってるんじゃね?」
やる夫 「生前の姿を思い出せないような弱い幽霊がああいう形になるってなんかで見た覚えがあるお」
やらない子 が幻想入りしました
夜の底GM 「ではやる夫さんの好きなタイミングで
皆さんの準備を確認して開始していただいて構いません」
コルク(カレー風味) 「コルク(カレー風味) さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:コルク(カレー風味) → 大妖精
アイコン:No. 8477 (黒い豚カレー) → No. 4755 (恍惚の大妖精)」
できない子 「よろしくね」
魔理沙 「実は人間の姿してるやつが相当少ないってのはあるよな……あの世界」
できない子 が幻想入りしました
かりー 「ちょっとまってねー」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
モラン 「パターンCノイズの発生を確認。妖精型は眷属型へと変異しました」
秋 穣子 「よろしくねー」
かりー が幻想入りしました
秋 穣子 が幻想入りしました
やる夫 「やる夫はかまわんおー
人数多いとコミュ障にはきついお」
コルク 「時間かなー?」
リリーブラック 「あくまでその世界の標準に照らし合わせればおかしいなんてことはないんじゃない」
コルク(カレー風味) 「そも、マリオの世界で人間はどうやって生活しているのか……
そして、テレサは何の幽霊なのか……」
夜の底GM 「割りと人数も集まってますし、特に要望が無ければ
予定通りの時間で開始でも構いませんね」
緑のヒゲ 「よく考えたら亀とキノコとヒトデは世界の大半の生物って
よく考えなくてもおかしいですよね」
やる夫 「いやまつお
何が一般であれ人は人だお人外ではねえお」
コルク(カレー風味) 「食って巨大化するきのこ……ウス・異本……あっ(察し)」
モラン 「そもあの世界は人型こそが少数派であり、つまり一般とは異なる人外であると思われます」
魔理沙 「食って巨大化するきのこがあると聞いて参上したぜ
あ、よろしくな」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
やる夫 「でもこんなおにゃのこにだったら食べられてもいいお!」
魔理沙 が幻想入りしました
コルク(カレー風味) 「美女で野獣……」
緑のヒゲ 「葉っぱを取れば尻尾も生えますよ>やる夫
あとあれはキノコが異常であって私はにんげんです」
コルク(カレー風味) 「つまりやる夫は、そこの緑の髭が人間ではないと主張していると……(棒)」
今泉影狼 「美女が野獣なのだわ(きりり」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
コルク 「美女と野獣かな・・・?」
リリーブラック 「よろしく」
やる夫 「キノコくって巨大化する人間に比べればよっぽど人間だお」
リリーブラック が幻想入りしました
緑のヒゲ 「どうぞよろしく」
夜の底GM 「いらっしゃいませ」
今泉影狼 「よろしくー」
コルク(カレー風味) 「こう、頭身的に……」
緑のヒゲ が幻想入りしました
今泉影狼 が幻想入りしました
やる夫 「ブサイクは人間じゃないっていうのかお」
コルク(カレー風味) 「人間……?(頭を見ながら)」
夜の底GM 「少人数も乙なものですが、流石に人数が余りにも少ない場合は
延長も考慮しますが、いかがなものでしょうか」
やる夫 「なんだ結局人間はやる夫だけかお」
夜の底GM 「妖精ではなく魔法使い目指して頑張ってください」
モラン 「不可思議な怪異が蔓延していますね。ちなみに私も人間とは言いがたいのですが」
やる夫 「よ、妖精なんかじゃねーお!
まだ20代だお!」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 夜の底GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 8486 (三月は夜の底)」
GM 「いらっしゃいませ」
モラン 「メタクリッターの発生フラグメントを検知しました。パターンはB、妖精型です」
モラン が幻想入りしました
コルク 「この流れ・・・ズサかな」
GM 「人間のRPでもまともじゃないのもあるので、問題はないはずです(」
やる夫 「まぁいいお
おやつが割にはちょうどいいお」
コルク(カレー風味) 「いやほら、まっとうなRPしようかとも思ってたんだけど、ふと思いついちゃってつい」
やる夫 「・・・人が
人間が来ないお・・・」
コルク 「な、なんだと!?」
GM 「いらっしゃいませ」
GM 「開けたら絞めないといけませんね、ゆるゆるはいけません、ダダ漏れです」
コルク(カレー風味) 「よろしくー」
コルク(カレー風味) が幻想入りしました
GM 「ピシャッ>やる夫さん」
やる夫 「積極的に開けっ放しにしていくスタイル」
やる夫 「      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)」
GM 「いらっしゃいませ」
コルク 「よろしく」
やる夫 「おっおー
お邪魔するお!」
コルク が幻想入りしました
GM 「いらっしゃいませ、私は寂しくて死ぬ所でした。」
やる夫 が幻想入りしました
GM 「遠慮しないで入ってもいいんですよ?」
GM 「のんびり待つことにしましょう」
GM 「では報告してきますのでご自由にどうぞ」
GM 「15:00開始予定 万が一埋まった場合は前倒し可」
GM 「【ローカルルール】
・初日への能力行使は自由
・早噛みは下界で許可された場合、恋人が確定でいなければ許可
・AAはCOと同時で無ければ自由
・村騙りは自己責任でどうぞ
・昼、夜の投票は遅くても200推奨」
GM 「「闇鍋ではここに気をつけよう

発生保証はノーマル狼1占い師1のみ。他に何が出るかはランダム。霊能者や狩人がいない事もしばしば
 占いCOする時はよく考えましょう

結果が反転する夢占い・夢霊能がいるので○●をそのまま受け取ってはいけません

占い師が不審者(本人視点ではただの村人、自覚なし)を占うと●が出ます。村人COには要注意

占って判別がつけられない人外役職は特殊な霊能結果が出ます(白狼・子狐・呪い持ち役職など)
 夢霊能でもそれらの特殊結果は正確に表示されます

初日夜に表示される陣営内訳は必ずメモ! 推理の重要な手がかりになります

”CO無し”なんて無い!村人表示も含め、全て役職です
 無し=騙りの用意をしてない人外と見られがちなので、何らかの役職COの準備は必ずしておきましょう

出現した役職によっては、死体が複数出る可能性があります
 噛み・呪殺・毒・暗殺・罠死・呪い返し・狩り殺しetc
 閻魔はこれらを判別できます。閻魔がいない時は・・・がんばれ

自分の役職はちゃんと確かめよう!
 [~陣営][~系]
 [役職名][役職説明:あなたは~~]
 という風に役職情報欄は表示されています。陣営、系統名だけ見て早とちりしないように

役職表のページは開いておこう。知らない役職はここでチェック!
 http://alicegame.dip.jp/hina/info/new_role/
 特に自分が引いた役職は、必ず初日夜のうちに眼を通すように。どう動けばいいか自分なりに考えておきましょう

死んだ後、霊界から下界のプレイヤーの役職が見えない時は、蘇生役職がいる可能性アリ
 席を離れるなら[投票/占う/護衛]から蘇生辞退を申請すること

突然死ダメ!ゼッタイ!
 夜投票能力のある役職も多いので、夜の時間超過後のリロードは「投票」クリックがお勧め

鍋のセオリーは十人十色。
 普通村以上に意見のぶつかり合いが起こりやすいですが、熱くなり過ぎないようお願いします

恋人が発生する関係上、狼同士でどっちが先に噛むかの早噛み競争が起こりえます
 その場合も、夜時間の超過前に噛むのは禁止とします。

システム由来の文章のコピー(シスコピ)禁止なのは普通村と同じ
 でも、イタコやサトリなど「他人から確認できない発言を見られる役職」が発言コピペするのもシスコピと変わらないのです
 発言をそのまま引用せず、自分の言葉で言うようにしてください
」」
村作成:2014/11/24 (Mon) 14:30:52